Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 )

2

3 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南 空 知 4 町 により 広 域 連 携 の 検 討 に 至 った 経 過 (3) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 目 的 (4) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 開 催 経 過 (5) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 設 置 (6) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 構 成 2. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 8 (1) 広 域 連 携 事 業 の 抽 出 (2) 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 3. 各 部 会 における 検 討 状 況 16 (1) 社 会 教 育 部 会 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) (2) 学 校 給 食 部 会 ( 由 仁 町 栗 山 町 ) (3) 職 員 研 修 部 会 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) (4) 観 光 連 携 部 会 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 4.これまでの 検 討 を 踏 まえた 今 後 の 方 向 性 について 18 (1)これまでの 検 討 における 課 題 (2) 今 後 の 方 向 性

4 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 少 子 高 齢 化 の 進 行 や 財 政 状 況 の 悪 化 など 基 礎 自 治 体 を 取 り 巻 く 環 境 が 依 然 として 厳 し い 状 況 の 中 地 方 自 治 体 における 限 られた 人 員 や 財 源 を 効 率 的 に 活 用 していくため 国 で は 事 務 の 共 同 処 理 が 引 き 続 き 重 要 な 手 段 であるとして 行 政 機 関 等 について 共 同 設 置 を 行 うことができる ように 地 方 自 治 法 の 改 正 を 行 うなど 全 国 的 にも 事 務 の 共 同 処 理 へ の 関 心 が 高 まっている 状 況 である 南 空 知 4 町 においても 以 前 から 消 防 やごみ 処 理 などの 各 分 野 ( 表 -1 参 照 )で 一 部 事 務 組 合 などの 共 同 処 理 制 度 を 活 用 することにより 広 域 行 政 の 推 進 による 課 題 解 決 に あたってきた しかし 従 来 共 同 処 理 があまり 活 用 されなかった 部 門 においても 圏 域 全 体 において 最 適 な 執 行 体 制 を 追 求 していく 中 で 事 務 の 性 質 や 状 況 に 応 じて 多 様 な 制 度 の 中 から 最 適 な 手 法 を 選 択 していくことが 求 められていることから 広 域 連 携 が 効 果 的 な 事 務 事 業 の 抽 出 や その 連 携 手 法 の 具 体 的 な 検 討 を 目 的 に 生 活 圏 が 重 複 し 行 政 サービスの 内 容 が 比 較 的 類 似 している 南 空 知 4 町 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 )で 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 を 平 成 23 年 4 月 に 設 置 した 本 報 告 書 は 平 成 23 年 度 に 行 われた 検 討 経 過 や 部 会 による 専 門 的 な 検 討 を 経 て 具 体 的 に 広 域 連 携 を 推 進 していく 事 業 等 を 整 理 するとともに 行 政 課 題 の 解 決 に 向 けた 選 択 肢 の 一 つである 4 町 による 広 域 連 携 のあり 方 を 示 すことで 行 政 が 地 域 住 民 や 議 会 と 議 論 を 深 めていく 基 礎 資 料 になるよう 取 りまとめたものである 表 -1 南 空 知 4 町 における 一 部 事 務 組 合 等 の 加 入 状 況 は 事 務 局 所 在 市 町 組 合 名 市 町 村 名 南 幌 由 仁 長 沼 栗 山 その 他 南 空 知 ふるさと 市 町 村 圏 組 合 広 域 圏 岩 見 沢 市 など5 市 町 空 知 教 育 センター 組 合 教 育 研 修 岩 見 沢 市 など 19 市 町 南 空 知 消 防 組 合 消 防 南 空 知 公 衆 衛 生 組 合 ごみ 処 理 長 幌 上 水 道 企 業 団 上 水 道 道 央 地 区 環 境 衛 生 組 合 し 尿 北 広 島 市 南 空 知 葬 斎 組 合 火 葬 場 石 狩 東 部 広 域 水 道 企 業 団 上 水 道 道 及 び 恵 庭 市 など 4 市 この 他 組 合 形 式 ではないが 消 費 者 行 政 ( 栗 山 消 費 者 協 会 ) 等 について 4 町 の 枠 組 み による 広 域 連 携 を 実 施 している 1

5 (2) 南 空 知 4 町 により 広 域 連 携 の 検 討 に 至 った 経 過 会 議 名 ( 参 加 者 ) 南 空 知 副 町 長 会 議 ( 副 町 長 ) 南 空 知 4 町 企 画 担 当 課 長 会 議 ( 企 画 担 当 課 長 ) 年 月 日 概 要 由 仁 町 副 町 長 から 南 幌 町 長 沼 町 栗 山 町 の 各 副 平 成 22 年 町 長 に 南 空 知 4 町 で 事 務 の 共 同 処 理 の 研 究 検 討 が 11 月 11 日 できないかを 提 案 広 域 連 携 に 関 する 検 討 組 織 の 設 置 を 確 認 費 用 対 効 果 を 見 極 めた 検 討 が 必 要 必 要 に 応 じて 部 会 の 設 置 が 必 要 副 町 長 クラスでの 議 論 が 必 要 短 期 長 期 など 優 先 順 位 を 決 めた 検 討 が 必 要 12 月 24 日 < 話 題 となった 事 務 > 職 員 研 修 広 域 災 害 ネットワーク 広 域 観 光 福 祉 サービス 社 会 教 育 事 業 学 校 給 食 事 業 公 平 委 員 会 監 査 委 員 会 農 業 委 員 会 教 育 委 員 会 平 成 23 年 2 月 22 日 検 討 組 織 において 各 町 が 連 携 できる 課 題 を 抽 出 し ていくことを 確 認 検 討 組 織 で 広 域 連 携 の 方 向 性 を 出 せるものは 副 町 長 会 議 に 報 告 し 副 町 長 会 議 から 部 会 ( 原 課 )に 検 討 指 示 学 校 給 食 事 業 などは 他 の 課 題 に 先 行 して 現 状 課 題 方 向 性 を 整 理 < 話 題 となった 事 務 > 学 校 給 食 事 業 社 会 教 育 事 業 私 債 権 回 収 観 光 協 会 3 月 24 日 組 織 名 を 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 とする 副 町 長 会 議 座 長 幹 事 会 幹 事 長 事 務 局 事 務 を 由 仁 町 で 担 当 部 会 設 置 に 際 し 幹 事 会 は 検 討 課 題 にかかる 判 断 材 料 を 踏 まえ 副 町 長 会 議 に 要 請 部 会 からの 報 告 事 項 は 幹 事 会 を 経 て 副 町 長 会 議 に 報 告 < 学 校 給 食 事 業 > 広 域 連 携 の 検 討 に 際 しては 給 食 費 や 学 校 統 廃 合 将 来 的 な 児 童 数 の 推 移 なども 比 較 する 以 上 の 協 議 経 過 により 平 成 23 年 4 月 に 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 を 設 置 し 南 空 知 4 町 における 事 務 事 業 の 広 域 連 携 を 検 討 していくこととした 2

