2 ていたが 法 や 縁 起 に 関 わる 学 理 上 の 問 題 に 関 しては 意 見 を 異 にした 全 体 として 部 派 仏 教 はブッダの 説 いたダルマ( 教 法 )を 研 究 し その 意 味 を 解 明 し それを 多 方 面 から 分 析 的 に 説 明 し それに 付 随 して

Size: px
Start display at page:

Download "2 ていたが 法 や 縁 起 に 関 わる 学 理 上 の 問 題 に 関 しては 意 見 を 異 にした 全 体 として 部 派 仏 教 はブッダの 説 いたダルマ( 教 法 )を 研 究 し その 意 味 を 解 明 し それを 多 方 面 から 分 析 的 に 説 明 し それに 付 随 して"

Transcription

1 1 参 考 資 料 1. 大 乗 仏 教 の 形 成 ブッダ 入 滅 から 中 国 渡 来 までのインド 仏 教 の 歴 史 は ブッダが 現 れた 紀 元 前 5 世 紀 から 紀 元 6 世 紀 に 護 法 (ダルマパーラ)によって 唯 識 教 義 が 完 成 され それが7 世 紀 に 玄 奘 によ って 中 国 にもたらされるまでの 約 1,200 年 間 にわたる この 間 の 仏 教 思 想 発 展 の 歴 史 は 部 派 仏 教 が 興 った 第 一 期 (ブッダ 入 滅 からほぼ 西 暦 初 頭 まで) 大 乗 仏 教 中 観 派 が 起 こっ た 第 2 期 ( 紀 元 1~3 世 紀 ) および 大 乗 仏 教 唯 識 派 が 起 こった 第 3 期 ( 紀 元 4~5 世 紀 ) に 分 けられている この 間 仏 教 教 義 は 錯 綜 した 経 緯 を 辿 りながら 発 展 変 化 してきた 第 一 期 は ブッダ 入 滅 からほぼ 西 暦 初 頭 までで 仏 教 が 諸 派 の 教 団 に 分 かれながら 教 義 を 確 立 していった 時 代 である ブッダの 説 法 は 最 初 は 何 ら 体 系 的 なものでなく ひたすら 涅 槃 を 目 指 すものであった 当 時 用 いられていた 言 語 で 先 行 するウパニシャッド 哲 学 の 言 葉 や 概 念 を 転 用 しながら 行 われたブッダの 説 法 は 様 々な 解 釈 を 許 すものであったので 弟 子 たちが 教 理 問 答 や 用 語 集 成 を 編 纂 するに 当 たっては 当 然 見 解 の 相 違 が 生 じ 種 々の 学 派 が 形 成 された それら 諸 派 をまとめて 部 派 仏 教 と 呼 ぶが 特 に 仏 滅 後 100 年 頃 (マウリヤ 王 朝 アショーカ 王 治 世 )までのインド 仏 教 最 初 期 の 段 階 で スッタニパータ を 初 めとす るパーリ 語 仏 典 にまとめられたものを 原 始 仏 教 と 呼 んでいる 紀 元 前 3 世 紀 にインドを 統 一 したマウリヤ 王 朝 のアショーカ 王 は 仏 教 を 普 遍 的 宗 教 として 手 厚 く 保 護 し その 慈 悲 の 精 神 を 広 めることに 努 めた こうして 拡 大 した 仏 教 教 団 は 先 ず 保 守 的 な 上 座 部 と 進 歩 的 な 大 衆 部 に 分 かれ それらがさらに 多 くの 部 派 へと 分 裂 した 上 座 部 は 現 在 南 方 仏 教 の 公 用 語 であるパーリ 語 を 用 いて 経 律 論 の 三 種 からなる 三 蔵 経 典 を 編 纂 した そのうち 論 書 abhidharma pitaka は 法 ダルマ について(abhi-)の 理 論 的 且 つ 精 緻 な 著 述 であ る 各 部 派 で 同 じような 論 書 が 作 られたことから 部 派 仏 教 は アビダルマ abhidharma 阿 毘 達 磨 とも 呼 ばれる こうしてブッダの 教 説 は 基 本 的 に 新 しい 材 料 を 付 け 加 えること なく 伝 統 的 教 義 学 の 体 系 として 組 みかえられた 仏 教 諸 派 は 巨 大 な 荘 園 と 寺 院 を 所 有 していたので 個 々の 僧 はひたすら 己 の 心 を 静 め 煩 悩 を 滅 して 涅 槃 nirvāṇ a ニルヴァーナ ( 薪 が 燃 え 尽 きると 自 然 に 火 が 消 えて 何 も 残 ら ないように 再 死 や 輪 廻 から 解 放 されていること: 涅 槃 は それが 漢 語 に 音 訳 されたもの である)に 達 すること すなわち 阿 羅 漢 arahat となることをめざした インド 西 北 部 で 成 立 した 説 一 切 有 部 は サンスクリット 語 を 使 用 し 上 座 部 のように 保 守 的 ではなく 新 た な 概 念 を 用 いながら 法 の 形 而 上 学 的 体 系 を 作 り 上 げようとした 部 派 仏 教 は 仏 教 教 理 の 特 徴 を 表 す 三 法 印 および 我 :アートマン と 梵 :ブラーマン の 否 定 においては 共 通 し

2 2 ていたが 法 や 縁 起 に 関 わる 学 理 上 の 問 題 に 関 しては 意 見 を 異 にした 全 体 として 部 派 仏 教 はブッダの 説 いたダルマ( 教 法 )を 研 究 し その 意 味 を 解 明 し それを 多 方 面 から 分 析 的 に 説 明 し それに 付 随 して 新 たな 教 理 を 発 展 させた しかしその 分 析 があまりに 精 緻 になり すぎ ブッダの 真 意 を 逸 脱 する 傾 向 があった 自 分 が 涅 槃 に 入 るという 理 想 を 追 求 すること は ただ 選 ばれた 少 数 者 だけが 修 行 僧 (ビク)としての 生 活 を 送 ることによってのみ 可 能 で ある こうして 部 派 仏 教 の 僧 たちは 民 衆 の 悩 み 苦 しみから 遊 離 する 一 方 で 在 家 信 者 のた めの 仏 塔 崇 拝 や 仏 像 供 養 の 儀 式 などを 通 じて 世 俗 化 の 傾 向 を 強 めて 行 った 第 二 期 は 最 初 期 の 大 乗 仏 典 が 成 立 した1~3 世 紀 におけるクシャーナ 王 朝 の 時 代 であ る クシャーナ 王 朝 は2 世 紀 カニシカ 王 の 治 世 に 最 盛 期 を 迎 えた 国 土 の 中 央 アジア イ ラン インド 全 土 への 拡 大 に 伴 って カニシカ 王 は 普 遍 的 宗 教 の 必 要 性 を 認 め 仏 教 を 手 厚 く 保 護 した またクシャーナ 帝 国 は 中 国 およびローマとも 政 治 的 経 済 的 文 化 的 交 流 を もち 領 土 内 の 西 北 地 方 に 残 存 したギリシア 文 化 の 影 響 を 受 けていたために 東 西 の 文 化 を 包 容 融 合 し 種 々な 系 統 の 文 化 的 要 素 を 併 在 させていた 当 時 のインド 文 化 の 国 際 化 を 考 え れば 中 村 元 氏 が 仏 教 の 真 髄 を 語 る で 指 摘 されているように アレクサンドリアの 住 人 で 新 プラトン 派 の 祖 であるプロティノスがインド 思 想 ( 特 に 大 乗 仏 教 )の 影 響 を 受 けていた という 可 能 性 も 十 分 に 考 えられるところである このような 清 新 活 発 な 社 会 的 雰 囲 気 の 中 で 伝 統 仏 教 の 革 新 を 求 める 運 動 が 民 衆 の 中 から 起 こった 2~3 世 紀 に 活 躍 した 龍 樹 は 空 の 思 想 を 旗 印 とする 中 観 派 を 創 始 した 第 三 期 は 3 世 紀 に 起 こったグプタ 王 朝 の 最 盛 期 にあたり 絢 爛 たるインド 古 典 文 化 が 花 開 くなかで ガンダーラ 地 方 の 人 で ヨーガ 行 者 であった 無 着 (アサンガ)および 世 親 (ヴ ァスバンドゥ)は 龍 樹 の 空 の 思 想 を 踏 まえながらも そのニヒリズム 的 な 傾 向 の 超 克 を 目 指 す 唯 識 派 Vijñāna-vāda ( 瑜 伽 行 派 Yogācāra とも 呼 ばれる)の 教 義 を 確 立 した かつては 伝 統 的 仏 教 に 対 する 大 乗 仏 教 は 部 派 仏 教 を 批 判 する 大 衆 的 な 在 家 仏 教 運 動 の 展 開 であると 考 えられていたが 歴 史 的 研 究 が 進 歩 した 現 在 では 伝 統 的 仏 教 諸 派 の 生 活 態 度 を 批 判 し 仏 陀 が 掲 げた 本 来 の 理 念 と 実 践 に 戻 ろうとする むしろ 復 古 主 義 的 な 運 動 である と 理 解 されている 大 乗 仏 教 はいわば 新 興 宗 教 であったので 確 固 たる 社 会 的 経 済 的 基 盤 を 持 っていなか った そこで 大 乗 仏 教 の 人 々は 自 分 たちの 宗 教 運 動 が 旧 来 の 仏 教 と 異 なって しかも 絶 対 に 必 要 である 理 由 を 自 己 主 張 しなければならなかった 唯 識 説 の 開 祖 マイトレーヤとその 徒 アサンガが 大 乗 と 小 乗 との 差 異 は 他 人 のため ということを 考 えるか 否 かにあると 述 べているように 大 乗 仏 教 の 目 指 すところは 自 分 ひとりが 救 われるのではなくてあらゆる

