総 合 人 間 学 第 7 号 2013 年 9 月 福 島 県 民 はいま, 怒 りと 悲 しみのなかから 静 かに 立 ち 上 がっています ( 後 略 ) を 配 り, 瓦 礫 県 外 処 理 にクレームをつけ,ホットス ポットを 気 にする 自 分 がおり,そこでは 福 島 の 人 た ちの

Size: px
Start display at page:

Download "総 合 人 間 学 第 7 号 2013 年 9 月 福 島 県 民 はいま, 怒 りと 悲 しみのなかから 静 かに 立 ち 上 がっています ( 後 略 ) を 配 り, 瓦 礫 県 外 処 理 にクレームをつけ,ホットス ポットを 気 にする 自 分 がおり,そこでは 福 島 の 人 た ちの"

Transcription

1 Ⅱ 3.11 以 後 の 思 いとつながり Feelings and Connections since のあと 福 島 から 広 島 へ 求 められる 地 球 時 代 感 覚 After 3.11 Connecting our Feelings from Fukusima to Hirosima: Asking for a Sense of the Global Age 堀 尾 輝 久 HORIO, Teruhisa 福 島 からの 武 藤 類 子 さんスピーチより 皆 さん, 福 島 はとても 美 しいところです 東 に 紺 碧 の 太 平 洋 を 臨 む 浜 通 り 桃, 梨,りんごと, 果 物 の 宝 庫 の 中 通 り 猪 苗 代 湖 と 磐 梯 山 のまわりには 黄 さまざまな 苦 渋 の 選 択 がありました そしていま 半 年 という 月 日 のなかで 次 第 に 鮮 明 に なってきたことは, 金 色 の 稲 穂 が 垂 れる 会 津 平 野 そのむこうを 深 い 山 々がふちどっています 山 は 青 く, 水 は 清 らかな 私 たちのふるさとです 3.11 原 発 事 故 を 境 に,その 風 景 に, 目 には 見 え ない 放 射 能 がふり 注 ぎ, 私 たちはヒバクシャとなり ました 大 混 乱 のなかで, 私 たちにはさまざまのこ とが 起 こりました ( 中 略 ) 真 実 は 隠 されるのだ 国 は 国 民 を 守 らないのだ 事 故 はいまだに 終 わらないのだ 福 島 県 民 は 核 の 実 験 材 料 にされるのだ ばくだいな 放 射 能 のゴミは 残 るのだ 大 きな 犠 牲 の 上 になお, 原 発 を 推 進 しようとする 勢 力 があるのだ 毎 日, 毎 日, 否 応 なくせまられる 決 断 逃 げる, 逃 げない 私 たちは 棄 てられたのだ 食 べる, 食 べない 洗 濯 物 を 外 に 干 す, 干 さない 子 どもにマスクをさせる,させない 畑 をたがやす,たがやさない なにか 物 申 す, 黙 る 私 たちは 疲 れと,やりきれない 悲 しみに, 深 いた め 息 をつきます でも 口 をついて 出 てくる 言 葉 は, 私 たちを 馬 鹿 にするな 私 たちの 命 を 奪 うな です 46 / 186

2 総 合 人 間 学 第 7 号 2013 年 9 月 福 島 県 民 はいま, 怒 りと 悲 しみのなかから 静 かに 立 ち 上 がっています ( 後 略 ) を 配 り, 瓦 礫 県 外 処 理 にクレームをつけ,ホットス ポットを 気 にする 自 分 がおり,そこでは 福 島 の 人 た ちのことが, 意 識 の 外 にあることに,あらためて, この 福 島 からの 声 が 気 付 かせてくれるからである なにか 物 申 す, 黙 る さまざまな 苦 渋 の 選 択 がありました そしていま 半 年 という 月 日 のなかで 次 第 に 鮮 明 に なってきたことは, 真 実 は 隠 されるのだ 国 は 国 民 を 守 らないのだ 事 故 はいまだに 終 わらないのだ 福 島 県 民 は 核 の 実 験 材 料 にされるのだ ばくだいな 放 射 能 のゴミは 残 るのだ 大 きな 犠 牲 の 上 になお, 原 発 を 推 進 しようとする 勢 力 があるのだ 私 たちはヒバクシャとなり 私 たちは 棄 てら れたのだ 棄 てたのは 東 電 や 政 府 ばかりではない 自 分 はど うなのか 怒 りと 悲 しみのなかから 静 かに 立 ち 上 がって いる 人 々と,どのように 心 を 通 わせ,なに をすることができるのか なにをするにしてもその 怒 りと 悲 しみ に 感 応 する 心 を 持 ち 続 けること, 何 かできることはないか, 邪 魔 にならないように 行 動 することであろう 三 陸 大 災 害 を 二 度 経 験 した 宮 沢 賢 治 (1922,1933)の, そこに 行 って の 呼 び かけを 思 い 起 こして 私 たちは 棄 てられたのだ 私 たちは 疲 れと,やりきれない 悲 しみに, 深 いた め 息 をつきます でも 口 をついて 出 てくる 言 葉 は, 私 たちを 馬 鹿 にするな 私 たちの 命 を 奪 うな です 福 島 県 民 はいま, 怒 りと 悲 しみのなかから 静 かに 立 ち 上 がっています ( 後 略 ) 造 られた 安 全 神 話 さて, 原 発 には 安 全 神 話, 成 長 神 話,そして 安 保 神 話 の 三 つの 神 話 が 不 可 分 に 結 びついている この ことを 前 提 にまずは 安 全 神 話 についてメモしておき たい 原 発 は クリーンで, 安 全 で, 安 い この 神 話 はつぎのように 説 明 されてきた 原 発 は CO 2 を 出 さず, 環 境 に 優 しいエネルギーで 私 はこのエッセイの 冒 頭 で, 9.19 さようなら 原 発 集 会 での 武 藤 類 子 さんの, 詩 のようなスピーチ いま,ふくしまの 思 い から 敢 えて 分 ち 書 きして 引 用 させて 頂 いた( 世 界 2011,11 月 号,web 原 子 力 発 電 を 考 える 石 巻 市 民 の 会 等 を 参 照 ) それは, 故 郷 を 失 った 人 々の 深 い 悲 しみと 怒 りが, 私 たちの 心 をえぐるように 伝 わってくるからである そして, 離 れてある 私 たちの 日 常 のなかで, 高 まる 安 全 意 識 からではあるが, 身 の 周 りの 商 品 産 地 に 目 あり, 現 代 日 本 の 科 学 技 術 をもってすれば 絶 対 に 安 全 で, 低 コストなのだ この 安 全 神 話 を 支 えてきたのは 原 子 力 なくして は 電 力 の 安 定 供 給 はなく, 安 定 供 給 なくしては 経 済 成 長 なし という 経 済 界 の 主 張 である 神 話 はタブーをつくりだし, 批 判 を 許 さない 安 全 神 話 とともにつくられていったのが 原 子 力 ム ラ と 原 子 力 村 である 前 者 は 政 財 官 学 の 複 合 的 結 合 体 であり, 安 全 神 話 に 疑 いをはさむものは 政 47 / 186

