HIAC96_cs5.indd

Size: px
Start display at page:

Download "HIAC96_cs5.indd"

Transcription

1 THE HOKURIKU INDUSTRIAL ADVANCEMENT CENTER HIACNEWS ハイアック ニュース 一 般 財 団 法 人 北 陸 産 業 活 性 化 センター 会 報 誌 vol.96

2 HIACNEWS INDEX vol.96 巻 頭 特 集 01 巻 頭 特 集 第 2 回 サステナブルテクノロジーセミナー 地 中 熱 地 下 水 熱 利 用 の 現 状 と 課 題 ~ 今 後 の 事 業 化 普 及 促 進 に 向 けて~ 当 財 団 では 社 会 を 持 続 させる 環 境 技 術 をテーマにプロジェクト 支 援 事 業 に 取 り 組 んでおります 本 年 度 は 節 電 省 エネなど 環 境 負 荷 低 減 を 目 指 し 地 中 熱 地 下 水 熱 利 用 の 現 状 と 課 題 と 題 して セミナーを 開 催 しま したので その 概 要 を 紹 介 いたします 第 2 回 サステナブルテクノロジーセミナー 地 中 熱 地 下 水 熱 利 用 の 現 状 と 課 題 ~ 今 後 の 事 業 化 普 及 促 進 に 向 けて~ 開 催 日 : 平 成 27 年 12 月 17 日 ( 木 ) 参 加 人 数 :89 名 プログラム: 第 1 部 基 調 講 演 第 2 部 事 例 紹 介 第 3 部 研 究 紹 介 交 流 会 フォーラム 08 北 陸 産 業 活 性 化 フォーラム 北 陸 ライフサイエンスクラスター 推 進 室 活 動 報 告 12 HIAC TOPICS/ 財 団 の 事 業 の 取 り 組 み 紹 介 について 15 賛 助 会 員 ズームアップ #27 18 株 式 会 社 近 鉄 都 ホテルズ( 金 沢 都 ホテル) 第 1 部 基 調 講 演 地 域 に 根 ざす 地 中 熱 技 術 - 論 理 を 考 え 強 みを 活 かし 繋 ぐ 開 発 実 用 の 現 状 と 今 後 講 演 者 のご 紹 介 兼 福 井 大 学 産 学 官 連 携 本 部 客 員 教 授 福 井 地 中 熱 利 用 研 究 会 会 長 宮 本 重 信 氏 1987 年 から 福 井 県 庁 で 融 雪 の 研 究 開 発 を 始 め 地 中 熱 蓄 熱 などを 利 用 した 道 路 橋 梁 建 築 空 調 の 省 エネ ルギー 施 設 を 多 く 実 用 化 県 庁 退 職 後 環 境 省 やNEDOの 競 争 的 研 究 資 金 を 得 て 福 井 大 学 産 学 官 連 携 本 部 特 命 教 授 として ビルや 戸 建 て 住 宅 の 杭 井 戸 利 用 の 空 調 システムの 実 用 化 開 発 を 企 業 と 共 同 で 実 施 土 木 学 会 技 術 開 発 賞 環 境 賞 などを 受 賞 最 近 話 題 になっているクラスターのように それぞれが 持 つ 強 みを 繋 ぐことは 大 事 だと 思 い タイトルに 強 みを 活 かし 繋 ぐ と 入 れたのですが その 後 本 質 的 な 論 理 性 や 合 理 性 が 基 本 にあるということの 方 がもっと 大 切 なん じゃないか とつくづく 考 えました 強 みを 活 かして 繋 ぐ だけでは 破 綻 してしまうこともある やっぱり 論 理 的 な 背 景 を 持 つものが 現 実 となっていくのだと 思 います それではまず 地 中 熱 にとっての 論 理 とは 何 か? 熱 は 作 るより 運 んでくる 方 が 省 エネになります 融 雪 の 場 合 1 m3の 雪 を100% 溶 かすには1lの 灯 油 が 必 要 です 水 を 使 う 場 合 0 以 上 の 水 温 があれば 溶 けますが 大 量 の 水 が 必 要 になります 暖 房 では 温 度 は 常 温 よりちょっとプラ スでいいので ヒートポンプの 運 動 エネルギーを 上 手 に 使 うと 言 うのはまあ 合 理 的 です 地 中 熱 は 杭 から 杭 に 循 環 させるためのわずかなエネルギー 例 えば5Wのポンプで 200Wの 熱 量 が 取 れるというように エネルギー 的 に 非 常 に 有 利 です 地 中 熱 利 用 のポイントと 言 うのは エアコ ンが 使 っている 空 気 に 比 べて 冬 暖 かく 夏 は 冷 たく また 空 気 ほどではありませんが 非 常 に 身 近 なところにある という 点 です 一 方 問 題 は 集 熱 のために 穴 を 掘 ったりす るなど 初 期 費 用 が 嵩 んでしまうことです その 初 期 費 用 を 如 何 に 安 く 出 来 るかがポイントになります ところで 地 面 の 中 の 熱 と 言 うのは 放 射 熱 や 日 射 熱 が 入 ってきてそれがあるバランスで 地 面 の 中 に 蓄 えられたも のです 地 面 の 中 は 体 積 当 たりで 水 の72%くらいの 熱 容 量 を 持 っていますので 非 常 に 大 きな 熱 量 が 溜 まります ただし 熱 の 伝 わり 方 はあまりよくありません 地 中 に 溜 まった 熱 は 年 間 の 平 均 気 温 にほぼ 等 しく 熱 をそのまま 使 Ishikawa Toyama Fukui Hokuriku 表 紙 画 像 TOYAMAキラリ( 富 山 県 富 山 市 ) 意 匠 設 計 は 隈 研 吾 氏 によるもので 外 壁 にはガラスやアルミ 御 影 石 を 使 用 しており 立 山 連 峰 をイメージしている 市 街 地 再 開 発 事 業 として 平 成 27 年 8 月 にオープンした 複 合 施 設 で 富 山 市 ガラ ス 美 術 館 富 山 市 立 図 書 館 本 館 富 山 第 一 銀 行 本 店 などが 入 居 HIAC NEWS vol.96 01

3 第 2 回 サステナブルテクノロジーセミナー 地 中 熱 地 下 水 熱 利 用 の 現 状 と 課 題 ~ 今 後 の 事 業 化 普 及 促 進 に 向 けて~ 基 調 講 演 うことも 出 来 るし また 熱 を 溜 めるようなことも 可 能 な 材 料 です 実 は 地 面 の 中 というのは 極 端 に 地 域 性 があるも ので 元 々 河 川 から 流 れてきた 砂 利 が 平 野 を 作 る 形 成 過 程 のどこに 位 置 するかによって 特 性 が 大 きく 変 わります 地 中 熱 の 利 用 は 地 元 でクラスターを 作 るとか 色 々やって 工 夫 しながら 考 えなければならないテーマです 昭 和 63 年 頃 15 の 地 下 水 を 汲 み 上 げて 歩 道 で 熱 交 換 させ その 後 車 道 に 散 水 する 仕 組 みを 作 りました 国 内 初 のシステムでした これは 非 常 に 合 理 的 でした 歩 道 の 放 熱 管 は 車 が 上 を 通 らないので 浅 く 設 置 することが 出 来 無 散 水 で 効 率 的 に 歩 道 の 雪 を 溶 かして 歩 きやすくすること が 出 来 ます 冷 えた 水 は 車 道 に 撒 いて 直 接 熱 交 換 させるこ とで 雪 を 溶 かし また 車 が 通 るとシャーベット 状 の 雪 を 跳 ね 飛 ばして 広 範 囲 の 雪 を 溶 かすことが 出 来 る このよう にとても 理 にかなった 仕 組 みだったからこそ このシステ ムは 北 海 道 を 除 く 全 国 に 広 がりました ています しかし 降 雪 センサーで 制 御 している 既 存 の 設 備 を 積 雪 センサーで 運 転 すれば 安 い 地 下 水 をもっと 有 効 活 用 できるはずです 節 電 にもなります 冷 暖 房 にも 使 える 有 効 資 源 の 地 下 水 を 無 駄 に 撒 きながら 一 方 で 規 制 を 掛 け るというのは 論 理 的 ではありません ハーモニーホール それから 温 暖 化 でしょうか だんだん 雪 が 降 らなくなっ てきたので 地 中 熱 を 使 った 冷 暖 房 をヒートポンプとエネ ルギーパイルを 使 って 始 めました 成 績 係 数 COPは 夏 3.5 ( 空 気 熱 では3 以 下 ) 冬 は3 近 く( 空 気 熱 では2くらい) 出 ます 普 通 のエアコンでは 性 能 が 出 ません これは 深 夜 電 力 蓄 熱 方 式 を 取 っており 当 時 12 年 ほどで 償 却 できると 試 算 されていました 福 井 平 野 は 砂 層 とか 粘 土 層 の 下 20mの 深 いところに 砂 利 層 があります このように 非 常 に 透 水 性 が 高 い 砂 利 層 であっても 導 水 勾 配 がほとんど 無 いため 年 間 1m 位 しか 流 れていません こういう 地 域 で 地 下 熱 を 利 用 すると 地 下 水 の 流 れが 無 いものですから 熱 を 使 った 後 に 地 面 がだん だん 冷 えてしまいます ですから どちらかというと 福 井 は 蓄 熱 に 適 していると 考 えられます また 北 陸 は 湿 度 が 高 いので 空 気 熱 源 を 使 うヒートポンプのエアコンは 霜 がつ いて 性 能 が 出 ません そのため この 地 域 では 地 中 熱 を 使 ったヒートポンプが 有 効 と 考 えられます これらが 全 体 の 論 理 的 な 背 景 となります 以 下 いくつかの 事 例 を 紹 介 します 次 は 論 理 的 ではなかった 話 です 当 時 融 雪 装 置 を 運 転 管 理 している 土 木 事 務 所 では 降 雪 センサーで 雪 が 降 って いるかどうかを 見 て 制 御 していました これはおかしい 雪 が 降 っても 積 もっていない 時 に 水 を 出 すのは 勿 体 ない 路 面 に 雪 があるかどうかを 見 るべきです それで 積 雪 セン サーを 作 り 路 面 に 雪 があるかどうかを 見 てフィードバッ ク 制 御 する 本 来 あるべき 姿 にしました そうすると 水 の 使 用 量 が1/3に 減 り 日 中 の 運 転 時 間 は1/7になりました 今 では IT 化 されネットワークでつないで 画 像 で 判 断 し 運 転 制 御 するところまで 来 ています 少 し 余 談 ですが 今 あちこちで 地 盤 沈 下 のために 新 しい 井 戸 の 掘 削 が 規 制 され 上 図 は 福 井 のハーモニーホールです 無 散 水 融 雪 装 置 で 同 じ 放 熱 管 が 通 っていますが 深 さが 違 います 深 くて 熱 抵 抗 が 大 きいと 溶 けるスピードが 遅 く 雪 が 残 ってしま います この 実 験 で4cmの 深 さであれば 強 度 的 に 車 が 乗 って も 大 丈 夫 という 結 果 が 得 られました また 福 井 は 南 条 の 鉱 山 で 採 れる 珪 石 が 使 えます 珪 石 は 熱 伝 導 率 が 普 通 の 石 の3 倍 くらいありますので 熱 抵 抗 が 小 さくなり 低 温 でも 1 平 方 メートル 当 たりのワット 数 が 稼 げ 性 能 が 出 やすく なります 次 に 低 コスト 化 を 目 的 に 建 物 を 建 設 する 際 の 基 礎 杭 と 組 み 合 わせる 方 法 を 考 えました 基 礎 杭 の 中 に 細 いパ イプを 通 すことで 非 常 に 安 価 に 設 置 できます 25 年 ほど 前 福 井 県 立 大 学 を 建 てる 時 に 職 員 住 宅 に 設 置 しました 積 雪 センサーと 組 み 合 わせて 今 でもほとんどメンテナン スすることなくうまく 稼 動 しています 02 HIAC NEWS vol.96 HIAC NEWS vol.96 03

