プログラム 12:00~ 受 付 13:00~13:05 開 会 挨 拶 13:05~13:35 基 調 講 演 1 座 長 : 岡 浩 一 朗 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 時 間 栄 養 学 からみた 食 事 の 重 要 性 柴 田 重 信 ( 早 稲 田 大 学 先

Size: px
Start display at page:

Download "プログラム 12:00~ 受 付 13:00~13:05 開 会 挨 拶 13:05~13:35 基 調 講 演 1 座 長 : 岡 浩 一 朗 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 時 間 栄 養 学 からみた 食 事 の 重 要 性 柴 田 重 信 ( 早 稲 田 大 学 先"

Transcription

1 第 162 回 日 本 体 力 医 学 会 関 東 地 方 会 20 年 後 を 見 据 えた 子 どもの 体 づくりを 考 える 日 時 : 平 成 26 年 12 月 20 日 ( 土 ) 13:00~20:00 会 場 : 早 稲 田 大 学 東 伏 見 キャンパス 79 号 館 205 教 室 当 番 幹 事 : 田 口 素 子 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 )

2 プログラム 12:00~ 受 付 13:00~13:05 開 会 挨 拶 13:05~13:35 基 調 講 演 1 座 長 : 岡 浩 一 朗 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 時 間 栄 養 学 からみた 食 事 の 重 要 性 柴 田 重 信 ( 早 稲 田 大 学 先 進 理 工 学 部 ) 13:35~14:05 基 調 講 演 2 座 長 : 岡 浩 一 朗 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 子 どもに 必 要 な 体 力 とは? 子 どもの 身 体 活 動 を 推 進 する 効 果 的 な 支 援 方 策 森 丘 保 典 ( 日 本 体 育 協 会 スポーツ 科 学 研 究 室 ) 14:15~15:50 シンポジウム 座 長 : 鳥 居 俊 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 1. 器 官 組 織 レベルからみた 子 どもの 身 体 組 成 緑 川 泰 史 ( 桜 美 林 大 学 健 康 福 祉 学 群 ) 2. 子 どもの 生 活 習 慣 とメタボリックシンドローム 原 光 彦 ( 東 京 都 立 広 尾 病 院 小 児 科 ) 3. 子 どもの 睡 眠 実 態 とその 改 善 策 野 井 真 吾 ( 日 本 体 育 大 学 体 育 学 部 ) 16:00~17:00 一 般 発 表 1 ( 発 表 8 分 + 質 疑 応 答 2 分 ) 座 長 : 宮 下 政 司 ( 東 京 学 芸 大 学 教 育 学 部 ) 1. プレワークアウトにおける L-シトルリン 経 口 摂 取 による 運 動 パフォーマンス 向 上 作 用 鈴 木 貴 視 ( 協 和 発 酵 バイオ 株 式 会 社 ) 2. 大 学 ラグビー 部 員 における 運 動 時 の 汗 中 ミネラル 量 と 摂 取 ミネラル 量 の 実 態 調 査 奈 良 典 子 ( 明 治 スポーツ 栄 養 マーケティング 部 ) 3. 肥 満 遺 伝 子 多 型 が 女 子 レスリング 競 技 者 の 減 量 に 及 ぼす 影 響 西 牧 未 央 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 研 究 科 ) 4. 常 圧 高 酸 素 環 境 が 局 所 的 筋 持 久 力 に 及 ぼす 効 果 における 個 人 差 の 検 討 小 嶋 裕 太 ( 東 京 大 学 大 学 院 新 領 域 創 成 科 学 研 究 科 ) 5. キリンの 首 はなぜ 長 い その2 臨 床 医 から 見 た 呼 吸 と 循 環 の 問 題 点 吉 田 泰 行 ( 威 風 会 栗 山 中 央 病 院 耳 鼻 咽 喉 科 健 康 管 理 課 ) 1

3 17:00~18:00 一 般 発 表 2 ( 発 表 8 分 + 質 疑 応 答 2 分 ) 座 長 : 勝 村 俊 仁 ( 東 京 医 科 大 学 健 康 増 進 スポーツ 医 学 分 野 ) 1. トレーニングが 及 ぼす 立 位 股 関 節 内 外 旋 角 度 への 影 響 竹 内 京 子 ( 帝 京 平 成 大 学 大 学 院 健 康 科 学 研 究 科 ) 2. 非 アルコール 性 脂 肪 性 肝 疾 患 に 対 する3 次 元 加 速 度 トレーニングの 効 果 丸 山 剛 ( 筑 波 大 学 大 学 院 人 間 総 合 科 学 研 究 科 ) 3. A 県 における 小 児 肥 満 と 小 児 生 活 習 慣 病 に 関 する 調 査 豊 島 裕 子 ( 千 葉 県 立 保 健 医 療 大 学 栄 養 学 科 ) 4. 生 活 期 リハビリにおける 脳 卒 中 患 者 への 個 別 運 動 プログラムの 効 果 石 田 輝 樹 ( リカバリータイムズ 介 護 事 業 部 ) 5. 男 性 柔 道 重 量 級 競 技 者 における 身 体 的 および 心 血 管 疾 患 リスクの 特 徴 村 田 浩 子 ( 早 稲 田 大 学 スポ ツ 科 学 研 究 科 ) 18:00~18:20 海 外 留 学 報 告 座 長 : 樋 口 満 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 英 国 における 子 どもの 身 体 活 動 科 学 に 関 する 研 究 について ~サバティカルでの 経 験 を 通 して~ 田 中 千 晶 ( 桜 美 林 大 学 健 康 福 祉 学 群 ) 18:30~20:00 情 報 交 換 会 2

4 一 般 発 表 演 者 へのお 知 らせ 1. 発 表 スライドの 作 成 要 領 発 表 データの 使 用 ソフトおよび 形 式 はMicrosoft Power Point (Windows 版 ) に 限 ります 地 方 会 大 会 事 務 局 で 用 意 するパソコンのOSはWindows 7 プレゼンテーション 用 ソフトは Microsoft Power Point 2010 となります フォントは 標 準 で 用 意 されているもの(MS 明 朝 MSゴシック MSP 明 朝 MSPゴシック 等 )を 使 用 してください 音 声 及 び 動 画 の 使 用 はできません Macintosh 版 のPower Pointでの 作 成 は 映 像 に 支 障 をきたす 場 合 がありますので ご 遠 慮 ください メディアを 介 したウイスル 感 染 防 止 のために 最 新 のウイルスソフトを 使 用 してウイルスチェッ クを 事 前 に 行 ってください 2. 発 表 スライドは 発 表 当 日 お 持 ちの 上 発 表 者 試 写 の 時 間 を 利 用 して 各 自 でレイアウトの 確 認 を 行 い 発 表 スライドをこちらで 用 意 した USB に 保 存 してください 発 表 者 試 写 は 12 時 から 12 時 50 分 の 間 に 行 います 3. 一 般 発 表 は1 演 題 につき 討 論 時 間 も 含 めて10 分 ( 発 表 8 分 討 論 2 分 )です 発 表 中 は 時 間 をベ ルでお 知 らせいたします(7 分 で1 鈴 8 分 で2 鈴 10 分 で3 鈴 ) 時 間 厳 守 でお 願 いいたします 4. 体 力 科 学 掲 載 用 抄 録 原 稿 について 発 表 者 は 体 力 科 学 掲 載 用 原 稿 を にて 下 記 に12 月 20 日 までに 必 ずご 提 出 ください 原 稿 は 演 題 名 氏 名 所 属 を 含 めて900 字 以 内 としてください 問 い 合 わせ 体 力 科 学 掲 載 用 抄 録 送 信 先 高 木 俊 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 情 報 交 換 会 のご 案 内 早 稲 田 大 学 東 伏 見 キャンパス 79 号 館 204 教 室 (17 ページ 参 照 )にて 18:30 より 情 報 交 換 会 を 開 催 いたします 参 加 費 は 無 料 です 軽 食 をご 用 意 しておりますので お 気 軽 にお 立 ち 寄 りください 3

5 基 調 講 演 1 基 調 講 演 2 シンポジウム 4

6 基 調 講 演 1 座 長 岡 浩 一 朗 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 時 間 栄 養 学 からみた 食 事 の 重 要 性 〇 柴 田 重 信 早 稲 田 大 学 先 進 理 工 学 部 我 々の 体 には 約 24.5 時 間 周 期 のリズムを 刻 む 概 日 リズム(サーカディアンリズム)と 呼 ばれ る 体 内 時 計 があり 睡 眠 覚 醒 体 温 血 圧 のリズムなどが 1 日 の 内 で 変 動 する 体 内 時 計 を 司 る のが 時 計 遺 伝 子 であり 1997 年 の Clock 遺 伝 子 の 発 見 以 来 体 内 時 計 の 分 子 機 構 が 解 明 されてきた 脳 の 中 の 視 交 差 上 核 に 主 時 計 があり 大 脳 皮 質 や 海 馬 などの 脳 部 位 に 脳 時 計 があり 心 臓 肝 臓 腸 肺 骨 格 筋 などに 末 梢 時 計 があり 肝 臓 の 時 計 はエネルギー 代 謝 に 腸 の 時 計 は 栄 養 の 吸 収 な どに 関 わる 主 時 計 が 指 揮 者 で 脳 や 末 梢 時 計 がそれぞれの 楽 器 であり 全 体 として 時 計 のハーモ ニーを 形 成 している 体 内 時 計 が 食 栄 養 あるいは 食 品 機 能 性 成 分 の 働 きと 相 互 作 用 を 示 すこと がわかってきており 時 間 栄 養 学 と 呼 ばれるようになってきた また 体 内 時 計 と 運 動 との 関 係 を 調 べる 学 問 として 時 間 運 動 学 も 考 慮 する 必 要 がある ところで 社 会 の 高 度 化 に 伴 い 睡 眠 時 間 の 短 縮 や 夜 型 化 また シフトワークに 従 事 する 人 の 数 も 増 えている このようにワークライフスタイ ルの 多 様 化 に 伴 い 体 内 時 計 システムにも 負 荷 がかかってくる 例 えば 交 代 制 勤 務 や 時 計 遺 伝 子 に 変 異 があると 食 生 活 リズムが 乱 れ 結 果 として 肥 満 糖 尿 病 になりやすい 事 が 分 かってきた また 夜 遅 い 食 事 が 肥 満 に 結 びつくなどが 知 られている 一 方 肥 満 マウスの 時 計 遺 伝 子 発 現 など には 異 常 が 見 られることがわかってきた 生 活 リズムを 乱 すと 肥 満 の 要 因 になり 肥 満 糖 尿 病 が 生 活 リズムの 悪 化 をもたらし 悪 循 環 に 陥 る 肥 満 糖 尿 病 の 予 防 には 運 動 も 重 要 であり 運 動 の 種 類 のみならず 運 動 のタイミングも 考 慮 する 必 要 がある したがって 健 康 寿 命 の 延 伸 や 疾 病 予 防 に 朝 昼 夕 夜 中 など 時 刻 やタイミングを 考 慮 することが 重 要 となり 時 間 軸 を 考 慮 した 健 康 科 学 を 取 り 入 れる 必 要 がある 5

