国際活動をめぐる陸上自衛隊の組織改編

Size: px
Start display at page:

Download "国際活動をめぐる陸上自衛隊の組織改編"

Transcription

1 主 要 記 事 の 要 旨 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 中 央 即 応 集 団 の 新 編 を 中 心 に 鈴 木 滋 年 3 月 28 日 陸 上 自 衛 隊 の 新 たな 部 隊 として 中 央 即 応 集 団 が 発 足 した 中 央 即 応 集 団 は 国 内 各 種 事 態 への 機 動 的 対 応 と 国 際 活 動 の 迅 速 な 実 施 を 目 的 として 編 成 された 部 隊 である 国 際 活 動 については これを 統 括 する 司 令 部 機 能 を 有 しており 今 後 は 自 衛 隊 の 海 外 派 遣 に 当 たり 専 門 部 隊 としての 役 割 が 期 待 されている 2 冷 戦 後 紛 争 地 における 平 和 構 築 が 大 きな 課 題 となったことを 受 けて 国 連 PKO は 複 合 化 大 規 模 化 した 我 が 国 は こうした PKO の 変 化 に 対 応 するため 自 衛 隊 派 遣 の 迅 速 化 や 海 外 活 動 の 本 務 化 という 課 題 に 取 り 組 むことになる こういった 流 れの 中 で 国 際 活 動 を 実 施 する 専 門 部 隊 を 自 衛 隊 に 設 置 する 構 想 が 生 まれた 3 専 門 部 隊 設 置 構 想 は 国 際 活 動 をめぐり 2002 年 に 発 表 された 有 識 者 会 議 の 報 告 明 石 レポート を 源 流 としており 2004 年 に 行 われた 防 衛 大 綱 見 直 しに 至 る 過 程 で その 内 容 が 検 討 された 最 終 的 には 新 たな 防 衛 大 綱 の 中 で 陸 上 自 衛 隊 に 設 けられる 機 動 運 用 部 隊 に 国 際 活 動 を 統 括 する 任 務 が 与 えられることになった 4 このような 経 緯 を 経 て 中 央 即 応 集 団 は 誕 生 した 隷 下 部 隊 には 海 外 派 遣 の 先 遣 部 隊 となる 中 央 即 応 連 隊 のほか 要 員 の 教 育 訓 練 を 実 施 する 国 際 活 動 教 育 隊 などがある し かし 海 外 派 遣 に 際 し 本 隊 となる 部 隊 の 要 員 は 陸 上 自 衛 隊 各 方 面 隊 が 輪 番 制 で 提 供 す ることになっており 専 門 部 隊 としての 実 質 を 欠 く 面 もある 5 中 央 即 応 集 団 は ソマリア 沖 海 賊 対 処 行 動 への 派 遣 という 形 で 国 際 活 動 の 実 任 務 をす でに 開 始 している 国 際 活 動 教 育 隊 が 実 施 する 幹 部 や 陸 曹 向 け 教 育 課 程 のほか 国 際 活 動 に 関 連 した 方 面 隊 の 演 習 訓 練 に 対 する 評 価 支 援 なども 行 われており 中 央 即 応 集 団 は 専 門 部 隊 としての 活 動 実 績 を 蓄 積 しつつある 6 しかし 今 後 に 向 けた 課 題 も 残 されている 方 面 隊 を 統 括 的 に 指 揮 する 陸 上 総 隊 設 置 構 想 との 関 連 で 再 び 改 編 が 行 われる 可 能 性 文 民 機 関 との 民 軍 協 力 や 派 遣 先 での 情 報 収 集 能 力 などの 強 化 国 際 活 動 それ 自 体 の 将 来 的 な 方 向 性 などである これらの 課 題 は 中 央 即 応 集 団 の 組 織 任 務 に 今 後 大 きな 影 響 を 与 えるであろう 7 国 際 活 動 が 国 益 として 捉 えられ 貢 献 という 発 想 から 脱 皮 する 中 自 衛 隊 に 専 門 部 隊 が 設 置 された しかし 新 政 権 により 今 後 国 際 活 動 の 見 直 しも 考 えられるこ とから 中 央 即 応 集 団 についても 新 たな 視 点 からの 議 論 が 予 想 される レファレンス

2 レファレンス 平 成 22 年 1 月 号 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 中 央 即 応 集 団 の 新 編 を 中 心 に 外 交 防 衛 課 鈴 木 滋 目 次 はじめに Ⅰ 国 際 活 動 をめぐる 自 衛 隊 組 織 改 編 の 背 景 1 国 連 PKO の 変 化 と 自 衛 隊 活 動 への 影 響 2 防 衛 大 綱 の 見 直 しと 専 門 部 隊 設 置 構 想 Ⅱ 中 央 即 応 集 団 の 新 編 1 部 隊 の 任 務 と 組 織 2 国 際 協 力 関 連 の 活 動 概 要 Ⅲ 組 織 改 編 が 残 した 課 題 1 更 なる 改 編 の 可 能 性 2 民 軍 協 力 (CIMIC)と 情 報 機 能 の 強 化 3 国 際 活 動 の 位 置 づけ おわりに 国 立 国 会 図 書 館 調 査 及 び 立 法 考 査 局 レファレンス

3 はじめに 2009 年 5 月 16 日 栃 木 県 宇 都 宮 市 の 陸 上 自 衛 隊 宇 都 宮 駐 屯 地 で 海 賊 対 策 の 一 環 としてア フリカのジブチに 派 遣 される 中 央 即 応 連 隊 を 基 幹 とした 部 隊 の 編 成 完 結 式 が 行 われた 中 央 即 応 連 隊 は 国 内 各 種 事 態 への 機 動 的 対 応 と 国 際 活 動 の 迅 速 な 実 施 を 目 的 として 2007 年 3 月 に 新 編 された 陸 上 自 衛 隊 中 央 即 応 集 団 の 隷 下 部 隊 として 宇 都 宮 駐 屯 地 に 配 置 されている 部 隊 である 派 遣 部 隊 の 任 務 は 海 賊 活 動 の 盛 ん なソマリア 沖 で 警 戒 情 報 収 集 活 動 などに 当 た る 海 上 自 衛 隊 の P3C 哨 戒 機 が 拠 点 とするジ ブチ 国 際 空 港 において 機 体 の 警 護 を 実 施 する ことなどにある 中 央 即 応 集 団 と 中 央 即 応 連 隊 にとって ジブチでの 警 護 活 動 は 初 めての 国 際 活 動 となる 式 典 に 出 席 した 火 箱 芳 文 陸 上 幕 僚 長 は 訓 示 の 中 で 本 派 遣 の 意 義 は 国 益 擁 護 に 直 結 し た 初 の 統 合 任 務 部 隊 による 国 際 活 動 であり 陸 自 全 般 の 国 際 活 動 能 力 の 向 上 と 他 国 駐 留 軍 と の 関 係 強 化 が 望 める という 点 である と 述 べ 初 めてとなる 部 隊 派 遣 の 意 義 を 強 調 しながら 中 央 即 応 集 団 と 中 央 即 応 連 隊 による 国 際 活 動 の 今 後 に 期 待 を 示 した (1) 9 月 26 日 に は 第 2 次 派 遣 隊 の 壮 行 会 が やはり 宇 都 宮 駐 屯 地 で 行 われたが その 際 柴 田 幹 雄 中 央 即 応 集 団 司 令 官 は 他 国 軍 との 緊 密 な 連 携 保 持 などを 要 望 し たという (2) PKO 法 が 成 立 し 海 外 派 遣 が 本 格 化 した 1992 年 以 降 自 衛 隊 は 同 法 に 基 づく 平 和 維 持 活 動 等 のほか 各 種 特 別 措 置 法 によって イ ンド 洋 での 補 給 支 援 活 動 や イラクでの 復 興 支 援 活 動 など 様 々な 国 際 活 動 を 行 ってきた そ の 間 9.11 同 時 多 発 テロ に 代 表 される 国 際 情 勢 の 変 動 などを 受 けて 国 際 活 動 をめぐる 我 が 国 の 政 策 も 大 きな 転 換 を 遂 げてきたといえ る 2004 年 12 月 に 決 定 された 防 衛 計 画 の 大 綱 では 我 が 国 の 安 全 保 障 の 第 二 の 目 標 として 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 し 我 が 国 に 脅 威 が 及 ばないようにする という 考 え 方 が 盛 り 込 まれ 国 際 活 動 は 我 が 国 の 安 全 と 直 結 する 課 題 である との 認 識 が 定 着 するきっかけを 作 った また 2006 年 12 月 には 自 衛 隊 法 が 改 正 され 自 衛 隊 の 国 際 活 動 は 主 たる 任 務 で ある 我 が 国 の 防 衛 に 支 障 を 生 じない 範 囲 におい て という 留 保 を 付 されながらも 本 務 と されるに 至 り 国 際 活 動 の 重 要 性 は 一 層 深 まる ことになった このような 経 緯 を 経 る 中 自 衛 隊 の 国 際 活 動 実 施 に 係 る 体 制 整 備 の 必 要 性 が 指 摘 されるよ うになった 最 も 重 要 なテーマとして 検 討 され たのが 常 設 の 司 令 部 を 持 ち 国 際 活 動 を 専 門 的 に 実 施 する 部 隊 の 創 設 である 国 際 活 動 をめ ぐる 自 衛 隊 の 体 制 整 備 は 最 大 のマンパワーを 提 供 する 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 という 形 で 実 施 された 改 編 の 意 義 を 象 徴 し 国 際 活 動 の 方 向 性 を 左 右 する 存 在 として 新 たに 誕 生 したのが 中 央 即 応 集 団 である しかし 中 央 即 応 集 団 は 当 初 想 定 されていた 専 門 部 隊 としての 実 質 を 必 ずしも 備 えておらず その 役 割 や 部 隊 とし ての 性 格 には 未 だ 明 確 になっていない 部 分 も 少 なくない 本 稿 は 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 というテー マに 焦 点 を 当 てながら 国 際 活 動 をめぐって 最 近 実 施 された 自 衛 隊 の 体 制 整 備 について そ の 背 景 と 経 緯 今 後 に 残 された 課 題 などを 紹 介 するものである Ⅰでは 国 際 活 動 をめぐる 体 制 整 備 を 促 進 した 要 因 として PKO の 変 化 とい う 問 題 や 防 衛 大 綱 の 策 定 過 程 に 触 れつつ 体 制 整 備 の 本 質 的 な 背 景 を 紹 介 する Ⅱでは 中 央 即 応 集 団 と その 隷 下 部 隊 である 中 央 即 応 連 隊 や 国 際 活 動 教 育 隊 について それぞれ 任 務 と 組 織 最 近 の 活 動 実 態 などを 紹 介 する Ⅲでは 組 織 改 編 が 残 した 課 題 として 再 び 大 規 模 な 改 ⑴ ジブチで 警 備 任 務 へ: 警 衛 隊 が 編 成 完 結 朝 雲 ⑵ ジブチ 派 遣 の 陸 自 2 次 要 員 : 宇 都 宮 駐 で 壮 行 会 同 上, レファレンス

4 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 編 が 行 われる 可 能 性 とその 影 響 今 後 の 国 際 活 動 に 当 たって 重 要 度 を 高 めるであろう 民 軍 協 力 と 情 報 収 集 機 能 の 強 化 という 問 題 そして 国 際 活 動 の 将 来 的 方 向 性 と 専 門 部 隊 の 位 置 づけといった 論 点 に 触 れる なお 文 中 におけ る 防 衛 庁 と 防 衛 省 の 表 記 については 必 要 に 応 じ 時 系 列 で 書 き 分 けたため 統 一 はしていない また 関 係 者 の 肩 書 は 参 照 文 献 が 発 表 発 刊 された 時 点 のものである Ⅰ 国 際 活 動 をめぐる 自 衛 隊 組 織 改 編 の 背 景 1 国 連 PKO の 変 化 と 自 衛 隊 活 動 への 影 響 最 近 では インド 洋 における 補 給 支 援 やソ マリア 沖 での 海 賊 対 処 など 国 連 の 枠 組 みには 収 まりきらない 多 国 籍 の 協 力 活 動 に 対 する 参 加 も 増 えてきたが 自 衛 隊 の 国 際 活 動 は その 多 くが いわゆる PKO 法 (3) に 基 づく 国 連 平 和 維 持 活 動 (Peace Keeping Operation 以 下 PKO)や 人 道 的 救 援 活 動 として 行 われてきた 活 動 目 的 を 限 定 した 海 賊 対 処 法 (4) を 除 けば 現 在 自 衛 隊 の 国 際 活 動 について 恒 久 的 な 枠 組 みとなるのは PKO 法 と 国 際 緊 急 援 助 隊 法 の みである 時 限 立 法 である 特 措 法 によらず 自 衛 隊 の 国 際 活 動 を 常 時 可 能 とする 恒 久 法 ( 一 般 法 ) 制 定 の 必 要 性 をめぐる 議 論 も 活 発 化 しつ つあるが PKO 法 を 主 軸 とする 現 在 の 派 遣 枠 組 みについては 当 面 大 きく 変 わることはな いであろう したがって 自 衛 隊 の 国 際 活 動 は 国 連 PKO のあり 方 という 問 題 と 密 接 に 関 連 し ながら 展 開 していくと 予 測 される ⑴ 自 衛 隊 による PKO 活 動 の 経 緯 と 特 徴 1992 年 6 月 に PKO 法 が 成 立 したことを 受 け て 国 連 カンボジア 暫 定 統 治 機 構 (UNTAC) に 参 加 するため 陸 上 自 衛 隊 が 派 遣 された 自 衛 隊 にとって これが 初 めての PKO 参 加 であっ たが 現 在 に 至 るまで 自 衛 隊 の PKO 活 動 は いわゆる 参 加 5 原 則 にしたがって 行 われて いる 参 加 5 原 則 とは 自 衛 隊 の 活 動 が 憲 法 解 釈 上 禁 止 されている 海 外 での 武 力 行 使 に 当 たらないよう PKO 法 で 定 められている 前 提 条 件 であり 次 のようなものである (5) 1 停 戦 の 合 意 が 存 在 している 2 受 入 国 などの 同 意 が 存 在 している 3 中 立 性 を 保 って 活 動 する 4 上 記 1~3の 原 則 のいずれかが 満 たされな くなった 場 合 には 一 時 業 務 を 中 断 し さらに 短 期 間 のうちにその 原 則 が 回 復 しない 場 合 に は 派 遣 を 終 了 させる 5 武 器 の 使 用 は 要 員 等 の 生 命 又 は 身 体 の 防 衛 のために 必 要 な 最 小 限 度 に 限 る 国 連 PKO は その 草 創 期 から 今 日 に 至 るま で その 役 割 や 活 動 をめぐる 考 え 方 が 時 代 を 経 るごとに 変 遷 してきていると 見 られている いささか 図 式 的 になるが これを 時 系 列 的 に 整 理 すれば 次 のようになるであろう すなわち 紛 争 当 事 者 の 同 意 や 中 立 性 の 厳 守 最 小 限 の 武 器 使 用 といった 活 動 原 則 を 前 提 としていた 冷 戦 期 の 第 1 世 代 活 動 が 多 目 的 化 複 合 化 し 組 織 も 大 型 となった 冷 戦 崩 壊 前 後 の 第 2 世 代 強 制 的 な 平 和 執 行 の 試 みが 失 敗 した 1990 年 代 前 半 の 第 3 世 代 そ し て 従 来 の 伝 統 的 な PKO への 回 帰 が 模 索 された 1990 年 代 後 半 の 第 4 世 代 である (6) UNTAC は 軍 事 部 門 及 び 6 文 民 部 門 から 成 り 人 員 も 2 万 人 を 超 え 国 連 PKO として ⑶ 国 際 連 合 平 和 維 持 活 動 等 に 対 する 協 力 に 関 する 法 律 ( 平 成 4 年 6 月 19 日 法 律 第 79 号 ) ⑷ 海 賊 行 為 の 処 罰 及 び 海 賊 行 為 への 対 処 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 6 月 24 日 法 律 第 55 号 ) ⑸ それぞれの 原 則 について PKO 法 の 該 当 条 文 を 引 用 するのは 煩 雑 となるので ここでは 次 の 文 献 に 依 拠 し て 記 述 した 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 事 務 局 ホームページ はじめに を 参 照 J/cooperation/cooperation.html ⑹ 次 の 文 献 を 参 考 に 記 述 した 田 村 重 信 佐 藤 正 久 教 科 書 日 本 の 防 衛 政 策 芙 蓉 書 房 出 版, 2008, pp レファレンス

