博 士 論 文 題 目 駐 露 時 代 ( 年 )の 花 房 義 質 提 出 年 月 2009 年 6 月 言 語 社 会 研 究 科 言 語 社 会 専 攻 氏 名 Maltseva Svetlana

Size: px
Start display at page:

Download "博 士 論 文 題 目 駐 露 時 代 (1883 1886 年 )の 花 房 義 質 提 出 年 月 2009 年 6 月 言 語 社 会 研 究 科 言 語 社 会 専 攻 氏 名 Maltseva Svetlana"

Transcription

1 Title 駐 露 時 代 ( )の 花 房 義 質 Author(s) Maltseva, Svetlana Citation Issue Date Text Version ETD URL DOI Rights Osaka University

2 博 士 論 文 題 目 駐 露 時 代 ( 年 )の 花 房 義 質 提 出 年 月 2009 年 6 月 言 語 社 会 研 究 科 言 語 社 会 専 攻 氏 名 Maltseva Svetlana

3 目 次 はじめに 第 1 章 花 房 義 質 の 紹 介 1.1 職 業 外 交 官 としての 花 房 義 質 花 房 義 質 についての 先 行 研 究 花 房 義 質 の 第 二 次 駐 露 時 代 ( 年 )の 資 料 の 紹 介 第 二 次 駐 露 時 代 初 期 ロシアへの 渡 航 年 代 の 年 表 第 2 章 1884 年 の 中 央 アジアのメルフ 地 方 とロシアへの 併 合 に 関 する 花 房 義 質 の 報 告 書 2.1 歴 史 的 背 景 メルフ 地 方 のロシアへの 併 合 に 関 する 花 房 義 質 の 報 告 書 第 3 章 1885 年 のペンジェ 事 件 に 関 する 花 房 義 質 の 報 告 書 3.1 歴 史 的 背 景 ペンジェ 事 件 に 関 する 亜 冨 汗 論 近 況 第 二 駐 露 日 本 特 命 全 権 公 使 花 房 義 質 の 報 告 ペンジェ 事 件 に 関 する アフガン 論 近 況 第 三 花 房 義 質 の 報 告 英 露 アフガニスタン 論 大 概 花 房 義 質 の 報 告 明 治 18 年 7 月 19 日 付 明 治 18 年 七 月 在 露 国 日 本 公 使 館 報 告 ペンジェ 事 件 に 関 する 8 月 の 報 告

4 第 4 章 1885 年 1886 年 のバルカン 問 題 に 関 する 花 房 義 質 の 報 告 4.1 バルカン 問 題 の 歴 史 的 背 景 東 ルーメリアをめぐる 危 機 に 関 するコンスタンチノープル 会 議 の 前 段 階 についての 花 房 義 質 の 1885 年 11 月 4 日 付 東 ルーメリヤ 変 革 ( 第 4) 報 告 セルビア ブルガリア 戦 争 勃 発 を 背 景 としたコンスタンチノープル 会 議 に 関 する 11 月 中 の 花 房 義 質 の 報 告 コンスタンチノープル 会 議 の 最 終 段 階 に 関 する 花 房 義 質 の 報 告 書 1885 年 12 月 の ブルガリア 変 革 ( 第 7) と ブルガリア 変 革 ( 第 8) セルビアとブルガリア 和 平 交 渉 に 関 する 花 房 義 質 の 報 告 1886 年 1 月 の ブルガリア 変 革 ( 第 10) 162 まとめ 参 考 文 献 附 録 はじめに 明 治 期 の 日 本 は 近 代 国 際 社 会 へ 徐 々に 踏 み 出 しつつある 時 期 であった この 明 治 外 交 が 形 成 されていく 時 期 に 日 本 最 初 の 外 交 官 の 一 人 である 花 房 義 質 (はなぶさ よしもと) ( )がいた 当 時 欧 米 列 強 諸 国 やアジア 隣 国 との 激 しい 外 交 戦 が 繰 り 広 げら れる 中 彼 は 榎 本 武 揚 公 使 の 下 役 で 樺 太 千 島 交 換 条 約 の 締 結 (1875 年 )に 係 わる 一 方 朝 鮮 国 でも 壬 午 事 変 (1882 年 ) 時 に 在 朝 鮮 弁 理 公 使 を 務 めた 多 くの 外 交 上 の 業 績 を 残 した 後 も 農 商 務 次 官 宮 内 次 官 枢 密 顧 問 官 日 本 赤 十 字 社 長 等 を 歴 任 し 輝 かしい キャリアを 有 していた 日 本 が 国 家 を 再 建 するという 重 大 な 課 題 を 掲 げた 明 治 期 は 欧 米 列 強 諸 国 によるアジア やアフリカなどの 植 民 地 獲 得 競 争 が 激 しくなり 国 際 情 勢 が 大 きく 変 動 していく 時 期 にあ たる 鎖 国 時 代 の 日 本 から 脱 却 し 弱 肉 強 食 1 の 国 際 状 況 に 適 応 するため 欧 米 諸 国 に 立 ち 向 かい 新 しい 国 づくりを 目 指 した 若 い 外 交 官 の 一 人 であった 花 房 義 質 は 一 年 あまり 1 信 夫 清 三 郎 日 本 外 交 史 第 1 巻 ( ) 東 京 : 毎 日 新 聞 社 1974 年 18 頁 3

5 の 欧 米 留 学 を 終 え 当 時 27 歳 で 外 交 の 世 界 へ 進 む 1870 年 代 前 半 に 清 国 朝 鮮 での 業 務 を 経 て 1873 年 に 彼 は 臨 時 代 理 公 使 として 派 遣 され マリアルース 号 事 件 でロシアの 仲 裁 と 日 露 間 の 国 境 確 定 交 渉 という 当 時 の 日 露 関 係 における 二 大 課 題 に 取 り 組 むことになる 1855 年 12 月 に 調 印 された 日 露 条 約 では 懸 案 の 国 境 は 択 捉 島 とウルップ 島 の 間 とし 択 捉 全 島 を 日 本 領 とした 上 で 樺 太 島 にはこれまで 通 り 国 境 を 設 けないことが 決 定 した よ って 明 治 政 府 はこの 樺 太 島 国 境 問 題 を 受 け 継 いだわけである 1873 年 以 降 樺 太 島 放 棄 論 は 日 本 政 府 見 解 の 主 流 になりつつあり 東 アジアへの 南 下 政 策 が 積 極 的 に 進 められていっ た 極 東 においてウラジオストクなどに 海 軍 基 地 を 設 置 してその 防 御 を 考 えたロシアは 同 時 にバルカン 半 島 における 大 国 の 争 いの 中 で 自 らの 立 場 の 確 保 を 目 指 し 日 本 との 領 土 問 題 のより 早 い 解 決 を 望 んだ 樺 太 島 放 棄 論 という 日 本 の 主 張 はロシアの 国 益 に 応 じる ものであったため 日 本 にとっては 日 露 間 の 国 境 画 定 問 題 解 決 の 好 機 であった そして 1873 年 に 花 房 はこの 重 要 な 交 渉 を 行 う 公 使 に 任 命 されるまでに つまり 榎 本 武 揚 が 駐 露 特 命 全 権 公 使 に 任 命 されるまでに しばらくの 間 臨 時 代 理 公 使 として 交 渉 の 準 備 を 行 い さらに マリアルース 号 事 件 に 関 してロシア 皇 帝 に 仲 裁 の 承 諾 を 得 て 見 事 に 二 つの 重 大 な 任 務 を 成 功 させた だが 自 らは 外 交 官 として 未 熟 であり より 一 層 勉 強 したいと 実 感 したため 帰 国 の 希 望 を 日 本 政 府 に 伝 え 1876 年 10 月 に 帰 国 した そして 1876 年 11 月 に 花 房 は 朝 鮮 へ 派 遣 される 日 朝 修 好 条 規 の 調 印 後 朝 鮮 政 府 は 可 能 な 限 り 江 戸 時 代 からの 交 隣 関 係 を 継 続 するという 方 針 を 選 んだ よって 外 交 代 表 の 首 都 での 駐 在 外 国 人 の 国 内 旅 行 を 認 めなかった 花 房 は 日 朝 修 好 条 規 で 規 定 された 釜 山 以 外 の 二 港 開 港 につき 朝 鮮 国 と 交 渉 し それを 転 換 させるために 釜 山 に 日 本 人 居 留 地 を 設 けることを 提 案 した こうして 翌 年 1 月 に 釜 山 口 租 界 条 約 が 調 印 され 海 外 で 初 めて 日 本 人 居 留 地 が 設 定 された 1880 年 年 は 弁 理 公 使 として 京 城 に 駐 在 した 時 期 であり 花 房 義 質 は 1882 年 朝 鮮 の 壬 午 軍 乱 の 渦 中 にいた 壬 午 軍 乱 とは 1882 年 7 月 23 日 に 大 院 君 らの 煽 動 を 受 けて 朝 鮮 の 漢 城 で 大 規 模 な 兵 士 の 反 乱 が 起 こり 政 権 を 担 当 していた 閔 妃 一 族 の 政 府 高 官 や 日 本 人 軍 事 顧 問 日 本 公 使 館 員 らが 殺 害 され 日 本 公 使 館 が 襲 撃 を 受 けた 事 件 のことである その 際 花 房 公 使 らはイギリスの 軍 艦 に 乗 せられ 帰 国 を 無 事 に 果 たしたが 8 月 23 日 に 花 房 はソウルに 戻 り 朝 鮮 政 府 に 対 して 事 件 に 関 する 謝 罪 犯 人 の 逮 捕 処 刑 損 害 賠 償 など 厳 しい 要 求 をした しばらくして 大 院 君 らが 捕 らえられ 朝 鮮 政 府 は 妥 協 の 姿 勢 を 示 したので 30 日 に 花 房 は 日 本 側 の 代 表 として 済 物 浦 条 約 を 調 印 した この 結 果 日 本 は 朝 鮮 側 から 賠 償 を 受 けると 同 時 に 初 めて 国 外 に 駐 兵 する 権 利 4

6 を 得 た このように 明 治 期 の 外 交 体 制 整 備 が 進 む 過 程 の 中 で 花 房 義 質 は いわゆる 職 業 的 外 交 官 の 一 人 として ロシアとの 国 境 確 定 交 渉 マリアルース 号 事 件 釜 山 日 本 人 居 留 地 の 設 置 壬 午 事 変 の 解 決 に 結 びついた 済 物 浦 条 約 の 締 結 などといった 重 要 な 実 績 を 残 した 当 時 日 本 は 条 約 改 正 に 関 する 欧 米 諸 国 との 交 渉 が 難 航 しており こうした 状 況 を 背 景 に 花 房 義 質 は 職 業 的 外 交 官 としてのキャリアの 最 盛 期 を 迎 え 1883 年 年 に 二 度 目 となるロシ ア 駐 在 を 任 命 される そして 1886 年 にロシアから 帰 国 した 後 外 交 世 界 から 引 退 した 1950 年 以 降 の 研 究 では 外 交 官 としての 花 房 義 質 の 活 動 の 重 要 性 は 認 識 されているが その 研 究 の 殆 どは 1870 年 年 代 の 花 房 の 朝 鮮 駐 在 期 に 関 するものである 具 体 的 に は 年 代 の 開 港 場 の 決 定 問 題 それとの 関 連 で 起 こる 公 使 駐 京 問 題 使 臣 入 京 道 路 問 題 などに 関 して 花 房 が 日 本 政 府 に 提 出 した 報 告 が 朝 鮮 政 府 の 入 京 路 一 定 論 提 議 の 論 破 資 料 であると 高 く 評 価 されている 明 治 初 期 における 日 朝 国 交 回 復 交 渉 の 事 情 の 解 明 にとって 花 房 は 対 馬 の 日 本 側 の 官 吏 が 交 渉 の 妨 げの 主 因 であると 指 摘 し 花 房 が 残 した 資 料 が 征 韓 論 の 発 生 と 明 治 6 年 (1873 年 )の 政 変 に 影 響 を 及 ぼしたという 評 価 も 見 ら れる 2 他 方 日 本 外 交 研 究 における 花 房 公 使 の 駐 露 時 代 ( 年 )の 活 動 につい ての 深 い 研 究 はまだなされていない 花 房 はロシア 駐 在 期 間 中 不 平 等 条 約 改 正 問 題 に 携 わった この 時 のロシア 政 府 の 内 意 を 報 告 するという 役 割 条 約 改 正 についての 日 露 交 渉 における 花 房 公 使 の 役 割 を 重 要 視 した 研 究 は 極 めて 少 ないが 存 在 する 3 以 上 の 先 行 研 究 を 踏 まえた 結 果 1883 年 5 月 から 1886 年 8 月 までの 3 年 間 に 限 って ロシアにおける 特 命 全 権 公 使 花 房 義 質 の 活 動 を 本 研 究 の 主 な 対 象 として 考 察 する 1883 年 ( 明 治 16 年 )3 月 3 日 花 房 は 三 条 太 政 大 臣 の 訓 令 によって 駐 露 特 命 全 権 公 使 に 任 命 され 同 月 にロシアへ 赴 いた さらに 太 政 官 訓 令 によって 瑞 典 諾 威 国 公 使 兼 勤 となった 翌 月 に 三 条 太 政 大 臣 の 訓 令 によって 男 爵 の 初 叙 位 階 に 相 当 する 従 四 位 が 与 えられた 4 日 本 政 府 は 1883 年 年 にわたって 在 ペテルブルグ 日 本 公 使 花 房 に 様 々な 具 体 的 な 使 命 を 与 えていた それは 当 時 のロシア 内 政 の 現 状 やロシア 外 交 の 特 徴 露 欧 関 係 列 強 諸 国 の 態 度 アジア 太 平 洋 地 域 におけるロシアの 外 交 方 針 朝 鮮 問 題 をはじめとする 当 時 の 様 々なアジアにおける 死 活 的 な 問 題 列 強 諸 国 の 立 場 等 を 調 査 情 報 収 集 するということ 2 詳 しくは 第 1 章 花 房 義 質 の 紹 介 先 行 研 究 を 参 照 3 鹿 島 平 和 研 究 所 編 日 本 外 交 史 第 2 巻 東 京 : 鹿 島 研 究 所 出 版 会 1970 年 4 枢 密 院 高 等 官 転 免 履 歴 書 大 正 ノ 一 内 閣 記 録 枢 密 院 文 書 国 立 公 文 書 館 所 蔵 5

7 であった 花 房 は 日 本 政 府 の 要 請 に 応 じて 駐 在 期 間 中 次 々と 報 告 書 を 提 出 している そ れは 1884 年 2 月 の メルフ 地 方 のロシア 帝 国 併 合 に 関 する ( 外 交 史 料 館 所 蔵 ) 1885 年 5 月 8 月 の 太 政 官 記 録 ( 国 立 公 文 書 館 所 蔵 )の 亜 冨 汗 論 近 況 ノ 件 其 二 亜 冨 汗 論 近 況 ノ 件 其 三 英 露 アフガニスタン 論 大 概 の 報 告 1885( 明 治 18) 年 -1886( 明 治 19) 年 の ブルガリアの 変 革 の 件 などである 花 房 義 質 の 駐 露 時 代 (1883 年 年 )の 活 動 の 歴 史 的 な 役 割 を 把 握 するためには 上 記 の 未 刊 の 資 料 を 分 析 し その 真 意 を 明 確 にすることが 必 要 である この 課 題 を 明 らかにす るために 第 一 に 歴 史 的 な 背 景 即 ち 1884 年 のロシアの 中 央 アジア メルフ 地 方 の 併 合 への 動 き 等 を 述 べ 第 二 に 本 論 文 の 焦 点 である 駐 露 時 代 の 花 房 義 質 が 残 した 資 料 の 意 義 につ いて 論 じる 第 二 次 駐 露 時 代 (1883 年 年 )の 花 房 義 質 の 活 動 と その 進 展 が 主 な 研 究 の 題 目 となる かつて 外 交 に 関 わった 花 房 が その 豊 富 な 経 験 を 生 かすことができる 人 物 として 日 本 政 府 に 派 遣 されたことを 前 提 とする 1880 年 代 に 発 生 した 出 来 事 と 時 間 の 経 過 につれ 国 際 関 係 が 変 動 していく それに 応 じて 変 遷 していく 駐 露 特 命 全 権 公 使 とい う 立 場 にいた 花 房 の 活 動 の 内 容 を 考 察 する 本 論 文 の 課 題 は 1883 年 年 にわたって 花 房 が 取 り 組 んだ 問 題 の 中 から メルフ 地 方 のロシアへの 併 合 と 英 露 関 係 ペンジェ 事 件 と 英 露 関 係 ブルガリアの 統 一 問 題 をめぐるロシア イギリス 等 の 列 強 国 間 関 係 といった 問 題 に 関 して 駐 露 日 本 特 命 全 権 公 使 花 房 義 質 が 駐 在 期 間 中 に 書 いた 日 本 政 府 宛 報 告 書 を 紹 介 する 即 ち 公 式 文 書 を 中 心 に 分 析 を 行 い 彼 の 駐 露 時 代 における 活 動 の 本 質 を 明 らかにし 明 治 期 の 日 本 外 交 史 における 花 房 義 質 の 歴 史 的 な 役 割 を 捉 えなおすた めの 作 業 を 行 うことである 本 論 文 は 4 章 から 構 成 されている 第 1 章 では 花 房 義 質 という 人 物 を 紹 介 し 彼 の 生 い 立 ち 職 業 外 交 官 としての 経 歴 彼 の 外 交 の 知 識 を 考 察 する この 章 の 主 な 目 的 は 1883 年 に 駐 露 特 命 全 権 公 使 となった 花 房 の 使 命 に 関 して 論 じ 1883 年 年 間 即 ち 本 論 文 の 対 象 となる 時 期 も 含 めて 花 房 義 質 の 活 動 の 経 緯 を 明 らかにすることである 第 2 章 では 1884 年 の 中 央 アジアにおけるメルフ 地 方 のロシア 併 合 の 件 に 関 して 花 房 義 質 が 毛 筆 で 書 いた 末 刊 史 料 を 紹 介 し メルフ 併 合 の 歴 史 背 景 を 論 じながら その 報 告 書 の 詳 細 な 分 析 を 行 う その 報 告 書 の 意 義 を 論 じ 花 房 駐 露 特 命 全 権 公 使 本 人 の 視 野 に 立 ち 6

