Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 )

2

3 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南 空 知 4 町 により 広 域 連 携 の 検 討 に 至 った 経 過 (3) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 目 的 (4) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 開 催 経 過 (5) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 設 置 (6) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 構 成 2. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 8 (1) 広 域 連 携 事 業 の 抽 出 (2) 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 3. 各 部 会 における 検 討 状 況 16 (1) 社 会 教 育 部 会 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) (2) 学 校 給 食 部 会 ( 由 仁 町 栗 山 町 ) (3) 職 員 研 修 部 会 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) (4) 観 光 連 携 部 会 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 4.これまでの 検 討 を 踏 まえた 今 後 の 方 向 性 について 18 (1)これまでの 検 討 における 課 題 (2) 今 後 の 方 向 性

4 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 少 子 高 齢 化 の 進 行 や 財 政 状 況 の 悪 化 など 基 礎 自 治 体 を 取 り 巻 く 環 境 が 依 然 として 厳 し い 状 況 の 中 地 方 自 治 体 における 限 られた 人 員 や 財 源 を 効 率 的 に 活 用 していくため 国 で は 事 務 の 共 同 処 理 が 引 き 続 き 重 要 な 手 段 であるとして 行 政 機 関 等 について 共 同 設 置 を 行 うことができる ように 地 方 自 治 法 の 改 正 を 行 うなど 全 国 的 にも 事 務 の 共 同 処 理 へ の 関 心 が 高 まっている 状 況 である 南 空 知 4 町 においても 以 前 から 消 防 やごみ 処 理 などの 各 分 野 ( 表 -1 参 照 )で 一 部 事 務 組 合 などの 共 同 処 理 制 度 を 活 用 することにより 広 域 行 政 の 推 進 による 課 題 解 決 に あたってきた しかし 従 来 共 同 処 理 があまり 活 用 されなかった 部 門 においても 圏 域 全 体 において 最 適 な 執 行 体 制 を 追 求 していく 中 で 事 務 の 性 質 や 状 況 に 応 じて 多 様 な 制 度 の 中 から 最 適 な 手 法 を 選 択 していくことが 求 められていることから 広 域 連 携 が 効 果 的 な 事 務 事 業 の 抽 出 や その 連 携 手 法 の 具 体 的 な 検 討 を 目 的 に 生 活 圏 が 重 複 し 行 政 サービスの 内 容 が 比 較 的 類 似 している 南 空 知 4 町 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 )で 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 を 平 成 23 年 4 月 に 設 置 した 本 報 告 書 は 平 成 23 年 度 に 行 われた 検 討 経 過 や 部 会 による 専 門 的 な 検 討 を 経 て 具 体 的 に 広 域 連 携 を 推 進 していく 事 業 等 を 整 理 するとともに 行 政 課 題 の 解 決 に 向 けた 選 択 肢 の 一 つである 4 町 による 広 域 連 携 のあり 方 を 示 すことで 行 政 が 地 域 住 民 や 議 会 と 議 論 を 深 めていく 基 礎 資 料 になるよう 取 りまとめたものである 表 -1 南 空 知 4 町 における 一 部 事 務 組 合 等 の 加 入 状 況 は 事 務 局 所 在 市 町 組 合 名 市 町 村 名 南 幌 由 仁 長 沼 栗 山 その 他 南 空 知 ふるさと 市 町 村 圏 組 合 広 域 圏 岩 見 沢 市 など5 市 町 空 知 教 育 センター 組 合 教 育 研 修 岩 見 沢 市 など 19 市 町 南 空 知 消 防 組 合 消 防 南 空 知 公 衆 衛 生 組 合 ごみ 処 理 長 幌 上 水 道 企 業 団 上 水 道 道 央 地 区 環 境 衛 生 組 合 し 尿 北 広 島 市 南 空 知 葬 斎 組 合 火 葬 場 石 狩 東 部 広 域 水 道 企 業 団 上 水 道 道 及 び 恵 庭 市 など 4 市 この 他 組 合 形 式 ではないが 消 費 者 行 政 ( 栗 山 消 費 者 協 会 ) 等 について 4 町 の 枠 組 み による 広 域 連 携 を 実 施 している 1

5 (2) 南 空 知 4 町 により 広 域 連 携 の 検 討 に 至 った 経 過 会 議 名 ( 参 加 者 ) 南 空 知 副 町 長 会 議 ( 副 町 長 ) 南 空 知 4 町 企 画 担 当 課 長 会 議 ( 企 画 担 当 課 長 ) 年 月 日 概 要 由 仁 町 副 町 長 から 南 幌 町 長 沼 町 栗 山 町 の 各 副 平 成 22 年 町 長 に 南 空 知 4 町 で 事 務 の 共 同 処 理 の 研 究 検 討 が 11 月 11 日 できないかを 提 案 広 域 連 携 に 関 する 検 討 組 織 の 設 置 を 確 認 費 用 対 効 果 を 見 極 めた 検 討 が 必 要 必 要 に 応 じて 部 会 の 設 置 が 必 要 副 町 長 クラスでの 議 論 が 必 要 短 期 長 期 など 優 先 順 位 を 決 めた 検 討 が 必 要 12 月 24 日 < 話 題 となった 事 務 > 職 員 研 修 広 域 災 害 ネットワーク 広 域 観 光 福 祉 サービス 社 会 教 育 事 業 学 校 給 食 事 業 公 平 委 員 会 監 査 委 員 会 農 業 委 員 会 教 育 委 員 会 平 成 23 年 2 月 22 日 検 討 組 織 において 各 町 が 連 携 できる 課 題 を 抽 出 し ていくことを 確 認 検 討 組 織 で 広 域 連 携 の 方 向 性 を 出 せるものは 副 町 長 会 議 に 報 告 し 副 町 長 会 議 から 部 会 ( 原 課 )に 検 討 指 示 学 校 給 食 事 業 などは 他 の 課 題 に 先 行 して 現 状 課 題 方 向 性 を 整 理 < 話 題 となった 事 務 > 学 校 給 食 事 業 社 会 教 育 事 業 私 債 権 回 収 観 光 協 会 3 月 24 日 組 織 名 を 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 とする 副 町 長 会 議 座 長 幹 事 会 幹 事 長 事 務 局 事 務 を 由 仁 町 で 担 当 部 会 設 置 に 際 し 幹 事 会 は 検 討 課 題 にかかる 判 断 材 料 を 踏 まえ 副 町 長 会 議 に 要 請 部 会 からの 報 告 事 項 は 幹 事 会 を 経 て 副 町 長 会 議 に 報 告 < 学 校 給 食 事 業 > 広 域 連 携 の 検 討 に 際 しては 給 食 費 や 学 校 統 廃 合 将 来 的 な 児 童 数 の 推 移 なども 比 較 する 以 上 の 協 議 経 過 により 平 成 23 年 4 月 に 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 を 設 置 し 南 空 知 4 町 における 事 務 事 業 の 広 域 連 携 を 検 討 していくこととした 2

