なることがあります しかし あなたは 死 にません 死 ねません 生 きて ある 日 真 実 に 直 面 しなければなりません ひどい 痛 みの 原 因 が 最 愛 の 人 を 失 ったからではないという 真 実 に です それはあなたが 選 んだことです! 意 識 して 選 んだ 選 択 ではあり

Size: px
Start display at page:

Download "なることがあります しかし あなたは 死 にません 死 ねません 生 きて ある 日 真 実 に 直 面 しなければなりません ひどい 痛 みの 原 因 が 最 愛 の 人 を 失 ったからではないという 真 実 に です それはあなたが 選 んだことです! 意 識 して 選 んだ 選 択 ではあり"

Transcription

1 マイケル J ローズ ニューズレター 2007 年 冬 号 素 晴 しい 光 の 存 在 である 皆 さんへ お 元 気 ですか? 庭 では 蝋 梅 の 花 が 咲 いています 近 づくと 優 しい 香 りがします 豊 かなひと 時 です 最 近 自 分 を 大 切 にするために 決 めたことがあります 過 去 にも 未 来 にも 囚 われないことです 犠 牲 者 意 識 もいりません ネガティブなエネルギーの 影 響 も 受 けません そのための 自 分 自 身 への 合 言 葉 は ガンダルフ にしています 過 去 に 思 いがいったり 不 安 がよぎったりしたとき ガンダルフ と 自 分 に 言 うのです 自 分 で 決 意 することはとてもパワフルですぐにこの 瞬 間 に 戻 ることができます もう 一 つ 大 切 にしていることは ぐずぐずしないでやる 昨 年 の 暮 れから 私 の 中 でパワフルに 変 化 が 起 きています 自 分 の 現 実 はすべて 自 分 が 作 っている 私 が 選 択 している だから 決 めました 決 意 する 自 分 で 決 めることが これほどパワフルとは 思 いませんでした 新 しい 日 々が 素 晴 らしい 毎 日 でありますように! 自 分 のことを 大 切 に 大 切 にして ゆるやかに のびやかにお 過 ごしください たくさんたくさん 愛 を 込 めて やすみ マイケルのお 話 by マイケル クリスマスを 楽 しく 過 ごされたことと 思 います 新 しい 年 が 豊 かな 実 り 多 い 年 であることを 願 います ただ それを 実 現 させるのはあなたです まず 願 い 豊 かさ そういったものを 自 分 が 受 けるに 値 すること( 自 己 批 判 は このことを 否 定 することになります)を 受 け 入 れなければなりません それから その 実 現 に 向 かって 自 分 でハンドルを 切 り 替 え る 必 要 があります スピリチャルな 充 足 か 経 済 的 な 充 足 かの 優 先 順 位 をあなたには 決 める 必 要 があるかもしれません 両 方 とも と 答 える 人 がいるでしょう 無 論 可 能 です しかし 多 くはあなたの 魂 次 第 です あなたの 向 かうところと あなたの 魂 の 向 かうところは 違 いますか?それとも 共 に 歩 んでいますか? トリーニーが 亡 くなってから 私 が 今 これほどの 平 安 を 感 じられるとは この 瞬 間 にいてこれほど 完 全 であると 感 じ られるとは 思 ってもいませんでした 想 像 してみてください まったくの 完 全 を! 不 思 議 なことですが トリーニーが 生 きていた 頃 よりも 彼 女 とさらに 近 くなっています 考 えることもできない 想 像 もつかない 見 ることもできない 知 ることすらないより 偉 大 な 現 実 をあなたが 深 く 信 頼 するとき 神 秘 的 な 不 可 思 議 が 起 きるようです スピリチャルな 錬 金 術 が 解 き 放 たれ この 瞬 間 から 不 可 能 なことが すべて 可 能 となるのです これは 限 界 を 超 えていくことについてです この 限 界 は 日 常 生 活 において 作 り 出 されたものであり 誰 からも 当 たり 前 とみなされている 限 界 です 時 には 思 いもつかないことが 起 こり 心 の 痛 みがあまりにもひどく 何 もする 気 力 がなくなり 死 ぬことしか 考 えなく - 1 -

2 なることがあります しかし あなたは 死 にません 死 ねません 生 きて ある 日 真 実 に 直 面 しなければなりません ひどい 痛 みの 原 因 が 最 愛 の 人 を 失 ったからではないという 真 実 に です それはあなたが 選 んだことです! 意 識 して 選 んだ 選 択 ではありません 大 多 数 がする 選 択 です 死 が 喪 失 と 悲 しみ の 原 因 であるという 信 念 の 選 択 です 測 り 知 れない 年 月 の 悲 しみによって 強 められた 痛 みのある 強 力 な 信 念 です し かし その 信 念 は 真 実 ではありません この 力 強 い 信 念 を 終 わらせる 方 法 は それを 無 視 したり 否 定 したりするのではなく 幻 想 と 繰 り 返 しから 歩 み 出 て 真 理 へと 向 かうことです 次 のように 理 解 する 人 もいるでしょう それは 古 い 物 語 から 出 て 真 新 しい 物 語 へと 歩 んでいくことであり この 新 し い 物 語 は この 瞬 間 の 真 理 のなかにあると そうです とてもシンプルです しかし 簡 単 ではありません 新 しさとタイ ミングにオープンでなければなりません トレイシーの 事 務 室 から を 読 みました 書 こうと 思 っていたことがすでに 書 かれていました 先 に 書 いた 者 のほう が 美 味 しいところをさらっていくものです しかし カワセミのことを 書 いていましたが 決 まってやってくるワラビーのこ とは 知 らないようです 旱 魃 の 間 野 生 動 物 が 食 べ 物 に 困 らないよう 私 はフェンス 越 しに 近 所 の 林 に 野 菜 くずを 投 げ 込 んでいました ワラビーたちは 可 愛 い 顔 で 背 筋 をまっすぐにすると 腰 ぐらいの 高 さになります 庭 の 水 やりを 止 めてから 5 年 か 6 年 になります 洪 水 や 旱 魃 に 耐 える 植 物 を 見 つけるのに 時 間 はかかりません 家 は 丘 の 上 にあるので 洪 水 は 考 えられませんが トリーニーへの 喪 失 感 と 悲 しみにうちのめされてアメリカから 我 が 家 に 帰 ってきたとき 私 は 庭 の 手 入 れをやめました しかし トリーニーが 庭 を 楽 しんでいるから 手 入 れするようにと 私 を 励 ましました 彼 女 と 共 に 私 は 再 び 庭 の 手 入 れを 始 めました 彼 女 に 花 の 香 りが 嗅 げるのかどうか 聞 いてみたときのことです 香 りは 独 特 のエネルギーとなり 色 や 音 や 香 りと して 感 じると 答 えました 実 際 彼 女 が 何 を 言 いたいのか 私 にはわかります 最 近 パン( 訳 注 : 自 然 界 を 統 括 する 偉 大 なるスピリットのことです)といるとき その 経 験 をしたからです より 高 い 領 域 において 色 は 言 語 であることを 私 は パンから 学 んでいるところです たとえば 黒 という 一 色 をとっても その 色 の 色 調 明 暗 エネルギーによって 何 百 と いう 異 なった 意 味 があるのです しかし これは 肉 体 を 超 えたメタフィジカルな 世 界 で 起 きていることです キャロリン(ローズウエィニューズレターの 編 集 者 )とジミーが 再 び 一 緒 になったことを 大 変 うれしく 思 います 私 の 愛 する 二 人 が 別 れ その 間 に お 互 い 成 長 し 再 び 新 たに 共 に 生 きることになったのです 人 間 の 魂 がもつ 働 きと 深 さに 驚 嘆 します その 過 程 をあなた(アイデンティティ)が 反 対 しても 魂 はあなたの 限 界 を 超 えていきます あなたたちの 愛 が 無 条 件 の 愛 になりますように! 新 年 です 私 にとってこれまでとは 大 変 異 なる 年 です もうトリーニーの 旅 券 を 買 う 必 要 はありませんが 彼 女 はロ ーズウエィ ツアーに 同 行 することを 約 束 してくれました 私 にとって 2007 年 はまったく 新 しさの 年 となるでしょう これ までのリトリートは 終 わりました 今 年 からは 5 日 間 のニュービギニングが 始 まります 私 は 新 しくなり 人 生 も 新 しくなりました あなたは 新 しさを 感 じていますか? 新 しさへの 準 備 ができていますか? 愛 と 光 の 中 で 質 問 と 洞 察 by マイケル 質 問 とは 自 分 の 外 に 答 えを 求 めていることを 意 味 します 覚 えておいてください 質 問 があるときは あなた 自 身 のより 深 いところにすでにその 洞 察 があります それが 一 体 性 というものです このコラムはあなた 自 身 の 内 なる 洞 察 や 知 恵 への 飛 び 込 み 台 となるものです - 2 -

