<4D F736F F D E FA967B8CEA8BB388E78A7789EF8F488B4791E589EF2E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20323030392E31302093FA967B8CEA8BB388E78A7789EF8F488B4791E589EF2E646F63>"

Transcription

1 2009 年 度 日 本 語 教 育 学 会 秋 季 大 会 ( 九 州 大 学, )- 研 究 発 表 パネルセッション 第 3 会 場 1- 予 稿 集 中 国 語 母 語 話 者 による 日 本 語 動 詞 の 自 他 の 習 得 中 国 語 母 語 話 者 による 日 本 語 動 詞 の 自 他 の 習 得 杉 村 泰 ( 名 古 屋 大 学 大 学 院 ) 建 石 始 ( 鹿 児 島 県 立 短 期 大 学 ) 庵 功 雄 ( 一 橋 大 学 ) 稲 垣 俊 史 ( 大 阪 府 立 大 学 ) 本 パネルセッションの 趣 旨 中 国 語 母 語 話 者 はその 数 において 日 本 語 教 育 の 過 半 数 を 占 め その 人 たちに 対 する 日 本 語 教 育 は 現 在 の 日 本 語 教 育 における 重 要 なテーマの 一 つである 本 パネルセッションでは 中 国 語 によるプラスの 転 移 とマイナスの 転 移 を 体 系 的 にとらえ 日 本 語 文 法 教 育 の 改 善 を 行 なう 第 一 歩 として 中 国 語 母 語 話 者 による 日 本 語 動 詞 の 自 他 の 習 得 をキーワードとして 行 った 調 査 研 究 の 結 果 を 報 告 する 日 中 両 言 語 における 自 他 の 概 観 建 石 始 ( 鹿 児 島 県 立 短 期 大 学 ) 1.はじめに 本 発 表 では まず 自 動 詞 他 動 詞 の 規 定 にどのようなものがあるかを 概 観 する 次 に 日 本 語 における 自 動 詞 他 動 詞 の 規 定 および その 特 徴 を 観 察 する さらに 中 国 語 に おける 自 動 詞 他 動 詞 の 規 定 および その 特 徴 を 観 察 する 2. 自 動 詞 他 動 詞 とは 自 動 詞 他 動 詞 は 意 味 的 にはある 動 詞 が 他 の 事 物 に 影 響 を 及 ぼすかどうか 形 式 的 に は 目 的 語 を 取 るかどうかで 分 類 される 英 語 などの 多 くの 印 欧 語 では 他 動 詞 は 前 置 詞 を 付 けずに 目 的 語 を 取 ることができるのに 対 して 自 動 詞 は 前 置 詞 を 付 けなければ 補 語 や 目 的 語 を 取 ることができない また 受 身 を 作 ることができるものが 他 動 詞 で 受 身 を 作 る ことができないものが 自 動 詞 とされる そのような 基 準 とは 別 に 自 動 詞 他 動 詞 の 規 定 に 関 して 他 動 性 の 研 究 もよく 取 り 上 げられる ヤコブセン(1989)はプロトタイプ( 原 型 )という 概 念 を 用 いながら 他 動 性 を 規 定 している 他 動 原 型 の 意 味 特 徴 : (a) 関 与 している 事 物 ( 人 物 )が 二 つある すなわち 動 作 主 (agent)と 対 象 物 (object) である (b) 動 作 主 に 意 図 性 がある - 79-

2 (c) 対 象 物 は 変 化 を 被 る (d) 変 化 は 現 実 の 時 間 において 生 じる (ヤコブセン 1989:217) ヤコブセン(1989)は 他 動 原 型 の 意 味 特 徴 として 上 の4つを 指 摘 し それらの 全 てを 兼 ね 備 えたものは 他 動 原 型 に 近 く 当 てはまらない 意 味 特 徴 があるものは 他 動 原 型 から 離 れてい くとしている また 自 発 ( 自 動 ) 原 型 の 意 味 特 徴 として 以 下 のものを 提 示 している 自 発 原 型 の 意 味 特 徴 : (a) 関 与 している 事 物 ( 人 物 )が 一 つある すなわち 対 象 物 (object)である (b) 対 象 物 は 変 化 を 被 る (c) 変 化 は 現 実 の 時 間 において 生 じる (ヤコブセン 1989:239) 他 動 原 型 と 同 様 に これらの 意 味 特 徴 の 全 てを 兼 ね 備 えたものは 自 発 ( 自 動 ) 原 型 に 近 く 当 てはまらない 意 味 特 徴 があるものは 自 発 ( 自 動 ) 原 型 から 離 れていく 3. 日 本 語 の 自 動 詞 他 動 詞 日 本 語 の 自 動 詞 他 動 詞 の 議 論 では 目 的 語 としてヲ 格 が 取 り 上 げられ ヲ 格 を 取 る 動 詞 は 他 動 詞 1 ヲ 格 を 取 らない 動 詞 は 自 動 詞 となる ただし ヲ 格 を 取 る 全 ての 動 詞 が 他 動 詞 というわけではなく 出 る 走 る 通 る といった 起 点 や 経 路 のヲ 格 を 取 る 動 詞 は 自 動 詞 という 位 置 付 けになる また 受 身 に 関 して 直 接 受 身 にできる 動 詞 は 他 動 詞 間 接 受 身 にしかできない 動 詞 および 受 身 にできない 動 詞 を 自 動 詞 とする 研 究 もある 例 えば 三 上 (1953)は 受 身 にな らない 動 詞 を 所 動 詞 受 身 になるものを 能 動 詞 と 呼 び 能 動 詞 の 中 で 直 接 受 身 にならない ものを 自 動 詞 直 接 受 身 になるものを 他 動 詞 としている 日 本 語 の 動 詞 は 和 語 動 詞 と 漢 語 動 詞 に 分 けられ 和 語 動 詞 はさらに 有 対 動 詞 と 無 対 動 詞 に 分 けられる 有 対 動 詞 とは 始 まる 始 める や 燃 える 燃 やす などのよ うに 意 味 形 態 上 対 をなす 動 詞 のことである 2 それに 対 して 無 対 動 詞 は 意 味 形 態 上 対 をなすことはなく 意 志 性 に 関 してもさまざまなタイプがある 3 出 かける 起 きる 意 志 的 自 動 詞 殺 す たたく 意 志 的 他 動 詞 衰 える 晴 れる 非 意 志 的 自 動 詞 帯 びる こぼす 非 意 志 的 他 動 詞 一 方 漢 語 動 詞 は 有 対 無 対 という 区 別 がない 代 わりに 開 始 する 停 止 する のよ うな 自 動 詞 と 他 動 詞 の 両 方 で 使 える 自 他 兼 用 動 詞 外 出 する のような 意 志 的 自 動 詞 殺 害 する のような 意 志 的 他 動 詞 衰 退 する のような 非 意 志 的 自 動 詞 含 有 する のよ うな 非 意 志 的 他 動 詞 などが 存 在 する 4. 中 国 語 の 自 動 詞 他 動 詞 中 国 語 の 自 動 詞 他 動 詞 は 不 及 物 動 詞 及 物 動 詞 と 呼 ばれる これはある 動 詞 が 他 の 事 物 に 影 響 を 及 ぼさないものは 不 及 物 動 詞 他 の 事 物 に 影 響 を 及 ぼすものは 及 物 動 1 ただし かみつく など ニ 格 を 取 る 一 部 の 動 詞 を 他 動 詞 とする 場 合 もある 2 有 対 動 詞 にどのような 組 み 合 わせがあるかに 関 しては 寺 村 (1982)やJacobsen(1991)に 詳 細 が 述 べら れている 3 早 津 (1995)では 有 対 他 動 詞 は 働 きかけの 結 果 の 状 態 に 注 目 するのに 対 して 無 対 他 動 詞 は 働 きか けの 過 程 の 様 態 に 注 目 することが 指 摘 されている - 80-

