編集から 年間行事予定 投稿募集 シドニー日本クラブとは 原稿は 趣旨を変えない範囲で手を 加える場合があります 文字数は最 大1000文字です 投稿原稿は 誌面 や内容 時期などの都合により掲載 を見合わせる場合がありますので ご了承ください シドニ ー 日 本 クラブ JCS は オ ー ストラ

Size: px
Start display at page:

Download "編集から 年間行事予定 投稿募集 シドニー日本クラブとは 原稿は 趣旨を変えない範囲で手を 加える場合があります 文字数は最 大1000文字です 投稿原稿は 誌面 や内容 時期などの都合により掲載 を見合わせる場合がありますので ご了承ください シドニ ー 日 本 クラブ JCS は オ ー ストラ"

Transcription

1 3 0Celebrating 30 years シドニー 日 本 クラブニュースレター JCSだより October 2013 Vol.31 No.9 Issue 348 Print Post Approved PO Box 1690, Chatswood NSW 2057 Phone No. PP /00001 JCS30 周 年 記 念 忘 年 会 のご 案 内 3 総 領 事 館 だより10 小 原 前 総 領 事 離 任 の 挨 拶 5 わいわいサロン10 月 の 案 内 6 親 睦 の 会 9 月 例 会 報 告 と10 月 例 会 の 案 内 8 健 康 レシピ きんぴらパースニップ 9 イベント 案 内 /ペンリス 日 本 文 化 の 日 10 JCS 日 本 語 学 校 だより 15 バイキーおばちゃんの 旅 日 記 6 16 オーストラリアで 家 を 建 てよう10 17 キラリと 光 る Toyoko Sugiwakaさん 18 カウラ 桜 ツアー 報 告 渇 き 今 月 号 はトルコ 出 身 の 陶 芸 家 Canbora Bayraktarさん の 作 品 渇 き カンボラさんはトルコのアナドル 大 学 を 卒 業 後 シドニー 大 学 で 学 士 号 を 修 得 現 在 陶 芸 家 と してトルコ メキシコ オーストラリアで 展 示 会 を 開 催 渇 き は 動 物 たちがその 存 在 を 人 間 に 頼 らなければ ならない 問 題 性 を 定 義 したもの 陶 器 の 鳥 たちは 自 然 界 の 動 物 を 表 し 無 責 任 な 人 間 たちの 行 動 で 水 を 汚 染 され その 上 のどの 渇 きをいやすにはその 人 間 たちが 水 飲 み 場 の 栓 をひねってくれるのを 待 たなけ ればならない 様 子 を 表 したもの 作 品 は 東 洋 の 染 め 付 け 技 術 を 取 り 入 れたイズニク 陶 器 の 影 響 を 受 けて いる ストーンウェア 1280ºC cm ( 和 子 チョーカー)

2 編集から 年間行事予定 投稿募集 シドニー日本クラブとは 原稿は 趣旨を変えない範囲で手を 加える場合があります 文字数は最 大1000文字です 投稿原稿は 誌面 や内容 時期などの都合により掲載 を見合わせる場合がありますので ご了承ください シドニ ー 日 本 クラブ JCS は オ ー ストラリア に住む日本人および日系人家族の親睦を図り オーストラリア社会の一員として日本文化の定 着とその維持に努め また他の諸民族の人た ちとの相互理解の向上を図ります 告知板について 告知板 は会員の方が 売ります 買います 探し 物 教えます など 個人の広告を掲載するコーナー です 会員の方なら 一回に限り無料で掲載できます ので ご利用下さい MOSAIC Japanese Social Group 10月の予定 場所略字 M メインルーム G グループルーム 2日 水 11:30-1:00 4日 金 1:30-3:30 9日 水 11:30-1:00 11日 金 1:30-3:00 16日 水 1:00-2:30 18日 金 1:30-3:30 23日 水 11:30-1:00 25日 金 1:30-3:00 朗読 Recitation 折り紙 Origami 瞑想 Meditation コーラス Choir アート Art Craft 折り紙 Origami 瞑想 Meditation コーラス Choir G M G M M M G M 11月の予定 1日 金 1:30-3:30 6日 水 11:30-1:00 8日 金 1:30-3:00 13日 水 11:30-1:00 15日 金 1:30-3:30 20日 水 10:30-1:00 20日 水 11:30-1:00 24日 金 1:30-3:00 27日 水 11:30-1:00 折り紙 Origami 朗読 Recitation コーラス Choir 瞑想 Meditation 折り紙 Origami 日本料理 Cooking 朗読 Recitation コーラス Choir 瞑想 Meditation M G M G M M G M G 参加申込 原則無料ですが 日本料理とアウティングは 予約と実費支払が必要です また 折り紙とコーラスは 毎回 各人が$2をMOSAICに納めてください 受付 宮下義夫 Tel: Mobile: 折り紙とコーラス問い合わせと受付 MOSAIC Multicultural Centre: 今年の祭りは12月14日 土 皆様 お誘い合わせの上 お集まり下さい 日時 12月14日 土 11時 19時 場所 Tumbalong Park, Darling Harbour 今年もJapan Expoと同時開催で 盛大に催します 出演希望者 出展希望者は JCS事務局までご連絡ください 祭り運営のボランティアスタッフも大募集しています JCS年間行事予定 月 会全体 親睦の会 コミュニティーネット City校 NB校 Dundas校 その他イベント 10月 理事会 2日 例 会 北 極 圏 わいわいサロン 保護者会 12日 始業式 19日 心理カウンセラー Sushi Workshop 29日 本誌発行 7日 到 達 冒 険 談 オープンデー オープンデー セミナー 19日 教育支援委員会 10日 12日 体験授業 21日 26日 19日 19日 セミナー 4日 教員研修会 2日 教員研修会 2日 教員研修会 2日 ペンリス日本文化の日 3日 11月 理事会 6日 例会 16日 本誌発行 4日 委員選出保護者 運動会 9日 TC会議 9日 忘年会 24日 会 9日 2 JCS News October 2013

3 お 知 らせ シドニー 日 本 クラブ30 周 年 記 念 忘 年 会 例 年 シドニー 日 本 人 会 と 合 同 で 開 催 してきました クリスマスパーティー ですが 今 年 はシドニー 日 本 クラブ(JCS)の 創 立 30 周 年 を 迎 えることから JCS 単 独 で 30 周 年 記 念 忘 年 会 として 開 催 することに なりました 今 年 1 年 を 振 り 返 り また 30 周 年 を 祝 い 皆 さんで 楽 しく 想 い 出 に 残 るパーティーにしたいと 思 い ます ぜひ 会 員 のみに 限 らず お 友 達 に 声 をかけられて 多 くの 皆 さんで 楽 しい 忘 年 会 にしたいと 思 い ます 日 時 :2013 年 11 月 24 日 ( 日 )5 時 場 所 :だるまレストラン(Level 1, 8 Quay Street, Haymarket) 参 加 費 : 大 人 55ドル 子 供 (Y1 Y6)25ドル 7 年 生 ( 中 学 1 年 生 ) 以 上 は 大 人 料 金 飲 み 物 は 乾 杯 用 に 最 初 の1 杯 は 参 加 費 に 含 まれていますが それ 以 上 は 各 自 のお 支 払 いでお 願 いし ます なお ワインのみBYOが 可 能 です 定 員 :80 名 内 容 ( 予 定 ): 手 品 ラッフル 抽 選 テーブル 対 抗 トリビアクイズ ダンスなど 申 し 込 み:JCS 事 務 局 まで お 名 前 と 人 数 をお 知 らせください 総 領 事 館 だより 第 10 回 在 シドニー 日 本 国 総 領 事 館 前 総 領 事 小 原 雅 博 7 月 30 日 に 上 海 への 転 勤 を 命 じられ 9 月 5 日 にシ ドニーを 離 れることになりました 3 年 4か 月 に 及 ぶ 在 勤 中 JCSの 皆 様 とは 様 々な 機 会 に 親 しくお 付 き 合 いさせていただき お 陰 様 でシドニーで 充 実 した 日 々を 送 ることができました この 場 を 借 りて 厚 く お 礼 申 し 上 げます 2 年 前 の 東 日 本 大 震 災 は 私 の 任 期 中 で 最 も 心 の 痛 む 出 来 事 でした JCSは 日 本 商 工 会 議 所 や 日 本 人 会 とともに 募 金 活 動 を 行 い 心 温 まる 支 援 を 日 本 に 送 って 頂 きまして 皆 様 の 祖 国 を 思 う 心 に 胸 が 熱 くな りました 改 めて 感 謝 申 し 上 げます JCSは 設 立 以 来 の 様 々な 活 動 が 評 価 され 既 に 2009 年 に 外 務 大 臣 表 彰 を 受 けておられましたが 私 としてもその 貢 献 への 感 謝 の 意 を 込 めて 2012 年 4 月 にチョーカー 会 長 と 宮 下 前 会 長 に 総 領 事 表 彰 を 差 し 上 げることができました 皆 様 の 活 動 を 誇 りに 思 います JCSが 開 始 した 夏 祭 り 今 の 祭 りin Sydney は 今 や 日 本 人 日 系 人 がオールジャパンで 協 力 し 日 本 の 文 化 と 社 会 を 紹 介 し 日 本 のプレゼンスを 示 す 最 大 の 機 会 となりました 祭 りをはじめとして 会 員 一 人 一 人 の 努 力 とチームワークによりJCSが 地 元 に 根 ざ した 活 動 を 行 い 確 固 とした 存 在 感 を 示 しているこ とを 大 変 頼 もしく かつ 心 強 く 思 っています 今 やNSW 州 に 住 む 日 本 人 は3 万 人 を 数 え その 過 半 数 が 永 住 者 です 日 系 社 会 は 他 国 でも 同 様 ですが 日 本 文 化 や 日 本 語 の 継 承 高 齢 化 に 伴 う 問 題 など 多 くの 課 題 を 抱 えています JCSがこうした 課 題 に 向 き 合 い 汗 を 流 されていることに 敬 意 を 表 するとともに 総 領 事 館 としても 何 ができるか 引 き 続 き 真 摯 に 取 り 組 んで 参 りたいと 思 います そうした 気 持 ちもあって 理 事 の 方 々と 相 談 した 結 果 この 総 領 事 館 だより の 連 載 が 始 まり また 理 事 会 親 睦 の 会 等 に 総 領 事 館 員 が 新 たに 出 席 しています JCSと 総 領 事 館 がさらに 緊 密 に 協 力 していくことを 希 望 しています 最 後 になりますが 総 領 事 館 としては 在 留 邦 人 の 方 々の 暮 らしに 役 立 つよう より 良 いサービスの 提 供 に 向 け 鋭 意 努 力 して 参 ります どうぞ 何 なりとご 遠 慮 なくご 指 摘 ご 相 談 頂 きますよう 宜 しくお 願 い 致 します 皆 様 のご 健 勝 とご 繁 栄 を 心 よりお 祈 り 申 し 上 げ 離 任 のご 挨 拶 といたします JCSだより2013 年 10 月 号 3

4 議 事 録 2013 年 9 月 度 理 事 会 議 事 録 日 時 : 9 月 4 日 ( 水 ) 19 時 21 時 20 分 場 所 :Dougherty Community Centre 出 席 : チョーカー 和 子 水 越 有 史 郎 岩 佐 いずみ コステロ 久 恵 新 開 珠 貴 フレーザー 悦 子 吉 田 小 百 合 唐 原 晶 子 平 野 由 紀 子 (レインボープロジェクト 代 表 ) 欠 席 : 林 さゆり 渡 部 重 信 シーハン 宏 子 山 田 朝 子 多 田 将 祐 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 1. レインボープロジェクト 加 入 の 件 3 回 目 が 終 了 し 認 知 度 も 高 まってきた 年 に1 回 の プロジェクトのため NPOの 独 自 登 録 は 難 しい JCS の 傘 下 として 活 動 していきたい JCSのメリットと しては 日 豪 プレスなどへの 記 事 の 掲 載 メディアへの JCSの 認 知 度 も 高 まり 社 会 的 アピールにつながる 活 動 は 福 島 の 復 興 活 動 の 支 援 として 子 どもたち(10 人 まで)をシドニーに 招 致 航 空 運 賃 その 他 経 費 をサ ポートする( 宿 泊 費 はボランティアのホストファミリ ー 負 担 ) 今 後 10 年 ほどは 活 動 を 続 けていく チャリ ティー 口 座 の 使 い 道 を 明 確 にし 記 録 をきちんと 残 す 外 部 監 査 の 会 計 士 費 用 の 負 担 互 いにイベントな どはお 手 伝 いする レインボープロジェクトはJCSの 傘 下 とすること が 承 認 され 活 動 名 称 は JCSレインボープロジェク ト になる ( 参 照 資 料 )https://sites.google.com/site/ sydneyrainbowstay/ 2. Japan Expo & Matsuri in Sydney 2013 浴 衣 を 女 性 用 10 着 男 性 5 着 女 の 子 3 着 男 の 子 2 着 を 購 入 ( 販 売 用 含 む) 浴 衣 コンテスト Japan Expo での 折 り 紙 習 字 剣 玉 JCSブースでの 金 魚 すくいは 11 時 から5 時 までの6 時 間 を3 校 の 担 当 者 で 分 担 綿 菓 子 担 当 は 理 事 +ボランティア 学 校 からは 最 低 6 名 の お 手 伝 いが 必 要 11 時 13 時 Dundas 校 13 時 15 時 City 校 15 時 17 時 NB 校 が 担 当 ボランティアの 浴 衣 の 着 付 けを 宮 本 紀 子 さんにお 願 いする 大 型 スクリーンでの 広 告 : 日 本 人 学 校 から 依 頼 見 込 み 有 データ 作 成 を 依 頼 周 年 記 念 忘 年 会 日 時 :2013 年 11 月 24 日 ( 日 )5 時 場 所 :だるまレストラン 参 加 費 : 大 人 55ドル 子 供 (Y1 Y6)25ドル ( 飲 み 物 1 杯 付 き) 7 年 生 ( 中 学 1 年 生 ) 以 上 は 大 人 料 金 定 員 :80 名 内 容 ( 案 ): 手 品 ラッフル 抽 選 テーブル 対 抗 トリビア クイズ( 渡 部 理 事 ) ダンスなど 司 会 :コステロ 理 事 受 付 : 事 務 局 子 どもメニューの 確 認 ワインBYO 確 認 学 校 関 係 : 周 知 は 各 学 校 より 一 斉 メールにて 行 い 受 付 入 金 は 各 学 校 で 行 う 支 払 方 法 : 振 込 小 切 手 郵 送 4. スピーチコンテスト 報 告 報 告 は 次 回 の 理 事 会 で 行 う 5. 助 成 金 金 額 の 承 認 < 希 望 金 額 > * 親 睦 の 会 :$1,200 例 会 会 場 費 への 助 成 承 認 * 編 集 委 員 会 :$100 年 1 回 開 催 される JCSだより 筆 者 間 の 親 睦 を 目 的 とした 筆 者 の 会 への 助 成 承 認 *コミュニティーネット:$1,000 MOSAICの 会 場 費 $520 セミナーや 電 話 相 談 での 携 帯 電 話 料 セミナー わいわいサロンでのインク 代 切 手 代 ボランティア(デイケアサービス)ランチ 代 承 認 *シドニーソーラン 踊 り 隊 :$200 JCSの 広 告 塔 として 活 躍 衣 装 代 の 一 部 助 成 承 認 * 教 育 関 連 : 年 会 費 $70のうち $15を 学 校 $15を 教 育 支 援 委 員 会 で 分 配 ( 今 後 分 配 比 率 を 見 直 す) 継 承 語 フォーラ ムの 会 場 費 $400の 助 成 グラント 申 請 を 行 う フォ ーラム 開 催 が 決 定 したら 経 費 の 話 し 合 いを 行 う 6. その 他 *Willoughby Council Spring Festival Parade 日 時 :9 月 7 日 ( 土 )10 時 より レモングローブ 裏 に 集 合 親 睦 の 会 とソーラン 踊 り 隊 が 参 加 予 定 *Willoughby Council Stamp Your Passport 日 時 :9 月 30 日 ( 月 )10:30 14:30 内 容 : 習 字 お 手 玉 折 り 紙 剣 玉 *Sushi Workshop 日 程 :10 月 29 日 ( 火 ) Knox Grammar School 90 名 の 生 徒 が 対 象 * 相 談 役 の 就 任 : JCSの 規 模 が 大 きくなり これからも 日 系 団 体 とし て 活 動 していく 場 合 第 一 線 で 活 躍 していた 人 に 相 談 役 としてJCSの 活 動 をサポートして 貰 う この 相 談 役 を 企 業 駐 在 員 の 経 歴 のある 水 野 亮 三 さんにお 願 いした 今 後 日 本 企 業 への 働 きかけなどでサポート して 頂 く 7. 会 員 数 会 計 報 告 総 世 帯 数 :368 世 帯 ( JCS148 世 帯 City 校 120 世 帯 NB 校 51 世 帯 Dundas 校 49 世 帯 ) 会 計 報 告 :$2,096.16( 当 座 預 金 8 月 31 日 現 在 ) 次 回 の 理 事 会 は2013 年 10 月 2 日 ( 水 ) 午 後 7 時 より Dougherty Community Centreにて 開 催 4 JCS News October 2013

