学 長 挨 拶 本 学 は4 年 制 大 学 として 開 学 してから8 年 が 経 過 し 地 道 に 充 実 度 を 上 げていること は 大 変 喜 ばしいことです これは 学 生 教 職 員 の 努 力 はもとより 卒 業 生 の 社 会 におけ る 活 躍 さらには 保 護 者 の 方 々

Size: px
Start display at page:

Download "学 長 挨 拶 本 学 は4 年 制 大 学 として 開 学 してから8 年 が 経 過 し 地 道 に 充 実 度 を 上 げていること は 大 変 喜 ばしいことです これは 学 生 教 職 員 の 努 力 はもとより 卒 業 生 の 社 会 におけ る 活 躍 さらには 保 護 者 の 方 々"

Transcription

1 College report vol 号 館 竣 工 関 連 記 事 2ページ C O N T E N T S 学 長 挨 拶 /7 号 館 竣 工 / 福 澤 先 生 名 誉 教 授 に 2 College photography 3 卒 業 式 入 学 式 / 研 究 / 人 事 異 動 4 5 管 理 栄 養 学 科 食 品 学 科 の 活 動 6 7 学 生 支 援 センターの 活 動 8 9 学 友 会 / 後 援 会 聖 栄 会 / 公 開 講 座 平 成 24 年 度 決 算 報 告 教 育 研 究 施 設 設 備 拡 充 資 金 14 大 学 附 属 わたなべ 幼 稚 園 / 大 学 附 属 調 理 師 専 門 学 校 / 学 生 募 集 要 項 15 大 学 トピックス/ Student's view 16

2 学 長 挨 拶 本 学 は4 年 制 大 学 として 開 学 してから8 年 が 経 過 し 地 道 に 充 実 度 を 上 げていること は 大 変 喜 ばしいことです これは 学 生 教 職 員 の 努 力 はもとより 卒 業 生 の 社 会 におけ る 活 躍 さらには 保 護 者 の 方 々のご 協 力 の 賜 物 と 感 謝 の 意 を 表 する 次 第 です さて 新 入 生 を 迎 え 前 期 が 終 了 しようとしております いつも 気 に 掛 かることですが 健 康 栄 養 食 品 に 関 する 専 門 知 識 を 学 ぶために 本 学 を 志 望 し 希 望 を 持 って 入 学 して きた 学 生 が この 間 どの 程 度 の 満 足 感 を 得 ることが 出 来 たかということです 新 入 生 に とって 初 めの1 年 間 は 基 礎 科 目 と 教 養 科 目 を 中 心 とするカリキュラムが 配 されています これが 高 校 時 代 の 延 長 のように 受 け 止 められ ややもすると 勉 強 に 興 味 を 失 うことにな 学 長 松 本 信 二 りがちです しかし 専 門 科 目 を 理 解 するためには 基 礎 科 目 を 身 につけておくことが 不 可 欠 であり 人 間 性 の 優 れた 立 派 な 社 会 人 として 巣 立 っていくためには 教 養 科 目 を 学 ぶことも 欠 かすことができません そのこ とを 踏 まえ 基 礎 力 をしっかりと 身 に 付 けるためには 今 が 最 も 大 切 な 時 であることを 理 解 してほしいと 思 います 基 礎 の 大 切 なことはどんな 世 界 にも 共 通 することです いまわが 国 では 大 学 の 質 が 盛 んに 問 われています このことは それぞれの 大 学 がその 目 的 に 適 った 教 育 を 施 し 実 力 を 身 につけ 探 究 心 を 備 えた 学 生 を 育 て 社 会 に 送 り 出 すことが 求 められていると 言 うことでしょう 本 学 は 小 規 模 大 学 の 利 点 を 生 かし 一 人 ひとりの 学 生 をきめ 細 かく 指 導 し 実 力 のある 学 生 を 育 てるよう 取 り 組 んで おります そのための 環 境 造 りにも 努 力 を 続 けて 参 ります 関 係 各 位 には 今 後 とも 一 層 のご 支 援 ご 鞭 撻 をお 願 い 致 します 7 号 館 竣 工 本 学 の 中 長 期 事 業 計 画 の 一 環 として 平 成 24 年 11 月 に 着 工 した7 号 館 が25 年 8 月 30 日 無 事 完 成 し 9 月 5 日 竣 工 式 竣 工 披 露 が 執 り 行 われた 新 築 され た7 号 館 は わたなべ 記 念 体 育 館 6 号 館 に 隣 接 し た 旧 テニス コート 跡 地 に 建 てられ 鉄 骨 造 地 上 3 階 建 ( 一 部 2 階 建 ) 延 床 面 積 1,538.26m 2 となっ ている この 建 物 は 6 号 館 と 連 携 して 主 として 食 品 竣 工 式 学 科 の 教 育 研 究 に 供 せられる 4 号 館 の 改 修 計 画 に 伴 い 現 在 4 号 館 にある 食 品 学 科 の 実 験 室 実 習 室 教 員 研 究 室 や 講 義 室 などを 新 館 に 移 設 するとともに 1 階 正 面 エントランス 脇 に 広 々とした 談 話 室 を 配 置 するなど 教 育 環 境 設 備 に も 配 慮 されている 7 号 館 には 製 菓 実 習 室 微 生 物 実 験 室 官 能 検 査 室 教 員 研 究 室 助 手 室 更 衣 室 講 師 控 室 講 義 室 2 室 談 話 室 などが 配 置 されている 外 観 官 能 検 査 室 福 澤 先 生 に 本 学 名 誉 教 授 の 称 号 授 与 6 月 20 日 ( 木 ) 教 授 会 開 催 に 先 立 ち 名 誉 教 授 授 与 式 が 行 われ 福 澤 美 喜 男 前 学 長 に 本 学 名 誉 教 授 称 号 記 が 贈 られた これは 先 生 が 本 学 前 身 の 栄 養 専 門 学 校 教 員 を 経 て 短 期 大 学 教 授 学 長 を 歴 任 され 教 育 研 究 に 多 年 に 亘 りあたられ さらに 本 学 開 学 後 も 引 き 続 き 学 長 として 大 学 運 営 に 尽 くされた 功 績 は 顕 著 であるとして 教 授 会 の 推 薦 を 経 て 理 事 会 で 決 定 されたもので 当 日 は 多 数 の 教 授 が 出 席 し 松 本 学 長 から 感 謝 の 言 葉 とともに 称 号 記 が 手 渡 された 2

3 College photography インターンシップ 成 果 報 告 会 (H ) 管 理 栄 養 士 業 界 企 業 説 明 会 (H ) 福 島 県 塙 町 関 係 者 来 校 ( 復 興 支 援 ) (H ) 葛 飾 区 社 会 福 祉 協 議 会 へ 寄 付 (H ) あぐり 花 植 え(H ) 卒 業 パーティー(H ) 部 同 好 会 説 明 会 (H ) 新 入 生 歓 迎 会 特 別 講 演 (H ) 食 品 関 係 企 業 説 明 会 (H ) 3

4 卒 業 式 入 学 式 平 成 24 年 度 卒 業 式 平 成 24 年 度 卒 業 式 が 去 る 平 成 25 年 3 月 20 日 ( 水 )わたなべ 記 念 館 において 行 われた 曇 天 模 様 の 中 新 しい 門 出 を 迎 えたのは 管 理 栄 養 学 科 71 名 食 品 学 科 46 名 の117 名 であった 式 は 学 位 記 授 与 で 始 まり 表 彰 は 学 長 賞 ( 最 優 秀 賞 )の 受 賞 1 名 優 秀 賞 は7 名 が 受 賞 した 他 に 全 国 栄 養 士 養 成 施 設 協 会 会 長 賞 日 本 フードスペ シャリスト 協 会 会 長 賞 食 品 科 学 教 育 協 議 会 会 長 賞 の 受 賞 も 行 われた 続 いて 学 長 式 辞 では 福 澤 美 喜 男 学 長 より 餞 の 言 葉 として 信 用 は 無 形 の 財 産 である の 言 葉 が 贈 られ どんな 職 場 に 配 属 されても 積 極 的 に 努 力 をし 経 験 を 積 み 重 ね 周 りの 人 達 からの 信 頼 が 高 まれば あな た 方 にとって 大 きな 財 産 になる あなた 方 は この 四 研 究 平 成 25 年 度 特 別 研 究 共 同 研 究 年 間 同 じ 釜 の 飯 を 食 べた 仲 間 であり 進 む 道 は 違 って も 一 生 付 き 合 える 仲 間 である 与 えられた 場 所 で 大 輪 の 花 を 咲 かせ やがて 立 派 な 社 会 人 に 成 長 した 皆 さん と 再 会 することができることを 楽 しみに あなた 方 を 送 り 出 したい と 述 べられた その 後 ご 来 賓 の 祝 辞 をいただき 在 学 生 代 表 の 送 辞 卒 業 生 代 表 の 答 辞 と 続 き 最 後 に 本 学 吹 奏 楽 同 好 会 の 演 奏 で 校 歌 と 蛍 の 光 を 斉 唱 して 式 は 終 了 した 本 学 教 育 研 究 費 取 扱 要 項 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 特 別 研 究 共 同 研 究 を 毎 年 度 募 集 しており 申 請 された 研 究 課 題 については 研 究 推 進 委 員 会 において 審 査 し 採 否 の 決 定 をしている 本 年 度 の 特 別 研 究 共 同 研 究 計 画 申 請 について 以 下 の 表 の 通 り 採 用 決 定 した 代 表 申 請 者 研 究 別 研 究 経 費 ( 円 ) 研 究 課 題 加 澤 恒 雄 共 同 200,000 本 学 の 学 生 の 英 語 力 強 化 方 策 と 学 習 の 動 機 づけに 関 する 研 究 -ESP 教 材 の 開 発 に 向 けて- 鈴 木 和 枝 共 同 150,000 わが 国 における 糖 尿 病 診 療 と 教 育 活 動 の 実 態 ( 第 5 報 )-2012 年 度 全 国 アンケート 調 査 より 橋 場 浩 子 特 別 140,000 食 材 中 の 食 塩 の 二 元 拡 散 前 田 宜 昭 特 別 400,000 米 糠 そば 糠 及 び 脱 脂 エゴマ 粉 末 が 生 体 の 生 理 的 調 節 機 能 に 及 ぼす 影 響 について 前 田 宜 昭 (FD 関 連 ) 共 同 400,000 東 京 聖 栄 大 学 におけるFD 活 動 の 推 進 - 学 生 による 授 業 アンケートを 活 かした 授 業 改 革 を 中 心 にして- 渡 邉 悟 特 別 200,000 コーヒー 抽 滓 を 用 いて 生 育 したキノコの 機 能 性 成 分 について 荒 木 裕 子 共 同 250,000 ダリア 塊 根 の 研 究 - 安 全 性 の 確 認 について 岡 本 直 也 特 別 200,000 多 変 量 標 本 積 率 を 用 いた 正 規 性 検 定 統 計 量 について 岡 本 直 也 東 京 聖 栄 大 学 における 初 年 次 教 育 プログラムの 開 発 と 検 証 -リテラシー 教 育 導 入 教 育 リメディアル 共 同 500,000 ( 共 通 教 育 ) 教 育 を 中 心 にして 新 村 眞 由 美 共 同 230,000 食 育 サポーター 事 業 in 葛 飾 区 橋 場 直 彦 共 同 230,000 青 年 期 女 子 における 肥 満 の 危 険 因 子 に 関 する 検 討 - 特 に 運 動 習 慣 食 習 慣 および 生 活 習 慣 病 の 家 族 歴 を 中 心 に-( 第 5 報 ) 大 塚 静 子 共 同 450,000 ラットにおける 飼 育 中 のCa/P 比 ならびに 脂 肪 量 の 違 いが 腎 石 灰 化 に 及 ぼす 影 響 (2) 片 山 佳 子 特 別 270,000 味 噌 の 機 能 性 について 鈴 木 等 特 別 230,000 生 活 習 慣 病 の 治 療 薬 としての 核 酸 創 薬 の 可 能 性 について 調 べる 矢 島 克 彦 特 別 250,000 栄 養 素 代 謝 と 睡 眠 時 間 時 脳 波 との 関 連 に 関 する 研 究 星 野 浩 子 共 同 300,000 食 品 調 理 加 工 中 のメイラード 反 応 生 成 物 の 比 較 およびその 関 連 物 質 の 分 離 定 量 山 本 直 子 共 同 700,000 塩 麹 に 関 する 研 究 - 塩 麹 の 微 生 物 学 的 化 学 的 研 究 及 び 畜 肉 のおいしさと 物 性 の 関 係 - 吉 田 真 知 子 特 別 220,000 SGEによる 体 験 学 習 者 が 管 理 栄 養 士 として 必 要 とされるコミュニケーション 能 力 の 向 上 に 与 える 影 響 ( 継 続 研 究 ) 佐 川 敦 子 共 同 297,000 給 食 経 営 管 理 実 習 における 学 生 の 態 度 行 動 への 意 識 介 入 - 自 己 評 価 心 理 尺 度 の 分 析 - 科 学 研 究 費 助 成 事 業 ( 科 研 費 ) これまで 科 研 費 については 補 助 金 分 は 研 究 期 間 が 複 数 年 にわたっていても 年 度 毎 に 当 該 年 度 分 の 研 究 費 についてのみ 交 付 内 定 交 付 決 定 を 行 っていたが 新 たな 基 金 分 は 初 年 度 に 複 数 年 にわたる 研 究 期 間 全 体 の 研 究 費 について 交 付 内 定 交 付 決 定 を 行 うことになった このため 基 金 分 は 1 研 究 の 進 捗 に 合 わせた 研 究 費 の 前 倒 し 使 用 2 事 前 の 繰 越 手 続 を 要 しない 次 年 度 における 研 究 費 の 使 用 3 年 度 をまたぐ 物 品 調 達 などが 可 能 になり 以 前 に 比 べ 格 段 に 利 用 しやすくなりました 本 学 では 平 成 23 年 度 に 橋 場 浩 子 教 授 の 研 究 基 盤 研 究 (C): 科 学 研 究 費 助 成 事 業 ( 学 術 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ) が 採 択 され 今 回 ( 独 ) 日 本 学 術 振 興 会 に 提 出 された24 年 度 の 実 施 状 況 報 告 書 によると 第 22 回 国 際 家 政 学 会 (メ ルボルン)での 研 究 発 表 またJournal of Food Researchへの 掲 載 等 について 報 告 がなされ 順 調 な 研 究 が 遂 行 さ れている 旨 の 報 告 がなされた 4

