吉 川 哲 也 ( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ジュニアエコノ ミーカレッジ 理 事 長 ) 2002 年 より 会 津 若 松 商 工 会 議 所 青 年 部 理 事 としてジュ ニアエコノミーカレッジのカリキュラム 構 築 に 携 わる 2011 年 11 月 非 営 利 特 定 活 動

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "吉 川 哲 也 ( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ジュニアエコノ ミーカレッジ 理 事 長 ) 2002 年 より 会 津 若 松 商 工 会 議 所 青 年 部 理 事 としてジュ ニアエコノミーカレッジのカリキュラム 構 築 に 携 わる 2011 年 11 月 非 営 利 特 定 活 動"

Transcription

1 協 力 していただく 先 生 方 (ファシリテーター スピーカーなど)のご 紹 介 (あいうえお 順 ) 生 徒 対 象 お 名 前 プロフィール コメント 磯 崎 道 佳 ( 美 術 家 アーティスト) 様 々な 表 現 形 態 を 通 じて 誰 もが 持 つ 好 奇 心 を 引 き 出 し 新 しい 視 点 を 発 見 する 場 を 制 作 発 表 し ている 主 なプロジェクトに 面 識 のない 者 同 士 による 手 紙 の 交 換 を 目 的 とした パラシュートと マ キオ 参 加 者 と 巨 大 バル ーンを 制 作 する DOME Project など 私 は 北 海 道 ニセコ 町 に 住 んでいる 美 術 家 で す 今 回 みなさんと 一 緒 に 未 来 につ いて 対 話 しながら 大 きなドーム 型 のバルー ンを 作 ります 最 後 に 中 に 入 って 遊 ぶこと もできます 未 来 をあなたたちの 想 像 力 で 捕 まえましょう 小 原 一 真 (フォトジャーナリスト) 1985 年 岩 手 県 生 まれ KEYSTONE(スイス)パート ナーフォトグラファー 宇 都 宮 大 学 国 際 学 部 にて 社 会 学 を 専 攻 金 融 機 関 で 働 く 傍 ら DAYS JAPAN フォトジ ャーナリスト 学 校 にて 学 ぶ 東 日 本 大 震 災 直 後 に 会 社 を 退 職 3 月 16 日 から 現 地 での 取 材 を 開 始 2011 年 8 月 に 行 った 福 島 第 一 原 発 での 取 材 はヨーロッパ 各 国 の 新 聞 テレビに 掲 載 された 2012 年 3 月 10 日 スイスの ラースミュラーパブリッシャーズより 東 日 本 大 震 災 福 島 第 一 原 発 事 故 の 取 材 をまとめた Reset Beyond Fukushima- 福 島 の 彼 方 に を 出 版 私 も 東 日 本 大 震 災 によって 大 きく 人 生 の 変 わった 一 人 です 地 震 津 波 そして 原 発 事 故 は 私 たちに 大 きな 苦 しみを 与 え 続 けて いますが それとともに 沢 山 の 出 会 いと 新 たな 可 能 性 を 教 えてくれました これから 自 分 たちの 古 里 をよりよい 場 所 に 発 展 させ るためにも 自 分 たちに 誇 りを 持 つ 為 に も より 広 い 世 界 を 見 て ともに 頑 張 って 行 きましょう 皆 様 に 会 えるのを 楽 しみに しております 片 貝 英 行 (NPO 法 人 キッズドア 事 務 局 長 兼 復 興 支 援 担 当 ) 中 央 大 学 法 学 部 法 律 学 科 を 卒 業 後 システム 開 発 会 社 で 公 共 システムの 開 発 と 運 用 支 援 を 担 当 企 業 向 け 研 修 会 社 にて 階 層 別 研 修 ( 新 人 ~ 管 理 職 )の 他 全 社 員 向 け CSR 研 修 の 企 画 教 材 開 発 会 社 を 担 当 人 事 コンサルテ ィング 会 社 を 経 て 2010 年 5 月 から 現 職 2012 年 4 月 から 東 北 大 学 教 育 学 部 ( 研 究 生 )で 教 育 行 政 学 等 を 学 習 研 究 中 将 来 に 選 べる 選 択 肢 を1つでも 増 やせるよ うに できることは 何 でもしたいと 思 って います やりたい!チャンスだ!と 思 った らやりましょう 幸 運 の 女 神 には 前 髪 し かない と 言 われています 見 過 ごしてし まうと 後 ろ 髪 は 無 いのでつかめません 自 分 は 何 をやりたいのかを 持 っていれば チ ャンスは 巡 ってきます 強 がったり 恥 ず かしがったり 言 い 訳 したり 逃 げたり 周 りに 振 り 回 されている 暇 はありません 一 瞬 一 瞬 を 大 事 にするために 本 音 でぶつ かって 欲 しいと 思 います 北 本 英 光 ( 株 式 会 社 電 通 コミュニケーシ ョンデザイナー / アトリエリスタ) 世 界 赤 十 字 デー 生 まれ よりよい 世 界 のために コミ ュニケーションができること をテーマに 企 業 の 広 告 キャンペーンや PR/ 情 報 戦 略 などをプロデュース 大 学 在 学 中 から 学 習 環 境 デザインを 学 び 子 どもたちの 想 像 力 開 発 を 目 的 としたワークショップや 展 覧 会 を 多 数 手 がける 2012 年 3 月 11 日 から 被 災 地 の こども 記 者 による 石 巻 日 日 こども 新 聞 を 発 行 はじめまして こんにちは 東 北 復 興 にか けるみなさんの 強 い 思 いやアイディアは より 多 くの 人 たちのこころを 動 かすことで しょう 全 力 でお 手 伝 いします

2 吉 川 哲 也 ( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ジュニアエコノ ミーカレッジ 理 事 長 ) 2002 年 より 会 津 若 松 商 工 会 議 所 青 年 部 理 事 としてジュ ニアエコノミーカレッジのカリキュラム 構 築 に 携 わる 2011 年 11 月 非 営 利 特 定 活 動 法 人 ジュニアエコノミー カレッジ 理 事 長 に 就 任 夢 を 実 現 するために 必 要 なお 金 について 考 えてみましょう たくさんの 人 たちに 協 力 してもらうにはどうしたらいいと 思 います か?みなさんの 情 熱 に 期 待 しています 真 田 秀 信 (ユニクロ フランス 社 長 ) 1972 年 生 まれ 95 年 ( 株 )ファーストリテイリングに 入 社 店 長 などを 経 験 した 後 2002 年 より 海 外 事 業 に 携 わる イギリス 進 出 NY ソーホーの 旗 艦 店 プロジ ェクトを 経 て 2009 年 よりユニクロ フランス COO 同 年 10 月 パリ オペラ 店 のオープニングを 成 功 させ 現 在 に 至 る 皆 さんの 夢 を 2014 年 にパリで 実 現 していた だくために パリでの 現 実 パリで 見 せる 日 本 などをユニクロがパリに 進 出 した 経 験 などを 参 考 にしていただければと 思 いま す これを 元 に 2014 年 に 向 けて 着 実 に 準 備 をしていきましょう! 須 藤 シンジ ( 有 限 会 社 フジヤマストア ネクスタイド エヴォリューション 代 表 NPO 法 人 ピープルデザイン 研 究 所 代 表 理 事 ) 1963 年 東 京 生 まれ 有 限 会 社 フジヤマストア NEXTIDEVOLUTION(ネクスタイ ド エヴォリューション) 代 表 NPO 法 人 ピープルデザイン 研 究 所 代 表 理 事 大 学 卒 業 後 マルイに 入 社 宣 伝 バイヤー 店 次 長 などを 歴 任 次 男 が 脳 性 麻 痺 で 出 生 し 以 来 障 害 児 の 親 として 現 行 の 福 祉 の 世 界 のジミさを 実 感 ボランティア 活 動 等 に 参 加 しながら 自 身 が 能 動 的 に 起 こせる 活 動 の 切 り 口 を 模 索 2000 年 に 独 立 し マーケティングコンサルティング 会 社 フジヤマストアを 設 立 商 業 施 設 を はじめとする 多 業 種 のブランディングディレクション(コンセプト コミュニケー ションプラン) 研 修 企 画 運 営 を 手 がけている 2002 年 にソーシャルプロジェクト NEXTIDEVOLUTION(ネクスタイド エヴォリ ューション)を 開 始 世 界 のトップクリエイターとのコラボレーションで 意 識 の バリアフリー をメッセージする 活 動 を 展 開 中 また2010 年 からは 従 来 型 の 福 祉 的 なアプローチと 一 線 を 画 す PEOPLE DESIGN(ピープルデザイン) という 新 た な 概 念 を 立 ち 上 げ 障 害 の 有 無 を 問 わずハイセンスに 着 こなせるアイテムや 障 害 者 を 街 に 呼 び 込 む 為 の 各 種 イベントをプロデュースしている 2011 年 からは 慶 應 義 塾 大 学 商 学 部 をはじめ オランダのデルフト 大 学 デザイン ファッション 専 門 学 校 との 取 り 組 みを 強 化 近 年 国 内 外 の 教 育 関 連 機 関 から 注 目 されている 人 は 希 望 を 失 った 時 初 めて 新 し いチカラ を 授 か るのでは ないかとボクは 考 えています 人 に 希 望 を 与 え るチカラ です 新 しいニッポンを 皆 さんと 創 ってい くことにワクワク しています 梛 木 泰 西 (テレビマンユニオン プロデューサー) 早 稲 田 大 学 卒 業 後 1986 年 テレビマンユニオンに 入 社 地 球 Z IGZAG 世 界 ウルルン 滞 在 記 など 数 々のTV 番 組 を 演 出 プ ロデュース 現 在 情 熱 大 陸 NHKスペシャル ハイビジョン 特 集 などのドキュメンタリー 番 組 をてがける 東 北 には 世 界 に 誇 れる 伝 統 が 文 化 が 人 情 があります みん なで 力 を 合 わせて 勇 気 を 持 っ てアピールしましょう!

