プログラムの 全 概 要 本 プログラムは 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センターが 主 体 となり 研 修 の 機 会 が 十 分 に 与 えられていない 非 正 規 採 用 教 職 員 ( 臨 時 的 任 用 教 員 講 師 相 談 員 支 援 員 を 指 す

Size: px
Start display at page:

Download "プログラムの 全 概 要 本 プログラムは 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センターが 主 体 となり 研 修 の 機 会 が 十 分 に 与 えられていない 非 正 規 採 用 教 職 員 ( 臨 時 的 任 用 教 員 講 師 相 談 員 支 援 員 を 指 す"

Transcription

1 ( 独 立 行 政 法 人 教 員 研 修 センター 委 嘱 事 業 ) 教 員 研 修 モデルカリキュラム 開 発 プログラム 報 告 書 プログラム 名 プログラム の 特 徴 教 職 員 のキャリアアップのための 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 に 対 応 した 研 修 カリキュラムの 開 発 本 プログラムは さいたま 市 の 学 校 教 育 の 一 層 の 充 実 のため 非 正 規 採 用 教 職 員 を 中 心 に 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 を 図 るとともに 非 正 規 採 用 教 職 員 が 自 信 を 失 うことなく 正 規 採 用 教 員 へと 向 かうことができるよう 支 援 するため 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センターが 主 体 となり 休 日 の 研 修 会 教 職 員 キャリアアッ プ サポートセミナー を 実 施 するものである < 特 徴 > 1 非 正 規 採 用 教 職 員 を 中 心 に 直 接 児 童 生 徒 を 指 導 支 援 する 全 教 職 員 を 対 象 と する 2 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 を 目 指 し 教 員 相 談 員 支 援 員 等 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 学 び 合 う 研 修 カリキュラムを 実 施 する 3 教 職 員 の 自 主 的 な 研 修 の 場 の 拡 大 充 実 を 図 るため 休 日 に 研 修 会 を 実 施 する 平 成 26 年 3 月 埼 玉 大 学 教 育 学 部 さいたま 市 教 育 委 員 会 - 1 -

2 プログラムの 全 概 要 本 プログラムは 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センターが 主 体 となり 研 修 の 機 会 が 十 分 に 与 えられていない 非 正 規 採 用 教 職 員 ( 臨 時 的 任 用 教 員 講 師 相 談 員 支 援 員 を 指 す )を 中 心 に さいたま 市 の 教 職 員 を 対 象 とする 研 修 会 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー を 実 施 するも のである プログラムによる 効 果 1 さいたま 市 の 学 校 教 育 の 一 層 の 向 上 臨 床 心 理 士 である 附 属 教 育 実 践 総 合 センターの 教 員 を 中 心 に 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 など 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 に 対 応 したカリキュラムを 実 施 する 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 に 対 応 したカリキュラム 直 接 児 童 生 徒 を 指 導 支 援 する 教 職 員 全 体 の 資 質 能 力 の 向 上 を 図 る 各 学 校 の 教 育 力 の 向 上 臨 時 的 任 用 教 員 相 談 員 支 援 員 講 師 交 流 正 規 採 用 教 員 学 生 非 正 規 採 用 教 職 員 が 自 信 を 失 う ことなく 正 規 採 用 教 員 へ 向 かって いくことができるよう 支 援 する 正 規 採 用 後 即 戦 力 となる 人 材 の 育 成 と 優 れた 教 職 員 の 確 保 さいたま 市 の 学 校 教 育 の 一 層 の 向 上 プログラムによる 効 果 2 さいたま 市 の 教 職 員 の 高 度 専 門 職 にふさわしい 生 涯 職 能 成 長 を サポートするための 研 修 環 境 の 整 備 さいたま 市 立 教 育 研 究 所 では 正 規 の 教 職 員 研 修 に 加 え 教 職 員 の 自 主 的 自 発 的 な 研 修 の 場 とし て 平 日 夜 間 の 研 修 会 教 師 力 パワーアップ 講 座 を 実 施 している 本 プログラムでは さいたま 市 の 教 職 員 の 自 主 的 自 発 的 な 研 修 の 場 の 拡 大 充 実 を 図 るため 休 日 に 研 修 会 を 実 施 する 平 日 夜 間 教 師 力 パワーアップ 講 座 (さいたま 市 立 教 育 研 究 所 ) 正 規 の 教 職 員 研 修 (さいたま 市 立 教 育 研 究 所 ) 自 主 的 自 発 的 な 研 修 の 場 休 日 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー ( 埼 玉 大 学 教 育 学 部 ) - 2 -

3 Ⅰ 開 発 の 目 的 方 法 組 織 0.はじめに 埼 玉 大 学 教 育 学 部 では さいたま 市 教 育 委 員 会 と 平 成 16 年 11 月 に 締 結 した さいたま 教 育 コ ラボレーション 協 定 に 基 づき さいたま 教 育 コラボレーション 構 想 を 推 進 している さい たま 教 育 コラボレーション 構 想 とは さいたま 市 教 育 委 員 会 と 埼 玉 大 学 教 育 学 部 とが 連 携 協 働 し 教 員 養 成 の 充 実 教 員 の 資 質 能 力 の 向 上 及 び21 世 紀 に 生 きる 子 どもたちの 望 ましい 教 育 環 境 の 整 備 のための 実 践 的 な 研 究 及 び 活 動 を 行 い その 成 果 を 活 かしてさいたま 市 の 教 育 の 充 実 発 展 を 図 るものである 教 員 研 修 に 関 しては これまでも さいたま 市 の 教 職 員 研 修 において 埼 玉 大 学 教 育 学 部 の 教 員 が 指 導 者 として 招 聘 され 講 演 や 演 習 等 を 行 っている また 正 規 の 教 職 員 研 修 に 加 え さいたま 市 立 教 育 研 究 所 が 教 職 員 の 自 主 的 自 発 的 な 研 修 の 場 として 実 施 している 平 日 夜 間 の 研 修 会 教 師 力 パワーアップ 講 座 において 埼 玉 大 学 教 育 学 部 の 教 員 が 自 らの 専 門 性 を 生 かした 講 座 を 提 供 している このように 埼 玉 大 学 教 育 学 部 では これまでも さいたま 市 教 育 委 員 会 と 連 携 協 働 し 教 職 員 研 修 の 充 実 に 努 めてきた 1. 開 発 目 的 教 員 の 大 量 退 職 期 を 迎 え 教 育 委 員 会 においては 優 れた 教 職 員 の 確 保 とともに 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 が 求 められている 一 方 で 現 在 さいたま 市 では 約 5,000 人 の 教 職 員 のうち 約 1,000 人 が 非 正 規 採 用 教 職 員 ( 臨 時 的 任 用 教 員 講 師 相 談 員 支 援 員 を 指 す )である 正 規 採 用 教 職 員 には 初 任 者 研 修 等 の 年 次 研 修 をはじめ 多 くの 研 修 の 機 会 が 与 えられているものの 非 正 規 採 用 教 職 員 には 研 修 の 機 会 が 十 分 に 与 えられていないのが 現 状 である 学 校 の 教 育 力 の 向 上 には 正 規 採 用 教 職 員 だけでなく 非 正 規 採 用 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 が 不 可 欠 であり これらの 教 職 員 に 対 する 研 修 の 充 実 は 極 めて 重 要 である このような 状 況 の 中 さいたま 市 教 育 委 員 会 では 正 規 の 教 職 員 研 修 に 加 え 前 述 した 教 育 研 究 所 が 平 日 夜 間 に 実 施 する 教 師 力 パワーアップ 講 座 を 活 用 し 非 正 規 採 用 教 職 員 を 含 む 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 に 努 めている そこで 埼 玉 大 学 教 育 学 部 では 平 成 年 度 に さいたま 教 育 コラボレーション 構 想 の 一 環 として 非 正 規 採 用 教 職 員 を 中 心 に さいたま 市 の 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 を 図 るとともに 非 正 規 採 用 教 職 員 が 自 信 を 失 うことなく 正 規 採 用 教 員 へと 向 かっていくことができるよう 支 援 する ため 附 属 教 育 実 践 総 合 センターが 主 体 となり 休 日 の 研 修 会 として 実 施 した 教 職 員 キャリアア ップ サポートセミナー ( 本 プログラム)を 平 成 25 年 度 はさらに 充 実 させるよう 開 発 を 行 う こととした このように 非 正 規 採 用 教 職 員 への 研 修 を 充 実 させることは 正 規 採 用 後 即 戦 力 となる 人 材 を 育 成 し 優 れた 教 職 員 を 確 保 することにもつながる また 初 任 者 研 修 をはじめとする 正 規 の 教 職 員 研 修 と 併 せ 教 育 研 究 所 が 実 施 する 教 師 力 パワーアップ 講 座 及 び 本 研 修 会 教 職 員 キャリア アップ サポートセミナー を 活 用 することで 教 職 員 研 修 が 立 体 的 となり 教 職 員 の 高 度 専 門 職 にふさわしい 生 涯 職 能 成 長 をサポートするための 研 修 環 境 を 整 備 することができる - 3 -

4 2. 開 発 の 方 法 さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 及 び 同 委 員 会 教 員 研 修 専 門 部 会 を 活 用 し 以 下 のとお り 開 発 を 行 った 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センターの 開 発 担 当 教 員 (2 名 )が 以 下 の3 点 を 踏 まえ 研 修 カリキュラムの 原 案 を 作 成 した ( 平 成 25 年 3 月 ) 1 平 成 24 年 度 に 実 施 した10 回 の 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー における 参 加 者 の 評 価 及 び 感 想 2 学 校 現 場 における 諸 課 題 の 高 度 化 複 雑 化 を 示 す 中 央 教 育 審 議 会 答 申 等 の 記 述 3 埼 玉 大 学 教 育 学 部 の 教 員 の 専 門 性 さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 教 員 研 修 専 門 部 会 を 開 催 し 研 修 カリキュラムを 決 定 した ( 平 成 25 年 3 月 ) 参 考 さいたま 市 コラボレーション 推 進 委 員 会 委 員 長 埼 玉 大 学 教 育 学 部 長 連 携 内 容 1 教 員 養 成 に 関 する 事 項 2 教 員 研 修 に 関 する 事 項 3 共 同 研 究 に 関 する 事 項 4 人 事 交 流 に 関 する 事 項 5 教 育 上 の 諸 課 題 に 対 応 する 事 項 6 その 他 両 者 が 必 要 と 認 める 事 項 教 員 養 成 専 門 部 会 担 当 教 職 員 課 指 導 1 課 教 員 研 修 専 門 部 会 担 当 教 育 研 究 所 共 同 研 究 専 門 部 会 担 当 指 導 1 2 課 研 修 会 の 実 施 主 体 である 教 育 実 践 総 合 センターにおいて 研 修 カリキュラムの 評 価 を 行 い さい たま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 及 び 同 委 員 会 教 員 研 修 専 門 部 会 を 活 用 し 次 のサイクルで 研 修 カリキュラムの 改 善 を 図 った <8 月 下 旬 > さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 ( 第 1 回 ) 研 修 会 の 進 捗 状 況 4 月 から8 月 までの 研 修 会 の 評 価 等 を 報 告 教 育 委 員 会 校 長 会 から 研 修 会 への 要 望 等 を 聴 取 <3 月 中 > さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 教 員 研 修 専 門 部 会 次 年 度 の 計 画 を 決 定 <1 月 中 > さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 教 員 研 修 専 門 部 会 4 月 からの 研 修 会 の 評 価 や 研 修 会 参 加 者 教 育 委 員 会 校 長 会 の 要 望 等 を 踏 まえ 次 年 度 の 計 画 を 作 成 <3 月 上 旬 > さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 ( 第 2 回 ) 研 修 会 の 評 価 を 報 告 教 員 研 修 専 門 部 会 で 作 成 した 次 年 度 の 計 画 を 検 討 - 4 -

