194 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 ては 新 しい 詩 風 として 師 とあおぐ 北 原 白 秋 や 室 生 犀 星 からは 評 価 された エレナとのかかわりを 示 す 詩 としてよくとりあげられる 夜 汽 車 について 第 三 章 上 京 と 母 との 別 れ で

Size: px
Start display at page:

Download "194 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 ては 新 しい 詩 風 として 師 とあおぐ 北 原 白 秋 や 室 生 犀 星 からは 評 価 された エレナとのかかわりを 示 す 詩 としてよくとりあげられる 夜 汽 車 について 第 三 章 上 京 と 母 との 別 れ で"

Transcription

1 Mar.2006 さみしい 男 の 文 学 史 その < 研 究 ノート> さみしい 男 の 文 学 史 その3 エレナ 幻 想 構 築 過 程 吉 永 哲 郎 <はじめに> 萩 原 朔 太 郎 の 長 女 葉 子 氏 が 今 年 (2005)7 月 1 日 に 急 逝 された 父 萩 原 朔 太 郎 を はじめ 萩 原 一 族 にとって 言 ってはならないことを あえて 書 いた 蕁 麻 の 家 三 部 作 に よって 朔 太 郎 の 生 きた 姿 と 環 境 がわれわれの 目 の 前 に 現 れた 興 味 半 分 に 秘 密 暴 露 とい う 取 り 方 をする 人 もいようが そこに 流 れるのは 詩 人 朔 太 郎 の 赤 裸 々な 姿 であると 同 時 に 長 女 葉 子 の 見 た 詩 人 としてではない 父 の 姿 も 描 かれている 遺 作 朔 太 郎 とおだまきの 花 (05 年 8 月 20 日 新 潮 社 刊 )は これまで 触 れてこなかっ た 朔 太 郎 の 詩 について 書 かれている 第 一 部 父 と 詩 の 第 二 章 詩 集 月 に 吠 える と 結 婚 の 冒 頭 に 朔 太 郎 の 脳 みその 中 には 怪 物 が 巣 喰 っている 幼 児 の 時 から 小 学 校 入 学 まで 暗 く 行 き 止 まりの 密 室 で 密 蔵 に 見 ることを 強 いられていた 屍 体 の 解 剖 のせいだ 払 っても 払 っても 脳 の 中 から 出 て 行 ってくれない しつこい 幽 霊 ども そして 病 室 のベ ットからにょっきり 出 ているふくらんだ 足 うなり 声 うめき 声 マンドリンに 打 ち 込 ん でみても 一 時 的 に 忘 れられるだけなのが 分 かった ( 中 略 )だが やっぱり 音 楽 では 怪 物 を 追 い 出 せない 残 るは 詩 だけだ 文 学 しかないと 思 った (p29~30)とある 母 につ いては 母 親 は 沢 山 の 子 持 ちになってしまったが 朔 太 郎 を 一 番 愛 していた 小 さい 時 からひ 弱 で 神 経 質 学 校 も 落 第 で 夫 を 怒 らせ 失 望 させ 挙 句 の 果 ては 世 間 の 笑 いもの の 息 子 となった だが 自 分 の 老 後 を 頼 れるのは 朔 太 郎 でしかないと 信 じていた 他 の 子 にはない 純 な 正 直 一 筋 のところがある (p33)と 書 かれている 地 面 の 底 の 病 気 の 顔 について その 背 景 をはじめて 葉 子 は 書 いた 父 密 蔵 が 地 面 の 底 のくらやみにさみしい 病 人 の 顔 があらわれ とは 何 じゃ!! わしは 病 人 を 治 すために 今 日 迄 夜 も 寝 ないで 働 い て 来 て ここまで 来 た 人 間 じゃ (p38)と 怒 りを 発 している これに 対 して 朔 太 郎 は こ れは ぼくのすべてを 吐 露 した 詩 です ここまでたどりつくのに 苦 しみました 前 の 頁 に 詩 はただ 病 める 魂 の 所 有 者 と 孤 独 者 との 寂 しいなぐさめである と 書 いたように そ れがすべてです (p39)と 答 えている このあたりは 父 密 蔵 との 確 執 が 執 拗 なまでに 描 か れている こうした 父 密 蔵 の 否 定 的 な 発 言 があったが 月 に 吠 える に 関 しての 世 間 の 評 判 は 皮 肉 にもよかった 特 に 父 が 否 定 してやまなかった 異 常 な 感 覚 や 病 的 な 神 経 につい

2 194 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 ては 新 しい 詩 風 として 師 とあおぐ 北 原 白 秋 や 室 生 犀 星 からは 評 価 された エレナとのかかわりを 示 す 詩 としてよくとりあげられる 夜 汽 車 について 第 三 章 上 京 と 母 との 別 れ で わたし これだけは いつか 聞 きただしたいと 思 っていたんです 詩 は 分 からないけ ど このまえ 純 情 小 曲 集 という 本 出 たでしょう?( 中 略 )あの 中 に 夜 汽 車 と いうのを 昔 投 稿 して 白 秋 に 認 められ 文 壇 とかいう 偉 い 先 輩 の 人 達 に 仲 間 入 り 出 来 たそうね でも 私 は あの 詩 であなたに 女 がいたことが 分 かったの 空 気 まくら の 口 金 をゆるめて そっと 息 をぬいてみる 女 ごころ 私 と 結 婚 前 に 人 妻 と 旅 をするなん て あなたも 大 したもんよ ( 中 略 ) 父 は 気 がついて 振 り 向 くと 詩 や 短 歌 の 作 品 は イメージの 女 を 仮 想 して 誇 大 して 書 くのだ と 言 った (p60~61) と 母 の 父 への 恨 みを 描 いている 文 献 資 料 ではないが エレナへの 憧 憬 幻 想 が 朔 太 郎 の 内 なる 世 界 に 存 在 していたことを 思 わせる 朔 太 郎 の 詩 に エレナ 死 後 によるその 影 は 作 品 に 表 現 される 女 性 像 にみられる 前 回 で 触 れたが 憂 鬱 の 川 邊 には エレナを 激 しく 求 める 詩 句 はなく 静 かにエレナ 幻 想 の 空 間 に 座 する 男 の 姿 が 描 かれている また 黒 い 風 琴 には エレナ 幻 想 の 姿 がより 描 か れ 特 に おるがん の 語 には エレナの 死 によって 朔 太 郎 の 内 面 を 襲 っている 恐 怖 と 不 安 そしてそれを 鎮 静 化 してくれるものであることもすでに 指 摘 した この 二 つの 詩 を 大 正 7 年 の 感 情 4 月 号 に 発 表 してから 大 正 10 年 10 月 の 日 本 詩 人 に 花 やかなる 情 緒 快 適 を 失 ってゐる 蒼 ざめた 馬 を 発 表 するまでの3 年 6ヶ 月 朔 太 郎 は 作 品 を 公 表 していない この 間 は 上 田 稲 子 との 結 婚 父 密 蔵 が 開 業 医 をやめ 長 女 葉 子 が 誕 生 す るなど 私 生 活 に 大 きな 変 動 があった 時 であった 1 詩 作 活 動 再 開 した 最 初 の 作 品 にみられる さびしい の 詩 句 花 やかなる 情 緒 については 前 回 で さびしい の 詩 句 が 目 立 ち その 意 味 の 原 点 としての 電 燈 孤 燈 燈 火 は 現 世 を 離 れたエレナを 表 し そこに 群 れる 蛾 蝗 小 蟲 の 詩 句 は エレナを 求 める 朔 太 郎 の 心 象 であろうと 前 回 で 指 摘 した また ふし ぎな 性 の 悶 えをかんじて/ 重 たい 翼 をばたばたさせる/かすてらのやうな 蛾 は 性 に 悩 む 朔 太 郎 自 身 の 心 の 投 影 自 身 がいうところの 邪 淫 詩 の 源 であると 述 べた さらに 第 4 連 の 光 を 求 めて 飛 びかう 蛾 は 光 の 周 圍 にむらがり 死 ぬ とあり 死 から 現 実 を 離 れ た 花 やかな 情 緒 の 世 界 に 生 きようとする 幻 想 の 世 界 が 現 実 となり このことは エレ ナ 幻 想 への 道 が 通 じはじめたことを 意 味 することをも 述 べた これまでの 静 かで 穏 やかで あったエレナへの 思 いが 幻 想 世 界 構 築 の 情 念 の 炎 が 一 気 に 燃 え 盛 る

3 Mar.2006 さみしい 男 の 文 学 史 その 初 出 で 思 想 の 憂 鬱 性 に 就 いて と 付 記 がある 快 適 を 失 ってゐる という 作 品 は 靑 猫 では 囀 鳥 となっている 1 連 13 行 の 詩 で 暗 鬱 な 思 惟 鬱 陶 しい 瞑 想 の 詩 句 は 柔 らかい 秋 風 が 吹 いているにもかかわらず 頭 の 中 はどんよりと 鬱 陶 しい 考 えに 満 ちあふれ 思 想 を 持 つ 者 はこの 気 分 を 簡 単 には 変 えられない 己 の 心 象 風 景 を 表 して いる かつてなにものすら 失 ってゐない/ 人 生 においてすら と 失 ったものはないとし ながらも ああしかし あまりにひさしく 快 適 を 失 ってゐる とうたう この 喪 失 感 は 後 に 乃 木 坂 倶 楽 部 アパートメント ( 昭 和 6 年 3 月 の 詩 現 実 に 発 表 氷 島 では 乃 木 坂 倶 楽 部 となっている)となって 表 現 される わが 思 惟 するものは 何 ぞや/すでに 人 生 の 虚 妄 に 疲 れて/ 今 も 尚 家 畜 の 如 くに 飢 ゑたるかな 我 は 何 物 をも 喪 失 せず/また 一 切 を 失 ひ 尽 せり と あるべき 人 生 はなく 生 きているこの 現 実 を 虚 妄 の 人 生 と 叫 ぶ 蒼 ざめた 馬 は 大 正 10 年 10 月 の 日 本 詩 人 に 発 表 した2 連 13 行 の 詩 で 初 出 で は 宿 命 の 不 可 抗 力 に 就 いて の 付 記 がある 第 1 連 の みじめな しょんぼり した 宿 命 の 因 果 の 蒼 ざめた 馬 は 朔 太 郎 自 身 であろう その 蒼 い 馬 に 向 かい らいふ すくり ん づ 第 2 連 で ああはやく 動 いてそこを 去 れ/わたしの 生 涯 の 映 畫 膜 から/すぐに すぐに 外 りさってこんな 幻 想 を 消 してしまへ と エレナ 幻 想 から 逃 れようとするあがきを 表 現 し ている 囀 鳥 蒼 ざめた 馬 には さびしい の 詩 句 はないが エレナ 幻 想 から 逃 れよ うとする 心 情 がよみとれる 大 正 8 年 10 月 青 野 季 吉 の 翻 訳 でロープシンの 蒼 ざめたる 馬 が 冬 夏 社 から 刊 行 され た この 翻 訳 本 を 朔 太 郎 が 読 んだかは 不 明 だが 大 正 11 年 10 月 の 文 學 世 界 に 情 調 哲 學 の 表 題 で 航 海 の 歌 宿 命 論 の 哀 傷 的 情 想 功 利 的 な 思 考 でなく 建 築 に 於 ける 一 つの 重 大 なる 構 想 ( 後 に 建 築 の Nostalgia ) 創 作 と 勞 働 あしき 趣 味 都 會 生 活 の 道 徳 的 價 値 ( 後 に 田 舎 と 都 會 )の 散 文 詩 とアフォリズム7 編 を 発 表 している その 中 の 宿 命 論 の 哀 傷 的 情 想 ( 全 集 第 5 巻 p262)で 蒼 ざめた 馬 について 次 のように 述 べてい る 我 等 のすべての 行 爲 や 決 意 やが 定 法 のみじめな 因 果 に 結 びつけられてゐるとすれば 生 活 は 希 望 のない 暗 澹 たるものになってくる そこにはどんよりした 冬 空 があり そし て 蒼 ざめた 馬 の 影 が 道 ばたの 草 を 喰 ってる これは 一 つの 悲 しげなる 暗 く 絶 望 の 凍 りついた 景 色 である かくて 宿 命 論 者 の 哲 學 は 通 例 靑 ざめた 情 緒 の 影 を 伴 ってくる 彼 等 の 唯 物 史 觀 や 宇 宙 の 合 理 法 に 對 する 理 性 の 信 仰 が 反 對 に 彼 等 の 情 緒 にまで 呪 はしく 靑 白 い 惡 魔 を 反 映 させる つまり 彼 等 は 彼 等 が 因 果 の 世 界 の 實 在 を 信 仰 する 故 に 反 對 に 因 果 の 世 界 の 外 へ 飛 躍 しようとする そしてそこに ある 不 可 思 議 で 神 秘 的 な 理 智 や 科 學 や 自 然 法 やの 遂 に 届 き 得 ない 一 種 夢 幻 的 な 情 緒 の 神 秘 境 を 追 憶 するのである されば 宿 命 論 の 思 想 は 一 方 に 甚 だしく 機 械 論 的 なリアリズムの 冷 酷 を 示 すと 共 に

