プロローグ 香 港 基 本 情 報 06 植 民 地 時 代 の 面 影 が 残 る 祭 事 カレンダー 2011 年 07 香 港 式 の 冠 婚 葬 祭 08 モダンな 景 色 には 風 水 が 影 響 エリア 紹 介 09 九 龍 半 島 随 一 の 繁 華 街 尖 沙 咀 10

Size: px
Start display at page:

Download "プロローグ 03 05 香 港 基 本 情 報 06 植 民 地 時 代 の 面 影 が 残 る 祭 事 カレンダー 2011 年 07 香 港 式 の 冠 婚 葬 祭 08 モダンな 景 色 には 風 水 が 影 響 エリア 紹 介 09 九 龍 半 島 随 一 の 繁 華 街 尖 沙 咀 10"

Transcription

1 香 港 スタイル - 2 -

2 プロローグ 香 港 基 本 情 報 06 植 民 地 時 代 の 面 影 が 残 る 祭 事 カレンダー 2011 年 07 香 港 式 の 冠 婚 葬 祭 08 モダンな 景 色 には 風 水 が 影 響 エリア 紹 介 09 九 龍 半 島 随 一 の 繁 華 街 尖 沙 咀 10 下 町 情 緒 漂 う 佐 敦 油 麻 地 11 新 と 旧 が 混 在 する 旺 角 12 ビジネスと 観 光 の 要 中 環 13 ビジネス 街 金 鐘 庶 民 の 街 湾 仔 14 若 者 たちの 情 報 発 信 地 銅 鑼 湾 15 新 たなる 注 目 エリア 東 九 龍 16 発 展 を 遂 げるベッドタウン 新 界 17 フェリーで1 時 間 以 内 で 着 く 離 島 18 香 港 の 交 通 手 段 食 べる 19 美 食 の 街 香 港 20 種 類 豊 富 な 私 房 菜 21 地 元 海 鮮 22 街 市 とは? 23 香 港 で 食 べられる 麺 24 香 港 の 午 後 茶 は2 種 類 25 あらゆるメニューがそろう 大 衆 食 堂 茶 餐 廳 26 漢 方 &デザートで 健 康 に 27 彩 り 豊 かな 香 港 のバー 28 麺 米 と 並 ぶ 主 食 パン 29 にぎわうワイン 市 場 30 Column 香 港 の 食 の 老 舗 買 う 31 生 活 に 溶 け 込 む 香 港 製 品 32 オーダーメードいろいろ 33 買 い 物 王 国 香 港 では 高 級 ブランドもバーゲン 対 象 に 34 ローカル 食 材 から 外 国 産 まで スーパーマーケットいろいろ 35 インテリアも 電 化 製 品 も 専 門 店 で 36 細 々としたものはドラッグストアで 37 Column 市 民 に 愛 され 続 ける 老 舗 をのぞこう 着 る 38 日 系 書 店 にも 地 元 書 店 にも 日 本 の 雑 誌 が 平 積 みに 39 日 系 アパレルの 進 出 は まだまだ 留 まらない 40 西 洋 系 は 個 性 派 アジアはシンプル ファストファッション 41 エリア 別 ファッションスナップ 香 港 島 編 42 エリア 別 ファッションスナップ 九 龍 編 43 Interview 支 持 される 日 本 ファッション 日 本 製 品 が 受 け 入 れられる 訳 住 む 44 香 港 の 生 活 例 を 見 る 45 時 代 を 表 す 香 港 の 不 動 産 46 香 港 家 庭 1カ 月 の 収 支 例 47 家 庭 で 使 われる 電 化 製 品 リビング 編 48 家 庭 で 使 われる 電 化 製 品 キッチン 編 49 ホテルは 身 近 な 存 在 50 ほぐし 方 いろいろ 香 港 のマッサージ 育 てる 51 香 港 の 出 産 事 情 52 学 校 の 選 択 肢 いろいろ 53 香 港 の 教 育 制 度 働 く 54 香 港 の 労 働 データ 55 アジア 最 大 規 模 の 見 本 市 56 香 港 ならではの 仕 事 人 たち 遊 ぶ 57 香 港 のテーマパーク 58 4つの 定 番 週 末 レジャー 59 夏 場 に 楽 しめるレジャー 60 Interview 香 港 夜 遊 び 事 情 日 本 のダーツがダーツ 文 化 を 創 造 エピローグ 61 香 港 における 日 本 の 地 位 2 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

3 プロローグ 香 港 基 本 情 報 地 理 香 港 は 中 華 人 民 共 和 国 の 特 別 行 政 区 の 一 つで 香 港 島 九 龍 半 島 新 界 および 周 囲 の 南 シナ 海 に 浮 かぶ 235 余 の 島 を 含 めた 地 域 を 指 す 面 積 は 1,104 平 方 キロメートルで 東 京 23 区 の 約 2 倍 程 度 気 候 温 暖 冬 季 少 雨 気 候 (サバナ 気 候 - 温 暖 湿 潤 気 候 移 行 部 型 )に 属 し 春 夏 は 海 からの 季 節 風 と 熱 帯 低 気 圧 の 影 響 で 高 温 湿 潤 秋 冬 は 温 暖 で 乾 燥 する 夏 から 秋 にかけて しばしば 台 風 が 上 陸 し フェリーなどの 海 の 便 や 飛 行 機 トラムなどが 運 行 停 止 になること もある 台 風 の 警 戒 レベルには シグ ナル があり 数 が 上 がる ほど 厳 重 な 警 戒 態 勢 が 必 要 となる シグナル8が 発 令 されると 法 律 によ り 学 校 は 休 校 となり また 法 的 で 定 められているわけではないが ほとん どの 会 社 も 休 みとなる 交 通 機 関 もほ とんどが 停 止 し タクシーは 台 風 時 に は 割 り 増 し 料 金 となる 人 口 710 万 人 (2010 年 末 速 報 値 ) 宗 教 仏 教 道 教 キリスト 教 など 言 語 主 流 は 広 東 語 英 語 北 京 語 も 使 わ れる 通 貨 香 港 ドル(HK$1 = 円 2011 年 2 月 24 日 現 在 ) 政 治 体 制 政 体 中 華 人 民 共 和 国 香 港 特 別 行 政 区 元 首 曾 蔭 権 (ドナルド ツァン) 行 政 長 官 (Chief Executive) 議 会 制 度 立 法 会 (2008 年 9 月 7 日 第 4 回 選 挙 ) 議 会 概 要 議 員 総 数 60 名 任 期 は2008 年 10 月 1 日 から4 年 行 政 を 行 う 行 政 会 議 では2002 年 7 月 1 日 から 高 官 問 責 制 ( 内 閣 制 )を 実 施 内 閣 ( 主 要 閣 僚 ) 役 職 名 前 英 字 表 記 行 政 長 官 曾 蔭 権 (Donald Tsang Yam-Kuen) 政 務 司 官 唐 英 年 (Henry Tang Ying-yen) 財 政 司 官 曾 俊 華 (John Tsang Chun-wah) 律 政 司 官 黄 仁 龍 (Wong Yan-lung) 教 育 局 長 孫 明 揚 (Michael Suen Ming-yeung) 政 制 内 地 事 務 局 長 林 瑞 麟 (Stephen Lam Sui-lung) 保 安 局 長 李 少 光 (Ambrose Lee Siu-kwong) 食 物 衛 生 局 長 官 周 一 嶽 (York Chow Yat-ngok) 公 務 員 事 務 局 長 兪 宗 怡 (Denise YUE Chung-yee) 民 生 事 務 局 長 曾 德 成 ( TSANG Tak-sing) 労 働 福 利 局 長 張 建 宗 (Matthew CHEUNG Kin-chung) 財 経 事 務 庫 務 局 長 陳 家 強 (K C CHAN) 発 展 局 長 林 鄭 月 娥 (Carrie LAM CHENG Yuet-ngor) 環 境 局 長 邱 騰 華 (Edward YAU Tang-wah) 運 輸 家 屋 局 長 鄭 汝 樺 (Eva CHENG) 商 務 経 済 発 展 局 長 劉 吳 惠 蘭 (Rita LAU NG Wai-lan) 政 治 動 向 2010 年 10 月 13 日 : 曽 蔭 権 (ドナルド ツァン) 行 政 長 官 は 立 法 会 ( 議 会 )にて10 11 年 の 施 政 報 告 を 発 表 した 今 回 の 施 政 報 告 の 構 成 は 民 生 問 題 を 最 優 先 経 済 発 展 の 促 進 生 活 の 質 の 向 上 社 会 安 定 民 主 化 の 促 進 の 5 章 から 成 る 報 告 全 体 の 半 分 以 上 を 民 生 問 題 を 最 優 先 の 章 に 割 いた 具 体 的 には 貧 困 層 や 高 齢 者 に 対 する 生 活 支 援 政 府 に よる 宅 地 の 供 給 や 住 宅 購 入 支 援 制 度 の 導 入 大 気 汚 染 対 策 としてハイブリッドバス 買 い 替 えのためのバス 会 社 に 対 する 補 助 金 の 導 入 中 国 とのより 強 固 な 関 係 づくりなどが 盛 り 込 まれている( 香 港 政 府 新 聞 網 ) 2010 年 7 月 15 日 : 香 港 立 法 会 ( 議 会 )は 最 低 賃 金 条 例 草 案 を 賛 成 多 数 で 可 決 し 労 働 者 の 最 低 賃 金 制 度 を 導 入 することを 決 めた 張 建 宗 労 工 福 利 局 長 は 香 港 は 一 貫 して 自 由 市 場 経 済 政 策 をとってきたが 現 実 には 一 部 の 下 層 労 働 者 の 賃 金 が 不 合 理 に 低 い 水 準 にあり 市 場 経 済 では 解 決 できない 問 題 がある と 述 べた( 香 港 政 府 新 聞 網 ) 2010 年 5 月 17 日 1 月 に 辞 職 した 5 議 員 のため 実 施 した 立 法 院 の 補 欠 選 挙 の 結 果 は 辞 職 した 社 会 民 主 連 線 と 公 民 党 の 5 議 員 全 員 再 選 となった 2010 年 2 月 22 日 社 会 民 主 連 線 と 公 民 党 の5 議 員 の 辞 職 を 受 けて 選 挙 管 理 委 員 会 は5つ の 選 挙 区 における 立 法 会 の 補 欠 選 挙 を 2010 年 5 月 16 日 に 実 施 すると 発 表 した 2009 年 11 月 18 日 香 港 特 別 行 政 区 政 府 は 2012 年 に 実 施 される 行 政 長 官 選 挙 と 立 法 会 議 員 選 挙 に 関 する 制 度 改 革 案 を 発 表 した 行 政 長 官 を 選 ぶ 選 挙 委 員 会 の 定 員 増 加 ( 現 行 の 800 名 から 最 大 1,200 名 まで)や 立 法 会 議 員 の 議 席 増 加 (60 席 から 70 席 へ)などが 盛 り 込 まれ ている 3ヵ 月 間 の 公 開 諮 問 後 立 法 会 で 採 決 される 予 定 ( 香 港 特 別 行 政 区 政 府 ) 制 度 改 革 案 の 詳 細 は 2012 年 行 政 長 官 及 び 立 法 会 公 開 諮 問 ウェブサイトより 閲 覧 可 能 hk/tc/consultation/index.htm 3 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

4 基 礎 的 経 済 指 標 実 質 GDP 成 長 率 6.8% [2010 年 ] 1 兆 7,435 億 香 港 ドル [2010 年 ] 名 目 GDP 総 額 2,250 億 837 万 ドル [2010 年 ] 一 人 あたりGDP( 名 目 ) 31,836ドル [2010 年 ] 消 費 者 物 価 上 昇 率 2.4% [2010 年 ] 失 業 率 4.3% [2010 年 ] 通 年 データ( 暫 定 値 ) 経 常 収 支 ( 国 際 収 支 ベース) 1,150 億 香 港 ドル [2010 年 ] 148 億 242 万 ドル [2010 年 ] 貿 易 収 支 ( 国 際 収 支 ベース) -3,338 億 香 港 ドル [2010 年 ] -429 億 6,563 万 ドル [2010 年 ] 外 貨 準 備 高 2,687 億 ドル [2010 年 ] 対 外 債 務 残 高 6 兆 2,466 億 香 港 ドル [2010 年 ] 8,040 億 4,170 万 ドル [2010 年 ] 為 替 レート 香 港 ドル [2010 年 ] ( 期 中 平 均 値 対 ドルレート) 為 替 レート 香 港 ドル [2010 年 ] ( 期 末 値 対 ドルレート) 通 貨 供 給 量 伸 び 率 8.0% [2010 年 ] 輸 出 額 3 兆 310 億 香 港 ドル [2010 年 ] 3,901 億 4,030 万 ドル [2010 年 ] 対 日 輸 出 額 1,276 億 香 港 ドル [2010 年 ] 164 億 2,425 万 ドル [2010 年 ] 輸 入 額 3 兆 3,648 億 香 港 ドル [2010 年 ] 4,331 億 593 万 ドル [2010 年 ] 対 日 輸 入 額 3,082 億 香 港 ドル [2010 年 ] 369 億 7,049 万 ドル [2010 年 ] 直 接 投 資 受 入 額 4,061 億 香 港 ドル [2009 年 ] 522 億 7,184 万 ドル [2009 年 ] 経 済 動 向 2011 年 2 月 23 日 : 第 4 四 半 期 の 国 民 総 生 産 (GNP)は 前 年 同 期 比 6.9% 増 の4,772 億 香 港 ドル 域 内 総 生 産 (GDP)は 同 8.1% 増 の4,777 億 香 港 ドル 物 価 変 動 の 影 響 を 除 いた10 年 第 4 半 期 の GNPは 同 5.0% 増 GDPは 同 6.2% 増 ( 香 港 特 別 行 政 区 政 府 統 計 処 ) 2011 年 3 月 3 日 :1 月 の 小 売 業 販 売 額 ( 速 報 )は 前 年 同 期 比 28.2% 増 の376 億 香 港 ドル 価 額 変 動 要 因 を 除 いた 同 月 の 小 売 販 売 数 量 は 同 月 の 小 売 販 売 数 量 は 同 23.6% 増 政 府 スポーク スマンは 経 済 成 長 の 持 続 や 雇 用 環 境 の 改 善 およびインバウン ド 旅 行 業 の 好 調 さによるものと 分 析 ( 香 港 特 別 行 政 区 政 府 統 計 処 ) 2011 年 3 月 21 日 :2010 年 12 月 2011 年 2 月 の 完 全 失 業 率 ( 速 報 値 季 節 調 整 済 )は3.6%と 2010 年 11 月 2011 年 1 月 比 0.2 ポイン ト 減 であった( 香 港 特 別 行 政 区 政 府 統 計 処 ) 2011 年 3 月 22 日 :2 月 の 消 費 者 物 価 指 数 (CPI)は 前 年 同 月 比 3.7% 上 昇 し 緩 やかながらも 上 昇 懸 念 が 指 摘 されている 香 港 特 別 行 政 区 政 府 統 計 処 ) 2011 年 3 月 24 日 :1 2 月 の 輸 出 は 前 年 同 月 比 26.4% 増 の5,115 億 香 港 ドル うち 再 輸 出 は 同 26.8% 増 の5,008 億 香 港 ドル 地 場 輸 出 は 同 10.3% 増 の107 億 香 港 ドル 輸 入 は 同 21.7% 増 の 5,526 億 香 港 ドルで 貿 易 収 支 は411 億 香 港 ドルの 赤 字 ( 香 港 特 別 行 政 区 政 府 統 計 処 ) 日 本 との 関 係 日 本 との 貿 易 年 日 本 の 輸 出 (A) 日 本 の 輸 入 (B) 収 支 (A-B) ( 通 関 ベース) ,132 1,580 34,552 (100 万 ドル ) ,469 1,521 34, ,818 1,448 37, ,988 1,545 38, ,868 1,099 30,769 備 考 : 貿 易 統 計 ( 財 務 省 )をもとにドル 換 算 日 本 の 主 要 輸 出 品 目 電 気 機 器 一 般 機 械 プラスチック 日 本 の 主 要 輸 入 品 目 電 動 機 械 通 信 音 響 機 器 事 務 機 器 電 子 部 品 科 学 光 学 機 器 プラスチック 事 務 用 機 器 日 本 企 業 の 投 資 件 数 と 金 額 :14.3 億 ドル( 前 年 比 20.6% 減 ) 投 資 額 出 所 : 香 港 政 府 統 計 処 備 考 : 国 際 収 支 ベース 2007 年 末 カッコの 数 字 は 前 年 同 期 比 伸 び 率 投 資 ( 進 出 )に (1) 現 在 の 事 業 環 境 良 い 90% 関 連 した 特 長 問 題 点 今 後 10 年 間 の 事 業 環 境 良 い 67% (2) 香 港 事 務 所 の 必 要 性 とその 価 値 重 要 で 長 期 に 必 要 65% 重 要 性 低 減 規 模 縮 小 も 長 期 に 必 要 32% (3) 中 国 とのビジネス 関 係 について 現 在 中 国 とのビジネス 関 係 が 有 る 82% 今 は ないが 将 来 有 り 4% 香 港 事 業 所 で 中 国 本 土 取 引 の 占 める 比 率 としては 中 国 本 土 との 取 引 ( 業 務 )がほとんど 全 てを 占 め る 21% 中 国 本 土 との 取 引 ( 業 務 )が 全 体 の 半 分 以 上 を 占 める 35% 中 国 本 土 との 取 引 ( 業 務 )は 半 分 以 下 27% (4) 香 港 の 事 業 環 境 が 有 望 でない( 良 くない) 理 由 中 国 の 経 済 開 放 の 進 展 に 伴 う 香 港 機 能 の 相 対 的 低 下 48% 香 港 のビジネスコストの 高 さ( 人 件 費 不 動 産 などが 割 高 ) 37% 返 還 後 の 香 港 の 政 治 経 済 社 会 環 境 の 変 化 ( 中 国 の 影 響 ) 10% 香 港 の 空 気 汚 染 等 の 環 境 問 題 1% 総 配 布 数 538 社 回 収 数 290 社 ( 回 収 率 54%) 出 所 : 香 港 日 本 人 商 工 会 議 所 アンケート< 2010 年 9 10 月 実 施 > 在 留 邦 人 21,210 人 出 所 : 外 務 省 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 計 ( 平 成 22 年 速 報 版 ) 香 港 の 中 国 系 中 央 政 府 が 外 交 と 軍 事 を 所 管 中 国 外 交 部 特 派 員 公 署 新 華 社 香 港 支 社 国 防 部 駐 香 港 解 放 軍 部 隊 を 設 置 外 資 導 入 香 港 は 自 由 貿 易 港 として 内 外 無 差 別 原 則 に 基 づき 外 資 系 企 業 を 遇 している 97 年 10 月 以 降 アジア 通 貨 経 済 危 機 に 伴 う 景 気 低 迷 を 受 け 観 光 誘 致 IT 振 興 中 小 企 業 ベンチャー 企 業 支 援 など 競 争 力 強 化 のための 政 策 が 実 行 に 移 されている この 一 環 と して サイバーポートへの 外 資 系 企 業 誘 致 が 進 めら れている 日 系 経 済 団 体 香 港 日 本 人 商 工 会 議 所 604 社 (2011 年 3 月 17 日 現 在 ) 香 港 日 本 人 倶 楽 部 企 業 339 社 個 人 2,047 名 (2010 年 10 月 末 現 在 ) 4 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