7 基 調 講 演 2 座 長 岡 浩 一 朗 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 子 どもに 必 要 な 体 力 とは? 子 どもの 身 体 活 動 を 推 進 する 効 果 的 な 支 援 方 策 〇 森 丘 保 典 日 本 体 育 協 会 スポーツ 科 学 研 究 室 私 たち 人 間 に 必 要 な体 力 は 社 会 環 境 や 生 活 環 境 によって 変 化 し 望 ましい体 力 は 個 人 の 生 き 方 や 価 値 観 によって 異 なると 考 えられる また 子 どもの 体 力 に 関 わる 立 場 には ひとえにその 向 上 を 目 指 そうとする 立 場 健 康 との 関 連 を 重 視 する 立 場 さらにはそれらの 不 平 等 や 階 層 固 定 化 ( 格 差 ) を 懸 念 する 立 場 など 様 々あるが その 背 後 には 基 本 的 な 教 育 観 や 人 間 観 の 相 違 が 存 在 する したが って この 問 題 解 決 の 端 緒 は 個 々の 立 場 の 拠 り 所 となっている 信 念 や 関 心 の 妥 当 性 を 問 い 合 い 共 通 了 解 を 拡 げようとする 方 向 に 議 論 を 向 かわせることにあるといえるだろう その 上 で 子 ども たちの 遊 戯 (プレイ)への 自 発 的 欲 求 を 充 足 させた 結 果 として 得 られる 身 体 的 精 神 的 および 社 会 的 アウトカムの 自 主 性 を 認 めながらも 冷 静 にその 成 果 を 評 価 するための 知 (エビデンス) を 蓄 積 していく 必 要 がある スポーツ 宣 言 日 本 や スポーツ 基 本 法 の 前 文 には スポーツが 人 類 ( 世 界 ) 共 通 の 文 化 である と 謳 われている このことは 様 々なライフステージやライフスタイルにおいて 運 動 や スポーツの 多 様 な 楽 しみ 方 を 享 受 し それを 継 続 できる 環 境 づくりが 求 められていることを 意 味 す る そのためには 子 ども 時 代 の 身 体 活 動 運 動 の 持 ち 越 し 効 果 について 自 身 の 身 体 を 題 材 とした 生 涯 学 習 という 視 点 が 不 可 欠 である この 学 習 の 要 諦 は 一 人 ひとりの 人 間 が 生 涯 を 通 じた 様 々な 身 体 活 動 と 関 わりつづける 過 程 で どうすれば 身 体 活 動 運 動 が 人 々の 必 要 や 欲 求 か ら 出 発 する 自 由 な 需 要 ( 好 きになる) になり どのような 積 み 重 ねをへて 確 固 たる 人 生 の 価 値 ( 大 切 なもの) になるのか さらにはそのことが 生 涯 スポーツ 社 会 の 構 築 にどのように 寄 与 するのかについて 我 々 大 人 がリアルに 問 い 続 けることにある 6

8 シンポジウム 座 長 鳥 居 俊 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 1. 器 官 組 織 レベルからみた 子 どもの 身 体 組 成 〇 緑 川 泰 史 太 田 めぐみ 2) 引 原 有 輝 3) 鳥 居 俊 4) 坂 本 静 男 桜 美 林 大 学 健 康 福 祉 学 群 2) 中 京 大 学 国 際 教 養 学 部 3) 千 葉 工 業 大 学 工 学 部 4) 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 4) 子 どもの 身 体 は 発 育 発 達 とともに 日 々の 身 体 活 動 や 栄 養 素 摂 取 状 況 に 大 きく 影 響 される した がって 子 どもの 身 体 組 成 を 探 ることは その 子 どもが 送 ってきたこれまでの 運 動 栄 養 休 養 と いった 生 活 習 慣 を 総 合 的 に 評 価 することにつながる(からだの 発 達 と 加 齢 の 科 学, 2012) 子 ども の 身 体 組 成 に 関 する 研 究 は 30 年 以 上 前 から 取 り 組 まれているが 器 官 組 織 レベルでの 身 体 組 成 を 報 告 した 研 究 は 非 常 に 限 られているのが 現 状 である 最 近 の 我 々の 研 究 によると 過 体 重 と 標 準 体 重 の 子 どもの 脂 肪 量 の 差 の 約 50%が 男 女 とも に 体 幹 部 分 の 脂 肪 量 に 因 っている 可 能 性 が 示 唆 されたこと 2) 全 身 骨 格 筋 量 は 思 春 期 前 から 思 春 期 へ 移 行 する 間 に 劇 的 に 増 加 し 思 春 期 でほぼ 成 人 と 同 等 な 骨 格 筋 量 に 達 すること 3)キャリパ ー 法 と 超 音 波 法 を 用 いて 子 どもに 特 化 した 全 身 部 位 別 の 脂 肪 量 および 骨 格 筋 量 推 定 式 を 作 成 し たことが 成 果 として 挙 げられる(JSPFSM,2012) 本 発 表 は 2008 年 から 6 年 間 ほど 掛 かって 数 値 と なった 器 官 組 織 レベルでの 子 どもの 身 体 組 成 データから 得 られた 知 見 を 量 分 布 評 価 法 また 現 在 分 析 を 進 めている 安 静 時 エネルギー 代 謝 量 の 3 つの 視 点 から 概 観 し 現 在 の 子 どもの 身 体 組 成 研 究 の 状 況 把 握 とこれからの 課 題 を 共 有 検 討 したいと 考 えている 7

9 シンポジウム 座 長 鳥 居 俊 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 2. 子 どもの 生 活 習 慣 とメタボリックシンドローム 〇 原 光 彦 東 京 都 立 広 尾 病 院 小 児 科 子 ども 達 の 体 力 や 健 康 度 は 生 活 習 慣 の 影 響 を 受 けやすく 社 会 環 境 や 大 人 の 価 値 観 は 子 どもの 生 活 習 慣 に 強 い 影 響 を 及 ぼす 東 日 本 大 震 災 と 原 発 事 故 によって 様 々な 生 活 制 限 を 強 いられた 福 島 県 の 子 ども 達 は 被 災 後 に 体 力 レベルが 低 下 し 肥 満 傾 向 児 が 増 加 した 被 災 地 以 外 でも 現 代 の 我 が 国 の 子 ども 達 には 意 欲 の 低 下 体 力 や 学 力 の 低 下 生 活 習 慣 病 やアレルギー 性 疾 患 うつや 学 習 障 害 の 増 加 反 社 会 的 行 動 の 蔓 延 など 多 くの 問 題 が 山 積 している 子 どもは 社 会 の 未 来 を 映 す 鏡 であり これらの 問 題 解 決 は 緊 急 の 課 題 である 2007 年 に 厚 労 省 班 会 議 が 小 児 期 メタボリックシンドローム(MetS) 診 断 基 準 を 作 成 した この 基 準 によれば 小 児 期 MetS の 頻 度 は 健 常 学 童 の 1-2%で 過 剰 な 内 臓 脂 肪 蓄 積 によって 10 歳 台 か ら 動 脈 硬 化 の 徴 候 が 認 められる また 小 児 期 に 発 症 した 2 型 糖 尿 病 の 大 部 分 は 肥 満 しており 小 児 期 から MetS 対 策 は 極 めて 重 要 である 我 々が 行 った 小 児 期 MetS 健 診 の 際 に 行 った 生 活 習 慣 アン ケート 調 査 によれば 小 児 期 MetS の 病 態 と 関 連 があるのは 身 体 活 動 生 活 リズム 朝 食 の 喫 食 状 況 であった 中 でも 運 動 好 きで 2 回 / 週 以 上 の 運 動 習 慣 がある 学 童 は 運 動 習 慣 のない 群 より 有 意 に 動 脈 硬 化 危 険 因 子 数 が 少 なく その 他 の 生 活 習 慣 も 健 康 的 であった 平 和 で 豊 かな 社 会 への 夢 は 利 便 性 の 高 い 社 会 をもたらした しかし この 様 な 社 会 は 見 方 を 変 えれば 24 時 間 仕 事 を 強 いる 非 人 間 的 な 社 会 でもある 子 ども 達 が 人 間 として 育 つためには 保 護 者 の 愛 情 と 適 切 な 成 育 環 境 が 不 可 欠 である 中 でも 幼 児 期 に 体 をつかって 様 々な 遊 びを 行 う 事 は その 後 の 心 身 の 健 康 に 好 影 響 を 及 ぼす 極 端 な 利 便 性 の 追 求 は 人 と 人 との 直 接 的 なコミュニ ケーションを 阻 害 し 子 どもが 体 を 動 かして 遊 ぶ 環 境 を 奪 い 将 来 の 日 本 人 の 健 康 度 を 低 下 させる 恐 れがある 事 を 認 識 する 必 要 がある 子 ども 達 が 安 全 に 楽 しく 体 を 動 かすことができる 環 境 整 備 が 急 がれる 8