4 196 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 一 方 にふしぎな 情 緒 の 艶 かしい 哀 傷 を 感 じさせる (ここに 親 鸞 や 聖 トーマスや ボド レエルや ショーペンハウエルや 及 び 多 くの 唯 物 主 義 者 等 の 感 傷 的 詩 想 がある )かく て 宿 命 論 は 人 生 そのものの 情 感 を 靑 ざめたる 哀 傷 の 影 にすすりなきさせるであらう 故 にウヰルヘルム 一 世 は かつて 獨 逸 の 決 定 論 者 に 詔 勅 を 下 した かうした 科 學 は 排 斥 せねばならぬ それは 朕 の 軍 隊 から 勇 氣 をうばひ 一 體 に 女 々しく 柔 弱 なものにする この 文 章 から 社 会 主 義 に 関 連 する 思 考 がうかがわれる なお ロープシンの 蒼 ざめた 馬 は テロリストの 主 人 公 がエレーナという 女 性 を 愛 し 彼 女 の 夫 を 殺 し 自 らも 死 に 追 い 込 まれる 60~70 年 代 にかけて 管 理 社 会 に 揺 さぶりをかける 学 生 運 動 が 盛 んであった 頃 蒼 ざめた 馬 は 若 者 によく 読 まれた そこには 人 間 疎 外 と 非 人 間 性 を 構 造 にもつ 社 会 の 破 壊 を 夢 みていた 運 動 家 学 生 (ノンポリ 学 生 も)が 蒼 ざめた 馬 に 登 場 するテロリスト の 姿 に 共 感 するものがあったのかもしれない この 作 品 から 朔 太 郎 が 影 響 をうけたかどう かはわからないが 少 なくとも 靑 猫 の 最 終 に 軍 隊 という 6 連 56 行 の 詩 が 載 せてあ ることは 無 関 心 ではなかったと 考 えられよう 靑 猫 に 載 る 初 出 年 代 は 不 詳 の 厭 らしい 景 物 は 囀 鳥 の 次 にある 作 品 である 4 連 17 行 の 詩 で 第 1 連 に さみしい 荒 廢 した 田 舎 をみる とある 厭 らしい とはじ めじめした 貧 乏 くさいことを 意 味 し 田 舎 は 自 分 の 故 郷 のことである それを 第 3 連 で 退 屈 な 自 然 と 表 現 し そこに 流 離 うわたしは 薄 ちゃけた 幽 霊 のやうな 影 ずっく り 濡 れたる 孤 獨 の 非 常 に 厭 らしいもの を 見 たといいます この 幽 霊 こそエレナ 憧 憬 から 老 年 エレナ 幻 想 への 道 を 示 していると 思 われる 遺 傳 は 大 正 10 年 12 月 日 本 詩 人 に 発 表 された この 詩 については 後 年 夢 に ついて ( 朝 日 新 聞 昭 和 12 年 2 月 7 日 ~9 日 )の 中 で 夢 の 中 では 人 間 の 遠 い 先 祖 か ら 遺 傳 してゐる あらゆる 原 始 的 記 憶 が 回 復 する ( 中 略 ) 夢 の 中 で 人 は 絶 えず 色 々な 動 物 に 襲 はれる 特 に 就 中 蛇 蜥 蜴 蟇 狼 その 他 得 體 のわからぬ 無 氣 味 な 怪 物 に 襲 は れる ( 中 略 ) 僕 等 の 憐 れな 先 祖 達 は 闇 の 中 にその 怪 物 の 目 を 見 るだけでも 震 へあがり 恐 怖 で 心 臓 が 止 ってしまった そしてこれが 夢 の 中 で 永 久 に 尚 僕 等 の 記 憶 に 殘 ってゐる のだ 夢 は 先 祖 の 亡 霊 である だから 夢 の 中 では 人 間 も 犬 も 平 等 である 犬 が 夜 間 に 夢 見 ることは おそらく 狼 とともに 吠 えたり 蛇 に 追 はれたりすることであり 僕 等 が 魘 されると 同 じやうに 彼 等 もまた 魘 されて 居 るのである この 一 つの 不 思 議 なこと 夢 の 中 では 人 間 も 犬 も 平 等 であるといふことを 私 はかつて 遺 傳 と 題 する 詩 で 書 いた ( 全 集 第 10 巻 p636)と 述 べている 人 生 に 対 する 不 安 と 母 思 慕 の 強 い 叫 びが のをあ ある とをあある やわあ と 独 特 なオノマトペーで 表 現 されている 惡 い 季 節 は 大 正 11 年 1 月 の 日 本 詩 人 に 発 表 した 作 品 で 囀 鳥 の 次 に 載 っ

5 Mar.2006 さみしい 男 の 文 学 史 その ている 5 連 24 行 の 詩 で 第 2 連 に こんな 季 節 のつづく 間 /ぼくのさびしい 訪 問 者 は/ 老 年 の よぼよぼした いつも 白 粉 くさい 貴 婦 人 です という 表 現 がある この 老 年 の 貴 婦 人 は 靑 猫 を 書 いた 頃 にある 夢 の 中 に 死 んだ 戀 人 の 幽 霊 と 密 会 して ( 全 集 9 巻 p222)の 戀 人 の 幽 霊 であり 港 にて の 老 女 の 化 粧 には シャルル ボードレ ールが 厚 化 粧 した 老 女 に 對 して 異 常 な 愛 憐 と 色 情 を 持 った ( 全 集 5 巻 p246)とあ ることを 踏 まえて 考 えると エレナの 老 女 像 を 描 きながらそれを 慕 うという 日 本 人 的 感 覚 にはない 西 欧 的 な 感 覚 で 幻 想 世 界 を 構 築 していく 姿 がうかがえる この さびしい に は エレナ 憧 憬 のはなやいだ 気 持 ちはなく 幻 想 世 界 で 老 いていくエレナへの 限 りない 哀 惜 の 情 をあらわしていよう 特 にこの 詩 の 最 終 連 ぼくの 感 情 を 燃 え 爛 すやうな 構 想 は/ ああもう どこにだってありはしない の 表 現 には エレナ 幻 想 世 界 の 構 築 を 内 心 に 抱 い ていたことを 思 わせる 自 然 の 背 後 に 隠 れて 居 る は 大 正 11 年 2 月 婦 人 之 友 に 発 表 された 初 出 では 自 然 の 背 後 に 隠 れてゐる とある 4 連 26 行 の 詩 で 第 1 連 に さびしい 葉 ずれの 隙 間 から 鳴 る 最 終 連 に さびしい 曠 野 に 泣 きさけんだ と さびしい の 詩 句 がある 先 の 遺 傳 と 同 じに 精 神 のよりどころなく 生 きている 不 安 と その 支 えてとしての 母 への 思 慕 が 強 く 表 れ 最 終 行 の お 母 ああさん! お 母 ああさん! の 表 現 にこのことをよみ とることができる この 不 安 を 大 正 11 年 の 5 6 月 に 集 中 して 作 品 化 し 発 表 靑 猫 の 重 要 な 作 品 群 となっている ここに エレナ 憧 憬 から エレナ 幻 想 構 築 過 程 への 道 筋 が うかがえると 考 える 2 靑 猫 の さびしい 靑 猫 にみられる エレナ 幻 想 構 築 過 程 靑 猫 の さびしい 靑 猫 には ここに 一 疋 の 靑 猫 が 居 る さうして 柳 は 風 にふかれ 墓 場 には 月 が 登 ってゐる の 序 文 がある この さびしい 靑 猫 の 表 題 に 載 る 作 品 は 15 編 あるが それはすべて 大 正 10 年 5,6,7 月 の 作 品 で さびしい の 詩 句 のある 詩 は 恐 ろしい 山 題 のない 歌 鴉 毛 の 婦 人 緑 色 の 笛 猫 柳 艶 めかしい 墓 場 くづれる 肉 體 寄 生 蟹 のうた かなしい 囚 人 さびしい 來 歴 憂 鬱 な 風 景 輪 廻 と 轉 生 である ほとん どの 詩 に さびしい の 詩 句 が 用 いられている 恐 ろしい 山 は 大 正 11 年 5 月 の 日 本 詩 人 に 発 表 した1 連 11 行 の 詩 で さびし くおそろしい 闇 夜 である の 詩 句 がある 先 の 遺 傳 自 然 の 背 後 に 隠 れて 居 る と 同 様 な 主 題 で 夢 の 中 で 原 始 人 にもどり 火 山 の 噴 火 の 情 景 を 思 い 描 きつつ その 赤 々とした 噴 煙 を 大 怪 物 の 蜘 蛛 の 赤 い 目 を 想 像 している 大 自 然 のむき 出 した 牙 に 恐 れる 原 始 人 の 感 情 を 不 安 にかられながら 生 きる 自 分 自 身 の 姿 に 重 ねている この 詩 について 大 岡 信 は ム ンクの 絵 や 例 えばクレーの 絵 の いわゆる 表 現 主 義 的 な 恐 怖 感 の 描 写 にたいへん 近 いと

6 198 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 いえる ( 日 本 近 代 詩 人 選 10 萩 原 朔 太 郎 筑 摩 書 房 p212)と 述 べているが さびし い の 詩 句 には 神 話 的 世 界 の 静 けさを 象 徴 しているように 思 える この 世 界 にやがて 朔 太 郎 はエレナを 立 たせる 題 のない 歌 は 恐 ろしい 山 と 同 時 に 日 本 詩 人 に 発 表 した1 連 11 行 の 詩 で 船 員 のすふ 煙 草 のけむりがさびしがってる の 詩 句 は 恐 ろしい 山 の 状 況 と 重 なる 原 始 時 代 の 火 山 噴 火 が 現 代 の 穏 やかな 海 をゆく 汽 船 の 煙 であり 船 員 のたばこの 煙 となっ ている このたばこの 煙 に さびしさ をただよわせているのは ああ 雲 よ 船 よ ど こに 彼 女 は 航 海 の 碇 をすてたか/ふしぎな 情 熱 になやみながら/わたしは 沈 黙 の 墓 地 をた づねあるいた/それはこの 草 叢 の 風 に 吹 かれてゐる/しづかに 錆 びついた 戀 愛 鳥 の 木 乃 伊 であった の 詩 句 に 見 られるように 船 は 求 めてやまないエレナであり 冥 界 をさま ようその 魂 はどこに 碇 をおろしているのか それをさがして 海 辺 のあちこちの 墓 場 を 探 し 求 める 私 の 心 であるから けむりがさびしがってる のである 鴉 毛 の 婦 人 は 緑 色 の 笛 猫 柳 と 共 に 大 正 11 年 5 月 詩 聖 に 発 表 された 1 連 9 行 の 詩 で 木 製 の 椅 子 にさびしくとまって の 表 現 がある さびしくとまって い るのは ふしぎな 夜 鳥 である その 夜 鳥 は 鴉 毛 の 婦 人 と 表 現 し なまめかしい 麝 香 の 匂 いを わたしの 家 根 裏 の 部 屋 に みたしている 夜 鳥 はしづかに 涙 をひとみにあふれ させ 情 欲 に 満 ちた 私 の 心 臓 をついばみ このせつない 戀 情 はどこからくるか と 問 いか ける これはまさに 切 ない 恋 心 を 運 んできてくれるエレナ 追 想 の 表 現 である そして 最 終 行 で あなたの 憂 鬱 なる 衣 裳 をぬいで はや 夜 露 の 風 に 飛 びされ と いいはなっている どこへ 行 けというのであろうか それは 笛 の 音 する 里 へ 行 かうよ につながる 笛 の 音 する 里 へ 行 かうよ は 恐 ろしい 山 と 共 に 大 正 11 年 5 月 日 本 詩 人 に 発 表 した 2 連 12 行 の 詩 である エレナの 虚 像 を 俥 に 乘 ってはしって 行 くとき/ 野 も 山 も ばうばうとして 霞 んでみえる/( 中 略 )/ふしぎな ばうばくたる 景 色 を 行 手 にみる/そ の 風 光 は 遠 くひらいて/さびしく 憂 鬱 な 笛 の 音 を 吹 き 鳴 らす/ひとのしのびて 耐 へがたい 情 緒 である と エレナを 追 う 行 く 手 の 景 色 が 憂 鬱 な 笛 を 鳴 らしていると 表 現 してい る すべて 虚 しい 幻 想 の 世 界 である その 憂 鬱 な 笛 の 音 が 緑 色 の 笛 である 緑 色 の 笛 は 1 連 13 行 の 詩 で さびしいですか お 嬢 さん! の 詩 句 がある 恋 人 への 呼 びかけを お 前 あなた と 口 語 的 に 表 現 することを 朔 太 郎 は 嫌 っているよう で 文 語 的 に お 嬢 さん としたと 自 身 で 述 べている この さびしいですか の 呼 び かけは 黄 昏 の 野 原 に 耳 の 長 い 象 が 歩 き 黄 色 の 夕 月 が 風 にゆらいで いるとい う 幻 想 世 界 での 呼 びかけである そしてやさしく 笛 を 吹 けという その 音 色 は 澄 んだ 緑 と 表 現 する 楽 器 の 音 に 色 を 感 じることは 大 正 3,4 年 頃 のノートに 黒 は 風 琴 白 は 立 琴