5 投 資 コスト 比 較 比 較 項 目 米 ドル 現 地 通 貨 香 港 ドル 出 所 および 注 賃 製 1. ワーカー 1,306.4( 月 額 ) 10,125.0( 月 額 ) 出 所 : 在 アジア 日 系 企 業 の 経 営 実 態 - 中 国 香 港 台 湾 韓 国 - 金 造 業 ( 一 般 工 職 ) (2009 年 度 調 査 )2009 年 9 10 月 ジェトロ 実 施 米 ドルへの 換 算 は 2009 年 9 月 の 平 均 レートを 適 用 正 規 雇 用 基 本 給 実 務 経 験 3 年 程 度 の 作 業 員 の 場 合 年 間 負 担 総 額 :20,174.3 ドル(156,357.1 香 港 ドル)( 基 本 給 諸 手 当 社 会 保 障 残 業 代 賞 与 などを 含 む) 2. エンジニア 1,880.1( 月 額 ) 14,571.4( 月 額 ) 出 所 : 同 上 ( 中 堅 技 術 者 ) 米 ドルへの 換 算 は 2009 年 9 月 の 平 均 レートを 適 用 正 規 雇 用 基 本 給 専 門 学 校 / 大 卒 以 上 かつ 実 務 経 験 5 年 程 度 のエンジニアの 場 合 年 間 負 担 総 額 :26,515.1 ドル(205,500.0 香 港 ドル)( 基 本 給 諸 手 当 社 会 保 障 残 業 代 賞 与 などを 含 む) 3. 中 間 管 理 職 3,197.0( 月 額 ) 24,777.8( 月 額 ) 出 所 : 同 上 ( 課 長 クラス) 米 ドルへの 換 算 は 2009 年 9 月 の 平 均 レートを 適 用 正 規 雇 用 基 本 給 大 卒 以 上 かつ 実 務 経 験 10 年 程 度 のマネージャーの 場 合 年 間 負 担 総 額 :47,578.8 ドル(368,750.0 香 港 ドル)( 基 本 給 諸 手 当 社 会 保 障 残 業 代 賞 与 などを 含 む) 非 製 造 業 非 製 4. 店 舗 スタッフ ( アパレル ) 1,277( 月 額 ) 9,910( 月 額 ) 出 所 : 香 港 政 府 統 計 処 2009 年 9 月 の 平 均 賃 金 基 本 給 チップ 交 替 通 勤 手 当 生 活 手 当 食 事 手 当 賞 与 を 含 む 造 5. 店 舗 スタッフ ( 飲 食 ) 1,056( 月 額 ) 8,190( 月 額 ) 同 上 6. 法 定 最 低 賃 金 3.6( 時 給 ) 28( 時 給 ) 出 所 : 香 港 特 別 行 政 區 政 府 勞 工 處 最 低 工 資 條 例 7. 賞 与 支 給 額 ( 固 定 賞 与 + 基 本 給 与 の 1.7 ヵ 月 左 記 参 照 出 所 : 在 アジア 日 系 企 業 の 経 営 実 態 - 中 国 香 港 台 湾 変 動 賞 与 ) 韓 国 -(2009 年 度 調 査 )2009 年 9 10 月 ジェトロ 実 施 8. 社 会 保 険 負 担 率 雇 用 者 負 担 率 :5% 2,400 出 所 : 強 制 性 公 積 金 計 画 管 理 局 被 雇 用 者 負 担 率 :5% 法 定 強 制 退 職 金 積 立 金 (MPF) 医 療 保 険 など 9. 名 目 賃 金 上 昇 率 2007 年 :3.5% 出 所 : 香 港 政 府 統 計 処 2008 年 :4.7% 2009 年 : 2.6% 地 価 10. 工 業 団 地 ( 土 地 ) ,400 出 所 : 香 港 科 技 園 事 務 所 購 入 価 格 大 埔 工 業 邨 賃 料 等 ( 平 方 メートル 当 り ) 不 動 産 関 連 諸 税 含 まず 11. 工 業 団 地 借 料 出 所 : 同 上 ( 平 方 メートル 当 り ) 上 記 工 業 団 地 のレンタルはない 12. 事 務 所 賃 料 ( 月 額 ) ( 月 額 ) 出 所 : 美 聯 物 業 ( 平 方 メートル 当 り ) 金 鐘 ( 市 中 心 部 ビジネスエリア) 借 主 の 税 負 担 なし 13. 駐 在 員 用 住 宅 借 上 料 2,062.39( 月 額 ) 16,000( 月 額 ) 出 所 : 同 上 西 湾 河 ( 市 中 心 部 から 約 30 分 ) マンション 63.9m2 税 含 む 家 具 付 物 件 もあり 通 信 費 14. 電 話 架 設 料 出 所 :PCCW 社 12 ヵ 月 以 上 の 契 約 は 架 設 料 免 除 15. 電 話 利 用 料 月 額 基 本 料 : 月 額 基 本 料 : 出 所 : 同 上 (1)14.18 (1)110 月 額 基 本 料 :(1) 住 宅 (2) 業 務 用 (2)17.76 (2)137.8 通 話 時 間 無 制 限 1 分 当 たり 通 話 料 :なし 1 分 当 たり 通 話 料 :なし 16. 国 際 通 話 料 金 (1) 月 額 基 本 料 :6.19 (1) 月 額 基 本 料 :48 出 所 :ハチソンテレコム 社 ( 日 本 向 け 3 分 ) ( 通 話 時 間 無 制 限 ) ( 通 話 時 間 無 制 限 ) IDD1966 (2)0.65(20 時 8 時 ) (2)5.04(20 時 8 時 ) (1) 香 港 の 3G 携 帯 電 話 日 本 の 固 定 電 話 1.08(8 時 20 時 ) 8.4(8 時 20 時 ) (2) 香 港 の 3G 携 帯 電 話 日 本 の 携 帯 電 話 17. 携 帯 電 話 加 入 料 なし なし 出 所 : 同 上 18. 携 帯 電 話 基 本 通 話 料 月 額 基 本 料 : 月 額 基 本 料 : 出 所 : 同 上 基 本 料 の 料 金 プランは 最 低 58 香 港 ドル 最 高 498 香 港 ドルの 8 段 階 1 分 当 たり 通 話 料 : 1 分 当 たり 通 話 料 : 通 話 料 は 無 料 通 話 時 間 超 過 後 に 加 算 インターネット 接 続 料 金 月 額 基 本 料 :33.0 月 額 基 本 料 :256 出 所 :PCCW(Netvigator) 社 (ブロードバンド) 30M 時 間 無 制 限 18 ヵ 月 契 約 の 場 合 接 続 方 式 は 基 本 的 に ADSL 100M 1,000M の 光 ファイバーもある 公 共 料 金 20. 業 務 用 電 気 料 金 月 額 基 本 料 :3.87 月 額 基 本 料 :30 出 所 : 中 華 電 力 集 団 (kwh あたり ) 1kWh 当 たり 料 金 : kWh 当 たり 料 金 : 単 価 は 使 用 量 により 異 なる 1kWh 当 たり 料 金 は 使 用 量 によって 異 なる 21. 一 般 用 電 気 料 金 月 額 基 本 料 :3.87 月 額 基 本 料 :30 同 上 (KWh あたり) 1kWh 当 たり 料 金 : kWh 当 たり 料 金 : 同 上 22. 業 務 用 水 道 料 金 月 額 基 本 料 :なし 月 額 基 本 料 :なし 出 所 : 水 務 署 ( 立 方 メートルあたり) 1m3 当 たり 料 金 : m3 当 たり 料 金 : 単 価 は 業 種 により 異 なる 23. 一 般 用 水 道 料 金 月 額 基 本 料 :なし 月 額 基 本 料 :なし 出 所 : 同 上 ( 立 方 メートルあたり ) 1m3 当 たり 料 金 : m3 当 たり 料 金 : ヵ 月 毎 に 徴 収 1m3 当 たり 料 金 は 使 用 量 によって 異 なる( 香 港 ドルの 4 段 階 ) 12m3 までは 無 料 24. 業 務 用 ガス 料 金 月 額 基 本 料 : 使 用 量 によって 異 なる 月 額 基 本 料 : 使 用 量 によって 異 なる 出 所 : 香 港 中 華 煤 気 有 限 公 司 ( 立 方 メートルあたり) 1m3 当 たり 料 金 : m3 当 たり 料 金 : 基 本 料 はメーカーの 容 量 により 徴 収 天 然 ガス 25. 一 般 用 ガス 料 金 月 額 基 本 料 : 使 用 量 によって 異 なる 月 額 基 本 料 : 使 用 量 によって 異 なる 出 所 : 同 上 ( 立 方 メートルあたり) 1m3 当 たり 料 金 : m3 当 たり 料 金 : 基 本 料 はメーカーの 容 量 により 徴 収 天 然 ガス 他 に 補 修 費 として 9.5 香 港 ドル / 月 輸 送 26. コンテナ 輸 送 (1)800.0 (1)6,206.4 出 所 : 日 本 通 運 アジアオセアニア 地 域 海 運 部 (40ft コンテナ) (2)2,600.0 (2)20,170.8 工 場 名 ( 都 市 名 ): 香 港 (3)515.0 (3)3,995.4 最 寄 り 港 : 香 港 港 第 3 国 仕 向 け 港 :ロサンゼルス 港 (1) 対 日 輸 出 : 最 寄 り 港 ( 香 港 港 ) 横 浜 港 (2) 第 3 国 輸 出 : 最 寄 り 港 ( 香 港 港 ) 第 3 国 仕 向 け 港 (ロサンゼルス 港 ) (3) 対 日 輸 入 : 横 浜 港 最 寄 り 港 ( 香 港 港 ) 海 上 運 賃 に BAF( 燃 油 費 用 )などの 諸 費 用 を 含 む 27. レギュラーガソリン 価 格 出 所 :シェル 香 港 (1 リットル) 税 含 む 28. 軽 油 価 格 (1 リットル) 同 上 為 替 29. 現 地 通 貨 対 ドルレート(1ドル) 1 米 ドル= 香 港 ドル 税 制 30. 法 人 所 得 税 (%) 16% 出 所 : 香 港 条 例 税 務 条 例 付 録 1 キャピタルゲイン( 条 件 付 ) 受 取 配 当 受 取 利 息 香 港 域 外 所 得 は 課 税 対 象 外 2008 年 度 (4 月 翌 3 月 ) 分 から 改 定 キャピタルゲイン( 条 件 付 き) 受 取 配 当 受 取 利 息 香 港 域 外 所 得 は 課 税 対 象 外 31. 個 人 所 得 税 (%) 15% 出 所 : 香 港 条 例 税 務 条 例 付 録 8 標 準 税 率 最 低 2%から 最 高 17%までの 4 段 階 ( 累 進 課 税 ) または 一 律 15% 32. 付 加 価 値 税 (% ) なし 出 所 : 香 港 税 関 付 加 価 値 税 なし 燃 料 タバコ アルコール 度 数 30% 以 上 の 酒 メチルアルコールとその 混 合 物 に 対 する 物 品 税 あり 33. 日 本 への 利 子 送 金 課 税 (% ) なし 非 課 税 34. 日 本 への 配 当 送 金 課 税 (% ) なし 非 課 税 35. 日 本 へのロイヤリティ 法 人 4.95% 個 人 4.5% 出 所 : 香 港 法 律 資 訊 研 究 センター(HKLII) 送 金 課 税 (% ) 送 金 者 と 受 取 人 が 親 子 会 社 でない 場 合 の 税 率 送 金 者 と 受 取 人 が 親 子 会 社 である 場 合 法 人 所 得 税 または 個 人 所 得 税 と 同 税 率 が 課 される 全 体 36. 特 記 すべき 事 項 特 になし 37. 調 査 実 施 時 期 2010 年 1 月 5 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

6 植 民 地 時 代 の 面 影 が 残 る 祭 事 カレンダー ~ 2011 年 ~ かつてイギリス 植 民 地 だった 香 港 で は キリスト 教 での 祭 日 と 仏 教 での 祭 日 が 混 在 しているため ニューイヤーは 旧 暦 の 正 月 に 焦 点 を 当 てるものの イース ターやクリスマスが 休 日 であったりと 祝 い 事 が2 倍 一 部 企 業 を 除 き 通 常 は 毎 週 日 曜 日 が 休 日 であるほか 下 記 の 祭 日 があるが 香 港 特 別 区 政 府 は 2011 年 の 公 休 日 のうち メーデー(5 月 1 日 )とクリ スマス(12 月 25 日 )が 日 曜 に 当 たるため 振 り 替 え 休 日 を 設 けると 発 表 した 2 月 4 月 5 月 6 月 7 月 9 月 10 月 12 月 年 によって 日 にちが 変 わ る 休 日 もある これは 2010 年 のケース 3 日 ( 木 ) 旧 正 月 1 日 4 日 ( 金 ) 旧 正 月 2 日 5 日 ( 土 ) 旧 正 月 3 日 5 日 ( 火 ) 清 明 節 22 日 ( 金 ) キリスト 受 難 の 日 23 日 ( 土 ) キリスト 受 難 の 日 の 翌 日 25 日 ( 月 ) イースター 2 日 ( 月 ) メーデー 翌 日 メーデーの 振 替 休 日 10 日 ( 火 ) 仏 誕 節 6 日 ( 月 ) 端 午 節 1 日 ( 金 ) 香 港 特 区 成 立 記 念 日 13 日 ( 火 ) 中 秋 節 の 翌 日 1 日 ( 土 ) 国 慶 節 = 中 国 の 建 国 記 念 日 5 日 ( 水 ) 重 陽 節 26 日 ( 月 ) クリスマス 翌 日 ボクシングデー 27 日 ( 火 ) クリスマスの 翌 々 日 クリスマスの 振 替 休 日 旧 正 月 の3が 日 を 元 旦 より 初 一 初 二 初 三 といい 大 晦 日 に 当 たる 年 三 十 に 各 地 域 で 開 かれる 花 市 年 宵 花 市 で 縁 起 の 良 い 花 をそろえたり おもてなしのお 菓 子 を 買 ったりして 準 備 をする 初 一 は 初 詣 とナイトパ レード 初 二 は 花 火 観 賞 が 定 番 で 3が 日 の 間 には サッ カーや 競 馬 が 定 番 イベントとして 開 催 される 中 秋 節 は 旧 暦 の8 月 15 日 とさ れている この 日 は 街 中 にラ ンタンが 灯 される 金 魚 やウサ ギなどユニークな 形 をしたラン タンも 見 られ ヴィクトリア パークなどの 大 きな 公 園 はラン タンフェスティバルの 会 場 とな る この 日 は 家 族 がそろって 一 家 団 欒 幸 福 などの 意 味 が 込 められた 月 餅 を 食 べる 天 安 門 広 場 で 中 華 人 民 共 和 国 の 建 国 式 典 が 行 われ 毛 沢 東 が 中 華 人 民 共 和 国 の 成 立 を 宣 言 したことにちなみ 10 月 1 日 は 国 慶 節 として 定 められて いる 毎 年 この 日 には 花 火 が 打 ち 上 げられる 12 月 に 入 ると 街 中 のイルミネーションが クリスマス 仕 様 になる 12 月 31 日 から1 月 1 日 の 年 越 しを 境 に その 電 飾 は Merry Christmas か ら Happy New Year に 変 わり 旧 正 月 には 恭 喜 發 財 ( 広 東 語 での あけま しておめでとう( 直 訳 : 財 産 が 豊 かになりま すように) などの 言 葉 に 変 わる 6 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

