新 入 生 へのメッセージ ご 入 おめでとうございます みやぎ 長 宮 城 みつのぶ 光 信 東 北 工 業 大 に 入 された 生 大 院 生 の 皆 さん おめでとうございます 皆 さんは 将 来 社 会 を 支 える 人 として 東 北 はもちろんのこと 日 本 あるいは 世 界 で 活 躍

Size: px
Start display at page:

Download "新 入 生 へのメッセージ ご 入 おめでとうございます みやぎ 長 宮 城 みつのぶ 光 信 東 北 工 業 大 に 入 された 生 大 院 生 の 皆 さん おめでとうございます 皆 さんは 将 来 社 会 を 支 える 人 として 東 北 はもちろんのこと 日 本 あるいは 世 界 で 活 躍"

Transcription

1 東 北 工 業 大 の 今 を 伝 える 広 報 誌 No.277 Spring 年 4 月 3 日 発 行 ( 年 4 回 発 行 ) 2015 年 4 月 3 日 発 行 ( 年 4 回 発 行 ) ご 入 おめでとう 新 入 生 の 皆 さんへのメッセージ 在 生 によるキャンパス 紹 介 建 築 科 新 井 信 幸 研 究 室 ; 集 合 住 宅 のリノベーションについて 検 討 を 重 ねる

2 新 入 生 へのメッセージ ご 入 おめでとうございます みやぎ 長 宮 城 みつのぶ 光 信 東 北 工 業 大 に 入 された 生 大 院 生 の 皆 さん おめでとうございます 皆 さんは 将 来 社 会 を 支 える 人 として 東 北 はもちろんのこと 日 本 あるいは 世 界 で 活 躍 することになります 今 将 来 に 向 けて その 第 一 歩 を 歩 みはじめました 人 は 自 分 の 関 わる 仕 事 によって 工 夫 の 喜 び 開 発 の 喜 び 発 見 の 喜 び そして 創 造 の 喜 び と 人 に 仕 える 喜 び を 得 ることができます 皆 さんに 期 待 されていることは 人 間 の 生 活 を 豊 かにし 人 類 福 祉 に 貢 献 することで す そ のため には 人 間 に 対 する 深 い 洞 察 力 を 身 に つ け 人 とは 何 かを 理 解 することが 必 要 です 心 のこもった 人 間 性 あふれる 知 識 や 技 術 を 身 につけた 社 会 人 になるため に これから 自 分 自 身 を 鍛 え 訓 練 し 成 長 されることを 願 います 大 時 代 は 知 識 を 得 ると 同 時 に ものの 考 え 方 や び 方 を 確 実 にする とても 大 切 な 時 です 理 解 の 深 さ スピードは 人 によって 異 なります 皆 さん 一 人 ひとりが 本 当 に 納 得 するまで あ わて ず あせ らず あきら めず 忍 耐 強 く 勉 に 励 んでください そして 多 くの 人 に 接 し 多 くの 友 人 を 作 り 東 北 工 業 大 で の 生 生 活 を 自 分 の 一 生 のな か の かけがいのない 時 だと 誇 りに 思 えるよう 有 意 義 に 過 ごしてください 皆 さんの 活 躍 を 心 からお 祈 りしています 工 部 長 ラフデザン 部 長 明 るく 楽 しく 励 みましょう! わたなべ 渡 邉 建 築 科 ひろのり 浩 文 教 授 よく びよく 遊 べをモットーに 充 実 した 生 生 活 を いしかわ 石 よしみ 川 善 美 安 全 安 心 生 活 デザン 科 教 授 新 入 生 の 皆 さん 入 おめでとうございます 教 職 員 一 同 皆 さ んの 入 を 心 より 歓 迎 します 本 は 東 北 地 方 屈 指 の 伝 統 と 実 績 を 誇 る 大 です 卒 業 生 は 各 界 の 第 一 線 で 活 躍 されており 社 会 からの 皆 さんへの 期 待 は 極 めて 高 いものがあります 私 たち 教 職 員 は 皆 さんが 社 会 にお いて 十 二 分 に 活 躍 で きる よう 専 門 教 育 に 努 め ます 従 って 皆 さん も 本 の 教 育 を 信 頼 し そして 何 よりも 自 分 自 身 を 信 じて 修 に 励 んでいただきたいと 思 います もちろん 大 は 修 の 場 だけではありません 各 地 から 集 う 同 窓 生 とのさまざまな 交 流 や 課 外 活 動 は 日 々を 豊 かにしてくれま す し 卒 業 後 も 公 私 に わ た って 続 くことでしょう 工 部 では 特 に 高 度 専 門 修 となるため それなりに 厳 しい 取 り 組 みが 必 要 になると 思 います それでもそれに 明 るく 楽 しく 取 り 組 んでいただきたいと 希 望 します 入 おめでとうございます ラフデザン 部 の 教 職 員 一 同 皆 さんの 入 を 心 から 歓 迎 いたします 皆 さんはこれまでの 生 徒 から 生 になりました 我 々は 皆 さんを 生 として 扱 います これは 皆 さんを 一 人 前 の 大 人 として 扱 う という 意 味 です 互 いに 強 い 責 任 が 発 生 します これ をまず 十 分 自 覚 してください また 皆 さんは 入 すると 同 時 に 大 きな 自 由 時 間 を 手 に 入 れることになります 実 は 大 は 授 業 時 間 などよりはこの 自 由 な 時 間 の 方 が 圧 倒 的 に 長 いのです 皆 さ んの 大 生 活 が 実 りあるものになるかどうかは 授 業 も 大 切 です が この 自 由 時 間 をどう 使 うかにかかっています ぶ 時 間 も 遊 ぶ 時 間 もたっぷりあるので 自 主 と 自 律 の 精 神 が 重 要 です これも 心 に 留 め 置 いてください 生 時 代 は 長 い 人 生 において 今 だけのものです この 貴 重 な 時 間 を よく びよく 遊 べ をモットーに 充 実 したものにして 欲 し いと 心 から 願 っています 02 No.277 Spring 2015

3 科 だより 知 能 化 情 報 社 会 を 支 えるエレクトロニクス 工 部 まるやま 丸 山 つぎと 次 人 科 長 教 授 知 能 エ レ ク ト ロ ニ ク ス 科 新 入 生 の 皆 さん 入 お めでとうございます 私 たちの 身 の 周 りの 多 くの 製 品 は コンピュータが 組 み 込 まれ 知 能 化 され 安 全 で 快 適 な 生 活 を 提 供 しています この 知 能 化 情 報 社 会 を 支 えているのがエ レクトロニクス 技 術 者 であり 産 業 界 からの 人 材 需 要 は 益 々 高 まっております 本 科 では 電 子 工 を 基 盤 として 実 践 的 教 育 と 個 を 尊 重 した 教 育 研 究 を 充 実 させております 新 入 生 には 入 後 外 オリエンテーションを 行 い 大 生 活 の 心 構 えと 友 だち 作 りの 場 を 提 供 します さらにセミナーや 研 修 演 習 や 実 験 を 通 じて 実 践 的 教 育 を 行 い 卒 業 時 には 卒 業 研 修 の 成 果 を 発 表 します ま た 個 の 尊 重 の 下 3つの 専 門 コースを 用 意 し 一 人 ひとりの 個 性 に 合 わせた 教 育 に 努 めております 充 実 した 生 生 活 を 送 り 4 年 後 皆 さんが 社 会 から 期 待 さ れる 技 術 者 として 巣 立 つことを 楽 しみにしております 新 入 生 外 オリエ ンテーション 卒 業 研 修 発 表 会 工 部 目 標 を 定 め 有 意 義 な 生 生 活 を むらおか 村 岡 かずのぶ 一 信 科 長 教 授 情 報 通 信 工 科 現 代 社 会 はコンピュータやンターネット スマートフォンなどの 情 報 機 器 情 報 ンフラに 支 えられた 高 度 情 報 化 社 会 であり この 社 会 を 維 持 発 展 させるため 大 勢 の 技 術 者 が 活 躍 しています 本 科 の 卒 業 生 も 中 堅 技 術 者 として あるいは 組 織 の 中 核 として 重 要 な 役 割 を 担 っています 情 報 通 信 分 野 はコンピュータを 中 心 とした 情 報 技 術 光 通 信 や 無 線 通 信 な どの 通 信 技 術 ネットワークや 組 込 みシステムなどの 通 信 と 情 報 が 融 合 した 技 術 などがあり 業 種 や 職 種 も 多 様 です 本 科 では1~2 年 で 基 礎 を 3 年 から 通 信 コースと 情 報 コースに 分 かれて 専 門 を 深 く び 4 年 では 卒 業 研 修 を 行 って 卒 業 論 文 とポスター 発 表 会 で 成 果 を 公 表 します 自 分 の 得 意 分 野 を 最 初 の1~2 年 で 見 つけ 目 標 に 向 かって 有 意 義 な 生 生 活 を 過 ごしてください 皆 さんの 頑 張 りに 期 待 します 研 修 生 ポスター 発 表 会 工 部 建 築 の 世 界 にようこそ! いしい 石 井 さとし 敏 科 長 教 授 建 築 科 建 築 はとても 大 らかで 拡 がりと 深 みのある 問 です 皆 さん 一 人 ひとりを 惹 きつける 内 容 個 性 が 発 揮 できる 分 野 が 必 ずあります 社 会 に 出 て 建 築 技 術 者 設 計 者 として 通 用 するための 知 識 や 技 術 を 私 たち 建 築 科 教 員 が 情 熱 を 持 って 皆 さんに 教 え 伝 えます その 道 は 決 して 楽 なものではありません 皆 さ ん 自 身 の 努 力 も 必 要 です 大 生 活 の4 年 間 は 自 由 で 豊 かで そして 人 間 的 に 成 長 できる 時 間 です 貴 重 な 時 間 を 無 駄 にせず 全 力 で んでください 建 築 は 人 のための 問 であり 人 の 暮 らしを 豊 かにするための 技 術 です 人 に 対 して 思 いやりを 持 ち 多 様 な 意 見 や 価 値 観 を 共 有 する 包 容 力 ローカルか らグローバルまで 見 渡 すことができる 視 野 の 広 さが 必 要 です 私 たちは 皆 さ んの 能 力 を 伸 ばし 成 長 させる 教 育 をします 多 くの びのチャンスも 提 供 しま す 皆 さんの 成 長 を 大 いに 期 待 しています! 1 年 生 最 初 のワークショップでのグループ 作 業 ( 平 成 26 年 度 ) 東 北 工 業 大 の 今 を 伝 える 広 報 誌 03

