tou_toyokenkyu-moku

Size: px
Start display at page:

Download "tou_toyokenkyu-moku"

Transcription

1 東 洋 研 究 論 文 総 目 録 (2010 年 1 月 25 日 現 在 ) 巻 号 発 行 年 月 日 特 集 アシ アの 中 立 主 義 特 集 書 道 史 特 集 アシ ア 研 究 1001 平 島 敏 夫 巻 頭 言 1002 土 井 章 後 進 国 のニュウトラリズムと 中 国 の 中 立 主 義 栗 本 弘 インドの 中 立 主 義 の 経 済 的 基 盤 今 井 和 郎 ラオスの 中 立 とその 基 盤 青 野 博 昭 アジア 中 立 主 義 論 ノ-ト 矢 島 文 夫 アラビア 語 の 学 習 における 基 礎 語 彙 について 伏 見 楚 代 子 構 造 改 革 論 をめぐって 真 保 潤 一 郎 中 立 外 交 の 歴 史 的 考 察 と 条 件 - 日 本 及 日 本 人 3 月 号 特 集 坂 本 徳 松 非 西 欧 世 界 の 近 代 化 について 高 田 真 治 三 浦 梅 園 と 戴 東 原 佐 伯 梅 友 己 然 形 =ば の 条 件 法 について 真 田 但 馬 張 即 之 の 書 について 猪 口 篤 志 邦 人 の 韓 非 子 研 究 について 石 井 勲 新 しい 漢 字 教 育 の 提 案 加 賀 谷 寛 現 代 イラン 文 学 の 社 会 的 条 件 石 田 保 昭 インド 新 興 富 農 層 矢 島 文 夫 現 代 イスラムの 問 題 点 と 研 究 の 方 向 -イスラム 研 究 ノ-ト(1) 青 野 博 昭 アジア アフリカの 中 立 主 義 - 中 立 主 義 の 研 究 にかんするひと つの 論 評 として 土 井 章 中 国 経 済 開 発 の 基 本 的 課 題 立 田 三 也 中 国 の 生 産 力 と 生 産 関 係 の 問 題 石 村 暢 五 郎 中 華 民 国 経 済 建 設 の 方 向 - 後 進 国 における 金 融 財 政 研 究 の 序 説 として 矢 島 文 夫 イスラム 発 生 の 諸 条 件 について-イスラム 研 究 ノ-ト(2) 加 賀 谷 寛 [ 書 評 ]イギリスのイスラム 学 者 の 研 究 生 活 [ 所 報 ] 東 洋 研 究 所 所 報 西 林 昭 一 包 世 臣 の 書 学 について( 研 究 発 表 要 旨 ) 青 野 博 昭 中 立 主 義 の 本 質 と 現 状 ( 研 究 発 表 要 旨 ) 栗 本 弘 インド 経 済 開 発 における 先 進 国 のインパクト( 研 究 発 表 要 旨 ) 石 田 保 昭 マラ-タ 王 国 の 興 隆 ( 研 究 発 表 要 旨 ) [ 座 談 会 ] 日 中 問 題 の 現 状 座 談 会 土 井 章 東 南 ア 諸 国 の 経 済 開 発 体 制 岸 幸 一 新 民 族 国 家 の 形 成 と 民 意 の 評 価 -マレイシア 連 邦 と 北 ボルネオ 青 野 博 昭 マルクス 主 義 と アジア 問 題 -その 古 川 常 深 中 世 における 勧 農 形 態 と 農 民 層 分 解 - 鎌 倉 末 期 薩 摩 国 入 来 院 の 場 合 加 賀 谷 寛 [ 書 評 ]-Leonard Binder, Religion and Politics in Pakistan (University of California Press, 1961) [ 所 報 ] 東 洋 研 究 所 所 報 高 田 真 治 孔 子 の 管 仲 評 - 華 夷 論 の 一 端 として 山 崎 道 夫 元 田 永 孚 の 学 問 と 事 功 和 田 正 俊 陽 明 学 者 春 日 潜 菴 中 村 宏 森 槐 南 に 於 ける 思 考 形 態 と 思 想 との 関 聯 栗 本 弘 低 開 発 諸 国 の 開 発 と 国 家 の 役 割 石 村 暢 五 郎 中 華 民 国 における 第 3 次 経 済 建 設 計 画 と 投 資 奨 励 策 岸 幸 一 太 平 洋 戦 争 への 道 としての 南 方 政 策 決 定 と 昭 和 研 究 会 金 子 昇 国 連 の 基 本 的 性 格 石 田 保 昭 アクバル 初 期 の 政 治 変 動 -ムガル 体 制 の 分 析 (その1) 青 野 博 昭 [ 資 料 紹 介 ]アフリカにおける 一 党 制 度 -Madeira Keita(マリ 共 和 国 内 相 )ザ スパーク( ) 矢 島 文 夫 [ 書 評 ]セルーヤ アラブ 思 想 -H.Serouya; La Pensee Arabe, 高 橋 梵 仙 仏 教 公 伝 時 の 仏 像 と 経 典 についての 憶 測 - 百 済 国 聖 明 王 よりの 奉 献 物 内 容 は 何 か [ 所 報 ] 東 洋 研 究 所 所 報 真 田 但 馬 阮 元 の 南 北 書 派 論 について 足 立 豊 鄧 完 白 の 書 學 西 林 昭 一 包 世 臣 の 書 學 - 氣 滿 について 西 林 昭 一 包 世 臣 年 譜 土 井 章 東 南 アジア 開 発 の 基 本 的 課 題 伏 見 楚 代 子 東 南 アジアの 国 際 経 済 関 係 青 野 博 昭 現 代 アジア 論 の 課 題 吉 村 五 郎 中 共 の 統 治 機 構 について 石 村 暢 五 郎 中 華 民 国 における 租 税 政 策 (1)-クロッケット 税 制 建 議 を 中 心 に 田 中 千 代 松 マルクス 主 義 とトインビーの 思 想 ( 序 説 ) 村 田 克 巳 昭 和 研 究 会 に 対 する 評 価 鬼 頭 有 一 細 井 平 洲 先 生 の 政 治 思 想 - 公 座 公 論 公 評 について 金 子 昇 中 共 の 核 保 有 に 伴 う 諸 問 題 石 田 保 昭 アクバル 皇 帝 権 力 の 確 立 -ムガル 体 制 の 分 析 (その2) 武 石 彰 夫 根 本 中 堂 へ 参 る 道 考 - 梁 塵 秘 抄 難 解 歌 私 注 三 浦 敏 明 ランベスのライザ とゾライズム-サマセット モーム 小 見 根 本 正 義 昭 和 十 年 代 の 児 童 文 学 と 浅 野 晃 請 川 利 夫 比 喩 表 現 にみられる 高 村 光 太 郎 詩 の 彫 刻 家 的 発 想 について 真 田 但 馬 [ 随 筆 ] 書 壇 とわたし 矢 島 文 夫 [ 随 筆 ]エジプトで 会 った 人 たち /18

2 中 国 研 究 特 集 日 本 文 学 研 究 特 集 イスラム 特 集 思 想 史 特 集 中 村 佐 一 中 華 人 民 共 和 国 の 無 現 金 決 済 [ 部 会 報 告 ] 東 洋 研 究 所 研 究 部 会 報 告 吉 村 五 郎 人 民 公 社 試 論 [ 所 長 に 就 任 ] 高 橋 梵 仙 教 授 東 洋 研 究 所 長 に 就 任 石 村 暢 五 郎 中 華 民 国 における 租 税 政 策 (2)- 特 に 所 得 税 体 系 について 下 斗 米 晟 毛 沢 東 選 集 選 読 中 に 見 えた 古 典 と 小 説 類 三 浦 敏 明 永 井 荷 風 と 中 国 文 学 - 也 有 と 荷 風 [ 書 評 ] かくし 念 仏 考 第 二 巻 山 内 一 雄 太 平 洋 戦 争 当 時 の 調 査 研 究 機 関 の 回 顧 中 平 栄 一 わが 国 の 監 査 役 監 査 制 度 に 関 する 若 干 の 考 察 小 野 寺 孝 一 日 本 における 建 築 技 術 近 代 化 の 問 題 - 欧 米 技 術 の 輸 入 と 職 人 生 産 高 橋 梵 仙 法 学 博 士 小 林 元 さん- 今 は 地 獄 生 前 歿 後 に 光 る 足 跡 [ 研 究 計 画 ] 東 洋 研 究 所 昭 和 四 十 年 度 研 究 計 画 及 び 組 織 武 石 彰 夫 宴 曲 と 仏 教 歌 謡 との 関 係 安 部 宙 之 介 島 村 抱 月 の 生 涯 - 上 司 小 剣 宛 書 簡 による [ 書 評 ] 本 学 東 洋 研 究 所 長 高 橋 梵 仙 教 授 の 新 書 かくし 念 佛 考 第 二 巻 坂 本 政 親 毒 草 考 [ 研 究 部 会 ] 昭 和 41 年 度 日 本 文 学 研 究 部 会 及 び 近 代 日 本 文 学 研 究 部 会 編 成 お よび 分 担 課 題 三 浦 敏 明 ドストエフスキーの 与 えたる 有 島 武 郎 への 影 響 - 罪 と 罰 と 星 座 と [ 部 会 記 録 ] 近 代 日 本 文 学 研 究 部 会 記 録 ( 昭 和 40 年 度 ) 請 川 利 夫 高 村 光 太 郎 のヒューマニズムと 戦 争 詩 高 橋 梵 仙 幕 末 勤 王 の 歌 人 佐 久 良 東 雄 真 像 の 制 作 過 程 - 東 雄 の 次 女 佐 久 良 ハル 旧 蔵 猪 口 篤 志 孟 子 年 表 高 田 真 治 正 名 の 思 想 山 崎 道 夫 横 井 小 楠 の 学 術 の 思 想 和 田 正 俊 長 岡 監 物 の 思 想 鬼 頭 有 一 細 井 平 洲 先 生 の 政 治 思 想 - 教 育 思 想 の 根 底 にあるもの 中 村 宏 実 学 と 漢 学 - 伊 藤 博 文 の 場 合 桑 田 六 郎 王 莽 の 土 地 改 革 について 金 子 昇 イスラム 研 究 特 集 によせて 加 賀 谷 寛 現 代 イスラムの 主 体 変 革 の 基 本 動 向 [ 部 会 報 告 ] 東 洋 研 究 所 昭 和 41 年 5 月 研 究 部 会 報 告 内 記 良 一 東 方 アラブ 諸 国 に 於 ける 言 語 問 題 石 田 保 昭 イスラーム インドの 商 業 圏 の 一 考 察 [ 部 会 計 画 ] 東 洋 研 究 所 昭 和 41 年 度 第 1 部 研 究 部 会 計 画 矢 島 文 夫 イスラム 正 統 思 想 における 異 端 の 規 準 -アル バグダーディーの 所 論 を 中 心 に-(イスラム 研 究 ノート4) [ 部 会 計 画 ] 東 洋 研 究 所 昭 和 41 年 度 第 2 部 研 究 部 会 計 画 井 上 博 二 インドネシア 社 会 の 中 国 人 集 団 - 全 体 社 会 への 構 造 機 能 的 連 関 の 視 点 からの 問 題 [ 研 究 会 報 告 ] 西 アジア 研 究 会 報 告 中 平 栄 一 監 査 報 告 書 に 関 する 若 干 の 考 察 永 田 元 也 清 朝 末 期 の 鉄 道 自 主 化 政 策 と 京 張 鉄 道 の 建 設 藤 井 誠 一 税 法 における 所 得 概 念 の 歴 史 的 考 察 - 日 本 税 法 の 所 得 計 算 規 定 を めぐって 都 筑 栄 スウェーデンへのひとつのアプローチ 吉 村 五 郎 毛 沢 東 伝 下 斗 米 晟 春 秋 三 伝 に 見 えた 楚 高 橋 梵 仙 日 本 地 方 史 誌 目 録 (1) (95) 1115 栗 本 弘 国 連 と 南 北 問 題 伏 見 楚 代 子 南 北 問 題 からみた 東 南 アジア 経 済 青 野 博 昭 マルクス 主 義 と アジア 問 題 -その 井 上 博 二 東 南 アジアにおける 未 開 社 会 的 文 化 型 相 -インドネシア 社 会 の 文 化 人 類 学 的 アスペクト 小 林 多 加 士 中 国 における 社 会 主 義 教 育 運 動 と 経 済 発 展 高 橋 梵 仙 一 日 不 作 一 日 不 食 高 橋 梵 仙 日 本 地 方 史 誌 目 録 (96) (204) 1122 高 田 真 治 朱 子 の 封 事 と 陳 学 批 判 山 崎 道 夫 橋 本 左 内 の 学 術 と 思 想 中 村 宏 青 萍 集 から 見 た 末 松 謙 澄 倉 田 信 靖 日 本 近 代 思 想 史 に 及 ぼせる 儒 学 の 影 響 - 井 上 哲 次 郎 の 位 置 和 田 正 俊 西 郷 隆 盛 と 荘 内 藩 との 関 係 に 付 て 吉 村 五 郎 中 共 における 史 観 論 争 高 橋 梵 仙 日 本 地 方 史 誌 目 録 (205) (383) 1129 武 石 彰 夫 宴 曲 と 仏 教 小 内 一 明 宴 曲 集 巻 第 一 試 釈 -その 一 春 平 岡 敏 夫 吾 輩 は 猫 である 小 論 安 部 宙 之 介 詩 人 岩 野 泡 鳴 三 浦 敏 明 前 期 自 然 主 義 の 意 義 - 荷 風 を 中 心 として 高 橋 梵 仙 日 本 地 方 史 誌 目 録 (384) (562) 2/18

3 特 集 都 市 研 究 思 想 史 特 集 中 国 特 集 特 集 経 営 学 研 究 特 集 日 本 儒 学 史 特 集 都 市 研 究 (そ の2) 1135 宇 野 雪 村 書 論 研 究 試 論 - 説 文 解 字 序 を 中 心 にして 西 林 昭 一 康 有 為 の 書 論 足 立 豊 斉 白 石 ノート 武 石 彰 夫 宴 曲 と 仏 教 ( 続 ) 栗 本 弘 アジアにおける 資 本 主 義 井 上 博 二 インドの 宗 教 と 社 会 文 化 諸 体 系 との 力 動 的 過 程 -M.Weberの "Hinduismus u. Buddhismus"における 方 法 的 視 角 を 中 心 に 土 井 章 中 国 における 社 会 主 義 と 資 本 主 義 の 道 小 林 多 加 士 後 進 国 の 国 家 資 本 主 義 と 現 代 社 会 主 義 永 田 元 也 中 国 における 外 国 投 資 の 経 済 的 効 果 をめぐって- 鉄 道 問 題 との 関 連 から 矢 島 文 夫 イスラム 研 究 と 民 族 学 - 学 史 的 展 望 と 方 法 論 の 検 討 石 田 保 昭 インド 中 世 におけるヒンドゥ 的 習 慣 [ 部 会 報 告 ] 伝 統 文 化 研 究 部 会 の 経 過 報 告 高 橋 梵 仙 飢 渇 もの (1) (101) 1148 高 田 真 治 朱 子 の 戊 申 封 事 - 朱 子 の 封 事 と 陳 学 批 判 ( 二 ) 山 崎 道 夫 吉 田 松 陰 の 学 術 と 思 想 倉 田 信 靖 日 本 近 代 思 想 史 に 及 ぼせる 儒 学 の 影 響 - 佐 久 間 象 山 の 位 置 鬼 頭 有 一 佐 藤 一 斎 先 生 の 哲 学 靈 光 について 和 田 正 俊 北 陸 の 鉄 人 菅 臥 牛 素 描 中 村 宏 佐 藤 六 石 の 初 志 と 詩 市 野 沢 寅 雄 古 詩 平 仄 論 の 伝 承 について( 上 ) 村 田 克 巳 政 治 経 済 研 究 部 会 の 研 究 経 過 報 告 国 松 久 弥 市 街 地 の 土 地 利 用 と 地 代 機 構 細 田 繁 雄 都 市 道 路 交 通 の 価 格 決 定 山 村 順 次 熱 海 における 温 泉 観 光 都 市 の 形 成 と 機 能 古 川 勝 信 サービス 経 済 の 発 達 と 都 市 化 現 象 永 田 元 也 都 市 基 盤 乗 数 理 論 の 展 開 藤 村 通 都 市 財 政 序 説 - 日 本 における 地 方 財 政 の 成 立 事 情 大 久 保 達 正 荻 生 徂 徠 の 都 市 - 江 戸 - 批 判 吉 村 五 郎 中 共 新 党 章 の 解 明 呉 守 禮 台 湾 に 於 ける 漢 語 學 研 究 の 現 状 安 部 宙 之 介 白 樺 の 詩 坂 本 政 親 山 川 登 美 子 の 家 系 平 岡 敏 夫 破 戒 私 論 田 所 周 明 治 三 十 年 代 の 新 聞 = 家 庭 小 説 小 泉 浩 一 郎 白 鳥 とダンテ- ダンテについて をめぐり 佐 伯 梅 友 然 る 故 を 推 量 する らむ を 用 いた 歌 について 武 石 彰 夫 巨 山 景 と 鹿 山 景 をめぐって- 鎌 倉 社 寺 と 宴 曲 吉 村 五 郎 中 華 人 民 共 和 国 二 十 年 史 概 説 蔵 居 良 造 中 国 共 産 党 政 権 とその 政 策 路 線 富 山 栄 吉 中 国 の 対 外 貿 易 二 十 年 の 推 移 明 野 義 夫 中 国 経 済 の 発 展 土 井 章 中 国 経 済 成 長 過 程 での 政 治 的 経 済 的 諸 問 題 井 上 博 二 M ウェーバーの 中 国 的 人 間 理 解 について- 現 在 の 中 国 的 人 間 像 の 理 解 への 試 論 とも 関 連 させて 中 平 栄 一 経 営 分 析 に 関 する 若 干 の 問 題 -ホテル 業 の 経 営 分 析 についての 基 礎 的 問 題 岩 崎 庄 一 経 営 診 断 序 説 藤 井 誠 一 マイヤーの 財 務 諸 表 分 析 論 矢 島 文 夫 セルーヤ 著 アラブの 思 想 邦 訳 への 補 注 向 後 良 文 経 営 管 理 分 析 に 関 する 一 考 察 - 価 値 的 管 理 を 中 心 として- (1) (13) 1183 鈴 木 孝 明 海 運 経 営 合 理 化 分 析 (15) (40) 1184 山 崎 道 夫 吉 田 松 陰 の 七 生 説 と 宋 学 の 理 気 論 付 説 - 山 田 方 谷 の 楠 中 将 論 と 楠 公 七 生 伝 序 鬼 頭 有 一 細 井 平 洲 の 人 と 思 想 ( 三 ) 中 村 宏 大 須 賀 筠 軒 の 生 涯 附 新 文 詩 とその 作 家 和 田 正 俊 藤 田 東 湖 の 回 天 詩 史 に 付 て 渡 部 信 治 郎 飯 島 忠 夫 博 士 日 本 儒 学 関 係 書 簡 倉 田 信 靖 日 本 儒 学 史 体 系 への 序 説 - 日 本 思 想 の 形 成 とのかかわりに 於 て 市 野 澤 寅 雄 古 詩 平 仄 論 の 傳 承 について( 中 ) 井 上 博 二 M ウェーバーの 都 市 論 の 視 点 と 方 向 について-その 方 法 論 の 探 索 岩 崎 庄 一 都 市 とレジャー 産 業 -ボウリング 場 をめぐる 問 題 点 永 田 元 也 都 市 大 量 交 通 無 料 論 とその 問 題 点 高 橋 梵 仙 猿 澤 往 來 - 解 題 本 文 註 藤 村 通 戦 後 の 地 方 財 政 の 確 立 事 情 大 久 保 達 正 荻 生 徂 徠 の 都 市 政 策 について 村 田 克 巳 都 市 化 の 政 治 に 及 ぼす 影 響 - 東 松 山 市 長 選 挙 をめぐって- (1) (25) 1198 鈴 木 孝 明 明 治 前 期 都 市 工 業 経 営 の 発 達 過 程 - 主 として 東 京 と 大 阪 を 中 心 に して- (27) (61) 1199 前 川 邦 生 地 方 農 協 と 首 都 圏 農 協 の 役 割 - 合 併 時 点 を 中 心 として- (63) (77) 1200 藤 井 誠 一 都 市 病 院 経 営 の 問 題 点 - 財 務 分 析 的 視 点 を 中 心 として- (79) (102) 1201 加 藤 瑛 子 大 正 10 年 代 に 於 ける 農 村 出 身 工 場 労 働 者 に 関 する 一 考 察 (103) (124) 3/18

