25_eigo_sonehara修正版

Size: px
Start display at page:

Download "25_eigo_sonehara修正版"

Transcription

1 実 践 のまとめ(3 学 年 英 語 ) 上 越 市 立 城 北 中 学 校 教 諭 曽 根 原 至 1 研 究 テーマ まとまりのある 文 章 で 事 実 を 伝 えようとする 生 徒 の 育 成 ~ 班 活 動 と 体 験 的 な 場 面 の 活 用 を 通 して~ 2 研 究 テーマについて (1)テーマ 設 定 の 意 図 当 校 が 目 指 す 生 徒 像 の 一 つに 目 標 と 意 欲 をもって 学 習 に 取 り 組 む 生 徒 がある 英 語 の 授 業 にお いてこの 課 題 にせまるためには 英 語 を 使 う 体 験 的 な 場 面 を 多 く 設 定 し 自 分 の 英 語 が 通 じる 体 験 をす ることが 大 切 である 英 語 を 使 って 自 分 の 考 えや 事 実 をまとまりのある 文 章 で 外 国 人 に 伝 え それにつ いての 感 想 を 聞 く 活 動 を 通 して 英 語 でコミュニケーションがとれたという 感 動 や 他 人 の 意 見 を 聞 く ことの 楽 しさを 感 じさせる それらの 活 動 を 重 ねることで さらに 英 語 力 を 高 めようという 意 欲 の 向 上 に 結 びつけることができると 考 えた (2) 研 究 テーマに 迫 るために 1ALTの 有 効 的 な 活 用 授 業 では 既 習 表 現 を 用 いて 主 にALTや 級 友 とのインタビュー 活 動 や グループで 協 力 して A LTの 質 問 に 答 える 活 動 などを 行 っている また 日 本 と 外 国 の 生 活 や 文 化 の 違 い ALTの 知 識 や 考 え 方 に 触 れる 機 会 を 多 く 取 り 上 げるようにしている 今 回 の 単 元 でも 日 本 文 化 の 情 報 をALTに 向 けて 発 信 する 活 動 を 取 り 入 れる 情 報 発 信 の 動 機 付 け が 効 果 的 に 行 われるよう ALTを 有 効 活 用 する 表 現 活 動 においては 誰 に 伝 え 何 のために 活 動 するのかが 大 切 である ALTを 活 用 することによってそれらをはっきりさせ 生 徒 の 目 的 意 識 を 高 め 意 欲 的 に 取 り 組 ませる 2 音 読 の 充 実 新 出 単 語 本 文 の 発 音 意 味 を 確 認 し 5 分 程 度 ペアで 教 科 書 の 音 読 のチェックを 行 うようにする その 際 正 しい 発 音 やイントネーションをお 互 いに 助 言 し 合 いながらチェックするようにする さらに 本 文 の 内 容 に 応 じて 暗 唱 への 取 組 も 促 す また リーディングカードを 用 いて 音 読 への 意 欲 を 喚 起 する リーディングカードには 日 ページ 採 点 者 評 価 累 計 点 の 欄 を 用 意 し 一 目 で 音 読 の 回 数 や 点 数 がわかるよう 工 夫 する 教 師 や 級 友 からアドバイスを 受 けながら 読 むことができると1 点 自 分 で 正 しく 読 むことができると3 点 暗 唱 ができると5 点 とする 評 価 方 法 を 設 定 した 3 小 グループ( 班 ) 活 動 の 設 定 生 徒 の 発 言 をより 多 く 引 き 出 し 生 徒 がお 互 いに 多 様 な 考 えに 触 れる 場 として 小 グループによる 活 動 を 設 定 する 学 級 全 体 では 消 極 的 になる 生 徒 でも 小 グループの 中 では 発 言 することが 比 較 的 しやすい また 英 語 が 苦 手 な 生 徒 でも 活 動 に 参 加 できるよう 発 表 や 意 見 をまとめるなど グループの 中 での 役 割 分 担 を 明 確 にして 活 動 しやすくする 音 読 ではペア 活 動 文 を 書 く 活 動 ではグループの 活 動 などを 多 く 取 り 入 れる グループで 話 し 合 うことにより 友 達 の 考 えや 意 見 についての 理 解 を 深 め 自 分 の 考 え が 明 確 になると 考 える その 際 教 師 が 適 切 な 指 導 や 助 言 を 行 い 話 合 いを 効 果 的 に 展 開 する

2 (3) 研 究 テーマにかかわる 評 価 1 ALTに 日 本 の 伝 統 的 な 物 を 紹 介 するという 場 面 設 定 や 目 的 目 標 の 明 示 によって 意 欲 的 に 学 習 に 取 り 組 めた とする 生 徒 が80%を 超 える (アンケート 調 査 授 業 中 のみとり) 2 教 科 書 の 音 読 を 通 して 自 分 の 力 で 読 むことができた という 達 成 感 を 感 じることができた とする 生 徒 が80%を 超 える (アンケート 調 査 ワークシート 分 析 授 業 中 のみとり) 3 ペアやグループでの 活 動 は 自 分 の 力 を 伸 ばし より 良 い 発 表 をすることに 役 立 った とする 生 徒 が80%を 超 える (アンケート 調 査 授 業 中 のみとり) 3 単 元 と 指 導 計 画 (1) 単 元 名 SUNSHINE ENGLISH COURSE 3 PROGRAM6 Let s Talk about Things Japanese. (2) 単 元 ( 題 材 )の 目 標 ア 現 在 分 詞 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 用 法 を 正 しく 理 解 することができる 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 イ 日 本 の 伝 統 的 な 物 や 風 習 について 英 語 で ALT に 紹 介 することを 通 して 既 習 の 英 語 表 現 の 理 解 を 深 め 積 極 的 に 英 語 を 使 って 自 分 の 考 えた 文 を 述 べることができる 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 表 現 の 能 力 ウ 聞 き 手 の 立 場 に 合 わせ 日 本 の 伝 統 的 な 物 や 風 習 を 紹 介 することを 通 して よりわかりやすく 情 報 を 伝 える 文 を 考 えようとする 意 欲 をもつ 表 現 の 能 力 コミュニケーションに 対 する 関 心 意 欲 態 度 (3) 単 元 の 評 価 基 準 コミュニケーションへの 関 心 意 欲 態 度 表 現 の 能 力 理 解 の 能 力 既 習 の 表 現 を 用 いながら 仲 と 協 力 して 意 欲 的 に 活 動 に 取 り 組 むことができる 現 在 分 詞 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 用 法 を 用 いながら 自 分 が 考 えた 内 容 を 述 べたり 書 いたりすることができる 現 在 分 詞 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 用 法 を 含 む 文 について 理 解 すること ができる 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 現 在 分 詞 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 用 法 を 含 む 文 構 造 を 理 解 することが できる

3 (4) 指 導 計 画 ( 全 11 6/11 ) 学 習 内 容 学 習 活 動 主 な 評 価 の 観 点 と 方 法 日 本 の 文 化 鳥 獣 日 本 文 化 についての 資 料 を 読 み 説 明 を 聞 本 文 を 読 んで 内 容 を 理 解 する 1 戯 画 けん 玉 お 祭 り について 現 在 分 詞 による 後 く p.60のベーシックダイアログを 音 読 す る ことができる ワークシート 正 しい 発 音 と 抑 揚 で 本 文 を 読 むことができる 観 察 置 修 飾 の 形 意 p.61の 重 要 語 句 の 意 味 の 確 認 内 容 理 解 現 在 分 詞 の 後 置 修 飾 の 形 用 2 味 用 法 受 動 態 の 表 現 接 続 詞 when that if の 意 味 用 法 と 音 読 をする 現 在 分 詞 による 後 置 修 飾 を 使 って 祭 りにつ いての 紹 介 文 を 書 く 法 意 味 を 理 解 することがで きる ワークシート 現 在 分 詞 の 後 置 修 飾 を 使 っ て 祭 りの 紹 介 文 を 書 くこと ができる ワークシート 過 去 分 詞 による 後 p.62のベーシックダイアログを 音 読 す 本 文 を 読 んで 内 容 を 理 解 する 2 2 置 修 飾 の 形 意 味 用 法 現 在 完 了 の 経 験 比 較 級 の 表 現 動 名 詞 の 意 味 用 法 る p.63の 重 要 語 句 の 意 味 の 確 認 内 容 理 解 と 音 読 をする 過 去 分 詞 による 後 置 修 飾 を 使 って 祝 日 の 紹 介 文 を 書 く ことができる ワークシート 正 しい 発 音 と 抑 揚 で 本 文 を 読 むことができる 観 察 現 在 分 詞 の 後 置 修 飾 の 形 用 法 意 味 を 理 解 することがで きる ワークシート 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 を 使 っ て 祝 日 の 紹 介 文 を 書 くこと ができる ワークシート there is/are ~の 現 在 分 詞 と 過 去 分 詞 による 後 置 修 飾 を 使 っ a kind of~と 過 去 分 詞 の 後 置 3 表 現 た 文 の 確 認 問 題 に 取 り 組 む 修 飾 を 使 って 紹 介 文 を 書 く a kind of~の 表 現 a kind of~ 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 を 使 っ ことができる ワークシート 現 在 分 詞 過 去 分 て 鯉 のぼり 竹 馬 そろばん 百 人 紹 介 文 に 情 報 を 付 け 加 えるこ 3 詞 の 後 置 修 飾 の 一 首 の 紹 介 文 をALTに 伝 わるように 考 とができる ワークシート 形 意 味 用 法 えながら 書 く 班 内 で 紹 介 文 に 情 報 を 付 け 加 える 本 ALTに 紹 介 文 を 発 表 する 2/3 ALTの 感 想 を 聞 く 4 as~(~として) p.66の 重 要 語 句 の 意 味 の 確 認 内 容 理 解 本 文 を 読 んで 内 容 を 理 解 する 1 の 意 味 用 法 be impressed by ~の 意 味 用 法 と 音 読 をする ことができる ワークシート 正 しい 発 音 と 抑 揚 で 本 文 を 読 むことができる 観 察