4 第 2 回 サステナブルテクノロジーセミナー 地 中 熱 地 下 水 熱 利 用 の 現 状 と 課 題 ~ 今 後 の 事 業 化 普 及 促 進 に 向 けて~ 事 例 紹 介 第 2 部 事 例 紹 介 電 力 半 減 を 切 り 口 にした ダントツの 生 産 改 革 コマツ 粟 津 工 場 生 産 技 術 部 管 理 課 主 幹 戸 井 良 広 氏 今 日 は 地 下 水 熱 にあまり 関 係 無 い 内 容 も 多 く 含 まれてお りますが 背 景 も 含 めどのような 活 動 を 進 めてきたかとい うことをお 話 しします 活 動 の 背 景 として コマツは 従 来 からCO 2 削 減 等 によ る 環 境 負 荷 低 減 を 進 めてきましたが 2011 年 の 震 災 を 契 機 に 全 社 活 動 として 大 幅 な 生 産 性 向 上 による2010 年 夏 比 で2015 年 度 電 力 ピークの50% 削 減 を 目 標 に 掲 げまし た 切 り 口 は 見 える 化 ( 省 エネ) 生 産 性 向 上 創 エネで これらの 対 策 を 行 って 目 標 達 成 を 目 指 します 2011 年 当 時 粟 津 工 場 の 建 屋 は 築 50 年 以 上 の 建 物 が6 つもあり 断 熱 性 が 低 い 柱 間 隔 が 狭 い 等 生 産 性 向 上 を 阻 む 様 々な 課 題 を 抱 えていました 中 々 単 独 の 老 朽 建 屋 更 新 では 投 資 回 収 出 来 ないのですが 新 技 術 導 入 による 生 産 性 向 上 建 屋 面 積 削 減 による 電 力 削 減 等 と 併 せて 充 分 に 投 資 回 収 可 能 であると 判 断 しました 橋 は 冬 季 の 凍 結 防 止 が 重 要 です 橋 台 のところに 鋼 管 杭 を 打 つ 現 場 で 融 雪 のシミュレーションをしたところ 杭 が 大 きくて 密 に 入 っているので 熱 干 渉 を 起 こして 冬 融 雪 で 地 中 熱 を 使 ったら 夏 まで 冷 たいことが 分 かりました 逆 に 言 えば 夏 蓄 熱 しておけば 冬 まで 持 つということになりま す そのアイデアを 思 いついて 実 際 にやってみたところ 冬 場 の 直 前 でも28 くらいの 温 度 がキープされました これで 十 分 に 融 雪 に 使 うことが 出 来 ます 熱 を 長 期 保 存 するこのような 効 果 は 短 い 杭 をたくさん 並 べることでも 得 られることを 札 幌 での 実 験 で 確 認 し その 効 果 を 利 用 し て 設 計 されたのが 幸 橋 です 11 月 末 で31.5 の 蓄 熱 がさ れていることが 確 認 でき パワフルに 融 雪 出 来 ると 期 待 さ れています いい 話 ばかりではなく 失 敗 もしました 打 撃 杭 で 漏 水 が 起 きたこともあります それで 上 からどんどん 水 を 入 れていました その 後 水 位 を 地 下 水 位 まで 下 げれば 良 い と 言 うことに 気 付 いて 今 はそうやっています 他 にも コンクリートのひび 割 れ 補 修 からアイデアを 得 た ケイ 酸 ソーダを 用 いた 漏 水 防 止 セメントから 溶 け 出 したカルシ ウムによる 目 詰 まりや 腐 食 の 防 止 基 礎 杭 にU 字 管 を 通 す 工 法 の 開 発 などをやってきました 福 井 にたくさんある 帯 水 層 の 利 用 も 考 えました 鉄 分 が 多 くて 現 在 は 未 利 用 なの ですが 昔 は 使 っていました 身 近 な 環 境 は 利 用 してこそ 保 たれます 里 山 里 海 と 同 じで 積 極 的 に 無 駄 なく 使 うことが 重 要 です 規 制 ばかりの 環 境 政 策 ではなく 地 下 水 には 地 下 水 の 特 性 に 合 わせた 使 い 方 を 考 えること これ が 合 理 的 な 考 えだと 思 います また 杭 とヒートポンプ 夏 場 の 温 排 水 と 給 湯 など 異 分 野 業 種 と 建 物 の 様 々な 設 備 を 繋 ぎ 共 生 することが 重 要 で こういうことはクラスター 化 に 繋 がっていくことだと 思 います 最 後 に 大 局 的 に 論 理 的 であるかということがやっぱり 大 切 だと 思 います ただ そうであっても 失 敗 します そ れはディテール 細 部 で 失 敗 します しかし 失 敗 から 学 ぶと 神 は 細 部 に 宿 ります これが 私 のこれまでの 経 験 から 得 たものです 我 々の 工 法 をもっと 広 めたいのですが 設 計 が 面 倒 でコンサルタントの 儲 けに 繋 がらないという 側 面 があります また 民 間 への 普 及 を 促 進 するに 当 たり 地 中 熱 地 中 蓄 熱 は 利 用 対 象 地 盤 環 境 地 下 水 などの 条 件 に 最 適 なものを 選 ぶ 必 要 があり そこまでやらないと 補 助 金 を 取 っても 中 々 採 算 が 合 わないということもあります まだ 発 展 の 余 地 の 多 い 技 術 でもありますので 異 分 野 の 方 とも 共 生 して 繋 ぎ 繋 がっていきたいと 思 います ありがと うございました ています 深 さ70mから 汲 み 上 げた ほぼ 通 年 で17 の 地 下 水 から 熱 を 移 した 水 を 建 設 機 械 のラジエーターに 通 して 温 調 しています 実 験 データでは 夏 33 の 外 気 をラジエーターに 通 すことで24 の 冷 風 が 得 られました 地 下 水 熱 空 調 を 採 用 したことで 従 来 の 空 調 の 消 費 電 力 を 100として36%ほどになると 試 算 しております ただし これは 成 層 空 調 も 含 めての 数 字 ですし また 空 調 には 断 熱 性 能 や 機 密 性 能 空 調 面 積 なども 大 きく 効 きますので そ れらを 全 て 含 んだ 効 果 であることはご 留 意 下 さい 新 組 立 工 場 は ダントツの 環 境 性 能 と 生 産 性 を 合 わせ 持 つ 未 来 を 見 据 えた 次 世 代 組 立 工 場 とのコンセプトを 掲 げ 面 積 生 産 性 2 倍 90% 以 上 の 購 入 電 力 削 減 を 目 指 す ことを 決 めました 新 組 立 工 場 の 特 徴 は 柱 間 隔 の 広 い 空 間 と 全 面 地 下 ピッ トを 持 つ 構 造 です これにより 通 常 柱 伝 いに 走 る 配 線 配 管 や 空 調 のダクト 配 電 盤 などを 地 下 に 置 くことで 段 差 の 無 い 広 々とした 空 間 を 実 現 出 来 ます 他 にもいろいろな 理 由 があるのですが 全 面 地 下 ピットを 採 用 した 一 番 の 目 的 は 床 上 2~3mの 人 がいる 領 域 だけを 重 点 的 に 空 調 す る 成 層 空 調 を 行 うことでした この 空 調 に 地 下 水 熱 を 使 っ 他 にも 組 立 ラインの 生 産 性 向 上 バイオマス 蒸 気 ボイラ 発 電 システムの 導 入 による 創 エネなども 粟 津 工 場 では 採 用 し 購 入 電 力 量 は 計 画 通 り 約 90%( 対 2010 年 度 )の 削 減 ができる 見 込 みです 04 HIAC NEWS vol.96 HIAC NEWS vol.96 05

5 第 2 回 サステナブルテクノロジーセミナー 地 中 熱 地 下 水 熱 利 用 の 現 状 と 課 題 ~ 今 後 の 事 業 化 普 及 促 進 に 向 けて~ 研 究 紹 介 第 3 部 研 究 紹 介 土 のヒートパイプ 現 象 を 利 用 した 地 表 - 地 中 間 の 熱 輸 送 装 置 富 山 県 での 地 下 水 熱 利 用 の 現 状 石 川 県 立 大 学 環 境 科 学 科 農 地 環 境 学 研 究 室 准 教 授 百 瀬 年 彦 氏 富 山 大 学 理 工 学 研 究 部 地 球 生 命 環 境 科 学 専 攻 教 授 上 田 晃 氏 概 要 パイプ 内 を 真 空 にして 揮 発 性 液 体 を 封 入 して 作 られるヒートパイプは 非 常 に 高 い 熱 輸 送 能 力 を 持 つ 熱 輸 送 に 電 力 を 必 要 としない 等 優 れた 性 質 を 持 ち 地 中 熱 を 利 用 した 融 雪 技 術 として 実 用 化 もされている 百 瀬 准 教 授 は 夏 に 地 上 の 高 温 を 地 中 に 逃 がす 性 質 を 持 つ 土 のヒートパイプ 現 象 を 見 出 し 畜 舎 の 冷 房 や 都 市 冷 却 としての 実 用 化 に 向 けての 研 究 を 進 めている 本 セミナーでは この 現 象 を 示 す 試 作 モデルを 用 いた 実 験 結 果 が 紹 介 され 気 温 27 の 地 表 面 に20 の 冷 熱 源 を 実 現 出 来 る 可 能 性 が 示 された ヒートパイプBACHによる 未 利 用 熱 活 用 の 可 能 性 - 浅 層 地 中 熱 やボイラ 廃 熱 利 用 融 雪 の 紹 介 - 概 要 富 山 県 は 地 下 水 が 豊 富 なので 地 中 熱 ヒートポンプは 低 コストの 開 放 型 が 適 しているが 環 境 への 影 響 評 価 が 必 要 となる 川 田 工 業 が 最 初 に 導 入 し6 割 の 電 力 削 減 に 成 功 した 実 績 などから 富 山 県 では 未 利 用 エネルギーである 地 下 水 熱 の 地 域 の 資 源 に 合 わせた 有 効 活 用 を 推 奨 している これが6 月 に 発 足 した 富 山 県 地 中 熱 利 用 研 究 会 に 繋 がっ ている 上 田 教 授 からは 研 究 会 初 代 会 長 の 立 場 から 地 中 熱 利 用 の 理 解 促 進 や 人 材 育 成 について 富 山 大 学 教 授 の 立 場 から 専 門 の 地 球 化 学 的 解 析 や 化 学 成 分 分 析 等 を 用 いた 環 境 評 価 についての 紹 介 があった また 北 陸 3 県 にまたがる 広 域 の 地 中 熱 利 用 促 進 の 将 来 構 想 も 紹 介 された 福 井 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 機 械 工 学 専 攻 教 授 永 井 二 郎 氏 交 流 会 の 開 催 基 調 講 演 研 究 紹 介 に 続 き 講 師 と 参 加 者 による 交 流 会 を 開 催 し 大 学 企 業 から30 名 が 参 加 しました 交 流 会 では 大 学 企 業 間 の 情 報 交 換 を 行 いニーズ シーズのマッチングが 行 なわれ ました 概 要 従 来 型 のヒートパイプは 熱 輸 送 量 や 熱 移 動 量 に 限 界 があ り それゆえに 実 用 対 象 が 限 られてしまうという 課 題 を 持 っているが 永 井 教 授 らが 開 発 した 気 泡 駆 動 型 循 環 式 ヒートパイプ(BACH)はこれらの 課 題 のいくつかを 改 良 することに 成 功 している こ のBACHが 冬 季 の 消 火 活 動 の 妨 げとなっていた 防 火 水 槽 の 蓋 の 融 雪 で 良 好 な 結 果 を 出 し 実 用 化 に 至 っていること が 紹 介 された 他 にもBACHの 原 理 を 活 かしてトップヒートを 実 現 したヒートパイプによる ボイラ 廃 熱 を 利 用 し た 融 雪 の 実 証 試 験 の 結 果 も 報 告 され ノーメンテナンスで2シーズン 良 好 に 作 動 したことが 紹 介 された 06 HIAC NEWS vol.96 HIAC NEWS vol.96 07

