2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく

Size: px
Start display at page:

Download "2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく"

Transcription

1 1 哲 学 概 論 知 識 について 知 識 とはどのようなものかを 最 初 に 組 織 的 に 考 えたのはプラトンである 彼 は メノン で 知 識 と 正 しい 意 見 の 間 には 何 の 違 いもないと 述 べている テアエテトス では 知 識 とは 知 覚 と 同 じで あるとする 考 えからスタートする 知 覚 は 何 ら 意 味 論 的 な 構 造 をもっていないゆえに 知 識 が 知 覚 なら 知 識 を 述 べることができないゆえ 否 定 される 次 に 信 念 は 感 覚 的 印 象 の 意 味 論 的 に 構 造 化 された 連 結 と 想 定 され 知 識 はそのような 真 なる 信 念 ではないかと 提 案 する だが プラ トンはこれに 対 してもどのように 印 象 が 連 結 されて 意 味 論 的 構 造 が 与 えられているかわからなけ れば 真 や 偽 の 区 別 が 信 念 に 対 してなされる 理 由 がないとする それで 考 えられたのがラッセル の 論 理 的 原 子 論 に 匹 敵 する 理 論 で 命 題 と 対 象 は 単 純 な 感 覚 的 印 象 から 論 理 的 に 構 成 された 複 合 物 であると 捉 えられる アリストテレスは 基 礎 づけ 主 義 を 最 初 に 提 唱 し すべての 知 識 には 基 礎 となる 基 本 的 な 出 発 点 があると 考 えた その 後 知 識 は 認 識 論 的 転 回 の 主 人 公 となり 多 くの 哲 学 者 によって 哲 学 の 主 要 な 課 題 として 研 究 されてきた 認 識 論 (epistemology)の 語 源 を 探 ると ギリシャ 語 の episteme が 知 識 logos が 説 明 であるから 認 識 論 は 知 識 についての 説 明 ということ になる 実 際 知 識 とは 何 か 私 たちはどのようなものを 知 り 得 るか 知 識 はどこから 来 るか といった 問 題 に 対 して これまで 様 々に 議 論 されてきた この 章 では 知 識 論 (theory of knowledge = epistemology)についての 基 本 的 な 事 柄 を 考 えてみよう 簡 単 にこの 章 の 内 容 を 述 べておく まず ゲチアの 問 題 を 紹 介 し 次 にそれ 以 前 の 知 識 の 特 徴 づけをあらためて 考 えてみよう そして デカルト ヒューム カントの 基 礎 付 け 主 義 による 知 識 の 特 徴 づけがどのようなものか 見 てみよう それに 平 行 して ゲチア 問 題 を 通 じての 新 しい 知 識 の 理 論 としての 信 頼 可 能 性 理 論 も 取 り 上 げてみよう また ゲチア 問 題 は 懐 疑 論 にも 密 接 に 関 連 するので ヒューム 以 来 の 懐 疑 論 とその 克 服 の 試 みを 探 ってみよう < 本 章 で 考 えること> そのまま 入 る 1 知 識 とは 何 か [ 知 る ことの 多 様 な 種 類 ] 知 っていること 知 っているものは 知 る ことの 結 果 であることから 知 識 は 知 る こと の 分 析 を 通 じてその 特 徴 を 明 らかにすることができる 実 際 知 識 は 私 たちの 知 り 方 に 応 じてさ まざまに 分 類 されてきた その 代 表 的 な 分 類 は 二 つあり 何 であるか の 知 識 (know-what knowledge)と どのようにするか の 知 識 (know-how knowledge) そして 命 題 的 な 知 識 (propositional knowledge)と 命 題 的 でない 知 識 (non-propositional knowledge)である 二 つの 分 類 は 同 じ 分 類 に 見 える 名 人 の 技 は 命 題 で 表 現 できないように 思 えるし 何 であるか という 事 実 についての 知 識 は 命 題 によってしか 表 現 できないように 見 えるからである しかし 二 つが 同 じ 分 類 かどうかはわかっていない(5 章 の 感 覚 質 を 参 照 ) また 私 は 彼 女 の 父 を 識 っている と いうように 面 識 がある 親 しいといった 知 る の 意 味 も 忘 れてはならない

2 2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく 点 がある 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている とわざわざ 言 うだろうか 自 転 車 に 乗 れる というのが 普 通 であろう 通 常 どのようにするか のコツや 技 術 は 知 っている とは 言 わない また 同 じように 怒 りを 知 っている とも 言 わない 怒 りがわかる といった 言 い 方 をするだろう このように 私 たちの 知 っている の 使 い 方 は 上 の 分 類 の 一 部 に 限 定 さ れている ここで 考 える 知 識 はより 広 い 範 囲 のもので 事 実 に 関 する 知 識 だけでなく 私 たちが 身 につけることのできる 知 識 すべてを 含 んでいると 考 えておこう しかし 残 念 なことに 知 識 の 正 確 な 範 囲 が 確 定 しているわけではない [ 知 識 = 正 当 化 された 真 なる 信 念 ] ところで 知 識 信 念 真 理 (Knowledge, Belief, and Truth)の 間 にはどのような 関 係 があるだろ うか いずれの 間 にも 強 い 関 連 がありそうである 知 識 には 信 念 と 真 理 が 必 要 とされている つ まり 信 念 と 真 理 は 知 識 にとっての 必 要 条 件 である では それらは 十 分 条 件 か この 問 いに 対 して 次 のような 説 を 考 えてみよう それは 知 識 についての 正 当 化 された 真 なる 信 念 説 である 正 当 化 された 信 念 とは 何 らかの 確 かな 方 法 で 確 認 された 信 念 である 実 験 や 証 言 はそのような 正 当 化 の 方 法 である この 説 によれば 知 識 とは 正 当 化 された 真 なる 信 念 (Justified True Belief) である この 説 の 主 張 を 具 体 的 に 述 べれば 次 のようになる どのような 個 人 S 命 題 p についても S が p を 知 るとは 次 のことと 同 じである 1. S は p を 信 じる 2. p は 真 である 3. S は p を 信 じる 正 当 な 理 由 をもつ Box 真 理 に 関 する 定 義 と 解 釈 [ 正 当 化 された 真 なる 信 念 への 疑 問 ] さて 正 当 化 された 真 なる 信 念 説 は 正 しいだろうか この 説 が 正 しければ 正 当 化 された 信 念 と 真 理 は 知 識 の 必 要 十 分 条 件 ということになり 私 たちが 常 識 的 に 考 えている 知 識 像 が 得 られ る 知 識 が 単 に 信 念 や 思 いつきでないのは それが 正 当 化 されている 証 拠 をもっている 理 由 をもっているからであると 言 われてきた この 伝 統 的 な 見 解 はプラトンの テアエテトス やカ ントの 純 粋 理 性 批 判 において 主 張 され 知 識 とは 正 当 化 された 真 なる 信 念 である と 要 約 さ

