H25.4.9

Size: px
Start display at page:

Download "H25.4.9"

Transcription

1 2 学 期 始 業 式 チームジャパンに 学 ぶ ~ 実 り 多 き2 学 期 に~ H28.9.1( 木 ) 厳 し い 暑 さ の 中 青 々 と 育 っ た 田 ん ぼ の 稲 に 近 づ い て み る と つ ぼ み が 開 い て 中 か ら 出 て い る の は 小 さ な 白 い 稲 の 花 で す 別 名 富 草 の 花 と も 言 い 花 穂 に 綿 毛 の よ う な 花 を 付 け ま す 調 べ て み る と 開 花 は 通 常 1 0 ~ 1 2 時 終 わ っ た 花 が 田 の 水 面 に 浮 遊 す る の は 風 情 が あ り 農 耕 民 族 に と っ て 稲 の 花 は 米 の 出 来 高 と 直 結 す る こ と で あ り 祈 り を も っ て み つ め る 花 で あ る と ありました 稲 の 花 大 の 男 の 隠 れけり 一 茶 なるほど 毎 日 変 化 する 自 然 は その 時 その 時 の 一 番 美 し い 姿 を 見 せてくれま す 稲 の 花 が 咲 き やがて 稲 がしっかりと 結 実 すると 田 の 水 を 抜 き 干 された 土 で 実 り を 育 て 始 め ます 頼 りなかった 早 苗 の 頃 から 見 守 ってきた 農 家 の 人 々にとって こ れ から 台 風 等 で 倒 れ ないよう 刈 り 入 れの 時 まであと 少 し 頑 張 ってと 心 から 願 っ てい るに 違 いありません さて この 夏 リオデジャネイロオリンピックは 私 たちにたくさんの 感 動 を 残 して く れました 中 でも 体 操 男 子 団 体 総 合 で の 金 メダルは 特 に 印 象 的 でした 5 人 の 選 手 の 持 ち 味 を 最 大 限 に 生 かしたチーム 編 成 で 日 頃 はライバルであろう 選 手 た ちが 演 技 の 合 間 に 声 を 掛 け 合 い 笑 顔 で 迎 えたりする 様 子 が 他 国 のチームに 比 べ て 抜 き ん 出 て 輝 いていました 一 人 一 人 の 高 い 技 術 力 はもちろんのこと チームとして 一 緒 に 戦 う 気 持 ち が 仲 間 を 励 まし 一 体 感 を 生 んだと 選 手 たちが 口 々に 言 うところ にそ の 源 があるのでしょう 教 育 の 世 界 においても 学 校 に チーム 力 が 強 く 求 められています 教 職 員 の 異 なる 立 場 と 専 門 性 を 生 かし 学 校 全 体 の 教 育 力 向 上 をめざすのが チーム 学 校 です 体 操 男 子 チームに 習 って 高 みをめざしながらも 細 心 の 注 意 を 払 い 互 い にミ スを カバーし 合 える チーム 稲 東 小 にしたいものです 一 方 メダルラッシュに 加 熱 するオリンピック 関 連 の 報 道 の 中 で とても 印 象 に 残 った 言 葉 がいくつかありました あるアナウンサーが 世 界 の 共 通 語 は 英 語 ではなく 笑 顔 である と 言 って いま し た 小 学 校 英 語 が 間 もなく 本 格 実 施 されますが 的 を 射 た 言 葉 でしょう そし て メ ダ リ ス ト た ち の 共 通 語 は た ゆ ま ぬ 努 力 と 支 え て く れ た 人 々 へ の 感 謝 で し た まさに 実 るほど 頭 を 垂 れる 稲 穂 かな です 5 年 生 キャンプで 集 めたエビフライ (リ ス が 食 べ た ま つ ぼ っ く り )

2 ヒマワリのパワー H28.8.1( 月 ) ヒ マ ワ リ と 言 え ば 夏 の 代 名 詞 で 太 陽 の よ う な 形 を し た 草 丈 の 高 い 黄 色 い 花 と いうイメージです 草 丈 は2mに 達 し 直 径 20 cm の 大 輪 を 咲 かせる 豪 快 なものや ゴ ッホやマティスの 絵 画 に 見 られるような 繊 細 な 花 弁 のヒマワリがギラギラと 照 りつ け る 太 陽 の 下 で 咲 き 誇 っています その 種 類 は100を 超 え るそうで 最 近 の 日 本 で は 園 芸 用 の 低 い 丈 の 可 憐 なヒマワリが 多 く 見 られるようになりました ヒ マ ワ リ は キ ク 科 の 一 年 草 で 太 陽 と 花 と い う 意 味 を 持 つ 2 つ の 言 葉 か ら で きていて 英 名 は サンフラワー です 一 方 和 名 では 向 日 葵 (ヒュウガ アオ イ ) 日 輪 草 ( ニ チ リ ン ソ ウ ) 日 車 ( ヒ グ ル マ ) などと 呼 ば れ ど の 名 前 も 太 陽 に 由 来 し て い ま す 中 で も 和 名 の 由 来 に つ い て は 太 陽 の 動 き に 合 わ せ て そ の 方 向 を 追 う ように 花 首 が 回 る から と 子 ど もの 頃 からよく 聞 きましたが 実 際 は どう なのでしょうか ある 学 説 に よると この 動 きは 生 長 に 伴 うもので 実 際 に 太 陽 を 追 って 動 くの は 生 長 が 盛 ん な 若 い 時 期 だ け だ そ う で す 花 首 の 柔 ら か い つ ぼ み の と き だ け 昼 間 に 太 陽 の 方 向 を 向 き 夜 になると 向 きを 戻 し 生 長 して 花 が 咲 い てからは 東 を 向 く とい う の が ど う も 実 際 の よ う で す と は 言 え 太 陽 を 追 っ か け て く る く る 回 る と い う 話 は 分 かりやすくて とてもおもしろい 説 だと 思 います さて そんなヒマワリですが 種 子 が 食 用 になることは 周 知 の 通 りで パ ンの 飾 りつけやおつまみ そして 鳥 やハムスターなどの 餌 にもなったりします さら に 種 子 を 乾 燥 さ せて 抽 出 するヒマワリ 油 はリノール 酸 やオレイン 酸 などの 不 飽 和 脂 肪 酸 を 多 く 含 み 健 康 によいとのことで 需 要 が 大 きく 伸 びています 一 方 油 料 用 植 物 と し て ヒ マ ワ リ の 種 子 生 産 量 は 大 豆 菜 種 綿 実 に 次 ぐ 生 産 量 を 誇 り バイオエタノールに 転 用 する 研 究 も 進 められているそうです 特 に 原 油 価 格 高 騰 の 折 には サトウキビから 作 ら れたバイオエタノールで 車 を 走 ら せる ニュ ー スが 大 きく 報 道 さ れたのを 憶 えています バイオエタノールが 優 れている 点 は 何 と 言 っても 地 球 に 優 しいエコエネルギーで 二 酸 化 炭 素 の 排 出 量 を 抑 え 地 球 温 暖 化 を 防 ぐ 役 目 を 果 たしてくれそうです いつかは 枯 渇 すると 言 われる 天 然 資 源 に 対 して ヒマワリの 持 つパワーには 期 待 が 持 てそうです そ の 他 ヒ マ ワ リ は 原 発 事 故 で 放 射 能 汚 染 さ れ た 土 壌 から 放 射 性 セシウムを 除 去 することができる 除 染 効 果 の 話 もありました 畑 一 面 に 広 が る 黄 色 い ヒ マ ワ リ の 花 ギ ュ ッ と 詰 ま っ た た く さ ん の 種 子 が 私 た ち の 未 来 を 支 え て く れ る の か と 思 う と な ん だ か 頼 も し く 思 え て き ま す 向 日 葵 の ゆさりともせぬ 重 たさよ 北 原 白 秋 震 災 ヒマワリ