6 北 陸 産 業 活 性 化 フォーラム 北 陸 産 業 活 性 化 フォーラム フ ォ ー ラ ム 北 陸 産 業 活 性 化 フォーラム 開 催 日 : 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 金 ) 参 加 人 数 :73 名 共 催 :NPO 法 人 北 陸 ライフケアクラスター 研 究 会 ほくりく 先 端 複 合 材 研 究 会 北 陸 マイクロナノプロセス 研 究 会 ほくりく 環 境 バイオマス 研 究 会 後 援 : 中 部 経 済 産 業 局 電 力 ガス 事 業 北 陸 支 局 北 陸 経 済 連 合 会 ワーク を 構 築 することによって 従 来 のマッチング 手 段 では 実 現 できなかった 信 頼 性 と 情 報 開 示 度 も 高 く 候 補 企 業 を 網 羅 的 に 集 めることが 可 能 となり 大 企 業 と 中 小 企 業 の 距 離 を 一 気 に 縮 めることに 成 功 しています いたり ある 企 業 は 社 長 だったりと 結 局 窓 口 によって 数 人 コンタクトをとってもなかなか 情 報 が 出 なかったりするの で キーパーソンに 今 繋 がっているかどうかということは 非 常 に 重 要 だと 思 います また 情 報 や 技 術 を 盗 られるな ど 技 術 プロテクトの 問 題 がありますので 大 手 企 業 がいき なりコールドコールしても できるのにできないと 言 った りなかなか 本 音 は 出 ません そういった 意 味 でこの4つの 壁 を 越 えるためにサポートできるのがやはりリンカーズに なります 今 回 のフォーラムでは 基 調 講 演 として リンカーズ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 Founder&CEOの 前 田 佳 宏 氏 をお 招 きし ご 講 演 いただきました 講 演 後 共 催 のNPO 法 人 北 陸 ライフケアクラスター 研 究 会 ほくりく 先 端 複 合 材 研 究 会 北 陸 マイクロナノ プロセス 研 究 会 ほくりく 環 境 バイオマス 研 究 会 との 合 同 企 画 による 異 分 野 連 携 交 流 会 を 開 催 しました 基 調 講 演 マッチングビジネスがもたらす 地 域 産 業 の 活 性 化 リンカーズとは リンカーズ 株 式 会 社 リンカーズでは 技 術 探 索 製 品 探 索 人 の 探 索 におい てどうしても 自 力 で 探 すことが 難 しく 自 前 では 限 界 がある といった 発 注 者 に 代 わって 全 国 から 優 れた 中 小 中 堅 企 業 ベンチャー 企 業 大 学 の 技 術 製 品 を 探 すサービスを 行 っています トヨタ 自 動 車 大 和 ハウス 工 業 パナソニッ クなどの 大 手 企 業 や100 億 円 程 度 の 売 上 の 中 堅 企 業 に 幅 広 く 利 用 していただいております 国 内 初 人 づてを 束 ねた 口 コミネットワーク を 構 築 これまでのモノづくり 産 業 におけるマッチングの 手 段 は ウェブ 検 索 展 示 会 人 づて データベース 検 索 の4 つに 限 られており 決 してマッチング 成 功 率 は 高 いとは 言 代 表 取 締 役 Founder&CEO 前 田 佳 宏 氏 えませんでした 人 づては 信 頼 性 は 高 いですが 網 羅 性 には 欠 けますし データベース 検 索 ウェブ 展 示 会 は 網 羅 性 は 高 いですが 情 報 は 劣 化 し 検 索 してどこかの 企 業 が 出 て きても 本 当 に 信 頼 できるかどうかは 分 かりません このよ うにこれまでは 網 羅 性 信 頼 性 情 報 開 示 度 すべて 高 い 探 索 手 段 は 存 在 していなかったわけです 1 年 程 前 に 約 100 件 程 案 件 をいただき 探 索 したのです が 1 番 フィットする 最 優 秀 中 小 企 業 のロケーションが 日 本 全 国 に 分 散 していました それはもちろん 全 国 に 色 々な 優 秀 な 企 業 があるからですが 裏 を 返 せば 展 示 会 商 談 会 あるいは 人 づてのような 狭 い 範 囲 のマッチングの 成 功 率 は 極 めて 低 く もし 本 当 に 成 功 率 を100%に 近 づけたい と 思 ったら 日 本 全 国 のあらゆる 企 業 に 繋 がるネットワーク を 作 る 必 要 があると 思 いました そこで リンカーズは 全 国 のコーディネーターや 目 利 きの 方 約 1,300 名 から 成 る 人 づてを 束 ねた 口 コミネット 目 利 き 役 には 主 に 自 治 体 自 治 体 の 外 郭 団 体 商 工 会 議 所 銀 行 民 間 第 3セクターの 団 体 大 学 の 産 学 官 連 携 本 部 など 地 元 の 企 業 をよく 知 っている 方 約 300 機 関 1,300 名 の 方 にご 参 画 いただきネットワークを 作 っていま す また リンカーズは マッチング 成 約 率 90% 以 上 リピー ト 率 は70% 以 上 を 誇 っています その 理 由 は 候 補 企 業 の 網 羅 性 が 極 めて 高 い ことと 非 公 開 情 報 にアクセスし やすい ということです リンカーズに 来 るモノづくりの 案 件 というのは ブレイクスルーするためのラストワン ピースの 技 術 がない または 見 つからない そういった 案 件 が 多 くなっています 携 帯 電 話 ひとつにしても 何 十 万 何 百 万 通 りもスペックがあり 必 ずしもそのすべてのスペッ クが 地 元 で 有 力 と 言 われる 企 業 ができるわけではありませ ん その 中 の1スペックが 得 意 な 企 業 に 大 手 企 業 がピンポ イントでなかなか 辿 り 着 けないと 思 います 日 本 の 産 業 は 信 頼 で 成 り 立 っているところも 多 く いかに 地 元 に 顔 の 利 いた 人 に 間 に 入 ってもらうかで 反 応 も 大 きく 変 わってきま す 特 許 や 学 会 論 文 などでも 公 開 したくないような 研 究 開 発 中 の 情 報 でもやはり 地 元 に 顔 の 利 いた 人 を 介 すること で 地 元 人 同 士 の 日 常 会 話 などから 通 常 知 りえない 非 公 開 情 報 も 共 有 されたりとアクセスしやすくなるのです 結 局 発 注 者 の 大 手 企 業 から 考 えた 場 合 最 適 なパート ナーに 出 会 うために 越 えられない 壁 が4つあり それが 1 候 補 企 業 の 網 羅 性 の 壁 2 非 公 開 情 報 へのアクセスの 壁 3 キーパーソン4 有 力 候 補 企 業 から 本 音 の 回 答 が 得 られるか どうかです キーパーソンは 中 小 中 堅 企 業 のなかでも 違 う と 思 いますが ある 企 業 は 情 報 開 示 の 権 限 を 部 長 が 握 って リンカーズの 検 索 プロセス 守 秘 義 務 契 約 を 結 んだコーディネーターに 発 注 情 報 を 一 斉 配 信 し その 発 注 情 報 に 対 して 推 薦 する 企 業 の 情 報 が 集 まってきます コーディネーターしか 見 れない 条 件 ある いはその 先 の 企 業 にも 出 していい 条 件 という 風 に 探 索 条 件 は 分 離 しています 東 京 のある 産 業 支 援 機 関 では 日 本 全 国 の 有 力 な 企 業 約 1,300 社 をネットワーク 化 しているのですが そこは 共 有 した 条 件 をグルーピングした 企 業 に 投 げて 手 を 挙 げてもら うという 手 段 をとっています 信 頼 できる 企 業 にだけ 共 有 して 手 を 挙 げてもらう そういった 意 味 で 目 利 きの 能 力 というのはそれこそなくても 実 は 繋 がっていくのです また モノづくりのマッチングの 自 動 化 はこれまで 不 可 能 と 思 われていたのですが ほぼ8 割 9 割 自 動 化 していま す 例 えば 最 初 の 条 件 で 全 国 から50 社 集 まり 次 の 選 考 段 階 でまた 条 件 をいくつか 追 加 します そうやって 段 々と 絞 り 込 んでいく 方 法 です そして 最 終 2.3 社 位 に 絞 った 段 階 で 発 注 者 と 受 注 者 が 守 秘 義 務 契 約 を 結 び そこではじ めて 発 注 者 の 名 前 が 受 注 者 に 開 示 されて 細 かい 図 面 を 出 し たり 工 場 を 見 てやっと1 社 に 絞 られる 仕 組 みになっていま す 08 HIAC NEWS vol.96 HIAC NEWS vol.96 09

