はじめに 海 外 で 学 ぶ 義 務 教 育 年 齢 の 子 どもの 数 は 現 在 約 7 万 2 千 人 に 上 っています 本 ガイドは そうした 子 どもたちの 半 数 以 上 が 学 んでいる 日 本 人 学 校 や 補 習 授 業 校 などの 在 外 教 育 施 設 の 学 校 運 営

Size: px
Start display at page:

Download "はじめに 海 外 で 学 ぶ 義 務 教 育 年 齢 の 子 どもの 数 は 現 在 約 7 万 2 千 人 に 上 っています 本 ガイドは そうした 子 どもたちの 半 数 以 上 が 学 んでいる 日 本 人 学 校 や 補 習 授 業 校 などの 在 外 教 育 施 設 の 学 校 運 営"

Transcription

1 在 外 教 育 施 設 のための 海 外 子 女 教 育 振 興 財 団 ご 利 用 ガイド 発 行 公 益 財 団 法 人 海 外 子 女 教 育 振 興 財 団 Japan Overseas Educational Services

2 はじめに 海 外 で 学 ぶ 義 務 教 育 年 齢 の 子 どもの 数 は 現 在 約 7 万 2 千 人 に 上 っています 本 ガイドは そうした 子 どもたちの 半 数 以 上 が 学 んでいる 日 本 人 学 校 や 補 習 授 業 校 などの 在 外 教 育 施 設 の 学 校 運 営 委 員 会 の 関 係 者 や 教 職 員 のみなさん に 海 外 子 女 教 育 振 興 財 団 をより 一 層 身 近 に 感 じていただき 役 立 てていただ くことを 目 的 に 作 製 いたしました 本 財 団 は 1971 年 発 足 以 来 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 への 財 政 上 教 育 上 の 援 助 や 赴 任 者 帰 任 者 への 支 援 等 をはじめ 政 府 の 行 う 諸 施 策 および 維 持 会 員 の 要 望 に 相 呼 応 して 幅 広 い 事 業 を 展 開 実 施 しています 本 ガイドの 内 容 は 財 団 ホームページおよび 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトと 連 携 させていますので 基 本 的 な 事 業 概 要 は 本 ガイドでご 理 解 いただき 最 新 情 報 の 確 認 やお 申 し 込 み お 問 い 合 わせは 財 団 ホームページおよび 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトをご 利 用 ください 本 ガイドを 有 効 に 活 用 いただければ 幸 いです 財 団 ホームページ http : //www. joes.or. jp 在 外 教 育 施 設 専 用 サイト https://entry.joes.or.jp/shop 1

3 目 次 教 材 等 保 険 斡 旋 資 金 援 助 教 職 員 支 援 寄 附 金 学 校 設 立 その 他 の 学 校 向 け サービス その 他 の 財 団 事 業 他 資 料 教 材 整 備 事 業 3 教 材 等 斡 旋 3 海 外 で 使 用 する 教 科 書 4 海 外 学 校 傷 害 保 険 5 海 外 学 校 賠 償 責 任 保 険 5 海 外 学 校 ボランティアサポート 保 険 6 医 療 補 償 制 度 6 資 金 援 助 ( 安 全 対 策 援 助 緊 急 援 助 教 育 活 動 等 援 助 ) 7 専 任 教 員 採 用 支 援 9 現 地 採 用 教 員 雇 用 補 助 サービス 9 講 師 情 報 提 供 システム 10 在 外 教 育 施 設 事 務 長 会 議 10 事 務 職 員 採 用 支 援 10 寄 附 金 の 募 集 11 学 校 設 立 支 援 12 講 師 派 遣 現 地 訪 問 13 外 部 団 体 支 援 13 教 育 相 談 教 育 情 報 提 供 サービス 14 海 外 学 校 説 明 会 相 談 会 14 各 種 調 査 機 関 誌 原 稿 のご 依 頼 15 海 外 子 女 文 芸 作 品 コンクール 16 刊 行 物 等 の 無 償 配 付 17 その 他 の 財 団 事 業 のご 紹 介 18 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトについて 21 有 料 サービスのご 利 用 とお 支 払 いについて 23 財 団 の 予 算 について 24 在 外 教 育 施 設 とは 25 海 外 子 女 教 育 に 対 する 政 府 援 助 26 在 外 教 育 施 設 の 概 要 27 在 外 教 育 施 設 数 教 員 数 在 籍 者 数 等 の 統 計 資 料 29 参 考 資 料 30 * 財 団 の 各 サービス 別 連 絡 先 一 覧 2

4 教 材 整 備 事 業 教 材 等 政 府 援 助 対 象 校 である 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 私 立 在 外 教 育 施 設 に 対 し 毎 年 度 文 部 科 学 省 からの 補 助 金 による 教 材 手 配 送 付 を 行 っています < 申 請 から 受 領 まで> 1 文 部 科 学 省 と 調 整 の 上 対 象 となった 学 校 に 対 して 配 分 額 を 通 知 (2014 年 度 は280 校 ) 2 学 校 は 配 分 額 内 で 学 校 備 品 となる 教 材 を 選 択 財 団 へ 申 請 3 申 請 受 領 後 約 2か 月 ~5か 月 で 学 校 指 定 の 場 所 に 教 材 を 送 付 4 学 校 は 受 領 確 認 を 行 い 備 品 管 理 台 帳 に 記 載 のうえ 提 出 申 請 できる 教 材 は 中 長 期 的 な 整 備 計 画 に 基 づいた 学 校 備 品 です 消 耗 品 やドリル ワーク テスト 指 導 書 等 は 対 象 外 です 配 分 額 内 で 現 地 にて 教 材 を 購 入 すること( 現 地 調 達 申 請 )も 可 能 です 現 地 で 教 材 受 領 時 に 発 生 する 倉 庫 保 管 料 関 税 開 梱 費 用 その 他 引 き 取 り 手 数 料 等 は 学 校 で 負 担 して いただきます < 実 施 状 況 >2014 年 度 日 本 人 学 校 88 校 補 習 授 業 校 189 校 私 立 在 外 教 育 施 設 3 校 の 合 計 280 校 に 対 して 国 内 の 小 中 学 校 の 整 備 基 準 に 準 じた 教 材 教 具 類 等 を 調 達 送 付 詳 しくはホームページをご 覧 ください URL 事 業 部 助 成 チーム 教 材 整 備 事 業 担 当 Eメール TEL FAX 教 材 等 斡 旋 梱 包 され 順 次 発 送 される 教 材 現 地 で 調 達 が 困 難 な 教 材 備 品 事 務 機 消 耗 品 などを 在 外 教 育 施 設 の 希 望 に 沿 って 日 本 国 内 で 調 達 してお 送 りします スムーズな 手 配 ができない 思 うように 品 物 が 手 に 入 らない 等 お 困 りの 時 は 消 しゴム1 個 からスクール バ ス ま で 教 材 教 具 の こ と な ら 財 団 へ ご 注 文 ご 相 談 く だ さ い < 特 徴 > ご 注 文 お 見 積 は 在 外 教 育 施 設 専 用 サイト (P 参 照 )にログインし [ 教 材 等 斡 旋 WEB 発 注 システム マイページ]をご 利 用 ください お 支 払 い 方 法 にクレジットカードを 選 択 いただけます(VISAまたはマスターのみ) 商 品 受 領 後 には 請 求 書 ( 和 文 英 文 )もWEB 発 注 システムより 随 時 発 行 斡 旋 する 教 材 教 具 について 特 別 価 格 での 提 供 あり( 定 価 の85%~90% 程 度 ) 予 算 や 緊 急 性 に 応 じて 送 付 方 法 ( 国 際 郵 便 国 際 宅 配 便 船 便 船 貨 物 等 )を 選 択 することが 可 能 購 入 計 画 作 成 等 のために 見 積 依 頼 のみの 利 用 も 大 歓 迎 WEB 発 注 システムでご 注 文 いただいた 過 去 の 履 歴 も 確 認 いただけます 3

5 < 斡 旋 可 能 な 教 材 教 具 等 の 一 例 > 教 材 文 具 類 教 具 類 生 徒 用 教 具 類 安 全 衛 生 用 品 什 器 類 図 書 等 イベント セレモニー 用 * ドリル ワーク テスト 教 師 用 指 導 書 カード 教 材 教 科 書 筆 記 用 具 ノート 画 用 紙 鉛 筆 削 り 絵 の 具 教 師 用 教 具 ( コンパ ス 分 度 器 三 角 定 規 ) 掛 図 理 科 実 験 道 具 彫 刻 刀 版 画 セット 画 板 ピ アノ ピ アニカ その 他 楽 器 類 リレ ーバトン スターター 跳 び 箱 マット 平 均 台 算 数 セット 探 検 バッグ 書 道 セット 裁 縫 セット リコーダー 体 操 服 さすまた 防 護 盾 マスク 防 犯 ブザー ホイッスル 黒 板 机 椅 子 ロッカー 棚 課 題 図 書 辞 典 図 鑑 絵 本 学 習 漫 画 和 太 鼓 箏 餅 つきセット 法 被 鳴 子 書 道 茶 道 等 日 本 文 化 関 連 の 道 具 校 旗 日 本 国 旗 卒 業 証 書 賞 状 胸 章 紅 白 幕 鯉 のぼり テント 教 材 等 * 学 校 で 使 用 する 教 科 書 を 有 償 で 販 売 しています 海 外 で 使 用 する 教 科 書 海 外 に 在 住 する 小 中 学 生 の 教 科 書 は 在 外 公 館 に 提 出 された 在 留 届 をもとに 年 2 回 文 部 科 学 省 が 各 在 外 公 館 を 通 して 送 付 し 無 償 で 配 付 されていますが( 在 留 届 を 提 出 しているにもかかわらず 受 領 できなかった 場 合 は 管 轄 の 在 外 公 館 に 追 加 送 付 申 請 すれば 教 科 書 は 無 償 送 料 および 手 数 料 のみ 保 護 者 負 担 で 入 手 可 能 ) 先 生 用 や 在 留 届 を 提 出 していないお 子 さんの 教 科 書 の 入 手 は 困 難 です このよ うな 対 象 者 のために 財 団 では 教 材 等 斡 旋 にて 教 科 書 を 学 校 に 対 して 有 償 で 販 売 しています ご 注 文 お 見 積 は WEB 発 注 システム をご 利 用 ください 関 税 について 関 税 は 輸 入 品 に 課 せられる 税 金 であり その 国 の 国 内 産 業 保 護 を 目 的 とした 税 金 となっています( 国 際 的 な 価 格 競 争 力 が 弱 い 品 目 は 関 税 率 が 高 く 設 定 され 個 人 使 用 が 前 提 の 個 人 輸 入 は 関 税 面 で 優 遇 されている 等 ) 本 事 業 における 申 請 教 材 についても 送 付 方 法 に 関 わらず 関 税 は 発 生 するものであり それぞれの 学 校 にて 国 や 地 域 の 規 定 に 従 った 額 を 支 払 っていただくべきものと 考 えています したがって 送 付 に 関 して 特 定 の 送 付 方 法 や 納 品 書 等 への 特 別 な 記 載 (アンダーバリュー 等 )を 希 望 された 場 合 でも 学 校 の 責 任 において 依 頼 されたものとして 手 続 きを 進 めさせていただき 万 が 一 問 題 が 発 生 しても 財 団 は 一 切 の 責 任 を 負 い か ねます の で あらかじ め ご 承 知 おきください < 斡 旋 不 可 能 な 教 材 教 具 等 の 一 例 > 輸 送 禁 止 品 検 疫 上 禁 止 品 可 燃 性 のもの スプレー 缶 ボンベ 薬 品 土 粘 土 苗 種 動 物 植 物 その 他 教 材 等 斡 旋 に 関 するお 問 い 合 わせは 下 記 までどうぞ < 実 施 状 況 >2013 年 度 日 本 人 学 校 55 校 補 習 授 業 校 72 校 その 他 在 外 教 育 施 設 14 校 の 合 計 141 校 に 教 材 教 具 ほか 文 房 具 消 耗 品 ワーク ドリル 等 を 学 校 の 依 頼 に 応 じて 調 達 送 付 受 注 件 数 672 件 見 積 件 数 207 件 詳 しくはホームページおよび 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトをご 覧 ください 財 団 ホームページ 在 外 教 育 施 設 専 用 サイト URL URL https://entry.joes.or.jp/shop 事 業 部 助 成 チーム 教 材 等 斡 旋 担 当 Eメール TEL FAX

