駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) 権 プライバシー 権 を 基 礎 とする(ないしその 一 側 面 としての) 肖 像 権 が 問 題 と なる 場 合 について 近 時 出 された 裁 判 例 を 紹 介 し 肖 像 権 について 概 観 する そ の 後 有 名 人 のパブリシティ 権

Size: px
Start display at page:

Download "駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) 権 プライバシー 権 を 基 礎 とする(ないしその 一 側 面 としての) 肖 像 権 が 問 題 と なる 場 合 について 近 時 出 された 裁 判 例 を 紹 介 し 肖 像 権 について 概 観 する そ の 後 有 名 人 のパブリシティ 権"

Transcription

1 論 説 2つの 肖 像 権 プライバシーに 基 礎 を 置 く 権 利 と パブリシティ 権 の 一 側 面 江 森 史 麻 子 1 はじめに 2 朝 ズバッ! 廃 棄 物 収 集 車 運 転 手 事 件 3 肖 像 権 について 4 パブリシティ 権 5 ピンク レディーdeダイエット 事 件 6 検 討 肖 像 権 は2つあるのか 1 はじめに 本 稿 では 不 法 行 為 ( 民 法 709 条 )の 被 侵 害 権 利 利 益 としての 肖 像 権 に ついて わが 国 裁 判 例 をもとにその 現 在 の 位 置 づけを 考 察 した 上 若 干 の 問 題 提 起 をしたい 近 時 デジタルカメラやカメラ 付 き 携 帯 電 話 の 普 及 で 一 般 の 人 が 街 中 で 写 真 撮 影 ( 動 画 撮 影 を 含 む )を 行 う 機 会 やこれをインターネット 上 のブログ 等 で 公 表 する 機 会 が 飛 躍 的 に 増 えた これに 伴 い 従 来 は 職 業 カメラマンや 出 版 社 等 の メディアだけが 注 意 すべき 領 域 であった 被 写 体 とされた 人 撮 影 者 が 意 図 しな いのに 姿 態 が 写 り 込 んでしまった 人 の 肖 像 権 侵 害 の 問 題 が より 広 範 に 生 じる 可 能 性 が 出 てきている しかし 肖 像 権 は 法 文 に 定 められた 権 利 ではなく その 権 利 の 輪 郭 にはいまだ 議 論 がある また 肖 像 権 が 問 題 になる 場 面 は 写 真 を 撮 影 するときと これを 公 表 するときの2つがあり それぞれについて 考 察 が 必 要 で ある さらに 有 名 人 の 肖 像 の 無 断 使 用 については 判 例 法 上 パブリシティ 権 という 権 利 の 問 題 として 処 理 されている 本 稿 では まず 従 来 の 肖 像 権 に 関 する 議 論 を 概 観 するとともに 個 人 の 人 格 57

2 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) 権 プライバシー 権 を 基 礎 とする(ないしその 一 側 面 としての) 肖 像 権 が 問 題 と なる 場 合 について 近 時 出 された 裁 判 例 を 紹 介 し 肖 像 権 について 概 観 する そ の 後 有 名 人 のパブリシティ 権 の 一 内 容 としての 肖 像 の 使 用 が 問 題 となる 場 合 に ついて 検 討 し この2つの 肖 像 権 の 関 係 について 考 察 する なお 犯 罪 捜 査 としての 写 真 撮 影 の 適 法 性 には 多 くの 裁 判 例 があるが 本 稿 で は 立 ち 入 らない また パブリシティ 権 については 知 的 財 産 法 分 野 での 重 要 な 研 究 領 域 であるが ここでは 深 く 立 ち 入 らず もっぱら 肖 像 の 使 用 との 関 係 につ いて 述 べるにとどめる 2 朝 ズバッ! 廃 棄 物 収 集 車 運 転 手 事 件 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 21 年 4 月 14 日 判 決 (1) ( 平 成 19 年 (ワ) 第 号 ) ⑴ 事 案 の 概 要 平 成 19 年 1 月 11 日 東 京 放 送 みのもんたの 朝 ズバッ! で いわゆるセレブ 妻 が 夫 を 殺 して 遺 体 をバラバラに 切 断 し 廃 棄 した 事 件 について 報 道 中 殺 害 行 為 が 行 われたとされる 東 京 都 渋 谷 区 のマンション 前 において アナウンサーによる 現 場 中 継 を 行 った 際 の 放 送 内 容 が 問 題 となったものである 中 継 中 ちょうど 廃 棄 物 収 集 車 が 廃 棄 物 収 集 に 来 たことに 気 がついたスタジオの 司 会 者 が これに 興 味 を 示 したため アナウンサーが 収 集 車 から 下 車 して 収 集 作 業 中 の 原 告 に 近 寄 って 質 問 等 を 行 った いくつかのやりとりの 後 原 告 は これテレビ 出 るん ですか? これテレビ 出 るんですか? と 二 度 聞 き 返 したところ アナウン サーが ああ あの 映 さないように ええ 配 慮 いたします などと 答 えるな どしたが 結 局 原 告 の 姿 等 を 約 2 分 間 に 渡 り 生 放 送 した 原 告 は 承 諾 なしに 容 貌 等 を 生 放 送 したことによって 名 誉 及 びプライバシー 等 を 侵 害 されたとして 不 法 行 為 に 基 づき 番 組 制 作 を 行 った 株 式 会 社 TBSテ レビ これを 放 送 した 株 式 会 社 東 京 放 送 ホールディングス 及 び 司 会 者 であるみの もんたの3 者 を 被 告 として 損 害 賠 償 として1100 万 円 (うち100 万 円 は 弁 護 士 費 用 )を 請 求 した ⑴ 判 例 時 報 2047 号 136 頁 判 例 タイムズ1035 号 183 頁 58

3 2つの 肖 像 権 東 京 地 裁 は 肖 像 権 及 びプライバシーの 侵 害 を 認 める 一 方 名 誉 毀 損 と 侮 辱 に は 当 たらないとして TBSと 東 京 放 送 に 損 害 賠 償 120 万 円 (うち20 万 円 は 弁 護 士 費 用 )の 支 払 いを 命 じたが 司 会 者 に 対 する 請 求 は 棄 却 した ⑵ 判 決 の 要 旨 ( 肖 像 権 侵 害 に 関 連 する 部 分 のみ) 判 決 は 一 般 に 何 人 も みだりに 他 者 からその 容 貌 を 撮 影 されたり 職 業 等 の 個 人 情 報 を 公 表 されないことについて 法 律 上 保 護 されるべき 人 格 的 利 益 を 有 するというべきである これに 対 し 本 件 放 送 は 上 記 のとおり 原 告 が 収 集 車 を 運 転 していた 様 子 や 収 集 車 から 下 りて 収 集 車 の 前 で 説 明 している 原 告 の 顔 な どを 生 放 送 し 原 告 が 収 集 車 の 運 転 手 をしていることを 広 く 社 会 一 般 に 報 道 して 公 開 したものであるから 原 告 の 承 諾 があるなど 特 段 の 事 情 が 認 められない 限 り 原 告 の 肖 像 権 を 侵 害 しただけではなく 原 告 のプライバシーをも 侵 害 したものと いうべきである として 肖 像 権 とプライバシーの 侵 害 を 認 めた そして 確 かに 廃 棄 物 を 収 集 したり 処 理 することも 社 会 に 役 立 つ 立 派 な 職 業 であり 何 ら 問 題 はないはずではあるが 社 会 一 般 の 実 情 を 考 えると 一 部 の 職 業 に 対 する 偏 見 や 無 理 解 が 完 全 に 無 くなっているわけではなく ときに 差 別 的 な 発 言 等 がなされたり 子 供 に 対 するいじめなどの 引 き 金 になったりすることも ありうるところである そうすると 原 告 において 自 分 が 廃 棄 物 収 集 業 に 従 事 していることを 他 人 には 知 られたくないと 考 えることも 理 由 がないわけではな いものと 認 められるから 収 集 車 の 運 転 手 をしているということは 原 告 にとっ てプライバシーに 該 当 するものというべきである とした さらに 原 告 は アナウンサーからの 質 問 の 途 中 に 同 アナウンサーに 対 して これテレビ 出 るんですか? これテレビ 出 るんですか? と 二 度 聞 き 返 して おり ( 同 )アナウンサーも 原 告 に 対 して ああ あの 映 さないように ええ 配 慮 いたします と 答 えていたのであるから このような 原 告 と( 同 )アナウ ンサーとの 会 話 の 趣 旨 から 考 えれば 原 告 は インタビューが 生 中 継 されていて 自 分 の 映 像 がそのまま 全 国 に 放 送 されていることを 知 らなかったものと 認 めるの が 相 当 であって 自 分 の 容 貌 等 がそのままテレビで 放 送 されることを 容 認 してい たものではなく むしろ 画 面 に 原 告 の 容 貌 等 が 放 送 されない 前 提 で 取 材 に 応 じ 59