4 5 紹 介 文 の 準 備 発 表 現 在 分 詞 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 を 使 って 日 本 の 伝 統 的 な 物 や 風 習 の 紹 介 文 を 書 く 班 内 で 紹 介 文 を 発 表 する 現 在 分 詞 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 を 使 って 日 本 の 伝 統 的 な 物 や 風 習 の 紹 介 文 を 書 くこと 2 班 内 で 紹 介 文 に 情 報 を 付 け 加 える ALTに 紹 介 文 を 発 表 する ALTの 感 想 を 聞 く ができる ワークシート 紹 介 文 を 発 表 することができ る 観 察 6 主 語 + 動 詞 + 目 的 語 + 補 語 の 語 順 意 味 用 法 主 語 + 動 詞 + 目 的 語 + 補 語 接 疑 問 文 過 去 分 詞 現 在 分 詞 の 後 置 修 飾 の 確 認 問 題 に 取 り 組 む 主 語 + 動 詞 + 目 的 語 + 補 語 接 疑 問 文 過 去 分 詞 現 在 分 詞 の 後 置 修 飾 を 理 解 するこ 1 接 疑 問 文 過 去 分 詞 現 在 分 詞 の 後 置 修 飾 の 形 意 味 用 法 とができる ワークシート 4 単 元 ( 題 材 )と 児 童 生 徒 (1) 単 元 について 本 単 元 では 過 去 分 詞 と 現 在 分 詞 の 後 置 修 飾 を 扱 っている 動 詞 ing は 1 2 年 に 進 行 形 と 動 名 詞 を 学 習 している 進 行 形 と 動 名 詞 の 意 味 や 用 法 の 違 いは 比 較 的 理 解 しやすいと 思 われる 一 方 進 行 形 と 現 在 分 詞 の 後 置 修 飾 の 意 味 用 法 は 混 同 しやすい 同 じように3 年 の1 学 期 の 学 習 内 容 である 受 動 態 と 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 の 意 味 用 法 も 混 同 することが 多 い 授 業 では 自 分 の 身 近 にある 日 本 の 伝 統 的 な 物 や 風 習 を 外 国 人 にうまく 伝 えるにはどんな 表 現 がい いのかに 注 目 させていく 日 本 の 伝 統 的 な 物 や 風 習 をよりよく 伝 えるためには どのような 説 明 がよい のか どこに どのような 説 明 を 入 れるのがよいのかを 考 えさせ ALTの 立 場 や 境 遇 を 想 像 しながら 情 報 を 付 け 加 えた 紹 介 文 を 書 くことに 取 り 組 ませる その 後 各 班 内 で 発 表 をさせ 班 の 仲 がアドバ イスを 与 える そのアドバイスを 参 考 にして 完 成 させた 紹 介 文 を 実 際 にALTに 紹 介 し 感 想 をもら う 活 動 を 組 織 する この 学 習 を 通 して 英 語 の 知 識 や 技 能 の 向 上 をはかり それにともない 相 手 によりわかりやすく 情 報 を 伝 えるにはどうすればよいのかを 考 える 態 度 を 育 てたい (2) 児 童 生 徒 の 実 態 1 実 態 男 子 17 名 女 子 18 名 計 35 名 のクラスである 英 語 や 外 国 の 文 化 に 興 味 をもっている 生 徒 が 多 く 英 検 3 級 以 上 の 合 格 を 目 指 す 生 徒 もいる 英 語 の 必 要 性 や 外 国 人 とコミュニケーションを 図 る ことの 有 用 性 を 感 じている 生 徒 も 多 い また 教 科 書 の 本 文 を 上 手 に 読 み 暗 記 して 発 表 しようとす る 意 欲 の 高 い 生 徒 もいる しかし 一 方 で 英 語 が 苦 手 で 基 本 的 な 既 習 内 容 を 理 解 できない 生 徒 もいる また 英 語 を 得 意 と する 生 徒 の 中 でも 英 語 でまとまった 文 章 を 書 くことや 発 表 の 声 が 小 さく 人 前 で 堂 々と 話 すこ とに 消 極 的 で 人 とうまく 関 わりをもつことのできない 生 徒 もいる 英 語 の 授 業 では 2 年 にメールでの 気 軽 なやりとりの 英 語 表 現 の 学 習 や 自 分 の 町 を 外 国 人 に 紹 介 する 活 動 を 行 っており 3 年 の1 学 期 にはALTへのインタビュー 原 稿 を 英 語 で 書 く 活 動 を 実 施 し た 身 近 にある 日 本 の 伝 統 的 な 物 や 風 習 を 外 国 人 に 英 語 で 紹 介 するという 活 動 を 通 して 英 語 でコ ミュニケーションをとる 楽 しさを 感 じ 自 信 をもたせたい

5 5 本 の 展 開 (1) 本 のねらい ア 紹 介 文 を 聞 き ALTにより 良 く 情 報 を 伝 えるために どうしたらよいかを 考 え 紹 介 文 に 英 語 で 文 を 付 け 加 えることができる 表 現 の 能 力 イ 班 で 協 力 し 紹 介 文 に 説 明 を 付 け 加 えようとしている コミュニケーションに 対 する 関 心 意 欲 態 度 (2) 展 開 にあたって 本 では 日 本 の 伝 統 的 な 物 の 紹 介 文 をもとにして どう 改 善 すれば より 良 く 外 国 人 に 伝 わるか を 考 えることが 主 たる 活 動 である まず 鯉 のぼり を 説 明 している 紹 介 文 に 注 目 させていく 鯉 のぼり を 知 っている 日 本 人 にとっては 形 や 色 大 きさなどは 容 易 にイメージできるであろう ま た これが 日 本 の 風 習 で 男 児 の 出 世 と 健 康 を 願 って 家 庭 の 庭 先 で 飾 られることや 端 午 の 節 句 の 飾 りであることなど 鯉 のぼり からたくさんの 事 柄 を 連 想 できる 日 本 人 も 多 い しかし ALTが 鯉 のぼり と 聞 いても それが 何 であるか 伝 わらない それがどういう 物 で あるかを 伝 えるためには 英 語 を 使 って 丁 寧 に 説 明 する 必 要 がある わかりやすい 説 明 を 英 語 で 考 え ようとする 気 持 ちを 持 たせることで 本 のねらいに 迫 ろうと 考 えた そのために ALTに 紹 介 文 からイメージされる 鯉 のぼり を 絵 に 描 いてもらい 日 本 人 のもつ イメージとの 違 いに 気 付 かせる そうすることで 初 めに 作 成 した 紹 介 文 だけでは 十 分 に 伝 わらないの だという 実 感 をもたせる そこで どのような 説 明 を 補 足 すればよいのかと 問 い すべての 生 徒 に 英 文 を 言 わせ 自 分 の 英 語 が 伝 わったという 思 いをもたせる 個 々の 情 報 を 総 合 することでALTの 描 く 絵 が 改 善 されれば 英 文 を 付 け 足 すことの 有 用 性 に 気 づき 意 欲 的 に 活 動 することが 期 待 できる (3) 展 開 学 習 内 容 学 習 活 動 教 師 の 支 援 指 導 留 意 点 / 評 価 あいさつ あいさつ 大 きな 声 であいさつ ウォームアップ 活 動 生 徒 に 英 語 の 質 問 をする 明 るい 雰 囲 気 を 作 る 前 の 復 習 P.63の 音 読 を 行 い 前 の 振 ペアで 取 り 組 むよう 指 示 する 生 徒 同 士 で 教 え 合 い (10 分 ) り 返 りをする リーディングチェックカードを ながら 良 いところ リーディングチェックカード 使 うように 指 示 する を 褒 め 合 いながら 行 に 記 入 する う 発 表 の 工 夫 紹 介 文 を 発 表 する 発 表 させる 前 に 書 いた 紹 介 文 (30 分 ) 発 表 を 聞 く (2 分 ) 大 きな 声 で 発 表 できるよう 声 か を 一 つ 選 んでおく けをする 紹 介 文 を 黒 板 に 貼 っ 予 想 される 紹 介 文 紹 介 文 を 配 る ておく We call it Koinobori. It is a thing 紹 介 文 について 既 習 内 容 が 適 切 seen on Tangonosekku in Japan. It is に 使 われていることに 対 して 賞 like a carp. 賛 する 紹 介 しているものがマット 先 生 に 伝 わるかどうか 判 断 してもらいましょう Do you know what this is? Please draw your pictures of your image. マット 先 生 の 描 く 絵 を 見 る (1 分 ) ALTは 簡 単 な 説 明 のついた 絵 を 描 き 生 徒 にしめす 画 用 紙 に 色 形 大 きさ 感 触 原 材 料

6 予 想 される 生 徒 の 反 応 えー 全 然 違 う なにあれ? 全 然 知 らないんだー 文 化 につい マット 先 生 は このようなイメージをもったようです では ての 知 識 どんな 説 明 をすれば 鯉 のぼり がきちんと 伝 わると 思 います 理 解 か? 表 現 の 工 夫 個 人 で 付 け 加 えたい 文 を 作 る 個 人 で 付 け 加 えたい 説 明 する 英 (5 分 ) 文 を 書 かせる 発 表 する (5 分 ) 発 表 させる ALTにもう 一 度 イメージの 絵 を 描 いてもらい 本 物 の 鯉 の ぼり の 写 真 と 比 べる ALTの 先 生 のイメージはこのように 伝 えたいものにすごく 近 づいたようですね みんなの 説 明 で マット 先 生 にこんなによ く 伝 わりました 班 の 中 で 紹 介 文 を 発 表 する 各 班 に 紹 介 文 を 一 つ 選 んで 配 る 班 員 の 紹 介 文 を 聞 く (2 分 ) ALTの 先 生 のイメージが 本 物 に 近 づくように 班 で 協 力 して 紹 介 文 に 説 明 を 付 け 加 えよう 班 で 紹 介 文 に 付 け 加 えたほう 日 本 語 で 補 足 する 説 明 を 考 える がよいと 考 える 説 明 文 を 作 よう 指 示 する る 補 足 する 説 明 を 英 語 にするよう 話 し 合 う (15 分 ) 指 示 する 付 け 足 すだけではなく 一 部 変 更 も 認 める 付 箋 紙 を 配 り 英 文 を 書 かせて 貼 らせる ALTに 紹 介 文 を 見 せる ALTが 班 の 紹 介 文 を 読 み 修 正 された 絵 を 描 く 味 また それが 食 べ 物 か 道 具 か などを 含 んだ 絵 と 簡 単 な 説 明 を 描 いても らう ALTには 紹 介 文 に ない 部 分 のギャップ を 強 調 した 絵 を 書 い てもらい 英 語 で 説 明 させる 英 語 で 文 を 付 け 加 え ることができる 表 現 の 能 力 専 門 語 の 多 く 載 って いる 和 英 辞 典 を 人 数 分 用 意 する ALTに 一 人 一 人 の 発 表 に 反 応 するよう 事 前 に 言 っておく イメージの 修 正 され た 部 分 を 強 調 した 絵 を 書 いてもらう 各 班 の 竹 馬 百 人 一 首 そろばん の 紹 介 文 から 一 つ 選 ん で 拡 大 印 刷 してお く 紹 介 文 にない 部 分 の ギャップを 強 調 した ALTが 書 いた 絵 を 付 けておく 専 門 語 の 多 く 載 って いる 和 英 辞 典 を 人 数 文 用 意 する 班 で4 文 以 上 考 えさ せる 英 語 で 文 を 付 け 加 え ることができる 表 現 の 能 力