3 今 年 の 夏 は 平 年 並 み? - 雨 にも 負 けず に 心 を 寄 せて- H ( 金 ) 宮 沢 賢 治 の 有 名 な 詩 雨 に も 負 け ず に 日 照 り の 時 は 涙 を 流 し 寒 さ の 夏 は お ろ おろ 歩 き というフレーズがあります 寒 さの 夏 とは やませ による 東 北 地 方 の 冷 夏 のことですが 平 成 5 年 の 大 冷 害 では 外 国 からお 米 が 緊 急 輸 入 されました こ の 時 国 産 米 のおいしさや 農 家 のご 苦 労 に 心 から 感 謝 したことを 思 い 出 します 翻 って 翌 平 成 6 年 は 日 照 りの 夏 で 全 国 的 に 深 刻 な 水 不 足 となり 毎 日 のよ うに 水 源 であるダムの 貯 水 量 が 報 道 されていました 水 道 の 蛇 口 から 出 る 水 は 絞 られ プ ールが 閉 鎖 されていたこともあり 水 のありがたみ を 改 めて 感 じた 年 でした さて 今 年 はどんな 夏 になるのでしょうか? 天 気 予 報 や 気 象 情 報 で 平 年 よ り 雨 量 が 多 い と か 気 温 が 高 い な ど の 解 説 が よ く 出 て き ま す が 平 年 と は ど う い う 意 味 で 平 年 並 み と は ど う い う 基 準 で 決 め て い る の か を 調 べ て み ま し た 平 年 と は 過 去 3 0 年 の 平 均 で 1 0 年 に 1 回 更 新 されています これは 西 暦 年 の1 位 の 数 字 が1になる10 年 ごとに 更 新 して いる そ うですから 2016 年 の 平 年 とは 1981 年 ~2010 年 までの30 年 の データを 使 用 していることになります で は 今 年 の 夏 は 平 年 並 み 冷 夏 暑 夏 と い う 場 合 に ど ん な 基 準 で 決 めているのでしょうか 気 象 庁 では 気 温 や 雨 量 を 低 い ( 少 ない) 平 年 並 み 高 い ( 多 い ) と い う 3 つ の 階 級 に 分 け て 表 現 し て い ま す そ し て こ の 3 つ の 階 級 に 分 ける 区 分 値 は 30 年 間 の 観 測 値 ( 例 えば 夏 の 平 均 気 温 等 )を 小 さい 順 に 並 べて 小 さ い 方 か ら 1 0 番 目 ま で ( 全 体 の 3 3 % ) が 低 い ( 少 な い ) 1 1 ~ 2 0 番 目 ( 同 3 3 % ) が 平 年 並 そ れ 以 上 を 高 い ( 多 い ) と し 各 階 級 の 出 現 率 が 等 しく33%(10 年 )となるように 決 めているのだそうです つまり 冷 夏 とは 夏 ( 6 ~ 8 月 ) の 平 均 気 温 が 3 階 級 表 現 で 低 い 場 合 で 反 対 に 高 い 場 合 は 暑 夏 となります ところが 最 近 では 猛 暑 という 用 語 が 頻 繁 に 使 われます 世 界 気 象 機 関 の 定 義 で は 最 高 気 温 の 平 年 値 を 連 続 5 日 間 以 上 5 以 上 上 回 ること としていま す 日 本 では 2007 年 以 降 1 日 の 最 高 気 温 が35 以 上 の 日 のことを 猛 暑 日 と 言 っているそうです 7 月 に 入 り そ ろ そ ろ 夏 休 み の 計 画 を 立 て 始 め る 頃 か も し れ ま せ ん が 梅 雨 の 末 期 の 集 中 豪 雨 が 心 配 で す カ ラ 梅 雨 と 呼 ば れ る よ う な 年 で も 梅 雨 が 明 け る 7 月 末 までの 時 期 に 狭 い 範 囲 に 集 中 して 大 量 の 雨 が 降 ることがよくあります 台 風 や 低 気 圧 な らば 西 か ら 東 へ と 上 空 の 偏 西 風 に 乗 って 日 本 列 島 を2 日 ほどかけて 縦 断 し て いきます 一 方 梅 雨 前 線 は 北 の 空 気 と 南 の 空 気 のぶつかり 合 いなので 動 き がさ ほ ど 速 く ありません 前 線 の 動 きが 遅 いため 同 じ 地 域 に 南 から 大 量 に 湿 度 を 含 んだ 強 風 が 長 時 間 吹 き つ け ま す そ の 風 が 山 の 斜 面 を 強 制 的 に 上 昇 す る た め に 集 中 豪 雨 が 発 生 し 住 宅 地 で は 床 上 床 下 浸 水 山 地 で は 土 砂 崩 れ あ る い は 河 川 の 氾 濫 な ど 大 惨 事 となります これは 決 して 他 人 事 ではありません 暦 の 上 で は 今 年 の 半 夏 生 は 7 月 1 日 で す 暦 の 通 り に 生 長 す る 植 物 の 姿 を 見 る と 改 め て 平 年 並 み と いう 言 葉 の 重 みを 感 じます

4 紫 陽 花 (アシ サイ) でんでん 虫 てるてる 坊 主 - 梅 雨 を 楽 しむ- H28.6.1( 水 ) 夏 山 蒼 翠 (そうす い)にして 滴 (し たた)る が 如 し 心 地 よ かった 新 緑 の 時 期 はあっという 間 に 過 ぎ 毎 日 毎 日 シトシトと 空 か ら 雨 が 滴 り 落 ちてくる 梅 雨 が 間 もなくやってきます 6 月 の カレンダーを 見 る と アジサイ 寺 として 有 名 な 北 鎌 倉 の 明 月 院 が 掲 載 さ れ ています 満 開 時 には 約 2,500 株 のヒメアジサイで 境 内 が 染 ま り その 淡 い 青 色 の 花 は 明 月 院 ブルー と 呼 ばれています 稲 沢 市 においても 大 塚 性 海 寺 歴 史 公 園 性 海 寺 を 舞 台 に 毎 年 恒 例 の 稲 沢 あじさいまつり が 本 日 か ら 開 催 されます ガ クア ジ サ イ をは じ め ヤ マ ア ジ サ イ 西 洋 の ア ジ サイなど 約 90 種 1 万 株 が 植 栽 され 園 内 一 帯 にアジサイが 咲 き 誇 り 私 たちの 目 を 楽 しませてくれます この 華 麗 に 咲 くアジサイですが 土 壌 の 酸 性 が 強 いと 青 く アルカリ 性 が 強 い と 赤 く なる 傾 向 が あるそうです 明 月 院 の 庭 の 土 壌 は 酸 性 が 強 いということなので しょ う か 調 べてみてもおもしろいですね ただ 葉 っぱについては 人 間 が 食 べる と 中 毒 症 状 を 起 こす 場 合 があるようなので 注 意 が 必 要 です ところで アジサイのイラストなどを 見 ると 葉 っぱにカタツムリがいるもの が 多 い ことに 気 づ きます そんなカタツムリの 語 源 は 巻 き 貝 の 殻 が 笠 に 見 えるので 笠 つ ぶ り と か 角 を 降 り な が ら 這 っ て い る の で 片 角 降 り (か た つ の ふ り ) な ど の 説 が あります また カタツムリに 蝸 牛 という 字 を 当 てたのは そのゆっくり とし た 動 作 や 頭 に 角 があることから 牛 を 連 想 し たためと 言 われています 童 謡 で は 有 名 な フレーズ でんでん むしむし かたつむり と 歌 い ます その 別 名 の でん で ん 虫 とは 一 度 殻 の 中 に 入 ってしまうとなかなか 出 てこないので 子 ど もた ちが 出 ろ 出 ろ とはやしたてた 様 子 から 出 ん 出 ん 虫 となったんだそうです 名 前 の いわれに 子 どもたちの 遊 びが 関 係 していると 何 とも 楽 しい 呼 び 名 になります 一 方 水 は 私 た ち の 生 活 に 欠 か せ な い も の で 恵 み の 雨 と 言 い ま す が や は り 何 事 も 過 ぎたるは 及 ば ざるが 如 し で あまり 長 雨 になると 農 作 物 の 発 育 に も 良 くありません そこで 太 陽 に 顔 を 出 してもらえるように 先 人 たちが 願 いを 込 めて 軒 先 に 吊 る し た も の が て る て る 坊 主 で す 照 る 照 る 坊 主 と か 照 る 坊 主 と 言 われ 平 安 時 代 に 中 国 から 伝 わってきました 当 時 は 箒 (ほうき)を 持 った 女 の 子 を 模 し た 紙 人 形 で 雨 雲 を 箒 で 払 っ て く れ る と 信 じ ら れ て い ま し た や が て 僧 侶 の 魔 力 を 信 じ 女 の 子 か ら お 坊 さ ん に 変 わ っ て い き ま し た 現 在 で は 最 初 か ら 可 愛 ら し い 顔 を 描 く よ う で す が ダ ル マ 同 様 左 目 を 描 か な い こ と が 正 し い ル ー ル だ そ う で す 間 違 っ て 逆 さ に つ る す と 雨 雨 坊 主 降 れ 降 れ 坊 主 になるそうです い よ い よ 子 ど も た ち が 楽 し み に し て い る プ ー ル の 開 始 です みんなで 明 日 天 気 にしておくれ と 晴 れ 乞 い をしたいと 思 います 6/10( 金 ) 時 の 記 念 日

5 甍 (い らか )の 波 と 登 竜 門 - 歌 に 込 められた 先 人 の 思 い- H28.5.1( 日 ) 5 月 に 欠 かせないもの それは 陽 光 です 光 の 滴 をまき 散 らす さざ 波 の よう な 木 の 葉 その 間 か ら 差 し 込 む 光 は 私 た ちをとても 元 気 に してくれます 命 あ ると ころに 緑 があるからでしょうか 美 しい 木 漏 れ 日 がさわやかです さ て 5 月 4 日 は み ど り の 日 で す 緑 と 言 え ば 嬰 児 (み ど り ご ) と 言 う 言 葉 を 連 想 し ま す こ れ は 3 歳 ぐ ら い ま で の 幼 児 の こ と で 新 芽 や 若 葉 の よ う に 若 々しい 児 という 意 味 です そ し て 5 月 5 日 は こ ど も の 日 暦 の 上 で は 立 夏 で す 五 月 晴 れ の 空 に 鯉 の ぼ り が 気 持 ち よ さ そ う に 泳 ぎ 街 中 で は 懐 か し い メ ロ デ ィ ー ( 文 部 省 唱 歌 鯉 の ぼ り )が 流 れ て い ま す 最 近 は 屋 根 よ り 高 い 鯉 の ぼ り で 始 ま る 曲 の 方 が 馴 染 み が あ る か も 知 れ ま せ ん が い ら か の 波 と 雲 の 波 で 始 ま る 曲 も 先 人 の 思 い が 込 められており 味 わい 深 いものがあります 鯉 のぼり 作 曲 : 弘 田 龍 太 郎 作 詞 : 不 詳 1 甍 (いらか)の 波 と 雲 の 波 瓦 の 屋 根 と 雲 と の 間 の 大 空 を 重 なる 波 の 中 空 (なかぞら)を 橘 (たちばな)の 花 の 香 りがする 橘 (たちばな)かおる 朝 風 に 朝 の 風 を 受 けて 高 く 泳 ぐや 鯉 のぼり 高 く 泳 いでいる 鯉 のぼり 2 開 ける 広 き 其 の 口 に 大 き く 開 い た 口 は 船 さえも 飲 み 込 ん で 舟 をも 呑 (の)まん 様 (さま) 見 えて しまいそうに 見 える ゆたかに 振 (ふる)う 尾 鰭 (おひれ)には 堂 々 と 大 き く 揺 れる 尾 びれは 物 に 動 ぜぬ 姿 あり 何 事 にも 動 じない 姿 が ある 3 百 瀬 (ももせ)の 滝 を 登 りなば 大 き な 滝 を 登 れ ば 忽 (たちま)ち 竜 に なりぬべき わが 身 に 似 よや 男 子 (おのこご)と 空 に 躍 るや 鯉 のぼり 竜 に かわった 私 のように 育 つんだよ 男 子 た ちよ と 言 っているかのように 空 に 躍 っている 鯉 のぼり 甍 (い らか)とは 瓦 ぶきの 屋 根 の 頂 上 部 分 を 指 し 瓦 の 重 なりを 波 に 見 立 てて いま す さらに 雲 の 重 なりも 波 に 見 立 て 甍 の 波 と 雲 の 波 の2つの 間 にある 大 空 を 中 空 と し 悠 然 と 泳 ぐ 鯉 の 姿 か ら 子 ど も た ち の 将 来 に 思 い を 馳 せています 鯉 の 滝 登 り 登 竜 門 ( と う り ゅ う も ん ) と 言 う こ と わ ざ は 立 身 出 世 の た め の 関 門 を 中 国 黄 河 の 上 流 に あ る 急 流 竜 門 と し こ こ を 登 り 切 っ た 鯉 は 竜 に な る と い う 伝 説 に な ぞ ら え た も の で す つ ま り 先 人 た ち は 子 ど も た ち に 志 高 く 堂 々 と 元 気 い っ ぱ い 活 躍 し て い っ て ほ し い と 鯉 の ぼ り に 願 い を 込 め て き たのでしょう