10 シンポジウム 座 長 鳥 居 俊 ( 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 ) 3. 子 どもの 睡 眠 実 態 とその 改 善 策 〇 野 井 真 吾 日 本 体 育 大 学 体 育 学 部 子 どもの 眠 りが 心 配 されて 久 しい 実 際 平 成 24 年 度 児 童 生 徒 の 健 康 状 態 サーベイランス 事 業 報 告 書 ( 日 本 学 校 保 健 会 2013)によると 2012( 平 成 24) 年 度 の 就 床 時 刻 は 1981( 昭 和 56) 年 度 のそれに 比 して 小 学 3 4 年 生 の 男 子 で 14 分 間 女 子 で 23 分 間 小 学 5 6 年 生 の 男 子 で 10 分 間 女 子 で 16 分 間 中 学 生 男 子 で 32 分 間 女 子 で 35 分 間 遅 延 している また それに 伴 って 睡 眠 時 間 も 小 学 3 4 年 生 で 男 子 18 分 間 女 子 28 分 間 小 学 5 6 年 生 で 男 子 14 分 間 女 子 21 分 間 中 学 生 で 男 女 共 に 51 分 間 短 縮 している このようなことから われわれも 質 問 紙 調 査 や 唾 液 メラトニン 濃 度 の 測 定 を 通 して 子 どもの 睡 眠 習 慣 睡 眠 問 題 等 に 関 する 実 態 把 握 に 努 めてきた( 野 井 ほか 2008) 併 せて 長 期 キャンプ(30 泊 31 日 )が 子 どものメラトニン リズムに 及 ぼす 影 響 ( 野 井 ほか 2009; 野 井 ほか 2013) 平 日 と 休 日 明 けとにおけるメラトニン リズム(Noi and Shikano 2013) さらには メラトニン リ ズムの 親 子 相 関 についても 検 討 を 加 えてきた そこで 本 シンポジウムでは 日 本 の 子 どもの 睡 眠 習 慣 と 睡 眠 問 題 の 実 態 2) 長 期 キャンプ(30 泊 31 日 )によるメラトニン リズムの 変 化 3) 平 日 と 休 日 明 けとにおけるメラトニン リズムの 実 態 4)メラトニン リズムの 親 子 相 関 等 の 検 討 結 果 を 紹 介 し 子 どもの 睡 眠 実 態 とその 改 善 策 に 関 する 話 題 提 供 ができればと 考 えている なお 本 シンポジウムにおける 資 料 は 共 同 研 究 者 である 鹿 野 晶 子 氏 ( 日 本 体 育 大 学 大 学 院 体 育 科 学 研 究 科 博 士 後 期 課 程 大 学 院 生 ) 下 里 彩 香 ( 杉 並 区 立 杉 並 第 一 小 学 校 養 護 教 諭 ) 𡈽 田 豊 ( 中 国 短 期 大 学 講 師 ) 中 島 綾 子 氏 ( 文 教 大 学 付 属 小 学 校 養 護 教 諭 ) 野 田 耕 ( 九 州 共 立 大 学 講 師 ) 山 本 晃 弘 (カリタス 小 学 校 体 育 専 科 教 員 )らとともに 行 った 調 査 の 結 果 である 9

11 一 般 発 表 1 一 般 発 表 2 10

12 一 般 発 表 1 座 長 宮 下 政 司 ( 東 京 学 芸 大 学 教 育 学 部 ) 1. プレワークアウトにおける L-シトルリン 経 口 摂 取 による 運 動 パフォーマンス 向 上 作 用 鈴 木 貴 視 森 田 匡 彦 小 林 義 典 2) 神 村 彩 子 協 和 発 酵 バイオ 株 式 会 社 2) 北 里 大 学 薬 学 部 目 的 L-シトルリン (CIT) は 遊 離 アミノ 酸 の 1 種 であり 血 管 内 皮 において CIT- NO (Nitric Oxide: 一 酸 化 窒 素 ) サイクルを 構 成 し NO 産 生 を 介 して 血 管 の 機 能 維 持 に 重 要 な 役 割 を 果 たして いる 近 年 NO が 運 動 パフォーマンスを 向 上 させるという 報 告 がなされ 注 目 を 集 めている そこ で プレワークアウト ( 運 動 前 ) の CIT 摂 取 が 運 動 パフォーマンスに 及 ぼす 影 響 を 検 討 した 方 法 日 頃 から 運 動 習 慣 があり 運 動 機 能 の 高 い 20~30 代 の 男 性 を 対 象 にプラセボ 対 照 二 重 遮 蔽 クロスオーバー 試 験 を 実 施 した プラセボもしくは CIT 2.4g を 8 日 間 経 口 摂 取 させ エルゴ メーターによる 4 km のタイムトライアルを 実 施 し 走 破 時 間 酸 素 利 用 効 率 運 動 に 関 する 主 観 的 な 指 標 (VAS) 等 を 測 定 した 結 果 CIT の 摂 取 によりプラセボ 摂 取 時 に 比 べ 走 破 時 間 が 有 意 に 短 縮 され 酸 素 利 用 効 率 が 向 上 する 傾 向 にあった また 主 観 的 な 指 標 においても 有 意 な 改 善 作 用 が 確 認 された 結 論 プレワークアウトにおける CIT の 摂 取 は 運 動 パフォーマンス 向 上 につながることが 示 唆 された 2. 大 学 ラグビー 部 員 における 運 動 時 の 汗 中 ミネラル 量 と 摂 取 ミネラル 量 の 実 態 調 査 〇 奈 良 典 子,4) 馬 場 星 吾 2) 夏 目 みどり 3) 川 手 雄 二 2) 村 瀬 訓 生 4) 勝 村 俊 仁 明 治 スポーツ 栄 養 マーケティング 部 2) 明 治 健 康 栄 養 商 品 開 発 部 3) 明 治 食 機 能 科 学 研 究 所 4) 東 京 医 科 大 学 健 康 増 進 スポーツ 医 学 分 野 4) 目 的 大 学 ラグビー 部 における 運 動 時 の 発 汗 量 と 水 分 補 給 量 の 測 定 汗 中 のミネラル 量 と 濃 度 の 測 定 さらに 汗 採 取 前 の 食 事 調 査 を 実 施 し 実 態 把 握 することを 目 的 とした 方 法 大 学 ラグビー 部 員 19 名 を 対 象 に 部 活 動 中 の 調 査 を 2 日 に 分 けて 実 施 した 運 動 前 にミ ネラル 除 去 した 脱 脂 綿 を 腰 部 の 体 表 面 に 貼 付 し 運 動 後 に 回 収 した 脱 脂 綿 中 のミネラル 量 体 重 変 化 量 運 動 時 の 水 分 補 給 量 から 発 汗 量 および 12 種 類 のミネラルを 測 定 算 出 した また 食 事 調 査 を 実 施 し 摂 取 ミネラルと 汗 中 のミネラルとの 関 係 について 検 討 を 行 った 結 果 汗 中 のミネラル 成 分 は 個 人 差 があった 汗 中 のカルシウムとマグネシウムには 有 意 な 正 の 相 関 (r=0.91, p<0.00が 認 められた 水 分 補 量 と 汗 量 平 均 ミネラル 摂 取 量 と 汗 中 ミネラル 量 と の 間 に 相 関 は 認 められなかった まとめ コンタクト 競 技 において ミネラル 除 去 の 脱 脂 綿 を 用 いることにより 活 動 に 制 限 を 加 え ることなく 汗 中 ミネラルを 測 定 できた 運 動 時 の 汗 中 ミネラル 量 は 個 人 差 およびミネラル 種 差 が 大 きく 今 後 より 多 くの 実 態 調 査 が 必 要 であると 考 えられた 11

13 一 般 発 表 1 座 長 宮 下 政 司 ( 東 京 学 芸 大 学 教 育 学 部 ) 3. 肥 満 遺 伝 子 多 型 が 女 子 レスリング 競 技 者 の 減 量 に 及 ぼす 影 響 〇 西 牧 未 央 坂 本 静 男 2) 早 川 幸 博 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 研 究 科 2) 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 3) 至 学 館 大 学 健 康 科 学 部 3) 背 景 肥 満 症 や 糖 尿 病 等 を 有 する 患 者 に 対 し 食 事 療 法 や 運 動 療 法 介 入 を 行 った 研 究 においては 様 々な 肥 満 関 連 遺 伝 子 の 一 塩 基 多 型 が 減 量 に 影 響 を 与 える 可 能 性 がある しかし レスリング 等 の 体 重 階 級 制 競 技 においてスポーツ 競 技 者 が 行 う 急 速 減 量 に 対 して 肥 満 関 連 遺 伝 子 の SNP が 及 ぼ す 影 響 に 関 しては 明 らかでない 目 的 本 研 究 ではβ3 アドレナリン 受 容 体 遺 伝 子 (ADRB3) β2 アドレナリン 受 容 体 遺 伝 子 (ADRB2) の SNP がレスリング 競 技 者 の 急 速 減 量 に 与 える 影 響 を 検 証 することを 目 的 とする 方 法 被 験 者 から 採 取 した DNA を 検 体 とし ADRB3 ADRB2 の 遺 伝 子 型 がそれぞれ 野 生 型 か 変 異 型 であるかを RT-PCR 法 により 判 定 した 減 量 開 始 前 計 量 日 試 合 一 カ 月 後 において 体 重 体 脂 肪 率 および 除 脂 肪 体 重 を 比 較 した 結 果 ADRB3(Trp64Arg)を 持 つ 女 子 レスリング 競 技 者 と 持 たない 者 の 両 群 において 体 脂 肪 率 が 減 量 開 始 前 と 比 較 し 計 量 日 で 有 意 に 低 下 し 計 量 日 と 比 較 し 試 合 一 カ 月 後 で 有 意 に 増 加 した 結 論 ADRB3 および ADRB2 の 遺 伝 子 多 型 は 試 合 前 の 減 量 および 試 合 一 カ 月 後 の 体 重 増 加 に 影 響 を 与 えない 事 が 示 唆 された 4. 常 圧 高 酸 素 環 境 が 局 所 的 筋 持 久 力 に 及 ぼす 効 果 における 個 人 差 の 検 討 〇 小 嶋 裕 太 福 崎 千 穂 石 井 直 方 東 京 大 学 大 学 院 新 領 域 創 成 科 学 研 究 科 2) 東 京 大 学 大 学 院 総 合 文 化 研 究 科 2) 背 景 常 圧 高 酸 素 環 境 は 低 負 荷 における 局 所 的 筋 持 久 力 を 向 上 させることが 確 認 されているが その 効 果 の 個 人 差 は 明 らかにされていない 目 的 常 圧 高 酸 素 環 境 が 低 負 荷 における 局 所 的 筋 持 久 力 に 及 ぼす 効 果 の 個 人 差 を 検 討 すること 方 法 健 康 な 成 人 男 性 6 名 を 被 検 者 とした 環 境 シミュレーター 室 内 で 30 分 間 の 安 静 曝 露 を 行 った 後 利 き 腕 でのワンハンドプリーチャーカールを 負 荷 30%1RM でオールアウトまで 行 った 環 境 シミュレーター 内 の 酸 素 濃 度 は 常 圧 高 酸 素 環 境 (HOX:30.0%O₂)あるいは 通 常 酸 素 環 境 (NOX:20.9%O₂)とした 測 定 項 目 は 挙 上 回 数 とし NOX 時 に 対 する HOX 時 の 挙 上 回 数 の 変 化 率 ((HOX-NOX)/NOX 100)を 算 出 した 個 人 の 特 性 として 等 尺 性 最 大 肘 屈 曲 筋 力 NOX 時 の 挙 上 回 数 最 大 酸 素 摂 取 量 (V O 2max )を 測 定 し 挙 上 回 数 の 変 化 率 との 相 関 を 求 めた 結 果 挙 上 回 数 の 変 化 率 と NOX 時 の 挙 上 回 数 には 有 意 な 正 の 相 関 が 認 められた (p<0.05,r=0.89) また 挙 上 回 数 の 変 化 率 とV O 2max には 正 の 相 関 が 認 められる 傾 向 にあった(p=0.08,r=0.74) 結 論 有 酸 素 性 作 業 能 力 が 常 圧 高 酸 素 の 効 果 に 影 響 を 与 える 可 能 性 が 示 唆 された 12

