gyo-257_hyousi-1cs6.indd

Size: px
Start display at page:

Download "gyo-257_hyousi-1cs6.indd"

Transcription

1 第 257 号 新 幹 線 新 八 代 駅 前 風 景 URL:http://www.kumagyou.jp/

2 第 257 号 表 紙 コメント 人 口 13 万 3 千 人 弱 県 下 第 二 の 都 市 八 代 市 には 新 幹 線 八 代 駅 と 在 来 線 八 代 駅 がある 単 に 八 代 駅 と 言 っても 在 来 線 か 新 幹 線 か 確 認 が 必 要 だ 普 通 は 在 来 線 の 駅 構 内 若 しくは 在 来 線 近 接 に 新 幹 線 の 駅 舎 が 併 設 される 八 代 の 場 合 は 移 動 するのに 車 で10 分 位 を 要 する 2004 年 3 月 13 日 新 幹 線 新 八 代 駅 と 鹿 児 島 中 央 駅 間 が 運 行 開 始 した 約 44 分 で 鹿 児 島 の 中 心 地 に 着 く まさに 時 速 250キロ 超 のスピー ド 感 を 満 喫 できる 下 りはトンネルずくめでビールを 飲 む 暇 もない 博 多 まで 約 44 分 新 大 阪 までは 約 3 時 間 34 分 で ある 車 窓 から 移 り 変 わる 景 色 を 眺 める 風 情 はいい 景 色 はや はり 鈍 行 に 限 る ( 八 代 支 部 瀧 本 眞 敏 ) 巻 頭 言 2 各 部 の 活 動 を 振 り 返 っ て 3 総 務 部 ( 職 務 上 請 求 書 研 修 会 報 告 ) 7 広 報 部 ( 高 校 生 の た め の 出 前 講 座 報 告 ) 8 電 子 対 策 部 ( ホ ー ム ペ ー ジ の 留 意 点 ) 9 土 地 家 屋 調 査 士 会 へ の 申 し 入 れ 10 特 集 : こ れ か ら の 行 政 書 士 業 務 を 考 え る 日 本 政 策 金 融 公 庫 関 連 11 知 的 資 産 経 営 シ ン ポ ジ ウ ム 関 連 15 権 利 義 務 事 実 証 明 部 会 交 通 事 故 部 会 登 録 相 談 員 特 別 研 修 報 告 17 県 民 百 貨 店 で の 無 料 相 談 会 終 了 18 連 載 記 事 第 三 回 安 全 運 転 19 行 政 書 士 記 念 日 事 業 で ふ せ ん を 製 作 19 平 成 27 年 度 定 時 総 会 開 催 の お 知 ら せ 20 政 連 だ よ り 21 事 務 局 だ よ り 22 熊 本 県 収 入 証 紙 販 売 に つ い て 22 会 務 日 報 編 集 後 記 23 目 次 (1)

3 第 257 号 (2) 巻 頭 言 会 長 加 藤 誠 一 早 春 の 候 会 員 の 皆 様 におかれましては 日 々 業 務 にご 精 励 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 会 の 運 営 にご 理 解 とご 協 力 を 頂 き 誠 に 有 難 うございます さて 早 いもので 私 の 会 長 としての 任 期 も5 月 の 総 会 まで 残 すところあと2 カ 月 となりました 二 期 4 年 を 振 り 返 ってみると 様 々なことがありましたが 中 でも 会 館 の 取 得 は 一 番 の 出 来 事 でした 取 得 については 様 々なご 意 見 を 頂 きまし たが 総 会 決 議 を 経 て 移 転 の 際 には 多 くの 皆 様 から 多 額 の 寄 付 を 頂 き 現 在 では 会 議 や 各 種 研 修 会 に 活 用 されている 状 況 ををみれば 感 慨 深 いものがあります 平 成 25 年 には 熊 本 支 部 の 分 割 を 行 いました これについても 準 備 委 員 会 の 立 ち 上 げから 新 支 部 設 立 総 会 までわずか4カ 月 でしたが 何 とか 熊 本 中 央 東 南 北 西 に 分 割 され それぞれの 支 部 で 特 徴 を 出 した 活 動 が 行 われております その 後 章 紙 制 度 の 見 直 しにも 着 手 しました 最 近 では 章 紙 の 貼 付 が 行 政 書 士 の 証 として 認 知 さ れ 始 めており 非 行 政 書 士 の 排 除 に 一 役 買 っている 事 は 大 変 喜 ばしいことだと 思 っております その 他 にも 会 員 の 皆 様 の 期 待 に 添 うべく 規 則 の 見 直 しを 行 ったり 新 設 したりして 積 極 的 な 会 の 運 営 に 努 めてまいりましが 先 の 理 事 会 において 新 たに 登 録 相 談 員 等 制 度 が 承 認 され さらに 新 入 会 員 の 実 務 研 修 制 度 を 検 討 しており 来 年 度 試 行 期 間 として 予 算 を 計 上 しております さらに 来 年 度 は 災 害 時 の 見 舞 金 積 立 として300 万 円 会 館 の 修 繕 費 積 立 として300 万 円 を 特 別 会 計 として 積 み 立 てることが 先 の 理 事 会 で 承 認 されました 業 務 に 関 しては 昨 年 10 月 に 日 本 政 策 金 融 公 庫 と 業 務 締 結 の 調 印 を 行 いました また 来 年 度 は 行 政 不 服 申 し 立 ての 代 理 権 が 特 定 行 政 書 士 に 付 与 されることになり いよいよ 法 定 研 修 が 実 施 されま す これまでの 業 務 に 加 えて 新 しい 分 野 の 業 務 拡 大 が 期 待 されますが 一 方 で 行 政 書 士 の 資 質 が 大 きく 問 われてくるのは 必 至 だと 思 います 従 って これからは 若 い 会 員 の 方 々が 会 の 運 営 に 携 わり 新 しい 行 政 書 士 像 を 確 立 していかれる ことを 期 待 するものです まだまだやり 残 した 感 は 否 めませんが 残 され た 任 期 を 全 うし 次 の 執 行 部 へバトンを 渡 したいと 思 います この4 年 間 皆 様 のご 理 解 とご 協 力 誠 にあらた めて 感 謝 申 し 上 げます ありがとうございました 大 西 一 史 熊 本 市 長 表 敬 訪 問

4 (3) 第 257 号 各 部 の 活 動 を 振 り 返 って 毎 年 4 回 ずつ 発 行 している 会 報 行 政 書 士 熊 本 ですが 現 執 行 部 での 発 行 は 今 回 の3 月 号 が 最 後 となります これまで 各 部 で 活 躍 された 部 員 の 方 々から この2 年 間 をふりかえっての 感 想 をお 聞 き しました 総 務 部 での2 年 間 を 振 り 返 り 総 務 部 員 田 代 英 夫 開 業 して 最 初 に 参 加 した 宇 城 支 部 の 総 会 にて 木 下 前 支 部 長 に 紹 介 されたのが 松 尾 先 生 で そのとき 名 刺 交 換 したご 縁 が 総 務 部 に 入 るきっかけでした 仕 事 の 内 容 は 総 会 運 営 行 政 書 士 試 験 運 営 職 務 上 請 求 書 研 修 会 公 証 人 役 場 との 交 流 会 などを 担 当 この 中 で 思 い 出 深 いのは 昨 年 の 菊 池 で 開 催 された 総 会 です 行 政 書 士 となって 初 めて 泊 まり がけの 仕 事 で 総 会 の 運 営 に 関 わるのも 初 めてでしたので 緊 張 の 連 続 でした 多 少 のハプニングはあ りましたが 諸 先 輩 の 協 力 のもと 無 事 に 総 会 を 終 え 懇 親 会 へ 恥 ずかしながら お 酒 の 席 というの が 苦 手 で 特 に 見 知 らぬ 人 とお 話 するのが 大 の 苦 手 でしたので この 数 時 間 はキツイなあと 思 ってま したが ありがたいことにまだ 面 識 のない 先 生 方 々からお 声 掛 けいただき この 時 ほど 総 務 部 の 仕 事 に 参 加 してきてよかったと 思 ったことはありませんでした またその 後 の 三 次 会 では 行 政 書 士 会 へ の 白 熱 した 議 論 が 展 開 され お 酒 がすすんだ 席 での 話 ですのでコンプライアンス 上 内 容 までは 書 けま せんが ある 意 味 総 会 以 上 に 白 熱 した 討 論 に 総 会 以 上 に 緊 張 したことも 今 となっては 良 い 思 い 出 で す 失 敗 談 としては 昨 年 の 行 政 書 士 試 験 に 松 葉 杖 で 参 加 したことでしょうか その 節 は 各 先 生 方 にご 迷 惑 をお 掛 けしたこと 深 く 反 省 しております 総 務 部 の 仕 事 は 5 月 の 定 例 総 会 まで 続 きますが 気 を 引 き 締 めて 取 組 んでまいります

5 第 257 号 (4) 法 規 部 の 活 動 を 振 り 返 って 法 規 部 員 袋 田 隆 晴 桑 田 法 規 部 長 から 声 をかけていただいて 法 規 部 員 になって 早 2 年 を 過 ぎようとしています 法 規 部 会 では 毎 回 の 議 事 録 作 成 を 担 当 し 若 い 法 規 部 員 たちの 大 学 でのゼミを 彷 彿 させるような 自 由 闊 達 な 議 論 を 傍 らで 愉 しく 聴 かせてもらいながら 仕 事 をしてきました 法 規 部 会 は 現 在 の 会 則 規 則 細 則 の 中 で 時 代 の 要 請 に 合 わなくなった 部 分 を 廃 止 したり 修 正 を 加 えたり また 新 たな 法 規 を 作 成 したりする 作 業 を 行 うことを 主 な 任 務 としていま す 本 来 なら 他 業 士 等 との 業 際 間 でトラブルが 生 じた 場 合 の 法 的 サポート 作 業 等 も 担 うべきでしょう が 現 状 はまだそれだけの 組 織 的 力 量 を 持 ち 合 わせていません しかし 2 年 間 一 緒 に 仕 事 をしてき た 私 個 人 の 感 想 としては 若 い 部 員 たちは 近 い 将 来 そんな 役 割 も 十 分 担 えるようになるだろうと 確 信 し ています 部 長 を 中 心 として 部 員 一 同 力 を 尽 くした 感 のある2 年 間 でしたが 不 充 分 な 点 も 多 々ありました それらの 課 題 の 克 服 も 含 めて という 組 織 の 近 代 化 を 推 進 し 会 員 の 皆 さんに 奉 仕 す る 法 規 部 を 次 の 新 しい 部 員 たちに 託 したいと 思 います 広 報 部 の 活 動 を 振 り 返 って 広 報 部 員 田 添 史 也 私 は 平 成 25 年 度 から 広 報 部 の 部 員 としての 活 動 に 携 わらせていただき 早 いもので 丸 2 年 の 任 期 満 了 を 迎 えようとしています 広 報 部 の 事 業 活 動 はいろいろありますが 大 きく 五 つに 分 かれます 一 つは 年 4 回 発 行 される 会 報 事 業 今 回 の 各 部 会 の2 年 間 の 活 動 についての 記 事 もそうですが 毎 回 多 くの 先 生 方 に 記 事 の 入 稿 のご 協 力 や 表 紙 の 写 真 撮 影 のご 協 力 をいただき 成 り 立 っております 二 つ 目 は 毎 年 10 月 の 行 政 書 士 制 度 広 報 月 間 事 業 この 中 で 相 談 会 の 実 施 広 報 活 動 各 支 部 での 事 業 の 支 援 などを 行 い ますが 毎 年 皆 様 方 のお 手 元 に 届 く 行 政 書 士 会 のポスターの 発 送 作 業 もこの 事 業 の 中 に 含 まれます 三 つ 目 は 公 開 講 座 事 業 市 民 公 開 講 座 の 企 画 運 営 等 を 行 い この 事 業 の 中 でも 毎 回 多 くの 先 生 方 にご 協 力 をして 頂 いております また 公 開 講 座 事 業 では 高 校 生 出 前 講 座 を 行 っており 平 成 25 年 度 は 八 代 東 高 校 平 成 26 年 度 は 松 橋 高 校 でいずれも 部 員 の 増 井 先 生 が 講 師 を 務 められました 残 りの 二 つは 対 外 的 広 報 事 業 と 広 報 部 会 の 開 催 で 行 政 書 士 会 の 広 告 と 会 議 を 行 います このように 広 報 部 の 事 業 活 動 は 多 岐 に わたりますが これらの 事 業 の 中 で 私 が 一 番 印 象 に 残 ったのは 平 成 26 年 度 の 事 業 として 行 った 行 政 書 士 フェスタ2014です 当 日 は 多 数 の 先 生 方 に 準 備 等 のお 手 伝 いをして 頂 き またご 参 加 いただきました 私 の 役 割 は 当 日 の 会 場 周 辺 でのチラシ 配 りと RKK ラジオミミー 号 への 出 演 チラシ 配 りではチラシを 手 に 取 って 会 場 に 足 を 運 んでいただきました ミミー 号 への 出 演 ではラジオを 聞 いて 直 接 ご 来 場 いただ いた 方 はおられなかったと 思 いますが フェスタ 終 了 後 地 元 に 帰 ってから 何 人 かの 人 にラジオを 聴 いて いたとのお 声 かけをいただき 改 めて 広 報 活 動 の 大 事 さを 知 ることができました

