Size: px
Start display at page:

Download "序"

Transcription

1 東 京 都 市 大 学 グループの 祖 五 島 慶 太 翁 生 誕 130 年 記 念 誌

2 熱 誠 慶 太 翁 からのメッセージ 人 の 成 功 と 失 敗 のわかれ 目 は 第 一 に 健 康 である 次 には 熱 と 誠 である 体 力 があって 熱 と 誠 とがあるならば 必 ず 成 功 する 禅 語 に 随 処 に 主 となる という 語 があるが 貴 賤 を 問 わず い つ 如 何 なるときでも 自 ら 主 となるように 努 めなければならぬ そ の 時 その 折 において 必 ず 第 一 人 者 となるのには それだけの 確 信 が 持 てるように 他 人 よりも 余 計 に 勉 強 しなければならない そ れには 敵 弾 の 十 字 火 中 にあるような 滅 私 奉 公 的 の 熱 誠 あるいは 神 仏 を 礼 拝 する 時 のような 誠 実 が 無 ければ 出 来 ない 自 分 の 現 在 従 事 しておる 仕 事 について 常 に 第 一 人 者 となる 様 に 努 力 してお るならば 個 人 的 収 入 も 社 会 的 地 位 も すべて 必 ず 向 上 して 行 く ことは 間 違 いない この 体 力 と 熱 誠 さえあれば 不 可 能 な 事 はない ということを 私 は 自 らの 経 験 上 確 信 している 出 典 : 清 和 ( 昭 和 12 年 7 月 号 ) 我 が 半 生 の 体 験 を 語 る 本 誌 36 頁 五 島 育 英 会 報 巻 頭 言 ( 昭 和 33 年 12 月 号 ) 私 の 人 生 観 本 誌 352 頁 表 紙 題 字 : 書 道 家 佐 野 梨 山 先 生 ( 毎 日 書 道 展 審 査 員 )の 書

3 1958( 昭 和 33) 年 12 月 自 宅 にて(76 才 )

4

5 序 五 島 慶 太 翁 が 描 いた 夢 の 舞 台 の 幕 が 上 がった

6 東 京 都 市 大 学 グループの 誕 生 記 念 コンサート 2009( 平 成 21) 年 3 月 30 日 渋 谷 Bunkamura オーチャードホールにおいて 東 京 都 市 大 学 グループ の 誕 生 を 祝 う 記 念 コンサートが 開 催 された コンサートは 現 在 世 界 的 に 活 躍 されている 本 名 徹 次 氏 の 指 揮 東 京 フィルハーモニー 交 響 楽 団 と 80 人 の 二 期 会 合 唱 団 の 構 成 で 第 1 部 では 東 京 都 市 大 学 グループ 学 園 歌 夢 に 翼 を ( 岩 代 浩 一 作 詞 作 曲 ( 岩 代 太 郎 編 曲 ))が 披 露 され 第 2 部 はベート ーヴェンの 交 響 曲 第 九 番 ( 合 唱 付 き)が 大 倉 由 紀 枝 (ソプラノ) 森 山 京 子 (メゾソプラノ) 村 上 敏 明 (テノール) 福 島 明 也 (バリトン)といった 当 代 一 流 のソリストによって 演 奏 された 会 場 には 五 島 育 英 会 東 京 都 市 大 学 グループの 教 職 員 をはじめとして 東 急 グループの 関 係 者 のほか 1 万 通 を 超 える 一 般 公 募 の 中 から 抽 選 で 選 ばれた 方 々を 含 む1,800 名 が 演 奏 を 堪 能 し 拍 手 が 鳴 りやま ないほどの 感 動 が 会 場 を 満 たし 東 京 都 市 大 学 グル ープの 誕 生 を 祝 うにふさわしい 厳 かな 式 典 となった 6

7 2009 年 3 月 30 日 に 行 われた 東 京 都 市 大 学 グループ 誕 生 記 念 式 典 山 口 理 事 長 から 中 村 学 長 に 新 校 旗 を 授 与 挨 拶 される 中 村 英 夫 東 京 都 市 大 学 学 長 山 口 裕 啓 五 島 育 英 会 理 事 長 上 條 清 文 東 急 グループ 代 表 序 五 島 慶 太 翁 が 描 いた 夢 の 舞 台 の 幕 が 上 がった 7

8 五 島 育 英 会 発 足 以 来 の 慶 太 翁 の 構 想 の 実 現 2009( 平 成 21) 年 4 月 1 日 東 京 都 市 大 学 グループ は 正 式 に 発 足 したが その 誕 生 の 経 過 を 語 るうえで 何 よりも 思 いを 致 さなければならないのは その 礎 を 築 いた 五 島 慶 太 翁 の 総 合 大 学 化 の 夢 と 実 現 への 足 跡 である この 都 市 大 グループが 誕 生 した2009 年 は 奇 しくも 慶 太 翁 没 後 50 年 の 節 目 の 年 であった 東 京 都 市 大 学 は 武 蔵 工 業 大 学 と 東 横 学 園 女 子 短 期 大 学 との 統 合 によって 新 たに 総 合 大 学 として 出 発 したが その 構 想 は 既 に1954( 昭 和 29) 年 当 時 東 急 電 鉄 の 会 長 であった 五 島 慶 太 翁 が 自 ら 創 設 した 東 横 学 園 に 加 えて 武 蔵 工 業 大 学 も 経 営 することとな り 両 大 学 を 経 営 する 学 校 法 人 五 島 育 英 会 を 創 立 し た 時 点 で 発 表 されている 1954( 昭 和 29) 年 当 時 の 武 蔵 工 業 大 学 は 校 舎 はすべて 木 造 で 老 朽 化 し 雨 漏 りの 教 室 で 傘 をさして の 授 業 教 職 員 の 給 料 も 遅 配 するなど 倒 産 寸 前 の 状 態 にあった 創 立 者 であった 西 村 有 作 の 懇 願 を 受 け てその 経 営 を 引 受 けた 慶 太 翁 は 将 来 慶 應 早 稲 田 に 匹 敵 し 得 る 総 合 大 学 になる 日 も 遠 くないと 確 信 し ている との 構 想 を 打 ち 出 し 直 ちに 校 舎 をすべて 鉄 筋 コンクリート 校 舎 に 改 める10 ヵ 年 計 画 を 作 成 した また 東 京 工 業 大 学 大 阪 大 学 の 学 長 を 歴 任 した 八 木 秀 次 を 武 蔵 工 業 大 学 の 学 長 に 迎 えるなど 教 授 陣 容 を 強 化 し 当 時 国 内 の 大 学 では3 基 目 となる 原 子 力 研 究 所 の 設 置 をはじめ 設 備 の 充 実 などに 当 時 の 東 急 グループの 総 帥 としてその 資 金 と 人 材 を 注 ぎ 込 み 驚 異 的 なスピードで 大 学 の 校 容 を 一 新 するこ とに 力 を 尽 くした 慶 太 翁 は 残 念 ながらその5 年 後 の1959( 昭 和 34) 年 に 他 界 されたが 5 年 間 で 示 さ れた 構 想 は 後 継 者 五 島 昇 理 事 長 によって 東 急 グル ープの 教 育 事 業 として 強 力 に 支 援 されて 今 日 の 東 京 都 市 大 学 グループ 各 校 の 発 展 の 礎 となった 東 京 都 市 大 学 グループが 順 調 に 発 展 大 学 とすべての 設 置 校 が 校 名 に 東 京 都 市 大 学 を 冠 し また 入 学 式 卒 業 式 などでグループ 学 園 歌 夢 に 翼 を が 演 奏 され 合 唱 される 中 で すべての 教 職 員 に 東 京 都 市 大 学 グループの 意 識 共 有 が 確 実 に 醸 成 されつつある 中 でも2011( 平 成 23) 年 の 夏 に 東 京 都 市 大 学 塩 尻 高 等 学 校 硬 式 野 球 部 が 甲 子 園 に 初 出 場 した 際 には グループを 挙 げた 大 応 援 団 が 甲 子 園 のアルプ ススタンドを 埋 め また 同 高 校 の 男 子 サッカー 部 女 子 バレーボール 部 空 手 道 部 が 長 野 県 を 制 し 全 国 大 会 に 出 場 した 際 にもグループ 各 校 からの 応 援 団 が 都 市 大 がんばれ を 連 呼 するなど 学 生 や 父 兄 と 共 に 教 職 員 が 東 京 都 市 大 学 グループに 所 属 しているこ とに 喜 びと 誇 りを 共 有 した 校 容 の 充 実 に 関 しては 東 京 都 市 大 学 グループ 発 足 後 も 順 次 各 学 校 の 校 舎 新 築 等 学 生 生 徒 の 教 育 環 境 を 整 備 充 実 するとともに 高 大 連 携 を 深 めるべく 付 属 3 高 校 生 の 東 京 都 市 大 学 における 受 講 による 単 位 認 定 制 度 あるいは 付 属 進 学 制 度 ( 付 属 高 校 か ら 東 京 都 市 大 学 への 推 薦 制 度 ) を 構 築 するなど 大 学 と 小 学 校 幼 稚 園 の 交 流 を 含 めた 学 校 間 連 携 も 着 々と 進 められている 東 京 都 市 大 学 ではまた 大 学 の 知 的 資 源 を 地 域 社 会 に 還 元 する 活 動 にも 力 を 入 れている 渋 谷 コロ キウム は 東 急 沿 線 地 域 に 住 む 方 々を 対 象 にした 東 京 都 市 大 学 の 公 開 講 座 として 定 着 した また 東 京 都 市 大 学 の 今 後 を 展 望 するにあたって 東 急 グループとの 連 携 強 化 は 大 きなテーマである 東 急 グループの 持 つ 様 々な 経 営 資 源 を 有 効 に 活 用 する ことは 他 校 が 真 似 のできない 独 自 性 を 生 み 差 別 化 を 可 能 とする 東 京 都 市 大 学 は 困 難 の 都 度 慶 太 翁 の 強 力 な 指 導 の 下 に 東 急 グループの 支 援 を 受 けてきたが 現 在 も 節 々にあたって 東 急 グループから 寄 せられる 支 援 は 大 きい 東 急 グループの 一 員 でもある 私 たちはそれ に 応 えて 東 京 都 市 大 学 グループが 掲 げる 教 育 理 念 健 全 な 精 神 と 豊 かな 教 養 を 培 い 未 来 を 見 つめた 人 材 の 育 成 に 総 力 を 挙 げて 取 組 む 必 要 がある 8

