09 家庭への対応 ノート版

Size: px
Start display at page:

Download "09 家庭への対応 ノート版"

Transcription

1 家 庭 へ の 対 応 学 校 にできること4 このモジュールでは 虐 待 を 受 けた 又 は 虐 待 が 疑 われる 子 どもの 保 護 者 や そ の 家 庭 への 対 応 について 研 修 を 進 めます 児 童 虐 待 は 家 庭 で 起 こるものであり その 問 題 は 本 来 最 終 的 には 保 護 者 の 養 育 態 度 が 修 正 され 子 どもとの 関 係 が 再 構 築 されることでしか 解 決 し 得 な いものです 児 童 相 談 所 等 に 虐 待 通 告 された 子 どもであっても 施 設 入 所 等 により 家 庭 から 分 離 されるケースはむしろ 少 数 であり 全 体 の8 割 から9 割 のケースは 在 宅 の まま 学 校 を 含 めた 地 域 の 資 源 により 見 守 りと 支 えが 続 けられていくことになり ます 通 告 のあった 子 どもの 家 庭 での 状 況 の 確 認 や 保 護 保 護 者 への 指 導 や 支 援 は 主 として 福 祉 関 係 機 関 による 対 応 に 委 ねられることになりますが 学 校 や 教 育 委 員 会 も 必 要 に 応 じ これらの 対 応 に 関 し 協 力 を 求 められることがあります また 学 校 は 学 齢 期 のすべての 子 どもに 関 わることのできる 唯 一 のシステム であり どんなに 難 しい 家 庭 や 保 護 者 であっても 子 どもを 通 じて 何 らかのパイ プを 維 持 していることがしばしばです このような 学 校 に 対 しては 家 庭 内 にお ける 虐 待 を 早 期 に 発 見 すること 子 どもの 育 ちを 家 庭 とともに 支 えていくこと 等 において 大 きな 役 割 を 果 たすよう 期 待 も 集 まっています このような 中 にあって 家 庭 への 対 応 において 学 校 ができることは 何 かを 理 解 し 福 祉 機 関 等 との 連 携 を 適 切 に 進 めていけるようにするのが このモジュール のねらいです 1

2 家 庭 への 対 応 に 際 してのためらい 家 庭 への 対 応 をためらう 理 由 学 校 教 職 員 をためらわせる 懸 念 * 子 どもの 被 害 がかえって 大 きくならないか? * 家 庭 との 信 頼 関 係 を 損 なってしまわないか? 学 校 教 職 員 によくある 考 え 方 * 学 校 でできる 限 界 までとにかく 頑 張 る 高 すぎる 目 標 水 準 を 立 て とてもできない となる * 子 どもの 問 題 には 家 庭 との 協 調 で 対 処 する だが * 虐 待 は 保 護 者 と 子 どもの 利 害 対 立 である ( 家 庭 との 強 調 による 対 応 という)これまでの 経 験 則 が 使 えない と 感 じる ( 家 庭 への 対 応 に 際 してのためらい) 児 童 虐 待 に 関 し 家 庭 への 対 応 を 行 おうとするとき 学 校 教 職 員 はしばしばた めらいます まず このためらいがどこから 生 じてくるのかを 考 えてみましょう ( 学 校 教 職 員 をためらわせる 懸 念 ) ひとつは 家 庭 にかかわることでよけいに 子 どもに 被 害 が 出 るのではない か という 懸 念 です また 虐 待 という 確 証 もないのにかかわることで 家 庭 との 信 頼 関 係 を 損 なって しまわないか という 懸 念 もあります これらはいずれも 虐 待 を 通 告 しようとするときに 教 職 員 が 感 じるためらいと 同 じです ( 学 校 教 職 員 によくある 考 え 方 ) 学 校 教 職 員 によくある 考 え 方 が 家 庭 への 対 応 を 難 しくしているという 指 摘 もあります そのひとつは 学 校 でできる 限 界 までとにかく 頑 張 る という 考 え 方 です もちろん 学 校 が 果 たすべき 責 任 を 果 たすというのは 当 然 のことです しかし そのために ともすると 学 校 には 無 理 だと 考 えられることまでもやろうとしがち です そこで 本 来 到 底 学 校 ではなし 得 ないような 目 標 水 準 を 立 ててしまい とてもできない と 考 えてしまいます また 学 校 は 伝 統 的 にも 家 庭 との 協 調 によって 子 どもの 問 題 に 対 応 すると いう 考 えを 強 く 持 っています 虐 待 を 保 護 者 と 子 どもの 利 害 対 立 の 図 式 でのみ 理 解 してしまうと こうした 伝 統 的 な 対 処 の 経 験 則 が 使 えないと 感 じることになり ます こうしたことが 家 庭 への 対 応 をためらわせたり 保 護 者 との 間 で 踏 み 込 んだ 話 をできない 結 果 を 招 くことがあるのです 2

3 虐 待 対 応 の 際 に 生 じやすい 保 護 者 との 軋 轢 虐 待 について 子 どもに 事 実 確 認 保 護 者 は 激 しい 抗 議 関 係 機 関 に 虐 待 を 通 告 保 護 者 は 裏 切 られた と 攻 撃 子 どもの 問 題 行 動 と 保 護 者 の 養 育 態 度 につ いて 話 し 合 いを 提 案 保 護 者 は もう 登 校 させない と 硬 化 ( 虐 待 対 応 の 際 に 生 じやすい 保 護 者 との 軋 轢 ) 次 に 学 校 が 実 際 の 虐 待 ケースへ 対 応 する 際 に 保 護 者 との 間 でどの ような 問 題 が 生 じてくるかを 見 てみましょう ( 虐 待 について 子 どもに 事 実 確 認 したとき) まず 虐 待 を 疑 い 子 どもに 事 実 確 認 をしようとした 場 合 保 護 者 か ら 激 しい 抗 議 を 受 けることもあります ( 関 係 機 関 に 虐 待 を 通 告 したとき) 関 係 機 関 に 虐 待 を 通 告 した 場 合 先 生 を 信 じていたのに 裏 切 られ た と 攻 撃 されることもあります ( 保 護 者 本 人 に 話 し 合 いを 提 案 したとき) 子 どもの 問 題 行 動 について 保 護 者 に 伝 え その 背 後 にある 保 護 者 の 養 育 態 度 について 話 し 合 いをしようとすると そんなに 迷 惑 をかけている ならもう 登 校 させません と 言 われることもあります これらはみな 虐 待 対 応 を 進 めようとするとき 実 際 に 生 じる 保 護 者 との 軋 轢 であり 家 庭 への 対 応 においてしばしば 生 じる 問 題 です 教 職 員 を 襲 う 現 実 的 な 不 安 でもあり 感 じて 当 然 の 不 安 です 3

4 対 応 の 失 敗 例 * ネグレクトされている 子 どもへの 再 三 にわたる 生 活 指 導 が さらに 保 護 者 による 身 体 的 虐 待 を 誘 発 * 不 登 校 事 例 に 際 し 家 では 元 気 にしています との 親 の 言 葉 を 鵜 呑 みにし 子 どもの 状 態 を 現 認 しないまま 家 庭 内 での 虐 待 を 見 過 ごし * 父 親 からの 身 体 的 接 触 を 嫌 がる 女 児 の 訴 えを 受 けてい たが 夫 は 子 どもが 好 きなので という 母 親 の 言 葉 を 鵜 呑 みにし 性 的 虐 待 を 見 過 ごし ( 対 応 の 失 敗 例 ) ここで 家 庭 への 対 応 の 失 敗 例 をいくつか 見 てみましょう ( 学 校 の 対 応 が 保 護 者 による 虐 待 を 誘 発 した 事 例 ) ネグレクト 事 例 で 学 校 が 提 出 物 の 遅 れや 子 どもの 不 衛 生 について 再 三 にわたる 生 活 指 導 をしたところ あなたがきちんとしていないか らだ と 子 どもが 親 から 責 められる 結 果 になり 身 体 的 虐 待 を 惹 起 して しまいました この 事 例 では 子 どもとつきあう コツ を 一 緒 に 探 し ていこうという 姿 勢 が 十 分 なかったことが 反 省 点 となりました ( 不 登 校 状 態 の 子 どもに 対 する 家 庭 内 での 虐 待 が 見 過 ごされた 事 例 ) 長 期 化 した 不 登 校 事 例 に 際 して 家 では 元 気 にしています という 親 の 言 葉 を 鵜 呑 みにしていたところ 後 日 深 刻 なネグレクトと 心 理 的 虐 待 だったことがわかりました この 事 例 では 子 どもの 安 全 を 実 際 に 目 で 見 て 確 認 できない 期 間 が 続 いているということは それ 自 体 が 異 常 事 態 であり 関 係 機 関 による 家 庭 への 立 ち 入 りを 必 要 としているという 認 識 を 欠 いていたのだと 思 われます ( 母 親 の 言 葉 によって 父 親 による 虐 待 が 見 過 ごされた 事 例 ) 父 親 からの 身 体 的 接 触 を 嫌 がる 子 どもの 訴 えをたびたび 受 けていなが ら 夫 は 子 ども 好 きなので という 母 親 の 言 葉 によって 性 的 虐 待 を 見 逃 してしまいました この 事 例 では 子 どもが 嫌 がっている という 事 実 について 話 し 合 う 姿 勢 と 父 から 娘 への 性 的 虐 待 が 母 親 に 与 える 心 理 的 苦 痛 による 現 実 否 認 という 可 能 性 を 見 逃 したのだと 考 えられます 4

