ÿþ

Size: px
Start display at page:

Download "ÿþ"

Transcription

1 入 札 説 明 書 ( 件 名 ) 水 槽 付 消 防 ポンプ 自 動 車 仙 台 市

2 この 入 札 説 明 書 は, 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ), 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ), 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 以 下 施 行 令 という ), 地 方 公 共 団 体 の 物 品 等 又 は 特 定 役 務 の 調 達 手 続 の 特 例 を 定 める 政 令 ( 平 成 7 年 政 令 第 372 号 ), 仙 台 市 契 約 規 則 ( 昭 和 39 年 仙 台 市 規 則 第 47 号 以 下 規 則 という ), 物 品 等 又 は 特 定 役 務 の 調 達 手 続 の 特 例 を 定 める 規 則 ( 平 成 7 年 仙 台 市 規 則 第 93 号 以 下 特 例 規 則 という ), 仙 台 市 入 札 契 約 暴 力 団 等 排 除 要 綱 ( 平 成 20 年 10 月 31 日 市 長 決 裁 以 下 要 綱 という ), 本 件 の 調 達 に 係 る 入 札 公 告 ( 以 下 入 札 公 告 という )のほか, 本 市 が 発 注 する 調 達 契 約 に 関 し, 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 ( 以 下 競 争 加 入 者 という )が 熟 知 し,かつ, 遵 守 しなければならない 一 般 的 事 項 を 明 らかにするものである 1 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 調 達 物 品 名 及 び 数 量 (2) 調 達 物 品 の 特 質 等 (3) 納 入 場 所 (4) 納 入 期 限 別 記 の1 2 競 争 加 入 者 に 必 要 な 資 格 (1) 本 市 の 競 争 入 札 参 加 資 格 審 査 において 審 査 を 受 け 資 格 を 有 する 者 であること (2) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づく 更 生 手 続 開 始 の 申 立 中 又 は 更 生 手 続 中 でないこと (3) 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基 づく 再 生 手 続 開 始 の 申 立 中 又 は 再 生 手 続 中 でないこと (4) 有 資 格 業 者 に 対 する 指 名 停 止 に 関 する 要 綱 第 2 条 第 1 項 の 規 定 による 指 名 停 止 を 受 けていないこと (5) 別 記 の2に 該 当 する 者 であること (6) 別 記 の8の 書 類 を 提 出 できる 者 であること 3 競 争 入 札 参 加 申 請 競 争 入 札 参 加 希 望 者 は, 別 添 一 般 競 争 入 札 参 加 申 請 書 及 び 誓 約 書 ( 要 綱 別 記 様 式 )を 入 札 公 告 に 示 した 日 時 までに 契 約 担 当 課 に 直 接 又 は 郵 便 により 提 出 すること なお, 同 等 品 申 請 書 兼 承 認 書 ( 別 紙 2)については, 競 争 入 札 参 加 の 前 に 発 注 課 の 承 認 を 受 け, 競 争 入 札 参 加 申 請 書 と 同 時 に 提 出 すること 4 入 札 保 証 金 入 札 保 証 金 は 免 除 する 5 入 札 及 び 開 札 (1) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 仕 様 書, 図 面, 別 記 様 式 の 契 約 書 案 及 び 規 則 を 熟 知 の 上, 入 札 をしなけ ればならない この 場 合 において, 当 該 仕 様 書 について 疑 義 ( 見 積 に 必 要 な 事 項 に 限 る )がある 場 合 は, 別 添 質 疑 応 答 書 を 用 い, 別 記 5の 定 めるところにより, 関 係 職 員 に 説 明 を 求 めることができる (2) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 本 件 調 達 に 係 る 入 札 について 他 の 競 争 加 入 者 の 代 理 人 となることができ ない (3) 入 札 室 には, 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 以 外 の 者 は 入 室 することができない ただし, 入 札 執 行 主 務 者 が 特 にやむを 得 ない 事 情 があると 認 めた 場 合 は, 付 添 人 を 認 めることがある (4) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 入 札 開 始 時 刻 後 においては, 入 札 室 に 入 室 することができない (5) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 入 札 室 に 入 室 しようとするときは, 入 札 関 係 職 員 に 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 認 定 通 知 書 ( 写 し 可 ) 及 び 身 分 を 確 認 できるもの 並 びに 代 理 人 をして 入 札 させる 場 合 においては, 入 札 -1-

3 権 限 に 関 する 委 任 状 を 提 出 すること (6) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 入 札 執 行 主 務 者 が 特 にやむを 得 ない 事 情 があると 認 めた 場 合 のほか, 入 札 室 を 退 室 することはできない (7) 入 札 室 において, 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 者 は, 当 該 入 札 室 から 退 去 させる ア 公 正 な 競 争 の 執 行 を 妨 げ, 又 は 妨 げようとした 者 イ 公 正 な 価 格 を 害 し, 又 は 不 正 の 利 益 を 得 るため 連 合 をした 者 (8) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 本 市 様 式 の 入 札 書 及 び 委 任 状 ( 別 添 )を 使 用 すること (9) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 別 添 様 式 による 入 札 書 を 提 出 しなけれ ばならない ア 供 給 物 品 名 ( 件 名 ) 水 槽 付 消 防 ポンプ 自 動 車 イ 入 札 金 額 ウ 競 争 加 入 者 の 会 社 ( 商 店 ) 名, 入 札 者 氏 名 及 び 押 印 ( 外 国 人 にあっては, 署 名 をもって 押 印 に 代 える ことができる 以 下 同 じ ) エ 代 理 人 が 入 札 する 場 合 は, 競 争 加 入 者 の 会 社 ( 商 店 ) 名, 入 札 者 氏 名 ( 代 理 人 の 氏 名 ) 及 び 押 印 (10) 入 札 書 及 び 入 札 に 係 る 文 書 に 使 用 する 言 語 は, 日 本 語 に 限 る また, 入 札 金 額 は, 日 本 通 貨 による 表 示 とし, 総 額 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 額 抜 き)で 入 札 すること (11) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 入 札 書 を 作 成 し, 当 該 入 札 書 を 封 書 に 入 れ,かつ,その 封 皮 に 入 札 の 日 付, 件 名, 競 争 加 入 者 の 氏 名 ( 法 人 にあっては,その 名 称 又 は 商 号 )を 記 載 し, 入 札 公 告 に 示 した 日 時 に 入 札 すること なお, 郵 便 ( 書 留 郵 便 に 限 る )により 入 札 する 場 合 については, 二 重 封 筒 とし 上 記 で 示 した 入 札 書 のほか, 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 認 定 通 知 書 の 写 しを 同 封 すること 加 入 電 信, 電 報, 電 話 その 他 の 方 法 による 入 札 は 認 めない (12) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 の 入 札 金 額 は, 調 達 物 品 の 本 体 価 格 のほか, 郵 送 費, 保 険 料, 関 税 等 納 入 場 所 渡 しに 要 する 一 切 の 諸 経 費 を 含 め 入 札 金 額 を 見 積 もること (13) 落 札 決 定 に 当 たっては, 入 札 書 に 記 載 された 金 額 に 当 該 金 額 の5%に 相 当 する 額 を 加 算 した 金 額 ( 当 該 金 額 に1 円 未 満 の 端 数 があるときは,その 端 数 金 額 を 切 り 捨 てるものとする )をもって 落 札 金 額 と するので, 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 消 費 税 に 係 る 課 税 事 業 者 であるか 免 税 事 業 者 であるかを 問 わ ず, 契 約 希 望 金 額 の 105 分 の 100に 相 当 する 金 額 を 入 札 書 に 記 載 すること (14) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 入 札 書 に 使 用 する 印 鑑 を 持 参 し, 再 度 入 札 等 に 備 えること (15) 入 札 書 及 び 委 任 状 は,ペン 又 はボ-ルペン(えんぴつは 不 可 )を 使 用 すること (16) 郵 送 による 入 札 書 の 受 領 期 間 及 び 受 領 期 限 は, 別 記 の7の(2)のとおりとする (17) 入 札 開 札 日 時 及 び 場 所 は, 別 記 の7の(2)のとおりとする (18) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 から 提 出 された 書 類 を 本 市 の 審 査 基 準 に 照 らし, 採 用 し 得 ると 判 断 した 者 のみを 落 札 決 定 の 対 象 とする (19) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は, 入 札 書 の 記 載 事 項 を 訂 正 する 場 合 は, 当 該 訂 正 部 分 について 押 印 して おくこと (ただし, 入 札 金 額 の 訂 正 は 認 めない ) (20) 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は,その 提 出 した 入 札 書 の 引 換 え, 変 更, 取 消 しをすることができない (21) 入 札 執 行 主 務 者 は, 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 が 相 連 合 し, 又 は 不 穏 の 挙 動 をする 等 の 場 合 で 競 争 入 札 を 公 正 に 執 行 することができない 状 態 にあると 認 めたときは, 当 該 入 札 を 延 期 し, 又 は 廃 止 すること がある (22) 入 札 後, 仕 様 書 等 についての 不 知 又 は 不 明 を 理 由 とし 異 議 を 申 し 立 てることはできない (23) 開 札 は, 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 が 出 席 して 行 う この 場 合 において, 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 が 立 ち 会 わないときは, 当 該 入 札 執 行 事 務 に 関 係 のない 職 員 を 立 ち 会 わせてこれを 行 う -2-

4 (24) 開 札 した 場 合 においては, 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 の 入 札 のうち, 予 定 価 格 の 制 限 に 達 した 価 格 の 入 札 がないときは, 再 度 の 入 札 を 行 うことがある 6 無 効 の 入 札 書 入 札 書 で 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するものは,これを 無 効 とする (1) 公 告 に 示 した 競 争 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 のない 者 の 提 出 した 入 札 書 (2) 要 綱 第 4 条 第 3 項 の 規 定 により, 入 札 参 加 資 格 を 失 った 者 の 提 出 した 入 札 書 (3) 調 達 物 品 名 ( 件 名 ) 及 び 入 札 金 額 のない 入 札 書 (4) 競 争 加 入 者 の 会 社 ( 商 店 ) 名, 入 札 者 氏 名 及 び 押 印 のない 又 は 判 然 としない 入 札 書 (5) 代 理 人 が 入 札 する 場 合 は, 競 争 加 入 者 本 人 の 会 社 ( 商 店 ) 名, 入 札 者 氏 名 ( 代 理 人 の 氏 名 ) 及 び 押 印 の ない 又 は 判 然 としない 入 札 書 (6) 調 達 物 品 名 ( 件 名 )に 重 大 な 誤 りのある 入 札 書 (7) 入 札 金 額 の 記 載 が 不 明 確 な 入 札 書 (8) 入 札 金 額 を 訂 正 した 入 札 書 (9) 一 つの 入 札 について 同 一 の 者 がした 二 以 上 の 入 札 書 (10) 再 度 入 札 において 初 回 の 最 低 入 札 価 格 以 上 の 価 格 で 行 った 入 札 書 (11) 入 札 公 告 等 において 示 した 入 札 書 の 受 領 期 限 までに 到 達 しなかった 入 札 書 (12) 公 正 な 価 格 を 害 し,または 不 正 の 利 益 を 得 るために 明 らかに 連 合 したと 認 められる 者 の 提 出 した 入 札 書 (13) 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 第 54 号 )に 違 反 し, 価 格 又 はそ の 他 の 点 に 関 し, 明 らかに 公 正 な 競 争 を 不 法 に 阻 害 したと 認 められる 者 の 提 出 した 入 札 書 (14) その 他 入 札 に 関 する 条 件 に 違 反 した 入 札 書 7 落 札 者 の 決 定 (1) 有 効 な 入 札 書 を 提 示 した 者 であって, 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 最 低 の 価 格 をもって 申 込 みをした 者 を 契 約 の 相 手 方 とする (2) 落 札 となるべき 同 価 の 入 札 をした 者 が 二 人 以 上 あるときは, 直 ちに, 当 該 入 札 者 にくじを 引 かせて 落 札 者 を 決 定 する この 場 合 において, 当 該 入 札 者 のうち 出 席 しない 者 又 はくじを 引 かない 者 があるときは, 当 該 入 札 執 行 事 務 に 関 係 のない 職 員 にこれに 代 わってくじを 引 かせ, 落 札 者 を 決 定 する (3) 製 造 請 負 契 約 について, 契 約 の 相 手 方 となるべき 者 の 申 込 みに 係 る 価 格 によっては,その 者 により 当 該 契 約 の 内 容 に 適 合 した 履 行 がなされないおそれがあると 認 められるとき, 又 はその 者 と 契 約 を 締 結 するこ とが 公 正 な 取 引 の 秩 序 を 乱 すこととなるおそれがあって 著 しく 不 適 当 であると 認 められるときは, 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 の 価 格 をもって 申 込 みをした 他 の 者 のうち 最 低 の 価 格 をもって 申 込 みをした 者 を 当 該 契 約 の 相 手 方 とすることがある (4) 落 札 者 を 決 定 した 場 合 において, 落 札 者 とされなかった 入 札 者 から 請 求 があったときは, 速 やかに 落 札 者 を 決 定 したこと, 落 札 者 の 氏 名 及 び 住 所, 落 札 金 額 並 びに 当 該 請 求 者 が 落 札 者 とされなかった 理 由 ( 当 該 請 求 を 行 った 入 札 者 の 入 札 が 無 効 とされた 場 合 においては, 無 効 とされた 理 由 )を 当 該 請 求 を 行 った 入 札 者 に 書 面 により 通 知 するものとする (5) 落 札 者 が, 規 則 第 14 条 で 定 める 期 日 まで, 契 約 書 の 取 り 交 わしをしないときは, 落 札 の 決 定 を 取 り 消 す 8 苦 情 申 立 本 件 における 競 争 入 札 参 加 資 格 の 確 認 その 他 の 手 続 き 等 に 関 し, 政 府 調 達 に 関 する 協 定 に 違 反 していると 判 断 する 場 合 は,その 事 実 を 知 り, 又 は 合 理 的 に 知 りえたときから10 日 以 内 に, 書 面 にて 仙 台 市 入 札 等 監 視 -3-

5 委 員 会 に 対 してその 旨 の 苦 情 を 申 し 立 てることができる 9 留 保 条 項 契 約 確 定 後 も 仙 台 市 入 札 等 監 視 委 員 会 から 通 知 を 受 けた 場 合 は, 事 情 変 更 により 契 約 解 除 をすることが ある 10 契 約 保 証 金 契 約 保 証 金 は 免 除 する 11 契 約 書 の 作 成 (1) 契 約 書 を 作 成 する 場 合 においては, 落 札 者 は, 交 付 された 契 約 書 に 記 名 押 印 し, 落 札 決 定 の 日 から5 日 以 内 ( 落 札 者 が 遠 隔 地 にある 等 特 別 の 事 情 があるときは, 契 約 締 結 権 者 が 別 に 定 めた 期 日 まで)に 契 約 書 の 取 り 交 わしを 行 うこと (2) 契 約 書 及 び 契 約 に 係 る 文 書 に 使 用 する 言 語 並 びに 通 貨 は, 日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 に 限 る (3) 本 契 約 は 契 約 の 相 手 方 とともに 契 約 書 に 記 名 して 押 印 しなければ, 確 定 しないものとする 12 支 払 いの 条 件 納 入 物 品 の 代 金 は, 検 査 合 格 後 請 求 により30 日 以 内 に 支 払 う 13 契 約 条 項 別 紙 契 約 書 案, 規 則 及 び 特 例 規 則 による 14 その 他 必 要 な 事 項 (1) 競 争 加 入 者 若 しくはその 代 理 人 又 は 契 約 の 相 手 方 が 本 件 調 達 に 関 して 要 した 費 用 については,すべて 当 該 競 争 加 入 者 若 しくはその 代 理 人 又 は 当 該 契 約 の 相 手 方 が 負 担 するものとする (2) 上 記 2(1) に 掲 げる 競 争 入 札 参 加 資 格 の 審 査 を 受 けていない 者 も 上 記 3により 申 請 書 及 び 添 付 書 類 を 提 出 できるが, 競 争 に 参 加 するためには, 当 該 資 格 の 審 査 を 受 け,かつ, 競 争 参 加 の 資 格 の 確 認 を 受 けなけ ればならない -4-