3 詞 となり 意 味 的 な 基 準 に 基 づいた 名 称 と 言 える ただし 影 響 を 及 ぼすかどうかの 判 断 は 難 しく どのような 基 準 で 分 類 するかが 問 題 となる 中 国 語 では 補 語 などを 付 けなければ 動 詞 がそのままの 形 で 受 身 にはできないため 受 身 にできるかどうかという 基 準 で 不 及 物 動 詞 と 及 物 動 詞 を 分 類 することはできない (1) 大 家 选 了 小 陈 (みんなが 陳 さんを 選 んだ ) (2)* 小 陈 被 大 家 选 了 ( 陳 さんはみんなに 選 ばれた ) (3) 小 陈 被 大 家 选 上 ( 中 ) 了 ( 陳 さんはみんなに 選 ばれた ) (いずれも 相 原 楊 1990:124) (1)を 受 身 にした(2)は 成 立 せず 上 中 などの 補 語 が 必 要 となる また 目 的 語 の 基 準 もそれほど 有 効 とは 言 えない 英 語 などでは 動 詞 の 直 後 に 目 的 語 が 来 るが 中 国 語 では 目 的 語 とは 言 えないものも 動 詞 の 直 後 に 来 ることができるからである (4) 吃 饭 (ご 飯 を 食 べる) (5) 吃 大 碗 ( 大 きな 碗 で 食 べる) (6) 吃 食 堂 ( 食 堂 で 食 べる) 同 じ 吃 ( 食 べる) という 動 詞 であっても (4)は 目 的 語 が 来 ているが (5)は 道 具 (6)は 場 所 といった 目 的 語 ではないものが 動 詞 の 直 後 に 来 ている さらに 中 国 語 には 主 語 と 動 詞 の 語 順 が 異 なる 存 現 文 と 呼 ばれる 構 文 ( 下 雨 ( 雨 が 降 り 始 める) 来 客 人 了 (お 客 さんが 来 た)など)もあるため 目 的 語 の 基 準 で 分 類 す ることは 難 しい 日 本 語 では 自 動 詞 他 動 詞 の 両 方 で 使 える 兼 用 動 詞 は 開 く 開 始 する など 数 が 限 られるのに 対 して 中 国 語 では 兼 用 動 詞 が 日 本 語 に 比 べると 数 が 多 いという 特 徴 がある また 中 国 語 には 日 本 語 のような 有 対 動 詞 は 存 在 しない 自 動 詞 を 他 動 詞 化 するため には その 前 に 新 たな 動 詞 をもう 一 つ 付 け 加 える (7) 倒 ( 倒 れる) 推 倒 ( 押 し 倒 す) 砍 倒 ( 切 り 倒 す) (8) 干 ( 乾 く) 晒 干 ( 陰 干 しして 乾 かす) 烘 干 ( 火 にかけてかわかす) 主 要 参 考 文 献 相 原 茂 楊 凱 栄 (1990) 自 動 詞 と 他 動 詞 中 国 語 と 日 本 語 国 文 学 解 釈 と 鑑 賞 55-1, 至 文 堂 佐 藤 琢 三 (2005) 自 動 詞 文 と 他 動 詞 文 の 意 味 論 笠 間 書 院 須 賀 一 好 早 津 恵 美 子 編 (1995) 動 詞 の 自 他 ひつじ 書 房 寺 村 秀 夫 (1982) 日 本 語 のシンタクスと 意 味 Ⅰ くろしお 出 版 早 津 恵 美 子 (1995) 有 対 他 動 詞 と 無 対 他 動 詞 の 違 いについて 須 賀 一 好 早 津 恵 美 子 編 (1995) 動 詞 の 自 他 ひつじ 書 房 三 上 章 (1953) 現 代 語 法 序 説 刀 江 書 院 (くろしお 出 版 から 復 刊 (1972 年 )) ウェスリー M ヤコブセン(1989) 他 動 性 とプロトタイプ 論 久 野 暲 柴 谷 方 良 編 日 本 語 学 の 新 展 開 くろしお 出 版 W.M.Jacobsen(1991) The Transitive Structure of Events in Japanese. Tokyo: Kuroshio Publishers - 81-

4 中 国 語 話 者 による 漢 語 サ 変 動 詞 の 自 他 の 習 得 庵 功 雄 ( 一 橋 大 学 ) 1.はじめに 中 国 語 話 者 の 日 本 語 習 得 に 漢 語 の 知 識 が 関 係 していることは 十 分 に 考 えられる 本 発 表 ではアンケート 調 査 によって 得 られたデータをもとに, 漢 語 サ 変 動 詞 の 自 他 の 習 得 に 関 連 する 一 要 因 について 報 告 する 2. 調 査 の 概 要 アンケートの 概 要 は 次 の 通 りである < 被 調 査 者 > 母 語 話 者 : 日 本 国 内 の 大 学 生 大 学 院 生 26 人 非 母 語 話 者 : 中 国 黒 竜 江 大 学 の 大 学 生, 大 学 院 生 初 級 : 同 2 年 生 (48 人 ) 1, 中 級 : 同 3 年 生 (49 人 ), 上 級 : 同 4 年 生 (48 人 ) 超 級 : 同 大 学 院 生 (26 人 ) < 被 調 査 語 > 日 中 で 同 音 同 義 になる 動 名 詞 (=サ 変 動 詞 になれる 名 詞 小 林 2004)を 調 査 対 象 とした 同 音 同 義 語 を 対 象 としたのは 既 習 未 習 の 別 による 差 異 を 捨 象 するためである < 回 答 形 式 > 調 査 文 の( )に し され させ のいずれかを 入 れて 回 答 する( 複 数 回 答 可 ) 3. 調 査 の 結 果 ここでは 調 査 の 結 果 を 報 告 するが,その 際 重 要 な 区 別 になるのが, 非 対 格 自 動 詞 (ほぼ 非 意 志 的 自 動 詞 に 相 当 )と 非 能 格 自 動 詞 (ほぼ 意 志 的 自 動 詞 に 相 当 )の 区 別 である 3-1. 非 対 格 自 動 詞 ( 非 意 志 的 自 動 詞 ) まず 一 致 する のように 動 名 詞 +する が 非 対 格 自 動 詞 の 場 合 ( 以 下, 非 対 格 自 動 詞 の 場 合 と 略 称 する 非 能 格 自 動 詞, 他 動 詞 の 場 合 も 同 様 )を 考 察 するが,この 場 合 は される の 許 容 度 に 差 が 見 られる すなわち, 次 ページの( 表 1)の(02) 一 致 か ら(88) 増 大 までは 母 語 話 者 も 学 習 者 も される を 回 答 していないのに 対 し,(71) 分 裂 から(11) 開 通 までは 超 級 においても される が 回 答 されている 3-2. 非 能 格 自 動 詞 ( 意 志 的 自 動 詞 ) これに 対 し, 前 進 のような 非 能 格 自 動 詞 の 場 合 は, 次 ページの( 表 2)からわかる ように, 全 体 的 には する は 習 得 されやすいと 言 える 1 1 年 生 を 調 査 対 象 から 外 したのは 調 査 時 点 で 受 身 と 使 役 が 未 習 であったためである - 82-

