吉 川 哲 也 ( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ジュニアエコノ ミーカレッジ 理 事 長 ) 2002 年 より 会 津 若 松 商 工 会 議 所 青 年 部 理 事 としてジュ ニアエコノミーカレッジのカリキュラム 構 築 に 携 わる 2011 年 11 月 非 営 利 特 定 活 動

Size: px
Start display at page:

Download "吉 川 哲 也 ( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ジュニアエコノ ミーカレッジ 理 事 長 ) 2002 年 より 会 津 若 松 商 工 会 議 所 青 年 部 理 事 としてジュ ニアエコノミーカレッジのカリキュラム 構 築 に 携 わる 2011 年 11 月 非 営 利 特 定 活 動"

Transcription

1 協 力 していただく 先 生 方 (ファシリテーター スピーカーなど)のご 紹 介 (あいうえお 順 ) 生 徒 対 象 お 名 前 プロフィール コメント 磯 崎 道 佳 ( 美 術 家 アーティスト) 様 々な 表 現 形 態 を 通 じて 誰 もが 持 つ 好 奇 心 を 引 き 出 し 新 しい 視 点 を 発 見 する 場 を 制 作 発 表 し ている 主 なプロジェクトに 面 識 のない 者 同 士 による 手 紙 の 交 換 を 目 的 とした パラシュートと マ キオ 参 加 者 と 巨 大 バル ーンを 制 作 する DOME Project など 私 は 北 海 道 ニセコ 町 に 住 んでいる 美 術 家 で す 今 回 みなさんと 一 緒 に 未 来 につ いて 対 話 しながら 大 きなドーム 型 のバルー ンを 作 ります 最 後 に 中 に 入 って 遊 ぶこと もできます 未 来 をあなたたちの 想 像 力 で 捕 まえましょう 小 原 一 真 (フォトジャーナリスト) 1985 年 岩 手 県 生 まれ KEYSTONE(スイス)パート ナーフォトグラファー 宇 都 宮 大 学 国 際 学 部 にて 社 会 学 を 専 攻 金 融 機 関 で 働 く 傍 ら DAYS JAPAN フォトジ ャーナリスト 学 校 にて 学 ぶ 東 日 本 大 震 災 直 後 に 会 社 を 退 職 3 月 16 日 から 現 地 での 取 材 を 開 始 2011 年 8 月 に 行 った 福 島 第 一 原 発 での 取 材 はヨーロッパ 各 国 の 新 聞 テレビに 掲 載 された 2012 年 3 月 10 日 スイスの ラースミュラーパブリッシャーズより 東 日 本 大 震 災 福 島 第 一 原 発 事 故 の 取 材 をまとめた Reset Beyond Fukushima- 福 島 の 彼 方 に を 出 版 私 も 東 日 本 大 震 災 によって 大 きく 人 生 の 変 わった 一 人 です 地 震 津 波 そして 原 発 事 故 は 私 たちに 大 きな 苦 しみを 与 え 続 けて いますが それとともに 沢 山 の 出 会 いと 新 たな 可 能 性 を 教 えてくれました これから 自 分 たちの 古 里 をよりよい 場 所 に 発 展 させ るためにも 自 分 たちに 誇 りを 持 つ 為 に も より 広 い 世 界 を 見 て ともに 頑 張 って 行 きましょう 皆 様 に 会 えるのを 楽 しみに しております 片 貝 英 行 (NPO 法 人 キッズドア 事 務 局 長 兼 復 興 支 援 担 当 ) 中 央 大 学 法 学 部 法 律 学 科 を 卒 業 後 システム 開 発 会 社 で 公 共 システムの 開 発 と 運 用 支 援 を 担 当 企 業 向 け 研 修 会 社 にて 階 層 別 研 修 ( 新 人 ~ 管 理 職 )の 他 全 社 員 向 け CSR 研 修 の 企 画 教 材 開 発 会 社 を 担 当 人 事 コンサルテ ィング 会 社 を 経 て 2010 年 5 月 から 現 職 2012 年 4 月 から 東 北 大 学 教 育 学 部 ( 研 究 生 )で 教 育 行 政 学 等 を 学 習 研 究 中 将 来 に 選 べる 選 択 肢 を1つでも 増 やせるよ うに できることは 何 でもしたいと 思 って います やりたい!チャンスだ!と 思 った らやりましょう 幸 運 の 女 神 には 前 髪 し かない と 言 われています 見 過 ごしてし まうと 後 ろ 髪 は 無 いのでつかめません 自 分 は 何 をやりたいのかを 持 っていれば チ ャンスは 巡 ってきます 強 がったり 恥 ず かしがったり 言 い 訳 したり 逃 げたり 周 りに 振 り 回 されている 暇 はありません 一 瞬 一 瞬 を 大 事 にするために 本 音 でぶつ かって 欲 しいと 思 います 北 本 英 光 ( 株 式 会 社 電 通 コミュニケーシ ョンデザイナー / アトリエリスタ) 世 界 赤 十 字 デー 生 まれ よりよい 世 界 のために コミ ュニケーションができること をテーマに 企 業 の 広 告 キャンペーンや PR/ 情 報 戦 略 などをプロデュース 大 学 在 学 中 から 学 習 環 境 デザインを 学 び 子 どもたちの 想 像 力 開 発 を 目 的 としたワークショップや 展 覧 会 を 多 数 手 がける 2012 年 3 月 11 日 から 被 災 地 の こども 記 者 による 石 巻 日 日 こども 新 聞 を 発 行 はじめまして こんにちは 東 北 復 興 にか けるみなさんの 強 い 思 いやアイディアは より 多 くの 人 たちのこころを 動 かすことで しょう 全 力 でお 手 伝 いします

2 吉 川 哲 也 ( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ジュニアエコノ ミーカレッジ 理 事 長 ) 2002 年 より 会 津 若 松 商 工 会 議 所 青 年 部 理 事 としてジュ ニアエコノミーカレッジのカリキュラム 構 築 に 携 わる 2011 年 11 月 非 営 利 特 定 活 動 法 人 ジュニアエコノミー カレッジ 理 事 長 に 就 任 夢 を 実 現 するために 必 要 なお 金 について 考 えてみましょう たくさんの 人 たちに 協 力 してもらうにはどうしたらいいと 思 います か?みなさんの 情 熱 に 期 待 しています 真 田 秀 信 (ユニクロ フランス 社 長 ) 1972 年 生 まれ 95 年 ( 株 )ファーストリテイリングに 入 社 店 長 などを 経 験 した 後 2002 年 より 海 外 事 業 に 携 わる イギリス 進 出 NY ソーホーの 旗 艦 店 プロジ ェクトを 経 て 2009 年 よりユニクロ フランス COO 同 年 10 月 パリ オペラ 店 のオープニングを 成 功 させ 現 在 に 至 る 皆 さんの 夢 を 2014 年 にパリで 実 現 していた だくために パリでの 現 実 パリで 見 せる 日 本 などをユニクロがパリに 進 出 した 経 験 などを 参 考 にしていただければと 思 いま す これを 元 に 2014 年 に 向 けて 着 実 に 準 備 をしていきましょう! 須 藤 シンジ ( 有 限 会 社 フジヤマストア ネクスタイド エヴォリューション 代 表 NPO 法 人 ピープルデザイン 研 究 所 代 表 理 事 ) 1963 年 東 京 生 まれ 有 限 会 社 フジヤマストア NEXTIDEVOLUTION(ネクスタイ ド エヴォリューション) 代 表 NPO 法 人 ピープルデザイン 研 究 所 代 表 理 事 大 学 卒 業 後 マルイに 入 社 宣 伝 バイヤー 店 次 長 などを 歴 任 次 男 が 脳 性 麻 痺 で 出 生 し 以 来 障 害 児 の 親 として 現 行 の 福 祉 の 世 界 のジミさを 実 感 ボランティア 活 動 等 に 参 加 しながら 自 身 が 能 動 的 に 起 こせる 活 動 の 切 り 口 を 模 索 2000 年 に 独 立 し マーケティングコンサルティング 会 社 フジヤマストアを 設 立 商 業 施 設 を はじめとする 多 業 種 のブランディングディレクション(コンセプト コミュニケー ションプラン) 研 修 企 画 運 営 を 手 がけている 2002 年 にソーシャルプロジェクト NEXTIDEVOLUTION(ネクスタイド エヴォリ ューション)を 開 始 世 界 のトップクリエイターとのコラボレーションで 意 識 の バリアフリー をメッセージする 活 動 を 展 開 中 また2010 年 からは 従 来 型 の 福 祉 的 なアプローチと 一 線 を 画 す PEOPLE DESIGN(ピープルデザイン) という 新 た な 概 念 を 立 ち 上 げ 障 害 の 有 無 を 問 わずハイセンスに 着 こなせるアイテムや 障 害 者 を 街 に 呼 び 込 む 為 の 各 種 イベントをプロデュースしている 2011 年 からは 慶 應 義 塾 大 学 商 学 部 をはじめ オランダのデルフト 大 学 デザイン ファッション 専 門 学 校 との 取 り 組 みを 強 化 近 年 国 内 外 の 教 育 関 連 機 関 から 注 目 されている 人 は 希 望 を 失 った 時 初 めて 新 し いチカラ を 授 か るのでは ないかとボクは 考 えています 人 に 希 望 を 与 え るチカラ です 新 しいニッポンを 皆 さんと 創 ってい くことにワクワク しています 梛 木 泰 西 (テレビマンユニオン プロデューサー) 早 稲 田 大 学 卒 業 後 1986 年 テレビマンユニオンに 入 社 地 球 Z IGZAG 世 界 ウルルン 滞 在 記 など 数 々のTV 番 組 を 演 出 プ ロデュース 現 在 情 熱 大 陸 NHKスペシャル ハイビジョン 特 集 などのドキュメンタリー 番 組 をてがける 東 北 には 世 界 に 誇 れる 伝 統 が 文 化 が 人 情 があります みん なで 力 を 合 わせて 勇 気 を 持 っ てアピールしましょう!

