Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 第 2 回 日 本 醸 造 学 会 若 手 シンポジウム 要 旨 集 平 成 22 年 9 月 15 日 ( 水 ) ~ 平 成 22 年 9 月 16 日 ( 木 ) 北 とぴあ( 東 京 都 北 区 王 子 )にて

2

3 第 2 回 日 本 醸 造 学 会 若 手 シンポジウム スケジュール 第 1 日 目 9 月 15 日 ( 水 ) ポスター 発 表 北 とぴあ 9 階 901 会 議 室 *12:00~15:00 までの 間 は 日 本 醸 造 学 会 大 会 参 加 者 であれば 自 由 にポスター をご 覧 いただけます 15:00 以 降 は 若 手 シンポジウムの 参 加 費 をお 支 払 いいた だきます 11:00~ 開 場 (901 会 議 室 ) 12:00~ ポスター 掲 示 開 始 (ポスター 発 表 者 はこの 時 間 までに 掲 示 を 終 える ようにして 下 さい 14:30~ 受 付 開 始 当 日 参 加 一 般 9,000 円 学 生 3,000 円 15:15~ ポスター 討 論 ( 奇 数 ポスター コアタイム 30 分 ) * 学 会 誌 の 広 告 と 予 定 が 変 わっています 15:45~ ポスター 討 論 ( 偶 数 ポスター コアタイム 30 分 ) * 学 会 誌 の 広 告 と 予 定 が 変 わっています 16:30 ポスター 討 論 終 了 ポスター 賞 投 票 16:45~ 総 会 ( 北 とぴあ 9 階 和 室 ) * 学 会 誌 の 広 告 と 予 定 が 変 わっています 17:30~ 交 流 会 ( 北 とぴあ 16 階 錦 の 間 ) 交 流 会 ではポスター 賞 の 発 表 と 表 彰 を 行 います 19:30 交 流 会 終 了 合 宿 参 加 者 は 太 栄 館 に 移 動 します 20:30~ 醸 造 学 会 若 手 の 会 合 宿 スタート 太 栄 館 案 内 東 京 都 文 京 区 本 郷 TEL/FAX / URL: 北 とぴあからは 交 流 会 終 了 後 に 運 営 委 員 が 案 内 いたします 南 北 線 王 子 駅 から 乗 車 し 東 大 前 で 下 車 徒 歩 8 分 です pg. 1

4 第 2 日 目 9 月 16 日 ( 木 ) シンポジウム 北 とぴあ 15 階 ペガサスホール 9:30~ 開 場 10:00~ 糸 状 菌 二 次 代 謝 産 物 のケミカルバイオロジー ( 独 ) 理 化 学 研 究 所 基 幹 研 究 所 長 田 裕 之 先 生 11:00~ ウイスキーづくりの 継 承 と 革 新 サントリー( 株 ) チーフブレンダー 輿 水 精 一 先 生 - 昼 食 - 13:00~ ゲノムの 個 人 差 と 栄 養 や 食 品 の 関 係 ( 独 ) 理 化 学 研 究 所 ゲノム 医 科 学 研 究 センター 鎌 谷 直 之 先 生 14:00~ 日 本 酒 は 世 界 の 酒 になれるか 外 務 省 広 報 文 化 交 流 部 門 司 健 次 郎 先 生 15:00 閉 会 参 考 太 栄 館 地 図 pg. 2

5 ポスター 賞 について 若 手 シンポジウムでは 参 加 者 全 員 の 投 票 によるポスター 賞 の 授 与 を 行 いま す ポスター 賞 は 以 下 の 二 つで 選 定 方 法 は 以 下 のとおりです ポスター 賞 カテゴリー 醸 造 研 究 の 未 来 を 開 く 醸 造 ベーシックサイエンス 賞 (ノーメル 未 来 賞 ) 醸 造 技 術 をパワーアップする 醸 造 イノベーション 賞 (ノーメル 技 術 賞 ) * なお 醸 造 エコノミー マーケティング 賞 を 予 定 しておりましたが 今 回 は 発 表 者 が 無 いため 該 当 なしといたしました 選 定 方 法 1. 各 ベストポスターの 賞 ごとに 参 加 者 全 員 が 投 票 を 行 い 最 も 得 票 が 多 かったポスター 賞 とする 2. 最 高 得 点 のポスターの 投 票 数 が 同 じだった 場 合 運 営 委 員 による 決 選 投 票 を 行 い 決 定 する ポスター 発 表 の 方 へ 1.ポスター 発 表 の 場 所 は 北 とぴあ 9 階 901 会 議 室 です 2.パネルサイズ:90 cm X 180 cm(a0 一 枚 もの 数 枚 の 組 合 せでも OK)で す 3.ポスターの 掲 示 は 9 月 15 日 午 前 12 時 までに 行 っていただきますようお 願 いいたします 押 しピン 等 は 会 場 内 に 用 意 しております 係 員 にお 伺 い 下 さい 4.ポスター 発 表 は 15 時 ( 醸 造 学 会 本 会 が 終 了 次 第 )から 始 まります 時 間 が 変 更 になっています 5.15 時 00 分 ~15 時 45 分 までが 奇 数 ポスターの 討 論 時 間 6.15 時 45 分 ~16 時 30 分 までが 偶 数 ポスターの 討 論 時 間 7.ポスターは 翌 日 の 講 演 会 でも 掲 示 する 予 定 です ポスター 発 表 時 間 が 終 わりましても 剥 がさないで 下 さい 8. 交 流 会 の 席 でベストポスター 賞 の 発 表 を 行 います ベストポスター 賞 の 選 定 方 法 は 以 下 のとおりです 9.ポスターは 9 月 16 日 ( 木 )の 講 演 会 終 了 後 に 撤 去 して 下 さい 撤 去 の 際 押 しピンはボードに 刺 していただければ 後 ほど 係 が 回 収 いたします pg. 3

6 ポスター 発 表 目 次 P01 DNA マーカーを 用 いた 玄 麦 からの 国 内 外 国 産 大 麦 の 品 種 判 別 田 野 上 佳 枝 ( 三 和 酒 類 株 式 会 社 三 和 研 究 所 ) P02 炭 素 安 定 同 位 体 比 による 酒 類 の 原 材 料 判 別 堀 井 幸 江 ( 独 立 行 政 法 人 酒 類 総 合 研 究 所 ) P03 転 写 因 子 AmyR が Aspergillus nidulans の 二 次 代 謝 に 及 ぼす 影 響 の 解 析 上 村 曜 介, 鳴 神 寿 昭, 桝 尾 俊 介, 高 谷 直 樹 ( 筑 波 大 院 生 命 環 境 ) P04 糸 状 菌 Aspergillus nidulans の 糖 転 移 酵 素 Pmt の 基 質 探 索 瀬 戸 和 史 1, 二 神 泰 基 2, 竹 川 薫 2, 後 藤 正 利 2 ( 九 大 院 生 資 環 1, 九 大 院 農 2 ) P05 Aspergillus oryzae の histone deacetylase(hdac) の 機 能 解 析 河 内 護 之 1 西 浦 未 華 1 岩 下 和 裕 1, 2 2 山 田 修 ( 広 島 大 学 先 端 物 質 科 学 研 究 科 分 子 生 命 機 能 科 学 専 攻 1 ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 2 ) P06 米 麹 特 有 の 麹 菌 (Aspergillus oryzae)タンパク 質 の 機 能 解 析 花 田 照 明 1 福 原 慎 一 郎 1 河 野 美 乃 里 2 北 村 洋 朗 1 岩 下 和 裕 1, 2 2 山 田 修 ( 広 島 大 学 先 端 物 質 科 学 研 究 科 分 子 生 命 機 能 科 学 専 攻 1 ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 2 ) P07 醤 油 用 黄 麹 菌 (Aspergillus oryzae RIB915 株 )のゲノムシーケンス 解 析 藤 村 友 明 1 野 村 孝 典 1 小 田 健 太 1 伊 藤 岳 1 岩 下 和 裕 1, 2 2 山 田 修 ( 広 島 大 学 先 端 物 質 科 学 研 究 科 分 子 生 命 機 能 科 学 専 攻 1 ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 2 ) P08 実 用 麹 菌 株 ゲノムの 分 子 進 化 と 醸 造 特 性 との 関 係 伊 藤 岳 1 妹 尾 悠 平 1 岩 下 和 裕 1, 2 2 山 田 修 ( 広 島 大 学 先 端 物 質 科 学 研 究 科 分 子 生 命 機 能 科 学 専 攻 1 ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 2 ) P09 清 酒 酵 母 ミトコンドリアの 拡 大 培 養 時 の 形 態 変 化 とその 物 質 代 謝 への 影 響 元 村 沙 織 北 垣 浩 志 ( 佐 賀 大 学 ) P10 転 写 因 子 Msn2/4p を 介 したストレス 応 答 とエタノール 発 酵 の 関 係 渡 辺 大 輔 野 口 千 笑 周 延 呉 洪 赤 尾 健 下 飯 仁 (( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 ) pg. 4

7 P11 醸 造 関 連 ストレスに 対 する 酵 母 の 応 答 機 構 の 解 析 井 沢 真 吾 ( 京 都 工 芸 繊 維 大 学 応 用 生 物 学 部 門 微 生 物 工 学 研 究 室 ) P12 焼 酎 酵 母 SH-4 のゲノム 解 析 金 光 尚 哉 ( 三 和 酒 類 株 式 会 社 三 和 研 究 所 ) P13 下 面 ビール 酵 母 (bottom-fermenting yeast)に 特 徴 的 なゲノム 構 造 尾 形 智 夫 (アサヒビール 酒 類 技 術 研 究 所 ) P14 地 域 資 源 を 活 用 した 新 規 調 味 料 に 関 する 調 査 研 究 田 中 淳 也 (( 地 独 ) 山 口 県 産 業 技 術 センター 企 業 支 援 部 食 品 技 術 グループ) P15 乳 酸 菌 由 来 の 短 鎖 脂 肪 酸 に 特 異 性 を 示 す 脂 肪 酸 エステル 加 水 分 解 酵 素 について 岸 野 重 信 1,2 石 垣 佑 記 1,2 内 堀 良 重 2 横 関 健 三 1 清 水 昌 2 小 川 順 2 (1, 京 大 院 農 産 業 微 生 物 2, 京 大 院 農 応 用 生 命 ) P16 高 尿 酸 血 症 予 防 に 有 効 な 乳 酸 菌 プロバイオティクスの 開 発 元 吉 智 美 1 小 園 伊 織 1 堀 之 内 伸 行 1 横 関 健 三 2 清 水 昌 1 小 川 順 1 (1, 京 大 院 農 応 用 生 命 2, 京 大 院 農 産 業 微 生 物 ) P17 酒 蔵 の 乳 酸 菌 米 のしずく の 開 発 岩 井 大 悟 ( 菊 正 宗 酒 造 株 式 会 社 総 合 研 究 所 ) pg. 5