4 創 立 50 周 年 記 念 号 ( 大 東 文 化 大 学 創 立 50 周 年 ) 1202 栗 本 弘 70 年 代 のアジア 経 済 - 若 干 の 展 望 井 上 博 二 M ウェーバーの アジア 論 とその 知 識 人 層 の 位 置 づけ- 現 代 アジアにも 関 係 づけて 小 林 多 加 士 70 年 代 の 国 際 政 治 と 中 国 の 文 化 大 革 命 伏 見 楚 代 子 世 界 経 済 統 合 化 と 第 三 世 界 のナショナリズム- 開 発 理 念 の 変 遷 瀬 尾 秀 彰 アジア,アフリカの 統 合 と 分 裂 - 国 際 政 治 における 極 の 流 動 化 現 象 安 夢 弼 東 学 革 命 と 日 清 戦 争 黄 旭 初 台 湾 の 経 済 清 水 乞 インド 芸 術 学 考 -その 成 立 と 展 開 - (1) (26) 1210 吉 村 五 郎 孫 文 自 伝 略 解 土 井 章 中 国 の 二 本 足 政 策 とその 作 用 - 社 会 主 義 経 済 の 一 つの 在 り 方 明 野 義 夫 中 国 の 国 民 所 得 および 国 民 総 生 産 について 富 山 栄 吉 中 国 経 済 の 一 断 面 - 鉱 産 資 源 と 開 発 政 策 蔵 居 良 造 国 際 共 産 主 義 運 動 の 総 路 線 のなかに 占 める 文 化 大 革 命 の 位 置 野 口 正 之 台 湾 語 の 系 統 とその 歴 史 萩 谷 朴 三 巻 本 枕 草 子 章 段 設 定 私 攷 武 石 彰 夫 仏 教 歌 謡 資 料 としての 弾 偽 褒 真 抄 須 田 哲 夫 宴 曲 伊 勢 物 語 のこころ 渡 瀬 昌 忠 柿 本 人 麻 呂 の 歌 集 -その 書 名 について 鏡 光 昭 驢 鞍 橋 と 臨 済 録 に 関 する 一 考 察 安 部 宙 之 介 独 歩 の 詩 たき 火 と 小 説 たき 火 坂 本 政 親 独 歩 文 学 の 倫 理 性 - 独 歩 集 運 命 を 中 心 に 小 泉 浩 一 郎 欺 かざるの 記 私 論 - 実 存 的 生 命 感 の 追 求 を 中 心 に 田 所 周 武 蔵 野 素 描 小 内 一 明 日 本 霊 異 記 に 関 する 論 文 三 種 - 麦 菴 遺 稿 日 本 霊 異 記 註 釋 覚 書 補 記 宇 野 雪 村 游 相 本 蘭 亭 考 足 立 豊 二 つの 謝 賜 御 書 詩 表 玉 村 清 司 王 升 草 書 千 文 - 孫 過 庭 草 書 千 字 文 との 比 較 永 井 敏 男 墨 蹟 - 五 山 僧 を 中 心 として 西 林 昭 一 刻 本 書 譜 とその 周 辺 山 崎 道 夫 吉 田 松 陰 の 教 育 と 其 の 精 神 の 根 源 中 村 宏 山 雨 楼 詩 文 鈔 と 鴻 雪 爪 鬼 頭 有 一 細 井 平 洲 の 詩 経 古 伝 - 偽 書 の 中 の 真 実 -( 細 井 平 洲 の 研 究 四 ) 阿 部 吉 雄 日 本 文 化 のなかの 李 退 溪 宇 野 精 一 日 本 近 代 儒 学 の 意 義 原 田 種 成 宋 代 史 年 表 ( 北 宋 ) 補 訂 ( 上 ) 武 石 彰 夫 兼 好 歌 集 に 見 る 顕 密 圏 萩 谷 朴 清 紫 二 女 のあいだ 平 岡 敏 夫 寄 生 木 論 おぼえ 書 き- 日 露 戦 後 文 学 ノートの 松 井 如 流 書 と 刻 石 とその 展 開 栗 本 弘 アジアの 経 済 開 発 戦 略 と 価 値 観 土 井 章 中 国 の 巨 大 性 経 済 基 盤 のもつ 損 益 評 価 永 田 元 也 中 国 の 連 合 運 輸 をめぐる 諸 問 題 - 中 国 型 協 同 輸 送 の 特 質 けかつ 1244 たかはし ぼんせん " 飢 渇 もの" 考 竹 田 志 郎 アメリカ ダイナミックスの 分 析 (その1)-American Jewsの 行 動 特 性 を 支 える 諸 条 件 の 分 析 小 尾 毅 アメリカ ダイナミックスの 分 析 (その2)ビジネス ビヘイビア の 研 究 -その 風 土 論 的 理 解 に 関 する 覚 書 河 野 一 英 アメリカ ダイナミックの 分 析 (その3)-( 研 究 発 表 ) 矢 島 文 夫 アラビア 哲 学 の 資 料 的 研 究 (1)-アル キンディーとアル ファーラビ 菅 野 亮 子 東 アフリカにおけるインド 人 の 問 題 早 川 勲 インド 会 社 法 (1)- 現 行 法 の 概 要 と1969 年 改 正 法 井 上 博 二 M ウェーバーにおけるアジアの 合 理 性 と 非 合 理 性 安 夢 弼 韓 国 統 一 問 題 とその 展 望 村 田 克 巳 韓 国 における 政 治 変 動 遠 藤 潔 いわゆる 階 段 論 試 論 三 上 英 俊 予 想 価 格 と 現 実 価 格 長 谷 川 啓 之 経 済 成 長 とインフレーション- 理 論 と 現 実 佐 藤 順 一 貨 幣 主 義 者 と 構 造 主 義 者 のインフレ 論 争 について 石 橋 春 男 単 純 成 長 モデルにおけるインフレーションの 考 察 (127) (140) 1259 河 野 一 英 経 営 のための 哲 学 的 方 法 に 関 する 一 考 察 竹 田 志 郎 多 国 籍 企 業 論 の 分 析 視 角 - 生 成 要 因 の 分 析 と 関 連 して 藤 井 誠 一 国 際 課 税 の 諸 問 題 河 野 一 英 アメリカダイナミックス(その4) 浦 郷 義 郎 マーケティング 理 論 の 科 学 性 に 関 する 問 題 点 (その1) (1) (11) 1264 岩 崎 庄 一 国 際 経 営 コンサルタント 会 議 の 動 向 と 欧 米 における 経 営 コンサル タント 事 情 (13) (35) 1265 藤 村 通 九 分 利 付 外 国 公 債 始 末 考 加 藤 瑛 子 明 治 十 年 代 前 半 期 の 岡 田 良 一 郎 に 見 る 一 豪 農 の 経 済 論 高 橋 梵 仙 人 口 随 録 - 日 本 人 口 史 之 研 究 ノート 石 垣 信 浩 19 世 紀 前 半 ドイツ 機 械 工 業 の 経 営 構 造 /18

5 土 井 章 日 中 間 の 格 差 要 因 と 今 後 の 両 国 経 済 の 在 り 方 江 頭 数 馬 中 国 型 社 会 主 義 の 発 生 と 形 態 に 関 する 一 考 察 吉 村 五 郎 毛 沢 東 論 小 林 多 加 士 批 林 批 孔 の 根 本 的 視 座 明 野 義 夫 中 国 における 食 糧 問 題 の 動 向 富 山 栄 吉 日 中 経 済 関 係 の 新 潮 流 島 村 博 道 シンガポール 華 語 概 要 土 井 章 経 済 協 力 についての 再 検 討 栗 本 弘 アジアの 経 済 開 発 とインフレ 鈴 木 直 二 アジアにおける 農 業 問 題 立 田 三 也 日 中 経 済 成 長 過 程 の 対 比 早 川 勲 インド 会 社 法 (2)- 経 営 機 構 の 改 革 と 法 規 整 の 変 遷 鈴 木 直 二 [ 書 評 ] 斎 藤 一 夫 氏 著 米 穀 経 済 と 経 済 発 展 -アジアの 米 作 国 の 経 済 発 展 に 関 する 研 究 藤 野 岩 友 楚 辞 の 近 江 奈 良 朝 の 文 学 に 及 ぼした 影 響 萩 谷 朴 枕 草 子 三 巻 本 是 か 非 か- 池 田 説 の 吟 味 の 上 に 立 って 武 石 彰 夫 台 密 修 験 の 和 讃 市 野 澤 寅 雄 古 詩 平 仄 論 の 傳 承 について( 下 ) 中 嶋 敏 北 宋 徽 宋 朝 の 來 錫 銭 について 原 田 種 成 宋 代 史 年 表 ( 北 宋 ) 補 訂 ( 下 ) 内 山 和 也 大 東 文 化 大 学 図 書 館 蔵 周 作 人 自 筆 解 放 後 訳 著 書 目 知 堂 年 譜 大 要 および 書 簡 < 紹 介 > 麓 保 孝 現 代 と 儒 学 -(シンポジウム) 宇 野 精 一 現 代 と 儒 学 -(シンポジウム) 阿 部 吉 雄 現 代 と 儒 学 -(シンポジウム) 山 崎 道 夫 現 代 と 儒 学 -(シンポジウム) 酒 井 忠 夫 現 代 と 儒 学 -(シンポジウム) 原 田 種 成 現 代 と 儒 学 -(シンポジウム) 村 松 剛 現 代 と 儒 学 -(シンポジウム) 倉 田 信 靖 ( 司 会 ) 現 代 と 儒 学 -(シンポジウム) [ 既 刊 本 紹 介 ] 大 東 文 化 大 学 東 洋 研 究 所 既 刊 本 紹 介 (1) (7) 1291 斎 藤 一 夫 マレーシア 経 済 の 近 況 と 問 題 点 井 上 博 二 M ウェーバーの 宗 教 社 会 学 の 意 味 とアジア 諸 宗 教 の 位 置 - アジアへの 一 つの 視 座 伏 見 楚 代 子 オイルマネーと 経 済 開 発 -サウディ アラビア 矢 島 文 夫 ヨーロッパとイスラム- イスラムの 遺 産 新 版 刊 行 によせて 江 頭 数 馬 社 会 主 義 工 業 化 計 画 の 中 国 化 の 考 察 蔵 居 良 造 批 林 批 孔 の 論 理 と 政 治 富 山 栄 吉 中 国 の 対 外 貿 易 と 石 油 資 源 明 野 義 夫 中 国 の 対 外 貿 易 と 国 際 価 格 小 林 多 加 士 中 国 の 新 憲 法 と 法 家 思 想 -プロレタリア 階 級 独 裁 と 大 衆 参 加 吉 村 五 郎 中 国 語 学 概 論 [ 叢 書 案 内 ] 東 洋 研 究 所 1975 年 度 刊 行 叢 書 近 刊 案 内 栗 原 圭 介 兩 媵 禮 制 考 市 野 澤 寅 雄 古 詩 韻 範 の 問 題 河 崎 孝 治 墨 翟 と 兼 愛 宮 坂 正 昭 東 南 アジアにおける 初 期 のイスラーム 化 (1)- 史 実 と 伝 承 の 間 中 村 宏 詩 に 於 ける 処 士 の 謳 歌 - 岩 渓 裳 川 の 世 界 滝 沢 精 一 郎 鐘 馗 神 鬼 頭 有 一 細 井 平 洲 - 述 懐 十 首 を 中 心 として 見 た 求 道 の 軌 跡 武 石 彰 夫 静 然 上 人 考 鈴 木 直 二 日 本 近 世 商 業 史 の 特 徴 加 藤 瑛 子 米 券 倉 庫 考 たかはし ぼんせん 續 百 姓 一 揆 ( 一 )- 寛 政 九 年 僊 臺 領 騒 動 記 土 井 章 中 国 の 経 済 開 発 と 修 正 主 義 理 論 富 山 栄 吉 走 資 派 批 判 と 中 国 の 対 外 貿 易 明 野 義 夫 継 続 革 命 と 近 代 化 のためのプラント 輸 入 問 題 蔵 居 良 造 水 滸 伝 批 判 研 究 - 鄧 小 平 事 件 の 本 質 について 江 頭 数 馬 右 傾 飜 案 風 反 対 闘 争 -その 背 景 と 問 題 点 藤 野 岩 友 平 安 朝 の 漢 詩 文 に 及 ぼした 楚 辭 の 影 響 栗 原 圭 介 禋 祀 儀 禮 の 原 初 形 態 遡 源 考 原 田 種 成 宋 代 史 年 表 ( 南 宋 ) 補 訂 ( 上 ) 倉 田 信 靖 羅 山 闇 齋 藤 樹 學 に 於 ける 排 佛 容 神 論 の 思 想 史 的 研 究 菅 野 亮 子 アフリカにおける 中 国 の 進 出 近 藤 正 臣 ミュルダールのアジア 研 究 方 法 論 村 田 克 巳 資 料 -ビルマ 社 会 主 義 計 画 党 の 哲 学 - (1) (38) 1325 斎 藤 一 夫 マレーシアのパーム 油 産 業 -その 発 展 構 造 および 開 発 論 上 の 含 意 藤 村 通 明 治 初 年 の 松 方 日 田 県 政 ( 一 ) 伏 見 楚 代 子 経 済 発 展 と 国 家 -ティボール メンデの 援 助 論 と 関 連 して 土 屋 正 晴 佐 久 間 象 山 論 - 活 文 禅 師 の 交 遊 とその 展 開 監 修 土 井 章 魏 晉 新 學 與 佛 教 思 想 問 題 的 研 究 吉 村 五 郎 中 国 共 産 党 史 - 結 党 から 建 国 まで 岩 永 博 A ハーフィズとS ジャディード-シリア 軍 事 政 権 の 一 考 察 - (1) (40) 1332 鈴 木 直 二 [ 書 評 ] 柚 木 学 氏 編 諸 国 御 客 船 帳 <1> <5> 5/18

6 土 井 章 名 誉 教 授 記 念 論 文 集 1333 土 井 章 日 本 の 基 礎 条 件 の 変 化 と 国 際 関 係 富 山 栄 吉 中 国 の 鉄 鋼 業 にみる 生 産 推 移 の 問 題 点 明 野 義 夫 中 国 貿 易 の 変 遷 と 特 長 江 頭 数 馬 文 化 大 革 命 終 結 段 階 の 路 線 闘 争 蔵 居 良 造 中 国 共 産 党 における 組 織 原 則 の 諸 問 題 - 十 一 全 大 会 の 党 規 約 改 正 を 中 心 に 山 崎 道 夫 李 退 溪 の 行 実 の 二 三 付 説 退 溪 と 直 方 原 田 種 成 宋 代 史 年 表 ( 南 宋 ) 補 訂 ( 中 ) 土 屋 正 晴 信 州 松 代 藩 佐 久 間 象 山 の 和 歌 について- 歌 風 の 特 色 と 和 歌 観 の 考 察 広 瀬 正 雄 広 瀬 淡 窓 について( 講 演 要 旨 ) 藤 村 通 民 部 省 時 代 の 松 方 正 義 の 財 政 政 策 大 久 保 達 正 幕 末 期 における 松 方 正 義 についての 一 考 察 西 江 錦 史 郎 洋 式 農 場 の 経 営 について- 松 方 千 本 松 農 場 の 場 合 たかはし ぼんせん 萬 歳 幉 鈴 木 孝 明 三 井 合 名 会 社 の 成 立 と 益 田 孝 欧 米 出 張 復 命 書 加 藤 瑛 子 [ 書 評 ] 鈴 木 直 二 著 徳 川 時 代 の 米 穀 配 給 組 織 土 井 章 中 国 社 会 主 義 発 展 過 程 の 諸 問 題 と 四 つの 現 代 化 - 文 化 革 命 の 評 価 と 中 国 社 会 主 義 の 在 り 方 永 田 元 也 中 国 における 輸 送 構 造 について- 貨 物 輸 送 に 関 する 各 国 との 比 較 山 田 準 通 商 面 からみた 中 国 外 交 の 底 流 - 中 国 貿 易 の 対 日 傾 斜 の 過 程 岡 崎 邦 彦 内 政 面 から 見 た 中 国 外 交 の 底 流 張 庸 吾 同 文 同 種 について 鈴 木 直 二 [ 書 評 ] 原 田 俊 夫 原 田 一 郎 著 現 代 マーケティング-その 流 通 機 構 と 運 営 明 野 義 夫 華 国 鋒 体 制 下 の 主 要 経 済 政 策 課 題 富 山 栄 吉 中 国 の 農 業 機 械 化 にみる 新 ビジョン 河 合 俊 三 中 国 をめぐる 国 際 関 係 の 発 展 メモ-その 一 アヘン 戦 争 とその 意 義 笹 川 正 博 中 東 紛 争 の 文 化 的 要 因 について 井 上 博 二 M ウェーバーの 古 代 ユダヤ 教 でのイスラエルとエジプト- その 関 係 構 造 の 歴 史 的 特 質 村 田 克 巳 ニュージーランドの 政 治 木 村 英 一 [ 書 評 ] 栗 原 圭 介 著 中 国 古 代 楽 論 の 研 究 川 口 久 雄 絵 解 きの 源 流 と 物 語 絵 の 展 開 栗 本 弘 インドの 民 間 外 資 政 策 斎 藤 一 夫 スリランカの 経 済 と 農 業 高 橋 昭 一 近 代 化 の 挫 折 -オスマン 帝 国 の 場 合 吉 宗 宏 英 国 の 東 南 洋 に 対 する 経 済 協 力 年 までのコロンボ プラ ンを 中 心 として- (1) (37) 1366 河 野 六 郎 呉 方 音 における 咸 摂 一 等 重 韻 の 扱 い 方 について (39) (63) 1367 エテ ィ ヘルマワン インドネシア 語 とマレーシア 語 の 違 いの 実 際 (65) (83) 1368 藤 村 通 租 税 頭 松 方 正 義 と 海 関 税 問 題 武 石 彰 夫 梁 麈 秘 抄 注 釈 考 鈴 木 直 二 日 本 の 総 合 商 社 - 機 能 と 多 国 籍 企 業 化 吉 村 五 郎 中 共 革 命 の 核 心 - 土 地 問 題 の 解 決 と 農 村 における 階 級 成 分 の 区 分 たかはし ぼんせん 救 荒 兒 孫 訓 について 原 田 種 成 宋 代 史 年 表 ( 南 宋 ) 補 訂 ( 下 ) 河 合 俊 三 EMS( 欧 州 通 貨 制 度 )の 設 立 をめぐる 西 欧 通 貨 外 交 の 新 展 開 村 田 克 巳 ニュージーランドの 政 治 組 織 の 構 造 的 特 徴 広 瀬 崇 子 対 外 政 策 決 定 過 程 における 文 化 的 制 約 - 日 印 の 比 較 研 究 栗 原 圭 介 享 宴 儀 禮 の 賦 詩 における 民 族 的 特 性 岡 田 宏 二 宋 代 華 南 における 非 漢 民 族 の 諸 相 - 洞 庭 湖 以 南 を 中 心 として 鈴 木 直 二 [ 書 評 ] 郭 明 仁 著 台 湾 における 米 穀 流 通 の 研 究 - 米 肥 バーター 制 度 を 中 心 に 井 上 博 二 M ウェーバーでの 古 代 ユダヤ 教 とカルヴィニズム- 近 代 化 への 精 神 史 的 系 譜 の 視 点 から- (1) (35) 1381 中 嶋 敏 刊 行 の 辞 1382 土 井 章 謝 辞 1383 土 井 章 中 国 における 価 値 法 則 をめぐる 諸 問 題 蔵 居 良 造 中 国 近 代 化 建 設 路 線 確 立 の 理 論 軌 跡 江 頭 数 馬 中 国 の 過 渡 期 論 修 正 と 経 済 管 理 体 制 明 野 義 夫 中 国 の 経 済 調 整 政 策 について- 第 五 期 全 国 人 民 代 表 大 会 第 二 回 会 議 富 山 栄 吉 八 十 年 代 にむけた 中 国 の 対 外 貿 易 - 政 府 借 款 と 合 弁 をめぐる 問 題 吉 村 五 郎 鄧 小 平 を 主 題 とした 中 共 走 資 派 論 永 田 元 也 詹 天 佑 と 中 国 鉄 道 (その 一 ) 遠 藤 宏 中 国 の 近 代 化 における 農 産 物 価 格 の 形 成 決 定 機 構 栗 本 弘 土 井 章 と 日 中 和 平 工 作 土 井 章 中 国 と 私 の 五 十 年 の 生 活 /18

