国産二輪車第一号生みの親 島津 楢蔵 島津モーター研究所 日本モータース製作所代表 島津 楢蔵 しまづ ならぞう 略歴 1888年 明治21年 4 月 大阪生まれ 年 明治3 3 年 1 1月 父の常次郎から自転車を与えられ 大阪湾の桜島遊園 地での自転車レースに出場

Size: px
Start display at page:

Download "国産二輪車第一号生みの親 島津 楢蔵 島津モーター研究所 日本モータース製作所代表 島津 楢蔵 しまづ ならぞう 略歴 1888年 明治21年 4 月 大阪生まれ 1 9 0 0 年 明治3 3 年 1 1月 父の常次郎から自転車を与えられ 大阪湾の桜島遊園 地での自転車レースに出場 1 9 0 1"

Transcription

1 Japan Automotive Hall of Fame, Awarded Inductees of 2014 Theme of selection : Person of merit who has furthered the cause of motoring. Ingenious developer of the first Japanese make motorcycle Mr. Narazo Shimazu Father of technological developments of automotive Diesel engine Mr. Masao Ito Successful establishment of market share of foreign motorcycle / car in U.S. / Japan Mr. Yoji Hamawaki Elaborate investigation of historical facts in early stage of Japan s motorization Mr. Isao Sasaki The original copies of testimonials awarded to the inductees of Japan Automotive Hall of Fame are registered at the Hall of Fame, and are presented at The National Science Museum. 17

2 国産二輪車第一号生みの親 島津 楢蔵 島津モーター研究所 日本モータース製作所代表 島津 楢蔵 しまづ ならぞう 略歴 1888年 明治21年 4 月 大阪生まれ 年 明治3 3 年 1 1月 父の常次郎から自転車を与えられ 大阪湾の桜島遊園 地での自転車レースに出場 年 明治3 4 年 1 1月 東京 上野の不忍池まで自転車競争会余興 日本初と されるモーターサイクル走行の見学に出かける 年 明治4 1 年 3月 奈良県立工業学校 現御所実業高等学校 紡織科卒業 4 月 愛知県名古屋市島崎町の豊田式織機入社 名古屋在住 7 月 愛知県名古屋市東区高丘町の棚橋謙太郎医院訪問 米 エール号に乗車 初めてモーターサイク ル を運転 8 月 豊田式織機退社 島津モーター研究所を設立 1 2 月 2 サ イ ク ル 第一号エ ン ジ ン 完成 ピ ア ス 号 中古自転車に搭載 試験走行に成功 年 明治4 2 年 9月 4 サ イ ク ル エ ン ジ ン 完成 自社設計製作の車 体に搭載 NS号と命名 国産二輪車第一号となる 年 明治4 5 年 NMC Nippon Motor Cycle 試作型2 5 0 cc 国産初 の量産二輪車として20 台あまり製造 ベ ル ギ ー製航 空機エ ン ジ ン の調整役を務め航空機エ ン ジ ン 分野 に進出 年 大正5 年 年 大正 7 年 年 大正1 4 年 年 大正1 5 年 年 昭和1 1 年 年 昭和2 5 年 1953年 昭和 28年 年 昭和 3 4 年 年 昭和4 1 年 1973年 昭和 48年 9 月 帝 国飛行協会発動機製作競技にて9気筒星形エ ン ジ ン 一等賞 賞金2万円獲得 日本初の飛行機関民間 製作者として公認され 飛行機製作会社設立を計画 1 月 飛行機製作会社計画変更 箕面有馬電気軌道 阪急 電鉄 豊中グ ラ ウ ン ドに大阪島津自動車学校設立 2月 エ ーロ フ ァース ト 号 cc で鹿児島 東京間キ ャ ラバン遂行 モーターサイクルのPRに努め成功する 2月 日本モ ータ ース 製造所設立 エ ーロ フ ァース ト 号 ccを量産開始 3 年間で 台を生産 広島の東洋工業 現マ ツ ダ に入社 三輪車販売キ ャラ バ ン 遂行および設計に関与 三輪車用三角フ レ ーム 考案など実用新案 特許総数 件を超える サ ン ヨ ー号二輪車設計にも関与 戦前の著述に続いて大阪のモ ータ ーエ イ ジ 交通 タ イ ム ス各社の雑誌書籍に執筆 座談会にも参加 大 阪朝日放送に国産二輪車第一号製作者として TV 出演 4月 勲 5 等 双光旭日章を授与さる 6月 逝去 享年 85歳

3 島 津 楢 蔵 は 1888 年 ( 明 治 21 年 )4 月 大 阪 市 東 区 の 御 堂 筋 現 在 の 平 野 町 3 丁 目 交 差 点 そばで 生 まれた 父 親 は 堂 島 の 米 屋 に 今 井 常 次 郎 として 生 まれ たが 島 津 家 の 養 子 となって 島 津 姓 となる その 後 丹 波 出 身 の 山 口 金 助 が 創 業 し その 名 から 採 られた 貴 金 属 金 銀 細 工 商 丹 金 の 番 頭 として 働 く 母 親 は 東 京 の 深 川 で 生 まれた 宮 浦 松 五 郎 の 娘 かね で 松 五 郎 は 鋳 物 や 金 属 炉 など 手 広 く 手 がけ 広 島 の 浅 野 藩 に 大 砲 や 鉄 砲 を 納 めて いた しかし 幕 府 の 役 人 とのつまらない 争 いがあり 広 島 で 相 手 を 射 殺 よって 幕 府 より 切 腹 を 命 じられ 家 族 全 員 が 東 京 から 広 島 にゆ き そ の 場 に 立 会 うこととな った 東 京 へ 帰 路 の 途 中 当 時 の 交 通 機 関 であった 船 に 乗 っていたが 海 が 荒 れ 大 阪 に 着 岸 いまさら 東 京 に 戻 っても 仕 方 ないと 大 阪 に 住 み 着 くことになる かねが 7 歳 の 時 であった 後 にかねは 縁 あって 島 津 常 次 郎 と 結 婚 する 島 津 家 に 長 女 が 生 まれたが 幼 くして 他 界 次 に 生 ま れ る 子 供 は 丈 夫 に 育 って 欲 しいと 子 授 けの 神 様 として 信 仰 がある 奈 良 県 天 理 市 の 楢 神 社 に 祈 願 し その 名 を もらい 長 男 に 楢 蔵 と 命 名 さらに 二 男 も 授 かって 銀 三 郎 と 命 名 した 1900 年 ( 明 治 33 年 ) 島 津 楢 蔵 は 当 時 の 最 新 流 行 自 転 車 を 与 えられた 石 川 商 会 ( 後 の 丸 石 )が アメリカ から 輸 入 したばかりの 頃 で 自 転 車 1 台 が 月 給 20 倍 と される 上 流 階 級 の 乗 物 であった 兄 弟 に1 台 ずつの 購 入 であったから 相 当 の 金 額 にな るが 父 親 の 常 次 郎 は 山 口 金 助 が 没 したため 丹 金 の 経 営 者 となっていた 二 男 の 銀 三 郎 は 山 口 家 の 養 女 と 結 婚 したため 山 口 姓 を 名 乗 り 丹 金 の 屋 号 は 後 に 山 口 ピアス 号 にまたがる 少 年 時 代 の 島 津 楢 蔵 (12 歳 ) 丹 金 となり 大 阪 造 幣 局 などが 得 意 先 となる 楢 蔵 は 自 転 車 曲 乗 りで 知 られた 桜 島 の 遊 園 地 での 自 転 車 レ ースに 出 場 するなど そ のスピード に 魅 せら れ ていった そして 楢 蔵 は 大 阪 で 自 転 車 の 曲 乗 りを 披 露 してい た 横 浜 アンドリュース ジョージ 商 会 のイギリス 人 ボーン が 明 治 3 4 年 11 月 に 東 京 上 野 の 不 忍 池 で 行 われ た 自 転 車 レースの 余 興 で 日 本 で 初 めて 自 動 自 転 車 =モー ターサイクルで 走 行 することを 知 る 楢 蔵 は 父 に 嘆 願 し て 遠 路 見 学 に 出 かける 初 めて 観 たモーターサイクル に 1 3 歳 の 少 年 が 感 激 した の は いうまでもな か った 父 親 の 常 次 郎 は 楢 蔵 を 商 人 にするため 商 業 学 校 に 入 れたが 楢 蔵 はソロバンが 嫌 で 退 学 それならば 機 械 モノが 良 かろうと 奈 良 県 立 工 業 学 校 染 色 科 本 科 紡 織 科 に 入 学 させた それが 功 を 奏 して 明 治 41 年 卒 業 時 には 校 長 推 薦 で 名 古 屋 市 西 区 島 崎 町 ( 現 中 村 区 名 駅 )の 豊 田 織 機 に 入 社 することとなった まだ 豊 田 佐 吉 が 技 師 長 の 頃 で 従 業 員 100 名 程 当 時 最 新 のイギリス 製 のクロスレー 式 ガスエンジンで 動 力 を 得 ていた 頃 で 製 品 の 織 機 のフレームが 木 製 から 金 属 製 に 変 わる 時 代 だった だが 楢 蔵 にとって 幸 運 だったのは 豊 田 織 機 の 先 輩 か ら 聞 いた 名 古 屋 にモーターサイクルマニアで 知 られた 棚 橋 謙 太 郎 が 名 古 屋 市 東 区 高 岳 町 で 医 院 を 営 んでお り 名 古 屋 駅 前 の 会 社 から3k m 程 しかなく 徒 歩 でゆけ たことだった 謙 太 郎 は 名 医 でも 知 られ 楢 蔵 も 必 然 的 に 患 者 として 面 会 した が モ ー ター サイクル を 造 りたい という 意 思 を 伝 え 謙 太 郎 の 認 めるところとなる 病 院 の 前 には 数 台 の 自 動 車 があったが それも 謙 太 郎 が 修 理 するというから 驚 かされた そして 謙 太 郎 の 愛 車 エール 号 に 乗 せてくれたのである 当 時 の 始 動 方 式 であるエンジンを 押 し 掛 けでかけて 乗 ってみると エン ジンと 自 分 の 心 臓 の 鼓 動 が 共 鳴 して 感 激 と 恐 怖 が 交 錯 したという 一 刻 も 早 くエンジンを 造 ってみたいという ことで 謙 太 郎 の 助 言 を 種 々あおいだ 楢 蔵 は 豊 田 式 織 機 を 半 年 で 退 社 大 阪 の 実 家 に 戻 る 謙 太 郎 から 貴 重 なエンジン 修 理 帳 をプレゼントさ れ さらには 父 親 からの 多 大 なる 資 金 全 額 援 助 が あっ た 外 国 から 英 モーターサイクリングマニュアル 米 サイエンティフイックアメリカン の 文 献 を 取 り 寄 せ 基 礎 研 究 を 開 始 また 丹 金 工 場 の 隅 を 借 り 旋 盤 工 や 仕 上 19