7 Mar.2006 さみしい 男 の 文 学 史 その 靑 はヰ``オロン 赤 は 喇 叭 緑 は 横 笛 風 琴 ( 單 調 と 懐 疑 ) 琴 ( 沈 靜 )ヰ``オロン( 情 熱 と 祈 禱 ) 喇 叭 ( 光 榮 と 凱 旋 ) 横 笛 ( 智 慧 と 微 笑 ) ( 全 集 第 12 巻 p31)とあり 朔 太 郎 はは やくから 興 味 をもっていたことが 推 測 される その 笛 によって あなたの 蜃 氣 楼 をよびよ せなさい とある そうすれば ひとつの 幻 像 がしだいにちかづいてくる としている その 幻 像 を 墓 場 の 草 影 にふらふらしている くびのない 猫 という この 猫 は 未 発 表 詩 編 に さはつねに 哀 しく/なにものを 見 んとはする/ 瞳 よ/つねに 樹 心 のうへにあれ/ つねに 人 畜 のうへにあれ/またもろもろの 魚 鳥 のうへにあれ/ 瞳 よ/おくつきの 下 より 生 れ/ 頭 なき 童 女 のごとく/いっしんに 空 をのぞみて/たへがたき 苦 痛 の 底 に/ああ 瞳 よ その 眠 をさませ ( 全 集 第 3 巻 p255)と 頭 なき 童 女 をイメージしていた そして 最 終 行 で いっそこんな 悲 しい 暮 景 の 中 で 私 は 死 んでしまひたいのです お 嬢 さん! と エレナ 追 想 しつつ 幻 想 の 中 で 死 にたいと 表 現 している さびしい とはエレナを 求 め る 叫 びでもあろう お 嬢 さん という 表 現 について 朔 太 郎 は 明 治 大 正 文 學 全 集 萩 原 朔 太 郎 の 自 注 で 現 代 日 本 の 日 常 口 語 には 戀 人 を 呼 びかける 好 い 言 葉 がない あ なた は 無 内 容 で 空 々しく 少 しも 親 愛 の 情 がない 言 葉 であるし お 前 は 對 手 を 賤 しめ て 輕 蔑 して 居 る ( 全 集 14 巻 p94)と 述 べている 猫 柳 は 1 連 15 行 の 詩 で そは 人 の 知 らないさびしい 情 慾 さうして 情 慾 です の 詩 句 がある エレナが 大 正 6 年 5 月 4 日 に 死 去 していることもあって 朔 太 郎 にとって の5 月 は 特 別 な 響 きと 意 識 をもっていたと 考 えられる あの 新 緑 の 生 命 の 香 りつよい5 月 は 朔 太 郎 の 感 性 を 揺 さぶる この 詩 は 詩 聖 の5 月 に 発 表 された 作 品 であるが その 構 想 は 当 然 のことながらそれ 以 前 である 5 月 が 近 づくにつれて エレナへの 幻 想 が 増 し てくる 現 実 があったに 違 いない この 詩 は つめたく 靑 ざめた 顔 のうへに ではじまるが これはエレナの 死 体 幻 想 である け 高 くにほふ 優 美 の 月 をうかべてゐます/ 月 のはづかし い 面 影 /やさしい 言 葉 であなたの 死 骸 に 話 しかける の 月 はエレナの 死 体 に 現 れてい る 表 情 を 表 し それは 私 に 対 しての 恥 じらいの 表 情 でもある さびしい 情 慾 とは 激 し く 求 めてやまないエレナへの 思 いである それはエレナの 死 体 への 愛 であり 屍 姦 を 意 味 しよう 私 はくちびるに 血 潮 をぬる/ああ なにといふ 戀 しさなるぞ/この 靑 ざめた 死 靈 にすがりつき/ 夜 風 にふかれ/ 猫 柳 のかげを 暗 くさまよふよ そは 墓 場 のやさしい 歌 ごゑ です の 表 現 からは このこと( 屍 姦 )がうかがわれよう このエレナへの 愛 の 叫 びを 靑 猫 を 書 いた 頃 には 邪 淫 詩 といっている 邪 淫 詩 としては 五 月 の 死 びと もあげら れる 五 月 の 死 びと は 初 出 不 詳 であるが 全 集 第 15 巻 の 年 表 によれば 大 正 11 年 6 月 の 嵐 に 怠 惰 の 暦 とともに 掲 載 されている この 詩 はまさにエレナの 死 体 幻 想 の 作 品 である 靑 猫 にはこの 五 月 の 死 びと の 前 に 初 出 不 詳 の 野 鼠 という 1 連 13 行 の 詩 を 載 せてるが この 野 鼠 も 冒 頭 に どこに 私 らの 幸 福 があるのだらう とあり

8 200 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 エレナ 追 想 と 幻 想 を 描 いている 作 品 である ばうばうとした 野 原 に 立 って 口 笛 を 吹 いてみ ても/もう 永 遠 に 空 想 の 娘 らは 來 やしない と 死 したエレナを 追 っている さらに 無 意 味 であると 知 りつつもエレナを 求 める 愚 かさを ああもう 希 望 もない 名 譽 もない 未 來 も ない /さうしてとりかへしのつかない 悔 恨 ばかりが/ 野 鼠 のやうに 走 って 行 った と 表 現 し この 詩 もエレナ 逝 去 にかかわって 詩 作 した 一 連 の 作 品 であろう この 詩 に 関 して 靑 猫 を 書 いた 頃 に 一 切 の 不 幸 は 誤 った 結 婚 生 活 に 原 因 して 居 た 理 解 もなく 愛 もな く 感 受 性 のデリカシイもなく 單 に 肉 慾 だけで 結 ばれてる 男 女 が 古 い 家 族 制 度 の 家 の 中 で 同 棲 して 居 た そして 尚 その 上 にも 子 供 が 生 れた 私 は 長 椅 子 の 上 に 身 を 投 げ 出 し て 昔 の 戀 人 のことばかり 夢 に 見 て 居 た (p224)と 述 べている 五 月 の 死 びと を 追 ってみよう この 生 づくりにされたからだは/きれいに しめや くち かに なまめかしくも 彩 色 されてる/その 胸 も その 脣 も その 顔 も その 胸 も/ああ みなどこもしっとりと 膏 油 や 刷 毛 で 塗 られてゐる /やさしい 五 月 の 死 びとよ/わたしは 緑 金 の 蛇 のやうにのたうちながら/ねばりけのあるものを 感 觸 し/さうして 死 の 絨 氈 に 肌 身 をこすりねりつけた という 詩 である 5 月 はエレナの 亡 くなった 月 である 5 月 そのものをエレナといってもよい 5 月 の 新 緑 とりわけ 椎 や 楠 の 花 の 強 く 官 能 的 な 匂 いに エレナとの 性 そのもの エレナの 死 臭 を 朔 太 郎 の 感 性 は 強 く 感 じたのであろう そこには 求 め 得 ずして 求 めてやまない さびしい 男 の 姿 がある この 死 体 幻 想 は ポオの 作 品 の 影 響 がうかがえる 昭 和 5 年 5 月 の ニヒル に 載 せた ポオ ニイチエ ドストイエフスキイ に ポオがその 抒 情 詩 集 に 歌 ってる 詩 は 多 く 皆 怪 奇 にしてスヰートな 戀 愛 詩 で これが 散 文 の 方 では 名 作 リヂア に 現 れてゐる リ ヂア! およそ 文 學 に 現 れた 作 品 中 でこれほど 艶 めかしくスヰートでしかもこれほどグ ロテスクで 氣 味 の 惡 い 抒 情 詩 がどこにあるか その 不 思 議 な 作 品 中 で ポオは 墓 場 の 中 の 戀 人 を 呼 び 起 し 死 人 の 部 屋 で 抱 擁 しながら 聲 を 忍 んでさめざめとすすり 泣 いてる そ こに 我 々は 魂 の 食 ひ 裂 かれたやうな 慟 哭 の 女 の 生 血 によって 塗 りつけられた 蒼 白 いセ ンチメンタルの 抒 情 詩 を 見 るのである ( 全 集 第 11 巻 p559~560)と 書 かれていること から ポオの 影 響 それも リヂア に 強 くひかれていることが 推 測 される このことは すでに 大 岡 信 も 前 掲 書 (p175~176)でも 触 れているが さびしい の 詩 句 を 通 してこの 死 体 幻 想 について 追 ってみたい 朔 太 郎 にとっては 5 月 は 単 に 暦 の 上 の5 月 ではなく エレナが 亡 くなったゆかりの 月 であることは 触 れてきた この 月 にかかわる 大 正 11 年 5 月 の 婦 人 公 論 に 片 戀 白 い 雄 鳥 の2 編 の 作 品 を 発 表 している 白 い 雄 鳥 は 2 連 14 行 の 詩 で 靑 猫 では 白 い 牡 鶏 底 本 靑 猫 では 白 い 雄 雞 と 表 記 を 変 えている 第 1 連 8 行 は わたしは 田 舎 の 牡 鶏 です/まづしい 農 家 の 庭 に 羽 ばたきし/ 垣 根 をこえて/わたしは 乾 からびた 小 蟲 を ついばむ /ああ この 冬 の 日 の 陽 ざしのかげに/さびしく 乾 地 の 草 をついばむ/わたし

9 Mar.2006 さみしい 男 の 文 学 史 その は 白 っぽい 病 氣 の 牡 雞 /あはれな かなしい 羽 ばたきをする 生 物 です と 表 現 され こ こには エレナ 追 想 の 思 いはうたわれていない 牡 鶏 は 朔 太 郎 のことであろう ひたす らに 虚 無 の 世 界 に 未 練 がましく 何 かを 漁 っている 男 の 姿 それを 白 っぽい 病 氣 の 男 と いう 第 2 連 には 墓 場 こはれた 日 時 計 とさびしい 田 舎 の 風 景 を 描 き それは 遠 い 過 去 の 時 間 の 中 で 先 祖 の 霊 がささやきあって 暮 らしているように 自 分 自 身 の 魂 も 生 き ながら 先 祖 の 霊 の 世 界 にいると 感 じている その 声 は けたたましい 牡 鶏 の 鳴 き 声 である そして 大 正 11 年 6 月 に 怠 惰 の 暦 五 月 の 死 びと 雨 中 を 彷 徨 する 艶 めかしい 墓 場 くづれる 肉 體 と エレナ 追 想 死 体 幻 想 の 作 品 を 次 々に 発 表 してゆくのである 艶 めかし 墓 場 は 大 正 11 年 6 月 の 詩 聖 に 発 表 した 2 連 20 行 の 詩 である さび しげなる 亡 靈 よ の 詩 句 がある この 詩 について 靑 猫 を 書 いた 頃 に なめくぢの 這 ひ 廻 る 陰 鬱 な 墓 地 をさまよひながら 夢 の 中 で 死 んだ 戀 人 の 幽 靈 と 密 會 して ( 中 略 ) 肉 體 の 自 然 的 に 解 消 して 行 く 死 の 世 界 と 意 志 の 寂 滅 する 涅 槃 への 愁 を 切 なく 歌 った ( 全 集 第 9 巻 p222~223)と 述 べている 先 のポオの リジア のことと 重 ねたエレナ 幻 想 が 描 かれている そしてこれまでの 憧 憬 とは 違 った 死 体 のエレナ 像 がある 貴 女 は 貝 でもない 雉 でもない 猫 でもない 貴 女 のさまよふからだの 影 から/まづしい 漁 村 の 裏 通 りで はらわた 魚 のくさった 臭 いひがする/その 腸 は 日 にとけてどろどろと 生 臭 く/かなしく せつな いのち く ほんとにたへがたい 哀 傷 のにほひである とうたい 第 2 連 で かうして 私 の 生 命 や からだ 肉 體 はくさってゆき と エレナと 同 様 に 死 の 世 界 へ 旅 立 って 行 く 思 いをあらわしている こうした 死 体 幻 想 は エレナへの 絶 望 的 な 思 いだけでなく 朔 太 郎 幼 児 期 の 陰 惨 な 死 体 解 剖 体 験 によるところが 大 きいと 考 える それは 長 女 葉 子 の 遺 作 朔 太 郎 とおだまきの 花 に 朔 太 郎 の 幼 児 期 に 直 面 した 父 の 死 体 解 剖 が 描 かれていることによる 医 務 室 へ 入 ってゆくと いつもと 違 った 空 気 でヘンな 匂 いがたちこもっていた 父 親 が 真 剣 な 顔 で 刃 物 を 持 っている ゴムの 手 袋 をしていて 赤 い 血 がついている 人 の 形 をしている 大 きな 人 形 なのか 手 術 台 に 寝 ている 父 親 は 手 袋 の 血 を 流 し 台 で 洗 うと 朔 太 郎 を メスや ピンセット 大 小 の 刃 物 の 乗 っている 補 助 台 に 抱 き 上 げて 座 らせた 良 いところへ 来 た そこでじっと 見 ているんだ 人 間 の 屍 体 を 解 剖 して 動 脈 静 脈 心 臓 脳 内 臓 その 他 の 構 造 を 見 て 勉 強 するのが 医 者 なのだ と 言 った ( 中 略 ) よく 見 ているんだ まだ 難 しいがネ と 屍 体 の 胸 のところへメスを 入 れた 赤 い 血 が 流 れた ( 中 略 ) それと 約 束 だ このことは 絶 対 に 誰 かに 言 うな 二 人 だけの 秘 密 だ と 言 った その 人 生 きていた 人? と 朔 太 郎 は 言 った 生 きている 人 を 解 剖 したら 法 律 で 罪 になる そんなことくらいは もう 分 るだろう? 仔 ネコは?

