~Q ~Q 深 い I~\の 傷 人 を I~\から 信 用 する 事 は 無 く 成 りました 現 在 でち!ただ 私 自 身 は 伺 事 に ち 誠 実 でありだいと I~\がけています 他 人 に 伺 か 手 を 貸 す 事 が 育 っても あり þ~とうの 言 葉 は 期 待 しなく 成 り

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "~Q ~Q 深 い I~\の 傷 人 を I~\から 信 用 する 事 は 無 く 成 りました 現 在 でち!ただ 私 自 身 は 伺 事 に ち 誠 実 でありだいと I~\がけています 他 人 に 伺 か 手 を 貸 す 事 が 育 っても あり þ~とうの 言 葉 は 期 待 しなく 成 り"

Transcription

1

2 ~Q ~Q 深 い I~\の 傷 人 を I~\から 信 用 する 事 は 無 く 成 りました 現 在 でち!ただ 私 自 身 は 伺 事 に ち 誠 実 でありだいと I~\がけています 他 人 に 伺 か 手 を 貸 す 事 が 育 っても あり þ~とうの 言 葉 は 期 待 しなく 成 りました 警 察 の 無 愛 想 な 対 応 に I~\ 底 傷 つけられましだ 事 件 後 逮 捕 の 連 絡 以 外 は 一 切 ~ ~Q

3 ~g ~g ~g

4 ~8 ~8 ~8 ~8

5 ~g ~g ~g ~g ~g ~g ~g

6 ~Q, ~Q, ~Q, ~Q,

7 ~g ~g ~g ~g ~g ~g

8 ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

9 ~8 ~8 ~8

10 ~ ~ ~ ~ ~B ~ ~B ~ ~B ~ ~ ~ ~ 被 害 者 の I~\の 傷 は 一 生 消 えません 親 族 や 他 人 の 何 気 ない 一 言 で 精 神 的 にダメ

11 そっとしておくことその 環 境 を 周 りがつくることが~ 要 警 察 の 事 後 処 理 がなお ~g ~g ~g

12 ~G ~G ~G ~G ~G ~G ~G

13 ~B ~B ~B ~B た 事 は 大 きな 事 ではなかったですが 長 い 間 恐 怖,~\は 残 ったので 事 があった 方 は,~\のケアがとても 大 事!こなってくると 思 います ~B

14 ~B ~B ~B ~B ~B

15 ~g

16 ~Q. ~Q. ~Q. ~Q. ~Q. ~Q.

17 ~B ~B

18 ~8 何 十 年 経 っても I~'の 傷 は 癒 えません 犯 罪 を 犯 す 人 には 人 聞 としての 山 が 無 い ~8 ~8 事 件 の 後 は 非 常 に 複 雑 な I~' 境 になっていて 他 人 にはとても 理 解 できないの

19 ~g ~g

20 ~8 親 身 になってくださる 方 がいることが 一 番,~\ 強 いのです ~8 ~8 ~8 ~8 物,~\ついて 以 来 家 族 を 初 めとしてシルバーセンターの 仲 間 まで 同 じ 種 類 のい

21 ~8 ~8 小 学 校 1~ 学 年 の 頃 に わいせつ 行 為 に 近 い 事 を 何 度 ち 受 けた( 全 部 副 の 人 )そ ~8 ~8 ~8

22 悪 を 許 さないという 厳 正 さが~ 要 特 に 大 人 はマシにはなってきていますが 人 に I~\を 開 けないところがあります 今 は め

23 ~8 ~8 ~8 j 戻 が 出 ます I~\の 障 害 は 一 生 消 えないと 思 います でも 子 供 たちが 理 解 してくれ

24 犯 罪 被 害 といってち 自 分 は 軽 度 のものでしだ すぐL 警 察 に 被 害 届 を 出 し I~ 行 ~にもかかわらず 男 性 の 捜 査 官 から 伺 度 も 同 じことを 訊 かれ それだけでち 屈 辱 事 件 を 思 い 出 して 恐 ろしい 思 いをしています 事 件 にあったことは 年 I1~ ~Q, 遇 1 日 ヲ~ ~Q, ~Q, ~Q,

25 ~B ~B ~B ~B ~B ~~ まったくの 泣 き 寝 入 りです いつかそいつを 殺 しそうで 自 分 でも 自 分 が ~B

26 ~H ~H ~H ~H ~H

27 ~g ~g

28 ~G ~G ~G ~G I~\が 重 く 苦 しいです

29 表 面 的 には 回 復 しているが やはり l~\の 奥 底 では 回 復 しきれない 部 分 があるし ~B ~B ~~す 事 件 以 来 ス 配 止 まら の 揚 合 は 悶 犬 が 臨 来 ~B 親 御 さん 達 がきちんと 危 膜 について 教 える~ 要 があると 思 います ~B

