00表紙のコピー

Size: px
Start display at page:

Download "00表紙のコピー"

Transcription

1 白馬村 統計資料 村勢要覧 200 人 自然 情報 すべてがつながる白馬村へ 白馬の里にひと集い くらし健やか むらごと自然公園 CATV

2 目 次 歴 史 の 中 での 白 馬 村 白 馬 村 の 歩 み 3 自 然 人 口 4 行 政 議 会 7 財 政 2 選 挙 23 福 祉 24 保 健 衛 生 26 産 業 29 運 輸 治 安 防 災 32 観 光 34 道 路 河 川 開 発 37 上 下 水 道 39 学 校 教 育 40 社 会 教 育 社 会 体 育 文 化 財 42 参 考 資 料 45 村 内 主 要 公 共 機 関 施 設 50 村 民 憲 章 村 花 村 木 姉 妹 都 市 5

3 歴 史 の 中 での 白 馬 村 古 代 の 白 馬 村 古 代 白 馬 村 の 地 は 信 濃 のうちにあっても やや 特 殊 な 文 化 環 境 にありました 今 を 去 る 6 千 ほど 昔 縄 文 時 代 前 期 末 に 白 馬 岳 より 産 出 する 滑 石 が 各 地 に 運 ばれて 当 時 盛 行 した 人 々が 身 体 を 玉 類 で 装 飾 する 習 俗 の 源 となったこと また 白 馬 岳 周 辺 の 蛇 紋 岩 が 広 く 石 斧 の 材 料 として 使 用 されたこと 弥 生 時 代 以 降 になると 村 南 部 の 湿 地 帯 を 取 りまく 段 丘 上 に 米 作 りの 集 落 郡 が 起 こり 古 墳 時 代 に 入 ると それらの 集 落 の 支 配 者 たちがこぞって 墳 墓 を 築 いたために 今 もこのあたりは 有 数 の 古 墳 地 帯 となっていることなどです また ここは 姫 川 を 通 して 糸 魚 川 と 通 じ 白 馬 山 塊 に 産 するヒスイが 縄 文 時 代 から 古 墳 時 代 まで この 谷 から 運 ばれていきました 後 千 国 道 と 呼 ばれる 街 道 は 遥 かな 縄 文 時 代 にその 姿 を 現 し 始 めていました 平 安 鎌 倉 時 代 の 白 馬 村 今 でも 白 馬 小 谷 地 方 を 小 谷 四 ヶ 庄 と 呼 ぶ 人 がいますが 今 から 800 くらい 前 この 辺 りは 千 国 庄 と 呼 ばれ 六 条 院 領 でした 六 条 院 というのは 白 河 上 皇 が 長 女 都 芳 門 院 婿 子 内 親 王 の 御 所 として 建 てたもので 内 親 王 の 死 後 はこれを 寺 として 多 くの 荘 園 の 寄 進 が 行 われ 千 国 庄 もその 一 つとされています 建 久 元 (90)の 新 見 文 書 に 六 条 院 領 信 乃 国 千 国 御 庄 内 於 他 里 飯 守 所 と いう 記 録 があります 飯 守 は 飯 森 所 は 荘 園 の 政 務 を 司 る 所 政 所 で 当 時 相 当 の 文 化 があったものと 思 われます 白 馬 岳 のオオサクラソウの 伝 説 もこの 頃 の 華 やかな 文 化 の 名 残 の 一 つでしょう 戦 国 時 代 の 白 馬 村 戦 国 時 代 初 期 の 頃 の 四 ヶ 庄 は 前 期 六 条 院 領 でしたが その 実 際 の 支 配 者 は 土 地 の 豪 族 仁 科 氏 の 士 族 であったと 言 われています 重 文 の 本 殿 をもつ 沢 渡 神 明 社 については 創 立 代 は 不 明 ですが ここは 弘 安 6 (286)の 銘 のある 懸 仏 二 面 ( 重 美 指 定 )が 現 存 して おり この 懸 仏 は 大 町 市 の 神 明 宮 に 現 存 する 懸 仏 と 同 一 のものであることから そのよう な 推 測 をすることができます そしておそらく それが 沢 渡 氏 だったでしょう 沢 渡 氏 は 永 く 今 の 三 日 市 場 大 屋 敷 辺 りに 居 住 していたようです すでに 応 永 7 の 大 塔 城 合 戦 に 沢 渡 五 郎 が 大 町 以 北 の 人 として 参 加 した 記 録 があります 延 徳 2 (490)といえば 大 塔 合 戦 から 90 後 ですが 仁 科 氏 の 士 族 飯 森 十 郎 盛 春 によ り 長 谷 院 が 開 かれています これから 天 正 に 至 る 00 間 は 四 ヶ 庄 盆 地 の 本 格 的 な 戦 国 の 世 で 現 在 語 り 継 がれている 幾 つかの 城 跡 もこの 頃 に 築 かれたもので 幾 回 かの 合 戦 があ りました

4 封 建 社 会 の 白 馬 村 乱 れに 乱 れた 戦 国 の 世 も 終 末 を 告 げ 慶 長 9 (64)には 大 がかりな 検 地 が 松 本 藩 に より 行 われました この 時 石 高 が 示 された 本 村 は 佐 野 沢 渡 飯 田 堀 之 内 蕨 平 塩 島 の 七 村 のみで その 後 慶 安 元 (468)から 承 応 間 にかけ 細 野 大 出 野 平 峰 方 深 沢 空 峠 の 各 村 が 新 田 村 して 独 立 を 認 められ 暫 次 現 在 の 地 区 形 態 ができると 同 時 に 六 公 四 民 というような 重 税 に 農 民 は 苦 しみました 寛 文 8 (668)の 宗 門 改 めをみると 一 戸 30 数 人 という 大 家 族 もみられる 社 会 でした 人 口 は を 追 って 増 加 し 開 墾 が 奨 励 された 各 部 藩 で 新 田 が 開 かれ 戸 数 も 増 えていき ましたが 天 候 に 頼 る 稲 作 のため たびたびの 凶 作 と 重 税 に 農 民 は 苦 しみ 餓 死 する 者 も 多 く 新 田 村 と 他 村 との 間 に 山 論 が 多 々 起 こりました 元 禄 間 には 現 在 ある 地 区 のほとんどが 本 村 あるいは 支 村 として 姿 が 整 い 各 村 の 間 に 道 路 が 開 け 文 政 間 になると 初 市 暮 市 盆 市 などの 市 が 開 かれ 庚 申 講 二 十 三 夜 講 などが 盛 んとなっていきます 明 治 時 代 の 白 馬 村 江 戸 時 代 国 境 警 備 や 宗 教 登 山 猟 師 のみの 対 象 でしかなかった 西 岳 一 帯 は 明 治 26 まで 省 みる 者 もなく 山 名 さえ 定 かでなかった 白 馬 岳 ですが 陸 地 測 量 部 が 一 等 三 角 点 を 撰 点 27 にはウエストン 氏 が 登 山 3 には 河 野 零 蔵 氏 等 の 学 術 研 究 登 山 がなされ 一 躍 高 山 植 物 の 宝 庫 として 全 国 にその 名 が 知 られるようになりました 明 治 34 より 登 山 者 は を 追 って 増 加 の 一 途 をたどるようになり 40 には 山 小 屋 も 設 けられ 白 馬 の 観 光 の 基 礎 となりました また 高 山 植 物 の 採 集 は 明 治 42 にすでに 禁 止 が 始 まりました 大 正 以 後 の 白 馬 村 それまでの 主 要 な 交 通 機 関 であった 馬 車 あるいは 人 力 車 ランプが 乗 合 自 動 車 電 燈 にかわったのは 大 正 8 頃 で 鉄 道 は 昭 和 7 に 森 上 まで 開 通 しました 産 業 といえば 水 稲 養 蚕 麻 を 中 心 とする 純 農 村 で 一 雨 降 れば 荒 れ 狂 う 平 川 松 川 に 苦 しみながら 新 田 を 起 こし 人 々は 昔 ながらの 細 々とした 家 計 をたててきました 明 治 後 日 本 に 伝 えられたスキーは 大 正 時 代 になると 白 馬 山 麓 にも 普 及 し 山 岳 ス キー 場 として 学 生 や 山 岳 家 に 認 められるようになりました ガイドの 村 細 野 ( 現 八 方 )は 昭 和 2 頃 から 民 宿 業 を 始 めました 太 平 洋 戦 争 後 スキーは 大 衆 化 してきましたが スキ ー 場 にリフトがかけられたのは 昭 和 27 以 後 のことで 白 馬 村 が 誕 生 した 30 代 こそ 現 代 に 至 る 白 馬 の 革 命 が 行 われた 時 代 でした

5 白 馬 村 の 歩 み 代 で き ご と 956 昭 和 3 9 月 30 日 神 城 村 と 北 城 村 が 合 併 し 白 馬 村 となる 庁 舎 は 旧 北 城 村 役 場 を 使 用 神 城 村 役 場 を 支 所 とする 月 初 代 白 馬 村 長 に 太 田 新 助 氏 が 当 選 する 月 第 回 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 が 行 われ 議 長 に 北 沢 幸 義 氏 が 就 任 する 7 月 集 中 豪 雨 23ミリ 70 町 冠 歩 水 被 害 額 億 千 万 円 谷 地 川 木 流 川 が 氾 濫 する 8 月 大 糸 線 全 線 開 通 する (8 月 5 日 ) 0 月 通 吊 橋 完 成 月 飯 森 に 町 歩 の 開 田 完 成 2 月 八 方 尾 根 に 白 馬 ケーブル 架 設 される 白 馬 村 に 初 めてテレビ 入 る 月 白 馬 中 学 校 建 設 4 月 から 開 校 となる 7 月 信 濃 四 ッ 谷 駅 まで 電 化 完 成 9 月 台 風 5 号 のために 松 川 堤 防 決 壊 北 城 小 学 校 他 家 屋 流 出 浸 水 4 戸 被 害 額 は 2 億 9 千 万 円 にのぼり 国 の 災 害 救 助 法 の 適 用 を 受 ける 県 道 糸 魚 川 線 2 級 国 道 48 号 となる 月 森 上 駅 まで 電 化 が 進 み 飯 森 駅 営 業 開 始 佐 野 民 宿 で 都 会 学 生 の 合 宿 始 める 学 生 村 の 始 めである 0 月 村 長 選 挙 太 田 新 助 氏 再 選 月 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 0 月 森 上 新 宿 間 に 定 期 準 急 列 車 走 る 2 月 全 村 有 線 放 送 電 話 設 置 白 馬 村 公 民 館 新 築 完 成 月 平 川 松 川 直 轄 砂 防 工 事 に 着 手 8 月 ヘリコプターによるいもち 病 の 空 中 防 除 始 まる 月 昭 和 3 4 月 の 着 工 以 来 7ヵ を 要 した 平 川 源 太 郎 の 第 二 砂 防 堰 堤 完 成 3 月 第 4 回 全 日 本 スキー 選 手 権 アルペン 競 技 大 会 八 方 尾 根 で 開 催 島 津 貴 子 さんご 来 臨 4 月 白 馬 高 校 が 県 立 校 となる 8 月 河 野 建 設 大 臣 平 川 松 川 の 砂 防 視 察 に 来 村 白 馬 小 唄 できる 0 月 都 市 計 画 事 業 始 まる ヘリコプターによる 夏 山 物 資 輸 送 別 荘 分 譲 地 造 成 始 まる 月 野 平 嶺 方 分 校 廃 止 平 川 橋 のかさあげ 工 事 完 了 4 月 神 城 北 城 小 学 校 名 を 廃 しそれぞれ 白 馬 南 白 馬 北 小 学 校 に 改 称 8 月 皇 太 子 殿 下 同 妃 殿 下 ご 来 臨 八 方 尾 根 登 山 ソフトボール 全 国 大 会 開 催 0 月 村 長 選 挙 太 田 新 助 氏 三 選 2 月 信 濃 四 ッ 谷 駅 前 都 市 計 画 中 高 層 ビル 完 成 国 民 宿 舎 八 方 池 山 荘 完 成 月 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 が 定 員 8 名 となり 行 われる 7 月 松 川 氾 濫 大 出 2 戸 床 上 浸 水 月 常 陸 宮 殿 下 御 夫 妻 八 方 尾 根 へスキーにご 来 遊 8 月 深 空 野 別 荘 団 地 開 村 式 9 月 太 田 村 長 の 村 葬 白 馬 中 学 で 行 われる 0 月 村 長 選 挙 松 沢 安 蔵 氏 当 選 村 内 の 国 道 48 号 線 全 線 舗 装 化 月 白 馬 ~ 長 野 線 全 通 児 童 館 新 築 完 成

6 代 で き ご と 42 2 月 第 45 回 全 日 本 スキー 選 手 権 大 会 八 方 尾 根 で 開 催 4 月 四 ッ 谷 駅 前 広 場 都 市 計 画 工 事 完 成 5 月 日 ~6 月 25 日 まで 雨 降 らず ポンプ30 台 ホース 万 mを 購 入 し 揚 水 するが 作 付 けできない 田 がある 9 月 白 馬 村 章 決 まる 月 白 馬 村 合 併 0 周 記 念 式 典 43 2 月 第 23 回 国 体 スキー 競 技 会 八 方 尾 根 で 開 催 され 高 松 宮 殿 下 ご 来 臨 70m 級 白 馬 シャンツェ 完 成 7 月 中 学 校 にプール 完 成 0 月 信 濃 四 ッ 谷 駅 を 白 馬 駅 に 改 名 44 4 月 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 8 月 集 中 豪 雨 襲 来 被 害 額 2 億 6300 万 円 45 0 月 村 長 選 挙 松 沢 安 蔵 氏 再 選 2 月 白 馬 電 報 電 話 局 新 設 電 話 自 動 化 になる 白 馬 駅 新 築 完 成 46 3 月 南 部 保 育 所 完 成 6 月 白 馬 南 小 にプール 完 成 2 月 白 馬 北 小 学 校 改 築 47 3 月 白 馬 新 宿 間 特 急 列 車 走 る 6 月 白 馬 北 小 にプール 完 成 2 月 白 馬 南 小 学 校 改 築 48 2 月 第 0 回 全 国 中 学 生 スキー 大 会 岩 岳 で 開 催 4 月 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 9 月 広 域 基 幹 林 道 ( 白 馬 ~ 小 谷 東 山 線 ) 着 工 49 8 月 神 城 地 区 県 営 圃 場 整 備 事 業 着 工 9 月 村 長 選 挙 横 沢 裕 氏 初 当 選 月 白 馬 村 天 然 記 念 物 6 件 を 指 定 2 月 上 水 道 第 次 拡 張 工 事 完 成 50 3 月 中 部 北 部 保 育 所 完 成 月 SBC NBS 白 馬 サテライト 局 開 局 白 馬 小 谷 衛 生 センター 完 成 5 3 月 白 馬 村 総 合 計 画 策 定 6 月 直 轄 砂 防 事 業 5 周 記 念 式 典 8 月 高 校 総 体 登 山 競 技 会 開 催 9 月 合 併 20 周 記 念 式 典 0 月 国 保 診 療 所 改 築 完 成 2 月 森 上 駅 前 広 場 整 備 される 上 水 道 神 城 地 区 統 合 される 52 4 月 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 月 八 方 に40m 級 ジュニアシャンツェ 完 成 53 3 月 国 保 診 療 所 で 歯 科 診 療 始 まる 4 月 第 57 回 全 日 本 アルペンスキー 競 技 会 開 催 5 月 白 馬 高 校 第 期 改 築 工 事 に 着 手 6 月 水 神 宮 橋 流 失 8 月 白 馬 いこいの 杜 建 設 に 着 手 保 養 センター グリーンスポーツ 施 設 が 建 設 される 9 月 村 営 グラウンド 夜 間 照 明 施 設 完 成 村 長 選 挙 横 沢 裕 氏 無 投 票 再 選