3 服 部 祐 子 1993 年 にパリで 独 力 で 日 仏 文 化 センター エスパスハットリ を 設 立 し 美 術 工 芸 演 劇 音 楽 を 含 む 様 々な 分 野 で 日 本 文 化 を 紹 介 する 事 業 を 展 開 長 年 の 仏 在 住 の 経 験 を 生 かした 主 要 関 係 者 との 人 的 ネットワーク によってVJC 東 北 地 方 連 帯 事 業 の 実 現 などフランスにおける 訪 日 誘 致 活 動 も 活 発 に 行 う 2003 年 より 21 世 紀 を 担 う 世 界 の 子 供 たちの 平 和 を 願 い 異 文 化 相 互 理 解 の 必 要 性 を 問 う 鯉 のぼり 世 界 の 子 供 の 日 と 題 する 国 際 的 催 しをユネスコ 共 催 の 下 に 開 催 東 北 文 化 の 豊 かさを 世 界 にどう 発 信 するか 皆 さんの 持 つ 創 造 性 の 豊 かさとパワーこそが 東 北 復 興 の そして 東 北 と 世 界 を 直 結 びつ ける 大 きな 原 動 力 だと 私 は 思 いま す 世 界 の 中 の 東 北 の 未 来 を 皆 さんと 一 緒 に 考 えましょう 松 本 紘 ( 京 都 大 学 総 長 ) 1942 年 生 まれ 奈 良 県 出 身 工 学 博 士 京 都 大 学 卒 業 後 京 都 大 学 教 授 生 存 圏 研 究 所 長 理 事 副 学 長 などを 経 て 2008 年 総 長 就 任 学 外 では 国 際 電 波 科 学 連 合 会 長 内 閣 府 関 係 の 委 員 等 を 歴 任 ガガーリンメダル(ロシア) 紫 綬 褒 章 Booker Gold Medal(USA)など 国 内 外 の 賞 を 受 賞 多 数 の 学 術 論 文 のほ か 著 書 に 宇 宙 太 陽 光 発 電 所 など ここに 来 ているみんなは 意 欲 が あって 偉 い! 意 欲 さえあれば 人 生 なんとかなる ものです 私 の 経 験 をお 話 ししてみましょう 三 浦 浩 喜 ( 福 島 大 学 教 授 ) 福 島 生 まれの 福 島 育 ち 専 門 は 美 術 教 育 学 と 文 化 活 動 論 約 100 人 の 学 生 が3ヶ 月 にわたって 子 どもたちと 企 画 実 践 する 自 然 体 験 実 習 などを 開 催 大 震 災 以 来 ずっと 学 生 たちとボランティ ア 活 動 をしてきました 子 どもたちは 皆 元 気 ですが とてもがまんして 生 活 している なと 感 じています 2012 年 3 月 26 日 を 子 ども 復 興 スタートの 日 にして 苦 し さ 悲 しさに 耐 えてきた 力 を 未 来 をつく る 力 に 変 えていきましょう!!! 箕 輪 憲 良 (Yahoo! JAPAN ヤフー 株 式 会 社 事 業 戦 略 統 括 本 部 ) ヤフー 入 社 後 検 索 などのマーケティングを 担 当 東 日 本 大 震 災 時 に 社 会 貢 献 担 当 として 寄 付 や NPO 支 援 などを 実 施 現 在 復 興 支 援 や 教 育 など 社 会 課 題 解 決 をミッション に 持 つ みんな この 世 の 中 今 のままでいいと 思 う?? もし 変 わったほうがいい と 思 うことが あるなら まず 自 分 を 変 えちゃおう そして コレだ! っと 思 ったことは 世 の 中 に 発 信 していくこと きっと 世 界 はそこから 変 わっていくよ

4 山 井 綱 雄 金 春 (こんぱる) 流 能 楽 師 金 春 流 79 世 宗 家 金 春 信 高 80 世 宗 家 金 春 安 明 に 師 事 5 歳 で 初 舞 台 以 来 国 内 外 に て 数 々の 能 楽 公 演 に 出 演 また 啓 蒙 活 動 としてメディア 出 演 他 ジャンル 芸 術 家 と のコラボレーション 講 演 多 数 今 日 本 は 大 きな 分 岐 点 に 来 ていると 思 います モ ノ 時 代 から ココロ の 時 代 へ そして 今 こそ 日 本 人 が 日 本 人 らしく 生 きる ことが 問 われている と 思 います そんな 日 本 を そしてこれからの 東 北 を 引 っ 張 っていくのは 貴 方 達 です! 新 しい 日 本 人 として 日 本 を 牽 引 して 下 さい!そのヒントが 日 本 古 来 からの 伝 統 文 化 にはあると 思 っています 吉 野 晃 一 ( 福 島 県 いわき 市 立 小 名 浜 第 一 中 学 校 教 諭 ) 福 島 県 いわき 市 生 まれ 美 術 科 教 師 として 学 校 内 だけ でなく 地 域 や 美 術 館 と 連 携 したイベント ワークショッ プ 等 の 企 画 制 作 に 携 わる 県 教 育 センター( 情 報 教 育 部 ) 在 職 中 は PC やネットワークを 活 用 した 美 術 教 育 を 研 究 みんなで 一 つのものを 作 り 上 げていく 過 程 での 本 気 のぶつかり 合 い 話 し 合 い( 熟 議 )を 楽 しみにしています 私 自 身 も 本 気 で ぶ つ か っ て い き ま す そ の 中 で 得 た 力 がみんなの 一 生 の 宝 物 糧 にな ることを 信 じています 和 田 幸 子 ( 株 式 会 社 電 通 CSR コンサルタント) 2009 年 電 通 入 社 営 業 プランニングを 中 心 に 一 般 的 な 広 告 イベント 運 営 等 に 関 わった 後 現 在 はソーシャル ソリューション 局 にて CSR コンサル に 携 わる 東 北 のパワーを 世 界 に 発 信! 味 方 をたくさ ん 作 って 楽 しくがんばりましょう! Lucie Mei Dalby (フリーランス ジャーナリ スト) パリ 近 郊 で 生 まれ 育 つ 33 歳 高 校 卒 業 後 有 名 校 ソ ルボンヌ 大 学 で 4 年 間 文 学 を 学 ぶ 22 歳 のころフラン スの 大 手 TV 会 社 に 就 職 し インタビューの 仕 事 を 専 門 に 行 う この 経 験 から 人 の 話 を 聴 くというスキルを 学 び 今 後 もこの 仕 事 を 続 けるつもりである 現 在 はフリーランスのジャーナリストとなったことで 様 々なチャンネル 作 品 に 関 わっており フランス 内 外 で 報 道 ドキュメンタリー 政 治 経 済 社 会 問 題 また 音 楽 現 代 アートなど 様 々な 分 野 に 携 わってきた インタビューの 仕 事 を 始 めてもうすぐ12 年 経 つが ま だまだ 開 拓 できる 分 野 が 多 くあると 感 じている 東 北 スクールに 参 加 できることは 私 にと ってとても 光 栄 なことです 皆 さんの 地 域 で 起 こった 災 害 は 世 界 中 の 人 々に 大 きなショックを 与 えました とく に 日 本 のことが 大 好 きなフランスにとっ てはなおさらで とても 他 人 事 とは 思 えな いことでした 皆 さんがどんな 困 難 に 立 ち 向 かわなければ ならなかったのか 私 には 想 像 もできませ ん しかし 皆 さんの 前 に 進 もうという 勇 気 と 決 断 が 周 りのすべての 人 たちを 励 ま しているのを すでにひしひしと 感 じてい ます みなさんと 会 って 私 の 仕 事 の 経 験 をご 紹 介 し それ 以 外 のいろいろなこと をお 話 しできるのを 楽 しみにしています 皆 さんも 楽 しんでもらえたら 嬉 しいで す それでは 東 北 で 会 いましょう