6 別 記 1 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 調 達 物 品 名 ( 件 名 ) 及 び 数 量 水 槽 付 消 防 ポンプ 自 動 車 (2) 調 達 物 品 の 特 質 等 別 冊 仕 様 書 のとおり (3) 納 入 場 所 仙 台 市 消 防 局 ( 仙 台 市 青 葉 区 堤 通 雨 宮 町 2-15) (4) 納 入 期 限 平 成 22 年 2 月 25 日 まで 2 台 2 競 争 加 入 者 に 必 要 な 資 格 (1) 資 本 金 10,000 千 円 以 上 であること (2) 仙 台 市 競 争 入 札 参 加 の 資 格 を 有 する 者 のうち 申 請 種 目 を 大 型 特 殊 車 で 申 請 している 者 であること 3 入 札 説 明 書 等 の 公 開 期 間 及 び 入 手 方 法 (1) 公 開 期 間 平 成 21 年 5 月 27 日 から (2) 入 手 方 法 仙 台 市 財 政 局 契 約 課 ホームページでダウンロードすること 4 一 般 競 争 入 札 参 加 申 請 及 び 添 付 書 類 の 提 出 期 間, 場 所 及 び 提 出 方 法 (1) 提 出 期 間 平 成 21 年 5 月 27 日 から 平 成 21 年 6 月 12 日 17 時 まで (2) 提 出 場 所 仙 台 市 財 政 局 契 約 課 ( 物 品 契 約 係 ) (3) 提 出 方 法 持 参 又 は 郵 送 すること 5 仕 様 書 について 質 問 書 の 提 出 期 間 場 所 等 (1) 提 出 期 間 平 成 21 年 5 月 27 日 から 平 成 21 年 6 月 12 日 17 時 まで (2) 提 出 場 所 仙 台 市 財 政 局 契 約 課 ( 物 品 契 約 係 ) (3) 提 出 方 法 持 参 又 は 郵 送 すること 6 入 札 参 加 資 格 の 審 査 結 果 通 知 期 限 平 成 21 年 6 月 26 日 7 入 札 及 び 開 札 (1) 入 札 担 当 部 局 ( 所 在 地 ) 仙 台 市 青 葉 区 国 分 町 三 丁 目 7 番 1 号 ( 担 当 課 ) 仙 台 市 財 政 局 契 約 課 ( 物 品 契 約 係 ) ( 調 達 責 任 者 ) 仙 台 市 長 梅 原 克 彦 (2) 入 札 開 札 日 時 及 び 場 所 ア 日 時 平 成 21 年 7 月 6 日 14 時 10 分 イ 場 所 仙 台 市 財 政 局 契 約 課 入 札 室 -5-

7 郵 送 による 場 合 (ア) 受 領 期 間 平 成 21 年 6 月 26 日 から 平 成 21 年 7 月 3 日 まで (イ) 受 領 期 限 平 成 21 年 7 月 3 日 17 時 00 分 (ウ) 住 所 ( 郵 便 番 号 ) ( 所 在 地 ) 仙 台 市 青 葉 区 国 分 町 三 丁 目 7 番 1 号 ( 担 当 課 ) 仙 台 市 財 政 局 契 約 課 ( 物 品 契 約 係 ) 8 その 他 入 札 公 告 に 示 した 特 質 等 を 有 する 物 品 を 納 品 できることを 証 明 するものとして, 下 記 の 書 類 を 提 出 するこ と (1) メンテナンス 体 制 証 明 書 ( 別 紙 1-1,1-2) (2) 同 等 品 申 請 書 兼 承 認 書 ( 別 紙 2) 9 本 市 の 競 争 入 札 参 加 資 格 の 決 定 を 受 けていないものの 資 格 申 請 入 札 に 参 加 するもので, 本 市 の 競 争 入 札 参 加 資 格 の 決 定 を 受 けていない 者 は, 次 のとおり 当 該 資 格 申 請 を することができる (1) 受 付 期 間 平 成 21 年 5 月 27 日 から 平 成 21 年 6 月 12 日 17 時 まで (2) 提 出 場 所 仙 台 市 財 政 局 契 約 課 ( 物 品 契 約 係 ) (3) 提 出 書 類 本 市 所 定 の 競 争 入 札 参 加 資 格 申 請 書 及 び 添 付 資 料 (4) 提 出 方 法 持 参 すること -6-

8 留 意 事 項 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 認 定 結 果 通 知 書 の 再 発 行 はいたしません 下 記 の 書 類 が 不 備 の 際, 失 格 又 は 入 札 無 効 となる 場 合 がありますのでご 注 意 願 います 申 請 時 の 提 出 書 類 No 項 目 1 一 般 競 争 入 札 参 加 申 請 書 2 誓 約 書 ( 要 綱 別 記 様 式 ) 3 メンテナンス 体 制 証 明 書 ( 別 紙 1-1,1-2) 4 同 等 品 申 請 書 兼 承 認 書 ( 別 紙 2) 入 札 時 の 必 要 書 類 等 No 項 目 1 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 認 定 結 果 通 知 書 ( 写 し 可 ) 2 身 分 を 確 認 できるもの ( 免 許 証 パスポート, 公 的 機 関 発 行 の 写 真 入 り 身 分 証 明 書 等 ただし, 原 本 に 限 る ) 3 代 理 人 が 入 札 する 場 合 は, 委 任 状 ( 本 市 様 式 に 限 る ) 4 入 札 書 ( 本 市 様 式 に 限 る ) 5 入 札 用 封 筒 ( 日 付 入 札 件 名 会 社 名 を 記 入 すること ) 6 再 度 入 札 等 に 使 用 する 印 身 分 確 認 の 書 類 は, 写 真 付 名 刺, 健 康 保 険 証 は 不 可

9 整 理 番 号 一 般 競 争 入 札 参 加 申 請 書 平 成 年 月 日 (あて 先 ) 仙 台 市 長 申 請 人 住 所 商 号 又 は 名 称 氏 名 印 電 話 番 号 物 品 等 又 は 特 定 役 務 の 名 称 ( 件 名 ) 水 槽 付 消 防 ポンプ 自 動 車 上 記 の 案 件 に 係 る 一 般 競 争 に 参 加 したいので, 下 記 の 書 類 を 添 えて 申 請 します なお, 本 申 請 書 及 び 添 付 書 類 のすべての 記 載 事 項 については, 事 実 と 相 違 ないことを 誓 約 いたします 1 入 札 説 明 書 で 示 した 各 種 証 明 書 等 ( 別 記 8) 連 絡 先 担 当 者 氏 名 電 話 番 号 注 申 請 は, 原 則 として 本 店 の 代 表 者 名 で 行 って 下 さい ただし, 競 争 入 札 参 加 資 格 申 請 時 ( 登 録 時 )において, 支 店 長 等 に 入 札 契 約 等 に 関 する 権 限 を 委 任 している 場 合 は, 受 任 者 名 で 申 請 して 下 さい

10 印 [ 別 紙 1-1] メンテナンス 体 制 証 明 書 [ 水 槽 付 消 防 ポンプ 自 動 車 ] 1 当 該 車 両 のメンテナンスが 行 える 整 備 工 場 ( 整 備 拠 点 でも 可 能 ) (1) 最 寄 りの 整 備 工 場 ( 整 備 拠 点 の) 名 称 及 び 所 在 地 ( 電 話 番 号 を 含 む) (2) 入 札 希 望 者 との 関 係 (3) 整 備 を 実 際 に 担 当 する 人 員 (サービスエンジニアを 含 み 常 駐 者 であること) 及 び 担 当 者 名 (4) 点 検 整 備 及 び 修 理 依 頼 から 着 手 までの 所 要 日 数 は 1 日 で 対 応 いたします 2 部 品 供 給 体 制 (1) 部 品 供 給 の 総 括 窓 口 及 び 担 当 者 名 ( 電 話 番 号 を 含 む) (2) 供 給 系 統 (フローチャート 図 ) (3) 依 頼 から 納 品 までの 所 要 日 数 は 2 日 以 内 で 対 応 いたします

11 印 [ 別 紙 1-2] 3 技 術 員 の 派 遣 体 制 (1) 最 寄 りの 整 備 工 場 の 派 遣 体 制 ア 緊 急 時 の 連 絡 系 統 イ 現 地 への 派 遣 方 法 ウ 修 理 から 現 地 到 着 までの 所 要 日 数 は 1 日 以 内 で 対 応 いたします (2) メーカーの 技 術 員 の 派 遣 体 制 ア 緊 急 時 の 連 絡 系 統 イ 現 地 への 派 遣 方 法 ウ 修 理 から 現 地 到 着 までの 所 要 日 数 は 2 日 以 内 で 対 応 いたします 上 記 のとおり 証 明 いたします (あて 先 ) 仙 台 市 長 平 成 年 月 日 競 争 入 札 参 加 希 望 者 住 所 会 社 名 代 表 者 名 印

12 印 [ 別 紙 2] 同 等 品 申 請 書 兼 承 認 書 [ 水 槽 付 消 防 ポンプ 自 動 車 ] ( / 枚 ) No. 品 名 ( 材 料 ) メーカー 名 型 式 諸 元 備 考 上 記 のとおり 同 等 品 の 認 定 を 申 請 いたします 平 成 年 月 日 住 所 会 社 名 代 表 者 名 印 上 記 の 申 請 品 を 同 等 品 として 承 認 いたします 平 成 年 月 日 仙 台 市 消 防 局 総 務 部 管 理 課 長 小 野 寺 重 信 印

13 別 記 様 式 ( 第 3 条 関 係 ) 誓 約 書 平 成 年 月 日 仙 台 市 長 様 住 所 商 号 又 は 名 称 代 表 者 名 印 当 社 は, 仙 台 市 入 札 契 約 暴 力 団 等 排 除 要 綱 ( 平 成 20 年 10 月 31 日 市 長 決 裁 ) 第 3 条 の 規 定 に 基 づき, 暴 力 団 等 との 関 係 を 有 していないこと 及 び 説 明 を 求 められた 際 には 誠 実 に 応 じることを 誓 約 します

14 契 約 番 号 写 第 号 製 造 請 負 契 約 書 収 入 印 紙 1 物 件 名 2 数 量 3 契 約 金 額 拾 億 千 百 拾 万 千 百 拾 円 うち 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 億 千 百 拾 万 千 百 拾 円 4 契 約 保 証 金 免 除 5 納 入 場 所 6 納 入 期 限 平 成 年 月 日 上 記 の 物 件 の 製 造 について, 仙 台 市 を 甲, 消 費 税 に 係 る 課 税 業 者 免 を 乙 とし, 上 記 事 項 及 び 次 の 条 項 によって 物 件 の 製 造 の 請 負 に 関 する 契 約 を 締 結 する 平 成 年 月 日 仙 台 市 青 葉 区 国 分 町 三 丁 目 7 番 1 号 甲 仙 台 市 代 表 者 市 長 梅 原 克 彦 印 乙 住 所 氏 名 印

15 ( 総 則 ) 第 1 条 乙 は, 別 冊 の 仕 様 書 及 び 図 面 ( 以 下 設 計 図 書 という )に 基 づき, 頭 書 記 載 事 項 に 従 い, 頭 書 の 物 件 を 製 造 し, 甲 に 納 入 するものとする 2 乙 は, 甲 の 指 示 により, 頭 書 の 納 入 期 限 内 において, 当 該 物 件 を 分 納 することができる 3 設 計 図 書 に 明 示 されていないもの, 又 は 仕 様 書, 図 面 の 交 互 符 合 しないものがある 場 合 は, 甲 乙 協 議 のうえ 定 める ただし, 軽 微 なものについては, 甲 の 指 示 に 従 うものとする ( 権 利 義 務 の 譲 渡 等 ) 第 2 条 乙 は,この 契 約 により 生 ずる 権 利 若 しくは 義 務 を, 第 三 者 に 譲 渡 し 又 は 承 継 させてはなら ない 2 乙 は,この 契 約 に 基 づく 物 件 又 は 検 査 済 み 材 料 は,これを 第 三 者 に 売 却 し 若 しくは 貸 与 し 又 は 担 保 の 目 的 に 供 してはならない 3 前 2 項 の 規 定 にかかわらず,あらかじめ 甲 の 書 面 による 承 諾 を 得 た 場 合 は,この 限 りでない ( 一 括 委 任 又 は 一 括 下 請 負 の 禁 止 ) 第 3 条 乙 は, 頭 書 物 件 の 製 造 の 全 部 又 は 大 部 分 を, 一 括 して 第 三 者 に 委 任 し 又 は 請 負 わせてはな らない ただし,あらかじめ 甲 の 書 面 による 承 諾 を 得 た 場 合 は,この 限 りでない ( 特 許 権 等 の 使 用 ) 第 4 条 乙 は, 特 許 権 その 他 第 三 者 の 権 利 の 対 象 となっている 製 造 方 法 等 を 使 用 するときは,その 使 用 に 関 する 一 切 の 責 任 を 負 わなければならない ( 材 料 の 品 質 及 び 検 査 等 ) 第 5 条 製 造 に 使 用 する 材 料 につき, 設 計 図 書 にその 品 質 が 明 示 されていないものは, 均 衡 を 得 た ものを 使 用 するものとする 2 製 造 に 使 用 する 材 料 のうち,あらかじめ 設 計 図 書 に 甲 の 検 査 を 受 けることを 明 示 されたものに ついては, 当 該 検 査 に 合 格 したものを 使 用 しなければならない ( 支 給 材 料 及 び 貸 与 品 ) 第 6 条 甲 から 乙 への 支 給 材 料 及 び 貸 与 品 の 品 名, 数 量, 材 質 並 びに 引 渡 場 所 及 び 引 渡 時 期 は, 設 計 図 書 に 記 載 したところによるものとする ( 設 計 図 書 不 適 合 の 場 合 の 改 造 義 務 ) 第 7 条 乙 は, 頭 書 物 件 の 製 造 が 設 計 図 書 に 適 合 しない 場 合 において, 甲 がその 改 造 を 請 求 したと きは,これに 従 わなければならない ただし,このために 請 求 代 金 の 増 額 又 は 履 行 期 限 の 延 長 をすることができない ( 契 約 の 変 更 及 び 中 止 等 ) 第 8 条 甲 は, 必 要 あると 認 めるときは, 乙 に 対 して 契 約 内 容 を 変 更 し 又 は 製 造 の 一 時 中 止 をさせ ることができる この 場 合 において, 請 負 代 金 又 は 履 行 期 限 その 他 契 約 条 件 を 変 更 する 必 要 があ るときは, 甲 乙 協 議 のうえ 定 めるものとする ( 乙 の 請 求 による 履 行 期 限 の 延 長 ) 第 9 条 乙 は, 天 災 その 他 乙 の 責 めに 帰 することができない 理 由 により, 契 約 の 履 行 が 遅 延 するお それが 生 じたときは, 甲 に 対 して 遅 滞 なく 書 面 にその 理 由 を 付 して 履 行 期 限 の 延 長 を 求 めること ができる この 場 合 における 延 長 日 数 は, 甲 乙 協 議 のうえ 定 める ( 一 般 的 損 害 等 ) 第 10 条 製 造 物 件 の 引 渡 し 前 に 生 じた 一 切 の 損 害 は, 乙 の 負 担 とする 2 乙 は, 債 務 の 履 行 について 第 三 者 に 損 害 をおよぼしたときは,その 賠 償 の 責 めを 負 う ( 検 査 ) 第 11 条 乙 は, 頭 書 物 件 の 製 造 を 完 成 したときは, 書 面 により 甲 に 通 知 し 検 査 を 受 けなければなら