7 代 で き ご と 54 3 月 上 水 道 第 期 拡 張 工 事 完 成 8 月 全 国 野 外 活 動 指 導 者 会 議 開 催 9 月 役 場 新 庁 舎 2 計 画 で 完 成 月 平 川 橋 水 神 宮 橋 復 旧 工 事 に 着 手 松 川 橋 完 成 白 馬 村 村 民 憲 章 制 定 される 55 3 月 姫 川 平 川 合 流 点 完 成 ( 村 道 深 空 吊 橋 完 成 ) 4 月 防 災 行 政 無 線 完 成 有 線 放 送 閉 局 6 月 グリーンスポーツの 森 にテニスコート 完 成 長 野 県 植 樹 祭 がグリーンスポーツで 行 われ 桜 60 本 が 植 樹 される 8 月 衛 生 センターに 酸 化 処 理 槽 が 増 設 される 0 月 低 温 長 雨 の 異 常 気 象 により 凶 作 被 害 額 5 億 円 余 月 平 川 橋 完 成 2 月 除 雪 ロータリー 車 購 入 農 業 者 トレーニングセンター 完 成 29 日 雪 崩 源 太 郎 水 源 を 襲 う 水 神 宮 橋 完 成 56 月 未 曾 有 の 豪 雪 で 家 屋 の 破 損 あいつぐ 8 月 白 馬 村 多 目 的 研 修 集 会 施 設 完 成 月 塵 芥 収 集 車 購 入 2 月 農 産 物 処 理 加 工 施 設 多 目 的 集 会 施 設 完 成 57 月 長 野 県 スキー 大 会 週 間 2 月 第 回 FIS 国 際 大 会 開 催 4 月 突 風 により 村 内 65 戸 が 破 損 被 害 総 額 は3 億 5 千 万 円 6 月 NHK 白 馬 FM 局 開 局 7 月 深 夜 営 業 騒 音 規 制 区 域 となる 2 日 静 岡 県 河 津 町 と 姉 妹 都 市 提 携 22 日 ~8 月 24 日 マンガ 集 団 50 周 記 念 行 事 としてマンガ 王 国 イベントが 開 催 される 8 月 図 書 館 開 設 9 月 上 水 道 第 2 次 拡 張 事 業 二 股 浄 水 場 完 成 0 月 村 長 選 挙 横 沢 裕 氏 三 選 神 城 駅 前 広 場 整 備 完 成 白 馬 岳 頂 上 宿 舎 完 成 TBS 白 馬 サテライト 局 開 局 2 月 歴 史 民 族 資 料 館 林 業 資 料 展 示 施 設 完 成 雪 上 車 除 雪 車 を 購 入 飯 森 踏 切 立 体 交 差 化 工 事 完 成 58 月 長 野 県 スキー 大 会 週 間 4 月 B&G 白 馬 海 洋 センター 完 成 6 月 県 営 かんがい 排 水 事 業 平 川 地 区 竣 工 59 3 月 財 団 法 人 白 馬 村 振 興 公 社 設 立 7 月 農 業 者 トレーニングセンター 完 成 集 中 豪 雨 が 白 馬 東 部 を 襲 い 被 害 額 は6 億 6 千 万 円 余 8 月 国 道 48 号 佐 野 ~ 四 ッ 谷 区 改 良 舗 装 工 事 完 成 0 月 3 日 和 歌 山 県 太 地 町 と 姉 妹 都 市 提 携 60 3 月 姫 川 源 流 名 水 百 選 に 選 ばれる 白 馬 小 谷 清 掃 センター 完 成 大 北 広 域 消 防 北 部 分 署 完 成 6 月 県 営 ほ 場 整 備 事 業 神 城 地 区 竣 工 6 月 ~7 月 梅 雨 による 被 害 続 出 被 害 額 3 億 4 千 万 円 2 月 村 の 人 口 8000 人 となる

8 代 で き ご と 6 2 月 第 35 回 全 国 高 校 スキー 大 会 開 催 3 月 白 馬 村 第 2 次 総 合 計 画 策 定 8 月 白 馬 村 合 併 30 周 記 念 式 典 9 月 村 長 選 挙 横 沢 裕 氏 四 選 0 月 白 馬 大 橋 完 成 白 馬 村 社 会 福 祉 協 議 会 が 法 人 化 ( 郡 下 初 ) 月 飯 森 地 区 県 営 ほ 場 整 備 事 業 着 工 998 冬 季 オリンピック 招 致 の スローガン シンボルマーク 決 定 2 月 NHK 白 馬 ラジオ 中 継 放 送 局 開 局 62 2 月 第 42 回 国 民 体 育 大 会 冬 季 大 会 スキー 競 技 会 開 催 4 月 白 馬 村 南 部 農 業 者 トレーニングセンター 完 成 6 月 野 外 彫 刻 シンポジウム 開 催 8 月 村 道 005 号 線 ( 新 田 ~ 八 方 間 ) 日 本 の 道 百 選 に 選 ばれる 2 日 ~9 日 JIFAS( 冒 険 とスポーツの 国 際 映 画 映 像 ) 白 馬 村 初 開 催 0 月 村 道 005 号 線 竣 工 オリンピック 白 馬 村 推 進 協 議 会 設 立 第 回 白 馬 村 差 別 をなくす 村 民 大 会 開 催 月 ふれあいの 杜 公 園 造 成 工 事 に 着 手 冬 季 オリンピック 招 致 推 進 村 民 大 会 開 催 2 月 国 道 48 号 線 森 上 バイパス 完 成 オリンピック 計 画 書 をJOCへ 提 出 白 馬 連 山 と 風 吹 大 地 が 長 野 の 自 然 百 選 に 認 定 63 2 月 白 馬 北 小 学 校 第 期 改 築 工 事 ( 中 校 舎 ) 完 了 3 月 屋 外 広 告 物 の 規 制 開 始 ( 村 内 5 路 線 が 対 象 ) オリンピック 招 致 県 縦 断 燈 火 リレー ( 長 野 県 早 起 き 野 球 連 盟 主 催 ) 白 馬 へ 月 日 本 オリンピック 委 員 会 (JOC)オリンピック 競 技 会 場 予 定 地 を 視 察 国 土 調 査 事 業 開 始 6 月 998 冬 季 オリンピック 国 内 候 補 地 長 野 に 決 定 7 月 オリンピック 招 致 準 備 室 設 置 8 月 浩 宮 さま 百 名 山 登 山 で 五 竜 岳 にご 来 臨 元 月 オリンピック 少 少 女 友 の 会 ( 旭 川 盛 岡 山 形 長 野 ) 設 立 3 月 松 川 流 路 工 事 に 着 手 第 8 回 ジュニアオリンピック 競 技 大 会 開 催 白 馬 北 小 学 校 改 築 工 事 ( 南 側 管 理 等 ) 完 了 4 月 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 大 北 広 域 消 防 北 部 分 署 を 大 北 広 域 北 部 消 防 署 と 改 称 6 月 白 馬 村 農 業 者 体 験 実 習 館 完 成 7 月 第 4 回 JIFAS 開 催 0 月 白 馬 村 土 地 監 視 区 域 に 指 定 される ふれあいの 杜 完 成 月 景 観 形 成 基 本 計 画 策 定 事 業 に 着 手 県 認 可 により 下 水 道 事 業 に 着 手 2 月 白 馬 村 多 目 的 スポーツセンター 完 成 2 2 月 世 界 プロスキー 選 手 権 大 会 ( 日 本 初 ) 開 催 オリンピックアルペン 競 技 男 子 スーパーG 男 子 滑 降 会 場 予 定 地 となる 4 月 白 馬 小 谷 衛 生 施 設 組 合 を 白 馬 山 麓 環 境 施 設 組 合 と 改 称 ( 美 麻 村 加 入 のため) 7 月 白 馬 ジャンプ 競 技 場 工 事 に 着 手 白 馬 村 外 交 官 養 成 講 座 スタート 8 月 農 業 集 落 排 水 事 業 に 着 手 海 外 通 話 が 可 能 な 公 衆 電 話 を 村 内 6 箇 所 に 設 置 9 月 村 長 選 挙 西 沢 泰 氏 無 投 票 初 当 選 0 月 公 共 下 水 道 事 業 ( 大 出 終 末 処 理 場 及 び 管 渠 工 事 ) 着 工 月 IOC 委 員 のモナコ 皇 太 子 がオリンピック 競 技 予 定 地 を 視 察 白 馬 名 産 セレクトフェア 開 催 (グランプリに 白 馬 紫 米 )

9 代 で き ご と 3 2 月 国 際 オリンピック 委 員 会 (IOC) 調 査 団 来 村 競 技 予 定 地 を 調 査 第 64 回 全 日 本 学 生 スキー 選 手 権 大 会 (インカレ) 開 催 3 月 平 川 流 路 工 第 一 期 工 事 完 了 4 月 スパイクタイヤが 使 用 禁 止 となる 5 月 第 6 回 JIFAS 開 催 6 月 998 冬 季 オリンピック 開 催 地 長 野 に 決 定 9 月 台 風 9 号 家 屋 の 損 壊 等 村 内 に 被 害 もたらす 月 白 馬 駅 前 気 象 標 示 板 情 報 提 供 開 始 オリンピック 道 路 白 馬 ルート 発 表 2 月 オリンピック 推 進 委 員 会 設 立 白 馬 ラベルのビール 日 本 酒 ( 夢 白 馬 白 馬 憧 憬 ) 発 売 国 道 48 号 線 に 無 散 水 融 雪 工 事 ( 白 馬 高 校 入 り 口 から 大 楢 川 まで) 完 了 4 月 白 馬 雪 彫 まつり 開 催 2 月 ABN 白 馬 サテライト 局 開 局 白 馬 いこいの 杜 スポーツアリーナ 完 成 3 月 嶺 方 簡 易 水 道 拡 張 工 事 完 了 全 日 本 スキー 選 手 権 大 会 開 催 4 月 改 正 白 馬 村 開 発 基 本 条 例 施 工 ハインリッヒ C ベラン 氏 とパノラマ 面 作 成 の 調 印 6 月 株 式 会 社 夢 白 馬 ( 第 3セクター) 設 立 8 月 AET 事 業 開 始 2 月 森 上 跨 線 橋 完 成 白 馬 ジャンプ 競 技 場 完 成 白 馬 村 オリンピック 選 手 育 成 委 員 会 設 立 5 2 月 オリンピック 子 どもフォーラム 開 催 白 馬 南 小 学 校 校 舎 増 改 築 工 事 完 了 5 月 第 8 回 JIFAS 白 馬 大 会 開 催 8 月 大 出 区 白 馬 町 区 八 方 口 区 の 一 部 において 公 共 下 水 道 が 供 用 開 始 となる 0 月 白 馬 ジャンプ 競 技 場 オールシーズン 化 工 事 完 了 月 白 馬 村 保 健 福 祉 ふれあいセンター 完 成 6 2 月 エコーランド 地 区 が 村 内 初 となる 景 観 形 成 住 民 協 定 地 に 認 定 される 第 回 白 馬 の 雪 祭 り 開 催 3 月 オオタカ 保 護 条 例 制 定 4 月 オリンピック 旗 パラリンピック 旗 歓 セレモニー 開 催 5 月 長 野 オリンピックボランティア 第 一 次 募 集 8 月 村 長 選 挙 福 島 信 行 氏 当 選 クロスカントリー 競 技 場 建 設 工 事 に 着 手 9 月 第 回 FISサマージャンプ 大 会 開 催 月 ~3 月 全 日 本 スキー 選 手 権 大 会 開 催 6 月 第 0 回 JIFAS 開 催 7 月 県 北 部 豪 雨 24 時 間 の 降 水 量 29mmを 観 測 し 村 内 多 数 の 被 害 白 馬 中 学 校 全 面 改 築 工 事 に 着 手 9 月 松 川 端 に 雇 用 促 進 住 宅 完 成 月 FISワールドカップアルペン 男 子 スピード 系 競 技 開 催 白 馬 村 第 3 次 総 合 計 画 策 定 4 月 特 別 養 護 老 人 ホーム 白 嶺 が 広 域 施 設 として 完 成 白 馬 村 在 宅 介 護 支 援 センター デイサービスセンターが 白 嶺 に 併 設 し 完 成 4 月 ~9 月 景 観 形 成 住 民 協 定 が 各 地 で 締 結 される 8 月 道 の 駅 白 馬 完 成 9 月 初 の 神 城 北 城 合 同 村 民 運 動 会 を 開 催 白 馬 村 合 併 40 周 記 念 式 典 月 オリンピック 関 連 道 路 白 馬 ルート 開 通 2 月 白 馬 中 学 校 全 面 改 築 工 事 完 了 姫 川 源 流 と 親 海 湿 原 他 9ヶ 所 が 関 川 姫 川 水 百 選 に 認 定

