日本植物病理学会ニュース

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "日本植物病理学会ニュース"

Transcription

1 i 日 本 植 物 病 理 学 会 ニュース 第 74 号 (2016 年 5 月 ) 学 会 活 動 状 況 1. 大 会 開 催 報 告 平 成 28 年 度 日 本 植 物 病 理 学 会 大 会 は,3 月 21 日 ( 月 ) か ら 23 日 ( 水 )まで, 晴 れの 国 岡 山 県, 岡 山 市 のコンベン ションセンターで 開 催 されました. 岡 山 大 学 津 島 キャンパ ス( 岡 山 市 )で 2000 年 に 大 会 が 開 催 されており, 今 回 は 16 年 ぶりの 岡 山 開 催 でありました. 本 大 会 は, 大 会 委 員 長 の 岡 山 大 学 自 然 科 学 研 究 科 教 授 多 賀 正 節 先 生, 運 営 委 員 会 幹 事 長 の 一 瀬 勇 規 教 授 の 強 いリーダーシップのもと 準 備 が 進 められてきました.しかし,3 月 上 旬 多 賀 先 生 が 骨 折 の 事 故 に 遭 われ, 急 遽 筆 者 が 代 理 を 務 めることとなりまし た. 幸 い 本 稿 執 筆 時 点 では, 無 事 退 院 され, 快 方 に 向 って いるとのことです. 手 前 味 噌 になりますが, 岡 山 県 は 歴 史 的 に 植 物 病 理 学 研 究 の 盛 んなところで, 先 達 の 方 々は 枚 挙 にいとまがありません. 大 会 の 運 営 は, 岡 山 県 内 の 植 物 病 理 学 関 連 の 9 研 究 機 関 ( 室 ), 岡 山 大 学 自 然 科 学 研 究 科 の 病 理 関 係 の 多 賀 研 究 室, 世 良 研 究 室, 環 境 生 命 科 学 研 究 科 の 一 瀬 研 究 室, 豊 田 研 究 室, 倉 敷 キャンパスの 資 源 植 物 科 学 研 究 所 の 鈴 木 研 究 室,ガリス 研 究 室, 岡 山 県 生 物 科 学 研 究 所 ( 岡 山 大 学 名 誉 教 授 の 白 石 先 生 が 現 所 長 を 務 められて おります)の 向 原 研 究 室, 鳴 坂 研 究 室 と 岡 山 県 農 業 研 究 所 の 病 虫 研 究 室,さらには 瀬 戸 内 海 を 隔 てた 香 川 大 学 の 秋 光 研 究 室, 五 味 研 究 室, 市 村 研 究 室 のスタッフ, 学 生 がその 任 にあたりました. 運 営 委 員 会 幹 事 長,プログラム 委 員 長 の 大 役 は, 岡 山 大 学 津 島 キャンパスの 一 瀬 勇 規 教 授, 秋 光 和 也 教 授 に 担 って 頂 きました. 大 会 期 間 中 は 天 候 にも 恵 まれ,また, 交 通 の 便 が 良 い 岡 山 で 開 催 されたこともあり, 賛 助 会 員 を 含 め 900 名 をこえ る 方 々に 参 加 頂 きました.この 数 字 は 例 年 並 みと 言 えます が, 会 員 数 の 減 少 を 考 慮 すると, 大 勢 の 方 に 参 加 頂 いたの ではと 考 えます. 学 生 優 秀 発 表 賞 の 選 考 対 象 の 演 題 123 題 を 含 め, 総 講 演 題 数 は 366 に 上 りました. 発 表 時 間 が 質 疑 応 答, 演 者 交 替 の 時 間 を 含 め 12 分 と 短 かったにもかかわ らず, 円 滑 な 運 営 にご 協 力 頂 きました 演 者, 座 長 の 方 々に は 感 謝 申 し 上 げます.また, 学 生 優 秀 発 表 賞 の 評 価 にあた られました 28 名 の 評 議 員,48 名 の 座 長 の 方 々には, 大 変 お 世 話 になりました.この 拙 文 が 印 刷 される 頃 には, 学 生 優 秀 発 表 賞 の 受 賞 者 も 決 まっていることでしょう. いつも 言 われていることではありますが, 国 内 / 国 際 学 会 問 わず 科 学 会 議 の 大 きな 目 的 の 一 つにネットワーキング が 挙 げられます. 懇 親 会 はその 目 的 を 達 成 するのには 格 好 の 場 を 提 供 します. 岡 山 県 では 最 も 格 調 高 いホテルの 一 つ であるホテルグランヴィアのフェニックスの 間 で 懇 親 会 は 賑 々しく 開 かれました. 懇 親 会 は, 岡 山 大 学 の 豊 田 和 弘 教 授, 岡 山 県 の 農 業 研 究 所 の 谷 名 光 治 病 虫 研 究 室 長 が, 趣 向 をこらした 企 画, 運 営 にあたられました. 開 始 前 の 待 ち 時 間 を 利 用 して, 国 指 定 重 要 無 形 民 俗 文 化 財 備 中 神 楽 が 20 分 程 度 披 露 されました. 演 目 八 重 垣 の 能 の 大 蛇 退 治 (おろちたいじ)の 場 面 を 演 じて 頂 きました.ストーリー は, 素 戔 鳴 の 神 (スサノオノミコト)が 大 蛇 に 酒 を 飲 ませ て 大 蛇 退 治 を 行 うというものでした.また, 鏡 割 りに 使 われた 清 酒 ( 地 酒 )を 含 め 岡 山 県 の 多 くの 地 酒 が 振 る 舞 われました.お 酒 好 きの 参 加 者 には,こたえられなかった のではと 拝 察 します. 幸 い, 懇 親 会 ではどなたも 退 治 され なかったと 聞 いています. 3 日 間 の 大 会 期 間 中,いたらない 点 も 多 くあったかと 思 いますが, 大 きなトラブルは 運 営 委 員 会 には 届 いておりま せん.これもひとえに, 会 長 初 めとする 学 会 役 員, 評 議 員 の 方 々, 大 会 参 加 者 の 皆 様, 運 営 にあたって 頂 きました 皆 備 中 成 羽 社 による 備 中 神 楽.

2 ii 様 のご 支 援 の 賜 物 と 思 います.あらためて 厚 く, 厚 くお 礼 申 し 上 げます. ( 大 会 委 員 長 代 理 : 鈴 木 信 弘 ) 2. 研 究 会 談 話 会 等 開 催 報 告 (1) 第 9 回 植 物 病 害 診 断 研 究 会 第 9 回 植 物 病 害 診 断 研 究 会 は, 平 成 27 年 10 月 26 日, 27 日 の 2 日 間 にわたり, 秋 田 県 秋 田 市 秋 田 拠 点 センター ALVE 多 目 的 ホール で 開 催 された. 参 加 者 は 試 験 研 究 機 関, 大 学, 普 及 機 関, 農 業 団 体, 企 業 など, 北 は 北 海 道 か ら 南 は 九 州 熊 本 まで, 人 数 は 126 名 であった. 第 1 セッ ションでは, ワンランク 上 の 診 断 を 目 指 すために とい うテーマで, 平 子 喜 一 氏 ( 福 島 県 植 物 防 疫 協 会 )から 野 菜 病 害 の 上 手 なサンプリング と 題 して, 的 確 なサンプリ ング 方 法,サンプリングの 際 必 要 な 物 品, 持 ち 運 びや 送 付 してもらう 場 合 の 方 法, 保 管 方 法 などについて, 自 身 の 経 験 をもとに 講 演 していただいた. 次 に, 深 谷 雅 子 氏 ( 住 友 化 学 ( 株 ), 元 秋 田 県 果 樹 試 験 場 )から 果 樹 病 害 の 上 手 なサンプリング と 題 して, 枝 幹 病 害 の 特 徴 を 解 説 してい ただくとともに 診 断 のポイント, 採 取 標 本 からの 菌 の 分 離 方 法 について 講 演 していただいた. 次 は, 田 中 和 明 氏 ( 弘 前 大 学 農 学 生 命 科 学 部 )から ワンランク 上 の 顕 微 鏡 写 真 と 題 して,どうやったらきれいな 写 真 が 撮 れるか, 顕 微 鏡 の 上 手 な 使 い 方 を, 学 生 指 導 の 経 験 談 を 交 えながら,これ まで 知 らなかった 染 色 方 法 などをご 紹 介 いただいた. 最 後 に, 重 松 辰 郎 氏 (( 株 )エス ディー エス バイオテック) から 野 菜 病 害 を 上 手 に 再 現 するには と 題 して 薬 剤 効 果 試 験 の 経 験 からの 上 手 な 発 病 方 法 や 試 験 区 の 設 計 法 などに ついて 講 演 いただいた.2 日 目 は, 第 2 セッションとして, これからの 診 断 と 防 除 指 導 ( 診 断 カルテの 作 成 とデータ ベース 共 有 に 向 けて)というテーマで, 佐 藤 幸 生 氏 ( 前 富 山 県 立 大 学 )からは うどんこ 病 ( 菌 )の 何 を 見 ているの か? 病 害 診 断 カード 作 成 に 向 けて と 題 して,うどんこ 病 菌 の 分 類, 特 にキュウリのうどんこ 病 の 発 生 状 況 につい て 講 演 いただいた. 次 に 佐 藤 豊 三 氏 ( 国 立 研 究 開 発 法 人 農 業 生 物 資 源 研 究 所 )から ここを 見 れば 大 丈 夫 ~ 日 本 植 物 病 名 データベースの 活 用 法 ~ と 題 して, 日 本 植 物 病 名 目 録 の 情 報 をデータベース 化 した 病 名 DB の 活 用 方 法 につい て 解 説 していただいた.また, 戸 田 世 嗣 氏 ( 熊 本 県 農 業 技 術 課 農 業 技 術 支 援 室 )からは, 熊 本 県 における ICT を 利 用 した 病 害 虫 診 断 について と 題 して,ICT を 導 入 した 背 景 から, 病 害 虫 診 断 に 実 際 にどのように 活 用 しているのか について 熊 本 県 の 先 進 事 例 をご 紹 介 いただいた. 最 後 に 総 合 討 論 として 鈴 木 啓 史 氏 ( 三 重 県 農 業 研 究 所 )をコーディ ネーターに 奥 田 充 氏 ( 農 研 機 構 中 央 農 業 研 究 センター) 菅 原 敬 氏 ( 山 形 県 病 害 虫 防 除 所 庄 内 支 所 )をパネラーとし て,データベースにより 検 索 機 能 が 向 上 しても, 利 用 者 の 検 出 技 術 判 断 能 力 等 人 材 育 成 が 重 要 なことに 変 わりない ことなどが 討 議 された.いずれのセッションにおいても, 参 加 者 からの 質 問 も 多 く, 有 意 義 な 研 究 会 であった.また, 参 加 者 にはアンケートに 回 答 いただいた.アンケートには 非 常 に 貴 重 な 意 見 が 多 く 寄 せられており, 今 後 の 研 究 会 の 開 催 に 活 かしてゆきたいと 考 えている. 最 後 に, 講 演 者 の 皆 様, 遠 方 よりお 越 しいただいた 参 加 者 の 皆 様 に 感 謝 します.なお, 第 10 回 の 研 究 会 は 静 岡 で 開 催 される 予 定 である. ( 藤 晋 一 ) (2) 第 26 回 殺 菌 剤 耐 性 菌 研 究 会 シンポジウム 報 告 第 26 回 殺 菌 剤 耐 性 菌 研 究 会 シンポジウムは, 平 成 28 年 3 月 24 日 に 岡 山 大 学 で 開 催 され, 公 的 研 究 機 関, 農 薬 メー カーおよび 農 業 団 体 などから 当 初 想 定 を 上 回 る 136 名 の 参 加 が 得 られた. 岡 山 県 からの 話 題 提 供 として, 畔 栁 泰 典 氏 ( 岡 山 県 農 林 水 産 総 合 センター)から 岡 山 県 における 殺 菌 剤 耐 性 菌 の 対 策 と 題 して, 岡 山 県 における 主 な 薬 剤 耐 性 菌 の 紹 介, QoI 剤 耐 性 イネいもち 病 菌 の 迅 速 な 感 受 性 検 定 による 被 害 の 最 小 化 と 現 場 への 指 導,アスパラガス 茎 枯 病 菌 の 薬 剤 感 受 性 検 定 法 の 確 立 とその 結 果 に 基 づく 防 除 体 系 の 検 討 につ いて 報 告 して 頂 いた. 前 回, 前 々 回 に 引 き 続 き QoI 剤 耐 性 いもち 病 菌 をめぐ る 取 り 組 み と 題 して, 櫻 田 史 彦 氏 ( 宮 城 県 古 川 農 業 試 験 場 ), 内 橋 嘉 一 氏 ( 兵 庫 県 立 農 林 水 産 技 術 総 合 センター) から, 両 県 における 耐 性 菌 の 発 生 状 況 と 対 応 策 についてご 紹 介 頂 いた. 宮 城 県 では 2014 年 に 耐 性 菌 の 発 生 が 認 めら れ,その 後 に QoI 剤 の 使 用 自 粛 といもち 病 発 生 時 の 対 応 を 周 知 し,2016 年 には QoI 剤 の 使 用 を 全 面 中 止 とされた. 兵 庫 県 では 耐 性 菌 が 確 認 された 後 に QoI 剤 の 使 用 を 自 粛 し,その 結 果,2015 年 には 耐 性 菌 比 率 の 減 少 が 認 められた. また, 種 子 消 毒 剤 および 抵 抗 性 誘 導 型 箱 処 理 剤 の 効 果 を 検 討 し, 採 種 圃 および 一 般 圃 場 における 効 果 的 な 防 除 体 系 が 提 案 された. 鈴 木 文 彦 氏 ( 農 研 機 構 中 央 農 業 研 究 センター) からは QoI 剤 耐 性 いもち 病 菌 の 新 しい 検 定 技 術 とモニタ リング についてご 講 演 頂 いた.QoI 剤 に 関 する 耐 性 変 異 の 1 塩 基 多 型 (SNP)を 識 別 できるマーカーを 開 発 し,PCR の 伸 長 反 応 時 間 を 1 秒 まで 短 縮 した 1 秒 PCR, QoI 剤 と MBI-D 剤 の 2 つに 対 する 耐 性 菌 の 遺 伝 子 診 断 を 1 回 の PCR で 判 定 できるマーカー(MQ-P)の 開 発 を 紹 介 して 頂 き,また,MST 法 による SSR 遺 伝 子 型 の 系 統 解 析, 耐 性 菌 の 発 生 要 因 についても 紹 介 して 頂 いた. 上 記 3 題 の 講 演