5 コミュニティーネット チェサロンへようこそ! 65 歳 以 上 の 日 系 の 方 を 対 象 とした デイ サービス です Chatswoodからの 送 迎 バスに 加 え センター 近 くの 方 には ご 自 宅 への 送 迎 が 可 能 です ( 事 前 にお 問 い 合 せ 下 さい) 初 回 参 加 の 際 のみ 登 録 のための 情 報 が 必 要 となります 開 催 日 :10 月 9 日 ( 水 ) 23 日 ( 水 )( 毎 月 第 2 第 4 水 曜 日 ) 時 間 :10:30am 2:30pm 会 場 :チェサロン アングリケア デイセンター(ロンガヴィル)(Christina & Arabella Streetsの 角 Longueville) 送 迎 バス:Chatswoodモザイク 前 出 発 : 午 前 10 時 ( 時 間 厳 守 )12 Brown Street, Chatswood 参 加 費 :$15( 食 事 送 迎 付 ) 申 込 :ピーコック 京 子 ( ) コミュニティーネット( )/ * 申 込 みとキャンセルは 必 ず 3 日 前 迄 にお 願 いいたします プログラム 内 容 ( 予 定 ): 10 月 9 日 ( 水 ) 午 前 :モーニングティー 発 声 と 腹 式 呼 吸 歌 / 午 後 : 美 容 ( 顔 のマッサージ) 10 月 23 日 ( 水 ) 午 前 :モーニングティー タイチ アロマオイルで 手 のマッサージ/ 午 後 : 情 報 番 組 カラオケなど 1 わいわいサロン 10 月 タイチとアルゼンチンタンゴ 9 月 の タイチとプチせり 市 はお 陰 さまで とても 盛 況 に 終 わりました せり 市 のために 様 々な 形 で 寄 付 をして 下 さった 皆 様 本 当 に 有 難 うございました 10 月 のわいわいサロンは いつも 好 評 な 向 井 津 意 子 さんのタイチで 始 まります お 茶 の 後 はアルゼンチンタンゴです クンパルシータ やホテルヴィクトリアなど 沢 山 の 名 曲 を 生 みました 古 い 歴 史 を 持 つアルゼンチンタンゴは 日 本 とも 長 く 強 い 繋 がりがあり ノスタルジックで 情 緒 豊 かな 曲 は 古 くから 慕 われ 和 製 曲 も 作 られ 世 界 的 に 有 名 な 歌 手 もいます 音 楽 と 共 に 体 もちょっと 動 かしてみまし ょう ご 案 内 くださるのはYoshi 保 坂 さんです 動 き やすい 靴 と 服 装 でいらしてください 皆 様 のご 参 加 をお 待 ちしております 日 時 :10 月 12 日 ( 土 ) 午 後 1 時 4 時 会 場 :MOSAIC Centre(12 Brown Street, Chatswood) 参 加 費 :$5(アフタヌーン ティー 込 み) 申 込 :ゆみ 京 子 * 参 加 を 希 望 される 方 は 事 前 にご 連 絡 ください 年 度 転 ばぬ 先 の 杖 シリーズセミナー 11 月 : 目 の 健 康 について JCSコミュニティーーネットと 連 携 し 多 文 化 コミ ュニティ 相 談 サービスが 開 催 する 転 ばぬ 先 の 杖 セ ミナー 11 月 は 目 の 健 康 についてです 当 日 は 緑 内 障 と 加 齢 黄 斑 変 性 の 専 門 家 を 招 いて 予 防 症 状 そ して 治 療 方 法 を 始 め 目 の 健 康 に 良 い 食 事 療 法 やラ イフスタイル また 定 期 的 検 査 の 重 要 性 などについて もご 説 明 いたします セミナーは 高 齢 者 の 方 または そのケアをしておられる 方 が 優 先 受 付 となります スピーカーは 英 語 で 日 本 語 通 訳 が 入 ります 日 時 :11 月 4 日 ( 月 ) 午 前 10 時 午 後 12 時 30 分 参 加 費 :$5(お 茶 とお 菓 子 込 み) 場 所 :Crows Nest Centre(2 Ernest Place, Crows Nest) St Leonards 駅 から 徒 歩 13 分 (860m) バス 路 線 : M 駐 車 場 :Holtermann Streetのカウンシル 駐 車 場 に 隣 接 少 し 離 れたHume Streetにも 駐 車 場 があり2 時 間 無 料 申 込 : 必 ず10 月 31 日 までに gmail.comか ( 京 子 ) (コミュニティーネット) まで 氏 名 ( 漢 字 でフルネーム) 年 齢 電 話 番 号 参 加 希 望 理 由 を 連 絡 してください ホームページ:http://www37.atwiki.jp/carenetsydney/ 日 本 語 対 応 もしもし 電 話 窓 口 どんな 情 報 を 入 手 できるの? 政 府 機 関 のサービス 内 容 を 調 べることができます 例 えば 芝 刈 り 認 知 症 についてのデイケアなどのサービス 買 い 物 の 付 き 添 いを 頼 みたいなど 毎 日 の 生 活 に 不 自 由 を 感 じて きたらお 気 軽 にお 電 話 ください 日 本 語 対 応 の もしもし 電 話 窓 口 で 情 報 を 得 ることもできます お 気 軽 にご 利 用 ください 使 って 便 利 な 公 共 サービス: 電 話 通 訳 TIS 政 府 機 関 やコミュニティーサービスに 電 話 をかけたい が 英 語 がちょっと という 方 お 気 軽 にTIS( Telephone Interpreter Services)をご 利 用 ください まず TISの 番 号 へかけて Japanese please! と 言 った 後 日 本 語 通 訳 が 出 たら 電 話 をかけたい 政 府 機 関 の 番 号 をお 伝 えく ださい 電 話 を 通 して 三 者 での 会 話 ができます TISは 24 時 間 無 休 ローカルコール 料 金 のみでご 利 用 いただけます JCSだより2013 年 10 月 号 5

6 親 睦 の 会 だより 皆 さんの 地 区 幹 事 A 地 区 (North Sydney 以 南 ): 有 泉 浩 子 (Tel: ) B 地 区 (Chatswood 以 東 ): 宮 下 義 夫 (Tel: ) C 地 区 (St.Ives 以 北 ): 朝 比 奈 冨 美 子 (Tel: ) 親 睦 の 会 役 員 会 長 林 さゆり 副 会 長 斉 藤 美 章 事 務 局 長 有 泉 浩 子 会 計 宮 下 義 夫 会 計 監 査 リヒター 幸 子 幹 事 :A 地 区 有 泉 浩 子 B 地 区 宮 下 義 夫 C 地 区 朝 比 奈 冨 美 子 ボランティア:ガウディ 紀 子 岸 美 枝 子 ソンダース 忍 栩 川 恵 美 子 橋 本 克 子 村 田 智 富 子 鷲 頭 富 江 ( 五 十 音 順 ) 会 員 募 集 会 員 の 親 睦 と 交 流 の 集 いです 和 やかな 雰 囲 気 の 中 昼 食 を 食 べながらの 情 報 交 換 様 々なテーマで 講 師 をお 招 きするなど 毎 月 趣 向 を 凝 らした 内 容 が 盛 り 沢 山 現 在 約 90 名 の 会 員 がいます JCS 会 員 でしたら 入 会 金 は 不 要 年 齢 性 別 国 籍 は 問 いません ビジターも 大 歓 迎 新 しい 輪 を 広 げましょう お 気 軽 にご 参 加 ください 2013 年 10 月 例 会 のお 知 らせ 北 極 点 到 達 冒 険 談 講 師 : 後 藤 昌 代 氏 北 極 点 に 到 達 した 冒 険 談 を 映 像 や 写 真 も 交 えお 話 くださいます 当 日 は 自 作 の 書 籍 地 球 3 大 冒 険 紀 行 :タイタニック 沈 没 地 点 北 極 点 南 極 点 到 達 あな たの 強 い 意 志 があなたの 運 命 を 変 える を 1 冊 23ド ルで 販 売 なさるとのことです お 求 めになりたい 方 は 現 金 をご 用 意 ください 日 時 : 2013 年 10 月 19 日 ( 土 ) 正 午 午 後 3 時 会 場 : The Auditorium, The Dougherty Community Centre, 7 Victor Street, Chatswood 会 費 : 会 員 $3(お 茶 代 込 ) 非 会 員 $5(お 茶 代 込 ) 参 加 の 場 合 は3 日 前 ( 水 曜 日 ) 迄 に ご 自 分 の 地 区 幹 事 までご 連 絡 ください マイカップもお 忘 れなく 経 費 節 約 のためのマイカップ 運 動 に ご 協 力 ありが とうございます お 弁 当 の 注 文 当 日 の 昼 食 用 お 弁 当 ( $10)それに 加 え 夕 食 用 等 の お 持 ち 帰 りのお 弁 当 ( $10)の 注 文 も 受 け 付 けますの で 個 数 を 必 ずお 知 らせください 尚 お 持 ち 帰 り 用 のお 弁 当 を 注 文 された 方 は 保 冷 剤 等 をご 用 意 されることをお 勧 めします おはぎの 販 売 2 個 入 り1パック $5 橋 本 克 子 さんの 作 る おはぎ の 美 味 しさは みな さんご 周 知 の 通 りです この 度 ご 好 意 に 甘 えて 橋 本 克 子 さんに おはぎ を 作 っていただき 例 会 時 に 販 売 することが 役 員 有 志 者 会 議 で 決 まりました 収 益 金 の 全 額 が 親 睦 の 会 へ 寄 付 されます お 弁 当 を 注 文 される 際 に おはぎ の 注 文 数 も 地 区 幹 事 にお 知 らせください チャッツウッド ストリート パレード チャッツウッド ストリート パレードに 参 加 してきました JCS 傘 下 にある 親 睦 の 会 と ソーラン 踊 り 隊 とで 練 り 歩 き 記 念 撮 影 をしました 9 月 7 日 ウィロビー カウンシル 主 催 のストリート パ レードに 参 加 しました 晴 天 に 恵 まれ チャッツウッ ドのメイン ストリートをJCS 傘 下 にある 親 睦 の 会 と ソーラン 踊 り 隊 とで 練 り 歩 きました 2013 年 9 月 例 会 報 告 2013 年 9 月 21 日 ( 土 ) いつものように 和 食 弁 当 を 食 べながら 賑 やかな 歓 談 を 楽 しんだ 後 で クラーク 基 子 さんを 中 心 に 活 動 をしている 朗 読 クラブのメンバ ーによる 朗 読 を 楽 しむ 会 を 催 しました 単 に 声 を 出 して 読 むのとは 異 なり 声 の 高 低 強 弱 そして 沈 黙 の 中 にさえ 感 情 が 込 められ 聞 く 側 も 単 に 受 動 的 に 聞 く だけではなく 心 に 描 いた 情 景 が 浮 かび 上 がってくるよ うに 感 じられました 先 ず 初 め に 小 泉 八 雲 作 若 返 りの 水 泉 の 水 を 飲 ん 朗 読 クラブを 支 えるクラー で 若 返 ったことを 夫 から 聞 ク 基 子 さん 若 返 りの 水 を 朗 読 くださいました いた 妻 が その 水 を 飲 み 過 ぎ て 赤 ちゃんになってしまったという 話 をクラーク 基 子 さんがされました 次 に 芥 川 龍 之 介 作 蜘 蛛 の 糸 の 発 表 がありました 天 国 側 を 朗 読 した 橋 本 友 見 子 さんの 声 からは 永 遠 の 祝 福 を 受 ける 安 楽 な 世 界 が 想 像 され それとは 対 照 的 に 太 く 暗 い 声 を 発 して 朗 読 されたチョーカー 和 子 さんからは 自 分 だけ 地 獄 6 JCS News October 2013

