護 )がある 以 下, 順 に 紹 介 する (1) 輸 出 管 理 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 ( 以 下 外 為 法 とい う ) 第 25 条 第 1 項 では, 国 際 的 な 平 和 及 び 安 全 の 維 持 を 妨 げることとなると 認 められる ものと して, 政 令

Size: px
Start display at page:

Download "護 )がある 以 下, 順 に 紹 介 する (1) 輸 出 管 理 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 ( 以 下 外 為 法 とい う ) 第 25 条 第 1 項 では, 国 際 的 な 平 和 及 び 安 全 の 維 持 を 妨 げることとなると 認 められる ものと して, 政 令"

Transcription

1 安 全 保 障 上 の 視 点 から 見 た 技 術 流 出 防 止 のための 法 規 制 現 状 と 課 題 Laws and Regulations Protecting Sensitive Technologies for National Security: Current Situations and Challenges 森 本 正 崇 * Masamitsu MORIMOTO 抄 録 本 稿 では, 安 全 保 障 上, 重 要 な 技 術 情 報 の 流 出 を 防 止 するための 法 規 制 を 検 討 する 外 為 法 や 不 正 競 争 防 止 法 等 による 法 規 制 が 強 化 されてきた 一 方 で, 課 題 も 残 されている 1.はじめに 近 年, 企 業 や 大 学 研 究 機 関, 政 府 ( 以 下, 企 業 等 という )からの 重 要 な 技 術 情 報 の 流 出 が, 産 業 競 争 力 のみならず, 安 全 保 障 上 の 観 点 からも 大 きな 問 題 となっている 1 安 全 保 障 上, 機 微 な 技 術 の 流 出 は, 懸 念 国 家 への 流 出 を 通 じた 国 際 平 和 への 悪 影 響, 大 量 破 壊 兵 器 やテロへの 転 用 等 の 直 接 的 な 安 全 保 障 上 のリスクとなるとともに, 我 が 国 の 防 衛 生 産 基 盤 の 毀 損,さらには 我 が 国 の 国 際 社 会 における 信 用 失 墜 にもつながるものであり, 安 全 保 障 上 の 機 微 技 術 の 流 出 に 対 する 厳 格 な 対 処 は, 国 際 社 会 における 責 任 として 必 要 不 可 欠 であ る 2 技 術 流 出 が 懸 念 される 背 景 として, 経 済 産 業 省 の 報 告 書 では, 多 くの 民 生 技 術 が 軍 事 転 用 可 能 なことや, 経 済 のグローバル 化 や IT 技 術 の 進 歩 等 により, 技 術 流 出 の 経 路 や 形 態 も 多 様 化 している ことが 指 摘 されている 3 すなわち 技 術 流 出 は ど こでも 起 こり 得 る ことであり,それが 安 全 保 障 上 の 悪 影 響 も 与 えかねないものである 本 稿 では,こうした 安 全 保 障 上 の 懸 念 に 対 応 し た 技 術 流 出 防 止 のための 法 制 度 を 概 観 する 上 記 のような 懸 念 を 踏 まえ, 近 年, 技 術 流 出 防 止 のた めの 規 制 は 逐 次, 拡 充 強 化 されてきており,こ うした 変 化 について 触 れた 上 で, 残 された 課 題 に ついて 検 討 したい 2. 技 術 流 出 防 止 のための 法 規 制 安 全 保 障 上, 機 微 な 技 術 の 流 出 防 止 のための 法 規 制 には, 主 なものとして 次 の 3 つの 規 制 がある すなわち, 企 業 等 による 海 外 への 技 術 移 転 行 為 を 規 制 するもの((1) 輸 出 管 理 ), 企 業 に 対 する 直 接 投 資 により, 企 業 の 支 配 権 を 獲 得 し, 企 業 が 保 有 する 技 術 を 入 手 することを 規 制 するもの((2) 対 内 直 接 投 資 規 制 ), 企 業 等 が 保 有 している 技 術 情 報 が 不 正 流 出 しないよう 規 制 するもの((3) 秘 密 保 * 慶 應 義 塾 大 学 SFC 研 究 所 上 席 所 員 ( 訪 問 ) Senior Visiting Researcher, Keio Research Institute at SFC 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9 39

2 護 )がある 以 下, 順 に 紹 介 する (1) 輸 出 管 理 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 ( 以 下 外 為 法 とい う ) 第 25 条 第 1 項 では, 国 際 的 な 平 和 及 び 安 全 の 維 持 を 妨 げることとなると 認 められる ものと して, 政 令 で 定 められた 技 術 を 外 国 において 提 供 する 居 住 者 及 び 非 居 住 者 (つまり 全 ての 者 である), 又 は 非 居 住 者 に 対 して 提 供 する 居 住 者 は, 経 済 産 業 大 臣 の 許 可 を 取 得 することが 義 務 付 けられてい る( 技 術 移 転 規 制 ) 4 輸 出 管 理 では,このほかに 外 為 法 第 48 条 第 1 項 で 貨 物 (モノ)の 輸 出 も 規 制 対 象 とされている 本 稿 では 技 術 移 転 を 規 制 する 外 為 法 第 25 条 に 基 づく 規 制 を 中 心 に 検 討 し, 必 要 に 応 じて 貨 物 の 規 制 を 参 照 する 5 規 制 対 象 となる 技 術 は, 政 令 である 外 国 為 替 令 別 表 に 規 定 されている( 外 国 為 替 令 第 17 条 第 1 項 ) 外 国 為 替 令 別 表 は 分 野 ごとに 1 から 16 まで の 項 番 に 分 かれており,このうち 1 から 15 の 項 に 規 定 する 技 術 (リスト 規 制 該 当 技 術 )を 提 供 する 場 合 は, 原 則 として 経 済 産 業 大 臣 の 許 可 が 必 要 で ある 1 から 15 の 項 は, 国 際 輸 出 管 理 レジームの 合 意 に 沿 った 技 術 が 規 定 されている 国 際 輸 出 管 理 レジームとは, 不 拡 散 の 目 的 に 同 意 する 諸 国 に よる 輸 出 管 理 についての 国 際 的 な 紳 士 協 定 に 基 づ く 枠 組 みである 6 国 際 輸 出 管 理 レジームは 分 野 ご とに 4 つのレジームがあり, 原 子 力 供 給 国 会 合 (NSG), 生 物 兵 器 や 化 学 兵 器 関 連 の 貨 物 や 技 術 を 規 制 するオーストラリア グループ(AG),ミサ イル 技 術 管 理 レジーム(MTCR), 通 常 兵 器 関 連 の 貨 物 や 技 術 を 規 制 するワッセナー アレンジメン ト(WA)がある それぞれのレジームでの 合 意 が, 技 術 は 外 国 為 替 令 別 表 に, 貨 物 は 輸 出 貿 易 管 理 令 別 表 第 1 に 反 映 されている 項 番 と 国 際 輸 出 管 理 レジームの 対 応 は 技 術 と 貨 物 で 共 通 である 例 えば,2 の 項 は NSG の 合 意 が 反 映 されているの で, 外 国 為 替 令 別 表 の 2 の 項 であれば 原 子 力 関 係 の 技 術 が, 輸 出 貿 易 管 理 令 別 表 第 1 の 2 の 項 は 原 子 力 関 係 の 貨 物 が 列 挙 されている 同 様 に, 技 術 と 貨 物 共 通 で,3 の 項 と 3 の 2 の 項 は AG,4 の 項 は MTCR,5 から 15 の 項 は WA の 合 意 が 反 映 され ている なお,2 の 項 以 下 はいずれも 大 量 破 壊 兵 器 やその 運 搬 手 段 ( 大 量 破 壊 兵 器 等 )(2 から 4 の 項 ),または 通 常 兵 器 (5 から 15 の 項 )に 転 用 可 能 な 民 生 技 術 ( 汎 用 技 術 )や, 民 生 品 ( 汎 用 品 ) が 規 制 対 象 となっており, 兵 器 にしか 使 えないよ うな 特 殊 な 製 品 や 技 術 が 規 制 対 象 となっているも のではない 7 16の 項 に 規 定 する 技 術 (キャッチオール 規 制 該 当 技 術 )は,リスト 規 制 該 当 技 術 を 除 く,ほぼ 全 ての 技 術 が 網 羅 されているが, 大 量 破 壊 兵 器 や 通 常 兵 器 の 開 発 等 に 用 いられるおそれがあると 判 断 される 場 合 に 限 り, 許 可 が 必 要 となる 具 体 的 に は 貿 易 関 係 貿 易 外 取 引 等 に 関 する 省 令 第 9 条 第 2 項 第 七 号 に 規 定 された 事 項 に 該 当 しなければ, 許 可 は 不 要 である 8 技 術 移 転 規 制 は,2009 年 に 外 為 法 第 25 条 が 改 正 され, 拡 充, 強 化 された 主 な 改 正 点 は 次 のと おりである 従 来 は, 居 住 者 から 非 居 住 者 への 技 術 移 転 に 規 制 対 象 となる 行 為 が 限 定 されていた しかしながら, 国 境 を 越 えた 人 の 移 動 により 居 住 者 又 は 非 居 住 者 の 身 分 は 容 易 に 変 化 し 得 る その ため, 居 住 者 から 非 居 住 者 のみへの 規 制 では, 規 制 に 漏 れが 生 じるおそれがあったことから, 先 述 のとおり 居 住 者 又 は 非 居 住 者 の 身 分 にかかわらず, 安 全 保 障 上, 機 微 な 技 術 を 外 国 で 提 供 することを 目 的 とする 取 引 を,すべて 規 制 対 象 とするよう 改 正 された 9 さらに, 外 為 法 第 25 条 第 3 項 が 新 設 され,こうした 技 術 情 報 が 記 録 された 媒 体 の 輸 出 や,インターネットを 通 じた 送 信 などを 規 制 対 象 40 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9

