文 京 学 院 大 学 外 国 語 学 部 文 京 学 院 短 期 大 学 紀 要 第 11 号 (2011) し 公 立 精 神 病 院 と 同 等 の 病 院 であると 見 なそうとするものであった これは 公 立 精 神 病 院 を 増 やす 政 策 ではなく 私 立 精 神 病 院 でもって

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "文 京 学 院 大 学 外 国 語 学 部 文 京 学 院 短 期 大 学 紀 要 第 11 号 (2011) し 公 立 精 神 病 院 と 同 等 の 病 院 であると 見 なそうとするものであった これは 公 立 精 神 病 院 を 増 やす 政 策 ではなく 私 立 精 神 病 院 でもって"

Transcription

1 斎 藤 茂 吉 の 作 品 に 見 る 病 者 への 眼 差 し * 小 泉 博 明 [ 要 旨 ] 斎 藤 茂 吉 は 東 京 帝 国 大 学 医 科 大 学 を 卒 業 後 恩 師 呉 秀 三 の 許 で 東 京 府 巣 鴨 病 院 医 員 として 勤 務 した 精 神 病 医 である 茂 吉 の 名 を 歌 人 として 一 躍 高 らしめたのが 1913( 大 正 2) 年 に 刊 行 した 第 一 歌 集 赤 光 である その 中 で 異 彩 を 放 つのが 狂 人 守 の 連 作 である 精 神 病 者 や 精 神 病 医 さらには 精 神 病 院 をテーマとした 歌 が 詠 まれたのである 本 論 では 茂 吉 が 欧 州 へ 留 学 するまでの 茂 吉 の 作 品 から 精 神 病 医 である 茂 吉 が 精 神 病 者 に 対 して どの ような 眼 差 しであったのかを 当 時 の 時 代 精 神 を 読 み 解 きながら 考 察 し また 茂 吉 の 自 殺 嫌 悪 の 基 層 を 解 明 するものである 1.はじめに 斎 藤 茂 吉 が 東 京 帝 国 大 学 医 科 大 学 を 卒 業 し 東 京 府 巣 鴨 病 院 に 勤 務 したのは 1911( 明 治 44) 年 2 月 から 1917( 大 正 6) 年 1 月 までであり 6 年 ほどの 期 間 であった ここで 茂 吉 の 精 神 病 者 への 眼 差 しを 考 察 するに 当 時 の 精 神 病 を 取 り 巻 く 状 況 について 俯 瞰 しておく 必 要 がある 1900 年 に 精 神 病 者 監 護 法 が 成 立 したが これは 精 神 病 者 の 私 宅 監 置 を 法 的 に 是 認 し た 内 容 であった 要 するに 私 宅 監 置 ができない 場 合 には 精 神 病 院 への 隔 離 や 収 容 が 行 われる という 事 でもある また 精 神 病 院 への 入 院 手 続 きをすべて 警 察 の 管 轄 下 に 置 き 私 立 の 精 神 病 院 も 警 察 さらには 内 務 省 の 監 督 下 に 置 いたのであった 精 神 病 者 は 医 療 による 管 理 ではな く 警 察 という 治 安 による 管 理 に 置 かれていたという 事 である これは 精 神 病 に 特 定 するも のではなく 当 時 は 伝 染 病 が 流 行 すれば 衛 生 行 政 は 警 察 の 管 轄 であった この 精 神 病 者 監 護 法 は 結 果 的 には 戦 後 になって 1950 年 に GHQの 指 導 により 精 神 衛 生 法 が 施 行 されるまで 存 続 した これは 私 宅 監 置 と 言 う 劣 悪 な 座 敷 牢 が 戦 後 まで 存 在 していたということである そこで 政 府 は 公 立 精 神 病 院 の 圧 倒 的 な 不 足 を 解 消 するために 第 一 次 世 界 大 戦 が 終 結 した 翌 1919( 大 正 8) 年 になると 精 神 病 院 法 を 公 布 した 内 務 省 衛 生 局 は 代 用 精 神 病 院 の 制 度 を 明 ら かにした この 制 度 は 私 立 精 神 病 院 であっても 一 定 の 基 準 を 満 たせば 国 庫 から 補 助 金 を 給 付 * 教 授 / 倫 理 学 153

2 文 京 学 院 大 学 外 国 語 学 部 文 京 学 院 短 期 大 学 紀 要 第 11 号 (2011) し 公 立 精 神 病 院 と 同 等 の 病 院 であると 見 なそうとするものであった これは 公 立 精 神 病 院 を 増 やす 政 策 ではなく 私 立 精 神 病 院 でもって 精 神 病 院 の 絶 対 的 な 不 足 を 代 用 する 制 度 であった このような 制 度 は 諸 外 国 に 例 を 見 ないものであり 政 府 の 簡 易 で 安 上 がりの 精 神 医 療 政 策 であ ると 言 えよう 同 年 に 内 務 省 衛 生 局 から 私 立 精 神 病 院 経 営 者 に 提 示 された 代 用 精 神 病 院 の 指 定 条 件 の 第 3 項 は 次 のようにある 医 員 ノ 数 ハ 院 長 ヲ 加 へ 患 者 六 十 名 ニツキ 一 名 以 上 ノ 割 合 ニ 専 任 者 ヲ 置 クコト 但 シ 院 長 以 外 ノ 医 員 中 一 名 以 上 ハ 精 神 病 ニ 関 スル 学 識 経 験 ヲ 有 スル 者 タルコト 患 者 ノ 数 六 十 名 ニ 充 タザル 場 合 ニオイテモ 医 員 ノ 数 ハ 院 長 ヲ 加 ヘ 二 名 ヲ 下 ルコトヲ 得 ズ 病 院 の 医 者 数 臨 床 数 設 備 構 造 給 食 内 容 などの 基 準 を 満 たした 私 立 精 神 病 院 は 精 神 病 者 一 人 当 たりの 計 算 で 委 託 費 が 支 払 われるようになった よって 私 立 精 神 病 院 にとっ て 代 用 病 院 となれば 安 定 的 な 収 入 が 得 られるということであり 病 院 経 営 が 円 滑 に 運 営 される ことになる 早 くも 1920 年 には 茂 吉 が 後 に 院 長 となる 青 山 脳 病 院 も 代 用 精 神 病 院 に 指 定 さ れた 1920 年 以 降 各 地 の 主 要 な 私 立 精 神 病 院 は 代 用 精 神 病 院 の 指 定 を 受 けることとなった しかし この 代 用 制 度 は 精 神 病 院 の 不 足 を 補 完 する 抜 本 的 な 解 決 策 ではなく 一 時 的 に 精 神 医 療 の 課 題 を 棚 上 げにするだけであった 精 神 病 院 への 収 容 をすり 抜 けた 病 者 は 私 宅 監 置 で あり 非 病 院 的 な 施 設 まさにアジール 的 な 施 設 に 収 容 されていたのである 小 俣 和 一 郎 は ア ジールから 精 神 病 院 へ という 歴 史 的 な 変 化 がごく 短 期 間 に 一 斉 に 進 行 したのではなく 日 本 の 場 合 明 治 維 新 から 精 神 衛 生 法 の 成 立 する およそ 八 年 間 がその 移 行 期 に 相 当 していた と 考 えてよいであろう その 間 アジールと 精 神 病 院 とはともに 併 存 しつつ それぞれの 役 割 を 果 たしていたということである 1) と 言 う また 東 京 帝 国 大 学 医 科 大 学 は 精 神 病 の 附 属 病 院 を 設 置 せずに 東 京 府 の 巣 鴨 病 院 を 臨 床 の 場 として 活 用 したのであった 茂 吉 の 恩 師 呉 秀 三 は 医 科 大 学 の 教 授 であり 東 京 府 巣 鴨 病 院 の 院 長 でもあった 2. 東 京 府 巣 鴨 病 院 医 員 斎 藤 茂 吉 が 精 神 病 医 として はじめて 赴 任 したのが 東 京 府 巣 鴨 病 院 であった そして 精 神 病 医 である 茂 吉 の 名 を 歌 人 として 一 躍 高 らしめたのが 1913( 大 正 2) 年 に 刊 行 した 第 一 歌 集 赤 光 である その 中 で 異 彩 を 放 つのが 狂 人 守 の 連 作 である 精 神 病 者 や 精 神 病 医 さら には 精 神 病 院 をテーマとした 歌 が 詠 まれたのである 当 時 いかにセンセーショナルであった のか 想 像 するに 難 くない 時 に 茂 吉 は 東 京 帝 国 大 学 医 科 大 学 を 卒 業 し 恩 師 呉 秀 三 の 許 で 東 京 府 巣 鴨 病 院 医 員 として 勤 務 して 間 もない 頃 である きょうじん をり うけもちの 狂 人 も 幾 たりか 死 にゆきて 折 をりあはれを 感 ずるかな ( 赤 光 大 正 元 年 狂 人 守 ) この 歌 に とくに 難 解 な 所 はない 狂 人 守 連 作 8 首 の 最 初 にあり 一 連 の 導 入 であり 総 154