6 海 外 学 校 傷 害 保 険 保 険 斡 旋 在 校 生 と 教 職 員 の 方 々が 学 校 管 理 下 において 傷 害 事 故 に 遭 遇 した 場 合 にこれを 補 償 する 保 険 です < 特 徴 > 学 校 単 位 での 加 入 在 校 生 だけでなく 教 職 員 の 加 入 もOK 学 校 管 理 下 において 傷 害 事 故 に 遭 遇 した 場 合 に その 手 術 入 院 および 通 院 費 用 等 を 補 償 事 故 当 日 から 入 通 院 日 数 による 保 険 金 のお 支 払 い 年 度 途 中 での 転 入 者 も 転 入 日 から 補 償 保 険 期 間 は4 月 1 日 午 後 4 時 ( 日 本 時 間 )からの1 年 間 年 度 途 中 からの 加 入 も 可 能 日 本 円 ベースによる 保 険 なので 安 定 した 支 払 い < 海 外 学 校 傷 害 保 険 の 流 れ> 学 校 単 位 での 加 入 事 故 発 生!! 傷 害 事 故 報 告 書 で 財 団 に 連 絡 入 通 院 終 了 後 保 険 金 請 求 書 類 一 式 を 財 団 に 提 出 保 険 会 社 で 査 定 後 財 団 より 保 険 金 を 送 金 在 外 教 育 施 設 専 用 サイト (P21 22 参 照 )から 毎 月 1 日 付 の 加 入 者 数 を 登 録 していただきます 年 度 途 中 から 加 入 する 場 合 の 保 険 料 は 財 団 ホームページまたは 海 外 学 校 傷 害 保 険 のご 案 内 (ダウンロード 版 )にて ご 確 認 ください < 保 険 プラン タイプ 保 険 金 額 保 険 料 > 1[ 基 本 プラン]:タイプⅠ Ⅴ 2[ 基 本 + 天 災 危 険 補 償 プラン]:タイプA E 上 記 12どちらかのプランを 選 び 1 校 につき1タイプを 選 択 保 険 金 額 および 保 険 料 は 財 団 ホームページ にてご 確 認 ください < 実 施 状 況 >2013 年 度 日 本 人 学 校 47 校 補 習 授 業 校 17 校 の 合 計 64 校 に 学 校 傷 害 保 険 を 斡 旋 130 件 の 保 険 金 請 求 に 対 し 3, 237, 000 円 の 支 払 い 海 外 学 校 賠 償 責 任 保 険 在 校 生 保 護 者 近 隣 の 住 民 施 設 等 が 学 校 管 理 下 での 事 故 や 学 校 施 設 の 瑕 疵 によりケガや 物 的 損 害 を 被 り 学 校 が 賠 償 請 求 を 受 けた 場 合 にこれを 補 償 する 保 険 です < 特 徴 > 学 校 単 位 での 加 入 在 校 生 および 近 隣 住 民 の 身 体 的 事 故 と 家 屋 施 設 の 物 的 損 壊 事 故 が 対 象 対 人 賠 償 1 名 につき1 億 円 (1 事 故 につき5 億 円 ) 限 度 対 物 賠 償 1 事 故 につき1 千 万 円 を 限 度 に 賠 償 (1 事 故 につき 免 責 金 額 5 千 円 ) 国 や 地 域 により 付 保 規 制 ( 注 )があるため 加 入 前 に 必 ずご 確 認 ください ( 注 ) 付 保 規 制 とは 当 該 国 や 地 域 の 法 規 で 外 国 保 険 事 業 者 による 保 険 事 業 を 禁 止 または 制 限 していること < 保 険 料 > 在 外 教 育 施 設 を 全 日 制 準 全 日 制 と その 他 に 分 け 小 中 学 部 高 等 部 幼 稚 部 別 に 定 められた 1 人 当 たりの 年 間 保 険 料 は 右 表 のとおり 全 日 制 準 全 日 制 その 他 備 考 小 中 学 部 413 円 124 円 ただし 加 入 者 数 に 高 等 部 275 円 83 円 かかわらず 学 校 ご との 最 低 保 険 料 は 幼 稚 部 653 円 197 円 1,000 円 です 準 全 日 制 以 外 の 補 習 授 業 校 および 補 習 教 室 は その 他 になります < 実 施 状 況 >2013 年 度 日 本 人 学 校 3 校 補 習 授 業 校 6 校 の 合 計 9 校 に 学 校 賠 償 責 任 保 険 を 斡 旋 保 険 金 請 求 の 実 績 なし 5

7 海 外 学 校 ボランティアサポート 保 険 2014 年 度 から 斡 旋 開 始 在 校 生 および 学 校 運 営 委 員 や 保 護 者 の 方 々が 授 業 や 行 事 参 加 中 ( 遠 足 運 動 会 等 ) に 傷 害 事 故 に 遭 われた 場 合 に これを 補 償 する 保 険 です < 特 徴 > 学 校 単 位 での 加 入 加 入 申 し 込 みは 加 入 依 頼 書 の 提 出 のみで 名 簿 の 提 出 は 必 要 なし 保 険 金 は 健 康 保 険 等 の 給 付 に 関 係 なく また 日 本 円 ベースによる 保 険 なので 安 定 した 支 払 い 補 償 保 険 期 間 は 年 度 毎 の1 年 間 年 度 途 中 からの 加 入 も 可 能 * 教 職 員 等 報 酬 を 得 て 当 該 授 業 や 各 種 行 事 に 参 加 している 方 は 被 保 険 者 とすることができません * 在 外 教 育 施 設 専 用 サイト (P 参 照 )より 行 事 毎 の 参 加 者 数 を 登 録 していただきます * 年 度 途 中 からの 加 入 をご 希 望 の 場 合 は 加 入 ご 希 望 月 の 前 月 20 日 までに 加 入 依 頼 書 を 提 出 願 います 保 険 金 額 や 保 険 料 等 の 詳 細 は 財 団 ホームページ 掲 載 のパンフレットをご 覧 ください 保 険 斡 旋 詳 しくはホームページをご 覧 ください URL 事 業 部 助 成 チーム 学 校 保 険 斡 旋 担 当 Eメール TEL FAX 医 療 補 償 制 度 政 府 派 遣 教 員 等 ご 本 人 お よ び 帯 同 す る ご 家 族 が 海 外 赴 任 中 健 康 で 安 全 な 生 活 を 送 る こ と が できるよう 相 互 扶 助 と 福 利 厚 生 の 観 点 から 文 部 科 学 省 の 要 請 と 全 面 的 な 協 力 により 保 険 会 社 と 提 携 して 設 立 した 派 遣 教 員 等 専 用 の 医 療 補 償 制 度 を 提 供 しています < 特 徴 > 一 部 地 域 ( 注 )を 除 く 政 府 派 遣 教 員 財 団 専 任 教 員 ご 本 人 および 帯 同 するご 家 族 全 員 が 加 入 治 療 費 の 70% 給 付 歯 科 治 療 も 補 償 ( 注 ) 台 湾 およびオーストラリアの 各 日 本 人 学 校 に 赴 任 される 派 遣 教 員 につきましては 現 地 の 制 度 上 加 入 対 象 外 となります < 加 入 者 へのお 願 い> 異 動 届 について 加 入 者 ご 本 人 および 帯 同 するご 家 族 に 異 動 が 生 じた 場 合 は 異 動 があった 月 の 月 末 まで に 必 ず 異 動 届 をご 提 出 ください 異 動 届 は 財 団 ホームページよりダウンロードし 必 要 事 項 をご 記 入 のうえ 財 団 (2014 年 度 赴 任 の 方 は 保 険 代 理 店 ) 宛 にご 提 出 ください 保 険 の 延 長 について 任 期 延 長 の 対 象 となるご 本 人 に 対 し 直 前 の1 月 下 旬 ~2 月 上 旬 頃 に 医 療 補 償 制 度 加 入 延 長 のご 案 内 を 学 校 にお 送 りします 内 容 をご 確 認 ください < 実 施 状 況 >2013 年 度 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 の 政 府 派 遣 教 員 等 ご 本 人 および 帯 同 するご 家 族 を 対 象 に 医 療 費 等 に 係 る 保 険 に ついて 財 団 が 契 約 者 となり1, 368 家 族 3, 181 名 の 会 費 ( 保 険 料 ) 徴 収 等 の 加 入 取 りまとめを 実 施 詳 しくはホームページをご 覧 ください URL 事 業 部 助 成 チーム 医 療 補 償 制 度 担 当 Eメール TEL FAX なお 2015 年 度 以 降 は 新 制 度 を 提 供 する 予 定 です 詳 細 は2014 年 12 月 頃 の 財 団 からの 案 内 財 団 ホームページ 等 をご 確 認 ください 6

8 資 金 援 助 在 外 教 育 施 設 に 対 し 安 全 対 策 援 助 緊 急 援 助 教 育 活 動 等 援 助 などの 資 金 援 助 を 実 施 して います 資 金 援 助 安 全 対 策 援 助 学 校 の 安 全 対 策 は 自 助 努 力 で 行 われるもの しかしながら 相 当 の 経 費 が 掛 かることも 事 実 財 団 では 学 校 が 児 童 生 徒 に 対 する 安 全 確 保 の 目 的 で 作 成 した 安 全 マニュアル 等 に 盛 り 込 まれている 安 全 対 策 事 案 に 対 し 資 金 援 助 を 行 っています < 対 象 > 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 < 援 助 内 容 > 児 童 生 徒 を 外 的 脅 威 から 守 るための 安 全 確 保 または 危 機 対 応 を 目 的 とした 次 の 何 れかの 安 全 対 策 事 案 安 全 教 育 または 緊 急 時 の 対 応 等 の 予 防 や 事 前 対 策 への 取 り 組 み 安 全 対 策 施 設 設 備 の 新 設 改 善 等 (ガードマンボックスの 設 置 監 視 カメラの 設 置 等 ) 物 品 購 入 ( 消 耗 品 は 対 象 外 ) 修 理 等 ( 携 帯 無 線 機 緊 急 サイレンの 修 理 等 ) 安 全 対 策 コンサルタント 料 等 スクールバスに 対 する 安 全 対 策 事 案 監 視 カメラ その 他 財 団 が 適 当 と 認 めた 事 案 < 援 助 額 等 > 1 事 案 を 対 象 に 2.5 万 円 ~100 万 円 所 要 経 費 の 最 大 50 % の 範 囲 内 で 事 案 内 容 の 適 格 性 地 域 事 情 必 要 性 緊 急 性 資 金 事 情 等 を 総 合 的 に 審 査 して 財 団 が 決 定 < 申 請 方 法 > 5~8 月 上 旬 まで 募 集 を 実 施 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトに 募 集 要 項 を 掲 載 しますのでご 覧 ください < 実 施 状 況 >2013 年 度 援 助 申 請 14 件 のうち 日 本 人 学 校 7 件 補 習 授 業 校 3 件 の 合 計 10 件 に 対 して 援 助 緊 急 援 助 自 然 災 害 火 災 事 故 犯 罪 被 害 ( 盗 難 を 除 く) 等 の 緊 急 事 態 に 対 し 学 校 からの 要 請 に 基 づき 資 金 援 助 を 実 施 緊 急 事 態 が 生 じ 援 助 が 必 要 な 場 合 は 急 ぎ 助 成 チームまでご 連 絡 ください 緊 急 事 態 とは 児 童 生 徒 の 取 り 敢 えずの 授 業 を 行 うのにも 支 障 をきたす 場 合 を 想 定 しています < 対 象 > 全 在 外 教 育 施 設 < 実 施 状 況 >2013 年 度 ボゴタ 日 本 人 学 校 の 雹 被 害 に 対 し 緊 急 援 助 を 実 施 7

9 教 育 活 動 等 援 助 地 域 の 特 性 を 活 かした 優 れた 教 育 活 動 や 他 の 在 外 教 育 施 設 の 参 考 になると 考 えられる 事 案 に 対 し 資 金 援 助 を 行 っています < 対 象 > 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 < 援 助 内 容 > 学 校 や 児 童 生 徒 に 関 する 教 育 振 興 を 目 的 とした 下 記 項 目 に 則 した 教 育 活 動 等 事 案 A. 通 常 援 助 ⑴ 新 学 習 指 導 要 領 に 基 づく 実 践 研 究 事 案 ⑵ 国 際 理 解 地 域 理 解 教 育 につながる 事 案 ⑶ 副 読 本 等 の 作 成 ( 児 童 生 徒 も 編 集 に 参 加 させる 等 ユニークさや 特 色 ある 内 容 ) ⑷その 他 特 色 ある 教 育 活 動 (メンタルヘルスに 関 する 取 り 組 み 特 別 支 援 教 育 等 ) B. 補 習 授 業 校 ( 現 地 採 用 教 員 研 修 ) 援 助 地 区 の 複 数 校 で 実 施 する 現 地 採 用 教 員 研 修 ( 日 本 政 府 が 援 助 しているもの 以 外 )に 対 して 研 修 報 告 書 成 果 物 等 の 提 出 を 条 件 とし 奨 励 援 助 金 一 律 ( 最 大 )100 千 円 ( 単 独 校 開 催 は 不 可 )の 支 援 を 行 います 援 助 件 数 は 最 大 5 件 までです 資 金 援 助 通 常 の 学 校 経 常 経 費 日 本 政 府 が 援 助 する 現 地 採 用 教 員 研 修 会 等 経 費 財 団 が 主 催 する 会 議 等 経 費 は 対 象 外 < 援 助 額 等 > 1 事 案 を 対 象 に 2.5 万 円 ~50 万 円 所 要 経 費 の 最 大 50%の 範 囲 で 事 案 内 容 の 適 合 性 教 育 的 必 要 性 特 色 ある 活 動 (ユニークさ) 地 域 性 資 金 事 情 等 を 審 査 して 財 団 が 決 定 < 申 請 方 法 > 5~8 月 上 旬 まで 募 集 を 実 施 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトに 募 集 要 項 を 掲 載 しますのでご 覧 ください < 実 施 状 況 >2013 年 度 援 助 申 請 17 件 のうち 日 本 人 学 校 7 件 補 習 授 業 校 3 件 の 合 計 10 件 に 対 して 援 助 詳 しくは 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトをご 覧 ください 在 外 教 育 施 設 専 用 サイト URL https://entry.joes.or.jp/shop 過 去 の 援 助 実 績 につきましては 財 団 ホームページをご 覧 ください 安 全 対 策 援 助 緊 急 援 助 URL 教 育 活 動 等 援 助 URL 事 業 部 助 成 チーム 資 金 援 助 担 当 Eメール TEL FAX