5 平 成 25 年 度 人 事 異 動 入 学 式 4 月 1 日 ( 月 ) 東 京 聖 栄 大 学 わたなべ 記 念 館 で 平 成 25 年 度 入 学 式 が 挙 行 された 午 前 10 時 30 分 より 開 式 となり 健 康 栄 養 学 部 管 理 栄 養 学 科 88 名 食 品 学 科 92 名 合 計 180 名 の 新 入 生 を 迎 えた 松 本 信 二 学 長 は 式 辞 で 本 学 の 沿 革 と 校 訓 について 触 れた 後 本 学 の 教 育 目 標 は 食 を 通 して 広 く 国 民 の 健 康 維 持 に 資 する 人 材 の 育 成 であると 述 べ それぞれの 学 科 の 特 色 について 管 理 栄 養 学 科 で は 食 の 持 つ 機 能 を 通 して 健 康 の 維 持 増 進 疾 病 の 予 防 や 治 療 を 図 る 知 識 技 術 を 学 び 栄 養 指 導 分 野 の 指 導 者 として 貢 献 できる 人 材 の 育 成 を 目 指 し 食 品 学 科 では 食 の 保 蔵 加 工 に 関 わる 知 識 技 術 を 学 ぶことに より 栄 養 性 嗜 好 性 に 富 み かつ 安 全 な 食 品 を 供 給 ( 順 不 同 敬 称 略 ) 臨 時 号 でお 知 らせしたように 福 澤 美 喜 男 学 長 が 学 長 職 を 退 任 4 月 1 日 付 松 本 信 二 教 授 が 新 学 長 として 就 任 されました 教 員 補 職 平 成 25 年 4 月 1 日 付 健 康 栄 養 学 部 長 教 授 阿 左 美 章 治 図 書 館 長 教 授 岡 田 弘 ( 再 任 ) 管 理 栄 養 学 科 長 教 授 田 所 忠 弘 食 品 学 科 長 教 授 丸 井 正 樹 ( 再 任 ) 昇 任 平 成 25 年 4 月 1 日 付 教 授 髙 橋 祥 子 渡 辺 順 子 講 師 大 塚 静 子 佐 川 敦 子 鈴 木 等 非 常 勤 講 師 ( 新 規 委 嘱 ) 平 成 25 年 4 月 1 日 付 孫 慧 如 (そん けいじょ) 担 当 教 科 中 国 語 Ⅲ Ⅳ 中 西 載 慶 (なかにし ことよし) 担 当 教 科 食 と 環 境 韓 順 子 (はん すんじゃ) 担 当 教 科 給 食 経 営 管 理 論 伏 脇 裕 一 (ふしわき ゆういち) 担 当 教 科 食 と 環 境 山 田 誠 一 (やまだ せいいち) 担 当 教 科 応 用 調 理 実 習 山 本 伸 二 (やまもと しんじ) 担 当 教 科 文 学 採 用 平 成 25 年 4 月 1 日 付 臨 時 助 手 海 老 澤 隆 史 するための 人 材 の 教 育 をしている 大 学 はただ 勉 強 す るだけではなく クラスの 友 人 クラブ 活 動 やイベント 先 輩 後 輩 との 交 流 により コミュニケーション 能 力 と 幅 広 い 人 間 性 を 身 に 付 け 有 意 義 な 四 年 間 を 過 ごして くださいと 述 べられた この 後 新 入 生 代 表 八 渡 恒 太 さんが 新 入 生 宣 誓 を 行 い 来 賓 祝 辞 祝 電 披 露 に 続 いて 最 後 に 吹 奏 楽 同 好 会 の 伴 奏 により 校 歌 を 斉 唱 し 式 は 厳 粛 なうちに 無 事 終 了 した 退 職 平 成 25 年 3 月 31 日 付 教 授 長 須 正 明 職 員 採 用 平 成 25 年 4 月 1 日 付 総 務 課 沢 井 健 学 生 支 援 センター 学 生 支 援 就 職 支 援 課 中 村 太 一 ( 平 成 25 年 9 月 1 日 付 ) 配 置 換 平 成 25 年 6 月 1 日 付 附 属 幼 稚 園 事 務 長 鈴 木 和 男 ( 財 務 課 長 代 理 ) 昇 任 平 成 25 年 6 月 1 日 付 財 務 課 長 代 理 松 浦 健 治 昇 任 平 成 25 年 7 月 1 日 付 事 務 局 長 兼 大 学 事 務 部 長 高 橋 成 彰 ( 事 務 局 次 長 大 学 事 務 部 長 ) 事 務 局 次 長 兼 総 務 部 長 赤 堀 五 百 重 ( 総 務 課 長 ) 企 画 調 整 室 長 丸 山 信 一 ( 企 画 調 整 室 次 長 ) 大 学 事 務 部 次 長 兼 入 試 広 報 課 長 多 田 功 ( 入 試 広 報 課 長 ) 入 試 広 報 課 係 長 兼 学 生 支 援 就 職 支 援 課 係 長 岡 田 修 一 入 試 広 報 課 係 長 髙 山 隆 弘 秘 書 室 係 長 梅 村 光 代 施 設 管 理 課 主 任 會 田 進 学 務 課 主 任 金 丸 亜 樹 兼 務 総 務 部 総 務 課 長 兼 学 生 支 援 就 職 支 援 課 長 金 子 俊 也 ( 学 生 支 援 就 職 支 援 課 長 ) 退 職 平 成 25 年 6 月 30 日 付 事 務 局 長 岡 本 昭 次 5

6 管 理 栄 養 学 科 の 活 動 大 変 お 世 話 になりました:5 期 生 桜 並 木 を 入 学 式 場 へ:9 期 生 新 入 生 宿 泊 研 修 4 月 4-5 日 ( 白 子 海 岸 : 千 葉 ) 現 地 の 本 学 OGによる 食 育 イベントのデモ1 食 育 イベントのデモ2 先 輩 のアドバイスに 真 剣 な 眼 差 し おいしいご 飯 は 楽 しいね 臨 地 実 習 報 告 会 6 月 29 日 < 病 院 福 祉 > 上 級 生 のプレゼンを 熱 心 に 聴 く 3 年 次 生 4 年 次 生 が 現 場 で 体 験 し 学 んだこ とのプレゼン 同 級 生 か ら の 学 び 6

7 食 品 学 科 の 活 動 新 入 生 宿 泊 研 修 栃 木 県 日 光 市 ( 平 成 25 年 度 新 入 生 ) 新 入 生 92 名 を 迎 えて 研 修 (H ) 豆 腐 作 り 体 験 学 科 ガイダンス 1 東 京 中 央 卸 売 市 場 見 学 研 修 東 京 都 築 地 大 田 ( 平 成 25 年 度 新 入 生 ) 1 年 次 の 市 場 見 学 研 修 (H ) 日 光 東 照 宮 にて 大 田 市 場 食 事 情 海 外 視 察 研 修 平 成 24 年 度 アサヒグループ 本 社 ビル 前 にて フランス 星 付 きレストランで 会 食 市 内 市 場 見 学 名 所 めぐり 7

8 学 生 支 援 センターの 活 動 学 生 支 援 就 職 支 援 学 生 支 援 センターでは 入 学 時 のガイダンスから 学 生 相 談 課 外 活 動 奨 学 金 などの 経 済 的 支 援 相 談 等 の 学 生 支 援 キャリア 就 職 支 援 ガイダンスの 実 施 就 職 相 談 求 人 の 斡 旋 等 の 就 職 支 援 学 生 を 通 じた 地 元 団 体 との 地 域 共 創 事 業 等 の 幅 広 い 活 動 を 行 っている また 大 学 への 要 望 の 窓 口 になり 教 授 会 等 で 検 討 し 学 生 の 意 見 を 反 映 するよう 努 めている 学 生 支 援 セン ターでは 多 くの 学 生 の 利 用 を 期 待 している 防 災 訓 練 10 月 11 日 ( 木 )に 防 災 訓 練 を 実 施 し た 本 学 から 避 難 場 所 への 経 路 確 認 の みでなく 放 水 体 験 や 救 護 訓 練 など 学 生 教 職 員 が 体 験 する 訓 練 内 容 であっ た 本 学 では 今 後 も 継 続 して 防 災 訓 練 を 実 施 し 防 災 意 識 と 安 全 の 向 上 を 図 っていく 奨 学 金 授 与 式 6 月 7 日 ( 金 ) 学 業 成 績 優 秀 奨 学 生 12 名 (2 年 次 生 6 名 3 年 次 生 6 名 ) が 選 ばれ 松 本 学 長 より 奨 学 金 が 授 与 された マナー 講 座 本 学 が 実 施 している マナー 向 上 運 動 の 一 環 として 7 月 1 日 ( 月 )に 新 入 生 を 対 象 にマナー 講 座 を 開 催 し た 実 技 を 含 めた 講 座 内 容 で 参 加 し た 学 生 は 楽 しみながら 積 極 的 に 受 講 していた キャリアデザイン 講 座 11 月 28 日 ( 水 ) 食 品 学 科 2 年 次 生 を 主 対 象 にキャリアデザイン 講 座 を 実 施 した 就 職 活 動 のために 今 後 取 り 組 むことなどを 考 える 良 い 機 会 と なった 業 界 企 業 説 明 会 2 月 12 日 ( 火 )~ 15 日 ( 金 )の4 日 間 に 亘 り 3 年 次 生 を 主 対 象 として 学 内 業 界 企 業 説 明 会 を 開 催 した 延 べ30 社 の 人 事 担 当 者 が 来 校 され 大 規 模 な 説 明 会 となった 今 年 も 説 明 会 参 加 企 業 より 多 数 内 定 を 頂 いている キャリアリサーチ 食 品 学 科 2 3 年 次 生 を 対 象 にキャ リアリサーチ( 全 6 回 )を 実 施 した 座 学 のみではなくワークを 中 心 とし た 内 容 で 受 講 した 学 生 は 真 剣 に 取 り 組 んでいた 食 育 イベント 全 国 栄 養 士 養 成 施 設 協 会 後 援 事 業 私 の 身 体 食 生 活 はこのままで OK?! ( 実 施 責 任 者 : 阿 左 美 教 授 ) と 題 した 身 体 計 測 食 生 活 診 断 を 聖 栄 葛 飾 祭 において 全 国 栄 養 士 養 成 施 設 協 会 後 援 で 実 施 した 日 本 フードスペシャリスト 協 会 共 催 事 業 がんばれ 東 北 各 県 の 特 産 品 を 使 った 加 工 食 品 料 理 メニュー 展 ( 実 施 責 任 者 : 筒 井 教 授 )を 日 本 フード スペシャリスト 協 会 共 催 事 業 として 実 施 し 東 京 都 食 育 フェア 聖 栄 葛 飾 祭 で 出 展 した 地 域 共 創 春 の 全 国 交 通 安 全 運 動 出 動 式 4 月 6 日 ( 土 ) 葛 飾 警 察 署 にて 行 われた 春 の 全 国 交 通 安 全 運 動 出 動 式 に 地 元 大 学 として 参 加 協 力 した 8

9 キャリア 就 職 データ 5 期 生 ( 平 成 25 年 3 月 卒 業 生 )の 就 職 状 況 ( 就 職 率 97.0%) 管 理 栄 養 学 科 ( 就 職 率 98.3%) 食 品 学 科 ( 就 職 率 94.9%) 職 種 別 就 職 先 グラフ 平 成 25 年 3 月 卒 業 生 就 職 結 果 5 期 生 ( 平 成 25 年 3 月 卒 業 生 )の 就 職 率 ( 就 職 希 望 者 比 )は 前 年 度 より 改 善 し 学 部 合 計 で97.0%であった 文 部 科 学 省 集 計 の 全 国 の 大 学 卒 業 生 の 就 職 率 93.9%を 上 回 った 学 科 別 には 管 理 栄 養 学 科 が98.3%と 本 学 開 学 以 来 最 高 の 数 字 となり 食 品 学 科 は 昨 年 の 最 終 数 字 を11.6ポイント 上 回 り 前 年 度 比 で 大 きく 改 善 した 公 務 員 の 就 職 者 は 大 学 での 個 別 指 導 を 強 化 し 東 京 都 栄 養 職 員 5 名 を 含 め 合 計 7 名 と 過 去 最 高 となった 平 成 24 年 度 の 就 職 支 援 では 就 職 対 策 委 員 会 と 学 生 支 援 センターにて 就 職 支 援 再 構 築 の 施 策 を 順 次 実 施 し 始 めた 食 品 関 連 優 良 企 業 への 求 人 依 頼 などにより 食 品 学 科 学 生 への 求 人 が 増 加 し 食 品 衛 生 管 理 者 として も 就 職 した 進 路 就 職 結 果 管 理 栄 養 学 科 食 品 学 科 合 計 就 職 者 就 職 未 内 定 者 < 就 職 希 望 者 > <60> <39> <99> 進 学 者 その 他 卒 業 者 平 成 26 年 3 月 卒 業 生 就 職 内 定 状 況 今 年 度 の 新 卒 者 就 職 内 定 状 況 は リクルートキャ リア 等 の 就 職 情 報 会 社 によると 昨 年 同 日 比 で 大 幅 に 改 善 された 数 字 が 発 表 されている 本 学 の4 年 次 生 の 就 職 内 定 状 況 (8 月 31 日 現 在 )は 40.8%と 昨 年 度 比 プラス7.8ポイントと 大 幅 に 上 昇 した 学 科 別 では 管 理 栄 養 学 科 が48.2%で 昨 年 度 比 プラ ス11.1ポイント 食 品 学 科 が27.7%でプラス1.0ポイント となっており 管 理 栄 養 学 科 の 就 職 内 定 率 が 大 幅 に 改 善 された これは 平 成 24 年 度 から 順 次 実 施 している 就 職 支 援 再 構 築 の 効 果 のみならず 学 生 自 身 の 頑 張 り にもよるものである 例 年 就 職 活 動 戦 線 の 後 半 戦 となった9 月 以 降 に 内 定 を 勝 ち 取 る 者 も 多 数 おり 未 内 定 者 の 今 後 の 健 闘 を 期 待 している また 本 学 では 学 生 の 希 望 進 路 実 現 に 向 けて 全 力 で 就 職 支 援 を 継 続 する 関 係 者 の 皆 様 のご 協 力 をお 願 い 致 します 主 な 就 職 進 学 先 < 管 理 栄 養 士 栄 養 士 職 > ( 公 務 員 ) 東 京 都 栄 養 士 千 葉 県 栄 養 士 ( 病 院 )オーククリニックフォーミズ 病 院 ( 福 祉 施 設 )( 社 福 ) 梅 田 福 祉 会 特 養 梅 の 郷 ( 社 福 ) 葛 飾 会 かつ しか 苑 ( 社 福 )さくらぎ 会 特 養 こもれびの 郷 ( 社 福 ) 草 加 福 祉 会 特 養 フェリス ( 社 福 ) 双 樹 会 特 養 リバーサイド ( 保 育 園 )( 社 福 ) 久 留 米 みのり 保 育 園 ( 社 福 ) 清 遊 の 家 葛 飾 区 た つみ 保 育 園 ( 社 福 ) 大 洋 社 洗 足 池 保 育 園 ( 社 福 ) 七 施 育 正 保 育 園 ( 社 福 )ひかり 学 園 ( 給 食 会 社 )エームサービス グリーンハウス ニッコクトラ スト 日 本 給 食 サービス 富 士 産 業 メフォス LEOC ( 薬 局 ) セイジョー ツルハ < 研 究 分 析 開 発 製 造 ( 食 品 化 学 )> 伊 藤 製 パン ニッセー デリカ 富 士 商 事 フジパン ミリオンエンタプライズ ヤ マザキデリカ < 調 理 > 今 半 和 幸 フーズ < 営 業 販 売 > 柿 安 本 店 カネ 美 食 品 三 州 製 菓 < 接 客 サービス> 叙 々 苑 < 公 務 員 > 船 橋 市 ( 上 級 一 般 行 政 ) 進 学 千 葉 大 学 大 学 院 東 京 家 政 大 学 大 学 院 聖 徳 大 学 大 学 院 キャリア 就 職 情 報 の 詳 細 は 本 学 ホームページ 覧 ください 9