4 科 だより 卒 業 後 に 必 要 な 力 を 日 々の 生 活 で 鍛 えよう 工 部 こいで 小 出 ひでお 英 夫 科 長 教 授 都 市 マ ネ ジ メ ン ト 科 入 おめでとうございます 大 生 の 授 業 態 度 について 時 々 話 題 になりま す 授 業 態 度 と 言 っても 高 校 までとは 異 なり 例 えば 各 机 のコンセントから 携 帯 への 充 電 黒 板 の 撮 影 飲 物 の 摂 取 などです 禁 止 事 項 ではない 場 合 マ ナーとして 許 す 許 さない の 判 断 はその 授 業 の 教 員 自 身 が 不 快 に 感 じるか 否 かであり その 結 果 として 生 が 厳 しく 注 意 される 場 合 もあります 皆 さん は を 決 めて 欲 しいと 思 うかもしれませんが 社 会 も 同 じです 日 々 気 持 ちよく 過 ごすには どのような 行 為 が 他 人 を 不 快 にする 可 能 性 があるの か を 冷 静 に 考 えることができる 力 が 必 要 です 本 科 の 卒 業 生 が 関 わる ンフ ラ の 計 画 設 計 施 工 管 理 防 災 まち づ くりなどの 仕 事 の 際 に は 特 に この 力 が 重 要 となります 本 科 の 皆 さんはこのことを 常 に 意 識 して 日 々の 大 生 活 を 送 り この 力 ( 能 力 )を 鍛 えて 欲 しいと 思 います 震 災 復 旧 現 場 ( 名 取 川 河 口 )にて 担 当 者 から 説 明 を 聞 く 工 部 健 全 で 持 続 可 能 な 社 会 実 現 のリーダーに みやもと 宮 本 ゆういち 裕 一 科 長 教 授 環 境 エ ネ ル ギ ー 科 ご 入 おめでとうございます 教 職 員 在 生 一 同 心 から 大 歓 迎 いたしま す 皆 さんはこれからの 勉 や 大 生 活 への 期 待 に 胸 を 大 きく 膨 らませてお られることと 思 います 環 境 エネルギー 科 は 現 代 社 会 の 複 雑 な 諸 問 題 を 解 決 するために 環 境 保 護 エネルギー 利 用 経 済 成 長 の 調 和 を 目 指 して 教 育 研 究 を 行 う 新 しい 文 理 融 合 の 科 です 世 界 の 状 況 は 厳 しさを 増 してお り 私 たちの 毎 日 の 生 活 にも 影 響 を 与 えています このような 時 こそ 自 分 を 見 失 うことなく じっくりと 着 実 に 自 身 の 価 値 を 高 めていく 努 力 が 大 切 です 科 では 工 のみならず さまざまな 問 分 野 の 知 識 や 技 術 を 養 うことので きるカリキュラムを 皆 さんに 提 供 します 環 境 エネルギーに 対 して 幅 広 い 興 味 熱 意 を 持 ち 柔 軟 に 考 え 健 全 で 持 続 可 能 な 社 会 実 現 に 向 けてともに 問 をすすめましょう 1 年 生 外 研 修 での 千 年 希 望 の 丘 ( 岩 沼 市 下 野 郷 )にて ( 本 科 平 成 26 年 入 宮 内 怜 撮 影 ) ラ フ デ ザ ン 部 興 味 が 出 発 点 び 続 けることが 真 の 力 もろずみ 両 角 きよたか 清 隆 科 長 教 授 ク リ エ テ ィ ブ デ ザ ン 科 クリエティブデザン 科 では 生 活 を 美 しく 豊 かにするアデアやそ れを 実 現 するデザンプロセスを びます この 過 程 を 通 して 社 会 に 役 立 つ 製 品 やサービス 情 報 を 生 み 出 すことのできる 幅 広 い 分 野 で 活 躍 する 人 材 を 育 成 します その びは 1 年 は 基 礎 的 なデザン 教 育 や 教 養 教 育 にはじま り 1 年 の 最 後 にはプロダクトデザン ビジュアルデザン エクスペリエン スデザンの3つのコースから 選 択 を 行 い 徐 々に 専 門 的 な 能 力 を 高 めてい きます 4 年 の 最 後 には じっくり 制 作 研 究 に 取 り 組 んだ 成 果 をせんだいメ ディアテークで 発 表 展 示 します この 間 幅 広 い 教 養 や 高 い 専 門 の 能 力 を び 続 けることで 驚 くほど 人 間 性 豊 かでクリエティブな 人 間 へと 成 長 し ます 必 要 なのは 好 奇 心 と 継 続 性 です 皆 さんも び 続 け 一 緒 に 未 来 を 切 り 開 いていきましょう 春 のデザンツアー せんだいメディアテークで 04 No.277 Spring 2015

5 ラ フ デ ザ ン 部 安 全 安 心 生 活 デ ザ ン 科 多 くの 人 に 解 ってもらいましょう こやま 小 山 ゆうじ 祐 司 科 長 教 授 ご 入 おめでとうございます 科 教 職 員 一 同 諸 君 とともに 新 たな 大 生 活 を 迎 えることを 楽 しみにしております 本 科 では より 良 い 生 活 の 場 づくりを 目 指 し 住 まいのデザン 提 案 をしたり 地 域 コミュニティ 形 成 へのアドバスを 行 ったり 心 身 の 健 康 を 保 つためのアドバスを 行 うなど 生 諸 君 とともに 実 践 的 な 取 り 組 みを 行 っ ています 諸 君 も 悪 戦 苦 闘 しながら さまざまな 調 査 を 行 い 気 付 き まと め 提 案 を 行 うことになります その 際 人 に 良 く 理 解 してもらうことが 大 切 なのです 自 己 満 足 は 通 用 しま せん いろいろなことに 自 ら 気 付 き 他 の 人 に 解 ってもらうための 知 恵 を 大 いに 身 に 付 けてください 失 敗 を 恐 れず 奮 闘 されることを 期 待 しています 外 研 修 での 集 合 写 真 ( 仙 台 市 太 白 区 秋 保 工 芸 の 里 ) 要 介 護 者 のための 入 浴 施 設 見 仙 台 の 公 園 空 間 探 索 ( 体 験 授 業 仙 台 市 太 白 区 特 養 老 ( 仙 台 市 宮 城 野 区 榴 岡 公 園 ) 人 ホーム) ラ フ デ ザ ン 部 経 営 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 科 自 分 に 社 会 に 問 い 続 けよう みやそね 宮 曽 根 科 長 教 授 み か 美 香 新 入 生 の 皆 さん 入 おめでとうございます 自 分 に 潜 んでいる 可 能 性 を 探 し 見 つけて 深 める4 年 間 のはじまりです 経 営 コミュニケーション 科 は 組 織 と 地 域 社 会 に 貢 献 する 人 材 の 育 成 を 目 指 しています 経 営 およびコミュニケーションの 知 識 とスキルを 柱 にICT 技 術 を 加 えて びを 深 めていきます 組 織 や 地 域 社 会 が 抱 えるさまざまな 問 題 に 対 して 大 での びが 活 かさ れるために 大 ではたくさんの 問 いかけをして その 問 いに 一 定 の 答 えを 探 してください 科 ではそのことを 実 現 できるカリキュラムをそろえ 教 員 も それぞれの 専 門 的 立 場 から 皆 さんをサポートします そして 責 任 ある 社 会 人 ビジネスパーソンであるために 卒 業 してからも 問 い 続 ける 姿 勢 を 持 って ほしいと 思 います ICT; Information and Communication Technology 情 報 通 信 技 術 2014 年 度 チャレンジアブロードプログラムでのオーストラリアの 大 生 との 交 流 会 共 通 教 育 セ ン タ ー 皆 さんをいつも 応 援 します うめだ 梅 田 けんたろう 健 太 郎 共 通 教 育 センター 長 教 授 新 入 生 の 皆 さん ご 入 おめでとうございます 大 生 活 への 期 待 にあふ れ また 少 しの 不 安 もあるかと 思 います 共 通 教 育 センターは そんな 皆 さん をいつも 応 援 します 今 社 会 はいろいろな 困 難 な 問 題 を 抱 え それらの 問 題 を 適 切 に 解 決 し 活 力 ある 社 会 を 持 続 していくことが 要 請 されています 共 通 教 育 センターは 社 会 で 遭 遇 するさまざまな 問 題 課 題 に 取 り 組 むに 当 たって 基 盤 となる 素 養 を 身 につけるための 教 養 教 育 科 目 そして 皆 さんが 入 された 科 で ぶ 高 度 な 専 門 科 目 にスムーズに 結 びつくための 専 門 教 育 科 目 を 担 当 します 同 セ ンターの manabiなんでも 相 談 室 では 大 での 日 々の 習 における 疑 問 質 問 にいつでも 対 応 します いろいろなことを び 多 くの 人 と 出 会 い 語 り 豊 かな 大 生 活 となるように 何 事 にも 積 極 果 敢 に 取 り 組 んでください センター 開 催 TOEIC 課 外 セミナー 東 北 工 業 大 の 今 を 伝 える 広 報 誌 05