3 iii 会 場 の 様 子. 質 疑 応 答 の 様 子. の 後 に 全 体 討 議 を 行 った.QoI 剤 耐 性 イネいもち 病 菌 発 生 県 では QoI 箱 処 理 剤 の 使 用 中 止 または 自 粛 により 耐 性 菌 比 率 が 低 くなっている 事 例 があり,また,いもち 病 以 外 の 紋 枯 病 および 穂 枯 性 病 害 を 対 象 とした QoI 剤 の 使 用 再 開 の 要 望 があることから,その 是 非 について 議 論 した.また, 効 果 的 かつ 効 率 的 な 耐 性 菌 の 遺 伝 子 診 断 技 術 が 開 発 されて おり, 今 後 も 技 術 の 共 有 化 および 情 報 交 換 を 図 っていくこ とを 確 認 した. 本 シンポジウムでの 事 例 紹 介 および 議 論 が, 耐 性 菌 未 発 生 県 における 耐 性 菌 の 発 生 を 未 然 に 防 ぎ,また, 万 が 一 耐 性 菌 が 発 生 した 場 合 でも 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるた めの 一 助 となることを 期 待 したい. 新 規 殺 菌 剤 関 連 では, 佐 瀬 政 明 氏 (バイエルクロップサ イエンス( 株 ))から フルオピラムの 作 用 機 構 感 受 性 検 定 について と 題 し, 本 剤 がピリジニルエチルベンズア ミドと 呼 ばれる 化 学 グループの 新 規 SDHI 剤 (コハク 酸 脱 水 素 酵 素 阻 害 剤 )であること, 作 用 特 性,ヨーロッパにお ける 感 受 性 モニタリング, 日 本 国 内 における 知 見 等 につい てご 紹 介 頂 いた. 萩 原 寛 之 氏 ( 三 井 化 学 アグロ( 株 ))か ら 新 規 殺 菌 剤 トルプロカルブの 作 用 特 性 と 感 受 性 検 定 と 題 し, 本 剤 がメラニン 生 合 成 経 路 のポリケタイド 合 成 酵 素 を 阻 害 する 新 規 MBI 剤 (MBI-P)であること, 作 用 機 構, 作 用 特 性, 既 存 の 耐 性 菌 に 対 する 効 果, 感 受 性 検 定 等 につ いてご 紹 介 頂 いた. 今 回, ナシにおける 防 除 体 系 と 耐 性 菌 の 考 え 方 と 題 し て, 金 子 洋 平 氏 ( 千 葉 県 農 林 総 合 センター), 菊 原 賢 次 氏 ( 福 岡 県 農 林 業 総 合 試 験 場 )より, 両 県 での 事 例 と 取 り 組 みを 紹 介 して 頂 いた. 金 子 氏 より, 千 葉 県 では 黒 星 病 防 除 を 中 心 とした 防 除 体 系 を 編 成 していること, 効 果 の 高 い 剤 の 使 用 時 期, 予 防 剤 と 治 療 剤 の 組 み 合 わせによる 防 除 例,また, 耐 性 菌 対 策 として 耕 種 的 防 除 の 積 極 的 な 導 入, 予 防 剤 に 軸 足 を 置 いた 防 除 体 系, 薬 剤 情 報 や 耐 性 菌 リスク 情 報 の 把 握 と 現 場 への 提 示, 耐 性 菌 の 網 羅 的 継 続 的 なモニタリング, 他 系 統 剤 の 探 索 および 導 入 等 の 取 り 組 みについてご 紹 介 頂 いた. 菊 原 氏 からは 福 岡 県 におけるナシ 黒 星 病 および 赤 星 病 の 発 生 状 況,DMI 剤 耐 性 菌 の 発 生 状 況, 感 受 性 検 定 法, 各 種 薬 剤 の 防 除 効 果 についてご 紹 介 頂 き,また,ナシ 病 害 の 耐 性 リスク 評 価,これまでの DMI 剤 耐 性 菌 発 生 と 病 害 多 発 の 教 訓 を 生 かして 薬 剤 耐 性 管 理 法 を 現 地 に 普 及 させて いくことの 必 要 性 をご 説 明 頂 いた. 講 演 の 後 に 石 井 英 夫 氏 ( 殺 菌 剤 耐 性 菌 研 究 会 顧 問 )より,ナシ 黒 星 病 菌 の DMI 剤 耐 性 発 達 の 要 因, 耐 性 菌 検 定 上 の 問 題 点, 今 後 とるべき 対 策 等 についてご 説 明 頂 き, 現 場 での 対 応 等 について 議 論 を 行 った. 今 回 のシンポジウムの 開 催 にあたっては, 豊 田 和 弘 先 生 をはじめ 岡 山 大 学 関 係 者 の 皆 様 にご 協 力 を 頂 いた. 改 めて 厚 くお 礼 申 し 上 げます. ( 菊 武 和 彦 ) (3) 第 14 回 バイオコントロール 研 究 会 報 告 第 14 回 バイオコントロール 研 究 会 は, 平 成 28 年 3 月 24 日 ( 木 )に 岡 山 大 学 一 般 教 育 棟 で 約 140 名 の 参 加 を 得 て 開 催 された. 今 回 は, 今 後 ますます 重 要 となる 課 題 とし て, 微 生 物 農 薬 の 研 究 開 発 の 方 向 性 と 研 究 シーズの 融 合 に 向 けて をテーマとして 企 画 された.2 部 制 とし, 基 調 講 演 では, 今 年 度 学 会 賞 を 受 賞 された 相 野 公 孝 会 長 から, 1918 年 の 日 本 植 物 病 理 学 会 報 第 1 巻 から 現 在 までに 報 告 された 研 究 内 容 に 基 づく 生 物 防 除 研 究 の 歴 史 や, 生 物 防 除 ターゲットあるいはエージェントの 観 点 で 見 た 研 究 の 変 遷 についての 解 説 が 行 われ, 今 後 展 開 が 期 待 される 研 究 内 容 等 についても 紹 介 して 頂 いた. 第 一 部 国 内 外 における 微 生 物 農 薬 開 発 の 現 状 と 方 向 性 では,まず, 微 生 物 農 薬 の

4 iv 研 究 開 発 が 近 年 盛 んな 地 域 での 研 究 動 向 として, 清 水 将 文 氏 より ヨーロッパにおける 微 生 物 農 薬 開 発 研 究 の 現 状 が 報 告 された. 次 に,アジア 諸 国 での 微 生 物 農 薬 関 連 研 究 や 登 録 の 状 況 の 話 題 提 供 として, 橋 本 知 義 氏 に 韓 国 親 環 境 農 業 における 微 生 物 資 材 の 利 用 状 況, 横 山 正 氏 に FNCA バイオ 肥 料 プロジェクトでの 耐 病 性 機 能 を 付 与 し た 多 機 能 バイオ 肥 料 の 開 発 について という 演 題 で 報 告 し て 頂 いた.さらに, 前 田 光 紀 氏 からは 新 規 微 生 物 殺 菌 剤 シュードモナス ロデシア(マスタピース) 水 和 剤 の 開 発 と 生 物 活 性 という 演 題 で 本 製 剤 の 特 性 や 国 内 での 微 生 物 農 薬 開 発 の 動 向 等 についての 報 告 があった. 第 二 部 微 生 物 農 薬 開 発 に 向 けた 研 究 シーズとその 展 開 では, 今 後 の 微 生 物 農 薬 開 発 のシーズとなり 得 るユニークな 研 究 として, はじめに 石 山 佳 幸 氏 から 非 病 原 性 Plectosphaerella sp. 株 を 用 いたセルリー 萎 黄 病 およびイチゴ 萎 黄 病 の 生 物 防 除 の 検 討 について 報 告 されたのに 続 き, 井 上 康 宏 氏 から Xanthomonas 属 細 菌 による 病 害 全 般 に 防 除 効 果 を 持 つ 微 生 物 農 薬 開 発 の 試 み について 報 告 して 頂 いた.さらに, 佐 藤 育 男 氏 からは かび 毒 デオキシニバレノールの 分 解 微 生 物 の 探 索 およびその 活 用 の 可 能 性, 篠 原 弘 亮 氏 からは 有 用 微 生 物 の 探 索 とそれらの 種 子 処 理 技 術 に 関 する 取 り 組 み という 演 題 で 報 告 して 頂 いた. 第 1 部 および 第 2 部 のいずれも, 各 演 者 の 報 告 に 対 して 活 発 な 質 疑 応 答 が 行 わ れ,これらを 通 じて 今 後 の 微 生 物 農 薬 の 開 発 を 効 率 的 に 進 めていく 上 でのヒントや 留 意 点 等 が 数 多 く 得 られたものと 考 える.なお, 本 研 究 会 の 講 演 要 旨 集 (2000 円 )および 第 1 ~ 12 巻 を 収 録 した CD(3000 円 )を 希 望 の 方 は, 吉 田 重 信 氏 ( 農 研 機 構 中 央 農 業 研 究 センター)までご 連 絡 頂 き たい. ( 一 瀬 勇 規 ) 講 演 の 様 子. (4) 第 12 回 植 物 ウイルス 病 研 究 会 平 成 28 年 度 日 本 植 物 病 理 学 会 大 会 は 3 月 21 日 から 23 日 まで 岡 山 市 で 盛 大 に 行 われた. 参 加 者 は 賛 助 会 員 を 含 め 900 名 を 超 えた.その 翌 日 の 24 日 に 倉 敷 で 第 12 回 植 物 ウイルス 病 研 究 会 (12th PSJ Plant Virus Disease Workshop: Interface between plant and fungal viruses II)が 開 催 された. 通 常, 大 会 と 同 じ 場 所 で 開 かれるこの 会 であるが, 今 年 度 は 講 演 者, 座 長, 聴 衆 の 皆 様 には 岡 山 から 倉 敷 までの 移 動 (ローカル 線 )で 御 足 労 をおかけした.タイトルからお 分 かり 頂 けるかと 思 うが, 同 じワークショップタイトルで 2 回 目 となる. 場 所 も 同 じである. 今 回 は,ウイルス 学 会 年 会 にならい, 全 て 英 語 での 講 演 質 疑 応 答 とした. 講 演 者 9 名 の 中 で 外 国 人 招 待 講 演 者 5 名, 日 本 人 講 演 者 5 名,Rick Nelson 博 士 (Noble Foundation, 米 国 ), 海 道 真 典 博 士 ( 京 大 ),Juan Antonio Garcia 博 士 (CSIC,スペイン), 大 島 一 里 博 士 ( 佐 賀 大 ),Peter Nagy 博 士 (University of Kentucky, 米 国 ), 岡 野 夕 香 里 博 士 ( 東 大 ), 森 山 裕 充 博 士 ( 東 京 農 工 大 ),Shyi-Dong Yeh 博 士 (National Chung Hsing University 台 湾 ), 千 葉 壮 太 郎 博 士 ( 名 古 屋 大 )が 英 語 で 格 調 高 い 講 演 をされた. 残 念 なことに, 当 初 予 定 されたス ピーカーDaohong Jiang 博 士 (Huazhong Agricultural University, 中 国 )はヴィザの 取 得 が 間 に 合 わず, 来 日 が 叶 わ なかった.Nelson 博 士 と 海 道 博 士 は, 植 物 ウイルスの 細 胞 内 / 細 胞 間 移 行 について 未 発 表 のデータも 加 え,ご 講 演 頂 いた.Garcia 博 士 と 大 島 博 士 には 異 なる 角 度 から potyvirus 研 究 の 醍 醐 味 についてお 話 頂 いた.Garcia 博 士 は, ウイルス 蛋 白 質 の 一 つ P1 の 複 製 / 宿 主 応 答 での 役 割 につ いて, 一 方, 大 島 博 士 は potyvirus の 時 空 間 的 進 化 に 焦 点 を 当 てられた.Nagy 博 士 はパン 酵 母 を 使 ったウイルス 複 製 に 関 与 する 宿 主 因 子 の 網 羅 的 解 析 とそれらの 植 物 宿 主 で の 検 証 について, 一 方, 岡 野 博 士 は potexvirus,carlavirus のサイレンシング 抑 制 機 構 についてご 講 演 頂 いた. 森 山 博 士 はイネいもち 病 菌 を 宿 主 とするウイルスのゲノム 構 造 や そのユニークな 生 活 環 の 解 明 を 目 指 した 研 究 の 紹 介 を 頂 い た.Yeh 博 士 と 千 葉 博 士 は, 干 渉 作 用 を 利 用 した 植 物 ウイ ルス 病 の 防 除 に 向 けた 研 究, 菌 類 での 風 変 わりな 配 列 非 特 異 的 干 渉 についてそれぞれ 紹 介 頂 いた. 詳 しい 発 表 内 容 は 第 12 回 植 物 ウイルス 病 研 究 会 レポート( 学 会 事 務 局 から 入 手 可 参 照 されたい. 良 い 講 演 が 聴 けて, 活 発 な 議 論 を 通 じその 話 題 についての 理 解 を 深 めるのがワークショップの 大 きな 目 的 である. 本 シンポ ジウムでは,どの 講 演 でも 質 疑 応 答 が 活 発 に 行 われ,その 目 的 が 充 分 達 成 された. 座 長 の 佐 々 木 信 光 博 士 ( 東 京 農 工 大 ), 佐 野 輝 男 博 士 ( 弘 前 大 ), 奥 野 哲 郎 博 士 ( 京 都 大 ),

5 v 植 物 ウイルスミニワークショップでの 情 報 交 換 会 の 様 子. 研 究 会 に 出 席 した 外 国 人 招 待 講 演 者. 情 報 交 換 会 の 参 加 者 一 同. 八 重 樫 元 博 士 ( 東 京 農 工 大 ), 増 田 税 博 士 ( 北 大 )には 心 より 感 謝 申 し 上 げる. 翌 日 25 日 は, 招 待 外 国 人 講 師 も 参 加 し, 関 連 する 植 物 ウイルスミニワークショップ を 開 催 できた.トップバッ ターとして Ida Bagus Andhika 博 士 ( 岡 山 大 植 物 研 )が RNA silencing-mediated antiviral defense in roots, 兵 頭 究 博 士 ( 岡 山 大 植 物 研 )が A role of host second messengers in dianthovirus replication, Arthur Tugume 博 士 (Makerere University, Uganda)が Plant pathology research at the College of Natural Sciences, Makerere University, Uganda: past, present, and future についてそれぞれ 講 演 された.そこでは, 3 名 の 若 手 研 究 者 の 嘱 望 される 将 来 が 垣 間 見 えた. こういうミーティングの 大 きな 目 的 は, 最 新 の 情 報 を 交 換 したり, 共 同 研 究 の 話 をまとめたりする 科 学 的 側 面 と, 一 見 無 関 係 にみえるネットワーキングもその 大 きな 目 的 の ひとつである.ミニワークショップ 終 了 後 の 午 後 は, 場 所 を 近 くの 蓮 台 寺, 由 加 神 社 等 に 移 し, 日 本 文 化 に 触 れなが ら, 研 究 打 ち 合 わせを 行 った.また, 夜 は 温 泉 につかりな がら,ウイルス 研 究 談 義 に 花 が 咲 いた. 温 泉 の 素 晴 らしさ を 言 葉 で 説 明 するのは 難 しいが, 湯 船 につかって 裸 の 付 き 合 いをするのが 手 っ 取 り 早 い 方 法 である. 今 回 は, 本 ワークショップの 開 催 にあたり, 植 物 病 理 学 会, 公 益 財 団 法 人 ( 公 財 ) 大 原 奨 農 会,( 公 財 ) 岡 山 工 学 振 興 会,Elsevier(Virus Research)の 御 支 援 を 頂 いた.そ れにより, 第 一 線 で 活 躍 されている 豪 華 な 顔 ぶれのウイル ス 学 者 をお 招 きすることができた.この 機 会 を 利 用 し, 第 4 回 国 際 マイコウイルスシンポジウム(4th International Mycovirus Symposium, IMS IV)の 紹 介 をさせて 頂 きたい. IMS IV は IUMS2017 がシンガポールで 7 月 に 開 催 される のに 合 わせ, 近 隣 の 国 で 開 かれる 予 定 である. 主 催 者 は 今 回 来 日 が 叶 わなかった Daohong Jiang 博 士 である. 新 しい 情 報 が 入 手 でき 次 第, 随 時, 岡 山 大 学 資 源 植 物 科 学 研 究 所 植 物 / 微 生 物 相 互 作 用 グループのホームページ(http:// 注 目 あれ. 最 後 に, 講 演 者, 座 長 の 皆 様, 倉 敷 までお 越 し 頂 いた 聴 衆 の 皆 様, 本 会 の 運 営 にあたってくれた 岡 山 大 学 資 源 植 物 科 学 研 究 所 植 物 / 微 生 物 相 互 作 用 グループ(PMI)の 諸 氏 に 感 謝 申 し 上 げる. ( 鈴 木 信 弘 ) (5) 第 16 回 植 物 病 原 菌 類 談 話 会 開 催 報 告 第 16 回 植 物 病 原 菌 類 談 話 会 は, 平 成 28 年 度 植 物 病 理 学 会 大 会 終 了 後 の 平 成 28 年 3 月 23 日 の 15:00 ~ 18:30 ま で, 岡 山 大 学 コンベンションセンター 2 階 レセプション ホールにて 開 催 された. 大 学, 公 立 の 試 験 研 究 機 関, 独 立 行 政 法 人, 検 疫 機 関, 農 薬 や 種 苗 会 社, 農 業 団 体 など, 学 生 研 究 者 146 名 の 参 加 があった.