9 慶 太 翁 の 教 育 哲 学 のルーツを 探 究 する 長 野 県 小 県 郡 青 木 村 に 今 も 現 存 する 五 島 慶 太 翁 の 生 家 松 本 中 学 時 代 の 五 島 慶 太 翁 ところで 早 稲 田 の 大 隈 重 信 慶 應 の 福 沢 諭 吉 同 志 社 の 新 島 襄 など 歴 史 ある 大 学 は 創 設 者 について 学 内 外 に 積 極 的 に 広 報 されているが 東 京 都 市 大 学 にはその 祖 である 五 島 慶 太 翁 に 関 しては これまで 広 く 伝 えられていない 世 に 五 島 慶 太 伝 は 数 多 くあ るがその 殆 んどは 事 業 家 としての 伝 記 であり 鉄 道 事 業 地 域 開 発 企 業 合 併 で 事 業 を 拡 大 した 人 生 と ドラマに 焦 点 があてられている しかし 教 育 事 業 に 携 わった 五 島 慶 太 翁 の 業 績 もまた 素 晴 らしくドラ マチックである 例 えば 慶 太 翁 が 理 事 長 就 任 後 武 蔵 工 大 の 理 事 会 [1954( 昭 和 29) 年 12 月 ]に 初 出 席 した 際 教 室 不 足 に 対 する 校 舎 増 築 とその 資 金 調 達 の 議 題 に 関 して 慶 太 翁 と 教 授 陣 との 間 で 次 のようなやりとりがあった いし3,000 万 円 の 負 担 は 学 校 にとって 相 当 な 重 荷 に なる 慶 太 翁 建 設 費 は 私 が 責 任 をもつので 先 生 方 は 心 配 しなくてよい 設 計 施 工 が 間 に 合 わないなら 東 急 で やる 蔵 田 教 授 武 蔵 工 大 の 名 折 れになるから 設 計 は 正 月 返 上 で 間 に 合 わせる 慶 太 翁 蔵 田 さん よく 引 き 受 けてくれた それで は 設 計 は1 月 15 日 までにお 願 いする 施 工 は 私 が 4 月 末 までに 竣 工 するよう 手 配 する ******************************** まさに 慶 太 翁 の 面 目 躍 如 ダイナミックで 緻 密 な 展 望 ユーモアと 優 しさが 表 れたやりとりといえよう ******************************** 蔵 田 教 授 鉄 筋 平 屋 3 教 室 の 建 築 費 300 万 円 を 理 事 長 の 保 証 で 銀 行 から 借 りてほしい 慶 太 翁 僅 か300 万 円 のために 私 に 保 証 人 になれと いうのか? 0が1つ 足 りないのではないか? 3,000 万 円 なら 納 得 できる それに3 教 室 増 築 では 当 座 の 間 に 合 せでしかない 3,000 万 円 で 鉄 筋 コン クリート3 階 建 てにしようではないか 蔵 田 教 授 鉄 筋 3 階 建 ては 願 ってもない 話 だが 教 室 は 来 年 4 月 に 必 要 で 今 からの 計 画 では 間 に 合 わな 五 島 慶 太 翁 は 今 から130 年 前 の1882( 明 治 15) 年 長 野 県 小 県 郡 青 木 村 に 生 まれた 中 学 卒 業 後 は 母 校 の 青 木 村 小 学 校 の 代 用 教 員 をしながら 勉 学 に 励 み 東 京 高 等 師 範 学 校 を 出 て 三 重 県 立 四 日 市 商 業 学 校 の 英 語 教 師 になるなど 社 会 への 第 一 歩 は 教 育 者 とし ての 道 であった その 後 一 念 発 起 して 東 京 帝 大 に 入 り 官 僚 を9 年 勤 めた 後 鉄 道 事 業 の 道 に 進 む 鉄 道 事 業 にあたっては 沿 線 に 学 校 を 誘 致 し 文 教 都 市 と して 発 展 させたのが 慶 太 翁 の 特 徴 で 今 も 東 急 の 沿 線 には 学 校 が 多 い 後 に 経 営 を 引 受 けることになる 序 五 島 慶 太 翁 が 描 いた 夢 の 舞 台 の 幕 が 上 がった 9

10 武 蔵 工 業 大 学 との 間 にも 少 なからぬ 縁 があった 同 大 学 の 前 身 校 武 蔵 高 等 工 科 学 校 が 狭 い 仮 校 舎 で 難 儀 をしていた 際 慶 太 翁 ( 当 時 目 蒲 電 鉄 の 専 務 )が 大 岡 山 に5,000m2(1500 坪 )の 土 地 を 斡 旋 した そ の 後 玉 川 等 々 力 町 1 丁 目 ( 現 玉 堤 )に 移 転 した 際 も 33,000m2(1 万 坪 )の 土 地 を 目 黒 蒲 田 電 鉄 株 式 会 社 社 長 五 島 慶 太 の 格 別 の 好 意 により 同 電 鉄 が 地 主 から 借 りて 学 校 が 又 借 りするという 形 をとるなどの 便 宜 を 図 っている 当 時 の 学 校 の 資 産 状 態 では 地 主 が 怖 がって 土 地 を 貸 さなかったからである 1954 ( 昭 和 29) 年 には 経 営 危 機 に 瀕 していた 武 蔵 工 大 の 西 村 有 作 理 事 長 が 後 事 を 託 するにふさわしい 人 とし て 慶 太 翁 を 選 んだのはそうした 人 柄 に 惹 かれたから でもあった 東 京 急 行 電 鉄 を 中 核 企 業 とし 交 通 不 動 産 リ テール レジャーサービス ホテル 建 設 そして 文 化 事 業 などを 多 角 的 に 経 営 する 東 急 グループを 一 代 で 日 本 有 数 の 企 業 集 団 に 育 て 上 げた 五 島 慶 太 翁 が 晩 年 に 最 も 力 を 注 いだのが 東 横 学 園 と 武 蔵 工 業 大 学 をそれぞれ 育 て 将 来 合 併 し 日 本 有 数 の 総 合 大 学 を 作 ることであった 慶 太 翁 は 途 上 で 他 界 されたが その 後 を 継 いだ 学 校 法 人 五 島 育 英 会 の 理 事 長 や 両 学 園 の 学 長 他 教 職 員 の 努 力 そして 東 急 グループの 支 援 などによって 教 育 陣 容 の 強 化 敷 地 や 校 舎 設 備 など 教 育 環 境 の 充 実 学 部 学 科 の 増 設 が 図 られ2009( 平 成 21) 年 4 月 1 日 ついに 東 京 都 市 大 学 という 総 合 大 学 を 実 現 し たのである 生 誕 130 年 を 記 念 して 出 版 2012( 平 成 24) 年 4 月 18 日 学 校 法 人 五 島 育 英 会 初 代 理 事 長 である 五 島 慶 太 翁 の 生 誕 130 年 目 に 当 たるこの 日 東 京 都 世 田 谷 区 九 品 仏 の 浄 真 寺 にある 慶 太 翁 の 墓 前 にて 東 京 都 市 大 学 グループの 祖 五 島 慶 太 翁 へのグループ 発 展 のご 報 告 を 行 う 墓 参 が 行 われた 都 市 大 グループの 誕 生 以 来 4 年 目 の 現 状 を 報 告 し 各 校 は 募 集 人 員 を 充 足 するなど 順 調 に 成 長 を 遂 げつ つあるが 高 校 の 進 学 又 大 学 の 就 職 状 況 など 教 育 成 果 や 実 績 など 真 価 を 問 われるのはこれからであり 各 学 校 は 総 点 検 の 上 更 なる 進 化 前 進 を 図 り 長 期 計 画 に 取 り 組 むことを 墓 前 に 誓 うものであった 東 京 都 市 大 学 グループに 籍 を 置 くものとしては その 祖 である 五 島 慶 太 翁 が 教 育 事 業 に 注 いだ 情 熱 すなわち 国 の 繁 栄 のための 人 の 重 要 性 教 育 の 大 切 さ 産 業 振 興 のための 快 適 な 生 活 環 境 の 整 備 そ して 固 有 の 文 化 の 伝 承 といった 一 連 の 哲 学 思 想 に 学 ぶことが 重 要 と 思 われるが 現 在 慶 太 翁 のそれ らの 記 録 が 整 理 されていない 為 墓 参 を 記 念 して 五 島 育 英 会 法 人 本 部 では 慶 太 翁 の 業 績 を 可 能 な 限 り 発 掘 し 編 纂 することとした 今 回 の 編 纂 目 的 が 当 初 から 慶 太 翁 の 教 育 業 績 を 中 心 としたため 五 島 育 英 会 史 とは 性 格 を 異 にしてい る それは 次 の 編 纂 機 会 に 託 し あくまでこの 記 録 は 五 島 慶 太 翁 の 教 育 概 史 としてお 読 みいただき 東 京 都 市 大 学 グループの 祖 を 身 近 に 知 っていただけれ ば 幸 いである 墓 前 の 安 達 理 事 長 五 島 慶 太 翁 生 誕 130 年 記 念 墓 参 ( 九 品 仏 浄 真 寺 2012 年 4 月 18 日 ) 10

