rr2.indd

Size: px
Start display at page:

Download "rr2.indd"

Transcription

1 [ 研 究 論 文 ] ルーセル 考 : 自 由 芸 術 の 発 明 高 橋 士 郎 Raymond Roussel and Cyber-art Shiro Takahashi レイモン ルーセルの 奇 想 天 外 な 小 説 アフリカの 印 象 1910 年 は アフリカの 自 然 芸 術 とヨーロッパの 科 学 芸 術 が アフリカのポニュケレ 国 タルー 七 世 の 聖 別 式 祝 祭 において 競 演 する 物 語 である 小 説 ロクスソルス 1914 年 は 科 学 者 カ ントレルがパリ 郊 外 の 丘 陵 に 建 設 した 芸 術 の 殿 堂 で 彼 の 研 究 成 果 を 披 露 する 物 語 である それらの 作 品 には 空 気 水 大 地 火 の 四 元 素 と 生 死 などの 主 題 が 取 り 上 げられる ジュールベルヌの 科 学 小 説 驚 異 の 旅 シリーズ が 生 活 の 実 用 品 の 夢 を 提 示 し 100 年 後 の 現 代 に 実 現 されていくのと は 対 照 的 に ルーセルの 小 説 は 高 次 に 知 的 総 合 された 想 念 世 界 を 提 示 し 100 年 後 の 現 代 のサイバー 世 界 を 類 推 させる 1)はじめに: 近 代 芸 術 の 終 焉 ジュール ベルヌは 小 説 の 草 稿 20 世 紀 のパリ 1863 年 において 100 年 後 の 1963 年 には 芸 術 が 金 融 経 済 と 科 学 技 術 に 駆 逐 され 人 生 は 歯 車 や 伝 達 装 置 の 仕 組 みで 説 明 されるよ うになると 予 想 した 小 説 の 中 で 詩 人 志 望 の 主 人 公 ミシェルは 芸 術 は 何 か 離 れ 業 でもしない 限 り もはや 生 き 残 れない 今 の 世 の 中 はもはや 市 場 に 過 ぎない だから 大 道 芸 人 がやるよ うな 茶 番 劇 で 世 の 中 を 楽 しませてやらなきゃならない と 嘆 く ミシェルの 叔 父 さんは 実 利 的 な 実 業 家 で 絵 画 は 着 色 図 面 デッ サンは 製 図 彫 刻 は 石 膏 型 音 楽 は 汽 笛 文 学 は 株 式 明 細 書 だ けで 芸 術 を 理 解 しているという 有 様 である ミシェルはさらに 1963 年 の 今 日 では 詩 の 領 域 にも 科 学 と 機 械 が 侵 入 し 書 店 にある 現 代 詩 集 は 詩 的 平 行 四 辺 形 空 気 観 想 電 気 諧 調 と 云 う 有 様 だと 嘆 く ちなみに 現 実 の 1960 年 代 に 筆 者 が 創 作 発 表 したキネチックアート 作 品 立 体 機 構 シリーズ 空 気 膜 造 形 シリーズ 電 脳 制 御 シリーズ は このジュール ベルヌの 予 想 と 全 く 一 致 している ジュール ベルヌが 出 版 社 に 持 ち 込 んだ この 悲 観 的 な 小 説 20 世 紀 のパリ は 採 用 されずに 未 刊 となり 破 棄 される 一 方 気 球 に 乗 って 五 週 間 - 三 人 のイギリス 人 によるアフリカ 探 検 が 空 前 の 成 功 をおさめて ジュール ベルヌは 人 気 作 家 として デビューする ジュール ベルヌの 小 説 月 世 界 旅 行 1865 年 では フロリダのタンパから 人 の 乗 った 大 砲 弾 を 月 に 向 かっ て 打 ち 上 げ 月 を 周 回 して 帰 還 し 北 太 平 洋 に 着 水 するのだが このアイデアは 100 年 後 の 1968 年 にフロリダのケープカ ナベラルから 打 ち 上 げられたアポロ 8 号 が 月 を 一 周 し 北 太 平 洋 に 着 水 して 実 現 された しかしながら 編 集 者 ジュール エッツエルが 1886 年 に 没 し 契 約 による 空 想 科 学 小 説 驚 異 の 旅 シリーズ の 執 筆 が 一 段 落 すると ジュール ベルヌは 再 び 科 学 技 術 に 批 判 的 な 人 間 性 を 描 くようになる 小 説 カルパチアの 城 1892 年 は 音 楽 狂 のゴルツ 男 爵 が カルパチア 山 脈 の 古 城 で 仮 想 現 実 の 歌 姫 ラ スティラとの 美 的 隠 遁 生 活 を 維 持 するために 蓄 音 機 幻 灯 機 電 話 機 の 近 代 機 械 を 駆 使 して 村 人 を 疎 外 し トランシ ルバニア 地 方 にオカルト 伝 説 が 継 承 される 物 語 である 巨 匠 ジュール ベルヌのような 人 気 小 説 家 をめざしたレイモ ン ルーセルの 奇 想 天 外 な 小 説 アフリカの 印 象 1910 年 は 当 時 の 文 壇 や 大 衆 の 支 持 を 得 ることが 出 来 なかったが 第 一 次 世 界 大 戦 直 前 の 若 い 前 衛 芸 術 家 達 に 大 きなインスピレーション をあたえた 80 才 を 迎 えた 美 術 家 マルセル デュシャンは 美 術 評 論 家 ピエール カバンヌとの 対 話 1966 年 の 中 で 24 才 の 青 春 期 にアントワーヌ 劇 場 で 観 た 演 劇 アフリカの 印 象 1913 年 の

2 体 験 を 語 っている あれはすばらしかった 舞 台 の 上 にはマ ネキン 人 形 と 一 匹 の 蛇 がいて その 蛇 がほんの 少 しずつ 動 くの です まったく 気 狂 い 沙 汰 でした テクストのことはあまりよ く 憶 えていません そんなに 聞 いていませんでしたからね あ れはほんとに 打 たれました その 後 ルーセルの 小 説 ロクス ソルス 1914 年 を 読 んだデュシャンは この 小 説 に 登 場 する 気 球 式 自 動 作 画 機 の 詳 細 なデッサンを 描 いている 本 稿 は 主 に ルーセルの 小 説 に 登 場 する 仮 想 機 械 について 考 察 する また デュシャンは 自 作 の 大 ガラス 花 嫁 は 彼 女 の 独 身 者 たちによって 裸 にされて さえも 年 の 創 作 法 と ルーセルの 創 作 法 に 共 通 する 言 葉 遊 び 掛 け 詞 についても 述 べている ルーセルの 影 響 は 確 かにあります 全 体 として はほとんどルーセルのものに 似 ていないとしても こうした 考 え つまり 私 自 身 もこのセンス あるいはむしろこのアンチセ ンスの 方 向 で 何 かを 試 みることができる という 考 えを 私 は 彼 から 吹 き 込 まれたのです ルーセルとデュシャンの 創 作 に 共 通 する 掛 け 詞 については 哲 学 者 ミシェル フーコ-の 著 書 レイモン ルーセル 1963 年 に 続 く 多 くのフランス 文 学 者 が 論 ずる 所 なので 著 者 の 出 番 はない 当 時 17 才 の 詩 人 アンドレ ブルトンは 26 才 の 時 に 執 筆 した シュルレアリスム 宣 言 : 溶 ける 魚 1924 年 の 中 で ルー セルは 挿 話 においてシュールレアリストである とのべている ルーセルの 小 説 は 多 くの 挿 話 で 組 み 立 てられていて そのフラ ンスの 教 養 をネット 検 索 で 逍 遥 することは ルーセルを 読 む 楽 しみの 一 つであるが 極 東 島 国 育 ちの 著 者 には 浅 はかな 試 みで あり 本 稿 においては その 挿 話 の 主 題 を 羅 列 するにとどめる 肥 大 化 した 大 脳 皮 質 をもてあます 人 類 の 狂 気 は 宗 教 芸 術 文 芸 などの あの 世 の 想 念 世 界 に 向 けて 創 作 エネルギーを 発 散 してきたが 行 き 場 のなくなった 創 作 エネルギーが 一 旦 物 質 文 明 の 方 向 に 向 かうと 粗 野 な 工 業 生 産 物 を 大 量 に 生 産 し 地 球 環 境 をも 破 壊 しはじめる この 世 の 現 実 において 芸 術 価 値 を 担 保 してきた 宗 教 権 威 宮 廷 権 威 などの 装 置 が 19 世 紀 に 無 能 化 し 金 融 権 威 科 学 権 威 民 族 権 威 に 取 って 代 わる 20 世 紀 の 現 代 芸 術 は 放 浪 をはじめる 2) 野 生 芸 術 と 科 学 芸 術 の 競 演 ルーセルの 小 説 アフリカの 印 象 は アフリカ 沖 で 漂 流 座 礁 したブエノスアイレス 行 きの 快 速 船 リュンケル 号 の 乗 員 40 名 が タルー 七 世 の 聖 別 式 の 祝 祭 に 特 別 参 加 して 次 から 次 へ と 近 代 科 学 によるヨーロッパの 人 工 芸 術 を 披 露 し アフリ カの 自 然 芸 術 と 競 演 する 物 語 である リュンケル 号 の 乗 員 達 が 遭 難 という 乱 暴 な 方 法 で 異 次 元 にトリップしたのとは 別 の 方 法 で この 世 のヨーロッパと あ の 世 のアフリカとを 往 来 する3 種 類 の 人 物 も 登 場 する 1) 聡 明 な 女 流 探 検 家 のルイーズは 未 知 への 探 求 者 で アフ リカでの 研 究 を 支 援 する 黒 人 王 ヤウルと 人 種 を 超 えた 共 感 を もっている 2) 第 五 アルジェリア 歩 兵 隊 の 脱 走 兵 ヴェルバルは 人 も 寄 り 付 かないアフリカの 魔 の 森 に 潜 む 孤 独 な 逃 避 者 で 誘 拐 されて 魔 の 森 に 捨 てられたタルー 七 世 の 赤 子 を 救 い 養 育 する 3) 運 命 の 巡 り 合 わせによってヨーロッパで 生 活 した 黒 人 少 年 セイルコルは 青 春 に 挫 折 してアフリカに 帰 還 し ヨーロッパ との 通 訳 者 となる 図 版 1: 自 動 作 画 機 地 叩 号 著 者 の 想 像 図 とデュシャンの 想 像 図 欧 州 初 の 飛 行 機 とんぼ 号 サントス デュモン 1909 年 小 説 アフリカの 印 象 の 構 成 は 前 半 と 後 半 にわかれている 読 者 は 小 説 の 前 半 で ポニュケレ 国 の 首 都 エジェルの 中 心 広 場 における 超 現 実 的 で 意 味 不 明 な 光 景 に 遭 遇 し 小 説 の 後 半 で 今 度 は 同 じ 物 語 を 合 理 的 な 記 述 で 読 み 返 えすことにより あの 世 の 想 念 世 界 と この 世 の 現 実 世 界 とが 連 続 し 納 得 するという 仕 掛 けである 第 1 章 と 第 2 章 戦 利 品 広 場 には 肺 臓 製 のレールの 上 を 鯨 の 髭 を 編 んで 造 った 奴 隷 像 が 移 動 していくという 摩 訶 不 思 議 な 造 形 作 品 が 登 場 し 第 21 章 にその 意 味 が 記 述 される す なわち 隣 国 の 宿 敵 ヤルー 王 が 庇 護 していたルイーズの 釈 放 条 件 として タルー 七 世 が 示 した 実 行 不 可 能 な 最 後 通 牒 は 座 礁