6 (3) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 目 的 1 広 域 連 携 が 可 能 または 共 同 処 理 することが 効 果 的 な 事 務 事 業 の 抽 出 検 討 2 広 域 連 携 事 務 推 進 に 向 けての 具 体 的 な 検 討 3その 他 必 要 な 事 項 (4) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 開 催 経 過 会 議 名 ( 参 加 者 ) 年 月 日 概 要 学 校 給 食 部 会 の 設 置 及 び 社 会 教 育 事 業 の 広 域 連 携 のあり 方 について 議 論 第 1 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 平 成 23 年 4 月 20 日 < 学 校 給 食 事 業 > 長 沼 では 学 校 給 食 部 会 の 参 加 について 庁 内 合 意 等 形 成 に 向 け 調 整 を 継 続 南 幌 では 学 校 給 食 センターについて 当 面 現 状 維 持 の 方 向 と なっているため 学 校 給 食 部 会 の 参 加 は 見 合 わせる 長 沼 が 早 期 に 部 会 参 加 が 難 しい 場 合 は 栗 山 由 仁 で 当 面 部 会 の 検 討 を 進 める 各 町 の 意 向 を 再 確 認 後 副 町 長 会 議 を 開 催 し 給 食 担 当 課 長 も 参 加 のもと 部 会 の 設 置 を 指 示 へ 部 会 構 成 は 給 食 担 当 課 長 と 幹 事 会 で 打 ち 合 せた 上 で 決 定 < 社 会 教 育 事 業 > 各 町 で 現 状 課 題 を 整 理 し 次 回 幹 事 会 で 研 究 検 討 <その 他 の 事 業 > 4 町 の 枠 組 みで 広 域 連 携 できることを 基 本 に 各 町 において 課 題 抽 出 を 継 続 する 第 2 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 5 月 19 日 学 校 給 食 事 業 社 会 教 育 事 業 の 部 会 設 置 及 びその 他 の 広 域 連 携 事 務 の 抽 出 検 討 について 議 論 < 学 校 給 食 事 業 > 長 沼 町 の 部 会 参 加 は 小 中 学 校 の 適 正 配 置 等 の 検 討 結 果 引 き 続 き 調 整 する 2 町 ( 栗 山 由 仁 )で 部 会 を 設 置 する 際 でも 社 会 教 育 事 業 と 一 括 して 副 町 長 会 議 の 開 催 により 部 会 設 置 を 指 示 2 町 の 部 会 設 置 にあたっては 関 係 者 が 集 まってその 構 成 員 等 を 検 討 すること 3

7 < 社 会 教 育 事 業 > 4 町 社 会 教 育 事 業 ネットワーク 会 議 を 活 かして 部 会 を 設 置 していくよう 検 討 する 芸 術 鑑 賞 事 業 など 町 民 個 人 参 加 を 基 本 とする 事 業 や 青 少 年 海 外 派 遣 研 修 の 事 前 研 修 の 共 同 実 施 などを 検 討 するほ か 過 去 の 広 域 連 携 議 論 を 踏 まえて 検 討 していく <その 他 の 事 業 > 短 中 長 期 の 区 分 により 課 題 を 振 り 分 けて 連 携 方 策 を 検 討 し ていく 来 年 度 以 降 も 検 討 会 議 を 設 置 し 継 続 検 討 していく 有 害 鳥 獣 駆 除 を 始 めとして 引 き 続 き 各 町 が 連 携 できる 課 題 を 洗 い 出 していく 第 1 回 副 町 長 会 議 ( 副 町 長 ) 第 3 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 第 4 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 平 成 23 年 7 月 20 日 9 月 27 日 10 月 21 日 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 社 会 教 育 部 会 を 設 置 することで 了 承 由 仁 町 栗 山 町 により 学 校 給 食 部 会 を 設 置 する ことで 了 承 広 域 連 携 事 務 の 抽 出 検 討 に 関 し 次 の10 項 目 につ いて 広 域 連 携 検 討 分 析 表 を 用 いて 議 論 職 員 研 修 公 平 委 員 会 広 域 災 害 私 債 権 管 理 公 共 施 設 観 光 有 害 鳥 獣 駆 除 公 営 住 宅 管 理 教 育 委 員 会 の 広 域 連 携 専 門 的 な 人 材 の 広 域 登 録 職 員 研 修 及 び 観 光 について 短 期 的 な 検 討 による 広 域 連 携 が 期 待 できるとして 次 回 幹 事 会 で 掘 り 下 げて 議 論 することとした 職 員 研 修 観 光 連 携 の 部 会 設 置 及 び 検 討 会 議 のあり 方 について 議 論 < 職 員 研 修 > 広 域 連 携 を 通 じて 研 修 メニューの 充 実 や 職 員 の 交 流 が 促 進 される 単 一 自 治 体 では 難 しい 専 門 的 な 研 修 の 実 施 が 可 能 となる 職 員 研 修 の 広 域 化 に 向 けて 専 門 的 な 検 討 を 行 うために も 部 会 を 設 置 していくことが 必 要 < 観 光 連 携 > 4 町 には 自 然 景 観 や 農 業 を 基 盤 とする 共 通 した 観 光 資 源 が 多 く 外 国 人 誘 客 など 広 域 化 によるメリットが 大 きい 観 光 協 会 の 一 体 化 は 課 題 が 多 く 時 間 をかけた 検 討 が 必 要 南 々 空 知 げんき 町 づくり 研 究 会 で 広 域 的 な 観 光 振 興 に ついて 議 論 をした 経 過 があり その 枠 組 みを 生 かした 新 た 4

8 第 2 回 副 町 長 会 議 ( 副 町 長 ) 第 5 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 平 成 23 年 11 月 15 日 12 月 26 日 な 取 り 組 みが 期 待 できることからも 専 門 的 な 検 討 を 行 う 部 会 を 設 置 していくことが 必 要 < 検 討 会 議 のあり 方 > 今 後 検 討 経 過 を 副 町 長 会 議 で 報 告 していく 各 部 会 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 平 成 24 年 度 予 算 に 反 映 できるものは 副 町 長 会 議 で 報 告 していく 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 職 員 研 修 部 会 を 設 置 することで 了 承 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 観 光 連 携 部 会 を 設 置 することで 了 承 年 度 末 までに 各 部 会 やその 他 の 検 討 項 目 の 方 向 性 について 幹 事 会 から 副 町 長 会 議 に 報 告 することで 了 承 各 部 会 の 検 討 状 況 及 び 平 成 24 年 度 予 算 措 置 が 必 要 なものについて 報 告 議 論 平 成 23 年 度 中 に 行 われた 検 討 経 過 の 報 告 のあり 方 について 議 論 < 社 会 教 育 部 会 > 1 月 中 旬 に 開 催 予 定 < 学 校 給 食 部 会 > 2 回 の 部 会 と 先 進 地 視 察 を 実 施 < 職 員 研 修 部 会 > 2 回 の 部 会 を 開 催 し 4 町 で 専 門 的 な 研 修 が 実 施 できるよ う 検 討 が 進 んでいる < 観 光 連 携 部 会 > 1 回 の 部 会 を 開 催 し 観 光 専 門 家 の 意 見 も 聞 きながら 4 町 の 観 光 資 源 の 洗 い 出 しを 進 めている 第 6 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 第 7 回 幹 事 会 ( 企 画 担 当 課 長 ) 第 3 回 副 町 長 会 議 ( 副 町 長 ) 平 成 24 年 2 月 2 日 2 月 14 日 ( 書 面 開 催 ) 2 月 20 日 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 素 案 )について 協 議 第 3 回 副 町 長 会 議 の 開 催 について 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 案 )の 了 承 及 び 副 町 長 会 議 への 報 告 につい て 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 の 決 定 及 び 理 事 者 への 報 告 について 各 部 会 の 検 討 状 況 の 報 告 について 5

