研究評価委員会

Size: px
Start display at page:

Download "研究評価委員会"

Transcription

1 研 究 評 価 委 員 会 太 陽 エネルギー 技 術 研 究 開 発 / 太 陽 光 発 電 システム 次 世 代 高 性 能 技 術 の 開 発 有 機 系 太 陽 電 池 実 用 化 先 導 技 術 開 発 ( 事 後 評 価 ) 分 科 会 議 事 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 30 日 ( 月 )9:40~18:15(1 日 目 ) 平 成 27 年 12 月 1 日 ( 火 )9:40~17:20(2 日 目 ) 場 所 :WTC コンファレンスセンター Room A( 世 界 貿 易 センタービル 3 階 ) 出 席 者 ( 敬 称 略 順 不 同 ) < 分 科 会 委 員 > 分 科 会 長 庭 野 道 夫 東 北 大 学 電 気 通 信 研 究 所 教 授 分 科 会 長 代 理 工 藤 一 浩 千 葉 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 人 工 システム 科 学 専 攻 教 授 委 員 宇 佐 美 章 一 般 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 材 料 科 学 研 究 所 上 席 研 究 員 委 員 垣 内 弘 章 大 阪 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 精 密 科 学 応 用 物 理 学 専 攻 准 教 授 委 員 田 中 良 株 式 会 社 NTT ファシリティーズソーラープロジェクト 本 部 部 長 委 員 西 尾 光 弘 佐 賀 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 電 気 電 子 工 学 専 攻 教 授 委 員 廣 瀬 文 彦 山 形 大 学 大 学 院 理 工 学 研 究 科 教 授 < 推 進 部 署 > 渡 邊 重 信 NEDO 新 エネルギー 部 総 括 主 幹 山 田 宏 之 NEDO 新 エネルギー 部 主 任 研 究 員 竿 本 仁 志 NEDO 新 エネルギー 部 主 査 佐 藤 剛 彦 NEDO 新 エネルギー 部 主 査 西 村 隆 雄 NEDO 新 エネルギー 部 主 査 穗 積 潤 一 NEDO 新 エネルギー 部 主 査 小 田 和 彦 NEDO 新 エネルギー 部 主 査 長 谷 川 真 美 NEDO 新 エネルギー 部 主 任 豊 田 富 美 穂 NEDO 新 エネルギー 部 主 査 佐 々 木 崇 水 NEDO 新 エネルギー 部 主 査 < 実 施 者 > 山 口 真 史 黒 川 浩 助 豊 田 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 教 授 PL 東 京 工 業 大 学 ソリューション 研 究 機 構 特 任 教 授 PL

2 大 下 祥 雄 豊 田 工 業 大 学 半 導 体 研 究 室 教 授 進 藤 勇 株 式 会 社 クリスタルシステム 代 表 取 締 役 社 長 小 倉 哲 造 株 式 会 社 コベルコ 科 研 技 術 本 部 材 料 ソリューション 事 業 部 主 席 研 究 員 髙 橋 哲 ナミックス 株 式 会 社 技 術 開 発 本 部 技 師 足 立 大 輔 株 式 会 社 カネカ 太 陽 電 池 薄 膜 研 究 所 主 任 高 川 悌 二 PVTEC 技 術 部 長 目 黒 智 巳 株 式 会 社 カネカ 太 陽 電 池 薄 膜 研 究 所 基 幹 研 究 員 杉 本 広 紀 ソーラーフロンティア 株 式 会 社 厚 木 リサーチセンター 技 術 開 発 部 課 長 山 中 英 生 富 士 フイルム 株 式 会 社 R&D 統 括 本 部 先 端 コア 技 術 研 究 所 研 究 マネー ジャー 菱 川 善 博 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 野 田 松 平 公 益 財 団 法 人 北 九 州 産 業 学 術 推 進 機 構 センター 長 浅 野 元 彦 積 水 化 学 工 業 株 式 会 社 開 発 研 究 所 天 内 英 隆 三 菱 樹 脂 株 式 会 社 グループリーダー 下 木 有 生 デュポン 株 式 会 社 村 上 照 夫 東 京 大 学 山 岸 亙 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ナノフォトニクス 工 学 推 進 機 構 担 当 部 長 川 野 敏 史 三 菱 化 学 株 式 会 社 主 席 研 究 員 仲 濱 秀 斉 日 清 紡 メカトロニクス 株 式 会 社 担 当 部 長 福 井 篤 シャープ 株 式 会 社 松 井 浩 志 株 式 会 社 フジクラ 都 鳥 顕 司 株 式 会 社 東 芝 関 口 隆 史 パナソニック 株 式 会 社 染 井 秀 徳 太 陽 誘 電 株 式 会 社 中 山 茂 昭 日 立 造 船 株 式 会 社 坂 根 正 恭 日 本 写 真 印 刷 株 式 会 社 千 葉 恭 男 シャープ 株 式 会 社 松 井 浩 志 株 式 会 社 フジクラ 米 山 孝 裕 三 菱 化 学 株 式 会 社 < 評 価 事 務 局 等 > 吉 田 卓 生 NEDO 技 術 戦 略 研 究 センター 職 員 徳 岡 麻 比 古 NEDO 評 価 部 部 長 保 坂 尚 子 NEDO 評 価 部 統 括 主 幹 成 田 健 NEDO 評 価 部 主 査 2

3 議 事 次 第 : ( 分 科 会 1 日 目 ) ( 公 開 セッション) 1. 開 会 資 料 の 確 認 9:40~ 9:45(5 分 ) 2. 分 科 会 の 設 置 について 9:45~ 9:50(5 分 ) 3. 分 科 会 の 公 開 について 9:50~ 9:55(5 分 ) 4. 評 価 の 実 施 方 法 9:55~10:00(15 分 ) 5.プロジェクトの 概 要 説 明 5.1 事 業 の 位 置 づけ 必 要 性 研 究 開 発 マネジメント 10:00~10:30(30 分 ) 研 究 開 発 成 果 成 果 の 実 用 化 に 向 けた 取 り 組 み 及 び 見 通 し 5.2 質 疑 10:30~11:00 (30 分 ) ( 非 公 開 セッション) ( 入 替 5 分 ) 6. プロジェクトの 詳 細 説 明 および 実 用 化 事 業 化 に 向 けての 見 通 し 及 び 取 り 組 み 6.1 結 晶 シリコン 太 陽 電 池 極 限 シリコン 結 晶 太 陽 電 池 の 研 究 開 発 11:05~11:35 ( 説 明 30 分 ) 11:35~12:03 ( 質 疑 28 分 ) 赤 外 線 FZ 法 による N 型 四 角 形 状 シリコン 単 結 晶 育 成 方 法 の 研 究 開 発 ( 昼 食 休 憩 47 分 ) マルチワイヤーソーによるシリコンウエハ 切 断 技 術 の 研 究 開 発 銅 ペースト 量 産 化 技 術 と 試 験 評 価 方 法 に 関 する 研 究 開 発 12:05~12:15 ( 説 明 10 分 ) 12:15~12:23 ( 質 疑 8 分 ) 13:10~13:20 ( 説 明 10 分 ) 13:20~13:28 ( 質 疑 8 分 ) 13:30~13:40 ( 説 明 10 分 ) 13:40~13:48 ( 質 疑 8 分 ) 超 低 コスト 高 効 率 Ag フリーヘテロ 接 合 太 陽 電 池 モジュールの 研 究 開 発 6.2 薄 膜 シリコン 太 陽 電 池 ( 休 憩 12 分 ) 13:50~14:00 ( 説 明 10 分 ) 14:00~14:08 ( 質 疑 8 分 ) 次 世 代 多 接 合 薄 膜 シリコン 太 陽 電 池 の 産 学 官 協 力 体 制 による 研 究 開 発 14:20~14:40 ( 説 明 20 分 ) 14:40~14:58 ( 質 疑 8 分 ) 3

4 6.2.2 高 度 構 造 制 御 薄 膜 シリコン 太 陽 電 池 の 研 究 開 発 6.3 CIS 等 化 合 物 系 太 陽 電 池 ( 休 憩 12 分 ) CIS 系 薄 膜 太 陽 電 池 の 高 効 率 化 技 術 の 研 究 開 発 6.3.2CZTS 薄 膜 太 陽 電 池 の 高 効 率 化 技 術 の 研 究 開 発 15:00~15:10 ( 説 明 10 分 ) 15:10~15:18 ( 質 疑 8 分 ) 15:30~15:45 ( 説 明 15 分 ) 15:45~15:58 ( 質 疑 13 分 ) フレキシブル CIGS 太 陽 電 池 モジュールの 高 効 率 化 研 究 6.4 共 通 基 盤 技 術 1 ( 休 憩 12 分 ) 発 電 量 評 価 技 術 等 の 開 発 信 頼 性 及 び 寿 命 評 価 技 術 の 開 発 広 域 対 象 の PV システム 汎 用 リサイクル 処 理 手 法 に 関 する 研 究 開 発 ( 公 開 セッション) 16:00~16:20 ( 説 明 20 分 ) 16:20~16:38 ( 質 疑 18 分 ) 16:40~16:50 ( 説 明 10 分 ) 16:50~16:58 ( 質 疑 8 分 ) 17:10~17:30 ( 説 明 20 分 ) 17:30~17:48 ( 質 疑 18 分 ) 17:50~18:00 ( 説 明 10 分 ) 18:00~18:08 ( 質 疑 8 分 ) 明 日 の 予 定 その 他 18:10~18:15( 説 明 5 分 ) 閉 会 18:15 4

5 ( 分 科 会 2 日 目 ) ( 非 公 開 セッション) 開 会 事 務 連 絡 9:40~9:45( 説 明 5 分 ) 6.5 共 通 基 盤 技 術 ロールツーロールプロセスを 可 能 とする 封 止 材 一 体 型 保 護 シートの 研 究 開 発 超 ハイガスバリア 太 陽 電 池 部 材 の 研 究 開 発 太 陽 電 池 発 電 システムの 据 付 工 程 簡 便 化 に 関 する 研 究 開 発 ドレスト 光 子 利 用 太 陽 電 池 技 術 の 研 究 開 発 次 世 代 長 寿 命 太 陽 電 池 モジュールの 研 究 開 発 6.6 色 素 増 感 太 陽 電 池 ( 昼 食 47 分 ) 9:45~9::55 ( 説 明 10 分 ) 9:55~10:03 ( 質 疑 8 分 ) 10:05~10:15 ( 説 明 10 分 ) 10:15~10:23 ( 質 疑 8 分 ) 10:25~10:35 ( 説 明 10 分 ) 10:35~10:43 ( 質 疑 8 分 ) 10:45~11:05 ( 説 明 20 分 ) 11:05~11:23 ( 質 疑 18 分 ) 11:25~11:35 ( 説 明 10 分 ) 11:35~11:43 ( 質 疑 8 分 ) 三 層 協 調 界 面 構 築 による 高 効 率 低 コスト 量 産 型 色 素 増 感 太 陽 電 池 の 研 究 開 発 高 効 率 高 耐 久 性 色 素 増 感 太 陽 電 池 モジュールの 研 究 開 発 6.7 有 機 薄 膜 太 陽 電 池 ( 休 憩 7 分 ) 有 機 薄 膜 太 陽 電 池 モジュール 創 製 に 関 する 研 究 開 発 12:30~12:50 ( 説 明 20 分 ) 12:50~13:08 ( 質 疑 8 分 ) 13:10~13:20 ( 説 明 10 分 ) 13:20~13:28 ( 質 疑 8 分 ) 13:35~13:55 ( 説 明 20 分 ) 13:55~14:13 ( 質 疑 18 分 ) 5

6 6.7.2 光 電 荷 分 離 ゲルによる 屋 内 用 有 機 太 陽 電 池 の 研 究 開 発 6.8 全 体 を 通 しての 質 疑 1 ( 休 憩 10 分 ) 14:15~14:25 ( 説 明 10 分 ) 14:25~14:33 ( 質 疑 8 分 ) 14:35~14:45 ( 質 疑 8 分 ) 6.9 有 機 系 太 陽 電 池 実 用 化 先 導 技 術 開 発 全 体 説 明 14:55~15:00 ( 説 明 5 分 ) プラスチック 色 素 増 感 太 陽 電 池 の 実 用 性 検 証 プラスチック 基 板 DSC 発 電 システムの 開 発 色 素 増 感 太 陽 電 池 実 証 実 験 プロジェクト 色 素 増 感 太 陽 電 池 モジュールの 実 証 評 価 有 機 薄 膜 太 陽 電 池 の 生 産 プロセス 技 術 開 発 および 実 証 化 検 討 6.10 全 体 を 通 しての 質 疑 2 ( 入 替 5 分 ) 15:00~15:10 ( 説 明 10 分 ) 15:10~15:18 ( 質 疑 8 分 ) 15:20~15:30 ( 説 明 10 分 ) 15:30~15:38 ( 質 疑 8 分 ) 15:40~15:50 ( 説 明 10 分 ) 15:50~15:58 ( 質 疑 8 分 ) 16:00~16:10 ( 説 明 10 分 ) 16:10~16:18 ( 質 疑 8 分 ) 16:20~16:30 ( 説 明 10 分 ) 16:30~16:38 ( 質 疑 8 分 ) 16:40~16:45 ( 質 疑 5 分 ) ( 公 開 セッション) 7. まとめ 講 評 16:50~17:15( 講 評 25 分 ) 8. 今 後 の 予 定 その 他 17:15~17:20( 説 明 5 分 ) 9. 閉 会 17:20 6