10 学 友 会 活 動 会 長 挨 拶 学 友 会 会 長 管 理 栄 養 学 科 3 年 田 中 祐 次 今 年 度 新 しく 学 友 会 会 長 に 就 任 し ました 管 理 栄 養 学 科 3 年 の 田 中 祐 次 です 今 年 も 例 年 通 り 無 事 体 育 祭 を 終 了 することができま した これは 皆 様 のご 協 力 の 賜 物 だと 思 います 有 難 うございました 学 友 会 総 会 新 入 生 歓 迎 会 4 月 12 日 ( 金 ) 学 友 会 総 会 が 開 催 され 新 役 員 の 選 出 24 年 度 決 算 報 告 及 び25 年 度 予 算 案 25 年 度 活 動 計 画 等 が 承 認 され 田 中 祐 次 会 長 による 新 体 制 が 発 足 した 4 月 19 日 ( 金 )には 新 入 生 歓 迎 会 が 開 催 され 食 と 医 療 とエネルギー 代 謝 学 と 題 した 東 京 医 科 歯 科 大 学 名 誉 教 授 の 原 諭 吉 氏 による 特 別 講 演 抽 選 会 が 行 わ れた 学 友 会 は 皆 様 のご 支 援 があっての 学 友 会 です 皆 様 とともに 成 長 を 続 けていきますので 引 き 続 き ご 支 援 ご 協 力 の 程 よろしくお 願 いします 秋 には 聖 栄 葛 飾 祭 が 行 われます 各 部 同 好 会 やクラスは 様 々な 企 画 を 考 えていると 思 いますが 食 を 学 ぶ 大 学 ならではのユニークな 企 画 を 楽 しみにし ていますのでよろしくお 願 いします よりよい 大 学 を 皆 様 とともに 作 り 上 げていけるよう 学 友 会 一 同 頑 張 りますのでよろしくお 願 いします! 聖 栄 葛 飾 祭 11 月 9 日 ( 土 ) 10 日 ( 日 )の 両 日 に 聖 栄 葛 飾 祭 が 開 催 される 今 年 の 聖 栄 葛 飾 祭 では 例 年 と 同 様 に 葛 飾 区 の 後 援 や 地 元 自 治 会 の 協 力 等 を 得 て 地 元 密 着 の 大 学 祭 として 開 催 される 今 年 のテーマは 彩 食 健 美 に 決 定 した 多 くの 方 のご 来 場 をお 待 ちしております 体 育 祭 5 月 24 日 ( 金 ) 船 橋 グラウンドにて 体 育 祭 が 開 催 さ れた 1FBクラスが 総 合 優 勝 を 勝 ち 取 り 学 長 賞 が 授 与 された また 聖 栄 会 より 優 勝 クラスと 出 席 率 100%の クラスに 賞 金 が 授 与 された 当 日 は 晴 天 に 恵 まれ 全 プ ログラムが 滞 りなく 終 了 し 親 交 を 深 めた 一 日 となった 平 成 25 年 度 部 同 好 会 一 覧 部 名 学 生 代 表 食 品 加 工 研 究 部 食 品 学 科 3 年 村 上 貴 優 食 品 化 学 研 究 部 管 理 栄 養 学 科 3 年 池 谷 佳 一 郎 調 理 実 習 部 管 理 栄 養 学 科 3 年 松 元 沙 織 硬 式 テ ニ ス 部 食 品 学 科 3 年 澤 田 丈 司 合 気 道 部 管 理 栄 養 学 科 3 年 小 川 詩 穂 バレーボール 部 食 品 学 科 3 年 岩 崎 麻 奈 美 バスケットボール 部 食 品 学 科 2 年 板 坂 智 夢 同 好 会 名 学 生 代 表 ダ ン ス 同 好 会 管 理 栄 養 学 科 3 年 前 田 恵 バドミントン 同 好 会 食 品 学 科 2 年 角 田 昂 大 軽 音 楽 同 好 会 管 理 栄 養 学 科 2 年 内 田 貴 之 あ ぐ り 食 品 学 科 2 年 田 中 梓 ソフトテニス 同 好 会 管 理 栄 養 学 科 4 年 佐 藤 仁 フットサル 同 好 会 食 品 学 科 3 年 根 岸 侑 人 野 球 同 好 会 食 品 学 科 2 年 坂 本 侑 大 聖 栄 ピアヘルピングワークス 管 理 栄 養 学 科 3 年 上 原 恵 美 パ ン 同 好 会 食 品 学 科 2 年 光 永 宏 美 吹 奏 楽 同 好 会 管 理 栄 養 学 科 3 年 中 野 晴 加 サッカー 同 好 会 食 品 学 科 3 年 清 水 恒 己 伝 統 洋 菓 子 研 究 同 好 会 管 理 栄 養 学 科 2 年 大 森 路 子 ボランティアの 会 食 品 学 科 3 年 岸 田 仁 美 10

11 後 援 会 聖 栄 会 の 活 動 4 月 に 新 入 生 を 迎 え 平 成 25 年 度 がスタートいたし ました 東 京 聖 栄 大 学 も 開 学 から9 年 目 を 迎 え 健 康 栄 養 食 品 に 係 わるエキスパートとして 卒 業 生 の 活 躍 を 心 よりお 祈 り 申 し 上 げます 今 後 も 更 なる 学 生 への 支 援 及 び 大 学 の 発 展 向 上 のための 活 動 をしてまいります 後 援 会 活 動 も 諸 先 輩 の 築 いた 伝 統 を 守 りつつ 教 職 員 と 学 生 や 保 護 者 とをつなぐパイプ 役 として また 学 生 生 活 が 楽 しく 有 意 義 に 過 ごせるための 環 境 整 備 に 努 めてまい りたいと 思 います 具 体 的 には 大 学 の 教 職 員 の 皆 様 との 懇 親 会 の 開 催 や 学 友 会 活 動 の 補 助 就 職 社 会 活 動 への 協 力 後 援 会 会 報 の 発 行 等 皆 様 と 連 携 をとり 後 援 会 活 動 を 盛 り 上 げていきたいと 思 っております 後 援 会 会 長 土 屋 和 夫 後 援 会 の 主 な 活 動 平 成 25 年 度 保 護 者 懇 親 会 開 催 (9 月 28 日 ( 土 )) 保 護 者 と 教 職 員 の 情 報 交 換 会 後 援 会 報 の 発 行 ( 年 2 回 発 行 予 定 ) (9 月 25 日 付 ) (3 月 20 日 付 ) 会 議 の 開 催 定 期 総 会 4 月 1 日 ( 月 ) 役 員 会 6 月 1 日 ( 土 ) 3 月 下 旬 役 員 四 役 会 2 月 下 旬 聖 栄 会 総 会 が 6 月 2 日 ( 日 ) 東 京 聖 栄 大 学 別 館 4 階 において 開 催 され 議 事 一 切 が 可 決 承 認 されま した また 役 員 改 選 の 年 であり 永 年 本 会 にご 尽 力 いただきました 荻 野 薫 子 会 長 が 勇 退 され 私 が 会 長 をお 引 き 受 けすることになりました 微 力 ではご ざいますが 新 役 員 と 力 を 合 わせ 職 務 を 全 うする 所 存 ですので 諸 先 生 会 員 皆 様 のご 指 導 とご 協 力 を 賜 りますようお 願 い 申 し 上 げます 本 年 度 は 特 に 各 分 野 で 活 躍 されております 会 員 皆 様 のお 力 添 え をいただき 少 しでも 大 学 会 員 在 校 生 に 貢 献 できるような 活 力 ある そして 魅 力 ある 会 運 営 に 取 り 組 んで 参 りたいと 思 っております 聖 栄 会 に 対 しまして 変 わらぬご 支 援 を 賜 りますよう お 願 い 申 し 上 げます 聖 栄 会 会 長 高 橋 興 亜 聖 栄 会 の 主 な 活 動 平 成 25 年 度 4 月 聖 栄 会 便 りの 発 刊 5 月 体 育 祭 に 後 援 参 加 聖 栄 会 より 各 賞 の 贈 呈 6 月 定 期 総 会 並 びに 懇 親 会 の 開 催 10 月 第 24 回 食 文 化 研 究 会 の 開 催 那 須 アワーズダイニング での 研 修 11 月 聖 栄 葛 飾 祭 への 参 加 学 友 会 主 催 の 餅 つきへの 後 援 お 茶 席 の 開 催 3 月 第 6 期 卒 業 生 に 卒 業 記 念 品 の 贈 呈 役 員 会 の 開 催 全 体 役 員 会 は 年 2 回 開 催 (10 月 1 月 ) その 他 役 員 会 は 随 時 開 催 平 成 25 年 度 公 開 講 座 平 成 25 年 度 公 開 講 座 は 6 月 に 准 教 授 荒 木 裕 子 先 生 のキッチンハーブ 講 座 ハーブティーの 楽 しみ 方 と ハーブ 料 理 を 学 びましょう 8 月 に 教 授 橋 場 浩 子 先 生 の 健 康 栄 養 講 座 五 感 による 食 べ 物 のおいしさ を 実 施 しました キッチンハーブ 講 座 では ハーブティー や 家 庭 で 簡 単 にできるハーブサラダ 等 の 実 習 を 行 ない ました 健 康 栄 養 講 座 で は ミラクルフルーツで 味 覚 の 不 思 議 を 体 感 し 食 べ 物 のおいしさについ て 考 察 しました どちら の 講 座 も 多 数 の 応 募 をい ただき 盛 況 裏 に 終 わり ました キッチンハーブ 講 座 については5 倍 を 超 える 応 募 により9 月 に 追 加 講 座 を 実 施 しました なお 両 講 座 とも 葛 飾 区 で 開 設 している かつし か 区 民 大 学 の 指 定 対 象 講 座 となっています 12 月 には 大 学 附 属 調 理 師 専 門 学 校 で 調 理 実 習 講 座 変 わり 寿 司 と 四 方 巻 き を 予 定 しています 11

12 平 成 24 年 度 決 算 報 告 学 校 法 人 東 京 聖 栄 大 学 平 成 24 年 度 の 財 務 状 況 は 財 政 計 画 に 基 づき 収 入 の 増 加 支 出 抑 制 の 予 算 編 成 を 行 い 帰 属 収 入 は 学 生 納 付 金 手 数 料 資 産 運 用 雑 収 入 などが 増 収 になったことにより 前 年 度 比 1 億 800 万 円 増 の13 億 9400 万 円 になった 支 出 については 人 件 費 について 複 数 の 永 年 勤 続 者 の 退 職 が 重 なり 多 額 の 支 出 になったことにより 前 年 度 比 1 億 500 万 円 増 の7 億 9600 万 円 となったが 教 育 研 究 経 費 管 理 経 費 等 予 算 を 下 回 ったことなどにより 消 費 支 出 の 総 額 は13 億 6700 万 円 になった この 結 果 帰 属 収 支 差 額 は2700 万 円 の 収 入 超 過 となり 帰 属 収 支 差 額 比 率 は 前 年 度 に 引 き 続 きプラスを 維 持 しプラス2.0%となった 1. 資 金 収 支 計 算 書 平 成 24 年 度 資 金 収 支 の 決 算 規 模 は 45 億 6800 万 円 と なり 前 年 度 比 8 億 8900 万 円 の 増 となった 前 年 度 繰 越 支 払 資 金 を 除 く 当 年 度 の 収 入 額 は 27 億 3500 万 円 であり これに 対 して 当 年 度 支 出 額 は29 億 7200 万 円 となった この 結 果 次 年 度 繰 越 支 払 資 金 は15 億 9600 万 円 になり 前 年 度 比 2 億 3700 万 円 減 になった 資 金 収 支 計 算 書 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 千 円 ) 科 目 予 算 決 算 差 異 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 入 1,039,075 1,048,125 9,050 手 数 料 収 入 24,195 31,033 6, 消 費 収 支 計 算 書 帰 属 収 入 は13 億 9400 万 円 であり 前 年 度 比 1 億 800 万 円 増 となった 当 期 基 本 金 組 入 額 が0であったので 消 費 収 入 合 計 額 は 13 億 9400 万 円 となった これに 対 して 消 費 支 出 の 合 計 額 は13 億 6700 万 円 であったので 当 年 度 の 消 費 収 支 計 算 における 消 費 収 支 差 額 ( 消 費 収 入 - 消 費 支 出 )は2700 万 円 の 収 入 超 過 となった 消 費 収 支 計 算 書 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで) ( 単 位 千 円 ) 科 目 予 算 決 算 差 異 学 生 生 徒 等 納 付 金 1,039,075 1,048,125 9,050 手 数 料 24,195 31,033 6,838 寄 付 金 収 入 6,250 7,945 1,695 寄 付 金 8,774 10,638 1,864 収 入 の 部 補 助 金 収 入 171, ,929 0 国 庫 補 助 金 収 入 125, ,173 0 地 方 公 共 団 体 補 助 金 収 入 46,756 46,756 0 資 産 運 用 収 入 22,590 27,484 4,894 資 産 売 却 収 入 400, , 事 業 収 入 8,500 10,633 2,133 消 費 収 入 の 部 補 助 金 171, ,929 0 国 庫 補 助 金 125, ,173 0 地 方 公 共 団 体 補 助 金 46,756 46,756 0 資 産 運 用 収 入 22,590 26,977 4,387 資 産 売 却 差 額 事 業 収 入 8,500 10,712 2,212 雑 収 入 91,920 94,875 2,955 雑 収 入 91,920 94,875 2,955 前 受 金 収 入 532, ,763 28,505 帰 属 収 入 合 計 1,366,983 1,394,518 27,535 そ の 他 の 収 入 888, , ,916 基 本 金 組 入 額 合 計 59, ,065 資 金 収 入 調 整 勘 定 549, ,820 4,187 消 費 収 入 の 部 合 計 1,307,918 1,394,518 86,600 前 年 度 繰 越 支 払 資 金 1,833,479 1,833,479 科 目 予 算 決 算 差 異 収 入 の 部 合 計 4,469,566 4,568,484 98,918 人 件 費 761, ,858 34,594 科 目 予 算 決 算 差 異 教 育 研 究 経 費 448, ,638 11,716 支 出 の 部 人 件 費 支 出 766, ,572 27,616 教 育 研 究 経 費 支 出 250, ,677 3,305 管 理 経 費 支 出 97,451 93,510 3,941 借 入 金 等 利 息 支 出 2,859 2,859 0 借 入 金 等 返 済 支 出 12,220 12,220 0 施 設 関 係 支 出 355, ,969 5,031 設 備 関 係 支 出 65,561 63,403 2,158 資 産 運 用 支 出 1,404,790 1,407,782 2,992 そ の 他 の 支 出 23,037 21,495 1,542 予 備 費 10,000 10,000 資 金 支 出 調 整 勘 定 19,850 21,250 1,400 次 年 度 繰 越 支 払 資 金 1,500,560 1,596,247 95,687 支 出 の 部 合 計 4,469,566 4,568,484 98,918 管 理 経 費 112, ,725 8,531 消 費 支 借 資 入 産 金 処 等 分 利 差 息 額 2, ,859 24, ,824 出 徴 収 不 能 額 0 3,658 3,658 の 予 備 費 6,000 6,000 部 消 費 支 出 の 部 合 計 1,331,483 1,367,312 35,829 当 年 度 消 費 収 入 超 過 額 0 27,206 当 年 度 消 費 支 出 超 過 額 23,565 0 前 年 度 繰 越 消 費 支 出 超 過 額 514, ,588 基 本 金 取 崩 額 0 168,919 翌 年 度 繰 越 消 費 支 出 超 過 額 538, ,463 12