10 202 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 ハッハッハ この 間 仔 ネコの 解 剖 見 ていたのかい? あのネコが 自 分 の 可 愛 がっていた 仔 ネコだったのか!! 朔 太 郎 は 可 哀 想 と 思 った 朔 太 郎 は 泣 きそうになった 父 親 のしていることは 恐 ろしい 悪 魔 が 天 から 降 り て 来 て 命 令 しているように 思 った 厳 格 な 父 密 蔵 が 医 家 の 跡 取 りにするために 死 体 解 剖 という 医 師 のむごい 現 実 を 朔 太 郎 に 見 せつけている 場 面 である こうした 異 常 な 幼 児 体 験 が 朔 太 郎 の 繊 細 な 感 覚 に 影 響 を 及 ぼ したことは さまざまに 朔 太 郎 に 詩 作 に 影 をおとしている 詩 作 年 代 未 詳 の 未 発 表 詩 篇 ( 全 集 第 3 巻 )に 残 っている 瓶 (p343~344)などがそれに 該 当 しよう うすぐらい 床 の 隅 で 長 い 長 い 棚 の 隅 に いろいろな 瓶 が 竝 んで 居 る あるこーるづけの 蛙 あるこーるづけの 鼠 あるこーるづけの 心 臓 あるこーるづけの 貝 じっと 透 して 居 ると ぼんやりした 玻 璃 光 線 の 中 にみえる いろいろなものがみえる 白 っぽけた 人 間 の 耳 ゆがんだ 病 氣 の 手 うすあかりの 棚 のまへで おれは 胎 児 のやうにこごまって 泣 き 出 した ぼんやりした 光 線 の 中 で うすあかりの 床 にこごまって おれは 胎 児 のやうに 泣 きはじめた また 瓶 の 次 にある 夜 (p344)も 同 様 な 心 情 を 表 している なまぐさいみどりの 中 から/ 柳 しろじろとかすみをかけ/ 遠 火 にもえづるうぐひすな /どこかの 古 い 沼 のほとりの/びらびら 光 る 藻 ぐさの 中 で/ 心 臓 のくさりかけた 醉 っ

11 Mar.2006 さみしい 男 の 文 学 史 その ぱらひが/ 蛙 のやうにたたき 殺 された さらに 続 いて 無 題 の 詩 (p345)も 同 様 である なやましいみどりの 中 に/けぶれる 柳 がもえはじめた/ 窓 いちめんにもえはじめた/ そのとき 病 人 は 夢 からさめた/わたしは 手 にランプをもって/ふらふらとおきあがっ た/ 哀 しい 病 氣 の 顔 が 硝 子 戸 のまへにふるへて 居 た これらの3 編 に 共 通 するのは 先 の 朔 太 郎 とおだまきの 花 に 描 かれている 自 宅 医 務 室 での 死 体 解 剖 の 幼 児 体 験 が 核 となっていることであろう このことは 否 定 できない この 死 体 解 剖 の 幼 児 体 験 の 他 に 医 務 室 にある 医 学 書 とそれに 載 る 挿 絵 などが 朔 太 郎 の 感 性 の 成 長 に 影 響 を 与 えていたことが 考 えられる これに 関 しては すでに 磯 田 光 一 が 彼 の 著 した 萩 原 朔 太 郎 (1987 講 談 社 刊 初 出 は 昭 和 60 年 4 月 号 から 62 年 2 月 号 ま で 群 像 誌 上 に 隔 月 連 載 された)に 詳 述 されている 特 に 月 に 吠 える 靑 猫 など の 出 てくる 生 理 的 なイメージが すくなくともひとつの 源 泉 として 明 治 時 代 の 医 学 書 に 根 ざしていたのではないかと 思 われることである 杉 田 玄 白 解 体 新 書 序 図 のうち 陰 器 篇 図 淫 婦 篇 図 にみられる 性 器 の 解 剖 図 は その 後 も 江 戸 時 代 の 蘭 学 系 の 医 書 に 踏 襲 され 明 治 に 入 ってドイツ 系 の 医 学 が 入 ってきたときにも いくぶん 形 をかえたままで 当 時 の 解 剖 学 生 理 学 婦 人 科 学 の 書 籍 のうちに 継 承 されていた これに 病 理 学 病 理 解 剖 学 の 図 版 をつけ 加 え さらに 外 科 学 の 手 術 器 具 のイメージまでふくめて 考 えると それは さながらシュルレアリスムを 思 わせるような 怪 異 のイメージの 宝 庫 でさえあった (p 27)と 述 べているが 朔 太 郎 の 死 体 幻 想 の 核 形 成 には 医 学 的 な 生 理 感 覚 が 重 要 な 役 割 をな していたことには 間 違 いない 艶 めかしい 墓 場 と 同 時 に 詩 聖 に 載 った みじめな 街 燈 ( 初 出 は 雨 中 に 彷 徨 す る )1 連 14 行 の 詩 は 雨 のひどくふってる 中 で/ 道 路 の 街 燈 はびしょびしょぬれ てい る 中 を あるひとの 運 命 は 白 くさまよ い そのひとは 大 外 套 に 身 をくるんでいて それ は まづしく みすぼらしい 鳶 のやうだ という 詩 句 がある そしてこのかなしい 風 景 の たましい 中 で 厭 やらしく 靈 魂 のぞっとするものを 感 じさせた とあり エレナ 追 悼 の 意 志 を 感 じさせる その 靈 魂 を 追 って 海 辺 の 墓 場 に 佇 む 艶 めかしい 墓 場 にはその 時 の 心 情 がこめられていよう くづれる 肉 體 も 大 正 11 年 6 月 詩 聖 に 発 表 した 1 連 12 行 の 詩 である 蝙 蝠 の むらがってゐる 野 原 で/わたしはくづれてゆく 肉 體 の 柱 をながめた/それは 宵 闇 にさびし くふるへて/ 影 にそよぐ 死 びと 草 のやうになまぐさく/ぞろぞろと 蛆 蟲 の 這 ふ 腐 肉 のやう に 醜 くかった この 表 現 はポオの アッシャ 館 の 崩 壊 の 影 響 があると 指 摘 されている

12 204 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 薄 気 味 悪 い 蝙 蝠 がむらがる 夕 暮 れの 野 原 で くずれていく 肉 体 を 眺 めている その 肉 体 は 死 の 世 界 のエレナである 蛆 虫 が 死 びと 草 によってより 死 体 から 出 させられている そして 死 体 は 無 くなっていく それはエレナ 幻 想 が 崩 壊 していく 現 実 を 見 せつけられてい るのと 同 じであり 自 己 崩 壊 でもある その 二 つの 崩 壊 の 姿 を さびしくふるへる と 表 現 している この 蛆 虫 がわきでてくる 光 景 は 古 事 記 でイザナギが 黄 泉 の 国 のイザサミを のぞき 見 る 場 面 を 思 わせる 神 話 的 世 界 である イザナミの 屍 体 は うじたかれころろきて 頭 には 大 雷 居 り 胸 には 火 雷 居 り 腹 には 黒 雷 居 り 陰 には 析 雷 居 り と 描 かれ ている イザナギはこうしたイザナミの 姿 を 見 て 恐 ろしくなって 黄 泉 の 国 から 逃 げる こ の 神 話 的 幻 想 は くづれる 肉 體 では エレナ 幻 想 美 の 頂 点 を 表 している わたしの 靈 魂 はむづがゆい 恐 怖 をつかむ といい その 恐 怖 は 愛 欲 のなやみにまつはる 暗 い 恐 れだ という 屍 姦 のイメージを 強 く 感 じさせる さうして 蛇 つかひの 吹 く 鈍 い 音 色 に/わたし のくづれゆく 影 がさびしく 泣 いた 結 んでいる この 表 現 について 靑 猫 を 書 いた 頃 に ショウペンハウエル 的 涅 槃 の 侘 しくやるせない 無 常 感 を 印 度 の 蛇 使 ひが 吹 く 笛 にたと へて 鄕 愁 のリリックで 低 く 歌 った 自 殺 の 決 意 を 持 ち 得 ないほど 意 志 の 消 耗 に 疲 れ 切 って 居 た 當 時 の 私 は 物 倦 く 長 椅 子 の 上 に 寢 たままで 肉 體 の 自 然 的 に 解 消 して 物 理 學 上 の 原 素 に 還 元 し 一 切 の 無 に 化 してしまふことを 願 って 居 た ( 全 集 9 巻 p 224)と 述 べ ている 寄 生 蟹 のうた は 大 正 11 年 6 月 日 本 詩 人 に 発 表 した 1 連 11 行 の 詩 である は むし じめの 4 行 潮 みづのつめたくながれて/ 貝 の 齒 はいたみに 齲 ばみ 酢 のやうに 溶 けてしま った/ああここにはもはや 友 だちもない 戀 もない/ 渚 にぬれて 亡 靈 のやうな 草 を 見 てゐ る の 詩 句 には すでにエレナとの 思 い 出 の 場 はない しかし 春 夜 のなまぬるい 戀 びと の 吐 息 さびしい 寄 生 蟹 の 幽 霊 の 詩 句 に エレナの 亡 霊 が 見 え 隠 れしている 寄 生 蟹 の 語 には 亡 霊 と 上 田 稲 子 との 結 婚 生 活 を 重 ねていると 思 われる 靑 猫 を 書 いた 頃 に 私 の 生 活 のいちばん 陰 鬱 な 梅 雨 時 だった その 頃 私 は 全 く 生 きる といふことの 欲 情 を 無 くしてしまった と 言 って 自 殺 を 決 行 するほどの 烈 しい 意 志 的 なパッションもなかっ た つまり 無 爲 をアンニュイの 生 活 であり ( 中 略 )すべての 生 活 苦 惱 の 中 で しかし 就 中 性 慾 がいちばん 私 を 苦 しめた 既 に 結 婚 年 齡 に 達 して 居 た 私 にとって それは 避 けがたい 生 理 的 の 問 題 だった 私 は 女 が 欲 しかった ( 中 略 ) 陰 鬱 な 天 氣 が 日 々に 續 いた 私 はいよ いよ 孤 寂 になり 懐 疑 的 になり 虚 無 的 な 暗 い 人 間 になって 行 った そしていよいよ 深 く 密 室 の 中 にかくれて 瞑 想 して 居 た 私 はもはや どんな 哲 學 書 も 讀 まなくなった 理 智 の 考 へた 抽 象 物 の 思 想 なんか 何 の 意 味 もないことを 知 ったからだ ( 全 集 第 9 巻 p 220~222)と 書 かれているが 結 婚 する 男 としての 一 般 的 な 人 物 としては 欠 けている 事 が 多 い 先 の 二 人 の 女 性 のどちらかと 結 ばれたとしても それは 朔 太 郎 の 詩 魂 からすればそ の 結 婚 生 活 は 寄 生 蟹 の 生 活 を 思 わせる