5 史 上 最 大 規 模 の 意 欲 的 なものであり (7) 自 衛 隊 の PKO 参 加 は 第 2 世 代 型 PKO から 開 始 されることになったが 活 動 の 大 前 提 である 参 加 5 原 則 が 明 ら か に 第 1 世 代 型 PKO の 枠 組 みに 依 拠 していたことから そ の 後 実 施 された 自 衛 隊 の PKO 活 動 は 冷 戦 期 PKO の 考 え 方 に 強 く 影 響 を 受 けたものとなっ た その 間 PKO 法 は 2 回 にわたって 改 正 さ れている 1998 年 には 武 器 使 用 規 定 の 改 正 などが 行 われ 2001 年 にも 再 び 武 器 使 用 規 定 が 改 正 された (8) また 2001 年 の 改 正 では それまで 凍 結 されていた PKF( 平 和 維 持 隊 )の 本 体 業 務 実 施 が 解 除 された しかし 武 器 使 用 規 定 の 改 定 が 参 加 5 原 則 自 体 の 見 直 しに つながることはなく 停 戦 監 視 や 駐 留 巡 回 な どの PKF 本 体 業 務 については 凍 結 解 除 後 も 実 際 には 行 われていない (9) 現 在 も 自 衛 隊 の PKO 活 動 は 基 本 的 には 冷 戦 期 の 枠 組 みを 踏 襲 し 活 動 内 容 についても 抑 制 的 に 選 択 する 形 で 行 われていると 見 なすことができるだろう ⑵ 武 力 行 使 型 PKO の 登 場 それでは 国 連 PKO をめぐる 考 え 方 は 最 近 どのような 方 向 性 をたどっているであろう か この 点 に 関 連 して 関 係 者 の 多 くは 2000 年 8 月 に 発 表 された 国 連 平 和 活 動 検 討 パネル 報 告 書 (いわゆる ブラヒミ 報 告 ) 以 降 の 国 連 PKO においては 任 務 の 遂 行 を 妨 げる 者 に 対 する 平 和 強 制 を 実 施 するべく 強 制 措 置 を 定 め た 国 連 憲 章 第 7 章 による 授 権 の 下 で 活 動 すると いう 事 例 が 定 着 している と 指 摘 しており こ うした PKO は 前 記 第 3 世 代 においてソ マリアなどで 試 みられ 失 敗 した 平 和 執 行 活 動 と 同 一 ではないものの より 限 定 的 な 平 和 強 制 機 能 を 備 えたものと 見 られている (10) 2000 年 以 降 武 力 行 使 型 の PKO が 登 場 してきた ことの 背 景 には 冷 戦 後 に 現 れた 新 たな 脅 威 で ある 内 戦 や 民 族 紛 争 などによる 人 道 的 危 機 が ますます 深 刻 化 し 平 和 をめぐる 国 連 の 取 り 組 みに 新 たな 方 向 性 が 求 められるようになった ことが 挙 げられよう (11) 武 力 行 使 型 PKO の 登 場 は 国 連 PKO が 新 たな 世 代 に 入 り 国 家 紛 争 後 の 停 戦 監 視 兵 力 引 き 離 しなどを 主 な 活 動 としていた 冷 戦 期 PKO から 紛 争 後 の 国 家 再 建 平 和 構 築 に 全 面 関 与 する 複 合 型 の PKO へと 本 格 的 な 移 行 期 を 迎 えたこと 紛 争 当 事 者 の 同 意 中 立 性 の 厳 守 最 小 限 の 武 器 使 用 といった それまでの 国 連 の 活 動 原 則 にも 一 部 変 更 が 迫 られるようになったことを 意 味 し ている ⑶ 我 が 国 の PKO をめぐる 議 論 への 影 響 国 連 PKO の 変 化 は 我 が 国 の PKO をめぐ る 議 論 にも 大 きな 影 響 を 及 ぼさざるを 得 なかっ た 2002 年 12 月 18 日 福 田 康 夫 内 閣 官 房 長 官 の 私 的 諮 問 機 関 である 国 際 平 和 協 力 懇 談 会 ⑺ 自 衛 隊 の 国 際 貢 献 活 動 の 歩 みと 今 後 の 課 題 防 衛 年 鑑 刊 行 会 編 集 部 編 著 防 衛 年 鑑 2004 年 版 防 衛 メディ アセンター, 2004, p.24. ⑻ 1998 年 の 改 正 では 上 官 の 命 令 による 武 器 使 用 という 考 え 方 2001 年 の 改 正 では 自 己 の 管 理 下 に 入 っ た 者 を 防 衛 するための 武 器 使 用 という 考 え 方 が 新 たに 規 定 され PKO 活 動 に 従 事 する 自 衛 官 の 武 器 使 用 権 限 が 拡 大 された 同 上, pp ⑼ 近 藤 重 克 国 連 改 革 と 自 衛 隊 の 国 際 平 和 協 力 活 動 国 際 問 題 543 号, , p.46. 陸 上 自 衛 隊 は 現 在 中 東 ゴラン 高 原 で 活 動 する 国 連 兵 力 引 き 離 し 監 視 隊 (UNDOF)に 参 加 しているが 停 戦 監 視 活 動 には 参 加 しておらず これを 担 当 する 他 国 部 隊 への 物 資 輸 送 などを 行 っている ⑽ 例 えば 次 の 文 献 を 参 照 須 田 道 夫 ブラヒミ 報 告 以 降 の 国 連 平 和 活 動 による 力 の 行 使 の 検 証 自 衛 隊 による 今 後 の 国 際 平 和 協 力 活 動 への 含 意 国 際 安 全 保 障 36 巻 1 号, , pp ⑾ ブラヒミ 報 告 自 体 は 国 連 による 平 和 強 制 執 行 については 直 接 勧 告 していないものの 任 務 遂 行 との 関 係 で 強 力 な 交 戦 規 定 (ROE)を 策 定 する 必 要 性 に 触 れている 同 上, pp このことから 同 報 告 は その 後 憲 章 第 7 章 によって 授 権 される 武 力 行 使 型 PKO が 定 着 するに 当 たって 重 要 なきっかけになったものと 考 えられる 56 レファレンス

6 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 は 国 際 協 力 活 動 の 将 来 的 なあり 方 に 関 する 報 告 書 を 発 表 したが 報 告 書 に 盛 り 込 まれた 提 言 は 国 際 活 動 をめぐる その 後 の 議 論 や 政 策 を 大 きく 方 向 付 けることになった なお この 報 告 書 については 懇 談 会 の 座 長 であった 明 石 康 元 国 連 事 務 次 長 にちなんで 明 石 レポート と 呼 ばれることが 多 いため 本 稿 でもそのよう に 表 記 する 明 石 レポート は 報 告 の 第 1 部 において 国 際 平 和 協 力 活 動 が 置 かれた 状 況 と 課 題 に 触 れ ており 現 代 の 国 際 社 会 においては 国 家 間 の 戦 争 を 防 止 するだけでは 不 十 分 であり 内 戦 や 虐 殺 などの 脅 威 のない 世 界 の 構 築 に 向 けた 取 り 組 みこそが 平 和 探 求 にとって 不 可 欠 の 課 題 で ある と 述 べる 一 方 我 が 国 にとっても この ような 平 和 活 動 は 国 益 と 国 の 存 亡 がかかった 死 活 的 課 題 である との 認 識 を 示 している (12) なお 国 際 活 動 の 必 要 性 との 関 係 で 国 益 という 言 葉 が 使 われていることには 注 目 すべき であろう また 国 連 が 長 らく 行 ってきた 平 和 維 持 活 動 における 同 意 や 中 立 性 といった 伝 統 的 原 則 の 保 持 が 困 難 になっていること 単 に 平 和 を 維 持 することに 代 わって 平 和 構 築 という 冷 戦 後 の 国 際 社 会 において 最 も 重 要 な 課 題 が 生 まれていることなどを 指 摘 しつつ 平 和 構 築 に 対 する 国 際 社 会 の 取 り 組 みは 国 づくり に まで 踏 み 込 んだ 極 めて 包 括 的 なものにならざ るを 得 ない とも 述 べている (13) これらの 問 題 意 識 は 国 連 PKO の 変 化 とい う 現 象 を 明 確 に 踏 まえたものであり 明 石 レ ポート の 根 底 には 伝 統 的 PKO の 枠 に 止 まっ ている 我 が 国 の 現 状 と 新 たな 展 開 を 見 せつつ ある 国 連 PKO との 落 差 に 対 する 危 機 感 があっ た この 点 について 明 石 レポート は こ れまでの 日 本 の 国 際 平 和 協 力 分 野 での 活 動 は 伝 統 的 な 国 連 PKO の 枠 組 みに 大 きく 拘 束 され ている と 述 べている (14) PKO を 取 り 巻 く 国 際 的 な 環 境 変 化 に 呼 応 する 形 で 明 石 レポー ト は 我 が 国 においても 国 際 協 力 活 動 に 対 する 政 策 が 強 化 される 必 要 性 を 強 調 しており 報 告 の 第 3 部 では 停 戦 合 意 受 け 入 れ 同 意 等 参 加 原 則 の 緩 和 任 務 遂 行 のための 武 器 使 用 PKO の 機 動 的 展 開 を 目 的 とする 国 連 待 機 制 度 への 参 加 自 衛 隊 法 改 正 による 国 際 活 動 の 本 務 化 即 応 性 の 高 い 部 隊 の 準 備 国 連 決 議 に 基 づ いて 活 動 する 多 国 籍 軍 への 後 方 支 援 などが 提 言 されている (15) これらの 提 言 については 参 加 5 原 則 に 直 接 関 わるものを 除 くと その 後 の 法 整 備 などによって 実 現 した 例 が 多 い 本 稿 の 主 題 である 中 央 即 応 集 団 の 新 編 についても 適 時 適 切 な 派 遣 を 確 保 するため 自 衛 隊 の 中 に 即 応 性 の 高 い 部 隊 を 準 備 する という 明 石 レポート の 提 言 が そのベースになった 可 能 性 は 高 いと 思 われる それでは 明 石 レポート と その 後 の 国 際 活 動 政 策 との 関 係 を どのように 解 すべきで あろうか 明 石 レポート は 確 かに 参 加 5 原 則 の 一 部 見 直 しに 言 及 した しかし 報 告 の 中 で 武 力 行 使 権 限 が 強 化 された 国 連 PKO への 参 加 などを 主 張 しているわけではな い 報 告 が 発 表 されたときの 報 道 で 報 告 書 の 重 点 はむしろ 紛 争 の 予 防 早 期 終 結 紛 争 後 の 人 道 援 助 復 興 支 援 といった 一 連 の 過 程 で 日 本 が 国 力 に 見 合 った 形 で 貢 献 ができるよう 包 括 的 な 組 織 法 整 備 を 求 めている 点 だろう (16) との 評 価 があったように 明 石 レポート の 中 心 的 な 狙 いは 現 行 憲 法 下 での 基 本 的 な 参 加 枠 組 みを 前 提 としつつ その 枠 内 で 国 連 ⑿ 国 際 平 和 協 力 懇 談 会 国 際 平 和 協 力 懇 談 会 報 告 書 , p.2. kokusai/kettei/021218houkoku.pdf ⒀ 同 上, pp.3-4. ⒁ 同 上, p.12. ⒂ 同 上, pp ⒃ 平 和 懇 報 告 書 : 議 論 深 めぬ 政 治 叱 咤 朝 日 新 聞 レファレンス