6 卒 業 研 修 研 究 成 果 発 表 研 究 室 で んだこと 工 部 知 能 エレクトロニクス 科 丸 山 次 人 研 究 室 制 御 技 術 で 世 の 中 に 役 立 つことを 目 指 して 本 への 思 いと 卒 業 研 修 について まるやま 丸 山 つぎと 次 人 教 授 うえむら 上 村 たくや 琢 哉 制 御 工 を 基 礎 として 体 の 不 自 由 な 方 の 生 活 支 援 ロボット の 実 現 と ヒトの 知 覚 運 動 制 御 の 仕 組 みの 解 明 を 目 指 してお ります 具 体 的 には 高 齢 者 用 スマートカートと 盲 導 犬 ロボット(3 名 ) バオリン 演 奏 ロボット(3 名 ) メカトロシステムの 制 御 技 術 (2 名 )の 研 究 に 取 り 組 んでいます 上 村 さんはプログラミングが 得 意 というだけでなく 弦 を 押 さえ る 4 本 指 を 作 る 際 に 指 の 大 きさと 間 隔 の バ オリン 演 奏 に 適 し た 寸 法 を 提 案 してくれ まし た ま た ヒトが 何 気 なくや って い る 弓 の 弾 き 方 と 音 量 音 程 の 関 係 について 制 御 工 の 立 場 から 研 究 を 行 っております 本 大 院 に 進 後 も こ の 未 知 の 課 題 に チ ャレン ジして 最 終 的 に 開 発 した 技 術 が 世 の 中 に 役 立 つことを 目 指 し て 大 きく 成 長 して 欲 し いと 思 っております 卒 業 研 修 セミナー 私 が 入 したのは 東 日 本 大 震 災 が 起 きた 直 後 のことでした そん な 印 象 に 残 る 大 生 活 のはじまりでしたが 4 年 過 ごしてみるとあっ という 間 でした 初 めは 授 業 も 多 くレポートなども 大 変 でしたが 先 生 方 のサポートや 先 輩 方 からアドバスをいただき 何 とかやってき ました そんな 安 心 できる 大 だと 思 います 卒 業 研 修 はバオリンを 演 奏 するロボットの 研 究 です うまく 行 かないこともありましたが 先 生 や 卒 業 研 修 メンバーと 一 緒 に 考 え 問 題 を 解 決 して 一 歩 一 歩 前 進 することができました 解 決 できると 達 成 感 がありとても 充 実 した 日 々を 送 っています 研 究 は 大 変 時 間 が 掛 かるもので 完 成 とは な らず 私 は もっとや りた いと 思 い 大 院 への 進 を 決 め ました 引 き 続 き 研 究 を 続 け て 身 に 付 け た 技 術 で 世 の 中 に 役 立 つ 仕 事 をしたいと 思 っていま す 1 対 1 のディスカッション 工 部 情 報 通 信 工 科 松 田 勝 敬 研 究 室 研 究 成 果 につながった 震 災 の 経 験 貴 重 な 財 産 となった 研 修 生 活 まつだ 松 田 まさひろ 勝 敬 准 教 授 あ べ 阿 しゅんや 部 峻 弥 当 研 究 室 は ネットワークに 対 応 した 電 子 機 器 の 制 御 システム を 開 発 し ンターネットのいろいろな 使 い 方 の 実 現 を 目 標 とし ています ネットワークからハードウェアまでの 幅 広 い 分 野 が 研 究 の 対 象 になっています 阿 部 さんは 皆 が 持 つようになった スマートフォンやタブレッ ト 端 末 を 使 った 研 究 をやりたい と 話 していましたが 具 体 的 な 目 標 がないと 勉 強 も 研 究 も 進 まないものです 阿 部 さんが 卒 業 研 究 のテーマに 選 んだスマートフォンによる 緊 急 地 震 速 報 の 機 能 拡 張 は 皆 が 持 つようになったスマートフォン を 災 害 時 の 避 難 に 活 用 できないかということが 元 に なってい ます 実 際 に 東 日 本 大 震 災 を 経 験 したことから 大 災 害 時 の 被 害 を 減 らせないかと い う 切 実 な 願 い か ら 取 り 組 んだ 分 野 です 研 究 室 での 研 究 発 表 卒 業 研 修 では スマートフォン 向 けの 緊 急 地 震 速 報 受 信 アプリ ケーションの 機 能 拡 張 を 行 いました アプリケーションは 詳 細 な 地 震 の 情 報 を 使 うことができ 震 源 の 情 報 や 予 測 深 度 カウント ダウン 表 示 機 能 が 搭 載 されています 私 は 地 震 情 報 を 取 得 した 際 に 地 図 を 表 示 する 機 能 や 位 置 情 報 をメールで 自 動 送 信 する 機 能 を 実 装 しました プログラミングはもちろん ンターネットなどのネットワーク の 知 識 も 身 に 付 けることができ ネットワークの 研 究 室 である 松 田 勝 敬 研 究 室 らしい 研 修 を 行 うことができたと 感 じています 泊 まりがけで 研 究 した 思 い 出 は 自 分 にとって 貴 重 な 財 産 となっています 先 生 や 先 輩 など 研 究 室 の 仲 間 にとても 感 謝 し ています スマートフォン 対 応 アプリケーションの 検 証 06 No.277 Spring 2015

7 工 部 建 築 科 許 雷 研 究 室 BIMの 活 用 について び 社 会 に 貢 献 できる 人 材 に 卒 業 設 計 で んだ 自 分 の 力 きょ 許 らい 雷 准 教 授 とりやべ 鳥 こうめい 谷 部 孔 明 当 研 究 室 では BIM( 建 築 情 報 モデル:Building Information Modeling) 技 術 の 可 能 性 を 追 究 しながら 避 難 安 全 の 見 える 化 エネルギー 消 費 構 造 の 調 査 自 然 エネルギーの 利 用 などに 関 する 研 究 を 行 っています 平 成 26 年 度 の 卒 業 論 文 あるいは 卒 業 設 計 は いくつかテーマ を 設 け 生 自 身 に 選 択 してもらいました 生 たちは 環 境 を 考 慮 した 建 物 の 設 計 に 取 り 組 むことを 選 択 し 1 年 余 りの 時 間 をか けて4 年 間 の びの 集 大 成 を 行 いました 鳥 谷 部 さんは 今 後 大 院 に 進 する 予 定 ですが BIMの 新 しい 活 用 について び 東 北 工 業 大 建 築 科 の 強 みを 社 会 に 示 す 存 在 になってほしいと 思 って い ま す そして 安 心 安 全 な 住 空 間 を 創 出 する ことで 社 会 に 貢 献 で き る 人 材 になることを 願 っ ています 研 修 指 導 私 は 環 境 系 の 許 雷 研 究 室 に 所 属 し 卒 業 研 修 では 卒 業 設 計 を 選 択 しました 私 の 地 元 ( 青 森 県 十 和 田 市 )を 敷 地 に 選 択 し アー トによって 活 性 化 を 図 っている 地 域 に 必 要 な 施 設 を 計 画 し 光 環 境 の 分 野 を 取 り 入 れながら 意 匠 設 計 を 行 いました 研 究 室 に 所 属 してから 光 の 入 り 方 や 効 果 影 のでき 方 などを 研 究 していました が それらを 取 り 入 れようとすると なかなか 難 しく 普 段 の 授 業 の 設 計 よりも 多 くの 時 間 がかかりました そのような 自 分 だけでは 答 えが 出 ない 時 には 許 雷 先 生 をはじめさまざまな 方 からアドバ スをいただきながら 解 決 していきました 平 成 27 年 4 月 からは 大 院 に 進 するた め 光 環 境 だ け でなく 熱 やエ ネルギーの 面 においても より 深 く 研 究 し 展 開 でき るようになりたいと 思 い ます 卒 業 設 計 作 品 工 部 都 市 マネジメント 科 中 山 正 与 研 究 室 自 主 性 と 工 夫 で 環 境 に 関 する 研 究 を 行 っています なかやま 中 まさとも 山 正 与 教 授 現 地 調 査 から んだ 研 修 おのでら 小 りょうた 野 寺 諒 太 平 成 26 年 度 は 森 林 域 を 流 れる 渓 流 水 の 水 質 調 査 津 波 堆 積 物 の 調 査 一 般 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 調 査 という3つの テーマを 設 定 し 生 それぞれが 興 味 のあるものを 選 択 し 調 査 や 実 験 を 実 施 しました どのテーマも 簡 単 に 結 果 が 出 せるもので はありませんので まず 諦 めないこと そして 自 主 性 をもって 工 夫 しながら 課 題 解 決 に 努 めることを 私 は 生 たちに 期 待 しまし た このことは 社 会 人 になってからも 仕 事 に 対 する 姿 勢 に 活 かされ るものだからです また 平 成 26 年 度 から 卒 業 研 修 発 表 会 を 本 科 の4 年 生 が 聴 講 する 義 務 を 課 しました 発 表 の 仕 方 にも 工 夫 が 必 要 に なりま す が より 分 かりやすく 伝 えるため に 努 力 することも 良 い 経 験 になるでしょう 埋 立 地 の 測 量 私 たちが 快 適 で 健 康 的 な 日 常 生 活 を 過 ご す 中 で 毎 日 たくさん の 廃 棄 物 が 発 生 しています 私 は 中 山 正 与 研 究 室 で 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 調 査 と 研 究 を 行 っ てきました 卒 業 研 修 では 平 成 23 年 に 起 きた 東 日 本 大 震 災 に よって 発 生 した 震 災 廃 棄 物 が 埋 め 立 てられることによって 最 終 処 分 場 にどのような 影 響 を 与 えたかの 把 握 を 行 いました また 調 査 のため 実 際 に 現 地 へ 赴 くことで 研 究 の 持 つ 意 義 や 取 り 組 む 姿 勢 を 再 認 識 することができ 自 身 の 成 長 を 感 じることができ ました 春 からは 社 会 人 として 新 しい 生 活 がはじまりま す 大 生 活 の 中 で は 多 くの ことを 体 験 し び ま し た そ の 経 験 を 忘 れ ず に 社 会 人 とし て の 第 一 歩 をしっかりと 踏 み 出 せ るよう 努 めていきます 研 究 室 での 打 ち 合 わせ 東 北 工 業 大 の 今 を 伝 える 広 報 誌 07