13 Mar.2006 さみしい 男 の 文 学 史 その かなしい 囚 人 は 寄 生 蟹 のうた と 同 時 に 日 本 詩 人 に 発 表 した 1 連 11 行 の 詩 である 靑 猫 での かなしい という 詩 句 については 前 号 のp160 ですでに 述 べた そこでは かなしい の 詩 句 に エレナの 結 婚 逝 去 朔 太 郎 自 身 の 結 婚 が 背 景 にある 語 であることを 指 摘 し 何 事 にも 充 実 感 が 湧 かないかなしい 日 々を マンドリンを 奏 でるこ とによって 都 会 空 間 に 癒 しを 求 る 心 情 を かなしい と 表 現 したとした かなしい 囚 人 とは 月 に 吠 える の かなしい 遠 景 の かなしい 薄 暮 となれば/ 勞 働 者 にて 東 京 市 中 が 満 員 となり の 勞 働 者 である あちこちの 堅 い 地 面 を 掘 り 返 し 掘 りだした 物 は 煤 ぐろい 嗅 煙 草 の 銀 紙 である それは 虫 けらのように 零 落 した 自 分 自 身 の 発 見 であるとい う それから 時 移 り 勞 働 者 は かなしい 囚 人 となっている 憔 悴 した 帽 子 は 靑 ねばつち ざめたしゃっぽ に 堅 い 地 面 は 泥 土 に かなしい なやましい 薄 暮 は 曇 暗 な 日 ざしがかげってゐる と かなしい 囚 人 では 表 現 されている 囚 人 は 幽 靈 のやう にさびしい 影 となって ぞろぞろと 蛇 の 卵 のやうにつながってくる それを 最 終 行 で さびしい 囚 人 の 群 れではないか と 表 している 都 会 空 間 に 癒 しを 求 める 心 情 の かな しい から 人 生 のすべてに 零 落 した 己 を 囚 人 とし それに 求 めても 求 め 得 ない 心 情 さびしい と 形 容 している この 心 情 の 移 りは 大 正 4 年 から 11 年 に 至 る 7 年 間 の 時 間 が あった この 間 の 朔 太 郎 の 人 生 に 何 があったかは 繰 り 返 し 述 べてきたので ここでは 省 略 する さびしい 來 歴 は 寄 生 蟹 のうた と 同 時 に 日 本 詩 人 に 発 表 された 1 連 12 行 の 詩 である 夏 雲 よ なんたるとりとめのない 寂 しさだらう なんといふさびしい 自 分 の 來 歴 だらう の 詩 句 がある とりとめのない 寂 しさ を むくむくと 肥 えふとって/ 白 くく びれてゐるふしぎな 球 形 の 幻 影 よ と 抽 象 化 し それは 耳 もない 顏 もない つるつると して 空 にのぼる 野 蔦 のやうだ と 具 体 化 している そしてそれを 夏 雲 と 表 し そこに はあれほど 憧 れ 幻 想 を 描 いたエレナ 像 はないと 表 す 何 もかもを 失 った 懶 惰 な 生 活 者 は 風 の 死 んでる 野 道 をよろよろと 歩 くばかり もろこしの 葉 うらにからびてしまった ような 人 生 であると ここには 激 しいエレナ 追 想 の 心 情 は 見 えない この 懶 惰 な 生 活 を 作 品 化 したのが 怠 惰 な 暦 である 怠 惰 な 暦 は さびしい 來 歴 と 同 時 期 の 嵐 に 先 にあげた 五 月 の 死 びと と 共 に 発 表 した 1 連 13 行 の 詩 で 閑 雅 な 食 慾 の 冒 頭 の 作 品 でもある いくつかの 季 節 はす ぎ/もう 憂 鬱 の 櫻 も 白 っぽく 腐 れてしまった( 中 略 ) 海 も 田 舎 も ひっそりとした 空 氣 の 中 に 眠 ってゐる の 表 現 は エレナ 追 想 の 果 ての 行 き 着 くところを 暗 示 している そし て なんといふ 怠 惰 な 日 だらう/ 運 命 はあとからあとからとかげってゆき/さびしい 病 鬱 は 柳 の 葉 かげにかむってゐる/もう 暦 もない 記 憶 もない と 怠 惰 な 生 活 に 行 き 着 く 以 外 にはないという むかしの 戀 よ 愛 する 猫 よ/ 私 はひとつの 歌 を 知 ってる/さうして 遠 い 海 草 の 焚 けてる 空 から 爛 れるやうな 接 吻 を 投 げよう/ああ このかなしい 情 熱 の 外

14 206 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 どんな 言 葉 も 知 りはしない と 最 終 連 4 行 に 無 為 な 人 生 をまとめている 靑 猫 を 書 い た 頃 には この 4 行 について 詩 集 靑 猫 のリリシズムは 要 するにただこれだけの 歌 に 盡 きてる 私 は 昔 の 人 と 愛 する 猫 とに 爛 れるやうな 接 吻 をする 外 すべての 希 望 と 生 活 とを 無 くして 居 たのだ さうした 虚 無 の 柳 の 陰 で 追 懷 の 女 としなだれ 艶 めかしく もねばねばとした 邪 性 の 淫 に 耽 って 居 た ( 全 集 九 巻 p228)と 自 ら 解 説 している さら にこの 怠 惰 な 生 活 ( さびしい 病 鬱 な 生 活 )を 生 活 の 全 體 は 非 倫 理 的 の 罪 悪 史 であった 私 がもし 神 であったら 私 の 過 去 のライフの 中 から この 生 活 の 全 體 を 抹 殺 してしまひた いのだ それは 不 吉 な 生 活 であり 陰 惨 な 生 活 であり 恥 づべき 冒 瀆 的 な 生 活 だった し かしながらまたそれだけ 靑 猫 の 詩 は 私 にとって 悲 しいのだ ( 全 集 九 巻 p228)と エ レナ 憧 憬 追 想 幻 想 破 壊 という 懶 惰 な 人 生 の 道 筋 を はっきりと 述 べている 輪 廻 と 轉 生 は 1 連 19 行 の 詩 で 大 正 11 年 7 月 日 本 詩 人 に 黒 い 蝙 蝠 屍 蠟 と 靑 猫 海 鳥 憂 鬱 な 風 景 とともに 発 表 された 作 品 である この 中 の 憂 鬱 な 風 景 は 靑 猫 に 載 るが 他 の3 作 品 は 大 正 12 年 7 月 刊 蝶 を 夢 む 昭 和 11 年 3 月 刊 底 本 靑 猫 に 収 録 されている 特 に 後 者 に 於 いては2,3,4 番 目 に 載 せてある 輪 廻 と 轉 生 には 冒 頭 地 獄 の 鬼 がまはす 車 のやうに/ 冬 の 日 はごろごろとさびしくまはって/ 輪 廻 の 小 鳥 は 砂 原 のかげに 死 んでしまった とある 人 は 生 まれ 変 わり 死 に 変 わりして 迷 いの 世 に 生 かされ 死 ねば 皆 鳥 になるという 輪 廻 転 生 を エレナを 思 いながら 描 き エレ ナ 邂 逅 を 夢 みながら 未 だに 彷 徨 う 己 の 姿 を ああ こんな 陰 鬱 な 季 節 がつづくあひだ/ 私 は 幻 の 駱 駝 にのって/ふらふらとかなしげな 旅 行 にでようとする と 表 現 している そ の 旅 でみたものは 年 をとった 乞 食 の 群 であり 彼 等 は 禿 鷹 の 屍 肉 にむらがるやうに /きたない 小 蟲 が 焼 土 の 穢 土 にむらがってゐる のを 見 た そして 行 き 着 くところは 考 へることもない かうして 暮 れ 方 がちがづくのだらう/ 戀 や 孤 獨 やの 一 生 から/はりあひ のない 心 像 も 消 えてしまって ほのかに 幽 霊 のやうに 見 えるばかり の 所 だという そし て どこを 風 見 の 雞 が 見 てゐるのか と 風 見 鶏 になっているエレナに 向 けて 叫 ぶ 何 も 答 える 声 はない ただ もろこしの 葉 が 吹 かれてゐる だけの 風 景 が 目 の 前 に 広 がる この 心 象 風 景 を 作 品 化 したのが 憂 鬱 な 風 景 である 憂 鬱 な 風 景 は 猫 のやうに 憂 鬱 な 景 色 である と 冒 頭 に 据 えた 詩 である 猫 は 朔 太 郎 が 愛 する 憂 鬱 な 靑 猫 であり 猫 は 憂 鬱 を 形 象 化 した 表 現 である そこに さ びしい 風 船 はまっすぐに 昇 ってゆき/りんねるを 着 た 人 物 がちらちらと 居 るではないか と 憂 鬱 な 男 が 憂 鬱 な 風 景 の 中 に 居 るはずもない 人 の 姿 を 見 た すべてが 記 憶 の 世 界 から 消 えているのに なんとも 言 ひやうもない/ 身 の 毛 もよだち ぞっとするやうな 思 ひ 出 とりかへすすべもない むしばんだ 回 想 に いつまでも 幼 な 兒 のやうに 泣 いて 居 よ う と あれほどエレナ 像 を 汚 した 思 いは 今 はなく ひたすら 浄 化 した 己 の 心 で 冥 界 にい るエレナへの 思 いを 叫 んでいる

15 Mar.2006 さみしい 男 の 文 学 史 その エレナ 追 想 の 果 て これまでエレナ 憧 憬 追 想 幻 想 とその 幻 想 構 築 の 過 程 を 靑 猫 の 作 品 をほぼ 制 作 年 代 を 追 って 述 べてきた その 最 終 段 階 つまりエレナ 追 想 の 果 てについて 次 の 公 園 の 椅 子 猫 の 死 骸 沼 澤 地 方 の 三 つの 詩 で 整 理 したい 公 園 の 椅 子 は 初 出 は 大 正 13 年 1 月 上 州 新 報 に 郷 土 望 景 詩 篇 公 園 の 椅 子 の 題 で 発 表 した 1 連 14 行 の 詩 で 後 に 純 情 小 曲 集 の 最 後 に 載 せた 作 品 である 人 氣 なき 公 園 の 椅 子 にもたれて/われの 思 ふことはけふもまた 烈 しきなり /いかなれば 故 鄕 つら たね のひとのわれに 辛 く/かなしきするもの 核 を 嚙 まむとするぞ / 遠 き 越 後 の 山 に 雪 の 光 り て/ 麥 もまたひとの 怒 りにふるへをののくか /われを 嘲 けりわらふ 聲 は 野 山 にみち/ 苦 しみの 叫 びは 心 藏 を 破 裂 せり /かくばかり/つれなきものへの 執 着 をされ /ああ 生 れ たる 故 鄕 の 土 を 蹈 み 去 れよ /われは 指 にするどく 研 げるナイフをもち/ 葉 櫻 のころ/さ びしき 椅 子 の 復 讐 の 文 字 を 刻 みたり と 最 終 行 に さびしき 椅 子 の 語 がある 椅 子 に 朔 太 郎 を 重 ねることができようか 公 園 の 椅 子 は 孤 独 な 者 の 象 徴 である 特 定 の 人 のために 用 意 されたものではない できればエレナと 腰 掛 ける 椅 子 であったかもしれな い そこに 復 讐 の 二 文 字 を 刻 むのは 己 の 人 生 への 悔 恨 の 感 情 のしぐさである エレ ナとの 決 別 を 思 い 新 しい 生 き 方 をという 決 意 の 感 情 をこの 詩 から 読 み 取 れる それは い かなれば 故 鄕 のひとのわれに 辛 く の 詩 句 にあるように 受 け 入 れてくれない 故 郷 その ようにしてしまった 己 の 過 去 からの 旅 立 ちを 意 味 しよう この 時 朔 太 郎 は 前 橋 を 離 れ 東 京 へ 行 くという 人 生 の 転 換 期 を 迎 えている 月 に 吠 える 靑 猫 から 純 情 小 曲 集 への 転 換 期 でもある 猫 の 死 骸 は 大 正 13 年 8 月 女 性 改 造 に 発 表 された 1 連 16 行 の 詩 である 後 に 定 本 靑 猫 宿 命 に 収 録 されて 作 品 である 海 綿 のやうな 景 色 のなかで 朦 朧 とし た 柳 のかげから/やさしい 待 ちびとの 姿 が 見 えるよ と 幻 想 のエレナをみとめている そのエレナは うすい 肩 かけにからだをつつみ/びれいな 瓦 斯 體 の 衣 裳 をひきずり/しづ かに 心 靈 のやうにさまよってゐる その 姿 に 思 わず 朔 太 郎 は 声 を 掛 ける ああ 浦 さび しい 女! と すべてを 現 実 から 姿 を 消 したつもりであったが まだ 残 っているものが ある 浦!/このへんてこに 見 える 景 色 のなかへ/ 泥 猫 の 死 骸 を 埋 めておやりよ と 呼 びかける 靑 猫 を 書 いた 頃 に その 昔 の 死 んだ 女 は いつも 紅 色 の 衣 装 をきて 春 夜 の 墓 場 をなまぐさく 歩 いて 居 た 私 の 肉 體 が 解 體 して 無 に 歸 する 時 私 の 意 志 が 彼 女 に 逢 って 燐 火 の 燃 える 墓 場 の 陰 で 悲 しく 泣 きながら 抱 くのであった ( 全 集 9 巻 p225) とある そして 浦 につて 私 のリジアであった そして 私 の 家 庭 生 活 全 體 が 完 全 に アッシャア 家 の 没 落 だった それは 過 去 もなく 未 来 もなく そして 現 實 のもの から 消 えてしまった 所 の 不 吉 な 呪 はれた 虚 無 の 實 在 アッシャア 家 的 實 在 だった