7 から 這 い 上 がろうとする 心 醜 い 極 悪 人 が 必 死 に 蜘 蛛 の 糸 をよじ 登 る 情 景 が 伝 わってきました 次 に 死 後 きつねになった 妻 が おしどりになった 夫 を 食 べ てしまうという 志 賀 直 哉 作 転 生 を 永 井 三 江 子 さん と 田 中 千 秋 さんがなさいました かんしゃく 持 ちで 口 やかましい 夫 と 気 の 利 かない 妻 の 会 話 を 情 感 込 めて 演 じられました ここで 朗 読 は 一 旦 休 憩 にし 9 月 生 まれの 方 々をお 祝 いするため 永 井 三 江 子 さんのピアノ 伴 奏 でハッピ ー バースデーの 歌 を 歌 いました 私 達 みんな 乙 女 座 で す 乙 女 っぽいでしょ! に 場 内 爆 笑 でした それからラジオ 体 操 で 身 体 をほぐしリフレッシュし ました みなさんの 前 に 出 て お 手 本 を 見 せてくださ った 栩 川 恵 美 子 さんと 平 野 栄 子 さんありがとうござ いました 平 野 栄 子 さんは 手 首 を 骨 折 され 治 療 中 で したのに 元 気 にしていただいて 嬉 しく 思 いました 一 日 も 早 く 完 治 されますようお 祈 りしております 私 達 みんな9 月 生 まれの 乙 女 座 でーす 少 々ピンぼけですみませ ん 左 から 林 さゆりさん 栩 川 恵 美 子 さん 竹 田 京 子 さん 田 中 千 秋 さん( 喜 寿 )おめでとうございます 引 き 続 き 田 中 千 秋 さんによる 春 小 路 胤 海 作 誘 拐 電 話 でした 子 供 のいない 夫 婦 に 誘 拐 犯 から 身 代 金 要 求 の 電 話 が 掛 かってきて とんちんかんな 受 け 応 えをした 様 子 を 巧 みに 声 を 変 えて 表 現 されたの が 印 象 的 でした 次 に 誰 を 待 っているのかわからな いけれど 誰 かを 待 っている 人 のお 話 太 宰 治 作 待 つ を 橋 本 友 見 子 さんが 作 者 は 結 局 何 を 言 いたかっ たのか 何 を 誰 を 待 っているのかを 考 えさせられる のにぴったりな 発 声 で 聞 かせてくださいました 次 に 明 治 大 正 昭 和 平 成 を 生 き 抜 き 100 歳 の 詩 人 として 愛 された 柴 田 トヨさんの くじけないで を 有 泉 浩 子 さんが 先 生 ことば を 鷲 頭 富 江 さんが 忘 れる をハウズ 愛 子 さんが それぞれの 持 ち 味 を 感 情 豊 かに 描 出 されました 最 後 の 朗 読 は 58 年 前 の 日 本 でのこと お 父 様 の 反 対 を 押 し 切 ってなさったオーストラリア 人 との 結 婚 の 思 い 出 を 綴 ったハウズ 愛 子 さんの 自 作 過 ぎし 思 い 出 の 人 生 小 さな 身 体 から 絞 り 出 すように 叫 んだ おとうさ ーん という 言 葉 が 会 場 に 響 き 胸 が 熱 くなりました 親 睦 の 会 黙 読 では 味 わえない 朗 読 の 素 晴 らしさを 実 感 満 喫 させていただきました 各 々の 持 ち 味 を 披 露 する ため 熱 心 に 練 習 に 打 ち 込 まれたとお 聞 きしてはい ましたが これほどまでに 吸 い 込 まれ 感 動 させられ るとは 思 いも 寄 りませんでした 朗 読 クラブのみなさ ん 本 当 にありがとうございました ( 左 から) 朗 読 をしてくださった 鷲 頭 富 江 さん 有 泉 浩 子 さん ハウ ズ 愛 子 さん 永 井 三 江 子 さん チョーカー 和 子 さん 田 中 千 秋 さん 朗 読 の 締 めくくりとして 全 員 で ふるさと を 合 唱 し ました 鷲 頭 富 江 さんが 伴 奏 にハーモニカを 吹 いて 下 さったのですが その 味 わ い 深 い 響 きに またもや 感 朗 読 に 加 え ハーモニカも 吹 動 しました これからも 機 いて 下 さった 鷲 頭 富 江 さん 会 がある 時 には また 聞 か ( 右 ) 柴 田 トヨ くじけない で を 朗 読 くださった 有 泉 浩 せてください どうぞよろ 子 さん( 左 ) ありがとうござ しくお 願 いいたします いました 親 睦 の 会 終 了 後 今 後 の 運 営 および 発 展 のため に 役 員 と 有 志 者 による 会 議 を 行 ないました 議 題 は 親 睦 の 会 として 各 イベントに 参 加 する 際 の 決 め 事 ファンドレイジング/ 会 費 に 関 して 忘 年 会 / 新 年 会 に 関 してです 忘 年 会 と 新 年 会 に 関 しては 今 後 の 月 例 会 で 会 員 に 意 見 を 尋 ねることとなりました また ボランティアの 業 務 内 容 に 関 して 記 載 されている 会 則 第 9 条 (2)に アドバイス という 言 葉 を 加 筆 するこ ととなりました 会 則 第 9 条 (2) ボランティアは 会 場 の 準 備 と 片 付 け お 茶 飲 み 物 準 備 用 品 販 売 と 片 付 け チラシ 配 布 などの 手 伝 いをす る また できる 限 り 会 および 役 員 のサポート アド バイスをする ボランティアのみなさん これからも 貴 重 なアドバ イスをいただけますよう よろしくお 願 いします お 知 らせ 書 籍 DVDの 寄 贈 秋 山 喜 美 代 さん ジェニング ス 紀 代 子 さん 城 間 多 津 子 さん バンダースルース 千 恵 さん ヤング 京 子 さん ロビンソン 治 子 さん 書 籍 や DVDのご 寄 贈 ありがとうございました 書 籍 やDVD だけではなく ご 不 要 の 品 物 があればお 持 ちくださ い 販 売 させていただき 収 益 金 は 会 の 運 営 に 有 り 難 く 使 わせていただきます JCSだより2013 年 10 月 号 7

8 クラブライフ 9月は三つのイベントで踊りました 9月7日 土 は 恒 例 の チ ャ ツウ ッ ド スプリングフェスティバルのパレ ードに参加しました また 日本政府観光局 JNTO 主催 の訪日旅行プロモーションのセミナ ー が 9月10日 火 に 催 さ れ こ の イベントでも踊りました 写真 さらに23日 月 は 日本レストランで催された Sumo Night で踊りました これらの日本を紹介するイベントで 日本文化のひとつでもある私たちのよさこいソーランを 披露するよい機会となりました これからもオーストラリア人に踊りを披露していきます 踊り隊では毎週練習を行っています 是非 ご参加ください ①Cammeray Public School Palmer Street, Cammeray 毎週土曜日2時 3時 ②シドニー市内では初心者の若者中心に練習しています 毎週火曜日6時半 8時 ③Marrickville West Public School Cnr Beauchamp St & Livingstone Rd 毎週月曜日4時 5時 参加ご希望の方は 平岡正美 携帯 または までご連絡ください 試してみよう マクロビオティックの健康レシピ 食べ物を変えると 体も心も変わる soramame 池田恵子 第37回 きんぴらパースニップ 今年は暖冬で 特に8月後半からは毎日天気が良く て過ごしやすかったですね さて きんぴらといえばゴボウですが シドニーで 手に入れるのはけっこう難しい そこで 白いニンジ ンみたいなゴボウみたいな パースニップという野菜 を使ってのきんぴらはいかが この野菜 日本人には取っ付きにくい独特の香り があって 苦手 という方も多いですが 熱を加え ると甘味が増して 砂糖やみりんなどの甘い調味料 を加えなくても十分な味わいになります お試しく ださい 材料 作りやすい分量 A パースニップ 150g ニンジン 150g B ゴマ油 少量 水 適量 醤油 小さじ2 ショウガ絞り汁 少々 作り方 ①パースニップとニンジンはそれぞれ千切りにする ②鍋に少量のゴマ油を入れ 中火で温め ニンジンを 入れて3分ぐらい炒める ③ニンジンにパースニップをのせ ニンジンがかぶる くらいまで水を加えて 蓋をして煮立たせる ④煮立ったら弱火にして野菜が柔らかくなるまで10 8 JCS News October 分煮る 醤油を回し 入れ 約5分煮る ⑤蓋を取って菜箸で優し く混ぜ 汁気がなくなる まで煮詰め 火を止めて か ら シ ョ ウガ の 絞 り 汁 を加える 夏は野菜を細めに切って火入れを短くし 冬は太 めに切って長めに火を入れます ゴマ油は最も酸化しにくい油といわれています 醤油は大豆から作られる発酵食品 無添加のもの を選びましょう ショウガは少量でも動物性タンパク質の毒消し効 果があります 強い陰性パワーで殺菌 発汗 解熱 消 炎作用があり 風邪のウィルスもやっつけます マクロビオティックって マドンナやハリウッドスターたちが実践している食事法 ということで有名になったマクロビオティック 実はこれ 大正時代に日本で発祥した 食養法 正食法 のことです 穀物を中心とした菜食をする 食物を丸ごと食べる 住 んでる土地で採れたものを食べる 動物性の食を避ける 白い砂糖を避ける そうしてるうちに自然と心も体も健 康になる そんなシンプルで簡単な方法です 気軽にできるマクロビオティックのヒントがいっぱい 今まで掲載したレシピも写真入りで載ってます

9 お 知 らせ ペンリス 日 本 文 化 の 日 Bunka no Hi - Japanese Cultural Day 2013 ペンリス 市 役 所 ペンリス 日 本 人 コミュニティー のコラボレーションで シドニー 西 部 地 区 のペンリ スで 日 本 の 文 化 の 日 を 祝 いませんか? 日 時 :11 月 3 日 ( 日 )12 時 3 時 会 場 :St. Marys Corner, Memorial Hall Cnr Great Western Highway & Mamre Road, St. Marys 入 場 無 料 ステージでは 日 本 舞 踊 尺 八 演 奏 和 太 鼓 演 奏 よさこいソーラン 踊 り 盆 踊 り 仏 教 法 話 など また 下 記 のコーナーを 設 けます 七 五 三 の 記 念 写 真 撮 影 ( 男 女 5 歳 7 歳 用 の 着 物 を 用 意 しています) 書 道 実 演 ( 毛 筆 で 名 前 を 書 いて もらえます) 折 り 紙 ワークショップ 巻 き 寿 司 実 演 ミニバザー( 売 上 を 東 日 本 大 震 災 の 孤 児 支 援 に) ペンリス 日 本 人 コミュニティーの 写 真 オースト ラリアに 来 たときに 持 ってきた 思 い 出 の 品 物 など 展 示 第 14 回 変 化 する 日 本 語 意 識 by.yushiro 海 外 に 暮 らす 日 本 人 にとって 日 本 文 化 を 継 承 し り 日 本 の 伝 統 を 守 り 日 本 語 を 忘 れずに 使 い 続 ける ことは かなり 意 識 的 にしないと 意 外 に 忘 れてしま うものです 特 に 日 本 語 は 日 本 人 だから 忘 れること はないと 高 をくくっていると 案 外 と 言 葉 がでてこ ないものです ( 歳 のせいと 言 われかねませんが ) ところで 日 本 語 では 主 に 外 来 語 をカタカナ 表 記 す るという 約 束 があります シドニーに 暮 らしていると 周 りは 英 語 環 境 ですから ほとんどすべての 言 葉 が 外 来 語 で ついついカタカナ 表 記 をしたり カタカナ 発 音 をしてしまいがちです 日 本 の 文 化 庁 が1995 年 から 毎 年 行 っている 日 本 人 の 国 語 の 意 識 調 査 国 語 に 関 する 世 論 調 査 によ ると 日 常 生 活 で 外 来 語 のカタカナを 交 えて 話 したり 書 いたりしていることを 好 ましいと 感 じるかという 質 問 に 半 数 以 上 の54%が 別 に 何 も 感 じないと 答 え ています これは5 年 前 と 比 較 して10ポイントも 増 加 しています つまり カタカナ 語 を 日 常 的 に 使 うこと に 何 も 抵 抗 を 感 じないということです また 日 頃 カタカナ 語 を 使 う 場 合 が 多 いと 感 じる ことがあるかという 質 問 では あると 答 えた 人 の 割 合 は 年 々 減 少 しています いまや カタカナ 語 は 当 た り 前 抵 抗 感 もなく 意 識 せずに 使 っているようです ただし 意 味 が 分 かるかとなると 違 います カタカ ナ 語 の 意 味 が 分 からずに 困 ったことがあるかの 質 問 に よくある たまにあると 答 えた 人 は 全 体 の78.5% と かなりの 人 が 困 っています もちろん 年 齢 別 では 50 代 と60 歳 以 上 が80% 以 上 と 高 く 年 代 が 低 くなる ほど 困 る 度 合 いも 低 くなり 16 歳 19 歳 では60% 弱 となっています シドニーから 日 本 に 行 った 際 に 会 話 の 中 につい 英 語 やカタカナ 語 を 入 れてしまいがちですが 最 近 では わりと 受 け 入 れてくれるようですね ただし 意 味 が 通 じないのは 問 題 ですが インターネット 時 代 の 今 日 では 言 葉 を 調 べるのも インターネットを 通 じて 調 べています 国 語 辞 典 や 電 子 辞 書 を 利 用 するよりも ネット 上 の 辞 書 や 言 葉 に 関 するサイトを 利 用 する 人 のほうが 多 いのです ネ ット 派 は66.3% 紙 の 辞 書 派 は58.4% 電 子 辞 書 派 は 24.4%( 複 数 回 答 )となっています でも 気 になるの は 特 に 何 もせず そのままにすることが 多 い と 回 答 した3.9%です この 人 たちは 意 味 も 分 からず 言 葉 を 話 したり 聞 いたりしているのでしょうか 気 にな ります JCSだより2013 年 10 月 号 9

10 JCS 日 本 語 学 校 JCS 日 本 語 学 校 シティ 校 JCS Japanese School 学 校 :Ultimo Public School (Cnr Quarry & Wattle Streets, Ultimo NSW 2007) 連 絡 先 :PO Box 902, Glebe NSW 2037 電 話 : 授 業 : 毎 週 土 曜 日 / 幼 児 部 :9:30 12:10 小 学 部 :9:30 12:15 運 動 会 3 学 期 は 目 白 押 しの 行 事 に 積 極 的 に 参 加 スピーチ をはじめ 日 本 からのワークショップに 大 学 生 の 実 習 City 校 では9 月 7 日 に 先 生 や 保 護 者 高 学 年 生 徒 の 協 クラスと 運 動 会 にと 忙 しくてもその 日 本 の 感 覚 を 自 力 のもと 毎 年 恒 例 の 運 動 会 が 行 われました お 天 気 然 体 で 受 け 止 めています どんな 状 況 にも 順 応 し 各 にも 恵 まれ とても 暑 い 熱 い 一 日 となりました 徒 競 自 の 受 け 止 め 方 感 じ 方 はいろいろですが 楽 しむこ 争 騎 馬 戦 玉 入 れ 綱 引 きなどの 日 本 ではお 馴 染 み とに 徹 している 現 代 っ 子 です の 競 技 をはじめ おんぶリレーや 二 人 三 脚 リレーでは 残 り4 学 期 は 授 業 はまとめに 入 りますが 生 徒 たち 生 徒 だけでなく 保 護 者 の 皆 さんも 一 緒 になって 力 い との 時 間 をたっぷり 満 喫 したいと 思 っています あお っぱい 戦 っていました また 騎 馬 戦 では 大 勢 のお 父 いクラス 自 慢 できる 生 徒 たちです ( 最 後 に 毎 回 の さんたちに 参 加 いただきました はじめは ちょっと 教 員 視 察 団 では 授 業 中 に 参 観 され 全 くものおじせず 腰 が といって 尻 込 みしていたにもかかわらず 開 いつもの 授 業 をしてましたね うん いいねえ と 先 生 始 と 同 時 に 戦 闘 態 勢 に 入 り 子 どもたち 以 上 に 白 熱 し としては 満 足 でした ) ていたのがとても 印 象 的 でした! ( 担 任 : 長 田 アツ 子 ) クラス 紹 介 あおい 組 あおい クラスを 紹 介 します 女 子 8 人 男 子 4 人 の 4 年 生 7 年 生 と 幅 広 い 年 齢 です 5 年 生 が 中 心 ですが 非 常 にまとまったクラスです 女 子 が 多 いのでおしゃ べりで 賑 やかな 土 曜 日 毎 週 みんなの 話 しを 聞 く 朝 の 会 からはじまり 全 員 が 揃 ったところでいつも 通 りテストに 入 ります 教 科 書 は3 年 上 から 学 習 していますが 漢 字 の 量 も 多 いこの 頃 宿 題 の 練 習 シートをよくこなしている 生 徒 たちです 土 曜 日 だから 会 える 友 だちとは 勉 強 も 遊 びも 一 緒 に 行 動 し お 互 いに 協 力 しながら 学 んでい るクラスです 毎 年 恒 例 のスピーチ 大 会 は 2 学 期 後 半 から 作 成 を はじめ クラスで 話 し 合 いながら 各 自 の 考 えをまとめ 仕 上 げた 生 徒 たちです 文 を 書 くことに 慣 れ ここに きて 更 に 上 達 しましたね そして 今 俳 句 を 読 む 授 業 から 身 近 な 話 題 から 作 る これも 日 本 の 文 化 に 自 然 に 触 れて 楽 しんでいます JCS 日 本 語 学 校 ノーザンビーチ 校 JCS Japanese School Northern Beachs 学 校 :Wakehurst Public School (8 Glen Street, Belrose NSW 2085) 連 絡 先 :PO Box 861, Narrabeen NSW 2101 電 話 : 授 業 : 毎 週 土 曜 日 /9:30 12:15 父 の 日 授 業 参 観 と 和 太 鼓 鑑 賞 父 の 日 にちな んで 行 われた 授 業 参 観 には 普 段 なかなか 学 校 に 来 る 機 会 のない お 父 さん 方 が 大 勢 参 加 してくれ 父 親 授 業 参 観 の 様 子 ました カード 作 りやクラフトなどをした 後 日 ごろの 授 業 風 景 をお 父 さん 方 に 見 てもらい 子 どもたちも 興 奮 気 味 だったと 思 い ます 当 日 は クッカ バラ1によるファンド レージングも 行 われ 大 好 評 のうちに 完 売 しました また 9 月 にはホー ソーラン 踊 りを 体 験 した 課 外 授 業 ルを 借 りて 課 外 活 動 が 行 われ 毎 週 お 手 伝 いに 来 てく れている 高 校 生 の 生 徒 さんが 和 太 鼓 演 奏 ソーラン 節 の 踊 りを 披 露 してくれました 近 くで 聴 く 太 鼓 は 迫 力 があり またソーラン 節 も 一 緒 に 踊 りを 練 習 したりと 教 室 内 だけではできない 楽 しい 経 験 となりました クラス 紹 介 カンガルー 組 カンガルー 組 では 毎 年 スピーチ コンテストの 終 了 後 から 年 末 に 行 われる 劇 に 向 けての 練 習 を 開 始 します 10 JCS News October 2013