8 P01 DNA マーカーを 用 いた 玄 麦 からの 国 内 外 国 産 大 麦 の 品 種 判 別 田 野 上 佳 枝 ( 三 和 酒 類 株 式 会 社 三 和 研 究 所 ) 背 景 目 的 昨 今 の 食 品 の 安 全 意 識 の 高 まりや 大 麦 輸 入 制 度 が 変 更 され 大 麦 流 通 の 自 由 度 が 増 大 したことから 品 質 保 証 において 原 料 大 麦 の 産 地 や 品 種 証 明 の 重 要 性 が 増 して きている 本 研 究 の 目 的 は 麦 焼 酎 に 使 用 される 可 能 性 のある 大 麦 25 品 種 の 品 種 判 別 技 術 を 開 発 することである 方 法 改 良 CTAB 法 にて 糠 および 玄 麦 1 粒 から 鋳 型 となる DNA 抽 出 を 行 った 鋳 型 DNA を 用 いて SSR/RAPD マーカーにて PCR 後 電 気 泳 動 を 行 い 品 種 判 別 に 有 用 と 考 えられ る 識 別 バンドを 選 択 した 識 別 バンドのクローニングを 行 い その 塩 基 配 列 を 基 に STS マ ーカーを 設 計 した STS マーカーを 用 いて PCR 後 電 気 泳 動 を 行 い 識 別 バンドが 明 瞭 に 現 れるマーカーを 選 択 した 結 果 改 良 CTAB 法 により 1 回 の PCR に 十 分 な 収 量 および 純 度 の 鋳 型 DNA を 再 現 性 よく 抽 出 できた SSR/RAPD マーカーにて PCR 後 電 気 泳 動 を 行 ったところ 25 の 識 別 バンドが 選 択 でき 品 種 判 別 が 可 能 となった STS 化 を 実 施 したところ 9 種 の STS マ ーカーが 完 成 した そのマーカーを 用 いることで 判 別 対 象 の 大 麦 品 種 がより 明 確 に 判 別 できるようになった Key words 大 麦 品 種 判 別 DNA マーカー P02 炭 素 安 定 同 位 体 比 による 酒 類 の 原 材 料 判 別 堀 井 幸 江 ( 独 立 行 政 法 人 酒 類 総 合 研 究 所 ) [ 目 的 ] 近 年 甲 類 乙 類 混 和 焼 酎 や 新 ジャンルと 呼 ばれるその 他 の 発 泡 性 酒 類 が 製 造 されるなど 原 材 料 の 多 様 化 が 進 行 している 原 材 料 の 適 正 表 示 に 関 し 使 用 割 合 を 含 めた 原 材 料 判 別 の 開 発 は 重 要 である そこで 酒 類 中 のエタノール 等 の 炭 素 安 定 同 位 体 比 から 判 別 法 の 開 発 を 試 みた [ 材 料 および 方 法 ] 炭 素 安 定 同 位 体 比 (δ 13 C) は 酒 類 を 蒸 留 してエタノールを 精 製 し 安 定 同 位 体 比 質 量 分 析 計 DELTA V ADVANTAGE ConFloⅣ System (EA-IRMS) (Thermo fisher scientific)で 測 定 した またビール 系 飲 料 を 凍 結 乾 燥 させたエキス 分 の δ 13 C を 測 定 した [ 結 果 と 考 察 ] 1 当 所 で 醸 造 した 純 米 酒 にアルコール 添 加 したところ 添 加 量 とエタノールの δ 13 C に 高 い 相 関 がみられた 2 本 格 芋 焼 酎 に 連 続 式 蒸 留 焼 酎 を 混 和 した 場 合 連 続 式 蒸 留 焼 酎 の 混 和 割 合 に 応 じてエタ ノールの δ 13 C は 直 線 的 に 大 きくなった 3オールモルトビール 副 原 料 使 用 ビール 発 泡 酒 その 他 の 発 泡 性 酒 類 について エタ ノールおよびエキス 分 の δ 13 C で 2 次 元 プロットを 行 うと グループ 間 に 距 離 が 生 じ これ らの 酒 類 の 判 別 の 可 能 性 が 示 された Key words 炭 素 安 定 同 位 体 比 原 材 料 判 別 pg. 6

9 P03 転 写 因 子 AmyR が Aspergillus nidulans の 二 次 代 謝 に 及 ぼす 影 響 の 解 析 上 村 曜 介, 鳴 神 寿 昭, 桝 尾 俊 介, 高 谷 直 樹 ( 筑 波 大 院 生 命 環 境 ) AmyR は DNA 結 合 型 の 転 写 因 子 で α-アミラーゼを 含 むアミロース 分 解 性 遺 伝 子 群 の 発 現 誘 導 を 担 っていることが 知 られる 我 々は A. nidulans の amyr 遺 伝 子 破 壊 株 (DamyR)を グルコースを 単 一 炭 素 源 とした 最 少 寒 天 培 地 を 用 いて 培 養 した 際 に 培 地 が 赤 色 に 呈 色 することを 見 出 した また DamyR は 野 生 型 株 (WT)と 比 べ 培 地 中 に 多 くのステリグマトシスチン(ST)を 生 成 し ST 生 合 成 遺 伝 子 群 の 発 現 量 も 大 きく 増 加 して いたことから AmyR がアミロース 分 解 性 遺 伝 子 群 の 発 現 調 節 以 外 の 機 能 を 有 することが 示 された WT と DamyR を 最 少 寒 天 培 地 で 培 養 した 際 のトランスクリプトーム 解 析 を 行 っ たところ DamyR では 他 の 多 くの 二 次 代 謝 産 物 合 成 系 酵 素 遺 伝 子 の 発 現 量 が 増 加 すると ともに 転 写 因 子 CreA に 依 存 して 発 現 がカタボライト 抑 制 される 遺 伝 子 の 発 現 量 が 増 加 し ていた A. nidulans の CreA は グルコースやスクロースを 炭 素 源 とした 際 のカタボライ ト 抑 制 を 担 う 転 写 因 子 である WT では 培 地 に 添 加 するグルコース 濃 度 が 高 いほど 菌 体 内 の ST 生 成 量 が 減 少 したことから ST の 生 合 成 がカタボライト 抑 制 されることが 示 された 以 上 の 結 果 から A. nidulans の AmyR はアミロース 分 解 性 遺 伝 子 群 の 発 現 誘 導 だけで なく ST をはじめとする 様 々な 二 次 代 謝 系 遺 伝 子 の 発 現 の 抑 制 に 関 与 することが 示 された おそらく AmyR は CreA と 相 互 作 用 にすることによって CreA に 依 存 したカタボライト 抑 制 を 調 節 し これらの 発 現 制 御 に 関 わると 考 えている Key words AmyR 二 次 代 謝 産 物 カタボライト 抑 制 P04 糸 状 菌 Aspergillus nidulans の 糖 転 移 酵 素 Pmt の 基 質 探 索 瀬 戸 和 史 1, 二 神 泰 基 2, 竹 川 薫 2, 後 藤 正 利 2 ( 九 大 院 生 資 環 1, 九 大 院 農 2 ) 目 的 糸 状 菌 Aspergillus nidulans の O- 結 合 型 糖 鎖 合 成 に 関 わる 糖 転 移 酵 素 PmtA PmtB および PmtC の 遺 伝 子 破 壊 株 は 異 常 な 形 態 を 示 す その 原 因 として O-グリコシ レーションを 受 けるタンパク 質 の 機 能 低 下 により 細 胞 極 性 決 定 に 異 常 をきたしているこ とが 推 定 された そこで 本 研 究 では A. nidulans の Pmt 基 質 タンパク 質 を 探 索 し そ の 機 能 解 明 を 行 うことを 目 的 とした 結 果 考 察 出 芽 酵 母 の 細 胞 壁 ストレスセンサータンパク 質 Wsc1 は Pmt の 基 質 である Wsc1 の A.nidulans ホモログ 遺 伝 子 wsca に HA タグを 付 与 し A. nidulans 野 生 株 と pmt 破 壊 株 に 導 入 した pmta および pmtc 破 壊 株 で 各 々 発 現 させた WscA-HA については 糖 鎖 付 加 が 抑 制 されており また 一 部 は 分 解 されていた 一 方 A. nidulans の wsca 破 壊 株 は 低 浸 透 圧 条 件 に 高 感 受 性 となり pmta 及 び pmtc 破 壊 株 の 表 現 型 の 一 部 をみたした 従 って WscA は PmtA と PmtC の 基 質 タンパク 質 であると 考 察 した ついで 同 様 に Pmt の 基 質 である Bud10 について A.nidulans ホモログ 遺 伝 子 の 破 壊 株 を 取 得 した Bud10 は 出 芽 酵 母 において 出 芽 点 の 決 定 に 関 与 することが 知 られている 野 生 株 と 遺 伝 子 破 壊 株 のコロニー 形 態 を 比 較 した 結 果 ph 温 度 浸 透 圧 の 変 化 に 対 して 差 異 は 認 められなか ったが Hygromycin B に 対 して 感 受 性 の 増 大 が 認 められた Key words Aspergillus O- 結 合 型 糖 鎖 pg. 7

10 P05 Aspergillus oryzae の histone deacetylase(hdac) の 機 能 解 析 河 内 護 之 1 西 浦 未 華 1 岩 下 和 裕 1, 2 山 田 修 2 ( 広 島 大 学 先 端 物 質 科 学 研 究 科 分 子 生 命 機 能 科 学 専 攻 1 ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 2 ) これまでの 研 究 で A.oryzae においてヒストンアセチル 化 修 飾 関 連 遺 伝 子 の 発 現 が 培 養 条 件 やストレスによって 変 動 することが 明 らかとなっている 一 般 的 に ヒストンのアセ チル 化 は 遺 伝 子 発 現 制 御 において 基 盤 的 な 役 割 を 担 い 近 年 糸 状 菌 において 重 要 な 役 割 を 果 たしている 事 から 麴 菌 のHDAC に 注 目 し 解 析 を 行 った まず A.oryzae に 存 在 する 11 の HDAC ホモログの 破 壊 を 試 み 10 の 破 壊 株 が 得 られた RPD3 ホモログの 破 壊 では ヘテロカリオンしか 得 られず RPD3 は 必 須 遺 伝 子 であることが 示 唆 された 次 に 得 ら れた HDAC ホモログ 破 壊 株 を 用 い 液 体 培 養 並 びにプレート 培 養 で ストレスの 付 加 等 に よるフェノタイプの 観 察 を 行 った その 結 果 HOS2 ホモログ 破 壊 株 は ほぼ 全 ての 観 察 条 件 で 明 らかな 影 響 を 示 し 生 育 やストレス 応 答 において 基 盤 的 な 役 割 を 果 たしている 事 が 示 唆 された 他 の HDAC 遺 伝 子 についても ストレス 応 答 や 生 育 に 影 響 が 認 められた 以 上 より HDAC は 麴 菌 においても 生 育 やストレス 応 答 に 重 要 な 役 割 を 果 たしていること が 示 唆 された 現 在 米 麴 を 作 成 し HDAC の 醸 造 上 の 影 響 について 検 討 している Key words HDAC ヒストンアセチル 化 ストレス 応 答 P06 米 麹 特 有 の 麹 菌 (Aspergillus oryzae)タンパク 質 の 機 能 解 析 花 田 照 明 1 福 原 慎 一 郎 1 河 野 美 乃 里 2 北 村 洋 朗 1 岩 下 和 裕 1, 2 山 田 修 2 ( 広 島 大 学 先 端 物 質 科 学 研 究 科 分 子 生 命 機 能 科 学 専 攻 1 ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 2 ) 醸 造 産 業 において 麴 は 酵 素 の 供 給 源 として 重 要 な 役 割 を 果 たしている しかし 麴 菌 (A. oryzae)のタンパク 質 については アミラーゼなどの 一 部 の 酵 素 類 でしか 解 析 されていな い そこで 我 々は 普 通 用 と 大 吟 醸 用 米 麴 のプロテオーム 解 析 を 行 い 主 要 なタンパク 質 として 159 遺 伝 子 の 産 物 を 同 定 した これらの 遺 伝 子 について BLAST 解 析 等 により 再 アノテーションを 行 った 結 果 機 能 既 知 の 遺 伝 子 が 38 個 機 能 が 推 定 可 能 な 遺 伝 子 が 50 個 具 体 的 な 機 能 を 推 定 する 事 が 困 難 な 機 能 未 知 遺 伝 子 が 71 個 となった これらの 遺 伝 子 の 製 麴 上 醸 造 上 の 機 能 を 解 析 するために 機 能 既 知 遺 伝 子 9 個 機 能 推 定 可 能 な 遺 伝 子 15 個 機 能 未 知 遺 伝 子 31 個 を 選 択 して 遺 伝 子 破 壊 を 行 った 各 遺 伝 子 につき 独 立 した 2 株 以 上 の 破 壊 株 を 得 ることとしたが 2 遺 伝 子 については 破 壊 株 が 得 られず 8 遺 伝 子 につ いてはヘテロカリオンしか 得 られなかった 破 壊 株 及 びヘテロカリオン 株 が 得 られたもの について プレート 培 養 でグロース 分 生 子 の 形 成 率 液 体 培 養 でグロースを 測 定 した 現 在 米 麹 を 作 成 し グロースや α アミラーゼなど 一 般 的 な 酵 素 活 性 について 評 価 を 行 っ ている Key words 米 麴 タンパク 質 遺 伝 子 破 壊 表 現 型 解 析 製 麴 pg. 8