9 (5) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 設 置 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 設 置 について 1 趣 旨 少 子 高 齢 化 の 進 行 や 財 政 状 況 の 悪 化 など 基 礎 自 治 体 を 取 り 巻 く 環 境 は 依 然 として 厳 し い 状 況 であり 限 られた 人 員 や 財 源 を 効 率 的 に 活 用 していくためにも 一 層 の 事 務 の 広 域 連 携 が 求 められていることから 生 活 圏 が 重 複 し 行 政 サービスの 内 容 が 比 較 的 類 似 し ている 南 空 知 4 町 により 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 を 設 置 し 事 務 事 業 の 広 域 連 携 について 検 討 を 行 う 2 目 的 (1) 広 域 連 携 が 可 能 または 共 同 処 理 することが 効 果 的 な 事 務 事 業 の 抽 出 検 討 (2) 広 域 連 携 事 務 推 進 に 向 けての 具 体 的 な 検 討 (3)その 他 必 要 な 事 項 3 推 進 体 制 (1) 当 該 検 討 会 議 は 南 空 知 4 町 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 )で 構 成 する (2) 当 該 検 討 会 議 は 副 町 長 会 議 幹 事 会 部 会 で 構 成 する (3) 副 町 長 会 議 は 4 町 の 副 町 長 で 構 成 する (4) 幹 事 会 は 主 に4 町 の 企 画 担 当 課 長 で 構 成 する (5) 部 会 は 構 成 町 の 原 課 担 当 者 のほか 企 画 担 当 者 や 財 政 担 当 者 などで 構 成 する (6) 副 町 長 会 議 の 座 長 幹 事 会 の 幹 事 長 及 び 事 務 局 事 務 については 由 仁 町 が 担 当 し 部 会 の 部 会 長 については 構 成 町 の 互 選 による 4 その 他 (1) 幹 事 会 は 広 域 連 携 の 実 現 が 期 待 できる 事 務 事 業 について 検 討 し 副 町 長 会 議 に 部 会 の 設 置 を 要 請 する (2) 副 町 長 会 議 は 幹 事 会 からの 部 会 設 置 要 請 に 対 応 して その 事 務 事 業 に 係 る 具 体 的 な 検 討 が 必 要 と 判 断 した 場 合 は 各 町 の 担 当 課 に 部 会 の 設 置 を 指 示 する (3) 部 会 は 事 務 事 業 の 広 域 連 携 に 係 る 現 状 や 課 題 を 検 討 し 広 域 連 携 の 方 向 性 につい て 幹 事 会 を 経 て 副 町 長 会 議 に 報 告 する (4) 副 町 長 会 議 は 部 会 からの 報 告 に 対 応 して 広 域 連 携 の 方 向 性 について 決 定 し そ の 予 算 措 置 が 必 要 な 際 には 各 町 の 首 長 との 協 議 などを 踏 まえて 要 請 する (5) 検 討 内 容 については 適 宜 各 町 の 首 長 に 報 告 する (6) 検 討 会 における 自 由 な 発 言 議 論 に 資 する 観 点 から 非 公 開 とする 5 検 討 期 間 平 成 23 年 4 月 から 平 成 24 年 3 月 までの 概 ね1 年 間 とする 6

10 (6) 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 構 成 ( 副 町 長 会 議 構 成 員 ) 町 名 職 名 氏 名 備 考 南 幌 町 副 町 長 小 林 勇 一 長 沼 町 副 町 長 廣 岡 雅 浩 栗 山 町 副 町 長 岩 田 美 春 由 仁 町 副 町 長 鶴 田 健 一 座 長 ( 幹 事 会 構 成 員 ) 町 名 所 属 部 課 名 職 名 氏 名 備 考 南 幌 町 まちづくり 課 課 長 寺 田 孝 広 長 沼 町 総 務 政 策 課 課 長 齋 藤 良 彦 栗 山 町 経 営 企 画 課 課 長 佐 々 木 学 由 仁 町 総 務 まちづくり 課 まちづくり 室 室 長 星 貴 之 幹 事 長 ( 各 部 会 ) 部 会 名 構 成 町 備 考 社 会 教 育 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 由 仁 学 校 給 食 部 会 由 仁 町 栗 山 町 部 会 長 : 栗 山 職 員 研 修 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 栗 山 観 光 連 携 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 由 仁 7

11 2. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 (1) 広 域 連 携 事 業 の 抽 出 1 4 町 の 枠 組 みの 中 で 広 域 連 携 が 実 現 できる 事 務 について 各 町 所 管 課 等 から 提 案 のあ ったもの 2 検 討 会 議 幹 事 会 やその 準 備 会 (4 町 企 画 担 当 課 長 会 議 )で 話 題 となったもの 3 平 成 17 年 度 開 催 された 3 町 広 域 連 携 事 業 幹 事 会 ( 南 幌 町 由 仁 町 栗 山 町 ) で 検 討 した 広 域 連 携 事 業 提 案 調 書 から 実 施 検 討 継 続 協 議 と 判 断 されたもの 社 会 教 育 事 業 学 校 給 食 事 業 ( 給 食 センター) 外 部 講 師 による 職 員 研 修 の 共 同 実 施 公 平 委 員 会 広 域 災 害 等 ネットワーク 私 債 権 等 に 係 る 管 理 公 共 施 設 病 院 などの 将 来 計 画 観 光 協 会 の 連 携 有 害 鳥 獣 の 駆 除 業 務 公 営 住 宅 の 共 同 管 理 教 育 委 員 会 の 広 域 連 携 教 育 センターの 設 置 ( 学 校 教 育 施 設 の 保 守 管 理 学 校 検 診 事 業 指 導 主 事 の 配 置 ) 専 門 的 な 人 材 の 広 域 登 録 以 上 12 事 務 事 業 8

12 (2) 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 広 域 連 携 が 検 討 できる 事 業 について 次 に 掲 げる 視 点 を 踏 まえて 分 析 検 討 を 行 った 社 会 教 育 事 業 学 校 給 食 事 業 は 次 に 掲 げる 視 点 によらずに 先 行 して 分 析 検 討 を 実 施 4 町 による 広 域 連 携 のメリット デメリットによる 視 点 4 町 の 枠 組 みにより 広 域 展 開 される 事 業 の 実 現 に 際 してのメリット デメリットを 検 討 し 広 域 展 開 の 事 業 効 果 や 課 題 問 題 点 を 分 析 する 共 同 設 置 の 活 用 に 留 意 すべき 事 項 による 視 点 平 成 23 年 8 月 23 日 実 施 の 広 域 連 携 に 係 る 講 演 会 ( 空 知 総 合 振 興 局 主 催 )で 一 橋 大 学 大 学 院 辻 琢 也 教 授 から 講 演 のあった 超 高 齢 社 会 の 到 来 と 広 域 連 携 の 新 展 開 の 知 見 により 共 同 設 置 の 活 用 に 留 意 すべき 事 項 による 視 点 として 整 理 された 留 意 事 項 により 分 析 する < 活 用 に 当 たっての 留 意 事 項 > 1 組 織 運 営 への 配 慮 明 確 な 指 揮 命 令 系 統 や 適 正 な 事 務 配 分 職 員 配 置 一 貫 した 人 材 育 成 が 滞 る 可 能 性 2 議 会 等 の 対 応 への 配 慮 共 同 設 置 された 組 織 は それぞれの 構 成 団 体 の 一 組 織 として 位 置 づ けられる 3 事 務 の 委 託 との 関 係 共 同 設 置 制 度 は 簡 便 な 仕 組 みではあるが 各 構 成 団 体 の 主 体 性 が 維 持 されるという 特 徴 があるため 組 織 運 営 の 効 率 性 という 点 では 事 務 の 委 託 に 及 ばない 面 がある 共 同 処 理 を 行 うに 際 しては 地 域 の 実 情 や 事 務 の 性 質 に 応 じて 採 用 する 方 法 を 選 ぶべき 4 将 来 的 な 手 法 の 変 更 将 来 的 に 事 務 委 託 への 変 更 や 市 町 村 合 併 共 同 設 置 の 解 消 などの ケースも 考 えられるが いずれにしても 効 率 的 効 果 的 な 事 務 の 共 同 処 理 のあり 方 を 自 主 的 に 模 索 し 続 けることが 必 要 5 電 算 システムとの 関 係 共 同 処 理 の 効 率 化 効 果 を 最 大 限 に 発 揮 するためには 電 算 システム 統 合 が 前 提 超 高 齢 社 会 の 到 来 と 広 域 連 携 の 新 展 開 ( 辻 教 授 )の 講 演 資 料 から 抜 粋 9