3 3 人 々が 救 われること すなわち 利 他 主 義 である それは あらゆる 人 が 仏 の 慈 悲 によって 仏 となることである 大 乗 仏 教 の 唱 道 者 たちは 伝 統 的 仏 教 の 態 度 は 利 己 的 独 善 的 であると して 蔑 視 し それに 小 乗 Hīnayāna: 小 さな 乗 り 物 という 貶 称 を 与 え みずからは 大 乗 Mahāyāna と 称 した 大 乗 とは 偉 大 な(mahā) 道 あるいは 乗 り 物 (yāna) を 意 味 し その 理 想 は 現 世 での 救 いの 完 成 に 拘 泥 せず 菩 薩 (bodhisattva: 仏 の 悟 りを 目 指 す 衆 生 ) として 自 利 利 他 に 生 きることである こうして 大 乗 仏 教 は 利 他 行 を 強 調 し 慈 悲 の 精 神 に 立 脚 して 生 きとし 生 けるものすべてを 苦 から 救 うことを 希 求 する 新 たな 宗 教 となった 2. 中 村 元 : 原 始 仏 教 の 思 想 II より 理 性 ( 智 )による 情 動 ( 煩 悩 )の 制 圧 さて 我 々の 存 在 の 奥 にひそむ 盲 目 的 な 渇 きに 喩 えられる 妄 執 も 知 る はたらき によって 滅 ぼされると 初 期 の 仏 教 徒 は 考 えた この 智 慧 には 不 思 議 な 力 がある 智 慧 によっ て 諸 々の 煩 悩 を 破 るのである 我 々は 正 しい 智 によって 解 脱 するのである その 過 程 は 明 知 (vijjā)が 無 明 (avijjā)を 破 り それによって 解 脱 が 起 こるのである あらゆる 煩 悩 悪 徳 は 無 明 ( 無 知 )にもとづいて 起 こる 無 明 は 他 の 諸 悪 徳 にもまして 最 大 の 汚 れ とみ なされていた だからまずこの 無 明 を 破 らなければならぬのである そこでこの 構 造 を 体 系 化 すると 無 明 妄 執 もろもろの 煩 悩 苦 しみ ということになり またその 逆 の 順 序 としては 明 知 妄 執 が 無 くなる もろもろの 煩 悩 がなくなる 苦 しみがなくなる とい うことになる 明 知 の 働 きに 拠 る 解 脱 輪 廻 からの 超 出 仏 教 は 無 常 の 理 に 基 づいて 実 体 的 な 行 為 主 体 を 認 めなかった すなわち 実 体 として のアートマン( 我 )を 想 定 しなかったのである もしも 実 体 としてのアートマンなるものが 実 際 に 存 在 していてそれが 幾 生 涯 にわたって 輪 廻 するのであるならば それをわれわれが 明 知 によって 滅 ぼしてしまうことは 不 可 能 である そうではなくて われわれの 無 知 が 輪 廻 を 成 立 せしめているのである この 根 源 的 な 無 知 の 存 続 している 間 が 輪 廻 なの である だからこそ われわれは 真 実 の 智 慧 によって 無 知 を 断 ずるならば それによって 輪 廻 を 超 出 することができるのである -このように 考 えるならば 無 我 説 と 輪 廻 説 とはか ならずしも 矛 盾 しないであろう(この 中 村 氏 の 立 言 は 輪 廻 の 存 在 を 信 じていた 古 代 インド 人 についてのみ 該 当 するのであって その 存 在 を 否 定 する 見 地 においては 意 味 を 成 さない) 初 期 の 仏 教 に 関 する 限 り 主 体 的 なアートマンは 現 にわれわれの 生 活 のうちに 働 くもの である われわれは 積 極 的 に 自 己 を 探 究 し 自 己 の 実 現 につとめなければならないというの

4 4 である 釈 尊 の 臨 終 の 説 法 も ただ 自 己 にたよれ ということであったと 伝 えられている そうしてこの 真 実 の 自 己 の 実 現 ということのうちに 絶 対 的 意 義 が 存 する だから 初 期 の 仏 教 において この 世 に 帰 来 せず とか 生 存 を 捨 て 去 った などと 言 うのは 実 は 迷 いの 生 存 を 捨 て 去 って 絶 対 者 としての 本 来 の 自 己 の 実 現 のうちに 帰 投 して いることを 表 明 しているのである すでに 原 始 仏 教 のなかで 利 他 的 な 道 徳 がいろいろな 形 でさかんに 説 かれているが このように 解 するならば 以 上 のような 死 生 観 と 利 他 的 な 実 践 とは 密 接 な 内 的 倫 理 的 な 連 関 を 有 する そうして 仏 教 が 真 実 の 意 味 における 道 徳 を 成 立 せしめ 得 るものであると 主 張 する 積 極 的 な 理 論 上 の 根 拠 は 実 はここに 存 するのである あらゆる 知 を 除 去 することが 正 しい 知 である; 本 来 対 立 を 超 えたものである 空 を 一 方 的 に 断 定 することが 無 知 ( 無 明 )である; 対 立 した 二 つの 見 解 の 一 方 を 固 執 しない ことによって 正 しい 知 (= 解 脱 )が 得 られる けっきょく 真 理 を 知 るとは 執 着 を 捨 てることにあると 考 えていたらしい 仏 教 思 想 の 体 系 化 最 初 期 の 仏 教 説 はきわめて 簡 単 なものであり それが 原 始 仏 教 のある 時 期 に 秩 序 づけら れて 四 種 の 真 理 の 説 ( 四 諦 )が 成 立 し それよりもさらに 遅 れて 十 二 支 による 縁 起 説 が 成 立 した そしてのちには 両 者 が 結 合 して 述 べられるようになった 妄 執 生 存 生 まれ 老 死 が 最 初 の 縁 起 説 の 骨 格 である 人 間 の 迷 いは 感 官 などの 器 官 を 通 じて 激 発 されるものであるが 感 受 vedana とは 何 であるか? 接 触 (phassa)の 生 起 から 感 受 の 生 起 がある 妄 執 は 感 受 の 生 起 に 赴 く 道 で ある 感 受 によって 楽 憂 が 起 こる 感 受 なるものが 無 常 であり 苦 であり 変 滅 する 性 質 あるものであるということが 感 受 の 患 いである 感 受 の 欲 求 貪 りを 制 すること 欲 求 を 捨 てること これが 感 受 の 出 離 である 四 諦 : 苦 集 滅 道 における 滅 nirodha とは 何 らかの 目 的 を 実 現 するための 手 始 めとして 自 己 抑 制 を 行 うばあい 自 己 抑 制 すること 自 体 を 目 的 として その 境 地 を 楽 しんで いる 場 合 との 二 つの 意 味 がある 中 国 の 漢 訳 者 が nirodha という 語 に 滅 という 字 を 当 てたために 仏 教 は 虚 無 論 を 説 くものだという 印 象 を 一 般 に 与 えてしまった しかし 実 は ほしいままの 欲 望 を 制 御 し 苦 しみを 閉 じ 込 めてしまうのがもとの 意 味 であって その 結 果 として 静 まった 和 らぎの 状 態 をもたらすことを 併 せて 目 指 していたのであった ( 現 代 ヒン ディー 語 の nirodha は 産 児 制 限 を 意 味 する) 人 間 が 苦 しみを 感 じるのは 結 局 元 をただすと 人 間 が 身 体 を 持 っているからである 仏 教 は 自 己 の 身 体 の 成 立 する 所 以 とその 断 滅 とその 断 滅 に 至 るべき 道 (ジャイナ 教 に 由 来

5 5 する)を 説 くものである 苦 しみを 感 じるのも それを 断 じるのも 直 接 には 身 体 ( 心 も 含 む)の 問 題 であるということを 原 始 仏 教 では 洞 察 していたのである 五 蘊 ( 五 取 蘊 ) 五 蘊 (pañca-skandha)とは 色 蘊 受 蘊 想 蘊 行 蘊 識 蘊 という 人 間 と 世 界 の 五 つの 構 成 要 素 であり 心 の 現 象 学 としての 仏 教 の 理 論 的 土 台 を 成 すものである 漢 語 の 蘊 たきぎ たきぎ は 薪 を 原 語 の skandha は 集 まり 集 合 aggregates; 薪 の 束 を 意 味 する この 語 にはヴェーダ ウパニシャッドを 通 じて 発 展 してきたところの 火 を 万 物 の 根 源 とする 思 想 が 色 濃 く 反 映 されている ウパニシャッド 最 大 の 思 想 家 であるヤージュニャヴ ァルキヤは 火 ( 光 )を 生 命 原 理 とする 思 想 を 発 展 させ アートマンは 光 そのものであり ものを 照 らし 出 すこと すなわち 認 識 をその 本 性 として 諸 機 能 を 統 合 すると 述 べた ここ でアートマンはブラフマンと 同 様 に 永 久 に 変 化 することのない 恒 久 不 変 の 実 体 と 見 な されていたことに 注 意 しなければならない それとは 反 対 にブッダは 火 を 人 間 を 含 む 万 物 が 常 に 生 成 流 転 して 止 まないことのメタファーとして 用 いたのである この 薀 は 人 間 を 渇 愛 苦 へと 導 くものであり その 核 心 が 取 : 執 着 であるから 五 蘊 は 執 着 の 訴 因 として 五 取 薀 とも 呼 ばれる 3.アリストテレスの 身 心 論 a. 目 的 論 アリストテレスはプラトンから 質 料 (ヒューレー: 元 来 は 薪 という 意 味 )と 形 相 (イデア)という 考 え を 受 け 継 いだが プラトンとは 違 って 形 相 を 質 料 から 独 立 し 分 離 したものとは 考 えなかった もし 質 料 と 形 相 とが 別 のものであるという 二 元 論 を 受 け 入 れるならば どのようにして 形 相 と 質 料 は 一 つになっているか と 問 うことができる それは はるか 後 世 におけるプラトン 二 元 論 の 復 活 であるデ カルトの 哲 学 において どのようにして 精 神 ( 思 惟 )と 身 体 ( 延 長 )が 一 つになっているか という 問 いとしてくり 返 されることとなった しかしアリストテレスにおいては 一 人 の 人 間 において 形 相 と 質 料 はもともと 一 つのものであって 二 つのものでないから このような 問 いそのものが 成 り 立 たない アリストテレスが 形 相 と 質 料 の 関 係 をどのように 理 解 していたのかについて ペリ プシュケー: 心 について の 訳 者 である 桑 子 敏 雄 氏 は 次 のように 解 説 されている ヘラクレイトスと 同 様 にアリストテレスは 変 化 こそが 最 も 根 本 的 であるという 認 識 ( 過 程 の 存 在 論 )から 出 発 した 変 化 をこうむるもの に 関 しては 次 の 四 つの 問 題 がある: i) 形 相 因 : 変 化 して いるものとはなにか; ii) 質 料 因 :それは 何 からできているのか;iii) 動 力 因 : 何 が 変 化 を 引 き 起 こす のか;iii) 目 的 因 :その 目 的 は 何 か これらの 問 題 は すべて 自 然 のうちに 見 出 されるべきものであ