11 P07 醤 油 用 黄 麹 菌 (Aspergillus oryzae RIB915 株 )のゲノムシーケンス 解 析 藤 村 友 明 1 野 村 孝 典 1 小 田 健 太 1 伊 藤 岳 1 岩 下 和 裕 1, 2 山 田 修 2 ( 広 島 大 学 先 端 物 質 科 学 研 究 科 分 子 生 命 機 能 科 学 専 攻 1 ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 2 ) 麴 菌 (Aspergillus oryzae)は 醸 造 産 業 酵 素 産 業 等 において 重 要 な 微 生 物 であり これ らの 産 業 では 特 性 の 異 なる 多 様 な 株 が 使 用 されている 当 研 究 室 では 麴 菌 DNAchip によ るゲノムアレイ 解 析 により 各 実 用 麴 菌 株 の 系 統 解 析 を 行 うと 共 に 各 系 統 と 麴 菌 の 用 途 の 相 関 等 を 示 してきた また 清 酒 用 麴 菌 のモデル 株 である RIB128 株 現 在 の 主 要 な 清 酒 用 麴 菌 株 の 1 つである RIBOIS01 株 について 454 genome sequence FLX (Roche 社 )ゲノム 配 列 解 析 を 行 ってきた 今 回 これに 加 えて 同 シーケンサーを 用 いた pair end 解 析 により 醤 油 用 麴 菌 株 の 1 つである RIB915 株 のゲノムシーケンス 解 析 を 行 った その 結 果 最 長 4Mbp のものを 含 む 679 個 の Scaffold を 獲 得 した さらに 全 contig 長 は 37.0Mbp で RIB40 株 と 比 較 したところ 500bp 以 上 の 欠 失 箇 所 ( 総 欠 失 配 列 長 ) 新 規 配 列 挿 入 箇 所 ( 総 新 規 配 列 長 )は 156 (600kb) 142 (531kb) 箇 所 であった 現 在 RIB40 株 と 比 べた 染 色 体 間 組 換 え や 総 遺 伝 子 数 などについて 更 に 解 析 を 進 めている Key words Aspergillus oryzae ゲノムシーケンス 比 較 ゲノム P08 実 用 麹 菌 株 ゲノムの 分 子 進 化 と 醸 造 特 性 との 関 係 伊 藤 岳 1 妹 尾 悠 平 1 岩 下 和 裕 1, 2 山 田 修 2 ( 広 島 大 学 先 端 物 質 科 学 研 究 科 分 子 生 命 機 能 科 学 専 攻 1 ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 2 ) 麹 菌 は 醸 造 産 業 では 欠 くことの 出 来 ない 微 生 物 で かつ 酵 素 産 業 等 でも 酵 素 の 供 給 源 と して 着 目 されている このような 背 景 から A.oryzae RIB40 株 のゲノムシーケンス 解 析 が 行 われたが 各 醸 造 産 業 において 使 用 される 麹 菌 株 は RIB40 株 とは 異 なり それぞれの 製 品 生 産 に 適 した 菌 株 が 使 用 されている つまり 各 製 品 生 産 に 適 した 性 質 を 持 つようにゲ ノムが 進 化 した 菌 株 が 選 抜 され 使 用 されていると 考 える 事 が 出 来 る これまで 当 研 究 室 では 麹 菌 DNA チップを 用 いたゲノムアレイ 解 析 により 実 用 麹 菌 株 の 系 統 解 析 を 行 ってきた その 結 果 9 つの 主 なグループに 分 類 され これらのグループと 産 業 用 途 には 相 関 がみられることが 明 らかとなった しかし 各 麹 菌 株 の 性 質 とゲノム 構 造 の 関 連 性 については 依 然 十 分 な 解 析 がなされていない そこで ゲノムアレイを 行 った RIB 株 55 株 に 着 目 し 清 酒 製 造 上 重 要 な 酵 素 の 力 価 の 測 定 を 行 い 各 ゲノムアレイ 解 析 の 系 統 との 相 関 性 について 検 討 した さらに 今 後 は 各 実 用 菌 株 で 製 麴 した 米 麴 により 実 際 に 小 仕 込 み 試 験 を 行 い 発 酵 経 過 や 清 酒 の 特 性 代 謝 物 のプロファイルなどの 醸 造 特 性 につい て 解 析 を 行 う 予 定 である Key words 実 用 麹 菌 株 ゲノム 系 統 解 析 醸 造 特 性 pg. 9

12 P09 清 酒 酵 母 ミトコンドリアの 拡 大 培 養 時 の 形 態 変 化 とその 物 質 代 謝 への 影 響 元 村 沙 織 北 垣 浩 志 ( 佐 賀 大 学 ) 清 酒 醸 造 において 清 酒 酵 母 はまず 拡 大 培 養 された 後 本 培 養 に 移 される 拡 大 培 養 時 に おいて 清 酒 酵 母 は 通 気 培 養 されることも 多 く その 代 謝 は 呼 吸 状 態 であると 思 われるが 呼 吸 発 酵 転 換 時 の 清 酒 酵 母 のミトコンドリア(mito)の 形 態 とその 物 質 代 謝 における 意 義 を 解 析 した 研 究 はほとんどない そこでまず GFP により 清 酒 酵 母 の mito を 可 視 化 して 培 養 条 件 を 変 えて 形 態 を 観 察 した その 結 果 非 発 酵 性 炭 素 源 での 呼 吸 時 には mito は 細 胞 内 空 間 全 体 に 分 布 し その 長 さは 多 様 で 多 くの 枝 分 かれを 持 つが 高 濃 度 のグルコースがあると mito の 長 さは 長 くなる 一 方 そ の 本 数 や 枝 分 かれ 数 は 減 少 し 1,2 本 の 長 い 形 態 の mito が 細 胞 の 表 層 をとぐろ 状 に 取 り 囲 むようになることがわかった 一 方 エタノール 濃 度 が 高 くなると mito はドット 状 に 断 片 化 した 次 に 呼 吸 発 酵 転 換 と 物 質 代 謝 の 関 係 を 調 べた その 結 果 前 培 養 が 呼 吸 だとコハク 酸 が 多 くなるが 前 培 養 が 発 酵 だとリンゴ 酸 が 多 くなるという 結 果 が 得 られた 本 会 ではこ れらの 結 果 から 考 えられる mito に 着 目 した 発 酵 代 謝 制 御 技 術 の 可 能 性 について 議 論 したい 本 研 究 はサッポロ 生 物 科 学 振 興 財 団 及 び 農 芸 化 学 研 究 奨 励 会 の 助 成 により 行 った Key words 清 酒 酵 母 ミトコンドリア 物 質 代 謝 P10 転 写 因 子 Msn2/4p を 介 したストレス 応 答 とエタノール 発 酵 の 関 係 渡 辺 大 輔 野 口 千 笑 周 延 呉 洪 赤 尾 健 下 飯 仁 (( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 ) 清 酒 醸 造 において 清 酒 酵 母 は 低 温 高 エタノール 等 のストレス 環 境 下 においても 効 率 良 くエタノール 発 酵 を 行 うことができる 清 酒 酵 母 の 高 発 酵 性 の 原 因 をストレス 応 答 の 観 点 から 探 るため 我 々は 清 酒 酵 母 と 実 験 室 酵 母 についてストレス 応 答 関 連 遺 伝 子 の 差 異 に 着 目 した その 結 果 意 外 なことに ストレス 応 答 転 写 因 子 Msn4p の N 末 及 び C 末 がき ょうかい 7 号 (K7)を 含 む 清 酒 酵 母 グループ 特 異 的 に 欠 失 しており K7 が Msn2/4p を 介 した 環 境 ストレス 応 答 機 能 に 著 しい 欠 損 を 示 すことを 見 出 した 実 験 室 酵 母 の msn2/4 遺 伝 子 破 壊 株 は エタノールストレスに 対 して 感 受 性 を 示 すにも 関 わらず 清 酒 もろみにおけ る 発 酵 速 度 が 大 きいことから 清 酒 酵 母 における msn4 機 能 欠 失 変 異 が 高 発 酵 性 の 一 因 と なっていると 結 論 づけた また 同 様 に K7 の MSN2 遺 伝 子 を 破 壊 することにより K7 よ りもエタノール 発 酵 速 度 が 向 上 した 株 を 作 成 することができた 以 上 の 結 果 から 転 写 因 子 Msn2/4p を 介 したストレス 応 答 はエタノール 発 酵 を 負 に 制 御 しており Msn2/4p を 介 し たストレス 応 答 を 調 節 することによって 発 酵 効 率 の 改 善 に 貢 献 できると 考 えられる (Yeast Genetics & Molecular Biology Meeting 2010 にて 発 表 済 みのポスターの 再 掲 で す ) Key words 清 酒 酵 母 ストレス 応 答 エタノール 発 酵 pg. 10

13 P11 醸 造 関 連 ストレスに 対 する 酵 母 の 応 答 機 構 の 解 析 井 沢 真 吾 ( 京 都 工 芸 繊 維 大 学 応 用 生 物 学 部 門 微 生 物 工 学 研 究 室 ) 発 酵 食 品 製 造 に 関 連 する 出 芽 酵 母 のストレス 応 答 機 構 について 私 たちのグループで 行 っている 以 下 の 研 究 内 容 を 紹 介 する mrna flux におけるエタノールストレス 応 答 エタノールストレス 応 答 時 の 酵 母 細 胞 内 で 生 じる mrna の 選 択 的 核 外 輸 送 や P-body ス トレス 顆 粒 による mrna の 隔 離 翻 訳 抑 制 等 について 分 子 機 構 や 生 理 的 意 義 の 解 明 に 取 り 組 んでいる 醸 造 過 程 の 酵 母 オルガネラの 解 析 各 オルガネラのマーカータンパク 質 を GFP で 標 識 し 清 酒 および 白 ワイン 醸 造 過 程 におけ るオルガネラ 形 態 や 機 能 の 変 化 について 網 羅 的 な 解 析 を 行 っている 解 析 を 通 じ 醸 造 過 程 の 酵 母 の 生 理 について 理 解 を 深 めたいと 考 えている ストレス 応 答 時 の 膜 ミクロドメイン 構 造 の 変 動 浸 透 圧 や 低 温 といったストレス 条 件 下 で 生 じる 細 胞 膜 上 のミクロドメインのストレス 応 答 機 構 について 解 析 している 遺 伝 子 操 作 非 依 存 的 な 食 品 微 生 物 機 能 の 改 変 消 費 者 感 情 の 点 から 国 内 での 導 入 が 難 しい 遺 伝 子 組 換 え 技 術 に 代 わる 食 品 微 生 物 の 機 能 改 変 技 術 の 開 発 を 行 っている 可 食 天 然 成 分 を 利 用 したパン 酵 母 機 能 の 改 良 例 について 紹 介 する Key words mrna flux オルガネラ 膜 ミクロドメイン P12 焼 酎 酵 母 SH-4 のゲノム 解 析 金 光 尚 哉 ( 三 和 酒 類 株 式 会 社 三 和 研 究 所 ) 焼 酎 酵 母 の 特 性 をゲノムレベルで 解 明 するために 代 表 的 な 焼 酎 酵 母 の 一 つである SH-4 株 (RIB1019)のゲノム 解 析 を 行 った ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 より 分 譲 頂 いた SH-4 株 (RIB1019)の 2% YPD 培 養 液 より 染 色 体 DNA を 抽 出 し Roche 社 454GS FLX 及 び ABI 社 SOLiD を 用 いてゲノム 配 列 の 決 定 を 試 みた 得 られた 配 列 を Newbler によりアセンブルした 結 果 1,270 本 のコンティグが 得 られ その 長 さの 総 和 は 11,400,704bp GC 含 量 は 38.1%であった S288C の 各 染 色 体 と 相 同 性 の 割 合 を 算 出 した 結 果 1 番 染 色 体 において 84.1% ミトコンドリアに 対 しては 81.2%の 相 同 性 で それ 以 外 の 染 色 体 では 95% 以 上 の 相 同 性 であった また Glimmer2 により ORF の 抽 出 を 行 った 結 果 9,074 個 の ORF を 抽 出 することができ アミノ 酸 データベース nr に 対 してホモロジー 検 索 を 行 った 結 果 E-Value 10-4 でヒットした ORF(7,246 個 )の 約 30%の ORF が 41 の 高 温 で 生 育 できる 酵 母 YJM789 株 に 対 してトップヒットであった Key words 焼 酎 酵 母 ゲノム pg. 11