7 班 の 代 表 生 徒 が 説 明 文 の 付 け 加 えられた 紹 介 文 を 読 む (10 分 ) あいさつ 付 箋 の 内 容 を 確 認 しながら A LTに 感 想 を 求 める あいさつ 終 わった 班 の 紹 介 文 から 黒 板 や 壁 に 貼 っ ておく 3 評 価 ( 基 準 ) ねらい と 見 取 り の 場 面 ( 資 料 ) 表 現 の 能 力 の 観 点 評 価 具 体 的 な 姿 見 取 りの 場 面 A 自 分 で 付 け 加 える 部 分 に 気 づき 正 確 な 英 文 で 一 文 以 上 付 け 加 えて 書 けている ワークシート B 自 分 で 付 け 加 える 部 分 に 気 づいたが 正 確 な 英 文 が 書 けない B に 達 しないと 予 想 される 生 徒 への 支 援 机 巡 視 をしてフォローする コミュニケーションに 対 する 関 心 意 欲 態 度 の 観 点 評 価 班 で 学 び 合 い 自 分 の 考 えを 相 手 に 伝 えようとしているか 和 英 辞 典 やノート 教 科 書 を 参 考 にして 説 明 文 を 正 確 に 英 語 で 書 こうとしている 6 実 践 を 振 り 返 って (1) 授 業 ( 単 元 )の 実 際 1ALTをより 効 果 的 に 活 用 した 場 面 ALTを 活 用 した 場 面 は 大 きく 分 けて2つある 1つ は 前 に 行 った 鯉 のぼり 竹 馬 そろばん 百 人 一 首 の 紹 介 文 を 書 く 場 面 である まず 初 めに ALTがこれら4つの 物 を 知 らないこと やALTに 全 員 の 紹 介 文 を 読 んでもらうことなどを 伝 え 生 徒 の 意 欲 喚 起 を 行 った に4つの 物 についてプリントをそれぞれ 用 意 した 生 活 班 (4 5 人 )に4 種 類 のプリントを 配 布 し 各 自 で 紹 介 したいものを 選 択 させた どの 紹 介 文 にも 既 習 表 現 を 使 った4つの 条 件 を 提 示 した 条 件 1: 受 け 身 の 文 を 使 う 条 件 2: 過 去 分 詞 の 後 置 修 飾 を 使 う 条 件 3: a kind ofを 使 う 条 件 4:ALTに 伝 わるように 何 文 で 書 いてもよい また 例 文 を 英 語 と 日 本 語 で 提 示 し 低 位 の 生 徒 でも 取 り 組 めるよう 配 慮 した 生 徒 にはまず 日 本 語 で 紹 介 文 を 書 き その 後 辞 典 や 教 科 書 を 参 考 に 英 文 を 書 くよう 指 示 を 出 した このことにより 文 数 の 差 は あるにしても ほとんどの 生 徒 が 英 語 で 紹 介 文 を 書 くところまでたどり 着 くことができた 2つ 目 は 本 での 活 用 である 事 前 にALTと 打 ち 合 わせを 行 い 実 際 の 鯉 のぼり とは 異 なる 絵 を 用 意 した それを 生 徒 に 提 示 し 紹 介 文 にどんな 説 明 文 を 付 け 加 えたらよりよく 伝 わるのかを 考 えさせた 絵 を 見 た 生 徒 たちは 驚 いた 様 子 であった その 後 生 徒 たちは 絵 の 違 いを 修 正 する 英 文 を 意 欲 的 に 書 いていた 形 や 色 大 きさや 素 材 それが 鯉 の 形 をもとに 作 られていることなどを 説 明 する 英 文 があった また この 単 元 で 新 出 する a kind ofや 後 置 修 飾 既 習 事 項 の 受 け 身 表 現 を 使 い より 豊 かな 表 現 で 伝 えようとする 生 徒 もいた その 後 個 々の 情 報 を 総 合 しALTの 描 く 絵 が 改 善 さ

8 れたことで 英 文 を 付 け 足 すことの 有 用 性 に 気 づき 自 分 の 英 語 が 伝 わったという 思 いをもたせるこ とができたと 考 えている 同 じように 百 人 一 首 そろばん 竹 馬 の 紹 介 文 にも 各 班 で 説 明 文 を 付 け 加 える 活 動 を 行 った 百 人 一 首 のイメージ そろばん のイメージ 竹 馬 のイメージ 2 教 科 書 の 本 文 の 音 読 の 場 面 毎 回 授 業 の 初 めに10 分 教 科 書 の 音 読 を 取 り 入 れた 既 習 のページ の 本 文 を 全 体 で3 回 の 音 読 練 習 の 後 ペアで 音 読 を 行 った 毎 回 全 体 の 音 読 を 含 め 5,6 回 は 読 むことが できていた 意 欲 的 に 音 読 に 取 り 組 めるように リーディングカードを 用 意 した 表 はペアリーディングでチェックした 記 録 裏 は 音 読 の 取 組 の 蓄 積 がわか るように 日 本 地 図 を 付 けた 音 読 のレベルを1 友 人 や 先 生 に 教 えてもらいながら 読 める 2 自 分 一 人 ですらすら 読 むことができ る 3 感 情 を 込 めて すらすら 読 むことができる 4 暗 記 して すらすら 読 むことができる 5 暗 記 して 感 情 を 込 めてすらすら 読 むことができる の5 段 階 に 分 けた また 日 付 や 採 点 者 の 覧 を 設 け いつ 誰 と 音 読 を 行 ったかも 記 録 できるようにした 5ポイントが 累 積 すると 裏 の 日 本 地 図 の 都 道 府 県 を 一 つずつ 順 番 に 塗 っていくようルールを 決 めた リーディングカードを 用 いたことによって 意 欲 喚 起 だけでなく 生 徒 一 人 ひとりの 英 語 の 発 話 量 を 増 やす 点 でも 有 効 であったと 感 じている 単 元 を 通 しても 全 体 的 に 教 科 書 の 音 読 に 積 極 的 に 取 り 組 む 生 徒 が 多 かった 英 語 の 学 習 を 苦 手 とする 生 徒 もこの 活 動 には 比 較 的 取 り 組 みやすいようである 周 囲 が 同 じ 文 章 を 読 み 助 言 し 合 う 雰 囲 気 にも 影 響 され 大 きな 声 で 教 科 書 を 音 読 暗 唱 する 様 子 が 見 られた 英 語 を 大 きな 声 で 話 すことに 躊 躇 しない 態 度 も 少 しずつ 定 着 してきたように 感 じられた また リーディングカードをお 互 いに 見 せ 合 いながら その 回 数 を 競 う 場 面 も 見 られ さらに 暗 唱 に 挑 戦 して 高 得 点 を 目 指 す 生 徒 もいた 3 小 グループ( 班 ) 活 動 の 場 面 音 読 の 場 面 ではペアでのリーディングを 取 り 入 れた 音 読 をチェックすることや 読 み 方 を 教 えるこ となどの 自 分 にできる 役 割 をしっかり 果 たすよう 指 示 した また 生 活 班 での 活 動 を 設 定 した 紹 介 文 に 説 明 文 を 加 えてよりよく 伝 わるようにする 活 動 では 辞 書 を 使 って 語 句 を 調 べる 人 紹 介 文 の 日 本 文 を 考 える 人 英 文 を 書 く 人 などの 役 割 分 担 も 行 われる よう 指 示 した 全 体 では 消 極 的 になる 生 徒 もグループの 中 では 活 動 することができた 英 語 を 苦 手 と

9 する 生 徒 も 説 明 文 を 整 理 し 貼 り 出 す 作 業 を 手 伝 っている 様 子 が 見 られた 班 によっては すべての 班 員 が 発 言 をしたり 説 明 文 を 考 え 書 き 出 したりしていた (2) 考 察 1 成 果 振 り 返 り 項 目 の ALTに 日 本 の 伝 統 的 な 物 を 紹 介 するという 学 習 に 意 欲 的 に 取 り 組 めました か で 肯 定 的 評 価 が93%(28 人 /32 人 ) 課 題 設 定 を 工 夫 したり ALTを 活 用 したりすることがその 後 の 活 動 への 意 欲 付 けに 効 果 的 であったと 考 えられる ALTに 日 本 の 伝 統 的 な 物 がどういう 物 であるかを 伝 えるためには 英 語 を 使 って 丁 寧 に 説 明 する 必 要 がある そのことを 生 徒 に 実 体 験 を 通 して 感 じてもらうこ とができた 振 り 返 り 項 目 の 教 科 書 の 音 読 で 自 分 の 力 で 読 むことができた という 達 成 感 を 感 じること ができましたか で 肯 定 的 評 価 が 全 体 の 割 合 に 比 べて 英 語 を 苦 手 とする 生 徒 ( 教 師 の 見 取 ) の 中 での 割 合 が 高 い 英 語 を 苦 手 とする 生 徒 も 級 友 に 読 み 方 を 教 えてもらいながら 教 科 書 の 音 読 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいた また 生 徒 の 音 読 をほめることで 生 徒 のやる 気 が 高 まった 英 語 を 苦 手 とす る 生 徒 にとって 音 読 は 比 較 的 取 り 組 みやすい 学 習 であることがわかる 授 業 の 振 り 返 りに 英 語 で 伝 えることが 楽 しかった もっと 英 語 の 文 をたくさん 書 けるよう になりたい など 前 向 きなコメントが 多 くあった 今 回 の 紹 介 文 を 書 く 活 動 がこれからの 学 習 の 意 欲 付 けにも 効 果 的 であったことがわかる まとまった 英 文 を 班 で 書 くことができた 8 班 中 7つが4 文 以 上 の 英 文 を 書 くことができた 英 語 を 苦 手 とする 生 徒 にとって 一 人 で はできないことも 班 の 仲 と 協 力 することで 課 題 を 達 成 できることを 感 じてもらうことが できたと 考 える そろばん の 紹 介 文 百 人 一 首 の 紹 介 文

10 付 け 加 えた 説 明 文 付 け 加 えた 紹 介 文 It is a rectangle in shape. It is like an oval small ball in shape. Arectangle in oval. It is as big as a pen case. It has many lines with 5 balls. It is a square card. It is made from thick paper. We put the cards on the floor. We play the game in two teams. They are player and reader. 2 課 題 振 り 返 り 項 目 の ペアやグループでの 活 動 をすることで 自 分 の 力 を 伸 ばし より 良 い 発 表 をす ることに 役 立 ちましたか で 肯 定 的 評 価 が59%(19 人 /32 人 ) 今 回 の 授 業 で 英 語 を 苦 手 とする 生 徒 も 何 らかの 作 業 を 手 伝 っている 様 子 が 見 られた しかし 班 によっては 一 部 の 人 に 作 業 が 集 中 したり 英 語 が 得 意 な 生 徒 でも 途 中 で 活 動 が 止 まってしま ったりする 様 子 が 見 られた 班 によって 課 題 が 難 しくなったことが 原 因 だと 考 える 授 業 の 振 り 返 りに 難 しかった が 足 りなかった などのコメントがあった ALTの 絵 が 実 物 とかけ 離 れていたことや 生 徒 があらかじめ 書 いた 中 から 選 んだ 紹 介 文 の 表 現 が 著 しく 乏 しかったことなどから 紹 介 文 に 説 明 文 を 付 け 加 えることが 困 難 になった と 考 える 元 となる 紹 介 文 の 選 択 やALTが 描 く 絵 について 事 前 に 吟 味 するべきであった 振 り 返 り 項 目 の 教 科 書 の 音 読 を 通 して 自 分 の 力 で 読 むことができた という 達 成 感 を 感 じ ることができましたか で 肯 定 的 評 価 が63%(20 人 /32 人 ) 音 読 させるだけの 活 動 では 目 的 を 達 成 することはできない 教 師 のより 的 確 な 支 援 や 級 友 や 日 本 人 の 教 師 だけでなくALTに 音 読 を 評 価 してもらうなどの 工 夫 が 必 要 である また 自 己 評 価 カード( 日 本 地 図 )についても 累 計 点 に 応 じて 都 道 府 県 を 丁 寧 に 塗 りつぶしていく 様 子 が 見 られるが その 一 方 で 地 図 を 塗 りつぶすことに 抵 抗 を 感 じる 生 徒 もいる 今 後 はマンネ リ 化 しないよう 音 読 の 記 録 カードについても 工 夫 を 加 えようと 考 える