6 6 る たとえば デモクリトス 的 ニュートン 的 自 然 観 が 必 要 とするのは 質 料 因 と 動 力 因 のみである しかし 特 に 生 物 界 においては どんぐりの 実 が 樫 の 木 になるように あらゆる 過 程 の 自 然 な 最 終 状 態 が 目 的 因 であり 事 物 の 内 にあって 目 的 因 を 達 成 しようとする 力 が 形 相 因 である 人 間 は 質 料 因 によって 生 まれ 動 力 因 ( 保 育 )によって 成 人 して 目 的 因 を 実 現 するが その 人 間 のあり 方 を 規 定 するのは 形 相 因 である ここでアリストテレスは デユナミス( 可 能 態 潜 勢 態 ) と エネルゲイア( 実 現 態 現 勢 態 ) またはエンテレケイア( 終 局 態 ) という 概 念 を 編 み 出 した エンテレケイア とは 終 わり 目 的 という 意 味 を 持 つ テロス という 語 からアリストテレスが 作 り 出 したものであり それは テロスのうち にあること を 意 味 する 一 方 デユナミス は 能 力 可 能 性 を 意 味 し エネルゲイア はその 能 力 が 発 揮 されていることである 例 えば 大 工 は 家 を 建 てる 能 力 (デユナミス)を 持 っているが それ を 常 に 発 揮 しているわけではない 彼 が 実 際 に 家 を 建 てているとき その 能 力 は エネルゲイア ま たはエンテレケイア になっているわけである 現 代 風 に 言 えば DNAは デユナミス であり それ から 発 生 した 生 物 が エンテレケイア エネルゲイア である アリストテレスは 形 相 と 質 料 のこのような 関 係 を 可 能 態 と 実 現 態 との 関 係 として 理 解 することに よって 両 者 の 統 一 的 な 関 係 を 把 握 した この 考 えを 心 と 身 体 との 関 係 に 当 てはめると 次 のように 言 うことができる 人 間 の 身 体 は 物 質 的 な 要 素 すなわち 質 料 によって 作 られている しかし 身 体 は 単 なる 物 ではなく 一 個 の 生 物 としての 能 力 を 発 揮 することのできる 状 態 すなわち 可 能 態 にある この 身 体 の 能 力 を 発 揮 することが 生 物 として 活 動 することであり そのことが 形 相 をもつと いうことである すなわち 心 は 物 体 ではなく 物 体 の 何 かなのであり だからこそ 物 体 の 内 にそ なわり しかも 一 定 の 条 件 をもつ 物 体 ( 身 体 )のうちにそなわる かくしてアリストテレスは プラトン が 霊 的 な 実 体 とした プシューケー( 心 ) を 生 命 をもった 身 体 のアルケー( 形 相 )とした プシューケーとはアルケーを 有 するゾーエー( 生 命 体 )であり したがって 生 命 の 一 般 原 理 に 他 ならない それはまず 生 命 の 力 : 生 きようとする 力 であり 次 いで 生 命 の 実 際 の 過 程 活 動 であ る 心 は 身 体 の 機 能 的 な 目 的 を 有 した 統 合 であり それによって 私 たちが 生 き 感 覚 し 運 動 し 思 考 する 能 力 すなわち 栄 養 摂 取 能 力 感 覚 能 力 運 動 能 力 思 考 能 力 である つまり 心 とは 身 体 が 一 つの 全 体 として 組 織 されている 様 にほかならない ここで 身 体 である 心 はどのようにして 感 覚 し 思 考 することができるのであろうか という 問 いが 生 じるが それに 対 する 答 えとして アリス トテレスは 現 代 にいたるまでその 重 要 性 を 失 わない 心 的 表 象 という 概 念 を 発 明 した b. 心 的 表 象 アリストテレス 以 前 の 哲 学 者 達 たとえばエンペドクレスは 知 ることと 考 えることは 一 種 の 感 覚 することであると 考 えていたが アリストテレスは 感 覚 と 思 考 の 間 にあって 両 者 をつなぐ 役 割 を 果

7 7 たすものとして 光 (ファオス)という 語 に 由 来 する 心 的 表 象 (ファンタシア)という 概 念 を 導 入 した 例 えば 光 が 当 たることによって 対 象 はその 姿 をあらわすが それは 眼 視 覚 という 感 覚 を 介 して 人 間 の 心 のなかのイメージ すなわち 心 的 表 象 像 (ファンタスマ: 一 つの 能 力 であり 作 用 である 心 的 表 象 によって 得 られる 心 像 )として 把 持 される 心 的 表 象 とは それによって 私 たちのもとに 何 ら かの 表 象 像 が 生 じるようなもの であり それにもとづいて 私 たちが 判 別 したり 真 を 語 ったり 偽 を 語 ったりする 能 力 ないし 性 向 のうちの 一 つ である そのようなものとしては 感 覚 思 い 学 問 的 知 識 理 性 的 直 観 知 がある したがって 心 的 表 象 とは 現 在 のわれわれが 観 念 と 呼 ぶものであ り ロック ヒュームなどによる 観 念 の 連 合 という 考 えもアリストテレスに 由 来 する しかし プラトン の 超 越 的 な イデア: 観 念 とは 異 なって アリストテレスにおいて すべての 心 的 表 象 は 推 理 的 な 心 的 表 象 であるか 感 覚 的 な 心 的 表 象 である 思 考 能 力 をもつ 心 には 感 覚 像 と 共 に 心 的 表 象 像 がそなわる そして 心 が 心 的 表 象 像 を 善 いものとして 肯 定 し あるいは 悪 いものとして 否 定 する ときに 追 求 しあるいは 忌 避 する このように 心 は 心 的 表 象 像 なしには けっして 思 惟 も 欲 求 もし ない 心 の 能 力 である 栄 養 摂 取 能 力 感 覚 能 力 運 動 能 力 は 明 らかにそれぞれの 能 力 に 対 応 する 器 官 を 有 している 一 方 心 的 表 象 を 用 いて 思 考 する 理 性 (ヌース)とは 心 がそれによって 思 考 し 判 断 する そのもの である しかし 思 考 能 力 は それに 対 応 する 器 官 が 存 在 しないから(アリス トテレスは 心 は 脳 ではなく 心 臓 に 宿 ると 考 えていた) その 対 象 は 外 界 に 存 在 しない 心 的 対 象 で ある つまりアリストテレスは プシューケーが 身 体 から 独 立 した 存 在 であることを 否 定 したのである が 直 感 的 理 性 ヌースという 働 きだけは 別 であると 考 えた この 理 性 には 作 用 を 受 けるものと 作 用 するものとの 区 別 がある 作 用 を 受 ける 理 性 は 何 か 共 通 のもの( 思 惟 の 対 象 となる 普 遍 的 なもの であり 外 的 なものではなく すでに 理 性 の 内 にある)によって 作 用 を 受 けるものである 一 方 作 用 する 理 性 ( 能 動 理 性 )とは 光 がある 色 を 可 能 態 から 実 現 態 に 変 えるように ある 種 の 状 態 である つまり この 理 性 は 本 質 において 実 現 態 であって 分 離 されうるものであり 作 用 を 受 けないもので 純 粋 である というのは 作 用 するものは 作 用 を 受 けるものよりもつねに 貴 く また 作 用 する 原 理 は 質 料 よりも 貴 いからである 理 性 は まさにそれであるところのものであり それだけが 不 死 で 永 遠 である というのは ひとりひとりの 人 間 は 滅 びるものであるが 種 としての 人 間 は 永 遠 に 存 続 する 種 としての 人 間 に 備 わる 理 性 は ひとりの 人 間 が 思 惟 する 契 機 を 与 えるものであり そういう 機 能 を 永 続 的 に 発 揮 し 続 けているという 点 において 種 としての 理 性 は 永 遠 に 実 現 態 にある 理 性 はす べてのものを 思 惟 するが 思 惟 対 象 を 自 己 のうちに 有 することで 理 性 はすべてのものとなりうるも ピ ロ ソ フ ェ イ ン のである こうして アリストテレスにおいて 知 恵 を 愛 求 すること とは その 頂 点 にただ 永 遠 に 自 ら を 思 索 しつづける 神 つまり 純 粋 理 性 である 神 を 設 定 し この 神 の 活 動 にあやかり 模 倣 して 悠 々