7 結 婚 式 挙 式 は 教 会 で 日 本 で 一 般 的 な 結 婚 式 同 様 香 港 での 結 婚 式 は 挙 式 と 披 露 宴 に 分 かれる 挙 式 は 教 会 で 行 う ことが 多 く 新 郎 新 婦 は 入 場 し 神 父 の 導 きに より 誓 いの 言 葉 指 輪 交 換 を 行 う 尚 日 本 でいう 婚 姻 届 のような 手 続 きは 政 府 の 婚 姻 登 記 処 で 行 われ ここに 結 婚 届 を 提 出 すれば 法 的 に 夫 婦 として 認 められることとなる 花 嫁 は まずは 伝 統 衣 装 で 登 場 参 列 者 は 禮 是 封 と 呼 ばれるご 祝 儀 袋 にお 金 を 入 れて 渡 す 金 額 は HK$ が 相 場 だが 奇 数 はタブー 2. 伝 統 衣 装 は 現 在 はレンタルが 主 流 だが 販 売 している 店 もわずかに 残 っている 3. 龍 と 鳳 凰 が 刻 まれた 金 の 腕 輪 を 花 嫁 が 身 につけるのが 伝 統 4. ホテルでのウエディングも 増 え ウエディ ングドレスでのスタイルがメジャーに 5. 披 露 宴 のメニュー 表 食 事 は 子 豚 の 丸 焼 きから 始 まり 魚 や 鶏 料 フカヒレなど の 縁 起 の 良 い 料 理 が 続 く 鶏 料 理 を 食 べる までは 会 場 を 去 らないのが 最 低 限 のマナー 1 披 露 宴 には 知 らない 人 も!? 1. 教 会 の 式 の 様 子 2. 新 郎 新 婦 が 入 場 する 前 にチビッコカップルがバージンロードを 歩 く 2 日 本 では 新 郎 新 婦 にスポット を 当 て ある 程 度 限 られた 人 数 を 招 待 する 披 露 宴 だが 香 港 で の 式 は 新 郎 新 婦 をもちろん 主 役 としながらも もっとカジュ アルに 大 勢 の 人 が 集 まる それ は 親 族 や 友 人 たちに 新 しい 家 族 を 紹 介 する という 考 えか らで 例 えば 親 戚 の 友 人 など 新 郎 新 婦 が 披 露 宴 当 日 に 初 め て 会 う 人 もいるとか 披 露 宴 は ホテルや 中 華 レストランで 夕 方 5 時 から 夜 11 時 くらいの 間 で 行 わ れるが 開 始 時 間 終 了 時 間 は 定 かではなく なんとなく 集 ま り 集 まりきったタイミングで 新 郎 新 婦 が 登 場 待 ち 時 間 や 披 露 宴 の 終 盤 には 麻 雀 ができる ように 部 屋 が 設 けられている ちなみに 招 待 状 に 五 時 恭 候 八 時 入 席 とあれば 5 時 から 麻 雀 開 始 8 時 より 食 事 が 始 ま る という 意 味 香 港 式 の 冠 婚 葬 祭 お 葬 式 香 港 で 最 も 多 いとされる 道 教 の 場 合 告 別 式 は 親 族 や 親 しい 人 たちで 行 われ ることが 多 い それ 以 外 の 人 はお 通 夜 に 相 当 する 守 夜 に 出 席 するとされて いる 守 夜 では 参 列 者 は 受 付 で 香 典 を 渡 し 故 人 の 写 真 に 向 かって 三 礼 そして 遺 族 から 一 礼 を 受 け 一 礼 を 返 したら 着 席 する 参 列 者 がそろった 時 点 で 簡 単 な 追 悼 式 が 行 われ 故 人 に ついてのスピーチ 後 に 黙 祷 するという のが 一 連 の 流 れとなっている 帰 る 時 には 故 人 の 写 真 の 前 で 再 度 礼 をし 遺 族 から 吉 儀 をもらう 吉 儀 と は 葬 儀 の 不 祥 を 中 和 させるための 袋 で ティッシュで 涙 を 拭 き 飴 の 甘 さで 辛 い 思 い 出 を 和 らげ HK$1を 使 って 帰 宅 してください との 意 味 で 中 には HK$1 飴 ティッシュが 入 っている 葬 式 で 必 ず 渡 され る 吉 儀 は そ の 日 のうちに 使 う のが 好 ましい 7 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

8 モダンな 景 色 には 風 水 が 影 響 香 港 といえば 印 象 的 なのが モダン なデザインの 摩 天 楼 群 だが そのデ ザインや 立 地 には 必 ずといって 良 い ほど 風 水 が 反 映 されている 長 江 グループセンター IFC からそのまま 視 線 を 左 へと 移 していくと ミラー 張 りの 真 四 角 の 長 江 グループセンターがある 企 業 家 李 嘉 誠 氏 による 企 業 グ ループの 本 部 であるこのビルは 中 国 銀 行 ビルから 発 生 する 殺 気 に 抵 抗 するため 釘 を 打 ち 込 ん だような 外 観 をしている IFC( 国 際 金 融 中 心 ) 香 港 島 で 最 も 背 の 高 い IFC( 国 際 金 融 中 心 )は 後 方 に 太 平 山 前 方 にビクトリア 湾 を 望 み 風 水 上 絶 好 の 位 置 とされている HSBC 本 社 九 龍 が 集 まる 先 端 である 尖 沙 咀 の 対 面 にある HSBC 本 社 は 本 来 であれば 最 大 の 殺 気 を 受 け るが ヴィクトリア 湾 と 池 を 挟 む ことで 気 を 和 らげるため それを 計 算 して 建 てられている 香 港 コンベン ション&エキシビ ションセンター 高 いビルのみならず 香 港 島 の 景 色 のほぼ 中 央 に 位 置 する 香 港 コ ンベンション&エキシ ビションセンター にも 風 水 は 影 響 亀 の 形 のような 帆 を 広 げたような 形 の 屋 根 は 亀 を 模 しており この 亀 の 形 と 目 の 前 の 海 が 水 気 ( 風 水 学 では 水 気 は 財 気 である)を 上 げる とされている 中 国 銀 行 長 江 グループセンター のすぐ 近 くにはナイフのように 尖 った 形 の 中 国 銀 行 がある シャープな 外 観 は かつて 中 国 がイギリス 植 民 地 政 府 をけん 制 するために 故 意 に 作 った 風 水 陣 だとささやか れていた その 噂 はビルの 形 から 想 像 されたものだったが 実 はビ ルそのものにより 形 成 される 気 流 が 殺 気 を 生 むのである 路 地 裏 には 占 い 屋 台 がズラリ! お 金 への 執 着 がとりわけ 強 い 現 実 主 義 の 香 港 であるが 資 産 を 増 やすためには 風 水 や 占 いなど 見 えない 力 に 頼 るケースも 少 なくない 九 龍 半 島 にある 廟 街 (テンプル ストリート) はいわば 占 い 横 丁 であり 多 くの 人 が 手 相 や 人 相 タロットさらには 文 鳥 を 使 った 鳥 占 いなどさまざまな 占 いを 試 している 文 鳥 は 神 の 使 いで 神 秘 の 力 があるという 言 い 伝 えが ある 鳥 インフルエンザの 影 響 を 受 けたせいもあり 現 在 香 港 に 残 っている 鳥 占 いは2 軒 のみ 8 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

9 エリア 紹 介 N.T. KLN チムシャーツイ 九 龍 半 島 随 一 の 繁 華 街 尖 沙 咀 HK 香 港 は 主 に 島 である 香 港 サイドと 半 島 である 九 龍 サイドに 分 けられる 尖 沙 咀 は 九 龍 半 島 で 最 もにぎわい を 見 せるエリア 高 級 ホテルが 多 く 立 ち 並 び 文 化 施 設 や 商 店 も 充 実 し ている とりわけここ 数 年 は 中 国 大 陸 からの 観 光 客 が 増 えたこともあ り 大 型 ショッピングモールが 次 々 九 龍 公 園 に 登 場 また 香 港 島 に 渡 るスター フェリー 乗 り 場 があるほか MTRや バスも 充 実 しており 香 港 交 通 の 要 のひとつを 担 っている さまざまな 人 種 がごった 返 しているのも 大 きな 特 徴 で 香 港 島 に 比 べごみごみした 印 象 を 受 けるが 大 型 ビルには 日 本 企 業 も 多 く 入 っている The One 日 本 のファッション ブランドや 和 食 が 多 く 入 るショッピング モール プールなど 体 育 施 設 が 併 設 されてい る 香 港 を 代 表 す る 大 型 公 園 ハーバーシティ 九 龍 サイドで 最 大 級 の ショッピングモール 1881 Heritage 廣 東 道 CAnton RD 九 龍 公 園 徑 Kowloon Park Drive 海 防 道 Haiphong Rd 彌 敦 道 Nathan Rd 北 京 道 Peking Rd 尖 沙 咀 Tsim Sha Tsui 中 間 道 Middle Rd 金 巴 利 道 Kimberley Rd 加 拿 芬 道 Carnarvon Rd 加 連 威 老 道 Garanville Rd 金 馬 倫 道 Cameron Rd 麼 地 道 Mody Rd 漆 咸 道 南 Chatham Rd South 尖 沙 咀 東 Tsim Sha Tsui East 100 i square The Oneと 共 に 新 し いショッピング スポットとして 話 題 安 宿 インド 料 理 屋 両 替 商 が 入 る ビルで インド 人 が 多 く 集 う 梳 士 巴 利 道 Salisbury Rd K11 重 慶 大 廈 水 上 警 察 本 部 を 改 装 し 09 年 に オープン ショッピングモール とホテル レストランを 併 設 i Square SOGO 2009 年 に 出 来 たショッピ ングモール ファッショ ン 生 活 雑 貨 レス トラン 映 画 館 など が 入 っている アベニュー オブ スターズ ブルー スリーの 像 があるほか 香 港 ス ターの 手 形 が 埋 め 込 まれている 遊 歩 道 尖 沙 咀 鐘 楼 ペニンシュラ 香 港 尖 沙 咀 海 濱 公 園 九 広 鉄 路 の 九 龍 駅 跡 かつてはここから 中 国 大 陸 を 繋 ぐ 列 車 が 通 っ ていた 1928 年 に 開 業 し た 老 舗 ホテル ア ジアを 代 表 する 最 高 級 ホテルのひとつ 毎 晩 8 時 から 15 分 間 繰 り 広 げられる 光 の ショー シン フォニー オブ ライツ の 観 賞 スポット 9 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

10 N.T. ジョーダン ヤウマーテイ 下 町 情 緒 漂 う 佐 敦 油 麻 地 KLN 佐 敦 油 麻 地 間 には 占 い 横 丁 とし て 有 名 な 廟 街 ( 通 称 :テンプルストリー ト)が 続 き 手 相 や 人 相 鳥 占 など とりどりの 占 いテントが 軒 を 連 ねる 通 りの 佐 敦 寄 りには 洋 服 や 生 活 雑 貨 を 売 る 露 天 や 屋 台 レストランでに ぎわい 占 い 通 りを 油 麻 地 へと 抜 け ると 今 度 は 骨 董 品 が 路 上 で 売 られて いる その 脇 の 広 場 ではカラオケ 大 会 が 開 かれたり 少 し 足 を 延 ばした ところには 翡 翠 市 場 (ジェードマーケッ ト)や 問 屋 街 などがあり 地 元 の 買 い 物 客 から 観 光 客 までが 足 を 運 ぶ ま た 歴 史 的 な 建 造 物 も 点 在 し 尖 沙 咀 が 近 代 的 なイメージであるのに 対 し レトロな 雰 囲 気 が 漂 う HK 九 龍 水 果 批 發 市 場 天 后 廟 またの 名 を 油 麻 地 果 欄 1913 年 に 作 られ 香 港 三 級 歴 史 建 築 に 指 定 されている 百 年 の 歴 史 を 持 つ 寺 で 後 ろには 樹 齢 百 年 のガジュ マルが 茂 る 油 麻 地 休 憩 公 園 がある 窩 打 老 道 Waterloo Rd 美 都 餐 室 砵 蘭 街 Portland St 油 麻 地 Yau Ma Tei 上 海 街 Shanghai St 廟 街 Temple St 廟 街 (テンプルストリート) 油 麻 地 抽 水 站 1950 年 開 業 の 食 堂 味 の ある 店 構 えで 映 画 や 雑 誌 の 撮 影 によく 利 用 される 彌 敦 道 Nathan Rd 加 士 居 道 Gascoigne Rd 男 人 街 とも 呼 ばれる 衣 料 品 生 活 雑 貨 飲 食 の 露 店 が 連 なり 占 い 通 りへと 続 く 翡 翠 は 中 国 では 金 にも 劣 らぬ 価 値 をもつ この 市 場 では 安 価 なものから 高 額 の 翡 翠 までが 売 られる 翡 翠 市 場 (ジェード マーケット) 吳 松 街 Woosung St 赤 レンガ 建 ての 小 屋 は 1895 年 に 建 てられた 九 龍 最 古 の 水 道 建 設 の 一 部 裕 華 國 貨 寶 靈 街 南 京 街 Nanking St 廟 街 ほどの 規 模 はないが 露 店 が 連 なり 佐 敦 駅 に 近 づくにつれ 布 を 扱 う 問 屋 が 多 くなる 佐 敦 道 Jordan Rd 中 華 百 貨 店 として 知 られる5 階 建 てのデ パート 中 国 のあらゆ るものがそろう 佐 敦 Jordon 寶 靈 街 Bowring St 10 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

11 N.T. モンコック 新 と 旧 が 混 在 する 旺 角 KLN 尖 沙 咀 が 近 代 的 なモールが 充 実 し たショッピングエリアであるのに 対 して 旺 角 はよりローカル 色 が 強 い ショッピングエリアであり 九 龍 半 島 で 尖 沙 咀 に 次 ぎ 知 名 度 の 高 い 観 光 ス ポットである 尖 沙 咀 から 北 に 伸 びる メインストリート ネイザンロード を 挟 み 西 にはこの 界 隈 で 随 一 の 近 代 ショッピングモールを 併 設 した 高 級 ホ テル ランガム プレイスがそびえて いるが それ 以 外 は 地 元 色 が 強 く ネ イザンロードより 東 側 には 観 光 客 でに ぎわう 女 人 街 をはじめ 通 称 金 魚 街 や スニーカー 街 など ある 商 品 を 専 門 に 売 るストリートが 並 行 し ている HK 2フラワー マーケット ロード 花 墟 道 Flower Market Rd 太 子 Prince Edward 広 東 語 で 花 墟 道 と 言 い 300m ほどの 長 さ の 道 の 南 側 には 花 屋 や 植 木 屋 がずらりと 並 ぶ 太 子 道 西 Prince Edward Rd W 5バード ガーデン 彌 敦 道 Nathan Rd 砵 蘭 街 Portland St 西 洋 菜 南 街 Sai Yeung Choi St S 花 園 街 Fa Yuen St 1 金 魚 街 正 式 名 は 通 菜 街 女 人 街 と 同 じ 通 りの 北 に 位 置 する 金 魚 や 鯉 熱 帯 魚 など 観 賞 用 のペット 魚 やエサや 水 槽 などを 販 売 する ショップが 軒 を 連 ねる 弼 街 Bute St フラワー マーケット ロードを 東 へ 行 くとつきあたりにあ る 鳥 や 鳥 籠 エサなどが 売 られ ているほか 愛 鳥 家 の 憩 いの 場 と なっている 旺 角 東 Mong Kok East 上 海 街 Shanghai St 通 菜 街 Tung Choi St 6 女 人 街 3 旺 角 電 脳 中 心 旺 角 道 Mong Kok Rd 香 港 を 代 表 する 観 光 地 のひとつ みやげ 物 を 値 切 る 外 国 人 の 姿 が 目 に 付 く ハードウェア ソフ トウェア 問 わずコ ンピューターに 関 係 するものなら 何 でも 扱 うショッピ ングビル この 界 隈 は 電 気 街 として 有 名 亞 皆 老 街 Argyle St 7スニーカー 街 旺 角 Mong Kok 4ランガム プレイス&ホテル 欧 米 人 に 人 気 の 高 い ランガムホテルは ショッピングモール ランガム プレイス を 併 設 その 外 観 はひ と 際 目 を 引 き 旺 角 のラ ンドマークとなっている 山 東 街 Shantung St 8 信 和 中 心 同 人 誌 ゲーム アニメ アイドル 写 真 集 などのオ タク 系 対 象 のテナントが 多 数 入 っている 日 本 から 輸 入 されたグッズや 広 東 語 に 翻 訳 されたものが 手 に 入 る 正 式 名 は 花 園 街 有 名 ブランドからノンブ ランドのお 店 まで スニーカー ショップやアウトドアショップ が 集 まっている 11 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