3 質 問 : 癌 を 患 っている 友 人 がいます 肯 定 的 であることと 否 定 する 認 めないことに 違 いはありますか? 洞 察 : 大 きな 違 いがありますが その 違 いはとても 微 妙 です このことに 気 づいていると 思 っている 人 さえ 見 過 ごし てしまいます 癌 を 例 にとってみましょう 私 たちが 住 んでいるサンシャインコーストは 皮 膚 癌 が 多 いことで 有 名 です 殆 んどの 腫 瘍 は 無 害 ですが 黒 あるいは 黒 褐 色 の 黒 色 腫 は 致 命 的 なものです 私 は 黒 色 腫 にかかった 人 を 知 って います 1 人 は 瞑 想 で 治 癒 しようとしました もう 1 人 は できた 場 所 がいつも 服 に 覆 われている 部 分 なので 無 視 しま した 別 の1 人 は 黒 色 腫 を 認 めることすら 拒 否 しました 認 めることが 腫 瘍 にエネルギーを 与 えるからと 3 人 とも 否 定 しました この 中 の 1 人 だけがまだ 健 在 です その 人 は 大 手 術 を 受 けました もし 腫 瘍 があれば 認 めなさい 恐 れやショックをともないますが 体 に 起 きていることを 直 視 するのです 腫 瘍 は 心 も 含 めた 全 体 的 なあなたのどこかに 不 具 合 があることを 示 しています あなたが 間 違 っているとか 悪 いということで はありません メタフィジカルな 側 面 から 見 たとき 腫 瘍 は 感 情 的 な 問 題 を 示 しています 多 くの 場 合 は 怒 りです 怒 りは 腫 瘍 を 作 り 出 します その 他 のネガティブな 感 情 も 腫 瘍 を 作 り 出 します 原 因 となっているのは ネガティブ 否 定 的 です 腫 瘍 の 原 因 となるものを 無 視 しては 何 も 起 きません ネガティブな 要 因 が 腫 瘍 を 引 き 起 こすのです 賢 明 な 方 法 はあなたの 中 にあるネガティブな 感 情 を 認 めて その 感 情 を 肯 定 的 なものに 変 えることです 原 因 を 取 り 除 けば 影 響 を 及 ぼしているエネルギーをすべて 取 り 除 くことになり 治 癒 する 可 能 性 は 大 幅 に 増 えます ポジティブ な 取 り 組 みは 大 変 能 動 的 ですが 否 定 はまったく 受 動 的 なものとなります 瞑 想 はとても 力 強 い 積 極 的 な 方 法 ですが どんな 瞑 想 をするかによります 瞑 想 には 受 動 的 なものと 能 動 的 なものが あります 治 癒 の 方 法 としては 能 動 的 な 瞑 想 が 大 抵 の 場 合 効 果 的 です 腫 瘍 が 消 えていくイメージを 作 り 出 すビジュ アルな 瞑 想 は 有 効 です しかし 腫 瘍 は 結 果 として 現 れています だから 視 覚 と 想 像 力 を 使 う 瞑 想 は 原 因 を 変 化 させるような 瞑 想 にするべきです 全 体 的 なあなたと 特 に 感 情 と 調 和 しなければなりません そういった 瞑 想 は 自 分 への 愛 自 己 受 容 が 根 本 に 必 要 です 瞑 想 で 怒 りをすぐに 追 いやることはまれですが 年 数 をかけることで 内 にある 怒 りの 原 因 を 解 き 放 つことができます しかし 癌 などで 時 間 に 限 りがあるときは 積 極 的 な 内 面 への 探 求 が 必 要 です そのとき 善 悪 の 判 断 を 批 判 をしな いことです 探 求 することで 原 因 が 示 されます そうしてトリーニーがよく 言 っていたように Let go, let go, let, go です そう 手 放 すのです 質 問 : 人 生 は 旅 であるとよく 聞 きます この 旅 はどこで 始 まり どこで 終 わるのですか?どうして 私 はこの 旅 を 始 め たのですか? 洞 察 : 人 生 は 旅 です このことに 疑 いはありあせん しかし 直 線 の 時 間 はこの 旅 とは 関 係 ありません この 旅 は 時 間 も 空 間 も 物 質 も 感 情 も 超 えたものであり 質 問 も 答 えも 及 ばないものです しかし 一 度 身 体 的 感 情 的 心 的 な 喜 びとトラウマを 経 験 すると このすべてが 私 達 存 在 の 一 部 となります こうして その 旅 は 一 人 一 人 の 中 にその 人 に しかないものを 作 り 出 します これを 私 たちは 個 性 と 呼 びます この 言 葉 にもかかわらず 私 たちの 個 性 は いまだ 未 発 達 です 私 たちは 群 集 の 一 部 として 考 え 行 動 します 笑 いは 笑 いを 起 こします 怒 りにはたいてい 怒 りで 反 応 します 未 知 を 恐 れ 意 地 悪 には 簡 単 に 意 地 悪 で 対 抗 します 多 くの 人 が 人 生 を 恐 れ 愛 することを 恐 れています 特 に 自 分 を 愛 することに 恐 れを 抱 いています 共 にパニックになったり 共 に 泣 いたり 共 に 群 れたりします お 互 いさま の 関 係 になります お 互 いに 高 めあい お 互 いに 足 の 引 っ 張 り 合 いをします 宗 教 を 知 的 信 念 を 感 情 的 混 乱 を 生 命 へのひどい 無 知 を 分 かち 合 います こ のリストは 延 々と 続 きます しかし 私 たちは 旅 の 途 上 です この 旅 は 始 まりも 終 わりもありません 始 まりと 終 わりは 私 たちの 思 考 が 作 り 出 した 制 限 に 過 ぎません 旅 は 永 遠 に 続 きます なぜなら 私 たちは 大 いなる 存 在 であり 無 限 が 私 たちの 故 郷 です 今 ある 私 たちはこれ 以 上 にも 以 下 にもなりません なぜなら 私 たちは 偉 大 さの 種 であり 大 いなる 愛 を 表 現 する 花 だから です 私 たちが すべてであると 信 じている 小 さい 宇 宙 も 私 たちが 実 際 に 生 きているこの 多 次 元 の 宇 宙 も 私 たちを 制 限 す - 3 -

4 ることはできません なぜなら それぞれが 概 念 とより 偉 大 な 現 実 の 教 室 だからです そこで 私 たちは 知 的 な 訓 練 概 念 のゲームをしています けれども 子 猫 がボール 遊 びで 獲 物 を 捕 まえる 能 力 を 発 達 させるように このゲームは 人 間 の 精 神 を 発 達 させます 今 のところ 旅 の 途 上 であり より 偉 大 な 現 実 は 私 たちの 手 に 負 えるものではなく そのため 私 たちが 作 り 出 してい る 教 室 の 中 で 技 術 を 磨 いています 今 私 たちは 感 情 体 とは 飛 びぬけて 強 力 なものであることを 学 んでいるところで す 私 たちは 物 質 的 かつ 精 神 的 なゲームをしています 概 念 の 学 び 知 的 な 訓 練 から 人 生 に 関 わり 富 が 成 功 であると いう 考 えを 作 り 上 げます 幼 い 子 供 たちの 遊 びよりも 劣 る 概 念 のゲームです 私 たちは 旅 をして 感 情 的 な 執 着 が 人 生 の 方 向 を 決 めていることを 学 びます 成 功 としての 富 を 後 に 残 して 死 ぬたび に 私 たちはその 感 情 的 な 執 着 をしっかりともったまま 死 という 幻 想 の 中 に 入 ることを 未 解 決 の 感 情 的 な 執 着 をすべ てもっていくことを 学 びます 無 限 への 私 たちの 旅 の 途 上 私 たちが 不 滅 の 大 いなる 存 在 であることを 学 びます 人 生 とは 計 り 知 れないほど 大 切 で 聖 なるものであり 私 達 一 人 一 人 が 神 の 輝 きであり 絶 えることなく 成 長 し 愛 と 光 を 絶 えず 広 げ 行 く 大 いなるセルフ 神 を 表 していることを 学 びます 質 問 : マイケル あなたを 残 していったトリーニーに 怒 りを 感 じたことはありませんか?あるいは 連 れ 去 った 神 に 対 し ては?もしそうなら あなたはどのように 対 処 しますか?4 年 前 にもうこれ 以 上 関 係 を 続 けたくないからと 言 って 私 の パートナーであり 友 人 だった 彼 が 去 っていきました 彼 が 去 ってからずっと 怒 りに 支 配 されているようです いい 気 持 ち はしません 洞 察 : 私 の 悲 嘆 のプロセスは 一 般 的 なものよりもはるかに 穏 やかなものでした 愛 する 人 を 失 ったとき 4つの 基 本 的 な 段 階 があります ショック 怒 り 否 定 受 容 の4 段 階 です 平 安 な 心 境 になるまでに 以 上 の 段 階 を 経 験 するの に 普 通 2 3 年 かかると 考 えられています トリーニーが 亡 くなったとき 私 は 絶 望 的 なショックを 受 けました 感 情 的 に 打 ちのめされました 何 が 起 きたのか 理 解 するのに 苦 しみました 突 然 の 出 来 事 だったので 準 備 する 時 間 もありませんでした ショックでした 怒 り 怒 りはまったくありませんでした 死 を 信 じていません だから これが 一 時 的 な 別 れだというこ とを 知 っています 私 はトリーニーを 深 く 愛 しています 私 が 愛 する 人 に 怒 りを 持 ち 続 けることはできません 怒 りを 感 じたときも ほんの 一 瞬 でした 相 手 への 愛 があるので 怒 りを 持 続 できなかったし 怒 りはすぐに 小 さくなりました スピリチャルな 覚 醒 以 来 私 は 怒 りを 経 験 していません このことについてはニュービギニングで 話 します 怒 りについて 述 べましょう はじめの 洞 察 に 書 いたように 怒 りは 大 変 危 険 な 感 情 です 怒 りはいつも 執 着 と 関 わりが あります 考 えてみてください あなたがまったく 囚 われていないことに 対 して 怒 りをもつことができるかどうか 怒 りがあるときは いつも 何 かに 執 着 しています たくさんの 執 着 があります 結 果 に 対 する 執 着 正 義 に 対 する 自 分 の 信 念 に 対 する 理 想 に 対 する 執 着 欲 望 必 要 性 他 人 に 対 する 囚 われ 自 分 が 望 むようであってほしい 人 から 愛 されたい 必 要 とされたい 望 まれたい - たくさんの 囚 われがあります 怒 りを 抑 えようとすることで 怒 りを 対 処 することはできません そうすると 怒 りに 火 を 注 ぎます 掴 んでいるものを 手 放 すことで 怒 りに 対 処 できます つかんでいるものを 本 当 に 手 放 すと 怒 りのエネルギーがなくなります あなたのパートナーであり 友 人 であった 彼 が あなたとの 関 係 を 望 まない それは 彼 の 選 択 であり 彼 はその 選 択 を する 権 利 があります ショックを 受 けたあと あなたに 怒 りが 湧 いてきました あなたは 彼 や 彼 との 関 係 を 手 放 したく ないのです 何 事 も 偶 然 はありません 魂 のレベルであなたは 自 分 の 中 にある 怒 りに 対 処 することを 決 めているので す それで 彼 があなたにその 機 会 を 差 し 出 してくれたのです 怒 りがあるということは あなたがその 贈 り 物 を 拒 否 し ていることを 意 味 します - 4 -