3 服 部 祐 子 1993 年 にパリで 独 力 で 日 仏 文 化 センター エスパスハットリ を 設 立 し 美 術 工 芸 演 劇 音 楽 を 含 む 様 々な 分 野 で 日 本 文 化 を 紹 介 する 事 業 を 展 開 長 年 の 仏 在 住 の 経 験 を 生 かした 主 要 関 係 者 との 人 的 ネットワーク によってVJC 東 北 地 方 連 帯 事 業 の 実 現 などフランスにおける 訪 日 誘 致 活 動 も 活 発 に 行 う 2003 年 より 21 世 紀 を 担 う 世 界 の 子 供 たちの 平 和 を 願 い 異 文 化 相 互 理 解 の 必 要 性 を 問 う 鯉 のぼり 世 界 の 子 供 の 日 と 題 する 国 際 的 催 しをユネスコ 共 催 の 下 に 開 催 東 北 文 化 の 豊 かさを 世 界 にどう 発 信 するか 皆 さんの 持 つ 創 造 性 の 豊 かさとパワーこそが 東 北 復 興 の そして 東 北 と 世 界 を 直 結 びつ ける 大 きな 原 動 力 だと 私 は 思 いま す 世 界 の 中 の 東 北 の 未 来 を 皆 さんと 一 緒 に 考 えましょう 松 本 紘 ( 京 都 大 学 総 長 ) 1942 年 生 まれ 奈 良 県 出 身 工 学 博 士 京 都 大 学 卒 業 後 京 都 大 学 教 授 生 存 圏 研 究 所 長 理 事 副 学 長 などを 経 て 2008 年 総 長 就 任 学 外 では 国 際 電 波 科 学 連 合 会 長 内 閣 府 関 係 の 委 員 等 を 歴 任 ガガーリンメダル(ロシア) 紫 綬 褒 章 Booker Gold Medal(USA)など 国 内 外 の 賞 を 受 賞 多 数 の 学 術 論 文 のほ か 著 書 に 宇 宙 太 陽 光 発 電 所 など ここに 来 ているみんなは 意 欲 が あって 偉 い! 意 欲 さえあれば 人 生 なんとかなる ものです 私 の 経 験 をお 話 ししてみましょう 三 浦 浩 喜 ( 福 島 大 学 教 授 ) 福 島 生 まれの 福 島 育 ち 専 門 は 美 術 教 育 学 と 文 化 活 動 論 約 100 人 の 学 生 が3ヶ 月 にわたって 子 どもたちと 企 画 実 践 する 自 然 体 験 実 習 などを 開 催 大 震 災 以 来 ずっと 学 生 たちとボランティ ア 活 動 をしてきました 子 どもたちは 皆 元 気 ですが とてもがまんして 生 活 している なと 感 じています 2012 年 3 月 26 日 を 子 ども 復 興 スタートの 日 にして 苦 し さ 悲 しさに 耐 えてきた 力 を 未 来 をつく る 力 に 変 えていきましょう!!! 箕 輪 憲 良 (Yahoo! JAPAN ヤフー 株 式 会 社 事 業 戦 略 統 括 本 部 ) ヤフー 入 社 後 検 索 などのマーケティングを 担 当 東 日 本 大 震 災 時 に 社 会 貢 献 担 当 として 寄 付 や NPO 支 援 などを 実 施 現 在 復 興 支 援 や 教 育 など 社 会 課 題 解 決 をミッション に 持 つ みんな この 世 の 中 今 のままでいいと 思 う?? もし 変 わったほうがいい と 思 うことが あるなら まず 自 分 を 変 えちゃおう そして コレだ! っと 思 ったことは 世 の 中 に 発 信 していくこと きっと 世 界 はそこから 変 わっていくよ

4 山 井 綱 雄 金 春 (こんぱる) 流 能 楽 師 金 春 流 79 世 宗 家 金 春 信 高 80 世 宗 家 金 春 安 明 に 師 事 5 歳 で 初 舞 台 以 来 国 内 外 に て 数 々の 能 楽 公 演 に 出 演 また 啓 蒙 活 動 としてメディア 出 演 他 ジャンル 芸 術 家 と のコラボレーション 講 演 多 数 今 日 本 は 大 きな 分 岐 点 に 来 ていると 思 います モ ノ 時 代 から ココロ の 時 代 へ そして 今 こそ 日 本 人 が 日 本 人 らしく 生 きる ことが 問 われている と 思 います そんな 日 本 を そしてこれからの 東 北 を 引 っ 張 っていくのは 貴 方 達 です! 新 しい 日 本 人 として 日 本 を 牽 引 して 下 さい!そのヒントが 日 本 古 来 からの 伝 統 文 化 にはあると 思 っています 吉 野 晃 一 ( 福 島 県 いわき 市 立 小 名 浜 第 一 中 学 校 教 諭 ) 福 島 県 いわき 市 生 まれ 美 術 科 教 師 として 学 校 内 だけ でなく 地 域 や 美 術 館 と 連 携 したイベント ワークショッ プ 等 の 企 画 制 作 に 携 わる 県 教 育 センター( 情 報 教 育 部 ) 在 職 中 は PC やネットワークを 活 用 した 美 術 教 育 を 研 究 みんなで 一 つのものを 作 り 上 げていく 過 程 での 本 気 のぶつかり 合 い 話 し 合 い( 熟 議 )を 楽 しみにしています 私 自 身 も 本 気 で ぶ つ か っ て い き ま す そ の 中 で 得 た 力 がみんなの 一 生 の 宝 物 糧 にな ることを 信 じています 和 田 幸 子 ( 株 式 会 社 電 通 CSR コンサルタント) 2009 年 電 通 入 社 営 業 プランニングを 中 心 に 一 般 的 な 広 告 イベント 運 営 等 に 関 わった 後 現 在 はソーシャル ソリューション 局 にて CSR コンサル に 携 わる 東 北 のパワーを 世 界 に 発 信! 味 方 をたくさ ん 作 って 楽 しくがんばりましょう! Lucie Mei Dalby (フリーランス ジャーナリ スト) パリ 近 郊 で 生 まれ 育 つ 33 歳 高 校 卒 業 後 有 名 校 ソ ルボンヌ 大 学 で 4 年 間 文 学 を 学 ぶ 22 歳 のころフラン スの 大 手 TV 会 社 に 就 職 し インタビューの 仕 事 を 専 門 に 行 う この 経 験 から 人 の 話 を 聴 くというスキルを 学 び 今 後 もこの 仕 事 を 続 けるつもりである 現 在 はフリーランスのジャーナリストとなったことで 様 々なチャンネル 作 品 に 関 わっており フランス 内 外 で 報 道 ドキュメンタリー 政 治 経 済 社 会 問 題 また 音 楽 現 代 アートなど 様 々な 分 野 に 携 わってきた インタビューの 仕 事 を 始 めてもうすぐ12 年 経 つが ま だまだ 開 拓 できる 分 野 が 多 くあると 感 じている 東 北 スクールに 参 加 できることは 私 にと ってとても 光 栄 なことです 皆 さんの 地 域 で 起 こった 災 害 は 世 界 中 の 人 々に 大 きなショックを 与 えました とく に 日 本 のことが 大 好 きなフランスにとっ てはなおさらで とても 他 人 事 とは 思 えな いことでした 皆 さんがどんな 困 難 に 立 ち 向 かわなければ ならなかったのか 私 には 想 像 もできませ ん しかし 皆 さんの 前 に 進 もうという 勇 気 と 決 断 が 周 りのすべての 人 たちを 励 ま しているのを すでにひしひしと 感 じてい ます みなさんと 会 って 私 の 仕 事 の 経 験 をご 紹 介 し それ 以 外 のいろいろなこと をお 話 しできるのを 楽 しみにしています 皆 さんも 楽 しんでもらえたら 嬉 しいで す それでは 東 北 で 会 いましょう