6 vi 今 回 の 談 話 会 のコーディネーターは 弘 前 大 学 の 田 中 和 明 氏 が 務 め, モルフはもーふるい! 命 名 規 約 の 改 定 に 伴 う 植 物 病 原 菌 類 の 学 名 統 合 の 行 方 について というテーマの 下, 3 名 の 講 師 により 二 重 命 名 法 廃 止 の 経 緯 概 要, 植 物 病 理 学 研 究 への 影 響 ならびに 学 名 の 動 向 をどのように 知 りえる のかが 解 説 された. 講 演 者 およびその 講 演 題 目 は, 青 木 孝 之 氏 ( 農 研 機 構 遺 伝 資 源 センター) 命 名 規 約 の 改 正 に 基 づ いた 菌 類 の 2 重 命 名 法 の 廃 止 による, 有 性 無 性 学 名 の 統 一 問 題 について, 橋 本 陽 氏 ( 弘 前 大 学 ) 植 物 病 名 目 録 にお ける 学 名 統 合 の 影 響, 中 島 千 晴 氏 ( 三 重 大 学 ) 田 中 和 明 氏 ( 弘 前 大 学 ) 病 原 菌 の 学 名 の 動 向 を 把 握 する であった. 菌 類 の 学 名 統 合 は 一 部 の 分 類 学 者 の 問 題 ではなく, 無 効 とされる 学 名 の 使 用 が 植 物 病 原 菌 類 を 扱 う 全 ての 人 の 研 究 に 影 響 を 及 ぼし,ひいては 日 本 植 物 病 名 目 録 および 日 本 植 物 病 理 学 会 学 会 誌 JGPP にまで 影 響 を 及 ぼす. 国 際 藻 類 菌 類 植 物 命 名 規 約 に 基 づき 2013 年 からアナモルフと テレオモルフにそれぞれ 名 前 をつけることが 許 されていた 2 重 命 名 法 が 廃 止 されたにも 関 わらず, 具 体 的 にはどう 学 名 を 扱 えばいいのかということについては 理 解 が 進 んでい ないかもしれない.これを 踏 まえ 各 演 者 から, 重 要 な 植 物 病 原 菌 類 を 具 体 例 として 丁 寧 に 説 明 がなされた. 内 容 は 名 前 を 統 合 する 際 の 規 則 と 特 例, 学 名 統 合 によりどの 程 度 植 物 病 名 目 録 の 変 更 が 必 要 になるか, 実 際 に 学 名 統 合 すると き,あるいは 各 自 が 扱 う 菌 の 学 名 統 合 の 動 向 を 知 りたいと き,どのデータベースを 利 用 するかを 調 べる 際 の 注 意 点 と 知 りえる 限 界 などである. 実 際 の 学 名 ( 主 に 属 名 )の 決 定 は, 詳 細 が 決 定 される 2017 年 の 第 19 回 国 際 植 物 学 会 議 と 2018 年 の 国 際 藻 類 菌 類 植 物 命 名 規 約 の 公 開 を 待 つことになるが,それまで 目 が 離 せない 内 容 であることも 提 示 された. 会 場 からも 活 発 な 質 問 や 討 議 がなされ, 菌 類 の 学 名 統 合 により 生 じる 植 物 病 理 学 研 究 上 の 問 題 点 を 共 有 できた. 本 談 話 会 の 開 催 準 備 から 多 大 なご 支 援 を 頂 いた 岡 山 大 学 の 大 会 事 務 局 の 方 々に 深 く 感 謝 いたします. 来 年 度 も 植 物 病 理 学 会 大 会 にあわせた 本 談 話 会 の 開 催 を 予 定 して います. ( 渡 辺 京 子 ) (6) 技 術 士 ( 農 業 部 門 植 物 保 護 ) 試 験 対 策 セミナー 報 告 平 成 28 年 度 技 術 士 ( 農 業 部 門 植 物 保 護 ) 試 験 対 策 セ ミナーは, 日 本 植 物 病 理 学 会 大 会 ( 岡 山 コンベンションセ ンター)の 会 場 にて, 大 会 2 日 目 (3 月 22 日 )に, 当 学 会 技 術 士 対 応 委 員 会 主 催 のもと 開 催 された. 本 セミナー 開 催 に 当 たっては, 大 会 委 員 長 をはじめとする 大 会 運 営 委 員 会 の 皆 様 には 準 備 にあたり, 特 段 のご 配 慮 をいただいた.こ こに 厚 くお 礼 を 申 し 上 げる. 今 年 度 も, 昨 年 度 に 引 き 続 きセミナーを 第 一 部 (13:00 ~ 13:50)と 第 二 部 (14:00 ~ 15:10)に 分 け, 技 術 士 第 一 次 試 験 と 第 二 次 試 験 のそれぞれを 目 指 す 方 々の 受 講 に 配 慮 し た.また, 新 合 格 者 の 方 々を 講 師 に 招 き, 講 演 ディスカッ ションに 加 わっていただいた. 第 一 部 では, 技 術 士 対 応 委 員 の 濱 本 宏 氏 ( 法 政 大 学 生 命 科 学 部 )より, 技 術 士 制 度 概 要 と 第 一 次 試 験 ( 農 業 部 門 )の 受 験 状 況 と, 具 体 的 に 試 験 の 概 略 と 受 験 申 込 みの 手 順 などについて 説 明 があった. 次 いで, 第 一 次 試 験 合 格 体 験 として 有 波 友 紀 氏 ( 日 本 植 物 防 疫 協 会 ), 新 合 格 者 の 神 頭 武 嗣 氏 ( 兵 庫 県 立 農 林 水 産 技 術 総 合 センター)より, 受 験 の 動 機,どのような 勉 強 を 行 ったか, 当 日 何 を 心 掛 け,どのように 解 答 したのかなど の 話 を 伺 った.さらに, 神 頭, 有 波 の 2 氏 に 加 え, 大 島 研 郎 氏 ( 法 政 大 学 生 命 科 学 部 ), 新 合 格 者 の 吉 田 哲 也 氏 ( 東 京 大 学 大 学 院 農 学 生 命 科 学 研 究 科 )にご 登 壇 いただき, 昨 年 度 の 第 一 次 試 験 問 題 等 を 用 いながら 質 疑 応 答 ディス カッションを 行 った.それぞれ 忙 しい 中 どのように 勉 強 の 時 間 を 捻 出 したのか,など 多 数 の 質 問 が 積 極 的 に 出 され, 活 発 な 議 論 が 行 われた. 第 二 部 では, 先 ず, 本 年 9 名 が 技 術 士 二 次 試 験 に 合 格 し, 植 物 保 護 関 連 5 学 会 の 当 面 の 目 標 であった 農 業 部 門 植 物 保 護 の 技 術 士 100 人 超 えを 達 成 したこと, 今 後 も 受 験 促 進 と 合 格 支 援 を 継 続 し 第 二 次 試 験 ( 植 物 保 護 ) 受 験 者 のさらなる 増 加 を 目 指 したいとの 話 があった. 次 いで 鍵 和 田 聡 氏 ( 法 政 大 学 生 命 科 学 部 )より, 第 二 次 試 験 の 概 略 と 受 験 申 込 みの 手 順 等 について 説 明 が あった. 続 いて, 第 二 次 試 験 対 策 のポイント として, 山 次 康 幸 氏 ( 東 京 大 学 大 学 院 農 学 生 命 科 学 研 究 科 ), 植 原 健 人 氏 ( 中 央 農 業 研 究 センター)から 業 務 経 歴 票, 筆 記 試 験, 口 頭 試 験 について,どのように 準 備 し, 当 日 どのよう な 心 構 えでいかに 答 えたらよいのか,それぞれご 経 験 に 基 づいた 実 戦 的 な 解 説 があった. 最 後 に, 山 次 氏, 植 原 氏 と 栢 森 美 如 氏 ( 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 十 勝 農 業 試 験 場 ), 新 合 格 者 の 桃 井 千 巳 氏 ( 富 山 県 農 林 水 産 総 合 技 術 センター) にご 登 壇 いただき, 総 合 的 な 質 疑 応 答 ディスカッション を 行 った. 本 格 的 な 勉 強 はいつから 始 めたか, 筆 記 問 題 は 用 紙 の 何 割 程 度 書 く 必 要 があるのかといった 具 体 的 な 質 問 も 出 され, 会 場 の 先 輩 技 術 士 の 方 々からの 意 見 もいただき ながらの 活 発 な 議 論 が 行 われ, 盛 況 のうちにセミナーを 終 了 した.なお, 本 セミナーで 配 布 した 資 料 は,これまでに 開 催 したセミナーの 資 料 とともに 会 員 限 定 で 配 布 されてい る. 日 本 植 物 病 理 学 会 のホームページの 技 術 士 の 項 を 参 照 していただきたい.

7 vii 本 年 で 5 年 連 続 して 開 催 し, 第 6 回 目 の 開 催 であったが, セミナーの 参 加 者 は 企 業, 大 学, 試 験 研 究 機 関 等 から 47 名 を 数 えた. 参 加 者 並 びに 講 演 者 に 対 し, 主 催 者 一 同 心 より お 礼 を 申 し 上 げる 次 第 である. ( 濱 本 宏 ) 3. 技 術 士 対 応 委 員 会 (1) 技 術 士 ( 農 業 部 門 植 物 保 護 )100 名 誕 生 を 迎 えて 5 学 会 技 術 士 育 成 推 進 委 員 会 委 員 長 技 術 士 対 応 委 員 会 委 員 長 難 波 成 任 国 家 資 格 である 技 術 士 の 農 業 部 門 に, 植 物 保 護 分 野 が 2004 年 に 新 設 され, 早 くも 12 年 が 経 ちました. 初 回 1 名 であった 合 格 者 も 徐 々に 増 加 し, 合 格 者 総 数 は 当 初 目 標 としていた 100 名 をついに 達 成 いたしました. 植 物 保 護 関 連 5 学 会 ( 日 本 植 物 病 理 学 会, 日 本 農 薬 学 会, 日 本 応 用 動 物 昆 虫 学 会, 日 本 雑 草 学 会, 植 物 化 学 調 節 学 会 )のこ れまでの 地 道 な 活 動 の 賜 であるとともに, 関 係 各 位 の 本 資 格 への 期 待 の 高 さを 示 すものであり, 心 より 御 礼 申 し 上 げ ます. 技 術 士 植 物 保 護 分 野 は,5 学 会 と 日 本 技 術 士 会 の 御 尽 力 により, 農 業 及 び 蚕 糸 から 独 立 する 形 で 新 設 されま した. 以 来, 当 学 会 の 稲 葉 忠 興 氏, 日 本 技 術 士 会 の 安 東 和 彦 氏 らが 中 心 となり, 植 物 保 護 分 野 の 発 展 に 向 け 献 身 的 な 努 力 が 続 けられて 参 りました.とくに, 関 連 5 学 会 か ら 選 ばれた 委 員 からなる 5 学 会 技 術 士 育 成 推 進 委 員 会 が 組 織 され, 資 格 周 知 と 受 験 促 進, 資 格 取 得 者 の 社 会 にお ける 活 躍 の 場 創 出 に 向 け 様 々な 対 策 が 実 施 されました 年 には 技 術 士 の 資 質 について が 同 委 員 会 により 発 表 され, 技 術 士 ( 植 物 保 護 )に 求 められる 知 識 技 術 倫 理 など 各 種 資 質 について 具 体 的 に 示 されました.また, 当 学 会 員 に 向 け 積 極 的 に 活 動 を 展 開 するため, 技 術 士 対 応 委 員 会 が 組 織 されました. 技 術 士 試 験 対 策 セミナー の 開 催 はその 一 つであり, 第 1 回 は 2009 年 の 大 会 ( 山 形 ) で 開 催 されました. 当 初 は 隔 年 開 催 の 予 定 でしたが, 好 評 なため 近 年 は 毎 年 開 催 しており, 単 なる 試 験 対 策 の 場 であ るだけではなく, 技 術 士 のめざすものについて 語 り 合 う 場 ともなっています. 他 の 4 学 会 でも, 同 様 の 技 術 士 試 験 対 策 セミナーを 開 催 し, 互 いに 他 学 会 主 催 のセミナーに 会 員 でなくとも 参 加 可 能 とすることで, 受 験 促 進 にこれまで 大 きく 貢 献 して 参 りました. 事 実, 本 セミナーの 受 講 者 から 多 くの 合 格 者 が 生 まれ,その 合 格 者 が 本 セミナーで 講 師 を 務 めるという 良 循 環 が 生 まれております. 当 学 会 では, 植 物 保 護 の 第 二 次 試 験 合 格 者 の 氏 名 と 所 属 を 毎 年,ホームページおよび 学 会 ニュースで 紹 介 しており ます. 合 格 者 の 氏 名 は 官 報 に 公 開 されるので, 関 連 学 会 の 会 員 名 簿 や 口 コミを 活 用 し, 合 格 者 を 絞 り 込 み, 直 接 本 人 に 確 認 し, 氏 名 公 開 の 承 諾 を 得 ております.この 情 報 は 関 連 5 学 会 で 共 有 され, 技 術 士 ( 植 物 保 護 ) 同 士 の 交 流 を 促 進 するだけでなく, 身 近 な 合 格 者 を 知 り, 受 験 の 心 構 えや 対 策 等 を 気 軽 に 入 手 できるため, 大 変 に 役 立 っております. 技 術 士 関 連 の 委 員 会 や 試 験 対 策 セミナー, 植 物 病 害 診 断 研 究 会 などの 集 まりの 場 は, 関 連 学 会 の 技 術 士 や 技 術 士 志 望 者 の 情 報 交 換 議 論 親 睦 相 互 理 解 の 場 として 機 能 し ておりますが, 合 格 された 技 術 士 ( 植 物 保 護 )のなかには, 5 学 会 以 外 の 学 会 や 各 地 域 の 病 害 虫 研 究 会 の 会 員 など, 関 連 5 学 会 に 所 属 していない 方 も 多 く, 合 格 者 の 4 分 の 1 にも 達 することが 判 明 しております.そこで,これらの 技 術 士 ( 植 物 保 護 )が 集 い, 直 接 に 情 報 交 換 できる 場 として,2011 年 より, 学 会 の 垣 根 を 越 えた 組 織 植 物 保 護 士 会 議 を 設 立 し, 技 術 士 ( 植 物 保 護 )が 学 会 の 枠 を 越 え 顔 を 合 わせ 交 流 する 場 として 機 能 して 参 りました. 専 門 技 術 に 関 する 情 報 交 換 だけでなく, 技 術 士 ( 植 物 保 護 )の 将 来 像 に 関 する 意 見 を 忌 憚 なく 議 論 する 場 としても 機 能 して 参 りました. このたび, 合 格 者 が 100 名 を 越 え, 技 術 士 ( 植 物 保 護 ) が 具 体 的 に 社 会 で 活 躍 する 場 を 整 備 していくことは, 喫 緊 の 課 題 となりました.2013 年 4 月 に 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 及 び 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 名 による 通 達 住 宅 地 等 における 農 薬 使 用 について により, 病 害 虫 防 除 のため の 農 薬 入 札 責 任 者 の 資 格 要 件 の 一 つとして, 技 術 士 ( 農 業 部 門 植 物 保 護 ) が 明 記 されました.また, 大 学 教 員 の 公 募 にあたり, 技 術 士 ( 植 物 保 護 ) 資 格 を 持 つものが 好 ましいとの 記 述 も 見 かけるようになりました.しかし, 社 会 実 装 はまだまだ 十 分 とは 言 えない 状 況 です. 一 方 で, 他 の 技 術 士 部 門 では 技 術 士 有 資 格 者 を 対 象 とした 民 間 資 格 が 多 数 存 在 します.その 意 味 では,2011 年 に 設 立 された 非 営 利 一 般 社 団 法 人 日 本 植 物 医 科 学 協 会 により, 技 術 士 ( 植 物 保 護 ) 第 二 次 試 験 合 格 者 を 対 象 に, 昨 年 11 月 に 植 物 医 師 の 第 一 回 資 格 認 定 審 査 が 行 われ,60 名 が 合 格 ( 本 年 4 月 資 格 発 効 )したことは, 技 術 士 の 社 会 的 活 躍 の 場 構 築 に 向 けた 第 一 歩 として 特 筆 すべきことです. 技 術 士 ( 植 物 保 護 ) 試 験 合 格 者 は, 都 道 府 県 をはじめ, 国 立 研 究 開 発 法 人, 企 業, 大 学 関 係 者 など 多 岐 に 亘 る 植 物 保 護 関 連 団 体 に 所 属 しています.とくに 最 近, 女 性 合 格 者 が 増 えています.2004 ~ 2008 年 度 まで 5 年 間 の 第 二 次 試 験 合 格 者 19 名 のうち 女 性 はわずか 1 名 でしたが,2014 年 度 の 合 格 者 は 12 名 中 4 名 でした.さらに 増 えることが 期 待 されます. 政 策 研 究 と 現 場 を 結 ぶ 専 門 家 としてのはたらきが 期 待