6 (5) 第 257 号 経 理 部 を 振 り 返 って 経 理 部 員 吉 野 恵 子 平 成 25 年 5 月 行 政 書 士 登 録 後 間 もなくして 行 われた 行 政 書 士 会 総 会 の 場 にて 現 部 長 である 森 脇 先 生 に 見 初 められた?らしく 数 日 後 経 理 部 へのお 誘 いの 連 絡 を 戴 きました 顔 も 覚 えていない 先 生 からのお 誘 いに 少 々 不 安 もありましたが 優 しいお 言 葉 がけによる 安 心 感 また 元 銀 行 員 だった 私 自 身 数 字 を 見 ることは 好 きでしたので お 受 けしました 我 が 部 の 活 動 は キャプテンいや 部 長 である 森 脇 先 生 の 号 令?で 集 まります 会 費 の 滞 納 について 心 や 頭 を 痛 めたり 会 全 体 のお 金 の 流 れの 精 査 及 び 次 期 の 予 算 を 組 むことを 主 な 活 動 としております 本 年 度 は 会 計 システムの 大 幅 な 変 更 により 皆 の 戸 惑 いも 多 く 何 度 も 電 卓 をたたきながら 真 剣 に 議 論 し 書 類 を 作 り 上 げる 部 員 全 員 の 姿 が 印 象 的 です 新 人 の 私 にとって 会 の 心 臓 部 分 である 経 理 部 に 関 わった2 年 間 は 大 変 有 意 義 な 時 間 でした 電 子 対 策 部 2 年 間 の 活 動 について 電 子 対 策 部 員 福 永 奈 央 子 電 子 対 策 部 へ 入 った 時 は 電 子 申 請 オンライン 申 請 に 長 けているわけでもなく 業 務 上 必 要 に 迫 られて 電 子 を 利 用 している 程 度 の 私 に 部 員 が 務 まるのか 不 安 でしかありませんでした 専 門 的 なことは 関 部 長 に 頼 りっぱなしで 申 し 訳 なかったのですが 一 部 員 として 活 動 でき とても 勉 強 になりました 活 動 の 一 つとして 各 会 員 のホームページ 掲 載 内 容 を 確 認 させていただき 表 記 の 適 正 化 をお 願 い する 取 り 組 みを 行 いました 確 認 すべき 根 拠 法 令 が 多 く 法 改 正 への 対 応 状 況 や 他 士 業 との 境 界 問 題 等 表 記 には 細 かな 注 意 が 必 要 になることを 活 動 を 通 して 学 ばせていただきました 平 成 28 年 度 からはマイナンバー 制 度 も 運 用 開 始 になり 電 子 化 の 波 は 益 々 加 速 していきます 電 子 対 策 部 として 行 った 研 修 では 電 子 定 款 電 子 内 容 証 明 を 取 り 上 げましたが 行 政 書 士 が 業 として 行 う 分 野 は 多 岐 にわたるため 取 り 上 げて 欲 しい 研 修 テーマ 等 ございましたら 是 非 ご 意 見 を お 寄 せください

7 第 257 号 (6) 監 察 部 の 活 動 を 振 り 返 って 監 察 部 員 瀧 本 眞 敏 1 初 めの1 歩 平 成 25 年 4 月 監 察 部 所 属 となった 部 署 の 異 動 は 体 験 済 みだから 違 和 感 は 無 かった それよりも これから 自 分 の 役 目 は? という 不 安 が 大 きかった 全 45p の 黄 色 い 監 察 読 本 がズシリ と 重 圧 感 を 感 じさせ そこには 基 本 原 則 から 非 違 行 為 の 態 様 が 網 羅 され 正 に 監 察 業 務 に 携 わる 者 の 道 標 バイブルであった 身 が 引 締 まるのを 感 じた 2 クライシス 業 務 の 重 責 個 人 も 家 庭 も 組 織 でも 根 幹 を 震 撼 させる 行 為 が 非 違 行 為 ではないか と 考 える 士 業 に 身 をお く 者 の 非 違 行 為 は 即 国 民 の 信 頼 感 を 崩 壊 させる クライシスは 裏 口 から 来 る という 言 葉 がある それほど 実 態 把 握 は 困 難 且 つその 根 絶 の 労 力 と 対 応 時 間 は 至 難 の 業 である 3 啓 発 活 動 と 課 題 一 昨 年 9 月 と 昨 年 10 月 の2シーズンに 広 報 月 間 を 通 じて 啓 発 活 動 に 従 事 した 郡 部 になるほど 啓 発 し 易 く 覚 め 易 い と 感 じた 監 察 部 は 当 然 だが 業 界 全 体 が 積 権 的 に 啓 発 活 動 や 広 報 活 動 等 を 展 開 す る 以 外 に 改 善 策 はない また ナンチャッテ 行 政 書 士 を 発 見 してもどこまで 責 任 追 及 できるのか 課 題 である 他 人 事 では 済 まされない 監 察 業 務 の2 年 間 だったように 思 う 企 画 研 修 部 の 活 動 を 振 り 返 って 企 画 研 修 部 員 林 田 理 一 郎 森 田 企 画 研 修 部 長 の 元 で 活 動 して2 年 間 が 経 ちました 以 前 と 変 わったところは 特 別 研 修 を 組 み やすくなった 点 です 私 が 企 画 研 修 部 に 入 った 頃 は 日 行 連 主 催 のライブ 研 修 が 年 に 数 回 開 催 されて おり 時 間 的 余 裕 がありませんでした そのライブ 研 修 が2 年 前 からなくなり 研 修 の 回 数 は 減 った のですが 熊 本 会 独 自 の 研 修 プランを 立 てやすくなりました 今 後 も 研 修 後 に 回 収 したアンケートを 参 考 に 会 員 の 皆 様 の 興 味 を 引 く 研 修 が 開 催 されると 思 います 企 画 研 修 部 員 は 少 人 数 ですので 研 修 には 原 則 として 毎 回 全 員 参 加 して 研 修 当 日 の 仕 事 を 分 担 しま すが 出 席 した 方 に 満 足 していただける 研 修 に 携 われることにやりがいを 感 じます 次 年 度 からは 特 定 行 政 書 士 の 研 修 も 始 まります 初 めてのことなので 興 味 とともに 不 安 もあります が 今 後 ともどうぞ 宜 しくお 願 い 申 し 上 げます

8 (7) 第 257 号 総 務 部 戸 籍 謄 抄 本 住 民 票 の 写 し 等 職 務 上 請 求 書 に 関 する 研 修 会 の 開 催 報 告 去 る 平 成 27 年 2 月 14 日 ( 土 ) 午 後 1 時 30 分 より 熊 本 市 流 通 情 報 会 館 に 於 いて 戸 籍 謄 抄 本 住 民 票 の 写 し 等 職 務 上 請 求 書 に 関 する 研 修 会 が 行 われました 井 口 由 美 子 副 会 長 から 職 務 上 請 求 に 係 る 留 意 点 や 具 体 的 記 載 例 に 関 する 内 容 説 明 及 び 質 疑 応 答 が 行 われた 後 受 講 者 に 対 して 受 講 証 が 交 付 されました なお この 研 修 は 戸 籍 謄 抄 本 住 民 票 の 写 し 等 職 務 上 請 求 書 の 払 出 しを 受 けたい 会 員 は 必 須 の 研 修 ですので 基 本 的 に 時 間 に 遅 れた 方 は 受 講 できません 時 間 厳 守 でお 願 いします ( 総 務 部 櫻 田 ) お 知 らせ 平 成 27 年 4 月 1 日 付 で 職 務 上 請 求 書 取 扱 規 則 が 一 部 改 正 施 行 されます 改 正 した 取 扱 規 則 を 行 政 熊 本 発 刊 に 併 せて 送 付 しますので ご 確 認 く ださい

9 第 257 号 (8) 広 報 部 高 校 生 のための 出 前 講 座 報 告 広 報 部 増 井 洋 介 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 19 日 ( 木 ) 熊 本 県 立 松 橋 高 等 学 校 ( 以 下 松 橋 高 )で 3 年 生 約 140 名 を 対 象 に 出 前 講 座 を 実 施 しました 以 下 来 年 度 以 降 の 実 施 の 参 考 になるように 準 備 部 分 に 力 点 をおいて 概 要 をご 紹 介 します 実 施 までの 経 緯 昨 年 5 月 25 日 ( 日 )に 私 が 出 身 校 である 松 橋 高 の 同 窓 会 総 会 に 出 席 し 校 長 とお 話 しした 際 昨 年 1 月 に 県 立 八 代 東 高 等 学 校 ( 以 下 八 代 東 高 )でこの 出 前 授 業 を 担 当 したことに 触 れました 校 長 は 出 前 授 業 の 内 容 と 卒 業 生 である 私 が 話 をすることによる 教 育 効 果 に 興 味 を 持 たれ 学 年 主 任 に 私 に 連 絡 をとるよう お 伝 えになったそうです 学 年 主 任 からのご 連 絡 を 受 けたのが12 月 3 日 ( 水 )でした 翌 日 講 師 派 遣 依 頼 先 をお 伝 えし 翌 週 12 日 ( 金 )に 松 橋 高 で 事 前 打 ち 合 わせをしました この 打 ち 合 わせでお 聞 きした 生 徒 さんの 状 況 卒 業 後 に 陥 る 危 険 性 がある 問 題 に 卒 業 生 の 立 場 からのメッセージを 加 えて 欲 しいとの 要 望 を 入 れ 授 業 内 容 を 構 成 し ました 打 ち 合 わせ 時 の 聞 き 取 り 事 項 は 次 の 通 りです A4 判 ぎっしりのメモができました 出 席 者 生 徒 さんの 全 体 的 な 様 子 生 徒 さんの 全 体 的 な 進 路 状 況 先 生 方 の 講 話 へのニーズ 他 の 卒 業 前 講 話 他 の 外 部 講 話 ( 昨 年 分 を 含 む) 公 民 科 の 既 習 内 容 機 材 の 適 合 性 講 話 の 全 体 的 な 方 向 性 講 話 にあたり 特 に 留 意 する 点 昨 年 度 ( 平 成 25 年 度 )は 10 月 に 計 6 校 に 行 政 書 士 会 から 公 文 書 を 送 り 八 代 東 高 1 校 での 実 施 となりま したが 今 年 度 は 公 文 書 の 送 付 をしていません 松 橋 高 からの 連 絡 がなければ この 行 事 は 実 施 されていな かったと 思 われます 行 政 書 士 の 社 会 的 認 知 度 を 高 めるのに 少 し 効 果 が 見 込 める 行 事 ですので 事 前 コンタ クトは 必 要 かもしれません 今 回 も 事 前 アンケートで 生 徒 さんの 知 りたいことを 調 査 しましたが ほとんどの 回 答 は 内 容 に 含 めること ができ 別 立 てで 触 れた 部 分 は 少 しにとどまりました 内 容 と 留 意 点 次 のように 構 成 しました 1 自 己 紹 介 2 行 政 書 士 のしごと 3 住 民 票 と 戸 籍 と 印 鑑 証 明 4 利 息 について 5カードは 多 重 債 務 行 きの 切 符? 6 悪 質 商 法 と 特 殊 詐 欺 7 消 費 者 保 護 立 法 8ご 質 問 に 答 えて 9 終 わりに それぞれについて 内 容 を 紹 介 することは 紙 面 の 都 合 で 避 けますが 生 徒 さんの 集 中 力 が 続 くよう 配 慮 して プレゼンソフト(JustSystem 社 の "Agree")を 用 い 身 近 な 事 項 や 興 味 を 持 つ 例 の 挿 入 を 心 がけました 今 回 用 意 したスライドは285 枚 でしたが その 半 数 程 度 は 昨 年 度 に 画 像 を 作 っていたもの でした 新 しく 作 ったスライドのうち17 枚 で 新 聞 記 事 を 引 用 してみました スライド 完 成 後 の1 月 23 日 ( 金 )から 前 日 まで 計 8 回 のリハーサルを 自 事 務 所 で 行 いました 家 庭 学 習 中 の 登 校 日 だからということでしょうか 疲 れていた 生 徒 さんも 見 られましたが 全 体 によく 聞 いてくれたと 思 います 行 政 書 士 会 広 報 部 から 元 田 和 博 さんと 古 市 麻 美 さんにご 一 緒 いただいたこ とも 心 強 く 感 じました 終 わったあと 学 年 主 任 から 卒 業 生 として 話 す ということは 私 たち( 同 校 教 員 )ではできないか ら 生 徒 たちに 貴 重 な 機 会 になった と 言 葉 をかけ ていただけたことを 嬉 しく 思 いました もちろん 私 にとっても 貴 重 な 経 験 でした