7 PKO の 変 化 に 対 応 していくために 必 要 となる 政 策 や 体 制 を 整 備 していくことにあったと 思 わ れる 2 防 衛 大 綱 の 見 直 しと 専 門 部 隊 設 置 構 想 こうして 明 石 レポート 後 の 国 際 活 動 政 策 をめぐる 課 題 は 平 和 構 築 への 積 極 関 与 を 目 的 とし 複 合 化 した 任 務 を 有 する 国 連 PKO 場 合 によっては 国 連 決 議 に 基 づく 多 国 籍 軍 に 対 し 現 行 の 法 的 枠 組 みに 則 った 形 で 自 衛 隊 を 積 極 参 加 させるための 法 整 備 組 織 改 編 という 方 向 へと 集 約 されていくことになる ⑴ 専 門 部 隊 設 置 構 想 をめぐる 動 き 防 衛 庁 は 2004 年 に 入 ると 新 たな 防 衛 計 画 大 綱 の 策 定 作 業 を 本 格 的 に 開 始 する 新 大 綱 は 1995 年 11 月 に 閣 議 決 定 された 大 綱 に 代 わるも ので 9.11 同 時 多 発 テロ によってもたらさ れた 安 全 保 障 環 境 の 激 変 に 対 応 することを 目 的 として 策 定 されることになった 国 際 活 動 の 強 化 も 大 きなテーマとして 位 置 づけられる 中 国 際 活 動 を 実 施 する 自 衛 隊 の 専 門 部 隊 を 設 置 する 構 想 が 生 まれた 筆 者 が 参 照 した 文 献 の 範 囲 で 専 門 部 隊 設 置 構 想 を 初 めて 紹 介 したものとして 確 認 できるのは 同 年 3 月 の 新 聞 報 道 である このときの 報 道 では 国 際 貢 献 に 対 応 した 長 官 直 轄 の 専 門 部 隊 を 2006 年 までに 創 設 する 方 針 が 固 まったことや その 背 景 として 従 来 陸 上 自 衛 隊 の PKO 派 遣 が 地 域 ごとに 設 置 さ れている 方 面 隊 の 輪 番 制 で 行 われているため 機 動 性 に 欠 ける 問 題 点 が 指 摘 されていたことな どが 紹 介 されている (17) その 後 も 専 門 部 隊 設 置 構 想 をめぐる 動 き については 各 紙 で 報 じられていく 同 年 8 月 の 報 道 を 例 に 取 ると 専 門 部 隊 設 置 構 想 は 新 大 綱 に 関 する 防 衛 庁 内 の 検 討 機 関 として 設 置 さ れた 防 衛 力 の 在 り 方 検 討 会 議 ( 議 長 は 石 破 茂 防 衛 庁 長 官 )でまとめられたとされている こ のときの 報 道 では 専 門 部 隊 の 設 置 は 海 外 活 動 の 本 務 化 に 伴 うもので 海 外 派 遣 を 専 門 とし 1,300 人 規 模 の 部 隊 2 個 から 編 成 される 国 際 任 務 待 機 部 隊 を 陸 上 自 衛 隊 に 新 設 する 予 定 で ある と 報 じられていた (18) ただし 各 紙 の 報 道 は 専 門 部 隊 の 新 編 は 新 大 綱 の 策 定 と 国 際 活 動 の 本 務 化 に 伴 う 組 織 改 編 と 位 置 づけられ ており 新 編 される 部 隊 は 海 外 派 遣 に 専 従 す る 部 隊 である というところまでは 共 通 である が 組 織 の 具 体 的 な 編 成 面 などについては そ の 都 度 微 妙 に 異 なる 内 容 が 報 じられていた こ の 問 題 をめぐって 当 時 政 府 防 衛 庁 内 で 様 々 な 案 が 検 討 されていたことをうかがわせるもの といえよう (19) ⑵ 荒 木 レポート と 新 大 綱 の 策 定 専 門 部 隊 設 置 構 想 をめぐる 報 道 が その 後 設 置 されることになる 中 央 即 応 集 団 の 編 成 内 容 を ほぼ 正 確 に 紹 介 するようになるのは 2004 年 10 月 以 降 である (20) これは 同 じ 時 期 に 小 泉 純 一 郎 総 理 大 臣 の 私 的 諮 問 機 関 であ る 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 が 将 来 の 防 衛 力 のあり 方 等 について 報 告 書 を 発 表 し たことと 一 定 の 関 係 があると 考 えられる な お この 報 告 書 については 懇 談 会 の 座 長 であっ た 荒 木 浩 東 京 電 力 顧 問 にちなんで 荒 木 レポー ト と 呼 ばれることが 多 いため 本 稿 でもその ように 表 記 する 荒 木 レポート は 我 が 国 が 抱 える 安 全 保 障 上 の 課 題 について 広 く 提 言 を 行 ったもので あるが その 中 には 特 に 新 大 綱 で 定 めるべ き 内 容 に 関 する 提 言 が 含 まれており 防 衛 庁 内 ⒄ 自 衛 隊 に 国 際 貢 献 部 隊 : 防 衛 大 綱 明 記 へ 日 本 経 済 新 聞 ⒅ 海 外 活 動 本 来 任 務 に: 待 機 部 隊 の 常 設 検 討 朝 日 新 聞 ⒆ 例 えば 方 面 隊 ごとに 専 門 部 隊 を 設 置 する 案 も 政 府 内 で 浮 上 している と 報 じられたことがある 防 衛 大 綱 に 海 外 部 隊 : 政 府 迅 速 派 遣 へ 明 記 方 針 東 京 新 聞 ⒇ 例 えば 次 の 記 事 を 参 照 陸 自 に 海 外 派 遣 司 令 部 : 対 テロも 統 括 東 京 新 聞 レファレンス

8 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 の 検 討 機 関 である 防 衛 力 の 在 り 方 検 討 会 議 における 議 論 と 密 接 に 絡 みながら 新 大 綱 の 方 向 性 を 決 定 する 役 割 を 果 たしたと 見 られる そ れは 荒 木 レポート で 述 べられている 国 際 的 安 全 保 障 環 境 の 改 善 による 脅 威 の 予 防 と いう 考 え 方 が そのまま 新 大 綱 で 記 述 されて いることからも 明 らかであろう この 点 につい て 上 杉 勇 司 広 島 大 学 准 教 授 は 荒 木 レポー トでの 認 識 は そのまま 防 衛 大 綱 に 継 承 され 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 改 善 のための 主 体 的 積 極 的 な 取 組 として 国 際 平 和 活 動 が 位 置 づけ られた と 述 べている (21) なお 荒 木 レポート は 専 門 部 隊 の 設 置 については 陸 上 防 衛 力 のあり 方 に 関 する 提 言 の 中 で 海 外 任 務 に 常 時 即 応 するため 高 い 練 度 の 部 隊 を 保 有 する と 述 べている (22) この ように 荒 木 レポート が 国 際 活 動 の 方 向 性 や 専 門 部 隊 について 大 枠 となる 考 え 方 を 示 し たのに 対 し 防 衛 力 の 在 り 方 検 討 会 議 での 議 論 は それを 具 体 的 に 肉 付 けしたといえよう 2004 年 11 月 に 同 会 議 がまとめた 報 告 書 には 緊 急 時 に 機 動 展 開 する 部 隊 として 中 央 即 応 集 団 を 設 置 するほか PKO や 多 国 籍 軍 への 支 援 などの 国 際 活 動 について 国 連 安 保 理 決 議 採 択 後 30 日 以 内 に 迅 速 な 派 遣 を 可 能 とする 即 応 体 制 を 構 築 するため 中 央 即 応 集 団 司 令 部 が 海 外 派 遣 についても 一 元 的 に 指 揮 すること 要 員 の 教 育 訓 練 を 行 う 部 隊 を 新 たに 創 設 すること などが 盛 り 込 まれている (23) 2004 年 12 月 10 日 平 成 17 年 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 閣 議 決 定 された 荒 木 レ ポート の 提 言 に 呼 応 するように 新 大 綱 では 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 の 改 善 のための 主 体 的 積 極 的 な 取 組 が 謳 われ 迅 速 に 部 隊 を 派 遣 し 継 続 的 に 活 動 するための 各 種 基 盤 を 確 立 する 方 針 が 記 されるとともに 大 綱 の 期 間 内 に 整 備 す べき 防 衛 力 の 水 準 を 定 めた 別 表 において 陸 上 自 衛 隊 の 機 動 運 用 部 隊 として 中 央 即 応 集 団 を 新 編 することとされた (24) なお 大 野 功 統 防 衛 庁 長 官 は 新 大 綱 を 決 定 した 安 全 保 障 会 議 の 場 で 今 までは 国 際 貢 献 という 言 葉 を 使 っていた 今 後 は 一 方 的 に 尽 くすので はなく 主 体 的 に 取 り 組 んでいく と 述 べて おり (25) 新 大 綱 で 国 際 活 動 が 占 める 比 重 の 重 さを 強 調 している Ⅱ 中 央 即 応 集 団 の 新 編 このような 経 過 を 経 て 中 央 即 応 集 団 の 新 編 が 決 定 した 新 たな 防 衛 大 綱 の 中 では 機 動 運 用 部 隊 としての 位 置 づけが 行 われ 大 綱 の 下 で より 具 体 的 な 装 備 の 取 得 水 準 などを 示 し た 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 でも 中 央 即 応 集 団 と 国 際 活 動 教 育 隊 の 設 置 方 針 が 盛 り 込 まれた その 後 2006 年 度 予 算 に 新 規 事 業 として 関 連 予 算 が 計 上 され 予 算 措 置 を 伴 う 事 業 計 画 とし て 設 置 に 向 けた 準 備 が 開 始 されることになる 2007 年 3 月 28 日 中 央 即 応 集 団 は 正 式 に 発 足 した 3 月 31 日 埼 玉 県 朝 霞 市 の 陸 上 自 衛 隊 朝 霞 訓 練 場 で 行 われた 編 成 完 結 式 に 出 席 した 久 間 章 生 防 衛 大 臣 は 次 のような 訓 示 を 行 って いる 中 央 即 応 集 団 はわが 国 の 防 衛 力 に 求 め られている 役 割 を 象 徴 する 部 隊 新 たな 脅 威 や 多 様 な 事 態 に 対 応 するための 即 応 性 や 機 動 性 を 備 え 事 態 の 拡 大 防 止 等 を 担 うことになる さ らに 本 来 任 務 となった 国 際 平 和 協 力 活 動 でも 重 上 杉 勇 司 日 本 の 国 際 平 和 協 力 政 策 における 自 衛 隊 の 国 際 平 和 協 力 活 動 の 位 置 づけ 政 策 から 研 修 カリキュ ラムにみる 重 点 領 域 と 課 題 国 際 安 全 保 障 36 巻 1 号, , p.47. 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 報 告 書 未 来 への 安 全 保 障 防 衛 力 ビジョン 2004, p.27. 統 合 多 機 能 の 体 制 へ:5000 人 規 模 で 即 応 集 団 防 衛 力 の 在 り 方 検 討 会 議 のまとめ 朝 雲 平 成 17 年 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について ( 平 成 16 年 12 月 10 日 閣 議 決 定 ) j/defense/policy/17taikou/taikou.htm 新 防 衛 大 綱 3 度 目 の 変 革 ( 上 ) 海 外 派 遣 新 局 面 に 日 本 経 済 新 聞 レファレンス

9 大 な 役 割 を 担 う (26) 新 防 衛 大 綱 は 第 4 項 防 衛 力 の 在 り 方 の 中 で 新 たな 脅 威 や 多 様 な 事 態 への 実 効 的 な 対 応 を 謳 っているが 中 央 即 応 集 団 は まさに 新 大 綱 が 目 指 す 新 たな 防 衛 力 を 象 徴 し 本 務 化 された 国 際 活 動 を 支 える 存 在 として 誕 生 したといえるだろう 1 部 隊 の 任 務 と 組 織 ⑴ 中 央 即 応 集 団 の 基 本 的 性 格 と 任 務 中 央 即 応 集 団 (Central Readiness Force: CRF の 略 称 で 呼 ばれることもある)は 単 一 の 指 揮 系 統 を 有 する 防 衛 大 臣 の 直 轄 部 隊 である 司 令 部 は 東 京 都 練 馬 区 の 陸 上 自 衛 隊 朝 霞 駐 屯 地 に 置 かれており これまで 個 々に 長 官 や 方 面 隊 の 隷 下 にあった 機 動 運 用 部 隊 や 専 門 部 隊 を 単 一 指 揮 官 の 元 に 集 約 することで 一 元 的 な 管 理 運 用 を 可 能 とした 部 隊 とされている (27) 斎 藤 隆 統 合 幕 僚 長 は 中 央 即 応 集 団 発 足 の 翌 日 (2007 年 3 月 29 日 ) 定 例 の 記 者 会 見 で 海 自 自 衛 艦 隊 空 自 航 空 総 隊 と 並 ぶ 陸 自 のメジャーコマンド と 評 価 する 発 言 を 行 っているが (28) このよう な 部 隊 の 性 格 を 反 映 する 形 で 指 揮 官 には 陸 上 自 衛 隊 で 最 高 の 階 級 である 陸 将 が 充 てられると ともに 陸 上 自 衛 隊 では 初 めて 司 令 官 の 呼 称 が 与 えられている 部 隊 規 模 は 必 ずしも 明 らかではないが 発 足 時 の 報 道 から 推 定 すると 現 在 4,100 人 程 度 と 見 られる (29) なお 中 央 即 応 集 団 の 司 令 部 は 今 後 在 日 米 陸 軍 司 令 部 の 所 在 する 神 奈 川 県 座 間 基 地 に 移 駐 する 予 定 とされており 将 来 的 には 在 日 米 陸 軍 のカウンターパート になるとの 見 方 がある (30) 中 央 即 応 集 団 の 任 務 について 防 衛 白 書 2007 年 版 は 中 央 即 応 集 団 は 平 素 ゲリラ や 特 殊 部 隊 による 攻 撃 などの 事 態 に 実 効 的 に 対 応 するための 教 育 訓 練 を 実 施 し 事 態 発 生 時 に は 事 態 の 態 様 に 応 じて 隷 下 の 部 隊 を 適 切 に 組 み 合 わせつつ 迅 速 に 対 処 する 部 隊 である ま た 隷 下 には 国 際 平 和 協 力 活 動 を 実 施 する 上 で 必 要 な 教 育 等 を 平 素 から 行 うための 国 際 活 動 教 育 隊 ( 駒 門 )を 保 持 しており 今 後 国 際 平 和 協 力 活 動 に 迅 速 かつ 継 続 して 部 隊 を 派 遣 でき る 体 制 が 強 化 されていくことになる と 記 して いる (31) 一 方 中 央 即 応 集 団 のホームページでは 国 際 平 和 協 力 活 動 等 に 関 する 教 育 訓 練 を 担 任 支 援 するとともに 先 遣 隊 を 派 遣 し 派 遣 部 隊 を 指 揮 して 同 活 動 に 対 応 すること 国 内 では 災 害 や 各 種 事 態 において 対 処 する 各 方 面 隊 に 対 し 隷 下 部 隊 を 派 遣 して 増 援 することが 部 隊 の 任 務 として 挙 げられている なお 中 央 即 応 集 団 のホームページは ここでいう 国 際 平 和 協 力 活 動 等 について 国 際 平 和 協 力 業 務 (PKO 活 動 )や 国 際 緊 急 援 助 活 動 のほか 人 道 復 興 支 援 ( 特 措 法 などに 基 づく 活 動 ) 在 外 邦 人 輸 送 な どを 含 めており 中 央 即 応 集 団 が 自 衛 隊 によ る 国 際 活 動 の 全 局 面 に 関 与 することを 示 してい る (32) ⑵ 中 央 即 応 集 団 の 組 織 このように 中 央 即 応 集 団 は 国 内 緊 急 事 態 への 対 応 と 国 際 活 動 の 教 育 訓 練 実 施 とい う 2 つの 大 きな 任 務 を 担 っているが その 組 織 編 成 をめぐる 諸 問 題 については 紙 数 の 関 係 もあり 本 稿 がテーマとする 国 際 活 動 との 関 係 を 中 心 に 紹 介 する 中 央 即 応 集 団 が 発 足 : 朝 霞 で 編 成 完 結 朝 雲 田 村 尚 也 中 央 即 応 集 団 の 新 編 普 通 科 の 機 動 力 強 化 軍 事 研 究 40 巻 12 号, , p.35. 陸 のメジャーコマンド 誕 生 朝 雲 朝 雲 前 掲 注 テロなど 突 発 事 態 に 緊 急 対 処 : 中 央 即 応 集 団 今 月 末 に 発 足 同 上, 防 衛 省 平 成 19 年 版 防 衛 白 書 p.201. 中 央 即 応 集 団 の 任 務 / 陸 上 自 衛 隊 中 央 即 応 集 団 :CRF(Central Readiness Force)とは? 中 央 即 応 集 団 ホー ムページ 60 レファレンス