3 治 経 済 の 中 軸 から 外 され, 批 判 を 持 つ 科 学 者 たちは ムラ から 排 除 されていった マスコミのメスも 刃 がたたず,やがて 自 らも 広 告 収 入 がらみで 取 り 込 まれていく 大 新 聞 の 原 発 に 関 する 見 解 の 軌 跡 はそれを 物 語 っている 教 育 もまた 学 習 指 導 要 領 と 教 科 書 検 定 をとおして, 安 全 神 話 の 再 生 産 に 大 きな 役 割 を 担 わされてきた 中 央 の 原 子 力 ムラ は 原 発 立 地 のための 利 益 誘 導 システムを 通 して 地 域 社 会 を 巻 き 込 み, 原 発 地 域 は 原 子 力 村 となって 反 対 派 を 村 はじき(むら 八 分 )するシステムがつくられ, 住 民 の 意 識 もやがて その 村 にとりこまれていく その 先 には 雇 用 拡 大 と 地 域 活 性 化 の 大 宣 伝 のもとで, 安 全 性 を 無 視 し ての 経 済 の 論 理 がまっている それは 地 域 を 破 壊 し, 地 域 内 外 の 格 差 をひろげてきた そして 大 災 害 の 後 も, 安 全 神 話 に 自 らも 身 をゆだ ねてきた 責 任 あるひとたちは, 事 故 の 真 実 を 覆 い, 被 害 をできるだけ 少 なく 報 告 してきた SPEEDI の 発 表 を 遅 らせ,メルトダウンを 隠 すことによって 被 害 を 大 きくした そんななかで, 財 界 の 要 望 を 担 っての 関 西 電 力 大 飯 原 発 の 再 稼 働 私 の 責 任 でゴーサインをだす 野 田 首 相,それを 支 える 経 産 省 の 役 人 たち 原 子 力 村 は 破 壊 され, 無 惨 な 姿 を 残 すばかりだが, ム ラ はなおも 健 在,その 無 責 任 体 制 もゆるぎないよ うにみえる しかし, 安 全 神 話 を 必 要 とし,それを 創 り 出 す 社 会 的, 政 治 的 力 学 の 構 造 は 強 力 にみえて も, 自 然 と 真 実 の 前 ではもろいものであることを, 今 回 の 事 態 は 示 してもくれている 安 全 神 話 は 科 学 への 信 頼 から 生 まれたものではな い 経 済 性,つまりは 利 益 を 求 めてリスクを 想 定 外 とし,その 枠 のなかに 科 学 を 閉 じ 込 めてつくり あげたものである 日 本 の 地 震 学, 地 球 科 学 の 発 展 は 目 覚 ましく,そ の 提 出 する 知 見 は 地 震 や 津 波 の 歴 史 研 究 と 相 まって 原 発 立 地 の 不 適 切 性 を 警 告 するものばかりである 原 発 技 術 に 即 して 言 えば, 科 学 者 なら 誰 でも,メ ルトダウンの 危 険 性 については 知 っている 使 用 済 み 核 燃 料 の 処 理 技 術 が 未 開 発 であることも 知 ってい る 六 ケ 所 村 の 再 処 理 施 設 が 事 故 続 きで 機 能 してい ないことは 衆 知 の 事 実 である トイレの 無 いマン ション という 比 喩 は 的 確 にその 危 険 性 の 所 在 を 示 している 未 完 成 のトイレからプルトニウムを 取 り 出 そうとする 発 想 には, 核 武 装 への 隠 れた 野 望 も 見 え 隠 れしている 再 処 理 は 断 念 し, 近 年 ではモンゴルの 砂 漠 の 地 下 に 埋 めるという 話 があると 知 り,また 原 発 を 巨 大 商 品 として,ベトナムをはじめアジア,アフリカにも その 市 場 を 求 めていまも 交 渉 がすすめられていると 知 って, 一 人 歩 きする 経 済 の 論 理 の 非 人 間 性 に 唖 然 としたが,そこには 原 発 技 術 保 持 国 間 の 国 際 競 争 と いう 問 題 も 浮 かび 上 がってくる 脱 原 発 には 国 際 的 な 連 帯 が 不 可 欠 であることもみえてくる この 10 月 半 ば,リトアニアで 原 発 建 設 を 問 う 国 民 投 票 がおこなわれ, 反 対 が 60%を 超 え 日 立 製 作 所 の 原 発 プラント 輸 出 計 画 も 見 直 しが 求 められよう と 報 じられた またシンガポールではフクシマ 後 リスクが 利 益 を 上 回 る として 原 発 設 置 に 危 惧 の 念 が 広 がり 導 入 が 見 送 られたという( 朝 日 新 聞 10 月 16 日,17 日 ) それにしても 原 発 の 是 非 につい ての 住 民 投 票 を 定 める 条 例 作 りに 反 対 する 地 方 自 治 体 ( 大 阪, 東 京 そして 浜 岡 )の 動 きには 日 本 の 民 主 主 義 は 名 ばかりのものなのかと 呆 れるばかりである 原 発 王 国 フランスもオランド 政 権 は 原 発 依 存 を 75%から 50%にする 方 針 を 出 した これまでタブ ー 視 されていた 原 発 論 議 もようやく 始 まったようだ 48 / 186