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を

(3) 指 導 観 文 法 事 項 の 導 入 段 階 では, 実 物,ピクチャーカード,ジェスチャーなどを 使 用 し, 生 徒 の 視 覚 に 訴 えながら 興 味 関 心 を 引 き 付 ける 工 夫 をしていきたい 文 法 事 項 の 導 入 後 にペアによるコミュニケーション 活 動 を 第 1 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 Unit 8 ナンシーに 会 いに (New Horizon English Course Ⅰ) 平 成 24 年 11 月 22 日 ( 木 )5 校 時 指 導 学 級 1 年 5 組 指 導 者 JTE 小 松 加 代 子 ALT Willem De Jager 場 所 1 年 5 組 教 室 2 単 元 の 目 標 自 分 の

More information

Taro-指導案(修正版)

Taro-指導案(修正版) 小 学 校 第 3 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 育 センター 所 員 吉 田 奈 美 1 単 元 名 調 べたことをほうこくする 文 章 を 書 こう 2 参 考 教 材 名 気 になる 記 号 ( 光 村 図 書 3 年 上 ) 調 べたことを 整 理 して 書 こう ( 東 京 書 籍 3 年 下 )

More information

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案

山鹿市立山鹿中学校 第2学年 英語科 学習指導案 中 学 校 第 2 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 期 日 平 成 24 年 10 月 26 日 ( 金 ) 第 5 校 時 場 所 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 2 年 1 組 教 室 指 導 者 教 諭 田 﨑 英 明 ALT Huy Tran 1 単 元 名 Program 6 A Work Experience Program (SUNSHINE ENGLISH COURSE

More information

8 月 に 実 施 した 意 識 調 査 によると 英 語 学 習 に 対 して あまり 好 きではない または 好 きではない と 回 答 した 生 徒 が 全 体 の 約 66%であった その 理 由 としては 単 語 が 覚 えられないから 構 文 や 文 法 事 項 がたくさんあり 難 しい

8 月 に 実 施 した 意 識 調 査 によると 英 語 学 習 に 対 して あまり 好 きではない または 好 きではない と 回 答 した 生 徒 が 全 体 の 約 66%であった その 理 由 としては 単 語 が 覚 えられないから 構 文 や 文 法 事 項 がたくさんあり 難 しい 高 等 学 校 第 2 学 年 外 国 語 科 ( 英 語 ) 学 習 指 導 案 期 日 平 成 24 年 11 月 9 日 ( 金 ) 第 5 校 時 場 所 県 立 鹿 本 高 等 学 校 2 年 7 組 教 室 指 導 者 教 諭 内 田 貴 久 美 ALT Rochelle Odon 1 単 元 名 Lesson7 A Book That Changed Our Thinking (MAINSTREAM

More information

のままリピートする 日 本 語 の 意 味 を 聞 いて 英 語 を 言 う 英 語 を 言 ってもらい 日 本 語 の 意 味 を 言 う といった 活 動 を 自 分 で 選 択 してから 行 う 3 人 組 で 取 り 組 むことで 一 人 は 友 達 のペア 活 動 を 聞 く 機 会 を

のままリピートする 日 本 語 の 意 味 を 聞 いて 英 語 を 言 う 英 語 を 言 ってもらい 日 本 語 の 意 味 を 言 う といった 活 動 を 自 分 で 選 択 してから 行 う 3 人 組 で 取 り 組 むことで 一 人 は 友 達 のペア 活 動 を 聞 く 機 会 を 群 教 セ G09-02 平 26.254 集 英 語 - 中 聞 いたり 読 んだりして 得 た 情 報 に 対 して 質 問 や 応 答 ができる 生 徒 の 育 成 複 数 の 技 能 を 結 び 付 けた 指 導 を 通 して 特 別 研 修 員 福 田 守 宏 Ⅰ 研 究 テーマ 設 定 の 理 由 現 行 の 中 学 校 学 習 指 導 要 領 外 国 語 の 改 訂 の 趣 旨 に 聞

More information

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年)

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年) 英 語 第 2 学 年 熊 野 町 立 熊 野 東 中 学 校 単 元 名 大 使 になって 熊 野 町 を PR しよう! 指 導 者 安 村 由 美 子 篠 原 真 由 美 Jovine nikkol Antonio 本 単 元 で 育 成 する 資 質 能 力 先 を 見 通 す 力,,チャレンジ 精 神, 粘 り 強 さ, 単 元 について 本 単 元 は, 熊 野 町 の 研 究 テーマ

More information

英語科学習指導案

英語科学習指導案 英 語 科 学 習 指 導 案 綾 部 市 立 綾 部 中 学 校 指 導 者 高 橋 友 紀 1 対 象 第 1 学 年 1 組 31 名 2 日 時 平 成 27 年 11 月 12 日 ( 木 ) 第 5 校 時 3 場 所 第 1 学 年 1 組 教 室 4 単 元 Unit 7 サンフランシスコの 学 校 ( New Horizon English Course 1 ) 5 単 元 について

More information

Microsoft Word - 09-  研究計画 シラバス 英語科

Microsoft Word - 09-  研究計画  シラバス 英語科 英 語 科 研 究 計 画 平 成 25 年 度 研 究 主 題 基 礎 基 本 の 定 着 と 習 習 慣 を 身 に 付 けさせるための 指 導 法 の 工 夫 (1) 研 究 テーマ 基 礎 基 本 を 身 につけ, 言 語 活 動 を 通 して 表 現 力 を 高 める 指 導 法 の 工 夫 (2) 研 究 テーマ 設 定 の 理 由 生 徒 に 基 礎 基 本 を 確 実 に 身 につけさせたいと

More information

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 27 年 度 英 語 科 第 1 学 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学

More information

12月サポートたより

12月サポートたより 平 成 27 年 度 新 潟 県 学 向 上 サポートたより No.4( 通 算 第 29 号 ) H27 第 2 回 を 配 信 しました 12 月 1 日 ( 火 ) に, 今 年 度 第 2 回 の を 配 信 し ま し た す で に 御 案 内 の よ う に, 今 年 度 か ら 新 潟 県 小 学 校 教 育 研 究 会, 新 潟 県 中 学 校 教 育 研 究 会 と の 連 携

More information

の 教 科 書 と 全 く 同 じ 対 話 文 を 導 入 することで 中 学 の 学 習 につなげていくねらいである したがって モデル 文 の 提 示 を 文 字 を 使 って 行 う 文 字 を 読 みとりながら 発 音 練 習 をする などの 活 動 を 設 定 し 5 年 生 までで 口

の 教 科 書 と 全 く 同 じ 対 話 文 を 導 入 することで 中 学 の 学 習 につなげていくねらいである したがって モデル 文 の 提 示 を 文 字 を 使 って 行 う 文 字 を 読 みとりながら 発 音 練 習 をする などの 活 動 を 設 定 し 5 年 生 までで 口 第 6 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 指 導 者 ( 所 属 ) ( 指 導 担 当 教 員 ) 1. 日 時 平 成 20 年 11 月 1 日 木 曜 第 5 校 時 (13:45~14:30) 2. 学 年 組 第 6 学 年 1 組 計 33 名 3. 場 所 第 6 学 年 1 組 教 室 4. 単 元 名 これは ですか と 聞 いたり 答 えたりしよう 5. 単 元 の 目

More information

コ1 344 Revised COMET English Communication 1

コ1 344 Revised COMET English Communication 1 10-1 編 修 趣 意 書 ( 教 育 基 本 法 との 対 照 表 ) 受 理 番 号 学 校 教 科 種 目 学 年 26-144 高 等 学 校 外 国 語 発 行 者 の 番 号 略 称 教 科 書 の 記 号 番 号 コミュニケー ション 英 語 Ⅰ 教 科 書 名 104 数 研 コⅠ 344 Revised COMET English Communication I 1. 編 修 の

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

2年C組英語科学習指導案

2年C組英語科学習指導案 第 2 学 年 英 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 Lesson 職 業 体 験 Career Experience 学 習 指 導 要 領 との 関 連 2 内 容 (1) 言 語 活 動 ア 聞 くことの(イ) 自 然 な 口 調 で 話 されたり 読 まれたりする 英 語 を 聞 いて 情 報 を 正 確 に 聞 き 取 ること 及 びエ 書 くこと(イ) 語 と 語 のつながりなど

More information

<4D F736F F D D CA4817A32325F8CA788CF91F58E968BC65F95DB8C9291CC88E7816A2E646F63>

<4D F736F F D D CA4817A32325F8CA788CF91F58E968BC65F95DB8C9291CC88E7816A2E646F63> 研 究 主 題 平 成 22 年 度 香 川 県 教 育 委 員 会 研 究 団 体 等 研 究 委 託 事 業 香 川 県 中 学 校 教 育 研 究 会 保 健 体 育 部 会 運 動 に 親 しみ, 言 語 活 動 を 通 した 論 理 的 思 考 力 を 育 むための 指 導 事 例 1 研 究 主 題 について 平 成 20 年 1 月 にまとめられた 中 央 教 育 審 議 会 答 申

More information

第5章:書く(概要)

第5章:書く(概要) (1) 目 的 では まとまった 文 ( )を 力 を 測 ります 力 は 教 科 学 習 言 語 能 力 の 大 きな 部 分 を 占 めるもので 考 える 力 と 文 字 にする 力 の 両 方 が 必 です 文 字 文 法 の 習 得 はもちろん 基 礎 作 文 力 の 大 切 な 素 ですが 文 字 化 する 前 の 考 える 力 にも 焦 点 をあてます では きたいことがあっても 文 字

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63> 1 2 教 求 育 め 指 ら 導 れ に て お い い る て こ と 生 き る 力 の 育 成 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 基 礎 基 本 の 確 実 な 定 着 道 徳 教 育 の 充 実 キャリア 教 育 の 充 実 規 範 意 識 の 醸 成 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 学 学 開 求 校 校 か め の づ れ ら 在 く た れ り