7 東 洋 研 究 所 20 周 年 記 念 論 文 集 1393 川 口 久 雄 鳳 樓 の 風 鐸 - 郭 煌 窟 龕 造 成 資 料 ノート( 続 ) 川 口 久 雄 潘 重 規 教 授 變 文 雙 恩 記 校 録 について 潘 重 規 變 文 雙 恩 記 校 録 高 橋 保 ベトナム 戦 争 最 盛 期 (1964~72)のインドシナ 諸 国 における 政 治 権 力 構 造 山 田 準 十 五 世 紀 におけるアジア 通 商 交 渉 - 東 アジアを 中 心 に 岡 崎 邦 彦 中 国 知 識 分 子 論 序 説 ( 一 ) 八 党 大 およびその 前 後 の 知 識 分 子 問 題 張 庸 吾 わが 思 い 出 - 初 遊 日 本 その 吉 宗 宏 新 嘉 坡 の 歴 史 的 社 会 的 諸 条 件 と 華 人 系 住 民 との 関 係 - 今 後 の 新 嘉 坡 の 在 り 方 について- (1) (35) 1401 江 頭 数 馬 中 国 の 政 治 経 済 改 革 の 基 本 構 造 明 野 義 夫 中 国 の 集 団 所 有 制 企 業 の 再 評 価 吉 村 五 郎 李 大 釗 革 命 史 略 ( 一 ) 河 合 俊 三 ハリマン 満 鉄 買 収 計 画 挫 折 の 国 際 的 背 景 井 上 博 二 M ウェーバーにおけるイスラミズム-その 宗 教 社 会 学 的 視 界 か らの 試 論 的 考 察 村 田 克 巳 ニュージーランドの 二 党 制 [ 東 研 総 目 次 ] 東 洋 研 究 総 目 次 (1) (18) 1408 斎 藤 一 夫 ニュージーランドの 酪 農 業 - 現 状 と 将 来 鈴 木 直 二 日 本 近 代 化 と 現 物 地 代 制 藤 村 通 明 治 二 〇 年 代 前 半 期 の 公 債 政 策 - 公 債 資 金 による 鉄 道 網 の 拡 充 鈴 木 孝 明 明 治 初 期 三 菱 海 運 会 社 の 投 資 政 策 西 江 錦 史 郎 大 野 川 通 船 紛 争 をめぐる 日 田 商 人 の 役 割 吉 宗 宏 太 平 洋 における 日 本 の 将 来 の 地 位 (21) (47) 1414 [ 東 研 総 目 次 ] 東 洋 研 究 総 目 次 (1) (19) 1415 川 口 久 雄 郭 煌 風 雅 - 中 央 アジアのうた 栗 原 圭 介 古 代 中 國 における 祈 年 祭 の 原 始 心 性 論 武 石 彰 夫 崑 崙 山 の 歌 謡 土 屋 正 晴 佐 久 間 象 山 詩 に 現 われた 詩 語 について- 陶 淵 明 の 関 連 からの 一 考 察 [ 東 研 総 目 次 ] 東 洋 研 究 総 目 次 (1) (25) 1420 土 井 章 中 国 の 農 業 増 産 措 置 と 生 産 責 任 制 - 第 二 の 土 地 改 革 の 展 開 永 田 元 也 詹 天 佑 と 中 国 鉄 道 (その 二 ) 富 山 栄 吉 中 国 の 現 代 化 における 当 面 する 問 題 点 山 田 準 大 航 海 地 代 への 背 景 岡 崎 邦 彦 中 国 知 識 分 子 論 序 説 ( 二 )- 知 識 分 子 の 思 想 改 造 への 展 開 [ 東 研 総 目 次 ] 東 洋 研 究 総 目 次 (1) (25) 1426 中 嶋 敏 刊 行 の 辞 Ⅰ 1427 大 久 保 達 正 永 田 元 也 東 洋 研 究 所 の 源 流 - 東 洋 研 究 所 の 二 十 周 年 に 当 って- Ⅲ XXⅡ 1428 明 野 義 夫 中 国 の 国 民 経 済 の 再 調 整 と 問 題 点 河 合 俊 三 日 露 戦 争 前 における 中 国 をめぐる 国 際 関 係 川 口 久 雄 敦 煌 窟 龕 造 成 資 料 ノート 続 貂 栗 原 圭 介 春 秋 時 代 における 民 族 主 義 を 繞 って 笹 川 正 博 アラブ 情 勢 の 政 治 的 文 化 的 不 安 定 要 因 について 辰 巳 正 明 依 興 歌 論 富 山 栄 吉 中 国 の 現 代 化 における 当 面 する 問 題 点 (その 二 ) 中 嶋 敏 靈 渠 考 西 江 錦 史 郎 豊 前 国 宇 佐 郡 久 兵 衛 新 田 の 成 立 福 田 俊 昭 敦 煌 本 類 林 残 巻 の 研 究 ( 其 一 ) 藤 村 通 明 治 二 十 年 代 後 半 期 の 公 債 政 策 俣 野 太 郎 論 語 にみえる 諸 弟 子 の 記 述 第 一 ( 上 )- 子 夏 と 子 張 村 田 克 巳 二 つの 国 歌 を 持 つニュージーランド 森 田 右 一 防 衛 体 制 再 編 成 の 予 算 について 渡 瀬 昌 忠 万 葉 集 における 和 歌 の と 配 列 - 天 地 人 の 三 才 について 井 上 博 二 ウェーバーの 理 論 図 式 とイスラム-B.S.ターナーの 所 説 での 制 度 的 側 面 を 中 心 に- (1) (27) 1444 上 野 恵 司 魯 迅 小 説 中 の 動 詞 および 形 容 詞 の 語 彙 史 的 考 察 (29) (54) 1445 栗 本 弘 韓 国 における 外 国 資 本 (55) (86) 1446 香 坂 順 一 中 国 語 における 語 構 成 の 問 題 (87) (107) 1447 河 野 六 郎 方 音 雑 考 (109) (124) 1448 宮 田 一 郎 蘇 洲 語 の 文 法 (125) (148) 1449 吉 宗 宏 シンガポールの 近 代 化 についての 一 考 察 - 工 業 化 と 人 民 行 動 党 の 連 動 作 用 - (149) (174) 1450 [ 機 関 誌 総 目 録 ] 機 関 誌 東 洋 研 究 総 目 録 1) [ 単 行 本 総 目 録 ] 東 洋 研 究 所 出 版 単 行 本 総 目 録 栗 原 圭 介 古 代 農 耕 漢 民 族 における 自 然 崇 拝 と 其 の 禮 的 對 應 中 嶋 敏 広 西 桂 林 思 想 埭 運 河 小 考 福 田 俊 昭 敦 煌 本 類 林 殘 卷 の 研 究 ( 其 二 ) 俣 野 太 郎 論 語 にみえる 諸 弟 子 の 記 述 第 一 ( 下 )- 子 夏 と 子 張 井 上 博 二 ウェーバーの 法 理 論 と 韓 非 子 の 法 思 想 - 一 つの 試 論 として- (1) (33) 1457 上 野 恵 司 魯 迅 小 説 語 彙 の 研 究 (35) (59) 1458 香 坂 順 一 近 世 中 国 語 の 得 (61) (88) 1459 宮 田 一 郎 蘇 洲 語 の 文 法 (Ⅱ) (89) (112) 1460 [ 機 関 誌 総 目 録 ] 東 洋 研 究 総 目 録 1) [ 単 行 本 総 目 録 ] 東 洋 研 究 所 出 版 単 行 本 総 目 録 /18

8 加 藤 瑛 子 明 治 期 における 米 穀 流 通 過 程 の 形 成 に 関 する 一 考 察 金 井 塚 良 一 比 企 地 方 の 古 代 窯 業 生 産 の 研 究 ( 一 )- 和 名 埴 輪 窯 址 群 の 発 掘 調 査 川 口 久 雄 真 福 寺 本 文 鳳 鈔 の 系 統 と 美 意 識 の 構 造 鈴 木 康 之 連 語 研 究 の 発 達 辰 巳 正 明 古 代 日 本 文 学 史 に 関 する 覚 書 - 和 歌 と 漢 文 学 西 江 錦 史 郎 化 政 期 天 領 代 官 の 思 想 と 政 策 兵 頭 徹 日 田 県 における 金 札 貸 下 げと 旧 幕 府 御 預 け 金 の 始 末 藤 村 通 明 治 三 〇 年 代 前 半 の 財 政 政 策 - 地 租 増 徴 と 日 本 興 業 銀 行 設 立 事 情 森 田 右 一 関 東 大 震 火 災 の 財 政 金 融 措 置 明 野 義 夫 中 国 における 経 済 管 理 体 制 改 革 の 課 題 ( 薛 暮 橋 教 授 の 若 干 の 論 文 を 中 心 として) 江 頭 数 馬 中 国 の 改 正 憲 法 における 経 済 体 制 岡 崎 邦 彦 中 国 知 識 分 子 論 序 説 ( 三 )- 整 風 鳴 放 運 動 における 知 識 分 子 土 井 章 毛 沢 東 の 継 続 革 命 についての 検 討 富 山 栄 吉 中 国 の 対 外 開 放 政 策 の 課 題 広 瀬 崇 子 第 三 次 印 パ 戦 争 におけるインドの 政 策 決 定 - 国 内 統 一 の 諸 問 題 と 国 際 紛 争 村 田 克 巳 ボージョウ ネ ウィン- 軍 人 政 治 家 の 思 想 と 行 動 岡 倉 古 志 郎 非 同 盟 理 念 の 形 成 上 の 一 過 程 としてのバンドン 会 議 - 非 同 盟 運 動 成 立 史 論 序 説 (その2)- (1) (29) 1479 吉 宗 宏 シンガポールの 近 代 化 と 社 会 開 発 - 生 存 戦 略 の 方 程 式 - (31) (59) 1480 川 口 久 雄 敦 煌 出 土 の 俗 講 儀 式 と 略 出 因 縁 諸 本 -わが 國 説 話 文 學 とのか かわり 栗 原 圭 介 古 代 中 國 後 期 の 禮 における 儒 教 と 道 教 との 融 合 について 鐡 井 慶 紀 中 國 古 代 神 話 傳 説 にみられる 聖 と 俗 の 對 立 についての 一 試 論 松 本 照 敬 外 教 による 佛 教 批 判 の 一 事 例 岡 倉 古 志 郎 非 同 盟 の 論 理 と 倫 理 におけるアジア 的 なものについての 一 考 察 ウ ァン タオ 川 本 邦 衛 ( 訳 )ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 における 歴 史 研 究 について 研 究 会 講 演 要 旨 [ 総 目 録 ] 東 洋 研 究 総 目 録 (1) (22) 1487 [ 総 目 録 ] 東 洋 研 究 所 出 版 単 行 本 総 目 録 (23) (24) 1488 ハルトムート O ロータム 口 をして 鼻 の 如 くにせよ-ことわざによる 東 西 文 化 事 問 ひ( 大 東 ント 文 化 大 学 創 立 60 周 年 記 念 講 演 要 旨 ) 辰 巳 正 明 近 江 荒 都 歌 論 成 田 守 防 長 の 盲 僧 福 田 俊 昭 敦 煌 本 類 林 殘 卷 の 研 究 ( 其 三 ) 門 脇 廣 文 陸 機 < 擬 古 詩 十 二 首 > 考 香 坂 順 一 水 滸 傳 に 見 られる 副 詞 (1) (33) 1494 宮 田 一 郎 蘇 洲 語 の 文 法 (Ⅲ) (35) (59) 1495 上 野 恵 司 魯 迅 祝 福 注 釈 ノート (61) (80) 1496 ウィリアム セ オト ア 新 儒 教 の 教 育 と 東 アジアの 現 代 化 [( 英 文 )Neo-Confucian ト ヘ リ Education and Post-Confucian East Asia] (81) (92) 1497 富 山 栄 吉 中 国 の 対 外 開 放 政 策 の 課 題 (そのⅡ) 徐 邦 男 戦 後 台 湾 における 言 論 統 制 の 実 態 と 出 版 の 現 状 村 田 克 巳 ネ ウィン ビルマ 国 軍 創 設 とその 政 治 的 性 格 奥 野 保 男 アジア 関 係 会 議 について- 非 同 盟 運 動 の 源 流 に 関 する 一 考 察 菅 野 亮 子 アフリカの 自 己 主 張 -パン アフリカニズムと 非 同 盟 への 道 - (1) (26) 1502 吉 宗 宏 スリランカ 風 土 の 基 本 的 条 件 についての 研 究 (27) (68) 1503 山 田 準 オランダの 平 戸 におけるジャンク 船 艤 装 について (69) (96) 1504 西 江 錦 史 郎 豊 後 国 国 東 郡 呉 崎 新 田 の 成 立 兵 頭 徹 廃 藩 置 県 と 地 方 の 前 期 的 商 業 資 本 - 日 田 県 の 掛 屋 商 人 資 本 を 中 心 として 俣 野 太 郎 論 語 にみえる 諸 弟 子 の 記 述 第 二 ( 上 )- 顔 淵 と 子 貢 岡 田 宏 二 トウチャ 唐 末 五 代 宋 初 湖 南 地 域 の 民 族 問 題 -とくに 彭 氏 の 系 譜 と 土 家 族 と の 関 係 を 中 心 として 古 島 和 雄 彭 湃 と 農 民 革 命 ( 一 ) 栗 本 弘 低 開 発 国 開 発 三 〇 年 の 軌 跡 井 上 博 二 Weberにおける 東 アジア と 西 アジア - 儒 教 と 道 教 古 代 ユダヤ 教 による 比 較 社 会 史 (1) (28) 1511 江 上 波 夫 日 本 における 国 家 の 形 成 - 倭 人 の 国 から 大 和 朝 廷 へ- 大 東 文 化 大 学 創 立 60 周 年 記 念 講 演 門 脇 廣 文 陶 淵 明 研 究 ノート- 讀 山 海 經 第 一 首 < 頗 迴 故 人 車 >の 解 釋 につ いて 栗 原 圭 介 禮 構 造 に 見 る 社 の 形 成 に 至 る 類 型 志 向 鐡 井 慶 紀 中 国 古 代 神 話 伝 説 と 思 想 - 対 立 と 統 一 について 松 本 照 敬 中 世 インドにおける 一 元 論 者 と 二 元 論 者 の 対 論 -ラーマーヌジャ によるサーンキヤ 哲 学 批 判 香 坂 順 一 水 滸 傳 に 見 られる 副 詞 ( 二 ) (1) (18) 1517 佐 藤 武 敏 敦 煌 発 見 のいわゆる 唐 水 部 式 残 巻 について 西 江 錦 史 郎 塩 谷 郡 代 の 新 田 開 発 と 協 力 者 兵 頭 徹 松 方 正 義 の 滞 欧 期 における 経 過 と 分 析 - 谷 謹 一 郎 明 治 十 一 年 滞 欧 日 記 を 中 心 として 俣 野 太 郎 論 語 にみえる 諸 弟 子 の 記 述 第 二 ( 中 )- 顔 淵 と 子 貢 レオン ウ ァンテ ルメールシュ 古 代 中 国 における 親 族 構 造 と 国 家 構 造 ( 演 説 記 録 ) (1) (22) 1522 宮 田 一 郎 海 上 花 列 伝 の 言 語 (23) (44) 1523 上 野 恵 司 四 世 同 堂 を 聴 く- 普 通 話 の 実 態 ( 動 詞 形 容 詞 編 )- (45) (71) 8/18

9 岡 倉 古 志 郎 研 究 員 教 授 退 任 記 念 号 1524 村 田 克 巳 アジア 社 会 党 会 議 - 第 三 世 界 の 非 同 盟 中 立 主 義 への 一 道 程 として 斎 藤 一 夫 1950 年 代 の 南 および 東 南 アジア 経 済 (その 一 ) 奥 野 保 男 エジプトにおける 非 同 盟 政 策 の 形 成 について 岡 崎 邦 彦 中 国 知 識 分 子 論 序 説 ( 四 )- 反 右 派 闘 争 期 における 知 識 分 子 岡 倉 古 志 郎 平 和 五 原 則 成 立 の 経 緯 について-T.N.カウルの 回 想 録 に 依 拠 して- (1) (28) 1529 吉 宗 宏 スリランカにおけるソロモン バンダラナイケの 歴 史 的 位 置 と 役 割 (29) (53) 1530 菅 野 亮 子 アフリカ 植 民 地 解 放 におけるイギリスの 立 場 (55) (78) 1531 山 田 準 17 世 紀 初 期 の 貿 易 船 について (79) (99) 1532 土 井 章 現 代 社 会 における 真 実 の 追 求 と 歴 史 の 見 直 し- 中 国 の 諸 問 題 を 側 面 にみて 明 野 義 夫 中 国 における 経 済 管 理 体 制 改 革 の 課 題 (その 二 ) 岡 田 宏 二 ヤオ 瑶 族 の 族 源 に 関 する 一 試 論 成 田 守 敦 煌 類 書 残 巻 の 一 考 察 進 藤 英 幸 敦 煌 本 無 名 類 書 殘 卷 考 -Pelliot2621<Recto> 釋 文 ( 上 ) 福 田 俊 昭 敦 煌 本 類 林 残 巻 の 研 究 ( 其 四 ) 鈴 木 康 之 抽 象 名 詞 の 語 彙 的 な 意 味 のありかたについて 辰 巳 正 明 懐 風 藻 の 自 然 鑑 賞 井 上 博 二 ウェーバー 宗 教 論 にみる 隣 人 愛 と 墨 子 の 兼 愛 - 愛 の 歴 史 的 比 較 文 化 社 会 学 の 試 み- (1) (32) 1541 栗 原 圭 介 周 禮 天 官 篇 形 成 における 時 間 論 鐡 井 慶 紀 中 国 古 代 の 昭 穆 制 度 発 生 についての 一 試 論 - 中 国 的 思 惟 との 関 連 において 土 井 章 現 代 社 会 における 分 業 性 と 総 業 性 - 社 会 主 義 の 相 対 性 とその 自 由 主 義 との 相 関 々 係 古 島 和 雄 彭 湃 と 農 民 革 命 ( 二 ) 渡 瀬 昌 忠 万 葉 集 における 和 歌 の と 配 列 ( 二 )- 天 地 人 の 三 才 につ いて 香 坂 順 一 水 滸 傳 に 見 られる 副 詞 ( 三 ) (1) (34) 1547 松 本 照 敬 被 限 定 者 不 二 一 元 論 派 綱 要 書 の 研 究 (1)-Yatindramatadipika 解 読 - (35) (56) 1548 広 瀬 崇 子 インドの 政 治 発 展 と 国 家 統 一 -ひとつの 欧 米 理 論 批 判 - (57) (80) 1549 遠 藤 光 正 源 平 盛 衰 記 に 引 用 の 漢 籍 の 典 拠 ( 一 ) 福 田 俊 昭 敦 煌 出 土 の 57368エイ 金 と 無 名 類 書 俣 野 太 郎 論 語 にみえる 諸 弟 子 の 記 述 第 二 ( 下 )- 顔 淵 と 子 貢 兵 頭 徹 松 方 財 政 の 源 流 について- 日 田 県 政 期 における 金 札 藩 札 問 題 を 中 心 として 森 田 右 一 田 尻 稲 次 郎 の 財 政 学 (1) (18) 1554 永 野 慎 一 郎 イギリスの 太 平 天 国 政 策 ( 上 )-1958 年 6 月 ~1860 年 10 月 明 野 義 夫 中 国 における 経 済 管 理 体 制 改 革 の 課 題 (その 三 )- 価 格 改 革 と 賃 金 改 革 を 中 心 として 井 上 博 二 Weberのカリスマ 論 と 新 中 国 ( 序 編 )-1949 年 をめぐる 諸 事 情 と その 後 - (1) (34) 1557 宮 田 一 郎 文 学 作 品 の 言 語 と 方 言 (Ⅰ) (35) (59) 1558 上 野 恵 司 四 世 同 堂 を 聴 く( 二 )- 普 通 話 の 実 態 ( 名 詞 編 )- (61) (80) 1559 大 原 信 一 中 国 語 にはいった 日 本 語 (81) (101) 1560 佐 藤 武 敏 井 上 ( 楢 原 ) 陳 政 とその 中 国 研 究 斎 藤 一 夫 1950 年 代 の 南 および 東 南 アジア 経 済 (その 二 ) 奥 野 保 男 国 連 に 見 る 南 北 関 係 土 生 長 穂 チトーとアジア アフリカ 喜 田 昭 治 郎 中 国 と バンドン 会 議 中 国 外 交 に 関 する 一 試 論 古 田 元 夫 ベトナム 共 産 主 義 者 と 緊 張 緩 和 1954~55 年 を 中 心 に 岡 倉 古 志 郎 研 究 員 教 授 年 譜 略 および 業 績 目 録 栗 原 圭 介 周 王 朝 における 王 權 の 構 造 鐡 井 慶 紀 中 国 古 代 神 話 伝 説 と 思 想 殷 始 祖 契 の 生 誕 モチーフと 生 成 論 遠 藤 光 正 源 平 盛 衰 記 に 引 用 の 漢 籍 の 典 拠 ( 二 ) 香 坂 順 一 水 滸 傳 に 見 られる 副 詞 ( 四 ) (1) (32) 1571 松 本 照 敬 被 限 定 者 不 二 一 元 論 派 綱 要 書 の 研 究 (2)-Yatindramatadipika 解 読 - (33) (55) 1572 永 野 慎 一 郎 イギリスの 太 平 天 国 政 策 ( 中 ) 1861 年 1 月 ~12 月 岡 倉 古 志 郎 天 心 とベンガルの 革 命 家 たち 東 洋 の 覚 醒 における 天 心 のイ (1) (45) ンド 観 をめぐって 1574 エテ ィ ヘルマワン ミナハサ 文 化 について 華 人 とミナハサ 人 姓 氏 ( 名 )との 比 較 (47) (65) 1575 吉 宗 宏 スリランカにおけるシリマボ バンダラナイケの 歴 史 的 位 置 と 役 割 (67) (86) 1576 山 田 準 17 世 紀 貿 易 船 における 職 種 名 について (87) (108) 1577 土 井 章 事 物 運 動 法 則 の 絶 対 性 と 事 物 の 相 対 性 ものの 見 方 と 問 題 解 決 の 仕 方 遠 藤 光 正 山 本 梅 崖 の 見 た 日 清 戦 争 後 の 中 国 - 燕 山 楚 水 紀 遊 を 中 心 とし て 西 江 錦 史 郎 天 領 四 日 市 掛 屋 萬 屋 渡 辺 家 研 究 一 兵 頭 徹 明 治 十 五 年 前 田 正 名 の 欧 米 貿 易 視 察 について( 一 )- 谷 謹 一 郎 報 告 書 翰 記 録 帳 を 中 心 として 大 原 信 一 30 年 代 中 国 の 文 章 (1) (13) 9/18