3 斎 藤 茂 吉 の 作 品 に 見 る 病 者 への 眼 差 し( 小 泉 博 明 ) 括 的 な 歌 でもある 茂 吉 が 担 当 していた 精 神 病 者 が 幾 人 か 死 んで 時 折 り 無 常 を 感 ずるといの である ただし 狂 人 も という も に 精 神 病 者 への 悲 哀 が より 一 層 読 者 に 伝 わるので ある 生 きている 者 の 誰 もが 死 を 迎 えるという 無 常 がある これは 自 分 が 担 当 している 精 神 病 者 も 例 外 ではないのである 茂 吉 が 作 歌 四 十 年 においても 受 持 患 者 が 死 んだというこ とで 取 り 上 げた 歌 である 2) 茂 吉 は 精 神 病 者 の 狂 人 に 対 し 精 神 病 医 である 自 らを 狂 人 守 という また 精 神 病 医 を 茂 吉 自 らが 感 謝 せられざる 医 者 という 狂 人 守 とは 誰 もが 日 常 で 使 う 言 葉 ではない この 言 葉 には 茂 吉 の 精 神 病 者 に 対 する 深 く 沈 潜 した 思 いがある しかし 精 神 科 医 で 精 神 医 療 史 の 研 究 者 である 岡 田 靖 雄 は 茂 吉 の 歌 には 狂 人 守 狂 人 狂 院 瘋 癲 院 などという 差 別 語 があり 茂 吉 には 差 別 問 題 への 意 識 が 欠 如 しているとするが 皮 相 的 に 批 判 していると 言 わざるをえない 3) 何 故 に 岡 田 は 文 学 者 の 中 で 茂 吉 だけをスケープゴートにするのであろう か まさに らい 予 防 法 が 廃 止 されるとハンセン 病 において 隔 離 政 策 を 推 進 し それまでは 救 ライの 父 と 呼 ばれ 賞 賛 された 光 田 健 輔 が 糾 弾 されたのと 同 じ 文 脈 となるのである さて こ の 世 間 では 歓 迎 されない 狂 人 守 という 言 葉 には 何 とも 言 えない 哀 切 の 響 きが 感 じられる それは 狂 人 に 対 し 狂 人 守 である 茂 吉 が 病 者 の 側 に 身 を 置 いているからであり まさ に 病 者 に 寄 り 添 う 茂 吉 の 温 かな 眼 差 しがあるからなのである さらには 当 時 誰 が 狂 人 の 立 場 から その 悲 痛 な 叫 びを 謙 虚 に 聴 こうとしたと 言 えるであろうか 世 間 では 誰 もがと 言 え るほど 精 神 病 者 への 差 別 問 題 への 意 識 が 欠 如 していたのである 確 かに 恩 師 呉 秀 三 は 病 名 から 狂 の 字 を 取 り 除 き 例 えば 躁 鬱 狂 は 躁 鬱 病 となった それでは 世 間 では そのように 狂 の 字 と 訣 別 し 差 別 が 解 消 されたのであろうか 呉 秀 三 による 理 念 が 存 在 するが 現 実 には 精 神 病 医 の 中 で 取 り 決 められた 病 名 の 変 更 に 過 ぎなかったのが 実 態 である よって この 呉 秀 三 の 高 邁 な 精 神 は 当 時 の 社 会 では 全 くに 近 いほど 浸 透 していない 1924( 大 正 13 年 )12 月 29 日 養 父 紀 一 の 経 営 する 青 山 脳 病 院 焼 失 の 新 聞 記 事 の 見 出 しには 焼 出 された 狂 人 とあり 焼 け 跡 に 佇 む 精 神 病 者 の 姿 が 赤 裸 々に 写 真 で 掲 載 されている この 一 例 でもって すべてを 語 っ ているとも 言 えよう 当 時 は 狂 の 字 は 日 常 の 空 間 では 何 ら 抵 抗 なく 語 られていたのである あるいは 狂 人 は 別 の 差 別 語 でも 日 常 会 話 で 語 られていたのである 漸 く 戦 後 になり 1970 年 代 になると 短 歌 にある 差 別 語 の 狂 人 への 批 判 が 高 まるようになったのである 大 正 デモクラシーとは 言 え 女 性 の 参 政 権 もなく 男 女 同 権 に 程 遠 い 状 況 であり まして 精 神 病 者 の 人 権 の 回 復 まで 議 論 は 及 ばない 現 代 では 精 神 病 に 対 する 差 別 排 除 が 少 しずつ 緩 やかになっている 何 ら 抵 抗 なく 心 の 病 で 精 神 科 へ 通 院 していることを 他 者 に 憚 らずに 言 えるようになった このように 精 神 病 院 を 跨 ぐ 敷 居 は 少 しずつ 低 くなっている 茂 吉 の 作 品 を 理 解 する 上 で 時 代 精 神 の 隔 絶 した 相 違 についての 認 識 が 極 めて 肝 要 なのは 言 うまでもない また 当 時 は 精 神 病 に 対 する 有 効 な 手 だてが 精 神 医 学 において 確 立 されていなかったのである 即 ち 精 神 病 院 が 治 療 により 治 癒 する 空 間 でなく 世 間 から 病 者 を 隔 離 し 隠 蔽 する 異 空 間 で あったのである 恩 師 呉 秀 三 により 病 者 への 拘 束 具 は 解 放 されたとは 言 え 暴 力 的 な 病 者 を 155

4 文 京 学 院 大 学 外 国 語 学 部 文 京 学 院 短 期 大 学 紀 要 第 11 号 (2011) 投 薬 により 安 定 化 させることが 困 難 であった 状 況 では 精 神 病 医 だけではなく とりわけ 看 護 人 の 負 担 は 重 いものであった も は 死 に 近 き 狂 人 を 守 るはかなさに 己 が 身 すらを 愛 しとなげけり ( 赤 光 明 治 四 十 四 年 折 りに 触 れて ) 茂 吉 は 間 もなく 臨 終 を 迎 える 精 神 病 者 を 看 取 っているが 為 す 術 もなく 精 神 病 者 は 死 んで いく このようなはかなさ 見 るにつけて 自 分 の 身 さえいとおしいと 嘆 くのである 医 者 とい う 職 業 の 故 身 近 に 死 を 看 取 るからである 茂 吉 が 狂 人 守 の 歌 を 詠 んだ 頃 に 恩 師 である 呉 秀 三 は 東 京 帝 国 大 学 精 神 病 学 教 室 の 教 室 員 を1 府 14 県 に 派 遣 し 1910( 明 治 43) 年 から 1916( 大 正 5) 年 にかけて 364 の 私 宅 監 置 を 調 査 した 私 宅 監 置 とは 1900( 明 治 33) 年 に 公 布 された 精 神 病 者 監 護 法 に 基 づき 行 政 庁 の 許 可 のもとで 私 宅 に 一 室 を 設 け 精 神 病 者 を 監 禁 することをいう 国 家 が 容 認 した 座 敷 牢 である 当 時 の 精 神 病 者 は 14 万 から 15 万 人 と 推 定 され 官 公 私 立 の 精 神 病 院 入 院 者 数 は5 千 人 程 であった 従 って その 他 は 私 宅 監 置 か 民 間 療 法 などに 依 存 せざるをえなかった 呉 秀 三 は 調 査 報 告 書 精 神 病 院 私 宅 監 置 ノ 実 況 において 我 邦 十 何 万 ノ 精 神 病 者 ハ 実 ニ 此 病 ヲ 受 ケタルノ 不 孝 ノ 外 ニ 此 邦 ニ 生 レタルノ 不 孝 ヲ 重 ヌルモノト 云 フベシ と 断 言 した こ のように 呉 は 精 神 病 者 の 救 済 や 保 護 は 人 道 問 題 であり 制 度 施 設 の 改 善 に 国 家 は 尽 力 しな ければならいと 高 らかに 宣 言 したのであった しかし 現 実 にはこの 呉 の 言 葉 だけが 一 人 歩 き し その 後 の 国 家 政 策 に 大 きな 改 善 が 見 られたとは 言 い 難 い この 呉 の 宣 言 も 黙 殺 されていた に 等 しいのである さて このような 状 況 下 において 茂 吉 が 狂 人 狂 人 守 の 歌 を 詠 んだことに 着 目 する 必 要 がある ただ 単 に 狂 人 の 死 を 歌 ったのでなく 精 神 病 医 茂 吉 の 精 神 病 者 の 置 かれた 境 涯 や 差 別 に 対 する 歌 に 詠 み 込 まれた 悲 痛 な 訴 えなのである 茂 吉 が 詠 まなければ 誰 が 狂 人 の 死 に 関 心 を 持 つであろうかとも 言 えよう 精 神 病 医 の 臨 床 医 として 駆 け 出 しの 頃 である 茂 吉 にとって 病 者 の 死 がはかないものであり 身 体 が 悪 寒 で 震 えるような 状 態 なのであった こ の 心 の 疼 きの 表 出 が この 歌 となって 収 斂 していったのである なお 少 し 後 年 となるが 精 神 病 院 の 入 院 患 者 の 疾 病 別 比 率 を 見 ると 1921( 大 正 10)から 1925( 大 正 14) 年 の 東 京 府 松 沢 病 院 では 早 発 性 痴 呆 49% 麻 痺 性 痴 呆 30% 躁 鬱 病 9%と 続 く ここにある 早 発 性 痴 呆 とは 統 合 失 調 症 の 症 例 である また 現 代 ではほとんど 消 失 した 梅 毒 性 の 麻 痺 性 痴 呆 の 病 者 が 多 い ことが 特 徴 と 言 えよう 4) すがた すがた かすかなるあはれなる 相 ありこれの 相 に 親 しみにけり この 歌 は 狂 人 守 連 作 の 第 2 首 である 精 神 病 者 が 世 間 から 隔 絶 された 存 在 であることを かすかなる と 表 現 したのである さらに あはれなる と 感 情 のこもった 表 現 が 続 く 世 間 からは 忘 れられた 病 者 への 親 しみ のある 眼 差 しが 感 ぜられる また 精 神 病 者 の 現 実 や 実 態 を 訴 えかけているとも 言 えよう 156