13 3. 貸 借 対 照 表 24 年 度 末 の 資 産 の 部 合 計 は95 億 5000 万 円 となり 前 年 度 末 比 7200 万 円 増 加 した 負 債 の 部 合 計 は 前 受 金 の 増 加 によ り10 億 2400 万 円 となり 前 年 度 末 比 4500 万 円 増 加 した 基 本 金 の 合 計 額 は88 億 4400 万 円 になり 前 年 度 末 比 1 億 6900 万 円 減 となった 消 費 収 支 差 額 の 部 合 計 額 は 支 出 超 過 額 が3 億 1800 万 円 で 前 年 度 末 比 1 億 9600 万 円 減 となった 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 千 円 ) 資 産 の 部 科 目 本 年 度 末 前 年 度 末 増 減 固 定 資 産 7,857,932 7,603, ,523 有 形 固 定 資 産 5,612,226 5,419, ,317 土 地 1,889,400 1,889,400 0 建 物 2,963,950 3,098, ,421 その 他 の 有 形 固 定 資 産 758, , ,738 そ の 他 の 固 定 資 産 2,245,706 2,183,500 62,206 流 動 資 産 1,691,671 1,874, ,681 現 金 預 金 1,596,247 1,833, ,232 そ の 他 の 流 動 資 産 95,424 40,873 54,551 資 産 の 部 合 計 9,549,603 9,477,761 71,842 負 債 の 部 科 目 本 年 度 末 前 年 度 末 増 減 固 定 負 債 438, ,062 10,934 長 期 借 入 金 134, ,640 12,220 そ の 他 の 固 定 負 債 303, ,422 1,286 流 動 負 債 585, ,092 55,570 短 期 借 入 金 12,220 12,220 0 そ の 他 の 流 動 負 債 573, ,872 55,570 負 債 の 部 合 計 1,023, ,155 44,635 基 本 金 の 部 科 目 本 年 度 末 前 年 度 末 増 減 第 1 号 基 本 金 8,489,464 8,221, ,172 第 2 号 基 本 金 224, , ,091 第 4 号 基 本 金 130, ,000 0 基 本 金 の 部 合 計 8,844,276 9,013, ,919 消 費 収 支 差 額 の 部 科 目 本 年 度 末 前 年 度 末 増 減 翌 年 度 繰 越 消 費 支 出 超 過 額 318, , ,125 消 費 収 支 差 額 の 部 合 計 318, , ,125 科 目 本 年 度 末 前 年 度 末 増 減 負 債 の 部 基 本 金 の 部 および 消 費 収 支 差 額 の 部 合 計 9,549,603 9,477,762 71, 財 産 目 録 資 産 は 基 本 財 産 が58 億 9800 万 円 運 用 財 産 32 億 7900 万 円 収 益 事 業 財 産 3 億 8000 万 円 で 資 産 総 額 は95 億 5700 万 円 である 負 債 は 固 定 負 債 4 億 3800 万 円 流 動 負 債 5 億 8600 万 円 収 益 事 業 用 負 債 700 万 円 で 負 債 の 部 合 計 は10 億 3000 万 円 である 資 産 総 額 から 負 債 総 額 を 引 いた 正 味 財 産 は85 億 2700 万 円 であり 前 年 度 末 比 2800 万 円 増 加 した 財 産 目 録 24 年 度 ( 総 括 表 )( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 千 円 ) Ⅰ 資 産 総 額 内 基 本 財 産 運 用 財 産 収 益 事 業 財 産 Ⅱ 負 債 総 額 Ⅲ 正 味 財 産 9,557,179 5,897,798 3,279, ,985 1,030,471 8,526,708 区 分 金 額 資 産 額 1. 基 本 財 産 5,897,798 有 形 固 定 資 産 5,612,226 土 地 1,889,400 建 物 2,963,950 構 築 物 42,637 教 研 機 器 備 品 203,519 その 他 の 機 器 備 品 12,699 図 書 151,779 車 両 5,942 建 設 仮 勘 定 342,299 その 他 の 固 定 資 産 285,572 借 地 権 59,900 電 話 加 入 権 860 施 設 設 備 拡 充 引 当 特 定 資 産 224, 運 用 財 産 3,279,396 現 金 預 金 1,596,247 定 期 預 金 0 有 価 証 券 1,309,297 差 入 保 証 金 9,050 退 職 給 与 引 当 特 定 資 産 24,587 減 価 償 却 引 当 特 定 資 産 244,791 未 収 入 金 92,400 販 売 用 品 105 前 払 金 2,736 立 替 金 0 仮 払 金 収 益 事 業 用 財 産 379,985 土 地 185,313 建 物 171,085 構 築 物 484 機 器 備 品 1 現 金 預 金 22,634 前 払 金 468 資 産 の 部 合 計 (A) 9,557,179 負 債 額 1. 固 定 負 債 438,128 長 期 借 入 金 134,420 退 職 給 与 引 当 金 303, 流 動 負 債 585,662 短 期 借 入 金 12,220 未 払 金 18,500 前 受 金 503,763 預 り 金 47,403 研 修 旅 行 費 預 り 金 3, 収 益 事 業 負 債 6,681 前 受 金 1,296 未 払 法 人 税 385 預 り 保 証 金 5,000 負 債 の 部 合 計 (B) 1,030,471 正 味 財 産 (A) (B) 8,526,708 13

14 5.5ヵ 年 連 続 消 費 収 支 計 算 書 (24 年 度 ) 平 成 20 年 度 から24 年 度 までの 過 去 5 年 間 の 連 続 消 費 収 支 計 算 書 は 右 表 の 通 りである 以 上 5ヵ 年 連 続 消 費 収 支 計 算 書 (24 年 度 ) 平 成 20 年 度 ( 完 成 ) 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 全 国 平 均 金 額 構 成 比 率 金 額 構 成 比 率 金 額 構 成 比 率 金 額 構 成 比 率 金 額 構 成 比 率 医 歯 系 を 除 く 収 入 の 部 千 円 % 千 円 % 千 円 % 千 円 % 千 円 % % 学 生 納 付 金 収 入 997, , ,003, ,018, ,048, 手 数 料 収 入 16, , , , , 寄 付 金 収 入 10, , , , , 補 助 金 収 入 154, , , , , 資 産 運 用 収 入 21, , , , , 資 産 売 却 差 額 事 業 収 入 15, , , , , 雑 収 入 34, , , , , 帰 属 収 入 1,250, ,185, ,277, ,286, ,394, 基 本 金 組 入 額 43, , , 消 費 収 入 合 計 1,207, ,185, ,214, ,219, ,394, 支 出 の 部 人 件 費 支 出 704, , , , , 教 育 研 究 経 費 支 出 425, , , , , (うち 減 価 償 却 額 ) (191,706)(15.3)(190,414)(16.1)(190,782)(14.8)(195,224)(15.3)(186,976)(13.4) (9.8) 管 理 経 費 支 出 128, , , , , (うち 減 価 償 却 額 ) (14,703) (1.2)(12,784) (1.1)(12,930) (1.0)(11,533) (0.9)(10,215) (0.7) (1.1) 借 入 金 利 息 支 出 3, , , , , 資 産 処 分 差 額 128, , , , , 徴 収 不 能 額 1, , , , 予 備 費 消 費 支 出 合 計 1,266, ,232, ,311, ,256, ,367, 当 年 度 消 費 収 支 差 額 59,460 47,533 97,654 36,668 27,206 前 年 度 繰 越 消 費 収 支 超 過 額 470, , , , ,588 基 本 金 取 崩 額 197, ,919 翌 年 度 繰 越 消 費 収 支 超 過 額 529, , , , ,463 人 件 費 依 存 率 人 件 費 比 率 全 国 平 均 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 今 日 の 帰 属 収 支 差 額 比 率 私 学 財 政 大 学 法 人 ( 医 歯 系 を 除 く)23 年 度 消 費 収 支 比 率 教 育 研 究 施 設 設 備 充 実 資 金 の 募 金 について 本 学 は 約 50 年 に 亘 って 食 と 栄 養 に 関 する 教 育 研 究 活 動 を 展 開 し 栄 養 健 康 など 食 生 活 の 分 野 において 社 会 的 貢 献 をしてきましたが 社 会 の 変 遷 は 急 を 告 げ 少 子 高 齢 化 社 会 を 迎 え いまや 介 護 医 療 食 育 食 品 衛 生 食 の 安 全 性 などに 対 応 する 資 質 の 高 い 人 材 が 求 められています 本 学 におきましては こうした 社 会 的 要 望 に 応 え 大 学 と しての 社 会 的 責 任 を 果 たすためには 教 育 研 究 の 更 なる 高 度 化 推 進 を 図 る 必 要 があり 教 育 研 究 環 境 整 備 充 実 が 急 務 となっています しかし 少 子 化 などの 影 響 で 学 生 定 員 割 れなどにより 私 学 財 政 は 厳 しさが 増 してきています 施 設 設 備 充 実 に 充 当 する 資 金 には 学 生 納 付 金 国 庫 補 助 金 な どには 限 度 があるので 資 金 の 相 当 部 分 は 在 学 生 保 護 者 教 職 員 卒 業 生 民 間 企 業 など 学 園 関 係 者 からの 寄 附 金 に 依 存 せざるをえないのが 実 情 です 新 政 権 が 誕 生 し 新 経 済 金 融 政 策 を 打 出 し 経 済 不 況 から 脱 却 が 試 みられていますが 未 だ 先 行 き 不 透 明 で 諸 事 ご 多 端 のところ 誠 に 恐 縮 に 存 じますが 事 情 ご 賢 察 の 上 何 卒 寄 附 金 にご 協 力 下 さいますようお 願 い 申 し 上 げます なお 寄 附 金 には 所 得 税 法 上 の 所 得 控 除 が 適 用 されて いますが 平 成 23 年 度 所 得 税 法 の 改 正 により 寄 附 金 控 除 に 減 免 額 の 大 きい 税 額 控 除 が 導 入 され 一 定 の 要 件 を 満 た した 学 校 法 人 を 税 額 控 除 対 象 法 人 として 文 部 科 学 省 が 認 定 することになりました 一 定 の 要 件 とは 過 去 5 年 間 で 3000 円 以 上 の 寄 附 を 行 った 寄 付 者 の 数 が 年 平 均 100 件 以 上 となっていますので できるだけ 多 数 の 人 が 寄 付 者 となっ て 早 期 にこの 要 件 を 満 たし 認 定 法 人 となり 恒 常 的 に 有 利 な 寄 附 金 活 動 を 行 って 実 績 を 高 め 維 持 継 続 できる 体 質 を 構 築 したいと 考 えます 募 金 要 項 1. 目 的 : 教 育 研 究 施 設 設 備 拡 充 資 金 に 充 当 するため 2. 募 金 目 標 額 :2 千 5 百 万 円 3. 寄 付 金 額 :1 口 5 千 円 ( 2 口 以 上 をお 願 いします) 4. 募 集 期 間 : 平 成 26 年 3 月 25 日 ( 火 )まで 5. 申 込 書 振 込 方 法 : 本 学 園 所 定 の 用 紙 をご 利 用 ください この 寄 付 金 は 任 意 ではありますが 何 卒 ご 協 力 くださる ようお 願 いいたします この 募 金 は 税 法 上 所 得 税 の 寄 附 金 所 得 控 除 の 対 象 となります ( 詳 細 については 同 封 の 税 制 上 の 優 遇 処 置 ( 寄 付 金 控 除 ) をご 覧 になるか または 財 務 課 募 金 係 までお 問 合 わせください ) お 問 い 合 わせ ご 連 絡 は 下 記 にお 願 いします 学 校 法 人 東 京 聖 栄 大 学 事 務 局 財 務 課 募 金 係 TEL 募 金 受 入 状 況 平 成 17 年 度 以 降 24 年 度 までの 募 金 受 入 状 況 は 下 表 のとお りです この 募 金 は 別 口 座 にて 積 み 立 てられ 募 金 の 趣 旨 に 則 り 教 育 研 究 施 設 設 備 充 実 のために 有 意 義 に 活 用 させていただきます 年 度 申 込 件 数 金 額 ( 円 ) 平 成 17 年 度 33 3,150, 年 度 41 3,750, 年 度 32 2,700, 年 度 27 2,500, 年 度 17 1,600, 年 度 54 6,465, 年 度 50 6,790, 年 度 110 7,910,000 総 計 ,865,000 14