6 平 成 28 年 度 入 学 式 式 辞 H28.4.6( 水 ) 故 郷 や どちらをみても 山 笑 う 正 岡 子 規 桜 が 満 開 で すがすがしい 季 節 となりました 本 日 この 春 の 佳 き 日 に 平 成 28 年 度 稲 沢 東 小 学 校 入 学 式 が 挙 行 できますことを 心 よりうれしく 思 っております まずもって 117 名 の 新 入 生 のみなさん 入 学 おめでとう 先 生 た ちは みなさんと 会 えることをとても 楽 しみに 待 っ ていました 今 こ うし て みなさんの 様 子 を 見 ていますと 背 筋 が ぴんと 伸 びていて 話 がきちんと 聞 け てい る 姿 は もう 立 派 な 小 学 生 です そこで 今 日 は 新 入 生 の みなさんに 明 るい 毎 日 を 送 るための 大 切 なお 話 をプ レゼ ントします 実 は 平 成 28 年 度 を 表 す 漢 字 は 気 持 ちの 気 です 気 の 付 く 言 葉 はたくさんありますが まず やる 気 です ( 知 ) 勉 強 も 運 動 もお 手 伝 いも 自 分 から やる 気 で 取 り 組 みましょう きっと 一 年 で たくさんのことができるようになるでしょう 次 に 勇 気 です ( 徳 ) 一 緒 に 遊 ぼう! 仲 間 に 入 れて! どうしたの 大 丈 夫? 自 分 か ら 友 達 や 先 生 に 声 を か け る よ う に し ま し ょ う 勇 気 を 出 せ ば き っ と 仲 のよい 友 達 がたくさんできるはずです 3つめは 元 気 です ( 体 ) 早 寝 早 起 き 朝 ご 飯 に トイレ! 元 気 い っぱいの 稲 東 健 児 になってくださ い 元 気 に 過 ごせば やる 気 と 勇 気 も 出 てきます やる 気 勇 気 元 気 3つの 気 をしっかりおぼえてくださいね 次 に 新 6 年 生 のみなさんにお 願 いです 登 下 校 を 始 め 学 校 生 活 すべてにわたり みなさんが 稲 沢 東 小 学 校 の 良 き 伝 統 を 受 け 継 ぎ 新 たな 歴 史 を 作 っていくリーダーです みなさんも 1 年 生 の 時 には 6 年 生 に 随 分 お 世 話 になりました 今 度 は お 返 しをする 番 です リーダーとして その 気 になって 新 入 生 のみなさんをよろしくお 願 いしますね 後 になりましたが 保 護 者 の 皆 様 本 日 はお 子 さんのご 入 学 誠 におめでとう ござ い ます 心 か らお 祝 い 申 し 上 げます 生 ま れた 日 のことを 思 うと 本 日 の 晴 れ 姿 に 喜 びもひとしおのことと 思 います そこで 保 護 者 の 皆 様 に も 子 どもたちの 健 やかな 成 長 の ためにお 願 いがござ いま す 気 が 多 いのはいけませんので 根 気 という 一 つの 気 だけをお 願 いします 子 どもの 個 性 や 成 長 のスピードは 一 人 一 人 全 く 違 いますし 内 に 秘 めている 種 も 違 います むやみに 他 の 子 どもと 比 較 することなく どうか 根 気 強 く 子 どもたちの や る 気 勇 気 元 気 を 引 き 出 し 自 分 色 の 花 を 咲 かせてやりたいものです 私 ども 職 員 一 同 保 護 者 の 皆 様 とともに かけがえのない 子 どもたちを 大 切 に 育 て てまいる 所 存 です ご 理 解 とご 協 力 をいただきますようお 願 いいたします 結 びに 当 た り 新 入 生 に とってこの 稲 沢 東 小 学 校 が 心 の 故 郷 になりますこ とを を 祈 念 して 式 辞 といたします 平 成 2 8 年 4 月 6 日 稲 沢 市 立 稲 沢 東 小 学 校 長 清 水 茂 < 式 後 の 保 護 者 向 け 挨 拶 > 変 えられるものは 変 える 勇 気 を! 変 え ら れ な い も の は 受 け 入 れ る 謙 虚 さ を! そして それを 見 分 ける 知 恵 を! 本 年 度 の 新 規 事 業 を 説 明 し た 後 基 本 的 な 構 えを 示 さしていただきました

7 出 藍 の 誉 れ ~ 春 蕾 (し ゅんらい)に 希 望 を 見 つけて~ H28.3.1( 火 ) 青 春 = 春 の 色 で 青 朱 夏 = 夏 の 色 で 赤 白 秋 = 秋 の 色 で 白 玄 冬 = 冬 の 色 で 黒 五 行 説 では 四 色 で 季 節 を 表 し 東 西 南 北 の 四 方 位 を 表 す 象 徴 的 聖 獣 を 四 神 と 言 います 青 竜 は 東 方 を 守 護 する 青 い 竜 朱 雀 は 南 方 を 守 護 する 赤 い 鳥 白 虎 は 西 方 を 守 護 す る 白 い 虎 玄 武 は 北 方 を 守 護 す る 亀 と 蛇 の 合 体 し た 神 獣 だ そ うです 論 語 によると 青 春 とは 緑 の 時 期 であり 未 熟 さを 意 味 する 一 方 志 学 ( = 学 を 志 す )の 時 期 としています 家 族 や 周 りの 人 たちの 援 助 を 受 けて 勉 学 に いそ し み 社 会 に 出 ていき やがて 新 しい 自 分 の 家 族 を 起 していきます つまり 人 間 と し て 一 人 立 ち をするための 準 備 を 進 める 年 代 と 言 えます ただ 希 望 に 胸 を 膨 ら ませ る 一 方 挫 折 感 に 打 ちひしがれながら 自 分 の 生 きる 道 を 試 行 錯 誤 する 年 代 と も 言 われ ます さて この 青 にまつわる 諺 で 一 番 思 い 出 されるのは 出 藍 の 誉 れ ( = 青 は 藍 より 出 でて 藍 より 青 し )です 青 は 藍 よりとりて 藍 よりも 青 く 氷 は 水 よりつくりて 水 よりも 冷 たし とも 言 われます 弟 子 が 師 匠 の 学 識 や 技 量 を 超 えることの 例 えとして 引 用 さ れますが 学 問 は 奥 深 く 終 わりのないもので 勉 強 を 怠 らず 励 むことが 大 切 だと 言 っているのだと 思 います 一 方 教 育 に 携 わ る 立 場 か ら 言 え ば 若 い 世 代 が 古 い 世 代 に よ っ て 教 育 さ れ そ の 結 果 その 若 い 世 代 が 古 い 世 代 を 凌 駕 し て 立 派 に 成 長 していく 姿 を 見 て 教 え た 側 の 古 い 世 代 が それを 自 らの 名 誉 とする と 言 うことです これは 前 途 有 望 な 若 い 世 代 が 古 い 世 代 の 言 う がままに 育 つと 言 うことではなく 古 い 世 代 を 乗 り 越 え て 一 層 優 れ た 人 に なる 自 由 や 能 力 を 認 め 育 むことこそ 教 育 の 根 本 的 な 姿 であると 先 人 たち が 明 言 しているのでしょう 本 校 の あ お ぞ ら 学 級 で は ブ ロ ッ コ リ ー や カ リ フ ラ ワ ー を 育 て て い ま す 小 さ な 畑 の 中 に あ っ て 大 き く 葉 を 広 げ び っ し り つ ま っ た 無 数 の 蕾 を 包 み 込 ん で い る 姿 を 見 る と や が て 開 花 す る エ ネ ル ギ ー や 生 命 力 が 満 ち あ ふれているように 感 じることができます 春 蕾