5 トリーニーの 死 は 私 への 贈 り 物 だと 彼 女 は 言 いました 彼 女 への 感 情 的 な 執 着 が 私 のスピリチャルな 成 長 を 妨 げていました そのことを 私 にはどうすることもできなかった けれども 彼 女 は 違 いました トリーニーには 私 に 対 する 感 情 的 な 執 着 がありませんでした 彼 女 は スピリチャルな 成 長 を 加 速 させる 贈 り 物 を 私 に 与 えてくれました もし 私 がその 贈 り 物 を 受 け 取 れば です 私 は 受 け 取 りました あなたも 同 じように 受 け 取 ることをすすめます かわいそうな 私 という 感 情 は 手 放 しなさい スピリチャルな 成 長 を 促 す 贈 り 物 を 与 えられて 本 当 に 祝 福 されていると 思 うのです 怒 りがあなたを 攻 撃 する 前 に そうすることを 勧 めます なぜなら 怒 りをもっている 人 は 怒 りを 向 けられる 人 よりもはるかにダメージが 大 きいからです 生 命 はいつも 私 たちに 贈 り 物 を 差 し 出 しています! ゼンの 子 育 て by カトリーナ ローズ ゼンを 育 てています その 中 で 社 会 に 対 する 見 方 自 分 の 考 え 方 話 し 方 行 動 の 仕 方 の 多 くが 両 親 や 子 供 の 頃 交 流 のあった 人 々から 受 け 継 いでいることがはっきりしてきました 私 たちがマイケル トレイシーと 一 緒 に 暮 していたときのことです 私 たちと 一 緒 にシャワーを 浴 びたゼンは 浴 室 か ら 裸 で 飛 び 出 て(そうすることが 大 好 きです) グワンダッドとティティ(おじいちゃんのマイケルと 叔 母 のトレイシーのこと です)ところへかけていきました おじいちゃんは 椅 子 に 腰 掛 けて3 部 作 からなるSF 小 説 を 夢 中 で 読 んでいました 私 は 台 所 にいました ワァ と いうすごい 驚 きの 声 が 聞 こえてきました 続 いてトレイシーが ダメ と 強 い 語 調 で 叫 ぶ 声 がしました ラッセルと 私 は 二 人 で 顔 を 見 合 わせ 私 は 急 いで 何 が 起 きたのか 見 に 行 きました ゼンは 体 を 曲 げて 彼 のお 尻 をマイケルのほうに 向 け 誇 らしげにお 尻 の 穴 をおじいちゃんに 見 せたのでした トレイ シーも 丁 度 その 場 に 居 合 わせました マイケルとトレイシーは 私 に 何 があったのか 説 明 し お 尻 の 穴 なんか 見 たくな いと 言 いました ゼンは 二 人 の 反 応 にまったく 驚 いていました 私 はゼンに あなたのお 尻 の 穴 はとっても 美 しいわよ さあ もう 服 を 着 ましょう 皆 が 皆 ゼンのお 尻 の 穴 を 素 敵 って 思 うわけではないの ゼンにとってお 尻 の 穴 は 彼 の 腕 や 鼻 や 肘 と 同 じくらい 刺 激 的 な 発 見 なのです 彼 にとっては 魅 力 的 であり 誰 か と 分 かち 合 いたい 体 の 一 部 に 過 ぎません 彼 の 素 晴 らしい 発 見 おならの 出 る 場 所 を 見 せてあげたかったのです 子 供 は 皆 おならのとりこになります!ゼンはおじいちゃんに 同 じように 穴 があるかも 知 りたかったし 見 たかったので す マイケルとトレイシーは 条 件 付 けされた 反 応 をしました よくある 反 応 です 勿 論 私 もゼンが 生 まれる 前 はそうでし た 誰 も お 尻 の 穴 がきれいだとは 思 わないし 美 しい 目 や 指 や 他 の 体 の 部 分 と 同 じように 見 ることはありません 殆 んどの 人 がそうです ゼンにとって 世 界 は 素 晴 らしくワクワクするところであり すべてが 同 等 です 生 まれてきたときからそうでした 私 が 小 さいときもゼンと 同 じだったし あなたもそうだったでしょう しかし 成 長 する 過 程 で 自 分 自 身 を 判 断 ずるよう 育 てられます 善 や 悪 これは 望 ましい あれは 望 ましくないなどを 学 びます 意 識 して 子 供 を 育 てていると このことが とてもはっきりと 分 かります ゼンは 2 歳 半 の 幼 い 子 供 の 無 邪 気 さや 驚 きをもっています 彼 は 彼 の 世 界 を 分 類 しはじめています 私 たちの 家 庭 では 何 もタブーはありません 彼 は マミー 僕 が 大 きくなったら 女 の 子 になるの? 違 うわよ あなたはね ダディ のように 男 の 子 よ 大 きな 男 になると 思 うわ すると 僕 にはペニスあるよね マミー と 聞 くので そうよ と 答 えます - 5 -

6 マミーにはワギナがあるよね そうよ 私 は 女 だから ワギナがあるの 男 の 子 はペニスがあるのよ 僕 にワギ ナをもてる? いいえ ゼンは 男 の 子 よ だから 体 の 作 りもそうなっているの 大 きくなっても 今 と 同 じようにペニスが ついているわ そうか ゼンは 満 足 げに 言 いました ゼンはゼンです 彼 は 私 たちの 否 定 的 な 判 断 やタブーをすべて 打 ち 砕 きます 大 歓 迎 の 学 びです 多 くのことで よ り 自 由 になっています それに 彼 の 開 かれたハートを 通 して 人 生 を 見 ることが 好 きです 勿 論 とてもチャレンジなとき もあります 誰 かが でも ゼンは 社 会 に 決 して 適 応 しなくなるわよ と 言 いました その 通 りです 彼 は 人 々が 知 っているよう な 意 味 での 適 応 はしないでしょう でもそれがハンディになるとは 思 いません 彼 の 夢 や 本 当 の 自 分 をあきらめてまで 順 応 することはしないでしょう でも 自 分 の 個 性 や 人 々の 個 性 を 素 晴 らしく 感 じると 思 います 彼 にとっては すべて がまだ 初 めてのことであり 初 めてを 楽 しんでいます スピリットや 神 とのつながりを 定 義 しなければならないとしたら それは 私 が 感 じる 喜 び と 言 うでしょう どれほどの 喜 びをどのくらい 感 じているかが 自 分 とスピリチャルなつながりを 測 る 物 差 しです ゼンは 一 日 の 99%を 喜 びの 中 にいます あなたの 手 と 同 じくらいお 尻 の 穴 が 好 きですか? 体 のどの 部 分 も 同 じように 愛 していますか?1 日 にどのくらい 喜 び がありますか?ゼンのように 自 由 なところから 人 生 を 見 てください Happy New Year! たくさん 愛 を 込 めて 追 伸 :お 尻 のことですが セブンスジェネレーショントイレットペーパーの 包 装 に 書 かれている 言 葉 をまさかここで 書 こ うとは 思 ってもいなかったのですが 環 境 保 護 製 品 を 買 うきっかけになるかもしれないので アメリカの 各 家 庭 がトイレットペーパー4 個 を100%リサイクルに 変 えると 1,450,000 本 の 木 が 保 護 されることになりま す オフィス 便 り by トレイシー ローズ こんにちは 早 朝 です 自 分 の 縄 張 りを 主 張 するワライカワセミの 鳴 き 声 を 聞 きながら 椅 子 に 座 り 窓 の 外 を 眺 め ています 仕 事 に 出 かける 人 々の 車 の 音 が 遠 くに 聞 こえます ここサンシャインコーストでは 今 日 も 太 陽 の 日 差 しが 明 るく 気 持 ちのよい 朝 です でも どんな 天 気 であっても 霰 が 降 っても 晴 れても 天 候 に 左 右 されないで 幸 せでいよう と 決 めています 霰 といえば 私 は 先 週 大 きな 霰 の 嵐 に 見 舞 われました 父 の 車 に 乗 っているときでした!2 週 間 ほど 強 風 が 吹 き 荒 れていました そんなある 日 私 の 車 は 定 期 点 検 中 だったので 父 の 車 を 借 りました 車 で 30 分 ほど 離 れたところ に 住 む 友 人 を 訪 ねたのです 彼 女 のところにいるとき ひどい 嵐 が 近 づいて 来 る 様 が 見 えました そのため 急 いで 友 人 宅 を 去 りました 丁 度 半 分 くらい 走 ったとき 小 さい 放 牧 場 に 雷 が 落 ちて 燃 え 始 めていました あわてて 携 帯 を 取 ろ うとしたとき ドサッという 音 がしました シマッタ! 私 は 近 くのフェンス 沿 いにある 大 きなイチジクの 木 の 下 へ 車 を 走 らせました もうすでに 車 が 一 台 避 難 していました それから 15 分 ほど 至 る 所 に 降 ってくるゴルフボール 大 の 霰 が 当 たらないようにと 祈 っていました 母 にも 祈 りました 2インチほどもある 氷 が 激 しい 雨 で 洗 い 流 されてから 私 は 家 へ 帰 りました ねえ 父 さん こっちへ 来 て 車 を 見 て よ 父 は 車 を 見 てただ 肩 をすくめました 一 週 間 後 保 険 会 社 が 車 の 修 理 にかかる 見 積 もりを 計 算 してくれました 見 積 書 の 数 字 は 8500 ドルでした - 6 -