10 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 図 1 中 央 即 応 集 団 の 組 織 図 防 衛 大 臣 中 央 即 応 集 団 司 令 官 U N M I S U N M I N 司 令 部 司 令 部 付 隊 第 1 空 挺 団 第 1 ヘ リ コ プ タ ー 団 中 央 即 応 連 隊 特 殊 作 戦 群 中 央 特 殊 武 器 防 護 隊 国 際 活 動 教 育 隊 国 際 平 和 協 力 活 動 等 派 遣 部 隊 U N D O F 対 特 殊 武 器 衛 生 隊 [ 隷 属 ] [ 個 人 派 遣 ] [ 個 人 派 遣 ] ( 注 ) UNDOF は 中 東 ゴラン 高 原 における 国 連 兵 力 引 き 離 し 監 視 隊 UNMIN は 国 連 ネパール 政 治 ミッション UNMIS は 国 連 スーダンミッション を 意 味 し これらの 国 連 PKO に 参 加 している 部 隊 要 員 は 中 央 即 応 集 団 の 指 揮 下 にある ( 出 典 ) 中 央 即 応 集 団 の 編 成 中 央 即 応 集 団 ホームページ 図 2 中 央 即 応 集 団 司 令 部 及 び 隷 下 部 隊 の 所 在 地 ( 出 典 ) 中 央 即 応 集 団 の 編 成 中 央 即 応 集 団 ホームページ mod.go.jp/gsdf/crf/pa/ 図 1 は 中 央 即 応 集 団 の 組 織 を 図 2 は 司 令 部 と 隷 下 部 隊 の 所 在 地 を 示 したものである が 隷 下 部 隊 のうち 第 1 空 挺 団 第 1 ヘリコ プター 団 などの 機 動 部 隊 や テロ 生 物 化 学 兵 器 対 処 を 任 務 とする 特 殊 作 戦 群 中 央 特 殊 武 器 防 護 隊 といった 部 隊 の 役 割 は 現 行 の 海 外 派 遣 枠 組 みが 想 定 する 自 衛 隊 の 活 動 と 必 ずしも 整 合 しておらず 現 在 のところ もっぱら 国 内 での テロやゲリラ 攻 撃 等 の 事 態 に 対 応 する 任 務 を 担 っていると 見 られる 一 方 国 際 活 動 教 育 隊 については 後 で 改 めて 触 れるが 国 際 活 動 の 教 育 や 訓 練 を 任 務 としている したがって 中 央 即 応 集 団 において 国 際 活 動 の 実 施 部 隊 に 当 た るのは 現 状 では 中 央 即 応 連 隊 ということにな る ⑶ 中 央 即 応 連 隊 の 任 務 と 組 織 中 央 即 応 連 隊 は 2007 年 度 予 算 で 設 置 関 連 の 予 算 が 計 上 され 中 央 即 応 集 団 の 発 足 からほ ぼ 1 年 後 となる 2008 年 3 月 26 日 に 編 成 された レファレンス

11 部 隊 である (33) 部 隊 は 陸 上 自 衛 隊 宇 都 宮 駐 屯 地 に 置 かれており 中 央 即 応 集 団 のホーム ページによれば 規 模 は 約 700 人 で 連 隊 本 部 のほか 本 部 管 理 中 隊 普 通 科 中 隊 3 個 か ら 編 成 されている (34) その 任 務 は 国 内 では 緊 急 事 態 における 方 面 隊 への 増 援 と 活 動 支 援 や 大 規 模 災 害 派 遣 海 外 では 国 際 活 動 等 に おける 先 遣 隊 等 としての 諸 活 動 を 行 うことで ある (35) この 点 に 関 連 するが 部 隊 発 足 の 際 3 月 30 日 に 行 われた 隊 旗 授 与 式 における 訓 示 で 折 木 良 一 陸 上 幕 僚 長 は 中 央 即 応 連 隊 は 近 接 戦 闘 に 任 ずるとともに 国 際 平 和 協 力 活 動 などに 迅 速 に 対 応 するため 編 成 された 陸 自 初 の 部 隊 と 期 待 感 を 示 しており 山 本 雅 春 連 隊 長 も この 日 の 記 者 会 見 で 中 央 即 応 連 隊 は 国 の 防 衛 から 海 外 任 務 までオールラウンド で 全 部 やる との 抱 負 を 述 べている (36) これらの 点 から 明 らかなように 中 央 即 応 連 隊 は 国 際 活 動 に 専 従 しているわけではない また 国 際 活 動 における 中 央 即 応 連 隊 の 役 割 は 先 遣 隊 として 本 隊 活 動 の 基 盤 を 構 築 す ることにあり 本 隊 として 派 遣 される 部 隊 の 要 員 は 交 代 で 指 定 される 国 際 活 動 指 定 方 面 隊 が その 都 度 待 機 要 員 の 中 から 選 抜 の 上 抽 出 することになっている (37) 具 体 的 には 約 1,250 人 規 模 の 指 定 基 準 に 基 づく 要 員 指 定 を 方 面 隊 ごとにローテーションする 待 機 態 勢 が 維 持 されている (38) こういった 部 隊 運 用 方 式 について 陸 上 自 衛 隊 の 関 係 者 は 方 面 隊 を フォース プロバイダー 中 央 即 応 集 団 を フォース ユーザー という 図 式 で 説 明 している (39) ただし こういった 事 実 は 中 央 即 応 集 団 において 国 際 活 動 に 専 従 する 部 隊 が 常 設 さ れていないことを 意 味 しており 専 門 部 隊 と しての 実 質 が 十 分 に 備 わっていない と 見 る こともできよう これまで 見 てきたように 専 門 部 隊 設 置 構 想 は 国 際 活 動 の 強 化 や 新 大 綱 をめぐる 議 論 の 中 で 検 討 されてきた 明 石 レポート や 荒 木 レポート は それぞれ 即 応 性 の 高 い 部 隊 常 時 即 応 できる 練 度 の 高 い 部 隊 といった 表 現 で 専 門 部 隊 の 設 置 を 提 言 したが その 際 にイメージされていたの は 専 門 性 の 高 い 常 設 の 即 応 待 機 部 隊 という ことではなかったかと 思 われる (40) その 一 方 中 央 即 応 集 団 と 中 央 即 応 連 隊 の 新 編 によって 国 際 活 動 に 対 する 自 衛 隊 の 派 遣 体 制 が 強 化 されたことは 事 実 であろう 指 定 方 面 隊 の 待 機 要 員 には 指 定 期 間 の 間 国 際 活 動 に 備 えた 訓 練 が 行 われ 一 定 の 即 応 性 が 維 持 されると 見 られる また 中 央 即 応 連 隊 が 先 遣 隊 として 急 派 される 仕 組 みや 活 動 に 対 する 中 央 即 応 集 団 司 令 部 の 統 括 的 な 指 揮 系 統 などが 構 築 されており 国 際 活 動 の 実 施 体 制 が 全 般 的 に 改 善 されたことは 疑 えな いところである 中 央 即 応 集 団 の 組 織 や 派 遣 中 央 即 応 連 隊 の 編 成 が 1 年 遅 れた 背 景 は 必 ずしも 明 らかでないが 報 道 によれば 当 初 陸 上 幕 僚 監 部 では 群 馬 県 北 群 馬 郡 榛 東 村 の 相 馬 原 駐 屯 地 に 置 かれている 陸 上 自 衛 隊 第 12 旅 団 ( 第 48 普 通 科 連 隊 )から 即 応 連 隊 に 要 員 を 充 てる 計 画 であったが これが 不 可 能 となったため 中 央 即 応 集 団 発 足 に 合 わせて 新 編 することを 断 念 した といわれる 直 轄 連 隊 の 新 編 成 断 念 : 機 動 力 大 幅 低 下 も 東 京 新 聞 中 央 即 応 連 隊 編 成 中 央 即 応 集 団 ホームページ 中 央 即 応 連 隊 任 務 役 割 中 央 即 応 集 団 ホームページ 19 年 度 末 陸 海 空 部 隊 新 改 編 : 即 応 の 体 制 へ 朝 雲 国 際 活 動 で 指 定 部 隊 :7 月 ~ 来 年 3 月 は 北 方 朝 雲 腰 塚 浩 貴 紛 争 後 の 平 和 構 築 への 取 り 組 みにおける 陸 上 自 衛 隊 の 課 題 と 対 応 (2-1) 陸 戦 研 究 667 号, , pp 磯 部 晃 一 国 際 任 務 と 自 衛 隊 これまでのレビューと 今 後 の 課 題 国 際 安 全 保 障 36 巻 1 号, , p.32. 常 設 的 な 専 門 部 隊 の 設 置 構 想 については このほか 次 の 文 献 を 参 照 久 保 善 昭 国 際 基 準 に 基 づく 法 と 即 応 部 隊 の 新 設 国 際 平 和 協 力 活 動 への 本 格 的 参 画 じゅん 刊 世 界 と 日 本 1025 号, , pp 久 保 氏 は 元 陸 上 自 衛 隊 第 2 師 団 長 である 62 レファレンス

12 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 方 式 のあり 方 については 現 状 に 対 する 批 判 も あろうが 国 内 任 務 との 兼 ね 合 いや 国 際 活 動 それ 自 体 の 将 来 的 方 向 性 といった 論 点 を 踏 まえ て 今 後 議 論 が 展 開 されていくと 思 われる ⑷ 国 際 活 動 教 育 隊 の 任 務 と 組 織 国 際 活 動 教 育 隊 は 中 央 即 応 集 団 の 発 足 と 同 時 に その 隷 下 部 隊 として 新 編 された 部 隊 は 静 岡 県 御 殿 場 市 の 陸 上 自 衛 隊 駒 門 駐 屯 地 に 置 かれており 規 模 は 80 人 である その 性 格 について 防 衛 省 自 衛 隊 の 準 機 関 紙 は 陸 自 で 唯 一 国 際 協 力 を 主 目 的 とし 新 たに 自 衛 隊 の 任 務 に 加 えられた 国 際 平 和 協 力 業 務 に 従 事 する 要 員 の 育 成 を 通 じて 世 界 平 和 に 貢 献 する 21 世 紀 型 自 衛 隊 の 中 核 となる 教 育 部 隊 である と 報 じている (41) 一 方 部 隊 に 与 えられた 任 務 であるが 国 際 活 動 教 育 隊 のホー ムページによれば 3 つの 具 体 的 業 務 として 国 際 活 動 要 員 育 成 のための 教 育 の 実 施 国 際 活 動 に 係 る 訓 練 の 支 援 国 際 活 動 に 必 要 な 教 育 訓 練 等 の 研 究 が 挙 げられている (42) 図 3 は 国 際 活 動 教 育 隊 の 組 織 を 示 したも のである 部 隊 は 比 較 的 小 規 模 であるものの 3 つの 科 と 1 個 小 隊 から 編 成 されている このうち 教 育 の 実 施 を 任 務 とするのが 共 通 教 育 科 と 教 育 支 援 小 隊 である こうした 教 育 は 幹 部 クラスを 対 象 とする 幹 部 課 程 と 陸 曹 クラ スを 対 象 とする 陸 曹 課 程 に 入 校 した 学 生 を そ れぞれ 対 象 として 行 われており 共 通 教 育 科 は 国 際 活 動 に 関 する 知 識 や 技 能 を 習 得 させるため の 教 育 を 担 当 し 教 育 支 援 小 隊 は 国 際 活 動 を 実 施 する 上 で 必 要 な 対 応 要 領 などについて 実 技 指 導 面 を 担 当 している 一 方 評 価 支 援 科 の 任 務 は 国 際 活 動 指 定 部 隊 が 国 際 活 動 に 備 えて 行 う 訓 練 に 対 して 評 価 を 通 じた 支 援 を 実 施 することにあり 全 国 の 各 駐 屯 地 で 巡 回 訓 練 支 援 を 行 っている このほか 研 究 科 は 陸 上 自 衛 隊 研 究 本 部 などと 協 同 で 国 際 活 動 を めぐる 研 究 活 動 に 当 たっている (43) 国 際 活 動 教 育 隊 は 基 本 的 に 教 育 研 究 を 任 務 とする 部 隊 であるが 自 衛 隊 の 国 際 活 動 に おいて 占 める 役 割 は 決 して 小 さくない 今 後 の 海 外 派 遣 要 員 は 国 際 活 動 教 育 隊 による 教 育 課 程 を 修 了 した 幹 部 や 隊 員 が 中 心 になると 見 ら れている (44) また 国 際 活 動 教 育 隊 は 訓 練 支 援 を 通 じ 国 際 活 動 において 実 働 部 隊 の 中 核 となる 各 方 面 隊 指 定 部 隊 の 即 応 力 強 化 に 貢 献 する 役 割 を 果 たしている ちなみに 国 際 活 動 教 育 隊 の 軽 部 真 和 隊 長 は 国 際 活 動 教 育 隊 も 陸 上 自 衛 隊 の 第 一 線 部 隊 と 述 べているが (45) 図 3 国 際 活 動 教 育 隊 の 組 織 図 教 育 隊 長 隊 本 部 最 先 任 上 級 曹 長 共 通 教 育 科 評 価 支 援 科 研 究 科 教 育 支 援 小 隊 ( 出 典 ) 国 際 活 動 教 育 隊 の 任 務 編 成 国 際 活 動 教 育 隊 ホームページ mission_r-j.htm 部 隊 新 編 から 1 年 : 陸 自 国 際 活 動 教 育 隊 朝 雲 国 際 活 動 教 育 隊 の 任 務 編 成 国 際 活 動 教 育 隊 ホームページ main-j/nimuhensei/mission_r-j.htm ここで 紹 介 した 国 際 活 動 教 育 隊 構 成 部 隊 の 任 務 や 活 動 については 次 の 報 道 記 事 に 依 拠 した 実 技 学 科 みっちり: 英 語 で 通 す 模 擬 訓 練 も 朝 雲 朝 雲 前 掲 注 同 上 レファレンス