5 Robert Verdier (プラネット ファイナンス Non Executive President) 25 年 にわたる 国 際 金 融 サービス 経 験 をもち その 期 間 のほとんどを 日 本 で 過 ごす クレディ リヨネ 証 券 東 京 支 店 で 1987 年 から 1995 年 にコーポレートファイナン ス 部 門 の 長 として BNPパリバ 証 券 東 京 支 店 で 1995 年 から 2002 年 にビジネス 開 発 部 門 の 長 として 勤 務 2005 年 から 2009 年 には CEOとしてデクシア 金 融 日 本 部 門 で 勤 務 2011 年 3 月 11 日 の 出 来 事 は 人 類 の 歴 史 で 類 を 見 ないものです あなたたちには 日 本 と 世 界 のより 良 い 未 来 のために この 災 害 を 乗 り 越 えることができるということ を 世 界 に 示 す 責 任 があります 広 島 原 爆 から 生 き 延 び 世 界 に 認 められるブランド を 立 ち 上 げた 三 宅 一 生 またダンブレイン での 悲 劇 を 乗 り 越 えウィンブルドンで 決 勝 戦 まで 勝 ち 残 ったアンディー マレーなど が お 手 本 となるでしょう 大 人 対 象 お 名 前 プロフィール コメント 小 野 寺 雅 之 ( 気 仙 沼 市 教 育 委 員 会 ) 気 仙 沼 市 本 吉 町 在 住 農 漁 業 を 営 みながら 大 谷 地 区 の 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 が 連 携 する 大 谷 ハチドリ 計 画 を 指 導 する この 計 画 は 地 域 の 豊 かな 自 然 を 守 り 自 然 に 寄 り 添 う 地 域 の 暮 らしを 学 びながら 次 世 代 を 担 う 後 継 者 の 育 成 を 図 っている 昨 年 の 大 津 波 で 学 校 田 の ふゆみずたんぼ が 被 災 したが 全 国 から 集 まっ たボランティアによって 復 興 例 年 通 りに 子 供 たちは 米 作 りを 行 い 豊 作 となった この 取 り 組 みにより 第 14 回 日 本 水 大 賞 で 文 部 科 学 大 臣 賞 を 受 賞 する 角 田 直 之 ( 福 島 県 伊 達 市 立 梁 川 中 学 校 教 諭 ) 福 島 県 福 島 市 出 身 昭 和 52 年 11 月 27 日 生 まれ 34 歳 福 島 市 立 野 田 小 学 校 卒 業 福 島 市 立 野 田 中 学 校 卒 業 福 島 県 立 福 島 高 校 卒 業 国 立 福 島 大 学 卒 業 平 成 12 年 4 月 1 日 福 島 県 公 立 学 校 教 員 となる( 中 学 校 教 員 社 会 科 ) 会 津 若 松 市 立 第 五 中 学 校 勤 務 平 成 15 年 4 月 1 日 舘 岩 村 立 舘 岩 中 学 校 へ 異 動 ( 現 在 の 南 会 津 町 立 舘 岩 中 学 校 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 伊 達 市 立 梁 川 中 学 校 へ 異 動 上 月 正 博 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 審 議 官 ( 生 涯 学 習 政 策 局 担 当 ) 1984 年 文 部 省 入 省 群 馬 県 教 育 委 員 会 企 画 室 長 欧 州 連 合 日 本 政 府 代 表 部 一 等 書 記 官 等 を 経 て 2000 年 三 重 県 教 育 委 員 会 教 育 次 長 その 後 初 中 局 特 別 支 援 教 育 課 長 等 を 経 て 09 年 より 生 涯 学 習 政 策 局 政 策 課 長 12 年 より 現 職 いま 私 たちが 生 きているこの 世 界 を 持 続 可 能 な 社 会 に 変 えていくためには 地 域 それ ぞれが 自 立 し 独 自 の 地 域 づくりを 行 う 必 要 があります そのためにも 地 域 に 根 ざ した 教 育 がどうあるべきかを 本 気 で 考 え なければならない 震 災 は そのチャンス を 与 えてくれたのだと 私 は 考 えています このプロジェクトに 参 加 するという 心 意 気 自 体 が 復 興 の 力 になると 思 います これか ら 様 々な 困 難 にぶつかると 思 います その ときも 仲 間 と 乗 り 越 える ことを 大 切 に して, 一 歩 ずつ 進 んでいきましょう 東 日 本 大 震 災 と 原 発 事 故 の 被 害 は 甚 大 でし たが 子 ども 達 が 避 難 所 で 率 先 してボラ ンテイア 活 動 を 行 ったり マニュアルを 越 え た 行 動 によって 危 機 を 乗 り 越 えたりしたこ とに 多 くの 大 人 が 勇 気 づけられました また 震 災 後 東 北 では 多 くの 新 しい 教 育 の 取 組 が 始 まりました OECD 東 北 スクー ルはその 代 表 とも 言 えます このような 東 北 発 の 未 来 志 向 の 創 造 的 復 興 教 育 をスタートするとともに その 活 動 を 日 本 全 国 に 広 げていくことが 大 切 です 文 部 科 学 省 も OECD 東 北 スクールの 取 組 を 応 援 しています みなさんの 力 で 東 北 の 創 造 的 な 復 興 を 実 現 させていきましょう

6 佐 藤 学 ( 大 学 教 師 ) 1951 年 生 まれ 東 京 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 博 士 課 程 修 了 教 育 学 博 士 三 重 大 学 教 育 学 部 助 教 授 東 京 大 学 教 育 学 部 助 教 授 東 京 大 学 教 育 学 研 究 科 教 授 を 経 て 現 在 学 習 院 大 学 文 学 部 教 授 日 本 学 術 会 議 第 一 部 ( 人 文 社 会 科 学 ) 部 長 日 本 教 育 学 会 前 会 長 アメリカ 教 育 学 会 名 誉 会 員 学 びは 人 権 の 中 心 であり 生 きる 希 望 で す この 困 難 を 乗 り 越 える 希 望 の 学 び とそれを 実 現 する 学 校 のあり 方 についてお 話 ししたいと 思 います 田 村 学 ( 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 教 育 課 程 課 教 科 調 査 官 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 調 査 官 ) 1962 年 新 潟 県 生 まれ 現 在 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 教 育 課 程 課 教 科 調 査 官 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 研 究 センター 教 育 課 程 調 査 官 新 潟 大 学 教 育 学 部 卒 業 新 潟 県 の 上 越 市 立 大 手 町 小 学 校 や 上 越 教 育 大 学 附 属 小 学 校 で 生 活 科 総 合 的 な 学 習 の 時 間 を 実 践 研 究 主 任 など を 経 験 し カリキュラム 開 発 に 取 り 組 む 日 本 生 活 科 総 合 的 学 習 教 育 学 会 常 任 理 事 文 部 科 学 省 の 小 中 高 等 学 習 指 導 要 領 解 説 ( 総 合 的 な 学 習 の 時 間 編 ) 編 集 担 当 者 リニューアル 総 合 的 な 学 習 の 時 間 (2009 共 著 ) 等 著 書 多 数 震 災 原 発 事 故 からの 復 興 に 貢 献 しよう とする OECD 東 北 スクールで 皆 さんは 新 し いチャレンジを 続 ける 毎 日 を 送 っているも のと 思 います 皆 さんがこれから 生 きて 行 く21 世 紀 は 変 化 が 激 しく 知 識 を 暗 記 するだけで は 生 き 抜 くことが 難 しい 世 の 中 です 自 分 で 主 体 的 に 考 え 判 断 し 実 行 する 人 と 協 同 して 知 識 や 技 能 をフル 活 用 して 課 題 を 乗 り 越 える 力 が 大 切 です 私 は そうした 想 いを 持 って 昨 年 全 国 の 教 育 の 土 台 と なる 学 習 指 導 要 領 を 改 訂 し 全 国 がそ うした 学 びに 取 り 組 めるよう 文 部 科 学 省 と して 働 きかけをしてきました 皆 さんの OECD 東 北 スクールでの 実 践 学 び は きっと 東 北 復 興 に 大 きな 力 をもたら し また 全 国 の 学 校 の 目 指 すモデルとも なると 信 じています ご 一 緒 に 取 り 組 める ことをうれしく 思 います お 会 いできるの が 楽 しみです! 畑 中 豊 ( 福 島 県 大 熊 町 立 大 熊 中 学 校 教 諭 ) 公 立 中 学 校 英 語 教 員 英 語 教 育, 特 に 授 業 マネジメントに 関 して 講 演 活 動 を 全 国 で 展 開 してい る 執 筆 にも 精 力 的 に 取 り 組 む 故 郷 を 離 れて 暮 されている 大 熊 町 民 のみなさんは 大 きな 期 待 を 持 って 大 熊 中 学 校 の 生 徒 を 見 守 ってくれています 町 民 のみなさんが 学 校 へ 託 される 期 待 の 大 きさも 痛 感 していま す 未 来 を 切 り 開 く 術 を 探 っていた 私 たちにとって OECD 東 北 スクー ルはまさに 渡 りに 船 でした 生 徒 の 創 造 力, 感 性, 個 性 を 引 き 出 し, 伸 ばしてくれるととも に, 私 たち 指 導 者 にも,どのように 生 徒 に 接 するべきかを 様 々 な 場 面 で 教 えてくれているような 気 がします 良 き 友 に 出 会 い, 互 いに 磨 き 合 い, 高 め 会 う 姿 を 見 ているとこ のプロジェクトに 関 われてほんとうによかったと 思 う 今 日 この 頃 です ピンチをチャンスに!どんどん 発 信! を 合 い 言 葉 に 様 々な 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます

県租推協インフォメーション

県租推協インフォメーション 和 歌 山 租 推 協 だより 平 成 25 年 2 月 発 行 ~ 第 91 号 ~ 発 行 和 歌 山 市 租 税 教 育 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 ) 和 歌 山 税 務 署 総 務 課 内 073(424)2131 ~ は じ め に ~ 関 係 各 位 におかれましては 平 素 から 当 協 議 会 の 運 営 とりわけ 児 童 生 徒 等 に 対 する 租 税 教 育 の 推

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E8179958D91AE8A778D5A817A83748340834E836783758362834E875481698BAD82DD814593C1904695D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E8179958D91AE8A778D5A817A83748340834E836783758362834E875481698BAD82DD814593C1904695D2816A2E646F63> 附 属 学 校 部 ファクトブックⅠ ( 強 み 特 色 編 ) 1. 他 大 学 他 学 部 にない 独 自 性 ( 強 み) P1 2. 最 近 における 特 記 事 項 P1 3. 地 域 貢 献 P2 4. 各 界 メディア 等 で 活 躍 している 教 員 卒 業 生 P3 1. 他 大 学 や 他 学 部 等 にない 独 自 性 ( 強 み) 平 成 21(2009) 年 度 より, 附