12 N.T. セントラル ビジネスと 観 光 の 要 中 環 KLN ビジネスの 中 心 地 で 多 くの 外 資 系 金 融 機 関 の 本 部 があるほか 多 国 籍 のグ ルメが 楽 しめ ショッピング ナイト スポットも 充 実 している イギリス 植 民 地 時 代 から 金 融 センターとしての 役 割 を 果 たし 中 国 返 還 後 は 行 政 上 の 中 心 となっている 日 本 国 総 領 事 館 もこ こに 位 置 ビクトリア 湾 から 坂 を 上 る ような 形 で 広 がっており 海 沿 いに は 金 融 ビルをはじめとするオフィス ビルやラグジュアリーなショッピン グモールが 集 まり 坂 を 上 るにつれ 屋 台 が 連 なる 庶 民 的 な 通 りやギャラ リーが 集 まるアートな 通 り レストラ ン 街 住 宅 街 などが 層 を 重 ねるように 存 在 する HK スター フェリー 埠 頭 香 港 駅 に 直 結 した 複 合 ビル オ フィスビル 棟 があるほか ショッ ピングモールや 映 画 館 フォーシー ズンズホテルも 併 設 地 上 415.8m の 高 さで 2010 年 に 九 龍 半 島 に 484 m の 環 球 貿 易 広 場 (ICC)ができるまで は 香 港 一 の 高 さを 誇 った IFC( 香 港 国 際 金 融 中 心 ) 1898 年 から 就 航 しているスター フェリーの 中 環 の 乗 り 場 は 地 区 埋 め 立 て 計 画 により 06 年 に 500m 離 れた 現 在 のセントラルフェリー ターミナルの Pier7 へ 移 転 香 港 站 Hong Kong ヒルサイド エスカレーター 中 環 中 心 マンダリン sa オリエンタル 香 港 德 輔 道 中 Des Voeux Rd C 干 諾 道 中 Connaught Rd C 世 界 一 の 長 さと いわれるエスカ レーターで 全 長 800m 映 画 の ロケで 使 われたこ とでも 有 名 香 港 の 伝 統 ある 高 級 ホテル のひとつ 1963 年 にオープン した 香 港 島 ではもっとも 古 い ホテルとして 知 られる 大 會 堂 皇 后 大 道 中 Queen's Rd C 中 環 Central SOHO 堅 道 Caine Rd 前 中 區 警 署 域 多 利 監 獄 荷 李 活 道 Hollywood Rd 德 己 立 街 D'Aguilar St ラン クァイ フォン 雲 咸 街 Wyndham St 遮 打 道 Chater Rd 立 法 會 大 樓 遮 打 花 園 HSBC 天 主 教 總 堂 旧 セントラル 警 察 署 香 港 禮 賓 府 ナイトスポッ トとして 有 名 なバー&クラ ブエリア 週 末 になると 道 にも 大 音 量 の 音 楽 が 流 れ アルコールを 飲 む 人 たちでごった 返 す 中 銀 大 廈 ポッティンガー ストリート South Of Hollywood Road を 略 した 呼 び 名 で 多 国 籍 料 理 の レストランやバーがひしめく 洗 練 されたデザインのファッショ ンを 扱 う 路 面 店 も 多 く お 洒 落 ス ポットとしても 知 られる 香 港 動 植 物 公 園 ハリウッドロード 沿 いには レトロな 洋 風 建 築 物 が 点 在 しており 1860 年 代 に 建 て られたここもそのひとつ 裁 判 所 監 獄 などを 併 設 2004 年 に 閉 鎖 されている 山 頂 纜 車 總 站 石 畳 の 階 段 になっている 香 港 公 園 通 りで 印 鑑 などの 土 産 物 や ハロウィンやクリスマスなどのパー ティーグッズなどを 扱 う 露 天 が 並 ぶ 12 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

13 N.T. アドミラリティ ワンチャイ ビジネス 街 金 鐘 庶 民 の 街 湾 仔 KLN 中 環 の 東 に 位 置 する 金 鐘 は オフィ スビルや 高 級 ホテル 大 型 ショッピン グモールが 集 まるエリア 他 エリアに 比 べ 細 々とした 店 が 見 られず 雰 囲 気 はビジネス 街 といった 印 象 を 大 きく 受 ける 香 港 を 代 表 する 大 企 業 の 本 社 や 世 界 的 な 銀 行 がこのエリアに 支 店 を 構 えている さらに 東 にある 湾 仔 は 庶 民 的 なエリ アで トラム 通 りより 南 には 路 上 マー ケットや 昔 ながらのアパートがひしめ いている 一 方 で 北 には 入 境 管 理 局 ビルや 警 察 本 部 税 務 当 局 などがあ り とりわけ 大 規 模 な 見 本 市 が 行 われ る 香 港 コンベンション&エキシビショ ンセンターは 存 在 感 が 大 きい HK パシフィック プレイス 香 港 コンベンション&エキシビションセンター ブランドのショッ プや 西 武 などの デパートのほか ア イランド シャング リラなどの 高 級 ホテル やシネコン 銀 行 なども 備 えた 巨 大 複 合 施 設 国 際 的 な 展 示 会 や 会 議 が 行 われ 年 間 を 通 して 世 界 中 から 人 が 集 まる 1997 年 の 香 港 返 還 式 典 はここで 執 り 行 われた The Pawn 港 灣 道 Harbour Rd 夏 慤 道 Harcourt Rd 金 鐘 Admiralty 政 府 の 再 開 発 地 区 である 湾 仔 で 保 存 されることに なったレトロなビル 元 は 質 屋 だったが 改 装 して 1 階 は 中 華 2 3 階 はウエ スタンレストラン & バーと なっている 告 士 打 道 Gloucester Rd 謝 菲 道 Jaffe Rd 柯 布 連 道 Obrien Rd 金 鐘 道 Queensway 駱 克 道 Lockhart Rd スター ストリート 灣 仔 Wanchai 軒 尼 詩 道 Hennessy Rd モダンなカ フェやレスト ランが 並 ぶ 西 洋 風 の 通 り この 辺 りには 欧 米 人 が 多 く 住 んでいる エレベーターのない 古 い 低 層 アパート 唐 楼 は 再 開 発 のため 次 々と 取 り 壊 されているが 70 年 代 に 都 市 再 生 の 名 目 で 青 く 塗 られた 藍 屋 のほか 黄 屋 橙 屋 は 有 形 文 化 財 として 残 さ れている 石 水 渠 街 家 屋 群 ホープウェル センター 地 上 64 階 建 て 216m の 高 さをもつ 円 筒 形 の 超 高 層 ビル 最 上 階 は 展 望 レストランだが 高 層 部 は 主 にオフィスが 入 り 低 層 部 はスーパー やレストランが 入 る 太 原 街 Tai Yuen St 灣 仔 Wan Chai Rd 13 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

14 N.T. コーズウェイベイ 若 者 たちの 情 報 発 信 地 銅 鑼 湾 KLN 香 港 の 主 要 な 商 業 地 のひとつである 銅 鑼 湾 には そごう や タイムズ ス クエア リー ガーデン などの 複 合 商 業 施 設 がある また 原 宿 のよう に 個 性 派 ブランドの 路 面 店 が 連 なる ファッション ウォーク や 日 系 の ショップが 多 く 入 る ワールド トレー 打 小 人 1985 年 にオープン 地 下 で は 日 本 の 食 料 品 をそろえ ているスーパーがあり 日 本 よりは 割 高 だが 常 に 香 港 人 や 在 住 日 本 人 で 混 み 合 っている 告 士 打 道 Gloucester Rd ド センター ほか ショッピングス ポットが 集 中 している 現 地 で 作 られ たファッションから 日 本 欧 米 など から 集 められた 製 品 が 手 に 入 るとあっ て 流 行 に 敏 感 な 若 者 たちはここに 集 い 街 は 常 に 人 でごった 返 していると いう 非 常 ににぎやかなエリアだ そごう 敷 地 内 に 置 かれているイギリスの ヴィクトリア 女 王 の 銅 像 に 由 来 し て 命 名 されたイギリス 統 治 時 代 に 建 造 された 公 園 ランニング コースやプール テニスコート が 設 けられており 広 場 ではイ ベントが 頻 繁 に 行 われる HK ビクトリア パーク ファッション ウォーク 路 上 で 紙 人 形 を 靴 で 叩 いて 嫌 いな 相 手 にバチを 当 てる 打 小 人 は 湾 仔 に 残 る 風 習 謝 菲 道 Jaffe Rd 駱 克 道 Lockhart Rd 銅 鑼 灣 Causeway Bay 百 德 新 街 Paterson St 渣 甸 街 Jardine's Bazaar 若 者 向 けのトレ ンディブランド を 中 心 に 洗 練 され た 店 が 軒 を 連 ねる アーケード 渣 甸 坊 Jardine's Crescent 怡 和 街 Yee Wo St タイムズ スクエア 堅 拿 道 Canal Rd 波 斯 富 街 Percival St 利 園 山 道 Lee Garden Rd リー ガーデン ジャーディンズ バザール 地 下 2 階 地 上 13 階 まである 巨 大 ショッピ ングセンター 衣 料 品 や 電 化 製 品 など 約 230 店 を 備 え 上 層 階 はレストラ ン 街 になっている リーガーデンは 路 地 を 挟 んで1と2に 分 かれている 最 高 級 ブランドの 路 面 店 が 多 いため ラグジュアリーな 雰 囲 気 を 作 り 出 し ている 禮 頓 道 Leighton Rd 地 元 の 人 たち がちょっとした 生 活 用 品 を 購 入 するビルとビルの 間 にある マーケット 香 港 島 の 裏 側 ビジネスやショッピングの 街 と してにぎわう 香 港 島 北 部 に 対 し て 南 側 は 穏 やかな 時 間 が 流 れ る 銅 鑼 湾 から 車 で 10 分 ほど でたどり 着 くレパルスベイには ビーチにある 天 后 廟 があり 祈 願 スポットとして 有 名 さら にそのビーチから 車 で 5 分 ほど 行 けば 欧 米 リゾートのような 街 スタンレーにたどり 着 く 14 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

15 N.T. イースト カオルーン 新 たなる 注 目 エリア 東 九 龍 KLN MTR 九 龍 湾 駅 牛 頭 角 駅 觀 塘 駅 一 体 は 東 九 龍 と 呼 ばれる 海 に 突 き 出 た 旧 啓 徳 国 際 空 港 の 滑 走 路 に 平 行 して 位 置 するこのエリアは 政 府 により 埋 め 立 て 事 業 地 に 選 定 された 1950 年 代 半 ばから 新 工 業 地 区 として 工 業 施 設 と 住 宅 の 建 設 が 相 次 ぎ かつて 製 造 業 で 盛 えた しかし 時 代 と 共 に 製 造 拠 点 が 中 国 本 土 へ 移 され 現 在 はかつての 工 業 ビルを 再 利 用 したビジネスが 勃 興 し またそれを 建 て 替 えた 新 オフィス ビルが 増 えつつある 新 興 エリアとして 注 目 を 集 めている 2013 年 半 ばには 旧 空 港 跡 地 に 国 際 クルーズターミナル が 完 成 予 定 のほか 九 龍 湾 と 觀 塘 駅 前 は 再 生 計 画 が 進 められている HK 牛 頭 角 下 邨 工 業 地 区 として 栄 えた 時 代 に 数 多 くの 公 営 住 宅 も 建 てられ その 下 には 食 堂 が 立 ち 並 んだ 老 築 家 が 進 み 今 では 住 民 と 店 は 立 退 きされ 再 開 発 の 対 象 となっている 觀 塘 駅 前 予 想 図 九 龍 灣 Kowloon Bay 啟 福 道 Kai Fuk Rd 宏 照 道 Wang Chiu Rd 常 悅 道 Sheung Yuet Rd 東 九 龍 に 数 多 く 点 在 す る 工 業 ビル エレベー ターも 大 きく 荷 物 の 搬 入 が 便 利 だ 工 業 ビル 約 5ヘ ク タールに 及 ぶ 土 地 の 再 開 発 がされる 駅 前 の 觀 塘 市 中 心 計 劃 では 環 境 を 良 く し 交 通 のスムーズな 流 れ を 図 るためオープンスペー スを 十 分 に 盛 り 込 む 予 定 だ メガボックス 牛 頭 角 Ngau Tau Kok 工 業 ビルの 再 利 用 觀 塘 道 Kwun Tong Rd 九 龍 湾 のランド マークといえ るショッピングセン ターとオフィスの 複 合 ビル 国 際 クルーズターミナル 海 に 突 き 出 た 特 異 な 旧 空 港 滑 走 路 を 利 用 し て 国 際 クルーズター ミナルを 建 設 クルー ズ 観 光 のハブとなるこ とを 目 指 す 觀 塘 繞 道 Kwun Tong By-pass 近 年 では 工 業 ビル の 利 点 を 生 かして アートギャラリーや ライブハウスなどエン ターテインメント 施 設 に 再 利 用 する 動 きも 鴻 圖 道 Hung To Rd 巧 明 街 How Ming St 偉 業 街 Wai Yip St 新 オフィスビル 興 業 街 HingYip St 開 源 道 Hoi Yuen Rd 觀 塘 Kwun Tong 成 業 街 Shing Yip St 敬 業 街 King Yip St 最 新 オフィスビルの 建 設 が 続 き 古 いタイ プの 工 業 ビルと 肩 を 並 ばせているのは 東 九 龍 な らではの 風 景 15 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

16 発 展 を 遂 げるベッドタウン ニューテリトリー 新 界 新 界 は 九 龍 半 島 の 北 に 広 がるエリアで 香 港 の 総 面 積 のほぼ90%にあたる 1970 年 代 ごろまでは ほとんどが 山 林 と 原 野 と 農 村 だったが 人 口 の 増 加 によりニュー タウンが 続 々と 建 設 された 今 では 香 港 のベッドタウンと 知 られている 元 朗 大 埔 N.T. 沙 田 HK KLN 西 貢 シャーティン 沙 田 香 港 で 最 も 人 口 の 多 い 区 の 沙 田 区 に 属 し 香 港 の 大 規 模 なベッドタウンのひとつとして 有 名 かつては 吐 露 湾 に 続 く 農 村 漁 村 だったが 70 年 代 の 新 界 ニュー タウン 建 設 計 画 の 一 環 で 入 り 江 は 埋 め 立 てられ 高 層 住 宅 が 建 てられて 今 の 姿 となった 競 馬 場 があること でも 有 名 なエリアである タイポー 大 埔 林 村 河 と 大 埔 河 の 河 口 を 埋 め 立 てた 土 地 にできた ニュータウン( 大 埔 新 市 鎮 )で 沙 田 に 次 ぐベッドタウ ンとして 知 られるエリア 日 本 人 在 住 者 も 多 く 日 本 人 学 校 小 学 部 もある 自 然 を 満 喫 できるサイクリング ロードやBBQ 場 や 自 然 保 護 区 などがあり 人 口 密 度 も 低 いため のんびりとしている ユンロン 元 朗 客 家 民 族 の 村 が 残 る 伝 統 的 な 地 域 だが 開 発 が 進 み 新 しいマンションが 続 々と 建 てられ 古 きものと 新 し きものが 混 在 している 中 心 部 には 軽 鉄 と 呼 ばれる 路 面 電 車 線 が 走 り その 線 沿 いには 商 業 地 区 が 広 がり 近 代 化 が 進 んでいる 地 図 上 では 僻 地 に 感 じられるが 都 心 に 直 通 したバスがあり 不 便 さはない サイクン 西 貢 香 港 島 のビーチは 欧 米 色 が 強 いが 九 龍 半 島 側 は 地 元 色 が 強 め 西 貢 はそのひとつで 海 沿 いには 階 段 式 に 積 み 上 げられた 生 簀 の 中 から 好 きな 食 材 を 選 んで 調 理 してもらうスタイルの 海 鮮 レストランが 並 ぶ 欧 米 人 在 住 者 も 多 く 海 から 少 し 離 れたところにはウエスタ ンスタイルのレストランやバーも 集 まっている 16 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