16 208 共 愛 学 園 前 橋 国 際 大 学 論 集 No.6 その 不 吉 な 汚 いものは 泥 猫 の 死 骸 によって 象 徴 されてた 浦! お 前 の 手 でそれに 觸 る おのの のは 止 めてくれ 私 はいつも 本 能 的 に 恐 ろしく 夢 の 中 に 泣 きながら 戰 いて 居 た (p225) と 述 べている 沼 澤 地 方 は 大 正 14 年 2 月 改 造 に 発 表 された 1 連 16 行 の 詩 である この 作 品 には 浦! と 叫 ぶ 箇 所 が 三 カ 所 ある 日 が 空 に 寒 く 蛙 どものむらがってゐる/さびし い 沼 澤 地 方 は どこまでもぬかるみのじめじめした 道 で 私 は 靴 をひきずり あちこち の 村 落 を 悲 しく 訪 れ だらしもなく 懶 惰 のおそろしい 夢 におぼれた 時 救 いを 求 め て ああ 浦! と 声 をあげた もうお 前 のことは 忘 れよう あいびきの 木 小 屋 で 恐 れち ぢこまって 猫 の 子 のようにふるえていたお 前 と 浦! そして 最 終 2 行 で 不 思 議 な さびしい 心 臟 よ / 浦! ふたたび 去 りてまた 逢 ふ 時 もないのに と 結 ぶ この 二 つの 詩 で 叫 ばれている ula は その 響 きの 中 にエレナを 求 めつつも 消 え 去 ろう とする 矛 盾 した 内 面 を 吐 露 した 言 葉 であろう しかし 生 きている 限 りエレナを 消 し 去 ることは 不 可 能 である 朔 太 郎 は 繰 り 返 しエレナを 追 想 し エレナ 幻 想 を 描 きながら 生 きていくほかに 方 法 はないのである そこに さびしい 男 の 姿 がある エレナ 追 想 や 幻 想 構 築 が 無 機 質 に 抽 象 化 されるまでには 時 間 を 要 することである 磯 田 光 一 は 幻 影 の 恋 人 への 別 離 をうたった ( 萩 原 朔 太 郎 p261)とこの 詩 について 述 べ 朔 太 郎 がこ れまでの 前 橋 での 思 いをすべて 捨 て 東 京 移 住 への 思 いがあると 指 摘 している 朔 太 郎 は 大 正 14 年 2 月 妻 子 を 伴 って 東 京 移 住 する その 年 の 9 月 の 婦 人 之 友 に 1 連 19 行 の 詩 大 井 町 を 発 表 する この 作 品 によって 朔 太 郎 詩 の 大 正 時 代 は 終 わり エレ ナ 追 想 も 終 焉 を 告 げる 朔 太 郎 は 猫 の 死 骸 沼 澤 地 方 について 明 治 大 正 文 學 全 集 萩 原 朔 太 郎 篇 の 自 註 ( 全 集 14 巻 p88)に 共 に 一 種 の 象 徴 的 戀 愛 詩 である UIa ( 浦 )は 現 實 の 女 性 ではなく 戀 愛 詩 のイメーヂの 中 で 呼 吸 して 居 る 瓦 斯 體 の 衣 裳 をき た 幽 靈 の 女 鮮 血 の 情 緒 に 塗 られた 戀 しく 惱 ましい 女 である そのなつかしい 女 性 は い つも 私 にとって 音 楽 のやうに 感 じられる (p 88)と 述 べている 萩 原 朔 太 郎 の 詩 句 さびしい をとりあげ 作 品 分 析 を 試 みたノートを3 回 にわたって 記 してきた こうした 詩 語 を 中 心 に 朔 太 郎 詩 を 論 じたのは 中 桐 雅 夫 の 靑 猫 論 ( 叢 書 近 代 文 芸 研 究 萩 原 朔 太 郎 研 究 高 田 瑞 穂 編 昭 和 48 年 5 月 1 日 三 弥 井 書 店 刊 所 載 ) である さびしい の 詩 語 は 定 本 靑 猫 の 三 分 の 二 近 くの 詩 に 用 いられている ( 前 掲 書 p138)と 朔 太 郎 の 詩 での さびしい の 語 が 重 要 な 意 味 をもっていることを 指 摘 している ただ 研 究 集 録 という 限 られた 中 で 論 じているために 個 々の 詩 についての さ びしい の 詩 語 の 検 討 は 触 れられなかったようである 他 に 憂 鬱 かなしい やさし い などの 詩 句 についてもその 重 要 さを 述 べている 今 後 さびしい の 語 以 外 をとりあげ 朔 太 郎 の 詩 の 真 実 にせまりたいと 考 えている [ 付 記 ] 引 用 の 朔 太 郎 の 作 品 は 筑 摩 書 房 版 萩 原 朔 太 郎 全 集 による

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

Unknown

Unknown 学 校 国 語 科 採 用 作 品 覧 28 度 学 校 図 版 科 学 校 国 語 2 学 校 国 語 1 335 黄 色 屋 謎 堀 敏 幸 ぱ 孔 利 休 靖 孔 767 海 辺 景 安 章 海 辺 景 335 斜 陽 斜 陽 367 富 獄 百 景 靖 853 物 語 靖 物 語 後 O 贈 も O 傑 作 選 I 義 阿 族 舞 姫 阿 族 舞 姫 車 輪 セ 車 輪 橋 健 367 魔

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

13 為 湛 浮 層 宛 括 掬 暑 栽 雨 地 傾 草 混 覧 ぜ ~ 暗 周 辺 計 帝 母 育 帝 際 皮 肉 託 右 強 悲 時 面 半 栽 雨 堪 雨 栽 草 混 雨 付 堪 掬 = 母 訴 母 父 好 懇 願 名 づ 紛 存 覧 ぜ 儀 取 次 頃 起 末 耳 ょ ぜ 訊 詞 眺 明 栽

13 為 湛 浮 層 宛 括 掬 暑 栽 雨 地 傾 草 混 覧 ぜ ~ 暗 周 辺 計 帝 母 育 帝 際 皮 肉 託 右 強 悲 時 面 半 栽 雨 堪 雨 栽 草 混 雨 付 堪 掬 = 母 訴 母 父 好 懇 願 名 づ 紛 存 覧 ぜ 儀 取 次 頃 起 末 耳 ょ ぜ 訊 詞 眺 明 栽 12 1 稿 就 込 綴 尽 海 士 苫 屋 余 報 憂 2 斎 選 飛 鳥 井 君 亡 ぼ 痛 包 ぜ 優 柔 断 軽 率 抱 仲 介 役 ゅ 納 典 典 報 相 応 答 応 答 摘 3 御 癖 九 ヴ ァ エ シ ョ ン 枚 挙 去 満 戴 括 必 報 虚 鈴 木 泰 恵 13 為 湛 浮 層 宛 括 掬 暑 栽 雨 地 傾 草 混 覧 ぜ ~ 暗 周 辺 計 帝 母 育 帝 際 皮 肉 託 右

More information

そこに在るから

そこに在るから 在 澤 日 菜 子 登 場 物 男 性 3 0 代 半 男 性 2 0 代 半 男 性 4 0 代 初 2 暗 転 虫 木 々 ざ 聞 九 月 旬 東 京 近 郊 腹 午 後 四 過 ぎ 明 転 ふ 姿 男 二 太 木 枝 杖 代 抱 煙 草 持 無 ふ 煙 草 箱 湿 持 来 掴 同 役 立 掴 悪 火 掴 吐 息 悪 風 虫 空 風 3 強 少 何 四 四 半 3 歩 腹 減 足 痛 煙 草 吸

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

第8回ジュニア文学賞.indd

第8回ジュニア文学賞.indd -22- 涙 嫌 柴 折 連 老 躯 僧 頼 僧 渡 老 夫 婦 降 募 跡 原 泣 供 掌 抱 連 育 想 淋 近 在 等 遊 似 多 由 貴 族 嫡 男 第 疎 着 事 欠 洛 西 形 抜 勇 力 軼 少 壮 頃 相 撲 名 些 細 髻 押 公 卿 離 師 端 編 或 冬 夜 霏 降 影 指 急 編 笠 む 翁 媼 沓 踏 抜 歩 影 遅 勝 冷 跡 摺 筋 続 灯 寂 所 住 暖 囲 炉 端

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

102

102 101 二 〇 六 年 度 第 回 国 語 50 < 注 > 開 始 チ ャ ム 冊 子 開 二 題 1 ペ 31ペ 印 刷 三 受 験 番 氏 名 解 用 紙 定 入 四 解 べ 解 用 紙 定 入 102 1 文 章 読 以 下 設 肉 a テ ギ 肉 圧 倒 的 義 足 義 十 魅 力 的 数 多 存 在 ゆ 肉 圧 倒 的 肉 最 精 神 方 出 活 最 活 様 々 例 識 情 考 活 ピ

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

スタート診断テスト国語.indd

スタート診断テスト国語.indd 漢 漢 含 む 々 ナ 養 宇 宙 ユ 試 隣 国 寺 院 ゾ セ 状 改 善 ベ 格 利 益 配 分 腕 ニ 鍛 宅 ツ 電 車 使 開 話 報 カ 応 起 ニ ュ 例 年 早 庭 草 花 サ 海 外 制 研 究 顕 微 鏡 リ ツ 目 標 タ ツ 遠 足 ス 持 参 好 機 ラ ビ 舞 行 朝 食 フ 食 五 嫌 取 調 ジ ッ 若 育 他 社 製 ゴ 夏 休 コ 帰 リ 解 決 熟 欠 会 五

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

1 甲殻類

1 甲殻類 四 日 市 市 磯 津 の 生 物 等 の 地 域 言 葉 ( 伝 承 諺 ) 1 気 象 に 関 するもの 磯 津 ことばを 記 録 す る 会 1 動 物 に 関 す る も の 区 分 種 別 伝 承 諺 ( 磯 津 こ と ば ) 哺 乳 類 猫 ネ コ が 顔 を 掻 く と 雨 ネ コ の 鼻 が 乾 く と 雨 三 毛 猫 の 雄 は 天 気 を 知 る 鳥 類 一 般 鳥 が 低 い

More information

女神話本.indd

女神話本.indd 記 憶 岡 村 義 公 161 162 プ グ ひ 涼 ょ 学 病 院 勤 務 医 彼 専 門 分 野 催 眠 療 法 屈 指 名 医 評 判 彼 元 香 づ 月 八 歳 患 誰 振 返 ほ 八 頭 身 美 職 業 モ デ ル 彼 訴 変 付 合 男 声 震 初 恋 相 手 バ ク 事 故 目 急 白 血 病 婚 約 男 心 室 細 動 四 目 交 通 事 故 急 愛 先 月 方 的 彼 恋 男 膜

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

深い音

深い音 小 田 実 全 集 小 説 第 37 巻 深 音 目 次 6 16 25 ブ カ 住 35 無 用 逃 48 災 前 夜 61 忙 共 活 71 親 切 ア ホ ウ ボ イ レ ド 84 似 合 茶 飲 友 96 髪 105 役 者 全 員 113 瓦 礫 墓 123 復 興 都 市 再 開 発 計 画 135 種 友 152 サ カ ゴ 到 163 多 福 告 白 181 薬 拒 む 濁 貧 196