8 卒 業 研 修 研 究 成 果 発 表 工 部 環 境 エネルギー 科 加 藤 善 大 研 究 室 水 素 製 造 用 電 極 の 実 用 化 を 目 指 す ここでしかできないこと かとう 加 藤 ぜんた 善 大 准 教 授 さ さ き 佐 ゆうすけ 々 木 祐 介 近 年 燃 料 電 池 など 水 素 を 利 用 した 発 電 システムが 普 及 しつつ あり 水 素 を 大 量 に 利 用 する 時 代 が 到 来 しつつあります これに は 太 陽 光 風 力 および 水 力 などの 再 生 可 能 エネルギーからの 電 気 を 利 用 した 水 の 電 気 分 解 で 水 素 製 造 するのがもっとも 効 率 的 な 方 法 です 当 研 究 室 では 水 素 製 造 のための 海 水 もしくはアルカ リ 水 電 解 用 の 電 極 の 創 製 を 行 っています 佐 々 木 さんは 日 立 造 船 ( 株 )との 共 同 研 究 として アルカリ 水 電 解 による 水 素 製 造 のため の 電 極 の 創 製 に 取 り 組 んできました 休 日 返 上 で 研 究 を 続 けてき た 努 力 が 実 を 結 び 世 界 で 最 も 高 活 性 なNi-Fe-Co-C 合 金 電 極 の 創 製 に 成 功 して い ま す 修 了 後 は 共 同 研 究 を 行 ってき た 日 立 造 船 ( 株 )へ の 就 職 が 内 定 して お り こ れ ま でと 同 じ 水 素 製 造 用 電 極 の 創 製 に 携 わっ ていくことになっています こ の 電 極 を 利 用 した 水 素 製 造 シ ステムの 実 用 化 を 目 指 してほ しいと 思 います X 線 光 電 子 分 光 装 置 で 測 定 中 本 へは 現 在 の 研 究 の 軸 となる グローバル 二 酸 化 炭 素 リサ クルシステム に 惹 かれて 入 し 部 3 年 生 から 現 在 まで 望 んでい た 研 究 に 携 わることができました 私 のテーマは システムの 鍵 となる 水 素 製 造 用 電 極 の 創 製 であ り 企 業 と 共 同 で 研 究 を 進 め 最 終 的 には 世 界 最 高 性 能 の 電 極 を 創 製 することができました また この 技 術 が 産 業 に 反 映 されるとのこ とで 感 無 量 です この 経 験 は 本 でしかできなかったことであり 研 究 や 会 発 表 などを 通 して 大 きく 成 長 できたと 感 じています 春 からは 共 同 研 究 先 へ 就 職 し 現 在 の 研 究 を 続 けることとなるた め 大 院 で 培 った 知 識 を 最 大 限 に 活 か し 世 界 へ 誇 れる 技 術 となるよう に 努 力 を 続 けます 世 界 最 高 活 性 の 水 素 製 造 用 電 極 を 前 にして ラフデザン 部 クリエティブデザン 科 鹿 野 護 研 究 室 社 会 の 中 で 実 用 性 の 高 い 新 しくてユニークな 視 点 本 気 で 努 力 すること か の 鹿 野 まもる 護 准 教 授 こじま 小 まさと 嶋 景 人 最 新 のテクノロジーと 人 間 の 本 質 を 見 つめる 多 角 的 な 視 点 そ れ を 駆 使 し た 映 像 やス マートフォン の ア プ リ プ ロ ジ ェク ション マッピングやコンピュータグラフィックスなどの 制 作 を 通 し 幅 広 いフィールドで 活 躍 できる 人 材 を 育 成 しています 小 嶋 さんは 自 主 的 に ぶという 意 識 が 非 常 に 高 く 現 在 彼 が 取 り 組 んでいる 研 究 は 端 的 に 言 えばツッターでつぶやかれて いる 情 報 を 検 索 し まとめて 解 析 するというものです 今 まで 見 えていなかったニーズや 新 しい 発 見 がある とても 実 用 性 の 高 いものです しかも 彼 は ウェブのテクノロジーを 使 って 科 的 なアプローチを 行 い 実 際 に 言 葉 を 採 り 出 しています 統 計 的 な 視 点 としても データ マニング 的 な 方 向 性 を 有 する 研 究 としてもとて も おもし ろく 大 の 枠 を 超 え た 注 目 すべ き 研 究 となるでしょう 常 に 最 新 のデバスの 可 能 性 に 挑 戦 私 は ソーシャルメディア 解 析 サービスのデザン というテー マで ツッターから 投 稿 される 多 種 多 様 な 文 章 をデータビジュ アラゼーションという 手 法 を 用 いて 表 現 しました このサービ スから 思 いもよらない 発 見 や 気 づきが 見 つかることを 目 的 として います この 制 作 にはさまざまな 難 しい 技 術 が 使 用 されていて とても 一 人 では 作 ることはできませんでした そんな 中 鹿 野 先 生 が 関 係 している 勉 強 会 やセミナーに 参 加 させてもらったことで 大 の 中 だけでは 得 ることのできなかった 知 識 を 得 ることができまし た こう いった サ ポ ート が 無 ければ 私 は 作 品 を 作 り 上 げることはできな かったと 思 います そしてこの 一 年 間 で 本 気 で 努 力 を 重 ねれば 助 けてくれる 人 がいて 結 果 的 に 報 われるという ことを びました 自 主 的 に 高 度 なプログラミングを 習 得 しました 08 No.277 Spring 2015

9 ラフデザン 部 安 全 安 心 生 活 デザン 科 中 島 敏 研 究 室 モノづくりで 社 会 貢 献 のできる 人 材 に ものづくりを 通 して んだこと なかじま さとし 中 島 敏 教 授 むらかみ 村 よしき 上 至 樹 運 動 工 ( 人 の 筋 肉 の 構 造 やサズや 仕 組 み)やバリアフリー &ユニバーサルデザンなどの 基 礎 研 究 を 活 かした さまざまな 生 活 応 用 のデザン 研 究 開 発 を 行 っています 私 はプラスチック 製 日 用 品 のデザンに20 年 以 上 携 わってき たことから 日 常 品 非 日 常 をテーマにしており 災 害 用 品 につ いても 日 常 品 でありながら 災 害 時 にも 使 える スマートデザン を 目 指 しています 村 上 さんは 卒 業 研 修 で 津 波 災 害 用 ラフジャケット 老 人 向 けリラクゼーション 用 マット(ウェットスーツ 素 材 を 使 用 した 足 裏 マッ サ ージ 機 ) 非 常 時 用 ラトの 研 究 を 行 いま した 村 上 さんにはモノづく りを 通 じて 世 の 中 を 明 るく 元 気 に す る 社 会 に 貢 献 できる 人 材 となって ほしいと 思 います 健 康 器 具 についての 指 導 私 が 本 に 入 したのは 平 成 23 年 4 月 東 日 本 大 震 災 の 年 で した スタートに 不 安 が 残 りましたが 友 人 や 本 の 環 境 に 恵 ま れ 充 実 して 過 ごすことができました 卒 業 製 作 ではそんな 背 景 もありながら 津 波 対 策 用 ラフジャ ケットの 製 作 に 取 り 組 み 多 くの 壁 にぶつかりましたが 中 島 先 生 をはじめ 多 くの 方 に 協 力 していただき メージ を もの に して 可 視 化 することができました 製 作 を 通 して 特 に 印 象 に 残 っ ているのは 頭 の 中 でどれだけ 考 えても 実 際 には 上 手 くいか ない ものづくりは 三 現 主 義 という 言 葉 です ( 三 現 主 義 : 現 場 現 品 現 状 ) 今 は 研 究 室 にプロトタ プしかありませんが 皆 さんの 手 元 に 届 くよう に 商 品 化 を 目 指 し 卒 業 後 も 携 わっていきたいと 思 います 津 波 災 害 用 ラフジャケット 試 用 による 浮 力 実 験 ラフデザン 部 経 営 コミュニケーション 科 金 井 辰 郎 研 究 室 社 会 全 体 を 幸 福 にするための 経 済 かない 金 たつろう 井 辰 郎 教 授 卒 業 研 修 を 通 して たかはし 髙 さとし 橋 智 史 当 研 究 室 は 日 本 経 済 論 をテーマに 研 究 しています 日 本 がなぜ 経 済 大 国 となることができたのか その 理 由 を 考 える 中 で 低 迷 し ている 日 本 経 済 復 活 のカギを 探 ることを 目 標 にしています 髙 橋 さんが 卒 業 論 文 のテーマに 選 んだリーダーシップ 論 は つ まり 指 導 者 論 でもあります 高 校 時 代 に 野 球 をやってきた 経 験 も あり 理 想 のリー ダーシップ 理 想 の 指 導 者 像 に つ いての 研 究 を 深 めることができたのではないでしょうか バタリティがあり どんなことにも 一 生 懸 命 に 取 り 組 む 髙 橋 さんは 公 務 員 試 験 と 企 業 の 就 職 活 動 を 並 行 して 行 い 最 終 段 階 まで やり 遂 げ ました こ れからも 自 分 らしく 頑 張 ってほしいと 思 いま す 私 が 研 究 室 での 活 動 を 通 して 感 じたことは 先 生 と 生 との 距 離 が 近 く 意 見 交 換 を 行 いやすい 環 境 にあったことにより 論 文 を 作 成 するうえで 広 い 視 点 で 思 考 することができたと 思 います 私 の 論 文 のテーマはリーダーシップ 論 についてでした この テーマを 選 定 するまでが 論 文 を 書 くうえで 最 初 にぶつかった 壁 で す まだ 誰 も 言 っていないこと 新 規 性 を 見 つけ 出 すことに 苦 労 し ました そのために 多 くの 文 献 を 集 め 読 むことにより 知 識 を 深 めながら 自 分 が 新 たに 意 見 を 述 べられることを 見 つけていきまし た 卒 業 後 はリーダーシッ プについて んだことを 生 かすことのできるよう な 人 材 になりたいと 思 い ます 4 年 ゼミ 生 みなまじめにやっています 議 論 はかなり 熱 くなるときもありました 東 北 工 業 大 の 今 を 伝 える 広 報 誌 09