14 一 般 発 表 1 座 長 宮 下 政 司 ( 東 京 学 芸 大 学 教 育 学 部 ) 5. キリンの 首 はなぜ 長 い その2 臨 床 医 から 見 た 呼 吸 と 循 環 の 問 題 点 〇 吉 田 泰 行 井 出 里 香 2) 松 山 茂 威 風 会 栗 山 中 央 病 院 耳 鼻 咽 喉 科 健 康 管 理 課 2) 東 京 都 立 大 塚 病 院 耳 鼻 咽 喉 科 3) 大 田 区 ボクシング 連 盟 3) 我 々は 前 回 の 本 地 方 会 にて 生 体 の 巧 みな 知 恵 について 先 ずは 哺 乳 類 である 人 類 と 鳥 類 の 呼 吸 法 の 違 いを 考 察 した 上 で 更 に 同 じ 哺 乳 類 であるキリンの 長 い 首 を 利 用 した 呼 吸 と 循 環 上 の 問 題 点 を 解 決 すると 言 うより どこが 問 題 であるかを 指 摘 して 考 察 を 進 める 事 とした 呼 吸 上 はキリンの その 長 い 首 が 哺 乳 類 の 特 徴 であるピストン 型 の 換 気 の 為 死 腔 を 生 じ 効 率 を 大 きく 下 げ 人 類 の 様 に は 行 かないことを 指 摘 した 更 には 循 環 上 はその 長 い 首 を 高 く 上 げた 時 は 心 臓 にかかる 血 圧 は 極 め て 大 きい 外 水 を 飲 むために 頭 を 下 げた 時 は 脳 血 管 に 多 大 な 圧 力 が 掛 かる 事 も 考 察 した この 点 に 関 し 臨 床 医 の 立 場 から 仮 説 を 交 えて 更 なる 考 察 を 試 みたので 報 告 する 13

15 一 般 発 表 2 座 長 勝 村 俊 仁 ( 東 京 医 科 大 学 健 康 増 進 スポーツ 医 学 分 野 ) 1. トレーニングが 及 ぼす 立 位 股 関 節 内 外 旋 角 度 への 影 響 〇 竹 内 京 子 菊 原 伸 郎 2) 石 田 輝 樹 帝 京 平 成 大 学 大 学 院 健 康 科 学 研 究 科 2) 埼 玉 大 学 教 育 学 部 保 健 体 育 3) 東 京 医 科 大 学 人 体 構 造 学 講 座 3) 目 的 スポーツや 日 常 生 活 動 作 のパフォーマンスを 評 価 する 指 標 の 一 つに 関 節 可 動 域 検 査 があ る 竹 内 らは 当 事 者 の 能 動 運 動 時 の 股 関 節 の 内 外 旋 運 動 時 の 関 節 可 動 域 を 立 位 股 関 節 回 旋 角 度 測 定 器 つき 荷 重 動 揺 計 を 用 いて 計 測 し 運 動 や 行 動 パフォーマンスの 評 価 を 試 みてきた 本 研 究 では トレーニング 前 後 および 最 中 に 測 定 した 回 旋 角 度 計 付 き 荷 重 動 揺 検 査 結 果 から トレー ニング 負 荷 が 最 大 内 外 旋 角 度 に 及 ぼす 影 響 を 検 討 した 方 法 対 象 者 は 大 学 サッカー 部 男 子 学 生 21 名 (19-2とスノーボード 選 手 13 名 (13-19)で ある 2 組 の 立 位 股 関 節 回 旋 角 度 測 定 器 付 き 下 肢 荷 重 動 揺 計 の 上 に 膝 股 関 節 伸 展 開 脚 ( 円 盤 中 心 間 距 離 37 cm) 姿 勢 で 立 ち メトロノームの 音 に 合 わせて 30 秒 間 (2 秒 に 1 往 復 のペースで 15 回 ) の 最 大 内 外 旋 運 動 を 行 い 能 動 運 動 時 の 最 大 内 外 旋 角 度 平 均 最 大 内 外 旋 角 度 の 変 化 を 検 討 する 結 果 総 じて トレーニング 後 は 内 旋 角 度 が 減 じ その 分 外 旋 角 度 が 増 加 する 傾 向 が 示 された 2. 非 アルコール 性 脂 肪 性 肝 疾 患 に 対 する3 次 元 加 速 度 トレーニングの 効 果 〇 丸 山 剛 呉 世 昶 2) 佐 治 朱 美 染 谷 典 子 3) 志 田 隆 史 新 井 恵 美 3) 磯 辺 智 範 3) 岡 本 嘉 一 3) 正 田 純 一 筑 波 大 学 大 学 院 人 間 総 合 科 学 研 究 科 2) 日 本 学 術 振 興 会 研 究 員 3) 筑 波 大 学 医 学 医 療 系 医 療 科 学 3), 背 景 非 アルコール 性 脂 肪 性 肝 疾 患 (NAFLD)はメタボリックシンドロームの 肝 臓 における 表 現 型 といわれる 目 的 今 回 は 3 次 元 加 速 度 トレーニング(AT)に 注 目 し NAFLD 肥 満 者 に AT を 実 施 し NAFLD の 治 療 効 果 について 検 討 した 方 法 NAFLD 肥 満 者 に 3 次 元 AT を 週 2 回 6 ヶ 月 間 実 施 した 結 果 BMI 体 重 体 脂 肪 量 内 臓 脂 肪 断 面 積 が AT 開 始 後 3 ヶ 月 開 始 後 6 ヶ 月 で 有 意 に 減 少 し た 骨 格 筋 量 には 変 化 を 認 めなかった MRS 測 定 において 肝 脂 肪 量 が AT 開 始 後 6 ヶ 月 で 有 意 に 減 少 した 血 中 TNFαが 開 始 後 3 ヶ 月 で 減 少 し また アディポネクチンが 開 始 後 3 ヶ 月 で 増 加 した QOL 調 査 では 全 体 的 健 康 感 が 開 始 後 3 ヶ 月 と 6 ヶ 月 で 活 力 が 開 始 後 3 ヶ 月 で 向 上 した 結 論 NAFLD 肥 満 者 に 対 する 3 次 元 AT は 減 量 体 組 成 の 改 善 肝 脂 肪 量 の 減 少 アディポカ イン 不 均 衡 の 改 善 QOL の 向 上 の 点 より NAFLD の 治 療 に 有 用 であると 考 えられた 14