4 総 合 人 間 学 第 7 号 2013 年 9 月 は 絶 対 に 安 全 だ などとは 決 していうことはない フクシマの 後,いち 早 く 脱 原 発 に 踏 み 切 ったドイ ツの 国 営 放 送 は 昨 年 フクシマの 嘘 を 放 映,いま も YouTube で 見 ることができる ドイツのジャーナ リストのヨハネス ハノ 氏 のチームが 3.11 の 直 後 から 白 衣 と 防 護 服 で 身 を 守 り 監 視 の 目 をくぐって 退 去 地 区 に 入 り 映 像 を 撮 り, 関 係 者 とのインタビュー で 構 成 した 貴 重 なドキュメントである そのなかに は 菅 前 首 相, 佐 藤 栄 佐 久 前 福 島 知 事 への 聞 き 取 りも ある 佐 藤 知 事 は 原 発 に 感 じた 疑 問 を 率 直 に 東 電 に 質 問 するうちに 知 事 追 い 落 としの 罠 にはめられ, 菅 首 相 は 脱 原 発 を 主 張 した 故 に 首 相 の 座 を 失 ったとい う 記 者 のコメントには 説 得 力 がある アメリカの GE から 東 電 に 派 遣 されて 定 期 的 に 点 検 を 行 ってき たケイ スガオカ 氏 とのインタビューでは 東 電 が 従 来 から 事 故 を 隠 し, 報 告 にも 修 正 を 求 められたこと を 告 発 している 点 検 に 責 任 を 持 った 人 物 による 東 電 の 隠 蔽 体 質 への 批 判 は 痛 烈 である この 三 十 年, 告 発 無 視 と 嘘 で 固 めた 安 全 神 話 の 中 で, 原 子 力 の ムラ と 村 に 守 られての 福 島 原 発 であったこ とが 語 られていく このドイツのジャーナリストは なによりもこれ だけの 嘘 がいまだに 糾 弾 されずにいる 日 本 の 現 状 が 一 番 怖 い と 語 り, つまり 黒 幕 はアメリカだろ う というつぶやきでおわっている この 放 送 が 一 般 ジャーナリズムでは 紹 介 されず,YouTube でしか 見 られないという 現 状 もまた 怖 いことと 言 わねばな らない アメリカの 原 発 への 圧 力 もいまや 露 骨 であ る 想 定 外 は 科 学 者 の 言 葉 ではない 分 からないこ とは 実 験 によって 問 題 点 を 探 り, 確 かめる しかし その 上 で, 科 学 と 価 値 をめぐっての 態 度 決 定 の 問 題 がある 3.11 のあと NHK はアメリカの 科 学 者 の 声 を 伝 え る 報 道 番 組 を 放 映 した(8 月 14 日 ) そこに 登 場 し た 二 人 の 科 学 者 の 発 言 を 紹 介 しよう ケネス バジョロ 氏 彼 は 原 発 事 故 のシミュレー ション 研 究 をやってきた フクシマと 同 じ 事 故 は 必 ず 起 きる 自 分 のシミュレーションは 当 たった 福 島 の 人 には 気 の 毒 だが 自 分 は 科 学 技 術 者 としての 誇 りをもつ 原 発 がある 限 り 自 分 の 事 故 予 測 研 究 は 有 効 だ と 語 っていた デール ブライデンボー 氏 彼 は 原 発 の 安 全 性 に 関 する 委 員 会 の 委 員 長 として,その 危 険 性 を 警 告 す る 報 告 書 (ラスムッセン 報 告 )をまとめたが 採 用 さ れず 辞 任 その 後 も 危 険 性 を 警 告 し 続 けてきた 彼 はインタビューに 答 えて 原 発 はつくるべきではない とはっきりと 断 言 していた この 二 人 の 科 学 技 術 者 の 違 いはどこからくるのか 科 学 は 何 のためにあるのか 科 学 と 価 値, 科 学 者 の 人 間 性 の 問 題 といわざるをえない 原 爆 作 成 にかか わった 科 学 者 たち(アインシュタインを 含 めて)の 内 面,その 苦 悩 とも 重 ねて 考 えさせられる 番 組 であ った 日 本 で 原 発 推 進 の 第 一 歩 となったのは 1955 年 前 後,アメリカの 支 持 と 指 示 を 得 ての 中 曽 根, 正 力 グ ループの 動 きである アメリカにとっては 平 和 利 用 の 名 による 核 アレルギー 対 策 であり, 日 本 の 保 守 層 科 学 者 と 安 全 神 話 科 学 技 術 者 が 科 学 者 としての 精 神 を 持 っている 限 りこの 神 話 に 加 担 することはない 科 学 者 は 原 発 にとっては 原 爆 開 発 への 潜 在 力 を 手 にすることでも あった 当 時 の 日 本 の 科 学 者 の 多 くは 原 子 力 の 平 和 利 用 に 49 / 186