7 猫 が 1 匹 減 りました 私 の 飼 い 猫 だったカドルは 我 が 家 に 落 ち 着 くことはありませんでした 我 が 家 は 男 性 が 優 勢 の 家 庭 です 父 ラッセル ゼン 小 鳥 たち それからウォータードラゴンさえも 雄 です カドルは 男 性 優 勢 のエネルギ ーに 慣 れることができませんでした 彼 女 はお 漏 らしをするほど 神 経 過 敏 になってしまいました それで 静 かで 女 性 性 が 支 配 的 な 家 庭 で 彼 女 を 飼 ってもらうことにしました そこで 彼 女 は 愛 されてのびのびしています ラッセル カトリーナとゼンが 海 岸 近 くに 引 っ 越 してから 数 ヶ 月 たちました クリスマスは 11 人 しかいなくて 静 かなも のでした 私 は 2 ケ 月 前 にプリンを2つとクリスマス 用 ケーキを 作 っておきました そのケ-キも 半 分 は 冷 凍 し プリンも 1つまだ 残 っています クリスマスの 日 は 湿 度 が 高 く 摂 氏 32 度 ありました 泳 ぐには 丁 度 いい 暑 さでした 次 の 日 は 急 に 15 度 に 下 がり 雨 が 降 りました 多 くではありませんが 私 たちには 雨 が 必 要 です 今 日 は 快 晴 の 暖 かい 日 で す 父 は 貯 水 槽 を 2 つ 増 やしました 全 部 合 わせると 5 万 2 千 ガロンの 雨 水 を 貯 めることができます この 時 期 の 日 中 はセミが 絶 えず 鳴 いています 皆 さんも 知 っていると 思 いますが 彼 らが 生 きている 間 殆 んど 地 中 で 過 ごします 地 中 で 17 年 間 過 ごすセミもいます 雄 は 膜 を 振 動 させて 甲 高 い 音 を 出 し 雌 を 惹 きつけようとします 父 の 兄 が 蝉 の 声 は 補 聴 器 に 響 くと 何 年 も 前 にブツブツ 言 っていたことを 思 い 出 しました 私 はまだ 野 生 動 物 病 院 で 定 期 的 にボランティアとして 働 いています 動 物 たちに 必 要 な 手 術 や 治 療 をおこないま す その 後 自 然 に 戻 すか 必 要 なときは 安 楽 死 させます 病 院 に 来 た 動 物 の 中 に 車 にひかれたコアラの 母 親 と 赤 ちゃんがいました 昨 日 退 院 したばかりだったのに そ の 親 子 がまた 車 にひかれて 今 度 は 死 にました 警 察 によると 運 転 していた 人 が レーンを 越 えて 故 意 にその 親 子 にぶ つかったのだそうです 丁 度 パトロールをしていた 警 官 が 見 ている 目 の 前 で 起 きたことでしたが この 種 の 行 為 は 犯 罪 にはなりません 残 念 です 私 にはウォータードラゴンのブリーダー 資 格 があり 彼 らを 繁 殖 させています ウォータ-タンクを 半 分 に 切 ってもら って 彼 らが 成 長 できる 場 所 を 作 りました そこで 大 きくなった 後 は 庭 に 放 ちます 2 ケ 月 前 から 10 個 の 卵 を 保 温 して います 1 週 間 ぐらいで 雛 になります 1 ケ 月 半 後 には 2 ダースほどが 雛 になることでしょう 皆 さんに 愛 を 込 めて 意 識 のコラム by マイケル この 原 稿 を 書 く 前 に 前 号 のコラムを 読 み 返 しました トリーニーの 死 と 喪 失 についてでしたが 読 んでみると 私 は 感 情 のことを 感 情 にまつわる 基 本 的 な 真 実 を 何 も 知 らなかったと 思 いました 葬 儀 のときに 書 いた トリーニーへ の 謝 辞 も 読 み 返 しました あれから7ヶ 月 ほど 経 ちます 並 べられた 感 情 的 な 言 葉 の 中 には 勇 気 がありました 書 いていたときは 本 当 の 意 味 やその 深 さについて 何 もわかっていませんでした まさか 謝 辞 が 人 々を 励 ますだけでなく 私 自 身 も 励 ますことになるとは 思 ってもいませんでした トリーニーが 亡 くなった 後 これから 発 見 の 旅 へと 向 かいますね と 何 人 かの 人 が 私 を 励 ましました まったくそ の 通 りだと 思 いましたが 違 いました 私 は 旅 へ 向 かうのではなく 感 情 という 檻 の 中 にいるとは 気 づかないまま そこ に 留 まっていました その 中 で これまで 存 在 することすら 知 らなかった 感 情 を 経 験 しました 想 像 すらできなかった 感 情 と 感 情 からの 表 現 についてたくさんのことを 見 出 しました 私 自 身 についても だから あなたについてもさらなる 発 見 をしました 2007 年 のニュービギニングで 私 が 見 出 したことを 話 すつもりです ここでは 私 がこれまで 存 在 することも 知 らなか った 内 なるスペースを 見 出 したことだけを 伝 えておきます 大 変 素 晴 らしい 存 在 たちが 私 の 成 長 を 手 伝 ってくれています - 7 -

8 まず 1 人 目 はパンです この 2 年 間 パンとの 経 験 を パンの 目 を 通 して という 題 をつけて 書 いています それは メタフィジカルな 自 然 への 新 しい 旅 についての 本 です これまで 経 験 したことのないレベルにおけるエネルギーの 観 点 から 書 いているものです 少 なくとも 始 まりはそこからになっています トリーニーが 亡 くなってから 数 ヵ 月 後 彼 女 は 私 がパンとつながっている 瞬 間 に 加 わり 始 め 私 の 経 験 を 完 全 に 変 えました 彼 の 目 を 通 してメタフィジカルな 自 然 の 中 を 旅 しているとき それがひどく 個 人 的 なものとなり 私 が 精 密 に 調 べられ 私 が 私 に 直 面 させられているのでした 自 分 の 欠 点 に 直 面 するしかなく これまで 存 在 すら 知 らなかった 感 情 の 檻 の 中 で 生 きてきたことを 見 るしかありませんでした ここで 詳 細 を 書 くつもりはありません ニュービギニング で 話 します もう 1 人 の 存 在 が 私 の 人 生 に 登 場 することを 私 は 長 い 間 否 定 していました ヒラリオンといいます ヒラリオンは 第 5 光 線 のマスター(the Master of the Fifth Ray)であり 献 身 的 な 魂 をもった 素 晴 らしい そして 忍 耐 強 い 教 師 です 20 年 以 上 もの 間 私 はこの 偉 大 な 存 在 が どうして 気 が 進 まない 私 のことにかまうのかいらいらしていました 今 は その 理 由 がわかります この 偉 大 な 存 在 たちは 喪 失 感 悲 嘆 悲 しみは 私 の 選 択 によるものであることを 私 に 優 しく 示 し 直 面 させてくれ ました 感 情 の 檻 に 留 まるという 選 択 です 何 故 檻 かというと その 選 択 は 本 当 の 意 味 での 選 択 はなく 何 も 変 化 させ ることのない 選 択 をしているに 過 ぎないからです トリーニーが 亡 くなってから 6 ケ 月 たって トリーニーの 死 という 贈 り 物 は これまで 私 がずっと 入 っていた 檻 の 扉 を 開 けるものであることに 気 づきました それは 12 月 11 日 のことでした 私 は 痛 み 悲 しみ 喪 失 から 断 続 的 に 泣 き 続 けていました 丁 度 1 週 間 後 のことです 檻 から 出 て 私 はまったく 新 しい 内 なるスペースへと 足 を 踏 み 出 しました そこには 喪 失 も 傷 みも 悲 しみも 涙 もありません しかし このスペースがこの 瞬 間 の 中 に 存 在 することだけは 言 えます 悲 しいとかう れしいといったスペースではありません なぜなら 両 方 ともこの 瞬 間 に 入 ることのできない 人 間 の 感 情 だからです このスペースは 感 情 を 超 えています そこは 望 み 必 要 性 利 得 とか 喪 失 といったものはなく とてもダイナミックでこ れまで 経 験 したことのない 全 面 的 な 深 い 平 安 へと 私 を 変 えます そこではトリーニーが 私 と 一 緒 にいるのです! 彼 女 を 見 ることも 触 れることもできませんが テレバシーでお 互 い に 話 し 合 うことができます ある 意 味 これまでよりも 彼 女 はもっと 近 くにいます メタフィジカルなレベルで 彼 女 に 会 い に 行 くこともできます その 抱 擁 は 肉 体 の 抱 擁 に 比 べるとかなり 希 薄 ですが 深 い 意 味 の 愛 を 伝 えます 彼 女 は 今 まで 通 り 私 を 教 えています! 彼 女 は 言 いました ねえ あなたが 過 去 の 人 生 に 留 まるなら そこには 悲 しみや 喪 失 や 幻 想 以 外 何 も 見 出 せないわよ あなたが 今 を 生 きるなら 私 たちの 結 婚 でこれまで 知 らなかったことを はるかに 超 えるスピリチャルな 質 を 皆 に 分 かち 合 うことができるわ 別 の 日 には 次 のように 言 いました マイケル あなたは 過 去 と 未 来 の 中 に 沈 みこんでいるの この 瞬 間 の 中 だけ しか 立 ち 上 がることはできないのよ 彼 女 が 話 したことは 真 実 です 彼 女 の 知 恵 は 私 の 人 生 に 明 るい 光 として 輝 き 続 けています ニュービギニングの 間 あなたたちにその 光 を 分 かち 合 えるよう 願 います あなたにもっとも 必 要 なものを 与 えられる 人 が それをあなたに 与 える そのために その 人 を 最 愛 の 人 を 失 わな ければならない 思 いもつかないことです 欲 しいものではなく 必 要 なものを です! トリーニーが 生 きている 間 に 私 は スピリチャルな 成 長 を 妨 げる 感 情 という 監 獄 から 決 して 出 ることができなかった のです 魂 のレベルで 私 たちはこのことを 分 かっていました そして 私 たちにはスピリチャルな 成 長 がこの 人 生 にお ける 最 優 先 でした 今 トリーニーと 私 は 新 しい 成 長 新 しい 洞 察 新 たな 冒 険 新 たな 一 体 を 分 かち 合 っています 私 の 好 きな 歌 手 ナナとアンキに 新 しい 詩 を 書 きました 彼 らはオランダに 住 んでいます 題 は 離 れていても 共 に (Together Apart)です - 8 -