6 (3) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 目 的 1 広 域 連 携 が 可 能 または 共 同 処 理 することが 効 果 的 な 事 務 事 業 の 抽 出 検 討 2 広 域 連 携 事 務 推 進 に 向 けての 具 体 的 な 検 討 3その 他 必 要 な 事 項 (4) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 開 催 経 過 会 議 名 ( 参 加 者 ) 年 月 日 概 要 学 校 給 食 部 会 の 設 置 及 び 社 会 教 育 事 業 の 広 域 連 携 のあり 方 について 議 論 第 1 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 平 成 23 年 4 月 20 日 < 学 校 給 食 事 業 > 長 沼 では 学 校 給 食 部 会 の 参 加 について 庁 内 合 意 等 形 成 に 向 け 調 整 を 継 続 南 幌 では 学 校 給 食 センターについて 当 面 現 状 維 持 の 方 向 と なっているため 学 校 給 食 部 会 の 参 加 は 見 合 わせる 長 沼 が 早 期 に 部 会 参 加 が 難 しい 場 合 は 栗 山 由 仁 で 当 面 部 会 の 検 討 を 進 める 各 町 の 意 向 を 再 確 認 後 副 町 長 会 議 を 開 催 し 給 食 担 当 課 長 も 参 加 のもと 部 会 の 設 置 を 指 示 へ 部 会 構 成 は 給 食 担 当 課 長 と 幹 事 会 で 打 ち 合 せた 上 で 決 定 < 社 会 教 育 事 業 > 各 町 で 現 状 課 題 を 整 理 し 次 回 幹 事 会 で 研 究 検 討 <その 他 の 事 業 > 4 町 の 枠 組 みで 広 域 連 携 できることを 基 本 に 各 町 において 課 題 抽 出 を 継 続 する 第 2 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 5 月 19 日 学 校 給 食 事 業 社 会 教 育 事 業 の 部 会 設 置 及 びその 他 の 広 域 連 携 事 務 の 抽 出 検 討 について 議 論 < 学 校 給 食 事 業 > 長 沼 町 の 部 会 参 加 は 小 中 学 校 の 適 正 配 置 等 の 検 討 結 果 引 き 続 き 調 整 する 2 町 ( 栗 山 由 仁 )で 部 会 を 設 置 する 際 でも 社 会 教 育 事 業 と 一 括 して 副 町 長 会 議 の 開 催 により 部 会 設 置 を 指 示 2 町 の 部 会 設 置 にあたっては 関 係 者 が 集 まってその 構 成 員 等 を 検 討 すること 3

7 < 社 会 教 育 事 業 > 4 町 社 会 教 育 事 業 ネットワーク 会 議 を 活 かして 部 会 を 設 置 していくよう 検 討 する 芸 術 鑑 賞 事 業 など 町 民 個 人 参 加 を 基 本 とする 事 業 や 青 少 年 海 外 派 遣 研 修 の 事 前 研 修 の 共 同 実 施 などを 検 討 するほ か 過 去 の 広 域 連 携 議 論 を 踏 まえて 検 討 していく <その 他 の 事 業 > 短 中 長 期 の 区 分 により 課 題 を 振 り 分 けて 連 携 方 策 を 検 討 し ていく 来 年 度 以 降 も 検 討 会 議 を 設 置 し 継 続 検 討 していく 有 害 鳥 獣 駆 除 を 始 めとして 引 き 続 き 各 町 が 連 携 できる 課 題 を 洗 い 出 していく 第 1 回 副 町 長 会 議 ( 副 町 長 ) 第 3 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 第 4 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 平 成 23 年 7 月 20 日 9 月 27 日 10 月 21 日 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 社 会 教 育 部 会 を 設 置 することで 了 承 由 仁 町 栗 山 町 により 学 校 給 食 部 会 を 設 置 する ことで 了 承 広 域 連 携 事 務 の 抽 出 検 討 に 関 し 次 の10 項 目 につ いて 広 域 連 携 検 討 分 析 表 を 用 いて 議 論 職 員 研 修 公 平 委 員 会 広 域 災 害 私 債 権 管 理 公 共 施 設 観 光 有 害 鳥 獣 駆 除 公 営 住 宅 管 理 教 育 委 員 会 の 広 域 連 携 専 門 的 な 人 材 の 広 域 登 録 職 員 研 修 及 び 観 光 について 短 期 的 な 検 討 による 広 域 連 携 が 期 待 できるとして 次 回 幹 事 会 で 掘 り 下 げて 議 論 することとした 職 員 研 修 観 光 連 携 の 部 会 設 置 及 び 検 討 会 議 のあり 方 について 議 論 < 職 員 研 修 > 広 域 連 携 を 通 じて 研 修 メニューの 充 実 や 職 員 の 交 流 が 促 進 される 単 一 自 治 体 では 難 しい 専 門 的 な 研 修 の 実 施 が 可 能 となる 職 員 研 修 の 広 域 化 に 向 けて 専 門 的 な 検 討 を 行 うために も 部 会 を 設 置 していくことが 必 要 < 観 光 連 携 > 4 町 には 自 然 景 観 や 農 業 を 基 盤 とする 共 通 した 観 光 資 源 が 多 く 外 国 人 誘 客 など 広 域 化 によるメリットが 大 きい 観 光 協 会 の 一 体 化 は 課 題 が 多 く 時 間 をかけた 検 討 が 必 要 南 々 空 知 げんき 町 づくり 研 究 会 で 広 域 的 な 観 光 振 興 に ついて 議 論 をした 経 過 があり その 枠 組 みを 生 かした 新 た 4