3 とすることとした( 持 ち 出 し 規 制 ) 外 為 法 第 25 条 第 1 項 の 規 制 対 象 は, 技 術 の 提 供 (を 目 的 とす る 取 引 )であるため, 技 術 を 提 供 しないのであれ ば,たとえ 機 微 な 技 術 情 報 を 海 外 に 持 ち 出 したと しても, 規 制 対 象 の 行 為 には 当 たらない 例 えば 大 使 館 職 員 等 の 身 分 で 滞 在 する 諜 報 員 が, 日 本 で 入 手 した 技 術 情 報 を 本 国 に 持 ち 出 す( 帰 国 する) 場 合,その 時 点 では 技 術 の 提 供 は 生 起 していない ことから, 外 為 法 第 25 条 第 1 項 の 許 可 を 取 得 して いないことが 違 法 とはならない そこで, 同 条 第 3 項 を 新 設 することにより, 技 術 の 提 供 が 予 定 さ れている 場 合 には, 提 供 の 相 手 先 が 特 定 されてい なくても,USB メモリーなどに 入 れた 技 術 情 報 を 持 ち 出 す 行 為 ( 技 術 が 記 録 された 媒 体 の 輸 出 に 当 たる)を 許 可 対 象 とした 10 他 には 企 業 内 の 外 国 籍 従 業 員 が, 技 術 資 料 を 持 ち 出 して 本 国 に 持 ち 帰 るようなケースが 想 定 されている 11 外 為 法 第 25 条 第 3 項 の 新 設 は 明 白 に 技 術 流 出 防 止 を 目 的 と しているように,2009 年 の 外 為 法 改 正 は, 技 術 流 出 防 止 のための 側 面 が 強 いものであった 12 この 他 にも 2009 年 の 外 為 法 改 正 では, 外 為 法 第 55 条 の 10 が 新 設 され, 輸 出 者 や 技 術 の 提 供 者 ( 輸 出 者 等 )は, 輸 出 者 等 遵 守 基 準 に 従 うことが 義 務 化 された 具 体 的 には 輸 出 者 等 遵 守 基 準 を 定 める 省 令 によって 遵 守 事 項 が 定 められている さらに, 外 為 法 第 69 条 の 6 が 改 正 されて, 罰 則 も 強 化 され た 改 正 前 は 懲 役 5 年 以 下 であったものが, 改 正 後 は 外 国 為 替 令 別 表 の 1 から 4 の 項 や, 輸 出 貿 易 管 理 令 別 表 第 1 の 1 から 4 の 項 に 規 定 する 技 術 や 貨 物 を, 許 可 を 取 得 せずに 提 供 や 輸 出 をした 場 合 には,10 年 以 下 の 懲 役,その 他 の 場 合 には 7 年 以 下 の 懲 役 とされた (2) 対 内 直 接 投 資 規 制 外 為 法 第 26 条 では, 対 内 直 接 投 資 等 に 当 たる 行 為 を 定 義 している その 上 で 外 為 法 第 27 条 第 1 項 において, 政 令 で 定 められた 対 内 直 接 投 資 等 を 行 おうとする 場 合 には,あらかじめ 財 務 大 臣 及 び 事 業 所 管 大 臣 に 届 け 出 ることが 義 務 付 けられてい る 同 項 の 規 定 に 基 づき, 事 前 届 出 が 義 務 付 けら れている 対 内 直 接 投 資 等 は, 対 内 直 接 投 資 等 に 関 する 政 令 第 3 条 第 2 項 で 省 令 に 委 任 され,さらに 対 内 直 接 投 資 等 に 関 する 命 令 第 3 条 第 3 項 により, 告 示 に 委 任 されている 告 示 である 対 内 直 接 投 資 等 に 関 する 命 令 第 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 財 務 大 臣 及 び 事 業 所 管 大 臣 が 定 める 業 種 を 定 める 件 ( 以 下, 告 示 という )に, 外 為 法 第 27 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 事 前 届 出 が 必 要 な 具 体 的 な 業 種 が 規 定 されている 事 前 届 出 があった 場 合, 財 務 大 臣 及 び 事 業 所 管 大 臣 が 審 査 をするか 否 かの 判 断 の 基 準 の 一 つとして, 国 の 安 全 を 損 ない, 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ, 又 は 公 衆 の 保 護 に 支 障 をき たすことになること が 規 定 されている( 外 為 法 第 27 条 第 3 項 第 一 号 イ) 財 務 大 臣 及 び 事 業 所 管 大 臣 は, 審 査 の 結 果, 届 出 に 係 る 対 内 直 接 投 資 等 が 国 の 安 全 等 にかかるものであると 判 断 される 場 合 には, 対 内 直 接 投 資 等 の 内 容 の 変 更 又 は 中 止 を 勧 告 することができる( 外 為 法 第 27 条 第 5 項 ) その 上 で, 勧 告 を 受 けた 者 が 勧 告 を 応 諾 しなかっ た 場 合 には, 財 務 大 臣 及 び 事 業 所 管 大 臣 は, 当 該 対 内 直 接 投 資 等 の 内 容 の 変 更 又 は 中 止 を 命 ずるこ とができる( 外 為 法 第 27 条 第 10 項 ) 対 内 直 接 投 資 等 については, 懸 念 国 や 国 際 テロ 組 織 と 関 連 する 外 国 投 資 家 が, 我 が 国 企 業 の 経 営 支 配 権 を 獲 得 した 場 合 に, 企 業 グループ 内 におけ る 情 報 や 人 の 異 動 を 通 じて, 輸 出 管 理 等 の 関 連 規 制 を 潜 脱 し, 大 量 破 壊 兵 器 に 転 用 可 能 な 技 術 等 が 海 外 に 流 出 することが 懸 念 されていた 13 そこで 2007 年 9 月, 告 示 が 改 正 され,それまでは 武 器 や 航 空 機, 原 子 力, 宇 宙 開 発 産 業 等 ( 以 下, 武 器 等 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9 41