5 学 校 による 家 庭 への 対 応 そ の 前 提 学 校 は 治 療 機 関 でも 判 定 機 関 でもない ~ 学 校 に 期 待 されるのは 家 庭 を 支 える 地 域 資 源 の1つとしての 役 割 保 護 者 との 信 頼 関 係 は 虐 待 を 通 告 しない 理 由 にはならない 家 庭 へのかかわりにおいても チーム 対 応 が 基 本 チームのメンバーが 互 いの 役 割 のちがいと 保 護 者 との 関 係 に おけるメンバー 間 の 差 を 理 解 していることが 重 要 ( 家 庭 への 対 応 -その 前 提 ) それでは 学 校 教 職 員 が 実 際 の 虐 待 ケースに 直 面 した 場 合 には 家 庭 保 護 者 への 対 応 でどのような 点 に 留 意 したらよいでしょうか まず 対 応 の 前 提 となる 基 本 的 な 考 え 方 について 見 てみましょう ( 学 校 は 治 療 機 関 でも 判 定 機 関 でもない) 学 校 は 心 理 治 療 の 専 門 機 関 ではありません ましてや 保 護 者 の 養 育 に 対 して 判 定 を 下 す 機 関 でもありません 学 校 に 最 も 求 められているのは 家 庭 を 支 える 地 域 資 源 の1つとしての 役 割 です ( 保 護 者 との 信 頼 関 係 は 虐 待 を 通 告 しない 理 由 にはならない) 保 護 者 との 信 頼 関 係 は 大 切 です しかし それは 虐 待 通 告 をしない 理 由 にはなり ません 通 告 が 保 護 者 に 対 する 懲 罰 的 な 行 為 だと 思 ってはいけません それは 親 子 と いう 関 係 を 救 うための 行 為 です ( 家 庭 へのかかわりにおいても チーム 対 応 が 基 本 ) 教 職 員 による 家 庭 へのかかわりでも チームによる 対 応 が 不 可 欠 です 保 護 者 は 担 任 養 護 教 諭 校 長 生 徒 指 導 担 当 教 員 など それぞれに 対 して 異 なる 態 度 を 示 します 場 合 によっては 保 護 者 が ある 教 職 員 に 対 して 別 の 教 職 員 への 批 判 を 激 しく 訴 える こともあります その 場 合 批 判 に 必 死 に 抗 弁 したり 批 判 されている 教 職 員 を 過 剰 に 弁 護 しないことが 大 切 です 親 の 批 判 は 身 勝 手 で 現 実 的 ではないかもしれません しかし 怒 っていること その 怒 りを 訴 えようとしていることは 確 かであり それを 受 けとめてくれる 相 手 だとあなた を 認 知 しているのです だからこそ チームのメンバーが 互 いの 役 割 のちがいと 保 護 者 との 関 係 におけるメンバー 間 の 差 を いつも 理 解 していることが 重 要 になります 5

6 家 庭 への 対 応 のゴール (1) 家 庭 が 地 域 社 会 で 陥 っている 孤 立 の 解 消 (2) 虐 待 につながる 家 庭 内 の 病 理 性 の 改 善 (3) 保 護 者 の 怒 りの 処 理 のための 適 切 な 方 法 の 発 見 提 供 (4) 保 護 者 自 身 の 実 家 や 親 族 との 人 間 関 係 夫 婦 間 の 関 係 の 改 善 (5) 子 どもに 対 する 不 正 確 な 認 知 の 改 善 (6) 子 どもを 個 として 認 知 し 関 わること (7) 子 どもの 悪 い 行 動 への 耐 性 をつけること (8) 子 どもが 保 護 者 以 外 の 大 人 とよい 関 係 をもつことを 受 け 入 れること (9) 子 どもとの 関 係 を 楽 しめること (10) 子 どもに 関 する 肯 定 的 感 情 を 直 接 表 現 できること ( 家 庭 への 対 応 のゴール) 虐 待 事 例 の 家 庭 への 対 応 には いくつかゴールが 考 えられます そのすべて が 学 校 にできるとは 限 りませんが 何 がゴールなのかを 知 っておくことは 自 分 たちがしていることの 意 味 を 常 に 確 認 する 上 で 大 切 なことです まず 家 庭 が 地 域 社 会 で 陥 っている 孤 立 の 解 消 というゴールがあります 教 職 員 が 保 護 者 の 悩 みを 聞 く 相 手 になれれば それが1つの 前 進 にもなります 虐 待 につながる 家 庭 内 の 病 理 性 の 改 善 もゴールのひとつです しかし 学 校 にはなかなか 直 接 的 なアプローチが 難 しいことです 解 決 につながりそう な 福 祉 サービスを 紹 介 したりすることが 考 えられます 保 護 者 の 怒 りを 処 理 するための 適 切 な 方 法 を 見 付 け 提 供 することも 大 切 です 教 職 員 が 良 い 聞 き 手 になることはこの 点 でも 大 きなポイントとなりま す 保 護 者 自 身 の 実 家 や 親 族 との 人 間 関 係 や 夫 婦 関 係 の 改 善 も 大 切 ですが 学 校 にはなかなか 介 入 しにくい 点 です 子 どもに 対 する 不 正 確 な 認 知 の 改 善 については 教 職 員 が 子 どもとうま くかかわることができるようになれば それがそのまま 大 きな 手 助 けになると 考 えられます このことは 子 どもを 個 として 認 知 し 関 わること 子 どもの 悪 い 行 動 への 耐 性 をつけること というゴールにとっても 同 様 ですし ひいては 子 どもが 親 以 外 の 大 人 とよい 関 係 をもつことを 受 け 入 れること にもつなが ります 子 どもとの 関 係 を 楽 しめること 子 どもに 関 する 肯 定 的 感 情 を 直 接 表 現 できること も 大 切 なゴールです 本 当 は 子 どものことが 大 切 だと 思 って いるんです と 教 職 員 の 前 で 泣 くことよりも 子 どもに 直 接 あなたが 大 切 だ と 言 ってあげることの 大 事 さを 伝 えていく 必 要 があります 6

7 家 庭 へのかかわりに 当 たって ~ 基 本 的 な 心 構 え ~ 一 方 的 な 指 導 上 からの 説 教 は 効 果 が 薄 い 価 値 観 が 違 うのは 当 然 だと 考 える 先 入 観 を 押 しつけず まずは 相 手 の 説 明 を 聴 く 態 度 で その 話 し 合 いが 相 手 にとってどのような 意 義 を 持 つのかを 考 える ( 家 庭 へのかかわりに 当 たっての 心 構 え) 学 校 としては これらのゴールを 踏 まえた 上 で どの 目 標 に 対 してどこまでの ことが 自 分 たちにできるのかについて ケースごとに 吟 味 していく 必 要 がありま す その 上 で 関 係 機 関 とも 連 携 を 図 りながら 学 校 として 求 められる 役 割 を 果 たしていくことになります それでは 以 下 は 虐 待 事 例 における 家 庭 への 対 応 について 特 に 学 校 が 対 応 す る 際 の 具 体 的 なノウハウ 等 を 解 説 していきます まずは 学 校 が 家 庭 にかかわっていく 際 の 基 本 的 な 心 構 えについてです ( 一 方 的 な 指 導 上 からの 説 教 は 効 果 が 薄 い) 虐 待 ケースでは 多 くの 場 合 保 護 者 は 自 分 が 世 間 一 般 的 には 不 適 切 な 親 で あることを 感 じていますし 周 囲 からもそうした 目 で 見 られることに 慣 れてし まっています 一 方 的 な 指 導 上 からの 説 教 は 効 果 が 薄 いと 考 えてくだ さい ( 価 値 観 が 違 うのは 当 然 だと 考 える) 意 見 や 子 育 ての 価 値 観 が 違 っていることは 当 然 のことだと 考 えて 下 さい そう でないと 知 らず 知 らず 押 しつけがましい 態 度 の 話 し 合 いになってしまいます (まずは 相 手 の 説 明 を 聞 く 態 度 で) 子 どものケガについての 状 況 確 認 などの 場 合 にも まず 相 手 に 状 況 についての 説 明 をしてもらいましょう 決 めつけは 効 果 がありません むずかしいことです が こちらが 先 入 観 を 持 っていると 感 じれば 保 護 者 は 話 し 合 いの 意 欲 をなくし てしまいます (その 話 し 合 いが 相 手 にとってどのような 意 義 を 持 つのかを 考 える) この 話 し 合 いが 相 手 にとってはどのような 意 義 を 持 っているのか をいつも 考 えていて 下 さい 用 もないのに 呼 び 出 され 知 りもしないのに 説 教 され 最 後 は 子 どもを 分 離 すると 脅 された という 事 態 は 最 悪 です 7