5 は 前 向 きではあったが 政 府 推 進 派 の 動 きには 危 惧 の 念 を 抱 き, 湯 川 秀 樹, 朝 永 振 一 郎, 坂 田 昌 一, 武 谷 三 男 らは 政 府 の 委 員 から 身 を 引 いた あるいは 最 初 から 外 された 原 発, 放 射 能 の 危 険 性 を 訴 え 続 けた 次 世 代 の 研 究 者 には 高 木 仁 三 郎, 小 池 裕 章, 安 斉 育 郎 らがいる 彼 らに 対 する 大 学 や 学 会 の 処 遇 も 記 憶 されてよい 内 部 被 曝 問 題 を 訴 え 続 けてきた 広 島 の 肥 田 舜 太 郎 医 師 や 素 粒 子 物 理 学 の 澤 田 昭 二 (いずれ も 被 爆 者 )のことも 忘 れてはなるまい その 後 に 続 く 世 代 の 科 学 者 たちの 声 も 次 第 に 大 きくなってきて いる そこには 依 然 として 原 子 力 ムラの 圧 力 も 強 い ようだ 地 震 学 者 で 浜 岡 原 発 の 危 険 性 を 具 体 的 に 指 摘 しその 廃 炉 をめざすべきだと 訴 えた 石 橋 克 彦 氏 に 対 して 班 目 春 樹 原 子 力 安 全 委 員 長 は 原 子 物 理 学 会 では 聞 いたことのない 人 だ といって 無 視 をした 小 佐 古 敏 荘 東 大 教 授 も 同 様 の 発 言 をしたという( 石 橋 まさに 原 発 震 災 だ 世 界 2011,5 月 号 ) 科 学 者 の 批 判 精 神 に 枠 をはめる ムラ の 政 治 経 済 学 とともに 学 問 社 会 学 的 分 析 が 求 められている な 状 況 に 耐 えてここまできた 広 島 の 人 たちの 福 島 の 人 たちへの 心 配 りには 格 別 のものがあり, 福 島 の 人 たちには 大 きな 励 ましになっていることは 間 違 いあ るまい 広 島 と 福 島 がつながるとはどういうことなのか その 心 の 通 い 合 いを 支 えているものは, 核 という 共 通 の 苦 しみのなかでの 連 帯 ということもできよう 苦 しみに 耐 えてきた 生 のたくましさに 学 び 励 まされ る 関 係 であり, 励 まし 合 う 関 係 であり, 原 爆 も 原 発 も 一 つのこととして 反 核 へ 向 けて 歩 み 出 そうと する 志 であり,その 苦 しみの 連 帯 をこそ 日 本 と 世 界 の 人 々が 共 有 してほしいと 訴 えているのだ 原 水 禁 世 界 大 会 にも 参 加 した 浪 江 町 長 の 思 いもそこにあっ たのだろうと 思 う 核 の 被 害 者 は 日 本 だけではないことを 改 めて 思 う 長 崎 の 原 爆 資 料 館 には 私 たちの 声 も 聞 いてくださ い という 一 室 があり,そこでは 核 実 験 によって 汚 染 された 地 域,アメリカのネバダ, 旧 ソ 連 のセミパ ラチンスク(カザフスタン),マーシャル 諸 島 のビ キニ,フランスのムルロア 環 礁 などの 周 辺 住 民 の 被 つながる 福 島 と 広 島 今 年 (2012 年 )の 8 月 6 日 は 特 別 の 日 となった それはヒロシマとフクシマが,その 被 災 者 の 思 いが, 反 核 としてむすばれ,それが 世 界 へ 向 けて 発 信 されたからである 広 島 市 長 の 平 和 宣 言 にも, 子 ど もたちの 訴 えにも, 福 島 への 思 いが 語 られていた 核 と 人 類 は 共 存 できない という 松 井 市 長 の 提 起 には 反 核 兵 器 だけではなく 脱 原 発 への 思 いも 込 めら れていた 福 島 からは 浪 江 町 の 馬 場 有 町 長 も 参 加 し 広 島 から 学 びたいと 語 っていた 広 島 の 被 爆 者 団 体 は 福 島 の 子 どもたちを 受 け 入 れる 活 動 に 取 り 組 み, 市 民 は 福 島 の 被 災 者 を 迎 えるための 住 居 の 確 保 に 取 り 組 んでいる 姿 もテレビで 紹 介 されていた 絶 望 的 災 に 苦 しむ 人 々の 映 像 とその 声 がながされている 旧 東 ドイツのウラン 鉱 山 の 労 働 者, 第 五 福 竜 丸 の 映 像 も 語 りかけている それに,スリーマイル,チェルノブイリ,フクシ マの 声 もかさなってこよう 東 海 村 JOC 犠 牲 者 のこ とも 忘 れてはなるまい 原 水 爆 禁 止 を 求 める 世 界 の 声 もフクシマを 通 して, 脱 原 発 をふくめて NO NUKES の 声 となって 運 動 の 幅 も 深 さも 増 してきている 大 飯 原 発 再 稼 働 を 機 に, 核 反 対 の 市 民 の 声 は,こ の 夏, 毎 週 金 曜 日 十 万 人 の 規 模 で, 首 相 官 邸 を 取 り 囲 むデモが 繰 り 返 され, 寒 空 のもとでも 続 いている その 声 はオスプレイに 反 対 し, 基 地 はいらない, 安 50 / 186