4 という )が 日 本 標 準 産 業 分 類 により 対 象 業 種 とし て 列 挙 されていたものを, 対 象 製 品 を 列 挙 するこ ととした 改 正 後 の 告 示 には 武 器 等 の 製 造 業 に 加 え, 輸 出 貿 易 管 理 令 別 表 第 1 からも 対 象 製 品 を 列 挙 した 輸 出 貿 易 管 理 令 別 表 第 1 に 対 応 させたこ とにより, 大 量 破 壊 兵 器 関 連 の 汎 用 品 ( 輸 出 貿 易 管 理 令 別 表 第 1 の 2 から 4 の 項 )の 製 造 業 及 び, 通 常 兵 器 関 連 の 汎 用 品 ( 同 別 表 第 1 の 5 から 15 の 項 )のうち, 特 に 安 全 保 障 上 の 機 微 性 が 高 いと 考 えられる 汎 用 品 の 製 造 業 が 届 出 対 象 として 告 示 に 明 示 された また, 武 器 等 の 製 造 業 に 加 え, 武 器 等 を 使 用 するために 特 に 設 計 したプログラムや ソフトウェア 業 も 告 示 に 加 えられて 届 出 対 象 とさ れた 14 さらに, 対 内 直 接 投 資 等 に 関 する 政 令 第 3 条 第 2 項 が 改 正 され, 対 内 直 接 投 資 等 を 行 ってい る 会 社 の 子 会 社 等 が 届 出 対 象 の 事 業 を 営 んでいる 場 合 にも, 事 前 届 出 義 務 の 対 象 とされることとな った でなく, 武 器, 弾 薬, 航 空 機 その 他 の 防 衛 の 用 に 供 する 物 又 はこれらの 物 の 研 究 開 発 段 階 のものの 仕 様, 性 能 又 は 使 用 方 法 ( 別 表 第 4 八 )や, 製 作, 検 査, 修 理 又 は 試 験 の 方 法 ( 別 表 第 4 九 )が 列 挙 されている 自 衛 隊 が 使 用 する 装 備 品 は 民 間 企 業 により 製 造 されており,こうした 防 衛 秘 密 に 該 当 する 技 術 情 報 を 企 業 が 保 有 している 自 衛 隊 法 第 122 条 第 1 項 では, 防 衛 秘 密 を 取 り 扱 うこと を 業 務 とする 者 が, 防 衛 秘 密 を 漏 えいした 場 合 には,5 年 以 下 の 懲 役 に 処 するとしている この 防 衛 秘 密 を 取 り 扱 うことを 業 務 とする 者 には, 防 衛 省 との 契 約 に 基 づき, 防 衛 秘 密 に 係 る 物 件 の 製 造 若 しくは 役 務 の 提 供 を 業 とする 者 も 該 当 する ため, 企 業 や 大 学, 研 究 機 関 も 防 衛 秘 密 を 取 り 扱 うことを 業 務 とする 者 に 該 当 する 可 能 性 があ る 15 なお, 自 衛 隊 法 第 122 条 第 4 項 では, 防 衛 秘 密 の 漏 えいを 教 唆 した 者 も 3 年 以 下 の 懲 役 に 処 される (3) 秘 密 保 護 企 業 等 が 保 有 する 技 術 情 報 を 秘 密 に 指 定 し,そ の 不 正 な 流 出 を 罰 則 の 対 象 にするのが 秘 密 保 護 法 制 である 安 全 保 障 上, 機 微 な 技 術 情 報 に 係 る 秘 密 保 護 法 制 には, 自 衛 隊 法 に 基 づく 防 衛 秘 密 と 不 正 競 争 防 止 法 に 基 づく 営 業 秘 密 がある 1 防 衛 秘 密 2000 年 9 月 に 生 起 した 海 上 自 衛 官 による 秘 密 漏 えい 事 案 を 契 機 として, 再 発 防 止 策 の 一 環 として 2001 年 に 自 衛 隊 法 が 改 正 され, 防 衛 秘 密 制 度 が 新 設 された 新 設 された 自 衛 隊 法 第 96 条 の 2 第 1 項 に 基 づき, 防 衛 大 臣 は, 自 衛 隊 についての 別 表 第 4 に 掲 げる 事 項 であって, 我 が 国 の 防 衛 上 特 に 匿 する 必 要 があるものを 防 衛 秘 密 として 指 定 する 別 表 第 4 には, 自 衛 隊 の 運 用 等 に 関 するものだけ 2 営 業 秘 密 営 業 秘 密 とは, 秘 密 として 管 理 されている 生 産 方 法, 販 売 方 法 その 他 の 事 業 活 動 に 有 用 な 技 術 上 又 は 営 業 上 の 情 報 であって, 公 然 と 知 られていな いものをいう( 不 正 競 争 防 止 法 第 2 条 第 6 項 ) 営 業 秘 密 の 侵 害 に 対 する 刑 事 罰 が 設 けられたのは 2003 年 であり, 爾 後, 段 階 的 に 強 化 されてきた 現 在 では, 不 正 の 利 益 を 得 る 目 的 で, 又 はその 保 有 者 に 損 害 を 加 える 目 的 で, 詐 欺 等 行 為 又 は 管 理 侵 害 行 為 により, 営 業 秘 密 を 取 得 した 者 ( 不 正 競 争 防 止 法 第 21 条 第 1 項 第 一 号 )や, 詐 欺 等 行 為 又 は 管 理 侵 害 行 為 により 取 得 した 営 業 秘 密 を, 不 正 の 利 益 を 得 る 目 的 で, 又 はその 保 有 者 に 損 害 を 加 える 目 的 で, 使 用 し, 又 は 開 示 した 者 ( 同 第 二 号 ) 等 が 10 年 以 下 の 懲 役 に 処 される 42 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9

5 3. 今 後 の 課 題 2 において, 主 要 な 技 術 流 出 防 止 のための 法 規 制 を 概 観 してきた 本 節 では 今 後 の 課 題 につき 検 討 したい 具 体 的 には, 今 後 充 実 させていく 必 要 がある 法 整 備 について, 及 び 情 報 管 理 の 主 体 とし て 想 定 される 企 業, 大 学 や 研 究 機 関, 政 府 のうち, 最 も 管 理 が 難 しいと 思 われる 大 学 や 研 究 機 関 にお ける 技 術 情 報 管 理 について 検 討 したい (1) 技 術 情 報 等 の 適 正 な 管 理 の 在 り 方 に 関 す る 研 究 会 報 告 書 (2008) 2 で 述 べたように, 技 術 流 出 防 止 のための 法 規 制 は 外 為 法 や 不 正 競 争 防 止 法 の 改 正 等 により, 逐 次 充 実 強 化 されてきた しかしながら, 外 為 法 や 不 正 競 争 防 止 法 の 充 実 だけでは 必 ずしも 十 分 と はいえない 経 済 産 業 省 に 設 置 された 技 術 情 報 等 の 適 正 な 管 理 の 在 り 方 に 関 する 研 究 会 が 2008 年 7 月 に 公 表 した 報 告 書 ( 以 下, 技 術 情 報 報 告 書 と いう )では, 安 全 保 障 上 の 視 点 から 技 術 流 出 防 止 のために, 次 の 7 つの 事 項 を 具 体 的 検 討 事 項 として 列 挙 している 16 (i) 重 要 情 報 の 区 分 ルール の 導 入,(ii) 機 微 技 術 リスト ガイドラインの 作 成,(iii) 秘 密 保 護 法 制 の 在 り 方,(iv) 秘 密 特 許 制 度 の 検 討,(v) 外 為 法 の 技 術 取 引 規 制 の 強 化, (vi) 投 資 を 通 じた 安 全 保 障 上 重 要 な 技 術 の 海 外 への 流 出 防 止,(vii) 不 審 アクセス 情 報 の 報 告 と 注 意 喚 起 の 仕 組 み,である このうち,(i),(ii), (vii)は 必 ずしも 新 規 立 法 や 法 改 正 が 必 要 となる ものではない (v)は 2(1)で 述 べたように 2009 年 に 外 為 法 が 改 正 された (vi)は, 技 術 情 報 報 告 書 でも 2(2)で 指 摘 した 2007 年 の 対 内 直 接 投 資 規 制 の 見 直 しに 言 及 し, 引 き 続 き 外 為 法 の 規 制 に より 対 応 することとすべきである と 指 摘 してお り, 基 本 的 に 法 規 制 は 整 備 されていると 考 えられ る 17 また, 技 術 情 報 報 告 書 では 競 争 力 の 視 点 と して, 技 術 情 報 等 の 適 切 な 法 的 保 護 の 在 り 方 に 関 する 検 討 として 営 業 秘 密 の 強 化 を 提 言 していた 確 かに 営 業 秘 密 は 基 本 的 には 企 業 の 競 争 力 確 保 の ための 制 度 と 言 うことができる しかし 同 時 に, 営 業 秘 密 には 安 全 保 障 上 の 機 微 な 情 報 も 含 まれる ことから, 安 全 保 障 上 も 営 業 秘 密 の 保 全 は 重 要 で ある 技 術 情 報 報 告 書 でも, 外 国 政 府 を 利 する 目 的 で 営 業 秘 密 が 流 出 した 場 合 には, 産 業 競 争 力 だ けでなく, 安 全 保 障 上 も 重 大 な 問 題 を 提 起 すると 指 摘 している 18 こうした 側 面 は 米 国 でも 認 識 さ れており,ホルダー 司 法 長 官 は 米 国 政 府 の 営 業 秘 密 戦 略 の 公 表 に 当 たり, 営 業 秘 密 の 流 出 は 企 業 の 解 雇 や 工 場 閉 鎖, 売 り 上 げや 利 益 の 減 少, 競 争 力 の 低 下 を 招 くだけでなく,ビジネスからの 徹 底 にも 至 る しかもこの 種 の 犯 罪 は 米 国 経 済 だけ でなく, 米 国 人 の 生 命 を 危 険 にさらすデータや 技 術 を 敵 国 に 入 手 させることで, 安 全 保 障 にも 重 要 な 影 響 を 与 える 可 能 性 がある 19 と, 営 業 秘 密 流 出 の 持 つ, 経 済 面 と 安 全 保 障 面 の 損 害 の 双 方 を 指 摘 した 我 が 国 では 依 然 として 経 済 と 安 全 保 障 を 別 々に 考 えることが 多 いと 思 われるが, 産 業 の 競 争 力 確 保 と 安 全 保 障 の 確 保 という 視 点 は, 実 は 相 互 に 密 接 に 関 連 している 営 業 秘 密 の 強 化 は,ま さにこうした 側 面 を 示 したものであり, 技 術 情 報 報 告 書 は,こうした 点 を 気 付 かせてくれる 20 技 術 情 報 報 告 書 が 公 表 された 後, 後 述 するように 2009 年 に 不 正 競 争 防 止 法 が 改 正 され, 営 業 秘 密 は 強 化 された 技 術 流 出 防 止 のための 政 策 は 常 に 競 争 力 確 保 と 安 全 保 障 の 確 保 という 両 面 を 考 える 必 要 がある なお, 輸 出 管 理 や 対 内 直 接 投 資 規 制, 営 業 秘 密 の 間 には 連 携 がなく, 全 体 としての 整 合 性 は 必 ず しも 取 られていないとの 指 摘 がある 21 しかしな がら,2009 年 の 営 業 秘 密 を 強 化 する 不 正 競 争 防 止 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9 43