10 村 田 克 巳 教 授 古 稀 記 念 号 中 華 人 民 共 和 国 成 立 に 対 す る 近 隣 諸 国 の 対 応 明 野 義 夫 中 国 の 第 七 次 五 ヵ 年 計 画 と 経 済 管 理 体 制 改 革 とくに 価 格 改 革 と 賃 金 改 革 を 中 心 として 喜 田 昭 治 郎 要 人 の 相 互 交 流 状 況 からみた 中 国 外 交 濱 久 雄 中 国 思 想 に 占 める 公 羊 学 の 地 位 井 上 博 二 Weberのカリスマ 論 と 新 中 国 ( 本 編 1) 1949 年 をめぐる 諸 事 情 と その 後 (1) (48) 1586 菅 野 亮 子 コモンウェルス( 英 連 邦 )の 変 遷 と 人 種 問 題 (アパルトヘイト) (49) (76) 1587 栗 原 圭 介 禮 體 系 に 於 ける 終 始 の 概 念 古 代 漢 民 族 の 一 思 考 類 型 として 濱 久 雄 春 秋 公 羊 伝 に 見 える 思 想 類 型 福 田 俊 昭 類 林 考 渡 瀬 昌 忠 万 葉 集 における 和 歌 の と 配 列 ( 三 ) 第 七 十 十 一 撰 者 の 物 象 松 本 照 敬 被 限 定 者 不 二 一 元 論 派 綱 要 書 の 研 究 (3)-Yantindramatadipika 解 読 - (1) (17) 1592 鐡 井 慶 紀 図 象 と 思 想 伏 羲 女 媧 図 ( 一 ) 加 治 明 雲 南 傣 族 の 上 座 部 仏 教 西 双 版 納 地 域 を 中 心 に 遠 藤 光 正 源 平 盛 衰 記 に 引 用 の 漢 籍 の 典 拠 ( 三 ) 兵 頭 徹 明 治 十 五 年 前 田 正 名 の 欧 米 貿 易 視 察 について( 二 ) 谷 謹 一 郎 報 告 書 翰 記 録 帳 を 中 心 として 森 田 右 一 松 方 財 政 を 支 えた 田 尻 阪 谷 の 業 績 (1) (21) 1597 岡 田 宏 二 宋 代 広 南 西 路 における 辺 防 体 制 篠 田 隆 インドの 牛 水 牛 構 成 と 家 畜 経 済 ( 中 間 報 告 ) 平 松 圭 子 丁 玲 の 短 編 小 説 ( )に 見 られる 語 彙 について (1) (14) 1600 宮 本 久 義 リグ ヴェーダ に 見 られる 時 間 意 識 (15) (31) 1601 エテ ィ ヘルマワン バンドゥン 市 の 協 天 宮 ( 関 帝 廟 )について (33) (56) 1602 遠 藤 光 正 源 平 盛 衰 記 に 引 用 の 漢 籍 の 典 拠 ( 四 ) 井 上 博 二 Weberのカリスマ 論 と 新 中 国 ( 本 編 2) 1949 年 をめぐる 諸 事 情 とその 後 (1) (36) 1604 香 坂 順 一 水 滸 傳 に 見 られる 能 願 動 詞 (37) (60) 1605 山 田 準 近 世 日 欧 交 渉 史 の 研 究 (1)- 東 洋 を 目 指 すイベリア 両 国 (61) (81) 1606 村 田 克 巳 まえがき 中 華 人 民 共 和 国 成 立 に 対 する 近 隣 諸 国 の 対 応 共 同 研 究 会 報 告 Ⅰ Ⅳ 1607 [ 目 次 ] 目 次 Ⅴ Ⅷ 1608 喜 田 昭 治 郎 Ⅰ 中 国 建 国 初 期 の 外 交 政 策 アジア 政 策 を 中 心 として 村 田 克 巳 Ⅱ 中 華 人 民 共 和 国 成 立 に 対 するビルマの 対 応 浦 野 起 央 Ⅲ 小 国 ネパールの 外 交 政 策 中 国 とインドの 狭 間 で 永 野 慎 一 郎 Ⅳ 中 華 人 民 共 和 国 成 立 に 対 する 朝 鮮 半 島 の 対 応 田 川 一 巳 Ⅴ マラヤ 華 僑 と 新 中 国 のはざまのマラヤ 共 産 党 エテ ィ ヘルマワン Ⅵ 中 華 人 民 共 和 国 成 立 前 後 のインドネシアと 現 地 の 華 僑 林 理 介 Ⅶ スカルノの 二 大 対 外 闘 争 と 中 国 との 関 係 インドネシアの 民 族 主 義 と 地 域 的 覇 権 主 義 岡 崎 邦 彦 Ⅷ 1950 年 代 の 日 中 関 係 近 藤 正 臣 Ⅸ 中 華 人 民 共 和 国 成 立 の 経 済 的 影 響 ハ ント ン 会 議 経 済 委 員 会 の 討 議 を 通 して 広 井 大 三 [ 資 料 ]< 月 表 >Ⅹ 中 華 人 民 共 和 国 の 成 立 と 近 隣 の 対 応 その 衝 撃 の1カ 月 村 田 克 巳 教 授 略 歴 フ ライアン フ リッシ Ⅺ 1949 年 中 国 革 命 マレー 半 島 の 反 応 ( 英 文 )THE 1949 ス CHINESE REVOLUTION:THE REACTION ON THE MALAYAN PENINSULA (1) (21) 1620 土 井 章 事 物 運 動 の 法 則 としての 集 中 と 分 散 の 循 環 栗 原 圭 介 夏 小 正 に 見 る 思 想 史 的 展 開 特 に 古 代 中 國 の 原 始 農 耕 暦 的 思 惟 に ついて 成 田 守 艶 笑 譚 目 録 岡 倉 古 志 郎 非 同 盟 の 本 質 について (1) (25) 1624 脇 田 武 光 堺 市 の 産 業 と 土 地 経 済 から 見 た 地 域 研 究 (27) (75) 1625 濱 久 雄 伊 藤 東 涯 の 易 学 兵 頭 徹 松 方 の 紙 幣 整 理 期 における 貿 易 政 策 大 蔵 卿 時 代 の 建 議 書 を 中 心 として 大 原 信 一 五 四 白 話 文 と 欧 化 語 法 ( 一 ) (1) (12) 1628 松 本 照 敬 被 限 定 者 不 二 一 元 論 派 綱 要 書 の 研 究 (4)Yantindramatadipika 解 読 (13) (35) 1629 山 田 準 近 世 日 欧 交 渉 史 の 研 究 (2)-オランダ 進 出 の 背 景 - (37) (55) 1630 鐡 井 慶 紀 図 象 と 思 想 伏 羲 女 媧 図 ( 二 ) 遠 藤 光 正 源 平 盛 衰 記 に 引 用 の 漢 籍 の 典 拠 ( 五 ) エテ ィ ヘルマワン インドネシアの 三 宝 廟 と 嘉 威 山 SyncretismとAssimilationの 一 考 察 (1) (26) 1633 宮 本 久 義 サーンキヤ 哲 学 における 時 間 概 念 (27) (49) 1634 上 条 紀 昭 郭 沫 若 小 説 戯 劇 語 彙 札 記 (1) (51) (75) 1635 栗 原 圭 介 古 代 中 國 の 氏 族 制 度 と 民 族 性 特 に 其 の 形 成 過 程 に 於 ける 思 想 史 的 展 開 鐡 井 慶 紀 図 象 と 思 想 伏 羲 女 媧 図 ( 三 ) 附 論 中 国 古 代 のウロボリスに ついて 濱 久 雄 黄 宗 羲 の 明 夷 待 訪 録 未 刊 文 加 治 明 雲 南 傣 族 の 土 着 信 仰 について 披 曼 と 披 勐 を 中 心 に 岡 田 宏 二 南 宋 高 宗 時 代 広 南 西 路 における 馬 政 南 宋 時 代 広 南 西 路 の 馬 政 研 究 ( 上 ) /18

11 古 島 和 雄 中 国 の 農 業 改 革 と 郷 規 民 約 岡 田 宏 二 南 宋 孝 宗 以 降 広 南 西 路 における 馬 政 の 展 開 南 宋 時 代 広 南 西 路 の 馬 政 研 究 ( 下 ) 岡 崎 邦 彦 大 躍 進 調 整 七 千 人 大 会 ( 一 ) 兵 頭 徹 大 正 期 初 頭 における 正 貨 問 題 とその 対 策 ( 一 ) 松 方 正 義 の 非 募 債 主 義 を 中 心 として 松 本 照 敬 被 限 定 者 不 二 一 元 論 派 綱 要 書 の 研 究 (5) Yantindramatadipika 解 読 (1) (23) 1645 山 田 準 近 世 日 欧 交 渉 史 の 研 究 (3)- 日 蘭 通 商 関 係 樹 立 への 経 緯 - (25) (47) 1646 中 嶋 敏 孟 太 后 征 西 考 渡 瀬 昌 忠 万 葉 集 における 和 歌 の と 配 列 ( 四 ) 人 麻 呂 歌 集 寄 物 陳 思 部 の 物 象 遠 藤 光 正 源 平 盛 衰 記 に 引 用 の 漢 籍 の 典 拠 ( 六 ) 成 田 守 光 国 寺 由 来 縁 記 浜 口 俊 裕 花 山 法 皇 奉 射 事 件 鐡 井 慶 紀 図 象 と 思 想 (1) 神 (2) 電 雷 (3) 龍 について 大 原 信 一 五 四 白 話 文 と 欧 化 語 法 ( 二 ) (1) (12) 1653 遠 藤 光 正 長 屋 王 の 詩 歌 とその 創 作 時 期 について 俣 野 太 郎 論 語 にみえる 諸 弟 子 の 記 述 ( 第 三 の 上 )- 子 路 のばあい 村 田 克 巳 ソ 連 邦 英 雄 になったリヒアルト ゾルゲ 三 尾 忠 志 レー ズァンの 社 会 主 義 革 命 論 の 特 徴 その 階 級 闘 争 論 の 特 徴 に ついての 考 察 (1) (27) 1657 井 上 博 二 WeberとHsuの 比 較 社 会 論 中 国 のクラン インドのカースト ア メリカのクラブについての 所 説 を 中 心 に (29) (75) 1658 エテ ィ ヘルマワン インドネシア 華 人 の 暦 と 伝 統 行 事 (77) (102) 1659 栗 原 圭 介 春 秋 時 代 に 於 ける 農 政 の 理 念 形 成 について 福 田 俊 昭 楼 蘭 文 書 の 発 見 岡 倉 古 志 郎 民 族 問 題 の 歴 史 的 考 察 富 山 栄 吉 対 外 開 放 政 策 の 当 面 する 問 題 点 遠 藤 光 正 源 平 盛 衰 記 に 引 用 の 漢 籍 の 典 拠 ( 七 ) 土 井 章 第 一 次 新 民 主 主 義 革 命 と 国 共 合 作 中 国 社 会 主 義 と 毛 沢 東 思 想 の 研 究 ( 一 ) 大 原 信 一 梁 啓 超 の 新 文 体 と 徳 富 蘇 峰 (その 一 ) 岡 崎 邦 彦 大 躍 進 調 整 七 千 人 大 会 ( 二 ) 経 済 調 整 政 策 の 展 開 近 藤 正 則 程 明 道 程 伊 川 における 孟 子 の 受 容 と 衍 義 成 田 守 助 説 因 縁 集 について( 一 ) 加 治 明 ベトナム タンホア 地 方 の 紅 タイ 族 の 宗 教 について 兵 頭 徹 大 正 期 初 頭 における 正 貨 問 題 とその 対 策 ( 二 ) 正 貨 吸 収 二 十 五 策 の 分 析 を 中 心 として 三 尾 忠 志 ベトナムにおける 工 業 化 の 所 与 条 件 小 規 模 分 散 的 生 産 が 普 遍 的 な 構 造 についての 分 析 (1) (43) 1672 エテ ィ ヘルマワン インドネシア 現 地 人 と 華 人 のタブー (45) (72) 1673 篠 田 隆 アーメダバード 市 自 治 体 の 清 掃 部 門 と 清 掃 労 働 者 (73) (121) 1674 谷 口 房 男 王 守 仁 と 少 数 民 族 について とくに 十 家 牌 法 をめぐって 俣 野 太 郎 論 語 にみえる 諸 弟 子 の 記 述 ( 第 三 の 中 )- 子 路 のばあい 岡 崎 邦 彦 海 南 省 経 済 特 区 成 立 と 現 状 の 諸 問 題 ( 上 ) 海 南 省 経 済 特 区 の 成 立 井 上 博 二 Weberのアジア 宗 教 社 会 論 での 異 端 ヨーロッパ 中 世 ローマ 教 会 秘 蹟 論 争 の 正 統 異 端 と 関 連 づけて (1) (41) 1678 松 本 照 敬 被 限 定 者 不 二 一 元 論 派 綱 要 書 の 研 究 (6)-Yatindramatadipika 解 読 (43) (59) 1679 崔 元 喆 韓 国 経 済 の 史 的 分 析 (61) (85) 1680 遠 藤 光 正 従 軍 作 家 より 見 た 戦 争 と 平 和 独 歩 と 花 袋 の 観 戦 記 を 中 心 にして 兵 頭 徹 廃 藩 置 県 後 における 掛 屋 商 人 の 家 政 改 革 日 田 掛 屋 広 瀬 家 を 中 心 として 山 田 準 16 世 紀 における 英 蘭 の 東 洋 進 出 (1) (18) 1683 吉 宗 宏 東 南 アジアにおける 諸 国 連 合 とインドネシア (19) (49) 1684 岡 崎 邦 彦 1989 年 海 南 省 民 主 化 運 動 の 展 開 と 梁 湘 の 失 脚 海 南 省 の 成 立 と 現 状 の 諸 問 題 ( 中 ) (51) (77) 1685 [ 機 関 誌 総 目 録 ] 東 洋 研 究 論 文 総 目 録 [ 著 者 索 引 ] 東 洋 研 究 著 者 索 引 栗 原 圭 介 地 官 司 徒 に 於 ける 征 賦 の 構 造 と 科 學 思 想 ( 上 ) 福 田 俊 昭 王 起 の 伝 記 近 藤 正 則 王 安 石 の 文 学 観 初 期 の 志 常 在 民 の 詩 をめぐって 成 田 守 助 説 因 縁 集 について( 二 ) 大 原 信 一 清 末 における 白 話 の 提 唱 と 実 践 (1) (20) 1692 平 松 圭 子 拍 案 驚 奇 の 介 詞 在 について(2) (21) (32) 1693 加 治 明 ラオ 族 の 土 着 信 仰 について ラオス 地 域 を 中 心 に 富 山 栄 吉 改 革 開 放 政 策 の 当 面 する 問 題 点 松 本 照 敬 ヴェーダールタサングラハ の 研 究 (1) (1) (16) 1696 エテ ィ ヘルマワン インドネシアの 漢 訳 地 名 について (17) (49) 1697 篠 田 隆 屎 尿 処 理 人 の 雇 用 労 働 条 件 に 関 わるインド 政 府 諸 報 告 書 の 研 究 (51) (103) 11/18

12 アシ アの 指 導 者 研 究 大 東 文 化 大 学 創 立 七 十 周 年 記 念 号 1698 栗 原 圭 介 周 王 朝 に 見 る 築 城 の 構 想 と 科 學 思 想 中 嶋 敏 偽 帝 姫 考 遠 藤 光 正 渤 海 国 使 と 菅 原 道 真 の 唱 酬 詩 土 井 章 中 国 革 命 とコミンテルン 中 国 社 会 主 義 と 毛 沢 東 思 想 の 研 究 ( 二 ) 林 理 介 幻 想 の 熱 帯 社 会 主 義 革 命 東 南 アジア 四 国 における 共 産 党 の 消 滅 とその 原 因 栗 原 圭 介 周 王 朝 の 受 職 に 見 る 命 の 概 念 成 田 守 奥 州 仙 台 女 敵 討 について 遠 藤 光 正 源 平 盛 衰 記 に 引 用 の 漢 籍 の 典 拠 ( 八 ) 生 田 滋 マリアの 御 像 キリシタンの 教 え 再 考 村 田 克 巳 第 三 代 国 連 事 務 総 長 ウ タント 永 野 慎 一 郎 安 昌 浩 の 思 想 と 行 動 (1) (34) 1709 近 藤 正 臣 ウォルフ I ラデジンスキー アジアの 農 業 改 革 に 生 涯 をかけ たウクライナ 生 まれのアメリカ 人 (35) (77) 1710 エテ ィ ヘルマワン インドネシアにおける 著 名 な 三 華 人 葉 全 明 蕭 玉 燦 蘇 福 義 (79) (113) 1711 浦 野 起 央 パキスタン 運 動 の 展 開 と 国 家 形 成 のジレンマ 土 着 イデオロギー と 国 家 形 成 の 視 点 から (115) (207) 1712 中 嶋 敏 南 宋 建 炎 対 金 使 節 について 宇 文 虚 中 のことなど 五 十 嵐 明 宝 十 住 毘 婆 沙 論 における 菩 薩 の 形 態 と 本 質 近 藤 正 則 久 米 訂 斎 の 思 想 祭 祀 来 格 論 と 鬼 神 説 大 原 信 一 瞿 秋 白 の 言 語 改 革 論 エテ ィ ヘルマワン インドネシアにおける 華 人 の 春 節 (1) (23) 1717 篠 田 隆 アーメダバード 市 自 治 体 清 掃 部 門 の 雇 用 政 策 (25) (79) 1718 遠 藤 光 正 菅 原 道 真 の 叙 意 一 百 韻 とその 心 情 の 痕 跡 兵 頭 徹 松 方 日 田 県 政 期 の 租 税 収 納 業 務 と 税 制 改 革 建 議 岡 倉 古 志 郎 再 び 非 同 盟 の 本 質 について (1) (33) 1721 吉 宗 宏 スリランカにおける 仏 教 と 政 治 の 関 わり (35) (70) 1722 山 田 準 オランダ 東 インド 会 社 貿 易 船 の 研 究 (71) (93) 1723 松 本 照 敬 ヴェーダールタサングラハ の 研 究 (2) (95) (118) 1724 成 田 守 奥 州 仙 台 女 敵 討 について( 二 ) 栗 原 圭 介 地 官 司 徒 に 於 ける 征 賦 の 構 造 と 科 學 思 想 ( 下 ) 藏 中 しのぶ 延 暦 僧 録 天 皇 菩 薩 伝 と 護 国 経 典 富 山 栄 吉 改 革 開 放 下 の 中 国 経 済 エテ ィ ヘルマワン イ 中 国 交 回 復 後 インドネシアにおける 華 人 の 姿 勢 について 土 井 章 中 国 第 二 次 革 命 期 の 三 冒 険 主 義 と 毛 沢 東 大 原 信 一 三 〇 年 代 中 国 の 大 衆 語 論 争 近 藤 正 則 久 米 訂 斎 の 理 の 哲 学 性 全 体 論 及 び 命 説 を 中 心 として 浜 口 俊 裕 新 出 の 冷 泉 家 本 能 宣 集 下 巻 について 加 治 明 ラオ 族 の 霊 魂 観 と 招 魂 儀 礼 ラオスのラオ 族 を 中 心 に 遠 藤 光 正 源 平 盛 衰 記 に 載 録 の 漢 籍 と 引 用 章 句 の 用 法 について 兵 頭 徹 日 田 県 農 民 騒 動 の 経 済 的 発 生 要 因 松 本 照 敬 ヴェーダールタサングラハ の 研 究 (3) (1) (24) 1737 岡 倉 古 志 郎 核 兵 器 廃 絶 と 非 同 盟 運 動 (25) (49) 1738 山 田 準 オランダ 東 インド 会 社 のアジアへの 航 海 (51) (72) 1739 岡 崎 邦 彦 毛 沢 東 と 七 千 人 大 会 (1) 大 躍 進 調 整 七 千 人 大 会 (73) (93) 1740 吉 宗 宏 スリランカの 政 治 経 済 問 題 について (95) (123) 1741 原 田 種 成 幕 末 明 治 海 外 体 験 詩 集 匡 謬 宮 本 久 義 聖 地 カイラース 巡 礼 の 宗 教 的 背 景 と 実 態 (1) (23) 1743 篠 田 隆 ネパール タライの 開 発 と 水 利 組 合 チャッティース マウジャ 水 利 組 合 史 (25) (51) 1744 岡 崎 邦 彦 毛 沢 東 と 七 千 人 大 会 (2) 大 躍 進 調 整 七 千 人 大 会 (53) (82) 1745 馬 宏 偉 中 国 人 の 忍 について- 内 容 方 式 限 度 (83) (104) 1746 成 田 守 螺 女 房 譚 について 藏 中 しのぶ 南 天 竺 婆 羅 門 僧 正 碑 并 序 と 入 竺 求 法 高 僧 伝 梁 高 僧 正 訳 経 篇 の 受 容 と 大 安 寺 の 華 厳 教 学 松 本 照 敬 ヴェーダールタサングラハ の 研 究 (4) (1) (27) 1749 内 田 知 行 山 西 省 の 日 本 軍 占 領 地 区 におけるアヘン 管 理 政 策 (29) (54) 1750 山 田 準 オランダ 東 インド 会 社 のアジアからの 帰 路 航 海 (1) (55) (72) 1751 中 嶋 敏 南 宋 海 將 李 寶 事 蹟 近 藤 正 則 程 伊 川 における 勇 の 解 釈 と 衍 義 宋 代 孟 子 と 受 容 史 の 視 点 から 福 田 俊 昭 注 好 選 所 引 の 文 場 秀 句 考 浜 口 俊 裕 彦 火 火 出 見 尊 絵 巻 の 海 幸 山 幸 譚 について 遠 藤 光 正 讃 州 時 代 の 菅 原 道 真 と 寒 早 十 首 村 井 信 幸 永 寧 土 司 の 政 治 支 配 組 織 (1) (23) 1757 大 原 信 一 梁 啓 超 と 日 本 語 富 山 栄 吉 改 革 開 放 政 策 下 の 中 国 経 済 (そのⅡ) 兵 頭 徹 明 治 初 年 の 日 田 県 における 掛 屋 仲 間 ケヴィン ニュート( 岡 フランク ロイド ライトと 岡 倉 天 心 : 社 会 的 および 美 的 東 洋 倉 古 志 郎 訳 ) の 理 想 をめぐって (1) (36) 1761 瀬 戸 口 律 子 琉 球 官 話 課 本 広 応 官 話 の 言 語 (37) (54) 1762 徳 植 勉 民 族 問 題 としての 華 人 社 会 の 変 容 について (55) (70) 12/18