3 船 の 料 理 長 が 夕 食 に 調 理 した 美 味 でぶょぶょの 食 材 で 船 荷 の 中 にあった 蒸 気 機 関 車 がその 上 を 走 るようなレールを 製 作 し そのレールの 上 を 走 る 等 身 大 の 彫 刻 像 を 造 れ という 命 令 で あった 命 令 に 対 するルイーズの 解 答 が 船 荷 の 中 でみつけた 服 飾 用 のペチコート 素 材 で 超 軽 量 な 彫 刻 像 を 製 作 し 肺 臓 の 傾 斜 路 を 滑 らせるというアイデアであった またタルー 七 世 の 頭 や 手 足 を 動 かすことのできる 三 つの 彫 刻 像 を 製 作 せよという 難 問 にたいしては 頭 脳 が 点 灯 する 哲 学 者 イマニエル カントの 胸 像 ライトアート 老 練 な 執 政 が 幼 いルイ 15 世 の 前 で 平 伏 し 屈 伸 運 動 を 繰 り 返 す 彫 像 の キネ チックアート 群 像 彫 刻 が 演 技 する ロボテックアート を 完 成 させる 研 究 熱 心 なルイーズは 化 学 実 験 の 障 害 で 肺 を 傷 めていて 人 工 排 気 弁 を 装 着 しているのだが その 装 置 は 男 装 した 軍 服 の 飾 紐 でカモフラージュされていて ルイーズの 感 情 が 高 揚 すると 自 律 神 経 に 同 期 して 排 気 音 が 高 鳴 る 科 学 技 術 を 用 いて 人 間 の 身 体 機 能 を 向 上 させるトランスヒューマニズムの 思 想 が 現 れる のは 生 物 学 者 J.B.S. ホールデンの 著 書 ダイダロス あるい は 科 学 と 未 来 1923 年 のことであり 1928 年 に 実 用 化 した 鉄 の 肺 は 患 者 の 首 から 下 を 気 密 タンクに 入 れて 間 歇 的 に 減 圧 するという 大 げさなものであった <モンテレスコ 姉 弟 の 彫 像 作 品 > 挿 話 1. 殺 害 される 無 能 な 奴 隷 サリダキス 挿 話 2. 執 政 ボウイングと 少 年 王 ルイ 15 世 挿 話 3. 尼 僧 ペルペュアの 嘘 と 方 便 第 3 章 は 重 力 磁 力 熱 力 などの 物 理 力 学 を 題 材 とする 曲 芸 団 と 創 作 機 械 の 出 演 である サーカス 団 のブシャレサス 兄 弟 が 演 ずる 軽 業 芸 a. 右 利 きのヘクターと 左 利 きのトミーによ る 左 右 対 称 の 二 重 ジャグリング b. マリウス 10 才 の 猫 取 り 競 争 ゲーム c. ボブ 5 才 による 声 帯 模 写 d. 娘 ステラ 14 才 によ る 車 輪 乗 りの 四 つは ロジェ カイヨワが 著 書 遊 びと 人 間 1958 年 で 分 類 した 四 種 類 の 遊 び a. 偶 然 の 遊 び アゴーン b. 競 争 の 遊 び アレア c. 模 倣 の 遊 び ミミクリ d. 眩 暈 の 遊 び イリンクス に 相 当 する 技 術 者 メゾニヤルが 発 明 した フェンシング 機 械 は 高 速 で 回 る 弾 み 車 に 外 力 が 加 わると 意 外 な 運 動 をする 角 運 動 量 保 存 則 を 応 用 した 剣 術 ロボットで 歯 車 式 のプログラムを 切 替 える と フェイントをかけながら 剣 先 はずし まわし 突 き 切 り 上 げを 仕 掛 け チャンピオンの 人 間 剣 士 を 打 ち 負 かす 科 学 者 ベ クスが 発 明 した 感 熱 金 属 ベクシウム を 応 用 した 自 動 演 奏 機 械 は 寒 暖 2 本 のガスボンベの 弁 を 開 閉 調 整 すると 様 々 に 変 化 する 曲 を 演 奏 する ベクシウム の 作 用 は 温 度 差 を 感 じて 電 圧 を 直 接 起 電 するゼーベック 効 果 (1821 年 ) ペルティ エ 効 果 (1834 年 ) トムスン 効 果 (1854 年 ) に 相 当 する おなじく 科 学 者 ベクスのパフォーマンス 巨 大 なボタン 磨 き 板 宝 石 と 金 属 を 吸 い 寄 せる 物 質 マグネティン とその 吸 引 力 を 遮 蔽 する 防 御 板 インペルビウム による 実 験 は クーロ ンの 法 則 と 荷 電 粒 子 の 軌 道 運 動 のスケールで 計 算 すると 静 電 気 の 電 磁 気 実 験 とは 考 えにくい なにかスケーリング 問 題 を 超 える 超 強 力 磁 場 のようである 文 芸 や 絵 画 の 想 念 空 間 では 現 実 の 物 理 科 学 を 無 視 する 不 合 理 な 表 現 がまかり 通 る アリスやガリバーが 縮 小 拡 大 しても 地 球 上 の 万 有 引 力 空 気 の 固 有 共 振 数 生 物 細 胞 の 寸 法 などは 縮 小 拡 大 せずに 一 定 なのだから アリスやガリバーの 動 作 や 音 声 はおかしなことになるはずなのだが 表 現 者 と 鑑 賞 者 は 地 球 上 の 常 識 という 暗 黙 の 了 解 の 上 で 成 立 することなので 当 然 な がら 読 者 の 感 性 は 物 理 方 程 式 に 無 頓 着 である リュンケル 号 の 乗 員 達 の 出 し 物 に 続 いて ポニュケレ 国 のタ ルー 七 世 のやんちゃな 息 子 レジェド 12 才 は 巨 鳥 にぶら 下 がっ て 空 中 飛 行 を 披 露 する 第 4 章 と 第 5 章 は 音 声 言 語 の 挫 折 がテーマである 高 名 な 歴 史 学 者 と 生 物 学 者 による 知 的 語 り 芸 ともいうべき 学 術 講 演 に 続 いて サーカス 団 員 が 登 場 し 四 つの 音 曲 芸 でオーラル 言 語 を 揶 揄 する a. 両 手 両 足 のない 不 具 者 のタンクレードは 全 版 2: 技 術 者 メゾニアルの 剣 術 機 械 と 科 学 者 ベクスの 温 感 オーケストラ 巨 大 ボタン 磨 板