8 どのような 状 況 でメルフ 併 合 の 重 要 性 を 認 識 したのか なぜ 日 本 政 府 にその 件 について 報 告 したのかという 点 について 論 じる 第 3 章 においても 主 に 毛 筆 で 書 かれた 未 刊 史 料 を 活 用 する 1885 年 ペンジェ 事 件 発 生 後 英 露 が 戦 争 勃 発 の 危 機 に 直 面 した 状 況 を 背 景 に 様 々な 出 来 事 に 関 して 1885 年 5 月 か ら 8 月 にかけて 送 付 された 花 房 義 質 の 報 告 書 を 紹 介 し その 分 析 を 行 う 次 に 彼 の 情 報 収 集 の 特 徴 について 触 れ 花 房 が 残 した 資 料 に 基 づき 英 露 が 直 接 衝 突 を 避 けることができ た 経 緯 中 央 アジア アフガニスタンをめぐる 英 露 対 立 の 原 因 を 明 らかにする 第 三 に ペンジェ 事 件 を 背 景 に 起 こったイギリスの 巨 文 島 占 領 をめぐる 英 露 摩 擦 の 経 緯 と それに 関 して 花 房 が 残 した 発 言 を 明 らかにしながら ロシアに 駐 在 していた 日 本 公 使 の 観 点 から 判 断 された 英 露 対 立 の 本 質 とその 意 義 について 論 じる そして 日 本 政 府 にとって 花 房 が 収 集 した 情 報 は どの 程 度 重 要 であったのか 当 時 日 本 外 交 が 抱 えた 問 題 にどの 程 度 影 響 があったのかという 点 を 考 察 する 最 後 の 第 4 章 では ブルガリアの 変 革 に 関 する 花 房 公 使 の 報 告 書 の 分 析 を 主 として 毛 筆 で 書 かれた 未 刊 史 料 を 用 いながら その 歴 史 的 背 景 を 論 じる アフガニスタンをめぐる 英 露 対 立 が 大 いに 反 映 された 東 方 問 題 また 1885 年 9 月 にブルガリアと 東 ルーメリアの 統 一 が 唱 えられたことによって バルカン 半 島 における 現 状 が 悪 化 する 中 欧 州 列 強 国 の 変 動 していく 態 度 を 観 察 していた 日 本 公 使 花 房 が なぜ 日 本 政 府 にそれを 詳 細 に 紹 介 した のか その 理 由 を 明 らかにする 結 論 として 本 論 文 の 最 終 目 的 は 主 に 下 記 の 3 点 を 明 らかにすることである かつて 欧 州 での 一 年 に 及 ぶ 留 学 を 終 えたばかりの 花 房 義 質 は 外 交 官 職 に 就 き 清 国 朝 鮮 で 任 務 に 就 き そしてロシアで 樺 太 島 千 島 交 換 条 約 の 締 結 とマリアルース 号 事 件 の 解 決 にかかわり 1883 年 に 特 命 全 権 公 使 として 二 度 目 となるロシア 赴 任 を 経 験 する 花 房 が 公 使 に 問 われる 能 力 を 持 つ 外 交 官 として 日 本 政 府 に 認 められたという 原 点 に 立 ち 戻 って 考 えてみると 1883 年 年 における 赴 任 の 使 命 は 何 だったのか 彼 は 1883 年 年 ロシアで 駐 在 期 間 中 外 交 官 として 成 功 したのか 外 交 上 ではど のような 役 割 を 果 たしたのか 花 房 義 質 が 慎 重 に 収 集 した 情 報 は 日 本 政 府 の 要 望 にどの 程 度 応 じるものだったのか 日 本 外 交 にとってその 意 義 はどのようなものであったか という 点 である 無 論 明 治 期 の 外 交 において 花 房 義 質 が 残 した 実 績 特 に 開 港 をめぐる 朝 鮮 との 交 渉 7

9 樺 太 島 千 島 交 換 条 約 の 締 結 マリアルース 号 事 件 におけるロシア 皇 帝 の 仲 裁 に 関 する 交 渉 条 約 改 正 問 題 に 関 する 花 房 の 役 割 などについては 様 々な 先 行 研 究 が 存 在 している しかし 本 研 究 は 未 刊 史 料 を 活 用 しながら 1883 年 年 にわたる 外 交 官 花 房 義 質 の 活 動 を 分 析 し その 結 果 日 本 が 条 約 改 正 問 題 朝 鮮 問 題 を 取 り 組 んでいる 中 不 明 点 が 多 かった 明 治 時 代 のこの 時 期 について 彼 がロシアやイギリスなど 欧 州 列 強 諸 国 のアジアに 対 する 態 度 や 外 交 上 の 懸 案 事 項 などについて 情 報 収 集 し 貴 重 な 情 報 提 供 者 であったことに 着 目 した 全 く 新 たな 研 究 である 本 研 究 はまた 明 治 期 の 日 本 外 交 の 成 立 に 関 する 先 行 研 究 が 残 した 様 々 疑 問 や 不 明 な 点 の 解 明 にとっても 有 用 となる よって 花 房 義 質 研 究 明 治 期 外 交 史 の 知 られざる 側 面 を 明 らかにするものとして 価 値 があるだろう 明 治 期 の 外 交 史 に 関 する 新 しい 個 性 を 持 った 歴 史 研 究 を 生 み 出 すために 先 行 研 究 で 扱 われる 重 要 な 情 報 を 把 握 する 一 方 日 本 の 国 立 公 文 書 館 外 交 史 料 館 などに 所 蔵 されて いる 花 房 義 質 関 係 の 未 刊 史 料 を 紹 介 し その 分 析 を 行 うことが 本 研 究 での 最 も 重 要 な 作 業 となる 勿 論 上 記 の 史 料 は 全 て 毛 筆 で 書 かれた 史 料 であり 本 研 究 の 最 初 の 課 題 は 全 文 の 解 読 と 活 字 化 の 作 業 であり これは 論 文 作 成 の 準 備 段 階 にあたる さらに 花 房 義 質 公 使 関 係 の 文 書 の 一 部 が 戦 災 により 焼 失 していることが 先 行 研 究 では 明 らかになっており 残 されている 史 料 が 数 か 所 に 離 散 していることを 考 慮 に 入 れると 花 房 義 質 研 究 は 非 常 に 困 難 な 作 業 を 伴 うものとなる ただ 大 量 に 残 され 離 散 している 花 房 義 質 日 記 について は 毎 日 の 記 録 があるため 1883 年 年 の 1000 日 以 上 分 の 記 録 を 年 表 に 収 録 するこ とができた 残 されている 史 料 を 日 付 や 背 景 をもとに 正 確 に 整 理 し 他 の 関 連 史 料 と 照 ら し 合 わせると 先 行 研 究 における 幾 つかの 史 料 の 日 付 の 誤 りを 発 見 した これも 本 研 究 の 重 要 な 成 果 の 一 つである 筆 者 は 2 年 8 か 月 にわたり 時 間 が 許 す 限 り 収 集 した 未 刊 史 料 の 解 読 に 力 を 入 れた よって 本 論 文 ではその 解 読 の 結 果 に 基 づき 明 治 外 交 の 成 立 と 成 長 していく 明 治 外 交 のメカニズム そして ペンジェ 事 件 朝 鮮 をめぐる 国 際 緊 張 の 時 代 に 活 躍 していた 日 本 外 交 官 花 房 義 質 の 毎 日 の 活 動 日 本 の 外 交 の 大 きな 勝 利 に 繋 がってい く 彼 の 外 交 上 の 小 さな 勝 利 と 難 題 に 取 り 組 む 花 房 の 葛 藤 の 経 緯 を 明 らかにする これに より 明 治 期 の 国 際 関 係 外 交 史 における 多 くの 疑 問 の 解 明 や 新 たな 研 究 への 展 望 が 開 かれる 8

10 第 1 章 花 房 義 質 の 紹 介 1.1 職 業 外 交 官 としての 花 房 義 質 花 房 義 質 は 1842 年 1 月 1 日 に 岡 山 藩 士 花 房 端 連 の 長 男 として 生 まれた 子 爵 花 房 義 質 君 事 略 によれば 父 端 連 は 藩 の 小 吏 より 身 を 起 して 大 阪 留 守 居 役 に 累 進 し 一 藩 の 財 政 を 管 理 し 後 に 伏 見 留 守 居 役 から 周 遊 方 に 転 じ 京 都 に 出 て 藩 の 外 交 の 衝 に 当 たる 5 と いう 人 物 であり 維 新 に 際 して 藩 の 参 謀 として 東 海 道 鎮 撫 総 督 に 仕 えた 明 治 初 年 の 藩 政 改 革 に 際 して 帰 県 岡 山 藩 政 試 補 権 大 参 事 を 歴 任 した 花 房 は 8 歳 になると 藩 校 に 入 り 四 書 五 経 を 学 ぶかたわら 蘭 書 を 児 玉 順 蔵 に 砲 術 を 水 谷 亦 六 郎 に 学 んだ 19 歳 の 時 1860 年 に 父 と 共 に 大 坂 に 移 るや 緒 方 洪 庵 の 門 下 に 入 る 1861 年 8 月 に 岡 山 藩 大 坂 詰 大 砲 を 任 され 大 坂 海 岸 防 御 に 従 事 した 1863 年 には 京 都 詰 に 転 じ 禁 門 の 守 備 に 当 たった 以 降 明 治 維 新 にいたるまでの 期 間 は 藩 主 の 命 を 受 けて 国 事 に 奔 走 した 時 期 であった 1865 年 10 月 には 御 所 で 条 約 勅 許 兵 庫 開 港 の 会 議 に 列 し 翌 二 年 には 藩 主 の 命 により 赴 いた 長 崎 で 後 藤 象 二 郎 五 代 友 厚 坂 本 竜 馬 大 隈 重 信 副 島 種 臣 等 を 知 った 慶 応 三 年 には 藩 主 の 内 命 により 香 港 インドを 経 てフランス イギ リス アメリカに 外 遊 帰 国 は 1868 年 10 月 であった 年 に 外 交 官 へ 出 仕 し 外 交 の 道 へ 進 む 当 時 花 房 は 27 歳 職 歴 は 以 下 の 通 りである 1869 年 4 月 外 交 官 お 雇 1869 年 7 月 外 務 大 録 1870 年 2 月 外 務 権 少 丞 1871 年 8 月 外 務 大 記 (この 年 柳 原 外 務 大 丞 に 随 行 し 清 国 に 渡 航 ) 1871 年 12 月 外 務 少 丞 (この 年 沢 外 務 卿 に 随 行 し 清 国 に 渡 航 ) 1872 年 5 月 外 務 少 丞 1872 年 8 月 外 事 右 局 長 兼 考 法 局 長 心 得 (この 年 対 馬 釜 山 に 赴 き 朝 鮮 国 と 交 渉 ) 1873 年 9 月 兼 外 務 一 等 書 記 官 ロシア 公 使 館 在 勤 (ペテルブルグ 着 任 ) 5 黒 瀬 義 門 子 爵 花 房 義 質 君 事 略 東 京 : 東 京 印 刷 1913 年 1-2 頁 6 黒 瀬 義 門 子 爵 花 房 義 質 君 事 略 頁 9

11 1876 年 10 月 免 兼 官 1877 年 1 月 外 務 大 書 記 官 1877 年 9 月 兼 代 理 公 使 ( 日 朝 修 好 条 規 で 規 定 された 釜 山 以 外 の 二 港 開 港 につき 朝 鮮 国 と 交 渉 ) 1878 年 3 月 外 務 省 記 録 局 長 心 得 1880 年 4 月 弁 理 公 使 朝 鮮 国 京 城 在 勤 1882 年 11 月 外 務 省 三 等 出 仕 1883 年 3 月 特 命 全 権 公 使 露 国 駐 在 1886 年 8 月 帰 朝 1886 年 12 月 兼 伏 見 宮 別 当 1887 年 1 月 免 露 国 駐 在 ロシアから 帰 国 し 外 交 の 世 界 から 身 を 引 いた 1886 年 末 伏 見 宮 別 当 に 任 命 され 1887 年 7 月 第 一 次 伊 藤 内 閣 の 農 商 務 次 官 を 務 めた 後 同 年 宮 中 顧 問 官 に 就 任 し そして 帝 室 会 計 審 査 局 長 官 を 兼 任 する 1907 年 9 月 には 子 爵 に 叙 せられる また 1911 年 12 月 から 1917 年 7 月 に 没 するまで 枢 密 顧 問 官 の 職 にあった 7 次 に 職 業 外 交 官 としての 花 房 義 質 の 活 動 を 紹 介 したい 1870 年 代 前 半 に 清 国 朝 鮮 での 業 務 を 経 て 1873 年 に 彼 は 臨 時 代 理 公 使 として 派 遣 された 日 本 政 府 は マリアルース 号 事 件 でロシア 皇 帝 の 仲 裁 と 日 露 間 の 国 境 確 定 交 渉 という 二 つの 難 題 を 抱 え この 二 つ 課 題 に 取 り 組 む 充 分 な 能 力 がある 人 物 を 必 要 とした 北 方 領 土 問 題 に 詳 しい 人 物 である ことは 勿 論 その 人 物 に 交 渉 を 行 うためのしかるべき 権 限 と ロシアに 対 して 権 威 付 けと なる 高 位 の 役 職 を 与 える 必 要 もあった そのための 慎 重 な 人 選 を 進 める 一 方 マリアルー ス 号 事 件 に 応 対 する 人 物 を 早 急 に 決 めなければならなかったので 日 本 政 府 は 花 房 に 一 等 書 記 官 を 兼 任 し 臨 時 公 使 としてマリアルース 号 事 件 の 交 渉 と 国 境 確 定 予 備 段 階 交 渉 に 当 たるという 二 つの 重 要 な 使 命 を 与 えた ペテルブルグに 到 着 して ロシア 皇 帝 アレクサン ドル 二 世 に 謁 見 すると 流 暢 な 英 語 でコミュニケーションを 取 り アレクサンドル 二 世 か ら 必 ず 仲 裁 裁 判 において 公 平 な 判 決 をするという 宣 誓 を 得 た これにより その 任 務 を 成 功 させる 前 提 ができた 結 局 日 本 政 府 はすべての 条 件 を 満 たしている 人 物 として 榎 本 武 7 東 京 都 立 大 学 付 属 図 書 館 事 務 室 編 花 房 義 質 関 係 文 書 目 録 第 1 期 東 京 : 北 泉 社, 1996 年 4-6 頁 10

12 明 を 選 定 し 1873 年 6 月 の 榎 本 のロシア 到 着 まで 花 房 は 公 使 館 の 建 物 の 設 備 を 整 えるな どの 重 要 な 仕 事 に 加 え 臨 時 代 理 公 使 として 交 渉 の 準 備 を 行 い さらに マリアルース 号 事 件 に 関 してロシア 皇 帝 との 仲 裁 に 関 する 交 渉 を 成 功 させた 1873 年 3 月 にロシア 皇 帝 が 仲 裁 を 正 式 に 受 諾 し 4 月 に 花 房 はペール 公 使 ラヴァルと 仲 裁 期 間 を 定 める 協 定 を 調 印 し た これによって 法 権 を 目 指 していた 日 本 は 欧 米 諸 国 に 対 する 人 道 主 義 の 立 場 を 表 明 することができたと 専 門 家 が 指 摘 している 8 樺 太 千 島 交 換 条 約 締 結 の 意 義 とは 当 時 欧 米 諸 国 に 押 しつけられた 不 平 等 条 約 で 苦 しんでいた 日 本 が 欧 州 大 国 の 一 つロシアには 対 等 な 交 渉 相 手 として 見 られ 領 土 問 題 は 血 の 一 滴 零 さず 平 和 的 手 段 で 解 決 したことで ある こうした 領 土 問 題 のみならず アジアにおける 大 国 の 覇 権 地 図 の 分 割 をめぐる 大 国 間 外 交 戦 略 などが 花 房 の 職 業 的 関 心 を 呼 び 起 こすきっかけとなった だが 当 時 自 らは 外 交 官 として 未 熟 であり 外 交 官 として 技 術 を 磨 きたいと 実 感 したため 帰 国 の 希 望 を 日 本 政 府 に 伝 え 1876 年 10 月 に 帰 国 した 1876 年 に 帰 国 することにあたり 彼 は 情 報 収 集 のためにイギリス アメリカを 経 由 した イギリスでは イギリスの 極 東 政 略 や 対 ロシア 戦 略 に 関 して 元 駐 日 公 使 オールコックの 意 見 などを 聞 いた 9 帰 国 直 後 1876 年 11 月 に 花 房 は 朝 鮮 へ 派 遣 される 本 人 は ロシアとの 領 土 問 題 を 解 決 でき 国 家 が 安 定 し ロシアの 妨 害 はないだろうと 判 断 して 西 南 つまり 朝 鮮 に 目 を 向 ける 時 期 だと 考 えていた 10 当 時 ロシアの 南 下 政 策 の 対 応 としては 日 本 政 府 が 釜 山 など 大 陸 で 立 脚 地 も 必 要 とし さらにロシアの 外 交 政 策 を 観 察 してきた 詳 しい 人 物 にそれ を 実 現 する 使 命 を 与 えた 当 時 朝 鮮 政 府 は 近 代 国 際 体 制 を 十 分 理 解 できず 日 本 も 含 めた 外 国 との 江 戸 時 代 における 交 隣 関 係 を 頑 固 に 継 続 していた 1876 年 に 日 朝 修 好 条 規 が 調 印 されたにもかかわらず 日 本 公 使 の 首 都 での 駐 在 日 本 人 も 含 めた 外 国 人 の 国 内 旅 行 を 認 めなかった 花 房 は 日 朝 修 好 条 規 で 規 定 された 釜 山 以 外 の 二 港 開 港 に 関 して 朝 鮮 国 と 交 渉 し 釜 山 に 日 本 人 居 留 地 を 設 けることを 提 案 した こうして 翌 年 1 月 に 釜 山 口 租 界 条 約 が 調 印 され 海 外 で 初 めて 日 本 人 居 留 地 が 設 定 され 朝 鮮 植 民 地 化 の 出 発 点 ともなった 1880 年 年 は 弁 理 公 使 として 京 城 に 駐 在 した 時 期 であり 花 房 は 多 忙 な 日 々をおくっ ている 1880 年 5 月 に 日 本 は 元 山 の 開 港 を 実 現 し 釜 山 と 同 様 に 居 留 地 を 設 置 した そ して 花 房 は 朝 鮮 との 関 係 を 進 展 させるために 国 王 をはじめ 朝 鮮 のエリートに 近 代 国 8 犬 塚 孝 明 ニッポン 青 春 外 交 官 東 京 :NHK ブックス 2006 年 97 頁 9 同 上 144 頁 10 同 上 119 頁 11