11 浄 真 寺 開 山 堂 前 の 学 校 園 長 学 部 長 研 究 科 長 役 員 幹 部 等 五 島 慶 太 翁 の 胸 像 を 囲 んで( 東 京 都 市 大 学 世 田 谷 キャンパス 五 島 記 念 館 中 庭 ) 前 列 左 から/ 國 分 専 務 理 事 安 達 理 事 長 中 村 総 長 ( 都 市 大 ) 広 江 常 務 理 事 後 列 左 から/ 重 永 校 長 ( 付 属 小 ) 原 田 校 長 ( 等 々 力 中 高 ) 小 野 校 長 ( 付 属 中 高 ) 赤 羽 校 長 ( 塩 尻 高 ) 波 田 野 園 長 ( 二 子 幼 ) 白 石 校 長 ( 東 自 校 ) 序 五 島 慶 太 翁 が 描 いた 夢 の 舞 台 の 幕 が 上 がった 11

12 東 京 都 市 大 学 グループの 校 容 東 京 都 市 大 学 世 田 谷 キャンパス アリーナ( 体 育 館 )での 入 学 式 収 容 人 数 約 2700 名 のアリーナは 体 育 の 授 業 や 課 外 活 動 で 用 いられるほか 入 学 式 や 学 位 授 与 式 など 大 規 模 なセレモニーの 会 場 として 利 用 されている 五 島 記 念 館 (3 号 館 ) 東 京 都 市 大 学 世 田 谷 キャンパスの 中 心 となる 施 設 であり 1994 年 3 月 に 竣 工 パルテノン 神 殿 を 連 想 させる 重 厚 なもので 五 島 慶 太 初 代 理 事 長 等 の 偉 業 を 称 え 命 名 新 1 号 館 学 生 支 援 センター 教 室 研 究 室 事 務 管 理 部 門 などを 備 える 環 境 配 慮 型 の 複 合 施 設 写 真 は 第 1 期 分 第 2 期 竣 工 は 右 側 に 連 結 し2013 年 12 月 完 成 SAKURA CENTER#14(14 号 館 ) 創 立 75 周 年 記 念 事 業 の 一 環 として 教 育 環 境 の 改 善 充 実 を 図 る 目 的 で2004 年 3 月 に 竣 工 ア リーナ( 体 育 館 )のほか 学 生 食 堂 カフェテリア トレーニングル ーム 武 道 場 などさまざまな 機 能 を 併 せ 持 つ 複 合 施 設 学 生 食 堂 (CANTEEN RARA 14 号 館 ) 約 1000 席 を 配 した 学 生 食 堂 の 壁 面 には 工 学 系 学 部 の 学 生 の 手 によって 円 周 率 が 描 かれ ている 12

13 東 京 都 市 大 学 横 浜 キャンパス 図 書 館 情 報 基 盤 センター(2 号 館 左 )と 講 義 研 究 棟 (3 号 館 右 ) 横 浜 キャンパスは1998 年 10 月 国 内 の 教 育 機 関 で 初 めて ISO14001 の 認 証 を 取 得 した 環 境 重 視 のエコ キャンパス ミニプレラボ(3 号 館 ) 高 度 なマルチメディア 環 境 を 実 現 し 3 次 元 音 場 技 術 による 空 間 の 快 適 性 を 追 求 した 実 践 型 施 設 東 京 都 市 大 学 等 々 力 キャンパス 図 書 館 (3 号 館 )1984 年 10 月 竣 工 学 部 学 科 に 関 する 専 門 図 書 や 実 用 書 など 約 17 万 冊 を 配 架 し 学 習 や 研 究 の 場 として 活 用 している 学 生 ラウンジ(3 号 館 ) 就 職 関 連 資 料 や 雑 誌 などを 自 由 に 閲 覧 でき る 寛 ぎのスペース 傍 らには 学 生 支 援 センター キャリア 支 援 センタ ーがあり 学 生 からの 相 談 に 対 応 している 東 京 都 市 大 学 原 子 力 研 究 所 東 京 都 市 大 学 総 合 研 究 所 1960 年 開 設 現 在 は 原 子 力 安 全 工 学 科 や 早 稲 田 大 学 との 共 同 大 学 院 での 原 子 力 放 射 線 実 験 実 習 施 設 として 活 用 2004 年 開 設 企 業 や 他 大 学 海 外 の 研 究 機 関 との 共 同 研 究 を 推 進 し それら 研 究 成 果 を 社 会 に 還 元 序 五 島 慶 太 翁 が 描 いた 夢 の 舞 台 の 幕 が 上 がった 13

14 東 京 都 市 大 学 付 属 中 学 校 高 等 学 校 東 京 都 市 大 学 等 々 力 中 学 校 高 等 学 校 中 学 校 1956 年 高 校 1951 年 開 設 中 高 6 ヶ 年 一 貫 教 育 により 生 徒 の 未 来 創 造 をサポート 豊 富 な 知 識 と 教 養 国 際 性 を 備 えた 人 間 力 の 育 成 に 力 を 注 ぐ 中 学 校 1947 年 高 校 1948 年 開 設 ノブレス オブリージュ( 高 潔 な 若 人 が 果 たすべき 責 任 と 義 務 ) グローバルリーダーの 育 成 という 独 自 の 理 念 に 基 づき 生 徒 の 学 力 向 上 と 人 格 形 成 を 図 る 東 京 都 市 大 学 塩 尻 高 等 学 校 東 京 都 市 大 学 付 属 小 学 校 1956 年 開 設 大 学 教 授 の 出 張 授 業 や 研 究 指 導 東 京 都 市 大 学 の 単 位 を 修 得 できる 高 大 連 携 事 業 等 生 徒 一 人 ひとりの 学 習 への 可 能 性 を 高 める 学 習 システムを 構 築 野 球 部 女 子 バレーボール 部 サッカ ー 部 などが 全 国 大 会 に 出 場 し 活 躍 1956 年 開 設 低 学 年 では 体 で 学 ぶ 中 学 年 は 共 に 学 ぶ 高 学 年 は 自 ら 学 ぶ をコンセプトとして ミクニレッスンをはじめ 60プログラムに 及 ぶ 体 験 授 業 英 語 授 業 習 熟 度 に 応 じた 算 数 授 業 を 行 う 東 京 都 市 大 学 二 子 幼 稚 園 東 京 都 市 大 学 総 合 グラウンド 1955 年 開 設 人 格 形 成 の 基 礎 となる 幼 児 期 に 日 常 の 遊 びの 中 か ら 豊 かな 情 操 と 集 団 への 適 応 性 を 育 てている また 心 身 ともに 健 康 で 自 主 的 な 生 活 態 度 を 養 い 将 来 の 良 き 社 会 人 育 成 を 目 指 す 大 学 から 幼 稚 園 までの 学 生 生 徒 児 童 園 児 たちが 健 康 と 体 力 の 増 進 と 様 々な 教 育 活 動 を 展 開 するなど 学 校 生 活 の 充 実 を 図 る 場 として2010 年 に 開 設 シャトルバスを 運 行 14