4 身 の 筋 肉 運 動 を 駆 使 して 四 種 類 の 楽 器 を 巧 みに 演 奏 してみせ る b. 歌 手 リュドビックは 唇 の 両 端 を 別 々に 動 かして 同 時 に2 音 を 発 声 し 一 人 でカノン 形 式 の 曲 を 輪 唱 する c. 小 人 のフィリッポは 自 分 の 小 さな 胴 体 を 皿 の 下 に 隠 して 首 だ けを 皿 の 上 に 現 すというトリックで あたかも 生 首 が 皿 の 上 で お 喋 するかのような 芸 を 演 じる d. 片 足 のサーカス 団 長 レル ガルシュは 切 断 された 自 分 の 大 腿 骨 で 造 った 骨 笛 を 使 って 悲 しい 曲 を 吹 奏 する e. 曲 馬 師 ユルバンが 調 教 する 特 殊 な 舌 を もつ 馬 は 意 味 を 解 さない 言 語 を 雄 弁 に 模 倣 発 声 する 大 歌 手 キュイジベルは 秘 蔵 するブリキの 拡 声 笛 を 使 用 して 朗 々と 独 唱 し 名 女 優 アデイノルファは 切 々とタッソーの 悲 嘆 詩 を 朗 読 する ポニュケレ 国 のタルー 七 世 も 衣 々の 歌 を 美 しい 裏 声 で 独 唱 するが プロンプター 役 のカルミカエルと 息 が 合 わない 言 語 の 構 造 的 あるいはメタ 的 な 解 明 が 始 まるのは フェルディナン ド ソシュールの 論 文 インド ヨーロッパ 語 の 覚 書 1878 年 からのことである オペレッタ 一 座 が 演 ずる 六 つの 活 人 画 は 物 語 のクライマッ クスに 絵 画 的 な 構 図 で 舞 台 を 静 止 し 観 客 の 視 覚 に 訴 える 黙 示 劇 である 歌 舞 伎 の だんまり も 言 語 説 明 を 超 えた 視 覚 的 な 美 感 表 現 に 専 念 する 初 期 のダゲレオタイプでは 芸 術 指 向 の 活 人 画 が 盛 んに 作 画 された ダゲレオタイプが 音 声 を 録 音 するわ けではないが 長 い 露 光 時 間 の 間 被 写 体 は 不 動 のポーズを 維 持 して 沈 黙 をまもる 必 要 がある < 活 人 画 のテーマ> 挿 話 4. オリュンポスの 神 々の 祝 宴 の 場 面 挿 話 5. 大 農 場 主 の 遺 児 ウエスラが オンタリオ 湖 の 魔 法 で 時 間 の 循 環 に 陥 った 悪 党 達 を 救 う 場 面 挿 話 6. 年 老 いた 盲 目 の 名 作 曲 家 ヘンデルが 七 本 の 柊 と 自 宅 の 階 段 を 利 用 して 聖 譚 曲 を 機 械 的 に 作 曲 する 場 面 挿 話 7. ロシア 皇 帝 が 言 語 の 策 略 を 使 って 大 衆 の 深 層 心 理 に 働 きかけ 暗 殺 者 を 発 見 する 場 面 挿 話 8. ギリシャの 自 由 の 戦 士 カナリス 将 軍 を 讃 えるために 森 の 精 が 視 覚 聴 覚 のみならず 嗅 覚 の 受 容 神 経 に 訴 える 場 面 挿 話 9. イタリアの 大 金 持 サヴァリニ 公 が 場 末 の 雑 踏 の 中 で 貧 乏 人 の 財 布 を 盗 む 場 面 第 6 章 は 草 原 とテーズ 河 における 空 気 水 火 による 非 線 形 科 学 の 造 形 である ポニュケレ 国 のアルコットと 6 人 の 息 子 達 は それぞれが 幾 何 級 数 的 に 正 確 な 方 向 と 距 離 をとって 直 立 配 列 すると 互 いの 胸 窟 で 声 音 を 共 鳴 させて 音 響 コーラ スを 披 露 する 河 の 中 に 設 置 した 発 明 家 ブデユの 織 機 は 水 流 に 飛 び 跳 ねる 多 数 の 水 車 につないだ 糸 の 動 きが コンピュータ を 連 想 させるブラックボックスに 入 力 されると 出 力 側 の 糸 が 創 世 記 のタペストリを 織 り 出 す 彫 刻 家 フィユクシェが 披 露 す る 五 つの 青 いボンボン は 水 中 に 投 げ 込 まれると 振 動 して 水 面 に 波 紋 画 像 を 生 成 する 水 の 表 面 波 の 理 論 が レイリー 男 爵 によって 明 らかにされたのは 1885 年 のことである 花 火 師 リュクソは 花 火 で 夜 空 に 絵 画 を 描 く ローベルト ブンゼンが ブンゼン 燈 の 焔 と 分 光 器 で 炎 色 反 応 を 解 明 したのは 1860 年 の ことである < 青 いボンボン: 波 紋 絵 画 のテーマ> 挿 話 10. 打 ち 取 ったメヅーサの 首 を 掲 げるペルセウス 挿 話 11. 拍 手 喝 采 をあびて 食 卓 の 上 で 踊 る 踊 り 子 達 挿 話 12. 創 作 詩 を 盗 み 読 みされる 詩 人 ジアパリュ 挿 話 13. 周 期 的 に 季 節 風 が 吹 くコカーニュの 国 の 風 時 計 挿 話 14. 半 裸 のコンティ 公 と 飼 い 馴 らしたカケス 第 7 章 はメタ 認 識 と 自 己 形 成 の 物 語 である 催 眠 術 師 のダ リアンは 事 故 で 記 憶 を 喪 失 したセイルコアを 歯 車 がコトコ トと 鳴 る 映 写 機 の 映 像 刺 激 を 使 って 治 療 する タルー 七 世 の 虚 弱 な 息 子 カジル 8 才 と 献 身 的 な 養 女 メイス デル 7 才 が 演 ずるシェイクスピア 劇 発 見 されたロメオとジュ リエットのエピローグ は 悲 劇 のヒーローとヒロインが 引 き 起 こす 偏 見 先 入 観 誤 りの 原 因 を 明 らかにする 一 幕 で 幼 年 期 のロメオとジュリエントが 自 己 形 成 期 に 影 響 を 受 けた 家 庭 教 師 の 教 訓 話 と 乳 母 の 話 からなる 六 つの 幻 影 で 構 成 される 彫 刻 図 版 3: 彫 刻 家 フィユクシェの 波 紋 絵 画 煙 彫 刻 バイオアート

5 家 フィユクシェが 発 明 した 熱 すると 煙 の 彫 刻 を 生 成 する 赤 いボンボン が 炉 に 焼 べられると 次 から々へとその 幻 想 が 出 現 する ロメオとジュリエットが 見 る 幻 想 は フランシス ベー コンが 説 いた 真 理 を 歪 曲 する 4 つの 偶 像 a. 感 覚 錯 覚 によ る 偶 像 b. 教 育 習 慣 による 偶 像 c. 言 語 偏 見 による 偶 像 d. 思 想 学 説 による 偶 像 と 一 致 する 18 世 紀 以 来 つづけられてい るシェイクスピア 別 人 説 には ベーコンがシェイクスピアであ るという 説 もある < 赤 いボンボン:ロメオの 見 る 幻 影 > 挿 話 15. イブの 誘 惑 挿 話 16. 放 蕩 児 ティシアスの 乱 痴 気 騒 ぎ 挿 話 17. 魂 が 肉 体 から 離 れていく 聖 イグニシアスの 殉 教 挿 話 18. 娼 婦 にひざまずく 苦 行 者 フェイオル <ジュリエットの 見 る 幻 影 > 挿 話 19. 群 衆 に 石 もておわれるエレミアの 殉 教 挿 話 20. 女 食 人 鬼 ペルゴヴェデュール 挿 話 21. 父 キャピュレットの 幻 とイエズの 幻 は 舞 台 大 道 具 の 簾 を 使 った 透 過 光 の 照 明 効 果 で 演 出 される 挿 話 22. 金 貨 を 振 り 撒 く 妖 精 ユルジュールは 船 荷 の 中 にあっ た 美 容 室 のマネキン 人 形 が 代 用 される また 彫 刻 家 フィユクシェは 葡 萄 の 種 子 を 任 意 の 形 に 成 長 させる バイオアート を 発 明 して 葡 萄 粒 の 中 に8つの 場 面 を 制 作 する < 葡 萄 のバイオアート> 挿 話 23. ケルトの 戦 士 達 がいるゴールの 光 景 挿 話 24. 宿 敵 ウードの 体 を 鋸 で 引 く 悪 魔 の 幻 夢 挿 話 25. ローマ 円 形 闘 技 場 の 剣 闘 士 達 挿 話 26. スペイン 民 衆 に 呪 われるナポレオン 挿 話 27. 籠 網 作 りの 少 年 とその 姉 妹 を 救 済 するイエズ 挿 話 28. 黒 い 森 の 伝 説 の 樵 ハンス 挿 話 29. ひなげし 色 のドレスを 着 て 戸 の 前 に 立 つ 女 性 挿 話 30. 天 使 の 剣 で 傷 をおう 悪 魔 第 8 章 ポニュケレ 国 の 自 然 芸 術 とヨーロッパの 人 工 芸 術 の 競 演 は 大 自 然 の 驚 異 的 な 造 形 でフィナーレを 迎 える タ ルー 七 世 の 風 変 わりな 長 男 フィガロ 15 才 は 超 人 的 な 海 底 遊 歩 術 の 途 中 で 発 見 した 六 つの 海 中 生 物 a. 三 角 旗 状 の 生 物 b, 石 鹸 泡 状 の 生 物 c. 心 臓 が 透 けて 見 えるスポンジ 状 の 生 物 b. 亜 鉛 円 盤 状 の 生 物 e. ゼラチン 質 の 生 物 f. 縁 飾 紐 状 の 生 物 を 展 示 して パフォーマンスアート を 演 じる 19 世 紀 末 の アー ル ヌーヴォー に 大 きな 影 響 をあたえた 生 物 学 者 エルンス ト ヘッケルの 画 帳 自 然 の 芸 術 造 形 の 完 成 版 が 発 行 された のは 1904 年 のことである 長 男 フィガロは さらに 海 辺 で 発 見 した 録 画 機 能 をもつ 植 物 のパフォーミングを 展 開 する この 録 画 する 植 物 の 成 長 期 に ヨーロッパの 豪 華 本 に 印 刷 されていた 挿 絵 を 順 繰 りに 記 憶 させ ると 成 長 した 葉 脈 はその 画 像 を 順 繰 りに 再 生 上 映 する < 録 画 植 物 の 再 生 画 像 > 挿 話 31. 詩 人 とモール 人 の 女 再 生 する 画 像 は 中 東 の 庭 園 黄 金 色 の 砂 漠 中 国 人 の 実 験 室 商 人 の 宴 会 場 楽 園 街 道 筋 岩 の 絶 壁 と 深 淵 第 9 章 祝 祭 の 翌 朝 ルイーズは 長 年 打 ち 込 んできた 光 起 電 効 果 による 感 光 盤 と 自 動 描 画 アーム 機 構 を 完 成 させて ア フリカの 日 の 出 の 風 景 をキャンバスに 描 く このデジタル 色 彩 絵 画 のラスタースキャニング 方 式 は 現 在 の TV やパソコンモ ニタが 採 用 している 横 方 向 スキャニングではなく 重 力 に 素 直 な 縦 方 向 スキャニングである 白 黒 デッサンの 場 合 には 巧 み なランダムスキャニング 方 式 に 切 り 替 わる 無 数 の 電 線 と 受 光 素 子 を 束 ねたルイーズの 感 光 盤 イメージセンサは, 光 学 レンズ を 持 たない 肖 像 画 家 であったルイ ジャック マンデ ダゲールは ブ ルジョア 階 級 の 増 加 にともなう 肖 像 画 の 消 費 需 要 に 対 応 するた めに 銀 塩 感 光 法 による 自 動 描 画 技 術 ダゲレオタイプを 発 明 し た フォトグラフの 出 現 は 19 世 紀 末 のパリの 画 家 達 の 思 索 を 刺 激 し 様 々な 主 義 主 張 の 絵 画 を 産 む 契 機 となる デュシャン 図 版 4: タルー 七 世 の 長 男 フィガロの 海 中 生 物 コレクション

