4 位 は 取 り 得 が 若 さしかない 菅 野 選 手 5 位 は 投 げが 安 定 しているのに 最 近 目 立 たない 井 村 選 手 6 位 はいつも 記 録 表 のトップに 名 を 書 く 吉 田 選 手 賞 品 が 気 に 入 らないとトップには 来 ない 7 位 は 三 俣 選 手

Size: px
Start display at page:

Download "4 位 は 取 り 得 が 若 さしかない 菅 野 選 手 5 位 は 投 げが 安 定 しているのに 最 近 目 立 たない 井 村 選 手 6 位 はいつも 記 録 表 のトップに 名 を 書 く 吉 田 選 手 賞 品 が 気 に 入 らないとトップには 来 ない 7 位 は 三 俣 選 手"

Transcription

1 模 型 飛 行 機 クラブ 会 報 Launchers 2008 年 9-10 月 号 10 月 26 日 900~ 月 16 日 900~1200 : : 2008 年 記 録 会 は ( 日 )グリーンパーク( : : )です! 2008 年 記 録 会 は ( 日 ) 未 定 ( )です! 9 月 に 入 って 急 に 西 高 東 低 冬 型 の 天 気 になって 涼 しくなりました そうなればヒコーキに 心 がうず きますので 近 所 の 田 んぼに 稲 刈 りの 様 子 を 見 に 行 ってきました 稲 刈 りは8 割 終 わってはいるもの の ところどころに 稲 が 残 っています そこで 飛 ばす 事 を 考 えると 丁 度 稲 が 残 っている 辺 りにヒコー キが 降 りそうで しぶしぶ 飛 ばすのを 諦 めて 帰 ってきました そこで1 日 おいての 日 曜 日 自 宅 から40 分 ほどの 離 れた 400m 500m 程 度 のやや 狭 いですが 地 盤 改 良 地 ( 元 田 んぼ)に 飛 ばしに 行 きました A 会 長 A 老 人 の3 人 でしたが HGLやライトプレー ンを 飛 ばすには 十 分 な 広 さです 大 型 HLGやLPのフル 巻 きが 出 来 るという 事 は 素 晴 らしいストレス 解 消 で それぞれ 満 足 して 帰 ってきました これで 今 秋 も 発 狂 もせずにシーズンがむかえられます 記 録 会 報 告 1208 年 8 月 記 録 会 HLG/PLG 3408 年 9 月 記 録 会 HLG/PLG お 知 らせ 5まったけ 大 会 報 告 620 年 FF 選 手 権 競 技 案 内 7ミニ 国 際 級 大 会 案 内 FFサロン 8 栃 木 大 会 案 内 7レイノルズ 数 の 壁 8カタハ ルト 機 の 空 力 係 数 石 井 満 9F1B 情 報 10ピラタス ポターの 製 作 平 尾 雑 談 天 国 11 極 西 の 国 日 本 編 集 後 記 年 8 記 録 会 の 結 果 (HLG-B/CLG) 8 月 HLG 記 録 会 報 告 平 尾 1 8 月 は 年 一 回 恒 例 のちびた 号 大 会 である 千 葉 では 降 っていなかったが 武 蔵 野 では 予 定 外 の 小 雨 で 野 原 はぬれて 足 元 も 悪 かった いつもなら 暑 い 暑 い 記 録 会 なのですが この 日 は 前 夜 の 雨 の おかげか 涼 しい1 日 でした こんな 環 境 の 中 では 地 元 の 人 はマバラ しかしランチャーズは18 名 と 人 数 のみは 立 派 でした おかげでこの 日 ランチャーズ 借 り 切 りの 状 態 で 気 楽 に 楽 しめました 涼 しいし が 小 雨 でヒコーキは 飛 ばないし 記 録 会 は 早 々と 終 わりました 普 段 田 んぼで 飛 ばしている 我 々から 見 るとこの 公 園 は 狭 いが FFのメッカとしてグリーンパーク は 全 国 的 に 有 名 である 日 頃 アチコチの 公 園 で 頑 張 っているヒコーキ 屋 から 見 ると ここはまことに 広 くイイ 場 所 である 特 に5~8 月 のうさ 晴 らしをする 場 所 としては 大 切 な 場 所 でしょう 今 のランチャー ズの 優 れているところは 若 くしてこの 有 名 なグリーンパークを 基 地 として 育 ってきたという 環 境 にある 事 を 忘 れないで 欲 しい てなこと もったいをつけて さて 全 体 の 記 録 はやや 低 調 で150 秒 超 はたった 一 人 だった 全 選 手 で180 回 投 げて5 回 しかマ ックスがないのは 雨 での 投 げにくさによるものか 又 は 単 なるデサーマルなのか そこを 考 えると150 秒 は 立 派 な 記 録 である しかも そのたった 一 人 150 秒 超 の 選 手 が 相 沢 会 長 となると これはもう 記 念 すべき 出 来 事 である 2 位 にはひそかに 小 型 機 での 優 勝 を 狙 っている 稲 葉 選 手 が 来 た しかし 1 位 と10 秒 の 差 は 大 きいぞ 3 位 は 下 手 投 げですっかり 定 着 してきた 今 関 選 手 これは 翼 端 投 げと 違 って 胴 体 を 握 って 投 げるので 特 別 メリットはないのだがつねに 上 位 にきて 気 になる 存 在 である - 1 -

2 4 位 は 取 り 得 が 若 さしかない 菅 野 選 手 5 位 は 投 げが 安 定 しているのに 最 近 目 立 たない 井 村 選 手 6 位 はいつも 記 録 表 のトップに 名 を 書 く 吉 田 選 手 賞 品 が 気 に 入 らないとトップには 来 ない 7 位 は 三 俣 選 手 ポケット 付 きのズボン 以 外 は 特 色 はないが 成 績 はジリジリと 上 昇 中 その 他 では ちびた 号 元 祖 田 中 選 手 まだ 屋 外 生 活 に 馴 染 んでなく 不 調 のまま 大 八 木 選 手 はレンタルの 機 体 を 使 いこなせず 三 田 選 手 は 飛 び 跳 ねる 力 がヒコーキに 伝 わっていない ちびた 号 の 大 きさだと 振 投 げのメリットよりも 引 っかけてドスンが 多 くあきまへん 以 下 省 略 します 8 月 HLG 記 録 8 月 17 日 グリーンパーク 晴 26 度 風 3m 40 秒 MAX 5/10 投 NO 選 手 名 R1 R2 R3 R4 R5 R6 R7 R8 R9 R10 合 計 F 1 F 2 総 計 1 相 沢 泰 男 稲 葉 元 今 関 健 一 菅 野 俊 行 井 村 真 三 吉 田 利 徳 三 俣 豊 吉 岡 潤 一 郎 小 林 雅 文 石 山 芳 彦 池 田 昇 木 立 猛 彦 田 中 晋 大 八 木 重 信 平 尾 寿 康 大 島 廣 星 野 聡 三 田 祐 一 月 PLG 記 録 会 報 告 ( 平 尾 ) 2 まずいことに 河 田 さんのレポートが 見 つかりません すでに 会 報 に 書 き 込 んだものと 思 って 原 稿 も 捨 ててしまったようで すみません この 日 は 暑 くもないのに ちびた 号 大 会 なのでヒコーキを 持 っていないせいか 人 が 集 まらず4 人 の 記 録 会 になりました しかし 勝 ちたい 人 だけの 集 まりでバンバン 打 ち 上 げたものの ゴムは1グラム 以 下 だし パチンコ 専 門 機 ではないだけに 結 構 ガタイの 大 きいちびた 号 は 飛 ばない 上 がれば 大 き い 分 ソコソコ 飛 ぶはずですが この 日 は 気 流 がやたらと 悪 く 残 念 ながらオールマックスは 無 し とは 言 うものの180 秒 以 上 が3 人 /4 人 ですら それぞれの 実 力 はシッカリしたものでした この 日 の 成 績 を 見 ると 石 井 トレーナー 機 は よく 出 来 ていますね ま 石 井 英 夫 氏 が10 年 もかけ て 開 発 したのですから 当 然 かもしれませんが 8 月 PLG 記 録 8 月 17 日 グリーンパーク 晴 26 度 風 3m 40 秒 MAX 5/10 投 順 位 選 手 名 R1 R2 R3 R4 R5 R6 R7 R8 R9 10 合 計 F1 F2 総 計 1 河 田 健 原 国 光 工 藤 陽 久 斉 藤 竹 彦

3 2008 年 9 記 録 会 の 結 果 (HLG-B/CLG) 9 月 HLG 記 録 会 報 告 平 尾 3 大 宮 田 んぼが 使 えないので9 月 というのにグリーンパークでの 記 録 会 になりました さすがに9 月 と なるとソコソコ 涼 しく 集 まりも 良 く18 名 の 参 加 です どんよりした 雨 の 臭 いがする 中 身 障 者 の 平 岩 さ んも 飛 び 入 りして 短 時 間 集 中 型 の 記 録 会 でした そして うまいぐわいに 競 技 が 終 わるや 否 やの 雨 で 集 合 写 真 は 雨 の 中 この 日 幸 いに 風 もなく よわいサーマルがパラパラの まさに 公 園 競 技 会 日 和 で その 上 40 秒 マックスですから 勝 負 も 早 い 9 時 に 初 めて10 時 には 大 半 の 選 手 が 競 技 終 了 しか もこの 短 い 時 間 に150 秒 超 が14 人 /18 人 しかもオールマックスの 選 手 もいるという 素 晴 らしい 成 績 でした しかし 室 内 HLGの 世 界 記 録 保 持 者 石 井 満 氏 はこの 日 136 秒 ですから 来 ていたのがホ ントウに 彼 本 人 なのか 疑 問 がわくのですが 今 回 初 優 勝 の 稲 葉 選 手 大 型 機 では 勝 てないのでこの 日 が 最 後 のチャンスと 狙 っていたらしい おめでとう 2 位 は 鉄 筋?( 鉄 腕 )の 三 俣 選 手 彼 も 勝 つ 条 件 そろっているので 年 内 にカップを 取 れ るかどうか 残 念 な 事 に 大 理 石 のカップは 今 年 いっぱいで 無 くなりそう どうする 3 位 は 私 の 天 敵 菅 野 選 手 なんだかんだ 言 いながらまとめてくるところは 立 派 4 位 にキマシタ サブプライムローンで 儲 けている 木 口 選 手 この 日 紙 ヒコーキを 投 げていたがスゴイ 高 度 5 位 は 口 数 が 多 いが 下 手 投 げの 今 関 選 手 振 り 投 げではないのに 投 げが 安 定 しているのは 口 のせい この 日 唯 一 の 振 り 投 げ 平 尾 は 気 流 が 読 めずに 同 率 5 位 は 残 念 7 位 は1 秒 差 で 池 田 選 手 この 日 は 声 の 出 が 悪 かった 8 位 吉 田 選 手 結 構 大 型 のHLGを 投 げていたが 記 録 は 今 一 9 位 に 星 野 選 手 中 間 盛 り 上 がって2マックスまでいきながらの 息 切 れ 10 位 井 村 選 手 高 度 もイイ 飛 行 機 もイイのに 色 気 が 足 りないのかな 10 位 以 下 で 注 目 は 小 林 選 手 紙 を 投 げていたが 高 度 がスゴイ しかし ヒコーキ の 出 来 が 今 一 で 乗 り 切 らず トビハネの 三 田 選 手 はちびた 号 を 投 げていたがゼンゼン 飛 び 跳 ねなか った 相 沢 会 長 は 連 勝 を 狙 ったがヒコーキが 寝 ていた 会 長 と 同 じヒコーキで もぐらの 平 岩 選 手 は 飛 び 入 りで 投 げたのだが ダンダン 良 くなってきたところで 相 沢 会 長 と 同 タイムで 終 わり 大 型 ちびた 号 を 飛 ばす 田 中 選 手 は 練 習 不 足 久 しぶり 参 加 の 宮 辺 選 手 は 体 重 を 減 らすべき 9 月 HLG 記 録 9 月 21 日 グリーンパーク 曇 り 28 度 風 0~2m 40 秒 MAX 5/10 投 NO 選 手 名 R1 R2 R3 R4 R5 R6 R7 R8 R9 R10 合 計 F 1 F 2 総 計 1 稲 葉 元 三 俣 豊 菅 野 俊 行 木 口 雅 之 今 関 健 一 平 尾 寿 康 池 田 昇 吉 田 利 徳 星 野 聡 井 村 真 三 平 岩 保 相 沢 泰 男 大 八 木 重 信 小 林 雅 文 三 田 祐 一 田 中 晋 紙 紙 - 3 -