8 第 2 回 副 町 長 会 議 ( 副 町 長 ) 第 5 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 平 成 23 年 11 月 15 日 12 月 26 日 な 取 り 組 みが 期 待 できることからも 専 門 的 な 検 討 を 行 う 部 会 を 設 置 していくことが 必 要 < 検 討 会 議 のあり 方 > 今 後 検 討 経 過 を 副 町 長 会 議 で 報 告 していく 各 部 会 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 平 成 24 年 度 予 算 に 反 映 できるものは 副 町 長 会 議 で 報 告 していく 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 職 員 研 修 部 会 を 設 置 することで 了 承 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 観 光 連 携 部 会 を 設 置 することで 了 承 年 度 末 までに 各 部 会 やその 他 の 検 討 項 目 の 方 向 性 について 幹 事 会 から 副 町 長 会 議 に 報 告 することで 了 承 各 部 会 の 検 討 状 況 及 び 平 成 24 年 度 予 算 措 置 が 必 要 なものについて 報 告 議 論 平 成 23 年 度 中 に 行 われた 検 討 経 過 の 報 告 のあり 方 について 議 論 < 社 会 教 育 部 会 > 1 月 中 旬 に 開 催 予 定 < 学 校 給 食 部 会 > 2 回 の 部 会 と 先 進 地 視 察 を 実 施 < 職 員 研 修 部 会 > 2 回 の 部 会 を 開 催 し 4 町 で 専 門 的 な 研 修 が 実 施 できるよ う 検 討 が 進 んでいる < 観 光 連 携 部 会 > 1 回 の 部 会 を 開 催 し 観 光 専 門 家 の 意 見 も 聞 きながら 4 町 の 観 光 資 源 の 洗 い 出 しを 進 めている 第 6 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 第 7 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 第 3 回 副 町 長 会 議 ( 副 町 長 ) 平 成 24 年 2 月 2 日 2 月 14 日 ( 書 面 開 催 ) 2 月 20 日 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 素 案 )について 協 議 第 3 回 副 町 長 会 議 の 開 催 について 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 案 )の 了 承 及 び 副 町 長 会 議 への 報 告 につい て 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 の 決 定 及 び 理 事 者 への 報 告 について 各 部 会 の 検 討 状 況 の 報 告 について 5

9 (5) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 設 置 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 設 置 について 1 趣 旨 少 子 高 齢 化 の 進 行 や 財 政 状 況 の 悪 化 など 基 礎 自 治 体 を 取 り 巻 く 環 境 は 依 然 として 厳 し い 状 況 であり 限 られた 人 員 や 財 源 を 効 率 的 に 活 用 していくためにも 一 層 の 事 務 の 広 域 連 携 が 求 められていることから 生 活 圏 が 重 複 し 行 政 サービスの 内 容 が 比 較 的 類 似 し ている 南 空 知 4 町 により 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 を 設 置 し 事 務 事 業 の 広 域 連 携 について 検 討 を 行 う 2 目 的 (1) 広 域 連 携 が 可 能 または 共 同 処 理 することが 効 果 的 な 事 務 事 業 の 抽 出 検 討 (2) 広 域 連 携 事 務 推 進 に 向 けての 具 体 的 な 検 討 (3)その 他 必 要 な 事 項 3 推 進 体 制 (1) 当 該 検 討 会 議 は 南 空 知 4 町 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 )で 構 成 する (2) 当 該 検 討 会 議 は 副 町 長 会 議 幹 事 会 部 会 で 構 成 する (3) 副 町 長 会 議 は 4 町 の 副 町 長 で 構 成 する (4) 幹 事 会 は 主 に4 町 の 企 画 担 当 課 長 で 構 成 する (5) 部 会 は 構 成 町 の 原 課 担 当 者 のほか 企 画 担 当 者 や 財 政 担 当 者 などで 構 成 する (6) 副 町 長 会 議 の 座 長 幹 事 会 の 幹 事 長 及 び 事 務 局 事 務 については 由 仁 町 が 担 当 し 部 会 の 部 会 長 については 構 成 町 の 互 選 による 4 その 他 (1) 幹 事 会 は 広 域 連 携 の 実 現 が 期 待 できる 事 務 事 業 について 検 討 し 副 町 長 会 議 に 部 会 の 設 置 を 要 請 する (2) 副 町 長 会 議 は 幹 事 会 からの 部 会 設 置 要 請 に 対 応 して その 事 務 事 業 に 係 る 具 体 的 な 検 討 が 必 要 と 判 断 した 場 合 は 各 町 の 担 当 課 に 部 会 の 設 置 を 指 示 する (3) 部 会 は 事 務 事 業 の 広 域 連 携 に 係 る 現 状 や 課 題 を 検 討 し 広 域 連 携 の 方 向 性 につい て 幹 事 会 を 経 て 副 町 長 会 議 に 報 告 する (4) 副 町 長 会 議 は 部 会 からの 報 告 に 対 応 して 広 域 連 携 の 方 向 性 について 決 定 し そ の 予 算 措 置 が 必 要 な 際 には 各 町 の 首 長 との 協 議 などを 踏 まえて 要 請 する (5) 検 討 内 容 については 適 宜 各 町 の 首 長 に 報 告 する (6) 検 討 会 における 自 由 な 発 言 議 論 に 資 する 観 点 から 非 公 開 とする 5 検 討 期 間 平 成 23 年 4 月 から 平 成 24 年 3 月 までの 概 ね1 年 間 とする 6

10 (6) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 構 成 ( 副 町 長 会 議 構 成 員 ) 町 名 職 名 氏 名 備 考 南 幌 町 副 町 長 小 林 勇 一 長 沼 町 副 町 長 廣 岡 雅 浩 栗 山 町 副 町 長 岩 田 美 春 由 仁 町 副 町 長 鶴 田 健 一 座 長 ( 幹 事 会 構 成 員 ) 町 名 所 属 部 課 名 職 名 氏 名 備 考 南 幌 町 まちづくり 課 課 長 寺 田 孝 広 長 沼 町 総 務 政 策 課 課 長 齋 藤 良 彦 栗 山 町 経 営 企 画 課 課 長 佐 々 木 学 由 仁 町 総 務 まちづくり 課 まちづくり 室 室 長 星 貴 之 幹 事 長 ( 各 部 会 ) 部 会 名 構 成 町 備 考 社 会 教 育 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 由 仁 学 校 給 食 部 会 由 仁 町 栗 山 町 部 会 長 : 栗 山 職 員 研 修 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 栗 山 観 光 連 携 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 由 仁 7