14 P13 下 面 ビール 酵 母 (bottom-fermenting yeast)に 特 徴 的 なゲノム 構 造 尾 形 智 夫 (アサヒビール 酒 類 技 術 研 究 所 ) 下 面 ビール 酵 母 Saccharomyces pastorianus は S. cerevisiae (SC)と S. bayanus (SB) の 自 然 交 雑 体 であって 双 方 の 染 色 体 を 有 していることが 明 らかになっている しかし ゲノム 解 読 の 結 果 下 面 ビール 酵 母 のゲノムは SC と SB の 染 色 体 が 単 純 に 合 わさっただ けではなく 双 方 の 染 色 体 及 びその 他 の 配 列 が 複 雑 に 組 みあっているものであることがわ かった また 下 面 ビール 酵 母 の SC 型 第 VIII 染 色 体 の 右 腕 末 端 は ゲノム 解 読 株 実 験 室 酵 母 S. cerevisiae S288C では FLO5 遺 伝 子 が 座 乗 している locus には 別 の 遺 伝 子 であ る Lg-FLO1 遺 伝 子 が 座 乗 していることがわかった また 多 くの 下 面 ビール 酵 母 株 では この locus に 実 験 室 酵 母 S. cerevisiae S288C で 第 IX 染 色 体 左 腕 末 端 の 配 列 が 挿 入 され Lg-FLO1 遺 伝 子 が 消 失 している 染 色 体 の 双 方 を 有 する heterozygous な 状 態 であることが わかった LOH によって Lg-FLO1 遺 伝 子 が 完 全 に 消 失 すると その 酵 母 菌 株 は 下 面 ビー ル 酵 母 の 重 要 な 特 性 である 凝 集 性 を 消 失 することになることがわかった Key words 下 面 ビール 酵 母 染 色 体 構 造 LOH P14 地 域 資 源 を 活 用 した 新 規 調 味 料 に 関 する 調 査 研 究 田 中 淳 也 (( 地 独 ) 山 口 県 産 業 技 術 センター 企 業 支 援 部 食 品 技 術 グループ) 近 年 魚 醤 油 の 認 知 度 が 高 まりをみせており それに 伴 い 全 国 各 地 で 地 域 資 源 を 活 用 した 魚 醤 油 の 開 発 が 進 んでいる 収 集 した 情 報 を 製 品 PR や 技 術 支 援 等 に 資 することを 目 的 としている 国 内 外 の 魚 醤 油 の 品 質 特 性 を 把 握 し 九 州 山 口 産 魚 醤 油 23 点 その 他 の 国 内 産 魚 醤 油 9 点 国 外 産 魚 醤 油 18 点 の 計 50 点 を 分 析 試 料 とし 各 機 関 が 分 担 して 成 分 分 析 を 実 施 した また 本 調 査 の 参 画 研 究 員 13 名 による 官 能 評 価 を 実 施 した 九 州 山 口 産 を 含 む 国 内 産 魚 醤 油 と 国 外 産 魚 醤 油 では 成 分 の 差 異 が 顕 著 に 現 われた 特 に 国 外 産 魚 醤 油 の 食 塩 分 の 平 均 値 は 国 内 産 よりも 高 い 27.9 g/100ml であり 官 能 評 価 に おいても 塩 味 が 強 いとの 指 摘 が 多 かった また 国 内 産 魚 醤 油 の 香 気 成 分 の 主 体 がアルコ ール 類 であるのに 対 し 国 外 産 では 酸 類 が 主 体 であった これら 酸 類 には 酸 臭 の 原 因 となる 酢 酸 や 不 潔 臭 の 原 因 となる n- 酪 酸 が 含 まれていた 官 能 評 価 においても 国 外 産 魚 醤 油 の 香 りに 対 する 評 価 は 低 かった このほか 国 外 産 魚 醤 油 では 国 内 産 に 比 べて 旨 味 系 アミノ 酸 (グルタミン 酸 アスパラギン 酸 )の 濃 度 が 高 く 製 法 の 違 いや 製 造 段 階 におけるうまみ 調 味 料 等 の 添 加 が 推 察 された 国 内 産 魚 醤 油 間 においても 麹 使 用 の 有 無 により 成 分 に 差 がみられた 麹 を 使 用 した 魚 醤 油 では エキス 分 ( 無 塩 可 溶 性 固 形 分 )が 多 い 傾 向 がみられた これは 麹 原 料 の 麦 や 大 豆 に 含 まれるデンプン 質 が 分 解 されたためと 考 えられる エキス 分 の 高 い 魚 醤 油 は 官 能 評 価 においても 高 評 価 である 傾 向 がみられ 麹 の 添 加 が 味 に 好 影 響 を 与 える 可 能 性 が 示 唆 さ れた また 麹 を 使 用 した 魚 醤 油 に 対 する 香 りの 評 価 も 良 く 香 味 ともに 好 影 響 を 与 える 可 能 性 が 示 唆 された 官 能 評 価 については 九 州 山 口 産 を 含 む 国 内 産 魚 醤 油 では 概 ね 味 は 良 好 であり 多 くの 製 品 で 香 りも 良 好 であった 一 方 国 外 産 魚 醤 油 については 味 の 評 価 は 良 好 であったが pg. 12

15 ほとんどの 製 品 で 香 りが 悪 かった Key words 魚 醤 油 官 能 評 価 香 気 成 分 P15 乳 酸 菌 由 来 の 短 鎖 脂 肪 酸 に 特 異 性 を 示 す 脂 肪 酸 エステル 加 水 分 解 酵 素 について 岸 野 重 信 1,2 石 垣 佑 記 1,2 内 堀 良 重 2 横 関 健 三 1 清 水 昌 2 小 川 順 2 (1, 京 大 院 農 産 業 微 生 物 2, 京 大 院 農 応 用 生 命 ) 目 的 乳 酸 菌 は 古 来 より 酒 造 りの 生 産 において 欠 かすことのできないものであり 今 日 においても 新 たな 利 用 が 模 索 されている これまでに 短 鎖 の 脂 肪 酸 を 選 択 的 に 加 水 分 解 する 脂 肪 酸 エステル 加 水 分 解 酵 素 はほとんど 知 られていない また 乳 酸 菌 由 来 の 加 水 分 解 によって 遊 離 する 短 鎖 脂 肪 酸 は 乳 製 品 におけるフレーバー 成 分 の 重 要 な 因 子 であり 食 品 加 工 におけるフレーバー 改 善 への 寄 与 が 期 待 できる そこで 構 成 脂 肪 酸 が 炭 素 鎖 数 4 の 酪 酸 であるトリブチリンの 加 水 分 解 能 を 有 する 乳 酸 菌 の 探 索 を 行 った 方 法 結 果 乳 酸 菌 約 300 株 を 対 象 にトリブチリン 加 水 分 解 能 を 有 する 乳 酸 菌 を 探 索 し 生 成 物 である 酪 酸 の 生 成 量 が 多 い 乳 酸 菌 Enterococcus faecium LBK 73 株 を 選 抜 した 本 菌 よりトリブチリン 加 水 分 解 活 性 を 示 す 酵 素 を 精 製 酵 素 を 用 いて 詳 細 に 検 討 した 本 酵 素 はトリブチリンに 3 カ 所 存 在 するエステル 結 合 のうち 2 カ 所 のみを 加 水 分 解 していた ま た 本 酵 素 の 基 質 特 異 性 を 検 討 した 結 果 トリカプロイン メチル 酪 酸 メチルカプロイ ン 酸 においてトリブチリンに 対 して 約 30%の 活 性 が 認 められた Key words 乳 酸 菌 エステル 加 水 分 解 酵 素 短 鎖 脂 肪 酸 P16 高 尿 酸 血 症 予 防 に 有 効 な 乳 酸 菌 プロバイオティクスの 開 発 元 吉 智 美 1 小 園 伊 織 1 堀 之 内 伸 行 1 横 関 健 三 2 清 水 昌 1 小 川 順 1 (1, 京 大 院 農 応 用 生 命 2, 京 大 院 農 産 業 微 生 物 ) 痛 風 などの 原 因 となる 高 尿 酸 血 症 の 予 防 に 有 効 な 乳 酸 菌 プロバイオティクスの 開 発 を 試 み た 食 経 験 がある 乳 酸 菌 を 中 心 にプリンヌクレオシドを 活 発 に 分 解 する 菌 株 を 選 抜 した これらのうち プロバイオティクス 用 途 に 適 する 植 物 性 発 酵 食 品 ならびに 魚 類 食 肉 の 発 酵 食 品 から 分 離 された 株 について 食 餌 性 高 尿 酸 血 症 モデルラットを 用 いた 血 中 尿 酸 濃 度 上 昇 抑 制 作 用 を 解 析 した モデルラット 試 験 の 結 果 Lactobacillus fermentum L. pentosus に 血 中 尿 酸 値 上 昇 抑 制 作 用 を 見 いだした これらの 乳 酸 菌 はプリンヌクレオシド を 腸 管 吸 収 性 が 低 いプリン 塩 基 に 変 換 することで 血 中 尿 酸 値 上 昇 抑 制 作 用 を 発 揮 してい ると 考 えられた また 新 たなスクリーニング 系 として Caco-2 培 養 細 胞 を 用 いる 評 価 系 を 構 築 した Key words プリン 体 高 尿 酸 血 症 乳 酸 菌 Caco-2 培 養 細 胞 pg. 13

16 P17 酒 蔵 の 乳 酸 菌 米 のしずく の 開 発 岩 井 大 悟 ( 菊 正 宗 酒 造 株 式 会 社 総 合 研 究 所 ) はじめに 近 年 の 健 康 志 向 の 高 まりから 乳 酸 菌 を 用 いた 機 能 性 飲 料 が 注 目 を 集 めている そこで 生 酛 より 分 離 した 乳 酸 菌 から 免 疫 調 節 作 用 の 高 い 乳 酸 菌 株 を 選 抜 し また 機 能 性 成 分 含 量 が 高 い 米 品 種 の 選 抜 を 行 い 生 酛 技 術 を 応 用 した 米 乳 酸 発 酵 飲 料 の 開 発 を 行 った 乳 酸 菌 株 の 選 抜 当 社 嘉 宝 蔵 生 酛 製 造 場 より 分 離 した 乳 酸 菌 の 中 から マクロファージ 様 細 胞 株 J774.1のIL-12 産 生 促 進 能 及 びマウス 受 動 皮 膚 アナフィラキシー 反 応 抑 制 効 果 を 指 標 にL. sakei LK-117 株 を 選 抜 した LK-117 株 にはアトピー 性 皮 膚 炎 発 症 抑 制 効 果 も 認 め られた 米 品 種 の 選 抜 18 品 種 の 米 を 精 米 歩 合 85%まで 搗 精 し 総 ポリフェノール 量 フェルラ 酸 量 DPPHラジカル 消 去 能 難 消 化 性 デンプン 量 を 測 定 したところ 高 アミロース 米 ホシ ニシキがいずれの 測 定 項 目 においても 高 い 値 を 示 した 米 乳 酸 発 酵 飲 料 の 機 能 性 評 価 ホシニシキと LK-117 株 を 用 いて 調 製 した 米 乳 酸 発 酵 飲 料 には 免 疫 調 節 作 用 抗 酸 化 作 用 整 腸 作 用 などが 期 待 される さらに 高 血 圧 自 然 発 症 ラ ットを 用 いた 単 回 投 与 試 験 により 血 圧 降 下 作 用 を 有 することが 明 らかとなった Key words 生 酛 (きもと) 乳 酸 菌 ホシニシキ pg. 14

17 糸 状 菌 二 次 代 謝 産 物 のケミカルバイオロジー 理 研 基 幹 研 究 所 ケミカルバイオロジー 研 究 基 盤 施 設 長 田 裕 之 微 生 物 代 謝 産 物 は 抗 生 物 質 を 始 めとして 化 学 構 造 も 生 物 活 性 も 多 様 性 に 富 んでいるた め 医 薬 農 薬 の 探 索 源 として 重 要 な 位 置 を 占 めてきた しかし 最 近 ではロボットを 活 用 し たハイスループットスクリーニング(HTS)による 医 薬 探 索 が 主 流 になったため 創 薬 資 源 と しては 微 生 物 産 物 より 合 成 化 合 物 が 用 いられることが 多 くなった 微 生 物 産 物 では HTS に 供 する 検 体 数 を 確 保 することが 困 難 であり さらに 精 製 に 手 間 やコストがかかることが 障 害 と 思 われている 一 方 では 微 生 物 から 単 離 されたイベルメクチン FK506 ML236B など が それぞれ 駆 虫 薬 免 疫 抑 制 剤 高 脂 血 症 治 療 薬 として 実 用 化 された 例 でも 明 らかなよう に 微 生 物 産 物 から 選 択 的 かつ 強 力 な 薬 剤 が 発 見 できる 確 率 が 高 いことも 知 られている 我 々は 微 生 物 代 謝 産 物 の 良 さを 引 き 出 し かつ HTS に 対 応 可 能 な 新 しい 化 合 物 ライブラ リーを 作 製 するために 糸 状 菌 二 次 代 謝 産 物 の 生 合 成 機 構 に 関 する 研 究 をしているので 本 シ ンポジウムでは その 具 体 例 を 紹 介 する 糸 状 菌 はゲノム 中 に 膨 大 な 数 の 二 次 代 謝 遺 伝 子 を 持 っており 特 に 子 嚢 菌 類 糸 状 菌 は 二 次 代 謝 産 物 の 主 要 な 生 産 者 である 生 合 成 遺 伝 子 クラ スター 改 変 と 新 たな 糸 状 菌 種 をターゲットにすることは 糸 状 菌 が 潜 在 的 に 生 産 可 能 な 二 次 代 謝 産 物 を 利 用 するための 有 力 な 手 段 である 微 生 物 の 生 合 成 能 を 活 用 した 化 合 物 ライブ ラリーの 作 製 に 関 する 研 究 と 生 物 活 性 のスクリーニングを 紹 介 する Aspergillus fumigatus が 産 生 するジケトピペラジン 化 合 物 フミトレモルジン C には breast cancer resistance protein(bcrp)に 対 する 阻 害 活 性 が 知 られている[1] これまで の 研 究 から 生 産 株 A. fumigatus BM939 は トリプロスタチン 類 フミトレモルジン 類 など 多 くの 代 謝 産 物 を 産 生 する ことが 明 らかになっている 各 類 縁 化 合 物 を 精 製 しその 生 物 活 性 を 明 らかにするた め 生 合 成 遺 伝 子 の 破 壊 株 作 製 とその 表 現 型 の 解 析 ならびに 異 種 宿 主 発 現 系 を 利 用 した 各 生 合 成 遺 伝 子 の 機 能 解 析 を 行 った[2] すでに A. fumigatus で は 全 ゲノム 配 列 が 明 らかに なっているので 先 ず ゲ ノム 解 読 株 Af293 と 生 産 株 pg. 15