16 ない 第 1 条 第 2 項 の 規 定 により 分 納 する 場 合 も 同 様 とする 2 甲 は, 前 項 の 通 知 を 受 けた 日 から10 日 以 内 に, 乙 の 立 会 いを 求 めて 検 査 を 行 うものとする ( 検 査 における 不 合 格 等 ) 第 12 条 検 査 の 結 果, 不 合 格 と 判 定 されたときは, 乙 は 自 己 の 費 用 をもって 直 ちにこれを 補 修 し 又 は 改 造 等 の 必 要 な 処 置 をとらなければならない ( 引 渡 し) 第 13 条 甲 は, 第 11 条 第 2 項 の 検 査 に 合 格 したときは, 当 該 物 件 の 引 渡 しを 受 けるものとする ( 中 間 検 査 ) 第 14 条 甲 は, 必 要 ある 場 合 には, 製 造 の 中 途 において 出 来 形 部 分 の 検 査 を 行 うことができる ( 請 負 代 金 の 支 払 い) 第 15 条 乙 は, 第 13 条 の 規 定 による 引 渡 し 完 了 後, 所 定 の 手 続 きに 従 って 請 負 代 金 の 支 払 いを 請 求 するものとする 2 甲 は, 前 項 の 支 払 い 請 求 があったときは,その 日 から30 日 以 内 に 請 負 代 金 を 支 払 わなければな らない ( 部 分 払 ) 第 16 条 乙 は, 第 1 条 第 2 項 の 規 定 により 分 納 したときは, 分 納 部 分 に 対 する 請 負 代 金 相 当 額 につ き 部 分 払 を 請 求 することができる (かし 担 保 ) 第 17 条 乙 は, 引 渡 しの 日 から1 年 間, 製 造 物 件 のかしを 補 修 し 又 はそのかしによって 生 じた 滅 失 若 しくはき 損 その 他 の 事 故 に 対 して 損 害 を 賠 償 しなければならない ただし, 甲 が 特 に 必 要 があ ると 認 めるときは, 別 にかし 担 保 の 期 間 について 定 めることができるものとする ( 履 行 遅 滞 の 場 合 における 違 約 金 ) 第 18 条 乙 の 責 に 帰 すべき 理 由 により,この 契 約 の 履 行 を 遅 延 したときは, 乙 は, 請 負 代 金 ( 甲 が 第 1 条 第 2 項 の 規 定 により 引 渡 しを 受 けたものがあるときは, 当 該 部 分 に 相 当 する 代 価 を 差 し 引 いた 額 )につき, 遅 滞 日 数 に 応 じ, 年 3.6パーセントの 割 合 で 計 算 した 額 を, 違 約 金 として 甲 に 支 払 わなければならない ( 甲 の 解 除 権 ) 第 19 条 甲 は, 乙 が 次 の 各 号 の1に 該 当 するときは, 契 約 を 解 除 することができる (1) 正 当 な 理 由 がなく 契 約 を 履 行 しないとき 又 は 頭 書 の 履 行 期 限 内 に 履 行 できる 見 込 みがないとき (2) 契 約 の 締 結 又 は 履 行 について 不 正 な 行 為 があったとき (3) 前 各 号 のほか 契 約 事 項 に 違 反 したとき 2 甲 は, 前 項 の 規 定 により 契 約 を 解 除 したときは, 既 成 物 件 を 検 査 のうえ, 当 該 検 査 に 合 格 した 部 分 は, 甲 が 認 定 する 代 金 を 乙 に 支 払 って 既 成 物 件 を 甲 に 帰 属 させることができる 3 第 1 項 の 規 定 により 契 約 が 解 除 された 場 合 においては, 乙 は, 請 負 代 金 額 の1/10に 相 当 する 額 を 違 約 金 として, 甲 の 指 定 する 期 間 内 に 支 払 わなければならない 4 第 1 項 各 号 に 規 定 するもののほか, 甲 は, 特 定 調 達 に 係 る 苦 情 の 処 理 手 続 に 関 する 要 綱 ( 平 成 7 年 12 月 25 日 市 長 決 裁 ) 第 5 条 第 2 項 の 要 請 を 受 けた 場 合 において,これに 従 うときは, 特 に 必 要 があると 認 められるものに 限 り, 当 該 契 約 を 解 除 することができる ( 暴 力 団 等 排 除 に 係 る 解 除 等 ) 第 19 条 の2 甲 は, 乙 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは, 契 約 を 解 除 することができる (1) 乙 の 代 表 役 員 等 ( 仙 台 市 入 札 契 約 暴 力 団 等 排 除 要 綱 ( 平 成 20 年 10 月 31 日 市 長 決 裁 以 下 要 綱 という ) 別 表 第 1 号 に 規 定 する 代 表 役 員 等 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 一 般 役 員 等 ( 要 綱 別 表 第 1 号 に 規 定 する 一 般 役 員 等 をいう 以 下 同 じ )が 暴 力 団 員 ( 要 綱 第 2 条 第 4 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ ) 若 しくは 暴 力 団 関 係 者 ( 要 綱 第 2 条 第 5 号 に 規 定 する 暴 力 団 関 係 者 をいう 以 下 同 じ )であると 認 められるとき 又 は 暴 力 団 員 若 しくは 暴 力 団 関 係 者 が 事 実 上 経 営 に 参 加 していると 宮 城 県 警 察 本 部 ( 以 下 県 警 という )から 通 報 があり,

17 又 は 県 警 が 認 めたとき (2) 乙 ( 使 用 人 ( 要 綱 別 表 第 2 号 に 規 定 する 使 用 人 をいう )が 乙 のために 行 った 行 為 は, 乙 の 行 為 とみ なす 以 下 同 じ ), 乙 の 代 表 役 員 等 又 は 一 般 役 員 等 が, 自 社, 自 己 若 しくは 第 三 者 の 不 正 な 利 益 を 図 り, 又 は 第 三 者 に 損 害 を 与 える 目 的 をもって, 暴 力 団 等 ( 要 綱 第 1 条 に 規 定 する 暴 力 団 等 をいう 以 下 同 じ )の 威 力 を 利 用 していると 県 警 から 通 報 があり, 又 は 県 警 が 認 めたとき (3) 乙, 乙 の 代 表 役 員 等 又 は 一 般 役 員 等 が, 暴 力 団 等 又 は 暴 力 団 等 が 経 営 若 しくは 運 営 に 関 与 していると 認 めら れる 法 人 等 に 対 して, 資 金 等 を 提 供 し, 又 は 便 宜 を 供 与 するなど 積 極 的 に 暴 力 団 ( 要 綱 第 2 条 第 3 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう )の 維 持 運 営 に 協 力 し, 若 しくは 関 与 していると 県 警 から 通 報 があり, 又 は 県 警 が 認 めたとき (4) 乙, 乙 の 代 表 役 員 等 又 は 一 般 役 員 等 が, 暴 力 団 等 と 社 会 的 に 非 難 される 関 係 を 有 していると 県 警 から 通 報 が あり, 又 は 県 警 が 認 めたとき (5) 乙, 乙 の 代 表 役 員 等 又 は 一 般 役 員 等 が, 暴 力 団 等 であることを 知 りながら,これを 不 当 に 利 用 する 等 の 行 為 があったと 県 警 から 通 報 があり, 又 は 県 警 が 認 めたとき 2 乙 が 共 同 企 業 体 である 場 合,その 代 表 者 又 は 構 成 員 が 前 項 各 号 のいずれかに 該 当 したときは, 前 項 の 規 定 を 適 用 する 3 第 19 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 は, 前 2 項 による 解 除 の 場 合 に 準 用 する 4 乙 は, 契 約 の 履 行 に 当 たり 暴 力 団 等 から 不 当 介 入 ( 要 綱 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 不 当 介 入 をいう 以 下 同 じ )を 受 けたときは, 速 やかに 所 轄 の 警 察 署 への 通 報 を 行 い, 捜 査 上 必 要 な 協 力 を 行 うと ともに, 甲 に 報 告 しなければならない 乙 の 下 請 負 人 等 ( 要 綱 第 7 条 第 2 項 に 規 定 する 下 請 負 人 等 をいう )が 暴 力 団 等 から 不 当 介 入 を 受 けたときも 同 様 とする ( 解 除 に 伴 う 措 置 ) 第 20 条 契 約 が 解 除 された 場 合 においては, 乙 は, 甲 に 返 還 すべき 物 件 があるとき,これを 甲 に 返 還 しその 他 の 物 件 については, 甲 と 協 議 して 定 める 期 間 内 に 引 取 る 等 適 当 な 措 置 を 講 じなければ ならない 2 前 項 の 場 合 において, 乙 が 正 当 と 認 められる 事 由 がなくて 所 定 の 期 間 内 に 物 件 を 引 取 らずその 他 適 当 な 措 置 を 講 じないときは, 甲 は 乙 に 代 わってその 物 件 を 処 分 することできる この 場 合 に おいては, 乙 は,これに 要 した 費 用 を 負 担 しなければならない ( 補 則 ) 第 21 条 この 契 約 に 関 し, 甲 乙 間 に 紛 争 を 生 じたときは, 甲 乙 協 議 のうえ 定 める 第 三 者 に 仲 裁 を 依 頼 するものとする 甲 及 び 乙 は, 本 書 2 通 を 作 成 し,それぞれ 記 名 押 印 のうえ 各 自 1 通 を 保 有 する

18 内 訳 書 品 名 規 格 単 位 数 量 単 価 金 額 印 (1) 小 計 ( 各 行 の 金 額 をたし 上 げて 計 算 する ) (2) 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 (3) 契 約 金 額

19 質 疑 応 答 書 件 名 水 槽 付 消 防 ポンプ 自 動 車 回 答 は, 本 質 問 書 の 提 出 期 限 後 10 日 以 内 に, 本 市 HP, 掲 示 で 行 います 整 理 番 号 質 問 事 項 回 答 注 1 この 質 疑 応 答 書 は, 仕 様 書 に 対 して 質 問 がある 場 合 ( 入 札 見 積 に 必 要 な 事 項 に 限 る )に のみ 提 出 して 下 さい 注 2 提 出 期 間 を 過 ぎた 場 合 は, 受 理 しません

20 入 札 書 印 件 名 拾 億 千 百 拾 万 千 百 拾 円 入 札 金 額 ( 注 : 契 約 希 望 金 額 の 分 の の 金 額 で す ) 上 記 の 金 額 で 請 負 ( 供 給 )したいので, 関 係 書 類 を 熟 覧 の うえ, 仙 台 市 契 約 規 則 を 守 り 入 札 します 平 成 年 月 日 ( 宛 て 先 ) 仙 台 市 長 会 社 ( 商 店 ) 名 入 札 者 氏 名 印 ( 注 ) 委 任 を 受 けて 入 札 する 場 合 には, 受 任 者 名 で 入 札 することとなります

21 記 載 例 本 人 の 場 合 入 札 書 印 件 名 拾 億 千 百 拾 万 千 百 拾 円 入 札 金 額 ( 注 : 契 約 希 望 金 額 の 分 の の 金 額 で す ) 上 記 の 金 額 で 請 負 ( 供 給 )したいので, 関 係 書 類 を 熟 覧 の うえ, 仙 台 市 契 約 規 則 を 守 り 入 札 します 平 成 年 月 日 ( 宛 て 先 ) 仙 台 市 長 会 社 ( 商 店 ) 名 株 式 会 社 入 札 者 氏 名 代 表 取 締 役 印 ( 注 ) 委 任 を 受 けて 入 札 する 場 合 には, 受 任 者 名 で 入 札 することとなります

22 記 載 例 代 理 人 の 場 合 入 札 書 印 件 名 拾 億 千 百 拾 万 千 百 拾 円 入 札 金 額 ( 注 : 契 約 希 望 金 額 の 分 の の 金 額 で す ) 上 記 の 金 額 で 請 負 ( 供 給 )したいので, 関 係 書 類 を 熟 覧 の うえ, 仙 台 市 契 約 規 則 を 守 り 入 札 します 平 成 年 月 日 ( 宛 て 先 ) 仙 台 市 長 会 社 ( 商 店 ) 名 株 式 会 社 入 札 者 氏 名 印 ( 注 ) 委 任 を 受 けて 入 札 する 場 合 には, 受 任 者 名 で 入 札 することとなります

23 委 任 状 印 平 成 年 月 日 ( 宛 て 先 ) 仙 台 市 長 住 所 委 任 者 氏 名 印 私 は を 代 理 人 と 定 め, 平 成 年 月 日 仙 台 市 において 行 う 下 記 件 名 の 入 札 及 び 見 積 りに 関 する 一 切 の 権 限 を 委 任 します 記 件 名 受 任 者 は 次 の 印 鑑 を 使 用 します 使 用 印 鑑

24 記 載 例 委 任 状 印 平 成 年 月 日 ( 宛 て 先 ) 仙 台 市 長 住 所 県 市 区 町 丁 目 番 号 委 任 者 株 式 会 社 氏 名 代 表 取 締 役 印 私 は を 代 理 人 と 定 め, 平 成 年 月 日 仙 台 市 において 行 う 下 記 件 名 の 入 札 及 び 見 積 りに 関 する 一 切 の 権 限 を 委 任 します 記 件 名 受 任 者 は 次 の 印 鑑 を 使 用 します 使 用 印 鑑 印

25 平 成 21 年 度 仕 様 書 件 名 水 槽 付 消 防 ポンプ 自 動 車 仙 台 市 消 防 局 総 務 部 管 理 課

26 第 1 入 札 案 件 1 品 名 水 槽 付 消 防 ポンプ 自 動 車 2 数 量 2 台 3 納 入 期 限 平 成 2 2 年 2 月 2 5 日 4 納 入 場 所 仙 台 市 消 防 局 ( 仙 台 市 青 葉 区 堤 通 雨 宮 町 2-1 5) 第 2 総 則 1 目 的 こ の 仕 様 書 は, 仙 台 市 消 防 局 ( 以 下 当 局 と い う ) に お い て, 平 成 2 1 年 度 に 購 入 す る 水 槽 付 消 防 ポ ン プ 自 動 車 ( 水 Ⅰ - A 型 )( 以 下 本 車 と い う ) の 一 切 に 適 用 す る 2 概 要 本 車 は, 水 槽, 消 防 用 水 ポ ン プ 及 び 泡 混 合 装 置 等 を 装 備 し, 消 火 活 動 及 び 各 種 災 害 活 動 に 使 用 する 消 防 車 で あ る 3 適 合 法 令 本 車 は, 動 力 消 防 ポ ン プ の 技 術 上 の 規 格 を 定 め る 省 令, 緊 急 消 防 援 助 隊 設 備 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱, 道 路 運 送 車 両 の 保 安 基 準 そ の 他 関 係 法 令, 通 達 に 適 合 し, 緊 急 自 動 車 と して 承 認 の 得 ら れ る ものであること 4 車 両 は, 消 防 用 車 両 の 安 全 基 準 検 討 委 員 会 が 定 める 消 防 用 車 両 の 安 全 基 準 につい て の 項 目 を 満 足 し, 製 造 工 場 については 品 質 管 理 システム( ISO 認 証 取 得 )を 構 築 しているこ と 5 製 作 上 の 問 題 処 理 製 作 は, 仕 様 目 的 を 十 分 に 達 成 す る た め 誠 意 を も っ て 行 い, 仕 様 内 容 に 疑 義 の 生 じ た 場 合 は, その 都 度 速 や か に 当 局 と 協 議 を 行 い 解 釈 すること な お, 仕 様 変 更 は, 事 前 に 契 約 担 当 課 及 び 当 局 の 承 認 を 受 け る こ と 又, 本 車 製 作 に 当 た り 工 業 所 有 権 そ の 他 の 法 令 に 抵 触 す る 問 題 が 生 じ た と き は, 受 注 者 に お い て こ れ ら の 問 題 解 決 を 行 う こ と 6 製 作 上 の 注 意 消 防 車 両 と して 最 適 の 構 造 及 び 性 能 を 十 分 に 有 し, 次 の と お り と す ること ⑴ 各 装 置 及 び パ ー ツ の 取 り 付 け は, 原 則 と し て ボ ル ト 締 付 け と す る こ と な お,ボルト 等 は, ネ ジ ロック 剤 を 使 用 し 確 実 に 締 め 付 け る こ と ⑵ 車 体 全 般 に わ た り 防 水 措 置 及 び 防 錆 措 置 を 十 分 に 行 う こ と 特 に 下 廻 り の 部 材 の 継 ぎ 目 は, すべてコーキングをすること ⑶ 清 掃, 点 検, 調 整 及 び 修 理 が 容 易 に 行 え る こ と ⑷ 使 用 取 扱 上 の 安 全 性, 操 作 性 を 十 分 に 考 慮 し た も の で あ る こ と ⑸ 全 体 的 に 重 量 軽 減 を 図 り, 前 後 左 右 の 荷 重 バ ラ ン ス を 十 分 に 考 慮 す る こ と ⑹ 堅 ろ う に し て 長 期 の 使 用 に 十 分 に 耐 え 得 る も の で あ り, か つ, 維 持 管 理 が 経 済 的 に 行 え る も のであること ⑺ 水 洗 い 整 備 が で き る と と も に, 残 水 等 の 生 じ な い 構 造 と す る こ と 又, フ ェ ン ダ ー 等 で 器 具 接 触 等 に よ り 塗 装 剥 離 の お そ れ の あ る 部 分 に は, 適 切 な 保 護 対 策 を 講 じ る こ と 7 規 格 及 び 表 示 ⑴ 規 格 車 両 に 使 用 す る 材 料 及 び 部 品 は, 特 に 指 定 す る も の を 除 き, す べ て 日 本 工 業 規 格 ( J I S ) の も の を 使 用 す る こ と た だ し, ネ ジ 類 に つ い て は, I S O ネ ジ 又 は, こ れ に 準 じたものを 使 用 す る こと ⑵ 表 示 ア 車 両 に 使 用 す る 絵 表 示 以 外 の 表 示 は, 日 本 語, 又 は 英 語 で 表 示 すること イ 車 両 に 使 用 す る 単 位 等 の 表 示 は, す べ て S I 単 位 で 表 示 す る こ と 1