13 際 体 制 の 意 味 を 説 き 新 式 武 装 日 本 式 軍 隊 の 編 成 の 必 要 性 を 訴 えた 仁 川 開 港 に 関 する 交 渉 にも 成 功 し 居 留 地 を 設 置 することにあたって 朝 鮮 に 日 本 の 軍 事 教 官 の 派 遣 を 確 約 さ せた 1882 年 7 月 23 日 に 大 院 君 らの 煽 動 を 受 けて 朝 鮮 の 漢 城 で 大 規 模 な 兵 士 の 反 乱 が 起 こり 政 権 を 担 当 していた 閔 妃 一 族 の 政 府 高 官 や 日 本 人 軍 事 顧 問 日 本 公 使 館 員 らが 殺 害 され 日 本 公 使 館 が 襲 撃 を 受 けた 事 件 いわゆる 壬 午 軍 乱 が 起 こった その 際 花 房 公 使 らはイギリスの 軍 艦 に 乗 せられ 帰 国 を 無 事 に 果 たしたが 8 月 23 日 に 花 房 はソウル に 戻 り 朝 鮮 政 府 に 対 して 事 件 に 関 する 謝 罪 犯 人 の 逮 捕 処 刑 損 害 賠 償 など 厳 しい 要 求 をした しばらくして 大 院 君 らが 捕 らえられ 朝 鮮 政 府 は 妥 協 の 姿 勢 を 示 したので 30 日 に 花 房 は 日 本 側 の 代 表 として 済 物 浦 条 約 を 調 印 した この 結 果 日 本 は 朝 鮮 側 から 賠 償 を 受 けると 同 時 に 初 めて 国 外 に 駐 軍 する 権 利 を 得 た このように 明 治 期 の 外 交 体 制 が 整 えられる 中 花 房 義 質 は いわゆる 職 業 的 外 交 官 の 一 人 として ロシアとの 国 境 確 定 交 渉 マリアルース 事 件 釜 山 日 本 人 居 留 地 の 設 置 壬 午 事 変 の 解 決 に 結 びついた 済 物 浦 条 約 の 締 結 などといった 外 交 上 の 重 要 な 実 績 を 残 した 当 時 日 本 は 条 約 改 正 に 関 する 欧 米 諸 国 との 交 渉 が 難 航 しており こうした 状 況 を 背 景 に 花 房 義 質 は 職 業 的 外 交 官 としてのキャリアの 最 盛 期 を 迎 え 1883 年 年 に 二 度 目 となる ロシア 駐 在 を 任 命 される そして 1886 年 にロシアから 帰 国 した 後 外 交 の 世 界 から 引 退 し た 花 房 はロシアに 二 度 渡 航 した 第 一 期 は 1873 年 9 月 から 1876 年 10 月 まで 第 二 期 は 1883 年 5 月 から 1886 年 8 月 までである 第 一 期 (1873 年 1876 年 )の 花 房 の 駐 在 活 動 は 多 少 研 究 されており たとえば 樺 太 千 島 交 換 条 約 において 彼 が 重 責 を 果 したことなどは 述 べられているが 第 二 期 (1883 年 1886 年 )に 関 してはほとんど 研 究 されていない 花 房 義 質 の 履 歴 書 11 には 1883 年 年 にわたるロシアでの 使 命 と 活 動 について 以 下 のよ うに 記 録 されている 1883 年 3 月 3 日 任 特 命 全 権 公 使 太 政 官 二 等 官 相 當 二 等 年 俸 下 賜 之 事 露 國 在 勤 被 仰 付 之 事 瑞 典 那 威 國 公 使 兼 勤 被 仰 付 之 事 同 上 同 上 同 上 4 月 26 日 叙 従 四 位 同 上 11 枢 密 院 高 等 官 転 免 履 歴 書 大 正 ノ 一 内 閣 記 録 枢 密 院 文 書 国 立 公 文 書 館 所 蔵 12

14 11 月 21 日 露 西 亜 國 皇 帝 陛 下 ヨリ 贈 与 シタル 神 聖 ス 同 上 タニスラス 第 一 等 勲 章 ヲ 受 領 シ 及 用 スルヲ 許 ス 1885 年 12 月 21 日 波 斯 國 皇 帝 陛 下 ヨリ 贈 与 シタル 獅 子 太 陽 第 同 上 一 等 勲 章 ヲ 受 領 シ 及 用 スル 1886 年 3 月 16 日 改 交 際 官 官 制 勅 任 一 等 ス 同 上 7 月 12 日 上 級 年 俸 下 賜 外 務 省 8 月 30 日 帰 朝 同 上 10 月 20 日 叙 従 三 位 同 上 12 月 27 日 兼 任 伏 見 官 別 當 宮 内 省 1883 年 ( 明 治 16 年 )3 月 3 日 三 条 太 政 大 臣 の 訓 令 によって 駐 露 特 命 全 権 公 使 に 任 命 される その 後 太 政 官 の 訓 令 によりスウェーデンとノルウェーの 公 使 兼 勤 に 任 命 される 続 いて 同 年 同 月 17 日 にロシアへ 赴 き 翌 月 26 日 に 三 条 太 政 大 臣 の 訓 令 によって 男 爵 の 初 叙 位 階 に 相 当 する 従 四 位 が 与 えられる ロシアへの 渡 航 途 中 には 露 国 赴 任 途 上 の 日 誌 を 作 成 している 1883 年 3 月 末 妻 がロシアへ 渡 航 する 広 東 香 港 サイゴン シ ンガポール コロンボ そして 欧 州 のイタリア フランス ドイツ 等 を 経 由 して 花 房 は 1883 年 5 月 9 日 にサンクト ペテルブルグに 到 着 している さらに 1883 年 5 月 に 駐 露 公 使 花 房 義 質 日 誌 の 作 成 が 開 始 されており 日 誌 は 3 年 にわたってほぼ 毎 日 の 出 来 事 が 記 録 されている 1883 年 5 月 16 日 に 国 書 を 提 出 するにあたって ロシア 皇 帝 アレク サンドル 三 世 に 謁 見 する 3 年 間 にわたってペテルブルグ 市 中 心 部 のグランド モルスカ ーヤ 大 通 り 48 番 に 彼 は 暮 らした ペテルブルグに 到 着 した 直 後 から ロシア 外 相 ギールス をはじめとするロシア 外 務 省 の 高 官 駐 露 各 大 使 や 公 使 軍 の 司 令 官 軍 人 政 治 行 政 エリートなどとの 接 触 が 始 まった これらの 人 物 たちは 必 要 に 応 じて 本 人 も 報 告 で 指 摘 したように 起 こった 出 来 事 の 解 説 や 情 報 提 供 をする 役 割 を 果 たしていた さらに 数 回 花 房 はロシアの 首 都 ペテルブルグを 離 れて ロシア 国 内 (モスクワなど)やヨーロッ パを 旅 行 した 例 えば 1883 年 8 月 9 月 中 にはスウェーデン 及 びノルウェーに 滞 在 し 国 書 の 提 出 のためスウェーデン 皇 帝 に 謁 見 する また 1885 年 8 月 17 日 9 月 2 日 の 陸 奥 宗 光 のロシア 訪 問 にあたって 8 月 23 日 29 日 にモスクワへ 旅 行 した この 旅 行 ではモス クワとその 周 辺 を 見 学 し モスクワ 知 事 ペルフィリエフをはじめとする 行 政 界 財 政 界 な 13

15 どのトップ 人 物 と 接 触 した 年 にわたり 花 房 の 支 えとなったのは 大 前 退 藏 岩 倉 具 経 二 橋 謙 安 藤 謙 介 山 内 勝 明 天 野 瑚 次 郎 加 藤 増 雄 高 田 政 久 12 といった 在 露 国 在 勤 公 使 館 書 記 官 駐 露 日 本 公 使 館 の 職 員 である そのうち 二 橋 謙 や 天 野 瑚 次 郎 な どはロシア 語 及 び 英 語 フランス 語 の 様 々な 情 報 を 日 本 語 に 翻 訳 して 花 房 の 情 報 収 集 にとって 必 要 な 準 備 を 行 い 重 要 な 役 割 を 果 たした 花 房 は 数 十 年 後 過 去 を 振 り 返 り 自 ら 1883 年 年 の 活 動 を 評 価 している 子 爵 花 房 義 質 君 事 略 という 花 房 義 質 の 回 想 録 では 翌 明 治 16 年 の 三 月 に 特 命 全 権 公 使 に 任 ぜられて 露 国 在 勤 を 仰 せ 付 けられ 瑞 典 諾 威 国 の 公 使 を 兼 勤 することになった この 時 期 露 西 亜 の 先 帝 の 即 位 式 が 行 われるので 臨 時 の 特 派 大 使 として 伊 藤 公 爵 がヨーロッ パに 滞 在 中 であったので 直 ぐに 遣 わされることになり 自 分 もまた 在 留 の 公 使 としてその 即 位 式 に 参 列 するため 早 く 行 くようにということで 三 月 に 発 って 行 った 露 西 亜 皇 帝 の 即 位 式 は 非 常 に 盛 んな 大 層 なものであるが 式 が 大 層 盛 んであったという 迄 でそれを 精 しく 話 せば 賑 やかな 話 であるが 自 分 は 任 務 を 無 事 に 勤 め 上 げて 勲 章 を 賜 り さらに 記 念 金 牌 をも 賜 ったのである それから 明 治 17 年 18 年 19 年 迄 在 留 したがその 間 に 条 約 の 改 正 の 事 の 談 判 が 多 少 あった まだ 至 って 事 のまとまらぬ 段 階 なので 時 々 書 面 の 往 復 がある 位 のことで 格 別 之 といって 仕 出 来 したということはなく 唯 だ 無 事 に 三 年 を 過 ごした 譯 で ある そして 明 治 19 年 の 8 月 に 帰 朝 した 13 即 ち 花 房 は 条 約 改 正 問 題 が 1883 年 から 1886 年 までの 在 露 期 間 中 における 最 大 の 出 来 事 であったと 評 価 している 1883 年 から 1884 年 にわたり 日 本 と 欧 米 列 強 諸 国 との 交 渉 はイギリスの 頑 強 な 交 渉 カードによってたびたび 中 止 されていた 花 房 は 1883 年 に 条 約 改 正 ニ 関 スル 露 国 政 府 ノ 内 意 という 覚 書 を 送 り ロシア 政 府 が 納 得 しやすい 交 渉 カードを 明 記 した 条 12 Lensen G.A., Japanese Diplomatic and Consular Officials in Russia, Tokyo: Sophia University, 1968, pp. 14, , 大 前 退 藏 は 1885 年 にペテルブルグ 公 使 館 の 書 記 生 年 の 間 は 随 行 員 となっている 岩 倉 具 経 は 年 にペテルブルグ 公 使 館 の 書 記 官 となっている 二 橋 謙 は 年 にペテルブルグ 公 使 館 の 書 記 生 となっている 安 藤 謙 介 は 年 にコルサコフ 領 事 館 の 書 記 一 等 見 習 1881 年 にペテルブル グ 公 使 館 の 三 等 書 記 生 1885 年 には 書 記 生 となっている 山 内 勝 明 は 年 ペテルブルグ 公 使 館 の 書 記 官 となっている 天 野 瑚 次 郎 は 1885 年 に 書 記 生 となっている 加 藤 増 雄 は 年 にペテルブルグ 公 使 館 の 書 記 官 となっている 高 田 政 久 は 年 にペテルブルグ 公 使 館 の 大 使 館 付 き 海 軍 武 官 となっている 13 黒 瀬 義 門 子 爵 花 房 義 質 君 事 略 頁 14

16 約 改 正 問 題 に 関 するロシア 政 府 の 態 度 は 極 めて 協 力 的 であり 日 本 側 の 要 望 に 応 えるもの であった 従 って ロシアは 条 約 改 正 についてのイギリス フランス ドイツの 反 対 意 見 を 無 視 し ロシアにとって 日 露 不 平 等 条 約 は 無 期 限 の 条 約 ではなく むしろ 期 限 付 きの 条 約 として 改 正 すべきものであるとロシア 政 府 は 考 えていた 14 花 房 はロシア 政 府 の 内 意 を 明 記 し その 結 果 条 約 改 正 問 題 に 関 する 日 露 交 渉 は 進 展 し 1889 年 8 月 にロシアは 大 隈 外 相 の 条 約 改 正 案 を 可 決 した そこでついにイギリスは 譲 歩 し 欧 州 との 条 約 改 正 交 渉 はようやく 纏 まったと 指 摘 すべきであろう このように 1883 年 年 に 花 房 は 条 約 改 正 問 題 に 関 わったことが 明 らかになってい る しかし 第 二 訪 露 期 における 花 房 の 駐 露 公 使 としての 使 命 を 明 確 にするために この 時 期 の 歴 史 的 背 景 の 焦 点 を 記 述 しなければならない 1875 年 以 降 つまり 樺 太 千 島 交 換 条 約 締 結 後 日 露 関 係 は 非 常 に 良 好 であったと 指 摘 できるであろう 年 代 のロシ ア 帝 国 における 資 本 主 義 の 発 展 につれ ロシア 商 工 業 界 の 極 東 への 進 出 が 積 極 化 し 日 本 側 は 灯 油 などに 関 心 を 持 っていたため 日 露 貿 易 流 通 総 額 は 多 くはないものの 上 昇 傾 向 にあった しかし 当 時 のロシア 極 東 地 域 は 鉄 道 の 欠 如 などでかなり 隔 離 した 地 域 であり その 上 イギリスが 清 国 などへの 進 出 を 積 極 化 したため ロシアのこの 地 域 の 防 御 への 意 識 も 欠 けていた ロシアにとっては 日 本 が 太 平 洋 への 出 口 という 戦 略 的 な 意 味 を 持 ち さらに 流 通 総 額 も 多 くないため ロシア 政 府 は 不 平 等 条 約 を 改 正 することを 承 諾 した よ って 1870 年 代 後 半 1880 年 代 前 半 は 外 交 上 日 本 を 対 等 な 相 手 として 扱 う 大 国 の 一 つだ った 友 好 的 なロシアの 存 在 が 徐 々に 利 害 関 係 が 対 立 する 存 在 へと 変 動 していく 時 期 にあたる その 変 動 の 原 動 力 は 第 一 に 朝 鮮 問 題 であるが 本 研 究 ではこの 問 題 及 び この 問 題 をめぐる 日 露 関 係 に 深 入 りしないが ロシアに 対 する 日 本 外 交 方 針 の 転 換 期 をも たらした 問 題 の 大 きな 存 在 は 考 慮 に 入 れなければならない 無 論 当 時 の 日 本 政 府 は どんどん 植 民 地 化 されていくアジアに 対 する 欧 米 諸 国 の 政 策 を 注 意 深 く 観 察 していた 欧 米 国 の 清 国 や 朝 鮮 などへの 進 出 中 央 アジアの 諸 汗 国 を 勢 力 下 に 置 くロシアの 南 下 政 策 など 日 本 が 眼 を 光 らせた 点 は 多 く 存 在 していた 当 時 の 日 本 外 務 卿 であった 井 上 馨 は 1885 年 7 月 11 日 に 在 外 各 帝 国 公 使 宛 に( 花 房 を 含 めて) 欧 米 各 国 ノ 連 合 政 策 打 破 方 二 關 シ 訓 令 ノ 件 を 送 り 今 ヤ 欧 米 諸 国 大 二 植 民 政 策 ヲ 拡 張 シ 競 テ 東 洋 二 着 手 ス 誠 二 東 洋 多 事 ノ 日 ト 云 ハサルヲ 得 ス そして 今 日 我 国 二 於 テ 切 二 希 望 ス 14 Кожевников В. В. Российско-японские отношения в в.в. Вл.: Изд-во Дальневосточного университета,1997. C