More information

問題解決能力等の調査(小学校)

問題解決能力等の調査(小学校) 平 成 24 年 度 授 業 改 善 推 進 プラン 国 語 板 橋 区 立 若 木 小 学 校 相 手 を 意 識 して 伝 え 合 う ことを 大 切 にする 意 識 が 高 まってきた 文 章 を 読 み 取 る 力 文 章 を 書 く 力 を 向 上 させたい 自 分 の 考 えを 分 かりやすく 伝 えようとする 意 欲 が 高 まったが 友 達 の 考 えを 聞 いて 深 める 態 度

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

Microsoft Word - 実践記録

Microsoft Word - 実践記録 平 成 26 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 グループ ディスカッションによる 思 考 の 深 化 を 目 指 して ~ 小 説 羅 生 門 の 指 導 から~ 新 潟 県 立 柏 崎 工 業 高 等 学 校 授 業 者 教 諭 阪 本 寛 子 1 日 時 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 第 5 校 時 13:45~14:40 2

More information

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 7 年 度 英 語 科 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学 年 各 分 野

More information

(3) 指 導 観 身 の 回 りの 人 物 や 物 をより 具 体 的 に 説 明 するために ひと 手 間 付 け 加 えた 表 現 を 作 れるように なることを 第 一 目 標 におく ゲーム 性 を 持 たせて 楽 しく 考 えさせることで 自 然 に 後 置 修 飾 に 慣 れるようにす

(3) 指 導 観 身 の 回 りの 人 物 や 物 をより 具 体 的 に 説 明 するために ひと 手 間 付 け 加 えた 表 現 を 作 れるように なることを 第 一 目 標 におく ゲーム 性 を 持 たせて 楽 しく 考 えさせることで 自 然 に 後 置 修 飾 に 慣 れるようにす 第 3 学 年 2 組 英 語 科 学 習 指 導 案 平 成 22 年 10 月 2 9 日 ( 金 ) 第 4 校 時 授 業 者 教 諭 (T1) 佐 野 芳 美 LT(T2)Joanna Maclean 生 徒 数 37 名 1 単 元 名 Program6 Okinawan Music( 開 隆 堂 SUNSHINE ENGLISH OURSE 3 ) 2 単 元 について (1) 題 材

More information

Taro-第1学年 数学科学習指導案.

Taro-第1学年 数学科学習指導案. 第 1 学 年 1 単 元 名 資 料 の 散 らばりと 代 表 値 数 学 科 学 習 指 導 案 平 成 24 年 9 月 25 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 諭 佐 々 木 一 夫 場 所 コンピュータ 室 2 単 元 の 目 標 資 料 を 目 的 に 応 じて 収 集 し,それを 表 やグラフに 整 理 し, 資 料 の 散 らばりや 代 表 値 に 着 目 して 資 料 の

More information

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ 平 成 27 年 度 校 内 研 究 Ⅰ 研 究 主 題 Ⅱ 研 究 の 概 要 国 語 科 における 読 解 力 を 高 める 複 式 指 導 のあり 方 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 (1) 本 校 のこれまでの 研 究 の 取 組 から こだわりの 視 点 まとめる 力 の 育 成 ポストテスト100%の 達 成 平 成 26 年 度 は 教 科 等 ( 外 国 語, 道 徳 )における,

More information

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464>

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464> 小 学 校 第 3 学 年 算 数 学 習 指 導 案 1 単 元 名 見 やすく 整 理 しよう ( 東 京 書 籍 ) 期 日 平 成 22 年 12 月 8 日 ( 水 ) 公 開 授 業 Ⅱ 場 所 大 村 市 立 大 村 小 学 校 3 年 1 組 教 室 指 導 者 教 諭 春 田 潔 2 単 元 について (1) 児 童 はこれまでも, 簡 単 な 事 柄 を 分 類 整 理 したり

More information

アドバイザー派遣事業実施レポート(改訂)

アドバイザー派遣事業実施レポート(改訂) アドバイザー 派 遣 事 業 実 施 レポート 研 究 団 体 : 鳥 取 県 東 部 中 学 校 英 語 研 究 会 実 施 期 日 : 平 成 27 年 7 月 7 日 及 び 平 成 27 年 11 月 13 日 実 施 場 所 : 八 頭 中 学 校 (7 月 ) 国 府 中 学 校 (11 月 ) アドバイザーの 所 属 氏 名 : 立 命 館 大 学 山 岡 憲 史 教 授 指 導 案

More information

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤)

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤) 第 6 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 新 しい 日 本, 平 和 な 日 本 へ ( 東 京 書 籍 ) 2 単 元 について 本 単 元 は, 学 習 指 導 要 領 内 容 (1)ケ 日 華 事 変, 我 が 国 にかかわる 第 二 次 世 界 大 戦, 日 本 国 憲 法 制 定,オリンピック 開 催 などについて 調 べ, 戦 後 我 が 国 は 民 主 的 な 国

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8D918CEA89C881698E528DAA82DD82B382AB816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8D918CEA89C881698E528DAA82DD82B382AB816A2E646F6378> のcanと のwhenを 1 授 業 者 廿 日 市 市 立 大 野 東 中 校 2 日 学 時 年 平 第 成 1 学 28 年 31 組 月 14 ( 日 ( 木 ) 教 諭 山 崎 学 肖 外 男 国 子 15 語 名 科, 女 学 子 習 18 指 名, 導 計 案 34 場 所 名 廿 日 市 市 立 大 野 東 中 学 校 1 学 3 組 教 室 33 名 ) 5 単 元 観 について

More information

2 次 は 自 分 の 製 作 計 画 に 従 って 製 作 を 進 める 縫 い 方 はミシン 縫 いを 基 本 と 必 要 に 応 じて 手 縫 いでもよいこととする 上 糸 や 下 糸 のかけ 方 や 返 縫 いの 仕 方 等 の 既 習 事 項 を 想 起 できるよ 掲 示 資 料 を 用

2 次 は 自 分 の 製 作 計 画 に 従 って 製 作 を 進 める 縫 い 方 はミシン 縫 いを 基 本 と 必 要 に 応 じて 手 縫 いでもよいこととする 上 糸 や 下 糸 のかけ 方 や 返 縫 いの 仕 方 等 の 既 習 事 項 を 想 起 できるよ 掲 示 資 料 を 用 第 6 学 年 2 組 家 庭 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 11 月 7 日 ( 金 ) 場 所 日 進 小 学 校 授 業 者 並 木 里 未 1 題 材 名 生 活 を 楽 よソーイング イウ 2 題 材 について (1) 児 童 観 ( 省 略 ンケー 結 果 のみ 掲 載 ) 家 庭 科 は 好 きですか 16% 裁 縫 は 好 きですか 宿 題 以 外 で 製 作 またか

More information

1 研 究 主 題 今 後 の 国 際 社 会 を 生 きる 児 童 生 徒 のための 英 語 教 育 の 在 り 方 ~ 英 語 を 生 活 化 させ 豊 かに 伝 え 合 う 児 童 の 育 成 ~ 2 授 業 観 察 の 視 点 留 学 生 が 遊 びを 紹 介 するために 使 用 した 英

1 研 究 主 題 今 後 の 国 際 社 会 を 生 きる 児 童 生 徒 のための 英 語 教 育 の 在 り 方 ~ 英 語 を 生 活 化 させ 豊 かに 伝 え 合 う 児 童 の 育 成 ~ 2 授 業 観 察 の 視 点 留 学 生 が 遊 びを 紹 介 するために 使 用 した 英 高 学 年 部 会 学 習 指 導 案 第 5 学 年 英 語 科 留 学 生 に 日 本 の 遊 び を 紹 介 し よ う Hello. My name is Taro. I ll introduce DARUMASANGA KORONDA. It s a kind of playing tag. We need more than five members. It s fun and exciting.

More information

ン 群 教 セ F12-01 平 25.251 集 小 外 国 語 積 極 的 にコミュニケーション 活 動 を 行 う 小 学 校 英 語 科 指 導 の 工 夫 ICTの 主 体 的 個 別 活 用 を 通 して 特 別 研 修 員 木 暮 理 人 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 本 校 は 伊 勢 崎 市 の 指 定 により 小 学 校 英 語 科 の 指 導 に 取 り 組 んでいる 児 童 は

More information

1年 program10 2/7

1年 program10 2/7 1 学 年 2 組 英 語 科 学 習 指 導 案 日 平 成 27 年 1 月 20 日 ( 火 ) 5 校 在 籍 数 男 子 18 名 女 子 22 名 計 40 名 場 所 総 合 室 1 指 導 者 教 諭 吉 田 由 紀 恵 指 導 補 助 員 飯 川 由 梨 1 単 元 名 Program 10 Mike's Visit to Washington, D.C. (SUNSHINE ENGLISH

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である 自 閉 症 情 緒 障 害 特 別 支 援 学 級 国 語 科 学 習 指 導 案 指 導 者 1. 単 元 名 国 語 科 体 験 したことを 先 生 に 話 そう 2. 指 導 観 本 学 級 の 生 徒 は 中 学 3 年 生 1 名 である 自 閉 的 傾 向 があり 特 定 の 乗 り 物 に 対 するこだわりがあ る また 級 友 が 話 した 冗 談 の 意 味 を 言 葉 どおりに

More information

Taro-22jyohou2.jtd

Taro-22jyohou2.jtd 生 徒 の 工 夫 が 発 揮 される 表 計 算 ソフトの 教 材 づくり ~ 個 々の 対 応 を 目 指 す 自 作 テキスト~ 千 葉 県 立 〇 〇 〇 高 等 学 校 〇 〇 〇 〇 ( 情 報 ) 研 究 の 概 要 この 研 究 は, 生 徒 個 々の 工 夫 や 個 性 を 発 揮 できる 要 素 を 取 り 入 れ, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 を 育 成 させる 教 材

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63> 123 指 導 者 松 島 恵 子 4 日 学 単 元 について 時 年 名 平 第 面 成 4 積 22 学 年 年 男 10 子 12 月 20 名 日 ( 女 水 子 4 ) 名 第 計 21 校 時 名 算 数 科 学 習 指 導 案 角 味 これまで を 本 理 単 解 元 は, し, 量 学 正 と 習 方 測 指 形 定 導 及 の 要 び 長 領 の 方 域 内 形 では, 容 の

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上 説 明 的 な 章 批 判 的 に 読 む 児 童 育 てる 高 学 年 国 語 科 学 習 指 導 - 焦 点 化 した 課 題 追 究 する 評 価 読 み 通 して- 教 育 指 導 部 教 科 教 育 班 長 期 派 遣 研 修 員 ( 吉 富 町 立 吉 富 小 学 校 教 諭 坂 山 利 1 研 究 主 題 について 説 明 (1 主 題 意 味 ア 主 題 について 説 明 的 な 章