13 [ 特 別 寄 稿 ] 終 戦 50 周 年 - 回 想 の 戦 争 外 来 文 化 の 受 容 形 態 と 日 本 文 化 の 形 成 1780 村 田 克 巳 イギリス 諜 報 謀 略 網 との 戦 い 青 木 信 治 モンゴル 国 の 社 会 構 造 の 転 換 と 国 民 意 識 の 変 化 (1) (23) 1782 村 井 信 幸 永 寧 土 司 支 配 領 域 における 社 会 制 度 (25) (48) 1783 徳 植 勉 中 国 開 放 政 策 とシンガポール 南 洋 大 学 問 題 を 中 心 として (49) (67) 1784 篠 田 隆 インド グジャラート 州 の 経 営 者 とカースト(Ⅱ) 南 グジャ ラート 商 工 会 議 所 名 簿 分 析 (69) (86) 1785 富 山 栄 吉 改 革 開 放 政 策 下 の 中 国 経 済 (そのⅢ) 李 賢 恵 ( 金 井 塚 良 一 訳 ) 三 韓 の 対 外 交 易 体 系 中 堂 幸 政 中 東 北 アフリカの 水 問 題 イスラムと 砂 漠 化 と 石 油 (1) (24) 1788 平 松 圭 子 劉 力 女 店 員 の 言 語 について (25) (35) 1789 岡 崎 邦 彦 毛 沢 東 と 七 千 人 大 会 (4) 大 躍 進 調 整 七 千 人 大 会 (37) (58) 1790 栗 原 圭 介 周 禮 夏 官 の 設 立 と 理 念 形 態 藏 中 しのぶ 奈 良 朝 漢 詩 文 における 玄 奘 三 蔵 伝 の 受 容 について 長 安 西 明 寺 と 漢 文 伝 述 作 の 場 大 安 寺 岡 倉 古 志 郎 バンドンからカルタヘナまで 第 3 世 界 40 年 間 の 歩 み (1) (25) 1793 松 本 照 敬 ヴェーダールタサングラハ の 研 究 (6) (27) (51) 1794 山 田 準 イースト インディアマンの 研 究 (1) 構 造 と 乗 船 者 (53) (73) 1795 五 十 嵐 明 宝 浄 土 教 における 正 定 聚 と 不 退 転 について 成 田 守 稚 児 物 語 について 遠 藤 光 正 良 寛 詩 に 引 用 の 漢 詩 文 について 西 江 錦 史 郎 寛 政 の 教 化 政 策 と 地 方 儒 学 兵 頭 徹 日 清 戦 後 財 政 と 松 方 正 義 ( 一 ) 濱 久 雄 文 人 としての 康 有 為 その 詩 文 と 書 について 近 藤 正 則 蘇 氏 易 解 における 朱 子 の 蘇 軾 批 判 のモチーフをめぐって 大 谷 光 男 高 麗 史 の 月 星 接 近 記 事 について 日 本 の 史 料 との 関 連 におい て 小 林 春 樹 後 漢 時 代 における 合 理 的 暦 法 の 成 立 とその 歴 史 的 背 景 東 観 人 士 の 活 動 を 中 心 として 1804 岡 倉 登 志 二 つのエチオピア 戦 争 と 日 本 大 アジア 主 義 者 を 中 心 に (1) (24) 1805 大 原 信 一 中 国 の 新 民 主 主 義 革 命 期 に 刊 行 された 新 三 字 経 について 中 嶋 敏 明 代 進 士 登 科 録 考 中 村 聡 清 末 における 保 守 政 党 の 萌 芽 柴 田 善 雅 中 華 匯 業 銀 行 小 史 一 合 弁 銀 行 の 運 命 (1) (33) 1809 村 井 信 幸 西 南 中 国 のナシ 族 の 神 話 に 現 れる 竜 (35) (56) 1810 岡 崎 邦 彦 毛 沢 東 と 七 千 人 大 会 (5)- 意 義 と 問 題 点 (57) (84) 1811 松 本 照 敬 仏 教 文 化 の 受 容 形 態 と 二 十 一 世 紀 への 展 望 遠 藤 光 正 日 本 に 於 ける 漢 字 文 化 の 受 容 と 二 十 一 世 紀 への 展 望 兵 頭 徹 明 治 初 年 における 西 洋 経 済 思 想 の 受 容 過 程 村 田 克 巳 ミャンマー 軍 事 政 権 をめぐる 問 題 永 野 慎 一 郎 日 本 の 在 日 朝 鮮 人 政 策 と 日 朝 関 係 (1) (32) 1765 エテ ィ ヘルマワン インドネシア 華 商 の 対 中 投 資 について (33) (54) 1766 篠 田 隆 インド グジャラート 州 の 小 規 模 工 業 と 経 営 者 (55) (76) 1767 岡 崎 邦 彦 毛 沢 東 と 七 千 人 大 会 (3) 大 躍 進 調 整 七 千 人 大 会 (77) (98) 1768 平 松 圭 子 老 舎 の 解 放 後 の 戯 曲 の 言 語 方 珍 珠 龍 鬚 溝 茶 館 につ いて (99) (116) 1769 遠 藤 光 正 渤 海 国 使 王 孝 廉 と 文 華 秀 麗 集 栗 原 圭 介 周 禮 に 於 ける 基 礎 理 念 と 科 學 思 想 中 嶋 敏 寶 祐 登 科 録 における 宗 室 成 田 守 奥 州 仙 台 女 敵 討 について( 三 ) 藏 中 しのぶ わが 国 初 期 僧 伝 の 基 盤 梁 高 僧 伝 論 賛 の 受 容 と 大 安 寺 松 本 照 敬 ヴェーダールタサングラハ の 研 究 (5) (1) (23) 1775 山 田 準 オランダ 東 インド 会 社 のアジアからの 帰 路 航 海 (2) (25) (47) 1776 小 林 春 樹 史 記 漢 書 後 漢 書 における 天 道 観 天 人 ( 相 関 ) 関 係 観 運 命 観 歴 史 観 の 特 色 について- 後 漢 書 研 究 の 予 備 的 1 22 考 察 として 大 谷 光 男 後 漢 三 国 時 代 の 都 郷 侯 都 亭 侯 について 五 十 嵐 明 宝 仏 教 の 論 書 における 正 定 聚 不 退 転 の 内 容 と 展 開 兵 頭 徹 明 治 初 年 の 日 田 県 における 銭 札 発 行 について 古 島 和 雄 社 会 制 度 としての 家 と 村 - 日 本 と 中 国 の 比 較 考 察 の 観 点 より 山 田 準 西 洋 文 化 の 受 容 形 態 と21 世 紀 への 展 望 (1) (26) 1816 岡 倉 古 志 郎 フェノロサ= 天 心 関 係 に 見 られる 東 西 文 化 の 相 互 交 流 ( 研 究 ノー ト) (27) (46) 1817 岡 崎 邦 彦 改 革 開 放 期 の 日 中 関 係 中 国 の 内 政 外 交 と 日 中 関 係 (47) (81) 1818 濱 久 雄 後 漢 における 公 羊 学 の 展 開 何 休 の 思 想 を 中 心 として 山 田 春 樹 中 国 古 代 の 暦 学 における 中 央 集 権 的 性 格 の 確 立 について 中 嶋 敏 洪 咨 夔 大 冶 賦 大 原 信 一 中 国 の 識 字 問 題 注 音 識 字 と 漢 字 教 学 中 村 聡 近 代 中 国 における 宇 宙 論 のとらえ 方 康 有 為 におけるその 思 想 的 考 察 (1) (24) 1823 岡 倉 古 志 郎 フェノロサ= 天 心 関 係 に 見 られる 東 西 文 化 の 相 互 交 流 ( 承 前 ) (25) (37) 13/18

14 成 田 守 沈 城 譚 西 江 錦 史 郎 広 瀬 旭 荘 研 究 ( 一 ) 系 譜 と 活 動 大 谷 光 男 信 濃 国 安 曇 郡 と 穂 高 神 社 富 山 栄 吉 改 革 開 放 政 策 下 の 中 国 経 済 (そのⅣ)- 国 有 企 業 の 株 式 化 加 速 片 岡 弘 次 シ ク ワ シャワーベ シクワ イクバールの 神 への 訴 え と 神 のお 答 え (1) (28) 1829 栗 原 圭 介 巨 大 農 耕 社 會 の 形 成 と 禮 經 制 度 の 展 開 古 代 中 國 に 於 ける 加 治 明 ラオ 族 (ラオス)の 招 魂 儀 礼 に 関 する 一 側 面 稲 作 儀 礼 と 新 築 儀 礼 を 中 心 に 小 坂 眞 二 自 筆 本 御 堂 関 白 記 の 物 忌 注 記 について 山 下 克 明 承 久 三 年 具 注 暦 の 考 察 平 松 圭 子 劉 力 王 朔 給 我 頂 住 の 言 語 について (1) (14) 1834 栗 原 圭 介 暦 の 宇 宙 論 的 志 向 の 神 秘 と 科 學 思 想 ( 漢 民 族 の 叡 智 ) 松 本 照 敬 ヴェーダールタサングラハ の 研 究 (7) (1) (20) 1836 柴 田 善 雅 満 州 国 金 融 機 関 の 対 市 中 取 引 (21) (55) 1837 村 井 信 幸 ナシ 族 の 神 話 伝 承 に 現 れる 鶏 の 役 割 について (57) (82) 1838 山 田 準 イースト インディアマンの 研 究 (2) オランダからの 積 載 物 (83) (102) 1839 濱 久 雄 中 国 経 学 史 における 今 古 文 学 の 思 想 対 立 近 藤 正 則 朱 子 の 王 安 石 批 判 のモチーフをめぐって 遠 藤 光 正 渤 海 大 使 裴 頲 と 嶋 田 忠 臣 との 贈 答 詩 について 成 田 守 明 石 藩 御 船 歌 について 大 原 信 一 江 南 製 造 局 翻 訳 館 訳 書 事 略 (1) (13) 1844 岡 田 宏 二 華 南 における 土 司 制 度 形 成 過 程 に 関 する 一 考 察 とくに 元 より 明 初 に 至 る 時 期 を 中 心 として 兵 頭 徹 日 清 戦 後 財 政 と 松 方 正 義 ( 二 ) 多 田 博 一 インドの 州 際 河 川 の 水 利 用 カーヴェーリ 河 水 紛 争 の 事 例 (1) (29) 1847 吉 野 耕 造 モンゴルと 内 蒙 古 その 同 民 族 異 国 民 間 経 済 関 係 (31) (51) 1848 富 山 栄 吉 改 革 開 放 政 策 下 の 中 国 経 済 (そのⅤ)- 新 展 開 に 入 った 国 有 企 業 改 革 内 田 知 行 改 革 開 放 政 策 下 のベトナム 交 通 運 輸 陸 運 鉄 道 内 河 水 運 を 中 心 に (1) (43) 1850 岡 崎 邦 彦 対 中 国 経 済 技 術 協 力 と 問 題 点 対 中 国 ODAを 中 心 に (45) (77) バ ー ン ゲ ダ ラ ー 1851 片 岡 弘 次 詩 集 隊 商 の 旅 立 ちを 告 げる 鈴 の 音 とイクバール (79) (103) 1852 栗 原 圭 介 自 然 法 的 形 而 上 學 考 古 代 中 國 の 聖 哲 小 坂 眞 二 安 倍 泰 親 の 占 験 譚 をめぐって 火 災 占 の 所 主 推 断 法 岡 倉 古 志 郎 天 心 をめぐるボストンの 人 々 (1) (26) 1855 小 林 龍 彦 古 代 日 本 数 学 史 における 重 差 法 の 受 容 について (27) (42) 1856 松 本 照 敬 ヴェーダールタサングラハ の 研 究 (8) (43) (61) 1857 山 田 準 イースト インディアマンの 研 究 (3) アジアでの 活 動 (63) (87) 1858 濱 久 雄 尚 書 大 伝 考 山 田 春 樹 古 代 中 国 における 蘭 をめぐる 歳 事 について 蘭 の 薬 効 性 と 芳 香 性 とを 中 心 として 福 田 俊 昭 張 鷟 の 伝 記 兵 頭 徹 日 清 戦 後 財 政 と 松 方 正 義 ( 三 ) 中 村 士 久 米 栄 左 衛 門 通 賢 の 天 文 測 量 記 録 (1) (21) バーレ ジブリール 1863 片 岡 弘 次 詩 集 ガブリエルの 翼 とイクバール (23) (50) 1864 田 辺 清 絵 画 にみられる 楽 器 描 写 東 西 の 比 較 を 中 心 に (51) (60) 1865 大 原 信 一 中 国 の 近 代 用 語 事 始 め フライヤーと 梁 啓 超 の 訳 書 論 富 山 栄 吉 改 革 開 放 政 策 下 の 中 国 経 済 (そのⅥ)- 四 中 総 に 見 る 国 有 企 業 改 革 平 松 圭 子 月 牙 兒 の 版 本 比 較 (1) (13) 1868 柴 田 善 雅 アジア 太 平 洋 戦 争 期 台 湾 の 対 外 為 替 決 済 (15) (43) 1869 岡 崎 邦 彦 中 国 の 対 日 政 策 決 定 における 動 揺 大 躍 進 から 経 済 調 整 への 転 換 期 における 周 恩 来 の 対 日 工 作 (45) (65) 1870 村 井 信 幸 摩 梭 人 ( 永 寧 納 西 族 )の 山 神 崇 拝 について (67) (95) 1871 新 里 孝 一 批 評 の 公 式 戸 坂 潤 をめぐって 多 田 博 一 インダス 河 水 系 の 水 利 用 ラーヴィー ビアース 河 水 紛 争 の 背 景 (1) (31) 1873 新 納 豊 植 民 地 期 朝 鮮 における 畜 牛 改 良 増 殖 政 策 の 数 量 的 検 討 (33) (65) 1874 篠 田 隆 英 領 インド アーメダバード 県 の 家 畜 動 向 (67) (88) 1875 岡 倉 登 志 ( 研 究 ノート)ラビンドラナート=タゴールにとってのアフリカ アフリカ 観 南 アフリカ エチオピア 戦 争 (89) (110) 1876 栗 原 圭 介 天 官 書 の 形 而 上 學 的 構 想 と 宇 宙 原 理 中 嶋 敏 宋 金 交 戦 における 陳 遘 の 死 史 傅 變 遷 試 論 岡 田 宏 二 明 朝 による 湖 広 土 兵 と 広 西 狼 兵 の 調 発 について とくに 嘉 靖 年 間 の 後 期 倭 寇 ( 海 寇 ) 対 策 としての 以 夷 制 夷 策 を めぐって 1879 松 本 照 敬 ラーマーヌジャによるサーンキヤ 説 への 反 論 (1) (1) (21) 1880 山 田 準 イースト インディアマンの 研 究 (4) 造 船 タイプ 船 名 (23) (39) 1881 濱 久 雄 牧 野 黙 庵 とその 師 菅 茶 山 を 中 心 として 成 田 守 鴛 鴦 譚 兵 頭 徹 旗 本 知 行 所 における 領 主 的 積 金 講 松 方 氏 知 行 上 州 本 町 村 を 中 心 として 小 坂 眞 二 六 壬 式 占 に 古 占 書 について その 佚 文 集 成 の 試 み 田 辺 清 東 西 絵 画 にみられる 狩 猟 表 現 (1) (10) 14/18

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls)

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls) 第 10 行 橋 ~ 別 府 100キロウォーク 個 人 記 録 1 着 発 着 発 着 発 着 時 刻 ネット 休 含 1 区 2 区 3 区 4 区 歩 計 1 789 千 代 田 泰 51 2 0:00:15 18:19 18:20 21:43 21:44 1:12 1:12 3:10:09 13:09:54 7.60 8.15 7.48 7.25 7.41 7.63 2 54 増 田 邦 禎

More information

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立 平 成 28 年 度 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 シーズ 創 出 ステージ 1 次 ( 書 面 ) 審 査 評 価 委 員 リスト 評 価 者 名 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 3 秋 光 和 也 香 川 大 学 4 秋 山 美 展 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 5 芦 田 均 神

More information

-3- 行 政 概 要 行 政 概 要 市 制 施 行 昭 和 26 年 4 月 1 日 ( 全 国 262 番 目 東 京 都 5 番 目 ) 位 置 東 経 139 度 16 分 30 秒 ( 市 役 所 におけるもの) 北 緯 35 度 47 分 16 秒 海 抜 186.6メートル 規 模 人 口 密 度 人 口 集 中 人 口 面 積 1km 2 地 区 人 口 当 たり 国 勢 調 人

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

(28\202f\202v.xls)

(28\202f\202v.xls) 優 勝 星 加 忠 夫 40 39 79 12.0 67.0 28 年 05 月 08 日 26 西 原 雄 一 39 46 85 14.4 70.6 28 年 05 月 01 日 準 優 勝 神 野 浩 二 40 40 80 10.8 69.2 28 年 05 月 02 日 27 山 本 次 男 48 48 96 25.2 70.8 28 年 05 月 03 日 3 白 方 道 眞 45 47 92

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

<827482508251826182632E786C73>

<827482508251826182632E786C73> UBD 氏 名 桑 原 大 陽 島 袋 愛 基 知 念 泰 我 奥 村 龍 太 郎 大 村 駿 斗 宮 本 崚 大 城 貴 椰 廣 渡 藍 之 島 袋 艇 透 川 村 碧 安 井 番 厘 那 覇 達 也 新 垣 勇 斗 宮 城 傑 GenTS GenTS 北 谷 スポーツ GenTS 北 谷 スポーツ チャレンジ サニーキッズ サニーキッズ 天 願 小 学 校 中 原 小 学 校 UBD 氏 名 氏