4 工 など 職 人 も あ て が って もらう 数 人 の 構 成 で あ っ た が まさに 島 津 モーター 研 究 所 設 立 の 瞬 間 であった 謙 太 郎 の 意 見 を 聞 き 最 初 は 部 品 の 少 ない2サイクル に 着 手 する そして 国 産 エンジン をめざし 当 時 は すべ ての 部 品 を 製 作 しなければならなかった エンジン 排 気 量 はボア ストローク mm 396cc しかしエンジンの 格 好 はできても 部 品 がないと 動 かすことはできない 点 火 に 必 要 な 乾 電 池 コイル プラグ 類 はすべて 手 造 りで 材 料 類 は 京 都 の 五 条 にあっ た 山 中 陶 器 店 に 依 頼 するなど かけずりまわって 調 達 点 火 コイルも 手 で 巻 いて 木 箱 に 入 れた 乾 電 池 もマン ガン 黒 鉛 塩 化 アンモニアなどで 自 作 した 1908 年 8 月 に 設 計 開 始 して4 ヵ 月 12 月 に 組 み 上 が るが 当 初 は 始 動 しなかった 2 サイクル 必 須 のクラン クケース 内 圧 を 高 めるようになっていなかったのが 要 因 だった 吸 入 はキャブの 変 わりにガソリンを 霧 状 にする アトマイザーも 自 作 して クランクケース 前 部 にマウント 時 節 柄 12 月 ということで 気 温 が 低 く 気 化 がうまくゆ かなかったが 外 周 を 暖 めてようやくエンジンの 始 動 に 成 功 したのである 喜 んだ 楢 蔵 は 狂 奮 という 詩 を 作 り 感 激 を 表 した 希 望 に 燃 え 希 望 に 悩 んだ 半 疑 の 試 し 青 い 焔 を 吐 きつゝ とぎれとぎれの 爆 音 たてゝ 処 女 作 のエンヂンが 産 声 を 挙 げた 一 瞬 全 身 の 血 潮 は 過 熱 して 沸 騰 したのか 常 態 を 失 して もう 大 地 に 足 が 着 か な い 廻 った 廻 ったと 独 言 を 繰 り 返 しつゝ 自 身 が 廻 転 す るように 門 外 へ 飛 出 し 飛 出 しては 戻 るのであった 嬉 しいのではない 初 めて 味 わう 驚 愕 だ 狂 奮 が 90%で 欣 びが 10% 位 不 可 能 の 境 地 から 可 能 の 世 界 へ 飛 び 込 んだ 気 持 これを 為 した 者 のみ 味 う 大 自 然 の 賜 であろう エンジンを 載 せる 車 体 は 豊 田 式 織 機 の 倉 庫 にあった 中 古 のピアス 自 転 車 を 20 円 で 買 って 用 いた 車 体 にエ ンジンが 載 ったのは 夜 のことで 石 油 ランプを 点 けて 試 運 転 をし 近 所 の 警 察 官 も 見 学 するなどしたが 残 念 なのは 新 聞 社 などに 知 られずに 終 わったことだ 棚 橋 謙 太 郎 にも 見 てもらったが 結 局 次 は 4 サイク ルが いいのではということになり 試 作 2 号 機 を 製 作 し た 世 界 的 に 普 及 しつつあった 吸 入 を 自 然 吸 気 OHV 排 気 をカム 駆 動 SV 方 式 にしたフランスのド ディオン ブートン 式 を 模 した 直 立 単 気 筒 通 称 Fヘッドと 呼 ばれ る 形 式 だった 車 体 も 自 転 車 のままでは 強 度 面 で 不 安 があったため 太 めの 自 転 車 フレームで 補 強 したり 鉄 板 を 丸 めてロー 付 けして 製 作 タイヤやリムもモーターサイクル 用 は 少 な かったが どうにか 入 手 して 組 み 上 げた 車 名 は 自 分 の 名 前 Narazo Shimazu から NS 号 とした 丹 金 工 場 の 人 達 と 20 餞 でたくさんのやき 芋 を 買 って 祝 った 棚 橋 謙 太 郎 も 大 阪 から 駆 けつけ 試 運 転 に 成 功 し て これなら 売 れるぞ といった これが 契 機 となって 本 格 的 な 量 産 車 の 設 計 に 着 手 車 名 も 新 たにNMC (Nippon Motor Cycle) 号 とし 20 台 あまりを 製 作 し たが 当 時 は 輸 入 車 全 盛 期 ゆえに 無 名 の 国 産 車 を 販 売 するには 骨 が 折 れたという そうした 間 にもエンジン 関 係 の 仕 事 を 何 でもこなして いたが 航 空 機 整 備 をしたことで 航 空 機 エンジンの 研 究 を 開 始 所 沢 飛 行 場 にあったアンザニー 型 3 気 筒 を 範 として 製 作 日 本 初 の 航 空 機 エンジンとなる その 後 フランスのルノー 型 V 8を 手 がけたが 試 運 転 時 にベアリング 破 損 でスクラップ 化 楢 蔵 は 落 胆 してエ ンジン 研 究 をあきらめかけた しかし 父 親 に 励 まされ 船 外 機 とモーターボートを 製 作 道 頓 堀 で 遊 覧 船 を 走 ら せ また 映 画 用 発 電 機 さらにはコンクリートミキサー 車 20 国 産 初 の 二 輪 車 を 製 作 3 年 後 に 量 産 化 (21 歳 ) 帝 国 飛 行 協 会 発 動 機 競 技 1 等 賞 の エ ン ジ ン 国 産 最 長 時 間 耐 久 性 を 誇 る ( 2 8 歳 )

5 日 本 初 の 免 許 取 得 大 阪 島 津 自 動 車 学 校 開 校 (29 歳 ) 自 動 車 学 校 時 代 に 逆 三 輪 パイオニア 号 製 作 (30 歳 ) など 開 発 するなど 資 金 造 りに 努 めた そして 帝 国 飛 行 協 会 発 動 機 製 作 競 技 ( 田 中 館 愛 橘 大 熊 重 信 )による 航 空 機 エンジンの 無 制 限 耐 久 試 験 競 技 があり 星 形 9 気 筒 を 製 作 して 出 品 したところ 見 事 に 一 等 になり 2 万 円 ( 現 在 の 2 億 円 ほど)の 賞 金 を 獲 得 した この 資 金 により 飛 行 機 エンジン 会 社 設 立 の 話 があったが 援 助 を 申 し 出 た 事 業 家 達 から 時 期 が 早 い 自 動 車 学 校 ではどうか との 進 言 を 得 て 大 阪 の 豊 中 に 島 津 自 動 車 学 校 を 設 立 した ヤナセから 自 動 車 3 台 を 購 入 して 整 備 から 運 転 免 許 取 得 までを 教 えた 生 徒 を 300 名 ほど 送 りだしたが まだ 大 阪 にすら 自 動 車 は 200 台 程 度 で これも 時 代 に 早 過 ぎた という 結 論 に 至 り 廃 校 する そして 大 衆 の 足 としては モーターサイクル のほうが い い の で は ということで 4 サイクル S V 側 弁 式 c c エンジンの 二 輪 車 を 製 作 車 名 もエーロ(AERO)ファー スト(FIRST) 号 とし 航 空 機 エンジンで1 等 賞 とい う 意 味 合 いを 持 たせていた 試 作 車 を 6 台 分 製 作 して 内 4 台 を 企 業 化 の 賛 同 者 を 得 る 目 的 でキャラバン 隊 を 組 み 鹿 児 島 東 京 間 を 19 日 で 走 った 大 林 組 の 賛 同 を 得 て 新 会 社 日 本 モーター ス 製 造 所 を 設 立 大 阪 でエーロファースト 号 250cc を 3 年 間 で 約 台 あまりを 生 産 したが 赤 字 が 続 き 工 場 閉 鎖 するに 至 った その 後 の 楢 蔵 は 神 戸 電 気 で 集 魚 灯 鉱 山 帽 用 ランプ など を 開 発 した が エーロファーストのキャラバ ン 隊 の 時 に 世 話 になった 松 田 重 次 郎 ( 東 洋 工 業 初 代 社 長 )の 招 きで 東 洋 工 業 に 入 社 三 輪 トラックのキャラバン 隊 を 組 み 拡 販 に 努 めた 後 大 阪 出 張 所 所 長 就 任 兼 新 技 術 開 発 を 遂 行 販 売 のかたわら 図 面 を 引 く 日 々が 続 く 戦 後 マツダ 三 輪 トラック 用 のトラス 型 フレームを 開 発 して 実 用 新 案 を 取 得 また 戦 前 から 研 究 してきた 燃 焼 室 形 状 において スキッシュエリアを 持 ちスワール= 渦 流 効 果 のある カマボコ 型 ヘッド を 考 案 して 特 許 申 請 したが 役 所 が 意 味 を 理 解 できず 却 下 された この 技 術 は 実 際 には 1950 年 代 に 姫 路 のサンヨー 号 に 実 用 化 されたが この 技 術 は GM の 技 術 者 も ロー オクタンガソリンで 高 圧 縮 が 可 能 当 時 から 認 めてい た もので 今 日 の 自 動 車 エンジンに 不 可 欠 のものとなっ ている 島 津 楢 蔵 は 没 する 直 前 まで 燃 焼 室 の 研 究 を 続 けて 自 動 車 用 ccV8エンジンを 提 唱 していたが 実 らずに 終 わった しかし 70 年 余 の 自 動 車 飛 行 機 船 舶 エンジンの 研 究 は 日 本 におけるパイオニアそのも のであるのは まぎれもない 事 実 なのである ( 自 動 車 史 研 究 家 小 関 和 夫 ) AERO FIRST(エーロファースト) 号 製 作 自 宅 前 にて (38 歳 ) エーロファースト 鹿 児 島 東 京 完 走 ライダーは 島 津 楢 蔵 弟 の 山 口 銀 三 郎 甥 の 加 藤 重 蔵 丹 金 工 員 の 千 葉 秀 夫 丹 金 運 転 手 の 戸 吹 藤 二 21