6 法 改 正 は, 技 術 移 転 規 制 を 強 化 する 外 為 法 改 正 と 同 時 に 実 施 された 法 改 正 の 審 議 の 際, 二 階 俊 博 経 済 産 業 大 臣 は, 従 来 から 産 業 競 争 力 の 強 化 と, 安 全 保 障 上 の 立 場 と, 両 方 の 側 面 から 技 術 流 出 防 止 に 努 めており, 今 後 とも 外 為 法 と 不 正 競 争 防 止 法 の 的 確 な 実 施 を 通 じて 技 術 流 出 防 止 に 万 全 を 期 する 旨, 述 べている 22 また, 対 内 直 接 投 資 規 制 は 輸 出 管 理 の 規 制 品 目 と 対 応 するような 告 示 の 改 正 が 実 施 されている そのため, 少 なくとも 現 在 においては, 一 定 の 整 合 性 は 確 保 されていると 言 えよう (2) 残 された 法 整 備 の 課 題 1 秘 密 保 護 法 制 の 充 実 (1)で 述 べたように, 技 術 情 報 報 告 書 の 提 言 の うち, 既 に 履 行 されているものもあるが, 同 報 告 書 が 指 摘 した(iii) 及 び(iv)については, 依 然 として 必 要 な 法 規 制 が 整 備 されていない 安 全 保 障 に 係 る 技 術 情 報 は, 先 述 の 通 り, 防 衛 秘 密 又 は 営 業 秘 密 により 保 全 することが 可 能 であ る しかし, 防 衛 秘 密 は 自 衛 隊 の 装 備 品 に 関 係 の ない 技 術 情 報 には 適 用 されない また, 営 業 秘 密 で 全 ての 安 全 保 障 上, 機 微 な 技 術 情 報 を 保 全 でき るものではない 工 廠 を 保 有 しない 我 が 国 政 府 に は 基 本 的 に 営 業 秘 密 はないと 考 えられるし, 産 学 連 携 による 研 究 等 をのぞき, 大 学 や 研 究 機 関 で 研 究 成 果 を 営 業 秘 密 に 指 定 することは 一 般 的 ではな い しかし, 政 府 や 大 学 研 究 機 関 にも 安 全 保 障 に 係 る 技 術 情 報 が 存 在 しないわけではないため, そうした 技 術 情 報 の 保 全 を 図 る 必 要 がある 技 術 情 報 報 告 書 でも, 漏 洩 することにより 国 家 の 安 全 保 障 上 重 大 な 問 題 が 発 生 する 可 能 性 のある 情 報 に ついては, 秘 密 化 の 義 務 と 不 法 な 漏 示 に 対 する 適 切 な 規 律 を 設 けるべきである 23 と 指 摘 している 政 府 は 2010 年 に 政 府 における 情 報 保 全 に 関 す る 検 討 委 員 会 を 設 置 し, 同 委 員 会 は 秘 密 保 全 のための 法 制 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 会 議 に 検 討 を 依 頼 した 同 会 議 は 2011 年 8 月 に 秘 密 保 全 のための 法 制 の 在 り 方 について( 報 告 書 ) ( 以 下, 秘 密 保 全 報 告 書 という )をとりまとめ, 公 表 した 24 上 記 のような 問 題 点 を 踏 まえ, 秘 密 保 全 報 告 書 では, 秘 密 となる 情 報 の 作 成 主 体 として, 政 府 だけでなく, 独 立 行 政 法 人 等 や 企 業, 大 学 研 究 機 関 等 を 対 象 とすることを 提 案 している 25 例 えば, 独 立 行 政 法 人 等 が 保 有 する 技 術 情 報 では, 人 工 衛 星 の 研 究 開 発 やロケット 技 術 が, 大 量 破 壊 兵 器 等 に 転 用 可 能 で, 国 の 安 全 に 関 する 技 術 情 報 として 例 示 されている また, 大 学 研 究 機 関, 企 業 においても, 政 府 や 独 立 行 政 法 人 等 から 委 託 事 業 を 実 施 する 場 合 には, 同 じく 規 制 の 対 象 とな る 旨, 指 摘 する 26 なお, 先 述 の 通 り,こうした 軍 事 転 用 可 能 な 民 生 技 術 ( 汎 用 技 術 )は 従 来 から 輸 出 管 理 の 対 象 であり, 対 内 直 接 投 資 規 制 の 対 象 としても 明 示 されている さらに, 秘 密 保 全 報 告 書 では, 国 の 安 全, 外 交, 公 共 の 安 全 及 び 秩 序 の 維 持 に 係 る 特 に 秘 匿 を 必 要 とする 情 報 を 特 別 秘 密 として 保 護 の 対 象 とす ることを 提 案 している 27 これにより 防 衛 秘 密 に 限 定 されていた 秘 密 保 護 をより 充 実 させることが 可 能 になろう 特 別 秘 密 が 新 規 立 法 によって 保 護 されるようになれば, 自 衛 隊 の 装 備 品 に 係 る 技 術 情 報 に 限 らず, 先 述 のように 人 工 衛 星 やロケッ トといった 我 が 国 の 安 全 保 障 上, 重 要 と 考 えられ る 技 術 情 報 の 保 護 が 可 能 になると 考 えられる 2 防 衛 秘 密 と 営 業 秘 密 の 比 較 取 得 行 為 の 可 罰 性 秘 密 保 全 報 告 書 は, 防 衛 秘 密 では 保 護 されてい ない 行 為 も 罰 則 の 対 象 として 含 めることを 提 案 し ている 防 衛 秘 密 では 漏 えい 及 びその 教 唆 等 が 処 44 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9

7 罰 の 対 象 となっているが, 防 衛 秘 密 を 単 に 入 手 す るだけでは 処 罰 の 対 象 とはならない こうした 取 得 行 為 のうち 悪 質 と 考 えられるものを, 秘 密 保 全 報 告 書 では 特 定 取 得 行 為 と 呼 び, 罰 則 の 対 象 とすることを 提 案 している 28 取 得 行 為 の 可 罰 性 については 防 衛 秘 密 と 営 業 秘 密 の 比 較 が 興 味 深 い 先 述 のように, 防 衛 秘 密 漏 えい 罪 は 2001 年 に 新 設 され, 営 業 秘 密 侵 害 罪 は 遅 れて 2003 年 に 新 設 された しかし,その 後, 営 業 秘 密 は 累 次 の 改 正 を 経 て, 現 在 では 防 衛 秘 密 より も 保 護 が 充 実 している 営 業 秘 密 侵 害 罪 が 新 設 さ れた 2003 年 当 時 から 一 部 の 取 得 行 為 は 処 罰 対 象 とされていたが, 処 罰 対 象 となったのは, 行 為 の 悪 質 性 から 使 用 開 示 行 為 の 準 備 行 為 として 行 われ る 取 得 行 為 に 限 られ, 訴 訟 上 の 立 証 の 可 能 性 も 考 慮 し, 営 業 秘 密 記 録 媒 体 の 取 得 又 は 複 製 を 必 要 と した 29 しかしながら, 詐 欺 等 行 為 又 は 管 理 侵 害 行 為 という 違 法 性 の 高 い 行 為 により, 営 業 秘 密 を 支 配 している 状 態 におくことで, 使 用 又 は 開 示 を 待 つまでもなく, 刑 事 罰 によって 抑 止 に 足 る 違 法 性 を 肯 定 できるのではないかと 考 えられた 30 こ のため, 技 術 情 報 報 告 書 の 提 案 等 も 踏 まえ,2009 年 に 不 正 競 争 防 止 法 は 改 正 され, 営 業 秘 密 の 不 正 取 得 行 為 について, 使 用 又 は 開 示 に 供 する 目 的 を 問 わず,さらに 方 法 の 限 定 もなくし, 図 利 加 害 目 的 で 詐 欺 等 行 為 又 は 管 理 侵 害 行 為 によってなされ た 営 業 秘 密 の 不 正 取 得 一 般 を 刑 事 罰 の 対 象 とした 31 3 防 衛 秘 密 と 営 業 秘 密 の 比 較 罰 則 刑 事 手 続 罰 則 も 営 業 秘 密 の 漏 えい 行 為 の 方 が, 防 衛 秘 密 の 漏 えい 行 為 よりも 重 い 防 衛 秘 密 の 漏 えいは 5 年 以 下 の 懲 役 である 他 方, 営 業 秘 密 侵 害 罪 は, 2003 年 に 制 定 当 初 は 3 年 以 下 の 懲 役 とされていた ものが, 数 度 の 法 改 正 を 経 て 現 在 では 最 高 懲 役 は 10 年 である 32 秘 密 保 全 報 告 書 では, 営 業 秘 密 の 漏 えい 行 為 との 比 較 等 から, 特 別 秘 密 の 漏 えい 行 為 の 罰 則 を 10 年 以 下 の 懲 役 とすることを 一 案 としている さらに, 不 正 競 争 防 止 法 は 2011 年 にも 改 正 され た これは, 刑 事 裁 判 の 手 続 において 審 理 が 一 般 に 公 開 されることにより 営 業 秘 密 の 内 容 が 公 にな るとの 懸 念 から, 営 業 秘 密 の 侵 害 を 受 けた 被 害 者 が 告 訴 を 躊 躇 しているという 問 題 が 従 前 から 指 摘 されていたことに 対 応 したものである 33 裁 判 所 は, 被 害 者 等 から 公 訴 事 実 にかかる 営 業 秘 密 を 構 成 する 情 報 の 全 部 又 は 一 部 を 特 定 させることとな る 事 項 を, 公 開 の 法 廷 で 明 らかにされたくない 旨 の 申 出 があるときは, 被 告 人 又 は 弁 護 人 の 意 見 を 聴 き, 相 当 と 認 めるときは,その 範 囲 を 定 めて, 当 該 事 項 を 公 開 の 法 廷 で 明 らかにしない 旨 の 決 定 ( 秘 匿 決 定 )をすることができることとした 34 これに 対 して, 秘 密 保 全 報 告 書 では 裁 判 所 におけ る 秘 密 保 全 については, 別 途 検 討 されることが 適 当 としているのみである 35 このように 営 業 秘 密 は 数 度 の 法 改 正 を 経 て, 防 衛 秘 密 よりも 充 実 した 秘 密 保 護 体 系 を 有 するに 至 っており, 現 時 点 において 最 も 包 括 的 に 技 術 情 報 の 保 護 が 図 られている 今 後, 営 業 秘 密 には 当 た らないが, 安 全 保 障 上, 機 微 な 技 術 情 報 を 保 護 す る 制 度 の 充 実 が 求 められている 4 秘 密 特 許 制 度 の 検 討 諸 外 国 においては, 秘 密 保 護 の 一 環 として, 安 全 保 障 上 の 機 微 技 術 について 特 許 出 願 後 公 開 を 行 わない,いわゆる 秘 密 特 許 制 度 が 導 入 されて いる しかし, 我 が 国 では 軍 事 転 用 可 能 な 技 術 は もとより, 軍 事 技 術 であっても, 特 許 出 願 された 場 合 には 全 て 公 開 される そこで 技 術 情 報 報 告 書 では, 秘 密 特 許 制 度 の 導 入 の 検 討 が 提 案 されてい る 36 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9 45