27 8 登 録 の 費 用 当 該 車 両 の 新 規 登 録 に 要 す る 費 用 の う ち, 自 動 車 重 量 税 及 び 自 賠 責 保 険 の 費 用 は 発 注 者 ( 仙 台 市 ) 負 担 と し, 車 庫 証 明 書 そ の 他 の 新 規 登 録 に 要 す る 費 用 は, 受 注 者 が す べ て 負 担 すること ま た, 自 動 車 リ サ イ ク ル 法 に 基 づ く リ サ イ ク ル 料 金 は, 仙 台 市 が 負 担 す る の で, 受 注 者 が 立 替 え 払 いし, 納 車 後 当 該 車 両 代 金 と 別 に 仙 台 市 に 請 求 す る こ と 9 登 録 の 代 行 本 車 製 作 完 了 後, 新 規 登 録 の た め の 手 続 き を 受 注 者 が 代 行 し, 東 北 運 輸 局 宮 城 運 輸 支 局 長 の 行 う 当 該 検 査 に 合 格 さ せること 10 保 証 本 車 の 保 証 期 間 は, 検 査 合 格 後 1 年 と す る な お, 保 証 期 間 後 で あ っ て も 設 計, 製 作 及 び 材 質 不 良 等 の 瑕 疵 に よ っ て 生 じ た 問 題 に つ い て は, 受 注 者 が 無 償 で 修 復 す ること 11 事 故 防 止 架 装 及 び 車 両 の 移 動 に 当 た っ て は, 事 故 防 止 に 万 全 の 注 意 を 払 い, 万 一 事 故 が 発 生 し た 場 合 は, 速 や か に 当 局 に 連 絡 す る と と も に, そ の 被 害 等 に つ い て 一 切 の 責 任 を 負 う こ と 12 検 査 ⑴ 受 注 者 は, 仙 台 市 財 政 局 理 財 部 庁 舎 管 理 課 が 行 う 検 査 を 受 け る こ と ⑵ 検 査 は, 車 検 取 得 後 に 行 う も の と し, 車 両, 取 付 品, 積 載 品, 付 属 品 す べ て を 一 括 し て 行 う ものとする ⑶ そ の 他 必 要 に 応 じ 検 査 を 行 う も の と す る 13 提 出 書 類 13-1 提 出 書 類 ⑴ 製 作 承 認 図 書 類, 完 成 図 書 及 び 取 扱 説 明 書 は, A 4 判 の フ ァ イ ル に 一 括 綴 じ る こ と ( 写 真 は 除 く こと) ⑵ 図 面 は, す べ て A 2 判 又 は A 3 判 と す る こ と ⑶ 外 国 製 品 に つ い て は, す べ て 日 本 語 に 翻 訳 す る こ と 又, 各 単 位 に は, SI 単 位 を 併 記 す る こ と ⑷ 外 注 先 一 覧 表 1 部 製 作 を 外 注 す る 場 合 は, 次 の 内 容 の 外 注 先 一 覧 表 を 当 局 に 提 出 す ること ア 会 社 名 イ 所 在 地 ウ 電 話 番 号 エ 外 注 内 容 ( 品 目 及 び 作 業 内 容 等 ) 13-2 着 手 届 け 1 部 契 約 日 の 翌 日 ま で, 当 局 に 着 手 届 け を 提 出 すること 13-3 全 体 工 程 表 2 部 契 約 後 1 4 日 以 内 に, シ ャ シ ー の 製 作 を 含 め た 全 体 の 工 程 表 を 当 局 に 提 出 す る こ と 13-4 製 作 承 認 図 書 類 3 部 ( 返 却 分 1 部 を 含 む ) 受 注 者 は, 架 装 開 始 前 に, 仕 様 書 に 基 づ く 次 の 書 類 を 提 出 し 当 局 の 承 認 を 受 け る こ と ⑴ 架 装 工 程 表 ( 外 注 先 の 作 業 工 程 を 含 む ) ⑵ 製 作 承 認 図 ア 架 装 外 観 5 面 図 イ ホ ー ス 収 納 位 置 図 ( 積 載 可 能 本 数 明 示 ) 及 び 資 機 材 等 収 納 部 詳 細 図 並 び に 各 種 取 付 装 置 等 詳 細 図 ( 3 面 図 ) ウ 骨 組 及 び 配 管 図 ( 水 ポ ンプ, 水 系 統 及 び 泡 系 統 のフローシート) エ 電 気 配 線 図 オ 改 造 自 動 車 重 量 計 算 書 ⑶ 車 両 構 成 一 覧 表 13-5 完 成 図 書 3 部 ( 車 両 台 数 プ ラ ス 1 部 ) 2

28 完 成 図 書 は, 次 の と お り と し, 目 次 及 び 見 出 し を 付 け て 編 綴 し, 完 成 車 納 入 時 提 出 す る こ と ⑴ シ ャ シ ー 関 係 図 ア シ ャ シ ーの 消 防 受 託 試 験 合 格 の 写 し イ シ ャ シ ーの 図 面 ( 3 面 図 ) ウ 動 力 取 出 装 置 ( 以 下 PTO という ) の 図 面 エ エ ン ジ ンオイル 冷 却 装 置 の 図 面 オ シ ャ シ ーの 改 造 関 係 ( キャブ 取 付 品 そ の 他 )の 図 面 カ シ ャ シ ーの 架 装 資 料 キ シ ャシーの 諸 元 明 細 書 又 は 詳 細 な 仕 様 書 ク シ ャシーカタログ ケ シ ャシー 使 用 電 球 型 式 等 一 覧 表 ( 増 設 部 を 含 む ) コ シ ャシー 使 用 ヒ ュ ー ズ 型 式 等 一 覧 表 ( 増 設 部 を 含 む ) サ シ ャシー 電 気 配 線 図 ( 増 設 部 ) ⑵ 架 装 関 係 図 書 ア 架 装 外 観 5 面 図 イ 完 成 車 の 最 小 回 転 半 径 の 走 行 軌 跡 図 ウ 使 用 材 料 一 覧 表 エ 骨 組 及 び 配 管 図 ( 水 ポ ンプ 及 び 水 系 統 の フ ローシート) オ 消 防 ポ ンプ 装 置 ( 動 力 伝 達 装 置 を 含 む ) の 関 係 図 及 び 諸 元 表 カ 真 空 ポ ンプの 関 係 図 及 び 諸 元 表 キ 水 槽 関 係 図 ク 泡 消 火 装 置 の 関 係 図 及 び 諸 元 表 ケ 電 気 配 線 図 ( 承 認 図 を 修 正 し た も の で, リ レ ー, ヒ ュ ー ズ, ア ン ペ ア 数 等 を 明 示 し た も の ) コ 各 電 装 品 の 配 線 施 工 図 ( メ ン テ ナ ン ス を 考 慮 し た も の で, リ レ ー, ヒ ュ ー ズ, リ ミ ッ ト ス イ ッチ, 安 定 器 等 の 設 置 位 置 を 具 体 的 に 示 したもの) サ ホ ー ス 収 納 位 置 図 ( 積 載 可 能 本 数 明 示 ) 及 び 器 具 収 納 部 詳 細 図 並 び に 器 具 取 付 装 置 詳 細 図 (3 面 図 で 承 認 図 を 修 正 したもの) シ 装 備 品 等 一 覧 表 ( 品 名, 数 量, 製 作 会 社 名, 型 式 等 ) ス 装 備 品 等 の カ タ ロ グ 又 は 写 し( 諸 元 明 示 ) セ 装 備 品 等 の 使 用 油 脂 類 一 覧 表 ( 整 備 上 必 要 なもの) ソ 使 用 電 球 型 式 等 一 覧 表 タ 使 用 ブ レーカー(ヒューズ) 型 式 等 一 覧 表 チ 消 防 ポ ンプ 装 置 の 性 能 試 験 結 果 ツ 日 本 消 防 検 定 協 会 に よ る 消 防 ポ ン プ 装 置 の 消 防 受 託 試 験 合 格 の 自 主 表 示 ( 写 し ) テ 日 本 消 防 検 定 協 会 に よ る 鑑 定 合 格 の 表 示 ( 写 し ) ト 改 造 自 動 車 等 審 査 届 出 書 写 し ナ 車 体 検 査 証 写 し 13-6 取 扱 説 明 書 3 部 ( 車 両 台 数 プ ラ ス 1 部 ) ⑴ シ ャ シ ー 取 扱 説 明 書 ( シ ャ シ ー 取 付 品 含 む ) ⑵ 消 防 ポ ン プ 装 置 取 扱 説 明 書 ( 整 備 解 説 書 含 む ) ⑶ 泡 混 合 装 置 取 扱 説 明 書 ( 整 備 解 説 書 含 む ) ⑷ 資 機 材 及 び 取 付 品 等 の 取 扱 説 明 書 ( 整 備 解 説 書 含 む ) 13-7 写 真 ( ネガ, 又 は CD-R 等 の 電 子 デ ー タ 付 ) ⑴ 架 装 工 程 写 真 ( カ ラ ー L 判 程 度 ) 各 1 部 製 作 工 程 ごとに 撮 影 す る こと ⑵ 完 成 写 真 ( カ ラ ー L 判 程 度 ) ア 緊 急 自 動 車 事 前 届 出 用 ( 前 後 左 右 撮 影, 車 検 取 得 前 の もの) 各 2 部 イ 緊 急 自 動 車 届 出 用 ( 前 後 左 右 撮 影, 車 検 取 得 後 の もの) 各 2 部 ウ 資 機 材 収 納 部 の 状 況 各 1 部 3

29 14 無 償 点 検 整 備 納 車 後 3ヶ 月 の 法 定 定 期 点 検 整 備 は, 受 注 者 が 無 償 で 行 う こ と 15 技 術 指 導 受 注 者 は, 納 車 後 1 週 間 程 度, 機 器 の 取 り 扱 い 及 び 保 守 整 備 に つ い て, 当 局 職 員 に 対 し 無 償 で 技 術 指 導 を 行 う こ と 16 その 他 道 路 交 通 法 施 行 令 第 1 3 条 の 規 定 に 基 づ く 緊 急 自 動 車 の 届 出 事 務 処 理 上 必 要 な も の と し て, 当 該 車 両 の 車 両 型 式, 車 体 番 号 が 記 載 さ れ て い る 書 類, 及 び 上 記 13-7 ⑵ ア の 写 真 を 車 検 取 得 日 の 1 0 日 前 ま で に 当 局 に 提 出 す る こ と 第 3 仕 様 1 材 質 の 規 格 ⑴ 材 料 及 び 部 品 は, す べ て 新 規 製 品 を 使 用 す る こ と ⑵ 主 要 材 料 の 材 質 は 次 の と お り と す る こ と ア 骨 組 等 主 要 構 造 は, 一 般 構 造 用 圧 延 鋼 材 ( SS400) 以 上 の 強 度 を 有 する 材 料 を 使 用 すること イ ポ ンプ 主 要 部 品 は, 青 銅 鋳 物 ( BC6) 以 上 で 耐 久 性 に 富 んだ 材 料 を 使 用 す る こと ウ ポ ンプシャフトは,ステンレス 鋼 ( SUS403) 以 上 の 強 度 を 有 する 材 料 を 使 用 すること エ 主 配 管 は, 配 管 用 炭 素 鋼 管 又 は 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 久 性 を 有 するものとす る こと オ 放 水 口 ボールコックは, 青 銅 鋳 物 ( BC6) 以 上 で 耐 久 性 に 富 んだ 材 料 を 使 用 すること カ 水 槽 ( 水 タ ン ク ) は, 水 槽 板 面, 骨 組 み 及 び 防 波 板 を 含 め す べ て 一 般 構 造 用 圧 延 鋼 材 ( S S400 以 上 ) と す ること キ 泡 消 火 薬 液 槽 ( 泡 消 火 薬 液 タ ン ク ) は, 耐 食 性 及 び 強 度 を 有 す る も の と す る こ と ク 泡 消 火 薬 液 の 配 管 及 び 付 属 部 品 は, 耐 食 性 及 び 強 度 を 有 す る も の と す る こ と ⑶ ス テ ッ プ 等 は, ア ル ミ 縞 鋼 板 を 使 用 し, 表 面 は 防 滑 テ ー プ 処 理 と す る こ と ⑷ 保 護 枠, 計 器 板, 蝶 板, 手 す り, 握 り 棒 等 そ の 他 金 属 露 出 部 分 及 び 外 部 に 取 り 付 けるボルト,ナット 類 はステンレス 製 部 材 を 使 用 すること ⑸ コ ー キ ン グ 及 び シ ー リ ン グ 材 は, 経 年 変 化 に よ り 硬 化 し な い 弾 力 性 の あ る も の を 使 用 すること ⑹ 潤 滑 油 及 び 各 種 作 動 油 は, 各 メ ー カ ー が 指 定 す る も の を 使 用 し, 規 定 量 を 入 れ て おくこと ⑺ 電 池 及 び 電 池 パ ッ ク を 使 用 す る も の は, 各 メ ー カ ー が 指 定 す る も の を 使 用 し, 必 要 数 を 入 れておくこと ⑻ そ の 他 の 材 料 は, 次 に よ る こ と ア プラスチック 類 は, 難 燃 性 のものを 使 用 すること イ ゴム 製 品 及 び 合 成 樹 脂 製 品 は, 耐 油 性 のものを 使 用 すること ウ 木 材 は, 十 分 に 乾 燥 し たものを 使 用 し, 製 作 後, 変 形 及 び 歪 み 等 が 生 じ 難 い も のとすること 2 主 要 諸 元 ⑴ エ ン ジ ン 水 冷 4 サ イ ク ル のディーゼルエンジン ⑵ 総 排 気 量 5,100cc 以 上 ⑶ 最 高 出 力 消 防 検 定 出 力 及 び 公 称 出 力 が kw(2 10 ps) 以 上 ⑷ 軸 数 2 軸 ⑸ 駆 動 方 式 2 輪 駆 動 ( 空 転 制 御 機 能 付 ) ⑹ 変 速 装 置 オートマチックトランスミッション 又 は 自 動 変 速 機 能 付 マニュアルトランスミッション ⑺ 軸 間 距 離 3,500~4,000 mm 4

30 ⑻ 車 両 寸 法 全 長 6,800mm 以 内 全 幅 2,400mm 以 内 全 高 3,300 mm 以 内 ⑼ 車 両 総 重 量 1 1, kg 未 満 ( 別 表 の 積 載 品 等 の 重 量 を 含 む ) 3 シ ャ シ ー ( 機 関 及 び 台 車 ) 3-1 シ ャ シー 規 格 ⑴ 使 用 す る シ ャ シ ー は, 平 成 2 1 年 度 に 製 作 さ れ た も の を 使 用 す る こ と ⑵ 使 用 す る シ ャ シ ー は, 日 本 消 防 検 定 協 会 の 検 定 ( 消 防 受 託 試 験 ) に 合 格 し た も の と す る こ と ⑶ 使 用 す る シ ャ シ ー は, ダ ブ ル キ ャ ブ 付 き の 消 防 専 用 シ ャ シ ー と す る こ と ⑷ 使 用 す る シ ャ シ ー は, 新 長 期 規 制 適 合 車 と す る こ と ⑸ 使 用 す る シ ャ シ ー は, 最 大 積 載 量 が 5 t 級 の 大 型 車 と す る こ と 3-2 エ ン ジン 付 帯 装 置 ⑴ エ ン ジ ン オ イ ル 冷 却 装 置 消 防 ポ ン プ 装 置 に よ り, 吐 出 さ れ る 水 を 利 用 す る エ ン ジ ン オ イ ル 冷 却 装 置 を 取 り 付 け る こ と ⑵ エ ン ジ ン ガ バ ナ ー ア 消 防 ポ ンプ 装 置 の 負 荷 の 変 動 に 対 し, 有 効 に 作 用 す る も の で あ ること イ オ ールスピード 型 で 走 行 時 は, 公 称 出 力 が 出 せ るよう 解 除 で き ること 3-3 ト ラ ンスミッション ⑴ マ ニ ュ ア ル ト ラ ン ス ミ ッ シ ョ ン の 場 合 は, 前 進 6 段, 後 退 1 段 の 自 動 変 速 機 能 付 と す る こ と ⑵ オ ー ト マ チ ッ ク ト ラ ン ス ミ ッ シ ョ ン の 場 合 は, 前 進 5 段 以 上, 後 退 1 段 の 電 子 制 御 式 ( ロ ッ クアップ 機 能 付 ) と すること ( 又 は 同 等 以 上 の 性 能 を 有 す る もの) 3-4 P T O ⑴ 消 防 ポ ン プ 装 置 駆 動 用 ミ ッ シ ョ ン を 取 り 付 け る こ と ⑵ ミ ッ シ ョ ン は, フ ラ イ ホ イ ー ル 方 式 と す る こ と ⑶ ミ ッ シ ョ ン は, シ ャ シ ー の エ ン ジ ン 出 力 を 最 大 限 に 伝 え る フ ル パ ワ ー P T O と す る こ と ⑷ シ ャ シ ー の エ ン ジ ン と P T O の 回 転 差 は, ± 2 割 以 内 と す る こ と ⑸ P T O 作 動 ス イ ッ チ を 運 転 席 及 び 左 右 ポ ン プ 操 作 盤 に 設 け る こ と 3-5 電 気 装 置 (シャシー 部 及 び 架 装 部 ) ⑴ 電 気 装 置 は, 直 流 2 4 V の マ イ ナ ス ア ー ス 式 と す る こ と ⑵ シ ャ シ ー エ ン ジ ン に は, 次 の 充 電 装 置 ( オ ル タ ネ ー タ ー ) を 取 り 付 け る こ と ア オ ルタネーターは,24V-80A 以 上 の 中 低 速 回 転 タ イ プ と すること イ オ ル タ ネ ー タ ー に 付 属 す る レ ギ ュ レ ー タ ー 及 び ワ イ ヤ ー ハ ー ネ ス は, オ ル タ ネ ー タ ー に 適 合 す るものと 交 換 す ること ⑶ バ ッ テ リ ー は, J I S 規 格 G 5 1 を 2 個 と し, 引 出 し 時 に お い て も 支 障 の な い よ う に,コード 類 は 十 分 に 余 裕 を 取 る こ と ⑷ 電 流 計 は, 次 の と お り と す る こ と ア 構 成 品 は, 電 流 計 本 体 ( 第 一 エ レ ク ト ロ ニ ク ス 製 P M K ±1 0 0 A ± 6 0 ma, 又 は 同 等 以 上 の 性 能 を 有 す る も の ), 分 流 器 ( 第 一 エ レ ク ト ロ ニ ク ス 製 D S - 2, 又 は 同 等 以 上 の 性 能 を 有 す る も の ) 及 び 専 用 ヒ ュ ー ズ ホ ル ダ ー 等 で 構 成 さ れ る も のとすること イ 取 り 付 け 位 置 は, 本 体 が 運 転 席 上 方 ( オ ー バ ー ヘ ッ ド コ ン ソ ー ル 付 近 ) の 適 切 な 位 置 と し, ヒ ュ ー ズ ホ ル ダ ー 等 は, ス テ ン レ ス の ブ ラ ケ ッ ト で バ ッ テ リ ー に 取 り 付 け る こと な お, バ ッ テ リーの 引 き 出 し に 支 障 の ないよう 取 り 付 けること ウ 電 流 計 は, シ ャ シ ー 標 準 電 装 品 及 び 架 装 電 装 品 の 合 計 の 数 値 を 検 知 で き る よ う 適 切 に 取 り 付 け ること ⑸ 自 動 充 電 装 置 は, 次 の と お り と す る こ と ア A C V の 電 源 に よ り, シ ャ シ ー 積 載 の バ ッ テ リ ー に 自 動 的 に 充 電 す る 5