6 自 動 車 用 ディーゼルエンジンの 育 ての 親 いすゞ 自 動 車 株 式 会 社 元 専 務 取 締 役 伊 藤 正 男 22 伊 藤 正 男 (いとう まさお) 略 歴 1911 ( 明 治 44) 年 6 月 1 5 日 生 誕 1932 ( 昭 和 7) 年 3 月 明 治 専 門 学 校 ( 現 九 州 工 業 大 学 ) 工 学 部 機 械 工 学 科 卒 業 ( 昭 和 7) 年 8 月 陸 軍 運 輸 部 ( 広 島 県 宇 品 ) 入 部 ( 昭 和 8) 年 1 2 月 自 動 車 工 業 (1949 年 いすゞ 自 動 車 に 社 名 変 更 ) 入 社 研 究 部 に 勤 務 ( 昭 和 1 9 ) 年 1 月 同 社 技 術 部 設 計 第 一 課 長 ( 昭 和 2 5 ) 年 4 月 同 社 研 究 部 部 長 ( 昭 和 3 1 ) 年 6 月 同 社 取 締 役 ( 昭 和 3 7 ) 年 6 月 同 社 常 務 取 締 役 ( 昭 和 4 5 ) 年 6 月 同 社 専 務 取 締 役 ( 昭 和 5 1 ) 年 2 月 車 体 工 業 取 締 役 会 長 ( 昭 和 5 4 ) 年 5 月 同 社 取 締 役 社 長 ( 昭 和 5 7 ) 年 1 月 自 動 車 部 品 製 造 取 締 役 社 長 ( 昭 和 5 9 ) 年 1 月 同 社 取 締 役 会 長 ( 昭 和 6 1 ) 年 3 月 いすゞ 自 動 車 理 事 2002 ( 平 成 14) 年 逝 去 享 年 90 歳 事 績 ( 昭 和 1 1 ) 年 予 燃 焼 室 式 空 冷 DA6 型 完 成 1939 ( 昭 和 14) 年 DA10 型 DA20 型 ディーゼルエンジン 完 成 1939 ( 昭 和 14) 年 予 燃 焼 室 式 水 冷 DA40 型 ディーゼルエンジン 完 成 統 制 型 エンジン 指 定 ( 昭 和 2 7 ) 年 日 本 初 の 出 力 向 上 対 策 過 給 機 実 用 化 ( 昭 和 2 9 ) 年 自 動 車 技 術 会 賞 受 賞 ( 自 動 車 用 過 給 ディーゼル 機 関 ) 1960 ( 昭 和 35) 年 日 本 初 のディーゼルエンジン 小 型 商 業 車 エルフ 発 表 1961 ( 昭 和 36) 年 ディーゼルエンジン 乗 用 車 ベレル 発 表 ( 昭 和 3 8 ) 年 日 本 機 械 学 会 賞 受 賞 (ディーゼル 乗 用 車 量 産 化 技 術 ) 1972 ( 昭 和 47) 年 11 月 ディーゼル 自 動 車 の 製 造 技 術 の 指 導 育 成 などに 対 する 事 績 により 藍 綬 褒 章 受 章 1982 ( 昭 和 57) 年 4 月 自 動 車 用 ディーゼルエンジンの 開 発 普 及 科 学 技 術 の 振 興 などに 関 する 功 績 により 勲 三 等 瑞 宝 章 受 章

7 ルドルフ ディーゼル が 年 に 発 明 したディーゼ 2.いすゞディーゼルエンジンの 始 まり ルエンジンは 1923 年 にはドイツでトラックに 搭 載 され 実 世 界 レベルに 近 づくための 基 礎 研 究 は1939 年 迄 用 化 した その10 年 後 から 日 本 国 内 で 伊 藤 正 男 氏 が であり その 直 後 から 製 品 生 産 のための 開 発 が 始 まっ 手 がけた 研 究 開 発 は 世 界 のレベルを 押 し 上 げ 今 に た 厳 しい 使 用 条 件 を 重 要 視 して 予 燃 焼 室 式 を 決 定 至 る 迄 リードしたと 言 っても 過 言 ではない 後 発 の 日 本 し 統 制 型 への 採 用 競 争 に 勝 ち 採 用 された で 鋭 意 改 良 開 発 された 予 燃 焼 室 式 ディーゼルエン 2.1 基 礎 的 な 技 術 の 研 究 から 開 発 へ ジンは 戦 前 にはすでに 世 界 に 知 られるレベルにあり 戦 国 防 上 の 見 地 から 軍 が ディーゼル エンジンの 研 究 後 には 日 本 経 済 復 興 に 大 いに 寄 与 した 開 発 を 促 進 した 時 代 である 短 期 間 での 開 発 が 必 須 統 制 型 機 関 として 共 有 化 された 技 術 は 日 本 の で 先 行 していたドイツとイギリスのエンジンの 中 から 参 ディーゼルエンジンの 技 術 を 一 挙 に 高 め 基 盤 技 術 と 考 になるタイプを 選 定 調 査 するところが 最 初 の 一 歩 で なった その 先 見 性 卓 見 はエンジンのみならず 車 両 あった 熱 負 荷 の 小 さい 構 造 で 何 でも 燃 やして 走 ら 開 発 にも 発 揮 されている トラック バスで 実 績 のあるタ せる といわれた 予 燃 焼 室 式 との 組 み 合 わせを 選 定 し フで 経 済 的 なエンジンはキャブオーバー 型 小 型 トラック た 緊 急 な 開 発 であったにもかかわらず 日 本 のディー にも 日 本 で 初 めて 搭 載 され 流 通 革 命 の 引 き 金 となっ ゼルエンジンは 第 2 次 世 界 大 戦 以 前 の1941 年 には 既 た その 後 も 新 技 術 を 大 胆 に 適 用 した 直 噴 式 エンジン に 世 界 の 水 準 に 達 していた これをベースにして 民 需 で 排 気 ガ ス 浄 化 低 燃 費 に 大 きい 効 果 を 発 揮 し 日 本 用 にも 国 が 商 工 省 統 制 型 のディーゼルエンジンを 制 の 商 業 車 の 主 流 となっている 定 して 競 争 相 手 である 競 合 メーカーとの 協 調 と 競 争 伊 藤 正 男 氏 は1934 年 から 戦 後 の 復 興 期 にかけて で 切 磋 琢 磨 させた 結 果 であった 世 界 に 通 じる 技 術 者 として 優 れ たエンジンおよび 車 2.2 実 用 性 能 を 重 要 視 したエンジン 開 発 両 の 研 究 開 発 に 心 血 を 注 ぎ 育 てたエンジニヤと 共 に 開 発 目 標 は 明 確 だった 燃 料 消 費 は 少 なく 低 品 質 現 在 に 至 る 迄 のたゆまぬ 開 発 と 高 品 質 製 品 の 生 産 を 燃 料 でも 走 れ 寒 地 での 始 動 ができ 故 障 が 少 なく 主 導 するリーダーとして 自 動 車 技 術 を 高 め 日 本 の 発 展 整 備 し 易 く 量 産 品 質 確 保 などに 関 しての 配 慮 は 不 に 大 いに 貢 献 した 可 欠 だった これらの 要 件 を 考 慮 して 研 究 開 発 した 結 果 耐 久 信 頼 性 実 用 性 に 優 れ 燃 料 性 状 に 対 して 1. 発 足 直 後 の 自 動 車 会 社 の 自 動 車 技 術 者 に 対 応 でき かつ 取 り 扱 いやすい 予 燃 焼 室 式 を 選 び 結 昭 和 初 期 の 社 会 情 勢 下 年 に 得 た 仕 事 先 果 として 戦 後 の 燃 料 事 情 の 悪 い 時 にも 力 を 発 揮 でき の 陸 軍 運 輸 部 から 推 薦 され 設 立 されたばかりの 自 るエンジンとして 高 いレベルに 完 成 させた 動 車 工 業 ( 後 のいすゞ 自 動 車 )に 入 社 直 後 か 2.3 いすゞディーゼルエンジンの 礎 DA40 型 ら 社 長 方 針 で 組 織 された ディーゼル 機 関 研 究 委 員 空 冷 式 から 始 まったが 次 いで DA40 型 5.1リッター 会 に 担 当 者 として 参 画 し 獅 子 奮 迅 の 働 きで 期 待 直 列 6 気 筒 予 燃 焼 室 式 水 冷 エンジンが 完 成 した 予 に 応 えた これがまさに 日 本 の 自 動 車 用 ディーゼルエ 燃 焼 室 を 直 立 させたエンジンは 優 れた 性 能 から 民 需 ンジン 発 展 の 起 点 だった 当 時 の 世 界 の 自 動 車 事 情 向 けの 商 工 省 統 制 型 エンジン 指 定 を 勝 ち 得 て 戦 後 と 石 油 の 乏 しい 日 本 の 資 源 事 情 を 考 慮 して 打 ち 出 し までわが 国 の 自 動 車 用 ディーゼルエンジンの 設 計 標 準 た 会 社 方 針 は 先 進 国 でも 緒 についたば かりの デ ィー ゼ ル 車 を 開 発 生 産 す る と 明 確 であった これを 機 に 立 ち 遅 れていた 技 術 に 追 いつき 追 い 越 せの 熾 烈 な 開 発 競 争 が 国 を 挙 げて 始 まった 限 られたリ ソースで 高 い 目 標 に 向 かって 着 実 に 新 し い 技 術 にチャレンジするいすゞの 風 土 はこ の 時 に 育 まれ 今 も 受 け 継 がれている DA4 0 型 水 冷 6 気 筒 予 燃 焼 室 式 エンジン 23

8 となっていた 固有技術も全面オープンしたので技術 5.2 静かな停止とガソリンに近い瞬間始動 は共有され その後のエンジンの範 競争相手ともなっ 実験室でエンジンが暴走しだしたとき 伊藤正男氏 た この技術レベルは 戦後の T Xトラックにも継承さ が自ら吸入口を素手で遮り止めた事実から静かでス れる程に完成度は高く 量産型の DA45型以降 使 ムーズな吸気シャッター式のエンジン停止装置が生ま 用条件の厳しい市場では耐久信頼性等で高い評判 れた また ガソリン車同等の瞬時始動装置も専門外 を勝ち得て 輸出先でも市場を席巻した の研究者のアイデア採り入れを決断した 5.3 燃焼改善で排気浄化 4 戦後の自動車用ディーゼルエンジン 良い燃焼状態でクリーンな排気 燃費 出力を得る 戦後間もなくの生産再開は困難を極めた 設計図 ために開発した四角い燃焼室は 洗濯機がオリジナル 面はすべて焼却しており 疎開していた生産設備は整 かと言われるほど 常識を覆す発想から生まれた 若い 備が必要で 材料や外注部品の供給もままならなかっ 研究者を後押しして生まれた結果である たが 何とか生産再開にこぎつけた後は 日本復興の 5.4 振動騒音押さえ込み 動きとともにディーゼルエンジン搭載のトラック バスは 特に始動直後のエンジン音 車内での騒音 振動な 急激に需要が伸び 増産 品質確保 性能向上 合 ど ガソリン車と比較してユーザーからの不満があった 理化などが急務となった いすゞのディーゼルエンジン 燃焼の改善 遮音 振動伝達遮断 車体の特性改良 は経済的 耐久信頼性が高いという評価実績をベー など 新手法を積極的に採り入れて改良し対応した スとして ディーゼルエンジン搭載の商業車ではトップ 5.5 その他の基本性能向上 を保ち続ける ための積極的な商品開発 性能向上を 電子制御 過給 燃料噴射装置改良での出力向上 切れ目なく続けることの重要性を認識し新技術開発重 燃費改良 振動騒音低減 排気浄化等 多くの実用的 視の姿勢が保たれた な改良のために新技術を次々と採用しユーザーの要求 に応えている その間 生産部門では工作精度 製造技 術を向上させ 著しい品質 信頼性の進歩を得た 6 進化した技術でトップを維持する 伊藤正男氏が築き上げた技術の伝統は後輩に受 け継がれた 以来 ディーゼルエンジン技術の発展は 著しく 我が国初の本格的量産小型ディーゼルエンジ ンを生み出すなど 大きな足跡を残している 6.1 大型商業車用 24 戦後の復興を担ったTX 型5トン積トラック 実績のある予燃焼室式を離れて 1967年頃から直 5 エンジン技術の難題解決 噴式に移行してからも タフで経済的で強力なエンジ 5.1 耐久信頼性 長寿命化が大命題 ンの伝統を守った パワーアップには 日本初の出力向 ユーザーが安心して使い続けることができるようにす 上対応過給装置を実用化し 軽量化 耐久性向上 るための研究は 先ずユーザーの使用状況を調査し 長寿命化等など 絶えず改良が進められた 試験方法の開発から始まった シリンダーの摩耗を小 6.2 小型商業車用高速ディーゼルエンジン さくしてオイル消費 出力の低下を防ぐために 実際の 伊藤正男氏の決断によるキャブオーバー小型トラッ 使用条件に近い道路 条件に合った砂を選定し輸入 クを全ディーラーの猛反対を押し切り 説得して他社に しようとしたこともある 想定した使用条件から逸脱した 先駆けて投入し ロングセラー エルフ が誕生した そ ユーザーの使い方や運転方法などについても 実際の れまでは ディーゼルエンジン搭載のキャブオーバー小 不具合を検分調査し 試験方法設定 現実的な過回 型トラックは日本には存在しなかった 転対策などを着実に行っている 更に 若い技術者の発想を支持した結果 前輪駆