10 専 任 教 員 採 用 支 援 学 校 にとって 教 員 の 人 数 質 を 確 保 することは 大 変 重 要 です 現 地 で 適 任 者 がみつからない 場 合 は 財 団 にご 相 談 ください 新 年 度 4 月 赴 任 の 教 員 採 用 を 事 務 面 で 支 援 いたします < 対 象 > 教 職 員 支 援 学 校 運 営 委 員 会 等 が 採 用 者 となり 政 府 派 遣 教 員 とほぼ 同 様 な 勤 務 に 従 事 する 日 本 国 内 から 招 聘 する 教 員 ( 専 任 教 員 )を 希 望 する 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 < 支 援 内 容 > 日 本 国 内 での 募 集 から 応 募 者 の 各 種 書 類 の 取 りまとめや 応 募 者 への 連 絡 教 職 専 門 就 職 サイトへの 募 集 情 報 掲 載 面 接 会 場 の 確 保 からスケジューリング 全 般 渡 航 に 関 する 手 配 が 必 要 な 場 合 は 渡 航 手 続 きの 補 助 採 用 1 名 あたり4 万 円 の 採 用 支 援 事 務 費 をご 負 担 いただきます < 実 施 状 況 >2013 年 度 22 校 28 校 舎 からの 要 望 に 応 じて 専 任 教 員 131 名 の 採 用 支 援 を 実 施 内 定 者 研 修 会 スケジュールは 毎 年 度 変 動 します 2015 年 度 採 用 予 定 の 専 任 教 員 採 用 支 援 スケジュール 第 1 期 募 集 学 校 別 募 集 ( 財 団 提 示 の 雇 用 基 準 を 満 たした) 学 校 独 自 条 件 での 募 集 応 募 者 は 学 校 を 選 択 して 単 願 での 応 募 6 月 中 旬 まで 募 集 要 項 雇 用 条 件 表 の 提 出 < 学 校 > 7 月 1 日 ~7 月 10 日 募 集 受 付 < 財 団 > 7 月 中 旬 ~7 月 下 旬 書 類 選 考 の 実 施 発 表 < 学 校 財 団 > 8 月 12 日 13 日 面 接 選 考 会 ( 東 京 )< 学 校 > 8 月 下 旬 採 用 内 定 通 知 < 学 校 財 団 > 9 月 上 旬 雇 用 契 約 締 結 < 学 校 > 第 2 期 募 集 学 校 一 括 募 集 財 団 が 提 示 する 雇 用 基 準 を 満 たした 学 校 が 参 加 応 募 者 はどこの 学 校 でも 赴 任 することを 条 件 に 応 募 10 月 中 旬 まで 募 集 要 項 雇 用 条 件 表 の 提 出 < 学 校 > 11 月 1 日 ~11 月 13 日 募 集 受 付 < 財 団 > 12 月 中 旬 ~12 月 下 旬 書 類 選 考 の 実 施 発 表 < 学 校 財 団 > 1 月 15 日 16 日 面 接 選 考 会 ( 東 京 )< 学 校 > 1 月 下 旬 採 用 内 定 通 知 < 学 校 財 団 > 2 月 上 旬 雇 用 契 約 締 結 < 学 校 > 第 1 期 第 2 期 募 集 共 通 2 月 14 日 内 定 者 オリエンテーション< 財 団 > 4 月 初 旬 赴 任 現 地 採 用 教 員 雇 用 補 助 サービス 年 度 途 中 で 現 地 採 用 教 員 を 雇 用 する 必 要 が 発 生 した 際 に 内 定 までの 日 本 国 内 における 事 務 補 助 を 提 供 しているサービスです < 対 象 > 学 校 運 営 委 員 会 等 が 独 自 に 現 地 採 用 教 員 を 雇 用 するに 当 たり 事 務 補 助 を 希 望 する 学 校 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 新 年 度 当 初 赴 任 の 現 地 採 用 教 員 募 集 雇 用 は 対 象 外 となります(ただし 専 任 教 員 採 用 支 援 で 採 用 希 望 者 数 を 確 保 できなかった 場 合 に 限 り 支 援 を 行 います) 私 立 在 外 教 育 施 設 その 他 専 任 教 員 採 用 支 援 対 象 外 のため 新 年 度 当 初 赴 任 者 も 対 象 とします < 支 援 内 容 > 学 校 が 作 成 する 現 地 採 用 教 員 募 集 記 事 への 財 団 ホームページからのリンク 教 職 専 門 就 職 サイトへの 募 集 情 報 掲 載 財 団 会 議 室 またはそれに 代 わる 面 接 会 場 の 手 配 ( 当 日 準 備 面 接 対 象 者 のアテンド 等 は 原 則 学 校 に 実 施 していただきます) 渡 航 に 関 する 手 配 が 必 要 な 採 用 内 定 者 の 渡 航 手 続 き 補 助 財 団 の 医 療 補 償 制 度 には 加 入 できません 採 用 1 名 につき3 万 円 の 雇 用 補 助 事 務 費 をご 負 担 いただきます 専 任 教 員 採 用 支 援 の 募 集 期 間 および 選 考 期 間 中 に 本 サービスでの 募 集 情 報 掲 載 を 希 望 する 場 合 一 部 制 限 事 項 がありますのでご 了 承 ください < 実 施 状 況 >2013 年 度 13 校 からの 要 望 に 応 じて 現 地 採 用 教 員 24 名 の 雇 用 補 助 を 実 施 9

11 講 師 情 報 提 供 システム 講 師 情 報 提 供 システム(https://www.joes.or.jp/joes_teacher/index.html)は 各 在 外 教 育 施 設 が 必 要 とする 人 材 に 関 する 採 用 情 報 を 登 録 掲 載 できるだけでなく 登 録 されている 希 望 者 の 情 報 を 検 索 閲 覧 いただき 直 接 交 渉 をしていただくことができるシステムです[ 登 録 利 用 料 無 料 ] 必 要 とする 人 材 に 関 する 採 用 情 報 を 登 録 掲 載 いただければ 教 員 になりたいと 希 望 する 個 人 に 情 報 を 発 信 することができます また 教 員 になりたいと 希 望 する 個 人 が 数 多 く 登 録 しており このシステムを 通 じ て 登 録 情 報 を 検 索 閲 覧 することができ 条 件 に 相 応 した 方 に 直 接 コンタクトを 取 り 交 渉 採 用 を 行 う ことができます 詳 しくはホームページをご 覧 ください URL 事 業 部 助 成 チーム 専 任 教 員 採 用 支 援 担 当 Eメール TEL FAX 在 外 教 育 施 設 事 務 長 会 議 2 年 に1 度 東 京 にて 財 団 主 催 の 事 務 長 会 議 を 開 催 しています [ 次 回 は2015 年 8 月 初 旬 開 催 予 定 ] 在 外 教 育 施 設 の 事 務 長 事 務 局 長 または 学 校 事 務 運 営 責 任 者 等 が 参 加 し 学 校 が 抱 えている 課 題 に 関 する 協 議 や 学 校 間 の 情 報 交 換 を 行 います 学 校 間 のネットワークが 広 がり また 財 団 担 当 者 と 直 接 お 話 しいただける 機 会 にもなっています 過 去 の 開 催 報 告 を 財 団 ホームページ(http://www.joes.or.jp/jimucho/index.html)にて 掲 載 しています 参 加 ご 希 望 の 方 は 事 務 長 会 議 担 当 問 い 合 わせください 教 職 員 支 援 < 実 施 状 況 >2013 年 度 2014 年 度 はなし 日 本 人 学 校 25 名 補 習 授 業 校 7 名 日 補 統 括 3 名 の 合 計 35 名 の 事 務 長 等 が 参 加 事 務 職 員 採 用 支 援 日 本 人 学 校 や 補 習 授 業 校 で 事 務 職 員 を 必 要 としている 学 校 に 対 して 財 団 で 採 用 のお 手 伝 い をいたします < 対 象 > 事 務 職 員 の 雇 用 が 必 要 な 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 < 支 援 内 容 > 学 校 の 要 請 に 応 じて 財 団 ホームページに 募 集 要 項 を 掲 載 財 団 の 維 持 会 員 には 海 外 進 出 企 業 団 体 に 多 数 加 入 していただいていますので 既 に 定 年 等 で 退 職 され た 海 外 駐 在 経 験 者 や 在 外 教 育 施 設 のために 働 きたいという 教 職 経 験 者 をご 紹 介 することも 可 能 雇 用 契 約 は 学 校 と 本 人 との 直 接 契 約 となりますが 採 用 内 定 後 から 赴 任 までの 支 援 を 実 施 詳 しくは 下 記 までお 問 い 合 わせください 総 務 部 総 務 チーム Eメール TEL FAX

12 寄 附 金 の 募 集 校 舎 移 転 増 築 等 のための 必 要 資 金 を 日 本 国 内 で 募 金 する 場 合 は 財 団 が 募 金 活 動 を 支 援 いたします < 寄 附 金 の 種 類 > 特 定 公 益 増 進 法 人 に 対 する 寄 附 金 または 指 定 寄 附 金 ( 財 務 省 ) ニューデリー 日 本 人 学 校 (2013 年 度 増 築 ) 特 定 公 益 増 進 法 人 とは 公 益 法 人 等 のうち 教 育 又 は 科 学 の 振 興 文 化 の 向 上 社 会 福 祉 への 貢 献 その 他 の 公 益 の 増 進 に 著 しく 寄 与 する ものと 認 められた 法 人 のことです 財 団 は 2011 年 4 月 の 公 益 財 団 法 人 への 移 行 とともに 法 令 上 特 定 公 益 増 進 法 人 となっています 寄 附 金 の 種 類 対 象 名 称 概 要 備 考 特 定 公 益 増 進 法 人 に 対 する 寄 附 金 特 別 寄 附 金 特 定 寄 附 金 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 私 立 在 外 教 育 施 設 特 別 寄 附 金 当 財 団 が 広 く 一 般 に 使 途 を 特 定 して 一 定 期 間 募 金 活 動 を 行 うことにより 受 領 する 寄 附 金 財 団 は 募 金 開 始 案 内 から 募 金 終 了 まで の 事 務 を 包 括 的 に 代 行 特 定 寄 附 金 寄 附 者 から 使 途 の 特 定 がなされて 受 領 する 寄 附 金 財 団 は 寄 附 者 からの 寄 附 申 込 みから 請 求 書 領 収 書 発 行 寄 附 金 の 送 金 まで 一 連 の 事 務 を 代 行 受 領 した 寄 附 金 は 在 外 教 育 施 設 の 運 営 上 およ び 教 育 上 の 支 援 として 学 校 へ 全 額 送 金 寄 附 金 学 校 設 立 指 定 寄 附 金 ( 財 務 省 ) 日 本 人 学 校 私 立 在 外 教 育 施 設 < 手 続 方 法 > 募 金 計 画 や 募 金 方 法 実 施 の 手 続 きについて 先 ずは 財 団 ( 担 当 : 総 務 チーム)にご 相 談 ください 税 法 上 の 優 遇 措 置 について 特 定 公 益 増 進 法 人 に 対 する 寄 附 金 指 定 寄 附 金 では 寄 附 者 は 一 定 の 条 件 下 で 税 法 上 の 優 遇 措 置 を 受 けることができま す 個 人 の 場 合 は 所 得 控 除 の 対 象 となります 法 人 の 場 合 特 定 公 益 増 進 法 人 に 対 する 寄 附 金 では 法 人 税 法 で 定 められ た 計 算 式 で 算 出 した 損 金 算 入 限 度 額 枠 内 の 金 額 を 一 般 の 寄 附 金 とは 別 枠 で 損 金 に 算 入 ( 経 費 として 計 上 )することができま す 一 方 指 定 寄 附 金 では 寄 附 金 全 額 を 損 金 に 算 入 することができます 公 益 性 および 緊 急 性 が 高 いものに 限 って 財 務 大 臣 が 指 定 のうえ 実 施 可 < 参 考 > 校 舎 建 築 等 の 事 業 に 関 する 政 府 援 助 金 について 校 舎 建 設 等 の 事 業 については 外 務 省 から 政 府 援 助 金 を 受 けられる 場 合 があります 詳 しくは 管 轄 の 在 外 公 館 にお 尋 ねください 項 目 政 府 援 助 金 ( 外 務 省 )の 可 能 性 校 舎 ( 新 築 増 築 を 含 む) 体 育 館 プール 建 設 費 シドニー 方 式 による 援 助 ( 注 1) 土 地 購 入 費 援 助 対 象 外 校 舎 建 設 等 の 事 業 土 地 リース 料 ( 当 初 一 括 払 い 長 期 間 リース) シドニー 方 式 による 援 助 ただし 外 国 人 の 土 地 所 有 が 認 められていない 共 産 圏 諸 国 等 ( 中 国 ベトナム 等 )やその 他 特 別 の 事 情 がある 国 に 所 在 する 日 本 人 学 校 土 地 借 上 げ( 毎 年 の 支 払 い) 援 助 対 象 外 教 材 教 具 購 入 費 援 助 対 象 外 学 校 施 設 借 上 げ シドニー 方 式 以 外 の 借 料 援 助 ( 年 額 援 助 )( 注 2) 11

13 開 校 校 舎 改 修 費 ( 民 家 等 借 上 げ) 援 助 対 象 外 教 材 教 具 購 入 費 援 助 対 象 外 土 地 購 入 援 助 対 象 外 土 地 のみ 取 得 リース 契 約 ( 当 初 一 括 払 い 長 期 間 リース) 借 上 げ 契 約 ( 毎 年 の 支 払 い) 援 助 対 象 外 外 国 人 の 土 地 所 有 が 認 められていない 共 産 圏 諸 国 等 ( 中 国 ベトナム 等 )やその 他 特 別 の 事 情 がある 国 に 所 在 する 日 本 人 学 校 でも 対 象 外 借 上 げ 校 舎 で 運 動 場 がない 場 合 の 例 外 措 置 としてシドニー 方 式 以 外 の 借 料 援 助 の 対 象 として 検 討 対 象 となることがある ( 注 1) シドニー 方 式 による 援 助 日 本 人 学 校 が 校 舎 を 自 らの 所 有 物 として 新 築 増 築 または 購 入 する 場 合 に そのために 必 要 な 資 金 の 一 部 を 政 府 ( 外 務 省 )が 援 助 するのが シドニー 方 式 による 援 助 です 援 助 総 額 は 通 常 大 きくなるので 政 府 は 一 定 期 間 (5 年 から25 年 間 )にわたり 学 校 側 の 銀 行 等 への 建 設 ( 購 入 ) 資 金 返 済 額 (このうち 援 助 対 象 となる 部 分 )に 見 合 った 額 を 毎 年 校 舎 借 料 の 形 で 学 校 に 支 払 うことにより 援 助 を 行 っています したがって 資 金 の 一 部 に 加 え 学 校 の 資 金 借 入 れのため に 生 じる 利 子 も 援 助 されます また 形 式 的 には 毎 年 の 校 舎 借 料 の 形 で 援 助 が 行 われますので 実 施 のためには 通 常 の 校 舎 借 料 の 援 助 の 場 合 と 同 様 在 外 公 館 は 学 校 側 と 毎 年 土 地 建 物 の 賃 貸 借 契 約 を 締 結 します なお 以 上 の 方 式 は1971 年 にシドニー 日 本 人 学 校 の 校 舎 建 設 の 際 初 めて 採 用 されたことから シドニー 方 式 と 呼 ばれています ( 注 2) 運 動 場 が 同 一 敷 地 内 にある 場 合 は 校 舎 分 に 含 めて 借 料 援 助 ができる 場 合 もあります 詳 しくは 下 記 までお 問 い 合 わせください 総 務 部 総 務 チーム Eメール TEL FAX 学 校 設 立 支 援 学 校 設 立 は 貴 地 の 日 本 人 コミュニティの 自 助 努 力 により 行 われるものですが 財 団 の 今 ま での 実 績 をもとに 貴 地 の 事 情 に 合 わせてお 手 伝 いをさせていただきます 寄 附 金 学 校 設 立 < 対 象 > これから 日 本 の 子 どものための 学 校 ( 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 )を 設 立 しようとお 考 えの 方 日 本 人 会 日 本 人 商 工 会 等 < 支 援 内 容 > 海 外 赴 任 地 において 駐 在 員 の 方 々が 安 心 して 仕 事 を 行 うには 医 療 安 全 とともに 教 育 の 充 実 が 求 め られます また 現 地 教 育 事 情 の 如 何 にかかわらず 日 本 へ 帰 国 したときのことを 考 えると 日 本 語 に よる 日 本 の 教 育 を 受 けさせたいとの 思 いはどのご 家 族 も 共 通 の 願 いです そこで 学 校 の 作 り 方 が 知 りたい 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 として 認 められるにはどうしたらいいのか 等 のご 要 望 や 疑 問 が 発 生 してくるかと 思 います こうした 際 には 先 ず 財 団 へお 問 い 合 わせください 詳 しくは 下 記 までお 問 い 合 わせください 総 務 部 総 務 チーム Eメール TEL FAX