6 総 合 人 間 学 第 7 号 2013 年 9 月 保 条 約 を 問 い 直 せという 沖 縄 の 人 たちの 声 とも 重 な ってこよう 被 害 にあった 人 たち, 抑 圧 され, 犠 牲 を 強 いられ た 人 たちの 声 を 貫 くもの,それこそは 人 間 としての ぶ 方 向 で 開 いていくことが 求 められていよう 科 学 の 前 進 は, 未 知 の 世 界 のひろがりを 教 え, 真 理 真 実 の 前 に 謙 虚 であることを 私 たちに 求 めている のだ 共 通 の 苦 しみ(compassion)であり, 抑 圧 を 拒 む 人 間 に 共 通 の 感 性 (human sentiment)であり,それ を 結 びつけ 変 革 する 力 となるものこそ 人 間 のもつ 開 かれた 理 性 (raison ouverte et universelle)の 普 遍 的 な 力 ではなかろうか 隣 人 からの 励 まし あの 日 の 直 後, 韓 国 の 詩 人 高 銀 さんが 日 本 へ の 礼 儀 という 詩 を 書 いている (ハンジョレ 新 聞 2011 年 3 月 15 日, 世 界 2011 年 5 月 再 録 ) 改 めて 地 球 時 代 の 思 考 を 私 は 近 著 ( 未 来 をつくる 君 たちへ 地 球 時 代 を どう 生 きるか 清 流 出 版 )のあとがきに 大 地 震 と 原 発 災 害 は 3.11 として 日 本 史 のみならず 世 界 史 そ して 地 球 史 にも 刻 まれることでしょう と 書 いた 地 震 や 津 波 は 地 球 は 生 きて 動 いていることを, 目 の 前 で,にんげんを 叩 きのめす 仕 方 で 示 してくれた 地 球 にやさしい というものいいそのものに,に んげんの 傲 慢 さが 隠 されていることにも 気 づかせて くれた 地 球 こそが 私 たちに 優 しくもあれば 酷 しい こともあるのだ 地 震 や 津 波 そして 台 風 も 繰 り 返 し そのことを 警 告 しているのではないか 日 本 列 島 の 近 くで,あるいはその 真 下 で, 四 つの プレートが 重 なり, 衝 突 し, 潜 り 込 むプレート 運 動 が 引 き 起 こす 地 震 や 津 波 は 今 日 の 地 震 学, 地 質 学, 地 学 のプレートテクトニクス 理 論 によって 説 明 がつ どうしてあの 空 前 絶 後 の 災 害 に 口 をあけ 空 言 を 吐 けようか どうして あの 目 の 前 のまっ 暗 な 破 局 に 口 をつぐみ 顔 をそむけられようか なすすべもなく ただただ 画 面 を 見 つめる ( 中 略 ) 人 間 の 安 楽 とは いかに 不 運 であることか 人 間 の 文 明 とは いかに 無 明 であることか 人 間 の 場 とは いかに 虚 妄 であることか あの 唐 山 あのインドネシア あのハイチ あのニュージーランド 今 日 再 び 日 本 の 事 変 で 人 類 は 人 類 の 不 幸 で 自 らを 悟 る く アルフレート ヴェーゲナーの 大 陸 と 海 洋 の 起 源 (1915)は 一 度 は 空 論 としてしりぞけられた が,いまではプレート 理 論 の 先 駆 的 研 究 として 位 置 づけられている 地 球 = 宇 宙 科 学 の 前 進 は, 私 たちに 地 球 時 代 と しての 現 代 という 時 代 感 覚 を 求 め, 日 常 の 生 活, 地 域 の 人 々とのつながりも, 国 を 越 えて, 世 界 と 結 しかしながら 日 本 は 今 更 にうつくしい 決 してこの 不 幸 の 極 限 に 沈 没 せず 犯 罪 も 買 い 占 めも 混 乱 もなく 相 手 のことを 自 分 のことと 51 / 186

7 自 分 のことを 相 手 のことと 思 い この 極 限 を 耐 えぬいて ついにうち 克 つ 今 日 の 日 本 は ふたたび 明 日 の 日 本 だ わが 隣 人 日 本 の 苦 悩 よ その 苦 痛 の 次 よ いまの 日 本 をもって のちの 日 本 必 ずや 立 ちあがらん 1923 年 関 東 大 震 災 のことが 頭 をよぎり, 襟 を 正 して, 高 さんの 想 いを 胸 に 刻 んだ いや, 高 さんのこころざしはもっと 高 貴 だ 私 たちは あの 唐 山,あのインドネシア,あのハ イチ,あのニュージーランドに,そしてこの 夏 のト ルコ 地 震 に,どのような 想 いを 馳 せただろうか 人 類 は 人 類 の 不 幸 で 自 らを 悟 る わが 隣 人 日 本 の 苦 痛 よ その 苦 痛 の 次 よ いまの 日 本 をもって のちの 日 本 必 ずや 立 ちあがらん 高 銀 (コ ウン)さん,ありがとうございます 高 さんは 私 と 同 年 生 れなのですね チュニジアから 帰 って 堀 尾 輝 久 ( 東 京 大 学 名 誉 教 授 / 教 育 学 ) 52 / 186

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

校生

校生 高 校 生 平 和 大 使 高 校 生 1 万 人 署 名 活 動 実 行 委 員 会 静 岡 ニュース( 第 20 号 ) 422-8067 静 岡 市 駿 河 区 南 町 11-22 静 岡 労 働 会 館 2 階 静 岡 県 平 和 国 民 運 動 センター 気 付 TEL:054-282-4121 FAX:054-284-0191 E-mail :s-heiwa@cy.tnc.ne.jp 被