15 東 京 聖 栄 大 学 附 属 わたなべ 幼 稚 園 だより わたなべ 幼 稚 園 の 今 年 のテーマは 近 隣 の 小 学 生 のお 兄 さん お 姉 さん お 年 寄 りとの 交 流 など 地 域 との 密 接 な 関 わりを 通 して 園 児 たちにも 社 会 との 繋 がりを 感 じとっていただくことです その 一 環 として 年 長 組 では 特 別 養 護 老 人 ホーム 初 富 の 里 へふれあい 訪 問 に 行 ってきました 初 めての 訪 問 で 最 初 のうちはどんな 関 わりをしたら 良 いのか 戸 惑 っていましたが 歌 や 手 遊 びでその 場 がなごみ 笑 顔 でお 年 寄 りと 接 する 姿 が 見 られました それ を 見 たお 年 寄 りも 心 を 開 いていただけたようで 昔 の 遊 びのお 話 や 手 遊 びのことなどを 教 えていた だき 愉 しいひと 時 を 過 ごしてきました 園 児 たちに 養 わせたいコミュニケーション 能 力 とは 自 分 の 要 求 や 主 義 主 張 をきちんと 言 えること だけではなく 周 りの 方 との 会 話 もできるように なることです 幼 稚 園 では この 取 り 組 みの 一 つに 挨 拶 の 大 切 さを 教 えています 園 児 たちはとっても 素 直 な 気 持 ちでどんどん 挨 拶 を 実 行 しています 幼 稚 園 には 見 学 に 来 られる 方 園 児 がお 世 話 になる 方 など 様 々な 方 が 訪 れます その 時 の 園 児 の 元 気 な 挨 拶 には とっても 明 るい 幼 稚 園 ですね とお 褒 めの 言 葉 をいた だいています 東 京 聖 栄 大 学 附 属 調 理 師 専 門 学 校 だより 就 職 相 談 会 7 月 31 日 ( 水 )に 就 職 相 談 会 が 実 施 されました 経 営 コンサルタントでもある 鶴 田 慎 一 先 生 を 講 師 に 招 き 飲 食 店 を 取 り 巻 く 環 境 と 就 職 に 対 する 心 構 え につい ての 講 話 を 聞 いた 後 移 動 ブース 形 式 による 卒 業 生 との 個 別 相 談 会 を 実 施 しました 卒 業 生 にも 多 数 参 加 してい ただき 在 校 生 も 皆 真 剣 に 卒 業 生 の 話 を 聞 き 今 後 の 就 職 活 動 の 参 考 にしていました また 平 成 23 年 度 より 受 け 入 れを 開 始 した 東 京 聖 栄 大 学 との 連 携 に 伴 う 調 理 技 術 研 修 学 生 も3 年 次 にも 関 わらず 積 極 的 に 参 加 し 将 来 の 就 職 先 の1つとして 考 える 調 理 分 野 についての 理 解 を 深 めていました さらに 就 職 相 談 会 終 了 後 は 卒 業 生 と 教 職 員 による 懇 親 会 を 実 施 し 情 報 交 換 を 行 いま した なお 今 回 参 加 いただいた 卒 業 生 の 就 職 先 は 下 記 の 通 りです 2013 年 度 就 職 相 談 会 参 加 企 業 ( 順 不 同 ) オリエンタルホテル/ 東 京 ガーデンパレ ス/ 聘 珍 樓 /オザミ デ ヴァン/コン ラッド 東 京 / 日 本 給 食 / 伊 豆 榮 / 東 京 エ アポートレストラン/ 船 橋 中 央 病 院 / 天 津 飯 店 / 青 戸 福 祉 保 育 園 平 成 26 年 度 東 京 聖 栄 大 学 学 生 募 集 要 項 東 京 聖 栄 大 学 健 康 栄 養 学 部 ( 共 学 )/ 管 理 栄 養 学 科 食 品 学 科 ( 募 集 定 員 は 両 学 科 とも80 名 ) 入 試 区 分 選 抜 方 法 試 験 日 入 試 区 分 選 抜 方 法 試 験 日 指 定 校 制 推 薦 入 試 面 接 調 査 書 一 般 入 試 Ⅰ 期 1 月 28 日 公 募 制 推 薦 入 試 Ⅰ 期 一 般 入 試 Ⅱ 期 学 力 試 験 調 査 書 2 月 2 日 適 性 テスト 面 接 調 査 書 11 月 3 日 公 募 制 特 別 推 薦 入 試 一 般 入 試 Ⅲ 期 2 月 23 日 卒 業 生 子 女 等 推 薦 入 試 適 性 テスト 面 接 志 望 理 由 書 調 査 書 センター 利 用 入 試 Ⅰ 期 - 公 募 制 推 薦 入 試 Ⅱ 期 基 礎 学 力 検 査 面 接 調 査 書 12 月 8 日 センター 利 用 入 試 Ⅱ 期 平 成 26 年 度 大 学 入 試 センター 試 験 成 績 調 査 書 * Ⅱ 期 Ⅲ 期 は 面 接 あり 2 月 20 日 公 募 制 特 別 推 薦 入 試 は 専 門 高 校 総 合 学 科 卒 業 生 選 抜 入 試 です センター 利 用 入 試 Ⅲ 期 3 月 8 日 各 入 試 の 詳 細 は 本 学 ホームページ 又 は 平 成 26 年 度 学 生 募 集 要 項 で 確 認 し 社 会 人 特 別 入 試 筆 記 ( 化 学 ) 小 論 文 面 接 調 査 書 経 歴 書 2 月 2 日 てください 受 験 相 談 会 10/ 26( 土 ) 11/30( 土 ) 開 催 時 間 : 各 回 とも13:00 ~ 16:00 要 予 約 当 日 の 内 容 : 平 成 26 年 度 入 試 の 概 要 説 明 個 別 相 談 施 設 見 学 他 11 月 9 日 ( 土 ) 10 日 ( 日 )は 聖 栄 葛 飾 祭 ( 大 学 祭 )にて 受 験 相 談 コーナーを 開 設 します <お 問 い 合 わせ 先 > 入 試 広 報 課 TEL: ( 直 通 ) 15

16 大 学 トピックス 日 本 食 育 学 会 第 1 回 総 会 第 7 回 学 術 大 会 開 催 5 月 18 日 ( 土 ) 19 日 ( 日 )に 本 学 に 於 いて 日 本 食 育 学 会 学 術 大 会 が 開 催 された 全 国 の 学 会 員 に 加 えて 葛 飾 一 般 区 民 も 含 め 延 べ 約 400 余 名 の 参 加 を 得 た 一 般 口 頭 発 表 30 題 ポスター 発 表 53 題 計 83 題 と 過 去 にない 発 表 数 で 食 育 の 学 術 と 実 践 活 動 の 両 面 から 活 発 な 討 議 と 意 見 交 換 がなされた 葛 飾 区 日 本 栄 養 士 会 全 国 栄 養 士 養 成 施 設 協 会 栄 養 改 善 学 会 ならびに 日 本 フードスペシャリスト 協 会 の 後 援 や 企 業 協 賛 も 得 た 基 調 講 演 はお 茶 の 水 女 子 大 学 名 誉 教 授 本 間 清 一 氏 また 特 別 講 演 は 癌 研 究 大 家 順 天 堂 大 学 医 学 部 教 授 樋 野 興 夫 氏 を 招 き 内 容 の 深 い 講 演 会 となった さらにかつしかフォーラム2013 葛 飾 区 の 地 域 食 文 化 と 食 育 の 実 践 と 題 し 葛 飾 区 郷 土 と 天 文 の 博 物 館 学 芸 員 谷 口 榮 氏 葛 飾 区 保 健 所 健 康 推 進 課 栄 養 推 進 担 当 係 長 藤 野 秀 市 氏 本 学 准 教 授 新 村 眞 由 美 氏 の3 名 によるプレゼンテーション 食 育 学 会 長 中 村 靖 彦 氏 がコメンテーターとして 活 躍 し 注 目 を 集 めるフォーラムとなった また 葛 飾 区 および 本 学 食 育 展 示 ブースや 葛 飾 区 物 産 店 などにも 多 数 の 学 会 員 や 区 民 が 訪 れ 盛 況 のうちに 幕 を 閉 じた Student's view 新 小 岩 駅 北 口 楽 しい 音 楽 会 と 夏 の 夜 店 祭 り への 参 加 4FA 臼 井 俊 祐 8 月 17 日 ( 土 ) 18 日 ( 日 )にJR 新 小 岩 駅 北 口 広 場 に 於 い て 開 催 された 新 小 岩 第 6 自 治 会 主 催 楽 しい 音 楽 会 と 夏 の 夜 店 祭 り に 参 加 し 小 松 菜 入 り 焼 きそば の 販 売 を 行 った 本 学 からは 毎 年 参 加 協 力 をしているが 今 年 は 下 級 生 からの 参 加 も 多 く また 多 数 の 来 場 者 があった 当 日 の 運 営 では 軌 道 に 乗 るまでは 戸 惑 いながらも 時 間 が 経 つにつれてスムーズに 対 応 する 事 ができ 学 生 間 の 結 束 も 強 まった また 毎 年 購 入 してくれている 方 やお 褒 めの 言 葉 をかけて 下 さる 方 と 接 することができ 楽 しみながら 参 加 する 事 がで きた 来 年 以 降 は 今 年 の 売 り 上 げ 等 を 参 考 に スムーズに 実 施 できるようにし より 地 域 の 方 との 交 流 を 深 められるように したい 発 行 東 京 聖 栄 大 学 東 京 都 葛 飾 区 西 新 小 岩 TEL: ( 代 ) URL 16

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 )

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 ) 2014 年 5 月 大 東 文 化 大 学 ギタークラブ&OB 会 ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~ishizaki/ ギタークラブ 創 立 50 周 年 記 念 祝 賀 会 50 周 年 記 念 祝 賀 会 参 加 者 ( 平 成 25 年 6 月 15 日 於 板 橋 キャンパス) 多 数 のOBの 皆 さまとそのご 家 族 にご 出 席 いただきました 太

More information

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう 2013 年 (H25 年 )5 月 19 日 ( 日 ) 第 64 号 発 行 長 野 県 松 本 ろう 学 校 同 窓 会 同 窓 会 第 68 回 定 期 総 会 開 催 の 報 告 去 る 3 月 23 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 松 本 市 総 合 社 会 福 祉 センターにて 第 68 回 定 期 総 会 が 開 催 されました 出 席 者 ( 会 員 来 賓 賛 助 会 員

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

平成25年度 事業報告書

平成25年度 事業報告書 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 2 6 年 5 月 2 3 日 理 事 会 評 議 員 会 学 校 法 人 八 戸 工 業 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 の 概 要 P1 ( 教 職 員 の 概 要 含 む) 2. 役 員 評 議 員 の 概 要 P3 3. 設 置 する 学 校 の 教 育 研 究 等 の 概 要 P4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E937892CA8FED918D89EF>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E937892CA8FED918D89EF> 平 成 25 年 度 通 常 総 会 議 案 日 時 : 平 成 25 年 4 月 26 日 ( 金 ) 15 時 00 分 場 所 : 宮 崎 建 友 会 館 大 会 議 室 宮 崎 地 区 建 設 業 協 会 総 会 次 第 1. 開 会 のことば 2. 会 長 あいさつ 3. 議 案 審 議 第 1 号 議 案 平 成 24 年 度 事 業 報 告 及 び 収 支 決 算 承 認 の 件 第

More information

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4>

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4> 平 成 2 4 年 度 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 役 員 会 議 案 書 日 時 平 成 2 4 年 8 月 1 1 日 ( 土 ) 1 0 時 0 0 分 ~ 場 所 岐 阜 都 ホ テ ル 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 次 第 1. 会 長 挨 拶 2. 大 学 出 席 者 紹 介 大 学 近 況 報 告 3. 議 事 1 平 成 2 3 年 度 事 業 報 告

More information

年 度 昭 和 41 年 1966 昭 和 42 年 1967 昭 和 43 年 1968 昭 和 44 年 1969 昭 和 45 年 19 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国

年 度 昭 和 41 年 1966 昭 和 42 年 1967 昭 和 43 年 1968 昭 和 44 年 1969 昭 和 45 年 19 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国 年 度 昭 和 36 年 1961 昭 和 37 年 1962 昭 和 38 年 1963 昭 和 39 年 1964 昭 和 40 年 1 会 長 安 孫 子 清 水 (1 回 卒 ) 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国 井 悌 二 (2 回 卒 ) 副 会 長 竹 谷 音 次 郎 (4 回 卒 ) 同 左

More information

<30308A7795F1955C8E86202E6169>

<30308A7795F1955C8E86202E6169> 弘 前 大 学 学 報 リンゴとチューリップのフェスティバル 第 98 号 平 成 24 年 5 月 号 目 次 学 内 ニュース 医 用 システム 開 発 マイスター 養 成 塾 成 果 発 表 会 を 開 催 1 2012 年 度 留 学 説 明 会 を 開 催 2 リンゴとチューリップのフェスティバル を 開 催 3 世 の 中 講 座 in 弘 前 大 学 を 開 催 4 文 部 科 学 省

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

各 大 会 での での 成 績 (その) 昨 年 も 数 多 くの 大 会 に 現 役 部 員 が 出 場 し 好 成 績 を 残 しました, 年 生 も 着 実 に を 伸 ばして おり 今 後 の 更 なる 活 躍 が 楽 しみです 第 回 早 慶 定 期 戦 kg 級 kg 級 kg 級 kg

各 大 会 での での 成 績 (その) 昨 年 も 数 多 くの 大 会 に 現 役 部 員 が 出 場 し 好 成 績 を 残 しました, 年 生 も 着 実 に を 伸 ばして おり 今 後 の 更 なる 活 躍 が 楽 しみです 第 回 早 慶 定 期 戦 kg 級 kg 級 kg 級 kg 平 成 年 月 日 クラブニュース 稲 門 ウェイトリフティングクラブ URL:htp://www.ocn.ne.jp/~twc/ 底 冷 えの 残 る 毎 日 ですが OBの 皆 様 におかれましては いかがお 過 ごしでしょうか さて 既 にご 存 知 の 方 もいらっしゃると 思 いますが 我 が 部 は 今 年 創 部 周 年 を 迎 えます 知 命 とは 論 語 の 言 葉 ですが 我 が

More information

1 固 定 資 産 の 取 得 及 び 処 分 並 びに 減 価 償 却 費 及 び 減 損 損 失 累 計 額 の 明 細 有 形 固 定 資 産 ( 償 却 費 損 益 内 ) 当 期 償 却 額 当 期 損 益 内 当 期 損 益 外 建 物 192,312,243 0 0 192,312,2

1 固 定 資 産 の 取 得 及 び 処 分 並 びに 減 価 償 却 費 及 び 減 損 損 失 累 計 額 の 明 細 有 形 固 定 資 産 ( 償 却 費 損 益 内 ) 当 期 償 却 額 当 期 損 益 内 当 期 損 益 外 建 物 192,312,243 0 0 192,312,2 附 属 明 細 書 69 1 固 定 資 産 の 取 得 及 び 処 分 並 びに 減 価 償 却 費 及 び 減 損 損 失 累 計 額 の 明 細 有 形 固 定 資 産 ( 償 却 費 損 益 内 ) 当 期 償 却 額 当 期 損 益 内 当 期 損 益 外 建 物 192,312,243 0 0 192,312,243 44,517,716 4,733,302 - - - 147,794,527

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

Microsoft Word - 1フェンシング.docx

Microsoft Word - 1フェンシング.docx 第 9 回 東 海 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 フェンシング 競 技 平 成 年 月 日 7 日 会 場 大 垣 市 総 合 体 育 館 主 催 東 海 高 等 学 校 体 育 連 盟 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 教 育 委 員 会 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 フェンシング 協 会 後 援 公 益 財 団 法 人 岐 阜 県 体 育 協 会 大 垣 市 教 育 委

More information

農業委員会農政部会議事進行

農業委員会農政部会議事進行 平 成 27 年 第 3 回 奥 州 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 ( 平 成 27 年 5 月 20 日 ) 奥 州 市 農 業 委 員 会 - 0 - 平 成 27 年 第 3 回 奥 州 市 農 業 委 員 会 総 会 議 事 録 平 成 27 年 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 奥 州 市 役 所 前 沢 総 合 支 所 401 大 会 議 室 第 1

More information

平成18年3月14日

平成18年3月14日 平 成 24 年 3 月 14 日 滝 川 市 議 会 議 長 水 口 典 一 様 滝 川 市 長 前 田 康 吉 滝 川 市 教 育 委 員 会 委 員 長 若 松 重 義 滝 川 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 藤 本 清 正 滝 川 市 ほか6 組 合 公 平 委 員 会 委 員 長 小 出 孝 滝 川 市 代 表 監 査 委 員 宮 崎 英 彰 滝 川 市 農 業 委 員 会 会

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

01 表紙・目次

01 表紙・目次 平 成 27 年 松 前 町 議 会 第 4 回 臨 時 会 会 議 録 平 成 27 年 7 月 1 日 開 会 平 成 27 年 7 月 1 日 閉 会 松 前 町 議 会 各 位 会 議 録 の 作 成 にあたっては 誤 りのないよう 留 意 しておりますが 時 間 の 関 係 上 原 稿 校 正 は 初 校 しかできなく 誤 字 脱 字 等 があります ことを 深 くお 詫 び 申 し 上

More information

6 月 15 日 第 6 回 評 議 員 会 開 催 14:30~15:30 於 : 学 士 会 館 評 議 員 現 在 数 15 名 定 足 数 8 名 出 席 者 13 名 で 成 立 出 席 者 生 田 正 治 井 口 洋 夫 上 島 重 二 江 河 利 幸 大 國 昌 彦 大 坪 孝 雄 金