3 3 れてきた そして この 要 約 は 20 世 紀 中 葉 までほとんどの 場 合 に 受 け 入 れられてきた この 伝 統 的 見 解 に 対 し 正 当 化 された 真 なる 信 念 であっても 知 識 とは 呼 べない 場 合 があり したがって 知 識 の 伝 統 的 な 分 析 は 誤 っていることを 示 したのがゲチア(Edmund Gettier, 1927-)である 1 彼 は 知 識 をもつとは 言 えないが 正 当 化 された 真 なる 信 念 をもつことができるような 例 をつくった 伝 統 的 見 解 への 彼 の 反 例 を 見 てみよう ( 物 語 ) 事 務 所 に 勤 めている A は 誰 かが 直 に 転 勤 することを 知 っていた 信 頼 できる 上 司 が 転 勤 するのは B であると A に 告 げた その 時 A は B の 財 布 に1 万 円 あることも 知 った そこで A は 次 のように 推 論 した 1. B は 転 勤 し 財 布 に1 万 円 もっている 2. だから 転 勤 する 人 は 財 布 に1 万 円 もっている このように A が 推 論 することは 正 しく 何 も 問 題 はないように 見 える しかし 実 際 に 転 勤 させ られるのは A で そのことを A 自 身 は 知 らず その 時 A もちょうど 財 布 に1 万 円 もっていたとし てみよう その 時 A は 2 を 信 じており また 2 は 真 である A はそれを 1 から 演 繹 したのであ るから 2 を 正 当 な 理 由 から 信 じることができる 1 は 偽 であるが A はそれを 真 であると 考 える 十 分 な 理 由 をもっている したがって (ゲチアによれば) A は 正 当 な 理 由 をもとに 2 を 真 であ ると 信 じるが A は 2 を 知 らない 命 題 の 形 をした 知 識 は 三 つの それぞれが 必 要 で それら 連 言 が 十 分 である 条 件 をもっている それらは 正 当 化 真 理 信 念 である 真 理 条 件 は どんな 知 られた 命 題 も 真 であることを 主 張 し ている 正 当 化 条 件 によれば 知 られた 信 念 は 証 拠 によって 支 持 されなければならない さて 上 の 例 は 正 当 化 された 真 なる 信 念 をもっているが 知 識 とは 呼 べないような 例 になっている A が 正 当 な 理 由 で 1 を 信 じ それに 基 づいて A は 2 を 信 じる 1 は 論 理 的 に 2 を 含 意 し A はそのこ とを 知 っているので A には 2 を 信 じる 十 分 な 理 由 があることになる そして 2 は 真 である し かし A は 2 を 知 っていない この 推 論 の 構 造 をわかり 易 く 抜 き 出 してみよう 1 の 命 題 を p 2 の 命 題 を q とすると 1 p は 真 でない 2 A は p を 信 じる 3 A は p を 信 じる 正 当 な 理 由 がある 4 p q 5 A は(p q)を 信 じる 6 A は(p q)を 信 じる 正 当 な 理 由 がある 7 A は q を 信 じる 8 A は q を 信 じる 正 当 な 理 由 がある 9 q は 真 である 10 だが A は q を 知 っていない 1 E. Gettier, Is Justified True Belief Knowledge?, Analysis, 1963, Vol.23, pp

4 4 となるだろう この 例 だけですべてわかるとはとても 言 えないので 次 の 簡 単 な 例 から 信 念 と 事 実 の 間 の 微 妙 な 違 いを 確 かめてほしい (ラッセルの 例 ) 公 園 の 信 頼 できる 時 計 : 散 歩 の 途 中 で 公 園 の 時 計 を 見 たら 9 時 30 分 だった あ なたはそれまで 毎 日 その 時 計 を 利 用 しており それが 信 頼 できる 時 刻 であると 信 じることができ た しかし 時 計 は 一 日 前 に 止 まっていたとしてみよう それをあなたは 知 らない 信 頼 できる 時 刻 9 時 30 分 をあなたは 信 じることができるが それが 正 しい 時 刻 であることを 知 らない ( 伊 作 の 例 ) 伊 作 はこれまで 部 屋 の 左 のドア 近 くにあるスイッチで 電 燈 をつけていた しかし 今 日 はそのスイッチが 壊 れている 伊 作 はそれを 知 らず いつものようにスイッチを 入 れた ち ょうどその 時 右 のドア 近 くのスイッチを 弟 の 史 門 が 入 れたために 電 燈 がついた 伊 作 の 信 念 は 正 しいが それは 事 実 と 異 なっている ( 問 )ゲチアの 反 例 上 の 2 例 から 信 じる ことと 知 る ことがどのような 関 係 になってい るか 述 べなさい 信 じることができても 知 ることができない 場 合 を 考 えなさい 上 の 例 に 共 通 する 点 は いずれの 主 人 公 も 信 じている 命 題 に 関 するきわめて 信 頼 できる 証 拠 をも っているが それが 誤 り 得 ないという 保 証 はもっていないということである ここから 導 かれる のは 懐 疑 論 (Skepticism)である では どのような 条 件 が 満 たされれば あることを 知 ってい る つまり あることの 知 識 をもつと 言 えるのだろうか ゲチアの 反 例 に 対 する 対 応 にはさまざ まなものがある いきなり 現 代 の 対 応 を 考 える 前 に 知 識 を 私 たちはどのように 捉 えてきたのか 知 っておかなければならない 懐 疑 論 は 知 識 に 対 する 懐 疑 であり 知 識 の 存 在 を 脅 かしてきた 知 識 への 懐 疑 とはどのようなことかを 次 節 で 考 えてみよう 2 知 識 への 懐 疑 [ 懐 疑 のレベル] すべてのことを 知 っている 人 はいない 皆 何 らかの 疑 問 をもって 暮 らしている 哲 学 は 疑 問 を 解 くことであると 述 べてきたが 出 発 点 の 疑 問 は 懐 疑 につながっている 正 しいと 思 われている 知 識 に 対 する 疑 問 は 懐 疑 である これは 哲 学 がいつも 懐 疑 と 共 にあることを 物 語 っている 懐 疑 論 の 歴 史 は 長 く 新 しいタイプの 知 識 に 対 して 新 しい 懐 疑 論 が 提 出 され 懐 疑 論 も 知 識 の 理 論 と 共 に 変 化 してきた プラトン 流 の 懐 疑 論 は 私 たちは 自 身 の 直 接 的 な 経 験 から 独 立 した 実 在 を 知 ることができないという 積 極 的 な 主 張 をもっている ピロン (Pyrrho, 365BC-270BC)の 懐 疑 論 はより 注 意 深 く 私 たちが 知 識 をもつことを 否 定 しないが その 判 断 を 中 止 するように 求 める あるタイプの 命 題 を 実 際 に 知 ることができないというのが 第 1 レベルの 懐 疑 とすれば プラトン の 懐 疑 は 第 1 レベルの 懐 疑 である ピロンの 懐 疑 はそれより 弱 いもので あることを 知 ることが できる 知 ることができないという 二 つの 相 反 する 主 張 が 同 じような 強 さの 根 拠 をもっていた 場 合 それについての 判 断 を 停 止 しようというものである つまり あるタイプの 命 題 を 知 ること