31 装 置 を 取 り 付 けること イ 過 充 電 防 止 装 置 付 き と す る こ と ウ シ ャ シ ー 積 載 のバッテリーと 車 両 側 コ ン セ ン ト を 結 線 すること エ 車 両 側 コ ンセントを 次 の と お り 取 り 付 け る こ と (ア) 取 り 付 け 位 置 は, 右 側 運 転 席 ドア 下 付 近 と す る こ と (イ) コ ン セ ン ト は, 七 星 製 の メ タ ル コ ン セ ン ト ( 又 は 同 等 以 上 の 性 能 の も の ) 正 芯 ( 2 穴 ) レセプタクル 型 ( 鎖 キャップ 付 き ) と す ること オ 電 源 コ ードは,オイルパンヒーターのコードを 兼 用 と す る こ と ⑹ 電 源 盤 及 び リ レ ー ( 架 装 部 ) ア 架 装 に か か る 電 源 は, す べ て 新 た な 電 源 盤 を 設 け, 適 正 容 量 の D C ブ レ ー カ ー ( 容 量 表 示 付 ) を 介 し て 供 給 す ること イ モ ー タ ー サ イ レ ン, 無 線 機 及 び ス イ ッ チ 等 に は, 保 護 の た め 必 要 に 応 じ リ レ ー を 設 け る こ と ウ 電 源 盤 には,1 次 側 の メインブレーカーを 取 り 付 け,また 予 備 回 路 を 設 けるこ と エ 電 源 盤 には, 各 系 統 の 名 称 及 び ア ン ペ ア 数 を 表 示 し 符 番 す る こ と オ 電 源 盤 及 び リ レ ー は, 金 属 製 の 収 納 箱 ( 横 ヒ ン ジ 式 扉 付 ) に 集 約 し て 収 納 し, 右 側 フ ェ ン ダ ー 上 部 収 納 ボ ッ ク ス の 上 方 の 点 検 し や す い 箇 所 に 設 置 す る こ と ⑺ 電 気 配 線 ( 架 装 部 ) ア 系 統 別 に 色 分 け を 行 う こと イ タ ー ミ ナ ル 部 の 配 線 接 続 は, 圧 着 端 子 又 は, メ タ ル コ ン セ ン ト 等 と す る こ と ウ す べての 配 線 貫 通 部 に は,ブッシングゴムを 取 り 付 け る こ と エ 灯 火 機 器 及 び そ の 他 電 気 機 器 は, 必 ず そ の 付 近 で 接 続 す る よ う に 配 線 す る こ と な お, 接 続 は, 圧 着 端 子 に よること オ 各 配 線 は, 消 費 電 気 量 に 見 合 う 適 正 容 量 の ものを 使 用 す る こ と カ 配 線 接 続 部 は す べ て 絶 縁 被 覆 付 と し, 外 部 配 線 は, す べ て 防 水 構 造 と す る こ と 特 に コ ネ クター 部 分 は, 絶 縁 融 着 テープ 等 で 被 覆 すること キ 配 線 は,すべて 配 線 保 護 チ ューブ 内 を 通 す こと 3-6 視 界 ⑴ フ ロ ン ト ウ イ ン ド ウ に, ウ ォ ッ シ ャ ー 連 動 の 間 欠 式 ワ イ パ ー を 取 り 付 け る こ と ⑵ フ ロ ン ト 左 右 に 大 型 の ア ウ タ ー ミ ラ ー を 取 り 付 け る こ と ⑶ 左 右 の ア ウ タ ー ミ ラ ー は, 運 転 席 か ら 上 下 左 右 の 傾 き を 調 整 で き る 電 動 リ モ コ ン ミ ラ ー と す ること ⑷ フ ロ ン ト 左 側 に は, ア ン ダ ー ミ ラ ー を 取 り 付 け る こ と ⑸ 平 面 型 補 助 ミ ラ ー を 取 り 付 け る こ と 3-7 計 器 類 ⑴ ス ピ ー ド メ ー タ ー ( 走 行 距 離 計 及 び ト リ ッ プ メ ー タ ー 付 き ) を 取 り 付 け る こ と ⑵ エ ン ジ ン 回 転 計 ( 回 転 刻 み の 目 盛 り 及 び エ ン ジ ン の 高 負 荷 を 示 す レ ッ ド ゾ ー ン を 表 示 したもの)を 取 り 付 けること ⑶ エ ン ジ ン 冷 却 装 置 の 水 温 計 を 取 り 付 け る こ と ⑷ 燃 料 計 を 取 り 付 け る こ と ⑸ エ ン ジ ン オ イ ル 温 度 計 を 運 転 席 上 方 ( オ ー バ ー ヘ ッ ド コ ン ソ ー ル 付 近 ) の 適 切 な 位 置 に 取 り 付 け ること ⑹ エ ン ジ ン ア ワ ー メ ー タ ー を 運 転 席 上 方 ( オ ー バ ー ヘ ッ ド コ ン ソ ー ル 付 近 ) の 適 切 な 位 置 に 取 り 付 けること ⑺ エ ア ー ゲ ー ジ を 取 り 付 け る こ と ⑻ ト ラ ン ス ミ ッ シ ョ ン の ポ ジ シ ョ ニ ン グ 表 示 を メ ー タ ー パ ネ ル 内 に 取 り 付 け る こ と ( オ ー ト マッチックトランスミッションの 場 合 の み ) ⑼ 上 記 の 計 器 は, 夜 間 用 照 明 灯 付 ( 内 部 照 明 で も 可 ) と す る こ と 3-8 オ イルパンヒーター( 又 は エンジン 冷 却 水 のヒーター) ⑴ ヒ ー タ ー は, A C V を 電 源 と し, ヒ ー タ ー 本 体 は, 次 の と お り と す る こ と 6

32 ア サ ーモスタットスイッチ 付 きとすること イ エ ン ジ ン ク ラ ン ク 室 内 の エ ン ジ ン オ イ ル 又 は, エ ン ジ ン 冷 却 水 を 有 効 に 暖 め る こ と が で き るものとすること ⑵ ヒ ー タ ー 本 体 と 車 両 側 コ ン セ ン ト を 結 線 す る こ と ⑶ 車 両 側 コ ン セ ン ト は, 自 動 充 電 装 置 の コ ン セ ン ト と 兼 ね る こ と ⑷ 商 用 電 源 用 付 属 ヒ ー タ ー コ ー ド は, 次 の と お り と す る こ と ア キ ャ プ タ イ ヤ コ ー ド と し, 長 さ が 1 0 m で 容 量 に 余 裕 が あ る も の と す る こ と イ キ ャ プ タ イ ヤ コ ー ド の 両 端 に は, そ れ ぞ れ 商 用 電 源 コ ン セ ン ト 及 び メ タ ル コ ン セ ン ト を 取 り 付 け る こ と ウ 商 用 電 源 コンセントは, 丸 型 のゴムプラグ( 平 行 2 芯 )とすること エ メ タ ル コ ン セ ン ト は, 上 記 イ に 合 致 す る 七 星 製 の メ タ ル コ ン セ ン ト ( 又 は 同 等 以 上 の 性 能 の もの ) 正 芯 ( 2 穴 ) プ ラグ 型 を 取 り 付 け る こと ⑸ 配 線 及 び 結 線 部 は, 露 出 の な い よ う に し, 漏 電 及 び 防 水 対 策 を 十 分 に 取 る こ と ⑹ キ ャ ブ 内 の 適 切 な 位 置 に 自 動 充 電 装 置 電 源 と 共 用 の 通 電 確 認 灯 ( 緑 色 ) を 取 り 付 け る こ と ⑺ 上 記 通 電 確 認 灯 並 べ て, オ イ ル パ ン ヒーターの 入 切 ス イ ッ チ 及 び ス イッ チ 入 で 点 灯 す る 確 認 灯 ( 赤 色 )を 取 り 付 け る こ と 3-9 燃 料 タ ンク 燃 料 タ ン ク の 容 量 は, l 以 上 と す る こ と 3-10 排 気 管 ⑴ 排 気 管 は, リ ヤ ア ク ス ル シ ャ フ ト 上 部 を ま た い で 後 部 ま で 延 長 す る こ と ⑵ 排 気 管 は, シ ャ シ ー 部 分 及 び 架 装 部 分 と 適 切 な 間 隔 を 保 つ よ う に 取 り 付 け る こ と ま た, 適 切 な 間 隔 が 取 れ な い 場 合 は, 確 実 な 遮 熱 措 置 をすること ⑶ テ ー ル パ イ プ は, デ パ ー チ ャ ー ア ン グ ル 内 に 入 る こ と の な い よ う に 取 り 付 け る こ と 3-11 タ イヤ 及 び タ イ ヤ 用 デ ィスクホイール タ イ ヤ は, 全 て ラ ジ ア ル タ イ ヤ と す る こ と 又, デ ィ ス ク ホ イ ー ル の デ ィ ス ク 肉 厚 は, 9 mm 以 上 の ものを 使 用 す る こと 3-12 ブ レーキ 装 置 ⑴ 主 ブ レ ー キ ( フ ッ ト ブ レ ー キ ) は, 空 気 油 圧 複 合 式 ( エ ア ー オ ー バ ー ブ レ ー キ ) と し, エ アー 配 管 系 統 に エ ア ードライヤーを 設 け ること ⑵ エ ア ー タ ン ク の 水 抜 栓 に は, 運 転 席 側 ス テ ッ プ 下 で 操 作 で き る 延 長 操 作 レ バ ー を 取 り 付 け る こと また, 着 氷 雪 による 誤 作 動 防 止 措 置 を 講 ず る こ と ⑶ 主 ブ レ ー キ に は, A B S ( ア ン チ ロ ッ ク ブ レ ー キ シ ス テ ム ) を 装 備 す る こ と ⑷ 補 助 ブ レ ー キ と し て, 排 気 ブ レ ー キ を 装 備 す る こ と 排 気 ブ レ ー キ は ア ク セ ル ペ ダ ル に 連 動 し,アクセルペダルを 踏 み 込 み 中 は, 作 動 し ない 構 造 と す る こと 3-13 強 化 型 スプリング サ ス ペ ンションは, 強 靭 な ものとし, 強 化 型 ス プリングとすること 3-14 ス テアリング 及 び ミ ラ ー ⑴ ス テ ア リ ン グ 装 置 は パ ワ ー ス テ ア リ ン グ と し, チ ル ト で き る 構 造 と す る こ と ⑵ キ ャ ブ 左 側 の ア ウ タ ー ミ ラ ー は, 運 転 席 か ら 遠 隔 操 作 に よ り ス テ ー の 根 元 か ら 格 納 で き る も のとすること 3-15 ス テアリングホイール 等 の 位 置 ⑴ ス テ ア リ ン グ ホ イ ー ル の 位 置 は, 進 行 方 向 に 向 か っ て 右 側 と す る こ と ⑵ シ フ ト レ バ ー の 位 置 は, 進 行 方 向 に 向 か っ て 運 転 席 の 左 側 と す る こ と ⑶ ウ ィ ン カ ー レ バ ー は, 進 行 方 向 に 向 か っ て ス テ ア リ ン グ ホ イ ー ル の 右 側 と す る こ と ⑷ ペ ダ ル 類 は 進 行 方 向 に 向 か っ て 右 側 か ら ア ク セ ル ペ ダ ル, ブ レ ー キ ペ ダ ル の 順 に 配 置 し, 操 作 に 支 障 の な い よ う 適 切 な 間 隔 に 配 置 す る こ と ⑸ 運 転 者 が 進 行 方 向 に 向 か っ て 右 側 に 着 座 し, 運 転 に 支 障 の な い よ う 計 器, レ バ ー 及 び そ の 他 機 器 類 を 適 切 に 配 置 す る こ と 3-16 エ アコンディショナー 7

33 ⑴ 暖 房 装 置 ア 暖 房 装 置 は, エ ン ジ ン 冷 却 水 利 用 の 温 水 型 とすること イ 暖 房 装 置 を, キ ャ ブ 内 のフロント 及 び リ ヤ の 適 切 な 位 置 に 取 り 付 け ること ウ リ ヤ の 暖 房 装 置 に は 操 作 ス イ ッ チ を 設 け, 前 部 座 席, 又 は 後 部 座 席 か ら 容 易 に 操 作 で き る こと エ 暖 房 装 置 は, キ ャ ブ 内 を 有 効 に 暖 房 す る 十 分 な 能 力 を 有 す る こ と オ 暖 房 装 置 は, シ ャ シ ー メ ー カ ー 純 正 品, 又 は 同 等 以 上 の 性 能 を 有 す る も の と す る こ と ⑵ 冷 房 装 置 ア 冷 房 装 置 は, シ ャ シ ー エ ン ジ ン に よ り 駆 動 す る コ ン プ レ ッ サ ー を 使 用 す る こ と イ 冷 房 装 置 を キ ャ ブ 内 の フロントの 適 切 な 位 置 に 取 り 付 け る こ と ウ 冷 房 装 置 は, キ ャ ブ 内 を 有 効 に 冷 房 す る 十 分 な 能 力 を 有 す る こ と エ 冷 房 装 置 は, シ ャ シ ー メ ー カ ー 純 正 品, 又 は 同 等 以 上 の 性 能 を 有 す る も の と す る こ と ⑶ 換 気 装 置 ア 外 気 を キャブ 内 に 導 入 し, 送 風 す る 換 気 装 置 を 取 り 付 け る こ と な お, こ の 換 気 装 置 は, 外 気 を 遮 断 し, キ ャ ブ 内 の 空 気 を 循 環 す る 機 能 も 併 せ て 有 す る こ と イ 換 気 装 置 は, 上 記 の 暖 房 装 置 及 び 冷 房 装 置 と 併 用 で き る エ ア ミ ッ ク ス タ イ プ と す る こ と ただし,リヤの 暖 房 装 置 は 除 く こ と が で きる 3-17 そ の 他 ⑴ ヘ ッ ド ラ イ ト は 放 電 管 バ ル ブ 型 と し, フ ォ グ ラ イ ト は 放 電 管 バ ル ブ 型 又 は ハ ロ ゲ ン ラ ン プ と すること ⑵ 冷 却 水 は, ロ ン グ ラ イ フ ク ー ラ ン ト を 使 用 し, 凍 結 温 度 を 以 下 に 設 定 す る こ と ⑶ エ ン ジ ン は, ス タ ー タ ー キ ー の み で 始 動 及 び 停 止 が で き る こ と 4 キ ャ ブ 4-1 キ ャ ブの 構 造 ⑴ キ ャ ブ は, 6 名 以 上 乗 車 の ダ ブ ル キ ャ ブ で ハ イ ル ー フ 型 と す る こ と ⑵ キ ャ ブ は, 電 動 油 圧 式 の チ ル ト 装 置 付 で, 故 障 時 は 手 動 で チ ル ト で き る こ と ⑶ 床 面 に は, フ ロ ア シ ー ト を 張 る こ と ⑷ ド ア ア ド アは, 片 側 2 枚 ず つ の4ドアとすること イ 4 つのドアすべてに 施 錠 装 置 を 取 り 付 け る こと な お, こ の 施 錠 装 置 は, 運 転 席 で 操 作 で き る 電 磁 式 集 中 ド ア ロ ッ ク 装 置 付 と す る こ と ⑸ 窓 ア す べてのドアに, 開 閉 式 の ガラス 窓 を 取 り 付 け ること な お, 前 席 ( 左 右 ) ド ア の ガ ラ ス 窓 は, 電 動 で 上 下 す る パ ワ ー ウ イ ン ド ウ と す る こ と イ キ ャブ 後 部 に は, 後 方 確 認 用 の 大 き め の ガ ラス 窓 を 取 り 付 け る こと な お,これについては, 埋 め 込 み 型 と す る こと ウ 助 手 席 用 ド ア に は, 上 記 ガ ラ ス 窓 の 下 に, 左 下 側 確 認 用 の ガ ラ ス 窓 を 設 け る こ と ⑹ 座 席 ア 座 席 は, 前 向 き と し, 前 2 人, 後 4 人 掛 け とすること イ 前 席 ( 運 転 席 及 び 助 手 席 ) は, セ パ レ ー ト 式 と し, 背 も た れ の 角 度 が 調 整 で き る タ イ プ と す る こ と 又, 運 転 席 に つ い て は, 座 席 位 置 の 前 後 調 節 が 可 能 と す る こ と ウ 座 席 か ら 天 井 ま で の 有 効 高 さ は, 前 部 座 席 及 び 後 部 座 席 と も 1, mm 以 上 と す る こ と エ 後 部 座 席 は, 取 り 外 し が で き るようにすること 8