5 3. 開 発 組 織 さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 教 員 研 修 専 門 部 会 の 部 員 を 中 心 に 開 発 組 織 を 構 成 した No 所 属 職 名 氏 名 担 当 役 割 <さいたま 市 教 育 委 員 会 > <さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 > 1 教 育 研 究 所 所 長 五 十 嵐 友 一 推 進 委 員 2 教 育 研 究 所 所 長 補 佐 兼 企 画 係 長 森 裕 子 事 務 局 ( 教 員 研 修 専 門 部 会 部 会 長 ) 3 教 育 研 究 所 主 任 指 導 主 事 兼 研 修 係 長 4 教 育 研 究 所 指 導 主 事 5 指 導 1 課 主 任 指 導 主 事 兼 振 興 係 長 < 埼 玉 大 学 教 育 学 部 > 6 教 育 学 部 教 授 ( 学 部 長 ) 7 教 育 学 部 教 授 ( 副 学 部 長 ) 8 教 育 学 部 教 授 ( 技 術 教 育 講 座 ) 9 教 育 学 部 教 授 ( 教 育 実 践 総 合 センター) 10 大 森 恵 美 子 佐 野 公 子 鈴 木 晴 雄 齊 藤 享 治 細 渕 富 夫 山 本 利 一 尾 﨑 啓 子 小 野 圭 司 事 務 局 ( 教 員 研 修 専 門 部 会 委 員 ) 事 務 局 ( 教 員 研 修 専 門 部 会 委 員 ) 事 務 局 ( 教 員 研 修 専 門 部 会 委 員 ) 推 進 委 員 長 推 進 委 員 ( 教 員 研 修 専 門 部 会 副 部 会 長 ) 学 部 運 営 企 画 室 担 当 企 画 立 案 研 修 会 運 営 企 画 立 案 研 修 会 運 営 参 考 下 線 のある 委 員 等 で 開 発 組 織 を 構 成 さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 委 員 <さいたま 市 教 育 委 員 会 等 > 学 校 教 育 部 長 学 校 教 育 部 次 長 管 理 部 参 事 学 校 教 育 部 参 事 学 校 教 育 部 教 職 員 課 長 学 校 教 育 部 指 導 1 課 長 学 校 教 育 部 指 導 2 課 長 学 校 教 育 部 高 校 教 育 課 長 学 校 教 育 部 健 康 教 育 課 長 学 校 教 育 部 教 育 研 究 所 長 市 立 小 学 校 校 長 会 会 長 市 中 学 校 長 会 長 < 埼 玉 大 学 教 育 学 部 > 教 育 学 部 長 教 育 学 部 教 育 研 究 評 議 員 教 育 学 部 副 学 部 長 教 育 学 部 運 営 企 画 室 長 教 育 学 部 進 路 指 導 委 員 会 委 員 長 教 育 学 部 教 育 実 習 委 員 会 委 員 長 教 育 学 部 学 校 フィールドスタディ 推 進 委 員 会 委 員 長 副 委 員 長 教 育 学 部 支 援 室 事 務 長 ( 事 務 局 ) 指 導 1 課 長 補 佐 指 導 2 課 長 補 佐 高 校 教 育 課 長 補 佐 教 育 研 究 所 長 補 佐 教 職 員 課 人 事 係 長 指 導 1 課 振 興 係 長 指 導 2 課 特 別 支 援 教 育 係 長 指 導 1 課 担 当 指 導 主 事 (2 名 ) 指 導 2 課 担 当 指 導 主 事 高 校 教 育 課 担 当 指 導 主 事 健 康 教 育 課 健 康 教 育 係 長 教 育 研 究 所 研 修 係 長 教 育 研 究 所 担 当 指 導 主 事 さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 教 員 研 修 専 門 部 会 部 員 <さいたま 市 教 育 委 員 会 > 教 育 研 究 所 長 補 佐 ( 部 会 長 ) 指 導 1 課 振 興 係 長 教 育 研 究 所 研 修 係 長 < 埼 玉 大 学 教 育 学 部 > 教 育 学 部 副 学 部 長 ( 副 部 会 長 ) 学 部 運 営 企 画 室 担 当 その 他 < 埼 玉 大 学 教 育 学 部 > 附 属 教 育 実 践 総 合 センター 担 当 2 名 - 5 -

6 Ⅱ 開 発 の 実 際 とその 成 果 1. 研 修 カリキュラム (1) 対 象 者 さいたま 市 立 小 中 特 別 支 援 学 校 に 勤 務 する すべての 教 職 員 ( 臨 時 的 任 用 教 員 講 師 相 談 員 支 援 員 正 規 採 用 教 員 ) ただし 希 望 がある 場 合 は この 限 りではない (2) 人 数 10~50 名 (3) 研 修 テーマ 本 研 修 は 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 を 図 るため 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 研 修 を 行 い 立 場 を 超 えての 学 び 合 い( 交 流 )を 通 して 教 職 員 各 個 人 が 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 について 多 面 的 多 角 的 な 視 点 を 身 に 付 け 実 践 力 を 高 めるとともに 教 職 員 の 連 携 に 関 するモデルやイメージを 明 確 にもち 組 織 で 対 応 する 力 を 高 めることができるよう 支 援 するこ とをねらいとする 本 プログラムは 平 成 24 年 度 教 員 研 修 モデルカリキュラム 開 発 プログラム 若 手 教 員 のキャ リアアップのための 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 に 対 応 した 研 修 カリキュラムの 開 発 における 成 果 と 課 題 を 踏 まえ その2 年 次 プログラムとして 発 展 させ 開 発 を 行 うものである 平 成 24 年 度 のプログラムは 非 正 規 採 用 教 職 員 ( 臨 時 的 任 用 教 員 講 師 相 談 員 支 援 員 を 指 す )を 中 心 に さいたま 市 の 若 手 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 を 図 るとともに 非 正 規 採 用 教 職 員 が 自 信 を 失 うことなく 正 規 採 用 教 員 へと 向 かっていくことができるよう 支 援 するため 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センターが 主 体 となり 休 日 の 研 修 会 教 職 員 キャリアアップ サ ポートセミナー を 実 施 するものであった 臨 床 心 理 士 である 附 属 教 育 実 践 総 合 センターの 教 員 を 中 心 に 児 童 生 徒 保 護 者 との 関 係 づく りや 特 別 支 援 教 育 等 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 に 対 応 したカリキュラムを 実 施 した 平 成 24 年 度 の 取 組 から 次 のことが 明 確 となった 1 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 に 関 する 学 校 現 場 の 教 職 員 の 課 題 意 識 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 について 学 校 現 場 の 教 職 員 の 課 題 意 識 は 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 にあることが 明 確 となった 平 成 24 年 度 は 学 校 現 場 や 教 育 委 員 会 のニーズ 若 手 教 員 の 実 態 等 を 踏 まえ 学 校 教 育 にお ける 現 代 的 課 題 について 網 羅 的 に 別 々のテーマで10 回 の 研 修 会 を 実 施 した その 中 で 発 達 障 害 をテーマにした 研 修 会 特 別 支 援 教 育 1~ 児 童 生 徒 への 支 援 ~ の 参 加 者 の 数 が 最 も 多 く 研 修 会 の 感 想 からも 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 に 対 する 教 職 員 の 強 い 課 題 意 識 を 確 認 することができた また 研 修 会 への 要 望 では 発 達 障 害 に 関 する 研 修 の 充 実 を 望 む 声 が 多 く 挙 げられていた 今 後 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 に 関 する 研 修 の 充 実 が 求 められる 2 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 行 う 研 修 の 価 値 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 研 修 を 行 い 学 び 合 う( 交 流 する)ことによる 効 果 が 明 確 となった 研 修 の 感 想 や 聴 き 取 り 調 査 からは 参 加 者 の 教 員 相 談 員 支 援 員 等 それぞれの 立 場 ( 視 点 ) からの 考 えを 知 ることによる 視 野 の 広 がり それぞれの 立 場 ( 役 割 )の 理 解 の 深 まり 連 携 への 意 識 の 高 まりを 確 認 することができた 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 行 う 研 修 は 教 職 員 各 個 人 の 資 質 能 力 は 勿 論 学 校 の 組 織 力 を 高 め 学 校 の 教 育 力 の 向 上 につながるものと 確 信 する このよ うな 研 修 を 通 して 教 員 が 日 々の 指 導 の 充 実 のために 相 談 員 や 支 援 員 等 の 視 点 をどのように 取 り 込 んでいけばよいのか 相 談 員 や 支 援 員 が 児 童 生 徒 への 支 援 を 充 実 させるために 自 らの 考 え をどのように 教 員 へ 発 信 していけばよいのか 教 員 相 談 員 支 援 員 等 がそれぞれのケースにお いて どのように 連 携 を 図 っていけばよいのかなど 教 職 員 の 連 携 に 関 する 具 体 的 なモデルやイ メージをもつことができるようになると 考 える また 研 修 を 通 じて 参 加 者 がつながることに より 立 場 や 学 校 学 校 種 を 超 えて 情 報 を 交 換 したり 困 ったときに 相 談 したりできる 関 係 性 を 築 くことができるなどの 効 果 も 期 待 できる - 6 -

7 平 成 24 年 度 の 研 修 カリキュラムについては 参 加 者 が 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 に 関 する 多 くの 知 識 を 得 るという 点 においては 十 分 であった しかし 広 く 多 岐 にわたってテーマを 取 り 上 げたため 参 加 者 の 実 践 力 を 高 めるという 点 においては 課 題 が 残 った 参 加 者 の 実 践 力 を 高 め るためには テーマを 絞 り 内 容 をより 具 体 的 かつ 実 践 的 なものへと 改 善 し 参 加 者 のスキルア ップを 図 っていくことが 必 要 である そこで 平 成 25 年 度 は 上 記 1 2を 踏 まえ 以 下 の2つの 視 点 で 開 発 を 行 う 視 点 1 テーマを 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 に 特 化 し その 実 現 に 向 けた 包 括 的 かつ 系 統 的 な 研 修 カリキュラムを 開 発 する これは 平 成 24 年 度 の 取 組 から 学 校 現 場 の 教 職 員 の 課 題 意 識 が 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 へ の 指 導 支 援 の 充 実 にあることが 明 確 となり 現 在 の 学 校 教 育 における 重 要 課 題 であると 同 時 に すべての 児 童 生 徒 に 対 する 指 導 支 援 の 充 実 につながる 重 要 な 視 点 であるためである 視 点 2 立 場 や 学 校 学 校 種 を 超 えた 交 流 を 通 して 教 職 員 各 個 人 が 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 について 多 面 的 多 角 的 な 視 点 を 身 に 付 け 実 践 力 を 高 めるとともに 教 職 員 の 連 携 に 関 するモデルやイメージを 明 確 にもち 組 織 で 対 応 する 力 を 高 めることができる 具 体 的 かつ 実 践 的 な 研 修 カリキュラムを 開 発 する これは 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 研 修 を 行 い 学 び 合 う( 交 流 する)ことによる 効 果 が 明 確 となったためである なお 対 象 者 について 平 成 24 年 度 は 経 験 年 数 5 年 以 下 の 正 規 採 用 教 員 とし 正 規 採 用 教 員 については 若 手 を 対 象 としていたが 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 は 経 験 年 数 にかかわらず 多 くの 教 員 が 課 題 としてとらえていること 現 在 の 学 校 教 育 における 重 要 課 題 であること 等 を 踏 まえ 平 成 25 年 度 は 経 験 年 数 5 年 以 下 という 条 件 を 外 すこととする これらの 視 点 で 開 発 を 行 うとともに さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 教 員 研 修 専 門 部 会 において 協 議 し 以 下 のとおり 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 の 一 つである 発 達 障 害 のあ る 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 に 焦 点 を 当 てた 全 10 回 の 研 修 テーマを 設 定 した 第 1 回 第 2 回 第 3 回 第 4 回 第 5 回 第 6 回 第 7 回 第 8 回 第 9 回 第 10 回 研 修 テーマ 通 常 学 級 における 特 別 支 援 教 育 学 校 巡 回 相 談 支 援 からみえてきた 課 題 教 師 が 身 につけたいコミュニケーションスキル 児 童 生 徒 に 身 につけさせたいコミュニケーションスキル 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 の 保 護 者 にできる 教 師 の 支 援 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 のストレス マネジメント 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 学 習 指 導 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 進 路 指 導 発 達 障 害 と 非 行 問 題 行 動 二 次 障 害 としての 不 登 校 対 応 事 例 研 究 - 7 -

8 (4) 評 価 方 法 研 修 会 終 了 時 に 以 下 の 項 目 でアンケート 調 査 を 行 った アンケート 項 目 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 選 択 A とても 合 っていた B おおむね 合 っていた C あまり 合 っていなかった D 合 っていなかった 2 研 修 内 容 の 理 解 選 択 A 十 分 理 解 できた B おおむね 理 解 できた C あまり 理 解 できなかった D 理 解 できなかった 3 研 修 会 の 満 足 度 選 択 A 十 分 満 足 できた B おおむね 満 足 できた C あまり 満 足 できなかった D 満 足 できなかった 4 研 修 会 の 感 想 記 述 5 研 修 会 への 要 望 や 今 後 参 加 を 希 望 する 研 修 の 内 容 記 述 6 研 修 会 を 知 った 方 法 選 択 記 述 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 B 実 践 センターホームページ C 人 に 紹 介 されて D 昨 年 度 も 参 加 E その 他 ( ) (5) 周 知 方 法 研 修 会 の 実 施 について 以 下 のとおり 周 知 を 図 った 4 月 さいたま 市 立 学 校 の 校 長 会 において 研 修 会 の 実 施 について 説 明 し 教 職 員 への 周 知 を 依 頼 した 5 月 さいたま 市 立 教 育 研 究 所 が 実 施 する1 年 目 の 臨 時 的 任 用 教 員 を 対 象 とした 研 修 会 ( 第 1 回 全 体 会 )において 研 修 会 の 実 施 について 説 明 した さいたま 市 立 全 小 中 特 別 支 援 学 校 (162 校 )へ 研 修 会 の 実 施 要 項 開 催 案 内 ポスター 等 (5 6 7 月 実 施 分 )を 郵 送 した 8 月 さいたま 市 立 全 小 中 特 別 支 援 学 校 (162 校 )へ 研 修 会 の 実 施 要 項 開 催 案 内 ポスター 等 ( 月 実 施 分 )を 郵 送 した 12 月 さいたま 市 立 全 小 中 特 別 支 援 学 校 (162 校 )へ 研 修 会 の 実 施 要 項 開 催 案 内 ポスター 等 (1 2 月 実 施 分 )を 郵 送 した その 他 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センターのホームページに 実 施 要 項 等 を 掲 載 した - 8 -