5 5 ができるかどうかわからないという 第 2 レベルのものである 普 遍 的 懐 疑 論 は 私 たちは 何 についても 何 一 つ 知 ることができないと 主 張 する どこかで 知 識 は 可 能 だが ここやそこの 特 定 領 域 では 不 可 能 であるとするのが 局 所 的 な 懐 疑 論 である 局 所 的 な 懐 疑 論 の 典 型 は 外 部 世 界 他 人 の 心 過 去 神 倫 理 的 な 真 理 の 知 識 についての 懐 疑 論 である 誰 もこれらのいずれかを 一 度 ならず 疑 ったことがあるだろう ゲチアの 例 も 正 当 化 された 真 なる 信 念 が 知 識 にとって 十 分 でないことを 示 すという 点 で 知 識 への 局 所 的 な 懐 疑 である 懐 疑 は 時 には 知 識 そのものに 時 には 知 識 の 正 当 化 に そして 両 方 に 向 けられる 通 常 私 たちが 考 える 懐 疑 は 第 1 レベルのものだろう また 上 の 外 部 世 界 や 他 人 の 心 の 場 合 しばしば 第 2 レベルの 懐 疑 が 考 えられている ( 問 ) 日 常 生 活 や 科 学 研 究 で 局 所 的 な 懐 疑 論 が 果 たす 積 極 的 な 役 割 を 挙 げなさい 知 識 の 獲 得 に 懐 疑 論 はどのような 役 割 を 果 たしているか 考 えなさい [ 懐 疑 の 具 体 例 ] 懐 疑 論 がもっともらしいという 考 えを 以 下 に 推 論 の 具 体 例 で 調 べてみよう 推 論 1 1. 地 球 が 平 らだという 昔 の 人 の 信 念 は 誤 りである 2. だから 昔 の 人 は 地 球 が 平 らなことを 知 らなかった 推 論 2 1. 地 球 が 丸 いという 私 たちの 信 念 は 誤 りかもしれない 2. だから 私 たちは 地 球 が 丸 いことを 知 らない 上 の 二 つの 推 論 から 次 のような 三 番 目 の 推 論 が 考 えられる 推 論 3 1. もし 推 論 1 が 正 しいなら 推 論 2 も 正 しい 2. 推 論 1 は 正 しい 3. よって 推 論 2 も 正 しい 推 論 1 も 推 論 2 も そしてそれらを 使 った 推 論 も 懐 疑 論 的 である だが 私 たちは 常 識 的 に 推 論 2 の 結 論 は 明 らかに 事 実 と 異 なるから 推 論 2 は 誤 っていると 考 えるだろう そう 考 えるなら 推 論 3 から 対 偶 をとることによって 推 論 1 も 偽 になる だが 推 論 1 は 正 しそうである で は 推 論 3 は 誤 っているのか 推 論 1 に 隠 れている 仮 定 は S の 信 念 p が 偽 であれば S は p を 知 らない である しかし 推 論 2 には 別 の 仮 定 が 必 要 で それは S の 信 念 p が 偽 かもしれない なら S は p を 知 らない というものである 異 なる 仮 定 が 使 われているのであるから 二 つの 推 論 は 単 純 に 組 み 合 わせることができず したがって 推 論 3 そのものが 誤 りである この 例 は 懐 疑 論 の 主 張 そのものではないが 信 念 知 識 が 具 体 的 に 入 り 混 じった 推 論 がどのようなもので

6 6 あり 真 偽 知 識 懐 疑 がどのように 絡 み 合 っているかの 一 端 をこの 推 論 で 理 解 してほしい ほとんどすべての 懐 疑 論 的 な 推 論 は 私 たちが 悪 魔 に 騙 されている 夢 を 見 ているに 過 ぎない 桶 の 中 の 脳 だといった 一 見 馬 鹿 らしい 可 能 性 に 言 及 する だが しばしばこのような 馬 鹿 らし い 可 能 性 が 知 識 の 本 性 についての 謎 を 解 く 鍵 を 握 っている そこで 私 たちがもつ 信 念 に 誤 りが あり 得 ることから 懐 疑 論 に 加 担 する 議 論 を 考 えてみよう すべてのものについて 誤 りの 可 能 性 が あることはデカルトだけでなく 誰 もが 考 えることである 次 の 推 論 はそのような 代 表 例 である 1. 人 が 世 界 についてもつ(ほとんど)すべての 信 念 は 誤 り 得 る 2. 信 念 が 誤 り 得 るなら それは 知 識 にはなり 得 ない 3. それゆえ 世 界 についての(ほとんど)すべての 信 念 は 知 識 ではない (ほとんど)すべて は 例 外 があることを 示 唆 している そのような 例 外 の 候 補 は 私 は 今 こ こにいる 2+3=5 といったものだろう また 信 念 が 誤 り 得 ることは その 信 念 が 正 当 化 で きないことを 意 味 している この 推 論 と 似 た 結 論 は 次 のような 識 別 不 可 能 性 を 使 った 推 論 でも 得 ることができる 1. 人 が 誤 り 得 る 証 拠 に 基 づいて 知 識 をもち 得 るなら 知 識 と 知 識 でないものを 内 観 的 に 識 別 する ことができない 場 合 があり 得 る 2. しかし 内 観 的 に 知 識 でないものから 識 別 できないような 知 識 はあり 得 ない 3. 1 と 2 から 人 は 誤 り 得 る 証 拠 に 基 づいて 知 識 をもつことができない 4. しかし 外 部 世 界 に 関 する 命 題 について 私 たちがもつ 証 拠 はみな 誤 り 得 る 5. 3 と 4 から 私 たちは 外 部 世 界 についてのどんな 知 識 ももつことができない この 推 論 の 1 は 確 かに 正 しい そして 4 も 正 しいように 見 える だが 結 論 5 は 受 け 入 れがた い このような 推 論 は 他 にもつくりだすことができる もう 一 つ 推 論 を 考 えてみよう [ 伝 達 性 あるいは 閉 包 性 ] (a) 伊 作 は 人 工 生 命 マシーンにつながれた 桶 の 中 の 脳 である (b) 伊 作 は 腕 をもっている という 二 つの 前 提 のもとで 次 の 推 論 を 考 えよう 1. 伊 作 は(a)が 誤 りであることを 知 らない 2. (b)は(a)が 誤 りであることを 含 意 する 3. 伊 作 が(b)を 知 っているなら (a)が 何 を 含 意 するかも 知 っている 4. だから 伊 作 は(b)を 知 らない 3 は 知 識 が 論 理 的 な 含 意 関 係 を 通 じて 伝 達 されることを 述 べている 知 識 の 伝 達 性 とは a を 知 っ ていて a ならば b が 成 り 立 っていれば b も 知 っている ということである つまり 知 る ことは 含 意 関 係 に 関 して 閉 じている この 具 体 例 が 3 である 伊 作 が 腕 をもっていることを 知 っ