14 講 師 派 遣 現 地 訪 問 ご 要 望 に 応 じて 教 育 相 談 員 や 財 団 役 職 員 教 育 関 係 者 等 を 派 遣 し 講 演 や 講 義 情 報 等 を 提 供 しています < 対 象 > 在 外 教 育 施 設 各 種 教 育 プロジェクト 研 究 協 議 会 等 < 内 容 > 講 師 派 遣 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 の 校 長 研 究 協 議 会 や 事 務 長 連 絡 会 議 教 育 プロジェクトへの 講 師 派 遣 巡 回 指 導 班 補 習 授 業 校 の 学 習 指 導 や 通 信 教 育 受 講 生 に 対 する 指 導 班 の 派 遣 巡 回 教 育 相 談 保 護 者 等 に 対 し 専 門 の 教 育 相 談 員 による 個 別 相 談 会 の 実 施 現 地 調 査 班 現 地 教 育 事 情 の 調 査 を 実 施 < 実 施 状 況 >2014 年 度 ( 予 定 ) 日 本 人 学 校 校 長 研 究 協 議 会 の 講 師 として 中 南 米 地 区 (ボゴタ 日 本 人 学 校 ほか) 東 アジア 大 洋 州 地 区 (ソウル 日 本 人 学 校 ほか) 南 西 アジア 中 近 東 アフリカ 地 区 (アブダビ 日 本 人 学 校 ほか)の 会 に 出 席 予 定 講 演 詳 しくは 下 記 までお 問 い 合 わせください 総 務 部 総 務 チーム Eメール TEL FAX 外 部 団 体 支 援 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 私 立 在 外 教 育 施 設 に 対 する 援 助 等 を 希 望 する 外 部 団 体 等 からの 要 請 に 応 じて 側 面 から 支 援 を 行 います 向 そ けの サ他 ー の ビ学 ス校 < 対 象 > 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 私 立 在 外 教 育 施 設 < 支 援 内 容 > 外 部 団 体 による 図 書 教 材 等 寄 贈 に 際 しての 海 外 送 付 支 援 外 部 団 体 主 催 の 各 種 コンクール 等 の 後 援 協 力 在 外 教 育 施 設 へ 広 報 案 内 等 < 実 施 状 況 >2014 年 度 寄 贈 図 書 の 送 付 支 援 * 公 益 財 団 法 人 理 想 教 育 財 団 日 本 人 学 校 3 校 補 習 授 業 校 7 校 へ 送 付 * 松 栄 堂 希 望 校 約 90 校 へ 送 付 * 公 益 財 団 法 人 仏 教 伝 道 協 会 希 望 校 約 90 校 へ 送 付 コンクール 助 成 等 後 援 * 主 催 公 益 財 団 法 人 図 書 館 振 興 財 団 図 書 館 を 使 った 調 べる 学 習 賞 コンクール 案 内 等 を 送 付 * 主 催 朝 日 新 聞 社 朝 日 学 生 新 聞 社 海 とさかな 自 由 研 究 作 品 コンクール 案 内 等 を 送 付 * 主 催 NPO 法 人 日 本 語 検 定 委 員 会 日 本 語 大 賞 の 広 報 支 援 * 公 益 財 団 法 人 パナソニック 教 育 財 団 実 践 研 究 助 成 の 広 報 支 援 * 算 数 オリンピック 委 員 会 インターネット 算 数 世 界 大 会 の 広 報 支 援 詳 しくはホームページをご 覧 ください URL 事 業 部 助 成 チーム Eメール TEL FAX

15 教 育 相 談 教 育 情 報 提 供 サービス 子 ども 本 人 や 保 護 者 からの 相 談 をお 受 けしています お 越 しいただければ 面 談 相 談 ( 要 予 約 )や 教 育 情 報 提 供 サービスが 受 けられます 教 育 相 談 ( 相 談 は 一 部 有 料 ) 専 門 知 識 を 持 った 教 育 相 談 員 が 東 京 本 部 に5 名 関 西 分 室 に2 名 在 籍 相 談 方 法 は 面 談 Eメール 電 話 FAX 手 紙 面 談 電 話 相 談 は 要 予 約 東 京 本 部 と 関 西 分 室 で 対 応 定 期 的 に 名 古 屋 広 島 福 岡 でも 出 張 相 談 を 行 っています 海 外 からでもお 気 軽 にご 相 談 ください 相 談 内 容 例 現 地 校 の 勉 強 と 補 習 授 業 校 の 勉 強 と 両 立 の 方 法 は? 日 本 語 の 保 持 方 法 は? 帰 国 して 高 校 受 験 をするが 国 語 力 の 補 強 が 必 要 な 場 合 の 学 校 選 びのポイントは? 教 育 情 報 提 供 サービス 財 団 の 東 京 本 部 と 関 西 分 室 にて 受 け 入 れ 校 情 報 を 入 手 したり 資 料 の 閲 覧 が 可 能 ( 予 約 は 不 要 ) 詳 しくはホームページをご 覧 ください URL 事 業 部 教 育 相 談 事 業 チーム Eメール TEL FAX 関 西 分 室 Eメール TEL FAX 海 外 学 校 説 明 会 相 談 会 帰 国 子 女 受 け 入 れ 校 の 学 校 担 当 者 と 財 団 の 教 育 相 談 員 が 日 本 人 学 校 などを 訪 問 し 学 校 説 明 会 相 談 会 を 実 施 しています 開 催 ご 希 望 の 学 校 は 担 当 までお 問 い 合 わせください < 対 象 > アジア 北 米 欧 州 等 の 各 地 域 約 4 5 都 市 で 毎 年 5~6 月 に 開 催 主 に 日 本 人 学 校 等 の 体 育 館 等 を 使 用 海 外 にいる 小 中 学 生 とその 保 護 者 を 対 象 8~10 校 の 帰 国 子 女 受 け 入 れ 校 担 当 者 と 財 団 の 教 育 相 談 員 が 日 本 人 学 校 等 を 訪 問 し 学 校 説 明 会 相 談 会 を 実 施 別 途 資 料 参 加 の 受 け 入 れ 校 もあり 財 団 の 教 育 相 談 員 による 講 演 各 帰 国 子 女 受 け 入 れ 校 担 当 者 による 学 校 紹 介 個 別 ブース 相 談 会 を 実 施 個 別 ブース 相 談 会 では 財 団 の 教 育 相 談 員 による 教 育 相 談 コーナーも 設 置 < 実 施 状 況 >2014 年 度 アジア(5/19 ~ 5/26) ニューデリー ホーチミン ジャカルタ バンコク 北 米 (5/2 ~ 5/12) サンフランシスコ ロサンゼルス メキシコシティ シカゴ ヒューストン 欧 州 (5/30 ~ 6/7) ロンドン モスクワ デュッセルドルフ パリ 向 そ けの サ他 ー の ビ学 ス校 詳 しくはホームページをご 覧 ください URL 事 業 部 情 報 サービスチーム Eメール TEL FAX 学 校 説 明 会 14

16 各 種 調 査 機 関 誌 原 稿 のご 依 頼 これから 海 外 に 赴 任 するご 家 族 に 赴 任 地 域 の 学 校 情 報 を 提 供 するため 情 報 収 集 を 行 って います 在 外 教 育 施 設 からいただく 学 校 情 報 は 大 変 貴 重 な 資 料 となります また これか ら 貴 校 へ 赴 任 する 先 生 方 への 資 料 としても 利 用 されています 是 非 とも 各 種 調 査 等 にご 協 力 ください 各 種 調 査 報 告 は 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトから 直 接 学 校 情 報 を 更 新 していただくという 形 で 実 施 しています 情 報 の 更 新 は 随 時 可 能 ですが 各 調 査 に 更 新 推 奨 期 間 を 設 けています 推 奨 期 間 が 近 づきましたら 担 当 からご 連 絡 いたします 学 費 調 査 年 1 回 毎 年 1 月 頃 海 外 進 出 企 業 等 からの 要 望 が 高 い 各 学 校 の 入 学 金 授 業 料 等 学 費 の 調 査 です いただいた 学 費 情 報 は 維 持 会 員 専 用 サイトにて 企 業 団 体 会 員 に 公 開 しています( 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトでもご 覧 になれま す ) 実 態 調 査 年 1 回 毎 年 5~6 月 頃 授 業 の 時 間 割 や 転 入 のための 必 要 書 類 等 学 校 の 概 要 についての 調 査 です これから 海 外 赴 任 されるご 家 族 への 情 報 提 供 や 教 育 相 談 の 資 料 として 活 用 しています また 学 校 所 在 地 電 話 番 号 等 の 連 絡 先 運 営 委 員 長 校 長 の 交 代 等 の 更 新 いただいた 情 報 は 維 持 会 員 専 用 サイトにて 企 業 団 体 会 員 に 公 開 して います 学 校 要 覧 学 校 紹 介 DVD 等 のほか 研 究 紀 要 や 記 念 誌 なども 財 団 窓 口 にて 出 国 される 方 が 閲 覧 できるようにしてい ます 貴 校 の 様 子 を 紹 介 する 貴 重 な 資 料 となりますので 是 非 ご 送 付 ください 学 期 報 告 年 3 回 4 月 9 月 1 月 生 徒 数 学 級 数 ウェィティング 状 況 の 調 査 です 学 期 ごとに 行 っています 現 地 校 調 査 現 地 教 育 事 情 調 査 随 時 向 そ けの サ他 ー の ビ学 ス校 財 団 の 教 育 相 談 員 が 行 う 貴 地 にある 現 地 校 やインター 校 の 調 査 です なお その 出 張 の 折 に 会 場 をご 提 供 いただければ 滞 在 中 帰 国 後 に 役 立 つ 講 演 会 や 個 別 相 談 会 を 無 料 で 実 施 いたします また 貴 地 の 現 地 教 育 事 情 や 貴 校 との 関 係 交 流 がある 現 地 校 等 の 学 校 調 査 にご 協 力 ください 機 関 誌 海 外 子 女 教 育 海 外 校 シリーズ 原 稿 随 時 機 関 誌 海 外 子 女 教 育 では 毎 号 3 校 の 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 を 写 真 付 カラーで 紹 介 しています 掲 載 の 際 には 原 稿 執 筆 をお 願 いいたします 詳 しくは 下 記 までお 問 い 合 わせください 事 業 部 情 報 サービスチーム Eメール TEL FAX

17 海 外 子 女 文 芸 作 品 コンクール 子 どもたちの 海 外 体 験 を 綴 った 作 文 詩 短 歌 俳 句 について 部 門 別 に 作 品 を 募 集 してい ます 各 部 門 の 最 優 秀 者 には 文 部 科 学 大 臣 賞 が 授 与 されます < 目 的 > 海 外 で 学 んでいる 小 中 学 生 の 貴 重 な 体 験 を 作 文 詩 短 歌 俳 句 を 通 して 発 表 する 場 を 設 けることによって 子 どもたちの 日 本 語 に 対 する 興 味 関 心 を 持 続 させ 国 語 力 を 伸 長 させること < 対 象 > 海 外 に 在 住 する 日 本 の 学 齢 で 小 学 校 1 年 生 から 中 学 校 3 年 生 < 特 徴 > 2014 年 度 で35 回 目 のコンクール 地 球 に 学 ぶ と 記 念 メダル 各 部 門 の 最 優 秀 者 には 文 部 科 学 大 臣 賞 を 授 与 海 外 子 女 教 育 振 興 財 団 会 長 賞 後 援 協 賛 者 賞 特 選 優 秀 佳 作 入 選 者 を 表 彰 し 賞 状 と 記 念 品 を 贈 呈 応 募 数 と 優 れた 作 品 の 数 が 多 く 認 められた 学 校 には 学 校 賞 を 授 与 賞 状 と 副 賞 ( 図 書 )を 贈 呈 コンクールの 受 賞 作 品 優 秀 作 品 を1 冊 の 本 ( 海 外 子 女 文 芸 作 品 コンクール 作 品 集 地 球 に 学 ぶ )に まとめて 刊 行 国 際 理 解 教 育 の 生 きた 教 材 としても 活 用 可 能 各 在 外 教 育 施 設 には1 冊 寄 贈 < 作 品 の 募 集 について> 作 品 の 募 集 期 間 は5 月 1 日 ~7 月 中 旬 まで 財 団 ホームページや 機 関 誌 海 外 子 女 教 育 の5 月 号 に 募 集 の 概 要 を 掲 載 ( 学 校 単 位 でご 応 募 の 際 は 集 計 表 応 募 リスト による 取 りまとめをお 願 いしています) < 実 施 状 況 >2014 年 度 作 文 詩 短 歌 俳 句 の4 部 門 に 在 外 教 育 施 設 等 から 合 計 41, 832 点 の 応 募 があり 各 部 門 の 最 優 秀 者 には 文 部 科 学 大 臣 賞 を 授 与 優 れた 作 品 が 数 多 く 認 められた 学 校 には 学 校 賞 を 授 与 詳 しくはホームページをご 覧 ください URL 事 業 部 教 室 事 業 チーム Eメール TEL FAX 最 終 審 査 会 向 そ けの サ他 ー の ビ学 ス校 16