18 BM939 株 の 代 謝 産 物 比 較 を 行 った BM939 において 主 要 に 生 産 されるトリプロスタチン 類 が Af293 では 検 出 されず 代 わりにトリプロスタチンの 生 合 成 中 間 体 RK-293A の 蓄 積 が 観 察 さ れた 本 表 現 型 は BM939 の ftmc 遺 伝 子 欠 失 株 のそれとよく 一 致 し さらに BM939 由 来 の ftmc 遺 伝 子 断 片 を Af293 に 導 入 した 形 質 転 換 株 において BM939 と 同 様 のトリプロスタチン 生 産 性 を 示 した 以 上 の 結 果 は Af293 において ftmc が 何 らかの 理 由 により 機 能 していないこと を 示 唆 する 両 株 の 生 合 成 遺 伝 子 群 の 塩 基 配 列 を 比 較 したところ ftmc 遺 伝 子 座 周 辺 では 4 カ 所 の 変 異 が 見 出 された 生 合 成 遺 伝 子 破 壊 株 を 利 用 することにより 通 常 の 生 合 成 プロセ スでは 蓄 積 しにくいような 生 合 成 中 間 体 を 効 率 的 に 取 得 することができるようになった [1] Jain H.D. et al Osada H. & Cook J.M. Synthesis and structure-activity relationship studies on tryprostatin A, an inhibitor of breast cancer resistance protein. Bioorg Med Chem, 16, (2008) [2] Kato N. et al & Osada H. Identification of cytochrome P450s required for fumitremorgin biosynthesis in Aspergillus fumigatus. Chembiochem, 10, (2009) pg. 16

19 ウイスキーづくりの 継 承 と 革 新 サントリー 酒 類 株 式 会 社 チーフブレンダー 輿 水 精 一 近 年 海 外 で 開 催 される 酒 類 のコンペティションにおいて 日 本 のウイスキーが 最 高 賞 を 獲 得 したというニュースが 毎 年 のように 報 道 されるのを 記 憶 されている 方 も 多 いだろう もちろん 一 般 消 費 者 のレベルでみると まだまだ 日 本 のウイスキーの 認 知 度 が 高 いとは 言 えない しかし 少 なくとも 業 界 内 専 門 家 の 間 では 日 本 の 評 価 は 定 着 してきており 世 界 の 5 大 ウイスキーのひとつとして その 存 在 感 は 年 々 大 きくなりつつある 日 本 におけるウイスキーづくりは サントリーの 創 業 者 である 鳥 井 信 治 郎 が 1923 年 京 都 と 大 阪 の 境 山 崎 の 地 に 蒸 溜 所 建 設 を 始 めたところから 始 まる 現 ニッカウヰスキーの 創 業 者 であり 山 崎 蒸 溜 所 初 代 工 場 長 であった 竹 鶴 正 孝 氏 がスコットランドで 学 んだウイ スキーづくりを 忠 実 に 再 現 することからスタートした しかし 近 年 の 日 本 のウイスキー に 対 する 高 評 価 は 単 にスコッチウイスキーの 伝 統 的 製 法 を 継 承 したからではないと 考 え る 日 本 でのウイスキーづくりは 技 術 的 な 面 だけを 取 り 上 げてみても 極 めて 困 難 な 状 況 下 での 取 り 組 みと 言 わざるを 得 ない 本 来 ウイスキーの 美 味 さはブレンドという 技 術 に よるところが 大 きい ブレンドは 消 費 者 の 嗜 好 にあった 味 わいをつくり 出 すための 重 要 な 技 術 であるとともに 香 味 を 長 期 的 安 定 的 に 維 持 していくためにも 不 可 欠 な 技 術 である 当 然 ブレンドによる 美 味 さの 創 出 には 多 彩 で 高 品 質 な 原 酒 の 存 在 が 必 須 である 一 箇 所 の 蒸 溜 所 しかない 中 で この 困 難 なハードルをクリアするために スコットランドには みられない 一 蒸 溜 所 が 多 様 な 原 酒 をつくり 分 ける という 独 自 の 生 産 スタイルが 生 まれる ことになる 加 えて 日 本 の 夏 場 の 暑 さも 長 期 間 の 樽 貯 蔵 を 経 てつくられるウイスキー にとっては 大 きな 困 難 を 伴 うものであった これら 決 して 小 さいとは 言 えないハンデキャップを 克 服 するために 長 年 取 り 組 み 続 け てきたことが 日 本 のウイスキーの 製 造 技 術 を 大 きく 高 めることになる つまりは 一 方 で 伝 統 的 な 製 法 のよさを 守 り 続 けながら 常 に 新 しいことに 挑 戦 し 続 ける 姿 こそが 日 本 なら ではのものと 言 えよう 本 講 演 では 85 年 以 上 にわたって 継 承 されてきた 弊 社 のウイスキーづくりについて そ の 考 え 方 から つくりへのこだわり 人 材 育 成 などの 面 についてふれてみたい pg. 17

20 ゲノムの 個 人 差 と 栄 養 や 食 品 の 関 係 理 化 学 研 究 所 ゲノム 医 科 学 研 究 センター 鎌 谷 直 之 近 年 の 日 本 人 の 寿 命 の 伸 びは 著 しく また 疾 患 の 種 類 の 変 化 も 著 しい この 間 に 日 本 人 の 遺 伝 子 が 大 きく 変 化 をしたとは 考 えられないので 寿 命 や 疾 患 の 種 類 の 変 化 は 環 境 の 変 化 による と 考 えられる その 一 部 は 衛 生 状 態 の 変 化 や 医 療 の 寄 与 により 説 明 できるが 栄 養 や 食 品 の 影 響 も 大 きいと 考 えられる 即 ち 栄 養 や 食 品 が 人 間 の 寿 命 や 疾 患 に 大 きな 影 響 を 与 えている 事 は 間 違 いない 例 えば 古 くからビタミンの 不 足 により 特 定 の 障 害 を 来 たす 事 が 知 られていた が 近 年 は 摂 取 物 質 の 過 剰 による 疾 患 の 方 が 多 い 摂 取 カロリーが 増 加 する 事 により 糖 尿 病 に かかりやすくなり 摂 取 塩 分 が 増 加 する 事 により 高 血 圧 症 にかかりやすくなる コレステロー ル 摂 取 が 増 加 する 事 で 動 脈 硬 化 を 起 こしやすくなり 摂 取 プリン 体 量 が 増 加 する 事 により 痛 風 にかかりやすくなる しかし これらの 栄 養 素 は 不 足 すると 健 康 を 害 し また 食 品 中 の 含 有 量 が 味 などに 大 きな 影 響 を 与 える 従 って 全 員 にこれらの 栄 養 素 の 制 限 を 行 う 事 は 困 難 であり また 不 適 当 な 事 である 同 じ 食 品 や 同 じ 栄 養 を 摂 取 しても 個 人 により 疾 患 にかかりやすさは 大 きく 異 なり これには 遺 伝 も 大 きく 関 連 する 特 定 の 疾 患 にかかりやすい 人 々に 限 り 特 定 の 栄 養 素 の 摂 取 を 制 限 したり 奨 励 したりする 必 要 がある このように 人 間 の 疾 患 に 影 響 を 与 えるものとして 遺 伝 と 栄 養 や 食 品 を 含 めた 環 境 がある と 考 えられていたが 遺 伝 の 分 野 については 近 年 急 速 に 解 明 が 進 んできた ヒトの 遺 伝 的 情 報 は 約 30 億 のゲノム 配 列 により 保 有 されているが ヒト 全 ゲノム 配 列 が 2003 年 にほぼ 解 明 され た また その 後 の 複 数 の 個 人 の 配 列 の 比 較 により 個 人 間 には 膨 大 なゲノム 配 列 の 違 い(ゲ ノム 多 様 性 )が 存 在 する 事 がわかった 即 ち 異 なった 二 人 の 間 には 数 100 万 の 配 列 の 違 いが ある それに 基 づき 2000 年 代 にゲノム 配 列 の 違 い 約 50 万 個 を 比 較 する 研 究 が 進 み 多 くの 疾 患 に 関 連 する 遺 伝 子 がわかった 中 でも 理 化 学 研 究 所 ゲノム 医 科 学 研 究 センターで 2002 年 から 始 められたゲノムワイド 関 連 解 析 (GWAS; genome-wide association study)は 大 きな 威 力 を 発 揮 した 糖 尿 病 心 筋 梗 塞 関 節 リウマチ 各 種 の 癌 などの 多 くの 疾 患 に 関 連 する 遺 伝 子 が 明 らかになっただけでなく 血 糖 値 コレステロール 値 尿 酸 値 などに 関 連 する 遺 伝 子 も 次 々に 明 らかになって 来 た 更 に 最 近 では 個 人 の 全 ゲノム 配 列 を 読 む 事 も 現 実 的 になって きている 最 近 我 々はバイオバンクの 約 1 万 5 千 人 のデータを 用 い 大 規 模 に 血 液 データに 関 連 する 遺 伝 子 を 検 索 した それにより HDL コレステロール LDL コレステロール 中 性 脂 肪 尿 酸 値 などに 影 響 する 遺 伝 子 が 明 らかになった これらの 結 果 から ゲノム 配 列 の 違 いに 基 づいて 栄 養 や 食 品 を 調 整 する ゲノム 配 列 に 基 づいた 個 別 化 栄 養 学 を 提 唱 したい ただし 個 人 差 が 非 常 に 大 きいので 少 数 の 例 での 証 拠 により 効 果 や 害 を 判 断 する 事 には 問 題 がある pg. 18

21 講 演 骨 子 日 本 酒 を 真 の 国 酒 に そして 世 界 酒 に 1. 私 と 日 本 酒 との 係 わり 合 い 2. 世 界 で 人 気 の 日 本 酒 3. 日 本 酒 は 世 界 酒 になれるか (1) イメージの 改 善 確 立 を 図 る (2) 新 たなファンを 獲 得 する( 日 本 酒 との 出 会 い) (3) 日 本 酒 を 分 かりやすくする( 透 明 性 ) (4) 本 物 の 日 本 酒 を 提 供 する (5) 様 々な 日 本 酒 を 揃 える( 多 様 性 ) (6) 食 の 世 界 との 関 連 を 築 く (7) 日 本 酒 を 入 手 しやすくする pg. 19

22 醸 造 学 会 若 手 の 会 の 活 動 について 日 本 醸 造 学 会 若 手 の 会 は 以 下 のような 活 動 を 通 して 醸 造 学 の 研 究 を 活 性 化 させ 醸 造 学 の 進 歩 と 発 展 のために 積 極 的 に 貢 献 していきます 1.シンポジウムの 開 催 などを 通 して 醸 造 学 を 志 す 若 手 の 研 究 者 技 術 者 経 営 者 学 生 など 会 員 のパワーアップをはかるとともに 会 員 間 の 交 流 を 積 極 的 に 進 めます 2. 未 来 の 醸 造 学 研 究 者 である 学 生 の 皆 さんに 醸 造 学 に 興 味 を 持 ってもらう ための 活 動 を 積 極 的 に 進 めます 3. 醸 造 学 を 学 ぶ 世 界 各 国 の 若 手 研 究 者 等 との 交 流 にもチャレンジします 我 々の 活 動 にご 指 導 とご 支 援 をよろしくお 願 い 致 します 第 2 回 日 本 醸 造 学 会 若 手 シンポジウム 運 営 委 員 運 営 委 員 長 岩 下 和 裕 ( 独 立 行 政 法 人 酒 類 総 合 研 究 所 ) 会 計 担 当 金 井 宗 良 ( 独 立 行 政 法 人 酒 類 総 合 研 究 所 ) 会 場 運 営 中 尾 嘉 宏 (サントリーホールディングス 株 式 会 社 ) 杉 本 利 和 (アサヒビール 株 式 会 社 ) 高 橋 理 (キッコーマン 株 式 会 社 ) ポスター 運 営 高 橋 俊 成 ( 菊 正 宗 株 式 会 社 ) 小 川 順 ( 京 都 大 学 ) 堤 浩 子 ( 月 桂 冠 株 式 会 社 ) 講 演 会 運 営 林 圭 ( 三 和 酒 類 株 式 会 社 ) 後 藤 正 利 ( 九 州 大 学 ) 高 谷 直 樹 ( 筑 波 大 学 ) オブザーバー 島 純 ( 京 都 大 学 )