8 保 護 者 への 対 応 の 原 則 子 どもの 良 い 面 の 報 告 から 始 める 問 題 行 動 の 報 告 は 学 校 で 処 理 済 み との 姿 勢 で こまめでわかりやすい 連 絡 をする 悩 みを 話 し 始 めたら まずは 傾 聴 に 徹 する 教 職 員 の 側 からの 対 処 方 法 の 提 案 を 急 がない 気 分 変 動 の 激 しい 保 護 者 の 場 合 には 巻 き 込 まれないよう 注 意 する 連 絡 可 能 な 時 間 などは 厳 密 に 制 限 した 上 ではっきり 伝 える 虐 待 についての 告 白 があったら 励 ましを 与 える よく 話 してくれた と 受 け 止 め これからどうしたらよいかを 一 緒 に 考 えてい こうと 伝 える ( 保 護 者 への 対 応 の 原 則 ) さらに 保 護 者 への 対 応 については 原 則 となるいくつかのポイントがあります ( 子 どもの 良 い 面 の 報 告 から 始 める) 保 護 者 との 関 係 では 最 初 から 子 どもについて 心 配 な 面 を 報 告 すると 虐 待 がエスカ レートする 可 能 性 もあります 子 どもの 良 い 面 をできるだけ 報 告 するところから 始 める 工 夫 が 必 要 です 中 には 子 どもが 学 校 でどんな 悪 さ をしているかすべて 知 らせて 欲 しい と 言 ってくる 保 護 者 もいます 良 い 面 だけを 報 告 していても 何 かの 拍 子 に 学 校 での 実 態 がわかると 学 校 は 嘘 をついていた と 攻 撃 してきたりします このよう な 場 合 には 子 どもの 問 題 行 動 についても 報 告 することになりますが あくまでも 学 校 で 起 こったことは 学 校 で 処 理 が 終 わっている という 姿 勢 を 伝 える 必 要 があります (こまめに わかりやすい 連 絡 をする) 連 絡 はこまめに, 短 い 文 章 でわかりやすく 誤 解 されやすい 言 い 回 しは 避 けるべきで す ( 保 護 者 が 悩 みを 話 し 始 めたら まずは 傾 聴 に 徹 する) もし 保 護 者 が 育 児 のことや 家 庭 関 係 のことなど 悩 みを 話 し 始 めたら まずは 傾 聴 に 徹 してください 具 体 的 な 対 処 方 法 の 提 案 を 焦 ってはなりません 基 本 としては たい へんなのですね とねぎらうことが 中 心 で こうしたらどうでしょう などの 示 唆 は 急 がないほうがよいものです ( 気 分 変 動 が 激 しい 保 護 者 の 場 合 には 巻 き 込 まれないよう 注 意 する) 中 には きわめて 気 分 変 動 が 激 しい 保 護 者 もいます その 場 合 には 巻 き 込 まれない ように 注 意 する 必 要 があります 連 絡 可 能 な 時 間 帯 などは 厳 密 に 制 限 した 上 ではっき りと 伝 え 保 護 者 の 気 分 次 第 で 四 六 時 中 対 応 することはできないことを 示 す 必 要 があり ます ( 虐 待 についての 告 白 があったら 励 ましを 与 える) もし 保 護 者 から 虐 待 している という 告 白 があったときは 責 めるのではなく よく 話 してくれた と 受 け 止 め,これからどうしたらよいかを 一 緒 に 考 えていこうと 伝 えることが 大 切 です 8

9 対 話 の 土 台 としての 傾 聴 対 応 に 当 たっては まずは 傾 聴 に 徹 する 聴 く 人 になるのは 答 える 人 になるより 難 しい 教 員 は もともと 答 える 教 える 方 が 得 意 な 職 種 傾 聴 は 孤 立 した 家 庭 という 状 況 を 打 破 する 手 だて 他 の 教 職 員 専 門 職 を 罵 ってきたときは 庇 いもせず 同 調 もせずが 原 則 ( 対 話 の 土 台 としての 傾 聴 ) 保 護 者 とのこうした 対 話 を 進 めるに 当 たって その 土 台 となるのは 何 よりまず 相 手 の 話 を 聴 こうとする 姿 勢 です 適 切 なタイミングでの 相 づち 相 手 への 関 心 を 示 す 態 度 など 言 葉 以 外 の 面 でも 傾 聴 の 態 度 が 大 切 になります ( 聴 く 人 になるのは 答 える 人 になるより 難 しい) 教 員 は その 職 業 柄 他 人 に 聞 かれて 何 かを 答 えたり 何 かを 教 えたりすることはと ても 得 意 です しかし 傾 聴 とはある 意 味 で 答 えを 考 えないで 聴 く ことでもありま す 答 えを 探 しながら 聴 いている 人 は 相 手 の 発 言 の 中 に 使 える 突 っ 込 める と 感 じる 発 言 を 聴 いた 瞬 間 から その 先 を 無 意 識 に 聴 かなくなってしまうものです 聴 く 人 に 徹 することは ときに 無 力 感 を 感 じさせるかもしれません 聴 く 人 になることは 答 える 人 になることよりもずっと 難 しいものです しかし 本 当 に 相 手 の 話 を 聴 くことができると 自 然 に 相 手 の 言 葉 の 中 にこちらの 質 問 の 糸 口 が 見 つかる ものですし それが 対 話 を 続 けていく 土 台 になります ( 傾 聴 は 孤 立 打 破 への 手 だて) 教 職 員 はカウンセラーではありませんし 伝 えなければならない 情 報 もあるでしょう それでも 虐 待 が 地 域 社 会 や 周 囲 の 対 人 関 係 から 孤 立 した 家 庭 で 生 じやすいことを 考 え れば 傾 聴 は 学 校 が 持 つ 虐 待 への 抑 止 力 として 有 効 なものです ( 他 の 教 職 員 等 への 罵 りには 庇 いも 同 調 もせず) なお 保 護 者 との 間 に 安 定 した 関 係 がある 程 度 できてくると しばしば 保 護 者 は 他 の 教 職 員 や 専 門 職 の 悪 口 を 言 い 始 めます このとき 悪 口 の 対 象 となっている 教 職 員 等 を 庇 おうとしたりすると 保 護 者 との 関 係 は 進 展 しなくなることもあります しかし 罵 りに 同 調 してしまうことはいけません このように 態 度 をとれば 必 ずどこかで 保 護 者 は 自 分 の 行 為 を 正 当 化 するために あの 先 生 だってそう 言 っていた と 主 張 することに なります 同 調 も 反 対 もせず 保 護 者 がそのような 悪 感 情 を 抱 いていたことに 理 解 を 示 す 対 応 が 必 要 になります ここに 示 した 対 話 の 原 則 は どれも 当 たり 前 のことのように 見 えますが 実 際 にこれ を 行 おうとすると なかなかうまくできないことも 多 いでしょう これらの 内 容 は 実 は 専 門 的 な 面 接 技 術 にも 通 じるものであり これらを 間 違 いなく 行 うには 一 定 の 訓 練 も 必 要 となるものです 学 校 は 心 理 治 療 機 関 ではありませんので 保 護 者 等 への 対 応 についても 関 係 機 関 との 連 携 により 進 めることが 重 要 となりますが 併 せて 教 職 員 がこうした 対 話 の 技 術 について ある 程 度 の 専 門 的 な 研 修 を 受 けることなども 有 意 義 と 考 えられます 9