More information

転 職 希 望 者 で 企 業 の 中 途 採 用 面 接 を 受 けたことがある 方 に 何 社 くらいの 面 接 を 受 けたことがありますか と 伺 ったところ 5 社 以 上 という 回 答 が51%にのぼり 複 数 社 の 面 接 を 経 験 していることが 分 かりまし た 具 体 的

転 職 希 望 者 で 企 業 の 中 途 採 用 面 接 を 受 けたことがある 方 に 何 社 くらいの 面 接 を 受 けたことがありますか と 伺 ったところ 5 社 以 上 という 回 答 が51%にのぼり 複 数 社 の 面 接 を 経 験 していることが 分 かりまし た 具 体 的 転 職 希 望 者 に 聞 いた 面 接 でうまく 回 答 できなかった 質 問 トップ3 退 職 理 由 何 か 質 問 はありますか? 志 望 理 由 エン 転 職 ユーザーアンケート 集 計 結 果 人 材 採 用 入 社 後 活 躍 のエン ジャパン 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 : 鈴 孝 )が 運 営 する 日 本 最 大 級 の 総 合

More information

徳島県鳴門市林崎小学校 学習指導案

徳島県鳴門市林崎小学校 学習指導案 外 国 語 活 動 指 導 案 鳴 門 市 林 崎 小 学 校 教 諭 中 妻 佳 代 1 日 時 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 月 )~6 月 29 日 ( 金 ) 2 学 級 第 6 学 年 2 組 (37 名 ) 3 学 級 観 児 童 は, 今 年 度 8 時 間 の 外 国 語 活 動 を 経 験 し,5 月 実 施 の 外 国 語 活 動 の 授 業 等 に 関 するアン ケート

More information

Microsoft Word - 第6学年外国語活動指導案 公開

Microsoft Word - 第6学年外国語活動指導案 公開 第 6 学 年 外 国 語 活 動 指 導 案 場 所 すずかけホール 児 童 6 年 2 組 35 名 ( 男 子 17 名 女 子 18 名 ) 指 導 者 T1 福 井 千 佳 子 T2 田 淵 由 紀 1 単 元 名 Let s go to Italy. 友 だちを 旅 行 に 誘 おう (Hi, friends! 2 Lesson5) 2 単 元 について (1) 教 材 について 世 界

More information

1. もう 少 し 大 きな 声 で(ゆっくり) 読 んで 下 さい Could you speak more loudly/ slowly, please? 2. これでいいですか Is this all right? 3. ( 出 席 の 返 事 )はい Here! 4. (プリントなど) 足

1. もう 少 し 大 きな 声 で(ゆっくり) 読 んで 下 さい Could you speak more loudly/ slowly, please? 2. これでいいですか Is this all right? 3. ( 出 席 の 返 事 )はい Here! 4. (プリントなど) 足 はじめに: My Learning Mateの 使 い 方 あなたにとって 英 語 学 習 の 目 的 は 何 ですか 定 期 試 験 で 良 い 成 績 を 取 ることでしょうか それとも 将 来 の 仕 事 のため 海 外 旅 行 がしたいなど さまざま 理 由 があると 思 います My Learning Mateは 自 分 自 身 の 目 的 に 適 した 英 語 学 習 の 方 法 を 確

More information

Microsoft Word - 報告書 36 田邊.docx

Microsoft Word - 報告書 36 田邊.docx 群 教 セ G09-02 平 27.257 集 英 語 - 中 自 分 の 考 えや 気 持 ちをまとまりのある 英 文 で 表 現 できる 生 徒 の 育 成 伝 えたい! と 思 える 表 現 活 動 を 通 して 特 別 研 修 員 田 邊 陽 子 Ⅰ 研 究 テーマ 設 定 の 理 由 はばたく 群 馬 の 指 導 プラン の 中 で 示 されている 外 国 語 の 課 題 として 動 詞

More information

Microsoft Word - 2 小学校英語活動スピーキング0903171025

Microsoft Word - 2 小学校英語活動スピーキング0903171025 2 スピーキングに 関 する 調 査 研 究 (1) スピーキング 調 査 実 施 に 当 たって スピーキング 調 査 (スピーキング クイズ) は, 英 語 で 発 せられた 質 に 対 し, 児 童 がど の 程 度 適 切 に 返 答 できるかを 把 握 するために 行 われたものである 英 語 活 動 を 実 践 する 中 で, 児 童 が 副 次 的 に 身 に 付 けていく 英 語 スピーキング

More information

社会科学習指導略案

社会科学習指導略案 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 )5 校 時 学 級 : 男 子 9 名 女 子 18 名 計 27 名 指 導 者 : 千 葉 邦 彦 1 単 元 名 第 3 章 わたしたちの 暮 らしと 民 主 政 治 第 2 節 司 法 権 の 独 立 と 裁 判 ( 教 育 出 版 P92~101) 2 単

More information

2 学 習 評 価, 工 夫 改 善 のポイント (1) 評 価 を 行 う 際 の 留 意 点 道 徳 教 育 における 評 価 が, 教 師 が 生 徒 の 人 間 的 な 成 長 を 見 守 り, 生 徒 自 身 が 自 己 のよりよい 生 き 方 を 求 めていく 努 力 を 評 価 し,そ

2 学 習 評 価, 工 夫 改 善 のポイント (1) 評 価 を 行 う 際 の 留 意 点 道 徳 教 育 における 評 価 が, 教 師 が 生 徒 の 人 間 的 な 成 長 を 見 守 り, 生 徒 自 身 が 自 己 のよりよい 生 き 方 を 求 めていく 努 力 を 評 価 し,そ 道 徳 1 学 習 指 導 充 実 のポイント 道 徳 の 時 間 の 特 質 を 生 かした 指 導 の 工 夫 学 校 の 教 育 活 動 全 体 を 通 じて 行 う 道 徳 教 育 は, 道 徳 的 行 為 が 生 徒 自 身 の 内 面 から 自 発 的, 自 律 的 に 生 起 するように 道 徳 性 を 育 成 することが 目 標 となる その 要 としての 道 徳 の 時 間 では,

More information

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」 第 6 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 表 現 を 味 わい, 豊 かに 想 像 しよう( 教 材 やまなし イーハトーヴの 夢 ) 2 目 標 場 面 の 情 景 や 独 特 の 表 現 に 興 味 をもち, 想 像 豊 かに 読 もうとしたり, 宮 沢 賢 治 の 作 品 や 生 き 方 を 知 ろうと したりす ( 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ) 情 景 を

More information

13福田.indd

13福田.indd 東 京 外 国 語 大 学 留 学 生 日 本 語 教 育 センター 論 集 37:171~181,2011 上 級 2(700 レベル) 口 頭 表 現 授 業 報 告 福 田 惠 子 キーワード 論 理 的 思 考 力 スピーチ 討 論 ディベート 1.はじめに 本 稿 は 現 在 筆 者 が 担 当 している 上 級 2(700 レベル) 口 頭 表 現 の 活 動 内 容 をま とめたものである

More information

第1学年1組美術科学習指導案

第1学年1組美術科学習指導案 平 成 22 年 度 授 業 力 向 上 研 修 ( 小 中 ) 実 践 のまとめ(1 年 美 術 ) 平 成 22 年 11 月 17 日 ( 水 ) 指 導 者 三 条 市 立 第 三 中 学 校 教 諭 高 橋 淳 一 1 題 材 不 思 議 な 視 覚 の 世 界 動 き 出 す 絵 (ゾートロープ) 2 題 材 の 目 標 (1) 手 作 りのアニメーションに 関 心 をもち 意 欲 的

More information

21消費者研究会事例4-1

21消費者研究会事例4-1 高 等 学 校 における 実 践 消 費 者 教 育 クレジットカードを 利 用 して 一 人 暮 らしための 家 財 道 具 購 入 をシュミレーションしよう Ⅰ 実 践 の 目 指 しているもの 卒 業 後 の 生 活 を 考 えると 進 学 や 就 職 により 親 元 を 離 れて 一 人 暮 らしを 始 める 生 徒 が 増 加 する 可 能 性 が 高 いの が 高 等 学 校 の 特 徴

More information

< F2D F18D908F B497A28FAC >

< F2D F18D908F B497A28FAC > 外 国 語 実 践 小 学 校 6 年 修 学 旅 行 を 紹 介 しよう 積 極 的 にコミュニケーションを 図 るための 指 導 の 工 夫 前 橋 市 立 清 里 小 学 校 島 田 修 孝 Ⅰ 実 践 のポイント 積 極 的 にコミュニケーションを 図 らせるた めに 1 英 語 ノートを 基 に 児 童 が 他 教 科 等 で 学 習 したことや 経 験 を 生 かした 2 学 習 の 手

More information

毎 日 決 めた 時 間 に 自 分 から 行 おう 規 則 正 しい 生 活 リズムから 家 庭 学 習 時 間 を 確 保 しましょう 毎 日 必 ず 学 習 しましょう 目 標 時 間 1 年 生 1 時 間 30 分 以 上 2 年 生 2 時 間 以 上 3 年 生 2 時 間 30 分

毎 日 決 めた 時 間 に 自 分 から 行 おう 規 則 正 しい 生 活 リズムから 家 庭 学 習 時 間 を 確 保 しましょう 毎 日 必 ず 学 習 しましょう 目 標 時 間 1 年 生 1 時 間 30 分 以 上 2 年 生 2 時 間 以 上 3 年 生 2 時 間 30 分 家 庭 学 習 の 手 引 き 確 かな 学 力 を 身 に 付 けるために 充 実 した 家 庭 学 習 をするために 家 庭 学 習 の 意 義 家 庭 学 習 を 通 して 自 分 にあった 学 習 方 法 を 見 つけていくことが 何 よりも 大 切 なことです そのためには,まず 授 業 の 進 度 に 合 わせて,しっかりと 予 習 復 習 をする 習 慣 を 身 に 付 けていくことが

More information

7 教 材 教 具 リズムボックス フラッシュカード 絵 カード 数 字 カード(one,two,three,four,five,six,seven,eight,nine,ten) 8 時 間 配 当 ( は 本 時 ) 時 数 内 容 1 Short 1~10までの 数 の 言 い 方 を 知 [

7 教 材 教 具 リズムボックス フラッシュカード 絵 カード 数 字 カード(one,two,three,four,five,six,seven,eight,nine,ten) 8 時 間 配 当 ( は 本 時 ) 時 数 内 容 1 Short 1~10までの 数 の 言 い 方 を 知 [ 英 語 活 動 指 導 案 東 広 島 市 立 乃 美 尾 小 学 校 指 導 者 HRT 重 信 有 紀 T T 岡 田 隆 博 1 日 時 平 成 16 年 6 月 25 日 ( 金 ) 5 校 時 13:05~13:30 2 学 年 第 1 学 年 17 名 3 題 材 名 How many? - いくつですか? - 4 題 材 について 本 題 材 は,いろいろな 歌 やゲームを 通 して,