8 特 許 制 度 の 持 つ 問 題 点 は, 営 業 秘 密 と 同 様 に 競 争 力 の 観 点 からも 指 摘 できる 特 許 庁 に 出 願 され た 特 許 情 報 は, 登 録 の 可 否 にかかわらず, 出 願 後 1 年 6 月 で 発 明 内 容 が 公 開 されるため, 公 開 され た 内 容 が 外 国 のライバル 企 業 に 模 倣 されたり, 周 辺 特 許 を 押 さえられる 事 態 が 発 生 し, 知 的 財 産 を 守 る 役 割 を 果 たしていないとの 指 摘 がある また, 軍 事 転 用 可 能 な 技 術 も 無 差 別 に 公 開 されることで, 我 が 国 や 世 界 の 安 全 が 脅 かされているとの 指 摘 も なされている 37 技 術 情 報 報 告 書 では, 特 許 出 願 によってかえって 海 外 においてフリーライドを 招 く 恐 れのあるような 技 術 情 報 は, 特 許 出 願 せず 営 業 秘 密 として 管 理 することが 提 案 されている 38 技 術 情 報 報 告 書 が, 秘 密 保 護 の 一 環 として 秘 密 特 許 制 度 の 導 入 を 提 案 している 点 は 画 期 的 である これまで 特 許 制 度 は 営 業 秘 密 同 様 に 知 的 財 産 の 保 護 という 脈 のみで 議 論 され, 安 全 保 障 上 の 位 置 づけは 議 論 の 対 象 にすらならなかったきらいがあ る 今 後, 議 論 が 深 まることを 期 待 したい 39 (3) 技 術 情 報 の 管 理 主 体 としての 大 学 研 究 機 関 1 大 学 研 究 機 関 における 技 術 情 報 の 管 理 技 術 流 出 防 止 のための 法 規 制 がいかに 充 実 して も, 技 術 情 報 を 保 有 する 主 体 が 厳 格 な 管 理 を 実 施 しない 限 り, 技 術 流 出 防 止 の 実 効 性 は 担 保 されな い 冒 頭 でも 述 べたとおり, 安 全 保 障 上, 機 微 な 技 術 情 報 は 企 業 だけが 保 有 するものではない 大 学 研 究 機 関 や 政 府 も 保 有 している これら 技 術 情 報 の 保 有 主 体 がそれぞれに 管 理 を 実 施 し, 抜 け 穴 を 作 らないことが 肝 要 となる 大 学 や 研 究 機 関 においては, 留 学 生 や 研 究 生 の 増 大 や, 国 際 的 な 研 究 連 携 や 産 学 連 携 の 推 進 がみられ,これらは 基 本 的 に 好 ましい 流 れであるが, 同 時 に 技 術 情 報 流 出 の 危 険 も 増 大 しているとも 言 える 40 しかしな がら, 大 学 や 研 究 機 関 においては, 分 権 的 な 運 営 にも 起 因 し, 企 業 に 比 べ 技 術 情 報 の 管 理 が 不 十 分 であるとの 指 摘 がなされている 41 そこで 大 学 や 研 究 機 関 における 技 術 情 報 の 管 理 について 特 に 考 えてみたい 企 業 とは 異 なり, 大 学 や 研 究 機 関 ( 以 下, 大 学 等 という )が 対 内 直 接 投 資 の 対 象 となることは 通 常 想 定 されないことから, 対 内 直 接 投 資 規 制 は 大 学 等 に 直 接 影 響 はない しかし, 残 る 二 つの 規 制,すなわち 輸 出 管 理 と 秘 密 保 護 は 大 学 等 にも 関 係 する 営 業 秘 密 は 産 学 連 携 等 で, 営 業 秘 密 とし ての 管 理 が 必 要 とされる 場 合 を 除 き, 管 理 の 対 象 ではないが, 輸 出 管 理 は 大 学 等 における 日 常 的 な 管 理 が 要 求 される 大 学 等 において 輸 出 管 理 が 必 要 な 場 面 は 様 々であるが, 例 えば, 研 究 を 通 じて 海 外 からの 留 学 生 等 に 技 術 の 移 転 が 生 起 すること が 考 えられる また, 外 為 法 第 55 条 の 10 に 基 づ き, 大 学 等 も 輸 出 者 等 遵 守 基 準 に 従 うことが 法 的 な 義 務 となった 同 条 に 基 づき, 大 学 等 の 内 部 に おいて 輸 出 管 理 の 体 制 を 整 えることが 求 められて いる 輸 出 者 等 遵 守 基 準 が 新 設 される 以 前 から, 部 科 学 省 は 大 学 等 に 対 して 輸 出 管 理 の 強 化 を 依 頼 していたが, 外 為 法 改 正 後 の 2009 年 には 再 度 大 学 及 び 公 的 研 究 機 関 における 輸 出 管 理 につい て( 依 頼 ) を 重 ねて 発 出 し, 大 学 等 に 対 して 注 意 喚 起 をしている 42 大 学 等 が 輸 出 管 理 体 制 を 構 築 しても, 輸 出 管 理 の 実 際 の 運 用 には 体 制 構 築 とは 別 の 困 難 さがある 例 えば, 多 くの 大 学 で 留 学 生 の 受 入 れと 輸 出 管 理 の 関 係 が 課 題 として 浮 かび 上 がっている 輸 出 管 理 は, 技 術 を 提 供 する 際 に 許 可 が 必 要 になる(こ とがある)というものであった 他 方 で, 留 学 生 を 受 入 れるだけでは 何 も 技 術 移 転 は 生 起 していな いことから, 留 学 生 の 受 入 れと 外 為 法 は 本 来 は 無 関 係 である 受 け 入 れた 留 学 生 に 技 術 を 提 供 する 46 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9