8 viii される 技 術 士 ( 植 物 保 護 )の 積 極 的 な 育 成 と 活 躍 の 場 創 出 に 向 けた 関 係 者 の 皆 様 のこれまでの 御 努 力 に 深 く 敬 意 を 表 すると 共 に, 今 後 のさらなる 御 協 力 に 期 待 いたします. (2) 平 成 27 年 度 技 術 士 第 二 次 試 験 ( 農 業 部 門 植 物 保 護 ) で 9 名 が 合 格 平 成 28 年 3 月 1 日 に 平 成 27 年 度 技 術 士 第 二 次 試 験 ( 農 業 部 門 植 物 保 護 )の 合 格 者 が 発 表 され, 次 の 9 名 の 方 が 合 格 されました( 敬 称 略 ). 吉 澤 仁 志 ( 群 馬 県 農 業 技 術 センター), 佐 藤 政 宏 ( 東 洋 グリーン 株 式 会 社 ), 小 俣 良 介 ( 埼 玉 県 茶 業 研 究 所 ), 中 島 隆 ( 農 林 水 産 省, 現 : 農 研 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 セ ンター; 本 会 会 員 ), 德 丸 晋 ( 京 都 府 農 林 水 産 技 術 セン ター), 德 永 太 蔵 ( 鹿 児 島 県 大 隅 地 域 振 興 局 ; 本 会 会 員 ), 北 林 聡 ( 長 野 県 野 菜 花 き 試 験 場 ), 長 谷 川 紀 子 (イノチオ ホールディングス 株 式 会 社 ), 桃 井 千 巳 ( 富 山 県 農 林 水 産 総 合 技 術 センター 園 芸 研 究 所 ; 本 会 会 員 ). 今 回 の 合 格 者 を 合 わせ, 技 術 士 第 二 次 試 験 ( 農 業 部 門 植 物 保 護 ) 合 格 者 は 計 103 名 となり,ついに 100 名 を 超 え ました. 引 き 続 き, 試 験 研 究 機 関 や 民 間 企 業, 大 学 など, 多 様 な 組 織 から 多 くの 方 の 受 験 をお 願 いします. 平 成 28 年 度 の 技 術 士 第 一 次 試 験 は 平 成 28 年 10 月 9 日 ( 日 )に 行 われ, 受 験 申 込 締 切 は 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 )です.また, 技 術 士 第 二 次 試 験 の 筆 記 試 験 は 平 成 28 年 7 月 18 日 ( 月 祝 )に 行 われます( 受 験 申 込 は 4 月 下 旬 に 締 め 切 られてい ます). 詳 細 は 日 本 技 術 士 会 のホームページの 試 験 登 録 情 報 から, 試 験 の 実 施 案 内 を 御 確 認 ください. 平 成 28 年 度 も 多 くの 技 術 士 ( 農 業 部 門 植 物 保 護 )の 誕 生 を 期 待 し ています. 学 会 活 動 予 定 1. 部 会 (1) 北 海 道 部 会 日 程 : 平 成 28 年 10 月 19 日 ( 水 )~ 20 日 ( 木 ) 場 所 :かでる 2 7( 札 幌 市 ) (2) 東 北 部 会 日 程 : 平 成 28 年 9 月 29 日 ( 木 )~ 30 日 ( 金 ) 場 所 :コラッセふくしま( 福 島 市 ) (3) 関 東 部 会 日 程 : 平 成 28 年 9 月 29 日 ( 木 )~ 30 日 ( 金 ) 場 所 : 横 浜 国 立 大 学 ( 横 浜 市 ) (4) 関 西 部 会 日 程 : 平 成 28 年 9 月 29 日 ( 木 )~ 30 日 ( 金 ) 場 所 : グランシップ( 静 岡 県 コンベンションアーツ センター)( 静 岡 市 ) (5) 九 州 部 会 日 程 : 平 成 28 年 11 月 9 日 ( 水 )~ 10 日 ( 木 ) 場 所 :ホテルグランデはがくれ( 佐 賀 市 ) 2. 談 話 会 研 究 会 等 (1) 平 成 28 年 度 植 物 感 染 生 理 談 話 会 日 程 : 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 )~ 12 日 ( 金 ) 場 所 :シーパル 須 磨 ( 神 戸 市 ) (2) 第 12 回 植 物 病 害 診 断 教 育 プログラム 日 程 : 平 成 28 年 8 月 29 日 ( 月 )~ 9 月 2 日 ( 金 ) 場 所 : 法 政 大 学 ( 東 京 都 小 金 井 市 ) (3)EBC 研 究 会 ワークショップ 2016( 第 12 回 ) 日 程 : 平 成 28 年 9 月 場 所 :JA ビル( 東 京 都 千 代 田 区 ) (4) 第 10 回 植 物 病 害 診 断 研 究 会 日 程 : 平 成 28 年 9 月 28 日 ( 水 ) 場 所 :グランシップ( 静 岡 県 コンベンションアーツ センター)( 静 岡 市 ) (5) 第 27 回 植 物 細 菌 病 談 話 会 日 程 : 平 成 28 年 10 月 24 日 ( 月 )~ 25 日 ( 火 ) 場 所 : 京 都 府 立 大 学 ( 京 都 市 ) (6) 第 28 回 土 壌 伝 染 病 談 話 会 日 程 : 平 成 28 年 11 月 8 日 ( 火 ) 場 所 :ホテルグランデはがくれ( 佐 賀 市 ) 会 員 の 関 連 学 会 等 における 受 賞 のお 知 らせ 川 口 章 氏 ( 岡 山 県 農 林 水 産 部, 現 : 農 研 機 構 西 日 本 農 業 研 究 センター)が, 第 12 回 ( 平 成 27 年 度 ) 日 本 学 士 院 学 術 奨 励 賞 を 受 賞 されました. 日 本 学 士 院 学 術 奨 励 賞 は, 若 手 研 究 者 を 顕 彰 して 今 後 の 研 究 を 奨 励 することを 目 的 と して 創 設 され, 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 の 日 本 学 術 振 興 会 賞 受 賞 者 の 中 から 選 ばれる 賞 です. 受 賞 の 対 象 となっ た 研 究 業 績 は, 植 物 病 害 ブドウ 根 頭 がんしゅ 病 の 生 物 的 防 除 法 の 開 発 です. 書 評 堀 江 博 道 橋 本 光 司 西 尾 健 編 集 植 物 医 科 学 叢 書 No 2 植 物 医 科 学 実 験 マニュアル 植 物 障 害 の 基 礎 知 識 と 臨 床 実 践 を 学 ぶ 504 ページ(うちカラー 口 絵 40 ページ)/ 2016 年 1 月 発 行 大 誠 社 ISBN 本 体 価 格 7,222 円 + 税 年 末 に, 日 ごろ 親 しくして 頂 いている 堀 江 博 道 先 生 ( 法

9 ix 政 大 学 植 物 医 科 学 センター) から,このたび 橋 本 光 司, 西 尾 健 両 先 生 との 3 人 共 編 で 植 物 医 科 学 の 実 験 法 の 本 を 出 版 するので, 学 会 ニュー スに 載 せる 書 評 を 執 筆 して 頂 けませんか,というご 依 頼 があった.お 正 月 の 休 み もあることだし, 日 頃 あり 余 る 時 間 をもてあましてい る 身 なので, 頭 の 体 操 のた めにも 丁 度 よいと 思 い 気 軽 くお 引 き 受 けした 次 第 であった.ところが 送 られてきた 本 書 を 開 いてみて 驚 いた.まず 軽 く 実 験 法 の 教 科 書 と 思 って いたものが 何 と 500 ページもあるずしりと 重 い 大 部 の 立 派 な 書 籍 である.しかも 中 身 を 概 観 してみると, 実 に 微 に 入 り 細 を 穿 って 余 すところなく, 植 物 病 理 学 を 学 びあるい はこれを 活 用 してこれから 本 格 的 に 研 究 しよう,あるいは 農 業 の 現 場 に 立 ってあらゆる 作 物 の,あるいはあらゆる 栽 培 法,それだけではなく 貯 蔵, 流 通 などの 場 面 に 現 れるで あろう 各 種 の 病 害 発 生 に 対 しても, 臨 機 応 変 に 対 応 できる ことが 目 指 されている.それだけではない. 本 書 が 従 来 書 店 で 見 られてきた 類 書 と 決 定 的 に 異 なるのは,きわめて 基 礎 的 でありながらそれに 堕 するのではなく, 基 礎 と 現 場 と さらにこれまで 小 中 高 の 過 程 で 学 んできただけの 若 い 大 学 生 たちも 喜 んで 学 びたくなるような,そんな 幅 広 い 視 点 を 盛 り 込 んだ, 不 思 議 な 魅 力 に 満 ちた 本 になってい ることであった. それでは 次 に 中 身 に 細 かく 入 ってみよう.まずグラビア のページである.そこには 40 ページにもわたって 美 しい カラー 図 版 が 出 て 来 るが, 各 ページに 10 ~ 20 枚 の 美 しい という 言 葉 を 使 いたくなるほどの, 病 徴, 標 徴 等 の 図 が 使 われている.ちなみに 40 ページにわたるグラビアページ の 中 に 何 枚 のカラー 図 があるか 数 えてみた 結 果 591 枚 で あった.しかもその 中 身 たるや 小 は 胞 子 1 個 から, 大 はか なり 大 きな 畑 の 全 景 まで, 種 々さまざまである.その 中 で も 同 学 である 筆 者 が, 思 わずうなったのは 022 ページ 図 に 示 されている12コマツナ 萎 黄 病 抵 抗 性 品 種 選 抜 試 験 の 図 と, 同 34のトマト 半 身 萎 凋 病 抵 抗 性 品 種 普 及 の ための 展 示 の 図 であった.しかしそれだけではない,むし ろそれに 倍 する 苦 労 の 跡 が 見 える 図 が 山 のようにあるので ある.また 本 書 が 従 来 の 病 気 や 害 虫 などの 小 さく 限 られた 対 象 ではなく, 細 菌 のグラム 染 色 や 鞭 毛 染 色,あるいは 農 薬 の 残 留 分 析 イムノアッセイ 法 の 図 までが 載 せられている ことにも 驚 かされる. つぎにいよいよ 本 文 ( 第 1 編 植 物 医 科 学 の 基 礎 知 識 ) に 入 ってみよう.いままでに 述 べたカラーページの 材 料 が すべて 引 用 されて 本 文 になっているわけであるが,そのす べてにわたって 引 用 することはできないので,ところどこ ろ 大 事 なところをピックアップして 紹 介 してみよう.まず ウイルスを 対 象 にしたとき 欠 かすことのできないのが 電 子 顕 微 鏡 であるが, 幸 いなことに 本 書 では 透 過 型 電 子 頭 微 鏡 (TEM)と 走 査 型 電 子 顕 微 鏡 (SEM)について 詳 しく 紹 介 されている.これらはどこの 試 験 場, 研 究 所 にもあるもの ではないので, 本 書 での 記 事 を 頼 りにそれぞれの 読 者 が 自 分 の 置 かれた 研 究 環 境 に 合 わせて 十 分 に 工 夫 することがで きるであろう. つぎに 大 事 なのが 123 ページから 180 ページあたりまで の 菌 類 病, 細 菌 病 などの 同 定 法 の 部 分 であろう. 菌 類 病 に ついてはとくに 多 数 の 図 書, 報 告 の 原 著 者 から 貴 重 な 図 や 写 真 を 借 用 し, 非 常 に 分 かりやすい 解 説 とともに 充 実 した ものとなっている.さらに 植 物 ウイルスについて,この 項 に ついては 最 近 出 版 された 植 物 ウイルス 大 事 典 が 非 常 に 詳 しく 正 確 な 情 報 を 記 載 してくれているが, 約 900 ページ を 費 やして 記 述 されている 同 書 の 植 物 ウイルスの 大 部 分 に ついて, 本 書 のこの 項 では, 少 なくとも 実 験 法 の 上 ではカ バーしようとするもので, 両 書 が 奇 しくもほぼ 同 時 期 に 出 版 されたことは,この 分 野 で 永 らく 研 究 や 行 政 に 携 わった 者 として 喜 びに 堪 えない. 両 書 を 研 究 室 であるいは 図 書 室 で 若 い 人 たちが 嬉 々として 活 用 している 姿 が 目 に 浮 かぶよ うである. 最 後 に 第 2 編 植 物 医 科 学 実 験 の 実 際 の 項 に 入 ってみ る.ここは 本 書 を 活 用 する 学 生 たちに,それこそ 教 室 の 若 い 先 輩 たちが 手 を 取 り 足 を 取 りして 教 える 手 引 き 書 と なっている.その 中 からいくつかの 例 を 引 いてみるが,ま ず 果 樹 である. 果 樹 類 に 於 いては 種 子 繁 殖 性 のものが 少 な く, 台 木 の 上 に 必 要 な 同 類 の 穂 木 を 接 いで 苗 木 を 養 成 する のが 通 常 だが,この 性 格 のためにどうしても 厄 介 な 接 ぎ 木 伝 染 性 のウイルスの 問 題 が 生 じてくる. 一 般 的 には,こう いう 重 要 だが 厄 介 な 問 題 を 避 けるために,ここは 果 樹 専 門 の 書 籍 に 任 せがちだが, 本 書 ではこの 問 題 にまで 堂 々と 踏 み 込 んでいる. 一 つの 例 をあげてみよう.まずカンキツウ イルス,ウイロイドの 問 題 である.340 ページにある 表 2. 1 主 なカンキツウイルス ウイロイド バクテリアと 接 ぎ 木 検 定 用 植 物 の 中 には,カンキツウイルス,ウイロイ ド,バクテリアと 接 ぎ 木 検 定 用 植 物 としてカンキツトリス テザウイルス Citrus tristeza virus に 対 しては 検 定 用 植 物 と して Mexican Lime が,カンキツエクソコーテイスウイロ