30 臨 らか,~\の 置 き 所 を 得 た いまだに 復 讐,~\は 消 えません 加 害 者 には 徹 底 的 な 社 会 的 制 裁 が l 必 要 だと 思 い ~Q, ~Q, (,~\ 的 ストレス 障 害 )という 邑 葉 を 聴 いたのは 数 年 前 の とですが ~Q, ~Q, ~Q, ~Q,

31 ~g ~g ~g るので その 後 の 不 安 がかなり 有 る 現 在 睡 眠 障 害 で,~\ 療 内 科 の 薬 を ~g ~g ~g

32 情 表 現 がダメになりました,~\から 思 う 事 もなくなり 笑 う 事 ち 顔 だけで,~\の 中

33 しかなく I~\ 療 内 科 をもうけるべきだと 思 った 2 今 まで 地 域 に 無 関 I~\だっ ~13 ~13 ~13 ~13 ~13

34 ~Q. 1J~ 分 からないという 事. 犯 罪 は 皇 近 在 問 題 だと 認 識 してほし U が 頭 では 分 ~Q. ~Q. ~Q. ~Q.

35 ~8 ~8 ~8 ~8 ~8 ~8 ~8 ~が を 得 た 事 で l 白 が 安 定 しました 私 共 の 事 件 では 支 援 して 下 さる 方 が 沢 山

36 ~B を 聞 くだけです アンケート 調 査 に I~\から 感 謝 申 し 上 げます になりにくく 加 害 者 が 罪 の 意 識 が 無 い 割 に 被 害 者 の I~\ 身 の 傷 は 計 り 知 れない ~B ~ 義 父 母 との 関 係 親 族 ち 含 めて 色 々なことがありましだ 言 葉 一 つで I~\が 楽 になる 一 年 あまりで 普 通 の 人 達 では 体 験 できないよ ~B ~B の 自 由 とはいえ ~すしち 正 しい 報 道 をしてる 訳 ではありません 被 害 者 を ~B

37 ~g ~g ~g

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx 刑 法 各 論 の 基 礎 25 個 人 的 法 益 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 (1) 07 行 動 の 自 由 意 思 決 定 の 自 由 法 益 主 体 = 個 人 人 の 生 命 身 体 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 生 活 の 平 穏 に 対 する 罪 (プライバシーに 対 する 罪 ) 名 誉 信 用 に 対 する 罪 財 産 に 対 する

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

4

4 4 1 2 3 4 5 6 7 8 3 9 10 3 11 2 12 任 逃 れをする 犯 罪 者 も 増 えてきてしまうのではないかと 思 ったからです 自 分 が やってしまったことの 責 任 は きちんと 取 らなくてはならないのです しかし その 家 族 までもが 一 緒 に 責 任 を 背 負 い 苦 労 をしていくのは おかしいのではな いかと 思 いました 確 かに 家 族 を 思 っての

More information

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73>

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73> 5 職 の の 状 況 (1) 期 末 勤 勉 宮 城 県 1 人 当 たり 平 均 支 給 額 (22 年 度 ) - 1,691 千 (22 年 度 支 給 割 合 ) (22 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 勤 勉 期 末 勤 勉 2.60 月 分 1.35 月 分 2.60 月 分 1.35 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65 ) 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95> 平 成 24 年 12 月 12 日 ( 水 ) 性 犯 罪 被 害 者 の 現 状 と 公 的 医 療 支 援 の 問 題 点 - 産 婦 人 科 医 会 の 調 査 より- 日 本 産 婦 人 科 医 会 常 務 理 事 母 子 愛 育 会 愛 育 病 院 安 達 知 子 性 犯 罪 の 分 類 Wikipediaより 暴 力 的 性 犯 罪 強 姦 強 制 わいせつ 強 盗 強 姦 わいせつ

More information

ガイドライン Ⅰ はじめに 1 防 犯 カメラとプライバシー 犯 罪 が 増 加 する 中 静 岡 県 では 人 の 目 による 見 守 り 合 いを 基 本 として 犯 罪 の 起 き にくい 防 犯 まちづくり を 推 進 していますが 人 の 目 が 行 き 届 かないところに 対 し ては

ガイドライン Ⅰ はじめに 1 防 犯 カメラとプライバシー 犯 罪 が 増 加 する 中 静 岡 県 では 人 の 目 による 見 守 り 合 いを 基 本 として 犯 罪 の 起 き にくい 防 犯 まちづくり を 推 進 していますが 人 の 目 が 行 き 届 かないところに 対 し ては プ ラ イ バシー 保 護 に 配 慮 した 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 す る ガ イ ド ラ イ ン このガイドラインは 不 特 定 多 数 の 方 が 利 用 する 場 所 に 防 犯 カメラ を 設 置 し 又 は 設 置 しようとしている 事 業 者 の 皆 様 を 対 象 に 犯 罪 の 予 防 とともに 個 人 のプライバシー 保 護 に 配 慮 したカメラの 設