9 (6) 資 料 平 成 25 年 度 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー 実 施 要 項 1 目 的 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 を 図 るため 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 研 修 を 行 い 立 場 を 超 えての 学 び 合 い( 交 流 )を 通 して 教 職 員 各 個 人 が 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 について 多 面 的 多 角 的 な 視 点 を 身 に 付 け 実 践 力 を 高 めるとともに 教 職 員 の 連 携 に 関 するモデルやイメージを 明 確 にもち 組 織 で 対 応 する 力 を 高 めることができるよう 支 援 する 2 対 象 者 さいたま 市 立 小 中 特 別 支 援 学 校 に 勤 務 するすべての 教 職 員 ( 臨 時 的 任 用 教 員 講 師 相 談 員 支 援 員 正 規 採 用 教 員 ) ただし 希 望 がある 場 合 は この 限 りではない 3 会 場 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター( 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 小 学 校 敷 地 内 ) 4 開 催 日 程 等 ( 予 定 ) 第 1 回 日 時 : 6 月 1 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 通 常 学 級 における 特 別 支 援 教 育 ( 講 義 ) 通 常 学 級 における 特 別 支 援 教 育 等 ( 演 習 ) 事 例 を 基 にした 協 議 等 ( 講 師 ) 埼 玉 大 学 教 育 学 部 教 授 尾 﨑 啓 子 ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ 第 2 回 日 時 : 6 月 15 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 学 校 巡 回 相 談 支 援 からみえてきた 課 題 ( 講 義 ) 学 校 巡 回 相 談 支 援 からみえてきた 課 題 等 ( 演 習 ) 事 例 を 基 にした 協 議 等 ( 講 師 ) 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 特 別 支 援 学 校 特 別 支 援 教 育 臨 床 研 究 センター 専 門 相 談 員 國 分 操 ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ 第 3 回 日 時 : 7 月 20 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 教 師 が 身 につけたいコミュニケーションスキル 児 童 生 徒 に 身 につ けさせたいコミュニケーションスキル ( 講 義 ) 教 師 が 身 につけたいコミュニケーションスキル 児 童 生 徒 に 身 につけさ せたいコミュニケーションスキル 等 ( 演 習 ) 事 例 を 基 にした 協 議 ロールプレイング 等 ( 講 師 ) 埼 玉 純 真 短 期 大 学 子 ども 学 科 教 授 伊 藤 道 雄 ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ 第 4 回 日 時 : 9 月 14 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 保 護 者 支 援 ( 講 義 ) 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 の 保 護 者 にできる 教 師 の 支 援 等 ( 協 議 ) 事 例 を 基 にした 協 議 ロールプレイング 等 ( 講 師 ) 埼 玉 大 学 教 育 学 部 准 教 授 名 越 斉 子 ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ - 9 -

10 第 5 回 日 時 : 9 月 21 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 児 童 生 徒 のストレス マネジメント ( 講 義 ) 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 のストレス マネジメント 等 ( 演 習 ) 事 例 を 基 にした 協 議 等 ( 講 師 ) 東 京 学 芸 大 学 教 育 実 践 研 究 支 援 センター 教 授 橋 本 創 一 ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ 第 6 回 日 時 :10 月 19 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 学 習 指 導 ( 協 議 ) 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 学 習 指 導 等 ( 演 習 ) 事 例 を 基 にした 協 議 等 ( 講 師 )さいたま 市 教 育 委 員 会 学 校 教 育 部 指 導 2 課 指 導 主 事 中 原 みゆき ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター 第 7 回 日 時 :11 月 16 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 進 路 指 導 ( 講 義 ) 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 の 進 路 と 就 労 等 ( 演 習 ) 事 例 を 基 にした 協 議 等 ( 講 師 )さいたま 市 保 健 福 祉 局 福 祉 部 長 山 本 信 二 ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ 第 8 回 日 時 :12 月 7 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 非 行 問 題 行 動 への 対 応 ( 講 義 ) 発 達 障 害 と 非 行 問 題 行 動 等 ( 演 習 ) 事 例 を 基 にした 協 議 等 ( 講 師 ) 埼 玉 県 警 察 本 部 少 年 サポートセンター 元 所 長 湯 谷 優 ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター 第 9 回 日 時 : 1 月 25 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 不 登 校 対 応 ( 講 義 ) 二 次 障 害 としての 不 登 校 対 応 等 ( 演 習 ) 事 例 を 基 にした 協 議 等 ( 講 師 ) 東 京 学 芸 大 学 教 育 実 践 研 究 支 援 センター 教 授 橋 本 創 一 ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター 第 10 回 日 時 : 2 月 15 日 ( 土 )14:30~17:00 内 容 : 講 義 演 習 事 例 研 究 ( 演 習 ) 事 例 を 基 にしたグループ 協 議 等 ( 講 師 ) 埼 玉 大 学 教 育 学 部 教 授 尾 﨑 啓 子 ( 会 場 ) 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ 5 申 し 込 み 別 添 の 申 込 用 紙 にて 教 育 実 践 総 合 センターあてにFAXでお 申 込 みください 6 そ の 他 (1)お 越 しの 際 は 公 共 交 通 機 関 等 をご 利 用 ください (2) 服 装 は 自 由 です お 気 軽 にご 参 加 ください 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター TEL 048(832)9866 FAX 048(831)

11 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 と 保 護 者 への 支 援 ~ 特 別 支 援 教 育 を 楽 しく 効 果 的 に 行 うために~ 前 期 開 催 のご 案 内 このセミナーは さいたま 市 の 教 職 員 のキャリアアップをサポートするため 埼 玉 大 学 が 実 施 する 研 修 会 ( 全 10 回 )です 講 師 による 話 題 提 供 と 参 加 者 による 話 し 合 いや 情 報 交 換 を 行 います 多 くの 方 のご 参 加 をお 待 ちしております 対 象 :さいたま 市 立 小 中 特 別 支 援 学 校 に 勤 務 する すべての 教 職 員 ( 臨 時 的 任 用 教 員 講 師 相 談 員 支 援 員 正 規 採 用 教 員 ) このほか 希 望 がある 場 合 はこの 限 りではありませんので お 問 い 合 わ せください 会 場 : 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ さいたま 市 大 宮 区 桜 木 町 ソニックシティビル 5 階 (JR 大 宮 駅 徒 歩 5 分 )

12 < 第 1 回 > 通 常 学 級 における 特 別 支 援 教 育 日 時 : 平 成 25 年 6 月 1 日 ( 土 )14:30~17:00 講 師 : 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター 教 授 尾 﨑 啓 子 先 生 内 容 : 通 常 学 級 で 特 別 支 援 教 育 を 進 めるための 基 礎 的 な 考 え 方 や より 良 い 支 援 に 向 けての 工 夫 について 学 びます < 第 2 回 > 学 校 巡 回 相 談 支 援 からみえてきた 課 題 日 時 : 平 成 25 年 6 月 15 日 ( 土 )14:30~17:00 講 師 : 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 特 別 支 援 学 校 特 別 支 援 教 育 臨 床 研 究 センター 専 門 相 談 員 國 分 操 先 生 内 容 : 子 どもたちへの 支 援 を 外 部 の 専 門 家 と 連 携 して 進 める 場 合 の 特 徴 や 留 意 点 などについて 豊 富 な 事 例 を 通 して 学 びます < 第 3 回 > 教 職 員 が 身 につけたいコミュニケーションスキル 児 童 生 徒 に 身 につけさせたいコミュニケーションスキル 日 時 : 平 成 25 年 7 月 20 日 ( 土 )14:30~17:00 講 師 : 埼 玉 純 真 短 期 大 学 子 ども 学 科 教 授 伊 藤 道 雄 先 生 内 容 : 特 別 な 教 育 ニーズをもつ 子 どもたちへの 教 育 支 援 を 行 う 際 に 役 立 つスキル について コミュニケーションの 観 点 から 学 びます 申 し 込 み 方 法 申 し 込 みは 毎 回 必 要 となります 別 紙 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー 申 込 用 紙 に 必 要 事 項 をご 記 入 いただ き FAXで 送 付 してください (FAX: ) なお 申 し 込 みは 当 日 まで 可 能 ですので ご 都 合 がつきましたら 是 非 ご 参 加 くださ い お 問 い 合 わせ 先 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター TEL: ( 火 水 金 曜 日 10 時 ~16 時 )

13 別 紙 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー 申 込 用 紙 FAX 送 信 先 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター 平 成 年 月 日 ( 土 ) 開 催 の 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー< 第 回 > に 参 加 を 申 し 込 みます 氏 名 該 当 するものに をつけてください ( ) 臨 時 的 任 用 教 員 ( ) 非 常 勤 講 師 ( ) 少 人 数 指 導 等 支 援 員 ( )さわやか 相 談 員 ( )その 他 ( ) ( ) 正 規 採 用 教 員 : 経 験 年 数 年 学 校 名 学 校 連 絡 先 ( 勤 務 先 電 話 番 号 ) < 注 意 > 申 し 込 みは 毎 回 必 要 となります 申 込 用 紙 は 1 回 の 講 座 につき 1 枚 でお 願 いいたします 複 数 の 講 座 への 参 加 を 希 望 する 場 合 は お 手 数 ですが 申 込 用 紙 を 回 ごとにFAXで 送 付 してください 申 し 込 みは 講 座 の 実 施 当 日 まで 受 け 付 けております

14 第 回 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー アンケート 氏 名 1 次 の 各 項 目 について 当 てはまるものに をつけてください 1 今 回 の 研 修 内 容 は ご 自 身 の 興 味 関 心 と 合 っていましたか A とても 合 っていた B おおむね 合 っていた C あまり 合 っていなかった D 合 っていなかった 2 今 回 の 研 修 内 容 は どの 程 度 理 解 できましたか A 十 分 理 解 できた B おおむね 理 解 できた C あまり 理 解 できなかった D 理 解 できなかった 3 今 回 の 研 修 会 の 満 足 度 はどの 程 度 でしたか A 十 分 満 足 できた B おおむね 満 足 できた C あまり 満 足 できなかった D 満 足 できなかった 2 研 修 会 の 感 想 をご 記 入 ください 3 研 修 会 への 要 望 や 今 後 参 加 を 希 望 する 研 修 の 内 容 をご 記 入 ください 4 今 回 の 研 修 会 については 何 でお 知 りになりましたか 初 めて 出 席 された 方 のみ A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 B 実 践 センターホームページ C 人 に 紹 介 されて D 昨 年 度 も 参 加 E その 他 ( ) ご 協 力 ありがとうございました

15 2. 教 職 員 キャリアアップ サポートセミナー の 実 際 第 1 回 通 常 学 級 における 特 別 支 援 教 育 (1) 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 1 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ (3) 講 師 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター 教 授 尾 﨑 啓 子 (4) 内 容 通 常 学 級 での 特 別 支 援 教 育 を 進 めるための 基 礎 的 な 考 え 方 や より 良 い 支 援 に 向 けての 工 夫 について 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) Ⅰ. 発 達 障 害 のある 子 どもたちへの 教 育 的 支 援 1. 発 達 障 害 とは 2. 理 解 の 視 点 3. 通 常 学 級 における 支 援 4. 保 護 者 との 協 力 連 携 5. 校 内 支 援 体 制 の 構 築 < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 25 名 正 規 採 用 教 員 :6 名 臨 時 的 任 用 教 員 :5 名 さわやか 相 談 員 :5 名 在 学 生 :3 名 その 他 支 援 員 :2 名 スクールカウンセラー:1 名 社 会 福 祉 士 :1 名 学 童 指 導 員 :1 名 教 育 委 員 会 関 係 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた :23 名 B おおむね 合 っていた : 1 名 C あまり 合 っていなかった : 0 名 D 合 っていなかった : 0 名 2 研 修 内 容 の 理 解 度 A 十 分 理 解 できた :17 名 B おおむね 理 解 できた : 7 名 C あまり 理 解 できなかった : 0 名 D 理 解 できなかった : 0 名 3 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 できた :21 名 B おおむね 満 足 できた : 3 名 C あまり 満 足 できなかった : 0 名 D 満 足 できなかった : 0 名 (7) 参 加 者 の 感 想 今 年 度 も 参 加 でき とても 幸 せです 少 し 遠 くなりましたが 来 て 良 かったという 気 持 ちです ありがとうご ざいました 自 分 が 通 常 にいたころのこどもたちを 思 い 浮 かべながら あの 時 このことを 理 解 していた らもう 少 し 違 った 対 応 ができたかなと 感 じる 内 容 がありました また 発 達 障 害 のあるお 子 さんの 理 解 者 でいられる 先 生 になりたいなという 気 持 ちがめばえてきています (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 :13 名 B 実 践 センターホームページ : 0 名 C 人 に 紹 介 されて : 4 名 D 昨 年 度 も 参 加 : 6 名 E その 他 : 3 名 案 内 が 郵 送 で 届 いた 電 話 で 問 合 せ 臨 任 研 修 会 のお 知 らせ