More information

はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 私 たちの 住 む 石 巻 市 に 大 きな 被 害 をもたらしました しかし 多 くの 市 民 やボランティアの 活 動 によって 勇 気 づけられ 市 民 が 主 体 となって 震 災 の 前 よりも 住 み

はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 私 たちの 住 む 石 巻 市 に 大 きな 被 害 をもたらしました しかし 多 くの 市 民 やボランティアの 活 動 によって 勇 気 づけられ 市 民 が 主 体 となって 震 災 の 前 よりも 住 み 石 巻 市 震 災 復 興 基 本 計 画 市 民 からの104の 提 案 石 巻 復 興 支 援 ネットワーク はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 私 たちの 住 む 石 巻 市 に 大 きな 被 害 をもたらしました しかし 多 くの 市 民 やボランティアの 活 動 によって 勇 気 づけられ 市 民 が 主 体 となって 震 災 の 前 よりも

More information

3月31日をもちまして無事定年退職となりました

3月31日をもちまして無事定年退職となりました 4 月 16 日 ( 金 ) 離 任 式 退 職 異 動 された 先 生 主 事 さん 方 か らメッセージをいただきました 3 月 31 日 をもちまして 無 事 定 年 退 職 とな りました 25 日 最 後 の 授 業 には お 母 様 方 が かけつけてくださり 子 どもたちと 共 に 涙 ぐんでいただいたことを 有 難 く 終 生 忘 れません 皆 様 方 からもらった 花 束 が 枯

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

春季部報(2015).xlsx

春季部報(2015).xlsx 日 立 北 高 校 野 球 部 部 報 ~ 春 季 大 会 新 入 部 員 紹 介 ~ 我 々 日 立 北 高 校 野 球 部 は 夏 の 大 会 でベスト4 以 上 の 結 果 を 残 すことを 目 標 としていま す 秋 季 大 会 で 味 わった 屈 辱 を 春 季 大 会 にぶつけるべく 冬 の 厳 しい 練 習 や 千 葉 遠 征 を 乗 り 越 えてきました そして 迎 えた 春 季 大

More information

48423本編表紙out

48423本編表紙out 2 神 戸 地 域 の 将 来 像 楽 しいまち 神 戸 をめざそう 神 戸 はどのような 地 域 をめざしていくべきなのでしょうか その 将 来 像 はどのよ うなものなのでしょうか 神 戸 らしさ もふまえながら 地 域 のめざす 目 標 として 提 案 します 夢 提 案 1 ( 地 域 の 将 来 像 ) 人 々が 集 い 喜 びと 感 動 が 共 有 できる 楽 しいまち 神 戸 をめざそう

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378> 平 成 27 年 度 新 入 職 員 募 集 受 付 中 卒 業 生 からのメッセージ 専 修 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 卒 業 勤 続 32 年 支 店 長 : 大 学 を 卒 業 と 同 時 に 都 内 の 信 用 金 庫 へ 就 職 し 1 年 半 お 世 話 になりました 当 時 も 就 職 難 で やっとの 思 いで 就 職 した 信 用 金 庫 でありましたが 親 が 高

More information

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担 常 葉 大 学 浜 松 キャンパス 教 務 課 杉 浦 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 教 務 課 での 仕 事 教 務 課 の 仕 事 は 学 生 や 教 員 が 授 業 を 円 滑 に 行 えるようにサポートをすることです 私 は 主 に 実 習 関 連 の 業 務 に 携 わっており 学 外 での 長 期 間 の 実 習 の 際 には 宿 泊 施 設 の 手 配 をしたり 実 習 施 設

More information

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護 追 中 通 信 ~ 共 に 高 めあい 共 に 学 ぶ~ 平 成 27 年 4 月 9 日 追 手 門 学 院 中 学 校 第 1 号 春 陽 の 候 保 護 者 の 皆 様 におかれましては 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 本 日 新 年 度 の 始 業 式 対 面 式 が 行 われました 第 49 期 生 を 新 1 年 生 として 迎 え 今 年 度 の 中 学 全

More information

(2) 実 施 主 体 等 主 催 : 幡 多 地 域 観 光 キャンペーン 実 行 委 員 会 ( 高 知 県 ) 協 力 :( 公 財 ) 高 知 県 観 光 コンベンション 協 会 法 政 大 学 総 長 室 広 報 課 *(セミナー 実 施 協 力 ) * 本 インターン 事 業 に 複 数

(2) 実 施 主 体 等 主 催 : 幡 多 地 域 観 光 キャンペーン 実 行 委 員 会 ( 高 知 県 ) 協 力 :( 公 財 ) 高 知 県 観 光 コンベンション 協 会 法 政 大 学 総 長 室 広 報 課 *(セミナー 実 施 協 力 ) * 本 インターン 事 業 に 複 数 楽 しまんと!はた 博 関 連 企 画 幡 多 7DAYS 首 都 圏 大 学 生 ( 情 報 発 信 )インターン 塾 成 果 発 表 会 in 東 京 のお 知 らせ 2013 年 9 月 18 日 幡 多 地 域 観 光 キャンペーン 実 行 委 員 会 ( 高 知 県 ) 2013 年 夏 日 本 最 高 気 温 を 記 録 した あの 高 知 県 四 万 十 川 首 都 圏 からの 大 学

More information

目 指 すべき 方 向 性 と 取 組 事 業 重 点 取 組 1: 次 代 を 担 うグローバル 材 の 育 成 目 標 1 施 策 6 魅 力 ある 高 校 教 育 の 推 進 1 英 語 力 の 向 上 グローバルに 活 躍 するための 基 礎 となる 英 語 力 を 身 に 付 けさせるため

目 指 すべき 方 向 性 と 取 組 事 業 重 点 取 組 1: 次 代 を 担 うグローバル 材 の 育 成 目 標 1 施 策 6 魅 力 ある 高 校 教 育 の 推 進 1 英 語 力 の 向 上 グローバルに 活 躍 するための 基 礎 となる 英 語 力 を 身 に 付 けさせるため 施 策 6 魅 力 ある 高 校 教 育 の 推 進 施 策 の 方 針 多 様 な 文 化 価 値 観 への 理 解 を 深 め 世 界 的 視 野 や 問 題 解 決 能 力 等 を 養 い 国 際 共 通 語 である 英 語 の 力 を 強 化 することで 国 際 社 会 で 活 躍 できる 人 材 を 育 成 します 特 色 ある 高 校 づくりを 推 進 し 市 立 高 校 への 市 民

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション みんなの 集 落 研 究 所 設 立 記 念 講 演 & 交 流 会 本 日 のタイムスケジュール 15:00~15:05 開 会 15:05~15:45 設 立 記 念 講 演 みんなでつくる 集 落 の 未 来 15:45~16:05 みんなの 集 落 研 究 所 紹 介 16:05~16:30 評 議 員 執 行 役 ご 挨 拶 16:30~16:40 閉 会 会 場 への 移 動 をお 願

More information

どこから 何 をすればいいか 迷 います 豊 かさスクールではマーケティング 全 般 を 抑 えながらホームページを 中 心 とした ネットマーケティングをメインに 勉 強 します 実 際 に 私 がサポートした 人 は 全 員 がホームページを 使 った 集 客 です なぜなら 時 代 の 流 れ

どこから 何 をすればいいか 迷 います 豊 かさスクールではマーケティング 全 般 を 抑 えながらホームページを 中 心 とした ネットマーケティングをメインに 勉 強 します 実 際 に 私 がサポートした 人 は 全 員 がホームページを 使 った 集 客 です なぜなら 時 代 の 流 れ メール 説 明 会 5 回 目 ネットマーケティング こんにちは 一 人 治 療 家 豊 かさ 集 客 スクール 代 表 の 吉 田 しょういちです 第 5 回 は ネットマーケティング です その 前 にこのメルマガの 登 録 特 典 2のプレゼント 吉 田 しょういち 北 野 哲 正 特 別 対 談 動 画 https://www.youtube.com/watch?v=5d4xdo3azeq

More information

<4D F736F F D A7790B695E58F D C789C195E58F57816A2E646F63>

<4D F736F F D A7790B695E58F D C789C195E58F57816A2E646F63> ~ 学 びの 力 を 地 域 に 地 域 の 力 を 学 びに~ 平 成 28 年 度 対 馬 市 学 生 実 習 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 : 夏 休 みこども 寺 子 屋 ) ( 随 時 募 集 : 古 民 家 の 再 生 ) 対 馬 市 では 地 域 おこしの 現 場 に 学 び 課 題 解 決 を 図 りたいとう 熱 意 あふれる 実 習 生 を 次 のとおり 募 集 します 6

More information

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 目 次 会 議 概 要 2P 会 議 内 容 4P 会 議 録 署 名 人 署 名 9P 滝 沢 市 生 涯 学 習 文 化 課 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 1 1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日

More information

公益財団法人ひょうご産業活性化センター

公益財団法人ひょうご産業活性化センター 法 人 県 民 超 過 課 税 を 活 用 した 補 助 金 交 付 事 業 今 女 性 がイノベーションを 起 こし 経 済 を 活 性 化 させる 力 となることが 期 待 されて います 自 分 のアイデアや 経 験 を 活 かすため 女 性 が 日 々 暮 らしている 生 活 環 境 と 両 立 するビジネスライフを 実 現 するため 起 業 という 選 択 肢 にチャレンジしませんか 女