10 対 話 のための 具 体 的 な 技 法 ~ 問 いかけのテクニック 等 ~ まずは 称 賛 しながらの 同 情 という 姿 勢 で 当 たる 苦 しい 状 況 に 理 解 を 示 しつつ その 中 でもうまくいっている 部 分 を 探 して 指 摘 うまくいっている 部 分 に 焦 点 を 当 てて 質 問 する 例 どんなふうにして もっとひどい 状 態 になってしまうのを 防 いでいるのでしょうか 虐 待 的 な 関 係 ばかりではないという 例 外 を 探 し 当 てるような 問 いかけを 行 う 例 叩 きたくなっても 叩 かずに 済 ませることができたことはありませんでしたか? 自 分 の 心 理 状 態 等 を 自 分 で 把 握 するための 物 差 し となる 言 葉 を 一 緒 に 見 つける 例 子 どものすることが 気 にならないでいられるお 母 さんを10だとすると 夕 べのお 母 さ んはいくつくらいでしたか? 保 護 者 から 見 た 教 職 員 ( 自 分 等 )について 尋 ねてみる ( 具 体 的 な 対 話 の 技 法 ) 心 理 的 治 療 機 関 ではない 学 校 には 虐 待 を 行 う 保 護 者 の 心 理 的 カウンセリング 等 までも 求 められ るものではありませんが これらの 分 野 における 様 々な 技 術 のエッセンスの 中 には 教 職 員 にも 実 践 できる 内 容 が 多 く 含 まれています ここでは 教 職 員 に 役 立 つ 実 践 的 な 技 法 のいくつかを 紹 介 し ましょう ( 称 賛 しながらの 同 情 ) まず 保 護 者 が 置 かれている 状 況 子 どもに 対 応 する 大 変 さ 等 について 理 解 を 示 しましょう そ の 苦 しい 状 況 の 中 でも どこか うまく 機 能 している 親 の 部 分 を 探 して 指 摘 しましょう これは 称 賛 しながらの 同 情 と 呼 ばれます もちろん このことは 虐 待 行 為 を 正 当 化 することではあ りません ( うまくいっている 部 分 に 焦 点 を 当 てて 質 問 ) どんなふうにして もっとひどい 状 態 になってしまうのを 防 いでいるのでしょうか こ う 問 いかけることで 不 適 切 な 関 係 の 中 でも うまくいっている 面 を 保 護 者 に 自 覚 させられき るかもしれません ( 虐 待 的 な 関 係 ばかりではないという 例 外 を 探 すよう 問 いかけ) 叩 きたくなっても 叩 かずに 済 ませることができたことはありませんでしたか? こうし て 虐 待 的 な 関 係 の 取 り 方 に 例 外 を 探 すように 問 いかけることで 親 からも 協 同 して 問 題 と 取 り 組 もうとする 姿 勢 が 見 出 せるようになってきます ( 自 分 の 心 理 状 態 等 を 把 握 するものさしとなる 言 葉 をさがす) お 母 さんの 言 われる いい 子 が10だとすると お 子 さんはいくつくらいでしょう? 叩 か ずにいられる 子 どものすることが 気 にならないでいられるお 母 さんを10だとすると 夕 べのお 母 さんはいくつくらいでしたか? こう 問 いかけることで 主 観 的 な 言 葉 にごまかされず 自 分 の 状 態 を 判 断 するものさしを 見 つけていくことができます ( 保 護 者 から 見 た 教 職 員 ( 自 分 等 )について 尋 ねてみる) 私 は お 父 さん(お 母 さん)にどんなふうに 関 係 をもっていったらいいでしょうね こ う 問 いかけることで 実 は 相 手 が 周 りから 自 分 がどう 思 われていると 感 じているのかを 知 ること ができます 相 手 との 関 係 がある 程 度 できていて 相 手 が 穏 やかに 話 ができるときに これまで 出 会 ってきた 教 職 員 の 中 でいちばんだと 思 った 教 職 員 はどんな 人 でしたか と 尋 ねてみるのも 有 効 です そこに 相 手 が 求 めている 教 職 員 のイメージがあります それを 把 握 しておくことは こち らの 出 方 を 探 っていく 上 で 大 切 な 情 報 になります 10

11 家 庭 訪 問 時 の 留 意 点 当 該 保 護 者 との 間 で うまく 関 係 をつくれていた 者 がいる 場 合 には あらかじめコツを 聞 いておく 保 護 者 が 酒 を 飲 んでいるなど 落 ち 着 いて 話 ができる 状 況 にない 場 合 は 無 理 強 いせずに 出 直 す 連 続 して 面 会 を 拒 絶 される 状 態 になったら よりベテランの 教 職 員 や 上 司 などと 一 緒 に 訪 ねてみる 子 どものことばかりに 話 題 を 集 めないようにする 相 手 が 他 の 教 職 員 を 罵 ったりする 場 合 でも 弁 護 もせず 迎 合 もせず に 接 する さりげなく 家 庭 内 の 状 況 を 観 察 する ( 家 庭 訪 問 時 の 留 意 点 ) ところで 虐 待 事 例 における 家 庭 へのアプローチの 一 環 において 大 きな 意 味 を 持 つ 作 業 の1つに 家 庭 訪 問 があります 虐 待 対 応 の 中 で 保 護 者 との 対 話 を 進 めるため また 家 庭 における 子 どもの 状 況 把 握 のためにも 家 庭 訪 問 は 繰 り 返 し 必 要 となってきます ここで いくつか 教 職 員 が 家 庭 訪 問 を 行 う 場 合 の 留 意 点 を 挙 げておきましょう ( 当 該 保 護 者 とうまく 関 係 をつくれていた 者 から コツを 聞 いておく) もしも 前 担 任 など 当 該 保 護 者 と 上 手 に 付 き 合 うことができていた 人 がいる 場 合 には 話 をす る 糸 口 やコツなどをあらかじめ 聞 いておくとよいかもしれません ( 落 ち 着 いて 話 ができる 状 況 にない 場 合 は 無 理 強 いせずに 出 直 す) 訪 問 したときに 保 護 者 が 酒 を 飲 んでいるなど 明 らかに 落 ち 着 いて 話 ができる 状 態 にないと 判 断 した 場 合 には 無 理 強 いせずに 出 直 すことを 考 えます できれば 次 にいつ 訪 問 するかを 約 束 して おくとよいかもしれません ( 連 続 して 面 会 を 拒 絶 される 状 態 になったら) もしも 連 続 して 面 会 を 拒 絶 されるような 状 態 になった 場 合 には よりベテランの 教 職 員 や 前 担 任 上 司 などと 一 緒 に 訪 問 してみることもひとつの 方 法 です ( 子 どものことばかりに 話 題 を 集 めない) 話 を 始 めたら 子 どものことにばかり 話 題 を 集 めないようにすることも 大 切 です もちろん 保 護 者 が 積 極 的 に 話 をしてくれているのであればよいのですが こちらからの 質 問 に 相 手 が 答 えると いうパターンが 続 く 場 合 子 どものことばかり 聞 き 続 けることは 保 護 者 を 知 らず 知 らずのうちに 責 めるメッセージになってしまうこともあります ( 他 の 教 職 員 等 への 罵 りには 弁 護 も 迎 合 もせず) ある 程 度 保 護 者 との 関 係 が 築 かれてくると その 保 護 者 が 他 の 教 職 員 や 児 童 相 談 所 の 職 員 保 健 師 などの 専 門 職 のことを 罵 ってくることもあります この 場 合 そんなことはない と 罵 られ ている 者 の 弁 護 に 廻 ってしまうと それ 以 上 会 話 が 進 まなくなることもあります しかし 相 手 の 話 に 迎 合 して 同 意 してしまうことは 禁 物 です 同 意 してしまうと 必 ずや 保 護 者 はどこか 別 の 場 で 自 分 の 主 張 をする 際 に 学 校 の 先 生 だって 保 健 師 の 責 任 だと 言 っているんです と 言 い 出 すことに なるでしょう これがチームワークを 乱 すもとになることもあります 繰 り 返 しになりますが こ うした 場 合 には 保 護 者 がそのような 気 持 ちになっていたのだということに 共 感 しながら 弁 護 も 迎 合 もしないで 聞 き 続 けることが 大 切 です (さりげなく 家 庭 内 の 状 況 を 観 察 する) 家 庭 訪 問 をしたら 部 屋 の 飾 り 付 けや 掃 除 の 程 度 など さりげなく 状 況 を 観 察 することも 忘 れず にいてください 前 回 の 訪 問 からの 変 化 についても 同 様 に 観 察 してください 11

12 周 囲 の 保 護 者 への 対 応 1 虐 待 されている 子 どもの 言 動 が 問 題 視 されたとき 周 囲 の 子 どもを 守 る 姿 勢 を 明 確 に 示 す 学 校 全 体 がチームで 対 応 していることを 伝 える 必 要 に 応 じて 管 理 職 が 直 接 に 対 応 し 事 実 関 係 につい ての 正 確 な 情 報 提 供 と 協 力 の 依 頼 を 行 う 問 題 を 隠 す ことは 事 態 の 改 善 にはつながらない ~ ただし 当 該 児 童 生 徒 について 虐 待 又 はその 疑 いがあること を 示 唆 することは 避 ける ( 周 囲 の 保 護 者 への 対 応 ) 家 庭 への 対 応 について ここで もうひとつ 別 の 視 点 から 考 えておかなければ ならないことがあります 虐 待 を 受 けた 子 どものクラスメートの 保 護 者 など 周 囲 の 保 護 者 への 対 応 につ いてです ( 虐 待 されている 子 どもの 言 動 が 問 題 視 されたとき) ときに 虐 待 を 受 けている 子 どもが 学 校 で 示 す 問 題 行 動 について 周 囲 の 保 護 者 からクレームが 寄 せられることもあります ( 周 囲 の 子 どもを 守 る 姿 勢 を 明 確 に 示 す) この 場 合 まずは 周 囲 の 子 どもを 守 る という 姿 勢 を 明 確 に 示 してください ( 学 校 全 体 がチームで 対 応 していることを 伝 える) 学 校 はどんな 手 を 打 っているのか どうするつもりなのかと 尋 ねられたら 学 校 全 体 で 取 り 組 んでいることを 伝 えてください 必 要 に 応 じて 専 門 機 関 の 助 言 も 得 ていると 伝 えることも 大 切 です ( 必 要 に 応 じ 管 理 職 が 直 接 に 対 応 ) 管 理 職 がきちんと 前 面 に 出 て 説 明 することも 重 要 です 学 校 の 説 明 責 任 として 事 実 関 係 についての 正 確 な 情 報 を 提 供 するとともに どの 子 の 成 長 にとっても 大 切 な 課 題 であることを 伝 え よりよい 学 級 づくりに 協 力 して 欲 しい 旨 を 訴 えてく ださい ( 問 題 を 隠 すことで 事 態 の 改 善 にはつながらない) 学 校 で 何 が 起 こっているのか そのことに 対 して 学 校 はどう 取 り 組 もうとして いるのかをオープンにすることで 周 囲 の 保 護 者 の 批 判 的 な 言 動 も 沈 静 化 するこ とが 多 くあります 問 題 を 隠 すほど むしろ 事 態 は 悪 化 するものだと 考 えてくだ さい ただし 問 題 行 動 を 起 こしている 子 どもについて 虐 待 又 はその 疑 いがあ るということを 示 唆 することは 避 けなければなりません 12