16 第 2 回 学 校 巡 回 相 談 支 援 からみえてきた 課 題 (1) 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 15 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ (3) 講 師 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 特 別 支 援 学 校 特 別 支 援 教 育 臨 床 研 究 センター 専 門 相 談 員 國 分 操 (4) 内 容 子 どもたちへの 支 援 を 外 部 の 専 門 家 と 連 携 して 進 める 場 合 の 特 徴 や 留 意 点 などについ て 豊 富 な 事 例 を 通 して 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) Ⅰ 学 校 コンサルテーションとは Ⅱ 臨 床 研 究 センターしいのみのコンサルテーションの 進 め 方 Ⅲ よりよいコンサルテーションをめざして < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 29 名 正 規 採 用 教 員 :7 名 さわやか 相 談 員 :7 名 在 学 生 :6 名 臨 時 的 任 用 教 員 :3 名 その 他 支 援 員 :3 名 相 談 員 :1 名 少 人 数 指 導 支 援 員 :1 名 教 育 委 員 会 関 係 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた :18 名 B おおむね 合 っていた :10 名 C あまり 合 っていなかった : 1 名 D 合 っていなかった : 0 名 2 研 修 内 容 の 理 解 度 A 十 分 理 解 できた :10 名 B おおむね 理 解 できた :19 名 C あまり 理 解 できなかった : 0 名 D 理 解 できなかった : 0 名 3 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 できた :16 名 B おおむね 満 足 できた :13 名 C あまり 満 足 できなかった : 0 名 D 満 足 できなかった : 0 名 (7) 参 加 者 の 感 想 コンサルテーションについて 特 に 相 談 票 を 出 して 見 ていただくというより ついでにクラスの 気 になる 子 の 様 子 を 見 ていただいたように 思 います グループディスカッションでも 発 達 障 害 の 子 どもはどこの 学 校 でも 多 いという 現 実 がわかり これからコンサルテーションの 活 用 が 増 えていくのではと 感 じました また 担 任 など 子 どものまわりにいる 関 係 者 が 状 況 を 理 解 し 支 援 をしていくことが 大 切 だと 思 いました ありがとうございました 学 校 コンサルテーションについて 知 らないことが 多 かったので この 機 会 にシステムの 概 要 や 実 態 を 学 ぶことができて 良 かったです 自 分 は 経 験 が 少 ないけれども ボランティア 等 で 子 ど もと 接 することも 多 いので 障 害 のある 子 どもや 問 題 を 抱 える 子 どもに 何 が 必 要 なのか 考 えな がら 手 立 てを 模 索 していきたいと 思 いました 一 人 ひとりを 据 えることは 担 任 の 仕 事 量 の 多 さや 人 手 不 足 から 大 変 なようですが 子 どもが 楽 しく 学 校 生 活 を 送 ることができるよう 何 か していきたいと 考 えます しいのみ の 優 しさの 伝 わるお 話 しでした 忙 しさにかまけてしまいたくさん 話 をするひと の 大 切 さを 感 じました また 直 す 治 す 正 す という 視 点 でみていては 何 も 始 まらず 困 っている 子 供 たちのために 何 が 出 来 るか 学 校 側 が 困 っていると 思 ったら 支 援 など 遠 のいて いく 様 な 気 がしました 若 い 先 生 方 にもそういうことがわかってほしいと 現 場 の 思 いを 伝 え ていかなければと 思 います (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 :15 名 B 実 践 センターホームページ : 0 名 C 人 に 紹 介 されて : 3 名 D 昨 年 度 も 参 加 : 2 名 E その 他 : 0 名

17 第 3 回 教 師 が 身 につけたいコミュニケーションスキル 児 童 生 徒 に 身 につけさせたいコミュニ ケーションスキル (1) 開 催 日 時 平 成 25 年 7 月 20 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ (3) 講 師 埼 玉 純 真 短 期 大 学 子 ども 学 科 教 授 伊 藤 道 雄 (4) 内 容 特 別 な 教 育 ニーズをもつ 子 どもたちへの 教 育 支 援 を 行 う 際 に 役 立 つスキルについ て コミュニケーションの 観 点 から 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) 1. 特 殊 教 育 ~ 特 別 支 援 教 育 2. 発 達 障 害 があっても 生 きていける 3. 集 団 参 加 ( 社 会 性 )のポイント 4.セルフ エスティーム( 自 尊 感 情 自 己 有 用 感 ) < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 33 名 臨 時 的 任 用 教 員 :7 名 さわやか 相 談 員 :7 名 正 規 採 用 教 員 :5 名 在 学 生 :4 名 その 他 支 援 員 :3 名 看 護 師 :3 名 少 人 数 指 導 支 援 員 :2 名 スクールカウンセラー:1 名 教 育 委 員 会 関 係 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた :25 名 B おおむね 合 っていた : 8 名 C あまり 合 っていなかった : 0 名 D 合 っていなかった : 0 名 2 研 修 内 容 の 理 解 度 A 十 分 理 解 できた :24 名 B おおむね 理 解 できた : 9 名 C あまり 理 解 できなかった : 0 名 D 理 解 できなかった : 0 名 3 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 できた :26 名 B おおむね 満 足 できた : 7 名 C あまり 満 足 できなかった : 0 名 D 満 足 できなかった : 0 名 (7) 参 加 者 の 感 想 自 分 の 仕 事 をふり 返 り 支 援 できることから がんばっていこうという 気 持 ちになりました この 研 修 会 は 他 の 職 種 の 方 と 話 し 合 いがあるので また 違 った 刺 激 を 受 けることが 出 来 ます ユニバーサルデザインについての 資 料 も 学 校 として 活 用 させていただきます 今 日 は 座 学 に 加 え 実 践 的 な 活 動 等 も 多 く とても 勉 強 になりました 特 別 支 援 教 育 の 担 当 を 目 指 しており 根 本 となる 大 切 な 考 え 方 から 将 来 使 える 授 業 等 のポイントを 学 べ 一 人 ひと りの 子 どもを 大 切 にしていきたいと 思 いました また 自 身 にはインクルージョンの 考 え 方 が 足 りず マイナスに 考 えることもあったと 気 づかされました 子 どものよさに 目 を 向 け 障 害 のある 子 もない 子 も 仲 良 く 楽 しく 過 ごせる 学 校 づくりをしてみたいです この 子 らを 世 の 光 に 何 年 か 振 りに 耳 にしたこの 言 葉 発 達 障 害 という 言 葉 がひんぱんに 出 てくるようになった 教 育 現 場 ですが あくまでも 教 える 側 の 環 境 因 子 で 障 害 を 作 ってはなら ないと 改 めて 認 識 致 しました 困 った 子 ではなく 困 っている 子 という 受 け 止 め 方 に 立 てば 一 人 一 人 を 大 切 にする 子 どもの 価 値 を 見 いだす 事 は 子 どもと 自 分 自 身 の 育 ち 合 いと 感 じました (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 :13 名 B 実 践 センターホームページ : 0 名 C 人 に 紹 介 されて : 5 名 D 昨 年 度 も 参 加 : 5 名 E その 他 : 1 名 臨 任 研 修 での 通 知

18 第 4 回 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 の 保 護 者 にできる 教 師 の 支 援 (1) 開 催 日 時 平 成 25 年 9 月 14 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ (3) 講 師 埼 玉 大 学 教 育 学 部 特 別 支 援 教 育 講 座 准 教 授 名 越 斉 子 (4) 内 容 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 の 保 護 者 にできる 教 師 の 支 援 について 豊 富 な 事 例 を 通 して 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) 1.はじめに 2. 建 前 と 本 音 3. 先 生 と 保 護 者 の 見 方 のずれ 4. 問 題 の 背 景 にあるもの 5. 事 例 6. 告 知 や 障 害 受 容 7.まとめ < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 18 名 正 規 採 用 教 員 :6 名 臨 時 的 任 用 教 員 :5 名 さわやか 相 談 員 :3 名 特 別 支 援 学 級 補 助 員 : 1 名 在 学 生 :1 名 看 護 師 :1 名 教 育 委 員 会 関 係 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた :12 名 B おおむね 合 っていた : 6 名 C あまり 合 っていなかった : 0 名 D 合 っていなかった : 0 名 2 研 修 内 容 の 理 解 度 A 十 分 理 解 できた :14 名 B おおむね 理 解 できた : 4 名 C あまり 理 解 できなかった : 0 名 D 理 解 できなかった : 0 名 3 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 できた :16 名 B おおむね 満 足 できた : 2 名 C あまり 満 足 できなかった : 0 名 D 満 足 できなかった : 0 名 (7) 参 加 者 の 感 想 今 日 も 先 生 の 講 義 はとてもためになりました 自 分 自 身 の 相 談 活 動 を 振 り 返 るよい 時 間 となり ました 常 に 子 どもにとって 又 保 護 者 にとって 何 が 一 番 良 いのかを 考 えて 支 援 をしていけ たらと 思 います ありがとうございました 大 変 勉 強 になりました 自 分 自 身 がトラブルになる 保 護 者 を 困 った 保 護 者 として 見 ていた こと 障 害 児 を 抱 える 保 護 者 の 気 持 ちを 理 解 せず 就 労 することをめざして 入 学 してきたの だから と 固 定 的 な 見 方 で 関 わってきたのだと 感 じ とても 反 省 しました 本 当 の 意 味 で 保 護 者 によりそう 支 援 ができるようになることが 子 どもの 支 援 をよりよいものにし 子 どもの 成 長 につながるのだと 改 めて 感 じました 今 回 の 研 修 会 では 通 級 で 保 護 者 の 方 と 面 談 する 上 で 改 めて 気 付 かされたことがたくさんあ りました いつも 何 かしてあげたいという 思 いが 強 く 出 てしまうのですが 時 にはじっくり 保 護 者 の 話 を 聞 く 時 間 を 設 けたり 自 分 の 考 えを 疑 ってみたりすることも 必 要 なのだと 学 びまし た (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 : 3 名 B 実 践 センターホームページ : 0 名 C 人 に 紹 介 されて : 2 名 D 昨 年 度 も 参 加 : 1 名 E その 他 : 2 名 1 回 目 に 参 加 した 際 の 予 定 表

19 第 5 回 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 のストレス マネジメント (1) 開 催 日 時 平 成 25 年 9 月 21 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ (3) 講 師 東 京 学 芸 大 学 教 育 実 践 研 究 支 援 センター 教 授 橋 本 創 一 (4) 内 容 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 のストレス マネジメントについて 豊 富 な 事 例 を 通 し て 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) 1.ストレス マネジメント 概 要 2.コーピングの 内 容 < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 23 名 正 規 採 用 教 員 :7 名 さわやか 相 談 員 :6 名 臨 時 的 任 用 教 員 :3 名 養 護 教 諭 :2 名 特 別 支 援 学 級 補 助 員 :1 名 在 学 生 :1 名 少 人 数 指 導 等 支 援 員 :1 名 学 級 等 支 援 員 :1 名 教 育 委 員 会 関 係 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた :12 名 B おおむね 合 っていた : 9 名 C あまり 合 っていなかった : 1 名 D 合 っていなかった : 0 名 2 研 修 内 容 の 理 解 度 A 十 分 理 解 できた : 7 名 B おおむね 理 解 できた :15 名 C あまり 理 解 できなかった : 0 名 D 理 解 できなかった : 0 名 3 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 できた :12 名 B おおむね 満 足 できた : 9 名 C あまり 満 足 できなかった : 0 名 D 満 足 できなかった : 0 名 (7) 参 加 者 の 感 想 今 まで 特 別 支 援 教 育 において 子 どもに 対 してストレスを 与 えず 失 くすことが 必 要 なのかと 考 えていたけれど 失 くすのではなく 耐 性 をつけるのがストレス マネジメントと 聞 いて 少 し 驚 きました 学 校 の 中 の 特 別 支 援 の 教 育 は 学 校 に 在 籍 している 期 間 だけだと 思 っていたけれ ども もっと 長 期 を 考 えなければいけないのだなと あたり 前 ながら 感 じました 事 件 は 学 校 で 起 きているから 学 校 で 対 応 すべきというのは とてもしっくりきました エスケイプの 仕 方 リラクゼーションの 仕 方 など すぐに 担 任 の 先 生 と 相 談 して 生 かせそうな ことがあり できることから 実 践 していきたいと 思 いました ただ 小 学 校 低 学 年 だと 冷 静 な 状 態 のときに 個 別 に 話 すというような 時 間 をどう 設 定 すればいいのかが 難 しいです 学 校 全 体 で 系 統 立 てて 取 り 組 まないと 難 しいのかもしれないと 思 いました いろいろ 考 えさせられる 内 容 の 濃 いお 話 をありがとうございました さわやか 相 談 員 をしております 相 談 室 登 校 をしている 生 徒 一 人 ひとり 又 小 学 校 の 児 童 で あの 子 この 子 と お 話 を 伺 いながら 子 どもの 顔 保 護 者 の 顔 を 思 い 出 していました 具 体 的 な 事 例 を 通 しての 講 義 で イメージしやすくとてもよかったです 橋 本 先 生 の 講 義 はおもしろいです!といったら 失 礼 にあたるかもしれませんが 大 変 興 味 をそ そる 話 題 をわかりやすく 話 して 下 さり 自 分 だったらどんな 風 にいかせるだろうかと いろい ろと 思 いをめぐらせています また 何 回 でもお 話 いただけるとうれしいです ありがとうござ いました (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 :11 名 B 実 践 センターホームページ : 1 名 C 人 に 紹 介 されて : 1 名 D 昨 年 度 も 参 加 : 3 名 E その 他 : 0 名