5 3-3. 他 動 詞 吸 収 のような 他 動 詞 の 場 合 も, 次 々ページの( 表 3)からわかるように, 全 体 とし ては する の 習 得 率 は 高 いと 言 える ちなみに,この 3-1~3-3 の 結 果 は, 中 国 国 内 の 別 の 大 学 で 行 った 調 査 に 基 づく 庵 (2008)の 調 査 結 果 を 補 強 するものでもある ( 表 1) 非 対 格 自 動 詞 例 文 母 語 (26 人 ) 初 級 (2 年 48 人 ) 中 級 (3 年 49 人 ) 上 級 (4 年 48 人 ) 超 級 ( 院 26 人 ) し され させ し され させ し され させ し され させ し され させ (02) 事 故 の 経 過 は 彼 の 証 言 と 一 致 (_)てい ます (27) 電 車 は 時 間 通 りに 発 車 (_)ました (43) 外 で 歩 かないと 足 が 退 化 (_)ます (45)パソコンの 売 り 上 げが 停 滞 (_)ていま す (59) 彼 は 急 に 沈 黙 (_)ました (64) 彼 は 失 業 (_)ました (79) 地 球 の 温 度 はこの10 年 で1 度 上 昇 (_) ました (82)この 道 路 では5 年 間 で 事 故 が 激 増 (_) ました (88) 戦 争 の 危 機 が 増 大 (_)ました (14)ガンの 治 療 法 は 日 に 日 に 進 歩 (_)てい ます (74) 首 相 の 発 言 に 失 望 (_)ました (71) 自 民 党 は 政 策 をめぐって 分 裂 (_)まし た (21)この 機 械 の 導 入 で 仕 事 の 量 が 減 少 (_) ました (85)パーティは 順 調 に 進 行 (_)ました (51)この10 年 間 日 本 では 経 済 的 格 差 が 拡 大 (_)ました (29)この 分 野 は 急 速 に 発 展 (_)ました (34) 彼 女 の 踊 りを 見 て 強 く 感 動 (_)まし た (76) 彼 のおかげで 問 題 は 簡 単 に 解 決 (_)ま した (11) 家 の 近 くに 長 いトンネルが 開 通 (_)まし た 記 号 の 見 方 :80% 以 上 が 回 答 :50% 以 上 80% 未 満 が 回 答 :30% 以 上 50% 未 満 が 回 答 無 印 :30% 未 満 が 回 答 (すべて 複 数 回 答 可 ) ( 表 2) 非 能 格 自 動 詞 例 文 母 語 (26 人 ) 初 級 (2 年 48 人 ) 中 級 (3 年 49 人 ) 上 級 (4 年 48 人 ) 超 級 ( 院 26 人 ) し され させ し され させ し され させ し され させ し され させ (18) 軍 隊 はゆっくり 前 進 (_)ていました (24) 彼 女 は 彼 としっかり 握 手 (_)ました (57) 彼 は10 分 で 全 ての 問 題 に 解 答 (_)まし た (63) 私 は 彼 女 の 意 見 に 賛 成 (_)ます (67) 彼 らは 退 職 後 オーストラリアに 移 民 (_) ました (75) 私 は6 時 から2 時 間 ほど 外 出 (_)ました (69) 彼 女 は 親 に 反 抗 (_)て 家 出 しました (09) 犯 人 は 拳 銃 で 武 装 (_)ていました (13) 子 どもたちが 正 門 の 前 に 集 合 (_)てい ます (72)A 国 はB 国 に 降 伏 (_)ました 3-4. 非 対 格 自 動 詞 の 他 動 詞 形 発 展 のような 非 対 格 自 動 詞 に 対 応 する 他 動 詞 形 は(a)(b)からわかるように, する ではなく, させる になる (a) 日 本 の 経 済 が 発 展 した (b) 首 相 が 日 本 の 経 済 を 発 展 させた(* 発 展 した) - 83-

6 この 現 象 に 関 しても( 他 の 場 合 と 同 じく) 母 語 話 者 にはほとんどゆれが 見 られないのに 対 し,( 表 4)からわかるように, 学 習 者 にはかなりのゆれが 見 られる ( 表 3) 他 動 詞 例 文 母 語 (26 人 ) 初 級 (2 年 48 人 ) 中 級 (3 年 49 人 ) 上 級 (4 年 48 人 ) 超 級 ( 院 26 人 ) し され させ し され させ し され させ し され させ し され させ (03)この 布 は 水 をよく(_)ます (25) 日 本 は 中 東 の 産 油 国 から 石 油 を 輸 入 (_)ています (30) 彼 女 は 多 くの 国 を 訪 ねて 切 手 を 収 集 (_)ました (36) 彼 女 が 何 も 言 わないということは その 案 に 反 対 だということを 意 味 (_)ます (46)A 国 は 外 国 からの 攻 撃 を 警 戒 (_)てい ます (56) 彼 は 自 分 の 行 為 を 反 省 (_)ています (90) 彼 女 は 新 しい 本 を 出 版 (_)ました (10)あの 赤 い 高 級 車 は 彼 が 操 作 (_)ていま す (15)この 短 期 アルバイトをした 人 には1 日 5 千 円 を 支 給 (_)ます (84)この 本 は 苦 労 して 購 入 (_)ました ( 表 4) 非 対 格 自 動 詞 の 他 動 詞 形 例 文 母 語 (26 人 ) 初 級 (2 年 48 人 ) 中 級 (3 年 49 人 ) 上 級 (4 年 48 人 ) 超 級 ( 院 26 人 ) し され させ し され させ し され させ し され させ し され させ (20) 彼 はこの 国 の 経 済 を 発 展 (_)ました (58) 彼 は 新 しい 連 立 政 権 を 誕 生 (_)ました (01) 彼 は 自 動 車 事 故 で 女 性 を 死 亡 (_)まし た (83) 首 相 は 戦 後 政 治 を 安 定 (_)ました (35) 政 府 は 失 政 で 経 済 を 混 乱 (_)ました (48)その 工 場 は 環 境 を 悪 化 (_)ました (07) 子 どもたちがこまを 回 転 (_)て 遊 んでい ます (54) 彼 はその 政 党 を 分 裂 (_)ました (68) 彼 女 は 容 器 を 熱 して 中 の 水 の 温 度 を 上 昇 (_)ました (93) 政 府 は 国 債 をたくさん 発 行 して 借 金 を 増 大 (_)ました 4. 考 察 今 回 の 調 査 の 結 果, 日 本 語 と 中 国 語 の 漢 語 には 非 対 格 性 に 関 するずれがあることが 示 唆 された ( 表 1)で 学 習 者 が される を 選 択 する 傾 向 が 高 いものとほとんど され る を 選 択 しないものがあるが,この 基 準 がどのようなものであるかは 完 全 には 明 らかに なっていない ただし 中 国 語 文 法 で 自 然 被 動 文 ( 大 河 内 1974)と 呼 ばれる 次 のような 被 などの 受 動 マーカーを 伴 わない 文 の 存 在 が 関 連 していることが 考 えられる (c) 門 推 開 了 (ドアガ 押 シアケラレタ)( 訳 文 とも 木 村 (1981)より) 今 後 は 既 習 未 習 の 場 合 を 考 慮 に 入 れた 上 で, 日 中 同 形 同 義 語 以 外 についても 考 察 対 象 を 広 げることが 必 要 である 参 考 文 献 庵 功 雄 (2008) 漢 語 サ 変 動 詞 の 自 他 に 関 する 一 考 察 一 橋 大 学 留 学 生 センター 紀 要 11 大 河 内 康 憲 (1974) 被 動 が 成 立 する 基 礎 中 国 語 学 220 木 村 英 樹 (1981) 被 動 と 結 果 日 本 語 と 中 国 語 の 対 照 研 究 5, 日 本 語 と 中 国 語 対 照 研 究 会 小 林 英 樹 (2004) 現 代 日 本 語 の 漢 語 動 名 詞 の 研 究 ひつじ 書 房 - 84-

7 コーパスから 見 た 中 国 語 学 習 者 の 自 他 に 関 する 運 用 上 の 問 題 点 杉 村 泰 ( 名 古 屋 大 学 大 学 院 ) 1. 魯 東 会 話 コーパス 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 基 盤 研 究 (C))( 課 題 番 号 ) 中 国 語 話 者 のための 日 本 語 教 育 文 法 の 開 発 と 学 習 者 中 間 言 語 コーパスの 構 築 魯 東 大 学 日 本 語 学 科 の 日 本 人 教 師 1 人 と 中 国 人 学 生 の 会 話 収 集 データ:2006 年 6-7 月 (1 年 生 59 人 2 年 生 28 人 3 年 生 20 人 4 年 生 27 人 ) 2007 年 6-7 月 (1 年 生 30 人 2 年 生 55 人 3 年 生 26 人 ) 2007 年 12 月 (2 年 生 56 人 3 年 生 50 人 4 年 生 54 人 ) 音 声 + 文 字 化 資 料 の 公 開 (2010 年 4 月 の 予 定 ) 以 下 は 2007 年 6-7 月 のデータに 基 づく 2. 自 他 の 誤 用 (6 例 ) 自 動 詞 を 使 ったほうがいいときに 他 動 詞 を 使 ってしまう しかし 他 動 詞 を 使 っても 格 助 詞 は を ではなく が を 使 う( 例 4~5) (1) 先 生 がゆたゆたした 歩 い 方 を 見 ると いつも 感 動 されました( 感 動 しました) (2 年 0532) (2) 私 は もう 多 分 自 分 の 夢 自 分 の 夢 は 実 現 する 時 に んー 頑 張 って 続 いて( 続 けて)います (2 年 0501) (3) ほかの 町 に 生 んで 生 んだ 生 んだ 生 んだ( 生 まれた) 学 生 と 私 の[ 普 通 话 ]は あのう 良 くないです (2 年 05015) (4) 最 初 の 頃 は まずは 研 究 室 で 研 究 して あのう あんまり 口 が 開 けなかった( 開 か なかった)んですけど (3 年 0416) (5) もし 大 連 で 仕 事 が 見 つけなかったら( 見 つからなかったら) 煙 台 煙 台 で 仕 事 をしたい (3 年 0422) (6) ( 泥 棒 に 財 布 を 盗 られて) 彼 は 元 だけ 残 しました( 残 っていました) (3 年 0440) 3. 格 助 詞 の 誤 用 に を 使 うべきときに を を 使 い を を 使 うべきときに が を 使 う 誤 用 が 多 い ( 学 習 者 : に を が ) * が を(23 例 ) (7) 毎 日 勉 強 します 映 画 が( を) 見 ます (1 年 0682) (8) いろいろな 映 画 が( を) 見 ました 例 えばスリラー 映 画 が( を) 見 ます (1 年 0685) (9) 私 は 以 前 は このにがいて あ にがいるの 新 聞 が( を) 見 ました (2 年 0501) (10) んー 私 は 以 前 に 高 高 校 時 代 のとき んーいつもいつも 勉 強 して かのもとは 接 す - 85-