15 八 ヶ 岳 山 荘 東 急 自 動 車 学 校 東 京 都 市 大 学 グループの 教 職 員 および 学 生 生 徒 等 が 勉 強 やクラ ブの 合 宿 研 修 場 所 として 利 用 できる 山 梨 県 清 里 高 原 にあるオール シーズン 型 の 宿 泊 施 設 1955 年 設 立 2009 年 12 月 から 東 京 都 多 摩 市 唐 木 田 に 移 転 し 開 業 五 島 育 英 会 ビル( 法 人 本 部 ) 東 京 都 市 大 学 渋 谷 サテライトクラス JR 渋 谷 駅 西 口 から 徒 歩 5 分 という 利 便 性 を 備 えた 都 心 型 のオフィ スビル 東 京 都 市 大 学 と 早 稲 田 大 学 による 共 同 大 学 院 共 同 原 子 力 専 攻 (2010 年 4 月 開 設 )の 教 育 研 究 開 発 の 拠 点 として 利 用 トピックス 東 京 都 市 大 学 塩 尻 高 等 学 校 野 球 部 2011 年 夏 甲 子 園 初 出 場 第 93 回 全 国 高 校 野 球 選 手 権 長 野 大 会 の 決 勝 戦 において 松 商 学 園 高 等 学 校 に 延 長 13 回 の 末 7 対 6で 勝 利 し 初 優 勝 念 願 の 甲 子 園 出 場 を 果 たした 甲 子 園 での 試 合 当 日 は 生 徒 教 職 員 538 名 がバス16 台 に 分 乗 して 駆 け 付 けたほか 都 市 大 グループの 各 校 の 生 徒 や 教 職 員 も 甲 子 園 に 集 結 グループカラーの 水 色 に 染 まった1 塁 側 アルプススタンドが 一 丸 とな って 熱 いエールを 送 った 序 五 島 慶 太 翁 が 描 いた 夢 の 舞 台 の 幕 が 上 がった 15

16 東 京 都 市 大 学 塩 尻 高 等 学 校 女 子 バレーボール 部 2013 年 新 春 春 の 高 校 バレー ベスト16 入 り 東 京 都 市 大 学 等 々 力 中 学 校 高 等 学 校 舞 チア 部 2012 年 春 全 国 大 会 初 優 勝 2012 年 2013 年 の 春 の 高 校 バレー( 全 日 本 バレーボール 高 等 学 校 選 手 権 大 会 )に2 年 連 続 出 場 2013 年 大 会 では 男 女 106 校 の 代 表 として 松 尾 奈 津 子 主 将 が 力 強 く 選 手 宣 誓 を 行 った 戦 績 も 創 部 4 年 目 にしてベスト16 入 りを 果 たすなど 大 きな 躍 進 を 遂 げた また さくらバレー( 全 国 私 立 高 等 学 校 男 女 バレーボール 選 手 権 大 会 )で は 第 回 の2 年 連 続 で 全 国 大 会 を 制 覇 した 2012 年 3 月 に 行 われたチアリーディングダンスの 全 国 大 会 USA National in Japan2012 に 出 場 し チアリーディング 部 門 高 校 レ ベル4 5 編 成 で 初 優 勝 に 輝 いた また 同 大 会 ではベストチアア ップ 賞 も 受 賞 する 活 躍 を 見 せた 東 京 都 市 大 学 学 園 歌 夢 に 翼 を 作 詞 作 曲 岩 代 浩 一 編 曲 岩 代 太 郎 1. まなびや 学 園 の 道 の 陽 を 浴 びて 精 気 さやかな 都 市 に 起 つ 未 来 を 目 ざす 心 意 気 こ こ ろ 不 滅 の 精 神 を 学 ぶなり 香 る 個 性 の 煌 あ す きらめ きに 明 日 の 英 知 を 磨 き 合 う も ろ て 双 手 に 燃 える 青 春 の 夢 に 翼 を 夢 に 翼 を 2. まなびや 学 園 の 大 地 に 風 わたり てんくうそ う そ う さ 天 空 蒼 々と 冴 えるとき あ う ん い ぶ き 阿 吽 の 息 吹 朋 友 の 声 と 讃 歌 たからかに ひびくなり い の ち 若 き 生 命 の 羽 ばたきに あ す 明 日 の 希 望 を 語 り 合 う も 力 あふれる 青 春 の 夢 に 翼 を 夢 に 翼 を 3. まなびや つど 学 園 の 森 に 集 い 来 て こずえ さ こ だ ち 梢 するどく 指 す 木 立 おおぞら 遥 かに 仰 ぐ 大 宙 の 北 斗 に 真 理 の 光 あり つ た え ぬく 古 き 伝 統 の 温 もりを あ す 明 日 に 生 かして 励 み 合 う 血 潮 みなぎる 青 春 の 夢 に 翼 を 夢 に 翼 を 作 詞 作 曲 岩 代 浩 一 先 生 からのメッセージ たとえ 老 人 になっても 夢 に 生 きている 人 は 新 鮮 に 輝 いています 本 当 の 老 (おい) は 夢 が 失 くなってしまった 時 と 言 えましょう 憶 えば 子 供 の 頃 は 些 細 なことでも 新 鮮 な 出 来 事 に 出 会 うと ドキッと 反 応 して 感 動 したものでした だから 子 供 ごころ は 何 時 も 夢 でイッパイでした 少 年 期 から 青 春 時 代 にかけての 夢 になると 将 来 への 希 望 が 多 くなってきます 夢 多 き 時 代 には 若 い 命 が 逞 しく 息 吹 き 夢 を 見 るほどに 血 潮 が 滾 ってきます しかし 夢 は 必 ずしも 実 現 するとは 限 りません いや むしろ 叶 わぬ 夢 の 方 が ずっと 多 いでしょう 夢 を 実 現 する 為 には ただ 憧 れているだけでなく 強 い 翼 を 育 てることが 肝 要 です 夢 の 翼 は 個 性 であり 創 造 への 英 知 であり ロ マンへの 情 熱 であり 未 来 へ 飛 翔 する 不 滅 の 力 ( 真 の 勇 気 )です 本 当 の 夢 は 目 を 覚 ましてみるもの 夢 に 翼 を! 16

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

人生の暗号と運命

人生の暗号と運命 寅 暗 号 運 命 導 聖 愛 ょ 父 子 聖 霊 行 お 永 遠 導 続 ( エ ド ガ ケ イ リ デ グ ) 4 目 次 プ グ 雑 還 暦 過 ぎ 頃 四 家 系 探 五 太 陽 系 今 六 術 残 死 七 犬 八 娘 九 娘 旅 行 〇 墓 姓 父 太 郎 共 通 点 義 兄 金 造 道 悦 5 妻 周 四 悦 子 五 寅 六 新 社 倒 産 七 父 死 十 字 架 八 北 へ 帰 別

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 寓 禅 略 縁 起 由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 群 銘 木 由 縁 略 記 禅 利 閉 愛 知 県 ノ 宮 萩 原 主 歳 入 子 息 父 殺 嵯 峨 第 子 河 原 院 源 融 胤 閉 創 愛 知 県 ノ 宮 妙 興 永 徳 示 寂 寿

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 執 行 機 関 / 小 田 原 市 長 売 却 区 分 番 号 : 小 3 不 動 産 の 表 示 ( 登 記 簿 の 表 示 による) ( 物 件 1) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 地 番 105 番 1 地 目 宅 地 地 積 456.19m2 ( 物 件 2) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 105 番 地 1 家 屋 番 号 105 番 1 種 類 居 宅 構 造

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

gakusen 2

gakusen 2 1 gakusen gakusen 2 頑 張 自 覚 誇 胸 自 家 族 家 庭 築 卒 長 女 幼 稚 園 少 長 男 4 明 楽 プ ラ イ ベ 8 前 結 婚 小 校 1 活 躍 所 勤 務 目 指 頑 張 回込み設定用ボックス 平成 14 度卒 コミュニティ政策 古池 友美 張 族 山 谷 切 磋 琢 磨 頑 共 働 親 少 家 自 笑 ば 供 笑 何 気 3 gakusen 増 供 想