11 2. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 (1) 広 域 連 携 事 業 の 抽 出 1 4 町 の 枠 組 みの 中 で 広 域 連 携 が 実 現 できる 事 務 について 各 町 所 管 課 等 から 提 案 のあ ったもの 2 検 討 会 議 幹 事 会 やその 準 備 会 (4 町 企 画 担 当 課 長 会 議 )で 話 題 となったもの 3 平 成 17 年 度 開 催 された 3 町 広 域 連 携 事 業 幹 事 会 ( 南 幌 町 由 仁 町 栗 山 町 ) で 検 討 した 広 域 連 携 事 業 提 案 調 書 から 実 施 検 討 継 続 協 議 と 判 断 されたもの 社 会 教 育 事 業 学 校 給 食 事 業 ( 給 食 センター) 外 部 講 師 による 職 員 研 修 の 共 同 実 施 公 平 委 員 会 広 域 災 害 等 ネットワーク 私 債 権 等 に 係 る 管 理 公 共 施 設 病 院 などの 将 来 計 画 観 光 協 会 の 連 携 有 害 鳥 獣 の 駆 除 業 務 公 営 住 宅 の 共 同 管 理 教 育 委 員 会 の 広 域 連 携 教 育 センターの 設 置 ( 学 校 教 育 施 設 の 保 守 管 理 学 校 検 診 事 業 指 導 主 事 の 配 置 ) 専 門 的 な 人 材 の 広 域 登 録 以 上 12 事 務 事 業 8

12 (2) 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 広 域 連 携 が 検 討 できる 事 業 について 次 に 掲 げる 視 点 を 踏 まえて 分 析 検 討 を 行 った 社 会 教 育 事 業 学 校 給 食 事 業 は 次 に 掲 げる 視 点 によらずに 先 行 して 分 析 検 討 を 実 施 4 町 による 広 域 連 携 のメリット デメリットによる 視 点 4 町 の 枠 組 みにより 広 域 展 開 される 事 業 の 実 現 に 際 してのメリット デメリットを 検 討 し 広 域 展 開 の 事 業 効 果 や 課 題 問 題 点 を 分 析 する 共 同 設 置 の 活 用 に 留 意 すべき 事 項 による 視 点 平 成 23 年 8 月 23 日 実 施 の 広 域 連 携 に 係 る 講 演 会 ( 空 知 総 合 振 興 局 主 催 )で 一 橋 大 学 大 学 院 辻 琢 也 教 授 から 講 演 のあった 超 高 齢 社 会 の 到 来 と 広 域 連 携 の 新 展 開 の 知 見 により 共 同 設 置 の 活 用 に 留 意 すべき 事 項 による 視 点 として 整 理 された 留 意 事 項 により 分 析 する < 活 用 に 当 たっての 留 意 事 項 > 1 組 織 運 営 への 配 慮 明 確 な 指 揮 命 令 系 統 や 適 正 な 事 務 配 分 職 員 配 置 一 貫 した 人 材 育 成 が 滞 る 可 能 性 2 議 会 等 の 対 応 への 配 慮 共 同 設 置 された 組 織 は それぞれの 構 成 団 体 の 一 組 織 として 位 置 づ けられる 3 事 務 の 委 託 との 関 係 共 同 設 置 制 度 は 簡 便 な 仕 組 みではあるが 各 構 成 団 体 の 主 体 性 が 維 持 されるという 特 徴 があるため 組 織 運 営 の 効 率 性 という 点 では 事 務 の 委 託 に 及 ばない 面 がある 共 同 処 理 を 行 うに 際 しては 地 域 の 実 情 や 事 務 の 性 質 に 応 じて 採 用 する 方 法 を 選 ぶべき 4 将 来 的 な 手 法 の 変 更 将 来 的 に 事 務 委 託 への 変 更 や 市 町 村 合 併 共 同 設 置 の 解 消 などの ケースも 考 えられるが いずれにしても 効 率 的 効 果 的 な 事 務 の 共 同 処 理 のあり 方 を 自 主 的 に 模 索 し 続 けることが 必 要 5 電 算 システムとの 関 係 共 同 処 理 の 効 率 化 効 果 を 最 大 限 に 発 揮 するためには 電 算 システム 統 合 が 前 提 超 高 齢 社 会 の 到 来 と 広 域 連 携 の 新 展 開 ( 辻 教 授 )の 講 演 資 料 から 抜 粋 9