More information

現 代 の 社 会 情 勢

現 代 の 社 会 情 勢 時 代 不 安 と 職 業 観 パートⅦ - 不 況 時 代 のメンタルヘルス- 臨 床 心 理 士 の 立 場 から ティーペック 株 式 会 社 EAPセンター 臨 床 心 理 士 鴨 澤 あかね 現 代 の 社 会 情 勢 若 者 ( 新 入 社 員 )の の 意 識 今 の 会 社 に 一 生 勤 めようと 思 っている とする 回 答 出 典 : 2009 年 度 新 入 社 員 意 識

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C93878CA794C68DDF94ED8A518ED28E7889878D75898989EF5F947A95749770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C93878CA794C68DDF94ED8A518ED28E7889878D75898989EF5F947A95749770> 犯 罪 平 被 成 害 24 者 年 支 2 援 月 講 28 演 会 日 犯 罪 被 害 者 等 への 地 域 での 支 援 について 福 山 大 学 人 間 文 化 学 部 心 理 学 科 教 授 平 伸 二 ( 公 益 社 団 法 人 広 島 被 害 者 支 援 センター 理 事 ) 今 日 の 話 題 と 予 定 犯 罪 被 害 者 支 援 の 経 緯 と 現 状 わが 国 の 歴 史 と

More information

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

2 5 3 1827 10 40 16

2 5 3 1827 10 40 16 1895 1827 1 1 2 1823 3 4 1 1 70 15 2 5 3 1827 10 40 16 2 2 6 17 7 4 8 9 18 1916 1917 1921 1924 1922 10 註 1 1955 1925 1955 2012 2001 8 2 45 1990 11 3 1988 6 4 1 2 5 6 1933 3 175 176 7 19 164 8 2007 911

More information

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に 第 7 章 薬 物 乱 用 犯 罪 被 害 等 1. 薬 物 乱 用 の 実 態 (1) 薬 物 乱 用 とその 影 響 薬 物 乱 用 とは 医 薬 品 を 医 療 以 外 の 目 的 で 使 用 すること 医 療 目 的 ではない 化 学 物 質 を 不 正 に 使 用 することである 乱 用 される 薬 物 には 前 者 の 例 として 睡 眠 薬 や 鎮 痛 剤 のような 向 精 神 薬 があり

More information

(1) 団 体 への 問 い 合 わせ 件 数 平 成 20 年 8 月 から 平 成 20 年 11 月 までの 間 に 団 体 への 所 謂 家 出 行 方 不 明 者 に 関 する 捜 索 支 援 への 問 い 合 わせ 総 数 は 26 件 であり 月 平 均 :6.5 人 である 8 月

(1) 団 体 への 問 い 合 わせ 件 数 平 成 20 年 8 月 から 平 成 20 年 11 月 までの 間 に 団 体 への 所 謂 家 出 行 方 不 明 者 に 関 する 捜 索 支 援 への 問 い 合 わせ 総 数 は 26 件 であり 月 平 均 :6.5 人 である 8 月 平 成 21 年 6 月 8 日 古 内 栄 行 方 不 明 者 の 傾 向 と 動 機 から 社 会 と 人 々が 抱 える 様 々な 問 題 を 浮 き 彫 りにさせるため 行 方 不 明 者 の 傾 向 および 動 機 その 後 の 解 決 の 有 無 安 否 の 有 無 などを 団 体 への 依 頼 から 分 類 調 査 を 実 施 した (1) 団 体 への 問 い 合 わせ 件 数 (2)

More information

OFvol15-T

OFvol15-T 客 把 握 デ 来 目 前 前 デ ィ ペ 名 づ 因 巻 朝 代 登 卒 業 バ 写 写 真 点 バ 代 仲 悪 信 程 度 詳 細 報 告 存 在 ざ 連 携 個 抱 込 ゆペ 葉 代 表 増 具 有 効 今 回 9 5 月 足 東 京 組 心 ご 紹 介 複 雑 様 奪 膨 奪 8 香 川 県 左 グ フ 4 割 6 月 4 次 降 続 殊 6 度 勤 務 文 科 省 施 84 8 83 8

More information

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班)

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班) 事 業 評 価 書 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 平 成 2 7 年 3 月 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 1 評 価 の 対 象 とした 政 策 (1) 政 策 の 背 景 目 的 及 び 内 容 子 供 や 女 性 を 対 象 とする 性 犯 罪 等 ( 子 供 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 犯 罪 及 び

More information

2 留 置 業 務 に 関 する 制 度 (1) 被 疑 者 の 身 柄 拘 束 に 関 する 制 度 の 概 要 逮 捕 後 の 手 続 の 流 れ 逮 捕 の 時 警 察 から 検 察 官 への 送 致 の 時 検 察 官 による 勾 留 請 求 公 訴 提 起 又 は 釈 放 の 時 検 察