7 北 陸 産 業 活 性 化 フォーラム 北 陸 産 業 活 性 化 フォーラム これはくじ 引 きの 理 論 と 一 緒 だと 思 っていて 最 初 のく じ 引 き 箱 のなかに 大 吉 があるかどうかって 凄 く 重 要 です 大 吉 が 入 っていないくじ 引 き 箱 からどんどん 頑 張 って 出 そ うとしているのがこれまでのマッチングの 方 法 の 大 半 だと 思 っています リンカーズは 必 ずしも100%だとは 言 い 切 れませんが 90% 近 くは 大 吉 が 入 っているくじ 引 き 箱 を 最 初 に 持 っていて 絞 り 込 みの 細 かい 仕 組 みを 作 って 大 吉 が 落 ちてくるようにしています また 探 索 プロセスにおいて 我 々が 一 番 重 要 視 している のは 落 選 した 企 業 にも また 次 回 からも 頑 張 っていただ くというところで リンカーズでは 落 選 レポートというも のを 作 っています どのステージで 落 選 したか 他 社 との 比 較 従 業 員 数 や 資 本 金 落 選 理 由 のコメントなどが 書 き 込 まれており 他 社 と 比 較 してどこが 良 くて 悪 いのかが 分 かるようになっています これはもちろん 無 償 で 提 示 して います また コーディネーターへは 毎 月 サマリーレポートを 提 出 しています 提 案 数 や 選 定 残 存 数 最 終 決 定 数 などをポ イント 制 にしており 獲 得 したポイントは 現 金 や 相 当 の サービスに 変 えることができます これは 有 償 で 行 ってい ます 発 注 者 が 我 々にお 金 を 払 う 代 わりに 探 索 しているわ けですから 責 任 を 持 たせるためにも 有 償 にすることが 重 要 だと 思 っていて 皆 に 責 任 を 負 ってもらい 必 至 でベストサ プライヤーを 選 び 出 す そのくらいの 気 概 がないと 私 はモ ノづくりのマッチングは 上 手 くいかないと 思 います 探 索 事 例 いままで 数 々の 案 件 を 探 索 してきましたが バンダイナ ムコからの 案 件 は 音 響 設 計 のノウハウを 持 っている 段 ボールメーカーの 探 索 でした 当 時 バンダイナムコは 防 音 室 の 開 発 製 作 メーカーを 探 していたのですが 防 音 室 は30dB~40dBまで 遮 音 できなければ 近 所 に 聞 こえてし まう 上 に 30dBまで 下 げようとすればコストは80 万 円 近 くかかってしまいそれでは 若 者 は 買 えません そこでマー ケティング 調 査 を 行 った 結 果 5 万 円 なら 買 うという 結 果 が 出 ました それで 段 ボールや 安 い 素 材 を 使 った5 万 円 の 防 音 室 は 作 れないかということでリンカーズに 話 が 来 まし た 段 ボールメーカーのなかで 音 響 設 計 のノウハウを 持 っ ているメーカーを 探 したところ 面 白 い 段 ボールメーカーが 約 30 社 ほど 出 てきたのですが その 中 に 神 田 産 業 という 企 業 を5 人 のコーディネーターが 推 薦 していました すぐ にホームページを 検 索 しましたが 一 切 音 響 設 計 のノウハウ を 持 っているとは 書 かれておらず 単 なるダンボールメー カーだということしかホームページでは 分 からなかったの です しかし 神 田 産 業 は 当 時 ヤマハ 向 けに 超 ハイエンド な 段 ボール 防 音 室 を 開 発 していて ダンボールは 断 面 がハ ニカム 構 造 で 高 強 度 低 コスト 軽 量 と 大 変 優 れたダン ボールで 天 井 壁 にも 使 えるためゼネコンと 天 井 壁 の 研 究 開 発 も 行 っていたのです もちろんそういった 情 報 は 一 切 ホームページには 載 っておらずウェブ 検 索 しても 一 切 出 て きませんでした しかし5 人 のコーディネーターはこの 事 実 を 知 っていたのです そこからすぐに 神 田 産 業 へ 連 絡 を とってみるとやはりそういったノウハウがあって 工 場 の なかには 音 響 室 もありました それから3か 月 で 量 産 が 始 まり 今 では2 億 円 位 の 売 上 になっています 3つのブースター 短 期 間 での 成 長 をドライブするにはやはりブースターが 必 要 だと 思 っています リンカーズは2012 年 4 月 に 立 ち 上 げてゼロベースでスタートしております 創 業 直 後 に 一 番 最 初 のブースターである 東 北 経 済 連 合 会 に 業 務 提 携 して いただき 今 はウェブ 展 示 会 場 となっている eexpo を 立 ち 上 げました eexpo 立 ち 上 げのなかで コーディネーター のネットワークが 東 北 で 出 来 上 がっていましたので リン カーズの 成 功 事 例 を 作 り 2013 年 頃 に ジャフコとDBJキャ ピタルに 持 っていったところ2 億 数 千 万 円 投 資 していただけ ました リンカーズに 入 ってくる 大 手 企 業 の 案 件 を 紹 介 し ていただいたのは 日 本 能 率 協 会 コンサルティングで 最 初 の5 案 件 は 全 てそちらに 紹 介 していただきました その5 案 件 は 全 て 成 功 して 現 在 量 産 に 至 っています 実 はそういっ た3つのブースターがあります 日 本 モノづくり 株 式 会 社 の 設 立 ~ 真 の 地 方 創 生 を 目 指 す~ リンカーズで 選 ばれた 優 秀 な 中 小 企 業 や 地 元 のグローバ ルニッチトップ 企 業 などたくさんの 優 秀 な 企 業 を 束 ねて 日 本 の 面 白 い 技 術 製 品 をオールジャパンとしてもっと 海 外 に 売 り 込 んでいきたいと 考 えています 米 国 企 業 からの 案 件 はjapanpassing( 日 本 素 通 り)でアジアや 中 国 の 深 圳 (シンセン)に 流 れてしまっていますが それはやはり 日 系 企 業 の 情 報 が 殆 ど 日 本 語 でしか 存 在 しておらず 英 語 やドイ ツ 語 しか 分 からない 欧 米 の 企 業 が 日 本 の 技 術 を 探 すのは 難 しく 日 本 に 優 秀 な 技 術 があると 気 づいてない 欧 米 の 人 も 多 いのだと 思 います 一 方 で ロボティクス 産 業 やメディ カル 航 空 宇 宙 などまだまだ 日 本 には 強 い 分 野 が 残 されて いますから そこをきっかけにモノづくり 日 本 の 復 権 をし ていきたいと 考 えています 日 系 メーカーの 空 いている 量 産 ラインをIoTで 伝 えて 利 用 すれば 安 く 生 産 でき 発 注 情 報 があればネットワークも 作 りやすいですから そこから 二 次 発 注 三 次 発 注 と 広 がっていく 簡 単 ではないですが そうやってSmartFactoryを 作 っていきたいと 考 えていま す リンカーズと 大 手 商 社 が 組 んで 営 業 マーケティング で 海 外 に 売 り 込 んでいき 研 究 開 発 を 有 力 中 小 企 業 と 大 手 企 業 大 学 あるいは 公 設 試 と 組 んでやっていく 技 術 プロ テクトの 部 分 は 大 手 企 業 や 大 手 メーカーであればどんどん 消 費 者 がついて 海 外 に 持 ち 込 まれますが 中 小 企 業 となる とどうしても 日 本 に 残 されていってしまうのでオールジャ パンとして 技 術 プロテクトをやっていかなければこれは 難 しいと 思 っています プロバイダーは 大 手 商 社 からプロ ジェクトマネージャーを 派 遣 してもらい 東 京 に 東 京 ドー 異 分 野 連 携 交 流 会 ムほどの 大 きなオフィスを 作 って 地 元 中 小 企 業 の 方 にも 来 ていただき どんどん 海 外 とのやり 取 りをして プロマネ がどんどん 円 滑 に 行 われるようにしていきます また コ ミットメント 力 を 上 げるために 例 えば0.1% 出 資 をもらう というのもアリだと 思 っています そして 政 府 等 にも 出 資 をいただき このようなオールジャパン 構 想 の 窓 口 を 作 り たいと 考 えています 重 要 なのは 意 思 決 定 のスピードだと 思 います 何 をやるにしても 結 局 はTry&Errorです ひと つの 決 定 に1ヶ 月 もかかると 絶 対 にうまくいきませんので 我 々のようなベンチャー 企 業 が 大 手 あるいは 政 府 と 組 みな がら 推 進 してくというのが1 番 理 想 的 だと 思 っています 日 本 中 小 企 業 の 弱 い 部 分 は デザイン PR 力 日 本 の 中 小 企 業 は 技 術 開 発 面 は 強 いのですが 良 い 技 術 をうまくPRして 販 売 できなければ 結 局 使 われないまま に 終 わってしまいますので いかにホームページをうまく 見 せるか プレゼン 資 料 をうまく 作 れるかといったことも 重 要 だと 思 います Airbnbという 会 社 は 一 般 の 家 を 貸 し 出 すサービスいわ ゆるシェアリング エコノミーで 世 界 で 流 行 しています しかし 最 初 は 泣 かず 飛 ばずだったんです Airbnbは 途 中 から 専 門 のカメラマンを 雇 い 宿 泊 施 設 の 写 真 を 綺 麗 に 写 せるように 改 善 しています それまでは 写 真 の 写 し 方 が 悪 かったのですが そこを 変 えただけで 急 成 長 しました これは 一 例 に 過 ぎませんが 全 くその 企 業 を 知 らない 人 が ウェブで 検 索 して 見 栄 えのしないホームページではやはり 帰 ってしまいます だから 見 せ 方 というのは 非 常 に 重 要 で そういったところに 投 資 をしたほうがいいと 思 います 基 調 講 演 に 続 き 共 催 の4 研 究 会 および 後 援 団 体 から26 企 業 団 体 が 出 展 し 交 流 会 を 開 催 しました 交 流 会 では パネルや 製 品 を 展 示 し 出 展 社 によるパネルセッションを 行 いました 研 究 会 は 分 野 も 異 なっていましたが 自 社 事 業 のPRや 情 報 交 換 を 行 うなど 活 発 な 交 流 が 行 われました 10 HIAC NEWS vol.96 HIAC NEWS vol.96 11

8 北 陸 ライフサイエンスクラスター 推 進 室 活 動 報 告 北 陸 ライフサイエンスクラスター 推 進 室 活 動 報 告 地 域 イノベーション 戦 略 支 援 プログラム 中 間 評 価 健 やかな 少 子 高 齢 化 社 会 の 構 築 をリードする 北 陸 ライフサイエンスクラスター は 3 年 目 の 平 成 27 年 度 に 中 間 評 価 を 受 けた 9 月 に 中 間 評 価 自 己 評 価 報 告 書 を 提 出 し 11 月 24 日 に 文 部 科 学 省 においてヒアリングを 受 けた ヒアリングでは 福 井 プロジェクトディレクターによる 自 己 評 価 報 告 プレゼンテーションに 引 き 続 いて 5 名 の 評 価 委 員 からの 事 業 化 に 向 けた 外 部 資 金 の 獲 得 テクノマップの 活 用 とデータの 更 新 事 業 を 引 き 継 ぐ 日 本 版 アクセラレーター 設 立 の 検 討 内 容 等 についての 質 問 に 対 して 説 明 を 行 った 総 合 評 価 は SABCD 5 段 階 の 内 A 評 価 で これまでの 事 業 の 蓄 積 を 発 展 させて 順 調 に 進 捗 しており 構 築 された 知 のネットワークが 機 能 し 研 究 テーマの 成 果 が 事 業 化 につながり ベンチャー 企 業 が 設 立 されるなど 出 口 を 見 据 えた 活 動 が 行 われている 点 は 評 価 できる また 今 後 は 北 陸 3 県 間 の 密 な 連 携 による 相 乗 効 果 の 発 揮 を 目 指 し 国 際 競 争 力 強 化 地 域 として 海 外 からヒト モノ カネを 引 きつけるための 一 層 の 取 組 が 期 待 される との 良 いコメントをいただいた 人 材 育 成 の 支 援 若 手 エンジニアステップアップセミナー 人 材 育 成 事 業 として 富 山 県 立 大 学 が 主 催 する 人 材 育 成 講 座 若 手 エ ンジニアステップアップセミナー 生 物 工 学 系 コース 機 能 性 食 品 の 基 礎 と 実 際 を 学 ぶ の 開 催 にプログラム 作 成 講 師 選 定 などの 支 援 を 行 い 6 回 シリーズのセミナーが 開 催 された 若 手 エンジニアステップアップセミナーは 9 月 2 日 9 日 16 日 30 日 10 月 7 日 14 日 の6 回 シリーズで 開 催 され 企 業 の 若 手 社 員 14 名 が 参 加 し 機 能 性 の 評 価 機 能 性 食 品 の 市 場 規 模 表 示 方 法 などにつ いて 講 義 を 受 けた 受 講 者 同 士 の 情 報 交 流 ネットワーク 構 築 ができた 若 手 エンジニアステップアップセミナー 第 6 回 北 陸 ライフサイエンスクラスターシンポジウム 北 陸 発 医 療 機 器 の 創 製 を 目 指 して ~ 整 形 外 科 分 野 の 最 前 線 と 新 規 参 入 の 先 進 事 例 に 学 ぶ~ を 開 催 開 催 日 : 平 成 27 年 11 月 19 日 ( 木 ) 開 催 場 所 : 金 沢 ニューグランドホテル 銀 扇 参 加 人 数 :63 名 成 長 を 続 ける 医 療 機 器 分 野 の 中 でも 高 齢 化 社 会 に 伴 い 整 形 外 科 分 野 の 市 場 が 注 目 されており ものづくり 企 業 の 参 入 に 向 けて 整 形 外 科 分 野 における 医 療 機 器 の 現 状 課 題 や 医 工 連 携 の 最 新 の 取 組 状 況 等 の 解 説 異 業 種 から 医 療 機 器 産 業 へ の 参 入 を 果 たしている 北 陸 企 業 の 事 例 紹 介 を 内 容 としたシンポジウムを 開 催 した 内 容 基 調 講 演 1 整 形 外 科 分 野 の 先 端 医 療 と 課 題 金 沢 医 科 大 学 医 学 部 整 形 外 科 学 教 授 兼 氏 歩 氏 基 調 講 演 2 整 形 外 科 分 野 における 医 工 連 携 の 現 状 金 沢 工 業 大 学 医 工 融 合 技 術 研 究 所 所 長 工 学 部 機 械 工 学 科 教 授 新 谷 一 博 氏 事 例 紹 介 北 陸 地 域 における 医 療 機 器 分 野 への 参 入 事 例 紹 介 株 式 会 社 シャルマン 株 式 会 社 能 作 遠 隔 看 護 支 援 協 議 会 株 式 会 社 万 喜 バイオ 人 材 育 成 トレーニングコース 富 山 県 立 大 学 生 物 工 学 科 実 験 室 において 北 陸 ライフサイエンスクラス ターが 協 力 している 富 山 県 バイオ 産 業 振 興 協 会 主 催 のトレーニングコー ス 機 能 性 食 品 の 品 質 試 験 の 実 際 を 学 ぶ が10 月 22 日 23 日 に 開 催 さ れ 医 薬 品 企 業 等 の 品 質 管 理 担 当 者 8 名 が 講 義 および 実 習 を 受 けた 金 沢 医 科 大 学 兼 氏 教 授 の 講 演 金 沢 工 業 大 学 新 谷 教 授 の 講 演 医 療 関 連 産 業 参 入 セミナーin 金 沢 等 を 後 援 バイオ 人 材 育 成 トレーニングコース 国 際 技 術 動 向 調 査 ユニット 会 議 の 開 催 開 催 日 : 平 成 27 年 10 月 15 日 ( 木 )~16 日 ( 金 ) 11 月 9 日 ( 月 )~10 日 ( 火 ) 国 際 技 術 動 向 調 査 ユニットの 委 員 ( 公 財 ) 医 療 機 器 センター 医 療 機 器 産 業 研 究 所 日 吉 和 彦 氏 特 許 業 務 法 人 特 許 事 務 所 サイクス 弁 理 士 塩 澤 寿 夫 氏 を 招 き 医 療 機 器 産 業 への 新 規 参 入 戦 略 の 個 別 情 報 交 換 知 財 戦 略 と 研 究 者 の 役 割 国 際 化 への 対 応 等 についてアドバイス 等 を 得 た 経 済 産 業 省 中 部 経 済 産 業 局 電 力 ガス 事 業 北 陸 支 局 が 主 催 する 新 分 野 進 出 支 援 事 業 ( 北 陸 地 域 ライフサイエンス 産 業 創 出 支 援 事 業 )について 北 陸 ライフサイエンスクラスター 推 進 協 議 会 が 後 援 を 行 った 医 療 機 器 分 野 知 的 財 産 分 野 ワークショップin 北 陸 1 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 2 平 成 27 年 11 月 12 日 ( 木 ) 3 平 成 27 年 11 月 24 日 ( 火 ) 医 療 関 連 産 業 参 入 セミナーin 金 沢 1 平 成 27 年 12 月 7 日 ( 月 ) 2 平 成 28 年 1 月 7 日 ( 木 ) 3 平 成 28 年 1 月 27 日 ( 水 ) 医 学 研 究 シーズ 医 療 現 場 ニーズ 発 表 会 平 成 27 年 12 月 9 日 ( 水 ) 等 12 HIAC NEWS vol.96 HIAC NEWS vol.96 13