6 は デッサンという 観 点 からすれば 写 真 はきわめて 正 確 な 形 を 与 えます それで それとは 別 のことをしたいと 思 っている 芸 術 家 は 自 分 にこう 言 い 聞 かせます とっても 簡 単 だ できる かぎりデフォルメしよう そうすれば 写 真 のあらゆる 表 現 か ら 完 全 に 離 れていられるだろう と 述 べている そういうデュ シャンの 二 人 の 兄 は 立 体 派 の 画 家 と 未 来 派 の 彫 刻 家 であった ので 三 男 のデュシャン 自 身 はやることがなく ダダとならざ るをえない 現 代 のコンピュータグラフィックスとルネッサン ス 絵 画 とに 共 通 する 絵 画 アルゴリズムについては 著 者 の 論 文 絵 画 の 方 程 式 研 究 紀 要 7 号 1992 年 に 掲 載 してある 小 説 の 後 半 第 10 章 から 第 25 章 は 前 半 の 出 来 事 を 合 理 的 な 記 述 で 繰 り 返 し 最 後 の 第 26 章 で ヨーロッパから 充 分 な 身 代 金 が 到 着 したリュンケル 号 の 乗 員 達 は 釈 放 されて 母 国 に 無 事 帰 国 し この 世 のアイデンティティを 回 復 する ポニュ ケレ 国 にも 金 融 経 済 が 通 用 したことは 幸 運 なことであった リュンケル 号 の 乗 員 達 が ポニュケレ 国 の 首 都 エジェルに 到 着 した 時 に 先 ず 最 初 にしたことは 劇 場 の 建 設 と 株 取 引 所 の 建 設 であった 祝 賀 祭 の 参 加 芸 術 作 品 に 賭 けた 掛 金 の 総 額 一 万 フ ランは ポニュケレ 国 住 民 の 拍 手 が 一 番 多 かった 芸 マリウス 10 才 の 猫 取 り 競 争 ゲーム に 賭 けた 株 主 達 に 配 分 された 金 融 経 済 こそが 想 念 世 界 と 現 実 世 界 を 連 続 させる 最 大 の 成 功 例 なのかもしれない 生 涯 に1 枚 の 絵 しか 売 れなかったフィンセント ファン ゴッ ホが 貧 困 の 内 に 生 涯 を 閉 じた 1890 年 に 描 かれた 油 画 医 師 ガ シュの 肖 像 を 1990 年 のクリスティーズ オークションに おいて 日 本 人 が 82,500,000 ドルで 落 札 したことは 金 融 経 済 と 芸 術 の 終 末 を 象 徴 する 3) 自 由 芸 術 の 発 明 ルーセルの 小 説 ロクス ソルス は 科 学 者 カントレルが パリ 郊 外 に 自 由 芸 術 の 殿 堂 を 建 設 して 自 分 の 発 明 品 を 展 示 し それらの 発 明 の 証 人 として 観 客 を 招 待 する 物 語 である 美 術 館 や 画 廊 などの 芸 術 を 担 保 する 既 存 の 枠 組 みを 外 れて 個 人 のパ ビリオンで 自 由 意 志 による 個 展 が 開 催 される 展 示 作 品 の 主 題 は 土 風 水 火 の 四 元 素 と 生 と 死 のテーマ 作 品 を 経 て 自 由 創 作 に 至 る 第 1 章 は カントレルの 展 示 館 が 散 在 する 丘 陵 への 坂 道 に 設 置 された 石 祠 の 由 来 話 からはじまる 石 祠 に 収 められた 土 偶 はサハラ 砂 漠 の 秘 境 都 市 トンブクトの 王 女 セルールにまつわる 薬 用 植 物 の 物 語 石 祠 の 外 側 に 彫 られた 浮 彫 りはブルターニュ の 王 女 エロにまつわる 王 冠 金 属 の 物 語 であり アフリカの 伝 説 とヨーロッパの 伝 説 とが 土 と 石 の 固 相 に 合 体 されている < 石 祠 のテーマ> 挿 話 32. トンブクトの 王 女 セルールのヒステリー 治 療 挿 話 33. ボルド 国 王 の 遺 児 王 女 エロの 王 位 継 承 物 語 第 2 章 は 風 の 気 相 開 放 系 のカオスに 関 する 物 語 である カ ントレルは 気 象 の 変 化 を 計 算 する 方 法 を 編 み 出 し 自 然 の 風 に 制 御 されてモザイク 画 を 制 作 する 気 球 式 自 動 作 画 機 を 実 験 す る <モザイク 画 のテーマ> 挿 話 34. 北 欧 伝 説 リッテルの 中 の 水 球 物 語 王 女 ウルフラの 王 位 継 続 の 古 書 を 読 んで 改 心 する 悪 党 アグー 気 球 式 自 動 作 画 機 は 太 陽 の 位 置 計 測 地 磁 気 の 方 向 検 出 太 陽 熱 線 による 水 素 発 生 と 浮 力 調 整 による 姿 勢 制 御 と 石 灰 質 吸 着 ハンドを 備 えた 精 巧 な 制 御 システムである 現 代 の 位 置 計 測 の 場 合 には 複 数 の 人 工 衛 星 を 利 用 した 全 地 球 測 位 システム GPS が 日 常 的 に 使 用 されている GPS はア ルベルト アインシュタインの 特 殊 相 対 性 理 論 ( 光 速 度 不 変 の 原 理 )1903 年 と 一 般 相 対 性 理 論 ( 時 空 連 続 体 の 歪 み)1917 年 による 地 上 の 時 計 の 宇 宙 的 な 遅 れを 補 正 するなどの 方 法 で 高 い 精 度 を 実 現 している 1849 年 にはロンドンの 新 聞 社 が 当 時 最 新 の 電 信 技 術 1837 年 を 利 用 して 各 地 の 気 象 情 報 を 集 め 天 図 版 5: 第 1 章 固 相 の 石 祠 第 2 章 気 相 のモザイク 画 第 3 章 液 相 のアクアミカ