16 一 般 発 表 2 座 長 勝 村 俊 仁 ( 東 京 医 科 大 学 健 康 増 進 スポーツ 医 学 分 野 ) 3. A 県 における 小 児 肥 満 と 小 児 生 活 習 慣 病 に 関 する 調 査 〇 豊 島 裕 子 海 老 原 泰 代 千 葉 県 立 保 健 医 療 大 学 栄 養 学 科 目 的 平 成 25 年 度 A 県 児 童 生 徒 定 期 健 康 診 断 結 果 より 肥 満 傾 向 児 出 現 率 ( 以 下 肥 満 率 )は 地 域 差 が 認 められた そこで 肥 満 率 の 異 なる 地 域 間 の 児 童 の 身 体 計 測 値 や 血 液 所 見 について 比 較 検 討 した 方 法 肥 満 率 の 高 い A 県 B 地 区 (D E F 市 )と C 地 区 (G H I 市 )の 小 児 生 活 習 慣 病 予 防 検 診 結 果 を 比 較 検 討 した 結 果 肥 満 度 20~29%および 30% 以 上 の 肥 満 率 は B 地 区 4.41% 4.42% C 地 区 5.71% 5.57%と ともに A 県 平 均 4.18% 3.97%に 比 較 して 高 値 で 特 に C 地 区 で 高 率 であった 2)LDL コレステロール 値 (LDL)は C 地 区 I 市 で 99.6±26.4 mg/d と B 地 区 D 市 91.9±21.1 mg/dl F 市 90.9±22.2 mg/dl に 比 して 有 意 に 高 値 であった 考 察 A 県 では 肥 満 率 に 有 意 な 地 域 差 を 認 め C 地 区 では 肥 満 率 LDL ともに 高 値 で 成 人 同 様 の 病 態 存 在 が 疑 われた 4. 生 活 期 リハビリにおける 脳 卒 中 患 者 への 個 別 運 動 プログラムの 効 果 〇 石 田 輝 樹 山 岸 恵 理 子 篠 崎 友 実 渡 部 美 佑 貴 リカバリータイムズ 介 護 事 業 部 リハビリ 特 化 型 デイサービスの 業 務 は 退 院 後 の 生 活 期 のリハビリを 支 援 するものであり 退 院 時 の 機 能 維 持 が 主 目 的 である 多 くの 施 設 では 20 分 の 機 能 訓 練 介 入 5-10 人 程 度 の 集 団 体 操 規 格 メニューのマシーントレーニングと 自 主 訓 練 メニューなどが 提 供 されている 発 表 者 が 勤 務 す る 当 該 施 設 での 機 能 訓 練 介 入 の 特 徴 は 対 象 者 各 自 の 運 動 機 能 評 価 に 基 づいて 9 タイプ 57 種 類 か ら 7 種 類 を 提 供 し それらを 約 2 時 間 かけて 実 施 している 本 研 究 は 当 該 施 設 に 週 1~2 回 通 う 脳 卒 中 患 者 ( 年 齢 64.4±12.4 歳 男 11 名 女 8 名 )に 対 する 個 別 運 動 プログラムの 検 討 結 果 であ る プログラムの 内 容 は 対 象 者 により 異 なる これを 半 年 間 実 施 し 歩 行 機 能 評 価 2 種 目 と 生 活 機 能 評 価 2 種 目 の 変 化 を 比 較 検 討 した 各 評 価 項 目 において 向 上 が 示 唆 され 当 該 施 設 での 運 動 プログラムは 退 院 後 の 生 活 期 の 機 能 改 善 に 有 用 であることが 示 唆 された 15

17 一 般 発 表 2 座 長 勝 村 俊 仁 ( 東 京 医 科 大 学 健 康 増 進 スポーツ 医 学 分 野 ) 5. 男 性 柔 道 重 量 級 競 技 者 における 身 体 的 および 心 血 管 疾 患 リスクの 特 徴 〇 村 田 浩 子 大 嶋 里 美 2) 鳥 居 俊 2),3) 田 口 素 子 2),3) 樋 口 満 2),3) 早 稲 田 大 学 スポ ツ 科 学 研 究 科 2) 早 稲 田 大 学 スポーツ 栄 養 研 究 所 3) 早 稲 田 大 学 スポーツ 科 学 学 術 院 背 景 重 量 級 競 技 者 は 一 般 肥 満 者 と 同 様 に 心 血 管 疾 患 (CV)リスクを 有 するとの 報 告 がある 本 研 究 の 目 的 は 柔 道 重 量 級 競 技 者 の 身 体 的 および CV リスクの 特 徴 を 示 すことである 方 法 男 性 柔 道 重 量 級 競 技 者 19 名 (HJ 群 ) フットボール 競 技 重 量 級 選 手 22 名 (HF 群 )および 非 重 量 級 選 手 17 名 (NHF 群 )に 身 体 的 および CV リスク 指 標 の 測 定 を 行 った 結 果 体 重 体 脂 肪 率 腹 部 内 臓 脂 肪 面 積 は HJ 群 122.7±13.1kg 27.5±5.2% 118±35cm 2 HF 群 99.0±8.1kg 19.4±4.7% 67±24 cm 2 であり いずれも HJ 群 が 有 意 に 高 値 であったが(p<0.0 大 部 分 の CV リスク 指 標 および 推 定 最 大 酸 素 摂 取 量 に 有 意 差 は 見 られなかった 考 察 と 結 論 HJ 群 および HF 群 間 の CV リスクに 有 意 差 が 見 られなかったのは トレーニング 状 況 や 心 肺 体 力 を 反 映 する 推 定 最 大 酸 素 摂 取 量 に 有 意 差 が 認 められなかったためであると 考 えられた 男 性 柔 道 重 量 級 競 技 者 は 他 競 技 の 重 量 級 競 技 者 より 大 きな 体 格 を 持 つが CV リスクは 同 程 度 である という 特 徴 を 持 つ 16

18 会 場 のご 案 内 学 会 会 場 ::::79 号 館 205 教 室 情 報 交 換 会 ::79 号 館 204 教 室 西 武 新 宿 線 東 伏 見 駅 より 徒 歩 1 分 所 在 地 東 京 都 西 東 京 市 東 伏 見 次 回 の 地 方 会 開 催 のご 案 内 第 163 回 日 本 体 力 医 学 会 関 東 地 方 会 開 催 予 定 日 時 : 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 )13:00~ 会 場 : 慶 應 義 塾 大 学 芝 共 立 キャンパス 1 号 館 地 下 1 階 マルチメディア 講 堂 所 在 地 : 東 京 都 港 区 芝 公 園 御 成 門 駅 ( 都 営 地 下 鉄 三 田 線 ) 徒 歩 2 分 大 門 駅 ( 都 営 地 下 鉄 浅 草 線 / 大 江 戸 線 ) 徒 歩 6 分 浜 松 町 駅 (JR 山 手 線 / 京 浜 東 北 線 ) 徒 歩 10 分 (http://www.keio.ac.jp/ja/access/shiba.html) [ 一 般 演 題 の 締 め 切 り 予 定 : 平 成 27 年 1 月 31 日 ] 当 番 幹 事 : 齋 藤 英 胤 ( 慶 應 義 塾 大 学 薬 学 部 薬 物 治 療 学 講 座 ) 連 絡 先 : 木 村 真 規 ( 同 上 ) Tel & Fax :

19 MEMO 18

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福 各 教 員 が 有 する 学 位 ( 平 成 27 年 5 月 1 日 現 在 ) 附 属 病 院 所 属 職 名 氏 名 学 位 消 化 管 内 科 講 師 舟 木 康 医 学 博 士 消 化 管 内 科 講 師 海 老 正 秀 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 井 澤 晋 也 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 柳 本 研 一 郎 消 化 管 内 科 助 教 伊 藤 義 紹 医

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の

資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の 資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の 肥 満 児 の 減 少 / 小 学 校 4 年 男 子 / 小 学 校 4 年 女 子 / 中 学

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

日本医師会認定健康スポーツ医制度健康スポーツ医学再研修会一覧

日本医師会認定健康スポーツ医制度健康スポーツ医学再研修会一覧 日 本 医 師 会 認 定 健 康 スポーツ 医 制 度 健 康 スポーツ 医 学 再 研 修 会 一 覧 平 成 26 年 度 第 5 次 主 催 共 催 北 海 道 医 師 会 申 請 医 師 会 北 海 道 医 師 会 1 開 催 日 時 平 成 27 年 3 月 21 日 ( 土 ) 16:00~18:00 3 演 題 : 1. 最 近 のドーピングコントロールの 状 況 [ 足 寄 町 国

More information

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464>

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464> 記 1 学 校 給 食 摂 取 基 準 について (1) 学 校 給 食 における 摂 取 基 準 ( 以 下 学 校 給 食 摂 取 基 準 という )につ いては 義 務 教 育 諸 学 校 の 児 童 生 徒 においては 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表 ( 別 紙 1)に 夜 間 課 程 を 置 く 高 等 学 校 の 生 徒 においては 夜 間 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

加 藤 元 一 市 立 岸 和 田 市 民 病 呼 吸 器 内 科 花 山 耕 三 川 崎 医 科 大 学 リハビリテーション 医 学 教 室 角 田 浩 公 益 社 団 法 人 地 域 医 療 振 興 協 会 公 立 黒 川 病 内 科 笠 原 良 雄 東 京 都 立 神 経 病 主 任 葛 西

加 藤 元 一 市 立 岸 和 田 市 民 病 呼 吸 器 内 科 花 山 耕 三 川 崎 医 科 大 学 リハビリテーション 医 学 教 室 角 田 浩 公 益 社 団 法 人 地 域 医 療 振 興 協 会 公 立 黒 川 病 内 科 笠 原 良 雄 東 京 都 立 神 経 病 主 任 葛 西 情 報 公 開 (2014)-フィリップス レスピロニクス 合 同 会 社 C. 原 稿 執 筆 料 等 C-1 講 師 謝 金 ( 長 謝 金 謝 金 含 む) 総 額 11419611 円 氏 名 施 設 名 教 室 診 察 科 役 職 阿 部 司 愛 知 医 科 大 学 病 リハビリテーション 部 阿 部 優 子 岡 部 クリニック 鮎 川 勝 彦 飯 塚 病 救 命 救 急 センター 特 任

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

ランチョンセミナー : 12:00 ~ 12:55 ランチョンセミナー1 会 場 : F 会 場 (C301) 座 長 林 久 子 (アレルギー 大 学 講 師 ) 食 物 アレルギーと 花 粉 症 の 関 連 ヒヤリハット 事 例 近 藤 康 人 ( 藤 田 保 健 衛 生 大 学 医 学 部 小

ランチョンセミナー : 12:00 ~ 12:55 ランチョンセミナー1 会 場 : F 会 場 (C301) 座 長 林 久 子 (アレルギー 大 学 講 師 ) 食 物 アレルギーと 花 粉 症 の 関 連 ヒヤリハット 事 例 近 藤 康 人 ( 藤 田 保 健 衛 生 大 学 医 学 部 小 第 4 回 日 本 栄 養 改 善 学 会 東 海 支 部 学 術 総 会 特 別 講 演 市 民 公 開 講 座 A 会 場 (ソフィアホール) 特 別 講 演 9:45~10:50 座 長 : 辻 とみ 子 ( 大 会 長 名 古 屋 文 理 大 学 ) どう 減 らす? 生 活 習 慣 病 - 実 行 力 のある 予 防 戦 略 と 管 理 栄 養 士 栄 養 士 の 役 割 - 講 師 :