13 < 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 > 短 期 的 課 題 広 域 連 携 が 効 果 的 であり 専 門 的 な 検 討 を 通 じて 実 現 が 期 待 できるもの 広 域 連 携 の 主 な 内 容 検 討 状 況 等 社 会 教 育 事 業 施 設 の 相 互 利 用 を 進 めることで 住 民 サービス 利 便 性 の 向 上 を 図 ること 現 状 体 育 館 などの 社 会 教 育 施 設 各 町 助 成 による 文 化 事 業 につい て 過 疎 化 や 少 子 高 齢 化 に 伴 い 利 用 率 が 低 い 状 況 にあるほ か 事 業 の 担 い 手 も 十 分 に 集 ま らない 現 状 にある ができるほか 広 域 事 業 の 展 開 により 事 業 の 専 門 性 や 特 色 を 持 たせる とともに 質 的 向 上 効 率 的 な 運 営 体 制 の 構 築 が 期 待 できる 住 民 に 身 近 な 事 業 の 広 域 化 で 4 町 の 連 帯 感 連 携 意 識 の 醸 成 を 図 ること ができるとともに 住 民 活 動 の 広 域 化 や 活 性 化 を 図 ることができる 社 会 教 育 分 野 においては 平 成 16 年 度 から 17 年 度 にかけて 4 町 社 会 教 育 ネットワーク 会 議 により 広 域 連 携 の 検 討 が 行 われるなど 蓄 積 された 連 携 実 績 がある 各 町 が 似 通 った 事 業 施 設 を 所 管 している 一 方 各 町 ならでは の 個 性 的 かつ 秀 でた 事 業 施 設 もあり 実 際 各 町 住 民 が 相 互 に 利 用 している 実 情 にある 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 社 会 教 育 部 会 を 設 置 し 専 門 的 な 検 討 を 実 施 学 校 給 食 事 業 学 校 給 食 セン ター 衛 生 管 理 に 配 慮 した 給 食 施 設 や 設 備 の 充 実 が 求 められているが 自 治 体 を 取 り 巻 く 財 政 状 況 が 厳 しい 中 全 てのニーズに 対 応 することが 困 難 現 状 4 町 における 学 校 給 食 事 業 につ 学 校 統 合 の 取 り 組 みを 見 据 えて 複 数 町 による 事 務 の 委 託 や 共 同 設 置 など の 体 制 整 備 を 通 じて 効 果 的 な 運 営 管 理 を 検 討 することが 必 要 いて 給 食 施 設 や 設 備 の 老 朽 化 や 管 理 衛 生 基 準 上 で 改 善 すべき 点 が 多 く 安 全 かつ 安 定 した 給 食 提 供 が 課 題 となっ ている 各 町 で 学 校 統 合 が 進 行 し 給 食 配 送 先 の 減 少 が 見 込 まれるな ど 行 財 政 改 革 の 観 点 からも 効 率 的 な 管 理 運 営 が 求 められて いる 南 幌 町 長 沼 町 では 当 面 は 独 自 に 効 率 的 な 運 営 を 検 討 して 由 仁 町 栗 山 町 により 学 校 給 食 部 会 を 設 置 し 専 門 的 な 検 討 を 実 施 いく 10

14 外 部 講 師 による 職 員 研 修 の 共 同 実 施 広 域 連 携 を 通 じて 研 修 機 会 の 確 保 やメニューの 充 実 が 図 られるほか 他 町 職 員 との 交 流 も 促 進 され 職 員 の 意 識 向 上 や 情 報 共 有 を 図 ることが 期 待 メリット 研 修 機 会 確 保 やメニューの 充 実 他 町 職 員 との 交 流 職 員 意 識 の 向 上 や 情 報 共 有 の 充 実 デメリット できるほか より 専 門 的 な 研 修 が 可 能 となる 栗 山 町 で 実 施 している 自 己 啓 発 研 修 や 民 間 研 修 など 職 員 の 柔 軟 な 企 画 力 や 創 造 力 を 養 う 取 り 組 みについて4 町 で 情 報 共 有 等 を 行 うことにより 地 域 課 題 や 行 政 課 題 に 対 応 する 職 員 の 能 力 を 高 め 4 町 による 広 域 連 携 を 促 すモデルになり 得 る 各 町 間 の 移 動 手 段 の 確 保 地 元 開 催 ではない 場 合 に 気 軽 に 参 加 できない 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 4 将 来 手 法 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 職 員 研 修 部 会 を 設 置 し 専 門 的 な 検 討 を 実 施 観 光 協 会 の 連 携 札 幌 圏 から 近 いこと 自 然 景 観 や 農 業 を 基 盤 とした 観 光 資 源 がある 点 で4 メリット 道 内 外 外 国 人 誘 客 の 広 域 化 観 光 エリアとして 一 体 的 なPR 4 町 独 自 の 観 光 ルートの 整 備 デメリット 観 光 協 会 の 連 携 について 各 町 の 共 通 点 も 多 いことから 広 域 連 携 のメリットが 大 きく 外 国 人 観 光 客 誘 致 や 特 産 品 販 売 などにも 寄 与 する 各 町 観 光 協 会 の 一 体 化 は 関 係 する 団 体 も 多 く 事 務 局 体 制 や 運 営 費 負 担 など 課 題 が 多 いことから 時 間 をかけた 検 討 が 必 要 である 4 町 による 広 域 観 光 連 携 を 促 す 組 織 であった 南 々 空 知 げんき 町 づくり 研 究 会 での 検 討 を 踏 まえて 新 たな 視 点 による 検 討 が 必 要 である 町 関 係 団 体 との 調 整 が 必 要 リーダーシップを 発 揮 する 組 織 づくり 環 境 づくりが 必 要 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 3 事 務 委 託 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 観 光 連 携 部 会 を 設 置 し 専 門 的 な 検 討 を 実 施 11

15 中 長 期 的 課 題 広 域 連 携 が 効 果 的 であるが 4 町 よりも 広 域 的 な 枠 組 みの 構 築 などの 諸 課 題 があるもの 広 域 連 携 の 主 な 内 容 検 討 状 況 等 公 平 委 員 会 公 平 委 員 会 の 共 同 設 置 を 先 行 することで 他 の 行 政 委 員 会 の 広 域 連 携 のき メリット 専 門 性 迅 速 性 が 必 要 な 事 務 であり 処 理 件 数 が 少 なさ 地 域 性 も 高 くなく 広 域 が 効 率 的 デメリット っかけになる 南 空 知 地 域 の 規 模 による 広 域 化 が 効 果 を 発 揮 するが 市 が 入 ると 調 整 が 難 しい 部 分 もあり 月 形 も 含 めた5 町 の 規 模 も 視 野 にいれるべき 行 政 委 員 会 の 共 同 設 置 は 南 空 知 地 域 広 域 連 携 研 究 会 ( 振 興 局 主 催 )でも 議 題 に 上 がっていることから その 検 討 状 況 を 踏 まえるべき 4 町 よりも 広 域 な 枠 組 み( 南 空 知 全 域 空 知 全 域 )の 検 討 が 必 要 行 政 委 員 会 の 一 連 の 広 域 化 を 踏 まえた 検 討 が 必 要 運 営 町 の 業 務 が 負 担 増 となる 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 4 町 よりも 広 域 の 枠 組 みによる 連 携 を 通 じて 他 の 行 政 委 員 会 の 連 携 に 向 けたきっかけとすべき 広 域 災 害 等 ネットワーク 広 域 災 害 ネットワークについては 南 空 知 地 域 広 域 連 携 研 究 会 ( 振 興 局 主 メリット 大 震 災 で 住 民 の 関 心 も 高 く 食 糧 防 災 資 材 の 共 有 化 は 有 効 4 町 協 定 を 締 結 し 将 来 的 に 地 域 外 協 定 で 連 携 を 図 る 催 )でも 議 題 に 上 がっていることから その 検 討 状 況 を 踏 まえるべき 道 外 自 治 体 との 防 災 協 定 等 の 情 報 を4 町 で 共 有 することなどは 速 やかに 着 手 できる 防 災 無 線 携 帯 電 話 の 活 用 による 住 民 向 け 防 災 情 報 の 提 供 について 高 齢 者 の 安 否 確 認 なども 含 めて 広 域 化 すべき 局 地 的 な 災 害 への 対 応 につい て4 町 共 同 により 迅 速 化 デメリット 各 町 の 防 災 対 策 に 違 いがある 国 道 との 連 携 調 整 が 必 要 地 域 住 民 地 元 消 防 団 との 協 議 連 携 が 必 要 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 南 空 知 研 究 会 の 検 討 状 況 も 踏 まえながら 隣 接 した4 町 に よる 協 定 も 視 野 に 検 討 すべき 12