4 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) ていたものと 考 えるのが 相 当 である と 認 定 した ⑶ 検 討 本 判 決 は 肖 像 権 とプライバシーとを 並 列 に 置 いて その 相 互 関 係 については 言 及 していないが 原 告 が 廃 棄 物 収 集 車 の 運 転 手 であることは 原 告 にとって 他 人 に 知 られたくないプライバシーであったと 認 めており 運 転 手 が 原 告 であること を 特 定 する 意 味 での 原 告 の 肖 像 は このプライバシー 侵 害 を 構 成 するにあたり 不 可 欠 な 要 素 となっている そうだとすれば 肖 像 権 侵 害 は それ 自 体 が 違 法 とい うよりは プライバシー 侵 害 に 一 役 買 ったものであり その 構 成 要 素 に 過 ぎない という 評 価 も 可 能 であろう しかし 本 判 決 は まず 肖 像 権 の 侵 害 を 認 め その 後 プライバシー の 侵 害 を 認 めているのであって これを 理 解 するには 肖 像 権 は 判 例 法 上 もは や 確 立 された 被 侵 害 権 利 利 益 であり その 侵 害 が 他 の 権 利 利 益 (プライバ シー) 侵 害 の 一 要 素 とされているときでも 被 侵 害 権 利 として 独 立 の 評 価 を 受 け るものであるという 考 え 方 であると 解 すべきであろう 本 稿 では 以 後 このような 意 味 の 肖 像 権 について プライバシー(ないし プライバシー 権 )に 基 礎 を 置 く 権 利 としての 肖 像 権 と 呼 ぶこととする 3 肖 像 権 について ⑴ 法 文 上 の 規 定 現 在 肖 像 または 肖 像 権 を 規 定 した 法 律 はない しかし 明 治 時 代 に 制 定 された 旧 著 作 権 法 には 写 真 肖 像 に 関 する 権 利 についての 規 定 があった 写 真 に 関 する 法 律 は 明 治 9 年 ( 太 政 官 布 告 90 号 )の 写 真 条 例 が 最 初 であるが その 改 正 法 である 明 治 20 年 ( 勅 令 79 号 )の 写 真 版 権 条 例 により 初 めて 肖 像 に 関 する 権 利 が 定 められた すなわち 同 条 例 2 条 では 写 真 版 権 は 写 真 師 に 属 し 写 真 師 死 亡 後 に 在 っては 其 の 相 続 者 に 属 するものとす 但 し 他 人 の 嘱 託 に 係 るものの 写 真 版 権 は 嘱 託 者 に 属 し 嘱 託 者 死 亡 後 に 在 っては 其 の 相 続 者 に 属 す るものとす 嘱 託 に 係 る 写 真 の 種 板 にして 現 存 するものは 版 権 所 有 者 に 於 いて 之 を 写 真 師 より 受 取 ることを 得 るものとす ( 原 文 は 旧 字 体 カタカナ 表 記 句 60

5 2つの 肖 像 権 読 点 は 筆 者 による )との 規 定 がある ここにいう 嘱 託 に 係 るもの とは 依 頼 により 肖 像 写 真 を 撮 影 した 場 合 をいうとされ ここに 肖 像 写 真 の 版 権 は 被 写 体 となった 人 の 側 にあることが 法 律 によって 定 められたのである その 後 明 治 32 年 に 写 真 版 権 条 例 等 の 廃 止 と 同 時 に 制 定 された( 旧 ) 著 作 権 法 ( 法 律 39 号 )はこれを 受 け 継 ぎ 25 条 に 他 人 の 嘱 託 に 依 り 著 作 したる 写 真 肖 像 の 著 作 権 は 其 の 嘱 託 者 に 属 す ( 原 文 は 旧 字 体 カタカナ 表 記 )との 規 定 が 設 けられた これが 法 文 上 肖 像 を 規 定 したおそらく 唯 一 の 法 律 である 旧 著 作 権 法 は 昭 和 46 年 制 定 の 現 行 著 作 権 法 とともに 廃 止 され 現 行 著 作 権 法 では 旧 著 作 権 法 25 条 に 対 応 する 条 文 は 設 けられなかったことから 現 在 では 肖 像 写 真 の 著 作 権 は 当 然 に 著 作 者 である 写 真 家 に 属 することになっている ⑵ 京 都 府 学 連 事 件 わが 国 で 最 高 裁 判 所 が 初 めて 肖 像 権 を 認 めたと 言 われているのは 刑 事 事 件 である いわゆる 京 都 府 学 連 事 件 ( 最 高 裁 判 所 昭 和 44 年 12 月 24 日 大 法 廷 判 決 刑 集 23 巻 12 号 1625 頁 )である 大 法 廷 は 個 人 の 私 生 活 上 の 自 由 の 一 つとして 何 人 も その 承 諾 なしに みだりにその 容 ぼう 姿 態 ( 以 下 容 ぼう 等 とい う )を 撮 影 されない 自 由 を 有 するものというべきである これを 肖 像 権 と 称 す るかどうかは 別 として 少 なくとも 警 察 官 が 正 当 な 理 由 もないのに 個 人 の 容 ぼう 等 を 撮 影 することは 憲 法 13 条 の 趣 旨 に 反 し 許 されないものといわなけ ればならない と 判 示 した この 大 法 廷 判 決 は 最 高 裁 が 初 めて 肖 像 権 を 新 しい 人 権 として 認 めたもので あると 評 価 されているが 肖 像 権 と 称 するかどうかは 別 として という 留 保 付 きであり また 肖 像 権 の 内 容 として 撮 影 されない 権 利 のみを 認 めている 撮 影 された 写 真 の 利 用 方 法 やその 可 能 性 には 言 及 せず 撮 影 自 体 をされない 権 利 と 構 成 したのである また 個 人 の 私 生 活 上 の 自 由 の 一 つとして とあることから 同 じく 憲 法 13 条 で 認 められるとされるプライバシーの 権 利 の 一 部 をなすものであるとも 読 める が プライバシー 権 と 肖 像 権 の 相 互 の 具 体 的 な 関 係 については 言 及 されていな 61

6 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) い (2) ⑶ 民 事 訴 訟 での 展 開 民 事 訴 訟 で 初 めて 肖 像 権 侵 害 が 認 められたのは 人 違 いで 警 察 に 連 行 されて 写 真 を 撮 影 されたことについて 事 後 に 国 家 賠 償 訴 訟 で 争 った 人 違 い 連 行 撮 影 事 件 ( 東 京 地 裁 昭 和 27 年 10 月 8 日 判 決 )とされる (3) その 後 東 京 温 泉 事 件 ( 東 京 地 裁 昭 和 31 年 8 月 8 日 判 決 (4) )では 雑 誌 の 取 材 の 際 に 映 り 込 んでしまった 人 が 雑 誌 により 肖 像 が 公 表 されたことが 不 法 行 為 にあたると 主 張 して 出 版 社 を 訴 えたが 裁 判 所 は 原 告 等 は 自 己 の 姿 態 が 撮 影 さ れた 時 には 公 表 されることもあるであろうことを 黙 認 したものであり 且 つ 公 表 された 雑 誌 の 性 質 及 びその 方 法 が 特 に 不 穏 当 であることも 認 められないので 右 撮 影 公 表 を 以 て 被 告 等 の 不 法 行 為 であるとする 原 告 の 主 張 は 理 由 がない とし て 請 求 を 棄 却 した すなわち ここでは 撮 影 時 の 承 諾 により 一 定 範 囲 の 公 表 に ついても 承 諾 がなされたとし その 承 諾 の 範 囲 内 であれば 公 表 は 不 法 行 為 となら ないとしたものである (なお 当 該 判 決 文 には 原 告 の 主 張 の 中 にも 裁 判 所 の 判 断 においても 肖 像 ないし 肖 像 権 という 言 葉 はない ) これらを 嚆 矢 として 肖 像 権 侵 害 による 不 法 行 為 責 任 を 追 及 する 民 事 訴 訟 がし ばしば 見 られるようになり 前 述 の 最 高 裁 判 所 の 京 都 府 学 連 事 件 大 法 廷 判 決 が 出 された 後 は 肖 像 権 に 関 する 訴 訟 も 増 加 することになる なお 藤 岡 弘 事 件 ( 富 山 地 裁 昭 和 61 年 10 月 31 日 判 決 (5) )では 俳 優 の 藤 岡 弘 と 契 約 していた 洋 服 製 造 会 社 が 契 約 期 間 終 了 後 も 藤 岡 弘 の 氏 名 と 肖 像 を 宣 伝 に 使 用 したケースについて 不 法 行 為 責 任 を 認 め 経 済 的 損 害 100 万 円 と 慰 謝 料 50 万 円 の 合 計 150 万 円 の 支 払 いを 命 じた この 訴 訟 では 原 告 は 原 告 のような 俳 優 やスポーツ 選 手 等 は 自 ら 勝 ち 得 た 名 声 のゆえに 商 品 の 宣 伝 広 告 のため 自 己 の 氏 名 や 肖 像 を 対 価 を 得 て 第 三 者 に 専 属 的 に 利 用 させ 得 る 利 益 を 有 している ⑵ 芦 部 憲 法 第 四 版 116 頁 では この 判 例 について 肖 像 権 (プライバシーの 権 利 の 一 種 )の 具 体 的 権 利 性 を 認 めた ものとする ⑶ 村 上 勝 手 に 撮 るな! 肖 像 権 がある! 増 補 版 111 頁 判 タ24 号 45 頁 ⑷ 下 民 7 巻 8 号 判 時 92 号 16 頁 ⑸ 判 時 1218 号 128 頁 62