2 留 置 業 務 に 関 する 制 度 (1) 被 疑 者 の 身 柄 拘 束 に 関 する 制 度 の 概 要 逮 捕 後 の 手 続 の 流 れ 逮 捕 の 時 警 察 から 検 察 官 への 送 致 の 時 検 察 官 による 勾 留 請 求 公 訴 提 起 又 は 釈 放 の 時 検 察 目 次 1 はじめに... 1 2 留 置 業 務 に 関 する 制 度... 2 (1) 被 疑 者 の 身 柄 拘 束 に 関 する 制 度 の 概 要...2 ア 被 疑 者 の 逮 捕 勾 留 手 続 き...2 イ 被 疑 者 の 取 調 べの 役 割 及 び 重 要 性...5 1 はじめに 日 本 では 都 道 府 県 警 察 本 部 や 警 察 署 に 併 せて 約 1, 300の

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378> 1 343 344 2 3 345 346 - 1-347 348-2 - - 3-349 350 分 野 別 実 務 修 習 のガイドライン 1 検 察 の 分 野 別 実 務 修 習 における 指 導 目 標 指 導 方 法 司 法 修 習 においては, 法 曹 として 活 動 を 開 始 するに 当 たり 必 要 な 事 実 調 査 能 力, 法 的 分 析 能 力, 事 実 認 定 能 力,

More information

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強 平 成 25 年 5 月 日 :00 以 降 に 報 道 願 います 裁 判 員 裁 判 の 概 況 平 成 25 年 5 月 日 最 高 検 察 庁 公 判 1 裁 判 員 裁 判 対 象 事 件 起 訴 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 6,025 名 ( 起 訴 件 数 :6,800 件 ) 2 裁 判 員 裁 判 判 決 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30

More information

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実 グループ 従 業 員 行 動 規 範 ( 総 則 ) 第 1 条 本 行 動 規 範 は 当 社 及 び 当 社 グループの 従 業 員 が 職 務 上 の 義 務 として 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 就 業 規 則 等 服 務 に 係 わる 規 程 と 併 せて 運 用 し 会 社 の 社 会 的 信 頼 の 維 持 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 従 業 員 の 定 義 )

More information

1【日バス協技第252号】バス輸送に係る防犯対策の再徹底について

1【日バス協技第252号】バス輸送に係る防犯対策の再徹底について 日 バス 協 技 第 252 号 平 成 26 年 7 月 22 日 各 都 道 府 県 バス 協 会 会 長 殿 公 益 社 団 法 人 日 本 バス 協 会 会 長 髙 橋 幹 バス 輸 送 に 係 る 防 犯 対 策 の 再 徹 底 について 平 素 より 当 協 会 の 活 動 に 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 標 記 について 平 成

More information

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc) 市 県 民 税 に 係 る 業 務 上 横 領 事 件 の 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 9 日 ( 金 ) 大 津 市 目 次 1 はじめに 1P 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 1P 3 事 件 の 主 な 経 過 2P 4 元 職 員 の 経 歴 3P 5 被 害 額 4P 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題

More information

藤 --は 日 常 的 に 小 遣 いを 全 くくれない 人 でした 5 年 ほど 前 に 私 の 実 父 が 死 亡 したときも 数 年 前 に 実 母 が 病 気 で 倒 れたときも オレの 親 ではない と 言 って1 円 も 出 してくれない 人 なのです ですから 私 は 結 婚 して3

藤 --は 日 常 的 に 小 遣 いを 全 くくれない 人 でした 5 年 ほど 前 に 私 の 実 父 が 死 亡 したときも 数 年 前 に 実 母 が 病 気 で 倒 れたときも オレの 親 ではない と 言 って1 円 も 出 してくれない 人 なのです ですから 私 は 結 婚 して3 婚 姻 に 至 る 経 緯 書 申 請 人 YI---G Y--- 妻 作 成 者 S-----N H-----T 1 夫 との 出 会 い 申 請 人 の YI---G Y---は 私 の 夫 です 2003 年 5 月 当 時 私 は 茨 城 県 A1 町 ( 現 A2 市 )に 居 住 していました 5 月 15 日 に 茨 城 県 A3 市 ( 現 A2 市 )にあるタイ 人 の 友 人 の

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

はじめに 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 では 平 成 6 年 3 月 より 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 を3 年 ごとに 発 行 し 今 回 第 3 回 の 調 査 報 告 書 をまとめることとなりました 初 回 は 平 成 2 年 度 か

はじめに 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 では 平 成 6 年 3 月 より 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 を3 年 ごとに 発 行 し 今 回 第 3 回 の 調 査 報 告 書 をまとめることとなりました 初 回 は 平 成 2 年 度 か 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 ( 第 3 回 ) 平 成 22 年 3 月 神 奈 川 県 中 央 児 童 相 談 所 はじめに 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 では 平 成 6 年 3 月 より 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 を3 年 ごとに 発 行 し 今 回 第 3 回 の 調 査 報