5 斎 藤 茂 吉 の 作 品 に 見 る 病 者 への 眼 差 し( 小 泉 博 明 ) この くれなゐの 百 日 紅 は 咲 きぬれど 此 きやうじんはもの 云 はずけり 第 3 首 である 百 日 紅 はサルスベリとも 言 い 夏 から 秋 に 紅 色 の 小 さな 花 が 群 がり 咲 く 病 院 の 庭 で 百 日 紅 が 咲 いているのか 特 定 できない 狂 人 ではなく きやうじん と 表 現 する この きやうじん は 男 性 なのか 女 性 なのか どんな 症 状 の 病 者 なのかも 分 からない しかし この 病 者 は 百 日 紅 が 咲 く 季 節 になっても 依 然 としてものを 言 わないのである 茂 吉 は どの ように 病 者 に 寄 り 添 うべきか 躊 躇 している ものは 言 わないけれども 病 者 は 何 かを 世 間 に 訴 えかけているようでもある あけ び としわかき 狂 人 守 りのかなしみは 通 草 の 花 の 散 らふかなしみ 第 4 首 である としわかき 狂 人 守 り とは 茂 吉 自 らのことである 若 い 精 神 病 医 として の 悲 哀 は アケビの 花 が 散 るさまであると 言 う アケビは 山 形 県 を 代 表 する 果 実 である 茂 吉 の 郷 里 金 瓶 村 のアケビを 思 い 出 したのであろう アケビは4 月 頃 に 淡 紅 紫 色 の 花 をつけ 秋 に なると 淡 紫 色 の 果 実 となる なお 茂 吉 には 次 の 歌 がある かが 屈 まりて 脳 の 切 片 を 染 めながら 通 草 のはなをおもふなりけり ( 赤 光 大 正 元 年 折 々の 歌 ) これは 茂 吉 が 病 理 組 織 研 究 室 で 呉 秀 三 がニスル(F.Nissl)から 欧 州 留 学 中 に 学 んだ 神 経 細 胞 染 色 法 を 伝 授 され 脳 片 にニスル 染 色 法 を 行 ったのである アケビの 花 や 果 実 が ニスル 染 色 標 本 と 同 色 系 統 であり 懐 かしく 思 い 出 されたのであった 脳 片 が 染 め 出 され 紫 色 になる と 少 年 の 頃 に 親 しんだ 郷 里 のアケビが 脳 裏 に 浮 かんだのである 病 脳 を 切 片 にし それをい ろいろの 方 法 で 染 色 し その 標 本 を 顕 微 鏡 で 屈 んでのぞくのであった これは 後 の 博 士 論 文 麻 痺 性 痴 呆 者 の 脳 カルテ に 繋 がる 為 事 であった アケビの 実 は 大 きく 目 立 ち 食 用 となるが 花 は 小 さく 目 立 たない 世 間 では 報 われない 感 謝 せられざる 医 者 としての 悲 哀 を 郷 里 のア ケビの 花 が 散 るさまに 対 象 化 している 気 のふれし 支 那 のをみなに 寄 り 添 ひて 花 は 紅 しと 云 ひにけるかな 第 5 首 の 歌 である 病 者 の 一 人 である 中 国 の 女 性 に 寄 り 添 って 花 を 指 して 紅 色 である 言 っ たのだという この 花 は 百 日 紅 であり 第 3 首 の 此 きやうじん のことであろう ものを 言 わない 病 者 なので 言 葉 をかけて 病 者 の 反 応 を 確 かめているのである 少 しでも 話 をしてくれ ることを 期 待 しているのである このゆふべ 脳 病 院 の 二 階 より 墓 地 見 れば 花 も 見 えにけるかな 第 6 首 の 歌 である このゆふべ とは 9 月 のゆうべに 青 山 脳 病 院 の2 階 の 窓 から 青 山 墓 地 ないしは 立 山 墓 地 を 見 ると そこにも 百 日 紅 の 花 が 咲 いているという 遠 くの 墓 地 に 咲 く 紅 の 花 が 見 えるのだという じきけつ が き ゆふされば 青 くたまりし 墓 みづに 食 血 餓 鬼 は 鳴 きかゐるらむ 第 7 首 の 歌 である 茂 吉 の 随 筆 童 馬 漫 語 に 食 血 餓 鬼 5) があるので 引 用 する 青 山 の 梅 窓 院 境 内 を 抜 けて 裏 手 の 墓 地 の 凹 いところに うら 枯 れる 草 を 縫 うて 細 い 水 が 流 れてゐる 杉 の 木 に 黄 色 い 小 鳥 がとまつて 鳴 いてゐる 遠 くの 方 で 女 の 子 のじゃんけんを 157

6 文 京 学 院 大 学 外 国 語 学 部 文 京 学 院 短 期 大 学 紀 要 第 11 号 (2011) する 声 が 聞 える 眼 のもとに 法 号 のない( 何 某 長 女 )といふ 小 さい 木 の 墓 標 がある ( 略 ) ぶ と 左 手 の 甲 が 癢 いと 思 って 見 ると 蟆 子 が 一 つ 血 を 吸 って 居 る 見 つめて 居 ると 紅 く 膨 れ た 尻 が 重 た 相 に 飛 んで 行 った 手 の 甲 は 血 の 滲 んだ 小 点 を 中 心 にしてぼつりと 腫 れて 居 た ( 略 )いま 人 間 の 血 を 食 って 腹 がふくれたひとつの 小 さい 食 血 餓 鬼 に 堪 へ 難 い あはれ を 感 じた 己 は 一 つの 小 さな 疵 を 手 の 甲 に 得 て 墓 の 木 立 を 出 た 紅 い 日 が 落 ちかかってゐ る 食 血 餓 鬼 とは 墓 地 で 手 の 甲 を 蟆 子 に 刺 された 話 であるが 前 世 は 人 間 であったが 輪 廻 転 生 で 蟆 子 になり 墓 前 の 花 立 ての 水 の 周 辺 で 鳴 いているかもしれないという 仏 教 的 な 輪 廻 や 因 果 が 感 ぜられる 歌 である この 歌 が 狂 人 守 の 連 作 にあるのは 興 味 深 い 小 さい 食 血 餓 鬼 への 堪 え 難 い あはれ が 精 神 病 者 に 投 射 すると 言 うことであろうか じ ん り き あはれなる 百 日 紅 の 下 かげに 人 力 車 ひとつ 見 えにけるかな 第 8 首 である 百 日 紅 に 茂 吉 は あはれ を 感 ずるという 人 力 車 は 誰 が 利 用 したものか 分 からない 病 者 が 乗 って 来 たものともいえよう おそらく 黒 塗 りの 人 力 車 と 紅 色 の 百 日 紅 が 対 比 的 な 構 図 となっている 連 作 狂 人 守 では 嘱 目 の 風 景 として 百 日 紅 が 重 要 な 役 割 を 担 っ ている さて 赤 光 には 狂 人 守 連 作 の 前 に 1912( 明 治 45) 年 作 黄 涙 余 録 の 連 作 がある 葬 り 火 黄 涙 余 録 の 一 冬 来 黄 涙 余 録 の 二 柿 乃 村 人 へ 黄 涙 余 録 の 三 の 三 部 で 合 計 44 首 を 数 えるのである この 連 作 においても 茂 吉 の 病 者 への 眼 差 しが 見 て 取 れる 医 者 の 宿 命 と して 臨 終 の 場 に 立 ち 会 わざるをえない 医 者 が 死 亡 診 断 書 を 書 くのである また 精 神 病 医 であ るならば 誰 もが 担 当 の 精 神 病 者 が 自 殺 することに 遭 遇 せざるをえない 連 作 黄 涙 余 録 は 臨 床 医 として 経 験 の 浅 かった 茂 吉 が 入 院 中 の 病 者 が 隙 を 見 て 自 殺 した 事 件 の 衝 撃 をうたった ものである 但 し この 病 者 が 入 院 していたのは 勤 務 していた 東 京 府 巣 鴨 病 院 ではなく 養 父 紀 一 の 経 営 していた 青 山 脳 病 院 である ここで 茂 吉 は 紅 涙 とせずに 黄 涙 とした 紅 涙 とするならば 子 女 の 涙 となってしまうからであろうか 黄 涙 にも 茂 吉 の 精 神 病 者 へ の 思 いが 込 められている よ よ はた 葬 り 火 黄 涙 余 録 の 一 では 自 殺 した 精 神 病 者 の 粗 末 な 葬 列 が 代 々 幡 の 火 葬 場 にて 荼 毘 に 付 されるまでを 次 のように 歌 う ひつぎ あらはなる 棺 はひとつかつがれて 隠 田 ばしを 今 わたりたり 衝 撃 的 な 歌 である あらはなる とあるので 棺 に 白 い 布 を 掛 けずに 粗 末 な 棺 のままで 火 葬 場 へ 運 ばれていったのである 隠 田 橋 は かつての 渋 谷 川 に 架 かっていた 橋 である 棺 は 青 山 脳 病 院 から 青 山 通 りを 横 切 り 今 の 表 参 道 から 隠 田 橋 を 渡 り 原 宿 代 々 木 の 原 を 通 り 代 々 幡 の 火 葬 場 へと 向 かった 今 では 渋 谷 川 もなければ 隠 田 橋 もない 世 間 には 知 らされる ことなく ひっそりと 葬 儀 が 執 り 行 われている きょうじゃ くわん め ま ひ 自 殺 せし 狂 者 の 棺 のうしろより 眩 暈 して 行 けり 道 に 入 日 あかく 158