7 2つの 肖 像 権 この 場 合 の 氏 名 や 肖 像 は 人 格 的 利 益 とは 異 質 の 独 立 した 財 産 的 経 済 的 利 益 を 有 する と 主 張 しており 次 項 で 述 べるパブリシティ 権 に 近 い 考 え 方 を 提 示 し たが 裁 判 所 はこれに 応 えず たんに 不 法 行 為 とのみ 認 定 した 4 パブリシティ 権 ⑴ パブリシティ 権 とは パブリシティ 権 とは 裁 判 例 において 認 められるようになった 権 利 であり その 定 義 は 一 様 でないが ここではひとまず 有 名 人 の 氏 名 肖 像 の 使 用 について その 顧 客 吸 引 力 を 中 核 とする 経 済 的 な 価 値 を 支 配 する 権 利 とする アメリカにおいて それまでプライバシーの 一 類 型 とされていた 氏 名 や 肖 像 等 を 営 利 目 的 で 無 断 で 使 用 されない 権 利 が その 後 プライバシーとは 別 の 独 立 した 権 利 として 位 置 づけられ 1950 年 代 から 判 例 法 により 承 認 されるように なった ⑵ マーク レスター 事 件 わが 国 で 最 初 にパブリシティ 権 を 認 めた 裁 判 例 は マーク レスター 事 件 ( 東 京 地 裁 昭 和 51 年 6 月 29 日 判 決 (6) )と 言 われる ロッテ アーモンドチョコレー トのテレビコマーシャルの 最 後 の 部 分 に イギリスの 子 役 俳 優 マーク レスター が 主 演 する 映 画 小 さな 目 撃 者 の1シーンでレスターの 上 半 身 をクローズアッ プしたものを 採 用 し これに 小 さな 目 撃 者 より マーク レスター とい う 字 幕 を 表 示 し それと 同 時 に マーク レスターも 大 好 きです というナ レーションを 挿 入 したコマーシャルのフィルムを 作 成 し これがテレビ 放 送 事 業 会 社 のネットワークを 通 じて 放 映 された これは 映 画 の 宣 伝 と 菓 子 の 宣 伝 を 組 み 合 わせたタイアップ 方 式 といわれる 方 式 によるものであったが このようなコ マーシャルフィルムを 製 作 放 映 することについて レスターの 許 諾 は 得 ていな かった これに 対 して レスターが 上 記 映 画 のわが 国 での 上 映 権 を 有 し 上 記 コ マーシャルに 協 力 した 映 画 配 給 会 社 らを 被 告 とし 氏 名 権 肖 像 権 を 侵 害 された ⑹ 判 時 817 号 23 頁 判 タ339 号 136 頁 63

8 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) として 訴 えたものである 東 京 地 方 裁 判 所 は まず 氏 名 権 及 び 肖 像 権 の 一 般 理 論 について 検 討 し 通 常 人 の 感 受 性 を 基 準 として 考 えるかぎり 人 が 濫 りにその 氏 名 を 第 三 者 に 使 用 されたり 又 はその 肖 像 を 他 人 の 眼 にさらされることは その 人 に 嫌 悪 羞 恥 不 快 等 の 精 神 的 苦 痛 を 与 えるものということができる したがって 人 がかかる 精 神 的 苦 痛 を 受 けることなく 生 きることは 当 然 に 保 護 を 受 けるべき 生 活 上 の 利 益 であるといわなければならない として この 利 益 は 今 日 においては 単 に 倫 理 道 徳 の 領 域 において 保 護 すれば 足 りる 性 質 のものではなく 法 の 領 域 に おいてその 保 護 が 図 られるまでに 高 められた 人 格 的 利 益 (それを 氏 名 権 肖 像 権 と 称 するか 否 かは 別 論 として )というべきである とした 次 に 俳 優 等 の 職 業 を 選 択 した 者 は もともと 自 己 の 氏 名 や 肖 像 が 大 衆 の 前 に 公 開 されることを 包 括 的 に 許 諾 したものであって 右 のような 人 格 的 利 益 の 保 護 は 大 幅 に 制 限 され ると 解 し 得 る 余 地 がある これらの 職 業 にあっては 自 己 の 氏 名 や 肖 像 が 広 く 一 般 大 衆 に 公 開 されることを 希 望 若 しくは 意 欲 しているのが 通 常 であって それ が 公 開 されたからといって 一 般 市 井 人 のように 精 神 的 苦 痛 を 感 じない 場 合 が 多 いとも 考 えられる 以 上 のことから 俳 優 等 が 自 己 の 氏 名 や 肖 像 の 権 限 なき 使 用 により 精 神 的 苦 痛 を 被 ったことを 理 由 として 損 害 賠 償 を 求 め 得 るのは その 使 用 の 方 法 態 様 目 的 等 からみて 彼 の 俳 優 等 としての 評 価 名 声 印 象 等 を 毀 損 若 しくは 低 下 させるような 場 合 その 他 特 段 の 事 情 が 存 する 場 合 に 限 定 される ものというべきである しかしながら 俳 優 等 は 右 のように 人 格 的 利 益 の 保 護 が 減 縮 される 一 方 で 一 般 市 井 人 がその 氏 名 及 び 肖 像 について 通 常 有 していな い 利 益 を 保 持 しているといいうる すなわち 俳 優 等 の 氏 名 や 肖 像 を 商 品 等 の 宣 伝 に 利 用 することにより 俳 優 等 の 社 会 的 評 価 名 声 印 象 等 が その 商 品 等 の 宣 伝 販 売 促 進 に 望 ましい 効 果 を 収 め 得 る 場 合 があるのであって これを 俳 優 等 の 側 からみれば 俳 優 等 は 自 らかち 得 た 名 声 の 故 に 自 己 の 氏 名 や 肖 像 を 対 価 を 得 て 第 三 者 に 専 属 的 に 利 用 させうる 利 益 を 有 しているのである そしてそれ は 一 般 人 における 人 格 的 利 益 とは 異 質 の 独 立 した 経 済 的 利 益 を 有 することに なり( 略 ) 俳 優 等 は その 氏 名 や 肖 像 の 権 限 なき 使 用 によって 精 神 的 苦 痛 を 被 らない 場 合 でも 右 経 済 的 利 益 の 侵 害 を 理 由 として 法 的 救 済 を 受 けられる 場 合 が 64

9 2つの 肖 像 権 多 いといわなければならない として 100 万 円 の 損 害 賠 償 を 命 じた ⑶ おニャン 子 クラブ 事 件 おニャン 子 クラブ 事 件 ( 東 京 地 裁 平 成 2 年 12 月 21 日 判 決 東 京 高 裁 平 成 3 年 9 月 26 日 判 決 (7) )で 控 訴 審 は 固 有 の 名 声 社 会 的 評 価 知 名 度 等 を 獲 得 した 芸 能 人 の 氏 名 肖 像 を 商 品 に 付 した 場 合 には 当 該 商 品 の 販 売 促 進 に 効 果 をもた らすことがあることは 公 知 のところである そして 芸 能 人 の 氏 名 肖 像 がも つかかる 顧 客 吸 引 力 は 当 該 芸 能 人 の 獲 得 した 名 声 社 会 的 評 価 知 名 度 等 から 生 ずる 独 立 した 経 済 的 な 利 益 ないし 価 値 として 把 握 することが 可 能 であるから これが 当 該 芸 能 人 に 固 有 のものとして 帰 属 することは 当 然 のことというべきであ り 当 該 芸 能 人 は かかる 顧 客 吸 引 力 のもつ 経 済 的 な 利 益 ないし 価 値 を 排 他 的 に 支 配 する 財 産 的 権 利 を 有 する として その 侵 害 行 為 に 対 する 差 止 めを 認 めた ⑷ ダービースタリオン 事 件 パブリシティ 権 という 言 葉 を 高 裁 が 初 めて 用 いたのは 競 走 馬 の 名 前 の 使 用 に 関 するダービースタリオン 事 件 控 訴 審 判 決 ( 東 京 高 裁 平 成 14 年 9 月 12 日 判 決 (8) )である 第 1 審 ( 東 京 地 裁 平 成 13 年 8 月 27 日 判 決 (9) )では 原 告 が パ ブリシティ 権 として 主 張 する 物 の 顧 客 吸 引 力 などの 経 済 的 価 値 を 排 他 的 に 支 配 する 財 産 的 権 利 を 1 実 定 法 の 根 拠 がないこと 2 現 行 法 全 体 の 制 度 趣 旨 に 照 らし 知 的 財 産 権 法 の 保 護 が 及 ばない 範 囲 については 排 他 的 権 利 の 存 在 を 認 めることはできないことを 理 由 に その 存 在 を 否 定 した 控 訴 審 では 著 名 人 の 氏 名 肖 像 は 当 該 著 名 人 を 象 徴 する 個 人 識 別 情 報 と して それ 自 体 が 顧 客 吸 引 力 を 備 えるものであり 一 個 の 独 立 した 経 済 的 利 益 な いし 価 値 を 有 するものである 点 において 一 般 人 と 異 なるものである 自 然 人 は 一 般 人 であっても 上 記 のとおり もともと その 人 格 権 に 基 づき 正 当 な 理 由 なく その 氏 名 肖 像 を 第 三 者 に 利 用 されない 権 利 を 有 しているというべきなの ⑺ ⑻ ⑼ 判 時 1400 号 3 頁 判 タ772 号 246 頁 判 時 1809 号 140 頁 判 タ1114 号 187 頁 判 時 1758 号 3 頁 判 タ1071 号 283 頁 65