7 議 事 内 容 ( 公 開 セッション) 1. 開 会 資 料 の 確 認 開 会 宣 言 ののち 配 布 資 料 の 確 認 ( 評 価 事 務 局 )が 行 われた 2. 分 科 会 の 設 置 について 資 料 2に 基 づき 研 究 評 価 委 員 会 分 科 会 の 成 立 が 評 価 事 務 局 より 告 げられ 委 員 実 施 者 推 進 者 評 価 事 務 局 の 自 己 紹 介 が 行 われた 最 後 に 推 進 者 からの 挨 拶 が 行 われた 3. 分 科 会 の 公 開 について 評 価 事 務 局 より 資 料 3 に 基 づき 説 明 し 議 題 6. プロジェクトの 詳 細 説 明 を 非 公 開 と することが 了 承 された 引 き 続 き 資 料 3 に 基 づき 事 務 局 より 分 科 会 出 席 者 の 守 秘 義 務 に ついての 説 明 及 び 非 公 開 資 料 の 取 扱 いについての 説 明 が 実 施 された 4. 評 価 の 実 施 方 法 について NEDOの 評 価 の 考 え 方 について 事 務 局 より 資 料 4-1~4-5をまとめたパワーポイントによ り 評 価 の 手 順 評 価 項 目 評 価 基 準 評 価 報 告 書 の 構 成 について 説 明 があり 了 承 された 5.プロジェクトの 概 要 説 明 5.1 事 業 の 位 置 付 け 必 要 性 研 究 開 発 マネジメント 研 究 開 発 成 果 成 果 の 実 用 化 に 向 けた 取 り 組 み 及 び 見 通 し 5.2. 質 疑 応 答 推 進 部 署 により 資 料 6に 基 づき 説 明 が 行 われ 以 下 の 質 疑 応 答 が 行 われた 庭 野 分 科 会 長 どうもありがとうございました 先 ほど 評 価 委 員 の 先 生 方 に 講 評 を 本 日 お 願 いすると 申 しましたが 明 日 の 最 後 ですので 訂 正 致 します これからただいまの 説 明 に 対 しまして 御 意 見 御 質 問 お 伺 いいたしますが 時 間 を 30 分 用 意 してございますので どうぞ 委 員 の 皆 様 には 積 極 的 にコメント 等 をお 願 い 致 しま す 今 技 術 の 御 説 明 もありましたが 技 術 のほうの 詳 細 につきましては この 後 の 議 題 6 で 議 論 いたしますので ここでは 主 に 事 業 の 位 置 づけ 必 要 性 マネジメントについて の 御 意 見 をお 願 いしたいと 思 います それでは 委 員 の 皆 様 御 質 問 御 意 見 等 ありましたら どうぞよろしくお 願 いいた します 田 中 委 員 PV2030+の 目 標 値 については たしか 2020 年 に 29 ギガワットを 入 れる 云 々 という 形 になっているんですけれども 現 在 もう 既 に 今 年 の 6 月 で 約 21 ギガワットを 導 入 されているということがあるわけでして そういった 形 から 見 たときに この 計 画 と いうのはもう 少 し 見 直 す 必 要 というのがあるのかどうかということと それから もう 一 つは 現 在 太 陽 電 池 については 残 念 ながら 国 産 のメーカーさんにしても 何 にして も 海 外 技 術 からかなり 輸 入 OEM か ODM か いろいろ 言 い 方 はありますけれども か なり 輸 入 されているわけですけれども この 開 発 をした 技 術 というのは 結 果 的 に 海 外 で そこの 系 列 の 会 社 なり 何 なりが 海 外 にその 技 術 を 移 転 して 入 れるということは 可 能 なのかどうかということと せっかく 日 本 の 貴 重 な 税 金 を 使 って そういう 形 がいいの かどうかちょっと 疑 問 はあるんですけれども その 辺 のところのお 考 えというのはどう 7

8 なっているのでしょうか 山 田 主 研 ありがとうございます まず 2 点 御 質 問 いただいたと 思 いますが 1 点 目 の 導 入 量 もう 21 ギガ 入 っているのではないかという 点 については 御 指 摘 のとおりかと 思 います PV2030+まで NEDO が 掲 げていた 目 標 あるいは 上 位 施 策 に 掲 げていて 一 番 最 初 に 出 てくる 言 及 される 目 標 というのは 導 入 量 を 増 やすということでございました 私 どもも 導 入 量 を 増 やすための 施 策 ということでロードマップを 作 ってきた 経 緯 がござ います その 後 固 定 価 格 買 取 制 度 が 始 まり 導 入 量 が 急 速 に 増 えているのは 御 指 摘 のとおり です それを 踏 まえまして 計 画 を 見 直 す 必 要 はあるのかということですが まずこの PV2030+という 戦 略 自 体 を 見 直 すということを 行 いました これはどういうことかとい いますと 増 やすための 戦 略 ではなくて 増 えた 後 大 量 導 入 社 会 が 実 現 した 後 どうす るかという 戦 略 に 見 直 したということでございます これがまず 1 つ また それに 伴 って 技 術 開 発 の 計 画 を 見 直 す 必 要 があるのかということにつきまして は 現 時 点 このプロジェクトで 取 り 組 んだ 内 容 につきましては 否 定 されるものではな く 発 電 コストを 低 減 するというのは 固 定 価 格 買 取 制 度 下 においても 必 要 な 目 標 だと 考 えておりますので やったことが 無 駄 になったとは 考 えていないということをお 答 え したいと 思 います ただ 例 えば 宇 佐 美 委 員 の 御 専 門 の 御 紹 介 のところでもありましたけれども 系 統 接 続 制 約 をどう 回 避 していくのか そういった 取 組 につきましては このプロジェクトの スコープとしては 至 らないところがあったと 思 いますので 例 えばこの 制 約 の 解 消 とし て 何 かできないのかという 取 組 でありますとか 私 どものグループとは 異 なりますけれ ども 系 統 連 系 のための 技 術 開 発 というのは 別 途 グループを 立 ち 上 げて 取 り 組 んでいる ところでございます 続 きまして 2 点 目 の 御 質 問 海 外 への 移 転 につきましてですけれども 御 質 問 の 意 図 にもよりますけれども 海 外 への 移 転 というのが ほかの 企 業 への 移 転 ということであ れば 私 どもとしては 余 りそれは 歓 迎 したくない できれば 自 社 でと 思 っております ただ 一 方 で 生 産 国 を 日 本 国 内 にとどめておかなければいけないのかといいますと 決 してそうではないと もちろん 国 内 に 生 産 拠 点 があって 雇 用 も 生 んで 売 上 げも 立 ってということは 非 常 に 望 ましいことでございますけれども 今 私 どもでは 必 ずし もそこにこだわってはおりません 太 陽 電 池 メーカーでも 海 外 に 製 造 拠 点 を 置 いている ところもあります どちらがベターか 我 々として 歓 迎 すべきかというのはございます が 否 定 はしていない 以 上 で 回 答 になりましたでしょうか 田 中 委 員 はい ありがとうございます 庭 野 分 科 会 長 そのほか 宇 佐 美 委 員 どうぞ 宇 佐 美 委 員 今 の 内 容 に 関 連 して コメントを 1 点 と 質 問 を 1 点 させていただきたい と 思 うんですけれども 先 ほどの 一 部 繰 り 返 しになりますけれども 本 プロジェクトが 始 まる 時 点 と 終 了 時 点 では 社 会 の 状 況 が 大 きく 変 わっている 終 了 時 点 で 先 ほど 導 入 量 の 話 がありましたけれども 認 定 設 備 量 でいうと 8,000 万 kw 程 度 あるということなん 8

9 ですね その 1 点 としては この 事 業 期 間 中 に 固 定 価 格 買 取 制 度 があったというのが これは 無 視 できないと 思 うんですけれども ただ いくら 固 定 価 格 買 取 制 度 があったと しても 要 するに 物 としていい 物 ができていない 限 り 普 及 とか そういうことはな いと 思 うんですね そういった 意 味 で 言 いますと NEDO さんのやってこられた 技 術 開 発 というのは ある 意 味 でいうと 今 現 状 の 普 及 に 対 して 十 分 貢 献 したんじゃないかと それは 誇 っていい と 私 は 考 えております で コメントが 1 つなんですけれども それに 対 して 1 点 とすると じゃあ 認 定 設 備 が 8,000 万 kw あるということになると 要 するに 技 術 開 発 としてもう 十 分 やったと NEDO さんの 技 術 開 発 は 成 功 裏 に 終 わったんじゃないかと そんなような 指 摘 というのは どこかで 出 てくる 可 能 性 があると 思 うんですね 今 御 説 明 された それに 関 してやるこ とがある そういったところを 御 説 明 されたと 思 うんですけれども もう 少 し 詳 しく 具 体 的 に そういった 話 があったときに いや やる 必 要 があるんだと 実 際 まだこうい ったところが 必 要 なのだ そういったところを 明 らかにするために もう 少 し 詳 しくお 聞 かせ 願 えたらと 思 います 山 田 主 研 ありがとうございます 励 ましのお 言 葉 と 難 しい 御 質 問 ありがとうござい ます お 手 元 の 資 料 にはないのですが 別 の 資 料 を 少 し 御 紹 介 したいと 思 います まず 導 入 量 が 増 えているということは 間 違 いございませんし 今 後 も 系 統 接 続 制 約 はござい ますけれども 住 宅 等 を 中 心 にある 程 度 増 えていく 認 定 量 も 6 月 末 ちょうど 3 年 間 で 82 ギガに 達 しておりますので 確 実 に 認 定 量 の 達 成 に 向 けて 導 入 量 は 増 えていくと 思 います こちらに 示 しましたのは 10 キロワット 以 上 の 太 陽 光 発 電 のイニシャルですね システム 価 格 を 棒 グラフにしておりまして このブルーのバーが 太 陽 光 発 電 システムの 発 電 コストでございます このオレンジが 買 取 価 格 でございますけれども 固 定 価 格 買 取 制 度 が 始 まってから 発 電 コストは 下 がり 続 けております それに 伴 って 買 取 価 格 も 下 がっているんですけれども 実 はシステム 価 格 は 昨 年 少 し 上 がりました これは 発 電 コストを 下 げるに 当 たりまして 実 施 者 さんが 様 々な 工 夫 と 努 力 をして 設 備 利 用 率 を 上 げることで 発 電 コストを 下 げる 取 組 をしてきたんですけれども 平 均 的 に 見 るとシ ステム 価 格 が 上 昇 に 転 じていると つまりこのまま 放 っておいて 発 電 コストが 下 がり 続 けますかというと それは 否 ではないかと 考 えております 宇 佐 美 委 員 から 御 指 摘 いた だいたように 成 果 が 上 がっているのではないかということについては 大 変 ありがたい と 思 っているものの まだまだ 十 分 ではないのではないか やるべきことはあるのでは ないかと 考 えております また これは システム 価 格 太 陽 光 発 電 システムでの 議 論 でありまして 先 ほど 取 り 組 んでいたのは もちろんシステム 視 点 でもやっているんですけれども 多 くの 予 算 を 割 いていたのが 太 陽 電 池 の 部 分 であります 電 池 以 外 のシステムについては より 取 組 を 強 化 していかなければいけないと 考 えておりまして そういった 点 でも 今 後 の 技 術 開 発 については 取 り 組 んでまいりたいと 考 えております その 一 例 としまして システ ムに 特 化 した 技 術 開 発 プロジェクトも 立 ち 上 げた 次 第 です まだこの 成 果 が 出 るのには 時 間 がかかるかもしれませんけれども そうした 取 組 にも 着 手 しているという 点 御 理 9

10 解 いただければと 思 います 庭 野 分 科 会 長 よろしいでしょうか 宇 佐 美 委 員 はい 庭 野 分 科 会 長 そのほか ございませんでしょうか 垣 内 委 員 垣 内 委 員 私 も 今 の 内 容 に 関 連 した 質 問 なのですけれども まさに 今 教 えていただきた いと 思 っていたスライドを 先 ほど 出 していただいて PV2030+で 書 かれているロードマ ップがどれぐらい 達 成 できているかということが 一 番 興 味 があって 2014 年 度 の 段 階 で 2020 年 の 目 標 をクリアはしていないでしょうか 山 田 主 研 クリアはしていません 垣 内 委 員 大 体 ロードマップどおりに 進 んでいるという 理 解 でよろしいんでしょうか 山 田 主 研 はい PV2030+で 掲 げていた 発 電 コストの 目 標 というのは こうあるべきと いうことを 掲 げていて 積 み 上 げではなかったということをまず 御 理 解 いただきたいと 思 います ですから ロードマップどおりにというか ロードマップに 向 かって ロー ドマップで 掲 げた 目 標 に 向 かって 発 電 コストが 現 実 社 会 で 下 がってきているということ は 間 違 いないと 思 います ただ これがこのままずっと 下 がり 続 けるか 放 っておいて も 下 がり 続 けるか これは 固 定 価 格 買 取 制 度 導 入 時 点 で 競 争 原 理 でおのずと 下 がるん だという 議 論 もありましたけれども 放 っておいて 14 円 まで 下 がるかというのはなかな か 難 しいのではないかと 考 えています 山 口 PL 関 連 して 補 足 させていただきたいんですけれども 先 生 のおっしゃるとおり PV2030+のロードマップでいうと 大 体 目 標 を 達 成 しているのですけれども 実 際 は 世 の 中 中 国 製 品 も 出 てきて 実 際 は 次 の 2030 年 に 今 75 円 /ワットで 出 したのですけ れども それを 50 円 ぐらいにしないと 競 争 できないということになっています 一 方 パナソニックの HIT とか サンパワーのバックコンタクトのセルは モジュー ルは 1 ドル/ワットでも 売 れるんですね だから 日 本 の 生 きる 道 の 1 つは 高 性 能 で 長 寿 命 で できれば 低 コストもあるんですけれども 技 術 開 発 を 踏 まえてそういうもの を 出 していく 必 要 があると 個 人 的 には 思 っていますけど 庭 野 分 科 会 長 よろしいでしょうか そのほか ございませんでしょうか 私 のほうから これ 全 体 のプロジェクトの 位 置 づけですけれども 先 ほど 3 つの 事 業 の 説 明 がございましたが 革 新 と 次 世 代 と あと 新 しく 有 機 というのが 2012 年 に 始 まったということをご 説 明 頂 きました それぞれのプロジェクトの 位 置 づけというか 特 徴 というか そこをもう 一 度 整 理 して 頂 けませんでしょうか 山 田 主 研 次 世 代 プロジェクト 有 機 のプロジェクト 革 新 プロジェクト この 3 点 の 違 いとことでよろしいでしょうか 庭 野 分 科 会 長 はい 山 田 主 研 次 世 代 高 性 能 技 術 の 開 発 こちらは 2020 年 の 14 円 /キロワットアワーを 達 成 するための 取 組 でございます 先 ほど まだ 電 池 が 主 であったということを 申 し 上 げ ましたが システムについても 極 力 チャレンジしようとしていたプロジェクトでありま す こちらの 革 新 プロジェクトは 2050 年 という 超 長 期 な 長 期 を 更 に 超 えるような 非 10