9 北 陸 ライフサイエンスクラスター 推 進 室 活 動 報 告 ハイアックトピックス HIACTOPICS 財 団 の 事 業 の 取 り 組 み 紹 介 について シリコンバレー 視 察 調 査 調 査 期 間 : 平 成 27 年 12 月 7 日 ~13 日 海 外 派 遣 : 地 域 連 携 コーディネータ 川 上 文 清 アドバイザー( 金 沢 大 学 先 端 科 学 イノベーション 推 進 機 構 教 授 ) 渡 辺 良 成 調 査 場 所 :アメリカ 合 衆 国 カリフォルニア 州 PlugandPlay NestGSV thesanjosebiocube HackerDojo B-BridgeInternational RainbowBioscience 等 医 療 機 器 バイオ 創 薬 などの 開 発 分 野 において 世 界 で 最 も 集 約 している 地 域 の 一 つである 米 国 シリコンバレー 地 区 や そ の 周 辺 に 集 積 するバイオベンチャー 関 連 機 関 等 を 訪 問 し ライフサイエンス 産 業 の 国 際 的 な 技 術 市 場 に 関 する 情 報 収 集 や 北 陸 で 開 発 を 進 める 技 術 の 導 出 や 連 携 の 可 能 性 について 情 報 収 集 を 行 い 併 せて 同 地 区 でバイオベンチャー 企 業 のス タートアップ 支 援 等 を 行 うアクセラレーター インキュベーターを 訪 問 し そのビジネスモデルを 学 ぶとともに 連 携 の 可 能 性 を 探 るため 視 察 調 査 を 行 った 産 業 技 術 総 合 研 究 所 技 術 普 及 講 演 会 開 催 日 : 平 成 27 年 11 月 17 日 ( 火 ) 開 催 場 所 :ANAクラウンプラザホテル 金 沢 参 加 人 数 :99 名 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 中 部 センターと 一 般 財 団 法 人 北 陸 産 業 活 性 化 センターは 共 催 で 標 記 講 演 会 を 開 催 しました 産 業 技 術 総 合 研 究 所 の 研 究 技 術 シーズを 広 く 普 及 するために 毎 年 開 催 しております 今 年 は 産 業 技 術 総 合 研 究 所 の4つの 研 究 テーマについて 発 表 がありました 発 表 テーマ 無 機 機 能 材 料 研 究 部 門 における 研 究 開 発 活 動 と 技 術 シーズの 紹 介 IoTを 巡 る 国 内 外 の 動 向 製 造 のロボット 化 に 関 する 知 能 システム 研 究 部 門 の 取 り 組 み マイクロ 波 プロセスで 導 くCFRPの 高 速 成 形 Hacker Dojo San Jose BioCube 平 成 27 年 度 北 陸 ライフサイエンスクラスター 推 進 協 議 会 を 開 催 開 催 日 : 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 7 階 鳳 凰 東 の 間 内 容 :27 年 度 の 活 動 報 告 について 主 な 研 究 開 発 の 進 捗 状 況 について 28 年 度 年 度 活 動 計 画 案 について 北 陸 ライフサイエンスクラスターの 推 進 母 体 である 北 陸 3 県 の 業 界 団 体 大 学 金 融 機 関 支 援 団 体 県 等 37 団 体 によ る 推 進 協 議 会 を 開 催 した 推 進 協 議 会 では 27 年 度 の 活 動 報 告 主 な 研 究 テーマの 成 果 報 告 と 28 年 度 の 事 業 推 進 計 画 について 説 明 があり 出 席 者 から 活 発 な 意 見 交 換 があり 28 年 度 の 事 業 推 進 計 画 について 合 意 がなされた 平 成 27 年 度 第 2 回 次 世 代 ロボット 研 究 会 開 催 日 : 平 成 27 年 12 月 17 日 ( 木 ) 開 催 場 所 : 金 沢 商 工 会 議 所 2 階 研 修 室 1 参 加 人 数 :49 名 北 陸 経 済 連 合 会 イノベーション 推 進 事 業 部 と 共 催 で 標 記 研 究 会 を 開 催 しました 今 回 は パワーアシストスーツの 動 向 をテーマとして アクティブリンク より 講 師 をお 迎 えし 同 社 が 開 発 した パワーアシストスーツ AWN-03 について 仕 組 みや 利 便 性 について 説 明 いただいた 後 来 場 された 方 にも 実 際 に スーツを 装 着 体 験 いただき 情 報 交 換 を 行 いました [プログラム] 講 演 1 パワーアシストスーツの 動 向 アクティブリンク 株 式 会 社 福 井 支 社 支 社 長 田 中 一 成 氏 講 演 2 パワーアシストスーツAWN-03の 技 術 概 要 アクティブリンク 株 式 会 社 主 席 技 師 浅 野 克 久 氏 パワーアシストスーツ 装 着 体 験 講 演 の 様 子 パワーアシストスーツ 装 着 体 験 14 HIAC NEWS vol.96 HIAC NEWS vol.96 15

10 ハイアックトピックス HIACTOPICS 財 団 の 事 業 の 取 り 組 み 紹 介 について HIAC TOPICS 北 陸 地 域 における 産 業 観 光 の 現 状 と 課 題 に 関 する 調 査 研 究 事 業 第 17 回 理 事 会 第 2 回 調 査 委 員 会 開 催 日 : 平 成 27 年 10 月 22 日 ( 木 ) 参 加 者 : 委 員 5 名 事 務 局 6 名 他 地 域 の 産 業 観 光 施 設 の 事 例 調 査 発 表 を 行 い 産 業 観 光 アンケート 調 査 項 目 を 検 討 その 他 産 業 観 光 マップの 構 成 につい て 議 論 した 開 催 日 : 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 ) 参 加 者 : 理 事 8 名 監 事 1 名 ほか 事 務 局 平 成 28 年 度 の 事 業 計 画 及 び 予 算 について 特 定 個 人 情 報 等 の 適 正 な 取 り 扱 いに 関 する 基 本 方 針 ( 案 ) 特 定 個 人 情 報 等 取 扱 規 程 ( 案 )について 審 議 したほか 平 成 27 年 度 の 実 施 業 務 について 報 告 をしました 第 3 回 調 査 委 員 会 開 催 日 : 平 成 27 年 12 月 24 日 ( 木 ) 参 加 者 : 委 員 7 名 事 務 局 7 名 アンケート 調 査 の 状 況 と 結 果 説 明 の 他 北 陸 3 県 産 業 観 光 調 査 マップのレイアウト 等 の 具 体 的 な 構 成 について 意 見 交 換 し た 第 4 回 調 査 委 員 会 開 催 日 : 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 参 加 者 : 委 員 6 名 事 務 局 7 名 報 告 書 素 案 の 検 討 及 び 北 陸 3 県 産 業 観 光 マップの 完 成 形 についての 意 見 交 換 を 行 った 財 団 の 行 事 一 覧 平 成 27 年 12 月 ~ 平 成 28 年 3 月 12 月 11 日 ( 金 ) 第 14 回 北 陸 中 部 産 業 活 性 化 センター 連 絡 会 議 名 古 屋 市 12 月 17 日 ( 木 ) 第 2 回 サステナブルテクノロジーセミナー 地 中 熱 地 下 水 熱 利 用 の 現 状 と 課 題 ~ 今 後 の 事 業 化 普 及 促 進 に 向 けて~ 金 沢 市 12 月 17 日 ( 木 ) 平 成 27 年 度 第 2 回 次 世 代 ロボット 研 究 会 北 陸 金 沢 市 12 月 24 日 ( 木 ) 北 陸 地 域 における 産 業 観 光 の 現 状 と 課 題 に 関 する 調 査 及 び 研 究 第 3 回 調 査 委 員 会 金 沢 市 第 4 回 調 査 委 員 会 1 月 8 日 ( 金 ) 北 陸 地 域 における 中 小 企 業 の 雇 用 に 関 する 調 査 及 び 研 究 第 3 回 調 査 委 員 会 金 沢 市 北 陸 地 域 における 中 小 企 業 の 雇 用 に 関 する 調 査 研 究 事 業 2 月 12 日 ( 金 ) 北 陸 地 域 における 産 業 観 光 の 現 状 と 課 題 に 関 する 調 査 及 び 研 究 第 4 回 調 査 委 員 会 金 沢 市 第 2 回 調 査 委 員 会 2 月 25 日 ( 木 ) 北 陸 ライフサイエンスクラスター 推 進 協 議 会 金 沢 市 開 催 日 : 平 成 27 年 11 月 16 日 ( 月 ) 参 加 者 : 委 員 5 名 事 務 局 7 名 4 企 業 のヒアリング 及 び3 大 学 の 学 生 へのインタビュー 結 果 をもとに 取 りまとめの 方 向 性 を 議 論 した 第 3 回 調 査 委 員 会 開 催 日 : 平 成 28 年 1 月 8 日 ( 金 ) 参 加 者 : 委 員 6 名 事 務 局 7 名 報 告 書 のとりまとめ 原 案 を 委 員 会 に 諮 問 し 報 告 書 に 記 載 する 各 項 目 の 内 容 について 議 論 した 3 月 10 日 ( 木 ) 平 成 27 年 度 第 3 回 次 世 代 ロボット 研 究 会 北 陸 金 沢 市 3 月 15 日 ( 火 ) 第 17 回 理 事 会 金 沢 市 3 月 24 日 ( 木 ) 第 15 回 評 議 員 会 金 沢 市 3 月 24 日 ( 木 ) 革 新 的 IT 企 業 のイノベーション 戦 略 と 日 本 のイノベーションの 行 方 講 演 会 金 沢 市 当 財 団 では 行 事 のご 案 内 を 随 時 ホームページでご 紹 介 しております 是 非 ご 覧 下 さい 第 3 回 調 査 委 員 会 16 HIAC NEWS vol.96 HIAC NEWS vol.96 17