17 ル 所 ノモノハ 欧 米 諸 国 カ 従 来 ノ 連 合 政 策 ヲ 捨 テ 各 自 独 立 シテ 我 国 ト 交 際 セン 事 二 有 之 候 結 局 欧 米 諸 国 ノ 東 洋 政 策 モ 敢 テ 今 日 ノ 地 位 二 躊 躇 スル 事 ナカルヘシ 15 と 述 べている よって 日 本 は アジアに 対 する 列 強 諸 国 の 動 向 を 自 らの 対 アジア 戦 略 の 方 針 に 影 響 を 与 えるものとして 注 意 深 く 観 察 していた その 代 表 的 な 例 としては 朝 鮮 をめぐる 国 際 的 緊 張 が 挙 げられる ペンジェ 事 件 直 後 英 露 が 紛 争 に 直 面 していた 状 況 を 背 景 に イギリス が 朝 鮮 領 土 である 巨 文 島 を 占 領 した 直 後 ロシアは 朝 鮮 半 島 に 付 属 する 他 の 諸 島 および 海 港 を 占 領 すると 通 告 した これにより 日 本 政 府 は 対 清 と 対 朝 鮮 方 針 の 選 択 を 迫 られた 結 局 日 本 は 朝 鮮 の 分 割 を 一 時 的 に 放 棄 し 清 国 の 主 導 下 で 朝 鮮 を 日 清 両 国 による 共 同 保 護 下 におく 方 針 を 選 んだ 16 こうした 日 本 外 交 戦 略 は 無 論 多 様 な 要 因 が 存 在 するが その 一 つとは 欧 米 諸 国 の 対 アジアの 方 針 に 影 響 されることであり 日 本 政 府 はその 本 質 を 理 解 せざるを 得 なかった それゆえに 列 強 諸 国 の 外 交 に 関 する 徹 底 的 な 情 報 提 供 が 必 要 且 つ 重 要 になってくる 花 房 はかつて 1870 年 代 の 第 一 訪 露 の 際 イギリスなどの 対 極 東 政 策 についての 情 報 収 集 を 首 尾 よく 行 った よって 1880 年 代 に 新 たな 情 勢 に 対 応 すべきであった 日 本 政 府 のた め 花 房 は 再 び 列 強 国 についての 情 報 収 集 に 着 手 する 本 稿 において 筆 者 はその 第 二 訪 露 期 にわたる 花 房 義 質 の 情 報 収 集 の 内 容 とそのプロセスの 特 徴 について 論 じる 1.2 花 房 義 質 についての 先 行 研 究 第 二 次 訪 露 期 間 ( 年 )についての 先 行 研 究 は 極 めて 少 なく 条 約 改 正 問 題 に 関 して 花 房 義 質 が 関 わったことについてのみとなる 全 体 的 に 花 房 義 質 という 明 治 期 の 人 物 を 中 心 に 置 く 研 究 は 極 めて 少 ないと 言 っていいだろう 先 行 研 究 は 圧 倒 的 に 明 治 5 年 (1872 年 )から 明 治 15 年 (1882 年 )にかけての 朝 鮮 での 活 動 に 関 するものである 具 体 的 に 説 明 しておこう 毛 利 敏 彦 (1992) 17 は 明 治 初 期 の 日 朝 国 交 回 復 交 渉 の 実 相 解 明 にとって 貴 重 な 史 料 で 15 日 本 外 交 文 書 頒 布 会 編 条 約 改 正 関 係 大 日 本 外 交 文 書 第 2 巻 東 京 : 日 本 外 交 文 書 頒 布 会 1942 年 頁 16 信 夫 清 三 郎 日 本 外 交 史 第 1 巻 132 頁 17 毛 利 敏 彦 明 治 初 期 日 朝 国 交 不 調 原 因 論 : 外 務 大 丞 花 房 義 質 尋 交 商 量 渋 滞 之 縁 由 略 の 紹 介 法 学 雑 誌 38 大 阪 市 立 大 学 法 学 会 1992 年 頁 16

18 ある 尋 交 商 量 渋 滞 之 録 由 略 ( 外 務 大 丞 花 房 義 質 の 朝 鮮 国 出 張 報 告 書 )の 全 文 を 紹 介 して いる 毛 利 は 次 のように 指 摘 している 明 治 初 期 の 数 ヵ 年 にわたる 日 朝 間 の 国 交 不 調 状 態 は 日 本 国 内 の 政 情 にも 複 雑 な 影 響 を 及 ぼした 政 界 の 一 部 には 朝 鮮 側 に 誠 意 なしと 非 難 する 征 韓 論 が 台 頭 したし 1873 年 に 起 きた 政 府 首 脳 大 分 裂 事 件 ( 明 治 6 年 政 変 )にも 朝 鮮 問 題 が 密 接 に 絡 んでいた このような 国 交 不 調 状 態 が 生 じた 主 要 な 原 因 は 毛 利 が 指 摘 しているように 以 前 は 日 本 側 の 見 解 では 日 本 政 府 が 政 権 交 代 という 新 しい 事 態 に 即 応 して 対 朝 鮮 外 交 の 復 活 と 刷 新 を 申 し 入 れたにもかかわらず 朝 鮮 国 政 府 は 幕 府 時 代 の 旧 式 の 方 法 に 固 執 して 日 本 側 が 提 示 した 新 式 国 書 の 受 理 を 断 ったからだという 説 明 が 多 かっ た 実 はこの 基 本 的 な 事 実 は これまで 必 ずしも 体 系 的 かつ 実 証 的 に 解 明 されていたとは いえない この 問 題 解 明 ついては 1872 年 ( 明 治 5 年 ) 旧 暦 8 月 から 10 月 にかけて 朝 鮮 国 に 出 張 した 外 務 大 丞 花 房 義 質 が 帰 国 直 後 に 太 政 官 正 院 に 提 出 した 報 告 書 尋 交 商 量 渋 滞 之 録 由 略 という 有 用 な 史 料 がある 毛 利 (1992)は この 報 告 書 を 執 筆 者 の 地 位 執 筆 動 機 ないしに 背 景 内 容 などから 実 地 を 踏 んだ 日 本 政 府 当 事 者 の 日 朝 外 交 観 を 端 的 に 示 す 貴 重 な 文 書 であると 評 価 している さらに 毛 利 によれば 尋 交 商 量 渋 滞 之 録 由 略 の 内 容 において 注 目 すべき 事 項 は 以 下 の 通 りであり 花 房 の 報 告 書 の 分 析 に 基 づいて 以 下 の 事 実 が 明 らかになる 1872 年 ( 明 治 5 年 )の 時 点 において 日 本 外 務 省 の 対 朝 鮮 政 策 実 務 最 高 責 任 者 は 朝 鮮 国 政 府 の 対 日 基 本 姿 勢 は 少 なくとも 関 係 樹 立 に 否 定 的 でないと 評 価 していた 換 言 すれば 朝 鮮 側 の 頑 迷 固 陋 が 復 交 にとって 最 大 障 害 だとの 見 解 をとっていなかった 交 渉 の 前 途 に も 楽 観 的 な 見 通 しが 立 つわけであり もちろん 征 韓 論 的 発 想 に 傾 斜 することになったはず である 尋 交 が 渋 滞 した 主 因 については 対 州 吏 人 が 交 渉 進 展 を 妨 害 したからである と 花 房 はみなした さらに 朝 鮮 側 が 主 動 的 であったと 記 しているが 後 半 の 事 実 関 係 の 記 述 を 見 ると むしろ 主 動 的 なのは 対 州 吏 人 の 方 であって 朝 鮮 側 の 現 地 役 人 の 方 が 使 役 されたと 読 み 取 れる 結 局 花 房 は 朝 鮮 側 は 対 日 関 係 を 原 則 として 拒 んではおらず 交 渉 を 妨 げているのは 対 州 吏 人 であるので 対 州 吏 人 の 妨 害 を 排 除 すれば 日 朝 復 交 は 実 現 できると 判 断 したの である このような 認 識 からは 征 韓 論 が 生 まれ 得 ないのは 自 明 だろう このような 花 房 の 報 告 書 を 直 接 受 けた 参 議 が 板 垣 退 助 だった これに 関 して 毛 利 は 報 告 書 が 明 治 6 年 の 政 変 時 の 板 垣 の 行 動 に 影 響 を 及 ぼしたであろうという 結 論 を 導 いている 17

19 桜 井 義 之 (1959) 18 は 花 房 義 質 代 理 公 使 入 京 路 程 概 測 図 について という 論 文 の 中 で 花 房 義 質 等 入 京 路 程 概 測 図 を 紹 介 し 考 察 を 試 みている 1876 年 2 月 日 鮮 修 好 条 規 締 結 後 懸 案 となっていた 開 港 場 の 決 定 それとの 関 連 で 起 こる 公 使 駐 京 問 題 使 臣 入 京 道 路 問 題 などの 解 決 は 花 房 代 理 公 使 に 課 せられた 使 命 であった 花 房 代 理 公 使 の 渡 鮮 使 命 は 日 鮮 修 好 条 規 第 五 条 に 従 い 朝 鮮 政 府 に 議 して 開 港 場 の 地 名 を 指 定 して 開 港 を 実 現 し その 上 での 日 鮮 修 好 条 規 附 録 第 三 条 の 趣 旨 に 基 づく 諸 規 定 の 議 立 にあった 特 に 開 港 問 題 の 決 定 は 最 も 急 務 とされた 花 房 は 1877 年 から 1882 年 にわたって 朝 鮮 側 と 交 渉 をし 1881 年 2 月 28 日 の 会 談 において 仁 川 開 港 を 受 諾 した 1882 年 9 月 を 開 港 の 時 期 と 取 り 決 め 7 ヵ 年 にわたる 開 港 問 題 は 遂 に 完 全 なる 解 決 を 告 げたのであった 日 鮮 修 好 条 規 第 五 条 に 基 づき 港 口 二 カ 所 の 選 定 公 使 駐 劄 及 び 入 京 道 路 問 題 等 商 議 のため 朝 鮮 国 に 派 遣 された 花 房 代 理 公 使 は まず 開 港 場 二 カ 所 の 選 定 に 着 手 したのである 外 務 卿 内 訓 に 従 い 首 都 京 城 近 傍 の 一 カ 所 は 最 初 からの 予 定 されていた そこで 釜 山 よ り 京 城 までの 海 路 を 木 浦 群 山 牙 山 等 に 寄 港 しながら 調 査 を 進 めつつ 済 物 浦 に 到 着 し たが 調 査 をしたにも 拘 わらず 具 体 的 に 何 処 の 港 をという 結 論 も 出 さないまま 京 城 入 り をしなければならなかった そのため 韓 船 5 隻 を 用 意 し 代 理 公 使 花 房 をはじめ 政 府 の 役 人 海 軍 陸 軍 の 代 表 の 16 名 が 乗 船 した 江 華 水 路 を 経 由 し 控 海 門 に 上 陸 してから 控 海 門 通 津 金 浦 陽 川 を 経 て 揚 花 津 を 渡 り 京 城 に 入 った 代 理 公 使 花 房 は 距 離 と 時 間 と 方 向 を 測 りながら 行 程 を 記 録 した その 図 は 花 房 義 質 等 入 京 路 程 概 測 図 と 呼 ば れている 桜 井 によれば 本 図 の 作 製 は 韓 国 政 府 の 入 京 路 一 定 論 提 議 19 の 論 破 資 料 とし て 実 測 されたと 述 べているが 本 図 が 反 証 資 料 として 交 渉 のいかなる 段 階 において 具 体 的 にどのように 論 破 の 資 料 としての 役 割 を 演 じたのかは 研 究 されていない 花 房 は 当 時 外 交 世 界 の 新 人 として 常 に 世 界 史 的 視 野 に 立 ち 困 難 な 初 期 日 韓 交 渉 の 事 務 に 携 わった 公 使 苦 心 の 一 齣 であったという 結 論 を 導 いている 布 和 (2004) 20 は 1880 年 代 初 期 の 日 本 の 対 朝 鮮 外 交 を 考 察 し 以 下 の 通 りの 結 論 を 導 18 桜 井 義 之 花 房 義 質 代 理 公 使 入 京 路 程 概 測 図 について 朝 鮮 学 報 14 朝 鮮 学 会 1959 年 頁 19 朝 鮮 政 府 の 入 京 路 一 定 論 提 議 とは 従 来 倭 使 の 上 京 道 筋 は 典 礼 主 義 的 観 念 に 基 づくも のであったが 開 国 の 新 時 代 に 入 ってから 臣 民 の 不 安 や 社 会 的 動 揺 を 考 慮 して 朝 鮮 政 府 が 外 国 使 臣 の 上 京 道 筋 を 一 定 化 しようとしたものである 20 布 和 1880 年 代 初 期 の 日 本 の 対 朝 鮮 外 交 : 壬 午 事 変 までの 時 期 を 中 心 に 桜 花 学 園 大 18

20 いている 1880 年 代 に 入 って 日 本 の 対 朝 鮮 外 交 の 課 題 は 依 然 として 江 華 島 条 約 の 実 行 で あった そして 仁 川 開 港 公 使 駐 京 などの 要 求 を 実 現 するために 井 上 馨 外 務 卿 は 朝 鮮 政 府 に 対 して 恩 威 並 行 策 の 実 施 を 決 定 した 1880 年 8 月 に 金 宏 集 朝 鮮 修 信 使 一 行 が 来 日 すると 彼 らに 対 して 限 定 的 な 開 国 勧 告 を 行 って 好 感 触 を 得 た また その 後 の 朝 鮮 政 府 の 開 国 方 針 決 定 を 知 って 井 上 は 新 たに 清 国 を 意 識 した 対 朝 鮮 独 立 支 援 策 の 使 命 を 朝 鮮 行 きの 花 房 義 質 代 理 公 使 に 与 えた この 時 期 の 日 本 政 府 の 対 朝 鮮 政 策 の 方 針 は 武 器 提 供 開 国 勧 告 関 税 交 渉 等 のいわゆる 親 日 化 策 であり 布 和 は 当 該 期 の 一 連 の 日 朝 交 渉 事 件 について とりわけ 花 房 の 対 朝 鮮 交 渉 を 再 検 討 した 結 果 日 本 の 対 朝 鮮 外 交 は 依 然 とし て 砲 艦 外 交 の 継 続 にあったことを 明 らかにした 明 治 時 代 の 外 交 史 もしくはその 時 期 の 東 アジア 朝 鮮 問 題 などを 重 視 する 研 究 の 中 で 外 交 官 としての 花 房 義 質 の 朝 鮮 における 活 動 がある 程 度 取 り 上 げられている 場 合 がある 言 及 の 程 度 は 様 々で 朝 鮮 における 花 房 義 質 の 活 動 について 軽 く 言 及 するという 程 度 から 詳 細 な 分 析 に 基 づいてその 活 動 を 評 価 している 場 合 もある 具 体 的 な 例 としては 下 記 の 研 究 がある 英 修 道 (1960) 21 は 明 治 外 交 史 の 中 で 花 房 義 質 の 年 代 の 朝 鮮 での 活 動 について 手 短 に 触 れている 1872 年 10 月 に 外 務 大 丞 花 房 義 質 を 釜 山 に 派 遣 した 1880 年 12 月 に 弁 理 公 使 花 房 義 質 は 漢 城 に 赴 任 して 朝 鮮 国 王 に 国 書 を 呈 した 1882 年 7 月 の 壬 午 事 件 時 花 房 公 使 以 下 28 名 の 館 員 は 24 日 午 後 仁 川 まで 脱 出 し 得 た などと 述 べて いる 信 夫 清 三 郎 (1974) 22 は 花 房 が 直 接 に 関 わった 釜 山 租 界 問 題 壬 午 事 件 問 題 甲 申 事 件 問 題 などの 出 来 事 の 事 情 と 花 房 の 活 動 の 詳 細 な 記 録 をのせるばかりでなく 花 房 が 行 っ た 活 動 の 評 価 もしている また 釜 山 租 界 問 題 に 関 連 して この 消 極 外 交 を 転 換 させたのは 1876 年 11 月 の 花 房 大 丞 の 出 張 であった と 指 摘 し 開 港 の 問 題 に 関 しては 京 城 に 常 駐 した 花 房 公 使 は 国 王 をはじめとする 政 府 要 人 に 精 力 的 に 国 際 情 勢 を 説 き 新 式 武 器 を 贈 与 して 日 本 式 軍 隊 を 編 成 する 必 要 を 説 いて 回 った と 述 べた ロシア 駐 在 期 間 内 1884 年 に 花 房 は 台 湾 をめぐって 清 仏 対 立 に 関 しては 次 のように 指 摘 していた フランスが 台 湾 を 領 土 にすれば 琉 球 は 危 険 に 曝 されるので 我 みずから 台 湾 を 占 むるの 計 に 出 でざる 学 人 文 学 部 研 究 紀 要 7 桜 花 学 園 大 学 人 文 学 部 研 究 紀 要 編 集 委 員 会 編 2004 年 頁 21 英 修 道 明 治 外 交 史 東 京 : 至 文 堂 1960 年 頁 22 信 夫 清 三 郎 日 本 外 交 史 第 1 巻 頁 19

21 べからず と 主 張 し 前 二 者 ができないとすれば 日 本 が 直 接 台 湾 を 占 領 する 以 外 にない が その 機 会 は 求 めずして 今 まさに 熟 し ている ここで 研 究 書 とういよりむしろ 回 想 録 に 近 い 明 治 十 五 年 朝 鮮 事 變 と 花 房 公 使 とい う 著 書 について 言 及 したい これを 自 費 出 版 した 武 田 勝 蔵 (1929) 23 は 花 房 太 郎 24 と 巡 り 合 い 明 治 15 年 の 朝 鮮 事 変 についての 花 房 義 質 の 言 葉 を 追 想 する 一 資 料 とした 武 田 は 花 房 家 の 秘 蔵 の 史 料 花 房 義 質 自 身 花 房 太 郎 父 の 武 田 尚 久 水 三 郎 など 明 治 15 年 の 朝 鮮 事 変 のその 他 の 目 撃 者 の 証 言 や 回 顧 の 資 料 集 を 作 成 した 残 念 ながら 史 料 の 解 説 は ほとんど 欠 けているが 明 治 15 年 朝 鮮 事 変 の 経 緯 の 記 述 はこの 事 変 の 観 察 に 有 益 な 資 料 収 集 であったと 指 摘 すべきである 専 門 書 ではなく 一 般 向 けの 書 である 犬 塚 孝 明 (2006) 25 の ニッポン 青 春 外 交 官 で は 花 房 の 活 動 を 極 めて 高 く 評 価 し 日 露 国 境 交 渉 の 鍵 をにぎる 人 物 だとしている 交 法 学 末 ダ 開 明 ナラズ という 章 では 花 房 子 爵 の 第 一 期 ロシア 滞 在 を 話 題 にし 彼 のロシア での 活 動 に 触 れている 最 初 の 一 節 では 花 房 義 質 の 抱 えた 日 本 の 難 題 について 述 べ 花 房 の 活 動 その 問 題 に 対 しての 主 張 について 考 察 している 1873 年 9 月 22 日 に 一 等 書 記 官 を 兼 任 することになった 外 務 大 丞 の 花 房 はロシアへ 向 か うことになった さらに 12 月 に 臨 時 代 理 公 使 を 命 じられる 政 府 が 花 房 の 派 遣 を 急 いだ のは 前 年 六 月 に 起 こったマリアルース 号 事 件 の 仲 裁 をロシア 皇 帝 アレクサンドル 二 世 に 依 頼 するためだけではなく 樺 太 をめぐる 問 題 のためでもある 犬 塚 孝 明 が 指 摘 するよう に 日 本 政 府 はロシアとの 国 境 交 渉 には 北 方 領 土 に 詳 しい 一 級 の 人 物 を 充 てる 必 要 がある と 考 えていた 犬 塚 は 従 来 は 花 房 が 国 境 交 渉 に 関 しては 傍 観 者 的 な 立 場 にいたとされ てきたが 実 際 花 房 は 国 境 交 渉 の 成 功 に 関 して 重 要 な 準 備 を 行 ったと 指 摘 している 花 房 は 臨 時 代 理 公 使 の 資 格 を 与 えられ 国 境 交 渉 のお 膳 立 てをしなければならなくなった 日 本 政 府 は 樺 太 問 題 はアジア 政 策 の 一 環 と 考 えており 当 時 樺 太 放 棄 論 が 普 及 し 開 拓 中 判 事 榎 本 武 揚 はその 支 持 者 の 一 人 であった 彼 は 後 に 1874 年 ( 明 治 7)1 月 駐 露 特 命 全 権 公 使 となり 樺 太 千 島 交 換 条 約 の 締 結 に 尽 力 する その 頃 花 房 は 多 忙 な 日 々 23 武 田 勝 蔵 明 治 十 五 年 朝 鮮 事 變 と 花 房 公 使 東 京 : 武 田 勝 蔵 1929 年 24 はなぶさ たろう ( ) 明 治 6 年 4 月 19 日 生 まれ 花 房 義 質 の 長 男 巡 洋 艦 阿 蘇 などの 艦 長 皇 族 付 武 官 などをつとめ 大 正 10 年 海 軍 少 将 14 年 貴 族 院 議 員 昭 和 7 年 8 月 22 日 死 去 60 歳 岡 山 県 出 身 海 軍 兵 学 校 卒 25 犬 塚 孝 明 ニッポン 青 春 外 交 官 頁 20