More information

講 座 の 目 的 子 どものケータイ 事 情 を 知 る 子 どもが 巻 き 込 まれやすい トラブルの 知 識 を 深 める 子 どもに 声 をかけるキッカケ に 利 用 する

講 座 の 目 的 子 どものケータイ 事 情 を 知 る 子 どもが 巻 き 込 まれやすい トラブルの 知 識 を 深 める 子 どもに 声 をかけるキッカケ に 利 用 する 講 座 の 目 的 子 どものケータイ 事 情 を 知 る 子 どもが 巻 き 込 まれやすい トラブルの 知 識 を 深 める 子 どもに 声 をかけるキッカケ に 利 用 する Introduction 子 どもの ケータイ 事 情 ケータイで できること? Rule 1 一 人 1つ 順 番 に 答 える 2 必 ず5 秒 以 内 に 答 える 3 5 秒 以 内 に 答 えられない 場 合

More information

Microsoft Word - 扉(浅黄)

Microsoft Word - 扉(浅黄) 4. 少 年 非 行 等 の 概 要 と 警 察 と 児 童 相 談 所 との 連 携 について -133- 資 料 平 成 25 年 中 の 少 年 非 行 等 の 概 要 について 平 成 26 年 8 月 少 年 課 1 非 行 少 年 (1) 概 況 刑 法 犯 少 年 は5 万 6,469 人 と 10 年 連 続 で 減 少 したが 人 口 比 は 成 人 の 約 4 倍 振 り 込

More information

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前 平 成 23 年 5 月 26 日 こども 青 少 年 教 育 委 員 会 資 料 こ ど も 青 少 年 局 児 童 虐 待 等 への 対 応 状 況 について 1 平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 1 2 平 成 22 年 12 月 14 日 に 他 都 市 より 電 話 で 引 き 継 いだケースについて 3 3 最 近 の 事

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

警 察 からの 支 援 などはあるのですか 警 察 では 交 通 事 故 の 被 害 者 やその 家 族 の 方 に 対 する 支 援 と 連 絡 を 行 う 制 度 があります 指 定 被 害 者 支 援 要 員 制 度 交 通 事 故 が 発 生 して 間 がない 精 神 的 に 動 揺 されている 被 害 者 やその 家 族 の 方 に 警 察 職 員 が 付 き 添 うなどして 交 通 事

More information

多摩市青少年問題協議会

多摩市青少年問題協議会 多 摩 市 青 尐 年 問 題 協 議 会 平 成 26 年 度 第 1 回 本 会 議 議 事 録 書 記 滝 川 日 時 平 成 26 年 5 月 17 日 ( 土 ) 午 前 10 時 ~11 時 30 分 場 所 市 役 所 301 302 会 議 室 欠 席 者 堀 江 委 員 印 南 委 員 ( 全 2 名 ) 議 題 1 議 長 団 選 出 2 副 会 長 選 出 3 各 委 員 会

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

(2) 定 義 13 歳 に 満 たない 者 を 子 ども として, 犯 罪 の 被 害 から 特 に 守 っていくこととします 2 県, 県 民, 事 業 者 の 責 務 (1) 県 の 責 務 県 は, 県 民, 事 業 者 及 び 市 町 村 と 連 携 して, 子 どもを 犯 罪 の 被 害

(2) 定 義 13 歳 に 満 たない 者 を 子 ども として, 犯 罪 の 被 害 から 特 に 守 っていくこととします 2 県, 県 民, 事 業 者 の 責 務 (1) 県 の 責 務 県 は, 県 民, 事 業 者 及 び 市 町 村 と 連 携 して, 子 どもを 犯 罪 の 被 害 子 どもを 犯 罪 の 被 害 から 守 る 条 例 ( 素 案 ) について 本 条 例 ( 素 案 )については 検 討 中 であり, 今 後, 変 更 する 場 合 があります 1 目 的 定 義 (1) 目 的 子 どもは,その 心 身 が 未 成 熟 であり, 犯 罪 の 危 険 を 回 避 する 能 力 が 低 いため, 地 域 社 会 全 体 で 犯 罪 の 被 害 から 守 っていくことが

More information

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成 苫 小 牧 市 総 合 防 犯 計 画 ( 案 ) 苫 小 牧 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 計 画 の 目 的 1 3 計 画 の 対 象 範 囲 1 4 計 画 の 期 間 1 第 2 章 犯 罪 の 現 状 と 課 題 2 1 安 全 安 心 に 関 する 市 民 意 識 2 (1) 地 域 の 安 全 についての