11 常 にロングタームの 目 標 を 掲 げておりまして 太 陽 電 池 の 変 換 効 率 でいいますと 40% を 超 えるようなものを 目 指 すとか 新 概 念 の 新 しい 概 念 の 太 陽 電 池 の 技 術 を 開 発 導 入 しようという 非 常 に 野 心 的 なプロジェクトでございました そして 有 機 系 太 陽 電 池 の 実 用 化 先 導 技 術 開 発 こちらは 有 機 系 太 陽 電 池 の 技 術 開 発 が 進 んでまいりまして ただ それが 実 際 にどのように 使 えるのか 発 電 コスト 低 減 という 意 味 で 使 えるのか それともそれ 以 外 の 価 値 があるのか 用 途 使 い 道 といいま すか 市 場 開 拓 用 途 拡 大 という 意 味 でどれぐらいのポテンシャルがあるのかというの を 確 認 するために また 技 術 開 発 を 後 押 しするために これは 結 晶 シリコンや 薄 膜 に 比 べて 新 しい 技 術 でありましたので それを 加 速 するという 意 味 も 込 めて 途 中 から 追 加 して 実 施 したものでございます 庭 野 分 科 会 長 そうしますと 先 ほど 山 口 先 生 の 方 からご 説 明 頂 いた 日 本 の 強 みを 生 かすプロジェクトとして 革 新 プロジェクトがあり 最 高 の 効 率 を 目 指 して 新 しいもの を 作 り それで 世 界 と 戦 っていく 次 世 代 の 方 は PV2030+に 向 けてのプロジェクトで ある 但 し 先 ほど 御 質 問 あったように 大 分 世 の 中 の 情 勢 は 変 わっているので その 中 でこのプロジェクトをどういうように 位 置 づけるかというのは 今 後 の 課 題 ではないか なと 思 います あと 有 機 なんですけれども これはそうしますと 太 陽 電 池 というのは 性 能 等 議 論 しないといけないと 思 いますが 用 途 があっての 性 能 ということになるので どうい う 用 途 があるかというのを 検 討 した 上 で どういう 開 発 をやらないといけないかという ことでこの 事 業 を 始 められたと 捉 えてよろしいでしょうか 山 田 主 研 それで 結 構 かと 思 います 庭 野 分 科 会 長 ほかの 先 生 から 御 質 問 ありませんでしょうか もう 10 分 時 間 あります ので 田 中 委 員 さっきの PV2030+のときに その 下 の 背 景 のところもそうなんですけれども 最 初 私 ども 7 円 云 々というのは 2030 年 という 目 標 に 対 してという 形 だったのです けれども この 表 を 見 ると 2030 年 が 消 えて 急 に 2050 年 の 超 高 効 率 で 一 遍 に 飛 んでし まっているんですけれども これは 何 か 理 由 があるんですか その 次 の 表 を 見 るとそう いう 形 になっているんですが 山 田 主 研 まずこちらの 表 で 御 説 明 したいんですけれども 2030 年 の 目 標 は 7 円 でござ います そこから 先 は 7 円 未 満 未 満 というのは 6 円 がいいのか 5 円 がいいのかとい うところは 議 論 せずに 全 く 新 しい 技 術 を 導 入 することによって 差 別 化 市 場 拡 大 を 図 るというものでございまして ここの 新 材 料 新 構 造 と 小 さく 書 いてありますけれど も 7 円 未 満 を 目 指 そうと 7 円 未 満 というのは 7 円 でとどまらない 全 く 新 しい 太 陽 電 池 を 作 ろうと これが 革 新 プロジェクトの 考 え 方 でございます PV2030 これは 2004 年 に 作 った 2030 ではこの 7 円 までだったんですけれども になるときに 更 にロングタームの 目 標 を 追 加 したという 経 緯 がございます お 答 え になりましたでしょうか 全 く 新 しい 技 術 を 開 発 するという それまでとは 異 なるアプ ローチと 考 えています 庭 野 分 科 会 長 よろしいでしょうか コストの 問 題 は 大 変 難 しい 問 題 で 世 の 中 の 情 勢 11

12 によってもどんどん 変 わってくるというところがあると 思 いますが できるだけいいも のを 作 ろうというのがこういうプロジェクトの 一 番 大 事 なところかなと 思 いますけれど も そのほかございませんでしょうか 工 藤 先 生 何 かございますか 工 藤 分 科 会 長 代 理 結 構 よく 分 かりました もう 一 つは 長 期 を 目 指 しているものは 結 局 全 く 新 しい 材 料 とか 今 の 有 機 の 見 込 みについては 合 体 することもあり 得 るとい う 理 解 なのか 全 く 別 のものなのか それが 実 証 とともに 何 か 次 の 展 開 という 部 分 は 似 ていて この 先 の 話 から 結 果 を 出 すと 思 われますが 何 かつながる 予 定 はあるのでし ょうか 山 田 主 研 2050 年 目 標 に 向 けて 取 り 組 んでいたものにつきましは 何 でもかんでも 新 し ければ 良 いということではなく まず 効 率 がすごく 高 いものというところで 少 し 絞 った 経 緯 がございます これは 昨 年 度 終 了 したプロジェクトですけれども このプロジェク トでは 有 機 自 体 つまり 次 世 代 プロジェクトでターゲットとしているような 色 素 増 感 あるいは 有 機 薄 膜 というものはターゲットにはしていませんでした これは 結 果 として ですね ただ 今 後 もそうですかということにつきましては 2030 年 目 標 の 7 円 /キロ ワットアワー あるいは 2020 年 目 標 の 14 円 /キロワットアワーに 向 けて 我 々は 新 し いプロジェクトを 別 途 立 ち 上 げておりまして この 中 では 有 機 薄 膜 あるいは 色 素 増 感 太 陽 電 池 の 中 から 生 まれた 成 果 の 1 つとして ペロブスカイト 型 の 材 料 を 使 った 太 陽 電 池 というのがございますけれども それをこの 新 しいプロジェクトのターゲットの 中 には 入 れております ですから 将 来 発 電 コストを 低 減 していくという 文 脈 でいいもの が 出 てくれば 2030 年 に 向 けた 技 術 開 発 に 取 り 組 む 可 能 性 はあると 思 います 要 領 を 得 なくて 恐 縮 ですけれども PV2030+では 2050 年 というターゲットを 加 えたんですけれど も 太 陽 光 発 電 開 発 戦 略 新 しく 出 した 技 術 開 発 指 針 の 中 では 今 2030 年 までをター ゲットとしておりまして 2050 年 については 現 時 点 では 一 旦 お 休 みしているところで あります その 中 で ペロブスカイトはこのプロジェクトでスコープの 中 に 入 れました 有 機 薄 膜 でありますが 色 素 増 感 につきましては 用 途 を 開 拓 する 別 の 取 組 の 中 で 一 部 御 支 援 を 継 続 しているというのが 現 状 でございます 庭 野 分 科 会 長 よろしいでしょうか その 他 ございませんでしょうか 私 の 方 からもう 1 点 細 かい 話 なのですが 成 果 の 発 表 等 のところですけれども 44 ページでしょうか CIS のところですけど 新 聞 雑 誌 等 への 掲 載 が 763 と 多 くて 特 許 がその 割 には 少 ない これは 今 注 目 されはじめたためということかもしれないですけれ ども ちょっとその 辺 の 事 情 をお 聞 かせください 山 田 主 研 フォームにあったので この 項 は 入 れているんですけれども これは 掲 載 さ れる 側 の 評 価 掲 載 する 側 の 評 価 でありまして 私 どもの 努 力 とは 違 うのかもしれませ んが こちらの 発 表 する 側 我 々 アクションを 取 った 側 としては ほかとも 余 り 変 わ らないのかなと ただ 注 目 の 度 合 いという 意 味 では 日 本 の 国 産 メーカーが 強 いとい うこともあって 大 きく 取 り 上 げていただいているのかなと 分 析 しております 庭 野 分 科 会 長 もう 少 し 特 許 も 山 田 主 研 特 許 をもっと 取 るべきということですか 庭 野 分 科 会 長 ええ 非 常 に 注 目 されているということであればという 12

13 山 田 主 研 ここは 非 公 開 セッションでも 御 議 論 いただければと 思 いますけれども 特 許 だけではなく 中 心 的 な 役 割 を 果 たしていただいているメーカーは 製 造 に 当 たってノ ウハウ レシピのところが 重 要 と 聞 いておりますので そこは 特 許 だけという 戦 略 では ないと 理 解 しています また 推 進 している 企 業 の 数 もほかと 異 なりますので 庭 野 分 科 会 長 詳 細 につきましてはこの 後 の 議 題 でも 議 論 になろうかと 思 いますけれど も その 他 ございませんか よろしいでしょうか それでは ありがとうございました そのほかの 御 意 見 御 質 問 は また 詳 細 の 内 容 につきましては この 後 詳 しく 説 明 していただきまして その 際 に 質 問 をいただき たいと 思 います ( 非 公 開 セッション) 6. プロジェクトの 詳 細 説 明 省 略 ( 公 開 セッション) 7.まとめ 講 評 庭 野 分 科 会 長 それでは 再 開 したいと 思 います 長 時 間 でしたけど 審 議 終 了 いたしましたので ここで 各 委 員 の 皆 様 から 講 評 をいただ きたいと 思 います 廣 瀬 委 員 から 始 めまして こちらのほうに 向 かって 順 番 にお 願 いしますが 二 三 分 程 度 ということで どうぞよろしくお 願 いいたします 廣 瀬 委 員 最 初 に 私 から 講 評 ということで 大 変 僣 越 でございますけれども 率 直 な 感 想 ですね この 2 日 間 見 させていただいて 成 果 は 非 常 に 著 しいということで 僕 は 大 変 驚 くとともに 皆 様 のご 努 力 に 大 変 敬 意 を 表 したいと 思 いました 特 に シリコンの 結 晶 型 それから CIS の 化 合 物 の 成 果 は 非 常 に 著 しいと 思 います 今 後 の 次 のプロジェクトでのさ らなる 発 展 を 期 待 したいと 思 っております それから 有 機 系 の 太 陽 電 池 実 用 化 先 導 技 術 開 発 も これもやっぱりやってみないとわか らないことがたくさん 出 てきてはいるんですが 非 常 に 成 果 としては 楽 しみだというふうな 印 象 を 持 ちました 一 部 で 目 標 未 達 な 課 題 もございましたが ぜひ 大 きな 壁 に 当 たっている 課 題 とかそうい ったものを 広 く 国 民 に 発 信 して 若 いプレーヤーも 参 画 できるよう 課 題 というものを 整 理 して 発 信 していただければと 思 います 非 常 にすばらしい 成 果 が 出 ていると 私 は 拝 見 いたし ました 以 上 でございます 庭 野 分 科 会 長 次 に 西 尾 委 員 お 願 いします 西 尾 委 員 何 か 同 じようなことになってしまうのですけど もう 成 果 はすばらしいと いうか 中 にはもう 世 界 トップですかね そういったものがたくさん 上 げてあり そういっ た 意 味 ではすごいものだと 私 は 思 いました 評 価 のところで せっかく 世 界 トップを 上 げているにもかかわらず 何 かさらなる 高 いハ 13

14 ードルを 上 げている やっている 方 はちょっとかわいそうだなという むしろそんな 印 象 を 持 ったんですけど それはそれだけの 切 羽 詰 まった 何 か 事 情 が 半 導 体 産 業 の 事 情 があるか と 思 って 聞 いておりましたけど そういった 方 も 高 い 評 価 は 与 えたいと 個 人 的 には 思 ってい ます それから 先 ほどと 同 じなんですけど シリコン 系 はほんとうに 連 携 がうまくとれて や れているような 印 象 を 受 けました 何 か 新 産 業 に 参 加 しようとする 意 欲 される 企 業 さんにとって 新 たなそういった 思 いもよ らない 課 題 が 入 ってくると 非 常 につらいなという そういう 印 象 を 受 けました それから CZTS ですかね あちらのほうはもう 聞 いておりまして かなり 複 雑 な 半 導 体 系 ですかね 市 場 は 高 いものがあると 思 いますので 何 らかの 形 で 支 援 していただければ 日 本 にとってまた 新 しい 材 料 が 開 かれてくるような 気 がします それから 色 素 と 有 機 のほうも 皆 さん 頑 張 っておられて それで 最 近 ぺロブスカイト 系 がすごいポテンシャルを 持 っているというような 話 の 一 方 で 鉛 が 入 っているとかいった 問 題 もあるようですので 従 来 のほうも 何 らかの 形 で 動 かしておいたほうがいいような 気 が 個 人 的 にはしました 以 上 でもう 終 わりたいと 思 います 庭 野 分 科 会 長 ありがとうございます 次 は 田 中 委 員 お 願 いいたします 田 中 委 員 これとはちょっと 違 うんですけれども 先 週 実 はもう 来 年 度 の 固 定 価 格 買 い 取 りのヒアリングを 2 時 間 ばっちりと METI さんとやり 合 ったというか 受 けまして どうするんだという 形 で 話 をして その 中 で 出 てきたのは 技 術 は 当 然 のことと 進 むんでし ょうけども やっぱりコスト コストというのが 大 前 提 で 実 は 出 てきていまして そういっ た 形 からすると 今 回 事 後 評 価 という 形 で 一 応 開 発 の 目 途 がある 程 度 ついたという 形 の 評 価 ですので 今 度 それをいかに 世 の 中 に 入 れていくのかというのが 最 も 重 要 な 要 素 になっ てくるんじゃないかと 思 うんですけれども せっかく 開 発 して いいデータなり いいもの ができたのに 使 えないことには 意 味 がないということと それから もう 一 つは やっぱ り 諸 外 国 に 負 ける 前 に 先 導 的 にやっていくというのが 非 常 に 重 要 な 要 素 になっていくんじゃ ないかと 思 いますので 今 回 の 成 果 をどういうふうに 実 用 化 して 世 の 中 に 入 れていくのか というのが 最 大 の 課 題 になるんじゃないかなというふうに 思 っています 庭 野 分 科 会 長 ありがとうございます 次 垣 内 委 員 お 願 いします 垣 内 委 員 中 間 評 価 のときにそのコストの 話 がよくわからなくて いろいろ 皆 さんか ら 指 摘 があったと 思 うんですけど 今 回 はそのあたりかなり 明 確 にしていただきまして 着 実 にロードマップに 沿 ったような 形 でコストが 下 がっているというふうな 感 じを 受 けました それは 非 常 によかったというふうに 感 じました 私 は 個 人 的 にシリコンの 薄 膜 関 連 の 研 究 をやっていますので やっぱり 薄 膜 シリコン 太 陽 電 池 ですね 中 間 評 価 の 段 階 からかなり 厳 しそうだという 話 で 大 きなブレ-クスルーが 出 てこないかなということで 非 常 に 期 待 はしていたんですけれども 技 術 レベルはもちろん 非 常 に 高 いんですけど なかなか 今 難 しいところに 来 ているというふうな 印 象 を 率 直 に 受 14