9 際 に 許 可 の 要 否 を 判 断 すれば 足 りる また, 制 度 上 は, 我 が 国 へ 入 国 後,6 ヶ 月 経 過 すれば, 外 為 法 上 は 居 住 者 という 扱 いとなり, 外 為 法 の 規 制 対 象 外 (すなわち 許 可 不 要 )となる 43 しかしなが ら, 現 実 問 題 として 6 ヶ 月 経 過 したので, 留 学 生 のリスクがゼロになるわけではなく, 仮 にリスク が 顕 在 化 した 際 には 社 会 的 な 説 明 責 任 は 免 れない 44 そのため, 実 際 には 大 学 等 は 留 学 生 の 受 入 れの 際 に, 輸 出 管 理 上 の 懸 念 を 合 わせて 審 査 することが 多 いようである 他 方 で,イラン 人 の 入 学 を 拒 否 したところ, 国 籍 による 差 別 として 違 憲 判 決 が 出 た 事 例 もあり, 大 学 等 の 輸 出 管 理 担 当 部 局 は 対 応 に 苦 慮 しているのが 実 情 である 45 一 般 論 として は, 受 け 入 れる 留 学 生 個 人 が 大 量 破 壊 兵 器 の 開 発 等 に 関 係 していないかどうかが 審 査 のポイントと なると 考 えられるので, 国 籍 により 一 律 に 拒 否 す ることは 正 当 な 理 由 とは 言 えないであろう あく までも 留 学 生 個 人 の 研 究 分 野 や 経 歴 等 から 判 断 す る 必 要 がある 他 方 で, 大 学 等 は 情 報 機 関 ではな いので, 大 学 等 だけでこうした 確 認 が 確 実 にでき るとは 考 えられず, 入 国 管 理 局 や 警 察 等 の 関 係 機 関 と 在 籍 者 の 情 報 につき 共 有 しておくことが 有 益 であると 思 われる 46 また, 留 学 生 の 審 査 という 視 点 からはビザを 発 給 する 外 務 省 や, 奨 学 金 を 支 給 している 部 科 学 省 も 一 定 の 責 任 を 有 している ビザを 発 給 し, 奨 学 金 を 支 給 する 以 上, 外 務 省 や 部 科 学 省 も 当 該 留 学 生 が 不 拡 散 等 の 観 点 から 危 険 性 はないと 判 断 したからであろうし,その 理 由 を 説 明 する 責 任 がある 47 さらに, 留 学 生 が 帰 国 する 際 に 自 らの 研 究 成 果 等 を USB メモリーなどに 入 れて 持 ち 帰 ることは 十 分 に 想 定 されるが, 帰 国 後 に 使 用 する( 技 術 を 提 供 する)のであれば( 使 用 すると 考 えるのが 通 常 であろう), 外 為 法 第 25 条 第 3 項 に 基 づく 持 ち 出 し 規 制 の 対 象 となる 場 合 がある 現 実 問 題 とし て, 帰 国 する 留 学 生 の 所 持 品 等 を 全 て 確 認 すると いったプロセスは 想 定 できないものの, 常 日 頃 か ら, 帰 国 する 際 に 持 ち 帰 る 研 究 成 果 等 で 許 可 が 必 要 になるものがある 旨 の 注 意 喚 起 は 必 要 とされ よう 2 輸 出 管 理 と 秘 密 保 護 の 接 点 米 国 の 例 米 国 の 輸 出 管 理 では, 研 究 成 果 が 公 開 され, 科 学 界 で 共 有 されるようなものは, 基 礎 研 究 とし て 輸 出 管 理 の 対 象 外 とされている 48 そのため 米 国 の 大 学 や 研 究 機 関 は 研 究 費 の 受 諾 に 当 たって, 研 究 成 果 の 公 表 等 に 関 する 規 制 を 契 約 から 排 除 し ようと 交 渉 するという 49 我 が 国 の 大 学 等 からも 米 国 と 同 様 の 基 準 の 導 入 を 求 める 声 も 聞 く ただ し, 米 国 には 秘 密 保 護 制 度 があり, 研 究 を 秘 密 指 定 することが 可 能 であるため,このような 制 度 設 計 が 可 能 となっていることに 留 意 したい 米 国 に おける 基 礎 研 究 の 定 義 は, 国 際 輸 出 管 理 レジ ームにおける 議 論 とは 無 関 係 であり,レーガン 政 権 時 代 の 国 家 安 全 保 障 に 関 する 大 統 領 指 示 (National Security Decision Directive)189 (NSDD-189) が 根 拠 となっている NSDD-189 では 安 全 保 障 上 の 必 要 性 がある 場 合, 秘 密 指 定 が 情 報 管 理 の 基 本 であり, 秘 密 指 定 は 政 府 の 責 任 であるとする そ の 上 で, 秘 密 指 定 がない 基 礎 研 究 の 公 表 等 には 制 約 は 課 せられないとしている 50 つまり 研 究 成 果 の 公 開 は, 研 究 成 果 の 非 公 開 ( 秘 密 指 定 )と 裏 腹 の 関 係 にある 秘 密 保 護 制 度 があることにより, 何 を 秘 匿 すべきか の 説 明 責 任 を 研 究 費 の 交 付 主 体 ( 政 府 )に 担 わせることが 可 能 になる 例 え ば, 先 述 の 特 別 秘 密 として 提 案 されている 人 工 衛 星 やロケットの 研 究 成 果 も, 政 府 によって 秘 密 指 定 されない 限 りは 全 て 公 開 されるのは 当 然 で はないか だから 米 国 のように 輸 出 管 理 の 対 象 か ら 外 してもよいのではないか,という 議 論 も 可 能 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9 47

10 になるのである 現 行 制 度 下 でこうした 議 論 が 行 えない 理 由 の 一 部 は, 輸 出 管 理 制 度 ではなく, 秘 密 保 護 制 度 の 不 備 に 起 因 していることを 指 摘 して おきたい 米 国 の 例 が 示 していることは, 秘 密 保 護 制 度 により, 大 学 等 の 研 究 活 動 における 管 理 負 担 を 軽 減 できる 可 能 性 があるという 側 面 である 3 研 究 成 果 の 公 開 と 技 術 流 出 鳥 インフルエン ザ ウイルスの 研 究 が 投 げかけるもの 研 究 成 果 の 公 開 は 自 明 視 されがちである そこ に 技 術 流 出 といった 視 点 は 見 られない 一 般 論 と しては 学 問 の 自 由 や 開 放 性 という 観 点 から 研 究 成 果 は 原 則 として, 又 は 特 段 の 事 情 がない 限 り 公 開 されることは 当 然 であると 考 えるが,いかなる 場 合 でも公 開 すべきかどうかは 別 問 題 である こう した 論 点 が 顕 在 化 したのが,2011 年 末, 鳥 インフ ルエンザ ウイルス(H5N1 型 )の 研 究 成 果 を, Nature 誌 や Science 誌 がテロへの 悪 用 懸 念 から 論 の 掲 載 を 見 合 わせたことである 51 これを 受 け て 世 界 中 の 有 志 の 科 学 者 たちは 連 名 で H5N1 イン フルエンザ ウイルスに 関 して 研 究 モラトリアム を 発 表 した 52 我 が 国 でもこうした 問 題 を 受 けて 学 術 会 議 が,2012 年 11 月 に 科 学 技 術 のデュ アルユース 問 題 に 関 する 検 討 報 告 を 公 表 した 53 同 報 告 は 冒 頭 で, 科 学 技 術 の 発 展 は, 様 々な 面 で 我 々の 生 活 に 恩 恵 をもたらし, 福 祉 の 向 上 に 寄 与 するものであるが,いったんそれが 悪 用 され たり, 誤 用 されたりした 場 合 には, 我 々の 生 活 を 害 し, 社 会 の 安 全 を 損 なうものとなってしまう つまり, 科 学 技 術 は,それを 用 いる 者 の 意 図 に よっては 両 義 性 を 持 つものといえる と 指 摘 して いる その 上 で, 同 報 告 を 踏 まえて 各 学 術 分 野 でのより 具 体 的 な 議 論 や 行 動 を 促 す としており, 今 後 の 議 論 が 期 待 される 54 大 学 等 で 実 施 されている 最 先 端 の 研 究 成 果 の 公 開 は 必 ずしも 法 規 制 の 対 象 にはなっていない 上, 法 規 制 の 対 象 にすること 自 体 が 望 ましいとは 限 ら ない Nature 誌 等 が 掲 載 を 見 合 わせたのも 法 に 触 れたからではない むしろ 科 学 コミュニティによ る 自 主 管 理 という 側 面 が 強 い 鳥 インフルエン ザ ウイルスの 研 究 が 投 げかけている 課 題 は, 法 規 制 の 在 り 方 だけでなく, 科 学 者 自 身 による 自 主 管 理 や 倫 理 規 範 の 在 り 方 でもある 4まとめ 2011 年 に 策 定 された 第 4 期 科 学 技 術 基 本 計 画 に おいては, 国 家 安 全 保 障 技 術 基 盤 の 強 化 が 謳 われている 55 今 後, 基 本 計 画 に 基 づき, 安 全 保 障 に 関 する 技 術 の 研 究 開 発 が 進 められていくこと が 期 待 されるとともに, 大 学 等 における 研 究 やそ の 成 果 が 安 全 保 障 上, 機 微 な 技 術 を 含 むことも 十 分 に 予 想 される そのため, 大 学 等 による 適 切 な 技 術 情 報 の 管 理 はこれまで 以 上 に 求 められること になろう いずれにせよ, 念 頭 に 置 いておくべき ことは, 研 究 者 本 人 は 全 く 善 意 で 研 究 成 果 に 係 る 技 術 情 報 を 公 開 したとしても,その 技 術 情 報 が 兵 器 等 に 転 用 されてしまえば, 懸 念 国 の 兵 器 の 開 発 等 に 荷 担 したこととなり, 我 が 国 の 安 全 保 障 に 悪 影 響 を 及 ぼしかねない その 結 果, 研 究 者 本 人 だ けでなく 研 究 者 の 所 属 する 研 究 機 関 の 研 究 活 動 に 大 きな 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 もあるという 指 摘 であ る 安 全 保 障 の 分 野 では 善 意 は 何 らの 理 由 になら ない 56 4.おわりに 2000 年 代 に 安 全 保 障 に 資 する 技 術 流 出 防 止 の ための 法 規 制 は 拡 充 強 化 された 技 術 情 報 報 告 書 が 公 表 された 2008 年 を 起 点 に 考 えても, 技 術 移 転 規 制 の 強 化 や 営 業 秘 密 の 強 化 といった 施 策 が 実 現 している 他 方 で, 依 然 として 課 題 も 残 ってい 48 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9