13 今 後 は 部 隊 規 模 の 増 強 なども 検 討 課 題 として 浮 上 する 可 能 性 があろう 2 国 際 協 力 関 連 の 活 動 概 要 ここでは 国 際 協 力 関 連 のものに 絞 って 中 央 即 応 集 団 ( 司 令 部 )と 中 央 即 応 連 隊 そし て 国 際 活 動 教 育 隊 の 活 動 概 要 を 組 織 ごとに 紹 介 する( 時 系 列 の 全 体 的 な 活 動 経 過 については 表 1 を 参 照 ) なお 以 下 の 記 述 は 本 稿 執 筆 時 点 (2009 年 12 月 現 在 )の 情 報 に 基 づいている (46) ⑴ 中 央 即 応 連 隊 の 活 動 概 要 本 稿 冒 頭 でも 紹 介 したが 中 央 即 応 連 隊 は ソマリア 沖 で 海 上 自 衛 隊 が 行 っている 海 賊 対 処 活 動 の 一 環 として アフリカのジブチに 派 遣 さ れている これは 中 央 即 応 連 隊 にとって 編 成 後 初 めての 海 外 活 動 であり 具 体 的 な 任 務 は ソマリア 沖 で 情 報 収 集 などに 当 たる 海 上 自 衛 隊 哨 戒 機 P3C の 機 体 警 護 などを 行 うことである 2009 年 5 月 15 日 浜 田 靖 一 防 衛 大 臣 は 自 衛 艦 隊 司 令 官 に 対 し P3C2 機 を 運 用 する 海 上 自 衛 隊 第 4 航 空 群 ( 神 奈 川 県 厚 木 基 地 )を 主 力 とする 海 賊 対 処 航 空 隊 を 編 成 し 警 戒 監 視 情 報 収 集 などを 行 うよう 自 衛 隊 法 第 82 条 ( 海 上 警 備 行 動 )に 基 づく 派 遣 命 令 を 出 した 同 航 空 隊 は 海 上 自 衛 隊 と 陸 上 自 衛 隊 から 編 成 される 統 合 部 隊 で 規 模 は 150 人 である この 第 1 次 航 空 隊 に 対 して 中 央 即 応 連 隊 からは 50 人 が 派 遣 され 司 令 部 のほか 基 地 業 務 隊 警 衛 隊 警 務 隊 といった 部 隊 に 混 成 配 置 された このうち 機 体 警 護 に 当 たるのが 警 衛 隊 であり P3C の 活 動 拠 点 であるジブチ 国 際 空 港 におい て 活 動 を 行 うことになった (47) 中 央 即 応 連 隊 を 含 む 第 1 次 航 空 隊 は 10 月 上 旬 まで 活 動 し 現 在 活 動 中 である 第 2 次 航 空 隊 と 交 代 した 今 後 は 2010 年 2 月 上 旬 頃 に 第 3 次 隊 が 派 遣 される 見 通 しである なお この 間 自 衛 隊 の 海 賊 対 処 活 動 について 権 限 をより 明 確 化 した 海 賊 対 処 法 が 国 会 で 成 立 し 7 月 24 日 に 施 行 されたことに 伴 い 自 衛 隊 の 派 遣 根 拠 も 変 更 されることになった 中 央 即 応 連 隊 の 現 地 にお ける 活 動 の 詳 細 は 詳 らかにされていないが 報 道 によれば 第 1 次 航 空 隊 に 派 遣 された 隊 員 は ジブチ 国 際 空 港 に 隣 接 する 米 軍 施 設 に 駐 留 し 24 時 間 交 代 で P3C 駐 機 場 の 移 動 監 視 と 定 点 監 視 を 行 った 任 務 を 行 う 際 は 拳 銃 だけ の 軽 装 備 であったという (48) 中 央 即 応 連 隊 のジブチ 派 遣 については 派 遣 当 初 根 拠 法 との 関 係 で 議 論 が 行 われた 先 に 紹 介 したように 航 空 隊 派 遣 が 開 始 された 時 点 での 根 拠 法 は 海 上 警 備 行 動 を 定 めた 自 衛 隊 法 第 82 条 であったが この 点 について 国 会 承 認 や 国 会 への 報 告 を 要 しない 海 上 警 備 行 動 を 陸 上 自 衛 隊 の 活 動 にまで 適 用 するのは 法 の 拡 大 解 釈 ではないか とする 批 判 的 論 調 が あった (49) この 問 題 をめぐっては 国 会 でも 質 疑 が 行 われているが 政 府 は 中 央 即 応 連 隊 の 活 動 は P3C の 任 務 遂 行 において 当 然 必 要 となるものであることから 自 衛 隊 法 第 82 条 を 根 拠 とする 派 遣 に 問 題 はない といった 趣 旨 の 答 弁 を 行 っている (50) なお 本 来 PKO 活 動 などの 先 遣 隊 としての 役 割 を 持 つ 中 央 即 応 連 隊 が 今 回 このような 形 で 海 外 派 遣 されたこと の 背 景 として 陸 上 自 衛 隊 幹 部 の 間 で 早 く 海 外 派 遣 の 実 績 を 作 らせたい との 思 惑 があった のではないか と 見 る 向 きもある (51) なお 事 実 関 係 に 関 する 記 述 については 煩 雑 を 避 けるため 引 用 を 省 いた 個 所 もあるが それらは 概 ね 統 合 幕 僚 監 部 のプレス リリースや 報 道 記 事 などに 依 拠 したものである 以 上 第 1 次 海 賊 対 処 航 空 隊 の 編 成 経 緯 については 次 の 記 事 に 依 拠 した P3C 部 隊 に 派 遣 命 令 : 拠 点 ジブチに 展 開 朝 雲 中 即 連 ジブチ 派 遣 1 カ 月 : 現 地 報 告 下 野 新 聞 海 上 警 備 で 陸 自 まで: 国 会 関 与 なく 拡 大 解 釈 東 京 新 聞 北 村 誠 吾 防 衛 副 大 臣 の 答 弁 第 171 回 国 会 参 議 院 外 交 防 衛 委 員 会 会 議 録 第 20 号 (その 1) 平 成 21 年 6 月 18 日 p.8. 中 即 連 ジブチへ: 宇 都 宮 から 初 の 海 外 派 遣 ( 上 ) 下 野 新 聞 レファレンス

14 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 表 1 国 際 活 動 をめぐる 中 央 即 応 集 団 の 主 な 活 動 経 過 年 月 国 際 活 動 をめぐる 部 隊 の 動 き 中 央 即 応 集 団 が 発 足 / 国 際 活 動 教 育 隊 が 新 編 中 央 即 応 集 団 編 成 完 結 式 ~ 9.12 熊 本 県 北 熊 本 駐 屯 地 等 で 行 われた 国 際 緊 急 援 助 隊 機 能 別 訓 練 に 国 際 活 動 教 育 隊 評 価 支 援 科 の 要 員 が 参 加 ~ 9.13 千 葉 県 木 更 津 駐 屯 地 等 で 行 われた 在 外 邦 人 等 輸 送 訓 練 に 国 際 活 動 教 育 隊 評 価 支 援 科 の 要 員 が 参 加 国 際 活 動 ( 幹 部 ) 課 程 第 1 期 生 入 校 式 ( 学 生 33 人 ) ~ ~ 鳥 取 県 美 保 基 地 等 で 行 われた 日 米 共 同 統 合 実 動 演 習 在 外 邦 人 等 輸 送 訓 練 に 国 際 活 動 教 育 隊 評 価 支 援 科 の 要 員 が 参 加 静 岡 県 駒 門 駐 屯 地 等 で 東 北 方 面 隊 第 6 師 団 が 実 施 する 集 合 訓 練 に 国 際 活 動 教 育 隊 評 価 支 援 科 の 要 員 が 参 加 ~ 国 際 活 動 ( 陸 曹 ) 課 程 第 1 期 実 施 ( 学 生 36 人 ) ~ 2.15 国 際 活 動 ( 幹 部 ) 課 程 第 2 期 実 施 ~ 2.27 統 合 幕 僚 監 部 が 実 施 する 国 際 平 和 協 力 演 習 ( 図 上 演 習 )に 中 央 即 応 集 団 から 要 員 が 参 加 ~ 3.14 宮 城 県 王 城 寺 原 演 習 場 で 東 北 方 面 隊 第 6 師 団 が 実 施 する 在 外 邦 人 等 輸 送 訓 練 に 国 際 活 動 教 育 隊 評 価 支 援 科 の 要 員 が 参 加 中 央 即 応 連 隊 編 成 完 結 式 国 際 活 動 ( 陸 曹 ) 課 程 第 2 期 実 施 ( 学 生 36 人 ) 米 タイ 共 同 主 催 の 多 国 間 共 同 演 習 コブラ ゴールド 08 ( ~ 5.21)に 中 央 即 応 集 団 司 令 部 と 国 際 活 動 教 育 隊 から 要 員 が 参 加 ~ 6.10 国 際 活 動 ( 幹 部 ) 課 程 第 3 期 実 施 ( 学 生 35 人 ) 中 央 即 応 集 団 創 立 1 周 年 記 念 式 ~ 国 際 活 動 ( 幹 部 ) 課 程 第 5 期 実 施 ( 学 生 23 人 ) 中 央 即 応 連 隊 からソマリア 沖 第 1 次 海 賊 対 処 航 空 隊 への 派 遣 部 隊 ( 第 1 次 警 衛 隊 )が 編 成 完 結 ( 第 1 次 警 衛 隊 は 2009 年 10 月 まで 活 動 ) 海 賊 対 処 第 2 次 警 衛 隊 の 派 遣 壮 行 式 ( 第 2 次 警 衛 隊 は 2009 年 10 月 以 降 現 在 まで 活 動 継 続 中 ) ( 注 ) 網 かけした 部 分 は 国 際 活 動 の 実 任 務 に 従 事 したことを 示 す ( 出 典 ) 中 央 即 応 集 団 広 報 紙 CRF のほか 防 衛 省 自 衛 隊 の 準 機 関 紙 朝 雲 の 各 種 報 道 から 確 認 できた 範 囲 で 筆 者 が 作 成 CRF 掲 載 サイトのアドレスは ⑵ 国 際 活 動 教 育 隊 の 活 動 概 要 ここでは 中 央 即 応 集 団 の 広 報 紙 CRF などに 依 拠 して 国 際 活 動 教 育 隊 の 活 動 概 要 を 紹 介 する (52) 最 初 に 共 通 教 育 科 の 活 動 であるが 2007 年 9 月 19 日 国 際 活 動 ( 幹 部 ) 課 程 第 1 期 生 33 人 を 受 け 入 れたことを 皮 切 りに 教 育 活 動 を 開 始 している 第 1 期 幹 部 課 程 は 9 月 から 10 月 にかけて 実 施 され 11 月 から 12 月 までは 第 1 期 陸 曹 課 程 が 実 施 された その 後 も 2008 ここでは 煩 雑 を 避 けるため 概 ね 引 用 は 省 く なお CRF については 中 央 即 応 集 団 のホームページを 参 照 されたい レファレンス

15 年 1 月 から 2 月 までは 第 2 期 幹 部 課 程 4 月 に 第 2 期 陸 曹 課 程 5 月 から 6 月 までは 第 3 期 幹 部 課 程 10 月 に 第 5 期 幹 部 課 程 と 順 次 実 施 されている 2008 年 3 月 時 点 で 100 人 の 学 生 が 課 程 を 修 了 しているが 2008 年 度 以 降 は 幹 部 陸 曹 課 程 とも 年 4 回 実 施 し 年 間 240 人 の 修 了 生 を 送 り 出 す 予 定 という (53) なお 国 際 活 動 課 程 のカリキュラムについては 警 護 警 備 活 動 に 関 する 内 容 に 力 点 が 置 かれており 陸 上 自 衛 隊 による PKO 活 動 の 特 色 である 人 道 支 援 関 連 の 業 務 に 対 応 する 課 目 が 置 かれていな い という 指 摘 もある (54) 一 方 評 価 支 援 科 は 2007 年 9 月 北 熊 本 駐 屯 地 等 で 行 われた 国 際 緊 急 援 助 隊 機 能 別 訓 練 や 千 葉 県 木 更 津 駐 屯 地 等 で 行 われた 在 外 邦 人 輸 送 訓 練 に 参 加 し 訓 練 支 援 を 実 施 した CRF は このときの 活 動 について 評 価 支 援 科 活 動 開 始 という 見 出 しで 報 じている 11 月 には 駒 門 駐 屯 地 における 第 6 師 団 の 集 合 訓 練 や 鳥 取 県 美 保 基 地 等 で 行 われた 在 外 邦 人 輸 送 訓 練 に 参 加 評 価 支 援 を 実 施 した 評 価 支 援 科 は 2008 年 3 月 にも 宮 城 県 王 城 寺 原 演 習 場 で 行 われた 第 6 師 団 の 訓 練 に 参 加 しており その 後 も 活 動 を 継 続 しているものと 見 られる また 国 際 活 動 教 育 隊 は 2008 年 5 月 米 軍 とタイ 軍 が 共 同 主 催 する 多 国 間 共 同 訓 練 コ ブラ ゴールド 08 に 隊 長 以 下 5 人 を 派 遣 しており 平 和 執 行 から PKO への 移 行 段 階 を 想 定 した 指 揮 所 訓 練 (CPX)のほか 在 外 邦 人 輸 送 訓 練 や PKO 活 動 訓 練 などに 参 加 した とされる ⑶ 中 央 即 応 集 団 司 令 部 の 活 動 概 要 国 際 活 動 に 関 連 する 中 央 即 応 集 団 司 令 部 の 動 向 について 詳 細 に 確 認 することはできない が 国 際 活 動 教 育 隊 と 同 様 米 軍 との 共 同 演 習 などに 要 員 を 派 遣 しており 前 記 コブラ ゴー ルド 08 に 10 人 が 参 加 している なお 現 在 活 動 している 自 衛 隊 の PKO 活 動 については 中 央 即 応 集 団 司 令 部 が 直 接 指 揮 運 用 してい る このため 中 東 ゴラン 高 原 で 活 動 する 国 連 兵 力 引 き 離 し 監 視 隊 (UNDOF)に 参 加 して いる 陸 上 自 衛 隊 のうち UNDOF 司 令 部 に 派 遣 されている 要 員 は 中 央 即 応 集 団 司 令 部 に 所 属 する 関 係 となっている また ネパールでは 個 人 参 加 の 資 格 で 陸 上 自 衛 隊 の 要 員 が 国 連 ネパール 政 治 ミッション (UNMIN)に 参 加 しているが これらの 要 員 は 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 事 務 局 に 出 向 する 一 方 中 央 即 応 集 団 司 令 部 所 属 という 形 で 身 分 を 併 用 しているとされる ( 以 上 図 1 も 参 照 ) Ⅲ 組 織 改 編 が 残 した 課 題 国 連 PKO の 変 化 と 防 衛 大 綱 の 見 直 しという 内 外 の 促 進 要 因 に 影 響 される 形 で 我 が 国 政 府 は 自 衛 隊 の 国 際 活 動 を 機 動 化 迅 速 化 すべく 検 討 を 進 め その 結 果 は 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 という 形 に 集 約 されることになった しかし 組 織 が 改 編 され 中 央 即 応 集 団 が 編 成 された 現 在 も 自 衛 隊 の 国 際 活 動 をめぐる 課 題 は 山 積 し ている ここでは 組 織 改 編 が 今 後 に 残 した 諸 課 題 に 触 れる 1 更 なる 改 編 の 可 能 性 中 央 即 応 集 団 は 編 成 から 今 年 (2010 年 )で 3 周 年 を 迎 える これまで 紹 介 してきたように 国 際 協 力 関 連 の 部 隊 運 用 実 績 が 蓄 積 されつつあ り 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 は その 成 果 を 定 着 させ 始 めている しかし 陸 上 自 衛 隊 については 中 央 即 応 集 団 の 新 編 後 も 再 び 組 織 改 編 が 行 われるのではないか との 観 測 が 絶 えない その 理 由 は 現 在 地 域 ごとに 設 置 されている 方 面 隊 の 指 揮 機 構 である 方 面 総 朝 雲 前 掲 注 上 杉 前 掲 注, p レファレンス