5 Robert Verdier (プラネット ファイナンス Non Executive President) 25 年 にわたる 国 際 金 融 サービス 経 験 をもち その 期 間 のほとんどを 日 本 で 過 ごす クレディ リヨネ 証 券 東 京 支 店 で 1987 年 から 1995 年 にコーポレートファイナン ス 部 門 の 長 として BNPパリバ 証 券 東 京 支 店 で 1995 年 から 2002 年 にビジネス 開 発 部 門 の 長 として 勤 務 2005 年 から 2009 年 には CEOとしてデクシア 金 融 日 本 部 門 で 勤 務 2011 年 3 月 11 日 の 出 来 事 は 人 類 の 歴 史 で 類 を 見 ないものです あなたたちには 日 本 と 世 界 のより 良 い 未 来 のために この 災 害 を 乗 り 越 えることができるということ を 世 界 に 示 す 責 任 があります 広 島 原 爆 から 生 き 延 び 世 界 に 認 められるブランド を 立 ち 上 げた 三 宅 一 生 またダンブレイン での 悲 劇 を 乗 り 越 えウィンブルドンで 決 勝 戦 まで 勝 ち 残 ったアンディー マレーなど が お 手 本 となるでしょう 大 人 対 象 お 名 前 プロフィール コメント 小 野 寺 雅 之 ( 気 仙 沼 市 教 育 委 員 会 ) 気 仙 沼 市 本 吉 町 在 住 農 漁 業 を 営 みながら 大 谷 地 区 の 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 が 連 携 する 大 谷 ハチドリ 計 画 を 指 導 する この 計 画 は 地 域 の 豊 かな 自 然 を 守 り 自 然 に 寄 り 添 う 地 域 の 暮 らしを 学 びながら 次 世 代 を 担 う 後 継 者 の 育 成 を 図 っている 昨 年 の 大 津 波 で 学 校 田 の ふゆみずたんぼ が 被 災 したが 全 国 から 集 まっ たボランティアによって 復 興 例 年 通 りに 子 供 たちは 米 作 りを 行 い 豊 作 となった この 取 り 組 みにより 第 14 回 日 本 水 大 賞 で 文 部 科 学 大 臣 賞 を 受 賞 する 角 田 直 之 ( 福 島 県 伊 達 市 立 梁 川 中 学 校 教 諭 ) 福 島 県 福 島 市 出 身 昭 和 52 年 11 月 27 日 生 まれ 34 歳 福 島 市 立 野 田 小 学 校 卒 業 福 島 市 立 野 田 中 学 校 卒 業 福 島 県 立 福 島 高 校 卒 業 国 立 福 島 大 学 卒 業 平 成 12 年 4 月 1 日 福 島 県 公 立 学 校 教 員 となる( 中 学 校 教 員 社 会 科 ) 会 津 若 松 市 立 第 五 中 学 校 勤 務 平 成 15 年 4 月 1 日 舘 岩 村 立 舘 岩 中 学 校 へ 異 動 ( 現 在 の 南 会 津 町 立 舘 岩 中 学 校 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 伊 達 市 立 梁 川 中 学 校 へ 異 動 上 月 正 博 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 審 議 官 ( 生 涯 学 習 政 策 局 担 当 ) 1984 年 文 部 省 入 省 群 馬 県 教 育 委 員 会 企 画 室 長 欧 州 連 合 日 本 政 府 代 表 部 一 等 書 記 官 等 を 経 て 2000 年 三 重 県 教 育 委 員 会 教 育 次 長 その 後 初 中 局 特 別 支 援 教 育 課 長 等 を 経 て 09 年 より 生 涯 学 習 政 策 局 政 策 課 長 12 年 より 現 職 いま 私 たちが 生 きているこの 世 界 を 持 続 可 能 な 社 会 に 変 えていくためには 地 域 それ ぞれが 自 立 し 独 自 の 地 域 づくりを 行 う 必 要 があります そのためにも 地 域 に 根 ざ した 教 育 がどうあるべきかを 本 気 で 考 え なければならない 震 災 は そのチャンス を 与 えてくれたのだと 私 は 考 えています このプロジェクトに 参 加 するという 心 意 気 自 体 が 復 興 の 力 になると 思 います これか ら 様 々な 困 難 にぶつかると 思 います その ときも 仲 間 と 乗 り 越 える ことを 大 切 に して, 一 歩 ずつ 進 んでいきましょう 東 日 本 大 震 災 と 原 発 事 故 の 被 害 は 甚 大 でし たが 子 ども 達 が 避 難 所 で 率 先 してボラ ンテイア 活 動 を 行 ったり マニュアルを 越 え た 行 動 によって 危 機 を 乗 り 越 えたりしたこ とに 多 くの 大 人 が 勇 気 づけられました また 震 災 後 東 北 では 多 くの 新 しい 教 育 の 取 組 が 始 まりました OECD 東 北 スクー ルはその 代 表 とも 言 えます このような 東 北 発 の 未 来 志 向 の 創 造 的 復 興 教 育 をスタートするとともに その 活 動 を 日 本 全 国 に 広 げていくことが 大 切 です 文 部 科 学 省 も OECD 東 北 スクールの 取 組 を 応 援 しています みなさんの 力 で 東 北 の 創 造 的 な 復 興 を 実 現 させていきましょう

6 佐 藤 学 ( 大 学 教 師 ) 1951 年 生 まれ 東 京 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 博 士 課 程 修 了 教 育 学 博 士 三 重 大 学 教 育 学 部 助 教 授 東 京 大 学 教 育 学 部 助 教 授 東 京 大 学 教 育 学 研 究 科 教 授 を 経 て 現 在 学 習 院 大 学 文 学 部 教 授 日 本 学 術 会 議 第 一 部 ( 人 文 社 会 科 学 ) 部 長 日 本 教 育 学 会 前 会 長 アメリカ 教 育 学 会 名 誉 会 員 学 びは 人 権 の 中 心 であり 生 きる 希 望 で す この 困 難 を 乗 り 越 える 希 望 の 学 び とそれを 実 現 する 学 校 のあり 方 についてお 話 ししたいと 思 います 田 村 学 ( 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 教 育 課 程 課 教 科 調 査 官 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 調 査 官 ) 1962 年 新 潟 県 生 まれ 現 在 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 教 育 課 程 課 教 科 調 査 官 国 立 教 育 政 策 研 究 所 教 育 課 程 研 究 センター 教 育 課 程 調 査 官 新 潟 大 学 教 育 学 部 卒 業 新 潟 県 の 上 越 市 立 大 手 町 小 学 校 や 上 越 教 育 大 学 附 属 小 学 校 で 生 活 科 総 合 的 な 学 習 の 時 間 を 実 践 研 究 主 任 など を 経 験 し カリキュラム 開 発 に 取 り 組 む 日 本 生 活 科 総 合 的 学 習 教 育 学 会 常 任 理 事 文 部 科 学 省 の 小 中 高 等 学 習 指 導 要 領 解 説 ( 総 合 的 な 学 習 の 時 間 編 ) 編 集 担 当 者 リニューアル 総 合 的 な 学 習 の 時 間 (2009 共 著 ) 等 著 書 多 数 震 災 原 発 事 故 からの 復 興 に 貢 献 しよう とする OECD 東 北 スクールで 皆 さんは 新 し いチャレンジを 続 ける 毎 日 を 送 っているも のと 思 います 皆 さんがこれから 生 きて 行 く21 世 紀 は 変 化 が 激 しく 知 識 を 暗 記 するだけで は 生 き 抜 くことが 難 しい 世 の 中 です 自 分 で 主 体 的 に 考 え 判 断 し 実 行 する 人 と 協 同 して 知 識 や 技 能 をフル 活 用 して 課 題 を 乗 り 越 える 力 が 大 切 です 私 は そうした 想 いを 持 って 昨 年 全 国 の 教 育 の 土 台 と なる 学 習 指 導 要 領 を 改 訂 し 全 国 がそ うした 学 びに 取 り 組 めるよう 文 部 科 学 省 と して 働 きかけをしてきました 皆 さんの OECD 東 北 スクールでの 実 践 学 び は きっと 東 北 復 興 に 大 きな 力 をもたら し また 全 国 の 学 校 の 目 指 すモデルとも なると 信 じています ご 一 緒 に 取 り 組 める ことをうれしく 思 います お 会 いできるの が 楽 しみです! 畑 中 豊 ( 福 島 県 大 熊 町 立 大 熊 中 学 校 教 諭 ) 公 立 中 学 校 英 語 教 員 英 語 教 育, 特 に 授 業 マネジメントに 関 して 講 演 活 動 を 全 国 で 展 開 してい る 執 筆 にも 精 力 的 に 取 り 組 む 故 郷 を 離 れて 暮 されている 大 熊 町 民 のみなさんは 大 きな 期 待 を 持 って 大 熊 中 学 校 の 生 徒 を 見 守 ってくれています 町 民 のみなさんが 学 校 へ 託 される 期 待 の 大 きさも 痛 感 していま す 未 来 を 切 り 開 く 術 を 探 っていた 私 たちにとって OECD 東 北 スクー ルはまさに 渡 りに 船 でした 生 徒 の 創 造 力, 感 性, 個 性 を 引 き 出 し, 伸 ばしてくれるととも に, 私 たち 指 導 者 にも,どのように 生 徒 に 接 するべきかを 様 々 な 場 面 で 教 えてくれているような 気 がします 良 き 友 に 出 会 い, 互 いに 磨 き 合 い, 高 め 会 う 姿 を 見 ているとこ のプロジェクトに 関 われてほんとうによかったと 思 う 今 日 この 頃 です ピンチをチャンスに!どんどん 発 信! を 合 い 言 葉 に 様 々な 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます

県租推協インフォメーション

県租推協インフォメーション 和 歌 山 租 推 協 だより 平 成 25 年 2 月 発 行 ~ 第 91 号 ~ 発 行 和 歌 山 市 租 税 教 育 推 進 協 議 会 ( 事 務 局 ) 和 歌 山 税 務 署 総 務 課 内 073(424)2131 ~ は じ め に ~ 関 係 各 位 におかれましては 平 素 から 当 協 議 会 の 運 営 とりわけ 児 童 生 徒 等 に 対 する 租 税 教 育 の 推

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E8179958D91AE8A778D5A817A83748340834E836783758362834E875481698BAD82DD814593C1904695D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E8179958D91AE8A778D5A817A83748340834E836783758362834E875481698BAD82DD814593C1904695D2816A2E646F63> 附 属 学 校 部 ファクトブックⅠ ( 強 み 特 色 編 ) 1. 他 大 学 他 学 部 にない 独 自 性 ( 強 み) P1 2. 最 近 における 特 記 事 項 P1 3. 地 域 貢 献 P2 4. 各 界 メディア 等 で 活 躍 している 教 員 卒 業 生 P3 1. 他 大 学 や 他 学 部 等 にない 独 自 性 ( 強 み) 平 成 21(2009) 年 度 より, 附