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323531303137817991E682518E9F95E58F57817A8DD08A518CF689638F5A91EE95E58F5788C493E081698A9890CE95BD9363816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323531303137817991E682518E9F95E58F57817A8DD08A518CF689638F5A91EE95E58F5788C493E081698A9890CE95BD9363816A> 岩 手 県 災 害 公 営 住 宅 募 集 案 内 ( 釜 石 市 平 田 団 地 ) 第 2 次 募 集 県 では 災 害 公 営 住 宅 ( 東 日 本 大 震 災 により 住 宅 を 失 い 自 力 で 住 宅 再 建 が 難 しい 方 々で 現 に 住 宅 に 困 窮 している 方 々 等 を 対 象 とする 公 的 な 賃 貸 住 宅 ) を 次 とおり 募 集 します 釜 石 市 平 田

More information

48 2 1

48 2 1 24 27 12 16 48 2 1 2 3 3 24365 24365 4 24365 3,250 3,300 5 24 1 2 3 4 5 6 相 談 件 数 の 推 移 裁 判 所 への 付 き 添 い 等 直 接 的 支 援 件 数 の 推 移 7 2 1 48 18 26 9 2 264816,866 3 2648 4 26484,919 1 犯 罪 被 害 に 関 する 相 談 の 推

More information

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D> クオレ シー キューブ 定 期 講 演 会 パワハラの 最 新 情 報 と 企 業 の 対 策 2011 年 11 月 11 日 株 式 会 社 クオレ シー キューブ 代 表 取 締 役 岡 田 康 子 TEL 03-5273-2300 Copyright CuoreC3 Co, Ltd. 0 職 場 のいじめ 嫌 がらせ 円 卓 会 議 < 円 卓 会 議 > 趣 旨 職 場 のいじめ 嫌 がらせが

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

報告書(案)

報告書(案) 防 犯 カメラの 管 理 と 活 用 について 平 成 14 年 には 本 県 の 犯 罪 認 知 件 数 は16 万 件 に 達 し 犯 罪 率 では 全 国 ワー スト2 位 という 状 況 になった その 後 犯 罪 認 知 件 数 は 平 成 15 年 から 減 少 に 転 じ 犯 罪 率 も 全 国 ワースト7 位 まで 回 復 してきたが 治 安 が 良 いとされた 昭 和 40 ~50

More information

取調べの可視化(七訂版).indd

取調べの可視化(七訂版).indd 目 次 Q1 取 調 べの 可 視 化 って 何 ですか? 1 Q2 自 白 の 強 要 や 虚 偽 自 白 なんて 本 当 にあるんですか? 2 Q3 取 調 べが 可 視 化 ( 取 調 べの 全 過 程 の 録 画 )されるとどうなるのですか? 4 Q4 取 調 べの 可 視 化 ( 取 調 べの 全 過 程 の 録 画 )に 反 対 する 意 見 はあるのですか? 6 Q5 日 本 でも 取

More information

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安 平 成 27 年 度 第 2 回 多 摩 市 安 全 安 心 まちづくり 推 進 協 議 会 要 約 日 時 : 平 成 27 年 10 月 19 日 ( 月 ) 会 場 :401 会 議 室 委 員 出 席 者 14 名 藤 本 哲 也 ( 委 員 長 )/ 山 田 祐 子 ( 副 委 員 長 )/ 上 野 博 / 小 川 太 一 / 溝 口 幸 夫 / 田 村 清 太 郎 / 山 田 美 音 /

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

目 次 1 動 物 愛 護 とは 2 動 物 愛 護 を 取 り 巻 く 現 状 ( 背 景 ) 3 動 物 愛 護 を 取 り 巻 く 現 状 ( 統 計 ) 4 動 物 愛 護 事 業 の 目 標 と 課 題 5 課 題 の 対 応 策 救 命 率 の 向 上 ~ 収 容 数 を 減 らす~ 6

目 次 1 動 物 愛 護 とは 2 動 物 愛 護 を 取 り 巻 く 現 状 ( 背 景 ) 3 動 物 愛 護 を 取 り 巻 く 現 状 ( 統 計 ) 4 動 物 愛 護 事 業 の 目 標 と 課 題 5 課 題 の 対 応 策 救 命 率 の 向 上 ~ 収 容 数 を 減 らす~ 6 動 物 愛 護 事 業 平 成 26 年 1 月 生 活 衛 生 課 目 次 1 動 物 愛 護 とは 2 動 物 愛 護 を 取 り 巻 く 現 状 ( 背 景 ) 3 動 物 愛 護 を 取 り 巻 く 現 状 ( 統 計 ) 4 動 物 愛 護 事 業 の 目 標 と 課 題 5 課 題 の 対 応 策 救 命 率 の 向 上 ~ 収 容 数 を 減 らす~ 6 課 題 の 対 応 策 救 命

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ

Microsoft Word - 20ガイドラインリーフレット案4ページ 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する ガイドライン 安 全 で 安 心 なまちづくり 平 成 26 年 3 月 栃 木 県 第 1 はじめに 1 ガイドライン 策 定 の 目 的 安 全 で 安 心 なまちづくりを 進 める 上 で 近 年 防 犯 カメラの 設 置 は 広 く 有 用 であると 認 められてお り 県 内 各 地 において 防 犯 カメラの 設 置 が 進 んでいます