11 JCS 日 本 語 学 校 毎 年 日 本 の 有 名 な 昔 話 をベースに して 担 任 がクラス のメンバーに 合 わ せた 台 本 を 書 きま す 今 年 選 んだ 昔 話 は 誰 もが 知 っ ている ももたろ う です でも い つもの 単 純 な 勧 善 懲 悪 の 物 語 にしてしまっては 話 が 見 え 過 ぎてしまって 面 白 くありません そこで この カンガルー 組 ももたろう は 弱 虫 バージョンのもも たろう という 設 定 に 変 えました さて 弱 くて 勇 気 の ないももたろうは 無 事 に 鬼 が 島 に 鬼 退 治 に 出 かけて いけるでしょうか? クラスで 劇 に 取 り 組 む 効 用 はたくさんあります ま ず いつ どこで 誰 が 何 をしたのか という 劇 の 状 況 設 定 により 日 常 とは 異 なる 世 界 を 日 本 語 の 語 彙 で 構 築 することができます 例 えば 日 本 の 昔 話 を 台 本 に 選 ぶことにより その 時 代 の 風 俗 文 化 習 慣 などを 学 習 する 効 果 があります また 劇 では 役 になるために 自 分 以 外 の 人 物 の 立 場 に 立 って 考 えたり 感 じたりすることができます ま た 役 作 りのため ジェスチャー アイ コンタクト 髪 型 や 衣 装 立 ち 居 振 る 舞 いなど 普 段 のコミュニケー ションでは 実 は 言 語 よりも 大 きな 役 割 を 果 たしてい る 非 言 語 要 素 に 注 意 を 払 うことができます それに より 日 本 人 的 な コミュニケーションの 学 習 にもつ ながります さらに クラス 全 員 が 参 加 して1つの 劇 を 作 り 上 げ ることにより クラスの 協 力 体 制 が 固 まります また 最 後 に 学 校 内 で 発 表 することにより 日 本 語 で1つの 大 きなことを 成 し 遂 げたという 達 成 感 を 味 わい その 後 の 学 習 意 欲 に 繋 がります 今 年 の 最 後 の 学 習 発 表 会 で 保 護 者 の 皆 さんやほか の 生 徒 さんたちの 前 で 立 派 に 劇 を 演 じることができ た 時 カンガルー 組 の 子 どもたちが 得 意 な 気 持 ちでい っぱいになり キラキラ 目 を 輝 かせて 喜 ぶだろう 様 子 を 今 から 楽 しみにしています ( 担 任 : 西 牟 田 佳 奈 ) JCS 日 本 語 学 校 ダンダス 校 JCS Japanese School Dundas 学 校 :Dundas Public School (85 Kissing Point Road, Dundas NSW 2117) 連 絡 先 : 電 話 : 授 業 : 毎 週 土 曜 日 /9:30 12:15 調 理 実 習 今 回 は 少 し 趣 向 を 変 えて Dundas 校 での 課 外 授 業 を 紹 介 しようと 思 います 課 外 授 業 といえば 各 クラスで 盛 んに 行 われている のが 調 理 実 習 です 日 本 のおいしい 食 べ 物 を 保 護 者 と 先 生 の 協 力 のもと 子 どもたちと 一 緒 に 作 り 皆 で 試 食 するというもの 作 るものは 色 々ですが 人 気 があ るのが おにぎり です 実 習 前 の 教 室 は 炊 飯 器 から の ごはんが 炊 ける 甘 いにおいに 満 たされます 一 口 におにぎりといっても のりを 巻 いてから 切 り 込 みを 入 れて 花 のように 開 く 花 むすび から てぬぐ いの 中 にごはんをつめ 野 菜 の 水 を 切 るようにぶんぶ ん 振 り 回 して 丸 い 形 をつくる ぶんぶんにぎり なる ものまで 実 にさまざまです おにぎりの 具 も 各 家 庭 か ら 持 ち 寄 るので ええっ 〇 〇 ちゃんの 家 ではこれを おにぎりの 具 にするの!あっ 美 味 しい! という 新 しい 食 の 発 見 があったり 教 科 書 の おむすびころり ん の 単 元 に 合 わせて 丸 い ころころとしたおにぎり を 作 るクラスもありました ちらし 寿 司 を 作 ったクラスでは 家 で 栽 培 してい る 紫 蘇 の 葉 やさやえんどう みつば 等 を 持 参 する 保 護 者 もおり しばし 園 芸 話 に 花 が 咲 きました( Dundas 校 が 誇 る 校 内 フリーマーケットでは みつばや 紫 蘇 の 苗 がしばしば 出 回 ります) ちらし 寿 司 の 具 にするため に お 手 製 のしいたけの 煮 物 を 持 ってきてくださった 先 生 もいました 味 見 をした 保 護 者 は そのあまりの 美 味 しさにしばし 言 葉 を 失 い 恍 惚 の 表 情! なんと 手 打 ちうどん を 作 ってしまったクラスも あるのです 小 麦 粉 と 水 塩 を 混 ぜ 大 人 の 全 体 重 をか けてこねたものをラップや ビニールで 覆 い それを 上 から 子 どもたちが 足 で 踏 み ます のばして 切 ったもの を 大 きな 鍋 でゆでたら 完 成 つゆ 係 持 参 の おふくろ の 味 のつゆ につけていただきます コシのある 美 味 しいうどんができました その 他 白 玉 だんご や お 好 み 焼 き 等 のメニュー が 登 場 するときもあります 皆 で 作 ってお 日 様 の 下 で 一 緒 に 食 べるのは なんともいえず 清 々しくて 楽 しい もの いつの 日 か ぐりとぐら に 登 場 する かすて ら を 作 るというクラスがでてくるのをひそかに 心 待 ちにしている 私 です 森 の 動 物 たちが 大 きなフライパ ンのまわりに 集 まって 卵 のカステラが 焼 きあがるの を 待 っているあの 場 面 覚 えていらっしゃいますか? ( 事 務 担 当 :ウィラン 由 美 子 ) JCSだより2013 年 10 月 号 11

12 教 育 支 援 委 員 会 JCS 教 育 支 援 委 員 会 議 事 録 2013 年 9 月 日 時 :2013 年 9 月 6 日 ( 金 )10:10-11:50am 場 所 :Chatswood RSL 出 席 :[JCS]チョーカー 和 子 水 越 有 史 郎 [City 校 ]] 山 田 朝 子 吉 田 小 百 合 朝 倉 則 子 加 藤 朋 子 [ Dundas 校 ]サマ ットちづる コルダー 陽 子 [ NB 校 ]スー 由 美 子 シーハ ン 宏 子 議 長 担 当 : 山 田 議 事 録 担 当 :City 校 1. 報 告 事 項 各 学 校 からの 報 告 City 校 : 児 童 数 :12クラス 164 名 120 家 族 休 学 5 名 (4 学 期 休 学 予 定 +1 名 ) 退 学 予 定 (9 月 8 日 付 け)1 名 8 月 24 日 スピーチコンテスト 本 選 にてCity 校 生 徒 の がんばりが 多 く 見 られた 椙 山 女 学 園 学 生 ボランティアと 先 生 方 が3 週 にわた りCity 校 を 訪 問 クラスでの 模 擬 授 業 等 とても 有 意 義 な 時 間 を 両 者 共 々 過 ごせた 31 日 には 日 本 から 私 立 学 校 教 員 14 名 が 視 察 にいらした 9 月 7 日 運 動 会 14 日 には 教 員 面 接 を 予 定 8 月 中 に 多 数 の 来 賓 を 迎 え 日 本 の 教 育 機 関 とのつ ながりが 築 けた 将 来 的 に 教 材 のシェアが 実 現 する 可 能 性 も 出 てきた NB 校 : 児 童 数 :5クラス 69 名 51 家 族 休 学 10 名 (スポ ーツ 休 学 ) 8 月 24 日 スピーチコンテスト 本 選 HSC 日 本 語 対 策 委 員 会 説 明 会 を 実 施 保 護 者 から 沢 山 の 質 問 が 出 た 興 味 深 い 説 明 会 となった 31 日 父 の 日 授 業 参 観 大 勢 の 父 兄 が 参 加 し 子 ども 達 も 嬉 しそうだった 9 月 7 日 選 挙 のため 課 外 授 業 を 実 施 予 定 近 隣 の 施 設 を 借 用 し 高 校 生 ボランティアによる 和 太 鼓 の 演 奏 ソーラン 踊 りの 鑑 賞 や 指 導 高 学 年 が 低 学 年 に 読 み 聞 かせ 折 り 紙 かるたなど 全 校 生 徒 が 一 緒 に 取 り 組 む 授 業 も 行 う 21 日 終 業 式 TC 会 議 予 定 Dundas 校 : 児 童 数 :8クラス 76 名 49 家 族 再 入 学 1 名 退 学 1 名 ( 日 本 帰 国 のため) 8 月 24 日 スピーチコンテスト 本 選 31 日 クラス 毎 に 父 の 日 の 工 作 敬 老 の 日 にちなんで 祖 父 母 へお 手 紙 を 書 き 日 本 の 文 化 に 触 れながら 楽 しく 学 習 校 内 向 け 継 承 語 座 談 会 古 本 市 場 を 開 催 9 月 7 日 選 挙 のため 休 校 14 日 3クラスが 調 理 実 習 を 行 うため 予 定 していた 心 理 カウンセラーのセミナ ーを4 学 期 2 週 目 (10 月 19 日 )へ 変 更 することにした 21 日 運 動 会 終 業 式 を 予 定 後 期 分 のドリルが 到 着 今 年 初 めての 配 布 となるクラスについては 無 料 2 冊 目 のクラスは 有 料 配 布 代 理 店 の 手 続 きに 時 間 がかか るため 今 後 は 他 の 代 理 店 で 対 応 できないか 調 査 中 現 役 員 の 事 務 担 当 が4 学 期 で 任 期 終 了 のため できる だけ 早 く 後 任 者 を 見 つけ 早 い 段 階 で 引 き 継 ぎ 作 業 を 行 う 再 来 週 に 棚 が 搬 入 される 予 定 [JCS 事 務 局 ] *NSW Community Languages School Programのグ ラントがおりた 内 訳 は 下 記 の 通 り City 校 :128 名 NB 校 :47 名 Dundas 校 :70 名 NB 校 の 申 請 者 数 は49 名 なので 2 名 はグラントが 却 下 された ( 出 席 率 が 規 定 に 満 たなかったため) 借 用 校 の 校 長 先 生 の 署 名 をいただき 早 急 にJCS 事 務 局 に 郵 送 のこと 事 務 局 にグラントが 入 金 され 次 第 各 校 に 振 込 むこととする *Workers Compensation( 労 災 保 険 ) 更 新 のため 昨 年 度 1 年 間 ( 会 計 年 度 2012 年 7 月 2013 年 6 月 )の 教 師 数 (アシスタントは 含 める) 教 員 給 与 合 計 ( City 校 は 役 員 数 と 役 員 給 与 合 計 も)を 9 月 15 日 までにJCS 事 務 局 に 連 絡 する QBE( 保 険 会 社 )への 支 払 いはJCS 事 務 局 がまとめて 支 払 い 各 校 に 請 求 する 2. スピーチコンテストのまとめ 教 育 支 援 委 員 会 後 の 反 省 会 を 予 定 来 月 に 報 告 書 を 提 出 する 3. 教 員 契 約 教 員 業 務 規 定 教 員 面 接 について( 山 田 ) * 教 員 面 接 時 までに 教 員 契 約 書 と 業 務 規 定 を 見 直 し 新 規 を 作 成 中 *NB 校 とDundas 校 は 業 務 規 定 の 中 に 生 徒 の 病 気 アレルギーの 情 報 の 管 理 方 を 追 記 する * 教 員 の 資 格 として 以 下 の 条 件 が 挙 げられる (アシ スタントにも 適 用 するのが 理 想 的 ) 1CLSのコースで 資 格 を 取 得 された 方 2 教 員 免 許 保 持 者 3 現 地 での 日 本 語 教 師 の 資 格 保 持 者 * 教 員 面 接 日 程 9 月 14 日 ( 土 )City 校 面 接 形 式 で 10 分 づつ 先 生 1 名 水 越 副 会 長 吉 田 と 加 藤 が 参 加 予 定 10 月 19 日 ( 土 )Dundas 校 懇 談 会 形 式 で 10 分 づつ 先 生 2 名 一 組 に 対 して チョーカー 会 長 コステロ コ ルダー 宮 元 が 参 加 予 定 11 月 16 日 ( 土 )NB 校 水 越 副 会 長 参 加 予 定 契 約 書 内 容 を 確 認 の 上 その 場 ではサインはいただ かない 先 生 方 は クラス 編 成 などを 考 慮 の 上 11 月 末 まで に 更 新 希 望 をされる 方 はサインをし 代 表 もしく は 教 務 担 当 者 に 提 出 更 新 の 契 約 を 交 わした 後 必 ず 先 生 用 学 校 用 にそれぞれをコピーを 取 り 保 管 する 4. 教 育 支 援 委 員 会 全 体 4.1 各 校 のグラント 受 領 者 City 校 :128 名 NB 校 :49 名 Dundas 校 :70 名 4.2 教 員 研 修 について(シーハン) *11 月 2 日 授 業 終 了 後 教 員 研 修 会 をCity 校 にて 実 施 12 JCS News October 2013