16 私 債 権 等 に 係 る 管 理 案 件 の 数 を 考 慮 すると 空 知 全 域 での 共 同 実 施 が 望 ましい 形 メリット 給 食 費 などの 特 殊 案 件 の 解 決 広 域 で 顧 問 弁 護 士 契 約 をするこ 私 債 権 の 徴 収 事 務 などの 手 法 を4 町 共 同 で 研 究 していくことが 必 要 私 債 権 の 強 制 処 分 にあたって 各 町 のスタンスも 異 なることから 一 致 した 対 応 の 難 しさがある とにより スケールメリットが 得 ら れ かつ 回 収 体 制 が 強 化 さ れる デメリット 専 門 職 員 配 置 は 多 額 の 費 用 を 要 し 費 用 対 効 果 の 検 討 が 必 要 弁 護 士 などの 協 力 が 必 要 私 債 権 管 理 条 例 の 制 定 が 必 要 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 3 事 務 委 託 5 電 算 統 合 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 南 空 知 研 究 会 の 検 討 状 況 も 踏 まえながら 4 町 により 強 制 処 分 の 手 法 などを 研 究 すべき 公 共 施 設 病 院 等 の 将 来 計 画 病 院 の 広 域 化 は 南 空 知 南 部 地 域 における 自 治 体 病 院 等 広 域 化 連 携 地 域 メリット 施 設 老 朽 化 のため 施 設 の 適 正 配 置 の 検 討 は 必 要 文 化 スポーツ 施 設 など 単 独 で の 設 置 維 持 が 難 しい 施 設 につ いて 広 域 設 置 利 用 が 必 要 会 議 を 踏 まえた 検 討 が 必 要 施 設 の 適 正 配 置 のみならず ソフト 事 業 の 充 実 も 含 めた 共 同 管 理 の 検 討 が 必 要 社 会 教 育 部 会 における 施 設 の 共 同 利 用 の 協 議 も 踏 まえるべき 施 設 を 巡 回 するバスを 運 行 するにあたっても 効 率 性 や 費 用 対 効 果 の 議 論 が 必 要 デメリット 各 町 施 設 整 備 計 画 や 修 繕 計 画 との 整 合 を 図 る 必 要 4 町 巡 回 バスの 運 行 は 費 用 対 効 果 の 面 で 困 難 性 がある 病 院 の 受 診 動 向 に 違 い 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 3 事 務 委 託 5 電 算 統 合 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 各 部 門 における 専 門 的 な 協 議 を 踏 まえた 検 討 が 必 要 13

17 有 害 鳥 獣 の 駆 除 業 務 エゾシカだけでなく 有 害 鳥 獣 全 般 の 駆 除 であれば4 町 で 連 携 できる メリット エゾシカ アライグマ 等 の 駆 除 には 広 域 化 が 有 効 ハンターの 高 齢 化 により 自 衛 隊 等 の 協 力 にも 広 域 化 が 有 効 エゾシカ 対 策 には 費 用 を 要 するので 広 いエリアによる 広 域 化 が 必 要 役 場 組 織 の 共 同 設 置 ではなく 対 策 協 議 会 による 広 域 的 な 取 り 組 みが 主 と なる 現 在 国 の 時 限 的 な 対 策 に 基 づく 協 議 会 で 事 業 を 実 施 していることから 国 の 予 算 確 保 などの 動 向 を 見 極 める 必 要 がある 専 門 性 の 確 保 や 効 率 的 な 業 務 実 施 が 可 能 デメリット 栗 山 由 仁 夕 張 で 連 携 してい るが 事 務 負 担 等 の 均 衡 が 必 要 道 における 駆 除 対 策 との 整 合 性 山 間 と 平 地 では 対 策 内 容 に 違 いもあり 4 町 連 携 が 有 効 か 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 2 議 会 対 応 3 事 務 委 託 4 将 来 手 法 ハード 整 備 も 要 することから 国 の 対 策 の 動 向 も 踏 まえた 連 携 検 討 が 必 要 公 営 住 宅 の 共 同 管 理 入 居 募 集 受 付 審 査 決 定 までの 一 連 の 業 務 を 現 行 制 度 で 管 理 委 託 する メリット 入 居 募 集 情 報 の 共 有 化 が 可 能 維 持 管 理 業 務 の 合 理 化 経 費 削 減 指 定 管 理 のスケールメリットが 大 デメリット ことは 困 難 行 政 でやるべきことと 指 定 管 理 者 がやるべきことの 整 理 が 必 要 個 人 情 報 管 理 の 面 で 不 安 があることから 民 間 会 社 ではなく 第 三 セク ターや 公 社 に 委 ねることが 必 要 4 町 広 域 で 管 理 を 行 えば 将 来 的 に 職 員 削 減 につながる 公 営 住 宅 だけではなく 上 水 道 や 下 水 道 も 含 めた 公 社 化 の 検 討 が 必 要 公 営 住 宅 の 整 備 維 持 管 理 の 方 針 に 関 し 各 町 の 統 一 化 が 必 要 指 定 管 理 業 務 の 受 託 団 体 の 確 保 と 費 用 対 効 果 の 検 証 個 人 情 報 保 護 から 庁 舎 外 にシ ステムを 移 すことはリスクが 伴 う 公 住 法 に 属 さない 住 宅 の 検 討 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 3 事 務 委 託 5 電 算 統 合 業 務 を 担 う 組 織 作 りも 大 きく 関 係 することから 時 間 をかけた 専 門 的 な 議 論 が 必 要 14