23 メモ

24 メモ

25

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題)

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題) 報 道 関 係 各 位 平 成 26 年 5 月 29 日 第 68 回 日 本 栄 養 食 糧 学 会 大 会 における 研 究 発 表 (8 題 ) 雪 印 メグミルク 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 野 吉 晴 )は コーポレートスローガン 未 来 は ミルクの 中 にある に 基 づき おいしさ と 健 康 を 追 求 するための

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

日本栄養・食糧学会中部支部

日本栄養・食糧学会中部支部 日 本 栄 養 食 糧 学 会 中 部 支 部 平 成 20 年 度 第 1 回 評 議 員 会 次 第 日 時 場 所 出 席 者 平 成 20 年 7 月 5 日 ( 土 曜 日 ) 12:00 から 12:45 まで 愛 知 教 育 大 学 第 1 共 通 棟 203 教 室 青 木 直 人 池 田 彩 子 石 原 健 吾 伊 藤 宣 則 榎 本 俊 樹 小 川 宣 子 小 原 章 裕 加 賀

More information

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉 脂 質 栄 養 に 関 する 日 中 比 較 とオメガ 3 系 列 脂 肪 酸 の 生 理 機 能 に 関 する 研 究 家 政 教 育 専 修 59 黄 鐘 倩.はじめに 日 本 では 過 去 年 間 に 食 生 活 の 欧 米 化 により 脂 質 摂 取 量 が 3 倍 以 上 に 増 大 し メタボリ ック 症 候 群 や 生 活 習 慣 病 が 増 加 した こうした 量 的 変 化 の 弊

More information

健康維持・増進のためのバイオテクノロジー基盤研究プログラム

健康維持・増進のためのバイオテクノロジー基盤研究プログラム ( 健 康 安 心 イノベーションプログラム) ヒト 幹 細 胞 産 業 応 用 促 進 基 盤 技 術 開 発 基 本 計 画 P10027 P08030 バイオテクノロジー 医 療 技 術 部 1. 研 究 開 発 の 目 的 目 標 内 容 (1) 研 究 開 発 の 目 的 多 能 性 を 有 する 幹 細 胞 は 様 々な 細 胞 に 分 化 する 能 力 を 有 している 適 切 に 誘

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の 講 演 資 料 2 医 学 の 視 点 から 農 林 水 産 食 品 分 野 と の 連 携 や 医 食 の 連 携 による 新 たな 産 業 創 出 の 展 望 京 都 府 立 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 吉 川 敏 一 1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

新技術説明会 様式例

新技術説明会 様式例 1 虫 歯 菌 のATP 合 成 酵 素 を 標 的 とする 抗 菌 薬 スクリーニングシステム 岩 手 医 科 大 学 薬 学 部 分 子 生 物 薬 学 講 座 助 教 荒 木 信 Streptococcus mutansについて グラム 陽 性 の 通 性 嫌 気 性 の 連 鎖 球 菌 う 歯 の 原 因 菌 虫 歯 菌 とも 呼 ばれる 糖 を 分 解 して 乳 酸 を 分 泌 し 酸 性

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

Microsoft Word - 01.docx

Microsoft Word - 01.docx 糖 分 を 細 胞 内 に 輸 送 する 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 と 動 きを 解 明 ~ 肥 満 やがんの 抑 制 策 に 役 立 つ 新 たな 知 見 ~ ポイント 抗 体 を 用 いる 独 自 の 結 晶 化 技 術 により ヒト 哺 乳 類 において 糖 分 子 を 細 胞 内 に 輸 送 す る 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 を 解 明 した 膜 たんぱく 質 が 柔

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

酒税の基礎知識

酒税の基礎知識 酒 税 の 基 礎 知 識 1 酒 税 の 特 色 酒 類 には 酒 税 法 ( 昭 和 28 年 法 律 第 6 号 )により 酒 税 が 課 されます 酒 税 は 酒 類 を 製 造 場 ( 工 場 )から 移 出 ( 出 荷 )したとき 又 は 輸 入 したとき( 保 税 地 域 から 引 き 取 ったとき)に 課 税 されます したがって 酒 税 の 納 税 義 務 者 は 酒 類 を 製

More information

Microsoft Word - Japan4

Microsoft Word - Japan4 ソフィーβグルカン β グルカン 培 養 液 ベーター1.3-1.6 β-グルカン 1.3-1.6 培 養 液 について グルカンとは? ブドウ 糖 のみが 多 数 つながった 多 糖 類 の 総 称 です 代 表 例 デンプン セルロース 多 糖 ( 類 )とは? ブドウ 糖 果 糖 などの 糖 質 の 最 小 単 位 を 単 糖 と 呼 び つながった 単 糖 の 数 で 二 糖 類 三 糖 類

More information

<93A790CD814088EA94CA898991E848508C668DDA97702E786C73>

<93A790CD814088EA94CA898991E848508C668DDA97702E786C73> 10000 一 般 演 題 口 演 O-0661 長 見 英 治 無 酢 酸 透 析 -3 第 2 日 目 6 月 18 日 ( 土 ) 10:30 11:30 第 12 会 場 10001 一 般 演 題 ポスター P-5-059 橋 本 和 明 血 管 炎 第 3 日 目 6 月 19 日 ( 日 ) 14:30 16:05 ポスター 会 場 10002 一 般 演 題 ポスター P-2-056

More information

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太 男 子 シングルスA-1 拓 馬 ( 早 稲 学 ) 俊 介 斉 翔 吾 ( 淑 徳 国 際 学 ) 今 給 黎 将 之 康 次 ( 獨 協 学 ) 竹 内 隼 人 裕 竜 也 卓 也 天 勝 仁 枝 伸 和 ( 東 京 経 済 学 ) 溝 智 也 ( 湘 南 工 科 学 ) 丸 一 輝 裕 一 郎 平 戸 充 ( 青 学 院 学 ) 春 樹 沓 沢 康 平 羽 直 弥 ( 早 稲 学 ) 古 勇

More information

News Letter 2014.08.JP

News Letter 2014.08.JP 台 湾 に 於 けるサプリメント 輸 入 管 理 規 範 前 書 き 台 湾 が 高 齢 化 社 会 へ 進 むに 伴 い 人 々は 益 々 健 康 志 向 が 高 まり 日 々の 食 事 か らの 栄 養 摂 取 するほか サプリメントを 通 じて 不 足 しがちな 栄 養 を 補 足 しよ うと 望 むようになった サプリメントの 形 態 も 従 来 のビタミン 剤 から 現 在 の 人 体 特

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

テクニカルスキルアップ 講 座 2 11 月 3 日 ( 土 ) 第 3 会 場 (1 F イベントホール 東 )14:00 ~ 15:00 1. 神 経 伝 導 検 査 のコツ 50 佐 藤 研 吾 ( 鳥 取 大 学 医 学 部 保 健 学 科 病 態 検 査 学 講 座 ) 司 会 : 宮 地

テクニカルスキルアップ 講 座 2 11 月 3 日 ( 土 ) 第 3 会 場 (1 F イベントホール 東 )14:00 ~ 15:00 1. 神 経 伝 導 検 査 のコツ 50 佐 藤 研 吾 ( 鳥 取 大 学 医 学 部 保 健 学 科 病 態 検 査 学 講 座 ) 司 会 : 宮 地 特 別 企 画 目 次 教 育 講 演 < 一 般 公 開 講 座 > 11 月 3 日 ( 土 ) 第 1 会 場 (3F コンベンションホール)13:00 ~ 13:55 検 診 における 臨 床 検 査 の 意 義 44 講 師 : 小 出 典 男 ( 岡 山 大 学 名 誉 教 授 ( 総 合 内 科 学 ) 香 川 県 病 院 事 業 管 理 者 ) 司 会 : 岡 田 健 ( 岡 山 大

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 の 概 要 (1) 設 立 平 成 13 年 4 月 1 日 ( 明 治 37 年 に 大 蔵 省 醸 造 試 験 所 として 創 設 ) (2) 主 事 務 所 広 島 県 東 広 島 市 国 の 行 政 機 関 等 の 移 転 について ( 昭 和 63

( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 の 概 要 (1) 設 立 平 成 13 年 4 月 1 日 ( 明 治 37 年 に 大 蔵 省 醸 造 試 験 所 として 創 設 ) (2) 主 事 務 所 広 島 県 東 広 島 市 国 の 行 政 機 関 等 の 移 転 について ( 昭 和 63 ( 独 ) 酒 類 総 合 研 究 所 の 概 要 (1) 設 立 平 成 13 年 4 月 1 日 ( 明 治 37 年 に 大 蔵 省 醸 造 試 験 所 として 創 設 ) (2) 主 事 務 所 広 島 県 東 広 島 市 国 の 行 政 機 関 等 の 移 転 について ( 昭 和 63 年 7 月 19 日 閣 議 決 定 )を 受 け 平 成 7 年 に 東 京 都 北 区 から 移

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植 エイコサペンタエン 酸 ()は 青 魚 の 脂 肪 に 多 く 含 まれている 必 須 脂 肪 酸 です これまでに 心 血 管 系 疾 患 の 予 防 炎 症 を 抑 える 作 用 などが 知 られていま したが 新 たに 運 動 持 久 力 を 高 め ドライアイの 症 状 を 和 らげる 効 果 もあるこ とが 分 かってきました の 新 しい 機 能 について 小 林 悟 先 生 守 口 徹

More information

血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ

血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ No.11 かまぼこには DNA を 守 る 力 がある! 研 究 タイトル; 新 たに 開 発 した 脱 塩 基 DNA 法 で 評 価 する かまぼこ の 癌 予 防 効 果 主 任 研 究 者 ; 原 田 和 樹 (( 独 ) 水 産 大 学 校 食 品 科 学 科 食 品 加 工 利 用 学 講 座 教 授 ) 研 究 目 的 ; かまぼこには 癌 の 予 防 効 果 があるかどうかを 調

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

Microsoft Word - p001-005.docx

Microsoft Word - p001-005.docx 6. 健 常 者 から 分 離 される 尿 路 病 原 性 大 腸 菌 について 村 田 敏 夫 柳 生 裕 子 山 口 始 青 木 敏 也 鈴 木 武 雄 ( 山 形 県 村 山 保 健 所 検 査 課 ) 三 瓶 美 香 ( 旧 所 属 : 山 形 県 村 山 保 健 所 検 査 課 現 所 属 : 山 形 県 立 河 北 病 院 検 査 部 ) 山 口 一 郎 ( 山 形 県 村 山 保 健

More information

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと 老 化 を4 倍 抑 制 するビタミンCの 摂 り 方 東 京 都 老 人 総 合 研 究 所 薬 学 博 士 石 神 昭 人 ビタミン C と 老 化 老 化 のメカニズムを 世 界 で 初 めて 解 明! 老 人 総 合 研 究 所 では 今 から 15 年 ほど 前 に 丸 山 先 生 が 老 化 で 減 少 するタンパク 質 とし て SMP30 というタンパク 質 を 新 たに 発 見 した

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

図 動 植 物 異 種 核 多 次 元 NMR メタボローム 解 析 のスキーム

図 動 植 物 異 種 核 多 次 元 NMR メタボローム 解 析 のスキーム 60 秒 でわかるプレスリリース 2008 年 11 月 25 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 独 立 行 政 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 (JST) 動 植 物 などすべての 生 体 の 代 謝 経 路 全 体 を 鳥 観 する 新 解 析 法 を 開 発 - 13 C 安 定 同 位 体 標 識 や 異 種 核 多 次 元 NMR 計 測 代 謝 経 路 全 体

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に P. 9-1 健 康 食 品 の 安 全 性 評 価 ガイドライン (2008 年 6 月 更 新 ) 財 団 法 人 日 本 健 康 栄 養 食 品 協 会 健 康 食 品 安 全 性 評 価 に 係 る 検 討 委 員 会 Ⅰ.ガイドライン 作 成 の 目 的 と 安 全 性 評 価 の 基 本 的 考 え 方 1. 目 的 近 年 国 民 の 健 康 に 対 する 関 心 の 高 まりなどを