13 周 囲 の 保 護 者 への 対 応 2 虐 待 されているのではないかと 話 題 になったとき 安 易 な 風 評 噂 は 子 どもを 傷 つけることを 伝 え 配 慮 をお 願 いする 学 校 として チームを 組 んで 対 応 しているこ とをきちんと 伝 える できれば 話 題 の 当 事 者 となっている 保 護 者 の 心 情 にも 配 慮 してほしいことを 伝 える ( 虐 待 されているのではないかと 話 題 になったとき) あの 子 は 虐 待 されているのではないか という 話 が 周 囲 の 保 護 者 から 起 きてきた 場 合 にはどうすべきでしょうか ( 風 評 噂 にならないよう 配 慮 を 依 頼 する) この 場 合 でも まずは 子 どもを 守 るという 姿 勢 を 明 確 に 示 してください 情 報 を 伝 えてくれたことには 感 謝 しながら 安 易 な 風 評 が 立 ったり 噂 になったりするようなことは 何 よりも 子 どもを 傷 つけることになること を 伝 えてください ( 学 校 として 取 り 組 んでいることを 伝 える) そして 学 校 はチームを 組 んで 取 り 組 んでいる( 取 り 組 んでいく)こと 必 要 に 応 じて 外 部 の 専 門 機 関 にも 助 言 を 求 める 姿 勢 でいることを 伝 えてく ださい ( 話 題 の 当 事 者 となっている 保 護 者 の 心 情 にも 配 慮 してほしい 旨 伝 える) 最 後 に できれば 話 題 の 当 事 者 となっている 保 護 者 の 心 情 にも 配 慮 し てほしいことを 伝 えてください よかれと 思 っている 育 児 を 責 められれば 誰 でも 頑 なな 態 度 になります その 上 で あらためて 情 報 を 提 供 してくれたことに 感 謝 し 今 後 も 学 校 に 協 力 してほしいと 依 頼 してみましょう 13

14 全 校 体 制 とは 何 か 虐 待 事 例 への 対 応 は 一 種 の 危 機 管 理 学 校 としての 対 応 姿 勢 を 全 教 職 員 が 理 解 共 有 する 必 要 困 難 ケース であればこそ チーム 対 応 が 重 要 ( 全 校 体 制 とは 何 か) ここまで 虐 待 事 例 における 家 庭 への 対 応 について 学 んできました このモ ジュールの 終 わりに 全 校 体 制 で 取 り 組 む とはどういう 意 味 なのかについて 確 認 しておきたいと 思 います ( 虐 待 事 例 への 対 応 は 一 種 の 危 機 管 理 ) 児 童 虐 待 の 事 例 に 対 応 することは 学 校 にとっては 一 種 の 危 機 管 理 的 な 事 態 に 直 面 することでもあります 子 どもの 安 全 管 理 周 囲 の 保 護 者 との 関 係 調 整 関 係 するさまざまな 機 関 との 情 報 交 換 と 情 報 管 理 学 級 の 中 に 持 ち 込 まれがちな 二 重 基 準 最 前 線 に 立 たされる 教 職 員 のメンタルケアなど 判 断 を 迫 られる 事 態 が 次 々と 生 じます ( 学 校 としての 対 応 姿 勢 を 全 教 職 員 が 理 解 共 有 ) 全 校 で 取 り 組 む というのは ただ 単 に 会 議 で 話 題 にするということではあ りません その 事 例 に 対 する 学 校 としての 姿 勢 を どの 教 職 員 も 説 明 できるよう にするということです 保 護 者 への 対 応 の 中 で あの 先 生 にはあの 先 生 の 考 え 方 があるからね 僕 は 賛 成 しないけど などという 発 言 があちこちから 漏 れるようでは チーム 対 応 など 絵 に 描 いた 餅 ということになります ( 困 難 ケース であればこそ チーム 対 応 が 重 要 ) 対 応 が 困 難 なケースというのは 間 違 いなくあります 家 庭 への 対 応 も 実 際 に やってみればさまざまな 困 難 が 生 じてきますし すべてのケースについて 望 まし い 結 果 がでる 訳 でもありません だからこそ チームを 組 んだ 対 応 が 必 要 なので す 自 分 にもできることがあるという 意 識 と 自 分 だけが 抱 えているのではない という 安 心 感 が 虐 待 事 例 に 対 応 する 基 盤 になります 学 校 教 職 員 にとって 本 当 に 困 難 なケースとは チームが 組 めず 孤 立 無 援 で 対 応 し 続 けるケースのこと なのだと 理 解 していただきたいと 思 います 14

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc)

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc) 別 紙 1 パワー ハラスメントの 防 止 のために 職 員 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 パワー ハラスメント( 以 下 パワハラ という )をしないようにするため に 職 員 が 認 識 すべき 事 項 1 意 識 の 重 要 性 パワハラをしないようにするためには 職 員 一 人 一 人 が 次 の 事 項 の 重 要 性 について 十 分 認 識 しなければならない

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着 避 難 所 について 1. 運 営 は 地 域 住 民 で 避 難 所 の 運 営 は 地 域 防 災 組 織 を 中 心 とした 地 域 の 住 民 や 避 難 所 の 代 表 者 による 自 治 組 織 避 難 所 運 営 委 員 会 で 行 うことになっています また 市 職 員 学 校 施 設 管 理 者 及 びボランティアは 支 援 にあたります 障 害 のある 方 やご 高 齢 の 方

More information

Microsoft Word - 文書1.doc

Microsoft Word - 文書1.doc 有 給 休 暇 労 働 基 準 法 第 39 条 子 どもの 学 校 の 都 合 で 休 むことがあるのですが その 時 はお 給 料 が 出 ません パートには 有 給 休 暇 はな い と 会 社 からは 言 われています パートタイム 労 働 者 にも 有 給 休 暇 はあります (ただし とれない 場 合 もあります ) パートタイム 労 働 者 にも フルタイム 労 働 者 と 同 じように

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権

人権ポケットブックシリーズ④性的少数者と人権 J 04 1 2 3 4 4 1 世 の 中 には 男 と 女 しか いない? 性 的 指 向 には いろいろな 形 があります 異 性 を 愛 す る 人 だけではなく 同 性 愛 や 両 性 愛 の 人 もいます また 性 の 自 己 認 識 こころの 性 と 生 物 学 的 な 性 か らだの 性 が 違 うと 感 じて さまざまな 葛 藤 が 生 じる 性 同 一 性 障 害 の 人 々もいます

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

調 査 結 果 Press Release 産 休 ママのパートナーの 育 休 取 得 率 1 割 以 下 出 産 1か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 育 休 を 取 得 して 良 かったと 思 うこと

調 査 結 果 Press Release 産 休 ママのパートナーの 育 休 取 得 率 1 割 以 下 出 産 1か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 育 休 を 取 得 して 良 かったと 思 うこと 報 道 関 係 者 各 位 2016 年 5 月 11 日 ゲンナイ 製 薬 調 べ 産 休 育 休 に 関 する 実 態 調 査 出 産 1 か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に 1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 取 得 者 の 4 人 に 1 人 がマタハラ 被 害 を 経 験 妊 活 サプリメントを 展 開 するゲンナイ 製 薬 株

More information

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう 1 2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとうございます 今 占 いはあなたの 生 活 の 一 部 になっているかもしれません そんな 占 いの

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 平 成 28 年 度 大 津 市 立 打 出 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 生 徒 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 心 身 ともに 健 やかに 成 長 して くれることを 願 い いじめ は いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格

More information

学校いじめ防止基本方針」(例)