10 (9) 第 257 号 電 子 対 策 部 会 員 ホームページにおける 無 料 相 談 表 記 についての 留 意 点 電 子 対 策 部 長 関 輝 明 平 成 26 年 度 第 3 回 理 事 会 レポート において 案 内 の 通 り 現 在 本 会 主 催 の 街 頭 無 料 相 談 会 講 演 会 に 派 遣 する 会 員 相 談 員 講 師 の 登 録 制 度 の 導 入 が 検 討 されています この 目 的 は 相 談 員 講 師 として 適 格 性 を 有 する 会 員 をあらかじめ 養 成 派 遣 することにより 一 般 市 民 からの 期 待 に 応 え ようとするものです 一 方 会 員 個 人 が 開 設 する 事 務 所 ホームページにおいて 見 受 けられる 無 料 相 談 の 表 記 につい ては これまで 本 会 としてガイドラインを 示 してこなかったため 無 料 の 範 囲 の 表 示 については 自 主 規 制 に 任 されてきたところです そこで 会 員 ホームページの 表 記 適 正 化 を 所 管 する 当 部 といた しまして 消 費 者 トラブル 予 防 の 観 点 から 不 当 表 示 とならないよう 以 下 の 留 意 を 呼 び 掛 けること としました 参 考 となるのが 平 成 23 年 10 月 に 消 費 者 庁 が 発 表 した インターネット 消 費 者 取 引 に 係 る 広 告 表 示 に 関 する 景 品 表 示 法 上 の 問 題 点 及 び 留 意 事 項 の 資 料 です これが 発 表 された 経 緯 は 当 時 無 料 ゲーム を 謳 ってゲーム 利 用 登 録 へ 誘 い 込 み ゲームを 有 利 に 進 行 させるための 有 料 アイ テム 購 入 漬 けに 消 費 者 を 陥 れる 悪 質 な 携 帯 ゲーム 事 業 者 が 横 行 したからでした 上 記 資 料 によれば 事 業 者 が サービスが 無 料 で 利 用 できることをことさらに 強 調 する 表 示 を 行 い 付 加 的 なサービスも 含 めて 無 料 で 利 用 できるとの 誤 認 を 一 般 消 費 者 に 与 える 場 合 には 景 品 表 示 法 上 の 不 当 表 示 として 問 題 となります そこで 事 業 者 は 無 料 で 利 用 できるサービスの 具 体 的 内 容 範 囲 を 正 確 かつ 明 瞭 に 表 示 する 必 要 がある とされます これを 無 料 相 談 に 当 てはめれば 無 料 で 利 用 できる 相 談 手 段 回 数 時 間 その 他 の 条 件 を 明 確 に 表 示 する 必 要 があります この 範 囲 を 超 えたら 付 加 的 な 業 務 となり 有 料 となることを 示 さ ないまま 対 応 すると 当 該 会 員 や 会 全 体 の 信 用 を 汚 すことになりますので 十 分 認 識 いただきたい と 存 じます

11 第 257 号 (10) お 知 らせ 群 馬 県 土 地 家 屋 調 査 士 会 会 員 が 行 った 農 地 転 用 許 可 申 請 と 開 発 行 為 許 可 申 請 に 関 して 行 政 書 士 法 違 反 により 罰 金 刑 が 確 定 したことを 受 け 平 成 27 年 1 月 28 日 に から 熊 本 県 土 地 家 屋 調 査 士 会 へ 下 記 のとおり 申 し 入 れを 行 いました

12 (11) 第 257 号 特 集 これからの 行 政 書 士 業 務 を 考 える 平 成 24 年 に 日 本 行 政 書 士 会 連 合 会 と 日 本 政 策 金 融 公 庫 ( 以 下 公 庫 という )が 締 結 した 中 小 企 業 等 支 援 に 関 する 覚 書 を 受 けて 本 会 においても 昨 年 10 月 に 県 内 2 支 店 との 業 務 提 携 を 行 いました 相 互 に 業 務 内 容 の 理 解 を 深 め 今 後 の 業 務 に 生 かすべく 本 年 1 月 9 日 に 熊 本 支 店 及 び 八 代 支 店 を 訪 問 し 意 見 交 換 を 行 いました また 2 月 16 日 には 佐 賀 で 開 催 された 知 的 資 産 についてのシンポジウムに 本 会 会 員 17 名 が 参 加 してきました 今 回 それぞれに 参 加 した 会 員 の 方 々からの 記 事 を 掲 載 しておりますが この 記 事 を 通 して 中 小 企 業 経 営 者 の 方 や 農 林 漁 業 者 の 方 との 関 わりの 中 で 行 政 書 士 の 果 たす 役 割 や これからの 行 政 書 士 の 業 務 さらに これからの 行 政 書 士 に 求 められるもの についてのヒントが 見 えてくるのではないでしょうか 井 口 由 美 子 日 本 政 策 金 融 公 庫 熊 本 支 店 八 代 支 店 を 訪 問 して 金 融 公 庫 企 画 研 修 部 長 森 田 勝 彦 日 本 行 政 書 士 会 連 合 会 と 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 ( 以 下 公 庫 という )は 全 国 の 中 小 企 業 等 の 資 金 調 達 や 許 認 可 等 の 申 請 手 続 等 に 関 する 問 題 解 決 を 相 互 に 連 携 して 支 援 していくため 平 成 24 年 3 月 29 日 中 小 企 業 等 支 援 に 関 する 覚 書 を 締 結 しました これにより 各 単 位 会 においても その 都 道 府 県 に 存 する 公 庫 支 店 と 覚 書 を 締 結 し より 地 域 に 密 着 し た 活 動 を 行 うことができる 体 制 づくりができるようになりました そして においても 平 成 26 年 10 月 6 日 ( 月 ) 公 庫 熊 本 支 店 及 び 八 代 支 店 と 覚 書 の 締 結 がなされました そして この 覚 書 に 基 づく 活 動 計 画 を 立 てるべく 平 成 27 年 1 月 9 日 ( 金 )に 公 庫 熊 本 八 代 両 支 店 を 訪 問 し 相 互 の 要 望 今 後 の 大 まかな 活 動 計 画 を 話 し 合 ってきました ( 熊 本 支 店 には 井 口 副 会 長 森 田 企 画 研 修 部 長 前 之 園 企 画 研 修 部 員 の3 名 で 訪 問 公 庫 側 は 吉 原 熊 本 支 店 長 外 3 名 が 同 席 八 代 支 店 には 井 口 副 会 長 森 田 企 画 研 修 部 長 前 之 園 企 画 研 修 部 員 鶴 田 八 代 支 部 長 の4 名 で 訪 問 公 庫 側 は 内 山 八 代 支 店 長 外 2 名 が 同 席 ) 公 庫 側 の 職 員 の 方 たちは 行 政 書 士 がどのような 仕 事 をしているのかを 詳 しく 知 らない 融 資 を 受 けに 来 られたお 客 様 の 融 資 条 件 に 何 らかの 許 認 可 取 得 が 必 要 になっていたとしても 自 分 でやってください と 伝 え 専 門 家 の 紹 介 等 は 行 っていないということでした そこで まずは 行 政 書 士 会 公 庫 相 互 の 業 務 内 容 を お 互 いが 詳 しく 知 ることが 必 要 だ という 結 果 となり 勉 強 会 の 開 催 をしたいという 結 果 になりました お 互 いの 業 務 内 容 を 理 解 していないことには 密 接 した 連 携 ができませんので この 勉 強 会 は 速 やかに 行 いたいと 思 っております その 後 も 定 期 的 な 勉 強 会 等 も 開 催 し また 中 小 企 業 等 向 けの 相 談 会 の 開 催 等 を 行 い 中 小 企 業 等 の 金 融 財 務 の 問 題 や 行 政 手 続 等 の 問 題 に 対 し 総 合 的 なサポートができるような 体 制 を 構 築 できるよう 努 め てまいります 具 体 的 な 連 携 内 容 はまだ 確 定 しておりませんが 以 下 のような 事 項 が 考 えられます 1 中 小 企 業 等 向 けセミナー 相 談 会 への 講 師 派 遣 2 個 別 企 業 からの 相 談 への 対 応 3 相 互 の 情 報 交 換 内 部 研 修 への 講 師 派 遣 等 以 上 のとおり 行 政 書 士 会 と 公 庫 との 連 携 を 計 画 しておりますので 具 体 的 な 活 動 がスタートした 際 に は 会 員 の 皆 様 のご 協 力 をお 願 い 申 し 上 げます

13 第 257 号 (12) 金 融 公 庫 日 本 政 策 金 融 公 庫 熊 本 支 店 支 店 長 吉 原 孝 会 員 の 皆 さまにおかれましては 平 素 よりご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 や 農 林 漁 業 者 は 厳 しさを 増 す 外 部 環 境 に 対 応 するため 様 々な 経 営 課 題 の 解 決 に 取 り 組 んでいます 日 本 政 策 金 融 公 庫 ( 略 称 : 日 本 公 庫 )ではお 客 さまの 抱 える 経 営 課 題 に 対 応 するため 金 融 以 外 の 種 々の 分 野 の 専 門 家 の 方 々の 知 識 やノウハウをお 客 さまに 提 供 する 取 り 組 みを 進 め ています そのような 中 貴 会 と 日 本 公 庫 熊 本 支 店 八 代 支 店 とは 平 成 26 年 10 月 6 日 に 中 小 企 業 等 支 援 に 関 る 覚 書 を 締 結 させていただきました 貴 会 との 覚 書 締 結 はお 客 さまサービスの 向 上 につながるもの と 期 待 しております 現 在 日 本 公 庫 では 成 長 戦 略 分 野 等 への 取 り 組 みとして 創 業 や 新 たな 事 業 展 開 へのチャレンジ 事 業 の 再 生 NPO 法 人 等 のソーシャルビジネス 輸 出 や 海 外 展 開 農 林 水 産 業 の6 次 産 業 化 などへの 支 援 に 力 を 入 れております また 今 後 各 自 治 体 で 策 定 される 地 方 創 生 に 向 けた まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 に 沿 って 地 域 資 源 を 活 かした 取 り 組 みなどを 積 極 的 に 支 援 していく 所 存 です 事 業 者 の 方 々が 上 記 のような 取 り 組 みを 行 う 際 には 各 種 の 許 認 可 手 続 きを 要 したり また 国 都 道 府 県 市 町 村 の 支 援 制 度 や 資 金 制 度 を 利 用 する 際 には 事 業 計 画 の 認 定 手 続 きを 要 したりする 場 合 が 多 いもの です 貴 会 と 日 本 公 庫 とが 連 携 し 許 認 可 等 の 手 続 き 面 の 支 援 やお 客 さまニーズに 合 わせた 資 金 制 度 の 紹 介 そしてセミナーの 開 催 による 情 報 提 供 まで トータルなサービスを 提 供 することは 事 業 者 の 方 々のお 役 に 立 つものと 考 えております 今 後 本 覚 書 による 連 携 スキームを 活 かすには 双 方 の 持 つ 強 み や 情 報 を 十 分 に 活 用 することが 大 切 ではないでしょうか そのためにお 客 さまから 相 談 を 受 けた 際 の 連 絡 態 勢 の 整 備 や 資 金 制 度 事 業 計 画 作 成 支 援 に 関 する 研 修 会 などで 協 力 連 携 して 参 りたいと 存 じます 最 後 になりますが 貴 会 及 び 会 員 の 皆 さまの 益 々のご 発 展 ご 健 勝 を 祈 念 いたしますとともに 今 後 も 一 層 のご 理 解 とご 支 援 を 賜 りますようお 願 い 申 し 上 げます 熊 本 支 店 にて( 前 列 中 央 : 吉 原 支 店 長 )

14 (13) 第 257 号 金 融 公 庫 日 本 政 策 金 融 公 庫 八 代 支 店 を 訪 問 して 今 後 に 期 待 すること 八 代 支 部 長 鶴 田 稔 これまでに 経 験 したことのない と 言 う 形 容 詞 を 良 く 耳 にするようになりました 主 に 気 象 用 語 とし て 使 われておりますが 超 高 齢 化 社 会 と 人 口 減 少 社 会 は 確 実 に 訪 れており これは 正 に 日 本 人 がこれまで に 経 験 したことのない 社 会 であります 社 会 を 構 成 する 人 口 ピラミッドが 変 われば それに 呼 応 するように 行 政 書 士 へ 依 頼 される 業 務 内 容 も 変 化 してきます 身 近 な 街 の 法 律 家 を 標 榜 する 行 政 書 士 としては 市 民 の 要 請 に 敏 感 に 反 応 し 対 応 できるよ う 随 所 にアンテナを 張 り 巡 らして 日 々の 研 鑽 を 積 む 必 要 があります 安 倍 政 権 の 第 3の 矢 がなかなか 地 方 には 届 かないようですが 熊 本 県 では 県 南 地 域 を 対 象 に フードバ レー 構 想 を 提 唱 し 活 動 しております 肥 沃 で 広 大 な 平 野 と 外 国 航 路 を 活 かして 県 南 地 域 は 八 代 市 を 中 心 に 農 業 関 連 施 設 の 集 積 及 び 販 路 拡 大 を 図 る 施 策 が 進 められており 今 後 少 しずつその 成 果 が 表 れてくる ものと 思 います 長 引 く 経 済 不 況 で 地 方 の 中 小 企 業 は 疲 弊 している 状 況 下 にあっても 自 治 体 の 政 策 や 経 済 情 勢 を 読 み 取 り 着 実 に 業 績 をあげている 企 業 もあります 又 時 代 の 求 めに 敏 感 に 反 応 して 新 規 事 業 を 立 ち 上 げる 人 もいます その 時 に 必 要 になるのが 資 金 であり その 供 給 先 として 先 ず 思 いつくのが 日 本 政 策 金 融 公 庫 でしょう 融 資 の 申 し 込 みには 事 業 計 画 書 や 資 金 計 画 書 等 が 必 要 になることは 想 像 に 難 くありません そこに 行 政 書 士 として 企 業 をサポート 出 来 る 可 能 性 があります しかし 身 近 な 街 の 法 律 家 でありながら 企 業 と 金 融 公 庫 との 橋 渡 し 役 としての 業 務 を 本 格 的 に 始 動 させられるほど 我 々 行 政 書 士 が 金 融 公 庫 の 業 務 をしっ かり 把 握 しているとは 思 えません また 金 融 公 庫 も 行 政 書 士 の 業 務 について 他 士 業 ほど 理 解 していな いとの 事 であります 公 庫 と 行 政 書 士 との 関 係 が 相 互 理 解 のもとに 強 固 なものとなり もって 地 域 住 民 や 地 場 企 業 が 求 める 新 規 事 業 或 いは 事 業 の 拡 大 が 速 やかに 図 られ 地 域 経 済 の 発 展 に 寄 与 できるならば 行 政 書 士 として 本 望 で あり 大 いに 期 待 するところであ ります 八 代 支 店 にて( 前 列 中 央 : 内 山 支 店 長 )