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

過去の栄光のあと エクセル版.xlsx

過去の栄光のあと エクセル版.xlsx 回 S32 インターハイ 初 出 場 ( 個 人 対 抗 ) S34 インターハイ 学 対 抗 初 出 場 S36 ハ ト ミントン 専 門 部 発 足 学 対 抗 男 11 58 S 33 12 59 34 1 熊 本 1 13 60 35 熊 本 2 14 61 36 熊 本 3 15 62 37 熊 本 4 16 63 38 熊 本 5 17 64 39 熊 本 6 18 65 40 商 付

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

Microsoft Word - 報告書(シ-10櫛泰典).doc

Microsoft Word - 報告書(シ-10櫛泰典).doc 研 究 成 果 報 告 書 事 業 名 ( 補 助 金 名 ) : 基 盤 的 研 究 開 発 育 成 事 業 ( 研 究 開 発 シーズ 育 成 補 助 金 ) 研 究 開 発 テーマ 名 : エノキ 水 溶 性 画 分 からのβ グルカンを 中 心 とした 医 薬 品 素 材 の 生 産 開 発 研 究 代 表 者 名 : 櫛 泰 典 帯 広 畜 産 大 学 / 教 授 共 同 研 究 者 名

More information

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム

( 図 )STIM1 のストア 作 動 性 カルシウム 流 入 活 性 化 メカニズム 60 秒 でわかるプレスリリース 2007 年 12 月 3 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 アレルギー 反 応 を 制 御 する 重 要 分 子 STIM1 を 発 見 - 細 胞 外 からのカルシウム 流 入 が アレルギー 反 応 を 引 き 起 こす - 鼻 がむずむずして くしゃみが 止 まらない 体 中 がかゆくて ついつい 引 っかいて しまう 花 粉 症 やアレルギー

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

1

1 平 成 21 年 度 実 施 方 針 ( 変 更 ) P06040 環 境 技 術 開 発 部 1. 件 名 :プログラム 名 環 境 安 心 イノベーションプログラム エネルギーイノベーションプログラム ( 大 項 目 ) 高 機 能 簡 易 型 有 害 性 評 価 手 法 の 開 発 2. 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 法 第 15

More information

( 団 体 名 ) 54 H27.5.6 礒 田 洋 三 滋 賀 県 10,000 住 所 寄 附 金 額 寄 附 者 からのメッセージ 陶 器 に 関 心 があります 本 県 では 信 楽 焼 が 有 名 です また 一 度 機 会 があればお 伺 いしたいと 思 います 少 ない 金 額 ですが

( 団 体 名 ) 54 H27.5.6 礒 田 洋 三 滋 賀 県 10,000 住 所 寄 附 金 額 寄 附 者 からのメッセージ 陶 器 に 関 心 があります 本 県 では 信 楽 焼 が 有 名 です また 一 度 機 会 があればお 伺 いしたいと 思 います 少 ない 金 額 ですが 1 H27.5.1 荒 木 繁 男 福 岡 県 10,000 2 H27.5.1 大 木 郁 子 東 京 都 10,000 3 H27.5.1 山 本 直 也 東 京 都 10,000 4 H27.5.1 小 郷 里 絵 東 京 都 20,000 環 境 保 全 にお 役 立 て 下 さい 5 H27.5.1 戸 上 広 樹 栃 木 県 10,000 6 H27.5.1 佐 々 木 利 也 埼 玉

More information

(Microsoft Word - \220H\225i\215H\213Z\203j\203\205\201[\203XH20-4.doc)

(Microsoft Word - \220H\225i\215H\213Z\203j\203\205\201[\203XH20-4.doc) 愛 産 研 食 品 工 業 技 術 センターニュース 今 月 の 内 容 新 任 あいさつ 平 成 20 年 度 研 究 テーマ 人 事 異 動 及 び 新 体 制 お 知 らせ 新 任 のごあいさつ センター 長 野 口 裕 臣 平 成 20 年 4 月 1 日 付 けでセンター 長 に 就 任 しました 野 口 裕 臣 です 新 年 度 を 迎 え ご 挨 拶 を 申 し 上 げます 私 は 長

More information

創薬データマイニングにおける 副作用予測モデルの提案

創薬データマイニングにおける 副作用予測モデルの提案 創 薬 データマイニングにおける 副 作 用 予 測 モデルの 提 案 江 谷 典 子 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 独 立 行 政 法 人 科 学 技 術 研 究 機 構 CREST 2014 年 11 月 18 日 2014/11/18 1 概 要 背 景 1.ビッグデータ 応 用 2. 副 作 用 の 少 ない 創 薬 課 題 1.ビッグデータを 有 益 に 活 用 するための

More information

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 アセトアミノフェン 今 般 の 残 留 基 準 の 検 討 については 本 剤 について 動 物 用 医 薬 品 としての 製 造 販 売 の 承 認 申 請 がなされたこと 及 び 使 用 禁 止 期 間 の 変 更 について 要 望 書 が 提 出 されたことに 伴 い 薬 事 法 に 基 づく 使 用 基 準 の 変 更 について 農 林 水 産 大 臣 から 意 見 聴 取 があったことから

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

(2) 二 糖 類 二 糖 類 は, 単 糖 が2つグリコシド 結 合 したものである たとえば,マルトース( 麦 芽 糖 )は,グル コース+グルコース,スクロース(ショ 糖 )は,グルコース+フルクトース,ラクトース( 乳 糖 )は, グルコース+ガラクトースのグリコシド 結 合 によるものであ

(2) 二 糖 類 二 糖 類 は, 単 糖 が2つグリコシド 結 合 したものである たとえば,マルトース( 麦 芽 糖 )は,グル コース+グルコース,スクロース(ショ 糖 )は,グルコース+フルクトース,ラクトース( 乳 糖 )は, グルコース+ガラクトースのグリコシド 結 合 によるものであ 糖 質 とは 炭 水 化 物 のうち, 消 化 管 内 で 消 化 酵 素 によって 加 水 分 解 を 受 けて 吸 収 される 物 質,あるいはそのま ま 吸 収 を 受 ける 物 質 を 糖 質 という また, 消 化 吸 収 を 受 けない 炭 水 化 物 を 食 物 繊 維 という 糖 質 には,そのまま 小 腸 で 吸 収 を 受 けるグルコース(ブドウ 糖 ),フルクトース( 果 糖

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

報 道 発 表 資 料 2006 年 12 月 18 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 結 核 菌 ワクチン BCG がアレルギーを 抑 制 する 機 構 を 解 明 - 衛 生 仮 説 によるアレルギー 増 加 を 実 験 的 に 証 明 - ポイント 細 菌 成 分 が ナチュ

報 道 発 表 資 料 2006 年 12 月 18 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 結 核 菌 ワクチン BCG がアレルギーを 抑 制 する 機 構 を 解 明 - 衛 生 仮 説 によるアレルギー 増 加 を 実 験 的 に 証 明 - ポイント 細 菌 成 分 が ナチュ 60 秒 でわかるプレスリリース 2006 年 12 月 18 日 独 立 行 政 法 人 理 化 学 研 究 所 結 核 菌 ワクチン BCG がアレルギーを 抑 制 する 機 構 を 解 明 - 衛 生 仮 説 によるアレルギー 増 加 を 実 験 的 に 証 明 - 花 粉 症 アトピー 性 皮 膚 炎 喘 息 に 代 表 されるアレルギーに 悩 まされる 人 たちは こ の 20 年 間 で

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

<836F83438349939D8C764831388B4C93FC82CC8EE888F882AB816995CA955C816A313130388DC58F4994C52E786C73>

<836F83438349939D8C764831388B4C93FC82CC8EE888F882AB816995CA955C816A313130388DC58F4994C52E786C73> ( 別 表 -1) 都 道 府 県 コード 県 コード 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 県 名 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

高 校 2 年 生 男 子 シングルス No.2 77 伊 藤 貴 紀 ( 西 南 学 院 ) 115 隈 成 輝 ( 明 善 ) 78 安 田 隼 翔 ( 純 真 ) 116 安 倍 周 也 ( 嘉 穂 ) 79 中 村 彩 太 ( 筑 陽 学 園 ) 117 宮 本 周 太 ( 春 日 ) 80

高 校 2 年 生 男 子 シングルス No.2 77 伊 藤 貴 紀 ( 西 南 学 院 ) 115 隈 成 輝 ( 明 善 ) 78 安 田 隼 翔 ( 純 真 ) 116 安 倍 周 也 ( 嘉 穂 ) 79 中 村 彩 太 ( 筑 陽 学 園 ) 117 宮 本 周 太 ( 春 日 ) 80 高 校 2 年 生 男 子 シングルス No.1 1 宮 本 航 輔 ( 筑 陽 学 園 ) 39 安 部 乃 亮 ( 折 尾 愛 真 ) 2 山 田 悠 太 ( 福 岡 舞 鶴 ) 40 黒 江 雄 貴 ( 明 善 ) 3 髙 木 正 匡 ( 折 尾 愛 真 ) 41 堀 川 広 太 ( 柏 陵 ) 4 重 富 桂 二 郎 ( 明 善 ) 42 柴 田 一 秀 ( 修 猷 館 ) 5 野 方 颯

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 8 月 (1/11ページ) 1797 匿 名 千 葉 県 20,000 3 1798 匿 名 大 阪 府 10,000 2 1799 匿 名 鹿 児 島 県 10,000 2 1800 比 嘉 良 幸 様 兵 庫 県 10,000 1 1801 匿 名 東 京 都 10,000 4 1802 匿 名 千 葉 県 10,000 1 1803 匿 名 和 歌 山 県 10,000 3

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

平成22年6月28日

平成22年6月28日 平 成 22 年 6 月 28 日 海 洋 深 層 水 及 びβ-グルカンを 基 材 に 用 いた 化 粧 品 の 機 能 評 価 皮 膚 における 機 能 性 の 研 究 高 知 大 学 医 学 部 看 護 学 科 臨 床 看 護 学 教 室 渡 部 嘉 哉 溝 渕 俊 二 我 々はこれまで 深 層 水 と ソフィβ グルカン(SBG) の 機 能 性 をそれ ぞれ 独 立 したテーマとして 研

More information

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3.

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3. 主 任 監 査 官 総 括 調 整 官 予 算 調 整 官 用 地 調 整 官 利 賀 ダム 工 事 事 務 松 本 砂 防 事 務 防 災 情 報 課 長 占 用 調 整 課 長 三 条 国 道 出 張 長 柏 崎 維 持 出 張 長 用 地 対 策 官 総 括 地 域 防 災 調 整 官 品 質 確 保 課 長 魚 津 国 道 出 張 長 手 取 川 ダム 管 理 支 長 飯 豊 山 系 砂 防

More information

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立 平 成 28 年 度 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 シーズ 創 出 ステージ 1 次 ( 書 面 ) 審 査 評 価 委 員 リスト 評 価 者 名 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 3 秋 光 和 也 香 川 大 学 4 秋 山 美 展 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 5 芦 田 均 神

More information

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 含 量 野 菜 の 栽 培 とその 応 用 小 川 敦 史 ( 秋 田 県 立 大 学 ) 本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 1. 低 カリウム 含 有 量

More information

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の 栄 養 機 能 食 品 として 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 を 行 うには 1 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 に 含 まれる 栄 養 成 分 量 が 国 が 定 めた 下 限 上 限 値 の 基 準 に 適 合 していることが 必 要 です 定 められた 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 のほか 摂 取 す る 上 での 注 意 事 項 や 消 費 者 庁 長 官 の 個 別

More information

Y-7 Selenoprotein Pの 中 和 抗 体 による 耐 糖 能 異 常 及 びインスリン 分 泌 能 の 改 善 三 田 雄 一 郎,2 中 山 華 穂 稲 荷 尚 吾 吉 岡 佑 弥 高 部 稚 子 御 簾 博 文 篁 俊 成 野 口 範 子 斎 藤 芳 郎 同 志 社 大 学 生

Y-7 Selenoprotein Pの 中 和 抗 体 による 耐 糖 能 異 常 及 びインスリン 分 泌 能 の 改 善 三 田 雄 一 郎,2 中 山 華 穂 稲 荷 尚 吾 吉 岡 佑 弥 高 部 稚 子 御 簾 博 文 篁 俊 成 野 口 範 子 斎 藤 芳 郎 同 志 社 大 学 生 招 待 講 演 プログラム 第 日 目 8 月 0 日 ( 火 ) 開 会 の 辞 A 会 場 ( 橘 ) 8:20~ 大 会 長 : 赤 池 孝 章 ( 東 北 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 ) 学 術 奨 励 賞 候 補 講 演 B 会 場 ( 萩 ) 8:0~0:4 座 長 : 赤 池 孝 章 ( 東 北 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 環 境 保 健 医 学 分 野