7 7 ていれば 彼 が 人 工 生 命 マシーンにつながれた 桶 の 中 の 脳 であることが 誤 りであることを 含 意 す る この 含 意 関 係 を 知 っていれば 桶 の 中 の 脳 である 可 能 性 を 排 除 できないのであるから 腕 を もっていることを 知 らないことになる したがって 4 が 導 かれ 懐 疑 論 が 正 しいことになる 知 ることの 含 意 関 係 を 通 じての 伝 達 性 あるいは 閉 包 性 は 強 すぎないだろうか P を 知 ることが P でないものの 可 能 性 すべてを 排 除 するなら 私 たちは 周 りの 世 界 についてほとんど 何 も 知 ること ができない したがって より 妥 当 性 の 高 い 見 解 は 知 識 は 関 連 する 可 能 性 だけ 排 除 するという ものだろう では 関 連 する 可 能 性 はどのように 決 められるのか 一 つの 見 解 は 次 のものである 関 連 する 可 能 性 はもっている 証 拠 を 越 えた 主 体 の 環 境 の 特 徴 から なるというものである この 点 から ノージック(Robert Nozick, )は 閉 包 性 に 疑 問 を 投 げかける 閉 包 性 の 否 定 は 後 述 の 知 識 の 信 頼 可 能 性 理 論 に 基 づいている 彼 は 次 のような 条 件 を 考 える 1.P が 真 でないとすれば 主 体 は P を 信 じないだろう 2.P が 真 だとすれば 主 体 は P を 信 じるだろう これら 条 件 が 満 たされる 場 合 主 体 は P という 事 実 を 探 知 すると 言 われる この 条 件 を 使 って ノージックは 知 る 人 の 信 念 が 偶 然 的 ではない 仕 方 で P という 事 実 に 結 びついていることを 示 す そして この 説 明 を 受 け 入 れるならば 閉 包 性 は 成 立 しないと 論 じる 探 知 条 件 1 と 2 が 知 識 に 必 要 ならば 閉 包 性 は 誤 りである というのも 探 知 条 件 自 体 は 知 ることの 含 意 関 係 に 関 して 閉 じていないからである つまり ある 事 実 を 探 知 し 別 の 事 実 を 探 知 しないことは 別 の 事 実 が ある 事 実 の 帰 結 であっても 可 能 なのである 伊 作 は 腕 をもつことを 探 知 しながら 桶 の 中 の 脳 で あることは 探 知 しないことができるのである [ 懐 疑 論 の 論 駁 例 ] 懐 疑 論 の 正 しさを 主 張 する 推 論 はまだまだある では このような 推 論 に 対 してどのような 反 論 をすることができるのか 懐 疑 論 の 論 駁 も 今 まで 色 々 考 えられてきた 以 下 に 懐 疑 論 の 論 駁 例 を 挙 げてみよう I. 懐 疑 論 は 自 己 論 駁 的 である 懐 疑 論 は 私 たちが 何 も 知 らないと 主 張 するが それでは 懐 疑 論 の 主 張 の 前 提 が 真 であることも 知 らないことになる いつも 誤 り 得 ることを 知 らないし 証 拠 が 誤 り 得 ることも 知 らないことに なる したがって 懐 疑 論 は 自 らの 主 張 ができないことになる II. 知 識 は 絶 対 的 な 確 実 性 を 要 求 するのか 駅 に 向 かって 急 いで 歩 いているとき ドアに 鍵 をかけたことを 知 っているかと 聞 かれて 鍵 を かけたと 答 えるとしよう それは 本 当 に 確 かかと 再 度 聞 かれて 自 信 がなくなり 確 実 かどうか わからないと 答 えたとする 最 初 の 問 いと 二 番 目 の 問 いは 異 なった 問 いで したがって 異 なっ た 答 えになっている つまり 知 識 と 確 実 な 知 識 は 異 なった 答 えを 要 求 している だから 確 実 でない 知 識 は 可 能 であり 知 識 に 絶 対 的 な 確 実 性 を 要 求 しなくても 構 わないことになる III. 可 謬 主 義 上 の 確 実 性 についての 話 から 誤 りの 可 能 性 があっても 知 ることができると 主 張 できる 知 識

8 8 には 理 由 が 必 要 であるが その 理 由 に 誤 りの 可 能 性 を 含 めてもよいというのが 可 謬 主 義 である したがって 信 念 が 誤 り 得 るとすれば それは 知 識 ではない という 既 述 の 推 論 の 前 提 は 誤 りと いうことになる だが 懐 疑 論 は 次 のような 反 論 をすることができる 1. 可 謬 主 義 が 真 なら 人 は 知 識 をもっていることを 知 ることができない 2. 可 謬 主 義 は 真 である 3. だから 人 は 知 っていることを 知 ることができない 可 謬 主 義 者 は 2 を 正 しいと 思 っているから 上 の 反 論 に 答 えようとすれば 1 を 否 定 しなければ ならない ( 問 ) 上 に 挙 げられている 懐 疑 論 の 推 論 を 論 駁 するにはどのような 推 論 が 考 えられるかを 懐 疑 論 の 論 駁 例 を 通 じて 考 えてみなさい [ 他 人 の 心 についての 懐 疑 ] 最 後 に 他 人 の 心 についての 懐 疑 論 を 見 ておこう 緩 やかな 懐 疑 論 は 他 人 の 経 験 は 私 の 経 験 に 似 ているか という 懐 疑 である 他 人 の 経 験 の 存 在 は 認 めるが それが 私 の 経 験 と 同 じかどうか が 疑 われている これに 対 して 強 い 懐 疑 論 を 考 えることができる それは 私 の 経 験 以 外 に 経 験 は 存 在 するか という 懐 疑 である この 強 い 懐 疑 論 は 次 のような 推 論 を 生 み 出 す 1. 他 人 の 心 を 直 接 に 知 ることはできない 2. 他 人 の 心 を 推 論 によって 間 接 的 に 知 ることはできない したがって 直 接 的 にも 間 接 的 にも 他 人 の 心 を 知 ることはできない 懐 疑 論 を 帰 結 する 幾 つかの 推 論 を 見 てきたが 懐 疑 的 な 結 論 を 避 ける 常 識 的 な 二 つの 方 法 は 次 の ようにまとめることができるだろう (a) 他 人 の 心 身 体 過 去 等 は 直 接 に 経 験 でき したがって それらを 知 るのに 推 論 は 必 要 ない (b) 知 識 にとって 信 念 が 形 成 される 過 程 は 必 要 ない 知 識 の 内 容 はそれがどのように 生 み 出 され るかと 言 うこととは 独 立 である これらは 懐 疑 論 の 論 駁 というより 回 避 に 過 ぎない 懐 疑 論 の 最 後 の 推 論 を 見 て 1 と (a) を 比 較 してほしい 正 反 対 のことが 主 張 されており これでは 水 掛 け 論 になってしまう では 懐 疑 論 の 論 駁 のためにどのような 知 識 の 理 論 が 生 み 出 されてきたのだろうか それを 以 下 に 見 てみよ う この 節 では 十 分 な 結 論 を 述 べていない 以 後 の 議 論 のために 刺 激 が 提 供 されたと 考 えておけ ばよいだろう ( 問 ) 懐 疑 論 の 論 駁 がなぜ 必 要 なのかをまとめなさい