10 代 で き ご と 月 ~3 月 オリンピック パラリンピック 前 大 会 として 各 種 ワールドカップスキー 大 会 国 際 障 害 者 クロスカントリースキー 競 技 会 が 開 催 される 4 月 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 7 月 平 成 元 0 月 に 指 定 された 国 土 利 用 計 画 法 による 監 視 区 域 が 解 除 される 0 月 オリンピック00 日 前 イベント 月 災 害 後 の 復 旧 により 大 糸 線 全 線 開 通 2 月 青 木 湖 バイパス 開 通 神 城 駅 全 面 改 築 工 事 完 了 オリンピックカウントダウンイベント 月 23 日 オリンピック 聖 火 リレー 2 月 7 日 ~22 日 第 8 回 オリンピック 冬 季 競 技 大 会 3 月 日 パラリンピック 聖 火 リレー 5 日 ~4 日 第 7 回 パラリンピック 冬 季 競 技 大 会 4 月 白 馬 村 営 長 野 駐 車 場 利 用 開 始 ウィング2 完 成 オリンピック パラリンピック 成 功 祝 賀 会 開 催 上 村 愛 子 選 手 丸 山 直 也 選 手 に 白 馬 村 スポーツ 栄 誉 賞 を 授 与 7 月 ノルウェービレッジにオリンピック 記 念 館 オープン 8 月 村 長 選 挙 福 島 信 行 氏 無 投 票 再 選 9 月 戸 籍 をコンピュータ 化 0 月 旧 法 務 局 白 馬 出 張 所 に 白 馬 村 図 書 館 開 設 月 オリンピック 周 記 念 セレモニー 4 月 訪 問 看 護 ステーションはくば 開 設 まちづくり 環 境 色 彩 計 画 を 策 定 7 月 ジャンプ 競 技 場 にオリンピックモニュメント 完 成 シルバー 人 材 センター 白 馬 事 務 所 完 成 8 月 青 鬼 地 区 棚 田 百 選 に 認 定 0 月 大 出 吊 橋 青 鬼 地 区 が 信 州 のサンセットポイント 百 選 に 認 定 2 月 白 馬 診 療 所 に 人 口 透 折 施 設 完 成 ミディアムヒルジャンプ 台 完 成 月 北 アルプス 広 域 連 合 設 置 される 4 月 白 馬 村 指 定 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 開 設 6 月 ウイング2にクライミングウォール 完 成 中 部 保 育 所 に 子 育 て 支 援 ルーム 開 設 7 月 情 報 公 開 条 例 施 行 北 信 越 国 体 山 岳 競 技 開 催 8 月 オリンピック 記 念 誌 発 行 レッドデータブック 発 行 月 神 城 メモリアルパーク 完 成 2 月 青 鬼 地 区 が 重 要 伝 統 的 建 造 物 群 保 存 地 区 に 選 定 される 月 白 馬 村 第 3 次 総 合 計 画 後 期 計 画 策 定 4 月 介 護 老 人 保 健 施 設 白 馬 メディア 完 成 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 7 月 オーストリア レッヒ 村 と 友 好 協 定 締 結 9 月 白 馬 北 小 放 課 後 児 童 クラブ 開 設 0 月 白 馬 村 観 光 推 進 本 部 スタート 月 豪 雪 対 策 本 部 設 置 5 月 白 馬 北 小 学 校 体 育 館 完 成 7 月 村 長 選 挙 福 島 信 行 氏 三 選 白 馬 小 径 が 遊 歩 百 選 に 認 定 8 月 ドイツ オーバーヴィーゼンタール 市 と 友 好 都 市 協 定 締 結 2 月 松 川 景 観 モデル 事 業 松 川 流 路 工 事 完 了

11 代 で き ご と 5 2 月 ふるさと 切 手 信 州 の 花 に 白 馬 村 の 村 花 カタクリが 認 定 白 馬 南 小 学 校 体 育 館 完 成 3 月 白 馬 のまちづくりマスタープラン 策 定 白 馬 診 療 所 リハビリ 棟 完 成 5 月 村 誌 白 馬 の 歩 み 完 結 大 出 吊 橋 完 成 第 54 回 長 野 県 植 樹 祭 ふるさとの 森 づくり 県 民 の 集 い 開 催 7 月 ~8 月 白 馬 Alps 花 三 昧 2003 開 催 7 月 白 馬 南 小 学 校 プール 完 成 8 月 白 馬 村 小 谷 村 合 併 研 究 会 設 立 0 月 白 馬 小 谷 任 意 合 併 協 議 会 設 立 白 馬 南 小 学 校 30 周 記 念 セレモニー 6 3 月 2005 スペシャルリンピックス(SO) 冬 季 世 界 大 会 プレ 大 会 開 催 4 月 白 馬 村 観 光 局 発 足 野 平 地 区 農 業 集 落 排 水 処 理 場 完 成 7 月 白 馬 村 と 小 谷 村 の 合 併 に 関 するアンケートの 結 果 白 馬 小 谷 任 意 合 併 協 議 会 の 解 散 公 的 個 人 認 証 サービス 開 始 2 月 白 馬 北 小 学 校 東 校 舎 増 築 工 事 完 了 白 馬 除 雪 基 地 完 成 7 2 月 2005 スペシャルリンピックス(SO) 冬 季 世 界 大 会 開 催 3 月 東 京 農 業 大 学 と 地 域 振 興 に 係 る 連 携 協 定 を 締 結 4 月 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 8 月 日 白 馬 大 雪 渓 上 部 ( 杓 子 岳 天 狗 菱 )で 土 砂 崩 落 2 月 ミディアムヒル 改 修 工 事 完 了 8 月 豪 雪 対 策 本 部 を 設 置 平 成 8 豪 雪 災 害 救 助 法 適 用 3 月 白 馬 村 第 4 次 総 合 計 画 策 定 4 月 白 馬 南 小 放 課 後 児 童 クラブ 開 設 4 月 白 馬 村 地 域 包 括 支 援 センター 開 設 7 月 村 長 選 挙 太 田 紘 熙 氏 当 選 22 日 白 馬 大 雪 渓 上 部 ( 秋 道 )で 土 砂 崩 落 9 月 白 馬 村 合 併 50 周 記 念 式 典 0 月 信 州 大 学 山 岳 科 学 総 合 研 究 所 と 地 域 振 興 に 係 る 連 携 協 定 を 締 結 9 3 月 白 馬 村 地 域 観 光 振 興 計 画 策 定 北 部 保 育 園 中 部 保 育 園 閉 園 4 月 しろうま 保 育 園 開 園 白 馬 村 営 農 支 援 センター 開 設 7 月 日 本 オリンピック 委 員 会 (JOC)より 白 馬 ジャンプ 競 技 場 および 白 馬 クロスカントリー 競 技 場 が200 まで スキー 競 技 強 化 センター として 認 定 される 9 月 白 馬 村 国 民 保 護 計 画 策 定 白 馬 南 小 学 校 耐 震 補 強 工 事 完 了 白 馬 北 小 学 校 耐 震 補 強 工 事 完 了 20 3 月 南 部 保 育 園 閉 園 4 月 白 馬 村 男 女 共 同 参 画 社 会 づくり 計 画 策 定 6 月 白 馬 北 小 学 校 プール 完 成 上 村 愛 子 選 手 に 村 民 栄 誉 賞 ( 第 号 )を 授 与 ( W 杯 総 合 優 勝 ) 観 光 局 長 を 公 募 し 庵 豊 氏 が 就 任 7 月 事 務 事 業 評 価 制 度 導 入 8 月 9 日 白 馬 大 雪 渓 上 部 ( 秋 道 )で 土 砂 崩 落 0 月 白 馬 中 学 校 開 校 50 周 記 念 式 典 月 デマンド 型 乗 合 タクシー 試 験 運 行 開 始 2 月 古 民 家 再 生 事 業 として 庄 屋 まるはち 完 成

12 代 で き ご と 2 2 月 第 58 回 全 国 高 等 学 校 スキー 大 会 開 催 白 馬 高 校 男 子 総 合 2 位 男 子 クロスカントリーリレー 優 勝 4 月 白 馬 村 乗 合 タクシー 白 馬 ふれ 愛 号 運 行 開 始 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 5 月 9 日 白 馬 岳 (お 花 畑 北 斜 面 )で 山 林 火 災 発 生 8 月 ふるさと 白 馬 応 援 し 隊 発 足 22 2 月 バンクーバーオリンピックに 白 馬 村 から 関 係 選 手 6 名 の 選 手 が 日 本 代 表 として 出 場 3 月 バンクーバーパラリンピックに 白 馬 村 から 関 係 選 手 2 名 の 選 手 が 日 本 代 表 として 出 場 8 月 村 長 選 挙 太 田 紘 熙 氏 再 選 0 月 ケーブルテレビ 白 馬 試 験 放 送 開 始

13 自 然 位 置 および 地 形 白 馬 村 は 長 野 県 の 北 西 部 に 位 置 し 周 囲 65.5km 南 北 6.8km 東 西 5.7km の 盆 地 であり 南 は 佐 野 坂 峠 の 分 水 嶺 で 大 町 市 と 西 は 北 アルプス 白 馬 連 峰 で 富 山 県 に 境 を 接 し 北 は 小 谷 村 東 は 大 町 市 美 麻 長 野 市 鬼 無 里 に 隣 接 しています 地 域 の 中 央 部 を 南 北 にフォッサマグナが 走 っており この 大 断 層 地 帯 に 白 馬 連 峰 から 流 れ 出 す 河 川 によって 扇 状 地 が 形 成 されています 村 の 南 部 から 北 部 へ 曲 折 しながら 流 れる 姫 川 は 白 馬 村 の 南 端 佐 野 坂 に 源 を 発 し 東 西 山 地 よ り 流 れる 支 流 谷 地 川 平 川 松 川 楠 川 などと 合 流 し 遠 く 日 本 海 へ 及 んでいます 西 側 白 馬 連 峰 一 帯 は 酸 性 火 成 岩 類 で 形 成 されており 急 峻 な 山 岳 美 をみせ 登 山 ハイキング スキー 場 等 観 光 資 源 となっています また 東 側 山 地 は 第 三 紀 層 で 柔 らかな 砂 岩 凝 灰 岩 などで 構 成 されており 一 部 観 光 開 発 が 進 んでいますが 豊 かな 造 林 地 帯 となっています 地 目 別 面 積 H22.4. 現 在 ( 単 位 m2) 総 数 田 畑 宅 地 山 林 原 野 沼 池 雑 種 地 その 他 89,370,000 7,739,508 2,293,29 4,329,300 24,9,75 28,367, ,447,388 9,28,068 資 料 税 務 課 (その 他 には 山 岳 地 帯 河 川 を 含 む) 気 象 白 馬 村 は 日 本 の 屋 根 といわれる 北 アルプスを 背 にして 標 高 700mの 高 地 に 位 置 していま す 冬 は 寒 さの 厳 しい 時 期 もありますが 近 は 暖 冬 が 続 き 以 前 に 比 べ 降 雪 量 は 減 少 して います 一 方 夏 は 盆 地 状 をなしている 地 形 から 日 中 の 気 温 は 都 会 と 変 わらないものの 夜 間 は 涼 しくすごしやすい 気 候 となっています 間 の 降 水 量 は,800~2,200mmで これは 背 後 にあるアルプスのため 気 象 の 変 化 がお きやすいのと 冬 の 降 雪 のためといわれています 平 均 気 温 は 0 度 前 後 ですが 冬 の ~2 月 には-20 度 前 後 となる 日 もあります 夏 は 30 度 以 上 になることもあり 寒 暖 の 差 が 激 しく 間 を 通 じて 晴 天 が 少 ないために 日 照 時 間 も 短 い 傾 向 にあります

14 月 別 最 高 気 温 月 月 別 最 低 気 温 月 月 別 平 均 気 温 月 月 別 降 水 量 月 雨 量 , , , , , , , , , ,44

15 月 別 最 大 降 水 量 ( 日 ) 月 月 別 最 深 積 雪 月 (cm) 前 その 月 2 月 月 2 月 3 月 4 月 観 測 極 値 最 高 気 温 (S53.~ 現 在 ) 最 低 気 温 (S53.~ 現 在 ) 最 高 雨 量 (S5.4~ 現 在 ) 時 間 の 最 大 降 水 量 (S5.4~ 現 在 ) 最 高 積 雪 (S55.~ 現 在 ) mm 55mm 87mm 平 成 6 8 月 6 日 昭 和 56 月 3 平 成 7 7 月 日 平 成 9 月 4 日 昭 和 55 2 月 28 日 カッコ 内 は 観 測 期 間 資 料 提 供 : 長 野 地 方 気 象 台 観 測 データ: 白 馬 地 域 気 象 観 測 所

16 人 口 地 区 別 人 口 世 帯 数 行 政 区 名 世 帯 数 男 女 人 口 行 政 区 名 世 帯 数 男 女 人 口 H22.4. 内 山 森 上 佐 野 塩 島 沢 渡 通 三 日 市 場 立 の 間 堀 之 内 青 鬼 5 26 飯 田 野 平 飯 森 大 出 神 城 計,088,377,45 2,792 白 馬 町 深 空 蕨 平 八 方 口 嶺 方 瑞 穂 エコーランド 八 方 みそら 野 落 倉 和 田 野 切 久 保 山 麓 新 田 北 城 計 2,532 3,66 3,59 6,325 どんぐり 合 計 3,620 4,543 4,574 9,7 資 料 住 民 福 祉 課 次 別 人 口 動 態 次 人 口 自 然 動 態 社 会 動 態 増 減 増 減 出 生 死 亡 増 減 転 入 転 出 婚 姻 離 婚 資 料 住 民 福 祉 課

17 人 口 と 世 帯 数 の 推 移 次 世 帯 数 人 口 総 数 男 女 一 世 帯 当 人 員 45,548 6,292 3,080 3, ,687 6,495 3,93 3, ,995 7,3 3,549 3, ,300 7,99 3,892 4, H2 2,544 8,356 4,46 4, ,964 8,906 4,449 4, ,339 9,492 4,67 4, ,542 9,500 4,687 4, ,239 9,207 未 発 表 未 発 表 2.8 人 口 密 度 (km2 当 り) 未 発 表 資 料 国 勢 調 査 (22 数 値 は 速 報 値 ) 産 業 別 就 業 人 口 の 推 移 区 分 総 数 第 次 産 業 農 業 林 業 第 2 次 産 業 鉱 業 建 設 業 製 造 業 第 3 次 産 業 卸 小 売 業 金 融 保 険 不 動 産 業 運 輸 通 信 業 電 気 ガス 水 道 業 サ ー ビ ス 業 公 務 分 類 不 能 就 業 率 (%) H ,80 3,874 4,059 4,69 4,783 5,267 5,400 2,637, ,604, ,00, , , , , , , ,364,738 2,93 2,266 2, , , , 資 料 国 勢 調 査