13 教 育 支 援 委 員 会 する 内 容 テーマ *スピーチコンテストの 反 省 来 年 の 開 催 するかどう か? 日 程 など * 教 育 開 発 委 員 会 からの 報 告 : 今 後 の 為 にも 先 生 方 に 教 育 開 発 委 員 会 の 経 緯 ( 発 足 から 解 散 まで) を 説 明 するべき 宏 子 先 生 からの 報 告 書 を 待 って 各 学 校 で 事 前 に( 研 修 会 前 まで)に 対 応 する *その 他 :グループごとのアクティビティーを 予 定 過 去 に 起 こった 問 題 を 考 慮 し 慎 重 なグループ 分 け が 必 要 であろう 教 えている 学 年 によってグループ 分 けをするので 各 学 校 で 幼 児 部 小 学 部 ( 小 / 中 / 高 学 年 )で 先 生 方 の 人 数 を 割 り 出 す この 研 修 会 はあくまでも 技 術 の 向 上 知 識 の 共 有 を 目 的 とし 有 意 義 な 時 間 であるべきなので 各 グルー プごとに 進 行 係 を 配 置 し 討 論 が 問 題 なくに 行 われ るようサポートしてはどうか 4.3 Federation CLS(シーハン) Community Languages Conference and Training れ 支 払 いは 事 務 局 が 行 う 授 業 料 未 払 いの 保 護 者 に 対 しての 催 促 は JCS 事 務 局 が 行 うが 学 校 の 会 計 担 当 者 はそのフォローを 引 き 続 きすることとなる 教 員 への 支 払 いも 同 様 に JCS 事 務 局 が 行 う これ も 先 生 用 のGoogle Docで 名 簿 を 作 成 予 定 教 員 は 今 まで( 各 学 校 で 異 なるが) 学 校 が 用 意 し てくれたものにサインなどをし 給 与 を 受 取 っていた が 来 年 以 降 は 共 通 のInvoiceのフォームに 自 身 で 記 載 をし 事 務 局 に 定 期 的 に 送 る ( 時 期 も 各 学 校 毎 に 違 うため 今 後 統 一 できるかどうかを 検 討 する) 教 員 の 代 行 や 欠 席 遅 刻 早 退 などの 連 絡 は 教 務 担 当 者 か 会 計 担 当 者 が 随 時 JCS 事 務 局 にする City 校 の 運 営 委 員 の 給 与 も 同 様 とする NB 校 と Dundas 校 では 運 営 委 員 の 生 徒 1 人 当 たりの 授 業 料 を 相 殺 しているが その 分 に 関 してはDocの 中 のリス ト 作 成 の 際 に 別 途 その 欄 を 設 けて 管 理 する この 授 業 料 の 相 殺 に 関 しては City 校 のように 給 与 制 に 変 更 できるか 検 討 する 予 定 場 所 : University of Sydney, Eastern Avenue 現 金 の 扱 いに 関 しては 70ドル 以 内 のものに 関 して Auditorium, Faculty of Law 日 時 :10 月 5 日 ( 土 )8:30am 4:00pm 費 用 :$50( 学 校 毎 にまとめて 申 込 費 用 は 学 校 負 担 ) できる 限 り 20ドルの 交 通 費 を 学 校 は 支 払 う 4.4 会 計 3 校 統 一 について 8 月 22 日 議 事 録 8 月 22 日 ( 木 )10 時 より RSLにて 第 1 回 目 のミーテ イングを 開 催 9 名 出 席 かかる 経 費 に 対 して 現 金 で 支 払 うことができるが それ 以 上 の 場 合 には 事 務 局 に 申 請 ( 会 計 が 申 請 )し 事 務 局 より 先 生 や 運 営 委 員 の 口 座 に 支 払 う 方 向 で 進 める 予 定 ( 確 定 していない) 領 収 書 などは 毎 月 会 計 がまとめたものを 教 育 支 援 委 員 会 の 際 に JCS 事 務 局 へ 手 渡 す 予 定 もしくは 会 計 が 郵 送 する 予 定 ( 確 定 していない) 各 学 校 の 問 題 点 や 改 善 点 を 確 認 その 上 で 前 向 き 5. 来 年 度 の 年 間 予 定 ( 教 育 支 援 委 員 会 各 学 校 ) に3 校 が 統 一 出 来 るかどうか を 探 りつつ 慎 重 に 進 2014 年 2 月 1 日 3 校 がスタート 予 定 めていくことで 同 意 来 年 2014 年 からスタート 予 定 6. 理 事 会 の 出 席 について JCS 全 体 今 後 予 定 それまでに フォーマットの 統 一 やGoggle Docで 名 1JCS 忘 年 会 11 月 24 日 ( 日 )だるまレストラン 簿 を 管 理 共 有 するスタイルを 取 ることを 試 みる や 2 日 本 祭 り Japan Expo and Matsuri in Sydney 2013 っていく 中 で 不 具 合 や 問 題 点 が 出 てくると 思 うが 12 月 14 日 ( 土 )タンバロンパークにて 開 催 その 都 度 話 合 い 連 絡 を 取 る 3Willoughby Council Spring Festival Parade 銀 行 口 座 は あくまでも そのまま 各 学 校 で 管 理 9 月 7 日 ( 土 )10 時 よりチャッツウッドモール 維 持 し 変 更 はなし 各 学 校 会 計 担 当 者 とJCS 事 務 局 4 理 事 会 の 出 席 がアクセスできる 学 校 は お 金 の 引 き 出 しについて 10 月 Dundas 校 11 月 NB 校 12 月 City 校 今 まで 通 り ドリル 購 入 学 校 備 品 購 入 ( 棚 など)の 大 型 の 出 し 入 日 本 語 学 校 3 校 の 年 間 事 業 計 画 (2013 年 月 ) ターム 月 教 育 支 援 委 員 会 City 校 NB 校 Dundas 校 ターム4 10 月 教 育 支 援 委 員 会 (10 日 ) 保 護 者 会 (12 日 ) 始 業 式 (19 日 ) 始 業 式 保 護 者 会 (12 日 ) 教 員 面 オープンデー(19 日 ) オープンデー(26 日 ) 接 心 理 カウンセラーセミナー(19 日 ) オープンデーと 体 験 授 業 (26 日 ) 11 月 教 員 研 修 会 (2 日 ) 教 員 研 修 会 (2 日 ) 体 験 授 業 教 員 研 修 会 (2 日 ) 委 員 選 出 保 護 者 会 (9 日 ) 運 動 会 (9 日 ) TC 会 議 クラス 編 成 (9 日 ) TC 会 議 クラス 編 制 (16 日 ) 教 員 面 接 (16 日 ) 次 回 の 教 育 支 援 委 員 会 は 10 月 10 日 ( 木 ) 午 前 10 時 から 議 長 : コステロ 議 事 録 : NB 校 JCSだより2013 年 10 月 号 13

14 連 載 コラム 世 界 モダン 建 築 巡 礼 50 Barcelona Museum of Contemporary Art by Richard Meier Jun Sakaguchi (Architect) バルセロナの 旧 市 街 を 歩 いていると 突 如 として 現 れる 広 場 そしてそこに 面 する 白 亜 の 建 物 がこの 現 代 美 術 館 である そのモダニズムの 建 築 の 粋 といえる 彫 塑 的 な 外 観 は 完 成 から18 年 経 った 今 も 美 しく 街 並 みにアクセントを 与 えている Richard Meierはアメリカを 代 表 する 建 築 家 であり 建 築 界 のノーベル 賞 Pritzker Prizeを 受 賞 した 現 代 建 築 において 大 きな 金 字 塔 を 達 成 した 巨 匠 といえる そのスタイルは 常 に 白 を 基 調 とし この 色 以 外 には 石 などの 自 然 な 素 材 の 色 しか 使 わない それは 建 築 史 における 三 大 巨 匠 である Le Corbusier Mies Van der Rohe Frank Lloyd Wrightからの 影 響 を 大 きく 持 つものであり 1960 年 代 から 現 在 に 至 るまで 常 に 一 貫 したデザインを 続 けている この 現 代 美 術 館 もそうした 姿 勢 に 基 づきながら 彼 の 代 表 作 となって 秀 逸 な 作 品 である 1986 年 にバルセ ロナ 市 がRichard Meierを 建 築 家 として 推 薦 し プロ ジェクトが 始 まった デザインを 進 める 時 点 ではまだ 展 示 作 品 が 決 まっておらず 不 確 かな 条 件 の 中 で 設 計 を 進 めるのはチャレンジだったといえる 1995 年 に 完 成 した 建 物 は 現 地 のメディアから 狭 い 路 地 が 入 り 組 む 古 い 市 街 の 中 の'the pearl'と 呼 ばれた 広 場 に 面 する 南 側 の 立 面 は 大 きなガラスのファサ ードとなり そのガラスに 面 して 三 層 吹 き 抜 けの 空 間 が 各 階 をスロープでつなげる この 南 側 のガラス 面 や 床 の 随 所 に 埋 め 込 まれたガラスブロックなどによっ て 展 示 スペースには 自 然 光 が 行 き 届 き 美 術 館 とし て 最 適 な 環 境 を 与 えている ガラスのファサードは 広 場 と 内 部 空 間 のつながりを 強 め パブリック 施 設 とし ての 表 情 を 表 現 している また そのエントランスと なる 彫 刻 的 な 曲 面 を 持 つ 空 間 はその 頂 部 から 光 が 差 し 込 み ドラマティックなアプローチを 演 出 し 外 観 においてもモダニズムの 白 い 建 築 にアクセントを 与 え ている J STUDIO 着 物 姿 写 真 撮 影 Phone : BALMAINにある 本 格 的 日 本 旅 館 にて お 子 様 の 七 五 三 着 物 姿 大 人 の 着 物 姿 の 写 真 撮 影 いたします 当 方 にて 着 物 着 付 け メーク ヘアーなど 全 て 手 配 します 20cm 25cmの 写 真 が 込 みで$150 JCS 会 員 は 料 金 より10% 引 きです 豪 寿 庵 286 Darling St. Balmain Phone: (02) JCS News October 2013

15 バイキーおばちゃんの 旅 日 記 (その6) 睡 魔 と 闘 いながら この 日 は554km 走 ってようや くオパールの 産 地 であるCoober Pedy に 着 いた 埃 っぽい 赤 土 の 中 にポツリ ポツリと 建 物 が 見 える な んともうらぶれた さびしい 感 じのする 町 だ という のが 私 の 第 一 印 象 だった 人 が 皆 地 下 に 住 んでいる からかな そして 期 待 に 胸 を 膨 らませていた この 町 特 有 の 暑 さから 逃 れるための 地 下 のホテルというのが こ れまた 筆 舌 に 尽 くしがたい 程 悲 惨 なものでCoober Pedy は 別 の 意 味 で 深 く 印 象 に 残 っている この 日 のホテルは 我 々ブラックドッグライドのライダー 達 で 埋 まっていて 満 員 御 礼 カウンターでシーツを 受 け 取 り 案 内 人 の 後 をついて 階 段 を 降 りると そこは 洞 窟 というにふさわしいような 地 下 で 確 かに 涼 し かったが 床 だけコンクリートがしてあり 壁 はむき だしだった 通 路 の 両 脇 に 穴 がいくつもあり その 中 にパイプでできた2 段 ベッドが 置 いてあるのが 見 えた ええっ もしかしてここで 寝 るの?ドアもないの? 予 想 もしていなかった 光 景 にうろたえてしまった 通 された 私 達 の 部 屋 は 30 人 ぐらいが 寝 られそうな 大 部 屋 で2 段 ベッドだけが ところ 狭 しと 置 かれてあ り テーブルや 椅 子 などの 家 具 はひとつもないのに もびっくり それもユニセックス! 冗 談 でしょう こ んなにおじさん 達 がいっぱいいる 中 でどこで 着 替 え ればいいの?こうなったらシャワールームで 着 替 え をするしかない 早 くさっぱりしたい 気 持 ちもあり シャワーへ 行 くと ここもユニセックスではないか! これでは プライバシーのひとつも 保 てない おっさ んの 裸 は 見 たくないし 私 の 裸 も 見 られたくない! トホホ なんてホテルだ ここは 乙 女 には 向 いていな い このホテルはブラックドッグライドのリーダーの 薦 めだったので よく 中 身 を 調 べもせずに 予 約 した 連 載 コラム ピアス 康 子 (バイククラブ Ulysses 所 属 ) Coober Pedy 地 下 ホテルの 部 屋 のがいけなかった 電 話 の 対 応 に 出 た 人 は 5 人 予 約 ね オッケー てな 感 じで 男 女 混 合 大 勢 の 人 と 部 屋 をシェアーしますよとの 説 明 はしてくれなかった しかし 物 事 はポジティブに 考 えなくてはいけない ブラックドッグライドに 参 加 したからこそ Coober Pedyのこういうところにも 泊 まることができた こ れは 一 生 に 一 度 の 思 い 出 だ と 思 うことにした その 夜 私 達 3 人 の 女 性 は 20 何 人 のおっちゃん 達 とひと つの 部 屋 で 寝 たのだが 私 と 頭 を 付 き 合 わせた 形 で 寝 ていた オーバーウェイトの 見 知 らぬ 男 性 の 野 獣 のような 大 いびきで とても 寝 られたものではなか った 翌 朝 は 睡 眠 不 足 なんだかこれまでの 人 生 の 中 で 最 悪 のホテルを 経 験 してしまった アリスまでのバ イクの 旅 ってきびしいのね でも もう 一 息 がんばら ねば 後 1 日 走 ればアリスに 着 くのだから と 自 分 を 励 ました ( 次 号 に 続 く) JCSだより2013 年 10 月 号 15

16 連 載 コラム 第 10 回 ひなっち 皆 さんこんにちは 通 算 10 回 目 の 登 場 となります 前 回 紹 介 した Colour Selection これぞ 新 築 の 醍 醐 味!と 周 囲 からは 羨 ましがられたりもしましたが 家 のありとあらゆる 内 外 装 特 に 内 装 に 関 する 色 タイプ 形 状 などを 細 かく 決 めていくもの と 書 いた とおり こんな 細 かいモンま でいちいち 決 めてかなきゃな らないの?と 思 われるアイテ ムもあったりして それはも う 骨 の 折 れるプロセスでした 嫁 さんと 意 見 が 相 違 すると ハナシが 前 にまったく 進 まな くなるし 建 て 売 りはその 道 外 壁 関 係 はこんなん 作 っ てくれました 図 画 工 作 の のプロが 選 んでくれてラクだ 世 界 よなーとか 考 えたり もう 全 部 テキトーに 見 繕 って 選 んでくんろ!と 投 げ 出 した くなる 瞬 間 もあったり そうは 言 っても 自 分 の 住 む 家 最 終 責 任 はすべて 自 分 にあるのです この 時 点 までにかなりの 数 にのぼるDisplay Home をチェックしたことで 培 われた 自 分 流 の 考 えもあり コレだけは 絶 対 に 譲 れないというポイントもいくつか あったので 今 回 はこの 点 を 紹 介 しようと 思 います 1 階 段 はTimber これは 嫁 さんの 意 思 がとても 固 かった カーペッ トだと 掃 除 しにくいから 確 かにそうだ 重 たい 掃 除 機 持 って 一 段 一 段 掃 除 機 かけるのは 大 変 だし 電 源 コードの 長 さも 足 りなくなるし その 点 Timberなら モップで 乾 拭 きするだけでハイおしまい それなり にキレイになる 2シンクはシングル キッチン 系 は そこで 過 ごす 時 間 がいちばん 長 い 嫁 さんに 一 任 した いちばんよく 使 う 人 の 好 きにす るのがいちばんだろうし それ 以 上 に あとから 何 か 言 われても 自 分 で 決 めたんだろ? のひと 言 で 責 任 転 嫁 できるし で こっちのシンクってダブルタイプが 主 流 ですよね ひとつに 水 張 って 専 用 洗 剤 投 入 して 漬 け 置 き 洗 いできるようにするためなのかな?よく 知 らないけど 個 人 的 にはそんな 使 い 方 しないし ダ ブルだと 大 きな 鍋 とかフライパン 洗 えないし という ことで 深 くて 大 きなシングルシンクにしました 3コンロはInduction 嫁 さんが Cooktopは 絶 対 Inductionがいい! って 言 い 続 けてたいちばんの 理 由 は ガス 方 式 だとコンロ の 内 側 に 飛 び 散 った 炒 め 物 のカスなどが 落 ちて 掃 除 が 大 変 だから(また 掃 除 かよ!) 瞬 時 の 火 力 調 整 が 効 かないとか 丸 底 の 中 華 鍋 が 使 えないとかデメリッ トあるけど 本 格 的 な 中 華 料 理 つくらないし それ 以 上 に Cooktopの 表 面 がフルフラットになって 超 スッ キリ 嫁 さん Inductionにしてよかったぁ と 今 でも 呟 いてます 4ハンドシャワー 固 定 式 シャワーは 有 り 得 ないって 前 から 思 ってた ので これは 何 も 考 えずに 上 下 に 稼 動 するレールが あるハンドシャワーを 即 決 この 国 のホテルって ほと んど 絶 対 に 固 定 式 だよなー たまに 頭 の 真 上 にでっ かいヘッドがついてるトコもあるけど 個 人 的 には 使 いにくい というか 使 い 慣 れてないので 5タンクレストイレ タンクを 壁 の 中 に 設 置 するだけで トイレがとって もClassyに 見 えるから 不 思 議 なものです その 分 コス トが 割 り 増 しになったし それ 以 上 に 心 配 なのは タ ンク 内 が 故 障 したときにはどうやって 修 理 するんだ ろうということ やっぱり 壁 のタイルをぶっ 壊 すこと になるんだろな 6タイル そのタイルですが Builderからは 提 携 しているタ イル 専 門 店 に 行 って 好 きなタイプ 選 んできてね とひ と 言 行 ってみたら 圧 倒 的 な 商 品 レンジで 舞 い 上 がっ てしまい どれを 選 べばいいのか 全 然 分 からない と いう 状 況 に 陥 らないように とある 場 所 の 最 高 級 モデ ルハウス(と 勝 手 に 信 じている)のバスルームをイメー ジして 選 んだ キーポイントは モノトーン と 大 き さ のふたつ フロアは 黒 基 調 にして 壁 を 白 基 調 で 薄 く 柄 が 入 っているものとグレーの2 種 類 を 選 択 そし て1 枚 が 大 きめのタイルを 選 ぶことで 落 ち 着 いた 雰 囲 気 が 出 てグッと 引 き 締 まりました 何 種 類 かの 組 み 合 わせになるタイルのセレクション どこかのモデル ハウスか 雑 誌 の 写 真 をそのままコピーするのが 無 難 逆 に これは 失 敗 したかな と 後 悔 しているもの がひとつ キッチンキャビネットです キャビネット そのものの 色 と 大 きさは 問 題 ないのだが ソフトクロ ージング 機 能 を 付 加 すればよかった キャビネットを 勢 いよく 閉 めても 閉 まる 直 前 で 自 ら 減 速 してくれ て 中 に 入 ってる 食 器 等 が ガシャン! と 音 を 立 てな いで 済 むヤツ 今 からでも 付 け 替 えることは 可 能 な んだろうが こういうのって 最 初 にやっとかないと 後 になったらなかなかやらないもんなんだよねー 16 JCS News October 2013