10 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) であるから 一 般 人 と 異 なり その 氏 名 肖 像 から 顧 客 吸 引 力 が 生 じる 著 名 人 が この 氏 名 肖 像 から 生 じる 経 済 的 利 益 ないし 価 値 を 排 他 的 に 支 配 する 権 利 を 有 す るのは ある 意 味 では 当 然 である 著 名 人 のこの 権 利 をとらえて パブリシ ティ 権 と 呼 ぶことは 可 能 であるものの この 権 利 は もともと 人 格 権 に 根 ざす ものというべきである と 判 示 し 競 走 馬 という 物 にはパブリシティ 権 がない ことを 明 らかにした ⑸ パブリシティ 権 の 展 開 このパブリシティ 権 は 知 的 財 産 権 の 一 分 野 として 主 として 著 作 権 法 分 野 での 研 究 課 題 とされ さかんに 論 じられている 実 務 の 取 扱 いにおいても 東 京 地 方 裁 判 所 では パブリシティ 権 侵 害 の 主 張 を 含 む 訴 訟 は 知 的 財 産 専 門 部 ( 民 事 29 部 40 部 46 部 および47 部 の4か 部 )に 配 点 されることになっている また 近 時 社 団 法 人 音 楽 事 業 者 議 会 ( 音 事 協 )が 肖 像 権 啓 蒙 キャンペー ン と 題 して 音 楽 実 演 家 の 肖 像 の 無 断 使 用 を 禁 じるキャンペーンを 実 施 するな ど (10) 事 業 者 の 肖 像 に 対 する 権 利 意 識 の 高 まりが 見 られる しかし 歌 手 やタ レント 本 人 でなく 事 業 者 団 体 がキャンペーンの 主 体 であることは 有 名 人 の 肖 像 は 事 業 者 にとっての 資 産 であるとの 考 えに 何 らの 疑 問 を 持 たずして 立 つものであるといえ 人 格 権 に 根 ざす 権 利 という 位 置 づけからはいささか 距 離 の あるものとも 言 えるだろう 5 ピンク レディーdeダイエット 事 件 66 ( 第 一 審 ) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 20 年 7 月 4 日 判 決 (11) ( 平 成 19 年 (ワ) 第 号 ) ( 控 訴 審 ) 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 平 成 21 年 8 月 27 日 判 決 (12) ( 平 成 20 年 (ネ) 第 号 ) ⑴ 事 案 の 概 要 パブリシティ 権 が 問 題 となった 近 時 の 興 味 深 い 裁 判 例 を 紹 介 したい ⑽ jame. or. jp/syozoken/index. html. なお 本 稿 脱 稿 時 までに 当 該 キャン ペーンで 啓 蒙 される 権 利 の 名 称 が 肖 像 パブリシティ 権 と 改 められたようである ⑾ 判 時 2023 号 152 頁 判 タ1280 号 306 頁 裁 判 所 ホームページ ⑿ 判 時 2060 号 137 頁 判 タ1311 号 210 頁 裁 判 所 ホームページ

11 2つの 肖 像 権 昭 和 50 年 代 に 国 民 的 な 人 気 を 博 した ピンク レディー の2 人 が 2007 年 2 月 発 行 の 女 性 週 刊 誌 女 性 自 身 平 成 19 年 2 月 27 日 号 の 踊 って 脂 肪 を 燃 焼! ピンク レディーdeダイエット との 見 出 しで ヒット 曲 渚 のシン ドバッド ウォンテッド ペッパー 警 部 UFO カルメンʼ77 の 計 5 曲 の 振 り 付 けをダイエット 法 として 紹 介 した 記 事 において 当 時 の 写 真 14 枚 を 無 断 掲 載 されたことにつき 肖 像 の 使 用 はパブリシティ 権 の 侵 害 にあたるとして 出 版 社 に 原 告 1 人 あたり 写 真 1 枚 につき3 万 円 の 許 諾 料 相 当 額 の3 倍 と 弁 護 士 費 用 の 合 計 186 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた なお 当 該 記 事 は 上 記 雑 誌 の16 頁 から18 頁 にかけて 合 計 3 頁 からなるダイ エット 特 集 記 事 で 少 女 時 代 にピンク レディーに 熱 狂 して 振 り 付 けを 覚 え 現 在 は 著 名 なタレント 兼 振 付 師 のAがガイド 役 で 振 り 付 けを 解 説 する 体 裁 が 採 られ Aによる 実 演 写 真 やAのアドバイスが 主 たる 内 容 であるが その 随 所 に ピン ク レディーの 当 時 の 写 真 が 合 計 14 枚 掲 載 されているというものである 第 一 審 の 東 京 地 裁 は 写 真 の 無 断 掲 載 の 事 実 は 認 めたが パブリシティ 権 の 侵 害 はないとして 請 求 を 棄 却 し 控 訴 審 の 知 財 高 裁 もこれを 維 持 した ⑵ 第 一 審 判 決 の 要 旨 人 は 著 名 人 であるか 否 かにかかわらず 人 格 権 の 一 部 として 自 己 の 氏 名 肖 像 を 他 人 に 冒 用 されない 権 利 を 有 する 人 の 氏 名 や 肖 像 は 商 品 の 販 売 におい て 有 益 な 効 果 すなわち 顧 客 吸 引 力 を 有 し 財 産 的 価 値 を 有 することがある こ のことは 芸 能 人 等 の 著 名 人 の 場 合 に 顕 著 である この 財 産 的 価 値 を 冒 用 されな い 権 利 は パブリシティ 権 と 呼 ばれることがある 他 方 芸 能 人 等 の 仕 事 を 選 択 した 者 は 芸 能 人 等 としての 活 動 やそれに 関 連 する 事 項 が 大 衆 の 正 当 な 関 心 事 となり 雑 誌 新 聞 テレビ 等 のマスメディアによって 批 判 論 評 紹 介 等 の 対 象 となることや そのような 紹 介 記 事 等 の 一 部 として 自 らの 写 真 が 掲 載 されるこ と 自 体 は 容 認 せざるを 得 ない 立 場 にある そして そのような 紹 介 記 事 等 に 必 然 的 に 当 該 芸 能 人 等 の 顧 客 吸 引 力 が 反 映 することがあるが それらの 影 響 を 紹 介 記 事 等 から 遮 断 することは 困 難 であることがある 以 上 の 点 を 考 慮 すると 芸 能 人 等 の 氏 名 肖 像 の 使 用 行 為 がそのパブリシティ 権 を 侵 害 する 不 法 行 為 を 構 成 67

12 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) するか 否 かは その 使 用 行 為 の 目 的 方 法 及 び 態 様 を 全 体 的 かつ 客 観 的 に 考 察 し て その 使 用 行 為 が 当 該 芸 能 人 等 の 顧 客 吸 引 力 に 着 目 し 専 らその 利 用 を 目 的 と するものであるといえるか 否 かによって 判 断 すべきである と 判 示 した そして 本 件 の14 枚 の 写 真 のうち 写 真 1ないし7について 1ピンク レ ディーが 歌 唱 し 演 じた 楽 曲 の 振 り 付 けを 利 用 してダイエットを 行 うという 女 性 雑 誌 中 の 記 事 において その 振 り 付 けの 説 明 の 一 部 又 は 読 者 に 振 り 付 け 等 を 思 い 出 させる 一 助 として 本 件 写 真 1ないし5 及 び7を 使 用 し さらに ダイエット の 目 標 を 実 感 させるために 本 件 写 真 6を 使 用 したものであり 2 使 用 の 程 度 は 1 楽 曲 につき1 枚 のさほど 大 きくはない 白 黒 写 真 であり 3Aの 実 演 写 真 Aの ひとことアドバイス 4コマの 図 解 解 説 など 振 り 付 けを 実 質 的 に 説 明 する 部 分 が 各 楽 曲 の 説 明 の 約 3 分 の2を 占 め 本 件 写 真 2ないし5 及 び7は 各 楽 曲 につい ての 誌 面 の3 分 の1 程 度 にとどまり 4その 宣 伝 広 告 や 表 紙 の 見 出 しや 目 次 にお いても 殊 更 原 告 らの 肖 像 を 強 調 しているものではない したがって 本 件 写 真 1ないし7の 使 用 により 必 然 的 に 原 告 らの 顧 客 吸 引 力 が 本 件 記 事 に 反 映 す ることがあったとしても それらの 使 用 が 原 告 らの 顧 客 吸 引 力 に 着 目 し 専 らそ の 利 用 を 目 的 としたものと 認 めることはできない として 写 真 使 用 の 目 的 が 専 ら 顧 客 吸 引 力 の 利 用 でないとした また 写 真 8ないし14についても 1 本 件 写 真 8ないし14を 使 用 した 記 事 は ピンク レディーが 歌 唱 し 演 じた 楽 曲 の 振 り 付 けを 利 用 してダイエットを 行 うという 記 事 に 付 随 して 現 在 も 芸 能 活 動 を 続 ける 原 告 らの 過 去 の 芸 能 活 動 を 紹 介 する 記 事 であり 2 誌 面 1 頁 の 約 3 分 の1の 中 に 原 告 らが 撮 影 されたさほど 大 きくはない 白 黒 写 真 7 枚 を 掲 載 し 3その 宣 伝 広 告 や 表 紙 の 見 出 し 及 び 目 次 においても 殊 更 原 告 らの 肖 像 を 強 調 しているも のではない したがって 本 件 写 真 8ないし14の 使 用 により 必 然 的 に 原 告 ら の 顧 客 吸 引 力 が 本 件 記 事 に 反 映 することがあったとしても それらの 使 用 が 原 告 らの 顧 客 吸 引 力 に 着 目 し 専 らその 利 用 を 目 的 としたものと 認 めることはできな い として これらについても 写 真 使 用 の 目 的 が 専 ら 顧 客 吸 引 力 の 利 用 で ないとした そして パブリシティ 権 の 侵 害 を 否 定 した 68