4 17 石 井 満 宮 辺 康 治 月 PLG 記 録 会 報 告 河 田 平 尾 4 余 裕 で5MAXを 出 した4 人 が 第 1F.Oで2 人 残 り 上 限 なしの 一 投 勝 負 の 第 2F.Oを 制 したのは 工 藤 さん 一 秒 差 の 斉 藤 武 彦 さんの 初 優 勝 のお 預 け 勝 山 さんの 無 尾 翼 機 は4MAX シンプルな 翼 端 半 円 翼 の 倉 田 号 は2MAX 一 グラムゴム 用 としては 大 型 (Sw:2dm2 10g)のやまめ 工 房 の 楕 円 翼 機 は3MAX その 他 に 小 型 紙 飛 行 機 と 様 々です F.Oに 残 った 石 井 英 夫 先 生 設 計 の 有 名 なトレーナーと2 段 上 反 角 のトレーナーは 垂 直 上 昇 で 十 分 高 度 を 取 れるので 屋 外 のPLG 競 技 に 最 適 な 機 体 の 一 つでしょう この 日 の 参 加 者 は12 名 と 久 しぶりに 大 勢 でした そして 河 田 さんの 打 ち 上 げを 見 ていると 公 園 と してはもの 凄 い 高 度 で これでは 無 くなる 確 立 は 高 いでしょう 選 手 の 中 には 翼 がよじれて 真 っ 直 ぐ には 上 がらない 機 体 もあって これは 強 度 不 足 バルサ 比 重 なり 塗 装 なりに 注 意 しましょう 無 尾 翼 機 では 佐 藤 選 手 欠 席 で 勝 山 選 手 のみ なかなか 見 事 な 高 度 でもう 少 しでパーフェクトの 雰 囲 気 しかし いいとこまで 行 くのですがそこからが 難 しいのが 無 尾 翼 機 です 又 地 元 の 超 小 型 紙 飛 行 機 が 参 加 していましたが 打 ち 上 げ 直 後 は 小 さくて 見 えないので 困 った はたして 選 手 本 人 は 見 えているのか ね 小 型 機 は 高 度 は 取 るものの 小 さいだけにスイスイと 降 りるのでマックスは 難 しい 9 月 PLG 記 録 9 月 21 日 グリーンパーク 曇 り28 度 風 0~2m 風 40 秒 MAX 5/10 投 順 位 選 手 名 R1 R2 R3 R4 R5 R6 R7 R8 R9 10 合 計 F1 F2 総 計 1 工 藤 陽 久 / 斉 藤 竹 彦 / 原 国 光 / 河 田 健 / 勝 山 彊 嘉 部 保 岩 淵 康 司 斉 藤 義 幸 石 井 満 倉 田 泰 蔵 小 野 博 斉 藤 パパ 年 まったけ 大 会 報 告 HLG 平 尾 5 9 月 28 日 ( 日 ) 鈴 鹿 市 池 田 の 田 んぼで 伝 統 のまったけ 大 会 が 開 催 された 今 秋 伊 東 君 も 私 もほと んど 練 習 が 出 来 ていなかったので 彼 に 迎 えに 来 て 貰 って 早 めの7 時 前 には 飛 行 場 に 到 着 した 石 井 満 君 は 寝 ないで 早 くに 着 いていて すでに 練 習 をしていた 伊 東 氏 と 石 井 満 君 2 人 の 練 習 を 見 て いると2 人 とも 見 事 な 高 度 を 取 る こうなると 回 転 投 げで 足 がもつれる 様 では 勝 てなそうにもないが ここ3 年 ほとはおだやかな 競 技 日 和 で さっそく 練 習 開 始 こうも 風 がないと 回 収 も 楽 で これで 勝 てれば 文 句 なしだが そんなには 巧 くいかないもの 8 時 半 の 競 技 開 始 までにボチボチと 選 手 が 集 ま ってきて HLGは9 人 とまずまずの 参 加 者 だが その 内 野 球 投 げはわずか3 名 と 少 数 派 になってしま った 各 選 手 の 高 度 を 見 ていると 伊 東 石 井 満 毛 利 岡 本 の 各 選 手 の 順 地 上 からの 計 測 でベス トは35メートル 付 近 のようだが ドジルとタチマチ30メートルまで 落 ちる 伊 東 選 手 は 練 習 不 足 なのか 返 りが 不 安 定 回 転 投 げではないがバカ 力 の 石 井 満 氏 の 高 度 もすごいが 機 体 の 歪 みもすごく 見 て - 4 -

5 いて 恐 いぐらい この 日 の 気 流 だと 伊 東 石 井 満 氏 の 高 度 だと60 秒 は 問 題 なしだが 私 の 高 度 だと6 0 秒 には 少 し 足 りない 8 時 30 分 競 技 開 始 今 大 会 初 参 加 の 石 井 満 選 手 が 早 々と5 投 オールマックスと 世 界 記 録 保 持 者 の 貫 禄 を 見 せた 続 いて 毛 利 選 手 伊 東 選 手 と 続 いて 最 後 に 岡 本 選 手 が 残 って4 人 /9 人 がオール マックス 野 球 投 げ 園 田 選 手 は 前 半 良 かったが 後 半 悪 くオールマックスならず その 後 11 時 から1 5 分 間 1 投 のみの2 分 マックスフライオフとなった この 日 は 大 きなサーマルは 少 なく 結 局 は 伊 東 選 手 の74 秒 が 最 高 で 勝 負 がついた オフに 残 っても4 位 はきついね 機 体 では 伊 東 選 手 が 新 作 をゴロゴロ 持 ってきた まだ 調 整 は 完 全 ではないが なんと 彼 のHLGが 滑 空 するようになってしまった ああ 悲 劇 進 歩 はいかんよ 進 歩 は 石 井 満 氏 の 機 体 は 静 止 気 流 性 能 は 抜 群 だが 気 流 が 荒 れるとストンドスンでみんなを 喜 ばした 毛 利 選 手 の 機 体 はまだ 練 り 込 みが 足 りないが 滑 空 はイイ あと 上 昇 抵 抗 を 減 らす 工 夫 が 必 要 である HLG 歴 1.5 年 子 連 れの 岡 本 選 手 機 体 は 春 山 モデルで 綺 麗 に 作 っていた 園 田 選 手 競 技 終 了 後 自 作 のUHLGを 持 ってき て 練 習 開 始 投 げ 方 も 良 さそうで 次 の 大 中 大 会 は 野 球 投 げが1 人 減 か 掛 山 選 手 はこれまで 通 りの 小 型 HLGで 頑 張 っているが 成 績 から 見 るとあとしばらくは 大 丈 夫 のようだ 小 笠 原 選 手 は70センチ クラスのUHLGを 投 げていたが 機 体 が 今 一 である 今 後 の 課 題 であるが 1メートルを 超 す 機 体 と40センチクラスが 同 じルールで 競 技 をするのは た しかに 違 和 感 がある HLGを3つに 分 けて Aクラスは 無 制 限 Bクラスは70センチ 以 下 Cクラスは 36センチ 以 下 としてハンデを 付 ける 案 等 如 何 ですか 以 上 HLGにかぎっての 報 告 である 記 録 も 勝 手 にミニ 国 際 級 とHLGのみとした E.F1J 級 順 位 氏 名 合 計 1 吉 川 強 増 田 哲 司 岩 村 慧 一 R.F1G 級 順 位 氏 名 F1 合 計 1 吉 田 潤 中 田 光 恭 大 塚 恵 司 三 留 益 良 男 G.F1H 級 順 位 氏 名 F1 合 計 1 高 橋 浪 男 熊 井 恒 雄 中 川 浩 伸 山 田 繁 HLG 級 順 位 氏 名 F1 合 計 1 伊 東 哲 男 毛 利 修 石 井 満 岡 本 淳 平 尾 寿 康 掛 山 吉 行 園 田 宏 樹

6 8 小 笠 原 憲 夫 9 岡 本 陸 お 知 ら せ 平 成 20 年 度 模 型 航 空 FF F1A,F1B,F1C 日 本 選 手 権 要 綱 の 一 部 主 催 日 本 模 型 航 空 連 盟 公 認 日 本 航 空 協 会 期 日 平 成 20 年 11 月 1 日 ( 土 )2 日 ( 日 )3 日 ( 月 ) 場 所 千 葉 県 香 取 郡 干 潟 町 万 歳 種 目 フリーフライト F1A,F1B,F1C 規 定 はFAIスポーツ 規 定 に 準 拠 選 手 権 委 員 長 日 本 模 型 航 空 連 盟 会 長 落 合 一 夫 競 技 委 員 長 FF 委 員 会 委 員 吉 田 利 徳 競 技 副 委 員 長 FF 委 員 会 坂 巻 敏 雄 (F1A) 小 林 茂 夫 (F1B) 津 田 晃 英 (F1C) 陪 審 員 日 本 模 型 航 空 連 盟 理 事 長 落 合 一 夫 競 技 役 員 会 員 競 技 方 法 競 技 は2008 年 発 効 のFAIスポーツ 規 定 に 準 拠 した 公 式 飛 行 と 決 勝 飛 行 を 行 い 選 手 権 者 および 順 位 を 決 定 する 天 候 などの 状 況 によって 競 技 を 延 期 ま たは 中 止 することがある 延 期 の 場 合 は 追 って 発 表 する 世 界 選 手 権 候 補 平 成 19 年 度 20 年 度 の 本 選 手 権 の 持 ち 点 を 合 計 し 合 計 点 の 上 位 より 順 番 に 次 回 世 界 選 手 権 の 日 本 チームの 選 手 となる 資 格 が 与 えられる 持 ち 点 1 位 -12 点 2 位 -9 点 3 位 -7 点 4 位 -6 点 5 位 -5 点 6 位 -4 点 宿 舎 7 位 -3 点 8 位 -2 点 9 位 -1 点 国 民 宿 舎 食 彩 の 宿 い いおか( 飯 岡 荘 ) 千 葉 県 旭 市 荻 園 日 程 11 月 1 日 ( 土 )16~1 7時 受 付 17時 30 分 開 会 式 およびミーティンク 18, 時 夕 食 1 1月 2 日 ( 日 )F1B 1ラウンド 7: 00-7: 55~7ラウンド 13: 00-13: 55 フライオフ(1) 14: 30-14: 40 フライオフ(2) 15: 10-15: 月 3 日 ( 月 )F1A C 1ラウンド 7: 00-7: 55~7ラウンド 13: 00-13:55 フライオフ(1) 14: 30-14: 40 フライオフ(2) 15: 10-15: 20 その 後 閉 会 式 日 の 出 6: 04 / 日 の 入 り 16: 42 連 絡 先 各 団 体 のFF 委 員 事 務 局 委 員 長 へ 又 はFF 委 員 会 事 務 局 田 久 保 潤 一 委 員 長 中 澤 正 雄 平 成 20 年 度 FF 国 際 級 F1G H J HLG LP 競 技 会 要 綱 6 1. 主 催 日 本 模 型 航 空 連 盟 2. 大 会 委 員 長 日 本 模 型 航 空 連 盟 会 長 落 合 一 夫 3. 競 技 委 員 長 FF委 員 会 委 員 高 田 富 造 4. 競 技 役 員 FF委 員 会 委 嘱 5. 期 日 平 成 20( 2008) 年 11月 23日 ( 日 ) 雨 天 の 場 合 は1 1月 30日 ( 日 ) 6. 会 場 大 中 田 んぼ( 滋 賀 県 東 近 江 市 能 登 川 町 大 中 ) 7. 種 目 フリーフライト 国 際 級 F1G,FlH,FlJおよび HLG-A HLG-B LP ( F1G,FlH,FlJには 国 内 級 機 体 での 出 場 は 不 可 ) 8.. 参 加 資 格 当 日 有 効 の 模 型 飛 行 士 登 録 者 9. 申 込 方 法 郵 便 振 込 み 用 紙 に 必 要 事 項 を 記 入 し 期 日 までに 下 記 に 申 し 込 むこと 郵 便 振 込 口 座 番 号 加 入 者 名 今 村 利 勝 郵 便 振 替 払 込 受 領 書 を 受 付 へ 提 示 のこと なお いったん 納 した 参 加 費 は 理 由 の 如 何 を 問 わず 返 却 しない - 6 -