16 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 監 部 を 廃 止 し 各 方 面 隊 に 対 して 統 合 的 に 指 揮 権 を 行 使 できる 陸 上 総 隊 を 設 置 すべきだ とする 構 想 が かねてから 検 討 されているため である (55) 最 近 では 現 防 衛 大 綱 に 代 わる 新 たな 大 綱 策 定 との 関 連 で 陸 上 総 隊 設 置 構 想 が 報 じられているが その 内 容 は 中 央 即 応 集 団 の 組 織 にも 大 きな 影 響 を 与 えるものと いえる 2008 年 7 月 の 報 道 を 例 にとれば この 構 想 は 敵 の 着 上 陸 に 備 え 方 面 隊 ごとに 完 結 した 戦 力 を 保 持 していた 冷 戦 期 の 体 制 から 脱 し 新 設 する 陸 上 総 隊 に 指 揮 命 令 系 統 を 一 本 化 する ことで テロやゲリラ 攻 撃 などの 事 態 に 備 える ものであり 中 央 即 応 集 団 については その 直 轄 部 隊 に 組 み 入 れることも 検 討 している とさ れる なお このときの 報 道 では 国 際 活 動 へ の 迅 速 対 応 が 必 要 になっていることには 言 及 し ているものの 陸 上 総 隊 設 置 構 想 との 関 係 には 直 接 触 れていない (56) その 後 2009 年 7 月 にも 複 数 の 新 聞 が こういった 構 想 を 報 じ たが 中 には 新 構 想 の 実 施 に 伴 い 中 央 即 応 集 団 が 廃 止 される 見 通 しを 紹 介 したものもあっ た それによれば 新 構 想 の 骨 子 は 関 東 甲 信 越 静 岡 地 方 を 管 轄 する 東 部 方 面 隊 を 廃 止 新 たに 設 ける 首 都 防 衛 集 団 に 対 して 現 在 は 中 央 即 応 集 団 の 隷 下 にある 第 1 空 挺 団 や 第 1 ヘリコプター 団 特 殊 作 戦 群 などの 部 隊 を 編 入 し 直 轄 部 隊 としてテロ 対 応 などを 担 当 させ る 一 方 国 際 活 動 については 中 央 即 応 連 隊 を 中 核 とする 国 際 即 応 集 団 なる 組 織 を 新 編 す る というものである (57) これら 新 編 部 隊 と 各 方 面 隊 が 陸 上 総 隊 の 指 揮 を 受 けること が 想 定 されていることは 言 うまでもない 仮 にこういった 構 想 が 実 現 すれば 現 在 国 内 任 務 と 海 外 任 務 を 兼 ねている 中 央 即 応 集 団 の 組 織 が 2 つの 任 務 に 対 応 する 形 で 分 離 す ることになる 先 に 触 れたように 中 央 即 応 集 団 の 現 状 については 国 際 活 動 実 施 部 隊 として の 実 質 面 に 対 する 批 判 もあると 思 われることか ら 文 字 どおり 専 門 部 隊 の 誕 生 として 肯 定 的 な 評 価 を 受 ける 可 能 性 があろう ただし その 場 合 も 現 在 方 面 隊 で 輪 番 制 が 取 られて いる 前 記 国 際 活 動 指 定 方 面 隊 との 関 係 を どのように 整 理 するかが 課 題 となる それでは 中 央 即 応 集 団 を 改 編 し 新 たな 専 門 部 隊 を 設 置 する 構 想 に 実 現 性 はあるだろ うか 大 きな 前 提 となっている 陸 上 総 隊 設 置 構 想 については 新 聞 報 道 に 止 まらず 各 方 面 の 政 策 提 言 でも 言 及 されており 自 由 民 主 党 が 与 党 として2009 年 6 月 にまとめた 提 言 では 陸 上 自 衛 隊 の 運 用 統 括 機 能 すなわち 統 合 的 な 指 揮 運 用 機 関 として 陸 上 総 隊 を 設 置 する 方 針 が 謳 われている (58) また 調 達 等 不 祥 事 をきっかけに 設 置 された 防 衛 省 改 革 会 議 が 2008 年 7 月 にまとめた 報 告 書 では 統 合 幕 僚 監 部 の 機 能 強 化 に 言 及 したくだりで 現 場 部 隊 と 中 央 組 織 との 間 に 存 在 する 中 間 司 令 部 のあり 方 を 見 直 す 必 要 性 に 触 れた 個 所 があ るが (59) これについても 事 実 上 陸 上 総 隊 の 新 設 を 提 言 した との 見 方 がある (60) これは 例 えば 報 道 によると 2002 年 に 東 北 方 面 隊 を 廃 止 して 陸 上 総 隊 を 設 置 する 構 想 が 検 討 されている しかし この 構 想 については 陸 上 自 衛 隊 の OB らが 反 対 したため 結 果 的 には 中 央 即 応 集 団 の 新 編 で 決 着 し たという 権 力 集 中 政 府 が 後 押 し: 陸 上 総 隊 タブー 視 を 転 換? 東 京 新 聞 陸 自 方 面 総 監 部 廃 止 案 : 指 揮 系 統 を 一 元 化 読 売 新 聞 最 高 司 令 部 総 隊 を 新 設 : 陸 自 発 足 来 の 組 織 改 編 案 東 京 新 聞 自 由 民 主 党 政 務 調 査 会 国 防 部 会 防 衛 政 策 検 討 小 委 員 会 提 言 新 防 衛 計 画 の 大 綱 について 国 家 の 平 和 独 立 と 国 民 の 安 全 安 心 確 保 の 更 なる 進 展 , p.16. seisaku-012.pdf 防 衛 省 改 革 会 議 報 告 書 不 祥 事 の 分 析 と 改 革 の 方 向 性 , p.46. singi/bouei/dai11/pdf/siryou.pdf 東 京 新 聞 前 掲 注 レファレンス

17 方 面 総 監 部 を 中 間 司 令 部 に 見 立 てたものであろ う このように 陸 上 総 隊 設 置 構 想 は 政 策 決 定 者 や 有 識 者 などからも ある 程 度 支 持 を 受 けていると 見 なすことができるだろう 統 合 化 が 進 む 自 衛 隊 において 海 上 自 衛 隊 や 航 空 自 衛 隊 との 連 携 を 図 る 必 要 性 もあり 陸 上 自 衛 隊 に 統 括 的 な 指 揮 機 構 を 設 置 すべきだ とする 考 え 方 が これから 力 を 得 ていくことも 考 えられる なお 本 来 2009 年 末 に 行 われることが 予 定 さ れていた 現 防 衛 大 綱 の 見 直 しは 新 連 立 政 権 の 判 断 で 1 年 間 先 送 りされることが 決 まって いる 現 状 では 新 たな 防 衛 大 綱 に 対 する 新 政 権 の 立 場 は 必 ずしも 明 らかになっていない 陸 上 総 隊 の 設 置 構 想 そして これと 密 接 な 関 連 性 を 有 することになる 国 際 活 動 専 門 部 隊 の 新 編 については 今 後 新 政 権 の 下 で 仕 切 り 直 し となる 防 衛 大 綱 の 見 直 しをめぐる 議 論 の 中 で その 是 非 が 検 討 されていくものと 思 われる 2 民 軍 協 力 (CIMIC)と 情 報 機 能 の 強 化 ⑴ 民 軍 協 力 の 強 化 と 中 央 即 応 集 団 の 役 割 国 連 PKO の 任 務 が 複 合 化 し 紛 争 後 の 国 づくり 平 和 構 築 といった 複 雑 かつ 広 範 な 活 動 を 行 うことが 定 着 するにつれ 現 場 で 活 動 する NGO 等 民 間 援 助 団 体 や 現 地 の 行 政 機 構 住 民 などと 軍 隊 との 連 携 協 力 が 重 要 な 課 題 として 浮 上 している このような 協 力 関 係 は 一 般 に CIMIC (Civil Military Cooperation)と 呼 ばれ その 実 施 例 は 増 えてい る その 背 景 として 紛 争 直 後 状 況 が 安 定 し ていない 段 階 では 民 間 団 体 の 復 興 支 援 活 動 が 安 全 上 の 観 点 から 制 限 されるため 軍 隊 が イ ンフラ 回 復 や 生 活 安 定 などを 図 る 各 種 支 援 活 動 に 関 与 せざるを 得 ない という 事 情 が 指 摘 され ており (61) そこに 民 間 団 体 や 現 地 住 民 等 と 軍 隊 との 接 点 協 力 の 機 会 が 生 じることになる ちなみに 荒 木 レポート は この 点 に 関 連 し 平 和 構 築 を 実 現 していくためには 自 衛 隊 文 民 警 察 行 政 官 ODA 関 連 組 織 NGO など さまざまな 人 材 が 密 接 に 連 携 した 人 的 貢 献 が 必 要 となる と 述 べており (62) 自 衛 隊 の 国 際 活 動 においても CIMIC は 重 要 なテーマと 位 置 づけられている 自 衛 隊 にとって イラクへの 派 遣 は CIMIC の 重 要 性 を 改 めて 認 識 するきっかけになった 陸 上 自 衛 隊 の 関 係 者 は イラクにおける 自 衛 隊 活 動 の 特 徴 のひとつとして 本 来 なら 国 際 協 力 機 構 (JICA) 等 が 行 う 復 興 支 援 分 野 において 治 安 が 安 定 していないことから 陸 上 自 衛 隊 が 業 務 の 一 部 を 代 行 するなど 民 事 活 動 まで 包 括 的 に 実 施 する 人 道 復 興 支 援 活 動 になった 点 を 指 摘 している (63) このような 事 情 から イラク に 派 遣 された 部 隊 は CIMIC をめぐる 課 題 に 直 面 することになる 自 衛 隊 では これまで こういった 民 軍 協 力 民 事 活 動 については 主 要 な 部 隊 行 動 のひとつとして 捉 えてこなかった とされる (64) したがって この 分 野 での 経 験 が 不 足 しており CIMIC の 主 役 となる 対 外 調 整 要 員 に 対 する 教 育 を 実 施 しておらず 現 地 で 共 に 活 動 した 外 務 省 の 所 管 である ODA ( 政 府 開 発 援 助 ) 関 連 の 業 務 についても 隊 員 の 間 に 知 識 が 無 かったという (65) これに 関 連 す るが イラク 駐 留 が 始 まったとき 部 隊 は CIMIC の 存 在 すら 知 らなかった との 報 道 も ある (66) こうした イラクでの 民 事 活 動 に 対 する 反 藤 田 英 俊 国 際 平 和 協 力 活 動 に 係 る 軍 民 協 力 陸 上 自 衛 隊 の 今 後 の 具 体 的 施 策 について 陸 戦 研 究 656 号, , p.9. 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 前 掲 注, p.9. 今 村 英 二 郎 自 衛 隊 の 国 際 平 和 協 力 活 動 に 関 する 一 考 察 イラク 人 道 復 興 支 援 を 中 心 に 陸 戦 研 究 626 号, , p.5. 同 上, p.15. 藤 田 前 掲 注, p レファレンス