More information

談 国 境 南 太 陽 西 Ⅰ 英 行 圭 Ⅰ 奥 物 村 上 春 樹 国 境 南 太 陽 西 談 奥 物 印 象 台 詞 先 最 初 物 談 辺 頑 張 テ マ 全 体 読 む 入 怖 入 末 部 急 春 樹 登 場 物 急 パ ワ ア ッ プ 羊 冒 険 耳 彼 味 超 越 者 末 辺 パ ワ

談 国 境 南 太 陽 西 Ⅰ 英 行 圭 Ⅰ 奥 物 村 上 春 樹 国 境 南 太 陽 西 談 奥 物 印 象 台 詞 先 最 初 物 談 辺 頑 張 テ マ 全 体 読 む 入 怖 入 末 部 急 春 樹 登 場 物 急 パ ワ ア ッ プ 羊 冒 険 耳 彼 味 超 越 者 末 辺 パ ワ SURE: Shizuoka University REp http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/ Title 談 国 境 南 太 陽 西 I Authors, 英 行 ;, 圭 Citation 文 論 集. 622, p. A1-A33 Issue Date 2012-01-31 URL http://doi.org/10.14945/00006694 Version publisher

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

1 目 次 呼 吸 二 彼 方 三 五 パ ン ト マ イ ム 七 窓 八 誘 惑 一 〇 十 字 架 一 二 恋 一 三 結 一 四 種 一 五 花 一 七 歌 一 九 祈 二 〇 二 一 心 二 三 間 ( ) 二 五 二 七 旅 二 八 魔 法 二 九 悪 三 一 三 三 ス ー フ ィ ー

1 目 次 呼 吸 二 彼 方 三 五 パ ン ト マ イ ム 七 窓 八 誘 惑 一 〇 十 字 架 一 二 恋 一 三 結 一 四 種 一 五 花 一 七 歌 一 九 祈 二 〇 二 一 心 二 三 間 ( ) 二 五 二 七 旅 二 八 魔 法 二 九 悪 三 一 三 三 ス ー フ ィ ー 神 学 ポ エ ジ ー 第 1 集 徒 然 遊 び 綴 2 0 1 3 / 1 2 / 1 3 2 0 1 4 / 1 / 2 6 神 学 遊 戯 団 戯 遊 風 1 目 次 呼 吸 二 彼 方 三 五 パ ン ト マ イ ム 七 窓 八 誘 惑 一 〇 十 字 架 一 二 恋 一 三 結 一 四 種 一 五 花 一 七 歌 一 九 祈 二 〇 二 一 心 二 三 間 ( ) 二 五 二 七 旅 二

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

2 0605-MYTH: text2 final edition-120807 MYTH ミ myth [ mi Θ ] 1 神 伝 説 2 3 架 空 * basic text: 孤 独 発 / ポ タ 柴 田 元 幸 : 訳 / 新 潮 文 庫 [ 登 場 ] # プ 舞 台 円 形 使 用 デ

2 0605-MYTH: text2 final edition-120807 MYTH ミ myth [ mi Θ ] 1 神 伝 説 2 3 架 空 * basic text: 孤 独 発 / ポ タ 柴 田 元 幸 : 訳 / 新 潮 文 庫 [ 登 場 ] # プ 舞 台 円 形 使 用 デ M Y T H 1 2 0605-MYTH: text2 final edition-120807 MYTH ミ myth [ mi Θ ] 1 神 伝 説 2 3 架 空 * basic text: 孤 独 発 / ポ タ 柴 田 元 幸 : 訳 / 新 潮 文 庫 [ 登 場 ] # プ 舞 台 円 形 使 用 デ コ 舞 台 象 徴 置 舞 台 カ 所 不 穴 開 登 場 穴 穴 腰 掛 最

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

Microsoft Word - 君の容貌01.doc

Microsoft Word - 君の容貌01.doc 晩 蔵 仁 ひ 君 容 貌 第 回 0 1 始 ぐ 夢 子 供 頃 景 慣 景 随 長 間 足 場 所 赤 茶 強 吸 込 肺 痛 乾 空 気 真 青 空 逃 平 線 沈 ゆ 赤 太 陽 場 所 他 景 立 崖 立 場 所 違 遠 昔 慣 光 景 夢 夢 覚 楽 突 然 界 空 紺 碧 者 圧 倒 巨 月 三 浮 天 空 浮 ぶ 巨 球 ペ パ ノ 順 線 ゆ 眺 夢 通 動 景 点 番 小 ノ 止

More information

01七十の夏.indd

01七十の夏.indd 1 枯 草 石 毎 橋 通 旅 町 港 眺 雨 午 町 路 地 井 戸 昔 頃 腹 鮨 詰 室 運 苦 友 意 味 苦 痛 育 授 業 ソ フ ボ 球 飛 祈 守 笑 胸 キ ュ 休 カ ビ 臭 室 ポ 屈 折 科 授 業 厳 揃 違 殴 閉 口 授 業 ホ 女 厳 情 熱 指 導 脱 線 白 引 込 科 鑑 題 紹 介 達 治 光 郎 駝 鳥 駝 鳥 ぱ 難? 優 秀 受 評 論 ゅ 共 英 男

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

与謝蕪村

与謝蕪村 四 季 俳 句 与 謝 蕪 村 冬 五 一 秋 三 九 夏 二 三 春 目 次 1 i ii 春 -1 - 春 雨 や 暮 れ な む と し て け ふ も あ り -2 - 春 風 や 堤 つ つ み 長 う し て 家 遠 し -3 - 遅 き 日 つ も り て 遠 き む し な -4 - や ぶ 入 り 夢 や 小 豆 あ づ き 煮 え る う ち -5 - 燭 し ょ く 火 を

More information

お名前 = 遠藤 芙美子

お名前 = 遠藤 芙美子 座 火 午 四 駅 着 参 阪 井 正 迎 へ 老 提 蒼 狼 尽 撮 影 モ ゴ へ 讀 賣 聞 産 経 聞 稿 朝 稿 産 経 聞 渡 稿 檻 遠 檻 獄 棲 魑 魅 鞠 憂 妻 紙 SO LONG 勃 起 ぼ 魔 羅 夕 ざ 獄 寒 乗 番 要 叫 読 刑 務 電 車 竜 天 登 暮 街 愁 ゅ ゅ 族 ゐ 淋 血 売 昼 蛾 娼 婦 胸 病 ふ 電 車 停 元 説 友 河 村 里 読 性 他

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

241 扱 検 証 K 水 準 サ 展 浩 瀚 ⑴ 筆 謝 捧 系 母 薬 経 営 跡 進 希 暁 星 園 等 車 飲 酒 汚 別 居 妻 勧 辿 夢 D N A ガ ⑵ 績 シ ゲ 授 四 才 試 宙 試 完 経 長 篇 再 検 討 完 共 有 再 検 討 回 始 四 京 東 仏 進 揺 基 服

241 扱 検 証 K 水 準 サ 展 浩 瀚 ⑴ 筆 謝 捧 系 母 薬 経 営 跡 進 希 暁 星 園 等 車 飲 酒 汚 別 居 妻 勧 辿 夢 D N A ガ ⑵ 績 シ ゲ 授 四 才 試 宙 試 完 経 長 篇 再 検 討 完 共 有 再 検 討 回 始 四 京 東 仏 進 揺 基 服 24 非 常 秋 駿 夫 木 崎 創 評 群 像 多 描 摘 変 貌 努 著 譜 献 完 ガ ド 森 田 版 期 認 注 川 続 去 再 検 討 痛 哀 切 去 閉 未 開 素 晴 夫 秋 駿 木 崎 掲 評 底 込 図 体 不 私 否 氏 秋 氏 共 負 延 摘 木 崎 氏 扱 号 涯 号 川 掲 評 以 チ ュ 姿 去 負 確 認 モ ぐ 根 底 障 強 篠 原 茂 掲 真 相 障 軽 減 越

More information

桃太郎

桃太郎 芥 川 龍 之 介 む む 大 む 深 山 奥 大 木 本 大 足 知 1 枝 雲 上 ひ 根 大 地 底 黄 泉 国 及 何 天 地 開 闢 頃 伊 弉 諾 尊 黄 最 津 平 阪 八 雷 却 め 礫 打 神 代 木 枝 木 世 界 夜 明 以 来 万 年 度 花 開 万 年 度 み び ゃ ざ ぎ み ひ ぞ み ぶ み 2 花 真 紅 衣 蓋 黄 金 流 蘇 垂 大 待 不 思 議 核 美 赤

More information

艦これ そして彼は提督となった ID:85473

艦これ そして彼は提督となった ID:85473 提 古 水 狂 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 隊 ょ ミ タ 擬 人 化 せ 略 ユ ザ 数 誇 栄 枯 盛 衰 遂 サ ビ 終 了 運 命 日 愛 娘 達 迎 サ ビ 終 了 瞬 目 瞑 生 変 指 揮 鎮

More information

円いひっぴい

円いひっぴい 小 田 実 全 集 小 説 第 13 巻 円 ぴ 巻 三 十 三 作 者 目 次 7 4 4 作 者 寸 虫 五 魂 寸 虫 五 投 機 金 儲 惑 打 算 処 世 術 体 験 説 教 ぐ 想 観 念 五 サ ズ 以 小 マ 体 寸 虫 棚 並 世 界 想 全 集 本 想 愛 好 家 文 学 鑑 賞 家 ぞ 嘆 賞 ド エ フ マ ゾ フ 兄 弟 審 問 官 ご 論 寸 虫 五 想 五 観 念 マ

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身 1 215 11 15 救 機 関 紙 No.4 寒 ょ? 昨 雨 温 ぐ 下 金 巨 未 駅 迎 確 : 救 : 西 谷 文 564-41 吹 田 市 泉 町 1-22 - 33 TEL 6-617-4757 FAX 6-6378-6625 E-mai l : nishinishi@r3.dion.ne.jp URL : http://www.nowiraq.com/ No.4 November

More information

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども

この 説 に 信 憑 性 があるかないか わたしにはよく 分 かりませんが 語 呂 が 良 いし 昔 の 親 父 は 確 かにおっかないところがあったから そこに 収 まるまでに 何 らかのいきさつがあ ったとしても 親 父 に 定 着 していったのでしょうか 一 昔 か 二 昔 前 には 子 ども 聖 霊 降 臨 後 第 16 主 日 ( 特 定 22) 説 教 2011/10/2 聖 マタイ 福 音 書 第 21 章 33 節 ~43 節 於 : 聖 パウロ 教 会 司 祭 山 口 千 寿 地 震 雷 火 事 親 父 という 諺 をお 聞 きになったことがあると 思 います 怖 いもの 恐 ろしく 感 じられるものを 順 番 に 上 げたのだと 思 います わたしたちも3 月 11 日 の

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

11 朝 専 属 業 タ 最 初 載 虞 ぐ 美 ご 欲 最 悲 劇 迎 呼 青 登 痛 烈 述 際 況 推 進 危 機 執 筆 悪 伊 豆 修 善 寺 転 療 吐 血 危 篤 陥 境 復 内 深 向 呼 岸 ぎ 迄 道 若 投 志 躍 森 鷗 外 並 称 執 筆 悪 芥 川 龍 ゅ 之 介 激 賞

11 朝 専 属 業 タ 最 初 載 虞 ぐ 美 ご 欲 最 悲 劇 迎 呼 青 登 痛 烈 述 際 況 推 進 危 機 執 筆 悪 伊 豆 修 善 寺 転 療 吐 血 危 篤 陥 境 復 内 深 向 呼 岸 ぎ 迄 道 若 投 志 躍 森 鷗 外 並 称 執 筆 悪 芥 川 龍 ゅ 之 介 激 賞 江 戸 幕 府 倒 躍 常 投 略 歴 慶 応 江 戸 牛 ご 馬 横 町 都 宿 区 金 之 翌 維 長 育 取 展 制 頻 繁 価 値 観 揺 古 柄 波 没 道 多 里 戻 ぐ 塩 原 戻 塩 原 式 籍 戻 幼 習 孤 独 影 甘 憎 愛 情 求 根 づ 幼 詩 籍 府 比 谷 塾 舎 移 急 速 必 要 塾 移 予 備 改 称 受 科 業 優 秀 講 務 費 稼 短 歌 俳 句 岡 規 卒

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文 集 直 危 機 J I L P T 術 変 動 科 ォ 催 究 機 証 究 基 信 J I L P T 去 普 遍 術 根 変 重 文 科 然 科 至 幅 広 科 集 術 求 術 ミ ョ 背 景 織 ォ 運 営 運 び 第 ォ 開 催 背 景 誰 直 誰 析 歴 途 退 形 道 摘 重 意 識 真 抜 去 背 景 改 半 市 企 訓 練 受 改 背 景 意 識 稼 ぎ 児 外 真 据 開 挨 拶 小