15 第 257 号 平 成 ₂₇ 年 3 月 号 (14) 金 融 公 庫 前 之 園 博 一 1/9 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 の 熊 本 支 店 と 八 代 支 店 を 訪 問 しました 日 本 政 策 金 融 公 庫 は 政 府 系 金 融 機 関 であった 国 民 生 活 金 融 公 庫 農 林 漁 業 金 融 公 庫 中 小 企 業 金 融 公 庫 の3 公 庫 が 平 成 20 年 10 月 に 統 合 されて 発 足 したものです 現 在 それぞれ 公 庫 の 内 部 では 国 民 生 活 事 業 農 林 水 産 事 業 中 小 企 業 事 業 の3 事 業 に 分 かれ て 業 務 を 行 っています 熊 本 県 では 熊 本 支 店 に3 事 業 八 代 支 店 に 国 民 生 活 事 業 があります 熊 本 支 店 は 熊 本 市 中 央 区 安 政 町 にありますが 2 3 階 が 国 民 生 活 事 業 4 5 階 が 農 林 水 産 事 業 6 階 が 中 小 企 業 事 業 です 特 に 農 林 水 産 事 業 では 熊 本 に 農 政 局 があることもあり 九 州 を 統 括 する 部 署 が 置 かれています( 他 の2 事 業 は 福 岡 が 九 州 を 統 括 ) 私 は 平 成 26 年 3 月 まで 日 本 公 庫 の 熊 本 支 店 農 林 水 産 事 業 に5 年 半 在 籍 しておりましたので 訪 問 し た 際 も 懐 かしく 感 じました 熊 本 支 店 長 ( 農 林 水 産 事 業 統 轄 )からは 熊 本 支 店 として 行 政 書 士 会 とのパイプとなる 担 当 者 を 設 置 す るとの 力 強 いコメントをいただきました このたび 公 庫 熊 本 支 店 と 本 行 政 書 士 会 が 業 務 提 携 を 結 びましたが 具 体 的 な 取 組 みはこれからと 聞 い ています 公 庫 の 職 員 は 行 政 書 士 の 職 務 内 容 をほとんど 知 りませんが 公 庫 側 が 求 めるのは 新 規 顧 客 の 紹 介 融 資 の 条 件 となる 各 種 許 認 可 のスムーズな 実 施 の2 点 であろうと 思 います それに 対 し 本 会 が 組 織 的 に 対 応 することで 公 庫 及 び 本 会 双 方 にメリットが 出 てきます これにより 熊 本 県 の 中 小 企 業 への 支 援 がより 手 厚 く 実 施 されることにもなります 中 小 企 業 支 援 という 観 点 等 から このたびの 業 務 提 携 は 大 きく 意 味 のあることだと 思 いますので 今 後 より 具 体 的 に 提 携 のあり 方 システム 化 を 進 めていくことを 期 待 したいと 思 います お 知 らせ 路 面 電 車 の 車 内 広 告 について 現 在 熊 本 市 電 の 熊 本 城 市 役 所 前 ~ 花 畑 町 の 上 り 区 間 で 放 送 されている 行 政 書 士 会 の 車 内 アナウンスですが 本 年 4 月 より 商 業 高 校 前 ~ 市 立 体 育 館 前 の 上 り 区 間 が 追 加 され 来 年 3 月 まで 下 記 のとおり 放 送 されます 継 続 広 告 内 容 放 送 区 間 : 熊 本 城 市 役 所 前 ~ 花 畑 町 上 り 区 間 放 送 内 容 : 行 政 書 士 はあなたの 街 の 法 律 家 ゆいごん 契 約 書 内 容 証 明 書 官 公 署 に 提 出 する 書 類 の 作 成 遺 言 相 続 等 身 近 なご 相 談 は へ 新 広 告 内 容 放 送 区 間 : 商 業 高 校 前 ~ 市 立 体 育 館 前 上 り 区 間 放 送 内 容 : 行 政 書 士 はあなたの 街 の 法 律 家 ゆいごん 遺 言 や 相 続 契 約 など 身 近 なご 相 談 は へ 行 政 書 士 会 館 へお 越 しの 方 は 次 でお 降 りください

16 (15) 第 257 号 知 的 資 産 知 的 資 産 経 営 WEEK2014シンポジウム in 佐 賀 一 日 の 総 括 中 央 支 部 古 市 麻 美 佐 賀 に 出 向 くことがほとんどありませんので 今 回 のシンポ ジウムは 楽 しみにしておりました 朝 早 くの 集 合 だったにも 関 わらず 車 中 は 楽 しいムード 先 生 方 と 貸 切 マイクロバスで 一 緒 に 移 動 する ということも 滅 多 にないため とっても 新 鮮 な 気 持 ちでした 休 憩 を 取 りながら 10:20に 佐 賀 城 址 へ 到 着 すっきりと 整 えられた 場 内 に 心 が 清 められるようでした 建 物 内 に 上 がる 時 間 は 取 れませんでしたが 兵 器 製 造 でその 名 を 轟 かせた 鍋 島 藩 が 製 作 したアームストロング 砲 を 見 ながら 往 時 を 偲 ぶのでし た 次 の 見 学 地 は 大 隈 記 念 館 落 ち 着 いた 内 装 の 館 内 の1 階 には 常 設 の 資 料 や 写 真 が 展 示 されていました その 中 には 大 隈 重 信 が 実 際 に 使 っていたアメリカ 製 の 義 足 が 来 島 恒 喜 による 襲 撃 で 失 った 右 足 の 代 わりに 装 着 していたものでした 大 隈 重 信 の 不 撓 不 屈 の 精 神 の 象 徴 赤 絨 毯 が 敷 き 込 まれた 階 段 の 踊 り 場 には 緋 色 のアカデミックドレス( 復 刻 版 )が 堂 々たる 面 持 ちで 飾 られていました 紙 と 絹 を 特 殊 な 縫 製 でつなぎあわせた とても 珍 しいものだそうです 2 階 には 早 稲 田 大 学 から 借 り 受 けている 貴 重 な 展 示 物 がズラリ その 中 でもひときわ 存 在 感 を 放 つ 裾 が 破 れたコートや 帽 子 靴 襲 撃 の 際 に 身 につけていたものだそうです!あまりの 生 々しさに 目 が 釘 付 けになりました 資 料 の 状 態 が 悪 くなるのを 避 けるため 早 稲 田 大 学 は 今 後 これらの 資 料 を 貸 し 出 すこと はないということです 大 変 貴 重 な 展 示 物 の 数 々でした( 撮 影 不 可 でした) 資 料 館 横 にある 大 隈 重 信 が 幼 少 を 過 ごした 生 家 にも 上 がらせていただき 大 隈 重 信 ワールドを 五 感 で 感 じることができました 見 学 にあたっては 若 くてとっても 可 愛 らしく 博 識 な 学 芸 員 さんが 詳 しい 説 明 をたくさんしてくださいました そのご 説 明 のどれもが 大 隈 愛 に 溢 れていました 大 隈 重 信 という 人 物 が 内 閣 総 理 大 臣 を 歴 任 し 早 稲 田 大 学 を 作 ったということ までは 知 っていても それ 以 上 の 見 識 は 全 く 持 ちあわせてい なかった 私 です 国 家 の 一 大 転 機 を 担 った 重 要 人 物 を 身 近 に 感 じることができ 学 芸 員 さんに 感 謝 佐 賀 錦 ストラップをおみやげにいただき 最 終 目 的 地 の グランデはがくれ へ 数 名 の 先 生 方 と 合 流 し 20 数 名 で 昼 食 をとりました そして 予 定 通 り13 時 からシンポジウムが 開 催 詳 しい 説 明 は 櫻 田 先 生 に 譲 りたいと 思 います 行 政 書 士 の 新 たな 業 務 のヒントが 詳 らかになった 大 変 重 要 なシンポジウムでした これで 終 わりにするのではな く シンポジウムの 内 容 をたくさんの 会 員 さんに 知 っていただき 業 務 拡 大 に 繋 げられたらいいな と 思 い ました 他 地 域 に 出 向 いて いろんな 情 報 に 接 することの 重 要 性 が 身 にしみてよく 分 かる 一 日 でした ご 準 備 く ださいました 企 画 研 修 部 の 先 生 方 大 変 お 世 話 になりました 道 中 ご 一 緒 いただきました 先 生 方 楽 しい 時 間 をありがとうございました

17 第 257 号 (16) 知 的 資 産 知 的 資 産 経 営 WEEK2014シンポジウム in 佐 賀 に 参 加 して 玉 名 支 部 櫻 田 直 己 平 成 27 年 2 月 16 日 に 佐 賀 県 で 開 催 された 知 的 資 産 経 営 WEEK2014シンポジウム in 佐 賀 に 参 加 しま した これまで 知 的 と 呼 ばれる 権 利 等 には 知 識 が 乏 しく ぼんやりとしたイメージしか 持 てませんで したが 龍 谷 大 学 政 策 学 部 の 中 森 孝 文 教 授 が 知 的 資 産 について 詳 しくわかりやすく 説 明 をしてくださいま した 例 えば 知 的 資 産 と 言 っても 分 類 ができる 私 が 今 まで 言 葉 として 接 してきた 知 的 資 産 や 知 的 財 産 は 広 義 の 知 的 資 産 であり 分 類 すると 特 許 権 等 の 知 的 財 産 権 ブランド 等 の 知 的 財 産 がある これら 以 外 に 人 的 資 産 や 組 織 力 経 営 理 念 顧 客 とのネットワーク 技 能 等 目 に 見 えない 数 字 や 形 と して 表 れにくい 物 も 知 的 資 産 として 自 社 の 競 争 力 や 成 長 力 の 源 泉 となることを 学 びました 中 森 教 授 の 講 演 後 は 知 的 資 産 を 活 用 した 事 例 発 表 がありました その 中 で 私 が 興 味 を 持 ったのは 事 業 承 継 の 為 に 自 社 の 知 的 資 産 を 書 面 にしたという 事 例 でした 事 業 承 継 をする 上 で 企 業 や 経 営 者 自 身 の 現 状 を 把 握 することは 当 然 大 事 ですが 目 に 見 えない 資 産 を 次 の 世 代 に 引 き 継 ぐ 為 に 知 的 資 産 を 書 面 として 残 すことはとても 意 義 あることだと 感 じました なぜなら 次 期 経 営 者 が 実 際 に 経 営 を 始 めてわかる 実 情 や 仕 事 に 対 する 従 業 員 の 思 いや 考 え 方 企 業 の 強 み 弱 み 等 を 承 継 する 時 点 で 多 角 的 な 目 線 で 分 析 し 書 面 に 残 しておけば 次 期 経 営 者 はそれが 良 い 経 営 指 針 となるはずだからです または 次 期 経 営 者 が 新 たな 目 線 で 経 営 を 行 う 上 で 社 会 や 時 代 の 流 れに 順 応 する 為 に 企 業 として 残 すもの 残 さないものを 判 断 していく 材 料 にもなります 知 的 資 産 を 企 業 と 連 携 し 行 政 書 士 として 書 面 にすることで その 企 業 が 事 業 承 継 後 も5 年 10 年 15 年 と 益 々 発 展 していくサポートができるのではないかと 思 いました 行 政 書 士 という 第 三 者 からでなくて は 見 えない 隠 れた 知 的 資 産 が 必 ずある その 隠 れた 資 産 が 企 業 にとって 新 たな 飛 躍 の 糧 となる 可 能 性 があ ります 企 業 の 未 来 の 発 展 に 携 われる 仕 事 となる 要 素 が 知 的 資 産 には 満 ちていると 今 回 のシンポジウムを 通 して 感 じました 知 的 資 産 経 営 WEEK2014シンポジウム in 佐 賀 行 程 表 13:00 知 的 資 産 経 営 WEEK2014シンポジウム in 佐 賀 開 催 開 会 来 賓 挨 拶 第 一 部 基 調 講 演 地 方 創 成 のヒントー 無 形 の 強 みを 付 加 価 値 につなげるために 講 師 : 龍 谷 大 学 政 策 学 部 教 授 中 森 孝 文 様 第 二 部 事 例 発 表 1. 株 式 会 社 藤 正 2. 佐 賀 冷 凍 食 品 株 式 会 社 3. 有 限 会 社 いづみや 珈 琲 第 三 部 パネルディスカッション 質 疑 応 答 講 評 17:30 閉 会

18 (17) 第 257 号 権 利 義 務 事 実 証 明 部 会 平 成 26 年 度 第 1 回 登 録 相 談 員 特 別 研 修 開 催 報 告 部 会 事 務 局 藤 山 義 之 県 民 百 貨 店 の 閉 店 に 伴 い 12 年 にわたり 交 通 事 故 部 会 と 共 催 してきた 交 通 事 故 遺 言 相 続 無 料 相 談 会 が 終 了 となります そこで 平 成 27 年 度 からは 部 会 において 登 録 相 談 員 制 度 を 開 始 することとし 本 会 や 各 種 内 外 団 体 から 相 談 員 推 薦 ないし 派 遣 の 依 頼 があった 場 合 には 専 門 的 知 識 を 備 えた 部 会 相 談 員 名 簿 登 録 者 の 中 から 目 的 に 応 じて 世 話 人 会 で 候 補 者 をその 都 度 決 定 し 被 登 録 者 本 人 の 同 意 を 得 たうえで 各 種 相 談 会 場 へ 推 薦 ないし 派 遣 をすることになりました 以 上 を 踏 まえ 下 記 の 通 り 第 1 回 登 録 相 談 員 特 別 研 修 が 開 催 されました 記 日 時 : 平 成 27 年 2 月 7 日 ( 土 ) 場 所 : 熊 本 市 流 通 情 報 会 館 出 席 者 :59 名 研 修 内 容 1. 無 料 相 談 会 の 運 営 方 針 について( 山 内 悟 司 部 会 代 表 ) 2. 相 談 員 のマナーについて( 赤 星 憲 志 業 務 ハンドブック 編 纂 委 員 ) 3. 業 際 問 題 について( 平 川 理 業 務 ハンドブック 編 纂 委 員 ) 4. 身 じまいについて( 日 髙 義 治 部 会 アドバイザー) 5. 効 果 測 定 問 題 と 解 説 ( 日 髙 義 治 部 会 アドバイザー)