8 春 を 告 げる 梅 一 輪 ~ 新 たな 挑 戦 と 目 標 の 修 正 ~ H28.2.1( 月 ) まだまだ 寒 い 日 が 続 きますが 立 春 は 暦 の 上 では 春 の 始 ま りに 当 たります 木 々が 芽 吹 き 動 物 が 冬 眠 から 覚 め 始 めるこの 時 期 は 人 間 にとっても 新 しいことを 始 める のにふさわしい 季 節 と 言 えます 一 方 元 旦 に 立 て た 今 年 の 目 標 の 進 捗 状 況 は ど う な っ て い る の で し ょ う か 今 年 は するぞ! と 宣 言 したものの 三 日 坊 主 に 終 わらせているのではなく 気 持 ち を 新 た にしてまた 挑 戦 し ていきたいものです ただ 目 標 が 高 過 ぎたり 難 し 過 ぎて い た と し た ら 少 し 下 げ て み た り 易 し く し て み た り す る な ど 目 標 の 修 正 を 図 る ことも 必 要 でしょう 立 春 の 朝 陽 を 浴 びて 深 呼 吸 一 説 に よ る と 立 春 の 朝 日 を 浴 び る と 金 運 が 上 昇 す る 立 春 に 何 か 新 し い 物 を 使 い 始 め ると 運 気 が 上 昇 す る と 言 われます 春 は 金 運 にとっても 大 切 な 季 節 だ そう で すが 春 分 の 日 は 少 し 早 起 きし 東 に 向 かって 大 きく 深 呼 吸 をして 太 陽 のパ ワー を 吸 収 し たいものです さらに 靴 下 でも 鉛 筆 でもいいようですが 何 か 新 しい 物 を 使 い 始 めると 気 分 がリフレッシュしてワクワク 感 が 湧 いてくるそうです さて 身 近 な 春 の 到 来 と 言 えば 梅 の 花 です 小 さくて 可 愛 らしい 梅 の 花 を 見 ていると 気 持 ちが 和 みます 梅 一 輪 一 輪 ほどの 暖 かさ 江 戸 時 代 の 俳 人 服 部 嵐 雪 の 作 品 で 有 名 な 句 で す ほ ど の と い う 言 葉 の 解 釈 が 難 し い と こ ろ で す が 厳 し い 寒 さ の 中 で 梅 が 一 輪 咲 き そ れ を 見 る と ほ ん の わ ず か で はあるが 一 輪 ほ どの 暖 かさが 感 じられる との 解 説 が 掲 載 されており 梅 の 花 の けなげさと 春 への 期 待 感 を 感 じることができます と こ ろ で 梅 の 木 は 成 長 は 早 い け れ ど も 大 木 に は な り ま せ ん そ の こ と か ら に わ か 仕 込 み で 不 確 実 な 学 問 の こ と を 梅 木 学 問 と 言 う そ う で す 一 方 楠 は 成 長 は 遅 い けれども 大 木 に 育 つ ことから 少 し ず つ 着 実 に 積 み 重 ね た 学 問 の こ と を 楠 学 問 と 言 う そ う で す な る ほ ど 校 庭 に は 楠 が 植 え ら れ て い て 子 ど も た ち 一 人 一 人 が じ っ く り 育 つ よ う に 見 守 っているのでしょう

9 平 成 2 8 年 丙 申 (ひ のえのさる) のスタート ~ 三 猿 の 教 え から~ H28.1.4( 月 ) 今 年 の 年 賀 状 に は 三 猿 像 が た く さ ん 登 場 し て い ま し た 三 匹 の 可 愛 い 猿 が そ れぞれ 両 手 で 目 耳 口 をおさえています 三 猿 像 で まず 思 いつくのが 日 光 東 照 宮 の 神 厩 ( 神 の 使 い の 馬 が いる 馬 小 屋 )の 壁 面 にある 猿 の 生 涯 を 描 いた8 面 の 彫 刻 で す そ の 2 面 目 が こ の 三 猿 で 見 ざ る 聞 か ざ る 言 わ ざ る を 表 し て い る と 言 われます これは 漢 語 の 不 見 不 聞 不 言 の 和 訳 で 猿 とは 直 接 関 係 ないそうですが 否 定 の 不 (ざる)を 猿 にかけて 見 猿 聞 猿 言 猿 の 三 匹 の 猿 が 作 られ 三 えん 三 ざるの 名 で 親 しまれてきました 子 どもの 猿 が 目 をふさぎ 耳 をふさぎ 口 を ふさ い で い ま す こ れ は 幼 年 期 に 悪 い こ と を 見 た り 言 っ た り 聞 い た り し な い で 素 直 なままに 育 ちなさいという 教 育 論 だと 言 われています 8 面 の 絵 は その 後 猿 が 成 長 し 伴 侶 を 得 て 結 婚 子 どもに 恵 まれて また 一 面 に 戻 る 形 となって いま す 猿 の 生 涯 を 表 現 していますが これは 人 に 共 通 する 教 え で 人 が 一 生 を 正 し く 平 和 に 生 きるためには どうすればよいかを 示 しているそうです つまり この 教 えは 子 ど も の 頃 だ け で な く 大 人 に な っ て か ら も 通 用 す る も の が あ り 人 の 欠 点 や 悪 い 所 を 見 ない 聞 かない 言 わない という 教 えにつながります さ て 見 ざ る 聞 か ざ る 言 わ ざ る の 三 猿 の 教 え は 日 本 語 の 猿 と ざ る の 語 呂 がいいので てっきり 日 本 のオリジナルかと 思 っていたのですが 同 じも のが 中 国 や 朝 鮮 半 島 だけでなく インドやエジプトなど 世 界 各 地 にあり 三 猿 像 のル ーツ は シルク ロードを 経 由 して 古 代 オリエント(エジブト)に 遡 るのだそうで す そ して 原 点 の 三 猿 像 の 教 えは 見 ろ 聞 け ただし 口 は つつしめ と 解 釈 さ れ 世 界 では 広 く 通 用 しているようです 一 方 この 解 釈 に ついてはいろいろな 説 があり 目 の 前 に 不 正 や 問 題 があって も 見 ないふりをして 声 を 上 げず 耳 をふさぐ という 処 世 術 の1つで 上 手 に 物 事 を や り 過 ご す 知 恵 と い う よ う に 聞 い た こ と が あ り ま し た しかし 教 育 現 場 においては 不 の 発 想 ではなく 人 の 善 い 行 い や 良 い と こ ろ を よ く 見 る 人 の 話 を よ く 聞 く そ し て 人 が 聞 い て 気 持 ち が よ く な る 言 葉 を 使 う という 可 の 方 向 で 進 んでいきたいものです 稲 東 から 見 え る 日 の 出

10 翡 翠 (ひすい) 色 の 銀 杏 ー 人 権 週 間 (12/4~10)に 寄 せてー H ( 火 ) 晩 秋 から 初 冬 にかけて サザンカの 咲 く 時 期 に 続 く 長 雨 を 山 茶 花 (ササ ンカ) 梅 雨 と 言 い ま す そ ん な 中 そ ぶ え イ チ ョ ウ 黄 葉 ま つ り が 1 1 月 2 1 ~ 2 3 日 に 祖 父 江 町 の 山 崎 周 辺 で 開 か れ ま し た 銀 杏 ( キ ンナン) の 生 産 量 日 本 一 を 誇 る 稲 沢 市 に お い て 祖 父 江 町 一 帯 は まさに 黄 葉 の 真 っ 盛 りです 幸 い 小 春 日 和 に 恵 ま れ 大 勢 の 人 々が 晩 秋 のひとときを 楽 しまれたようです さて 植 物 学 の 世 界 では 生 きた 化 石 と 言 われるイチョウの 木 は 脂 分 が 多 く 水 はけがよいと 言 わ れます その 上 腐 り にくく 抗 菌 作 用 が あるため 高 級 なま な 板 に 使 われます さらに 水 分 の 多 い 葉 も 火 に 強 い 性 質 があるため 徳 川 家 康 が 城 下 町 の 火 除 け 地 に 防 火 林 と して 多 く 植 えさせたとも 言 われています また 街 路 樹 と し ても 日 本 各 地 に 植 えられ この 時 期 のイチョウ 並 木 は 晩 秋 から 初 冬 の 風 物 詩 とも 言 われます イチョウには 雄 と 雌 の 木 があり 雌 の 木 に 銀 杏 の 実 がつきます 葉 の 切 れ 込 み が 深 く 半 ズ ボ ン を は い て い る の が 雄 木 で 切 れ 込 み が 浅 く ス カ ー ト を は い て い る の が 雌 木 だ と 地 元 の 方 に 教 え て いただきました 銀 杏 は デ ン プ ン を 豊 富 に 含 み モ チ モ チ と し た 食 感 と 独 特 の 歯 ごたえがあり 茶 碗 蒸 しの 具 材 などによく 用 いられます しかし 種 子 で あ る 銀 杏 は お い し い の で す が 果 肉 は 嫌 わ れ 者 で す 同 じ 果 肉 で も サ ク ラ ン ボ や 梅 と は 違 っ て 独 特 の 悪 臭 に 加 え 熟 し た 実 の 果 汁 に 触 れ る と 皮 膚 炎 を 起 こ し て し ま う 場 合 が あ る そ う で す 最 近 で は そ の 独 特 の 臭 い や ス リ ッ プ の 原 因 に な る 等 の 理 由 で イチョウの 雌 株 は 敬 遠 され 街 路 樹 な どで 銀 杏 が 落 ちているのを 見 かけるこ とが 一 頃 より 少 な くなりました でも 公 園 や 神 社 昔 からある 街 路 樹 などでは 今 でも 銀 杏 拾 い の 人 を 見 か けます 秋 の 採 れたての 頃 は きれいな 翡 翠 色 ですが 年 を 越 す 辺 りから 黄 色 になってくるようです いよいよ12 月 師 走 に 入 りました 4 日 から10 日 までは 人 権 週 間 で す イチ ョ ウの 実 は 動 物 から 身 を 守 るために 臭 い 匂 いを 放 ちますが たくさんの 魅 力 的 な 持 ち 味 がある 上 その 固 い 殻 の 中 には 翡 翠 色 の 宝 石 のような 美 しい 実 を 隠 しています ど うか 子 どもたちには 外 見 ではなく 相 手 の 美 しい 心 を 見 るようにしてほしい と 思 います 宮 沢 賢 治 の いてふの 実 という 作 品 を 思 い 出 しました