8 ることができない でも 大 学 に 入 って 入 ってから いろいろなものが( を) 見 て いろいろなことが( を)やって 自 分 の 性 格 はだんだん 変 わっています (2 年 05017) (11) 高 校 のとき いろいろな 科 目 が( を) 習 います はい 大 学 に 主 な 科 目 が( を) 習 いますので 自 分 はとても 嬉 しいです (1 年 0696) (12) 私 は 今 年 は 日 本 語 が( を) 勉 強 します はい バスケットボールが( を) 勉 強 します コンピューターが 二 回 二 回 二 回 のテストが( を) 受 け 受 けます (1 年 0698) その 上 に んー 私 は んー 韓 国 語 が( を) 勉 強 している (2 年 05014) (13) 簡 単 の 単 語 が( を) 覚 え 覚 えることができます (2 年 05014) (14) あ なつみや 夏 休 みで 勉 強 あー 勉 強 することが( を) 続 けています (2 年 05012) (15) 今 成 績 が( を) 知 りませんよ (2 年 0519) (16) 将 来 私 は 勉 強 日 本 語 を 使 う 仕 事 をすることが( を) 望 む 望 み 望 みますよ (2 年 0519) (17) 一 年 生 の 時 二 年 生 のはじめの 時 はい いろいろなことが( を) 考 えると 書 く ことができませんでしたね 授 業 に 受 けると いろいろなことが( を) 書 くにでき ます (2 年 05026) (18) 土 川 先 生 は 犬 の 肉 が( を) 食 べませんでした (2 年 0535) (19) 男 の あの 服 は 割 り 割 引 が( を)します しています ( 中 略 ) 割 引 があり ますので うーん たぶんその 時 買 ったほうがいいです (2 年 0537) (20) 先 生 先 生 は 私 私 に 二 年 生 のかん 感 想 かん 感 想 が( を) 質 問 しま し ました (2 年 0542) (21) 二 組 の 学 生 は ある 人 が 携 帯 電 話 が( を) あー 落 としました 例 えば さ ん さん あの 二 人 の 人 は 携 帯 電 話 を 落 としました (3 年 0440) (22) 彼 はバスでの 乗 った 時 財 布 が( を) 泥 棒 に 泥 棒 に 盗 られました (3 年 0440) なぜ が が 使 われるのか? 学 習 者 は Nが と 言 ってから 適 当 な 述 語 を 探 す つまり 動 詞 文 も ~は~が~だ 構 文 を 基 礎 にして Nについて 言 えば Vである と 言 ってしまう * が に(7 例 ) (23) いろいろ 友 達 が( に) 会 いました ( 中 略 )それに 井 上 先 生 が( に) 会 いて とても 幸 いです (1 年 0696) (24) 一 級 テストが( に) 合 格 したいです (2 年 0519) (25) 私 は 一 級 試 験 が( に) 合 格 した 後 で 必 ず 試 験 を 必 ずガイドになるために 勉 強 しな くて 勉 強 します(2 年 0526) (26) 日 本 語 の1 級 能 力 試 験 が( に) 合 格 と あの 合 格 できれば よかったと 思 います (2 年 0555) (27) 残 念 ながら 一 級 テストが( に) 合 格 しなかったです (3 年 0413) (28) いつもいろいろ 間 違 ったことが( に) 気 が 付 きました (2 年 0532) - 86-

9 * を が(6 例 ) 中 国 語 では V+S/O となる (29) 雪 を 雪 を( が) 降 ったとき 一 緒 に 雪 合 戦 をしました (1 年 0689) (30) 友 達 を 友 達 を( が)できます できます (1 年 0602) (31) 日 本 語 の 日 本 語 の 勉 強 の 中 でいろいろの 問 題 を( が)ありました (2 年 0518) (32) それから 作 文 特 に 一 級 テスト はい いろいろな 困 難 を( が)あります (2 年 0518) (33) 私 は 本 本 来 本 来 私 は 私 は 歴 史 歴 史 を( が) 歴 史 が 好 きです (2 年 05018) (34) だから お 金 を( が)ほしい と 言 いました (3 年 0440) * を に(19 例 ) 中 国 語 では V+O となるものが 多 い (35) でも 私 はたくさん 友 達 友 達 を 友 達 を たくさんの 友 達 を( に) 会 いました (1 年 0687) (36) 両 親 を( に) 両 親 に 会 って うん ふるさと 夏 休 み 夏 休 みは 嬉 しい (1 年 0601) (37) 優 しい 先 生 先 生 を 先 生 を 優 しい 先 生 を( に) 会 います (1 年 0602) (38) えーと 面 白 くて たくさん 友 達 を( に) 会 い 会 いました (1 年 0605) (39) 私 の 目 標 は 英 語 の 六 級 と 日 本 語 の 一 級 のために を( に) 合 格 したいです (2 年 05014) (40) 日 本 語 の 能 力 1 級 能 力 試 験 を( に) 合 格 すればいい (2 年 0537) (41) 1 級 のりょくテストを( に) 合 格 するつもりです (2 年 0547) (42) 来 学 期 の 目 標 は1 級 能 力 試 験 を( に) 合 格 したいと 思 います (2 年 0548) (43) ただ 一 級 の 試 験 を( に) 合 格 するために 頑 張 りました (3 年 0447) (44) この 夏 休 みは はい 私 は 私 は 山 山 を( に)のぼ 登 ります (1 年 0684) (45) 私 たちは 黄 山 黄 山 を( に) 登 るつもりです (2 年 0551) (46) 土 曜 日 と 日 曜 日 は 私 はバスケットボールを( に) 行 きたいですが (1 年 0683) (47) 大 学 の 外 国 語 外 国 語 大 学 を( に) 行 きたいです (2 年 0509) (48) あ 以 前 は んー 船 を( に) 乗 ります (2 年 0503) (49) 土 川 先 生 は ボート ボートを( に) 一 緒 に のりま 乗 りました (2 年 0551) (50) いろいろな 活 動 を( に) 参 加 しようと 思 います (1 年 0609) (51) 私 は 日 本 の 会 社 を 入 日 本 日 本 の 会 社 を( に) 入 社 した (2 年 05018) (52) 私 は 日 本 語 を を 専 攻 として 日 本 語 の 翻 訳 を( に)なりたいです (2 年 05014) (53) もし 東 京 へ 行 ったら そこで 東 京 東 京 で ある 大 学 の 先 生 にな なることがで きから あ そこで あ 日 本 人 を( に) 日 本 人 に 中 国 語 を 教 えたいです (3 年 0426) * に を(2 例 ) (54) 私 の 目 標 は 例 え 私 の 日 本 語 の 勉 強 に( を) 一 生 懸 命 にします わ 去 年 去 年 私 の 私 の 日 本 語 の 成 績 は 悪 かったです はい それで 来 年 私 私 は 日 本 語 を 一 生 に 一 生 勉 勉 日 本 語 を 勉 強 しなければなりません (1 年 0688) (55) 母 に( を)てつだ 手 伝 い て 手 伝 います (2 年 0539) - 87-