17 フェリーで1 時 間 以 内 で 着 く 離 島 香 港 は 香 港 島 と 九 龍 半 島 新 界 のほ か 南 シナ 海 に 浮 かぶ235 余 の 島 で 構 成 されている その 島 々の 中 でも 有 名 なのが 次 の3つだ ランタオ 島 N.T. HK KLN 長 州 島 ラマ 島 ランタオ 島 平 方 キロメートルで 離 島 の 中 では 一 番 の 大 きさを 誇 る 80 年 代 ごろ より 発 展 し 始 め 1980には 高 級 住 宅 街 である ディスカバリーベイ が 造 られ 98 年 には 北 部 の 海 を 埋 め 立 て 香 港 国 際 空 港 がオープンした 05 年 には 香 港 ディズニーランドが 誕 生 し その 翌 年 より MTRの 終 点 である 東 涌 から 大 仏 を 結 ぶロープウェー 昂 坪 (ゴンピン) 360 が 運 行 されるようになった 緑 豊 かな 島 で それを 存 分 に 味 わえるト レイルコースも 充 実 しているほか 南 部 には 海 水 浴 場 もある 左 ) 山 の 上 に 佇 む 大 仏 麓 には 寶 蓮 禅 寺 があり 精 進 料 理 を 食 べられる 右 上 ) 東 涌 から 大 仏 までを 繋 ぐケーブルカー 所 要 時 間 は25 分 右 下 ) 大 仏 から 歩 いて5 分 ほどのところにあるスピリチュア ルスポット 般 若 心 経 ラマ 島 中 環 から 通 常 フェリーで35 分 高 速 フェリーなら20 分 でたどり 着 く 島 人 口 は1 万 人 ほどで 約 半 数 を 欧 米 人 が 占 める 2つのビーチがあり それぞれ 船 着 場 から 徒 歩 約 20 分 と40 分 ほどでたどり 着 く ちなみに 島 内 に は 車 は 通 らない 海 鮮 料 理 が 有 名 で この 島 の 大 手 海 鮮 料 理 レストランに 予 約 をすれば 中 環 や 尖 沙 咀 まで 船 で 送 迎 するサービスを 行 っている 長 州 島 通 常 フェリーで 約 55 分 高 速 ェリーなら 約 35 分 でたどり 着 く 年 に 一 度 旧 暦 4 月 8 日 に 行 わ れる 伝 統 的 な 祭 り 太 平 清 醮 ( 通 称 : 饅 頭 祭 ) が 有 名 で その 日 は 島 中 でパレードが 行 われ 深 夜 12 時 から 始 まる 饅 頭 争 奪 戦 を 見 に 多 くの 人 が 訪 れる 島 では 饅 頭 はもちろん それを モチーフにしたグッズ も 年 中 売 られている 17 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

18 香 港 の 交 通 手 段 MTR( 港 鉄 ) 港 島 線 /アイランドライン( 青 ) 荃 灣 線 /チュンワンライン ( 赤 ) 観 塘 線 /クントンライン( 緑 ) 東 涌 線 /トンチョンラ イン( 黄 色 ) 機 場 快 線 /エアポートエクスプレス( 青 緑 ) 将 軍 澳 線 /チュンクワンオーライン( 紫 ) 迪 士 尼 線 /ディスニー リゾートライン(ピンク) 馬 鞍 山 線 /マオンサンライン( 茶 ) 西 鐵 線 /ウエストレールライン( 赤 紫 ) 東 鐵 線 /イーストレー ルライン( 水 色 )の10 路 線 がある 料 金 :$4 26 * 全 てオクトパスカード 使 用 可 オクトパスカードを 使 用 すると 運 賃 が 少 し 割 引 きされる 運 行 時 間 : 午 前 5:55 深 夜 1:00 エアポートエクスプレス 香 港 駅 から 空 港 までを12 分 間 隔 で 走 っている 香 港 駅 九 龍 駅 で 飛 行 機 のチェックインが 可 能 九 龍 駅 は 市 街 地 から 離 れてい るが 香 港 駅 と 九 龍 駅 と 主 要 ホテルを 結 ぶシャトルバス( 無 料 ) が 出 ている またオクトパスカードを 利 用 すれば 利 用 当 日 エ アポートエクスプレス 駅 まで(から)の MTR 料 金 が 無 料 になる 料 金 ( 全 てオクトパスカード 使 用 可 ): ❶ 片 道 / 同 日 往 復 ❷ 往 復 (1ヶ 月 間 有 効 ) ❸ 子 供 (3-11 歳 ) 所 用 時 間 料 金 香 港 駅 香 港 国 際 空 港 24 分 ❶ $100 ❷ $180 ❸ $50 九 龍 駅 香 港 国 際 空 港 21 分 ❶ $90 ❷ $160 ❸ $45 青 衣 駅 香 港 国 際 空 港 12 分 ❶ $60 ❷ $110 ❸ $30 博 覧 館 駅 香 港 国 際 空 港 3 分 ❶ $5 ❷ 不 適 用 ❸ $2.5 3 日 間 使 える エアポートエクスプレス ツーリストオクトパス ($220 $300)はエアポートエクスプレスの 駅 窓 口 とネット 予 約 シ ステムで 購 入 できる スターフェリー 尖 沙 咀 中 環 と 尖 沙 咀 灣 仔 紅 磡 中 環 紅 磡 灣 仔 行 きが ある 窓 口 で 支 払 えば コインでもお 釣 りが 出 る 中 環 尖 沙 咀 間 には1 等 席 と 2 等 席 があり 2 階 の1 等 の 船 首 部 船 尾 部 は 冷 房 が 効 いている 運 行 時 間 / 料 金 尖 沙 咀 中 環 6:30 23:30 1 等 席 :$2.5 2 等 席 :$2( 月 金 ) 1 等 席 :$3.0 2 等 席 :$2.4( 土 日 祝 ) 尖 沙 咀 灣 仔 7:20 22:50( 月 金 )$2.5 7:30 22:50( 土 日 祝 )$3.0 紅 磡 中 環 7:00 19:40( 月 金 ) 7:00 19:00( 土 日 祝 )$6.3 紅 磡 灣 仔 6:56 19:56( 月 金 ) 6:56 19:00( 土 日 祝 )$6.3 港 外 線 フェリー フェリー 中 環 から 長 洲 島 ランタオ 島 ラマ 島 坪 洲 島 へ 行 くことがで きる 中 環 発 長 洲 島 線 ディスカバリーベイ 線 梅 窩 線 は24 時 間 運 行 している それぞれの 乗 り 場 はスターフェリーターミナル の 西 側 にある 他 香 港 仔 からラマ 島 へのフェリーも 出 ている レジャーに 出 かける 人 々が 利 用 するので 土 日 は 混 雑 する クレジットカードほどの 大 きさのカード で カードに 入 っているマイクロチップが 残 高 を 記 憶 している このカードを 持 って いれば タクシーを 除 くほとんどの 交 通 機 関 で 切 符 を 買 う 必 要 がない また 駅 内 の スピード 写 真 機 自 動 販 売 機 セブンイレ ブン サークル K スターバックスなどで も 使 える 大 変 便 利 なカード 改 札 通 過 時 に オクトパスカード( 八 達 通 ) タクシー( 的 士 ) センサーにカードをかざす 下 車 時 には 残 高 が 改 札 機 に 表 示 される 購 入 方 法 : MTR の 駅 窓 口 で 大 人 用 ( 年 齢 制 限 無 し) $150 個 人 用 ( 年 齢 制 限 無 し 顔 写 真 入 り)$ 歳 以 上 の 高 齢 者 用 $ 歳 の 子 供 用 $70 がある 全 種 類 デポジッ ト $50 が 含 まれる デポジットがあるため カードの 残 額 がマイナスになっても 1 回 目 なら 改 札 口 を 通 過 できる また カードが 不 必 要 になった 場 合 は 窓 口 に 行 き 返 却 す ればデポジットが 返 ってくる 増 額 方 法 : 駅 構 内 の 増 額 機 ( 銀 行 の EPS 使 用 可 ) ま たはセブンイレブンなどで 増 額 できる 黄 線 2 本 は24 時 間 1 本 は 8:00 10:00と17:00 20:00 が 駐 停 車 禁 止 だがその 区 間 と 時 間 以 外 なら 手 をあげれば 止 まってくれる 香 港 島 と 九 龍 では 赤 色 新 界 では 緑 色 ランタオ 島 では 青 色 の 車 両 赤 色 のタクシーは 新 界 も 走 ることはできるが 緑 色 のタクシーは 新 界 以 外 走 ることはできない 赤 色 のタクシーは 初 乗 り 2km まで $18 以 降 200m ごとに $1.50 運 賃 が $70.5 以 上 になった 場 合 は 200m ごとに $1 加 算 される 緑 色 のタクシーは 初 乗 り 2km まで $14.50 以 降 200m ごとに $1.30 運 賃 が $53.5 以 上 になった 場 合 は 200m ごとに $1 加 算 される トンネル 通 過 時 は トンネル 通 行 料 の 往 復 分 が 追 加 される しかし 海 越 えタクシー 停 留 所 で 乗 ったタクシーな らば トンネル 代 は 片 道 分 だけでよい また トランク1つに 付 き $5 追 加 助 手 席 後 部 席 に 関 わらずシートベルト 着 用 は 義 務 づけられている バス( 巴 士 ) 前 扉 から 乗 車 し 後 扉 より 下 車 乗 車 時 に 運 賃 を 払 う コインで 支 払 う 場 合 にはお 釣 りが 出 ないの で 注 意 クーラー 付 きの 車 両 は 値 段 が 上 がる 料 金 は 一 律 の 路 線 と 距 離 で 変 わる 路 線 がある 海 底 トンネルを 通 る 路 線 はラッシュアワー 時 にトンネ ルが 渋 滞 することを 留 意 して 深 夜 運 行 バスはバス 番 号 が N から 始 まる 空 港 行 きバスの 番 号 は A または E から 始 まる A 路 線 は 停 留 所 が 少 なく 速 い 分 料 金 は E 路 線 よ り 高 い 主 なバス 会 社 は 新 世 界 バス シティバス 九 龍 バス 大 嶼 山 バス 龍 運 バスなど オクトパスカ ド 使 用 可 ミニバス( 小 巴 ) 人 乗 りのワゴンバス 立 ち 乗 りはできない 緑 色 のミニバスは 乗 降 する 場 所 がほとんど 決 まっ ていて バス 停 もある 一 方 赤 色 は 目 的 地 をド ライバーに 告 げなければ 停 車 しない 料 金 は 乗 車 時 に 払 う 目 的 地 に 近 くなるほど 料 金 は 下 がる 一 部 オクトパスカ ド 使 用 可 トラム( 電 車 ) 香 港 島 北 側 の 東 西 を 結 ぶ 2 階 建 ての 路 面 電 車 6 路 線 があり 一 律 $2で お 釣 りは 出 ない 後 部 ド アから 乗 り 前 扉 から 下 車 する 時 に 料 金 を 払 う 停 留 所 が200mずつあり ゆっくり 走 るので 観 光 向 き 運 行 時 間 は6:00 24:30 オクトパスカ ド 使 用 可 18 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

19 食 べる 鮑 フカヒレ 美 食 の 街 香 港 美 食 の 街 として 世 界 に 名 を 馳 せる 香 港 では 中 華 の 高 級 食 材 とされるフカヒレ や 鮑 燕 の 巣 を 使 った 最 高 峰 の 料 理 から ローストダックや 豚 の 丸 焼 き そして 釜 飯 や 麺 などの 庶 民 の 料 理 まで 幅 広 い 中 華 料 理 が 食 べられる また 中 国 各 地 の 人 々が 集 まるため 中 華 料 理 であれば 広 東 料 理 に 留 まらず 四 川 や 上 海 東 北 など あら ゆる 地 方 の 料 理 が 食 べられるのも 魅 力 だ 燕 の 巣 上 海 蟹 黄 油 蟹 ローストピジョン 煲 仔 飯 叉 焼 ローストダック 焼 腩 仔 19 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

20 プライベートキッチン 種 類 豊 富 な 私 房 菜 私 房 菜 とはプライベートキッチンのこと 気 心 知 れた 仲 間 たちを 家 に 招 き 食 事 を 楽 しむ うち その 料 理 が 評 判 を 呼 び 徐 々に 訪 れた がる 人 が 増 えていったことをきっかけに 開 業 という 流 れでオープンするのが 一 般 的 だ 基 本 的 に 大 きく 宣 伝 することはなく 目 立 った 看 板 もない メニューはすべてコース となっていて 完 全 予 約 制 である それは 予 約 した 日 までにベストな 食 材 を 使 って 最 良 の 料 理 を 出 すためである かつてはアパートの 一 室 で 展 開 されていた 店 が 多 いが 徐 々に 店 の 出 し 方 や 料 理 の 種 類 にも 個 性 が 出 てきて 現 在 ではさまざまな 種 類 のプライベートキッ チンが 楽 しめるようになっている 家 庭 的 な 雰 囲 気 の 中 華 料 理 進 化 したモダン チャイニーズ ウェスタンスタイルもあり 20 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

21 地 元 海 鮮 香 港 のグルメを 語 るには 海 鮮 は 外 せな い 海 に 囲 まれた 街 だからこそ 楽 しめる 海 鮮 料 理 西 貢 や 大 澳 といった 漁 村 や 離 島 には 店 頭 に 獲 れたての 魚 介 が 入 れら れた 水 槽 が 並 び それらを 指 差 してオー ダーすることができる 5 月 龍 蝦 (ロブスター) オーストリア 産 のロブスターは 刺 身 向 けで 香 港 産 のロブスターはゆでたものが 一 般 的 ゆで 上 がりにバターを 塗 り 麺 の 上 にのせた 上 湯 龍 蝦 伊 麺 ( 中 華 卵 太 麺 ロブスター 載 せ) は 香 港 人 おなじみの 一 品 6 月 8 月 瀨 尿 蝦 (シャコ) 瀨 尿 とはおしっこをひっかける 意 味 つかまれると 無 色 の 液 体 を 腹 部 から 噴 き 出 すので この 名 前 がつけられたのだとか 香 港 で 食 べられるシャコはとにかく 巨 大! タイ インド ベトナムから 輸 入 されたものが 多 く 中 でもタイ 産 シャコが 一 番 だといわれる 人 気 メニューとしてよく 登 場 するのは 椒 鹽 瀨 尿 蝦 (シャコのガーリック 揚 げ) 9 月 4 月 蠔 (カキ) 英 名 に R のつかない 月 すなわちMay, June, July, Augustの 5, 6, 7, 8 月 は 産 卵 期 この 時 期 の 香 港 産 のものは 食 用 には 適 さないとされている 輸 入 ものはオーストラリア 産 やアメリカ 産 が 主 で 生 で 食 べるのが 一 般 的 対 して 香 港 産 のカ キはフライや 串 焼 きにすることが 多 い 7 月 8 月 青 口 (ムール 貝 ) 原 種 はヨーロッパだが 世 界 各 地 で 掛 け 合 わされている 香 港 ではニュー ジーランドやフランス またベトナ ムなどのアジア 地 域 から 混 合 種 のも のが 輸 入 されている 一 年 中 食 べ られるが 旬 は 夏 7 月 8 月 黄 油 蟹 (カニ) 産 卵 を 控 える 黄 油 蟹 は 夏 に 香 港 や 珠 江 流 域 の 浅 い 灘 に 現 れる 水 温 が 上 昇 するため 蟹 体 内 の 卵 は 溶 けてクリーム 状 に 変 わり 蟹 味 噌 とな る そんな 夏 の 黄 油 蟹 だが 雨 の 日 には 気 温 が 下 がり 卵 が 溶 けない 可 能 性 もある 21 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