学校いじめ防止基本方針」(例) 山 形 市 立 第 九 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 はじめに いじめはどの 子 供 にも 起 こりうる どの 子 供 も 被 害 者 にも 加 害 者 にもなりうるとい う 事 実 を 踏 まえ 児 童 の 尊 厳 を 保 持 することを 目 的 に 教 育 委 員 会 学 校 地 域 住 民 家 庭 その 他 の 機 関 及 び 関 係 者 との 連 携 のもと いじめ 問 題

More information

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00)

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00) 介 護 予 防 サービス 支 援 計 画 表 の 記 入 の 仕 方 1. 基 本 的 な 事 項 に 関 する 項 目 群 < NO. 欄 > 利 用 者 のを 記 載 する < 利 用 者 名 欄 > 利 用 者 の 氏 名 を 記 載 する < 認 定 年 月 日 欄 > 要 介 護 認 定 の 結 果 を 受 けた 日 を 記 載 する < 認 定 の 有 効 期 間 欄 > 認 定 の 有

More information

性 行 為 とは 性 交 及 び 性 交 類 似 行 為 と 同 義 であり( 昭 和 40 年 7 月 12 日 新 潟 家 裁 長 岡 支 部 決 定 ) わいせつな 行 為 とは いたずらに 性 欲 を 刺 激 興 奮 せしめたり その 露 骨 な 表 現 によって 健 全 な 常 識 のある

性 行 為 とは 性 交 及 び 性 交 類 似 行 為 と 同 義 であり( 昭 和 40 年 7 月 12 日 新 潟 家 裁 長 岡 支 部 決 定 ) わいせつな 行 為 とは いたずらに 性 欲 を 刺 激 興 奮 せしめたり その 露 骨 な 表 現 によって 健 全 な 常 識 のある 資 料 2 いわゆる 淫 行 禁 止 規 定 深 夜 外 出 の 制 限 等 に 係 る 座 長 整 理 案 基 本 的 考 え 方 大 人 が 真 摯 な 恋 愛 を 除 き 判 断 能 力 が 未 熟 な 子 どもと 性 行 為 に 及 ぶことなどは 子 どもの 成 長 発 達 を 見 守 り 支 える 大 人 の 責 任 として 許 されないものであること 県 民 総 ぐるみで 深 夜 に 外

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

女を自分にベッタリ依存させる方法

女を自分にベッタリ依存させる方法 こんにちは 古 賀 です あなたは 好 きな 女 性 気 になる 女 性 に 依 存 されたいと 思 いますか? あなた 無 しじゃ 生 きられない と 言 われて ベッタリ 依 存 され 頼 りまくられたいと 思 いますか? まあ 人 によってはウザイと 言 う 人 もいるかもしれませんが ほとんどの 男 性 が 気 になる 女 性 か ら 依 存 されたいと 思 っているのではないかと 思 います

More information

第 1 章 面 接 試 験 って 何? 1 面 接 試 験 対 策 とは 皆 様 が 受 験 される 監 査 法 人 および 一 般 事 業 会 社 の 採 用 試 験 の 内 容 を 大 きく 分 類 すると, 筆 記 試 験 と 面 接 試 験 に 分 かれます ほとんどでは, 一 次 試 験

第 1 章 面 接 試 験 って 何? 1 面 接 試 験 対 策 とは 皆 様 が 受 験 される 監 査 法 人 および 一 般 事 業 会 社 の 採 用 試 験 の 内 容 を 大 きく 分 類 すると, 筆 記 試 験 と 面 接 試 験 に 分 かれます ほとんどでは, 一 次 試 験 目 次 第 1 章 面 接 試 験 って 何? 1 1 面 接 試 験 対 策 とは 1 2 本 冊 子 の 狙 い 1 3 面 接 試 験 の 概 略 2 4 面 接 試 験 の 重 要 性 2 5 監 査 法 人 一 般 事 業 会 社 の 採 用 試 験 における 面 接 試 験 3 第 2 章 事 前 に 準 備 すべきこと 4 1 志 望 先 の 情 報 収 集 とその 方 法 4 2 面

More information

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3

2 参 考 資 料 1 好 きなもの 欲 しいものリスト 組 番 氏 名 ( ) 私 が 本 当 に 好 きなこと 好 きなものとは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 私 が 本 当 に 欲 しいものは 何 だろう 10 個 挙 げてみよう 1 2 3 アファメーション( 理 想 の 自 己 イメージの 創 造 ) 高 校 (3 年 ) 1 本 時 の 指 導 ( 本 時 は 第 3 時 ) 第 1 時 夢 と 目 標 第 2 時 夢 (ビジョン)をリスト 化 する 第 3 時 目 標 のビジュアル 化 とアファメーション 化 のコツ (1) ねらい 好 きなもの 欲 しいものリストを 作 成 し それをもとにして 理 想 とする 人 間 像 性

More information

(通達)アダルトビデオへの強制的な出演等に係る相談等への適切な対応等について

(通達)アダルトビデオへの強制的な出演等に係る相談等への適切な対応等について 原 議 保 存 期 間 1 年 ( 平 成 29 年 6 月 30 日 まで) 有 効 期 間 二 種 ( 平 成 29 年 6 月 30 日 まで) 警 視 庁 生 活 安 全 部 長 殿 警 察 庁 丁 保 発 第 1 1 9 号 各 道 府 県 警 察 ( 方 面 ) 本 部 長 平 成 2 8 年 6 月 1 7 日 ( 参 考 送 付 先 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X)

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X) ここで 紹 介 する 就 職 活 動 アドバイスは 一 般 的 な 就 職 活 動 に 加 えて 行 うと 良 いものを 掲 載 してお ております 基 本 的 な 就 職 活 動 の 準 備 が 出 来 ていなければ 効 果 は 出 ません 一 般 的 な 就 職 活 動 は 行 っているけど 内 定 がもらえ らえない 良 い 結 果 が 出 ない 方 へ 是 非 参 考 にしてもらい らいたい

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc)

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc) 1. 経 営 管 理 フレームとしての 基 本 的 な 特 徴 アメーバ 経 営 は 経 営 管 理 の 仕 組 みの 側 面 から 見 ると 時 間 当 り という 利 益 効 率 指 標 を 中 核 に 置 いた 部 門 別 採 算 管 理 手 法 であると 言 える 以 下 にその 重 要 な 特 徴 について 述 べる 1 時 間 当 り という 指 標 時 間 当 り の 求 め 方 は

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

○西村委員長

○西村委員長 平 成 27 年 度 精 華 町 いじめ 防 止 対 策 推 進 委 員 会 議 事 要 旨 1 開 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 30 分 閉 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 4 時 20 分 2 出 席 委 員 桶 谷 委 員 長 草 地 委 員 桑 原 委 員 岩 井 委 員 ( 欠 席 委 員 なし) 3 出 席 事 務 局

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305)

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305) 演 習 Ⅰ 安 立 先 生 母 子 関 係 が 女 子 大 生 の 友 人 関 係 に 及 ぼす 影 響 C 班 問 題 私 たちには 生 まれた 瞬 間 から 母 親 の 存 在 がある 母 親 は 遺 伝 的 発 達 的 に 最 も 近 く 互 いに 依 存 し 合 う 関 係 であり 共 生 関 係 が 続 きやすい 乳 児 は 生 後 まもなく 第 一 次 養 育 者 に 対 し 特 別 な

More information

障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 平 成 24 年 10 1 から 障 害 者 虐 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 虐 待 防 止 法 といいます )が 施 され ました 障 害 者 虐 待 防 止 法 第

障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 平 成 24 年 10 1 から 障 害 者 虐 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 虐 待 防 止 法 といいます )が 施 され ました 障 害 者 虐 待 防 止 法 第 資 料 1 障 害 者 施 設 事 業 所 の 虐 待 防 止 と 対 応 について 平 成 28 年 1 22 森 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 平 成 24 年 10 1 から 障 害 者 虐 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 虐 待 防 止 法 といいます

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

クレーム 回 収 対 応 マニュアル 記 載 項 目 ( 例 ) 1.クレーム 対 応 ( 例 ) 項 目 参 考 (1) (2) (3) (4) クレーム 対 応 責 任 者 の 設 置 クレーム 対 応 方 針 対 応 方 法 回 収 判 断 の 方 法 体 制 クレーム 処 理 経 過 の 記

クレーム 回 収 対 応 マニュアル 記 載 項 目 ( 例 ) 1.クレーム 対 応 ( 例 ) 項 目 参 考 (1) (2) (3) (4) クレーム 対 応 責 任 者 の 設 置 クレーム 対 応 方 針 対 応 方 法 回 収 判 断 の 方 法 体 制 クレーム 処 理 経 過 の 記 参 考 資 料 集 クレーム 回 収 対 応 マニュアル 記 載 項 目 ( 例 ) 1.クレーム 対 応 ( 例 ) 項 目 参 考 (1) (2) (3) (4) クレーム 対 応 責 任 者 の 設 置 クレーム 対 応 方 針 対 応 方 法 回 収 判 断 の 方 法 体 制 クレーム 処 理 経 過 の 記 録 管 理 方 法 ( 参 考 資 料 1)クレーム 対 応 2.(2) 自 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