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt 11 観 量 性 理 論 競 輪 や 競 馬 自 動 車 レース オリンピック 等 で 各 種 競 争 が 行 われている また 人 間 はその 昔 石 や 棒 切 れなどを 投 げて 逃 げる 獲 物 を 捕 まえた これらは 速 度 ( 相 対 的 な 運 動 や 速 さ)を 比 較 しているのであって 速 度 の 比 較 は 我 々の 生 存 生 活 にお ける 必 然 的 な 事 柄 である

More information

聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通

聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通 2014WS 金 曜 3 時 間 2 学 期 題 目 哲 学 的 意 味 論 の 観 点 から 問 いと 推 論 の 関 係 を 分 析 する 第 四 回 講 義 (20141024) 第 1 章 問 答 の 観 点 からの 言 語 行 為 論 1 発 語 内 行 為 の 分 類 2 質 問 の 発 語 内 行 為 の 特 殊 性 3 言 語 行 為 はなぜ 成 立 するのか? 1 グライスの 意

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

第1章

第1章 第 1 章 リスク 回 避 と 期 待 効 用 練 習 問 題 1.1 の 解 答 解 答 は, 図 1.13 で 示 されたスプレッドシート CHAP1 のシート 1 である ジョーはギャ ンブル A を,クレプス 教 授 はギャンブル B を,パテル 教 授 はギャンブル C を 選 ぶだろう 図 1.13 スプレッドシート CHAP1 のシート 1: 練 習 問 題 1.1 の 解 1 練 習

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア 1. 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 アンケート 調 査 に 基 づいた 研 究 1-1 調 査 の 実 施 概 要 について 近 未 来 課 題 解 決 事 業 では 平 成 20 年 度 に 地 震 保 険 に 関 する 消 費 者 意 識 調 査 を 実 施 した その 手 法 としては NRI のインターネットリサーチサービスを 利 用 日 本 全 国 に 在 住 する 一

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レター 2016-08-26 国 の 役 割 はどこへ 行 った? ふるさと 納 税 シリーズ(4) ふるさと 納 税 研 究 会 からワンストップ 特 例 制 度 創 設 に 至 るまで 金 融 研 究 部 准 主 任 研 究 員 高 岡 和 佳 子 (03)3512-1851 takaoka@nli-research.co.jp 1 はじめに 平 成 27

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

Microsoft Word - 不動産賃貸業における事業的規模とは?

Microsoft Word - 不動産賃貸業における事業的規模とは? 不 動 産 賃 貸 業 における 事 業 的 規 模 とは? 個 人 で 商 売 をして 儲 けを 出 せば 所 得 税 や 住 民 税 が 課 されます その 商 売 を 事 業 とし て 行 っていれば 事 業 所 得 として 事 業 以 外 で 行 っていれば 雑 所 得 としての 課 税 となり 税 金 計 算 上 の 取 り 扱 いが 異 なります 不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

4 試 験 の 内 容 司 法 書 士 試 験 は 午 前 の 部 と 午 後 の 部 に 分 かれる それぞれの 試 験 科 目 は 以 下 の 通 りであ る 午 前 の 部 実 体 法 科 目 憲 法 民 法 刑 法 商 法 ( 会 社 法 ) 午 後 の 部 手 続 法 科 目 民 事 訴

4 試 験 の 内 容 司 法 書 士 試 験 は 午 前 の 部 と 午 後 の 部 に 分 かれる それぞれの 試 験 科 目 は 以 下 の 通 りであ る 午 前 の 部 実 体 法 科 目 憲 法 民 法 刑 法 商 法 ( 会 社 法 ) 午 後 の 部 手 続 法 科 目 民 事 訴 司 法 書 士 試 験 の 効 率 的 学 習 法 1. 自 己 紹 介 講 座 説 明 20 ヵ 月 本 科 生 スタンダードコースとは TAC 動 画 チャンネルのお 知 らせ 2. 司 法 書 士 試 験 の 概 要 1 出 願 者 数 と 合 格 者 数 ( 平 成 24 年 度 ) 出 願 者 数 29,376 名 受 験 者 数 24,048 名 合 格 者 数 838 名 合 格 率

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し 助 成 研 究 演 題 - 平 成 23 年 度 国 内 共 同 研 究 (39 歳 以 下 ) 医 薬 品 の 審 査 承 認 行 為 に 対 する 国 の 賠 償 責 任 に 関 する 国 際 比 較 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 法 学 系 助 教 ( 助 成 時 : 東 京 大 学 政 策 ビジョン 研 究 センター 特 任 研 究 員 ) 畑 中 綾 子 ポスター -1

More information

第93回行政苦情救済推進会議 付議資料

第93回行政苦情救済推進会議 付議資料 1 審 議 案 件 (1) 児 童 扶 養 手 当 に 係 る 申 請 を 行 う 際 の 扶 養 親 族 等 の 人 数 の 認 定 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 児 童 扶 養 手 当 は 児 童 扶 養 手 当 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 238 号 ) 第 9 条 第 1 項 において 受 給 資 格 者 の 前 年 の 所 得 (1 月 から6 月 までの 間 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203283968C8E96DA8EBF96E282D682CC89F1939A2E646F63> 2 ヶ 月 目 のまとめ: 質 問 への 回 答 より 抜 粋 ================================================== その3:もっと 知 りたいことや 疑 問 点 質 問 など 前 半 部 分 で 変 化 への 恐 怖 という 感 情 が 挑 戦 しなくていい 方 法 を 色 々と 探 し 出 す ということを 言 われていましたが 1か 月 目 のテ