7 10. 申 込 期 間 平 成 20 ( 2008) 年 10月 9日 ( 木 )~ 11月 6日 ( 木 ) ( 消 印 有 効 ) 11. 参 加 費 2,000円( 1種 目 2 種 目 は 3,000円 ) 中 学 生 および 小 学 生 は500 円 12. 規 定 競 技 の 方 法 F1G H JはFAIスポーツ 規 定 に 準 拠 し5ラウンドの 競 技 を 行 う 同 タイ ムの 場 合 は 決 勝 飛 行 を 行 い 順 位 を 決 定 する 最 大 計 測 時 間 は 第 1ラ ウンドは 3分 第 2ラウンド 以 降 は 2分 とする F1Jのモーターランは5 秒 とする また 最 大 計 測 時 間 モーターランを 変 更 することがある HLGについては 最 大 計 測 時 間 60 秒 ( 第 1 ラウンドは90 秒 )の 飛 行 を 1ラウンドに 2回 行 い 飛 行 時 間 の 長 い 飛 行 をそのラウンドの 公 式 飛 行 として 5ラウンド の 総 計 で 順 位 を 決 定 する タイの 場 合 決 勝 飛 行 を 行 い 順 位 を 決 定 する LPについては5ラウンドの 競 技 を 行 う 最 大 計 測 時 間 は 第 1ラウンド2 分 第 2ラウンド 以 降 は1 分 と し 5 回 の 合 計 で 順 位 を 決 定 する タイの 場 合 は 決 勝 飛 行 をおこなう LPに 関 する 特 別 規 則 : 競 技 会 場 の 状 況 を 考 慮 しフリーフライト 国 内 級 規 定 15 条 に 基 づき 特 別 規 則 を 付 加 する 1 動 力 ゴム5g 以 下 2 可 変 機 構 を 伴 わない 空 転 プロペラ 使 用 13. 競 技 予 定 6時 30分 ~ 7時 10分 / 現 地 受 付 7時 15分 / 開 会 式 7時 30分 / 14. 保 安 損 害 賠 償 人 畜 土 地 建 物 その 他 の 物 件 に 対 し 競 技 その 他 により 損 害 を 与 え 賠 償 が 必 要 な 場 合 は 参 加 者 が 全 額 を 負 担 する 15. 機 体 検 査 随 時 検 査 を 行 う 不 合 格 の 場 合 には それ 以 前 の 記 録 は 全 て 無 効 とする 16. 選 手 の 責 務 選 手 は 計 時 員 の 補 助 員 または 計 時 員 として 計 時 に 協 力 すること 17. 連 絡 先 各 団 体 の FF委 員 又 は 競 技 実 行 委 員 今 村 利 勝 京 都 市 伏 見 区 久 我 森 の 宮 町 TEL 機 体 の 規 格 振 込 用 紙 の 通 信 欄 に 以 下 の 項 目 を 記 入 のこと 種 目 : F1G F1H F1J HLG-A HLG-B LP JPNナンバー 平 成 20 年 度 栃 木 スカイフレンズ 競 技 会 案 内 予 定 7 1. 開 催 日 平 成 20 年 12 月 7 日 ( 日 ) 2. 会 場 小 山 市 大 字 鏡 地 内 田 んぼ 3. 参 加 費 1 種 目 当 り2,000 円 ただし2 種 目 からは 1,000 円 4. 競 技 受 付 開 始 午 前 8 時 0 分 ~8 時 20 分 開 始 8 時 30 分 ~10 時 30 分 ( 但 し1Rは10 時 まで) 5. 競 技 開 始 午 前 8 時 30 分 ~ 午 前 10 時 30 分 (ただし 1Rは 午 前 10 時 までとする 6. 保 安 デサマライザーに 火 縄 を 使 用 する 機 体 は 火 縄 の 落 下 しない 機 構 とすること 7. 競 技 種 目 方 法 H L G 1 投 60 秒 で 10 投 中 上 位 5 投 の 合 計 タイムで 行 う FOは120 秒 180 秒 市 販 ライトプレーンA 1~3 R 60 秒 / Rで 行 う FOは120 秒 180 秒 ラハ ーハ ワー オールト タイマー 1~3 R 60 秒 / Rで 行 う FOは120 秒 180 秒 被 服 胴 車 輪 付 折 ペラ 不 可 エンジンオールドタイマー 1~3 R 60 秒 / R FOは120 秒 180 秒 (エンジンランはディーセ ル 及 びイグニッションエンジンが 1cc 未 満 20 秒 以 内 1cc 以 上 は 被 服 胴 車 輪 付 1945 年 以 5 秒 以 内 グローエンジンは10 秒 以 内 とする 但 しタイマー 制 御 来 前 の 機 体 が 望 ましい ない 場 合 20% 以 内 のオーバーランは 認 める ) フライングスケール 1~3 R 60 秒 / R FOは 120 秒 180 秒 8. 損 害 賠 償 人 及 び 畜 類 土 地 建 物 その 他 に 損 害 を 与 えた 場 合 は 当 該 選 手 が 補 償 する 9.そ の 他 1 選 手 は 計 時 員 の 補 助 員 とし 競 技 運 営 に 協 力 すること 3 出 場 人 数 の 把 握 しますので11 月 20 日 までに 次 のところへ 連 絡 ください 小 山 市 神 鳥 谷 鈴 木 俊 和 - 7 -

8 FF 文 化 サロン 今 回 は 掲 載 する 記 事 は3つのレポートは いずれも 石 井 満 氏 のブログ やまめ 工 房 の 日 記 2 よりの 転 載 である ここに 使 用 されているグラフは 明 石 工 業 専 門 学 校 の 小 池 教 授 と 石 井 満 が 協 力 して 実 施 した 風 洞 実 験 によるデータを 石 井 満 氏 がまとめたものである レイノルズ 数 の 壁 10 石 井 満 今 朝 もカタパルト 飛 ばしてきました 近 くにあるクリーンセンターの 高 い 煙 突 から 出 る 煙 が 低 く 這 い ずり 回 ってました 多 分 地 面 付 近 と 上 空 20m 付 近 で 空 気 が 変 わるこの 時 期 特 有 の 現 象 だとおもいま す 2 年 前 の 手 賀 沼 田 んぼでも 秋 口 にたぶん 10月 初 旬 の 早 朝 に 何 度 か 経 験 した 空 気 の 状 態 と 同 じ に 思 えます こんな 空 気 の 日 は 飛 行 機 は 散 々な 飛 び 方 をします 一 見 無 風 で 良 い 条 件 のように 見 え ますが 全 体 に 下 降 気 流 があって 滑 空 はずぶずぶと 沈 んでまったく 浮 いてくれません スパン30cm 8gのカタパルトも 高 度 も 浮 きもまったく 良 いところがなく 25mの 高 度 から35 秒 で 降 り てしまいます グラフはレイノルズ 数 14,000のアスペクトレ シオ6.6の 楕 円 翼 を 持 つハンドランチ 機 体 全 体 の 風 洞 データです このカタパルトはこの 風 洞 モ デルを 一 回 り 小 さくした 感 じですが 軽 いので 滑 空 速 度 が 小 さくレイノルズ 数 9,000 付 近 で 飛 ん でいると 思 われます レイノルズ 数 変 化 により 空 力 係 数 が 大 きく 変 化 する 領 域 で たぶんこのグラ フよりもかなり 性 能 が 落 ちていると 考 えられます 滑 空 中 の 空 力 係 数 はCL=0.6 CD=0.11ぐ らいではないかと 推 測 します この 時 の 滑 空 比 は CLCD= / 0.6/0.11=5.45と 計 算 されます 今 日 の 実 飛 行 の 滑 空 速 度 を3.2m/ sとすれば 沈 下 率 はω= 3.2/5.45 =0.587m/ s 25mから の 滑 空 とすると 滞 空 時 間 はT= 25/ =4 4.6 秒 今 日 の 空 気 の 状 態 からすると 計 算 がほ ぼ 当 たっているように 思 います ゴムをもう 少 し 強 力 にして30mまで 上 がったとしても55 秒 ほどし か 飛 ばない 感 じです レイノルズ 数 の 壁 かなり の 強 敵 です アメリカのこのサイズのインドア 記 録 100 秒 オーバーは 凄 い 記 録 なんだと 改 めて 感 じま す どうやったら 実 現 できるのかまだまだ 研 究 が 必 要 なようです カタパルト 機 の 空 力 係 数 検 討 10 石 井 満 風 洞 試 験 データより 上 のグラフを 作 って 見 ました 滑 空 における 性 能 を 表 す 数 値 がレイノルズ 数 の 変 化 でどのような 変 化 をするのかを 検 討 します 実 験 データをいじくり 回 すのはあまりほめられた 事 で はありませんが30m 天 井 用 インドアカタパルト( Re9000 )の 設 計 方 針 を 固 めたいと 思 いこのグラフを 作 りました まづは 最 大 陽 抗 比 ですがほぼ 直 線 状 に 変 化 しているようです このままの 比 率 で 変 化 すると 考 えるとレイノルズ 数 9,000では 最 大 揚 抗 比 は7.5 程 度 になると 考 えられます 今 朝 の 見 積 値 よりは 大 きくこれぐらいなら 意 外 と 行 けそうな 値 です 次 に 滞 空 時 間 を 最 大 にするCLとCDの 関 係 は 通 常 CL^3/CD^2 の 大 きさで 表 されますがこの 式 を - 8 -

9 変 形 して 直 接 沈 下 率 を 求 める 形 式 の( CD^2/CL^3) ^0.5 を 各 レイノルズ 数 における 最 小 値 を 抜 き 出 し 比 較 します このグラフもほぼ 直 線 状 に 数 値 が 変 化 しているようです レイノルズ 数 が 小 さいほど 沈 下 率 が 大 きく なる 事 が 一 目 で 解 かります たとえばRe30,000での 沈 下 率 を1とすると 翼 面 荷 重 を 同 じに 相 似 形 で 半 分 の 大 きさの 機 体 を 作 った 場 合 ( Re15000となる) 沈 下 率 が1.5 倍 になることを 示 しています Re9,000の 場 合 このまま 直 線 状 に 変 化 すると 考 えると 約 0.18となります 風 洞 データRe14,00 0の 値 の13% 増 しの 沈 下 率 となる 予 測 です このグラフが 意 味 する 所 については 日 を 改 めてもう 少 し 突 っ 込 んで 検 討 してみたいと 思 います レイノルズ 数 を 重 視 するのかアスペクトレシオを 重 視 するのかそれともこれらを 無 視 して 翼 面 荷 重 に 活 路 を 見 出 すかの 判 断 が 見 えて 来 る 事 でしょう その2 沈 下 率 の 大 きさを 表 す 空 力 係 数 の 指 標 であ る( CD^2/CL^3) ^0.5 のグラフを 再 び 持 ち 出 しま す 前 回 はレイノルズ 数 の 違 いでこの 指 標 の 値 がどのような 変 化 をするかを 見 てきました また 数 値 の 変 化 率 を 使 って 風 洞 データの 無 いRe90 00 の 値 を 予 測 しました 相 似 形 に 縮 小 してレイ ノルズ 数 が 小 さくなるとグラフの 紺 色 の 線 のよう にこの 指 標 も 大 きくなり 沈 下 率 が 激 増 する 結 果 を 表 しています 今 回 はスパンを 変 えずに 翼 弦 を 絞 ってアス ペクトレシオを 上 げるとどうなるかを 調 べます 翼 面 荷 重 を 変 えずに( 滑 空 速 度 を 一 定 )アスペ クトレシオを 上 げると 言 う 事 はそのままレイノル ズ 数 を 下 げると 言 う 事 に 他 なりません したがっ てRe14,000の CL CDを 使 ってアスペクトを 大 きくしてRe9,000に 於 ける 指 標 の 値 を 計 算 さ せます アスペクトレシオを 上 げると 誘 導 抵 抗 が 減 って 滑 空 沈 下 率 が 小 さくなります 計 算 の 結 果 Re9,000での 指 標 の 値 は0.1463となりま した さてここからが 問 題 です Re10,000 近 傍 に 於 いてスパンと 翼 面 荷 重 を 変 えずにアスペクト レシオを 大 きくした 場 合 沈 下 率 は 大 きくなるでし ょうかそれとも 小 さくなるでしょうか? 答 えはグラフの 紺 色 の 線 とピンク 色 の 線 の 差 し 引 きとなります つまり( )/2= となり 僅 かですが 沈 下 率 が 大 きくなる 事 になります 結 論 : Re10,000 近 傍 では 翼 弦 を 絞 ってア - 9 -

10 F1B 情 報 スペクトレシオ(6.6 付 近 での)を 大 きくしても 沈 下 率 の 向 上 は 期 待 できない 逆 に 僅 かだが 沈 下 率 が 悪 くなる 可 能 性 が 高 い アスペクトレシオによる 効 果 とレイノルズ 数 による 悪 化 の 程 度 はほぼ 同 じで 翼 平 面 形 による 性 能 差 はほとんど 無 いという 事 ができ るでしょう したがって 次 に 作 るインドアカタパルトの 設 計 方 針 は 翼 平 面 形 は 変 えずに 軽 くして 沈 下 率 を 下 げる 方 向 とします 軽 くなるので 剛 性 を 確 保 する のが 課 題 になってくるでしょう また 軽 いと 同 じゴム を 使 っても 初 速 は 上 がって 高 度 も 増 すように 感 じま すが 翼 面 荷 重 が 小 さくなるので 減 速 率 が 大 きくなり 逆 に 高 度 が 出 なくなる 事 が 予 想 されます 30 m 天 井 まで 打 ち 上 げるにはより 強 力 なゴムが 必 要 でゴム 張 力 と 速 くなる 初 速 に 耐 えられるように 剛 性 を 上 げ つつ 軽 量 に 仕 上 げる 必 要 性 あります いやあ~ 私 の 工 作 技 術 では 大 変 な 難 題 になっ て 来 ました ( 汗 汗 ) 10 平 尾 当 会 報 は 面 白 いものがあればどんなヒコーキの 記 事 を 載 せるようにしています しかしながら 国 際 級 となると 特 に 大 型 のF1A B Cになると この 分 野 日 本 では 自 作 をしている 人 が 少 ないので 情 報 が 少 ないのです 結 局 はアチャラカの 情 報 になるのですが そのあたりご 勘 弁 を 今 回 はF1Bの 情 報 です 久 しぶりにアンク(A アンドリュコブ)のホームページを 覗 いてみると 技 術 欄 に 販 売 している 機 体 のセッティングについての 記 事 を 見 つけたので 図 面 を 転 載 し 紹 介 します 1. 重 芯 位 置 翼 スバン152cmの 機 体 の 重 芯 位 置 は54%~57% スパン180cmの 機 体 の 重 芯 位 置 は55%~ 59%にするべきである この 重 芯 位 置 は 一 般 的 である 2. 主 翼 のねじりについて 正 しい 翼 のねじりは 重 要 である 機 体 から2m 程 離 れて 貴 方 の 眼 を 機 体 に 平 行 にして 主 翼 下 面 を 観 察 する そして 滑 空 時 におけるねじりは 下 図 のようにするのが 望 ましい 上 昇 時 には 右 翼 をわ ずかに 下 げるべきである(ウイグラー) と 言 った 前 説 があって 図 がある この 図 によると 滑 空 時 の 左 右 翼 のねじ りが 違 っていて 右 翼 のジョイント 部 分 迎 角 は+1.0 度 翼 端 で+0.5 度 となっていて 捻 り 下 げがある 左 翼 はジョイント 部 分 度 翼 端 で0.5 度 となっていて 捻 り 下 げがない このようなセットすると ほとん どラダーを 切 らなくても 右 旋 回 するはずで ある そこで 添 付 している 垂 直 尾 翼 の 図 を 見 ると 翼 のふくらみは 左 右 違 ってはいるも のの 滑 空 時 はほぼ 中 立 である このことからこのねじりは 滑 空 時 の 旋 回 抵 抗 を 最 小 限 にする 工 夫 な のであろうか 現 在 のF1Bには 大 部 分 ウイグラーが 付 いているので 主 翼 の 滑 空 時 の 抵 抗 は 極 限 ま で 減 らしているではなかろうか 感 覚 的 には 主 翼 左 右 非 対 称 はなるべくやりたくないので このセット