9 を 発 揮 できる 南 極 観 測 隊 の 発 電 機 動 力 源 は 極 低 温 で も 信 頼 を 得 て 活 躍 し 冷 凍 装 置 用 ( サ ー モ キ ン グ 社 C ) 産 業 用 ( 建 設 機 械 農 業 機 械 ) 船 舶 用 ( 救 命 艇 消 防 艇 小 型 漁 船 など)でも 高 く 評 価 されている 初 代 エルフ(1960 年 )と 第 2 代 エ ルフ 低 床 ( 年 ) 動 の 画 期 的 超 低 床 トラックから 後 輪 小 径 タイヤでフラッ ト 低 荷 台 が 生 まれ 配 送 車 に 革 命 的 な 変 化 を 起 こした エルフ 死 してエンジン 残 す という 伝 説 どおり 今 もタイ 7.ディーゼルは 経 営 の 柱 デ ィー ゼ ル エ ン ジン 車 でトップ を 保 ち 続 ける という 方 針 の も と 耐 久 信 頼 性 の い す ゞ デ ィ ー ゼ ル ユ ー ザーが 儲 かる 自 動 車 を 旗 印 として 掲 げ 世 界 の 市 場 のニーズに 合 うクルマ 作 りを 継 続 して いすゞ 経 営 の 柱 となっている ではエルフから 取 り 外 したクロマードライナーエンジンが 渡 し 舟 などで 長 生 きしており エンジンの 信 頼 性 長 寿 命 を 証 明 している その 後 燃 焼 室 は 渦 流 室 式 から 更 に 直 噴 式 に 驚 異 的 な 進 化 を 続 けており 長 年 の 連 続 トップ シェアを 継 続 している あとがき 伊 藤 正 男 氏 の 信 条 は 基 本 を 疎 か に し な い 周 辺 技 術 を 尊 重 する 企 業 内 研 究 は 対 人 関 係 が 重 要 などであった 外 部 との 交 流 や 文 献 で 勉 強 し ギリ ギリまで 研 究 し 研 究 成 果 を 発 表 し より 良 い 外 部 の 知 恵 導 入 も 決 断 するという 姿 勢 は Ricardo 社 のエンジ ン 技 術 Bosch 社 の 燃 料 噴 射 ポンプ Raystall 社 の Chromard liner Mahle 社 のピストンなどの 採 用 に 端 的 に 現 れている 鬼 より 怖 い または 心 優 しい 紳 士 と 正 反 対 の 評 判 が ターボD-CORE(3リッター)エンジンと 第 6 代 エルフ 6.3 乗 用 車 用 ディーゼ ル エンジ ン ベレル ベレット 17 F R ジェミニ F Fジェミニと 連 続 して 搭 載 したが 1.8リッタージェミニディーゼ ルは 5000rpmまで 伸 びのある 加 速 感 で 当 時 世 界 を 席 巻 していたゴルフディーゼルをしのぐ 評 価 を 得 た 時 代 のニーズに 合 ったFFジェミニでは 燃 費 が 良 く ガ ソリン 車 と 差 のない 使 い 勝 手 が 大 好 評 だった 電 子 制 御 とセラミックス 技 術 を 活 用 した 瞬 間 始 動 システムは ディーゼル 車 をより 使 い 易 い 車 にする 画 期 的 な 開 発 とし あったが 筋 を 通 し 課 題 があれば 考 え 抜 いて 決 断 し 部 下 を 親 身 に 教 育 し 大 切 にしたことによる 故 であろう エンジン 品 質 の 要 である 鋳 造 工 場 は 熟 練 の 専 門 技 術 を 要 する 厳 しい 現 場 である 鋳 物 を 制 するものはエン ジンを 制 し エンジンを 制 するものは 車 両 を 制 す との 現 場 担 当 者 を 激 励 する 書 をしたため 碑 を 残 した 家 では 家 族 との 時 間 のあとで 勉 強 し 仕 事 を 片 付 け 就 寝 は 時 には 午 前 4 時 頃 にもなったとご 家 族 から 伺 っ た 明 治 生 まれらしい 自 分 に 厳 格 で 気 骨 あふれるまじ めな 生 き 方 を 貫 いた 熱 血 漢 で まさに 技 術 に 堪 能 なる 士 君 子 ( 九 州 工 業 大 学 嘉 村 記 念 賞 受 賞 時 顕 彰 文 のまま)であった て 注 目 され 科 学 技 術 長 官 賞 を 受 賞 している 6.4 ピックアップ(SUV) 車 用 のエンジン D - M A Xピックアップ は 特 にタイ 国 では 2. 5リッター の 直 噴 ディーゼル 車 として 耐 久 信 頼 性 燃 費 で 大 好 評 であり 洪 水 時 にも 使 える 多 目 的 車 として 親 しまれて いる 6.5 その 他 の 多 用 途 向 けエンジン 自 動 車 で 技 術 を 蓄 積 したエンジンは 多 用 途 に 能 力 この 原 稿 は 共 に 開 発 に 携 わった 方 々からの 情 報 を 基 にして 編 成 しました 感 謝 します ( 元 東 京 工 業 大 学 特 任 教 授 北 原 孝 ) 参 考 資 料 自 動 車 技 術 会 自 動 車 技 術 史 委 員 会 1995 年 自 動 車 技 術 の 歴 史 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 坂 上 茂 樹 伊 藤 正 男 トップエンジニアと 仲 間 たち いすゞ 自 動 車 いすゞディーゼル 技 術 50 年 史 25

10 郷 に 従 う 自 動 車 販 売 の 王 道 を 拓 く 元 カワサキ モーターズ コーポレーション USA 社 長 元 BMW ジャパン 初 代 社 長 会 長 濱 脇 洋 二 濱 脇 洋 二 (はまわき ようじ) 略 歴 1929 ( 昭 和 4 ) 年 9 月 2 6 日 東 京 府 北 多 摩 郡 砧 村 に 生 まれる ( 昭 和 2 8 ) 年 東 京 大 学 法 学 部 ( 旧 制 ) 卒 業 川 崎 航 空 機 工 業 ( 株 ) 入 社 ( 昭 和 4 0 ) 年 同 社 輸 出 課 長 ( 昭 和 4 1 ) 年 American Kawasaki Motors 副 社 長 ( 昭 和 4 5 ) 年 Kawasaki Motors Corp. USA 社 長 ( 昭 和 5 3 ) 年 川 崎 重 工 業 ( 株 ) 海 外 事 業 部 長 ( 昭 和 5 4 ) 年 Kawasaki Heavy Industry USA 社 長 ( 昭 和 5 6 ) 年 BMW AG 経 営 企 画 部 (4 8 月 ) BMW Japan Corp. 社 長 (9 月 ) ( 昭 和 6 2 ) 年 同 上 会 長 1993 ( 平 成 5 ) 年 日 本 Digital Equipment Corp. 社 長 1995 ( 平 成 7 ) 年 同 上 会 長 1997 ( 平 成 9 ) 年 ( 社 ) 国 際 経 営 者 協 会 会 長 ( 平 成 1 7 ) 年 同 上 名 誉 会 長 ( 平 成 2 2 ) 年 同 上 名 誉 顧 問 公 職 ( 昭 和 5 8 ) 年 貿 易 会 議 専 門 委 員 1989 ( 平 成 元 ) 年 電 気 通 信 審 議 会 委 員 1994 ( 平 成 6 ) 年 対 日 投 資 会 議 専 門 委 員 賞 罰 ( 昭 和 4 4 ) 年 川 崎 重 工 業 社 長 表 彰 ( 昭 和 5 9 ) 年 通 商 産 業 省 大 臣 表 彰 26