More information

判例学習・刑事訴訟法[第2版]_大扉_再校-.mcd

判例学習・刑事訴訟法[第2版]_大扉_再校-.mcd 目 次 第 2 版 はしがき Ⅰ 捜 査 の 意 義 1 犯 罪 発 生 前 の 捜 査 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】 第 4 回 三 条 警 察 署 協 議 会 開 催 概 況 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 までの 間 開 催 場 所 三 条 警 察 署 3 階 会 議 室 公 安 委 員 会 小 林 公 安 委 員 1 人 近 藤 会 長 濱 田 副 会 長 青 木 委 員 出 席 者 委 員 刈 屋 委 員 斎 藤 委

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F8A93BE90C582CC8A6D92E8905C8D902E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F8A93BE90C582CC8A6D92E8905C8D902E646F63> ビジネス 副 業 の 方 への 税 務 知 識 確 定 申 告 編 推 奨 環 境 このレポート 上 に 書 かれている URL はクリックできます できない 場 合 は 最 新 の AdobeReader をダウンロードしてください ( 無 料 ) http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html 著 作 権 について このレポートは 著

More information

サイバー 犯 罪 とは 警 察 庁 では コンピュータ 技 術 や 電 気 通 信 技 術 を 悪 用 した 犯 罪 を ハイテク 犯 罪 と 表 していました が 国 際 的 動 向 等 を 踏 まえ 現 在 は サイバー 犯 罪 と 表 しています サイバー 犯 罪 の 種 類 1 ネットワーク

サイバー 犯 罪 とは 警 察 庁 では コンピュータ 技 術 や 電 気 通 信 技 術 を 悪 用 した 犯 罪 を ハイテク 犯 罪 と 表 していました が 国 際 的 動 向 等 を 踏 まえ 現 在 は サイバー 犯 罪 と 表 しています サイバー 犯 罪 の 種 類 1 ネットワーク 第 16 回 メディアアカデミー 研 究 会 平 成 16 年 11 月 19 日 サイバー 犯 罪 の 現 状 と 対 策 愛 知 県 警 察 本 部 生 活 安 全 部 生 活 安 全 総 務 課 情 報 セキュリティ 対 策 調 査 官 河 崎 裕 二 サイバー 犯 罪 とは 警 察 庁 では コンピュータ 技 術 や 電 気 通 信 技 術 を 悪 用 した 犯 罪 を ハイテク 犯 罪 と

More information

天 ぷらでの 揚 げ 物 天 ぷら 油 を 入 れた 鍋 をガスコンロで 加 熱 したままその 場 を 離 れた 間 に 引 火 暖 房 器 具 ( 就 寝 中 ) 電 気 ストーブをつけて 布 団 で 横 になったところ 眠 ってしまい 布 団 に 火 が 燃 え 移 って 引 火 寝 タバコ 寝

天 ぷらでの 揚 げ 物 天 ぷら 油 を 入 れた 鍋 をガスコンロで 加 熱 したままその 場 を 離 れた 間 に 引 火 暖 房 器 具 ( 就 寝 中 ) 電 気 ストーブをつけて 布 団 で 横 になったところ 眠 ってしまい 布 団 に 火 が 燃 え 移 って 引 火 寝 タバコ 寝 2014 年 1 月 第 21 回 マンションやテラスハウスへの 火 災 保 険 等 について 公 認 不 動 産 コンサルティングマスター 矢 島 尚 司 概 要 エッセー17 18 ではマンションの 老 朽 化 と 震 災 リスクと 建 替 えについて 考 えましたが 本 レポートでは 火 災 と 火 災 保 険 と 建 替 えについて 考 えます 多 くの 所 有 者 と 共 有 していることから

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

3 刑事事件【Web用】.indd

3 刑事事件【Web用】.indd 地 方 裁 判 所 における 刑 事 訴 訟 事 件 ( 第 一 審 )の 審 理 の 状 況 検 察 官 の 公 訴 提 起 ( 起 訴 ) 冒 頭 手 続 人 定 質 問 検 察 官 の 起 訴 状 朗 読 黙 秘 権 等 の 告 知 被 告 人, 弁 護 人 の 被 告 事 件 についての 陳 述 証 拠 調 べ 手 続 冒 頭 陳 述 犯 罪 事 実 に 関 する 立 証 証 拠 調 べの

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

第3期東京都犯罪被害者等支援計画

第3期東京都犯罪被害者等支援計画 別 紙 2 第 3 期 東 京 都 犯 罪 被 害 者 等 支 援 計 画 ~ 社 会 全 体 で 支 える 支 援 の 実 現 に 向 けて~ 平 成 28 年 2 月 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 計 画 の 性 格 2 3 支 援 の 基 本 的 考 え 方 2 4 計 画 の 対 象 2 5 計 画 の 期 間 4 第 2 章 都