10 第 二 言 語 習 得 理 論 から 見 た 中 国 語 母 語 話 者 の 自 他 の 習 得 稲 垣 俊 史 ( 大 阪 府 立 大 学 ) 1.はじめに 動 詞 の 自 他 の 交 替 はどの 言 語 にでも 存 在 する 普 遍 的 特 性 と 考 えられるが,その 形 態 的 現 れは 言 語 間 で 異 なる 例 えば, 日 本 語 では 接 辞 を 介 して 他 動 詞 から 自 動 詞 への 派 生 (1a,b), 自 動 詞 から 他 動 詞 への 派 生 (1c,d), 語 根 から 両 方 向 への 派 生 (1e,f) のいずれもが 見 られる のに 対 し, 英 語 では 接 辞 を 伴 わないゼロ 派 生 (2) が 普 通 である: (1) a. 泥 棒 が 窓 を 割 った (war-u) b. 窓 が 割 れた (war-e-ru) c. 敵 が 船 を 沈 めた (sizum-e-u) d. 船 が 沈 んだ (sizum-u) e. 料 理 人 がバターを 溶 かした (tok-as-u) f. バターが 溶 けた (tok-e-ru) (2) a. The thief broke the window. (break) b. The window broke. (break) c. The enemy sank the ship. (sink) d. The ship sank. (sink) e. The cook melted the butter. (melt) f. The butter melted. (melt) 言 い 換 えれば,どの 言 語 にも 普 遍 的 語 彙 概 念 構 造 [x CAUSE [y BECOME predicate]] が 存 在 しており, 外 項 x と 内 項 y の 両 方 が 現 れたものが 他 動 詞 で, 外 項 x が 抑 制 され 内 項 y の みが 現 れたものが 自 動 詞 である 言 語 間 で 異 なるのは,この 自 他 動 詞 の 派 生 が 形 態 上 どの ように 反 映 されるか(されないか)である この 観 点 から 見 て, 動 詞 の 自 他 は, 言 語 習 得 における 普 遍 性 と 個 別 性 がどのように 影 響 し 合 うかを 検 証 する 格 好 の 現 象 であると 言 える 本 発 表 では,まず, 最 近 の 動 詞 の 自 他 の 習 得 に 関 する 重 要 な 二 研 究 日 本 語 の 第 一 言 語 習 得 を 調 査 した Murasugi, Hashimoto, & Fuji (2007) と 英 語,スペイ 語,トルコ 語 の 第 二 言 語 習 得 を 比 較 調 査 した Montrul (1997, 2000) を 概 観 し, 自 他 動 詞 習 得 研 究 の 背 景 を 提 示 す る 次 に, 中 国 語 と 日 本 語 の 自 他 交 替 の 現 れの 違 いも 踏 まえ, 中 国 語 話 者 による 日 本 語 の 自 他 の 習 得 に 関 する 予 測 を 提 示 し,さらに, 中 国 語 話 者 による 日 本 語 動 詞 の 自 他 の 習 得 デ ータが, 第 二 言 語 習 得 理 論 にどのような 示 唆 をもたらすかを 考 察 し, 今 後 の 調 査 研 究 の 方 向 性 を 示 す 2. 動 詞 の 自 他 の 第 一 言 語 習 得 研 究 Murasugi, Hashimoto, and Fuji (2007) Murasugi, Hashimoto, and Fuji (2007) は, 日 本 語 の 第 一 言 語 習 得 における 動 詞 の 自 他 の 誤 用 や 発 達 段 階 を 生 成 文 法 の 枠 組 みで 説 明 しようと 試 みた 日 本 人 の 子 供 二 人 の 縦 断 的 デー タ (Akkun (1;9-7;0), Sumihare (1;11-6;0)) が 分 析 対 象 となった その 結 果 から Murasugi らは, 使 役 接 辞 がゼロの 段 階 が 存 在 すると 提 案 し,その 段 階 で 自 動 詞 を 他 動 詞 の 文 脈 に 使 用 する 誤 用 (3a,b) や, 他 動 詞 を 自 動 詞 の 文 脈 に 使 用 する 誤 用 (3c,d) が 現 れることを 示 した (3) a. これ あいとく(あけとく)からさ (A: 4;5) b. かあちゃんたいたい( 鯉 のぼり)あがって(あげて) (S: 2;2) c. ぬいた(ぬけた) ここ (S: 2;1) d. あけん(あかん(=あかない)) あけん(あかん) (S: 2;1) Murasugi らは, 普 遍 的 な 自 他 交 替 の 語 彙 統 語 構 造 は 早 期 に 習 得 されるが, 時 間 がかかるの - 88-

11 は 個 々の 動 詞 の 形 と 使 役 接 辞 の 様 々な 語 彙 的 現 れを 学 習 することである,と 結 論 づけた 3. 動 詞 の 自 他 の 第 二 言 語 習 得 研 究 Montrul (1997, 2000) Montrul (1997, 2000) は 英 語,スペイン 語,トルコ 語 の 自 他 の 交 替 の 第 二 言 語 習 得 を 調 査 した スペイン 語 は,(4) のように 他 動 詞 に 反 使 役 再 帰 接 語 se を 付 けて 自 動 詞 を 派 生 する 言 語 である (romper 割 る se romper 割 れる ) 一 方,トルコ 語 は, 反 使 役 接 辞 と 使 役 接 辞 の 両 方 を 持 つ 日 本 語 型 の 言 語 である (5): (4) a. El ladrón rompió la ventana. the thief broke the window b. La ventana se rompió. the window self broke c. El enemigo hundió el barco. the enemy sank the boat d. El barco se hundió. the boat self sank (5) a. Hırız pencere-yi kır-mış. 泥 棒 窓 を 割 っ た b. Pencere kır-ıl-mış. 窓 割 れ た c. Düşman gemi-yi bat-ır-mış. 敵 船 を 沈 め た d. Gemi bat-mış. 船 沈 ん だ 文 法 性 判 断 タスクを 用 いて 中 級 レベルの 英 語 話 者,スペイン 語 話 者,トルコ 語 話 者 を 調 査 したところ, 母 語 の 自 他 交 替 の 形 態 的 現 れが 第 二 言 語 習 得 に 影 響 を 及 ぼすことを 示 す 証 拠 が 得 られた 例 えば,スペイン 語 話 者 は, 母 語 の 影 響 で (cf. (4b)) 英 語 の The window broke のようなゼロ 派 生 自 動 詞 文 を 容 認 しない 傾 向 にあることや, 逆 に, 英 語 話 者 は,ス ペイン 語 の 自 動 詞 文 (4b) における se の 必 要 性 をトルコ 語 話 者 ほど 認 識 しておらず,se の ない 文 を 誤 って 容 認 する 傾 向 があることが 示 された 一 方 で, 母 語 習 得 にも 見 られる 非 対 格 動 詞 の 他 動 詞 化 の 誤 り (*The magician disappeared the rabbit) などは, 母 語 に 関 わらず 起 こった この 結 果 から Montrul は, 自 他 交 替 の 語 彙 統 語 構 造 は 普 遍 文 法 の 一 部 で 第 二 言 語 習 得 者 も 利 用 できるのに 対 し, 形 態 レベルでは 母 語 の 影 響 が 強 く 現 れると 結 論 づけた 4. 中 国 語 話 者 による 日 本 語 の 動 詞 の 自 他 の 習 得 張 (2009) によると, 中 国 語 の 対 をなす 自 他 動 詞 には, 他 動 詞 の 方 が 行 為 の 様 態 を 表 す 動 詞 と 結 びついた 複 合 動 詞 ( 打 破, 推 倒 )として 現 れるもの (6a,b) と, 英 語 のように 自 他 同 形 ( 開, 停 止 )(つまりゼロ 派 生 )のもの (6c,d) がある (6) a. 小 偸 打 破 窗 戸 了 泥 棒 が 窓 を 割 った b. 窗 戸 破 了 窓 が 割 れた c. 窗 戸 破 了 窓 が 割 れた d. 我 開 門 了 私 はドアを 開 けた すなわち, 中 国 語 はゼロ 派 生 (6c,d) を 有 する 点 で 英 語 に 似 ているが, 他 動 詞 が 複 合 動 詞 化 する 点 で 英 語 と 異 なる また, 複 合 動 詞 の 前 半 に 起 こる 様 態 動 詞 は 様 々で( 打, 推, 砍, 丟, 踢 ), 自 他 動 詞 の 対 応 が 一 対 多 になる( 倒 推 倒, 砍 倒, 踢 倒 ) 点 も 中 国 語 の 特 徴 と 言 える さて,これまでの 自 他 動 詞 の 第 一, 第 二 言 語 習 得 研 究 と 中 国 語 の 自 他 動 詞 の 特 性 を 踏 ま えて, 中 国 語 話 者 による 日 本 語 の 自 他 動 詞 の 習 得 に 関 してどのようなことが 予 測 できるで あろうか まず, 中 国 語 話 者 にとって 困 難 なのは, 日 本 語 の 自 他 動 詞 の 様 々な 語 彙 的 形 - 89-