11 ゼロから 米 国 でカワサキを 立 ち 上 げた 人 として 濱 脇 氏 はその 功 績 を 買 われBMWの 日 本 進 出 を 託 さ れた 以 下 彼 がカワサキとBMWに 残 した 経 営 の 軌 跡 をたどる ネバー ギブアップ 1965 年 初 頭 川 崎 航 空 機 工 業 ( 川 航 )の 本 社 調 査 部 係 長 だった 当 時 35 歳 の 濱 脇 洋 二 氏 ( 以 下 濱 脇 氏 ) は 上 司 から 内 示 され た 課 長 昇 進 を 辞 退 する 行 先 が オートバイの 事 業 部 で 無 かったからである 当 時 カワ サキのオートバイ 事 業 は 赤 字 続 きで 常 務 会 が 事 業 撤 退 の 方 針 を 内 定 したと 聞 いた 濱 脇 氏 は 米 国 市 場 に 挑 戦 せずに 幕 を 引 くのは 断 乎 として 反 対 だった 上 司 の 機 嫌 を 損 ねた 濱 脇 氏 は すぐさま 副 社 長 に 直 訴 した 会 社 はオートバイ 事 業 から 撤 退 するとい うが 日 本 で 敗 けてもアメリカで 勝 てば 良 いではあり ませんか! ネバー ギブアップですよ 重 ねて 米 国 開 拓 を 私 にやらせて 下 さい と 自 ら 手 を 挙 げたのである ディーラー 直 販 その 後 新 設 の 輸 出 課 長 を 拝 命 し 濱 脇 氏 は 直 ちに 一 人 で 訪 米 シカゴを 訪 れ 日 本 商 社 の 仲 介 で 米 国 の 卸 商 2 社 から 合 わせて3,600 台 のオートバイの 受 注 を 得 た ところが 半 年 後 想 定 外 の 変 化 が 起 きる 一 社 の 受 注 分 1,200 台 がキャンセルされ 別 の1 社 に 出 荷 した2,400 台 は 倉 庫 で 睡 眠 したままで 販 売 先 の ディー ラ ー か ら 小 型 車 ( 8 0 c c )は ア ヒ ル 大 型 車 ( 川 航 が 買 収 した メグ ロの c c )はロ バ など カワ サ キ の 車 はオートバイとは 言 えないよ と 嘲 笑 され 濱 脇 氏 は 零 下 20 度 のシカゴでお 先 真 っ 暗 となった 失 敗 は 最 高 の 教 訓 と 受 け 止 め 原 点 に 戻 った 濱 脇 氏 は 今 後 は 自 力 本 願 で やるべし と 決 意 する 彼 は 翌 年 の1966 年 3 月 にまず 部 品 販 売 の 現 地 法 人 アメリ カン カワサキ モータース(AKM)を 設 立 その 後 AKMをシカゴからロスに 移 しカリフォルニア 州 で 完 成 車 のディーラー 直 販 を 始 めた 人 材 は 現 地 主 義 の 経 営 を 方 針 に ネブラスカ 州 出 身 ハーバード 大 学 院 卒 のアラン マセックを 支 配 人 に 起 用 資 金 は 東 京 銀 行 ロス 支 店 を 説 得 し 東 銀 リスク の 支 援 を 取 り 付 け 商 品 はオートバイ ショウに 出 品 し たサムライ250cc が 好 評 だったので 初 陣 を 託 した 現 地 主 義 の 徹 底 AKMは 当 初 ロス 郊 外 の 日 本 人 町 ガーデナで 直 販 を 開 始 したが アメリカ 人 から 見 れ ば 無 名 のカワサ キ 日 本 人 町 の 違 和 感 日 本 型 経 営 の 不 安 などの せい か 人 材 が 集 まらなかった そこで イメージを 一 新 す るため 日 本 人 町 を 脱 出 しロスから 5 0 キロ 離 れたアー バイン 産 業 団 地 の 一 角 に 米 国 企 業 と 並 び 本 社 社 屋 を 建 設 し マセック 氏 が 米 国 型 経 営 の 方 針 を 宣 伝 したと ころ 著 名 な 米 国 企 業 から 人 材 が 続 々 集 まった その 後 社 名 もAKMから 外 来 企 業 風 のアメリカンを 削 除 しKMC(カワサキ モーターズ コーポレーション)に 改 名 した KMCの 経 営 スタイルは 競 争 相 手 の 日 本 メーカー に 較 べかなり 米 国 寄 りであった 濱 脇 氏 は 出 向 者 に KMCの 資 本 は 川 崎 重 工 業 ( 川 重 )であるが 経 営 は 米 国 人 である 今 後 は 社 内 の 会 議 では 英 語 を 原 則 と し 日 本 人 出 向 者 の 職 位 も 給 与 も 米 国 人 並 みの 能 力 主 義 に す る と 言 い 渡 し た 現 地 主 義 の 経 営 方 針 はとくに 販 売 面 で 効 果 を 発 揮 した 商 品 企 画 は 市 場 を 知 るアメリカ 人 プロの 音 頭 で 進 められ さらに 販 売 政 策 は 米 国 流 でディーラーに 歓 迎 された それが 先 発 の 日 本 メーカーを 追 い 抜 くパ ワーの 源 泉 になったのである 1969 年 に 設 立 されたカワサキ モーターズ コーポレーション U S A( K M C ) ストリート 大 型 車 に 進 出 濱 脇 氏 はいずれ 米 国 市 場 が 大 型 化 に 移 行 すると 予 想 し まず500ccストリート 車 の 開 発 を 明 石 工 場 に 要 請 した そこで 生 まれ たのが ユニークな 2 サイクル 3 気 筒 H1 500ccマッハⅢであり H2 750ccがこれに 続 く これらの 車 種 は 主 にマニアたちに 歓 迎 され 大 27

12 場 はKMCと 明 石 工 場 との 連 携 により 操 業 され KZ- 400 Z1-1000をはじめ ジェットスキー ATVなどが 生 産 されている 米 国 で 大 ヒットし た カ ワ サ キ Z 1( 年 型 ) 型 車 市 場 を 一 時 席 巻 KMCの 売 上 高 を 大 幅 に 伸 ば し 組 織 の 拡 大 をもたらしたが その 後 カリフォルニア 州 の 騒 音 規 制 などが 主 因 となって 生 産 中 止 の 止 む 無 きに 至 った これに 代 わって 登 場 したのが 4 サイクル 直 列 4 気 筒 DOHC900ccのZ1である Z1はH1/H2に 引 き 続 き 大 槻 幸 雄 ( 工 博 )のリーダーシップの 下 KMCと 密 接 な 連 携 を 取 りながら 明 石 工 場 で 開 発 され カワ サ キ の 旗 艦 車 種 とな った 米 国 メディア から オートバ イの 帝 王 として 賞 賛 を 浴 び 世 界 中 で 販 売 を 拡 大 1,000ccクラスのバリエーション 車 種 と 共 に Zシリー ズ は カワサキの 主 力 車 種 として 現 在 まで40 年 を 超 えるロング ランを 続 けている 業 界 初 の 米 国 工 場 進 出 1973 年 2 月 米 国 が 為 替 の 変 動 相 場 制 に 移 行 し 濱 脇 氏 は 近 い 将 来 に100 円 /ドルに 下 落 すると 警 告 し 米 国 生 産 を 要 請 明 石 工 場 は 反 対 したが 四 本 社 長 の 英 断 により 米 国 生 産 が 決 定 され2,000 万 ドルの 投 資 でネブラスカの 州 都 リンカーン 市 に 川 重 の 米 国 工 場 が1974 年 11 月 に 完 成 した これは 二 輪 車 を 含 む 日 本 の 自 動 車 業 界 初 の 米 国 生 産 で ホンダより5 年 先 行 Made in Americaの 嚆 矢 となった 米 国 工 米 国 事 業 が 主 役 に 変 貌 濱 脇 氏 がリスクを 賭 けた 北 米 開 拓 が 功 を 奏 し カ ワサキはKMC 開 業 後 7 年 目 に 米 国 市 場 でスズキを 抜 き 9 年 目 にヤマハを 抜 き 業 界 第 2 位 となる 10 年 前 国 内 では 最 後 尾 を 拝 していた 時 代 とは 様 変 わ りになった 年 には カワサキは 北 米 での 販 売 台 数 が 総 生 産 台 数 の 半 数 を 占 め オートバイ 事 業 はZ1など 大 型 車 の 拡 大 で 黒 字 に 転 じ 利 益 の 源 泉 は 大 半 をKMC の 販 売 に 依 存 するようになる その 結 果 事 業 の 撤 退 話 はいつしか 霧 消 してしまったのである そしてBMWジャパン 時 代 BMWジャパン( 株 )が 創 立 されたのは1981 年 9 月 当 時 日 本 は 輸 出 拡 大 で 貿 易 黒 字 が 急 増 し 欧 米 と の 貿 易 摩 擦 を 避 けるため 成 品 輸 入 の 拡 大 が 要 請 され ていた しかし 乗 用 車 に 関 しては 外 国 車 を 阻 むさま ざまな 輸 入 障 壁 があり どの 欧 米 メーカーも 日 本 進 出 をためらっていた 一 方 その 先 端 を 切 ったの は B M W である ま ずメー カー 直 販 のBMWジャパン( 株 )の 社 長 探 しから 始 め た 日 本 では 適 材 が 見 当 たらず BMWは KMC 引 退 後 米 国 川 重 の 社 長 をしていた 濱 脇 氏 に 白 羽 の 矢 を 立 てた BMWの 中 興 の 祖 クーンハイム 社 長 ( 当 時 ) は 濱 脇 氏 に ゼロから 事 業 を 立 ち 上 げた 人 を 探 してい た 米 国 でカワサキを 立 ち 上 げた 貴 方 に 日 本 進 出 を 託 したい と 口 説 いた 濱 脇 氏 は 成 功 の 鍵 は 郷 に 入 れ ば 郷 に 従 え です 日 本 では 日 本 流 でやるが それで も 宜 しいか? と 念 を 押 すと ローマに 行 けばローマ 人 に 任 せよ と 言 う とクーンハイム 社 長 が 応 じた この 一 言 で 濱 脇 氏 は 転 職 を 決 心 したのである 年 に 完 成 したリン カ ーン 工 場 日 本 の 企 業 の 中 で い ち 早 く 現 地 生 産 を 実 現 し カワサキ Z1 系 モデルだけでも10 万 台 近 くが 生 産 された 日 本 の 障 壁 を 乗 り 越 える BMWジャパンでまず 難 渋 したのが 法 規 制 の 壁 だ っ た 当 時 国 内 で は 排 気 量 が 2 リッター 以 下 ( 5 ナ ン バー)を 税 制 上 優 遇 していた 従 って 国 内 製 乗 用 車 の 大 半 は 5 ナンバーで しかも 各 社 は 6 気 筒 エンジン

13 で 性 能 のしのぎを 削 っていた BMW 車 は320がこ れ に 該 当 するが 左 ハンドルで 日 本 では 売 りにくい 一 方 英 国 圏 向 けの 32 0 は 右 ハンドルであるが 触 媒 装 置 がないため 日 本 の 排 気 公 害 規 制 をクリアできない そこで 濱 脇 氏 は 首 を 賭 けて 本 社 のクーンハイム 社 長 を 訪 ね 強 談 判 に 及 び かつ 役 員 会 にも 出 席 して 日 本 の 実 情 を 訴 えた 結 果 社 長 の 決 断 で 日 本 向 けの 320 を 右 ハンドルとし かつ 触 媒 装 置 を 付 けることに 決 まり 日 本 で 5ナンバー 6 気 筒 エンジン 右 ハンドルの 小 型 車 を 販 売 することに 漕 ぎつけたのである 日 本 向 け 車 種 の 拡 大 に 次 いでの 難 題 は 流 通 の 壁 で あった 既 存 の 自 動 車 ディーラーは 何 処 もメーカーご とに 系 列 化 され 割 り 込 む 余 地 が 無 い そこで 濱 脇 氏 はディーラーの 自 力 開 発 に 乗 り 出 した 事 業 の 成 功 者 であり 土 地 と 資 金 と 人 望 があることを 条 件 に 全 国 を 行 脚 し 異 業 種 から 候 補 者 を 口 説 いたのである 立 地 店 舗 人 材 に 至 るまで BM W ジャパンがディー ラーの 身 代 わりになり 世 話 をした 手 間 が 掛 かった が 結 果 としては B M Wの C I が 一 貫 した 専 業 ディーラー を 開 発 できたばかりか オーナーとの 信 頼 関 係 を 築 く ことが できた 創 業 後 3 年 目 にはディーラー 店 舗 数 は 60 店 を 越 え 販 売 は 初 期 の 目 標 1 万 台 を 達 成 したの である 低 利 ローンの 導 入 数 々の 前 例 を 覆 してきた 濱 脇 氏 が 残 した 中 でも 最 も 偉 大 な 功 績 は 業 界 破 りの 低 利 ローン である パイゼ ン 専 務 の 協 力 で 当 時 住 宅 並 み( 年 利 18 %)だった 自 動 車 のローン 金 利 の 超 低 利 化 に 踏 み 込 んだのである 濱 脇 氏 はまずディーラー 会 議 でローン 手 数 料 の 削 除 を 提 案 したところ 全 員 の 猛 反 対 に 押 し 返 された が 彼 は 怯 まなかった 皆 さんは 一 体 高 利 貸 か? 自 動 車 屋 か? 私 はもっと 車 を 売 って 儲 けよう と 言 ってい る それに 反 対 なら 転 業 すれば 良 い! 濱 脇 氏 が 半 ば 強 引 に 推 し 進 めた 低 利 ローンによって その 後 BMW の 販 売 は5 割 増 しに 伸 びた 低 金 利 化 は 業 界 の 慣 行 破 りだったが 今 日 では 自 動 車 業 界 に 定 着 している 郷 に 従 う と 郷 を 変 える 戦 略 BMWジャパン 時 代 の 濱 脇 氏 の 戦 略 をまとめて 言 えば 郷 に 従 う と 郷 を 変 える 戦 略 を 併 用 した ことである 5ナンバー 右 ハンドルで 法 規 制 に 従 い 永 年 雇 用 に 中 途 採 用 や 女 性 登 用 を 加 えて 人 材 を 集 め 異 業 種 ディーラーで 流 通 網 を 作 り 上 げ さらに は 低 金 利 ローンの 導 入 で 業 界 の 慣 行 を 破 る などを 実 践 して 成 功 を 遂 げたのである その 後 BMWはベンツを 抜 き 高 級 輸 入 車 のナン バーワンとなり 創 業 10 年 目 の1990 年 にはディー ラー 店 舗 数 は120 店 を 越 え 販 売 は 初 年 度 の10 倍 余 (36,500 台 )を 達 成 している 結 び BM W 車 の 中 で 日 本 市 場 に 初 めて 右 ハ ンド ル が 導 入 された BMW320i 濱 脇 氏 は 自 ら 手 を 挙 げアメリカ 市 場 に 挑 戦 米 国 カワサキの 創 業 社 長 として 12 年 にわたり 活 躍 大 型 車 市 場 ではトップに 登 りつめ 川 重 のオートバイ 事 業 を 撤 退 の 危 機 から 逆 転 成 功 をもたらし かつ 業 界 初 の 米 国 生 産 に 進 出 した 次 いで 輸 入 障 壁 の 多 い 日 本 市 場 で BMWジャパンの 初 代 社 長 / 会 長 として12 年 間 BMWを 輸 入 車 ナンバーワンに 押 し 上 げた 彼 の 足 跡 は サ ラリ ー マ ン で あ り な が ら 社 内 起 業 家 とし ての 経 歴 であり 同 時 に 日 本 企 業 の 海 外 進 出 と 外 国 企 業 の 日 本 進 出 の 双 方 を 現 地 主 義 経 営 をベースに ユニークな 戦 略 を 加 え いずれも 成 功 させた 稀 有 な 異 文 化 経 営 者 のモデルである と 言 っても 良 い ( 日 本 自 動 車 殿 堂 会 員 小 林 謙 一 ) 29