More information

畑 岩 佐 貴 史 料 陳 春 音 哲 赤 尾 尚 頼 勇 佐 昌 西 櫻 熱 エ ギ 哲 也 添 光 冶 竹 歳 樹 竹 諭 坂 憲 秋 雅 渕 孝 波 将 宏 河 樹 冨 泰 5 森 逝 去 冥 福 両 窓 告 光 陰 矢 始 不 景 安 ユ 安 赤 字 膨 止 温 暖 常 招 昨 額 危 惧

畑 岩 佐 貴 史 料 陳 春 音 哲 赤 尾 尚 頼 勇 佐 昌 西 櫻 熱 エ ギ 哲 也 添 光 冶 竹 歳 樹 竹 諭 坂 憲 秋 雅 渕 孝 波 将 宏 河 樹 冨 泰 5 森 逝 去 冥 福 両 窓 告 光 陰 矢 始 不 景 安 ユ 安 赤 字 膨 止 温 暖 常 招 昨 額 危 惧 拝 察 5 5 ぐ 歴 史 残 伴 津 波 北 太 側 被 冥 福 被 舞 淡 路 灯 鎮 魂 祭 営 淡 路 約 倍 福 基 爆 放 射 漏 ウ 影 響 真 ひ ひ 5 ブ 故? 栄 雪 害 遭 状 況 敬 広 則 就 ぐ 補 充 末 式 則 暮 勇 櫻 ポ 募 締 ぬ 印 層 水 振 返 届 録 紹 介 足 端 録 書 創 周 遂 伴 堀 茂 泰 船 副 根 安 5 二 5 芦 5 5 足 志

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 2 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 渡 仏 90 周 年 記 念 蕗 谷 虹 児 の 描 く ド ラ マ チ ッ ク 絵 本 原 画 展 婚 活 イ ベ ン ト 和 ス イ ー ツ を 囲 ん で 楽 し い ひ と 時 を 新 庁 舎 駅 前

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希 市 町 村 項 目 事 業 名 対 象 者 内 容 黒 潮 町 医 療 乳 幼 児 医 療 費 助 成 制 度 乳 幼 児 の 健 康 を 守 るため 医 療 費 の 助 成 を 行 っています 中 学 校 卒 業 まで: 入 院 通 院 とも 自 己 負 担 なし 健 康 福 祉 課 保 健 衛 生 係 : 0880-43-2836 H25 年 9 月 作 成 多 子 世 帯 保 育 料 助 成

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年 自 衛 官 募 集 の 変 遷 と 世 相 の 変 化 について( 昭 和 26 年 ~ 昭 和 49 年 ) 長 門 市 の 古 い 広 報 誌 がホームページで 紹 介 されています その 中 に 自 衛 官 募 集 の 案 内 があるのを 見 つけました また 旧 軍 に 関 係 する 事 柄 も 掲 載 されていたので これらを 紹 介 します はじめに 長 門 市 について 平 成 17

More information

郷 造 補 初 繰 越 繰 越 深 里 専 承 補 造 補 級 義 庫 負 復 係 書 願 環 境 除 車 得 常 託 擁 候 補 薦 同 半 招 疑 最 終 常 託 採 栄 懲 罰 多 否 慮 賛 多 * 賛 否 覧 構 想 ビ 懇 談 在 ふ 寄 附 感 謝 品 品 幅 末,, 万, 円 比 較

郷 造 補 初 繰 越 繰 越 深 里 専 承 補 造 補 級 義 庫 負 復 係 書 願 環 境 除 車 得 常 託 擁 候 補 薦 同 半 招 疑 最 終 常 託 採 栄 懲 罰 多 否 慮 賛 多 * 賛 否 覧 構 想 ビ 懇 談 在 ふ 寄 附 感 謝 品 品 幅 末,, 万, 円 比 較 No. 奇 祭 ね 天 蔵 補 賛 否 常 声 浅 井 守 雄 佐 藤 敏 雄 副 富 永 三 千 敏 恭 児 志 田 貢 遠 藤 徳 甲 雄 郷 造 補 初 繰 越 繰 越 深 里 専 承 補 造 補 級 義 庫 負 復 係 書 願 環 境 除 車 得 常 託 擁 候 補 薦 同 半 招 疑 最 終 常 託 採 栄 懲 罰 多 否 慮 賛 多 * 賛 否 覧 構 想 ビ 懇 談 在 ふ 寄 附 感

More information

2012 年 3 月 23 号 2 号 東 海 大 学 保 護 者 ため 就 職 関 する 説 明 会 東 海 大 学 では 昨 今 厳 しさ 増 す 学 生 就 職 活 動 支 援 すること 目 的 学 生 就 職 力 向 上 支 援 事 業 文 科 省 モデル 事 業 として 実 施 しており

2012 年 3 月 23 号 2 号 東 海 大 学 保 護 者 ため 就 職 関 する 説 明 会 東 海 大 学 では 昨 今 厳 しさ 増 す 学 生 就 職 活 動 支 援 すること 目 的 学 生 就 職 力 向 上 支 援 事 業 文 科 省 モデル 事 業 として 実 施 しており 2012 年 3 月 23 号 2 号 KOFU SENIOR HIGH SCHOOL 学 校 報 東 海 大 甲 府 松 前 重 義 希 望 星 つ な げ 智 能 磨 け 体 躯 養 え 思 想 培 え 東 海 大 学 甲 府 高 等 学 校 400-0063 山 梨 県 甲 府 市 金 竹 1-1 055-227-1111 Fax055-227-1112 3 月 16 ( 木 ) 一 般 入

More information

Microsoft Word - 価格調査書.doc

Microsoft Word - 価格調査書.doc 不 動 産 価 格 調 査 書 発 行 番 号 第 999 号 発 行 日 付 平 成 99 年 99 月 99 日 サンプル 株 式 会 社 御 中 サンプル 架 空 の 賃 貸 マンションの 価 格 調 査 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 会 員 札 幌 市 中 央 区 南 二 条 西 六 丁 目 14 番 地 メグロオフィス 株 式 会 社 代 表

More information

学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中 国 菊 池 山 田 純 策 女 性 台 湾 宇 城 土 谷 壮 司 女 性 中 国 熊 本 城 東 田

学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中 国 菊 池 山 田 純 策 女 性 台 湾 宇 城 土 谷 壮 司 女 性 中 国 熊 本 城 東 田 年 度 国 際 第 地 区 米 山 奨 学 生 紹 介 将 来 日 本 母 国 世 界 結 懸 橋 運 動 良 理 解 者 人 材 育 成 平 和 国 際 理 解 推 進 米 山 記 念 奨 学 会 部 門 学 年 度 米 山 奨 学 生 名 簿 氏 名 大 学 性 別 国 籍 頁 王 一 萍 林 浩 安 畢 露 超 熊 本 学 園 大 学 熊 本 学 園 大 学 熊 本 県 立 大 学 女 性 中

More information

モデル「重要事項説明書」

モデル「重要事項説明書」 堀 江 敬 愛 保 育 園 重 要 事 項 説 明 書 保 育 の 提 供 の 開 始 にあたり 当 園 があなたに 説 明 すべき 内 容 は 次 のとおりで す 1 施 設 運 営 主 体 名 称 社 会 福 祉 法 人 智 恩 福 祉 会 所 在 地 茨 木 市 白 川 2 丁 目 13 番 25 号 電 話 番 号 072-665-8615 代 表 者 氏 名 理 事 長 城 谷 星 2 利

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 1897 財 政 課 G1-1 永 年 ( 明 治 30~41 年 ) ( 明 治 30~41 年 ) 予 算 表 交 付 の 件 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 藤 1907 財 政 課 H1-1 永 年 沢 町 役 場 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 歳 入 歳 出 清 算 表 綴 藤 沢 町 役 場 1908 財

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

POWER 54 2 将 来 像 つ 巻 頭 辞 1 じ 公 益 社 法 : 協 並 び 皆 様 日 頃 や 昨 年 大 等 於 き 富 士 セ タ 活 用 頂 き 場 借 厚 く 礼 申 上 げ 富 士 セ タ 開 校 20 年 目 迎 え 昨 年 替 え 着 手 関 皆 様 大 支 援 金 頂

POWER 54 2 将 来 像 つ 巻 頭 辞 1 じ 公 益 社 法 : 協 並 び 皆 様 日 頃 や 昨 年 大 等 於 き 富 士 セ タ 活 用 頂 き 場 借 厚 く 礼 申 上 げ 富 士 セ タ 開 校 20 年 目 迎 え 昨 年 替 え 着 手 関 皆 様 大 支 援 金 頂 SPRING 2016 Vol.54 季 刊 誌 パワ 公 益 社 法 協 某 配 送 セタ ラブ 並 び 柱 1 POWER 54 棒 鋼 場 炉 最 下 部 基 礎 POWER 54 2 将 来 像 つ 巻 頭 辞 1 じ 公 益 社 法 : 協 並 び 皆 様 日 頃 や 昨 年 大 等 於 き 富 士 セ タ 活 用 頂 き 場 借 厚 く 礼 申 上 げ 富 士 セ タ 開 校 20 年