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

放送大学-表紙

放送大学-表紙 放送大学を利用して 大学評価 学位授与機構で 学士を得ようとする方へ 平成24 2012 年度 イメージキャラクター まなぴー 平成24 2012 年度 放送大学を利用して大学評価 学位授与機構で学士を得ようとする方へ 261-8586 千葉市美浜区若葉2-11 電話番号 043-276-5111 総合受付 月 金 9時 18時 祝日を除く 音声ガイダンスに従って番号を選択してください 学生サポートセンターにつながります

More information

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 )

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 専 願 入 学 手 続 締 切 併 願 入 学 手 続 締 切 平 成 28 年 1 月 27 日 (

More information

国民生活センター40周年記念誌

国民生活センター40周年記念誌 運 営 協 議 会 委 員 氏 名 就 任 時 の 職 名 就 任 期 間 宮 澤 健 一 社 会 保 障 研 究 所 長 80. 9.18~03. 9.30 今 井 光 映 金 城 学 院 大 学 家 政 学 部 教 授 91. 3. 8~03. 9.30 金 森 房 子 評 論 家 91. 3. 8~03. 9.30 田 島 義 博 社 団 法 人 消 費 者 関 連 専 門 家 会 議 会 長

More information

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 第 2 次 北 上 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 北 上 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 世

More information

事 業 報 告 書

事 業 報 告 書 平 成 19(2007) 年 度 事 業 報 告 書 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 から 平 成 20 年 3 月 31 日 まで) 学 校 法 人 筑 紫 女 学 園 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 目 的 1 2. 建 学 の 精 神 1 3. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 2 4. 学 生 生 徒 園 児 数 3 5. 卒 業 者 数 3 6. 役 員 評 議 員

More information

-3- 行 政 概 要 行 政 概 要 市 制 施 行 昭 和 26 年 4 月 1 日 ( 全 国 262 番 目 東 京 都 5 番 目 ) 位 置 東 経 139 度 16 分 30 秒 ( 市 役 所 におけるもの) 北 緯 35 度 47 分 16 秒 海 抜 186.6メートル 規 模 人 口 密 度 人 口 集 中 人 口 面 積 1km 2 地 区 人 口 当 たり 国 勢 調 人

More information

02 2 5 4 5 4 4 0 7 7 4 4 0 4 0 0 0 4 4 4 4 4 4 4 4 0 4 4 0 0 4 4 0 0 2 4 4 0 0 0 4 7 7 0 0 4 4 4 4 4 4 2 2 4 4 4 4 4 4 4 0 4 0 4

02 2 5 4 5 4 4 0 7 7 4 4 0 4 0 0 0 4 4 4 4 4 4 4 4 0 4 4 0 0 4 4 0 0 2 4 4 0 0 0 4 7 7 0 0 4 4 4 4 4 4 2 2 4 4 4 4 4 4 4 0 4 0 4 文 部 科 学 省 認 可 通 信 育 放 送 大 学 表 平 成 年 度 () 第 2 学 期 0 3 テレビ 地 上 デジタル 放 送 ch ( 茨 城 栃 木 群 馬 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 の 各 一 部 ) BS 放 送 ch ラジオ FM 放 送 77.MHz( 東 京 局 ) 7.MHz( 前 橋 局 ) ( 茨 城 栃 木 群 馬 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 の

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt 次 世 代 に 夢 をつなぐ 防 災 カレンダーづくり 徳 島 県 由 岐 町 立 由 岐 中 学 校 大 田 弘 士 徳 島 県 由 岐 町 総 務 課 浜 大 吾 郎 1/21 2006.2.18 第 3 回 防 災 教 育 チャレンジプランワークショップ 防 災 教 育 の 概 要 目 的 生 徒 達 が 防 災 に 関 する 知 識 技 能 を 習 得 し 地 域 の 防 災 上 の 課 題

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名 平 成 2 年 度 評 価 表 [ 1 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 00200 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 政 策 / 経 常 / 義 / 臨 時 経 常 的 新 規 / 継 続 継 続 ( 連 絡 先 ) 291 名 0000515 社 会 福 祉 施

More information

平成27年度閲覧者.xls

平成27年度閲覧者.xls 平 成 27 年 度 住 民 基 本 台 帳 閲 覧 者 一 覧 閲 覧 年 月 日 委 託 者 閲 覧 者 ( 受 託 者 ) 閲 覧 目 的 の 概 要 平 成 27 年 5 月 12 日 平 成 27 年 5 月 12 日 平 成 27 年 5 月 12 日 平 成 27 年 5 月 20 日 平 成 27 年 5 月 26 日 平 成 27 年 5 月 27 日 平 成 27 年 6 月 16

More information

◎基調講演講師紹介

◎基調講演講師紹介 厚 生 労 働 省 受 託 事 業 平 成 25 年 度 大 阪 府 職 業 能 力 開 発 異 業 種 交 流 シンポジウム 開 催 案 内 1 開 催 テ ー マ 若 年 雇 用 と 人 材 育 成 我 が 国 の 人 口 は 今 後 減 少 していくことが 予 想 されており 現 在 の 若 者 (15~39 歳 ) は 少 子 高 齢 化 が 急 速 に 進 む 社 会 で 成 長 し これからは

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

シラバス_人間関係_2016

シラバス_人間関係_2016 目 次 (カリキュラム 順 ) 聖 書 概 説 キリスト 教 の 歴 史 と 文 化 キリスト 教 人 間 学 First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A II First-year

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

週間情報(2812号)

週間情報(2812号) 週 間 情 報 2812 発 行 日 平 成 28 年 3 月 22 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 行 事 消 防 本 部 の 動 き 火 災 予 防 キャンペーンを 実 施 埼 玉 西 部 消 防 局 ( 埼 玉 ) 埼 玉 西 部 消 防 局 所 沢 東 消 防 署 では

More information

第12回出版甲子園 慶大生が大学生に向けて説明する、年金が破綻しない理由 3次企画書

第12回出版甲子園 慶大生が大学生に向けて説明する、年金が破綻しない理由 3次企画書 1 タイトル: 慶 大 生 が 大 学 生 に 向 けて 説 明 する 年 金 が 破 綻 しない 理 由 2 サブタイトル: ~ 意 識 高 い 系 大 人 が 問 題 から 目 を 逸 らし 続 けてきた 歴 史 ~ 3 キャッチコピー: 年 金 制 度 の 視 点 から 考 える 年 金 政 策 アベノミクス 軽 減 税 率 4 企 画 概 要 : 本 企 画 は 年 金 制 度 の 是 非

More information

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書 平 成 26 年 度 自 己 評 価 報 告 書 平 成 27 年 8 月 社 会 福 祉 法 人 尾 道 さつき 会 尾 道 福 祉 専 門 学 校 目 次 1. 学 校 の 現 況 P1 2. 評 価 の 基 本 方 針 P2 3. 本 年 度 に 定 めた 重 点 目 標 P2 4. の 達 成 及 び 取 組 状 況 (1) 教 育 理 念 目 標 P3 (2) 学 校 運 営 P5 (3)

More information

Microsoft Word - 20160513pr.docx

Microsoft Word - 20160513pr.docx 関 係 者 各 位 プレスリリース 管 理 職 新 入 社 員 に 聞 いた 2015 年 度 理 想 の 上 司 イメージ 番 付 2016 年 5 月 10 日 株 式 会 社 保 健 同 人 社 管 理 職 新 入 社 員 ともに 2 年 連 続 面 倒 見 がよい 上 司 が 横 綱 に 番 付! 株 式 会 社 保 健 同 人 社 ( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 )は 2015

More information

ニッセイ 名 作 劇 場 は 昭 和 39 年 に 当 社 創 業 75 周 年 記 念 事 業 の 一 環 として 日 生 劇 場 ( 東 京 )でスタートした 小 学 生 無 料 招 待 公 演 です この 公 演 では 開 催 各 地 の 教 育 委 員 会 公 共 団 体 のご 支 援 のも

ニッセイ 名 作 劇 場 は 昭 和 39 年 に 当 社 創 業 75 周 年 記 念 事 業 の 一 環 として 日 生 劇 場 ( 東 京 )でスタートした 小 学 生 無 料 招 待 公 演 です この 公 演 では 開 催 各 地 の 教 育 委 員 会 公 共 団 体 のご 支 援 のも 平 成 24 年 5 月 31 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 平 成 24 年 度 こどものためのミュージカル プレイ 第 49 回 ニッセイ 名 作 劇 場 王 様 の 耳 はロバの 耳 公 演 開 始 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 筒 井 義 信 )は 子 どもたちの 豊 かな 情 操 を 育 むことを 願 い ニッセイ 名 作 劇 場 に 協 賛 しています

More information

AUI構想の具体化に向けて アジアの未来社会をデザインする人材育成とは

AUI構想の具体化に向けて アジアの未来社会をデザインする人材育成とは AUI 構 想 の 具 体 化 に 向 けて アジアの 未 来 社 会 をデザインする 人 材 育 成 とは 公 益 財 団 法 人 トヨタ 財 団 シニア プログラム オフィサー 田 中 恭 一 この 報 告 の 目 的 は? アジアの 未 来 社 会 をデザインできる 人 材 を 育 成 する 上 で 重 要 と 思 われるポイントを 示 す アジア 協 働 大 学 院 のカリキュラム 作 成