7 斎 藤 茂 吉 の 作 品 に 見 る 病 者 への 眼 差 し( 小 泉 博 明 ) 土 屋 文 明 は この 患 者 は 開 成 中 学 同 級 以 来 科 はちがっても 高 等 学 校 大 学 と 交 わって 来 た 友 人 某 の 紹 介 患 者 で 青 山 脳 病 院 に 入 院 した 者 であり 自 殺 の 際 にその 紹 介 者 からひどく 詰 問 された ということもあるので それやこれやで 作 者 の 傷 心 は 一 通 りでなかったようである しかしそ ういう 事 実 上 のいきさつは 別 としても 精 神 病 医 としての 患 者 のこれまで 深 く 取 上 げるといふ ことは 作 者 の 性 格 に 本 づくものであらう 6) という なお 正 確 に 言 えば 棺 は 死 体 を 納 めると 柩 となる 茂 吉 は 医 者 として 病 者 の 自 殺 に 傷 心 し 眩 暈 を 感 じ その 葬 列 に 随 行 したのであった 茂 吉 は 取 り 返 しのつかない 結 果 となり 茫 然 自 失 のままで おそらく 伏 し 目 がちとなり 遠 慮 深 く 身 体 も 固 くなった 状 況 であったのであろう 自 殺 した 者 を 詮 索 するならば 茂 吉 の 友 人 が 主 宰 していたらしい 雑 誌 の 編 集 者 をしていた 安 野 助 多 郎 という 作 家 志 望 の 青 年 7) だったとい う この 死 者 は 室 生 犀 星 と 同 郷 であった くわん はる はて 赤 光 のなかに 浮 びて 棺 ひとつ 行 き 遙 けかり 野 は 涯 ならん こつがめ ね きた 骨 瓶 のひとつを 持 ちて 価 を 問 へりわが 口 は 乾 くゆふさり 来 り 上 野 なる 動 物 園 にかささぎは 肉 食 ひゐたりくれなゐの 肉 を 茂 吉 は 担 当 医 として 火 葬 場 まで 加 わった 納 骨 箱 は 桐 の 箱 ではなく 杉 板 の 粗 末 なもので あった 気 が 付 けばかなりの 時 間 が 経 過 し 緊 張 感 のためか 喉 の 乾 きを 覚 えた 死 に 対 する 飢 えや 乾 きという 生 が 表 出 されている その 後 病 院 へ 帰 ることなく 上 野 動 物 園 へと 場 面 は 転 換 する 憔 悴 した 茂 吉 の 痛 めつけられた 神 経 を 鎮 める 場 所 が 動 物 園 であったというこ とである かささぎ は カラス 科 で 漆 黒 色 の 長 い 尾 が 特 徴 で 腹 は 白 色 である その か ささぎ が 深 紅 の 肉 を 喰 っているのである 茂 吉 にとっては 何 とも 痛 々しい 光 景 である 冬 来 黄 涙 余 録 の 二 では 一 転 して 上 野 動 物 園 を 訪 れた 茂 吉 が 生 命 あるものへの 愛 惜 の 思 いを 詠 むのである おのの 自 殺 せる 狂 者 をあかき 火 に 葬 りにんげんの 世 に 戦 きにけり この 歌 は 塚 本 邦 雄 が 茂 吉 秀 歌 8) で 論 じるように 自 殺 狂 者 あかき 火 葬 り 戦 き と 刺 戟 的 な 用 語 が 連 続 した 凄 惨 な 場 面 である 人 間 を にんげん と 記 し 心 の 悲 痛 を 訴 えかけている そして 動 物 園 での 見 聞 を 中 心 に 改 めて 生 命 を 思 索 している かき の むらびと 柿 乃 村 人 へ 黄 涙 余 録 の 三 では 歌 友 である 島 木 赤 彦 ( 柿 乃 村 人 )へ 担 当 する 病 者 の 自 殺 の 衝 撃 を 訴 え また 精 神 病 医 の 心 境 を 慨 嘆 する 歌 が 続 く この 夜 ごろ 眠 られなくに 心 すら 細 らんとして 告 げやらましを うつつ たのまれし 狂 者 はつひに 自 殺 せりわれ 現 なく 走 りけるかも すがた 友 のかほ 青 ざめてわれにもの 云 はず 今 は 如 何 なる 世 の 相 かや 茂 吉 は 自 らの 神 経 が 衰 弱 し 毎 晩 眠 れぬ 夜 が 続 くことを 告 げたものだという 依 頼 されて 159

8 文 京 学 院 大 学 外 国 語 学 部 文 京 学 院 短 期 大 学 紀 要 第 11 号 (2011) いた 病 者 が 恐 れていた 通 りに 遂 に 自 殺 してしまった 現 なく とは 無 我 夢 中 になって 事 後 処 理 に 奔 走 したのであった そして 病 人 を 依 頼 した 友 人 に 自 殺 の 件 を 報 告 すると た ちまち 友 人 が 衝 撃 で 蒼 白 となり 茫 然 とし 無 言 で 堅 い 表 情 に 変 貌 したのであった その 後 の 葬 儀 の 経 過 は すでに 微 細 にわたり 黄 涙 余 録 の 一 に 歌 われている い ろ 世 の 色 相 のかたはらにゐて 狂 者 もり 黄 なる 涙 は 湧 きいでにけり 色 相 とは 肉 眼 で 見 える 姿 や 形 のことであり 現 実 の 世 界 のことであり 万 物 の 本 体 は 変 転 し 空 しいという 意 味 である そして 精 神 病 医 として 現 実 のかたわらにいて 黄 なる 涙 を 流 すというのである よって 茂 吉 の 異 常 なほどの 自 殺 嫌 悪 の 基 層 がこの 自 殺 にあることは 間 違 いない 1937( 昭 和 12) 年 に 改 造 に 掲 載 された 茂 吉 の 癡 人 の 随 筆 の 中 に 自 殺 憎 悪 がある 精 神 病 医 の 吾 々には さう 簡 単 に 行 かぬ 事 が 多 い 自 殺 する 者 は 勝 手 に 自 殺 するのだから 法 律 からいっても 何 も 吾 々には 罪 は 無 いのだが 家 人 などといふものは 一 から 十 まで 吾 々 に 罪 があるやうな 顔 付 をすることがある ( 略 )そして 自 殺 する 者 の 具 合 を 見 てゐるに やる 者 は 何 時 かは 遣 ってしまふのが 多 いし なんでもなくやる 者 がある 世 間 の 健 康 な 人 達 が 常 識 で 考 へるやうなものではない 私 はそのころ 一 面 は 注 意 上 の 心 配 をすると 同 時 に 自 殺 者 をいつのまにか 憎 むやうになった 如 何 にしてもいまいましくて 叶 はない 彼 等 は 面 倒 な 病 気 を 一 つ 持 つてゐて 医 者 も 看 護 人 も 苦 心 惨 憺 してゐるのに なほそのうへ 勝 手 に 死 んで 心 痛 をかけるといふのが いまいましくて 叶 はんのである 自 殺 憎 悪 症 とも いふべき 心 が 起 こつて 来 てどうしても 除 かれないのはそのころからである 9) 他 の 医 学 の 部 門 と 違 い 精 神 病 医 であるならば 病 者 の 自 殺 は 不 可 避 なことである 精 神 病 医 の 間 では 担 当 する 病 者 に 自 殺 された 経 験 のない 者 はいまだ 一 人 前 ではないという 言 説 がある 程 である しかも 遺 族 による 理 不 尽 な 自 殺 防 止 ができなかったのかという 責 任 の 追 及 もある よって 残 念 ながら 自 殺 に 遭 遇 したならば 職 業 的 に 冷 静 沈 着 に 事 後 処 理 に 当 たらねばならな い 担 当 する 病 者 が 肉 体 的 な 重 い 疾 患 により 生 命 が 喪 失 することでさえ 深 い 哀 しみであり 諦 めにも 時 間 がかかる まして 精 神 病 者 は 精 神 の 病 気 により 精 神 病 医 や 看 護 人 などが 注 意 を 払 っているにもかかわらず 巧 みに 一 瞬 の 間 隙 を 縫 って 自 らの 生 命 を 絶 つのである よって 茂 吉 は 自 殺 憎 悪 症 とも 言 うべき 精 神 状 態 となり 払 拭 しがたい 心 の 傷 となり 癒 されない 状 況 が 続 くのであった 茂 吉 には 臨 床 医 として 経 験 を 重 ねても 事 務 的 に 粛 々と 自 殺 に 対 して 処 理 できぬ 心 のわだかまりがあるのである 黄 涙 余 録 の 連 作 は この 茂 吉 の 心 情 を 理 解 する 基 調 となっている 但 し ここで 茂 吉 の 自 殺 憎 悪 を 精 神 病 医 として 不 適 格 であると 論 ずるものではない む しろ 精 神 病 者 の 側 に 身 を 置 いた 茂 吉 にとって 精 神 病 に 罹 患 し それが 故 に 自 殺 していく 病 者 に 対 する 哀 しみであり 自 らが 自 殺 を 防 止 できなかった 無 力 に 対 する 怒 りが 憎 悪 へと 転 換 していったのである 自 殺 は 鬱 病 に 多 い とくに 内 因 性 の 真 性 鬱 病 は 最 も 深 刻 で 罪 業 念 慮 を 160