22 を 送 っていた マリアルース 号 事 件 の 仲 裁 について 皇 帝 が 正 式 に 受 諾 した 旨 ロシア 外 相 ゴルチャコフとのやりとり 公 使 館 の 建 物 探 しを 初 めとする 細 かい 問 題 などの 解 決 のた め 飛 び 回 った 7 月 に 榎 本 は 皇 帝 アレクサンドル 二 世 に 謁 見 し 花 房 は 臨 時 代 理 公 使 の 任 を 解 かれたが 花 房 は 帰 国 しないことを 決 め 外 交 官 としてもう 少 し 自 由 に 勉 強 もしてみ たい( 中 略 ) 今 の 日 本 にとって 必 要 なのは 国 際 社 会 で 通 用 する 外 交 官 を 養 成 すること であると 述 べた 1875 年 ( 明 治 8 年 )5 月 7 日 特 命 全 権 大 使 榎 本 武 揚 とロシア 全 権 ゴル チャコフ 首 相 との 間 で 樺 太 千 島 交 換 条 約 が 締 結 された この 条 約 によって 日 露 通 好 条 約 で 両 国 民 混 住 の 地 とされた 樺 太 全 島 はロシア 領 となり その 代 りに ロシア 領 であ った 千 島 諸 島 ( 得 撫 島 から 占 守 島 までの 18 島 )が 日 本 の 領 土 となった 日 本 の 樺 太 放 棄 は ロシアに 好 印 象 を 与 え 皇 帝 アレクサンドル 二 世 は 5 月 29 日 仲 裁 に 関 わっていたマリ アルース 号 事 件 についても 日 本 政 府 には 何 の 責 任 もない との 判 決 を 下 した 日 本 外 交 の 勝 利 であった マリアルース 号 事 件 とロシアとの 国 境 問 題 が 解 決 したことで 花 房 の 気 持 ちも 安 堵 した 犬 塚 は 国 家 が 安 定 し その 力 を 西 南 に 用 いる ことができるという 記 述 は 対 朝 鮮 問 題 のことを 指 し ロシアからの 脅 威 が 無 くなったことを 意 味 していると 指 摘 している さらに 犬 塚 は 1870 年 代 の 日 露 関 係 において 花 房 の 貢 献 が 非 常 に 大 きいと 指 摘 している アジア 外 交 の 季 節 という 章 で 花 房 は 西 南 外 交 に 積 極 的 に 携 わること について 説 明 している 1876 年 に 日 朝 修 好 条 規 の 調 印 後 日 本 政 府 は 積 極 外 交 に 転 換 し 外 務 省 七 等 出 仕 近 藤 真 鋤 を 釜 山 の 管 理 官 ( 領 事 )に 任 じ 花 房 に 同 行 監 督 を 命 じた 花 房 は 釜 山 に 日 本 人 居 留 地 を 設 けることを 提 案 し 朝 鮮 側 の 了 承 を 得 た 西 南 戦 争 の 終 結 後 花 房 は 再 び 朝 鮮 行 きを 命 じられた 官 位 は 外 務 大 書 記 官 兼 任 の 代 理 公 使 である 日 朝 修 好 条 規 に 基 づき 公 使 を 首 都 漢 城 に 駐 留 できるように 交 渉 すべしという 外 務 卿 訓 令 が 出 され た さらに 江 華 府 近 辺 の 二 港 を 新 たに 開 港 させることについて 全 力 を 尽 くしてほしいと 命 じられる やがて 花 房 は 釜 山 に 日 本 人 居 留 地 を 設 けることを 提 案 し そこで 租 界 地 が 設 置 され 1880 年 5 月 に 日 本 は 元 山 の 開 港 を 実 現 し 釜 山 と 同 様 に 居 留 地 を 設 置 するこ とを 成 功 させた 1881 年 花 房 は 弁 理 公 使 として 朝 鮮 政 府 と 交 渉 を 行 い 仁 川 開 港 の 受 諾 を 得 公 使 のソウル 駐 留 を 認 める 確 約 も 取 り 付 けたと 犬 塚 は 述 べている そして 1882 年 の 壬 午 事 件 後 花 房 は 日 本 の 駐 兵 権 を 規 定 した 済 物 浦 条 約 を 締 結 し このことによって 戦 争 の 危 機 を 避 け 日 本 は 大 陸 へ 進 出 する 土 台 を 作 ることができたと 犬 塚 は 指 摘 し 日 本 の 対 朝 鮮 政 策 の 矛 盾 した 本 性 と 花 房 の 見 解 について 論 じた その 見 解 とは 犬 塚 によれば 朝 鮮 独 立 援 助 論 を 維 持 していた 日 本 のエリートが 朝 鮮 における 清 国 の 宗 主 権 を 認 めなが 21

23 ら 朝 鮮 の 独 立 を 維 持 していくことが 論 理 的 矛 盾 であると 気 付 いた 点 である そのうちの 一 人 が 花 房 義 質 であった 彼 はこうしたジレンマの 解 決 方 法 は 武 力 によってのみであると 考 え こうした 結 論 は 花 房 が 列 強 国 のパワー ポリティクスの 現 場 をよく 理 解 していたか らであると 犬 塚 は 論 じている そして 犬 塚 は 済 物 浦 条 約 締 結 を 得 るために 花 房 が 清 国 に 圧 力 をかけた 行 動 などを 考 察 した 結 果 として 1883 年 に 駐 露 公 使 となった 花 房 は 大 陸 政 策 に 対 して 強 硬 論 を 唱 えたと 結 論 を 導 いている 日 本 外 交 史 (1970) 26 では 条 約 改 正 問 題 に 関 する 花 房 公 使 の 役 割 が 特 に 重 要 視 され ている その 他 第 一 次 訪 露 期 の 活 動 についても 言 及 されている 花 房 は 明 治 7 年 駐 露 代 理 公 使 として 公 館 を 開 設 し 同 月 30 日 皇 帝 に 謁 見 し マリアルース 号 事 件 の 仲 裁 の 旨 を 言 上 したところ 皇 帝 は 双 方 に 偏 頗 のない 裁 半 をしなければならないと 述 べた と 指 摘 され 少 なくとも マリアルース 号 事 件 に 関 する 交 渉 の 中 心 的 な 人 物 であったと 評 価 さ れている そして 同 書 では 花 房 はロシアにおける 駐 在 期 間 中 第 一 に 不 平 等 条 約 改 正 問 題 に 携 わったことについて 解 明 されている 1880 年 6 月 に 井 上 外 務 卿 は 在 露 独 墺 洪 各 公 使 に 対 し 交 渉 の 全 権 委 員 を 派 遣 するようにと 訓 令 し 改 正 条 約 及 び 付 録 の 文 書 を 交 付 した その 後 1881 年 に 最 初 の 条 約 改 正 予 議 会 が 開 かれ 次 いで 1882 年 1 月 に 再 び 開 かれた 井 上 外 務 卿 を 議 長 とし ロシア イギリス フランス ドイツ イタリア アメ リカ オランダ 八 ヶ 国 の 全 権 委 員 出 席 の 上 開 催 された その 改 正 予 議 会 について 1883 年 12 月 に 条 約 改 正 ニ 関 スル 露 国 政 府 ノ 内 意 という 覚 書 27 で 花 房 はロシア 政 府 が 内 密 に その 意 図 を 通 知 したと 言 及 している 上 記 の 先 行 研 究 を 踏 まえた 結 果 第 二 次 駐 露 時 代 の 花 房 の 活 動 の 先 行 研 究 は 彼 が 条 約 改 正 問 題 にかかわったことについては 存 在 するが 中 央 アジアめぐる 英 露 関 係 バルカン 問 題 をめぐる 欧 州 列 強 国 の 態 度 に 関 する 花 房 義 質 の 公 式 文 書 についての 先 行 研 究 はとくに 見 当 たらなかった 1.3 花 房 義 質 の 第 二 次 駐 露 時 代 ( 年 )の 資 料 紹 介 花 房 義 質 の 第 二 次 駐 露 時 代 ( 年 )の 活 動 を 明 らかにするための 史 料 として 第 一 に 彼 が 残 した 公 式 外 交 文 書 に 注 目 する 必 要 がある 周 知 の 通 り この 時 代 の 公 式 史 26 鹿 島 平 和 研 究 所 編 日 本 外 交 史 第 2 巻 頁 27 日 本 外 交 文 書 明 治 期 第 16 巻 外 務 省 編 纂 東 京 : 巌 南 堂 書 店 1996 年 22

24 料 は 一 部 が 外 務 省 編 纂 の 日 本 外 交 文 書 で 以 前 から 公 表 されており その 他 の 未 刊 の 毛 筆 で 書 かれた 史 料 は 国 立 公 文 書 館 外 交 史 料 館 などに 所 蔵 されている 花 房 義 質 特 命 全 権 公 使 関 係 の 文 書 は その 一 部 が 戦 災 を 免 れていることが 明 らかになっているが 28 現 在 は 日 本 国 内 のいくつかの 文 書 館 に 離 散 して 保 管 されている 上 記 に 指 摘 した 場 所 以 外 に 北 海 道 大 学 スラブ 研 究 所 所 東 京 都 立 大 学 附 属 図 書 館 宮 内 庁 書 陵 部 岡 山 県 立 記 録 資 料 館 などが 挙 げられる 1883 年 年 に 残 された 史 料 はいくつかのカテゴリーに 分 類 できる 本 研 究 の 課 題 と の 関 連 では 第 一 に 幾 つかの 公 式 外 交 文 書 が 注 目 に 値 する 1884 年 のメルフ 地 方 のロシア による 併 合 の 件 の 報 告 1885 年 ペンジェ 事 件 関 係 の アフガン 近 況 論 第 年 7 月 -8 月 にわたる 同 件 の 数 枚 の 報 告 そして 1885 年 末 年 初 めのブルガリア 変 革 に 関 する 第 4 10 の 報 告 書 である 29 第 二 の 大 きなカテゴリーは 日 記 及 び 回 想 録 である たとえば 筆 者 が 北 海 道 で 調 査 した 1883 年 5 月 から 1885 年 にかけての 毎 日 の 記 録 となるス ラブ 研 究 所 所 蔵 明 治 16 年 17 年 18 年 が 挙 げられる 毎 日 の 詳 細 な 記 録 以 外 に メモ 式 及 び 雑 記 帳 での 形 の 日 記 も 残 されており 外 交 史 料 館 所 蔵 の 明 治 16 年 露 国 赴 任 途 上 ノ 日 誌 及 感 詩 集 同 館 所 蔵 の 瑞 典 諾 威 国 旅 行 日 記 明 治 17 年 露 都 滞 在 日 記 明 治 18 年 露 都 滞 在 中 日 記 露 国 より 帰 朝 の 途 中 における 旅 日 記 かへり みちくさ( 其 一 ) ( 其 二 ) ( 其 三 ) ( 其 四 ) は 筆 者 自 らが 確 認 した さらに もう 一 つの 有 益 な 史 料 は 1913 年 に 花 房 の 古 稀 の 祝 にあたって 黒 瀬 義 門 が 花 房 の 人 生 を 語 ったこと を 記 録 した 子 爵 花 房 義 質 君 事 略 は 彼 の 回 想 録 である さらに 海 外 駐 留 していた 花 房 は 日 本 の 家 族 友 人 と 文 通 し 私 的 な 内 容 に 限 らず 政 治 的 意 味 を 持 つ 言 及 も 書 簡 では 見 られ これも 重 要 な 史 料 となる 花 房 関 連 の 文 書 の 書 簡 は 東 京 都 立 大 学 付 属 図 書 館 を 中 心 に 約 2000 点 が 所 蔵 されている その 多 くは 伊 藤 博 文 榎 本 武 揚 を 初 めとする 当 時 の 卓 越 した 人 物 との 定 期 的 な 文 通 である 特 に 本 研 究 の 対 象 時 期 である 1883 年 年 については 日 本 外 務 卿 井 上 馨 1882 年 年 に 在 墺 国 公 使 であった 上 野 景 範 1874 年 以 降 約 10 年 間 駐 ドイツ 全 権 公 使 を 勤 務 した 青 木 周 蔵 年 に 駐 米 特 命 全 権 公 使 を 務 めた 寺 島 宗 則 などとの 書 簡 が 残 されている これらの 日 記 及 び 回 想 録 書 簡 のより 詳 細 で 本 格 的 な 分 析 は 別 稿 に 委 ねるが 本 稿 では 適 宜 それら の 記 録 から 得 られる 情 報 も 盛 り 込 んでいきたい 第 二 次 駐 露 時 代 ( 年 )の 花 房 28 桜 井 義 之 花 房 義 質 代 理 公 使 入 京 路 程 概 測 図 について 363 頁 29 附 録 2-11 を 参 照 23

25 を 考 察 するために メルフ 地 方 の 併 合 ペンジェ 事 件 ブルガリア 変 革 に 関 する 花 房 義 質 の 公 式 文 書 を 分 析 し 彼 の 活 動 について 論 じる 即 ち 歴 史 学 的 な 研 究 手 法 によって 花 房 の 活 動 の 詳 細 を 明 らかにしたい 1.4 第 二 次 駐 露 時 代 初 期 ロシアへの 渡 航 花 房 義 質 は 赴 任 先 ロシアへ 渡 航 するため 1883 年 3 月 17 日 に Tamis 号 で 東 京 を 出 発 し 広 東 香 港 サイゴン シンガポール コロンボ そしてヨーロッパのイタリア フ ランス ドイツ 等 を 経 て 1883 年 5 月 9 日 にロシアに 到 着 した そして ロシアに 到 着 す るにあたって 国 書 の 提 出 等 をしなければならなかった 新 日 本 公 使 は 1883 年 5 月 16 日 ロシア 皇 帝 であったアレクサンドル 三 世 30 に 謁 見 することになる その 謁 見 に 関 して 日 本 政 府 に 報 告 書 が 送 られている 本 報 告 は 明 治 16 年 (1883 年 )8 月 8 日 に 太 政 大 臣 三 條 實 美 に 上 申 されたものである 31 本 報 告 は 1883 年 5 月 16 日 に 行 われた 花 房 義 質 のロシア 皇 帝 アレクサンドル 三 世 との 謁 見 を 詳 細 に 描 いている まず 本 月 十 三 日 外 務 卿 ヨリ 来 ル 十 六 日 正 十 二 時 ガッチナノ 離 宮 ニ 於 テ 謁 見 ヲ 賜 ルヘキ 旨 報 知 アリ つまり 1883 年 5 月 13 日 に 地 元 の 外 務 省 から 事 前 連 絡 が 入 り 場 所 はガッチナ 離 宮 と 明 記 されている 実 は アレクサンドル 三 世 は 離 宮 と してはツァールスコエ セローよりもガッチナ 宮 殿 を 好 み サンクト ペテルブルグには ほとんどいなかった 32 そして 十 六 日 山 内 書 記 官 ヲ 連 レ 午 前 十 時 ノ 汽 車 ニテ 都 府 ヲ 發 シ ( 中 略 ) 扣 ノ 間 ( 三 間 計 )ニ 案 内 此 ニテ( 中 略 ) 同 処 ニ 内 外 國 人 ノ 謁 見 スル 者 數 十 人 待 合 ヘリ と 記 述 されている つまり 謁 見 の 当 日 に 日 本 公 使 館 山 内 書 記 官 33 と 共 にガッチナ へ 向 かう 汽 車 に 乗 り 到 着 後 控 えの 間 ( 三 間 計 34 )にて 謁 見 に 訪 れた 10 人 余 りの 外 国 人 と 同 様 に 謁 見 の 案 内 を 待 った 謁 見 の 内 容 に 関 しては 以 下 のように 記 述 されている 暫 クシテ 式 部 頭 ノ 通 知 ニ 従 ヒ 書 記 官 ヲ 此 所 ニ 残 シ 置 キ 奥 ノ 間 ニ 進 入 スレハ 露 帝 陛 下 箪 身 書 机 ノ 傍 ニ 立 御 アリ 一 拝 ノ 後 進 テ 30 在 位 年 31 附 録 1 を 参 照 32 デヴェイッド ウオーンズ ロシア 皇 帝 歴 代 誌 東 京 : 創 元 社 2001 年 253 頁 33 山 内 勝 明 ( 勝 則?)は 年 ペテルブルグ 公 使 館 の 書 記 官 となっている Lensen, Japanese Diplomatic, p 控 の 間 は 三 間 計 つまり 3 部 屋 豪 勢 な 皇 帝 陛 下 に 関 する 仕 草 には 総 て 敬 語 を 使 う 24