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際 部 員 各 位 平 成 27 年 6 月 6 日 岩 田 弘 雪 ( 法 2) 日 本 の 奨 学 金 制 度 目 次 一 初 めに 二 奨 学 金 とは 三 奨 学 金 の 歴 史 四 日 本 における 奨 学 金 制 度 の 変 遷 五 現 状 の 奨 学 金 制 度 の 問 題 六 まとめ 七 参 考 文 献 一 初 めに ここにいる 皆 さんは 大 学 生 だ 四 年 目 に 突 入 して

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

Microsoft Word - 2006 Ronbun_Zai3_Pro-Ans.doc

Microsoft Word - 2006 Ronbun_Zai3_Pro-Ans.doc ~HBA~ 公 認 会 計 士 / 論 文 式 本 試 験 過 去 問 解 説 2006 第 三 問 財 務 諸 表 論 解 答 を 参 照 する 場 合 の 注 意! 論 文 試 験 に 巷 でよく 言 われるような 部 分 点 などと 行 った 採 点 は 基 本 的 に 存 在 しません 一 つの 論 文 ( 例 え 5 行 でも 10 行 でも 論 文 です)の 中 で 部 分 部 分 は

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

第90回行政苦情救済推進会議資料

第90回行政苦情救済推進会議資料 1 審 議 資 料 (1) 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 要 件 である 交 通 費 の 取 扱 いの 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 申 出 要 旨 私 は 現 在 求 職 者 支 援 制 度 で 職 業 訓 練 を 受 けており 平 成 25 年 3 月 19 日 にハロー ワークへ 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )の 申 請 に 行

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

大それた表題をつけてしまったがこの小論でそのような大それた

大それた表題をつけてしまったがこの小論でそのような大それた コラム 歩 行 のエネルギー 消 費 についての 考 察 (1) 計 量 分 析 ユニット 松 尾 雄 司 本 稿 は 宮 川 卓 也 自 転 車 のエネルギー 消 費 についての 考 察 1 の 続 報 である 勝 手 な 引 用 を 許 可 していただいた 宮 川 氏 にはこの 場 で 初 めて 感 謝 申 し 上 げたい ここでの 論 点 は 運 輸 部 門 のエネルギー 消 費 の 形 態

More information

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc 普 遍 主 義 と 多 元 主 義 の 相 互 検 討 ショーペンハウアーとニーチェを 中 心 に 日 本 学 術 振 興 会 学 術 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ( 基 盤 研 究 (C) 課 題 番 号 24520033) 2012 年 度 ~2014 年 度 研 究 代 表 者 竹 内 綱 史 ( 龍 谷 大 学 ) 研 究 分 担 者 伊 藤 貴 雄 ( 創 価 大 学 ) 上 野

More information

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒 名 古 屋 大 学 大 学 院 教 育 発 達 科 学 研 究 科 教 育 科 学 専 攻 教 育 論 叢 第 54 号 2011 年 外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して はじめに 細 川 卓 哉 1990 年 代 以 降 ニューカマー 1) という 外 国 籍 の 子 どもの 教 育 課 題 が 注 目 され 始 めた 当 初

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? 曽 根 涼 平 目 次 はじめに 2 Ⅰ 配 偶 者 控 除 について 2 Ⅱ 最 低 賃 金 制 度 4 Ⅲ 計 算 6 1 先 行 文 献 6 2 検 証 7 3 GDPの 計 算 11 おわりに 15-1 - 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

研究紀要.indd

研究紀要.indd 教 育 実 践 研 究 17,2012 25 理 科 教 育 の 読 解 力 育 成 における 研 究 - 概 念 の 形 成 過 程 を 中 心 として- A study on the Improvement of Reading Literacy in Science Education: Focusing on the Concept Formation Process 中 島 雅 子 NAKAJIMA

More information

Int'lecowk_2014_11_12_校了.indd

Int'lecowk_2014_11_12_校了.indd 特 集 2 児 童 養 護 施 設 に 入 所 している 障 害 のある 子 どもに 対 する 就 労 支 援 の 実 態 施 設 職 員 へのインタビュー 調 査 から 武 庫 川 女 子 大 学 文 学 部 教 務 助 手 新 谷 知 春 1.はじめに 児 童 養 護 施 設 とは 親 の 行 方 不 明 や 死 亡 病 気 親 から 虐 待 をうけている 等 の 理 由 から 不 適 切 な

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

ガイダンスレジュメ前半

ガイダンスレジュメ前半 宅 建 ガイダンスレジュメ 目 次 1. 今 年 の 宅 建 試 験 はこう 変 わる! 2. 今 年 の 宅 建 試 験 には ここが 出 題 される! 3. 今 年 はこのように 勉 強 すれば 合 格 できる! 資 格 と 教 養 のスクール フォーサイト < 通 信 講 座 事 務 局 > 456-0046 名 古 屋 市 熱 田 区 木 之 免 町 1102 TEL 052-671-6666

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20503033342D303430814095DB8CAF9640814594BB97E18CA48B863334819A31398E9A817E32358D73835E83438367838B398D73819A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20503033342D303430814095DB8CAF9640814594BB97E18CA48B863334819A31398E9A817E32358D73835E83438367838B398D73819A2E646F63> 1. 本 件 の 争 点 本 件 は 自 動 車 保 険 の 契 約 者 である 被 保 険 者 が 運 転 をしていた 普 通 乗 用 自 動 車 ( 以 下 本 件 車 両 )が 台 風 の 影 響 に 伴 った 集 中 豪 雨 により 冠 水 していた 道 路 に 侵 入 して エンジンが 停 止 し 走 行 不 能 となるという 運 行 に 起 因 する 事 故 が 発 生 した また こ

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 空 間 とはどんなものですか と 聞 かれた 時 に 現 代 人 の 多 くがイメージするのは たぶんx y z 軸 からなる 三 次 元 座 標 空 間 であろう この 座 標 空 間 として

1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 空 間 とはどんなものですか と 聞 かれた 時 に 現 代 人 の 多 くがイメージするのは たぶんx y z 軸 からなる 三 次 元 座 標 空 間 であろう この 座 標 空 間 として * 空 間 のイメージの 変 遷 佐 野 正 博 1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間... 1 2 古 代 における 空 間 論 争 --- 空 虚 の 問 題 をめぐる 争 い... 1 3 近 代 における 空 間 論 争 (1) --- 運 動 記 述 の 相 対 性... 2 4 近 代 における 空 間 論 争 (2)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