8 8 ピオス テオーレテイコス たる 観 想 的 生 活 を 送 ることであった 認 識 されるべき 必 要 不 可 欠 な 秩 序 は 現 実 の 世 界 ではなく 天 上 の 世 界 (イデア 界 )にあるとする プラトンの 間 接 知 覚 論 に 対 して アリストテレスは それは 世 界 に 存 在 し 人 間 の 認 識 能 力 によって 見 出 され 得 るものであると 考 えた 知 覚 を 超 える 世 界 を 引 き 合 いに 出 さなくとも 事 物 の 力 ( 形 相 因 )を 知 ることは 可 能 である とした 点 において アリストテレスは 直 接 知 覚 論 の 祖 である アリストテ レスの 直 接 知 覚 論 ( 実 在 論 的 認 識 論 )は 心 は 感 覚 経 験 に 何 かを 付 け 加 えることも 普 遍 的 知 識 を 獲 得 するために 知 覚 を 超 えていくこともない とする 徹 底 的 な 経 験 主 義 に 基 づいている 彼 は プラトンの 二 元 論 を 排 除 し 同 時 にデモクリトスのような 原 子 論 者 の 還 元 主 義 も 排 除 しようとした し かし 能 動 理 性 が プシューケー= 身 体 という 図 式 から 外 れるとした 点 において 彼 の 哲 学 は 完 全 な 一 元 論 ( 身 心 一 体 論 )ではない c. タウマツェイン 諸 学 のうちで 最 も 王 者 的 であるのは 各 々の 物 事 がなにのために なにを 目 的 として なさるべきか ポイエーテイケー を 知 っているところの 学 である;ところでこの 知 恵 は 制 作 的 ではない このことはかつて 最 初 に 知 恵 タウマツエイン を 愛 求 した 人 々のことからみても 明 らかである けだし 驚 異 することによって 人 間 は 今 日 でもそうであ ピ ロ ソ フ ェ イ ン るが あの 最 初 の 場 合 にもあのように 知 恵 を 愛 求 し( 哲 学 し) 始 めたのである;だから 明 らかにわれわれ は これ この 知 恵 を 他 のなんらの 効 用 のためにでもなく かえって 全 く あたかも 他 の 人 々のためにで なく おのれ 自 らのために 生 きている 人 を 自 由 な 人 であると 我 々の 言 っているように そのようにまたこれ を これのみを 諸 学 のうちの 唯 一 の 自 由 な 学 であるとして 愛 求 しているのである.けだしこの 知 恵 の みがそれ 自 らのために 存 する 唯 一 の 学 であるから;しかしそれのみでなく この 学 は これを 我 々が 獲 得 し 所 有 したときには なんらか 我 々を 最 初 にこれを 求 め 始 めたときとは 逆 の 状 態 に 置 きかえないではや まないものである.けだし これを 求 め 始 めるのは さきにも 我 々の 言 ったように 誰 もみな 驚 異 すること からである.すなわちそれは 物 事 の 現 にそうあるのを 見 てそのなにゆえにそうあるかに 驚 異 の 念 をいだ くにある (アリストテレス 形 而 上 学 ( 第 2 章 ) 出 隆 訳 1959) 4. 仏 教 における 合 理 性 とは? 仏 教 論 理 学 ( 因 明 学 )を 構 築 した5 世 紀 のディグナーガは 正 しい 知 識 手 段 には 次 の3 種 があるとした: i) 現 量 : 直 接 知 覚 を 意 味 し 主 として 感 覚 器 官 と 外 界 の 事 物 との 接 触 によって 生 じ る 知 覚 の 過 程 ならびにその 結 果 としての 知 覚 内 容 をさす

9 9 ii) 比 量 : 推 論 論 証. 比 量 に 拠 る 値 は 共 相 つまり 一 般 相 であり それは 言 語 的 伝 達 が 可 能 である これは 現 量 知 ( 直 接 知 覚 による 知 )である 自 相 ( 個 別 相 ) が 不 可 言 であるのと 対 照 的 である iii) 聖 言 量 : 仏 典 に 基 づく 知 5. 近 代 合 理 主 義 ( 岩 波 哲 学 思 想 辞 典 より) (Rationalism の 語 における ratio は logos の 訳 語 であり 理 性 とともに 理 由 計 算 比 例 関 係 を 意 味 する) 合 理 主 義 / 経 験 主 義 大 陸 合 理 論 /イギリス 経 験 論 の 対 立 は 中 世 末 期 の 普 遍 論 争 における 実 在 論 ( 実 念 論 ) と 唯 名 論 の 対 立 の 流 れを 汲 むものである W オッカム 派 の 唯 名 論 は 旧 来 一 般 に 行 われていた 知 性 intellectus- 理 性 ratio- 感 覚 sensus という 人 間 の 認 識 能 力 の 序 列 は 近 世 に 入 るに 従 って その 根 底 を 揺 るがした ギリシア 語 の nous この 方 高 度 の 知 的 直 観 の 能 力 として 不 死 にあずかり 宇 宙 の 根 源 原 理 とのコンタクトをも ち 続 けてきた 知 性 intellectus は 普 遍 概 念 を 名 目 的 なものと 見 立 て 認 識 の 源 泉 を 感 覚 に 求 める 唯 名 論 の 教 説 のもとではその 地 位 があやしくなる アリストテレス 以 来 の 能 動 知 性 は 受 動 知 性 の 背 丈 にあわせて 縮 約 され 形 骸 化 する こうしたいわば 頭 の 消 失 によって 生 じた 志 向 の 空 白 を 埋 めるだけの 活 力 は もはや 知 性 概 念 の 内 にはなかった そこで 成 行 き 上 その 空 白 を ともかくも 埋 め 経 験 主 義 に 対 抗 する 役 割 が 比 較 的 無 傷 の 理 性 ratio 概 念 に 割 り 振 られることとなる こうして( 理 神 論 などの 神 学 説 も 含 めた) 近 代 合 理 主 義 が 成 立 する 時 あたかも 近 代 数 学 の 勃 興 期 に 当 たり 数 学 概 念 としての 比 例 関 係 ratio 通 約 可 能 有 理 ( 数 )を 巡 る 思 索 の 進 展 が 有 力 な 後 ろ 盾 となった この 合 理 主 義 において デカルトに 典 型 的 に 見 られる 生 得 観 念 の 説 が 生 まれた 合 理 性 の 概 念 は 微 積 分 演 算 を 発 見 したライプニッツにおいて 通 約 不 可 能 なもの 非 理 性 的 なものをもそのうちに 取 り 込 み 得 るところまで 拡 張 される 神 そのものに 理 性 を 帰 属 せしめた C ヴォルフの 合 理 主 義 は カントの 理 性 批 判 の 哲 学 に 継 承 された 知 性 Verstand- 理 性 Vernunft の 旧 来 の 序 列 は カントにおいて 決 定 的 最 終 的 に 逆 転 され 理 性 は 認 識 の 最 高 かつ 絶 対 的 統 一 の 能 力 とされる しかしカントは 目 的 合 理 性 と 価 値 合 理 性 の 区 別 に 通 じる 発 想 に 基 づいて 合 理 主 義 の 提 唱 者 とはならず 人 間 理 性 の 限 界 の 学 の 定 礎 者 となった M ウェーバーは 合 理 性 を 目 的 達 成 にあたっての 手 段 の 適 合 性 に 関 わる 目 的 合 理 性 と 目 的 そのものの 評 価 に 関 わる 価 値 合 理 性 にわけ 世 界 の 脱 魔 術 化 合 理 化 を 推 進 してきた 西 洋 文 明 における 目 的 合 理 性 の 傾 向 にひそむ 危 機 的 様 相 を 鋭 く 意 識 化 した 実 際 の 歴 史 的 展

10 10 開 の 中 における 合 理 主 義 のありかたは そうした 二 分 法 を 容 易 に 許 さぬほど 錯 綜 してお り あらためてその 根 底 にある 理 性 そのものの 内 実 の 変 転 をも 視 野 に 入 れての 検 討 と 位 置 づけを 必 要 とする 6. 東 西 の 観 念 論 idealism( 岩 波 哲 学 思 想 辞 典 より) 事 物 よりも 認 識 主 体 に 内 在 する 構 成 能 力 や 先 天 的 形 象 を 重 視 する 立 場 は 西 洋 近 代 哲 学 に 顕 著 であるが 他 方 でインド 思 想 の 重 要 な 傾 向 である 世 俗 への 執 着 からの 脱 出 とも 結 び ついたこの 傾 向 は 通 常 は 認 識 論 的 次 元 が 支 配 的 とされる 西 洋 の 観 念 論 においても 実 際 に は 理 想 主 義 や 神 の 強 調 というかたちで 十 分 に 認 められる a. 西 洋 大 陸 合 理 論 種 々の 意 味 があるが 基 本 となるのは 認 識 の 妥 当 性 に 関 する 説 の 一 つで 事 物 の 存 在 と 在 り 方 は 当 の 事 物 についての 観 念 (idea)によって 規 定 されるという 考 え 方 である これ は 事 物 は 主 観 の 認 識 とは 独 立 にそれ 自 体 で 定 まった 在 り 方 をしているとする 実 在 論 と 対 立 する デカルトは 近 代 自 然 科 学 の 生 成 過 程 を 背 景 に 数 学 の 知 識 と 方 法 をモデルとしながらも さらに 新 しい 学 的 認 識 の 形 而 上 学 による 基 礎 づけを 試 みた すなわち 絶 対 確 実 な 知 識 を 得 ようとして 段 階 を 踏 んだ 方 法 的 懐 疑 の 末 に 思 う 我 の 存 在 という 不 可 疑 の 確 実 知 を 手 に 入 れ 次 いで 私 の 思 いの 様 々な 内 容 ( 観 念 )のなかで 知 識 の 獲 得 を 許 すものとそう でないものとを 分 別 することを 試 みた これは 観 念 から 存 在 へと 至 る 道 をとる 観 念 論 と いう 認 識 論 上 の 立 場 である そして 分 別 の 基 準 は 観 念 の 明 晰 判 明 さに 置 かれたが 感 覚 的 観 念 はこの 基 準 を 満 たさず ひとり 純 粋 知 性 の 対 象 となる 種 類 の 観 念 だけが 明 晰 判 明 で あり 得 その 観 念 が 表 象 する 存 在 についての 知 を 許 すとデカルトは 考 えた ここで 知 性 の 働 きが 経 験 に 依 存 しないとされることが 重 要 である 合 理 主 義 の 哲 学 は 総 じて 人 間 に 経 験 の 特 殊 性 個 別 性 偶 然 性 に 左 右 されない 普 遍 的 な 認 識 能 力 を 認 めるのである ではこの 能 力 の 根 拠 はどこにあるのか 人 間 が 神 の 知 性 に 与 る 有 限 な 知 性 を 授 けられた 被 造 物 であることにある したがって 合 理 主 義 は 人 間 の 知 的 能 力 ( 理 性 )を 信 頼 する 仕 方 でルネサンス 以 降 の 人 間 中 心 主 義 を 一 層 進 めたのは 確 かであるが 他 方 で 理 性 の 源 泉 とし て 神 を 要 請 することなしでは 存 立 し 得 なかった それどころかデカルト 以 降 の 合 理 主 義 の 哲 学 者 たちは 人 間 の 使 命 を 神 の 賛 美 に 見 出 し この 点 で 自 らが 準 備 した 啓 蒙 の 精 神 すなわ ち 道 徳 の 宗 教 からの 解 放 を 一 つの 目 標 とする また 人 間 の 認 識 能 力 が 神 を 後 ろ 盾 にしていることは デカルトにあって 観 念 の 生 得 説