15 けたんですね ただ 先 ほどもちょっと 話 がありましたけれども 技 術 は 高 いので それを 有 効 に 利 用 できるところは 利 用 していっていただいて 引 き 続 き 何 らかの 大 きなブレ-クス ルーを 期 待 したいなというふうに 私 個 人 的 には 思 っています あとは 分 野 によっては コンソーシアム 連 携 がかなりうまく 機 能 して 大 きな 成 果 が 幾 つも 出 ていたと 思 うんですが まあ そうじゃない 分 野 ももちろんありました ですから 連 携 したことがどれぐらい 研 究 の 進 展 に 貢 献 したかというところを 明 確 にしていただいて それをちゃんとまとめていただいて 今 後 今 まで 連 携 がうまくいっていなかった 分 野 につ いても 難 しい 点 はあると 思 うんですけど 連 携 をどんどん 推 進 していっていただきたいと いうふうに 思 います 以 上 です 庭 野 分 科 会 長 ありがとうございました それでは 次 は 宇 佐 美 委 員 お 願 いします 宇 佐 美 委 員 冒 頭 にお 話 しさせていただいたんですけれども 本 プロジェクトの 始 ま るときと 現 在 とでは 特 に 市 況 といいますか 周 囲 の 普 及 の 状 況 が 全 然 違 うと 何 度 も 繰 り 返 しになって 恐 縮 ですが 現 状 としてはもう 2,000 万 とかを 超 える 量 が 導 入 されていて 認 定 料 量 にすると 8,000 万 以 上 あるということなんですね 私 ども 電 気 事 業 の 一 員 として 実 際 のところ もう 現 場 の 問 題 として 明 日 からぐっと 明 日 からということになるんですけ れども 実 際 の 系 統 運 用 部 門 とやりとりをして どのように 電 力 系 統 を 運 用 していくのか これはほんとうに 現 場 の 問 題 としてやっております そんな 中 で 一 方 少 なくとも 電 気 事 業 全 体 がどうかというと なかなか 難 しいと 思 うん ですが 私 はそうあってほしいと 信 じたいんですけれども 必 ずしも 太 陽 光 の 普 及 を 阻 害 し たいというわけではないんですね やっぱり 私 どもが 系 統 運 用 部 門 の 方 々と 一 緒 に 電 力 系 統 の 運 用 を 考 えているというのは いかに 太 陽 光 を 使 うようにしていくのかということをいろ いろ 知 恵 を 出 し 合 って 電 力 の 中 でやっていると そのように 考 えています そんな 中 で 特 に 今 日 も 含 めて 昨 日 から 2 日 間 聞 かせていただいた 率 直 な 感 想 として 要 は 太 陽 光 の 技 術 開 発 レベルというのは 日 本 は 非 常 に 高 くて 非 常 にいいものができて いるというふうに 感 じました そんな 中 で 今 言 ったように 普 及 というのを 阻 害 するよう にするということではなく より 普 及 していくためにはどうしたらいいのか それは 私 ども の 電 気 事 業 の 一 員 として 電 気 事 業 の 中 でも 考 えていきたいし 実 際 にやっていますし 今 回 こういったところに 出 席 させていただいているというのも 一 つではあると 思 うんですけど NEDO さんとかそういった 太 陽 電 池 にかかわる 方 とも 特 に 弊 所 はもう 少 し 自 由 な 立 場 であり ますので 協 力 させていただいて どういったふうに 普 及 をしていくのか そういったこと はぜひ 考 えさせていただきたいと そのように 感 じております そういった 意 味 で 成 果 としては 非 常 に 上 がっていて ただ ターニングポイントであっ て 今 までと 同 じようなスタンスでこれから 続 けられるのかというのは やっぱり 考 えるべ きところは 考 えるところがあるのかなと そのように 感 じました 細 かい 具 体 的 なところでいいますと それぞれの 太 陽 電 池 いろいろな 形 で 成 果 が 上 がっ ているというのは 事 実 でして 目 標 が 達 成 した しないというのはあるんですけれども 大 15

16 半 のものは 目 標 を 達 成 しておりまして そういった 意 味 でも 非 常 に 立 派 な 成 果 だと 一 方 で 目 標 を 達 成 していなくても 世 界 の 技 術 水 準 からすると 非 常 にレベルが 高 いものというの は 数 多 くあって そういった 意 味 では 十 分 な 成 果 があるんじゃないかと そのように 感 じて おります 一 方 で 今 まで 長 くやってきた 太 陽 電 池 系 とかで 今 冒 頭 で 申 したように 世 の 中 の 流 れの 中 で 実 用 化 それから 商 品 化 なかなかそういうのが 難 しいというようなものも 散 見 されるのも 事 実 でございまして ただ そういったものは 今 まで 技 術 開 発 をしてきた 中 で ほんとうに 繰 り 返 しになるんですけれども 非 常 に 高 い 技 術 レベルを 持 っているので それをうまく 使 う うまく 生 かす それはいろんな 形 があると 思 います そういったことは ぜひ 続 けていただきたいと 思 います 特 にコンソーシアム 等 を 通 して 同 じ 太 陽 電 池 系 の 中 でもいろいろと 情 報 交 換 して メー カー 間 でもやはりそういった 技 術 のやりとりをして 仮 に 事 業 化 を 断 念 したとしても 他 の メーカーの 中 でそれが 生 きるとかですね そういったものもあるかと 思 いますので いずれ にしても そういった 形 でぜひ 続 けていただきたいと 思 います 以 上 です 庭 野 分 科 会 長 ありがとうございました それでは 工 藤 委 員 お 願 いします 工 藤 分 科 会 長 代 理 改 めてこの 大 規 模 かつ 少 し 質 の 違 う 太 陽 電 池 の 開 発 プロジェクト で 次 世 代 の 高 性 能 高 効 率 を 目 指 す 目 的 と 実 用 化 に 向 けて 多 くの 違 う 素 子 をそろえて 同 じ 土 台 でスタートし どれが 実 用 化 に 向 かうかという 目 標 設 定 は 非 常 にいいプロジェクト だと 思 います また これだけ 世 の 中 が 変 わっている 中 で 山 口 先 生 黒 川 先 生 のプロジェ クトリーダーの 指 導 のもとにいろいろ 見 直 されたというのは 非 常 に 評 価 しております それで ほとんど 皆 様 が 言 われているように 世 界 最 高 レベルという 成 果 がこれから 出 て いるというのは 大 きな 成 果 だと 思 うのですが そのオールジャパンの 中 で 結 構 うまくいっ ている 部 分 と 課 題 として 残 された 部 分 が 出 されたところで 果 たしてほんとうにオールジ ャパンが 有 効 に 活 かされているかなという やや 疑 問 を 持 つところが 一 部 見 受 けられたとい うのも 事 実 です それから ここで 言 っていいのかどうかわからないですけれども 有 機 太 陽 電 池 を 屋 外 で 実 用 化 するというのは 正 直 スタートのときからやや 心 配 したところですけれども その とおりに 近 いところがかなり 多 く 見 られてきたところは 次 のプロジェクトへの 展 開 という ところだと 思 われます また 日 本 が 一 番 弱 いのが 技 術 力 は 世 界 トップレベル しかし 応 用 面 でどうも 一 歩 おくれるというのが 別 の 観 点 からも 見 えており 有 機 はやはり 産 業 デ ザインだと 思 いますね そういうところの 出 口 がほんとうに 見 つかれば 効 率 を 度 外 視 した ような 一 部 で 出 たように 安 心 感 を 求 めるような 応 用 とか 人 間 にフィードバックするよ うなところをぜひとも 見 つけていただければありがたいと 思 っています 最 後 に 一 言 諸 事 情 でやめたところもありそうですが せっかくの 成 果 にほこりが 積 もる ような また 文 書 だけが 残 っているだけじゃなくて 今 後 スタートできるときには 一 歩 も 遅 れずに すぐキャッチアップできるということを 期 待 しております 16

17 以 上 でございます 庭 野 分 科 会 長 ありがとうございました 私 の 番 になるわけですが もう 大 体 言 い 尽 くされていると 思 います まずこの 太 陽 光 発 電 というのはこれからも 非 常 に 重 要 だと 思 っています 特 に 私 は 大 震 災 を 経 験 して そのとき にエネルギーをどうするかということを 切 実 に 感 じまして プロジェクトの 中 にありました けれども 災 害 時 の 非 常 用 の 電 源 のようなものが 大 事 です そのような 観 点 からも 是 非 この 太 陽 光 の 発 電 の 開 発 事 業 は これからも 続 けて 頂 きたいし 性 能 を 上 げてもらいたいと 思 い ます その 一 方 で 太 陽 光 発 電 というのはエネルギーをつくる 方 なんですけれども この 事 業 と は 離 れるかもしれませんが エネルギーをどのように 利 用 するかといった システムの 問 題 をこれから 考 えないといけないと 思 います これは 黒 川 先 生 が 前 から 指 摘 されていますがこ れを どういうふうにしていくかというのは 社 会 インフラをどうするかとも 関 わって これ からの 日 本 の 大 きな 課 題 ではないかなと 思 っています 成 果 がすばらしかったというのは 私 も 同 感 です すばらしい 成 果 がこれからどのように 実 用 化 されるか どのように 生 かしていけるかがこれから 大 事 になってきて 先 ほども 話 が ありましたように 世 の 中 にどうやって 入 れていくかところを 考 えないといけないと 思 いま す 有 機 もまだ 捨 てたものではないと 私 は 思 っていますので それをこれからも 引 き 続 き 考 えてもらいたいと 思 います もう 一 つは この 事 業 が 始 まって また3 年 前 の 中 間 評 価 のときと 比 べても 世 の 中 の 情 勢 が 変 わってきています この 世 の 中 の 情 勢 にその 都 度 対 応 していかないといけないという のは 非 常 に 大 変 なことですが 日 本 が 世 界 に 引 けを 取 らない 力 を 持 つためには 情 勢 に 迅 速 に 対 応 していく 必 要 かあると 思 います この 事 業 で 変 化 に 対 応 して 成 果 を 上 げたところも あるように 思 います 最 後 に 様 々な 研 究 を 続 けて 頂 きたいと 思 います 大 学 にいると 感 じますが もちろん 実 用 化 に 近 いところは 伸 ばすというのは 大 事 ですけれども これからの 事 業 の 芽 になるような 研 究 というのは 大 事 であると 思 っています 研 究 の 多 様 性 というのは 技 術 の 力 を 向 上 させ るために 非 常 に 大 事 なことだと 思 います 選 択 と 集 中 というのは 言 われますが それだけで はなくて 様 々な 研 究 をやり 続 けていくと 日 本 独 自 の 技 術 がこれからも 続 いて 出 てくるの ではないかと 思 います 以 上 で 私 の 講 評 とさせていただきます 以 上 評 価 委 員 の 各 先 生 方 から 講 評 いただきましたので ここで 最 後 に 推 進 部 または 山 口 先 生 黒 川 先 生 から 一 言 ございましたらよろしくお 願 いいたします 山 口 PL 2 日 間 どうもありがとうございました 評 価 委 員 の 先 生 方 のおっしゃるこ と その 通 りで 先 ほどのコンソーシアムでやる 云 々というのは なかなか 結 果 というのは 証 明 できないんですけど 結 晶 シリコンの 分 野 でいうと カッパーペーストとかスライシン グとか そういった 部 分 で 連 携 して それがいい 成 果 になりつつあると 思 います 薄 膜 シリ コンもやったんですけど やっぱり 世 界 最 高 を 出 したのですが 出 口 がなかなかないので そ れが 違 った 展 開 に 各 先 生 がおっしゃったように ヘテロ 構 造 では 生 きると 思 うんですけれ 17

18 ども もう 一 つは 光 マネジメントで 多 分 結 晶 シリコンとか CIGS 系 にも 生 きると 個 人 的 には 思 っているので 今 後 そういうふうに 進 めていきたいと 思 っています もう 一 つやっぱり 普 及 を 拡 大 するにはどうしたらいいかという 宇 佐 美 先 生 のお 話 ですけ れど 個 人 的 にはさっき 委 員 長 がおっしゃったように 将 来 は 多 分 個 人 的 には 社 会 インフ ラとして PV を 含 めた 再 生 可 能 エネルギーを 主 体 にした 社 会 になると それが 何 十 年 先 かわ かりませんけれども がらっと 変 わったような 社 会 形 態 になるというふうに 思 っているので そのためにはやっぱり NEDO さんと 経 産 省 含 めて 技 術 開 発 は 少 なくともあと 15 年 はやって ほしいし できれば 30 年 ぐらいやってくれれば 本 物 になるかと 思 うので ぜひご 支 援 をお 願 いします あとはやっぱり 若 い 人 の 育 成 も 非 常 に 重 要 ですし 個 人 的 には 普 及 拡 大 する 意 味 で 今 私 のやっている 分 野 では トヨタ 自 動 車 と 車 載 応 用 を 考 えていまして やっぱり 効 率 15%ぐ らいじゃだめだと 効 率 30% 以 上 で フレキシブルで なおかつ 安 いものと 言 われている ので 最 初 は 高 くてもいいんでしょうけど 夢 としては 希 望 としてはそういうものを 開 発 していきたいと 思 っています 今 日 はどうもありがとうございました 黒 川 PL 先 ほど 庭 野 委 員 長 から 私 のコメントにご 支 持 いただいて 大 変 ありがとうご ざいます 実 はそういう 意 味 で 我 々 太 陽 光 発 電 はサンシャイン 計 画 でスタートして ほんとうに 40 年 ずっと 続 けてこられたわけですけど それのかなり 初 期 の 時 代 にどうやって 使 うのかと いう 話 はやっぱりあったんですね 太 陽 電 池 の 素 子 面 だけが 最 初 に 出 てきまして 使 うほう がなくて 太 陽 電 池 を 使 うところ 日 本 なんか 電 力 系 統 がいっぱい 走 っているから 要 らない よという 議 論 が 最 初 にありました 電 中 研 さんから 先 ほど 電 力 ネットワーク 面 の 問 題 点 のお 話 がありましたが 私 は 大 胆 にも 最 初 に 提 案 したのが 日 本 中 の 住 宅 の 屋 根 に 太 陽 光 を 載 っ けて それを 電 力 系 統 として 連 携 すると 私 はもともと 直 流 送 電 屋 なので パワエレ 使 えば そんなことはできますよと 言 って 自 分 自 身 大 蔵 省 に 直 接 予 算 をとりにいったんですね そのころは 工 業 技 術 院 でしたけど そ れがまた その 年 の 新 規 テーマ たった 一 個 でしたので 当 選 しまして それがおそらく 太 陽 電 池 とプラス 住 宅 のシステム それが 日 本 としては 例 えば 六 甲 アイランドでそういうモ デルシステムを 組 んで うまくいったから 最 初 の 政 府 の 補 助 政 策 で 立 ち 上 がったわけですよ ね そういう 経 緯 からすると 私 は 今 スマートグリッドなんて 言 ってやっていますが NEDO さん 別 々に 何 か 島 があるようですけど そうじゃなくて その 中 でやっぱりメーンプレー ヤーは 太 陽 光 なんだと 私 はいまだに 思 っていまして 電 中 研 さんにも 上 から 目 線 だけじ ゃなくて ちょっと 下 からも 攻 めていくようなロジックでやっていただきたいなと 長 い 間 思 っています これは 今 日 の 評 価 のとは 全 く 違 いますけど 個 人 的 な 希 望 はそういう 意 見 を 持 っておりま すので よろしくお 願 いいたします 山 田 主 研 では 推 進 部 署 から まず 2 日 間 ほんとうにありがとうございました 18