7 気 図 を 作 成 し 発 行 した 現 代 の 気 象 予 想 は スーパーコンピュー タを 利 用 して 地 球 規 模 の 気 象 水 象 地 象 などの 数 値 解 析 シミュ レーションをおこなう 積 分 法 によっては 得 られない 複 雑 な 物 理 現 象 を 概 念 化 して カオス と 命 名 したのは 1975 年 のこと である それにしても 混 沌 のカオスから 整 然 としたモザイク 画 を 生 成 するというルーセルの 発 想 は 尋 常 ではない しかしながら 混 沌 からの 天 地 創 造 は 神 話 世 界 での 常 套 手 段 であり 河 の 流 れから 創 世 記 のタペストリを 生 成 する 発 明 家 ブデユの 織 物 機 械 や 彫 刻 家 フィユクシェの 波 紋 絵 画 を 将 来 の 超 高 速 コンピュー タが 実 現 しないとは 限 らない ダヴィンチが 繰 り 返 し 描 いた 水 流 のカルマン 渦 や 北 斎 が 描 いた 波 形 の CG シミュレーション 画 像 を 現 代 のスーパーコンピュータはすでに 実 現 している 第 3 章 は 液 相 と 電 離 イオンの 物 語 である カントレルが 発 明 した 光 る 酸 化 励 起 水 アクアミカ を 満 たした 巨 大 な 透 明 水 槽 の 中 で 様 々な 電 磁 波 実 験 が 繰 り 広 げられる アクアミカ の 中 を 遊 泳 する 踊 子 フォスティーヌの 長 髪 は 帯 電 による 電 磁 誘 導 で 振 動 し 音 楽 を 奏 でる 電 素 錠 エリトリトール を 内 服 し て 生 体 電 池 と 化 した 賢 いシャム 猫 が 水 中 を 泳 ぎ 回 ってフォス ティーヌの 助 手 を 勤 める 浮 力 制 御 された 七 つの 潜 水 式 風 船 人 形 が 昇 降 して 水 中 人 形 劇 を 演 じる < 潜 水 式 風 船 人 形 劇 のテーマ> 挿 話 35. アレキサンダ 大 王 を 暗 殺 装 置 から 救 う 力 士 挿 話 36. 光 責 めの 頭 痛 に 苦 しむユダヤの 悪 総 督 ピラトス 挿 話 37. アラビアの 古 代 楽 器 を 発 掘 する 詩 人 ジルベール 挿 話 38. 血 の 発 汗 で 豊 作 を 予 言 する 小 人 の 詐 欺 挿 話 39. 疲 労 して 地 球 を 放 り 出 す 巨 神 アトラス 挿 話 40. 信 仰 心 と 懐 疑 心 に 悩 む 哲 学 者 ボルテール 挿 話 41. 占 い 師 の 予 言 を 聞 く 天 才 ワグナーの 母 挿 話 42. 断 頭 台 ですり 替 えられた 革 命 家 ダントンの 首 カントレルが 発 明 した 三 つの 物 質 a. 頭 蓋 の 中 に 注 入 して 脳 を 凝 固 し 蘇 生 させる 注 射 液 レジュレクティーヌ b. 服 用 す ると 血 管 が 拡 張 して 体 内 に 広 がり タンパク 質 繊 維 を 起 電 させ て 動 物 を 電 池 に 変 える 赤 い 錠 剤 エリトリトール c. 脳 内 で エ リトリトール と レジュレクティーヌ を 化 学 反 応 させて 強 力 な 電 気 を 脳 に 浸 透 させる 褐 色 の 金 属 触 媒 ヴィタリウム の 作 用 で 革 命 家 ジョルジュ ダントンの 首 は 蘇 生 し 唇 は 無 音 の 弁 論 を 力 強 く 再 演 する 第 4 章 は 死 者 の 生 前 の 行 為 を 再 現 して 遺 族 の 悲 しみを 癒 す 物 語 である 遺 族 が 持 ち 込 む 最 愛 の 八 体 の 遺 体 は それぞれ の 人 生 のクライマックスに 脳 細 胞 シナプスの 結 合 ネットの 形 で 物 質 化 された 記 憶 データが 蘇 生 液 と 金 属 触 媒 の 電 気 作 用 で 活 性 化 されて 死 者 の 筋 肉 運 動 を 再 演 する この 死 体 ロボット 達 は その 出 力 機 構 が 働 くだけで フィードバックに 必 要 な 入 力 センサーと 論 理 回 路 が 機 能 しないために カントレルの 助 手 達 は 死 体 ロボットの 外 部 環 境 を 調 整 するために 舞 台 裏 で 大 活 躍 す る 鉄 腕 アトムのような 自 律 ロボット 開 発 をめざしながら フ レーム 問 題 を 克 服 できなかった 現 代 のロボット 開 発 に 似 てい る メアリー シェリーの 小 説 フランケンシュタイン:すなわ ち 現 代 のプロメシュース 1918 年 に 登 場 する 名 前 さえも 付 けて 貰 えなかった 創 造 体 クリーチャの 場 合 は 死 体 の 部 品 を 寄 せ 集 めて 構 成 された 人 体 が 誕 生 後 の 自 発 的 な 学 習 によって 人 間 らしい 思 想 を 獲 得 していき 創 造 者 である 医 学 生 ヴィクター フランケンシュタインを 伴 って 自 滅 していく 物 語 である ルー セルの 小 説 には このような 一 神 教 徒 に 特 有 なフランケンシュ タイン コンプレックスはない <ガラスの 檻 : 死 体 劇 場 のテーマ> 挿 話 43. 盗 賊 に 監 禁 された 詩 人 ジレットが 獄 中 の 塵 埃 を 再 利 用 して 息 子 の 命 を 救 い 執 筆 創 作 を 続 ける 場 面 挿 話 44. ブルターニュに 伝 わる 聖 なる 万 力 の 小 道 具 を 使 用 し て 行 われる マオ 夫 婦 の 幸 福 な 金 婚 式 の 場 面 挿 話 45. 地 球 磁 力 の 影 響 で 頭 痛 を 起 こす 貴 族 ロランの 財 産 詐 欺 図 版 6: 死 者 の 劇 場 自 然 光 を 利 用 した 初 期 のガラス 張 り 撮 影 スタジオ

8 受 難 劇 を 俳 優 のロレスが 演 ずる 場 面 挿 話 46. 幼 児 セロスが 覚 えたての 詩 を 暗 唱 する 場 面 挿 話 47. 彫 刻 家 ジェルジュクが 発 明 した 独 創 的 なポジ ネガ 造 形 法 で 得 意 げに 作 品 を 制 作 する 場 面 挿 話 48. 作 家 ルカルヴェが 鉄 檻 の 中 で 放 射 線 照 射 法 による 胃 癌 治 療 を 受 けている 場 面 挿 話 49. トラウマをかかえた 上 院 議 員 夫 人 が 赤 色 の 反 射 光 に 脅 える 場 面 挿 話 50. 文 筆 家 ジュールが 引 き 起 こした 冤 罪 事 件 が 原 因 で 自 殺 したコルティエ 青 年 の 最 後 の 場 面 の 謎 解 き この 死 者 の 劇 場 ともいうべき ガラスの 檻 は 自 然 の 採 光 を 利 用 した 初 期 のガラス 張 りの 映 画 撮 影 スタジオを 思 わせ る 屍 骸 の 腐 敗 を 防 止 するための 強 力 な 冷 房 装 置 のアイデアは 1906 年 にウィリス キャリアによって 発 明 され ニューヨー クで 普 及 した 冷 房 空 調 装 置 がヒントとなったのであろう 対 照 的 にエジソンの 覗 穴 式 映 画 キネマトグラフの 制 作 スタジオ ブラックマリア: 囚 人 護 送 馬 車 1893 年 は コールタール で 覆 われた 巨 大 な 暗 箱 であった ダゲールと 同 様 に 肖 像 画 家 であったアントワーヌ リュミ エールの 二 人 の 息 子 によって 興 行 されたシネマトグラフ リュ ミエール 1894 年 の 成 功 は 映 画 産 業 を 興 し パウル ヴェゲ ナ 監 督 の ゴーレム 1920 年 ローベルト ヴィーネ 監 督 の カ リガリ 博 士 1920 年 フリッツ ラング 監 督 の 疲 れた 死 神 1921 年 F W ムルナウ 監 督 の ノスフェラトゥ 1922 年 などの 心 理 的 なドイツ 映 画 に 発 達 した 初 期 の 映 画 シナリオは 小 説 のシークエンスや 舞 台 の 戯 曲 そのままの 順 序 で 撮 影 して いたのだが すぐに 映 画 媒 体 の 特 性 をいかしたモンタージュ クローズアップ アイリスアウト パン クロスカッティング フラッシュバック ストップモーション オーバーラップなど の 撮 影 編 集 技 術 が 考 案 されるようになる 詩 人 ステファヌ マラルメは シネマトグラフは 映 像 のシー クエンスを 使 うことで 文 章 と 絵 から 成 る 何 巻 もの 書 物 に 効 果 的 に 取 って 代 わるはずである と 予 測 し 文 字 を 書 く 創 作 行 為 を 様 々な 媒 体 に 拡 大 していった さらに 映 画 技 術 が 実 現 した 動 的 なイメージや 流 れる 観 点 の 表 現 は ジェイムズ ジョイス の 小 説 ユリシーズ 1922 年 など その 後 の 文 芸 表 現 をも 変 質 させていくことになる 第 5 章 は 火 が 主 題 である カントレルの 治 療 を 受 けている 万 能 科 学 の 天 才 狂 人 エグロウザードは イギリス 旅 行 中 に 盗 賊 集 団 に 遭 い 無 惨 な 方 法 で 殺 害 された 幼 児 ジレットを 追 憶 して 愛 児 の 声 を 再 現 する 熱 励 起 による 音 声 合 成 法 愛 児 を 殺 害 した 盗 賊 達 の 踊 りを 再 現 する 熱 風 気 流 による 風 船 人 形 劇 愛 児 の 肌 着 を 仕 付 ける 花 火 ロケット 式 の 自 動 縫 製 針 を 発 明 する エグロウザードが 発 明 した 音 声 合 成 の 方 法 は 弾 性 収 縮 する 脂 身 製 の 物 差 しを 使 って 蝋 板 に 緻 密 な 点 の 列 を 刻 み その 点 線 をルビーの 励 起 光 で 溝 状 の 音 声 波 形 に 追 加 工 するという 技 術 である 書 籍 出 版 の 経 営 者 エドアード レオン スコットが 製 作 し た 音 声 波 形 を 見 る 機 械 フォノトグラフ 1957 年 や 聾 唖 学 校 の 経 営 者 アレキサンダ グラハム ベルが 聾 唖 の 美 少 女 の ために 死 んだ 男 性 の 耳 で 実 験 した 蘇 言 機 人 工 咽 と 人 工 耳 の 発 明 1876 年 それに 続 く 起 業 家 トーマス エジソンの 蝋 管 式 蓄 音 機 フォノグラフ 1877 年 エミール ベルリーナの 円 盤 式 再 生 機 グラモフォン 1887 年 などが 普 及 していくと 言 語 のメタ 認 識 が 大 きく 変 貌 していく 人 間 の 耳 が 見 過 ごして しまうような 意 識 外 の 音 響 をも 正 確 に 録 音 してしまう 蓄 音 機 の 出 現 は 表 現 者 の 魂 を 文 字 言 語 の 約 束 事 から 開 放 し 音 楽 を 楽 譜 音 符 の 制 約 から 開 放 していく ジークムント フロイトの 論 文 夢 判 断 1897 年 と 同 じ 年 に 出 版 されたブラム ストーカの 小 説 ドラキュラ は 新 大 陸 のアメリカで 発 明 された 音 声 蓄 音 機 と 言 語 タイプライタを ヨーロッパのフロイド 学 者 が 活 用 して 奥 深 い 東 方 のルーマニ アからくる 眼 に 見 えないオカルトを 解 明 する 小 説 である 小 説 の 中 のドラキュラは 旧 大 陸 に 伝 わる 十 字 架 と 大 蒜 による 方 法 図 版 7: 巫 女 フェリシテの 占 いに 活 躍 する 生 命 体