他社給与パッケージとの違いは?・・…特徴(メリ・デメ)

他社給与パッケージとの違いは?・・…特徴(メリ・デメ) 2 受 注 ~ 納 品 ~ 入 金 ~アフターフォローまでをイメージ 注 文 から 商 品 発 送 までの 手 順 メール はお 店 と 購 入 者 を 結 ぶ 重 要 なツール Yahoo! JAPAN や Google などの 検 索 エンジンや PPC 広 告 などを 通 じて ネットショップにアクセスしてきた 訪 問 者 は トップページや 商 品 紹 介 ページなどを 慎 重 にチェックした

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶

平成26年度新規採用者並びに人事異動に伴う辞令交付式での理事長挨拶 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 での 理 事 長 挨 拶 皆 さん お 早 うございます それでは 平 成 26 年 度 新 規 採 用 者 並 びに 人 事 異 動 に 伴 う 辞 令 交 付 式 に 際 しまして 一 言 ご 挨 拶 申 し 上 げます 改 めて 言 うまでもないことではありますが 本 日 を 持 ちまして 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C990A88E7394F093EF8F8A8F8993AE837D836A83858341838B8DEC90AC82CC8EE888F882AB2030383033313094C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C990A88E7394F093EF8F8A8F8993AE837D836A83858341838B8DEC90AC82CC8EE888F882AB2030383033313094C52E646F63> 地 域 住 民 と 行 政 が 協 働 で 作 る 避 難 所 初 動 マニュアル 作 成 の 手 引 き 平 成 2 0 年 3 月 いせし 防 災 しみんの 会 伊 勢 市 はじめに 大 規 模 な 災 害 が 発 生 したとき 地 域 の 助 け 合 いの 拠 点 となる のが 避 難 所 です 避 難 所 を 設 置 するのは 行 政 の 仕 事 ですが 災 害 の 規 模 が 大 きく なるほど

More information

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7>

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7> 資 料 5 府 内 市 町 ( 組 合 ) 教 育 委 員 会 教 育 長 会 議 の 開 催 概 要 1 日 時 平 成 24 年 8 月 20 日 ( 月 ) 午 後 1 時 ~3 時 2 場 所 ルビノ 京 都 堀 川 ひえいの 間 3 出 席 者 (1) 京 都 府 教 育 委 員 会 田 原 教 育 長 小 橋 管 理 部 長 永 野 指 導 部 長 田 中 教 育 企 画 監 古 市 指

More information

Microsoft Word - 配付資料

Microsoft Word - 配付資料 認 知 症 の 人 の 精 神 科 入 院 医 療 と 在 宅 支 援 のあり 方 に 関 する 研 究 会 配 付 資 料 海 上 寮 療 養 所 上 野 秀 樹 (1) 当 院 で 在 宅 生 活 を 送 られている 認 知 症 の 人 に 対 し 実 践 している 精 神 科 医 療 の 具 体 的 な 支 援 内 容 や 実 績 等 当 院 では 平 成 21 年 11 月 から 認 知 症

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838183668342834191CE899E834B83438368838983438393816995D78BAD89EF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838183668342834191CE899E834B83438368838983438393816995D78BAD89EF816A2E646F63> 報 道 記 者 と 接 するときの 心 得 メディア 対 応 のガイドライン コモンズ ネットワーク 目 次 はじめに (1) メディアトレーニングの 目 的 と 重 要 性 (2) メディアがニュース 価 値 を 認 める 情 報 とは (3) メディアから 取 材 を 受 ける 前 に (4) インタビュー 時 のポイント (5) メディア 対 応 の 形 式 (6) その 他 の 注 意 点

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

2016/3/4 2

2016/3/4 2 2016/3/4 久 留 米 大 学 門 田 光 司 1 2016/3/4 2 < > 2000 年 2 月 25 日 8 歳 の 少 女 ビクトリアが 父 方 の 伯 母 カウアオと 同 居 中 の 男 性 マニングに 殺 害 されると いう 事 件 が 起 きる カウアオはビクトリアを 連 れて フランスからイギリ スに 移 り その 後 自 宅 では 木 製 のスプーンやハン ガーで 殴 ることが

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

Taro-学校いじめ防止基本方針大津

Taro-学校いじめ防止基本方針大津 鳴 門 市 大 津 西 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 (1) 教 育 活 動 全 体 を 通 じ, 全 ての 児 童 に いじめは 決 して 許 されない ことの 理 解 を 促 し, 児 童 の 豊 かな 情 操 や 道 徳 心, 自 分 の 存 在 と 他 人 の 存 在 を 等 しく 認 め,お 互 いの 人 格

More information

<5461726F2D332D335F835A834E835683858341838B836E8389835883818393>

<5461726F2D332D335F835A834E835683858341838B836E8389835883818393> [3]セクシュアルハラスメントの 防 止 あなたは, 日 頃 どのように 感 じ 行 動 していますか? 設 問 群 1 正 直 に 答 えてください 3 項 目 以 上 1-1. 職 場 の 異 性 に 対 しては 同 性 の 場 合 より 好 き 嫌 いが 大 きい 1-2. 職 場 の 異 性 から 受 けた 指 摘 は, 同 性 の 場 合 より 腹 が 立 つ 1-3. 男 性 でも 女

More information

Microsoft Word - h17houtoku.doc

Microsoft Word - h17houtoku.doc 個 人 情 報 の 大 切 さを 認 識 し 個 人 情 報 を 簡 単 に 漏 らさないことが 自 分 を 守 ることにつながると 考 えられる 子 どもの 育 成 を 目 指 して 鳳 徳 小 学 校 奥 山 さおり 1. 子 どもたちにつけたい 力 情 報 化 の 進 展 に 伴 い 学 校 にも 校 内 LAN が 導 入 され 家 庭 にも 情 報 機 器 が 普 及 し 情 報 化 の

More information

2 学 習 評 価, 工 夫 改 善 のポイント (1) 評 価 を 行 う 際 の 留 意 点 道 徳 教 育 における 評 価 が, 教 師 が 生 徒 の 人 間 的 な 成 長 を 見 守 り, 生 徒 自 身 が 自 己 のよりよい 生 き 方 を 求 めていく 努 力 を 評 価 し,そ

2 学 習 評 価, 工 夫 改 善 のポイント (1) 評 価 を 行 う 際 の 留 意 点 道 徳 教 育 における 評 価 が, 教 師 が 生 徒 の 人 間 的 な 成 長 を 見 守 り, 生 徒 自 身 が 自 己 のよりよい 生 き 方 を 求 めていく 努 力 を 評 価 し,そ 道 徳 1 学 習 指 導 充 実 のポイント 道 徳 の 時 間 の 特 質 を 生 かした 指 導 の 工 夫 学 校 の 教 育 活 動 全 体 を 通 じて 行 う 道 徳 教 育 は, 道 徳 的 行 為 が 生 徒 自 身 の 内 面 から 自 発 的, 自 律 的 に 生 起 するように 道 徳 性 を 育 成 することが 目 標 となる その 要 としての 道 徳 の 時 間 では,

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

第 1 章. 在 庫 管 理 の 基 礎 知 識...4 1-1. 在 庫 管 理 の 目 的...4 1-2. 在 庫 はなぜ 狂 うのか...5 1-3. 在 庫 の 管 理 ツール...6 1-4. 在 庫 管 理 の 分 類...7 第 2 章. 在 庫 管 理 におけるエクセル 運 用 の

第 1 章. 在 庫 管 理 の 基 礎 知 識...4 1-1. 在 庫 管 理 の 目 的...4 1-2. 在 庫 はなぜ 狂 うのか...5 1-3. 在 庫 の 管 理 ツール...6 1-4. 在 庫 管 理 の 分 類...7 第 2 章. 在 庫 管 理 におけるエクセル 運 用 の はじめに 本 書 は エクセル 習 熟 度 を 高 めるための 本 ではありません エクセルというツールを 使 いながら 在 庫 管 理 のスムーズなスタートを 支 援 し 運 用 中 の 負 担 を 軽 減 する 為 の 本 です 書 籍 やWebページで エクセルによる 在 庫 管 理 を 紹 介 しているものはあります それらは 数 式 や 関 数 マクロや VB など 設 定 方 法 に 関

More information

ハラスメントの防止等のために認識すべき事項についての指針

ハラスメントの防止等のために認識すべき事項についての指針 ハラスメントの 防 止 等 のために 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 平 成 23 年 4 月 1 日 ハラスメント 対 策 委 員 会 この 指 針 は 公 立 大 学 法 人 福 島 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )ハラスメント 防 止 規 程 の 目 的 に 基 づき 本 法 人 におけるハラスメントの 防 止 等 のために 本 法 人 の 役 職 員 等 (

More information

会社の規則規程速攻見直し!!