10 x イド Citrus exocortis viroid には Etrog Citron が,カンキツタ ターリーフウイルス Citrus tatter leaf virus には Rusk Citrange が,またカンキツグリーニング 病 Candidatus Liberibacter asiaticus には MadamVinous が 上 げられている.さらに 表 2. 2 には 落 葉 果 樹 のウイルスと 接 ぎ 木 検 定 植 物 の 例, 表 2. 3 には 緑 枝 接 ぎにより 検 定 するウイルスの 例 としてブドウや イチゴの 検 定 についても 触 れている.まさに 果 樹 ウイルス 専 門 の 手 引 書 をも 越 えようとする 勢 いである.また 応 用 実 験 のページなどをみると,よくぞここまでと 思 うような 惚 れ 惚 れするような 記 述 がある.たとえば 376 ページや 377 ページのそれぞれ 下 部 にある 図 などであり,またあまり 目 立 たないが 図 2 の 39(418 ページ)の Phytophthora capsici の 遊 走 子 分 化 および 遊 走 子 嚢 からの 遊 出 の 図 であろう.カ ラーでないのが 残 念 だがまさに 本 書 における 白 眉 ともいう べきものになっている.このように 盛 りだくさんな 内 容 に 囲 まれる 学 徒 たちはなんと 幸 せ 者 だろうと 羨 ましく 思 いな がら 筆 を 擱 く. ( 日 本 植 物 病 理 学 会 名 誉 会 員 岸 國 平 ) 出 版 物 の 紹 介 井 上 哲 著 アイビー リーグ コーネル 大 学 大 学 院 植 物 病 理 学 科 菌 学 専 攻 でサバイバル 理 学 修 士 取 得 編 四 六 版 /416 ページ /2015 年 4 月 16 日 ブックウェイ ISBN 紙 版 定 価 2,916 円 ( 本 体 2,700 円 + 税 )アマゾンで 販 売 Kindle 版 定 価 864 円 ( 本 体 800 円 + 税 ) 電 子 書 籍 取 り 扱 いサイトで 販 売 植 物 病 理 学 では 世 界 で トップクラスのコーネル 大 学 大 学 院 の 教 育 を 知 ってい ただきたく, 私 が 昨 年 出 版 しました 留 学 体 験 記 を 紹 介 いたします. 私 は 1990 年 か ら 1997 年 までの7 年 間, コーネル 大 学 大 学 院 植 物 病 理 学 科 に 留 学 し,M.S.( 修 士 )と Ph.D.( 博 士 )の 学 位 を 取 得 しました.1981 年 に 大 学 を 卒 業 して 高 校 の 教 員 をしながら, 奮 起 してアメ リカの 大 学 の 大 学 院 進 学 を 決 意 して 出 願 準 備,1990 年 に 入 学 して 1993 年 に M.S. を 取 得 までの 奮 闘 記 です. コーネル 大 学 の 植 物 病 理 学 科 には, 日 本 から 多 くの 研 究 者 の 方 々が 客 員 としていらっしゃって 研 究 をされています が, 正 規 の 大 学 院 生 として 学 位 を 取 得 するプログラムに 入 学 し, 実 際 に 経 験 しないとわからないことがたくさんあり ます.アメリカの 大 学 の 大 学 院 へ 出 願 する 際 に 求 められる 条 件, 留 学 生 が 多 い グローバル 大 学 と 呼 ぶにふさわし いコーネル 大 学 での 留 学 生 に 対 する 英 語 のトレーニング, 学 位 取 得 に 関 する アドバイザー 制, 厳 しいコースワー ク( 講 義 )の 履 修,リサーチ アシスタント(RA)やティー チング アシスタント(TA)として 雇 用 され, アシスタ ントシップ という 返 済 不 要 の 奨 学 金 をいただきながらプ ロフェッショナルとして 勉 強, 研 究 するコーネル 大 学 の 大 学 院 生 の 生 活 等, 日 本 にいるとわからないディテールも 書 きました. コーネル 大 学 は,アメリカ 合 衆 国 の 東 部 の 名 門 大 学 アイ ビー リーグの 8 つの 大 学 の 一 つで,ニューヨーク 州 の 中 央, 南 北 に 細 長 い 形 の 幾 つかの 湖 のあるフィンガー レイクス 地 方 のイサカ 市 にあります.1862 年 のモリル 法 によりニュー ヨーク 州 立 の 大 学 設 立 のための 連 邦 の 予 算 と 創 立 者 のエズ ラ コーネル 氏 の 私 費 で 創 立 した, 世 界 でも 珍 しい 州 立 の 学 部 と 私 立 の 学 部 が 混 在 する 大 学 です.よく 知 られているのは ホテル 経 営 大 学 院 です.1880 年 に 設 立 されたジェネーバ 市 (イサカ 市 より 北 に 車 で 1 時 間 程 度 の 距 離 )のニューヨーク 州 農 業 試 験 場 を 合 併 したこともあり, 農 業 分 野 の 研 究, 教 育 では 世 界 のトップです.1877 年 にコーネル 大 学 御 出 身 の 矢 田 部 良 吉 先 生 が 東 京 大 学 初 代 植 物 学 教 授 となるなど, 日 本 の 植 物 学 の 大 学 教 育 との 関 係 も 深 い 大 学 です. コーネル 大 学 の 植 物 病 理 学 は,1868 年, 菌 類 学 担 当 の A.N. プレンティス 先 生 が Parasitic Fungi ( 寄 生 的 菌 類 ) という 授 業 を 教 えたことから 始 まります.1884 年 には, 後 にパデュー 大 学 に 移 りさび 病 の 権 威 となるジョン チャー ルズ アーサー 先 生 が 農 業 試 験 場 に 就 任 しました. H.H. ウェッツェル 先 生 によってイサカ 市 のメインキャン パスに 植 物 病 理 学 科 が 設 立 されたのは 1907 年 です. 以 後 世 界 の 植 物 病 理 学 を 牽 引 する 大 学 になっています. 世 界 一 美 しい 大 学 として 知 られているコーネル 大 学 の 美 しいキャンパスを 紹 介 したいと 思 い,コーネル 大 学 のご 協 力 を 得 ることができ, 多 くの University Photography のカ ラー 写 真 を 使 用 させていただくことができました.オール カラーで 紙 質 を 上 げたので 紙 版 は 値 段 が 高 くなってしまい ましたが Kindle 版 はお 求 め 安 い 価 格 になっています 年 という,コーネル 大 学 創 立 150 周 年, 日 本 植 物 病 理 学 会 創 立 100 周 年 の 特 別 な 年 に 出 版 できました. 多 く の 日 本 の 方 々に 読 んでいただいて,コーネル 大 学 の 植 物 病 理 学 科 の 世 界 を 楽 しんでいただき, 皆 様 のお 役 に 立 つこと ができれば 嬉 しいです. ( 井 上 哲 )

11 xi 学 会 ニュース 編 集 委 員 コーナー 本 会 ニュースは 身 近 な 関 連 情 報 を 気 軽 に 交 換 することを 趣 旨 として 発 行 されております. 会 員 の 各 種 出 版 物 のご 紹 介, 書 評, 会 員 の 動 静, 学 会 運 営 に 対 するご 意 見, 会 員 の 関 連 学 会 における 受 賞,プロジェクトの 紹 介 などの 情 報 を お 寄 せいただきたくお 願 いします. 投 稿 宛 先 : 東 京 都 北 区 中 里 日 本 植 物 防 疫 協 会 ビル 内 学 会 ニュース 編 集 委 員 会 FAX: または 下 記 学 会 ニュース 編 集 委 員 へ: 高 橋 賢 司, 平 塚 和 之, 池 田 健 太 郎, 吉 田 重 信, 越 智 直 編 集 後 記 学 会 ニュース 第 74 号 をお 届 けします. 本 号 は, 昨 年 開 催 された 植 物 病 害 診 断 研 究 会,3 月 開 催 の 大 会 とそのあと に 開 催 された 研 究 会 談 話 会 の 報 告 を 中 心 に 掲 載 しました. 大 会 は,16 年 ぶりに 岡 山 市 で, 交 通 の 便 のよい 岡 山 駅 前 のコンベンションセンターを 会 場 に 開 催 されました. 天 候 にも 恵 まれ, 参 加 者 は 900 名 を 越 し, 講 演 題 数 は 366 題 に も 上 りました. 懇 親 会 も 賑 やかに 行 われ, 大 会 は 盛 会 裏 に 終 了 しました. 大 会 委 員 長 の 多 賀 正 節 先 生, 委 員 長 代 理 の 鈴 木 信 弘 先 生, 運 営 委 員 会 幹 事 長 の 一 瀬 勇 規 先 生,プログ ラム 委 員 長 の 秋 光 和 也 先 生 をはじめ 岡 山 大 学, 岡 山 県, 香 川 大 学 の 大 会 運 営 委 員 の 皆 様 には 大 変 お 世 話 になりました. 準 備, 運 営 のご 尽 力 に 深 く 感 謝 の 意 を 表 したいと 思 います. 大 会 後 には 各 種 の 研 究 会, 談 話 会 が 開 催 されました. 殺 菌 剤 耐 性 菌 研 究 会,バイオコントロール 研 究 会, 植 物 病 原 菌 類 談 話 会 は,いずれも 100 名 を 上 回 る 参 加 者 があり, 興 味 深 い 講 演,それを 受 けた 熱 心 な 質 疑 が 行 われています. 植 物 ウイルス 病 研 究 会 は 2 日 間 にわたって 行 われ,2 日 目 のミニワークショップのあとは, 日 本 文 化 に 触 れながら, また 温 泉 に 浸 かりながら 研 究 談 義 に 花 が 咲 き, 実 のある 集 いとなったようです.また, 昨 年 秋 に 開 催 された 植 物 病 害 診 断 研 究 会 も 全 国 から 126 名 の 参 加 者 があり, 活 発 な 質 疑 が 行 われ 有 意 義 な 研 究 会 となったようです. 研 究 会 談 話 会 を 運 営 されました 幹 事 の 皆 様 に 感 謝 申 し 上 げます. 学 会 活 動 が 活 発 に 継 続 していることを 喜 ばしく 思 います. 平 成 27 年 度 は 9 名 の 方 が 農 業 部 門 植 物 保 護 の 技 術 士 に 合 格 されました. 誠 におめでとうございます. 農 業 部 門 植 物 保 護 の 技 術 士 は,これまでの 合 格 者 数 が 103 名 となり 当 面 の 目 標 である 100 名 を 超 えました. 大 変 喜 ばしい 状 況 です.これも, 受 験 された 皆 様 のご 努 力 とと もに, 技 術 士 対 応 委 員 会 をはじめとする 関 係 皆 様 のご 尽 力 のおかげです. 本 年 も 大 会 中 に 技 術 士 対 応 委 員 会 主 催 で 試 験 対 策 セミナーが 開 催 されました.47 名 の 参 加 者 があり, 先 輩 の 技 術 士 や 新 合 格 者 の 貴 重 な 経 験 談 やアドバイスに 対 して 質 疑 応 答 や 議 論 が 活 発 に 行 われ, 熱 の 籠 もったセミ ナーとなっています. 技 術 士 の 皆 さまの 益 々のご 活 躍 と 今 後 も 多 くの 技 術 士 合 格 を 期 待 します. 今 後 の 学 会 活 動 予 定 として, 部 会 や 今 夏 から 秋 にかけて 開 催 予 定 の 研 究 会 談 話 会 の 開 催 日 程 と 場 所 を 掲 載 しまし た. 多 くの 皆 様 のご 参 加 をお 願 いします. 喜 ばしいお 知 らせです. 川 口 章 氏 が 日 本 学 士 院 学 術 奨 励 賞 を 受 賞 されました. 誠 におめでとうございます. 益 々の ご 活 躍 とご 発 展 を 祈 念 申 し 上 げます. 今 年 1 月 に 刊 行 された 堀 江 博 道, 橋 本 光 司, 西 尾 健 先 生 共 編 の 植 物 医 科 学 実 験 マニュアル を 岸 國 平 先 生 にご 紹 介 いただきました. 大 学 生 向 けの 植 物 病 理 学 実 験 の 教 科 書 として 図 版 や 写 真 が 多 く 使 われ 解 説 もわかりやすく 書 かれ ていますが, 内 容 が 非 常 に 充 実 していることから 専 門 の 実 験 手 引 き 書 として 現 場 でも 広 く 活 用 されるのではないで しょうか. 井 上 哲 氏 が 出 版 された コーネル 大 学 大 学 院 植 物 病 理 学 科 菌 学 専 攻 をご 自 身 で 紹 介 していただきました. 海 外 の 大 学 院 で 奮 闘 した 経 験 が 具 体 的 に 生 々しく 書 かれて おり,これから 海 外 の 大 学 院 へ 留 学 を 志 す 若 い 方 に 参 考 に なるのではないでしょうか. 学 会 ニュース 編 集 委 員 会 のメンバーが 変 わりました. 宇 垣 正 志, 宇 賀 博 之, 松 下 陽 介 が 退 任 し, 平 塚 和 之, 池 田 健 太 郎, 越 智 直 が 新 たに 加 わりました. 新 メンバーで 学 会 ニュースの 編 集 に 新 たな 気 持 ちで 取 り 組 んでまいりますの で, 引 き 続 きのご 愛 読 をよろしくお 願 いいたします. ( 高 橋 賢 司 )