13 < 広 域 連 携 事 業 の 検 討 状 況 > 短 期 的 課 題 広 域 連 携 が 効 果 的 であり 専 門 的 な 検 討 を 通 じて 実 現 が 期 待 できるもの 広 域 連 携 の 主 な 内 容 検 討 状 況 等 社 会 教 育 事 業 施 設 の 相 互 利 用 を 進 めることで 住 民 サービス 利 便 性 の 向 上 を 図 ること 現 状 体 育 館 などの 社 会 教 育 施 設 各 町 助 成 による 文 化 事 業 につい て 過 疎 化 や 少 子 高 齢 化 に 伴 い 利 用 率 が 低 い 状 況 にあるほ か 事 業 の 担 い 手 も 十 分 に 集 ま らない 現 状 にある ができるほか 広 域 事 業 の 展 開 により 事 業 の 専 門 性 や 特 色 を 持 たせる とともに 質 的 向 上 効 率 的 な 運 営 体 制 の 構 築 が 期 待 できる 住 民 に 身 近 な 事 業 の 広 域 化 で 4 町 の 連 帯 感 連 携 意 識 の 醸 成 を 図 ること ができるとともに 住 民 活 動 の 広 域 化 や 活 性 化 を 図 ることができる 社 会 教 育 分 野 においては 平 成 16 年 度 から 17 年 度 にかけて 4 町 社 会 教 育 ネットワーク 会 議 により 広 域 連 携 の 検 討 が 行 われるなど 蓄 積 された 連 携 実 績 がある 各 町 が 似 通 った 事 業 施 設 を 所 管 している 一 方 各 町 ならでは の 個 性 的 かつ 秀 でた 事 業 施 設 もあり 実 際 各 町 住 民 が 相 互 に 利 用 している 実 情 にある 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 社 会 教 育 部 会 を 設 置 し 専 門 的 な 検 討 を 実 施 学 校 給 食 事 業 学 校 給 食 セン ター 衛 生 管 理 に 配 慮 した 給 食 施 設 や 設 備 の 充 実 が 求 められているが 自 治 体 を 取 り 巻 く 財 政 状 況 が 厳 しい 中 全 てのニーズに 対 応 することが 困 難 現 状 4 町 における 学 校 給 食 事 業 につ 学 校 統 合 の 取 り 組 みを 見 据 えて 複 数 町 による 事 務 の 委 託 や 共 同 設 置 など の 体 制 整 備 を 通 じて 効 果 的 な 運 営 管 理 を 検 討 することが 必 要 いて 給 食 施 設 や 設 備 の 老 朽 化 や 管 理 衛 生 基 準 上 で 改 善 すべき 点 が 多 く 安 全 かつ 安 定 した 給 食 提 供 が 課 題 となっ ている 各 町 で 学 校 統 合 が 進 行 し 給 食 配 送 先 の 減 少 が 見 込 まれるな ど 行 財 政 改 革 の 観 点 からも 効 率 的 な 管 理 運 営 が 求 められて いる 南 幌 町 長 沼 町 では 当 面 は 独 自 に 効 率 的 な 運 営 を 検 討 して 由 仁 町 栗 山 町 により 学 校 給 食 部 会 を 設 置 し 専 門 的 な 検 討 を 実 施 いく 10

14 外 部 講 師 による 職 員 研 修 の 共 同 実 施 広 域 連 携 を 通 じて 研 修 機 会 の 確 保 やメニューの 充 実 が 図 られるほか 他 町 職 員 との 交 流 も 促 進 され 職 員 の 意 識 向 上 や 情 報 共 有 を 図 ることが 期 待 メリット 研 修 機 会 確 保 やメニューの 充 実 他 町 職 員 との 交 流 職 員 意 識 の 向 上 や 情 報 共 有 の 充 実 デメリット できるほか より 専 門 的 な 研 修 が 可 能 となる 栗 山 町 で 実 施 している 自 己 啓 発 研 修 や 民 間 研 修 など 職 員 の 柔 軟 な 企 画 力 や 創 造 力 を 養 う 取 り 組 みについて4 町 で 情 報 共 有 等 を 行 うことにより 地 域 課 題 や 行 政 課 題 に 対 応 する 職 員 の 能 力 を 高 め 4 町 による 広 域 連 携 を 促 すモデルになり 得 る 各 町 間 の 移 動 手 段 の 確 保 地 元 開 催 ではない 場 合 に 気 軽 に 参 加 できない 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 4 将 来 手 法 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 職 員 研 修 部 会 を 設 置 し 専 門 的 な 検 討 を 実 施 観 光 協 会 の 連 携 札 幌 圏 から 近 いこと 自 然 景 観 や 農 業 を 基 盤 とした 観 光 資 源 がある 点 で4 メリット 道 内 外 外 国 人 誘 客 の 広 域 化 観 光 エリアとして 一 体 的 なPR 4 町 独 自 の 観 光 ルートの 整 備 デメリット 観 光 協 会 の 連 携 について 各 町 の 共 通 点 も 多 いことから 広 域 連 携 のメリットが 大 きく 外 国 人 観 光 客 誘 致 や 特 産 品 販 売 などにも 寄 与 する 各 町 観 光 協 会 の 一 体 化 は 関 係 する 団 体 も 多 く 事 務 局 体 制 や 運 営 費 負 担 など 課 題 が 多 いことから 時 間 をかけた 検 討 が 必 要 である 4 町 による 広 域 観 光 連 携 を 促 す 組 織 であった 南 々 空 知 げんき 町 づくり 研 究 会 での 検 討 を 踏 まえて 新 たな 視 点 による 検 討 が 必 要 である 町 関 係 団 体 との 調 整 が 必 要 リーダーシップを 発 揮 する 組 織 づくり 環 境 づくりが 必 要 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 3 事 務 委 託 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 により 観 光 連 携 部 会 を 設 置 し 専 門 的 な 検 討 を 実 施 11