22 街 市 とは? ひとことで 言 えば 市 場 のこと 肉 野 菜 魚 果 物 乾 物 といった 食 料 から 生 活 用 品 店 服 や 下 着 タオル などの 日 用 品 を 売 る 店 までがそろっている 以 前 は 路 上 に 店 が 並 ぶ 露 店 市 場 が 一 般 的 だったが 現 在 は 以 前 猛 威 をふるった SARSの 影 響 もあり 政 府 が 衛 生 面 を 厳 しく 管 理 したため ビルの 中 に 入 っていることが 多 くなった 街 市 の 営 業 時 間 は 各 店 によって 異 なるが 概 ね 午 前 7 時 から 午 後 8 時 くらいとなっている 食 材 のほとんどは 中 国 産 で 果 物 は 中 国 以 外 に 近 隣 の 東 南 アジア 諸 国 からの 輸 入 品 が 多 い 言 葉 は 広 東 語 がメインだが 簡 単 な 英 語 なら 通 じる 可 能 性 も 高 い また 街 市 の 中 には 庶 民 的 な 食 堂 が 入 っており 地 元 の 人 で 賑 わうが その 中 のいくつかの 店 は 安 くて 美 味 い 店 としてガイドブックに 登 場 すること もあり 観 光 客 の 姿 も 見 られるようになった 買 い 物 の 仕 方 野 菜 の 場 合 基 本 は 量 り 売 りで 品 物 によ り 方 法 が 異 なることもある 野 菜 の 場 合 青 菜 類 の 購 入 単 位 は 1 斤 ( 約 600g) 表 示 さ れている 値 段 も 一 般 的 には 1 斤 あたりの 数 字 となっている 1 斤 を 基 本 に 半 斤 (1 斤 の 半 分 ) や 斤 半 (1 斤 半 ) と 加 減 する タマネギやジャガイモなどは 個 数 として 売 られ 買 いたい 分 を 店 員 に 渡 せば 量 って 値 段 を 伝 えてくれる 肉 の 場 合 牛 肉 豚 肉 類 も1 斤 が 基 本 単 位 となるが HK$10 分 で と 言 うこともできる 鶏 に 関 して は 通 常 一 羽 単 位 で 販 売 さ れている また ステーキ 用 の 輸 入 肉 や 鶏 の 手 羽 先 などは 凍 肉 舗 と 呼 ばれる 冷 凍 食 肉 店 で 扱 われ 1 磅 ( 約 450g) が 基 本 単 位 となる 魚 の 場 合 魚 の 場 合 淡 水 魚 と 海 水 魚 の 専 門 店 に 分 かれている 淡 水 魚 は 主 にカエルやスッポンな どで 海 水 魚 はイシモチやイ トヨリなどの 安 価 なものや 水 槽 で 生 きたままのロブス ターなど 高 価 なものを 扱 う 店 もある 大 型 の 魚 は 切 り 身 に なっているが たいていは 丸 ごと 一 匹 で 売 っており 量 り 売 りで 1 両 ( 約 38g) が 基 本 単 位 となる 果 物 の 場 合 1 個 から 買 えるが 3 個 HK$10 など まとめ 売 りされ ることが 多 い スイカやブドウ は 量 り 売 りをすることもある 22 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

23 香 港 で 食 べられる 麺 調 理 法 で 分 ける 麺 の 種 類 湯 麺 (トンミン) スープ 麺 撈 麺 (ロウミン) 茹 で 麺 を 皿 に 盛 り ソースなどをかけたもの 炒 麺 (チャウミン) 炒 めたり 焼 いたりした 麺 代 表 的 な 具 で 分 ける 麺 の 種 類 雲 吞 (ウンタン) エビと 肉 が 詰 まった 定 番 魚 蛋 (ユーダン) 魚 団 子 墨 魚 丸 (マッユーユン) イカ 団 子 牛 丸 (ンァウユン) 牛 肉 団 子 肉 丸 (ヨッユン) 豚 の 肉 団 子 水 餃 (ソイガウ) 水 餃 団 子 南 方 の 麺 と 北 方 の 麺 の 違 い 南 方 北 方 材 料 小 麦 粉 卵 小 麦 粉 かんすい( 麺 を 消 化 し やすくするため) 形 細 い 太 い 食 感 歯 ごたえがある 柔 らかく 滑 らか 食 べ 方 と 味 主 食 ではないので 量 より 質 が 重 視 される 小 さい 碗 で 仕 上 げる スープは 北 方 のものより 薄 味 主 食 のため 量 を 重 視 ねぎ にんにく 醬 油 またはソース をかけて 食 べる( 炒 め 麺 の 場 合 ) スープは 濃 いめ 京 都 炸 醤 撈 麺 ジャージャー 麺 潮 州 紫 菜 墨 魚 丸 麺 潮 州 風 海 苔 入 りイカ 団 子 麺 雲 吞 麺 ワンタン 麺 上 湯 牛 腩 粗 麺 / 河 牛 バラスープ 麺 / きしめん 麺 の 一 例 招 牌 五 香 牛 肉 刀 削 麺 牛 脛 肉 入 り 刀 削 り 麺 擔 擔 麺 タンタン 麺 瑞 士 雞 翼 撈 丁 スイスソースかけ 手 羽 先 和 え 麺 スイスソース とは 香 港 の 料 理 に よく 使 われる 甘 いソースのこと 23 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

24 香 港 の 午 後 茶 は2 種 類 イギリス 植 民 地 だった 香 港 には 中 国 スタイルの 飲 茶 と 英 国 式 のアフタヌーン ティーがある どちらも 香 港 での 食 を 語 る 上 で 欠 かせない 存 在 だ 進 化 する 飲 茶 のスタイル 1 2 伝 統 的 な 飲 茶 スタイルと 言 え ば フロアに 並 ぶ 円 卓 の 間 を 縫 っ てワゴンで 運 ばれてくる 点 心 を 覗 き 込 みながらオーダーするという もの しかし そのスタイルは 今 では 失 われつつあり 老 舗 店 でし か 見 ることができなくなった 現 在 の 主 流 なスタイルは テーブル に 設 けられたメニュー 表 の 料 理 名 の 枠 に 必 要 な 個 数 を 記 入 しス タッフに 渡 すというもの 一 方 で 新 しいもの 好 きの 香 港 人 たちの 間 で 注 目 を 集 めているの が モダン 創 作 点 心 を 楽 しめる 飲 茶 創 作 点 心 を 扱 うお 店 は 内 装 に も 力 を 入 れているところが 多 く デートや 特 別 なゲストをもてなす 場 として 利 用 される 飲 茶 をする 際 には オーダーの 前 に 飲 みたいお 茶 を 尋 ねられるの で お 茶 を 飲 みながらゆっくりと 食 べたいものを 選 んでも 良 い お 茶 は 種 類 豊 富 だが ジャスミン 茶 プーアール 茶 菊 茶 などが 定 番 で ある ちなみにローカル 店 の 飲 茶 は ひ とりHK$30 ( 約 312 円 ) 創 作 点 心 が 楽 しめるレストランはひとり HK$200( 約 2,080 円 相 当 ) 前 後 が 予 算 の 目 安 となる まるで 宝 石 のように 盛 られる 創 作 点 心 2. ローカル 店 の 点 心 の 例 3. 創 作 点 心 が 楽 しめる 店 は 内 装 もモダン 4. 昔 ながらのワゴン 式 スタイル 今 ではあまり 見 られない 景 色 も 楽 しめるアフタヌーンティー ゆったりとした 空 間 で 美 しい 景 色 を 眺 めながらお 茶 とおしゃべり を 楽 しむアフタヌーンティー 香 港 のホテルであれば まずアフタ ヌーンティーが 提 供 されないとこ ろはない 中 でも ペニンシュラ やマンダリンオリエンタルといっ た 香 港 の 老 舗 ホテルのアフタヌー ンティーは 各 国 のガイドブックで 頻 繁 に 紹 介 されていることもあ り 常 に 海 外 からの 客 でテーブル が 埋 め 尽 くされている ホテルと はいえど 基 本 的 に 予 約 は 受 け 付 けておらず オープンする 午 後 3 時 になると 行 列 ができる ホテル 以 外 の 場 所 では 例 えば 大 型 ショッピングモールに 入 って いるファインダイニングなどでア フタヌーンティーを 楽 しむことが できる 昨 年 オープンしたばかり のモール The One に 入 っている Harlan's では テラスでティータ イムが 過 ごせると 人 気 だ 目 安 と なる 価 格 は 2 人 で HK$ ( 約 3,120 4,160 円 )が 目 安 となる 1. 老 舗 ホテルであるペニンシュラで 使 用 される 食 器 は ティファニーの 特 注 品 2 厳 粛 なペニンシュラのロビー 歴 史 あるホテルだから こそ 感 じられる 雰 囲 気 も 人 気 の 理 由 だ 2 レートは2011 年 2 月 2 日 現 在 (HK$10.4) 24 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved. 1

25 あらゆるメニューがそろう 大 衆 食 堂 茶 餐 廳 庶 民 の 食 堂 として 知 られる 茶 餐 廳 (チャー チャンテン) ファミリーレストランのよ うに 家 族 連 れ 学 生 ビジネスマン 一 人 客 まであらゆる 層 が 利 用 する 香 港 で 最 も 活 用 されるレストランだ ただ 回 転 率 を 重 視 する 香 港 だけに ファミレスほ ど 長 居 はできず 食 べ 終 わりきっていな くても 油 断 をすると 提 げられてしまうほ ど 急 いた 雰 囲 気 だが 香 港 ではそんな 接 客 も 日 常 茶 飯 事 である 店 構 え 色 々 香 港 で 最 も 有 名 な 大 手 茶 餐 廳 チェーン 翠 華 餐 廳 ど のエリアにも1 軒 はある 店 の 前 の 道 に 簡 易 テーブル 席 を 設 けている 茶 餐 廳 も 昔 ながらの 香 港 の 風 景 を 作 っている 店 名 を 赤 文 字 で 表 示 しているのは 昔 から ある 店 郊 外 にはこのような 店 がまだ 残 っている メニュー 例 のバーガーは 肉 を 調 理 したものをパンで 挟 むシンプルなも の 濃 厚 な 香 港 式 ミルクティやレモン ティと 一 緒 に 食 べられることが 多 い 食 事 の 主 なメニューは チャーハン 焼 きそば ステーキ ぶっかけご 飯 な ど 中 華 も 洋 食 も 豊 富 写 真 は 最 もメ ジャーな 楊 州 チャーハン 香 港 の 朝 ごはんの 代 表 格 のマカロニ 麺 スープものにもダイナミックに 肉 が 盛 られる 25 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

26 漢 方 &デザートで 健 康 に 香 港 人 は 老 若 男 女 問 わずデザートを 好 んで 食 べる それは 単 に 甘 党 ということではなく 漢 方 が 入 っていたり フルーツがたっぷりでビタミンCが 豊 富 だからなど 健 康 面 を 意 識 してのこと そのためデザート 専 門 店 の 軒 数 も 決 して 少 なくない 漢 方 系 デザート 桂 花 雪 耳 凍 ( 前 ) 玫 瑰 山 渣 凍 ( 後 ) 手 前 は 精 神 を 落 ち 着 かせ 体 を 温 めたりデトッ クスにも 効 果 的 とされるキンモクセイを 使 ったゼ リー 後 ろはビタミンEが 多 く 含 まれ 老 化 防 止 に 繋 がるとされるバラを 使 ったゼリーで 血 液 循 環 を 促 し 肌 艶 がよくなるともいわれている 紅 棗 桂 圓 清 心 丸 糖 水 血 液 をつくり 血 行 を 良 くするナツメは 不 眠 症 やイライラも 解 消 する それに 冷 え 性 と 不 眠 症 を 改 善 する 桂 圓 ( 乾 燥 させた 龍 眼 )を 加 えたお しるこタイプのデザート 蓮 子 杏 仁 露 杏 仁 には 咳 を 止 め 痰 を 抑 える 効 果 があるとい われている 呼 吸 器 官 を 潤 しアンチエイジン グにも 効 果 的 という 杏 仁 と 蓮 の 実 を 組 み 合 わ せれば 精 神 安 定 と 食 欲 不 振 も 解 消 されると 信 じられている フルーツ 系 デザート 杏 仁 秋 香 絞 りたての 杏 仁 とミルクで 作 られた 純 白 のかき 氷 綿 菓 子 のように 軽 く 舌 の 上 で 溶 けると 同 時 に 清 涼 感 が 口 中 に 広 がる マンゴーシロップを かければさらにフルーティー 鮮 紅 肉 火 龍 果 刨 冰 鮮 やかな 赤 紫 は 南 国 ならではのドラゴンフルー ツの 果 肉 これもカキ 氷 で シロップもドラゴ ンフルーツ 味 南 国 フルーツは 比 較 的 味 が 濃 い がドラゴンフルーツは 淡 白 なので 食 べやすい 榴 槤 班 戟 マンゴーと 並 びメジャーなフルーツといえばド リアン そのまま 食 べることが 多 いが このよ うにクレープ 状 にして 提 供 する 店 もある 緑 の 生 地 は 天 然 ハーブオイルで 色 づけされている 26 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

27 彩 り 豊 かな 香 港 のバー コスモポリタンな 香 港 では バーも 国 際 色 豊 か アジアに 居 ながら 世 界 各 地 の 本 場 の 雰 囲 気 が 楽 しめる いわばスモールワールドだ さらにはテーマを 細 かく 分 けた バーも 登 場 し 愛 好 家 たちが 集 うことでコミュニティが 広 がっていく 国 際 色 豊 かなバー ドイツスタイル 北 欧 スタイル アフリカスタイル モロッコスタイル ネパールスタイル 愛 好 家 が 集 うバー シガー バー ライブ バー 27 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

28 麺 米 と 並 ぶ 主 食 パン 香 港 の 街 を 歩 くと1ブロックに1 軒 ほどの 頻 度 で 見 られるパン 屋 香 港 ではパンは 主 食 のひとつとして 取 り 入 れられている それはイギリス 植 民 地 だった 影 響 もあるが それにしては 独 特 の 商 品 が 多 い そんなローカルパンを 扱 う 店 に 加 え 海 外 資 本 のパン 屋 も 増 えている 日 系 パン 屋 も 例 外 ではない ローカルパン 屋 朝 食 とおやつに パンは 香 港 の 習 慣 出 勤 前 にパン 屋 に 立 ち 寄 り 焼 きたてパ ンを 買 ってオフィスに 向 かうのは 香 港 で の 日 常 である 香 港 のローカルパン 屋 に は それがたとえ 古 い 店 でも 新 しくチェー ン 展 開 している 店 でも 同 じ 種 類 のパン が 並 んでいる 菠 蘿 油 香 港 パンの 代 表 格 菠 蘿 包 直 訳 すると パ イナップルパン で パイナップルが 入 って いる 訳 ではなく 見 た 目 がそれに 似 ている ことから 名 づけられている 丸 く 膨 らんだ パンの 上 に 薄 力 粉 やバター ラードで 作 られ た 生 地 を 載 せて 焼 いたもの それにバター を 挟 んだものが 菠 蘿 油 である 腸 仔 包 砂 糖 入 りの 甘 いパン 生 地 で 鶏 肉 ソーセージを 包 み 込 んだもの 形 は 店 によって 異 なるが 主 に 写 真 のようにぐるぐると 巻 いたものと 卵 型 のパ ンに 挟 んだものに 分 けられる 雞 尾 包 ココナツと 粉 ミルクで 作 られたあんが 練 りこま れたおやつパン バターと 小 麦 粉 で 描 かれた 線 とゴマが 特 徴 個 人 経 営 のローカル 店 は 馴 染 みの 客 で 賑 わう 大 手 チェーンには 美 心 東 海 堂 大 班 などがある 十 字 包 十 字 の 切 れ 目 を 入 れたレーズンパン 香 港 式 ス コーン とも 呼 ばれる 他 のローカルパンに 比 べ るとかためだが スコーンよりはやわらか 日 系 パン 屋 日 本 大 手 チェーンから 職 人 技 の 専 門 店 まで パン 好 きの 香 港 人 は 多 く 日 系 の 思 考 を 凝 らしたパンも 評 価 が 高 い ヤマザキベーカリーやA-1ベーカリー DONQなどの 大 手 チェーンから デ ニッシュ 生 地 のパンを 展 開 するボ ローニャパンなどの 日 系 店 がある 日 本 人 が 多 く 住 むエリアはもちろん 香 港 中 の 住 宅 街 には 必 ずといって 良 いほど 見 かける ヤマザキ 京 都 で 生 まれたデニッシュパン ボローニャパン を 販 売 す る BO-LOGNE カフェ 感 覚 で 利 用 できるのが 人 気 で 2010 年 には 2 号 店 がオープンした A-1ベーカリー は ドイツのパン 作 りを 意 識 した Das Gute やヨーロッパスタイルのデザートを 販 売 する La Creation などの 独 自 のブランドを 展 開 28 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