13 2つの 肖 像 権 ⑶ 控 訴 審 判 決 の 要 旨 判 決 は パブリシティ 権 について 以 下 のように 丁 寧 に 定 義 した 氏 名 は 人 が 個 人 として 尊 重 される 基 礎 で その 個 人 の 人 格 の 象 徴 であり 人 格 権 の 一 内 容 を 構 成 するものであって 個 人 は 氏 名 を 他 人 に 冒 用 されない 権 利 利 益 を 有 し( 最 高 裁 昭 和 58 年 (オ) 第 1311 号 昭 和 63 年 2 月 16 日 第 三 小 法 廷 判 決 民 集 42 巻 2 号 27 頁 参 照 ) これは 個 人 の 通 称 雅 号 芸 名 についても 同 様 であり また 個 人 の 私 生 活 上 の 自 由 の1つとして 何 人 も その 承 諾 なしに みだりにその 容 ぼう 姿 態 を 撮 影 されない 自 由 を 有 するもの( 最 高 裁 昭 和 40 年 (あ) 第 1187 号 昭 和 44 年 12 月 24 日 大 法 廷 判 決 刑 集 23 巻 12 号 1625 頁 参 照 )であって 肖 像 も 個 人 の 属 性 で 人 格 権 の 一 内 容 を 構 成 するものである( 以 下 これらの 氏 名 等 や 肖 像 を 併 せて 氏 名 肖 像 という )ということができ 氏 名 肖 像 の 無 断 の 使 用 は 当 該 個 人 の 人 格 的 価 値 を 侵 害 することになる したがって 芸 能 人 やスポーツ 選 手 等 の 著 名 人 も 人 格 権 に 基 づき 正 当 な 理 由 なく その 氏 名 肖 像 を 第 三 者 に 使 用 されない 権 利 を 有 するということができるが 著 名 人 につい ては その 氏 名 肖 像 を 商 品 の 広 告 に 使 用 し 商 品 に 付 し 更 に 肖 像 自 体 を 商 品 化 するなどした 場 合 には 著 名 人 が 社 会 的 に 著 名 な 存 在 であって また あこ がれの 対 象 となっていることなどによる 顧 客 吸 引 力 を 有 することから 当 該 商 品 の 売 上 げに 結 び 付 くなど 経 済 的 利 益 価 値 を 生 み 出 すことになるところ この ような 経 済 的 利 益 価 値 もまた 人 格 権 に 由 来 する 権 利 として 当 該 著 名 人 が 排 他 的 に 支 配 する 権 利 ( 以 下 この 意 味 での 権 利 を パブリシティ 権 という ) であるということができる 次 に 有 名 人 の 氏 名 肖 像 の 使 用 がパブリシティ 権 の 侵 害 となる 場 合 について 以 下 のように 述 べた もっとも 著 名 人 は 自 らが 社 会 的 に 著 名 な 存 在 となった 結 果 として 必 然 的 に 一 般 人 に 比 してより 社 会 の 正 当 な 関 心 事 の 対 象 となりやすいものであって 正 当 な 報 道 評 論 社 会 事 象 の 紹 介 等 のためにその 氏 名 肖 像 が 利 用 される 必 要 もあり 言 論 出 版 報 道 等 の 表 現 の 自 由 の 保 障 という 憲 法 上 の 要 請 からして また そうといわないまでも 自 らの 氏 名 肖 像 を 第 三 者 が 喧 伝 などすることで その 著 名 の 程 度 が 増 幅 してその 社 会 的 な 存 在 が 確 立 されていくという 社 会 的 に 著 69

14 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) 名 な 存 在 に 至 る 過 程 からして 著 名 人 がその 氏 名 肖 像 を 排 他 的 に 支 配 する 権 利 も 制 限 され あるいは 第 三 者 による 利 用 を 許 容 しなければならない 場 合 がある ことはやむを 得 ないということができ 結 局 のところ 著 名 人 の 氏 名 肖 像 の 使 用 が 違 法 性 を 有 するか 否 かは 著 名 人 が 自 らの 氏 名 肖 像 を 排 他 的 に 支 配 する 権 利 と 表 現 の 自 由 の 保 障 ないしその 社 会 的 に 著 名 な 存 在 に 至 る 過 程 で 許 容 するこ とが 予 定 されていた 負 担 との 利 益 較 量 の 問 題 として 相 関 関 係 的 にとらえる 必 要 が あるのであって その 氏 名 肖 像 を 使 用 する 目 的 方 法 態 様 肖 像 写 真 につい てはその 入 手 方 法 著 名 人 の 属 性 その 著 名 性 の 程 度 当 該 著 名 人 の 自 らの 氏 名 肖 像 に 対 する 使 用 管 理 の 態 様 等 を 総 合 的 に 観 察 して 判 断 されるべきものと いうことができる そして 一 般 に 著 名 人 の 肖 像 写 真 をグラビア 写 真 やカレン ダーに 無 断 で 使 用 する 場 合 には 肖 像 自 体 を 商 品 化 するものであり その 使 用 は 違 法 性 を 帯 びるものといわなければならない 一 方 著 名 人 の 肖 像 写 真 が 当 該 著 名 人 の 承 諾 の 下 に 頒 布 されたものであった 場 合 には その 頒 布 を 受 けた 肖 像 写 真 を 利 用 するに 際 して 著 名 人 の 承 諾 を 改 めて 得 なかったとして その 意 味 では 無 断 の 使 用 に 当 たるといえるときであっても なおパブリシティ 権 の 侵 害 の 有 無 と いった 見 地 からは その 侵 害 が 否 定 される 場 合 もあるというべきである そして 1 本 件 記 事 は 本 件 雑 誌 の 読 者 層 が 子 供 時 代 にピンク レディーに 熱 狂 した 女 性 ファン 層 と 重 なることから ピンク レディーの 曲 に 合 わせて その 振 り 付 けを 踊 ることによってダイエットをすることを 紹 介 することとし そ の 関 連 で 17 頁 左 端 上 半 分 に 振 り 付 けしながら 踊 って 楽 しくやせられてピンク レディーのような 体 型 も 夢 ではないとの 記 載 17 頁 左 端 下 半 分 にAが 語 る 小 学 生 時 代 にピンク レディーの 振 り 付 けをまねて 踊 っていたとの 思 い 出 やピンク レ ディーの 楽 曲 に 合 わせて 踊 ることによって 楽 しくダイエットができることなどを 語 る 記 載 18 頁 下 部 に 本 誌 秘 蔵 写 真 で 綴 るピンク レディーの 思 い 出 として 歌 唱 中 やインタビューを 受 けるなどして 活 躍 中 のピンク レディーの 写 真 の 掲 載 18 頁 下 端 にAが 小 学 生 時 代 にピンク レディーの 振 り 付 けをまねて 踊 っていたと の 思 い 出 などを 語 る 記 載 をするものであること 2 本 件 写 真 は その 面 積 に おいて 大 きなもので 約 80cm2から 小 さなもので 約 10.1cm2まで 平 均 約 36.4cm2の14 枚 の 白 黒 写 真 であって それぞれの 写 真 において 縦 26cm 横 21cm 面 積 546cm2 70

15 2つの 肖 像 権 のAB 変 形 版 サイズである 本 件 雑 誌 の 各 頁 との 比 較 でさほど 大 きなものというこ とができず また このことからして 本 件 写 真 は 通 常 の 読 者 がグラビア 写 真 として 鑑 賞 の 対 象 とするものとしては 十 分 なものとは 認 め 難 く 本 件 写 真 が 週 刊 誌 等 におけるグラビア 写 真 の 利 用 と 同 視 できる 程 度 のものということもできな いこと 3 本 件 記 事 を 全 体 として 見 た 構 成 において 必 ずしも 控 訴 人 らの 写 真 が 本 件 記 事 の 中 心 となっているとみることができるものではないこと の3 点 を 挙 げて 以 上 の 事 実 等 が 認 められ 本 件 記 事 は 昭 和 50 年 代 に 広 く 知 られ その 振 り 付 けをまねることが 社 会 的 現 象 になったピンク レディーに 子 供 時 代 に 熱 狂 するなどした 読 者 層 に その 記 憶 にあるピンク レディーの 楽 曲 の 振 り 付 け で 踊 ることによってダイエットをすることを 紹 介 して 勧 める 記 事 ということがで き るとした また 雑 誌 表 紙 や 雑 誌 の 電 車 中 吊 り 広 告 における 記 事 題 名 等 の 使 用 (ピンク レディーの 写 真 なし) ピンク レディーの 写 真 1 枚 を 付 けた 雑 誌 の 新 聞 広 告 についても 記 事 の 告 知 の 趣 旨 であるとした さらに 本 件 写 真 は 控 訴 人 らの 芸 能 事 務 所 等 の 許 可 の 下 で 被 控 訴 人 側 の カメラマンが 撮 影 した 写 真 であって 被 控 訴 人 において 保 管 するなどしていたも のを 再 利 用 したものではないかとうかがわれるが その 再 利 用 に 際 して 控 訴 人 らの 承 諾 を 得 ていないとしても 前 記 したとおり 社 会 的 に 著 名 な 存 在 であった 控 訴 人 らの 振 り 付 けを 本 件 記 事 の 読 者 に 記 憶 喚 起 させる 手 段 として 利 用 されてい るにすぎない と 認 定 した そして 本 件 記 事 における 本 件 写 真 の 使 用 は 控 訴 人 らが 社 会 的 に 顕 著 な 存 在 に 至 る 過 程 で 許 容 することが 予 定 されていた 負 担 を 超 えて 控 訴 人 らが 自 らの 氏 名 肖 像 を 排 他 的 に 支 配 する 権 利 が 害 されているものということはできない と 結 論 づけ パブリシティ 権 の 侵 害 には 当 たらないとした ⑷ 検 討 パブリシティ 権 侵 害 の 判 断 基 準 について 地 裁 判 決 は 芸 能 人 等 の 氏 名 肖 像 の 使 用 行 為 がそのパブリシティ 権 を 侵 害 する 不 法 行 為 を 構 成 するか 否 かは その 使 用 行 為 の 目 的 方 法 及 び 態 様 を 全 体 的 かつ 客 観 的 に 考 察 して その 使 用 行 為 が 当 該 芸 能 人 等 の 顧 客 吸 引 力 に 着 目 し 専 71