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378> 平 成 27 年 度 新 入 職 員 募 集 受 付 中 卒 業 生 からのメッセージ 専 修 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 卒 業 勤 続 32 年 支 店 長 : 大 学 を 卒 業 と 同 時 に 都 内 の 信 用 金 庫 へ 就 職 し 1 年 半 お 世 話 になりました 当 時 も 就 職 難 で やっとの 思 いで 就 職 した 信 用 金 庫 でありましたが 親 が 高

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担 常 葉 大 学 浜 松 キャンパス 教 務 課 杉 浦 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 教 務 課 での 仕 事 教 務 課 の 仕 事 は 学 生 や 教 員 が 授 業 を 円 滑 に 行 えるようにサポートをすることです 私 は 主 に 実 習 関 連 の 業 務 に 携 わっており 学 外 での 長 期 間 の 実 習 の 際 には 宿 泊 施 設 の 手 配 をしたり 実 習 施 設

More information

3月31日をもちまして無事定年退職となりました

3月31日をもちまして無事定年退職となりました 4 月 16 日 ( 金 ) 離 任 式 退 職 異 動 された 先 生 主 事 さん 方 か らメッセージをいただきました 3 月 31 日 をもちまして 無 事 定 年 退 職 とな りました 25 日 最 後 の 授 業 には お 母 様 方 が かけつけてくださり 子 どもたちと 共 に 涙 ぐんでいただいたことを 有 難 く 終 生 忘 れません 皆 様 方 からもらった 花 束 が 枯

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

春季部報(2015).xlsx

春季部報(2015).xlsx 日 立 北 高 校 野 球 部 部 報 ~ 春 季 大 会 新 入 部 員 紹 介 ~ 我 々 日 立 北 高 校 野 球 部 は 夏 の 大 会 でベスト4 以 上 の 結 果 を 残 すことを 目 標 としていま す 秋 季 大 会 で 味 わった 屈 辱 を 春 季 大 会 にぶつけるべく 冬 の 厳 しい 練 習 や 千 葉 遠 征 を 乗 り 越 えてきました そして 迎 えた 春 季 大

More information

国民生活センター40周年記念誌

国民生活センター40周年記念誌 運 営 協 議 会 委 員 氏 名 就 任 時 の 職 名 就 任 期 間 宮 澤 健 一 社 会 保 障 研 究 所 長 80. 9.18~03. 9.30 今 井 光 映 金 城 学 院 大 学 家 政 学 部 教 授 91. 3. 8~03. 9.30 金 森 房 子 評 論 家 91. 3. 8~03. 9.30 田 島 義 博 社 団 法 人 消 費 者 関 連 専 門 家 会 議 会 長

More information

公益財団法人ひょうご産業活性化センター

公益財団法人ひょうご産業活性化センター 法 人 県 民 超 過 課 税 を 活 用 した 補 助 金 交 付 事 業 今 女 性 がイノベーションを 起 こし 経 済 を 活 性 化 させる 力 となることが 期 待 されて います 自 分 のアイデアや 経 験 を 活 かすため 女 性 が 日 々 暮 らしている 生 活 環 境 と 両 立 するビジネスライフを 実 現 するため 起 業 という 選 択 肢 にチャレンジしませんか 女

More information

(2) 実 施 主 体 等 主 催 : 幡 多 地 域 観 光 キャンペーン 実 行 委 員 会 ( 高 知 県 ) 協 力 :( 公 財 ) 高 知 県 観 光 コンベンション 協 会 法 政 大 学 総 長 室 広 報 課 *(セミナー 実 施 協 力 ) * 本 インターン 事 業 に 複 数

(2) 実 施 主 体 等 主 催 : 幡 多 地 域 観 光 キャンペーン 実 行 委 員 会 ( 高 知 県 ) 協 力 :( 公 財 ) 高 知 県 観 光 コンベンション 協 会 法 政 大 学 総 長 室 広 報 課 *(セミナー 実 施 協 力 ) * 本 インターン 事 業 に 複 数 楽 しまんと!はた 博 関 連 企 画 幡 多 7DAYS 首 都 圏 大 学 生 ( 情 報 発 信 )インターン 塾 成 果 発 表 会 in 東 京 のお 知 らせ 2013 年 9 月 18 日 幡 多 地 域 観 光 キャンペーン 実 行 委 員 会 ( 高 知 県 ) 2013 年 夏 日 本 最 高 気 温 を 記 録 した あの 高 知 県 四 万 十 川 首 都 圏 からの 大 学

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション みんなの 集 落 研 究 所 設 立 記 念 講 演 & 交 流 会 本 日 のタイムスケジュール 15:00~15:05 開 会 15:05~15:45 設 立 記 念 講 演 みんなでつくる 集 落 の 未 来 15:45~16:05 みんなの 集 落 研 究 所 紹 介 16:05~16:30 評 議 員 執 行 役 ご 挨 拶 16:30~16:40 閉 会 会 場 への 移 動 をお 願

More information

目 指 すべき 方 向 性 と 取 組 事 業 重 点 取 組 1: 次 代 を 担 うグローバル 材 の 育 成 目 標 1 施 策 6 魅 力 ある 高 校 教 育 の 推 進 1 英 語 力 の 向 上 グローバルに 活 躍 するための 基 礎 となる 英 語 力 を 身 に 付 けさせるため

目 指 すべき 方 向 性 と 取 組 事 業 重 点 取 組 1: 次 代 を 担 うグローバル 材 の 育 成 目 標 1 施 策 6 魅 力 ある 高 校 教 育 の 推 進 1 英 語 力 の 向 上 グローバルに 活 躍 するための 基 礎 となる 英 語 力 を 身 に 付 けさせるため 施 策 6 魅 力 ある 高 校 教 育 の 推 進 施 策 の 方 針 多 様 な 文 化 価 値 観 への 理 解 を 深 め 世 界 的 視 野 や 問 題 解 決 能 力 等 を 養 い 国 際 共 通 語 である 英 語 の 力 を 強 化 することで 国 際 社 会 で 活 躍 できる 人 材 を 育 成 します 特 色 ある 高 校 づくりを 推 進 し 市 立 高 校 への 市 民

More information

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 )

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 専 願 入 学 手 続 締 切 併 願 入 学 手 続 締 切 平 成 28 年 1 月 27 日 (

More information

◎基調講演講師紹介

◎基調講演講師紹介 厚 生 労 働 省 受 託 事 業 平 成 25 年 度 大 阪 府 職 業 能 力 開 発 異 業 種 交 流 シンポジウム 開 催 案 内 1 開 催 テ ー マ 若 年 雇 用 と 人 材 育 成 我 が 国 の 人 口 は 今 後 減 少 していくことが 予 想 されており 現 在 の 若 者 (15~39 歳 ) は 少 子 高 齢 化 が 急 速 に 進 む 社 会 で 成 長 し これからは

More information

48423本編表紙out

48423本編表紙out 2 神 戸 地 域 の 将 来 像 楽 しいまち 神 戸 をめざそう 神 戸 はどのような 地 域 をめざしていくべきなのでしょうか その 将 来 像 はどのよ うなものなのでしょうか 神 戸 らしさ もふまえながら 地 域 のめざす 目 標 として 提 案 します 夢 提 案 1 ( 地 域 の 将 来 像 ) 人 々が 集 い 喜 びと 感 動 が 共 有 できる 楽 しいまち 神 戸 をめざそう

More information

-3- 行 政 概 要 行 政 概 要 市 制 施 行 昭 和 26 年 4 月 1 日 ( 全 国 262 番 目 東 京 都 5 番 目 ) 位 置 東 経 139 度 16 分 30 秒 ( 市 役 所 におけるもの) 北 緯 35 度 47 分 16 秒 海 抜 186.6メートル 規 模 人 口 密 度 人 口 集 中 人 口 面 積 1km 2 地 区 人 口 当 たり 国 勢 調 人

More information

はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 私 たちの 住 む 石 巻 市 に 大 きな 被 害 をもたらしました しかし 多 くの 市 民 やボランティアの 活 動 によって 勇 気 づけられ 市 民 が 主 体 となって 震 災 の 前 よりも 住 み

はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 私 たちの 住 む 石 巻 市 に 大 きな 被 害 をもたらしました しかし 多 くの 市 民 やボランティアの 活 動 によって 勇 気 づけられ 市 民 が 主 体 となって 震 災 の 前 よりも 住 み 石 巻 市 震 災 復 興 基 本 計 画 市 民 からの104の 提 案 石 巻 復 興 支 援 ネットワーク はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 私 たちの 住 む 石 巻 市 に 大 きな 被 害 をもたらしました しかし 多 くの 市 民 やボランティアの 活 動 によって 勇 気 づけられ 市 民 が 主 体 となって 震 災 の 前 よりも

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

800m 1 1'54"4 森 井 清 6 県 選 手 権 85.6.23 三 ツ 沢 2 1'55"22 福 山 高 志 26 関 東 高 校 05.6.19 千 葉 3 1'55"49 平 野 裕 樹 32 県 高 校 総 体 12.5.19 三 ツ 沢 4 1'55"84 小 園 大 地 29

800m 1 1'544 森 井 清 6 県 選 手 権 85.6.23 三 ツ 沢 2 1'5522 福 山 高 志 26 関 東 高 校 05.6.19 千 葉 3 1'5549 平 野 裕 樹 32 県 高 校 総 体 12.5.19 三 ツ 沢 4 1'5584 小 園 大 地 29 荏 田 高 校 陸 上 競 技 部 男 子 歴 代 10 傑 手 動 計 時 と 電 気 計 時 順 位 は 100m 200m 100mH 110mHについては 手 動 計 時 に+0"24 400m 400mH 400mR 1600mRについては 手 動 計 時 に+0"14 800m 以 上 についてはそのまま 比 較 投 擲 種 目 については 旧 規 格 (やり 投 '85 以 前 砲 丸