9 斎 藤 茂 吉 の 作 品 に 見 る 病 者 への 眼 差 し( 小 泉 博 明 ) 抱 き 自 らの 存 在 が 家 族 などに 対 し 迷 惑 で 害 があると 考 え 自 殺 へと 追 い 詰 められるのである また 統 合 失 調 症 の 病 者 の 場 合 には 自 らの 妄 想 や 幻 聴 により 衝 動 的 に 自 殺 をする 茂 吉 は 鬱 病 となり 自 分 自 身 に 価 値 を 見 出 せなくなり 追 い 詰 められ 世 を 憂 い 自 殺 していった 病 者 を 決 して 憎 悪 しているのではない 自 分 も 病 院 も 世 間 も 何 ら 自 殺 防 止 の 有 効 な 手 だてのない 憤 りで ある 少 なくとも 茂 吉 の 私 憤 ではなく 義 憤 であるといえよう ここに 茂 吉 は 拘 泥 するのであ る 精 神 病 院 で 単 なる 日 常 に 起 こる 事 故 として 簡 単 に 割 り 切 れないのである さらに 論 ずる ならば 茂 吉 が 関 わり 亡 くなった 病 者 に 対 する 自 責 の 念 と 誰 にも 訴 えることのできない 思 いを 歌 に 込 めることによって 少 なからず 怒 りを 鎮 め 世 間 に 知 らしめようという 意 図 が 見 え 隠 れ するのである そして かろうじて 作 歌 活 動 を 続 けることによって 茂 吉 の 心 は 昇 華 していっ たのである ところで 1903( 明 治 36) 年 5 月 旧 制 一 高 生 の1 年 生 ( 満 16 歳 10 ケ 月 )であった 藤 村 操 が 日 光 華 厳 滝 から 投 身 自 殺 をし 当 時 の 若 者 に 大 きな 衝 撃 を 与 えた 投 身 前 に 巖 頭 の 大 樹 を 削 り 書 き 残 したのが 巖 頭 之 感 である その 中 に 真 相 は 唯 だ 一 言 にして 悉 す 曰 く 不 可 解 とあり この 自 殺 に 対 して 当 時 の 論 調 は 青 年 の 煩 悶 を 批 判 するというよりも むしろ 肯 定 的 であった 藤 村 の 死 の 後 には 相 次 いで 自 殺 者 が 出 た 時 に 茂 吉 は 一 高 の2 年 生 であった 友 人 の 吉 田 幸 助 宛 の 書 簡 に 藤 村 操 の 死 について 一 高 生 の 先 輩 として 次 のように 論 じている 君 よ 藤 村 の 死 を 羨 しとおもひ 給 ふ 事 なかれ 嗚 呼 彼 は 死 せり 彼 の 名 山 の 彼 の 名 瀑 に 落 ちて 死 せり 世 人 は 文 を 作 り 歌 を 作 り 詩 を 作 りて 彼 を 誉 めたたへぬ 霊 も 泉 下 に 笑 まむ しかは あれど 死 人 に 口 なし 如 何 なる 理 由 で 死 んだか 真 に 分 るものにあらず 宇 宙 の 真 相 を 不 可 解 と 観 じ 棄 てて 死 せりとはいへどああ 思 へ 給 へよ 10) 茂 吉 は 世 評 に 対 し 懐 疑 的 であり 批 判 的 である 書 簡 では 続 いてショウペンハウエル 曰 く 戦 はずんば 勝 ちなし を 引 用 し 時 代 的 な 意 義 を 認 めていない 茂 吉 は 養 父 紀 一 の 許 で 一 途 に 学 業 に 刻 苦 精 励 し 紀 一 の 期 待 に 応 えるべく 東 京 帝 国 大 学 医 科 大 学 への 進 学 を 目 指 していた 未 だ 養 子 という 待 遇 ではなく まさに 食 客 という 身 分 であった この 不 安 定 な 身 分 の 茂 吉 にとって 世 評 で 持 ち 上 げられるような 藤 村 の 自 殺 は 容 認 しがたいものであった 藤 村 の 死 は 茂 吉 にとって 終 始 一 貫 して 見 られる 精 神 病 者 の 自 殺 に 対 する 嫌 悪 感 の 原 風 景 とし て とらえるべき 事 件 なのである また 1923( 大 正 12) 年 6 月 に 軽 井 沢 三 笠 ホテルの 別 荘 である 浄 月 庵 にて 有 島 武 郎 と 中 央 公 論 の 雑 誌 記 者 である 波 多 野 秋 子 が 縊 死 心 中 をした 有 島 は 人 妻 の 秋 子 と 不 倫 関 係 にあり 秋 子 の 夫 から 姦 通 罪 で 告 訴 すると 脅 かされていた 鬱 々たる 日 々を 経 て 結 果 的 には 心 中 する ことになった 遺 体 が 発 見 された 時 には 醜 悪 な 臭 気 を 発 し 腐 乱 がひどかったが 遺 書 から 身 元 が 判 明 した 茂 吉 は この 心 中 事 件 を 次 のように 歌 った 心 中 といふ 甘 たるき 語 を 発 するさへいまいましくなりてわれ 老 いんとす 有 島 武 郎 氏 なども 美 女 と 心 中 して 二 つの 死 体 が 腐 敗 してぶらさがりけり しに こうがふ 抱 きつきたる 死 ぎはの 遘 合 をおもへばむらむらとなりて 吾 はぶちのべすべし 161