11 が 数 字 的 にどの 位 有 利 に 働 くのか 知 りたいところである ともかく この 機 体 を 買 うとこのセッティング になっているので 翼 が 曲 がっていると 思 い 直 してしまうとアカンのですよ 買 った 人 はまず そ のままで 飛 ばしてみてOKならそれでしばらく 様 子 を 見 るべきでしょう な どうしても 気 に 入 らない 場 合 は 変 える 事 (と 言 ってもねじりを 変 更 するのは 面 倒 ですがね)になるのでしょうか 3.プロペラ スラスト これも 右 図 面 に 提 示 がある この 設 定 にするとサイド ダウンとも 何 度 になるのか 解 らないが 何 れにしろわずかである このセッティング も 一 般 的 である この 提 示 の 意 味 は セッティングをこのようにしろとい う 事 なのか このようになっているのでイジルナと 言 う 事 なのか 4.その 他 これ 以 外 にも 水 平 尾 翼 の 迎 角 の 提 示 があるが これはアンクの 完 成 機 を 購 入 した 時 に セッティン グはこのように 考 えて 作 ってあるという 意 味 だと 思 う しかし ここまで 細 かい 提 示 をされると F1Bって 何 だか ツナラナイナー と 思 ってしまうのだが 皆 さんはどうですか また アンクは 現 在 も2005 年 4 月 の 競 技 用 ゴムが 写 真 では 表 示 している これを 現 在 も 販 売 してい るとすると 性 能 的 にこのゴムが 良 いとの 評 価 だろう とすると 余 談 だが このゴムは 織 間 さんが 大 量 に 採 ってくれたので 私 も 持 っている しかし もっと 調 べてみると 現 在 実 際 に 売 っているのは2007 年 6 月 は 在 庫 があるらしい 今 年 の1 月 のゴムが 入 ってきているようだが こいつ 素 晴 らしい と 言 う 意 見 と 柔 らかくてダメ と 言 う 意 見 がある これよりも2005 年 4 月 の 方 が 良 いとも 言 っていたが 現 在 では 明 らかにこれが 優 れているといったF1Bに 関 する 情 報 はない しかし ここまで 完 成 機 購 入 が 一 般 的 になると 選 手 の 飛 ばし 方 の 勝 負 になるのか 動 力 ゴムもスーパースポーツしかなく 適 当 に 購 入 して 良 いゴムが 手 に 入 れば それは 好 運 である 各 選 手 は それぞれのゴムの 最 大 パワ ーを 発 揮 するようにテクニックを 駆 使 して 巻 く そして いかに 神 経 を 使 って 飛 ばすかによって 誰 でも チャンスがあるのではなかろうか スハ ン50センチ 級 スケールモテ ル ピラタスポーターの 製 作 平 尾 10 前 説 はじめに 宣 言 する ランチャーズはHLGばかりやっているグループではないのだ 実 質 は 飛 ば す 物 がバラエティーに 富 んでいるのがランチャーズなのである と 言 う 事 で 今 回 はウオールナッツ 的 スケールモデル ピラタスポーター の 紹 介 である スケールモデルには 様 々な 大 きさのものがあるが ピーナッツ 級 モデルは 特 に 有 名 である 規 定 で はスパン33センチ 以 下 のとても 小 さなモデルで 一 見 取 っ 付 きが 良 さそうに 見 えて 実 は 作 るのも 難 しく 飛 ばすのはさらに 難 しい 飛 ばすのが 目 的 になると 模 型 飛 行 機 は 大 きいほど 飛 ばしやすくなる ので 少 し 大 きいめのサイズとしてウオールナッツ 級 (スパン43センチ 強 )がある このクラスなら 初 心 者 でもソコソコ 作 れて 見 栄 えも 良 いし 飛 ばす 為 の 調 整 も 解 りやすく 小 さな 公 園 で 飛 ばすにも 適 当 である 且 つ この 大 きさだとバラして 運 ぶ 都 合 も 兼 ねて 降 下 装 置 も 付 けられる そんな 理 由 からウ オールナッツ 級 について 調 べてみた しかし アメリカのAMAにもそのような 規 定 がなく 又 日 本 で 販 売 されたスケールモデルのほとんどがスパン48センチクラスが 多 い 事 がわかった 且 つ 日 本 では ピーナッツスケールモデル 競 技 はあるもののウオールナッツ 級 の 競 技 会 は 開 催 された 例 がない そも そも 日 本 では 栃 木 大 会 以 外 でピーナッツ 以 外 のスケールモデル 競 技 会 をやったのを 聞 いた 事 がな い さて こうなると 機 体 の 大 きさをどうするかで 困 ってしまった そこで 私 が 現 在 持 っているモデルの スパンを 測 ってみると48cmが2 機 45cmが1 機 である 但 し 図 面 化 する 場 合 はスパン43cmサイズ だとA4サイズにきれいに 収 まるのだが 50cmサイズになるとB4でないと 入 らないのである そこで 参 考 までにピラタスポーターをスパン43cmに 縮 めて 作 ってみた 48センチと 比 べて 骨 材 も 華 奢 でピ

12 ーナッツスケールに 近 い 感 覚 的 で 真 に 頼 りない スパン 比 43cm/48cmは 容 積 比 では30%もの 差 になり 感 覚 差 は 思 ったより 大 きい 結 論 として 入 門 機 として 過 去 に 京 商 て 発 売 していた ピラタス ポター を 下 敷 きにした 軽 量 化 モデル スパン48cmの 機 体 を 紹 介 することにし た さて 次 になぜピラタス ポーターな のか これには 当 然 ながら 理 由 がある スケール 機 には 見 せる 為 の 物 と 飛 ば す 為 の 機 体 がある 私 は 飛 ぶヒコーキ が 好 きなので 飛 ばしやすいスケールモデルにのみ 興 味 がある となると まず 複 葉 機 は 作 りにくく 抵 抗 も 多 いし 飛 ばしにくいからボツである 次 に 主 翼 面 積 が 小 さく 胴 体 の 細 いモデル(ゴムが 入 らな い)もダメである また ノーズ 部 分 がやたらと 短 い 機 体 ( 空 冷 エンジン 機 )も 飛 行 バランス 取 り 難 くて 推 薦 できない また やたらと 曲 線 部 分 の 多 い 機 体 ( 特 に 胴 体 )も 作 りにくいので 遠 慮 したい となると 残 るのは 主 翼 が 大 きく 胴 が 四 角 くてノーズが 長 く どこもかしこも 四 角 いヒコーキが 推 薦 となる 私 がぜ ひ 作 ってみたい 飛 行 機 にドイツの ヒィゼラーシュトルヒ がある この 機 体 はSTOL 機 ( 短 距 離 離 着 陸 機 )で 連 絡 機 として 第 2 次 大 戦 で 大 活 躍 をし 有 名 になった 但 し 主 翼 取 付 部 分 の 胴 体 が 複 雑 で 簡 単 には 作 れそうにない そこで 同 様 なSTOL 機 で 現 代 的 な 設 計 になって 且 つ 貨 物 機 としても 使 え るピラタスポーターは 初 めて 作 るスケールモデルとしては 作 りやすく 理 想 的 である ついでながら その 他 で 私 が 推 薦 する 機 体 となると セスナ バードドック オースター オートカー 3 式 指 揮 連 絡 機 等 と 数 が 限 られているが 飛 ばしやすさから 全 てが 高 翼 機 である 次 回 は 頑 張 って 大 好 きで 有 名 なフ ィゼラーシュトルヒを ぜひ 紹 介 したいと 思 って 鋭 意 資 料 を 収 集 中 であるが 1.スケールモデルの 特 色 実 機 は 操 縦 する 為 に 主 翼 に 比 べて 胴 体 が 短 く 尾 翼 面 積 が 小 さいので そのままフリーフライト 機 にすると 自 立 安 定 性 が 悪 く 飛 ばない このあたりをどうアレンジすればフリーフライト スケールモデル として 飛 ばす 事 が 出 来 るかが 問 題 となる その 為 にやる 事 はほぼ 決 まっていて 1やや 胴 を 長 くす る 2 尾 翼 面 積 ( 垂 直 水 平 共 )を 大 きくする 3 主 翼 に 上 反 角 付 ける 等 の 工 夫 が 必 須 である 有 名 な 模 型 設 計 者 のモデルでも いざ 作 ってみると 飛 ばない 機 体 がある その 理 由 は 設 計 者 は スケール 機 の 専 門 家 なので これのでに 蓄 積 した 特 殊 技 術 を 駆 使 して 無 理 やり 飛 ばしてしまうが 初 心 者 には 出 来 るわけがない そこでどうしても 上 手 く 飛 ばない 時 は ます 重 芯 位 置 をガンガン 前 進 さ せる 事 ( 機 体 が 重 くなる) それと 尾 翼 面 積 さらに 増 やす 事 でほぼ 飛 ぶようになる 但 し 何 れも 実 機 のイメージを 大 幅 に 違 えてはダメである 2.スケール 機 の 飛 び 方 スケール 機 の 場 合 よく 間 違 がえるのは その 飛 ばし 方 である スケール 機 は 純 粋 競 技 機 ではない ので ガンガン 上 昇 させて 滑 空 で 時 間 を 稼 ぐ 飛 ばし 方 は 間 違 っている ましてや ほとんどのスケー ルモデルは 第 2 次 大 戦 以 前 のものなので ビュンビュン 飛 んではいけないのだ スケール 機 として 目 を 楽 しませるには 5メートル 程 度 の 高 度 をゆったりと 飛 ばすのが 理 想 的 なのである であるから 動 力 飛 行 時 間 が 長 い 方 が 望 ましい 特 に 第 1 次 大 戦 の 複 葉 機 などは 危 なげにヨタヨタと 飛 んで 上 昇 も しないで 且 つ 降 りないでいつまでもフラフラ 飛 んでいるのが 良 い 飛 び 方 である このような 前 提 で 飛 行 機 を 作 るとすると 完 成 重 量 は25グラム 以 下 動 力 ゴムは2.5g 程 度 で3.2 ミリ2 条 で 飛 ぶようにしたい スパン50cmクラスの 場 合 3.2ミリのゴムを 約 60センチ 長 で 約 2.5グラ ム 搭 載 すると 機 体 との 重 量 比 約 1/10となる このゴムで 小 おおよそ 千 回 程 度 は 巻 けるので 上 昇 時 間 30 秒 以 上 で 飛 行 時 間 1 分 となって 公 園 で 飛 ばすのに 最 適 となるます ゴムを 増 やせばガンガ ン 上 昇 するが スケール 機 は 競 技 機 ではないので それはお 勧 めできない