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 51 35 52 36 53 37 54 38 55 39 56 40 57 41 58 42 59 43 60 44 61 45 62 46 63 47 64 48 65 49 66 50 67 試 合 番 号 BT-1

More information

団 体 戦 男 子 団 体 MT 茨 城 熊 本 福 岡 千 葉 島 根 鹿 児 島 宮 崎 北 海 道 神 奈 川 広 島 岐 阜 愛 媛 石 川 東 京 熊 本 愛 媛 愛 知 岩 手 女 子 団 体 WT 東 京 宮 崎 新 潟 神 奈 川 鹿 児 島 千 葉 静 岡 石 川 熊 本 岐 阜 男 子 成 壮 年 団 体 OBT 神 奈 川 愛 媛 広 島 宮 崎 青 森 山 口 長 崎 岡 山

More information

<32303038905F8CCB8C8B89CA485097702E786C73>

<32303038905F8CCB8C8B89CA485097702E786C73> 1 E361 藤 沢 亮 平 0:30:45 00:30:45 2 E114 寺 谷 文 弘 0:31:49 00:31:48 3 E211 吉 田 章 0:31:56 00:31:55 4 E310 竹 村 真 一 0:32:06 00:32:04 5 E138 伊 藤 陽 祐 0:32:26 00:32:24 6 E399 瑞 徳 祥 太 0:32:27 00:32:25 7 E510 宮 本

More information

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上 1 1057 藤 原 孝 志 34 男 1:15:54 930 1 男 子 30 歳 台 2 1063 原 慎 弥 35 男 1:16:34 10 2 男 子 30 歳 台 3 1041 川 嶋 洋 平 32 男 1:17:01 670 3 男 子 30 歳 台 4 1074 野 村 茂 行 37 男 1:18:03 810 4 男 子 30 歳 台 1 5 1050 田 中 啓 佑 33 男 1:18:15

More information

<90563237944E96968349815B837683938353838B837491E589EF2E786C73>

<90563237944E96968349815B837683938353838B837491E589EF2E786C73> 年 末 オープンゴルフ 大 会 年 末 オープンゴルフ 大 会 優 勝 森 賀 伸 一 郎 38 41 79 13.2 65.8 27 年 12 月 31 日 26 内 田 寛 之 39 39 78 7.2 70.8 27 年 12 月 29 日 準 優 勝 岩 田 規 詮 40 39 79 10.8 68.2 27 年 12 月 27 日 27 泉 田 徹 40 44 84 13.2 70.8 27

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 第 4 地 対 艦 ミサイル 連 隊 長 兼 八 戸 駐 屯 地 司 令 ) 1 等 陸 佐 水 落 嘉 彦 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 富 士 教 導 団 副 団 長 ) 1 等 陸 佐 藤 原 修 ( 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 ) 1 等 海 佐 鈴 木 秀 文 防 衛 研 究

More information

< E93788DCC91F090528DB882C98C5782ED82E98F9197DE90528DB890EA96E588CF88F52E786C7378>

< E93788DCC91F090528DB882C98C5782ED82E98F9197DE90528DB890EA96E588CF88F52E786C7378> 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 青 木 恭 彦 三 重 大 学 3 青 木 孝 良 鹿 児 島 大 学 4 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 5 秋 山 康 紀 大 阪 府 立 大 学 6 朝 岡 潔 ( 独 ) 農 業 生 物 資 源 研 究 所 7 浅 野 行 蔵 北 海 道 大 学 8 東 善 行 北 里 大 学 9 安 達 修 二 京 都 大 学 10 足 立 吉 數 茨

More information

28.07.01【税関】.xlsm

28.07.01【税関】.xlsm 平 成 28 年 7 月 1 日 発 令 税 関 発 令 事 項 氏 名 現 官 職 函 館 税 関 総 務 部 部 付 高 田 薫 神 戸 税 関 監 視 部 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 土 屋 孝 文 函 館 税 関 苫 小 牧 税 関 支 署 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 猪 瀬 裕 神 戸 税 関 ポートアイランド 出 張 所 辞 職 東 京 税 関 総

More information

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49:

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49: No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 1 63 井 辺 弘 貴 20 男 福 岡 県 2:09:27 0:26:21 4 1:06:37 2 1:32:58 1 0:36:29 2 1 2 2 秦 陽 一 郎 41 男 大 分 県 2:11:28 0:28:15 14 1:06:21

More information

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73>

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73> 1 17176 竹 内 宏 三 重 県 01:21'44" 01:21'38" 51 17312 野 島 義 之 三 重 県 01:34'06" 01:33'42" 2 17053 立 岡 哲 也 愛 知 県 01:22'42" 01:22'35" 52 17606 角 谷 浩 紀 三 重 県 01:34'11" 01:33'49" 3 17178 田 中 悟 三 重 県 01:23'10" 01:23'02"

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 11 月 (1/15ページ) 3057 匿 名 神 奈 川 県 10,000 1 3058 安 藤 充 昭 様 広 島 県 10,000 1 3059 野 口 勝 弘 様 愛 知 県 10,000 2 3060 松 浦 多 恵 子 様 静 岡 県 10,000 2 3061 匿 名 京 都 府 10,000 3 3062 日 置 寛 之 様 京 都 府 10,000 4 3063

More information

Microsoft Word - 全文.doc

Microsoft Word - 全文.doc 引 用 文 献 ( 一 ) 史 料 ( 五 十 音 順 ) I. 一 般 史 料 1. 日 本 史 籍 協 会 編 会 津 藩 庁 記 録 1-6 東 京 学 出 版 会 1969 2. 鹿 児 島 県 歴 史 資 料 センター 黎 明 館 編 鹿 児 島 県 史 料 玉 里 島 津 家 史 料 2 鹿 児 島 県 1993 3. 玉 虫 左 夫 官 武 通 記 確 定 幕 末 史 資 料 成 国

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

リーディング表

リーディング表 / 1 24 回 数 : ~ 回 1以 上 山 1口 勲 933 294 168 132 99 77 163 108,348,50088,540,000 31.51% 49.52% 戸 2﨑 圭 太 1,665 288 207 160 142 125 7431,185,754,000 809,050,000 17.29% 29.73% 赤 3岡 修 次 646 251 120 85 57 37 96

More information

60kg 級 名 24 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 田 原 大 資 ( 日 本 大 学 2 年 ) 岩 崎 奨 平 ( 日 本 体 育 大 学 1 年 ) 馬 場 海 人 ( 国 士 舘 大 学 3 年 ) 藤 田

60kg 級 名 24 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 田 原 大 資 ( 日 本 大 学 2 年 ) 岩 崎 奨 平 ( 日 本 体 育 大 学 1 年 ) 馬 場 海 人 ( 国 士 舘 大 学 3 年 ) 藤 田 参 加 人 数 一 覧 60kg 66kg 73kg 81kg 90kg 100kg 100kg 100kg 超 合 計 1 大 阪 体 育 大 学 1 2 2 3 2 2 2 14 2 鹿 屋 体 育 大 学 4 4 4 4 3 3 1 23 3 国 際 武 道 大 学 4 4 4 4 4 4 4 4 国 士 舘 大 学 4 4 4 4 4 4 4 5 埼 玉 大 学 0 3 3 1 2 2 0

More information

第4回おんじゅくオーシャントレイル_result.xlsx

第4回おんじゅくオーシャントレイル_result.xlsx 1 382 村 井 涼 40 男 1:04:36 1 40 代 2 366 町 田 知 宏 26 男 1:04:53 2 10-20 代 3 264 立 石 伸 介 40 男 1:05:17 3 40 代 4 175 小 村 慶 太 朗 24 男 1:06:58 4 10-20 代 5 174 小 松 真 幸 29 男 1:07:21 5 10-20 代 6 421 吉 野 圭 亮 32 男 1:08:18

More information

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 -

三 品 尚 様 宮 城 県 林 拓 郎 様 - 鎌 田 周 重 様 愛 知 県 日 立 ツール 株 式 会 社 松 江 表 面 改 質 センター 様 - 本 多 晶 二 郎 様 - 松 田 知 枝 美 様 - 高 口 千 鶴 様 福 岡 県 唐 島 田 朋 広 様 神 奈 川 県 里 見 康 様 - 大 森 巌 様 広 島 県 ユウベル 株 式 会 社 様 広 島 県 阿 部 慶 一 様 宮 城 県 清 水 保 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 長 内 久 人 様 - 大 橋 道 雄 様 東 京 都 石 本 正 敬 様 - 匿 名 様 鳥 取 県 藤 原 立 嗣 様 - 井 山 恭 明 様 岡 山 県 匿 名 様 宮 城 県 小 久 保 裕 美 様 - 門 田 仁 様 北 海 道 北 垣 一 宏

More information

60m M50 7.87 2.5 44 0411 植 田 倫 正 52 9 月 8 日 60m M50 7.88 2.5 13 3112 山 下 哲 司 52 9 月 8 日 60m M50 7.89 3.7 46 0295 牧 陽 一 54 9 月 8 日 60m M50 7.96 3.8 26

60m M50 7.87 2.5 44 0411 植 田 倫 正 52 9 月 8 日 60m M50 7.88 2.5 13 3112 山 下 哲 司 52 9 月 8 日 60m M50 7.89 3.7 46 0295 牧 陽 一 54 9 月 8 日 60m M50 7.96 3.8 26 種 目 クラス 記 録 風 速 所 属 登 録 番 号 氏 名 年 齢 期 日 60m M30 7.10 1.5 23 0397 小 野 宏 貴 31 9 月 8 日 60m M30 7.17 1.5 40 0827 八 木 覚 32 9 月 8 日 60m M30 7.27 1.5 14 1527 近 藤 房 治 31 9 月 8 日 60m M30 7.34 1.5 44 0509 矢 野 慎

More information

<323031358B4C985E88EA97972E786C7378>

<323031358B4C985E88EA97972E786C7378> 順 位 ナンバー 氏 名 地 区 タイム 1 162 辻 友 寛 四 日 市 市 1:09:17 2 370 山 地 伸 哉 名 張 市 1:09:43 3 455 桟 敷 正 志 三 重 郡 1:11:53 4 59 野 口 正 人 菰 野 町 1:13:42 5 487 井 村 光 孝 愛 知 県 1:13:57 6 137 加 藤 晶 久 愛 知 県 1:15:55 7 64 黒 川 祥 吾

More information

KEIRIN 第 39 回 全 国 高 等 学 校 定 時 制 通 信 制 陸 上 競 技 大 会 平 成 16 年 8 月 13 日 ( 金 )~15 日 ( 日 ) 入 賞 者 一 覧 表 国 立 霞 ヶ 丘 競 技 場 日 付 種 目 1 位 2 位 3 位 4 位 5 位 6 位 7 位 8 位 14 日 100m 木 内 良 樹 (4) 11.07 二 川 公 介 (3) 11.49 中

More information

(オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾 昇 任 美 幌 町 美 幌 小 美 幌 町 美 幌 小 教 諭 岡 島

(オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾 昇 任 美 幌 町 美 幌 小 美 幌 町 美 幌 小 教 諭 岡 島 平 成 28 年 度 人 事 異 動 発 令 オホーツク 管 内 公 立 小 中 学 校 ( 主 幹 教 諭 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 事 務 職 員 等 ) (オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾

More information

<926A8E71918D8D872E786C7378>

<926A8E71918D8D872E786C7378> 聖 一 朗 和 歌 山 県 和 歌 山 市 和 歌 山 北 岡 大 和 歌 山 県 日 郡 - 奥 貴 和 歌 山 県 海 南 市 走 食 系 男 子 林 直 樹 和 歌 山 県 和 歌 山 市 和 歌 浦 走 友 会 杉 山 寛 汰 和 歌 山 県 和 歌 山 市 - 岡 親 和 歌 山 県 和 歌 山 市 花 王 陸 部 山 友 希 和 歌 山 県 市 和 歌 山 県 中 祐 馬 大 阪 府 東

More information

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記

標 記 本 朝 通 鑑 近 衛 帝 卅 五 林 鵞 峰 撰 9627 標 記 1 1 2 9591 標 記 本 朝 通 鑑 前 編 神 書 完 林 鵞 峰 撰 9592 標 記 本 朝 通 鑑 神 武 帝 至 安 康 帝 一 林 羅 山 撰 ウア1 1-1 明 治 八 年 十 一 月 十 五 日 ウア1 1-2 版 権 免 許 ( 見 返 し) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

More information

飯 島 健 弘 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 教 諭 四 街 道 市 立 四 街 道 北 中 学 校 教 諭 鈴 木 章 江 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 主 査 四 街 道 市 立 旭 中 学 校 主 査 安 元 留 美 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 専 門 員 佐 倉 市 教

飯 島 健 弘 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 教 諭 四 街 道 市 立 四 街 道 北 中 学 校 教 諭 鈴 木 章 江 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 主 査 四 街 道 市 立 旭 中 学 校 主 査 安 元 留 美 佐 倉 市 立 臼 井 中 学 校 専 門 員 佐 倉 市 教 平 成 28 年 4 月 1 日 付 人 事 異 動 発 令 氏 名 新 所 属 職 旧 所 属 職 主 幹 教 諭 / 新 任 千 葉 県 教 育 委 員 会 松 井 毅 夫 四 街 道 市 立 四 街 道 西 中 学 校 主 幹 教 諭 四 街 道 市 立 四 街 道 西 中 学 校 教 諭 教 諭 養 護 教 諭 等 / 異 動 名 古 屋 章 佐 倉 市 立 佐 倉 中 学 校 教 諭 佐

More information

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池 平 成 27 年 期 P.1 1 日 辞 職 総 務 部 総 括 調 整 官 事 関 根 伸 章 1 日 総 務 部 総 括 調 整 官 総 務 部 調 査 官 事 渡 邉 猛 雄 1 日 総 務 部 調 査 官 主 任 監 査 官 事 五 味 田 文 和 1 日 主 任 監 査 官 総 務 部 財 産 管 理 官 事 八 子 康 幸 1 日 総 務 部 財 産 管 理 官 道 路 部 路 政 調

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

0067 豊 田 秀 三 豊 田 内 科 胃 腸 科 0068 今 中 文 雄 医 療 法 人 社 団 永 楽 会 前 田 病 院 0069 河 野 政 典 医 療 法 人 かわの 内 科 胃 腸 科 0070 姫 野 泰 雄 姫 野 内 科 医 院 0071 桑 原 正 樹 済 生 会 呉 病 院

0067 豊 田 秀 三 豊 田 内 科 胃 腸 科 0068 今 中 文 雄 医 療 法 人 社 団 永 楽 会 前 田 病 院 0069 河 野 政 典 医 療 法 人 かわの 内 科 胃 腸 科 0070 姫 野 泰 雄 姫 野 内 科 医 院 0071 桑 原 正 樹 済 生 会 呉 病 院 緩 和 ケア 研 修 会 修 了 者 名 簿 ( 平 成 21 年 度 開 催 ) 修 了 者 番 号 氏 名 所 属 施 設 名 ( 研 修 終 了 時 ) 0037 羽 田 野 直 人 マツダ 株 式 会 社 マツダ 病 院 0038 栗 栖 佳 宏 マツダ 株 式 会 社 マツダ 病 院 0039 城 仙 泰 一 郎 広 島 パークヒル 病 院 0040 番 匠 谷 孝 廣 廿 日 市 記 念

More information

試 合 番 号 19 1 回 戦 日 付 2011/02/0 試 合 番 号 20 1 回 戦 日 付 2011/02/0 西 武 台 2 対 0 大 宮 開 成 本 庄 東 2 対 0 浦 和 学 院 中 里 裕 也 大 倉 秀 登 小 林 陽 実 21-6 中 込 和 帄 21-13

試 合 番 号 19 1 回 戦 日 付 2011/02/0 試 合 番 号 20 1 回 戦 日 付 2011/02/0 西 武 台 2 対 0 大 宮 開 成 本 庄 東 2 対 0 浦 和 学 院 中 里 裕 也 大 倉 秀 登 小 林 陽 実 21-6 中 込 和 帄 21-13 試 合 番 号 1 1 回 戦 日 付 2011/02/0 試 合 番 号 2 1 回 戦 日 付 2011/02/0 栄 北 2 対 0 浦 和 実 業 西 武 文 理 2 対 0 栄 東 内 田 大 貴 21-12 吉 田 雅 弥 鈴 木 貴 文 21-16 柴 山 敬 太 21-17 15-21 開 始 時 刻 11:35 - 終 了 時 刻 11:53 開 始 時 刻 11:35 21-18

More information

60m M 瀧 口 直 樹 47 男 60m M45 DNS 小 長 賢 二 47 男 60m M 伊 達 俊 之 47 男 60m M 岩 切 紀

60m M 瀧 口 直 樹 47 男 60m M45 DNS 小 長 賢 二 47 男 60m M 伊 達 俊 之 47 男 60m M 岩 切 紀 60m M25 7.92-1.2 27 001481 山 田 真 生 25 男 60m M25 DNS 28 001437 岡 田 敏 彦 28 男 60m M25 7.44-1.2 28 001400 田 中 俊 祐 29 男 60m M30 7.17-1.2 28 001593 後 藤 知 宏 30 男 60m M30 8.13-1.2 28 001595 増 田 祐 也 31 男 60m M30

More information

<4832302D31322097B794EF8E788B8B8CF68A4A2E786C73>

<4832302D31322097B794EF8E788B8B8CF68A4A2E786C73> 3 月 出 張 分 旅 費 支 給 一 覧 氏 名 旅 費 ( 医 師 ) 学 会 等 支 援 費 氏 名 旅 費 ( 医 技 ) 学 会 等 支 援 費 氏 名 旅 費 ( 看 護 ) 学 会 等 支 援 費 氏 名 旅 費 ( 事 務 ) 学 会 等 支 援 費 1 石 丸 純 一 69,796 10,000 浅 井 勝 24,883 吾 郷 佐 代 子 25,603 16,000 市 原 聡

More information

年 期 日 場 所 48kg 級 52kg 級 57kg 級 62kg 級 68kg 級 74kg 級 84kg 級 90kg 級 90kg 以 上 級 6/15~18 佐 々 木 文 和 斉 藤 英 雄 横 山 勝 正 佐 藤 幸 次 菊 地 隆 保 坂 竹 道 茅 原 功 相 沢 伸 彦 山 本

年 期 日 場 所 48kg 級 52kg 級 57kg 級 62kg 級 68kg 級 74kg 級 84kg 級 90kg 級 90kg 以 上 級 6/15~18 佐 々 木 文 和 斉 藤 英 雄 横 山 勝 正 佐 藤 幸 次 菊 地 隆 保 坂 竹 道 茅 原 功 相 沢 伸 彦 山 本 年 期 日 場 所 48kg 級 52kg 級 57kg 級 62kg 級 68kg 級 74kg 級 84kg 級 90kg 級 90kg 以 上 級 6/18~20 池 辺 一 郎 中 本 広 樹 中 田 健 前 田 忠 文 長 谷 川 和 彦 桜 井 藤 雄 茂 木 優 佐 藤 貞 雄 1970 年 東 京 世 田 谷 区 総 合 体 育 館 ( 国 士 舘 大 ) ( 大 東 大 ) ( 昭

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

51 216 男 澤 ヒロキ 2:40:09 (1:53:23) 4:33:32 (5:12:00) 9:45:32 65km 男 子 40 歳 代 15 52 377 多 田 幸 史 3:11:09 (1:55:36) 5:06:45 (4:39:38) 9:46:23 65km 男 子 40 歳

51 216 男 澤 ヒロキ 2:40:09 (1:53:23) 4:33:32 (5:12:00) 9:45:32 65km 男 子 40 歳 代 15 52 377 多 田 幸 史 3:11:09 (1:55:36) 5:06:45 (4:39:38) 9:46:23 65km 男 子 40 歳 1 626 菊 嶋 啓 2:08:25 (1:19:21) 3:27:46 (3:00:23) 6:28:09 65km 男 子 年 代 別 対 象 外 1 2 629 大 杉 哲 也 2:14:10 (1:21:01) 3:35:11 (3:03:19) 6:38:30 65km 男 子 年 代 別 対 象 外 2 3 528 牧 野 公 則 2:18:23 (1:22:10) 3:40:33 (3:08:29)

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 4 月 (1/11ページ) 1 匿 名 埼 玉 県 10,000 4 2 毛 利 学 様 北 海 道 10,000 4 3 嘉 手 納 一 彦 様 沖 縄 県 10,000 2 4 匿 名 兵 庫 県 10,000 1 5 牧 野 稔 海 様 埼 玉 県 10,000 1 6 藤 井 志 保 子 様 埼 玉 県 10,000 3 7 山 崎 弘 之 様 千 葉 県 10,000 3