29 にぎわうワイン 市 場 エキスポ 出 展 数 は 2 年 前 より42% 増 VINEXPOアジアパシフィック 2010 の 様 子 ワイン 専 門 店 も 増 加 2008 年 2 月 に 酒 税 撤 廃 となった 香 港 では 年 々ワインブームに 拍 車 が かかっている 09 年 にはワインオー クションでロンドンを 抜 き ニュー ヨークに 次 ぐ 勢 いを 見 せた 昨 年 は 奇 数 年 にフランス ボルドーで 開 催 され 偶 数 年 にはそのほかの 国 で 催 される VINEXPO が 香 港 を 会 場 に 選 び 5 月 25 日 27 日 香 港 コンベ ンション&エキシビションセンター にて VINEXPO アジアパシフィック 2010 の 名 の 下 開 催 された 期 間 中 は 中 国 オーストリラリア アメ リカ イギリス フランス スペイン イタリアなど32カ 国 から800 社 が 出 展 輸 入 業 者 卸 売 業 者 小 売 業 者 ソムリエ 飲 食 店 エアライン 関 係 者 など1 万 2,617 人 を 動 員 し アジア 各 地 から 総 数 474 人 のジャーナリス トがその 様 子 を 報 じるという 注 目 の 高 いイベントとなった このエキス ポでCEOを 務 めるRobert Baynat 氏 は 現 在 アジアのワイン 消 費 量 は 全 世 界 での 伸 び 率 より4 倍 速 く 後 5 年 はこの 勢 いが 続 くであろう と 延 べ 出 展 者 らからは VINEXPOア ジアパシフィックは 中 国 進 出 に 向 け ての 橋 頭 堡 だ 一 流 の 輸 入 業 者 が 出 席 したことで 市 場 に 乗 り 込 む 助 けとなった などコメントが 寄 せら れた 政 府 が 主 催 するワインイベントを はじめ ホテルやレストランでもワ インを 推 すイベントが 頻 繁 に 設 けら れている 香 港 それだけでは 留 まら ず テイスティングバーを 備 えたワ イン 専 門 店 も 続 々と 登 場 している ワインブームの 到 来 と 共 に 誕 生 した Tasting Wine Bar は プリペイド カードを 購 入 するかクレジットカー ドを 預 けてバータップで 飲 むかを 選 び テイスティングができる 仕 組 み また 同 じくワインバーの Q88 Wine Bar では 高 級 グラスメー カー リーデル のグラスを 使 用 で きる 特 別 ルーム リーデル を 設 け るなど 思 考 を 凝 らしたサービスを 提 供 2011 年 には カリフォルニア の 家 族 経 営 の 小 規 模 ワイナリーと 提 携 し 香 港 では 今 までお 目 にかかれ なかったワインを 提 供 する California Vintage がオープン 季 節 の 料 理 と のマッチングの 教 育 もするなど ワ インと 深 く 付 き 合 う 提 案 をしていく など 香 港 にワインを 根 付 かせよう と 試 みる 店 のオープンラッシュだ 1. カリフォルニアの 22 のワイナリーと 提 携 し 88 種 類 のワインをテイスティングできる California Vintage 2. Tasting Wine Bar では イタリア 製 試 飲 マ シンで 40 種 類 が 試 せる 3. 貴 重 な 手 作 りのグラスでじっくりと 味 わう Q88 Wine Bar California Vintage メイド イン 香 港 のワインも 人 気 高 温 多 湿 の 気 候 である 香 港 は ワイン 作 りには 適 していない が このワインブームで 香 港 に も 香 港 島 の 南 アプレイチャ ウという 工 業 地 帯 に ワイナリー The 8th Estate Winery が 登 場 香 港 ではブドウが 採 れない ため その 年 に 最 も 良 い 質 のブ ドウを 世 界 各 地 から 取 り 寄 せな ければならないが 収 獲 以 外 の 工 程 はすべて 香 港 で 行 う あら ゆるものが 流 通 するが 生 み 出 す ことが 少 ない 香 港 において こ れは 大 きな 挑 戦 である 1 1. オーナーのリセーンさん( 左 )とパートナーのジョニーさん( 右 ) ワインの 輸 入 が ワインを 人 に 近 づける のに 対 し ワインが 生 まれた 場 所 に 人 が 集 ま るという 人 がワインに 近 づく 発 想 でワインを 生 産 販 売 2. これがメイド イン 香 港 のワイン 3. ワイナリーにはパーティーが 開 けるサロンやカウンターが 設 けられている 2 29 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved. 3

30 Column 香 港 の 食 の 老 舗 廟 街 に100 年 来 の 健 康 の 味 4 代 続 く 広 東 涼 茶 の 老 舗 1. 左 が 廿 四 味 で 右 が 五 花 茶 ここの 廿 四 味 は 苦 味 が 少 なく 後 味 は 甘 い 2. 漢 方 薬 局 おなじみの 薬 草 を 入 れた 引 き 出 し 今 では 使 われていない 春 和 堂 單 眼 佬 涼 茶 住 :151 Temple St, Yau Ma Tei, KLN : 営 :10:30 22:30 休 : 無 $: 廿 四 味 $7 五 花 茶 $7 1 2 夜 には 妖 しい 光 の 下 ににぎわい を 見 せる 廟 街 (テンプル スト リート) 占 い 屋 台 雀 荘 など 香 港 の 下 町 情 緒 が 漂 う 景 色 の 中 に 溶 け 込 む 店 単 眼 佬 涼 茶 はそ の 名 前 が 印 象 的 だ 涼 茶 とはいわゆる 漢 方 茶 で 体 の 過 剰 な 熱 を 取 り 除 く 薬 効 が あると 信 じられている 中 でも 廿 四 味 は 有 名 で 店 舗 によっ て 調 合 の 仕 方 が 異 なるとあって 店 の 力 量 が 試 される ここ 春 和 堂 の 廿 四 味 の 味 は 創 業 人 で ある 李 鏞 昌 氏 が 編 み 出 して 以 来 全 く 変 わっておらず 甘 苦 い 味 と 優 れた 薬 効 はこの 店 の 看 板 メ ニューとして4 代 に 渡 り 好 評 を 博 している 目 の 病 いのため 独 眼 であった 彼 は 単 眼 佬 ( 一 つ 目 ) と 呼 ばれていたため その 名 を 店 名 に 取 り 込 んだ もう 百 年 以 上 前 のことだ 全 盛 期 には4 店 で 展 開 するまでとなったものの 今 は 廟 街 の 本 店 と 旺 角 の 支 店 だけ が 残 った 現 在 の 店 舗 は 約 50 年 前 に 買 い 取 ったもので 開 業 時 は 中 医 師 を 雇 い 診 療 サービスも 行 っていたが 今 では 店 頭 にそ の 痕 跡 だけが 残 っている 100 年 間 いろいろなことがあっ たが 経 営 のポリシーは 一 貫 して おり 宣 伝 をせず 判 断 はお 客 さ んに 預 けること を 頑 として 守 っ ている 現 在 の 店 主 である42 歳 の 李 さんは 廟 街 育 ちで ここで 周 りとの 深 い 絆 を 築 き 上 げてきた 彼 の 夢 は 涼 茶 のことをもっと 新 しい 世 代 に 伝 えていくこと そ の 夢 に 向 かい 今 日 も 突 き 進 んで いる 30 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

31 買 う 生 活 に 溶 け 込 む 香 港 製 品 商 業 が 発 展 している 香 港 だが 産 業 は 弱 い 電 車 で 1 時 間 足 らずの 距 離 に 中 国 大 陸 があり そこで 大 量 生 産 された 商 品 が 安 価 で 手 に 入 るからだ しかし そんな 状 況 の 中 でも 香 港 製 品 というものは 存 在 する 白 花 油 筋 肉 痛 虫 除 けにも 効 果 的 とされる 万 能 オイル 近 年 若 者 を 対 象 にしたデザイン の 福 仔 239 も 発 売 されるように 八 珍 1932 年 に 創 業 し 現 在 50 種 類 以 上 の 調 味 料 を 扱 うブラン ド 地 元 では 香 港 の 大 手 調 味 料 ブランド 李 錦 記 に 次 いで 有 名 香 港 利 工 民 織 造 廠 1923 年 に 創 業 した 肌 着 専 門 店 ブルー ス リーも 愛 用 した として 知 られてい る パッケージも 当 時 のまま 老 字 號 漢 方 スープ 専 門 ブラ ンド 9 種 類 のオリ ジナルスープを 展 開 している CHKCKS ヒヨコがトレード マークのアンダー ウェアブランド 若 者 を 意 識 したデザイン で 展 開 している 奇 華 餅 家 パンダクッキーで 有 名 香 港 土 産 の 定 番 のお 菓 子 パッケー ジも 香 港 人 イ ラストレー ター 阿 蟲 が 描 いている 萬 邦 綢 緞 公 司 主 にチャイナドレ スを 扱 う 店 香 港 内 に 職 人 がいて オー ダーメードは3 週 間 で 完 成 する 31 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

32 1 2 3 オーダーメードいろいろ 日 本 よりリーズナブルで 気 軽 に できるオーダーメード 素 材 のク オリティや 技 術 をとっても 比 較 的 レベルの 高 い 香 港 では 老 舗 に 等 しいオーダーメード 店 が 点 在 している スーツやドレスなどの 洋 服 はもちろん 靴 や 時 計 のベル ト バッグ 家 具 など その 幅 は 広 い また 多 国 籍 の 人 種 が 集 ま る 土 地 柄 中 国 インド タイの 布 やデザインを 専 門 とした 店 も あるのが 特 徴 だ ビジネスマンに 人 気 があるのは スーツ 時 計 のベルト 鞄 のオーダーメード 4タイシル クを 使 ってパーティードレスを 作 る 人 も 多 い 5イ ンドの 民 族 衣 装 サリーは$200 1,000ほどで 作 れ る 6 靴 のオーダーメードは2 週 間 ほどでできあが る 7 香 港 人 デザイナー アラン チャンがプロ デュースする 店 上 海 灘 では 伝 統 的 な 中 国 服 をモダンにアレンジしたデザインを 提 案 32 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved. 7

33 買 い 物 王 国 香 港 では 高 級 ブランドもバーゲン 対 象 に 自 由 貿 易 の 都 市 香 港 では 関 税 がか からないため 安 く 買 い 物 ができるとい うことで 世 界 中 からショッピングを 目 当 てにした 観 光 客 が 足 を 運 ぶ 中 で も 旧 正 月 前 の 大 バーゲンは 注 目 が 高 く 街 中 に 溢 れる % OFF Final Sale などの 文 字 が 消 費 者 たちを 引 き 付 ける 広 東 語 ではセールの 割 引 率 を 折 起 と 書 き 例 えば3 割 引 なら 7 折 起 など 定 価 の 何 割 の 価 格 で 売 り 出 されるかが 書 かれている セールは ローカル 店 大 型 デパート 高 級 ブランドショップ など あらゆる 店 が 対 象 となり ファ イナルセールと 書 かれる 頃 には もの によってはなんと80% オフになること も 珍 しくない 33 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

34 ローカル 食 材 から 外 国 産 まで スーパーマーケットいろいろ 香 港 で 食 品 や 日 用 品 を 購 入 する 場 合 前 述 の 街 市 (P.13)はひとつの 選 択 肢 だが それ 以 外 にスーパーマーケットがある スーパーは 主 に ローカルの 商 品 のみを 扱 うものと 外 国 製 品 をメインにそろえる ものに 分 かれている 下 記 のものはその 一 部 だ Welcome( 恵 康 ) PARKnSHOP( 百 佳 ) City'super 香 港 の 庶 民 的 なスーパーマーケットの 代 表 格 香 港 全 域 にあり 基 本 的 にローカルの 商 品 を 扱 っているが 銅 鑼 湾 や 中 環 など 多 国 籍 の 人 々が 利 用 する 繁 華 街 には 外 国 からの 商 品 を 扱 っている 店 もあり 24 時 間 営 業 と なっている 店 舗 も 多 い Welcomeと 類 似 した 庶 民 的 な 品 ぞろえで あり Welcomeと 並 んで 大 手 スーパーマー ケットチェーンとして 香 港 全 域 で 展 開 してい る 外 国 人 が 多 いエリアでは 写 真 のよう に PARKn International という 店 名 を 掲 げ 輸 入 品 を 多 く 販 売 している 日 本 でいう 明 治 屋 や 紀 伊 国 屋 のような 海 外 か らの 輸 入 品 を 多 く 扱 う 高 級 スーパー 日 本 の 米 や 卵 肉 野 菜 冷 凍 食 品 はさることなが ら ヨーロッパのチーズを 量 り 売 りするコー ナーやワインなどのアルコールコーナーも 設 けられ 駐 在 員 の 食 生 活 を 支 えている JUSCO APITA YATA( 一 田 ) 日 本 のJUSCOは 香 港 で 幅 広 く 展 開 している EAON プライベートブランド TOP VALUE の ラインアップをはじめとする 日 本 の 食 品 や 調 味 料 洗 剤 などの 生 活 用 品 が 手 に 入 る クォリー ベイや 紅 磡 といった 日 本 人 が 多 く 住 むエリア はさることながら 新 界 にも 分 布 している 1985 年 に ユニー 香 港 設 立 後 1987 年 に UNY 生 活 創 庫 として 日 本 人 在 住 率 の 高 い 太 古 城 中 心 の シティプラザ にオープン 07 年 に アピタへ 改 称 現 在 はほかに UNY 生 活 創 庫 LOKFU 楽 富 店 および 姉 妹 店 PIAGO TELFORD 徳 福 店 を 構 える ベットタウンである 沙 田 と 大 埔 にある 日 本 の 食 材 をそろえるスーパー かつては 西 友 ( 香 港 でのブランド 名 は 西 田 英 語 のロゴは SEIYU )もあったが 現 在 では 売 却 され 香 港 資 本 となっている Great ThreeSixty Market Place 西 洋 人 をメインターゲットにしたスーパー マーケット PARKnSHOP の 高 級 ラインで 品 質 の 良 い 輸 入 品 を 豊 富 にそろえている ビ ジネス 街 である 金 鐘 に 位 置 する 高 級 ショッピ ングモール Pacific Place 内 にある オーガニック 食 材 を 扱 うスーパー フード コートやカフェでも 健 康 的 な 食 材 ににこだ わったものを 提 供 している 中 環 と 九 龍 に 店 を 構 え 各 店 とも 駅 直 結 のショッピングモー ル 内 に 入 っている Welcomeと 同 系 列 のスーパー 中 高 所 得 者 層 が 住 むマンションに 入 っている 輸 入 食 品 とローカルの 食 材 を 取 り 扱 っており 輸 入 食 材 の 価 格 は 高 めだが ローカル 食 材 は WelcomeやPARKnSHOPとほぼ 変 わらない 34 Copyright(c) 2011 JETRO. All rights reserved.