9 離 れていても 共 にある いつも 一 つとして 私 たちは 太 陽 の 輝 きのように 生 きる 光 と 愛 は 一 つであるものの 二 つの 半 分 スピリットと 真 実 が 魂 を 表 現 する 離 れているけれども 共 に 愛 し 成 長 するために ハ-トが 語 りかける 真 理 に 従 う そして 太 陽 の 輝 きのごとく 生 きる 離 れていても 共 に いつも 一 つとして 伝 えておきたいこと それは あなたと 感 情 との 関 係 は あなたが 考 えているようなものではないことです 感 情 に ついてあなたが 考 えることと 感 情 がどこからくるのかは かなり 違 いがありえます 私 たちの 思 考 は たいてい 合 理 的 ですが 感 情 はたびたび 非 合 理 的 で 非 論 理 的 なものになります この 非 合 理 的 な 状 態 から 考 えるとき 思 考 は 感 情 的 な 思 考 となります つまり 思 考 が 非 合 理 的 な 感 情 と 一 つになるのです 一 度 感 情 的 な 思 考 が 始 まると 一 層 ひどく なります この 状 態 では 論 理 的 で 分 別 のあるアドバイスも 受 け 入 れることはできません 感 情 的 な 反 応 に 対 して 一 緒 になって 反 応 することは 分 別 のないことですが よくあることです 夫 婦 の 感 情 的 衝 突 では 特 によく 起 きることです 感 情 的 な 反 応 がなくても 男 性 と 女 性 の 視 点 は 性 が 違 うだけで 十 分 違 います そして すべて 反 応 は 感 情 的 です 思 考 が 感 情 より 先 に 起 きますが 思 考 と 感 情 はしっかりとつながっています 思 考 と 感 情 がそれぞれお 互 いを 支 持 し 高 めるとき 感 情 と 心 のバランスが 達 成 されます それはあなたにとってプ ラスになります 2006 年 度 女 神 山 でのリトリート 参 加 者 から 2006 年 長 野 のリトリートで 初 めてマイケル ローズ 氏 に 出 会 いました 私 がまず 魅 かれたのは マイケルの 正 直 さ でした 最 愛 のトリーニーをなくしたばかりのマイケルは その 悲 しみをストレートに 表 現 し そして その 出 来 事 によっ てさらに 学 ぶべきことを 知 ったと 言 いました そして 今 は 未 だ 学 びの 途 中 であるので それを 教 えることはできないと も 最 初 は 深 い 悲 しみの 中 にいたマイケルが 一 日 一 日 とその 悲 しみを 生 きる 喜 びへと 変 容 させていく 様 をみて 生 き る という 本 当 の 意 味 を 教 えられました 言 葉 ではなく マイケルの 姿 勢 そして 行 動 が 直 接 私 たちに 意 識 の 変 容 を もたらしたように 思 います マイケルの 教 えは 日 常 生 活 そのものに 密 接 して その 日 常 こそが 完 全 であることに 目 を 開 かせてくれました またその 教 えは 私 たちを 自 由 に 飛 び 立 たせ 同 時 に 感 謝 と 共 に 地 に 足 を 着 けて 生 きることが 可 能 だということも ( 個 人 的 には 私 のパートナーが いかに 美 しく 完 璧 な 存 在 であるかということに 気 づかされました!) マイケル 自 身 が 今 回 はこれまでと 違 ってガイドラインを 全 く 使 わなかったと 打 ち 明 けたように このリトリートは 即 興 的 であり それゆえに 非 常 にパワフルな 気 づきをもたらしました マイケルは 真 に 覚 醒 の 道 を 歩 き 続 ける 人 だと 感 じます いいんだよ 私 達 はみんな 人 間 なんだから 全 てを 受 け 入 れるこの 言 葉 を 聞 くたびに マイケルの 人 類 に 対 する 深 い 愛 を 感 じ そして 私 自 身 も 大 丈 夫 なんだと 思 わず 微 笑 みます 鼓 みか 今 まで 人 生 を 楽 しんで 来 なかったことが 分 かりました だから 人 間 を 体 験 する 体 験 を 楽 しんでいます 何 でも 感 動 でき 楽 しめる 自 分 に 出 会 っています 村 井 由 紀 子 - 9 -

10 リトリートの 初 日 マイケルはトリーニーと 彼 自 身 に 起 きたことを 話 し 始 めました 内 容 は 愛 についてでした その 日 の 夕 方 参 加 者 の1 人 が 手 を 上 げて 愛 が 何 かわかりません と 彼 女 の 感 じていることを 正 直 に 話 しました マイ ケルは 彼 女 に 子 供 のころ 両 親 から 愛 されていましたか? と 聞 きました 母 親 からは 愛 を 感 じなかった 父 親 から は 言 葉 では 言 われたことがないけれども 態 度 で 愛 を 感 じていたと 思 う と 彼 女 は 答 えました 翌 朝 マイケルは 皆 の 前 に 椅 子 を 1 つ 置 いて 彼 女 に 座 るように 言 いました それから 私 たちに 向 かって 彼 女 に 愛 を 感 じる 人 は 彼 女 のところへ 行 き 目 を 見 て 本 当 に 愛 を 感 じたとき 心 からあなたを 愛 しています と 伝 えるよう にと 言 いました 魔 法 の 時 間 でした! 一 人 一 人 の 心 の 中 で 何 かが 置 きはじめていました 迷 うことなく 彼 女 のところへ 行 って 愛 を 伝 える 人 愛 していますと 言 う 価 値 が 自 分 にはないかもしれないとしばらく 葛 藤 でためらう 人 もいました でも 皆 それぞれに 自 分 と 向 き 合 い 愛 に 触 れました 愛 の 人 になりました 皆 愛 を 感 じて 愛 の 涙 を 流 しました 部 屋 のエネルギーは 高 くなり 愛 が 満 ち 溢 れていました 誰 もが 本 当 の 自 分 に 自 分 の 中 にある 愛 に 触 れているようでした 5 日 を 通 して マイケルのエネルギーが 私 たちに 触 れ 1つにつながり 変 化 しているマイケルによって リトリートが リトリートではない 新 しいものになっていました インナーエクササイズもこれまでとは 違 う 新 しいものでした とてもパ ワフルで 素 晴 らしいものばかりでした マイケルはオープンで 正 直 で 無 防 備 で 愛 そのものでした その 中 で より 深 い 愛 と 信 頼 を 経 験 し 自 信 をもってさらに 力 強 く 真 理 を 生 きる 人 愛 と 真 理 に 触 れて 自 分 の 真 理 を 歩 き 始 めた 人 この 5 日 間 は 誰 にとっても 新 しい 始 まり だったと 思 います 参 加 者 の 多 くがトリーニーの 愛 とサポートを 感 じました マイケル トリーニーに 感 謝 します 大 亀 安 美

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2 2014 春 シンシア 博 士 1 < 天 使 のクラス> 日 時 :2014 年 3 月 15 日 ( 土 )9:30 16:30 料 金 :35,000 円 前 金 :20,000 円 場 所 : 488-0883 愛 知 県 尾 張 旭 市 城 山 (しろやま) 町 長 池 下 4517 番 地 1 電 話 番 号 :0561-52-1850 尾 張 旭 市 スカイワードあさひ くすのきAホール5F

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

2007年冬号

2007年冬号 マイケル J ローズ ニューズレター 2014 年 春 号 皆 さん こんにちは やっと 春 めいて 我 が 家 の 菜 園 は 生 き 生 きとしたエネルギーであふれています 遊 びにきてくれた 友 人 のおかげで 菜 園 は 花 畑 のようになりました もうすぐ 毛 虫 の 発 生 する 時 期 昨 年 は 手 でつまんで 取 り 除 いていましたが 今 年 は ご 縁 があって 出 会 った

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調 その1 最 近 の 高 速 道 路 でよく 見 る 光 景 です えっ 何 が 間 違 っている の? と 思 われる 方 も 多 いのではないでしょうか?この 中 に 重 大 事 故 や 交 通 違 反 に 繋 がる 問 題 点 が 沢 山 あるのです!1 台 1 台 何 が 問 題 か 運 転 手 になった 気 持 ちで 確 認 してみましょう!! A 車 の 状 況 A 車 は トラックを 追

More information

Taro-『光と風と音の世界』阿字観

Taro-『光と風と音の世界』阿字観 - 1/5 - 光 と 風 と 音 の 世 界 ー 阿 字 観 実 修 についての 報 告 書 ー 平 成 4 年 4 月 教 学 部 提 出 教 化 研 究 員 川 上 修 詮 はじめに 仏 さまの 教 えは 人 生 は 苦 である というところから 始 まりました どう すればその 苦 しみから 逃 れられるのでしょうか それを 解 決 することが 一 生 を 安 楽 に 過 ごし 成 仏 するための

More information

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障 実 技 試 験 総 評 手 書 き 採 点 の 基 準 や 合 格 点 はこれまで 同 様 です 内 容 表 記 や 日 本 語 の 使 い 方 文 章 構 成 も 含 めた 総 合 で 70 点 以 上 です 読 みやすさに 関 しては 地 域 による 指 導 や 認 識 の 差 が 非 常 に 大 きく 出 たように 思 われます 養 成 講 座 の 最 初 に 表 記 の 指 導 を 徹 底

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

自 体 だけでなく 接 触 した 人 が 衣 服 や 靴 底 に 付 着 したウィルスを 運 んでしまう 危 険 があ ることと 発 症 すると 直 接 治 療 する 方 法 がなく 感 染 犬 の 体 力 や 抵 抗 力 をアシストする ことしかできないことです そのため 体 力 の 弱 い 子

自 体 だけでなく 接 触 した 人 が 衣 服 や 靴 底 に 付 着 したウィルスを 運 んでしまう 危 険 があ ることと 発 症 すると 直 接 治 療 する 方 法 がなく 感 染 犬 の 体 力 や 抵 抗 力 をアシストする ことしかできないことです そのため 体 力 の 弱 い 子 2015 年 8 月 シェルター 獣 医 師 通 信 ~ 神 石 高 原 の 風 景 神 石 高 原 での 出 来 事 こんにちは 獣 医 師 の 藤 原 です この 春 GREENDOG からピースウィンズ ジャパン に 出 向 し 保 護 犬 事 業 ピースワンコ ジャパンのシェルター 獣 医 師 として 愛 犬 さくら と 広 島 県 神 石 高 原 町 に 参 りました 東 京 では 家 庭

More information

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次 平 成 26 年 度 第 1 回 八 千 代 市 公 立 小 中 学 校 暑 さ 対 策 検 討 委 員 会 会 議 録 期 日 平 成 26 年 7 月 30 日 ( 水 ) 開 会 午 後 2 時 閉 会 午 後 3 時 35 分 場 所 八 千 代 市 市 民 会 館 2 階 第 6 会 議 室 出 席 者 八 千 代 市 長 秋 葉 就 一 委 員 長 小 林 伸 夫 ( 教 育 次 長 )

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 アファメーション( 理 想 の 自 己 イメージの 創 造 ) 高 校 (3 年 ) 1 本 時 の 指 導 ( 本 時 は 第 3 時 ) 第 1 時 夢 と 目 標 第 2 時 夢 (ビジョン)をリスト 化 する 第 3 時 目 標 のビジュアル 化 とアファメーション 化 のコツ (1) ねらい 好 きなもの 欲 しいものリストを 作 成 し それをもとにして 理 想 とする 人 間 像 性

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」 第 6 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 表 現 を 味 わい, 豊 かに 想 像 しよう( 教 材 やまなし イーハトーヴの 夢 ) 2 目 標 場 面 の 情 景 や 独 特 の 表 現 に 興 味 をもち, 想 像 豊 かに 読 もうとしたり, 宮 沢 賢 治 の 作 品 や 生 き 方 を 知 ろうと したりす ( 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ) 情 景 を