19 第 257 号 権 利 義 務 事 実 証 明 部 会 (18) 交 通 事 故 部 会 県 民 百 貨 店 交 通 事 故 遺 言 相 続 無 料 相 談 会 終 了 の 報 告 権 利 義 務 事 実 証 明 部 会 事 務 局 藤 山 義 之 交 通 事 故 部 会 事 務 局 川 上 賢 一 平 成 27 年 2 月 25 日 県 民 百 貨 店 の 閉 店 に 伴 い 同 店 8 階 において12 年 にわたり 開 催 してきた 交 通 事 故 遺 言 相 続 無 料 相 談 会 が 終 了 となりました 平 成 15 年 3 月 研 鑽 を 積 んでいた 自 動 車 事 故 部 会 員 ( 現 交 通 事 故 部 会 )から 広 く 社 会 に 貢 献 で きないか? と 無 料 相 談 会 の 開 催 を 求 める 声 が 上 がり 故 堂 園 純 男 部 会 代 表 及 び 田 代 史 彦 副 代 表 がくまもと 阪 神 ( 現 県 民 百 貨 店 ) 丸 本 文 紀 社 長 に 依 頼 したと ころ 丸 本 社 長 の 県 民 の 為 になることであれば すぐ 実 施 しなさい! との 一 声 で 開 催 が 決 定 しました 翌 年 からは 権 利 義 務 部 会 も 共 催 に 加 わり 交 通 事 故 に 加 え て 遺 言 相 続 を 中 心 に 幅 広 く 相 談 に 応 じてきました 今 日 まで 延 べ1000 人 を 超 える 市 民 の 皆 様 が 来 場 され 行 政 書 士 制 度 及 び 専 門 部 会 の 広 報 活 動 並 びに 市 民 へ 問 題 解 決 の 糸 口 を 提 供 するという 目 的 は 多 少 なりと も 達 成 できたのではないかと 自 負 しているところです 今 後 は さらにパワーアップした 相 談 会 を 各 種 会 場 で 実 施 し ボランティア 精 神 をもって より 一 層 の 社 会 貢 献 をして いければと 考 えております 翌 日 の 新 聞 に 掲 載 されました!!

20 (19) 第 257 号 交 通 事 故 部 会 安 全 運 転 交 通 事 故 部 会 顧 問 田 代 史 彦 三. 事 故 が 一 番 多 い 場 所 は 交 差 点 安 全 運 転 の 三 回 目 は 交 差 点 です 交 差 点 は 三 方 や 四 方 場 合 によっては 五 差 路 や 六 差 路 と 複 数 の 道 路 が 交 差 するところ で 危 険 きわまりない 場 所 である 事 はご 理 解 頂 けましょう 交 通 事 故 の 六 割 以 上 が 交 差 点 および 交 差 点 付 近 の 事 故 です いわば 交 差 点 は 事 故 の 巣 であると 言 えます 逆 に 申 しますと 交 差 点 および 交 差 点 付 近 は 事 故 が 多 いから 絶 対 に 事 故 を 発 せさせな いようにしようとドライバーの 誰 もが 考 え 注 意 して 進 行 すれば 全 体 の 交 通 事 故 は 半 減 し ます 交 差 点 は 最 大 に 注 意 すべき 場 所 である 事 を 知 り 確 実 に 安 全 を 保 ちましょう 連 載 しています 内 容 の 一 部 は 自 費 出 版 の 著 交 通 事 故 を 考 える に 掲 載 されています 興 味 のある 方 は もう 少 し 残 りの 本 がありますので お 申 し 出 下 さい 他 にも if も し 交 通 事 故 が 発 生 したら があります なお 熊 本 県 立 図 書 館 熊 本 市 立 図 書 館 合 志 町 立 図 書 館 にも 寄 贈 しています 各 図 書 館 でも ご 覧 になれます 貸 し 出 しは 原 則 していないようです お 知 らせ 行 政 書 士 記 念 日 事 業 で ふせん を 製 作 しました! 毎 年 2 月 22 日 は 行 政 書 士 記 念 日 ですが 平 成 26 年 度 広 報 部 の 行 政 書 士 記 念 日 事 業 としまして 相 談 会 での 相 談 者 や 各 種 イベント への 参 加 者 に 対 して 配 布 するため ノベルティグッズを 製 作 致 しまし た 写 真 のとおり ユキマサくんがデザインされた 黄 色 の 付 箋 紙 50 枚 一 組 のセットを3000 部 製 作 しています 今 回 の 会 報 誌 と 一 緒 に 会 員 のみ なさまへ1 部 ずつ 同 封 しておりますのでご 活 用 下 さい 相 談 会 や 各 種 イベントを 通 して 可 愛 らしいユキマサくんと 共 に 行 政 書 士 の 知 名 度 を 高 めて 行 ってくれることを 期 待 しています

21 第 257 号 (20)

22 (21) 第 257 号 政 連 だより 政 治 連 盟 活 動 報 告 政 治 連 盟 副 幹 事 長 林 誠 会 員 の 皆 様 には 日 頃 より 政 治 連 盟 に 対 しての 格 別 のご 支 援 とご 協 力 をいただき 誠 にありがと うございます また 昨 年 12 月 の 衆 議 院 議 員 選 挙 においては 小 選 挙 区 推 薦 候 補 者 全 員 の 当 選 という 結 果 で 終 わ ることが 出 来 たことをご 報 告 するとともに 師 走 の 忙 しい 時 期 にも 関 わらず 会 員 の 皆 様 方 の 多 大 なるご 支 援 とご 協 力 をいただいたことにお 礼 申 し 上 げます 去 る1 月 16 日 に 日 本 行 政 書 士 連 合 会 政 治 連 盟 主 催 の 賀 詞 交 歓 会 が 東 京 の ANA インターコンチネ ンタルホテルにて 開 催 され 政 治 連 盟 熊 本 支 部 の 役 員 として 布 田 会 長 他 4 名 にて 県 行 政 書 士 会 加 藤 会 長 等 と 共 に 参 加 してまいりました 私 は 昨 年 に 続 き2 回 目 の 参 加 でしたが やはり 悲 願 であった 行 政 書 士 法 一 部 改 正 ( 行 政 不 服 申 立 代 理 権 の 獲 得 )を 達 成 したということもあり 本 年 の 交 歓 会 は 昨 年 に 比 べ 非 常 に 和 やかで 穏 やかな 雰 囲 気 であったと 感 じました また この 交 歓 会 に 先 立 ち 当 日 早 朝 より 政 治 連 盟 役 員 と 本 会 参 加 者 にて 熊 本 県 選 出 の 衆 参 両 国 会 議 員 の 国 会 議 員 会 館 事 務 所 へ 挨 拶 まわりに 行 っ てまいりました さらに 前 日 には 港 区 虎 ノ 門 4 丁 目 へと 移 転 した 日 本 行 政 書 士 連 合 会 及 び 政 治 連 盟 の 事 務 局 の 視 察 へ 政 治 連 盟 役 員 と 本 会 参 加 者 で 行 ってまいりました 非 常 に 高 度 なセキュリティを 備 えており 素 晴 らしい 景 観 を 望 むことのできる まさに 本 部 と 呼 ぶにふさわしいオフィスでありました 本 年 は 特 に 特 定 行 政 書 士 という 新 しい 制 度 が 始 まる 年 でもあり 我 々 行 政 書 士 を 取 り 巻 く 環 境 がますます 変 化 していくものと 思 われます そのよ うな 中 きちんと 対 応 していくためには 我 々 個 々 人 が 時 代 を 意 識 し 研 鑽 を 続 けることはもちろんのこと 国 や 地 方 公 共 団 体 との 連 携 や 関 係 も 密 にしていくことが 非 常 に 重 要 になってくるだろうと 思 っております 眼 前 に 迫 っております 統 一 地 方 選 挙 も 含 め 本 年 も 政 治 連 盟 の 活 動 にご 理 解 いただくと ともに 会 員 の 皆 様 の 引 き 続 きのご 支 援 とご 協 力 を 賜 りますよう よろしくお 願 い 申 し 上 げます

23 (15) 第 238 号 平 成 22 年 7 月 号 第 257 号 (22) 事 務 局 だより 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 1~2 珊 珊 珊 珊 月 珊 度 珊 珊 会 珊 員 珊 の 珊 珊 異 珊 動 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 珊 新 規 登 録 番 号 登 録 年 月 日 会 員 名 支 部 事 務 所 の 名 称 事 務 所 の 所 在 地 事 務 所 TEL 事 務 所 FAX 兼 業 備 考 H 竹 原 久 美 子 熊 本 中 央 熊 本 市 中 央 区 新 屋 敷 1 丁 目 4 番 20 号 行 政 書 士 竹 原 事 務 所 司 H 森 田 知 晴 熊 本 東 南 熊 本 市 南 区 上 之 郷 2 丁 目 ハル 行 政 書 士 事 務 所 H 松 村 義 之 熊 本 中 央 熊 本 市 中 央 区 保 田 窪 2 丁 目 3 番 55 号 柚 原 第 3ビル A-3 行 政 書 士 まつむら 事 務 所 税 H 齋 藤 正 昭 菊 池 合 志 市 豊 岡 109 番 地 行 政 書 士 齋 藤 正 昭 事 務 所 H 伊 藤 琢 熊 本 北 西 熊 本 市 北 区 龍 田 1 丁 目 13 番 1 号 105 伊 藤 琢 行 政 書 士 事 務 所 変 更 支 部 氏 名 変 更 後 変 更 箇 所 熊 本 中 央 大 塚 正 法 熊 本 市 中 央 区 大 江 6 丁 目 4 番 10 号 所 在 地 廃 業 支 部 氏 名 廃 業 年 月 日 備 考 阿 蘇 山 村 アキミ H 死 亡 球 磨 前 田 まり 子 H 支 部 氏 名 廃 業 年 月 日 備 考 熊 本 北 西 古 閑 本 明 H 死 亡 天 草 石 本 田 島 H 阿 蘇 坂 本 博 子 H お 知 らせ 熊 本 県 収 入 証 紙 の 販 売 について 建 設 業 許 可 申 請 など 熊 本 県 への 各 種 申 請 手 続 きの 手 数 料 を 納 付 するために 熊 本 県 収 入 証 紙 を 購 入 されていると 思 いま すが 本 会 事 務 局 においても 熊 本 県 収 入 証 紙 を 取 り 扱 ってお ります 販 売 手 数 料 として 本 会 の 収 入 にもなりますので 是 非 事 務 局 での 証 紙 購 入 にご 協 力 下 さい