福 岡 厚 生 年 金 事 案 4486 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 申 立 期 間 については その 主 張 する 標 準 報 酬 月 額 に 基 づく 厚 生 年 金 保 険 料 を 事 業 主 により 給 与 から 控 除 されていたことが 認 められることから 申 立 期

福 岡 厚 生 年 金 事 案 4486 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 申 立 期 間 については その 主 張 する 標 準 報 酬 月 額 に 基 づく 厚 生 年 金 保 険 料 を 事 業 主 により 給 与 から 控 除 されていたことが 認 められることから 申 立 期 ( 平 成 24 年 9 月 20 日 報 道 資 料 抜 粋 ) 年 金 記 録 に 係 る 苦 情 のあっせん 等 について 年 金 記 録 確 認 福 岡 地 方 第 三 者 委 員 会 分 1. 今 回 のあっせん 等 の 概 要 (1) 年 金 記 録 の 訂 正 の 必 要 があるとのあっせんを 実 施 するもの 2 件 厚 生 年 金 関 係 2 件 (2) 年 金 記 録 の 訂 正

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

Microsoft Word - dp55

Microsoft Word - dp55 DISCUSSION PAPER April 2012 No.55 地 方 都 市 圏 における 年 齢 別 人 口 移 動 -- 福 岡 都 市 圏 と 札 幌 都 市 圏 を 中 心 に-- 加 藤 要 一 Faculty of Economics, Kyushu-Sangyo University 地 方 都 市 圏 における 年 齢 別 人 口 移 動 -- 福 岡 都 市 圏 と 札 幌

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

Microsoft Word - A04◆/P006-008.doc

Microsoft Word - A04◆/P006-008.doc Ⅰ 簡 易 生 命 表 の 概 要 生 命 表 とは 生 命 表 とは 一 定 期 間 ( 作 成 基 礎 期 間 )におけるある 集 団 の 死 亡 状 況 を 年 齢 の 関 数 ( 生 命 関 数 )として 表 したものである 生 命 関 数 の 中 で 最 も 広 く 使 われている 平 均 余 命 は ある 年 齢 の 者 が 当 該 期 間 での 死 亡 状 況 で 死 亡 していった

More information

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ 2014 年 9 月 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 は 想 定 利 回 りで 良 いのか? インフレ 局 面 における 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 を 考 える 揺 らぐ 公 的 年 金 と 高 まる 自 助 努 力 の 必 要 性 2014 年 6 月 に 厚 生 労 働 省 より 公 的 年 金 の 財 政 検 証 結 果 が 発 表 された 今 回 は 複 数 のシナリオを

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及 諮 問 庁 : 検 事 総 長 諮 問 日 : 平 成 25 年 9 月 30 日 ( 平 成 25 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 423 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 439 号 ) 事 件 名 : 級 別 定 数 ( 平 成 24 年 度 当 初 ) 等 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

HAYABUSA ASUKA LAW OFFICES NEWS LETTER

HAYABUSA ASUKA LAW OFFICES  NEWS LETTER HAYABUSA ASUKA LAW OFFICES NEWS LETTER Vol.13 隼 あすか 法 律 事 務 所 ニュースレター 第 13 号 February 2015 CONTENTS P.1 妊 娠 出 産 等 を 理 由 とする 不 利 益 取 扱 につい て P.4 1 株 に 満 たない 端 数 の 処 理 P.10 弁 護 士 コラム 田 伏 の 一 言 妊 娠 出 産 等

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

西洋教育史演習                               2008/1/17

西洋教育史演習                               2008/1/17 岡 山 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 平 成 19 年 度 修 士 論 文 講 評 会 資 料 2007 年 2 月 18 日 ( 月 ) < 論 文 題 目 > シュプランガー 教 育 学 における 文 化 伝 達 の 哲 学 的 再 考 指 導 教 授 森 川 直 岡 山 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 学 校 教 育 専 攻 18-007 滝 本 大 輔 Ⅰ. 研 究

More information

内閣府地域主権戦略会議 御中

内閣府地域主権戦略会議 御中 大 阪 府 知 事 橋 下 徹 様 平 成 22 年 9 月 22 日 大 阪 青 年 司 法 書 士 会 会 長 白 木 敦 司 法 務 局 の 事 務 の 地 方 移 管 に 関 する 意 見 書 当 会 は 大 阪 府 下 の 若 手 司 法 書 士 を 中 心 とした 任 意 団 体 であり 1961 年 の 発 足 から 現 在 に 至 るまでの 間 市 民 の 権 利 保 護 を 目 的

More information

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて 診 断 テストまでに 記 憶 を 喚 起 しておかねばならない 重 要 知 識 一 覧 表 2014.03.24 中 川 孝 博 テキスト( 赤 池 一 将 = 中 川 孝 博 刑 事 法 入 門 [ 第 2 版 ] )4~6 頁 法 学 の 定 義 は 何 か 法 学 をマスターするために 設 定 した 2 つの 大 目 標 は 何 か 刑 事 訴 訟 法 の 領 域 で 対 立 する 2 つの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F498A6D92E8323031363038303581468352837E8385836A8350815B8356838783938145837D836A83858341838B8D8788D38C6090AC83768389835894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F498A6D92E8323031363038303581468352837E8385836A8350815B8356838783938145837D836A83858341838B8D8788D38C6090AC83768389835894C52E646F63> 合 意 をつくるための コミュニケーション マニュアル はじめに 温 暖 化 などの 環 境 問 題 原 などのエネルギー 問 題 遺 伝 治 療 など 医 療 問 題 私 た ちの 近 にはたくさんの 問 題 があふれています このような 問 題 について 分 で 考 える だけでなく 他 の の 意 を 聞 いてみたい 他 の と 話 してみたい そう 考 えて 話 し 合 いの 場 に 参 加

More information

懲戒権.doc

懲戒権.doc 使 用 者 の 懲 戒 権 の 有 効 性 について 社 会 保 険 労 務 士 神 田 眞 弓 1.はじめに 懲 戒 処 分 というのはよく 耳 にすることばですが 一 般 的 には 使 用 者 が 企 業 秩 序 を 維 持 するために 設 けた 服 務 規 律 や 使 用 者 の 指 示 命 令 に 違 反 した 場 合 などに 使 用 者 が 労 働 者 に 制 裁 罰 として 科 する 処

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ 全 日 本 手 をつなぐ 育 成 会 国 際 育 成 会 連 盟 意 思 決 定 の 権 利 国 際 育 成 会 連 盟 グローバル キャンペーン ディスカッション グループ ファシリテーター ガイド 国 際 育 成 会 連 盟 2013 年 4 月 序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