11 木 枯 らし 吹 く 頃 H ( 月 ) 関 東 や 近 畿 地 方 で は 先 週 の 初 めに 木 枯 らし1 号 が 吹 いたというニュース が 流 れ ました 季 節 が 晩 秋 から 初 冬 へと 変 わる 時 期 に 初 めて 吹 く 北 寄 りの 強 い 風 ( 毎 秒 8 m 以 上 )を 木 枯 らし1 号 と 言 います ユーラシア 大 陸 から 日 本 列 島 に 向 か って 吹 いてくる 冬 の 季 節 風 が 日 本 海 を 渡 る 時 に 暖 流 の 対 馬 海 流 から 水 分 をたっぷり と 含 み ま す そ し て 列 島 中 央 部 の m 級 の 連 山 を 越 え る た め に 上 昇 す る 際 時 雨 ( し ぐ れ ) と な っ て 雨 や 雪 を 降 ら せ 水 分 を 失 い ま す そ の 結 果 太 平 洋 側 に は カラカラに 乾 燥 した 空 気 が 吹 き 抜 けることになります 木 の 葉 を 吹 き 落 と す 強 い 風 は あ た か も 木 を 枯 ら す 風 という 意 味 で 凩 とも 書 かれます 濃 尾 平 野 一 帯 で は 伊 吹 山 か ら 吹 き 下 ろ す 冬 の 季 節 風 の こ と を 伊 吹 お ろ し と 呼 ん で い て た く さ ん の 学 校 で 校 歌 の 一 節 につかわれています さて 秋 の 全 国 火 災 予 防 運 動 が11 月 9 日 から11 月 15 日 までの1 週 間 に 行 われ ます また 消 防 の 日 は 119 番 の 語 呂 合 わせで11 月 9 日 です 本 校 で は 一 足 早 く 木 枯 らし 吹 く 頃 に 合 わせて 火 災 を 想 定 した 校 内 避 難 訓 練 を 実 施 し ま し た 命 に 関 わ る こ と は 真 剣 に! を 合 い 言 葉 に 低 学 年 は 煙 道 訓 練 高 学 年 は 初 期 消 火 訓 練 に 取 り 組 みました ちょっとした 小 さな 火 が 大 火 事 になる!ちょっとした 小 さなことが 大 事 に 至 る! みな 始 まりは 小 さなこと! 一 方 低 気 圧 の 通 過 による 秋 雨 によって 大 気 中 のチリが 落 とされ その 後 に やっ て くる 高 気 圧 によって 澄 み 切 った 秋 晴 れ の 天 気 が 続 きます 特 に 木 枯 ら しが 吹 い た 日 に 夜 空 を 見 上 げ ると 月 が 煌 々と 照 っ ています 月 光 が シャワーのように 降 り 注 ぎ 満 月 の 夜 は 光 で 濡 れ る と 言 わ れ る よ う に 家 々 の 屋 根 が 美 し く 輝 き 木 々は 青 白 くほのかに 光 って 見 えます 近 年 読 書 の 秋 は 食 欲 の 秋 や スポーツの 秋 ほ ど の 勢 い が な い よ う に 思 わ れ ま す 秋 の 夜 長 美 し い 夕 焼 け 空 や 月 光 に 心 躍 ら せ な が ら 読 書 に 親 し む 時 間 をもちたいものです 下 校 後 の 西 空 に 美 しい 夕 焼 けが 見 られました

12 後 半 戦 のスタート! 出 会 いに 学 ぶ H ( 木 ) キ ン モ ク セ イ の 芳 香 が ど こ か ら と も な く 漂 う 秋 空 の 下 団 結 力 をキーワードに 展 開 した 運 動 会 が 無 事 終 了 しました 開 会 式 では 少 し 大 変 だ ったけれど ちょっと 苦 労 し た け れ ど 精 一 杯 や っ て み た ら 楽 し か っ た と 言 え る 運 動 会 に し よ う と 呼 び か け ま し た ゴ ー ル ま で 精 一 杯 駆 け 抜 ける 姿 や 歯 を 食 い しばって 表 現 し た 組 み 立 て 体 操 な どは 観 る 人 た ちを 十 分 感 動 させるものでした 一 人 一 人 の 児 童 が 自 分 なりに 精 一 杯 取 り 組 み そして 仲 間 と 息 を 合 わせて 取 り 組 むことで 思 わぬ 大 きな 力 を 発 揮 できるという 達 成 感 や 成 就 感 を 味 わうことができたと 思 います 閉 会 式 で は 子 どもたち 一 人 一 人 の 頑 張 りを 讃 えるとともに 今 後 の 実 りの 秋 を 目 指 し て 中 秋 の 名 月 や ス ー パ ー ム ー ン を ぜ ひ 観 よ う と 話 し ま し た 代 休 開 けの 朝 礼 で は ほとんどの 子 どもたちが 名 月 を 観 賞 していたことが 分 かりまし た そして 自 身 の 好 きな 言 葉 出 会 いに 学 ぶ を 紹 介 しました 出 会 いに 学 ぶ 出 来 事 に 出 会 って 出 来 事 に 学 ぶ 本 に 出 会 って 本 に 学 ぶ 人 に 出 会 って 人 に 学 ぶ スーパームーンに 出 会 っ て 自 然 科 学 の 不 思 議 や 無 限 に 広 がる 宇 宙 観 に 思 いを 寄 せ る ことができました 秋 の 夜 長 いい 本 に 出 会 うと 時 が 過 ぎるのを 忘 れて 読 み ふけ る ことの 楽 し さを 味 わうことができます そして 3 名 の 教 育 実 習 生 を 迎 え 入 れ まし た が 若 い 彼 らとの 出 会 い から 自 分 の 夢 に 向 かって 頑 張 る 素 敵 な 生 き 方 を 学 ぶ ことができるはずです いよいよ 後 半 戦 の スタートです 新 しい 児 童 会 や 委 員 会 学 級 役 員 や 係 活 動 な ど 新 しいメンバーによる 豊 か な 活 動 が 予 定 さ れています 新 た なメンバーや 活 動 内 容 と 出 会 い 自 分 の 中 に 隠 れていた 才 能 や 友 達 のすばらしい 一 面 を 発 見 できるよう 充 実 した 日 々を 送 っていってほしいと 思 います

13 2 学 期 始 業 式 先 人 と 風 神 の 戒 め ~ 子 どもたちの 活 力 みなぎる2 学 期 に ~ H27.9.1( 月 ) 日 中 の 暑 さ は 9 月 い っ ぱ い 相 変 わ ら ず 続 く の で し ょ う が 子 ど も た ち の 歓 声 が 響 い た プ ー ル の 静 寂 さ と 朝 晩 に 吹 く 風 の 涼 し さ に 秋 の 訪 れ を 実 感 す る よ う に な り ま し た 虫 の 声 も 主 役 は 木 々 の 上 か ら 足 下 の 草 む ら へ と 変 わ り 食 卓 に も 実 り 秋 を 感 じ さ せ る 果 物 な ど の 食 材 が 上 るようになりました 一 方 空 を 見 上 げ る と 夏 か ら 秋 に 移 る 頃 の 暑 気 ひ と 夏 の 成 長 と 冷 気 が 行 き 合 う 行 合 の 空 が 見 ら れ ま す 入 道 雲 がわき 上 がっている 傍 らに 鰯 雲 や 巻 雲 が 見 え ゆく 季 節 と 訪 れる 季 節 が 一 つに なった 風 情 を 感 じます さて 9 月 1 日 は 防 災 の 日 です 1923 年 9 月 1 日 の 関 東 大 震 災 の 教 訓 か ら1960 年 に 制 定 されています また 暦 の 上 では 二 百 十 日 といい 2 月 4 日 の 立 春 から 数 えて210 日 で 台 風 が 襲 来 する 確 率 の 高 い 日 という 先 人 からの 言 い 伝 え もありました 戦 前 の 物 理 学 者 寺 田 寅 彦 は 天 災 は 忘 れ た 頃 にやってくる とい う 言 葉 を のこしています 忘 れてはならない 痛 みや 繰 り 返 し てはいけないことを 教 訓 として 後 世 に 言 い 伝 えておくべきだと 言 っているのでしょう しかし 最 近 の 自 然 災 害 は 天 災 ではなく 人 災 だと 主 張 する 学 者 が たく さん います 古 来 日 本 各 地 で 言 い 伝 えられてきた 風 神 のいわれで 風 の 神 は 邪 気 風 に 乗 ってあちこちをさまよい ものの 隙 間 や 暖 かさと 寒 さの 隙 間 を 狙 って 入 り 込 み 人 を 見 れ ば 口 から 黄 色 い 息 を 吹 きかける という 話 は まさに 人 災 は 心 の 隙 間 に やってくる と 言 っているのではないでしょうか 2 学 期 の スタートに 当 た り 教 職 員 が 改 めて3つの あ を 心 に 留 め 隙 間 を つく らないように 一 致 団 結 していきたいと 思 います 焦 らず! 慌 てず! 諦 めず! 一 夜 漬 けで 覚 えた 事 柄 を はじめ すぐに 点 数 となって 現 れ るような 学 力 は す ぐに 剥 がれ 落 ちてしまうと 言 わ れます 本 当 に 育 った 学 力 は ずっと 先 になってから 生 き る 力 となって 現 れるてくるものでしょう また チャンスは 時 にピンチの 顔 を し て や っ て く る と 言 わ れ ま す 心 の 隙 間 を 生 ま な い よ う に 教 訓 を 大 切 に し な が ら 子 どもたちの 活 力 みなぎる2 学 期 にしたいと 思 います