More information

遊 び 方 1. 競 技 心 楽 遊 び ふ 正 理 解 郷 土 へ 愛 情 高 憲 章 実 践 意 欲 態 度 育 願 込 っ ゲーム 過 度 勝 敗 わ 仲 良 礼 儀 正 正 々 堂 々 当 初 目 的 達 成 心 ょ 2. 競 技 1 団 体 競 技 4 人 1 組 競 技 3 人 ( 交

遊 び 方 1. 競 技 心 楽 遊 び ふ 正 理 解 郷 土 へ 愛 情 高 憲 章 実 践 意 欲 態 度 育 願 込 っ ゲーム 過 度 勝 敗 わ 仲 良 礼 儀 正 正 々 堂 々 当 初 目 的 達 成 心 ょ 2. 競 技 1 団 体 競 技 4 人 1 組 競 技 3 人 ( 交 遊 び 方 集! 目 次 遊 び 方 P1 大 会 競 技 上 注 意 P4 競 技 以 外 遊 び 方 ( トコトン 遊 ) < 普 通 遊 び 飽 > 1 並 べ 3~5 人 位 P6 2 重 ね 並 べ 3あ 並 べ 3~5 人 位 P7 3~5 人 位 P8 < 覚 有 利 > 4 de 神 経 衰 弱 2 人 以 上 P9 < 人 数 多 ほどろ> 5 白 札 抜

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

6 紙 面 許 限 振 返 沿 革 車 建 築 筆 正 昭 天 皇 皇 殿 唯 啓 啓 碑 植 敷 管 尋 尋 遷 昭 移 両 併 狭 昨 机 並 べ 歩 健 康 健 康 精 宿 モ ッ 素 晴 緑 健 康 歯 優 健 康 優 ぱ 表 彰 果 辺 水 泳 授 採 図 書 購 ぼ グ ウ ド ぱ 泳

6 紙 面 許 限 振 返 沿 革 車 建 築 筆 正 昭 天 皇 皇 殿 唯 啓 啓 碑 植 敷 管 尋 尋 遷 昭 移 両 併 狭 昨 机 並 べ 歩 健 康 健 康 精 宿 モ ッ 素 晴 緑 健 康 歯 優 健 康 優 ぱ 表 彰 果 辺 水 泳 授 採 図 書 購 ぼ グ ウ ド ぱ 泳 5 第 110 ぼ 央 位 峰 季 折 雄 然 姿 順 徳 皇 阿 弥 清 配 承 切 風 潮 息 づ 標 助 ぬ 素 伸 伸 怖 然 豊 故 ふ 充 努 慢 鬼 鼓 調 べ 践 隊 保 調 べ 優 米 づ 考 共 ぞ! 界 遺 愛 誇 故 ふ 語 未 担 貢 献 材 我 故 ふ 詞 浅 誠 曲 橋 靖 ふ 里 匂 薫 然 緑 歩 仲 豊 友 達 誇 命 求 ふ 謝 持 ヶ 季 折 夢 希 勉 強

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

年 度 加 盟 クラブ 大 会 実 績 クラブ 会 員 数 市 内 大 オープ 参 加 者 数 会 回 数 ン 大 会 数 合 計 回 数 S54 5 3 1 S55 8 220 3 1 S56 8 3 1 900 S57 9 4 1 1000 S58 10 4 1 1100 S59 12 6 1

年 度 加 盟 クラブ 大 会 実 績 クラブ 会 員 数 市 内 大 オープ 参 加 者 数 会 回 数 ン 大 会 数 合 計 回 数 S54 5 3 1 S55 8 220 3 1 S56 8 3 1 900 S57 9 4 1 1000 S58 10 4 1 1100 S59 12 6 1 我 孫 子 市 卓 球 連 盟 創 立 昭 和 54 年 ( 現 行 規 約 による 組 織 の 開 始 ) 加 盟 昭 和 40 年 1. 沿 革 昭 和 40 年 初 期 に 近 県 大 会 の 開 催 実 績 があるこ とから 市 民 大 会 近 県 大 会 を 運 営 する 有 志 の 会 が 卓 球 連 盟 として 活 動 していたと 思 われます 筆 者 が 卓 球 連 盟 に 役 員

More information

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ 特 別 表 彰 1 名 ( 敬 称 略 ) 金 子 宏 東 京 都 文 京 区 上 田 市 殿 城 出 身 < 学 術 研 究 に 関 する 主 な 功 績 > 長 野 県 上 田 高 等 学 校 を 卒 業 後 東 京 大 学 に 進 学 し 租 税 法 の 研 究 を 重 ねられ 租 税 法 を 独 立 した 法 分 野 に 発 展 させるとともに 地 方 税 法 に おいても 公 正 適 正

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖

このことを 踏 まえ 吉 崎 復 興 事 業 を 推 進 するときは 本 願 寺 を 真 宗 本 廟 として 敬 仰 護 持 してきた 聞 法 者 の 負 託 に 応 えて 自 ら 大 谷 本 願 寺 御 影 堂 留 守 職 として 御 同 朋 御 同 行 の 交 わりの 中 で 宗 祖 親 鸞 聖 吉 崎 復 興 計 画 策 定 と 具 体 化 の 方 途 1 はじめに 昨 年 11 月 19 日 に 本 堂 緊 急 営 繕 工 事 完 了 御 本 尊 御 移 し 法 要 を 執 行 以 来 5 月 の 御 忌 法 要 までに 数 千 人 規 模 のご 参 詣 をお 迎 えできたことは 吉 崎 復 興 のスタートを 切 るに 相 応 しい 環 境 確 保 のための 柱 の 一 つを 立 て ることができたと

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

目 次 1. AO 入 試 導 入 の 経 緯 と 狙 い 2. AO 入 試 の 実 施 概 要 と 特 徴 3. AO 入 試 入 学 者 への 評 価 4. 入 試 広 報 ( 高 校 との 信 頼 関 係 構 築 ) 5. AO 入 試 の 課 題 2

目 次 1. AO 入 試 導 入 の 経 緯 と 狙 い 2. AO 入 試 の 実 施 概 要 と 特 徴 3. AO 入 試 入 学 者 への 評 価 4. 入 試 広 報 ( 高 校 との 信 頼 関 係 構 築 ) 5. AO 入 試 の 課 題 2 東 北 大 学 ( 配 布 説 明 資 料 ) 教 育 再 生 実 行 会 議 委 員 視 察 H25.8.1 目 次 1. AO 入 試 導 入 の 経 緯 と 狙 い 2. AO 入 試 の 実 施 概 要 と 特 徴 3. AO 入 試 入 学 者 への 評 価 4. 入 試 広 報 ( 高 校 との 信 頼 関 係 構 築 ) 5. AO 入 試 の 課 題 2 東 北 大 学 の 概 要

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc ( 別 添 2) エイジレス ライフ 実 践 事 例 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 推 薦 要 領 平 成 2 7 年 1 月 9 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 決 定 1 推 薦 の 対 象 となるエイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践 者 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 (1)エイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,796,000 千 円 と 定 め る 2 歳

More information

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒 馬 頭 観 音 馬 農 耕 用 使 切 馬 安 全 祈 願 馬 頭 観 音 言 現 在 牛 無 病 息 災 安 産 祈 願 主 毎 5 月 畜 産 農 以 前 丘 上 馬 頭 観 音 酔 ぱ 下 迫 落 続 ( 笑 ) 安 全 下 畜 産 繁 栄 発 展 願 焼 酎 酌 交 盛 上 前 以 外 時 期 内 各 前 拝 む 祭 林 管 理 歴 史 百 以 上 言 木 材 薪 取 林 管 理 重 要 視

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して 4 就 小 校 1 入 までの 主 な 流 れ 入 する 前 年 の10 月 中 旬 から11 月 下 旬 に 就 時 健 康 診 断 を 受 けます ( 住 民 票 の 住 所 に 案 内 が 送 付 されます ) 入 する 年 の1 月 下 旬 に 入 通 知 書 が 住 民 票 の 住 所 に 送 られます ま た 2 月 に 各 小 校 で 入 説 明 会 が 行 われます 案 内 は 住

More information

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹 平 成 24 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 第 65 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 女 子 第 26 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 実 施 要 項 2012 主 催 佐 賀 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 佐 賀 県 教 育 委 員 会 後 援 佐 賀 陸 上 競 技 協 会 西 日 本 新 聞 社 佐 賀

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

本校の沿革小史

本校の沿革小史 本 校 の 沿 革 小 史 昭 和 50. 2.10 校 舎 第 Ⅰ 期 工 事 及 びグラウンド 第 Ⅰ 期 工 事 完 成 校 地 面 積 24,777m2( 東 西 180.85m 南 北 137m ) 建 物 敷 地 9,167m2 運 動 場 用 地 15,610m2( 含 グラウンド テニスコート 等 ) 校 舎 2,880m2( 普 通 教 室 12 特 別 教 室 6 他 ) 4.