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

<5461726F2D8E9197BF3238208BAD8AAD8DDF82C982A882AF82E9965C8D73>

<5461726F2D8E9197BF3238208BAD8AAD8DDF82C982A882AF82E9965C8D73> 強 姦 罪 における 暴 行 脅 迫 の 程 度 に 関 する 裁 判 例 強 姦 罪 の 成 立 が 肯 定 された 例 最 判 昭 和 33 年 6 月 6 日 なるほど, 所 論 引 用 の 当 裁 判 所 判 例 は, 刑 法 一 七 七 条 にいわゆる 暴 行 脅 迫 は 相 手 方 の 抗 拒 を 著 しく 困 難 ならしめる 程 度 のものであることを 以 つて 足 りると 判 示 している

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

(1) 平 成 20 年 12 月 刑 事 裁 判 手 続 きにおける 被 害 者 参 加 制 度 損 害 賠 償 命 令 制 度 が 施 行 され 公 判 廷 において 被 害 者 や 遺 族 が 被 告 人 質 問 意 見 陳 述 する 機 会 が 多 くなった これらの 司 法 制 度 改 革

(1) 平 成 20 年 12 月 刑 事 裁 判 手 続 きにおける 被 害 者 参 加 制 度 損 害 賠 償 命 令 制 度 が 施 行 され 公 判 廷 において 被 害 者 や 遺 族 が 被 告 人 質 問 意 見 陳 述 する 機 会 が 多 くなった これらの 司 法 制 度 改 革 平 成 26 年 度 事 業 報 告 書 第 1 事 業 内 容 相 談 支 援 件 数 は722 件 で 前 年 度 対 比 47 件 7%の 増 加 であった 犯 罪 の 形 態 別 では 殺 人 傷 害 致 死 が93 件 全 体 の 約 13% 強 姦 強 制 わいせつなどの 性 犯 罪 被 害 が264 件 全 体 の 約 37%を 暴 行 傷 害 が126 件 全 体 の 約 17%を

More information

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約 1 在 留 特 別 許 可 について 在 留 特 別 許 可 された 事 例 及 び 在 留 特 別 許 可 されなかった 事 例 について( 平 成 27 年 ) 平 成 28 年 3 月 法 務 省 入 国 管 理 局 入 管 法 第 50 条 に 規 定 する 在 留 特 別 許 可 は, 法 務 大 臣 の 裁 量 的 な 処 分 であり,その 許 否 判 断 に 当 たっては, 個 々の

More information

四校

四校 目 次 目 次 Ⅰ 預 金 取 引 口 座 開 設 入 金 Q1 孫 名 義 での 預 金 口 座 開 設 2 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 高 齢 の 父 名 義 での 預 金 口 座 開 設 4 預 金 口 座 開 設 の 際 の 本 人 確 認 書 類 6 目 が 悪 い 方 への 対 応 8 渉 外 担 当 者 への 入 金 依 頼 10 認 知 症 ぎみの 顧 客 との 取 引 12 預

More information

Microsoft Word - 参考資料.doc

Microsoft Word - 参考資料.doc ( 仮 称 ) 豊 田 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 する 条 例 制 定 について 平 成 24 年 10 月 社 会 部 交 通 安 全 防 犯 課 1 背 景 (1) 社 会 的 背 景 全 国 的 な 傾 向 として 犯 罪 発 生 後 の 犯 人 の 特 定 逃 走 経 路 について 民 間 設 置 の 防 犯 カメラ( 又 は 監 視 カメラ)などが 利 用 されていることも

More information

飲酒運転

飲酒運転 パチンコ 玉 の 現 金 化 は 違 法 ( 賭 博 行 為 )だ パチンコ 玉 を もやがい 所 で 現 金 化 するのは 賭 博 行 為 である しかし 警 察 は 何 故 取 締 まりをしない? パチンコをするときは 店 内 で 玉 を 買 ってパチンコ 台 で 打 つ 例 えば1 個 4 円 のパチンコ 玉 を1000 個 4000 円 で 買 って その 玉 を 使 ってパチンコ 台 で

More information

102086-2225 消防科学と情報№114 2013 秋.indb

102086-2225 消防科学と情報№114 2013 秋.indb 研 究 レポート 放 火 火 災 に 係 る 住 民 意 識 の 現 状 と 要 因 分 析 その1 アンケート 調 査 結 果 の 単 純 集 計 に 基 づく 概 観 一 般 財 団 法 人 消 防 科 学 総 合 センター 研 究 員 胡 哲 新 1.はじめに 平 成 24 年 版 の 消 防 白 書 によると あいかわらず 放 火 が 出 火 原 因 の 第 1 位 で 15 年 連 続 ということ

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information