19 また 講 評 も 拝 聴 していまして 大 変 参 考 になりましたので 努 力 してまいりたいと 思 いま す 推 進 部 としては まずプロジェクトという 期 間 と 目 標 を 設 定 するマネジメントの 仕 方 と 先 ほどご 指 導 あったように 長 く 続 けていく あるいはその 状 況 の 変 化 に 対 応 していく そのバランス 兼 ね 合 いの 難 しさがあるなというのを 感 じながら 聞 いておりました ただ 幸 い 今 黒 川 先 生 からお 話 あったように 縦 割 りを 乗 り 越 えていかなきゃいけないんです けれども 私 ども NEDO は 広 い 分 野 を 見 ていけますし 太 陽 光 という 分 野 に 仮 に 限 ったとし ても プロジェクトを 超 えた 視 点 でマネジメントができる 環 境 にあります 実 際 そういうこ とにチャレンジしていますので 今 日 のこのプロジェクトの 評 価 を 踏 まえて 先 生 方 には 引 き 続 きご 指 導 いただけるとうれしいなというふうに 思 っております 私 からは 以 上 です 渡 辺 統 括 主 幹 最 後 ですけれども 推 進 部 を 代 表 いたしましてお 礼 を 申 し 上 げたいと 思 います 2 日 間 にわたり ほんとうにありがとうございました 最 後 の 講 評 の 中 では 全 体 的 に 評 価 をいただいたということで 我 々 推 進 部 担 当 している 者 全 てが 非 常 に やってよか ったなと 思 っているところでございます ただ 多 分 いろいろこれから 足 りないところをさ らに 補 っていく 必 要 があると 思 っていまして 引 き 続 きご 指 導 をいただきたいと 思 っており ます いろいろ 講 評 の 中 でコメントをいただいている 中 で 黒 川 先 生 も 山 口 先 生 もおっしゃった ように これからやっぱり 再 生 可 能 エネルギーがたくさん どんどん 入 っていく 中 で これ をどうやって 使 っていくか このままだとせっかく 発 電 した 再 生 可 能 エネルギーの 電 力 を 使 わずに 捨 ててしまうことにもなりかねない そういうような 状 況 になっていくんだろうなと いう そういう 意 味 で この 再 生 可 能 エネルギーをむだにしないで 全 体 としてうまく 使 っ ていく そういうような 方 法 も 考 えていかなければいけないと 思 っています ただ これは 必 ずしも 新 エネ 部 だけではできない 部 分 もありますので NEDO 全 体 として 取 り 組 んでいく 課 題 だと 思 っていますので そういう 意 味 では NEDO の 中 の 担 当 部 局 の 連 携 をう まくやっていく 必 要 があるなと 考 えているところでございます 引 き 続 きいろいろご 相 談 にも 伺 いたいと 思 いますので ご 指 導 のほどよろしくお 願 いいた します 2 日 間 にわたりまして どうもありがとうございました 庭 野 分 科 会 長 どうもありがとうございました 8. 今 後 の 予 定 その 他 9. 閉 会 以 上 19

20 配 布 資 料 資 料 1 研 究 評 価 委 員 会 分 科 会 の 設 置 について 資 料 2 研 究 評 価 委 員 会 分 科 会 の 公 開 について 資 料 3 研 究 評 価 委 員 会 分 科 会 における 秘 密 情 報 の 守 秘 と 非 公 開 資 料 の 取 り 扱 いについて 資 料 4-1 NEDOにおける 研 究 評 価 について 資 料 4-2 評 価 項 目 評 価 基 準 資 料 4-3 評 点 法 の 実 施 について 資 料 4-4 評 価 コメント 及 び 評 点 票 資 料 4-5 評 価 報 告 書 の 構 成 について 資 料 5-1 事 業 原 簿 ( 公 開 )- 太 陽 光 発 電 システム 次 世 代 高 性 能 技 術 の 開 発 - 資 料 5-2 事 業 原 簿 ( 公 開 )- 有 機 系 太 陽 電 池 実 用 化 先 導 技 術 開 発 - 資 料 6 プロジェクトの 概 要 説 明 資 料 ( 公 開 ) 事 業 の 位 置 づけ 必 要 性 研 究 開 発 マネジメント 研 究 開 発 成 果 及 び 成 果 の 実 用 化 に 向 けた 取 り 組 み 及 び 見 通 し 資 料 極 限 シリコン 結 晶 太 陽 電 池 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 赤 外 線 FZ 法 によるN 型 四 角 形 状 シリコン 単 結 晶 育 成 方 法 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 マルチワイヤーソーによるシリコンウエハ 切 断 技 術 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 銅 ペースト 量 産 化 技 術 と 試 験 評 価 方 法 に 関 する 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 超 低 コスト 高 効 率 Ag フリーヘテロ 接 合 太 陽 電 池 モジュールの 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 次 世 代 多 接 合 薄 膜 シリコン 太 陽 電 池 の 産 学 官 協 力 体 制 による 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 高 度 構 造 制 御 薄 膜 シリコン 太 陽 電 池 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 CIS 系 薄 膜 太 陽 電 池 の 高 効 率 化 技 術 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 CZTS 薄 膜 太 陽 電 池 の 高 効 率 化 技 術 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 フレキシブル CIGS 太 陽 電 池 モジュールの 高 効 率 化 研 究 ( 非 公 開 ) 資 料 発 電 量 評 価 技 術 等 の 開 発 信 頼 性 及 び 寿 命 評 価 技 術 の 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 広 域 対 象 の PV システム 汎 用 リサイクル 処 理 手 法 に 関 する 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 ロールツーロールプロセスを 可 能 とする 封 止 材 一 体 型 保 護 シートの 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 超 ハイガスバリア 太 陽 電 池 部 材 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 太 陽 電 池 発 電 システムの 据 付 工 程 簡 便 化 に 関 する 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 ドレスト 光 子 利 用 太 陽 電 池 技 術 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 次 世 代 長 寿 命 太 陽 電 池 モジュールの 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 三 層 協 調 界 面 構 築 による 高 効 率 低 コスト 量 産 型 色 素 増 感 太 陽 電 池 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 高 効 率 高 耐 久 性 色 素 増 感 太 陽 電 池 モジュールの 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 20

21 資 料 有 機 薄 膜 太 陽 電 池 モジュール 創 製 に 関 する 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 光 電 荷 分 離 ゲルによる 屋 内 用 有 機 太 陽 電 池 の 研 究 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 プラスチック 色 素 増 感 太 陽 電 池 の 実 用 性 検 証 ( 非 公 開 ) 資 料 プラスチック 基 板 DSC 発 電 システムの 開 発 ( 非 公 開 ) 資 料 色 素 増 感 太 陽 電 池 実 証 実 験 プロジェクト( 非 公 開 ) 資 料 色 素 増 感 太 陽 電 池 モジュールの 実 証 評 価 ( 非 公 開 ) 資 料 有 機 薄 膜 太 陽 電 池 の 生 産 プロセス 技 術 開 発 および 実 証 化 検 討 ( 非 公 開 ) 資 料 8 今 後 の 予 定 参 考 資 料 1 NEDO 技 術 委 員 技 術 委 員 会 等 規 程 参 考 資 料 2 技 術 評 価 実 施 規 程 以 上 21

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ

きたいと 思 います 5. 議 事 (1) 水 道 料 金 改 定 について 事 務 局 により 説 明 ( 資 料 3) 2 ページの 平 成 29 年 度 の 措 置 というのがよく 理 解 できないんですが 29 年 度 に( 料 金 を)43% 増 額 改 定 したらこうなりますというグラフ 第 2 回 安 来 市 水 道 事 業 運 営 審 議 会 議 事 録 日 時 平 成 28 年 1 月 18 日 ( 月 ) 10:00~ 場 所 安 来 市 中 央 交 流 センター 2 階 第 6 会 議 室 1. 会 議 成 立 報 告 2. 諮 問 3. 市 長 挨 拶 4. 会 長 挨 拶 5. 議 事 (1) 前 回 ( 第 1 回 ) 質 問 事 項 に 対 する 回 答 について

More information

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx

Microsoft Word - ☆第31回事業評価監視委員会議事録_最終_ .docx ---------------------------------------- 再 評 価 4. 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 ---------------------------------------- 議 長 午 後 の 審 議 を 再 開 いたします 今 回 は 再 評 価 4 番 の 広 域 河 川 改 修 事 業 大 谷 川 について 説 明 をお 願 いいたします 河

More information

岩村委員長

岩村委員長 平 成 25 年 2 月 八 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 25 年 2 月 25 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 2 場 所 市 庁 本 館 3 階 議 会 第 1 委 員 会 室 3 委 員 氏 名 委 員 長 岡 本 潤 子 委 員 長 職 務 代 行 者 小 柴 一 弘 委 員 武 輪 節 子 教 育 長 松 山 隆 豊 4 職 員

More information

Microsoft Word - 平成25年4月9日都市建設委員会会議記録.doc

Microsoft Word - 平成25年4月9日都市建設委員会会議記録.doc 都 市 建 設 常 任 委 員 会 会 議 記 録 日 時 平 成 25 年 4 月 9 日 ( 火 曜 日 ) 午 前 10 時 1 分 開 議 場 所 水 戸 市 議 会 第 1 委 員 会 室 午 前 10 時 20 分 散 会 付 託 事 件 (1) 所 管 事 務 調 査 1 本 日 の 会 議 に 付 した 事 件 (4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 に 伴 う 役 職 者 紹 介

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A> 第 2 セッション 第 1 報 告 留 学 生 に 対 する 英 語 による 日 本 法 教 育 - 刑 事 法 を 中 心 に- 京 都 大 学 : 高 山 佳 奈 子 < 高 山 > 京 都 大 学 の 高 山 でございます 私 のほうもパワーポイントとかコンピュータとか 準 備 し ていなくて この3ページのレジュメだけで 発 表 をさせていただきます 後 の 櫻 田 先 生 の 資 料 が

More information

中野区 教育委員会

中野区 教育委員会 中 野 区 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 24 年 第 15 回 定 例 会 開 会 日 平 成 24 年 5 月 11 日 ( 金 ) 場 所 中 野 区 教 育 委 員 会 室 開 会 午 前 10 時 01 分 閉 会 午 前 10 時 20 分 出 席 委 員 (3 名 ) 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 高 木 明 郎 中 野 区 教 育 委 員 会 委 員 長 職

More information

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁 宮 城 県 土 地 利 用 審 査 会 Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 から 午 前 11 時 40 分 まで Ⅱ 場 所 : 宮 城 県 行 政 庁 舎 第 二 会 議 室 (11 階 ) Ⅲ 次 第 1 開 会 2 あいさつ 3 議 事 ( 報 告 事 項 ) (1) 最 近 の 土 地 取 引 動 向 について (2) 最 近 の

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

ÿþ

ÿþ 蟹 江 町 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 招 集 場 所 出 席 委 員 欠 席 委 員 会 議 事 件 説 明 の た め 出 席 し た 者 職 務 の た め 出 席 し た 者 付 託 事 件 平 成 2 6 年 3 月 1 0 日 ( 月 ) 午 前 9 時 蟹 江 町 役 場 3 階 協 議 会 室 委 員 長 吉 田 正 昭 副 委 員 長 佐

More information

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc 発 言 をそのまま 書 き 起 こしたデータを 基 に 個 人 情 報 に 関 する 部 分 を 削 除 し 文 意 が 通 るように 修 正 を 行 っています 振 り 返 り アンケート 記 入 ( 総 合 F) それでは アンケートをお 書 きください そして アンケートの 中 で ここが 一 番 重 要 だというところには 下 線 などを 引 いていただいて 結 構 です 最 後 にまた 30

More information

第643回三沢市農業委員会総会議事録

第643回三沢市農業委員会総会議事録 第 697 回 三 沢 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 1. 開 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 1 時 30 分 2. 閉 会 の 日 時 平 成 27 年 2 月 20 日 午 後 2 時 05 分 3. 開 催 の 場 所 三 沢 市 役 所 別 館 4 階 第 1 研 修 室 4. 出 席 した 委 員 の 番 号 及 び 氏 名 1 番 佐 々 木

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

第 1 号

第 1 号 日 程 第 3 議 案 第 47 号 開 成 町 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 を 定 める 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 制 定 することについてを 議 題 といたします 提 案 理 由 を 町 長 に 求 めます 町 長 町 長 ( 府 川 裕 一 ) 提 案 理 由 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 一 部 を

More information

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録 平 成 27 年 第 11 回 香 芝 市 教 育 委 員 会 会 議 (10 月 定 例 ) 会 議 録 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 より 場 所 香 芝 市 役 所 5 階 委 員 会 室 出 席 者 廣 瀬 裕 司 委 員 ( 職 務 代 理 者 ) 日 高 初 美 委 員 中 木 秀 一 委 員 田 中 貴 治 委 員 石 原 田 明

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 会 議 録 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 議 事 日 程 告 示 年 月 日 平 成 27 年 7 月 22 日 開 催 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 曜 日 ) 開 催 場 所 JA 上 伊 那 アイパルいなん4

More information

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います

それでは、平成25年3月の定例記者会見を始めたいと思います 1. 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 対 応 について 記 者 府 内 のこどもルームについてです あれは 結 局 形 はまだ 定 まってないけ れども 今 後 またああいう 場 所 をこのあたりに 設 けるというお 考 えでよろしい ですか 市 長 今 ホルトホールだと 遠 いという 意 見 もあると 思 いますので どうしたら いいか 今 ある 場 所 に 再 開 することも 含 めて

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

会議録作成要領

会議録作成要領 様 式 第 1 号 会 議 録 会 議 の 名 称 所 沢 市 建 築 審 査 会 開 催 日 時 平 成 19 年 4 月 25 日 ( 水 ) 午 後 3 時 50 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 開 催 場 所 所 沢 市 役 所 第 6 会 室 出 席 者 の 氏 名 川 口 雄 市 村 上 逸 郎 大 屋 勇 造 久 我 みよ 欠 席 者 の 氏 名 惠 小 百 合 説 明 者

More information

8.11.26日開催による教育委員長の口述書

8.11.26日開催による教育委員長の口述書 高 崎 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 年 月 日 平 成 27 年 11 月 24 日 午 後 1 時 30 分 閉 会 年 月 日 平 成 27 年 11 月 24 日 午 後 2 時 15 分 会 議 の 場 所 教 育 委 員 会 室 会 議 に 出 席 し た 委 員 委 員 長 横 田 衛 職 務 代 行 者 髙 井 和 雄 委 員 木 村 めぐみ 委 員 乾 宏