10 文 京 学 院 大 学 外 国 語 学 部 文 京 学 院 短 期 大 学 紀 要 第 11 号 (2011) ( 美 男 美 女 毎 日 のごとく 心 中 す 昭 和 7 年 石 泉 ) 余 りにも 生 々しい 歌 である 塚 本 邦 雄 は 既 に 愛 慾 から 縁 の 遠 い 年 齢 になって 行 くといふ 自 嘲 か さにあらず この 毒 舌 の 言 ひ 放 しに 似 た あまりにも 散 文 的 な 三 十 八 音 の 大 破 調 歌 は 文 体 のみならず こめられた 思 考 も 相 当 屈 折 してゐて 一 度 や 二 度 読 み 下 しただけでは その 面 白 みも 真 意 もつかめまい ( 略 ) 心 中 と 呼 ぶ 行 為 合 意 の 二 重 自 殺 に 批 判 的 で これを 嫌 悪 するあまり 発 音 するさへいまいまし いうのか その 当 時 流 行 的 に 頻 出 した この ささやかなクーデターの その 底 にある 甘 つたれた 態 度 が 許 せなかったから 口 に 出 して 言 ふ のに 抵 抗 を 感 じたのか いづれにせよ 作 者 の 語 気 は 鋭 い 11) と 批 評 する ここで 留 意 すべきなのは 心 中 事 件 が 起 こったのが 大 正 12 年 であるのに 10 年 以 上 の 歳 月 を 経 ていることである この 時 間 的 な 経 過 は 何 を 意 味 するのであろうか そして 当 時 大 きな 醜 聞 であった 有 島 武 郎 の 情 死 を このような 過 激 な 表 現 で 歌 にした 昭 和 7 年 と 言 えば 前 年 に 満 州 事 変 が 勃 発 し 昭 和 恐 慌 が 深 刻 となる 時 期 である 青 山 脳 病 院 院 長 であった 茂 吉 の 私 生 活 を 顧 みれば 妻 てる 子 のダンスホール 事 件 の 前 年 であり 夫 婦 関 係 は 冷 え 切 っていた しか し その 欲 求 不 満 がモチーフで 嫉 妬 によりこのような 表 現 となったと 見 るならば 余 りにも 皮 相 的 であり 茂 吉 の 内 面 には 肉 薄 していない この 連 首 にも 茂 吉 の 自 殺 への 嫌 悪 感 が 根 底 にあると 言 わざるをえない 歌 人 の 茂 吉 ではな く 精 神 病 医 の 茂 吉 の 心 情 を 読 み 取 り この 歌 を 鑑 賞 するならば 精 神 病 医 として 病 者 の 自 殺 に 悩 まされ 生 命 を 縮 める 思 いをしてきた 茂 吉 の 哀 切 な 叫 びとして 捉 えることが 妥 当 なのであ る 病 気 故 に 自 殺 する 精 神 病 者 の 心 情 を 考 えるならば 有 島 の 心 中 事 件 など ぶちのべし と 言 うべき 許 せざる 背 徳 行 為 なのである 精 神 病 医 の 茂 吉 からすれば このような 愚 の 骨 頂 とも いうべき 心 中 事 件 への 世 間 の 関 心 と 過 剰 報 道 に 対 し 無 性 に 腹 が 立 ち 過 激 な 歌 となったのであ る ましてや 単 純 な 老 いの 自 覚 というものでもない ここに 精 神 病 医 である 茂 吉 の 病 者 へ の 眼 差 しを 考 えるに 藤 村 操 や 有 島 武 郎 の 自 殺 に 対 する 茂 吉 の 過 剰 なまでの 反 応 に 通 底 する 心 情 を 見 過 ごしてはならないのである 自 殺 憎 悪 を 茂 吉 の 性 格 による 癖 と 見 るならば それ は 余 りにも 一 面 すぎ 茂 吉 の 魂 の 叫 びが 聴 こえないのである 病 者 の 自 殺 という 精 神 病 医 の 宿 命 に 抗 い 続 けるのは 茂 吉 のリビドーであり この 深 い 闇 までも 照 射 しなければ 茂 吉 の 病 者 への 眼 差 しが 上 滑 りに 理 解 されるのである 狂 人 をテーマとした 作 歌 活 動 を 通 しての 茂 吉 の 役 割 は 一 面 では 呉 秀 三 を 凌 駕 するものであったとも 言 えよう さて あらたま は 赤 光 に 続 く 第 2 歌 集 であり 1913( 大 正 2) 年 9 月 から 1917( 大 正 6) 年 12 月 に 至 るまでの 歌 である ここにも 巣 鴨 病 院 の 一 風 景 をみることができる いそがしく 夜 の 廻 診 ををはり 来 て 狂 人 もりは 蚊 帳 を 吊 るなり ひとりごと のびのびと 蚊 帳 なかに 居 てわが 体 すこし 痩 せぬと 独 語 いへり くつ 履 のおと 宿 直 室 のまへ 過 ぎてとほくかすかになるを 聞 きつつ かばね も な か たま ものぐるひの 屍 解 剖 の 最 中 にて 溜 りかねたる 汗 おつるなり 162

11 斎 藤 茂 吉 の 作 品 に 見 る 病 者 への 眼 差 し( 小 泉 博 明 ) もだ と も うち 黙 し 狂 者 を 解 体 する 窓 の 外 の 面 にひとりふたり 麦 刈 る 音 す いくとせ 狂 人 に 親 しみてより 幾 年 か 人 見 んは 憂 き 夏 さりにけり ( あらたま 大 正 4 年 漆 の 木 ) 作 歌 四 十 年 では 第 1 首 について 宿 直 の 歌 である この 宿 直 は 記 念 で 好 いものであった とある また 第 6 首 については 人 を 見 るのも 厭 だというのである 併 し 私 は 勉 強 して 宿 直 でも 何 でもやった 盆 の 十 六 日 地 獄 の 釜 のふたも 明 くという 日 に 呉 院 長 がのこのこやって 来 て 休 めぬこともあった という 虫 に 好 かれる 体 臭 をもつ 茂 吉 にとって 夜 の 回 診 は 苦 痛 の 一 つであったろう また 宿 直 のもの 哀 しさが 伝 わってくる また 夜 も 興 奮 する 病 者 がいて 十 分 に 睡 眠 が 取 れなかったであろう 病 者 の 解 剖 は 東 京 帝 国 大 学 医 科 大 学 の 病 理 学 教 室 へ 委 託 することもあるが 巣 鴨 病 院 内 の 屍 室 で 医 員 により 執 刀 することもあった これは 巣 鴨 病 院 内 での 解 剖 のことであり 屍 室 は 病 棟 から 畑 を 挟 んで 離 れた 北 隅 にあった 解 剖 の 歌 は 茂 吉 の 動 揺 する 魂 の 叫 びを 感 ずる 作 品 である まさに 精 神 病 院 の 世 間 の 知 らない 暗 い 闇 を 照 射 し たものであり それが 担 当 した 病 者 の 解 剖 であるならば その 悲 哀 は 深 すぎるのである このように 茂 吉 は 巣 鴨 病 院 で 精 神 病 医 が 遭 遇 する 精 神 病 者 の 自 殺 ばかりではなく 逃 亡 暴 力 などを 目 の 当 たりに 経 験 し 精 神 病 の 臨 床 医 として 大 きく 精 神 的 に 成 長 していったのであ る そして 茂 吉 が 病 者 を 詠 んだ 作 品 からは 病 者 の 置 かれた 現 状 や 改 善 できない 苛 立 ちや 怒 りを 鎮 め 病 者 へ 寄 り 添 う 姿 が 垣 間 見 えるのである 3. 長 崎 医 学 専 門 学 校 教 授 茂 吉 は 東 京 府 巣 鴨 病 院 を 退 職 後 1917( 大 正 6) 年 12 月 に 長 崎 医 学 専 門 学 校 教 授 となり 1921( 大 正 10) 年 2 月 には 文 部 省 在 外 研 究 員 を 命 じられ 退 職 することとなった 長 崎 医 学 専 門 学 校 教 授 であったが この 短 い 期 間 は 茂 吉 にとって 大 きな 転 換 期 を 迎 える 時 期 でもあった とくに 1920( 大 正 9) 年 は 病 苦 に 悩 まされ 生 死 を 彷 徨 した 一 年 間 であった 年 頭 の1 月 6 日 に 猖 獗 を 極 めパンデミーとなったインフルエンザの スペイン 風 邪 12) に 罹 患 し 肺 炎 を 併 発 した 2 月 24 日 に 職 場 へ 復 帰 するまで 特 効 薬 もなく 療 養 をせざるをえなかった その 後 6 月 2 日 には 喀 血 を 見 て 自 宅 療 養 をするが 6 月 25 日 には 県 立 長 崎 病 院 ( 西 二 病 棟 七 号 室 )へ 入 院 した 7 月 2 日 には 退 院 し 自 宅 療 養 に 努 めるが その 後 は 転 地 療 養 を 繰 り 返 すこととなった 喀 血 とは 結 核 であり 当 時 は 不 治 の 病 であり 死 を 覚 悟 したのであった 漸 く 病 が 癒 えて 出 勤 し たのは 11 月 2 日 のことであった 病 院 のわが 部 屋 に 来 て 水 道 のあかく 出 で 来 るを 寂 しみゐたり ( 長 崎 大 正 9 年 つゆじも ) このように 一 年 間 を 振 り 返 れば 長 崎 医 学 専 門 学 校 教 授 として 心 ならずも 研 究 臨 床 教 育 に 関 して 自 らの 責 務 を 全 うできなかったのである しかし 歌 人 としては 赤 光 に 続 く あ らたま を 編 み 始 めた 頃 に 当 たり この 死 を 覚 悟 するような 暗 鬱 な 年 に 茂 吉 は 血 を 吐 くよう 163