18 齢 (5 才 階 級 ) 別 人 口 総 数 S H 総 数 男 女 総 数 男 女 総 数 男 女 総 数 男 女 総 数 男 女 総 数 男 女 総 数 男 女 6,572 3,298 3,274 6,495 3,93 3,302 7,99 3,892 4,027 8,356 4,46 4,20 8,906 4,449 4,457 9,492 4,67 4,82 9,500 4,687 4,83 才 0~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 不 詳 資 料 国 勢 調 査

19 行 政 白 馬 村 行 政 機 構 図 総 務 課 税 務 課 総 務 係 情 報 基 盤 整 備 係 企 画 係 財 政 係 徴 収 債 権 回 収 係 徴 収 係 課 税 係 村 長 副 村 長 住 民 福 祉 課 住 民 係 福 祉 係 保 健 介 護 係 しろうま 保 育 園 環 境 課 環 境 係 観 光 農 政 課 農 林 係 土 地 改 良 係 国 土 調 査 係 観 光 特 産 係 建 設 水 道 課 建 設 係 管 理 係 水 道 業 務 係 会 計 室 会 計 係 教 育 委 員 会 教 育 長 教 育 課 学 校 教 育 係 社 会 教 育 文 化 財 係 中 学 校 小 学 校 共 同 調 理 場 スポーツ 課 社 会 体 育 係 スポーツ 事 業 係 議 会 事 務 局 議 会 事 務 局 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 監 査 委 員 選 挙 管 理 委 員 会 農 業 委 員 会 事 務 局 事 務 局 事 務 局 事 務 局 税 務 課 担 当 兼 務 議 会 事 務 局 総 務 課 担 当 兼 務 観 光 農 政 課 担 当 兼 務

20 歴 代 三 役 村 長 副 村 長 収 入 役 H9.3までは 助 役 太 田 新 助 長 沢 義 隆 長 沢 正 男 ( S3..2 ~ 35.. ) ( S ~ ) ( S ~ ) 太 田 新 助 武 田 浪 穂 長 沢 正 男 ( S35..2 ~ 39.. ) ( S ~ ) ( S ~ ) 太 田 新 助 柏 原 一 民 丸 山 今 朝 栄 ( S39..2 ~ ) ( S ~ ) ( S ~ ) 松 沢 安 蔵 武 田 善 之 丸 山 今 朝 栄 ( S4.0.6 ~ ) ( S50.6. ~ ) ( S ~ ) 松 沢 安 蔵 武 田 善 之 丸 山 今 朝 栄 ( S ~ ) ( S54.6. ~ ) ( S ~ 5..6 ) 横 沢 裕 丸 山 克 治 北 沢 昇 司 ( S ~ ) ( S58.5. ~ ) ( S5.4. ~ ) 横 沢 裕 鎌 倉 伸 夫 山 岸 総 一 ( S ~ ) ( S62.5. ~ H2.0.5) ( S52.9. ~ ) 横 沢 裕 佐 藤 和 孝 丸 山 克 治 ( S ~ ) ( H2.. ~ ) ( S56.9. ~ ) 横 沢 裕 松 沢 寿 幸 鎌 倉 伸 夫 ( S6.0.6 ~ H2.0.5 ) ( H6.. ~ ) ( S58.5. ~ ) 西 沢 泰 松 沢 宗 昭 塩 島 一 成 ( H2.0.6 ~ ) ( H0.. ~ ) ( S62.5. ~ H2.0.5) 福 島 信 行 松 沢 宗 昭 宮 尾 幸 典 ( H6.8.7 ~ ) ( H4.. ~ ) ( H2.. ~ ) 福 島 信 行 窪 田 徳 右 衛 門 福 島 顕 作 ( H0.8.7 ~ ) ( H8.9. ~ H22.8.3) ( H6.. ~ ) 福 島 信 行 窪 田 徳 右 衛 門 福 島 顕 作 ( H4.8.7 ~ ) ( H22.9. ~ 現 在 ) ( H0.. ~ ) 太 田 紘 熙 内 川 雅 夫 ( H8.8.6 ~ ) ( H4.. ~ ) 太 田 紘 熙 ( H ~ 現 在 ) 資 料 総 務 課

21 議 会 体 制 常 任 委 員 会 総 務 社 会 委 員 会 産 業 経 済 委 員 会 議 会 議 会 運 営 委 員 会 ごみ 処 理 特 別 委 員 会 特 別 委 員 会 議 会 報 調 査 編 集 特 別 委 員 会 議 会 の 開 催 状 況 召 集 回 数 定 例 臨 時 会 議 日 数 委 員 会 の 開 催 状 況 資 料 議 会 事 務 局 内 訳 提 出 議 案 数 請 願 陳 情 村 長 提 出 議 員 提 出 専 決 報 告 資 料 議 会 事 務 局 委 員 会 名 総 務 社 会 委 員 会 産 業 経 済 委 員 会 社 会 文 教 委 員 会 6 4 総 務 観 光 委 員 会 2 4 建 設 産 業 委 員 会 7 2 議 会 改 革 調 査 検 討 委 員 会 議 会 報 調 査 編 集 特 別 委 員 会 ご み 処 理 特 別 委 員 会 H2.5.8 より 構 成 変 わる 資 料 議 会 事 務 局

22 歴 代 議 長 副 議 長 議 長 副 議 長 風 間 豊 衛 (S3.0.6 ~ ) 下 川 又 寛 北 沢 幸 義 (S ~ ) 下 川 甚 吾 衛 塩 島 勘 解 由 (S ~ ) 津 滝 理 一 津 滝 理 一 丸 山 繁 一 (S40.5. (S ~ ~ ) ) 中 村 彦 一 田 中 事 住 下 川 太 門 (S48.5. ~ 49..) 丸 山 金 蔵 丸 山 金 蔵 (S49..2 ~ ) 横 田 喜 重 松 島 住 吉 (S ~ ) 中 村 二 郎 内 川 良 (S ~ ) 内 川 良 下 川 和 一 (S56.5. ~ ) 吉 沢 晃 山 岸 新 重 (S ~ ) 下 川 和 一 大 谷 安 昌 (S ~ H 元.5.4) 松 倉 広 西 沢 泰 (H 元.5.9 ~ 2.9.7) 長 沢 利 丸 山 芳 充 (H2.0. ~ 3.7.5) 柏 原 一 民 武 田 豊 (H3.7.5 ~ 5.5.4) 矢 口 幸 利 丸 山 芳 充 (H5.5.8 ~ 5.0.7) 丸 山 芳 充 柏 原 重 信 (H ~ 7.5.9) 松 沢 嘉 門 丸 山 卓 男 (H7.5.9 ~ 9.5.4) 内 川 賀 介 太 田 紘 熙 (H9.5.5 ~.5.0) 柏 原 重 信 太 田 紘 熙 (H.5.0 ~ 3.5.4) 宮 田 温 巳 田 中 庄 左 ェ 門 (H3.5.8 ~ 5.5.8) 平 林 敏 松 沢 徹 男 (H5.5.8 ~ 7.5.4) 上 川 博 史 下 川 辰 男 (H7.5.9 ~ 9.5.8) 郷 津 浩 史 西 沢 功 (H9.5.8 ~ 2.5.4) 丸 山 高 下 川 正 剛 (H2.5.8 ~ 現 在 ) 丸 山 基 西 沢 功 高 橋 賢 一 太 谷 正 治 (S3.0.3 ~ ) (S ~ ) (S ~ ) (S40.5. ~ ) (S ~ ) (S48.5. ~ 49..2) (S49..2 ~ ) (S ~ ) (S ~ ) (S ~ (S ~ (S56.5. ~ (S ~ (S ~ (H 元.5.9 ~ (H2.0. ~ (H5.5.8 ~ (H ~ (H7.5.9 ~ (H9.5.5 ~ (H.5.0 ~ (H3.5.8 ~ (H5.5.8 ~ (H7.5.9 ~ (H9.5.8 ~ ) ) ) ) (S ~ ) H 元.5.4) 2.0.0) 3.7.5) (H3.7.5 ~ 5.5.4) (H2.5.8 ~ ) 7.5.9) 9.5.4).5.0) 3.5.4) 5.5.8) 7.5.4) 9.5.8) 2.5.4) 現 在 ) 資 料 議 会 事 務 局

23 財 政 一 般 会 計 予 算 額 決 算 額 の 推 移 度 当 初 予 算 額 ,337,000 歳 入 決 算 額 歳 出 決 算 額 5,800,000 6,24,27 6,69,972 5,760,000 5,92,803 5,844,33 5,280,000 5,629,637 5,57,547 4,87,000 5,06,373 5,038,860 4,948,000 5,456,244 5,379,640 4,453,000 5,33,552 5,054,88 4,39,000 4,496,226 4,389,692 4,986,77 4,99,57 資 料 総 務 課 ( 単 位 : 千 円 ) 特 別 会 計 予 算 額 決 算 額 の 推 移 当 初 予 算 歳 入 決 算 額 国 民 健 康 保 険 事 業 勘 定 特 別 会 計,225,603,59,748 老 人 保 健 医 療 特 別 会 計 後 期 高 齢 者 医 療 特 別 会 計 93 62,82 6,335 60,707 下 水 道 事 業 特 別 会 計 93, 938,942 農 業 集 落 排 水 事 業 特 別 会 計 70,885 70,463 水 道 事 業 会 計 295,02 298,48 平 成 2 度 歳 出 決 算 額,40,44 6,68 60,483 93,427 70, ,3 資 料 総 務 課 ( 単 位 : 千 円 ) 基 金 残 高 の 推 移 次 財 政 調 整 基 金 減 債 基 金 合 計 0 524, ,82 980,09 526, ,39 84, , ,46 866, , ,93 903, , , , , ,959 85, ,0 22,93 646, ,332 7,293 53, ,553 23,42 573, ,402 23,80 590, ,78 232,73 632, , , ,884 資 料 総 務 課 ( 単 位 : 千 円 )

24 村 税 収 入 の 推 移 度 総 額 住 民 税 固 定 資 産 税 軽 自 動 車 税 入 湯 税,700, ,058,26,856 20,6 8,485 28,697 0,662,506 34,708,227,08 20,733 79,358 20,599 0,557,584 26,333,74,933 2,24 74,374 25,703 0,456, ,22,044,553 2,466 72,393 29,885 0,536,05 360,39,056,539 2,685 69,040 28,702 0,543, ,262,074,8 2,996 63,432 28,008 0,474, ,992,005,496 22,385 58,90 29,036 0 村 民 所 得 の 推 移 次 総 計 給 与 所 得 営 業 所 得 村 たばこ 税 農 業 所 得 5 8,699,458 7,494,40 535,504 3,20 6 8,334,025 7,205, ,599 8, ,474,224 7,068, ,478 8, ,435,442 7,044, ,700 2,57 9 8,3,290 6,99, ,263 7, ,325,046 6,980,5 459,706 9, ,055,242 6,73, ,946 5,9 特 別 土 地 保 有 税 平 成 5 以 降 当 分 の 間 特 別 土 地 保 有 税 の 課 税 が 停 止 資 料 税 務 課 ( 単 位 : 千 円 ) その 他 所 得 656, ,642 92,82 9, ,94 865,65 907,860 資 料 税 務 課 ( 単 位 : 千 円 )