14 着 衣 水 泳 ( 着 衣 泳 ) ~ 水 の 事 故 から 身 を 守 る~ H27.8.5( 水 ) 水 し ぶ き が 踊 る ま ば ゆ い ば か り の 夏 空 が 広 が っ て い ま す 太 陽 の 光 が 強 け れ ば 強 い ほ ど く っ き り と 深 い 緑 陰 を つ く っ て く れ ま す が 花 壇 の 花 た ち や 野 菜 は 一 雨 ほしいところでしょう さ て 夏 休 み は 海 や 山 な ど に 遊 び に 出 か け る ご 家 庭 も 多 い か と 思 い ま す 警 察 庁 の デ ー タ に よ る と 中 学 生 以 下 の 子 ど も の 水 難 事 故 で 溺 れ て 死 亡 し た り 行 方 不 明 に な っ た り し て い る 状 況 は 水 泳 中 が 8. 2 % で あ と は 服 を 着 た ま ま 水 に 落 ち て 溺 れ る と い う ケ ー ス ( 水 遊 びや 釣 り サッカーボールなどを 取 りに 行 って 水 に 落 ちた 事 故 など)が 多 い こ とがわかります 事 故 の 場 所 については プールは3.3%に 過 ぎず 多 くは 川 や 海 で 起 き ています そして 毎 年 6 月 から8 月 にかけて 水 の 事 故 が 増 え 年 間 の 事 故 の49.3%がこの 期 間 ですから まさに 今 特 に 注 意 が 必 要 な 時 期 です そ こ で 本 年 度 よ り 4 年 生 を 対 象 に 着 衣 水 泳 ( 着 衣 泳 ) を 実 施 す る こ と に し ま し た もしも 不 意 に 海 や 川 に 落 ちた 時 のため 靴 をはいたまま 服 を 着 たままで 水 に 浮 いて 救 助 を 待 つ 着 衣 水 泳 を 体 験 し 水 の 事 故 から 自 分 の 命 を 守 る 技 術 を 身 につ けて ほしいと 考 えました < 助 かるための 心 がまえ~ 浮 いて 待 て! > 水 の 事 故 に あ っ た 時 の 対 処 方 法 を 指 導 し て い る 水 難 学 会 に よ る と あ わ て な い 体 力 を 温 存 し て 救 助 を 待 つ と い う こ と が 基 本 で 服 を 着 た ま ま 無 理 に 泳 ご う と す る 必 要 は な く 浮 い て 待 て が キ ー ワ ー ド だ そ う で す 昔 と 違 っ て 今 は 靴 も 衣 類 も 素 材 革 命 が 進 ん で 材 質 が 軽 く な り 浮 き や す く な っ て い る の だ そ う で す 服 を 着 た ま ま 水 に 落 ち る と 服 が 体 に は り つ い て 動 き が 制 限 さ れ る の で あ わ て て し ま い ま す が 人 の 身 体 は コツをつかめば 必 ず 浮 くのだそうです 一 番 大 切 な こ と は ラ ッ コ の よ う に 大 の 字 で 仰 向 け の 姿 勢 に な り 体 の 力 を 抜 い て 背 浮 き の 姿 勢 を と る こ と で す 東 日 本 大 震 災 の 時 宮 城 県 で 津 波 に の ま れ そ う に な っ た 小 学 生 が 訓 練 で 習 っ た こ と を 実 践 し ラ ッ コ の 姿 勢 を と っ て 浮 き 上 が り あ わ て ず に 仰 向 け で 背 浮 き の 姿 勢 の ま ま 浮 い て 呼 吸 を 確 保 し 体 力 の 消 耗 を 防 い で 救 助 を 待 ち 助 か っ た と い う 例 が 実 際 に あ る そうです もちろん 自 然 条 件 や 人 に よって 体 力 が 異 なりますから 全 てにこの 方 法 が ベス トで あるとは 限 りませんが いずれにしても 子 どもたちは 着 衣 水 泳 を 体 験 することにより 着 衣 時 の 動 き にくさ 濡 れ た 服 の 重 さを 感 じとり いざというときの 心 構 え がで きる も のと 思 います さらに 子 どもたちだけで 水 辺 で 遊 ぶことは 危 険 であり 大 人 と 一 緒 に 出 かけることの 大 切 さも 自 覚 してほしいものです

15 七 変 化 と 梅 雨 将 軍 H27.7.1( 水 ) 雨 は 恵 み と 災 害 の 両 刃 の 剣 と 言 わ れ ま す 空 梅 雨 (か ら つ ゆ ) で は 水 不 足 多 す ぎると 豪 雨 となります 特 に 梅 雨 の 末 期 の 集 中 豪 雨 は 日 本 の 各 地 に 大 きな 災 害 を 引 き 起 こします そんな 中 梅 雨 の 日 の 楽 しみと 言 え ば 紫 陽 花 を 見 るこ とで す 紫 陽 花 や 藪 を 小 庭 の 別 座 敷 芭 蕉 紫 陽 花 の 花 がしっとりと 咲 く 藪 には 趣 き があり そこには 風 流 な 小 庭 の 座 敷 が ある よ うだと 詠 ま れた 句 です 降 る 雨 が 染 めたかのように 紫 陽 花 が 色 づく 梅 雨 の 日 々 庭 先 に 様 々 な 色 の 紫 陽 花 が 咲 いている 様 子 は 心 を 和 ませるものがあります そんな 紫 陽 花 は 少 しずつ 花 の 色 を 変 えていきます 咲 き 始 め の 青 そ れが 白 み が かったかと 思 う と 紫 碧 色 ( し へ き い ろ )に 変 わり 雨 に 濡 れ ていくと 青 から 紅 へ そして 青 黄 から 茶 褐 色 になって 枯 れていく こ れが 紫 陽 花 の 七 変 化 だそうです なるほど 紫 陽 花 の 花 言 葉 は 変 わりやすい 心 です 紫 陽 花 や きのふの 誠 けふの 嘘 子 規 さて 冬 将 軍 ならぬ 梅 雨 将 軍 と 言 えば 織 田 信 長 が 有 名 です 梅 雨 末 期 の 桶 狭 間 の 戦 い において 梅 雨 のことを 知 り 尽 くしていた 信 長 は 土 砂 降 り の 激 し い 雨 を 隠 れ 蓑 に し て 今 川 軍 の ス キ を つ い た と 言 わ れ て い ま す 機 こ そ 勝 敗 の 鍵 雨 があがった 瞬 間 敵 はほっとして 気 をゆるめるであろう そこを 狙 うの だ という 指 示 を 出 したそうです ま た 長 篠 の 戦 い で は 最 強 の 騎 馬 軍 団 の 武 田 軍 に 対 し て 火 縄 銃 の 鉄 砲 隊 に 頼 る 信 長 軍 に は やはり 梅 雨 の 晴 れ 間 が 味 方 をしたと 言 われています この 戦 い にお い ても 天 候 の 変 化 を 味 方 に 付 ける 臨 機 応 変 の 姿 が 見 られます そして この2 つの 勝 利 が 信 長 を 天 下 人 へとつき 進 ませました し か し い い こ と ば か り で は あ り ま せ ん 1582 年 に 起 き た 本 能 寺 の 変 も や は り 梅 雨 の 時 期 でした 秀 吉 が 梅 雨 で 増 水 した 川 をせき 止 め 備 中 高 松 城 を 水 攻 めに し て い た 時 に 起 き て い ま す つ ま り 人 生 の 大 き な タ ー ニ ン グ ポ イ ン ト が 梅 雨 の 時 期 だ っ た 信 長 は ど ち ら にしても 雨 男 だったということでしょうか ただ 梅 雨 と い う 概 念 は 江 戸 時 代 に 中 国 か ら 伝 わ っ た と されていますので 梅 雨 将 軍 信 長 とは 歴 史 小 説 の 話 なのかもしれません 最 近 は 気 象 の 変 化 が 激 し く 梅 雨 の 末 期 に は 突 然 の 大 雨 や ヒョウが 降 ることがあります 紫 陽 花 のような 天 気 の 七 変 化 かもし れま せ んが 子 ど もたちの 安 全 な 登 下 校 を 確 保 するために 気 象 状 況 の 変 化 に 細 心 の 注 意 を 払 っていきたいと 思 います

16 麦 秋 (ば く し ゅ う )の 候 H27.6.1( 月 ) 拝 啓 麦 秋 の 候 草 木 の 色 も 日 に 日 に 深 くなっている 今 日 このごろですが お 元 気 でお 過 ごしでしょうか 麦 秋 とは かつて 日 本 映 画 全 盛 期 に 小 津 安 二 郎 監 督 の 映 画 のタイトルにも 使 わ れ て い ま し た 特 に 秋 と い う 文 字 が 使 わ れ て い ま す の で い わ れ を よ く 考 え な いと 使 う 時 期 を 間 違 ってしまう 可 能 性 があります この 時 期 濃 尾 平 野 の 南 部 地 域 や 祖 父 江 から 岐 阜 県 側 の 海 津 へ 木 曽 川 を 越 える と 黄 色 く 色 づいた 田 園 風 景 を 観 ることができます 車 を 止 めて その 一 帯 をよく 観 察 す る と 麦 の 穂 が 実 り 辺 り 一 面 が 金 色 に 輝 き 風 に 心 地 よさそうにそよいでいま す そんな 風 景 は まさに 麦 秋 の 候 という 季 語 にぴったりで 6 月 の 季 節 は 初 夏 な の で す が 麦 に と っ て は 収 穫 の 秋 実 り の 秋 と な る わ け で す 何 だ か 日 本 人 と 自 然 との 密 接 な 関 係 が よく 表 現 されているように 思 われ 感 慨 深 いものを 感 じま す さ ら に 実 り の 秋 と い う こ と で 繁 栄 を イ メ ー ジ さ せ る 縁 起 の い い 挨 拶 とも 言 われます このように 植 物 の 種 をまく 時 期 は 春 ば かりではなく 麦 のように 前 年 度 の 秋 のも の がたくさんあります 麦 は 新 芽 を 出 してしばらくすると 立 派 に 大 きく 育 てる ため に 敢 え て 試 練 が 与 えられます 寒 い 寒 い 冬 の 時 期 に 行 われる 麦 踏 み です 現 在 は 昔 と は 違 い 機 械 化 が 進 んでいるそうで 農 家 の 人 が 一 つずつ 丁 寧 に 踏 みつ けて 歩 くことはないそうです 学 校 生 活 に おいても すべてのスタートが 春 ではなく 先 を 見 越 して その 時 期 に 合 った 種 まきをすることが 肝 要 です そして 少 々の 困 難 や 苦 労 を 乗 り 越 え て より たくましく 育 つように 支 援 していくことも 大 切 なことです 一 方 梅 雨 入 り を 控 え 刈 り 取 る 時 期 を 間 違 うと せっかく 育 てた 麦 が 台 無 し にな っ てしまうそうです たわわに 実 った 麦 が 雨 に 当 たり 続 け 水 につかったりした ら 大 変 です 天 気 予 報 をにらみながら 梅 雨 入 り 前 にいかにタイミングよく 刈 り 入 れる か が 難 し いそうです 何 事 も 情 報 を 正 確 に つかみ タイミングよく 判 断 すること が 肝 要 だと 言 うことでしょう さて 先 週 は30 度 を 超 えるような 暑 い 日 が 続 き 熱 中 症 が 心 配 されるところ です が 今 週 は 市 内 バ スケットボール サッカー 大 会 が 行 われます 昨 年 の 秋 以 来 授 業 後 一 生 懸 命 取 り 組 んできた 練 習 の 成 果 を 十 分 に 発 揮 してほしいと 応 援 しています 頑 張 れ 稲 東 健 児! なでしこジャパン にちなみ 今 年 は 縁 起 の 良 い 紅 白 の ナデシコの 鉢 植 え を 用 意 しました