24 (23) 第 257 号 自 平 成 27 年 1 月 1 日 至 平 成 27 年 2 月 28 日 1 月 5 日 ( 月 ) 仕 事 始 め 1 月 9 日 ( 金 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 熊 本 八 代 支 店 訪 問 (12:00~16:30) 井 口 副 会 長 他 3 名 1 月 14 日 ( 水 ) 登 録 証 交 付 (9:30~12:00) 於 : 会 議 室 登 録 者 : 竹 原 久 美 子 1 月 15 日 ( 木 ) 日 行 連 理 事 会 (13:00~16:00) 於 : 虎 ノ 門 タワーズオフィス 出 席 : 加 藤 会 長 1 月 16 日 ( 金 ) 日 行 連 新 年 賀 詞 交 歓 会 (12:00~13:30) 於 :ANA インターコンチネンタルホテル 東 京 出 席 : 加 藤 会 長 他 7 名 1 月 20 日 ( 火 ) 法 規 部 会 (13:30~16:30) 於 : 会 議 室 出 席 : 桑 田 法 規 部 長 他 5 名 1 月 21 日 ( 水 ) 南 九 州 税 理 士 会 熊 本 県 連 合 会 新 年 賀 詞 交 歓 会 (17:30~) 於 :ホテルニューオータニ 熊 本 出 席 : 加 藤 会 長 1 月 22 日 ( 木 ) 登 録 相 談 員 等 制 度 検 討 会 (13:30~16:00) 於 : 会 議 室 出 席 : 井 口 副 会 長 他 3 名 1 月 23 日 ( 金 ) 熊 本 県 社 会 保 険 労 務 士 会 賀 詞 交 歓 会 (17:30~) 於 : 熊 本 交 通 センターホテル 出 席 : 髙 木 副 会 長 1 月 26 日 ( 月 ) 企 画 研 修 部 会 (15:00~17:00) 於 : 会 議 室 出 席 : 森 田 企 画 研 修 部 長 他 4 名 1 月 27 日 ( 火 ) 熊 本 市 長 表 敬 訪 問 (13:20~13:50) 於 : 熊 本 市 中 央 区 役 所 加 藤 会 長 他 2 名 1 月 29 日 ( 木 ) 熊 本 県 中 小 企 業 家 同 友 会 2015 賀 詞 交 歓 会 (18:00~21:00) 於 : 熊 本 ホテルキャッスル 出 席 : 加 藤 会 長 1 月 31 日 ( 土 ) 大 分 県 行 政 書 士 会 新 年 賀 詞 交 歓 会 (11:30~) 於 : 大 分 センチュリーホテル 出 席 : 加 藤 会 長 他 1 名 2 月 3 日 ( 火 ) 会 館 運 営 委 員 会 (13:30~14:30) 於 : 会 議 室 出 席 : 加 藤 会 長 他 4 名 三 役 会 (15:30~17:30) 於 : 会 議 室 出 席 : 加 藤 会 長 他 3 名 2 月 4 日 ( 水 ) 広 報 部 会 (13:30~16:00) 於 : 会 議 室 出 席 : 下 田 広 報 部 長 他 8 名 2 月 5 日 ( 木 ) 電 子 対 策 部 会 (15:00~16:30) 於 : 会 議 室 出 席 : 関 電 子 対 策 部 長 他 3 名 2 月 9 日 ( 月 ) 監 察 部 会 (13:30~15:30) 於 : 会 議 室 出 席 : 坂 田 監 察 部 長 他 4 名 2 月 10 日 ( 火 ) 登 録 証 交 付 (9:00~11:30) 於 : 会 議 室 登 録 者 : 森 田 知 晴 松 村 義 之 2 月 12 日 ( 木 ) 常 任 理 事 会 (15:00~17:30) 於 : 会 議 室 出 席 : 加 藤 会 長 他 11 名 2 月 14 日 ( 土 ) 職 務 上 請 求 書 研 修 会 (13:30~14:30) 於 : 熊 本 市 流 通 情 報 会 館 2 月 15 日 ( 日 ) 平 成 26 年 熊 本 県 男 女 共 同 参 画 フォーラム(13:30~) 於 : 熊 本 大 学 工 学 部 百 周 年 記 念 館 出 席 : 井 口 副 会 長 2 月 16 日 ( 月 ) 知 的 資 産 経 営 WEEK2014シンポジウム in 佐 賀 (13:00~17:00) 於 :グランデはがくれ 出 席 : 加 藤 会 長 他 14 名 2 月 19 日 ( 木 ) 高 校 生 出 前 講 座 (9:40~10:40) 於 : 熊 本 県 立 松 橋 高 校 出 席 : 増 井 広 報 部 員 他 2 名 2 月 20 日 ( 金 ) 法 規 部 会 (13:30~17:00) 於 : 会 議 室 出 席 : 桑 田 法 規 部 長 他 3 名 2 月 24 日 ( 火 ) 総 務 部 会 (14:00~17:00) 於 : 会 議 室 出 席 : 松 尾 総 務 部 長 他 7 名 2 月 26 日 ( 木 ) 中 小 企 業 支 援 フォーラム(13:00~17:00) 於 :イイノホール&カンファレンスセンター 出 席 : 森 田 企 画 研 修 部 長 他 3 名 2 月 28 日 ( 土 ) 九 州 地 方 協 議 会 会 長 会 (1 日 目 )(13:30~) 於 :ホテル 金 水 苑 出 席 : 加 藤 会 長 他 4 名 編 集 後 記 発 行 所 桃 の 節 句 も 過 ぎ ようやく 春 らしくなってきました 早 くも?1 年 の1/4が 過 ぎ 来 月 はもう4 月 行 政 にとって4 月 は1 年 の 始 まりです また 日 本 では 入 学 式 入 社 式 の 季 節 でもあり 希 望 に 満 ちた 月 でもあります 昨 今 は 海 外 でも 国 内 でも 暗 いニュースが 多 々 報 道 されていますが うれ しい 話 題 もちらほらと 熊 本 でラグビーワールドカップ 開 催 のニュース! ラグビーファンとしては うまかな よかなスタジアムにオールブラッ クスがもし 来 たらと 考 えると それだけでワクワクします 平 成 27 年 度 が 穏 やかで 明 るい 話 題 の 多 い1 年 になることを 期 待 します ( 広 報 部 髙 見 洋 一 ) 発 行 人 会 長 加 藤 誠 一 編 集 人 広 報 部 長 下 田 典 子 熊 本 市 中 央 区 水 前 寺 公 園 TEL(096) FAX(096) 印 刷 所 シモダ 印 刷 株 式 会 社 TEL(096)

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう 2013 年 (H25 年 )5 月 19 日 ( 日 ) 第 64 号 発 行 長 野 県 松 本 ろう 学 校 同 窓 会 同 窓 会 第 68 回 定 期 総 会 開 催 の 報 告 去 る 3 月 23 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 松 本 市 総 合 社 会 福 祉 センターにて 第 68 回 定 期 総 会 が 開 催 されました 出 席 者 ( 会 員 来 賓 賛 助 会 員

More information

一般社団法人日本石材産業協会 2010年通常総会 議事録

一般社団法人日本石材産業協会 2010年通常総会 議事録 2010 年 一 般 社 団 法 人 日 本 石 材 産 業 協 会 第 1 回 通 常 総 会 議 事 録 日 時 :2010 年 6 月 10 日 16:00~17:35 場 所 : 東 京 都 立 産 業 貿 易 センター 浜 松 町 館 3 階 第 1 展 示 室 : 瀬 川 賢 孝 ( 岩 手 県 支 部 長 ) 総 会 開 始 ( 瀬 川 ) 定 刻 となりました 開 会 の 辞 を 鳴

More information

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc 平 成 27 年 松 茂 町 議 会 第 4 回 定 例 会 会 議 録 第 1 日 目 (12 月 4 日 ) 出 席 議 員 1 番 鎌 田 寛 司 2 番 川 田 修 3 番 板 東 絹 代 4 番 立 井 武 雄 5 番 佐 藤 禎 宏 6 番 森 谷 靖 7 番 原 田 幹 夫 8 番 一 森 敬 司 9 番 藤 枝 善 則 10 番 佐 藤 富 男 11 番 佐 藤 道 昭 12 番 春

More information

<5461726F2D8C788E408F908BA68B6389EF89EF8B63985E816993739387816A2E6A746463>

<5461726F2D8C788E408F908BA68B6389EF89EF8B63985E816993739387816A2E6A746463> 警 察 署 協 議 会 会 議 録 名 称 大 阪 府 都 島 警 察 署 協 議 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 3 時 15 分 までの 間 開 催 場 所 大 阪 府 都 島 警 察 署 柔 道 場 樋 口 会 長 江 後 副 会 長 松 田 委 員 宮 本 委 員 出 委 員 天 川 委 員 大 西 委 員 秦 委

More information

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P 火 災 に 遭 われた 方 へ り さ い 火 災 罹 災 後 の 諸 手 続 について( 参 考 資 料 ) このたびは 思 いがけない 災 難 で 御 心 痛 いかばかりかと 心 から お 見 舞 い 申 しあげます どうか この 災 難 にお 力 落 しのありませんよう 一 日 も 早 い 御 回 復 をお 祈 り 申 しあげます この 冊 子 は 当 面 の 諸 手 続 に 関 しまして 概

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

全員協議会(平成16年9月13日)

全員協議会(平成16年9月13日) 平 成 27 年 1 月 15 日 ( 木 ) 出 席 議 員 (18 名 ) 議 長 道 下 政 博 副 議 長 多 賀 吉 一 1 番 八 十 嶋 孝 司 2 番 西 村 稔 3 番 黒 田 英 世 4 番 荒 井 克 5 番 中 村 一 子 6 番 森 山 時 夫 7 番 角 井 外 喜 雄 8 番 酒 井 義 光 9 番 塩 谷 道 子 11 番 向 正 則 13 番 南 田 孝 是 14

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担 常 葉 大 学 浜 松 キャンパス 教 務 課 杉 浦 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 教 務 課 での 仕 事 教 務 課 の 仕 事 は 学 生 や 教 員 が 授 業 を 円 滑 に 行 えるようにサポートをすることです 私 は 主 に 実 習 関 連 の 業 務 に 携 わっており 学 外 での 長 期 間 の 実 習 の 際 には 宿 泊 施 設 の 手 配 をしたり 実 習 施 設

More information

平 成 26 年 度 活 動 報 告 日 付 項 目 備 考 1 月 12 日 連 盟 理 事 会 (H23 年 度 第 2 回 ) 1 月 23 日 佐 藤 のぶあき 議 員 と 面 談 1 月 24 日 佐 藤 茂 樹 厚 生 労 働 副 大 臣 と 面 会 2 月 24 日 大 家 敏 志 議

平 成 26 年 度 活 動 報 告 日 付 項 目 備 考 1 月 12 日 連 盟 理 事 会 (H23 年 度 第 2 回 ) 1 月 23 日 佐 藤 のぶあき 議 員 と 面 談 1 月 24 日 佐 藤 茂 樹 厚 生 労 働 副 大 臣 と 面 会 2 月 24 日 大 家 敏 志 議 平 成 26 年 度 第 2 回 日 本 臨 床 工 学 技 士 連 盟 議 事 録 日 時 : 平 成 27 年 1 月 25 日 ( 日 ) 13:00 ~ 15:00 場 所 : 新 宿 農 協 会 館 8F 中 会 議 室 理 事 出 席 者 : 上 野 関 川 小 林 ( 剛 ) 山 下 高 橋 長 尾 山 崎 肥 田 門 田 髙 山 山 田 小 峠 事 理 欠 席 者 : 高 橋 三 井

More information

議案第4号

議案第4号 7 議 事 それでは 会 議 に 入 ります 前 に 事 務 局 に 人 事 異 動 がありましたので 所 長 の 中 村 から お 知 らせいたします ( 事 務 局 中 村 所 長 ) 4 月 1 日 付 で 職 員 に 人 事 異 動 がございましたので 紹 介 をさせていただきます 建 設 局 長 の 片 山 が 異 動 になり 後 任 として 配 属 されました 舟 久 保 でございます

More information

Microsoft PowerPoint - 平成28年度先輩メッセージ.pptx

Microsoft PowerPoint - 平成28年度先輩メッセージ.pptx 平 成 28 年 度 全 国 市 長 会 先 輩 職 員 の1 日 とメッセージ 全 国 市 長 会 には 様 々な 職 員 がいます 地 方 自 治 の 最 前 線 でモーレツに 戦 う 職 員 もいれば 育 児 や 介 護 と 両 立 しながら 働 いている 職 員 働 きながら 大 学 で 教 鞭 をとっている 職 員 もいます 今 回 は そんな 中 から 中 堅 若 手 5 名 の 職 員

More information

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する 平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 送 付 のご 案 内 拝 啓 菊 薫 る 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます の 皆 様 には 平 素 は 格 別 のご 厚 誼 にあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 として 見 学 会 総 会 懇 親 会 を 開 催 いたしますの

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 )

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 ) 2014 年 5 月 大 東 文 化 大 学 ギタークラブ&OB 会 ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~ishizaki/ ギタークラブ 創 立 50 周 年 記 念 祝 賀 会 50 周 年 記 念 祝 賀 会 参 加 者 ( 平 成 25 年 6 月 15 日 於 板 橋 キャンパス) 多 数 のOBの 皆 さまとそのご 家 族 にご 出 席 いただきました 太

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63> 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 会 員 の 先 生 へ 医 師 賠 償 責 任 保 険 個 人 賠 償 責 任 保 険 のおすすめ 医 師 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 20% 適 用 個 人 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 15% 適 用 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 では 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 と 医 師 賠 償 責 任 保

More information

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録 平 成 25 年 度 第 1 回 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 28 日 ( 金 )10:30~11:30 開 催 場 所 恵 庭 市 役 所 3 階 第 2 第 3 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 会 長 原 田 裕 ( 恵 庭 市 長 ) 副 会 長 鏡 貢 ( 恵 庭 市 交

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

ホームページに 掲 載 されている フリーダウ ンロード 資 料 の 中 にある 大 規 模 事 業 者 向 けの 詳 しい 説 明 入 りの 資 料 を ご 参 照 ください 情 報 連 携 見 えない 符 号 情 報 提 供 ネットワークシステム 等 の 仕 組 み が 分 からない 分 かりや

ホームページに 掲 載 されている フリーダウ ンロード 資 料 の 中 にある 大 規 模 事 業 者 向 けの 詳 しい 説 明 入 りの 資 料 を ご 参 照 ください 情 報 連 携 見 えない 符 号 情 報 提 供 ネットワークシステム 等 の 仕 組 み が 分 からない 分 かりや 国 民 向 け 項 目 質 問 内 容 回 答 回 答 者 通 知 カード 手 元 に 通 知 カードが 届 くのはいつ 頃 か 届 かない 場 合 は どこに 問 い 合 わせ ればよいのか 通 知 カードは 本 年 10 月 から 順 次 発 送 する 予 定 です 届 かない 場 合 など 各 種 お 問 い 合 せについては 個 人 番 号 カードコールセンターにおいて 対 応 する 予 定

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この 基 金 だより 重 要 なお 知 らせ 事 業 主 並 びに 加 入 員 の 皆 さまへ 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 は 方 針 を 議 決 しました 日 頃 より 当 基 金 の 事 業 運 営 にご 理 とご 協 力 をいただき 感 謝 申 し 上 げます さて 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 旨 とする 厚 生 年 金

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 横 浜 市 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 ( 高 校 卒 程 度 免 許 資 格 職 など) 平 成 27 年 6 月 横 浜 市 人 事 委 員 会 募 集 職 種 事 務 土 木 機 械 電 気 保 育 士 司 書 学 校 栄 養 職 員 ( 救 急 救 命 士 ) 第 一 次 試 験 日 平 成 27 年 9 月 27 日 ( 日 ) 24 時 間 申 込 可