34 オ 後 部 座 席 の 背 当 は, 長 距 離 移 動 を 考 慮 し た 有 効 な 高 さ と 適 度 な 傾 斜 を 確 保 す る と と も に, 左 右 2 分 割 型 前 方 可 倒 式 と し, 前 倒 し の 状 態 で 着 座 し て 空 気 呼 吸 器 の 着 装 が 容 易 に 行 え る 構 造 と す ること カ 後 部 座 席 の 背 面 ( 空 気 呼 吸 器 を 着 装 す る 際 に 座 る 背 当 の 背 面 ) は, 着 座 し た 際 の 滑 り 止 め を 目 的 と し た ク ッ シ ョン 材 入 り と す る こ と キ 前 部 座 席 及 び 後 部 座 席 に シ ー トベルトを 取 り 付 け ること ク 座 面 及 び 背 も た れ の 表 裏 面 の 材 質 は, ビ ニ ー ル レ ザ ー 又 は, 同 等 以 上 の 耐 久 性 の あ る も の とすること ケ 後 部 座 席 下 は, 完 全 な 囲 い を し, 一 部 を 器 具 収 納 箱 と すること コ 後 部 座 席 の レ ッ グ ス ペ ー ス 及 び 座 面 は, 長 時 間 の 乗 車 を 考 慮 し, 十 分 な 間 隔 を 確 保 す る こ と ⑺ 乗 降 用 ス テ ッ プ ア キ ャ ブ 両 側 の す べ て の ド ア 下 に ア ル ミ 縞 鋼 板 製 の 乗 降 用 ス テ ッ プ を 取 り 付 け る こ と イ 後 部 ド ア の 下 部 に 取 り 付 け る ス テ ッ プ の 内 側 に は, 目 隠 し 板 を 取 り 付 け る こ と ウ フ ロ ン ト バ ン パ ー 上 面 の ほ と ん ど を 覆 う よ う に ア ル ミ 縞 鋼 板 製 の ス テ ッ プ を 取 り 付 け る こ と ⑻ 昇 降 の 際, 塗 装 剥 離 等 損 傷 防 止 の た め 次 の 箇 所 に は, ア ル ミ 合 金 製 保 護 板 を 張 る こ と ア キ ャブ 乗 降 口 4 箇 所 イ 乗 降 用 ステップ 等 の 蹴 込 み 部 分 ⑼ 昇 降 の た め に 必 要 な 握 り 棒 を 次 の 箇 所 に 取 り 付 け る こ と ア キ ャ ブ 両 側 4 箇 所 ( ス テ ン レ ス 鋼 管 で 前 部 は 長 さ が mm 以 上, 後 部 は mm 以 上 ) イ フ ロントガラス 上 方 2 箇 所 下 部 1 箇 所 以 上 ⑽ 左 右 前 輪 に ホ イ ー ル ス テ ッ プ を 取 り 付 け る こ と 4-2 キ ャブ 内 取 付 品 ⑴ 運 転 席 用 と 助 手 席 用 の サ ン バ イ ザ ー を 取 り 付 け る こ と ⑵ 運 転 席 用 と 助 手 席 用 の ア シ ス ト グ リ ッ プ を 取 り 付 け る こ と ⑶ 電 子 サ イ レ ン の ア ン プ ( セ パ レ ー ト 型 の 場 合 の み ) 取 り 付 け 用 の ブ ラ ケ ッ ト を 作 成 し, キ ャ ブ 内 前 方 の 適 切 な 位 置 に 取 り 付 け る こ と ⑷ 手 元 ス イ ッ チ 型 の フ レ キ シ ブ ル ル ー ム ラ ン プ ( ト ヨ タ サ ー ジ カ ル 型, 又 は 同 等 以 上 の 性 能 の も の ) を 助 手 席 ピ ラ ー 部 と 後 部 座 席 両 側 上 方 の 3 箇 所 に 取 り 付 け る こ と ⑸ 後 部 隊 員 用 の 握 り 棒 ( 握 り 部 分 ラ バ ー 巻 き ) を 後 部 座 席 前 方 ( 前 座 席 背 面 ) に 取 り 付 け る こ と ⑹ 木 製 の 収 納 箱 ( A ) を 運 転 席 と 助 手 席 の 間 に 設 け る こ と ⑺ 金 属 製 の 収 納 箱 (B )を 収 納 箱 ( A ) の 後 方 に, 取 り 付 け る こ と ⑻ 金 属 製 の 収 納 箱 (C )を 後 部 隊 員 用 握 り 棒 と 収 納 箱 (B )の 間 に 取 り 付 け る こ と ⑼ キ ャ ブ 内 中 央 の 天 井 部 分 に, 次 の と お り 蛍 光 灯 を 取 り 付 け る こ と ア 蛍 光 灯 のレンズ 形 状 は, 長 方 形 と す る こ と イ 蛍 光 灯 は,10Wとすること ウ 蛍 光 灯 の 取 り 付 け 位 置 付 近 にトグル 型 の ス イッチを 取 り 付 け る こと エ 蛍 光 灯 の 前 面 に 遮 光 の ためのカバーを 取 り 付 け ること ⑽ ド ア 開 閉 に 連 動 し O N O F F す る ル ー ム ラ ン プ を 前 席 周 辺 に 取 り 付 け る こ と ⑾ キ ャ ブ 内 天 井 に ゴ ム ネ ッ ト 製 小 物 入 れ を 2 箇 所 取 り 付 け る こ と な お, 大 き さ は, 幅 mm, 奥 行 mm 以 上 と すること ⑿ 空 気 呼 吸 器 等 の 取 り 付 け 部 は, 次 の と お り と す る こ と ア リ ヤウインドウには, 適 当 な 間 隔 に 保 護 棒 を 取 り 付 け る こ と イ リ ヤ ウ イ ン ド ウ 面 に, 空 気 呼 吸 器 ( ボ ン ベ は 川 崎 重 工 製 6.8l 29.4Mpsが 取 り 付 け ら れ る こ と ) 取 付 装 置 を 3 基, 金 属 製 で 前 面 ゴ ム ネ ッ ト 張 り の 収 納 箱 ( D ) を 一 つ, 2 段 型 ス テ ン レ ス 製 物 掛 け 用 フ ッ ク 5 個 を, 空 気 呼 吸 器 の 高 圧 9

35 導 管 が 干 渉 し ないように 適 切 に 取 り 付 けること ウ 空 気 呼 吸 器 取 付 装 置 は, 着 装 及 び 収 納 が 容 易 に 行 え る 構 造 と す る と と も に, そ れ ぞ れ に 調 整 器 収 納 ボ ッ ク ス, 背 負 バ ン ド, 面 体 等 を 収 納 で き る 機 能 を 備 え て い る こ と エ 空 気 呼 吸 器 取 付 装 置 の 下 方 に, 木 製 の 収 納 箱 ( E ) を 取 り 付 け る こ と な お, 内 部 に は ス ラ イ ド 式 間 仕 切 り を 2 個 設 け る こ と ま た, 収 納 物 を 取 り 出 し 易 く す る た め, 前 方 ( 進 行 方 向 ) を 切 り 欠 きネットを 取 り 付 け ること オ 空 気 呼 吸 器 取 付 装 置 の 底 板 ( 安 全 弁 保 護 枠 の 受 座 ) は, 収 納 箱 ( E ) 内 の 収 納 物 が, 容 易 に 取 り 出 せ る よ う に, 跳 ね 上 げ 構 造 と す ること な お, 底 板 の 大 き さ に ついては, 必 要 最 小 限 と すること ⒀ 上 記 収 納 箱 A, B, C, D, E の 大 き さ は, 別 表 1 27 の と お り と す る 4-3 車 外 無 線 送 受 話 器 収 納 ボ ックス ⑴ キ ャ ブ 後 部 両 側 の 適 切 な 位 置 に 埋 込 式 に 取 り 付 け, 上 面 に ア ル ミ 保 護 板 を 貼 る こ と ⑵ ボ ッ ク ス の 大 き さ は, 縦 mm 以 上, 横 mm 以 上 で 奥 行 き が mm 以 上 で あ る こ と ⑶ 配 線 用 導 管 を 次 の と お り 取 り 付 け る こ と ( 配 線 は, AVM 用 24 芯 ケーフ ル スヒ ーカーケーフ ル ハント セット 用 ケーフ ルが 各 2セ ッ ト で ある) ア 配 線 用 導 管 は, 基 本 的 に 内 径 3 0 mm 以 上 の 鋼 管 フ レ キ シ ブ ル 型 と し, 左 右 ボ ッ ク ス に 接 続 し キャブ 内 に 引 き 込 む こと イ 配 線 用 導 管 の 端 末 ( 車 外 無 線 送 受 話 器 取 出 ボ ッ ク ス 固 定 部 と キ ャ ブ 内 固 定 部 ) に は, 絶 縁 ブ ッシングを 取 り 付 け ること ウ 配 線 用 導 管 の 固 定 は, U 字 型 の 固 定 金 具 で キャブ 床 に 適 切 に 固 定 す ること エ 配 線 用 導 管 は, 極 力 目 立 た ない 隅 や キ ャ ブ 内 部 を 通 す こ と 4-4 そ の 他 ⑴ 天 井 内 張 り は, 難 燃 材 以 上 の 性 能 を 有 す る こ と ⑵ 消 防 章 を キ ャ ブ フ ロ ン ト パ ネ ル 中 央 付 近 に 取 り 付 け る こ と ⑶ キ ャ ブ 内 に 取 り 付 け ら れ て い る 灰 皿 は す べ て 取 り 外 し, 開 口 部 は, 化 粧 パ ー ツ 等 で 適 切 に 穴 埋 め すること 5 消 防 ポ ン プ 装 置 等 5-1 ポ ンプ 駆 動 装 置 ⑴ P T O か ら ポ ン プ ま で は, 湿 式 多 板 型 電 磁 ク ラ ッ チ を 介 し, 駆 動 用 シ ャ フ ト で ジ ョ イ ン ト す ること な お, こ の シ ャ フ ト は, ユ ニ バ ー サ ル ジ ョ イ ン ト 方 式 と し, 容 易 に 給 油 で き る 構 造 と す る こ と ⑵ 車 体 の ね じ れ, 振 動 等 に 十 分 に 耐 え, 消 防 ポ ン プ 運 転 中, 異 音 及 び 振 動 等 を 発 生 し な い よ う に 適 切 に 取 り 付 け る こと 5-2 消 防 ポ ンプ ⑴ 消 防 ポ ン プ は, 多 段 型 バ ラ ン ス タ ー ビ ン ポ ン プ と す る こ と ⑵ 消 防 ポ ン プ は, 消 防 検 定 A - 2 級 以 上 の 性 能 を 有 す る も の と す る こ と ⑶ 呼 び 水 装 置 は, 真 空 ポ ン プ 方 式 と す る こ と ⑷ 自 動 放 口 閉 そ く 弁, 逆 止 弁, 止 水 弁 等 を 設 け る こ と ⑸ ポ ン プ は, 振 動 に よ り 異 常 を き た さ な い よ う シ ャ シ ー フ レ ー ム に 確 実 に 固 定 す る こ と ⑹ ポ ン プ 使 用 後 の 残 水 は, 完 全 に, か つ, 短 時 間 に 排 除 で き る も の と す る こ と 5-3 真 空 ポ ンプ ⑴ 真 空 ポ ン プ は, オ イ ル レ ス 構 造 と す る こ と ⑵ 真 空 ポ ン プ は, 摩 耗 が 少 な く 偏 摩 耗 等 を 生 じ な い も の と す る こ と ⑶ 真 空 ポ ン プ の 駆 動 源 は, P T O の 動 力 を 利 用 す る も の と す る こ と ⑷ 真 空 ポ ン プ の 動 力 伝 達 方 式 は, 電 磁 ク ラ ッ チ と す る こ と な お, 非 常 用 の 手 動 操 作 スイッチを 右 側 に 設 けること ⑸ 真 空 ポ ン プ は, 焼 き 付 き 防 止 機 能 付 と す る こ と ⑹ 真 空 ポ ン プ は, 放 熱 効 果 を 十 分 に 考 慮 し た も の と す る こ と 10

36 5-4 自 動 放 口 閉 そ く 弁 ⑴ 自 動 放 口 閉 そ く 弁 は, 消 防 ポ ン プ 本 体 の 放 水 側 に 取 り 付 け る こ と ⑵ 自 動 放 口 閉 そ く 弁 は, 放 水 口 の コ ッ ク の 開 閉 に か か わ ら ず 消 防 ポ ン プ 本 体 に 放 水 口 か ら 空 気 の 逆 流 を 起 こ さ な い 構 造 とすること ⑶ 弁 の 材 質 は, 極 め て 経 年 変 化 が な く, 水 の 動 き に 対 し 敏 感 に 作 用 す る も の と す る こ と 5-5 逆 止 弁 ⑴ 取 り 付 け 位 置 は, 消 防 ポ ン プ 本 体 と 真 空 ポ ン プ の 間 と す る こ と ⑵ 真 空 ポ ン プ の 作 動 に よ り 消 防 ポ ン プ 本 体 が 負 圧 に な っ た 時, 空 気 が 逆 流 す る の を 適 切 に 防 ぐ ものとすること 5-6 止 水 弁 ⑴ 取 り 付 け 位 置 は, 消 防 ポ ン プ 本 体 と 逆 止 弁 の 間 と す る こ と ⑵ 止 水 弁 は, 真 空 ポ ン プ へ の 空 気 の 通 路 を 確 保 す る と と も に 水 の 流 入 を 完 全 に 遮 断 す る も の と すること 5-7 ポ ン プ 操 作 装 置 ポンプ 操 作 盤 ( 液 晶 タ ッチパネル 式 カ ラ ー モニター 型 ) 次 の ような 操 作 パ ネ ル を ポンプ 室 左 右 の ポ ン プ 操 作 部 側 板 に 取 り 付 け ること ⑴ 各 ポ ン プ, 各 配 管, 各 作 動 ボ タ ン 及 び 各 バ ル ブ 類 全 体 を 図 示 し た フ ロ ー シ ー ト 風 の カ ラ ー 液 晶 パ ネ ル に ス イ ッ チ を 組 み 込 ん だ も の ( タ ッ チ パ ネ ル 方 式 含 む ) と す る こ と ⑵ 操 作 パ ネ ル の 大 き さ は, mm mm 以 内 と し, 軽 量 コ ン パ ク ト と す る こ と ⑶ 操 作 パ ネ ル の 表 示 は, 次 の と お り と す る こ と ア 消 防 ポ ンプ イ 真 空 ポ ンプ ウ ボ ールコック( 吐 水 口, 中 継 口, 吸 水 口 ) エ エ ゼクターバルブ オ 系 統 別 配 管 ( 吐 水 配 管, 中 継 配 管, エ ゼ ク ター 配 管 ) ⑷ 操 作 パ ネ ル に は, 各 ポ ン プ の 作 動 状 況, 各 バ ル ブ の 開 閉 状 況, 揚 水 の 完 了 が 確 認 で き る 確 認 灯 ( 絵 表 示 可 ) が 取 り 付 けてあること ⑸ 操 作 パ ネ ル に は, 各 ポ ン プ の 名 称, 各 バ ル ブ の 名 称 と 開 閉 表 示 及 び 揚 水 完 了 の 名 称 を 表 示 す ること ⑹ 自 動 揚 水 の 作 動 ス イ ッ チ が 付 い て い る こ と ⑺ 自 動 揚 水 の 停 止 ス イ ッ チ が 付 い て い る こ と 自 動 揚 水 装 置 ⑴ ワ ン タ ッ チ の ス イ ッ チ 操 作 に よ る 自 動 揚 水 装 置 を 取 り 付 け る こ と ⑵ 自 動 揚 水 装 置 は, 次 の 一 連 の 操 作 が 自 動 的 に 行 え る こ と ア 真 空 ポ ンプの 動 力 伝 達 イ シ ャシーエンジンのスロットルアップ( 真 空 ポ ンプの 適 正 回 転 を 維 持 ) ウ 消 防 ポ ンプ 本 体 の 真 空 作 成 エ 吸 水 口 からの 給 水 オ 真 空 ポ ンプ 動 力 伝 達 解 除 カ 吸 水 完 了 と 同 時 に シ ャ シ ー エ ン ジ ン の ス ロ ッ ト ル ダ ウ ン ( ア イ ド リ ン グ 回 転 ま で 下 げ る ) 安 全 装 置 ⑴ 不 用 意 に ス ロ ッ ト ル に 触 れ て も, エ ン ジ ン 回 転 の 上 昇 を 防 ぐ よ う ス ロ ッ ト ル 固 定 機 能 を 備 え る こ と た だ し, 安 全 側 ( ス ロ ッ ト ル ダ ウ ン ) に は 操 作 で き る こ と な お, ス ロ ッ ト ル は, 左 右 と も 右 回 り が ス ロ ッ ト ル ア ッ プ, 左 回 り が ス ロ ッ ト ル ダ ウ ン と す る こと ⑵ ポ ン プ 圧 力 を 設 定 し た 圧 力 に 自 動 的 に 保 つ 調 圧 機 能 を 備 え る こ と ⑶ 真 空 ポ ン プ 保 護 の た め, 消 防 ポ ン プ 高 回 転 時 は 揚 水 ス イ ッ チ が 入 ら な い こ と ⑷ ス ロ ッ ト ル 装 置 が 揚 水 可 能 位 置 で あ る こ と を 示 す 表 示 機 能 を 備 え る こ と ⑸ 自 動 揚 水 装 置 の 緊 急 停 止 ス イ ッ チ を 取 り 付 け る こ と 11