14 本 邦 自 動 車 史 黎 明 期 の 解 明 と 考 証 自 動 車 歴 史 考 証 家 佐 々 木 烈 30 佐 々 木 烈 (ささき いさお) 略 歴 1929( 昭 和 4) 年 3 月 7 日 新 潟 県 佐 渡 郡 佐 和 田 町 沢 根 に 生 まれる 1935( 昭 和 10) 年 父 米 穀 商 倒 産 東 京 市 向 島 区 吾 嬬 町 に 転 居 1941( 昭 和 16) 年 3 月 小 学 校 卒 業 府 立 第 七 中 学 校 夜 間 部 に 入 学 1945( 昭 和 20) 年 2 月 終 戦 直 後 父 病 死 運 送 店 就 職 1950( 昭 和 25) 年 4 月 慶 応 義 塾 外 国 語 学 校 英 語 科 入 学 1952( 昭 和 27) 年 6 月 自 動 車 運 転 免 許 取 得 1953( 昭 和 28) 年 3 月 慶 応 義 塾 外 国 語 学 校 英 語 科 卒 業 1961( 昭 和 36) 年 佐 々 木 梱 包 興 業 自 営 1968( 昭 和 43) 年 運 転 手 事 故 による 賠 償 で 自 営 業 廃 業 1968( 昭 和 43) 年 国 際 自 動 車 ( 株 ) 入 社 有 楽 町 ( 営 ) 勤 務 1971( 昭 和 46) 年 6 月 東 覚 寺 で 社 内 報 文 芸 賞 労 働 組 合 中 央 委 員 支 部 長 中 央 委 員 会 議 長 1977( 昭 和 52) 年 7 月 私 の 東 京 案 内 で 社 内 報 特 別 賞 漫 才 師 横 山 やすし 暴 言 問 題 に 強 い 関 心 抱 く 1980( 昭 和 55) 年 11 月 街 道 筋 に 生 きた 男 たち ( 綜 合 出 版 センター) 1985( 昭 和 60) 年 6 月 ザ 運 転 士 ( 綜 合 出 版 センター) 1988( 昭 和 63) 年 8 月 車 社 会 その 先 駆 者 たち ( 理 想 社 ) 明 治 村 通 信 に タクシー 創 業 史 連 載 1989( 平 成 元 ) 年 3 月 国 際 ハイヤー( 株 ) 定 年 退 職 以 降 研 究 本 格 化 1990( 平 成 2) 年 8 月 1991 年 03 月 まで 明 治 村 通 信 に 本 邦 最 初 の 自 動 車 販 売 店 モーター 商 会 について 連 載 1992( 平 成 4) 年 3 12 月 日 刊 自 動 車 新 聞 に 抄 録 明 治 の 輸 入 車 連 載 以 降 軽 自 動 車 情 報 月 刊 佐 渡 國 トラモンド などに 研 究 成 果 を 連 載 1994( 平 成 6) 年 4 月 明 治 の 輸 入 車 ( 日 刊 自 動 車 新 聞 ) 自 動 車 文 化 研 究 所 から 中 尾 自 動 車 工 業 史 奨 学 金 受 賞 1999( 平 成 11) 年 1 月 佐 渡 の 自 動 車 ( 郷 土 出 版 社 ) 2004( 平 成 16) 年 3 月 日 本 自 動 車 史 ( 三 樹 書 房 ) 2005( 平 成 17) 年 5 月 日 本 自 動 車 史 Ⅱ ( 三 樹 書 房 ) 2012( 平 成 24) 年 6 月 日 本 自 動 車 史 写 真 史 料 集 ( 三 樹 書 房 ) 2013( 平 成 25) 年 2 月 日 本 自 動 車 史 都 道 府 県 別 乗 合 自 動 車 の 誕 生 写 真 史 料 集 ( 三 樹 書 房 )

15 佐 々 木 烈 氏 は 昭 和 52 年 から 今 日 に 至 る 37 年 間 自 動 車 史 黎 明 期 における 明 治 大 正 昭 和 戦 前 期 にお ける 全 国 新 聞 記 事 内 外 雑 誌 記 事 官 報 会 社 登 記 簿 自 動 車 関 係 法 令 各 種 統 計 等 々を 主 軸 とし 更 に 各 地 における 関 係 者 及 び 遺 族 等 の 取 材 を 併 せ 資 料 情 報 の 収 集 と 考 証 に 懸 命 な 努 力 を 継 続 してこられた その 結 果 日 本 自 動 車 史 稿 を 中 心 とするこれまでの 自 動 車 史 に 新 たな 解 明 修 正 補 完 をなされたことは 氏 のご 努 力 の 成 果 であり 斯 界 への 大 きな 貢 献 である ここでは これまでにおける 氏 の 調 査 研 究 の 展 開 を その 歩 みが 集 約 された 氏 の 著 作 を 追 って ご 紹 介 する ことにする 街 道 筋 に 生 きた 男 たち ( 昭 和 55) ザ 運 転 士 ( 昭 和 60) 江 戸 明 治 期 における 道 路 交 通 担 い 手 の 研 究 昭 和 5 2 年 タクシー 運 転 手 に 対 する 漫 才 師 横 山 やすしの 暴 言 問 題 が 発 生 した 佐 々 木 氏 は この 暴 言 へ の 怒 りと 疑 問 を 起 点 として 江 戸 明 治 期 における 道 路 交 通 の 担 い 手 について 研 究 を 志 した その 根 底 に ハイ タク 運 転 士 としてのプライドが 強 く 存 在 したのである 氏 は 多 忙 な 勤 務 の 傍 ら 国 会 図 書 館 を 拠 りどころに 資 料 調 査 研 究 を 続 けた 氏 は わが 国 における 交 通 史 の 中 で 交 通 労 働 者 を 取 り 扱 った 研 究 が 極 めて 少 ないことを 嘆 じている 更 に 駕 籠 かき 御 者 馬 丁 車 夫 などが 江 戸 明 治 時 代 に おける 道 路 交 通 を 担 う 重 要 な 存 在 であったにも 拘 わら ず 雲 助 車 夫 馬 丁 の 輩 などと 蔑 視 されてきた 横 山 や すしの 暴 言 は その 土 台 の 上 に 発 したものである 今 日 のハイ タクのプロドライバーの 社 会 的 役 割 は 極 めて 大 きいのであるが 果 たして かっての 域 から 脱 皮 して いるだろうか 氏 は 前 者 において 同 業 としてのハイ タク 運 転 士 の 視 点 から その 担 い 手 の 役 割 と 歴 史 を 論 じ 後 者 で 現 在 の 運 転 手 の 生 活 を ザ 運 転 士 にまとめた ハン ドル を 握 って 16 年 そ の 経 験 見 聞 の 記 述 に 自 動 車 史 の 事 績 が 詳 しく 織 り 込 まれ 興 味 溢 れる 著 作 である 車 社 会 その 先 駆 者 たち ( 昭 和 63) 自 動 車 先 駆 者 の 研 究 に 展 開 今 日 における 自 動 車 王 国 日 本 の 明 治 大 正 期 は 苦 難 にみちた 草 創 期 であった その 中 にあって 懸 命 の 努 力 を 続 け た 先 駆 者 たちの 足 跡 を 調 査 する 為 に 佐 々 木 烈 氏 は 新 聞 雑 誌 記 事 収 集 官 報 自 動 車 関 係 企 業 の 登 記 簿 調 査 及 び 関 係 者 の 訪 問 取 材 を 休 暇 を 利 用 して 懸 命 に 続 けた その 調 査 対 象 は 実 に 広 域 である 明 治 31 年 我 が 国 に 自 動 車 初 到 来 以 降 自 動 車 の 輸 入 販 売 製 作 自 動 車 営 業 取 締 規 則 制 定 乗 合 自 動 車 ハイヤー タク シ ー 貨 物 自 動 車 の 営 業 そして プ ロ 運 転 士 の 登 場 自 動 車 学 校 運 転 免 許 試 験 等 々 自 動 車 の 社 会 的 活 用 をめぐる 広 範 な 分 野 における 関 係 者 の 群 像 を 追 い 求 め その 業 績 を 解 明 した この 著 作 は これまでの 研 究 視 点 を 更 に 展 開 し 本 邦 自 動 車 史 黎 明 期 の 解 明 に 努 めた 佐 々 木 氏 の この 時 期 における 成 果 である 道 路 交 通 の 担 い 手 の 社 会 的 役 割 について まとめ た 街 道 筋 に 生 きた 男 たち 自 動 車 の 社 会 的 活 用 を めぐる 様 々な 分 野 の 関 係 者 に 取 材 をした 車 社 会 その 先 駆 者 たち 31