More information

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他 縄 文 柴 犬 審 査 基 準 JSRC 縄 文 柴 犬 研 究 センター 2009.04 1. 縄 文 柴 犬 とその 保 存 縄 文 柴 犬 の 歴 史 は 日 本 文 化 の 歴 史 に 深 く 関 わり 凡 そ1 万 年 前 の 縄 文 時 代 には 単 なる 家 畜 としての 役 割 だけでなく 家 族 の 一 員 仲 間 として 共 に 移 動 しながら 生 活 をして いたと 推 測

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63> マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 の 改 正 ポイント 平 成 22 年 7 月 1 マンションの 管 理 業 務 の 委 託 マンションの 管 理 組 合 の 管 理 業 務 には 管 理 費 等 の 収 支 の 調 定 出 納 建 物 設 備 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 等 標 準 的 にはマンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 )(

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082AA82F18FEE95F18BC782D62E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082AA82F18FEE95F18BC782D62E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 第 3 回 浜 松 がん 看 護 フォーラム21 知 って 得 するボディイメージの 話 自 己 概 念 とは 自 分 で 自 分 を 客 観 的 に 見 たときの 自 分 像 自 分 とはなんだろうか 自 分 は 一 体 どういう 人 間 だろうか 理 想 自 己 ボディイメージ 役 割 社 会 的 な 面 性 格 に 関 する 面 能 力 に 関 する 面 人 間 関 係 に 関 する 面 身

More information

著 者 プロフィール 町 田 ゆういち 1976 年 生 まれ 会 社 役 員 27 歳 からイタリア 人 に 恋 愛 人 生 の 手 ほどきを 受 け もてない 人 生 に 終 止 符 を 打 つ 自 己 の 殻 を 破 り 童 貞 卒 業 女 性 を 落 とす ことに 開 眼 し 経 験 人 数

著 者 プロフィール 町 田 ゆういち 1976 年 生 まれ 会 社 役 員 27 歳 からイタリア 人 に 恋 愛 人 生 の 手 ほどきを 受 け もてない 人 生 に 終 止 符 を 打 つ 自 己 の 殻 を 破 り 童 貞 卒 業 女 性 を 落 とす ことに 開 眼 し 経 験 人 数 恋 愛 BASIC 08 人 間 を 洗 脳 する 簡 単 な 方 法 恋 愛 JAPAN& 町 田 ゆういち - 1 著 者 プロフィール 町 田 ゆういち 1976 年 生 まれ 会 社 役 員 27 歳 からイタリア 人 に 恋 愛 人 生 の 手 ほどきを 受 け もてない 人 生 に 終 止 符 を 打 つ 自 己 の 殻 を 破 り 童 貞 卒 業 女 性 を 落 とす ことに 開 眼

More information

ます 仕 事 をすればするほど 仕 事 が 増 えます 家 に 着 いたら リラックスの 代 わりに 他 に しなければならないことをします 結 果 は やあ 今 日 は 忙 しかったね 疲 れた! と 言 います イギリスと 日 本 はそうだと 思 います しかし マラウイは 違 います 日 本

ます 仕 事 をすればするほど 仕 事 が 増 えます 家 に 着 いたら リラックスの 代 わりに 他 に しなければならないことをします 結 果 は やあ 今 日 は 忙 しかったね 疲 れた! と 言 います イギリスと 日 本 はそうだと 思 います しかし マラウイは 違 います 日 本 私 の 目 から 見 る 日 本 と 外 国 クレア サマーズ 私 の 目 は38 年 の 間 に 様 々な 文 化 を 見 ましたが 私 はまだ 世 界 の 新 人 だと 思 います イギ リスで 生 まれ 育 ちましたが 大 人 になってからはほとんど 外 国 に 住 んでいます 日 本 は 一 番 長 いですが アフリカのマラウイという 国 にも 住 んだことがあります チャンスがあれば 旅

More information

Microsoft Word - ⑤写真付き瀬戸口アーナンダ病院訪問の旅20130325-26報告.docx

Microsoft Word - ⑤写真付き瀬戸口アーナンダ病院訪問の旅20130325-26報告.docx Ananda Hospital を 訪 問 して デリー 日 本 人 会 ボランティアグループ 瀬 戸 口 陽 子 1)アーナンダ 病 院 訪 問 2013 年 3 月 25~26 日 の 1 泊 2 日 にてボランティアグループメンバー3 人 での 訪 問 の 旅 で す アーナンダ 病 院 の 最 寄 り 空 港 は Gorakhpur ゴラクプール 空 港 から 約 50 キロ 車 で 約 1

More information

Microsoft Word - marathon.doc

Microsoft Word - marathon.doc 2007 年 2 月 18 日 に 第 1 回 東 京 マラソンが 開 催 されました いろいろなメディアで 取 り 上 げられていたのでご 存 知 の 方 は 多 いと 思 います 通 常 は 走 ることのできない 都 心 の 車 道 を 封 鎖 し 注 目 度 の 高 かったこのイベントに 参 加 され 見 事 42.195 キロを 完 走 された 方 の 貴 重 な 体 験 談 を 聞 くことができたのでご

More information

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定 様 式 第 4 号 ( 第 6 条 関 係 ) 平 成 26 年 度 第 2 回 奈 良 市 入 札 監 視 委 員 会 定 例 会 議 審 議 概 要 開 催 日 平 成 26 年 8 月 28 日 ( 木 ) 開 催 場 所 奈 良 市 役 所 北 棟 6 階 第 17 会 議 室 出 席 委 員 審 議 対 象 期 間 委 員 長 森 裕 之 委 員 小 島 幸 保 委 員 中 川 雅 晴 平

More information

ルルルン

ルルルン 2015 年 11 月 24 日 動 画 リリース 調 査 結 果 に 基 づき50 代 女 性 の 心 に 迫 ったリアル ドキュメンタリー 動 画 を 公 開 動 画 タイトル もうまだ 調 査 肌 と 心 は 関 係 するのか 調 査 50 代 女 性 の 肌 年 齢 に 何 が 影 響 するのか?を 解 析 する 調 査 を 実 施 結 果 スキンケアにかけるお 金 商 品 の 数 ともに

More information

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの 日 本 と 韓 国 協 力 するためには 金 俊 佑 ( 韓 国 ) 私 は 幼 い こ ろ 日 本 に 住 ん で い ま し た ま だ 小 さ か っ た の で 記 憶 は 断 片 的 に し か あ り ませんが 日 本 に 対 しての 印 象 だけははっきりと 残 っています とても 暖 かくて かつ 穏 やかな 良 いイメージです 周 辺 に 公 園 が 多 く 自 然 が 身 近 に

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

院 内 で さんだリハビリテーション 病 院 の 開 設 がキックオフされ はや 半 年 が 過 ぎようとしています 建 築 会 議 が 始 まり 各 部 署 の 希 望 想 いなどを 一 つずつ 積 み 上 げていき 理 想 に 近 づけていった 会 議 また 近 隣 病 院 連 携 病 院 への

院 内 で さんだリハビリテーション 病 院 の 開 設 がキックオフされ はや 半 年 が 過 ぎようとしています 建 築 会 議 が 始 まり 各 部 署 の 希 望 想 いなどを 一 つずつ 積 み 上 げていき 理 想 に 近 づけていった 会 議 また 近 隣 病 院 連 携 病 院 への この 度 2 月 号 を 発 行 するにあたり 当 院 のスタッフの 中 から 2 月 生 まれの 皆 さんで 人 文 字 を 作 っていただきました(@^^)/ 文 字 は 和 です! 因 みに 人 文 字 の 上 のペアは です!( 分 かるかな?) 理 由 は 和 敬 会 の 和 サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 三 木 ヒルズ 和 (なごみ)の 和 でもあり 私 たち 和 敬 会

More information

4. 結 果 : 李 美 玲 ( 準 優 勝 ) 何 宗 諭 ( 特 別 賞 ) 5. 出 場 者 のスピーチ タイトル および 順 位 1 中 興 大 学 人 生 に 大 切 なこと 2 台 湾 大 学 時 間 のない 生 活 3 銘 伝 大 学 ( 何 宗 諭 ) 親 しき 仲 にも 特 別 賞

4. 結 果 : 李 美 玲 ( 準 優 勝 ) 何 宗 諭 ( 特 別 賞 ) 5. 出 場 者 のスピーチ タイトル および 順 位 1 中 興 大 学 人 生 に 大 切 なこと 2 台 湾 大 学 時 間 のない 生 活 3 銘 伝 大 学 ( 何 宗 諭 ) 親 しき 仲 にも 特 別 賞 2013/12/12 2013 年 第 30 回 日 本 航 空 盃 日 語 演 講 比 賽 報 告 書 結 果 報 告 荒 井 智 子 12 月 8 日 ( 日 )に 台 北 の 福 華 大 飯 店 において 日 本 航 空 スピーチコンテストの 本 選 が 行 われま し 本 学 から 参 加 した 李 美 玲 さんは 準 優 勝 (2 位 ) 何 宗 諭 さんは 特 別 賞 (4 位 )を 受

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

私 ( 内 田 )が 相 続 セミナーの 講 演 を 終 えると 一 番 前 の 席 で 熱 心 に 聴 いていた 男 性 が 先 日 亡 くなった 父 の 相 続 のことでご 相 談 したいのですが と 話 しかけてこられました 数 日 後 達 也 さんと 母 親 の 幸 子 さんが 事 務 所

私 ( 内 田 )が 相 続 セミナーの 講 演 を 終 えると 一 番 前 の 席 で 熱 心 に 聴 いていた 男 性 が 先 日 亡 くなった 父 の 相 続 のことでご 相 談 したいのですが と 話 しかけてこられました 数 日 後 達 也 さんと 母 親 の 幸 子 さんが 事 務 所 2014 年 1 月 第 10 回 その 贈 与 と 預 金 大 丈 夫 ですか? 事 例 4 税 理 士 内 田 麻 由 子 概 要 相 続 対 策 のつもりでやっていたことが 実 は 全 く 対 策 になっていなかったということがあります 今 回 は 生 前 贈 与 や 家 族 名 義 の 預 金 について 勘 違 いをしていたというご 家 族 の 事 例 です では

More information

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相 忘 れられたか 叱 られる 効 用 事 業 成 長 に 欠 かせない 人 材 の 自 己 革 新 従 業 員 の 成 長 なしに 事 業 の 成 長 はあり 得 ない! 本 レポートの 内 容 1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1ヘ ーシ 2 今 だからこそ 思 い 出 したい 叱 られる 効 用 2ヘ ーシ 3 結 局 やはり 叱 れなかった A 社 の 社