More information

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

農業委員会農政部会議事進行

農業委員会農政部会議事進行 平 成 27 年 第 3 回 奥 州 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 ( 平 成 27 年 5 月 20 日 ) 奥 州 市 農 業 委 員 会 - 0 - 平 成 27 年 第 3 回 奥 州 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 平 成 27 年 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 奥 州 市 役 所 前 沢 総 合 支 所 401 大 会 議 室 第 1

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D83938356838783938AC7979D8E6D94858F9E90D3944395DB8CAF837083938374838C83628367816932303136944E94C5298DC58F495B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D83938356838783938AC7979D8E6D94858F9E90D3944395DB8CAF837083938374838C83628367816932303136944E94C5298DC58F495B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 28 年 1 月 一 般 社 団 法 人 日 本 マンション 管 理 士 会 連 合 会 限 定 安 心 なマンション 管 理 士 業 務 の 実 現 のために マンション 管 理 士 賠 償 責 任 保 険 保 険 期 間 お 申 込 み 締 切 日 平 成 28 年 1 月 1 日 午 後 4 時 ~ 平 成 29 年 1 月 1 日 午 後 4 時 平 成 27 年 12 月 21 日

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

広川町議会だより15号

広川町議会だより15号 号 / 責 / 樫 原 淳 奈 編 集 / 編 集 / - 和 歌 山 有 田 郡 TEL -- FAX -- ホムペジ 検 索 http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/gikai/index.html 催 少 相 撲 室 P~ 連 程 件 賛 可 承 環 境 特 サポ 養 座 環 境 特 梶 原 副 井 豆 P~ 般 奥 井 堀 岡 﨑 野 氏 P 厚 変 更 路

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208376838C837E834183808FA495698C9494AD8D738E968BC68EC08E7B97768D802D2731355F30355F31392E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208376838C837E834183808FA495698C9494AD8D738E968BC68EC08E7B97768D802D2731355F30355F31392E646F6378> 平 成 27 年 4 月 17 日 平 成 27 年 4 月 20 日 平 成 27 年 4 月 21 日 平 成 27 年 4 月 23 日 平 成 27 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 14 日 平 成 27 年 5 月 15 日 平 成 27 年 5 月 19 日 初 版 第 2 版 第 3 版 第 4 版 第 5 版 第 6 版 第 7 版 第 8 版 のぼりべつプレミアム 商

More information

ファイザープログラム

ファイザープログラム < 企 画 内 容 のご 検 討 にあたって> ファイザープログラム 応 募 企 画 書 作 成 の 手 引 き 企 画 内 容 が 中 堅 世 代 の 心 とからだのヘルスケア にふさわしいものであり 応 募 要 項 の 助 成 対 象 プロジェクトについて に 該 当 しているかどうかをご 確 認 下 さい 企 画 内 容 をご 検 討 の 際 応 募 要 項 の プログラムのねらい にある 保

More information

平 成 24 年 度 埼 玉 県 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会 事 業 報 告 ( 案 ) 1 福 祉 相 談 推 進 事 業 Ⅰ 公 益 目 的 ( 実 施 ) 事 業 生 活 相 談 等 活 動 推 進 事 業 (1) 各 市 町 村 における 研 修 会 等 への 講 師 派 遣 各 市 町 村 における 各 種 民 生 委 員 児 童 委 員 研 修 会 等 へ 次 のとおり

More information

2 平 成 22 年 2 月 新 しい 農 地 制 度 がスタートしました 新 しい 農 地 制 度 は 耕 作 者 の 地 位 の 安 定 と 食 料 の 安 定 供 給 を 図 るための 重 要 な 生 産 基 盤 であ る 農 地 について 転 用 規 制 の 厳 格 化 等 によりその 確

2 平 成 22 年 2 月 新 しい 農 地 制 度 がスタートしました 新 しい 農 地 制 度 は 耕 作 者 の 地 位 の 安 定 と 食 料 の 安 定 供 給 を 図 るための 重 要 な 生 産 基 盤 であ る 農 地 について 転 用 規 制 の 厳 格 化 等 によりその 確 第 52 号 第 52 号 平 成 22 年 2 月 発 行 平 成 22 年 2 月 発 行 スナップエンドウ 収 穫 まっさかり! 浦 口 敬 一 郎 さん 圃 場 2 平 成 22 年 2 月 新 しい 農 地 制 度 がスタートしました 新 しい 農 地 制 度 は 耕 作 者 の 地 位 の 安 定 と 食 料 の 安 定 供 給 を 図 るための 重 要 な 生 産 基 盤 であ る 農

More information

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc

Microsoft Word - 00表紙(管理・運営編).doc 第 1 章 手 続 きの 概 要 1 手 続 きの 概 要 (1) 手 続 きの 種 類 NPO 法 人 を 運 営 する 上 では,さまざまな 手 続 きが 発 生 します 所 轄 庁 ( 福 岡 市 )への 手 続 き, 法 務 局 への 登 記 手 続 き, 県 税 事 務 所 あるいは 市 役 所 への 税 金 関 係 の 手 続 きのほか, 収 益 事 業 を 行 う 場 合 の 税 務

More information

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2 資 料 2 決 済 業 務 等 の 高 度 化 に 関 するスタディ グループ でんさい の 現 状 と 課 題 2014 年 12 月 16 日 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク 1 目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12

More information

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法 4 運 営 1 認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 103 2. 事 業 年 度 終 了 後 3か 月 以 内 の 報 告 103 3. 助 成 金 の 支 給 を 行 った 場 合 の 報 告 109 4. 海 外 への 送 金 または 金 銭 の 持 ち 出 しを 行 う 場 合 の 報 告 110 5. 代 表 者 を 変 更 した 場

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 資 料 創 歴 代 氏 名 在 職 期 氏 名 在 職 期 初 代 田 中 敏 夫 昭 和 37 11 1 ~ 昭 和 41 3 31 11 野 博 司 昭 和 63 4 1 ~ 4 3 31 2 熊 沢 源 三 昭 和 41 4 1 ~ 昭 和 43 3 31 12 渡 辺 良 禎 4 4 1 ~ 8 3 31 3 高 野 出 男 昭 和 43 4 1 ~ 昭 和 45 3 31 13 高 桑 利

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

各 大 会 での での 成 績 (その) 昨 年 も 数 多 くの 大 会 に 現 役 部 員 が 出 場 し 好 成 績 を 残 しました, 年 生 も 着 実 に を 伸 ばして おり 今 後 の 更 なる 活 躍 が 楽 しみです 第 回 早 慶 定 期 戦 kg 級 kg 級 kg 級 kg

各 大 会 での での 成 績 (その) 昨 年 も 数 多 くの 大 会 に 現 役 部 員 が 出 場 し 好 成 績 を 残 しました, 年 生 も 着 実 に を 伸 ばして おり 今 後 の 更 なる 活 躍 が 楽 しみです 第 回 早 慶 定 期 戦 kg 級 kg 級 kg 級 kg 平 成 年 月 日 クラブニュース 稲 門 ウェイトリフティングクラブ URL:htp://www.ocn.ne.jp/~twc/ 底 冷 えの 残 る 毎 日 ですが OBの 皆 様 におかれましては いかがお 過 ごしでしょうか さて 既 にご 存 知 の 方 もいらっしゃると 思 いますが 我 が 部 は 今 年 創 部 周 年 を 迎 えます 知 命 とは 論 語 の 言 葉 ですが 我 が

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お 定 例 選 挙 管 理 委 員 会 議 事 録 下 記 のとおり 選 挙 管 理 委 員 会 を 開 催 したので 議 事 の 要 旨 について 記 録 する 1. 日 時 平 成 25 年 4 月 8 日 ( 月 ) 午 後 4 時 55 分 ~ 午 後 5 時 35 分 2. 出 席 者 ( ) 服 部 裕 子 ( 委 員 ) 尾 前 宣 男 村 山 義 信 前 田 早 苗 ( ) 山 本 書

More information

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 議 会 議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 戸 市 議 団 改 革 水 戸 2 4 6 公 明 党 水 戸 市 議 会 5 5 民 主 社

More information

Ⅰ 営 業 譲 渡 の ご 案 内 ( 預 金 各 種 サービス 編 ) 平 成 15 年 1 月 株 式 会 社 中 部 銀 行 株 式 会 社 静 岡 中 央 銀 行 ご 挨 拶 拝 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 既 にご 高 承 のとおり 中 部 銀 行 は 日 本 承

More information

1

1 2010 年 度 事 業 報 告 書 (2010 年 4 月 1 日 から2011 年 3 月 31 日 まで) 学 校 法 人 修 道 学 園 1 法 人 の 概 要 1 建 学 の 精 神 修 道 の 歴 史 は 1725( 享 保 10) 年 に 広 島 浅 野 藩 の 藩 校 講 学 所 が5 代 藩 主 浅 野 吉 長 公 によって 創 始 されたことが 淵 源 です 修 道 とは 四 書

More information

週間情報(2812号)

週間情報(2812号) 週 間 情 報 2812 発 行 日 平 成 28 年 3 月 22 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 行 事 消 防 本 部 の 動 き 火 災 予 防 キャンペーンを 実 施 埼 玉 西 部 消 防 局 ( 埼 玉 ) 埼 玉 西 部 消 防 局 所 沢 東 消 防 署 では

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き

本 日 は 委 員 の 皆 様 におかれましては 大 変 お 忙 しい 中 ご 出 席 を 賜 りまして 誠 にありがとうございます 定 刻 となりましたので 只 今 より 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 を 開 会 させていただきます 本 日 の 進 行 を 務 めさせて 頂 き 平 成 22 年 度 市 原 市 防 災 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 22 年 8 月 2 日 ( 月 )15 時 00 分 から16 時 10 分 2 場 所 市 原 市 市 民 会 館 3 階 大 会 議 室 3 主 席 者 ( 委 員 ) 市 原 市 長 千 葉 海 上 保 安 部 長 職 務 代 理 警 備 救 護 課 長 千 葉 測 候 所 長 関 東 農 政 局 千 葉 農

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して 4 就 小 校 1 入 までの 主 な 流 れ 入 する 前 年 の10 月 中 旬 から11 月 下 旬 に 就 時 健 康 診 断 を 受 けます ( 住 民 票 の 住 所 に 案 内 が 送 付 されます ) 入 する 年 の1 月 下 旬 に 入 通 知 書 が 住 民 票 の 住 所 に 送 られます ま た 2 月 に 各 小 校 で 入 説 明 会 が 行 われます 案 内 は 住

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

第 7 回 関 西 惑 ラグビー 交 流 大 会 実 施 要 項 1. 主 催 関 西 ラグビーフットボール 協 会 2. 主 管 関 西 惑 ラグビー 大 会 実 行 委 員 会 3. 期 日 平 成 24 年 4 月 14 日 ( 土 ) ~15 日 ( 日 ) 4. 会 場 近 鉄 花 園 ラ

第 7 回 関 西 惑 ラグビー 交 流 大 会 実 施 要 項 1. 主 催 関 西 ラグビーフットボール 協 会 2. 主 管 関 西 惑 ラグビー 大 会 実 行 委 員 会 3. 期 日 平 成 24 年 4 月 14 日 ( 土 ) ~15 日 ( 日 ) 4. 会 場 近 鉄 花 園 ラ クラブチーム 代 表 者 各 位 平 成 24 年 2 月 吉 日 第 7 回 関 西 惑 ラグビー 大 会 実 行 委 員 会 第 7 回 関 西 惑 ラグビー 大 会 のご 案 内 拝 啓 新 春 の 候 球 友 各 クラブにおかれましては 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 日 本 中 が 深 い 悲 しみに 包 まれた 平 成 23 年 も 終 わり 新 たな 年 を

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

「火災保険 地震危険補償特約」のご案内

「火災保険   地震危険補償特約」のご案内 2010 年 6 月 1 日 以 降 始 期 契 約 用 火 災 保 険 地 震 危 険 補 償 特 約 のご 案 内 ~ビル 工 場 等 向 けの 地 震 保 険 ~ 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 はじめに 拝 啓 時 下 ますますご 清 祥 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 弊 社 業 務 に 関 しまし ては 格 別 のご 高 配 を 賜 り ありがたく 厚 くお

More information

2011 年 度 関 西 支 部 理 事 会 報 告 6 月 25 日 11 時 から エル おおさか において 2011 年 度 総 会 に 先 立 ち 理 事 会 が 開 かれました 竹 川 常 任 理 事 の 司 会 で 午 後 からの 総 会 を 前 に 各 議 題 の 報 告 及 び 審

2011 年 度 関 西 支 部 理 事 会 報 告 6 月 25 日 11 時 から エル おおさか において 2011 年 度 総 会 に 先 立 ち 理 事 会 が 開 かれました 竹 川 常 任 理 事 の 司 会 で 午 後 からの 総 会 を 前 に 各 議 題 の 報 告 及 び 審 ******************************************************************************************************** 第 2 6 6 号 2011 年 10 月 12 日 日 本 気 象 学 会 関 西 支 部 ニ ュ ー ス 関 西 支 部 第 29 期 役 員 の 補 充 交 代 2011 年 度 関 西

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

untitled

untitled Contents 理 事 長 あいさつ 1 平 成 27 年 度 第 1 回 臨 時 総 代 会 2~3 財 産 目 録 協 定 締 結 4 平 成 26 年 度 事 業 報 告 5 平 成 26 年 度 施 行 状 況 6 国 営 施 設 応 急 対 策 事 業 農 村 地 域 復 興 再 生 基 盤 総 合 整 備 事 業 7 管 内 のほ 場 整 備 事 業 8 直 轄 特 定 災 害 復 旧