37 ⑹ 自 動 揚 水 装 置 の 緊 急 停 止 ス イ ッ チ を 押 す と エ ン ジ ン が ス ロ ッ ト ル ダ ウ ン ( ア イ ド リ ン グ 回 転 まで 下 げ る ) す る 機 能 を 備 え る こ と ⑺ 電 子 式 ス ロ ッ ト ル 及 び 自 動 揚 水 装 置 に は, 別 回 路 に よ る 手 動 操 作 装 置 を 取 り 付 け る こ と ⑻ 各 電 子 制 御 装 置 は, ノ イ ズ 及 び 電 波 等 で 誤 作 動 の な い よ う 十 分 な 対 策 が 取 ら れ て い る こ と ⑼ 水 気, 寒 暖 及 び 振 動 等 に 対 し, 十 分 な 対 策 が 取 ら れ て い る こ と 警 報 装 置 ⑴ 冷 却 水 が 流 れ て い な い 場 合 に 異 常 を 知 ら せ る 警 報 装 置 を 取 り 付 け る こ と ⑵ 3 0 秒 経 過 し て も 揚 水 し な い 場 合 に 異 常 を 知 ら せ る 警 報 装 置 を 取 り 付 け る こ と 5-8 水 槽 ( 水 タ ン ク ) ⑴ 容 量 は, 1, l 以 上 を 確 保 で き る も の で あ る こ と ⑵ 内 部 に 防 波 板 を 設 け, 車 両 走 行 中 の 水 の 動 き に よ る 悪 影 響 を 適 切 に 取 り 除 く よ う に す る こ と ⑶ 水 槽 の 板 厚 は, 次 の と お り と す る こ と ア 板 面 の 板 厚 は, 4. 5 mm 以 上 と す る こ と イ 防 波 板, 補 強 及 び 骨 組 みの 板 厚 は, 応 力 等 を 十 分 に 考 慮 す る こ と ⑷ 左 右 後 輪 の 展 開 式 フ ェ ン ダ ー 内 に 口 径 6 5 mmの ボ ー ル コ ッ ク 付 積 水 口 を 取 り 付 け る こ と な お, 水 槽 内 の 水 が 積 水 配 管 に 逆 流 し な い 構 造 と す る と と も に, 積 水 配 管 内 の 残 水 を 確 実 に 排 水 す る た めのドレーンバルブを 取 り 付 け る こ と ⑸ 車 体 左 側 に 透 明 ア ク リ ル 管 式 水 量 計 ( ド レ ー ン バ ル ブ 及 び 空 気 抜 き 付 ) を 取 り 付 け る こ と ⑹ 点 検 及 び メ ン テ ナ ン ス 用 ハ ッ チ を タ ン ク 上 部 の 適 切 な 位 置 に 取 り 付 け る こ と な お,ハッチは, 取 付 装 置 等 に 支 障 な く 開 閉 できるようにすること ⑺ 1, l を 保 水 で き る 構 造 の オ ー バ ー フ ロ ー パ イ プ を 設 け る こ と ⑻ 消 防 ポ ン プ か ら 水 の 補 給 が 可 能 で あ る こ と ⑼ 水 槽 ( 内 部 の 配 管 を 含 む ) は, 亜 鉛 メ タ リ コ ン の 防 錆 処 置 を 施 す こ と ⑽ 水 槽 に, 電 子 式 水 量 計 の セ ン サ ー を 適 切 に 取 り 付 け る こ と 5-9 泡 消 火 薬 液 槽 ( 泡 消 火 薬 液 タンク) ⑴ 容 量 は, 3 0 l 以 上 を 確 保 で き る も の と す る こ と ⑵ 薬 液 が 容 易 に 補 給 で き る 薬 液 補 給 口 ( 積 液 口 ) を 設 け る こ と ⑶ 薬 液 残 量 が 容 易 に 確 認 で き る よ う 有 効 に 内 部 照 明 装 置 を 取 り 付 け る こ と ⑷ 点 検 及 び メ ン テ ナ ン ス 用 ハ ッ チ を タ ン ク 上 部 の 適 切 な 位 置 に 取 り 付 け る こ と な お,ハッチは, 他 の 積 載 品 及 び 装 置 に 支 障 なく 開 閉 で き る よ う にすること ⑸ ド レ ー ン 配 管 を 設 け, 薬 液 を 容 易 に 抜 き 取 る こ と が で き る 構 造 と す る こ と 5-10 泡 消 火 薬 液 混 合 装 置 ⑴ 混 合 方 式 は, プ ラ ン ジ ャ ー ポ ン プ 方 式 と す る こ と ⑵ 車 体 の 左 側 に 混 合 用 操 作 部 を 取 り 付 け, 右 側 に 流 量 計 を 取 り 付 け る こ と ⑶ 混 合 操 作 部 は, 混 合 比 率 及 び 流 量 等 を デ ジ タ ル 表 示 で き る こ と ⑷ 泡 消 火 薬 液 混 合 装 置 は, 洗 浄 が 容 易 に で き る 構 造 と す る こ と ( 洗 浄 不 要 の 機 器 を 除 く ) ⑸ 泡 消 火 薬 液 混 合 装 置 の 性 能 は, 最 大 で 9 l /min 以 上 で あ る こ と ⑹ 混 合 比 は, 0.1% ~ 1.0% ま で を 0.1% 刻 み で 設 定 可 能 で あ る こ と 5-11 吸 管 自 動 巻 取 装 置 ⑴ 車 体 前 部 左 側 ( キ ャ ブ 後 方 ) に 取 付 け, 左 側 吸 管 用 と す る こ と ⑵ 一 重 巻 取 り の 左 側 方 引 出 し 式 と す る こ と ⑶ 電 動 に よ る 送 出 し 機 能 及 び 巻 き 取 り 機 能 を 有 す る こ と ⑷ 電 源 部 等 の 故 障 時 は 手 動 で ス ム ー ズ に 引 出 し 及 び 収 納 が で き る 構 造 と す る こ と ⑸ 操 作 盤 は, 左 側 ポ ン プ 操 作 部 に 取 付 け る こ と 5-12 配 管 ⑴ 配 管 は, 放 水 配 管, 吸 水 配 管, 中 継 配 管, 水 槽 吸 水 配 管, 水 槽 送 水 配 管, 送 液 配 管, 冷 却 配 管, 真 空 系 統 配 管, ドレーン 配 管, 計 器 配 管 その 他 と す る こ と ⑵ 摩 擦 損 失 が 少 な く エ ア ポ ケ ッ ト を 生 じ な い よ う に す る こ と 12

38 ⑶ 車 両 の 走 行 及 び 消 防 ポ ン プ 運 転 等 の 振 動 に よ り, 漏 水 及 び 漏 気 の な い よ う 適 切 に 取 り 付 け る こと ⑷ 排 水 時, 残 水 の な い よ う 勾 配 に 配 慮 し た 構 造 と す る こ と ⑸ 各 配 管 は, で き る だ け 低 い 位 置 に 設 け る こ と ⑹ 配 管 の 次 の 接 続 部 は, メ ン テ ナ ン ス を 考 慮 し, す べ て フ ラ ン ジ に よ る ボ ル ト 接 続 と す る こ と た だ し, 構 造 上, 困 難 な 箇 所 に つ い て は, ネ ジ 込 み 式 と す る こ と こ の 場 合, 機 器, 各 コ ッ ク 及 び 各 バ ル ブ の 取 り 外 しが 容 易 に で き るように 取 り 付 け る こと ア ボ ールコック 取 り 付 け 部 イ バ ルブ 取 り 付 け 部 ウ 各 機 器 のセンサー 取 り 付 け 部 エ そ の 他 必 要 と 認 め る 箇 所 ⑺ 放 水 配 管 ア 消 防 ポ ンプ 本 体 ( 2 次 側 ) から 放 水 口 ま で 配 管 すること イ 放 水 口 は4 箇 所 と す る ため, 適 切 に 分 岐 す ること ウ 配 管 の 口 径 は, 6 5 mm 以 上 とすること エ 配 管 の 途 中 ( 左 右 2 箇 所 ) には, 流 量 計 の 検 出 部 を 適 切 に 設 け ること ⑻ 吸 水 配 管 ア 左 右 2 箇 所 の 吸 水 口 か ら 消 防 ポ ン プ ( 1 次 側 ) まで 配 管 す る こ と イ 左 側 吸 水 口 は, 吸 管 自 動 巻 取 装 置 が 適 正 に 機 能 する 位 置 と す る こと ウ 右 側 吸 水 口 は, 右 側 ポ ンプ 操 作 部 に 設 け る こと エ 配 管 の 口 径 は, 8 0 mm 以 上 とすること ⑼ 中 継 配 管 ア 吸 水 配 管 か ら 分 離 し, 中 継 口 ま で 配 管 す る こと イ 中 継 口 は2 箇 所 と す る ため, 適 切 に 分 岐 す ること ウ 配 管 の 口 径 は, 6 5 mm 以 上 とすること ⑽ 水 槽 吸 水 配 管 ア 水 槽 か ら 吸 水 配 管 ( 吸 水 配 管 と 途 中 で 接 続 ) ま で 配 管 す る こ と イ 配 管 の 口 径 は, 7 5 mm 以 上 とすること ウ 空 気 溜 まりのないように, 空 気 抜 き 配 管 ( バルブ 付 ) を 取 り 付 けること ⑾ 水 槽 送 水 配 管 ア 放 水 配 管 か ら 分 岐 し, 水 槽 まで 配 管 す る こ と イ 配 管 の 口 径 は, 4 0 mm 以 上 とすること ウ 水 槽 内 部 の 配 管 先 端 に 逆 流 弁 を 取 り 付 け る こと ⑿ 泡 薬 液 配 管 ア 泡 消 火 薬 液 槽 の 下 部 か ら 取 り 出 し, 消 防 ポ ン プ の 吐 水 配 管 ( 流 量 計 検 出 部 よ り 消 防 ポ ン プ 側 で 接 続 ) か ら 放 水 口 ま での 間 に 配 管 す ること イ 配 管 の 途 中 に, チ ェ ッ クバルブを 取 り 付 け ること ウ 配 管 の 途 中 ( 泡 消 火 薬 液 槽 の 下 方 ) に, 吸 液 バ ル ブ 及 び ス ト レ ー ナ ー を 取 り 付 け る こ と ⒀ 冷 却 配 管 ア 放 水 配 管 か ら 分 岐 し, サブラジエータまで 配 管 すること イ 途 中, ストレーナーを 組 み 込 ん だ バ イ パ ス 配 管 を 設 け る こ と ウ 本 配 管 及 び バ イ パ ス 配 管 の 双 方 に ス ト レ ー ナ ー, グ ラ ス ボ ー ル 及 び バ ル ブ ( 各 ス ト レ ー ナーより 消 防 ポ ン プ 側 に 取 り 付 け る ) を 取 り 付 け る こ と エ 本 配 管 の 途 中 に チ ャ ッ キ 弁 を 取 り 付 け る こ と な お, 取 り 付 け 位 置 は,ストレーナーの2 次 側 とすること オ 配 管 の 口 径 は, 9 mm 以 上 と すること ⒁ 真 空 系 統 配 管 ア 消 防 ポ ンプ 本 体 か ら 止 水 弁, 逆 止 弁, 真 空 ポンプ 本 体 ま で 配 管 すること イ 取 り 付 け 位 置 は, メ ン テナンスを 考 慮 し 取 り 付 けること ⒂ ド レ ー ン 配 管 ア 配 管, 各 コック 類, 水 槽 及 び 消 防 ポンプ 本 体 には,ドレーンを 設 けるとともに 13

39 必 要 に 応 じ 配 管 を 取 り 付 け, 確 実 な 残 水 処 理 ができるようにすること イ ドレーン 用 バルブは,すべてポンプ 室 外 部 か ら 容 易 に 操 作 できるように 適 切 に 取 り 付 けること ウ ドレーン 配 管 は, 残 水 が 車 体 にかからないよう 下 部 まで 延 長 し, 支 持 材 等 を 用 いて 適 切 に 取 り 付 けること エ 水 槽 のドレーン 配 管 の 口 径 は,40mm 以 上 とすること オ 消 防 ポンプ 本 体 のドレーン 装 置 の 構 造 は, 次 のとおりとすること (ア) ドレーン 配 管 に, 自 動 開 閉 式 電 動 バルブを 設 けること (イ) 上 記 電 動 バルブは,PTOに 連 動 して 開 / 閉 (PTO ON 時 閉, P T O O F F 時 開 ) す る こ と と し, 真 空 ポ ン プ が 有 効 に 機 能 す る 構 造 とすること (ウ) 上 記 電 動 バルブ 故 障 時 に 備 え, 手 動 式 補 助 バルブ( 常 開 )を 設 けること (エ) バルブ 及 びハンドルは, 走 行 に 支 障 が 出 ないように 努 めて 地 上 高 を 確 保 する こと ⒃ 計 器 配 管 各 種 計 器 用 配 管 を 適 切 に 取 り 付 け る こ と ⒄ そ の 他 の 配 管 ア 水 槽 吸 水 用 ボ ー ル コ ッ クに, 給 油 す る 配 管 (バルブ 付 ) を 取 り 付 け ること イ 吸 水 用 ボ ー ル コ ッ ク の 1 次 側 と 2 次 側 を 結 ぶ エ ゼ ク タ ー 配 管 を 左 右 に 取 り 付 け る こ と ウ 不 凍 液 注 入 配 管 を 吸 水 配 管 ( 消 防 ポ ン プ 入 り 口 に 近 い 部 分 と す る ) に 取 り 付 け る こ と 5-13 コ ック 及 び バ ル ブ ⑴ 次 の 箇 所 に コ ッ ク 又 は, バ ル ブ を 取 り 付 け る こ と ア 放 水 口 (4 箇 所 ) イ 吸 水 口 (2 箇 所 ) ウ 中 継 口 (2 箇 所 ) エ 水 槽 積 水 口 ( 2 箇 所 ) オ 水 槽 吸 水 配 管 ( 2 箇 所 ) カ 水 槽 送 水 配 管 ( 2 箇 所 ) キ エ ゼクター 配 管 ( 左 右 各 1 箇 所 ) ク 水 槽 ド レーン(1 箇 所 ) ケ 不 凍 液 注 入 配 管 ( 1 箇 所 ) コ そ の 他 構 造 上 必 要 と 認 める 箇 所 ⑵ 放 水 口, 中 継 口 及 び 吸 水 口 は, 操 作 上 支 障 の な い 範 囲 に お い て, 努 め て 低 い 位 置 に 取 り 付 け る こ と な お, 右 側 放 水 口 ( マ ル チ タ イ プ 媒 介 付 ) に つ い て は, 収 納 し た 吸 管 外 側 の 低 い 位 置 と す る こと ⑶ 放 水 口 コ ッ ク ア 放 水 口 コ ッ ク は, ボ ー ル コ ッ ク と し, ボ ー ル 部 分 等 の 摺 動 部 分 は, 硬 質 メ ッ キ を 施 し た 部 品 か ら 構 成 さ れ る も のとすること イ 放 水 口 コックは,ハンドルがロックされる 構 造 のものとすること ウ 放 水 口 コックの 口 径 は,65mmで 雄 ネ ジ の フランジ 付 き と す る こ と エ 放 水 口 コックは, 側 板 の 外 側 に 取 り 付 け る こと ⑷ 中 継 口 コ ッ ク ア 中 継 口 コ ッ ク は, ボ ー ル コ ッ ク と し, ボ ー ル 部 分 等 の 摺 動 部 分 は, 硬 質 メ ッ キ を 施 し た 部 品 か ら 構 成 さ れ る も のとすること イ 中 継 口 コックは,ハンドルがロックされる 構 造 のものとすること ウ 中 継 口 コックの 口 径 は,65mmで 雄 ネ ジ の フランジ 付 き と す る こ と エ 中 継 口 コックは, 側 板 の 外 側 に 取 り 付 け る こと ⑸ 吸 水 口 コ ッ ク ア 右 側 吸 水 口 コ ック (ア) 吸 水 口 コ ッ ク は, ボ ー ル コ ッ ク と し, ボ ー ル 部 分 等 の 摺 動 部 分 は, 硬 質 メ ッ キ を 施 し た 部 品 か ら 構 成 さ れ るものとすること 14