9 ではなくて 南 北 戦 争 で 新 開 発 されたウインチェスタ 14 連 発 銃 とボウイナイフを 使 ってテキサスの 大 金 持 ちが 退 治 する 第 6 章 は 生 命 体 が 主 題 である 巫 女 フェリシテは 肌 に 触 る と 炎 症 をおこす 刺 草 と その 有 毒 成 分 を 解 毒 する 軟 膏 を 使 って 人 肌 に 占 い 文 字 を 浮 かびあがらせる また タロットカードの 中 に スコットランドの 草 に 寄 生 する 羽 の 無 い 発 光 昆 虫 エム ローとスイスの 精 密 機 械 を 組 み 込 んで 銀 鈴 のような 音 色 を 奏 で 緑 色 の 円 光 を 発 するカードを 考 案 して 占 いをおこなう 今 日 では 圧 電 ピエゾ 素 子 のスピーカや 発 光 ダイオードを 仕 込 ん だ IC カード の 使 用 は 日 常 のこととなっている カントレルはキュロス 大 王 の 伝 説 に 従 って 発 掘 した 天 然 の 超 親 水 性 金 属 を ボルネオ 渡 来 の 怪 鳥 イリゾー の 強 力 な 尾 に 固 着 して 水 の 塊 が 重 力 に 打 ち 勝 って 飛 び 回 る 実 験 を 披 露 する 今 日 では 酸 化 チタン 触 媒 の 超 親 水 性 を 応 用 した 製 品 が 開 発 され ている 空 想 上 の 作 り 話 と 思 われていたギリシャ 神 話 の トロ イア が ハインリッヒ シュリーマンの 発 掘 により 現 実 の 事 実 となるのは 1873 年 のことである 司 馬 遷 編 纂 の 史 記 に 伝 説 として 記 述 されていた 始 皇 帝 陵 の 地 下 宮 殿 が 1974 年 に 発 掘 されると 同 書 記 載 の 徐 福 伝 説 古 事 記 の 神 武 天 皇 伝 説 魏 志 倭 人 伝 の 邪 馬 台 国 伝 説 も 現 実 味 をおびてくる カントレルはまた 傷 ついた 生 体 細 胞 が 自 らを 癒 す 物 質 を 合 成 して 分 泌 する 生 体 懇 願 物 質 ワクチンの 作 用 を 応 用 して スーダン 女 性 シレイスの 肌 から 爆 薬 を 採 取 する アルフレッド ノーベルがダイナマイトを 発 明 したのは 1866 年 安 全 なニト ロセルロース 無 煙 火 薬 が 開 発 されたのは 1906 年 天 然 痘 ワク チンの 発 明 は 1796 年 コレラワクチンの 開 発 は 1879 年 のこ とである カントレルは ワクチンの 原 理 は 生 命 細 胞 の 自 由 意 志 を 尊 重 して 生 命 細 胞 に 懇 願 することであり ワクチンの 歴 史 は 神 話 的 時 代 から 形 而 上 学 的 論 理 時 代 のパラケルススを 経 て 実 証 的 科 学 時 代 のパスツールに 到 達 したと 解 説 する 飛 行 の 歴 史 においても 同 様 のプロセスを 見 ることができる 空 中 浮 遊 への 欲 望 は まず 神 話 のメタファーによって 解 消 され 次 にダヴィンチ 等 の 観 念 的 機 械 の 探 求 を 経 て 20 世 紀 の 科 学 実 験 で 実 現 される しかしながら 20 世 紀 の 強 力 なエンジン による 飛 行 は 風 の 谷 のナウシカ の 優 雅 な 飛 行 とは 程 遠 い 第 7 章 最 終 の 章 は モンシャル 伯 爵 による 自 由 創 作 の 物 語 である 高 名 な 巫 女 フェリシテの 滞 在 を 聞 いてロクスソルスを 訪 れた 星 占 師 のノエルは 恩 師 である 放 浪 の 声 楽 家 ヴァスコン テから 相 続 した 形 状 記 憶 合 金 製 の 美 しいレースを おしげもな く 星 占 いの 観 客 に 進 呈 して 助 手 の 鶏 モプサスを 伴 って 去 って いく モプサスは 充 血 した 喉 の 赤 い 血 を 一 滴 づつ 正 確 に 射 出 して 象 牙 板 に 占 い 文 字 を 書 くという インクジェット 式 印 字 の ような 特 技 をもている この 膨 張 する 金 属 レースは かってヴァスコンテが 演 じたオ ペラを 作 曲 したルオルツ モンシャル 伯 爵 が3 点 製 作 して ヴァ スコンテに 与 えた 内 の 最 後 の 1 点 である モンシャル 伯 爵 は 年 に 実 在 した 人 物 であり 食 器 の 銀 メッキの 発 明 者 として 科 学 史 にも 記 録 されている 熱 するとエントロピー 弾 性 により 原 型 を 復 元 する 形 状 記 憶 合 金 は 1951 年 に 発 見 さ れ 現 実 のものとなった ジャン=マリ=マティアス=フィリップ=オーギュスト ド ヴィリエ ド リラダン 伯 爵 の 短 編 小 説 栄 光 製 造 機 1883 年 の 発 明 者 ボットンは 自 分 の 発 明 した 創 作 物 は 単 なる 機 械 で はなくて 物 質 的 手 段 ( 機 械 )と 精 神 的 目 的 ( 栄 光 )とを 結 合 する 媒 概 念 ( 拍 手 する 機 械 )である と 主 張 する 芸 術 家 と 技 術 者 を 合 体 させて 創 作 活 動 をすすめたベル 研 究 所 の 電 気 技 師 ビ リー クルーバの EAT 芸 術 運 動 や 文 芸 詩 論 と 工 学 理 論 とを 合 体 させなかった 科 学 哲 学 者 ガストン バシュラールに 著 者 は 納 得 しない 著 者 が 創 作 した 三 つのキネチックアートのシ リーズはモンシャル 伯 爵 や 技 術 者 ボットンが 主 張 するような 自 由 芸 術 の 創 作 を 目 指 している 研 究 紀 要 第 3 号 1987 年 掲 載 の 立 体 機 構 シリーズ: 詩 的 平 行 四 辺 形 は 四 節 機 構 を a. 平 行 軸 機 構 b, 収 束 軸 機 構 c, 捻 れ 軸 機 構 の 三 種 類 に 分 類 して それぞれの 特 徴 を a. 力 仕 事 図 版 8: 1925 年 ルーセル 自 らが 設 計 し 終 焉 の 地 パレルモに 旅 行 した 白 いタイヤのキャンピングカー