12 態 的 現 れを 学 ぶことであろう 日 本 語 の 自 他 動 詞 の 派 生 のパターンは 多 様 で 複 雑 であり (Jacobsen,1992), 個 々の 動 詞 の 形 と 使 役 接 辞 を 学 習 するのはたやすいことではないと 思 わ れる 第 一 言 語 習 得 でも 見 られる 自 動 詞 形 と 他 動 詞 形 を 混 乱 した 誤 り (cf. (3)) が 起 こるこ とが 予 測 される また 母 語 の 転 移 は 形 態 レベルで 起 きる (Montrul, 2000) ことを 考 慮 すれば, 母 語 に 使 役 接 辞 を 持 たない 中 国 語 話 者 にとって 日 本 語 の 自 他 動 詞 の 正 しい 形 を 学 ぶのは 一 層 困 難 であると 考 えられる さらに, 中 国 語 が 複 合 動 詞 で 他 動 詞 を 作 るオプション( 打 破 推 倒 )を 持 つことから, 日 本 語 の( 行 為 の 様 態 動 詞 を 伴 わない) 他 動 詞 ( 割 る, 倒 す)の 習 得 が 自 動 詞 に 比 べ 困 難 である 可 能 性 がある ただし, 日 本 語 にも 存 在 する 複 合 動 詞 ( 打 ち 破 る, 押 し 倒 す)の 習 得 に 関 しては, 中 国 語 からの 正 の 転 移 が 考 えられる 最 後 に, 中 国 語 のゼロ 派 生 (6c,d) に 関 して, 実 は 日 本 語 にもサ 変 動 詞 で 同 様 の 現 象 が 見 られる( 車 が 停 止 した/ 車 を 停 止 した) そうであれば,サ 変 動 詞 の 自 他 に 関 しては, 中 国 語 話 者 は 母 語 の 正 の 転 移 により 問 題 なく 習 得 できるはずである ただし,サ 変 動 詞 が 自 他 交 替 可 能 であるかどうかは, 派 生 接 辞 が 付 かないため, 出 来 事 が 動 作 主 なしで 自 然 発 生 す ると 認 識 できるかどうかなどの 意 味 的 認 知 的 要 因 により 決 定 される( 影 山 1996) この ような 微 妙 な 要 因 が 働 くとすると, 中 国 語 と 日 本 語 で 対 応 する 動 詞 であっても, 両 言 語 間 で 自 他 交 替 の 可 能 性 が 一 致 しない 場 合 が 考 えられ,ズレがある 場 合 は 逆 に 習 得 を 困 難 にす る 可 能 性 もある 中 国 語 話 者 による 日 本 語 の 動 詞 の 自 他 の 習 得 研 究 は, 動 詞 の 自 他 交 替 の 第 二 言 語 習 得 に おける 普 遍 性 と 母 語 の 影 響 を 考 える 上 で 貴 重 なデータを 提 供 し, 第 二 言 語 習 得 理 論 の 進 展 に 貢 献 できると 言 える 今 後, 上 で 提 示 した 予 測 や 他 の 側 面 をさらに 検 証 していく 研 究 が 必 要 とされる 参 考 文 献 張 麟 声 (2009). 日 中 両 語 の 自 他 動 詞 の 対 照 研 究 第 12 回 中 国 語 話 者 のための 日 本 語 教 育 研 究 会. Jacobsen, W. M. (1992). The transitive structure of events in Japanese. Tokyo: Kurosio Publishers. 影 山 太 郎 (1996). 動 詞 意 味 論 言 語 と 認 知 の 接 点 大 修 館. Montrul, S. (1997). Transitivity alternations in L2 acquisition: A crosslinguistic study of English, Spanish, and Turkish. Unpublished doctoral dissertation, McGill University, Montreal. Montrul, S. (2000). Transitivity alternations in L2 acquisition: Toward a modular view of transfer. Studies in Second Language Acquisition, 22, Murasugi, K., Hashimoto, T., & Fuji, C. (2007). VP-shell analysis for the acquisition of Japanese intransitive verbs, transitive verbs, and causatives. Linguistics, 45,

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031302E30382090A28A4593FA967B8CEA8BB388E791E589EF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031302E30382090A28A4593FA967B8CEA8BB388E791E589EF2E646F63> 複 合 動 詞 - 切 る と - 尽 くす の 意 味 分 析 名 古 屋 大 学 大 学 院 国 際 言 語 文 化 研 究 科 杉 村 泰 sugimura@lang.nagoya-u.ac.jp キーワード: 複 合 動 詞 - 切 る - 尽 くす 動 作 主 対 象 1.はじめに 本 発 表 では 日 本 語 の 複 合 動 詞 V1+ 切 る と V1+ 尽 くす の 前 項 動 詞

More information

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

<378D7296D8925A95F12E6D6966>

<378D7296D8925A95F12E6D6966> 立 命 館 地 理 学 第 16 号 (2004) 95 ~ 104 岡 山 県 内 の 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 許 可 の 基 準 に 関 する 条 例 の 研 究 荒 木 俊 之 * Ⅰ.はじめに わが 国 の 都 市 およびその 郊 外 では 都 市 計 画 区 域 の 指 定 など 様 々な 土 地 利 用 制 度 に 基 づ いて 土 地 の 有 効 利

More information

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム 実 践 を よりよく するための 実 践 研 究 日 本 語 教 育 における 実 践 研 究 のあり 方 を 問 う Practical Studies for Creating Better Practices Considering the Nature of Practical Studies in Japanese Language Education 古 屋 憲 章 ( 早 稲 田 大

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

Microsoft Word - 2011.03 銘傳大學學術研討會.doc

Microsoft Word - 2011.03 銘傳大學學術研討會.doc 複 合 動 詞 - 回 す と - 回 る の 前 項 動 詞 の 特 徴 について 杉 村 泰 名 古 屋 大 學 大 學 院 国 際 言 語 文 化 研 究 科 准 教 授 1.はじめに 本 発 表 では(1)~(4)のような 日 本 語 の 複 合 動 詞 - 回 す と - 回 る の 前 項 動 詞 の 特 徴 について 論 じる (1) 検 察 は 必 要 以 上 に 権 力 を 振 り

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の 日 本 細 菌 学 会 会 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 学 会 は 日 本 細 菌 学 会 (Japanese Society for Bacteriology)という ( 目 的 ) 第 2 条 本 学 会 は 細 菌 学 およびその 関 連 領 域 の 科 学 の 進 歩 に 寄 与 し 社 会 に 貢 献 することを 目 的 と ( 事 業 ) 第 3 条 本 学

More information

05論文_谷口昭彦先生.indd

05論文_谷口昭彦先生.indd 選 挙 の 計 量 分 析 Econometrics of an election 谷 口 昭 彦 Ⅰ.はじめに Ⅱ. 経 済 学 の 視 点 から Ⅲ. 計 量 分 析 Ⅳ. 結 果 Ⅴ.まとめ Ⅰ.はじめに 経 済 学 におけるゲーム 理 論 の 位 置 づけは 近 年 より 大 きいものと 変 化 しつつあ 現 在 行 動 経 済 学 などの 新 たな 分 野 を 開 拓 するな ど ゲーム

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc 黄 金 比 は 本 当 に 美 しいものなのか 1. 研 究 の 動 機 なぜ 黄 金 比 は 美 しいと 言 われているのか 知 りたかったから 黄 金 比 を 美 しいと 思 う 人 はどのくらいいるのか 知 りたかったから 身 の 回 りにどのくらいの 黄 金 比 が 存 在 しているのか 興 味 があったから. 黄 金 比 とは 研 究 者 氏 名 角 間 洋 平 島 雅 彦 長 谷 川 瞳

More information

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 現 状 と 課 題 解 析 事 業 部 環 境 解 析 部 石 原 一 史 1. は じ め に 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 ( 以 下 大 店 立 地 法 ) は, 大 規 模 小 売 店 舗 法 ( 以 下 大 店 法 に 変 わ る 法 律 として 平 成 12 年 6 月 1 日 に 施 行 された 大 店 法 は, 近 隣 の 中 小