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

公 開 講 座 という 飯 舘 村 の 総 合 計 画 では 手 間 ひまを 惜 しまず 丁 寧 に 時 間 をかけて じっ くりと つつましく 暮 らすような 飯 舘 流 スローライフを までいライフ (MADAYLIFE) と 呼 んで 飯 舘 村 が 本 来 持 っている 歴 史 や 風 土

公 開 講 座 という 飯 舘 村 の 総 合 計 画 では 手 間 ひまを 惜 しまず 丁 寧 に 時 間 をかけて じっ くりと つつましく 暮 らすような 飯 舘 流 スローライフを までいライフ (MADAYLIFE) と 呼 んで 飯 舘 村 が 本 来 持 っている 歴 史 や 風 土 福 島 県 飯 舘 村 の 原 発 災 害 からの 復 興 と 地 方 自 治 水 谷 利 亮 はじめに 東 日 本 大 震 災 に 関 する 復 興 においては 地 震 と 津 波 による 災 害 に 加 えて 原 発 災 害 から の 復 興 という 厳 しく 困 難 な 課 題 がある 福 島 第 一 原 発 の 爆 発 により 放 射 能 に 汚 染 された 森 林 や 農 地 などの 土

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

2014 vol.256 論 考 し さらに 煙 は 廊 下 を 経 由 して 各 客 室 に 流 入 したも のと 考 えられる 消 火 器 及 び 屋 内 消 火 栓 設 備 につい ては 使 用 された 形 跡 がなく 初 期 消 火 は 行 なわれな かったと 考 えられる 避 難 の 状

2014 vol.256 論 考 し さらに 煙 は 廊 下 を 経 由 して 各 客 室 に 流 入 したも のと 考 えられる 消 火 器 及 び 屋 内 消 火 栓 設 備 につい ては 使 用 された 形 跡 がなく 初 期 消 火 は 行 なわれな かったと 考 えられる 避 難 の 状 福 山 市 ホテル 火 災 が 提 起 した 火 災 予 防 上 の 課 題 せ き ざ わ あ い 関 澤 愛 東 京 理 科 大 学 大 学 院 教 授 1.はじめに 2012 年 5 月 13 日 早 朝 広 島 県 福 山 市 の 小 規 模 ホ テル ホテルプリンス において 死 者 7 名 負 傷 者 3 名 の 被 害 を 伴 う 火 災 が 発 生 した ホテル 旅 館 火 災 としては24

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

東 京 桑 野 会 定 期 総 会 開 催 のお 知 らせ 母 校 便 り 東 京 桑 野 会 のメインイベントである 定 期 総 会 と 懇 親 会 を 次 の 通 り 開 催 いたします 多 数 の 同 窓 会 員 の 皆 様 が 参 加 されますようにご 案 内 申 し 上 げ ます 期 日

東 京 桑 野 会 定 期 総 会 開 催 のお 知 らせ 母 校 便 り 東 京 桑 野 会 のメインイベントである 定 期 総 会 と 懇 親 会 を 次 の 通 り 開 催 いたします 多 数 の 同 窓 会 員 の 皆 様 が 参 加 されますようにご 案 内 申 し 上 げ ます 期 日 2012160 00221 3 8 804 画 : 佐 藤 昭 一 (56 期 ) ご 挨 拶 東 京 桑 野 会 会 長 古 川 清 1 桑 野 の 母 校 に 学 んだという 共 通 の 経 験 に 結 ばれた 同 窓 の 親 睦 の 会 であること 2 会 員 はみんな 仲 良 く 相 親 しみ 楽 しい 会 であること 3 何 らかの 意 味 で 会 員 の 頼 りになるような 面 もある

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

基 本 2013. 1 月 25 日 新 春 の 集 い 復 帰 41 年 を 経 た 沖 縄 で 日 本 国 憲 法 の 原 理 である 基 本 的 人 権 の 尊 重 国 民 主 権 平 和 主 義 は 実 現 してきたでしょうか 沖 縄 の 現 状 は 憲 法 の とは 逆 に 構 造 的 差

基 本 2013. 1 月 25 日 新 春 の 集 い 復 帰 41 年 を 経 た 沖 縄 で 日 本 国 憲 法 の 原 理 である 基 本 的 人 権 の 尊 重 国 民 主 権 平 和 主 義 は 実 現 してきたでしょうか 沖 縄 の 現 状 は 憲 法 の とは 逆 に 構 造 的 差 けいこの 政 策 この 気 持 ち この 思 い すべてを 沖 縄 のために 基 本 2013. 1 月 25 日 新 春 の 集 い 復 帰 41 年 を 経 た 沖 縄 で 日 本 国 憲 法 の 原 理 である 基 本 的 人 権 の 尊 重 国 民 主 権 平 和 主 義 は 実 現 してきたでしょうか 沖 縄 の 現 状 は 憲 法 の とは 逆 に 構 造 的 差 別 におかれてき ました

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど

とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど 環 境 行 政 について 新 浜 し 尿 中 継 施 設 建 設 計 画 についてお 伺 いします 福 山 市 は 現 在 箕 沖 町 に 広 域 的 な し 尿 処 理 の 統 合 施 設 として 汚 泥 再 生 処 理 施 設 を 建 設 しています そして これまで 3 か 所 で 運 営 されていた 新 浜 深 品 新 市 し 尿 処 理 場 を 統 合 し そ れらの 施 設 は し 尿