10 在 生 によるキャンパス 紹 介 CAMPUS INFORMATION 東 北 工 業 大 には 八 木 山 長 町 の2か 所 にキャンパスがあります いずれのキャンパスにも 緑 豊 かな 敷 地 の 中 に 生 の 皆 さ んが 快 適 なキャンパスラフをサポートする 各 種 施 設 があります このページでは キャンパスを4 名 の 在 生 が 紹 介 します 1 号 館 新 入 生 の 皆 さんも おおいに 利 用 しましょう ここで 紹 介 した 以 外 にも 楽 しめる 場 所 もたくさん ありますので 私 たち 生 に 聞 いてください 友 だちと 語 り 合 う 場 所 や キャンパスラフを サポートしてくれる 施 設 を 紹 介 します tohtech LOUNGE かまた 鎌 田 はるか 榛 夏 さん 環 境 エネルギー 科 みやもと 宮 ゆうき 本 悠 希 さん 環 境 エネルギー 科 生 サポートオフィス 北 門 4 号 館 ( 体 育 館 ) 生 食 堂 正 門 1 号 館 循 環 技 術 研 究 施 設 9 号 館 クラブ 棟 ウェルネスセンター 保 健 室 8 号 館 3 号 館 10 号 館 大 生 協 5 号 館 2 号 館 4 号 館 6 号 館 7 号 館 東 門 附 属 図 書 館 本 館 八 木 山 キャンパス 5 号 館 生 食 堂 10 号 館 1 号 館 前 中 庭 女 子 生 ラウンジ tohtech FORUM manabi なんでも 相 談 室 10 No.277 Spring 2015

11 アーチェリー 場 野 球 場 第 2クラブ 棟 生 ホール 生 食 堂 長 町 キャンパス 1 号 館 体 育 館 テニスコート 4 号 館 フットサル 場 2 号 館 3 号 館 1 号 館 バレーコート 作 品 展 示 スペース 第 1クラブ 棟 新 入 生 の 皆 さんも 自 分 だけのお 気 に 入 りの 場 所 を 探 して みませんか 弓 道 場 撮 影 スタジオ 僕 たちのお 気 に 入 りの スポットを 紹 介 します 見 晴 らしの 良 い 場 所 などの 癒 しの 空 間 もあります 4 号 館 おばた 小 幡 りゅういち 竜 一 さん 安 全 安 心 生 活 デザン 科 えんどう 遠 りょうた 藤 亮 太 さん 安 全 安 心 生 活 デザン 科 生 ホール 3 号 館 生 ラウンジ 生 協 売 店 長 町 キャンパス 事 務 室 生 食 堂 附 属 図 書 館 分 館 ウェルネスセンターカウンセリングルーム 東 北 工 業 大 の 今 を 伝 える 広 報 誌 11

12 課 外 活 動 優 秀 者 表 彰 平 成 26 年 度 課 外 活 動 優 秀 者 表 彰 平 成 26 年 度 の 課 外 活 動 において 目 覚 ましい 活 躍 をし 優 秀 な 成 績 を 挙 げた 団 体 と 生 個 人 の 栄 誉 を 讃 える 表 彰 式 が 2 月 10 日 ( 火 ) 八 木 山 キャンパスで 行 われました 表 彰 式 では 宮 城 光 信 長 より 表 彰 状 の 授 与 ならびに 記 念 品 が 贈 呈 され その 後 の 懇 親 会 では 長 はじめ 諸 先 生 と 懇 談 を 行 いました 表 彰 された 団 体 生 のさらなる 活 躍 が 期 待 されます ( 年 は 受 賞 時 ) [ 団 体 ] クラブ 名 大 会 名 または 活 動 内 容 成 績 など 準 硬 式 野 球 部 東 北 地 区 大 準 硬 式 野 球 連 盟 秋 季 リーグ 戦 2 部 1 位 ハンドボール 部 平 成 26 年 度 東 北 生 秋 季 リーグ 3 部 1 位 電 子 技 術 研 究 会 6 m AND Down コンテスト 電 話 部 門 マルチオペオールバンド 東 北 1 位 ボランティア 部 市 内 小 校 防 犯 教 室 地 域 防 災 サポートチーム 結 成 式 児 童 館 クリスマス 会 冬 の 習 寺 子 屋 秋 保 野 尻 雪 んこまつり ポラリス 宮 城 活 動 報 告 会 みやぎマモルンジャー 活 動 報 告 会 春 季 火 災 予 防 週 間 広 報 療 育 キャンプ 南 小 泉 中 校 パネルディスカッション 盲 導 犬 募 金 活 動 仙 台 サークルネットワーク 事 業 説 明 会 (つながりんぐ) つながりんぐ 代 表 者 会 防 災 連 絡 会 八 木 山 合 同 情 報 交 換 会 みやぎマモルンジャー 登 録 会 八 木 山 東 町 内 会 防 災 訓 練 早 寝 早 起 き 朝 ごはん 実 行 委 員 会 in 宮 城 琉 球 國 祭 り 太 鼓 ポラリス 宮 城 結 団 式 雄 勝 うにまつりの 手 伝 い つながりんぐ 交 流 会 ポラリス 宮 城 オリエンテーション 未 成 年 者 喫 煙 防 止 街 頭 活 動 夏 の 習 寺 子 屋 アルカス 活 動 打 ち 合 わせ 会 議 広 瀬 川 灯 篭 流 しの 手 伝 い 児 童 館 に 泊 まって 遊 ぼう 夏 の 療 育 キャンプ 2014セキュリティフェア 運 営 ボランティア ポラリス 宮 城 企 画 会 議 つながりんぐ FMたいはく 収 録 東 四 郎 丸 児 童 館 かにっこ 村 祭 り 若 林 区 民 祭 りのサポート PTAフェスティバル 大 サーク ルネットワーク 事 業 つながりんぐ 交 流 会 他 環 境 サークルたんぽぽ カーボン オフセット 奨 励 賞 知 能 エレクトロニクス 科 有 志 第 5 回 国 際 ナノ マクロアプリケーションコンテスト 国 内 予 選 4 位 第 5 回 国 際 ナノ マクロアプリケーションコンテスト 世 界 大 会 Best Contribution Award 受 賞 [ 個 人 ] 氏 名 ( 科 年 ) 大 会 名 または 活 動 内 容 成 績 など 伊 藤 寛 伸 ( 安 全 安 心 生 活 デザン 科 4 年 ) 仙 台 六 大 野 球 秋 季 リーグ 戦 ベストナン 指 名 打 者 奥 田 聖 人 (クリエティブデザン 科 2 年 ) 佐 々 木 一 成 ( 都 市 マネジメント 科 2 年 ) 阿 部 伸 ( 建 築 科 2 年 ) 遠 藤 晶 大 ( 知 能 エレクトロニクス 科 2 年 ) 越 後 谷 卓 史 ( 建 築 科 2 年 ) 平 野 功 樹 ( 都 市 マネジメント 科 4 年 ) 第 47 回 少 林 寺 拳 法 東 北 生 大 会 茶 帯 の 部 第 51 回 仙 台 市 民 総 合 体 育 大 会 少 林 寺 拳 法 演 武 大 会 大 男 子 級 の 部 第 22 回 宮 城 県 スプリントアンドリレーフェスティバル 3 位 1 位 一 般 男 子 50m 自 由 形 1 位 一 般 男 子 50m 背 泳 ぎ1 位 渡 部 秋 平 ( 環 境 エネルギー 科 3 年 ) 第 22 回 宮 城 県 スプリントアンドリレーフェスティバル 第 52 回 宮 城 水 泳 競 技 大 会 一 般 男 子 50m 平 泳 ぎ1 位 宍 戸 健 哉 ( 知 能 エレクトロニクス 科 2 年 ) 男 子 200m 自 由 形 1 位 他 横 川 智 志 ( 知 能 エレクトロニクス 科 3 年 ) 第 52 回 宮 城 水 泳 競 技 大 会 男 子 25mバタフラ1 位 富 樫 多 朗 ( 情 報 通 信 工 科 1 年 ) 男 子 25m 自 由 形 1 位 青 木 潤 ( 建 築 科 3 年 ) 平 成 26 年 度 東 北 生 秋 季 リーグ 3 部 得 点 王 小 関 祐 哉 ( 知 能 エレクトロニクス 科 4 年 ) 東 北 映 像 機 器 フェスティバル2014 東 北 映 像 フェア2014 優 秀 賞 佐 藤 未 和 ( 建 築 科 3 年 ) 第 18 回 JIA 東 北 建 築 生 賞 奨 励 賞 河 北 賞 斉 藤 寛 之 ( 情 報 通 信 工 科 2 年 ) TOEIC-IP テスト 760 点 他 12 No.277 Spring 2015