11 11 として 明 示 化 されるが これの 批 判 が 経 験 論 の 成 立 の 重 要 継 起 となる 人 間 の 心 には 神 に 拠 る 創 造 の 際 に 諸 観 念 が 書 き 込 まれているとする 観 念 生 得 説 をロックは 批 判 し 心 を 経 験 に よって 初 めて 思 考 材 料 を 供 給 される 白 紙 のものと 考 えた 経 験 とは 外 的 感 覚 的 対 象 と 心 の 内 的 作 用 とを 観 察 することであり かくて 感 覚 と 内 省 とが 諸 観 念 の 源 泉 なのであり い わゆる 知 的 観 念 も 経 験 の 最 初 に 得 られる 単 純 観 念 の 発 展 形 態 でしかない ここに 感 覚 的 観 念 と 知 的 観 念 とのデカルトによる 峻 別 は 無 効 にされる また 真 理 のありかも 諸 観 念 相 互 の 関 係 の 方 に 求 められることになる ところで デカルトによれば 認 識 には 役 立 たないどこ ろか 誤 謬 の 契 機 となる 感 覚 の 存 在 理 由 は 何 か 身 体 と 結 合 した 精 神 のこの 世 での 生 の 維 持 のためのプラクティカルな 効 用 を 感 覚 が 持 つことである そこで 身 体 の 位 置 づけの 違 いが 合 理 主 義 の 諸 哲 学 における 感 覚 の 位 置 づけに 連 動 してくることになる スピノザによると 認 識 の 序 列 は 幸 福 を 目 指 す 倫 理 の 序 列 と 一 体 化 し かつそのことは 神 の 考 察 によってのみ 明 らかになる 人 間 の 心 身 の 関 係 に 根 差 していた 認 識 が 目 指 すのは 万 物 の 統 一 の 理 由 と 必 然 的 連 関 の 理 解 である それは 唯 一 の 実 体 が 自 己 原 因 によって 必 然 的 に 存 在 し それは 何 の 限 定 も 含 まぬゆえに 無 限 者 すなわち 神 である という 命 題 におい て 基 礎 を 得 る 実 体 ならざる 者 は 様 態 でしかなく 様 態 は 実 体 の 内 にあり 実 体 によって 理 解 されるのであるから 神 ならざる 一 切 のものは 神 の 様 態 として 神 の 内 にあり 神 を 通 しての み 理 解 される そして 人 間 精 神 は 思 惟 するものであるが 思 惟 を 形 作 るものは 観 念 で 人 間 がもつ 諸 観 念 は 己 の 身 体 の 変 容 を 表 しつつ 神 の 思 惟 属 性 の 様 態 として 他 の 観 念 の 制 約 のもので 産 出 される 他 方 身 体 は 神 の 無 限 なる 属 性 の 一 つとして 延 長 の 一 様 態 として 他 の 物 体 に 規 定 されて 運 動 し 静 止 する かくて 心 身 は 神 なる 同 一 の 実 体 の 二 つの 属 性 の 様 態 として 厳 密 に 対 応 した 秩 序 と 連 関 を 持 つとされるのである 次 に 認 識 の 道 は 情 念 論 を 介 して 幸 福 の 道 となり 倫 理 学 を 構 成 する スピノザでも 心 身 関 係 が 情 念 を 生 み 諸 情 念 の 力 を 抑 え それから 自 由 になることを 許 す 種 類 の 認 識 活 動 が 幸 福 をもたらす 究 極 原 因 たる 神 から 出 発 して 諸 事 象 の 産 出 の 必 然 性 を 理 解 することが 精 神 を 自 由 にし 己 を 万 物 中 のあるべき 場 所 におき 自 然 の 秩 序 に 合 致 させることに 精 神 の 至 福 がある この 合 致 は 神 への 愛 であり 人 間 精 神 が 神 の 一 様 態 である 限 りで 己 自 身 を 愛 する 神 の 知 的 愛 である ライプニッツにあっても 認 識 の 高 まりは 道 徳 的 行 為 に 直 結 する 互 いに 無 限 小 の 隔 た りによってのみ 異 なる 無 数 の 個 体 ( 単 子 monad)で 満 たされ そこに 階 層 的 秩 序 が 見 られ る 宇 宙 こそが 最 善 のものとして 神 によって 創 造 されていて 人 間 精 神 は その 中 で 神 の 似 姿 である 理 性 的 精 神 と 言 う 最 高 の 段 階 に 位 置 するものである 諸 単 子 は 予 定 調 和 によっ

12 12 て 互 いに 表 象 し 合 い 表 象 を 混 雑 したものから 判 明 なものへと 移 行 しようと 努 力 する 活 動 性 を 持 つ そしてここに 窓 を 持 たず 自 己 充 足 した 単 子 の 見 かけの すなわち 観 念 的 な 能 動 受 動 の 関 係 が 生 じる なお ライプニッツは ロックの 生 得 観 念 説 批 判 の 理 由 に 理 解 を 示 しながらも 魂 は 決 して 何 も 書 かれていない 板 ではなく 生 得 的 原 理 を 持 つことを 強 く 主 張 し 合 理 主 義 を 擁 護 その 精 神 を ヴォルフ 学 派 を 通 してカントに 手 渡 した デカルトとロックが 事 物 の 原 型 としてのプラトン 的 イデアを 人 間 の 心 に 内 在 する 事 物 の 似 姿 としての 観 念 へと 解 釈 し 人 間 は 事 物 を 直 に 知 るのではなく 観 念 を 通 じて 間 接 的 に 知 る あるものの 観 念 なしにはそのものについては 何 事 も 語 り 得 ない とする 方 法 論 的 提 案 によって 観 念 論 への 道 を 開 いた この 認 識 論 的 意 味 での 観 念 論 は 近 代 特 有 の 思 想 であり 認 識 を 観 念 ないし 表 象 から 出 発 して 説 明 しようとする 限 り 観 念 論 の 方 が 実 在 論 よりもた やすく 整 合 的 となる 実 在 論 は 認 識 とは 主 観 から 独 立 的 に 存 在 する 事 物 を 心 のなかに 受 動 的 に 映 し 出 すこと であるという 模 写 説 に 傾 きやすい これに 対 し 観 念 論 では 観 念 を 通 じて 主 観 の 側 から 世 界 を 規 定 しようとする 方 法 的 態 度 の 故 に 認 識 は 多 少 とも 能 動 的 なものとされる これは カントとドイツ 観 念 論 において 対 象 と 言 うものは 主 観 に 与 えられたか 主 観 に 本 有 的 に 備 わっている 観 念 を 材 料 や 形 式 として 主 観 の 働 きによって 構 築 される 現 象 である という 構 成 説 へと 徹 底 された 観 念 論 が 形 而 上 学 的 方 向 に 転 換 されると 事 物 は 意 識 内 にだけ 在 る ものであり 存 在 するものは 突 き 詰 めると 精 神 とその 様 態 としての 観 念 に 尽 きるとする 唯 心 論 となって 唯 物 論 と 対 立 する 唯 心 論 には 種 々のタイプがあるが いずれにして も 意 識 そのものから 出 発 して 物 質 世 界 の 存 在 へと 至 るやり 方 には 原 理 的 な 困 難 がある そ のために 観 念 論 者 は 存 在 の 原 理 として 神 を 立 てて 宗 教 と 結 びつく 観 念 と 事 物 とを 同 一 視 して 裏 返 しの 唯 物 論 となる 外 界 の 存 在 について 沈 黙 する 懐 疑 主 義 になる 不 可 知 の 物 自 体 を 要 請 する 人 間 に 即 して 考 えられていた 精 神 を 絶 対 的 なものに 仕 立 て 上 げる とい った 反 常 識 的 な 理 論 戦 略 に 訴 えねばならなかった b. インド 実 在 論 ないし 唯 物 論 に 対 立 し 物 質 より 精 神 が 根 源 的 であるとする 見 解 仏 教 では 外 界 の 対 象 への 執 着 が 人 間 に 苦 をもたらすという 根 本 的 洞 察 から 元 来 唯 心 論 的 傾 向 が 著 しい アビダルマでは 説 一 切 有 部 を 中 心 に 実 在 論 的 傾 向 が 台 頭 するが 大 乗 では 唯 心 論 が 復 興 する 大 乗 経 典 に 説 かれた 素 朴 な 唯 心 論 をアビダルマ 哲 学 に 基 づいて 洗 練 し 仏 教 の 観 念 論 哲 学 の 一 大 体 系 たらしめたのが 唯 識 思 想 である 初 期 唯 識 の 思 想 家 は ヨーガの 実 践 を 通