16 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) らその 利 用 を 目 的 とするものであるといえるか 否 かによって 判 断 すべきである とした この 規 範 は 後 に 紹 介 する 中 田 英 寿 事 件 第 1 審 判 決 ( 東 京 地 裁 平 成 12 年 2 月 29 日 判 決 )やブブカスペシャル7 事 件 ( 東 京 地 裁 平 成 16 年 7 月 14 日 判 決 ) フライデー 事 件 ( 東 京 地 裁 平 成 16 年 11 月 10 日 判 決 )などで パブリシティ 権 侵 害 の 有 無 を 判 断 する 際 にも 使 われているものである すなわち 氏 名 肖 像 を 使 用 する 側 の 目 的 を 問 題 とし それが 専 ら 顧 客 吸 引 力 の 利 用 である 場 合 には パ ブリシティ 権 の 侵 害 であるというものである ここにいう 目 的 は その 前 段 にあるように 使 用 行 為 の 目 的 方 法 及 び 態 様 を 全 体 的 かつ 客 観 的 に 考 察 して 判 断 されるというのであるから 純 粋 に 被 告 側 の 主 観 を 問 題 とするものではない が あえて 氏 名 肖 像 の 使 用 の 効 果 ( 顧 客 吸 引 力 の 程 度 等 )を 捨 象 するかの ように 捉 えられる 点 で 議 論 の 余 地 があろう なお 目 的 の 判 断 にあたり1 目 的 2 方 法 及 び3 態 様 を 客 観 的 に 考 察 するというのは 目 的 の 概 念 を2 種 類 に 捉 えるものともいえ 決 して 規 範 としての 使 い 勝 手 が 良 いものとは 言 えな いであろう 高 裁 判 決 は 著 名 人 の 氏 名 肖 像 の 使 用 が 違 法 性 を 有 するか 否 かは 著 名 人 が 自 らの 氏 名 肖 像 を 排 他 的 に 支 配 する 権 利 と 表 現 の 自 由 の 保 障 ないしその 社 会 的 に 著 名 な 存 在 に 至 る 過 程 で 許 容 することが 予 定 されていた 負 担 との 利 益 較 量 の 問 題 として 相 関 関 係 的 にとらえる 必 要 がある とした 上 その 氏 名 肖 像 を 使 用 する 目 的 方 法 態 様 肖 像 写 真 についてはその 入 手 方 法 著 名 人 の 属 性 その 著 名 性 の 程 度 当 該 著 名 人 の 自 らの 氏 名 肖 像 に 対 する 使 用 管 理 の 態 様 等 を 総 合 的 に 観 察 して 判 断 されるべき であるとした このような 相 関 関 係 的 ア プローチ によることは 後 に 述 べるとおり パブリシティ 権 の 本 質 に 迫 るもの といえ 積 極 的 に 評 価 できる 結 論 について 地 裁 高 裁 とも 非 侵 害 とした そして その 結 論 を 導 くにあたっては いず れも 記 事 の 体 裁 写 真 の 大 きさ 記 事 全 体 に 占 める 写 真 の 位 置 づけ 等 を 検 討 し た そして 上 に 述 べたように 採 用 する 判 断 基 準 が 違 っても 同 じ 結 論 を 導 い ているのである 本 件 の 事 実 関 係 においては この 結 論 は 是 認 できる 被 告 とされた 出 版 社 側 と 72

17 2つの 肖 像 権 しても 雑 誌 の 表 紙 にカラー 写 真 を 大 々 的 に 使 用 したりはしておらず ピンク レディーの 写 真 を 非 常 に 抑 制 的 に 使 用 していることが 窺 える この 程 度 の 写 真 使 用 に 違 法 性 があるとすれば 芸 能 に 関 する 懐 古 的 な 記 事 は 全 く 掲 載 できなくなる おそれもあるから 今 後 の 雑 誌 編 集 に 抑 制 的 な 影 響 を 与 えることがなかった 点 で は 相 当 な 判 断 といえる 6 検 討 肖 像 権 は2つあるのか ⑴ 問 題 の 整 理 これまで 見 てきたように 肖 像 が 問 題 となるケースには 人 格 権 ないしプライ バシー 権 を 基 礎 におくものと 著 名 人 のパブリシティ 権 の 一 内 容 として 問 題 とな るものがある これらは どのように 相 互 に 位 置 づけられるべきであろうか この 点 そもそも 肖 像 権 を 著 名 人 一 般 人 に 関 わらず 自 分 の 肖 像 の 写 真 や 絵 や 映 像 を 営 利 目 的 に 使 う 権 利 と 定 義 し パブリシティ 権 そのものと 考 える 立 場 がある (13) しかし パブリシティ 権 を 論 ずる 場 合 には 撮 影 の 態 様 は 問 題 となる ことはまずないことから この 立 場 によるときは 撮 影 されない 権 利 としての 肖 像 権 を 捨 象 してしまうのではないかという 疑 問 がある また 多 くの 学 説 では パブリシティ 権 が そのアメリカでの 沿 革 において プライバシーとは 別 個 独 立 の 権 利 として 位 置 づけられるようになってきたこと から わが 国 においても 全 く 別 個 のものと 取 り 扱 うが (14) このような 説 明 は 2つの 肖 像 権 の 関 係 について 明 らかにするものではない では いかに 考 えるべきであろうか ⑵ いずれも 人 格 権 に 包 摂 されるのか プライバシー 権 はそれ 自 体 人 格 権 の 一 側 面 であるから プライバシー 権 を 基 礎 に 置 く 権 利 としての 肖 像 権 もまた 人 格 権 に 包 摂 されることは 論 を 俟 たない 一 方 前 述 のダービースタリオン 事 件 控 訴 審 判 決 が パブリシティ 権 は 人 格 権 に 根 ざす 権 利 であると 宣 明 し ピンク レディーdeダイエット 事 件 控 訴 審 ⒀ ⒁ 丹 野 章 撮 る 自 由 41~42 頁 潮 見 佳 男 不 法 行 為 法 Ⅰ 第 2 版 209 頁 など 73

18 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) 判 決 も 人 格 権 に 由 来 することを 明 らかにした したがって いずれも 大 きな 意 味 での 人 格 権 に 由 来 するものであるということは 言 えるであろう しかし ダービースタリオン 事 件 では 競 走 馬 の 名 前 にはパブリシティ 権 が 働 かないという 結 論 を 導 くための 理 屈 として 人 格 権 に 根 ざす ことを 強 調 する 必 要 があったこと また パブリシティ 権 として 定 義 される 利 益 の 内 実 が 経 済 的 利 益 ないし 価 値 であること さらに グループ 名 にパブリシティ 権 を 認 めた 裁 判 例 があること (15) 等 を 考 えれば その 内 容 として 人 格 権 と 見 うる 部 分 があると はいえ 人 格 権 から 必 然 的 に 演 繹 ないし 抽 出 されると 考 えるのは 行 き 過 ぎではな いだろうか パブリシティ 権 は 人 格 権 に 包 摂 されてしまうものではない ただし 一 部 分 に おいて 人 格 権 的 側 面 を 有 しており その 部 分 ではプライバシー 権 を 基 礎 に 置 く 肖 像 権 と 共 通 の 性 質 を 有 するものといえる ⑶ 著 名 人 のプライバシー 権 は 制 限 されるのか パブリシティ 権 は 著 名 人 のみに 認 められる 権 利 である そこで その 根 拠 と して 著 名 人 は 一 般 人 に 比 べてプライバシーの 幅 が 狭 い ないしプライバシー 保 護 の 要 請 が 低 いことが 言 われることがある パブリシティ 権 は 有 名 人 が 有 名 に なることによってプライバシーの 保 護 を 失 うことになることの 代 償 であるという のである また 前 述 のマーク レスター 事 件 判 決 やダービースタリオン 事 件 判 決 でも 著 名 人 と 一 般 人 の 違 いに 言 及 している しかし はたして 著 名 人 のプラ イバシーの 幅 は 狭 いと 言 えるのであろうか この 点 一 般 に 公 職 候 補 者 や 政 治 家 に 関 する 記 事 については 名 誉 毀 損 が 成 立 し にくいが これは 公 共 の 利 害 にかかる 事 柄 であり もっぱら 公 益 目 的 といえ 真 実 または 真 実 であると 信 じたことについて 相 当 の 理 由 があれば 違 法 性 が 阻 却 され るからである( 刑 法 230 条 の2 民 事 事 件 でも 同 様 の 要 件 で 違 法 性 が 阻 却 される ) このことは 公 職 候 補 者 や 政 治 家 の 行 状 に 関 する 隠 し 撮 り 写 真 について 肖 像 権 が 問 題 になるケースについても 同 様 であろう ⒂ キング クリムゾン 事 件 ( 東 京 地 裁 平 成 10 年 1 月 21 日 判 決 判 時 1644 号 141 頁 判 タ997 号 245 頁 ) 74

19 2つの 肖 像 権 しかし 歌 手 やタレントというようなパブリシティ 権 の 主 体 となりうる 著 名 人 の 動 向 が 公 共 の 利 害 にかかるということは 難 しい そうすると このような 著 名 人 についても プライバシーの 利 益 は 一 般 の 人 と 全 く 同 様 に 保 護 されるべきで はないであろうか もちろん 芸 能 人 が 恋 人 との 密 会 等 をスクープされることが 往 々にしてあるが それは 媒 体 が 売 れるし また 著 名 人 の 側 から 訴 訟 に 出 るこ とはその 営 業 戦 略 上 なじまないからであって プライバシー 保 護 の 要 請 が 低 いか らではない したがって パブリシティ 権 は 有 名 人 が 有 名 になることによってプライバ シーの 保 護 を 失 うことになることの 代 償 であるという 理 論 は 採 り 得 ない ⑷ 私 見 私 見 によれば 肖 像 の 利 用 がプライバシー 権 に 基 礎 を 置 く 肖 像 権 の 問 題 になる か パブリシティ 権 の 問 題 になるかは 撮 影 の 態 様 による パブリシティ 権 が 問 題 となる 肖 像 は そもそも 商 業 的 利 用 を 目 的 として 撮 影 さ れたものに 限 られる そうでなければ その 肖 像 写 真 は 商 業 的 利 用 に 耐 える 品 質 が 確 保 されていると 言 えないからである そして 商 業 的 利 用 を 目 的 として 撮 影 をされる 場 合 には 撮 影 される 側 にもそのことについて 許 諾 するだけでなく 被 写 体 として 協 力 することになるから 撮 影 の 段 階 の 問 題 は 生 じえない そうだとす れば そのように 撮 影 された 肖 像 写 真 について それを 許 諾 の 範 囲 を 超 えて 使 用 することについては もっぱらパブリシティの 問 題 になるというべきである そして それ 以 外 の 肖 像 については それが 誰 のものであるにせよ プライバ シー 権 に 基 礎 を 置 く 肖 像 権 の 問 題 として その 撮 影 と 公 表 の2 段 階 が 問 題 になり 得 ると 解 するべきであろう ⑸ 中 田 英 寿 事 件 この 点 サッカー 選 手 の 中 田 英 寿 の 少 年 時 代 の 写 真 や 少 年 時 代 に 創 作 した 詩 を 公 表 したことがプライバシーの 侵 害 になるとした 中 田 英 寿 事 件 ( 東 京 地 裁 平 成 12 75