10 のための 産 業 機 械 b. 数 値 制 御 加 工 機 で 製 造 可 能 になった 観 念 機 械 c. 仮 想 空 間 で 実 現 されるであろう 仮 想 機 械 と 定 義 し 機 械 の 美 的 展 開 を 行 った 研 究 紀 要 第 2 号 1985 年 掲 載 の 空 気 膜 造 形 シリーズ: 空 気 観 想 は 風 船 状 ナイロン 薄 膜 の 内 外 に 生 ずる 空 気 差 圧 エントロピーによって 自 己 生 成 する 立 体 造 形 法 を 開 発 し 彫 刻 の 消 去 と 出 現 を 実 現 した 電 脳 制 御 シリーズ: 電 気 諧 調 は デジタル 機 械 語 プログラムを 応 用 して 彫 刻 の 動 き 音 光 形 を 連 続 させた 4) おわりに:メディア 芸 術 の 使 命 以 上 小 説 アフリカの 印 象 における 1) 自 然 物 と 2) 人 工 物 および 小 説 ロクスソルス における 3) 仮 想 物 に ついて 考 察 してきた 人 類 の 仕 業 から 地 球 環 境 を 救 う 方 法 は 1) 人 類 が 野 生 の 猿 に 帰 るか 2) 科 学 技 術 で 地 球 を 改 造 する か 3) 仮 想 世 界 に 引 きこもるかの 三 つの 解 決 策 しかないよう に 思 える ポニュケレ 国 で 競 演 した 自 然 芸 術 と 人 工 芸 術 の 勝 敗 はつかない 勝 利 したのは 自 然 界 と 人 工 界 と 想 念 界 の 三 者 を 三 つ 巴 状 態 に 連 結 するルーセルの 小 説 仮 想 芸 術 なの であろう コペルニクスは 地 球 と 宇 宙 を 連 続 させ デカルトは 人 間 と 機 械 を 連 続 させ ダーウィンは 人 間 と 動 物 を 連 続 させ フロイド は 自 我 と 無 意 識 を 連 続 させ アインシュタインは 原 子 から 宇 宙 までの 物 理 現 象 を 連 続 させた フィッツ = ジェイムズ オブライエンの 短 編 小 説 ダイヤモ ンド 製 のレンズ 1985 年 の 主 人 公 は 高 性 能 の 顕 微 鏡 を 開 発 し 超 微 細 な 世 界 の 女 神 に 出 会 い 恋 をする 1846 年 にカール フ リードリヒ ツァイスが 光 学 機 器 製 造 を 創 業 すると ルイ パ スツールが 自 然 発 生 説 の 検 討 1861 年 ロバート コッホ が 微 生 物 病 原 説 1876 年 などを 発 表 し 生 気 を 失 った 悪 い 空 気 や 水 の 瘴 気 が 実 は 眼 に 見 えない 精 霊 が 原 因 なのではなく 眼 に 見 える 微 生 物 であることを 明 らかにする 現 代 の 情 報 科 学 は 眼 には 見 えない 魂 の 世 界 でさえ DNA や 大 脳 シナプスの 構 造 で 明 らかにしようとする 生 命 ある 者 が 常 に 口 から 出 し 入 れしている 眼 に 見 えない 空 気 を なにか 魂 のようなものと 理 解 していた 人 類 が その 科 学 的 な 組 成 や 質 量 を 理 解 したのは 近 代 になってからのことであ る ガリレオ ガリレイやアイザック ニュートンは オカル ト 教 義 の 眼 には 見 えない 重 力 の 存 在 を 解 明 した ルーセルの 小 説 は カルパチア 山 脈 の 村 人 達 が 陥 る 日 常 的 なオカルト 状 態 を 恐 れるかのように 人 間 的 感 覚 が 成 立 する 根 底 にある 大 気 と 重 力 のリアリティを 繰 り 返 し 表 現 する 古 典 的 絵 画 技 法 においても 額 縁 の 中 での 空 気 感 や 重 力 感 のリアリ ティある 表 現 が 課 題 であった キャンバス 表 層 の 仮 想 空 間 と 同 様 に 現 代 のサイバー 空 間 においても 地 球 上 の 陸 上 生 物 が 5 億 年 を 経 て 育 んできた 大 気 と 重 力 の 存 在 が 欠 如 する 近 代 の 科 学 技 術 は 美 的 感 性 の 対 象 領 域 を 膨 張 させ 芸 術 の 有 様 と 役 割 を 大 きく 変 貌 させた 現 代 のチューリングマシーンは 絵 画 彫 刻 演 劇 演 劇 文 芸 などの 伝 統 的 な 表 現 領 域 に 取 っ て 代 わる 新 たな 表 現 媒 体 をシームレスに 連 結 し ボーダーレス な 仮 想 空 間 を 拡 大 構 築 しつつある 現 代 のメディア 芸 術 は 環 境 的 かつ 観 客 参 加 型 のインタラクティブアートにまで 拡 大 され ている しかしながら 想 念 と 現 実 とは 表 裏 のことであり 豊 かな 現 実 体 験 が 豊 かな 想 念 を 育 む メディア 芸 術 は 大 脳 皮 質 の 仮 想 空 間 を リアリティある 豊 かなものに 育 てる 使 命 を 負 って いる 参 考 資 料 : 1) 著 者 のルーセル 研 究 サイト 2) Impressions d Afrique オリジナル 本 の 画 像 サイト Afrique_(1910).djvu 3) Impressions d Afrique 仏 語 の e-book サイト 4 ) I m p r e s s i o n s o f A f r i c a t r a n s l a t e d b y L i n d y Foord and Rayner Heppenstall, John Calger, ) アフリカの 印 象 岡 谷 公 三 訳 白 水 社 2001 年 6) Locus Solus オリジナル 本 の 画 像 サイト 7) Locus Solus 仏 語 の e-book サイト htm 8) Locus Solus translated by Rupert Copeland C u n i n g h a m, O n e w o r l d C l a s s i c s L i m i t e d, ) ロクス ソルス 岡 谷 公 三 訳 平 凡 社 2004 年 10) Petit dictionnaire de Locus Solus Amsterdam-Atlanta, ) Paris au XXe Siecle Machette, ) Paris in the Twentieth Century translated by Richard Howard. Bllantine Books ) 二 十 世 紀 のパリ 榊 原 晃 三 訳 集 英 社 1995 年

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d 題 意 匠 矩 軸 架 給 給 給 題 章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d a 什 家 架 ゼ 揮 塑 ゼ 欄 供 給 売 守 頼 免 渡

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

P A L M I S T R Y H A P P Y - L I F E 絵 空 師 典 ん 社 動 発 展 ゆ 刻 々 化 ゆ 環 境 来 知 来 1 アドバイザー 絵 空 師 著 3 目 次 接 4 間 6 付 根 伸 8 秘 十 字 形 1 0 月 丘 1 2 ひ 途 止 1 4 知 止 1 6 障 害 遮 1 8 補 助 2 0 端 十 字 形 止 2 2 端 規 則 雑 2 4 起 点

More information

生きとし生けるものは

生きとし生けるものは 田 実 全 集 説 第 29 巻 ( 喜 劇 テ 喜 劇 古 中 新 時 期 喜 劇 古 喜 劇 時 代 力 物 名 指 攻 撃 紀 元 前 九 終 中 喜 劇 合 唱 部 分 失 ぜ 有 名 物 ぼ 物 姿 攻 撃 紀 元 前 七 終 新 喜 劇 場 合 風 デ 俗 喜 ブ 劇 ズ プ ゥ テ レ テ ィ 理 解 デ 希 英 中 辞 典 ) η κωμωδ'ια,, 6 勢 ぞ 長 男 ヨ

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

異世界で「マインクラフト」 ID:24410

異世界で「マインクラフト」 ID:24410 kouji 注 意 事 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 起 事 話 ぜ! 付 わ ね お さ わ 頭 ど 転 生 憑 依 じ ゃ 断 じ ね 恐 片 鱗 味 わ ぜ 後 続 編 み 逝 誤 字 非 ず 八 五 次 1 八

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

! ふ 空 普 段 フ 鳥 頭 ゆ 飛 歩 商 店 街 探 商 品 売 即 買 得 例 偶 然 入 験 日 々 計 画 移 べ 想 定 内 想 定 偶 然 通 途 違 物 信 号 ミ 通 止 電 車 遅 延 驚 ぜ 波 調 過 去 在 未 透 視 利 用 波 調 互 波 α 波 θ 波 調 ナ ズ

! ふ 空 普 段 フ 鳥 頭 ゆ 飛 歩 商 店 街 探 商 品 売 即 買 得 例 偶 然 入 験 日 々 計 画 移 べ 想 定 内 想 定 偶 然 通 途 違 物 信 号 ミ 通 止 電 車 遅 延 驚 ぜ 波 調 過 去 在 未 透 視 利 用 波 調 互 波 α 波 θ 波 調 ナ ズ 偶 然 偶 然 居 運 命 高 好 転 臨 床 士 東 京 由 丘 ざ 添 ! ふ 空 普 段 フ 鳥 頭 ゆ 飛 歩 商 店 街 探 商 品 売 即 買 得 例 偶 然 入 験 日 々 計 画 移 べ 想 定 内 想 定 偶 然 通 途 違 物 信 号 ミ 通 止 電 車 遅 延 驚 ぜ 波 調 過 去 在 未 透 視 利 用 波 調 互 波 α 波 θ 波 調 ナ ズ 透 視 親 交 博 士 科

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身 1 215 11 15 救 機 関 紙 No.4 寒 ょ? 昨 雨 温 ぐ 下 金 巨 未 駅 迎 確 : 救 : 西 谷 文 564-41 吹 田 市 泉 町 1-22 - 33 TEL 6-617-4757 FAX 6-6378-6625 E-mai l : nishinishi@r3.dion.ne.jp URL : http://www.nowiraq.com/ No.4 November

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

1212_takarazuka1【3】_再.indd

1212_takarazuka1【3】_再.indd 外 局 番 省 略 料 金 表 示 無 料 対 象 申 込 問 合 わせ 先 愛 定 員 抽 選 定 員 先 着 順 ド 勤 万 そ 外 万 歳 腫 ゅ 瘍 カ 検 査 有 料 希 望 当 受 付 程 度 専 乳 わ 4 対 象 歳 乳 幼 4 対 象 歳 未 満 乳 母 帳 持 参 不 ニ ニ 4 幼 母 帳 持 参 離 乳 食 級 今 乳 離 乳 食 栄 養 指 導 阪 神 北 広 域 急 病

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc 晩 蔵 仁 ひ 昨 夢 流 涙 新 宿 雑 踏 雷 鳴 放 電 球 車 ガ ラ 砕 散 全 裸 少 現 驚 々 少 ビ 影 消 2 家 食 卓 食 武 弟 パ ジ ャ マ 姿 起 武 起 遅 ぞ 無 兄 ブ 着 武 び 間 内 ゆ 楽 む 武 食 終 新 広 げ 武 へ ぇ 昨 西 新 宿 全 裸 性 表 興 味 示 ブ ビ リ モ コ 触 母 ブ 運 少 起 校 新 越 武 武 母 無 駄 無 駄