More information

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下

青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 青 心 社 無 料 公 開 電 子 立 ち 読 版 コミッ 等 掲 載 作 品 全 途 中 モニ 解 像 度 関 係 リ 部 分 モアレ 呼 ば 模 様 わ じご 了 承 下 8 12 続 書 籍 版 楽 下 コミッガイア 連 載 時 編 付 後 アップシド 総 集 編 士 郎 正 宗 ハ イパ 掲 載 士 郎 正 宗 自 身 よ 設 定 紹 介 んち 集 文 中 連 載 時

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

についての 報 告 を 行 っています WHO は 想 定 は 過 大 評 価 になるかもしれないが 過 小 評 価 よりも 良 い として 事 故 後 15 年 では 1 歳 女 児 の 甲 状 腺 がんが 浪 江 町 で0 004%か ら0 037%へと 約 9 倍 飯 舘 村 で6 倍 になる

についての 報 告 を 行 っています WHO は 想 定 は 過 大 評 価 になるかもしれないが 過 小 評 価 よりも 良 い として 事 故 後 15 年 では 1 歳 女 児 の 甲 状 腺 がんが 浪 江 町 で0 004%か ら0 037%へと 約 9 倍 飯 舘 村 で6 倍 になる (スライド1) 私 は 愛 澤 卓 見 と 言 います 福 島 県 の 飯 舘 村 から 来 ました 飯 舘 村 は 私 の 故 郷 であり 2011 年 3 月 11 日 震 災 当 時 において 住 んでいた 場 所 であり( 生 活 の 場 であり) 仕 事 ( 職 場 ) のある 場 所 でもありました 皆 さんにとって 飯 舘 村 は 今 回 の 原 発 事 故 と それに 伴 う 様 々な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408F5A8B678E7396AF9561894096E291E882CC8CA989F02E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408F5A8B678E7396AF9561894096E291E882CC8CA989F02E646F63> ( 見 解 ) 住 吉 市 民 病 院 は あくまでも 現 地 で 建 て 替 えを 2012 年 7 月 12 日 大 阪 府 保 険 医 協 会 大 阪 市 の 橋 下 徹 市 長 は5 月 29 日 住 之 江 区 にある 住 吉 市 民 病 院 を 廃 止 し 住 吉 区 の 府 立 急 性 期 総 合 医 療 センターに 統 合 する 方 針 を 発 表 しました その 理 由 を 橋 下

More information

費 用 現 地 までの 交 通 費, 宿 泊 費 (2 泊 分 ), 現 地 での 船 賃 等 の 諸 費 用 など, 合 わせておよそ 45,000 程 度 の 予 定 ( 例 えば 京 阪 神 まで 夜 行 バスを 使 うなど 安 価 な 方 法 は 各 自 で 考 えてほしい) 説 明 会 2

費 用 現 地 までの 交 通 費, 宿 泊 費 (2 泊 分 ), 現 地 での 船 賃 等 の 諸 費 用 など, 合 わせておよそ 45,000 程 度 の 予 定 ( 例 えば 京 阪 神 まで 夜 行 バスを 使 うなど 安 価 な 方 法 は 各 自 で 考 えてほしい) 説 明 会 2 現 地 研 究 日 生 諸 島 報 告 以 下 に 現 地 研 究 日 生 諸 島 の 実 施 報 告 を 記 す 内 容 は 次 のとおりである 1) 参 加 者 募 集 の 掲 示 用 資 料 2) 参 加 者 のうちの 1 名 一 條 洸 太 君 の 事 後 提 出 レポートの 抜 粋 と そこに 担 当 者 中 俣 の 雑 感 などを 加 えたもの ( 雑 感 は 文 字 ポイントを 落 とし

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

2011年3月11日の福島第一原発事故に関連する11の奇跡

2011年3月11日の福島第一原発事故に関連する11の奇跡 2011 年 3 月 11 日 の 福 島 原 発 事 故 に 関 連 する11の 奇 跡 福 島 県 では 2011 年 3 月 の 原 発 事 故 以 降 2015 年 8 月 現 在 でも 約 12 万 人 (2015 年 2 月 現 在 )の 方 々が 避 難 をよ ぎなくされている 今 回 の 事 故 が 現 在 の 破 壊 状 況 で 収 まっているのは まさにいくつかの 奇 跡 のおかげ

More information

先輩たちのとりくみに学ぶ

先輩たちのとりくみに学ぶ 広 島 県 教 職 員 組 合 2016 年 度 版 1. 権 利 獲 得 への 道 ~バトンを 受 け 継 ぐ 私 たち~ 2. 労 働 組 合 とは ~ 働 く 者 にとって 当 たり 前 のしくみ~ 3.どうして 私 たちは 組 合 にこだわるのか 4.さまざまな 活 動 ~ 平 和 人 権 自 主 共 助 ~ 1 広 教 組 結 成 1945 原 爆 投 下 敗 戦 日 本 国 憲 法 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

今般の東日本大震災の現状と問題点(続々)

今般の東日本大震災の現状と問題点(続々) 今 般 の 東 日 本 大 震 災 の 現 状 と 問 題 点 (その8) 東 日 本 大 震 災 から3 年 目 の 河 北 新 報 [2014.3.11] [2014 年 4 月 7 日 ( 月 )] 遅 ればせながら 東 日 本 大 震 災 から3 年 目 の3 月 11 日 を, 当 日 の 新 聞 社 説 に 目 を 通 してみる ことで 振 り 返 っておきたい. 河 北 新 報 は,

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お 日 野 市 民 自 治 研 究 所 定 例 研 究 会 2016.7.23 第 24 回 参 議 院 議 員 選 挙 の 結 果 を 分 析 する 池 上 洋 通 はじめに 統 計 資 料 を 読 みながら 考 えるということ 表 1 国 会 の 政 党 別 議 席 数 政 党 別 参 議 院 議 席 数 今 回 当 選 非 改 選 公 示 前 衆 議 院 自 民 121 56 65 115 291