13 団 体 の 部 ハンドボール 部 さらなる 飛 躍 の 年 に 環 境 サークルたんぽぽ 成 長 と 継 続 あおき 青 木 じゅん 潤 建 築 科 3 年 わ ち 和 しょうむ 地 翔 夢 環 境 エネルギー 科 3 年 この 度 ハンドボール 部 が 課 外 活 動 優 秀 者 に 選 ば れ とても 光 栄 に 思 っております 平 成 26 年 度 は 数 多 くの 大 会 に 出 場 して 経 験 を 積 み また 他 大 高 校 OBとの 練 習 試 合 も 多 く 行 い 技 術 力 アップを 図 りました 日 頃 の 練 習 の 成 果 が 実 り 3 部 リーグで 優 勝 するこ とができました 関 係 者 の 方 に 感 謝 するとともに 平 成 27 年 度 は さ らに 技 術 力 アップを 目 指 し 部 員 一 同 頑 張 っていきたい と 思 います このような 賞 をいただき メンバー 一 同 非 常 に 嬉 しく 思 っています 選 出 していただき ありがとうございます 平 成 26 年 度 は 前 年 度 の 活 動 に 加 え 他 大 との 協 力 によるカーボンオフセット 活 動 を 行 い 環 境 省 後 援 の 第 4 回 カーボンオフセット 大 賞 の 奨 励 賞 を 受 賞 いた しました 今 後 も 継 続 性 のある 活 動 新 たにチャレンジする 活 動 などを 経 て 環 境 意 識 の 高 い 団 体 を 目 指 していきたい と 思 います これからも 応 援 よろしくお 願 いします 水 泳 部 建 築 科 個 人 の 部 後 輩 の 支 えに 感 謝 第 18 回 JIA 東 北 建 築 生 賞 奨 励 賞 をいただいて ひらの 平 野 よしき 功 樹 都 市 マネジメント 科 4 年 さとう 佐 み 藤 未 和 建 築 科 3 年 わ 今 回 このような 賞 をいただけたこと 大 変 光 栄 に 思 い ます 水 泳 を 続 けて14 年 になりますが その 中 でも 大 で 泳 いできたこの4 年 間 は 自 分 を 大 きく 成 長 させてくれ た 時 間 でした 3 年 前 に2 名 の 後 輩 とともに 再 始 動 した 水 泳 部 です が 後 輩 の 支 えなしでは ここまで 活 動 を 続 けることが できませんでした 練 習 だけではなく 各 種 大 会 および 全 国 大 会 への 出 場 や 大 祭 参 加 など ともに 多 くの 経 験 をした 水 泳 部 の メンバーには 大 変 感 謝 しています 本 当 に ありがとうご ざいました 第 18 回 JIA 東 北 建 築 生 賞 に 出 品 したことにより 他 大 生 がどのように 作 品 を 作 っているのか 自 身 の 不 足 しているところはどこなのか 良 いところはどこなのか 認 識 できる 機 会 を 得 ました 日 頃 大 内 で 友 だちや 先 輩 の 設 計 課 題 と 自 身 の 作 品 を 比 べて 自 身 の 将 来 が 不 安 になったこともあり 広 く 周 りを 見 る 機 会 を 得 たことにより これからやらなけれ ばならないことを 知 ることで 自 分 に 自 信 が 持 てるよう になりました 受 賞 に 対 し 周 りの 環 境 に 恵 まれ たことが 大 きな 要 因 の 一 つと 感 じています 皆 さまありがとうございました 東 北 工 業 大 の 今 を 伝 える 広 報 誌 13

14 地 域 連 携 センター 国 連 防 災 世 界 会 議 関 連 ベントの 開 催 仙 台 市 における 第 3 回 国 連 防 災 世 界 大 会 の 開 催 に 伴 い 本 はシンポジ ウムならびに 世 界 の 防 災 展 におけるパネル 展 示 を 行 いました 本 は 平 成 27 年 3 月 17 日 ( 火 )TKPガーデンシティー 仙 台 勾 当 台 にお いて 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 - 東 北 工 業 大 における 初 期 対 応 と 復 興 支 援 から- と 題 してシンポジウムを 開 催 し 本 での 復 興 への 取 り 組 みなど の 講 演 ならびに 復 興 のジレンマと 将 来 への 展 望 をテーマとしたパネル ディスカッションを 行 いました 80 名 の 参 加 者 の 中 パネラーが 感 じた 震 災 復 興 におけるさまざまなジレンマが 報 告 され 会 場 の 参 加 者 からの 発 言 もあり 活 発 に 意 見 交 換 が 行 われ ました 併 せて せんだいメディアテークで 行 われた 世 界 の 防 災 展 では パネ ル 展 示 とモニターでの 放 映 により 本 で 行 った 復 興 支 援 活 動 について 紹 介 しました また 同 期 間 に 本 一 番 町 ロビーにおいて 地 域 復 興 支 援 パネ ル 展 を 開 催 し 本 の 復 興 支 援 活 動 について 仙 台 市 内 外 により 詳 しい 紹 介 を 行 いました 渡 邉 浩 文 工 部 長 のシンポジウム 開 催 の 挨 拶 パネルディスカッ ションでの 活 発 な 意 見 交 換 COC 事 業 報 告 会 および 事 業 パネル 展 の 開 催 文 部 科 省 から 平 成 26 年 度 に 採 択 された 地 ( 知 )の 拠 点 整 備 事 業 (COC 事 業 ) 事 業 報 告 会 を 平 成 27 年 3 月 12 日 ( 木 ) 仙 台 ガーデンパレス において 開 催 しました 本 事 業 は オールせんだいラフデザン 実 践 教 育 共 創 事 業 を テ ーマ に 地 域 社 会 に 求 め ら れ る 人 材 育 成 を 目 的 に 教 育 研 究 社 会 貢 献 の 活 動 を 行 う も の で す 事 業 報 告 会 では 本 宮 城 光 信 長 の 挨 拶 ではじまり 文 部 科 省 高 等 教 育 局 大 振 興 課 大 改 革 推 進 室 長 猪 股 志 野 様 の 挨 拶 を 司 会 者 が 代 読 仙 台 市 市 民 局 市 民 プロジェクト 推 進 担 当 局 局 長 白 川 由 利 枝 様 より 挨 拶 をいただいた 後 平 成 26 年 度 の 事 業 総 括 と 教 育 事 業 ならびに6つの 研 究 プロジェクトについて 報 告 を 行 いました ま た パ ネ ル 展 示 に よる 事 業 報 告 として 3 月 2 0 日 ( 金 ) 2 5 日 ( 水 ) 本 一 番 町 ロビーにおいて COC 事 業 成 果 パネル 展 も 開 催 しました これまで の 事 業 進 捗 状 況 を 確 認 し 今 後 の 改 善 へ と つ な が る 報 告 会 と な りまし た 事 業 報 告 会 での 宮 城 光 信 長 の 挨 拶 研 究 プロジェクト 報 告 復 興 大 ワンストップサービス 事 業 オーストラリアからンターンシップ 生 の 受 け 入 れ 復 興 大 では 平 成 26 年 度 海 外 からのンターンシップ 受 け 入 れを 行 い ました RMIT(ロヤルメルボルン 工 科 大 )のクロー マクベンさん が ンターンとして 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 )から2か 月 復 興 大 の 仕 事 を 体 験 しました 仕 事 の 内 容 は 復 興 大 に 携 わっている 教 職 員 へのンタ ビュー 取 材 と 被 災 地 の 視 察 ウェブサト パンフレット 英 訳 による 世 界 へ の 情 報 発 信 そして 第 3 回 国 連 防 災 世 界 会 議 ( 平 成 27 年 3 月 14 日 ( 土 )~18 日 ( 水 ) 開 催 )の 展 示 ブースでの 来 客 対 応 など 盛 りだくさんでした クローさんは 明 るい 性 格 で 職 場 にすぐ 溶 け 込 み 短 い 期 間 ながらも 大 変 熱 心 に 仕 事 を 行 いました 3 月 20 日 ( 金 )で 無 事 ンターンシップは 終 了 しましたが 復 興 大 での 経 験 を 大 事 に 持 ち 帰 りたい と 言 っておりま した これから 社 会 に 出 て 大 きく 活 躍 することを 願 っています 雄 勝 視 察 硯 石 の レクチャー( 菊 地 良 覺 教 授 とともに) 第 3 回 国 連 防 災 世 界 会 議 世 界 の 防 災 展 復 興 大 展 示 ブー スでの 事 業 説 明 14 No.277 Spring 2015

15 トピックス 本 主 催 合 同 企 業 説 明 会 を 開 催 就 職 部 3 月 3 日 ( 火 ) 4 日 ( 水 )の2 日 間 にわたり 仙 台 市 内 の 仙 台 国 際 ホテルにおいて 部 3 年 生 修 士 1 年 生 を 対 象 とした 本 独 自 の 合 同 企 業 説 明 会 を 開 催 しました この 説 明 会 には 過 去 約 5 年 間 に 本 生 の 採 用 の 実 績 を 持 つ 企 業 団 体 266 社 が 参 加 しました 企 業 採 用 担 当 者 の 方 からは 東 北 工 業 大 の 生 を 採 用 したい という 意 欲 が 感 じられ 説 明 を 受 ける 側 の 生 も 真 剣 に 耳 を 傾 けていました 開 催 に 先 立 って 初 日 の 午 前 には 進 路 指 導 集 会 が 行 われまし た 宮 城 光 信 長 の 挨 拶 そして 現 4 年 生 からの 先 輩 応 援 メッ セージがあり 引 き 続 き 外 部 講 師 による 2015 年 就 職 戦 線 の 現 状 とこれから と 題 した 講 演 が 行 われました 今 年 から 企 業 の 採 用 に 向 けた 広 報 活 動 の 解 禁 日 が3か 月 後 ろ 倒 しされ 3 月 1 日 となり 戸 惑 ってい る 生 もいるよう で す が 本 で は 今 後 も 全 的 な 就 職 支 援 を 展 開 してい きます 積 極 的 に 活 用 してください 企 業 担 当 者 の 説 明 に 聞 き 入 る 生 本 生 を 対 象 とした キャリトレ 開 催 報 告 キャリアサポート 課 本 生 を 対 象 とし 平 成 26 年 度 就 職 対 策 合 宿 研 修 キャリ トレ ( キ ャリ アトレ ー ニ ン グ )を 2 月 3 日 ( 火 ) 4 日 ( 水 )の2 日 間 部 1 年 生 から3 年 生 の 生 50 名 が 参 加 し 秋 保 温 泉 緑 水 亭 で 開 催 しました 本 長 室 阿 部 俊 三 特 任 教 授 の 監 修 に より 瀬 尾 誠 氏 ( 一 般 財 団 法 人 営 業 ひと 研 究 所 代 表 理 事 ) 番 場 裕 氏 ( 株 式 会 社 情 東 京 本 社 校 企 画 部 副 部 長 ) 森 田 健 一 講 師 ( 本 ウェルネスセンター カウンセラー)を 講 師 として 迎 え 講 座 を 行 い ました 社 会 人 基 礎 力 とは 作 文 の 極 意 など10の 就 職 対 策 講 座 では グループワークや 企 業 が 求 める 人 物 像 を ぶもの 新 聞 記 事 から ぶ 文 章 力 養 成 に 関 する 実 技 など 楽 しみながら 身 に 付 く 実 践 的 なプログラムを 集 中 的 に 体 験 しました キャリトレ 講 座 での 生 参 加 者 SD( 安 全 安 心 生 活 デザン 科 )ウィーク 開 催 全 員 参 加 の 基 礎 化 実 験 い と う 伊 み ゆ き 藤 美 由 紀 安 全 安 心 生 活 デザン 科 准 教 授 安 全 安 心 生 活 デザン 科 通 称 SD 科 の 卒 業 研 修 展 示 会 SD ウィーク を3 月 6 日 ( 金 )~11 日 ( 水 ) 一 番 町 ロビーで 開 催 し 170 名 の 方 にご 来 場 いただきました 1 階 ギャラリーでは 地 域 住 まい 心 身 と 多 様 な 視 点 で 生 活 デ ザンを 探 求 した 当 科 設 置 としての4 回 生 による 卒 業 研 修 の 成 果 をパネルや 模 型 などで 展 示 し 生 が 説 明 を 行 いました 4 階 ホールでは 3つの 公 開 講 座 雄 勝 いしのわプロジェクト 八 木 山 地 域 での 防 災 防 犯 の 取 り 組 み 青 葉 区 片 平 地 区 まちな かテラス 藤 坂 のまちづくり を 実 施 し また 生 が 卒 業 研 修 成 果 を 関 係 者 に 報 告 し 貴 重 なコメントをいただきました ご 来 場 いただいた 皆 さまをはじめ 本 科 の 卒 業 研 修 にご 協 力 い た だい た 皆 さまに 心 より 感 謝 申 し 上 げ ます た 多 だ み 田 美 環 境 エネルギー 科 2 年 生 の 基 礎 化 実 験 は 教 員 助 手 大 院 生 や4 年 生 のTAが 協 力 し 生 とのコミュニケーションを 重 視 し た 全 員 参 加 型 の 講 義 です 実 験 技 術 の 習 得 はもちろん 化 変 化 を 観 察 しながら 洞 察 力 や 集 中 力 を 培 い 個 人 実 験 では 自 主 性 を グ ループ 実 験 では 協 調 性 を 意 識 して 各 自 の 判 断 で 行 動 する 力 を 引 き 出 します 実 験 結 果 をノートにまとめ レポートを 作 成 することは 力 の 定 着 に 繋 がります スタッフのチームワークに 共 感 してくれる 生 は 自 ら 廃 液 処 理 に 協 力 してくれます 卒 業 研 修 の 準 備 には 欠 かせ ないエッセンスばかりです 何 より 化 の 面 白 さを 体 感 できる 講 義 のひとつです か 香 共 通 教 育 センター 准 教 授 パネル 展 示 による 卒 業 研 修 成 果 発 表 硫 酸 銅 五 水 和 物 の 製 造 ( 担 当 教 員 : 葛 西 重 信 教 授 内 田 美 穂 准 教 授 ) 東 北 工 業 大 の 今 を 伝 える 広 報 誌 15