15 中 長 期 的 課 題 広 域 連 携 が 効 果 的 であるが 4 町 よりも 広 域 的 な 枠 組 みの 構 築 などの 諸 課 題 があるもの 広 域 連 携 の 主 な 内 容 検 討 状 況 等 公 平 委 員 会 公 平 委 員 会 の 共 同 設 置 を 先 行 することで 他 の 行 政 委 員 会 の 広 域 連 携 のき メリット 専 門 性 迅 速 性 が 必 要 な 事 務 であり 処 理 件 数 が 少 なさ 地 域 性 も 高 くなく 広 域 が 効 率 的 デメリット っかけになる 南 空 知 地 域 の 規 模 による 広 域 化 が 効 果 を 発 揮 するが 市 が 入 ると 調 整 が 難 しい 部 分 もあり 月 形 も 含 めた5 町 の 規 模 も 視 野 にいれるべき 行 政 委 員 会 の 共 同 設 置 は 南 空 知 地 域 広 域 連 携 研 究 会 ( 振 興 局 主 催 )でも 議 題 に 上 がっていることから その 検 討 状 況 を 踏 まえるべき 4 町 よりも 広 域 な 枠 組 み( 南 空 知 全 域 空 知 全 域 )の 検 討 が 必 要 行 政 委 員 会 の 一 連 の 広 域 化 を 踏 まえた 検 討 が 必 要 運 営 町 の 業 務 が 負 担 増 となる 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 4 町 よりも 広 域 の 枠 組 みによる 連 携 を 通 じて 他 の 行 政 委 員 会 の 連 携 に 向 けたきっかけとすべき 広 域 災 害 等 ネットワーク 広 域 災 害 ネットワークについては 南 空 知 地 域 広 域 連 携 研 究 会 ( 振 興 局 主 メリット 大 震 災 で 住 民 の 関 心 も 高 く 食 糧 防 災 資 材 の 共 有 化 は 有 効 4 町 協 定 を 締 結 し 将 来 的 に 地 域 外 協 定 で 連 携 を 図 る 催 )でも 議 題 に 上 がっていることから その 検 討 状 況 を 踏 まえるべき 道 外 自 治 体 との 防 災 協 定 等 の 情 報 を4 町 で 共 有 することなどは 速 やかに 着 手 できる 防 災 無 線 携 帯 電 話 の 活 用 による 住 民 向 け 防 災 情 報 の 提 供 について 高 齢 者 の 安 否 確 認 なども 含 めて 広 域 化 すべき 局 地 的 な 災 害 への 対 応 につい て4 町 共 同 により 迅 速 化 デメリット 各 町 の 防 災 対 策 に 違 いがある 国 道 との 連 携 調 整 が 必 要 地 域 住 民 地 元 消 防 団 との 協 議 連 携 が 必 要 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 南 空 知 研 究 会 の 検 討 状 況 も 踏 まえながら 隣 接 した4 町 に よる 協 定 も 視 野 に 検 討 すべき 12

16 私 債 権 等 に 係 る 管 理 案 件 の 数 を 考 慮 すると 空 知 全 域 での 共 同 実 施 が 望 ましい 形 メリット 給 食 費 などの 特 殊 案 件 の 解 決 広 域 で 顧 問 弁 護 士 契 約 をするこ 私 債 権 の 徴 収 事 務 などの 手 法 を4 町 共 同 で 研 究 していくことが 必 要 私 債 権 の 強 制 処 分 にあたって 各 町 のスタンスも 異 なることから 一 致 した 対 応 の 難 しさがある とにより スケールメリットが 得 ら れ かつ 回 収 体 制 が 強 化 さ れる デメリット 専 門 職 員 配 置 は 多 額 の 費 用 を 要 し 費 用 対 効 果 の 検 討 が 必 要 弁 護 士 などの 協 力 が 必 要 私 債 権 管 理 条 例 の 制 定 が 必 要 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 3 事 務 委 託 5 電 算 統 合 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 南 空 知 研 究 会 の 検 討 状 況 も 踏 まえながら 4 町 により 強 制 処 分 の 手 法 などを 研 究 すべき 公 共 施 設 病 院 等 の 将 来 計 画 病 院 の 広 域 化 は 南 空 知 南 部 地 域 における 自 治 体 病 院 等 広 域 化 連 携 地 域 メリット 施 設 老 朽 化 のため 施 設 の 適 正 配 置 の 検 討 は 必 要 文 化 スポーツ 施 設 など 単 独 で の 設 置 維 持 が 難 しい 施 設 につ いて 広 域 設 置 利 用 が 必 要 会 議 を 踏 まえた 検 討 が 必 要 施 設 の 適 正 配 置 のみならず ソフト 事 業 の 充 実 も 含 めた 共 同 管 理 の 検 討 が 必 要 社 会 教 育 部 会 における 施 設 の 共 同 利 用 の 協 議 も 踏 まえるべき 施 設 を 巡 回 するバスを 運 行 するにあたっても 効 率 性 や 費 用 対 効 果 の 議 論 が 必 要 デメリット 各 町 施 設 整 備 計 画 や 修 繕 計 画 との 整 合 を 図 る 必 要 4 町 巡 回 バスの 運 行 は 費 用 対 効 果 の 面 で 困 難 性 がある 病 院 の 受 診 動 向 に 違 い 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 3 事 務 委 託 5 電 算 統 合 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 各 部 門 における 専 門 的 な 協 議 を 踏 まえた 検 討 が 必 要 13

17 有 害 鳥 獣 の 駆 除 業 務 エゾシカだけでなく 有 害 鳥 獣 全 般 の 駆 除 であれば4 町 で 連 携 できる メリット エゾシカ アライグマ 等 の 駆 除 には 広 域 化 が 有 効 ハンターの 高 齢 化 により 自 衛 隊 等 の 協 力 にも 広 域 化 が 有 効 エゾシカ 対 策 には 費 用 を 要 するので 広 いエリアによる 広 域 化 が 必 要 役 場 組 織 の 共 同 設 置 ではなく 対 策 協 議 会 による 広 域 的 な 取 り 組 みが 主 と なる 現 在 国 の 時 限 的 な 対 策 に 基 づく 協 議 会 で 事 業 を 実 施 していることから 国 の 予 算 確 保 などの 動 向 を 見 極 める 必 要 がある 専 門 性 の 確 保 や 効 率 的 な 業 務 実 施 が 可 能 デメリット 栗 山 由 仁 夕 張 で 連 携 してい るが 事 務 負 担 等 の 均 衡 が 必 要 道 における 駆 除 対 策 との 整 合 性 山 間 と 平 地 では 対 策 内 容 に 違 いもあり 4 町 連 携 が 有 効 か 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 2 議 会 対 応 3 事 務 委 託 4 将 来 手 法 ハード 整 備 も 要 することから 国 の 対 策 の 動 向 も 踏 まえた 連 携 検 討 が 必 要 公 営 住 宅 の 共 同 管 理 入 居 募 集 受 付 審 査 決 定 までの 一 連 の 業 務 を 現 行 制 度 で 管 理 委 託 する メリット 入 居 募 集 情 報 の 共 有 化 が 可 能 維 持 管 理 業 務 の 合 理 化 経 費 削 減 指 定 管 理 のスケールメリットが 大 デメリット ことは 困 難 行 政 でやるべきことと 指 定 管 理 者 がやるべきことの 整 理 が 必 要 個 人 情 報 管 理 の 面 で 不 安 があることから 民 間 会 社 ではなく 第 三 セク ターや 公 社 に 委 ねることが 必 要 4 町 広 域 で 管 理 を 行 えば 将 来 的 に 職 員 削 減 につながる 公 営 住 宅 だけではなく 上 水 道 や 下 水 道 も 含 めた 公 社 化 の 検 討 が 必 要 公 営 住 宅 の 整 備 維 持 管 理 の 方 針 に 関 し 各 町 の 統 一 化 が 必 要 指 定 管 理 業 務 の 受 託 団 体 の 確 保 と 費 用 対 効 果 の 検 証 個 人 情 報 保 護 から 庁 舎 外 にシ ステムを 移 すことはリスクが 伴 う 公 住 法 に 属 さない 住 宅 の 検 討 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 3 事 務 委 託 5 電 算 統 合 業 務 を 担 う 組 織 作 りも 大 きく 関 係 することから 時 間 をかけた 専 門 的 な 議 論 が 必 要 14