Microsoft PowerPoint - 396GE変更ルール

Microsoft PowerPoint - 396GE変更ルール 医 MPI 政 情 報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 後 発 医 薬 品 への 変 更 ルール 株 式 会 社 医 医 業 経 営 研 究 所 ( 医 MPI) ( 公 社 ) 本 医 業 経 営 コンサルタント 協 会 認 定 登 録 番 号 第 6345 号 寺 坂 裕 美 資 料 No.20150623-396 次 後 発 医 薬 品 への 変 更 調 剤

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

平成23年度受験対策

平成23年度受験対策 正 解 肢 を 見 つける 裏 ワザ 1 4 肢 択 一 試 験 はこのように 解 け! 試 験 には 試 験 択 一 試 験 論 述 試 験 など 様 々な 形 式 があります 試 験 に 合 格 するためには 学 習 を 始 める 前 に その 試 験 の 特 徴 を 押 さえることが 重 要 です では 宅 建 試 験 ではどうでしょうか? こ の 試 験 は 4 肢 択 一 の 試 験 です

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

技術者の観察力向上の必要性とその方法

技術者の観察力向上の必要性とその方法 論 旨 技 術 者 の 観 察 力 向 上 の 必 要 性 とその 方 法 学 校 法 人 産 業 能 率 大 学 総 合 研 究 所 経 営 管 理 研 究 所 小 林 幸 平 このレポートは 事 実 情 報 を 見 て 状 況 を 正 しく 捉 える 能 力 を 向 上 させる 必 要 性 について 言 及 する 特 に 技 術 者 においてはそれを 不 得 手 とする 傾 向 があるが その

More information

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会 平 成 24 年 3 月 期 から 会 計 上 の 変 更 及 び 誤 謬 の 訂 正 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 過 年 度 遡 及 会 計 基 準 ) ( 企 業 会 計 基 準 第 24 号 平 成 21 年 12 月 4 日 )が 新 たに 適 用 されます また 平 成 23 年 3 月 期 から 導 入 された 資 産 除 去 債 務 に 関 する 会 計 基 準 ( 企

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

About ESOMAR

About ESOMAR ICC/ESOMAR 市 場 および 社 会 調 査 における 国 際 行 動 規 範 はじめに マーケティングおよび 社 会 調 査 実 施 の 行 動 規 範 は 1948 年 に ESOMAR が 初 めて 発 行 した その 後 国 内 規 制 当 局 および 国 際 商 業 会 議 所 (ICC)により 数 々の 行 動 規 範 が 作 成 された 1976 年 ICC と ESOMAR

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため 高 速 道 路 制 度 の 再 検 討 髙 橋 達 目 次 1.はじめに 2. 有 料 道 路 制 公 団 方 式 による 高 速 道 路 整 備 の 背 景 3. 償 還 主 義 4. 料 金 プール 制 5.おわりに 1.はじめに 2005 年 10 月 日 本 道 路 公 団 ( 以 下 道 路 公 団 )をはじめとする 道 路 関 係 四 公 団 の 分 割 民 営 化 が 行 われ ( 独

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

社会科学習指導略案

社会科学習指導略案 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 )5 校 時 学 級 : 男 子 9 名 女 子 18 名 計 27 名 指 導 者 : 千 葉 邦 彦 1 単 元 名 第 3 章 わたしたちの 暮 らしと 民 主 政 治 第 2 節 司 法 権 の 独 立 と 裁 判 ( 教 育 出 版 P92~101) 2 単

More information

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上 説 明 的 な 章 批 判 的 に 読 む 児 童 育 てる 高 学 年 国 語 科 学 習 指 導 - 焦 点 化 した 課 題 追 究 する 評 価 読 み 通 して- 教 育 指 導 部 教 科 教 育 班 長 期 派 遣 研 修 員 ( 吉 富 町 立 吉 富 小 学 校 教 諭 坂 山 利 1 研 究 主 題 について 説 明 (1 主 題 意 味 ア 主 題 について 説 明 的 な 章

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

創 造 性 : 研 究 活 動 の 源 泉 創 造 性 とは 何 か? 素 質 資 源 計 画 を 効 果 的 に 関 連 させ 創 造 的 貢 献 をするにはどうしたらよいか 既 存 要 素 の 新 しい 組 合 せである 創 造 が 利 用 者 にとって 有 用 かつ 価 値 あるものであ るこ

創 造 性 : 研 究 活 動 の 源 泉 創 造 性 とは 何 か? 素 質 資 源 計 画 を 効 果 的 に 関 連 させ 創 造 的 貢 献 をするにはどうしたらよいか 既 存 要 素 の 新 しい 組 合 せである 創 造 が 利 用 者 にとって 有 用 かつ 価 値 あるものであ るこ グローバルCOE 教 育 プログラム リベラル アーツ 創 造 性 の 開 発 創 造 性 の 開 発 技 術 者 のために 岩 波 書 店 E K ヴァン ファンジェ 著 を 中 心 に この 本 は GE 社 T V レシーバーのエンジニアで 創 造 工 学 のクラス 指 導 者 だった ヴァン ファンジェ 氏 が 5 年 の 歳 月 をかけて 資 料 記 録 を 収 集 整 理 し 執 筆 したもので

More information

市町村長申立ての手引き改訂版.indd

市町村長申立ての手引き改訂版.indd 第 6 章 Q&A 集 第 6 章 Q&A 集 市 町 村 長 申 立 てに 関 する 研 修 会 大 阪 後 見 支 援 センターが 行 う 専 門 相 談 等 における Q&A をベ ースとして 作 成 しています 1 市 町 村 長 申 立 てについて Q1 できる か 義 務 か Q2 老 人 福 祉 法 の 対 象 Q3 住 民 票 と 現 住 所 が 異 なる Q4 緊 急 性 の 判

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

生 活 設 計 と 住 まい No.2 住 宅 の 購 入 年 組 番 氏 名 提 出 日 月 日 生 涯 を 見 通 して 住 環 境 居 住 環 境 に 配 慮 した 住 宅 の 選 択 をする 2030 年 38 歳 のあなたはK 市 での 生 活 が 10 年 続 いた 30 歳 で 結 婚

生 活 設 計 と 住 まい No.2 住 宅 の 購 入 年 組 番 氏 名 提 出 日 月 日 生 涯 を 見 通 して 住 環 境 居 住 環 境 に 配 慮 した 住 宅 の 選 択 をする 2030 年 38 歳 のあなたはK 市 での 生 活 が 10 年 続 いた 30 歳 で 結 婚 生 活 設 計 と 住 まい No.1 賃 貸 住 宅 の 選 択 年 組 番 氏 名 提 出 日 月 日 住 宅 選 択 に 必 要 な 基 礎 知 識 を 身 につけ ライフステージに 合 った 住 居 の 選 択 について 考 えよう 短 期 な 家 計 の 収 支 について 知 ろう 28 歳 のあなたは 仕 事 の 関 係 でK 市 に 住 むことになった K 市 には 10 年 間 くらい

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information