16 東 北 工 業 大 の 今 を 伝 える 広 報 誌 No.277 Spring 年 4 月 3 日 発 行 ( 年 4 回 発 行 ) 発 行 : 東 北 工 業 大 仙 台 市 太 白 区 八 木 山 香 澄 町 35 番 1 号 TEL: ( 広 報 室 )

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd)

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd) 学 校 だより 新 潟 市 立 下 山 中 学 校 N O. 5 平 成 21 年 9 月 1 日 発 行 下 山 中 生 大 活 躍! 校 長 宮 崎 繁 夫 甲 子 園 に お け る 日 本 文 理 の 快 進 撃 と 驚 異 的 な 粘 り に 感 動 し た 夏 が 終 わ り ま し た 3 8 日 間 の 夏 休 み 中, 様 々な 場 面 で, 日 本 文 理 に 負 け な い 下

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ 三 次 市 立 三 和 小 学 校 平 成 22 年 2 月 Web 版 1 は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 7 2 校 内

More information

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在

みどりと 環 境 誯 よ り 経 過 説 明 公 園 管 理 の 現 状 と し て 市 内 に は 約 150 か 所 の 公 園 が あ り 緊 急 性 等 に 応 じ て 優 先 順 位 を つ け て 整 備 し て い る が 日 常 の 管 理 は 行 政 だ け で は 困 難 現 在 市 民 活 動 のはじめ 方 ~ 地 域 のためになにから 始 める? ~ 開 催 日 時 1 平 成 24 年 9 月 2 日 ( 日 ) 10:00~ 12:00 2 平 成 24 年 9 月 16 日 ( 日 ) 13:30~16:30 3 平 成 24 年 10 月 14 日 ( 日 ) 10:00~11:30 開 催 場 所 1 3 東 村 山 市 役 所 北 庁 舎 第 2 会 議 室

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

会議開催のお知らせ

会議開催のお知らせ 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 2 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 15 日 午 後 3 時 0 0 分 ~ 午 後 4 時 45 分 3 開 催 場 所 第 2 委 員 会 室 4 審 議 等 事 項 5 出 席 者 名 6 公 開 又 は 非 公 開 の 別 ( 1

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 発 展 員 つ 担 当 村 世 話 ろ 結 婚 員 ち げ ご ざ 梓 語 統 括 員 よ 二 最 初

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

gakusen 2

gakusen 2 1 gakusen gakusen 2 頑 張 自 覚 誇 胸 自 家 族 家 庭 築 卒 長 女 幼 稚 園 少 長 男 4 明 楽 プ ラ イ ベ 8 前 結 婚 小 校 1 活 躍 所 勤 務 目 指 頑 張 回込み設定用ボックス 平成 14 度卒 コミュニティ政策 古池 友美 張 族 山 谷 切 磋 琢 磨 頑 共 働 親 少 家 自 笑 ば 供 笑 何 気 3 gakusen 増 供 想

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 11 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 5 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 まちの 顔 愛 称 決 定 赤 谷 どんつき 祭 り しばたん 観 光 バス 赤 谷 どんつき 祭 り 見 学 ツアー 月 岡 温 泉 どんど 祭 り たけつね 堀 部 安 兵 衛 武 庸 縁 結 びスイーツ

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A> 平 成 25 年 9 月 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 質 問 す る 議 員 名 及 び 質 問 内 容 個 人 質 問 1 議 員 成 田 芳 雄 ⑴ 都 市 内 ま た は 地 域 内 分 権 制 度 の 創 設 に つ い て こ れ ま で の 一 般 質 問 で の 答 弁 で は 市 民 の 底 力 を 支 援 す る 事 業 は 行 政 と 市 民 あ る い は 市 民

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

広川町議会だより15号

広川町議会だより15号 号 / 責 / 樫 原 淳 奈 編 集 / 編 集 / - 和 歌 山 有 田 郡 TEL -- FAX -- ホムペジ 検 索 http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/gikai/index.html 催 少 相 撲 室 P~ 連 程 件 賛 可 承 環 境 特 サポ 養 座 環 境 特 梶 原 副 井 豆 P~ 般 奥 井 堀 岡 﨑 野 氏 P 厚 変 更 路

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

理数科1年校外研修しおり

理数科1年校外研修しおり 理 数 科 1 年 生, 蒜 山 研 修 に 行 っ て き ま し た 8 月 1 日 ( 木 ) 最 初 の 研 修 : 岡 山 大 学 地 球 物 質 科 学 研 究 セ ン タ ー ( 鳥 取 県 三 朝 ) 研 究 セ ン タ ー の 研 究 に つ い て の 講 演 の 後, 班 別 に 分 か れ, 隕 石 や 地 球 を つ く る 物 質 の 観 察, 超 高 圧 発 生 装 置

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

5 影 響 義 初 背 筋 伸 前 霧 晴 公 益 団 ( 下 ) 圧 倒 嫌 眠 刺 激 漠 葉 爽 快 湧 完 魅 了 登 録 5 在 就 約 半 数 7 万 遠 数 頂 ル 軸 物 壮 組 織 牽 引 取 材 席 員 腑 落 振 返 世 界 ダ 物 名 前 即 答 疑 少 影 響 及 ぼ ダ

5 影 響 義 初 背 筋 伸 前 霧 晴 公 益 団 ( 下 ) 圧 倒 嫌 眠 刺 激 漠 葉 爽 快 湧 完 魅 了 登 録 5 在 就 約 半 数 7 万 遠 数 頂 ル 軸 物 壮 組 織 牽 引 取 材 席 員 腑 落 振 返 世 界 ダ 物 名 前 即 答 疑 少 影 響 及 ぼ ダ MY OPIIO 公 益 団 取 材 / 武 田 宏 文 / 及 川 佐 枝 撮 影 / 木 内 博 4 5 影 響 義 初 背 筋 伸 前 霧 晴 公 益 団 ( 下 ) 圧 倒 嫌 眠 刺 激 漠 葉 爽 快 湧 完 魅 了 登 録 5 在 就 約 半 数 7 万 遠 数 頂 ル 軸 物 壮 組 織 牽 引 取 材 席 員 腑 落 振 返 世 界 ダ 物 名 前 即 答 疑 少 影 響 及 ぼ

More information

教育委員会会議録

教育委員会会議録 2 月 定 例 教 育 委 員 会 報 告 1 開 催 日 時 平 成 2 8 年 2 月 17 日 ( 水 ) 1 3 : 3 0 ~ 1 6 : 0 0 2 出 席 者 委 員 永 田 政 信 江 口 真 由 美 渡 邊 敬 佐 古 順 子 村 川 一 恵 溝 江 宏 俊 事 務 局 山 下 健 一 郎 教 育 総 務 西 村 隆 教 育 総 務 課 参 事 畑 田 憲 一 教 育 総 務 課

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使 東 震 災 被 災 舞 2 5 25 リ バ サ ド ホ 連 迎 在 10 近 ぞ 各 向 図 欲 揚 指 志 賛 法 賛 助 協 得 昨 12 4 ユ ネ コ 遺 護 条 約 8 政 我 伝 統 記 載 登 録 決 追 風 朗 重 性 再 確 財 ロ フ ェ ナ 集 団 重 性 寄 引 続 広 責 重 受 止 不 可 欠 影 響 及 ぼ 改 途 影 響 視 常 深 係 直 接 施 設 通 健 康