11 創 業 昭 和 38 年 所 在 地 石 川 県 金 沢 市 此 花 町 6 10 資 本 金 1 億 円 ( 近 鉄 都 ホテルズ 全 体 ) 従 業 員 2,800 人 ( 金 沢 都 ホテル107 人 ) ホームページ 事 業 内 容 ホテル 業 宿 泊 宴 会 レストラン 執 行 役 員 総 支 配 人 井 上 慶 一 氏 50 年 の 歴 史 と 伝 統 に 誇 りを 持 ち 日 々おもてなしの 向 上 に 取 り 組 む 金 沢 都 ホテルにお 話 を 伺 います 御 社 について 教 えてください 北 陸 3 県 で 初 めての 観 光 都 市 型 シティホテルとして 昭 和 38 年 に 誕 生 しました 金 沢 駅 前 の 迎 賓 館 のような 役 割 で 主 に 宴 会 やイベントにお 使 い 頂 く 形 でスタートしまし た 名 古 屋 や 大 阪 ではイベントなどはホテルで 開 かれ 金 沢 でも それまで 主 流 の 公 民 館 や 会 館 からホテルに 変 えて 行 くことをねらいました 石 川 県 民 や 金 沢 市 民 の 皆 様 からの 要 望 も 非 常 に 多 かったようです す インバウンド 対 策 として 当 グループ 全 体 で 進 めてい るのが はなせますバッジの 着 装 と ハラル 対 応 の 取 り 組 みです 外 国 語 が 話 せるスタッフは 外 国 語 表 示 された バッジを 着 けてサービスにあたっており 当 ホテルでは 英 語 と 中 国 語 に 対 応 可 能 なスタッフがいます 開 業 50 周 年 を 迎 えられて 当 ホテルは 平 成 25 年 に 開 業 50 周 年 を 迎 えました 日 頃 からご 愛 顧 頂 いております 地 元 のお 客 様 を 含 め 約 200 名 の 方 々をお 招 きし 記 念 晩 餐 会 を 開 催 しました 都 ホテ ル&リゾーツの4ホテルからシェフが 一 同 に 集 い ご 当 地 食 材 を 使 った 料 理 の 饗 宴 でおもてなしいたしました また 50 周 年 記 念 ロゴマー クを 金 沢 工 業 大 学 の 学 生 の 皆 様 から 作 品 を 募 り 作 成 いたし ました キャッチフレーズは 従 業 員 から 募 集 し みなさ まへ50 年 分 の ありがとう ~これからもお 客 様 とともに ~ に い た し ま し た 50 周 年 記 念 ロゴマーク インバウンド 対 策 について 北 陸 新 幹 線 開 業 などの 影 響 もあり 宿 泊 部 門 は 首 都 圏 からのお 客 様 は 対 前 年 で50% 増 加 稼 働 率 は90%を 超 え 現 在 も 好 調 を 維 持 しております しかし インバウン ドのお 客 様 は 全 体 の8%ほどであり インバウンドの 受 け 入 れを 増 やすことが 当 ホテルの 今 後 の 目 標 でもありま はなせますバッジ イスラム 教 へのハラル 対 応 では 2 年 前 にシェラトン 都 ホテル 大 阪 でグループ 初 となるハラル 認 証 を 取 得 して います 現 状 は 台 湾 や 韓 国 からのインバウンドが 主 流 で すが マレーシアなどのイスラム 圏 からのインバウンド も 多 くなってきています 当 ホテルを 含 めグループ18ホ テルでは 聖 地 メッカの 方 向 を 示 すキブラコンパスや 礼 拝 用 マットの 貸 出 を 行 っています 当 ホテルでも 今 後 はハ ラル 認 証 取 得 などによりインバウンドの 比 率 を 上 げてい きたいと 思 っております 今 後 の 抱 負 本 年 度 は 北 陸 新 幹 線 開 業 2 年 目 を 迎 え 駅 前 ホテルと して 真 価 が 問 われる 年 であり ホテルスタッフが 一 丸 と なり 文 化 観 光 都 市 金 沢 と 共 存 共 栄 を 目 指 し これから も 地 元 の 皆 様 に 愛 されるホテルとして 努 力 してまいりま す HIAC NEWSは( 一 財 ) 北 陸 産 業 活 性 化 センターの 事 業 活 動 の 告 知 や 報 告 および 関 係 企 業 様 の 情 報 等 をご 提 供 する 会 報 誌 ( 年 3 回 発 行 )です 編 集 発 行 一 般 財 団 法 人 北 陸 産 業 活 性 化 センター 石 川 県 金 沢 市 片 町 2 丁 目 2 番 15 号 北 国 ビルディング2 階 TEL FAX ハイアック ニュース vol 年 3 月 発 行

スライド 1

スライド 1 -1- ヒートポンプ 蓄 熱 センター 未 利 用 エネルギー 活 用 研 究 会 様 2011.12.13 大 林 組 技 研 本 館 の 地 中 熱 利 用 システム 紹 介 1 地 中 熱 利 用 システムとは? 2 大 林 組 技 研 本 館 の 地 中 熱 利 用 システム 概 要 3 地 中 熱 ヒートポンプシステムの 実 績 評 価 ( 株 ) 大 林 組 技 術 研 究 所 1 地

More information

また 長 らく0 災 を 続 けて 参 りましたが 41 期 は4 件 の 労 災 事 故 が 発 生 致 し ました 幸 い 不 休 災 害 でありましたが 安 全 衛 生 委 員 会 による 安 全 に 関 わる 定 期 的 なパトロールや 設 備 の 点 検 朝 礼 毎 の 安 全 コールだけ

また 長 らく0 災 を 続 けて 参 りましたが 41 期 は4 件 の 労 災 事 故 が 発 生 致 し ました 幸 い 不 休 災 害 でありましたが 安 全 衛 生 委 員 会 による 安 全 に 関 わる 定 期 的 なパトロールや 設 備 の 点 検 朝 礼 毎 の 安 全 コールだけ 41 期 (2015 年 度 )の 振 り 返 りと42 期 (2016 年 度 )の 展 望 はじめに 2015 年 度 は アベノミクスの 円 安 株 高 施 策 をうけて 日 経 平 均 株 価 は2 万 円 の 大 台 を15 年 ぶりに 回 復 し 円 相 場 は125 円 台 を13 年 ぶりに 付 けるなど 経 済 にも 大 きな 変 化 があったものの 中 国 経 済 の 減 速 や

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

よくある質問とその回答

よくある質問とその回答 平 成 2 年 度 課 題 解 決 型 医 療 機 器 の 開 発 改 良 に 向 けた 病 院 企 業 間 の 連 携 支 援 事 業 よくある 質 問 とその 回 答 ( 平 成 2 年 度 第 1 弾 ) 平 成 2 年 7 月 8 日 経 済 産 業 省 商 務 情 報 政 策 局 サービス 産 業 課 医 療 福 祉 機 器 産 業 室 事 業 管 理 支 援 法 人 : 三 菱 総 合

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

介護分野におけるロボット活用

介護分野におけるロボット活用 資 料 8 ロボット 新 戦 略 Japan s Robot Strategy -ビジョン 戦 略 アクションプラン- 2015 年 1 月 23 日 ロボット 革 命 実 現 会 議 (2 月 10 日 に 日 本 経 済 再 生 本 部 決 定 ) 1.ロボット 革 命 実 現 会 議 の 設 置 とこれまでの 経 緯 ロボット 革 命 の 背 景 と 考 え 方 昨 年 5 月 OECD 閣

More information

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組 2015 年 度 対 象 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 発 行 :2016 年 5 月 7 日 目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度

京 都 議 定 書 のCO2 削 減 目 標 達 成 に 必 要 な 森 林 吸 収 量 を 確 保 するため 森 林 所 有 者 に 再 造 林 など 森 林 の 適 切 な 管 理 を 義 務 付 け 適 切 な 管 理 を 行 った 者 に 対 して 森 林 管 理 直 接 支 払 い 制 度 2008 年 10 月 民 主 党 北 海 道 総 支 部 連 合 会 政 策 調 査 委 員 会 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 はじめに 第 45 回 衆 議 院 選 挙 の 政 権 公 約 (マニフェスト)は 民 主 党 本 部 が 近 く 発 表 することにな ってい この 衆 議 院 選 挙 に 係 わる 北 海 道 重 点 政 策 は 11 月 にも 想 定

More information

スライド 1

スライド 1 福 島 に 森 のエコシティを 創 出 する CLTにかかわる 現 状 と 課 題 協 力 委 員 パナソニック 株 式 会 社 エコソリューションズ 社 エネマネ 推 進 センター 西 川 弘 記 東 北 には 豊 富 な 森 林 資 源 がある 2 充 実 する 森 林 資 源 ~ 我 が 国 の 森 林 資 源 は 戦 後 植 林 した 人 工 林 を 中 心 に 年 々 増 加 ~ 森 林

More information

02 【HP公開用】議事概要(第4回検討委員会)

02 【HP公開用】議事概要(第4回検討委員会) 第 4 回 厚 木 愛 甲 環 境 施 設 組 合 ごみ 中 間 処 理 施 設 整 備 検 討 委 員 会 議 事 概 要 日 時 平 成 26 年 9 月 19 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 4 時 06 分 場 所 厚 木 商 工 会 議 所 3 階 303 中 会 議 室 出 席 者 1 委 員 (15 名 / 定 数 15 名 ) 横 田 委 員 長 髙 澤 副 委

More information

Microsoft Word PFI事業者選定結果の公表.doc

Microsoft Word PFI事業者選定結果の公表.doc 特 定 事 業 として 選 定 した 埼 玉 県 朝 霞 地 方 庁 舎 ほかエコオフィス 化 改 修 事 業 に 係 る 事 業 者 を 選 定 したので 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 11 年 法 律 第 117 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき その 結 果 を 公 表 します 平 成 22

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

平成23年度

平成23年度 沖 縄 県 委 託 事 業 平 成 2 8 年 度 ライフスタイルイノベーション 創 出 推 進 事 業 公 募 要 領 公 募 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 25 日 ( 水 ) 相 談 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 20 日 ( 金 ) 9:00~17:00 書 類 提 出 期 間 : 平 成 28 年 5 月 23 日

More information

平成23年度

平成23年度 平 成 24 年 度 ライフスタイルイノベーション 創 出 推 進 事 業 公 募 要 領 ( 二 次 募 集 ) 公 募 期 間 : 平 成 24 年 9 月 3 日 ( 月 )~10 月 9 日 ( 火 ) 相 談 期 間 : 平 成 24 年 9 月 3 日 ( 月 )~10 月 3 日 ( 水 ) 9:00~17:00 書 類 提 出 期 間 : 平 成 24 年 10 月 4 日 ( 木

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議)

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議) 平 成 28 年 度 第 1 回 とちぎ 創 生 15 い ち ご 戦 略 評 価 会 議 の 結 果 概 要 日 時 : 平 成 28 年 6 月 24 日 ( 金 ) 14 時 30 分 から16 時 15 分 まで 会 場 : 栃 木 県 公 館 大 会 議 室 宇 都 宮 市 昭 和 1 丁 目 1 番 38 号 出 席 者 池 田 浩 之 委 員 伊 沢 正 吉 委 員 大 貫 剛 久 委

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

はじめに 1. 川 崎 河 原 町 分 譲 共 同 ビルとは 2. 河 原 町 分 譲 共 同 ビル 管 理 組 合 法 人 の 概 要 3. 耐 震 改 修 工 事 準 備 段 階 1 初 期 2 中 期 3 後 期 工 事 住 民 説 明 会 資 料 4. 耐 震 改 修 工 事 施 工 中 5