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

2010 年 3 月 号 Vol.70 1 月 28 日 ( 木 )に 楽 天 の 山 崎 武 司 選 手 が 小 児 病 棟 を 激 励 に 訪 れました 写 真 はサインボールを 手 渡 す 山 崎 選 手 です ( 関 連 記 事 P 6) 平 成 21 年 度 災 害 医 療 研 修 救 護 技 術 を 習 得 2 第 9 回 QCサークル 活 動 発 表 会 4 年 連 続 最 優 秀 賞

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

第51回 日本臨床化学会年次学術集会のお知らせ(第二報)

第51回 日本臨床化学会年次学術集会のお知らせ(第二報) 第 52 回 日 本 臨 床 化 学 会 年 次 学 術 集 会 のお 知 らせ( 第 四 報 ) 学 術 集 会 長 諏 訪 部 章 ( 岩 手 医 科 大 学 医 学 部 臨 床 検 査 医 学 講 座 教 授 ) 期 間 : 2012 年 9 月 6 日 ( 木 ) 7 日 ( 金 ) 8 日 ( 土 ) 会 場 : アイーナ(いわて 県 民 情 報 交 流 センター) 岩 手 県 盛 岡 市

More information

肥満児調査依頼・校医

肥満児調査依頼・校医 秋 田 市 小 児 科 医 会 秋 田 市 医 師 会 肥 満 調 査 の 手 引 き 2016 年 ( 平 成 28 年 度 ) 版 受 診 する 児 童 生 徒 は 性 別 年 齢 別 身 長 別 標 準 体 重 の 表 小 児 肥 満 症 の 診 断 基 準 小 児 肥 満 症 診 断 スコアの 参 考 頁 を 受 診 時 持 参 しませんので 当 手 引 きを 診 察 室 に 保 管 していただくよう

More information

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計 本 市 で は 国 の 健 康 増 進 計 画 で あ る 健 康 日 本 21 愛 知 県 の 健 康 日 本 21あ い ち 計 画 を 受 け て 第 1 次 健 康 増 進 計 画 を 策 定 し 平 成 15 年 度 から 平 成 25 年 度 まで また 食 育 推 進 計 画 についても 食 育 基 本 法 に 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 まで それぞれ

More information

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小 主 な 和 文 原 著 1. 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 福 間 長 知, 今 泉 孝 敬, 斎 藤 勉, 畑 典 武, 高 山 守 正, 宗 像 一 雄, 岸 田 浩, 早 川 弘 一. 急 性 心 筋 梗 塞 の 5 年 心 事 故 発 生 率 と そ の 予 後 規 定 因 子. T h e r R e s 1 2 : 2 1 9-2 2 4, 1 9 9 1. 2. 宗 像 一 雄,

More information

<9561894096BC95EB>

<9561894096BC95EB> 東 区 病 名 称 医 療 法 人 相 生 会 福 岡 みらい 病 813-0017 東 区 香 椎 照 葉 3 丁 目 5 医 療 法 人 相 生 会 病 名 簿 内 科 リウマチ 科 外 科 整 形 外 科 脳 神 経 外 科 リハビリテー ション 科 神 経 内 科 麻 酔 科 循 環 器 内 科 179 239 0 0 0 418 662-3001 平 成 27 年 6 月 1 日 石 束

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

2014 14 12

2014 14 12 2014 26 2014 14 12 Ⅰ. 医 療 保 健 学 部 授 業 一 覧 (カリキュラム 表 ) (1)-1 看 護 学 授 業 (2009 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 2 (1)-2 看 護 学 授 業 (2012 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 4 (1)-3 看 護 学 ( 編 入 学 生 ) 授 業 (2014 度 以 降 に 入 学 した 学 生

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

血清アルブミン濃度と      6分間歩行距離の関係について

血清アルブミン濃度と      6分間歩行距離の関係について 低 栄 養 状 態 時 における 運 動 療 法 の 進 め 方 研 究 発 表 報 告 血 清 アルブミン 濃 度 と6 分 間 歩 行 距 離 の 関 係 について 血 清 アルブミン 濃 度 と 握 力 体 重 の 関 係 について 理 学 療 法 実 施 患 者 の 栄 養 状 態 に 関 する 調 査 研 究 低 栄 養 状 態 時 における 運 動 療 法 の 進 め 方 公 立 長 生

More information

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題)

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題) 報 道 関 係 各 位 平 成 26 年 5 月 29 日 第 68 回 日 本 栄 養 食 糧 学 会 大 会 における 研 究 発 表 (8 題 ) 雪 印 メグミルク 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 野 吉 晴 )は コーポレートスローガン 未 来 は ミルクの 中 にある に 基 づき おいしさ と 健 康 を 追 求 するための

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

< 目 次 > < 男 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P1~2 個 人 種 目 別 選 手 権 P3 団 体 総 合 選 手 権 P4 < 女 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P5~6 個 人 種 目 別 選 手 権 P7 団 体 総 合 選 手 権 P8

< 目 次 > < 男 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P1~2 個 人 種 目 別 選 手 権 P3 団 体 総 合 選 手 権 P4 < 女 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P5~6 個 人 種 目 別 選 手 権 P7 団 体 総 合 選 手 権 P8 第 31 回 東 日 本 生 体 操 競 技 グループ 選 手 権 大 会 成 績 表 期 日 平 成 28 4 月 22 日 ( 金 )~24 日 ( 日 ) 会 場 栃 木 県 体 育 館 所 在 地 320-0057 栃 木 県 宇 都 宮 市 中 戸 祭 1-6-3 TEL 028(622)4201 主 催 関 東 生 体 操 連 盟 東 北 北 海 道 生 体 操 連 盟 主 管 栃 木

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区 1 頁 区 局 級 退 職 予 定 部 級 退 職 予 定 医 職 蔵 田 英 志 港 南 区 担 当 理 事 ( 福 祉 保 健 センタ ー ) ( 保 健 事 職 濱 陽 太 郎 旭 区 事 職 信 時 正 人 温 暖 化 対 策 統 括 本 部 環 境 未 来 都 市 推 進 担 当 理 事 事 職 岸 村 英 憲 政 策 局 大 学 担 当 理 事 技 職 中 島 徹 也 国 際 局 国 際

More information

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選

6. クーベルタンが 提 唱 したオリンピズムは 教 育 思 想 であるとともになに 思 想 でもあるのか 正 しいものを1つ 選 びなさ い (A) 平 和 思 想 (B) 競 技 思 想 (C) 競 争 思 想 (D) 協 働 思 想 7. 屈 曲 および 伸 展 ができないのはどれか 1つ 選 2015 年 度 習 熟 度 テスト 1. 肘 関 節 を 構 成 するのは 上 腕 骨 と 橈 骨 の 他 はどれか 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 基 節 骨 (B) 尺 骨 (C) 手 根 骨 (D) 脛 骨 2. 2080 運 動 の 説 明 として 正 しいものを1つ 選 びなさい (A) 20 本 の 歯 を80 歳 まで 保 とうとする 運 動 (B)

More information

21 水 谷 彰 仁 水 谷 痛 みのクリニック 420-0839 静 岡 市 葵 区 鷹 匠 1-11-15-2F 麻 酔 科 ペインクリニック 054-221-0802 22 山 田 寛 静 岡 市 国 民 健 康 保 険 井

21 水 谷 彰 仁 水 谷 痛 みのクリニック 420-0839 静 岡 市 葵 区 鷹 匠 1-11-15-2F 麻 酔 科 ペインクリニック 054-221-0802  22 山 田 寛 静 岡 市 国 民 健 康 保 険 井 かかりつけ 医 認 知 症 対 応 力 向 上 研 修 修 了 者 一 覧 ( 平 成 27 年 12 月 末 現 在 ) No 氏 名 医 療 機 関 名 郵 便 番 号 医 療 機 関 所 在 地 担 当 診 療 科 名 電 話 番 号 HPアドレス 1 高 須 健 次 高 須 神 経 内 科 医 院 420-0031 静 岡 市 葵 区 呉 服 町 1 丁 目 4-5 武 田 ビル3F 内 科

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

Microsoft Word - 212J4054.docx

Microsoft Word - 212J4054.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2014 年 1 月 糖 分 摂 取 が 気 分 に 及 ぼす 影 響 指 導 山 口 創 先 生 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 212J4054 原 野 有 紗 目 次 1. 序 論... 1 2. 方 法... 1 対 象 者... 1 調 査 内 容... 1 実 験 の 手 続 き... 2 分 析 方 法... 2 3. 結 果 と 考

More information

はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大 幅 な 疾 病 構 造 の 変 化

はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大 幅 な 疾 病 構 造 の 変 化 特 定 健 康 診 査 等 実 施 計 画 福 岡 県 情 報 サービス 産 業 健 康 保 険 組 合 平 成 25 年 4 月 1 日 はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性 2016 年 6 月 23 日 放 送 新 しい 糖 尿 病 治 療 薬 の 使 い 方 虎 の 門 病 院 内 分 泌 代 謝 科 部 長 森 保 道 糖 尿 病 の 90% 以 上 を 占 める 2 型 糖 尿 病 は インスリン 作 用 の 障 害 とインスリン 分 泌 不 全 の 2 つの 病 態 によって 血 糖 調 節 機 構 が 破 たんし 慢 性 の 高 血 糖 を 呈 する 疾 患

More information

係長級

係長級 の 部 企 画 課 県 民 課 鳥 取 力 創 造 課 危 機 管 理 政 策 課 危 機 対 策 情 報 課 原 子 力 安 全 対 策 課 総 務 課 総 務 課 財 政 課 主 計 員 財 政 課 主 計 員 政 策 法 務 課 営 繕 課 営 繕 課 情 報 政 策 課 関 西 本 部 行 財 政 改 革 局 業 務 効 率 推 進 課 行 財 政 改 革 局 福 利 厚 生 課 行 財 政