11 る 今 後 はこうした 課 題 の 検 討 が 進 められること を 期 待 したい とかく 経 済 政 策 は 安 全 保 障 政 策 とは 別 物 と 考 え られがちであるが, 技 術 流 出 の 防 止 は 産 業 競 争 力 の 確 保 という 側 面 と 同 時 に, 我 が 国 の 安 全 保 障 上 の 側 面 を 有 している 今 後 とも 技 術 流 出 防 止 のた めの 政 策 は, 両 者 の 側 面 から 検 討 することが 肝 要 である さらに, 政 府 や 企 業 はもちろんのこと, 大 学 や 研 究 機 関 も 技 術 流 出 防 止 の 最 前 線 であると いう 点 も 確 認 しておきたい 政 府 機 関 でさえ, 防 衛 省 や 外 務 省 のように 安 全 保 障 を 所 掌 していると 考 えられている 機 関 以 外 では, 安 全 保 障 上 の 問 題 に 対 する 認 識 は 決 して 高 いとは 言 えない 技 術 流 出 防 止 政 策 を 通 じて, 安 全 保 障 上 の 問 題 に 対 する 認 識 が 向 上 することを 期 待 したい 技 術 流 出 によ る 安 全 保 障 上 の 問 題 は,どこか 遠 くで 誰 かが 対 処 するものではない 技 術 情 報 を 有 する 者 一 人 ひと りが, 当 事 者 として 対 応 することが 求 められてい る 注 ) 1 経 済 産 業 省 技 術 情 報 等 の 適 正 な 在 り 方 に 関 する 研 究 会 報 告 書 (2008 年 7 月 )5 頁 2 経 済 産 業 省 前 掲 注 (1)52 頁 3 経 済 産 業 省 前 掲 注 (1)52-53 頁 4 居 住 者, 非 居 住 者 は 外 為 法 第 6 条 に 定 義 があり, 居 住 者 は, 本 邦 内 に 住 所 又 は 居 所 を 有 する 自 然 人 及 び 本 邦 内 に 主 たる 事 務 所 を 有 する 法 人 をいう ( 外 為 法 第 6 条 第 五 号 ) 非 居 住 者 は 居 住 者 以 外 の 自 然 人 及 び 法 人 をいう ( 外 為 法 第 6 条 第 六 号 ) さらに 詳 細 な 運 用 は 外 国 為 替 法 令 の 解 釈 及 び 運 用 について ( 蔵 国 第 4672 号 )( 昭 和 55 年 11 月 29 日 )で 規 定 されており, 例 えば, 外 国 人 の 場 合, 本 邦 に 入 国 後 6 月 以 上 経 過 する と 居 住 者 として 取 り 扱 うものとしている( 後 述 3(3) 参 照 ) 5 さらに, 仲 介 取 引 や 積 替 も 外 為 法 上 の 規 制 対 象 である が, 本 稿 では 割 愛 する 6 田 上 博 道, 森 本 正 崇 輸 出 管 理 論 ( 信 山 社,2008 年 ) 21 頁 7 兵 器 や 兵 器 にしか 使 えない 部 分 品 ( 専 用 部 分 品 )は1の 項 に 列 挙 されている 8 キャッチオール 規 制 に 基 づく 許 可 の 要 否 は, 厳 密 には いささか 複 雑 である 制 度 上 は, 外 国 為 替 令 第 17 条 第 1 項 の 規 定 により,リスト 規 制 と 同 様 に 一 旦 は16の 項 に 該 当 する 技 術 は 全 て 許 可 が 必 要 とされる しかし, 外 国 為 替 令 第 17 条 第 5 項 の 規 定 は, 同 条 第 1 項 に 該 当 す る 場 合 であっても 経 済 産 業 大 臣 の 許 可 が 不 要 の 取 引 を 指 定 することができる 同 条 第 5 項 に 規 定 する 指 定 さ れた 取 引 として, 貿 易 関 係 貿 易 外 取 引 等 に 関 する 省 令 第 9 条 が 列 挙 されており,その 結 果, 同 条 に 該 当 する 取 引 は 許 可 が 不 要 になる 9 高 木 悠 一 技 術 流 出 防 止 の 徹 底 と 企 業 の 輸 出 管 理 強 化 ジュリスト1383 号 (2009 年 )3 頁 10 さらに, 外 為 法 第 25 条 第 3 項 には 未 遂 罪 があり, 日 本 から 国 外 に 持 ち 出 そうとした 時 点 での 摘 発 が 可 能 にな っている なお, 外 為 法 第 25 条 第 1 項 の 技 術 移 転 規 制 には 未 遂 罪 は 規 定 されていない 11 森 本 正 崇 輸 出 管 理 入 門 (5) 貿 易 実 務 ダイジェスト 第 49 巻 第 12 号 (2009 年 )28,29 頁 12 森 本 正 崇 輸 出 管 理 を 巡 る 最 近 の 動 向 貿 易 実 務 ダイ ジェスト 第 52 巻 第 9 号 (2012 年 )3,4 頁 13 経 済 産 業 省 グローバル 経 済 下 における 国 際 投 資 環 境 を 考 える 研 究 会 中 間 とりまとめ (2007 年 4 月 )5 頁 14 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて (2007 年 9 月 )5 頁 15 田 村 重 信, 高 橋 憲 一, 島 田 和 久 日 本 の 防 衛 法 制 ( 内 外 出 版,2008 年 )610 頁 16 経 済 産 業 省 前 掲 注 (1)55-69 頁 17 経 済 産 業 省 前 掲 注 (1)66 頁 18 経 済 産 業 省 前 掲 注 (1)33,34 頁 19 Attorney General Eric Holder Speaks at the Administration Trade Secret Strategy Rollout, Justice News, February 20, 2013 (http://www.justice.gov/iso/opa/ag/speeches/2013/ag-s peech html) (last visited July 25, 2013). 20 森 本 正 崇 技 術 流 出 経 済 と 安 全 保 障 の 交 差 点 CISTECジャーナル No.116(2008 年 )16 頁 21 神 田 茂 グローバル 経 済 下 の 貿 易 管 理 技 術 管 理 ( 前 篇 ) 立 法 と 調 査 No.289(2009 年 )139 頁 22 第 171 回 国 会 参 議 院 経 済 産 業 委 員 会 会 議 録 第 6 号 9 頁 23 経 済 産 業 省 前 掲 注 (1)60 頁 24 秘 密 保 全 のための 法 制 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 会 議 秘 密 保 全 のための 法 制 の 在 り 方 について( 報 告 書 ) (2011 年 8 月 8 日 ) 25 秘 密 保 全 有 識 者 会 議 前 掲 注 (24)4 頁 26 秘 密 保 全 有 識 者 会 議 前 掲 注 (24)5 頁 27 秘 密 保 全 有 識 者 会 議 前 掲 注 (24)3 頁 28 秘 密 保 全 有 識 者 会 議 前 掲 注 (24)16-18 頁 29 土 肥 一 史 営 業 秘 密 侵 害 罪 に 関 する 不 正 競 争 防 止 法 の 改 正 について ジュリスト1385 号 (2009 年 )79 頁 30 中 原 裕 彦 不 正 競 争 防 止 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 Law & Technology 第 44 号 (2009 年 )47 頁 31 土 肥 前 掲 注 (29)80,82 頁 32 なお, 単 純 な 比 較 から 考 えれば, 防 衛 秘 密 の 法 定 刑 を 営 業 秘 密 と 同 等,あるいはそれ 以 上 に 引 き 上 げる 自 衛 隊 法 の 改 正 が 想 定 されるが, 自 衛 隊 法 の 罰 則 体 系 では 最 も 重 い 法 定 刑 が 懲 役 7 年 であり, 自 衛 隊 法 の 罰 則 体 系 全 体 に 影 響 するため 現 実 的 ではない 衆 議 院 調 査 局 安 全 保 障 調 査 室 日 本 の 防 衛 産 業 (2013 年 3 月 )132, 133 頁 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9 49