18 刊 行 物 等 の 無 償 配 付 海 外 子 女 文 芸 作 品 コンクール 作 品 集 地 球 に 学 ぶ の 寄 贈 のほか 海 外 子 女 帰 国 子 女 教 育 を 中 心 テーマとした 機 関 誌 海 外 子 女 教 育 ( 月 刊 )を 毎 月 無 償 で 送 付 しています また 帰 国 子 女 必 携 受 け 入 れ 校 情 報 満 載 の 帰 国 子 女 のための 学 校 便 覧 を 発 行 し 寄 贈 しています < 対 象 校 > 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 私 立 在 外 教 育 施 設 < 特 徴 > 機 関 誌 海 外 子 女 教 育 ( 月 刊 ) 海 外 子 女 帰 国 子 女 教 育 を 中 心 テーマとした 月 刊 総 合 情 報 誌 さま ざまな 角 度 から 考 察 した 特 集 をはじめ 海 外 の 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 や 日 本 国 内 の 受 入 校 レポート 海 外 での 子 育 てや 帰 国 子 女 たち の 体 験 にかかわるエッセイなど 内 容 が 豊 富 編 集 部 では 投 稿 をお 待 ちしています 子 どもたちの 作 文 詩 短 歌 俳 句 習 字 イラストや 海 外 での 研 究 レポート 等 をお 送 りください 帰 国 子 女 のための 学 校 便 覧 小 学 校 から 大 学 まで 日 本 全 国 の 受 け 入 れ 校 約 1, 200 校 と 約 90 地 域 の 教 育 委 員 会 の 情 報 を 掲 載 進 学 指 導 にお 役 立 てくだ さい 11 月 発 行 予 定 上 記 のほかに 在 外 教 育 施 設 に 対 して 希 望 を 伺 い 6 月 頃 に 当 財 団 の 学 校 会 員 である 帰 国 子 女 受 け 入 れ 校 の 学 校 案 内 や 募 集 要 項 を 無 償 でお 送 りしています 向 そ けの サ他 ー の ビ学 ス校 注 意 上 記 無 償 でお 送 りしている 部 数 以 外 にお 求 めの 場 合 は P. 23 有 料 サービスのご 利 用 とお 支 払 いについて をご 覧 ください 詳 しくは 下 記 までお 問 い 合 わせください 事 業 部 情 報 サービスチーム Eメール TEL FAX

19 その 他 の 財 団 事 業 のご 紹 介 財 団 では 在 外 教 育 施 設 向 けのサービス 以 外 にも 様 々な 個 人 向 けサービスを 展 開 しています ー 海 外 赴 任 者 帰 任 者 およびその 子 女 のための 事 業 ー 外 国 語 保 持 教 室 ( 首 都 圏 中 部 関 西 ) 海 外 生 活 で 身 につけた 語 学 力 は 帰 国 子 女 にとって 大 きな 財 産 です 財 団 ではこの 語 学 力 を 保 持 してい くことを 目 的 に 日 本 初 の 試 みとして 外 国 語 保 持 教 室 を 現 在 まで 開 講 しています リラックスして 楽 し める 雰 囲 気 と 独 自 の 方 法 論 による 運 営 を 特 色 とするこの 教 室 では 現 在 首 都 圏 中 部 地 区 関 西 地 区 で 合 わせて1, 500 名 を 超 える 小 学 生 ~ 高 校 生 が 学 んでいます 対 象 言 語 は 英 語 とフランス 語 ( 首 都 圏 のみ)で 夏 休 み 期 間 中 はサマースクール( 英 語 のみ)も 実 施 外 国 語 保 持 等 についての 保 護 者 向 け 講 演 会 相 談 会 も 行 っています 授 業 風 景 現 地 校 入 学 のための 親 子 教 室 ( 東 京 名 古 屋 大 阪 ) 海 外 の 学 校 ってどんなところかな? 英 語 で 教 育 を 行 っている 学 校 へお 子 さんを 通 わせる 予 定 の 家 族 を 対 象 に スムー ズな 学 校 生 活 のスタートが 切 れるよう 開 設 しています 親 子 教 室 渡 航 前 配 偶 者 講 座 ( 東 京 ) 海 外 赴 任 が 決 まったけれど 何 を 準 備 すればいいの? 心 と 情 報 の 整 理 を 通 して 学 ぶ 海 外 生 活 準 備 コース と 日 常 生 活 に 即 した 英 会 話 コース を 開 設 してい ます より 充 実 した 海 外 生 活 が 送 れるようご 利 用 ください 渡 航 前 子 ども 英 語 教 室 ( 東 京 ) 子 どもは 語 学 の 天 才? 最 初 は 子 どもだって 大 変 なんです 現 地 校 やインターナショナルスクールでの 最 初 の1か 月 を 乗 り 切 るための サバイバル イングリッシュと 英 語 を 読 むための 基 本 を 学 びます 通 信 教 育 子 ども 英 語 教 室 義 務 教 育 年 齢 の 海 外 子 女 を 対 象 に 国 語 算 数 ( 数 学 )について 海 外 で 使 用 する 教 科 書 に 合 わせた 学 習 テキスト 添 削 問 題 国 語 の 朗 読 CD 等 による 通 信 教 育 を 実 施 しています 受 講 生 から 送 られてくる 添 削 問 題 の 解 答 用 紙 は 専 門 の 指 導 者 が 指 導 や 助 言 を 行 って 返 送 しています また 社 会 理 科 について は インターネット 教 材 による 学 習 プログラムを 提 供 し 受 講 生 か らの 質 問 には Eメールで 対 応 しています( 文 部 科 学 省 補 助 ) さらに 幼 児 を 対 象 にした 絵 本 の 定 期 配 本 サービスや 高 校 生 対 象 の 小 論 文 の 通 信 教 育 も 実 施 しています 財 そ 団 の 事 業 他 他 の 通 信 教 育 教 材 18

20 帰 国 子 女 教 育 支 援 帰 国 子 女 教 育 に 関 する 学 校 等 連 絡 協 議 会 を 東 京 大 阪 で 開 催 し 帰 国 子 女 教 育 の 振 興 を 図 っています また 帰 国 子 女 の 受 け 入 れや 帰 国 子 女 教 育 に 積 極 的 な 機 関 の 支 援 を 行 うとともに 関 係 団 体 が 開 催 する 研 究 会 等 を 支 援 しています 教 科 書 配 付 保 護 者 の 海 外 赴 任 に 伴 って 出 国 する 義 務 教 育 年 齢 の 子 女 に 対 して 出 国 前 に 財 団 窓 口 ( 東 京 大 阪 )で 教 科 書 配 付 を 行 い 要 請 に 応 じて 送 付 しています( 文 部 科 学 省 依 頼 事 業 ) ー 財 団 維 持 会 員 である 企 業 団 体 学 校 のための 事 業 ー 企 業 団 体 会 員 支 援 講 師 派 遣 : 企 業 団 体 会 員 が 実 施 する 海 外 赴 任 者 研 修 等 に 講 師 ( 教 育 相 談 員 等 )を 派 遣 しています セミナー 講 座 : 海 外 進 出 企 業 団 体 の 海 外 人 事 担 当 者 を 対 象 としたセミナーや 講 座 を 開 催 しています 情 報 提 供 : 在 外 教 育 施 設 の 実 態 調 査 および 保 護 者 負 担 経 費 調 査 などを 行 い 学 校 別 データを 維 持 会 員 専 用 サイトに 掲 載 しています また 様 々な 問 い 合 わせに 対 して 必 要 なアドバイ スや 情 報 提 供 を 行 っています 学 校 会 員 支 援 学 校 会 員 連 絡 会 : 帰 国 子 女 教 育 の 更 なる 整 備 充 実 を 図 るため 学 校 会 員 を 対 象 とした 連 絡 会 を 開 催 し ています 学 校 説 明 会 相 談 会 : 帰 国 子 女 教 育 に 積 極 的 な 学 校 会 員 を 主 とした 学 校 説 明 会 相 談 会 を 国 内 では 毎 年 7 月 下 旬 ~8 月 上 旬 に 東 京 名 古 屋 大 阪 で 開 催 しています 各 会 場 により 約 70~ 180 校 が 参 加 し 200~1, 200 名 の 来 場 者 があります また 海 外 でもアジア 北 米 欧 州 を 中 心 にそれぞれの 地 域 事 情 に 合 わせて 実 施 しています 資 料 配 付 : 会 員 校 の 最 新 の 学 校 案 内 等 の 資 料 を 在 外 教 育 施 設 へ 送 付 するなどの 便 宜 を 図 ってい ます 財 そ 団 の 事 業 他 他 の 19

21 ー 出 版 資 料 調 査 広 報 に 関 する 事 業 ー 出 版 物 次 の 刊 行 物 等 を 発 行 頒 布 しています 1. 機 関 誌 海 外 子 女 教 育 ( 月 刊 ) 2. 新 海 外 子 女 教 育 マニュアル 3. 帰 国 子 女 のための 学 校 便 覧 ( 年 刊 ) 4. 海 外 子 女 文 芸 作 品 コンクール 作 品 集 地 球 に 学 ぶ ( 年 刊 ) 5. 新 ことばのてびき 新 ことば のてびき 6. 言 葉 と 教 育 7. サバイバル イングリッシュ 8. サバイバル イングリッシュ (CD 版 ) 9. アメリカの 現 地 校 に 通 うということ 10. 母 語 を 育 てるということ 11. ミニパンフレット 母 語 の 大 切 さをご 存 知 ですか? 12. ミニパンフレット 現 地 校 入 学 のために アメリカ 編 言 葉 と 教 育 13. ミニパンフレット 現 地 校 入 学 のために イギリス 編 14. ミニパンフレット 帰 国 に 向 けて 15. ミニパンフレット お 子 さんの 外 国 語 保 持 のために 16. 海 外 子 女 教 育 手 帳 17. 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 別 パンフレット また 財 団 編 集 アルク 発 行 の 書 籍 私 たちはいかにして 英 語 を 失 うか を 頒 布 しています 調 査 広 報 サバイバル イングリッシュ 私 たちはいかにして 英 語 を 失 うか 海 外 子 女 教 育 帰 国 子 女 教 育 に 関 する 調 査 や 図 書 資 料 等 の 収 集 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 海 外 の 現 地 校 等 の 実 態 調 査 を 現 地 で 行 っています また インターネット 等 を 介 し 財 団 の 事 業 活 動 および 関 係 情 報 の 広 報 を 行 っています 財 そ 団 の 事 業 他 他 の 20

22 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトについて 財 団 では 在 外 教 育 施 設 支 援 の 一 環 として 学 校 関 係 者 のみなさんに より 財 団 を 身 近 に 親 し みやすくご 利 用 いただくために 在 外 教 育 施 設 専 用 サイト を 開 設 しています ログイン 画 面 にある 各 サービスの 操 作 ガイド(PDF)をご 参 照 のうえ 是 非 ご 活 用 ください 対 象 財 団 の 在 外 教 育 施 設 専 用 サイト に 登 録 されている 在 外 教 育 施 設 ログイン 方 法 1 URL(https://entry.joes.or.jp/shop)へアクセスしてください 2ログイン 画 面 が 表 示 されますので 専 用 IDおよびパスワードを 入 力 してください 3 入 力 後 ログイン ボタンを 押 してください ログイン 画 面 財 そ 団 の 事 業 他 他 の メニュー 教 材 等 斡 旋 WEB 発 注 システム マイページ(P. 3 4 参 照 ) 学 校 予 算 で 購 入 する 教 材 等 の 手 配 から 送 付 までのお 手 伝 いをします 見 積 依 頼 もできます 海 外 学 校 傷 害 保 険 月 別 確 定 人 数 報 告 (P. 5 参 照 ) 財 団 の 海 外 学 校 傷 害 保 険 に 加 入 している 学 校 より 加 入 者 の 月 別 確 定 人 数 報 告 をしていただきます 海 外 学 校 ボランティアサポート 保 険 月 別 確 定 人 数 報 告 (P. 6 参 照 ) 財 団 の 海 外 学 校 ボランティアサポート 保 険 に 加 入 している 学 校 の 行 事 ごとの 人 数 報 告 をしていただきます 専 任 教 員 採 用 支 援 管 理 システム[2014 年 11 月 稼 働 予 定 ] 財 団 の 専 任 教 員 採 用 支 援 プログラムに 参 加 している 学 校 の 選 考 管 理 を 行 います 在 外 教 育 施 設 情 報 メンテナンス 貴 校 の 学 校 情 報 をいつでも 更 新 していただくことができます 財 団 はメンテナンスいただいたデー タをもとにこれから 出 国 されるご 家 族 や 企 業 団 体 等 への 情 報 提 供 を 行 います 機 関 誌 海 外 子 女 教 育 ( 月 刊 ) 毎 月 発 行 している 財 団 の 機 関 誌 の 一 般 公 開 版 にリンクしています 維 持 会 員 専 用 サイト 参 照 用 財 団 の 企 業 団 体 会 員 学 校 会 員 が 利 用 している 専 用 サイトを 閲 覧 することができます 21

23 メニュー 画 面 掲 示 板 学 校 関 係 者 や 先 生 方 が 安 心 して 専 用 サイト 内 で 情 報 交 換 をすることができます 利 用 規 約 ならびに 操 作 ガイドにしたがって 掲 示 板 を 利 用 し 掲 示 板 上 で 展 開 されている 様 々な 投 稿 について 自 らの 意 見 感 想 等 を 投 稿 したり 投 稿 されている 内 容 を 閲 覧 することができます 政 府 援 助 対 象 の 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 またはその 他 の 教 育 施 設 に 関 する 下 記 カテゴリーから 選 択 してご 活 用 ください 学 校 経 営 について 学 習 指 導 教 育 活 動 等 について その 他 在 外 教 育 施 設 の 学 校 運 営 経 営 についての 情 報 提 供 や 質 問 他 校 からの 情 報 提 供 の 依 頼 など 児 童 生 徒 への 学 習 指 導 または 行 事 等 の 教 育 活 動 等 についての 情 報 提 供 や 質 問 他 校 からの 情 報 提 供 の 依 頼 など 上 記 カテゴリー 以 外 の 内 容 についての 投 稿 質 問 など 掲 示 板 入 口 画 面 ( 上 記 メニュー 画 面 下 段 に 掲 示 板 入 口 があります) 将 来 的 には 教 材 整 備 事 業 の 申 請 等 在 外 教 育 施 設 専 用 にクローズされた 安 心 してご 利 用 いただけるサイ トとして 今 後 益 々 成 長 させていく 予 定 です 財 そ 団 の 事 業 他 他 の 詳 しくはログイン 画 面 にある 各 サービスの 操 作 ガイドをご 覧 ください URL https://entry.joes.or.jp/shop 事 業 部 助 成 チーム Eメール TEL FAX