More information

ソニー幼児教育支援プログラム 2016年度 論文募集要項

ソニー幼児教育支援プログラム 2016年度 論文募集要項 2016 年 度 論 募 集 要 項 求 む 情 熱 のこもった 取 り 組 み 夢 のある 計 画 ソニー 幼 児 教 育 支 援 プログラム 幼 稚 園 保 育 所 認 定 こども 園 への 教 育 助 成 科 学 する 心 を 育 てる 子 どもたちの 豊 かな 感 性 と 創 造 性 の 芽 生 え を 育 んでいくための 保 育 実 践 の 論 を 募 集 します ソニーの 幼 児 教 育

More information

800m 1 1'54"4 森 井 清 6 県 選 手 権 85.6.23 三 ツ 沢 2 1'55"22 福 山 高 志 26 関 東 高 校 05.6.19 千 葉 3 1'55"49 平 野 裕 樹 32 県 高 校 総 体 12.5.19 三 ツ 沢 4 1'55"84 小 園 大 地 29

800m 1 1'544 森 井 清 6 県 選 手 権 85.6.23 三 ツ 沢 2 1'5522 福 山 高 志 26 関 東 高 校 05.6.19 千 葉 3 1'5549 平 野 裕 樹 32 県 高 校 総 体 12.5.19 三 ツ 沢 4 1'5584 小 園 大 地 29 荏 田 高 校 陸 上 競 技 部 男 子 歴 代 10 傑 手 動 計 時 と 電 気 計 時 順 位 は 100m 200m 100mH 110mHについては 手 動 計 時 に+0"24 400m 400mH 400mR 1600mRについては 手 動 計 時 に+0"14 800m 以 上 についてはそのまま 比 較 投 擲 種 目 については 旧 規 格 (やり 投 '85 以 前 砲 丸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

出 会 いが 人 を 成 長 させる カタリバはそう 信 じ 人 生 の 先 輩 との 出 会 いを 通 じて 高 校 生 に 自 分 の 将 来 を 考 え る きっかけ を 提 供 する 活 動 で 高 校 生 のキャリア 支 援 に 取 り 組 んでいます 学 力 低 下 モラルハザード いじ

出 会 いが 人 を 成 長 させる カタリバはそう 信 じ 人 生 の 先 輩 との 出 会 いを 通 じて 高 校 生 に 自 分 の 将 来 を 考 え る きっかけ を 提 供 する 活 動 で 高 校 生 のキャリア 支 援 に 取 り 組 んでいます 学 力 低 下 モラルハザード いじ 社 会 づくりに 参 加 する 大 人 を 増 やすために 代 表 挨 拶 あなたを 育 てた 社 会 大 人 になる 直 前 の 高 校 生 を 動 機 づける 機 会 を より 広 くたくさんの 場 所 で 今 度 は あなたが 作 り 続 ける 必 要 があります 育 ててください 今 は 自 分 や 周 りにド ライなあの 子 も きっ と 何 かの きっかけ で 変 わる ダルイとか ウザイとか

More information

h1-h4

h1-h4 プロジェクタを 使 って 経 営 者 に 説 明 することがしばしばありま す このときに 大 学 の 学 術 的 な 考 え 方 がかなり 役 立 つことがあ ります 学 生 時 代 の 経 験 が 役 に 立 ったこと 自 分 の 社 会 人 基 礎 力 向 上 に 繋 がったと 感 じる こと を 教 えてください 理 科 系 の 人 って なところ が 良 い( 悪 い)ですよね という 意

More information

28

28 日 本 赤 十 字 社 27 28 日 本 赤 十 字 社 との 活 動 について 明 治 学 院 が 横 浜 にヘボン 塾 を 開 いてから 150 年 に 当 たる 2013 年 は 赤 十 字 の 歴 史 においても 五 人 委 員 会 が 誕 生 し 赤 十 字 規 約 赤 十 字 の 標 章 が 決 められた 節 目 の 年 でもあった 4 月 5 日 には 日 本 赤 十 字 社 明 治

More information

北 海 学 園 経 済 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 学 園 経 営 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 商 科 商 学

北 海 学 園 経 済 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 学 園 経 営 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 商 科 商 学 旭 川 経 済 学 部 200,000 800,000 49,500 1,049,500 639,500 旭 川 保 健 福 祉 学 部 (コミュニティ 福 200,000 800,000 100,000 100,000 49,500 1,249,500 739,500 祉 ) 旭 川 保 健 福 祉 学 部 ( 保 健 看 護 ) 200,000 1,200,000 150,000 150,000

More information

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ 特 別 表 彰 1 名 ( 敬 称 略 ) 金 子 宏 東 京 都 文 京 区 上 田 市 殿 城 出 身 < 学 術 研 究 に 関 する 主 な 功 績 > 長 野 県 上 田 高 等 学 校 を 卒 業 後 東 京 大 学 に 進 学 し 租 税 法 の 研 究 を 重 ねられ 租 税 法 を 独 立 した 法 分 野 に 発 展 させるとともに 地 方 税 法 に おいても 公 正 適 正

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

福 井 県 里 山 里 海 湖 研 究 所 中 期 計 画 目 次 1 福 井 県 の 里 山 里 海 湖 について P 1 2 基 本 理 念 P 3 (1) 生 物 多 様 性 (Bio - div

福 井 県 里 山 里 海 湖 研 究 所 中 期 計 画 目 次 1 福 井 県 の 里 山 里 海 湖 について P 1 2 基 本 理 念 P 3 (1) 生 物 多 様 性 (Bio - div 福 井 県 里 山 里 海 湖 研 究 所 中 期 計 画 ( 平 成 25~29 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 福 井 県 里 山 里 海 湖 研 究 所 - 1 - 福 井 県 里 山 里 海 湖 研 究 所 中 期 計 画 目 次 1 福 井 県 の 里 山 里 海 湖 について--------------- P 1 2 基 本 理 念 ---------------------------------

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極 就 実 大 学 大 学 院 修 士 課 程 人 文 科 学 研 究 科 人 文 知 の 宝 庫 2017 年 度 入 学 案 内 知 の 探 究 に 年 齢 制 限 はない 人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 横 浜 市 立 山 内 中 学 校 横 浜 市 青 葉 区 美 しが 丘 五 丁 目 4 番 地 自 分 を 仲 間 を 積 み 重 ねを 大 切 に! ~ 山 内 中 学 校 平 成 28 年 度 スタート~ 桜 木 にも 新 緑 の 若 葉 が 芽 吹 き 山 内 中 学 校 の 校 庭 にも 若 い 力 が 溢 れています 045(901)0030

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

A2 22 教 育 実 践 臨 床 研 究 こどもの 学 びを 支 える 知 恵 と 技 藤 沢 市 教 育 文 化 センター A2 23 2014 研 究 紀 要 第 67 号 主 体 性 の 高 まりをめざす 課 題 学 習 ー 課 題 学 習 におけ る 言 語 活 動 の 明 確 化 と 充

A2 22 教 育 実 践 臨 床 研 究 こどもの 学 びを 支 える 知 恵 と 技 藤 沢 市 教 育 文 化 センター A2 23 2014 研 究 紀 要 第 67 号 主 体 性 の 高 まりをめざす 課 題 学 習 ー 課 題 学 習 におけ る 言 語 活 動 の 明 確 化 と 充 平 成 26 年 度 収 蔵 教 育 資 料 分 類 受 付 順 資 料 名 編 集 発 行 A1 20 平 成 26 年 度 富 山 県 教 育 センター 要 覧 集 富 山 県 教 育 センター 協 議 会 A2 1 平 成 25 年 度 学 校 保 健 関 係 研 究 推 進 実 践 集 録 富 山 県 学 校 保 健 会 A2 5 研 究 紀 要 平 成 25 年 度 学 力 向 上 市 町

More information

プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方 々を 目 の 当 たりにして 黙 って 通 り 過 ぎ ることができ

プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方 々を 目 の 当 たりにして 黙 って 通 り 過 ぎ ることができ 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 復 興 プロジェクト Heart on Coin 絆 プロジェクト 企 画 書 Heart on Coin 絆 プロジェクトチーム プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方

More information

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活 別 紙 様 式 1 学 校 評 議 員 による 会 議 実 施 報 告 書 岐 阜 県 立 八 百 津 高 等 学 校 学 校 長 高 木 久 美 学 校 住 所 加 茂 郡 八 百 津 町 伊 岐 津 志 2803-6 電 話 0574-43-1231 F A X 0574-43-3918 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 第 1 回 八 百 津 高 校 を 育 てる 会 学 校 評

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 3 福 島 12 市 町 村 の 教 育 人 材 育 成 ~ 現 状 今 後 の 取 組 つ~ 12 市 町 村 の 小 中 学 校 の 状 況 1( 仮 設 校 舎 や 他 施 設 利 用 の 状 況 ) 飯 舘 村 : 草 野 飯 樋 臼 石 小 学 校 3 校 の 仮 校 舎 体 育 館 福 島 市 会 津 若 松 市 震 災 前 現 在 南 相 馬 市 小 高 区 南 相 馬 市 鹿

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

1 文 化 庁 が 進 める 文 化 プログラムとその 三 つの 枠 組 み 文 化 芸 術 立 国 の 実 現 のために,2020 年 東 京 大 会 及 びラグビーワールドカップ い 2019 の 機 会 を 活 かすとともに,それ 以 降 も 多 様 な 文 化 芸 術 活 動 の 発 展 や