会社の規則規程速攻見直し!! 我 が 社 が ブラック!? 会 社 の 規 則 規 程 速 攻 見 直 し!! < 前 編 >( 前 号 ) 第 1 章 就 業 規 則 の 見 直 しだけで 労 使 トラブルは 防 げるのか 1. 労 使 トラブルを 抱 えた 会 社 の 実 態 2. 就 業 規 則 の 意 味 合 い 3. 就 業 規 則 の 適 正 化 が 労 使 トラブルの 防 止 につながる 4. 実 態 に 即 した

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089C692EB82C5986282B58D8782C182C482A882AB82BD82A282B182C62E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089C692EB82C5986282B58D8782C182C482A882AB82BD82A282B182C62E70707478> 子 どもと 一 緒 に 話 し 合 っておきたいこと 情 報 モラル 北 海 道 立 教 育 研 究 所 附 属 情 報 処 理 教 育 センター 日 常 モラル を 土 台 とした 情 報 モラル 情 報 モラル~ 情 報 社 会 で 適 正 な 活 動 を 行 うための 基 になる 考 え 方 と 態 度 情 報 モラルも 基 本 的 には 日 常 モラルと 何 ら 変 わりありません 日 常

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

スライド 1

スライド 1 買 い 物 困 難 対 策 の 方 向 性 と 進 め 方 ( 農 林 水 産 省 平 成 26 年 度 食 料 品 アクセス 改 善 対 策 事 業 実 施 報 告 書 ) 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 流 通 経 済 研 究 所 102-0074 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 4-8-21 山 脇 ビル10 階 :03-5213-4532 Fax:03-5276-5457

More information

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc) 市 県 民 税 に 係 る 業 務 上 横 領 事 件 の 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 9 日 ( 金 ) 大 津 市 目 次 1 はじめに 1P 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 1P 3 事 件 の 主 な 経 過 2P 4 元 職 員 の 経 歴 3P 5 被 害 額 4P 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題

More information

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編)

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編) Kei 式 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 ) 第 1~2 話 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 - 全 14 話 ) 前 書 き: この 物 語 は 行 政 法 の 中 でも 行 政 手 続 法 行 政 不 服 審 査 法 行 政 事 件 訴 訟 法 を 中 心 に 行 政 争 訟 の 流 れを 楽 し んでお 読 みになれるようつくられた 物 です 問 題 集 を

More information

春季部報(2015).xlsx

春季部報(2015).xlsx 日 立 北 高 校 野 球 部 部 報 ~ 春 季 大 会 新 入 部 員 紹 介 ~ 我 々 日 立 北 高 校 野 球 部 は 夏 の 大 会 でベスト4 以 上 の 結 果 を 残 すことを 目 標 としていま す 秋 季 大 会 で 味 わった 屈 辱 を 春 季 大 会 にぶつけるべく 冬 の 厳 しい 練 習 や 千 葉 遠 征 を 乗 り 越 えてきました そして 迎 えた 春 季 大

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

<5461726F2D87403234303331328BA697CD88CB978A92CA926D2E6A7464>

<5461726F2D87403234303331328BA697CD88CB978A92CA926D2E6A7464> 柔 道 整 復 師 の 施 術 の 療 養 費 の 適 正 化 への 取 組 について 柔 道 整 復 師 の 施 術 の 療 養 費 ( 以 下 柔 整 療 養 費 という )については 平 成 21 年 11 月 の 行 政 刷 新 会 議 や 会 計 検 査 院 の 平 成 21 年 度 決 算 検 査 報 告 ( 平 成 22 年 11 月 )の 指 摘 ( 別 添 1 参 照 )を 踏 まえ

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

情 報 漏 えい 事 件 の 概 要 と 再 発 防 止 策 平 成 27 年 11 月 唐 津 市 目 次 1 はじめに 1 2 事 件 の 概 要 2 3 事 件 発 覚 後 の 経 過 5 4 処 分 8 5 前 回 の 事 件 後 の 取 り 組 み 9 6 再 発 防 止 に 向 けた 検 討 13 7 再 発 防 止 に 向 けた 取 り 組 み 15 8 おわりに 19 1 はじめに

More information

療 を 受 ける 者 に 厳 格 に 強 いるべき 規 則 ではなく 当 事 者 がガイドラインを 遵 守 しなければ その 後 の 治 療 を 受 けられないといった 懲 罰 的 な 対 応 を 強 制 するための 規 則 でもない 柔 軟 性 のない 厳 格 な 規 則 として 受 け 止 めら

療 を 受 ける 者 に 厳 格 に 強 いるべき 規 則 ではなく 当 事 者 がガイドラインを 遵 守 しなければ その 後 の 治 療 を 受 けられないといった 懲 罰 的 な 対 応 を 強 制 するための 規 則 でもない 柔 軟 性 のない 厳 格 な 規 則 として 受 け 止 めら 性 同 一 性 障 害 に 関 する 診 断 と 治 療 のガイドライン( 第 3 版 )の 実 地 診 療 の 手 引 き 日 本 精 神 神 経 学 会 性 同 一 性 障 害 に 関 する 委 員 会 はじめに 本 稿 は 性 同 一 性 障 害 に 関 する 診 断 と 治 療 のガイドライン( 第 3 版 ) ( 以 下 ガイド ラインと 記 す)に 沿 って 実 地 診 療 に 当 たろうとする

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D> クオレ シー キューブ 定 期 講 演 会 パワハラの 最 新 情 報 と 企 業 の 対 策 2011 年 11 月 11 日 株 式 会 社 クオレ シー キューブ 代 表 取 締 役 岡 田 康 子 TEL 03-5273-2300 Copyright CuoreC3 Co, Ltd. 0 職 場 のいじめ 嫌 がらせ 円 卓 会 議 < 円 卓 会 議 > 趣 旨 職 場 のいじめ 嫌 がらせが

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 授 業 中 におけるコーディネートの 在 り 方 について 1 コーディネートはなぜ 必 要 なのか 調 査 研 究 チーム (1) 授 業 において 目 指 すべきもの 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 をはじめ 様 々な 調 査 から 本 県 の 子 どもたちに 必 要 なことは 次 の 3つであると 考 えられる そのうち 2 3については 主 に 道 徳 や 特 活 で 取 り 上 げられ

More information

POINT 2 フォーマルな 場 面 で メールで 連 絡 をするとき どう 書 きますか POINT 2 のねらいは 適 切 なメールの 書 き 方 ( 件 名 書 き 出 し 構 成 終 わりの 挨 拶 など) について 学 習 することです 1 メールの 件 名 はどう 書 きますか 1)a

POINT 2 フォーマルな 場 面 で メールで 連 絡 をするとき どう 書 きますか POINT 2 のねらいは 適 切 なメールの 書 き 方 ( 件 名 書 き 出 し 構 成 終 わりの 挨 拶 など) について 学 習 することです 1 メールの 件 名 はどう 書 きますか 1)a 2 メールで 連 絡 をする POINT 1 日 本 では どんなときにどんな 方 法 で 連 絡 をしますか いい 人 間 関 係 をつくるために 適 切 に 連 絡 をすることが 求 められます POINT 1 のねらい は どんなときにどんな 方 法 で 連 絡 をすることが 大 切 かということを 理 解 してもらうこと です 1 次 のとき あなたは 連 絡 をしますか まず p. 29

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096FC82B582CC835A8389837383588367977B90AC8D758DC08365834C83588367303930342E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096FC82B582CC835A8389837383588367977B90AC8D758DC08365834C83588367303930342E646F63> 傾 聴 の 技 法 ( 来 談 者 中 心 療 法 ) 傾 聴 の 技 法 解 説 セラピストにとって 相 手 の 話 を 聴 く ことは 基 本 であり 最 も 重 要 な 能 力 です 人 は 自 分 の 考 えや 特 に 自 分 の 気 持 ちを 話 すことで 心 が 整 理 できるのです 相 手 の 話 を 親 身 になって 聴 くことが 大 事 なのでは ありません 相 手 の 潜 在 意

More information

学期レポート

学期レポート 月 火 水 木 金 7:00 Eng101A 8:35 ASL103A 11:20 7:00 Eng101A 8:35 ASL103A 11:20 Culture 11:35 11:35 11:50 Education Education 13:30 Reading 189B 15:10 13:10 13:30 Reading 189B 15:10 13:10 13:00 ASL tutor 14:00

More information

Microsoft Word - 20_Have_a_good_trip

Microsoft Word - 20_Have_a_good_trip 良 い 旅 を 薬 物 と P&I 保 険 Have a good trip Drugs and P&I cover 違 法 薬 物 が 船 上 で 発 見 された 場 合 P&I 保 険 の 適 用 可 能 性 に 関 して 判 断 の 分 かれる 可 能 性 がありま す 予 防 に 勝 る 治 療 はありません 概 要 薬 物 特 にいわゆるレクリエーショナル ド ラッグの 使 用 が 最 初

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information