24 有 料 サービスのご 利 用 とお 支 払 いについて 教 材 等 斡 旋 や 学 校 保 険 のほかにも 下 記 のような 有 料 サービスを 提 供 しています 刊 行 物 等 機 関 誌 海 外 子 女 教 育 ( 月 刊 )の 定 期 購 読 帰 国 子 女 のための 学 校 便 覧 サバイバル イングリッシュ 地 球 に 学 ぶ 新 海 外 子 女 教 育 マニュアル 新 ことばのてびき 言 葉 と 教 育 等 各 種 刊 行 物 の 販 売 現 地 校 国 際 学 校 への 入 学 編 入 学 手 続 きに 必 要 な 英 文 の 在 学 証 明 書 成 績 証 明 書 のサンプルフォーム 海 外 子 女 教 育 手 帳 の 販 売 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 の 学 校 別 パンフレットの 販 売 詳 しくは 下 記 までお 問 い 合 わせください 事 業 部 情 報 サービスチーム Eメール TEL FAX <お 支 払 い 方 法 > お 支 払 いは 請 求 書 お 届 け( 教 材 等 斡 旋 は WEB 発 注 システム より 請 求 書 をダウンロード) 後 1か 月 以 内 に 請 求 書 にある 指 定 の 金 融 機 関 口 座 にご 送 金 ください お 支 払 い 方 法 は 財 団 窓 口 でのお 支 払 いのほか 日 本 国 内 にお 持 ちの 口 座 からの 振 替 また 日 本 に 一 時 帰 国 された 際 のお 振 り 込 みの 場 合 は 送 金 人 名 を 学 校 名 に 修 正 して 送 金 願 います 困 難 な 場 合 は 事 前 にEメールにてその 旨 をお 知 らせください 海 外 から 銀 行 送 金 をする 場 合 は 必 ず ご 請 求 額 が 過 不 足 なく 送 金 されるよう 銀 行 に 確 認 し 日 本 の 銀 行 手 数 料 を 含 む 手 数 料 負 担 : 送 金 人 (PAID BY SENDER) と 銀 行 にご 指 示 ください 指 示 できない 場 合 は 貴 地 銀 行 手 数 料 等 をご 負 担 いただくほ か 1 回 の 送 金 につき 日 本 の 銀 行 手 数 料 1, 500 円 を 請 求 金 額 に 加 算 の 上 ご 送 金 願 います ただし 1, 500 円 を 超 過 する 場 合 もあるため その 際 には 着 金 後 に 別 途 ご 連 絡 いたします 請 求 額 が 少 額 であったり 事 務 処 理 の 効 率 化 のために 複 数 回 の 請 求 分 をまとめて 送 金 したい 場 合 は 事 前 にご 相 談 ください 教 材 等 斡 旋 では WEB 発 注 システム にてご 注 文 いただく 場 合 に お 支 払 い 方 法 としてクレジット カード 決 済 (VISAまたはマスターのみ)をご 利 用 いただけます 財 そ 団 の 事 業 他 他 の ご 注 意 お 支 払 いが 滞 りますと 事 態 が 改 善 されるまで 財 団 のサービス 提 供 を 一 時 停 止 させていただくことがあ りますのでご 注 意 ください 詳 しくは 下 記 までお 問 い 合 わせください 総 務 部 経 理 チーム Eメール TEL FAX

25 財 団 の 予 算 について 2014( 平 成 26) 年 度 収 支 予 算 ( 正 味 財 産 増 減 予 算 書 )<2014 年 4 月 1 日 から2015 年 3 月 31 日 まで> 1. 経 常 収 益 ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 予 算 額 備 考 基 本 財 産 運 用 益 5,016 特 定 資 産 運 用 益 6,818 受 取 維 持 会 費 447,000 事 業 収 益 512,435 通 信 教 育 受 講 料 教 育 相 談 料 教 材 等 斡 旋 事 業 学 校 保 険 斡 旋 事 業 保 険 集 金 事 務 外 国 語 保 持 教 室 事 業 講 習 会 等 事 業 機 関 誌 発 行 刊 行 物 発 行 協 賛 金 教 科 書 送 付 事 務 受 取 国 庫 補 助 金 78,407 通 信 教 育 補 助 金 教 材 整 備 補 助 金 受 取 寄 附 金 200,000 特 定 寄 附 金 特 別 寄 附 金 雑 収 益 4,288 受 取 利 息 雑 収 益 経 常 収 益 計 1,253, 経 常 費 用 科 目 予 算 額 備 考 公 益 目 的 事 業 会 計 1,099,250 在 外 教 育 施 設 援 助 安 全 対 策 援 助 海 外 巡 回 指 導 援 助 通 信 教 育 事 業 教 育 相 談 事 業 教 材 整 備 事 業 教 材 斡 旋 事 業 学 校 保 険 斡 旋 事 業 保 険 集 金 事 務 管 理 外 国 語 保 持 教 室 運 営 帰 国 子 女 教 育 等 援 助 機 関 誌 発 行 刊 行 物 発 行 協 賛 金 事 業 講 習 会 等 運 営 教 育 資 料 等 配 布 教 科 書 給 与 事 務 調 査 広 報 法 人 会 計 147,004 一 般 管 理 費 経 常 費 用 計 1,246,254 当 期 経 常 増 減 額 7,710 財 そ 団 の 事 業 他 他 の 24

26 在 外 教 育 施 設 とは 海 外 に 在 住 する 日 本 人 の 子 どもたちが 通 学 することができる 学 校 形 態 をまとめると 以 下 の6つに 大 別 することができます 財 団 では そのうち 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 私 立 在 外 教 育 施 設 および 補 習 教 室 その 他 を 在 外 教 育 施 設 と 呼 んでいます (2014 年 4 月 現 在 ) 日 本 国 内 の 小 中 学 校 または 高 等 学 校 と 同 等 の 教 育 を 行 う 目 的 で 日 本 人 学 校 88 校 設 置 されている 全 日 制 の 学 校 で 文 部 科 学 大 臣 が 認 定 した 学 校 (* 下 記 認 定 制 度 について をご 参 照 ください) 主 として 現 地 校 等 に 通 学 しながら 土 曜 日 や 平 日 の 放 課 後 を 利 用 補 習 授 業 校 203 校 して 日 本 国 内 の 学 校 で 学 ぶ 国 語 等 を 教 育 するために 文 部 科 学 省 外 務 省 から 政 府 援 助 を 受 けている 教 育 施 設 私 立 在 外 教 育 施 設 8 校 主 として 日 本 国 内 の 学 校 法 人 等 が 海 外 に 設 置 した 全 日 制 の 学 校 で 文 部 科 学 大 臣 が 認 定 した 学 校 文 部 科 学 省 外 務 省 の 援 助 対 象 校 にはなっていないが 日 本 人 学 補 習 教 室 その 他 30 校 校 補 習 授 業 校 と 同 様 に 日 本 人 の 子 どもに 対 して 日 本 語 による 教 育 を 実 施 している 教 育 施 設 現 地 校 所 在 国 政 府 等 が 学 校 として 認 めた 現 地 教 育 施 設 教 授 言 語 はその 国 の 言 語 国 際 学 校 所 在 国 に 設 置 された 外 国 人 学 校 主 にインターナショナルスクー ル アメリカンスクール 等 と 呼 ばれている * 認 定 制 度 について[ 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 国 際 教 育 課 発 行 海 外 で 学 ぶ 日 本 の 子 どもたち 参 照 ] 文 部 科 学 省 では 在 外 教 育 施 設 の 認 定 制 度 を 設 けています 文 部 科 学 大 臣 が 在 外 教 育 施 設 の 設 置 者 の 申 請 に 基 づき 在 外 教 育 施 設 が 日 本 国 内 の 小 学 校 中 学 校 または 高 等 学 校 の 課 程 と 同 等 の 課 程 を 有 する 旨 の 認 定 を 行 うもの < 設 置 者 > 1 海 外 に 在 留 する 日 本 人 が 日 本 人 の 福 利 の 増 進 を 主 たる 目 的 として 組 織 した 団 体 2 在 外 教 育 施 設 の 設 置 を 目 的 として 申 請 施 設 の 所 在 国 の 法 令 等 に 基 づき 設 立 される 法 人 その 他 団 体 で 私 立 学 校 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 270 号 ) 第 3 条 に 規 定 する 学 校 法 人 が 当 該 申 請 施 設 の 設 置 運 営 について 関 与 しているもの 3 上 記 1 2に 準 ずる 団 体 < 認 定 の 申 請 > 認 定 を 受 けようとする 者 は 申 請 施 設 の 設 置 者 の 名 称 住 所 代 表 者 の 氏 名 および 申 請 施 設 の 名 称 を 記 載 した 申 請 書 に 在 外 教 育 施 設 の 認 定 等 に 関 する 規 程 第 17 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 書 類 を 添 えて 文 部 科 学 大 臣 に 申 請 する 資 料 < 在 外 教 育 施 設 として 認 定 されると > 1 卒 業 者 には 高 等 学 校 または 大 学 の 入 学 資 格 が 認 められる 2 高 等 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 の 試 験 科 目 に 相 当 する 科 目 を 修 得 した 者 については 当 該 試 験 科 目 につい て 試 験 を 免 除 される 3 認 定 在 外 教 育 施 設 における 勤 続 年 数 を 校 長 副 校 長 および 教 頭 の 基 礎 資 格 である 在 職 年 数 とするこ とができる 25

27 4 教 育 課 程 については 学 習 指 導 要 領 等 の 定 めるところによるが 地 域 社 会 申 請 施 設 または 児 童 生 徒 の 実 態 等 から 特 に 必 要 である 場 合 には 弾 力 的 取 り 扱 い( 一 部 につき 特 別 の 教 育 課 程 によること)がで きる < 認 定 の 取 消 し> 1 文 部 科 学 大 臣 は 認 定 施 設 が 認 定 の 基 準 または 運 営 の 基 準 に 適 合 しなくなったとき 認 定 を 取 り 消 すこ とができる 2 認 定 施 設 の 設 置 者 は 当 該 認 定 施 設 の 取 り 消 しを 申 請 し 文 部 科 学 大 臣 がこれを 承 認 する 場 合 には 認 定 の 取 り 消 しを 受 けることができる 海 外 子 女 教 育 に 対 する 政 府 援 助 日 本 政 府 は 主 権 の 及 ばない 海 外 において 在 留 邦 人 日 本 人 会 等 の 自 助 努 力 をベースに 憲 法 26 条 の 教 育 の 機 会 均 等 義 務 教 育 無 償 の 精 神 により 海 外 子 女 教 育 を 支 援 しています 文 部 科 学 省 支 援 実 施 の 観 点 教 育 の 振 興 および 生 涯 学 習 の 推 進 を 中 核 とした 豊 かな 人 間 性 を 備 えた 創 造 的 な 人 材 の 育 成 2014 年 度 予 算 17,127 百 万 円 事 項 予 算 1. 日 本 人 学 校 等 への 教 員 派 遣 関 係 経 費 等 ( 教 員 等 研 修 日 本 人 学 校 校 長 研 究 協 議 会 経 費 等 を 含 む) 16,719 百 万 円 2. 義 務 教 育 教 科 書 の 購 入 給 与 300 百 万 円 3. 海 外 子 女 教 育 振 興 財 団 補 助 金 4.その 他 教 材 整 備 事 業 補 助 通 信 教 育 事 業 補 助 66 百 万 円 12 百 万 円 30 百 万 円 外 務 省 支 援 実 施 の 観 点 日 本 国 民 の 海 外 における 法 律 上 または 経 済 上 の 利 益 その 他 の 利 益 の 保 護 および 増 進 2014 年 度 予 算 2,528 百 万 円 事 項 予 算 1. 校 舎 借 料 等 援 助 1,186 百 万 円 2. 現 地 採 用 教 員 等 謝 金 補 助 1,085 百 万 円 3. 日 本 人 学 校 安 全 対 策 費 245 百 万 円 4. 補 習 授 業 校 現 地 採 用 講 師 研 修 会 10 百 万 円 5.その 他 2 百 万 円 資 料 26

28 在 外 教 育 施 設 の 概 要 区 分 性 格 授 業 内 容 日 本 人 学 校 補 習 授 業 校 準 全 日 制 補 習 授 業 校 海 外 において 日 本 の 教 育 関 係 法 令 に 準 拠 して 日 本 国 内 の 小 学 校 中 学 校 または 高 等 学 校 におけ る 教 育 と 同 等 の 教 育 を 行 うことを 目 的 とする 全 日 制 の 教 育 施 設 で あり 幼 稚 部 を 併 設 するものもあ る 現 地 校 国 際 学 校 などに 通 学 して いる 日 本 人 の 子 どもに 対 し 日 本 国 内 の 小 中 学 校 の 一 部 の 教 科 について 授 業 を 行 う 教 育 施 設 現 地 の 事 情 に 応 じ 国 際 学 級 や 日 本 語 補 習 学 級 を 設 けている 場 合 もある 在 留 邦 人 がその 子 女 に 対 し 国 語 算 数 ( 数 学 ) 理 科 および 社 会 等 の 教 科 につき 教 育 水 準 の 維 持 を 図 るために 設 置 した 教 育 施 設 原 則 として 日 本 国 内 の 学 習 指 導 要 領 に 基 づ き 日 本 国 内 の 小 学 校 中 学 校 または 高 等 学 校 が 行 っている 授 業 内 容 授 業 時 数 に 基 づいた 教 育 を 日 本 語 で 行 っ ており 教 科 書 も 日 本 国 内 で 使 用 されているものが 用 いられてい る 一 方 で 海 外 に 設 置 されてい るという 特 性 を 生 かし 国 際 性 豊 かな 日 本 人 を 育 成 するため 現 地 の 言 語 や 歴 史 地 理 など 現 地 事 情 に 関 する 指 導 を 取 り 入 れる ほか 現 地 校 との 交 流 活 動 を 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 現 地 の 子 どもたちとの 交 流 を 積 極 的 に 推 進 している 国 語 算 数 ( 数 学 )を 中 心 に 施 設 によって 理 科 社 会 などを 加 え た 授 業 が 日 本 国 内 で 使 用 され ている 教 科 書 を 用 いて 行 われて いる 通 常 土 曜 日 日 曜 日 等 の 現 地 の 学 校 において 授 業 のない 日 や 放 課 後 等 の 授 業 のない 時 間 に 授 業 を 実 施 する 国 語 算 数 ( 数 学 ) 理 科 および 社 会 を 含 め4 科 目 以 上 の 授 業 を 行 い 週 5 日 年 間 175 日 以 上 の 授 業 を 行 う 設 立 および 政 府 援 助 を 要 請 する ための 主 な 要 件 (ア) 設 立 について 在 留 邦 人 社 会 の 総 意 が 得 られていること (イ) 在 籍 児 童 生 徒 数 ( 永 住 者 外 国 籍 のみ 保 持 者 を 除 く)が 概 ね 30 人 以 上 で 今 後 も 増 加 が 見 込 まれる (ウ) 運 営 主 体 や 児 童 生 徒 が 一 企 業 だけの 構 成 でなく 公 共 性 が 保 たれる (エ) 学 校 の 安 定 的 運 営 および 財 務 面 での 健 全 性 の 確 立 が 見 込 まれ る (ア) 在 留 邦 人 社 会 の 総 意 により 既 に 設 立 されている (イ) 在 籍 児 童 生 徒 数 ( 永 住 者 外 国 籍 のみ 保 持 者 を 除 く)が5 人 以 上 で 今 後 も 増 加 が 見 込 まれる (ウ) 運 営 主 体 や 児 童 生 徒 が 一 企 業 だけの 構 成 でなく 公 共 性 が 保 たれる (エ) 国 語 を 中 心 とした 年 間 授 業 日 数 が 概 ね35 日 以 上 あり 授 業 実 施 に 必 要 な 講 師 が 確 保 されている こと (オ) 運 営 規 則 学 則 などの 規 則 が 整 備 されていること ( カ ) 政 府 援 助 を 要 請 す る 年 度 の 4 月 15 日 時 点 で 授 業 を 行 っているこ と 政 府 援 助 を 要 請 するための 主 な 要 件 は 補 習 授 業 校 とほぼ 同 じだが さら に 以 下 の 要 件 も 必 要 (ア) 現 地 に 通 学 する 適 当 な 教 育 施 設 がなく 在 籍 児 童 生 徒 数 ( 永 住 者 外 国 籍 のみ 保 持 者 を 除 く) が10 人 以 上 など (イ) 国 語 算 数 ( 数 学 ) 理 科 および 社 会 を 含 め4 科 目 以 上 週 5 日 年 間 175 日 以 上 の 授 業 を 行 っ ていること 資 料 私 立 在 外 教 育 施 設 日 本 国 内 の 学 校 法 人 などが 母 体 となり 日 本 国 内 の 学 校 教 育 と 同 等 の 教 育 を 行 うことを 目 的 として 設 置 された 全 日 制 の 教 育 施 設 で ある 小 学 校 から 高 等 学 校 段 階 までの 課 程 を 置 くものから 高 等 学 校 段 階 の 課 程 のみを 置 くもの など その 形 態 は 様 々であるが 一 般 に 日 本 国 内 の 学 校 と 連 携 を 図 りつ つ 教 育 を 行 ってい る 日 本 人 学 校 とほぼ 同 じ 27