12 文 京 学 院 大 学 外 国 語 学 部 文 京 学 院 短 期 大 学 紀 要 第 11 号 (2011) に 渾 身 をふりしぼり 短 歌 に 於 ける 写 生 の 説 を 書 きあげたのであった この 歌 論 で 実 相 に 観 入 して 自 然 自 己 一 元 の 生 を 写 す これが 短 歌 上 の 写 生 である 13) という 所 謂 実 相 観 入 を 提 唱 した ここで 茂 吉 は 自 然 と 人 間 を 対 峙 した 存 在 として 捉 え るのではなく 自 然 と 自 分 は 別 なものではなく 自 然 の 中 に 自 己 があるとする 自 然 自 己 一 元 の 生 を 説 いた 自 然 を 写 生 すれば そのまま 自 己 を 写 すことなる 茂 吉 は 和 辻 哲 郎 の 次 の 文 章 を 引 用 し ここに 用 ひる 自 然 は 人 生 と 対 立 せしめた 意 味 の 或 は 精 神 文 化 などに 対 立 せしめた 意 味 の 哲 学 的 用 語 ではない むしろ 生 と 同 義 にさへ 解 せらる 所 の(ロダンが 好 んで 用 ふる 所 の) 人 生 自 然 全 体 を 包 括 した 我 々の 対 象 の 世 界 の 名 である ( 我 々の 省 察 の 対 象 とな る 限 り 我 々 自 身 も 含 んでゐる)それは 吾 々の 感 覚 に 訴 へる 総 ての 要 素 を 含 むと 共 に またその 奥 に 活 躍 してゐる 生 そのものを 含 んでゐる 14) という 茂 吉 は これと 自 分 の 言 う 自 然 は 同 じだとする 生 は 造 化 不 窮 の 生 気 天 地 万 物 生 々の 生 で いのち の 義 であると 言 う そして 童 馬 漫 語 では 親 鸞 の 自 然 法 爾 15) を 引 用 して 自 然 を 法 爾 に 対 し わがはからざ るを 自 然 とまうすなり の 境 にゐておのづから 予 の 生 の 象 徴 は 成 るのである 予 の 象 徴 流 が 流 俗 の 説 とちがふのはここだ 16) という また 予 がこれまで 処 々で 書 いた まこと ひたぶる 直 し 自 然 象 徴 単 純 化 流 露 などの 実 際 的 な 活 動 は 皆 この 写 生 から 分 派 せられるのである 17) という 茂 吉 によれば 実 相 に 観 入 することが 写 生 であるが 写 生 と は 単 に 対 象 を 客 観 的 に 写 しとるだけではなく 主 観 的 に 対 象 の 本 質 を 深 く 探 り 出 す 態 度 や 姿 勢 が 求 められる 写 生 とは 見 たものをみたままに 書 くのではない この 歌 論 は 茂 吉 の 一 つの 人 生 哲 学 ともいうべきもの 18) であり 自 らの 母 の 死 や 伊 藤 左 千 夫 の 急 逝 などの 無 常 迅 速 の 人 生 の 生 々しい 体 験 と 実 作 を 重 ねる 中 で 構 築 したものであった そこには インフルエンザ に 罹 患 し 後 に 喀 血 するなかで 茂 吉 が 短 歌 の 世 界 で 一 語 たりとも 粗 末 にせず 夢 中 になって 実 作 する 集 中 力 凄 まじい 生 命 力 を 感 ずるのである それは 精 神 病 医 であった 茂 吉 の 病 者 へ の 眼 差 しへも 変 化 があったといえるのである さて ( 大 正 10) 年 1 月 20 日 に 歌 友 である 久 保 田 俊 彦 ( 島 木 赤 彦 ) 宛 の 車 間 で 茂 吉 は 次 のように 言 う ( 當 分 以 下 他 言 無 用 ) 小 生 は 三 月 で 学 校 をやめる そして 帰 京 して 體 を 極 力 養 生 する そ して 十 月 頃 欧 州 に 留 学 して 少 し 勉 強 して 来 る 名 儀 は 文 部 省 の 留 学 生 といふなれども 自 費 なり 名 儀 だけでもその 方 が 便 利 だからである 僕 はどうしても 少 し 医 学 上 の 実 のある 為 事 をする 必 要 がある それには 国 を 離 れていろいろの 雑 務 から 遠 離 して 専 心 にならねば 駄 めなり 小 生 は 外 国 へ 行 けば 必 ず 為 事 が 出 来 ると 信 ず そこで 兎 に 角 行 ってくる 病 中 い ろいろ 考 へてこの 結 論 に 達 せり そこで 今 度 帰 京 したならば 出 発 迄 アララギの 選 歌 も 長 崎 の 連 中 ぐらゐか 或 は 全 くせずして 医 学 上 の 準 備 をする 或 は 都 合 よくば 続 童 馬 漫 語 ぐらゐは 纏 めてもよいと 思 ふ しかし 歌 の 方 はいつでも 出 来 るが 医 学 上 の 事 は 年 をとるとどうしても 困 難 になるから 今 のうちにせねばならぬ このこと 大 兄 によう く 理 解 して 貰 はねばならぬ 茂 吉 がアララギに 冷 淡 になるのは 全 く 情 止 みがたき 為 也 小 生 164

13 斎 藤 茂 吉 の 作 品 に 見 る 病 者 への 眼 差 し( 小 泉 博 明 ) は 今 まで 医 学 上 の 論 文 らしきものを 拵 へたるためしあらず そのために 暗 々のうちに 軽 蔑 されることヽされることされることなる このこと 大 兄 も 考 へて 呉 れることヽ 思 ふ 小 生 は 歌 の 方 はずっと 駄 目 になって 大 兄 らより 後 ろになること 必 然 なれどもそれはいたしかたな し さう 何 も 彼 も 出 来 るわけのものにあらざればなりたヾ 茂 吉 は 医 学 上 の 事 が 到 々 出 来 ず に 死 んだといはれるのが 男 として それから 専 門 家 として 残 念 でならぬ 一 體 小 生 はこれ まで 他 国 に 出 て 他 流 に 交 はりしことなかりしが 長 崎 に 来 て 他 流 の 同 僚 に 交 りて 小 生 も 左 程 劣 りはせずといふ 自 信 が 出 来 学 位 など 持 ってゐるものに 較 べてちっとも 劣 ってはゐ ずといふことが 分 り 候 ゆゑ 今 後 は 少 し 為 事 をすればよろしきなり 石 原 君 ほどの 世 界 的 の 為 事 は 到 底 むづかしいが 普 通 の 人 間 のやる 事 ぐらゐは 出 来 るつもりなり 以 上 は 當 分 大 兄 だけ 御 考 へを 願 ふ 19) この 書 簡 は 長 崎 医 学 専 門 学 校 教 授 を 辞 職 し 留 学 を 決 意 した 心 情 を 島 木 赤 彦 に 吐 露 したも のである 公 開 を 予 期 せぬ 書 簡 で 他 言 無 用 と 言 うだけに その 内 容 は 赤 裸 々なものである 要 するに 医 学 上 の 為 事 である 博 士 論 文 を 仕 上 げる 為 に 文 部 省 の 留 学 生 とは 言 え 私 費 にて 留 学 する 決 意 を 連 綿 と 綴 った 内 容 である 精 神 病 の 臨 床 医 としての 経 験 は 巣 鴨 病 院 にてほぼ 充 足 したのである 茂 吉 は 臨 床 医 としてはじめて 精 神 病 者 と 接 し 戸 惑 いや 驚 きもあったで あろう しかし 少 しずつ 病 者 とも 親 しみ その 環 境 にも 慣 れてきたが 研 究 者 としての 成 果 はなかった そして 長 崎 医 学 専 門 学 校 教 授 となって 生 死 を 彷 徨 い 死 を 覚 悟 する 中 で 不 惑 を 前 に 茂 吉 は 医 学 上 の 事 が 到 々 出 来 ずに 死 んだといはれるのが 男 として それから 専 門 家 と して 残 念 でならぬ と 言 い 精 神 病 医 として 為 事 を 仕 上 げる 決 意 をしたのであった これは 決 して 研 究 者 となり 病 者 を 置 き 去 りにするのではなく 帰 国 後 に 病 者 の 救 済 を 将 来 的 に 託 す 覚 悟 でもあった 4.まとめ 現 代 の 医 療 現 場 では インフォームド コンセントが 叫 ばれ 医 者 は 病 者 に 対 し ただ 単 に 説 明 をするだけではなく 十 分 に 説 明 した 上 で 同 意 を 得 ることが 求 められている また 担 当 医 以 外 の 医 者 に 意 見 を 聴 くセカンド オピニオンも 行 われている これは 従 来 のパターナリ ズムに 対 する 反 省 から 生 まれたものである また バイオエシックスで 言 う 自 己 決 定 権 は 成 人 で 判 断 能 力 のある 者 という 条 件 がある このように 病 者 の 権 利 が 確 立 されているが 精 神 病 者 には これらの 権 利 が 付 与 されるわけではない よって 精 神 病 医 は 精 神 病 者 の 思 いを 忖 度 し 最 善 の 治 療 を 為 すこととなる 病 者 の 家 族 に とって 感 謝 せられざる 医 者 であるだけに 家 族 との 意 志 の 疎 通 は 取 りにくい 場 合 もある また 医 者 に 対 して 暴 力 をふるい 罵 声 や 怒 号 を 浴 びせる 病 者 もいる このような 医 療 の 現 場 で 茂 吉 は 担 当 の 病 者 が 自 殺 した 時 に 知 人 の 紹 介 であったとは 言 え 愚 直 にも 葬 式 にまで 参 列 した 通 常 は 担 当 医 が 参 列 することはない 茂 吉 は 頑 固 一 徹 な 性 格 ではあるが 集 中 した 165