25 選 挙 各 選 挙 の 執 行 状 況 選 挙 名 執 行 当 日 の 有 権 者 数 投 票 者 数 投 票 率 月 日 総 数 男 女 総 数 男 女 総 数 男 女 人 人 人 人 人 人 % % % 衆 議 院 議 員 選 挙 ,908 2,369 2,539 3,966,95 2, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 ,843 2,340 2,503 4,70 2,259 2, 参 議 院 議 員 選 挙 ,926 2,382 2,544 3,886,878 2, 白 馬 村 長 選 挙 無 投 票 県 知 事 及 県 議 会 議 員 選 挙 ,05 2,448 2,567 4,309 2,095 2, 衆 議 院 議 員 選 挙 ,083 2,486 2,597 4,60 2,034 2, ,66 2,53 2,635 4,077 2,008 2, 参 議 院 全 国 区 地 方 区 ,66 2,53 2,635 4,074 4,075 2,007 2,007 2,067 2, 県 知 事 選 挙 ,56 2,526 2,630 3,529,702, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 ,20 2,553 2,657 5,009 2,448 2, 白 馬 村 長 選 挙 無 投 票 県 議 会 議 員 選 挙 ,470 2,69 2,779 5,07 2,460 2, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 ,394 2,329 2,765 4,80 2,302 2, 参 議 院 議 員 選 挙 ,485 2,679 2,806 3,533,728, 衆 議 院 議 員 選 挙 ,508 2,683 2,825 4,205 2,063 2, 長 野 県 知 事 選 挙 ,589 2,702 2,887 3,56,678, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 ,702 2,768 2,934 5,40 2,62 2, 参 議 院 議 員 総 選 挙 ,94 2,89 3,023 4,784 2,342 2, 衆 議 院 議 員 通 常 選 挙 ,94 2,98 3,023 4,784 2,342 2, 白 馬 村 長 選 挙 ,927 2,904 3,023 5,200 2,59 2, 県 議 会 議 員 選 挙 ,978 2,929 3,049 4,30 2,06 2, 長 野 県 知 事 選 挙 ,02 3,06 3,086 4,474 2,9 2, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 元 ,54 3,044 3,0 5,779 2,845 2, 参 議 院 議 員 選 挙 元 ,266 3, 3,55 4,340 2,57 2, 衆 議 院 議 員 選 挙 ,306 3,36 3,70 4,65 2,283 2, 白 馬 村 長 選 挙 無 投 票 県 議 会 議 員 選 挙 無 投 票 参 議 院 議 員 選 挙 ,556 3,263 3,293 3,292,94, 県 知 事 選 挙 ,527 3,249 3,278 4,055,936 2, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 ,529 3,25 3,278 5,852 2,90 2, 衆 議 院 議 員 選 挙 ,656 3,320 3,336 5,065 2,634 2, 白 馬 村 長 選 挙 ,680 3,320 3,336 5,52 2,69 2, 県 議 会 議 員 選 挙 ,790 3,390 3,400 5,252 2,558 2, 参 議 院 議 員 選 挙 比 例 区,927, 選 挙 区 ,99 3,464 3,455 3, ,887,928, 衆 議 院 議 員 選 挙 比 例 区 2,365 2,443 選 挙 区 ,55 3,567 3,588 4, ,8 2,365 2, 長 野 県 知 事 選 挙 ,072 3,523 3,549 4,80 2,362 2, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 ,099 3,549 3,550 6,00 2,979 3, 参 議 院 議 員 選 挙 比 例 区 選 挙 区 ,342 3,676 3,666 4,898 4,898 2,44 2,44 2,457 2, 白 県 馬 議 村 会 議 長 員 選 選 挙 挙. 4.2 無 投 票 無 投 票 参 議 院 補 欠 選 挙.0.7 7,40 3,699 3,7 3,508,743, 衆 議 院 議 員 選 挙 比 例 区 選 挙 区 ,465 7,46 3,725 3,724 3,740 3,737 5,8 5,20 2,556 2,556 2,562 2, 県 議 会 議 員 選 挙 ,400 3,687 3,73 5,392 2,627 2, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 ,388 3,690 3,698 5,934 2,903 3, 県 議 会 議 員 選 挙 ,485 3,73 3,772 4,432 2,78 2, 衆 議 院 議 員 選 挙 比 例 区 ,63 3,764 3,849 5,96 2,597 2, 選 挙 区 7,608 3,76 3,847 5,95 2,595 2, 参 議 院 議 員 選 挙 比 例 区 7,635 3,783 3,852 4, 選 挙 区 ,508 2, ,630 3,780 3,850 4,994 2,507 2, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 ,502 3,69 3,8 5,770 2,804 2, 衆 議 院 議 員 選 挙 比 例 区 選 挙 区 ,575 7,574 3,724 3,724 3,85 3,850 5,386 5,386 2,678 2,678 2,708 2, 白 馬 村 長 選 挙 ,408 3,642 3,766 5,884 2,870 3, 長 野 県 知 事 選 挙 ,430 3,654 3,776 5,7 2,554 2, 参 議 院 議 員 選 挙 比 例 区 選 挙 区 ,467 3,675 3,792 5,077 2,533 2, 白 馬 村 議 会 議 員 選 挙 ,324 3,625 3,699 5,558 2,720 2, 衆 議 院 議 員 選 挙 比 例 区 選 挙 区 ,406 3,669 3,737 5,632 2,827 2, 参 議 院 議 員 選 挙 比 例 区 選 挙 区 ,473 3,705 3,768 5,576 2,745 2, 白 馬 村 長 選 挙 ,356 3,643 3,73 5,487 2,694 2, 長 野 県 知 事 選 挙 ,360 3,645 3,75 4,286 2,7 2,

26 福 祉 老 人 人 口 の 推 移 H2 ( 総 人 口 8,356 人 ) 総 数 男 女 構 成 比 人 人 人 % H7 ( 総 人 口 8,906 人 ) 総 数 人 男 人 女 人 構 成 比 % H2 ( 総 人 口 9,492 人 ) 総 数 男 人 人 女 人 構 成 比 % H7 ( 総 人 口 9,500 人 ) 総 数 男 女 構 成 比 人 人 人 % 総 計, ~ ~ ~79 80~ ~ ~ 9 4 5, , , ,03, 資 料 国 勢 調 査 保 育 施 設 概 要 名 称 職 員 数 しろうま 保 育 園 9 総 数 73 保 育 園 児 0~2 歳 児 3 歳 児 4 歳 児 5 歳 児 定 員 80 資 料 しろうま 保 育 園 (H22 度 当 初 ) 身 体 障 害 者 の 現 状 等 級 別 障 害 別 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 計 視 覚 障 害 聴 覚 障 害 聾 唖 平 衡 機 能 障 害 0 音 声 言 語 機 能 障 害 2 3 そ し ゃ く 機 能 障 害 0 心 臓 機 能 障 害 腎 臓 機 能 障 害 呼 吸 器 機 能 障 害 2 4 膀 胱 直 腸 機 能 障 害 0 0 小 腸 機 能 障 害 体 幹 機 能 障 害 上 肢 切 断 上 肢 機 能 障 害 下 肢 切 断 下 肢 機 能 障 害 計 資 料 住 民 福 祉 課 (H22.4.)

27 国 民 金 度 別 給 付 状 況 の 推 移 度 基 礎 金 老 齢 老 齢 障 害 遺 族 福 祉 金 総 数 給 付 総 額 4, ,850,24,520,00 5, ,908,63,534,000 6, ,958,2,636,600 7, ,09,266,936,200 8, ,083,290,435,200 9, ,064,39,694,700 20, ,2,369,548, , ,90,429,92,000 福 祉 医 療 給 付 状 況 度 老 人 乳 幼 児 件 数 金 額 件 数 金 額 9 0,043 3,864 9,85,363 件 数 3, ,990 4,740 9,059,328 3, ,389,247 6,45 2,937,843 4,29 重 度 心 身 障 害 者 金 額 8,367,882 7,642,87 6,672,406 資 料 住 民 福 祉 課 母 子 件 数 金 額 , ,028, ,23,0 7 68,579,780 6,27 2,265,850 3,43 5,680, ,507, ,37,540 6,932 5,00,720 3,042 4,996,900 67,45, ,70 6,957 2,77,090 3,696 7,777,60 669,338, ,540 7,346 3,254,735 3,5 7,092, ,062, ,450 6,26 0,84,279 3,458 8,047, ,40,635 資 料 住 民 福 祉 課

28 保 健 衛 生 齢 階 級 別 死 亡 者 数 の 推 移 次 代 総 数 ~ 4 歳 5 ~ 9 歳 0 ~ 4 歳 5 ~ 9 歳 20 ~ 24 歳 25 ~ 29 歳 30 ~ 34 歳 35 ~ 39 歳 40 ~ 44 歳 45 ~ 49 歳 50 ~ 54 歳 55 ~ 59 歳 ~ 64 歳 ~ 69 歳 ~ 74 歳 ~ 79 歳 ~ 84 歳 ~ 89 歳 ~ 資 料 住 民 福 祉 課

29 予 防 接 種 の 状 況 平 成 4 平 成 5 平 成 6 平 成 7 平 成 8 平 成 9 平 成 2 0 平 成 2 対 象 人 員 人 , 接 種 人 員 人 接 種 率 % 対 象 人 員 人 , 接 種 人 員 人 接 種 率 % 対 象 人 員 人 , 接 種 人 員 人 接 種 率 % 対 象 人 員 人 , 接 種 人 員 人 , 接 種 率 % 対 象 人 員 人 , 接 種 人 員 人 , 接 種 率 % 対 象 人 員 人 330 三 種 混 合 二 種 混 合 ポリオ 日 本 脳 炎 インフルンザ H7.5~ 日 本 脳 炎 は 積 極 的 接 種 見 合 わせ H8.4~ 麻 疹 風 疹 は 混 合 ワクチンにて 実 施 H8.6~ 次 度 就 学 児 に 対 して 麻 疹 風 疹 2 期 接 種 実 施 H20 度 から5 間 中 高 3のMR 予 防 接 種 が 追 加 措 置 , , 接 種 人 員 人 259 接 種 率 % 対 象 人 員 人 , ( 風 疹 単 独 名 含 ) 接 種 人 員 人 , ( 風 疹 単 独 名 含 ) 接 種 率 % 対 象 人 員 人 ,0 349 接 種 人 員 人 , 接 種 率 % 風 疹 資 料 麻 疹 住 民 福 祉 課 結 核 検 診 の 状 況 平 成 4 平 成 5 平 成 6 平 成 7 平 成 8 平 成 9 平 成 2 0 平 成 2 ツベルクリン BCG レントゲン 精 密 検 査 対 象 人 員 人 ,89 接 種 人 員 人 ,400 接 種 率 % 対 象 人 員 人 ,668 接 種 人 員 人 85 77,447 接 種 率 % 対 象 人 員 人 ,7 2 接 種 人 員 人 3 05,538 2 接 種 率 % 対 象 人 員 人 - 88,504 2 接 種 人 員 人 接 種 率 % 対 象 人 員 人 - 74,340 2 接 種 人 員 人 接 種 率 % 対 象 人 員 人 - 79,54 3 接 種 人 員 人 接 種 率 % 対 象 人 員 人 接 種 人 員 人 接 種 率 % 対 象 人 員 接 種 人 員 人 人 , H7より 結 核 対 象 齢 は65 歳 以 上 に 変 更 H7よりツベルクリン 反 応 検 査 は 廃 止 接 種 率 % 資 料 住 民 福 祉 課

30 国 民 健 康 保 険 加 入 状 況 及 び 保 険 料 の 推 移 度 加 入 世 帯 数 世 帯 加 入 率 被 保 険 者 数 被 保 険 者 加 入 率 一 世 帯 当 り 保 険 税 被 保 険 者 人 当 り 保 険 税 保 険 税 総 額 % 人 % 円 円 千 円 4 2, , ,543 62, , , , ,763 56, , , , ,97 55,237 27,28 7 2, , ,623 69, , , , ,639 69,08 328, , , ,368 73, ,703 20, , ,067 83,305 3,728 2, , ,882 84,204 3,33 資 料 住 民 福 祉 課 保 険 給 付 状 況 の 推 移 度 給 付 件 数 費 用 額 保 険 者 負 担 分 4 24, , , , , , , , ,077,255 7, , , , ,936,98 7, ,70 556, , ,38,256 8, ,234 60, , ,359,238 9, ,89 568,289 46, ,375,34 6, ,67 763, , ,095,32 0, ,598 76,247 57, ,926,525 0,62 数 値 は 一 般 被 保 険 者 について 資 料 住 民 福 祉 課 後 期 高 齢 者 医 療 被 保 険 者 数 と 医 療 費 区 分 平 成 6 度 平 成 7 度 平 成 8 度 平 成 9 度 平 成 20 度 被 保 険 者 数 ( 人 ),30,24,074,067,4 医 療 費 ( 円 )667,254,62 670,708,059 65,465,833 ただしH9 度 までは 老 人 保 健 に 係 る 数 値 介 護 保 険 要 介 護 要 支 援 認 定 状 況 医 療 施 設 従 業 者 数 し 尿 白 馬 村 認 定 結 果 件 千 円 千 円 構 成 比 % 区 分 医 院 保 険 者 負 担 率 歯 科 整 骨 院 医 院 662,802, ,547,46 要 支 援 個 所 数 ,553 2,669 要 支 援 医 師 数 7 5 3,093 2,35 要 介 護 歯 科 医 数 4 6 2,743 2,24 要 介 護 保 健 師 4 7 2,03,986 要 介 護 H22.4. 現 在 8 2,087,970 要 介 護 ,660,466 要 介 護 ,749,747 計 ,499,390 平 成 22 4 月 日 現 在 資 料 白 馬 山 麓 環 境 施 設 組 合 特 別 養 護 老 人 ホーム 入 所 者 30 人 を 含 む % 高 額 療 養 費 その 他 の 保 険 給 付 件 数 給 付 費 件 数 費 用 額 村 件 千 円 件 千 円 資 料 住 民 福 祉 課 度 生 し 尿 浄 化 槽 汚 泥 kl 平 成 2 度,02 738,5,28 kl

31 産 業 産 業 分 類 別 事 業 所 数 および 従 業 者 数 産 業 分 類 別 総 数 農 林 漁 業 鉱 業 建 設 業 製 造 業 卸 売 小 売 業 金 融 保 険 業 不 動 産 業 地 区 別 神 北 北 城 城 城 白 馬 村 白 馬 村 国 勢 調 査 兼 業 農 家 農 家 数 専 業 農 家 専 業 率 世 帯 数 総 数 第 種 兼 業 第 2 種 兼 業 S H S50, , H 7 2, , , S50,686, , ,297, , H 7 2, , , 経 営 耕 地 面 積 規 模 別 農 家 数 神 城 昭 和 , ,892 8,26 4 5,75 9, ,554 5,367-7,224 -,3-6,38 -,45 2 4, , 運 輸 通 信 業 電 気 ガス 水 道 業 サービス 業 584 2, , , , , , S50 60 H S50 60 H S50 60 H 昭 和 56 昭 和 6 平 成 3 平 成 8 事 業 所 数 従 業 者 数 事 業 所 数 従 業 者 数 事 業 所 数 従 業 者 数 事 業 所 数 従 業 者 数 事 業 所 数 従 業 者 数 事 業 所 数 従 業 者 数 事 業 所 数 従 業 者 数 専 業 兼 業 別 農 家 数 地 区 別 ,86 279,32 平 成 3,266 総 数 0.3ha 未 満 0.3~0.5ha 0.5~0.7ha 0.7~.0ha.0~.5ha.5~2.0ha 2.0~3.0ha 3.0ha 以 上 例 外 規 定 , , 資 料 農 林 業 センサス 平 成 ( 飲 食 業 は 平 成 3 以 前 は 卸 売 小 売 業 に 平 成 8 はサービス 業 に 含 む) 資 料 事 業 所 企 業 統 計 調 査 20 3,043

32 農 用 機 械 保 有 台 数 S50 60 H 農 地 移 動 状 況 ( 面 積 単 位 :a) 自 作 地 の 有 償 自 作 地 の 無 償 農 業 経 営 基 盤 強 化 促 区 賃 借 権 の 設 定 所 有 権 の 移 転 所 有 権 の 移 転 進 法 に 基 づく 農 用 地 分 度 の 利 用 件 の 設 定 4 条 許 可 5 条 許 可 件 数 面 積 件 数 面 積 件 数 面 積 件 数 面 積 件 数 面 積 件 数 面 積 , , , , , , , 資 料 農 業 委 員 会 ha t 立 木 地 その 他 合 計 ,053 国 有 林 5, , ,949 県 有 林 公 有 林 ,224 村 有 林 495,476, ,597 地 区 有 林 , ,64 私 有 林 団 体 有 林 ,584 その 他 6, , ,522 合 計 4,030,856 5, ,542 平 成 7 4. 現 在 ( 単 位 :ha) 資 料 観 光 農 政 課 資 料 長 野 県 林 務 部 長 野 県 民 有 林 の 現 況 山 林 経 営 面 積 別 戸 数 面 積 50ha 以 上 総 数 トラクター 動 力 耕 運 機 0.~0.9.0~ ~ ~ ~ ~49.9 S 工 業 に 関 する 統 計 バインダー コンバイン 乾 燥 機 経 営 農 地 総 数 田 畑 果 樹 地 採 草 地 S H 資 料 農 林 業 センサス ( 単 位 ha) 田 植 機 米 の 作 付 面 積 収 穫 量 山 林 面 積 H 資 料 農 林 業 センサス 次 事 業 所 数 製 造 品 出 荷 額 等 従 業 者 数 , , , , , , 資 料 工 業 統 計 調 査 経 営 土 地 の 面 積 の 推 移