6 月 15 日 第 6 回 評 議 員 会 開 催 14:30~15:30 於 : 学 士 会 館 評 議 員 現 在 数 15 名 定 足 数 8 名 出 席 者 13 名 で 成 立 出 席 者 生 田 正 治 井 口 洋 夫 上 島 重 二 江 河 利 幸 大 國 昌 彦 大 坪 孝 雄 金 平 成 24 年 度 (2012 年 度 ) 事 業 状 況 報 告 書 平 成 24 年 (2012 年 )4 月 1 日 から 平 成 25 年 (2013 年 )3 月 31 日 まで 平 成 24 年 (2012 年 ) 4 月 2 日 平 成 25 年 (2013 年 )1 月 ~ 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 の 間 に 開 催 の セミナー 募 集 応 募 要 項 書

More information

ごあいさつ 弘 前 大 学 理 事 ( 総 務 担 当 ) 加 藤 健 本 学 は 平 成 22 年 度 から 平 成 27 年 度 における 第 2 期 中 期 目 標 期 間 においては 本 学 が 立 地 している 青 森 県 の 特 性 すなわち エネルギーに 関 わる 豊 富 なポテンシ

ごあいさつ 弘 前 大 学 理 事 ( 総 務 担 当 ) 加 藤 健 本 学 は 平 成 22 年 度 から 平 成 27 年 度 における 第 2 期 中 期 目 標 期 間 においては 本 学 が 立 地 している 青 森 県 の 特 性 すなわち エネルギーに 関 わる 豊 富 なポテンシ 財 務 レポート 215 平 成 26 事 業 年 度 弘 前 大 学 HIROSAKI UNIVERSITY - 1 - ごあいさつ 弘 前 大 学 理 事 ( 総 務 担 当 ) 加 藤 健 本 学 は 平 成 22 年 度 から 平 成 27 年 度 における 第 2 期 中 期 目 標 期 間 においては 本 学 が 立 地 している 青 森 県 の 特 性 すなわち エネルギーに 関 わる

More information

1

1 2010 年 度 事 業 報 告 書 (2010 年 4 月 1 日 から2011 年 3 月 31 日 まで) 学 校 法 人 修 道 学 園 1 法 人 の 概 要 1 建 学 の 精 神 修 道 の 歴 史 は 1725( 享 保 10) 年 に 広 島 浅 野 藩 の 藩 校 講 学 所 が5 代 藩 主 浅 野 吉 長 公 によって 創 始 されたことが 淵 源 です 修 道 とは 四 書

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

5 月 27 日 第 58 回 藤 原 セミナー 開 催 ~30 日 セミナー 名 世 界 ネットワークによる 重 力 波 の 観 測 組 織 責 任 者 東 京 大 学 宇 宙 線 研 究 所 黒 田 和 明 教 授 開 催 期 間 5 月 27 日 ~5 月 30 日 (4 日 間 ) 開 催

5 月 27 日 第 58 回 藤 原 セミナー 開 催 ~30 日 セミナー 名 世 界 ネットワークによる 重 力 波 の 観 測 組 織 責 任 者 東 京 大 学 宇 宙 線 研 究 所 黒 田 和 明 教 授 開 催 期 間 5 月 27 日 ~5 月 30 日 (4 日 間 ) 開 催 平 成 21 年 度 (2009 年 度 ) 事 業 状 況 報 告 書 平 成 21 年 (2009 年 )4 月 1 日 から 平 成 22 年 (2010 年 )1 月 3 日 まで 平 成 21 年 (2009 年 ) 4 月 1 日 平 成 22 年 (2010 年 )1 月 から 平 成 23 年 (2011 年 )12 月 の 間 に 開 催 の 藤 原 セミナー の 募 集 開 始

More information

2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 2ページ 相 川 ちひろ 東 京 女 子 体 育 大 学 19 2:36:44 0:24: :20: :45: :51: 清 水 真 由 美 大 東 文 化

2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 2ページ 相 川 ちひろ 東 京 女 子 体 育 大 学 19 2:36:44 0:24: :20: :45: :51: 清 水 真 由 美 大 東 文 化 2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 1ページ 1 217 川 崎 由 理 奈 明 治 大 学 20 2:13:46 0:20:43 1 1:09:57 4 1:30:40 3 0:43:06 6 2 246 名 村 梓 明 治 大 学 22 2:14:11 0:20:43 2 1:08:33 2 1:29:16 1 0:44:55 13 3 225 佐 々 木 舞

More information

そ の 他 二 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 に 関 する 調 査 普 及 宣 伝 連 絡 調 整 及 び 助 成 石 川 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 島 県 石 川 郡 石 川 町 字 松 木 下 88 昭 和 44 年 4 月 日 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業

そ の 他 二 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 に 関 する 調 査 普 及 宣 伝 連 絡 調 整 及 び 助 成 石 川 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 島 県 石 川 郡 石 川 町 字 松 木 下 88 昭 和 44 年 4 月 日 社 会 福 祉 を 目 的 とする 事 業 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 都 道 府 県 社 会 福 祉 法 人 石 川 町 社 会 福 祉 協 議 会 氏 名 加 納 武 夫 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 77 96-7854 福 島 県 石 川 郡 石 川 町 字 松 木 下 88 番 地 電 話 番 号 047-6 - 79 FAX 番 号 047-57

More information

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福 各 教 員 が 有 する 学 位 ( 平 成 27 年 5 月 1 日 現 在 ) 附 属 病 院 所 属 職 名 氏 名 学 位 消 化 管 内 科 講 師 舟 木 康 医 学 博 士 消 化 管 内 科 講 師 海 老 正 秀 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 井 澤 晋 也 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 柳 本 研 一 郎 消 化 管 内 科 助 教 伊 藤 義 紹 医

More information

0000T10黒磯市H●年●月定■1号-目次(初日)

0000T10黒磯市H●年●月定■1号-目次(初日) 平 成 17 年 第 4 回 那 須 塩 原 議 会 定 例 会 会 議 録 目 次 招 集 示 1 会 期 日 程 2 応 招 議 員 3 不 応 招 議 員 3 地 方 自 治 法 第 121 条 の 規 定 に 基 づき 出 席 を 要 求 した 者 の 職 氏 名 3 本 会 議 に 出 席 した 事 務 局 職 員 4 議 案 審 議 結 果 一 覧 表 5 請 願 陳 情 審 議 結 果

More information

Taro-学年便り4月8日号

Taro-学年便り4月8日号 那 須 塩 原 市 立 三 島 中 学 校 第 3 学 年 だより Step by Step 2016.4.8 号 文 責 : 小 森 平 成 28 年 度 が 始 まりました 3 年 生 にとっては 中 学 校 生 活 最 後 の 年 になります 今 年 度 が 生 徒 たちにとって 充 実 した 中 身 の 濃 い1 年 になるよう 3 学 年 職 員 一 同 最 善 を 尽 くしてがんばりますので

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 資 料 創 歴 代 氏 名 在 職 期 氏 名 在 職 期 初 代 田 中 敏 夫 昭 和 37 11 1 ~ 昭 和 41 3 31 11 野 博 司 昭 和 63 4 1 ~ 4 3 31 2 熊 沢 源 三 昭 和 41 4 1 ~ 昭 和 43 3 31 12 渡 辺 良 禎 4 4 1 ~ 8 3 31 3 高 野 出 男 昭 和 43 4 1 ~ 昭 和 45 3 31 13 高 桑 利

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

平 成 23 年 度 全 国 選 抜 テニス 大 会 岡 山 県 予 選 男 子 その1 1R1 3 岡 山 芳 泉 4-1 邑 久 2 1R2 8 岡 山 朝 日 5-0 吉 備 高 原 学 園 7 S1 萓 野 智 洋 2 源 内 浩 之 2 S1 福 武 裕 真 2 加 藤 柚 1 本 郷 淳

平 成 23 年 度 全 国 選 抜 テニス 大 会 岡 山 県 予 選 男 子 その1 1R1 3 岡 山 芳 泉 4-1 邑 久 2 1R2 8 岡 山 朝 日 5-0 吉 備 高 原 学 園 7 S1 萓 野 智 洋 2 源 内 浩 之 2 S1 福 武 裕 真 2 加 藤 柚 1 本 郷 淳 第 34 回 全 国 選 抜 高 校 テニス 大 会 岡 山 県 予 選 平 成 23 年 10 月 29 30 日 1 関 西 7 吉 備 高 原 学 園 関 西 5-0 5-0 岡 山 芳 泉 岡 山 操 山 4-1 関 西 5-0 3-0 3-0 東 岡 山 工 業 3-1 岡 山 一 宮 3-2 3-2 関 西 倉 敷 工 業 3-0 3-2 3-2 3-2 岡 山 朝 日 玉 野 光 南

More information

三 輪 会 長 :それでは 本 部 案 2ページ 5. 報 告 事 項 に 移 ります まず 始 めに 1 平 成 26 年 度 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 事 業 報 告 について 本 部 お 願 い 稲 田 : 本 部 案 2ページをご 覧 ください 事 業 報 告 につきましては 各

三 輪 会 長 :それでは 本 部 案 2ページ 5. 報 告 事 項 に 移 ります まず 始 めに 1 平 成 26 年 度 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 事 業 報 告 について 本 部 お 願 い 稲 田 : 本 部 案 2ページをご 覧 ください 事 業 報 告 につきましては 各 平 成 26 年 度 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 全 日 本 役 員 総 会 議 事 録 日 時 : 平 成 27 年 3 月 3 日 ( 火 )13:00~14:30 場 所 : 岸 記 念 体 育 館 内 101 102 会 議 室 出 席 者 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 会 長 三 輪 康 廣 副 会 長 梶 山 廣 司 関 田 史 保 子 常 任 理 事 村 上 哲 朗 平

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc

Microsoft Word - 20151204定例会(初日).doc 平 成 27 年 松 茂 町 議 会 第 4 回 定 例 会 会 議 録 第 1 日 目 (12 月 4 日 ) 出 席 議 員 1 番 鎌 田 寛 司 2 番 川 田 修 3 番 板 東 絹 代 4 番 立 井 武 雄 5 番 佐 藤 禎 宏 6 番 森 谷 靖 7 番 原 田 幹 夫 8 番 一 森 敬 司 9 番 藤 枝 善 則 10 番 佐 藤 富 男 11 番 佐 藤 道 昭 12 番 春

More information

genkyo

genkyo Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 藤 井 信 吾 市 取 手 市 社 会 福 祉 事 業 団 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 56 歳 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 月 1 日 現 在 3-39 茨 城 県 取 手 市 ゆめみ 野 3 丁 目 3 番 地 1 電 話 番 号

More information

来 の 健 康 に 向 けて 何 ができるのかという 最 大 の 課 題 を 担 っていることを 忘 れ ることなく 学 会 はじめ 関 係 団 体 と 連 携 を 取 りつつ 対 応 していきたい 旨 が 述 べられた 3. 決 定 事 項 (1) 理 事 の 指 名 住 友 会 長 より 第 8

来 の 健 康 に 向 けて 何 ができるのかという 最 大 の 課 題 を 担 っていることを 忘 れ ることなく 学 会 はじめ 関 係 団 体 と 連 携 を 取 りつつ 対 応 していきたい 旨 が 述 べられた 3. 決 定 事 項 (1) 理 事 の 指 名 住 友 会 長 より 第 8 第 1 回 理 事 会 報 告 日 時 平 成 25 年 7 月 3 日 ( 水 ) 午 後 3 時 ~ 同 5 時 5 分 場 所 日 本 歯 科 医 師 会 801 会 議 室 出 席 者 < 会 長 > 住 友 雅 人 < 理 事 > 松 村 英 雄 今 井 裕 井 上 孝 櫻 井 薫 和 泉 雄 一 高 橋 秀 直 中 島 信 也 芦 田 欢 一 大 浦 清 千 田 彰 矢 谷 博 文 栗

More information

建 設 局 下 水 道 河 川 部 調 整 課 下 水 道 課 水 環 境 課 水 質 試 験 所 河 川 課 東 部 方 面 管 事 務 所 管 課 設 備 課 中 浜 工 営 所 田 島 工 営 所 今 福 下 水 処 場 放 出 下 水 処 場 西 部 方 面 管 事 務 所 管 課 設 備

建 設 局 下 水 道 河 川 部 調 整 課 下 水 道 課 水 環 境 課 水 質 試 験 所 河 川 課 東 部 方 面 管 事 務 所 管 課 設 備 課 中 浜 工 営 所 田 島 工 営 所 今 福 下 水 処 場 放 出 下 水 処 場 西 部 方 面 管 事 務 所 管 課 設 備 建 設 局 建 設 局 総 務 部 総 務 課 企 画 課 職 員 課 経 課 管 部 路 政 課 管 課 測 量 明 示 課 自 転 車 対 策 課 工 務 課 設 備 課 道 路 部 調 整 課 道 路 課 橋 梁 課 街 路 課 - 206 - 建 設 局 下 水 道 河 川 部 調 整 課 下 水 道 課 水 環 境 課 水 質 試 験 所 河 川 課 東 部 方 面 管 事 務 所 管 課

More information

招 即 ぞ 慎 採 致 閉 舎 Ⅱ 撤 ハ フ ポ ツ 球 コ ボ 修 休 休 暇 週 老 福 祉 福 祉 福 祉 造 舘 笹 渡 造 舘 笹 渡 造 家 倉 玉 川 家 倉 玉 川 曜 火 火 招 即 休 木 土 休 休 火 休 休 木 最 終 採 程 音 林 両 ~ 字 界 字 清 土 良 字

招 即 ぞ 慎 採 致 閉 舎 Ⅱ 撤 ハ フ ポ ツ 球 コ ボ 修 休 休 暇 週 老 福 祉 福 祉 福 祉 造 舘 笹 渡 造 舘 笹 渡 造 家 倉 玉 川 家 倉 玉 川 曜 火 火 招 即 休 木 土 休 休 火 休 休 木 最 終 採 程 音 林 両 ~ 字 界 字 清 土 良 字 祝 登 壇 致 刊 英 語! サマウ 習 教 英 語 教 科 講 師 個 徒 写 真 央 ウ 習 招 即 ぞ 慎 採 致 閉 舎 Ⅱ 撤 ハ フ ポ ツ 球 コ ボ 修 休 休 暇 週 老 福 祉 福 祉 福 祉 造 舘 笹 渡 造 舘 笹 渡 造 家 倉 玉 川 家 倉 玉 川 曜 火 火 招 即 休 木 土 休 休 火 休 休 木 最 終 採 程 音 林 両 ~ 字 界 字 清 土 良 字 界

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 教 育 委 員 会 定 例 会 議 事 日 程 平 成 18 年 3 月 24 日 日 程 第 1 議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プ ー ル 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 ( 生 涯 学 習 政 策 課 スポーツ 課 ) 日 程 第 2 議 案 第 2 号 小 田 原 市 教 育 委 員 会 事 務

More information

かしわぎ Vol.43

かしわぎ Vol.43 東 京 医 科 大 学 病 院 総 合 相 談 支 援 センターだより 平 成 25 年 7 月 1 日 43 Vol. CONTENTS 小 児 科 就 任 挨 拶 2 脳 神 経 外 科 就 任 挨 拶 2 腎 臓 内 科 就 任 挨 拶 3 高 齢 診 療 科 就 任 挨 拶 3 神 経 内 科 就 任 挨 拶 4 2013 年 ( 平 成 25 年 ) 東 京 医 科 大 学 病 院 市 民