More information

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育 名 称 開 催 年 月 日 場 所 出 席 者 会 議 記 録 平 成 27 年 度 第 2 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 27 年 12 月 15 日 ( 火 )18:30~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 委 員 区 側 出 席 者 西 郷 泰 之 ( 会 長 ) 山 本 真 実 ( 職 務 代 理 者 ) 小 森 信 政 塙 佳 生 佐 久 間 貴 子 山

More information

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護 追 中 通 信 ~ 共 に 高 めあい 共 に 学 ぶ~ 平 成 27 年 4 月 9 日 追 手 門 学 院 中 学 校 第 1 号 春 陽 の 候 保 護 者 の 皆 様 におかれましては 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 本 日 新 年 度 の 始 業 式 対 面 式 が 行 われました 第 49 期 生 を 新 1 年 生 として 迎 え 今 年 度 の 中 学 全

More information

<4D F736F F D A7790B695E58F D C789C195E58F57816A2E646F63>

<4D F736F F D A7790B695E58F D C789C195E58F57816A2E646F63> ~ 学 びの 力 を 地 域 に 地 域 の 力 を 学 びに~ 平 成 28 年 度 対 馬 市 学 生 実 習 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 : 夏 休 みこども 寺 子 屋 ) ( 随 時 募 集 : 古 民 家 の 再 生 ) 対 馬 市 では 地 域 おこしの 現 場 に 学 び 課 題 解 決 を 図 りたいとう 熱 意 あふれる 実 習 生 を 次 のとおり 募 集 します 6

More information

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ 特 別 表 彰 1 名 ( 敬 称 略 ) 金 子 宏 東 京 都 文 京 区 上 田 市 殿 城 出 身 < 学 術 研 究 に 関 する 主 な 功 績 > 長 野 県 上 田 高 等 学 校 を 卒 業 後 東 京 大 学 に 進 学 し 租 税 法 の 研 究 を 重 ねられ 租 税 法 を 独 立 した 法 分 野 に 発 展 させるとともに 地 方 税 法 に おいても 公 正 適 正

More information

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt 次 世 代 に 夢 をつなぐ 防 災 カレンダーづくり 徳 島 県 由 岐 町 立 由 岐 中 学 校 大 田 弘 士 徳 島 県 由 岐 町 総 務 課 浜 大 吾 郎 1/21 2006.2.18 第 3 回 防 災 教 育 チャレンジプランワークショップ 防 災 教 育 の 概 要 目 的 生 徒 達 が 防 災 に 関 する 知 識 技 能 を 習 得 し 地 域 の 防 災 上 の 課 題

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

どこから 何 をすればいいか 迷 います 豊 かさスクールではマーケティング 全 般 を 抑 えながらホームページを 中 心 とした ネットマーケティングをメインに 勉 強 します 実 際 に 私 がサポートした 人 は 全 員 がホームページを 使 った 集 客 です なぜなら 時 代 の 流 れ

どこから 何 をすればいいか 迷 います 豊 かさスクールではマーケティング 全 般 を 抑 えながらホームページを 中 心 とした ネットマーケティングをメインに 勉 強 します 実 際 に 私 がサポートした 人 は 全 員 がホームページを 使 った 集 客 です なぜなら 時 代 の 流 れ メール 説 明 会 5 回 目 ネットマーケティング こんにちは 一 人 治 療 家 豊 かさ 集 客 スクール 代 表 の 吉 田 しょういちです 第 5 回 は ネットマーケティング です その 前 にこのメルマガの 登 録 特 典 2のプレゼント 吉 田 しょういち 北 野 哲 正 特 別 対 談 動 画 https://www.youtube.com/watch?v=5d4xdo3azeq

More information

放送大学-表紙

放送大学-表紙 放送大学を利用して 大学評価 学位授与機構で 学士を得ようとする方へ 平成24 2012 年度 イメージキャラクター まなぴー 平成24 2012 年度 放送大学を利用して大学評価 学位授与機構で学士を得ようとする方へ 261-8586 千葉市美浜区若葉2-11 電話番号 043-276-5111 総合受付 月 金 9時 18時 祝日を除く 音声ガイダンスに従って番号を選択してください 学生サポートセンターにつながります

More information

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極 就 実 大 学 大 学 院 修 士 課 程 人 文 科 学 研 究 科 人 文 知 の 宝 庫 2017 年 度 入 学 案 内 知 の 探 究 に 年 齢 制 限 はない 人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文

More information

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協

1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 )14:00~16:00 3 場 所 滝 沢 市 公 民 館 2 階 視 聴 覚 室 4 委 員 会 長 柳 村 典 秀 滝 沢 市 長 ( 青 少 年 問 題 協 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 目 次 会 議 概 要 2P 会 議 内 容 4P 会 議 録 署 名 人 署 名 9P 滝 沢 市 生 涯 学 習 文 化 課 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 1 1 件 名 平 成 27 年 度 滝 沢 市 青 少 年 問 題 協 議 会 2 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日

More information

シラバス_人間関係_2016

シラバス_人間関係_2016 目 次 (カリキュラム 順 ) 聖 書 概 説 キリスト 教 の 歴 史 と 文 化 キリスト 教 人 間 学 First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A I First-year English A II First-year

More information

事 業 報 告 書

事 業 報 告 書 平 成 19(2007) 年 度 事 業 報 告 書 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 から 平 成 20 年 3 月 31 日 まで) 学 校 法 人 筑 紫 女 学 園 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 目 的 1 2. 建 学 の 精 神 1 3. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 2 4. 学 生 生 徒 園 児 数 3 5. 卒 業 者 数 3 6. 役 員 評 議 員

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 第 2 次 北 上 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 北 上 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 世

More information

AUI構想の具体化に向けて アジアの未来社会をデザインする人材育成とは

AUI構想の具体化に向けて アジアの未来社会をデザインする人材育成とは AUI 構 想 の 具 体 化 に 向 けて アジアの 未 来 社 会 をデザインする 人 材 育 成 とは 公 益 財 団 法 人 トヨタ 財 団 シニア プログラム オフィサー 田 中 恭 一 この 報 告 の 目 的 は? アジアの 未 来 社 会 をデザインできる 人 材 を 育 成 する 上 で 重 要 と 思 われるポイントを 示 す アジア 協 働 大 学 院 のカリキュラム 作 成

More information

平成27年度閲覧者.xls

平成27年度閲覧者.xls 平 成 27 年 度 住 民 基 本 台 帳 閲 覧 者 一 覧 閲 覧 年 月 日 委 託 者 閲 覧 者 ( 受 託 者 ) 閲 覧 目 的 の 概 要 平 成 27 年 5 月 12 日 平 成 27 年 5 月 12 日 平 成 27 年 5 月 12 日 平 成 27 年 5 月 20 日 平 成 27 年 5 月 26 日 平 成 27 年 5 月 27 日 平 成 27 年 6 月 16

More information

02 2 5 4 5 4 4 0 7 7 4 4 0 4 0 0 0 4 4 4 4 4 4 4 4 0 4 4 0 0 4 4 0 0 2 4 4 0 0 0 4 7 7 0 0 4 4 4 4 4 4 2 2 4 4 4 4 4 4 4 0 4 0 4

02 2 5 4 5 4 4 0 7 7 4 4 0 4 0 0 0 4 4 4 4 4 4 4 4 0 4 4 0 0 4 4 0 0 2 4 4 0 0 0 4 7 7 0 0 4 4 4 4 4 4 2 2 4 4 4 4 4 4 4 0 4 0 4 文 部 科 学 省 認 可 通 信 育 放 送 大 学 表 平 成 年 度 () 第 2 学 期 0 3 テレビ 地 上 デジタル 放 送 ch ( 茨 城 栃 木 群 馬 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 の 各 一 部 ) BS 放 送 ch ラジオ FM 放 送 77.MHz( 東 京 局 ) 7.MHz( 前 橋 局 ) ( 茨 城 栃 木 群 馬 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 の

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

ニッセイ 名 作 劇 場 は 昭 和 39 年 に 当 社 創 業 75 周 年 記 念 事 業 の 一 環 として 日 生 劇 場 ( 東 京 )でスタートした 小 学 生 無 料 招 待 公 演 です この 公 演 では 開 催 各 地 の 教 育 委 員 会 公 共 団 体 のご 支 援 のも

ニッセイ 名 作 劇 場 は 昭 和 39 年 に 当 社 創 業 75 周 年 記 念 事 業 の 一 環 として 日 生 劇 場 ( 東 京 )でスタートした 小 学 生 無 料 招 待 公 演 です この 公 演 では 開 催 各 地 の 教 育 委 員 会 公 共 団 体 のご 支 援 のも 平 成 24 年 5 月 31 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 平 成 24 年 度 こどものためのミュージカル プレイ 第 49 回 ニッセイ 名 作 劇 場 王 様 の 耳 はロバの 耳 公 演 開 始 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 筒 井 義 信 )は 子 どもたちの 豊 かな 情 操 を 育 むことを 願 い ニッセイ 名 作 劇 場 に 協 賛 しています

More information

北 海 学 園 経 済 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 学 園 経 営 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 商 科 商 学

北 海 学 園 経 済 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 学 園 経 営 (2 部 ) 学 部 100,000 436,000 50,000 23,000 609,000 371,000 北 海 商 科 商 学 旭 川 経 済 学 部 200,000 800,000 49,500 1,049,500 639,500 旭 川 保 健 福 祉 学 部 (コミュニティ 福 200,000 800,000 100,000 100,000 49,500 1,249,500 739,500 祉 ) 旭 川 保 健 福 祉 学 部 ( 保 健 看 護 ) 200,000 1,200,000 150,000 150,000