20 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) 年 2 月 29 日 判 決 (16) 東 京 高 裁 平 成 12 年 12 月 25 日 判 決 (17) )が 参 考 になる 第 1 審 判 決 は 前 述 の ピンク レディーdeダイエット 事 件 と 同 じ 規 範 を 用 いて パブリシティ 権 の 侵 害 を 否 定 しつつ サッカー 競 技 に 直 接 関 係 しない 記 述 は 私 生 活 上 の 事 実 を 明 らかにするものであって プライバシーの 侵 害 に 当 たるとして 出 版 の 差 止 めと 損 害 賠 償 を 命 じ 控 訴 審 判 決 もこれを 支 持 した ここでは 肖 像 権 の 侵 害 は 認 定 していないが これまで 述 べたように 著 名 人 であってもプ ライバシー 権 に 基 礎 をおく 肖 像 権 の 侵 害 があり 得 ることが 明 確 にされたものと 思 う その 後 中 田 英 寿 が 宮 沢 りえとキスしている 写 真 を 雑 誌 ブブカ に 掲 載 され たことについて 中 田 が 出 版 社 と 発 行 人 を 訴 えた 第 1 事 件 で 判 決 ( 東 京 地 裁 平 成 16 年 6 月 9 日 )は プライバシー 権 と 肖 像 権 の 侵 害 をいずれも 認 め 被 告 らに 110 万 円 の 損 害 賠 償 を 命 じた 続 いて 週 刊 現 代 が 同 じ 写 真 を 転 載 したことに ついて 中 田 が 出 版 社 と 発 行 人 を 訴 えた 第 2 事 件 では 第 一 審 判 決 ( 東 京 地 裁 平 成 16 年 11 月 10 日 )は プライバシー 権 又 は 肖 像 権 の 侵 害 を 認 め 被 告 らに120 万 円 の 損 害 賠 償 を 命 じた しかし その 控 訴 審 ( 東 京 高 裁 平 成 17 年 5 月 18 日 判 決 ) では 第 一 審 判 決 を 取 り 消 して 請 求 を 棄 却 した プライバシー 権 の 侵 害 につい ては その 事 実 を 公 表 されない 法 的 利 益 とこれを 公 表 する 理 由 とを 比 較 衡 量 し 前 者 が 後 者 に 優 越 する 場 合 に 不 法 行 為 が 成 立 する とし 肖 像 権 の 侵 害 につい ては それが 表 現 の 自 由 の 行 使 として 相 当 と 認 められる 場 合 すなわち その 表 現 行 為 が 公 共 の 利 害 に 関 する 事 項 に 係 り かつ 専 ら 公 益 を 図 る 目 的 でなされ しかもその 公 表 内 容 が 上 記 の 目 的 に 照 らして 相 当 である 場 合 には 違 法 性 が 阻 却 さ れる とした 上 で プライバシー 権 侵 害 については 第 1 事 件 で 予 想 される 法 律 上 の 争 点 や 裁 判 の 成 り 行 きなど 公 共 の 利 害 に 関 する 事 項 について 専 ら 公 益 を 図 る 目 的 をもってなされた とし 反 面 でプライバシー 侵 害 の 程 度 はさほど 大 きく ないとした また 肖 像 権 侵 害 についても 同 様 に 第 1 事 件 の 裁 判 の 成 り 行 きなど 公 共 の 利 害 に 関 する 事 項 について 専 ら 公 益 を 図 る 目 的 をもってなされた とし た 上 写 真 は 第 1 事 件 に 関 して 読 者 の 理 解 をより 容 易 にするという 観 点 から 掲 ⒃ ⒄ 判 時 1715 号 76 頁 判 タ1028 号 232 頁 判 時 1743 号 130 頁 76

21 2つの 肖 像 権 載 されたもので 写 真 の 一 部 を 縮 小 して 白 黒 で 掲 載 するなどの 一 応 の 配 慮 もなさ れており 公 表 内 容 も 上 記 の 目 的 に 照 らして 相 当 性 を 逸 脱 していないとして 結 局 不 法 行 為 は 成 立 しないとした 上 告 審 ( 平 成 18 年 9 月 21 日 第 1 小 法 廷 決 定 ) もこれを 支 持 し 上 告 を 棄 却 した この 一 連 の 裁 判 では 結 論 はともかく 中 田 のキス 写 真 の 雑 誌 への 掲 載 がプラ イバシー 権 および 肖 像 権 侵 害 に 当 たり 得 ること 自 体 は 認 めており 支 持 できる 参 考 文 献 芦 部 信 喜 憲 法 第 四 版 ( 高 橋 和 之 補 訂 ) 岩 波 書 店 2007 年 阿 部 浩 二 パブリシティの 権 利 とその 展 開 ( 打 田 畯 一 先 生 古 稀 記 念 現 代 社 会 と 民 事 法 291 頁 所 収 ) 第 一 法 規 1981 年 飯 村 敏 明 設 樂 隆 一 編 著 リーガル プログレッシブ シリーズ3 知 的 財 産 関 係 訴 訟 青 林 書 院 2008 年 石 井 智 弥 人 格 権 固 有 の 利 益 の 保 護 肖 像 権 を 中 心 に ( 専 修 法 研 論 集 第 32 号 所 収 ) 2003 年 石 村 善 治 堀 部 政 男 編 情 報 法 入 門 法 律 文 化 社 1999 年 大 家 重 夫 肖 像 権 新 版 太 田 出 版 2007 年 大 家 重 夫 肖 像 権 侵 害 ( 竹 田 稔 堀 部 政 男 編 新 裁 判 実 務 体 系 第 9 巻 名 誉 プライバシー 保 護 関 係 訴 訟 法 265 頁 所 収 ) 青 林 書 院 2001 年 岡 部 純 子 企 業 活 動 における 個 人 情 報 の 保 護 ( 松 本 恒 雄 升 田 純 編 実 務 法 律 学 全 集 17 情 報 をめぐる 法 律 判 例 と 実 務 戦 略 的 情 報 取 引 と 法 務 235 頁 所 収 ) 2003 年 金 井 重 彦 パブリシティ 権 問 題 研 究 会 編 著 パブリシティ 権 判 例 と 実 務 経 済 産 業 調 査 会 2003 年 潮 見 佳 男 不 法 行 為 法 Ⅰ 第 2 版 信 山 社 2009 年 肖 像 権 委 員 会 著 作 権 研 究 所 研 究 叢 書 18 パブリシティの 権 利 をめぐる 諸 問 題 社 団 法 人 著 作 権 情 報 センター 附 属 著 作 権 研 究 所 2009 年 関 堂 幸 輔 パブリシティ 権 の 再 構 成 ( 著 作 権 法 学 会 著 作 権 研 究 頁 所 収 ) 2002 年 77

22 駒 澤 法 曹 第 6 号 (2010) 田 中 信 義 氏 名 肖 像 の 財 産 的 価 値 (パブリシティの 権 利 )の 侵 害 ( 竹 田 稔 堀 部 政 男 編 新 裁 判 実 務 体 系 第 9 巻 名 誉 プライバシー 保 護 関 係 訴 訟 法 313 頁 所 収 ) 2001 年 丹 野 章 撮 る 自 由 肖 像 権 の 霧 を 晴 らす 本 の 泉 社 2009 年 丹 野 章 写 真 の 保 護 をめぐる 法 的 諸 問 題 ( メディア 文 化 と 法 日 本 レコー ド 協 会 寄 付 講 座 474 頁 所 収 ) 1995 年 豊 田 彰 パブリシティの 権 利 日 本 評 論 社 2000 年 豊 田 彰 パブリシティの 権 利 Ⅱ 日 本 評 論 社 2007 年 内 藤 篤 田 代 貞 之 パブリシティ 権 概 説 第 2 版 木 鐸 社 2005 年 日 本 写 真 家 協 会 編 スナップ 写 真 のルールとマナー 朝 日 新 聞 出 版 2007 年 平 野 裕 之 民 法 総 合 6 不 法 行 為 法 第 2 版 信 山 社 2009 年 松 井 茂 記 肖 像 権 侵 害 と 表 現 の 自 由 ( 有 斐 閣 民 商 法 雑 誌 127 巻 2 号 ~3 号 所 収 ) 2002 年 松 井 茂 記 表 現 報 道 と 法 ( 岩 波 講 座 現 代 の 法 10 情 報 と 法 53 頁 所 収 ) 1997 年 三 浦 正 広 肖 像 権 研 究 序 説 ドイツにおける 肖 像 権 の 保 護 ( 民 法 と 著 作 権 法 の 諸 問 題 半 田 正 夫 教 授 還 暦 記 念 論 集 770 頁 所 収 ) 1993 年 宮 原 守 男 監 修 松 村 光 晃 中 村 秀 一 編 集 名 誉 毀 損 プライバシー 報 道 被 害 の 救 済 実 務 と 提 言 ぎょうせい 2006 年 村 上 孝 止 勝 手 に 撮 るな! 肖 像 権 がある! 増 補 版 青 弓 社 2006 年 山 崎 敏 彦 プライバシー 肖 像 権 の 保 護 とマスコミ ( メディア 文 化 と 法 日 本 レコード 協 会 寄 付 講 座 543 頁 所 収 ) 1995 年 ローレンス レッシグ 著 山 形 浩 生 柏 木 亮 二 訳 CODE and other laws of Cyberspace インターネットの 合 法 違 法 プライバシー 翔 泳 社 2001 年 78