18 教 育 委 員 会 の 広 域 連 携 教 育 センターの 設 置 学 校 教 育 施 設 の 保 守 管 理 学 校 検 診 事 業 指 導 主 事 の 配 置 メリット 指 導 主 事 の 連 携 や 人 材 共 有 学 校 施 設 の 保 守 管 理 や 検 診 指 導 主 事 の 配 置 などの 連 携 にあたって まず 教 育 委 員 会 の 広 域 連 携 が 重 要 教 育 委 員 会 に 自 主 性 や 独 自 性 を 求 められている 現 状 があることから 委 員 会 の 広 域 連 携 には 時 間 を 要 する 指 導 主 事 の 共 同 設 置 は 可 能 性 があるが 空 知 教 育 局 との 役 割 分 担 などに 課 題 もある ( 現 状 長 沼 町 のみに 配 置 ) で 多 様 な 施 策 事 業 が 可 能 少 子 化 人 口 減 少 を 踏 まえた 教 育 課 題 に 取 り 組 む 体 制 が 整 う デメリット 各 町 独 自 の 取 り 組 みができるか が 課 題 地 元 の 受 注 機 会 や 雇 用 に 影 響 地 元 派 遣 元 医 療 機 関 との 連 携 調 整 が 必 要 各 町 で 指 導 主 事 の 配 置 が 必 要 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 2 議 会 対 応 4 将 来 手 法 5 電 算 統 合 社 会 教 育 部 会 などにおける 議 論 も 参 考 にしつつ 委 員 会 そのも のの 広 域 連 携 を 検 討 する 必 要 がある 専 門 的 な 人 材 の 広 域 登 録 専 門 的 な 人 材 の 広 域 登 録 は 保 育 士 や 介 護 士 の 確 保 だけではなく 高 齢 者 メリット 雇 用 機 会 の 増 加 で 都 市 への 人 材 流 出 を 減 少 できる のいきがい 対 策 にも 有 効 である 役 場 業 務 を 受 託 する 株 式 会 社 の 設 立 も 視 野 に 幅 広 い 検 討 が 望 まれるが 地 元 企 業 との 両 立 の 検 討 も 必 要 定 期 的 な 発 信 による 雇 用 確 保 デメリット 各 町 統 一 した 勤 務 条 件 でない と 特 定 町 への 勤 務 に 偏 る 雇 用 に 限 らない 取 り 組 みが 必 要 給 料 勤 務 条 件 の 整 備 共 同 設 置 に 留 意 すべき 事 項 1 組 織 運 営 4 将 来 手 法 保 健 福 祉 分 野 に 限 らない 幅 広 い 受 け 皿 整 備 として 株 式 会 社 化 などの 検 討 も 必 要 である 15

19 3. 各 部 会 における 検 討 状 況 部 会 名 課 題 協 議 事 項 (1) 社 会 教 育 部 会 社 会 教 育 部 会 の 構 成 専 門 部 会 の 設 置 について 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 由 仁 町 教 育 委 員 会 教 育 課 長 成 瀬 英 治 社 会 教 育 施 設 専 門 部 会 ( 長 沼 ) 社 会 体 育 事 業 専 門 部 会 ( 栗 山 ) 社 会 教 育 事 業 専 門 部 会 ( 南 幌 ) (2) 学 校 給 食 部 会 由 仁 町 栗 山 町 部 会 長 : 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 次 長 近 藤 光 弘 学 校 給 食 の 広 域 化 に 向 けた 専 門 的 な 検 討 給 食 センターを 建 設 する 場 合 の 検 討 事 項 組 合 等 の 実 態 及 び 補 助 金 先 進 地 視 察 の 検 討 先 進 地 視 察 ( 京 極 町 ) ( ) 内 は 専 門 部 会 長 担 当 町 4 町 における 社 会 教 育 イベント 情 報 を 各 町 広 報 誌 に 共 通 掲 載 して いる 先 進 例 を 踏 まえて 連 携 策 を 検 討 施 設 について ( 施 設 概 要 建 設 費 建 設 場 所 等 ) 運 営 について ( 組 合 方 式 調 理 部 門 の 委 託 等 ) 財 源 について ( 建 設 費 等 補 助 金 等 ) その 他 ( 計 画 図 作 成 理 事 者 への 説 明 ) 組 合 等 の 実 態 について [ 組 合 方 式 ] 奈 井 江 浦 臼 北 空 知 [ 受 託 方 式 ] 深 川 妹 背 牛 京 極 喜 茂 別 補 助 金 について ( 学 校 教 育 農 政 防 衛 関 連 ) 先 進 地 視 察 の 検 討 について 京 極 町 に 決 定 京 極 町 給 食 センター ( 着 工 時 期 建 設 場 所 建 築 面 積 調 理 方 式 厨 房 能 力 学 校 数 建 設 費 財 源 事 務 委 託 方 式 負 担 割 合 ) 等 について 聴 取 16

20 (3) 職 員 研 修 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 栗 山 町 総 務 課 長 山 本 信 二 外 部 講 師 による 職 員 研 修 の 共 同 実 施 について 職 員 研 修 の 共 同 実 施 について 専 門 性 の 高 い 業 務 に 関 する 研 修 を 共 同 実 施 することとして 各 町 検 討 の 上 次 回 部 会 で 協 議 広 域 による 研 修 の 範 囲 について 多 様 な 研 修 があり 部 会 で 引 き 続 き 情 報 交 換 をしていく 研 修 課 題 について 各 町 検 討 を 踏 まえて 部 会 で 協 議 した 結 果 債 権 ( 公 債 権 私 債 権 )に 関 する 研 修 を 共 同 実 施 することとし 業 者 に 企 画 書 を 提 出 させた 上 で 研 修 決 定 して いく H24 年 度 予 算 要 求 について 業 者 より 提 出 された 企 画 書 を もとに 予 算 確 保 を 要 求 する 債 権 に 関 する 研 修 の 実 施 について 平 成 24 年 度 から4 町 の 費 用 負 担 により 債 権 研 修 を 共 同 実 施 することとし 予 算 要 求 す る ( 日 程 )2 日 間 程 度 ( 内 容 ) 債 権 管 理 滞 納 整 理 手 続 (4) 観 光 連 携 部 会 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 部 会 長 : 由 仁 町 由 仁 のもの 推 進 室 長 佐 藤 眞 一 連 携 事 業 について 南 々 空 知 元 気 町 づくり 研 究 会 と 部 会 の 関 わりについて 4 町 合 同 でのイベント 開 催 ( 物 産 展 など)の 対 応 について 広 域 観 光 マップの 作 成 について カテゴリーやターゲットの 絞 り 込 みについて 北 海 道 じゃらんからの 情 報 提 供 及 びタイアップ 企 画 の 提 案 4 町 観 光 資 源 の 洗 い 出 しが 必 要 17