More information

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名 平 成 2 年 度 評 価 表 [ 1 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 00200 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 政 策 / 経 常 / 義 / 臨 時 経 常 的 新 規 / 継 続 継 続 ( 連 絡 先 ) 291 名 0000515 社 会 福 祉 施

More information

プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方 々を 目 の 当 たりにして 黙 って 通 り 過 ぎ ることができ

プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方 々を 目 の 当 たりにして 黙 って 通 り 過 ぎ ることができ 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 復 興 プロジェクト Heart on Coin 絆 プロジェクト 企 画 書 Heart on Coin 絆 プロジェクトチーム プロジェクトの 経 緯 と 想 い 2011 年 3 月 11 日 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 しました あまりにも 多 くを 失 い 今 も 厳 しい 寒 さの 中 ただ 耐 えて 命 をつないでいる 方

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

平成27年金沢市教育委員会第3回定例会議

平成27年金沢市教育委員会第3回定例会議 教 育 委 員 会 第 3 回 定 例 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 28 年 3 月 25 日 ( 金 ) 開 会 13 時 30 分 閉 会 14 時 32 分 2 会 場 金 沢 市 庁 舎 2 階 201 会 議 室 3 出 席 委 員 (6 名 ) 教 育 委 員 長 田 邊 俊 治 教 育 委 員 小 山 信 早 川 芳 子 岡 能 久 河 野 俊 寛 ( 教 育 長 ) 野

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

5 月 17 日 ( 土 ) 岡 山 湯 郷 Belle 会 長 黒 田 和 則 (くろだ かずのり) 1945 年 12 月 6 日 生 まれ 1965 年 ~2003 年 美 作 市 職 員 税 務 課 長 スポーツ 振 興 課 長 助 役 2001 年 岡 山 湯 郷 Belle 設 立 に

5 月 17 日 ( 土 ) 岡 山 湯 郷 Belle 会 長 黒 田 和 則 (くろだ かずのり) 1945 年 12 月 6 日 生 まれ 1965 年 ~2003 年 美 作 市 職 員 税 務 課 長 スポーツ 振 興 課 長 助 役 2001 年 岡 山 湯 郷 Belle 設 立 に 5 月 16 日 ( 金 ) 基 調 講 演 髙 橋 清 孝 (たかはし きよたか) 千 葉 県 出 身 東 京 大 学 法 学 部 卒 業 昭 和 55 年 警 察 庁 入 庁 埼 玉 県 警 察 本 部 地 域 部 長 ( 平 成 5 年 3 月 ~) 警 視 庁 広 報 課 長 ( 平 成 6 年 9 月 ~) 警 視 庁 警 備 第 一 課 長 ( 平 成 8 年 2 月 ~) 警 察 庁

More information

第12回出版甲子園 慶大生が大学生に向けて説明する、年金が破綻しない理由 3次企画書

第12回出版甲子園 慶大生が大学生に向けて説明する、年金が破綻しない理由 3次企画書 1 タイトル: 慶 大 生 が 大 学 生 に 向 けて 説 明 する 年 金 が 破 綻 しない 理 由 2 サブタイトル: ~ 意 識 高 い 系 大 人 が 問 題 から 目 を 逸 らし 続 けてきた 歴 史 ~ 3 キャッチコピー: 年 金 制 度 の 視 点 から 考 える 年 金 政 策 アベノミクス 軽 減 税 率 4 企 画 概 要 : 本 企 画 は 年 金 制 度 の 是 非

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

資料3-2 特別支援教育の在り方に関する特別委員会関係資料

資料3-2 特別支援教育の在り方に関する特別委員会関係資料 資 料 3-2 特 別 支 援 教 育 の 在 り 方 に 関 する 特 別 委 員 会 関 係 資 料 中 央 教 育 審 議 会 初 等 中 等 教 育 分 科 会 特 別 支 援 教 育 の 在 り 方 に 関 1 する 特 別 委 員 会 について 中 央 教 育 審 議 会 初 等 中 等 教 育 分 科 会 特 別 支 援 教 育 の 在 り 方 に 関 す 3 る 特 別 委 員 会

More information

A2 22 教 育 実 践 臨 床 研 究 こどもの 学 びを 支 える 知 恵 と 技 藤 沢 市 教 育 文 化 センター A2 23 2014 研 究 紀 要 第 67 号 主 体 性 の 高 まりをめざす 課 題 学 習 ー 課 題 学 習 におけ る 言 語 活 動 の 明 確 化 と 充

A2 22 教 育 実 践 臨 床 研 究 こどもの 学 びを 支 える 知 恵 と 技 藤 沢 市 教 育 文 化 センター A2 23 2014 研 究 紀 要 第 67 号 主 体 性 の 高 まりをめざす 課 題 学 習 ー 課 題 学 習 におけ る 言 語 活 動 の 明 確 化 と 充 平 成 26 年 度 収 蔵 教 育 資 料 分 類 受 付 順 資 料 名 編 集 発 行 A1 20 平 成 26 年 度 富 山 県 教 育 センター 要 覧 集 富 山 県 教 育 センター 協 議 会 A2 1 平 成 25 年 度 学 校 保 健 関 係 研 究 推 進 実 践 集 録 富 山 県 学 校 保 健 会 A2 5 研 究 紀 要 平 成 25 年 度 学 力 向 上 市 町

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介 第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 会 議 録 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 )14 時 ~15 時 40 分 開 催 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 出 席 者 窪 田 吉 信 委 員 長 並 木 裕 之 副 委 員 長 新 井 鷗 子 委 員 稲 田 奈 緒 美 委 員 逢 坂 恵 理 子 委 員 佐 々 木 謙 二

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 日 本 全 国 こども 郷 土 料 理 サミット - 発 表 ふるさと&わが 家 の 郷 土 料 理!- 日 本 全 国 こども 郷 土 料 理 サミット 作 品 集 開 催 概 要 司 会 プロフィール 審 査 員 プロフィール ブロック 選 抜 者 9 名 の 作 品 審 査 結 果 各 賞 について 審 査 員 長 熊 倉 功 夫 より 総 評 (サミット 会 場 でのコメントより) 運 営

More information

まで 減 少 特 に15 歳 以 下 の 年 少 人 口 の 割 合 は 県 下 市 町 で 最 低 の 数 字 となってしまい ました このような 危 機 的 背 景 から 平 成 23 年 4 月 1 日 子 育 て 応 援 都 市 を 宣 言 し 子 育 て 世 代 をターゲットに 定 住 促

まで 減 少 特 に15 歳 以 下 の 年 少 人 口 の 割 合 は 県 下 市 町 で 最 低 の 数 字 となってしまい ました このような 危 機 的 背 景 から 平 成 23 年 4 月 1 日 子 育 て 応 援 都 市 を 宣 言 し 子 育 て 世 代 をターゲットに 定 住 促 文 教 厚 生 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 研 修 報 告 書 文 教 厚 生 常 任 委 員 会 では 平 成 28 年 5 月 17 日 ~19 日 の3 日 間 兵 庫 県 相 生 市 広 島 県 広 島 市 兵 庫 県 神 戸 市 にて 視 察 をしてまいりました 参 加 者 は 石 岡 祐 二 委 員 長 若 見 孝 信 副 委 員 長 大 河 原 千 晶 委 員 岡 村

More information

長 できたのではないかと 思 います 2 つ 目 は 自 分 たちでテーマを 設 定 し 考 えることの 大 切 さです 私 たちの 身 の 回 りは 大 小 様 々な 問 題 で 溢 れています しかし その 多 種 多 様 な 問 題 について 考 えることはあまり ありません けれども 今 回

長 できたのではないかと 思 います 2 つ 目 は 自 分 たちでテーマを 設 定 し 考 えることの 大 切 さです 私 たちの 身 の 回 りは 大 小 様 々な 問 題 で 溢 れています しかし その 多 種 多 様 な 問 題 について 考 えることはあまり ありません けれども 今 回 2013.3.4 人 間 環 境 学 部 長 谷 川 ゼミ 2 年 11H0506 新 井 梨 那 2012 年 度 リーディング ユニバーシティ 募 金 による 21 世 紀 社 会 のリーダー 育 成 学 生 報 告 書 1. 活 動 内 容 私 たち 長 谷 川 ゼミでは ゼミを 9 チームに 分 け 日 経 ストックリーグ という 大 会 に 参 加 しました この 大 会 では 株 式 上

More information

英 語 国 語 世 界 史 の3 科 目 でGMARCHを 中 心 とした 入 試 問 題 分 析 会 を 行 います 入 試 で 狙 われるポイントをお 話 します!それを 踏 まえた 予 想 問 題 の 演 習 をすることにより 目 標 と 現 状 の 学 力 の 差 を 実 感 し 夏 期 以

英 語 国 語 世 界 史 の3 科 目 でGMARCHを 中 心 とした 入 試 問 題 分 析 会 を 行 います 入 試 で 狙 われるポイントをお 話 します!それを 踏 まえた 予 想 問 題 の 演 習 をすることにより 目 標 と 現 状 の 学 力 の 差 を 実 感 し 夏 期 以 SHOZEMI 大 学 進 学 館 港 南 台 校 からのお 知 らせ こんにちはSHOZEMI 大 学 進 学 館 港 南 台 校 です SHOZEMI 大 学 進 学 館 港 南 台 校 で7 月 に 実 施 するイベントに ついてお 知 らせします 勉 強 会 では 演 習 だけでなく 普 段 の 授 業 ではなかなかお 話 することのできない 内 容 を 各 先 生 が 用 意 し ています

More information

平成25年度 事業報告書

平成25年度 事業報告書 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 2 6 年 5 月 2 3 日 理 事 会 評 議 員 会 学 校 法 人 八 戸 工 業 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 の 概 要 P1 ( 教 職 員 の 概 要 含 む) 2. 役 員 評 議 員 の 概 要 P3 3. 設 置 する 学 校 の 教 育 研 究 等 の 概 要 P4

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

週間情報(2812号)

週間情報(2812号) 週 間 情 報 2812 発 行 日 平 成 28 年 3 月 22 日 発 行 所 全 国 消 防 長 会 一 般 財 団 法 人 全 国 消 防 協 会 担 当 企 画 部 企 画 課 電 話 03(3234)1321 行 事 消 防 本 部 の 動 き 火 災 予 防 キャンペーンを 実 施 埼 玉 西 部 消 防 局 ( 埼 玉 ) 埼 玉 西 部 消 防 局 所 沢 東 消 防 署 では

More information

組織機構改正および役員人事異動ならびに人事異動について

組織機構改正および役員人事異動ならびに人事異動について 平 成 21 年 3 月 6 日 組 織 機 構 改 正 および 役 員 人 事 異 動 ならびに 人 事 異 動 について 朝 日 生 命 保 険 相 互 社 ( 社 長 佐 藤 美 樹 )では 4 月 1 日 付 にて Ⅰ. 組 織 機 構 改 正 1~3 頁 Ⅱ. 役 員 人 事 異 動 4~8 頁 Ⅲ. 人 事 異 動 9~11 頁 を 実 施 いたします Ⅰ. 組 織 機 構 改 正 1.