More information

Microsoft Word - 20140725有志所見ver2.docx

Microsoft Word - 20140725有志所見ver2.docx 小 保 方 晴 子 氏 の 博 士 学 位 論 文 に 対 する 調 査 報 告 書 に 対 する 早 稲 田 大 学 大 学 院 先 進 理 工 学 研 究 科 教 員 有 志 の 所 見 2014 年 7 月 24 日 (2014 年 7 月 25 日 一 部 訂 正 ) 早 稲 田 大 学 における 博 士 学 位 論 文 の 不 正 に 関 する 問 題 は, 本 学 個 別 の 問 題 というだけにとどまらず,

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院 2011 年 度 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 研 究 成 果 報 告 書 学 籍 番 号 :80926027 政 策 メディア 研 究 科 修 士 課 程 2 年 内 藤 寛 子 0. 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 申 請 時 の 研 究 題 目 中 国 共 産 党 と 司 法 機 関 の 領 導 関 係 -1980 年 代 後 半 の 政 法 委 員 会 の

More information

懲戒処分の指針

懲戒処分の指針 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 基 本 事 項 本 指 針 は 代 表 的 な 事 例 を 選 び それぞれにおける 標 準 的 な 処 分 量 定 を 掲 げたものであ 具 体 的 な 処 分 量 定 の 決 定 にあたっては (1) 非 違 行 為 の 動 機 態 様 及 び 結 果 はどのようなものであったか (2) 故 意 又 は 過 失 の 度 合 はどの 程 度 であったか (3)

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

- Contents - 講 師 より... 1 参 考 資 料 司 法 試 験 ガイダンスレジュメ... 3 旧 司 2009 年 本 試 験 民 法 第 1 問... 6 旧 司 2009 年 本 試 験 刑 法 第 1 問... 8 合 格 体 験 記 合 格 体 験 記 1... 10 合

- Contents - 講 師 より... 1 参 考 資 料 司 法 試 験 ガイダンスレジュメ... 3 旧 司 2009 年 本 試 験 民 法 第 1 問... 6 旧 司 2009 年 本 試 験 刑 法 第 1 問... 8 合 格 体 験 記 合 格 体 験 記 1... 10 合 111224TOKYO 辰 已 専 任 講 師 弁 護 士 荒 木 雅 晃 先 生 TOKYO YOKOHAMA OSAKA KYOTO NAGOYA FUKUOKA - Contents - 講 師 より... 1 参 考 資 料 司 法 試 験 ガイダンスレジュメ... 3 旧 司 2009 年 本 試 験 民 法 第 1 問... 6 旧 司 2009 年 本 試 験 刑 法 第 1 問...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303832318140485082A896F097A782BF8EC096B18FEE95F1814090568B4B8C668DDA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303832318140485082A896F097A782BF8EC096B18FEE95F1814090568B4B8C668DDA> 1 < 解 説 > 理 事 会 の 決 議 について ( 公 財 ) 公 益 法 人 協 会 専 務 理 事 鈴 木 勝 治 1.はじめに 理 事 会 の 決 議 については 一 般 法 人 法 第 95 条 において 後 記 2のように 割 合 シンプルに 規 定 されています そのためもあってか 各 法 人 の 定 款 においては 内 閣 府 のモデル 定 款 のよう に 法 律 の 規 定 どうりに

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 シリーズ 15 こころの 未 来 - 私 たちのこころは 何 を 求 めているのか- 第 2 回 自 分 の 意 思 で 決 めるとはどういうことか? 心 理 学 と 脳 科 学 の 視 点 から 京 都 大 学 が 東 京 品 川 の 京 都 大 学 東 京 オフィス で 開 く 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 のシリーズ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

事 得 ( 営 等 農 )について 次 の 順 序 に 従 って 記 入 してください 1. 市 民 税 県 民 税 申 告 書 ( 裏 面 )の7. 事 不 動 産 得 に 関 する 事 項 欄 に 得 の 種 類 得 の 生 じる 場 収 入 必 要 経 費 を 記 入 してください 申 告 書

事 得 ( 営 等 農 )について 次 の 順 序 に 従 って 記 入 してください 1. 市 民 税 県 民 税 申 告 書 ( 裏 面 )の7. 事 不 動 産 得 に 関 する 事 項 欄 に 得 の 種 類 得 の 生 じる 場 収 入 必 要 経 費 を 記 入 してください 申 告 書 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 この 書 き 方 は 一 般 的 な 事 項 を 説 明 しています 事 不 動 産 山 林 得 のある 人 で 青 色 申 告 の 方 は 税 務 署 での 申 告 となります 申 告 書 については 足 利 市 役 ホームページらダウンロードできます なお 市 役 税 務 課 (24 番 窓 口 )にも 用 意 してあります

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって いじめ 予 防 と 修 復 的 な 学 級 集 団 の 形 成 子 ども 同 士 のかかわりに 関 する 諸 問 題 への 着 目 と 仲 裁 者 育 成 プログラムの 可 能 性 139517 松 山 康 成 1.はじめに 現 在 学 校 はいじめや 不 登 校 学 級 崩 壊 校 内 暴 力 等 の 生 徒 指 導 上 の 様 々な 問 題 を 抱 えている (1) 文 部 科 学 省 によると

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc この 章 では もしも こういう 状 況 になったら 練 馬 区 にどのよう な 影 響 を 及 ぼすのでしょうか? ということを3つのテーマでご 紹 介 します 1 もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら? 現 在 私 たち 練 馬 区 をはじめとする 23 区 は 特 別 地 方 公 共 団 体 と 呼 ばれ 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として

More information

ビジネスと経営資源

ビジネスと経営資源 第 1 章 ビジネスと 企 業 組 織 学 習 目 標 企 業 の 目 的 を 確 認 し 目 的 を 達 成 するための 方 法 を 理 解 する 経 営 資 源 ( 人 モノ 金 )の 意 味 を 具 体 的 に 理 解 する 第 4の 経 営 資 源 としての 経 営 情 報 の 意 味 を 理 解 する ビジネスの 基 本 として お 金 儲 けの 基 本 原 理 を 理 解 する 企 業

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

untitled

untitled 生 命 保 険 論 集 第 160 号 機 関 投 資 家 としての 生 命 保 険 会 社 と コーポレートガバナンス 小 林 毅 ( 中 京 大 学 経 済 学 部 准 教 授 ) 1.はじめに 近 年 コーポレートガバナンスにおける 機 関 投 資 家 の 役 割 が 注 目 さ れている 従 来 日 本 企 業 のコーポレートガバナンスにおいては 主 に 内 部 昇 進 により 地 位 を

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A>

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A> < 第 10 の 目 的 章 > 経 営 比 率 分 析 分 もに 整 析 理 本 といわれることもあり この 章 経 比 では 営 較 管 理 検 討 に することによって 役 比 立 率 つ 分 資 析 料 について を 得 経 ることを 営 企 学 分 業 習 析 の する は 状 目 態 的 企 を として 次 業 知 章 の り その 経 損 営 主 益 活 として 分 動 将 岐 来 や

More information

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63>

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63> 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 23 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 目 次 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 の 内 容... 2 2.1 対 象 とする 市 場...

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

3 調 査 対 象 光 市 立 第 6 年 児 童 光 市 立 第 3 年 生 徒 抽 出 2 3 希 望 利 用 9 2 ( 抽 出 以 外 の 全 ての ) 4 調 査 内 容 1 教 科 に 関 する 調 査 ( 国 語 算 数 数 ) 問 題 A 主 として 知 識 に 関 する 問 題 問

3 調 査 対 象 光 市 立 第 6 年 児 童 光 市 立 第 3 年 生 徒 抽 出 2 3 希 望 利 用 9 2 ( 抽 出 以 外 の 全 ての ) 4 調 査 内 容 1 教 科 に 関 する 調 査 ( 国 語 算 数 数 ) 問 題 A 主 として 知 識 に 関 する 問 題 問 平 成 22 年 度 全 国 力 習 状 況 調 査 の 結 果 について 調 査 結 果 の 公 表 平 成 19 年 度 から 全 国 全 ての 6 年 生 3 年 生 を 対 象 として 行 われてい るこの 調 査 は 平 成 22 年 度 の 調 査 においては これまでの 調 査 と 一 定 の 継 続 性 を 保 ちながら 調 査 方 式 を 悉 皆 調 査 から 抽 出 調 査 及