26 御 前 ニ 至 レハ 帝 モ 一 歩 ヲ 進 ミテ 握 手 シ 健 康 来 着 ヲ 歓 フト 御 詞 アリ 此 是 両 國 交 際 ノ 益 親 密 ナ ルヲ 賀 シ 有 栖 川 殿 下 ノ 受 セラレタル 對 遇 ヲ 謝 シ 皇 帝 陛 下 ノ 萬 壽 ヲ 祝 シ 先 ツ 柳 原 公 使 召 還 ノ 御 書 ヲ 呈 シ 更 ニ 本 官 就 任 ノ 御 信 書 ヲ 呈 ス 帝 亦 有 栖 川 殿 下 ノ 御 来 遊 ハ 今 ニ 至 ルマデ 最 両 國 懇 交 ノ 好 記 念 タリ つまり 式 部 頭 の 指 示 に 従 い 山 内 書 記 官 を 控 の 間 に 残 して 奥 の 間 に 入 ると ロシア 皇 帝 陛 下 がお 一 人 書 斎 机 の 傍 に 立 っておられた 私 が 一 礼 して 皇 帝 の 前 に 進 むと 皇 帝 も 一 歩 前 に 踏 み 出 して 握 手 の 手 を 差 し 伸 べられ 挨 拶 を 申 し 上 げると 私 は 両 国 の 交 際 が 益 々 親 密 になる 事 をお 祈 りしていること また 有 栖 川 殿 下 の 受 けられた 待 遇 や 歓 迎 について 感 謝 致 していることを 申 し 上 げた それに 対 してロシア 皇 帝 は 有 栖 川 殿 下 の 御 来 遊 は 両 国 懇 交 の 最 も 好 ましい 記 念 となる 出 来 事 であるとおっしゃられた そし て 花 房 は 柳 原 公 使 の 召 還 に 関 する 書 類 と 自 分 の 就 任 に 関 する 国 書 を 提 出 した ここで 花 房 が 赴 任 したころの 日 露 関 係 の 特 徴 について 幾 つか 説 明 する 必 要 があるだろ う 1875 年 の 樺 太 千 島 交 換 条 約 締 結 から 日 清 戦 争 にかけての 時 期 (1875 年 ~1894 年 )は 朝 鮮 問 題 をめぐる 当 時 のロシア 日 本 清 国 の 関 係 そして 朝 鮮 問 題 に 関 わった 大 国 の 態 度 等 をロシアが 真 剣 に 観 察 し 1880 年 代 の 初 頭 ロシアは 極 東 に 対 しては 現 状 維 持 を 目 指 していた その 理 由 は 第 一 に ロシアの 経 済 面 での 立 ち 遅 れ そして ロシアの 極 東 領 土 における 軍 事 力 と 資 金 不 足 その 地 域 の 遠 離 性 交 通 路 が 困 難 であったなどという 点 であ る 1883 年 から 1884 年 にわたってロシア 政 府 は ダヴィドフ 駐 日 ロシア 特 命 全 権 公 使 に 与 えられた 訓 令 に 記 述 されているように 日 本 との 政 治 的 関 係 を 非 常 に 重 視 し 日 露 間 で は 対 立 する 利 害 が 存 在 しない と 考 えた そして ロシアの 太 平 洋 への 出 口 をコントロ ールしている 日 本 の 戦 略 的 存 在 の 重 大 さを 考 慮 に 入 れ ロシア 側 は 敵 意 に 満 ちた 他 国 に よる 何 らかの 影 響 の 排 除 そして 日 本 におけるロシアの 影 響 力 の 強 化 を 狙 っている とロ シアの 対 日 政 策 の 課 題 を 明 かし 条 約 改 正 問 題 に 関 するロシア 政 府 の 態 度 は 極 めて 協 力 的 であり 日 露 条 約 は 改 正 すべきものであると 認 めた 実 際 には 日 露 間 の 貿 易 流 通 総 額 は 比 較 的 大 したことのない 程 度 であったため 不 平 等 条 約 の 維 持 はロシアにとって 不 利 であ ったと 指 摘 すべきである たとえば 1870 年 代 後 半 年 代 の 初 めにかけての 日 露 間 の 流 通 総 額 は 日 本 にとっては 依 然 として 黒 字 であった 1878 年 年 の 間 ロシアに 対 する 日 本 の 輸 出 総 額 は 6 万 5 千 円 から 10 万 円 まで 増 加 していたが ロシアからの 輸 入 総 額 は 1 万 円 から 1 万 8 千 円 の 増 加 に 止 まっていた 1880 年 代 ロシアにとっては 日 本 との 貿 易 は 絶 えず 赤 字 だったが 灯 油 販 売 開 始 によって 1890 年 代 にはロシア 側 の 貿 易 赤 字 は 徐 々 に 減 少 していく さらに 1891 年 のシベリア 鉄 道 建 設 開 始 は ロシア 極 東 地 域 における 産 25

27 業 農 業 商 業 等 の 発 展 の 刺 激 となるばかりでなく それに 関 連 して 日 露 貿 易 にも 強 いイ ンパクトを 与 えた ロシア 極 東 と 商 談 する 商 社 が 相 次 いで 設 けられ 日 本 側 はウラジオス トクとの 貿 易 を 進 める 目 的 で 宮 津 湾 を 1893 年 に 開 湾 した 35 条 約 改 正 問 題 以 外 に 両 国 の 皇 室 の 交 流 という 1880 年 年 代 の 日 露 関 係 おけるも う 一 つの 重 要 な 側 面 がある 皇 族 交 流 の 先 駆 者 となった 有 栖 川 熾 仁 親 王 は 日 本 の 皇 族 第 一 人 者 として 明 治 天 皇 から 絶 大 な 信 任 を 受 けていた 明 治 15 年 (1882 年 )ロシア 帝 国 の 首 都 であるサンクト ペテルブルグで 行 われるアレクサンドル 三 世 の 即 位 式 に 天 皇 の 名 代 として 出 席 する 予 定 であったが 即 位 式 が 延 長 されたにもかかわらずロシアを 訪 問 した 訪 問 中 に 尊 敬 の 印 として 冬 宮 に 宿 泊 し ニコライ 皇 太 子 ( 後 のニコライ 二 世 )に 大 勲 位 菊 花 章 を 贈 った また ペテルブルク 大 学 を 見 学 した 際 東 洋 学 部 に 何 百 冊 かの 個 人 蔵 書 を 寄 付 した 帰 路 には 欧 州 諸 国 アメリカ 合 衆 国 を 歴 訪 した ロシアでの 温 かい 歓 迎 に 対 す る 感 謝 の 印 として 日 本 の 天 皇 は 有 栖 川 熾 仁 親 王 の 訪 問 歓 迎 に 関 わった 全 員 に 日 本 の 勲 章 を 贈 った この 日 本 皇 族 代 表 の 訪 問 は 両 国 において 歴 史 上 の 重 要 な 出 来 事 となった 1880 年 年 代 にわたって 日 露 間 の 皇 族 交 流 は 盛 んであった 1886 年 年 の 欧 米 歴 訪 を 皮 切 りに 小 松 宮 彰 仁 親 王 夫 婦 がペテルブルグを 訪 問 した 際 アレクサンドル ネフ スキー 勲 章 が 贈 られ ニコライ 皇 太 子 と 会 談 した 2 年 後 有 栖 川 宮 威 仁 親 王 ( 有 栖 川 熾 仁 親 王 の 弟 )は 欧 州 各 国 の 船 隊 を 見 学 するという 目 的 でペテルブルグを 訪 れ そこで 海 軍 設 備 海 軍 兵 学 校 などを 見 学 し ロシア 皇 族 に 日 本 皇 族 からの 記 念 品 を 贈 呈 した そし て 日 清 戦 争 直 前 の 1894 年 2 月 海 軍 士 官 であった 小 松 宮 依 仁 親 王 ( 小 松 宮 彰 仁 親 王 の 養 子 )は サンクト ペテルブルグを 訪 問 した 1880 年 年 代 にわたってロシア 皇 族 の 第 一 人 者 らは 返 礼 訪 問 をしていた 1887 年 にアレクサンドル ミハイロビッチ 大 公 (アレクサンドル 三 世 の 兄 弟 )が 長 崎 を 訪 問 そして 1891 年 の 日 本 訪 問 中 に 大 津 事 件 に 巻 き 込 まれたロシア 皇 族 の 大 人 物 というの はニコライ 皇 太 子 である 1892 年 の 駐 日 ロシア 公 使 交 替 36 の 際 新 しく 任 命 されるヒトロ ボ 公 使 に 与 えられた 訓 令 により ロシアの 対 日 本 方 針 の 基 本 原 理 は 定 式 化 された その 原 理 とは 対 中 国 対 日 本 の 関 係 は 極 めて 重 要 であり さらに 日 本 の 海 港 はロシア 海 軍 に とって 保 護 所 であり その 際 すべての 必 需 品 を 供 給 される 所 であるという 評 価 が 一 般 的 で 35 Штейнгауз А.И. Русско-японские торгово-экономические отношения ( )// Россия и политика держав в странах Востока, Иркутск, C シェービチ 公 使 ( 在 務 期 間 年 )(Дмитрий Егорович Шевич) に 代 わってヒト ロボ( 在 務 期 間 年 )(Михаил Александрович Хитрово )が 任 命 される 26

28 あったからである 37 よって 1882 年 の 有 栖 川 熾 仁 親 王 のロシア 訪 問 にあたって ロシア 皇 帝 に 厚 遇 されたこ とに 対 するお 礼 を 述 べながら 花 房 は 日 露 関 係 が 友 好 であることを 公 式 に 将 来 の 希 望 と して 述 べた また 花 房 は 新 来 公 使 ノ 旧 知 人 タル 亦 是 可 喜 ノ 一 事 ナリ 等 ノ 意 ヲ 述 ラレ 尚 朝 鮮 昨 年 ノ 変 及 現 今 ノ 模 様 御 尋 アリ 簡 略 ニ 数 語 ノ 奉 答 ヲ 為 シテ 退 ヲ 乞 フトキ 更 ニ 両 国 懇 交 ノ 益 々 深 カ ランコトヲ 望 ム 旨 御 詞 アリ と 記 録 している つまり 皇 帝 陛 下 は 新 任 公 使 の 私 が 旧 知 だったとは 誠 に 喜 ばしい 限 りだと 仰 せられた と 花 房 は 述 べている 実 は 上 記 に 指 摘 されているように 花 房 の 第 一 訪 露 時 期 は 1873 年 9 月 から 1876 年 10 月 までにあたり そ の 間 花 房 はロシア 皇 帝 アレクサンドル 二 世 へ 日 本 政 府 からのマリアルース 号 事 件 仲 裁 の 依 頼 に 関 する 交 渉 をし 1875 年 樺 太 千 島 条 約 の 重 要 な 準 備 作 業 も 行 った そいう 意 味 で は ロシア 外 交 問 題 などに 馴 染 んだ 経 験 を 積 んだ 外 交 官 であり ロシアには 旧 知 であ った ともいえる また 1874 年 年 の 間 に 駐 在 した 日 本 公 使 21 人 の 内 花 房 を 含 めて 二 人 のみが 以 前 ロシアへ 外 交 官 として 渡 航 した 経 験 があった 38 という 事 は 本 研 究 にと っては 重 要 ではないが 興 味 深 い 事 柄 である その 上 ロシア 皇 帝 は 1882 年 の 朝 鮮 事 変 は 昨 今 どのような 状 況 かと 尋 ねられた こ の 件 について 簡 単 に 5 6 語 のお 答 えを 申 し 上 げ 辞 意 を 表 し 退 室 しようとした 時 皇 帝 陛 下 から 更 に 両 国 懇 交 が 益 々 深 まる 事 を 望 む 旨 のお 言 葉 があった と 花 房 は 語 っている 当 時 のロシアの 対 朝 鮮 の 態 度 を 考 慮 に 入 れると ロシア 皇 帝 の 朝 鮮 事 変 に 関 する 強 い 関 心 は 興 味 深 い 側 面 であると 指 摘 できるだろう 即 ち 1876 年 の 日 朝 修 好 条 約 締 結 後 朝 鮮 に 対 するロシアの 関 心 は 増 大 していたが 政 府 の 方 針 は 絶 えず 隣 国 としての 関 係 を 現 状 維 持 し 続 け 隣 接 している 国 家 の 保 安 と 防 護 に 協 力 していた だが 1882 年 の 壬 午 事 変 後 そ して 年 の 米 朝 英 朝 修 好 条 約 調 印 後 ペテルブルグ 府 の 対 朝 鮮 方 針 が 変 わ りはじめ その 結 果 1884 年 6 月 に 露 朝 修 好 条 約 が 締 結 され ソウルにロシア 公 使 館 が 設 置 される 39 そこで 1882 年 の 壬 午 事 変 の 渦 中 にいた 花 房 が ロシア 皇 帝 に 事 情 に 詳 しい 37 Кожевников. Российско-японские отношения в в.в. C Lensen, Japanese Diplomatic, p Хевролина В.М ред. История внешней политики России: вторая половина XIX в. (От Парижского мирного договора 1856 г. до русско-французского союза)., М.: Междунар.отношения, С ; Иванов И.С. ред. Очерки истории МИД, т.1., 27

29 人 物 と 見 られ 質 問 されるのは 当 然 である このような 会 話 はあくまでも 外 交 作 法 の 枠 組 みで 行 われるもので 本 研 究 にとって 重 要 な 点 とはならないかもしれないが 花 房 が 活 躍 していた 第 二 次 訪 露 時 代 の 特 徴 の 理 解 のためには 興 味 深 い 事 柄 であると 考 えられる 年 代 の 年 表 1883 年 1886 年 における 花 房 義 質 の 年 表 は 彼 が 残 した 各 種 の 歴 史 史 料 に 基 づいて 作 成 されたものである 用 いた 史 料 は 花 房 義 質 の 報 告 書 や 第 二 次 訪 露 に 関 する 公 式 文 書 41 そして 1883 年 ~1886 年 の 滞 在 中 に 彼 が 大 量 に 残 した 日 記 である 42 当 年 表 の 原 典 として 使 用 された 日 記 に 関 して 幾 つかの 点 について 解 説 する 必 要 があるだろう 1883 年 3 月 に 赴 任 使 命 を 受 けた 花 房 は 明 治 一 六 年 露 国 赴 任 途 上 の 日 誌 及 雑 感 詩 集 と いう 雑 記 帳 を 作 成 した そこには 1883 年 3 月 17 日 に 東 京 を 出 発 するという 記 録 があり 花 房 は 広 東 香 港 サイゴン シンガポール コロンボ そして 欧 州 のイタリア フラン ス ドイツ 等 を 経 由 して 1883 年 5 月 9 日 にロシアに 到 着 した そして ペテルブルグに 到 着 した 直 後 の 1883 年 5 月 16 日 ロシア 皇 帝 であったアレクサンドル 三 世 に 謁 見 する 43 ただし 北 海 道 大 学 スラブ 研 究 所 に 所 蔵 されている 明 治 16 年 は 花 房 義 質 本 人 の 日 記 とされているが 44 この 日 誌 は 1883 年 5 月 14 日 に 開 始 されている この 時 点 では 花 房 はロシアに 既 に 到 着 していた 日 誌 にはこの 日 付 で 巴 里 公 使 館 九 時 着 大 山 食 すロシア 書 状 差 し 出 す 光 明 寺 大 山 二 人 来 る と 記 録 されており 日 誌 の 著 者 はパ リに 滞 在 していたことが 明 らかになっている よって この 日 誌 の 著 者 は 不 明 であり 日 本 公 使 館 員 か 花 房 の 個 人 秘 書 のいずれかの 人 物 と 考 えられる 北 海 道 大 学 スラブ 研 究 所 に 所 蔵 されている は 3 冊 からなり 明 治 16 年 18 年 ( 年 )にわたって 記 録 がある 毎 日 の 出 来 事 来 客 の 記 録 各 組 織 への 訪 問 郵 便 受 取 送 М.:Олма пресс, 2002.С ; Нарочницкий А.Л. Международные отношения на Дальнем востоке. М.:Мысль, 1973,С 附 録 12 を 参 照 41 アフガン 近 況 論 第 2-4 太 政 官 記 録 1885( 明 治 18) 年 国 立 公 文 書 館 等 を 参 照 42 明 治 16 年 等 を 参 照 43 外 務 省 上 伸 在 露 国 特 命 全 権 公 使 花 房 義 質 同 国 皇 帝 陛 下 へ 謁 見 の 件 国 立 公 文 書 館 所 蔵 44 図 書 カタログ 上 の 書 誌 情 報 として 著 者 標 目 という 事 項 では 花 房 義 質 と 明 記 されて いる 28