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

日 本 地 震 学 会 の 転 機 中 堅 どころの 教 員 =30~40 歳 代 とすると 学 生 卒 業 後,10~20 年 以 上 を 経 過 プレートテクトニクス の 導 入 ~ 定 着 期 学 生 時 代 を1980 年 代 に 過 ごす 一 般 教 養 科 目 で 地 学 を 学 んだと

日 本 地 震 学 会 の 転 機 中 堅 どころの 教 員 =30~40 歳 代 とすると 学 生 卒 業 後,10~20 年 以 上 を 経 過 プレートテクトニクス の 導 入 ~ 定 着 期 学 生 時 代 を1980 年 代 に 過 ごす 一 般 教 養 科 目 で 地 学 を 学 んだと 日 本 地 震 学 会 の 転 機 n 1995 年 兵 庫 県 南 部 地 震 の 発 生 なぜ 阪 神 淡 路 大 震 災 となったか? 学 会 の( 専 門 家 の) 責 任 は 反 省 実 は, 学 会 メンバーには 研 究 者 学 生 だけでなく, 初 等 中 等 教 育 関 係 者 (100 名 余 )もいた! 何 をしていたか( 何 千 円 / 年 も 払 って) 日 本 地 震 学

More information

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ Heart on Coin 絆 プロジェクト ~はじめに~ この 度 5 月 6 日 から 5 月 12 日 に 渡 り 西 宮 教 育 委 員 会 職 員 の 方 々に 加 え 大 阪 大 学 同 大 学 院 の 学 生 6 名 と 共 に Heart on Coin 絆 プロジェクトのメンバーである 関 西 学 院 大 学 生 4 名 が 宮 城 県 南 三 陸 町 の 歌 津 中 学 校 に

More information

金 融 経 済 講 演 会 を 浦 添 市 で 開 催 しました 写 真 沖 縄 県 金 融 広 報 委 員 会 では 沖 縄 県 と 共 催 し 10 月 27 日 ( 水 )タレントのダニエルカール さんをお 招 きして 楽 しく 学 べる!オラの 日 米 おもしろお 金 講 座 をテーマに 金

金 融 経 済 講 演 会 を 浦 添 市 で 開 催 しました 写 真 沖 縄 県 金 融 広 報 委 員 会 では 沖 縄 県 と 共 催 し 10 月 27 日 ( 水 )タレントのダニエルカール さんをお 招 きして 楽 しく 学 べる!オラの 日 米 おもしろお 金 講 座 をテーマに 金 金 融 広 報 だより 98 第 35 回 おかねの 作 文 入 選 者 決 定!! ( 平 成 23 年 3 月 ) 沖 縄 県 金 融 広 報 委 員 会 では 金 銭 金 融 教 育 を 普 及 する おめでとうございます ための 事 業 の 一 環 として 沖 縄 県 および 沖 縄 県 教 育 委 員 会 との 共 催 により 県 内 の 小 中 学 生 を 対 象 に おかねや ものを

More information

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国 2 次 2 次 2 次 2 次 81 東 京 学 芸 ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 東 京 学 芸 ( 教 育 - 初 等 - 英 語 ) 62.5 79 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 英 語 教 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 60.0 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 英 語 ) 62.5 都 留 文 科 ( 文 - 初

More information

部 長 級 松 本 孝 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 公 益 財 団 法 人 横 浜 市 体 育 協 会 常 務 理 事 スポーツ 事 業 局 長 H 斉 藤 良 展 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 一 般 社 団 法 人 横 浜

部 長 級 松 本 孝 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 公 益 財 団 法 人 横 浜 市 体 育 協 会 常 務 理 事 スポーツ 事 業 局 長 H 斉 藤 良 展 文 化 観 光 局 担 当 部 長 H * 一 般 社 団 法 人 横 浜 区 局 長 級 以 上 小 松 﨑 隆 横 浜 市 副 市 長 H24.3.31 * 横 浜 市 住 宅 供 給 公 社 理 事 長 H24.4.1 谷 内 徹 市 民 局 長 H24.3.31 社 会 福 祉 法 人 横 浜 市 福 祉 サービス 協 会 理 事 長 H24.4.1 増 田 文 彦 経 済 局 市 場 担 当 理 事 H24.3.31 神 奈 川 臨 海 鉄 道 株 式 会 社 執

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

Microsoft Word - 20160513pr.docx

Microsoft Word - 20160513pr.docx 関 係 者 各 位 プレスリリース 管 理 職 新 入 社 員 に 聞 いた 2015 年 度 理 想 の 上 司 イメージ 番 付 2016 年 5 月 10 日 株 式 会 社 保 健 同 人 社 管 理 職 新 入 社 員 ともに 2 年 連 続 面 倒 見 がよい 上 司 が 横 綱 に 番 付! 株 式 会 社 保 健 同 人 社 ( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 )は 2015

More information

1 文 化 庁 が 進 める 文 化 プログラムとその 三 つの 枠 組 み 文 化 芸 術 立 国 の 実 現 のために,2020 年 東 京 大 会 及 びラグビーワールドカップ い 2019 の 機 会 を 活 かすとともに,それ 以 降 も 多 様 な 文 化 芸 術 活 動 の 発 展 や

1 文 化 庁 が 進 める 文 化 プログラムとその 三 つの 枠 組 み 文 化 芸 術 立 国 の 実 現 のために,2020 年 東 京 大 会 及 びラグビーワールドカップ い 2019 の 機 会 を 活 かすとともに,それ 以 降 も 多 様 な 文 化 芸 術 活 動 の 発 展 や 文 化 プログラムの 実 施 に 向 けた 文 化 庁 の 基 本 構 想 ~2020 年 東 京 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 を 契 機 とした 文 化 芸 術 立 国 の 実 現 のために~ 平 成 27 年 7 月 文 化 庁 0 はじめに 2020 年 に 東 京 でオリンピック パラリンピック 競 技 大 会 ( 以 下, 2020 年 東 京 大 会 という )が 開

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

組 織 改 正 ポイント 2016 年 度 は 明 治 安 田 NEXTチャレンジプログラム の 最 終 年 度 にあたり 中 期 経 営 計 画 の 完 遂 および 次 期 中 期 経 営 計 画 に 向 けた 対 応 体 制 の 強 化 をめざし 国 内 生 命 保 険 海 外 保 険 事 業

組 織 改 正 ポイント 2016 年 度 は 明 治 安 田 NEXTチャレンジプログラム の 最 終 年 度 にあたり 中 期 経 営 計 画 の 完 遂 および 次 期 中 期 経 営 計 画 に 向 けた 対 応 体 制 の 強 化 をめざし 国 内 生 命 保 険 海 外 保 険 事 業 2016 年 3 月 2 日 2016 年 4 月 1 日 付 組 織 改 正 人 事 異 動 役 員 の 業 務 担 当 変 更 のお 知 らせ ( 執 行 役 社 長 根 岸 秋 男 )は 1. 組 織 改 正 (2~4ページ) 2. 人 事 異 動 役 員 の 業 務 担 当 変 更 (5~13ページ) を 行 ないますので お 知 らせいたします 組 織 改 正 ポイント 2016 年 度

More information

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

Ⅰ. 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 の 基 本 的 な 考 え 方 中 期 経 営 計 画 SHINKA( 新 化 進 化 真 価 )~ 未 来 に 挑 む~ で 掲 げる お 客 様 サービス 品 質 の 向 上 や 代 理 店 事 業

Ⅰ. 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 の 基 本 的 な 考 え 方 中 期 経 営 計 画 SHINKA( 新 化 進 化 真 価 )~ 未 来 に 挑 む~ で 掲 げる お 客 様 サービス 品 質 の 向 上 や 代 理 店 事 業 平 成 28 年 3 月 9 日 組 織 機 構 改 正 および 役 員 人 事 異 動 ならびに 人 事 異 動 について ( 社 長 佐 藤 美 樹 )では 4 月 1 日 付 にて Ⅰ. 組 織 機 構 改 正 1~ 2 頁 Ⅱ. 役 員 人 事 異 動 3~ 9 頁 Ⅲ. 人 事 異 動 10~ 11 頁 を 実 施 いたします Ⅰ. 平 成 28 年 度 組 織 機 構 改 正 平 成 28