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20835F83438347836283678BC68A4582CC835E8375815B8148954B82B8918982B982E782EA82E9814182A082BD82E882DC82A682CC835F834383478362836795FB964082F082BF82E582C182C682BE82AF965C98492E646F63> ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット 方 法 をちょっとだけ 暴 露 ダイエット 業 界 のタブー? 必 ず 痩 せられる あたりまえのダイエット

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

1 記 載 日 平 成 年 月 日 目 次 1.わたしの 生 い 立 ち 思 い 出 の 記 録 P2 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) P4 3.お 墓 納 骨 埋 葬 法 について P5 4. 葬 儀 について P6 5. 医 療 介 護 について P8 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) P10 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) P11 8. 後 見 について P12

More information

飾 区 子 ども 子 育 て 支 援 ニーズ 調 査 報 告 書 - 学 童 保 育 クラブ 利 用 等 に 関 する 調 査 - 平 成 26 年 3 月 飾 区 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 1 1. 調 査 目 的 1 2. 調 査 対 象 1 3. 調 査 方 法 1 4. 調 査 期 間 1 5. 回 収 状 況 1 6. 集 計 値 や 図 表 の 表 記 について 1 Ⅱ. 調 査

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして

いろいろな 遊 びの 中 で 自 分 なりの 目 的 をもち 試 したり 考 えたり 工 夫 したりしながら 遊 びに 取 り 組 む 梅 雨 期 や 夏 の 生 活 に 興 味 関 心 をもって 生 活 しようとする 4 週 のねらい (6 月 4 週 ) 皆 で 一 緒 に 体 を 動 かして 5 歳 児 つき 組 保 育 指 導 案 1 研 究 主 題 主 体 的 な 幼 児 を 育 てるための 援 助 のあり 方 ~ 運 動 的 な 遊 びを 通 して~ 2 学 級 の 実 態 ( 男 児 16 名 女 児 19 名 計 35 名 転 入 園 児 1 名 含 む) 全 体 的 な 学 級 の 様 子 比 較 的 穏 やかである スキンシップを 取 りたがる 幼 児 が 多 い 集 まりの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63> 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 090526 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20979D8940899E89BB938C8EC5816997E996D88140974489EE816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20979D8940899E89BB938C8EC5816997E996D88140974489EE816A2E646F6378> 就 職 活 動 を 通 じて 理 工 学 研 究 科 応 用 化 学 専 攻 内 定 先 企 業 東 芝 1 自 己 紹 介 株 式 会 社 東 芝 に 技 術 職 として 内 定 を 頂 きました 配 属 先 が 横 浜 の 磯 子 エンジニアリングセンター 原 子 力 事 業 部 で 働 きます 2 なぜその 進 路 を 選 んだのか 第 一 希 望 の 就 職 先 だったため 環 境 問 題

More information

時 間 は 消 失 した これを 週 1 回 の 割 合 で 行 うことにより 5 回 目 で 効 果 持 続 が 2~3 日 に 延 長 された しかし 治 らない と 不 平 をこぼすため 週 に 2 回 の PRB を 開 始 治 療 8 回 目 で 症 状 の 全 てが 半 減 し それが

時 間 は 消 失 した これを 週 1 回 の 割 合 で 行 うことにより 5 回 目 で 効 果 持 続 が 2~3 日 に 延 長 された しかし 治 らない と 不 平 をこぼすため 週 に 2 回 の PRB を 開 始 治 療 8 回 目 で 症 状 の 全 てが 半 減 し それが 耳 鳴 り 治 療 症 例 実 例 集 86 歳 女 性 約 20 年 前 から 左 の 肩 こり 左 の 耳 鳴 り 頭 痛 起 立 時 のめまいを 強 く 訴 える ペイン 科 の 医 師 に 頚 部 硬 膜 外 ブロックを 数 十 回 星 状 神 経 節 ブロックを 5 回 受 けるが 症 状 が 改 善 し ないため 私 の 外 来 を 受 診 左 C6 への 傍 神 経 根 ブロック(PRB

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

著 作 権 について 本 冊 子 並 びに 本 冊 子 の 表 記 は 著 作 権 法 で 保 護 されている 著 作 物 です 本 冊 子 の 著 作 権 は 発 行 者 にあります 本 冊 子 の 使 用 に 関 して 以 下 の 点 を 十 分 ご 留 意 ください 使 用 承 諾 に 関 す

著 作 権 について 本 冊 子 並 びに 本 冊 子 の 表 記 は 著 作 権 法 で 保 護 されている 著 作 物 です 本 冊 子 の 著 作 権 は 発 行 者 にあります 本 冊 子 の 使 用 に 関 して 以 下 の 点 を 十 分 ご 留 意 ください 使 用 承 諾 に 関 す 新 野 良 著 作 権 について 本 冊 子 並 びに 本 冊 子 の 表 記 は 著 作 権 法 で 保 護 されている 著 作 物 です 本 冊 子 の 著 作 権 は 発 行 者 にあります 本 冊 子 の 使 用 に 関 して 以 下 の 点 を 十 分 ご 留 意 ください 使 用 承 諾 に 関 する 契 約 本 契 約 は 本 冊 子 を 持 つ 個 人 法 人 ( 以 下 甲 )と

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82936382B382F195FA8ECB90FC8EF68BC682CC82DC82C682DF2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82936382B382F195FA8ECB90FC8EF68BC682CC82DC82C682DF2E646F6378> 授 業 展 開 (3 年 生 3 クラス 94 名 実 施 日 2013 年 2 月 18 日 ~22 日 ) 科 学 技 術 と 人 間 エネルギー 資 源 ( 全 4 時 間 配 当 ) 1 発 電 の 仕 組 みとその 特 徴 (2 時 間 ) 2 放 射 線 の 性 質 と 利 用 (2 時 間 ) 以 下 はこの2 時 間 の 授 業 展 開 学 習 内 容 放 射 線 の 学 習 をするにあたって

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析 企 業 経 営 情 報 レ ポ ー ト 会 社 の 現 状 を 数 字 で 把 握 中 小 企 業 で 活 用 する 経 営 分 析 Contents 1 財 務 分 析 の 体 系 を 理 解 する 2 実 数 分 析 の 手 法 を 理 解 する 3 比 率 分 析 の 流 れと 体 系 を 理 解 する 4 利 益 を 生 み 出 す 力 収 益 性 を 見 る 5 経 営 資 源 の 効 率

More information

スライド 1

スライド 1 へ 勤 務 しての3 年 間 目 標 による 看 護 管 理 を 実 践 して H28.3.22 村 田 副 院 長 兼 総 括 退 職 記 念 講 演 会 後 に 平 成 25 年 4 月 1 日 に 故 小 山 田 恵 先 生 に 平 成 26 年 に 病 院 を 新 築 移 転 するが 建 物 が 新 しくなっても 中 で 働 く 人 の 意 識 が 変 らなければ 病 院 を 建 てる 意

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

Microsoft Word - _0506修正_1-0413Final.doc

Microsoft Word - _0506修正_1-0413Final.doc 見 本 市 のリードが 重 要 情 報 を 公 開 (No.38, 0/04/3) 東 京 ビッグサイトでの 異 様 な 光 景 太 陽 電 池 展 燃 料 電 池 展 二 次 電 池 展 ニュース これが 8 万 人 が 来 場 した 時 の 光 景 来 場 者 の 多 さに 驚 いた もっと 大 きな 会 場 が 必 要 だ の 声 続 出 200 年 3 月 3 日 ( 水 ) 午 前 9 時

More information

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ 全 日 本 手 をつなぐ 育 成 会 国 際 育 成 会 連 盟 意 思 決 定 の 権 利 国 際 育 成 会 連 盟 グローバル キャンペーン ディスカッション グループ ファシリテーター ガイド 国 際 育 成 会 連 盟 2013 年 4 月 序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63> 2 ヶ 月 目 のまとめ: 質 問 への 回 答 より 抜 粋 ================================================== その3:もっと 知 りたいことや 疑 問 点 質 問 など 前 半 部 分 で 変 化 への 恐 怖 という 感 情 が 挑 戦 しなくていい 方 法 を 色 々と 探 し 出 す ということを 言 われていましたが 1か 月 目 のテ

More information

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと

を 傷 つけることもあった そこで 本 単 元 では 命 の 大 切 さと 男 女 の 平 等 という2 点 を 重 点 的 に 取 り 上 げ 男 女 と いう 性 差 を 取 り 払 い 一 人 の 人 間 として 周 りの 人 間 も 尊 重 し 大 切 にする 心 情 を 育 てたいも のと 第 6 学 年 学 級 活 動 学 習 指 導 案 日 時 平 成 18 年 11 月 22 日 ( 水 )5 校 時 児 童 6 年 1 組 男 12 名 女 10 名 計 22 名 指 導 者 藤 原 学 1 単 元 名 男 女 の 役 割 について 考 える ~ 自 らしく 生 きる~ 2 単 元 について (1) 児 童 について 児 童 は 明 るく 元 気 で 男 女 仲 よく 協 力

More information

ピザ 作 りの 様 子 です 自 分 たちで 生 地 こねからトッピングをやります 焼 く 作 業 はスタッフが 行 います 棒 巻 きパンです それぞれ 袋 に 入 れて 生 地 を 作 ります その 後 篠 竹 に 巻 いて 焼 きます ポトフは 少 人 数 向 け 時 間 のかかる 活 動 で

ピザ 作 りの 様 子 です 自 分 たちで 生 地 こねからトッピングをやります 焼 く 作 業 はスタッフが 行 います 棒 巻 きパンです それぞれ 袋 に 入 れて 生 地 を 作 ります その 後 篠 竹 に 巻 いて 焼 きます ポトフは 少 人 数 向 け 時 間 のかかる 活 動 で 森 のようちえん 森 のほいくえん 活 動 例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 あかぎの 森 のようちえん 通 年 : 森 の 散 策 季 節 を 問 わず いろいろなものが 見 つかります 冬 でも 意 外 と 沢 山 のものと 出 会 えます! 6 月 植 物 も 咲 き 乱 れ 始 めます 10 月 紅 葉 の 下 を 散 策 できます 3 月 寒 くて 景 色 も 郷 愁 を 感 じます

More information

海外技術協力を経験して思うこと

海外技術協力を経験して思うこと 海 外 技 術 協 力 を 経 験 して 思 うこと あなたは どんな 技 術 を 用 いて 社 会 に 貢 献 できますか? 1.はじめに 福 岡 支 部 福 岡 県 土 整 備 事 務 所 田 尻 英 樹 私 は 1995 年 ( 平 成 7 年 )レバノン 共 和 国 への 技 術 協 力 をはじめとして 今 まで4 回 海 外 への 技 術 協 力 に 参 加 しました インフラ 整 備 に