20 第 6 回 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 学 習 指 導 (1) 開 催 日 時 平 成 25 年 10 月 19 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター (3) 講 師 さいたま 市 教 育 委 員 会 学 校 教 育 部 指 導 2 課 指 導 主 事 中 原 みゆき (4) 内 容 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 の 学 習 指 導 について 豊 富 な 事 例 を 通 して 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) 1.はじめに 2. 学 習 ( 活 動 )への 参 加 のための 支 援 3. 学 習 理 解 のために 支 援 4. 個 への 支 援 5.まとめ < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 15 名 正 規 採 用 教 員 :4 名 さわやか 相 談 員 :3 名 臨 時 的 任 用 教 員 :2 名 在 学 生 :2 名 特 別 支 援 学 級 補 助 員 :1 名 少 人 数 指 導 等 支 援 員 :1 名 学 級 等 支 援 員 :1 名 教 育 委 員 会 関 係 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた :14 名 B おおむね 合 っていた : 1 名 C あまり 合 っていなかった : 0 名 D 合 っていなかった : 0 名 2 研 修 内 容 の 理 解 度 A 十 分 理 解 できた :11 名 B おおむね 理 解 できた : 3 名 C あまり 理 解 できなかった : 0 名 D 理 解 できなかった : 0 名 3 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 できた :13 名 B おおむね 満 足 できた : 1 名 C あまり 満 足 できなかった : 0 名 D 満 足 できなかった : 0 名 (7) 参 加 者 の 感 想 前 回 までの 研 修 の 中 でも 感 じていましたが 中 学 校 における 特 別 支 援 はとても 難 しいものだと 今 回 改 めて 感 じました グループディスカッションをする 中 で 小 学 生 と 中 学 生 の 差 であったり 教 師 側 の 考 え 方 の 違 いもあったり 中 学 校 にはまだ 特 別 支 援 教 育 の 意 識 が 少 ないと 感 じました 学 習 指 導 の 方 法 に 関 してとても 興 味 深 い 内 容 で 小 学 校 においてはとても 活 用 できるものだと 思 いました 中 学 校 や 高 校 でも 学 校 内 でも 学 校 内 で 統 一 したルールをつくることの 必 要 性 を 感 じることができました 大 学 から 特 別 支 援 を 学 んできましたが スリットの 作 り 方 等 今 のクラスの 子 への 支 援 で 迷 っ ていたことや 10の 唱 え 方 等 新 たなことをたくさん 知 ることができました また 他 学 年 の 先 生 から 支 援 の 仕 方 を 聞 くことが 出 来 たため 今 後 に 役 立 てていきたいと 思 います 現 職 の 先 生 方 の 中 に 学 生 が 参 加 することに 少 し 戸 惑 いもありましたが 先 生 方 の 経 験 に 基 づい た 実 践 のお 話 をたくさん 聞 けたことは とても 貴 重 で 勉 強 になることばかりでした 特 別 支 援 の 中 にも 様 々な 立 場 の 方 がいて それぞれの 立 場 の 意 見 を 聞 くことができました 私 は 特 別 支 援 を 専 攻 しているわけではありませんが 特 別 支 援 とはそのくくりにおさまるものではなく 子 どもたちひとりひとりの 学 びを 支 援 するためのものであると 感 じました 今 日 は 勇 気 を 出 し て 来 てよかったです (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 : 1 名 B 実 践 センターホームページ : 0 名 C 人 に 紹 介 されて : 0 名 D 昨 年 度 も 参 加 : 3 名 E その 他 : 0 名

21 第 7 回 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 進 路 指 導 (1) 開 催 日 時 平 成 25 年 11 月 16 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ (3) 講 師 さいたま 市 保 健 福 祉 局 福 祉 部 長 山 本 信 二 (4) 内 容 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 の 進 路 と 就 労 について 豊 富 な 事 例 を 通 して 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) 1. 発 達 障 害 について 2.さいたま 市 発 達 障 害 者 支 援 体 制 3. 発 達 障 害 者 であっても 一 人 ひとりの 特 性 や 困 難 さ 支 援 の 必 要 さによって 支 援 のあり 方 が 違 う 4. 卒 業 後 利 用 できる 生 活 社 会 参 加 相 談 支 援 の 場 5. 進 路 6. 企 業 等 への 就 職 7. 就 労 支 援 機 関 8. 職 業 準 備 性 とは 9.どんな 仕 事 があるのか 10. 企 業 が 求 めるもの 11.さいたま 市 の 障 害 者 就 労 支 援 体 制 12. 三 つの 特 性 13. 二 次 障 害 とは 14. 事 例 15. 具 体 的 な 対 応 16. 支 援 する 上 での 課 題 ( 成 人 ) < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 15 名 さわやか 相 談 員 :5 名 正 規 採 用 教 員 :4 名 臨 時 的 任 用 教 員 :2 名 在 学 生 :1 名 スクー ルカウンセラー:1 名 相 談 員 :1 名 教 育 委 員 会 関 係 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた :14 名 B おおむね 合 っていた : 1 名 C あまり 合 っていなかった : 0 名 D 合 っていなかった : 0 名 2 研 修 内 容 の 理 解 度 A 十 分 理 解 できた :11 名 B おおむね 理 解 できた : 3 名 C あまり 理 解 できなかった : 0 名 D 理 解 できなかった : 0 名 3 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 できた :13 名 B おおむね 満 足 できた : 2 名 C あまり 満 足 できなかった : 0 名 D 満 足 できなかった : 0 名 (7) 参 加 者 の 感 想 特 別 支 援 学 校 では キャリア 教 育 の 観 点 から 卒 業 後 の 進 路 や 就 労 について 話 を 聞 いていました が いつもあたり 前 のように 話 していた 内 容 をより 細 かく 支 援 体 制 や 図 などで 理 解 すること ができました この 分 野 も 専 門 的 で 理 解 するまでに 聞 き 返 すことも 多 く 奥 が 深 いのだと 感 じて います 子 どもたちの 将 来 にかかわることなので 教 員 としてしっかりと 勉 強 していきたいと 思 いました (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 : 1 名 B 実 践 センターホームページ : 0 名 C 人 に 紹 介 されて : 0 名 D 昨 年 度 も 参 加 : 3 名 E その 他 : 0 名

22 第 8 回 発 達 障 害 と 非 行 問 題 行 動 (1) 開 催 日 時 平 成 25 年 12 月 7 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター (3) 講 師 埼 玉 県 警 察 本 部 少 年 サポートセンター 元 所 長 湯 谷 優 (4) 内 容 発 達 障 害 と 非 行 問 題 行 動 について 豊 富 な 事 例 を 通 して 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) 1. 一 般 的 タイプ 2. 発 達 障 害 の 視 点 から 見 たタイプ 3. 対 応 上 の 留 意 点 < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 14 名 さわやか 相 談 員 :6 名 正 規 採 用 教 員 :3 名 臨 時 的 任 用 教 員 :2 名 在 学 生 :2 名 教 育 委 員 会 関 係 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた :12 名 B おおむね 合 っていた : 2 名 C あまり 合 っていなかった : 0 名 D 合 っていなかった : 0 名 2 研 修 内 容 の 理 解 度 A 十 分 理 解 できた :10 名 B おおむね 理 解 できた : 4 名 C あまり 理 解 できなかった : 0 名 D 理 解 できなかった : 0 名 2 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 できた :13 名 B おおむね 満 足 できた : 1 名 C あまり 満 足 できなかった : 0 名 D 満 足 できなかった : 0 名 (7) 参 加 者 の 感 想 非 行 問 題 行 動 について タイプ 別 に 事 例 を 含 めて 話 していただいたのが とてもわかりやす かった 発 達 障 害 を 伴 ったタイプが 増 えているというが 今 までも 教 師 側 でそのようなタイプ がいることを 認 知 してきたのかなという 感 じがする それにしても 子 供 の 背 景 にはいろいろな ことがありすぎて 多 面 的 にとらえる 教 師 側 の 柔 軟 な 考 え 方 や 対 応 が 必 要 であると 感 じた 非 行 問 題 行 動 について タイプ 別 に 事 例 を 含 めて 話 していただいたのが とてもわかりやす かった 発 達 障 害 を 伴 ったタイプが 増 えているというが 今 までも 教 師 側 でそのようなタイプ がいることを 認 知 してきたのかなという 感 じがする それにしても 子 供 の 背 景 にはいろいろな ことがありすぎて 多 面 的 にとらえる 教 師 側 の 柔 軟 な 考 え 方 や 対 応 が 必 要 であると 感 じた 非 行 問 題 行 動 への 対 応 について して 良 いこと 悪 いこと 許 される 場 合 許 されない 場 合 学 校 のことは 学 校 が 決 めると ハッキリ 分 からせるということが 必 要 と 言 われたことが 一 番 印 象 に 残 りました どうしても 生 徒 に 接 していると 本 人 がそう 言 っているのなら 良 いかと 流 し て 指 導 していたので もう 一 度 考 えて 対 応 していきたいと 思 います 発 達 障 害 の 子 で 中 学 校 ではまだ 問 題 行 動 が 大 きくはないが 今 後 適 切 な 環 境 ( 場 や 人 的 なも のも 含 め)が 用 意 されないとマズイ 方 向 に 行 くのではないかなという 危 惧 を 抱 いている 子 がい ます 一 番 ネックになっているのは 親 御 さんとの 温 度 差 です でも 最 後 に 先 生 がおっしゃっ た 親 と 学 校 が 同 じ 方 向 を 向 けるよう 何 度 も 親 御 さんの 気 持 ちに 共 感 しながら お 話 をさせて 頂 こうと 思 いました 生 徒 の 顔 を 思 い 浮 かべながら 伺 うことができました 型 に 分 けていただき とても 理 解 しやす かったです 関 わる 事 例 は 多 様 なので 現 場 で 活 かせるよういただいた 資 料 を 読 み 返 し 学 んでい きたいと 思 います (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 : 0 名 B 実 践 センターホームページ : 0 名 C 人 に 紹 介 されて : 0 名 D 昨 年 度 も 参 加 : 1 名 E その 他 : 0 名

23 第 9 回 二 次 障 害 としての 不 登 校 対 応 (1) 開 催 日 時 平 成 26 年 1 月 25 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター (3) 講 師 東 京 学 芸 大 学 教 育 実 践 研 究 支 援 センター 教 授 橋 本 創 一 (4) 内 容 二 次 障 害 としての 不 登 校 対 応 について 豊 富 な 事 例 を 通 して 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) 1. 不 登 校 の 現 状 2. 不 適 応 の 対 応 < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 12 名 さわやか 相 談 員 :3 名 正 規 採 用 教 員 :3 名 臨 時 的 任 用 教 員 :3 名 スクールカウンセラー: 1 名 在 学 生 :1 名 教 育 委 員 会 関 係 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた : 9 名 B おおむね 合 っていた : 3 名 C あまり 合 っていなかった : 0 名 D 合 っていなかった : 0 名 2 研 修 内 容 の 理 解 度 A 十 分 理 解 できた : 6 名 B おおむね 理 解 できた : 6 名 C あまり 理 解 できなかった : 0 名 D 理 解 できなかった : 0 名 3 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 できた : 8 名 B おおむね 満 足 できた : 4 名 C あまり 満 足 できなかった : 0 名 D 満 足 できなかった : 0 名 (7) 参 加 者 の 感 想 発 達 障 害 に 限 らず 不 登 校 に 関 する 問 題 は 解 決 しにくい 分 とても 難 しいかなと 思 いました でも 今 回 先 生 の 話 を 聞 いて 原 因 について 考 えることができたり グループワークの 中 で 解 決 した 例 を 参 考 にどう 行 動 したらうまくいくのかを 考 えたりすることができたのでよかった こ れから 教 員 になる 身 として 学 級 経 営 などしっかりと 子 どもを 見 て 初 期 段 階 で 気 づいていけれ ばいいと 思 いました 不 登 校 の 状 態 を 生 じる 背 景 について 知 ることができ 勉 強 になりました 他 の 方 々からのうま くいった 事 例 はとても 参 考 になりました 直 接 不 登 校 生 徒 とかかわる 機 会 は 今 のところない のですが 校 内 で 活 かしていけたらいいと 思 います 発 達 障 害 に 限 らず 不 登 校 に 関 する 問 題 は 解 決 しにくい 分 とても 難 しいかなと 思 いました でも 今 回 先 生 の 話 を 聞 いて 原 因 について 考 えることができたり グループワークの 中 で 解 決 した 例 を 参 考 にどう 行 動 したらうまくいくのかを 考 えたりすることができたのでよかった こ れから 教 員 になる 身 として 学 級 経 営 などしっかりと 子 どもを 見 て 初 期 段 階 で 気 づいていけれ ばいいと 思 いました 橋 本 先 生 の 話 からいろいろなことを 思 い 出 し もしかしてあれは?と 感 じるようなトピックス がたくさんありました 普 段 から 敏 感 にとらえられる 能 力 も 必 要 なのかと 拡 がりのある 考 え 方 の 中 で 子 どもたちの 指 導 実 践 に 役 立 てていきたいと 思 いました 相 談 員 をしていると 不 登 校 は 日 々 頭 を 痛 めている 問 題 なので とっても 興 味 深 く 聞 かせて 頂 きました 大 人 の 発 達 障 害 の 話 や 睡 眠 リズムの 話 虐 待 の 家 庭 の 問 題 点 など どれも 深 い 話 でした 不 登 校 については 発 達 障 害 という 視 点 をもちつつ あきらめずにあせらずに 対 応 し 続 けていきたいと 思 います (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 A 学 校 への 案 内 文 書 ポスター 等 : 3 名 B 実 践 センターホームページ : 0 名 C 人 に 紹 介 されて : 0 名 D 昨 年 度 も 参 加 : 0 名 E その 他 : 0 名