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス

私 どもは 1946 年 の 創 業 以 来 ずっと 塚 野 山 に 工 場 がありまして 日 本 国 内 のラケット 関 係 においては 新 潟 県 内 でしか 作 っていないという 状 況 です そんな 中 で バドミントンから 始 まってテニスラケット ゴルフクラブ スノーボード 最 近 はス 長 岡 市 長 記 者 会 見 ( 平 成 27 年 2 月 6 日 ) 日 時 : 平 成 27 年 2 月 6 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 :アオーレ 長 岡 東 棟 4 階 大 会 議 室 内 容 : 長 岡 市 ヨネックス 共 同 記 者 会 見 西 部 丘 陵 東 地 区 進 出 企 業 第 1 号 が 決 定 ヨネックス 株 式 会 社 と 長 岡 市

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

Microsoft Word - 1日目(5月27日)

Microsoft Word - 1日目(5月27日) 平 成 28 年 第 2 回 潟 上 市 議 会 臨 時 会 会 議 録 開 会 平 成 28 年 5 月 27 日 午 前 10:00 閉 会 午 前 11:06 出 席 議 員 (19 名 ) 1 番 鐙 仁 志 2 番 堀 井 克 見 3 番 佐 々 木 嘉 一 4 番 小 林 悟 5 番 澤 井 昭 二 郎 6 番 藤 原 幸 雄 8 番 藤 原 典 男 9 番 西 村 武 10 番 千 田

More information

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc)

(Microsoft Word - 01_\201\233\225\\\216\206\225\224\225\252\202P.doc) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 ( 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 ) 筑 西 市 議 会 経 済 土 木 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 6 月 16 日 ( 火 ) 開 会 : 午 前 10 時 00 分 閉 会 : 午 前 10 時 21 分 2 場 所 全 員 協 議 会 室 3 審 査 案 件 議 案 第 52 号 筑 西 市 営

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

Microsoft Word - 3.16.doc

Microsoft Word - 3.16.doc 平 成 24 年 3 月 甲 良 町 議 会 定 例 会 会 議 録 平 成 24 年 3 月 16 日 ( 金 曜 日 ) 本 日 の 会 議 に 付 した 事 件 ( 議 事 日 程 ) 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 第 2 宮 嵜 議 員 の 議 員 辞 職 願 いについて 会 議 に 出 席 した 議 員 (10 名 ) 1 番 阪 東 佐 智 男 2 番 野 瀬 欣 廣

More information

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 平 成 28 年 4 月 12 日 中 央 区 教 育 委 員 会 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会

More information

委員会次第書

委員会次第書 総 務 文 教 常 任 委 員 会 記 録 平 成 27 年 7 月 7 日 ( 火 ) 場 所 : 鳥 栖 市 議 会 第 1 委 員 会 室 平 成 27 年 7 月 7 日 日 程 及 び 付 議 事 件 日 次 月 日 摘 要 案 件 職 員 の 人 事 異 動 について 第 1 日 7 月 7 日 ( 火 ) 学 校 視 察 ( 鳥 栖 市 立 鳥 栖 西 中 学 校 )について 現 地

More information

第 2 回 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 議 会 臨 時 会 会 議 録 1 開 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 00 分 2 閉 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 42 分 3 議 事 日 程 日 時 平

第 2 回 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 議 会 臨 時 会 会 議 録 1 開 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 00 分 2 閉 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 42 分 3 議 事 日 程 日 時 平 第 2 回 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 議 会 臨 時 会 会 議 録 平 成 26 年 8 月 22 日 開 会 平 成 26 年 8 月 22 日 閉 会 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 -1- 第 2 回 岩 手 中 部 水 道 企 業 団 議 会 臨 時 会 会 議 録 1 開 会 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 4 時 00 分 2 閉 会 平

More information

Microsoft Word - 【⑥HP掲載用】平成27.4.9 東京都教育委員会第6回定例会

Microsoft Word - 【⑥HP掲載用】平成27.4.9  東京都教育委員会第6回定例会 平 成 27 年 第 6 回 東 京 都 教 育 委 員 会 定 例 会 議 事 録 日 時 : 平 成 27 年 4 月 9 日 ( 木 ) 午 前 10 時 00 分 場 所 : 教 育 委 員 会 室 平 成 27 年 4 月 9 日 東 京 都 教 育 委 員 会 第 6 回 定 例 会 議 題 1 報 告 事 項 (1) 東 京 都 立 多 摩 図 書 館 の 移 転 について (2) 平

More information

議案第4号

議案第4号 7 議 事 それでは 会 議 に 入 ります 前 に 事 務 局 に 人 事 異 動 がありましたので 所 長 の 中 村 から お 知 らせいたします ( 事 務 局 中 村 所 長 ) 4 月 1 日 付 で 職 員 に 人 事 異 動 がございましたので 紹 介 をさせていただきます 建 設 局 長 の 片 山 が 異 動 になり 後 任 として 配 属 されました 舟 久 保 でございます

More information

8. 審 議 内 容 ( 司 会 進 行 : 事 務 局 ) 1 開 会 事 務 局 より 開 会 の 挨 拶 2 委 員 長 挨 拶 今 回 でまちづくりビジョンが 最 終 的 な 形 となる 今 後 ビジョンを 具 体 化 するための 取 組 を 地 域 住 民 と 行 政 が 一 緒 に 進

8. 審 議 内 容 ( 司 会 進 行 : 事 務 局 ) 1 開 会 事 務 局 より 開 会 の 挨 拶 2 委 員 長 挨 拶 今 回 でまちづくりビジョンが 最 終 的 な 形 となる 今 後 ビジョンを 具 体 化 するための 取 組 を 地 域 住 民 と 行 政 が 一 緒 に 進 第 5 回 北 杜 市 中 部 横 断 自 動 車 道 活 用 検 討 委 員 会 会 議 録 1. 会 議 名 第 5 回 北 杜 市 中 部 横 断 自 動 車 道 活 用 検 討 委 員 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 3 月 24 日 ( 月 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 3 時 30 分 3. 開 催 場 所 北 杜 市 役 所 西 会 議 室 4. 出 席 者 ( 敬 称

More information

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に

議 題 1 意 見 書 について 2 実 施 計 画 について 3 次 回 会 議 開 催 予 定 について 4 その 他 会 議 の 記 録 ( 要 約 ) 事 務 局 委 員 長 挨 拶 の 後 委 員 長 の 議 事 進 行 により 議 題 に 入 る 1 意 見 書 について 意 見 書 に 様 式 第 3 号 ( 第 9 条 関 係 ) 会 議 録 ( 要 点 筆 記 ) 会 議 名 第 7 回 嵐 山 町 行 政 改 革 推 進 委 員 会 開 催 日 時 平 成 17 年 9 月 26 日 ( 月 ) 開 会 閉 会 午 前 9 時 00 分 午 前 11 時 10 分 開 催 場 所 嵐 山 町 役 場 町 民 ホール 会 議 次 第 1 会 議 録 について 2 実 施 計 画

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

Microsoft Word - 02_H27.05.08 江北町(臨時)初議会

Microsoft Word - 02_H27.05.08 江北町(臨時)初議会 平 成 27 年 第 2 回 江 北 町 議 会 ( 臨 時 会 ) 会 議 録 招 集 年 月 日 平 成 27 年 5 月 8 日 招 集 場 所 江 北 町 議 場 開 散 会 日 時 及 び 宣 言 開 会 閉 会 平 成 2 7 年 5 月 8 日 午 前 9 時 平 成 2 7 年 5 月 8 日 午 後 1 時 35 分 議 長 西 原 好 文 応 ( 不 応 ) 招 議 員 及 び

More information

・日程第5 会議録署名委員の指名

・日程第5 会議録署名委員の指名 平 成 26 年 7 月 臨 時 会 議 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 26 年 7 月 22 日 みどり 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 : 平 成 26 年 7 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から 招 集 場 所 :みどり

More information

農林水産委員会

農林水産委員会 農 林 水 産 委 員 会 会 議 記 録 農 林 水 産 委 員 会 委 員 長 工 藤 勝 博 1 日 時 平 成 26 年 10 月 24 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 1 時 20 分 開 会 午 後 1 時 50 分 散 会 2 場 所 第 2 委 員 会 室 3 出 席 委 員 工 藤 勝 博 委 員 長 髙 橋 孝 眞 副 委 員 長 佐 々 木 大 和 委 員 渡 辺 幸 貫 委

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

01 表紙・目次

01 表紙・目次 平 成 27 年 松 前 町 議 会 第 4 回 臨 時 会 会 議 録 平 成 27 年 7 月 1 日 開 会 平 成 27 年 7 月 1 日 閉 会 松 前 町 議 会 各 位 会 議 録 の 作 成 にあたっては 誤 りのないよう 留 意 しておりますが 時 間 の 関 係 上 原 稿 校 正 は 初 校 しかできなく 誤 字 脱 字 等 があります ことを 深 くお 詫 び 申 し 上

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

第19回規制改革会議 記者会見録

第19回規制改革会議 記者会見録 1. 日 時 : 平 成 25 年 10 月 31 日 ( 木 )18:55~19:17 2. 場 所 : 合 同 庁 舎 4 号 館 2 階 220 会 議 室 司 会 それでは 大 変 お 待 たせいたしました 規 制 改 革 会 議 の 模 様 につきまして 岡 議 長 から 御 説 明 いたします 質 疑 応 答 はまとめてお 願 いいたします それでは 議 長 よろしくお 願 いいたします

More information

04siryou2.xdw

04siryou2.xdw 資 料 2 在 校 時 間 の 記 録 把 握 の 現 況 について 1 県 立 学 校 の 場 合 平 成 22 年 度 から 別 添 様 式 1により 各 教 員 に 記 録 するよう 通 知 している 自 己 申 告 制 2 公 立 小 中 学 校 の 場 合 上 記 の 県 の 通 知 文 を 参 考 として 市 町 村 教 育 委 員 会 に 周 知 するともに 適 正 な 在 校 時 間

More information

事 務 局 ~ 会 議 成 立 の 報 告 ~ ( 出 席 者 の 報 告 ) ~ 会 議 録 署 名 の 指 名 ~ そ れ で は ま ず 審 査 請 求 人 の 方 か ら こ れ ま で の 書 面 で な さ れ た 主 張 に 関 し 補 足 意 見 がありましたらお 願 いします 座

事 務 局 ~ 会 議 成 立 の 報 告 ~ ( 出 席 者 の 報 告 ) ~ 会 議 録 署 名 の 指 名 ~ そ れ で は ま ず 審 査 請 求 人 の 方 か ら こ れ ま で の 書 面 で な さ れ た 主 張 に 関 し 補 足 意 見 がありましたらお 願 いします 座 会 議 録 様 式 第 2 号 会 議 の 名 称 平 成 24 年 度 第 2 回 豊 中 市 開 発 審 査 会 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 24 年 (2012 年 )9 月 3 日 ( 月 ) 14 時 30 分 ~15 時 20 分 生 活 情 報 セ ン タ ー く ら し か ん 3 階 イベントホール 公 開 の 可 否 可 事 務 局 都 市 計 画 推 進 部 都 市

More information

相模原市都市計画審議会 会議録

相模原市都市計画審議会 会議録 様 式 3 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 第 196 回 会 議 録 相 模 原 市 都 市 計 画 審 議 会 事 務 局 ( 担 当 課 ) まちづくり 計 画 部 都 市 計 画 課 電 話 042-769-8247( 直 通 ) 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 14 時 ~15 時 45 分 開 催 場 所 相 模 原 市 役 所 本 庁 舎 第 2

More information

Microsoft Word - 【④HP掲載版】26.7.24 第12回定例教育委員会会議録

Microsoft Word - 【④HP掲載版】26.7.24 第12回定例教育委員会会議録 平 成 26 年 第 12 回 東 京 都 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 7 月 24 日 ( 木 ) 午 前 9 時 58 分 場 所 : 教 育 委 員 会 室 平 成 26 年 7 月 24 日 東 京 都 教 育 委 員 会 第 12 回 定 例 会 議 題 1 議 案 第 46 号 議 案 から 第 81 号 議 案 まで 平 成 27 年 度

More information

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし 件 名 : 大 臣 臨 時 会 見 日 時 場 所 平 成 28 年 9 月 16 日 0754~0807 ( 日 本 時 間 ) ウィラードインターコンチネンタ ルホテル2 階 HUGHES ROOM ぶら 下 がり 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 稲 田 大 臣 アメリカ 訪 問 ( 部 隊 視 察 CSIS 講 演 日 米 防 衛 相 会 談 ) 1 発 表 事 項 なし 2 質

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F193B99163967B95DB88E78F8A8E4F8ED28BA68B6389EF81798A6D92E894C5817A2E646F63> 道 祖 本 保 育 所 三 者 協 議 会 ( 第 1 回 ) 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 10 月 11 日 ( 土 ) 午 前 9 時 00 分 から 2 場 所 道 祖 本 保 育 所 3 出 席 者 道 祖 本 保 育 所 保 護 者 26 人 社 会 福 祉 法 人 とよかわ 福 祉 会 理 事 長 他 4 名 保 育 幼 稚 園 課 中 井 課 長 小 西 参 事 北 川

More information

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化 報 告 1 診 療 報 酬 改 定 と 国 保 問 題 小 澤 勇 治 ( 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 ) はじめに 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 事 務 局 長 の 小 澤 でございます 略 称 で 言 いますと 民 医 連 という 言 葉 をお 聞 きなったこともあろうかと 思 います 栃 木 県 では 医 療 生 協 法 人 の 診 療 所 や 介 護 事

More information

「第五回中心市街地活性化基本計画策定委員会」議事録

「第五回中心市街地活性化基本計画策定委員会」議事録 第 6 回 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 策 定 会 ( 議 事 録 要 約 ) 議 事 録 ( 要 約 ) 日 時 平 成 20 年 7 月 10 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 場 所 一 宮 市 役 所 一 宮 庁 舎 2 階 第 2 会 室 1 開 会 ( 挨 拶 ) 暑 い 中 ご 苦 労 様 です 今 朝 の 新 聞 によりますと 豊 田 市 の 中 心

More information

規 則 第 4 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき が 臨 時 に 代 理 して 4 月 5 日 付 けで 表 彰 の 決 定 をいたしましたので 御 報 告 し 承 認 をいただき たくお 諮 り 申 し 上 げます 御 審 議 のほど よろしくお 願 いいたしま す ただいま 教 育 政

規 則 第 4 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき が 臨 時 に 代 理 して 4 月 5 日 付 けで 表 彰 の 決 定 をいたしましたので 御 報 告 し 承 認 をいただき たくお 諮 り 申 し 上 げます 御 審 議 のほど よろしくお 願 いいたしま す ただいま 教 育 政 山 口 県 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 28 年 4 月 21 日 場 所 : 山 口 県 教 育 庁 教 育 委 員 会 室 ただいまから 4 月 の 教 育 委 員 会 会 議 を 開 催 いたします 最 初 に 本 日 の 署 名 委 員 の 指 名 を 行 います 中 田 委 員 と 佐 野 委 員 よろしくお 願 いします 本 日 は 新 年 度 最 初 の 会 議