18 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 省 もあったと 思 われるが 中 央 即 応 集 団 司 令 部 には 文 民 組 織 との 平 素 からの 連 携 を 確 保 する ため 陸 上 自 衛 隊 として 初 めて 民 生 協 力 課 が 設 置 され 活 動 を 開 始 している (67) 前 記 広 報 紙 CRF は 同 課 に 属 する 隊 員 が 平 素 行 う 業 務 として 派 遣 時 における PKO 活 動 等 の 計 画 充 実 民 生 活 動 に 係 る 部 外 機 関 ( 国 連 機 関 NGO 他 国 政 府 機 関 等 )との 関 係 確 立 情 報 の 収 集 整 備 部 内 外 で 行 われる 教 育 訓 練 への 参 加 など を 紹 介 している (68) 民 生 協 力 課 については その 役 割 に 対 して 今 後 さらに 注 目 が 高 まると 予 想 されるが 課 題 も 指 摘 されている 陸 上 自 衛 隊 の 関 係 者 は 同 課 について 予 想 される 任 務 の 増 大 に 伴 い 必 要 とされる CIMIC の 所 要 を 十 分 に 満 たしていない との 観 点 から 情 報 提 供 輸 送 等 民 間 部 門 に 対 する 後 方 支 援 や CIMIC の 企 画 計 画 機 能 関 連 資 料 の 収 集 分 析 評 価 機 能 などを 拡 充 する 必 要 がある と 述 べている (69) また 同 関 係 者 は 方 面 隊 レ ベルには 平 素 から CIMIC をめぐる 成 果 の 蓄 積 が 期 待 できないことから 民 生 協 力 課 の 要 員 を 中 核 とし 任 務 に 応 じて 方 面 隊 指 定 部 隊 から 抽 出 した 要 員 を 合 わせて CIMIC を 任 務 とす る 協 力 チーム を 編 成 する 必 要 性 も 指 摘 して いる (70) このような 提 言 や 活 動 の 現 場 から 得 られ た 教 訓 を 踏 まえつつ 今 後 CIMIC をめぐる 自 衛 隊 の 組 織 改 編 や 要 員 増 強 などが 行 われる 可 能 性 も 想 定 される 一 方 CIMIC は 自 衛 隊 だけの 問 題 ではなく 広 く 文 民 組 織 との 連 携 が 問 われる 活 動 でもある 中 央 即 応 集 団 による 民 生 活 動 は 国 際 活 動 に 係 る 政 府 機 能 の 全 般 的 な 調 整 強 化 や NGO に 対 する 各 種 支 援 の 拡 充 と いった 問 題 との 関 係 を 意 識 しつつ そのあり 方 を 検 討 していく 必 要 があろう ⑵ 情 報 機 能 の 強 化 と 中 央 情 報 隊 の 役 割 中 央 即 応 集 団 新 編 後 も 残 された 課 題 として は このほか 情 報 機 能 の 強 化 という 問 題 が 挙 げられる 2007 年 3 月 28 日 作 戦 情 報 の 一 元 的 な 管 理 処 理 を 任 務 とする 陸 上 自 衛 隊 の 新 たな 組 織 として 中 央 情 報 隊 が 編 成 された 中 央 情 報 隊 は それまであった 情 報 支 援 部 隊 を 新 改 編 した 防 衛 大 臣 の 直 轄 部 隊 である (71) 部 隊 本 部 は 東 京 都 新 宿 区 の 陸 上 自 衛 隊 市 ヶ 谷 駐 屯 地 に 置 かれており 現 地 情 報 隊 基 礎 情 報 隊 地 理 情 報 隊 情 報 処 理 隊 の 各 隷 下 部 隊 がある このうち 国 際 活 動 に 直 接 関 係 すると 見 られているのが 朝 霞 駐 屯 地 に 置 かれている 現 地 情 報 隊 である 報 道 によれば 現 地 情 報 隊 は 要 員 50 人 で その 任 務 は 国 際 活 動 にお いて 先 遣 部 隊 に 同 行 現 地 住 民 の 協 力 者 から 成 る 人 的 情 報 ネットワークを 構 築 し テロなど 部 隊 に 対 する 脅 威 情 報 の 収 集 を 行 うこととされ ている (72) 中 央 情 報 隊 については 紹 介 した 文 献 が 極 めて 少 ないため 設 置 の 背 景 や 経 緯 を 詳 細 に 把 握 することはできないが 現 防 衛 大 綱 策 定 の 翌 年 (2005 年 )に 断 片 的 ながら この 問 題 につ いて 報 じられている それによれば カンボジ ア PKO の 際 は 部 隊 の 安 全 情 報 について 国 連 傘 下 の 他 国 部 隊 に 頼 ってきたのに 対 し イラ ク 派 遣 では 国 連 に 相 当 する 上 部 機 関 が 無 く 独 自 に 情 報 収 集 を 迫 られることになった こう いった 経 験 が 海 外 派 遣 をめぐる 情 報 専 門 部 隊 設 置 構 想 を 導 き 出 したと 見 られている (73) 中 央 即 応 集 団 に 軍 民 協 力 部 門 : 陸 自 戦 地 派 遣 本 格 化 へ 苦 肉 の 策 東 京 新 聞 藤 田 前 掲 注, p.18. 民 生 協 力 活 動 について CRF 5 号, , p.8. 藤 田 前 掲 注, p.26. 同 上, p.27. 大 臣 迎 えて 新 編 行 事 : 中 央 情 報 隊 朝 雲 防 衛 相 直 轄 の 中 央 情 報 隊 : 海 外 派 遣 時 現 地 協 力 網 を 構 築 北 海 道 新 聞 , 夕 刊. 海 外 情 報 専 門 隊 創 設 へ: 待 機 新 たに 2600 人 朝 日 新 聞 レファレンス

19 なお 中 央 情 報 隊 創 設 の 大 きな 背 景 には 2004 年 の 防 衛 大 綱 見 直 しがあるのではないか とす る 陸 上 自 衛 隊 関 係 者 の 見 解 があり (74) 中 央 即 応 集 団 の 場 合 と 似 通 った 文 脈 で 部 隊 設 置 の 検 討 が 行 われた 可 能 性 も 考 えられる 国 際 活 動 における 情 報 収 集 については 部 隊 の 安 全 確 保 という 観 点 はもとより CIMIC を 効 果 的 に 実 施 する 上 で 必 要 な 現 地 住 民 や 文 民 機 関 との 信 頼 関 係 を 構 築 していく 上 でも 重 要 な 役 割 といえる 軍 事 評 論 家 の 江 畑 謙 介 氏 は 中 央 情 報 隊 の 新 編 に 関 連 して 自 ら 攻 撃 でき ない 自 衛 隊 にとって 現 地 で 信 頼 関 係 を 築 き 情 報 を 得 るのは 100 人 の 警 備 要 員 より 役 立 つ こともある と 述 べている (75) なお 情 報 収 集 については 一 般 的 にその 活 動 が 不 透 明 と 見 られる 傾 向 がある 点 に 配 慮 しつつ 今 後 は 必 要 かつ 可 能 な 範 囲 で 活 動 内 容 や 必 要 性 に 関 して 説 明 責 任 を 果 たすことも 課 題 になると 思 われる 3 国 際 活 動 の 位 置 づけ ここまでは 主 に 組 織 の 問 題 に 注 目 しなが ら 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 が 残 した 課 題 に 言 及 してきたが 最 も 重 要 な 課 題 といえるのは 国 際 活 動 そのものの 将 来 的 な 位 置 づけであろう この 問 題 に 影 響 を 与 える 要 素 は いくつかあると 思 われるが 第 1 の 論 点 として 挙 げられるのは 国 連 PKO による 平 和 構 築 活 動 に 対 し 今 後 どのように 関 与 するの か という 問 題 である 先 に 触 れたように 冷 戦 後 自 衛 隊 の 国 際 活 動 は 平 和 構 築 が 重 要 な 課 題 となったことを 踏 まえつつ 主 として 国 連 PKO が 変 化 しつつある 状 況 への 対 応 という 形 で そのあり 方 が 模 索 されてきた 現 在 自 衛 隊 の PKO 活 動 は 平 和 構 築 への 積 極 関 与 を 命 題 としつつ 基 本 的 には 参 加 5 原 則 を 前 提 とする 伝 統 的 な PKO の 範 疇 で 行 われてい る しかし こうした 現 状 については 伝 統 的 な 活 動 の 範 疇 に 止 まらず 今 後 は より 広 範 な 活 動 が 必 要 である とする 指 摘 や 提 言 も 多 い こういった 立 場 からの 政 策 提 言 の 代 表 例 と しては 麻 生 太 郎 総 理 大 臣 の 私 的 諮 問 機 関 であ る 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 が 2009 年 8 月 に 発 表 した 報 告 書 を 挙 げることが できるだろう( 以 下 安 保 懇 報 告 ) この 報 告 は 内 戦 等 による 破 綻 国 家 で 平 和 構 築 活 動 が 行 われる 場 合 多 くのケースは 参 加 5 原 則 が 満 たされない 状 況 にある 点 を 指 摘 した 上 で 自 衛 隊 の 積 極 参 加 を 実 現 するため 5 原 則 の 見 直 しと PKO 法 の 改 正 を 唱 えている (76) 安 保 懇 報 告 は 明 石 レポート の 提 言 内 容 を 基 本 的 に 引 き 継 いでおり その 意 味 では 現 状 の 派 遣 枠 組 みを 抜 本 的 に 変 更 することまで 主 張 し たものとは 思 われない 事 実 この 報 告 は 戦 闘 行 為 を 含 む 強 制 措 置 を 直 接 の 任 務 とはしない ことを 明 確 にする 必 要 性 にも 触 れている (77) その 一 方 安 保 懇 報 告 では 現 行 法 で 想 定 されない 警 護 治 安 関 連 の 活 動 についても 今 後 実 施 すべきことを 提 言 している 点 が 注 目 され る ちなみに 明 石 レポート では これら の 活 動 については 我 が 国 がより 機 動 的 に 支 援 することが 可 能 となるような 予 算 の 仕 組 み 等 につき 検 討 する と 若 干 抑 制 的 なニュアンス の 記 述 に 止 まっている (78) 安 保 懇 報 告 の 提 言 に 示 されているように 人 道 支 援 に 限 らず 治 安 維 持 等 を 視 野 に 入 れた ついに 誕 生! 陸 自 初 の 総 合 的 本 格 的 インテリジェンス 部 隊 : 中 央 情 報 隊 の 任 務 と 実 像 ワールド イ ンテリジェンス 7 号 ( 軍 事 研 究 別 冊 ), p.12. 陸 自 に 海 外 情 報 部 隊 : 派 遣 先 で 協 力 者 確 保 読 売 新 聞 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 報 告 書 , pp 同 上, p.46. 国 際 平 和 協 力 懇 談 会 前 掲 注 ⑿, p レファレンス

20 国 際 活 動 をめぐる 陸 上 自 衛 隊 の 組 織 改 編 形 で 自 衛 隊 の 活 動 拡 大 を 図 る 議 論 が 今 後 活 発 化 していくことも 予 想 されるが そういった 議 論 は 自 衛 隊 の 国 際 活 動 実 施 体 制 にも 大 きな 影 響 を 及 ぼすであろう 前 記 上 杉 准 教 授 は 自 衛 隊 の 業 務 形 態 として 後 方 支 援 型 人 道 支 援 型 復 興 支 援 型 治 安 維 持 型 などが 想 定 できるが いずれの 形 態 を 主 流 化 していく かで 部 隊 編 成 のあり 方 から 訓 練 や 装 備 に 至 る まで 異 なる 対 応 が 求 められる したがって ま ずはその 部 分 を 定 める 必 要 がある (79) と 述 べ ているが このとおり 国 際 活 動 の 方 向 性 は 具 体 的 な 部 隊 編 成 等 の 問 題 に 直 結 している 仮 に 自 衛 隊 の 国 際 活 動 が 将 来 治 安 維 持 等 を 含 む 平 和 構 築 活 動 に 対 する 本 格 的 な 関 与 という 段 階 に 達 した 場 合 は 中 央 即 応 集 団 を 始 めとす る 自 衛 隊 組 織 の 編 成 や 運 用 も それに 見 合 った 形 で 変 更 される 可 能 性 が 考 えられる (80) 第 2 の 論 点 としては 国 際 活 動 と 日 米 同 盟 との 関 係 を どのように 位 置 づけていくかとい う 問 題 が 挙 げられる インド 洋 における 海 上 自 衛 隊 の 補 給 活 動 や イラクにおける 陸 上 自 衛 隊 の 復 興 支 援 活 動 など 最 近 PKO 法 の 枠 外 で 行 われる 国 際 活 動 が 増 えている 政 府 は こう した 活 動 について 国 際 社 会 全 体 の 取 り 組 みへ の 参 加 である と 説 明 しているが 参 加 の 背 景 には 米 国 からの 強 い 要 請 と それを 受 けた 我 が 国 の 同 盟 への 配 慮 があったのではないか との 見 方 もあった (81) 日 米 両 政 府 は 防 衛 協 力 の 上 で 国 際 活 動 についても 位 置 づける 考 え 方 を 打 ち 出 している 2005 年 10 月 に 発 表 され た 米 軍 再 編 に 係 る 合 意 文 書 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 では 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 の 改 善 の 分 野 における 役 割 任 務 能 力 に 関 するいくつかの 基 本 的 な 考 え 方 が 示 され ており (82) 今 後 日 米 同 盟 と 国 際 活 動 は 密 接 に 交 差 する 関 係 になっていくであろう ただし 主 に 日 米 同 盟 の 文 脈 から 国 際 活 動 が 行 われる 場 合 国 連 の 統 制 下 で 活 動 する PKO の 枠 組 みからは 外 れることも 少 なくな いと 見 られる 我 が 国 は 2009 年 7 月 PKO の 機 動 的 展 開 に 備 えるための 国 連 待 機 制 度 (U.N. Stand by Agreements System)に 参 加 し た (83) 国 際 活 動 のあり 方 として 今 後 は こ ういった 制 度 への 関 与 を 通 し 国 連 が 統 制 する PKO への 参 加 を 重 点 的 な 活 動 領 域 としていく という 選 択 肢 も 考 えられよう その 場 合 同 盟 への 配 慮 に 基 づく 有 志 連 合 型 活 動 との 兼 ね 合 いが 問 題 となるが 政 策 的 な 重 点 の 置 き 方 に よっては やはり 国 際 活 動 をめぐる 自 衛 隊 の 組 織 や 運 用 に 影 響 が 及 ぶと 予 想 される なお 国 際 活 動 のあり 方 については 国 内 任 務 との 関 連 優 先 度 の 設 定 という 問 題 にも 考 慮 する 必 要 があろう この 点 に 関 連 するが 陸 上 自 衛 隊 関 係 者 の 論 考 として 自 国 に 対 する 脅 威 が 顕 著 に 低 下 した 欧 州 諸 国 のように 軍 事 力 の 大 部 分 を 国 際 活 動 に 集 中 運 用 することは 我 が 国 にとって 危 険 となる 可 能 性 が 大 きい と 指 摘 したものがある (84) こういった 安 全 保 障 上 杉 前 掲 注, p.52. この 点 に 関 連 して 将 来 情 勢 不 安 定 な 地 域 において 国 際 活 動 を 行 う 場 合 現 地 で 活 動 する 部 隊 に 対 し 特 殊 部 隊 を 含 む 相 当 の 戦 闘 能 力 を 付 加 せざるを 得 ない 状 況 も 予 期 される との 見 方 がある 高 井 三 郎 特 殊 戦 関 連 部 隊 の 新 設 と 経 緯 背 景 自 衛 隊 特 殊 部 隊 の 編 成 装 備 運 用 原 則 軍 事 研 究 42 巻 3 号, , p.60. 例 えば 次 の 文 献 を 参 照 前 田 哲 男 自 衛 隊 変 容 のゆくえ ( 岩 波 新 書 ) 岩 波 書 店, 2007, pp 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 仮 訳 ) , 外 務 省 ホームページ mofaj/area/usa/hosho/henkaku_saihen.html 国 連 待 機 制 度 (UNSAS) 外 務 省 ホームページ なお 我 が 国 は 現 在 提 供 できる 要 員 の 数 などについてリストを 提 出 する レベル1 への 登 録 に 止 めているが 今 後 は 登 録 レベルを 上 げる 必 要 性 についても 議 論 されるであろう 高 田 祐 一 我 が 国 の 国 際 平 和 協 力 と 陸 上 自 衛 隊 軍 事 組 織 としての 活 動 のあり 方 と 将 来 方 向 陸 戦 研 究 644 号, , p.19. レファレンス