はじめに 1. 川 崎 河 原 町 分 譲 共 同 ビルとは 2. 河 原 町 分 譲 共 同 ビル 管 理 組 合 法 人 の 概 要 3. 耐 震 改 修 工 事 準 備 段 階 1 初 期 2 中 期 3 後 期 工 事 住 民 説 明 会 資 料 4. 耐 震 改 修 工 事 施 工 中 5 平 成 27 年 度 第 2 回 マンション 管 理 基 礎 セミナー 大 規 模 耐 震 改 修 工 事 を 経 験 して ~ 管 理 組 合 の 奮 闘 談 ~ 講 師 河 原 町 分 譲 共 同 ビル 管 理 組 合 法 人 理 事 長 神 品 勝 征 2016/2/13( 土 ) 川 崎 市 総 合 福 祉 センタ- 大 会 議 室 (エポックなかはら) 財 団 法 人 川 崎 市 まちづくり

More information

Microsoft Word - 対象活動について

Microsoft Word - 対象活動について 対 象 となる 活 動 について Q2-1 ポイントとなる 活 動 はどんなものがありますか? - 電 気 使 用 量 を 前 年 の 同 じ 月 より 減 らした 場 合 や 太 陽 光 発 電 システムを 設 置 した 場 合 など 10 区 分 23 項 目 の 活 動 が 決 められています 詳 しくは 市 役 所 や 支 所 などで 配 布 している 岡 崎 版 エコポイント 抽 選 パンフレットの

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染 ビッグプロジェクト イノベーション コースト 構 想 / 国 県 等 共 同 研 究 施 設 と 一 体 化 した 無 人 航 空 陸 上 ロボットのテストフィールド 施 設 案 ロボット 実 証 拠 点 の 整 備 案 示 す 共 同 研 究 施 設 地 下 1 階 地 上 3 階 1 万 m2 想 定 イノベーション コースト 構 想 に 関 して 政 府 が 設 置 した1ロボット 研 究 実

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

Microsoft PowerPoint - データ_-ver2.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - データ_-ver2.ppt [互換モード] 平 成 26 年 度 第 2 回 福 岡 マンション 管 理 基 礎 セミナー 設 備 の 維 持 保 全 長 期 修 繕 計 画 について ~ 長 寿 命 化 で 次 世 代 へつなぐマンション 管 理 ~ 平 成 26 年 12 月 11 日 一 級 建 築 士 松 澤 康 博 NPO 法 人 福 岡 マンション 管 理 組 合 連 合 会 技 術 顧 問 公 益 法 人 マンション 管 理 センター

More information

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設 建 設 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 この 仕 様 書 は 新 居 浜 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 発 注 する 下 記 の 業 務 に 関 して 受 注 者 が 当 該 業 務 を 履 行 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 業 務 概 要 1.1 委 託 業 務 名 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設

More information

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 )

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 人 件 費 平 成 25 年 4 月 16 日 東 北 電 力 1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 1 今 回 (H25~27 平 均 )

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825481408BF392B282CC8FC88347836C82C982C282A282C481698A6D92E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825481408BF392B282CC8FC88347836C82C982C282A282C481698A6D92E8816A2E646F63> 資 料 5 空 調 の 省 エネについて 1 課 題 店 舗 の 空 調 は 設 備 のエネルギー 消 費 割 合 が 高 く 快 適 な 空 間 を 提 供 するこ とを 目 的 とするため その 調 整 は 消 費 者 従 業 員 にとって 影 響 が 大 きい 分 野 である そのため 東 京 都 にも 意 見 が 寄 せられている 都 民 の 声 ( 再 掲 ) 1 開 口 部 について 1

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 表紙1.ppt

Microsoft PowerPoint - 資料2 表紙1.ppt 資 料 2 東 京 大 学 の 施 設 を 取 り 巻 く 現 状 と 課 題 平 成 21 年 3 月 2 日 国 立 大 学 法 人 東 京 大 学 総 長 特 任 補 佐 磯 部 雅 彦 目 次 Ⅰ. 東 京 大 学 における 第 2 次 緊 急 整 備 計 画 5か 年 計 画 の 達 成 状 況 1. 整 備 実 績 及 び 成 果 1 2.システム 改 革 の 実 績 及 び 成 果 施

More information

トピックス 1 研 究 員 の 紹 介 今 年 度 異 動 のあった 研 究 員 をご 紹 介 します 今 年 4 月 に 構 法 開 発 部 に 配 属 されました 桑 水 流 秀 一 郎 です これまで 建 築 職 として 公 共 建 築 物 の 建 設 や 改 修 を 行 う 営 繕 業 務

トピックス 1 研 究 員 の 紹 介 今 年 度 異 動 のあった 研 究 員 をご 紹 介 します 今 年 4 月 に 構 法 開 発 部 に 配 属 されました 桑 水 流 秀 一 郎 です これまで 建 築 職 として 公 共 建 築 物 の 建 設 や 改 修 を 行 う 営 繕 業 務 所 長 あいさつ 二 年 目 に 入 りました メールマガジン を 引 き 続 き よろしくお 願 いします 昨 年 度 のセンターの 主 な 研 究 成 果 は CLTの 力 学 的 性 能 の 解 明 や 大 径 材 生 産 技 術 の 全 国 展 開 などが 挙 げ られます CLTは この 四 月 に 基 準 強 度 や 標 準 設 計 法 が 国 土 交 通 省 から 告 示 され 建 築

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73>

< E A E096BE816A82AB82DF97D52B92CA8FED95AA2E786C73> 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 の 概 要 平 成 21 年 度 3 月 補 正 予 算 ( ) 会 計 名 補 正 前 の 額 通 常 分 補 正 額 き め 細 か な 計 補 正 後 の 額 前 年 度 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 8 号 ) 54,617,600 1,446,638 621,062 2,067,700 56,685,300 2.0% 特 別 会 計 37,519,857

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

untitled

untitled . 低 コスト 木 造 化 のためのチェックポイントと 解 説 1 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 ここでは 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 におけるチェックポイントを5つ 挙 げ 解 説 します 1) 県 産 材 利 用 の 助 成 制 度 1. 教 育 福 祉 関 連 施 設 建 設 費 の 補 助 を 利 用 岐 阜 県 の 木 の 香 る 快 適 な 教 育 施 設 等 整 備

More information

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応 ( 様 式 1) 本 社 の 所 在 地 を 記 載 してください ただし 本 社 の 所 在 地 と 補 助 事 業 の 主 たる 実 施 場 所 が 異 なる 場 合 は2 段 書 で 両 方 の 所 在 地 を 記 載 してください 連 携 体 で 申 請 する 場 合 は 各 申 請 者 名 を 併 記 してくださ い また 主 連 絡 先 ( 幹 事 企 業 を 一 番 上 に 記 載 してください

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

表紙.ai

表紙.ai 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 機 構 1-1- 3-3- Ⅱ 職 員 数 分 掌 事 務 5-5- 7-7- 8-8 - 9-9 - Ⅲ 事 業 概 要 11-11- 23 23 27 JAPAN EXPO - 13-13 EV&ITS - 14-14 in 4,184 594 2,631 8.5% ODA - 15-15 22 26-16 - 16 27 1.17 0.02 11 0.96

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

みなさまとのコミュニケーションを 大 切 に インベスターズガイドについて インベスターズガイドは 株 主 ならびに 投 資 家 のみなさまに 当 社 の 財 務 内 容 を 正 確 にお 伝 えするとともに みなさまとの コミュニケーションの 手 段 として 発 行 を 続 けてまいりました 毎

みなさまとのコミュニケーションを 大 切 に インベスターズガイドについて インベスターズガイドは 株 主 ならびに 投 資 家 のみなさまに 当 社 の 財 務 内 容 を 正 確 にお 伝 えするとともに みなさまとの コミュニケーションの 手 段 として 発 行 を 続 けてまいりました 毎 大 船 渡 魚 市 場 ( 外 壁 間 仕 切 壁 合 成 床 ) 本 社 113-0034 東 京 都 文 京 区 湯 島 2-4-3 Tel:03-5689-6311 Fax:03-5689-6321 www.spancretecorp.com JASDAQスタンダード コード 5277 みなさまとのコミュニケーションを 大 切 に インベスターズガイドについて インベスターズガイドは 株 主

More information

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反 髙 木 工 業 所 対 象 期 間 : 2015 年 1 月 1 日 ~2015 年 12 月 31 日 発 行 日 2016 年 3 月 4 日 改 定 日 2016 年 3 月 29 日 1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組

More information

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72 3 第 章 この 章 の 要 点 施 設 の 改 築 改 修 経 費 1 平 成 22 年 ごろから 建 築 後 5 年 の 耐 用 年 数 を 迎 える 施 設 が 増 えてきます 2 小 中 学 校 の 耐 震 改 修 工 事 は 改 築 対 象 になったもの 以 外 は 平 成 24 年 度 に 完 了 する 予 定 です 3 小 中 学 校 の 改 築 経 費 を 想 定 すると 平 成 21

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁 宮 城 県 土 地 利 用 審 査 会 Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 から 午 前 11 時 40 分 まで Ⅱ 場 所 : 宮 城 県 行 政 庁 舎 第 二 会 議 室 (11 階 ) Ⅲ 次 第 1 開 会 2 あいさつ 3 議 事 ( 報 告 事 項 ) (1) 最 近 の 土 地 取 引 動 向 について (2) 最 近 の

More information

4 寄 付 金 を 活 用 した 主 な 事 業 ヤフオクドームで 黒 田 官 兵 衛 ゆかりの 地 中 津 市 を PR 観 光 マップで 中 津 の 温 泉 やグルメを 紹 介 青 の 洞 門 の 対 岸 にネモフィラを 植 栽 学 校 への 空 調 機 器 整 備 高 齢 者 と 保 育 園

4 寄 付 金 を 活 用 した 主 な 事 業 ヤフオクドームで 黒 田 官 兵 衛 ゆかりの 地 中 津 市 を PR 観 光 マップで 中 津 の 温 泉 やグルメを 紹 介 青 の 洞 門 の 対 岸 にネモフィラを 植 栽 学 校 への 空 調 機 器 整 備 高 齢 者 と 保 育 園 黒 部 市 議 会 総 務 文 教 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 視 察 期 日 : 平 成 28 年 5 月 17 日 ( 火 ) 19 日 ( 木 ) 視 察 先 :(1) 大 分 県 中 津 市 (ふるさと 応 援 寄 付 金 の 取 り 組 みについて) (2) 福 岡 県 行 橋 市 ( 図 書 館 などの 複 合 施 設 構 想 の 取 り 組 みについて) (3) 福 岡 県

More information

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 での 理 事 長 挨 拶 皆 さん お 早 うございます それでは 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 に 際 しまして 一 言 ご 挨 拶 申 し 上 げます 改 めて 言 うまでもないことではありますが 本 日 を 持 ちまして 平

More information

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン 滋 賀 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 ガイドライン 平 成 27 年 1 月 滋 賀 県 目 次 1. 本 ガイドラインについて 1 (1) 本 ガイドラインの 位 置 づけ 基 本 的 な 考 え 方 (2) 本 ガイドラインの 目 的 (3) 本 ガイドラインの 対 象 施 設 (4) 本 ガイドラインの 適 用 2. 具 体 的 な 取 組 2 (1) 長 寿 命 化 対 象 施 設 (2)

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930> 490 2016 8/23 Weeklyエコノミスト レター 2016 年 8 月 16 日 号 2016 2017 年 度 経 済 見 通 し (16 年 8 月 ) 経 済 金 融 フラッシュ 2016 年 8 月 18 日 号 貿 易 統 計 16 年 7 月 ~ 円 高 が 進 む 中 輸 出 数 量 は 横 ばい 圏 で 踏 みとどまる 統 計 調 査 資 料 2016 年 4-6 月 期

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

教育委員会会議録

教育委員会会議録 2 月 定 例 教 育 委 員 会 報 告 1 開 催 日 時 平 成 2 8 年 2 月 17 日 ( 水 ) 1 3 : 3 0 ~ 1 6 : 0 0 2 出 席 者 委 員 永 田 政 信 江 口 真 由 美 渡 邊 敬 佐 古 順 子 村 川 一 恵 溝 江 宏 俊 事 務 局 山 下 健 一 郎 教 育 総 務 西 村 隆 教 育 総 務 課 参 事 畑 田 憲 一 教 育 総 務 課