More information

平成24年度 群馬大学養心寮(前橋)入寮生募集要項

平成24年度 群馬大学養心寮(前橋)入寮生募集要項 平 成 28 年 度 群 馬 大 学 養 心 寮 ( 前 橋 ) 入 寮 生 募 集 要 項 学 生 寮 は, 集 団 生 活 を 通 して 社 会 人 として 優 れた 人 物 を 育 成 すると 共 に, 人 間 形 成 の 場 として 有 意 義 な 学 生 生 活 を 送 れるよう 設 けられた 施 設 です 養 心 寮 は, 学 生 の 自 治 によって 運 営 されており, 入 寮 後

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

年 度 昭 和 41 年 1966 昭 和 42 年 1967 昭 和 43 年 1968 昭 和 44 年 1969 昭 和 45 年 19 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国

年 度 昭 和 41 年 1966 昭 和 42 年 1967 昭 和 43 年 1968 昭 和 44 年 1969 昭 和 45 年 19 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国 年 度 昭 和 36 年 1961 昭 和 37 年 1962 昭 和 38 年 1963 昭 和 39 年 1964 昭 和 40 年 1 会 長 安 孫 子 清 水 (1 回 卒 ) 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国 井 悌 二 (2 回 卒 ) 副 会 長 竹 谷 音 次 郎 (4 回 卒 ) 同 左

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

1.はじめに 平 成 19 年 6 月 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 の 一 部 が 改 正 され 各 教 育 委 員 会 においては 毎 年 教 育 行 政 事 務 の 管 理 及 び 執 行 状 況 について 点 検 評 価 を 行 い その 結

1.はじめに 平 成 19 年 6 月 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 の 一 部 が 改 正 され 各 教 育 委 員 会 においては 毎 年 教 育 行 政 事 務 の 管 理 及 び 執 行 状 況 について 点 検 評 価 を 行 い その 結 平 成 23 年 度 対 象 榛 東 村 教 育 委 員 会 事 務 点 検 評 価 報 告 書 ( 案 ) 平 成 24 年 9 月 榛 東 村 教 育 委 員 会 1.はじめに 平 成 19 年 6 月 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 の 一 部 が 改 正 され 各 教 育 委 員 会 においては 毎 年 教 育 行 政 事 務 の 管 理 及 び

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

静 岡 聖 光 学 院 11 年 東 京 入 試 要 項 Ⅰ 期 1 月 8 日 2 科 4 科 セントメリーズ インターナショナルスクール( 世 田 谷 区 瀬 田 ) Ⅲ 期 2 月 9 日 2 科 4 科 人 事 労 務 会 館 ( 品 川 区 大 崎 )

静 岡 聖 光 学 院 11 年 東 京 入 試 要 項 Ⅰ 期 1 月 8 日 2 科 4 科 セントメリーズ インターナショナルスクール( 世 田 谷 区 瀬 田 ) Ⅲ 期 2 月 9 日 2 科 4 科 人 事 労 務 会 館 ( 品 川 区 大 崎 ) NO.348 2010 年 9 月 25 日 アクセス 教 育 情 報 センター 目 次 学 校 情 報 学 校 情 報 公 開 模 試 情 報 教 育 情 報 その 他 浅 野 中 東 京 女 子 学 園 首 都 圏 模 試 9 月 土 曜 授 業 復 活 へ 名 言 迷 言 冥 言 海 陽 学 園 合 同 説 明 会 小 中 高 学 校 調 査 英 才 教 育 静 岡 聖 光 学 院 教 育 への

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

ぴーちっこ_61.indd

ぴーちっこ_61.indd 2012 8 吉 発 発 法 童 養 護 目 コラ 岡 稔 晟 2p 挨 拶 阿 部 幹 史 3p ふふ 編 4p ふふ 編 5p 決 算 報 告 6p ざ 7p TEL 3338-1849 FAX 3338-4679 TEL 3338-1844 FAX 3338-1894 166-0001 区 阿 佐 北 3-28-19 E 共 通 seiyugakuen@nifty.com ペ 共 通 http://www.seiyuhomu.or.jp/

More information

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72 3 第 章 この 章 の 要 点 施 設 の 改 築 改 修 経 費 1 平 成 22 年 ごろから 建 築 後 5 年 の 耐 用 年 数 を 迎 える 施 設 が 増 えてきます 2 小 中 学 校 の 耐 震 改 修 工 事 は 改 築 対 象 になったもの 以 外 は 平 成 24 年 度 に 完 了 する 予 定 です 3 小 中 学 校 の 改 築 経 費 を 想 定 すると 平 成 21

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

2 如 水 館 だより[ 平 成 27(2015) 年 10 月 29 日 ] 平 成 27 年 度 水 明 祭 合 唱 コンクール 響 かせろ 僕 らの 音 楽 IN THE WORLD 平 成 27 年 7 月 14 日 曲 目 ( 発 表 順 ) 総 合 優 勝 高 校 3 年 1 組 2 位

2 如 水 館 だより[ 平 成 27(2015) 年 10 月 29 日 ] 平 成 27 年 度 水 明 祭 合 唱 コンクール 響 かせろ 僕 らの 音 楽 IN THE WORLD 平 成 27 年 7 月 14 日 曲 目 ( 発 表 順 ) 総 合 優 勝 高 校 3 年 1 組 2 位 第 71 号 平 成 27(2015) 年 10 月 29 日 発 行 所 学 校 法 人 山 中 学 園 如 水 館 中 学 校 高 等 学 校 教 育 振 興 会 723-8501 広 島 県 三 原 市 深 町 1183 番 地 如 水 館 高 等 学 校 内 TEL0848-63-2423 http://www.josuikan.ed.jp/ 第 22 回 水 明 祭 You can shine!

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

( 田 村 高 等 学 校 ) 年 月 日 歴 代 校 長 昭 和 23. 4. 1 長 尾 輝 景 三 春 高 等 女 学 校 を 併 せ 県 立 田 村 高 等 学 校 及 び 県 立 田 村 高 等 学 校 併 設 中 学 校 三 春 高 等 女 学 校 併 設 中 学 校 となる 校 章 制

( 田 村 高 等 学 校 ) 年 月 日 歴 代 校 長 昭 和 23. 4. 1 長 尾 輝 景 三 春 高 等 女 学 校 を 併 せ 県 立 田 村 高 等 学 校 及 び 県 立 田 村 高 等 学 校 併 設 中 学 校 三 春 高 等 女 学 校 併 設 中 学 校 となる 校 章 制 3 及 び 歴 代 校 長 ( 田 村 中 学 校 ) 年 月 日 歴 代 校 長 大 正 12. 2.28 福 島 県 立 田 村 中 学 校 の 設 立 が 認 可 される 12. 3. 5 西 牧 三 郎 校 長 事 務 取 扱 いに 任 ぜられる 12. 3.31 唐 土 斉 治 第 1 学 年 募 集 定 員 100 名 (2 学 級 ) 12. 4. 1 二 階 建 校 舎 落 成 12.

More information

Taro12-5月特養.jtd

Taro12-5月特養.jtd 特 コナ 特 四 月 金 車 中 え 声 聞 開 花 早 境 内 部 葉 花 見 緒 来 残 念 天 気 気 温 温 調 外 和 境 内 沢 山 屋 台 並 参 加 焼 そ 好 焼 各 々 食 べ 物 注 文 召 外 食 べ 食 笑 顔 美 味 美 味 召 又 境 内 大 迫 力 太 鼓 演 奏 聴 煌 び 衣 装 稚 児 列 見 わ ね ほ ほ え 場 面 見 帰 う? 聞 来 寒 冬 明 久 ぶ

More information

昭 和 15 年 11 月 10 日 紀 元 2600 年 奉 祝 式 典 を 東 京 において 行 われるにつき 校 長 生 徒 総 代 上 京 昭 和 15 年 11 月 17 日 樟 友 会 保 護 者 会 主 催 の 表 彰 職 員 祝 賀 式 並 びに 謝 恩 会 があった 昭 和 16