29 政 府 援 助 要 請 手 続 文 部 科 学 大 臣 による 認 定 申 請 手 続 所 在 国 におけるステータス (ア) 日 本 人 会 等 在 留 邦 人 団 体 の 中 に 日 本 人 学 校 設 立 準 備 委 員 会 を 設 置 し 諸 般 の 準 備 を 進 めるとともに 設 立 趣 意 書 資 金 計 画 および 定 款 等 を 取 りまと め 設 立 援 助 要 請 書 を 在 外 公 館 を 通 じ 外 務 大 臣 および 文 部 科 学 大 臣 宛 に 提 出 する (イ) 政 府 は 毎 年 度 の 予 算 編 成 において 設 立 援 助 要 請 があった 各 地 域 の 準 備 状 況 現 地 の 教 育 施 設 児 童 生 徒 数 の 推 移 や 緊 急 性 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 援 助 の 可 否 を 決 定 する (ア) 日 本 人 学 校 の 設 置 者 ( 日 本 人 学 校 を 設 置 しようとする 者 を 含 む )は 在 外 教 育 施 設 の 認 定 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 3 年 文 部 省 告 示 第 114 号 ) 第 17 条 各 号 に 掲 げる 書 類 を 添 えて 原 則 とし て 認 定 を 受 けようとする 年 の 前 年 の 5 月 31 日 までに 当 該 申 請 施 設 の 所 在 国 の 在 外 公 館 を 経 由 して 文 部 科 学 大 臣 に 申 請 する (イ) 申 請 を 受 けて 文 部 科 学 大 臣 は 原 則 として 当 該 申 請 施 設 が 認 定 を 受 けよ うとする 年 の 前 年 の12 月 31 日 ま でに 当 該 申 請 施 設 を 認 定 するかどう かを 決 定 し 当 該 申 請 施 設 の 設 置 者 に 対 しその 旨 を 速 やかに 通 知 する 日 本 人 学 校 の 所 在 国 におけるステータスは 各 所 在 国 によって 異 なり 所 在 国 の 正 規 の 学 校 ないし 外 国 人 のための 教 育 施 設 として 位 置 付 けられたもの 所 在 国 政 府 から 認 可 を 受 けた 文 化 団 体 等 の 活 動 の 一 環 として 運 営 されているもの 所 在 国 政 府 から 大 使 館 附 属 施 設 等 として 公 認 されているものなど 様 々である なお 所 在 国 にある 日 本 人 学 校 は 在 留 邦 人 が 外 国 の 主 権 下 においてその 子 女 の 教 育 を 行 うために 設 置 した 施 設 であ ることから 日 本 の 教 育 関 係 法 令 は 直 接 に は 適 用 されないものと 解 されている (ア) 日 本 人 会 等 在 留 邦 人 団 体 が 設 立 した 補 習 授 業 校 が 政 府 援 助 を 要 請 する 場 合 学 校 運 営 委 員 会 ( 理 事 会 等 )から 在 外 公 館 を 通 じ 政 府 に 支 援 要 望 書 等 の 所 定 の 書 類 を 提 出 し 支 援 の 要 請 を 行 う (イ) 補 習 授 業 校 が 政 府 に 援 助 を 要 請 する ためには 当 該 学 校 が 補 習 授 業 校 とし ての 実 態 を 整 え 4 月 15 日 の 時 点 で 授 業 を 行 っていることが 必 要 であり この 点 日 本 人 学 校 の 新 設 の 場 合 とは 異 なるので 注 意 を 要 する (ウ) 政 府 は 当 該 補 習 授 業 校 を 援 助 対 象 と して 適 当 と 認 めた 場 合 には 必 要 な 援 助 を 行 うための 経 費 を 毎 年 度 予 算 に 計 上 する 既 に 準 全 日 制 補 習 授 業 校 として 授 業 を 行 っ てい ることを 含 め 政 府 援 助 を 要 請 する 手 続 きは 補 習 授 業 校 と 同 じ 日 本 人 学 校 とほぼ 同 じ 私 立 在 外 教 育 施 設 の 所 在 国 におけるステー タスは 各 所 在 国 によって 異 なるが 我 が 国 の 文 部 科 学 大 臣 による 認 定 だけでなく 所 在 国 政 府 の 正 規 の 学 校 として 認 定 を 受 けてい る 施 設 もある 資 料 28

30 在 外 教 育 施 設 数 教 員 数 在 籍 者 数 等 の 統 計 資 料 * 在 外 教 育 施 設 数 (2013 年 4 月 現 在 ) 日 本 人 学 校 数 88 校 補 習 授 業 校 数 205 校 私 立 在 外 教 育 施 設 数 8 校 補 習 教 室 数 30 校 * 教 員 数 (2013 年 4 月 現 在 ) 派 遣 教 員 数 1, 184 名 専 任 教 員 数 238 名 * 在 籍 者 数 (2013 年 4 月 15 日 現 在 ) 日 本 人 学 校 在 籍 者 数 20, 878 名 補 習 授 業 校 在 籍 者 数 17, 999 名 その 他 の 在 籍 者 数 32, 751 名 現 地 校 国 際 学 校 等 のみの 在 籍 者 数 私 立 在 外 教 育 施 設 の 在 籍 者 および 不 就 学 者 数 MEMO 資 料 29

31 30

32 財 団 の 各 サービス 別 連 絡 先 一 覧 サービス 内 容 頁 担 当 チーム 名 E - MAIL TEL 教 材 整 備 事 業 3 教 材 等 斡 旋 3 海 外 学 校 傷 害 保 険 5 海 外 学 校 賠 償 責 任 保 険 5 海 外 学 校 ボランティアサポート 保 険 6 助 成 医 療 補 償 制 度 6 資 金 援 助 7 専 任 教 員 採 用 支 援 9 現 地 採 用 教 員 雇 用 補 助 サービス 9 講 師 情 報 提 供 システム 10 在 外 教 育 施 設 事 務 長 会 議 10 事 務 長 会 議 担 当 事 務 職 員 採 用 支 援 10 寄 附 金 の 募 集 総 務 学 校 設 立 支 援 12 講 師 派 遣 現 地 訪 問 13 外 部 団 体 支 援 13 助 成 教 育 相 談 教 育 情 報 提 供 サービス 14 教 育 相 談 事 業 海 外 学 校 説 明 会 相 談 会 14 各 種 調 査 機 関 誌 原 稿 のご 依 頼 15 情 報 サービス 海 外 子 女 文 芸 作 品 コンクール 16 教 室 事 業 刊 行 物 等 の 無 償 配 付 17 情 報 サービス 在 外 教 育 施 設 専 用 サイトについて 21 助 成 有 料 サービスのご 利 用 とお 支 払 いについて 23 経 理 東 京 本 部 あたご 東 京 都 港 区 愛 宕 愛 宕 東 洋 ビル6 階 T E L:03(4330)1341( 代 表 ) F A X:03(4330)1355 海 外 からT E L: F A X: 業 務 時 間 月 ~ 金 曜 日 : 午 前 9:30~ 午 後 5:30 ( 祝 日 年 末 年 始 を 除 く) 関 西 分 室 大 阪 市 北 区 梅 田 毎 日 新 聞 ビル3 階 T E L:06(6344)4318 F A X:06(6344)4328 海 外 からT E L: F A X: 業 務 時 間 月 ~ 金 曜 日 : 午 前 9:30~ 午 後 5:30 ( 祝 日 年 末 年 始 を 除 く) ホームページ

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421

Microsoft Word - 【最終】28民間-受験案内_280421 この 試 験 は 文 化 芸 術 スポーツ 分 野 又 は 地 域 おこし 協 力 隊 等 での 経 験 等 を 活 かし 意 欲 を 持 って 本 県 の 地 方 創 生 元 気 づくりの 展 開 に 向 けた 取 組 に 貢 献 していただけるかた 鳥 取 県 へのIターン Jターン Uターンを 希 望 しているかた 民 間 企 業 等 で 培 った 経 験 を 活 かし 鳥 取 県 職 員 として

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63> 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 会 員 の 先 生 へ 医 師 賠 償 責 任 保 険 個 人 賠 償 責 任 保 険 のおすすめ 医 師 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 20% 適 用 個 人 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 15% 適 用 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 では 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 と 医 師 賠 償 責 任 保

More information

阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 目 次 1 指 定 管 理 者 募 集 の 趣 旨 P1 2 施 設 の 概 要 P1 (1) 設 置 目 的 (2) 施 設 内 容 等 (3) 利 用 時 間 (4) 休 館 日 (5) 施 設 の 利 用 料 金 (6)

阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 目 次 1 指 定 管 理 者 募 集 の 趣 旨 P1 2 施 設 の 概 要 P1 (1) 設 置 目 的 (2) 施 設 内 容 等 (3) 利 用 時 間 (4) 休 館 日 (5) 施 設 の 利 用 料 金 (6) 阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 7 月 阿 南 市 市 民 部 文 化 振 興 課 阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 目 次 1 指 定 管 理 者 募 集 の 趣 旨 P1 2 施 設 の 概 要 P1 (1) 設 置 目 的 (2) 施 設 内 容 等 (3) 利 用 時 間 (4) 休 館 日

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 した 長 野 県 職 員 子 育 て 支 援 プラン( 前 期 プラン) を 改 定 し 後 期 長

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は 株 式 会 社 ジェイティービーが 資 金 決 済 に 関 する 法 律 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 日 本 国 との 平 和 条 約 に 基 づき 日 本 の 国

第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は 株 式 会 社 ジェイティービーが 資 金 決 済 に 関 する 法 律 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 日 本 国 との 平 和 条 約 に 基 づき 日 本 の 国 MoneyT Global 会 員 規 約 ( 個 人 利 用 プラン) 目 次 第 1 条 ( 目 的 ) 第 2 条 ( 定 義 ) 第 3 条 ( 銀 行 等 が 行 う 為 替 取 引 との 誤 認 の 防 止 ) 第 4 条 ( 当 サービスの 概 要 ) 第 5 条 ( 入 会 申 込 ) 第 6 条 ( 入 会 審 査 ) 第 7 条 ( 入 会 契 約 の 成 立 時 期 ) 第 8

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

返 還 卒 業 後 に 返 還 月 賦 返 還 と 月 賦 半 年 賦 併 用 返 還 の 2 種 類 があります 第 一 種 奨 学 金 月 賦 返 還 の 例 ( 貸 与 期 間 :48 ヵ 月 ) 通 学 形 態 貸 与 月 額 返 還 総 額 返 還 月 賦 額 返 還 回 数 ( 期 間

返 還 卒 業 後 に 返 還 月 賦 返 還 と 月 賦 半 年 賦 併 用 返 還 の 2 種 類 があります 第 一 種 奨 学 金 月 賦 返 還 の 例 ( 貸 与 期 間 :48 ヵ 月 ) 通 学 形 態 貸 与 月 額 返 還 総 額 返 還 月 賦 額 返 還 回 数 ( 期 間 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 奨 学 金 概 要 この 奨 学 金 は 経 済 的 理 由 により 修 学 に 困 難 がある 優 れた 学 生 に 奨 学 金 を 貸 与 することにより 教 育 の 機 会 均 等 に 寄 与 することを 目 的 としています 貸 与 型 奨 学 金 のため 返 還 の 義 務 があり 卒 業 後 に 必 ず 返 還 しなくてはなりません

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る 第 7 章 その 他 の 福 利 厚 生 事 業 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 の 意 義 都 福 利 厚 生 課 公 務 災 害 担 当 03(5320)6819 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 補 償 制 度 は 職 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けたときに そ の 災 害 によって 生

More information

日 本 年 金 機 構 事 業 主 の 皆 様 へ 採 用 と 退 職 時 の 各 種 届 は お 早 めにご 提 出 を!! 社 会 保 険 適 用 に 関 する 各 種 届 について 届 出 が 遅 れたり 忘 れたりすることがないようお 願 いします 採 用 時 新 しく 従 業 員 を 採

日 本 年 金 機 構 事 業 主 の 皆 様 へ 採 用 と 退 職 時 の 各 種 届 は お 早 めにご 提 出 を!! 社 会 保 険 適 用 に 関 する 各 種 届 について 届 出 が 遅 れたり 忘 れたりすることがないようお 願 いします 採 用 時 新 しく 従 業 員 を 採 日 本 年 金 機 構 事 業 主 の 皆 様 へ 採 用 と 退 職 時 の 各 種 届 は お 早 めにご 提 出 を!! 社 会 保 険 適 用 に 関 する 各 種 届 について 届 出 が 遅 れたり 忘 れたりすることがないようお 願 いします 採 用 時 新 しく 従 業 員 を 採 用 された 際 には 5 日 以 内 に 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 森 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 割 合 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 %