13 13 じて 日 常 言 語 に 拠 る 概 念 的 認 識 が 外 界 の 対 象 自 体 を 捉 えることは 不 可 能 とする 洞 察 に 達 して 素 朴 実 在 論 に 対 する 根 本 的 懐 疑 を 表 明 し 外 界 の 対 象 に 代 わる 認 識 作 用 の 根 源 を ア ーラヤ 識 に 求 めた さらにヴァスパンドゥ( 世 親 )はアーラヤ 識 説 を 経 量 部 の 哲 学 と 結 び 付 けて 識 転 変 説 を 唱 え 外 界 の 対 象 を 前 提 せずに 多 様 な 世 界 が 現 象 する 根 拠 を 説 明 した 一 般 にヴァスパンドゥまでの 唯 識 思 想 は 実 践 論 的 要 素 が 強 いとはいえ 外 界 の 対 象 の 存 在 性 を 否 定 する 点 では これを 主 観 的 観 念 論 と 呼 ぶことができよう このような 唯 識 の 観 念 論 の 在 り 方 は ディグナーガ( 陳 那 )に 至 って 根 本 的 に 変 化 する その 変 化 に 理 論 的 基 盤 を 提 供 したのが 有 形 象 説 sākāravāda である 実 在 論 者 である 説 一 切 有 部 やニヤーヤ 学 派 によれば 認 識 とは 認 識 主 体 が 認 識 作 法 の 働 きによって 外 界 の 対 象 に 属 する 形 象 を 写 し 出 す 事 態 を 意 味 し 認 識 主 体 の 側 に 形 象 は 無 い 無 形 象 説 nirākāravāda と 呼 ばれるこの 主 張 に 対 してディグナーガは 外 界 の 対 象 が 認 識 対 象 の 具 備 すべき 条 件 を 満 たし 得 ないことを 明 らかとすることによって 認 識 自 身 の 有 する 形 象 こそ が 認 識 対 象 にほかならないことを 論 証 する 認 識 とは 認 識 自 身 が 形 象 を 持 つ(sākāra)こと であるから その 本 質 は 自 己 認 識 であり 認 識 作 用 と 認 識 の 結 果 とは 別 のものではない ( 識 所 縁 唯 所 現 ) 以 上 の 説 では 外 界 の 対 象 が 認 識 対 象 であることは 必 ずしも 否 定 されて いない この 意 味 で 有 形 象 説 に 基 づくディクナーガの 観 念 論 は カントの 超 越 論 的 観 念 論 に 比 することが 可 能 であろう ディグナーガの 有 形 象 説 はダルマキールティによってほぼ 継 承 されたが 後 者 は 世 俗 的 真 理 としては 外 界 の 存 在 を 必 ずしも 否 定 しない 立 場 をとりながら 究 極 的 真 理 としてはそ れを 否 定 し より 高 次 の 立 場 からはむしろ 主 観 的 観 念 論 を 肯 定 する 7. 実 存 ( 岩 波 哲 学 思 想 辞 典 より) a. 本 質 存 在 と 事 実 存 在 西 洋 中 世 の 後 記 スコラ 哲 学 の 時 代 に essentia ( 本 質 )の 対 概 念 として 使 用 され 始 めた ラテン 語 の existentia に 由 来 する 概 念 で 一 般 的 には 本 質 あるいは 様 相 存 在 と 区 別 された 現 実 存 在 ないし 事 実 存 在 を 意 味 しているが 19 世 紀 のキルケゴール 以 降 特 に20 世 紀 の 実 存 思 想 において 人 間 の 主 体 的 存 在 を 表 示 するために Existenz ないし existence という 語 がもちいられた この 場 合 には この 実 存 という 術 語 を 訳 語 として 当 てるのが 一 般 である したがって 実 存 と 言 う 語 は 現 実 存 在 ないし 事 実 存 在 という 語 の 短 縮 形 ではあるが 客 観 的 な 事 物 の 現 実 的 な 存 在 を 意 味 するよりは むしろ 第 一 義 的 には 個 的 で 具 体 的 な 在 り 方 を した 有 限 な 人 間 の 主 体 的 存 在 形 態 を 表 示 する

14 14 ラテン 語 の existentia は 本 来 立 ち 現 れる 出 で 立 つ を 意 味 する 動 詞 の existere から 作 られた 名 詞 である 13 世 紀 スコラ 哲 学 を 代 表 するトマス アクィナスによって 存 在 (esse)と 本 質 とが 実 在 的 に 区 別 されるとともに かれの 擁 護 者 たちによって 普 遍 的 で 可 能 的 な 性 格 をもつ 本 質 存 在 (esse essentiae)と 事 実 として 限 定 された 存 在 者 の 現 実 存 在 (esse existentiae)との 区 別 が 導 入 され それによってその 後 の existentia の 意 味 がほぼ 確 定 したといってよい すなわち existentia とは その 場 合 個 々の 本 質 が 具 体 化 して 現 勢 化 していること あるいはそのようにして 感 覚 に 現 前 していること その 限 りでは 本 質 によ っては 説 明 できない 非 合 理 で 人 間 にとっては 偶 然 的 な 存 在 の 事 実 を 意 味 する しかしこの ような 意 味 での 現 実 存 在 は いわば 自 明 の あるいはそれ 以 上 は 説 明 不 可 能 な 事 実 と 見 なされ むしろ 本 質 こそが 第 一 に 問 われるべき 哲 学 の 主 題 となったといわねばならない 例 えばカントにおいても 現 実 存 在 (Existenz)は 事 物 の 現 存 在 (Dasein)と 同 義 であり 現 在 という 時 間 において 感 覚 を 通 して 現 象 していること その 意 味 での 端 的 な 定 率 (Position)を 意 味 した このような 傾 向 特 にヘーゲルにおいて 知 の 絶 対 的 合 理 性 という 形 をとってその 頂 点 に 達 する 本 質 優 位 の 哲 学 に 反 対 して 現 実 存 在 の 優 位 を 最 初 に 主 張 し たのが 後 期 のシェリングであった シェリングは 彼 の 人 間 的 自 由 の 本 質 において 本 来 現 実 存 在 するものを 神 とした うえで その 根 拠 を 普 遍 的 な 本 質 にではなく 神 の 内 の 自 然 に 求 めようとしたのである さ らにその 影 響 の 下 に 主 体 性 こそ 真 理 である というテーゼを 掲 げ 人 間 の 存 在 を 初 めて 実 存 と 名 付 けるとともに 主 体 的 な 人 間 の 実 存 が 思 惟 に 対 して 優 位 を 持 つことを 主 張 した のがキルケゴールであった キルケゴールは 実 存 の 形 態 を 美 的 倫 理 的 宗 教 的 の3 段 階 に 分 け 特 に 宗 教 的 実 存 に 本 来 の 実 存 の 意 味 を 求 めた それは 客 体 化 し 得 ない 単 独 者 としての 自 己 が 質 的 に 絶 対 的 に 異 なる 神 しかもそのような 神 が 受 肉 して 現 れるという 絶 対 的 な 矛 盾 に 直 面 して 情 熱 をもって 信 仰 を 決 断 し 選 び 取 るという 在 り 方 を 意 味 している このような 飛 躍 によって 成 就 する 神 との 逆 説 的 な 関 わり 方 こそが 本 来 の 信 仰 であり 実 存 なのである 20 世 紀 前 半 の ヤスパースの 実 存 概 念 はキルケゴールの 影 響 を 受 けて 超 越 者 へと 極 限 状 況 のなかで 向 か う 実 存 的 思 惟 ( 哲 学 的 信 仰 とも 呼 ばれる)を 意 味 しているが 感 情 や 気 分 に 重 点 をおく 他 の 実 存 思 想 とは 異 なって 理 性 の 役 割 を 重 んずる 点 に 特 色 を 有 している それに 対 して 前 期 のハイデガーは 存 在 の 意 味 を 問 うための 基 礎 的 存 在 論 という 問 題 系 のなかで 実 存 を 人 間 的 現 存 在 (Dasein)の 本 質 として 特 色 づけ その 構 造 を 被 投 的 投 企 (geworfener Entwurf)として 示 した すなわち 現 存 在 は 世 界 内 存 在 という 体 制 の 中 で

15 15 一 定 の 状 況 に 制 約 されつつ( 被 投 性 ) みずからの 可 能 性 を 投 企 し 選 び 取 る( 実 存 )という 在 り 方 をしているのである なお 中 期 以 降 のハイデガーは Existenz を 語 源 に 遡 って Eksistenz( 脱 自 )と 表 記 し 実 存 本 来 の 意 味 を 脱 自 的 で 開 かれた 在 り 方 の 内 に 求 めている こ うしたハイデガーの 影 響 を 受 けてフランスでは サルトル メルロ=ポンティ マルセルら が 独 自 の 実 存 概 念 を 提 示 するに 至 っているが しかし 従 来 の 個 的 な 主 体 性 に 視 点 を 定 めた 実 存 概 念 は 現 代 では たとえば 解 釈 学 的 哲 学 に 見 られるように 主 体 的 な 実 存 を 基 調 とし つつも 歴 史 や 社 会 あるいは 他 者 との 関 係 をみずからの 本 質 の 内 に 組 み 入 れざるを 得 なくな っている b.サルトルの 実 存 主 義 サルトルはハイデガーの 現 存 在 を 人 間 的 な 実 在 (la realité humaine)と 訳 し ハイデ ガーの 現 存 在 の 特 徴 づけを 意 識 すなわち 対 自 (pour soi)の 説 明 に 適 用 する 1945 年 の 講 演 実 存 主 義 はヒューマニズムであるか では 自 らの 哲 学 を 実 存 主 義 と 呼 ぶ 人 間 は 人 間 的 な 主 観 性 を 超 えることは 出 来 ないが 人 間 は 自 らを 選 ぶことにおいて 人 間 の 全 体 を 選 ぶ 私 を 選 ぶことにおいて 私 は 人 間 というものを 選 ぶのであり われわれの 責 任 は 人 類 全 体 を 拘 束 すると 説 く この 意 味 で 主 体 性 から 出 発 しなければならない 実 存 は 本 質 に 先 行 する 人 間 は 彼 が 自 ら 作 る 以 外 の 何 物 でもない とした その 狙 いは 実 存 の 哲 学 人 間 の 存 在 論 人 間 学 の 建 設 であり その 動 向 下 での 実 存 主 義 の 宣 言 であった c. ハイデガーのサルトル 批 判 ハイデガーはサルトルの 立 場 としての 人 間 学 ないし 形 而 上 学 への 批 判 という 形 態 で 次 のように 語 っている サルトルの 思 考 は 人 間 学 の 地 平 にあり 人 間 を 主 観 とし 他 の 一 切 を 客 観 とする 主 観 客 観 関 係 の 形 而 上 学 の 典 型 である しかし 人 間 の 人 間 性 は 伝 統 的 な 形 而 上 学 のように 理 性 的 な 生 物 であることを 求 めたり 近 代 の 形 而 上 学 のように 理 性 的 で 意 志 的 な 主 体 ないし 主 観 に 求 めてはならぬ 存 在 の 明 け 透 き(Lichtung)の 中 に 立 っていること が 人 間 の 出 存 (Ek-sistenz) でありこの 在 り 方 が 人 間 に 固 有 なものである このような 出 存 は 人 間 の 本 質 であり 出 存 は 存 在 者 の 只 中 での 存 在 の 真 相 の 在 所 (Ortschaft) なのである 人 間 の 本 質 を 実 存 と 呼 ぶ 人 は 多 くはないが 実 存 としての 在 り 方 の 分 析 と 記 述 は 実 存 哲 学 や 実 存 主 義 の 代 表 者 たちで 終 わりはしない 真 の 自 己 を 見 出 そうとし 己 の 真 の 姿 を 把 握 しようとするとき 実 存 を 説 いた 人 々は 蹉 跌 においてすら 我 々に 語 り 掛 けてくるのである