17 藤 の 花 とホトトギス H27.5.1( 金 ) 初 夏 を 思 わ せ る 陽 気 の 中 運 動 場 の 南 東 に あ る 藤 棚 で は 淡 い 紫 や 紅 の 花 弁 が 甘 い 香 り を 周 辺 に 漂 わ せ て い ま す 今 年 の 開 花 は 例 年 よ り 早 く 2 0 日 ご ろ か ら 咲 き 始 め 間 も な く 満 開 に な り そ う で す こ の 辺 り で は 江 南 市 の 曼 荼 羅 寺 や 津 島 市 の 天 王 川 公 園 の 藤 が と っ て も 有 名 で す が 校 庭 に あ る 藤 も 季 節 の 移 り 変 わ り を ダ イ レ ク ト に 感 じ さ せ て く れ て な か な か い い も の で す 藤 棚 の 近 く に 寄 っ て 行 く と ブ ー ン ブ ー ン と 結 構 大 き な 羽 音 を 立 て て ク マ バ チ が た く さ ん 飛 ん で い ます ミツバチの 雄 ではありませんが 今 話 題 のドローンの 名 前 の 由 来 を 彷 彿 させ ます 春 と 夏 の 境 に 咲 く 藤 の 花 に は 二 季 草 ( ふ たきぐさ) とい う 別 名 も あ る そ う で 藤 の あ の 紫 の 色 は 春 と 夏 の 色 青 と 赤 が 混 ざ り 合 っ た 色 だ と 言 わ れ て い ま す 一 方 西 門 前 の 花 壇 で 咲 い て い る ル ピ ナ ス ( 一 昨 年 に 地 域 の 方 か ら 種 を い た だ き ま し た ) は 花 穂 が 約 7 0 セ ン チ と 長 く 藤 の 花 を 逆 さ に し た よ う な 外 見 か ら 別 名 ノ ボ リ フ ジ と も 呼 ば れ て い ま す こ ど も の 日 が 近 づ く こ の 季 節 鯉 の ぼ り 同 様 子 ど も た ち が 大 き く 成 長 す る ようにと 見 守 ってくれています と こ ろ で 藤 と い え ば つ き も の な の が ホ ト ト ギ ス で す ホ ト ト ギ ス と い え ば 安 土 桃 山 時 代 に 天 下 統 一 を も く ろ ん だ 3 人 の 武 将 に な ぞ ら え た 川 柳 が 有 名 で す 鳴 か な い ホ ト ト ギ ス に 対 して 3 人 がどう 対 応 す るのか その 手 法 から 性 格 の 違 い を 後 世 の 人 がうまく 言 い 表 したものです 鳴 かぬなら 殺 してしまえ ホトトギス 織 田 信 長 の 強 引 さと 気 難 しさを 表 現 していると 言 われます 鳴 かぬなら 鳴 かせてみよう ホトトギス 豊 臣 秀 吉 のしたたかさと 積 極 性 を 表 現 していると 言 われます 鳴 かぬなら 鳴 くまで 待 とう ホトトギス 徳 川 家 康 の 機 が 熟 すまで 待 つという 忍 耐 強 さを 表 していると 言 われます それぞれの 生 い 立 ちや 歴 史 的 な 背 景 そしてその 時 その 時 の 置 かれた 状 況 によ って 戦 略 や 戦 術 は 異 なりますが 3 人 の 持 ち 味 や 魅 力 にもなっています こ れ ら の 句 に 対 し て 現 パ ナ ソ ニ ッ ク の 創 業 者 で あ る 松 下 幸 之 助 氏 は 生 前 鳴 か ぬ な ら そ れ も ま た 良 し ホ ト ト ギ ス と 詠 ん だ こ と で 知 ら れ ま す あ る が ま ま 自 然 のままがよい と 言 っているのでしょうか さて 27 日 には 今 年 初 めての 授 業 参 観 と 平 成 27 年 度 の PTA 総 会 が 開 かれ まし た そ の 後 昨 年 度 ま で の 学 級 懇 談 会 か ら 変 更 し 学 年 懇 談 会 を 実 施 し ま し た 教 職 員 一 人 一 人 の 持 ち 味 と 専 門 性 を 生 か す べ く 教 科 担 任 制 を 一 部 導 入 す る こ とにしました 学 年 がチームとなって 教 育 活 動 に 当 たるようにするため 学 級 単 位 ではなく 学 年 での 懇 談 会 とさせていただきました よろしくお 願 いします

18 3つの あ ~ 平 成 2 7 年 度 入 学 式 の 式 辞 から~ H27.4.6( 月 ) 百 花 繚 乱 の 春 の 佳 き 日 に 平 成 27 年 度 稲 沢 東 小 学 校 入 学 式 が 挙 行 できますこ とを 心 より 嬉 しく 思 っております ま ず も っ て 新 入 生 の み な さ ん 入 学 お め で と う 先 生 た ち は み な さ ん と 会 え る こ と を と て も 楽 し み に 待 っ て い ま し た 今 こ う し て み な さ ん の 様 子 を 見 て い ま す と 背 筋 が ぴ ん と 伸 び て 目 を 大 き く 開 い て 耳 を 澄 ま し て お 話 が 聞 け て い ま す もう 立 派 な 小 学 生 に 見 えますよ さ あ 今 日 は み な さ ん に 明 る く 元 気 に 学 校 生 活 を 送 る た め の 3つの あ のお 話 しをします 1つ 目 の あ は あいさつ です お は よ う! お や す み な さ い! お は よ う か ら 元 気 い っ ぱ い の 一 日 が 始 ま り お や す み な さ い で ゆ っ く り 休 み ま す お はようからおやすみなさいまで 気 持 ちの 良 い 挨 拶 をすると おうちの 人 も 友 達 もみんな 元 気 になります 2つ 目 の あ は 安 全 です 行 ってきます といって おうちから 集 合 場 所 へ 行 き 学 校 へ 来 ます 一 日 元 気 よく 生 活 をして 元 気 よく ただいま と 帰 ってくるのをおうちの 人 た ちは 心 待 ちにしています 飛 び 出 しをしないように 交 通 安 全 に 気 を 付 けてくださいね 3つ 目 の あ は ありがとう です おうちの 人 だけでなく 先 生 方 や 地 域 の 方 そして 後 ろ の 席 にいる6 年 生 の みな さんにも 大 変 世 話 になります いつもありがとうの 気 持 ちを 大 切 にしましょう 笑 顔 たっぷりのありがとうは 幸 せを 呼 ぶ 言 葉 です いつも 笑 顔 でありがと うと 言 っていると いいことがきっと 向 こうからやってきます あいさつ 安 全 ありがとう 3つの あ よくおぼえておいてくださいね 次 に 新 6 年 生 のみなさんにお 願 いです 登 下 校 を 始 め 学 校 生 活 すべてにわたり みなさんが 稲 沢 東 小 学 校 の 良 き 伝 統 を 受 け 継 ぐリーダーになります みんなで 新 しい 歴 史 を 作 っていってください 振 り 返 ってみれば みなさんもかつては1 年 生 でした どうか 新 入 生 のみなさ んの お 世 話 をよろしくお 願 いします 後 になりましたが 保 護 者 の 皆 様 本 日 はお 子 さんのご 入 学 誠 におめでとう ござ い ます 心 か らお 祝 い 申 し 上 げます 小 学 校 の 入 学 に 当 たり 保 護 者 の 皆 様 にも お 子 さんの 健 やかな 成 長 のためにお 願 いがございます 1つ 目 は 大 人 の 3つの あ です あせらず 慌 てず あきらめず です 子 どもたちの 持 ち 味 や 成 長 のスピードは 一 人 一 人 全 く 違 います 他 の 子 と 比 べて あ せったり 少 しのつまずきで 慌 てたり すぐにあきらめたりしないようにした いも の です 教 育 の 成 果 は20 年 から30 年 先 になって 初 めて 分 かるものです つま り お 父 さんやお 母 さんの 年 齢 になって 分 かってくるものだと 思 います どうか 3 つの あ の 心 構 え を 大 切 に し て 子 ど も た ち を あ た た か く 見 守 っ て い た だ き た い と 思 います 2つ 目 は 基 本 的 な 生 活 習 慣 を 身 に 付 け られるよう ご 支 援 をお 願 いしたいと いう こ と で す 早 寝 早 起 き 朝 ご は ん に ト イ レ な ど の 生 活 習 慣 こ そ が 確 か な 学 力 や 体 力 豊 かな 心 など 生 きる 力 の 根 っこ となります 食 べる という 漢 字 は 人 を 良 くする と 書 きます 私 ども 職 員 一 同 保 護 者 の 皆 様 とともに かけがえのない 子 どもたちを 大 切 に 育 て てまいる 所 存 です ご 理 解 とご 協 力 をいただきますようお 願 いいたします 結 びに 当 たり 新 入 生 124 名 の 健 やかな 成 長 を 祈 念 申 し 上 げ 式 辞 といたします

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

広報かわうえ4月23日号.indd

広報かわうえ4月23日号.indd 総 務 所 No, 37 広 報 2 23 発 土 陽 ざ 桜 花 見 守 2 少 男 5 女 3 8 友 達 遊 ね 見 守 げ 関 連 記 P5 表 紙 P P2 総 務 所 知 P3 P 公 民 米 づ 営 農 通 信 夕 歌 壇 夕 俳 壇 P5 P P7 P8 5 総 グ ラ ウ 津 防 季 実 施 前 辞 令 交 付 伝 達 3 若 者 回 個 隊 規 律 班 器 具 庫 清 掃 車 両