1 文 化 庁 が 進 める 文 化 プログラムとその 三 つの 枠 組 み 文 化 芸 術 立 国 の 実 現 のために,2020 年 東 京 大 会 及 びラグビーワールドカップ い 2019 の 機 会 を 活 かすとともに,それ 以 降 も 多 様 な 文 化 芸 術 活 動 の 発 展 や 文 化 プログラムの 実 施 に 向 けた 文 化 庁 の 基 本 構 想 ~2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 を 契 機 とした 文 化 芸 術 立 国 の 実 現 のために~ 平 成 27 年 7 月 文 化 庁 0 はじめに 2020 年 に 東 京 でオリンピック パラリンピック 競 技 大 会 ( 以 下, 2020 年 東 京 大 会 という )が 開

More information

①名前②生年月日③血液型④学校名⑤好きなサッカー選手

①名前②生年月日③血液型④学校名⑤好きなサッカー選手 長 津 田 ドラゴンズ 事 務 局 だより ( 長 津 田 ドラゴンズ FC 事 務 局 2012 年 7 月 46 号 ) 長 津 田 ドラゴンズ FC 代 表 T.A 長 津 田 ドラゴンズ T.Aです 日 頃 は 当 クラブの 活 動 においての 御 理 解 と 御 協 力 に 感 謝 しております 本 日 (6 月 3 日 )に 雨 天 が 気 になりましたが 無 事 新 入 部 員 歓 迎

More information

英 語 国 語 世 界 史 の3 科 目 でGMARCHを 中 心 とした 入 試 問 題 分 析 会 を 行 います 入 試 で 狙 われるポイントをお 話 します!それを 踏 まえた 予 想 問 題 の 演 習 をすることにより 目 標 と 現 状 の 学 力 の 差 を 実 感 し 夏 期 以

英 語 国 語 世 界 史 の3 科 目 でGMARCHを 中 心 とした 入 試 問 題 分 析 会 を 行 います 入 試 で 狙 われるポイントをお 話 します!それを 踏 まえた 予 想 問 題 の 演 習 をすることにより 目 標 と 現 状 の 学 力 の 差 を 実 感 し 夏 期 以 SHOZEMI 大 学 進 学 館 港 南 台 校 からのお 知 らせ こんにちはSHOZEMI 大 学 進 学 館 港 南 台 校 です SHOZEMI 大 学 進 学 館 港 南 台 校 で7 月 に 実 施 するイベントに ついてお 知 らせします 勉 強 会 では 演 習 だけでなく 普 段 の 授 業 ではなかなかお 話 することのできない 内 容 を 各 先 生 が 用 意 し ています

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育 名 称 開 催 年 月 日 場 所 出 席 者 会 議 記 録 平 成 27 年 度 第 2 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 27 年 12 月 15 日 ( 火 )18:30~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 委 員 区 側 出 席 者 西 郷 泰 之 ( 会 長 ) 山 本 真 実 ( 職 務 代 理 者 ) 小 森 信 政 塙 佳 生 佐 久 間 貴 子 山

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

まで 減 少 特 に15 歳 以 下 の 年 少 人 口 の 割 合 は 県 下 市 町 で 最 低 の 数 字 となってしまい ました このような 危 機 的 背 景 から 平 成 23 年 4 月 1 日 子 育 て 応 援 都 市 を 宣 言 し 子 育 て 世 代 をターゲットに 定 住 促

まで 減 少 特 に15 歳 以 下 の 年 少 人 口 の 割 合 は 県 下 市 町 で 最 低 の 数 字 となってしまい ました このような 危 機 的 背 景 から 平 成 23 年 4 月 1 日 子 育 て 応 援 都 市 を 宣 言 し 子 育 て 世 代 をターゲットに 定 住 促 文 教 厚 生 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 研 修 報 告 書 文 教 厚 生 常 任 委 員 会 では 平 成 28 年 5 月 17 日 ~19 日 の3 日 間 兵 庫 県 相 生 市 広 島 県 広 島 市 兵 庫 県 神 戸 市 にて 視 察 をしてまいりました 参 加 者 は 石 岡 祐 二 委 員 長 若 見 孝 信 副 委 員 長 大 河 原 千 晶 委 員 岡 村

More information

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X)

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X) ここで 紹 介 する 就 職 活 動 アドバイスは 一 般 的 な 就 職 活 動 に 加 えて 行 うと 良 いものを 掲 載 してお ております 基 本 的 な 就 職 活 動 の 準 備 が 出 来 ていなければ 効 果 は 出 ません 一 般 的 な 就 職 活 動 は 行 っているけど 内 定 がもらえ らえない 良 い 結 果 が 出 ない 方 へ 是 非 参 考 にしてもらい らいたい

More information

日 本 地 震 学 会 の 転 機 中 堅 どころの 教 員 =30~40 歳 代 とすると 学 生 卒 業 後,10~20 年 以 上 を 経 過 プレートテクトニクス の 導 入 ~ 定 着 期 学 生 時 代 を1980 年 代 に 過 ごす 一 般 教 養 科 目 で 地 学 を 学 んだと

日 本 地 震 学 会 の 転 機 中 堅 どころの 教 員 =30~40 歳 代 とすると 学 生 卒 業 後,10~20 年 以 上 を 経 過 プレートテクトニクス の 導 入 ~ 定 着 期 学 生 時 代 を1980 年 代 に 過 ごす 一 般 教 養 科 目 で 地 学 を 学 んだと 日 本 地 震 学 会 の 転 機 n 1995 年 兵 庫 県 南 部 地 震 の 発 生 なぜ 阪 神 淡 路 大 震 災 となったか? 学 会 の( 専 門 家 の) 責 任 は 反 省 実 は, 学 会 メンバーには 研 究 者 学 生 だけでなく, 初 等 中 等 教 育 関 係 者 (100 名 余 )もいた! 何 をしていたか( 何 千 円 / 年 も 払 って) 日 本 地 震 学

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

<30308A7795F1955C8E86202E6169>

<30308A7795F1955C8E86202E6169> 弘 前 大 学 学 報 リンゴとチューリップのフェスティバル 第 98 号 平 成 24 年 5 月 号 目 次 学 内 ニュース 医 用 システム 開 発 マイスター 養 成 塾 成 果 発 表 会 を 開 催 1 2012 年 度 留 学 説 明 会 を 開 催 2 リンゴとチューリップのフェスティバル を 開 催 3 世 の 中 講 座 in 弘 前 大 学 を 開 催 4 文 部 科 学 省

More information

平成27年金沢市教育委員会第3回定例会議

平成27年金沢市教育委員会第3回定例会議 教 育 委 員 会 第 3 回 定 例 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 28 年 3 月 25 日 ( 金 ) 開 会 13 時 30 分 閉 会 14 時 32 分 2 会 場 金 沢 市 庁 舎 2 階 201 会 議 室 3 出 席 委 員 (6 名 ) 教 育 委 員 長 田 邊 俊 治 教 育 委 員 小 山 信 早 川 芳 子 岡 能 久 河 野 俊 寛 ( 教 育 長 ) 野

More information

養 護 教 員 部 要 望 1 児 童 生 徒 の 生 命 を 守 り 多 様 化 深 刻 化 する 課 題 に 対 応 するため 養 護 教 諭 の 複 数 配 置 基 準 を 小 学 校 児 童 651 人 中 学 校 生 徒 601 人 に 引 き 下 げること 2 学 校 の 実 情 に 応

養 護 教 員 部 要 望 1 児 童 生 徒 の 生 命 を 守 り 多 様 化 深 刻 化 する 課 題 に 対 応 するため 養 護 教 諭 の 複 数 配 置 基 準 を 小 学 校 児 童 651 人 中 学 校 生 徒 601 人 に 引 き 下 げること 2 学 校 の 実 情 に 応 全 日 教 連 要 望 結 果 報 告 第 2 次 中 央 要 請 行 動 専 門 部 要 望 ( 発 行 平 成 27 年 6 月 15 日 ) 内 閣 府 要 望 日 時 平 成 27 年 5 月 11 日 ( 月 ) 9:30~12:00 回 答 者 初 等 中 等 教 育 局 財 務 課 定 数 企 画 係 長 廣 石 孝 氏 係 員 水 野 拓 美 氏 初 等 中 等 教 育 企 画 課

More information

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等 基 準 10. 社 会 連 携 ( 教 育 研 究 上 の 資 源 企 業 地 域 社 会 等 ) 10-1. 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているこ と (1)10-1の 事 実 の 説 明 ( 現 状 ) 10-1-1 大 学 施 設 の 開 放 公 開 講 座 リフレッシュ 教 育 など 大 学 が 持 っている 物 的 人 的

More information

untitled

untitled 1....3 2....4 3....4 4....7 4.1...7 4.2...7....9 5.1...9 5.2...10 1.... 11 1.1... 11 1.2...12 2....13 1....17 1.1...17 1.2...19 2....21 2.1...21 2.2...22 2.3...22 2.4...23 1....29 1.1...29 1.2...30 1.3...31

More information

5 月 17 日 ( 土 ) 岡 山 湯 郷 Belle 会 長 黒 田 和 則 (くろだ かずのり) 1945 年 12 月 6 日 生 まれ 1965 年 ~2003 年 美 作 市 職 員 税 務 課 長 スポーツ 振 興 課 長 助 役 2001 年 岡 山 湯 郷 Belle 設 立 に