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 3 福 島 12 市 町 村 の 教 育 人 材 育 成 ~ 現 状 今 後 の 取 組 つ~ 12 市 町 村 の 小 中 学 校 の 状 況 1( 仮 設 校 舎 や 他 施 設 利 用 の 状 況 ) 飯 舘 村 : 草 野 飯 樋 臼 石 小 学 校 3 校 の 仮 校 舎 体 育 館 福 島 市 会 津 若 松 市 震 災 前 現 在 南 相 馬 市 小 高 区 南 相 馬 市 鹿

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

出 会 いが 人 を 成 長 させる カタリバはそう 信 じ 人 生 の 先 輩 との 出 会 いを 通 じて 高 校 生 に 自 分 の 将 来 を 考 え る きっかけ を 提 供 する 活 動 で 高 校 生 のキャリア 支 援 に 取 り 組 んでいます 学 力 低 下 モラルハザード いじ

出 会 いが 人 を 成 長 させる カタリバはそう 信 じ 人 生 の 先 輩 との 出 会 いを 通 じて 高 校 生 に 自 分 の 将 来 を 考 え る きっかけ を 提 供 する 活 動 で 高 校 生 のキャリア 支 援 に 取 り 組 んでいます 学 力 低 下 モラルハザード いじ 社 会 づくりに 参 加 する 大 人 を 増 やすために 代 表 挨 拶 あなたを 育 てた 社 会 大 人 になる 直 前 の 高 校 生 を 動 機 づける 機 会 を より 広 くたくさんの 場 所 で 今 度 は あなたが 作 り 続 ける 必 要 があります 育 ててください 今 は 自 分 や 周 りにド ライなあの 子 も きっ と 何 かの きっかけ で 変 わる ダルイとか ウザイとか

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X)

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X) ここで 紹 介 する 就 職 活 動 アドバイスは 一 般 的 な 就 職 活 動 に 加 えて 行 うと 良 いものを 掲 載 してお ております 基 本 的 な 就 職 活 動 の 準 備 が 出 来 ていなければ 効 果 は 出 ません 一 般 的 な 就 職 活 動 は 行 っているけど 内 定 がもらえ らえない 良 い 結 果 が 出 ない 方 へ 是 非 参 考 にしてもらい らいたい

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

2005年9月5日

2005年9月5日 平 成 26 年 度 事 業 報 告 書 1 平 成 26 年 度 の 概 況 平 成 26 年 度 は 公 益 財 団 法 人 に 移 行 後 3 年 目 の 事 業 年 度 となり 理 事 顧 問 の 任 期 満 了 年 度 となったことから 改 選 を 行 うとともに 代 表 理 事 を 選 定 しました さらに 当 法 人 の 運 営 の 基 盤 となる 基 本 財 産 の 適 切 な 運

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

ソニー幼児教育支援プログラム 2016年度 論文募集要項

ソニー幼児教育支援プログラム 2016年度 論文募集要項 2016 年 度 論 募 集 要 項 求 む 情 熱 のこもった 取 り 組 み 夢 のある 計 画 ソニー 幼 児 教 育 支 援 プログラム 幼 稚 園 保 育 所 認 定 こども 園 への 教 育 助 成 科 学 する 心 を 育 てる 子 どもたちの 豊 かな 感 性 と 創 造 性 の 芽 生 え を 育 んでいくための 保 育 実 践 の 論 を 募 集 します ソニーの 幼 児 教 育

More information

三 輪 会 長 :それでは 本 部 案 2ページ 5. 報 告 事 項 に 移 ります まず 始 めに 1 平 成 26 年 度 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 事 業 報 告 について 本 部 お 願 い 稲 田 : 本 部 案 2ページをご 覧 ください 事 業 報 告 につきましては 各

三 輪 会 長 :それでは 本 部 案 2ページ 5. 報 告 事 項 に 移 ります まず 始 めに 1 平 成 26 年 度 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 事 業 報 告 について 本 部 お 願 い 稲 田 : 本 部 案 2ページをご 覧 ください 事 業 報 告 につきましては 各 平 成 26 年 度 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 全 日 本 役 員 総 会 議 事 録 日 時 : 平 成 27 年 3 月 3 日 ( 火 )13:00~14:30 場 所 : 岸 記 念 体 育 館 内 101 102 会 議 室 出 席 者 全 日 本 学 生 体 操 連 盟 会 長 三 輪 康 廣 副 会 長 梶 山 廣 司 関 田 史 保 子 常 任 理 事 村 上 哲 朗 平

More information

資料2 倉阪氏資料 「千葉大学における環境報告書」

資料2	倉阪氏資料 「千葉大学における環境報告書」 資 料 42 千 葉 大 学 における 環 境 報 告 書 の 作 成 状 況 千 葉 大 学 環 境 管 理 責 任 者 ( 法 経 学 部 教 授 ) 倉 阪 秀 史 背 景 地 球 温 暖 化 ごみ 量 増 大 富 栄 養 化 日 常 的 な 社 会 経 済 活 動 にともなう 環 境 問 題 に 取 り 組 むことが 必 要 環 境 マネジメントシステムのさまざまな 組 織 での 導 入 が

More information

スライド 1

スライド 1 NIIGATA UNIV.of MANAGEMENT FOOTBALL CLUB OFFICIAL MATCHDAY PROGRAMME 夢 へ の 挑 戦 Vol.1 2012.9.29 インディペンデンスリーグ2012 北 信 越 第 1 節 新 潟 経 営 大 学 A VS 新 潟 経 営 大 学 B 13:00 Kick Off 新 潟 経 営 大 学 A 経 大 ダービー! 新 潟 経 営

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

多 くの 多 くの

多 くの 多 くの 全 国 版 一 般 編 多 くの 多 くの の 医 療 体 制 の 準 備 は 市 町 村 によって 違 いま す やについ て 取 り 決 めがあります 市 町 村 市 町 村 によっては 市 町 村 を 行 っています サービス 市 町 村 市 町 村 の や 防 災 担 当 課 で 調 べて 下 さい 放 送 近 隣 のコミュニティFMは 地 域 の 細 かい 情 報 を

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140> 事 業 実 績 報 告 書 平 成 25 年 度 学 校 法 人 明 浄 学 院 学 校 法 人 明 浄 学 院 平 成 25 年 度 事 業 実 績 報 告 書 法 人 の 概 要 建 学 の 精 神 明 (あか)く 浄 (きよ)く 直 (なお)く の 精 神 に 則 り 豊 かな 心 と 深 い 教 養 を 備 え 知 性 に 輝 く 有 為 の 人 材 の 育 成 主 な 沿 革 1921.4

More information

平成18年度事業報告書

平成18年度事業報告書 公 益 財 団 法 人 アダチ 伝 統 木 版 画 技 術 保 存 財 団 事 業 報 告 書 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 ( 自 : 平 成 25 年 4 月 1 日 ) ( 至 : 平 成 26 年 3 月 31 日 ) Ⅰ. 事 業 の 状 況 平 成 25 年 度 において 実 施 された 各 事 業 を 定 款 第 3 条 に 定 める 事 業 内 容

More information

倫 理 綱 領 1. 私 たちは 子 どもの 利 益 を 最 優 先 した 養 育 をおこないます 一 人 ひとりの 子 どもの 最 善 の 利 益 を 優 先 に 考 え 24 時 間 365 日 の 生 活 をとおして 子 ど もの 自 己 実 現 と 自 立 のために 専 門 性 をもった 養

倫 理 綱 領 1. 私 たちは 子 どもの 利 益 を 最 優 先 した 養 育 をおこないます 一 人 ひとりの 子 どもの 最 善 の 利 益 を 優 先 に 考 え 24 時 間 365 日 の 生 活 をとおして 子 ど もの 自 己 実 現 と 自 立 のために 専 門 性 をもった 養 全 養 協 通 信 平 成 22 年 6 月 2 日 発 行 NO. 222 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 全 国 児 童 養 護 施 設 協 議 会 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 3-3-2 新 霞 が 関 ビル 100-8980 TEL03-3581-6503 FAX03-3581-6509 http://www.zenyokyo.gr.jp 全 養 協 の 動 き 全 養 協

More information

養 護 教 員 部 要 望 1 児 童 生 徒 の 生 命 を 守 り 多 様 化 深 刻 化 する 課 題 に 対 応 するため 養 護 教 諭 の 複 数 配 置 基 準 を 小 学 校 児 童 651 人 中 学 校 生 徒 601 人 に 引 き 下 げること 2 学 校 の 実 情 に 応

養 護 教 員 部 要 望 1 児 童 生 徒 の 生 命 を 守 り 多 様 化 深 刻 化 する 課 題 に 対 応 するため 養 護 教 諭 の 複 数 配 置 基 準 を 小 学 校 児 童 651 人 中 学 校 生 徒 601 人 に 引 き 下 げること 2 学 校 の 実 情 に 応 全 日 教 連 要 望 結 果 報 告 第 2 次 中 央 要 請 行 動 専 門 部 要 望 ( 発 行 平 成 27 年 6 月 15 日 ) 内 閣 府 要 望 日 時 平 成 27 年 5 月 11 日 ( 月 ) 9:30~12:00 回 答 者 初 等 中 等 教 育 局 財 務 課 定 数 企 画 係 長 廣 石 孝 氏 係 員 水 野 拓 美 氏 初 等 中 等 教 育 企 画 課

More information

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0 0 平 成 28 年 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース 募 集 説 明 会 2015.11 文 部 科 学 省 官 民 協 働 海 外 留 学 創 出 プロジェクト 日 本 全 国 の 高 校 生 留 学 について 現 状 ~ 平 成 25 年 度 高 等 学 校 等 における 国 際 交 流 等 の

More information