13 3. 製 作 について 面 倒 だがまず 図 面 を 参 考 にして 製 作 図 を 作 る 必 要 がある 今 回 添 付 の 図 面 はA4サイズなので こ れをB4サイズに 伸 ばしてから 使 って 欲 しい さらに 主 翼 平 面 は 片 側 しかないので もう 半 分 は 面 倒 で も 作 って 下 さい 主 翼 尾 翼 胴 体 の 製 作 時 は 図 面 を 平 らな 板 に 貼 り 付 けて その 上 にサランラップを 被 せる そして 図 面 の 上 に 材 料 を 重 ねてピンで 仮 留 めし 瞬 間 接 着 剤 で 付 けていくのが 基 本 である 初 めて 製 作 する 時 には 軽 く よりも 丈 夫 さ に 注 力 してください * スパー まず 板 厚 2.0mmと1.5mmの 板 ( 比 重 0.12 以 上 )から 棒 材 を 切 り 出 す 時 カッターナイフだと 切 り 出 したスパーが 曲 がりやすいのでダメです 必 ずレザーソーでゆっくりと 切 ってください 必 ず 必 要 本 数 より 多 めに 切 り 出 して その 中 から 曲 りのない 棒 を 選 びます そして 次 に 複 数 の 棒 の 切 断 面 を そろえるためにスパーを 数 本 まとめてサンドペーパーで 削 ります 作 業 が 完 了 しても 曲 がってしまう 場 合 は 組 み 立 てる 場 合 に 反 りを 逆 に 合 わせるように 組 み 立 てます * リブの 切 りだし 必 要 枚 数 より 多 めにバルサ 短 冊 (47mm 5mm 1.5mm 16 枚 )を 作 ります そして 板 をそろえ て 下 面 をセロテープで 接 着 し それを 作 業 台 に 置 いて 上 面 を 翼 型 にカッターナイフでざっと 整 形 しま す その 後 サンドペーパー(280 番 以 下 )で 翼 型 に 仕 上 げます スパーの 溝 は 金 切 り 鋸 ( 歯 が 厚 い) でざっと 切 り 込 みを 入 れてスパーを 差 し 込 みながらヤスリで 仕 上 げる * 組 立 胴 体 は 側 面 図 面 上 に 材 料 を 載 せて 虫 ピン 等 で 仮 止 めし 瞬 間 接 着 剤 で 接 着 する 1 枚 目 が 出 来 た らその 上 に 更 にサランラップを 被 せて 2 枚 目 の 材 料 を 重 ねて 作 る 四 角 く 胴 体 を 仕 上 げる 時 側 面 を2 枚 平 行 に 立 て 直 角 定 規 等 で 正 方 形 になるように 確 認 する その 後 上 下 の 材 料 を 接 着 する 厚 紙 で 箱 形 に 直 角 を 出 したジグを 何 枚 か 作 っておくと 便 利 である 主 翼 尾 翼 は 接 着 が 完 了 したらカッタ ーナイフで 図 面 からはがす そして 全 体 をひねってみて 接 着 状 況 を 確 認 し 怪 しい 部 分 は 接 着 剤 で 補 強 する ノーズのプロペラ 受 けの 部 分 は 極 力 軽 いバルさ 板 を 板 目 を90 度 ずらせて 数 枚 貼 り 合 わ せ ナイフで 整 形 する その 後 サンドペパーで 仕 上 げる 次 にプロペラ 付 きのノーズ 部 分 の 差 し 込 み 部 分 ( 四 角 い 凸 型 )を 作 って それに 対 応 する 胴 体 の 受 け 部 分 に 四 角 い 穴 を 開 ける この 部 分 は 調 整 時 に 削 るのでぴったり 合 うように 作 ること 骨 組 みがほぼ 出 来 上 がったら 防 水 性 能 の 向 上 と 強 度 向 上 のため2 回 ほどラッカーを 塗 る 乾 いたらサンドペーパーで 全 体 を 擦 ってバリをとる この 時 ひ ずんでいる 所 は 接 着 剤 をはがして 出 来 るだけ 修 整 する 事 * 紙 張 り 紙 を 貼 る 場 合 あまり 引 っぱりの 強 い 紙 (フィルム 等 )は 骨 が 曲 がるので 注 意 する 特 に 霧 吹 きやア イロンかけをする 場 合 は 骨 が 曲 がらないようによく 観 察 してください 紙 張 りが 終 わったら 防 水 のため にラッカーを2 回 ほど 塗 って 下 さい スケールっぽい 塗 装 やデカールはインターネット 等 で 好 きな 機 体 を 調 べて 考 えて 下 さい このスケールモデルは 飛 ばすことが 目 的 なので スケール 度 はいい 加 減 にし ています 5. 飛 行 この 機 体 は 素 直 で このままでもソコソコの 滑 空 をする 筈 です 問 題 がない 時 はプロペラスラストを いじって 上 昇 調 整 にかかります この 機 はゴム 動 力 なので 右 旋 回 上 昇 左 旋 回 滑 空 が 基 本 です しかし 小 型 なのでプロペラスラストには 敏 感 で 少 しづついじりましょう 最 初 は 手 巻 き100 回 から 始 めてゆるい 右 旋 回 上 昇 をするようにノーズブロックを 削 って 調 整 します この 場 合 主 にダウンスラス トを 付 けるようにし サイドスラストは 少 なめにしてください 最 初 の 段 階 が 終 わったらプロペラ 巻 き 数 を 200 回 300 回 と 増 やして 旋 回 上 昇 のぐわいを 観 察 して 下 さい 軽 く 頭 上 げをしながらゆるやかに 旋 回 上 昇 するように 調 整 します しかし 不 安 定 で 綺 麗 に 上 昇 しない 場 合 は 水 平 尾 翼 をいじって 翼 全 体 の 迎 角 を 調 整 します(この 場 合 のほとんどは 水 平 尾 翼 の 後 縁 を 下 げる 筈 である) この 大 きさのスケール 機 はあまり 滑 空 が 良 く

14 ないので あくまでも 動 力 飛 行 時 間 を 稼 ぐように 考 えること その 為 には 軽 く 作 って 少 量 のゴムで 長 時 間 プロペを 回 せるようにすることが 必 須 である ようするにプロペラの 回 転 時 間 を 長 くする 事 がコツで 3.2mm 2 条 40cmのゴムで 約 1200 回 巻 ける この 場 合 はモーターランが40 秒 超 になるので 滞 空 時 間 は1 分 は 固 い この 後 の 調 整 は 実 地 を 見 ながらでないと 曰 く 言 い 難 いので 遠 慮 なくご 連 絡 下 さい 図 面 別 添 雑 談 天 国 極 西 の 国 日 本 平 尾 11 この 欄 いつも 行 き 詰 まって 頭 を 悩 ませる それなら 止 めればよいのに 止 めたくないない 何 かが あるのだ そこで 今 回 は 前 々から 何 時 かはこれを 書 こうと 思 っていたが まだ 全 くまとめる 自 信 のな い 極 西 の 国 日 本 ( 極 東 の 日 本 ではない!)と 題 して 書 くことにした が はたしてまとまるかどうか なぜ 極 西 の 国 日 本 なのか 確 かに 日 本 人 は 東 洋 系 であり 中 国 文 化 の 多 大 な 影 響 を 受 けて 今 の 日 本 があるということに 異 存 はない しかしながら 最 近 世 界 をさわがせる 様 々な 出 来 事 を 見 て いると 日 本 が 東 洋 圏 にありながら 全 く 東 洋 的 でものが 多 くある 事 に 気 がついた その1つが 道 徳 で ある しかし その 前 に4 大 文 明 発 祥 の 地 中 国 文 化 に 言 及 しなければいけない 日 本 が 中 国 文 化 の 中 で 多 大 の 影 響 を 受 けたものに 文 字 がある しかし 文 字 (ラング*)そのもの はともかく 日 本 で 現 在 の 使 っている 述 語 (シニフィアン*)で 中 国 語 そのままのものは 少 ない この 表 現 ん と 思 うでしょうが 実 は 現 在 使 われている 漢 字 述 語 のほとんどは 日 本 語 である 例 を 挙 げて 説 明 しよう わかりやすい 例 は 数 学 用 語 である 奇 数 偶 数 素 数 微 分 積 分 等 と 言 う 言 葉 は 全 て 日 本 語 である 日 本 には 江 戸 時 代 すでに 関 孝 和 を 代 表 とする 高 等 数 学 者 がいた しか し 高 等 数 学 概 念 のない 中 国 に このような 言 葉 が 存 在 するはずがないではなないか では 誰 が 作 ったか 明 治 になって 漢 学 者 とキリスト 教 の 聖 書 学 者 達 が 日 本 語 に 翻 訳 できない 述 語 を 議 論 しながら 創 ったのである これが 基 礎 となって 抽 象 概 念 用 語 のほとんど 例 えば 神 学 哲 学 等 から 始 まって 身 近 なものでは 電 気 電 波 機 械 学 校 病 院 自 動 車 等 々 我 々が 現 在 使 って いる 述 語 のほとんどは 明 治 に 作 られたのである この 作 られた 述 語 の 見 事 さを1つだけ 紹 介 すると 機 とはエネルギーが 満 々と 充 満 しまさに 動 きださんとする 状 態 を 現 す そして 械 はある 規 律 の 中 でとうとうと 動 く 様 をいう であるから 機 械 とは ドンとスイッチが 入 ると 轟 音 を 立 てて 止 めどなく 動 くモ ノを 意 味 するのである なぜ 新 述 語 が 必 要 だったのか この 時 代 ともかくも 西 洋 文 化 を 理 解 しないと 世 界 で 遅 れをとると 考 えた 明 治 政 府 は まず 国 民 の 教 育 を 考 えたのである 教 育 には 理 解 に 適 切 な 言 葉 が 必 要 で 欧 米 語 にあって 日 本 語 にはない 述 語 を 全 て 作 ったのである このことは 案 外 知 られていないが 私 はこ れが 明 治 維 新 最 大 の 功 績 であると 考 えている 当 時 高 等 数 学 を 自 国 の 言 葉 で 教 えられる 国 は 東 洋 圏 では 唯 一 日 本 だけであった 現 在 でも 欧 米 語 を 習 わないと 数 学 が 理 解 できない 国 は 世 界 にあまたある 当 然 ながら 韓 国 は 創 られた 新 日 本 語 をそのまま 韓 国 読 みにして 現 在 も 使 用 している また 中 国 もこれらを 逆 輸 入 して 使 っているが 決 して 日 本 の 造 語 であることを 認 めようとはしない もう1つ 中 国 韓 国 には 古 い 書 籍 は 驚 くほど 残 っていな いのである なぜならば 元 以 降 のほとんどは 他 民 族 国 家 であり 新 王 朝 が 滅 ぼした 前 王 朝 を 讃 える 書 籍 を 抹 殺 するのは 当 然 である 韓 国 でも 同 様 で1300, 年 以 前 の 書 籍 は 残 っていない 中 国 韓 国 は 古 書 のない 国 なのである あれだけ 国 内 戦 争 をしていては 残 るはずもないが では 何 処 にあったのか 当 然 ながら 正 倉 院 に 代 表 される 宝 庫 を 持 つ 日 本 である 近 代 になって 日 本 にやってきた 中 国 人 ( 魯 迅 等 )は 日 本 に 残 っていた 中 国 本 を 読 んで 祖 国 の3,000 年 の 歴 史 を 正 に 発 見 したのである 毛 沢 東 すら 焚 書 坑 儒 をやったのだから これは 当 然 である 次 に 社 会 制 度 についても 中 国 の 影 響 は 多 大 であり 遣 唐 使 遣 隋 使 の 時 代 から 盛 んに 採 り 入 れら れた 宗 教 においても 当 時 の 新 文 化 である 仏 教 がインド 中 国 を 経 て 今 も 日 本 で 根 付 いている

15 思 想 では 儒 教 が 中 国 で 発 生 して 韓 国 を 経 て 日 本 文 化 に 大 きな 影 響 を 及 ぼしている この 事 を 考 えると 日 本 はやはり 極 東 の 国 であると 思 える しかし 中 国 から 様 々な 社 会 制 度 を 輸 入 したが 日 本 が 決 して 採 用 しようとしなかったのにものがある それは 科 挙 と 宦 官 の 制 度 である 唐 の 時 代 すでにこ の2つの 制 度 が 出 来 上 がっていて 中 国 の 政 治 制 度 として 重 要 な 位 置 を 占 めていた 隣 国 韓 国 はこ の2つを 輸 入 し 自 国 の 制 度 としたが 日 本 は 採 り 入 れなかったのである 韓 国 においては 科 挙 は 貴 族 になる 道 筋 だったのである ちなみに 韓 国 では 李 王 朝 末 期 ( 明 治 時 代 )には 両 班 (リャンバン 貴 族 の1 種 )が70%にもなって 国 が 滅 ぶ 原 因 となった なぜなら 両 班 は 税 金 を 払 わないのだから 残 りの30%の 人 民 の 税 金 で 国 が 成 り 立 つわけがないではないか 医 学 が 進 歩 していない 当 時 健 康 な 身 体 の 一 部 を 切 除 すると 言 うむごい 宦 官 制 度 により 去 勢 し た 男 の1/4が 死 んだという 権 力 者 一 族 が 全 ての 利 権 を 握 る 中 国 韓 国 の 王 朝 のあり 様 から 王 族 の 保 身 の 為 に 子 孫 を 残 せない 宦 官 が 重 用 された 結 果 だと 言 われている この 宦 官 の 制 度 は 東 邦 独 特 のもので 西 洋 にはない そして 日 本 には 今 に 至 るまで 宦 官 は 存 在 しなかったし 科 挙 もなぜが 日 本 は 採 用 しなかった これは 日 本 人 の 独 特 の 道 徳 感 によるものである この 道 徳 観 の 差 が その 後 の 日 本 と 韓 国 に 与 えた 影 響 は 真 に 大 きいのものがあり 現 在 の 国 力 差 となっているといっても 言 い 過 ぎ だろう 日 本 は 古 来 よその 国 のまねばかりしてきたように 言 われるが 決 してそうではない 自 国 に 向 かないものとか 理 解 できないものは 日 本 はガンとして 受 け 入 れていない イスラムにも 宦 官 が 存 在 するが 西 欧 に 宦 官 がいないのはキリスト 教 の 影 響 である であるから キ リスト 教 国 以 外 で 宦 官 がいないのは 日 本 のみである しかし 宦 官 はともかく キリスト 教 国 もなんだか んだと 理 由 をつけてこれま て 残 酷 なことを 平 気 でやってきた 16 世 紀 にヨーロッパは 航 海 時 代 に 入 って 東 洋 に 行 ってみると 欲 しい 物 だらけだった しかし ヨ ーロッパには 実 は 売 る 物 がなかったので 略 奪 に 励 んだのである そこで 黒 人 は 人 間 ではないと 定 義 をして アフリカから 黒 人 をさらって 売 り 飛 ばした 当 時 さらわれた 黒 人 は4,000 万 人 と 言 われるが 輸 送 途 中 に1,000 万 人 が 死 んで 海 に 捨 てられている このように 人 や 動 物 の 大 量 惨 殺 例 えばドウ ドウ 鳥 やバッファローを 絶 滅 させた 自 然 破 壊 は 西 欧 の 専 売 特 許 であった 近 代 にいたってもこの 流 れ のママ 彼 らはむごいことをやっている イギリスは 産 業 革 命 を 起 こした 凄 い 国 と 思 われている しかし 実 際 は 失 敗 したのである 産 業 革 命 後 の 機 械 生 産 品 をどう 工 夫 してもインドの 家 内 制 手 工 業 の 品 より 安 くならなかったのである インド 産 キャラコを 輸 入 していたのは 当 然 ながらイギリスの 東 インド 会 社 であるから 皮 肉 なことである 機 械 化 し たからと 言 って 物 価 の 安 いインド 製 品 に 勝 てないのは 国 ごとの 経 済 格 差 から 言 って 当 然 であるが 当 時 はそれが 理 解 されていなかったのである しかし イギリス 人 は 産 業 革 命 が 世 界 を 変 えると 信 じ ていたので その 事 に 邁 進 した でイギリスは 何 をしたか まず インドのダッカを 代 表 とする 町 の 工 場 を 破 壊 した それでもダメなので 次 にインドの 織 布 工 の 手 を 切 り 落 とした その 結 果 インドの 木 綿 織 布 工 の 骨 がインドの 平 原 を 白 くしている と 言 われたの である そしてダッカの 人 口 は15 万 人 から3 万 人 にまで 減 少 する こうしてイギリスはようやくインドに キャラコを 売 りつけることに 成 功 した ついで 清 にも 売 り 込 んだが 当 時 の 清 ではそれよりさらに 安 く 綿 を 作 っていたので 買 わなかった そこで 清 にアヘンを 売 りつけて 拒 否 されると 戦 争 をしかけたのであ るから 紳 士 の 国 とは 何 処 の 国 のことだろうか だが 西 欧 は 極 限 まで 行 くとローマ 法 王 庁 がダメ 出 し をするので 徐 々にモラルが 確 立 されてきたのである 西 欧 ではやりたいことを 通 す 為 に したたかに 神 と 取 引 をするのは 常 識 である しかし 神 が 拒 否 したと 理 解 するとそのルールは 守 られる 日 本 は 古 来 から 道 徳 感 の 優 れた 民 族 であった その 為 16 世 紀 に 西 欧 社 会 が 初 めて 日 本 のこと を 知 った 時 東 洋 にも 西 欧 よりもモラルの 高 い 国 があるのを 知 りタマゲタのである そして 宣 教 師 がキ リスト 教 布 教 の 為 当 時 の 文 明 国 日 本 をめざし そのことが 大 航 海 時 代 を 後 押 しした そしてコロンブス は 極 西 の 国 日 本 に 向 かう 途 中 でアメリカを 発 見 した また 東 洋 と 西 欧 では 死 に 対 する 考 え 方 に 大 きな 隔 たりがある 端 的 な 例 としたて 靖 国 神 社 問 題 がある 日 本 人 は どんな 悪 人 では 死 ねば 全 てを 許 すのが 当 たり 前 である 西 欧 でも 古 来 死 者 は 全