5 月 17 日 ( 土 ) 岡 山 湯 郷 Belle 会 長 黒 田 和 則 (くろだ かずのり) 1945 年 12 月 6 日 生 まれ 1965 年 ~2003 年 美 作 市 職 員 税 務 課 長 スポーツ 振 興 課 長 助 役 2001 年 岡 山 湯 郷 Belle 設 立 に 5 月 16 日 ( 金 ) 基 調 講 演 髙 橋 清 孝 (たかはし きよたか) 千 葉 県 出 身 東 京 大 学 法 学 部 卒 業 昭 和 55 年 警 察 庁 入 庁 埼 玉 県 警 察 本 部 地 域 部 長 ( 平 成 5 年 3 月 ~) 警 視 庁 広 報 課 長 ( 平 成 6 年 9 月 ~) 警 視 庁 警 備 第 一 課 長 ( 平 成 8 年 2 月 ~) 警 察 庁

More information

学生アンケート回答(その他の意見)公表用.xls

学生アンケート回答(その他の意見)公表用.xls 学 生 アンケート 調 査 結 果 報 告 別 冊 - 目 次 - Ⅰ その 他 の 意 見 問. 住 みやすいと 思 われる 点 問 6. 住 みにくいと 思 われる 点 問 9. 学 業 以 外 の 過 ごし 方 問 0. 地 域 活 動 やボランティア 活 動 まちづくり 活 動 などへの 参 加 意 向 問. 活 動 に 参 加 していない 参 加 しない 理 由 問. 卒 業 後 に 住

More information

Microsoft Word - 230922会議録

Microsoft Word - 230922会議録 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 : 議 会 第 4 委 員 会 室 平 成 23 年 第 9 回 君 津 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 日 時 平 成 23 年 9 月 22 日 ( 木 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 2 時 41 分 閉

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

部 長 級 松 本 孝 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 公 益 財 団 法 人 横 浜 市 体 育 協 会 常 務 理 事 スポーツ 事 業 局 長 H 斉 藤 良 展 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 一 般 社 団 法 人 横 浜

部 長 級 松 本 孝 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 公 益 財 団 法 人 横 浜 市 体 育 協 会 常 務 理 事 スポーツ 事 業 局 長 H 斉 藤 良 展 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 一 般 社 団 法 人 横 浜 区 局 長 級 以 上 小 松 﨑 隆 横 浜 市 副 市 長 H24.3.31 * 横 浜 市 住 宅 供 給 公 社 理 事 長 H24.4.1 谷 内 徹 市 民 局 長 H24.3.31 社 会 福 祉 法 人 横 浜 市 福 祉 サービス 協 会 理 事 長 H24.4.1 増 田 文 彦 経 済 局 市 場 担 当 理 事 H24.3.31 神 奈 川 臨 海 鉄 道 株 式 会 社 執

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

学 科 教 養 科 目 名 クラス 区 分 単 位 教 員 名 時 間 割 ( 予 定 ) 大 学 院 美 術 科 彫 刻 作 法 00 講 義 2 保 田 井 智 之 前 期 木 2 素 材 学 ( 日 本 画 ) 00 講 義 2 末 永 敏 明 前 期 木 3a 工 芸 論 00 講 義 2

学 科 教 養 科 目 名 クラス 区 分 単 位 教 員 名 時 間 割 ( 予 定 ) 大 学 院 美 術 科 彫 刻 作 法 00 講 義 2 保 田 井 智 之 前 期 木 2 素 材 学 ( 日 本 画 ) 00 講 義 2 末 永 敏 明 前 期 木 3a 工 芸 論 00 講 義 2 2013 年 度 一 般 聴 講 生 科 目 等 履 修 生 対 象 科 目 一 覧 3 月 下 旬 に2013 年 度 開 講 の シラバス 照 会 が 見 れるようになりますので 授 業 開 講 曜 日 時 間 教 室 などの 最 新 情 報 は シラバス 照 会 に 科 目 名 や 教 員 名 を 入 れてご 確 認 ください シラバス 照 会 URL https://portal.tuad.ac.jp/up/faces/up/co/com02401a.jsp

More information

untitled

untitled Contents 2 1 30 100 1983 行 く 前 は 正 直 不 安 でした しかし 終 わ って 帰 ってくると 友 達 と 遊 びに 行 って 帰 って 来 た 時 のように 楽 しい 思 いが 残 りまし た 帰 り 際 には また 会 いたいと 寂 しさも 感 じました きっと 参 加 されているみな さんも 同 じ 思 いなのではないかと 思 いま す 30 年 近 くも 続

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C990A88E7394F093EF8F8A8F8993AE837D836A83858341838B8DEC90AC82CC8EE888F882AB2030383033313094C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C990A88E7394F093EF8F8A8F8993AE837D836A83858341838B8DEC90AC82CC8EE888F882AB2030383033313094C52E646F63> 地 域 住 民 と 行 政 が 協 働 で 作 る 避 難 所 初 動 マニュアル 作 成 の 手 引 き 平 成 2 0 年 3 月 いせし 防 災 しみんの 会 伊 勢 市 はじめに 大 規 模 な 災 害 が 発 生 したとき 地 域 の 助 け 合 いの 拠 点 となる のが 避 難 所 です 避 難 所 を 設 置 するのは 行 政 の 仕 事 ですが 災 害 の 規 模 が 大 きく なるほど

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 採 用 案 内 事 務 / 電 気 / 土 木 ( 平 成 26 年 4 月 採 用 ) 公 社 の 使 命 首 都 東 京 の 都 市 再 生 と 都 市 機 能 の 維 持 増 進 都 民 生 活 の 向 上 に 貢 献 する 道 路 行 政 推 進 への 貢 献 総 合 駐 車 対 策 の 推 進 収 益 の 都 民 社 会 への 還 元 公 社 の 事 業 の 仕 組 み 全 事 業 を 通

More information

第 2 期 1951 年 ~1954 年 萩 原 雄 祐 幹 事 永 田 武 阪 本 捷 房 畑 中 武 夫 ( 常 任 ) 甘 利 省 吾 電 波 監 理 総 局 電 波 部 長 浅 見 義 弘 北 大 工 学 部 教 授 原 源 之 助 NHK 技 研 極 超 短 波 研 究 室 主 任 畠 山

第 2 期 1951 年 ~1954 年 萩 原 雄 祐 幹 事 永 田 武 阪 本 捷 房 畑 中 武 夫 ( 常 任 ) 甘 利 省 吾 電 波 監 理 総 局 電 波 部 長 浅 見 義 弘 北 大 工 学 部 教 授 原 源 之 助 NHK 技 研 極 超 短 波 研 究 室 主 任 畠 山 第 1 期 1949 年 ~1951 年 萩 原 雄 祐 浅 見 義 弘 北 大 理 学 部 教 授 畠 山 久 尚 気 象 研 究 所 長 浜 田 成 徳 東 北 大 電 気 通 信 研 教 授 会 員 広 田 友 義 早 大 教 授 金 原 淳 名 大 工 学 部 教 授 清 宮 博 電 気 通 信 研 究 所 古 賀 逸 策 東 工 大 教 授 小 谷 正 雄 京 大 理 学 部 教 授 熊

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 立 図 書 館 協 議 会 議 事 録 期 日 平 成 28 年 3 月 23 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 から12 時 00 分 まで 場 所 宮 崎 県 立 図 書 館 2 階 研 修 室 委 員 議 長 : 根 岸 裕 孝 委 員 委 員 : 川 邊 英 樹 委 員 ( 副 議 長 ) 足 立 泰 二 委 員 江 田 正 和 委 員

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 日 本 全 国 こども 郷 土 料 理 サミット - 発 表 ふるさと&わが 家 の 郷 土 料 理!- 日 本 全 国 こども 郷 土 料 理 サミット 作 品 集 開 催 概 要 司 会 プロフィール 審 査 員 プロフィール ブロック 選 抜 者 9 名 の 作 品 審 査 結 果 各 賞 について 審 査 員 長 熊 倉 功 夫 より 総 評 (サミット 会 場 でのコメントより) 運 営

More information

国 連 政 策 課 6 平 成 28 年 8 月 22 日 から9 月 2 日 まで 7 平 成 28 年 9 月 5 日 から 9 月 1 国 連 安 保 理 の 会 合 開 催, 安 保 理 決 議 の 内 容 及 び 各 国 の 投 票 態 度 ( 拒 否 権 行 使 の 回 数 法 律, 国

国 連 政 策 課 6 平 成 28 年 8 月 22 日 から9 月 2 日 まで 7 平 成 28 年 9 月 5 日 から 9 月 1 国 連 安 保 理 の 会 合 開 催, 安 保 理 決 議 の 内 容 及 び 各 国 の 投 票 態 度 ( 拒 否 権 行 使 の 回 数 法 律, 国 大 臣 官 房 ( 外 務 報 道 官 広 報 文 化 組 織 ) 報 道 課 1 6 日 まで( 具 体 的 な 実 習 期 間 は 要 調 整 ) (1) 外 務 省 の 実 施 する 大 臣, 外 務 報 道 官 等 の 記 者 会 見 ブリーフィングの 準 備, 取 材 現 場 での 報 道 対 応 (2) 外 務 省 に 関 連 する 全 国 紙, 地 方 紙,TVの 報 道 ぶり 及 び

More information

資料2 倉阪氏資料 「千葉大学における環境報告書」

資料2	倉阪氏資料 「千葉大学における環境報告書」 資 料 42 千 葉 大 学 における 環 境 報 告 書 の 作 成 状 況 千 葉 大 学 環 境 管 理 責 任 者 ( 法 経 学 部 教 授 ) 倉 阪 秀 史 背 景 地 球 温 暖 化 ごみ 量 増 大 富 栄 養 化 日 常 的 な 社 会 経 済 活 動 にともなう 環 境 問 題 に 取 り 組 むことが 必 要 環 境 マネジメントシステムのさまざまな 組 織 での 導 入 が

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information