21 4.これまでの 検 討 を 踏 まえた 今 後 の 方 向 性 について (1)これまでの 検 討 における 課 題 これまでに 行 われた 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 における 検 討 を 踏 まえると 次 のよ うな 課 題 がある 短 期 的 な 検 討 を 通 じて 広 域 連 携 が 期 待 できる 課 題 については 部 会 を 設 置 (4 部 会 )した 上 で 広 域 連 携 の 方 向 性 に 検 討 を 深 めてきたが 個 別 事 務 における 広 域 連 携 の 実 現 に 際 して 調 整 検 討 すべき 事 項 も 多 く 継 続 した 研 究 検 討 が 求 められて いる 中 長 期 的 に 広 域 連 携 が 期 待 できる 課 題 については 国 道 における 動 向 を 注 視 し ていく 必 要 があるもの 空 知 全 域 または 南 空 知 地 域 における 広 域 連 携 を 視 野 に 入 れ た 検 討 が 必 要 なもの 自 治 体 間 のみならず 関 係 団 体 との 十 分 な 調 整 が 必 要 なものな どあることからも 広 域 行 政 の 推 進 を 踏 まえた 積 極 的 な 検 討 を 継 続 していく 必 要 が ある (2) 今 後 の 方 向 性 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 の 設 置 について において 検 討 期 間 を1 年 間 ( 平 成 23 年 4 月 から 平 成 24 年 3 月 まで)としているが 平 成 24 年 度 以 降 も 検 討 を 継 続 する 中 長 期 的 に 広 域 連 携 が 期 待 できる 課 題 の 検 討 にあたっては 4 町 の 枠 組 みだけで はなく 空 知 総 合 振 興 局 が 主 体 となって 進 める 南 空 知 地 域 広 域 連 携 研 究 会 や 南 空 知 4 町 も 含 めた 圏 域 9 市 町 で 構 成 する 南 空 知 ふるさと 市 町 村 圏 組 合 における 広 域 連 携 の 検 討 なども 踏 まえながら 既 成 概 念 に 捉 われない 新 たな 視 点 で 研 究 検 討 していく 部 会 での 検 討 にあたっては 幹 事 会 との 連 携 を 密 にすることで 広 域 連 携 の 確 立 に 配 慮 しつつ 部 会 における 主 体 的 かつ 効 果 的 な 検 討 を 促 していくためにも 既 存 の 検 討 組 織 の 活 用 などにより 柔 軟 に 取 り 組 んでいく また 現 在 国 道 市 町 村 を 取 り 巻 く 地 域 主 権 改 革 や 定 住 自 立 圏 構 想 の 動 きを 踏 まえ 住 民 サービスの 向 上 につながる 広 域 的 な 課 題 解 決 に 向 け 自 治 体 間 の 連 携 が 一 層 求 められていることからも 4 町 の 枠 組 みを 基 軸 とした 広 域 連 携 の 推 進 を 図 って いく 18

22 南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 事 務 局 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 )

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果 発 言 通 告 表 ( 一 般 ) 6 月 17 日 ( 水 ) 18 日 ( 木 ) 19 日 ( 金 ) 個 人 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 発 言 発 言 発 言 議 員 順 位 種 別 1 柴 田 光 男 一 般 2 西 尾 孝 之 一 般 発 言 要 旨 1.びわ 湖 岸 の 景 観 を 活 かした 観 光 施 策 について (1)びわ 湖 岸 の 現 状 について 問 う

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63> 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 )...2 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

<5461726F2D82518256817C82508B63895E8E9197BF825181698FF097E18141>

<5461726F2D82518256817C82508B63895E8E9197BF825181698FF097E18141> 議 案 第 4 号 船 岡 財 産 区 管 理 会 財 産 区 管 理 委 員 の 選 任 について 協 同 船 和 岡 町 財 ( 産 荒 区 川 管 理 峰 会 吉 財 川 産 区 船 管 岡 理 委 淀 員 川 の ) 豊 財 嶋 産 孝 区 良 管 氏 理 の 会 後 条 任 例 として 第 3 条 第 豊 2 島 項 繁 の 實 規 氏 定 を により 選 任 するため 議 会 の 豊 意

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A> 第 6 回 家 畜 衛 生 委 員 会 の 会 議 概 要 ( 畜 産 家 畜 衛 生 部 会 常 設 委 員 会 ) Ⅰ 日 時 平 成 20 年 3 月 3 日 ( 月 ) 13:30~17:00 Ⅱ 場 所 日 本 獣 医 師 会 会 議 室 Ⅲ 出 席 者 委 員 委 員 長 戸 谷 孝 治 日 本 獣 医 師 会 理 事 副 委 員 長 丸 山 崇 全 国 家 畜 衛 生 職 員 会 顧

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

課題整理と要望(修正版) (3)

課題整理と要望(修正版) (3) 社 保 審 - 介 護 給 付 費 分 科 会 第 108 回 (H26.9.10) ヒアリング 資 料 6 第 108 回 社 会 保 障 審 議 会 介 護 給 付 費 分 科 会 事 業 者 団 体 ヒアリング 資 料 一 般 社 団 法 人 全 国 軽 費 老 人 ホーム 協 議 会 理 事 長 川 西 基 雄 課 題 整 理 と 要 望 平 成 25 年 度 養 護 老 人 ホーム 軽 費

More information

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令

2 設 計 の 進 め 方 2.1 設 計 の 進 め 方 ( 全 般 ) (1) 受 託 者 は 建 築 基 準 法 及 び 建 築 士 法 等 の 法 令 上 の 設 計 者 となるので その 責 任 を 全 うしなければな らない (2) 設 計 は 建 築 基 準 法 及 び 関 係 法 令 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設 建 設 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 この 仕 様 書 は 新 居 浜 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 発 注 する 下 記 の 業 務 に 関 して 受 注 者 が 当 該 業 務 を 履 行 するために 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 業 務 概 要 1.1 委 託 業 務 名 新 居 浜 市 防 災 拠 点 施 設

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

はじめに ゼロベース 積 上 げにより 収 支 均 衡 予 算 を 達 成 平 成 28 年 度 予 算 は, 平 成 26 年 度 予 算 編 成 から3 年 目 となる ゼロベ ース 部 局 積 み 上 げ 方 式 による 編 成 に 取 り 組 みました 既 存 の 事 業 すべて をゼロベー

はじめに ゼロベース 積 上 げにより 収 支 均 衡 予 算 を 達 成 平 成 28 年 度 予 算 は, 平 成 26 年 度 予 算 編 成 から3 年 目 となる ゼロベ ース 部 局 積 み 上 げ 方 式 による 編 成 に 取 り 組 みました 既 存 の 事 業 すべて をゼロベー 平 成 28 年 2 月 15 日 記 者 会 見 資 料 1 はじめに 1 国 分 寺 市 総 合 ビジョンの 策 定 2 まちの 魅 力 の 発 信 2 民 設 民 営 保 育 所 整 備 事 業 他 3 親 子 ひろば 事 業 3 小 学 校 の 施 設 整 備 事 業 他 4 認 知 症 施 策 の 推 進 4 乳 幼 児 インフルエンザ 予 防 接 種 事 業 5 健 康 診 査 事 業

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口

1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 一 般 会 計 歳 入 予 算 説 明 書 - 1 - 1 款 市 税 1 項 市 民 税 1 目 個 人 1 現 年 課 税 分 9,317,201 均 等 割 272,608 225,205 47,403 市 民 税 課 調 定 見 込 額 281,040,000 円 収 納 率 97.0%=272,608,800 円 20 歳 以 上 の 人 口 の 伸 びや 均 等 割 が3,000 円 から3,500

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に 平 成 25 年 6 月 平 成 24 年 度 情 報 公 開 制 度 及 び 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 適 正 な 運 営 計 画 の 推 進 に 当 たって 1 市 民 との 協 働 によるまちづくり 101 適 切 で 効 果 的 な 情 報 の 公 開 政 策 総 務 部 広 報 課 一 般 会 計 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 51010100 府 中

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金 豊 岡 市 行 政 改 革 取 組 み 結 果 報 告 書 平 成 18 年 度 ~ 平 成 21 年 度 平 成 22 年 12 月 豊 岡 市 目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育 作 成 年 月 日 平 成 22 年 6 月 28 日 作 成 部 局 企 画 県 民 部 政 策 室 課 室 名 地 域 振 興 課 [ 兵 庫 県 地 域 再 生 構 造 改 革 特 区 推 進 会 議 ( 平 成 22 年 度 第 1 回 )] 構 造 改 革 特 区 ( 第 18 次 ) 及 び 地 域 再 生 ( 第 8 次 )の 提 案 標 記 の 提 案 については 6 月 7 日 から