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立 平 成 28 年 度 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 シーズ 創 出 ステージ 1 次 ( 書 面 ) 審 査 評 価 委 員 リスト 評 価 者 名 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 3 秋 光 和 也 香 川 大 学 4 秋 山 美 展 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 5 芦 田 均 神

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 資 料 創 歴 代 氏 名 在 職 期 氏 名 在 職 期 初 代 田 中 敏 夫 昭 和 37 11 1 ~ 昭 和 41 3 31 11 野 博 司 昭 和 63 4 1 ~ 4 3 31 2 熊 沢 源 三 昭 和 41 4 1 ~ 昭 和 43 3 31 12 渡 辺 良 禎 4 4 1 ~ 8 3 31 3 高 野 出 男 昭 和 43 4 1 ~ 昭 和 45 3 31 13 高 桑 利

More information

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保 2013 年 9 月 6 日 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 組 織 変 更 人 事 異 動 について 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン( 社 長 櫻 田 謙 悟 )および 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 二 宮 雅 也 )では 次 のとおり 組 織 変 更 および 人 事 異 動 を 行 いますのでお 知

More information

1 ARSC NEWS The Newsletter of the Applied Regional Science Conference 応 用 地 域 学 会 ニュースレター( 日 本 語 版 ), No.61, July 2006 ARSC 事 務 局 : 162-0485 東 京 都 新 宿 区 市 ヶ 谷 本 村 町 2-9 ( 財 ) 計 量 計 画 研 究 所 応 用 地 域 学 会 事

More information

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 )

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 ) 2014 年 5 月 大 東 文 化 大 学 ギタークラブ&OB 会 ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~ishizaki/ ギタークラブ 創 立 50 周 年 記 念 祝 賀 会 50 周 年 記 念 祝 賀 会 参 加 者 ( 平 成 25 年 6 月 15 日 於 板 橋 キャンパス) 多 数 のOBの 皆 さまとそのご 家 族 にご 出 席 いただきました 太

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

北海道臨床工学技士会ニュース

北海道臨床工学技士会ニュース 2015-(1) 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース 2015 年 2 月 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース No.121 ホームページ http://hcea.umin.ac.jp 事 務 局 へのお 問 い 合 わせは 上 記 Homepage お 問 い 合 わせフォームより 発 行 人 : 室 橋 高 男 060-8543

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 4 月 (1/11ページ) 1 匿 名 埼 玉 県 10,000 4 2 毛 利 学 様 北 海 道 10,000 4 3 嘉 手 納 一 彦 様 沖 縄 県 10,000 2 4 匿 名 兵 庫 県 10,000 1 5 牧 野 稔 海 様 埼 玉 県 10,000 1 6 藤 井 志 保 子 様 埼 玉 県 10,000 3 7 山 崎 弘 之 様 千 葉 県 10,000 3

More information

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池 平 成 27 年 期 P.1 1 日 辞 職 総 務 部 総 括 調 整 官 事 関 根 伸 章 1 日 総 務 部 総 括 調 整 官 総 務 部 調 査 官 事 渡 邉 猛 雄 1 日 総 務 部 調 査 官 主 任 監 査 官 事 五 味 田 文 和 1 日 主 任 監 査 官 総 務 部 財 産 管 理 官 事 八 子 康 幸 1 日 総 務 部 財 産 管 理 官 道 路 部 路 政 調

More information

番号

番号 平 成 23 年 度 日 本 地 震 工 学 会 委 員 会 委 員 名 簿 ( 平 成 23 年 12 月 22 日 現 在 ) 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 佐 藤 俊 明 ( 清 水 建 設 ) 委 員 渡 辺 和 明 ( 大 成 建 設 ) 岡 野 創 ( 鹿 島 建 設 ) 渡 壁 守 正 ( 戸 田 建 設 ) 役 員 候 補 者 推 薦 委 員 会 委 員 長 澤 本 佳 和

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

(オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾 昇 任 美 幌 町 美 幌 小 美 幌 町 美 幌 小 教 諭 岡 島

(オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾 昇 任 美 幌 町 美 幌 小 美 幌 町 美 幌 小 教 諭 岡 島 平 成 28 年 度 人 事 異 動 発 令 オホーツク 管 内 公 立 小 中 学 校 ( 主 幹 教 諭 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 事 務 職 員 等 ) (オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾

More information

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部 Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 照 会 先 ) 人 事 管 理 部 人 事 グループ 長 矢 口 明 人 事 管 理 部 参 事 役 江 口 伸 二 ( 電 話 直 通 03-6892-0713) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 日 本 年 金 機 構 役 職 員 の 人 事 異 動 について

More information

Microsoft Word - 第49回理事会議事録(20120603).doc

Microsoft Word - 第49回理事会議事録(20120603).doc 日 本 神 経 精 神 薬 理 学 会 第 49 回 理 事 会 (2011 年 度 ) 議 事 録 日 時 :2011 年 6 月 3 日 ( 金 )15:00~18:00 場 所 : 八 重 洲 倶 楽 部 第 2 会 議 室 ( 104-0028 東 京 都 中 央 区 八 重 洲 2-1 八 重 洲 地 下 街 中 1 号 TEL:03-3275-0801) 出 席 者 : 山 脇 成 人

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 11 月 (1/15ページ) 3057 匿 名 神 奈 川 県 10,000 1 3058 安 藤 充 昭 様 広 島 県 10,000 1 3059 野 口 勝 弘 様 愛 知 県 10,000 2 3060 松 浦 多 恵 子 様 静 岡 県 10,000 2 3061 匿 名 京 都 府 10,000 3 3062 日 置 寛 之 様 京 都 府 10,000 4 3063

More information

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 と 称 する 2 この 法 人 の 英 語 名 表 記 を JAPAN SPORTS FACILITIES A SSOCIATION(JSFA)とする ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上 1 1057 藤 原 孝 志 34 男 1:15:54 930 1 男 子 30 歳 台 2 1063 原 慎 弥 35 男 1:16:34 10 2 男 子 30 歳 台 3 1041 川 嶋 洋 平 32 男 1:17:01 670 3 男 子 30 歳 台 4 1074 野 村 茂 行 37 男 1:18:03 810 4 男 子 30 歳 台 1 5 1050 田 中 啓 佑 33 男 1:18:15

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

平成18年3月14日

平成18年3月14日 平 成 24 年 3 月 14 日 滝 川 市 議 会 議 長 水 口 典 一 様 滝 川 市 長 前 田 康 吉 滝 川 市 教 育 委 員 会 委 員 長 若 松 重 義 滝 川 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 藤 本 清 正 滝 川 市 ほか6 組 合 公 平 委 員 会 委 員 長 小 出 孝 滝 川 市 代 表 監 査 委 員 宮 崎 英 彰 滝 川 市 農 業 委 員 会 会

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

 伊勢市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例をこ

 伊勢市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例をこ 平 成 21 年 9 月 7 日 伊 勢 市 公 報 第 92 号 伊 勢 市 公 報 第 92 号 平 成 21 年 9 月 7 日 月 曜 日 目 次 頁 規 則 伊 勢 市 職 員 の 時 間 外 勤 務 手 当 の 支 給 割 合 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 2 告 示 道 路 の 供 用 開 始 について 4 選 挙 管 理 委 員 会 告 示 衆 議 院

More information

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ 特 別 表 彰 1 名 ( 敬 称 略 ) 金 子 宏 東 京 都 文 京 区 上 田 市 殿 城 出 身 < 学 術 研 究 に 関 する 主 な 功 績 > 長 野 県 上 田 高 等 学 校 を 卒 業 後 東 京 大 学 に 進 学 し 租 税 法 の 研 究 を 重 ねられ 租 税 法 を 独 立 した 法 分 野 に 発 展 させるとともに 地 方 税 法 に おいても 公 正 適 正

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

平成20年9月30日

平成20年9月30日 ニュースリリース 平 成 27 年 3 月 31 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 日 本 政 策 金 融 公 庫 人 事 異 動 (4 月 1 日 付 ) 本 店 大 和 田 桂 則 長 付 東 京 地 区 統 轄 小 林 壮 一 長 付 東 海 地 区 統 轄 若 井 克 之 長 付 事 業 企 画 部 長 三 田 祥 弘 安 達 研 造 山 本 義 文 営 業 推 進 部 長

More information

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 の 業 の 適 正 化 及 び 建 築 主 等 への 情 報 開 示 の 充 実 に 向 けて ~ 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 提 言 ~ 平 成 26 年 3 月 27 日 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

人事異動のお知らせ

人事異動のお知らせ 2012 年 9 月 28 日 郵 便 事 業 株 式 会 社 東 北 支 社 郵 便 局 株 式 会 社 東 北 支 社 人 事 異 動 のお 知 らせ 平 成 24 年 10 月 1 日 付 の 日 本 郵 便 株 式 会 社 ( 郵 便 事 業 株 式 会 社 と 郵 便 局 株 式 会 社 との 合 併 後 の 新 会 社 ) 東 北 支 社 の 人 事 異 動 について お 知 らせいたします

More information

声 平 成 28 年 4 (2) 平 成 28 年 度 ( 新 ) 務 機 構 と 経 営 計 画 を 統 合 参 事 樋 渡 昭 彦 事 総 括 高 橋 勝 也 総 務 販 売 地 区 担 当 武 田 昭 雄 佐 々 木 光 広 土 田 晃 士 地 区 主 担 当 副 担 当 補 助 補 佐 高

声 平 成 28 年 4 (2) 平 成 28 年 度 ( 新 ) 務 機 構 と 経 営 計 画 を 統 合 参 事 樋 渡 昭 彦 事 総 括 高 橋 勝 也 総 務 販 売 地 区 担 当 武 田 昭 雄 佐 々 木 光 広 土 田 晃 士 地 区 主 担 当 副 担 当 補 助 補 佐 高 () 平 成 28 年 4 声 平 成 28 年 (206 年 ) 4 No.6 今 山 に 捨 き 木 材 を バイオマス 発 電 に 供 給 す 支 所 出 張 所 開 所 (ずれも 午 前 中 ) 雄 勝 支 所 毎 週 水 曜 東 成 瀬 支 所 毎 週 水 曜 明 治 支 所 毎 週 木 曜 皆 瀬 支 所 毎 週 木 曜 田 代 出 張 所 毎 週 火 木 曜 声 平 成 28 年 4

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 東 川 美 術 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 指 定 管 理 者 制 度 は 市 が 指 定 する 民 間 事 業 者 等 に 施 設 の 管 理 運 営 業 務 を 代 行 していた だく 制 度 で 民 間 事 業 者 が 有 する 発 想 やノウハウを 活 用 し サービスの 向 上 と 管 理 運 営 経 費 の 縮 減 を 図 るものです

More information

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容 第 一 回 新 名 神 高 速 道 路 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 20 年 5 月 29 日 ( 木 )14 時 ~17 時 2. 場 所 建 設 交 流 館 会 議 室 702 3. 出 席 委 員 ( 敬 称 略 ) 委 員 長 嘉 門 雅 史 ( 京 都 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 堂 教 授 ) 委 員 平 田 健 正

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 -

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 - 大 森 巌 様 広 島 県 ユウベル 株 式 会 社 様 広 島 県 阿 部 慶 一 様 宮 城 県 清 水 保 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 長 内 久 人 様 - 大 橋 道 雄 様 東 京 都 石 本 正 敬 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 藤 原 立 嗣 様 - 井 山 恭 明 様 岡 山 県 匿 名 様 宮 城 県 小 久 保 裕 美 様 - 門 田 仁 様 北 海 道 北 垣 一 宏

More information

こととされている 会 長 の 選 出 について 御 推 薦 等 御 発 言 はないか ( 各 委 員 から 意 見 なし) ( 事 務 局 ) 御 意 見 が 無 いようであるので 事 務 局 案 として 大 脇 委 員 にお 願 いしたいと 考 えるが いかがか ( 各 委 員 から 異 議 なし

こととされている 会 長 の 選 出 について 御 推 薦 等 御 発 言 はないか ( 各 委 員 から 意 見 なし) ( 事 務 局 ) 御 意 見 が 無 いようであるので 事 務 局 案 として 大 脇 委 員 にお 願 いしたいと 考 えるが いかがか ( 各 委 員 から 異 議 なし 第 14 回 熊 本 県 本 人 確 認 情 報 保 護 審 議 会 議 事 録 1 日 時 平 成 27 年 12 月 21 日 ( 月 ) 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 2 場 所 県 庁 行 政 棟 本 館 13 階 展 望 会 議 室 3 出 席 者 < 審 議 会 委 員 > 大 脇 会 長 上 田 委 員 德 永 委 員 中 嶋 委 員 山 野 委 員 渡 辺 委 員

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

諸規則集

諸規則集 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 定 款 施 行 細 則 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 ( 以 下 当 法 人 という) 定 款 に 基 づき 次 の 通 り 施 行 細 則 を 定 める 定 款 第 5 条 に 基 づき 入 会 について 定 める 入 会 に 関 する 細 則 第 1 条 当 法 人 に 入 会 を 希 望 する 者 は 次 の 手 続 きをしなければならない

More information

健 康 医 療 部 保 健 医 療 室 ( 人 事 局 ) 大 野 哲 史 豊 能 府 税 事 務 所 ( 人 事 局 ) 大 福 久 美 子 商 工 労 働 部 成 長 産 業 振 興 室 ( 人 事 局 ) 大 村 榛 菜 豊 能 府 税 事 務 所 ( 人 事 局 ) 岡 美 絵 政 策 企

健 康 医 療 部 保 健 医 療 室 ( 人 事 局 ) 大 野 哲 史 豊 能 府 税 事 務 所 ( 人 事 局 ) 大 福 久 美 子 商 工 労 働 部 成 長 産 業 振 興 室 ( 人 事 局 ) 大 村 榛 菜 豊 能 府 税 事 務 所 ( 人 事 局 ) 岡 美 絵 政 策 企 人 事 発 令 ( 平 成 26 年 4 月 11 日 ) 平 成 26 年 4 月 11 日 付 け 人 事 発 令 を 以 下 のとおり 発 令 する 大 阪 府 知 事 大 阪 府 議 会 議 長 大 阪 府 教 育 委 員 会 大 阪 府 警 察 本 部 長 主 査 級 ( 大 阪 府 警 察 ) 鳳 土 木 事 務 所 主 査 ( 府 警 本 部 地 域 部 通 信 指 令 室 主 査 )

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

国民生活センター40周年記念誌

国民生活センター40周年記念誌 運 営 協 議 会 委 員 氏 名 就 任 時 の 職 名 就 任 期 間 宮 澤 健 一 社 会 保 障 研 究 所 長 80. 9.18~03. 9.30 今 井 光 映 金 城 学 院 大 学 家 政 学 部 教 授 91. 3. 8~03. 9.30 金 森 房 子 評 論 家 91. 3. 8~03. 9.30 田 島 義 博 社 団 法 人 消 費 者 関 連 専 門 家 会 議 会 長

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

42 14 Basketball 選 手 下 山 田 俊 介 男 28 東 京 都 社 団 法 人 東 京 都 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball 選 手 小 沼 功 治 男 30 神 奈 川 県 神 奈 川 県 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball

42 14 Basketball 選 手 下 山 田 俊 介 男 28 東 京 都 社 団 法 人 東 京 都 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball 選 手 小 沼 功 治 男 30 神 奈 川 県 神 奈 川 県 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball 1 1 Badminton スタッフ 佐 藤 裕 介 男 32 北 海 道 社 団 法 人 北 海 道 ろうあ 連 盟 2 2 Badminton スタッフ 阿 部 千 子 女 49 東 京 都 社 団 法 人 東 京 都 聴 覚 障 害 者 連 盟 3 3 Badminton 選 手 千 田 泰 輔 男 31 北 海 道 社 団 法 人 北 海 道 ろうあ 連 盟 4 4 Badminton 選

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 8 月 (1/11ページ) 1797 匿 名 千 葉 県 20,000 3 1798 匿 名 大 阪 府 10,000 2 1799 匿 名 鹿 児 島 県 10,000 2 1800 比 嘉 良 幸 様 兵 庫 県 10,000 1 1801 匿 名 東 京 都 10,000 4 1802 匿 名 千 葉 県 10,000 1 1803 匿 名 和 歌 山 県 10,000 3

More information

<91E6313589F18373834E836A8362834E838983938DF78D5D81408B4C985E88EA9797955C2E786C73>

<91E6313589F18373834E836A8362834E838983938DF78D5D81408B4C985E88EA9797955C2E786C73> 1 21km マラソン 男 子 1136 梅 本 幸 治 1:19:53 2 21km マラソン 男 子 1247 平 山 元 生 1:22:01 3 21km マラソン 男 子 1094 杉 山 信 一 郎 1:23:21 4 21km マラソン 男 子 1024 綿 貫 知 之 1:24:27 5 21km マラソン 男 子 1081 飯 塚 智 志 1:26:03 6 21km マラソン 男

More information

2 ページ Aリーグ 水 島 高 尾 阪 口 *** *** 勝 北 川 片 岸 米 田 *** *** 水 島 健 一 常 葉 会 1 3 北 川 景 子 レインホ ー 高 尾 勇 次 五 香 2 片 岸 充 世 阪 口 巧 個 人 登 録 米 田 佐 智 子 トライアンク ル Bリーグ 奥 村

2 ページ Aリーグ 水 島 高 尾 阪 口 *** *** 勝 北 川 片 岸 米 田 *** *** 水 島 健 一 常 葉 会 1 3 北 川 景 子 レインホ ー 高 尾 勇 次 五 香 2 片 岸 充 世 阪 口 巧 個 人 登 録 米 田 佐 智 子 トライアンク ル Bリーグ 奥 村 1 ページ 混 合 1 部 Aリーグ 中 木 藤 原 江 藤 高 橋 *** 勝 木 村 千 葉 菅 野 鈴 木 *** 中 木 広 大 アンヒ シャス 1 3 5 木 村 瞳 小 金 原 藤 原 孝 優 松 戸 ファミリー 6 4 千 葉 花 子 横 須 賀 江 藤 秀 行 個 人 登 録 2 菅 野 美 香 高 橋 且 磨 小 金 原 鈴 木 美 希 子 アンヒ シャス 混 合 1 部 Bリーグ

More information

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大

男 子 () 4. 原 山 川 合 ペア( 山 口 大 学 ) 64 岡 田 山 内 ( 福 平 大 ) 片 山 林 ( 福 平 大 ) 落 合 池 田 ( 岡 県 大 ) 瀬 田 簗 瀬 ( 岡 山 大 ) 奥 嶋 水 田 ( 岡 山 大 ) 永 見 松 葉 ( 下 市 大 男 子 () 藤 田 石 井 ( 吉 備 国 ) 夫 津 木 多 原 ( 岡 山 大 ) 濱 田 生 林 ( 福 平 大 ) 前 国 西 ( 広 工 大 ) 白 石 open ( 広 経 大 ) 野 津 本 田 ( 広 経 大 ) 4 4 日 高 村 井 ( 広 修 大 ) 山 片 守 江 ( 広 島 大 ) 5 5 向 田 前 川 ( 岡 山 大 ) 6 小 寺 加 藤 ( 川 福 大 ) 山 田

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

大 会 役 員 大 会 会 長 大 会 副 会 長 大 会 役 員 長 競 技 役 員 長 総 務 部 長 藤 原 和 文 佐 原 聡 藤 井 清 明 藤 原 誠 人 高 木 茂 義 総 務 役 員 大 森 克 也 林 智 也 川 染 賢 司 中 村 公 人 矢 田 貴 代 福 濱 広 美 競 技

大 会 役 員 大 会 会 長 大 会 副 会 長 大 会 役 員 長 競 技 役 員 長 総 務 部 長 藤 原 和 文 佐 原 聡 藤 井 清 明 藤 原 誠 人 高 木 茂 義 総 務 役 員 大 森 克 也 林 智 也 川 染 賢 司 中 村 公 人 矢 田 貴 代 福 濱 広 美 競 技 007 グループカップ 坂 出 オープンバドミントン 大 会 試 合 結 果 を 送 付 させていただきます 宜 しくお 願 いいたします 坂 出 市 バドミントン 協 会 藤 原 誠 人 76-005 坂 出 市 大 屋 冨 町 095-79 日 時 平 成 9 年 5 月 日 ( 木 )9 時 場 所 坂 出 市 立 体 育 館 坂 出 市 入 船 町 丁 目 番 59 号 TEL(0877)45-6670

More information

事 業 に 協 力 すること (11) 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 を 通 じた 国 際 野 球 連 盟 アジア 野 球 連 盟 及 び 公 益 財 団 法 人 日 本 オリンピック 委 員 会 の 事 業 に 協 力 すること (12) 野 球 競 技 に 関 する 刊 行 物 を 発

事 業 に 協 力 すること (11) 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 を 通 じた 国 際 野 球 連 盟 アジア 野 球 連 盟 及 び 公 益 財 団 法 人 日 本 オリンピック 委 員 会 の 事 業 に 協 力 すること (12) 野 球 競 技 に 関 する 刊 行 物 を 発 公 益 財 団 法 人 日 本 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 野 球 連 盟 といい 外 国 に 対 しては Japan Amateur Baseball Association( 略 称 JABA)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 千 代

More information

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区 1 頁 区 局 級 退 職 予 定 部 級 退 職 予 定 医 職 蔵 田 英 志 港 南 区 担 当 理 事 ( 福 祉 保 健 センタ ー ) ( 保 健 事 職 濱 陽 太 郎 旭 区 事 職 信 時 正 人 温 暖 化 対 策 統 括 本 部 環 境 未 来 都 市 推 進 担 当 理 事 事 職 岸 村 英 憲 政 策 局 大 学 担 当 理 事 技 職 中 島 徹 也 国 際 局 国 際

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

<30308A7795F1955C8E86202E6169>

<30308A7795F1955C8E86202E6169> 弘 前 大 学 学 報 リンゴとチューリップのフェスティバル 第 98 号 平 成 24 年 5 月 号 目 次 学 内 ニュース 医 用 システム 開 発 マイスター 養 成 塾 成 果 発 表 会 を 開 催 1 2012 年 度 留 学 説 明 会 を 開 催 2 リンゴとチューリップのフェスティバル を 開 催 3 世 の 中 講 座 in 弘 前 大 学 を 開 催 4 文 部 科 学 省

More information

趣 意 書 千 葉 大 学 学 長 徳 久 剛 史 千 葉 大 学 工 学 部 工 学 部 長 関 実 千 葉 大 学 工 学 部 情 報 画 像 学 科 学 科 長 須 鎗 弘 樹 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 科 学 科 学 科 長 久 下 謙 一 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 工

趣 意 書 千 葉 大 学 学 長 徳 久 剛 史 千 葉 大 学 工 学 部 工 学 部 長 関 実 千 葉 大 学 工 学 部 情 報 画 像 学 科 学 科 長 須 鎗 弘 樹 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 科 学 科 学 科 長 久 下 謙 一 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 工 趣 意 書 千 葉 大 学 学 長 徳 久 剛 史 千 葉 大 学 工 学 部 工 学 部 長 関 実 千 葉 大 学 工 学 部 情 報 画 像 学 科 学 科 長 須 鎗 弘 樹 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 科 学 科 学 科 長 久 下 謙 一 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 工 学 同 窓 会 会 長 湯 本 好 英 千 葉 大 学 工 学 部 画 像 系 学 科 は 1915

More information

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49:

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49: No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 1 63 井 辺 弘 貴 20 男 福 岡 県 2:09:27 0:26:21 4 1:06:37 2 1:32:58 1 0:36:29 2 1 2 2 秦 陽 一 郎 41 男 大 分 県 2:11:28 0:28:15 14 1:06:21

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

各 大 会 での での 成 績 (その) 昨 年 も 数 多 くの 大 会 に 現 役 部 員 が 出 場 し 好 成 績 を 残 しました, 年 生 も 着 実 に を 伸 ばして おり 今 後 の 更 なる 活 躍 が 楽 しみです 第 回 早 慶 定 期 戦 kg 級 kg 級 kg 級 kg

各 大 会 での での 成 績 (その) 昨 年 も 数 多 くの 大 会 に 現 役 部 員 が 出 場 し 好 成 績 を 残 しました, 年 生 も 着 実 に を 伸 ばして おり 今 後 の 更 なる 活 躍 が 楽 しみです 第 回 早 慶 定 期 戦 kg 級 kg 級 kg 級 kg 平 成 年 月 日 クラブニュース 稲 門 ウェイトリフティングクラブ URL:htp://www.ocn.ne.jp/~twc/ 底 冷 えの 残 る 毎 日 ですが OBの 皆 様 におかれましては いかがお 過 ごしでしょうか さて 既 にご 存 知 の 方 もいらっしゃると 思 いますが 我 が 部 は 今 年 創 部 周 年 を 迎 えます 知 命 とは 論 語 の 言 葉 ですが 我 が

More information

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿 歴 代 受 賞 者 名 簿 昭 和 60 年 昭 和 61 年 昭 和 62 年 昭 和 63 年 平 成 元 年 平 成 2 年 平 成 3 年 平 成 4 年 平 成 5 年 平 成 6 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

栄光の記録(2)

栄光の記録(2) 全 日 本 教 職 員 バドミントン 選 手 権 大 会 栄 光 の 記 録 第 31 回 1992 年 ( 平 成 4 年 ) 熊 本 県 熊 本 市 8 月 7 日 ~11 日 市 総 合 体 育 館 市 体 育 館 一 般 男 子 単 岩 佐 宣 寿 ( 山 梨 ) 伊 東 幸 男 谷 田 尚 嗣 中 家 友 彦 権 藤 浩 二 鶴 見 和 彦 佐 藤 浩 伊 東 幸 男 ( 兵 庫 ) 堺

More information

総 務 第 27 回 関 東 医 科 大 学 対 抗 陸 上 競 技 大 会 コード 10501312 女 子 決 勝 日 付 平 成 22 年 9 月 19 日 ( 日 ) 競 技 場 栃 木 県 総 合 運 動 公 園 陸 上 競 技 場 競 技 場 コード 091010 審 判 長 志 田 利

総 務 第 27 回 関 東 医 科 大 学 対 抗 陸 上 競 技 大 会 コード 10501312 女 子 決 勝 日 付 平 成 22 年 9 月 19 日 ( 日 ) 競 技 場 栃 木 県 総 合 運 動 公 園 陸 上 競 技 場 競 技 場 コード 091010 審 判 長 志 田 利 総 務 第 27 回 関 東 医 科 大 学 対 抗 陸 上 競 技 大 会 コード 10501312 男 子 決 勝 日 付 平 成 22 年 9 月 19 日 ( 日 ) 競 技 場 栃 木 県 総 合 運 動 公 園 陸 上 競 技 場 競 技 場 コード 091010 審 判 長 志 田 利 宏 山 野 井 純 夫 1 位 2 位 3 位 4 位 5 位 6 位 7 位 8 位 9/19 男

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

() 935 () () () () 1 1 1 1 男 子 団 体 平 成 21 年 度 長 野 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 柔 道 競 技 大 会 男 子 団 体 大 会 成 績 一 覧 1 松 本 第 一 5 男 子 団 体 2 長 野 工 業 3 0 1 位 松 本 第 一 高 等 学 校 3 丸 子 修 学 館 2 4 2 位 東 海 大 三 高 等 学 校 4

More information

リーディング表

リーディング表 / 1 24 回 数 : ~ 回 1以 上 山 1口 勲 933 294 168 132 99 77 163 108,348,50088,540,000 31.51% 49.52% 戸 2﨑 圭 太 1,665 288 207 160 142 125 7431,185,754,000 809,050,000 17.29% 29.73% 赤 3岡 修 次 646 251 120 85 57 37 96

More information

1/ 7 平 成 26 年 度 公 立 高 校 の の 日 程 及 び 問 合 せ 窓 口 の 御 案 内 山 口 県 教 育 委 員 会 の 対 象 は 中 学 生 ( 行 事 名 に 印 のついたものは 中 学 3 年 生 ) 及 びその 保 護 者 並 びに 中 学 校 教 員 です なお 中 学 生 中 学 3 年 生 には 周 防 大 島 高 校 8 月 9 日 ( 土 ) 8:40~12:00

More information

<483234938C93FA967B91E589EF8CA7975C9149814091678D8782B98DC58F492E786C73>

<483234938C93FA967B91E589EF8CA7975C9149814091678D8782B98DC58F492E786C73> 平 成 年 度 東 日 本 選 手 権 大 会 茨 城 予 選 大 会 兼 国 体 一 次 予 選 大 会 大 会 結 果 期 日 平 成 年 月 日 日 場 所 鹿 島 ハイツテニスコート 茨 城 県 ソフトテニス 連 盟 一 般 男 子 大 熊 門 谷 勝 点 得 失 順 位 Hブロック 6 勝 点 得 失 順 位 俊 貴 松 本 佳 史 日 立 電 線 中 野 裕 太 水 戸 白 友 会 田

More information

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長 第 1 回 台 風 18 号 に 伴 う 大 雨 被 害 検 証 委 員 会 ( 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 被 害 検 証 委 員 会 ) 会 議 録 要 旨 野 木 町 総 合 政 策 部 総 務 課 1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3

More information

54 664 堀 内 宏 道 38 男 4:34:42 46 30 代 15 55 438 稲 葉 義 男 41 男 4:35:46 47 40 代 14 56 421 石 井 彰 52 男 4:36:57 48 50 代 5 57 638 橋 本 晋 矢 31 男 4:37:37 49 30 代

54 664 堀 内 宏 道 38 男 4:34:42 46 30 代 15 55 438 稲 葉 義 男 41 男 4:35:46 47 40 代 14 56 421 石 井 彰 52 男 4:36:57 48 50 代 5 57 638 橋 本 晋 矢 31 男 4:37:37 49 30 代 1 506 クライン イーサン 22 男 3:02:41 1 10 代 &20 代 1 2 418 五 十 嵐 太 博 26 男 3:06:25 2 10 代 &20 代 2 3 687 武 藤 晃 治 31 男 3:07:38 3 30 代 1 3 733 LIONEL MICOLLET 41 男 3:07:38 3 40 代 1 5 423 石 川 元 20 男 3:10:48 5 10 代 &20

More information

51 344 4 走 藤 原 裕 規 0:19:00.0 52 341 3 走 澤 村 和 友 0:19:01.0 53 345 1 走 菊 池 勇 貴 0:19:02.0 54 304 2 走 中 屋 敷 創 也 0:19:06.0 54 330 3 走 佐 藤 淳 0:19:06.0 56 33