16 明 治 の 輸 入 車 ( 平 成 6) 退 職 により 全 力 挙 げての 調 査 研 究 に 発 展 平 成 元 年 氏 は 2 2 年 間 勤 めた 国 際 ハ イヤー を 退 職 した 日 本 自 動 車 輸 入 組 合 理 事 長 の 梁 瀬 次 郎 氏 は 本 書 への 寄 稿 の 中 で 明 日 からは 毎 日 自 分 の 時 間 のすべてを 使 って 国 会 図 書 館 に 通 える 好 きな 研 究 に 没 頭 できる そう 思 うと 嬉 しさの 方 が 大 きかった と 佐 々 木 氏 の 喜 びを 紹 介 している 以 後 氏 は 全 力 を 挙 げて 国 会 図 書 館 を 中 心 に 資 料 調 査 収 集 及 び 各 地 の 取 材 に 努 めた 殊 に 官 報 及 び 自 動 車 関 係 企 業 の 登 記 簿 調 査 は 貴 重 である 明 治 期 の 自 動 車 史 は 輸 入 車 の 歴 史 であり そして 輸 入 業 者 購 入 者 に 関 連 する 氏 は 明 治 期 に 輸 入 さ れた 39 車 種 についての 検 証 を 重 ねた 氏 は こ れ ら の 研 究 を 進 め な が ら 明 治 村 通 信 軽 自 動 車 情 報 に 発 表 を 続 け た 本 書 は 平 成 5 年 4 0 回 にわたり 日 刊 自 動 車 新 聞 に 連 載 した 抄 録 明 治 の 輸 入 車 をベースに 纏 めたものである ことに 黎 明 期 に 関 する 自 動 車 史 では 古 老 の 回 顧 談 そ れ に 基 づく 推 測 など が 多 く 改 めて 調 査 修 正 す べき 事 項 がすこぶる 多 かった 自 動 車 100 年 という 記 念 する 日 が 来 る 迄 に ぜ ひ 修 正 しておき たいとの 氏 の 熱 意 と 努 力 には 深 く 敬 意 を 表 するものである ひたすら 調 査 に 専 念 する 佐 々 木 烈 氏 日 本 自 動 車 史 ( 平 成 16) 日 本 自 動 車 史 Ⅱ ( 平 成 17) 全 国 的 な 資 料 及 び 情 報 収 集 への 展 開 前 者 日 本 自 動 車 史 のサブタイトルには 日 本 の 自 動 車 発 展 に 貢 献 した 先 駆 者 の 軌 跡 とある 内 容 は 日 本 初 の 自 動 車 技 師 自 動 車 販 売 店 主 国 産 自 動 車 製 作 者 乗 合 自 動 車 タクシーなど 事 業 者 等 の 事 績 を 中 心 に 叙 述 併 せ て 関 税 自 動 車 税 についても 論 述 してい る これらは 平 成 元 年 から14 年 にかけて 日 刊 自 動 車 新 聞 明 治 村 通 信 軽 自 動 車 情 報 国 立 科 学 博 物 館 記 念 誌 に 連 載 寄 稿 したものをベースに 更 に 稿 を 新 たにしたものである 後 者 日 本 自 動 車 史 Ⅱ のサブタイトルは 日 本 の 自 動 車 関 連 産 業 の 誕 生 とその 展 開 である 先 ず 自 動 車 の 前 史 である 人 動 車 から 木 炭 自 動 車 ま でを 取 り 上 げた 享 保 14 年 (1729)に 製 作 された 陸 船 車 なる 人 動 車 から 昭 和 19 年 (1944) 考 案 された 高 32 執 筆 活 動 に 専 念 し 日 刊 自 動 車 新 聞 の 連 載 をベースに 上 梓 し た 明 治 の 輸 入 車 国 会 図 書 館 を 中 心 に 資 料 収 集 及 び 各 地 の 取 材 に 努 めた 氏 の 集 大 成 ともいえる 日 本 自 動 車 史 日 本 自 動 車 史 Ⅱ

17 今後の自動車史研究者の一助になればと 両書で15 0 0点を超える膨大な資料を編纂した 日本自動車史 写真 史料集 左 日本自動車史 都道府県別乗合自動車の誕生 写真 史料集 右 機式B型圧縮瓦斯機 に至る200年に亘る事績である 品など また 自動車関係の発明特許や実用新案公告 その全容は 数々の国産自動車製造に発して 軍用自 も収めている 動車 トラック 消防自動車 木炭自動車 瓦斯発生器 後者は 前記日刊自動車新聞 車笛 欄に連載した 国産タイヤ等々の生産 道路 道路交通 ガソリンスタ 都道府県最初の乗合自動車 を基礎にしたものであ ンド 自動車学校 そして 各種法制 特許 保険等々 る 特に 日本における自動車の全国的発展は 各県で 幅広い観点から叙述したものである 何れも 氏が懸 展開した乗合自動車事業が基礎をなしているので 交 命に収集した広範な資料 そして 各地における親族を 通史研究上すこぶる参考になる また はじめに 及び 始め関係者を訪ねての事績発掘によるものである まとめ に これまで続けてこられた調査方法 そして この両者によって 草創期における自動車史の事績 もろもろの感想を述べておられ 感銘をうける が更に明確になっていることは注目に値する この両者は 今後における日本自動車史の研究のた め 実に貴重な基礎資料として大きく寄与することが期 日本自動車史 写真 史料集 平成 24 待される 日本自動車史 都道府県別乗合自動車の誕生 写真 史料集 平成 25 研究活動を支えた夫人の功 これまで収集した写真 史料の提供 本邦自動車史草創期における実態解明に 努めてこ 氏は 日本自動車史Ⅰ Ⅱ 刊行後 平成 18 年7月か られた氏の成果は 殿堂入りに実に相応しいものと考え ら4年間 日刊自動車新聞連載の 都道府県最初の乗 る この氏に対する敬意と共に 我々は 氏の研究の土 合自動車 の取材で全国を回り 更なる資料の収集を 台を支えてこられた夫人のご協力を忘れてはならない 重ねた 併せて これまでの著書のなかに収め得なかっ 氏の研究に費やされた時間と経費は 誰からも与え た写真や史料の数々が 今後の研究者にとって参考 られたものではない になることを痛感した氏は これから日本自動車史を 氏は ザ 運転士 のなかで 特に一節を割き 夫人 研究される方の一助になればと 本書出版の運びと への感謝を述べているが 私を 今日まで精神的 なった にも 経済的にも女房はしっかりと支えてきてくれた の その時代範囲は 明治 28 年から昭和3年まで 33 行は 私どもの胸を打つ 年間に及ぶもので 我が国における自動車産業草創期 表現は 穏やかなものであるが 長い歳月である の写真及び史料 1,300 点が収められている その内容 この夫人があってこそ 氏の研究に華が咲いたものと は 各種自動車 運転手 自動車学校 自動車専用道 いえよう 路ガソリンスタンド 石油会社 タイヤ 泥除け器 付属 自動車史研究会会員 齊藤俊彦 33

18 Historic Car of Japan Cars that blazed the trail in the history of Japanese automobiles are selected, registered at the Hal of Fame and are to be widely conveyed to the next generation. いすゞ117クーペ ISUZU 117 COUPÉ イタリアのカロッツェリア ギア 社 により 美 しくデザインされたいすゞ117 クーペは 日 伊 合 作 による 開 発 方 式 の 成 功 例 のひとつであり この 手 法 は 日 本 の 自 動 車 開 発 に 大 きな 影 響 を 与 えた その 後 いすゞ117 クーペは 基 本 スタイリングは 変 わらず 12 年 間 にわたって 生 産 されたのである いすゞ 117クー ペ( 年 ) 主 要 諸 元 全 長 4,280mm 型 式 PA9 0 全 幅 1,600mm エンジン 型 式 G161 全 高 1,320mm 駆 動 方 式 FR ホイール ベース 2,500mm エ ン ジ ン 水 冷 直 列 4 気 筒 DOHC ト レ ッ ド 前 1,325mm ボア ストローク 82mm 75mm 後 1,310mm 総 排 気 量 1584cc 車 両 重 量 1,050kg 圧 縮 比 10.3 乗 車 定 員 4 名 最 高 出 力 120ps/6,400rpm 最 高 速 度 200km/h (ファイナルギア 比 3.727) 最 大 ト ル ク 14.5kg m/5,000rpm 50 最 小 回 転 半 径 5.2m 登 坂 能 力 sinθ0.437 変 速 機 前 進 4 段 オールシンクロ タイヤサイズ 6.45H-14-4PR 価 格 1,720,000 円 いすゞ117クーペの 原 型 となった 写 真 の I S U Z U117S P O R T は 1966 年 3 月 にジュネーブショーで 発 表 された

19 ヨーロッパ 車 を 思 わせるインテリアは 当 時 の 日 本 でも 大 流 行 し 欧 州 調 のデザインの 導 入 は その 後 のいすゞ 乗 用 車 の 特 徴 となった エンジンは 直 列 4 気 筒 1584cc の DOHC エンジン 搭 載 し 最 高 出 力 は 120 馬 力 を 発 生 0-400m 加 速 16.8 秒 最 高 速 度 は 200km/h と い う 高 性 能 を 誇 り レ ース な ど に も 転 用 さ れ た いすゞ 自 動 車 は 我 が 国 の 自 動 車 製 造 においても 最 古 の 歴 史 を 持 つ 自 動 車 メーカーである 明 治 以 前 に 設 立 された 石 川 島 造 船 所 など 数 社 をルーツとし 戦 後 の 年 ( 昭 和 2 4 年 )に 社 名 を ヂ ー ゼ ル 自 動 車 工 業 から いすゞ 自 動 車 に 変 更 して 本 格 的 に 乗 用 車 事 業 へ 参 入 当 初 は 英 国 のルーツ 社 と 提 携 を 結 び ヒルマンを 国 産 化 して 他 の 乗 用 車 メーカーに 対 抗 した その 後 急 速 に 自 動 車 に 関 する 技 術 を 習 得 したい すゞ 技 術 陣 は 独 自 で 開 発 したべレルを 年 ( 昭 和 37 年 )に 発 表 翌 年 には 本 格 的 な 小 型 乗 用 車 の ベレットを 世 に 送 り 出 している このべレルとベレット の 中 間 クラスのファミリーセダンとして 開 発 が 決 まっ たの が 年 ( 昭 和 4 1 年 )の 東 京 モ ーターショー で いすゞ117 としてデビューしたフローリアンで あった 当 時 の 日 本 は クルマのデザインを 日 産 自 動 車 は ピニンファリーナ 東 洋 工 業 はベ ルトーネ 日 野 自 動 車 はミケロッティなど イタリアの デ ザイナ ー に 依 頼 す る 手 法 が 多 く 取 られており 乗 用 車 メーカーとしては 後 発 の い す ゞ も フ ロ ー リア ン の デ ザイン を カ ロッツェ リア ギア 社 に 発 注 した このいすゞとカロッツェリア ギア 社 との 提 携 関 係 が 大 きなきっかけとなって 一 台 のスポーツカーの 開 発 がスタートするのである この クルマを 担 当 したのは ギア 社 のジョルジェット ジウ ジアーロであった ジウジアーロはその 後 VW ゴル フ やフィアットパ ンダ など の 世 界 の 名 車 を 担 当 し そ の 名 声 を 高 めたデザイナーである 当 初 はハンドメイドで 生 産 された いすゞ117クーペ 117 クーペの 原 型 となるプロトタイプは 1966 年 ( 昭 和 41 年 )に 完 成 し すぐにジュネーブ モーター ショーに 出 展 されてコンクール デレガンスで 見 事 優 勝 を 果 たした またイタリアの 国 際 自 動 車 デ ザイン ビエンナーレにおいても 名 誉 大 賞 を 受 賞 するなど 華 々しいデビューとなった 同 年 10 月 に は 東 京 モ ー ター ショー に お いて フ ローリアンとともに いすゞ117スポーツ という 名 称 で 展 示 されたが ファンからの 予 想 をはるかに 超 える 人 気 に 押 され 開 発 コード 番 号 そのままのいすゞ 117 クーペと 名 づけられ 量 産 することになった ただし その 美 しいデザインを 守 るため 製 造 の 初 期 段 階 は 手 作 業 でおこなわれ 1968 年 ( 昭 和 43 年 )に 発 売 されたハンドメイドモデルと 呼 ばれた 初 期 型 は 月 産 で 50 台 ほどであったという 1970 年 ( 昭 和 45 年 )には 日 本 初 となる 電 子 制 御 の 燃 料 噴 射 装 置 が 装 着 され 年 ( 昭 和 4 8 年 ) にはオートマチックモデルが 投 入 されるなど 117クー ペは 時 代 の 要 請 に 応 じた 改 良 が 施 されていった 1975 年 ( 昭 和 50 年 ) の 厳 しい 排 ガス 規 制 にも 適 合 し 1977 年 ( 昭 和 52 年 )には 角 型 ヘッドライトにマ イナーチェンジされるが 1981 年 ( 昭 和 56 年 )にい すゞピアッツァが 登 場 8 万 台 が 世 に 送 り 出 さ れ 約 1 2 年 に わたった 117 クー ペ の 生 産 は 終 了 した ( 日 本 自 動 車 殿 堂 会 員 小 林 謙 一 ) 51