17 人 物 紹 介 [ 第 44 回 ] Toyoko Sugiwakaさん グラフィックデザイナー フェルト 作 家 わせて 幸 せな 気 持 ちになればいいな と 思 って 制 作 したのだそうだ 動 物 好 きのToyokoさんだからこそ できた 作 品 なのだろう 制 作 執 筆 撮 影 デザインな ど 全 て 自 分 でこなしたという グラフイ ッ クデザイン で は 2009 年 5 月 Another time past created が The Best Design of the Year 2009 を 受 賞 した また この 作 品 は The Bbest Designed General Illustrated Book 2009も 受 賞 した この 本 は 写 真 家 のブレットヒルダー 氏 の 旅 行 の 写 真 日 記 だ 賞 ポニーライドがあるから そのポ で 自 分 の 名 前 が 呼 ばれたときは 信 じが ニーの 近 くで 会 いましょう ある たい 気 持 ちだった とToyokoさん 普 通 人 の 紹 介 でToyokoさ ん に インタビ デザインの 仕 事 は 一 度 制 作 してからク ューすることになった 時 待 ち 合 わ ライアントの 意 向 を 取 り 入 れるためにた せはマーケットの 中 のポニーの 近 くさんの 修 正 を 加 えるものだが この 本 くだった いま 思 えば 動 物 好 きの のデザインは 本 当 に 自 由 で 何 一 つ 訂 正 し Toyokoさんだからとわかる 気 がす なければいけないことがなく その 制 作 る 話 しの 最 中 ぽんぽんと 時 々 関 プロセスは 信 じがたいものだったそうだ 西 弁 が 飛 び 出 す 気 どらず 気 さく 自 然 体 で 生 きて 今 まででとてもうれしかったことは?と 聞 いてみ いる どこかいい 意 味 で 中 性 的 な 雰 囲 気 を 合 わせ 持 ると こんなエピソードを 披 露 してくれた Pass me っている そして きらりと 光 るもの を 持 っている a smile という 本 を 出 版 した 時 おじさん 読 者 からメ 女 性 Toyoko Sugiwakaさんをご 紹 介 しよう ールをもらったそうだ 僕 は 母 が 亡 くなって3 年 間 Toyokoさんは 1993 年 よりシドニーでグラフィッ 笑 ったことがなかった で クデザイナー 兼 クラフト 作 家 として 活 動 日 本 でデザイ も 君 の 本 を 読 んで 思 いっ ンスタジオに10 年 勤 めていた 時 は エキサイティングな きり 笑 った そのメッセ 仕 事 ではなかったが 使 命 感 でやっていたという そ ージをもらった 時 まさに んなToyokoさんに 転 機 が 訪 れる その 仕 事 が 本 当 Pass me a smile なんだと に 好 きなの? と 尊 敬 する 写 真 家 からの 問 いかけに 思 ったそうだ 自 分 のした 即 座 に( 違 う)と 感 じ これが( 自 分 は いったい 何 が ことで 他 人 がハッピーに 一 番 やりたいんだろう) と 考 えるきっかけになった なる そして 自 分 もハッピ そうだ ーになれる その 仕 事 が その 後 友 人 を 通 してシドニーの 印 刷 会 社 でアート 本 当 に 好 きなの? の 問 い ディレクターとして 働 くことになり これを 機 に 活 動 かけから 長 い 時 を 経 て 自 の 場 をシドニーに 移 した 観 光 パンフレットのデザイ 分 しかできないことにたどり 着 いた とToyokoさん ンを 経 て 航 空 会 社 のインフライトマガジンをデザイン は 笑 顔 を 絶 やさない そんなToyokoさんから 読 者 の していたが そのマガジンが 廃 刊 になって 2000 年 末 皆 さんにメッセージ に 仕 事 がなくなってしまう 独 立 して フリーランス 自 分 の 一 番 楽 しいこと 自 分 しか 出 来 ないことを で 働 き 始 めたが 2 年 間 は 仕 事 がほとんどなく とて 探 して それを 仕 事 につなげていくのが 自 分 が 一 番 もくやしい 思 いをしたという この 間 100 社 以 上 の 幸 せになれること そうすればきっと 周 りの 人 にも 求 人 に 応 募 し 面 接 を 経 験 したが 面 接 では 表 立 って その 幸 せは 伝 わっていくはず 自 分 の 考 え 方 ひとつ 自 信 があるとは 言 えない 自 分 がいて なかなか 合 格 で 自 分 が 変 わる 自 分 のいやなところを 駄 目 だと 思 することができなかった とToyokoさんは 振 り 返 る わず それでもいいやと 受 け 入 れてみる 自 分 の 考 え そんなToyokoさんの 辛 い 時 期 にも 光 が 差 し 込 む M 方 次 第 で 自 分 が 変 われるんです 社 からフリーランスでブックデザインの 仕 事 がもらえ さあ あなたも 自 分 を 変 えてみませんか?Toyoko るようになったのだ さんのウェブサイトは Toyokoさんの 作 品 を 紹 介 しよう フェルト 作 家 と お 問 い 合 わせは メールで しては2007 年 に Handmade Style Felt というタイト 日 本 グラフィックデザイナーサイトではToyokoさん ルの 本 を 出 版 フェルトのハウツーものの 本 だ そし の 作 品 が 紹 介 されている て2009 年 に Pass me a smile という 動 物 クラフトの 本 を 出 版 自 分 の 制 作 した 作 品 が 誰 かをクスッと 笑 ( 記 :マーン 薫 ) JCSだより2013 年 10 月 号 17

18 カウラツアー 報 告 晴 天 に 恵 まれ カウラ 桜 ツアーを 催 行 9 月 28 日 29 日 の 両 日 毎 年 恒 例 の カウラ 桜 ツアー ( 主 催 :シドニー 日 本 人 会 文 化 委 員 会 )が 催 行 され 総 勢 41 名 がカウラを 訪 れました 一 行 は28 日 ( 土 ) 朝 にシドニーを 出 発 し 途 中 オレンジ 市 のワイナリーを 訪 れてワイン テイスティングを 楽 しみ この 日 はバサーストのホテルに 宿 泊 し 夜 の 懇 親 会 で 交 流 を 深 めました 翌 29 日 ( 日 )はカウラに 向 かい まずカウラの 捕 虜 収 容 所 跡 地 を 見 学 し その 後 カウラ 戦 没 者 墓 地 にて 慰 霊 祭 に 参 列 しました まずオーストラリアの 戦 没 者 墓 地 続 いて 日 本 人 墓 地 にて 慰 霊 式 典 が 行 われました 日 本 側 からは 小 林 在 シドニー 日 本 国 総 領 事 代 理 中 村 防 衛 駐 在 武 官 中 田 シドニー 日 本 商 工 会 議 所 会 頭 梶 谷 シドニー 日 本 人 会 会 長 水 越 シドニー 日 本 クラブ 副 会 長 らが 代 表 して 献 花 を 行 いました 式 典 後 は 日 本 庭 園 にてBBQの 昼 食 を 頂 きながら エンターテインメントや 満 開 の 桜 をはじめ 庭 園 内 の 樹 々を 鑑 賞 し 参 加 者 との 交 流 歓 談 を 楽 しみました 午 後 は 帰 路 につき 事 故 もなく 無 事 シドニーに 到 着 し 今 年 の 桜 ツアーを 参 加 者 一 同 大 いに 楽 しみました なお 来 年 2014 年 は カウラ 事 件 から70 周 年 を 迎 えることから 大 脱 走 が 起 きた8 月 5 日 のイベントや その 他 の 関 連 イベントが 盛 大 に 催 される 予 定 です ぜひこの 機 会 にカウラを 訪 れてはいかがですか オーストラリア 戦 没 者 墓 地 で 献 花 ( 右 から 渡 部 理 事 と 水 越 副 会 長 ) 日 本 人 墓 地 で 献 花 する( 左 から) 梶 谷 日 本 人 会 会 長 キブラー=カウ ラ 日 本 庭 園 文 化 センター 理 事 長 中 田 日 本 商 工 会 議 所 会 頭 ワインテイスティングされるツアー 参 加 者 捕 虜 収 容 所 跡 地 の 表 示 板 捕 虜 収 容 所 跡 地 で 説 明 板 に 見 入 るツアー 参 加 者 収 容 所 跡 地 でツアー 参 加 者 による 記 念 撮 影 18 JCS News October 2013

19 カウラツアー 報 告 シドニーユース カウラバスツアー2013を 開 催 1944 年 8 月 5 日 午 前 2 時 シドニーから310キロほど 内 陸 のカウラ 捕 虜 収 容 所 の 日 本 兵 捕 虜 が 一 斉 蜂 起 し 大 脱 走 を 決 行 し 多 くの 尊 い 命 が 失 われました その 日 から69 年 目 にあたる 今 年 も 昨 年 同 様 浄 土 真 宗 本 願 寺 派 オーストラリア 開 教 事 務 所 NPO 国 際 ユース 基 金 が 主 催 シドニー 日 本 クラブが 後 援 した シドニー 在 住 の 日 本 人 家 庭 の 子 供 達 を 招 待 してのカウラユース バスツアーが 開 催 され 一 部 保 護 者 も 含 め 約 30 余 名 が 参 加 カウラの 墓 地 では カウラ 市 当 局 カウラRSL カウラブレイクアウト 協 会 の 皆 さんの 歓 迎 を 受 け 共 に 公 式 な 追 悼 式 典 に 参 列 することができました 今 年 のお 参 りで 特 筆 すべきは 当 時 捕 虜 収 容 所 の 警 備 に 当 たっていたMaurie Miles 氏 ( 写 真 前 列 車 椅 子 )の 参 列 でした Miles 氏 は 日 豪 両 方 の 墓 地 で ブレイクアウ ト 協 会 のLawrance Ryan 氏 子 どもたち 代 表 の 石 田 桜 ちゃん そして 渡 部 開 教 使 の4 人 で 献 花 をされました バスの 中 でカウラ 事 件 に 関 する 映 画 を 観 ていた 子 どもたちは 皆 神 妙 な 面 持 ちでした 日 本 人 墓 地 で は 天 台 宗 僧 ディーン 慈 海 師 そして 渡 部 開 教 使 の 読 経 の 後 一 人 ひとり 立 派 にお 焼 香 をすることができ ました 法 要 の 後 は 捕 虜 収 容 所 跡 地 や 平 和 の 鐘 も 見 学 しました 渡 部 開 教 使 は 悲 しい 歴 史 を 繰 り 返 さな 日 本 人 墓 地 にて( 前 列 車 椅 子 の 方 がMilesさん) いためにも オーストラリアで 起 こったこの 歴 史 を 若 い 世 代 に 知 ってもらうことは 大 切 なことと 思 ってい ます 今 回 のツアーが 森 岡 薫 さん たまごや Japan Computer Net 田 中 ジミーさん Global Promotions Australia Pty Ltd NPO 国 際 ユース 基 金 そして 保 護 者 や 参 加 者 の 子 どもたちからの 寄 付 により 無 事 に 実 現 することができましたこと 深 く 感 謝 します この 意 義 あるツアーを70 周 年 という 記 念 の 年 となる 来 年 も 計 画 しています 今 年 行 けなくて 残 念 な 思 いをさ れた 人 は 是 非 来 年 参 加 されることをお 勧 めいたしま す と 語 っている 捕 虜 収 容 所 跡 地 にて お 焼 香 をする 子 どもたち 平 和 の 鐘 を 叩 く 渡 部 頌 (しょう) 君 読 経 する 天 台 宗 僧 ディーン 慈 海 師 読 経 する 渡 部 開 教 使 オーストラリア 兵 墓 地 で 献 花 した ( 左 から) 渡 部 開 教 使 ローランス ライアン 氏 モーリー マイルス 氏 ( 車 椅 子 ) 石 田 桜 ちゃん JCSだより2013 年 10 月 号 19

20 連載コラム 0IX W ǫáȑ ルネッサンスからゴヤへ 今回は NSW美術館にて公開中の ルネッサンスか らゴヤへ 展をご紹介します スペインの版画 素描のコレクションでは 世界有数 のコレクションを誇る大英博物館からやってきた130 を超える作品が展示されています マドリードのプラ ド美術館も含めた巡回展の一環で オーストラリア国 内では NSW美術館のみでの開催です 16世紀中期から19世紀初頭に亘るスペイン人 及び スペインに住んだ外国人による版画や素描を集めた 初めての展覧会 これまで未公開のたくさんの作品 も含め 250年間に亘る芸術作品を目にする機会です 展示は 16世紀 マドリード周辺に出入りしたアー ティストの作品から始まり 年代順 地域ごとに作品 が並べられています マドリードのディエゴ ベラスケ ス セビリアのフランシスコ デ スルバラン等を始めと する重要なアーティストに代表されるスペインの黄 金期 17世紀 そして 18世紀になるとフランシスコ デ ゴヤによる作品や 彼の同期のアーティストや イ タリア人のジョヴァンニ バッティスタ ティエポロの ような外国人アーティストによる作品があります 17世紀から18世紀への転換期のスペイン美術をほ とんど一人で代表する巨人だったゴヤ その彼のエッ チング作品は 陰影が強烈に表現され それ以前のア Francisco Goya Y Lucientes ( ) For being of Jewish ancestry , drawing ーティストの作品と一線を画し 他を圧倒しているよ うにも思えます また フレスコ画の名手で ルネッサ ンス期最後の巨匠と言われたティエポロとその息子も スペインでのこの時期 版画や素描を多く制作し スペ インの芸術的状況を一変させたと言われます スルバランの Head of a Monk と題した素描は 僧 の祈りを捧げる真剣な表情が描かれていますが も しかしたら死後に描かれたのかもしれないと説明文 に書かれていて それも頷けるほど迫力があります その他 扇蒐集が趣味という女王を描いた作品では 扇形の画面に設えてあったり 今日のアニメを彷彿と させる作品があったりと 様々な下絵 素描 版画の 作品が並びます 暫し 当時のスペインに思いを馳せ 大きな油絵作品とはまた違う これらの作品に残さ れたアーティストの一筆一刻の息づかいを堪能して 頂けたらと思います NSW美術館コミュニティー アンバサダー 鴨粕弘美 期間 11月24日まで 場所 2階Temporary Exhibitions Gallery 入場料 大人$10 美術館会員$7 子供$8 詳細 Soul of Simplicity展 Alex Kershaw- Fantasticology Still life展 7世紀にわたる韓国陶器 アジアンギャラリー 2014年4月21日まで 無料 Tokyo: faults, flesh and flowers 静物画の継続的な発展の姿を美術館 所蔵の有名 人気アーティスト作品 を通して見る機会 2014年1月19日 ま で 1階 20世 紀 21 世紀オーストラリアン アート 無料 生け花と人間の身体の関係を考える ビデオ プロジェクト作品 11月10日まで コンテンポラリー プロ ジェクトスペース 無料 Art Gallery of New South Wales Art Gallery Road, The Domain 開館 毎日10am 5pm 水 9pm グッド フライデーとクリスマスを除く 20 Francisco de Zurbarán ( ) Head of a monk , drawing The Trustees of the British Museum JCS News October 2013