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭 人 事 異 動 新 小 樽 市 辞 令 部 ( 職 ) 公 営 企 業 管 理 者 ( 水 道 局 ) 小 樽 病 院 事 務 局 小 軽 米 文 仁 産 業 港 湾 部 港 湾 部 磯 谷 揚 一 生 活 環 境 部 経 済 部 次 小 原 正 徳 生 活 環 境 部 参 事 ( 北 しりべし 広 域 連 合 派 遣 ) 環 境 部 次 五 十 嵐 映 児 医 療 保 険 部 市 民 部 佃 信

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68A4A9770837E836C8389838B8AAE90AC2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CF68A4A9770837E836C8389838B8AAE90AC2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 日 本 人 の 食 事 摂 取 基 準 (2010 年 版 ) ブロック 別 講 習 会 講 習 会 スライド 作 成 : 江 指 隆 年 (ミネラルWG) 吉 田 宗 弘 (ミネラルWG) ミネラルワーキンググループ 多 量 ミネラル 石 見 佳 子 ( 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ) 上 西 一 弘 ( 女 子 栄 養 大 学 ) 江 指 隆 年 ( 聖 徳 大 学 ) 中 村 和 利

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立 平 成 28 年 度 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 シーズ 創 出 ステージ 1 次 ( 書 面 ) 審 査 評 価 委 員 リスト 評 価 者 名 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 3 秋 光 和 也 香 川 大 学 4 秋 山 美 展 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 5 芦 田 均 神

More information

2016 January 内 診 療 科 月 ( 新 患 ) 熊 部 呼 吸 器 ( 再 診 ) 山 口 科 血 液 外 山 消 化 器 大 園 鈴 木 腎 臓 外 科 消 化 器 外 科 大 地 火 山 口 中 嶋 外 山 工 藤 水 外 山 戸 井 田 木 中 嶋 山 口 外 山 大 地 金 熊 部 外 山 大 園 鈴 木 石 躍 備 考 ( 水 ) 午 後 気 管 支

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

平 成 27 年 1 月 1 日 泉 浩 太 郎 医 療 法 人 光 竹 会 大 橋 ごう 脳 神 経 外 科 神 経 内 科 クリニック 福 岡 市 南 区 大 橋 1-9-16 神 経 内 科 平 成 27 年 1 月 1 日 笠 原 郁 子 医 療 法 人 弘 医 会 福 岡 鳥 飼 病 院

平 成 27 年 1 月 1 日 泉 浩 太 郎 医 療 法 人 光 竹 会 大 橋 ごう 脳 神 経 外 科 神 経 内 科 クリニック 福 岡 市 南 区 大 橋 1-9-16 神 経 内 科 平 成 27 年 1 月 1 日 笠 原 郁 子 医 療 法 人 弘 医 会 福 岡 鳥 飼 病 院 指 定 医 一 覧 指 定 年 月 日 指 定 医 氏 名 医 療 機 関 名 医 療 機 関 住 所 診 療 科 平 成 27 年 1 月 1 日 稲 村 孝 紀 稲 村 脳 神 経 外 科 クリニック 福 岡 市 早 良 区 西 新 4-9-35 真 栄 ビル2F 脳 神 経 外 科, 神 経 内 科 平 成 27 年 1 月 1 日 髙 松 美 紀 医 療 法 人 あおばクリニック 福 岡 市

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

< 議 事 > 議 事 に 入 る 出 席 委 員 は12 名 であり 過 半 数 に 達 しているため ここに 協 議 会 が 成 立 していることを 報 告 する 会 議 録 署 名 委 員 については 慣 例 により の 指 名 推 薦 としたい 各 委 員 異 議 なし 簗 田 委 員 鈴

< 議 事 > 議 事 に 入 る 出 席 委 員 は12 名 であり 過 半 数 に 達 しているため ここに 協 議 会 が 成 立 していることを 報 告 する 会 議 録 署 名 委 員 については 慣 例 により の 指 名 推 薦 としたい 各 委 員 異 議 なし 簗 田 委 員 鈴 平 成 24 年 度 第 2 回 会 津 若 松 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 1. 日 時 : 平 成 25 年 2 月 14 日 ( 木 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 2 時 2. 場 所 : 會 津 稽 古 堂 研 修 室 第 1 3. 報 告 :(1) 第 2 期 会 津 若 松 市 特 定 健 康 診 査 等 実 施 計 画 の 策 定 について 4. 委

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

Microsoft Word - 概要版_130325_3

Microsoft Word - 概要版_130325_3 基 本 理 念 健 康 寿 命 を 延 伸 する 健 康 都 市 金 沢 金 沢 市 の 平 均 寿 命 と 健 康 寿 命 ( 平 成 22 年 ) 健 康 寿 命 とは 健 康 上 の 問 題 で 日 常 生 活 が 制 限 されることなく 生 活 できる 期 間 です 金 沢 市 の 平 成 22 年 の 健 康 寿 命 は 男 性 78.16 歳 女 性 83.17 歳 となり 平 均 寿

More information

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の 講 演 資 料 2 医 学 の 視 点 から 農 林 水 産 食 品 分 野 と の 連 携 や 医 食 の 連 携 による 新 たな 産 業 創 出 の 展 望 京 都 府 立 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 吉 川 敏 一 1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生

More information

教 室 一 覧 一 般 教 養 自 然 科 学 語 学 基 礎 医 学 解 剖 学 生 化 学 分 子 生 物 学 1( 発 生 学 ) 生 理 学 1 微 生 物 学 分 子 生 物 学 2( 遺 伝 学 ) 生 理 学 2 薬 理 学 免 疫 学 応 用 医 学 衛 生 学 医 用 中 毒 学

教 室 一 覧 一 般 教 養 自 然 科 学 語 学 基 礎 医 学 解 剖 学 生 化 学 分 子 生 物 学 1( 発 生 学 ) 生 理 学 1 微 生 物 学 分 子 生 物 学 2( 遺 伝 学 ) 生 理 学 2 薬 理 学 免 疫 学 応 用 医 学 衛 生 学 医 用 中 毒 学 号 外 専 任 教 員 の 教 育 研 究 社 会 貢 献 業 績 ( 平 成 23 年 度 ) 川 崎 医 科 大 学 教 室 一 覧 一 般 教 養 自 然 科 学 語 学 基 礎 医 学 解 剖 学 生 化 学 分 子 生 物 学 1( 発 生 学 ) 生 理 学 1 微 生 物 学 分 子 生 物 学 2( 遺 伝 学 ) 生 理 学 2 薬 理 学 免 疫 学 応 用 医 学 衛 生 学

More information

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき 7. 福 島 県 県 北 会 津 相 双 県 中 南 会 津 いわき 県 南 7-1 目 次 福 島 県... 7 3 1. 県 北 医 療 圏... 7 9 2. 県 中 医 療 圏... 7 15 3. 県 南 医 療 圏... 7 21 4. 会 津 医 療 圏... 7 27 5. 南 会 津 医 療 圏... 7 33 6. 相 双 医 療 圏... 7 39 7. いわき 医 療 圏...

More information

一太郎 11/10/9/8 文書

一太郎 11/10/9/8 文書 受 付 番 号 008 香 煎 茶 の 肥 満 改 善 効 果 の 検 討 ( 二 重 盲 検 比 較 試 験 ) 研 究 実 施 計 画 書 研 究 責 任 者 : 静 岡 県 立 大 学 薬 学 部 分 子 病 態 学 講 座 静 岡 県 立 大 学 大 学 院 薬 学 研 究 院 薬 食 研 究 推 進 センター 静 岡 県 立 総 合 病 院 臨 床 研 究 センター 心 血 管 臨 床 薬

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要

11年11月 治験審査委員会 会議の記録の概要 2015 年 5 月 治 験 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 開 催 日 時 : 2015 年 5 月 20 日 ( 水 ) 16:00~17:45 開 催 場 所 : 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 第 3 会 議 室 委 員 名 簿 及 び 出 欠 氏 名 職 業 資 格 及 び 所 属 委 員 区 分 出 欠 委 員 長 鈴 木 利 根 医 師 眼 科 専 門 副 委 員

More information

<90B68A558BB388E78D758DC08A4A8DC38FEE95F1955C>

<90B68A558BB388E78D758DC08A4A8DC38FEE95F1955C> 03 年 5 月 開 催 分 3040 第 5 回 出 雲 睡 眠 学 セミナー 03/05/08 9:00 ~ 0:5 工 藤 0 69 小 児 の 睡 眠 愛 媛 大 学 睡 眠 医 療 センター 准 教 授 岡 靖 哲 305 松 江 皮 膚 科 医 会 学 術 講 演 会 03/05/ 8:30 ~ 9:45 田 辺 三 菱 製 薬 ( 株 ) 松 江 テルサ 大 谷 9 73 リウマチ 性

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

堀 龍 介 公 益 財 団 法 人 天 理 よろづ 相 談 所 病 院 天 理 市 三 島 町 200 番 地 耳 鼻 いんこう 科 泉 知 里 公 益 財 団 法 人 天 理 よろづ 相 談 所 病 院 天 理 市 三 島 町 200 番 地 循 環 器 内 科 中 川 義 久 公 益 財 団 法

堀 龍 介 公 益 財 団 法 人 天 理 よろづ 相 談 所 病 院 天 理 市 三 島 町 200 番 地 耳 鼻 いんこう 科 泉 知 里 公 益 財 団 法 人 天 理 よろづ 相 談 所 病 院 天 理 市 三 島 町 200 番 地 循 環 器 内 科 中 川 義 久 公 益 財 団 法 吉 川 周 作 社 会 医 療 法 人 健 生 会 土 庫 病 院 大 和 高 田 市 日 之 出 町 12 番 3 号 消 化 器 外 科 石 丸 敏 博 社 会 医 療 法 人 健 生 会 土 庫 こども 診 療 所 大 和 高 田 市 日 之 出 町 13 番 3 号 小 児 科 西 原 信 土 庫 こども 診 療 所 大 和 高 田 市 日 之 出 町 13-3 小 児 科 小 山 真 司