16 てが 許 される ローマ 時 代 から 死 した 敵 将 を 丁 重 に 扱 う 等 死 者 への 考 え 方 は 西 欧 と 日 本 人 と 共 通 し ている しかし 中 国 韓 国 では 悪 人 は 死 んでも 許 されない であるから 悪 人 がかくれて 死 んだのが 発 見 されると 死 体 を 吊 したりバラバラにして 道 に 撒 いたりして 死 んでからでも 処 罰 するのである だか ら 戦 犯 が 靖 国 神 社 に 祭 られることは 中 国 韓 国 では 決 して 許 せないのだ さて ここらあたりでソロソロ 本 題 に 入 ろう アラブのテロや 最 近 の 中 国 の 食 品 問 題 北 鮮 の 非 国 家 的 行 為 は 何 れも 東 洋 の 道 徳 観 をよく 現 している 又 今 回 オリンピックでくり 広 げられたスポーツの 戦 い 方 例 えば 欧 米 の 柔 道 の 戦 い 方 韓 国 選 手 のバトミントン 選 手 の 実 にいやらしい 戦 い 方 欧 米 サッカーの 違 反 すれすれの 行 為 や 見 えたいところでの 違 反 また ドーピング 問 題 等 いずれも 彼 らの 道 徳 観 の 表 現 である これらから 比 べると 日 本 の 戦 い 方 は 悔 しいぐらいにフェアーである なぜなの だろう これこそ 日 本 人 が 誇 るべき 優 れた 特 質 である 日 本 人 が 桜 が 大 好 きであるように 勝 負 の 勝 ち 負 けも 自 己 のルールに 従 って 負 け と 認 めるとサッ サと 引 いてくる あとで 悔 しい 思 いをするのだろうが これは 日 本 人 の 長 所 であり 勝 つ 為 にと 言 って この 清 い 生 き 方 は 変 えるべきではない 私 はここのような 日 本 の 戦 い 方 に 欧 米 が 実 際 はどう 思 って いるか 最 近 解 ったような 気 がしている 欧 米 だってズルイことはやらないで 勝 ちたいのだ しかし ど うにもならない 場 合 に 欲 望 に 負 けて 彼 らはズルをする これは1つは 神 との 駆 け 引 きなのである しか し 内 心 はそれを 恥 ずかしいと 思 っているのだ そのため 自 分 よりモラルが 低 い 国 には 高 飛 車 に 出 る が モラルの 高 い 国 にはヘラヘラと 機 嫌 を 取 るような 曖 昧 な 態 度 で 勝 たしてくれたことえの 感 謝 の 表 現 をする であるからフリーフライト 世 界 選 手 権 においてヘン 事 があったとしても 日 本 人 は 今 後 とも 日 本 人 らしく 清 く 戦 って 行 こうではないか 以 上 に 様 な 事 例 から 私 は 最 近 日 本 の 道 徳 観 は 東 洋 では 異 端 児 であり どちらかというと 西 欧 に 近 いと 考 えるようになった 日 本 は 現 在 東 洋 らしくないと 隣 国 の 中 国 や 韓 国 からボロクソに 言 われて いる そこで 提 案 したいのは 道 徳 上 は 今 後 は 極 東 の 国 日 本 ではなく 極 西 の 国 日 本 と 考 える のが 正 しいと 思 うのだが 如 何 注 *:ラングとは ソシュールの 言 語 学 定 義 で 暗 号 解 読 用 コードを 意 味 し シニフィアンはその 中 の1 つの 記 号 を 意 味 する 2つの 言 葉 とも 適 当 な 日 本 語 はない 今 回 の 表 現 は 必 ずしも 適 切 ではな いが 言 語 学 に 則 っての 話 は この 欄 では 困 難 である 興 味 がある 方 は ソシュールの 言 語 学 に 関 する 本 を 読 まれたい 編 集 後 記 平 尾 13 * これまでは 様 々なグループと 共 に 飛 行 場 を 共 有 してきましたが ランチャーズもイヨイヨ 巣 立 ちの 時 です もともと 広 い 場 所 が 必 要 なFFは 継 子 で もともと 合 法 的 に 使 える 場 所 などあるはずがあり ません これまでも 多 磨 ニュータウン 幕 張 埋 立 地 や 千 葉 ニュータウン 等 裏 から 手 を 回 したとは 言 え 入 ってはいけない 場 所 に 侵 入 して 使 ってきました 現 在 では 経 済 が 停 滞 しているので これまで の 様 な 使 える 未 開 発 地 は 首 都 近 郊 では 皆 無 ( 管 理 が 悪 く 草 ボウボウ)となり 残 るは 農 閑 期 の 田 んぼ のみとなりました 冬 の 稲 刈 り 後 から 田 植 えまでの 間 の 田 んぼを いいだろう と 我 々が 勝 手 に 使 っ ていたわけです またFFのヒコーキは 勝 手 に 飛 ぶので どうしても 田 を 踏 み 荒 らすことになりお 百 姓 さ んには 迷 惑 な 話 です ですから100% 地 元 が 了 解 してくれる 場 所 があるはずはありません 少 数 の 反 対 者 がいるのは 当 たり 前 で そこまで 気 にしていると 飛 ばす 所 はありません だからといって 遠 慮 し ていると 賛 成 してくれた 地 主 さんの 意 向 を 無 視 することにも 成 り 難 しいところですが 頑 張 って 飛 ばさ ないと 練 習 する 場 所 すら 無 くなります ランチャーズは 大 宮 田 んぼで 育 ち HLGがらみのFFモデラーも 多 く 人 数 も 増 えてきました 月 例 会 をやっているのはランチャーズが 多 分 世 界 唯 一 で 毎 回 30 名 を 超 すようになりました 目 立 ちすぎ るますよね そこで 今 後 の 記 録 会 は 他 の 場 所 で 目 立 たないように 続 けたいと 思 います と 言 うことで 練 習 はべつですが 今 後 の 競 技 会 は 他 グループとの 共 同 使 用 はナシとして ランチャーズ 単 独 で 使

17 う 田 んぼ 又 は 公 園 他 を 見 つける 必 要 があります 我 々のみであれば 競 技 中 に ダメ 出 しをされても 即 競 技 を 中 止 することも 出 来 ますし 他 のグループに 迷 惑 をかけることはありません 又 これまでと 違 った 使 い 方 も 検 討 したい 思 っています と 言 うことで5 6ヶ 所 候 補 地 を 上 げて 調 査 したいと 思 って いますので ご 協 力 ください * 毎 夏 例 年 から4 5 回 は 飛 ばしに 行 くのですが 今 年 の 夏 は ヒコーキ 飛 ばそ のお 呼 びがゼンゼ ンかからなかった 皆 さん 年 を 取 ったのと 死 ぬほど 暑 い 夏 にムリして 飛 ばすのはバカ との 判 断 でし ょう 正 しいです 私 も 死 ぬのイヤですし それにヒコーキもそう 変 わり 映 えしてないし でもソロソロ 何 か 始 めなくてはイケマセン 記 録 会 まったけ 大 会 日 本 選 手 権 大 会 ミニ 国 際 級 大 会 栃 木 大 会 と しばらく 続 きますのでね 涼 しくなったらまたまた 本 気 で 走 ってカラダをきたえない と 若 手 をバカに 出 来 ませんので(ムリかな?) * 会 報 の7 8 月 で 発 表 したコンデジ 用 外 付 けファインダー の 件 そのモデルの 新 製 品 が 発 表 さ れ 外 付 けファインダー 用 アタッチメント 付 きです にくいね モデルに 付 いているレンズ ライカ バ リオズミクロンも 改 良 されて24mmの 広 角 になって 明 るさはF2.0 これ 程 明 るいレンズはもう 高 級 レ ンズである 悔 しい 但 し 値 段 は 本 体 は 約 6.5 万 円 これに 新 製 品 の 外 付 けファインダー をつけ ると9 万 3 千 円 にもなる ここまで 高 いと1 眼 レフが 買 えるので どうなんですかね 年 金 のみなさんは 外 付 けファインダー を 作 りましょう 便 利 してます * ランチャーズホームページで17 年 前 の カラスのTシャツ の 話 が 出 ました 昔 KFC 全 盛 期 の 頃 に 作 られた 着 倒 れの 京 都 らしい 和 風 デザインの 傑 作 です 今 は 俳 人 ( 廃 人 )の 青 山 氏 がデザイン に 絡 んだとかで とても 信 じられませんがホントウなのかね ともかく 素 晴 らしいデザインで 世 界 選 でこれを 着 ていれば 即 ハギ 取 られるでしょう ですから パンツだけはカラスの 柄 はダメですよ 私 はお 祭 りに 着 ていましたが ほとんどの 人 が 見 とれるか 振 り 向 きましたね 新 幹 線 のホームでこ れを 着 ていると 視 線 が 集 まる( 私 がハンサムだから?)のが 解 りました ま これまさに 着 物 の 柄 です もんね 着 物 では 鶴 とか 紅 葉 やしだれ 桜 とかはありますが カラスはまずありません KFCさん で きればぜひ 再 販 して 欲 しいのですが 如 何 * ロッボトスーツ HALがイヨイヨ 実 用 化 され 一 般 に 貸 与 を 開 始 した この 装 置 足 を 上 げようとする とそれを 感 知 して 動 力 で 補 助 してくれるのだ FFと 何 の 関 係 があるの と 思 う 人 は 遅 れているぞ 現 在 は 介 護 福 祉 施 設 向 けであるが これには 下 半 身 タイプもあって これを 付 けると 歩 けない 人 でもこれを 付 けると 自 由 に 動 けるわけだ であるから 老 人 になってヒコーキの 回 収 がつらい 人 には 朗 報 である 又 足 が 強 くなるのでゴム 巻 きは 断 然 有 利 になる 100 回 しか 巻 けない 人 が 軽 々と110 回 巻 ける のかな 但 し 貸 与 料 は1ヶ 月 22 万 円 と 高 いのが 気 になる * ハイドンはどうにも 理 解 が 出 来 ない 音 楽 家 である いささか 古 くて 記 憶 が 定 かでないのであるが ハタチ 台 にハイドンのオラトリオ 十 字 架 上 の7つの 言 葉 を 歌 って あまりに 素 晴 らしくてしびれ 返 っ た 思 い 出 があるのだ この 曲 アナログ 時 代 に 海 外 版 のウエストミンスターでレコードが 出 ていると 聞 いて 探 したものの 手 に 入 らず ようやく 最 近 CDの 抜 粋 盤 を 購 入 して 聞 いたが 時 既 に 遅 く? 昔 の 感 激 は 得 られなかった もちろんハイドンは 大 物 音 楽 家 であるが その 他 の 曲 を 聞 いていてもジンジン 心 に 迫 る 曲 がないように 思 う 驚 愕 軍 隊 告 別 時 計 等 々 有 名 な 曲 があるが 心 打 つ 音 楽 かと いうと 少 し 違 う 気 がする どこかバッハ ヘンデルとは1 味 違 うのである こひのあたり ずっと 気 になっ ていて 思 い 出 しては 彼 の 曲 を 聞 いてみるのだが 最 近 までアタリがなかった ところが 嬉 しいことに 最 近 これはイイという 曲 を 見 つけた チェロ 協 奏 曲 の1 番 と2 番 である 嬉 しく て 何 度 も 聞 いているが 何 れも20 分 程 度 の 短 い 曲 である 実 にいい しかし ハイドンという 人 発 想 着 想 の 人 で 心 で 音 楽 するひとではなかったような 気 もする 1000 曲 近 くを 作 曲 をし 交 響 曲 の 父 (104 曲 ) 弦 楽 四 重 奏 曲 の 父 (88 曲 )と 言 われているが 最 近 は 新 録 音 も 少 なく 人 気 では 今 一 のよう であり 私 が 感 じている 様 に 心 打 つ 音 楽 家 でないのかも 知 れない 音 楽 とは 難 しい 物 であるようだ みなさん 貴 方 にはヒコーキでもジンジンと 心 打 つ 奴 がありますか