21 アートレビュー 映 画 cinema 書 籍 BOOKs BLUE JASMINE 監 督 :ウッディ アレン 出 演 :ケイト ブランシェット アレック ボールドウィン サリー ホーキンス 他 対 象 鑑 賞 者 :M おすすめ 度 : ウッディ アレン 監 督 の 最 新 作 ケイト ブランシェット が 抜 群 にすばらしい 演 技 を 披 露 している 富 豪 の 妻 とし て ニューヨークで 何 不 自 由 なく 超 裕 福 な 暮 らしをしてい たジャスミンだったが 夫 息 子 財 産 を 失 い 妹 のジンジャ ーを 頼 ってサンフランシスコへ 引 っ 越 すことになる 壊 れて しまった 人 生 を 修 復 しようとするジャスミンだったが 怒 りとストレスで 心 が 病 み 抗 鬱 性 の 薬 を 摂 取 し 飲 酒 を 重 ね 公 共 の 場 でも 独 り 言 をいうようになってしまう ジャス ミンが 独 り 言 をいうラストのシーンが 印 象 的 なんといっ ても ブランシェットの 演 技 がすばらしい これだけで 5つ 星! 社 会 を 変 えるには 著 者 : 小 熊 英 二 発 行 : 講 談 社 現 代 新 書 おすすめ 度 : 7 月 の 参 院 選 の 自 民 党 圧 勝 について 皆 さ んはどう 思 われただろうか? 経 済 の 活 性 化 と 抱 き 合 わせ て 改 憲 や 軍 事 力 強 化 原 発 の 再 稼 動 などを 訴 える 阿 部 首 相 とその 側 近 たちの 政 治 判 断 は 今 後 日 本 をどんな 風 に 変 え ていくのだろうか 日 本 の 将 来 について 大 きな 不 安 を 抱 き つつも 投 票 に 行 かなかった 大 勢 の 人 たち( 投 票 率 は 戦 後 3 番 目 に 低 い52.61%)と 同 様 私 も 自 分 では どうしようもな い と 思 ってしまっているかもしれない 本 書 は 投 票 行 為 に 何 の 期 待 も 持 てなくなった 現 代 日 本 人 たちに 代 表 民 主 制 がどうして 機 能 しなくなってしまったのかを 近 代 史 の 社 会 の 変 遷 から 分 りやすく 解 き 明 かす さらに 社 会 に 主 張 をしていく 上 で 新 しい 形 態 として 機 能 し 始 めたデモの 意 義 を 解 説 し その 積 極 的 利 用 を 促 す 新 進 気 鋭 の 社 会 学 者 に よる 根 深 い 日 本 の 社 会 問 題 についての 鋭 い 考 察 が 社 会 を 変 えていく 方 向 への 一 助 となればいいのだが 音 楽 MUSIC 鑑 賞 DVD SURREAL アーティスト:Incognito 発 売 :2012 年 おすすめ 度 : アシッドジャズというジャンルの 流 れをつくりあげた 偉 大 なバンドがこのIncognito 元 来 のジ ャズにファンクやソウルなどの 要 素 を 取 り 入 れ のりのい いリズムをもって 踊 れるジャズとして80 年 代 初 頭 からイギ リスクラブシーンから 生 まれたこのジャンルはBGMとして 非 常 に 心 地 のいいタイプの 音 楽 と 言 える その 中 でもJean- Paul 'Bluey' Maunickというギタリスト コンポーザーをメイ ンとしてつくりあげるIncognitoの 音 は1980 年 のデビュー 以 来 常 に 高 いクオリティのアルバムを 生 み 出 し 続 けている 1993 年 に 発 表 された Still a friend of mine は 聞 いたことの ある 人 も 多 いだろう 2012 年 に 発 表 されたこの 最 新 作 も 例 外 なく 素 晴 らしい Maysa Leak 他 の 歌 声 と 多 くの 優 れたミ ュージシャンによって 構 成 される 楽 曲 はグルーブ 感 を 持 ち ながら 最 高 峰 の 音 質 を 持 つ あまちゃん NHK 連 続 テレビ 小 説 脚 本 : 宮 藤 官 九 郎 出 演 : 能 年 玲 奈 小 泉 今 日 子 宮 本 信 子 尾 美 としのり 放 映 :2013 年 4 月 1 日 9 月 28 日 主 人 公 のアキ( 能 年 玲 奈 )は 引 きこもりがちな 垢 抜 けない 高 校 生 夏 休 みに 母 親 とともに 北 三 陸 の 祖 母 を 訪 ねたのが きっかけで 海 女 を 目 指 す 海 女 さん 修 行 中 のアキの 映 像 がネットで 公 開 され 一 躍 地 元 アイドル に! 静 かだった 田 舎 町 は 突 如 アキ 目 当 ての 観 光 客 で 賑 わう 北 三 陸 には 祖 母 役 の 宮 本 信 子 はじめ 個 性 的 なベテラン 役 者 が 勢 ぞろい 大 人 数 が 出 演 しているのにそれぞれの 個 性 が 際 立 っていて 書 き 分 けが 素 晴 らしい 小 泉 今 日 子 演 じる 母 親 は 口 はきつ い 態 度 は 悪 い おまけにすぐキレるヤンキーなネエチャン 丸 出 し たったの15 分 間 なのに 毎 回 ちゃんと 見 せ 場 もあっ て 会 話 のテンポがよく 意 外 なストーリー 展 開 を 見 せとに かくひきこまれます なんと 言 ってもキャスティングに 脱 帽 このコーナーに 皆 さんからの 投 稿 をお 寄 せください 映 画 音 楽 本 DVDなど 感 動 した 作 品 や 是 非 皆 さんに 紹 介 したい 作 品 など 読 者 の 皆 様 からの 投 稿 をお 待 ちしています (メールあて 先 JCSだより2013 年 10 月 号 21

22 連 載 コラム 第 123 回 大 彗 星 接 近 中? 今 年 の 天 体 観 望 のトリとして 期 待 の 高 まる 彗 星 が 太 陽 に 引 かれぐんぐん 速 度 を 上 げながら 接 近 中 です 大 彗 星 として 衆 目 を 驚 かせると 期 待 されているの は 2012 年 9 月 21 日 に 発 見 されたアイソン 彗 星 ( Comet ISON=CI)で 現 在 国 際 宇 宙 ステーション( ISS)を 含 め 世 界 中 で 広 範 な 観 測 が 行 われています 彗 星 の 一 般 的 なイメージとしてまず 思 い 浮 かぶのは 長 い 尾 を 引 いた 流 麗 な 姿 でしょうか ただし その 姿 も 単 純 なものではなく コマ と 呼 ばれる 頭 部 と それから 伸 びる テール に 分 けられ 更 にそれらの 形 態 の 変 化 に 伴 いより 詳 細 に 分 類 されています 彗 星 本 体 が 水 を 主 成 分 とし 多 様 なガス 成 分 と 多 量 の 塵 を 含 む シャーベット 状 の 塊 であるため 熱 源 である 太 陽 へ 接 近 するにつれて 全 体 が 大 きく 成 長 します 大 彗 星 へと 化 ける 可 能 性 を 秘 めるCIが 太 陽 に 最 も 近 付 くの は シドニー 夏 時 間 で11 月 29 日 午 前 5 時 少 し 過 ぎです が 現 在 既 に 全 長 10 万 キロを 超 えるまでに 長 大 化 し ています このまま 順 調 に 成 長 を 続 けるならば 世 紀 の 大 彗 星 になるのは 間 違 いなし 解 ける 氷 塊 と 巨 大 熱 源 の 遭 遇 により 目 を 惹 く 美 形 が 形 成 される 関 係 から CIの 場 合 も 太 陽 に 最 接 近 し た 時 の 距 離 が 決 め 手 となるのは 明 らかです これま での 観 測 データを 基 に 計 算 により 求 められた 軌 道 に よれば 最 接 近 時 におけるCIから 太 陽 までの 距 離 は 地 球 / 太 陽 間 の80 分 の 一 に 相 当 するおよそ190 万 キ ロ この 距 離 は 太 陽 系 の 惑 星 中 最 も 太 陽 に 近 い 水 星 の 軌 道 の 遥 か 内 側 となり 彗 星 が 全 体 をこんがりと 炙 られるには 申 し 分 ないところです 1965 年 に 太 陽 まで 約 115 万 キロまで 近 付 いた 日 本 人 の 発 見 になる 池 谷 関 彗 星 は 最 接 近 時 CIより 更 に75 万 キロ 程 も 近 く 大 きく 溶 解 された 上 に 多 数 の 小 氷 塊 に 分 解 した のが 観 測 されました 当 然 なこととして 身 を 挺 した 件 の 彗 星 は 歴 史 に 残 る 大 彗 星 の 一 つに 名 を 連 ねて います CIが 大 化 けし 生 涯 に 一 度 巡 り 合 えるかどう かの 大 彗 星 になるには 今 後 1カ 月 の 間 にどこまで 身 を 削 るかにかかっています 長 い 尾 を 引 き 明 るいCI の 飛 行 する 舞 台 は 11 月 から12 月 の 夜 明 け 前 の 東 の 低 い 空 星 座 を 目 当 てにするなら 今 月 はしし 座 をゆ っくり 移 動 し 最 接 近 を 迎 える11 月 にはおとめ 座 で 光 度 を 上 げます 18 日 前 後 には 青 白 に 輝 くおとめ 座 の1 等 星 スピカが 彗 星 探 しの 良 き 案 内 役 となります ただし この 頃 はほぼ 満 月 の 時 期 と 重 なり 月 明 かり が 邪 魔 になります 一 旦 最 接 近 時 に 見 えなくなるCI は 太 陽 から 離 れるにつれ 再 び 東 の 空 に 見 えるよう になり へびつかい 座 からへび 座 へと 移 り やがて 北 極 星 を 目 掛 け 飛 び 去 ることに 折 角 の 大 彗 星 を 映 像 に 収 める 準 備 も 進 んでおり 上 記 ISSに 高 解 像 度 カメラが8 月 4 日 に 打 ち 上 げられ た 無 人 補 給 機 こうのとり4 号 により 無 事 届 けられ ています 撮 影 を 担 当 するのは 日 本 人 宇 宙 飛 行 士 若 田 光 一 さんで 常 に 快 晴 であり 空 気 の 揺 らぎのほと んど 無 い 好 条 件 を 利 し 太 陽 に 吸 い 寄 せられるよう に 飛 行 するCIを 余 すところなく 捉 えることでしょう カメラを 開 発 したNHKでは 特 別 番 組 を 組 むことを 表 明 しているので 早 ければ 正 月 の 茶 の 間 で 大 彗 星 の 雄 姿 を 目 の 当 たりにできるかもしれません 発 見 当 初 から 前 評 判 の 高 い 彗 星 には 往 々にして 期 待 を 裏 切 られるものですが CIが 前 評 判 通 り 大 彗 星 に 飛 躍 することに 期 待 をかけて 待 ちましょう 東 の 空 に 長 大 な 尾 を 伸 ばす 大 彗 星 を ご 覧 あれ スポーツ 天 国 SPORTS 第 70 回 2020 年 オリンピック 東 京 開 催! 2020 年 のオリンピックが 東 京 に 決 まりましたね 決 まった 瞬 間 の 会 場 や 東 京 での 喜 びようを 観 て 1993 年 にモナコで 行 われた2000 年 開 催 地 決 定 最 終 投 票 で シドニーが 選 ばれたことを 思 い 出 しました その 時 は 会 場 予 定 地 だったホームブッシュで 働 いていて ま た 自 宅 も 近 くだったので 夜 中 でしたが 花 火 が 何 度 も 上 がり シティーのパブリックビュー 周 辺 もお 祭 り 騒 ぎでした その 後 会 場 建 設 が 急 ピッチで 進 み オ フィスの 引 越 しを 余 儀 なくされましたが 今 もスポ ーツ 観 戦 やコンサートの 度 にスタジアムに 行 くため 働 いていたオフィスの 横 を 通 ると 懐 かしさが 込 み 上 げてきます 南 米 からアジア 2024 年 は? (ぴか) 会 員 の 皆 さんからの 情 報 も 受 け 付 けていますので いろいろ 教 えてください よろしくお 願 いします Eメールは (ぴか) 22 JCS News October 2013