20 CAR OF THE YEAR 72

21 IMPORT CAR OF THE YEAR 73

22 CAR DESIGN OF THE YEAR 74

23 CAR TECHNOLOGY OF THE YEAR 75

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 譜 写 真 振 返 五 十 周 ~ 都 常 住 口 突 破 受 信 契 約 突 破 義 務 書 無 償 化 シ 博 覧 幕 常 磐 河 駅 重 衝 突 故 歴 史 的 産 連 続 メ 鉄 腕 映 吉 典 ち ゃ ん 誘 拐 最 黒 四 ダ 完 セ 札 防 止 千 円 札 ケ ネ デ ィ 統 領 暗 殺 さ 潟 等 告 示 さ 所 在 潟 字 金 沢 字 械 務 所 等 置 く 五 章 柏 崎 伊 藤

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

広川町議会だより15号

広川町議会だより15号 号 / 責 / 樫 原 淳 奈 編 集 / 編 集 / - 和 歌 山 有 田 郡 TEL -- FAX -- ホムペジ 検 索 http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/gikai/index.html 催 少 相 撲 室 P~ 連 程 件 賛 可 承 環 境 特 サポ 養 座 環 境 特 梶 原 副 井 豆 P~ 般 奥 井 堀 岡 﨑 野 氏 P 厚 変 更 路

More information

「にちぎん」NO.31 2012秋号

「にちぎん」NO.31 2012秋号 4 INTERVIEW T B S 系 放 映 移 動 距 離 了 都 区 協 務 づ 挫 折 率 直 Kaoru Kanetaka 5 運 次 残 念 悔 記 動 映 1 ぬ 機 早 競 挑 白 航 ペ ゲ ぶ 航 路 新 設 続 格 的 印 象 残 緯 ぐ 神 戸 系 卒 業 帝 邦 他 受 薬 聖 院 等 聖 受 然 太 洋 ガ 勉 科 進 路 従 決 有 願 供 頃 夏 休 鎌 倉 山 湖

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5

史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 衣 服 シ リ ズ 巻 史 株 式 ネ オ テ ク ノ ロ ジ 抜 粋 版 史 衣 服 シ リ ズ 巻 じ ぜ? 章 追 追 越 章 別 遷 節 先 産 運 高 節 稈 節 昭 和 造 展 章 図 遷 参 考 情 報 使 情 報 掲 載 覧 表 詳 調 べ 参 考 献 お 5 9 5 じ 今 ち 産 構 造 エ ネ ル ギ 環 境 問 題 少 高 齢 科 進 歩 様 々 価 値 観 直 東 震 災

More information

算 可 決 億 8,7 億,.6% 譲 与 税,6 億 98 7,7 4 億 6,68 借 億 6 積 立,6 減 維 持 補 6,88,64 債 億, 依 存 財 源 各 特 別 計 繰 億,7 減 路 林 整 備 6 億 7 他 億 9,7 復 旧 6 普 建 億,984 物 件 億,99 電

算 可 決 億 8,7 億,.6% 譲 与 税,6 億 98 7,7 4 億 6,68 借 億 6 積 立,6 減 維 持 補 6,88,64 債 億, 依 存 財 源 各 特 別 計 繰 億,7 減 路 林 整 備 6 億 7 他 億 9,7 復 旧 6 普 建 億,984 物 件 億,99 電 宮 山 第 4₈ 号 /₅ ₅ ₂₇ 算 ₂~₃ 主 ₄~₅ 算 主 ₆~₇ 決 主 般 ₈ ~₁₁ 告 視 察 告 ₁₂~₁₄ 動 紹 介 ₁₅ 編 集 記 ₁₆ 算 可 決 億 8,7 億,.6% 譲 与 税,6 億 98 7,7 4 億 6,68 借 億 6 積 立,6 減 維 持 補 6,88,64 債 億, 依 存 財 源 各 特 別 計 繰 億,7 減 路 林 整 備 6 億 7 他 億

More information

gakusen 2

gakusen 2 1 gakusen gakusen 2 頑 張 自 覚 誇 胸 自 家 族 家 庭 築 卒 長 女 幼 稚 園 少 長 男 4 明 楽 プ ラ イ ベ 8 前 結 婚 小 校 1 活 躍 所 勤 務 目 指 頑 張 回込み設定用ボックス 平成 14 度卒 コミュニティ政策 古池 友美 張 族 山 谷 切 磋 琢 磨 頑 共 働 親 少 家 自 笑 ば 供 笑 何 気 3 gakusen 増 供 想

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家

2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 No.149 2015.9.1 掲 載 容 P 2 容 6 7 願 8 2 10 据 社 伸 慮 普 通 税 影 響 源 捻 3 社 多 負 担 税 反 映 込 普 通 税 厳 影 響 額 収 善 同 庫 金 源 振 興 軍 艦 島 針 夜 景 維 軍 艦 島 島 守 護 岸 坑 失 物 復 元 5 28 3 月 緊 急 味 具 夜 景 維 斜 面 街 灯 専 門 家 プ む 視 環 境 節 験 善

More information

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再

暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 広 報 暇 次 暇 与 準 繰 越 範 囲 残 率 % 勧 奨 普 能 労 初 歴 初 万 万 万 万 主 末 勉 末 勉 再 経 験 歴 経 験 歴 未 満 万 万 未 満 万 万 未 満 万 万 全 算 出 再 除 営 状 況 例 第 規 づ 営 齢 齢 万 歳 万 歳 能 労 万 歳 全 算 出 再 除 与 訳 男 性 下 女 性 現 在 現 在 そ 他 件 新 規 報 酬 末 万 万 副 万

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he

..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 因 均 引 荷 デ 換 友 好 向 循 尽 態 系 災 布 具 数 値 掲 ヘ シ 背 景 帰 観 察 回 締 驚 拒 否 脳 談 マ 領 官 僚 座 司 仰 何 座 Mark Lynas, How do I kno w hi na wrecked t he ..[ ] 融 財 ビ 種 郵 便 認 6 代 害 病 頻 石 油 危 舞 活 課 基 閣 域 属 品 残 留 土 壌 絶 模 倍 グ ロ 歴 史 程 複 雑 活 服 維 6 略 換 次 循 促 G D 単 省 酸 硫 黄 び 農 森 林 被 覆 概 次 小 康 ゆ 突 握 伊 藤 忠 評 論 石 田 暖 析 説 命 初 8 億 満 億 6 億 億 突 急 浪 ヘ シ 概 模 左 右 所 迫 広 卒

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増 む 坂登穏穀豊穣 ノ宮 伊勢 撮影フォカ友笠智宏 2 歯科腔健 副選 優逝去哀悼 91 傍聴 593 午9 編集 運 営 7 9 郡字99 埼郡 察9 77 77 http://www.town.kamikawa.saitama.jp 局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

教育委員会会議録

教育委員会会議録 2 月 定 例 教 育 委 員 会 報 告 1 開 催 日 時 平 成 2 8 年 2 月 17 日 ( 水 ) 1 3 : 3 0 ~ 1 6 : 0 0 2 出 席 者 委 員 永 田 政 信 江 口 真 由 美 渡 邊 敬 佐 古 順 子 村 川 一 恵 溝 江 宏 俊 事 務 局 山 下 健 一 郎 教 育 総 務 西 村 隆 教 育 総 務 課 参 事 畑 田 憲 一 教 育 総 務 課

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

/インタビュー.indd

/インタビュー.indd 未 踏 遂 度 遥 伺 放 送 タ 駆 ホ ム 庭 好 校 映 画 字 幕 翻 訳 訳 戸 奈 津 憧 仕 就 友 誘 春 ホ ム 機 恵 ホ ム 庭 ホ フ ァ 遊 浮 ズ タ 表 職 員 遥 ひ 国 際 ニ ケ シ ョ 部 卒 6 権 高 校 未 踏 0 連 7 位 入 賞 在 普 及 動 幅 広 三 フ ウ 名 古 屋 短 期 客 員 36 05.9 報 遊 魅 器 械 床 運 動 転 高 3

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野

程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 臨 号.. 写 真 : 玄 7 各 程 含 7 7 所 智 郡 概 央 位 石 瑞 穂 羽 須 美 併 誕 水 稲 畜 野 菜 7 7 選 由 魅 未 達 健 様 他 諸 解 決 昨 愛 媛 西 省 奨 有 問 調 査 検 討 伴 迷 都 流 打 野 創 各 種 展 U J I 挙 攻 守 プ ロ 具 躍 調 査 検 証 選 加 野 辰 昇 谷 川 也 副 彦 坂 伸 川 7 作 谷 川 崇 谷 寿

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

平 成 え 丘 青 空 取 新 鮮 野 菜 販 売 商 品 次 第 終 了 分 毎 第 開 催 総 セ え 丘 側 議 盆 踊 公 開 練 習 各 地 域 自 治 平 盆 民 催 盆 踊 曲 公 開 練 習 ぜ ひ 越 土 分 分 健 康 ド ム ア リ ナ 持 ち 物 靴 リ ッ パ 容 春 音 頭 師 勝 音 頭 明 ふ 音 頭 郡 上 節 炭 坑 節 馬 盆 唄 河 音 頭 花 火 音 頭 企

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川 天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 ( 第 8 回 アシ ア 選 手 権 ペ ナ ン 大 会 最 終 代 表 選 考 会 ) 開 催 要 項 開 催 期 日 平 成 19 年 7 月 15 日 ( 日 ) 08: 45~ 17: 30 予 定 練 習 会 7 月 7 日 ( 土 ) 8 日 ( 日 ) 1 4 日 ( 土 ) 午 前 10 時 ~ 午 後

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information