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

ユーザを 見 出 すことはできたが 事 業 として 成 り 立 つだけの 数 のユーザを 探 すことが 課 題 となりました ニーズ 情 報 と 自 社 保 有 技 術 を 結 びつけた 製 品 が 開 発 されました しかし 既 に 思 いの ほか 多 くの 同 種 技 術 の 製 品 が 開 発

ユーザを 見 出 すことはできたが 事 業 として 成 り 立 つだけの 数 のユーザを 探 すことが 課 題 となりました ニーズ 情 報 と 自 社 保 有 技 術 を 結 びつけた 製 品 が 開 発 されました しかし 既 に 思 いの ほか 多 くの 同 種 技 術 の 製 品 が 開 発 新 刊 インターネット 時 代 の 技 術 情 報 調 査 の 抜 粋 ( http://members3.jcom.home.ne.jp/tanakayuzo/ ) 技 術 開 発 計 画 の 立 案 と 情 報 調 査 10. 技 術 開 発 計 画 の 作 成 と 情 報 入 手 本 項 では 情 報 利 用 の 具 体 的 場 面 として 技 術 開 発 計 画 の 作 成 を 取 り 上

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

1 2 3 4 15.2 80 95 5 15 GL 15 GL 10 GL 20 GL 20 15 10 GL JFE NISC NISC NISC 6 7 8 オプション 仕 様 驚 異 の 熱 伝 導 率 0019w/m k 10dB 1 の 低 減 で 約 の 音 に 聞 こえます! 9 ダントツの 断 熱 性 能! 10 遮 熱 について 特 殊 顔 料 の 遮 熱 効 果 ~ 熱 反 射

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表

目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客 様 を 安 心 させるコンサルティング 力 2-3 JPEAの 表 太 陽 光 発 電 協 会 販 売 規 準 住 宅 用 太 陽 光 発 電 システムの 販 売 従 事 者 が 遵 守 すべきこと [ 2015 年 1 月 2 版 ] 目 次 1 販 売 規 準 策 定 の 背 景 02 1-1 背 景 1-2 遵 守 すべきこと 2 販 売 従 事 者 に 求 められる 基 本 的 なスキル 03 2-1 プロとしての 深 い 知 識 と 経 験 2-2 お 客

More information

設 立 しました 現 在 中 小 企 業 向 けにインターネット 電 話 サービスを 提 供 しています 次 にベンチャーキャピタルから 資 金 を 提 供 してもらうまでを 紹 介 したいと 思 います まず 初 期 の 面 談 があり その 後 会 社 概 要 株 主 リスト 謄 本 決 算 資

設 立 しました 現 在 中 小 企 業 向 けにインターネット 電 話 サービスを 提 供 しています 次 にベンチャーキャピタルから 資 金 を 提 供 してもらうまでを 紹 介 したいと 思 います まず 初 期 の 面 談 があり その 後 会 社 概 要 株 主 リスト 謄 本 決 算 資 第 19 回 KVS セミナー 講 演 録 ベンチャーキャピタルの 本 質 的 役 割 -ベンチャーキャピタルとの 付 き 合 い 方 - 1. パネラー: アジルネットワークス 株 式 会 社 CEO 篠 田 亘 司 氏 : 伊 藤 忠 テクノロジーベンチャーズ 株 式 会 社 社 長 安 達 俊 久 氏 パネルコーディネーター: KVS 運 営 委 員 公 平 良 三 氏 2. 日 時 : 2008

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

○協議会の進め方について

○協議会の進め方について 現 庁 舎 の 課 題 について 資 料 4 現 在 の 府 中 市 東 西 本 庁 舎 は 西 庁 舎 が 昭 和 34 年 東 庁 舎 が 昭 和 45 年 に 建 設 されており 一 般 的 なコ ンクリートの 耐 用 年 数 の 観 点 からは 残 りが9 年 となっています またこうした 建 物 の 老 朽 化 に 加 え 高 度 情 報 化 への 対 応 の 限 界 バリアフリー 対 応

More information

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63>

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63> 中 小 企 業 の 人 材 育 成 1. 調 査 の 背 景 目 的 中 小 企 業 にとって 人 材 確 保 のチャンスが 到 来 している リクルートワークス 研 究 所 の 大 卒 求 人 倍 率 調 査 によれば 2009 年 3 月 卒 の 中 小 企 業 の 就 職 希 望 者 数 は 173 千 人 であった が 2012 年 卒 では 219 千 人 にまで 増 加 し 求 人 倍

More information

松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの 整 理 2 1 耐 震 診 断 3 2 躯

松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの 整 理 2 1 耐 震 診 断 3 2 躯 松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 平 成 26 年 12 月 株 式 会 社 ファインコラボレート 研 究 所 松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ( 日 英 同 時 通 訳 ) 皆 さんこんにちは 滋 賀 県 日 本 からやってまいりました 滋 賀 県 副 知 事 の 西 嶋 栄 治 です 本 日 皆 さんとこのセッションでお 会 いすることがで き 大 変 光 栄 に 存 じます 始 めます 前 に まずは 滋 賀 大 学 の 久 保 教 授 とこのセッションの 開 催 に かかわられた 全 ての 人 に 対 して 私 を 招 待 していただいたこと

More information

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域 No5 0 歳 期 教 育 親 子 教 室 事 業 家 庭 教 育 講 座 事 業 ( 資 料 に 基 づき 事 業 説 明 ) 0 歳 期 教 育 は 1 講 座 30 人 で6 回 開 催 となっている 単 純 に 計 算 したら180 人 になる が 目 標 値 300というのはどのような 數 か 今 年 は50 人 くらい 申 し 込 みがあっているが 6 回 全 部 の 方 や1 回 だけしかでられないと

More information

2

2 大 規 模 修 繕 工 事 の 進 め 方 ~ 注 意 するポイント~ 平 成 28 年 2 月 13 日 公 益 財 団 法 人 マンション 管 理 センター 1 2 世 帯 主 の 年 齢 世 帯 主 の 年 齢 1.6 1.2 0.8 0.2 100% 90% 19.2 13.2 11.9 7.6 18.9 80% 25.8 22.9 30 歳 未 満 70% 60% 27.9 24.1 22.8

More information

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと 自 分 を 守 る! ビジネスにつなげる! 社 会 貢 献 をする! 23 円 滑 な 医 療 体 制 を 構 築 している 例 事 例 番 号 174 兵 庫 県 内 の 大 学 と 医 療 団 体 海 事 団 体 で 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 設 立 取 組 主 体 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 取 組 の 実 施 地 域 兵 庫

More information

17 建 築 開 発 課 18 建 築 開 発 課 19 建 築 開 発 課 20 建 築 開 発 課 21 建 築 開 発 課 22 建 築 開 発 課 23 建 築 開 発 課 加 須 市 立 大 利 根 東 小 学 校 校 舎 大 規 模 改 造 工 (4 工 区 ) 加 須 市 立 大 利

17 建 築 開 発 課 18 建 築 開 発 課 19 建 築 開 発 課 20 建 築 開 発 課 21 建 築 開 発 課 22 建 築 開 発 課 23 建 築 開 発 課 加 須 市 立 大 利 根 東 小 学 校 校 舎 大 規 模 改 造 工 (4 工 区 ) 加 須 市 立 大 利 1 資 源 リサイクル 課 2 資 源 リサイクル 課 2 号 炉 ガス 冷 却 室 出 口 煙 道 ケーシン グ 耐 火 キャスター 交 換 1 2 号 炉 中 央 制 御 室 内 監 視 盤 加 減 算 器 手 動 操 作 盤 等 取 替 加 須 市 馬 内 1,790 番 地 3 機 械 器 具 設 置 器 具 交 換 随 意 契 約 加 須 市 馬 内 1,790 番 地 3 機 械 器 具

More information

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか (

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか ( 資 料 2 試 算 表 資 金 繰 り 表 事 業 計 画 書 を 作 成 していない 中 小 企 業 者 向 け 支 援 について 作 成 しない 理 由 必 要 性 を 感 じないから という 企 業 向 け 資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A 作 成 しない 理 由 作 成 方 法 がわからないから という 企 業 向 け 資 料 2-2 お 試 し 試 算 表 お 試

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営 状 況 が 続 き 平 成 19 年 12 月 24 日 に 総 務 省 が 策 定 した 公 立 病 院 改 革 ガ

はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営 状 況 が 続 き 平 成 19 年 12 月 24 日 に 総 務 省 が 策 定 した 公 立 病 院 改 革 ガ 市 立 室 蘭 総 合 病 院 新 経 営 改 革 プラン 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 決 算 ) 平 成 27 年 8 月 市 立 室 蘭 総 合 病 院 経 営 改 革 評 価 委 員 会 はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

Ⅰ 階 層 別 人 材 養 成 コース 実 践 的 即 戦 力 を 育 てる 人 材 養 成 セミナー 階 層 別 目 的 別 のセミナーで 体 系 的 効 率 的 に 人 材 ( 人 財 )を 育 てることができます 今 年 は 経 営 者 向 けに 無 料 セミナー を 開 催 いたします 研

Ⅰ 階 層 別 人 材 養 成 コース 実 践 的 即 戦 力 を 育 てる 人 材 養 成 セミナー 階 層 別 目 的 別 のセミナーで 体 系 的 効 率 的 に 人 材 ( 人 財 )を 育 てることができます 今 年 は 経 営 者 向 けに 無 料 セミナー を 開 催 いたします 研 宮 城 県 商 工 振 興 協 同 組 合 経 営 者 層 管 理 者 層 中 堅 層 若 手 新 人 目 的 に 合 わせたセミナーでポイントを 説 明 し 実 践 力 を 養 います 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 当 組 合 では 毎 年 組 合 員 はもちろん 地 域 の 中 小 企 業 向 けに 各 種 セミナーを 開 催 しております 今

More information

企 業 支 援 に 当 たっての 重 点 事 項 1 企 業 担 当 制 による 窓 口 のワンストップ 化 2 挑 戦 する 企 業 に 対 する 一 歩 踏 み 込 んだ 支 援 企 業 カルテに 基 づく 企 業 の 強 み 弱 み ありたい 姿 の 明 確 化 企 画 開 発 試 作 生 産

企 業 支 援 に 当 たっての 重 点 事 項 1 企 業 担 当 制 による 窓 口 のワンストップ 化 2 挑 戦 する 企 業 に 対 する 一 歩 踏 み 込 んだ 支 援 企 業 カルテに 基 づく 企 業 の 強 み 弱 み ありたい 姿 の 明 確 化 企 画 開 発 試 作 生 産 平 成 28 年 度 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 事 業 計 画 1 現 状 及 び 背 景 (1) 日 本 経 済 の 現 状 平 成 27 年 10~12 月 期 の 実 質 GDP 成 長 率 は 前 期 比 年 率 マイナス1.4%と 第 2 四 半 期 ぶりにマイナス 成 長 となり 昨 年 度 とは 一 転 し 景 気 の 減 速 感 が 鮮 明 になった

More information

1 6 2016 8 歯 科 診 療 所 が 必 ず 直 面 する 事 業 承 継 時 の 留 意 ポイント ❶ 進 むリタイアの 実 態 と 事 業 承 継 時 の 留 意 点 ❷ 譲 渡 側 が 承 継 前 に 診 療 所 価 値 を 高 める 方 法 ❸ 承 継 側 がスムーズな 開 業 を 迎 えるポイント ❹ 歯 科 診 療 所 の 事 業 承 継 事 例 進 むリタイアの 実 態 と 事 業

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

senryaku2013original.doc

senryaku2013original.doc 大 阪 バイオ 戦 略 2013 大 阪 バイオ 戦 略 推 進 会 議 構 成 団 体 ( 構 成 員 ) 50 音 順 独 立 行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 ( 理 事 長 米 田 悦 啓 ) 大 阪 医 薬 品 協 会 ( 会 長 相 良 暁 ) 大 阪 市 ( 市 長 橋 下 徹 ) 大 阪 商 工 会 議 所 ( 会 頭 佐 藤 茂 雄 ) 公 立 大 学 法 人 大 阪 市

More information