24 第 10 回 事 例 研 究 (1) 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 15 日 ( 土 ) 14:30~17:00 (2) 開 催 場 所 埼 玉 大 学 大 宮 ソニックシティカレッジ (3) 講 師 埼 玉 大 学 教 育 学 部 附 属 教 育 実 践 総 合 センター 教 授 尾 﨑 啓 子 (4) 内 容 発 達 障 害 に 関 する 事 例 を 基 に グループ 協 議 等 を 通 して 学 ぶ < 講 義 > (70 分 ) 1. 事 例 研 究 の 大 切 さ 2. 事 例 検 討 の 方 法 < 演 習 > グループ 協 議 (30 分 ) (5) 参 加 者 6 名 さわやか 相 談 員 :2 名 正 規 採 用 教 員 :1 名 臨 時 的 任 用 教 員 :1 名 スクールカウンセラー: 1 名 在 学 生 :1 名 (6) 参 加 者 の 評 価 大 雪 のため アンケート 用 紙 を 準 備 できず アンケート 調 査 を 実 施 しなかった (7) 参 加 者 の 感 想 今 回 の 事 例 は 自 分 が 抱 えている 問 題 に 近 く たいへん 勉 強 になりました 相 談 員 として 忙 しい 日 々 ですが 児 童 生 徒 保 護 者 教 員 の 方 々の 少 しでもお 役 に 立 てるよう 真 剣 に 取 り 組 んでいきたいと 思 います この6 月 から2 月 までの 間 が いつも 待 ち 遠 しく 思 っておりました これからも 前 向 きに 具 体 的 に 行 動 し ていこうと 思 います 今 回 初 めて 事 例 検 討 に 参 加 させていただき 得 たものは 大 きかったです ぜひ 次 回 の 事 例 検 討 には 自 分 の 経 験 を 話 すことができるようにしていきたいと 思 います いつもいつも 子 どもを 前 に 自 分 の 指 導 や 対 応 の 力 が 及 ばない そんな 不 甲 斐 なさを 皆 さんの 情 熱 が 吹 き 飛 ばしてく ださいました 最 後 にふさわしく 心 温 まる また 実 践 に 結 びつくような 内 容 で ためになりました いろいろな 方 の 意 見 を 聞 くことができたのも とても 刺 激 になりました 相 澤 先 生 はとても 謙 虚 で 率 直 にお 話 をしてくださり こちらも 優 しい 気 持 ちになることができました 尾 﨑 先 生 はいつもながら とても 公 平 で 穏 やかでお 話 をうかがうだけで 幸 せでした 来 年 度 もぜひ 発 達 障 害 をめぐる いろいろなことを 学 ばせていただけ ればと 思 います そして せっかくのこんないい 機 会 をもっと 大 勢 の 方 々に 知 ってほしいと 思 います 事 例 研 究 とは というところから 入 っていったので より 何 のためにどのように ということが 理 解 でき ました 事 例 研 究 は 何 度 も 経 験 している 割 に 漠 然 としていたように 感 じます 今 日 は 違 いました 背 景 にあるものをより 深 く いろいろな 視 点 から 考 えることは 重 要 だなと 思 いました 見 えているものが す べてではないということをよく 理 解 して 相 談 や 指 導 にいかしていきたいと 思 いました 来 年 度 もぜひ 参 加 して 研 修 したいと 思 っています 開 催 を 心 より 待 っています (8) 研 修 会 を 知 った 方 法 等 大 雪 のため アンケート 用 紙 を 準 備 できず アンケート 調 査 を 実 施 しなかった

25 3. 研 修 カリキュラム 開 発 の 成 果 研 修 カリキュラムの 開 発 を 通 して 今 後 の 教 職 員 研 修 の 充 実 発 展 につながる 貴 重 な 成 果 を 得 る ことができた その 成 果 については 以 下 のとおりである (1) 研 修 カリキュラムの 有 効 性 を 確 認 することができた 本 研 修 は 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 を 図 るため 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 研 修 を 行 い 立 場 を 超 えての 学 び 合 い( 交 流 )を 通 して 教 職 員 各 個 人 が 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 について 多 面 的 多 角 的 な 視 点 を 身 に 付 け 実 践 力 を 高 めるとともに 教 職 員 の 連 携 に 関 するモデルやイメージを 明 確 にもち 組 織 で 対 応 する 力 を 高 めることができるよう 支 援 するこ とをねらいとしており そのための 研 修 カリキュラムとして 本 研 修 カリキュラムが 有 効 である ことを 確 認 することができた 以 下 は 実 施 した 全 10 回 の 研 修 会 の 参 加 者 数 及 び 参 加 者 の 評 価 をまとめたものである < 参 加 者 数 > ( のべ 人 数 ) 参 加 者 数 割 合 さわやか 相 談 員 47 名 24.7% 正 規 採 用 教 員 46 名 24.2% 臨 時 的 任 用 教 員 33 名 17.4% 在 学 生 22 名 11.6% 教 育 委 員 会 関 係 9 名 4.7% そ の 他 33 名 17.4% 合 計 190 名 100.0% < 参 加 者 の 評 価 > 1 研 修 内 容 の 興 味 関 心 A とても 合 っていた B おおむね 合 っていた C あまり 合 って いなかった D 合 って いなかった 無 回 答 未 提 出 139 名 /190 名 41 名 /190 名 2 名 /190 名 0 名 /190 名 0 名 /190 名 6 名 /190 名 73.2% 21.6% 1.1% 0.0% 0.0% 3.2% 180 名 /190 名 2 名 /190 名 94.8% 1.1% 2 研 修 内 容 の 理 解 A 十 分 理 解 B おおむね C あまり 理 解 D 理 解 できな 無 回 答 未 提 出 できた 理 解 できた できなかった かった 110 名 /190 名 70 名 /190 名 0 名 /190 名 0 名 /190 名 2 名 /190 名 6 名 /190 名 57.9% 36.8% 0.0% 0.0% 1.1% 3.2% 180 名 /190 名 0 名 /190 名 94.7% 0.0% 3 研 修 会 の 満 足 度 A 十 分 満 足 B おおむね C あまり 満 足 D 満 足 できな 無 回 答 未 提 出 できた 満 足 できた できなかった かった 138 名 /190 名 42 名 /190 名 0 名 /190 名 0 名 /190 名 1 名 /190 名 6 名 /190 名 72.6% 22.1% 0.0% 0.0% 0.5% 3.2% 180 名 /190 名 0 名 /190 名 94.7% 0.0% 研 修 内 容 の 興 味 関 心 研 修 内 容 の 理 解 研 修 会 の 満 足 度 のいずれにおいても A または B と 評 価 した 者 の 割 合 が94.0%を 超 えており 本 研 修 カリキュラムが 教 職 員 のニ ーズに 応 じたものであるとともに 実 践 力 の 向 上 や 組 織 力 向 上 の 支 援 に 有 効 であると 判 断 するこ とができる このことは 毎 回 の 参 加 者 の 感 想 からも 判 断 することができる なお 1 2 3において 未 提 出 6 名 となっているのは 第 10 回 研 修 会 が 大 雪 の 日 の 実 施 で あったため アンケート 調 査 を 実 施 できなかったことによる

26 (2) 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 に 関 する 学 校 現 場 の 教 職 員 の 課 題 意 識 が 明 確 となった 平 成 24 年 度 に 実 施 した10 回 の 研 修 会 における 参 加 者 の 評 価 及 び 感 想 等 から 学 校 現 場 の 教 職 員 の 課 題 意 識 は 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 のうち 特 に 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 にあることが 明 確 となった このことをふまえ 平 成 25 年 度 では テーマを 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 に 特 化 し その 実 現 に 向 けた 包 括 的 かつ 系 統 的 な 研 修 会 を 実 施 した その 中 で 教 師 が 身 につけたいコミュニケーションスキル 児 童 生 徒 に 身 につけさせたいコミュニケーションスキ ル の 参 加 者 数 が 最 も 多 く 研 修 会 の 感 想 からもコミュニケーションスキル 等 の 技 能 を 含 めた 実 践 力 を 高 めることに 対 する 教 職 員 の 強 い 課 題 意 識 を 確 認 することができた 今 後 二 次 障 害 としての 不 登 校 やいじめなどを 未 然 に 防 止 するためには 児 童 生 徒 は 勿 論 保 護 者 とのかかわり 方 のスキルアップなどが 重 要 となってくることから コミュニケーションスキ ル 等 の 技 能 を 含 めた 実 践 力 を 高 める 研 修 の 充 実 を 図 っていきたい (3) 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 研 修 を 行 うことの 価 値 が 明 確 となった 平 成 25 年 度 に 実 施 した 研 修 会 に 参 加 した 教 職 員 の 内 訳 をみると さわやか 相 談 員 が47 名 で 最 も 多 く 次 いで 46 名 の 正 規 採 用 教 員 33 名 の 臨 時 的 任 用 教 員 となっている 本 研 修 会 は 全 10 回 実 施 したが 各 回 の 後 半 では 必 ず 演 習 として3~4 人 程 度 のグループで 協 議 を 行 った 座 席 も 自 由 なため グループのメンバーも 固 定 されず さわやか 相 談 員 や 正 規 教 職 員 臨 時 的 任 用 教 員 学 生 などが 混 在 するグループで 立 場 や 学 校 学 校 種 を 超 えて 発 達 障 害 に 関 するさまざまな 課 題 について 話 し 合 う 様 子 がみられた そのため 多 面 的 多 角 的 な 視 点 を 身 に 付 け 実 践 力 を 高 めるとともに 教 職 員 の 連 携 に 関 するモデルやイメージをもち 組 織 で 対 応 する 力 を 高 めるなど 多 種 多 様 な 教 職 員 が 合 同 で 行 うことの 価 値 が 明 確 となった (4) 教 職 員 の 研 修 環 境 を 整 備 することができた 平 成 25 年 度 研 修 会 の 実 施 にあたり 会 場 を 全 10 回 のうち7 回 を 交 通 の 便 のよい 大 宮 ソニ ックシティカレッジ としたり さいたま 市 立 小 中 特 別 支 援 学 校 全 校 にポスターを 配 付 する など 広 報 活 動 を 積 極 的 に 進 めたりした そのため 正 規 採 用 教 員 は 勿 論 臨 時 的 任 用 教 員 やさわ やか 相 談 員 などの 非 正 規 採 用 教 職 員 が 多 く 参 加 した このことにより 正 規 の 教 職 員 研 修 平 日 夜 間 の 教 師 力 パワーアップ 講 座 に 休 日 の 研 修 の 場 としての 教 員 キャリアアップ サ ポートセミナー を 加 えた さいたま 市 の 教 職 員 の 自 主 的 自 発 的 な 研 修 の 場 の 拡 大 充 実 が 図 られてきたと 考 える 今 後 これらの 研 修 の 相 互 の 関 連 やそれぞれの 位 置 付 けを 明 確 にし 教 職 員 研 修 を 立 体 的 に 組 み 立 て 教 職 員 の 高 度 専 門 職 にふさわしい 生 涯 職 能 成 長 をサポートするための 研 修 環 境 の 整 備 を さらに 進 めていきたい

27 Ⅲ 連 携 による 研 修 についての 考 察 1. 連 携 を 推 進 維 持 するための 要 点 連 携 を 推 進 維 持 するためには 組 織 づくりと 課 題 意 識 の 共 有 が 重 要 である 本 プログラムでは 既 存 の 組 織 さいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 教 員 研 修 専 門 部 会 を 活 用 し 研 修 カリキュラムの 開 発 を 行 った 教 員 研 修 専 門 部 会 は 教 育 委 員 会 と 大 学 が 連 携 協 働 してさいたま 市 の 教 員 研 修 の 充 実 を 図 ることを 目 的 としており 研 修 カリキュラムの 開 発 は 部 会 の 目 的 そのものである また 学 校 教 育 部 長 をはじめ 教 育 委 員 会 の 幹 部 小 中 学 校 の 校 長 会 長 及 び 教 育 学 部 長 をはじめ 大 学 の 関 係 委 員 会 の 委 員 長 等 で 構 成 されるさいたま 教 育 コラボレーション 推 進 委 員 会 ( 年 2 回 の 開 催 )において 教 育 委 員 会 学 校 大 学 の 三 者 間 で 教 員 研 修 に 関 する 課 題 意 識 の 共 有 化 が 図 られている このような 土 壌 を 生 かし 本 プログラムにおいて 円 滑 に 研 修 カリキ ュラムを 開 発 することができた また 教 員 研 修 に 関 する 課 題 意 識 の 共 有 化 を 図 る 具 体 的 な 取 組 として 臨 時 的 任 用 教 員 を 対 象 と した 研 修 会 や 市 立 学 校 の 全 ての 校 長 が 出 席 して 開 催 される 研 究 協 議 会 において 本 プログラムの 説 明 を 行 い 周 知 を 図 った なお 本 研 修 については 今 後 も 継 続 して 実 施 し 充 実 発 展 を 図 っていく 2. 連 携 により 得 られる 利 点 (1) 大 学 にとっての 利 点 地 域 社 会 の 活 性 化 と 発 展 に 貢 献 する 重 要 な 機 会 であることは 勿 論 教 員 養 成 の 充 実 につながる 効 果 を 得 ることができる 貴 重 な 機 会 となる 研 修 を 行 う 教 員 にとって 研 修 会 に 参 加 した 教 職 員 との 交 流 は 学 校 の 実 践 や 課 題 教 職 員 個 人 が 抱 える 課 題 や 悩 み 等 に 直 接 触 れることができる 貴 重 な 機 会 である このような 機 会 を 通 して 学 校 現 場 や 教 職 員 の 実 態 等 の 理 解 を 深 めることで 教 員 の 専 門 性 がさらに 高 まり 教 員 養 成 の 充 実 へとつながっていく また 教 員 を 目 指 す 学 生 にと って 現 職 の 教 職 員 との 交 流 は 教 職 に 対 する 理 解 を 深 めるとともに 教 員 としての 資 質 能 力 を 高 める 貴 重 な 機 会 である 研 修 の 中 で 様 々な 現 代 的 教 育 課 題 解 決 の 可 能 性 や 方 向 性 が 具 体 的 に 示 されるため 教 職 に 対 する 不 安 や 緊 張 の 軽 減 と 教 員 志 望 への 動 機 づけが 高 まる 効 果 が 期 待 され る このような 研 修 会 への 参 加 を 学 生 に 促 し 多 様 な 教 員 養 成 プログラムの 一 つとして 活 用 する ことができる (2) 教 育 委 員 会 にとっての 利 点 研 修 内 容 及 び 研 修 環 境 の 充 実 を 図 ることができる 教 育 委 員 会 や 学 校 のニーズ 学 校 の 課 題 等 を 踏 まえた 専 門 的 かつ 高 度 な 内 容 の 研 修 を 教 職 員 へ 提 供 するとともに 教 職 員 の 自 主 的 自 発 的 な 研 修 の 場 を 充 実 整 備 することができる 教 職 員 の 自 主 的 自 発 的 な 研 修 の 場 を 充 実 整 備 し 正 規 の 教 職 員 研 修 と 併 せて 研 修 を 立 体 的 に 組 み 立 てていくことで 教 職 員 の 高 度 専 門 職 にふさわ しい 生 涯 職 能 成 長 をサポートするための 研 修 環 境 を 整 備 することができる 3. 今 後 の 課 題 (1) 参 加 者 の 拡 大 全 10 回 の 研 修 会 に 参 加 した 教 職 員 の 人 数 は のべ190 名 となり 平 成 24 年 度 の106 名 と 比 較 すると 大 きく 増 大 した ただし 同 一 人 物 が 繰 り 返 し 参 加 している 状 況 がみられるため 多 くの 教 職 員 のキャリアアップのためには 参 加 者 の 拡 大 をさらに 図 っていく 必 要 がある 各 学 校 への 開 催 案 内 の 送 付 は 勿 論 平 成 25 年 度 に 参 加 人 数 の 多 かったさわやか 相 談 員 や 学 生 等 への 積 極 的 な 広 報 にも 努 めていく (2) 研 修 カリキュラムの 改 善 Ⅱ 開 発 の 実 際 とその 成 果 の 3 研 修 カリキュラム 開 発 の 成 果 において 本 研 修 カリ キュラムの 有 効 性 を 確 認 することができたと 述 べた 本 研 修 カリキュラムは 発 達 障 害 のある 児 童 生 徒 への 指 導 支 援 の 充 実 に 特 化 したテーマを 設 定 しており 教 職 員 が 学 校 教 育 における 現 代 的 課 題 に 関 する 多 くの 知 識 を 得 ることができるという 点 においては 十 分 であったが 教 職 員 のスキルアップを 図 り 実 践 力 を 高 めるという 点 においては 課 題 が 残 った 平 成 26 年 度 は コ ミュニケーションスキル 等 の 技 能 を 含 めた 実 践 力 を 高 めることができるような 内 容 にするなど より 具 体 的 かつ 実 践 的 なものへと 改 善 し 充 実 を 図 っていく