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

2007年4月10日

2007年4月10日 関 西 大 学 法 科 大 学 院 法 と 社 会 2 法 とメディア 第 2 回 2009 年 10 月 1 日 メディアと 名 誉 プライバシー(その1) 弁 護 士 弁 理 士 近 藤 剛 史 tsuyoshi@kondolaw.jp Ⅰ. 名 誉 に 関 する 法 的 保 護 1 社 会 的 名 誉 民 法 703 条 にいう 名 誉 とは 人 がその 品 性 徳 行 名 声 信 用 等 の

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して 1 英 国 競 争 法 の 執 行 手 続 日 本 の 独 占 禁 止 法 改 正 に 関 連 して 千 葉 大 学 大 学 院 専 門 法 務 研 究 科 教 授 栗 田 誠 氏 Ⅰ はじめに 本 報 告 の 対 象 は 1998 年 競 争 法 違 反 行 為 ( 日 本 の 独 占 禁 止 法 ( 以 下 独 禁 法 と 略 す )でいう 不 当 な 取 引 制 限 私 的 独 占 及 び 不

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7 平 成 一 〇 年 (ワ) 第 八 七 六 一 号 著 作 物 発 行 差 止 等 請 求 事 件 ( 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 一 一 年 六 月 二 八 日 ) 判 決 原 告 A 原 告 B 右 両 名 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 今 野 勝 彦 前 田 惠 三 加 藤 裕 也 岩 田 廣 一 被 告 株 式 会 社 文 藝 春 秋 右 代 表 者 代 表 取 締 役 C 被 告

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3 平 成 14 年 (ワ) 第 1157 号 出 版 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 14 年 5 月 15 日 判 決 原 告 A 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 武 田 博 孝 同 長 島 亘 被 告 株 式 会 社 ポプラ 社 被 告 B 被 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 蜂 須 優 二 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC 主 文 本 件 仮 処 分 申 請 をいずれも 却 下 する 訴 訟 費 用 は 申 請 人 らの 負 担 とする 事 実 第 一 当 事 者 双 方 の 求 める 裁 判 一 申 請 人 ら 申 請 人 Aが 郵 政 省 岩 手 県 宮 古 郵 便 局 保 険 課 に 勤 務 すること 申 請 人 Bが 同 郵 便 局 庶 務 会 計 課 に 勤 務 すること を 仮 に 定 める 訴 訟 費 用

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑾ ⑿ ⒀ ⒁ ⒂ ( ), (53.1%) (61.8%) (30.9%) 84.1% 95.7% 13.7% 11.3% 3.3% 4.7% 4.0% 74.6% 6.7 ( ) 64.5% 752 57.1% 565 42.9% 1317 100.0% 90.3% 47.4%52.6% 63.4%36.6%

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

試験日 平成22年7月  日(木)2時限

試験日 平成22年7月  日(木)2時限 試 験 日 平 成 27 年 月 日 ( ) 時 限 科 目 名 労 働 法 A 担 当 者 三 柴 丈 典 法 律 学 科 2 学 年 以 上 次 の 各 問 いに 対 する 解 答 またはカッコ 内 に 入 る 語 句 として 最 も 適 当 な 選 択 肢 を1つ 選 び 該 当 する 番 号 を 解 答 用 紙 にマークせよ なお 解 答 用 紙 (マークシート)に 解 答 以 外 のことを

More information

あって この 救 済 命 令 は 不 当 労 働 行 為 による 被 害 の 救 済 としての 性 質 をもつものでな ければならず このことから 導 かれる 一 定 の 限 界 を 超 えることはできないものといわな ければならない しかし 法 が 右 のように 労 働 委 員 会 に 広 い 裁

あって この 救 済 命 令 は 不 当 労 働 行 為 による 被 害 の 救 済 としての 性 質 をもつものでな ければならず このことから 導 かれる 一 定 の 限 界 を 超 えることはできないものといわな ければならない しかし 法 が 右 のように 労 働 委 員 会 に 広 い 裁 最 高 裁 昭 和 四 五 年 ( 行 ツ) 第 六 〇 号 第 六 一 号 五 二 二 二 三 判 決 判 決 上 告 人 東 京 都 地 方 労 働 委 員 会 補 助 参 加 人 東 京 自 動 車 交 通 労 働 組 合 補 助 参 加 人 X1 補 助 参 加 人 X2 補 助 参 加 人 X3 補 助 参 加 人 X4 補 助 参 加 人 X5 補 助 参 加 人 X6 被 上 告 人

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

Taro13-H 森林・環境フォ

Taro13-H 森林・環境フォ 森 林 環 境 フォーラム 報 告 資 料 奥 入 瀬 渓 流 事 件 判 決 について 弁 護 士 平 成 22 年 11 月 20 日 お ぼ な い 小 保 内 義 和 第 1 事 案 の 概 要 と 原 告 ( 被 害 者 )の 請 求 の 内 容 1 平 成 15 年 8 月 4 日 十 和 田 八 幡 平 国 立 公 園 の 奥 入 瀬 渓 流 の 石 ヶ 戸 地 区 所 在 の 遊 歩

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

EFD1A38E7610369249256A57005AF79

EFD1A38E7610369249256A57005AF79 主 文 昭 和 五 七 年 ( 行 コ) 第 二 号 事 件 について 原 判 決 中 控 訴 人 ( 第 一 審 被 告 ) 敗 訴 の 部 分 を 取 り 消 す 被 控 訴 人 ( 第 一 審 原 告 )らの 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 は 第 一 二 審 とも 被 控 訴 人 ( 第 一 審 原 告 )らの 負 担 とする 昭 和 五 七 年 ( 行 コ) 第 三 号 同 第

More information

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え さ 情 審 査 答 申 第 56 号 平 成 20 年 7 月 11 日 さいたま 市 長 相 川 宗 一 様 さいたま 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 会 長 小 池 保 夫 答 申 書 平 成 19 年 11 月 14 日 付 けで 貴 職 から 受 けた 課 長 以 上 の 職 にある 者 ( 服 務 規 程 12 条 )で6~ 本 ( 2005 年 度 人 事 異 動

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標 G-221 (1) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 大 勝 軒 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10065 平 成 28 年 8 月 10 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > (2) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10066 平 成 28 年 8 月 10 日 (4

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

消費者が、事業者との通話内容を録音され、録音を消去してほしいと求めたが、事業者に断られたトラブル

消費者が、事業者との通話内容を録音され、録音を消去してほしいと求めたが、事業者に断られたトラブル 平 成 20 年 3 月 25 日 消 費 者 が 事 業 者 との 通 話 内 容 を 録 音 され 録 音 を 消 去 してほしいと 求 めたが 事 業 者 に 断 られたトラブル ( 国 民 生 活 センター 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 小 委 員 会 ) 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 消 費 者 苦 情 処 理 専 門 委 員 会 は 平 成 19 年

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ 主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこれを5 分 し,その1を 原 告 の 負 担 とし,その 余 は 被 告 らの 負 担 とす る 事

More information

前文

前文 高 知 市 行 政 情 報 公 開 条 例 の 解 釈 及 び 運 用 の 基 準 ( 平 成 13 年 7 月 1 日 制 定 ) ( 平 成 20 年 8 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 11 月 12 日 改 正 ) ( 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ) 目 次 前

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63>

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 居 住 用 財 産 の 特 別 控 除 共 有 家 屋 の 一 部 を 取 り 壊 してその 敷 地 を 譲 渡 した 場 合 第 40 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )8 月 5 日 発 表 平 仁 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

戦後主要政党の変遷と国会内勢力の推移(資料)

戦後主要政党の変遷と国会内勢力の推移(資料) レファレンス 平 成 26 年 6 月 号 資 料 戦 後 主 要 政 党 の 変 遷 と 国 会 内 勢 力 の 推 移 国 立 国 会 図 書 館 調 査 及 び 立 法 考 査 局 政 治 議 会 課 神 田 広 樹 目 次 はじめに Ⅰ 国 会 における 政 党 の 勢 力 配 置 様 態 とその 変 化 Ⅱ 戦 後 主 要 政 党 の 変 遷 Ⅲ 主 要 政 党 の 国 会 内 勢 力 の

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

平 成 27 年 9 月 17 日 改 訂 版 町 会 自 治 会 等 法 人 化 の 手 引 き 松 戸 市 市 民 部 市 民 自 治 課 目 次 地 縁 による 団 体 1 頁 地 縁 による 団 体 が 法 人 格 を 得 るための 市 長 の 認 可 1 頁 地 縁 による 団 体 が 法 人 格 を 得 るための 要 件 1 頁 地 縁 による 団 体 の 認 可 申 請 手 続 き

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど 平 成 24 年 6 月 13 日 東 京 弁 護 士 会 平 成 24 年 度 春 季 労 働 法 専 門 講 座 労 働 事 件 解 決 の 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 はどうなるのか 場 所 ; 弁 護 士 会 館 3 階 301 会 議 室 時 間 ;18:00~20:00 講 師 鳥 井 玲 子 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 ) 1 はじめに 労 働 事 件 特

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

⑴ ⑵ ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) m3 m3 (1)

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

067-089★帝京法学第28巻第1号★07口★上條.indd

067-089★帝京法学第28巻第1号★07口★上條.indd 納 税 申 告 における 制 度 選 択 の 意 思 表 示 と 租 税 法 律 主 義 67 納 税 申 告 における 制 度 選 択 の 意 思 表 示 と 租 税 法 律 主 義 各 納 税 者 の 意 思 と 全 納 税 者 の 意 思 上 條 克 彦 1 はじめに 今 年 の 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 大 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )が 発 生 すると

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information