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

2 款 -1 項 -1 目 ( 一 般 管 理 費 ) 庁 舎 建 設 事 業 1,138,389 千 円 実 施 設 計 を 策 定 し 速 やかに 庁 舎 建 設 事 業 を 推 進 します 住 民 投 票 結 果 を 受 けて 大 幅 な 見 直 しを 実 施 した 基 本 設 計 を 踏 ま

2 款 -1 項 -1 目 ( 一 般 管 理 費 ) 庁 舎 建 設 事 業 1,138,389 千 円 実 施 設 計 を 策 定 し 速 やかに 庁 舎 建 設 事 業 を 推 進 します 住 民 投 票 結 果 を 受 けて 大 幅 な 見 直 しを 実 施 した 基 本 設 計 を 踏 ま 問 合 せ 先 報 道 解 禁 2 月 13 日 新 城 市 役 所 総 務 部 財 政 課 財 政 担 当 TEL 0536-23-7616 FAX 0536-23-2002 平 成 28 年 度 新 城 市 の 主 な 事 業 ( 抜 粋 ) 目 次 2 款 1 項 1 目 一 般 管 理 費 庁 舎 建 設 事 業 ------ 1 3 款 3 項 10 目 児 童 福 祉 施 設 整 備 費

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな 平 成 26 年 3 月 31 日 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて 1 策 定 の 背 景 及 び 目 的 機 構 の 改 革 については これまで 数 次 の 見 直 しが 行 われてきたが その 集 大 成 として 行 政 改 革 推 進 会 議 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 分 科 会 第 4ワーキン ググループ 報 告 書 ( 平 成 25 年 12 月

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 27 年 1 14 日 資 料 2 第 31 次 地 方 制 度 調 査 会 第 12 回 専 門 小 委 員 会 資 料 三 原 市 三 原 やっさ 祭 府 中 町 水 分 峡 森 林 公 園 安 芸 高 田 市 神 楽 熊 野 町 筆 まつり 東 酒 蔵 通 り 岩 国 市 錦 帯 橋 広 島 広 域 都 市 圏 の 取 組 まつい かずみ 長 松 井 一 實 竹 原 市 重 要 伝 統

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030325F81798376838C83589770817A914488F58A6D95DB88E790AC8C9F93A289EF8E9197BF5F30333239>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030325F81798376838C83589770817A914488F58A6D95DB88E790AC8C9F93A289EF8E9197BF5F30333239> 船 員 ( 海 技 者 )の 確 保 育 成 に 関 する 検 討 会 報 告 ~ステークホルダー 間 の 真 の 連 携 をめざして~ 平 成 24 年 3 月 27 日 海 事 局 船 員 を 取 り 巻 く 現 状 と 課 題 外 航 日 本 人 船 員 の 現 状 内 航 船 員 の 現 状 安 定 的 な 際 海 上 輸 送 の 確 保 のためには 日 本 船 舶 及 び 日 本 人 船

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

Microsoft Word - 22年度事業報告.doc

Microsoft Word - 22年度事業報告.doc 平 成 22 年 度 事 業 報 告 1. 総 会 (22.6.16 於 高 松 市 ) 第 48 回 定 時 総 会 1 平 成 21 年 度 事 業 報 告 ならびに 決 算 ( 案 ) 2 平 成 22 年 度 事 業 計 画 ならびに 予 算 ( 案 ) 3 理 事 監 事 の 選 任 の3 議 案 について 審 議 し 原 案 どおり 承 認 された 特 別 講 演 三 菱 UFJモルガン

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関 参 考 資 料 -1 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 昭 和 38 年 6 月 25 日 条 例 第 6 号 改 正 昭 和 53 年 3 月 11 日 条 例 第 12 号 平 成 3 年 9 月 27 日 条 例 第 18 号 昭 和 55 年 7 月 2 日 条 例 第 21 号 平 成 12 年 3 月 30 日 条 例 第 20 号 昭 和 56 年

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

13年度事業計画書の作成について

13年度事業計画書の作成について 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 Ⅰ. 計 画 の 概 要 政 府 は TPP( 環 太 平 洋 連 携 協 定 )の 大 筋 合 意 を 受 け 平 成 27 年 11 月 に 閣 議 決 定 した 総 合 的 なTPP 関 連 政 策 大 綱 に 基 づき 農 業 者 の 不 安 払 拭 と 再 生 産 を 可 能 とする 経 営 安 定 対 策 の 充 実 強 化 を 図 るとともに

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

観光立国・地域活性化戦略

観光立国・地域活性化戦略 通 訳 案 内 士 制 度 の 見 直 し 報 酬 を 受 けて 外 国 人 に 付 き 添 い 外 国 語 を 用 いて 旅 行 に 関 する 案 内 をする 通 訳 案 内 士 になるには 観 光 庁 長 官 が 実 施 する 通 訳 案 内 士 試 験 に 合 格 して 都 道 府 県 に 氏 名 住 所 等 を 登 録 する 必 要 がある この 手 続 きを 踏 まずに 上 記 の 業 務

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 質 問 通 告 書 平 成 28 年 6 月 定 例 会 1 番 松 尾 数 則 議 員 1 山 陽 小 野 田 市 病 院 事 業 改 革 プランについて (1) 市 民 病 院 の 果 たすべき 役 割 を 聞 く (2) 医 療 水 準 の 向 上 について 聞 く (3) 救 急 医 療 について 聞 く (4) 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 について 聞 く (5) 経

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

2 法 人 会 組 織 の 基 盤 である 支 部 地 区 の 活 動 の 充 実 強 化 を 図 るとともに 支 部 地 区 の 再 編 に 取 り 組 むことで 組 織 の 一 層 の 活 性 化 を 図 る 2 主 要 事 業 計 画 (1) 税 知 識 の 普 及 を 目 的 とする 事 業

2 法 人 会 組 織 の 基 盤 である 支 部 地 区 の 活 動 の 充 実 強 化 を 図 るとともに 支 部 地 区 の 再 編 に 取 り 組 むことで 組 織 の 一 層 の 活 性 化 を 図 る 2 主 要 事 業 計 画 (1) 税 知 識 の 普 及 を 目 的 とする 事 業 第 5 号 議 案 平 成 25 年 度 事 業 計 画 報 告 の 件 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 1 基 本 方 針 (1) 公 益 社 団 法 人 としての 充 実 を 図 る 税 のオピニオンリーダーたる 経 済 団 体 として 企 業 の 発 展 を 支 援 し 地 域 の 振 興 に 寄 与 し 国

More information

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の 資 料 2-1 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 各 府 省 の 協 力 と 準 備 の 徹 底 について 平 成 27 年 9 月 4 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 準 備 については 本 年 3 月 27 日 の 本 連 絡 会 議 でも 周 知 依 頼 したところであるが 10 月 からの 個 人 番 号

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

指定管理制度指定効果様式施設ごと

指定管理制度指定効果様式施設ごと 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 指 定 による 効 果 ( 平 成 28 年 度 指 定 分 ) 指 定 管 理 料 総 額 ( 債 務 負 担 行 為 額 ) 指 定 による 効 果 の 概 要 滋 賀 県 立 芸 術 劇 場 びわ 湖 ホール および 滋 賀 県 立 文 化 産 業 交 流 会 館 ( 公 益 財 団 法 人 )びわ 湖 ホール ( 公 益 財 団 法 人 ) 滋 賀 県

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information