33 産 業 分 類 別 商 店 数 の 推 移 小 売 業 総 数 卸 売 業 繊 維 衣 服 身 のまわり 品 飲 食 料 品 自 動 車 等 家 具 建 具 什 器 S57 63 H 産 業 分 類 別 従 業 者 数 の 推 移 小 売 業 小 売 業 その 他 飲 食 料 品 総 数 卸 売 業 商 店 数 S57 63 H 間 商 品 販 売 額 ( 万 円 ) S57 63 H ,78,889,493,66 2,020,20 2,394,088,529,695,309,847,267,889 5,743 90,670 34,453 43,973 44,458 36,02 70,975 25,64 26,235 28,24 49,74 6,700,894 6, , ,429 67,567,005,06 638,245 55,43 549,636 60,60 27,25 9,53 23, ,93 30,997 50,764 40,472 4,05 64,200 58,90 9,30 467,30 633,348 74, , , ,566 - 産 業 分 類 別 一 商 店 当 り 間 商 品 販 売 額 の 推 移 小 売 業 その 他 総 数 卸 売 業 繊 維 衣 服 身 のまわり 品 飲 食 料 品 自 動 車 等 家 具 建 具 什 器 産 業 分 類 別 間 商 品 販 売 額 の 推 移 総 数 卸 売 業 繊 維 衣 服 身 のまわり 品 自 動 車 等 家 具 建 具 什 器 その 他 繊 維 衣 服 身 のまわり 品 飲 食 料 品 自 動 車 等 家 具 建 具 什 器 その 他 従 業 者 数 一 商 店 当 り 間 商 品 販 売 額 ( 万 円 ) S57 63 H ,807 0,445 3,290 6,76 0,926 9,703 9,533 3,795 9,067 6,260 23,999 9,63 9,76 4,248 2,56 2,624 3,25 4,45 2,088,322,306 9,402 5,706 22,873 25,25 6,796 4,896 6,656 0,00 3,888 4,939 4, ,048 4,428 4,65 5,059 3,53 8,025 4,909,4 8,987 9,79 9,503 2,609 8,437 8,942 - 資 料 商 業 統 計 調 査

34 運 輸 自 動 車 保 有 台 数 貨 物 車 乗 合 車 乗 用 車 特 種 車 特 殊 車 小 型 軽 二 輪 車 軽 自 動 車 人 当 り 車 両 世 帯 当 り 車 両 , ,39 9, , ,394 9, , ,449 9, , ,57 9, , ,56 9, , ,64 9, , ,703 9, , ,753 9, 合 計 各 4 月 日 現 在 料 北 陸 信 越 運 輸 局 長 野 運 輸 支 局 ( 市 町 村 別 自 動 車 保 有 台 数 ) 治 安 防 災 消 防 施 設 概 要 分 団 数 団 員 数 消 防 自 動 車 可 搬 動 力 ポンプ 動 力 ポンプ 積 載 車 各 4 月 日 現 在 防 火 水 そう 消 火 栓 数 総 数 40m3 以 上 20~40m 資 料 総 務 課 火 災 件 数 焼 失 面 積 損 害 額 総 数 ( 件 数 ) 全 焼 建 物 ( 棟 数 ) 半 焼 部 分 焼 3( 3) 2 2( 3) - - 計 山 林 その 他 ( 件 数 ) ( 件 数 ) 建 物 (m2) 焼 失 面 積 山 林 その 他 (a) ( 月 ~2 月 ) 被 害 額 ( 千 円 ) 救 急 車 出 動 回 数 , , ,575-85, , , , 災 害 によるものを 棟 含 む 2 ぼや 火 災 件 数 焼 失 面 積 は 規 定 数 以 下 の 為 計 上 されていない 3 ぼや 火 災 件 数 を 含 む 資 料 北 アルプス 広 域 北 部 消 防 署

35 交 通 事 故 発 生 状 況 件 数 死 者 負 傷 者 刑 法 犯 発 生 件 数 合 計 凶 悪 犯 粗 暴 犯 知 能 犯 風 俗 犯 窃 盗 犯 その 他 山 の 遭 難 事 故 の 推 移 総 数 件 数 死 亡 ケガ その 他 件 数 白 馬 三 山 唐 松 岳 八 方 尾 根 五 竜 岳 遠 見 尾 根 死 亡 ケガ その 他 件 数 死 亡 ケガ その 他 件 数 死 亡 ケガ その 他 資 料 大 町 警 察 署

36 観 光 目 的 別 観 光 客 数 推 計 目 的 別 登 山 スキー ( 月 から2 月 までの 間 ) 単 位 : 人 一 般 観 光 旅 行 3 94,000,358,743,582,957 3,035, ,600,695,039,306,96 3,080, ,800,463,989,238,4 2,772, ,800,258,836,408,64 2,730, ,700,325,422,382,378 2,762, ,400,204,586,379,4 2,626, ,300,00,702,362,598 2,505, ,700,75,966,323,334 2,537, , ,35,225,665 2,256,300 合 計 村 内 主 要 施 設 の 利 用 人 数 度 ジャンプ 競 技 場 グリーン スポーツの 国 民 保 養 センター 頂 上 宿 舎 220,42 39,700 38,0 7,33 2,90, ,080 68,846 36,536 33,784 6,500 3,94, ,438 33,222 33,633 6,307 3,7, ,57 3,25 32,272 5,406 2,946, ,039 46,749 34,480 4,932 2, ,905 35,68 29,960 3,988 2,854, ,464 34,507 3,63 3,996 92,806 32,28 27,323 3,067 八 方 池 山 荘 2,968,09 2,957 天 狗 山 荘 猿 倉 荘 白 馬 尻 荘 552 -, 資 料 白 馬 村 振 興 公 社 白 馬 村 観 光 局 スキー 場 別 入 込 数 スキー 度 白 馬 さのさか 白 馬 五 竜 Hakuba47 八 方 尾 根 白 馬 岩 岳 白 馬 みねかた 白 馬 ハイランド 合 計 3 度 55, ,870 72, ,66 273,052 2,66 24,494,546,302 4 度 5 度 65,798 59, , , ,604 89, , , ,255 26,269 2,343,78 25,4 20,507,58,40,378,80 6 度 59,67 358,90 7,52 44,852 8,93 9,863 8,904,240,68 7 度 8 度 65,434 53, , ,500 54,999 35, , ,602 20,99 55,58 6,37 4,76 7,232 9,808,229,936,093,446 9 度 56, ,82 06,8 362,399 73,44 8,9 9,872,087,85 20 度 47, ,930 20, ,644 45,7 6,870 8,96,086,6 2 度 44,624 38,840 90, ,284 44,483 7, ,436 場

37 冬 のスキー 場 施 設 スキー 場 名 白 馬 さのさかスキー 場 リ フ ト 数 ペアリフト 2 トリプルリフト クワッドリフト 2 ペアリフト 8 クワッドリフト 4 白 馬 五 竜 ス キ ー 場 ゴンドラリフト Hakuba47 ウ イ ン タ ー ペアリフト 3 クワッドリフト ス ポ ー ツ パ ー ク ゴンドラリフト ペアリフト 6 トリプルリフト 2 白 馬 八 方 尾 根 スキー 場 クワッドリフト 5 ゴンドラリフト シングルリフト ペアリフト 2 白 馬 岩 岳 ス キ ー 場 トリプルリフト クワッドリフト ゴンドラリフト 白 馬 みねかたスキー 場 ペアリフト 2 面 積 (ha) 最 長 滑 走 距 離 [m] 2, , ,400 3,800 2,000 最 上 部 標 高 [m],200,676,64 8,000,83,289,050 夏 の 遊 覧 施 設 ゴンドラリフト 4 八 方 ゴンドラリフト(アダム)2,064m/ 白 馬 五 竜 テレキャビン2,03m/ Hakuba47ゴンドラリフト(Line8),456m/ 岩 岳 ゴンドラリフト(ノア)2,83m リ フ ト 6 アルペンクワッドリフト782m( 八 方 )/グラートクワッドリフト598m( 八 方 )/ 黒 菱 第 3ペアリフト45m( 八 方 )/アルプス 展 望 リフト66m( 五 竜 )/ Line-A 595m(Hakuba47)/らいちょうペアリフト397m( 岩 岳 ) 山 小 屋 キ ャ ン プ 場 遊 歩 道 自 然 園 サイクリングロード 八 方 池 山 荘 猿 倉 荘 白 馬 山 荘 天 狗 山 荘 唐 松 山 荘 五 竜 山 荘 頂 上 宿 舎 白 馬 尻 小 屋 白 馬 鑓 温 泉 小 屋 キレット 小 屋 グリーンスポーツの 森 Hakuba47 倉 下 八 方 尾 根 自 然 研 究 路 3.5km/Hakuba47かもしかの 散 歩 道 3km/ 塩 島 城 址 遊 歩 道 2km 小 遠 見 山 トレッキングコース3.5km/ 信 濃 路 自 然 遊 歩 道 ( 岩 岳 )3.6km 白 馬 大 雪 渓 遊 歩 道 3.5km/ 塩 の 道 千 国 街 道 6km 落 倉 自 然 園 0.7ha/ 姫 川 源 流 自 然 探 勝 園 2ha/ 白 馬 東 山 自 然 園.9ha 姫 川 サイクリングロード 白 馬 小 径 白 馬 村 観 光 局 会 員 宿 泊 施 設 数 合 計 件 数 増 減 数 収 容 人 員 増 減 数 , , ,072 0, , , , , 合 計 資 料 白 馬 村 観 光 局 ( 平 成 5 以 前 は 白 馬 村 観 光 連 盟 加 盟 宿 泊 施 設 数 ) 宿 泊 施 設 別 棟 数 区 分 棟 数 旅 館 民 宿 ペンショ ン ロッジ ヒュッテ ホテル 貸 別 荘 その 他 合 計 468

38 白 馬 村 観 光 局 会 員 宿 泊 施 設 数 地 区 別 度 推 移 度 戸 数 内 山 収 容 人 員 戸 数 佐 野 収 容 人 員 戸 数 沢 渡 収 容 人 員 三 日 市 場 堀 之 内 収 容 戸 数 人 員 戸 数 飯 田 収 容 人 員 , , , , , , ,67 4 2, , , , ,775 23, , , ,824 2, , , , , , , , ,372 戸 数 飯 森 収 容 人 員 戸 数 深 空 収 容 人 員 八 方 口 戸 数 収 容 人 員 戸 数 八 方 収 容 人 員 度 戸 数 瑞 穂 切 久 保 みそら 野 エコーランド どんぐり 収 容 人 員 戸 数 収 容 人 員 戸 数 ,476, ,04 3, , ,766, ,953 2, , , , , , , , , , ,247 30, , , , 戸 数 72 収 容 人 員 2,20 戸 数 収 容 人 員 戸 数 収 容 人 員 30, ,480 2,082 3,028 収 容 人 員 落 倉 戸 数 , 新 田 収 容 人 員 戸 数 森 上 収 容 人 員 戸 数 32, ,50 塩 島 収 容 人 員 白 馬 町 大 出 蕨 平 嶺 方 山 麓 和 田 野 合 計 度 収 容 収 容 収 容 収 容 収 容 収 容 戸 数 戸 数 戸 数 戸 数 戸 数 戸 数 戸 数 収 容 人 員 人 員 人 員 人 員 人 員 人 員 人 員 , , , , , , , , , , , , ,497 33, , ,497 3, ,448,574 22,483 資 料 白 馬 村 観 光 局 ( 平 成 5 以 前 は 白 馬 村 観 光 連 盟 加 盟 宿 泊 施 設 数 ) ,397

目 次 歴 史 の 中 での 白 馬 村 1 白 馬 村 の 歩 み 3 自 然 11 人 口 14 行 政 議 会 17 財 政 21 選 挙 23 福 祉 24 保 健 衛 生 26 産 業 29 運 輸 治 安 防 災 32 観 光 34 道 路 河 川 開 発 37 上 下 水 道 39 学

目 次 歴 史 の 中 での 白 馬 村 1 白 馬 村 の 歩 み 3 自 然 11 人 口 14 行 政 議 会 17 財 政 21 選 挙 23 福 祉 24 保 健 衛 生 26 産 業 29 運 輸 治 安 防 災 32 観 光 34 道 路 河 川 開 発 37 上 下 水 道 39 学 目 次 歴 史 の 中 での 白 馬 村 1 白 馬 村 の 歩 み 3 自 然 11 人 口 14 行 政 議 会 17 財 政 21 選 挙 23 福 祉 24 保 健 衛 生 26 産 業 29 運 輸 治 安 防 災 32 観 光 34 道 路 河 川 開 発 37 上 下 水 道 39 学 校 教 育 40 社 会 教 育 社 会 体 育 文 化 財 42 参 考 資 料 45 村 内 主

More information

平成21年度予算の概要

平成21年度予算の概要 白 馬 村 キャラクター ヴィクトワール シュヴァルブラン 村 男 Ⅲ 世 表 紙 の 裏 表 紙 裏 白 馬 村 一 般 会 計 平 成 27 年 予 算 の 概 要 はじめに 平 成 26 年 11 月 22 日 に 発 生 しました 長 野 県 神 城 断 層 地 震 により 被 災 された 皆 様 におかれましては 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 村 といたしましては 関 係 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63> 214 松 浦 市 市 勢 要 覧 資 料 編 チ カ ラ を つ く り 続 け る CONTENTS 位 置 地 勢 2 人 口 3 産 業 4 生 活 環 境 6 行 政 議 会 7 沿 革 8 市 章 松 浦 市 の 頭 文 字 であるアルファベット 大 文 字 の M をモチーフに 産 業 創 造 の 未 来 へ 躍 進 する 都 市 の 姿 をダイナミックに 図 案 化 し ハートの 形