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在 市 民 活 動 のはじめ 方 ~ 地 域 のためになにから 始 める? ~ 開 催 日 時 1 平 成 24 年 9 月 2 日 ( 日 ) 10:00~ 12:00 2 平 成 24 年 9 月 16 日 ( 日 ) 13:30~16:30 3 平 成 24 年 10 月 14 日 ( 日 ) 10:00~11:30 開 催 場 所 1 3 東 村 山 市 役 所 北 庁 舎 第 2 会 議 室

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

17 1 世 界 訪 チ ャ ヘ ホ 22 2 太 陽 最 高 哀 川 翔 26 3 今 斎 藤 3 4 夕 食 事 ず 褒 食 伊 達 政 宗 34 5 物 知 愛 ね ば ず 物 愛 知 ね ば 西 田 幾 多 郎 37 6 丈 夫 配 休 宗 純 4 7 僕 金 輪 際 二 度 困 葉 吐 高 杉 晋 作 43 8 ワ ワ 宇 宙 息 子 46 9 ピ ク カ バ 持 走 楽 ほ 道 加 藤

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

1212_takarazuka1【3】_再.indd

1212_takarazuka1【3】_再.indd 外 局 番 省 略 料 金 表 示 無 料 対 象 申 込 問 合 わせ 先 愛 定 員 抽 選 定 員 先 着 順 ド 勤 万 そ 外 万 歳 腫 ゅ 瘍 カ 検 査 有 料 希 望 当 受 付 程 度 専 乳 わ 4 対 象 歳 乳 幼 4 対 象 歳 未 満 乳 母 帳 持 参 不 ニ ニ 4 幼 母 帳 持 参 離 乳 食 級 今 乳 離 乳 食 栄 養 指 導 阪 神 北 広 域 急 病

More information

1 甲殻類

1 甲殻類 四 日 市 市 磯 津 の 生 物 等 の 地 域 言 葉 ( 伝 承 諺 ) 1 気 象 に 関 するもの 磯 津 ことばを 記 録 す る 会 1 動 物 に 関 す る も の 区 分 種 別 伝 承 諺 ( 磯 津 こ と ば ) 哺 乳 類 猫 ネ コ が 顔 を 掻 く と 雨 ネ コ の 鼻 が 乾 く と 雨 三 毛 猫 の 雄 は 天 気 を 知 る 鳥 類 一 般 鳥 が 低 い

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す 平 成 21 年 度 第 4 回 知 事 とのタウンミーティング パネルディスカッション 発 言 録 ~さらなる 観 光 振 興 へつなげるために~ 日 時 平 成 2 1 年 1 2 月 2 1 日 ( 月 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 3 時 3 0 分 会 場 魚 沼 市 地 域 振 興 セ ン タ ー ( 魚 沼 市 吉 田 1 1 4 4 ) 目 次 1 知 事 あ い さ つ 1

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

untitled

untitled H. 報 例 期 専 処 承 認 及 び 条 例 等 程 べ 原 可 主 次 専 処 承 認 専 処 治 基 づ 本 来 必 要 項 緊 急 招 集 限 充 段 治 規 次 専 処 報 告 承 認 可 税 条 例 康 険 税 条 例 税 等 伴 後 期 高 齢 医 療 付 税 付 税 池 公 園 管 営 増 減 ゴ フ 材 料 費 払 項 ポ ツ 公 園 管 営 増 減 器 替 払 項 異 道 池

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案)

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 光 市 文 化 振 興 財 団 光 市 文 化 セ ン タ ー 事 業 計 画 光 市 文 化 セ ン タ ー は 光 市 の 特 色 を 踏 ま え な が ら 歴 史 芸 術 科 学 な ど の 文 化 活 動 の 普 及 発 展 に 尽 く し て きた 27 年 度 も 教 育 や 文 化 の 充 実 発 展 に 寄 与 す

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使 東 震 災 被 災 舞 2 5 25 リ バ サ ド ホ 連 迎 在 10 近 ぞ 各 向 図 欲 揚 指 志 賛 法 賛 助 協 得 昨 12 4 ユ ネ コ 遺 護 条 約 8 政 我 伝 統 記 載 登 録 決 追 風 朗 重 性 再 確 財 ロ フ ェ ナ 集 団 重 性 寄 引 続 広 責 重 受 止 不 可 欠 影 響 及 ぼ 改 途 影 響 視 常 深 係 直 接 施 設 通 健 康

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普 違 県 智 頭 町 産 智 頭 杉 使 専 用 ポ 七 ポ 消 印 違 消 印 可 愛 消 印 七 ポ 特 別 ポ 届 盆 盆 期 八 霊 在 呼 ぜ 忘 忘 頃 確

81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普 違 県 智 頭 町 産 智 頭 杉 使 専 用 ポ 七 ポ 消 印 違 消 印 可 愛 消 印 七 ポ 特 別 ポ 届 盆 盆 期 八 霊 在 呼 ぜ 忘 忘 頃 確 玉 商 コ 金 全 払 戻 信 満 衣 香 ツ ツ 故 信 満 コ 境 港 産 工 賞 選 途 ふ ウ 下 鬼 太 郎 男 尋 県 住 正 直 県 観 光 ポ 詳 有 昨 秋 訪 辿 着 経 営 友 則 返 金 保 証 付 コ 昨 秋 最 訪 境 港 安 商 探 訪 6 81 第 5 号 2011 直 接 壁 具 垂 逃 板 ゲ ゲ ゲ 鬼 太 郎 ホ ダ T シ ャ ツ 鬼 太 郎 ズ 注 板 普

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

◆◆巻頭インタビュー◆◆◆

◆◆巻頭インタビュー◆◆◆ 52 号 2 01 1 盛 夏 号 2011 8 1 発 行 NPO 市 民 ユニットぼ 八 王 子 市 横 川 町 1166-2 メゾ 101 号 042-621-4781 発 行 責 任 者 鈴 木 真 砂 子 URL. http://www10.ocn.ne.jp/~ribo 利 用 者 製 品 ぎ 絵 折 紙 細 工 目 次 告 2 特 集 東 本 震 リポト 3 トピッス< > 6 健 康

More information

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc 晩 蔵 仁 ひ 昨 夢 流 涙 新 宿 雑 踏 雷 鳴 放 電 球 車 ガ ラ 砕 散 全 裸 少 現 驚 々 少 ビ 影 消 2 家 食 卓 食 武 弟 パ ジ ャ マ 姿 起 武 起 遅 ぞ 無 兄 ブ 着 武 び 間 内 ゆ 楽 む 武 食 終 新 広 げ 武 へ ぇ 昨 西 新 宿 全 裸 性 表 興 味 示 ブ ビ リ モ コ 触 母 ブ 運 少 起 校 新 越 武 武 母 無 駄 無 駄

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E!

46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 第 章 -Jin 出 会 46 変 始 人 生 幸 手 入!? 第 章 ダ メ 人 間 運 命 本 導 出 会 章 出 会 変 始? 海 外? 向 空 港 到 着 最 初 何 ょ 荷 受 取? 確 ず 国 使 替 ょ E C H A N G E! 47 第 章 -Jin 出 会 書 看 板 探 本 通 貨 別 通 貨 替 ア メ リ カ $ ( ) ヨ ロ ッ パ ( ユ ロ ) 中 国 元 ( げ

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 3 じ 定 義 ざ 言 次 組 織 所 属 ず 独 立 オ ィ モ バ 環 境 駆 使 ど 場 所 就 業 定 好 見 見 辞 独 立 気 楽 街 中 ェ P C 広 げ 作 業 ど 出 勤 彼 当 言 必 ず 言 切 ょ 4 辞 関 係 組 織 頼 ず 力 得 決 簡 単 ょ

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 12 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 はる ラ ン まん づつみ 春 RUN 漫 しばたジョギング 大 会 in 加 治 川 桜 堤 得 する 街 のゼミナール まちゼミ 紫 雲 寺 支 所 移 転 しゅんじょう かくいち 講 演 会 市 島

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

生きとし生けるものは

生きとし生けるものは 田 実 全 集 説 第 29 巻 ( 喜 劇 テ 喜 劇 古 中 新 時 期 喜 劇 古 喜 劇 時 代 力 物 名 指 攻 撃 紀 元 前 九 終 中 喜 劇 合 唱 部 分 失 ぜ 有 名 物 ぼ 物 姿 攻 撃 紀 元 前 七 終 新 喜 劇 場 合 風 デ 俗 喜 ブ 劇 ズ プ ゥ テ レ テ ィ 理 解 デ 希 英 中 辞 典 ) η κωμωδ'ια,, 6 勢 ぞ 長 男 ヨ

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

ニュ 6 春 号 19 1 3 第 3 種 郵 便 認 可 毎 18 1356 発 SSKP 通 巻 5691 号 014 4 10 発 特 集 ト 規 希 望 状 況 環 境 踏 適 選 定 付 調 必 支 護 認 定 般 相 談 不 明 点 ざ 軽 ポ 問 合 規 組 待 社 公 益 ポ 貸 与

ニュ 6 春 号 19 1 3 第 3 種 郵 便 認 可 毎 18 1356 発 SSKP 通 巻 5691 号 014 4 10 発 特 集 ト 規 希 望 状 況 環 境 踏 適 選 定 付 調 必 支 護 認 定 般 相 談 不 明 点 ざ 軽 ポ 問 合 規 組 待 社 公 益 ポ 貸 与 ニュ 6 春 号 19 1 3 第 3 種 郵 便 認 可 毎 18 1356 発 1014 4 10 発 SSKP 通 巻 5691 号 常 務 理 山 田 雅 巻 頭 www.meguminosono.jp/ www.meguminosono.jp/ URL URL 早 私 仕 就 起 公 私 順 風 満 帆 修 羅 体 験 乗 ぁ 柄 振 返 反 省 私 甘 限 社 ず 数 ~ 予 想 制 含

More information