More information

26-社会人-とおし.indd

26-社会人-とおし.indd 平 成 26 年 度 社 会 人 入 試 学 生 募 集 要 項 夜 間 主 コース 横 浜 国 立 大 学 経 営 学 部 添 付 用 紙 ( 綴 込 み) この 要 項 には 次 の 本 学 所 定 の 用 紙 が 綴 込 みで 添 付 されています 1 入 学 願 書 受 験 票 写 真 票 2 在 職 証 明 書 3 志 望 理 由 書 4 入 学 確 約 書 5 入 学 検 定 料 の 払

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 12 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 はる ラ ン まん づつみ 春 RUN 漫 しばたジョギング 大 会 in 加 治 川 桜 堤 得 する 街 のゼミナール まちゼミ 紫 雲 寺 支 所 移 転 しゅんじょう かくいち 講 演 会 市 島

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場 新 任 のご 挨 拶 第 17 号 2013.7.25 北 海 道 生 物 教 育 会 編 集 部 061-3248 北 海 道 石 狩 市 花 川 東 128 番 地 31 北 海 道 石 狩 翔 陽 高 等 学 校 内 Tel 0133-74-5771 Fax 0133-74-8741 北 海 道 生 物 教 育 会 会 長 高 桑 純 ( 北 海 道 室 蘭 栄 高 等 学 校 長 ) このたび6

More information

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護

には 学 院 創 立 記 念 130 周 年 2016 年 には 校 友 会 ( 卒 業 生 の 会 ) 山 桜 会 創 立 100 周 年 追 手 門 学 院 大 学 創 立 50 周 年 を 迎 えることになるのです まさに 周 年 事 業 が 目 白 押 しですね 学 校 は 生 徒 保 護 追 中 通 信 ~ 共 に 高 めあい 共 に 学 ぶ~ 平 成 27 年 4 月 9 日 追 手 門 学 院 中 学 校 第 1 号 春 陽 の 候 保 護 者 の 皆 様 におかれましては 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 本 日 新 年 度 の 始 業 式 対 面 式 が 行 われました 第 49 期 生 を 新 1 年 生 として 迎 え 今 年 度 の 中 学 全

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機

2 119 号 24 7 15 又 計 有 通 通 常 ぱ 使 用 車 対 車 得 税 車 税 減 免 設 減 免 対 象 範 囲 直 24 4 1 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 新 対 象 新 減 免 対 象 下 肢 又 移 機 能 7 級 帳 交 付 受 帳 下 肢 又 移 機 告 収 算 評 理 致 承 認 施 域 緊 密 携 係 機 得 着 執 努 初 針 効 果 げ 基 基 差 別 禁 止 仮 称 ざ 向 態 求 反 映 べ 携 革 望 受 託 精 代 表 資 拡 充 展 浜 崎 情 交 換 売 店 財 貴 重 財 源 確 保 引 続 効 率 発 財 人 戸 井 田 愛 2210844 浜 区 沢 渡 42 電 話 0453118736 FAX 0453166860

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

Taro-学年便り4月8日号

Taro-学年便り4月8日号 那 須 塩 原 市 立 三 島 中 学 校 第 3 学 年 だより Step by Step 2016.4.8 号 文 責 : 小 森 平 成 28 年 度 が 始 まりました 3 年 生 にとっては 中 学 校 生 活 最 後 の 年 になります 今 年 度 が 生 徒 たちにとって 充 実 した 中 身 の 濃 い1 年 になるよう 3 学 年 職 員 一 同 最 善 を 尽 くしてがんばりますので

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

1 調 査 地 コ ス タ リ カ, オ サ 半 島, プ エ ル ト ヒ メ ネ ス ( Puerto Jimenez, Osa Peninsula, Costa Rica) 2 期 間 2 0 1 3 年 8 月 4 日 ~ 8 月 1 0 日 ( 7 日 間 ) 3 概 要 (1) 本 プ ロ

1 調 査 地 コ ス タ リ カ, オ サ 半 島, プ エ ル ト ヒ メ ネ ス ( Puerto Jimenez, Osa Peninsula, Costa Rica) 2 期 間 2 0 1 3 年 8 月 4 日 ~ 8 月 1 0 日 ( 7 日 間 ) 3 概 要 (1) 本 プ ロ 2013 年 花 王 教 員 フ ェ ロ ー シ ッ プ 活 動 報 告 書 Safeguarding Whales and Dolphins in Costa Rica ~コスタリカのクジラとイルカの 行 動 調 査 ~ 名 古 屋 市 立 愛 知 小 学 校 吉 村 恵 美 - 1 - 1 調 査 地 コ ス タ リ カ, オ サ 半 島, プ エ ル ト ヒ メ ネ ス ( Puerto Jimenez,

More information

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る 尚 絅 学 院 ハラスメント 防 止 のためのガイドライン 尚 絅 学 院 ハ ラ ス メ ン ト 防 止 宣 言 学 校 法 人 尚 絅 学 院 尚 絅 学 院 は す べ て の 学 生 生 徒 園 児 お よ び 教 職 員 が 個 人 と し て 尊 重 さ れ 互 い の 信 頼 を も と に 修 学 や 研 究 就 労 に 励 め る よ う 環 境 を 整 え こ れ を 維 持 し

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO 特 集 2~ 制 働 ~ 10 2009.7 じ イ デ テ ィ テ ィ 立 親 立 春 青 課 直 面 際 実 際 親 離 暮 始 卒 業 後 業 選 択 現 実 迫 中 春 青 統 失 調 疾 患 好 家 族 離 ひ ち 活 気 づ 深 刻 近 複 雑 様 解 鍵 抱 遭 遇 少 友 ち 特 殊 身 周 囲 身 追 二 拡 被 抑 制 ~ 点 ~ 岡 百 広 島 健 准 授 特 集 2~ 制 働

More information

審 6 例 6 件 件 可 主 容 告 般 補 正 算 ( 第 号 )( 致 可 ) 歳 寄 附 繰 波 ハザドマ 作 康 シム 耐 歳 歳 算 額 億,97 万 額 追 補 正 算 額 8 億 8,97 万 主 波 ハザドマ 作 700 万 波 災 注 喚 起 災 災 識 揚 浸 水 範 囲 避

審 6 例 6 件 件 可 主 容 告 般 補 正 算 ( 第 号 )( 致 可 ) 歳 寄 附 繰 波 ハザドマ 作 康 シム 耐 歳 歳 算 額 億,97 万 額 追 補 正 算 額 8 億 8,97 万 主 波 ハザドマ 作 700 万 波 災 注 喚 起 災 災 識 揚 浸 水 範 囲 避 8 皆 勝 祈 申 げ 暑 舞 申 げ 港 花 火 紙 ガド 審 般 質 弁 概 ~9 副 任 9 委 名 簿 9 陳 0 ケ 結 Topics 0 ( ) 催 ば 走 ろ~ 風 ~ (ばマソキャコピ) 観 光 写 真 コ 賞 作 品 順 次 紹 介 作 品 名 : 祭 燃 若 衆 審 6 例 6 件 件 可 主 容 告 般 補 正 算 ( 第 号 )( 致 可 ) 歳 寄 附 繰 波 ハザドマ 作

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

◆◆巻頭インタビュー◆◆◆

◆◆巻頭インタビュー◆◆◆ 52 号 2 01 1 盛 夏 号 2011 8 1 発 行 NPO 市 民 ユニットぼ 八 王 子 市 横 川 町 1166-2 メゾ 101 号 042-621-4781 発 行 責 任 者 鈴 木 真 砂 子 URL. http://www10.ocn.ne.jp/~ribo 利 用 者 製 品 ぎ 絵 折 紙 細 工 目 次 告 2 特 集 東 本 震 リポト 3 トピッス< > 6 健 康

More information

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了

55558 8 款 七 五 方 違 利 義 差 投 票 立 候 届 締 切 立 候 超 無 投 票 最 思 機 関 次 織 投 票 得 八 口 但 五 超 納 必 要 八 属 設 趣 旨 場 種 態 偏 恐 設 へ 割 額 勘 案 割 得 改 程 八 立 候 六 七 五 口 関 知 役 八 満 了 No.484 :, 4 席 田 順 株 式 田 自 動 車 代 表 取 締 役 褒 賞 佐 坂 秀 俊 前 東 旅 客 鉄 道 株 式 信 濃 川 発 電 改 善 前 謝 丸 山 秀 授 与 948-88 潟 駅 番 TE55-5 FAX55-44 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UR http:www.tokamachi-cci.or.jp P P P4 P5 P8

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

N E W S H I G A S H I K A G A W A Nice Shot 同 暴 力 団 資 格 現 在 同 同 親 族 決 カ 婚 姻 届 提 出 含 む 離 婚 前 提 別 せ 収 基 準 世 帯 全 体 得 算 諸 控 除 差 収 営 万 千 下 裁 量 万 千 下 特 万 千 超 え 万 千 下 そ 他 東 わ 営 住 宅 条 例 等 規 条 件 備 え 必 書 類 書 住 票

More information

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 新 旧 対 照 表 ( 変 更 箇 所 対 照 表 : 修 正 部 のみ 抜 粋 ) 変 更 後 ( 案 ) 変 更 前 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 平 成 16 年 3 月 18 日 策 定 平 成 21 年 6 月 16 日 変 更 平 成 24

More information

環境保全活動と組織マネジメント

環境保全活動と組織マネジメント 環 境 保 全 活 動 と 組 織 マネジメント Environmental Preservation Activity and Organizational Management 拓 殖 大 学 Takushoku University 角 田 光 弘 KAKUTA Mitsuhiro 1. は じ め に 地 球 環 境 保 全 に 対 す る 企 業 や 消 費 者 の 関 心 が か つ て

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

春季部報(2015).xlsx

春季部報(2015).xlsx 日 立 北 高 校 野 球 部 部 報 ~ 春 季 大 会 新 入 部 員 紹 介 ~ 我 々 日 立 北 高 校 野 球 部 は 夏 の 大 会 でベスト4 以 上 の 結 果 を 残 すことを 目 標 としていま す 秋 季 大 会 で 味 わった 屈 辱 を 春 季 大 会 にぶつけるべく 冬 の 厳 しい 練 習 や 千 葉 遠 征 を 乗 り 越 えてきました そして 迎 えた 春 季 大

More information