18

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

           3か4か 

           3か4か  - 日 本 の 漁 船 - 和 船 の 登 場 と 発 達 三 浦 福 助 日 本 の 船 の 歴 史 を 見 ると 縄 文 時 代 の 丸 木 舟 から 始 まり やがて 木 材 を 組 合 わせた 構 造 船 ( 和 船 と 呼 ぶことにします)が 出 現 します これがいつの 時 代 かはわかりませんが 古 墳 時 代 になるとそのような 船 が 海 に 浮 かんだものと 思 います 1 遣

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照 丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 物 各 5 ズ 7 短 投 票 発 表 8 ダ 9 丸 彦 渡 辺 建 設 職 市 豊 平 区 豊 平 条 丁 5 8 T E L F A X8 URL:http://homepage.nifty. com/mwcsu 編 集 発 教 宣 度 全 9 サ 色 美 酒 酔 酒 酔 相 非 常 交 流 深 模 管 理 職 連 結 若 模 9 数 去 減 km / h

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

例 えば 諸 経 費 込 み1,000 万 の 家 を 買 って 月 額 10 万 ( 年 間 120 万 )で 貸 した 場 合 年 間 表 面 利 回 りは 120 万 1,000 万 =0.12(12%)です 72 12%=6ですので 6 年 で 倍 になるということです 賃 貸 物 件 は

例 えば 諸 経 費 込 み1,000 万 の 家 を 買 って 月 額 10 万 ( 年 間 120 万 )で 貸 した 場 合 年 間 表 面 利 回 りは 120 万 1,000 万 =0.12(12%)です 72 12%=6ですので 6 年 で 倍 になるということです 賃 貸 物 件 は 13. 年 収 1 億 円 を 達 成 したおばちゃんの 話 (1) 年 収 1 億 を 達 成 したおばちゃん! 先 日 テレビを 見 ていたら 年 収 1 億 円 のおばちゃん が 出 てきました 何 をしている 人 か? と 見 ていたら 汚 い 家 を 買 って 自 分 で 掃 除 をして 人 に 貸 すことをやり 続 けて15 年 で 賃 料 収 入 が 年 間 1 億 円 になった 人

More information

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析 企 業 経 営 情 報 レ ポ ー ト 会 社 の 現 状 を 数 字 で 把 握 中 小 企 業 で 活 用 する 経 営 分 析 Contents 1 財 務 分 析 の 体 系 を 理 解 する 2 実 数 分 析 の 手 法 を 理 解 する 3 比 率 分 析 の 流 れと 体 系 を 理 解 する 4 利 益 を 生 み 出 す 力 収 益 性 を 見 る 5 経 営 資 源 の 効 率

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ 9 号 / 公 益 社 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 元 働 明 社 9 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 下 ォカ 委 教 徒 募 ペジ 照 メ 左 阿 都 築 和 松 古 横 川 列 清 水 ペジ 照 じ 﨑 計 画 キメ 訪 記 教 紹 ゆぞネ! 表 紙 訪 記 楽 脳 常 識 素 直 切 9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

携 帯 版 式 /mobile KEGAWA Information Station KEGAWA Information Station 緯 - 鯖 - 緯 - 鯖 - 告 決 告 承 割 待 終 戦 迎 過 去 悲 惨 戦 争 振 世 昭 毎 赤 赤 羽 根 歳 末 敬 老 秋 頃 祭 名 氏

携 帯 版 式 /mobile KEGAWA Information Station KEGAWA Information Station 緯 - 鯖 - 緯 - 鯖 - 告 決 告 承 割 待 終 戦 迎 過 去 悲 惨 戦 争 振 世 昭 毎 赤 赤 羽 根 歳 末 敬 老 秋 頃 祭 名 氏 携 帯 版 式 /mobile KEGAWA Information Station KEGAWA Information Station 緯 - 鯖 - 緯 - 鯖 - 転 確 流 求 飛 ゆ 放 雨 天 止 富 親 水 N P 河 青 清 掃 株 式 駐 台 循 庭 ぞ 揮 私 キ ャ チ ズ 未 来 啓 垂 幕 展 求 得 侵 三 台 戸 籍 池 ゴ ベ 届 放 祝 祭 末 KEGAWA Information

More information

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会 長 崎 本 線 を 守 れ!~ 長 崎 本 線 存 続 期 成 会 中 3 6 H.W. はじめに 別 の 原 稿 でもあったように 九 州 新 幹 線 長 崎 ルートが 開 通 する 際 並 行 在 来 線 となる JR 長 崎 本 線 は 肥 前 鹿 島 ~ 諫 早 間 がJRから 分 離 されて 佐 賀 長 崎 両 県 などが 出 資 す る 新 会 社 によって 運 行 されるという 構 想

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

28.07.01【税関】.xlsm

28.07.01【税関】.xlsm 平 成 28 年 7 月 1 日 発 令 税 関 発 令 事 項 氏 名 現 官 職 函 館 税 関 総 務 部 部 付 高 田 薫 神 戸 税 関 監 視 部 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 土 屋 孝 文 函 館 税 関 苫 小 牧 税 関 支 署 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 猪 瀬 裕 神 戸 税 関 ポートアイランド 出 張 所 辞 職 東 京 税 関 総

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 案 記 福 復 興 立 直 訪 旅 案 : 奈 川 在 住 1 倭 へ 福 復 興 立 直 訪 2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 雄 題

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

3 48''05 馬 場 智 和 H10 4 48"86 澤 田 雄 太 5 49"00 古 橋 弘 貴 石 川 県 国 体 予 選 6 49''06 藤 沢 慎 也 H14 7 49''08 鈴 木 裕 也 H22 8 49"15 中 村 勝 H19 9 49''24 吉 川 貴 大 H5 10

3 48''05 馬 場 智 和 H10 4 4886 澤 田 雄 太 5 4900 古 橋 弘 貴 石 川 県 国 体 予 選 6 49''06 藤 沢 慎 也 H14 7 49''08 鈴 木 裕 也 H22 8 4915 中 村 勝 H19 9 49''24 吉 川 貴 大 H5 10 日 本 学 生 記 録 北 信 越 学 生 記 録 石 川 県 記 録 200m 以 内 : 手 動 +0''24が 電 気 と 同 等 400m: 手 動 +0''14が 電 気 と 同 等 800m 以 上 : 手 動 電 気 の 差 なし やり 投 げ:1985 年 ( 昭 和 60 年 ) 以 降 が 新 規 格 で それより 以 前 は 旧 規 格 男 子 金 沢 大 学 陸 上 競 技

More information

現 在 は 金 利 が1%と 低 いので 貯 金 だけでは 元 本 がなかなか 増 えませんが それでも 使 わずに 貯 め 続 けることで 大 きなお 金 を 残 すことができます (3) 資 産 造 りの 為 の 投 資 の 法 則 を 持 つ 必 要 がある 貯 まったお 金 を 増 やす 為

現 在 は 金 利 が1%と 低 いので 貯 金 だけでは 元 本 がなかなか 増 えませんが それでも 使 わずに 貯 め 続 けることで 大 きなお 金 を 残 すことができます (3) 資 産 造 りの 為 の 投 資 の 法 則 を 持 つ 必 要 がある 貯 まったお 金 を 増 やす 為 4. 資 産 造 りの 知 恵 と 法 則 (1) 資 産 の 格 差 は 何 故 広 がるのでしょうか? 人 間 の 社 会 では 80%の 所 得 と 資 産 が20%の 人 に 偏 って 集 まり 残 りの 20%を80%の 人 で 分 け 合 う と 言 う 傾 向 があります これを 80 対 20の 法 則 (パ ールの 法 則 )と 言 います 何 故 所 得 が 偏 った 人 に 集

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃

栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 及 び 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 で 共 同 実 施 している 栃 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 平 成 26 年 6 月 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 栃 木 県 不 動 産 市 場 動 向 調 査 (DI) 第 3 回 調 査 結 果 の 公 表 について このたび 公 益 社 団 法 人 栃 木 県 宅 地 建

More information

れば0 年 ~00 年 RCやSRCなら00 年 以 上 持 つことを みんな 知 っていることなの です ちなみに 欧 米 各 国 と 比 較 しても 建 物 の 平 均 寿 命 は アメリカで0 年 イギリスでは9 年 フランスでは89 年 ドイツが79 年 です また 中 古 住 宅 の 流

れば0 年 ~00 年 RCやSRCなら00 年 以 上 持 つことを みんな 知 っていることなの です ちなみに 欧 米 各 国 と 比 較 しても 建 物 の 平 均 寿 命 は アメリカで0 年 イギリスでは9 年 フランスでは89 年 ドイツが79 年 です また 中 古 住 宅 の 流 . 中 古 住 宅 でお 金 持 ちになる! () 中 古 住 宅 と 新 築 住 宅 どっちがいい? () 新 築 住 宅 のメリット 新 しくて 綺 麗 で 気 持 ちが 良 い! 住 宅 機 器 が 新 しくて 使 い 良 い! 間 取 りが 今 の 時 代 に 合 っていて 使 い 易 い! マンションの 場 合 セキュリティーも 良 く 共 用 部 分 が 充 実 していて 住 民 間 のコミ

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

東 京 桑 野 会 定 期 総 会 開 催 のお 知 らせ 母 校 便 り 東 京 桑 野 会 のメインイベントである 定 期 総 会 と 懇 親 会 を 次 の 通 り 開 催 いたします 多 数 の 同 窓 会 員 の 皆 様 が 参 加 されますようにご 案 内 申 し 上 げ ます 期 日

東 京 桑 野 会 定 期 総 会 開 催 のお 知 らせ 母 校 便 り 東 京 桑 野 会 のメインイベントである 定 期 総 会 と 懇 親 会 を 次 の 通 り 開 催 いたします 多 数 の 同 窓 会 員 の 皆 様 が 参 加 されますようにご 案 内 申 し 上 げ ます 期 日 2012160 00221 3 8 804 画 : 佐 藤 昭 一 (56 期 ) ご 挨 拶 東 京 桑 野 会 会 長 古 川 清 1 桑 野 の 母 校 に 学 んだという 共 通 の 経 験 に 結 ばれた 同 窓 の 親 睦 の 会 であること 2 会 員 はみんな 仲 良 く 相 親 しみ 楽 しい 会 であること 3 何 らかの 意 味 で 会 員 の 頼 りになるような 面 もある

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調 その1 最 近 の 高 速 道 路 でよく 見 る 光 景 です えっ 何 が 間 違 っている の? と 思 われる 方 も 多 いのではないでしょうか?この 中 に 重 大 事 故 や 交 通 違 反 に 繋 がる 問 題 点 が 沢 山 あるのです!1 台 1 台 何 が 問 題 か 運 転 手 になった 気 持 ちで 確 認 してみましょう!! A 車 の 状 況 A 車 は トラックを 追

More information

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で 子 供 だましのテクニックはやめにしましょう 6 月 1 日 19:00 菊 地 哲 夫 引 きこもりニートが 12 週 間 で 月 20 万 円 を 稼 ぐことは 本 当 に 可 能 なのか? はい 可 能 です! ネットビジネスで1 年 後 も 稼 ぎたいのなら 子 供 だましのテクニックは 忘 れてください ネット 環 境 の 爆 発 的 普 及 で 一 瞬 のうちに 情 報 が 世 界 中

More information

団 体 戦 男 子 団 体 MT 茨 城 熊 本 福 岡 千 葉 島 根 鹿 児 島 宮 崎 北 海 道 神 奈 川 広 島 岐 阜 愛 媛 石 川 東 京 熊 本 愛 媛 愛 知 岩 手 女 子 団 体 WT 東 京 宮 崎 新 潟 神 奈 川 鹿 児 島 千 葉 静 岡 石 川 熊 本 岐 阜 男 子 成 壮 年 団 体 OBT 神 奈 川 愛 媛 広 島 宮 崎 青 森 山 口 長 崎 岡 山

More information

広報かわうえ4月23日号.indd

広報かわうえ4月23日号.indd 総 務 所 No, 37 広 報 2 23 発 土 陽 ざ 桜 花 見 守 2 少 男 5 女 3 8 友 達 遊 ね 見 守 げ 関 連 記 P5 表 紙 P P2 総 務 所 知 P3 P 公 民 米 づ 営 農 通 信 夕 歌 壇 夕 俳 壇 P5 P P7 P8 5 総 グ ラ ウ 津 防 季 実 施 前 辞 令 交 付 伝 達 3 若 者 回 個 隊 規 律 班 器 具 庫 清 掃 車 両