More information

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc

Microsoft Word - 与謝野町議会平成22年6月定例会_7日目_.doc 第 32 回 平 成 22 年 6 月 与 謝 野 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 7 号 ) 招 集 年 月 日 平 成 22 年 6 月 22 日 開 閉 会 日 時 午 前 9 時 30 分 開 会 ~ 午 前 9 時 45 分 閉 会 招 集 の 場 所 与 謝 野 町 議 会 会 議 場 1. 出 席 議 員 1 番 野 村 生 八 10 番 山 添 藤 真 2 番 和 田 裕

More information

童門冬二講演会「今 鈴木正三にまなぶこと」

童門冬二講演会「今 鈴木正三にまなぶこと」 平 成 25 年 第 2 回 四 條 畷 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 平 成 25 年 8 月 9 日 四 條 畷 市 健 康 福 祉 部 保 険 年 金 課 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 1 日 時 平 成 25 年 8 月 9 日 ( 金 曜 日 ) 午 後 2 時 00 分 1 場 所 市 役 所 本 館 3 階 委 員 会 室 1 案 件 1)

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

草 原 や 芝 地 は 必 ず 刈 ります そうすると シランの 土 を 持 っていったところは 刈 らない のか 刈 らなくて 10 年 後 でも 生 きていられるのかという 話 にもなりますので この 表 現 の 仕 方 だとちょっと 問 題 になると 思 います 今 までどのぐらい 管 理 し

草 原 や 芝 地 は 必 ず 刈 ります そうすると シランの 土 を 持 っていったところは 刈 らない のか 刈 らなくて 10 年 後 でも 生 きていられるのかという 話 にもなりますので この 表 現 の 仕 方 だとちょっと 問 題 になると 思 います 今 までどのぐらい 管 理 し 環 境 審 査 顧 問 会 自 然 環 境 分 科 会 議 事 録 1. 日 時 : 平 成 24 年 1 月 25 日 ( 金 )14:00~15:10 2. 場 所 : 経 済 産 業 省 別 館 8 階 850 号 会 議 室 3. 出 席 者 顧 問 渡 辺 主 査 河 野 顧 問 藤 原 顧 問 経 済 産 業 省 吉 田 統 括 環 境 保 全 審 査 官 橘 環 境 審 査 班 長 他

More information

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附 平 成 26 年 第 6 回 岐 阜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 2 場 所 中 央 青 少 年 会 館 研 修 室 1 3 出 席 委 員 後 藤 委 員 長 矢 島 委 員 中 島 委 員 小 野 木 委 員 早 川 教 育 長 4 説 明 のために 出 席 した 事 務 局 の 職

More information

市 長

市 長 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 2 日 ( 火 ) 16 時 00 分 ~16 時 25 分 場 所 潟 上 市 役 所 3 階 会 議 室 31 32 (1) 議 長 の 選 任 について 案 件 (2) 潟 上 市 総 合 教 育 会 議 設 置 要 綱 について (3) 大 綱 の 策 定 について (4)その 他 ( 会 議 構 成

More information

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹

議 案 1 件 につきましては 個 人 情 報 を 審 議 するため 非 公 開 といたしたいと 存 じます 御 異 議 はございませんか ( 異 議 なし の 声 あり) 竹 花 会 長 それでは 議 案 1 件 につきましては 非 公 開 といたします 議 案 第 10 号 は 非 公 開 竹 平 成 27 年 度 第 6 回 茅 ヶ 崎 市 建 築 審 査 会 会 議 録 議 題 議 案 第 10 号 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 の 同 意 について 報 告 第 8 号 茅 ヶ 崎 市 総 合 設 計 許 可 基 準 の 一 部 改 正 について 日 時 平 成 28 年 2 月 18 日 ( 木 )15 時 00 分 から16 時 05 分 まで 場 所

More information

教育委員会定例会会議録

教育委員会定例会会議録 教 育 委 員 会 10 月 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 午 後 3 時 00 分 から 午 後 3 時 45 分 まで 場 所 市 役 所 11 階 南 会 議 室 出 席 者 ( 教 育 委 員 ) 奈 良 教 子 職 務 代 行 者 村 山 昌 暢 委 員 吉 川 真 由 美 委 員 湯 澤 晃 佐 藤 博 之 ( 事 務 局 ) 教 育

More information

 

  平 成 26 年 第 4 回 吉 富 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 26 年 7 月 11 日 ( 金 ) 午 前 10 時 00 分 開 議 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 について 日 程 第 2 会 期 の 決 定 について 日 程 第 3 議 案 第 37 号 京 築 広 域 市 町 村 圏 事 務 組 合 規 約 の 変 更 について

More information

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27 ( 第 6 号 様 式 ) 第 3 回 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 会 議 録 1. 平 成 28 年 度 茅 ヶ 崎 市 病 院 事 業 会 計 予 算 ( 案 )について 議 題 2. 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 中 期 経 営 計 画 の 進 捗 状 況 について 3.その 他 日 時 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 )13:00から 場 所 茅 ヶ 崎 市 立

More information

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について (

議 会 運 営 委 員 会 会 議 録 1 調 査 事 件 (1)JR 只 見 線 の 早 期 全 線 復 旧 を 求 める 意 見 書 の 提 出 について (2) 平 成 25 年 第 4 回 魚 沼 市 議 会 定 例 会 について (3) 閉 会 中 の 所 管 事 務 調 査 について ( 平 成 25 年 11 月 28 日 魚 沼 市 議 会 議 長 浅 井 守 雄 様 議 会 運 営 委 員 会 委 員 長 遠 藤 徳 一 議 会 運 営 委 員 会 調 査 報 告 書 本 委 員 会 は 所 管 事 務 について 下 記 のとおり 調 査 したので 魚 沼 市 議 会 会 議 規 則 第 110 条 の 規 定 により 報 告 します 記 1 調 査 事 件 名 (1) JR

More information

皆 様 おはようございます 本 日 は 大 変 お 忙 しい 中, 平 成 27 年 度 旭 川 市 防 災 会 議 に 御 出 席 い た だ き, 誠 にあり がとうございます 本 日 の 進 行 を 担 当 いたします 旭 川 市 防 災 安 全 部 防 災 課 長 の 矢 野 で ご ざ い

皆 様 おはようございます 本 日 は 大 変 お 忙 しい 中, 平 成 27 年 度 旭 川 市 防 災 会 議 に 御 出 席 い た だ き, 誠 にあり がとうございます 本 日 の 進 行 を 担 当 いたします 旭 川 市 防 災 安 全 部 防 災 課 長 の 矢 野 で ご ざ い 平 成 27 年 度 旭 川 市 防 災 会 議 議 事 録 日 時 平 成 27 年 7 月 6 日 皆 様 おはようございます 本 日 は 大 変 お 忙 しい 中, 平 成 27 年 度 旭 川 市 防 災 会 議 に 御 出 席 い た だ き, 誠 にあり がとうございます 本 日 の 進 行 を 担 当 いたします 旭 川 市 防 災 安 全 部 防 災 課 長 の 矢 野 で ご ざ

More information

平成19年第1回定例

平成19年第1回定例 平 成 21 年 第 1 回 定 例 夕 張 市 議 会 会 議 録 平 成 21 年 3 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 10 時 30 分 開 議 議 事 日 程 第 1 議 案 第 1 号 平 成 21 年 度 夕 張 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 2 号 平 成 21 年 度 夕 張 市 国 民 健 康 保 険 事 業 会 計 予 算 議 案 第 3 号 平 成 21 年

More information

12 月 5 日 市 民 大 学 講 座 が 総 合 体 育 館 でございました 舞 の 海 秀 平 さんを 講 師 に 迎 え 400 名 をこえる 方 たちにお 越 しいただきました 12 月 14 日 東 祖 谷 中 学 校 が 学 校 ダンス 発 表 会 で 全 国 大 会 に 行 くことに

12 月 5 日 市 民 大 学 講 座 が 総 合 体 育 館 でございました 舞 の 海 秀 平 さんを 講 師 に 迎 え 400 名 をこえる 方 たちにお 越 しいただきました 12 月 14 日 東 祖 谷 中 学 校 が 学 校 ダンス 発 表 会 で 全 国 大 会 に 行 くことに 平 成 27 年 12 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 (1) 開 会 及 び 閉 会 に 関 する 事 項 平 成 27 年 12 月 24 日 ( 木 ) 三 好 市 教 育 委 員 会 1F 中 会 議 室 開 会 閉 会 午 後 13 時 30 分 午 後 14 時 20 分 (2) 出 席 委 員 の 氏 名 委 員 長 小 松 正 委 員 長 職 務 代 理 者 谷 敏 司

More information

平成15年3月定例教育委員会会議録

平成15年3月定例教育委員会会議録 平 成 28 年 5 月 平 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 区 分 日 場 時 平 成 28 年 5 月 23 日 ( 月 ) 14 時 00 分 開 会 15 時 15 分 閉 会 所 平 戸 市 役 所 本 庁 4 階 小 会 議 室 出 席 委 員 出 席 者 中 島 善 治 委 員 末 吉 幸 德 委 員 松 本 美 穗 子 委 員 吉 田 あつ 子 委 員 小 川 茂

More information

資 料 4-7 米 国 での 端 末 修 理 再 生 事 業 の 概 要 および 今 後 の 日 本 での 事 業 展 望 と 電 波 の 有 効 利 用 促 進 に 向 けた 意 見 要 旨 アシュリオン ジャパン 資 料 4-8 電 波 の 有 効 利 用 の 促 進 に 向 けた 検 討 課

資 料 4-7 米 国 での 端 末 修 理 再 生 事 業 の 概 要 および 今 後 の 日 本 での 事 業 展 望 と 電 波 の 有 効 利 用 促 進 に 向 けた 意 見 要 旨 アシュリオン ジャパン 資 料 4-8 電 波 の 有 効 利 用 の 促 進 に 向 けた 検 討 課 参 考 資 料 6-3 電 波 有 効 利 用 の 促 進 に 関 する 検 討 会 ( 第 4 回 会 合 ) 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 24 年 6 月 5 日 ( 火 ) 16 時 00 分 -18 時 10 分 2 場 所 総 務 省 8 階 第 一 特 別 会 議 室 3 出 席 者 ( 敬 称 略 ) (メンバー:50 音 順 敬 称 略 ) 清 原 聖 子 熊 谷 博 関 口

More information

清掃一部事務組合定例会(目次)

清掃一部事務組合定例会(目次) 平 成 27 年 第 2 回 東 京 二 十 三 区 清 掃 一 部 事 務 組 合 議 会 定 例 会 会 議 録 目 次 期 日 1 場 所 1 出 席 議 員 1 欠 席 議 員 1 出 席 説 明 員 1 出 席 議 会 事 務 局 職 員 2 議 事 日 程 2 追 加 議 事 日 程 2 議 員 の 異 動 4 開 会 開 議 4 異 動 議 員 の 仮 議 席 の 指 定 4 日 程

More information

Taro-定例教育委員会会議録(会議中)

Taro-定例教育委員会会議録(会議中) 吉 野 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 年 月 日 平 成 28 年 1 月 28 日 招 集 の 場 所 吉 野 川 市 役 所 東 館 3 階 231 会 議 室 開 閉 会 日 時 開 会 平 成 28 年 1 月 28 日 午 後 2 時 00 分 開 閉 会 日 時 閉 会 平 成 28 年 1 月 28 日 午 後 3 時 19 分 出 席 委 員 委 員 長 笠 江 俊

More information

平 成 9 年

平 成 9 年 平 成 2 8 年 高 松 市 教 育 委 員 会 6 月 定 例 会 会 議 録 ( 抄 本 ) 6 月 22 日 ( 水 ) 開 会 6 月 22 日 ( 水 ) 閉 会 出 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 教 育 長 藤 本 泰 雄 神 内 仁 委 員 木 場 巳 男 藤 本 英 子 葛 西 優 子 欠 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 説 明 のため 会 議 に 出 席 した

More information

ガンとして さまざまな 施 策 を 推 進 しているところです 皆 様 の 貴 重 なご 意 見 をいただき これからもご 支 援 ご 協 力 いただきたいと 思 います 本 日 の 委 員 会 につきましては この 後 進 捗 状 況 の 確 認 や 事 業 計 画 についてご 審 議 いただきま

ガンとして さまざまな 施 策 を 推 進 しているところです 皆 様 の 貴 重 なご 意 見 をいただき これからもご 支 援 ご 協 力 いただきたいと 思 います 本 日 の 委 員 会 につきましては この 後 進 捗 状 況 の 確 認 や 事 業 計 画 についてご 審 議 いただきま 平 成 27 年 度 第 1 回 男 女 共 同 参 画 を 進 めるパートナーシップ 会 ( 要 点 録 ) 1 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 6 日 ( 月 ) 午 後 3 時 30 分 ~ 午 後 5 時 30 分 2 開 催 場 所 市 役 所 本 庁 舎 5 階 教 育 会 室 3 出 席 者 9 人 (5 人 欠 席 ) 市 民 協 働 部 長 4 人 4 議 事 等 ただ

More information

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西

総 務 課 長 補 佐 ( 外 川 吉 彦 ) 定 刻 前 ではございますが 皆 様 お 揃 いですので 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 を 始 めさせていただきます 開 会 にあたり 葛 西 市 長 よりご 挨 拶 申 し 上 げます 市 長 ( 葛 西 < 名 称 > < 日 時 > 平 成 25 年 第 3 回 弘 前 市 立 病 院 運 営 審 議 会 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 ) 午 後 4 時 30 分 から < 場 所 > 弘 前 市 立 病 院 別 館 2 階 指 導 室 1 2 < 次 第 > 1 開 会 2 市 長 挨 拶 3 諮 問 書 交 付 4 会 議 録 署 名 者 指 名 5 案 件 諮 問 第 1 号

More information

<5461726F2D30382081798E518D6C8254817A92BC8BDF82CC8D9189EF9052>

<5461726F2D30382081798E518D6C8254817A92BC8BDF82CC8D9189EF9052> 築 地 市 場 の 豊 洲 移 転 計 画 に 関 する 直 近 の 国 会 審 議 ( 平 成 23 年 3 月 8 日 衆 議 院 環 境 委 員 会 会 議 録 ( 抜 粋 )) 参 考 5 平 成 二 十 三 年 三 月 八 日 ( 火 曜 日 ) 午 前 九 時 開 議 出 席 委 員 委 員 長 小 沢 鋭 仁 君 理 事 大 谷 信 盛 君 理 事 太 田 和 美 君 理 事 田 島