More information

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想 第 3 学 年 5 組 国 語 科 学 習 指 導 案 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 第 5 校 時 戸 田 市 立 笹 目 中 学 校 3 年 5 組 在 籍 生 徒 数 男 子 16 名 女 子 17 名 指 導 者 教 諭 廣 川 隼 志 1 単 元 名 教 材 名 状 況 を 読 む 挨 拶 - 原 爆 の 写 真 によせて 2 単 元 について (1) 指 導 観 まもなく

More information

国 語 算 数 外 国 語 活 動 リズムを 感 じ 取 りながら 発 声 の 仕 方 に 気 をつけて 音 読 や 群 読 を 楽 しく 行 うことができる 漢 字 の 部 首 を 理 解 することが できる 整 数 の 加 法 減 法 乗 法 の 計 算 についての 理 解 を 深 め 確 実

国 語 算 数 外 国 語 活 動 リズムを 感 じ 取 りながら 発 声 の 仕 方 に 気 をつけて 音 読 や 群 読 を 楽 しく 行 うことができる 漢 字 の 部 首 を 理 解 することが できる 整 数 の 加 法 減 法 乗 法 の 計 算 についての 理 解 を 深 め 確 実 第 6 学 年 1 組 モジュール 学 習 指 導 案 ( 国 語 算 数 英 語 ) 日 時 平 成 21 年 10 月 14 日 ( 水 ) 第 2 校 時 9:40~10:25 場 所 6 学 年 1 組 教 室 1 研 究 主 題 基 礎 基 本 の 定 着 を 図 るためのモジュール 授 業 の 研 究 2 目 指 す 学 年 の 児 童 像 親 しみやすい 古 典 の 文 章 を 読 む

More information

Microsoft Word - nenkei.doc

Microsoft Word - nenkei.doc コミュニケーション 英 語 Ⅰ Revised ENGLISH NOW English CommunicationⅠ 習 指 導 計 画 案. 到 達 目 標. 英 語 を 聞 いたり 読 んだりすることにより, 生 徒 にとって 身 近 な 話 題 や 生 徒 の 教 養 を 高 める 分 野 に 関 する 情 報 を 得 たり, 相 手 が 何 を えているのかを 理 解 したりする 力 をつけさせ.

More information

秋田県 能代市 東雲中学校区

秋田県 能代市 東雲中学校区 秋 田 県 能 代 市 東 雲 中 学 校 区 学 校 名 在 籍 者 数 学 級 数 東 雲 中 学 校 251 名 10(1) 向 能 代 小 学 校 401 名 17(4) 朴 瀬 小 学 校 22 名 3( 0 ) 竹 生 小 学 校 28 名 5( 1 ) 学 級 数 の( )は 特 別 支 援 学 級 数 を 内 数 として 記 入 実 態 把 握 課 題 目 標 取 組 点 検 見 直

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 26 年 度 研 究 テーマ 社 会 科 における 協 働 協 調 的 な 学 びの 創 造 社 会 科 事 例 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 教 諭 五 十 嵐 健 指 導 主 事 恒 松 龍 治 自 己 紹 介 学 校 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 生 徒 665 名 職 員 76 名 教 育 目 標 自 分 の 将 来 に 目 標 を 持 ち 自 己 実 現

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

○○科 教科経営案

○○科 教科経営案 第 2 学 年 英 語 科 年 間 指 導 計 画 ( 全 140 時 間 ) Ⅰ.コミュニケーションへの 関 心 意 欲 態 度 Ⅱ. 外 国 語 表 現 の 能 力 Ⅲ. 外 国 語 理 解 の 能 力 Ⅳ. 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 単 元 題 材 小 学 校 外 国 語 活 動 との 関 連 時 間 学 習 目 標 指 導 上 のポイント 学 習 指 導 要 領 との

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

1 テーマ名 

1 テーマ名  第 4 学 年 キャリア 教 育 展 開 計 画 ( 学 年 複 ) 1 テマ 名 1/2 成 人 式 ~みんなで 夢 を 語 り おう~ 千 葉 市 立 打 瀬 小 学 校 指 導 者 平 林 かおる 2 テマについて 大 人 になることや 成 長 について 興 味 はあるが 積 極 的 に 考 えようという 態 度 はあまりみられない 協 力 的 に 活 動 できるが 自 分 で 決 めることが

More information

個王座授業事例集(高英語)

個王座授業事例集(高英語) 高 等 学 校 第 1 学 年 コミュニケーション 英 語 Ⅰ 学 習 指 導 案 日 時 平 成 27 年 10 月 30 日 ( 金 ) 第 2 限 授 業 者 教 育 センター 所 員 相 島 倫 子 1 単 元 名 Lesson 5 Teammates 2 教 材 教 科 書 PROMINENCE Communication English Ⅰ ( 東 京 書 籍 ) 3 教 材 観 黒 人

More information

指 導 案 [ 単 元 案 ] 単 元 の 関 心 意 欲 態 度 外 国 語 表 現 の 能 力 1 間 違 うことを 恐 れずに 積 極 的 に 書 いている 3 受 け 身 の 文 を 使 って 事 実 を 聞 き 手 に 正 しく 伝 える 2 間 違 うことを 恐 れずに 積 極 的 に

指 導 案 [ 単 元 案 ] 単 元 の 関 心 意 欲 態 度 外 国 語 表 現 の 能 力 1 間 違 うことを 恐 れずに 積 極 的 に 書 いている 3 受 け 身 の 文 を 使 って 事 実 を 聞 き 手 に 正 しく 伝 える 2 間 違 うことを 恐 れずに 積 極 的 に 指 導 案 [ 単 元 案 ] 目 標 ( 身 につけ させたい 力 ) 愛 川 東 中 学 校 3 学 年 英 語 科 指 導 計 画 (5 月 1 週 ~ 3 時 間 ) 指 導 者 まとまりのある 英 語 を 聞 いて, 概 要 や 要 点 を 適 切 に 聞 き 取 ること ア-(オ) 必 要 な 情 報 を 相 手 に 正 しく 伝 えること イ-(イ) 学 習 内 容 受 け 身 の 文

More information

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464>

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464> 平 成 25 年 度 永 岩 小 学 校 研 究 テーマについて 1 学 校 の 教 育 目 標 自 学 感 謝 元 気 2 研 究 主 題 1および 研 究 仮 説 2について(3 年 次 ) 1 少 人 数 のよさを 生 かし ことばの 力 の 向 上 を 図 る 指 導 はどうあればよいか 2 国 語 科 における 授 業 の 組 み 立 てを 工 夫 したり 各 種 学 習 タイムを 活 用

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

外国語

外国語 外 国 語 科 英 語 表 現 Ⅰ 1. 習 の 到 達 目 標 習 の 到 達 目 標 単 位 数 2 単 位 科 普 通 科 年 級 1 年 特 別 進 コース 1. 英 語 を 通 じて, 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 を 育 成 す 2. 英 語 を 通 じて, 事 実 や 意 見 などを 多 様 な 観 点 から 察 し, 論 理 の 展 開 や 表 現 の

More information

Microsoft PowerPoint - 発達障がいのある中・高校生への学習支援

Microsoft PowerPoint - 発達障がいのある中・高校生への学習支援 もしあなたが 流 ちょうには 使 えない 言 語 の 国 で 学 校 に 行 くことになったら どんな 支 援 が 必 要 ですか? Ф 〇 @@- @- Ф 〇 〇 Ф@ - 何 となく 話 していることがわかる 周 りの 様 子 を 見 て 何 が 起 きているのかわかる なのに うまく 説 明 できない 理 解 しているのに 読 み 書 きや 計 算 が 苦 手 で 時 間 内 に 答 えることができない

More information

○○科 教科経営案

○○科 教科経営案 第 3 年 英 語 科 年 間 指 導 計 画 ( 全 142 時 間 ) Ⅰ.コミュニケーションへの 関 心 意 欲 態 度 Ⅱ. 外 国 語 表 現 の 能 力 Ⅲ. 外 国 語 理 解 の 能 力 Ⅳ. 言 語 や 文 化 についての 知 識 理 解 単 元 題 材 小 校 外 国 語 活 動 との 関 連 時 間 習 目 標 指 導 上 のポイント 習 指 導 要 領 との 関 連 道 徳

More information

Taro-H20B07RO.jtd

Taro-H20B07RO.jtd 教 育 相 談 自 分 を 見 つめ, 自 分 のよさに 気 付 き, 互 いのよさを 認 め 合 う 態 度 をはぐくむ 指 導 の 工 夫 ー 6 学 年 学 校 と 家 庭 との 連 携 を 図 る 夢 カード を 活 用 した 学 級 活 動 を 通 して ー 多 賀 城 市 立 山 王 小 学 校 及 川 理 恵 概 要 児 童 が 生 活 習 慣 や 家 庭 での 学 習 習 慣 を 身

More information

以 上 のような 視 点 から, 事 例 では, 単 元 において 生 徒 に 付 けさせたい 力 は 何 か,そのために 必 要 な 言 語 材 料 や 練 習 はどんなことか,と 逆 算 的 に 単 元 の 流 れを 構 成 していくことで, 生 徒 が 思 考 判 断 表 現 する 場 面 へ

以 上 のような 視 点 から, 事 例 では, 単 元 において 生 徒 に 付 けさせたい 力 は 何 か,そのために 必 要 な 言 語 材 料 や 練 習 はどんなことか,と 逆 算 的 に 単 元 の 流 れを 構 成 していくことで, 生 徒 が 思 考 判 断 表 現 する 場 面 へ 外 国 語 ( 英 語 ) Ⅰ 言 語 活 動 の 充 実 を 通 して 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 育 むポイント 1 教 科 における 言 語 活 動 学 習 指 導 要 領 外 国 語 科 解 説 では, 言 語 活 動 の 取 扱 い の 中 で,3 年 間 を 通 した 全 体 的 な 配 慮 事 項 として, 次 のように 記 述 してい (ア) 実 際 に 言 語 を

More information

Taro-shakai.jtd

Taro-shakai.jtd 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 21 年 11 月 11 日 5 校 時 場 所 : 第 3 学 年 3 組 教 室 授 業 者 : 教 諭 梅 津 卯 1 単 元 名 わたしたちの 生 活 と 経 済 2 単 元 の 目 標 (1) 経 済 活 動 の 意 義 や 生 産 流 通 消 費 といった 経 済 のおおまかなしくみを, 身

More information

北 垣 球 鶴 永 陽 子 井 上 富 美 子 た 科 学 的 試 験 を 行 うことで 身 体 に 影 響 がないことを 細 かく 確 認 し, 有 害 な 影 響 が 見 られない 量 の 1/100 の 量 を 1 日 摂 取 許 容 量 (ADI:Acceptable Daily Intak