More information

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部 Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 照 会 先 ) 人 事 管 理 部 人 事 グループ 長 矢 口 明 人 事 管 理 部 参 事 役 江 口 伸 二 ( 電 話 直 通 03-6892-0713) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 日 本 年 金 機 構 役 職 員 の 人 事 異 動 について

More information

昭 和 52 年 (1977) 主 な 活 動 1 月 22~23 日 BS 紀 北 地 区 新 春 のつどい( 紀 北 青 年 の 家 ) 2 月 11 日 雪 中 登 山 ( 金 剛 山 ) 3 月 19~20 日 全 国 植 樹 祭 練 習 ( 勝 浦 ) 4 月 16~17 日 全 国 植

昭 和 52 年 (1977) 主 な 活 動 1 月 22~23 日 BS 紀 北 地 区 新 春 のつどい( 紀 北 青 年 の 家 ) 2 月 11 日 雪 中 登 山 ( 金 剛 山 ) 3 月 19~20 日 全 国 植 樹 祭 練 習 ( 勝 浦 ) 4 月 16~17 日 全 国 植 昭 和 51 年 (1976) 主 な 活 動 カブ 隊 発 足 2 月 8 日 雪 中 登 山 ( 金 剛 山 ) 4 月 2 日 全 国 植 樹 祭 団 旗 授 与 式 出 席 ( 紀 北 青 年 の 家 ) 5 月 5 日 グリンバーキャンプ( 紀 北 青 年 の 家 ) 5 月 17 日 仮 入 隊 式 6 月 24 日 指 導 者 講 習 会 ( 紀 北 青 年 の 家 ) 7 月 21

More information

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保 2013 年 9 月 6 日 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 組 織 変 更 人 事 異 動 について 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン( 社 長 櫻 田 謙 悟 )および 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 二 宮 雅 也 )では 次 のとおり 組 織 変 更 および 人 事 異 動 を 行 いますのでお 知

More information

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太 男 子 シングルスA-1 拓 馬 ( 早 稲 学 ) 俊 介 斉 翔 吾 ( 淑 徳 国 際 学 ) 今 給 黎 将 之 康 次 ( 獨 協 学 ) 竹 内 隼 人 裕 竜 也 卓 也 天 勝 仁 枝 伸 和 ( 東 京 経 済 学 ) 溝 智 也 ( 湘 南 工 科 学 ) 丸 一 輝 裕 一 郎 平 戸 充 ( 青 学 院 学 ) 春 樹 沓 沢 康 平 羽 直 弥 ( 早 稲 学 ) 古 勇

More information

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378>

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378> H26.8.1 現 在 1. 役 員 会 長 新 潟 県 長 岡 市 長 森 民 夫 副 会 長 北 海 道 旭 川 市 長 西 川 将 人 副 会 長 青 森 県 八 戸 市 長 小 林 眞 副 会 長 富 山 県 高 岡 市 長 髙 橋 正 樹 副 会 長 栃 木 県 宇 都 宮 市 長 佐 藤 栄 一 副 会 長 三 重 県 四 日 市 市 長 田 中 俊 行 副 会 長 和 歌 山 県 海

More information

相 原 聡 美 相 羽 恵 介 青 江 啓 介 赤 司 浩 一 秋 田 弘 俊 秋 永 士 朗 秋 山 聖 子 浅 尾 高 行 麻 生 範 雄 安 達 進 荒 井 保 明 有 岡 仁 安 藤 潔 飯 田 真 介 井 岡 達 也 井 岸 正 生 田 克 哉 池 添 隆 之 池 田 宇 次 石 岡 千

相 原 聡 美 相 羽 恵 介 青 江 啓 介 赤 司 浩 一 秋 田 弘 俊 秋 永 士 朗 秋 山 聖 子 浅 尾 高 行 麻 生 範 雄 安 達 進 荒 井 保 明 有 岡 仁 安 藤 潔 飯 田 真 介 井 岡 達 也 井 岸 正 生 田 克 哉 池 添 隆 之 池 田 宇 次 石 岡 千 理 事 長 1 名 大 江 裕 一 郎 副 理 事 長 1 名 中 川 和 彦 理 事 20 名 秋 田 弘 俊 石 岡 千 加 史 岩 田 広 治 大 江 裕 一 郎 大 津 敦 谷 本 光 音 田 村 研 治 直 江 知 樹 中 川 和 彦 中 西 洋 一 西 尾 和 人 畠 清 彦 馬 場 英 司 藤 原 康 弘 朴 成 和 光 冨 徹 哉 南 博 信 室 圭 矢 野 聖 二 山 本 信 之

More information

高 校 2 年 生 男 子 シングルス No.2 77 伊 藤 貴 紀 ( 西 南 学 院 ) 115 隈 成 輝 ( 明 善 ) 78 安 田 隼 翔 ( 純 真 ) 116 安 倍 周 也 ( 嘉 穂 ) 79 中 村 彩 太 ( 筑 陽 学 園 ) 117 宮 本 周 太 ( 春 日 ) 80

高 校 2 年 生 男 子 シングルス No.2 77 伊 藤 貴 紀 ( 西 南 学 院 ) 115 隈 成 輝 ( 明 善 ) 78 安 田 隼 翔 ( 純 真 ) 116 安 倍 周 也 ( 嘉 穂 ) 79 中 村 彩 太 ( 筑 陽 学 園 ) 117 宮 本 周 太 ( 春 日 ) 80 高 校 2 年 生 男 子 シングルス No.1 1 宮 本 航 輔 ( 筑 陽 学 園 ) 39 安 部 乃 亮 ( 折 尾 愛 真 ) 2 山 田 悠 太 ( 福 岡 舞 鶴 ) 40 黒 江 雄 貴 ( 明 善 ) 3 髙 木 正 匡 ( 折 尾 愛 真 ) 41 堀 川 広 太 ( 柏 陵 ) 4 重 富 桂 二 郎 ( 明 善 ) 42 柴 田 一 秀 ( 修 猷 館 ) 5 野 方 颯

More information

電気工学科

電気工学科 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 個 人 ( 473 名 ) 電 気 16 星 野 菊 之 助 南 埼 玉 郡 電 気 37 竹 本 浩 己 三 鷹 市 電 気 49 河 合 英 行 船 橋 市 電 気 17 江 口 一 男 室 蘭 市 電 気 37 平 沼 博 志 江 戸 川 区 * 電 気 19 佐 藤 一 夫 松 戸 市 電 気 37 宮 崎 由 雄 八 王 子 市 電 気 50 下

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭 人 事 異 動 新 小 樽 市 辞 令 部 ( 職 ) 公 営 企 業 管 理 者 ( 水 道 局 ) 小 樽 病 院 事 務 局 小 軽 米 文 仁 産 業 港 湾 部 港 湾 部 磯 谷 揚 一 生 活 環 境 部 経 済 部 次 小 原 正 徳 生 活 環 境 部 参 事 ( 北 しりべし 広 域 連 合 派 遣 ) 環 境 部 次 五 十 嵐 映 児 医 療 保 険 部 市 民 部 佃 信

More information

(1.\222j\216q\203V\203\223\203O\203\213\203X_20110131.xlsx)

(1.\222j\216q\203V\203\223\203O\203\213\203X_20110131.xlsx) 男 子 シングルス 米 5 5 2,071 414.2 1 男 子 シングルス 松 田 淳 5 5 1,833 366.6 2 男 子 シングルス 新 美 伸 敏 4 5 1,775 355.0 3 男 子 シングルス 林 泰 行 4 5 1,696 339.2 4 男 子 シングルス 佐 々 政 洋 6 6 2,000 333.3 5 男 子 シングルス 石 崎 友 大 8 8 2,414 301.8

More information

テニス ( 平 成 24 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 愛 媛 県 予 選 ( 男 子 団 体 対 戦 表 1) 1R1 2 大 洲 1-2 松 山 城 南 3 2R1 1 新 田 3-0 松 山 城 南 3 2R9 21 今 治 西 3-0 松 山 工 23

テニス ( 平 成 24 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 愛 媛 県 予 選 ( 男 子 団 体 対 戦 表 1) 1R1 2 大 洲 1-2 松 山 城 南 3 2R1 1 新 田 3-0 松 山 城 南 3 2R9 21 今 治 西 3-0 松 山 工 23 テニス ( 平 成 24 年 度 ) 兼 全 国 及 び 四 国 高 等 学 校 選 手 権 愛 媛 県 予 選 ( 男 子 団 体 ) 1 新 2 大 3 松 山 城 4 今 治 明 5 新 居 浜 6 東 7 松 北 中 8 愛 9 弓 10 大 洲 11 松 山 12 北 宇 13 今 治 14 小 15 明 徳 矢 16 西 条 17 土 18 三 19 伊 予 20 松 山 田 今 治 西

More information

受賞者一覧(外部用)

受賞者一覧(外部用) 沖 縄 県 文 化 功 労 者 表 彰 受 賞 者 名 簿 (H2~27 年 度 ) No 年 形 態 氏 名 No 年 形 態 氏 名 1 1 平 成 2 団 体 野 村 流 音 楽 協 会 1 平 成 5 団 体 野 村 流 古 典 音 楽 保 存 会 2 平 成 2 団 体 沖 縄 全 島 エイサーまつり 実 行 委 員 会 2 平 成 5 団 体 泡 瀬 京 太 郎 保 存 会 3 平 成

More information

39 歳 以 下 男 子 57 00012 酒 井 利 昌 1 50' 08" 金 沢 市 39 歳 以 下 男 子 58 00116 片 木 健 司 1 50' 23" 各 務 原 市 39 歳 以 下 男 子 59 00131 中 山 康 之 1 50' 34" 豊 田 市 39 歳 以 下 男

39 歳 以 下 男 子 57 00012 酒 井 利 昌 1 50' 08 金 沢 市 39 歳 以 下 男 子 58 00116 片 木 健 司 1 50' 23 各 務 原 市 39 歳 以 下 男 子 59 00131 中 山 康 之 1 50' 34 豊 田 市 39 歳 以 下 男 種 目 名 順 位 ゼッケン 氏 名 記 録 市 区 町 村 39 歳 以 下 男 子 1 00026 樽 木 将 吾 1 10' 17" 小 田 原 市 39 歳 以 下 男 子 2 00053 坂 本 陽 平 1 12' 28" 湖 南 市 39 歳 以 下 男 子 3 00138 水 落 秋 里 1 14' 02" 金 沢 市 39 歳 以 下 男 子 4 00102 深 津 庸 1 14'

More information

伊 藤 浩 介 様 東 京 都 10,000 伊 藤 佐 和 様 東 京 都 10,000 伊 東 敬 様 茨 城 県 10,000 伊 藤 剛 様 愛 知 県 10,000 伊 藤 直 子 様 東 京 都 10,000 伊 藤 信 雄 様 福 岡 県 10,000 伊 藤 速 人 様 北 海 道

伊 藤 浩 介 様 東 京 都 10,000 伊 藤 佐 和 様 東 京 都 10,000 伊 東 敬 様 茨 城 県 10,000 伊 藤 剛 様 愛 知 県 10,000 伊 藤 直 子 様 東 京 都 10,000 伊 藤 信 雄 様 福 岡 県 10,000 伊 藤 速 人 様 北 海 道 青 木 真 祐 様 栃 木 県 20,000 青 木 千 尋 様 兵 庫 県 10,000 青 柳 佳 治 様 神 奈 川 県 10,000 沖 富 枝 様 栃 木 県 10,000 秋 田 清 澄 様 東 京 都 10,000 浅 井 行 男 様 新 潟 県 10,000 浅 井 香 敦 様 栃 木 県 10,000 阿 座 上 才 紀 様 福 岡 県 10,000 浅 子 豊 様 埼 玉 県 10,000

More information

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3.

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3. 主 任 監 査 官 総 括 調 整 官 予 算 調 整 官 用 地 調 整 官 利 賀 ダム 工 事 事 務 松 本 砂 防 事 務 防 災 情 報 課 長 占 用 調 整 課 長 三 条 国 道 出 張 長 柏 崎 維 持 出 張 長 用 地 対 策 官 総 括 地 域 防 災 調 整 官 品 質 確 保 課 長 魚 津 国 道 出 張 長 手 取 川 ダム 管 理 支 長 飯 豊 山 系 砂 防

More information

係長級

係長級 の 部 企 画 課 県 民 課 鳥 取 力 創 造 課 危 機 管 理 政 策 課 危 機 対 策 情 報 課 原 子 力 安 全 対 策 課 総 務 課 総 務 課 財 政 課 主 計 員 財 政 課 主 計 員 政 策 法 務 課 営 繕 課 営 繕 課 情 報 政 策 課 関 西 本 部 行 財 政 改 革 局 業 務 効 率 推 進 課 行 財 政 改 革 局 福 利 厚 生 課 行 財 政

More information

1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.2. 沿 革 1.3. 組 織 定 員 1.2. 沿 革 ( 前 身 ) 中 央 気 象 台 に 研 究 課 を 設 置 ( 昭 和 17.1) 昭 和 21. 2 中 央 気 象 台 分 掌 規 程 の 改 正 に 伴 い 東 京 都 杉 並 区 において

1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.2. 沿 革 1.3. 組 織 定 員 1.2. 沿 革 ( 前 身 ) 中 央 気 象 台 に 研 究 課 を 設 置 ( 昭 和 17.1) 昭 和 21. 2 中 央 気 象 台 分 掌 規 程 の 改 正 に 伴 い 東 京 都 杉 並 区 において 1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.1. 業 務 概 要 1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.1. 業 務 概 要 気 象 庁 の 施 設 等 機 関 である 気 象 研 究 所 では 気 象 庁 が 発 表 する 警 報 や 情 報 の 精 度 向 上 を 通 じて 国 民 の 安 全 安 心 に 資 するよう 集 中 豪 雨 台 風 の 機 構 解 明 地 震 及 び 火 山 噴 火

More information

2010 年 1 月 JRA 調 教 師 ( 元 ) 中 尾 銑 治 死 亡 2010 年 1 月 JRA 騎 手 高 山 太 郎 引 退 調 教 助 手 ( 松 山 康 久 厩 舎 ) 2010 年 2 月 JRA 騎 手 佐 藤 聖 也 免 許 取 消 2010 年 2 月 JRA 騎 手 角

2010 年 1 月 JRA 調 教 師 ( 元 ) 中 尾 銑 治 死 亡 2010 年 1 月 JRA 騎 手 高 山 太 郎 引 退 調 教 助 手 ( 松 山 康 久 厩 舎 ) 2010 年 2 月 JRA 騎 手 佐 藤 聖 也 免 許 取 消 2010 年 2 月 JRA 騎 手 角 2008 年 1 月 兵 庫 調 教 師 謝 良 文 死 亡 2008 年 1 月 笠 松 騎 手 吉 井 友 彦 再 デビュー( 騎 手 ) 2008 年 1 月 佐 賀 騎 手 後 藤 孝 廃 業 2008 年 2 月 兵 庫 調 教 師 内 本 英 夫 廃 業 自 己 都 合 2008 年 3 月 愛 知 調 教 師 岩 田 克 己 廃 業 一 身 上 の 都 合 2008 年 2 月 荒 尾

More information

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河 平 成 26 年 度 末 和 歌 山 県 教 職 員 人 事 異 動 表 学 校 人 事 課 < 小 中 学 校 > 校 長 の 部 平 成 27 年 4 月 1 日 区 分 新 任 校 新 職 名 旧 任 校 旧 職 名 氏 名 採 用 昇 任 和 歌 山 市 立 大 新 小 学 校 校 長 和 歌 山 市 立 中 之 島 小 学 校 教 頭 松 田 晃 和 歌 山 市 立 砂 山 小 学 校 校

More information

男 子 シングルス ( 予 選 2) 1R 2R 3R 1 15 宏 侑 作 新 学 院 中 2 bye 3 吉 沢 学 那 須 海 城 中 田 中 4 1903 田 中 寿 和 姿 川 中 5 小 島 隆 宣 南 河 内 第 二 中 渕 上 6 渕 上 達 也 那 須 海 城 中 登 坂 7 by

男 子 シングルス ( 予 選 2) 1R 2R 3R 1 15 宏 侑 作 新 学 院 中 2 bye 3 吉 沢 学 那 須 海 城 中 田 中 4 1903 田 中 寿 和 姿 川 中 5 小 島 隆 宣 南 河 内 第 二 中 渕 上 6 渕 上 達 也 那 須 海 城 中 登 坂 7 by 男 子 シングルス ( 予 選 1) 1R 2R 3R 1 2019 豊 田 優 陽 東 中 2 bye 豊 田 3 湯 澤 優 樹 足 利 山 辺 中 阿 部 4 2062 阿 部 容 士 作 新 学 院 中 5 2033 永 岡 拓 馬 晃 陽 中 永 岡 6 渡 部 衛 那 須 海 城 中 永 岡 7 bye 8 2316 天 谷 光 来 国 分 寺 中 9 1735 高 山 禎 唯 南 犬

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 第 58 回 全 日 本 学 生 バドミントン 選 手 権 大 会 平 成 9 年 月 日 - 日 千 葉 市 ポートアリーナ 他 男 子 団 体 日 本 大 学 中 央 大 学 9 天 理 大 学 広 島 大 学 苫 小 牧 駒 澤 大 学 7 新 潟 大 学 帝 京 大 学 立 命 館 大 学 淑 徳 大 学 国 際 コミュニケーション 学 部 5 7 龍 谷 大 学 関 西 学 院 大 学 8

More information

平成20年9月30日

平成20年9月30日 ニュースリリース 平 成 27 年 3 月 31 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 日 本 政 策 金 融 公 庫 人 事 異 動 (4 月 1 日 付 ) 本 店 大 和 田 桂 則 長 付 東 京 地 区 統 轄 小 林 壮 一 長 付 東 海 地 区 統 轄 若 井 克 之 長 付 事 業 企 画 部 長 三 田 祥 弘 安 達 研 造 山 本 義 文 営 業 推 進 部 長

More information

福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 事 業 団 嵐 山 郷 事 務 局 ) 福 障 害 者 自 立 支 援 課 副 課 荻 野 潤 一 福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 ) 福 祉 部 部 付 淺 川 共 子 福 祉 部 部 付 ( 日 本 赤 十 字 社 埼 玉

福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 事 業 団 嵐 山 郷 事 務 局 ) 福 障 害 者 自 立 支 援 課 副 課 荻 野 潤 一 福 祉 部 部 付 ( 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 ) 福 祉 部 部 付 淺 川 共 子 福 祉 部 部 付 ( 日 本 赤 十 字 社 埼 玉 総 合 調 整 幹 企 財 計 画 調 整 課 副 課 前 沢 幸 男 総 合 調 整 幹 付 政 策 幹 産 勤 労 者 福 祉 課 副 課 秘 書 課 企 財 企 画 総 務 課 吉 浦 伸 和 企 画 財 政 部 企 画 総 務 課 企 財 市 町 村 課 伊 東 弘 道 企 画 財 政 部 財 政 課 総 税 務 課 砂 川 裕 紀 企 画 財 政 部 改 革 推 進 課 近 代 美 術 館

More information

51 1653 佐 藤 真 久 0:37:09 (0:37:05) 9 10km 一 般 男 子 35~39 歳 の 部 52 1122 小 島 隼 人 0:37:09 (0:37:07) 8 10km 一 般 男 子 29 歳 以 下 の 部 53 1701 宮 川 大 樹 0:37:11 (0:

51 1653 佐 藤 真 久 0:37:09 (0:37:05) 9 10km 一 般 男 子 35~39 歳 の 部 52 1122 小 島 隼 人 0:37:09 (0:37:07) 8 10km 一 般 男 子 29 歳 以 下 の 部 53 1701 宮 川 大 樹 0:37:11 (0: 1 55 山 田 侑 矢 0:31:47 (0:31:43) 1 10km 陸 協 登 録 者 男 子 の 部 2 1086 辻 友 寛 0:31:54 (0:31:51) 1 10km 一 般 男 子 29 歳 以 下 の 部 3 2 野 口 正 人 0:32:38 (0:32:37) 2 10km 陸 協 登 録 者 男 子 の 部 4 23 宮 崎 展 仁 0:32:54 (0:32:53)

More information

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や

最 後 に 本 展 示 を 開 催 するにあたり 貴 重 な 資 料 を 提 供 してくださいました 寄 贈 者 寄 託 者 の 方 々に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 年 9 月 埼 玉 県 立 文 書 館 長. 県 内 の 風 景 重 要 文 化 財 の 川 越 の 喜 多 院 や 画 にみる 近 代 日 本 の 風 景 武 蔵 国 秩 父 郡 県 社 三 峰 神 社 全 図 ( 田 中 家 文 書 0) 開 催 にあたって 幕 末 に 西 洋 から 伝 えられた 技 術 は 司 馬 江 漢 亜 欧 堂 田 善 安 田 雷 洲 などが 習 得 して 作 品 化 する 一 方 京 都 の 玄 々 堂 が 小 型 の 風 景 画 などを 量 産 して 一 般 に 流 通 させました