18 教 育 委 員 会 の 広 域 連 携 教 育 センターの 設 置 学 校 教 育 施 設 の 保 守 管 理 学 校 検 診 事 業 指 導 主 事 の 配 置 メリット 指 導 主 事 の 連 携 や 人 材 共 有 学 校 施 設 の 保 守 管 理 や 検 診 指 導 主 事 の 配 置 などの 連 携 にあたって まず 教 育 委 員 会 の 広 域 連 携 が 重 要 教 育 委 員 会 に 自 主 性 や 独 自 性 を 求 められている 現 状 があることから 委 員 会 の 広 域 連 携 には 時 間 を 要 する 指 導 主 事 の 共 同 設 置 は 可 能 性 があるが 空 知 教 育 局 との 役 割 分 担 などに 課 題 もある ( 現 状 長 沼 町 のみに 配 置 ) で 多 様 な 施 策 事 業 が 可 能 少 子 化 人 口 減 少 を 踏 まえた 教 育 課 題 に 取 り 組 む 体 制 が 整 う デメリット 各 町 独 自 の 取 り 組 みができるか が 課 題 地 元 の 受 注 機 会 や 雇 用 に 影 響 地 元 派 遣 元 医 療 機 関 との 連 携 調 整 が 必 要 各 町 で 指 導 主 事 の 配 置 が 必 要 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 5 電 算 統 合 社 会 教 育 部 会 などにおける 議 論 も 参 考 にしつつ 委 員 会 そのも のの 広 域 連 携 を 検 討 する 必 要 がある 専 門 的 な 人 材 の 広 域 登 録 専 門 的 な 人 材 の 広 域 登 録 は 保 育 士 や 介 護 士 の 確 保 だけではなく 高 齢 者 メリット 雇 用 機 会 の 増 加 で 都 市 への 人 材 流 出 を 減 少 できる のいきがい 対 策 にも 有 効 である 役 場 業 務 を 受 託 する 株 式 会 社 の 設 立 も 視 野 に 幅 広 い 検 討 が 望 まれるが 地 元 企 業 との 両 立 の 検 討 も 必 要 定 期 的 な 発 信 による 雇 用 確 保 デメリット 各 町 統 一 した 勤 務 条 件 でない と 特 定 町 への 勤 務 に 偏 る 雇 用 に 限 らない 取 り 組 みが 必 要 給 料 勤 務 条 件 の 整 備 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 4 将 来 手 法 保 健 福 祉 分 野 に 限 らない 幅 広 い 受 け 皿 整 備 として 株 式 会 社 化 などの 検 討 も 必 要 である 15

19 3. 各 部 会 における 検 討 状 況 部 会 名 課 題 協 議 事 項 (1) 社 会 教 育 部 会 社 会 教 育 部 会 の 構 成 専 門 部 会 の 設 置 について 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 由 仁 町 教 育 委 員 会 教 育 課 長 成 瀬 英 治 社 会 教 育 施 設 専 門 部 会 ( 長 沼 ) 社 会 体 育 事 業 専 門 部 会 ( 栗 山 ) 社 会 教 育 事 業 専 門 部 会 ( 南 幌 ) (2) 学 校 給 食 部 会 由 仁 町 栗 山 町 部 会 長 : 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 次 長 近 藤 光 弘 学 校 給 食 の 広 域 化 に 向 けた 専 門 的 な 検 討 給 食 センターを 建 設 する 場 合 の 検 討 事 項 組 合 等 の 実 態 及 び 補 助 金 先 進 地 視 察 の 検 討 先 進 地 視 察 ( 京 極 町 ) ( ) 内 は 専 門 部 会 長 担 当 町 4 町 における 社 会 教 育 イベント 情 報 を 各 町 広 報 誌 に 共 通 掲 載 して いる 先 進 例 を 踏 まえて 連 携 策 を 検 討 施 設 について ( 施 設 概 要 建 設 費 建 設 場 所 等 ) 運 営 について ( 組 合 方 式 調 理 部 門 の 委 託 等 ) 財 源 について ( 建 設 費 等 補 助 金 等 ) その 他 ( 計 画 図 作 成 理 事 者 への 説 明 ) 組 合 等 の 実 態 について [ 組 合 方 式 ] 奈 井 江 浦 臼 北 空 知 [ 受 託 方 式 ] 深 川 妹 背 牛 京 極 喜 茂 別 補 助 金 について ( 学 校 教 育 農 政 防 衛 関 連 ) 先 進 地 視 察 の 検 討 について 京 極 町 に 決 定 京 極 町 給 食 センター ( 着 工 時 期 建 設 場 所 建 築 面 積 調 理 方 式 厨 房 能 力 学 校 数 建 設 費 財 源 事 務 委 託 方 式 負 担 割 合 ) 等 について 聴 取 16