28 Ⅳ その 他 キーワード 教 職 員 のキャリアアップ 現 代 的 課 題 への 対 応 非 正 規 採 用 教 職 員 休 日 の 研 修 会 発 達 障 害 特 別 支 援 教 育 関 係 づくり 人 数 規 模 D.51 名 以 上 ( 補 足 事 項 10 回 の 研 修 で 延 べ190 名 ) 研 修 日 数 ( 回 数 ) C.4~10 日 (4~10 回 ) ( 補 足 事 項 6 9 月 に 各 2 回 ずつ 月 に 各 1 回 ず つの 合 計 10 回 ) 問 い 合 わせ 先 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 育 学 部 埼 玉 県 さいたま 市 桜 区 下 大 久 保 255 TEL さいたま 市 教 育 委 員 会 さいたま 市 立 教 育 研 究 所 埼 玉 県 さいたま 市 浦 和 区 岸 町 TEL

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 平 成 28 年 度 大 津 市 立 打 出 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 生 徒 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 心 身 ともに 健 やかに 成 長 して くれることを 願 い いじめ は いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定,

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定, 全 日 制 単 位 制 高 校 のあり 方 と 他 課 程 併 置 の 現 状 総 括 教 頭 黑 木 加 代 子 1 はじめに 単 位 制 高 校 は, 学 校 教 育 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 によって 学 年 による 教 育 課 程 の 区 分 を 設 けない 高 校 として 昭 和 63 年 に 定 時 制 と 通 信 制 で 導 入 され, 平 成 5 年 から 全 日 制

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育

5. 職 務 代 理 者 の 選 出 6. 議 題 (1) 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 及 び 中 央 区 の 現 状 について (2) 中 央 区 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 進 捗 状 況 の 管 理 について (3) 報 告 事 項 1 保 育 名 称 開 催 年 月 日 場 所 出 席 者 会 議 記 録 平 成 27 年 度 第 2 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 27 年 12 月 15 日 ( 火 )18:30~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 委 員 区 側 出 席 者 西 郷 泰 之 ( 会 長 ) 山 本 真 実 ( 職 務 代 理 者 ) 小 森 信 政 塙 佳 生 佐 久 間 貴 子 山

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

第1回給食研究会アンケート集計

第1回給食研究会アンケート集計 第 2 回 栄 養 管 理 研 修 会 ( 管 理 栄 養 士 栄 養 士 ) 平 成 26 年 11 月 21 日 ( 金 ) 岡 山 衛 生 会 館 5 階 中 ホール 午 前 講 演 演 題 実 践 での 活 用 事 例 に 学 ぶ カーボカウントの 基 本 と 応 用! 講 師 京 都 大 学 医 学 部 附 属 病 院 疾 患 栄 養 治 療 部 副 部 長 幣 憲 一 郎 先 生 午 後

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63> 1 2 教 求 育 め 指 ら 導 れ に て お い い る て こ と 生 き る 力 の 育 成 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 基 礎 基 本 の 確 実 な 定 着 道 徳 教 育 の 充 実 キャリア 教 育 の 充 実 規 範 意 識 の 醸 成 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 学 学 開 求 校 校 か め の づ れ ら 在 く た れ り

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部 兵 庫 県 マスコット はばタン 兵 庫 県 立 加 古 川 北 高 等 学 校 公 共 推 進 室 はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

博士論文(心理博甲12号) 論文要旨および審査結果の要旨

博士論文(心理博甲12号) 論文要旨および審査結果の要旨 博 士 学 位 論 文 論 文 要 旨 および 審 査 結 果 の 要 旨 博 甲 第 12 号 2016 年 3 月 目 白 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 はしがき この 冊 子 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として, 平 成 28 年 3 月 に 本 学 において 授 与 した 博 士 ( 心 理

More information

Microsoft Word - h17houtoku.doc

Microsoft Word - h17houtoku.doc 個 人 情 報 の 大 切 さを 認 識 し 個 人 情 報 を 簡 単 に 漏 らさないことが 自 分 を 守 ることにつながると 考 えられる 子 どもの 育 成 を 目 指 して 鳳 徳 小 学 校 奥 山 さおり 1. 子 どもたちにつけたい 力 情 報 化 の 進 展 に 伴 い 学 校 にも 校 内 LAN が 導 入 され 家 庭 にも 情 報 機 器 が 普 及 し 情 報 化 の

More information

(案)3

(案)3 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 阿 波 市 教 育 委 員 会 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 2 月 28 日 ( 金 ) 開 会 午 後 1 時 00 分 閉 会 午 後 2 時 40 分 2 場 所 吉 野 支 所 2 階 会 議 室 3 出 席

More information

( 学 校 )10 校 では 英 語 教 育 についてかなりクローズアップしている (TOEFL) ( 委 員 )TOEFLは 府 全 体 で 力 を 入 れているのか ( 学 校 ) 府 全 体 で 力 を 入 れている ( 学 校 )リーダー 育 成 においては 発 信 力 や 自 ら 考 える

( 学 校 )10 校 では 英 語 教 育 についてかなりクローズアップしている (TOEFL) ( 委 員 )TOEFLは 府 全 体 で 力 を 入 れているのか ( 学 校 ) 府 全 体 で 力 を 入 れている ( 学 校 )リーダー 育 成 においては 発 信 力 や 自 ら 考 える 平 成 25 年 度 第 1 回 大 阪 府 立 豊 中 高 等 学 校 協 議 会 記 録 日 時 平 成 25 年 6 月 26 日 ( 水 )16:00~18:00 場 所 校 長 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 大 津 真 作 甲 南 大 学 教 授 高 原 勇 巳 塾 取 締 役 社 長 奥 井 泰 伸 上 野 小 学 校 校 長 事 務 局 校 長 教 頭 事 務 長 中 井 羽 柿

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

10017 ミドルリーダー 研 修 6( 校 内 OJT) 10018 学 校 事 務 職 員 研 修 10019 学 校 事 務 職 員 ステップアップ 研 修 Ⅰ( 実 務 ) 10020 学 校 事 務 職 員 ステップアップ 研 修 Ⅱ (コミュニケーション 力 等 養 成 ) 10021

10017 ミドルリーダー 研 修 6( 校 内 OJT) 10018 学 校 事 務 職 員 研 修 10019 学 校 事 務 職 員 ステップアップ 研 修 Ⅰ( 実 務 ) 10020 学 校 事 務 職 員 ステップアップ 研 修 Ⅱ (コミュニケーション 力 等 養 成 ) 10021 市 町 名 10_ 豊 中 市 教 育 委 員 会 研 修 番 号 10001 ステップ 研 修 1 10002 ステップ 研 修 2 10003 ステップ 研 修 3 10004 ステップ 研 修 4 10005 ステップ 研 修 5 10006 ステップ 研 修 6 研 修 名 クリックすると 要 項 が 表 示 されます 10007 ジャンプ 研 修 1( 学 級 経 営 ) 10008 ジャンプ

More information

名称未設定-4

名称未設定-4 私 立 短 期 大 学 におけるカリキュラムマネジメントに 関 する 考 察 カリキュラムマネジメントを 支 える 要 素 に 着 目 して 楊 暁 興 ( 平 成 27 年 3 月 修 了 ) 章 構 成 序 章 問 題 所 在 と 目 的 論 文 構 成 第 一 節 問 題 所 在 第 二 節 短 期 大 学 を 巡 る 先 行 研 究 の 検 討 第 三 節 本 研 究 の 目 的 構 成 と

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

資料2 石川氏 提出資料

資料2 石川氏 提出資料 平 成 27 年 3 月 9 日 ( 月 ) 中 央 教 育 審 議 会 チーム 学 校 作 業 部 会 ( 第 4 回 ) スクールカウンセラーの 役 割 と 活 動 の 在 り 方 一 般 社 団 法 人 東 京 臨 床 心 理 士 会 副 会 長 学 校 臨 床 心 理 士 専 門 委 員 会 委 員 長 石 川 悦 子 スクールカウンセラー 等 活 用 事 業 の 趣 旨 文 部 科 学 省

More information

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希 ~ 就 職 率 アップを 目 指 して~ 就 職 支 援 取 組 事 例 集 平 成 27 年 3 月 本 事 例 集 には 様 々な 民 間 委 託 訓 練 機 関 において 実 際 に 取 り 組 まれ 成 果 の 上 がった 就 職 支 援 の 事 例 を 掲 載 しています 職 業 訓 練 サービスの 質 向 上 のため 就 職 支 援 カリキュラムを 作 成 する 際 等 の 一 助 としてご

More information

0_01_koukoku_shacho_omote

0_01_koukoku_shacho_omote 地 方 商 圏 でもキラリと 光 る 独 自 企 業 になるための2 日 間 集 中 セミナー スケジュールのご 案 内 9 月 29 日 ( 火 )1 日 目 1 日 目 は 地 方 商 圏 においても 独 自 の 手 法 で 地 域 一 番 店 創 りに 取 り 組 んでいる 淡 路 印 刷 代 表 取 締 役 真 野 貴 司 氏 アサヒ 印 刷 代 表 取 締 役 岩 見 信 弘 氏 の2 名

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書 平 成 26 年 度 自 己 評 価 報 告 書 平 成 27 年 8 月 社 会 福 祉 法 人 尾 道 さつき 会 尾 道 福 祉 専 門 学 校 目 次 1. 学 校 の 現 況 P1 2. 評 価 の 基 本 方 針 P2 3. 本 年 度 に 定 めた 重 点 目 標 P2 4. の 達 成 及 び 取 組 状 況 (1) 教 育 理 念 目 標 P3 (2) 学 校 運 営 P5 (3)

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

Taro-2回目訂正_Taro-研究紀要(

Taro-2回目訂正_Taro-研究紀要( 青 森 県 総 合 学 校 教 育 センター 研 究 紀 要 [2013.3] F9-01 中 学 校 教 育 相 談 中 学 校 における 不 登 校 生 徒 の 学 校 への 適 応 感 を 高 めるための 研 究 - 不 登 校 対 応 チャートを 用 いたコンサルテーションを 通 して- 教 育 相 談 課 研 究 員 佐 藤 奈 央 子 要 旨 本 研 究 では, 中 学 校 における 不

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

平成16年度埼玉県NPO活動促進助成事業

平成16年度埼玉県NPO活動促進助成事業 様 式 第 8 号 別 紙 1 法 人 名 NPO 法 人 ふうせん 事 業 実 施 報 告 書 事 業 名 枠 の 種 類 子 育 てだって 立 派 なスキル! 保 育 サポーター 講 座 ウーマノミクス 1. 事 業 の 目 的 結 婚 出 産 などで 離 職 後 社 会 復 帰 へ 消 極 的 な 女 性 に 社 会 復 帰 のフ 2. 事 業 で 取 り 組 んだ 地 域 や 社 会 の 課

More information

レーム と 三 つに 区 分 し,クレームを 要 求, 苦 情, 無 理 難 題 を 言 うこと と 定 義 している 学 校 現 場 で 用 いられる クレーム は, 金 子 (2007)が 定 義 したように 苦 情, 無 理 難 題 を 含 むものと 考 え, 本 研 究 でも クレームを 保

レーム と 三 つに 区 分 し,クレームを 要 求, 苦 情, 無 理 難 題 を 言 うこと と 定 義 している 学 校 現 場 で 用 いられる クレーム は, 金 子 (2007)が 定 義 したように 苦 情, 無 理 難 題 を 含 むものと 考 え, 本 研 究 でも クレームを 保 青 森 県 総 合 学 校 教 育 センター 研 究 紀 要 [2009.3] F9-01 教 育 相 談 保 護 者 からのクレームに 関 する 研 究 - 小 学 校 中 学 校 県 立 学 校 におけるクレーム 内 容 の 比 較 を 通 して- 教 育 相 談 課 研 究 員 船 水 泰 秀 要 旨 学 校 現 場 に 寄 せられる 保 護 者 からのクレームについて, 内 容 や 対 応