30 付 等 が 記 載 され そのような 出 来 事 の 記 録 の 中 に 旦 那 様 義 質 様 両 人 といった 表 現 が 大 量 にある 即 ち その 3 冊 ともに 著 者 は 不 明 であり 筆 跡 が 多 少 異 なることが 明 らかになっているため 著 者 は 複 数 であり 日 本 公 使 館 員 と 考 えられる このように 1883 年 5 月 17 日 6 月 21 日 まで つまり の 著 者 ( 著 者 ら)がペテルブルグに 到 着 した 時 点 までの 花 房 の 活 動 滞 在 場 所 を 判 定 するのは 困 難 である ただし 明 治 16 年 では 1883 年 6 月 15 日 付 で 汽 車 で 公 使 とオーストリアへ 行 く と 記 載 されていることを 考 慮 に 入 れると その 公 使 とは 花 房 のことを 差 していると 考 えられ 花 房 はその 時 期 にヨーロッパに 渡 っていたと 考 えられる さらに 1882 年 7 月 1884 年 12 月 の 間 在 墺 国 公 使 であった 上 野 景 範 が 花 房 に 宛 てて 1883 年 5 月 21 日 付 で Hotel Dussaux,Moskow という 住 所 から 送 付 された 書 簡 に モ スコ 之 長 逼 留 ヲ 止 メ 候 可 成 ハ 速 ニ 当 府 江 御 出 当 府 江 モ 速 ニ 御 出 候 様 屈 指 相 待 候 45 と 書 かれていることを 考 慮 に 入 れると 1883 年 5 月 21 日 の 時 点 では 花 房 はモスクワに 滞 在 したと 考 えられるが 6 月 にヨーロッパに 渡 航 した 可 能 性 もあると 考 えられる いずれの 場 合 も 明 確 な 断 定 は 困 難 である 史 料 に 関 しては もうひとつ 解 明 すべき 点 が 存 在 する 明 治 16 年 では 1883 年 8 月 5 日 9 月 18 日 までの 期 間 スウェーデンでの 滞 在 記 録 がある さ らに 外 交 史 料 館 所 蔵 の 瑞 典 諾 威 国 旅 行 日 記 が 存 在 し その 日 記 に 関 して 紫 田 ( ) は 1885 年 8 月 4 日 10 月 31 日 という 日 付 を 明 記 した 明 治 16 年 の 1883 年 8 月 4 日 10 月 31 日 の 記 録 と 瑞 典 諾 威 国 旅 行 日 記 の 記 録 は 完 全 に 一 致 して いるため 瑞 典 諾 威 国 旅 行 日 記 は 1883 年 8 月 4 日 10 月 31 の 間 の 花 房 のスウェーデ ン 旅 行 及 びペテルブルグ 帰 着 後 の 活 動 の 記 録 であることは 明 らかである さらに 明 治 十 八 年 露 都 滞 在 中 日 記 の 著 者 は 1885 年 5 月 4 日 5 月 16 日 まで ス ウェーデンとノルウェーに 滞 在 していることが 明 らかになっており 同 じ 1885 年 5 月 4 日 5 月 16 日 まで の 著 者 はペテルブルグに 滞 在 し 花 房 のその 時 期 の 活 動 が 記 録 されていることを 指 摘 すべきであろう そして 駐 露 公 使 花 房 義 質 日 誌 では 1885 年 5 月 19 日 に 9 時 に 大 前 着 く と 記 録 されていること 45 附 録 13 を 参 照 46 紫 田 紳 一 花 房 義 質 関 係 文 書 について 外 交 史 料 館 報 第 7 号 1994 年 3 月 頁 但 し 瑞 典 諾 威 国 旅 行 日 記 は 1885 年 8 月 4 日 ~10 月 31 日 の 日 付 で 書 かれている 29

31 を 考 慮 に 入 れると 1885 年 にペテルブルグ 公 使 館 で 書 記 生 を 務 めた 大 前 退 藏 47 は スウェ ーデンとノルウェーに 出 張 し 明 治 十 八 年 露 都 滞 在 中 日 記 はその 旅 行 記 である 毛 筆 でかかれた 未 刊 の 史 料 となる 年 までの 日 記 を 解 読 した 結 果 を 踏 まえて 第 二 次 訪 露 時 代 ( 年 )の 花 房 の 交 流 相 手 についても 説 明 しておきたい 第 二 次 訪 露 時 代 ( 年 )に 花 房 と 接 触 した 人 物 たちはいくつかのカテゴリーに 分 類 でき る しかし 日 記 はあくまでも 内 部 用 メモとして 作 成 されたものであり 殆 どの 場 合 氏 名 や 苗 字 のみが 記 載 され 役 職 社 会 的 地 位 などは 明 記 されなかった 当 時 のロシア 政 界 では 貴 族 の 子 孫 の 多 くが 同 時 期 に 活 躍 していたため 48 名 前 と 父 称 が 明 記 されていない 限 り 断 定 は 極 めて 困 難 である 花 房 の 交 流 相 手 としては 第 一 に 1883 年 5 月 9 日 の 到 着 以 来 から 接 触 のあった 当 時 のロシア 外 相 ギールスを 初 めとする 現 地 (ロシア)の 外 務 省 の 官 僚 海 外 駐 在 ロシア 人 大 使 公 使 などが 挙 げられる 元 駐 日 公 使 スツルヴェ 49 駐 清 公 使 館 職 員 ビュツェフ 50 外 務 卿 補 佐 官 ヴランガリ 51 駐 ドイツロシア 大 使 欧 州 部 局 長 オステ ン サケン 52 駐 日 公 使 バロン ローゼン 53 駐 日 公 使 ダヴィトフ 54 駐 朝 ロシア 公 使 シェ ペアー55 ロシア 外 務 卿 補 佐 官 バロン ジョミニ 56 外 務 大 輔 アジア 局 長 ジノヴィエフ 57 同 副 長 バトルスキー 同 局 次 官 オエンスキー 外 務 卿 補 佐 官 ラムスドフ 58 プチャーチン Lensen, Japanese Diplomatic, p たとえば アンネンコフ イワン バシリヴィチ( ) 政 治 家 1867 年 以 降 ペテルブルグ 要 塞 司 令 官 アンネンコフ ミハイル ニコラエヴィチ( ) 陸 軍 将 軍 ザカスピ 州 の 鉄 道 建 設 工 事 長 49 スツルヴェ キリル バシリヴィチ 年 駐 日 ロシア 公 使 50 ビュツェフ エヴゲニー カルロヴィチ( ) 外 交 官 清 国 等 に 駐 在 した 51 ヴランガリ アレクサンドル ゲオルゲヴィチ( ) 外 交 官 年 駐 清 公 使 年 外 務 卿 補 佐 官 52 オステン サケン ニコライ ドミトリエヴィチ( ) 外 交 官 駐 ドイツロシ ア 大 使 を 務 めた 53 ローゼン ロマン ロマノヴィチ( ) 外 交 官 駐 メキーシコ 駐 日 公 使 を 務 めた 54 ダヴィトフ アレクサンドル ペトロヴィチ( ) 外 交 官 年 駐 日 公 使 を 務 めた 55 シェペアー アレクセイ ニコラエヴィチ 外 交 官 1884 年 以 降 駐 朝 ロシア 公 使 館 設 立 後 朝 鮮 駐 在 年 駐 朝 ロシア 公 使 56 ジョミニ アレクサンドル ゲンリホヴィチ( )ロシア 外 務 卿 の 補 佐 官 57 ジノヴィエフ イワン アレクセエヴィチ ( ) 年 ロシア 外 務 省 アジア 局 の 局 長 58 ラムスドフ ヴラジミール ニコラエヴィチ( ) 公 爵 政 治 家 外 交 官 年 外 務 卿 補 佐 官 59 プチャーチン エフィミー バシリヴィチ( ) 政 治 家 外 交 官 1855 年 日 露 通 商 条 約 締 結 にかかわる 30

32 外 務 省 職 員 パシコフ 外 務 省 職 員 ブロッセ 等 である 第 二 に ロシアに 駐 在 していた 欧 米 諸 国 アジアの 外 交 官 である 駐 露 イギリス 大 使 ト ルントン 駐 露 イギリス 代 理 公 使 ケネディ 駐 露 フランス 大 使 アべル 駐 露 フランス 大 使 館 の 書 記 官 サンシール 駐 露 ドイツ 公 使 シュワイニツ 駐 露 オーストリア 公 使 ギルデン 駐 露 スウェーデン 公 使 ドエ 駐 露 デンマーク 公 使 キュル ペルシア 領 事 ジャバルアリオフ 駐 露 アメリカ 公 使 駐 露 アメリカ 大 使 館 書 記 官 リルマ 駐 露 ポルトガル 公 使 バロン ド サント ポーランド 公 使 マゼル ルーマ 二 ア 公 使 クレツレスコらが 挙 げられる 第 三 に ロシアなどの 軍 人 である 陸 軍 大 臣 ワンノウスキー60 海 軍 大 将 海 軍 大 臣 シ ェスタコフ 61 陸 軍 中 将 チェルニャエフ 62 海 軍 中 将 ポシェット 63 ロシア 海 軍 大 将 アドミ ラール レスソースキー 海 軍 少 将 アバザ 64 陸 軍 中 将 リヒテル 陸 軍 大 佐 レベデフなど 第 四 に 当 時 のロシアの 行 政 界 政 界 宮 内 省 等 及 び 様 々な 民 間 企 業 の 人 物 である ガ リーチン 65 モスクワ 知 事 ゼネラール ドルゴルギー モスクワ 知 事 ペルフィリエフ ニ ジニー ノブゴロド 州 知 事 ゼネラル バラノフ 式 部 頭 スチュルメル モスクワ 美 術 館 長 バロン フュルレル 式 部 頭 ドルゴルキー 宮 内 省 のダシコフ ヒリャコフ 鉱 山 博 物 館 長 勅 使 コント キセリョフ コチュベー66 アンネンコフ 67 など 第 五 に 医 師 女 史 絵 画 の 教 師 など その 他 のサービス 係 である 医 者 リーヴェン 女 史 モーロ( モロー モロウ 等 の 表 記 もある) 絵 画 教 師 ペレンスなど 60 ワンノウスキー ピョトル セミョノヴィチ( ) 陸 軍 大 臣 61 シェスタコフ イワン アレクセーエヴィチ( ) 政 治 家 海 軍 大 将 年 ロシア 帝 国 海 軍 大 臣 を 勤 めた 62 チェルニャエフ ミハイル グリゴリエヴィチ( ) 陸 軍 中 将 1865 年 強 襲 してタシュケントを 占 領 した その 後 1875 年 に 反 トルコ 運 動 を 導 くセルビア 軍 の 司 令 官 となり 年 トルケスタン 州 の 知 事 を 務 めた 1884 年 以 来 軍 事 理 事 会 員 63 ポシェット コンスタンチン ニコラエヴィチ( ) 海 軍 中 将 年 プチャーチン 世 界 一 周 航 海 に 参 加 日 本 を 訪 れる 1855 年 に フリゲート 艦 ディアナ 号 で 日 本 の 二 度 目 の 訪 問 年 に 交 通 路 大 臣 年 に 行 われたペテルブル グ 新 港 の 工 事 長 64 アバザ アレクセイ ミハイロヴィチ( ) 政 治 家 海 軍 少 将 1880 年 代 シェスタコフ 海 軍 卿 の 同 行 で 極 東 の 港 一 周 航 海 で 参 加 旭 日 章 が 与 えられた 65?ガリーチン ニコライ ドミトリエヴィチ( ) 公 爵 政 治 家 年 アラハンゲルスク 州 の 福 知 事 その 後 内 務 省 の 経 済 局 の 福 局 長 等 を 務 めた 66?コチュベー ピョトル アルカデヴィチ( )ロシア 帝 国 技 術 協 会 の 会 長 を 務 めた 67?アンネンコフ イワン バシリヴィチ( ) 政 治 家 1867 年 以 降 ペテルブ ルグ 要 塞 司 令 官 31

Ольшанская юдофил Синельников Синельников

Ольшанская юдофил Синельников Синельников Agora: Journal of International Center for Regional Studies, No.13, 2016 Митина Митина Славина Ольшанская юдофил Синельников Синельников Педиконе П.и Лаврин А. Педиконе П.и Лаврин А. Педиконе П.иЛавринА.

More information

(1990) (1990) (1991) 88

(1990) (1990) (1991) 88 87 Alina Vitukhnovskaya 1973 3 27 7 11 10 12 1980 Literatunye novosti Smena 1993 1994 1 LSD 10 20 LSD 21 1995 10 1997 10 1998 4 1999 1996 80 1993 1994 1996 1996 1997 1999 10 (1990) (1990) (1991) 88 89

More information

09_後藤_p126-143(720-737).indd

09_後藤_p126-143(720-737).indd В. И. Ленин, Заметки публициста -О восхождении на высокие горы, о вреде уныния, о пользе торговли, об отношении к меньшевикам и т.п.-, Полн. собр. соч. т. стр. фундамент социалистической экономики, начинание

More information

…“…V…A’l”m−¯‡Æ†c™ƒž−¥‰{“è

…“…V…A’l”m−¯‡Æ†c™ƒž−¥‰{“è Временный брак между русскими офицерами и японскими «женами» в Инаса 1 1. 1. 1. 2. 1. 3. 60 60 2 2. 1. Madame de Chrysantème à la Boulangèà la Capoule 2. 2. анати атакосисуки дазо амакчь аната копому

More information

Microsoft Word - 20120316horiuchi.docx

Microsoft Word - 20120316horiuchi.docx 1 2007 11 2013 2 2012 9 APEC 2009 12 2025 3 2013 2007 2009-2018 4 2009 9 1990 1 1. 1.1 2013 5 2013 2007 11 1996 2002 2007 2 7 8 75 1996 6 APEC 2012 APEC 26 2008 2012 APEC APEC 2 APEC ESPO LNG Sollers APEC

More information

プロットとキャラクターの 類 型 3 5 Борисов С.Б. (сост.) Рукописный девичий рассказ. М.: ОГИ, Вацуро В

プロットとキャラクターの 類 型 3 5 Борисов С.Б. (сост.) Рукописный девичий рассказ. М.: ОГИ, Вацуро В ソ 連 の 学 校 における 少 女 の 物 語 文 化 越 野 剛 10 1998 1 2 90 1995 1 3 2003 4 рукописный девичий рассказ 80 1 Белоусов А.Ф. (сост.) Русский школьный фольклор: От «вызываний» Пиковой Дамы до семейных рассказов. М.,

More information

Sawada

Sawada A. I. A. S. Y. M. C. A. P. P. S. M. I. L. A. D. E. A. Мамонов А. И. Пушкин в Японии. М.: Наука, Главная редакция восточной литературы, 1984. 326 с. P. P. V. D. G. I. A. S. K. M. Русское национальное общество

More information

& ~16 2

& ~16 2 10 10 100 17 20 10 17 10 16:00~17:30 18:00~ 10 9:30~9:45 9:45~12:15 12:15~13:25 13:30~16:20 13:30~16:20 16:30~17:30 17:30~18:00 19:00~ 10 9:30~11:45 1 & 100 15~16 2 3 2004 10 9:30 9:309:45 1401 10 1401

More information

ヴラジーミル プロップ再考

ヴラジーミル プロップ再考 Title ヴラジーミル プロップ再考 : 20 世紀ロシア民俗学史の構築をめぐって Author(s) 坂内, 徳明 Citation 言語文化, 46: 23-39 Issue 2009-12-25 Date Type Departmental Bulletin Paper Text Version publisher URL http://doi.org/10.15057/18075 Right

More information

調査レポート

調査レポート WTO 18 16 14 12 1 8 6 4 2 1 7.28% 1.3% 9.35% 17.72% ЦЕНТРАЛЬНАЯ ИЗБИРАТЕЛЬНАЯ КОМИССИЯ РОССИЙСКОЙ ФЕДЕРАЦИИ 8.4%.4% 12.7% 8.7% 69.8% 1 2 2% 15% 1% 5% % -5% -1% -15% Федеральная служба государственной статистики

More information

…“…V…A’l‡Ì‡Ý‡½†c™ƒž−¥‰{“è2/21

…“…V…A’l‡Ì‡Ý‡½†c™ƒž−¥‰{“è2/21 Взгляд русских на «браки» между русскими офицерами и японскими «женами» 1 1. 1. 1. 2. 20 1887 M-me Chrysanthème Madame Chrysantème M-me Chrysantème 1. 3. par devant monsieur le marie état civil 2. 2.

More information

087-104_−~flö

087-104_−~flö 51 2008 87 103 Он пришел Он сейчас здесь 51 2008 этот 2 я-сейчас-здесь целостность предел 3 51 2008 целостность Сталин понял, что боязнь коммунистической заразы будет сильнее голоса рассудка. И он не ошибся.