More information

南淡町教育委員会会議録

南淡町教育委員会会議録 南 あわじ 市 及 び 南 あわじ 市 洲 本 市 小 中 学 校 組 合 教 育 委 員 会 合 同 定 例 会 会 議 録 1. 日 時 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 3 時 00 分 開 会 2. 場 所 南 あわじ 市 役 所 第 2 別 館 第 5 会 議 室 3. 会 議 次 第 開 会 午 後 3 時 00 分 開 議 宣 告 会 議 録 署 名 委 員 の

More information

それから すべてがすべてじゃなくて とりあえず 脱 走 と 認 定 した 場 合 をどうするかという ことでやっておりますが 脱 走 と 認 定 できた 場 合 にすべて 通 報 するということについてまずやり たいとは 考 えておりますが なかなか では いつまでにできるんだということを 今 言

それから すべてがすべてじゃなくて とりあえず 脱 走 と 認 定 した 場 合 をどうするかという ことでやっておりますが 脱 走 と 認 定 できた 場 合 にすべて 通 報 するということについてまずやり たいとは 考 えておりますが なかなか では いつまでにできるんだということを 今 言 169- 衆 - 外 務 委 員 会 -5 号 平 成 20 年 04 月 04 日 ( 一 般 質 疑 ) 日 本 共 産 党 の 笠 井 亮 です 去 る 三 月 十 九 日 夜 横 須 賀 市 でタクシー 運 転 手 の 高 橋 正 昭 さんが 殺 害 された 事 件 で 昨 日 四 月 三 日 米 海 軍 のナイジェリア 国 籍 の 一 等 水 兵 が 強 盗 殺 人 の 疑 いで 逮 捕

More information

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 平 成 26 年 4 月 15 日 就 任 会 見 1 就 任 あいさつ 皆 さん おはようございます このたびの 選 挙 によりまして 今 後 4 年 間 の 市 政 運 営 に 当 たらせていただくことに なりました 深 澤 義 彦 でございます どうぞよろしくお 願 いを 申 し 上 げます 今 日 市 役 所 のほうに 登 庁 させていただきました 今 まで 多 くの 職 員 の 皆 さんと

More information

第5回山形県スポーツ推進審議会 議事録

第5回山形県スポーツ推進審議会 議事録 第 5 回 山 形 県 スポーツ 推 進 審 議 会 議 事 録 ( 要 約 版 ) 期 日 : 平 成 24 年 11 月 9 日 ( 金 ) 場 所 : 県 庁 1601 会 議 室 1 開 会 進 行 本 審 議 会 は 18 名 中 10 名 の 出 席 により 過 半 数 を 超 えていますので この 審 議 会 は 成 立 していることを 報 告 します 2 挨 拶 鈴 木 会 長 この

More information

第10回 農地部会 議事録

第10回 農地部会 議事録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 議 事 録 第 22 回 小 山 市 農 業 委 員 会 農 業 振 興 部 会 は 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 小 山 市 役 所 3 階 会 議 室 4にて 開 催 された 議 事 議 案 第 1 号 農 政 講 演 会 の 講 演 テーマについて 本 日 の 出 席 委 員 は

More information

シナリオ

シナリオ 新 潟 市 秋 葉 区 農 業 委 員 会 7 月 定 例 総 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 31 日 ( 金 ) 午 後 3 時 00 分 から 午 後 4 時 37 分 2 開 催 場 所 秋 葉 区 役 所 401 会 議 室 3 出 席 委 員 (23 人 ) 委 員 1 番 吉 田 信 雄 委 員 2 番 髙 山 直 興 農 政 振 興 部 会 長 職 務

More information

すが 私 もそれでいいと 思 います それでは 続 きまして( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 についての 議 題 に 入 りたいと 思 います <( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 について> 協 働 事 業 の 仕 組 み 会 長 : 提 案 制

すが 私 もそれでいいと 思 います それでは 続 きまして( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 についての 議 題 に 入 りたいと 思 います <( 仮 称 ) 浦 安 市 協 働 事 業 提 案 制 度 について> 協 働 事 業 の 仕 組 み 会 長 : 提 案 制 平 成 21 年 度 第 5 回 市 民 参 加 推 進 会 議 議 事 概 要 日 時 : 平 成 22 年 1 月 26 日 ( 火 )18 時 30 分 ~20 時 10 分 場 所 : 文 化 会 館 3 階 第 2 練 習 室 出 席 者 : 奥 村 委 員 大 谷 委 員 金 山 委 員 六 本 木 委 員 城 戸 委 員 杉 村 委 員 横 山 委 員 芦 田 委 員 事 務 局 :

More information

<4D F736F F D F89EF8B63985E837A815B B AAE915391CC816A>

<4D F736F F D F89EF8B63985E837A815B B AAE915391CC816A> 平 成 27 年 度 第 1 回 秦 野 市 建 築 審 査 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 5 月 22 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 4 階 議 会 第 1 会 議 室 出 席 会 長 加 藤 仁 美 職 務 代 理 平 野 義 燿 米 山 君 夫 高 橋 徹 欠 席 安 部 信 三 処 分 庁 長 橋 本 裕 友

More information

【平成16年度第1回佐倉市高齢者保健・福祉・介護計画推進委員会】

【平成16年度第1回佐倉市高齢者保健・福祉・介護計画推進委員会】 平 成 27 年 度 第 1 回 認 知 症 対 策 検 討 会 会 議 録 日 時 : 平 成 27 年 9 月 8 日 ( 火 )19 時 45 分 ~21 時 場 所 : 市 役 所 1 号 館 3 階 会 議 室 委 員 名 簿 ( 敬 称 略 ) 事 務 局 出 席 者 会 長 志 津 雄 一 郎 医 師 福 祉 部 部 長 井 坂 幸 彦 副 会 長 榊 原 隆 次 医 師 健 康 こども

More information

さて ご 案 内 のとおり この4 月 から 新 しい 教 育 委 員 会 制 度 がスタ ートしたところでございます 教 育 委 員 会 制 度 は 教 育 の 中 立 性 と 継 続 性 安 定 性 を 確 保 し 民 意 を 反 映 する 仕 組 みとして 長 年 にわたり 役 割 を 果 た

さて ご 案 内 のとおり この4 月 から 新 しい 教 育 委 員 会 制 度 がスタ ートしたところでございます 教 育 委 員 会 制 度 は 教 育 の 中 立 性 と 継 続 性 安 定 性 を 確 保 し 民 意 を 反 映 する 仕 組 みとして 長 年 にわたり 役 割 を 果 た 平 成 27 年 度 第 1 回 いすみ 市 総 合 教 育 会 議 1. 期 日 : 平 成 27 年 8 月 17 日 ( 月 ) 開 会 : 午 後 3 時 55 分 閉 会 : 午 後 4 時 40 分 2. 場 所 :いすみ 市 役 所 3 階 第 1 会 議 室 3. 出 席 者 いすみ 市 長 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 委 員 教 育 長 太 田 洋 赤 羽 良 明

More information

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ

事 務 都 合 退 職 というものが 新 設 されました 以 上 概 略 をご 説 明 させていた だきました なお これらの 新 たな 退 職 カテゴリーの 新 設 に 対 しまして 昨 年 中 に 就 職 承 認 申 請 書 の 様 式 を 変 更 することで 対 応 させていただいている とこ 離 職 者 就 職 審 査 分 科 会 議 事 録 日 時 : 平 成 26 年 3 月 4 日 ( 火 )1000~1200 場 所 : 航 空 幕 僚 監 部 大 会 議 室 出 席 者 :( 分 科 会 委 員 ) 木 村 分 科 会 長 出 合 委 員 椋 田 委 員 森 脇 委 員 ( 防 衛 省 側 ) 大 堀 再 就 職 審 査 室 長 兒 玉 陸 上 幕 僚 監 部 募 集 援 護

More information

一般社団法人日本石材産業協会 2010年通常総会 議事録

一般社団法人日本石材産業協会 2010年通常総会 議事録 2010 年 一 般 社 団 法 人 日 本 石 材 産 業 協 会 第 1 回 通 常 総 会 議 事 録 日 時 :2010 年 6 月 10 日 16:00~17:35 場 所 : 東 京 都 立 産 業 貿 易 センター 浜 松 町 館 3 階 第 1 展 示 室 : 瀬 川 賢 孝 ( 岩 手 県 支 部 長 ) 総 会 開 始 ( 瀬 川 ) 定 刻 となりました 開 会 の 辞 を 鳴

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DEC8BC69286816A91E6373189F190528B6389EF89EF8B63985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698DEC8BC69286816A91E6373189F190528B6389EF89EF8B63985E> 第 71 回 岩 手 県 固 定 資 産 評 価 審 議 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 23 年 11 月 25 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 52 分 2 開 催 場 所 盛 岡 市 内 丸 10 番 1 号 岩 手 県 庁 12 階 特 別 会 議 室 3 会 議 出 席 者 ( 委 員 敬 称 略 五 十 音 順 ) ( 委 員 ) 大 下 智 川

More information

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会 平 成 23 年 度 第 5 回 北 広 島 市 水 道 事 業 経 営 審 議 会 日 時 平 成 24 年 2 月 3 日 ( 金 ) 午 後 6 時 00 分 場 所 本 庁 舎 2 階 会 議 室 審 議 会 出 席 者 審 議 委 員 伊 藤 委 員 秋 穂 委 員 野 部 委 員 橋 本 委 員 三 好 委 員 和 田 委 員 金 子 委 員 10 名 中 8 名 出 席 事 務 局 深

More information

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63>

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63> 平 成 22 年 9 月 7 日 午 後 1 時 30 分 苫 小 牧 市 役 所 北 庁 舎 3 階 会 議 室 にて 開 催 開 会 苫 小 牧 市 公 営 企 業 調 査 審 議 会 ( 委 員 20 名 中 13 名 出 席 条 例 による 審 議 会 開 催 の 定 足 数 を 満 た している ) 審 議 松 原 会 長 それでは 8 月 24 日 及 び31 日 に 引 き 続 きまして

More information

平成19年度第2回社会教育委員会議録(要約)

平成19年度第2回社会教育委員会議録(要約) 平 成 27 年 度 第 2 回 社 会 教 育 委 員 会 議 会 議 録 1. 開 催 日 時 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 00 分 2. 開 催 場 所 柏 原 市 教 育 委 員 会 委 員 会 室 3. 出 席 した 委 員 森 岡 稔 委 員 今 水 栄 一 委 員 坂 下 朋 子 委 員 興 梠 義 幸 委 員 榊 田 和 之

More information

余 白

余 白 平 成 27 年 第 2 回 東 洋 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 ) 東 洋 町 議 会 余 白 平 成 27 年 第 2 回 東 洋 町 議 会 定 例 会 会 議 録 招 集 場 所 東 洋 町 役 場 議 会 議 場 開 会 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 ) 午 前 9 時 00 分 宣 告 出 席 議 員

More information

1 番 南 北 ちとせ 2 番 古 屋 信 二 3 番 上 出 純 宏 4 番 田 中 哲 治 5 番 佐 藤 寛 治 7 番 松 本 朗 8 番 東 野 栄 治 9 番 伊 藤 聖 一 10 番 人 志 (11:00 退 出 11:01 出 席 ) 11 番 川 畑 孝 治 12 番 前 田 嘉

1 番 南 北 ちとせ 2 番 古 屋 信 二 3 番 上 出 純 宏 4 番 田 中 哲 治 5 番 佐 藤 寛 治 7 番 松 本 朗 8 番 東 野 栄 治 9 番 伊 藤 聖 一 10 番 人 志 (11:00 退 出 11:01 出 席 ) 11 番 川 畑 孝 治 12 番 前 田 嘉 平 成 23 年 5 月 第 3 回 坂 井 市 議 会 臨 時 会 議 事 日 程 ( 全 日 程 ) 平 成 23 年 5 月 10 日 ( 火 ) 午 前 10 時 21 分 開 議 1. 議 事 日 程 第 1 号 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 日 程 第 2 会 期 の 決 定 日 程 第 3 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 議 長 の 辞 職 について 日

More information

私 は 外 務 省 の 仕 事 に 取 り 組 むにあたりまして 3 つのスタイ ルを 考 えています 一 つは 日 本 の 安 全 と 繁 栄 のためには 言 うべきことは 言 い やるべきことはやるという 強 さ です 二 番 目 は 貧 困 などに 苦 しむ 人 々への 配 慮 や 異 なる

私 は 外 務 省 の 仕 事 に 取 り 組 むにあたりまして 3 つのスタイ ルを 考 えています 一 つは 日 本 の 安 全 と 繁 栄 のためには 言 うべきことは 言 い やるべきことはやるという 強 さ です 二 番 目 は 貧 困 などに 苦 しむ 人 々への 配 慮 や 異 なる 外 務 省 タウンミーティング 第 1 回 会 合 川 口 外 務 大 臣 と 語 るタウンミーティング 外 務 省 改 革 ~ 透 明 性 スピード 実 効 性 ~ (プレゼンテーション) 2002 年 4 月 7 日 みなさんこんにちは ただ 今 ご 紹 介 頂 きました 川 口 でございま す 今 日 は 外 務 省 の 第 一 回 のタウンミーティングで 皆 様 と 直 接 お 話 しする

More information

なか

なか 民 生 福 祉 常 任 委 員 会 記 録 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 日 平 成 26 年 6 月 9 日 開 催 場 所 第 1 委 員 会 室 開 会 散 会 時 間 午 前 11 時 20 分 ~ 午 前 11 時 33 分 出 席 委 員 委 員 長 下 瀬 俊 夫 副 委 員 長 矢 田 松 夫 委 員 石 田 清 廉 委 員 岩 本 信 子 委 員 小 野 泰 委 員 三

More information

議事録の作成例

議事録の作成例 平 成 27 年 度 第 3 回 松 江 市 公 共 交 通 利 用 促 進 市 民 会 議 1 日 時 平 成 27 年 11 月 13 日 ( 金 ) 14 時 00 分 ~15 時 20 分 2 場 所 松 江 市 役 所 西 棟 5 階 防 災 センター 3 出 席 者 (1) 委 員 松 田 時 雄 徳 岡 佑 香 渡 部 浪 子 佐 々 木 和 子 石 倉 知 樹 家 島 滋 伊 瀬 孝

More information

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc 平 成 27 年 松 茂 町 議 会 第 4 回 定 例 会 会 議 録 第 1 日 目 (12 月 4 日 ) 出 席 議 員 1 番 鎌 田 寛 司 2 番 川 田 修 3 番 板 東 絹 代 4 番 立 井 武 雄 5 番 佐 藤 禎 宏 6 番 森 谷 靖 7 番 原 田 幹 夫 8 番 一 森 敬 司 9 番 藤 枝 善 則 10 番 佐 藤 富 男 11 番 佐 藤 道 昭 12 番 春

More information