51 344 4 走 藤 原 裕 規 0:19:00.0 52 341 3 走 澤 村 和 友 0:19:01.0 53 345 1 走 菊 池 勇 貴 0:19:02.0 54 304 2 走 中 屋 敷 創 也 0:19:06.0 54 330 3 走 佐 藤 淳 0:19:06.0 56 33 1 350 2 走 芳 賀 亘 0:17:03.0 2 329 2 走 古 舘 優 タケダスポーツクラブ 0:17:12.0 3 317 2 走 清 水 翔 一 朗 0:17:22.0 3 343 1 走 岩 渕 慎 矢 0:17:22.0 5 350 1 走 藤 村 晃 誠 0:17:27.0 6 329 1 走 村 上 映 人 タケダスポーツクラブ 0:17:28.0 7 339 1 走 星 寛

More information

天然薬物研究方法論アカデミー第19回岡崎シンポジウム

天然薬物研究方法論アカデミー第19回岡崎シンポジウム 天 然 薬 物 研 究 方 法 論 アカデミー 第 19 回 岡 崎 シンポジウム 開 催 趣 意 書 テ ー マ 生 理 学 生 物 学 から 学 ぶ 天 然 薬 物 研 究 基 礎 研 究 から 臨 床 へ 会 期 : 平 成 28 年 10 月 14 日 ( 金 ) 15 日 ( 土 ) 会 場 : 自 然 科 学 研 究 機 構 岡 崎 コンファレンスセンター 444-0864 岡 崎 市

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

<95BD90AC323881453239974C8E918A698ED296BC95EB202895CF8D584832382E372E3135292E786C73>

<95BD90AC323881453239974C8E918A698ED296BC95EB202895CF8D584832382E372E3135292E786C73> 競 争 入 札 参 加 有 資 格 名 簿 ( 平 成 2829 年 度 分 ) 有 効 期 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 30 年 3 月 31 日 まで 福 島 県 競 争 入 札 参 加 有 資 格 名 簿 代 表 氏 名 住 所 又 は 所 在 地 登 録 している 種 類 実 績 考 1 913710010 県 北 福 島 県 組 合 連 合 会 2380005000583

More information

試 合 番 号 19 1 回 戦 日 付 2011/02/0 試 合 番 号 20 1 回 戦 日 付 2011/02/0 西 武 台 2 対 0 大 宮 開 成 本 庄 東 2 対 0 浦 和 学 院 中 里 裕 也 大 倉 秀 登 小 林 陽 実 21-6 中 込 和 帄 21-13

試 合 番 号 19 1 回 戦 日 付 2011/02/0 試 合 番 号 20 1 回 戦 日 付 2011/02/0 西 武 台 2 対 0 大 宮 開 成 本 庄 東 2 対 0 浦 和 学 院 中 里 裕 也 大 倉 秀 登 小 林 陽 実 21-6 中 込 和 帄 21-13 試 合 番 号 1 1 回 戦 日 付 2011/02/0 試 合 番 号 2 1 回 戦 日 付 2011/02/0 栄 北 2 対 0 浦 和 実 業 西 武 文 理 2 対 0 栄 東 内 田 大 貴 21-12 吉 田 雅 弥 鈴 木 貴 文 21-16 柴 山 敬 太 21-17 15-21 開 始 時 刻 11:35 - 終 了 時 刻 11:53 開 始 時 刻 11:35 21-18

More information

Microsoft Word - 22年度事業報告.doc

Microsoft Word - 22年度事業報告.doc 平 成 22 年 度 事 業 報 告 1. 総 会 (22.6.16 於 高 松 市 ) 第 48 回 定 時 総 会 1 平 成 21 年 度 事 業 報 告 ならびに 決 算 ( 案 ) 2 平 成 22 年 度 事 業 計 画 ならびに 予 算 ( 案 ) 3 理 事 監 事 の 選 任 の3 議 案 について 審 議 し 原 案 どおり 承 認 された 特 別 講 演 三 菱 UFJモルガン

More information

??????

?????? 資 料 編 全 日 本 病 院 協 会 定 款 /314 補 助 金 事 業 /324 全 日 病 の 出 版 物 /326 事 務 局 関 係 /326 会 員 数 の 推 移 /327 委 員 会 の 変 遷 /328 全 日 病 学 会 開 催 地 一 覧 / 336 叙 勲 および 褒 章 受 章 者 /339 歴 代 役 員 一 覧 /340 支 部 長 一 覧 /346 全 日 本 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F32303038944E937882CC95A8979D8D488A7789C88FD089EE92F990B394C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20315F32303038944E937882CC95A8979D8D488A7789C88FD089EE92F990B394C52E646F63> 物 工 同 窓 会 だより 第 24 号 平 成 21 年 10 月 発 行 2008 年 度 の 物 理 工 学 科 物 理 工 学 専 攻 の 近 況 報 告 物 理 工 学 専 攻 2008 年 度 学 科 長 専 攻 長 市 川 昌 和 2008 年 度 の 物 理 工 学 科 物 理 工 学 専 攻 についてご 報 告 いたします 2008 年 度 において 本 学 科 長 専 攻 長 として

More information

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls)

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls) 第 10 行 橋 ~ 別 府 100キロウォーク 個 人 記 録 1 着 発 着 発 着 発 着 時 刻 ネット 休 含 1 区 2 区 3 区 4 区 歩 計 1 789 千 代 田 泰 51 2 0:00:15 18:19 18:20 21:43 21:44 1:12 1:12 3:10:09 13:09:54 7.60 8.15 7.48 7.25 7.41 7.63 2 54 増 田 邦 禎

More information

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc 平 成 27 年 3 月 31 日 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 お 知 ら せ 1. 件 名 中 部 地 方 整 備 局 人 事 異 動 について 2. 概 要 平 成 27 年 4 月 1 日 付 の 人 事 異 動 をお 知 らせします 3. 配 布 先 中 部 地 方 整 備 局 記 者 クラブ 名 古 屋 港 記 者 クラブ 4. 解 禁 指 定 なし 5.その 他 本

More information

Microsoft Word - 議事録_案_.doc

Microsoft Word - 議事録_案_.doc 日 本 農 芸 化 学 会 関 西 支 部 評 議 員 会 (469 回 ) 議 事 録 平 成 23 年 5 月 28 日 ( 土 ) 参 加 数 44 名 議 題 1. 評 議 員 の 異 動 推 薦 : 大 阪 府 立 大 学 生 命 環 境 科 学 研 究 科 教 授 乾 隆 氏 ( 承 認 ) ( 推 薦 者 : 大 阪 府 立 大 学 大 学 院 生 命 環 境 科 学 研 究 科 教

More information

Microsoft Word - 09投票区再編.doc

Microsoft Word - 09投票区再編.doc ( 参 考 ) 投 票 区 の 再 編 等 事 務 の 効 率 化 及 び 経 費 節 減 投 票 立 会 人 の 確 保 等 を 目 的 として 投 票 所 の 統 廃 及 び 投 票 所 閉 鎖 時 刻 の1 時 間 繰 り 上 げ( 各 総 支 所 管 内 の 投 票 区 ) 等 を 議 会 自 治 会 等 での 説 明 パ ブリックコメント 等 を 経 て 平 成 24 年 7 月 29 日

More information

Microsoft Word - 表紙1.doc

Microsoft Word - 表紙1.doc ( 財 ) 日 本 少 年 野 球 連 盟 大 阪 阪 南 支 部 所 属 2005 年 11 月 1 日 現 在 組 織 図 代 表 顧 問 幹 事 長 副 代 表 審 判 部 会 計 総 監 督 監 督 コーチ マネージャー 広 報 父 母 会 選 手 OB 会 役 員 名 簿 指 導 者 名 簿 代 表 臼 田 勉 総 監 督 北 池 利 雄 副 代 表 高 原 均 監 督 黒 田 浩 生 野

More information

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する

平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 ( 見 学 会 )のご 案 内 拝 啓 仲 秋 の 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます この 度 主 催 による 下 記 見 学 会 を 開 催 する 平 成 23 年 9 月 吉 日 会 員 各 位 会 長 伊 阪 洋 送 付 のご 案 内 拝 啓 菊 薫 る 候 ますます 御 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます の 皆 様 には 平 素 は 格 別 のご 厚 誼 にあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 平 成 23 年 度 OB 会 年 度 行 事 として 見 学 会 総 会 懇 親 会 を 開 催 いたしますの

More information

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太 男 子 シングルスA-1 拓 馬 ( 早 稲 学 ) 俊 介 斉 翔 吾 ( 淑 徳 国 際 学 ) 今 給 黎 将 之 康 次 ( 獨 協 学 ) 竹 内 隼 人 裕 竜 也 卓 也 天 勝 仁 枝 伸 和 ( 東 京 経 済 学 ) 溝 智 也 ( 湘 南 工 科 学 ) 丸 一 輝 裕 一 郎 平 戸 充 ( 青 学 院 学 ) 春 樹 沓 沢 康 平 羽 直 弥 ( 早 稲 学 ) 古 勇

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

< C B>

< C B> Page: 1 陸 上 競 技 場 M 60m 6/22 我 如 古 真 仁 (30) 7.51/+2.4 後 濱 安 晴 (34) 7.67/+2.4 嘉 数 友 治 (30) 7.82/+2.4 M 60m 6/22 志 慶 真 丈 敏 (36) 7.56/+2.3 前 田 祐 司 (39) 7.85/+2.6 山 城 辰 美 (38) 7.96/+2.3 嘉 味 田 朝 一 (39) 8.17/+2.3

More information

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4>

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4> 平 成 2 4 年 度 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 役 員 会 議 案 書 日 時 平 成 2 4 年 8 月 1 1 日 ( 土 ) 1 0 時 0 0 分 ~ 場 所 岐 阜 都 ホ テ ル 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 次 第 1. 会 長 挨 拶 2. 大 学 出 席 者 紹 介 大 学 近 況 報 告 3. 議 事 1 平 成 2 3 年 度 事 業 報 告

More information

<81738376838D834F838983808174323393FA8B4C985E955C8DC58F492E786C73>

<81738376838D834F838983808174323393FA8B4C985E955C8DC58F492E786C73> 大 会 第 一 日 目 (2005 年 7 月 22 日 金 曜 ) 本 戦 1 回 戦 1/2 1 トータルスコア 2 3 トータルスコア 4 東 京 都 5 Doubles 0 5 0 徳 島 市 富 山 市 4 1 秋 田 市 ( 中 央 区 ) 種 目 ス コ ア 種 目 ス コ ア 高 野 広 子 長 谷 川 明 美 阿 部 静 香 廣 嶋 裕 佳 堀 田 朋 愛 渡 会 絵 美 上 杉

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378> 当 社 関 係 (7 月 1 日 付 ) 発 令 ( 前 所 属 ) 氏 名 業 務 監 査 部 課 長 ( 経 営 企 画 部 副 長 ) 寺 本 榮 一 経 営 企 画 部 副 部 長 兼 新 エネ 推 進 プロジェクト( 経 営 企 画 部 グループ 事 業 推 進 室 長 ) 高 橋 進 一 経 営 企 画 部 部 長 ( 営 業 本 部 東 京 本 部 営 業 一 部 部 長 ) 大 沼

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

22 鶴 岡 市 鶴 岡 長 谷 川 正 彦 150.00 150.00 水 稲 23 鶴 岡 市 鶴 岡 大 滝 政 好 200.00 100.00 300.00 水 稲 大 豆 メロ ン 24 鶴 岡 市 鶴 岡 阿 部 元 成 50.00 100.00 150.00 水 稲 野 菜 25 鶴

22 鶴 岡 市 鶴 岡 長 谷 川 正 彦 150.00 150.00 水 稲 23 鶴 岡 市 鶴 岡 大 滝 政 好 200.00 100.00 300.00 水 稲 大 豆 メロ ン 24 鶴 岡 市 鶴 岡 阿 部 元 成 50.00 100.00 150.00 水 稲 野 菜 25 鶴 1 鶴 岡 市 鶴 岡 西 郷 農 事 組 合 法 人 4,728.90 2,464.20 7,193.10 水 稲 大 豆 枝 豆 花 卉 2 鶴 岡 市 鶴 岡 齋 藤 健 一 400.00 400.00 水 稲 3 鶴 岡 市 鶴 岡 後 藤 幸 一 100.00 100.00 水 稲 4 鶴 岡 市 鶴 岡 柴 田 正 則 50.00 50.00 100.00 水 稲 メロ ン 5 鶴 岡

More information

< 目 次 > < 男 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P1~2 個 人 種 目 別 選 手 権 P3 団 体 総 合 選 手 権 P4 < 女 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P5~6 個 人 種 目 別 選 手 権 P7 団 体 総 合 選 手 権 P8

< 目 次 > < 男 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P1~2 個 人 種 目 別 選 手 権 P3 団 体 総 合 選 手 権 P4 < 女 子 > 個 人 総 合 選 手 権 P5~6 個 人 種 目 別 選 手 権 P7 団 体 総 合 選 手 権 P8 第 31 回 東 日 本 生 体 操 競 技 グループ 選 手 権 大 会 成 績 表 期 日 平 成 28 4 月 22 日 ( 金 )~24 日 ( 日 ) 会 場 栃 木 県 体 育 館 所 在 地 320-0057 栃 木 県 宇 都 宮 市 中 戸 祭 1-6-3 TEL 028(622)4201 主 催 関 東 生 体 操 連 盟 東 北 北 海 道 生 体 操 連 盟 主 管 栃 木

More information

Taro-NPO第8期2月度理事会議事録.

Taro-NPO第8期2月度理事会議事録. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 栄 養 改 善 学 会 NPO 第 8 期 2 月 度 理 事 会 議 事 録 Ⅰ. 日 時 : 平 成 23 年 2 月 19 日 ( 土 )13:15~16:55 Ⅱ. 場 所 : 東 京 都 港 区 品 川 イーストワンタワー 21 階 会 議 室 Ⅲ. 出 席 者 数 : 理 事 総 数 28 名 出 席 理 事 数 26 名 ( 内 委 任 出

More information

1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.2. 沿 革 1.3. 組 織 定 員 1.2. 沿 革 ( 前 身 ) 中 央 気 象 台 に 研 究 課 を 設 置 ( 昭 和 17.1) 昭 和 21. 2 中 央 気 象 台 分 掌 規 程 の 改 正 に 伴 い 東 京 都 杉 並 区 において

1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.2. 沿 革 1.3. 組 織 定 員 1.2. 沿 革 ( 前 身 ) 中 央 気 象 台 に 研 究 課 を 設 置 ( 昭 和 17.1) 昭 和 21. 2 中 央 気 象 台 分 掌 規 程 の 改 正 に 伴 い 東 京 都 杉 並 区 において 1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.1. 業 務 概 要 1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.1. 業 務 概 要 気 象 庁 の 施 設 等 機 関 である 気 象 研 究 所 では 気 象 庁 が 発 表 する 警 報 や 情 報 の 精 度 向 上 を 通 じて 国 民 の 安 全 安 心 に 資 するよう 集 中 豪 雨 台 風 の 機 構 解 明 地 震 及 び 火 山 噴 火

More information