More information

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山 委 員 会 委 員 名 簿 総 務 委 員 会 新 田 孝 作, 川 西 秀 樹, 衣 笠 えり 子, 篠 田 俊 雄, 峰 島 三 千 男, 森 石 みさき HP 電 算 機 小 委 員 会 峰 島 三 千 男, 山 下 明 泰, 川 崎 忠 行, 川 西 秀 樹, 芝 本 隆, 武 本 佳 昭, 花 房 規 男 ( 外 部 委 員 ) 田 代 嗣 晴 腎 不 全 看 護 師 栄 養 管 理 士

More information

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文

定 性 が 良 いこと 上 皮 細 胞 により 浸 透 することを 報 告 した 今 回 NANOEGG -atra が 従 来 の atra 製 剤 と 比 較 して 刺 激 が 少 なく 両 親 媒 性 であることから 点 眼 剤 として 使 用 できる 可 能 性 に 着 目 した 本 論 文 ( 様 式 甲 5) 氏 名 出 垣 昌 子 ( ふ り が な ) (いでがき まさこ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 24 年 1 月 31 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Effects of All-Trans Retinoic Acid

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

Microsoft Word - 20121014 埼栄ニュース142号.doc

Microsoft Word - 20121014 埼栄ニュース142号.doc (1) 埼 栄 ニュース 平 成 24 年 10 月 1 日 142 号 埼 栄 ニュース 142 発 行 責 任 者 社 団 法 人 埼 玉 県 栄 養 士 会 総 務 部 330-0063 さいたま 市 浦 和 区 高 砂 3 10 4 埼 玉 建 設 会 館 内 電 話 048-866-7925 FAX 048-866-7926 E-mail:s-eiyou@fancy.ocn.ne.jp http://www.saitamaken-eiyoushikai.or.jp

More information

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区 1 頁 区 局 級 退 職 予 定 部 級 退 職 予 定 医 職 蔵 田 英 志 港 南 区 担 当 理 事 ( 福 祉 保 健 センタ ー ) ( 保 健 事 職 濱 陽 太 郎 旭 区 事 職 信 時 正 人 温 暖 化 対 策 統 括 本 部 環 境 未 来 都 市 推 進 担 当 理 事 事 職 岸 村 英 憲 政 策 局 大 学 担 当 理 事 技 職 中 島 徹 也 国 際 局 国 際

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

untitled

untitled 第 24 回 もしもし 医 学 セミナー 食 事 のポイント 延 ばせ! 健 康 寿 命! ~ がんも 糖 尿 病 も 予 防 は 食 生 活 から ~ NTT 東 日 本 関 東 病 院 栄 養 部 鈴 木 雅 子 男 性 79.55 歳 女 性 86.30 歳 平 均 寿 命 ( 平 成 22 年 ) 男 性 79.55 歳 女 性 86.30 歳 第 1 位 長 野 県 ( 男 性 80.88

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大 幅 な 疾 病 構 造 の 変 化

はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大 幅 な 疾 病 構 造 の 変 化 特 定 健 康 診 査 等 実 施 計 画 福 岡 県 情 報 サービス 産 業 健 康 保 険 組 合 平 成 25 年 4 月 1 日 はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

団 体 戦 男 子 団 体 MT 茨 城 熊 本 福 岡 千 葉 島 根 鹿 児 島 宮 崎 北 海 道 神 奈 川 広 島 岐 阜 愛 媛 石 川 東 京 熊 本 愛 媛 愛 知 岩 手 女 子 団 体 WT 東 京 宮 崎 新 潟 神 奈 川 鹿 児 島 千 葉 静 岡 石 川 熊 本 岐 阜 男 子 成 壮 年 団 体 OBT 神 奈 川 愛 媛 広 島 宮 崎 青 森 山 口 長 崎 岡 山

More information

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福 各 教 員 が 有 する 学 位 ( 平 成 27 年 5 月 1 日 現 在 ) 附 属 病 院 所 属 職 名 氏 名 学 位 消 化 管 内 科 講 師 舟 木 康 医 学 博 士 消 化 管 内 科 講 師 海 老 正 秀 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 井 澤 晋 也 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 柳 本 研 一 郎 消 化 管 内 科 助 教 伊 藤 義 紹 医

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

東 海 大 学 電 子 情 報 学 部 情 報 メディア 学 科 濱 本 和 彦 1. 高 周 波 探 触 子 のスライス 方 向 分 解 能 の 検 討 2. 乳 腺 甲 状 腺 疾 患 における B 3. 簡 易 DICOM 環 境 の 構 築 東 京 医 科 大 学 乳 腺 科 植 野 芙 英

東 海 大 学 電 子 情 報 学 部 情 報 メディア 学 科 濱 本 和 彦 1. 高 周 波 探 触 子 のスライス 方 向 分 解 能 の 検 討 2. 乳 腺 甲 状 腺 疾 患 における B 3. 簡 易 DICOM 環 境 の 構 築 東 京 医 科 大 学 乳 腺 科 植 野 芙 英 第 16 回 日 本 乳 腺 甲 状 腺 超 音 波 診 断 会 議 プログラム 6 月 3 日 ( 土 ) 12:00 開 会 の 辞 会 長 : 筑 波 大 学 大 学 院 人 間 総 合 科 学 研 究 科 東 野 英 利 子 12:10シンポジウム 1 エラストグラフィのすべて 1 12:10-12:25S1-1. 原 理 および 開 発 の 道 のり 座 長 : 筑 波 大 学 大 学 院

More information

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls)

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls) 第 10 行 橋 ~ 別 府 100キロウォーク 個 人 記 録 1 着 発 着 発 着 発 着 時 刻 ネット 休 含 1 区 2 区 3 区 4 区 歩 計 1 789 千 代 田 泰 51 2 0:00:15 18:19 18:20 21:43 21:44 1:12 1:12 3:10:09 13:09:54 7.60 8.15 7.48 7.25 7.41 7.63 2 54 増 田 邦 禎

More information

遺 伝 子 とは 遺 伝 という 言 葉 は 親 の 体 質 が 子 に 伝 わることをいいます 体 質 には 顔 かたち 体 つきのほか 病 気 へのかかりやすさなどが 含 まれます この 遺 伝 を 担 っ ている 物 質 が 遺 伝 子 です 遺 伝 子 とは 人 間 の 体 をつくる 設 計

遺 伝 子 とは 遺 伝 という 言 葉 は 親 の 体 質 が 子 に 伝 わることをいいます 体 質 には 顔 かたち 体 つきのほか 病 気 へのかかりやすさなどが 含 まれます この 遺 伝 を 担 っ ている 物 質 が 遺 伝 子 です 遺 伝 子 とは 人 間 の 体 をつくる 設 計 患 者 様 へ 遺 伝 子 解 析 研 究 へのご 協 力 のお 願 い とよしまクリニックでは 病 気 の 原 因 をより 正 確 に 明 らかにし 効 果 的 な 治 療 法 や 予 防 法 を 確 立 させるために 遺 伝 子 解 析 の 研 究 を 行 っております この 文 書 は 患 者 様 に 遺 伝 子 解 析 研 究 へのご 協 力 をお 願 いしたく 研 究 内 容 について ご

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 51 35 52 36 53 37 54 38 55 39 56 40 57 41 58 42 59 43 60 44 61 45 62 46 63 47 64 48 65 49 66 50 67 試 合 番 号 BT-1

More information

<90563237944E96968349815B837683938353838B837491E589EF2E786C73>

<90563237944E96968349815B837683938353838B837491E589EF2E786C73> 年 末 オープンゴルフ 大 会 年 末 オープンゴルフ 大 会 優 勝 森 賀 伸 一 郎 38 41 79 13.2 65.8 27 年 12 月 31 日 26 内 田 寛 之 39 39 78 7.2 70.8 27 年 12 月 29 日 準 優 勝 岩 田 規 詮 40 39 79 10.8 68.2 27 年 12 月 27 日 27 泉 田 徹 40 44 84 13.2 70.8 27

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校

未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校 食 品 安 全 委 員 会 委 員 と 消 費 者 団 体 との 情 報 交 換 会 ( 第 8 回 ) 1. 日 時 : 平 成 27 年 2 月 20 日 ( 金 ) 10:00~12:00 2. 場 所 : 食 品 安 全 委 員 会 委 員 長 室 3. 出 席 者 :( 敬 称 略 ) ( 消 費 者 団 体 ) 主 婦 連 合 会 会 長 全 国 消 費 者 団 体 連 絡 会 事 務

More information

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc ノロウイルスによる 食 中 毒 感 染 症 は 感 染 後 1 日 から 2 日 の 潜 伏 期 間 の 後 に 下 痢 腹 痛 吐 気 嘔 吐 などを 引 き 起 こす 疾 患 です ノロウイルスは 乾 燥 に 強 く また 消 毒 用 アルコールの 効 果 がないことから 次 亜 塩 素 酸 や 85 度 ~90 度 90 秒 間 以 上 の 加 熱 等 の 消 毒 が 必 要 ですが 不 適

More information

Microsoft Word - ’¶Œ½›È−w.doc

Microsoft Word - ’¶Œ½›È−w.doc 生 命 科 学 構 成 員 平 成 3 年 3 月 3 日 現 在 教 授 人 助 教 授 助 手 (うち 病 院 籍 ) ( 人 ) 大 学 院 学 生 (うち 他 講 座 から) 2 人 (2 人 ) 研 究 生 人 外 国 人 客 員 研 究 員 技 官 その 他 ( 技 術 補 佐 員 等 ) 合 計 4 人 2 教 官 の 異 動 状 況 堀 内 健 太 郎 ( 教 授 )( 期 間 中

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与 した 者 の 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論

は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与 した 者 の 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論 博 士 学 位 論 文 内 容 の 要 旨 及 び 論 文 審 査 結 果 の 要 旨 第 11 号 2015 年 3 月 武 蔵 野 大 学 大 学 院 は し が き 本 号 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 4 月 1 日 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として 2015 年 3 月 19 日 に 本 学 において 博 士 の 学 位 を 授 与

More information

糖尿病の歯科病変

糖尿病の歯科病変 第 21 回 健 康 セミナー 糖 尿 病 の 歯 科 病 変 水 俣 芦 北 郡 市 歯 科 医 師 会 井 上 真 樹 歯 周 病 って どんな 病 気? 年 齢 別 に 見 た 歯 周 病 罹 患 率 100% 80% 60% 40% 20% 0% 15-24 歳 1.3% 4.2% 25.7% 46.3% 0.0% 0.0% 49.8% 21.2% 42.3% 48.9% 0.0% 7.3%

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323495BD90AC82518251944E93788BB388E78FA797E38AEE8BE08CA48B868DC58F4995F18D908F915F8FE3945F8D828D5A89CA8EF794C7816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323495BD90AC82518251944E93788BB388E78FA797E38AEE8BE08CA48B868DC58F4995F18D908F915F8FE3945F8D828D5A89CA8EF794C7816A2E646F63> 研 究 結 果 報 告 書 財 団 法 人 長 野 県 学 校 科 学 教 育 奨 励 基 金 理 事 長 田 幸 淳 男 様 平 成 23 年 1 月 19 日 学 校 名 長 野 県 上 伊 那 農 業 高 等 学 校 学 校 長 名 青 木 正 幸 印 1. 研 究 テーマ 気 象 災 害 に 強 い 果 樹 人 工 授 粉 法 の 改 善 と 果 樹 花 粉 の 有 効 利 用 に 関 する

More information

BPO 食 物 発 酵 エキス ポリフェノールとは? ポリフェノール= 抗 酸 化 作 用 酸 化 を 防 ぐこと ポリフェノールとは? 光 合 成 によってつくられる 植 物 の 色 素 や 苦 味 成 分 で からだに 弊 害 を 起 こす 活 性 酸 素 を 除 去 する 抗 酸 化 作 用

BPO 食 物 発 酵 エキス ポリフェノールとは? ポリフェノール= 抗 酸 化 作 用 酸 化 を 防 ぐこと ポリフェノールとは? 光 合 成 によってつくられる 植 物 の 色 素 や 苦 味 成 分 で からだに 弊 害 を 起 こす 活 性 酸 素 を 除 去 する 抗 酸 化 作 用 BPO 食 物 発 酵 エキス 複 合 発 酵 ポリフェノール 抗 酸 化 発 酵 機 能 性 原 料 BPO 販 売 技 術 支 援 株 式 会 社 TNBコーポレーション 1 BPO 食 物 発 酵 エキス ポリフェノールとは? ポリフェノール= 抗 酸 化 作 用 酸 化 を 防 ぐこと ポリフェノールとは? 光 合 成 によってつくられる 植 物 の 色 素 や 苦 味 成 分 で からだに

More information