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり CONTENTS No.39 2016.May ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とりわけ 暴 力 団 排 除 や 薬 物 乱 用 防 止

More information

工 事 概 要 工 事 名 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 その 他 工 事 工 事 概 要 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 工 金 城 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 稲 永 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 潮 凪 ふ 頭 西 側 護 岸 補 修 工 1 式 1 式 1 式 1 式 施 行 箇 所 図 :

工 事 概 要 工 事 名 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 その 他 工 事 工 事 概 要 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 工 金 城 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 稲 永 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 潮 凪 ふ 頭 西 側 護 岸 補 修 工 1 式 1 式 1 式 1 式 施 行 箇 所 図 : 入 札 公 告 次 のとおり 事 後 審 査 型 一 般 競 争 入 札 ( 特 別 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 5 日 入 札 に 付 す る 事 項 競 争 入 札 参 加 資 格 [1] 工 事 名 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 概 要 [4] 工 期 [5] 予 定 価 格 ( 税 抜 き) [6] 前 払 金 及 び

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63> ふるさと 納 税 便 り vol.2 H23.5 発 行 佐 賀 市 役 所 ふるさと 応 援 寄 附 金 (ふるさと 納 税 )をいただいた 皆 様 へ 新 緑 の 候 皆 様 におかれましてはますますご 清 祥 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 皆 様 には 寄 附 金 として 本 市 に 対 して 大 変 温 かいご 支 援 をいただき 誠 にありがとうございまし た このたび ふるさと

More information

損害保険の保険金支払に関するガイドライン

損害保険の保険金支払に関するガイドライン 損 害 保 険 の 保 険 金 支 払 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 2012 年 4 月 Ⅰ.はじめに ~ 本 ガイドラインの 目 的 ~... 2 Ⅱ. 保 険 金 支 払 にあたっての 基 本 姿 勢... 2 1.お 客 さまの 視 点 に 立 った 対 応... 2 2. 損 害 保 険 会 社 の 社 会 的 な 役 割 をふまえた 保

More information

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場 新 任 のご 挨 拶 第 17 号 2013.7.25 北 海 道 生 物 教 育 会 編 集 部 061-3248 北 海 道 石 狩 市 花 川 東 128 番 地 31 北 海 道 石 狩 翔 陽 高 等 学 校 内 Tel 0133-74-5771 Fax 0133-74-8741 北 海 道 生 物 教 育 会 会 長 高 桑 純 ( 北 海 道 室 蘭 栄 高 等 学 校 長 ) このたび6

More information

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 平 成 27

議 事 内 容 : 菅 国 務 大 臣 :ただ 今 から, 閣 議 を 開 催 いたします まず, 閣 議 案 件 について, 世 耕 副 長 官 から 御 説 明 申 し 上 げます 世 耕 内 閣 官 房 副 長 官 : 一 般 案 件 等 について, 申 し 上 げます まず, 平 成 27 閣 議 及 び 閣 僚 懇 談 会 議 事 録 開 催 日 時 : 平 成 28 年 5 月 17 日 ( 火 ) 8:13~8:28 開 催 場 所 : 総 理 大 臣 官 邸 閣 議 室 出 席 者 : 安 倍 晋 三 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 国 務 大 臣 ( 副 総 理, 財 務 大 臣, 内 閣 府 特 命 担 当 大 臣 ) 高 市 早 苗 国 務 大 臣 ( 総 務 大

More information

- 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27 - - 28 - - 29 - - 30 -

More information

1 安 全 報 告 書 2010 年 熊 本 電 気 鉄 道 株 式 会 社 1. 利 用 者 はじめ 地 元 の 皆 様 へ 弊 社 の 鉄 道 事 業 に 対 して 日 頃 よりご 利 用 並 びにご 理 解 を 頂 きまして 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます 弊 社 は 鉄 道 を 基 軸 とする 交 通 事 業 の 展 開 が 基 本 方 針 でありますが 平 成 20 年 度 から 7 年

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

<837D834383698393836F815B90A7937882C98AD682B782E92082708195826020816991718B678E7394C5816A2E786C7378>

<837D834383698393836F815B90A7937882C98AD682B782E92082708195826020816991718B678E7394C5816A2E786C7378> マイナンバー 制 度 に 関 する Q&A ( 倉 吉 市 版 ) 平 成 28 年 2 月 19 日 作 成 マイナンバー 制 度 に 関 して 各 種 説 明 会 及 び 市 役 所 にお 寄 せいただいた 主 な 質 問 と それに 対 する 回 答 をまとめましたのでご 覧 ください 通 知 カード 個 人 番 号 カード 編 質 問 ( 内 容 ) 回 答 ( 内 容 ) 1 通 知 カードは

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

ファイザープログラム

ファイザープログラム ファイザープログラム 応 募 企 画 書 作 成 の 手 引 き < 企 画 内 容 のご 検 討 にあたって> 企 画 内 容 が 中 堅 世 代 の 心 とからだのヘルスケア にふさわしいものであり 応 募 要 項 の 助 成 対 象 プロジェクトについて に 該 当 しているかどうかをご 確 認 下 さい 企 画 内 容 をご 検 討 の 際 応 募 要 項 の プログラムのねらい にある 保

More information

きる 理 論 と 成 し 遂 げる 熱 意 をもって 学 校 事 務 の 向 上 発 展 を 図 るため 頑 張 っていきたい 思 います お 世 話 になりました 前 事 務 局 長 仲 光 賢 治 ( 熊 本 市 立 錦 ヶ 丘 中 学 校 ) 雨 にけむるアジサイが 梅 雨 のうっとおしさを

きる 理 論 と 成 し 遂 げる 熱 意 をもって 学 校 事 務 の 向 上 発 展 を 図 るため 頑 張 っていきたい 思 います お 世 話 になりました 前 事 務 局 長 仲 光 賢 治 ( 熊 本 市 立 錦 ヶ 丘 中 学 校 ) 雨 にけむるアジサイが 梅 雨 のうっとおしさを 第 75 号 平 成 16 年 6 月 30 日 発 行 人 熊 本 県 学 校 事 務 研 究 協 議 会 会 長 魚 住 光 二 編 集 代 表 研 究 部 長 大 岩 眞 二 868-0081 人 吉 市 上 林 町 622 096(369)2004 Fax096(331)1530 < 今 回 の 主 な 内 容 > 会 長 挨 拶 前 新 事 務 局 長 退 任 就 任 挨 拶 第 1 回

More information

<5461726F2D819991E593878E7892A18FEE95F18E8F91E634348D862E6A7464>

<5461726F2D819991E593878E7892A18FEE95F18E8F91E634348D862E6A7464> 大 島 支 庁 情 報 誌 ( 平 成 27 年 5 月 25 日 発 行 第 44 号 ) 自 動 車 税 は6 月 1 日 までに! 大 島 支 庁 県 税 課 管 理 納 税 係 長 蕨 迫 浩 臣 1 納 期 限 (6 月 1 日 ) 内 の 納 付 自 動 車 税 は,4 月 1 日 現 在 で 自 動 車 ( 軽 自 動 車 は 除 く)を 所 有 している 方 に 納 めてい ただく

More information

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては 不 正 防 止 リスク 対 策 Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1. 本 人 確 認 の 方 法 2.マイナンバー 提 出 を 拒 否 された 場 合 の 対 応 方 法 3 ガイドライン 変 更 点 4. 実 務 ( 人 事 労 務 編 ) 5. 実 務 ( 経 理 編 ) Ⅱ マイナンバー 漏 えいと 対 応 方 法 1. 漏 えい 時 の 会 社 の 報

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E937892CA8FED918D89EF>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E937892CA8FED918D89EF> 平 成 25 年 度 通 常 総 会 議 案 日 時 : 平 成 25 年 4 月 26 日 ( 金 ) 15 時 00 分 場 所 : 宮 崎 建 友 会 館 大 会 議 室 宮 崎 地 区 建 設 業 協 会 総 会 次 第 1. 開 会 のことば 2. 会 長 あいさつ 3. 議 案 審 議 第 1 号 議 案 平 成 24 年 度 事 業 報 告 及 び 収 支 決 算 承 認 の 件 第

More information

審 議 経 過 1. 開 会 (10:30) 欠 席 者 の 確 認 欠 席 : 兵 庫 県 川 西 警 察 署 川 西 保 護 区 保 護 司 会 川 西 市 青 少 年 補 導 委 員 会 川 西 市 PTA 連 合 会 川 西 市 子 ども 会 連 絡 協 議 会 川 西 防 犯 協 会 吉

審 議 経 過 1. 開 会 (10:30) 欠 席 者 の 確 認 欠 席 : 兵 庫 県 川 西 警 察 署 川 西 保 護 区 保 護 司 会 川 西 市 青 少 年 補 導 委 員 会 川 西 市 PTA 連 合 会 川 西 市 子 ども 会 連 絡 協 議 会 川 西 防 犯 協 会 吉 様 式 第 3 号 会 議 録 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 事 務 局 ( 担 当 課 ) 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 25 年 度 第 2 回 川 西 市 青 少 年 問 題 協 議 会 こども 家 庭 部 こども 家 庭 室 こども 若 者 政 策 課 内 線 (3442) 平 成 26 年 1 月 27 日 ( 月 ) 午 前 10 時 30 分 ~12 時 市 役 所

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

ご あ い さ つ 埼 玉 県 卓 球 協 会 会 長 土 屋 品 子 第 1 回 関 東 ラージボール 卓 球 大 会 の 開 催 おめでとうございます ラージボール 卓 球 大 会 は 各 地 で 様 々な 形 で 開 催 されておりますが この 度 埼 玉 東 京 神 奈 川 千 葉 茨 城

ご あ い さ つ 埼 玉 県 卓 球 協 会 会 長 土 屋 品 子 第 1 回 関 東 ラージボール 卓 球 大 会 の 開 催 おめでとうございます ラージボール 卓 球 大 会 は 各 地 で 様 々な 形 で 開 催 されておりますが この 度 埼 玉 東 京 神 奈 川 千 葉 茨 城 平 成 20 年 度 第 1 回 関 東 ラージボール 卓 球 大 会 目 次 あいさつ 2 開 会 式 閉 会 式 4 大 会 役 員 競 技 役 員 5 競 技 上 の 注 意 7 タイムテーブル 8 < 第 1 日 目 > 9 月 19 日 ( 金 ) 混 合 ダブルス 130 歳 以 上 ~ 150 歳 以 上 12 130 歳 以 上 ~ 150 歳 以 上 29 130 歳 以 上 ~

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

火 曜 日 7 黒 木 一 央 整 形 外 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 東 町 24-1 8 橋 口 慶 一 消 化 器 内 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 東 町 24-1 9 小 河 原 大 樹 呼 吸 器 内 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌

火 曜 日 7 黒 木 一 央 整 形 外 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 東 町 24-1 8 橋 口 慶 一 消 化 器 内 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 東 町 24-1 9 小 河 原 大 樹 呼 吸 器 内 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 火 曜 日 毎 週 火 曜 金 曜 日 発 行 印 は 長 崎 県 例 規 集 に 登 載 するもの 目 次 告 示 所 管 課 ( 室 ) 名 身 体 障 害 者 福 祉 法 に 基 づく 医 師 の 指 定 障 害 福 祉 課 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 自 立 支 援 医 療 機 関 の 指 定

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

平成19年度第2回社会教育委員会議録(要約)

平成19年度第2回社会教育委員会議録(要約) 平 成 27 年 度 第 2 回 社 会 教 育 委 員 会 議 会 議 録 1. 開 催 日 時 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 00 分 2. 開 催 場 所 柏 原 市 教 育 委 員 会 委 員 会 室 3. 出 席 した 委 員 森 岡 稔 委 員 今 水 栄 一 委 員 坂 下 朋 子 委 員 興 梠 義 幸 委 員 榊 田 和 之

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 - 会 議 録 - 会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information

Q7. 地 方 等 でのイベントの 場 合 朝 は 何 時 からの 移 動 が 可 能 でしょうか また 何 時 までであると 行 事 終 了 後 の 宿 泊 が 必 要 となりま A7. ミス 日 本 が 原 則 的 には 朝 7 時 以 前 に 自 宅 を 出 発 することが 必 要 となる 場

Q7. 地 方 等 でのイベントの 場 合 朝 は 何 時 からの 移 動 が 可 能 でしょうか また 何 時 までであると 行 事 終 了 後 の 宿 泊 が 必 要 となりま A7. ミス 日 本 が 原 則 的 には 朝 7 時 以 前 に 自 宅 を 出 発 することが 必 要 となる 場 別 添 2 (2016 年 1 月 18 日 版 ) ミス 日 本 みどりの 女 神 出 演 に 関 する FAQ ミス 日 本 コンテスト 事 務 局 ( 公 社 ) 国 土 緑 化 推 進 機 構 1 出 演 費 について Q1. イベント 等 への 出 演 費 は 1つのイベントで 複 数 の 出 演 機 会 を 設 定 しても 出 演 費 は 変 わらな いのでしょうか A1. イベント 等

More information

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援

平成28年熊本地震被災者の皆様への生活支援 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 の 皆 様 への 生 活 支 援 平 成 28 年 4 月 22 日 平 成 28 年 熊 本 地 震 で 被 災 された 皆 様 には 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 熊 本 行 政 評 価 事 務 所 では 今 回 の 震 災 に 関 して いろいろなお 問 合 せや 相 談 を 受 け 付 けております また 支 援 措 置 を 講 じている

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information