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 心 と 脳 の 関 係 : 包 括 的 一 元 論 の 構 築 脳 科 学 現 象 学 唯 識 教 義 の 三 者 における 共 通 点 を 見 出 すことにより 脳 ( 物 )と 心 を 隔 てる 歴 史 的 文 化 的 科 学 的 な 障 壁 を 乗 り 越 えることを 目 指 す 内 省 心 理 学 唯 識 科 学 脳 科 学 現 象 学 哲 学 2014 11 22 研 究 会 資 料 1

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc 普 遍 主 義 と 多 元 主 義 の 相 互 検 討 ショーペンハウアーとニーチェを 中 心 に 日 本 学 術 振 興 会 学 術 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ( 基 盤 研 究 (C) 課 題 番 号 24520033) 2012 年 度 ~2014 年 度 研 究 代 表 者 竹 内 綱 史 ( 龍 谷 大 学 ) 研 究 分 担 者 伊 藤 貴 雄 ( 創 価 大 学 ) 上 野

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 空 間 とはどんなものですか と 聞 かれた 時 に 現 代 人 の 多 くがイメージするのは たぶんx y z 軸 からなる 三 次 元 座 標 空 間 であろう この 座 標 空 間 として

1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 空 間 とはどんなものですか と 聞 かれた 時 に 現 代 人 の 多 くがイメージするのは たぶんx y z 軸 からなる 三 次 元 座 標 空 間 であろう この 座 標 空 間 として * 空 間 のイメージの 変 遷 佐 野 正 博 1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間... 1 2 古 代 における 空 間 論 争 --- 空 虚 の 問 題 をめぐる 争 い... 1 3 近 代 における 空 間 論 争 (1) --- 運 動 記 述 の 相 対 性... 2 4 近 代 における 空 間 論 争 (2)

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく

2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく 1 哲 学 概 論 13 7-5-2012 4 知 識 について 知 識 とはどのようなものかを 最 初 に 組 織 的 に 考 えたのはプラトンである 彼 は メノン で 知 識 と 正 しい 意 見 の 間 には 何 の 違 いもないと 述 べている テアエテトス では 知 識 とは 知 覚 と 同 じで あるとする 考 えからスタートする 知 覚 は 何 ら 意 味 論 的 な 構 造 をもっていないゆえに

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

あって この 救 済 命 令 は 不 当 労 働 行 為 による 被 害 の 救 済 としての 性 質 をもつものでな ければならず このことから 導 かれる 一 定 の 限 界 を 超 えることはできないものといわな ければならない しかし 法 が 右 のように 労 働 委 員 会 に 広 い 裁

あって この 救 済 命 令 は 不 当 労 働 行 為 による 被 害 の 救 済 としての 性 質 をもつものでな ければならず このことから 導 かれる 一 定 の 限 界 を 超 えることはできないものといわな ければならない しかし 法 が 右 のように 労 働 委 員 会 に 広 い 裁 最 高 裁 昭 和 四 五 年 ( 行 ツ) 第 六 〇 号 第 六 一 号 五 二 二 二 三 判 決 判 決 上 告 人 東 京 都 地 方 労 働 委 員 会 補 助 参 加 人 東 京 自 動 車 交 通 労 働 組 合 補 助 参 加 人 X1 補 助 参 加 人 X2 補 助 参 加 人 X3 補 助 参 加 人 X4 補 助 参 加 人 X5 補 助 参 加 人 X6 被 上 告 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

Microsoft Word - 河村豊 灌漑農業と科学・技術の発展 理科教室2002

Microsoft Word - 河村豊 灌漑農業と科学・技術の発展 理科教室2002 理 科 教 室 2002 年 2 月 pp.96-101 連 載 : 科 学 史 から 考 える2 灌 漑 農 業 と 科 学 技 術 の 発 展 河 村 豊 1. 科 学 主 義 の 風 潮 近 年 になって 科 学 研 究 を 経 済 対 策 に 利 用 しようという 動 きに 加 速 がついてきた ようだ.その 事 例 の1つを, 最 近 の 日 本 の 科 学 技 術 政 策 に 見 ることができる.2001

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082508255824F82538251824F81408381838B837D834B98418DDA81408FEE95F1835683588365838082CC967B8EBF82C9949782E981408250824F82568140906B8DD0959C8BBB82CC8FEE95F183568358836583808A7781698FB3914F816A2E646F63> 芳 賀 正 憲 新 国 立 競 技 場 の 建 設 費 は 2012 年 デザイン 公 募 時 の 目 標 が1300 億 円 でしたが 採 用 された 案 では 設 計 業 者 の 見 積 もりが3000 億 円 を 超 え その 後 修 正 を 重 ねましたが 最 終 的 に 目 標 値 をはるかにオーバーすることが 確 実 になり 2015 年 7 月 白 紙 撤 回 仕 切 り 直 しとなりました

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

試験日 平成22年7月  日(木)2時限

試験日 平成22年7月  日(木)2時限 試 験 日 平 成 27 年 月 日 ( ) 時 限 科 目 名 労 働 法 A 担 当 者 三 柴 丈 典 法 律 学 科 2 学 年 以 上 次 の 各 問 いに 対 する 解 答 またはカッコ 内 に 入 る 語 句 として 最 も 適 当 な 選 択 肢 を1つ 選 び 該 当 する 番 号 を 解 答 用 紙 にマークせよ なお 解 答 用 紙 (マークシート)に 解 答 以 外 のことを

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

09堀内.indd

09堀内.indd 議 院 内 閣 制 の 二 つのモデルと 実 定 憲 法 論 堀 内 健 志 目 次 1. 序 問 題 の 所 在 2. 議 院 内 閣 制 の 二 つのモデル 3. 実 定 憲 法 解 釈 論 としての 議 院 内 閣 制 4. 結 び 1. 序 問 題 の 所 在 (1) 憲 法 学 上 の 統 治 組 織 論 に 登 場 する 国 家 機 関 相 互 間 の 諸 態 様 は もともと 近 代

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人 歌 う 行 為 の 再 帰 的 近 代 化 カラオケから 歌 ってみた への 身 体 的 変 容 0. 概 要 本 稿 では 歌 う という 行 為 について その 身 体 性 と 社 会 性 の 両 面 から 考 察 する 具 体 的 には 歌 唱 の 可 能 性 を 生 身 の 人 間 から 引 き 離 したに 見 える VOCALOID の 登 場 が いわゆる 歌 ってみた という 現 象

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

(Microsoft Word - \221\345\212w\211\210\212v\202\306\227\235\224O2011.doc)

(Microsoft Word - \221\345\212w\211\210\212v\202\306\227\235\224O2011.doc) 高 野 山 大 学 沿 革 史 高 野 山 大 学 は 初 め 古 義 大 学 林 と 称 し 明 治 19 年 ( 西 暦 1886)5 月 1 日 開 講 した これよりさき 明 治 の 初 期 有 志 相 謀 って 紀 州 高 野 山 京 都 智 積 院 大 和 長 谷 寺 の 三 山 に 学 林 を 設 置 して 学 徒 を 教 養 したがこれ 等 は 何 れも 学 生 少 なく その 制

More information

Microsoft Word - 博論要旨3.doc

Microsoft Word - 博論要旨3.doc 戦 時 経 済 体 制 の 構 想 と 展 開 -アジア 太 平 洋 戦 争 の 経 済 思 想 史 的 分 析 - ( 要 旨 ) 荒 川 憲 一 序 章 問 題 意 識 と 視 角 - 戦 時 経 済 体 制 と 合 理 性 - 本 研 究 の 目 的 は 戦 時 経 済 思 想 を 考 えることである ここでいう 戦 時 経 済 とは 政 府 が 戦 争 を 遂 行 するために 市 場 に 統

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

1. 本 研 究 の 問 題 意 識 と 目 的 本 論 文 は 日 本 近 世 における 寺 社 参 詣 の 検 討 を 通 じて 民 衆 と 宗 教 との 関 係 を 解 明 することを 課 題 とする 近 世 の 寺 社 参 詣 は 歴 史 学 においては 宗 教 史 交 通 史 文 化 史

1. 本 研 究 の 問 題 意 識 と 目 的 本 論 文 は 日 本 近 世 における 寺 社 参 詣 の 検 討 を 通 じて 民 衆 と 宗 教 との 関 係 を 解 明 することを 課 題 とする 近 世 の 寺 社 参 詣 は 歴 史 学 においては 宗 教 史 交 通 史 文 化 史 明 治 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 2 0 1 4 年 度 博 士 学 位 請 求 論 文 ( 要 約 ) 日 本 近 世 に お け る 寺 社 参 詣 の 研 究 民 衆 と 寺 社 の 関 係 を 中 心 に A S t u d y o n P i l g r i m a g e t o T e m p l e s a n d S h r i n e s i n E a r l y

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information

※全体は前回の監査請求に基づき作成している

※全体は前回の監査請求に基づき作成している 平 監 収 第 1 0 0 号 平 成 20 年 12 月 19 日 請 求 人 殿 小 平 市 監 査 委 員 舛 川 博 昭 小 平 市 監 査 委 員 島 村 速 雄 住 民 監 査 請 求 に 基 づく 監 査 の 結 果 について( 通 知 ) 平 成 20 年 11 月 6 日 付 けをもって 提 出 された 小 平 市 職 員 措 置 請 求 書 について 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