23 連 載 コラム 暮 らしの 医 療 長 期 避 妊 方 法 ドクター 鳥 居 /Northbridge Family Clinic 避 妊 ピルやコンドームを 頻 繁 に 使 うことが 煩 わし かったりどうしても 毎 日 ピルを 飲 むことを 忘 れて しまったりする 人 には1カ 月 から10 年 間 効 果 が 持 続 する 避 妊 方 法 があります どの 方 法 を 選 択 するかに あたってはよく 医 師 と 相 談 することが 大 切 です そ れぞれに 長 所 と 短 所 があります 蓄 積 注 射 (Depot injection) Medroxyprogesterone acetate( MPA)という 黄 体 ホ ルモンを 蓄 積 注 射 として 上 腕 部 か 臀 部 に 注 射 する 方 法 です 避 妊 効 果 は3カ 月 です Depo-Provera Depo- Raloveraという 商 品 名 です 一 度 注 射 すれば3カ 月 の あいだはその 効 果 を 取 り 消 すことはできません も し3カ 月 経 ってまだ 避 妊 の 必 要 がある 場 合 は 再 度 注 射 をしなければなりません 効 果 :Medroxyprogesteroneは 卵 巣 から 卵 子 が 毎 月 排 出 されることを 妨 げます 受 精 できる 卵 子 がなけれ ば 妊 娠 はできません 避 妊 効 果 は 避 妊 ピルよりも 高 めです 副 作 用 注 意 点 :3カ 月 経 って 注 射 の 効 果 が 切 れた 後 にすぐに 生 理 が 戻 らず 18カ 月 間 も 生 理 が 来 なくな ることもありますので 注 射 後 3カ 月 経 ってすぐに 妊 娠 を 希 望 する 場 合 はこの 方 法 は 不 向 きです また 不 正 出 血 がおこったり 体 重 増 加 頭 痛 鬱 などがおこる こともあります 注 射 を 何 度 も 繰 り 返 すような 長 期 使 用 の 場 合 骨 密 度 の 低 下 がおこることもあります インプラント( Implant) 黄 体 ホルモンが 含 まれている 幅 2mm 長 さ4cmの 皮 下 インプラントです 上 腕 部 に 設 置 されます 一 度 皮 下 に 挿 入 すれば 避 妊 効 果 は3 年 間 あります もし それ 以 前 に 避 妊 効 果 を 必 要 としなくなった 場 合 はその 時 点 で 取 り 除 くこともできます 取 り 除 いて 比 較 的 早 く 繁 殖 機 能 は 戻 ります 効 果 :Etonorgestrelという 黄 体 ホルモンが 含 まれてい て このホルモンは 排 卵 を 止 める 効 果 があります 薬 は3カ 月 間 のあいだ 徐 々に 放 出 されていきます 排 卵 阻 止 とともにこのホルモンは 膣 内 の 粘 液 を 変 え 精 子 が 通 過 しにくい 状 態 にします 避 妊 効 果 は99%です 副 作 用 注 意 点 : 不 正 出 血 ニキビ 体 重 増 加 頭 痛 乳 房 の 痛 みなどがおこることもあります 子 宮 内 避 妊 器 具 ( Intrauterine device IUD)ー ホルモン 放 出 型 黄 体 ホルモン( progesterone)を 浸 透 させたT 字 形 の プラステイックの 器 具 です Levonorgestrelというホル モンを 放 出 し 5 年 間 の 避 妊 効 果 を 保 てます この 器 具 には 糸 が 着 けられていて 子 宮 口 から 出 ています 膣 内 をさぐり この 糸 を 感 じることができれば 器 具 は 子 宮 内 に 入 っていることが 確 認 できます この 器 具 の 挿 入 摘 出 は 医 師 ( 産 婦 人 科 )がします 5 年 以 前 に 妊 娠 が 希 望 となればその 時 点 で 取 り 除 くことがで きます 効 果 :Levonorgestrelは 子 宮 内 膜 を 薄 くし 受 精 卵 が 着 床 しにくい 状 態 にします また 卵 管 の 内 膜 と 膣 内 の 粘 膜 を 変 化 させ 精 子 が 通 過 しにくくなります 避 妊 効 果 は99%です 副 作 用 注 意 点 : 挿 入 後 数 日 間 は 多 少 痛 みがあるか もしれません 一 番 よくおこる 副 作 用 は 生 理 の 周 期 が 長 くなり 無 月 経 になるということです まれです が 感 染 症 がおこる こともあります 子 宮 筋 腫 があ る 人 にはむいていません 逆 に 月 経 過 多 の 人 の 避 妊 手 段 としては 適 しているかもしれません 子 宮 内 避 妊 器 具 ( Intrauterine device IUD)ー 銅 IUD Multiload - cu375 TT380( Coppet T)という 商 品 名 のもにがあります 避 妊 効 果 は5 年 あるいは10 年 で す T 字 形 で その 中 心 の 軸 に 細 い 銅 のワイヤーが 巻 かれています 避 妊 効 果 が 必 要 でなくなった 時 点 で 摘 出 することができます この 器 具 はやはり 医 師 ( 産 婦 人 科 )による 挿 入 摘 出 が 必 要 です やはり 確 認 用 の 糸 がついています 効 果 :この 器 具 はごく 微 量 の 銅 を 放 出 することによ って 排 卵 阻 止 と 子 宮 頸 部 の 粘 膜 を 濃 くし 精 子 の 通 過 をさまたげる 効 果 があります 避 妊 効 果 は99%で す 副 作 用 注 意 点 : 挿 入 後 数 日 間 は 痛 みがおこることも あります ホルモンIUDよりも 感 染 症 はおこりやすい ようです 月 経 過 多 になることもあります やはり 子 宮 筋 腫 の 人 には 適 していません JCSだより2013 年 10 月 号 23

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照 丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 物 各 5 ズ 7 短 投 票 発 表 8 ダ 9 丸 彦 渡 辺 建 設 職 市 豊 平 区 豊 平 条 丁 5 8 T E L F A X8 URL:http://homepage.nifty. com/mwcsu 編 集 発 教 宣 度 全 9 サ 色 美 酒 酔 酒 酔 相 非 常 交 流 深 模 管 理 職 連 結 若 模 9 数 去 減 km / h

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc ( 別 添 2) エイジレス ライフ 実 践 事 例 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 推 薦 要 領 平 成 2 7 年 1 月 9 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 決 定 1 推 薦 の 対 象 となるエイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践 者 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 (1)エイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd)

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd) 学 校 だより 新 潟 市 立 下 山 中 学 校 N O. 5 平 成 21 年 9 月 1 日 発 行 下 山 中 生 大 活 躍! 校 長 宮 崎 繁 夫 甲 子 園 に お け る 日 本 文 理 の 快 進 撃 と 驚 異 的 な 粘 り に 感 動 し た 夏 が 終 わ り ま し た 3 8 日 間 の 夏 休 み 中, 様 々な 場 面 で, 日 本 文 理 に 負 け な い 下

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 11 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 5 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 まちの 顔 愛 称 決 定 赤 谷 どんつき 祭 り しばたん 観 光 バス 赤 谷 どんつき 祭 り 見 学 ツアー 月 岡 温 泉 どんど 祭 り たけつね 堀 部 安 兵 衛 武 庸 縁 結 びスイーツ

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

施設事業計画案

施設事業計画案 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 平 成 2 6 年 4 月 1 日 ~ 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 社 会 福 祉 法 人 ポ プ ラ 福 祉 会 ポ プ ラ 保 育 園 1. 保 育 事 業 の 目 的 児 童 福 祉 法 第 24 条 及 び 37 条 の 規 定 に 基 づ き 乳 児 及 び 幼 児 の 保 育 を 行 う 2 施 設 運 営 の 全 般 の 方 針 (1)

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団 平 成 28 年 5 月 選 挙 運 動 に 関 す る ル ー ル 和 歌 山 県 選 挙 管 理 委 員 会 電 話 県 庁 代 表 073-432-4111 直 通 073-441-3785 海 草 分 局 073-441-3477 伊 都 分 局 0736-33-4904 日 高 分 局 0738-24-2904 東 牟 婁 分 局 0735-21-9606 那 賀 分 局 0736-61-0005

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

untitled

untitled H. 報 例 期 専 処 承 認 及 び 条 例 等 程 べ 原 可 主 次 専 処 承 認 専 処 治 基 づ 本 来 必 要 項 緊 急 招 集 限 充 段 治 規 次 専 処 報 告 承 認 可 税 条 例 康 険 税 条 例 税 等 伴 後 期 高 齢 医 療 付 税 付 税 池 公 園 管 営 増 減 ゴ フ 材 料 費 払 項 ポ ツ 公 園 管 営 増 減 器 替 払 項 異 道 池

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

92_himawari.indd

92_himawari.indd [ 愛 謝 奉 仕 ] 92 号 月 2 4 5 6 11 紹 法 創 立 30 周 特 別 寄 稿 東 海 牧 野 通 紹 ( ぬ) 各 10 ュ 12 30 周 案 内 / 編 集 記 vol.92 2 22 5 月 20 3 vol.92 22 5 月 20 vol.92 4 22 5 月 20 庭 育 低 下 題 久 モ 欠 育 無 関 放 増 無 難 題 込 む 現 社 全 縮 図 現 巻

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

書 道 篆 刻 5 脩 竹 会 書 の 練 習 活 動 場 所 ふれあい 会 館 活 動 日 時 毎 週 土 曜 日 13:00~16:00 現 会 員 数 成 人 12 人 中 学 生 1 人 対 象 者 市 内 在 住 者 年 齢 は 問 いません 会 費 など 月 2,000 円 ( 会 場

書 道 篆 刻 5 脩 竹 会 書 の 練 習 活 動 場 所 ふれあい 会 館 活 動 日 時 毎 週 土 曜 日 13:00~16:00 現 会 員 数 成 人 12 人 中 学 生 1 人 対 象 者 市 内 在 住 者 年 齢 は 問 いません 会 費 など 月 2,000 円 ( 会 場 25 1 学 習 芸 術 1 歴 史 阿 賀 野 市 立 吉 田 東 伍 記 念 博 物 館 友 の 会 郷 土 の 自 然 文 化 風 土 に 依 拠 した 知 の 巨 人 吉 田 東 伍 が 著 した 事 跡 について 学 び 広 く 人 々 特 に 次 世 代 を 担 う 若 人 に 知 ってもらうよう 努 力 を する 活 動 場 所 阿 賀 野 市 立 吉 田 東 伍 記 念 博 物 館

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場 新 任 のご 挨 拶 第 17 号 2013.7.25 北 海 道 生 物 教 育 会 編 集 部 061-3248 北 海 道 石 狩 市 花 川 東 128 番 地 31 北 海 道 石 狩 翔 陽 高 等 学 校 内 Tel 0133-74-5771 Fax 0133-74-8741 北 海 道 生 物 教 育 会 会 長 高 桑 純 ( 北 海 道 室 蘭 栄 高 等 学 校 長 ) このたび6

More information

古座川議会.indd

古座川議会.indd 号 平 平 質 疑 応 平 ペジ ペジ 般 質 ペジ 誌 ペジ 評 試 経 終 処 遇 反 映 係 般 試 評 再 コ 縮 図 舗 装 単 契 約 舗 装 舗 装 亀 裂 模 修 繕 守 社 デ 更 調 査 登 録 同 護 各 力 デ 都 修 社 ヘ パ 不 足 ヘ パ 名 U I 相 談 窓 近 隣 べ 起 音 相 談 窓 ふ 相 談 政 針 質 疑 平 初 鳥 獣 食 肉 処 加 催 執 部 初

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

Taro-学年便り4月8日号

Taro-学年便り4月8日号 那 須 塩 原 市 立 三 島 中 学 校 第 3 学 年 だより Step by Step 2016.4.8 号 文 責 : 小 森 平 成 28 年 度 が 始 まりました 3 年 生 にとっては 中 学 校 生 活 最 後 の 年 になります 今 年 度 が 生 徒 たちにとって 充 実 した 中 身 の 濃 い1 年 になるよう 3 学 年 職 員 一 同 最 善 を 尽 くしてがんばりますので

More information

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ 9 号 / 公 益 社 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 元 働 明 社 9 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 下 ォカ 委 教 徒 募 ペジ 照 メ 左 阿 都 築 和 松 古 横 川 列 清 水 ペジ 照 じ 﨑 計 画 キメ 訪 記 教 紹 ゆぞネ! 表 紙 訪 記 楽 脳 常 識 素 直 切 9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ Heart on Coin 絆 プロジェクト ~はじめに~ この 度 5 月 6 日 から 5 月 12 日 に 渡 り 西 宮 教 育 委 員 会 職 員 の 方 々に 加 え 大 阪 大 学 同 大 学 院 の 学 生 6 名 と 共 に Heart on Coin 絆 プロジェクトのメンバーである 関 西 学 院 大 学 生 4 名 が 宮 城 県 南 三 陸 町 の 歌 津 中 学 校 に

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在 市 民 活 動 のはじめ 方 ~ 地 域 のためになにから 始 める? ~ 開 催 日 時 1 平 成 24 年 9 月 2 日 ( 日 ) 10:00~ 12:00 2 平 成 24 年 9 月 16 日 ( 日 ) 13:30~16:30 3 平 成 24 年 10 月 14 日 ( 日 ) 10:00~11:30 開 催 場 所 1 3 東 村 山 市 役 所 北 庁 舎 第 2 会 議 室

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

事業計画書の書き方

事業計画書の書き方 群 馬 の 文 化 支 援 事 業 事 業 計 画 書 の 書 き 方 < 作 成 上 の 注 意 > 指 定 の 様 式 を 使 用 する(A4 版 ) 手 書 きの 場 合 は 鉛 筆 や 消 えるタイプのポールペンを 使 用 しない パソコン 等 で 作 成 した 場 合 は 印 刷 したものを 提 出 する 1 事 業 実 施 団 体 (1) 団 体 名 団 体 の 名 称 を 記 入 します

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

優 秀 賞 城 生 野 自 治 会 築 館 地 区 の 北 部 に 位 置 し 世 帯 数 155 世 帯 人 口 493 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 城 生 野 大 文 化 祭 お 互 いの 趣 味 や 特 技 を 知 り 合 い 語 り 合 える 文 化 祭 です 地 区 民

優 秀 賞 城 生 野 自 治 会 築 館 地 区 の 北 部 に 位 置 し 世 帯 数 155 世 帯 人 口 493 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 城 生 野 大 文 化 祭 お 互 いの 趣 味 や 特 技 を 知 り 合 い 語 り 合 える 文 化 祭 です 地 区 民 自 治 会 事 例 発 表 会 発 表 自 治 会 の 紹 介 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 住 基 人 口 ) グランプリ 西 町 自 治 会 ( 築 館 地 区 ) 築 館 地 区 の 西 部 に 位 置 し 世 帯 数 494 世 帯 人 口 1,213 人 の 自 治 会 です 活 動 事 例 1 西 町 夏 まつり 事 業 流 しそうめん 太 鼓 盆 踊 り お 楽 しみ

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

1

1 1 2 3 4 2 0 0 6 O c t o b e r 18101 1 2 3 4 4 5 5 6 7 1 1 0 0 0 年 の 時 を 超 え て 藤 原 道 長 か ら の メ ッ セ ー ジ 66 代 天 皇 一 条 (32) 67 代 天 皇 三 条 (42)= 研 子 (34) 風 疹 ( 脳 卒 中 ) 68 代 天 皇 一 条 (29) 69 代 天 皇 禎 子 朱 雀 (37)

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 案 記 福 復 興 立 直 訪 旅 案 : 奈 川 在 住 1 倭 へ 福 復 興 立 直 訪 2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 雄 題

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 12 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 はる ラ ン まん づつみ 春 RUN 漫 しばたジョギング 大 会 in 加 治 川 桜 堤 得 する 街 のゼミナール まちゼミ 紫 雲 寺 支 所 移 転 しゅんじょう かくいち 講 演 会 市 島

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離 保 養 施 設 菅 平 波 測 夏 宇 宙 信 講 義 波 測 学 定 認 湘 鎌 倉 光 ょ 良 直 距 離 ほ 遠 挟 直 実 際 ア プ ロ 達 首 圏 網 縦 尽 張 巡 実 際 汎 性 早 頃 走 鶴 鶴 忘 全 崩 壊 勤 忙 ビ ジ ネ マ 鶴 情 武 継 ぎ 勤 圧 力 屈 首 郊 窓 府 武 蔵 浦 和 北 頃 勤 帯 終 迎 盤 戦 差 掛 息 次 常 磐 友 打 違 友 水 園

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号 社 A K A S H I A 発 社 岸 美 惠 子 連 絡 先 - 00 東 京 都 区 青 井 -0- 電 話 08988 FAX 089700 印 刷 区 谷 就 労 ニュ 隔 発 催 7 評 午 0 時 時 午 時 0 時 場 階 室 項 空 調 備 改 修 号 算 監 査 号 そ 他 目 評 催 算 熱 心 審 全 原 通 承 認 ハ ウ 0 節 目 迎 続 青 井 ハ ウ 棟 予 永

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 2 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 渡 仏 90 周 年 記 念 蕗 谷 虹 児 の 描 く ド ラ マ チ ッ ク 絵 本 原 画 展 婚 活 イ ベ ン ト 和 ス イ ー ツ を 囲 ん で 楽 し い ひ と 時 を 新 庁 舎 駅 前

More information

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 )

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 ) 2014 年 5 月 大 東 文 化 大 学 ギタークラブ&OB 会 ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~ishizaki/ ギタークラブ 創 立 50 周 年 記 念 祝 賀 会 50 周 年 記 念 祝 賀 会 参 加 者 ( 平 成 25 年 6 月 15 日 於 板 橋 キャンパス) 多 数 のOBの 皆 さまとそのご 家 族 にご 出 席 いただきました 太

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information