20 (3) 職 員 研 修 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 栗 山 町 総 務 課 長 山 本 信 二 外 部 講 師 による 職 員 研 修 の 共 同 実 施 について 職 員 研 修 の 共 同 実 施 について 専 門 性 の 高 い 業 務 に 関 する 研 修 を 共 同 実 施 することとして 各 町 検 討 の 上 次 回 部 会 で 協 議 広 域 による 研 修 の 範 囲 について 多 様 な 研 修 があり 部 会 で 引 き 続 き 情 報 交 換 をしていく 研 修 課 題 について 各 町 検 討 を 踏 まえて 部 会 で 協 議 した 結 果 債 権 ( 公 債 権 私 債 権 )に 関 する 研 修 を 共 同 実 施 することとし 業 者 に 企 画 書 を 提 出 させた 上 で 研 修 決 定 して いく H24 年 度 予 算 要 求 について 業 者 より 提 出 された 企 画 書 を もとに 予 算 確 保 を 要 求 する 債 権 に 関 する 研 修 の 実 施 について 平 成 24 年 度 から4 町 の 費 用 負 担 により 債 権 研 修 を 共 同 実 施 することとし 予 算 要 求 す る ( 日 程 )2 日 間 程 度 ( 内 容 ) 債 権 管 理 滞 納 整 理 手 続 (4) 観 光 連 携 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 由 仁 町 由 仁 のもの 推 進 室 長 佐 藤 眞 一 連 携 事 業 について 南 々 空 知 元 気 町 づくり 研 究 会 と 部 会 の 関 わりについて 4 町 合 同 でのイベント 開 催 ( 物 産 展 など)の 対 応 について 広 域 観 光 マップの 作 成 について カテゴリーやターゲットの 絞 り 込 みについて 北 海 道 じゃらんからの 情 報 提 供 及 びタイアップ 企 画 の 提 案 4 町 観 光 資 源 の 洗 い 出 しが 必 要 17

21 4.これまでの 検 討 を 踏 まえた 今 後 の 方 向 性 について (1)これまでの 検 討 における 課 題 これまでに 行 われた 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 における 検 討 を 踏 まえると 次 のよ うな 課 題 がある 短 期 的 な 検 討 を 通 じて 広 域 連 携 が 期 待 できる 課 題 については 部 会 を 設 置 (4 部 会 )した 上 で 広 域 連 携 の 方 向 性 に 検 討 を 深 めてきたが 個 別 事 務 における 広 域 連 携 の 実 現 に 際 して 調 整 検 討 すべき 事 項 も 多 く 継 続 した 研 究 検 討 が 求 められて いる 中 長 期 的 に 広 域 連 携 が 期 待 できる 課 題 については 国 道 における 動 向 を 注 視 し ていく 必 要 があるもの 空 知 全 域 または 南 空 知 地 域 における 広 域 連 携 を 視 野 に 入 れ た 検 討 が 必 要 なもの 自 治 体 間 のみならず 関 係 団 体 との 十 分 な 調 整 が 必 要 なものな どあることからも 広 域 行 政 の 推 進 を 踏 まえた 積 極 的 な 検 討 を 継 続 していく 必 要 が ある (2) 今 後 の 方 向 性 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 設 置 について において 検 討 期 間 を1 年 間 ( 平 成 23 年 4 月 から 平 成 24 年 3 月 まで)としているが 平 成 24 年 度 以 降 も 検 討 を 継 続 する 中 長 期 的 に 広 域 連 携 が 期 待 できる 課 題 の 検 討 にあたっては 4 町 の 枠 組 みだけで はなく 空 知 総 合 振 興 局 が 主 体 となって 進 める 南 空 知 地 域 広 域 連 携 研 究 会 や 南 空 知 4 町 も 含 めた 圏 域 9 市 町 で 構 成 する 南 空 知 ふるさと 市 町 村 圏 組 合 における 広 域 連 携 の 検 討 なども 踏 まえながら 既 成 概 念 に 捉 われない 新 たな 視 点 で 研 究 検 討 していく 部 会 での 検 討 にあたっては 幹 事 会 との 連 携 を 密 にすることで 広 域 連 携 の 確 立 に 配 慮 しつつ 部 会 における 主 体 的 かつ 効 果 的 な 検 討 を 促 していくためにも 既 存 の 検 討 組 織 の 活 用 などにより 柔 軟 に 取 り 組 んでいく また 現 在 国 道 市 町 村 を 取 り 巻 く 地 域 主 権 改 革 や 定 住 自 立 圏 構 想 の 動 きを 踏 まえ 住 民 サービスの 向 上 につながる 広 域 的 な 課 題 解 決 に 向 け 自 治 体 間 の 連 携 が 一 層 求 められていることからも 4 町 の 枠 組 みを 基 軸 とした 広 域 連 携 の 推 進 を 図 って いく 18

22 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 事 務 局 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 )

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

様式(補助金)

様式(補助金) 別 添 1 提 案 書 の 様 式 1. 提 案 書 は 次 頁 以 下 の 記 載 例 に 従 って 記 入 して 下 さい 2. 用 紙 は A4 版 を 利 用 し 左 とじにして 下 さい 3. 提 案 書 は 9 部 ( 正 1 部 副 ( 正 のコピー)8 部 )を 提 出 して 下 さい 4. 提 案 書 は それぞれA4フラットファイルに 綴 じた 上 で 提 出 してください 5.

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 人 見 君 子 市 祉 法 人 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 7 年 4 月 1 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 1 番 の1 電 話 番 号 075-771 - 388

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 実 施 要 項 1 調 査 の 名 称 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 ( 以 下 市 場 調 査 という ) 2 調 査 の 目 的 等 (1) 背 景 目 的 呉 市 では, 行 政 目 的 のない 財 産 ( 土 地 建 物 )については 売 却 を 原

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 燕 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A ( 参 考 ) H21 年 度 の 件 費 率 H22 年 度 83,216 33,869,103 1,012,644 4,927,440 14.5%

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

平成19年度 主な組織改正と人事配置について

平成19年度 主な組織改正と人事配置について 平 成 26 年 度 新 た な 組 織 体 制 と 人 事 配 置 に つ い て 暮 らしやすさ 日 本 一 の 県 づくり に 向 けて 山 梨 を 元 気 にする 4つのアクションや 当 面 する 重 要 課 題 へ 的 確 な 対 応 を 行 うとともに 第 二 期 チャレンジ 山 梨 行 動 計 画 に 基 づく 施 策 を 着 実 に 推 進 するため 簡 素 で 効 率 的 な 組

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

技術専門委員会

技術専門委員会 資 料 No. 業 務 1-20 自 治 体 業 務 アプリケーションユニット 標 準 仕 様 法 改 正 対 応 状 況 と 留 意 事 項 V2.1 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 目 次 本 書 の 位 置 づけ 1 1. 業 務 ユニットの 法 改 正 対 応 状 況 および 固 有 の 留 意 事 項 2 2. 法 改 正 への 対 応 の 考 え 方 8 本

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information