More information

藤 --は 日 常 的 に 小 遣 いを 全 くくれない 人 でした 5 年 ほど 前 に 私 の 実 父 が 死 亡 したときも 数 年 前 に 実 母 が 病 気 で 倒 れたときも オレの 親 ではない と 言 って1 円 も 出 してくれない 人 なのです ですから 私 は 結 婚 して3

藤 --は 日 常 的 に 小 遣 いを 全 くくれない 人 でした 5 年 ほど 前 に 私 の 実 父 が 死 亡 したときも 数 年 前 に 実 母 が 病 気 で 倒 れたときも オレの 親 ではない と 言 って1 円 も 出 してくれない 人 なのです ですから 私 は 結 婚 して3 婚 姻 に 至 る 経 緯 書 申 請 人 YI---G Y--- 妻 作 成 者 S-----N H-----T 1 夫 との 出 会 い 申 請 人 の YI---G Y---は 私 の 夫 です 2003 年 5 月 当 時 私 は 茨 城 県 A1 町 ( 現 A2 市 )に 居 住 していました 5 月 15 日 に 茨 城 県 A3 市 ( 現 A2 市 )にあるタイ 人 の 友 人 の

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

薬の正しい服用法

薬の正しい服用法 高 齢 者 のための 転 倒 予 防 法 ~ 歩 くだけでは 不 十 分 ~ 高 齢 者 も 筋 肉 を 増 やせる 歩 くだけでは 不 十 分 トレーニングをしよう 高 齢 者 になっても 日 常 生 活 をスムーズに 過 ご し 転 倒 を 予 防 して 寝 たきりにならないよう 筋 肉 を 増 やして 維 持 しよう 貯 筋 歩 くのはエネルギー 代 謝 には 効 果 的 でも 貯 筋 には

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

平成23年6月20日

平成23年6月20日 第 1 回 茨 城 県 北 編 入 賞 作 品 一 覧 一 般 部 門 最 優 秀 賞 1 点 タイトル: おはよう 大 子 町 で~す 応 募 者 : 門 林 泰 志 郎 様 撮 影 地 : 大 子 町 おはよう 大 子 町 で~す は 2013 年 5 月 19 日 に 開 催 された 大 子 町 の 大 イベント YOSAKOIまつりの 朝 の 準 備 の 行 き 交 う スターYOSAKOIの

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

しかし そんな 事 は 関 係 ありません 大 事 なのは とうとう 私 は 答 えを 見 つけたという ことです ではなぜ 私 のダイエットの 秘 密 が 素 晴 らしいのか お 話 ししましょう 脂 肪 が 素 早 く 溶 ける まず このダイエットは 即 効 性 があります 1 時 間 以 内

しかし そんな 事 は 関 係 ありません 大 事 なのは とうとう 私 は 答 えを 見 つけたという ことです ではなぜ 私 のダイエットの 秘 密 が 素 晴 らしいのか お 話 ししましょう 脂 肪 が 素 早 く 溶 ける まず このダイエットは 即 効 性 があります 1 時 間 以 内 崖 っぷち 主 婦 の 驚 くべきダイエットの 秘 密 私 はナンシー プライラー 35 歳 主 婦 であり 3 人 の 子 供 の 母 でもあります 私 自 身 の 個 人 的 な 話 をさせてください 去 年 9 月 のある 日 のこと 私 は 泣 き 崩 れそうになってしまい ました もう 無 理 限 界 気 が 狂 いそう それは 月 曜 日 の 朝 私 が 浴 室 の 体 重 計 に 乗

More information

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身 1 215 11 15 救 機 関 紙 No.4 寒 ょ? 昨 雨 温 ぐ 下 金 巨 未 駅 迎 確 : 救 : 西 谷 文 564-41 吹 田 市 泉 町 1-22 - 33 TEL 6-617-4757 FAX 6-6378-6625 E-mai l : nishinishi@r3.dion.ne.jp URL : http://www.nowiraq.com/ No.4 November

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

学生アンケート回答(その他の意見)公表用.xls

学生アンケート回答(その他の意見)公表用.xls 学 生 アンケート 調 査 結 果 報 告 別 冊 - 目 次 - Ⅰ その 他 の 意 見 問. 住 みやすいと 思 われる 点 問 6. 住 みにくいと 思 われる 点 問 9. 学 業 以 外 の 過 ごし 方 問 0. 地 域 活 動 やボランティア 活 動 まちづくり 活 動 などへの 参 加 意 向 問. 活 動 に 参 加 していない 参 加 しない 理 由 問. 卒 業 後 に 住

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ~ 花 粉 症 ~ 今 年 の 花 粉 情 報 と 治 療 セルフケア 花 粉 症 基 礎 知 識 花 粉 症 とは? 花 粉 症 とは スギやヒノキなどの 植 物 の 花 粉 が 原 因 となって 目 のかゆみ 鼻 水 な どのアレルギー 症 状 を 起 こす 病 気 です なぜ 花 粉 症 でくしゃみや 涙 が 出 るの? 身 体 が 花 粉 を 敵 だと 判 断 するために 花 粉 を 自 分

More information

おそらくこれを 読 んでいるあなたなら もしかすると 既 にご 承 知 のことだったかもしれません これからお 伝 えする 私 のメッセージは あなたに 最 適 な 税 理 士 を 探 すもっとも 適 切 な 答 えを 導 き 出 せるかもしれません 5 分 だけ 私 に 時 間 を 下 さいますか

おそらくこれを 読 んでいるあなたなら もしかすると 既 にご 承 知 のことだったかもしれません これからお 伝 えする 私 のメッセージは あなたに 最 適 な 税 理 士 を 探 すもっとも 適 切 な 答 えを 導 き 出 せるかもしれません 5 分 だけ 私 に 時 間 を 下 さいますか 失 敗 しない 税 理 士 の 見 つけ 方 を 知 りたい 人 は 他 にいませんか? 副 業 で 稼 いでいるサラリーマン 個 人 事 業 主 が 安 心 してインターネットに 強 い 税 理 士 を 探 す 最 適 な 方 法 を 今 からあなたにすべてお 話 しします あなたにひとつだけ 重 要 な 質 問 をします もしあなたがサラリーマンあるいは 個 人 事 業 主 で 事 業 を 始

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

女を自分にベッタリ依存させる方法

女を自分にベッタリ依存させる方法 こんにちは 古 賀 です あなたは 好 きな 女 性 気 になる 女 性 に 依 存 されたいと 思 いますか? あなた 無 しじゃ 生 きられない と 言 われて ベッタリ 依 存 され 頼 りまくられたいと 思 いますか? まあ 人 によってはウザイと 言 う 人 もいるかもしれませんが ほとんどの 男 性 が 気 になる 女 性 か ら 依 存 されたいと 思 っているのではないかと 思 います

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303594AD8CBE97768E7C81698CF68A4A94C5816A> 平 成 25 年 度 第 2 回 教 育 関 係 者 懇 談 会 発 言 要 旨 ( 教 員 ) 開 催 日 時 : 平 成 25 年 10 月 16 日 ( 水 )10:00~14:50 場 所 : 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 参 加 者 藤 枝 市 立 西 益 津 小 学 校 教 職 員 ( 外 国 語 指 導 助 手 ) 藤 枝 市 教 育 会 指 導 主 事 県 教 育 会 教

More information

平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 状 況 ( 確 定 値 )の 概 要 平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 状 況 について 調 査 を 行 ったところ その 概 要 は 以 下 のとおりでした 1 総 数 平 成 27 年 7 月 の

平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 状 況 ( 確 定 値 )の 概 要 平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 状 況 について 調 査 を 行 ったところ その 概 要 は 以 下 のとおりでした 1 総 数 平 成 27 年 7 月 の 平 成 27 年 8 月 18 日 消 防 庁 平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 の 状 況 平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 全 国 の 救 急 搬 送 の 状 況 ( 確 定 値 )を 取 りまとめましたので その 概 要 を 公 表 します 概 要 平 成 27 年 7 月 の 全 国 における 熱 中 症 による 救 急 搬 送 人 員 数 は2

More information

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 11 1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 期 の 教 育 終 了 前 (5 歳 児 の10 月 ~3 月 ) のカリキュラムです 小 学

More information

山梨県職員研修所 御中

山梨県職員研修所 御中 家 庭 生 ごみ 組 成 調 査 等 集 計 結 果 および 県 内 食 品 ロス 量 等 推 計 業 務 報 告 書 平 成 26 年 1 月 公 益 財 団 法 人 山 梨 総 合 研 究 所 2 目 次 1 家 庭 生 ごみ 組 成 調 査 参 加 対 象 者 の 家 庭 状 況 および 食 問 題 の 意 識... 4 Q1-1 調 査 参 加 者 の 家 族 構 成... 4 Q1-2 食

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は 2010 年 度 7 月 22 日 神 戸 夙 川 学 院 大 学 石 川 和 則 客 員 教 授 講 義 アンケート 結 果 2010 年 7 月 22 日 石 川 和 則 の 講 義 を 聴 講 した 学 生 に 対 してアンケートを 配 布 質 問 項 目 は1あなたは 何 回 生 ですか? ( 選 択 制 ) 2 講 義 評 価 (5 段 階 ) 3 次 回 講 義 で 聴 きたい 内 容

More information

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう 1 2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとうございます 今 占 いはあなたの 生 活 の 一 部 になっているかもしれません そんな 占 いの

More information

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の

2 中 期 目 標 の 達 成 に 向 けた 年 度 目 標 視 点 学 力 の 基 礎 の 向 上 1 毎 月 の 誕 生 会 の 年 度 末 の 保 護 者 アンケート 調 査 で 幼 児 のすすんで 話 を 聞 こうとする 態 度 があ る について そう 思 う(だいたいそう 思 う) の 大 阪 市 立 菅 南 幼 稚 園 平 成 26 年 度 運 営 に 関 する 計 画 自 己 評 価 ( 総 括 シート) 1 学 校 運 営 の 中 期 目 標 現 状 と 課 題 思 いを 相 手 に 伝 えたい 気 持 ちはあるが うまく 伝 えられなかったり に 応 じた 言 葉 の 使 い 方 がわからなかったりする 子 どもの 実 態 から 様 々な 人 の 話 を 聞 く 力 の 育

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information