北 垣 球 鶴 永 陽 子 井 上 富 美 子 た 科 学 的 試 験 を 行 うことで 身 体 に 影 響 がないことを 細 かく 確 認 し, 有 害 な 影 響 が 見 られない 量 の 1/100 の 量 を 1 日 摂 取 許 容 量 (ADI:Acceptable Daily Intak 教 育 臨 床 総 合 研 究 14 2015 研 究 食 品 の 選 択 と 安 全 性 への 関 心 を 高 める 学 習 指 導 の 工 夫 P157 166(2015) 食 品 の 選 択 と 安 全 性 への 関 心 を 高 める 学 習 指 導 の 工 夫 食 品 添 加 物 に 注 目 して Invention of the Learning Instruction to Raise

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information

中高の英語指導の実態と 教員の意識 ―「中高の英語指導に関する実態調査2015」 ―

中高の英語指導の実態と 教員の意識  ―「中高の英語指導に関する実態調査2015」 ― 中 高 の 英 語 指 導 の 実 態 と 教 員 の 意 識 中 高 の 英 語 指 導 に 関 する 実 態 調 査 2015 中 高 英 語 教 育 研 究 会 根 岸 雅 史 ( 東 京 外 国 語 大 学 ) 酒 井 英 樹 ( 信 州 大 学 ) 髙 木 亜 希 子 ( 青 山 学 院 大 学 ) 工 藤 洋 路 ( 玉 川 大 学 ) 重 松 靖 ( 国 分 寺 市 立 第 二 中 学

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

s01483_SyllabusFile.xlsm

s01483_SyllabusFile.xlsm 科 目 授 業 名 授 業 代 表 教 員 氏 名 ページ 数 日 本 語 表 現 講 義 布 川 純 子 2 日 本 語 表 現 講 義 布 川 純 子 6 実 践 漢 字 講 座 藤 本 灯 10 実 践 漢 字 講 座 久 保 田 篤 14 実 践 日 本 語 表 現 土 居 奈 生 子 18 実 践 日 本 語 表 現 土 居 奈 生 子 22

More information

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の 大 阪 市 立 菅 南 幼 稚 園 平 成 26 年 度 運 営 に 関 する 計 画 自 己 評 価 ( 総 括 シート) 1 学 校 運 営 の 中 期 目 標 現 状 と 課 題 思 いを 相 手 に 伝 えたい 気 持 ちはあるが うまく 伝 えられなかったり に 応 じた 言 葉 の 使 い 方 がわからなかったりする 子 どもの 実 態 から 様 々な 人 の 話 を 聞 く 力 の 育

More information

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3.

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3. B-SLIMを 活 用 した 授 業 実 践 例 高 等 学 校 外 国 語 科 本 事 例 では 生 徒 が 教 科 書 本 文 で 学 習 する 言 語 材 料 を 生 かしたピクチャーカードを 基 に 物 語 の 構 成 を 考 え 英 語 で 発 表 する 活 動 を 位 置 付 けていま 本 時 は 2 時 間 を1まとまりで 構 成 し 生 徒 が 物 語 を 英 語 で 考 える 時

More information

研究主題設定の理由

研究主題設定の理由 < 平 成 27 年 度 > 英 語 科 学 習 指 導 案 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 第 4 学 年 Urashima Taro (1) 英 語 学 習 で 育 てたい 力 4 年 生 英 語 に 慣 れ 親 しみ 楽 しく 表 現 する 第 4 学 年 2 組 30 名 指 導 者 HRT 永 友 栞 JTE 友 達 と 一 緒 に 発 音 したり 動 作 を 付 けたりして

More information

平成18年度 教職員12年経験者研修

平成18年度 教職員12年経験者研修 中 学 校 美 術 科 2( 平 成 23 年 度 ) 第 2 学 年 美 術 科 学 習 指 導 案 本 時 の 主 張 生 徒 一 人 一 人 が 表 現 力 を 高 めるためには, 自 分 の 作 品 に 自 信 をもち,そのよさを 相 手 に 伝 えたり, 他 者 の 発 想 や 表 現 から 学 んだりすることが 大 切 である 本 時 では, 共 同 で 行 う 創 造 活 動 において,

More information

小学校第5学年家庭科学習指導案

小学校第5学年家庭科学習指導案 小 学 校 第 5 学 年 家 庭 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 ) 指 導 者 5 年 担 任 教 諭 宮 本 ルミ 1 題 材 名 針 と 糸 を 使 ってみよう ~ 見 つめよう 家 庭 生 活 ~ 2 題 材 について (1)ねらいについて 本 題 材 は 小 学 校 学 習 指 導 要 領 家 庭 科 の 内 容 (3) 生 活 に 役 立 つ

More information

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照 ~ 親 子 で 選 択! 日 本 の 未 来 ~ みらいく 講 師 マニュアル( 中 学 生 版 ) 公 益 社 団 法 人 日 本 青 年 会 議 所 2014 年 度 国 家 グループ 日 本 の 未 来 選 択 委 員 会 1 1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳

More information

elemmay09.pub

elemmay09.pub Elementary Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Activity Bank Number Challenge Time:

More information

指導案の形式について       2010

指導案の形式について       2010 Hi, friends! Lesson2 I m happy. ジェスチャーをつけてあいさつしよう 単 元 の 考 え 方 本 単 元 の 構 成 は, 音 声 を 聞 いて 誰 の 様 子 を 表 しているか 線 で 結 んだり,ジェスチャーについてどんなことを 表 しているかを 予 想 したり,ジェスチャーをつけてあいさつをするゲームを 経 験 させることを 通 して, 表 情 やジェ スチャーをつけて

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】 平 成 25 年 度 基 礎 基 本 習 得 のための 実 践 研 究 事 業 技 術 家 庭 科 ( 家 庭 分 野 ) 公 開 授 業 授 業 者 安 中 市 立 第 二 中 学 校 土 屋 真 美 教 諭 11 月 26 日 ( 火 ) 第 5 校 時 1 年 6 組 (30 名 ) 県 内 の 小 中 学 校 の 先 生 方 や 群 馬 大 学 の 学 生 さん 等 70 名 を 超 える

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

生 徒 を 生 かすという 意 味 で 強 制 ではなく その 理 由 をもう 一 度 問 う 程 度 に 指 導 も 留 めている それ が 結 果 的 には 地 域 や 保 護 者 先 生 方 も 含 め 気 持 ちよく 挨 拶 ができる 集 団 として 成 長 をしている ところである (2)

生 徒 を 生 かすという 意 味 で 強 制 ではなく その 理 由 をもう 一 度 問 う 程 度 に 指 導 も 留 めている それ が 結 果 的 には 地 域 や 保 護 者 先 生 方 も 含 め 気 持 ちよく 挨 拶 ができる 集 団 として 成 長 をしている ところである (2) 生 徒 を 生 かし 心 を 鍛 える 部 活 動 経 営 について ふじみ 野 市 立 福 岡 中 学 校 篠 原 一 浩 1 主 題 設 定 の 理 由 部 活 動 は 学 級 とは 異 なり 同 じ 集 団 で2 年 半 という 所 属 機 関 に 属 することになる 教 員 にとって も 学 年 を 超 えて 同 じ 集 団 を 見 続 けられる 場 であり また 生 徒 の 成 長 に 長

More information

年 ○○科 学習指導案

年 ○○科 学習指導案 第 4 学 年 算 数 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 記 録 を 見 やすく 整 理 しよう 2 目 標 資 料 を 分 類 整 理 して 表 にまとめることのよさに 気 づき 生 活 に 用 いようとする 関 心 意 欲 態 度 目 的 に 応 じて 分 類 整 理 する 観 点 を 設 け 表 から 資 料 の 特 徴 や 傾 向 についてとらえることができ る 数 学 的 な 考 え

More information

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画

平成24年度 英語科 3年 年間指導計画・評価計画 平 成 25 年 度 英 語 科 3 年 年 間 指 導 計 画 評 価 計 画 教 科 の 目 標 外 国 語 を 通 じて 言 語 や 文 化 に 対 する 理 解 を 深 め 積 極 的 にコミュニケーションを 図 ろうとする 態 度 の 育 成 を 図 り 聞 くこと 話 すこと 読 むこと 書 くことなどのコミュニケーション 能 力 の 基 礎 を 養 う 各 学 年 各

More information

せ,そめに 説 得 力 文 章 を かなくてはならないという 目 的 意 識 をもって 学 習 に 取 り 組 むようにす ま, 単 元 導 入 部 分 で 並 行 読 を 促, 中 で 紹 介 でき 本 を 蓄 積 できようにす ⑵ 子 ども 話 合 い 活 動 を 支 えめ 工 夫 1 個 発

せ,そめに 説 得 力 文 章 を かなくてはならないという 目 的 意 識 をもって 学 習 に 取 り 組 むようにす ま, 単 元 導 入 部 分 で 並 行 読 を 促, 中 で 紹 介 でき 本 を 蓄 積 できようにす ⑵ 子 ども 話 合 い 活 動 を 支 えめ 工 夫 1 個 発 第 5 学 年 1 組 国 語 科 学 習 指 導 指 導 者 磯 﨑 順 子 1 単 元 名 みんなアイディアで 楽 い 図 館 に 2 教 材 名 わち 図 館 改 造 3 指 導 観 本 学 級 児 童 ( 男 子 19 名 女 子 7 名 )は,ほとんど 児 童 が 読 をすことが 好 きだと 言 って い 確 かに 図 館 に 行 くと,それぞれが 好 きな 本 を 選 んで, 本 世 界

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

第3章 教員として 

第3章 教員として  第 3 章 教 員 として 1 服 務 (1) 出 勤 簿 ( 押 ) 出 勤 日 は あらかじめ 届 け 出 た 鑑 で 毎 朝 出 勤 時 に 出 勤 簿 に 押 します 鑑 を 忘 れたときは 忘 簿 に 記 入 し 後 日 押 します 届 け の 鑑 を 紛 失 したり 改 したりしたときは 直 ちに 副 校 長 に 届 け 出 ます 出 勤 簿 への 押 は その 日 の 自 分 の 勤

More information

1 年 女 子 保 健 体 育 生 徒 は 主 体 的 に 授 業 に 取 り 組 んでいる しかし 周 りが 動 かないと 動 けない 場 面 が 見 られる 体 育 係 が 声 掛 けをしているが 今 後 は 体 育 係 の 声 掛 けがなくても 動 けるようにしていく 運 動 が 苦 手 な

1 年 女 子 保 健 体 育 生 徒 は 主 体 的 に 授 業 に 取 り 組 んでいる しかし 周 りが 動 かないと 動 けない 場 面 が 見 られる 体 育 係 が 声 掛 けをしているが 今 後 は 体 育 係 の 声 掛 けがなくても 動 けるようにしていく 運 動 が 苦 手 な 1 年 男 子 保 健 体 育 授 業 改 善 推 進 プラン 集 合 整 列 は 速 くできるようになってきた 学 習 カード 等 を 提 出 しない 生 徒 がおり 記 入 の 仕 方 もいい 加 減 な 生 徒 もいる 積 極 的 な 発 言 があまり 見 られない 体 力 テストの 持 久 走 ( 全 身 持 久 力 )の 数 値 が 低 い 種 目 に 対 して 好 き 嫌 いの 差 が

More information