More information

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融 NC 第 一 信 販 VISAカード 会 員 規 約 会 員 規 約 を よ く お 読 み く だ さ い 第 Ⅰ 章 一 般 条 項 第 1 条 ( 本 会 員 家 族 会 員 )(1) ) 本 規 約 を 承 認 のうえ 第 一 信 販 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)に 入 会 の 申 込 みをし 当 社 が 適 格 と 認 めた 方 を 本 会 員 とします (2) 本 会 員

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

雇用安定_ 概要版.indd

雇用安定_ 概要版.indd 番 号 対 象 事 業 主 給 付 金 名 問 合 せ 先 頁 1 2 事 業 活 動 の 縮 小 に 伴 い 雇 用 調 整 を 行 った 事 業 主 等 定 年 の 引 上 げや 定 年 の 定 めの 廃 止 を 実 施 した 事 業 主 等 雇 用 調 整 助 成 金 中 小 企 業 緊 急 雇 用 安 定 助 成 金 定 年 引 上 げ 等 奨 励 金 ( 中 小 企 業 定 年 引 上 げ

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

Q1 4 助 成 率 について 教 えてください 助 成 対 象 経 費 の3 分 の2 以 内 です 例 えば150 万 円 の 経 費 を 要 する 助 成 事 業 では 助 成 金 交 付 申 請 額 は100 万 円 となります 助 成 対 象 経 費 の 詳 細 については 募 集 要 項

Q1 4 助 成 率 について 教 えてください 助 成 対 象 経 費 の3 分 の2 以 内 です 例 えば150 万 円 の 経 費 を 要 する 助 成 事 業 では 助 成 金 交 付 申 請 額 は100 万 円 となります 助 成 対 象 経 費 の 詳 細 については 募 集 要 項 平 成 27 年 度 第 2 回 創 業 助 成 事 業 Q&A 1 事 業 目 的 事 業 内 容 助 成 対 象 事 業 について ( 募 集 要 項 1 2 3) Q1 1 本 助 成 事 業 の 事 業 目 的 は 何 ですか 本 事 業 は 創 業 予 定 者 又 は 創 業 から 間 もない 中 小 企 業 者 に 対 して 創 業 期 に 必 要 な 経 費 の 一 部 を 助 成 することで

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

1. 学 生 に 係 る 諸 願 届 出 等 について 必 要 な 手 続 きをとらなかったため 不 利 益 となったり 学 修 上 の 支 障 を 生 じることがありますので 十 分 注 意 してくだ さい (1) 願 届 出 書 類 関 係 区 分 事 項 期 日 等 手 続 窓 口 現 住 所

1. 学 生 に 係 る 諸 願 届 出 等 について 必 要 な 手 続 きをとらなかったため 不 利 益 となったり 学 修 上 の 支 障 を 生 じることがありますので 十 分 注 意 してくだ さい (1) 願 届 出 書 類 関 係 区 分 事 項 期 日 等 手 続 窓 口 現 住 所 Ⅱ 学 生 生 活 1. 学 生 に 係 る 諸 願 届 出 等 について 25 (1) 願 届 出 書 類 関 係 25 (2) 学 生 への 連 絡 方 法 等 25 2. 諸 規 則 について 25 3. 修 業 年 限 在 学 年 限 について 26 4. 休 学 復 学 退 学 留 学 等 26 5. 除 籍 について 27 6. 懲 戒 について 27 7. 研 究 倫 理 について 28

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P

優 先 度 順 手 続 フロー 最 初 に 行 う 手 続 罹 災 見 舞 金 の 交 付 ( 草 津 市 ) (P4) 弔 慰 金 および 罹 災 見 舞 金 の 交 付 (P4) 罹 災 証 明 書 の 発 行 (P4) 住 民 票 の 発 行 (P5) 生 活 つなぎ 資 金 の 貸 付 (P 火 災 に 遭 われた 方 へ り さ い 火 災 罹 災 後 の 諸 手 続 について( 参 考 資 料 ) このたびは 思 いがけない 災 難 で 御 心 痛 いかばかりかと 心 から お 見 舞 い 申 しあげます どうか この 災 難 にお 力 落 しのありませんよう 一 日 も 早 い 御 回 復 をお 祈 り 申 しあげます この 冊 子 は 当 面 の 諸 手 続 に 関 しまして 概

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 一 般 社 団 法 人 長 崎 県 診 療 放 射 線 技 師 会 規 程 役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 第 3 条 選

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

H28市・県民税申告書手引き(簡易)-色替

H28市・県民税申告書手引き(簡易)-色替 成 28 年 度 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 簡 易 申 告 書 ) 仙 台 市 素 は, 本 市 の 税 務 行 政 につきましてご 理 解 とご 協 力 いただき, 誠 にありがとうございます この 申 告 の 手 引 き は 成 28 年 度 申 告 書 の 記 載 方 法 等 について 説 明 しています 申 告 書 の 該 当 欄 に 必 要 事 項 を 記 載 したうえで, 仙

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して 4 就 小 校 1 入 までの 主 な 流 れ 入 する 前 年 の10 月 中 旬 から11 月 下 旬 に 就 時 健 康 診 断 を 受 けます ( 住 民 票 の 住 所 に 案 内 が 送 付 されます ) 入 する 年 の1 月 下 旬 に 入 通 知 書 が 住 民 票 の 住 所 に 送 られます ま た 2 月 に 各 小 校 で 入 説 明 会 が 行 われます 案 内 は 住

More information

柏市防犯灯LED化事業

柏市防犯灯LED化事業 柏 市 防 犯 灯 LED 化 リース 事 業 募 集 要 領 平 成 27 年 4 柏 市 1 募 集 目 的 本 市 の 防 犯 灯 は, 町 会 自 治 会 区 等 ( 以 下 町 会 等 と い う ) が 維 持 管 理 を し て お り, 平 成 2 6 年 度 末 時 点 で は, 約 3 3, 0 0 0 灯 設 置 さ れ て い る 本 市 は, 省 エ ネ 対 策 や 電 気

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

Taro-H25-26手引き(コンサル)・

Taro-H25-26手引き(コンサル)・ 平 成 2 5 2 6 年 度 測 量 及 び 建 設 コ ン サ ル タ ン ト 業 務 等 に 係 る 競 争 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 の 手 引 き 追 加 申 請 用 島 根 県 土 木 部 目 次 ページ 1 申 請 書 類 一 覧 1 2 申 請 書 類 の 提 出 方 法 2 3 申 請 書 類 の 提 出 期 間 2 4 申 請 書 類 の 提 出 場 所 2 5 申

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

はじめに 民 事 法 律 扶 助 とは 主 として 資 力 の 乏 しい 方 に 対 し その 権 利 の 実 現 のため 弁 護 士 費 用 等 を 立 替 える 制 度 です 民 事 法 律 扶 助 制 度 は 日 本 司 法 支 援 センター(Japan Legal Support Cente

はじめに 民 事 法 律 扶 助 とは 主 として 資 力 の 乏 しい 方 に 対 し その 権 利 の 実 現 のため 弁 護 士 費 用 等 を 立 替 える 制 度 です 民 事 法 律 扶 助 制 度 は 日 本 司 法 支 援 センター(Japan Legal Support Cente ハーグ 条 約 事 件 民 事 法 律 扶 助 のしおり 20141208 版 ( 項 目 一 覧 ) はじめに 1. 民 事 法 律 扶 助 の 援 助 内 容 2.ご 利 用 いただくための 要 件 3. 資 力 基 準 ( 収 入 と 資 産 の 基 準 ) 4. 代 理 援 助 の 申 込 み 5. 立 替 金 の 標 準 額 6. 立 替 費 用 の 返 済 について 7. 援 助 開 始

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

別表(第6条、第8条関係)

別表(第6条、第8条関係) 政 務 活 動 費 の 取 り 扱 いマニュアル 平 成 25 年 4 月 1 日 伊 勢 市 議 会 事 務 局 目 次 1 制 度 の 概 要 1ページ 2 政 務 活 動 費 について 1ページ 3 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 について 1ページ 4 政 務 活 動 費 の 交 付 の 概 要 1ページ 5 政 務 活 動 費 の 申 請 から 交 付

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇 4 体 育 実 技 免 除 5 大 規 模 校 における 妊 娠 中 の 養 護 教 諭 の 業 務

目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇 4 体 育 実 技 免 除 5 大 規 模 校 における 妊 娠 中 の 養 護 教 諭 の 業 務 子 育 て 応 援 ハンドブック 平 成 28 年 8 月 改 訂 京 都 市 教 育 委 員 会 ( 府 費 負 担 教 職 員, 高 等 学 校 幼 稚 園 教 員, 事 務 担 当 職 員 用 ) 目 次 はじめに 第 1 章 制 度 の 解 説 第 1 節 妊 娠 から 出 産 まで 1 妊 産 婦 健 康 診 断 休 暇 2 妊 婦 の 通 勤 緩 和 3 妊 娠 障 害 特 別 休 暇

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261 津 幡 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 人 件 費 率 23 年 度 人 37,549 12,760,557 199,134 2,173,562

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

 

  新 公 益 法 人 制 度 新 制 度 のポイント 総 論 1- 制 度 のポイント 2- 移 行 申 請 の 検 討 のポイント 移 行 認 定 編 (1) 基 礎 編 - 事 業 と 財 務 の 分 析 (2) 実 践 編 1- 事 業 の 公 益 性 2- 別 表 Gの 作 成 3- 収 支 相 償 公 益 目 的 事 業 比 率 4- 別 表 C(2)の 作 成 控 除 対 象 財 産 5-その

More information

日本赤十字社は、社法(日本赤十字社法)の中で

日本赤十字社は、社法(日本赤十字社法)の中で First Aid & Water Safety 平 成 26 年 4 月 改 訂 日 本 赤 十 字 社 京 都 府 支 部 は じ め に 平 素 は 赤 十 字 の 各 種 事 業 の 推 進 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 に ありがとうございます この 資 料 は 当 支 部 が 普 及 を 進 めております 赤 十 字 救 急 講 習 ( 救 急 法 水 上 安 全 法 )について

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

目 次 保 育 所 整 備 スケジュール( 例 ) 1 解 説 1 はじめに 2 2 保 育 所 とは 2 3 保 育 所 経 営 のための 事 前 準 備 3 4 保 育 所 の 設 置 認 可 申 請 について 5 5 保 育 所 運 営 費 負 担 金 に 関 する 注 意 点 6 6 社 会

目 次 保 育 所 整 備 スケジュール( 例 ) 1 解 説 1 はじめに 2 2 保 育 所 とは 2 3 保 育 所 経 営 のための 事 前 準 備 3 4 保 育 所 の 設 置 認 可 申 請 について 5 5 保 育 所 運 営 費 負 担 金 に 関 する 注 意 点 6 6 社 会 保 育 所 設 置 希 望 者 の 手 引 ( 平 成 25 年 4 月 ) 埼 玉 県 福 祉 部 少 子 政 策 課 担 当 保 育 施 設 担 当 電 話 048-830-3328-0 - 目 次 保 育 所 整 備 スケジュール( 例 ) 1 解 説 1 はじめに 2 2 保 育 所 とは 2 3 保 育 所 経 営 のための 事 前 準 備 3 4 保 育 所 の 設 置 認 可 申 請

More information

H28_2-外国特許

H28_2-外国特許 平 成 28 年 度 外 国 特 許 出 願 費 用 助 成 事 業 公 募 の ご 案 内 1 事 業 目 的 本 助 成 事 業 は 優 れた 技 術 等 を 有 し かつ それらを 海 外 において 広 く 活 用 しようとする 都 内 の 中 小 企 業 者 等 に 対 し 外 国 特 許 出 願 に 要 する 経 費 の 一 部 を 助 成 することによって 中 小 企 業 の 国 際 競

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 に 係 る 公 募 要 領 1 総 則 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう)に 係 る 課 題 提 案 の 実 施 については この 要 領 に 定 めるところによるものとします 2 公 募

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 このパンフレットは 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 を 説 明 したものです 軽 減 措 置 の 要 件 に 該 当 する 場 合 は 申 告 期 限 までに 申 告 手 続 きが 必 要 ですので 必 ずご 一 読 くださ 詳 しくは 富 山 県 総 合 県 税 事 務 所 課 税 第 二 課 TEL:076-444-4505

More information

1 平 成 28 年 度 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 3 月 高 崎 市 福 祉 部 長 寿 社 会 課 1. 募 集 の 趣 旨 本 市 では 施 設 入 所 を 必 要 とする 人 に 対 して 幅 広 い 選 択 肢 の 中 から 必 要 なサービスを 提 供 できる 体 制 を 整 備 するため 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について 江 戸 川 区 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 単 位 = 千 円 ( 参 考 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 24 年 度 の ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) (B/A) 人 件 費 率 26 年 度 680,262 人 234,193,267

More information

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから この 冊 子 は, 調 布 市 にお 住 まいだった 方 がお 亡 くなりになり, 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 届 を 提 出 した 後 のおもな 手 続 きのご 案 内 で す 死 亡 届 は, 死 亡 地 故 人 の 本 籍 地 又 は 届 出 人 の 住 所 地,いずれかの 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 日 を 含 め7 日 以 内 に 届 出 が 必 要 です 死 亡 届 を

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被 火 災 で 被 災 さ れ た か た へ の 各 種 手 続 き 支 援 の ご 案 内 火 災 の 被 害 に 遭 われました 皆 様 に 対 しまし て 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 被 災 後 の 手 続 きや 受 けられる 支 援 等 につ いてまとめましたので ご 利 用 ください この 冊 子 は 被 災 後 の 手 続 き 支 援 のすべてを 網 羅 して いるものではありませんのでご

More information

契約の適正化について

契約の適正化について 平 成 27 年 1 月 5 日 鎌 倉 市 随 意 契 約 ガイドライン 平 成 26 年 1 月 日 改 正 1 趣 旨 このガイドラインは 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の 2 第 1 項 に 定 める 随 意 契 約 の 公 正 性 を 確 保 するため 鎌 倉 市 が 締 結 する 個 々の 契 約 案 件 ごとに 特 殊 性 緊 急 性 経 済 的 合 理 性 等 の

More information