Microsoft Word - 7月例会と暑気払いの記録.docx

Microsoft Word - 7月例会と暑気払いの記録.docx 7 月 と 暑 気 払 いの 総 括 (10 月 例 会 では 以 下 の 内 容 を 再 検 討 し 今 後 の 方 針 を 立 てる 予 定 ) 時 間 の 関 係 で 目 を 通 してご 参 集 願 います 1) 理 念 の 人 生 における 位 置 づけとパラダイムをめぐって: (1) 理 念 とパラダイムをめぐって 先 ず 宇 佐 神 の 提 示 したヤスパースにおける 理 念 の 理 解

More information

ジャナ No. 既 ふ 気 暑 寒 照 零 球 呑 気 空 気 凄 温 差 宇 宙 温 暑 寒 球 条 件 命 眺 評 価 造 満 爾 = 衆 迷 宇 宙 負 迷 ね 話 既 満 足 周 嫌 敵 切 皆 苦 釈 迦 観 凡 夫 悪 罪 悪 深 重 煩 悩 就 煩 悩 具 足 煩 悩 就 煩 悩 感

ジャナ No. 既 ふ 気 暑 寒 照 零 球 呑 気 空 気 凄 温 差 宇 宙 温 暑 寒 球 条 件 命 眺 評 価 造 満 爾 = 衆 迷 宇 宙 負 迷 ね 話 既 満 足 周 嫌 敵 切 皆 苦 釈 迦 観 凡 夫 悪 罪 悪 深 重 煩 悩 就 煩 悩 具 足 煩 悩 就 煩 悩 感 紙 写 祖 遠 庭 様 描 絵 推 岩 瀬 庫 蔵 之 図 抜 粋 信 憑 江 戸 達 祖 徳 謝 勢 ぶ 資 料 楽 僧 遠 供 舞 夢 精 進 努 北 震 描 想 泡 未 未 練 ぎ 凡 愚 鈍 恥 共 支 援 精 杯 裂 細 胞 織 破 壊 築 家 族 夫 婦 絆 破 壊 末 訪 福 N o. 8 紹 介 財 コ ミ 仕 飲 込 果 未 誌 面 面 竹 橋 太 氏 描 遠 絵 飢 饉 苦 民

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

れ 現 在 まで 続 いている この 方 式 は 政 府 経 済 見 通 しによる 個 人 消 費 の 伸 び( 民 間 最 終 消 費 支 出 )のみによって 改 定 するもので これは 一 般 世 帯 の 約 7 割 の 消 費 水 準 と 言 われている この 貧 困 線 は 相 対 的 貧

れ 現 在 まで 続 いている この 方 式 は 政 府 経 済 見 通 しによる 個 人 消 費 の 伸 び( 民 間 最 終 消 費 支 出 )のみによって 改 定 するもので これは 一 般 世 帯 の 約 7 割 の 消 費 水 準 と 言 われている この 貧 困 線 は 相 対 的 貧 貧 困 概 念 の 展 開 貧 困 へのアプローチのさまざま 5. 貧 困 へのアプローチのさまざま 1 日 本 の 貧 困 線 生 活 保 護 基 準 の 算 定 方 式 日 本 における 貧 困 線 である 生 活 保 護 基 準 は 日 本 における 貧 困 者 の 範 囲 を 確 定 するライン( 線 )であり 一 定 の 所 得 額 を 示 す これ 以 下 の 所 得 の 場 合 が 貧

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

科 目 名 キリスト 教 倫 理 科 目 コ ー ド N11002 対 象 学 年 2 年 開 講 学 期 後 期 30 時 間 必 修 選 択 必 修 単 位 数 2 単 位 担 当 教 員 楊 尚 眞 キリスト 教 倫 理 を 学 び 理 解 することは 単 に 知 的 認 識 にとどまらず そ

科 目 名 キリスト 教 倫 理 科 目 コ ー ド N11002 対 象 学 年 2 年 開 講 学 期 後 期 30 時 間 必 修 選 択 必 修 単 位 数 2 単 位 担 当 教 員 楊 尚 眞 キリスト 教 倫 理 を 学 び 理 解 することは 単 に 知 的 認 識 にとどまらず そ 科 目 名 キリスト 教 論 科 目 コ ー ド N11001 対 象 学 年 1 年 開 講 学 期 前 期 30 時 間 必 修 選 択 必 修 単 位 数 2 単 位 担 当 教 員 楊 尚 眞 キーワード: キリスト 教 の 本 質 キリストの 生 涯 ] キリスト 教 の 本 質 を 学 び 理 解 することにおいて その 研 究 対 象 は 古 代 中 世 近 世 現 代 のキリスト 教

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない (

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない ( イロニー 的 な 主 体 としてのウィトゲンシュタインについて -WS ウィトゲンシュタイン:その 生 と 思 想 から 受 け 取 りうるもの 提 題 要 旨 - 鬼 界 彰 夫 1.ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるものとしての 哲 学 の 仕 方 ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるもの とは 彼 以 外 からは 受 け 取 ること のできないもの あるいはできそうにないものでなければならないだろう

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

月刊 人事マネジメント 2014年7月号

月刊 人事マネジメント 2014年7月号 日 本 人 事 を 本 音 考 え! 混 入 業 務 現 実 的 前 進 建 前 調 整 法 ー ー 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 渡 部 昭 [ ] 先 進 旧 態 狭 間 1. 人 事 部 員 エ ー? 人 事 部 ス ー ス 日 本 企 業 人 事 部 外 資 比 ー 高 い! 新 卒 一 括 採 用 終 身 雇 用 人 事 ー ー ョン ネ 主 義 そ 背 景 コ 人 材 中

More information

3 申 立 人 らの 申 立 てに 対 して 被 申 立 人 が 裁 定 委 員 会 で 行 った 2015 年 5 月 12 日 付 け 裁 定 (2015 年 ( 裁 ) 第 3 号 裁 定 )のうち 被 申 立 人 は 被 申 立 人 強 化 委 員 会 決 定 のとおり D クルーを 代 表

3 申 立 人 らの 申 立 てに 対 して 被 申 立 人 が 裁 定 委 員 会 で 行 った 2015 年 5 月 12 日 付 け 裁 定 (2015 年 ( 裁 ) 第 3 号 裁 定 )のうち 被 申 立 人 は 被 申 立 人 強 化 委 員 会 決 定 のとおり D クルーを 代 表 仲 裁 判 断 の 骨 子 公 益 財 団 法 人 日 本 スポーツ 仲 裁 機 構 JSAA-AP-2015-003 申 立 人 X1 X2 申 立 人 代 理 人 弁 護 士 五 十 嵐 潤 同 鳩 貝 滋 被 申 立 人 公 益 社 団 法 人 日 本 ボート 協 会 被 申 立 人 代 理 人 弁 護 士 鈴 木 仁 主 文 本 件 スポーツ 仲 裁 パネルは 次 のとおり 判 断 する 1

More information

氏 名 米 山 直 樹 本 籍 学 位 の 種 類 学 位 記 番 号 学 位 授 与 の 日 付 学 位 授 与 の 要 件 学 位 授 与 の 題 目 論 文 審 査 委 員 新 潟 県 博 士 ( 文 学 ) 社 博 甲 第 19 号 平 成 12 年 3 月 22 日 課 程 博 士 ( 学

氏 名 米 山 直 樹 本 籍 学 位 の 種 類 学 位 記 番 号 学 位 授 与 の 日 付 学 位 授 与 の 要 件 学 位 授 与 の 題 目 論 文 審 査 委 員 新 潟 県 博 士 ( 文 学 ) 社 博 甲 第 19 号 平 成 12 年 3 月 22 日 課 程 博 士 ( 学 Title 自 閉 症 児 を 中 心 とした 発 達 障 害 児 への 行 動 論 的 介 入 Author(s) Citation 米 山, 直 樹 金 沢 大 学 大 学 院 社 会 環 境 科 学 研 究 科 博 士 論 文 要 旨, 平 成 12 年 度 6 月 : 12-17 Issue Date 2000-06 Type Others Text version URL http://hdl.handle.net/2297/4675

More information

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の 日 本 細 菌 学 会 会 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 学 会 は 日 本 細 菌 学 会 (Japanese Society for Bacteriology)という ( 目 的 ) 第 2 条 本 学 会 は 細 菌 学 およびその 関 連 領 域 の 科 学 の 進 歩 に 寄 与 し 社 会 に 貢 献 することを 目 的 と ( 事 業 ) 第 3 条 本 学

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争 第 31 回 高 畠 ゼミOB OG 会 読 書 会 松 本 健 一 著 日 本 のナショナリズム 2011.3.19 報 告 : 櫛 野 幸 孝 島 嶼 国 家 の 日 本 は 海 洋 によって 囲 まれ 守 られてきた そのため 島 国 の 内 部 を 平 和 で 豊 かで 安 定 した 状 態 に 保 つことが 巧 みである 外 の 世 界 が 秩 序 を 変 えたときには それに 応 じて

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

⑦第6章伊勢原市の関連文化財群_最終

⑦第6章伊勢原市の関連文化財群_最終 第 6 章 1. 関 連 文 化 財 群 の 設 定 これまで 見 落 とされがちであった 市 域 にある 多 種 多 様 な 文 化 財 等 について そ れらの 魅 力 を 高 め あらためてその 価 値 を 捉 え 直 すために 有 形 無 形 指 定 や 登 録 未 指 定 を 問 わず 地 域 の 文 化 財 や 歴 史 をパッケージとして 捉 え ストーリ ー 化 する 関 連 文 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果 平 成 2 8 年 7 月 8 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 について 第 1 請 求 の 受 付 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山

More information

平成26年度外務人事審議会勧告(セット版)

平成26年度外務人事審議会勧告(セット版) 在 勤 手 当 の 改 定 及 び 女 性 職 員 が 海 外 で 活 躍 できる 職 場 とするための 方 策 に 関 する 勧 告 平 成 26 年 7 月 外 務 人 事 審 議 会 平 成 26 年 7 月 在 勤 手 当 の 改 定 及 び 女 性 職 員 が 海 外 で 活 躍 できる 職 場 とするための 方 策 に 関 する 勧 告 外 務 人 事 審 議 会 在 外 公 館 の 名

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information