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

円いひっぴい

円いひっぴい 小 田 実 全 集 小 説 第 13 巻 円 ぴ 巻 三 十 三 作 者 目 次 7 4 4 作 者 寸 虫 五 魂 寸 虫 五 投 機 金 儲 惑 打 算 処 世 術 体 験 説 教 ぐ 想 観 念 五 サ ズ 以 小 マ 体 寸 虫 棚 並 世 界 想 全 集 本 想 愛 好 家 文 学 鑑 賞 家 ぞ 嘆 賞 ド エ フ マ ゾ フ 兄 弟 審 問 官 ご 論 寸 虫 五 想 五 観 念 マ

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

 全裸転生~気が付いたら、フル・フロンタルになっていた~ ID:50002

 全裸転生~気が付いたら、フル・フロンタルになっていた~ ID:50002 注 意 事 項 P D F メ 掲 載 中 品 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 配 布 販 売 禁 裸 転 ~ 付 ~ 者 名 眼 覚 何 ( r y 原 通 器 振 舞 デ 待 明 理 何 辞 木 星 高 跳 び! 運 命 ェ メ 追 流 石! 赤 彗 星! 果 延 び? 転 ノ 力 原 回 避 試 品 士 U C 二

More information

スタート診断テスト国語.indd

スタート診断テスト国語.indd 漢 漢 含 む 々 ナ 養 宇 宙 ユ 試 隣 国 寺 院 ゾ セ 状 改 善 ベ 格 利 益 配 分 腕 ニ 鍛 宅 ツ 電 車 使 開 話 報 カ 応 起 ニ ュ 例 年 早 庭 草 花 サ 海 外 制 研 究 顕 微 鏡 リ ツ 目 標 タ ツ 遠 足 ス 持 参 好 機 ラ ビ 舞 行 朝 食 フ 食 五 嫌 取 調 ジ ッ 若 育 他 社 製 ゴ 夏 休 コ 帰 リ 解 決 熟 欠 会 五

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立 両 立 化 啓 蒙 ざ 残 断 好 情 緒 描 降 ぐ 略 凶 復 権 復 活 技 術 選 択 ざ ニ 始

シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立 両 立 化 啓 蒙 ざ 残 断 好 情 緒 描 降 ぐ 略 凶 復 権 復 活 技 術 選 択 ざ ニ 始 公 募 降 哲 四 半 紀 手 法 台 頭 P c 著 作 中 美 最 初 深 石 毛 弓 流 最 後 限 思 係 係 密 接 結 混 乱 陥 摘 哲 致 決 着 結 局 断 態 度 情 表 ほ 情 緒 陥 由 シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

片翼の天使が異世界から呼ばれたようですよ? ID:94094

片翼の天使が異世界から呼ばれたようですよ? ID:94094 片 翼 天 使 異 世 界? ネプヨ 注 意 事 項 P D F メ 掲 載 品 動 的 P D F 化 小 メ 運 営 無 断 P D F 及 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 々 来 事 終 世 界 旅 彼 数 年 世 界 召 喚 獣 従 強 力 召 喚 獣 達 楽 々 倒 ほ 強 強 探 全 力 枚 紙 < 悩 多 異 才 年 告 げ 才 能 試 望 む 己

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

Microsoft Word - 君の容貌01.doc

Microsoft Word - 君の容貌01.doc 晩 蔵 仁 ひ 君 容 貌 第 回 0 1 始 ぐ 夢 子 供 頃 景 慣 景 随 長 間 足 場 所 赤 茶 強 吸 込 肺 痛 乾 空 気 真 青 空 逃 平 線 沈 ゆ 赤 太 陽 場 所 他 景 立 崖 立 場 所 違 遠 昔 慣 光 景 夢 夢 覚 楽 突 然 界 空 紺 碧 者 圧 倒 巨 月 三 浮 天 空 浮 ぶ 巨 球 ペ パ ノ 順 線 ゆ 眺 夢 通 動 景 点 番 小 ノ 止

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064 天 災 彼 地 斯 戦 巻 雲 注 意 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 物 語 英 霊 程 度 篠 之 G A T E 世 界 元 般 話 ア チ ヘ 念 主 公 崩 壊 口 調 コ ロ コ ロ 変 次 第 0 話 プ ロ ロ

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者 太 陽 + ハ ロ ー ハ ロ ー ご ざ テ ョ 乱 舞 未 プ 民 前 別 別 意 地 根 性 喋 色 々 考 結 果 素 直 悩 過 ぎ 欝 病 発 症 系 苦 解 決 策 与 改 め 直 メ ー ジ 遠 知 ぁ 国 ゴ メ ナ サ 国 育 卉 農 家 皆 ゴ メ ナ サ 咲 ホ 季 節 表 ホ 万 歳 太 陽 + 茎 訊 名 前 輪 草 ゅ 名 知 度 私 漢 判 易 輪 草 草 紛 意 味

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

『障屏画と狩野派〈辻惟雄集 第3巻〉』

『障屏画と狩野派〈辻惟雄集 第3巻〉』 v 次 1 研 究 史 回 顧 現 在 31 桃 57 禅 坊 方 丈 壁 様 び 筆 者 91 五 聚 楽 143 狩 派 誕 興 隆 信 信 永 徳 165 七 狩 永 徳 松 叭 叭 柳 白 鷺 195 八 狩 永 徳 季 211 九 長 谷 川 等 伯 松 林 217 長 谷 川 等 伯 老 松 猿 猴 捉 月 金 地 223 狩 探 幽 筆 類 写 帖 模 英 博 蔵 229 解 説 239

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

第8回ジュニア文学賞.indd

第8回ジュニア文学賞.indd -22- 涙 嫌 柴 折 連 老 躯 僧 頼 僧 渡 老 夫 婦 降 募 跡 原 泣 供 掌 抱 連 育 想 淋 近 在 等 遊 似 多 由 貴 族 嫡 男 第 疎 着 事 欠 洛 西 形 抜 勇 力 軼 少 壮 頃 相 撲 名 些 細 髻 押 公 卿 離 師 端 編 或 冬 夜 霏 降 影 指 急 編 笠 む 翁 媼 沓 踏 抜 歩 影 遅 勝 冷 跡 摺 筋 続 灯 寂 所 住 暖 囲 炉 端

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年 自 衛 官 募 集 の 変 遷 と 世 相 の 変 化 について( 昭 和 26 年 ~ 昭 和 49 年 ) 長 門 市 の 古 い 広 報 誌 がホームページで 紹 介 されています その 中 に 自 衛 官 募 集 の 案 内 があるのを 見 つけました また 旧 軍 に 関 係 する 事 柄 も 掲 載 されていたので これらを 紹 介 します はじめに 長 門 市 について 平 成 17

More information

81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普 違 県 智 頭 町 産 智 頭 杉 使 専 用 ポ 七 ポ 消 印 違 消 印 可 愛 消 印 七 ポ 特 別 ポ 届 盆 盆 期 八 霊 在 呼 ぜ 忘 忘 頃 確

81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普 違 県 智 頭 町 産 智 頭 杉 使 専 用 ポ 七 ポ 消 印 違 消 印 可 愛 消 印 七 ポ 特 別 ポ 届 盆 盆 期 八 霊 在 呼 ぜ 忘 忘 頃 確 玉 商 コ 金 全 払 戻 信 満 衣 香 ツ ツ 故 信 満 コ 境 港 産 工 賞 選 途 ふ ウ 下 鬼 太 郎 男 尋 県 住 正 直 県 観 光 ポ 詳 有 昨 秋 訪 辿 着 経 営 友 則 返 金 保 証 付 コ 昨 秋 最 訪 境 港 安 商 探 訪 6 81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普

More information

Unknown

Unknown 学 校 国 語 科 採 用 作 品 覧 28 度 学 校 図 版 科 学 校 国 語 2 学 校 国 語 1 335 黄 色 屋 謎 堀 敏 幸 ぱ 孔 利 休 靖 孔 767 海 辺 景 安 章 海 辺 景 335 斜 陽 斜 陽 367 富 獄 百 景 靖 853 物 語 靖 物 語 後 O 贈 も O 傑 作 選 I 義 阿 族 舞 姫 阿 族 舞 姫 車 輪 セ 車 輪 橋 健 367 魔

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

まえがき 2012 年 9 月 に 92 歳 で 死 亡 し た 実 父 岩 﨑 清 は 赤 紙 で 招 集 さ れ た 旧 日 本 陸 軍 の 最 下 級 兵 士 で し た 昭 和 19 年 3 月 の パ ラ オ 空 襲 で 受 傷 し た 砲 弾 破 片 を 多 数 体 内 に 保 持 し

まえがき 2012 年 9 月 に 92 歳 で 死 亡 し た 実 父 岩 﨑 清 は 赤 紙 で 招 集 さ れ た 旧 日 本 陸 軍 の 最 下 級 兵 士 で し た 昭 和 19 年 3 月 の パ ラ オ 空 襲 で 受 傷 し た 砲 弾 破 片 を 多 数 体 内 に 保 持 し JSA e マ ガ ジ ン No.10 68 年 間 砲 弾 破 片 を 体 内 に 保 持 して 生 きた 旧 日 本 陸 軍 最 下 級 兵 士 の 見 た 戦 争 島 影 美 鈴 JSA e マガジン 編 集 委 員 会 発 行 [テキストを 入 力 ] まえがき 2012 年 9 月 に 92 歳 で 死 亡 し た 実 父 岩 﨑 清 は 赤 紙 で 招 集 さ れ た 旧 日 本 陸 軍

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information