More information

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会

平成16年度 北広島市水道事業再評価審議委員会 平 成 23 年 度 第 5 回 北 広 島 市 水 道 事 業 経 営 審 議 会 日 時 平 成 24 年 2 月 3 日 ( 金 ) 午 後 6 時 00 分 場 所 本 庁 舎 2 階 会 議 室 審 議 会 出 席 者 審 議 委 員 伊 藤 委 員 秋 穂 委 員 野 部 委 員 橋 本 委 員 三 好 委 員 和 田 委 員 金 子 委 員 10 名 中 8 名 出 席 事 務 局 深

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給

毎 刊 号 号 表 樽 富 髙 伊 坂 井 太 撰 髙 取 廣 坂 濵 ぞ ろ 千 塩 白 石 稲 澤 富 監 表 級 詞 遂 表 級 詞 遂 遠 治 梁 敏 改 勇 操 縦 故 森 柴 祐 級 詞 遂 濵 仁 文 洋 雄 林 慧 改 林 優 表 転 熊 仁 普 三 警 央 都 城 古 九 州 給 OB 絡 8-8 番 号 -8-88 賛 -8- 増 手 デ 道 産 四 産 駅 弁 弁 即 売 宇 都 ぎ ょ 店 舗 ゃ ぽ ガ 横 舞 鶴 肉 ゃ 肉 ゃ 仲 競 横 横 ュ 写 真 掲 速 む 私 趣 毎 週 金 曜 昼 宅 ケ 販 売 ナ 折 買 求 製 販 売 商 品 輸 送 為 値 段 道 飛 騨 牛 製 雰 囲 材 to to 号 号 察 材 青 兒 玉 枇 杷 ぞ 運 営 得 監

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63> 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 090526 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

人事異動のお知らせ

人事異動のお知らせ 2016 年 3 月 2 9 日 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 人 事 異 動 のお 知 らせ 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 ( 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 支 社 長 矢 﨑 敏 幸 )の 人 事 異 動 について 次 のとおりお 知 らせします (2016 年 4 月 1 日 付 ) 近 畿 支 社 近 畿 支 社 経 営 管 理 本 部 副 本 部

More information

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 動 違 与 果 未 来 提 示 海 信 満 希 教 科 明 願 美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 点 熱 熱 絶 歓 喜 似 絵 圧 倒

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73>

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73> 自 動 車 リサイクル 部 品 活 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 一 般 ユーザー 回 答 編 一 般 ユーザー 回 答 者 5,6 名 北 海 道 256 名 青 森 県 4 名 岩 手 県 43 名 宮 城 県 63 名 秋 田 県 32 名 山 形 県 47 名 福 島 県 45 名 茨 城 県 09 名 栃 木 県 79 名 群 馬 県 84 名 埼 玉 県 300 名 千 葉

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 での 理 事 長 挨 拶 皆 さん お 早 うございます それでは 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 に 際 しまして 一 言 ご 挨 拶 申 し 上 げます 改 めて 言 うまでもないことではありますが 本 日 を 持 ちまして 平

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

13-01-00任意売却パンフレット【5枚】

13-01-00任意売却パンフレット【5枚】 平 成 24 年 4 月 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 任 意 売 却 パンフレット このパンフレットは 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 等 ( 以 下 機 構 といいます )の 抵 当 権 が 設 定 された 物 件 の 売 買 の 際 当 方 ( 機 構 並 びに 機 構 の 業 務 を 受 託 する 金 融 機 関 又 は 債 権 回 収 会

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

Microsoft Word - 3..8.......doc

Microsoft Word - 3..8.......doc 第 8 章 保 険 8.1 はじめに 8-1 8.2 保 険 の 種 類 と 解 説 8-2 8.2.1 賠 償 責 任 保 険 8-2 8.2.2 傷 害 保 険 8-5 8.2.3 機 体 動 産 保 険 8-8 8.2.4 その 他 の 保 険 8-10 8.3 保 険 の 運 用 8-11 8.3.1 保 険 に 加 入 するには 8-11 8.3.2 加 入 時 の 確 認 事 項 8-12

More information

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁 宮 城 県 土 地 利 用 審 査 会 Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 から 午 前 11 時 40 分 まで Ⅱ 場 所 : 宮 城 県 行 政 庁 舎 第 二 会 議 室 (11 階 ) Ⅲ 次 第 1 開 会 2 あいさつ 3 議 事 ( 報 告 事 項 ) (1) 最 近 の 土 地 取 引 動 向 について (2) 最 近 の

More information

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc 黄 金 比 は 本 当 に 美 しいものなのか 1. 研 究 の 動 機 なぜ 黄 金 比 は 美 しいと 言 われているのか 知 りたかったから 黄 金 比 を 美 しいと 思 う 人 はどのくらいいるのか 知 りたかったから 身 の 回 りにどのくらいの 黄 金 比 が 存 在 しているのか 興 味 があったから. 黄 金 比 とは 研 究 者 氏 名 角 間 洋 平 島 雅 彦 長 谷 川 瞳

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

001-008_cs4.indd

001-008_cs4.indd 001 じ モ モ 問 目 プ 言 物 儲 む 放 勝 手 無 世 競 山 ほ 与 受 入 側 容 量 限 消 財 布 ヒ モ 相 当 側 戦 略 構 築 効 果 販 狙 魅 力 開 発 価 格 販 チ 用 意 ュ ニ ョ 気 購 起 存 在 特 徴 解 他 違 認 店 頭 足 運 通 販 サ へ セ 購 入 首 尾 成 功 目 達 成 疑 問 提 出 002 世 界 優 安 良 び 購 入 言 残

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

一 次 予 選 成 績 詳 報 ( 番 ) 地 連 チーム 監 督 氏 1 次 予 選 成 績 1 2 3 4 計 合 計 1 國 分 俊 幸 四 1 1 埼 玉 日 高 市 役 所 加 藤 正 史 6 2 加 藤 正 史 弐 3 3 國 分 菊 雄 五 2 1 小 越 剛 五 0 2 長 野 EP

一 次 予 選 成 績 詳 報 ( 番 ) 地 連 チーム 監 督 氏 1 次 予 選 成 績 1 2 3 4 計 合 計 1 國 分 俊 幸 四 1 1 埼 玉 日 高 市 役 所 加 藤 正 史 6 2 加 藤 正 史 弐 3 3 國 分 菊 雄 五 2 1 小 越 剛 五 0 2 長 野 EP 2 3 4 70 岐 阜 イビデン 監 督 鷲 見 文 彦 優 勝 208 1 安 田 浩 祐 企 20 2 臼 井 麻 未 210 3 水 野 聖 子 2 愛 知 東 海 理 化 監 督 木 村 和 徳 二 位 85 1 毛 受 里 奈 86 2 森 渉 87 3 加 納 康 行 66 愛 媛 ダイキ 監 督 北 風 磨 理 三 位 16 1 山 内 絵 里 加 17 2 原 田 喜 美 子 18

More information

こんな場合はどうなるの? 税務のポイント─事務所開業と事業の承継─

こんな場合はどうなるの?  税務のポイント─事務所開業と事業の承継─ 特 集 事 務 所 経 営 こんな 場 合 はどうなるの? 税 務 のポイント 事 務 所 開 業 と 事 業 の 承 継 下 田 * 絢 子 要 約 勤 務 経 験 も 相 当 積 んだので,そろそろこの 辺 りで 独 立 開 業 を! と 考 えている 先 生 も, サラリーマンな らとっくに 定 年 を 迎 えているのだから,そろそろこの 辺 りで 引 退 を と 考 えている 先 生 も,5

More information

Microsoft Word - t69_20160906i11624.doc

Microsoft Word - t69_20160906i11624.doc 新 潟 県 選 挙 管 理 委 員 会 告 示 第 71 号 政 治 資 金 規 正 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 194 号 ) 第 7 条 の 規 定 による 政 治 団 体 の 届 出 事 項 の 異 動 の 届 出 があったので 同 法 第 7 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 表 する 平 成 28 年 9 月 6 日 新 潟 県 選 挙 管 理 委

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案)

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 光 市 文 化 振 興 財 団 光 市 文 化 セ ン タ ー 事 業 計 画 光 市 文 化 セ ン タ ー は 光 市 の 特 色 を 踏 ま え な が ら 歴 史 芸 術 科 学 な ど の 文 化 活 動 の 普 及 発 展 に 尽 く し て きた 27 年 度 も 教 育 や 文 化 の 充 実 発 展 に 寄 与 す

More information

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議)

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議) 平 成 28 年 度 第 1 回 とちぎ 創 生 15 い ち ご 戦 略 評 価 会 議 の 結 果 概 要 日 時 : 平 成 28 年 6 月 24 日 ( 金 ) 14 時 30 分 から16 時 15 分 まで 会 場 : 栃 木 県 公 館 大 会 議 室 宇 都 宮 市 昭 和 1 丁 目 1 番 38 号 出 席 者 池 田 浩 之 委 員 伊 沢 正 吉 委 員 大 貫 剛 久 委

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378> 当 社 関 係 (7 月 1 日 付 ) 発 令 ( 前 所 属 ) 氏 名 業 務 監 査 部 課 長 ( 経 営 企 画 部 副 長 ) 寺 本 榮 一 経 営 企 画 部 副 部 長 兼 新 エネ 推 進 プロジェクト( 経 営 企 画 部 グループ 事 業 推 進 室 長 ) 高 橋 進 一 経 営 企 画 部 部 長 ( 営 業 本 部 東 京 本 部 営 業 一 部 部 長 ) 大 沼

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律 1000 人 委 員 会 ニュースNo.23 (2015 年 6 月 10 日 号 ) 101-0063 東 京 都 千 代 田 区 神 田 淡 路 町 1-15 塚 崎 ビル3 階 TEL:03-3526-2920 FAX:03-3526-2921 総 がかり 行 動 実 行 委 員 会 国 会 議 員 要 請 行 動 戦 争 をさせない 9 条 壊 すな! 総 が かり 行 動 実 行 委 員

More information

平 成 2 3 年 度 行 政 監 査 報 告 書 松 江 市 監 査 委 員 監 第 1 2 7 号 平 成 23 年 9 月 5 日 松 江 市 長 松 浦 正 敬 様 松 江 市 議 会 議 長 林 干 城 様 各 行 政 委 員 会 委 員 長 様 松 江 市 監 査 委 員 小 松 原 操 松 江 市 監 査 委 員 児 玉 泰 州 松 江 市 監 査 委 員 加 藤 富 章 行 政 監

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

【要旨】老舗和菓子店にみる企業者活動と事業承継

【要旨】老舗和菓子店にみる企業者活動と事業承継 老 舗 和 菓 子 店 にみる 企 業 者 活 動 と 事 業 承 継 弘 前 市 甘 栄 堂 の 事 例 11H3054 佐 々 木 唯 はじめに 本 研 究 では 後 継 者 視 点 から 事 業 承 継 を 捉 え 直 そうとする 問 題 意 識 のもと 弘 前 市 の 老 舗 和 菓 子 店 へのインタビュー 調 査 を 行 った 企 業 者 活 動 の 先 行 研 究 では 先 代 経 営

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

2014 年 度 の 路 線 価 が 発 表 されました! 2014 年 7 月 1 日 ( 火 )に 今 年 分 の 路 線 価 が 発 表 されました 路 線 価 とは 国 が 定 め る 相 続 税 の 計 算 をするための 基 準 となる 価 格 のことを 言 います 毎 年 7 月 国 税

2014 年 度 の 路 線 価 が 発 表 されました! 2014 年 7 月 1 日 ( 火 )に 今 年 分 の 路 線 価 が 発 表 されました 路 線 価 とは 国 が 定 め る 相 続 税 の 計 算 をするための 基 準 となる 価 格 のことを 言 います 毎 年 7 月 国 税 チェスター 相 続 クラブ summer 7 2014 2014 年 度 の 路 線 価 が 簡 単 に 分 かる! 自 用 地 と 貸 家 建 付 地 の 違 い 知 らないと 損 をする! 生 前 贈 与 は 相 続 税 対 策 のキホン 発 表 されました! 贈 与 したお 金 で 生 命 保 険 に 加 入 生 前 贈 与 と 生 命 保 険 の 組 み 合 わせ ここが 変 わる! 小 規

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

決 トーナメント 最 終 成 績 表 位 地 連 名 チーム 名 監 督 名 選 手 優 和 歌 県 和 歌 県 教 職 員 中 克 彦 第 位 愛 媛 県 ダ イ キ 株 式 会 社 小 早 川 貴 子 第 位 岐 阜 県 イ ビ デ ン 鷲 見 文 彦 第 4 位 広 島 県 株 式 会 社 熊

決 トーナメント 最 終 成 績 表 位 地 連 名 チーム 名 監 督 名 選 手 優 和 歌 県 和 歌 県 教 職 員 中 克 彦 第 位 愛 媛 県 ダ イ キ 株 式 会 社 小 早 川 貴 子 第 位 岐 阜 県 イ ビ デ ン 鷲 見 文 彦 第 4 位 広 島 県 株 式 会 社 熊 (おいでませ! 口 国 体 弓 道 競 技 リハーサル 大 会 ) 平 成 年 6 月 日 ( 土 ) 日 ( 日 ) 口 県 弓 道 場 大 会 成 績 主 催 主 管 後 援 財 団 法 人 全 日 本 弓 道 連 盟 口 市 口 市 教 育 委 員 会 おいでませ! 口 国 体 口 市 実 行 委 員 会 口 県 弓 道 連 盟 口 県 口 県 教 育 委 員 会 おいでませ! 口 国 体 口

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information