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

◇◆県営住宅◇◆

◇◆県営住宅◇◆ 知 っておきたい!! 住 宅 制 度 ~ 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 貸 したい 方 へ~ ~ 融 資 を 受 けたい 方 へ~ ~ 建 物 の 改 造 改 築 を 考 えている 方 へ~ 新 座 市 都 市 整 備 部 まちづくり 計 画 課 住 宅 制 度 のご 案 内 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 方 貸 したい 方 県 営 住 宅 1 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 3 UR

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年

はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 はじめに 2 1 世 紀 は 生 命 科 学 ( ラ イ フ サ イ エ ン ス ) の 時 代 と も い わ れ て お り 近 年 の ラ イ フ サ イ エ ン ス 研 究 の 発 展 に は 目 覚 ま し い も の が あ り ま す 我 が 国 に お い て も 2 0 0 7 年 の i P S 細 胞 の 作 製 法 発 な ど 画 期 的 な 研 究 成 果 が 次 々 と

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

柏市防犯灯LED化事業

柏市防犯灯LED化事業 柏 市 防 犯 灯 LED 化 リース 事 業 募 集 要 領 平 成 27 年 4 柏 市 1 募 集 目 的 本 市 の 防 犯 灯 は, 町 会 自 治 会 区 等 ( 以 下 町 会 等 と い う ) が 維 持 管 理 を し て お り, 平 成 2 6 年 度 末 時 点 で は, 約 3 3, 0 0 0 灯 設 置 さ れ て い る 本 市 は, 省 エ ネ 対 策 や 電 気

More information

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の(

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の( 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プ ロポーザル 実 施 要 領 1 趣 旨 こ の 実 施 要 領 は 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 と い う ) の 委 託 事 業 者 を 公 募 型 プ ロ ポ ー ザ

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

7 9 8 6 5 9 8 7 6 5 章 9 G 6 8 7 5 6 9 8 7 6 5 5 内 装 工 塗 装 工 建 具 工 左 官 工 金 属 工 木 工 石 工 防 水 工 鉄 骨 工 コ ン ク リ ー ト 工 鉄 筋 工 ユ ニ ッ ト 及 び そ の 他 の 工 カ ー テ ン ウ

7 9 8 6 5 9 8 7 6 5 章 9 G 6 8 7 5 6 9 8 7 6 5 5 内 装 工 塗 装 工 建 具 工 左 官 工 金 属 工 木 工 石 工 防 水 工 鉄 骨 工 コ ン ク リ ー ト 工 鉄 筋 工 ユ ニ ッ ト 及 び そ の 他 の 工 カ ー テ ン ウ 日 向 市 学 校 給 食 共 同 調 理 場 建 設 業 設 計 図 ( 調 理 棟 建 設 工 ) 図 面 目 録 図 書 NO. 図 番 採 用 工 区 採 用 工 区 採 用 工 区 採 用 工 区 図 名 図 番 図 名 図 番 図 名 図 番 図 名 A-0-0 -0-0 -05-06 -07-08 -09-0 - - - - -5-6 -7-8 -9-0 - - - - -5-6 -7-8

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

120808改正請負契約書(最低価格落札方式)

120808改正請負契約書(最低価格落札方式) 印 紙 契 約 書 ( 案 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 総 務 課 長 遠 藤 正 ( 以 下 甲 という ) は ( 以 下 乙 という )と 平 成 25 年 度 五 色 台 ビジターセンター 及 び 自 然 体 験 施 設 定 期 点 検 及 び 保 守 管 理 業 務 ( 以 下 業 務 という )について 次 の 条 項 により 契

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1)

国際観光振興促進事業業務委託実施要領(案1) 多 言 語 による 観 光 情 報 発 信 事 業 八 代 市 観 光 ポータルサイト 制 作 等 業 務 委 託 仕 様 書 別 紙 1 1 概 要 本 市 に お け る 観 光 ポ ー タ ル サ イ ト を 構 築 し 外 国 語 ( 英 語 中 国 語 ( 簡 体 字 繁 体 字 ) 韓 国 語 ) 観 光 情 報 ペ ー ジ の 機 能 を 構 築 す る と と も に 市 内 観 光

More information

機 械 設 備 特 記 仕 様 書 工 事 場 所 工 事 期 間 建 物 概 要 工 事 種 目 一 般 事 項 工 事 範 囲 京 都 府 船 井 郡 京 丹 波 町 和 田 地 内 着 工 契 約 日 又 は 契 約 日 の 翌 日 よ り 竣 工 平 成 年 9 月 0 日 ま で 鉄 骨

機 械 設 備 特 記 仕 様 書 工 事 場 所 工 事 期 間 建 物 概 要 工 事 種 目 一 般 事 項 工 事 範 囲 京 都 府 船 井 郡 京 丹 波 町 和 田 地 内 着 工 契 約 日 又 は 契 約 日 の 翌 日 よ り 竣 工 平 成 年 9 月 0 日 ま で 鉄 骨 防 水 改 修 工 事 特 記 仕 様 書 工 事 場 所 工 事 期 間 建 物 概 要 工 事 種 目 京 都 府 船 井 郡 京 丹 波 町 和 田 地 内 着 工 契 約 日 又 は 契 約 日 の 翌 日 よ り 竣 工 平 成 年 9 月 0 日 ま で 鉄 骨 平 屋 建. 屋 根 防 水 撤 去 工 事. 屋 根 防 水 工 事 撤 去 工 事 A. B. 撤 去 範 囲 は 図 示

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編 平 成 2 8 年 3 月 1 日 第 4 版 発 行 e-gov 電 子 申 請 実 務 マ ニ ュ ア ル 香 川 県 社 会 保 険 労 務 士 会 目 次 1. 手 続 検 索 1 2. 申 請 書 の 作 成 3 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 作 成 7 4. 提 出 代 行 証 明 書 の 添 付 8 5. 署 名 の 実 施 1 0 6. 申 請 書 の 送 信 1 1

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

札 者 を 決 定 す る 総 合 評 価 方 式 の 工 事 で あ る 3 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 す る 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 へ の 参 加 を 制 限 す る 等 の 試 行 工 事 で あ る 4 本 工 事 は 低 入

札 者 を 決 定 す る 総 合 評 価 方 式 の 工 事 で あ る 3 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 す る 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 へ の 参 加 を 制 限 す る 等 の 試 行 工 事 で あ る 4 本 工 事 は 低 入 詳 細 条 件 審 査 型 一 般 競 争 入 札 ( フ レ ッ ク ス 工 期 に よ る 契 約 方 式 ) の 実 施 に 係 る 掲 示 標 記 に つ い て 参 加 を 希 望 す る 者 は 下 記 に よ り 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 等 を 提 出 さ れ た く 掲 示 す る な お 本 件 は 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 及 び 競 争 参

More information

業界トップのCOP4

業界トップのCOP4 空 冷 ヒ ー ト ポ ン プ 式 熱 源 機 ユ ニ バ ー サ ル ス マ ー ト エックス X の 開 発 販 売 に つ い て ~ C O P 6. 3 0 と い う 高 効 率 を 達 成 す る と と も に お 客 さ ま の 様 々 な ニ ー ズ に ス マ ー ト に フ ィ ッ ト ~ 平 成 22 年 7 月 14 日 東 芝 キヤリア 株 式 会 社 東 京 電 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15

松 岡 490 注 国 優 吉 田 豊 444 448 か オ づ ぉ え え 4 15 15 5 松 岡 横 典 杉 原 吉 田 豊 蛯 名 正 杉 原 486 522 48 458 428 450 ツ ウ ぃ ぃ お お え ぉ お て お ぉ ウ い お で ひ 2 9 15 9 10 15 グ エ カ ナ カ レ ビ コ ピ ヤ キ ヴ ミ ク リ 歳 レ ミ リ シ ッ ュ マ ィ カ リ ネ 未 ラ テ ビ ノ ド ク ニ シ ジ ノ カ ィ ア エ キ テ リ ド ョ オ ベ ハ フ 勝 ナ チ レ モ ッ ャ ィ ラ ネ ウ ク 利 カ ャ ロ プ ガ ラ ゴ レ サ ウ ヤ ズ マ シ レ テ ッ ッ フ ザ バ マ ョ デ ィ キ シ ナ ィ ュ ミ 10 10 オ ぇ 9

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 平 成 26 年 12 月 4 日 ( 木 ) 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場

More information

44-94

44-94 詳 細 条 件 審 査 型 一 般 競 争 入 札 ( 総 合 評 価 方 式 ) の 実 施 に 係 る 掲 示 電 子 入 札 対 象 案 件 標 記 に つ い て 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に よ り 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 等 を 提 出 さ れ た く 掲 示 す る 1 掲 示 日 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 ) 2 掲 示 責 任

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

第  号

第  号 第 8 2 3 号 ( 平 成 2 3 年 1 1 月 15 日 発 行 ) 発 行 日 横 浜 市 報 発 行 所 横 浜 市 役 所 5 日 15 日 25 日 横 浜 市 中 区 港 町 1 丁 目 1 番 地 目 次 頁 [ 規 則 ] 横 浜 市 地 域 ケアプラザ 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 の 施 行 期 日 を 定 める 規 則 健 康 福 祉 3 局

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

P1-25表紙

P1-25表紙 も く じ 滋 賀 県 の 財 政 1 市 町 税 の あ ら ま し 4 国 税 の あ ら ま し 4 税 金 に つ い て 5 貯 蓄 株 式 投 資 等 と 税 県 民 税 利 子 割 56 県 民 税 配 当 割 56 県 民 税 株 式 等 譲 渡 所 得 割 57 仕 事 と 税 住 民 税 8 ( 個 人 県 民 税 市 町 民 税 ) 所 得 税 22 個 人 事 業 税 25

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ

注 ア い ェ ア な ア う う ア い ぬ で 5 1 6 2 11 11 8 ど 松 山 弘 藤 田 川 田 内 田 博 松 田 吉 田 隼 松 山 弘 岩 田 康 藤 岡 佑 松 山 弘 72 8 86 9 92 512 8 7 86 中 ミ プ ゴ ラ フ オ ミ ウ ク 歳 ッ ラ ダ ア イ う え ェ ぃ う え ア イ ぃ ぃ ぅ ェ か う て ぱ 5 6 5 1 1 1 11 9 1 1 9 11 9 7 づ っ 川 田 武 幸 藤 懸 松 田 藤 田 田 中 勝 横 山 和 高 倉 稜 リポ 池 添 大 野 北 村 宏 中 舘 吉 田 豊 武 幸 浜 中 2 8 2 8 8 72 8 2 78 16 5 2 98 78 ば 注 中 ク メ パ ロ ア グ ピ ア ア ル

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 南 那 須 地 区 広 域 行 政 事 務 組 合 ( 以 下 甲 という )が 発 注 する 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 ( 以 下 業 務 という )を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 施 設 の 概 要 ⑴ 施 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A> 平 成 25 年 9 月 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 質 問 す る 議 員 名 及 び 質 問 内 容 個 人 質 問 1 議 員 成 田 芳 雄 ⑴ 都 市 内 ま た は 地 域 内 分 権 制 度 の 創 設 に つ い て こ れ ま で の 一 般 質 問 で の 答 弁 で は 市 民 の 底 力 を 支 援 す る 事 業 は 行 政 と 市 民 あ る い は 市 民

More information

N E W S H I G A S H I K A G A W A Nice Shot 同 暴 力 団 資 格 現 在 同 同 親 族 決 カ 婚 姻 届 提 出 含 む 離 婚 前 提 別 せ 収 基 準 世 帯 全 体 得 算 諸 控 除 差 収 営 万 千 下 裁 量 万 千 下 特 万 千 超 え 万 千 下 そ 他 東 わ 営 住 宅 条 例 等 規 条 件 備 え 必 書 類 書 住 票

More information

1 償却資産とは

1 償却資産とは 平 成 28 年 度 償 却 資 産 ( 固 定 資 産 税 ) 申 告 の 手 引 き はじめに 市 税 につ き まし て は 日 頃 より ご 理 解 と ご 協 力 を いた だ き 厚 く お 礼 申 し 上 げ ま す さ て 固 定 資 産 税 は 土 地 家 屋 の ほ か 償 却 資 産 ( 事 業 用 資 産 ) に つ い て も 課 税 の 対 象 と な りま す 地 方

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ

ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ベ ス 対 処 法 知 じ 改 訂 版 せ ) 大 変 時 代 本 書 オ ジ ナ 版 ニ ュ 世 9 9 8 平 成 0) 十 ひ 昔 以 上 前 支 持 競 争 厳 げ 版 重 ね 理 由 向 減 ず 働 活 安 定 下 降 終 身 雇 前 提 サ 今 個 人 自 営 プ ロ 野 球 選 変 プ ロ 野 球 選 成 績 落 ち 軍 行 契 約 更 改 拒 否 要 解 雇 待 サ 場 合 能 力

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

人見知りを克服する方法

人見知りを克服する方法 - 1 著 作 権 に つ い て 本 教 材 の 著 作 権 は 発 行 者 に あ り ま す 発 行 者 の 書 面 に よ る 事 前 許 可 無 く 本 教 材 の 一 部 ま た は 全 部 を あ ら ゆ る デ ー タ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 フ ァ イ ル な ど ) に よ り 複 製 流 用 お よ び 転 売 ( オ ー ク シ ョ ン 含 む ) す る こ

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ

ブ ピ レ ア サ ア ラ オ ア メ メ タ ク バ シ デ 歳 レ ン デ ズ ン ス イ ツ ル モ イ ニ リ リ ナ ィ イ ク ィ キ レ テ ン ウ テ リ シ ノ ッ ロ オ ヴ ダ メ イ ュ ビ ィ ョ セ ク ラ フ イ イ フ ュ メ シ ウ レ チ サ ィ ヤ ア ロ イ デ コ サ エ サ イ デ ゴ オ ウ ウ レ ニ シ 歳 ル ウ ビ ウ ロ ラ ッ ソ イ モ ゲ 未 マ ザ ス ス リ ン ド バ ブ ン ン チ ル ア ン ナ ワ セ テ マ キ ネ テ ェ オ 勝 ク バ ク ン レ ザ ア オ ィ ワ 利 ビ ニ レ ク ロ ゥ リ ル リ チ ス ル ク ャ タ ラ ン プ 9 ぅ え ウ ヌ 1 7 2 6 馬 北 村 宏 江 田 照 柴 田 大

More information

賢 正! 営 知 イロハ 3 営 須 ぜ 行 投 厳 状 況 客 様 雇 守 営 良 最 化 べ 非 常 単 純 結 論 至 味 字 べ 持 元 現 残 結 果 現 在 成 熟 済 環 境 景 気 拡 競 他 過 競 争 値 げ 圧 力 強 代 流 速 因 ビ ジ ネ 環 境 良 到 底 言 状 況

賢 正! 営 知 イロハ 3 営 須 ぜ 行 投 厳 状 況 客 様 雇 守 営 良 最 化 べ 非 常 単 純 結 論 至 味 字 べ 持 元 現 残 結 果 現 在 成 熟 済 環 境 景 気 拡 競 他 過 競 争 値 げ 圧 力 強 代 流 速 因 ビ ジ ネ 環 境 良 到 底 言 状 況 賢 正! 営 知 イロハ 策 研 究 賢 正! 営 知 イロハ 3 営 須 ぜ 行 投 厳 状 況 客 様 雇 守 営 良 最 化 べ 非 常 単 純 結 論 至 味 字 べ 持 元 現 残 結 果 現 在 成 熟 済 環 境 景 気 拡 競 他 過 競 争 値 げ 圧 力 強 代 流 速 因 ビ ジ ネ 環 境 良 到 底 言 状 況 続 状 況 最 化 段 率 % 率 3% 仮 : : : %

More information

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 広 報 暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 除 与 訳 男 性 下 女 性 現 在 現 在 そ 他 件 新 規 報 酬 末 万 万 副 万

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information