14 文 京 学 院 大 学 外 国 語 学 部 文 京 学 院 短 期 大 学 紀 要 第 11 号 (2011) 生 命 力 があり 夢 中 で 誠 実 に 病 者 に 接 し 医 者 である 前 に 人 間 茂 吉 をもって 時 には 家 族 に 替 わり 温 かな 眼 差 しを 病 者 に 向 けたのであった 注 1) 小 俣 和 一 郎 精 神 病 院 の 起 源 近 代 編 太 田 出 版 200 年 64 ページ 2) 斎 藤 茂 吉 作 歌 四 十 年 筑 摩 書 房 1971 年 15 ~ 16 ページ 3) 岡 田 靖 雄 精 神 病 医 斎 藤 茂 吉 の 生 涯 思 文 閣 出 版 2000 年 147 ページ 4) 図 説 日 本 の 精 神 保 健 運 動 の 歩 み 日 本 精 神 衛 生 会 2002 年 22 ページ 5) 斎 藤 茂 吉 全 集 第 9 巻 岩 波 書 店 1973 年 15 ~ 16 ページ ( 明 治 44 年 11 月 ) 6) 土 屋 文 明 編 斎 藤 茂 吉 短 歌 合 評 上 巻 明 治 書 院 1985 年 54 ページ 7) 本 林 勝 夫 茂 吉 遠 望 短 歌 新 聞 社 1996 年 110 ページ 8) 塚 本 邦 雄 茂 吉 秀 歌 - 赤 光 百 首 文 藝 春 秋 1977 年 165 ~ 166 ページ 9) 第 6 巻 472 ページ 10) 第 36 巻 47 ページ 11) 塚 本 邦 雄 茂 吉 秀 歌 - つゆじも 遠 遊 遍 歴 ともしび たかはら 連 山 石 泉 百 首 文 藝 春 秋 1881 年 306 ~ 307 ページ 12)なお この スペイン 風 邪 で 島 村 抱 月 は 死 亡 し 松 井 須 磨 子 は 後 追 い 自 殺 をした 米 国 滞 在 中 の 野 口 英 世 は 故 郷 会 津 の 母 がこれで 死 亡 したことを 知 る 竹 久 夢 二 の 愛 児 も 宮 沢 賢 治 の 妹 とし 子 も これに 罹 った 13) 第 9 巻 804 ページ 14) 同 巻 同 ページ 15) 自 然 といふは 自 はおのづからといふ 行 者 のはからひにあらず 然 といふはしからしむといふ ことばなり しからしむといふは 行 者 のはからひにあらず 如 来 のちかひにてあるがゆへに 法 爾 といふ 法 爾 といふは この 如 来 のおむちかひなるがゆへに しからしむるを 自 然 とまうすなり 末 燈 抄 16) 第 9 巻 161 ~ 162 ページ 17) 第 9 巻 816 ページ 18) 山 上 次 郎 斎 藤 茂 吉 の 生 涯 文 藝 春 秋 1974 年 229 ページ 19) 第 33 巻 410 ページ ( 受 稿, 受 理 ) 166

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者 太 陽 + ハ ロ ー ハ ロ ー ご ざ テ ョ 乱 舞 未 プ 民 前 別 別 意 地 根 性 喋 色 々 考 結 果 素 直 悩 過 ぎ 欝 病 発 症 系 苦 解 決 策 与 改 め 直 メ ー ジ 遠 知 ぁ 国 ゴ メ ナ サ 国 育 卉 農 家 皆 ゴ メ ナ サ 咲 ホ 季 節 表 ホ 万 歳 太 陽 + 茎 訊 名 前 輪 草 ゅ 名 知 度 私 漢 判 易 輪 草 草 紛 意 味

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

スタート診断テスト国語.indd

スタート診断テスト国語.indd 漢 漢 含 む 々 ナ 養 宇 宙 ユ 試 隣 国 寺 院 ゾ セ 状 改 善 ベ 格 利 益 配 分 腕 ニ 鍛 宅 ツ 電 車 使 開 話 報 カ 応 起 ニ ュ 例 年 早 庭 草 花 サ 海 外 制 研 究 顕 微 鏡 リ ツ 目 標 タ ツ 遠 足 ス 持 参 好 機 ラ ビ 舞 行 朝 食 フ 食 五 嫌 取 調 ジ ッ 若 育 他 社 製 ゴ 夏 休 コ 帰 リ 解 決 熟 欠 会 五

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

月刊 人事マネジメント 2014年7月号

月刊 人事マネジメント 2014年7月号 日 本 人 事 を 本 音 考 え! 混 入 業 務 現 実 的 前 進 建 前 調 整 法 ー ー 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 渡 部 昭 [ ] 先 進 旧 態 狭 間 1. 人 事 部 員 エ ー? 人 事 部 ス ー ス 日 本 企 業 人 事 部 外 資 比 ー 高 い! 新 卒 一 括 採 用 終 身 雇 用 人 事 ー ー ョン ネ 主 義 そ 背 景 コ 人 材 中

More information

 全裸転生~気が付いたら、フル・フロンタルになっていた~ ID:50002

 全裸転生~気が付いたら、フル・フロンタルになっていた~ ID:50002 注 意 事 項 P D F メ 掲 載 中 品 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 配 布 販 売 禁 裸 転 ~ 付 ~ 者 名 眼 覚 何 ( r y 原 通 器 振 舞 デ 待 明 理 何 辞 木 星 高 跳 び! 運 命 ェ メ 追 流 石! 赤 彗 星! 果 延 び? 転 ノ 力 原 回 避 試 品 士 U C 二

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

№ 1

№ 1 干 支 九 星 による 今 年 ( 甲 午 年 )の 運 勢 平 成 26 年 2 月 4 日 ~ 平 成 27 年 2 月 4 日 暗 剣 殺 壬 寅 三 碧 辛 丑 二 黒 丁 酉 七 赤 戊 戌 八 白 甲 午 四 緑 己 亥 九 紫 歳 破 庚 子 一 白 丙 申 六 白 乙 未 五 黄 1 月 1 日 ~2 月 3 日 ( 節 分 )までに 生 まれた 方 は 前 年 の 九 星 十 二

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て File.12< 参 考 判 決 1 > 死 亡 生 命 保 険 金 と 特 別 受 益 神 戸 家 庭 裁 判 所 伊 丹 支 部 平 12 年 ( 家 ) 111 号 112 号 平 13 年 ( 家 ) 1405 号 平 成 15 8 8 審 判 大 阪 高 裁 平 15( ラ ) 953 号 平 成 16 5 10 決 定 最 高 裁 平 16( 許 ) 11 号 平 成 16 10 29

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

畑 岩 佐 貴 史 料 陳 春 音 哲 赤 尾 尚 頼 勇 佐 昌 西 櫻 熱 エ ギ 哲 也 添 光 冶 竹 歳 樹 竹 諭 坂 憲 秋 雅 渕 孝 波 将 宏 河 樹 冨 泰 5 森 逝 去 冥 福 両 窓 告 光 陰 矢 始 不 景 安 ユ 安 赤 字 膨 止 温 暖 常 招 昨 額 危 惧

畑 岩 佐 貴 史 料 陳 春 音 哲 赤 尾 尚 頼 勇 佐 昌 西 櫻 熱 エ ギ 哲 也 添 光 冶 竹 歳 樹 竹 諭 坂 憲 秋 雅 渕 孝 波 将 宏 河 樹 冨 泰 5 森 逝 去 冥 福 両 窓 告 光 陰 矢 始 不 景 安 ユ 安 赤 字 膨 止 温 暖 常 招 昨 額 危 惧 拝 察 5 5 ぐ 歴 史 残 伴 津 波 北 太 側 被 冥 福 被 舞 淡 路 灯 鎮 魂 祭 営 淡 路 約 倍 福 基 爆 放 射 漏 ウ 影 響 真 ひ ひ 5 ブ 故? 栄 雪 害 遭 状 況 敬 広 則 就 ぐ 補 充 末 式 則 暮 勇 櫻 ポ 募 締 ぬ 印 層 水 振 返 届 録 紹 介 足 端 録 書 創 周 遂 伴 堀 茂 泰 船 副 根 安 5 二 5 芦 5 5 足 志

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

1

1 1 2 3 4 2 0 0 6 O c t o b e r 18101 1 2 3 4 4 5 5 6 7 1 1 0 0 0 年 の 時 を 超 え て 藤 原 道 長 か ら の メ ッ セ ー ジ 66 代 天 皇 一 条 (32) 67 代 天 皇 三 条 (42)= 研 子 (34) 風 疹 ( 脳 卒 中 ) 68 代 天 皇 一 条 (29) 69 代 天 皇 禎 子 朱 雀 (37)

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終)

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終) 亀 岡 市 公 告 第 60 号 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 ) の 規 定 に 基 づき 平 成 24 年 度 における 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のと おり 公 表 する 平

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information