昭 和 15 年 11 月 10 日 紀 元 2600 年 奉 祝 式 典 を 東 京 において 行 われるにつき 校 長 生 徒 総 代 上 京 昭 和 15 年 11 月 17 日 樟 友 会 保 護 者 会 主 催 の 表 彰 職 員 祝 賀 式 並 びに 謝 恩 会 があった 昭 和 16 沿 革 詳 細 版 年 月 日 記 事 大 正 6 年 9 月 3 日 大 阪 市 内 の 新 聞 記 者 を 新 大 阪 ホテルに 招 き 森 校 主 より 女 学 校 の 設 立 趣 旨 を 発 表 大 正 6 年 9 月 5 日 本 校 創 立 事 務 所 を 東 区 北 久 宝 寺 町 四 丁 目 に 置 く 設 立 に 従 事 した 者 ( 顧 問 ) 伊 賀 駒 吉 郎 蜂 谷 なを (

More information

躍 泉 泉 東 分 報 通 巻 491 号 茶 木 谷 吉 信 先 勇 第 回 プ グ 割 プ グ ラ ム 発 表 泉 東 ジ ャ プ 総 阪 区 コ ク 泉 東 眞 隆 セ ラ マ バ ド 眼 前 鮮 守 護 活 追 風 投 稿 エ ッ セ イ 4 月 平 成 27 立 178 2015 祝 リニ

躍 泉 泉 東 分 報 通 巻 491 号 茶 木 谷 吉 信 先 勇 第 回 プ グ 割 プ グ ラ ム 発 表 泉 東 ジ ャ プ 総 阪 区 コ ク 泉 東 眞 隆 セ ラ マ バ ド 眼 前 鮮 守 護 活 追 風 投 稿 エ ッ セ イ 4 月 平 成 27 立 178 2015 祝 リニ 表 紙 絵 利 晶 杜 堺 市 歴 史 文 化 多 様 角 度 楽 施 設 利 晶 杜 観 光 集 客 3 月 20 誕 美 極 茶 湯 成 者 千 利 休 愛 真 本 近 代 文 切 拓 歌 与 謝 野 晶 子 創 作 原 点 武 田 勲 史 ( 明 惶 分 ) 通 巻 491 号 2015 3 月 21 発 行 発 行 所 : 天 理 泉 東 分 阪 府 堺 市 中 区 陶 器 北 909 躍

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 案 記 福 復 興 立 直 訪 旅 案 : 奈 川 在 住 1 倭 へ 福 復 興 立 直 訪 2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 雄 題

More information

1~8ページ/新体裁

1~8ページ/新体裁 杜 須 町 顕 彰 西 洋 普 及 始 象 紹 績 顕 彰 建 除 幕 兼 ね 毎 節 迎 治 群 馬 帝 退 史 編 纂 携 涯 家 並 親 駆 跡 治 繁 築 魅 紹 敗 近 歳 涯 閉 忌 霧 旅 ゆ 埋 命 集 台 風 号 傾 周 囲 々 倒 惨 知 楠 霧 旅 盟 支 増 ウ 峡 光 須 町 光 再 建 乗 所 有 館 支 松 盟 舜 増 巻 恭 寄 集 文 谷 約 胸 像 裏 信 六 由

More information

職 能 国 際 情 報 平 成 年 度 実 施 調 査 事 業 報 告 書 本 会 掲 載 活 用 平 成 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 介 護 予 防 地 域 包 括 推 進 対 国 民 意 識 調 査 研 究 事 業 平

職 能 国 際 情 報 平 成 年 度 実 施 調 査 事 業 報 告 書 本 会 掲 載 活 用 平 成 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 介 護 予 防 地 域 包 括 推 進 対 国 民 意 識 調 査 研 究 事 業 平 お 知 らせ 会 費 第 回 理 学 療 法 士 国 家 試 験 合 格 者 発 表 年 月 日 行 合 格 者 数 名 合 格 率 % 出 願 者 数 12,505 名 受 験 者 数 12,035 名 合 格 者 数 9,952 名 合 格 率 82.7% 累 計 合 格 者 数 129,942 名 今 回 合 格 者 数 前 年 度 名 名 名 増 加 合 格 率 % 昨 年 合 格 率 (

More information

Taro-★平成28年度実施 学校栄養

Taro-★平成28年度実施 学校栄養 平 成 28 年 度 実 施 沖 縄 県 公 立 学 校 学 校 栄 養 職 員 候 補 者 選 考 試 験 実 施 要 項 沖 縄 県 教 育 委 員 会 主 なスケジュール( 予 定 ) 各 種 様 式 配 布 平 成 28 年 4 月 28 日 ( 木 )~(ホームページからのダウンロード 郵 送 ) 電 子 申 請 による 書 類 作 成 は 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 )0:00~5

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

A最終報告書表紙・目次

A最終報告書表紙・目次 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 高 槻 市 目 次 1 はじめに 1 2 施 工 不 良 の 判 明 と 施 工 中 の 耐 震 改 修 工 事 への 対 応 1 3 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 委 員 会 の 設 置 (1) 設 置 目 的 と 検 討 事 項 2 (2) 施 工 中 の 工 事 契 約 について 3 4 資 料 調

More information

Unknown

Unknown 宗 教 法 人 の 会 計 長 岡 大 学 教 授 吉 盛 一 郎 目 次 はじめに 1. 宗 教 法 人 とは 2. 所 轄 庁 への 提 出 書 類 3. 宗 教 法 人 の 会 計 4. 税 務 上 の 問 題 と 会 計 監 査 5. まとめ はじめに 新 潟 市 内 には 平 成 19 年 12 月 末 現 在 1163 の 宗 教 法 人 がある 神 道 系 が 656 法 人 仏 教

More information

中 野 区 新 庁 舎 基 本 計 画 素 案 =33 年 度 竣 工 予 定 中 野 区 第 三 第 十 中 学 校 統 合 新 校 = 今 秋 より 設 計 着 手 東 京 都 標 識 設 置 状 況 =5 月 30 日 ~6 月 3 日 文 京 区 標 識 設 置 状 況 =4 月 5 日 ~

中 野 区 新 庁 舎 基 本 計 画 素 案 =33 年 度 竣 工 予 定 中 野 区 第 三 第 十 中 学 校 統 合 新 校 = 今 秋 より 設 計 着 手 東 京 都 標 識 設 置 状 況 =5 月 30 日 ~6 月 3 日 文 京 区 標 識 設 置 状 況 =4 月 5 日 ~ 平 成 28 年 6 月 28 日 号 ( 第 1464 号 ) 葛 飾 区 東 金 町 1 丁 目 西 地 区 = 隣 接 区 有 地 との 一 体 開 発 も 旧 庁 舎 及 び 公 会 堂 跡 地 = 豊 島 区 建 築 計 画 明 らかに 臨 海 副 都 心 の 土 地 利 用 見 直 し=MICE 国 際 観 光 都 市 豊 洲 地 区 4 1B 街 区 計 画 = 大 和 ハウスが 複

More information

広川町議会だより15号

広川町議会だより15号 号 / 責 / 樫 原 淳 奈 編 集 / 編 集 / - 和 歌 山 有 田 郡 TEL -- FAX -- ホムペジ 検 索 http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/gikai/index.html 催 少 相 撲 室 P~ 連 程 件 賛 可 承 環 境 特 サポ 養 座 環 境 特 梶 原 副 井 豆 P~ 般 奥 井 堀 岡 﨑 野 氏 P 厚 変 更 路

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4 月 日 現 在 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 市 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 鹿 児 島 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 89-8 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 山 下 町 5- 電 話 番 号 99 - - 67 FAX 番 号 99 - - 675 ホームペー ジアドレス 代 表 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

鶴 澤 甚 造 年 表 明 治 20 年 11 月 9 日 東 浅 井 郡 河 毛 村 ( 現 長 浜 市 湖 北 町 河 毛 ) 生 れる 明 治 45 年 東 浅 井 郡 小 谷 村 大 字 河 毛 伊 吹 甚 家 養 子 入 る 大 正 13 年 長 浜 曳 山 春 日 山 鎌 倉 代 記 初

鶴 澤 甚 造 年 表 明 治 20 年 11 月 9 日 東 浅 井 郡 河 毛 村 ( 現 長 浜 市 湖 北 町 河 毛 ) 生 れる 明 治 45 年 東 浅 井 郡 小 谷 村 大 字 河 毛 伊 吹 甚 家 養 子 入 る 大 正 13 年 長 浜 曳 山 春 日 山 鎌 倉 代 記 初 曳 山 祭 関 連 展 曳 山 支 え ち 子 ど も 歌 舞 伎 中 心 す る 長 浜 曳 山 祭 は 地 元 だ け な 長 浜 以 外 多 よ っ 成 り 立 っ い す 本 展 示 は 子 ど も 歌 舞 伎 欠 こ き な い 役 ( 振 付 味 線 ) な ら 味 線 中 心 紹 介 す 役 は 現 在 プ ロ ア マ 問 わ ず 日 本 各 地 多 が 担 っ き 彼 ら お 曳 山

More information