More information

社会福祉法人現況報告書

社会福祉法人現況報告書 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 社 会 福 祉 法 人 名 古 屋 市 熱 田 区 社 会 福 祉 協 議 会 非 公 表 456 - 愛 知 県 名 古 屋 市 熱 田 区 神 宮 三 丁 目 番 5 号 電 話 番 号 5-67 - 875 FAX 番 号 5-67 - 非 公 表 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4

More information

平 成 19 年 度 島 根 県 高 等 学 校 団 体 テニス 選 手 権 兼 第 30 回 全 国 選 抜 高 校 テニス 大 会 島 根 県 予 選 於 : 出 雲 市 真 幸 ケ 丘 公 園 10 月 26 日 ~27 日 1 2 3 4 6 8 9 益 田 翔 陽 高 校 平 田 高 校

平 成 19 年 度 島 根 県 高 等 学 校 団 体 テニス 選 手 権 兼 第 30 回 全 国 選 抜 高 校 テニス 大 会 島 根 県 予 選 於 : 出 雲 市 真 幸 ケ 丘 公 園 10 月 26 日 ~27 日 1 2 3 4 6 8 9 益 田 翔 陽 高 校 平 田 高 校 平 成 19 年 度 島 根 県 高 校 団 体 テニス 選 手 権 兼 第 30 回 全 国 選 抜 高 校 テニス 大 会 島 根 県 予 選 団 体 戦 男 子 登 録 順 位 表 学 校 名 監 督 名 No,1 No,2 No,3 No,4 No,5 No,6 No,7 No,8 No,9 1 安 来 高 校 陶 山 裕 史 梅 林 健 大 2 杉 原 惇 嗣 2 青 砥 雄 太 郎 2

More information

須 甫 母 嗣 村 勇 鹿 裕 波 須 磯 崎 則 為 泊 米 佳 功 嶋 崟 彦 史 久 屋 久 十 九 育 村 富 神 津 モ 五 郷 橋 茂 己 滝 爪 清 両 友 北 孝 波 須 調 整 十 八 元 旦 副 北 孝 洋 常 育 男 佐 臣 通 陽 浦 誠 西 隆 也 史 監 森 樹 評 議

須 甫 母 嗣 村 勇 鹿 裕 波 須 磯 崎 則 為 泊 米 佳 功 嶋 崟 彦 史 久 屋 久 十 九 育 村 富 神 津 モ 五 郷 橋 茂 己 滝 爪 清 両 友 北 孝 波 須 調 整 十 八 元 旦 副 北 孝 洋 常 育 男 佐 臣 通 陽 浦 誠 西 隆 也 史 監 森 樹 評 議 議 検 索 CLICK メジキャ ゃ 気 持 ち 次 P 及 P3 P4 ボティア 情 報 誌 P5 第 5 ミニフェ in P5 レエショ in P6 サ 無 料 法 律 購 助 P6 ナバプレ 高 齢 率 6 8 5 発 議 赤 羽 根 共 同 配 分 須 甫 母 嗣 村 勇 鹿 裕 波 須 磯 崎 則 為 泊 米 佳 功 嶋 崟 彦 史 久 屋 久 十 九 育 村 富 神 津 モ 五 郷 橋

More information

22 鶴 岡 市 鶴 岡 長 谷 川 正 彦 150.00 150.00 水 稲 23 鶴 岡 市 鶴 岡 大 滝 政 好 200.00 100.00 300.00 水 稲 大 豆 メロ ン 24 鶴 岡 市 鶴 岡 阿 部 元 成 50.00 100.00 150.00 水 稲 野 菜 25 鶴

22 鶴 岡 市 鶴 岡 長 谷 川 正 彦 150.00 150.00 水 稲 23 鶴 岡 市 鶴 岡 大 滝 政 好 200.00 100.00 300.00 水 稲 大 豆 メロ ン 24 鶴 岡 市 鶴 岡 阿 部 元 成 50.00 100.00 150.00 水 稲 野 菜 25 鶴 1 鶴 岡 市 鶴 岡 西 郷 農 事 組 合 法 人 4,728.90 2,464.20 7,193.10 水 稲 大 豆 枝 豆 花 卉 2 鶴 岡 市 鶴 岡 齋 藤 健 一 400.00 400.00 水 稲 3 鶴 岡 市 鶴 岡 後 藤 幸 一 100.00 100.00 水 稲 4 鶴 岡 市 鶴 岡 柴 田 正 則 50.00 50.00 100.00 水 稲 メロ ン 5 鶴 岡

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378> 当 社 関 係 (7 月 1 日 付 ) 発 令 ( 前 所 属 ) 氏 名 業 務 監 査 部 課 長 ( 経 営 企 画 部 副 長 ) 寺 本 榮 一 経 営 企 画 部 副 部 長 兼 新 エネ 推 進 プロジェクト( 経 営 企 画 部 グループ 事 業 推 進 室 長 ) 高 橋 進 一 経 営 企 画 部 部 長 ( 営 業 本 部 東 京 本 部 営 業 一 部 部 長 ) 大 沼

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了 No.484 :, 4 席 田 順 株 式 田 自 動 車 代 表 取 締 役 褒 賞 佐 坂 秀 俊 前 東 旅 客 鉄 道 株 式 信 濃 川 発 電 改 善 前 謝 丸 山 秀 授 与 948-88 潟 駅 番 TE55-5 FAX55-44 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UR http:www.tokamachi-cci.or.jp P P P4 P5 P8

More information

平成18年度

平成18年度 平 成 25 年 度 富 士 市 立 高 等 学 校 同 窓 会 総 会 日 時 平 成 25 年 7 月 6 日 ( 土 ) 会 場 富 士 市 立 高 等 学 校 会 議 室 15 時 00 分 同 窓 会 総 会 式 次 第 1 開 会 の 言 葉 2 同 窓 会 長 あいさつ 3 学 校 長 あいさつ 4 来 賓 祝 辞 5 議 案 第 1 号 議 案 平 成 24 年 度 事 業 報 告

More information

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4 月 日 現 在 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 市 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 鹿 児 島 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 89-8 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 山 下 町 5- 電 話 番 号 99 - - 67 FAX 番 号 99 - - 675 ホームペー ジアドレス 代 表 者

More information

平 成 5 年 度 宮 城 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 女 子 学 校 対 抗 常 盤 木 利 府 松 島 9 5 石 巻 5 名 取 多 賀 城 4 亘 理 5 仙 台 4 4 4 5 気 仙 沼 石 巻 好 文 館 6 仙 台 二 6 塩 釜 7 仙 台 一 7 仙 台 商 8

平 成 5 年 度 宮 城 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 女 子 学 校 対 抗 常 盤 木 利 府 松 島 9 5 石 巻 5 名 取 多 賀 城 4 亘 理 5 仙 台 4 4 4 5 気 仙 沼 石 巻 好 文 館 6 仙 台 二 6 塩 釜 7 仙 台 一 7 仙 台 商 8 平 成 5 年 度 宮 城 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 競 技 男 子 学 校 対 抗 学 園 9 5 登 米 5 名 取 利 府 4 仙 台 向 山 5 泉 5 4 4 6 学 院 榴 ヶ 岡 6 4 仙 聖 東 台 和 北 7 仙 台 一 7 大 河 原 商 8 黒 川 6 6 8 岩 ヶ 崎 9 佐 沼 4 9 石 巻 西 仙 台 三 多 賀 城 学 園 5 5 6 仙

More information

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 横 浜 市 立 山 内 中 学 校 横 浜 市 青 葉 区 美 しが 丘 五 丁 目 4 番 地 自 分 を 仲 間 を 積 み 重 ねを 大 切 に! ~ 山 内 中 学 校 平 成 28 年 度 スタート~ 桜 木 にも 新 緑 の 若 葉 が 芽 吹 き 山 内 中 学 校 の 校 庭 にも 若 い 力 が 溢 れています 045(901)0030

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

Microsoft Word - 24年4月(No.636).doc

Microsoft Word - 24年4月(No.636).doc 発 行 所 香 川 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 高 松 市 番 町 2 丁 目 4 番 27-301 号 TEL(087)822-0303 FAX(087)851-1787 http : //www.midorinet-kagawa.or.jp/ 鎌 田 池 ( 坂 出 市 ) 目 次 1. 第 54 回 通 常 総 会 開 催 2~3 2. 第 51 回 土 地 改 良 功 労

More information

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北 学 校 の 沿 革 1 学 校 の 規 模 所 在 地 010-0951 秋 田 市 山 王 三 丁 目 1-24( 秋 田 駅 より 西 方 へ 2.2km) 電 話 018-823-8361 FAX 018-823-8363 校 地 面 積 18 520 m2 ( 運 動 場 面 積 8 910 m2) 校 舎 面 積 7 423 m2 ( 屋 内 運 動 場 面 積 1 959 m2) 学 区

More information

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378>

<30325F8A778D5A8FD089EE8E9197BF816989BA966B89EF8FEA816A2E786C7378> 平 成 26 年 度 あおもり 教 育 フォーラム 下 北 会 場 (H26.10.25) 学 校 紹 介 資 料 県 立 田 名 部 高 等 学 校 P1 県 立 大 湊 高 等 学 校 P2 県 立 大 湊 高 等 学 校 川 内 校 舎 P3 県 立 むつ 工 業 高 等 学 校 P4 県 立 大 間 高 等 学 校 P5 各 県 立 高 校 の 概 要 及 び について 県 立 田 名 部

More information

事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 す 上 で 最 も 大 切 なことは 女 性 の 立 場 に 立 って

事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 す 上 で 最 も 大 切 なことは 女 性 の 立 場 に 立 って 町 長 ふれあい 懇 談 会 すこやか 子 育 てミーティング 平 成 26 年 10 月 24 日 ( 土 ) 開 催 実 施 報 告 作 成 境 町 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会

More information

東 京 桑 野 会 定 期 総 会 開 催 のお 知 らせ 母 校 便 り 東 京 桑 野 会 のメインイベントである 定 期 総 会 と 懇 親 会 を 次 の 通 り 開 催 いたします 多 数 の 同 窓 会 員 の 皆 様 が 参 加 されますようにご 案 内 申 し 上 げ ます 期 日

東 京 桑 野 会 定 期 総 会 開 催 のお 知 らせ 母 校 便 り 東 京 桑 野 会 のメインイベントである 定 期 総 会 と 懇 親 会 を 次 の 通 り 開 催 いたします 多 数 の 同 窓 会 員 の 皆 様 が 参 加 されますようにご 案 内 申 し 上 げ ます 期 日 2012160 00221 3 8 804 画 : 佐 藤 昭 一 (56 期 ) ご 挨 拶 東 京 桑 野 会 会 長 古 川 清 1 桑 野 の 母 校 に 学 んだという 共 通 の 経 験 に 結 ばれた 同 窓 の 親 睦 の 会 であること 2 会 員 はみんな 仲 良 く 相 親 しみ 楽 しい 会 であること 3 何 らかの 意 味 で 会 員 の 頼 りになるような 面 もある

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc 平 成 27 年 3 月 31 日 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 お 知 ら せ 1. 件 名 中 部 地 方 整 備 局 人 事 異 動 について 2. 概 要 平 成 27 年 4 月 1 日 付 の 人 事 異 動 をお 知 らせします 3. 配 布 先 中 部 地 方 整 備 局 記 者 クラブ 名 古 屋 港 記 者 クラブ 4. 解 禁 指 定 なし 5.その 他 本

More information

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 議 会 議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 戸 市 議 団 改 革 水 戸 2 4 6 公 明 党 水 戸 市 議 会 5 5 民 主 社

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 4 月 (1/11ページ) 1 匿 名 埼 玉 県 10,000 4 2 毛 利 学 様 北 海 道 10,000 4 3 嘉 手 納 一 彦 様 沖 縄 県 10,000 2 4 匿 名 兵 庫 県 10,000 1 5 牧 野 稔 海 様 埼 玉 県 10,000 1 6 藤 井 志 保 子 様 埼 玉 県 10,000 3 7 山 崎 弘 之 様 千 葉 県 10,000 3

More information

1. 募 集 人 員 ( 全 日 制 ) 第 1 年 課 程 約 20 名 ( 男 子 ) 約 40 名 ( 女 子 ) 2. 出 願 者 資 格 (1)2014 年 3 月 中 校 卒 業 見 込 の 者 (2) 中 校 を 卒 業 した 者 又 は 本 校 において 中 校 を 卒 業 した 者

1. 募 集 人 員 ( 全 日 制 ) 第 1 年 課 程 約 20 名 ( 男 子 ) 約 40 名 ( 女 子 ) 2. 出 願 者 資 格 (1)2014 年 3 月 中 校 卒 業 見 込 の 者 (2) 中 校 を 卒 業 した 者 又 は 本 校 において 中 校 を 卒 業 した 者 同 志 社 香 里 高 等 校 2014 年 度 入 試 説 明 会 資 料 本 校 の 特 色 同 志 社 香 里 中 校 高 等 校 は1951( 昭 和 26) 年 校 法 人 同 志 社 の 中 等 教 育 機 関 と して 誕 生 し 2011 年 度 に 創 立 60 周 年 を 迎 えました 本 校 は 校 章 が 象 徴 するとおり 知 育 徳 育 体 育 の 円 満 な 人 格 の

More information

<5461726F2D95BD90AC3233944E91E6825189F197D58E9E89EF81698F898B63>

<5461726F2D95BD90AC3233944E91E6825189F197D58E9E89EF81698F898B63> 平 成 23 年 第 2 回 今 金 町 議 会 臨 時 会 第 1 号 及 び 第 1 号 の1 平 成 23 年 5 月 9 日 ( 月 ) 〇 第 1 号 - 議 事 日 程 1 仮 議 席 の 指 定 について 2 選 挙 第 1 号 議 長 の 選 挙 について 〇 第 1 号 の1- 議 事 日 程 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 について 2 会 期 の 決 定 について

More information

発 行 所

発 行 所 発 行 所 香 川 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 高 松 市 番 町 二 丁 目 4 番 27-301 号 TEL(087)822-0303 FAX(087)851-1787 http : //www.midorinet-kagawa.or.jp/ 桃 畑 ( 丸 亀 市 飯 山 町 ) 目 次 1. 第 58 回 通 常 総 会 開 催 2~3 2. 第 55 回 土 地 改 良

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

50. 3.28 50. 4. 1 50. 4.25 留 萌 管 内 教 育 実 践 表 彰 受 賞 第 6 代 校 長 山 本 忠 雄 22 学 級 編 制 ( 特 学 2) 生 徒 数 844 名 体 育 文 化 活 動 後 援 会 設 立 51. 4. 1 52. 4. 1 53. 4. 1

50. 3.28 50. 4. 1 50. 4.25 留 萌 管 内 教 育 実 践 表 彰 受 賞 第 6 代 校 長 山 本 忠 雄 22 学 級 編 制 ( 特 学 2) 生 徒 数 844 名 体 育 文 化 活 動 後 援 会 設 立 51. 4. 1 52. 4. 1 53. 4. 1 Ⅰ 本 校 の 概 要 1 沿 革 の 概 要 25. 5. 1 25. 5.13 25. 5.13 26. 3.26 26. 4. 1 26. 5. 1 27. 4. 1 27.12.20 28. 4. 1 29. 3.21 29. 4. 1 29.10.22 29.12.20 30. 4. 1 31. 4. 1 32. 4. 1 33. 4. 1 34. 2.20 34. 4. 1 34. 7.