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

まちづくり 科 に 関 係 する 時 数 の 増 減 ( 平 成 23 年 度 ) 目 標 や 領 域 のねらいから 考 えると, 以 下 のような 教 科 内 容 の 一 部 がまちづくり 科 に 含 まれることになると 考 えた < 国 語 科 > 人 と 人 とのコミュニケーションに 関 係

まちづくり 科 に 関 係 する 時 数 の 増 減 ( 平 成 23 年 度 ) 目 標 や 領 域 のねらいから 考 えると, 以 下 のような 教 科 内 容 の 一 部 がまちづくり 科 に 含 まれることになると 考 えた < 国 語 科 > 人 と 人 とのコミュニケーションに 関 係 こ と ひ ら ぐ う 琴 平 町 には 金 刀 比 羅 宮 にまつわる 歴 史 や 伝 統 文 化, 象 頭 山 や 金 倉 川 などの 豊 か な 自 然,こんぴら 参 りに 由 来 するまちの 賑 わいや 多 様 な 人 々とのふれあい, 金 毘 羅 歌 舞 伎 に 代 表 されるまちおこしなど 豊 かな 教 材 を 有 する しかし,これまで 子 どもたちの 多 くは 自 分 たちが 暮 らすまちのよさにふれたりそれを

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information

083 福崎 H28掲載用一覧表

083 福崎 H28掲載用一覧表 平 成 28 年 度 使 用 教 科 書 一 覧 表 県 立 福 崎 高 等 学 校 ( 全 日 制 課 程 ) No 教 科 名 学 種 目 名 発 行 教 科 書 番 教 科 書 名 使 用 学 年 範 囲 選 定 理 由 1 国 語 1 国 語 総 合 東 書 国 総 302 精 選 国 語 総 合 1 年 全 2 地 理 歴 史 1 地 図 東 書 地 図 301 新 高 等 地 図 1~3

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

北 島 会 長 : 基 本 計 画 ( 案 ) 総 合 戦 略 ( 案 ) 各 提 言 書 について 事 務 局 から 説 明 を お 願 いします ( 事 務 局 説 明 ) 北 島 会 長 : 皆 様 が 長 い 時 間 をかけて 議 論 したことが 提 言 書 としてまとまりました 概 ねこれ

北 島 会 長 : 基 本 計 画 ( 案 ) 総 合 戦 略 ( 案 ) 各 提 言 書 について 事 務 局 から 説 明 を お 願 いします ( 事 務 局 説 明 ) 北 島 会 長 : 皆 様 が 長 い 時 間 をかけて 議 論 したことが 提 言 書 としてまとまりました 概 ねこれ 第 7 回 古 河 市 総 合 計 画 審 議 会 及 び 古 河 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 会 議 会 議 録 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 11 時 00 分 場 所 総 和 庁 舎 3 階 特 別 会 議 室 出 席 者 ( 委 員 ) 計 13 名 青 栁 初 男 秋 山 政 明 枝 竜 二 北 島 富

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

問1.xls

問1.xls 平 成 18 年 度 社 会 福 祉 施 設 事 業 所 における 雇 用 等 の 現 状 に 関 する 調 査 アンケート 調 査 依 頼 施 設 数 1,8 有 効 回 答 施 設 数 613 未 回 答 無 効 施 設 数 871 職 員 の 状 況 について 問 1 平 成 19 年 3 月 31 日 現 在 の 職 員 数 は 何 名 ですか? 施 設 長 / 副 施 設 長 事 務 長

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした

ゲートキーパーとは 悩 んでいる 人 に 気 づき 声 をかけ 話 を 聴 いて 必 要 な 支 援 につなげる 人 のことです 道 では 平 成 21 年 度 からゲートキーパーの 養 成 に 取 り 組 んでおり 平 成 24~25 年 度 には 教 育 現 場 の 皆 様 を 対 象 とした 7 / 23( 水 ) の 発 表 報 道 発 表 資 料 の 配 時 7 23 ( 水 ) 15 時 00分 発 表 項 目 子 ど も た ちの SOSに 気 づ き 耳 を 傾 ける ため の 実 践 研 修 の 開 催 に つ い て ( 行 事 名 ) * 皆 様 の 気 づ きが 大 切 な 生 命 を 未 来 に つ な ぎ ます * 概 要 道 で は 若 年 者 の 自 殺 予 防

More information

平 成 27 年 4 月 定 例 東 温 市 教 育 委 員 会 会 議 録 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 4 月 22 日 ( 水 ) 午 前 10 時 15 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 教 育 長 職 務 代 行 者 菅 原 正 夫 委 員 遠 富 英 子 委 員 大 政 美 智 子 委 員 本 田 隆 彦 議

More information

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 横 浜 市 立 山 内 中 学 校 横 浜 市 青 葉 区 美 しが 丘 五 丁 目 4 番 地 自 分 を 仲 間 を 積 み 重 ねを 大 切 に! ~ 山 内 中 学 校 平 成 28 年 度 スタート~ 桜 木 にも 新 緑 の 若 葉 が 芽 吹 き 山 内 中 学 校 の 校 庭 にも 若 い 力 が 溢 れています 045(901)0030

More information

万 人 を 超 え 最 大 数 を 迎 える 三 原 市 敬 老 会 事 業 助 成 交 付 金 要 領 に 基 づき 高 齢 者 に 対 し その 長 寿 を 祝 福 し 敬 老 の 意 を 表 するとともに 市 民 の 敬 老 思 想 の 高 揚 を 図 る ため かつ 高 齢 者 が 自 ら

万 人 を 超 え 最 大 数 を 迎 える 三 原 市 敬 老 会 事 業 助 成 交 付 金 要 領 に 基 づき 高 齢 者 に 対 し その 長 寿 を 祝 福 し 敬 老 の 意 を 表 するとともに 市 民 の 敬 老 思 想 の 高 揚 を 図 る ため かつ 高 齢 者 が 自 ら 平 成 27 年 度 民 生 福 祉 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 1. 視 察 日 程 平 成 27 年 5 月 19 日 ( 火 )から 5 月 22 日 ( 金 )まで 2. 視 察 先 及 び 視 察 内 容 (1) 広 島 県 三 原 市 高 齢 者 対 策 について (2) 愛 媛 県 今 治 市 高 齢 者 対 策 について 3. 参 加 者 委 員 長 佐 賀 英

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc 発 言 をそのまま 書 き 起 こしたデータを 基 に 個 人 情 報 に 関 する 部 分 を 削 除 し 文 意 が 通 るように 修 正 を 行 っています 振 り 返 り アンケート 記 入 ( 総 合 F) それでは アンケートをお 書 きください そして アンケートの 中 で ここが 一 番 重 要 だというところには 下 線 などを 引 いていただいて 結 構 です 最 後 にまた 30

More information

『教育』をとりまく現状と課題について

『教育』をとりまく現状と課題について 資 料 3 教 育 をとりまく 現 状 と 課 題 1.アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 2. 方 向 性 参 考 61 人 の 声 産 業 構 造 審 議 会 基 本 政 策 部 会 2006 年 11 月 17 日 木 幡 美 子 1 アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 アンケート 実 施 期 間 2006 年 10 月 13 日 ~31 日

More information

平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 資 料 日 時 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 曜 日 ) 場 所 東 京 都 庁 第 一 本 庁 舎 5 階 大 会 議 場 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 第 二 課 保 育 施 設 検 査 担 当 平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 次 第 1 日 時 平 成 28 年 7 月 1

More information

目 次 1 小 平 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 (1) 小 平 市 の 就 学 前 児 童 数 1 (2) 保 育 サービスの 利 用 状 況 1 (3) 保 育 サービスの 利 用 希 望 5 (4) 待 機 児 童 の 状 況 6 (5) 子 育 て 支 援 事 業 8 (6) 公

目 次 1 小 平 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 (1) 小 平 市 の 就 学 前 児 童 数 1 (2) 保 育 サービスの 利 用 状 況 1 (3) 保 育 サービスの 利 用 希 望 5 (4) 待 機 児 童 の 状 況 6 (5) 子 育 て 支 援 事 業 8 (6) 公 公 立 保 育 の 運 営 のあり 方 に 関 する 方 針 平 成 22 年 12 月 小 平 市 次 世 代 育 成 部 目 次 1 小 平 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 (1) 小 平 市 の 就 学 前 児 童 数 1 (2) 保 育 サービスの 利 用 状 況 1 (3) 保 育 サービスの 利 用 希 望 5 (4) 待 機 児 童 の 状 況 6 (5) 子 育 て 支 援

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

秋田県 能代市 東雲中学校区

秋田県 能代市 東雲中学校区 秋 田 県 能 代 市 東 雲 中 学 校 区 学 校 名 在 籍 者 数 学 級 数 東 雲 中 学 校 251 名 10(1) 向 能 代 小 学 校 401 名 17(4) 朴 瀬 小 学 校 22 名 3( 0 ) 竹 生 小 学 校 28 名 5( 1 ) 学 級 数 の( )は 特 別 支 援 学 級 数 を 内 数 として 記 入 実 態 把 握 課 題 目 標 取 組 点 検 見 直

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63> マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 の 改 正 ポイント 平 成 22 年 7 月 1 マンションの 管 理 業 務 の 委 託 マンションの 管 理 組 合 の 管 理 業 務 には 管 理 費 等 の 収 支 の 調 定 出 納 建 物 設 備 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 等 標 準 的 にはマンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 )(

More information

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 立 図 書 館 協 議 会 議 事 録 期 日 平 成 28 年 3 月 23 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 から12 時 00 分 まで 場 所 宮 崎 県 立 図 書 館 2 階 研 修 室 委 員 議 長 : 根 岸 裕 孝 委 員 委 員 : 川 邊 英 樹 委 員 ( 副 議 長 ) 足 立 泰 二 委 員 江 田 正 和 委 員

More information

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27

8 月 19 日 ( 水 ) 県 市 町 村 教 育 委 員 会 研 修 総 会 における 宣 言 要 望 文 起 草 委 員 会 ( 下 村 職 務 代 理 10:30~ 長 野 市 役 所 ) 8 月 19 日 ( 水 ) 総 合 教 育 会 議 (14:00~ 庁 舎 公 室 ) 8 月 27 平 成 27 年 7 月 東 御 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 (2015 年 )7 月 24 日 ( 金 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 後 0 時 00 分 まで 2 場 所 中 央 公 民 館 応 接 室 3 議 題 3 議 題 (1) 協 議 ( 審 議 検 討 ) 議 案 第 19 号 就 学 援 助 費 支 給 の 認 定 について

More information

間 にスペース 等 は 入 れない 訂 正 後 の 文 書 名 は 作 成 者 の 後 に < 訂 正 者 名 をつけていく 提 出 期 限 議 事 録 は 会 議 の 2 日 後 活 動 報 告 書 は 木 曜 夜 ( 時 間 は 特 に 指 定 せず) mixi と e-class のそれぞれの

間 にスペース 等 は 入 れない 訂 正 後 の 文 書 名 は 作 成 者 の 後 に < 訂 正 者 名 をつけていく 提 出 期 限 議 事 録 は 会 議 の 2 日 後 活 動 報 告 書 は 木 曜 夜 ( 時 間 は 特 に 指 定 せず) mixi と e-class のそれぞれの プロジェクト 科 目 議 事 録 2006 年 10 月 26 日 提 出 プロジェクト 科 目 テーマ 名 小 学 生 のための 能 楽 入 門 プログラムの 開 発 と 研 究 記 録 者 氏 名 E 学 生 ID 日 時 2006 年 10 月 20 日 ( 金 ) 12:30~13:00, 15:00~17:50 場 所 寒 梅 館 寧 静 館 501 議 題 mixi と e-class

More information

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集 第 4 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 9 日 ( 火 曜 日 )10 時 00 分 ~11 時 30 分 〇 開 催 場 所 水 道 部 庁 舎 3 階 会 議 室 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 委 員 長 細 沼 早 希 子 委 員 長 職 務 代 理 者 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

倫 理 綱 領 1. 私 たちは 子 どもの 利 益 を 最 優 先 した 養 育 をおこないます 一 人 ひとりの 子 どもの 最 善 の 利 益 を 優 先 に 考 え 24 時 間 365 日 の 生 活 をとおして 子 ど もの 自 己 実 現 と 自 立 のために 専 門 性 をもった 養

倫 理 綱 領 1. 私 たちは 子 どもの 利 益 を 最 優 先 した 養 育 をおこないます 一 人 ひとりの 子 どもの 最 善 の 利 益 を 優 先 に 考 え 24 時 間 365 日 の 生 活 をとおして 子 ど もの 自 己 実 現 と 自 立 のために 専 門 性 をもった 養 全 養 協 通 信 平 成 22 年 6 月 2 日 発 行 NO. 222 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 全 国 児 童 養 護 施 設 協 議 会 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 3-3-2 新 霞 が 関 ビル 100-8980 TEL03-3581-6503 FAX03-3581-6509 http://www.zenyokyo.gr.jp 全 養 協 の 動 き 全 養 協

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73>

<30315F3030348D738E9695CA93FA92F628323031328A778A4F97702981693132303131348A9993638F4390B3816A2E786C73> 1 工 学 院 大 学 学 則 第 1 章 目 的 第 1 条 本 学 は 教 育 基 本 法 および 学 校 教 育 法 に 則 り 大 学 として 広 く 知 識 を 授 け 人 格 の 完 成 をはかるとともに 工 学 に 関 する 高 等 の 理 論 とその 応 用 を 教 授 ならびに 研 究 し 人 類 の 福 祉 に 貢 献 し 得 る 人 材 を 育 成 することを 目 的 とする

More information