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

大 正 15 年 8 月 1926 北 海 道 鉄 道 株 式 会 社 の 苗 穂 東 札 幌, 沼 の 端 間 ( 札 幌 線 )の 鉄 道 開 業 に 伴 い 北 広 島 駅 が 開 設 された 昭 和 2 年 4 月 1927 広 島 処 女 会 改 め 広 島 女 子 青 年 団 結 成 3

大 正 15 年 8 月 1926 北 海 道 鉄 道 株 式 会 社 の 苗 穂 東 札 幌, 沼 の 端 間 ( 札 幌 線 )の 鉄 道 開 業 に 伴 い 北 広 島 駅 が 開 設 された 昭 和 2 年 4 月 1927 広 島 処 女 会 改 め 広 島 女 子 青 年 団 結 成 3 明 治 6 年 1873 中 山 久 蔵 が 札 幌 郡 月 寒 村 島 松 ( 現 島 松 18 番 地 -1)に 水 田 10アールを 開 墾 こ こで 水 稲 ( 赤 毛 種 )の 栽 培 に 成 功 この 年 千 歳 郡 島 松 村 から 同 地 に 移 る 6 月 札 幌 ~ 室 蘭 間 の 道 路 ( 札 幌 本 道 )が 開 通 した 10 年 4 月 1877 札 幌 農 学 校 教

More information

平 成 27 年 度 市 税 事 務 概 要 鶴 岡 市 総 務 部 課 税 課 納 税 課 目 次 1. 鶴 岡 市 の 概 要... 5 (1) 地 勢... 7 (2) 沿 革... 7 (3) 人 口 と 世 帯 数... 10 (4) 産 業 大 分 類 別 就 業 者 数... 11 2. 行 政 機 構... 13 (1) 鶴 岡 市 組 織 機 構 図 ( 平 成 27 年 4 月

More information

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北 学 校 の 沿 革 1 学 校 の 規 模 所 在 地 010-0951 秋 田 市 山 王 三 丁 目 1-24( 秋 田 駅 より 西 方 へ 2.2km) 電 話 018-823-8361 FAX 018-823-8363 校 地 面 積 18 520 m2 ( 運 動 場 面 積 8 910 m2) 校 舎 面 積 7 423 m2 ( 屋 内 運 動 場 面 積 1 959 m2) 学 区

More information

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4 月 日 現 在 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 市 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 鹿 児 島 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 89-8 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 山 下 町 5- 電 話 番 号 99 - - 67 FAX 番 号 99 - - 675 ホームペー ジアドレス 代 表 者

More information

は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにした

は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにした 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 小 野 市 は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにしたものです 今 日 の 情 報 化 少 子 高

More information

<95CA8DFB825795C52E656337>

<95CA8DFB825795C52E656337> 1 各 会 当 初 予 算 の 概 要 町 には 一 般 会 のほか 3つの 特 別 会 2つの 企 業 会 があり 平 成 26 年 度 において は 3 月 6 日 開 会 の 第 1 回 定 例 町 議 会 に 提 案 され 3 月 13 日 に 可 決 成 立 しましたので そ の 内 容 をお 知 らせします はじめに 一 般 会 やそれぞれの 会 の 内 容 について 説 明 します 会

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

ウ 都 市 計 画 税 エ 軽 自 動 車 税 オ 国 保 税 カ 入 湯 税 2 終 期 設 定 されている 補 助 金 交 付 金 は 原 則 終 期 をもって 終 了 する ( 補 助 対 象 外 経 費 ) 第 4 条 補 助 対 象 外 経 費 は 次 の 各 号 に 掲 げるものとする

ウ 都 市 計 画 税 エ 軽 自 動 車 税 オ 国 保 税 カ 入 湯 税 2 終 期 設 定 されている 補 助 金 交 付 金 は 原 則 終 期 をもって 終 了 する ( 補 助 対 象 外 経 費 ) 第 4 条 補 助 対 象 外 経 費 は 次 の 各 号 に 掲 げるものとする 飯 山 市 補 助 金 等 交 付 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 市 が 支 出 する 補 助 金 等 について 補 助 金 等 の 透 明 性 公 共 性 及 び 公 益 性 の 一 層 の 向 上 を 図 ることにより 補 助 金 等 の 適 正 化 と 効 果 的 かつ 効 率 的 な 運 用 を 確 保 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 基

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所,

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所, 大 分 類 S- 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 総 説 この 大 分 類 には, 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 機 関 のうち, 国 会, 裁 判 所, 中 央 官 庁 及 びその 地 方 支 分 部 局, 都 道 府 県 庁, 市 区 役 所, 町 村 役 場 など 本 来 の 立 法 事 務, 司 法 事 務 及 び 行 政 事 務 を 行 う 官 公 署 が 分

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

ながいずみ 平 成 26 年 版 行 政 資 料 集 静 岡 県 長 泉 町 は じ め に 平 成 26 年 版 行 政 資 料 集 ながいずみ を 刊 行 いたします 本 書 は 長 泉 町 の 人 口 経 済 社 会 文 化 及 び 町 民 生 活 などの 各 分 野 にわたる 基 礎 的 な 統 計 資 料 を 収 集 して 我 が 町 の 総 合 的 な 現 況 とその 推 移 発 展

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展

松 任 図 書 館 業 称 期 日 容 展 示 西 中 日 記 能 / ~ 傘 /1 西 氏 中 日 記 俳 風 港 原 展 示 火 坂 志 氏 交 流 品 物 展 示 図 書 館 職 員 展 / 里 ~ /10 図 書 館 職 員 面 感 動 図 書 館 職 員 選 展 示 生 物 多 様 性 展 成 度 主 な 事 業 行 事 市 立 図 書 館 同 事 業 業 称 期 日 容 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 書 間 行 特 別 展 示 優 秀 作 品 展 調 学 習 ン 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 作 品 募 第 回 山 図 書 館 使 調 学 習 ン 表 彰 式 図 書 館 芥 川 龍 之 介 賞 賞 谷 希 子 特 別 展 傘 ~ 里 10~11 傘 /1 里 /1~

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 (3 月 末 現 在 ) 年 別 世 帯 数 人 口 男 女 人 口 伸 指 数 人 口 密 度 平 成 13 年 20,991 43,184 19,620 23,564 100.0 701.6 14 20,931 42,740 19,441 23,299 99.0 694.4 15 21,087 42,582 19,318 23,264

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

は じ め に この 統 計 書 は 二 つのアルプスに 抱 かれた 自 然 共 生 都 市 伊 那 市 の 自 然 人 口 産 業 経 済 社 会 教 育 文 化 など 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 資 料 を 総 合 的 に 収 録 したも のです 市 民 の 皆 様 をはじめ

は じ め に この 統 計 書 は 二 つのアルプスに 抱 かれた 自 然 共 生 都 市 伊 那 市 の 自 然 人 口 産 業 経 済 社 会 教 育 文 化 など 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 資 料 を 総 合 的 に 収 録 したも のです 市 民 の 皆 様 をはじめ 伊 那 市 統 計 書 平 成 2 7 年 版 長 野 県 伊 那 市 平 成 28 年 3 月 は じ め に この 統 計 書 は 二 つのアルプスに 抱 かれた 自 然 共 生 都 市 伊 那 市 の 自 然 人 口 産 業 経 済 社 会 教 育 文 化 など 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 資 料 を 総 合 的 に 収 録 したも のです 市 民 の 皆 様 をはじめ 各

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

目 次 世 帯 数 人 口 人 口 世 帯 数 面 積 3 男 女 別 年 齢 別 人 口 3 最 近 の 人 口 動 態 3 最 近 の 世 帯 数 と 人 口 の 推 移 4 世 帯 数 と 人 口 の 推 移 4 選 挙 選 挙 の 概 要 5 議 会 組 織 図 6 歴 代 議 長 6 行

目 次 世 帯 数 人 口 人 口 世 帯 数 面 積 3 男 女 別 年 齢 別 人 口 3 最 近 の 人 口 動 態 3 最 近 の 世 帯 数 と 人 口 の 推 移 4 世 帯 数 と 人 口 の 推 移 4 選 挙 選 挙 の 概 要 5 議 会 組 織 図 6 歴 代 議 長 6 行 うぶやまNOW 平 成 5 年 産 山 村 統 計 資 料 ( 村 花 ヒゴタイ) 目 次 世 帯 数 人 口 人 口 世 帯 数 面 積 3 男 女 別 年 齢 別 人 口 3 最 近 の 人 口 動 態 3 最 近 の 世 帯 数 と 人 口 の 推 移 4 世 帯 数 と 人 口 の 推 移 4 選 挙 選 挙 の 概 要 5 議 会 組 織 図 6 歴 代 議 長 6 行 政 組 織 図 7

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

そ の 他 二 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 に 関 する 調 査 普 及 宣 伝 連 絡 調 整 及 び 助 成 石 川 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 島 県 石 川 郡 石 川 町 字 松 木 下 88 昭 和 44 年 4 月 日 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業

そ の 他 二 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 に 関 する 調 査 普 及 宣 伝 連 絡 調 整 及 び 助 成 石 川 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 島 県 石 川 郡 石 川 町 字 松 木 下 88 昭 和 44 年 4 月 日 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 都 道 府 県 社 会 福 祉 法 人 石 川 町 社 会 福 祉 協 議 会 氏 名 加 納 武 夫 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 77 96-7854 福 島 県 石 川 郡 石 川 町 字 松 木 下 88 番 地 電 話 番 号 047-6 - 79 FAX 番 号 047-57

More information

Microsoft Word - 1表紙2

Microsoft Word - 1表紙2 2015 とうけい 見 附 市 平 成 26 年 版 は し が き 平 成 26 年 版 見 附 市 統 計 書 をここに 発 行 いたします この 統 計 書 は 見 附 市 の 推 移 と 現 況 を 明 らかにし 市 勢 のようすを 正 しく 認 識 し ていただくため 編 さんしています 編 さんにあたっては 資 料 の 収 集 など 内 容 の 整 備 改 善 につとめていますが な

More information

さたま 市 人 事 異 動 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 丸 和 明 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 参 事 区 民 課 事 務 取 扱 沼 野 克 由 岩 槻 区 役 所 くらし 応 援 室 近 藤 幸 男 ( 課 級 ) 財 政 局 契 約 管 理 部 工 事 検 査 課 高 橋 正

さたま 市 人 事 異 動 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 丸 和 明 緑 区 役 所 区 民 生 活 部 参 事 区 民 課 事 務 取 扱 沼 野 克 由 岩 槻 区 役 所 くらし 応 援 室 近 藤 幸 男 ( 課 級 ) 財 政 局 契 約 管 理 部 工 事 検 査 課 高 橋 正 さたま 市 人 事 異 動 平 成 28 年 3 月 31 日 付 け 定 年 退 職 ( 局 級 ) 都 市 戦 略 本 部 大 熊 克 則 都 市 戦 略 本 部 理 事 関 根 清 総 務 局 危 機 管 理 監 中 川 和 彦 財 政 局 阿 部 順 平 市 民 局 榎 本 肇 スポーツ 文 化 局 野 間 薫 スポーツ 文 化 局 理 事 梅 野 佳 代 保 健 福 祉 局 山 本 信 二

More information

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課 平 成 26 年 4 月 15 日 付 人 事 異 動 の 概 要 平 成 26 年 4 月 10 日 記 者 会 見 資 料 総 務 部 人 材 開 発 課 1 概 要 市 長 選 の 年 の 定 期 人 事 異 動 は 5 月 1 日 に 実 施 するのが 通 例 であったが 新 市 政 の 早 期 スタートを 図 るため 4 月 15 日 付 の 人 事 異 動 を 実 施 することとした 平

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 )

278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 ) 労 働 社 会 保 障 277 15 労 働 社 会 保 障 一 般 職 業 紹 介 状 況 278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 ) 労 働 社 会 保 障 279 15-1 一 般 職 業 紹 介 状 況 新 規 新 規 一 般 求 職 申 込 件 数 他 県 安 定 所 よ 一 般 就 職 件 数 一 般 求 人 数 り 連 絡 を 受 け

More information

<96DA8E9F2E786477>

<96DA8E9F2E786477> 総 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 Ⅱ 統 計 表 編 1 27 土 地 気 象 28 人 口 35 行 政 財 政 産 業 経 済 60 72 建 設 106 民 生 労 働 保 健 衛 生 教 育 文 化 電 気 ガス 上 下 水 道 運 輸 通 信 公 安 司 法 116 138 150 174 183 197 公 害 214 市 民 生 活 220 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 富 士 市

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい 平 成 27 年 度 桑 名 市 一 般 会 計 当 初 予 算 補 助 金 交 付 金 一 覧 ( 単 位 : 円 ) 補 助 金 名 称 27 年 度 補 助 予 定 額 交 付 先 名 称 所 管 課 議 会 費 政 務 活 動 費 15,600,000 会 派 及 び 議 員 議 会 事 務 局 総 務 費 桑 名 市 友 好 都 市 推 進 事 業 助 成 金 300,000 桑 名 市

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭 人 事 異 動 新 小 樽 市 辞 令 部 ( 職 ) 公 営 企 業 管 理 者 ( 水 道 局 ) 小 樽 病 院 事 務 局 小 軽 米 文 仁 産 業 港 湾 部 港 湾 部 磯 谷 揚 一 生 活 環 境 部 経 済 部 次 小 原 正 徳 生 活 環 境 部 参 事 ( 北 しりべし 広 域 連 合 派 遣 ) 環 境 部 次 五 十 嵐 映 児 医 療 保 険 部 市 民 部 佃 信

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203036939D8C768366815B835E81698ACF8CF5816082BB82CC91BC816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203036939D8C768366815B835E81698ACF8CF5816082BB82CC91BC816A2E646F63> 14 14 観 光 137. 観 光 客 の 動 向 ( 単 位 : 千 人 ) 年 次 区 分 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 総 計 5 434 5 397 5 280 5 271 5 388 観 光 客 数 日 帰 り 4 892 4 816 4 734 4 804 4 902 宿 泊 542 581 546 467 486 J R 653

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

Ⅰ Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行

More information

2. 沿 革 本 町 に 分 布 されている 石 器 貝 塚 土 器 の 遺 蹟 や 遺 物 等 は 紀 元 前 八 千 年 頃 の 旧 長 井 戸 沼 や 旧 一 ノ 谷 沼 の 大 地 のすそに 人 々が 生 活 の 糧 を 求 めて 集 落 を 作 りはじめた 時 代 のものである やがて 農

2. 沿 革 本 町 に 分 布 されている 石 器 貝 塚 土 器 の 遺 蹟 や 遺 物 等 は 紀 元 前 八 千 年 頃 の 旧 長 井 戸 沼 や 旧 一 ノ 谷 沼 の 大 地 のすそに 人 々が 生 活 の 糧 を 求 めて 集 落 を 作 りはじめた 時 代 のものである やがて 農 1. 位 置 地 勢 境 町 は 関 東 平 野 のほぼ 中 央 茨 城 県 の 南 西 部 東 経 139 度 47 分 北 緯 36 度 06 分 標 高 10~20m 県 都 水 戸 まで 約 70km 東 京 都 心 まで 約 50km 圏 内 に 位 置 し 東 は 猿 島 町 西 は 利 根 川 を 隔 てて 五 霞 町 千 葉 県 関 宿 町 南 は 岩 井 市 北 は 三 和 町 及

More information

2011 とうけい 見 附 市 凡 例 1. 本 書 は 見 附 市 に 関 する 市 勢 の 全 般 にわたり 基 礎 的 な 統 計 資 料 を 収 録 し たものである 2. 本 書 は 平 成 22 年 中 または 平 成 21 年 度 中 の 資 料 を 中 心 に 収 録 し さら に 利 用 者 の 便 宜 を 図 るため おおよそ 過 去 5 年 までさかのぼって 収 録 した 3.