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

2 基 本 目 標 と 基 本 的 方 向 ⑵ 安 全 で 活 気 があり 住 み 続 けたいまちを 築 く 7 4 説 明 文 ひと が 積 極 的 に 活 動 し は ひと が 積 極 的 に 活 動 交 流 し に 変 更 すべきではないか 核 家 族 化 の 弊 害 や 行 き 過 ぎた 個

2 基 本 目 標 と 基 本 的 方 向 ⑵ 安 全 で 活 気 があり 住 み 続 けたいまちを 築 く 7 4 説 明 文 ひと が 積 極 的 に 活 動 し は ひと が 積 極 的 に 活 動 交 流 し に 変 更 すべきではないか 核 家 族 化 の 弊 害 や 行 き 過 ぎた 個 全 体 文 頭 の 新 規 事 業 平 成 27 年 度 から 実 施 御 意 見 を 踏 まえ 事 業 項 目 の 文 頭 の 表 記 を 拡 充 事 業 した 新 規 事 業 拡 充 事 業 継 続 事 業 の は 継 続 事 業 は に 変 更 します 示 し 方 に 工 夫 がいるのではないか 1 - 新 規 事 業 のマークについては 違 和 感 はないが 拡 充 事 業 と 継 続 事

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

合弁契約の実務(その5)

合弁契約の実務(その5) ( 月 刊 国 際 法 務 戦 略 2000 年 9 月 号 掲 載 ) 中 国 ビジネス ローの 最 新 実 務 Q & A 第 8 回 合 弁 契 約 の 実 務 (その5) 黒 田 法 律 事 務 所 黒 田 健 二 黒 須 克 佳 Kenji Kuroda, Katsuyoshi Kurosu/Kuroda Law Offices 今 回 も 合 弁 契 約 に 関 する 法 律 問 題 のうち

More information

安 倍 首 相 70 年 談 話 を からも その 効 果 は 明 らかだ 安 倍 首 相 70 年 談 話 の お 詫 び 表 現 は 評 価 する 評 価 しない 適 切 だった 適 切 でない 必 要 なかった 共 同 8.16 44.2 37.0 共 同 8.16 42.7 23.6 24.

安 倍 首 相 70 年 談 話 を からも その 効 果 は 明 らかだ 安 倍 首 相 70 年 談 話 の お 詫 び 表 現 は 評 価 する 評 価 しない 適 切 だった 適 切 でない 必 要 なかった 共 同 8.16 44.2 37.0 共 同 8.16 42.7 23.6 24. 直 近 の 世 論 調 査 から-2015.9.3( 安 倍 内 閣 支 持 率 は 70 年 談 話 のおかげで 微 増 ) 1. 安 倍 内 閣 支 持 率 70 年 談 話 で 微 増 +1.1%(40.9%) ただし 不 支 持 44.6%と 逆 転 のまま 第 2-3 次 安 倍 内 閣 の 支 持 率 (11 社 平 均 ) 無 党 派 自 民 党 内 閣 支 持 内 閣 不 支 持 民

More information

司 法 書 士 2016 年 はどうなる? 改 正 が 司 法 書 士 試 験 にもたらす 影 響 会 社 商 登 の 出 題 傾 向 と 民 法 大 改 正 のゆくえ 0 001921 157422 SU15742 2016 司 法 書 士 試 験 中 上 級 ガイダンス 2016 年 はどうなる? 改 正 が 司 法 書 士 試 験 にもたらす 影 響 司 法 書 士 講 師 根 本 正 次

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

る 解 約 返 戻 金 に 関 して 問 題 意 識 が 持 たれて いる 様 子 が 窺 える そこで 本 稿 では まず 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 の 考 え 方 計 算 方 法 を 説 明 した 後 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 仕 組 みの 特 徴 考 え 方

る 解 約 返 戻 金 に 関 して 問 題 意 識 が 持 たれて いる 様 子 が 窺 える そこで 本 稿 では まず 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 の 考 え 方 計 算 方 法 を 説 明 した 後 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 仕 組 みの 特 徴 考 え 方 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 について 調 査 研 究 部 猪 ノ 口 勝 徳 目 次 1.はじめに 2. 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 3. 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 概 要 4.おわりに 1.はじめに 生 命 保 険 契 約 は 長 期 にわたる 契 約 である このため 加 入 時 に 商 品 内 容 を 十 分 に 検 討 し 自 身 の 保 障 ニーズに

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自 拡 大 する 確 定 拠 出 年 金 ( DC) 制 度 と マイナス 金 利 時 代 の 運 用 1.はじめに 確 定 拠 出 年 金 (DC: Defined Contribution) 制 度 の 改 正 により 60 歳 未 満 であればだれでも DC 制 度 に 加 入 できることになりました 具 体 的 には 企 業 年 金 制 度 があるものの DC 制 度 はない 企 業 に 勤 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

. 先 行 研 究 について この 論 文 を 作 成 するにあたって 山 鹿 八 田 (000)の 通 勤 疲 労 コストと 最 適 混 雑 料 金 の 測 定 を 先 行 研 究 として 参 考 にした そのため 本 論 で 扱 われるモデルは 山 鹿 八 田 (000)で 紹 介 されている

. 先 行 研 究 について この 論 文 を 作 成 するにあたって 山 鹿 八 田 (000)の 通 勤 疲 労 コストと 最 適 混 雑 料 金 の 測 定 を 先 行 研 究 として 参 考 にした そのため 本 論 で 扱 われるモデルは 山 鹿 八 田 (000)で 紹 介 されている JR 埼 京 線 の 通 勤 ラッシュについての 実 証 分 析 上 地 さきえ 樋 口 高 明 山 崎 敦 嗣 < 要 約 > 本 稿 では 通 勤 の 疲 労 コストと 最 適 混 雑 料 金 の 測 定 山 鹿 八 田 (000 年 )で 紹 介 されているモデ ルを 用 い JR 埼 京 線 の 通 勤 混 雑 についての 実 証 分 析 を 行 う 山 鹿 八 田 (000 年 )と 同

More information

税源の偏在と地域間格差~地方法人税法(平成26年3月31日法律第11号)~

税源の偏在と地域間格差~地方法人税法(平成26年3月31日法律第11号)~ 地 方 自 治 関 連 立 法 動 向 研 究 1 税 源 の 偏 在 と 地 域 間 格 差 地 方 法 人 税 法 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 法 律 第 11 号 ) 森 稔 樹 1. はじめに 平 成 5 年 6 月 に 衆 参 両 院 において 地 方 分 権 の 推 進 に 関 する 決 議 がなされ 翌 年 2 月 15 日 に 政 府 の 行 政 改 革 大 綱 において

More information

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ 平 成 27 年 度 校 内 研 究 Ⅰ 研 究 主 題 Ⅱ 研 究 の 概 要 国 語 科 における 読 解 力 を 高 める 複 式 指 導 のあり 方 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 (1) 本 校 のこれまでの 研 究 の 取 組 から こだわりの 視 点 まとめる 力 の 育 成 ポストテスト100%の 達 成 平 成 26 年 度 は 教 科 等 ( 外 国 語, 道 徳 )における,

More information

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー Discussion Paper, Series B, No. 2007-71 パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 谷 村 孝 子 2007 年 12 月 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 060-0809 札 幌 市 北 区 北 9 条 西 7 丁 目 パートタイム 労 働 者 の

More information

Microsoft Word - 平成26年度税制改正カンタン解説_白黒両面.doc

Microsoft Word - 平成26年度税制改正カンタン解説_白黒両面.doc 平 成 26 年 度 税 制 改 正 案 カンタン 解 説 今 年 の 税 制 改 正 大 綱 は 9 月 に 秋 の 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されたという 点 が 特 徴 的 です 秋 の 税 制 改 正 大 綱 は 本 年 4 月 に 控 えた 消 費 税 増 税 を 受 けての 景 気 対 策 のための 税 制 改 正 で 法 人 の 設 備 投 資 を 支 援 する 内 容 が

More information

~ 立 並 起 は 混 沌 とした 世 紀 {a だ/b だった) ~ 旦 止 起 は 混 沌 とした 世 紀 だ った (= ~ 旦 盆 起 は 混 沌 とした 世 紀 だ 過 去 性 のある 名 調 ~ 発 話 時 基 準 1 発 話 時 基 準 トキ 名 詞 (~ 全 国 方 言 談 話 データベース (36) 湾 岸 戦 争 は 1991 年 でした 主 産 3~ ちなみに 言 語 学

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information