More information

1-2 カーの時間 АСЦУ «Тогда еще верили в пространство и мало думал о времени.» В. В. Хлебников, Соб

1-2 カーの時間 АСЦУ «Тогда еще верили в пространство и мало думал о времени.» В. В. Хлебников, Соб フレーブニコフの カー とハルムスの ラーパ における時間概念の共通性 本田登 はじめに 1930 1991 11 1 第 1 章フレーブニコフの時間概念と作品 カー の構造 1-1 カー概説 9 2 1 Анна Герасимова / Александр Никитаев, Лапа, Театр, 1991, 11. 2 29 1-2 カーの時間 2222 2222 АСЦУ 3 7 1905

More information

Учебник японского языка Moskovsky Litzei Значение относительной и абсолютн Московский универ ой ориентации в японском языке ситет Идиоматические и уст

Учебник японского языка Moskovsky Litzei Значение относительной и абсолютн Московский универ ой ориентации в японском языке ситет Идиоматические и уст 1 2 Учебник японского языка Moskovsky Litzei Значение относительной и абсолютн Московский универ ой ориентации в японском языке ситет Идиоматические и устойчивые сочет ания в современном японском языке

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093E0955C8E86814594E08145899C957491E682528D5A824F8254824F8252825182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093E0955C8E86814594E08145899C957491E682528D5A824F8254824F8252825182512E646F63> 1904 1905 * M I 1930 35 1300 V I 800 10 15 80 10 15 1905 1917 12 1917 1906 * Historiography 9 V I 3 11 20 35 4 1 2000 16 1910 500 P N 1990 1 1908 1917 1904 1905 2 3 4 5 6 7 1 Россия и Япония на заре ХХ

More information

02_中見.indd

02_中見.indd B. B. Балтольд Балтольд, В. В., История изучения Востока в Европе и России Академик В. В. Балтольд, Сочинения том Москва: Издательство «Наука», стр. Яков И. Шмидт č И. Н. Березин č 簃 Арх. 簃 錄 吳棫 詅 徵 Палладий

More information

(3) (4) (5) XX века. Slavica Helsingiensia С См. Иванов Вяч. Поэт и чернь //Собрание сочинений. Т. 1. Bruxelles, 1974

(3) (4) (5) XX века. Slavica Helsingiensia С См. Иванов Вяч. Поэт и чернь //Собрание сочинений. Т. 1. Bruxelles, 1974 (1) (2) 1 Баран Х. Первая мировая война в стихах Вячеслава Иванова // Вячеслав Иванов. Материалы и исследования. М., 1996. С.171-185. Ben Hellman, Poets of Hope and Despair: The Russian Symbolists in War

More information

Taro13-DPSA-488表紙.jtd

Taro13-DPSA-488表紙.jtd Discussion Paper Series A No.488 移行経済下ロシアの貧困の経済的分析における RLMS の個票データの活用 -- ミクロ計量分析に向けて -- 武田友加 ( 東京大学大学院経済学研究科 一橋大学経済研究所非常勤講師 ) 2006 年 12 月 The Institute of Economic Research Hitotsubashi University Kunitachi,

More information

Ⅰ-0-①

Ⅰ-0-① Общение 交 こうりゅう し知 流 Ⅰ あり合おう Познакомимся もくじ < 目次 >Оглавление はな 0. 話してみよう Поговорим あいさつ 1いろいろな挨拶 いちにちあいさつ A. 一日の挨拶しょたいめんあいさつ B. 初対面の挨拶ものようとの用途を尋ものを借 2 物 3 物 に 4 日 ほん本 Различные приветствия Приветствия

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と 平 成 26 年 度 仙 台 市 確 かな 学 力 研 修 委 員 会 中 学 校 社 会 科 部 会 提 案 授 業 第 2 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 26 年 11 月 1 本 授 業 における 提 案 提 案 1 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 けた 指 導 の 工 夫 領 土 画 定 に 関 わる 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 け,

More information

09井上幸義.indd

09井上幸義.indd Bulletin of the Faculty of Foreign Studies, Sophia University, No.50 (2015) 1 Взаимосвязь между Тамарой из поэмы «Демон» и одноименной героиней из баллады «Тамара» INOUE Yukiyoshi Поэтические произведения

More information

佐藤論文.indd

佐藤論文.indd бессюжетная проза бесфабульные произведения См. Тынянов Ю. Достоевский и Гоголь (К теории пародии). Пг.: Опояз, 1921; Эйхенбаум Б. Как сделана «Шинель» Гоголя (1919). O прозе М. Кузмина (1920) // Эйхенбаум

More information

untitled

untitled 1874 1940 1920 1 1 1 18 19 5 200 1903 1907 2 1 5 2 231 1920 1 20 1910 2 2 1910 3 3 1925 4 5 6 4 1917 1929 10 10 1931 1935 1954 7 2 1 55 1905 8 В Э 1960 9 5 1968 4 2 177 180 5 2 233 234 10 1970 1973 11

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

354 1 1924 1889-1974 1968 200-204 2 1980 3 1926 1930 1931 4

354 1 1924 1889-1974 1968 200-204 2 1980 3 1926 1930 1931 4 1920-1930 0. 1920 1920 14-4 353 376 2012. 354 1 1924 1889-1974 1968 200-204 2 1980 3 1926 1930 1931 4 1920-1930 355 1. 1885-1942 1889-1939 1889-1962 1915 200 A. I. 356 1922 5 1920 S. 6 1920-1930 357 I.

More information

1912 Северные записки Русская мысль Биржевые ведомости Чудакова М., Тоддес Е

1912 Северные записки Русская мысль Биржевые ведомости Чудакова М., Тоддес Е No. 59 2012 1910 20 年代のエイヘンバウム フォルマリズムとの接近と離反の過程 中村唯史 1. はじめに 1886 1959 1910 1920 1 1893 1984 1894 1943 1896 1982 1980 1905 1910 1946 1956 3 2 2009 3 20 1 Carol Any, Boris Eikhenbaum: Voices of a Russian

More information

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は

この 場 合 の 合 意 = 日 米 両 政 府 が 単 に 相 手 との 立 場 の 違 いを 知 りながら 黙 っているというだけ でなく そのことが 公 にならないよう 協 力 することに 意 思 の 一 致 があったということ (3) 大 平 ライシャワー 会 談 以 後 (イ) 日 本 は いわゆる 密 約 問 題 に 関 する 有 識 者 委 員 会 報 告 書 ( 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 9 日 序 論 密 約 とは 何 か (1) 狭 義 の 密 約 とは 両 国 間 の 合 意 あるいは 了 解 であって 国 民 に 知 らされて おらず かつ 公 表 されている 合 意 や 了 解 と 異 なる 重 要 な 内 容 ( 追 加 的 に 重 要 な 権 利 や 自

More information

ブロニスワフ・ピウスツキ日本暦

ブロニスワフ・ピウスツキ日本暦 # 1. 1902 8 9 3 1903 7 10 3 1905 10 11 1 1906 1 1905 12 8 3 7 4 2. 3. Rękopis Sygnatura/ Sygn. stranica/ s. 4. 5. 6. 2 1904 7 8 11 1905 11 12 17 7. 8. B.S. 1891 1892 "Сахалинский дневник", Известия Института

More information

亡命ロシア人聖歌者 ポクロフスキーの人と音楽 ( 松島純子 )...16 郡司智麿のアルバムに見る革命下のブラゴベシチェンスク ( 舟川はるひ )...19 書評 外川継男著 サビタの花ロシア史における私の歩み を読んで ( 安井亮平 )...24 書評 バールィシェフ エドワルド著 日露同盟の時代

亡命ロシア人聖歌者 ポクロフスキーの人と音楽 ( 松島純子 )...16 郡司智麿のアルバムに見る革命下のブラゴベシチェンスク ( 舟川はるひ )...19 書評 外川継男著 サビタの花ロシア史における私の歩み を読んで ( 安井亮平 )...24 書評 バールィシェフ エドワルド著 日露同盟の時代 来日ロシア人研究会 会報 ISSN1344-9079 異 郷 ВТОРАЯ РОДИНА No.26 April 2008 バールィシェフ エドワルド氏 第 62 回 2008 年 2 月 2 日の報告 На фото: Г-н Эдуард БАРЫШЕВ выступает на 62-м заседании Ассоциации, 2 февраля 2008 г. 目次 研究会報告 ( 日本語

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

ロシア語論文CS.indd

ロシア語論文CS.indd Bulletin of the Faculty of Foreign Studies, Sophia University, No. 4 5? четыре пять Что лежит на границе числительных «4» и «5»? Принципиальное различие в восприятии количества, определяемого числительными

More information

大森雅子60

大森雅子60 No. 60 2013 ミハイル ブルガーコフの教権主義批判における二元論の超克 作家の創作活動とソヴィエト権力との関係を中心に 大森雅子 はじめに 20 1891 1940 1 2 V 349 349 3 1 Ellendea Proffer, Bulgakov: Life and Work (Ann Arbor: Ardis, 1984), p. 541. 2 E. E. Ericson, The

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3 北 の 丸 第 34 号 ( 平 成 13 年 11 月 刊 行 )より 公 文 書 の 接 収 返 還 返 還 台 帳 ( 内 閣 関 係 )について 公 文 書 専 門 官 室 終 戦 直 後 に 多 くの 政 府 機 関 国 策 会 社 等 から 多 数 の 公 文 書 資 料 が 連 合 国 側 によって 接 収 されたことはよく 知 られている これらの 接 収 資 料 の 部 は 昭 和

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

論 文 要 旨 今 日 の 日 本 近 代 史 研 究 では 満 州 事 変 から 日 中 戦 争 にいたる 期 間 を いわゆる 十 五 年 戦 争 の 一 部 をなすものとして 準 戦 時 期 としてとらえられるのが 通 例 である ところが ここに 猪 間 驥 一 という 知 られざる 自 由

論 文 要 旨 今 日 の 日 本 近 代 史 研 究 では 満 州 事 変 から 日 中 戦 争 にいたる 期 間 を いわゆる 十 五 年 戦 争 の 一 部 をなすものとして 準 戦 時 期 としてとらえられるのが 通 例 である ところが ここに 猪 間 驥 一 という 知 られざる 自 由 明 治 学 院 大 学 機 関 リポジトリ http://repository.meijigakuin 自 由 主 義 経 済 学 者 猪 間 驥 一 の 人 口 問 題 研 究 およびそ Title の 近 代 史 認 識 -1920~1940 年 代 の 考 察 - Author(s) 和 田, みき 子 ; WADA Mikiko Citation Issue Date 2016-05-12T07:02:11Z

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

Microsoft Word - pre-print2005最終.doc

Microsoft Word - pre-print2005最終.doc Казакевич В. ПОСЛЕДНИЕ ЧТЕНИЯ НА ВИЛЛЕ JEANNETTE «Частьречи» еще Evseeva E.V. Клочков Ю. Предупреждение и устранение грамматических ошибок японских учащихся Накадзава А. О происхождении и эволюции эпистолярных

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

1945 年 8 月 11 日 連 合 国 の 回 答 1945 年 8 月 14 日 御 前 会 議 においてポツダム 宣 言 の 最 終 的 な 受 諾 を 決 定 連 合 国 軍 最 高 司 令 官 ダグラス マッカーサーの 任 命 1945 年 8 月 17 日 東 久 邇 宮 内 閣 が

1945 年 8 月 11 日 連 合 国 の 回 答 1945 年 8 月 14 日 御 前 会 議 においてポツダム 宣 言 の 最 終 的 な 受 諾 を 決 定 連 合 国 軍 最 高 司 令 官 ダグラス マッカーサーの 任 命 1945 年 8 月 17 日 東 久 邇 宮 内 閣 が 日 本 国 憲 法 制 定 経 過 平 成 25 年 9 月 17 日 1918 年 1 月 8 日 ウィルソン 14 原 則 1918 年 11 月 11 日 ドイツとの 休 戦 の 締 結 1918 年 11 月 13 日 ハンガリーとの 休 戦 協 定 (ハンガリーの 内 部 行 政 には 干 渉 しない) 1941 年 1 月 6 日 ルーズベルト 大 統 領 の 四 つの 自 由 に 関

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

Bulletin of JASRLL No.40-2 Abstracts of Research Papers Accepted for Presentation at the 58 th Annual Assembly of the Japan Association for the Study

Bulletin of JASRLL No.40-2 Abstracts of Research Papers Accepted for Presentation at the 58 th Annual Assembly of the Japan Association for the Study Г. Шатохина. Описание косвенной фонетической межъязыковой интерференции на материале реализации японскими учащимися русских бифонемных консонансов Н. Рогозная.Механизмы функционирования теоретической модели

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

Репортаж Павла Зарубина. パーベル ザルビンによるレポートです В астраханской школе имени Гейдара Алиева готовятся ко дню народного единства. アストラハンのヘイダル アリエフ記念学校では民族統一記

Репортаж Павла Зарубина. パーベル ザルビンによるレポートです В астраханской школе имени Гейдара Алиева готовятся ко дню народного единства. アストラハンのヘイダル アリエフ記念学校では民族統一記 Нужен ли закон о российской нации: Путин дал старт дискуссии ロシアの民族に関する法律は必要か : プーチンは議論をスタートさせた Представители каких народов должны получать гражданство в России в упрощённом порядке, как адаптировать мигрантов,

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選 挙 解 散 以 降 の 流 れ( 憲 法 公 職 選 挙 法 の 規 定 ) 衆 議 院 の 解 散 ( 憲 法 7 条,54 条,69 条 ) 40 日 以 内 ( 憲 法 54 条 1 項 前

法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選 挙 解 散 以 降 の 流 れ( 憲 法 公 職 選 挙 法 の 規 定 ) 衆 議 院 の 解 散 ( 憲 法 7 条,54 条,69 条 ) 40 日 以 内 ( 憲 法 54 条 1 項 前 09082 3TOKY O 法 律 入 門 講 座 あなたの 身 近 な 憲 法 問 題 ~ 衆 議 院 解 散 選 挙 を 憲 法 から 考 える 辰 已 専 任 講 師 弁 護 士 二 宮 麻 里 子 先 生 TOKYO YOKOHAMA OSAKA KYOTO NAGOYA FUKUOKA 法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

Microsoft Word - 第9回 HP表紙 .docx

Microsoft Word - 第9回 HP表紙 .docx 23 TGV 1441 1 6 16 2001 2006 40 2.1. DEFLEDELF/DALF B2 1 9 1 1 2 5 2.2. 300 400 20 allocation familiale 1 700 1. 32 1969 1 8 2009 3 2. 2.1. 1 2 10 2 4 7 20 2.2. 240 1 600 250 6 3. 2015 4 8 3 31 5 1.

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Japan.indd

Japan.indd УДК 070(520)(075) ББК 65.497(5Япо) Ф44 ОГЛАВЛЕНИЕ Фесюн, А. Ф44 Язык японских СМИ [Текст] / Нац. исслед. ун-т «Высшая школа экономики». М.: Изд. дом Высшей школы экономики, 2013. 216 с. 1000 экз. ISBN

More information

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

高 宮 関 連 表 関 係 群 請 求 号 補 遺 落 3 67 35 36 控 67 37 絵 添 控 67 38 控 67 補 和 5768 5 高 宮 ノ 和 5768 6 杭 受 和 5768 7 態 ス 補 安 芸 代 官 答 弁 和 5768 8 誤 詫 び 和 5768 6 H73 樹

高 宮 関 連 表 関 係 群 請 求 号 補 遺 落 3 67 35 36 控 67 37 絵 添 控 67 38 控 67 補 和 5768 5 高 宮 ノ 和 5768 6 杭 受 和 5768 7 態 ス 補 安 芸 代 官 答 弁 和 5768 8 誤 詫 び 和 5768 6 H73 樹 館 紀 9 号 平 8 6 - - 館 戦 併 旧 継 蔵 半 降 代 含 周 辺 社 糸 安 南 区 旧 高 宮 安 北 区 旧 高 陽 起 益 紛 関 末 尾 添 平 位 岸 注 落 占 背 城 備 位 停 再 燃 根 深 表 稿 最 初 読 策 策 該 頃 概 略 3 ざ 腰 区 樹 切 厳 ゆ 洪 水 害 防 落 決 至 召 腰 民 委 ね 薪 牛 馬 飼 畑 肥 供 給 源 腰 民 個 別

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7 平 成 一 〇 年 (ワ) 第 八 七 六 一 号 著 作 物 発 行 差 止 等 請 求 事 件 ( 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 一 一 年 六 月 二 八 日 ) 判 決 原 告 A 原 告 B 右 両 名 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 今 野 勝 彦 前 田 惠 三 加 藤 裕 也 岩 田 廣 一 被 告 株 式 会 社 文 藝 春 秋 右 代 表 者 代 表 取 締 役 C 被 告

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

S2-OM.pdf

S2-OM.pdf Manual 685 S2 686 S2 Добро пожаловать и благодарим вас за приобретение акустики компании Bowers & Wilkins. Наш основатель, Джон Бауэрс, верил в то, что творческий подход в проектировании, новаторская

More information

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日 Title < 書 評 > 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 Author(s) 白 波 瀬, 達 也 Citation 宗 教 と 社 会 貢 献. 5(1) P.103-P.108 Issue 2015-04 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/51350

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

Microsoft Word - ロシア語

Microsoft Word - ロシア語 1. 書き始め基本文例 はじめまして Очень приятно. 私は田中一郎です Я Танака Ичило. 私と友達になってくれる日本人以外の人を探しています Сейчас я ищу иностранного друга. 私はロシア語は全く分かりませんので 少し日本語が話せる人は大歓迎です Добро пожаловать который чуть-чуть говорить по-ипонски,

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

国会ニュースNo19.indd

国会ニュースNo19.indd The Diet News ニュ ゆ 参 院 9 広 非 核 則 広 島 祈 念 式 典 非 核 則 触 宣 主 党 代 表 ジ 非 核 則 触 長 崎 式 典 触 何 故 真 伺 併 不 戦 誓 思 尋 ね 広 島 祈 念 式 典 挨 拶 非 核 則 堅 持 当 然 前 我 界 唯 戦 争 被 爆 核 兵 器 界 際 主 導 表 明 我 是 非 核 則 揺 ぎ 戦 争 惨 禍 二 繰 返 ア ノ

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

日 本 図 書 館 文 化 史 研 究 会 はこだて 外 国 人 居 留 地 研 究 会 2009 年 3 月 20 日 イワン マホフ ろしやのいろは をめぐって 兎 内 勇 津 流 幕 末 の 1861 年 に 函 館 で 製 作 された ロシア 語 学 習 用 小 冊 子 ろしやのいろは は

日 本 図 書 館 文 化 史 研 究 会 はこだて 外 国 人 居 留 地 研 究 会 2009 年 3 月 20 日 イワン マホフ ろしやのいろは をめぐって 兎 内 勇 津 流 幕 末 の 1861 年 に 函 館 で 製 作 された ロシア 語 学 習 用 小 冊 子 ろしやのいろは は Titleイワン マホフ ろしやのいろは をめぐって Author(s) 兎 内, 勇 津 流 Citation はこだて 外 国 人 居 留 地 研 究 会 会 報, 6: 10-14 Issue Date 2009-07-01 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/40196 Right Type article (author version) Additional

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

検事勾留尋問 [ 2 ] 対訳テキスト ( ロシア語 ) 1 検察官 通訳人のロシア語はよくわかりますか Вы хорошо понимаете русский язык переводчика? 2 被疑者 Да, хорошо понимаю. はい よく分かります 3 検察官 これからあなたを

検事勾留尋問 [ 2 ] 対訳テキスト ( ロシア語 ) 1 検察官 通訳人のロシア語はよくわかりますか Вы хорошо понимаете русский язык переводчика? 2 被疑者 Да, хорошо понимаю. はい よく分かります 3 検察官 これからあなたを 検事勾留尋問 [ 1 ] 対訳テキスト ( ロシア語 ) 1 検察官 私は検事の田中です あなたの名前を言ってください Я прокурор Танака. Назовите ваше имя. 2 被疑者 Меня зовут Анатолий Иванов. アナトリー イワノフです 3 検察官 生年月日はいつですか Назовите дату вашего рождения. 4 被疑者 21-е

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道 File.18< 判 決 原 文 > 固 定 資 産 税 4 事 件 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 1 2 年 ( 行 ウ) 第 3 32 号 平 成 1 4 年 1 月 2 2 日 判 決 (TAINS 判 例 検 索 Z999-8099) 控 訴 審 : 東 京 高 裁 平 成 1 4 年 ( 行 コ) 第 4 4 号 平 成 1 6 年 5 月 27 日 判 決 (TAINS 判 例

More information

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information