More information

0 現 代 ジオ 学 習 メモ 当 淡 マ チ 件 語 当 切 失 ( 32 34 ) 覚 ひ 読 直 良 : 未

0 現 代 ジオ 学 習 メモ 当 淡 マ チ 件 語 当 切 失 ( 32 34 ) 覚 ひ 読 直 良 : 未 09 現 代 ジオ 学 習 メモ 雪 圏 無 連 絡 誕 外 音 聞 寝 袋 ざ 寝 後 び 配 闇 捜 全 体 新 伝 雪 ぶ 晩 所 暖 灯 通 触 む 妻 酷 所 懸 テ ビ 追 仕 成 星 道 夫 動 物 有 名 メ マ メ 合 衆 国 州 雄 動 物 む 残 念 テ ビ 材 故 亡 各 展 開 催 星 残 教 材 ひ 奥 ぜ 決 読 * * * 理 解 深 講 師 佐 藤 泉 学 習 ポイト

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

昔ばなし紙芝居に関する一考察

昔ばなし紙芝居に関する一考察 察 404 点 月 市 第 回 サ ミ 1 開 催 実 委 員 長 務 サ ミ 開 催 準 備 期 言 葉 意 味 種 渡 改 気 づ 沿 連 直 接 基 式 以 外 共 項 幼 験 印 象 基 準 生 活 懸 プ ロ 屋 誰 以 下 種 身 験 紹 介 幼 少 期 埼 玉 県 川 市 青 木 公 園 黄 金 バ 始 薄 板 状 ク ブ ル 飴 数 字 形 残 菓 遊 最 締 毎 回 内 容 憶 慣

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

出版人017_08月号京谷02.indd

出版人017_08月号京谷02.indd 1 ょむ 198 ネ 配 属 000 3 ネ ブ 000 へ 異 動 001 休 伴 再 び ブ00 10 広 告 へ 異 動 010 早 期 退 応 募 退 営 011 7 志 木 電 籍 成 電 籍 デ タ 検 品 正 制 作 販 手 ブ 遺 天 巻 返 周 考 ご 存 圧 倒 昭 和 都 阪 院 研 究 退 院 研 究 修 了 チ ツ ハ 留 師 博 士 右 都 際 育 福 県 1 級 弁 護

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

Taro-r81.jtd

Taro-r81.jtd -- 初 対 応 岡 康 臣 延 栄 宝 暦 条 述 貞 卿 京 昨 談 味 貞 略 送 凡 勢 ヲ 構 雨 天 建 着 到 殿 車 舎 外 軒 臥 此 度 訴 早 速 払 程 退 茂 又 帰 詮 第 与 勿 論 往 道 筋 少 茂 憚 甚 浄 ミ 夫 故 木 消 木 ひ 殊 更 火 気 遣 永 堅 ク 仰 京 神 官 持 勢 構 困 対 策 訴 効 果 的 火 火 気 遣 動 抑 ほ 主 峰 花

More information

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ - - 6 陽 ね じ 特 集 関 戦 ヴ 音 触 発 衛 グ 印 刷 機 使 始 岩 波 映 製 所 製 録 映 佐 久 ダ ム ( 第 部 ( 9 揺 ぶ 建 場 社 派 躍 9 末 マ ヤ 衝 撃 古 降 び び 古 唆 社 へ 問 掛 交 流 最 勲 ギ プ 題 材 情 問 涯 学 習 課 7- 陶 板 レ 命 樹 ( 聖 徳 学 附 属 学 校 ふ 場 縦 6m 横 mぶ 屋 修 勝 角

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

2 ょ 返 育 在 歴 弁 標 準 語 奇 妙 混 ざ 独 特 語 腹 太 太 奴 ぱ デ ブ 訳 曙 錦 張 息 吐 現 靴 脱 捨 足 裏 角 質 皮 膚 得 白 粉 ポ ロ ポ ロ 零 ょ 靴 捨 ダ メ 靴 物 健 康 証 拠 ダ メ 開 絶 望 洪 水

2 ょ 返 育 在 歴 弁 標 準 語 奇 妙 混 ざ 独 特 語 腹 太 太 奴 ぱ デ ブ 訳 曙 錦 張 息 吐 現 靴 脱 捨 足 裏 角 質 皮 膚 得 白 粉 ポ ロ ポ ロ 零 ょ 靴 捨 ダ メ 靴 物 健 康 証 拠 ダ メ 開 絶 望 洪 水 1 看 取 ( 第 5 ) 田 隆 道 yamada takamichii 第 五 場 排 水 溝 詰 ひ 抜 毛 増 初 づ 夏 忙 ク モ 膜 血 倒 心 過 酷 状 況 月 経 疲 労 軽 減 元 戻 高 予 完 全 外 夏 秋 過 去 冬 抜 毛 減 排 水 溝 詰 モ ズ ク 抜 毛 塊 毎 掃 除 翌 塊 正 視 雨 濡 雛 鳥 髪 物 悲 部 簾 男 髪 歳 三 九 歳 結 婚 比 腹

More information

<8D4C95F182AB82A982A23232944E31328C8E8F6F97CD2E696E6464>

<8D4C95F182AB82A982A23232944E31328C8E8F6F97CD2E696E6464> 広 報 P2 第 45 回 内 一 周 駅 伝 競 走 大 会 P 4 う び 生 産 振 興 大 会 P5 新 連 載 お た 喜 界 1 P 6 喜 界 高 校 創 立 記 念 講 演 会 第 3 回 喜 高 塾 P 7 朝 崎 郁 恵 ラ イ ブ お 知 せ P8 シ マ 話 題 そ 1 ( 文 化 日 フ ェ ス タ 他 ) P 14 シ マ 話 題 そ 2 ( フ ユ ン ミ ム ッ チ

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの

(1) 処 女 降 誕 (2)イエスの 歴 史 性 (3) 福 音 の 3 要 素 (4)イエスの 死 後 の 状 態 (5) 昇 天 (6) 再 臨 * 今 回 は (4)イエスの 死 後 の 状 態 を 取 り 上 げる * 死 んでから 復 活 までの 3 日 間 をどのように 過 ごされたの キリストの 使 徒 たちが 伝 えたこと(8) 使 徒 信 条 とは 子 なる 神 (4) 使 徒 信 条 我 は 天 地 の 造 り 主 全 能 の 父 なる 神 を 信 ず 我 はその 独 り 子 我 らの 主 イエス キリストを 信 ず 主 は 聖 霊 によりてやどり 処 女 マリヤより 生 れ ポンテオ ピラトのもとに 苦 しみを 受 け 十 字 架 につけられ 死 にて 葬 られ 陰 府

More information

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc 晩 蔵 仁 ひ 昨 夢 流 涙 新 宿 雑 踏 雷 鳴 放 電 球 車 ガ ラ 砕 散 全 裸 少 現 驚 々 少 ビ 影 消 2 家 食 卓 食 武 弟 パ ジ ャ マ 姿 起 武 起 遅 ぞ 無 兄 ブ 着 武 び 間 内 ゆ 楽 む 武 食 終 新 広 げ 武 へ ぇ 昨 西 新 宿 全 裸 性 表 興 味 示 ブ ビ リ モ コ 触 母 ブ 運 少 起 校 新 越 武 武 母 無 駄 無 駄

More information

nck_01.indd

nck_01.indd 論 Ⅰ 何 9 ジ ャ ナ ス ト 忠 衛 杏 林 学 名 誉 教 授 江 永 清 華 学 教 授 歩 平 科 学 院 近 代 史 研 究 長 論 Ⅰ 何 10 注 記 座 談 五 六 月 北 実 施 発 今 五 指 物 肩 書 役 職 当 時 論 Ⅰ 何 11 冷 経 熱 関 係 数 間 関 係 冷 経 熱 葉 通 経 済 貿 易 順 調 成 長 四 毎 桁 伸 び 率 示 治 関 係 途 両 脳

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

【低容量】茂吉展リリース:20120823

【低容量】茂吉展リリース:20120823 世 田 谷 区 制 80 周 年 記 念 プレスリリース 2012 年 8 月 齋 藤 茂 吉 生 誕 130 年 記 念 齋 藤 茂 吉 と 楡 家 の 人 びと 展 世 田 谷 文 学 館 平 成 24 年 (2012) 10 月 6 日 ( 土 ) ~12 月 2 日 ( 日 ) 1 瀧 山 (りゅうざん) 山 頂 での 齋 藤 茂 吉 昭 和 16 年 (1941) 5 月 瀧 山 は 蔵

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

1~8ページ/新体裁

1~8ページ/新体裁 杜 須 町 顕 彰 西 洋 普 及 始 象 紹 績 顕 彰 建 除 幕 兼 ね 毎 節 迎 治 群 馬 帝 退 史 編 纂 携 涯 家 並 親 駆 跡 治 繁 築 魅 紹 敗 近 歳 涯 閉 忌 霧 旅 ゆ 埋 命 集 台 風 号 傾 周 囲 々 倒 惨 知 楠 霧 旅 盟 支 増 ウ 峡 光 須 町 光 再 建 乗 所 有 館 支 松 盟 舜 増 巻 恭 寄 集 文 谷 約 胸 像 裏 信 六 由

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

2 実 相 談 堅 侠 訴 承 有 閑 マ ダ ム ゃ 正 鏡 問 げ 創 業 家 嬢 様 乗 色 変 4 0 7 R 好 無 衆 ポ ツ 様 麻 雀 席 聞 無 論 誇 口 挟 興 味 族 暮 悩 多 番 発 散 我 陳 腐 臭 台 詞 葉 準 備 相 ベ 誰 信 重 瞼 底 感 鼻 筋 尻 線

2 実 相 談 堅 侠 訴 承 有 閑 マ ダ ム ゃ 正 鏡 問 げ 創 業 家 嬢 様 乗 色 変 4 0 7 R 好 無 衆 ポ ツ 様 麻 雀 席 聞 無 論 誇 口 挟 興 味 族 暮 悩 多 番 発 散 我 陳 腐 臭 台 詞 葉 準 備 相 ベ 誰 信 重 瞼 底 感 鼻 筋 尻 線 1 香 獣 ( 16 ) 露 津 tsuyutsu mari 麻 雀 踏 尋 ぱ ウ 派 困 三 歳 筋 骨 逞 胸 板 薄 危 瑞 々 感 残 喜 ぶ 顔 覗 む 視 線 過 浅 頷 チ 厄 介 僕 皆 遊 び 呟 懐 具 負 怖 ゃ 黙 乗 勢 直 ム 四 秒 員 様 禁 止 禁 止 馬 鹿 形 骸 化 決 生 決 立 答 表 示 眺 秒 2 実 相 談 堅 侠 訴 承 有 閑 マ ダ ム ゃ

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

ほ ほ 離 待 ムダ

ほ ほ 離 待 ムダ 知 知 引 寄 ツ ほ ほ 離 待 ムダ 法 紹 介 5 週 費 ニ 消 安 パ 麺 パ 週 月 米 手 米 活 少 月 小 麦 粉 水 練 茹 ゆ 味 付 塩 意 外 ニ ニ 覚 小 麦 粉 毎 仕 5 歳 笑 貧 乏 笑 週 費 水 道 代 ガ 代 払 ょ ゅ 止 7 6 結 果 目 的 目 的 能 力 試 ャ バ ボ ぽ ょ 照 真 面 目 ぶ 儲 儲 版 儲 力 版 面 白 書 軽 暖 房

More information

<8E478E8F814082DC82B382F02E786C73>

<8E478E8F814082DC82B382F02E786C73> 13362 一 般 資 料 雑 誌 赤 い 鳥 大 正 7 年 7 月 複 刻 版 13363 一 般 資 料 雑 誌 赤 い 鳥 大 正 7 年 8 月 複 刻 版 13364 一 般 資 料 雑 誌 赤 い 鳥 大 正 7 年 9 月 複 刻 版 13365 一 般 資 料 雑 誌 赤 い 鳥 大 正 7 年 10 月 複 刻 版 13366 一 般 資 料 雑 誌 赤 い 鳥 大 正 7 年

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63> 文 化 の う ね り を 巻 き 起 こ す ~ 文 化 振 興 の 基 本 的 な 考 え 方 ~ 平 成 18 年 3 月 千 葉 県 はじめに 千 葉 県 は 豊 かな 自 然 環 境 に 恵 まれ 古 代 から 多 くの 生 活 文 化 が 生 み 出 され また 海 川 街 道 によって 紀 州 江 戸 鎌 倉 など 各 地 と 活 発 に 交 流 し 特 色 ある 多 様 な 文 化

More information