21 環 境 との 関 係 に 着 目 した 議 論 なども 国 際 活 動 や 自 衛 隊 組 織 の 将 来 的 なあり 方 を 左 右 する 要 素 になっていくと 考 えられる 中 央 即 応 集 団 を 軸 とする 自 衛 隊 の 本 格 的 な 国 際 活 動 実 施 体 制 は 未 だ 構 築 過 程 にあると いえよう 専 門 部 隊 としての 組 織 のあり 方 や 任 務 役 割 については ここで 挙 げた 論 点 など を 踏 まえて 今 後 議 論 が 続 いていくことにな ると 思 われる おわりに 2008 年 10 月 23 日 茨 城 県 小 美 玉 市 の 航 空 自 衛 隊 百 里 基 地 で 航 空 観 閲 式 が 行 われた 出 席 した 麻 生 総 理 大 臣 は 訓 辞 の 中 で 自 衛 隊 は 国 際 社 会 のため そして わが 国 の 国 益 の ために 汗 を 流 しております と 述 べるととも に インド 洋 における 補 給 活 動 について こ の 補 給 活 動 は 日 本 が 日 本 の 国 益 をかけ 日 本 人 自 身 のために 行 ってきたものです と そ の 意 義 を 強 調 した (85) 興 味 深 い 点 は 国 際 活 動 について 触 れたくだりで 国 益 という 言 葉 が 2 回 用 いられていることである 政 府 自 衛 隊 の 関 係 者 が 国 際 活 動 に 関 連 して 国 益 概 念 に 言 及 している 例 は 最 近 少 なくない 2009 年 1 月 6 日 に 行 われた 中 央 即 応 集 団 年 始 行 事 でも 柴 田 幹 雄 司 令 官 は 中 央 即 応 集 団 の 役 割 について 海 外 における 国 家 目 的 や 国 益 戦 略 的 な 利 益 を 追 求 するためのツール 若 し くは 手 段 として 使 用 される と 述 べている (86) 明 石 レポート から 2004 年 の 防 衛 大 綱 見 直 しに 至 る 段 階 で 自 衛 隊 の 国 際 活 動 は 我 が 国 の 安 全 保 障 上 の 利 益 に 直 結 した 主 体 的 な 取 り 組 みが 求 められる 課 題 である という 認 識 が 深 まった 麻 生 総 理 や 柴 田 司 令 官 が 述 べる 国 益 概 念 は こういった 考 え 方 を 示 しており 国 際 活 動 への 参 加 が それまでの 貢 献 とい う 発 想 から 新 たに 戦 略 的 判 断 という 次 元 で 議 論 されるようになったことを 意 味 している そ れは 国 連 PKO 以 外 の 多 国 籍 軍 等 による 活 動 であっても 場 合 により 我 が 国 の 戦 略 上 の 利 益 に 適 えば 積 極 参 加 を 検 討 する という 考 え 方 である と 言 い 換 えることもできるだろう これに 対 し 政 権 交 代 を 経 て 新 連 立 政 権 の 閣 僚 として 入 閣 した 北 澤 俊 美 防 衛 大 臣 は インタビューの 中 で 国 際 活 動 については 国 益 の 代 わりに 国 際 貢 献 という 言 葉 を 用 いており PKO のようなきちんと 規 制 のある 中 で 国 際 貢 献 を 果 たしていきたい と 述 べ ている (87) 民 主 党 を 中 心 とする 連 立 政 権 は 補 給 活 動 を 延 長 しない 方 針 であり 今 後 とも こうした 有 志 連 合 型 の 国 際 活 動 には 慎 重 な 姿 勢 を 示 す 一 方 国 連 の 枠 組 みで 行 われる PKO 活 動 への 参 加 は 積 極 的 に 推 進 していく と 思 われる 中 央 即 応 集 団 は 国 際 活 動 に 係 る 国 益 概 念 が 登 場 し 自 衛 隊 の 海 外 派 遣 をめぐる 環 境 が 大 きく 変 容 していく 過 程 で 誕 生 した 自 衛 隊 の 国 際 活 動 については 新 政 権 の 下 で 本 格 的 な 見 直 しも 考 えられることから 中 央 即 応 集 団 の 組 織 や 役 割 についても 新 たな 視 点 から 議 論 が 行 われるであろう (すずき しげる) 麻 生 首 相 訓 辞 : 補 給 支 援 から 手 は 引 かぬ 朝 雲 年 CRF 始 動 : 年 始 行 事 における 司 令 官 訓 辞 CRF 8 号, , p.1. crf/pa/ 補 給 支 援 継 続 はない: 北 沢 防 衛 大 臣 に 聞 く 朝 雲 レファレンス

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EA9897191E082CC91CE8365838D90ED81698365838D91CE8DF4816A82CC8CBB8FF382C689DB91E82E646F6378> 自 衛 隊 の 対 テロ 戦 (テロ 対 策 )の 現 状 と 課 題 ( 概 要 ) 樋 口 譲 次 1 テロリズム(テロ)の 定 義 アメリカ 陸 軍 の 研 究 (1988 年 )によれば これまで テロリズム(テロ)には1 00 以 上 の 定 義 付 けが 行 われており 普 遍 的 に 認 められたテロリズムの 定 義 はない と されている その 前 提 の 上 で 一 般 的 に テロとは

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

戦後主要政党の変遷と国会内勢力の推移(資料)

戦後主要政党の変遷と国会内勢力の推移(資料) レファレンス 平 成 26 年 6 月 号 資 料 戦 後 主 要 政 党 の 変 遷 と 国 会 内 勢 力 の 推 移 国 立 国 会 図 書 館 調 査 及 び 立 法 考 査 局 政 治 議 会 課 神 田 広 樹 目 次 はじめに Ⅰ 国 会 における 政 党 の 勢 力 配 置 様 態 とその 変 化 Ⅱ 戦 後 主 要 政 党 の 変 遷 Ⅲ 主 要 政 党 の 国 会 内 勢 力 の

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

税源の偏在と地域間格差~地方法人税法(平成26年3月31日法律第11号)~

税源の偏在と地域間格差~地方法人税法(平成26年3月31日法律第11号)~ 地 方 自 治 関 連 立 法 動 向 研 究 1 税 源 の 偏 在 と 地 域 間 格 差 地 方 法 人 税 法 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 法 律 第 11 号 ) 森 稔 樹 1. はじめに 平 成 5 年 6 月 に 衆 参 両 院 において 地 方 分 権 の 推 進 に 関 する 決 議 がなされ 翌 年 2 月 15 日 に 政 府 の 行 政 改 革 大 綱 において

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

農業所得の捕捉率について

農業所得の捕捉率について 主 要 記 事 の 要 旨 農 業 所 得 の 捕 捉 率 について 荒 井 晴 仁 1 内 閣 府 の 大 田 弘 子 坪 内 浩 辻 健 彦 氏 ( 当 時 )は 昭 和 52 ~ 平 成 9 年 の20 年 間 を 対 象 に 内 閣 府 国 民 経 済 計 算 を 用 いて 所 得 捕 捉 率 を 推 計 し かつてクロヨン( 9 : 6 : 4 )と もトーゴーサン(10: 5 : 3 )とも

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Microsoft Word - 060804基本計画.doc

Microsoft Word - 060804基本計画.doc イラク 人 道 復 興 支 援 特 措 法 に 基 づく 対 応 措 置 に 関 する 基 本 計 画 1 基 本 方 針 平 成 15 年 3 月 20 日 米 国 を 始 めとする 国 々は イラクが 国 際 社 会 の 平 和 と 安 全 に 与 えている 脅 威 を 取 り 除 くための 最 後 の 手 段 として イラクに 対 する 武 力 行 使 を 開 始 した その 後 イラクにおける

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 容 認 と 安 全 保 障 法 制 整 備 の 基 本 方 針 閣 議 決 定 を 受 けての 国 会 論 戦 の 概 要 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 中 内 康 夫 はじめに 安 全 保 障 法 制 の 見 直 しに 向 けて 検 討 を 進 めてきた 安 倍 内 閣 は 平 成 26 年 7 月 1 日 新 た な 安 全 保 障 法 制 の 整

More information

士業2012_社労士_h1h4

士業2012_社労士_h1h4 ❶ 社 会 保 険 労 務 士 とは 社 会 保 険 労 務 士 ( 以 下 社 労 士 )とは 厚 生 労 働 省 が 所 管 する 国 家 資 格 であり 企 業 の 人 事 労 務 管 理 の 支 援 等 に 携 わる 専 門 職 です 根 拠 法 令 は 1968 年 ( 昭 和 43 年 )に 制 定 された 社 会 保 険 労 務 士 法 ( 以 下 社 労 士 法 )で その 冒 頭

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え さ 情 審 査 答 申 第 56 号 平 成 20 年 7 月 11 日 さいたま 市 長 相 川 宗 一 様 さいたま 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 会 長 小 池 保 夫 答 申 書 平 成 19 年 11 月 14 日 付 けで 貴 職 から 受 けた 課 長 以 上 の 職 にある 者 ( 服 務 規 程 12 条 )で6~ 本 ( 2005 年 度 人 事 異 動

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打

Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織 有 者 談 勝 俣 ポ 唆 経 再 検 討 鳩 山 足 末 予 計 画 整 計 画 先 延 談 織 改 鳩 山 位 置 付 困 難 鳩 山 普 天 移 問 題 ぐ 膠 着 ち ゃ 状 況 打 集 考 想 神 謙 慶應義塾学准教授 混 格有 略文家 評価針 巻 指針文 整標水準今 計画 以 役割任務兵装 2010 決 2009歴史 位置付明求 略反映せ 文存総 付公式文望 府体包括 経緯 治導試 略 NSS 領府 転換初 4ご QDR 2004 決 想 来針 官邸官房心整 省比 7 Vol. 5 6 む ね 5 途 技 術 水 準 勘 検 討 修 正 福 田 麻 生 作 業 8 麻 生 織

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑾ ⑿ ⒀ ⒁ ⒂ ( ), (53.1%) (61.8%) (30.9%) 84.1% 95.7% 13.7% 11.3% 3.3% 4.7% 4.0% 74.6% 6.7 ( ) 64.5% 752 57.1% 565 42.9% 1317 100.0% 90.3% 47.4%52.6% 63.4%36.6%

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2

2009.11.23 第 9 回 憲 法 セミナー 福 井 516 名 2010.04.09 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 43% 反 対 42% ( 資 料 1 2) 九 条 の 会 の 結 成 数 と 世 論 調 査 における 改 憲 反 対 の 率 の 推 移 2 9 条 の 会 北 九 州 憲 法 ネット 結 成 10 周 年 記 念 憲 法 講 演 会 資 料 2014.11.29 渡 辺 治 ( 資 料 1) 九 条 の 会 の 発 展 と 世 論 の 変 化 年 結 成 数 活 動 状 況 備 考 内 訳 2004.04 改 憲 世 論 調 査 ( 読 売 ) 賛 成 65% 反 対 22.7% 2004.6.10. 九 条 の 会 呼 びかけ 2004.7.29.

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

山 口 県 ソフトテニス 連 盟 規 約 ( 平 成 27 年 2 月 14 日 施 行 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 ( 以 下 連 盟 という )と 称 し 英 文 名 では Yamaguchi Soft-Tennis As

山 口 県 ソフトテニス 連 盟 規 約 ( 平 成 27 年 2 月 14 日 施 行 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 ( 以 下 連 盟 という )と 称 し 英 文 名 では Yamaguchi Soft-Tennis As 会 規 集 目 次 規 約 1~ 7 会 計 規 程 8~10 専 門 委 員 会 規 程 11~13 申 し 合 わせ 事 項 14~18 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 規 約 ( 平 成 27 年 2 月 14 日 施 行 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 連 盟 は 山 口 県 ソフトテニス 連 盟 ( 以 下 連 盟 という )と

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に

( 別 紙 ) 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) Ⅰ 計 画 の 方 針 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの 防 衛 力 整 備 に 当 たっては 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 に 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 につい て 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について ( 平

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

自衛隊の礼式に関する訓令

自衛隊の礼式に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 11 条 第 12 条 第 2 項 及 び 第 13 条 から 第 15 条 まで の 規 定 に 基 づき 自 衛 隊 の 礼 式 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 39 年 5 月 8 日 防 衛 庁 長 官 福 田 篤 泰 自 衛 隊 の 礼 式

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

した 開 示 決 定 等 に 当 たっては, 法 11 条 を 適 用 して, 平 成 23 年 5 月 13 日 まで 開 示 決 定 等 の 期 限 を 延 長 し, 同 年 4 月 11 日 付 け 防 官 文 第 452 0 号 により,1 枚 目 を 一 部 開 示 した そして, 同 年

した 開 示 決 定 等 に 当 たっては, 法 11 条 を 適 用 して, 平 成 23 年 5 月 13 日 まで 開 示 決 定 等 の 期 限 を 延 長 し, 同 年 4 月 11 日 付 け 防 官 文 第 452 0 号 により,1 枚 目 を 一 部 開 示 した そして, 同 年 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 8 月 11 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 413 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 2 月 27 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 500 号 ) 事 件 名 : 海 賊 対 処 行 動 の 実 施 に 関 する 統 合 幕 僚 長 指 令 の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

労働保険特別会計の改革と雇用保険制度

労働保険特別会計の改革と雇用保険制度 ISSUE BRIEF 労 働 保 険 特 別 会 計 の 改 革 と 雇 用 保 険 制 度 国 立 国 会 図 書 館 ISSUE BRIEF NUMBER 674(2010. 3.23.) はじめに Ⅰ 労 働 保 険 特 別 会 計 改 革 の 流 れ 1 労 働 保 険 特 別 会 計 とは 2 改 革 に 至 る 経 緯 3 これまでの 改 革 Ⅱ 平 成 22 年 の 雇 用 保 険

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施

28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増 強 近 背 景 沙 諸 埋 洋 由 ぐ セ 諸 尖 閣 諸 度 領 侵 領 侵 犯 施 ⑴ 58 号 28 1 1 58 号 28 1 1 : 印 刷 : 印 刷 工 株 式 遠 石 幡 宮 絵 馬 種 情 報 ホムペジ クセス http://www.y-defense.jp/ 28 1 1 58 号 ⑵ 謹 祝 詞 清 迎 慶 常 頃 積 極 衷 心 近 巻 脅 威 緊 迫 度 急 速 朝 鮮 核 兵 器 ミ サ イ ル 潜 水 艦 射 弾 道 ミ サ イ ル 射 験 挑 為 施 増

More information

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地

方 から 支 えた 朝 鮮 戦 争 は それ 程 までに わが 国 への 兵 站 的 依 存 度 が 大 きかったので ある 万 一 朝 鮮 半 島 有 事 になれば 米 軍 中 心 の 国 連 軍 並 びに 韓 国 軍 の 生 命 線 はわが 国 へつ ながり 日 本 は 後 方 兵 站 基 地 韓 国 は 日 本 なしには 北 朝 鮮 と 戦 えない それでも 反 日 政 策 を 続 けるのか? 樋 口 譲 次 日 本 は 韓 国 防 衛 の 生 命 線 わが 国 に 在 韓 国 連 軍 後 方 司 令 部 が 置 かれている 事 実 を 知 っている 国 民 は それほど 多 くはないであろう 在 韓 国 連 軍 は 1950 年 6 月 の 朝 鮮 戦 争 勃 発 にともない 国 連

More information