12 33 中 原 裕 彦 不 正 競 争 防 止 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 ジュリスト1432 号 (2011 年 )4 頁 34 中 原 前 掲 注 (33)5-6 頁 35 秘 密 保 全 有 識 者 会 議 前 掲 注 (24)24 頁 36 経 済 産 業 省 前 掲 注 (1)63,64 頁 37 神 田 茂 グローバル 経 済 下 の 貿 易 管 理 技 術 管 理 ( 後 編 ) 立 法 と 調 査 No.290(2009 年 )57-58 頁 38 経 済 産 業 省 前 掲 注 (1)77 頁 39 森 本 前 掲 注 (20) 技 術 流 出 19 頁 40 森 本 正 崇 大 学 における 機 微 技 術 管 理 に 向 けて CISTEC ジャーナル No.129(2010 年 )72 頁 41 神 田 前 掲 注 (21) 貿 易 管 理 技 術 管 理 ( 前 篇 ) 146 頁 42 部 科 学 事 務 次 官 結 城 章 夫 大 学 及 び 公 的 研 究 機 関 における 輸 出 管 理 体 制 の 強 化 について( 依 頼 ) (17 科 際 第 217 号 )(2006 年 3 月 24 日 )(http://www.mext.go.jp/b _menu/shingi/gijyutu/gijyutu8/toushin/ /015/001.ht m)( 最 終 訪 問 日 :2013 年 7 月 25 日 ), 部 科 学 省 高 等 教 育 局 長 徳 永 保, 科 学 技 術 学 術 政 策 局 長 泉 紳 一 郎, 研 究 振 興 局 長 磯 田 雄, 研 究 開 発 局 長 藤 木 完 治 大 学 及 び 公 的 研 究 機 関 における 輸 出 管 理 について( 依 頼 ) (21 科 高 第 261 号 )(2009 年 11 月 24 日 )(http://www.ciste c.or.jp/service/daigaku/090702data/0907_daigakuoyobikout ekikenkyuukikan.pdf)( 最 終 訪 問 日 :2013 年 7 月 25 日 ) 43 国 内 における 居 住 者 に 対 する 技 術 の 提 供 は 規 制 の 対 象 外 である(2(1) 参 照 ) 前 掲 注 (4) 参 照 44 伊 藤 正 実 大 学 における 輸 出 管 理 浅 田 正 彦 編 輸 出 管 理 制 度 と 実 践 ( 有 信 堂,2012 年 )210,211 頁 45 東 京 地 裁 平 成 23 年 12 月 19 日 判 決 ( 平 成 23 年 (ワ) 第 号 ) 46 森 本 正 崇 大 学 や 研 究 機 関 における 機 微 技 術 管 理 の 進 展 体 制 構 築 後 の 運 用 と 課 題 CISTECジャーナル No.139(2012 年 )85,86 頁 47 森 本 前 掲 注 (46) 機 微 技 術 管 理 の 進 展 87,88 頁 48 田 上, 森 本 前 掲 注 (6)124,125 頁 49 United States Government Accountability Office, Export Controls: Agencies Should Assess Vulnerabilities and Improve Guidance for Protecting Export-Controlled Information at Universities, December National Security Decision Directive 189, National Policy on the Transfer of Scientific, Technical and Engineering Information, September 21, Maggie Fox, Scientists Agree to Unprecedented Withholdings of Flu-Virus Research, Global Security Newswire, December 21, 2011 (http://www.nti.org/gsn/article/scientists -agree-unprecedented-withholding-flu-virus-research/) (last visited July 25, 2013). 52 Ron A. M. Fouchier, Adolfo Garcia-Sastre, Yoshihiro Kawaoka & 36 co-authors, Pause on avian flu transmission Studies, Nature, January 2012 (http://www.nature.com/natu ure/journal/v481/n7382/full/481443a.html) (last visited July 25, 2013). 53 日 本 学 術 会 議 科 学 技 術 のデュアルユース 問 題 に 関 する 検 討 委 員 会 科 学 技 術 のデュアルユース 問 題 に 関 する 検 討 報 告 (2012 年 11 月 30 日 )(http://www.scj.go.jp /ja/info/kohyo/pdf/kohyo-22-h166-1.pdf)( 最 終 訪 問 日 :20 13 年 7 月 25 日 ) 54 日 本 学 術 会 議 前 掲 注 (53)3,4 頁 55 科 学 技 術 基 本 計 画 (2012 年 8 月 19 日 閣 議 決 定 )25 頁 56 田 上 博 道 大 学 等 における 安 全 保 障 貿 易 管 理 について 特 許 研 究 No.41(2006 年 )68 頁 50 特 許 研 究 PATENT STUDIES No /9

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63> 資 金 決 済 に 関 する 法 律 の 制 定 について 平 成 21 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号 ) 1 ( 以 下 資 金 決 済 法 とい う )が 公 布 された 本 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 め る 日 から 施 行 される( 資

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては 不 正 防 止 リスク 対 策 Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1. 本 人 確 認 の 方 法 2.マイナンバー 提 出 を 拒 否 された 場 合 の 対 応 方 法 3 ガイドライン 変 更 点 4. 実 務 ( 人 事 労 務 編 ) 5. 実 務 ( 経 理 編 ) Ⅱ マイナンバー 漏 えいと 対 応 方 法 1. 漏 えい 時 の 会 社 の 報

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

2 する 重 要 事 実 を 知 り その 事 実 を 自 身 の 上 司 に 報 告 したような 場 合 には 職 務 に 関 して 報 告 を 受 けた 上 司 も 会 社 関 係 者 に 該 当 し 規 制 の 対 象 となり 得 ることに 留 意 が 必 要 である (ii) 情 報 伝 達

2 する 重 要 事 実 を 知 り その 事 実 を 自 身 の 上 司 に 報 告 したような 場 合 には 職 務 に 関 して 報 告 を 受 けた 上 司 も 会 社 関 係 者 に 該 当 し 規 制 の 対 象 となり 得 ることに 留 意 が 必 要 である (ii) 情 報 伝 達 CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2014 年 4 月 C ONTENTS 1 情 報 伝 達 取 引 推 奨 行 為 に 対 する 規 制 の 導 入 2 上 場 投 資 証 券 等 に 関 するインサイダー 取 引 規 制 の 導 入 3 その 他 の 主 要 な 改 正 インサイダー 規 制 に 関 する 平 成 25 年 金 商 法 の 改 正 弁 護 士 多 賀 大

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1 第 18

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

マイナンバー制度と企業の実務対応

マイナンバー制度と企業の実務対応 マイナンバー 制 度 と 企 業 の 実 務 対 応 2014 年 11 10 株 式 会 社 富 通 総 研 経 済 研 究 所 主 席 研 究 員 榎 並 利 博 迫 るマイナンバー 対 応 2015 年 10 から 番 号 通 知 2016 年 1 から 番 号 利 開 始 マイナンバー 法 とは 1 1.マイナンバー 法 とは マイナンバー 法 の 構 成 基 本 理 念 個 番 号 個 番

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 治 体 職 員 のための マイナンバー 弁 護 士 前 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 上 席 政 策 調 査 員 水 町 雅 子 Agenda 第 1 部 番 号 法 の 概 要 番 号 制 度 のしくみ 地 方 公 共 団 体 の 役 割 第 2 部 特 定 個 人 情 報 保 護 第 3 部 条 例 改 正 条 例 改 正 総 論 利 活 用 条 例 保 護 条 例 改 正 1

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

特定秘密保護法の制定と今後の検討課題

特定秘密保護法の制定と今後の検討課題 特 定 秘 密 保 護 法 の 制 定 と 今 後 の 検 討 課 題 内 閣 委 員 会 調 査 室 碇 建 人 柳 瀬 翔 央 1.はじめに 第 2 次 安 倍 内 閣 は 平 成 25 年 10 月 25 日 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 案 を 第 185 回 臨 時 国 会 に 提 出 した 1 同 法 律 案 は 衆 議 院 国 家 安 全 保 障 に 関 する 特

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

日 本 の 輸 出 規 制 の 概 要 キャッチオール 規 制 ( 第 16 項 ) その 他 の 法 令 の 概 要 - 2 -

日 本 の 輸 出 規 制 の 概 要 キャッチオール 規 制 ( 第 16 項 ) その 他 の 法 令 の 概 要 - 2 - 委 託 契 約 等 における 輸 出 管 理 ガイドライン 別 添 JICA との 委 託 契 約 等 に 基 づき 本 邦 で 調 達 した 機 材 を 外 国 に 持 ち 出 す( 輸 出 する) 場 合 は 受 注 者 は 輸 出 者 の 義 務 として 輸 出 規 制 関 連 法 令 を 遵 守 し これら 法 令 に 基 づき 必 要 な 手 続 きを 行 わなくてはなりません 一 方 発

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドライン( 事 業 者 編 ) 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 一 部 改 正 ) 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

法人関係情報

法人関係情報 はじめに 法 人 関 係 情 報 ( 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 )(2013.07.17) 同 志 社 大 学 川 口 恭 弘 Ⅰ 法 人 関 係 情 報 の 意 義 ( 範 囲 ) 法 163 条 1 項 に 規 定 する 上 場 会 社 等 の 運 営 業 務 または 財 産 に 関 する 公 表 されていない 重 要 な 情 報 であって 顧 客 の 投 資 判 断 に 影 響

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

行 政 文 書 の 管 理 に 関 するガイドライン 平 成 23 年 4 月 1 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 平 成 24 年 6 月 29 日 一 部 改 正 平 成 26 年 5 月 30 日 一 部 改 正 平 成 26 年 7 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 1 月 23 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 行 政 文 書 の 管

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

Microsoft Word - マイナンバーと就業規則 (1)

Microsoft Word - マイナンバーと就業規則 (1) 平 成 27 年 6 月 12 日 従 業 員 が 個 人 番 号 の 提 供 を 拒 んだ 場 合 の 対 応 方 法 就 業 規 則 対 応 について 弁 護 士 法 人 三 宅 法 律 事 務 所 渡 邉 雅 之 1 従 業 員 が 個 人 番 号 の 提 供 を 拒 んだ 場 合 の 一 般 的 な 対 応 平 成 28 年 (2016 年 )1 月 から 行 政 手 続 における 特 定

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

<5461726F31332D83708375835283818A6D92E82E6A7464>

<5461726F31332D83708375835283818A6D92E82E6A7464> 商 品 取 引 所 法 及 び 商 品 投 資 に 係 る 事 業 の 規 制 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 省 令 の 整 備 等 に 関 する 省 令 ( 案 ) 等 に 対 する 意 見 2010 年 ( 平 成 22 年 )9 月 10 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 商 品 取 引 所 法 及 び 商 品 投 資 に 係 る

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information