プロローグ 03 05 香 港 基 本 情 報 06 植 民 地 時 代 の 面 影 が 残 る 祭 事 カレンダー 2011 年 07 香 港 式 の 冠 婚 葬 祭 08 モダンな 景 色 には 風 水 が 影 響 エリア 紹 介 09 九 龍 半 島 随 一 の 繁 華 街 尖 沙 咀 10

プロローグ 03 05 香 港 基 本 情 報 06 植 民 地 時 代 の 面 影 が 残 る 祭 事 カレンダー 2011 年 07 香 港 式 の 冠 婚 葬 祭 08 モダンな 景 色 には 風 水 が 影 響 エリア 紹 介 09 九 龍 半 島 随 一 の 繁 華 街 尖 沙 咀 10 香 港 スタイル - 2 - プロローグ 03 05 香 港 基 本 情 報 06 植 民 地 時 代 の 面 影 が 残 る 祭 事 カレンダー 2011 年 07 香 港 式 の 冠 婚 葬 祭 08 モダンな 景 色 には 風 水 が 影 響 エリア 紹 介 09 九 龍 半 島 随 一 の 繁 華 街 尖 沙 咀 10 下 町 情 緒 漂 う 佐 敦 油 麻 地 11 新 と 旧 が 混 在

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

Microsoft Word - 開発許可パンフレット

Microsoft Word - 開発許可パンフレット 市 街 化 調 整 区 域 における 2016.1.1 改 訂 版 開 発 許 可 等 の 立 地 基 準 について 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 等 に 関 する 新 たな 基 準 して 境 港 市 及 び 日 吉 津 村 の 市 街 化 調 整 区 域 のうち 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 等 において 行 うこができる 開 発 行 為 等 の 立 地 基 準

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

スライド 1

スライド 1 2016 年 10 月 6 日 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 参 考 資 料 1 DBJ JTBF アジア 欧 米 豪 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 意 向 調 査 ( 平 成 28 年 版 ) 地 域 別 の 特 徴 1. 韓 国 2 温 泉 への 入 浴 3 自 然 や 風 景 の 見 物 4 現 地 の 人 の 普 段 の

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 :

1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 : 国 地 域 別 の 農 林 水 産 物 食 品 の 輸 出 拡 大 戦 略 () 105 1 基 本 情 報 日 本 からの 農 林 水 産 物 食 品 輸 出 2 億 円 (2015 年 ) 国 地 域 別 順 位 64 位 1. 基 礎 データ 人 口 :54 百 万 人 ( 人 口 増 加 率 0.8%) 面 積 :68 万 km2 ( 日 本 の 約 1.8 倍 ) 宗 教 : 仏 教 (

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

Microsoft Word - ★第60号原稿.doc

Microsoft Word - ★第60号原稿.doc 2011 年 2 月 配 信 第 60 号 名 銀 中 国 ビジネスクラブ ビジネスレポート チャイナクラブ 通 信 ~ 中 国 ビジネスの 昇 龍 を 求 めて~ 名 銀 チャイナクラブ 通 信 では 中 国 に 拠 点 を 構 える 当 行 ならではの 現 地 取 材 に 基 づいた 情 報 をお 届 けいたします CONTENTS ( 第 60 号 ) < 南 通 トピックス> P2 日 本

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

地 域 産 品 輸 出 商 談 会 ( 瀬 戸 内 産 品 輸 出 商 談 会 in 香 港 ) 1. 日 時 : 12 月 27 日 ( 金 )14:00-18:30 2. 場 所 : 香 港 日 本 人 倶 楽 部 3. 概 要 参 加 企 業 数 : 14 社 来 場 者 : 29 社 (46

地 域 産 品 輸 出 商 談 会 ( 瀬 戸 内 産 品 輸 出 商 談 会 in 香 港 ) 1. 日 時 : 12 月 27 日 ( 金 )14:00-18:30 2. 場 所 : 香 港 日 本 人 倶 楽 部 3. 概 要 参 加 企 業 数 : 14 社 来 場 者 : 29 社 (46 今 月 のトピックス 香 港 における 日 本 食 品 関 連 市 場 調 査 産 業 部 国 際 課 TEL 082-224-5659 日 本 食 への 関 心 が 高 まっている 香 港 において 自 治 体 JETRO 等 との 連 携 による 地 域 産 品 の 輸 出 商 談 会 物 産 展 が 開 催 されました 中 国 経 済 産 業 局 では 中 国 地 域 産 の 加 工 食 品

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

上海駐在員事務所情報

上海駐在員事務所情報 < 経 済 > 関 税 率 UP 爆 買 い 勢 いに 歯 止 め 4 月 8 日 より 海 外 で 購 入 した 商 品 等 を 中 国 国 内 へ 持 ち 込 む 際 に 課 される 行 郵 税 ( 総 合 輸 入 税 ) が 引 き 上 げられました 対 象 取 引 は 一 般 貿 易 貨 物 に 比 べ 税 負 担 が 軽 減 されてい る 旅 客 荷 物 (ハンドキャリー)や 個 人 郵

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

12月広報(最終).indd

12月広報(最終).indd 流 封 択 払 請 求 始 々 謝 米 就 農 栽 培 野 菜 L ピ ョ 携 航 空 購 産 観 光 故 郷 超 控 控 治 極 億 突 破 昨 東 京 都 秋 葉 ェ 催 降 東 ニ 謝 祭 謝 趣 旨 賛 封 販 売 促 趣 旨 賛 極 苦 じ 誠 配 更 配 調 整 則 店 店 工 航 空 観 光 振 興 滞 細 魅 信 令 違 反 価 米 季 野 菜 ね ぎ ハ ョ ソ 菓 詰 適 右 記

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として 上 海 市 概 況 1. 一 般 概 況 (1) 概 要 ( 人 口 面 積 主 要 産 業 ) 市 名 上 海 市 面 積 6,340.5km2( 群 馬 県 (6,363.2km2)とほぼ 同 じ 東 京 都 は 2,102.4km2 ) 人 口 常 住 人 口 2415.27 万 人 出 生 率 *1 7.25 *4( 戸 籍 人 口 ) 戸 籍 人 口 1433.62 万 人 死 亡 率 *2

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照 丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 物 各 5 ズ 7 短 投 票 発 表 8 ダ 9 丸 彦 渡 辺 建 設 職 市 豊 平 区 豊 平 条 丁 5 8 T E L F A X8 URL:http://homepage.nifty. com/mwcsu 編 集 発 教 宣 度 全 9 サ 色 美 酒 酔 酒 酔 相 非 常 交 流 深 模 管 理 職 連 結 若 模 9 数 去 減 km / h

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月

小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 ( 月 次 ) 産 業 全 体 の 業 況 過 去 10 年 のトレンド 悪 化 好 転 DI 10 0-10 -20-30 -40-50 -60-70 -80-90 2006 年 2 月 2007 年 2 月 2008 年 2 月 2009 年 2 月 小 規 模 企 業 景 気 動 向 調 査 [ 平 成 28 年 1 月 期 調 査 ] ~ 全 業 種 で 売 上 額 が 落 ち 込 んだ 小 規 模 企 業 景 況 ~ 2016 年 2 月 23 日 全 国 商 工 会 連 合 会 < 調 査 概 要 > 調 査 対 象 : 全 国 約 300 商 工 会 の 経 営 指 導 員 調 査 時 点 :2016 年 1 月 末 調 査 方 法 :

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

施設事業計画案

施設事業計画案 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 平 成 2 6 年 4 月 1 日 ~ 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 社 会 福 祉 法 人 ポ プ ラ 福 祉 会 ポ プ ラ 保 育 園 1. 保 育 事 業 の 目 的 児 童 福 祉 法 第 24 条 及 び 37 条 の 規 定 に 基 づ き 乳 児 及 び 幼 児 の 保 育 を 行 う 2 施 設 運 営 の 全 般 の 方 針 (1)

More information

る 旺 角 (Mong Kok)や 尖 沙 咀 (Tsim Sha Tsui)などの 繁 華 街 で 道 路 上 空 に 埋 め 尽 くさ れた 看 板 の 下 を 昼 夜 を 問 わず 多 くの 人 が 行 き 交 っている 頭 上 に 氾 濫 する 看 板 が 通 行 人 に 対 してサイン 効

る 旺 角 (Mong Kok)や 尖 沙 咀 (Tsim Sha Tsui)などの 繁 華 街 で 道 路 上 空 に 埋 め 尽 くさ れた 看 板 の 下 を 昼 夜 を 問 わず 多 くの 人 が 行 き 交 っている 頭 上 に 氾 濫 する 看 板 が 通 行 人 に 対 してサイン 効 香 港 の 都 市 景 観 における 屋 外 広 告 物 の 現 状 と 課 題 法 政 大 学 大 学 院 政 策 創 造 研 究 科 博 士 後 期 課 程 髙 橋 芳 文 調 査 の 目 的 と 背 景 都 市 景 観 における 屋 外 広 告 物 は 景 観 の 阻 害 要 因 とされることが 多 いが 一 方 で 街 の 個 性 や 活 気 を 演 出 する 舞 台 装 置 として 欠 かせないものでもある

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起

SEPTEMBE 過 酷 状 況 互 助 消 防 職 員 懸 命 救 救 助 誰 協 姿 底 感 感 謝 耐 ご 負 挑 参 計 計 住 宅 旧 害 盤 盤 直 容 計 割 完 了 初 達 残 割 共 需 況 呈 需 束 据 維 主 導 円 滑 移 不 可 欠 官 街 周 辺 セ 官 雇 確 起 起 SEPTEMBE V 字 U 字 奥 深 綾 ょ 里 越 喜 浜 急 峻 迫 典 変 富 景 源 恵 農 漁 治 艦 雷 電 注 昭 臨 形 極 導 セ 水 営 水 第 次 黒 潮 親 潮 漁 水 揚 誇 ケ 魚 介 類 水 揚 沿 静 穏 養 殖 漁 営 美 注 例 鳥 Ⅱ 乗 歓 触 変 評 毎 唯 浜 ダ コ 航 私 第 協 働 始 矢 先 弱 m 超 津 波 死 不 害 8 未 曾 害 受

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

調 査 概 要 P.1 調 査 手 法 : WEBリサーチ 調 査 期 間 : 2015 年 2 月 12 日 ( 木 )~2 月 13 日 ( 金 ) 調 査 対 象 : 首 都 圏 在 住 の30 歳 ~69 歳 の 既 婚 者 で 配 偶 者 が 同 居 している 層 有 効 回 答 : 41

調 査 概 要 P.1 調 査 手 法 : WEBリサーチ 調 査 期 間 : 2015 年 2 月 12 日 ( 木 )~2 月 13 日 ( 金 ) 調 査 対 象 : 首 都 圏 在 住 の30 歳 ~69 歳 の 既 婚 者 で 配 偶 者 が 同 居 している 層 有 効 回 答 : 41 付 き 添 い 消 費 に 関 する マーケティングデータ ~ 買 い 物 行 動 の 実 態 編 ~ 朝 日 大 学 マーケティング 研 究 所 調 査 概 要 P.1 調 査 手 法 : WEBリサーチ 調 査 期 間 : 2015 年 2 月 12 日 ( 木 )~2 月 13 日 ( 金 ) 調 査 対 象 : 首 都 圏 在 住 の30 歳 ~69 歳 の 既 婚 者 で 配 偶 者 が

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

Taro-04 別記10 営業調査算定要領

Taro-04 別記10 営業調査算定要領 別 記 10 Ⅰ 営 業 調 査 営 業 調 査 算 定 要 領 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 うものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 地 等 設 年 月 日 ロ) 事 業 概 況

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j 小 豆 島 地 域 振 興 計 画 1 第 1 章 離 島 の 現 状 と 課 題 1-1 概 要 本 地 域 の 有 人 島 は 平 成 22 年 現 在 小 豆 島 ( 土 庄 町 小 豆 島 町 30,167 人 153.29km2) 沖 之 島 ( 土 庄 町 75 人 0.18km2) 豊 島 ( 土 庄 町 1,018 人 14.50km2) 小 豊 島 ( 土 庄 町 15 人 1.09km2)の

More information

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使 東 震 災 被 災 舞 2 5 25 リ バ サ ド ホ 連 迎 在 10 近 ぞ 各 向 図 欲 揚 指 志 賛 法 賛 助 協 得 昨 12 4 ユ ネ コ 遺 護 条 約 8 政 我 伝 統 記 載 登 録 決 追 風 朗 重 性 再 確 財 ロ フ ェ ナ 集 団 重 性 寄 引 続 広 責 重 受 止 不 可 欠 影 響 及 ぼ 改 途 影 響 視 常 深 係 直 接 施 設 通 健 康

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 27 年 9 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 21 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 2 4 第 7 問 第 2 問 問 22 194( 万 円 ) 問 3 2 問 23 395( 万 円 ) 問 4 1.632(%) 問

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

ランキング(2月数値訂正済み)

ランキング(2月数値訂正済み) [ 参 考 資 料 ] 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 ( 確 報 ) 結 果 産 業 小 分 類 都 道 府 県 市 町 村 のランキング 産 業 小 分 類 1 事 業 所 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 2 2 従 業 者 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 4 都 道 府 県 3 事 業 所 数 産 業 大 分 類 都 道 府

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにした

は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにした 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 小 野 市 は し が き ここに 平 成 17 年 版 小 野 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 小 野 市 の 人 口 産 業 社 会 文 化 などの 各 分 野 にわたる 基 本 的 な 統 計 を 総 合 的 に 集 録 し 市 勢 の 現 況 と 推 移 を 明 らかにしたものです 今 日 の 情 報 化 少 子 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 53 回 インナー 大 会 国 内 農 業 の 海 外 市 場 参 入 専 修 大 学 望 月 ゼミ 国 際 比 較 班 大 里 尚 史 勝 亦 ありさ 北 川 美 有 香 発 表 の 流 れ 問 題 提 起 国 内 農 業 の 現 状 分 析 オランダの 農 業 現 状 政 策 提 言 問 題 提 起 大 テーマ 持 続 的 可 能 な 経 済 成 長 の 実 現 日 本 経 済 再 生 プロジェクト

More information

□ ご 遺 族 ご 親 族 の 方 へ 突 然 なるご 逝 去 心 よりお 悔 やみ 申 し 上 げます 故 人 の 安 らかなるご 冥 福 をお 祈 りさせていただきます 今 後 の 御 葬 儀 にあたり 本 書 をお 役 立 てください 富 山 県 下 新 川 郡 入 善 町 上 野 1121 宮 本 造 花 店 TEL(0765)72-1854 FAX(0765) 72-5126 喪 家 の 手

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

別紙2

別紙2 運 輸 事 情 調 査 中 国 東 北 地 方 ( 遼 寧 省 吉 林 省 黒 龍 江 省 ) ( 出 展 : 中 国 統 計 年 鑑 29 遼 寧 統 計 年 鑑 29 吉 林 統 計 年 鑑 29 黒 龍 江 統 計 年 鑑 29) 基 本 情 報 図 1. 中 国 東 北 三 省 地 図 図 2. 中 国 東 北 地 方 と 日 本 の 位 置 関 係 表 1. 東 北 三 省 の 基 本 情

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成

2 旅 行 日 3 用 務 名 4 目 的 地 5 交 通 手 段 (2) 旅 費 の 支 給 を 伴 わない 旅 行 を 行 った 場 合 には 出 勤 簿 上 は 出 張 の 表 示 はせず 出 勤 と 同 じ 扱 いをする ただし 前 項 のただし 書 による 旅 行 命 令 簿 を 作 成 職 員 の 旅 費 に 関 する 条 例 の 一 部 を する 条 例 等 の 施 行 に 伴 う 旅 費 の 取 扱 いについて 平 成 18 年 3 月 29 日 17 高 教 職 第 1370 号 教 育 長 通 知 平 成 19 年 1 月 4 日 18 高 教 政 第 486 号 教 育 長 通 知 平 成 20 年 11 月 12 日 20 高 総 福 第 646 号 教 育 長 通 知

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

生 計 支 出 は 用 途 分 類 と 品 目 分 類 の2 体 系 に 分 類 される (2) その 他 の 実 支 出 は 税 金 社 会 保 険 料 などの 支 出 項 目 からなる (3) 実 支 出 以 外 の 支 出 は 資 産 の 増 加 又 は 負 債 の 減 少 を 意 味 する

生 計 支 出 は 用 途 分 類 と 品 目 分 類 の2 体 系 に 分 類 される (2) その 他 の 実 支 出 は 税 金 社 会 保 険 料 などの 支 出 項 目 からなる (3) 実 支 出 以 外 の 支 出 は 資 産 の 増 加 又 は 負 債 の 減 少 を 意 味 する Ⅴ 収 支 項 目 分 類 の 基 本 原 則 1 収 入 収 入 総 額 は 実 収 入 実 収 入 以 外 の 収 入 繰 入 金 に 分 類 される (1) 実 収 入 は 世 帯 員 全 員 の 現 金 収 入 ( 税 込 み)を 合 計 したもので 主 として 勤 労 や 事 業 の 対 価 として 新 たに 家 計 に 入 る 収 入 である 中 間 項 目 として 経 常 収 入 と

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

火 曜 日 7 黒 木 一 央 整 形 外 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 東 町 24-1 8 橋 口 慶 一 消 化 器 内 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 東 町 24-1 9 小 河 原 大 樹 呼 吸 器 内 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌

火 曜 日 7 黒 木 一 央 整 形 外 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 東 町 24-1 8 橋 口 慶 一 消 化 器 内 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 東 町 24-1 9 小 河 原 大 樹 呼 吸 器 内 科 諫 早 総 合 病 院 諫 早 市 永 昌 火 曜 日 毎 週 火 曜 金 曜 日 発 行 印 は 長 崎 県 例 規 集 に 登 載 するもの 目 次 告 示 所 管 課 ( 室 ) 名 身 体 障 害 者 福 祉 法 に 基 づく 医 師 の 指 定 障 害 福 祉 課 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 自 立 支 援 医 療 機 関 の 指 定

More information

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断 8 叶 突 拍 子 ぶ 5 武 敷 表 扉 両 ド 番 臣 部 明 治 維 字 帯 刀 許 豪 農 庄 借 称 テ ィ 水 田 農 景 色 売 徐 具 性 増 正 直 意 味 理 変 改 ゃ ギ ャ & フ ェ 訪 吹 抜 高 天 井 堂 太 漆 喰 壁 具 和 小 似 ゆ 落 着 雰 囲 浸 趣 味 楽 友 達 呼 酒 酌 交 悪 小 学 頃 夏 休 掌 口 瓢 箪 駒 待 構 秋 続 書 道 教

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information