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

Taro12-a 紹介 富山(更新).jtd

Taro12-a 紹介 富山(更新).jtd 富 山 始 審 裁 判 所 ができるまで 1 県 庁 における 裁 判 時 代 ( 1) 明 治 4 年 7 月 14 日, 廃 藩 置 県 によって 富 山 藩 は 廃 せられ, 旧 藩 領 に 富 山 県 が 設 置 された だ 裁 判 事 務 は, 富 山 藩 時 代 には 藩 において 行 われており, 富 山 県 もこれを 引 き 継 い 同 年 11 月 20 日 には, 富 山 県 が

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため 高 速 道 路 制 度 の 再 検 討 髙 橋 達 目 次 1.はじめに 2. 有 料 道 路 制 公 団 方 式 による 高 速 道 路 整 備 の 背 景 3. 償 還 主 義 4. 料 金 プール 制 5.おわりに 1.はじめに 2005 年 10 月 日 本 道 路 公 団 ( 以 下 道 路 公 団 )をはじめとする 道 路 関 係 四 公 団 の 分 割 民 営 化 が 行 われ ( 独

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63> 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 ( 素 案 ) 資 料 編 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 久 留 米 市 目 次 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 1 犯 罪 の 現 状 P1 2 暴 力 団 の 情 勢 P10 3 少 年 非 行 の 現 状 P12 4 市 民 の 防 犯 意 識 P15 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

めだしたことに 対 する 世 論 の 反 発 を 逆 に 吸 収 していること(これまでの 世 論 調 査 では 小 沢 アレルギーは 6 割 ~ 7 割 と 推 計 される ) つまり 野 田 政 権 は 消 費 税 問 題 では 実 質 的 に 反 小 沢 スタンスになっている という 点 も

めだしたことに 対 する 世 論 の 反 発 を 逆 に 吸 収 していること(これまでの 世 論 調 査 では 小 沢 アレルギーは 6 割 ~ 7 割 と 推 計 される ) つまり 野 田 政 権 は 消 費 税 問 題 では 実 質 的 に 反 小 沢 スタンスになっている という 点 も 直 近 の 世 論 調 査 から(12.3.27) 1. 野 田 内 閣 支 持 率 (11 社 平 均 )-3 月 は 下 げ 止 まり 31.3%に 一 体 改 革 と 消 費 増 税 でぶれない 姿 勢 が 評 価? 11 社 平 均 比 較 では 新 記 録!! 内 閣 支 持 率 3 月 支 持 不 支 持 日 経 3.26 34 54 毎 日 3.5 28 45 読 売 3.12 35

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

民主党による市民の党献金に関して

民主党による市民の党献金に関して 民 主 党 による 市 民 の 党 献 金 に 関 して 平 成 23 年 7 月 6 日 PatriotsOfJapan 1 概 要 ( 産 経 新 聞 より) 菅 直 人 首 相 の 資 金 管 理 団 体 草 志 会 が 北 朝 鮮 による 日 本 人 拉 致 事 件 容 疑 者 の 親 族 が 所 属 する 政 治 団 体 市 民 の 党 ( 東 京 酒 井 剛 代 表 )から 派 生 した

More information

Microsoft Word - 滋賀政府交渉要望書2010.11.22.doc

Microsoft Word - 滋賀政府交渉要望書2010.11.22.doc 農 林 水 産 大 臣 鹿 野 道 彦 様 貴 職 におかれては 時 下 益 々ご 清 栄 のことと 存 じ ご 努 力 いただきますようお 願 いし 1 米 価 暴 落 対 策 について 深 刻 な 生 産 者 米 価 の 暴 落 が 滋 賀 県 でも 起 こっており 近 畿 唯 一 の 米 移 出 県 である 滋 賀 県 では 特 に 大 きな 被 害 を 受 けている 緊 急 に 過 剰 米

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 資 料 -7 平 成 26 年 12 月 10 日 静 岡 県 河 川 砂 防 局 目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 全 体 必 要 最 小 限 の

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

慢 性 的 な 人 手 不 足 が 生 じ こ れ に よ り 引 き 起 こ さ れ た 教 育 活 動 上 の 困 難 を 手 当 す る た め 時 間 講 師 や 非 常 勤 職 員 が 配 置 さ れ る ケ ー ス が 見 ら れ 学 校 現 場 の 非 正 規 化 を 助 長 し て

慢 性 的 な 人 手 不 足 が 生 じ こ れ に よ り 引 き 起 こ さ れ た 教 育 活 動 上 の 困 難 を 手 当 す る た め 時 間 講 師 や 非 常 勤 職 員 が 配 置 さ れ る ケ ー ス が 見 ら れ 学 校 現 場 の 非 正 規 化 を 助 長 し て 1. 学 校 現 場 で 急 増 す る 非 正 規 教 職 員 ~これ 以 上 放 置 す ることは 許 さ れません~ ( 1 ) 全 国 デ ー タ に 見 る 講 師 総 数 講 師 率 学 校 現 場 に お け る 非 正 規 教 職 員 の 総 数 及 び 比 率 は 全 国 的 に 顕 著 な 増 加 傾 向 を 示 し て い ま す こ の こ と は 山 口 正 氏 ( 臨 時

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

-

- 原 子 力 災 害 対 策 指 針 平 成 24 年 10 月 31 日 原 子 力 規 制 委 員 会 ( 平 成 25 年 2 月 27 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 6 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 9 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 4 月 22 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 8 月 26 日 全 部 改 正 )

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information