More information

12月広報(最終).indd

12月広報(最終).indd 流 封 択 払 請 求 始 々 謝 米 就 農 栽 培 野 菜 L ピ ョ 携 航 空 購 産 観 光 故 郷 超 控 控 治 極 億 突 破 昨 東 京 都 秋 葉 ェ 催 降 東 ニ 謝 祭 謝 趣 旨 賛 封 販 売 促 趣 旨 賛 極 苦 じ 誠 配 更 配 調 整 則 店 店 工 航 空 観 光 振 興 滞 細 魅 信 令 違 反 価 米 季 野 菜 ね ぎ ハ ョ ソ 菓 詰 適 右 記

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

清掃一部事務組合定例会(目次)

清掃一部事務組合定例会(目次) 平 成 27 年 第 2 回 東 京 二 十 三 区 清 掃 一 部 事 務 組 合 議 会 定 例 会 会 議 録 目 次 期 日 1 場 所 1 出 席 議 員 1 欠 席 議 員 1 出 席 説 明 員 1 出 席 議 会 事 務 局 職 員 2 議 事 日 程 2 追 加 議 事 日 程 2 議 員 の 異 動 4 開 会 開 議 4 異 動 議 員 の 仮 議 席 の 指 定 4 日 程

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

社会福祉法人 慶寿会 定款

社会福祉法人 慶寿会 定款 社 会 福 祉 法 人 慶 寿 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスが その 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 するこ とにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

事業計画

事業計画 平 成 22 年 度 事 業 計 画 平 成 22 年 5 月 6 日 1. の 充 実 (1) 会 員 の 増 員 に 向 けて 会 員 数 452 名 ( 平 成 22 年 5 月 6 日 現 在 ) 前 年 度 末 日 +17 名 新 入 職 者 への 入 会 勧 誘 の 実 施 臨 床 系 教 授 加 入 率 100%を 目 指 す (2) 医 師 会 費 の 徴 収 金 額 について 添

More information

平成12年度第1回工学会評議員会報告

平成12年度第1回工学会評議員会報告 平 成 18 年 度 第 2 回 工 学 会 評 議 員 会 報 告 去 る 平 成 19 年 3 月 10 日 ( 土 )の 平 成 18 年 度 第 2 回 評 議 員 会 において 下 記 の 通 り 報 告 並 び に 決 議 されましたので ご 報 告 いたします 記 報 告 事 項 平 成 18 年 度 各 担 当 者 より 事 業 報 告 会 計 報 告 等 があった 決 議 事 項

More information

10第2回定例会(3月)巻末文書

10第2回定例会(3月)巻末文書 平 成 18 年 第 2 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議 録 平 成 18 年 3 月 9 日 平 成 18 年 3 月 22 日 開 会 閉 会 香 美 市 議 会 平 成 1 8 年 第 2 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 1 8 年 3 月 9 日 木 曜 日 平 成 18 年 第 2 回 香 美 市 議 会 定 例 会 会 議 録 (

More information

会 を 開 催 しました 会 議 では 中 井 会 長 が 議 長 となり 公 益 社 団 法 人 山 梨 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 推 薦 の 市 川 三 千 雄 氏 の 理 事 選 任 の 件 について 審 議 承 認 しま した 7 月 22 日 ( 金 ) 第 5 回 理 事

会 を 開 催 しました 会 議 では 中 井 会 長 が 議 長 となり 公 益 社 団 法 人 山 梨 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 推 薦 の 市 川 三 千 雄 氏 の 理 事 選 任 の 件 について 審 議 承 認 しま した 7 月 22 日 ( 金 ) 第 5 回 理 事 第 2 6 9 号 H.28.8.1 公 益 社 団 法 人 首 都 圏 不 動 産 公 正 取 引 協 議 会 102-0083 東 京 都 千 代 田 区 麹 町 1-3 03-3261-3811 URL (ニッセイ 半 蔵 門 ビル3 階 ) FAX03-3261-3933 http://www.sfkoutori.or.jp 7 月 1 日 ( 金 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 流

More information

大 会 競 技 役 員 大 会 名 誉 会 長 松 本 善 雄 大 会 名 誉 副 会 長 大 会 顧 問 太 宰 雄 一 郎 鈴 木 三 郎 武 林 和 彦 田 中 健 治 櫻 井 藤 雄 大 会 相 談 役 藤 島 正 弘 大 会 会 長 菊 地 浩 大 会 副 会 長 我 妻 勇 大 槻 清

大 会 競 技 役 員 大 会 名 誉 会 長 松 本 善 雄 大 会 名 誉 副 会 長 大 会 顧 問 太 宰 雄 一 郎 鈴 木 三 郎 武 林 和 彦 田 中 健 治 櫻 井 藤 雄 大 会 相 談 役 藤 島 正 弘 大 会 会 長 菊 地 浩 大 会 副 会 長 我 妻 勇 大 槻 清 第 20 回 宮 城 県 中 学 生 空 手 道 選 手 権 大 会 第 24 回 全 国 中 学 生 空 手 道 選 手 権 大 会 宮 城 県 予 選 会 期 日 平 成 28 年 6 月 19 日 ( 日 会 場 名 取 市 民 体 育 館 主 催 宮 城 県 空 手 道 連 盟 大 会 競 技 役 員 大 会 名 誉 会 長 松 本 善 雄 大 会 名 誉 副 会 長 大 会 顧 問 太 宰

More information

委員会委員一覧(2013年9月現在)

委員会委員一覧(2013年9月現在) 一 般 財 団 法 人 日 本 消 化 器 病 学 会 委 員 会 委 員 一 覧 (2013 年 9 月 現 在 ) 管 理 部 門 財 団 企 画 委 員 会 ( 職 務 ) 理 事 会 の 下 部 組 織 として 本 学 会 財 団 の 運 営 全 般 に 関 する 事 項 を 担 当 する 担 当 理 事 ( ) 菅 野 健 太 郎 委 員 岡 崎 和 一 金 子 周 一 木 下 芳 一 下

More information

テニス ( 平 成 24 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 愛 媛 県 予 選 ( 男 子 団 体 対 戦 表 1) 1R1 2 大 洲 1-2 松 山 城 南 3 2R1 1 新 田 3-0 松 山 城 南 3 2R9 21 今 治 西 3-0 松 山 工 23

テニス ( 平 成 24 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 愛 媛 県 予 選 ( 男 子 団 体 対 戦 表 1) 1R1 2 大 洲 1-2 松 山 城 南 3 2R1 1 新 田 3-0 松 山 城 南 3 2R9 21 今 治 西 3-0 松 山 工 23 テニス ( 平 成 24 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 愛 媛 県 予 選 ( 男 子 団 体 ) 1 新 2 大 3 松 山 城 4 今 治 明 5 新 居 浜 6 東 7 松 北 中 8 愛 9 弓 10 大 洲 11 松 山 12 北 宇 13 今 治 14 小 15 明 徳 矢 16 西 条 17 土 18 三 19 伊 予 20 松 山 田 今 治 西

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この 基 金 だより 重 要 なお 知 らせ 事 業 主 並 びに 加 入 員 の 皆 さまへ 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 は 方 針 を 議 決 しました 日 頃 より 当 基 金 の 事 業 運 営 にご 理 とご 協 力 をいただき 感 謝 申 し 上 げます さて 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 旨 とする 厚 生 年 金

More information

鶴 見 大 学 硬 式 野 球 部 後 援 会 総 会 配 布 資 料 役 員 会 次 第 (1) 鶴 見 大 学 硬 式 野 球 部 2014 年 春 季 秋 季 リーグ 戦 試 合 日 程 結 果 (2) 学 校 法 人 総 持 学 園 獅 子 ヶ 谷 グラウンド 室 内 練 習 場 完 成 (

鶴 見 大 学 硬 式 野 球 部 後 援 会 総 会 配 布 資 料 役 員 会 次 第 (1) 鶴 見 大 学 硬 式 野 球 部 2014 年 春 季 秋 季 リーグ 戦 試 合 日 程 結 果 (2) 学 校 法 人 総 持 学 園 獅 子 ヶ 谷 グラウンド 室 内 練 習 場 完 成 ( 平 成 27 年 度 鶴 見 大 学 硬 式 野 球 部 後 援 会 総 会 次 第 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 ( 木 )17:30~ 場 所 鶴 見 大 学 会 館 地 下 1 階 第 三 会 議 室 次 第 開 会 の 辞 司 会 本 萱 会 長 挨 拶 新 井 会 長 < 議 事 > 議 長 新 井 会 長 1. 平 成 26 年 度 鶴 見 大 学 硬 式 野 球 部 活

More information

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲 1 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 碑 前 祭 について 日 時 : 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 10 時 から 場 所 : 浜 松 基 地 南 地 区 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 前 102813 TEL437-5635 平 成 27 年 度 浜 松 つばさ 会 総 会 行 事 を 開 催 浜 松 つばさ 会 は 平 成 27 年 度 総 会 行 事 (

More information

粋 vol. 誠 ざ 躍 接 変 嬉 貴 盛 運 営 じ 役 強 へ 賜 察 致 足 経 緯 少 触 夏 妻 他 へ 習 意 向 店 店 言 グ リ ツ リ ズ ム 環 農 園 実 施 京 西 等 都 参 多 多 画 約 超 参 容 画 m 畑

粋 vol. 誠 ざ 躍 接 変 嬉 貴 盛 運 営 じ 役 強 へ 賜 察 致 足 経 緯 少 触 夏 妻 他 へ 習 意 向 店 店 言 グ リ ツ リ ズ ム 環 農 園 実 施 京 西 等 都 参 多 多 画 約 超 参 容 画 m 畑 務 局 央 道 北 昭 和 広 告 社 TEL 粋 vol. 粋 vol. www.showa-ad.co.jpchibasoba 秋 満 産 声 十 美 浜 ホ テ グ リ タ ワ 幕 張 階 イ デ パ 於 祝 賀 々 招 代 表 席 総 勢 席 盛 午 腰 副 辞 始 挨 拶 鵜 飼 良 熊 谷 俊 等 御 祝 辞 美 術 常 任 神 谷 紀 雄 乾 杯 金 専 務 経 過 報 告 味 線 藤

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

ごあいさつ 平 素 より 奈 良 県 立 医 科 大 学 の 教 育 研 究 診 療 活 動 へご 理 解 とご 支 援 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 本 学 は 昭 和 20 年 設 立 の 奈 良 県 立 医 学 専 門 学 校 を 前 身 に 昭 和 23 年 に 旧 制 医

ごあいさつ 平 素 より 奈 良 県 立 医 科 大 学 の 教 育 研 究 診 療 活 動 へご 理 解 とご 支 援 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 本 学 は 昭 和 20 年 設 立 の 奈 良 県 立 医 学 専 門 学 校 を 前 身 に 昭 和 23 年 に 旧 制 医 Nara Medical University fund prospectus 公 立 大 学 法 人 未 来 への 飛 躍 基 金 ご 寄 附 のお 願 い ごあいさつ 平 素 より 奈 良 県 立 医 科 大 学 の 教 育 研 究 診 療 活 動 へご 理 解 とご 支 援 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 本 学 は 昭 和 20 年 設 立 の 奈 良 県 立 医 学 専 門

More information

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を

公 益 事 業 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 業 者 等 との 連 絡 調 整 を Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 社 会 福 祉 法 人 美 照 福 祉 会 氏 名 伊 東 勉 年 齢 / 非 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 66 77-871 徳 島 市 金 沢 一 丁 目 5 番 79-7 号 電 話 番 号 88-664 - 281 FAX 番 号 88-664 - / 非 社 会 福 祉 法 人

More information

祝 竣 工 竣 工 式 典 平 成 26 年 4 月 26 日 一 般 社 団 法 人 江 戸 川 建 設 業 協 会

祝 竣 工 竣 工 式 典 平 成 26 年 4 月 26 日 一 般 社 団 法 人 江 戸 川 建 設 業 協 会 祝 竣 工 竣 工 式 典 平 成 26 年 4 月 26 日 一 般 社 団 法 人 江 戸 川 建 設 業 協 会 竣 工 式 典 次 第 1. 日 時 平 成 26 年 4 月 26 日 ( 土 ) 11 時 30 分 ~ 2. 場 所 協 会 会 議 室 3. 次 第 司 会 松 木 専 務 理 事 内 海 専 務 理 事 (1) 開 会 の 辞 山 内 副 会 長 (2) 会 長 挨 拶

More information

平 成 年 度 東 京 都 混 合 ダブルス 選 手 権 大 会 歳 以 上 の 部 XD () 舟 木 康 司 ( 目 黒 区 ) 吉 開 亮 介 ( 豊 島 区 ) 木 藪 三 枝 ( 武 蔵 野 市 ) 山 崎 志 保 ( 渋 谷 区 ) 古 山 太 一 ( 新 宿 区 ) 中 村 公 司 (

平 成 年 度 東 京 都 混 合 ダブルス 選 手 権 大 会 歳 以 上 の 部 XD () 舟 木 康 司 ( 目 黒 区 ) 吉 開 亮 介 ( 豊 島 区 ) 木 藪 三 枝 ( 武 蔵 野 市 ) 山 崎 志 保 ( 渋 谷 区 ) 古 山 太 一 ( 新 宿 区 ) 中 村 公 司 ( 平 成 年 度 東 京 都 混 合 ダブルス 選 手 権 大 会 一 般 の 部 XD () 宮 本 大 地 ( 青 山 学 院 大 学 ) 中 島 真 実 ( 町 田 市 ) 樋 口 寛 子 ( 葛 飾 区 ) 濱 道 明 日 香 ( 町 田 市 ) 加 藤 淳 一 ( 西 東 京 市 ) 小 林 芳 一 ( 調 布 市 ) 島 野 綾 菜 ( 西 東 京 市 ) 小 林 奈 穂 子 ( 調 布

More information

携 帯 版 式 /mobile KEGAWA Information Station KEGAWA Information Station 緯 - 鯖 - 緯 - 鯖 - 告 決 告 承 割 待 終 戦 迎 過 去 悲 惨 戦 争 振 世 昭 毎 赤 赤 羽 根 歳 末 敬 老 秋 頃 祭 名 氏

携 帯 版 式 /mobile KEGAWA Information Station KEGAWA Information Station 緯 - 鯖 - 緯 - 鯖 - 告 決 告 承 割 待 終 戦 迎 過 去 悲 惨 戦 争 振 世 昭 毎 赤 赤 羽 根 歳 末 敬 老 秋 頃 祭 名 氏 携 帯 版 式 /mobile KEGAWA Information Station KEGAWA Information Station 緯 - 鯖 - 緯 - 鯖 - 転 確 流 求 飛 ゆ 放 雨 天 止 富 親 水 N P 河 青 清 掃 株 式 駐 台 循 庭 ぞ 揮 私 キ ャ チ ズ 未 来 啓 垂 幕 展 求 得 侵 三 台 戸 籍 池 ゴ ベ 届 放 祝 祭 末 KEGAWA Information

More information