More information

日本精神科医学会 認定看護師 認定者リスト

日本精神科医学会 認定看護師 認定者リスト 日 本 精 神 科 医 学 会 認 定 看 護 師 平 成 27 年 度 新 規 認 定 者 (44 名 ) 勤 務 先 医 療 機 関 に 変 更 がある 場 合 は 日 本 精 神 科 病 院 協 会 事 務 局 までご 連 絡 をお 願 いいたします (TEL:03-5232-3311 FAX:03-5232-3315) 認 定 期 限 : 平 成 33 年 3 月 31 日 都 道 府 県

More information

2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 2ページ 相 川 ちひろ 東 京 女 子 体 育 大 学 19 2:36:44 0:24: :20: :45: :51: 清 水 真 由 美 大 東 文 化

2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 2ページ 相 川 ちひろ 東 京 女 子 体 育 大 学 19 2:36:44 0:24: :20: :45: :51: 清 水 真 由 美 大 東 文 化 2007 那 須 塩 原 大 会 記 録 ( 選 手 権 女 子 ) 1ページ 1 217 川 崎 由 理 奈 明 治 大 学 20 2:13:46 0:20:43 1 1:09:57 4 1:30:40 3 0:43:06 6 2 246 名 村 梓 明 治 大 学 22 2:14:11 0:20:43 2 1:08:33 2 1:29:16 1 0:44:55 13 3 225 佐 々 木 舞

More information

委員会委員一覧(2013年9月現在)

委員会委員一覧(2013年9月現在) 一 般 財 団 法 人 日 本 消 化 器 病 学 会 委 員 会 委 員 一 覧 (2013 年 9 月 現 在 ) 管 理 部 門 財 団 企 画 委 員 会 ( 職 務 ) 理 事 会 の 下 部 組 織 として 本 学 会 財 団 の 運 営 全 般 に 関 する 事 項 を 担 当 する 担 当 理 事 ( ) 菅 野 健 太 郎 委 員 岡 崎 和 一 金 子 周 一 木 下 芳 一 下

More information

No. 氏 名 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 67 521 堀 井 健 司 男 東 京 都 2:49:45 0:31:19 112 1:23:45 84 1:55:04 78 0:54:41 88 68 68 24

No. 氏 名 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 67 521 堀 井 健 司 男 東 京 都 2:49:45 0:31:19 112 1:23:45 84 1:55:04 78 0:54:41 88 68 68 24 No. 氏 名 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 1 482 石 倉 恵 介 男 茨 城 県 2:20:32 0:24:24 4 1:11:08 4 1:35:32 2 0:45:00 6 1 2 508 吉 田 茂 樹 男 埼 玉 県 2:21:22 0:29:31 72 1:09:42 3 1:39:13 7 0:42:09

More information

54 664 堀 内 宏 道 38 男 4:34:42 46 30 代 15 55 438 稲 葉 義 男 41 男 4:35:46 47 40 代 14 56 421 石 井 彰 52 男 4:36:57 48 50 代 5 57 638 橋 本 晋 矢 31 男 4:37:37 49 30 代

54 664 堀 内 宏 道 38 男 4:34:42 46 30 代 15 55 438 稲 葉 義 男 41 男 4:35:46 47 40 代 14 56 421 石 井 彰 52 男 4:36:57 48 50 代 5 57 638 橋 本 晋 矢 31 男 4:37:37 49 30 代 1 506 クライン イーサン 22 男 3:02:41 1 10 代 &20 代 1 2 418 五 十 嵐 太 博 26 男 3:06:25 2 10 代 &20 代 2 3 687 武 藤 晃 治 31 男 3:07:38 3 30 代 1 3 733 LIONEL MICOLLET 41 男 3:07:38 3 40 代 1 5 423 石 川 元 20 男 3:10:48 5 10 代 &20

More information

<8267826F8C668DDA2E786C7378>

<8267826F8C668DDA2E786C7378> 1 4124 石 井 一 行 33 5 5 八 幡 西 区 12:00:19 16:20 19:39 22:59 0:50:51 12:50:32 7.84 8.32 7.71 7.57 7.42 2 3908 福 永 昌 仁 28 5 5 八 幡 西 区 12:00:16 16:21 19:39 22:59 0:50:51 12:50:35 7.84 8.32 7.72 7.56 7.42 3 302

More information

< C B>

< C B> Page: 1 陸 上 競 技 場 M 60m 6/22 我 如 古 真 仁 (30) 7.51/+2.4 後 濱 安 晴 (34) 7.67/+2.4 嘉 数 友 治 (30) 7.82/+2.4 M 60m 6/22 志 慶 真 丈 敏 (36) 7.56/+2.3 前 田 祐 司 (39) 7.85/+2.6 山 城 辰 美 (38) 7.96/+2.3 嘉 味 田 朝 一 (39) 8.17/+2.3

More information

第 5 回 東 日 本 学 生 バドミントン 選 手 権 大 会 男 子 ダブルス- 平 成 年 8 月 3 日 -9 月 6 日 岩 見 隆 宏 山 本 達 矢 内 藤 浩 司 小 林 優 希 中 上 文 人 石 井 宏 昌 野 田 風 雅 小 泉 佳 祐 伊 藤 恒 平 岡 野 拓 也 桜 井

第 5 回 東 日 本 学 生 バドミントン 選 手 権 大 会 男 子 ダブルス- 平 成 年 8 月 3 日 -9 月 6 日 岩 見 隆 宏 山 本 達 矢 内 藤 浩 司 小 林 優 希 中 上 文 人 石 井 宏 昌 野 田 風 雅 小 泉 佳 祐 伊 藤 恒 平 岡 野 拓 也 桜 井 第 5 回 東 日 本 学 生 バドミントン 選 手 権 大 会 男 子 ダブルス- 平 成 年 8 月 3 日 -9 月 6 日 三 橋 智 希 高 島 雅 彦 千 葉 博 澁 澤 直 樹 村 山 千 春 柳 原 潤 佐 藤 貴 則 沓 沢 康 平 大 平 圭 亮 ( 東 洋 大 学 ) 小 野 山 敬 福 田 春 樹 手 塚 保 将 船 矢 竜 太 本 田 裕 士 藤 井 亮 新 田 晃 浩 加

More information

( 市 の 部 ) 決 勝 記 録 一 覧 表 ( 男 子 ) 伊 勢 崎 市 陸 上 競 技 場 4 位 5 位 6 位 7 位 8 位 氏 名 記 録 氏 名 記 録 氏 名 記 録 氏 名 記 録 氏 名 記 録 水 谷 海 人 11 秒 97 田 中 宏 季 11 秒 99 久 保 塚 高

( 市 の 部 ) 決 勝 記 録 一 覧 表 ( 男 子 ) 伊 勢 崎 市 陸 上 競 技 場 4 位 5 位 6 位 7 位 8 位 氏 名 記 録 氏 名 記 録 氏 名 記 録 氏 名 記 録 氏 名 記 録 水 谷 海 人 11 秒 97 田 中 宏 季 11 秒 99 久 保 塚 高 第 50 回 群 馬 県 民 体 育 大 会 陸 上 競 技 大 会 平 成 24 年 11 月 11 日 種 別 中 学 生 29 才 以 下 30 才 代 40 才 代 30 40 才 共 通 50 才 以 上 種 目 200m 走 高 跳 1 位 2 位 3 位 氏 名 記 録 氏 名 記 録 氏 名 記 録 氏 名 高 橋 優 作 11 秒 55 諏 訪 修 平 11 秒 74 大 野 聖

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

平 成 20 年 度 全 国 高 校 総 体 兼 東 海 総 体 三 重 県 予 選 会 男 ダブルスの 部 ベスト4リーグ 戦 平 成 20 年 4 月 29 日 県 営 競 技 場 体 育 館 松 生 酒 井 高 田 大 西 米 倉 白 浅 野 加 藤 白 長 谷 川 谷 伊 勢 工 業 得 点

平 成 20 年 度 全 国 高 校 総 体 兼 東 海 総 体 三 重 県 予 選 会 男 ダブルスの 部 ベスト4リーグ 戦 平 成 20 年 4 月 29 日 県 営 競 技 場 体 育 館 松 生 酒 井 高 田 大 西 米 倉 白 浅 野 加 藤 白 長 谷 川 谷 伊 勢 工 業 得 点 平 成 20 年 度 全 国 高 校 総 体 兼 東 海 総 体 三 重 県 予 選 会 平 成 20 年 4 月 29 日 三 重 県 営 総 合 競 技 場 体 育 館 男 ダブルスの 部 A 男 ダブルスの 部 B 1 松 生 酒 井 高 田 49 後 藤 小 林 高 田 1 浅 野 加 藤 白 49 八 木 伊 藤 倫 白 2 濵 田 小 林 四 日 市 南 50 廣 瀬 濱 口 川 越 2

More information

立 命 館 楊 海 岩 40 38 78 7.2 70.8 立 命 館 森 英 貴 45 49 94 22.8 71.2 立 命 館 脇 坂 隆 博 51 47 98 24.0 74 立 命 館 小 川 真 司 48 51 99 24.0 75 立 命 館 阿 曽 秀 行 42 42 84 8.4

立 命 館 楊 海 岩 40 38 78 7.2 70.8 立 命 館 森 英 貴 45 49 94 22.8 71.2 立 命 館 脇 坂 隆 博 51 47 98 24.0 74 立 命 館 小 川 真 司 48 51 99 24.0 75 立 命 館 阿 曽 秀 行 42 42 84 8.4 大 学 名 選 手 名 Out In Ttl HDCP NET TEAM NET 近 畿 連 合 秦 昌 之 41 42 83 12.0 71 72.82 近 畿 連 合 植 村 宏 章 48 52 100 28.8 71.2 近 畿 連 合 長 谷 坂 浩 之 49 46 95 22.8 72.2 近 畿 連 合 槙 野 靖 昭 45 41 86 13.2 72.8 近 畿 連 合 中 川 良 太

More information

第 一 試 合 場 県 高 体 連 秋 季 総 合 体 育 大 会 剣 道 大 会 0( 平 成 ) 年 月 日 ( 木 ) 於 : 湖 南 市 総 合 体 育 館 女 子 団 体 戦 第 三 試 合 場 草 津 東 虎 姫 米 原 第 二 試 合 場 比 叡 山 5 八 幡 6 膳 所 7 立 命

第 一 試 合 場 県 高 体 連 秋 季 総 合 体 育 大 会 剣 道 大 会 0( 平 成 ) 年 月 日 ( 木 ) 於 : 湖 南 市 総 合 体 育 館 女 子 団 体 戦 第 三 試 合 場 草 津 東 虎 姫 米 原 第 二 試 合 場 比 叡 山 5 八 幡 6 膳 所 7 立 命 平 成 年 度 秋 季 高 校 総 体 剣 道 大 会 結 果 一 覧 男 子 団 体 女 子 団 体 甲 西 草 津 東 位 草 津 東 甲 西 位 高 島 八 幡 位 八 幡 工 業 近 江 兄 弟 社 位 水 口 米 原 5 位 立 命 館 守 山 石 山 5 位 光 泉 立 命 館 守 山 5 位 米 原 八 幡 商 業 5 位 男 子 個 人 戦 女 子 個 人 戦 對 馬 康 大 位 草

More information

No.2 85 一 木 亮 太 ( 筑 陽 学 園 ) 86 江 島 光 明 ( 明 善 ) 87 藤 原 航 太 ( 九 州 ) 88 清 田 雄 大 (エスタ) 89 植 木 良 ( 柏 陵 ) 90 洲 崎 将 佑 ( 筑 紫 丘 ) 127 竹 内 128 瓜 生 129 本 村 130 石

No.2 85 一 木 亮 太 ( 筑 陽 学 園 ) 86 江 島 光 明 ( 明 善 ) 87 藤 原 航 太 ( 九 州 ) 88 清 田 雄 大 (エスタ) 89 植 木 良 ( 柏 陵 ) 90 洲 崎 将 佑 ( 筑 紫 丘 ) 127 竹 内 128 瓜 生 129 本 村 130 石 No.1 1 日 南 休 正 貴 ( 折 尾 愛 真 ) 43 塚 本 孝 高 ( 筑 陽 学 園 ) 2 濱 口 翔 ( 嘉 穂 ) 44 九 野 瑛 裕 ( 福 岡 ) 3 吉 田 龍 一 郎 ( 福 大 大 濠 ) 45 岸 田 浩 平 ( 修 猷 館 ) 4 大 滝 裕 登 ( 明 善 ) 46 岡 本 大 貴 ( 嘉 穂 ) 5 王 蒔 遠 ( 東 明 館 ) 47 今 村 憲 梧 ( 東

More information

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋 優 勝 藤 城 正 裕 44 36 2 高 取 正 38 41 79 9.6 3 中 田 康 夫 36 44 4 西 岡 和 敏 36 38 74 3.6 5 嶋 矢 廣 喜 44 40 6 加 藤 正 之 43 35 78 7.2 7 伊 佐 岡 朗 宏 46 44 8 向 井 義 明 42 41 83 12.0 9 川 上 孝 子 49 46 10 児 玉 和 生 37 33 70 +1.2 11

More information

元 陸 上 自 衛 隊 第 1 教 育 団 お ち あ い 落 合 宏 上 尾 市 外 交 領 事 事 務 功 労 元 在 アンカレッジ 日 国 総 領 事 館 総 領 事 お び な た 大 日 方 か ず お 和 73 東 松 市 元 札 幌 国 税 不 服 審 判 所 お ぶ せ 布 施 き

元 陸 上 自 衛 隊 第 1 教 育 団 お ち あ い 落 合 宏 上 尾 市 外 交 領 事 事 務 功 労 元 在 アンカレッジ 日 国 総 領 事 館 総 領 事 お び な た 大 日 方 か ず お 和 73 東 松 市 元 札 幌 国 税 不 服 審 判 所 お ぶ せ 布 施 き 農 林 水 産 行 政 事 務 功 労 元 瀬 戸 内 海 区 水 産 研 究 所 あ い ざ わ 會 澤 や す し 安 志 さいたま 市 南 区 建 設 行 政 事 務 功 労 元 九 州 地 方 建 設 局 用 地 部 あ ら い 新 ひ で き 英 樹 さいたま 市 岩 槻 区 元 公 立 高 等 学 校 あ ら い 新 ゆ き お 行 庄 市 財 務 行 政 事 務 功 労 元 大 蔵 省

More information

H18全国選抜シングルス予選試合結果.xls

H18全国選抜シングルス予選試合結果.xls 第 34 回 全 国 高 等 学 校 選 抜 卓 球 大 会 シングルスの 部 滋 賀 県 予 選 会 日 時 平 成 9 年 月 3 日 ( 土 ) 午 前 9 時 30 分 ~ 場 所 競 技 役 員 競 技 委 員 長 堀 内 安 宏 副 競 技 委 員 長 乾 文 晃 審 判 長 目 片 康 人 副 審 判 長 高 橋 義 昭 進 行 委 員 長 村 井 正 博 進 行 ( 男 子 ) 前

More information

2014秋ジュニア17B

2014秋ジュニア17B 17 歳 以 下 男 子 シングルス 本 戦 1 1 稜 (タ イヤ) 大 樹 ( 大 ) 33 3 2 政 輝 ( 登 美 ) 和 飛 ( 登 美 ) 34 3 洋 佑 ( 奈 情 ) 1 大 西 亮 之 介 ( 一 条 ) 35 32 4 筒 井 智 仁 ( 奈 良 ) 80 大 西 康 太 ( 奈 学 ) 36 30 17 5 瀬 田 隆 悟 ( 生 駒 ) 瀬 田 渡 瀬 渡 瀬 遣 太 (

More information

<323030398D8292CE8C8B89CA2E786C73>

<323030398D8292CE8C8B89CA2E786C73> 1 A 男 子 ハーフ(16 歳 ~40 歳 未 満 ) 1 A353 佐 嘉 田 和 外 1:08:18 A 男 子 ハーフ(16 歳 ~40 歳 未 満 ) 2 A1179 高 田 伸 昭 1:08:33 A 男 子 ハーフ(16 歳 ~40 歳 未 満 ) 3 A807 内 山 翔 太 1:11:46 A 男 子 ハーフ(16 歳 ~40 歳 未 満 ) 4 A236 大 久 保 貴 志 1:11:56

More information

木 村 悟 湊 6m11 船 越 正 明 佐 井 6m03 走 幅 跳 長 内 功 板 柳 5m92 長 尾 学 平 賀 西 5m79 4 位 菊 池 幸 司 中 郷 5m89 5 位 吉 田 幸 司 野 辺 地 5m82 6 位 原 子 英 樹 大 畑 14m38 坪 谷 光 明 沖 館 13m9

木 村 悟 湊 6m11 船 越 正 明 佐 井 6m03 走 幅 跳 長 内 功 板 柳 5m92 長 尾 学 平 賀 西 5m79 4 位 菊 池 幸 司 中 郷 5m89 5 位 吉 田 幸 司 野 辺 地 5m82 6 位 原 子 英 樹 大 畑 14m38 坪 谷 光 明 沖 館 13m9 山 上 克 範 弘 前 二 12 1 田 中 英 二 造 道 12 3 1 陸 上 競 技 ( ) 1 年 100m 2 年 100m 3 年 2 年 1500m 100m 400m 800m 1 年 1500m 第 36 回 青 森 県 中 学 校 体 育 大 会 ( 夏 季 大 会 ) 3000m 110mH 棒 高 跳 走 高 跳 山 田 拓 深 浦 12 6 千 曳 健 二 七 戸 12 7

More information

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿 歴 代 受 賞 者 名 簿 昭 和 60 年 昭 和 61 年 昭 和 62 年 昭 和 63 年 平 成 元 年 平 成 2 年 平 成 3 年 平 成 4 年 平 成 5 年 平 成 6 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18

More information

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富 男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 菅 原 泉 山 ( 青 森 八 戸 工 大 一 ) 阿 部 松 本 ( 千 葉 拓 大 紅 陵 ) 萩 原 赤 沼 ( 山 梨 韮 崎 ) 安 藤 江 﨑 ( 奈 良 高 田 商 ) 吹 上 長 谷 川 ( 宮 崎 都 城 商 ) 鎌 田 川 村 ( 岩 手 花 巻 北 ) 伊 藤 岩 田 ( 愛 知 五 条

More information

<87548F8788CA8C8892E890ED838A835883672E786C73>

<87548F8788CA8C8892E890ED838A835883672E786C73> 関 西 大 Ⅰ 1 6 辻 井 雄 佑 1 174 68 MF 関 西 大 学 第 一 高 : 大 阪 2 7 新 保 聡 太 朗 1 180 68 FW 市 立 尼 崎 高 : 兵 庫 3 11 中 村 祐 哉 2 172 63 MF 大 分 トリニータU-18: 大 分 4 15 石 黒 覚 大 3 176 68 DF 東 海 大 仰 星 : 大 阪 5 23 小 坂 翔 1 181 70 DF

More information

() 935 () () () () 1 1 1 1 男 子 団 体 平 成 21 年 度 長 野 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 柔 道 競 技 大 会 男 子 団 体 大 会 成 績 一 覧 1 松 本 第 一 5 男 子 団 体 2 長 野 工 業 3 0 1 位 松 本 第 一 高 等 学 校 3 丸 子 修 学 館 2 4 2 位 東 海 大 三 高 等 学 校 4

More information

年 度 昭 和 41 年 1966 昭 和 42 年 1967 昭 和 43 年 1968 昭 和 44 年 1969 昭 和 45 年 19 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国

年 度 昭 和 41 年 1966 昭 和 42 年 1967 昭 和 43 年 1968 昭 和 44 年 1969 昭 和 45 年 19 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国 年 度 昭 和 36 年 1961 昭 和 37 年 1962 昭 和 38 年 1963 昭 和 39 年 1964 昭 和 40 年 1 会 長 安 孫 子 清 水 (1 回 卒 ) 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国 井 悌 二 (2 回 卒 ) 副 会 長 竹 谷 音 次 郎 (4 回 卒 ) 同 左

More information

<483139937397A7926391CC8C8B89CA2E786C73>

<483139937397A7926391CC8C8B89CA2E786C73> 1 西 平 成 19 年 度 東 京 都 立 対 抗 テニス 大 会 男 子 第 51 回 女 子 第 45 回 男 子 の 部 結 果 大 会 期 日 7 月 21 日 22 日 23 日 決 勝 八 王 子 東 76 2 翔 陽 松 が 谷 三 鷹 77 3 杉 並 工 青 井 78 4 葛 西 工 南 多 摩 40 井 草 79 5 砂 川 荒 川 工 80 6 深 川 40 31 鷺 宮 81

More information