More information

<5461726F2D8B4C8ED294AD955C8E9197BF2E6A7464>

<5461726F2D8B4C8ED294AD955C8E9197BF2E6A7464> 記 者 発 表 資 料 平 成 21 年 11 月 6 日 国 土 交 通 省 現 場 代 理 人 6 0 名 論 文 2 0 編 を 表 彰! 工 事 安 全 施 工 推 進 大 会 (SAFETY2009) 11 月 11 日 ( 水 ) 開 催 工 事 安 全 施 工 推 進 大 会 実 行 委 員 会 ( 委 員 長 : 青 山 俊 行 東 北 地 方 長 )は 11 月 11 日 ( 水

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

目 次 1 面 積 人 口 1 23 区 別 世 帯 人 口 及 び 面 積 世 帯 及 び 人 口 特 別 出 張 所 別 世 帯 及 び 人 口 年 齢 別 特 別 出 張 所 別 人 口 新 宿 区 合 計 1-3 (1) 四 谷 特 別 出 張 所 1-4

目 次 1 面 積 人 口 1 23 区 別 世 帯 人 口 及 び 面 積 世 帯 及 び 人 口 特 別 出 張 所 別 世 帯 及 び 人 口 年 齢 別 特 別 出 張 所 別 人 口 新 宿 区 合 計 1-3 (1) 四 谷 特 別 出 張 所 1-4 行 政 資 料 平 成 24 新 宿 区 の 概 況 新 宿 区 目 次 1 面 積 人 口 1 23 区 別 世 帯 人 口 及 び 面 積 1-1 2 世 帯 及 び 人 口 1-1 3 特 別 出 張 所 別 世 帯 及 び 人 口 1-2 4 年 齢 別 特 別 出 張 所 別 人 口 新 宿 区 合 計 1-3 (1) 四 谷 特 別 出 張 所 1-4 (2) 箪 笥 町 特 別 出 張

More information

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気 災 情 報 通 信 計 画 災 に 関 する 情 報 通 信 及 び 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 に 関 する 事 項 は この 計 画 の 定 めるところによる 第 1 節 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 計 画 1 気 象 情 報 の 種 類 及 び 伝 達 系 等 (1) 気 象 注 意 報 及

More information

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 平 成 17 年 (2005 年 ) 伊 万 里 市 本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 に 伊 万 里 市 からは 里 小 路 の 小

More information

平成19年7月19日

平成19年7月19日 平 成 23 年 7 月 新 潟 福 島 豪 雨 の 概 要 平 成 23 年 9 月 15 日 9 時 現 在 長 岡 市 危 機 管 理 防 災 本 部 1 2 1 災 害 の 概 要 (1) 平 成 23 年 7 月 新 潟 福 島 豪 雨 の 発 生 状 況 前 線 が 朝 鮮 半 島 から 北 陸 地 方 関 東 甲 信 地 方 を 通 って 日 本 の 東 にのび 停 滞 してい た 前

More information

都市計画道路の見直しについて

都市計画道路の見直しについて 連 絡 1 都 市 計 画 区 域 の 検 討 について 1 上 越 市 の 都 市 計 画 区 域 現 在 市 内 には 上 越 都 市 計 画 区 域 柿 崎 都 市 計 画 区 域 妙 高 都 市 計 画 区 域 の 異 なる3つの 都 市 計 画 区 域 を 定 めており それぞれ 以 下 のとおり 土 地 利 用 建 築 に 関 する 開 発 規 制 内 容 が 異 なる 上 越 都 市

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

2016/01/08 4271000167 橋 梁 長 寿 命 化 修 繕 事 業 市 道 船 塚 橋 線 船 塚 橋 塗 装 補 修 工 事 (H27) 2016/01/08 4271000168 橋 梁 長 寿 命 化 修 繕 事 業 市 道 切 畑 線 切 畑 橋 橋 梁 補 修 工 事 (H

2016/01/08 4271000167 橋 梁 長 寿 命 化 修 繕 事 業 市 道 船 塚 橋 線 船 塚 橋 塗 装 補 修 工 事 (H27) 2016/01/08 4271000168 橋 梁 長 寿 命 化 修 繕 事 業 市 道 切 畑 線 切 畑 橋 橋 梁 補 修 工 事 (H 2016/03/04 4272000070 霞 城 公 園 ( 東 大 手 門 庭 園 等 ) 樹 木 管 理 等 業 務 委 託 10,450,000 \10,470,000 指 名 株 式 会 内 外 緑 化 99.8% 2016/03/04 4272000071 もみじ 公 園 樹 木 管 理 等 業 務 委 託 8,630,000 \8,637,000 指 名 株 式 会 内 外 緑 化 99.9%

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建

平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 15 仙 台 市 青 年 文 化 センター 天 井 脱 落 対 策 工 事 設 計 業 務 建 平 成 28 年 度 発 注 予 定 ( 工 事 関 連 業 務 ) 一 覧 3 月 公 表 分 所 管 局 区 NO. 業 務 件 名 業 種 業 務 場 所 期 間 業 務 概 要 発 注 予 定 月 1 石 積 埋 立 処 分 場 第 2 期 整 備 搬 入 道 路 改 良 測 量 設 計 業 務 土 木 設 計 黒 川 郡 富 谷 町 石 積 字 堀 田 6ケ 月 石 積 埋 立 処 分 場

More information

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置 1 報 道 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 平 成 27 年 3 月 25 日 京 丹 後 市 役 所 解 禁 日 3 月 26 日 異 動 に 係 る 主 な 概 要 Ⅰ 組 織 機 構 は 従 来 どおり 297 人 の 人 事 異 動 1 組 織 機 構 は 従 来 どおりとし 行 政 事 務 職 での 係 体 制 と 組 織 横 断 的 な 連 携 体 制

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

Microsoft Word - トビラ(データファイル2013).doc

Microsoft Word - トビラ(データファイル2013).doc 小 川 地 区 191 I 地 形 歴 史 1 地 形 等 193 2 歴 史 193 194 Ⅱ 統 計 1 194 産 業 等 2 町 名 別 195 3 年 齢 別 195 4 労 働 力 196 5 産 業 別 196 6 農 業 197 7 工 業 198 8 商 業 199 9 観 光 199 その 他 1 幼 稚 園 2 2 保 育 所 ( 保 育 園 ) 2 3 学 校 21 4 公

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

平成20年度6月補正予算の概要

平成20年度6月補正予算の概要 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 の 概 要 西 条 市 目 次 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 1 会 計 別 予 算 の 規 模 2 一 般 会 計 における 主 な 事 業 3~10 特 別 会 計 における 主 な 事 業 11 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 今 回 の 補 正 予 算 では ( 仮 称 ) 丹 原 図 書 館 の

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助 金 を 交 付 します( 概 算 交

目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助 金 を 交 付 します( 概 算 交 補 助 金 事 務 の 手 引 き ( 補 助 金 を 申 請 する 団 体 等 の 皆 さんへ) 平 成 27 年 4 月 藤 岡 市 目 次 1 はじめに P1 2 手 引 きの 見 方 P1 3 各 補 助 金 の 取 り 扱 い P2 4 申 請 等 の 仕 方 (1) 交 付 申 請 の 前 に P4 (2) 交 付 申 請 をするとき P5 補 助 事 業 の 実 施 前 でも 補 助

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

水戸市内のAED設置箇所(公的機関).xls

水戸市内のAED設置箇所(公的機関).xls 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 水 戸 市 民 会 館 中 央 1 丁 目 1 階 受 付 水 戸 市 常 澄 出 張 所 大 串 町 1 階 事 務

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

-- -- 季 演 危 - 季 演 観 覧 由 雄 姿 覧 プ 台 小 型 プ 積 載 台 小 型 プ 台 別 表 注 項 訓 練 伴 下 堀 差 点 近 部 分 分 止 特 近 隣 皆 何 便 願 帯 銀 羽 屋 近 変 混 雑 想 観 覧 際 ず 指 示 従 演 混 雑 想 越 際 乗 わ 願

-- -- 季 演 危 - 季 演 観 覧 由 雄 姿 覧 プ 台 小 型 プ 積 載 台 小 型 プ 台 別 表 注 項 訓 練 伴 下 堀 差 点 近 部 分 分 止 特 近 隣 皆 何 便 願 帯 銀 羽 屋 近 変 混 雑 想 観 覧 際 ず 指 示 従 演 混 雑 想 越 際 乗 わ 願 -- 号 ぱ 助 建 設 - 趣 旨 路 公 園 及 広 植 栽 美 化 実 施 経 部 助 次 満 組 織 区 子 美 化 目 的 営 利 目 的 助 額 ぱ 苗 含 資 材 経 万 請 ぱ 実 施 続 請 請 項 入 挙 候 届 庶 挙 委 局 - 挙 候 届 次 分 役 階 夜 病 院 夜 各 詫 訂 振 興 - 度 及 誤 詫 次 訂 卓 球 毎 週 誤 毎 週 匠 伝 承 企 画 匠 伝

More information

-3- 行 政 概 要 行 政 概 要 市 制 施 行 昭 和 26 年 4 月 1 日 ( 全 国 262 番 目 東 京 都 5 番 目 ) 位 置 東 経 139 度 16 分 30 秒 ( 市 役 所 におけるもの) 北 緯 35 度 47 分 16 秒 海 抜 186.6メートル 規 模 人 口 密 度 人 口 集 中 人 口 面 積 1km 2 地 区 人 口 当 たり 国 勢 調 人

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同

管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同 概 要 管 内 情 勢 1. 位 置 気 候 本 市 は 東 京 から 約 100km 関 東 平 野 の 最 東 端 東 経 140 度 50 分 北 緯 35 度 44 分 に 位 置 している 西 は 市 内 宮 原 諸 持 笹 本 の 各 町 をもって 県 内 香 取 郡 東 庄 町 と 接 し 同 じく 市 内 森 戸 小 長 猿 田 茶 畑 白 石 新 八 木 親 田 小 浜 の 各 町

More information

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 議 会 議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 戸 市 議 団 改 革 水 戸 2 4 6 公 明 党 水 戸 市 議 会 5 5 民 主 社

More information

<32373037303887468376838C835894C581698D7390AD8C6E814588E397C38C6E816A2E786C736D>

<32373037303887468376838C835894C581698D7390AD8C6E814588E397C38C6E816A2E786C736D> 人 異 動 ( 平 成 27 年 7 月 16 日 付 ) 行 政 系 東 京 都 総 務 局 人 部 人 課 内 線 24-520 直 通 5388-2373 新 任 職 現 任 職 職 氏 名 備 考 部 級 政 策 企 画 局 総 務 部 政 策 企 画 局 計 画 部 小 池 潔 政 策 企 画 局 秘 書 務 担 当 部 政 策 企 画 局 特 命 担 当 部 藤 田 聡 政 策 企 画

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金 豊 岡 市 行 政 改 革 取 組 み 結 果 報 告 書 平 成 18 年 度 ~ 平 成 21 年 度 平 成 22 年 12 月 豊 岡 市 目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の

More information

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定 1. 旧 軍 港 市 転 換 法 のあゆみ 旧 軍 港 市 転 換 促 進 委 員 会 の 結 成 S24.12.1 昭 和 23 年 24 年 と2 年 続 けて 国 会 で 採 択 された 旧 軍 港 四 市 長 による 旧 軍 港 市 国 有 財 産 払 下 げに 関 する 請 願 の 法 制 化 のため 法 案 発 議 から 国 会 通 過 成 立 を 図 るため 衆 参 両 院 議 員 有

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

年 表 上 福 岡 大 井 元 号 年 主 な で き ご と 年 霊 亀 2 長 宮 川 崎 で 集 落 がつくられる 西 暦 ハケ 川 崎 松 山 滝 で 大 集 落 がつくられ る 8 世 紀 頃 8 世 紀 頃 10 世 紀 頃 永 保 11 世 紀 頃 長 徳 元 長 宮 氷 川 神 社

年 表 上 福 岡 大 井 元 号 年 主 な で き ご と 年 霊 亀 2 長 宮 川 崎 で 集 落 がつくられる 西 暦 ハケ 川 崎 松 山 滝 で 大 集 落 がつくられ る 8 世 紀 頃 8 世 紀 頃 10 世 紀 頃 永 保 11 世 紀 頃 長 徳 元 長 宮 氷 川 神 社 21 そ の 他 年 表 上 福 岡 大 井 元 号 年 主 な で き ご と 年 霊 亀 2 長 宮 川 崎 で 集 落 がつくられる 西 暦 ハケ 川 崎 松 山 滝 で 大 集 落 がつくられ る 8 世 紀 頃 8 世 紀 頃 10 世 紀 頃 永 保 11 世 紀 頃 長 徳 元 長 宮 氷 川 神 社 が 創 建 されたと 伝 えられている 永 禄 2 小 田 原 北 条 家 臣 の

More information