More information

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置 1 報 道 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 平 成 27 年 3 月 25 日 京 丹 後 市 役 所 解 禁 日 3 月 26 日 異 動 に 係 る 主 な 概 要 Ⅰ 組 織 機 構 は 従 来 どおり 297 人 の 人 事 異 動 1 組 織 機 構 は 従 来 どおりとし 行 政 事 務 職 での 係 体 制 と 組 織 横 断 的 な 連 携 体 制

More information

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人 第 3 章 弟 子 屈 町 の 健 康 づくりの 推 進 第 1 節 健 康 づくりの 目 標 町 民 一 人 ひとりが 主 体 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 み 健 康 的 な 生 活 習 慣 について 考 えることができるよう 行 動 指 針 として 食 育 栄 養 食 生 活 をはじめ8つの 生 活 習 慣 について わかりやすい 健 康 づくりの 目 標 を 設 定 しています また

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

資 料 2-2 第 6 次 長 野 県 保 健 医 療 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 (2012 年 )11 月 目 次 項 目 ページ 第 1 編 保 健 医 療 計 画 の 基 本 的 事 項 と 保 健 医 療 の 現 状 第 1 章 計 画 の 基 本 的 方 向 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 7 第 2 節 計 画 の 性 格 7 第 3 節 計 画 の 基 本 理

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49> 長 寿 大 国 日 本 の 予 防 医 療 ~ 健 康 に 長 生 きしよう~ ( 資 料 )http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/index.html 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター 岡 圭 佑 ( 日 本 生 命 保 険 ) 松 木 拓 ( 八 十 二 銀 行 ) 皆 川 篤 (JR 東 海 ) 綿 貫 剛 ( 横 浜 銀 行 ) 高 齢 化

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

平 成 25 年 度 静 岡 県 における 高 齢 者 生 活 実 態 調 査 ( 第 2 期 ) 報 告 書 平 成 26 年 3 月 静 岡 県 健 康 福 祉 部 医 療 健 康 局 健 康 増 進 課 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 Ⅱ 回 答 者 属... 5 Ⅲ 調 査 結 果... 7 1 健 康 状 態 健 康 管 理 について... 7 2 運 動 習 慣 について...

More information

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd 高 齢 医 学 科 科 長 のメッセージ 皆 さんが 活 躍 する10 年 後 20 年 後 には 65 歳 以 上 が 全 人 口 の35 40%となり 高 齢 医 学 のニー ズはより 高 まっていきます チーム 医 療 地 域 医 療 を 学 ぶために 最 適 の 環 境 を 提 供 しています 科 長 森 本 茂 人 (もりもと しげと) 教 授 老 年 病 学 高 血 圧 高 齢 者 肺

More information

<93A790CD814088EA94CA898991E848508C668DDA97702E786C73>

<93A790CD814088EA94CA898991E848508C668DDA97702E786C73> 10000 一 般 演 題 口 演 O-0661 長 見 英 治 無 酢 酸 透 析 -3 第 2 日 目 6 月 18 日 ( 土 ) 10:30 11:30 第 12 会 場 10001 一 般 演 題 ポスター P-5-059 橋 本 和 明 血 管 炎 第 3 日 目 6 月 19 日 ( 日 ) 14:30 16:05 ポスター 会 場 10002 一 般 演 題 ポスター P-2-056

More information

厚生科学研究補助金(子ども家庭総合研究事業)

厚生科学研究補助金(子ども家庭総合研究事業) 平 成 16-18 年 度 厚 生 科 学 研 究 補 助 金 ( 子 ども 家 庭 総 合 研 究 事 業 ) 引 きこもりに 繋 がる 小 児 慢 性 疲 労 不 登 校 の 治 療 予 防 に 関 する 臨 床 的 研 究 班 ( 主 任 研 究 者 : 三 池 輝 久 ) 不 登 校 引 きこもりに 対 する 馬 介 在 療 法 の 科 学 的 検 証 分 担 研 究 者 : 倉 恒 弘 彦

More information

黒 木 明 子 くろき 眼 科 眼 科 長 崎 市 畝 刈 町 1613-33 サクセ スカバーヒルズ2F 馬 場 啓 至 日 本 赤 十 字 社 長 崎 原 爆 病 神 経 内 科 長 崎 市 茂 里 町 3 番 15 号 卜 部 繁 俊 日 本 赤 十 字 社 長 崎 原 爆 病 消 化 器 内

黒 木 明 子 くろき 眼 科 眼 科 長 崎 市 畝 刈 町 1613-33 サクセ スカバーヒルズ2F 馬 場 啓 至 日 本 赤 十 字 社 長 崎 原 爆 病 神 経 内 科 長 崎 市 茂 里 町 3 番 15 号 卜 部 繁 俊 日 本 赤 十 字 社 長 崎 原 爆 病 消 化 器 内 田 中 司 愛 育 医 長 崎 市 新 戸 町 3 丁 目 17 番 27 号 井 手 政 利 井 手 内 科 クリニック 内 科 呼 吸 器 科 長 崎 市 家 野 町 2 番 22 号 泉 野 清 宏 井 上 病 内 科 長 崎 市 宝 町 6 番 12 号 井 上 健 一 郎 井 上 病 内 科 長 崎 市 宝 町 6 番 12 号 牧 山 和 也 井 上 病 内 科 長 崎 市 宝 町 6

More information

栄養管理手順について

栄養管理手順について 栄 養 管 理 手 順 について 平 成 27 年 6 月 29 日 管 理 栄 養 士 栄 養 管 理 の 意 義 患 者 様 の 病 気 の 治 癒 回 復 を 支 援 し 手 術 などの 合 併 症 の 予 防 に 貢 献 すること 栄 養 ケア マネジメント 平 成 17 年 に 介 護 保 険 制 度 に 導 入 給 食 の 提 供 者 栄 養 療 法 を 担 う 医 療 チームの 一 員

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 から, 柏 市 の 健 康 課 題 を 抽 出 します 柏 市 の 現 状 データ 疾 病 の 指 摘 状 況 再 掲 図 4 成 人 の 疾 病 の 指 摘

第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 から, 柏 市 の 健 康 課 題 を 抽 出 します 柏 市 の 現 状 データ 疾 病 の 指 摘 状 況 再 掲 図 4 成 人 の 疾 病 の 指 摘 7 糖 尿 病 生 活 習 慣 を 整 えて, 糖 尿 病 の 発 症 及 び 重 症 化 を 防 ぐまち ~ 生 活 習 慣 病 予 防 の 知 識 を 正 しく 身 につけ, 生 活 習 慣 の 改 善 により, 自 分 とまわりの 人 の 健 康 を 守 りましょう!~ 85 第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する

More information

脳卒中に関わるケアマネージャーを始めとする在宅医療に関わる方々への資料

脳卒中に関わるケアマネージャーを始めとする在宅医療に関わる方々への資料 Ⅰ 脳 卒 中 とは 1 脳 卒 中 の 主 な 種 類 と 原 因 脳 卒 中 = 脳 血 管 障 害 Stroke Cerebrovascular disease 脳 卒 中 とは 脳 の 血 管 に 異 常 ( 破 裂 閉 塞 )が 生 じて 中 枢 神 経 系 に 障 害 が 生 じる 病 態 の 総 称 である 脳 卒 中 は 以 下 の3つのタイプに 分 類 できる (1) 脳 内 出

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山 委 員 会 委 員 名 簿 総 務 委 員 会 新 田 孝 作, 川 西 秀 樹, 衣 笠 えり 子, 篠 田 俊 雄, 峰 島 三 千 男, 森 石 みさき HP 電 算 機 小 委 員 会 峰 島 三 千 男, 山 下 明 泰, 川 崎 忠 行, 川 西 秀 樹, 芝 本 隆, 武 本 佳 昭, 花 房 規 男 ( 外 部 委 員 ) 田 代 嗣 晴 腎 不 全 看 護 師 栄 養 管 理 士

More information

福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 事 業 団 嵐 山 郷 事 務 局 ) 福 障 害 者 自 立 支 援 課 副 課 荻 野 潤 一 福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 ) 福 祉 部 部 付 淺 川 共 子 福 祉 部 部 付 ( 日 本 赤 十 字 社 埼 玉

福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 事 業 団 嵐 山 郷 事 務 局 ) 福 障 害 者 自 立 支 援 課 副 課 荻 野 潤 一 福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 ) 福 祉 部 部 付 淺 川 共 子 福 祉 部 部 付 ( 日 本 赤 十 字 社 埼 玉 総 合 調 整 幹 企 財 計 画 調 整 課 副 課 前 沢 幸 男 総 合 調 整 幹 付 政 策 幹 産 勤 労 者 福 祉 課 副 課 秘 書 課 企 財 企 画 総 務 課 吉 浦 伸 和 企 画 財 政 部 企 画 総 務 課 企 財 市 町 村 課 伊 東 弘 道 企 画 財 政 部 財 政 課 総 税 務 課 砂 川 裕 紀 企 画 財 政 部 改 革 推 進 課 近 代 美 術 館

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 4 月 (1/11ページ) 1 匿 名 埼 玉 県 10,000 4 2 毛 利 学 様 北 海 道 10,000 4 3 嘉 手 納 一 彦 様 沖 縄 県 10,000 2 4 匿 名 兵 庫 県 10,000 1 5 牧 野 稔 海 様 埼 玉 県 10,000 1 6 藤 井 志 保 子 様 埼 玉 県 10,000 3 7 山 崎 弘 之 様 千 葉 県 10,000 3

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

講演会入力マスターH22(修

講演会入力マスターH22(修 学 術 講 演 会 等 開 一 覧 熊 本 県 精 神 科 協 会 学 術 講 演 会 取 得 カリキュラムコート 5,10, 開 日 1.5 単 位 平 成 28 年 3 月 24 日 ( 木 ) ホテルニューオータニ 熊 本 2 階 096-326-1111 おしどりの 間 午 6 時 00 分 特 別 講 演 : 精 神 科 医 療 における 現 行 の 診 療 報 酬 制 医 療 法 人 志

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information