文京学院大学 保健医療技術学部 紀要 2009

Size: px
Start display at page:

Download "文京学院大学 保健医療技術学部 紀要 2009"

Transcription

1 文 京 学 院 大 学 保 健 医 療 技 術 学 部 紀 要 第 4 巻 2011:19-28 家 族 問 題 の 象 徴 としての 不 登 校 木 附 千 晶 1 青 木 智 子 2 小 川 未 佳 3 斎 藤 学 3 1 文 京 学 院 大 学 保 健 医 療 技 術 学 部 作 業 療 法 学 科 2 啓 明 大 学 校 自 然 科 学 大 学 公 衆 衛 生 学 科 3 IFF CIAP 相 談 室 要 旨 本 事 例 は, 不 登 校 に 代 表 される 長 男 の 問 題 行 動 と,その 長 男 に 対 する 夫 の 暴 力 を 主 な 主 訴 とし, 個 別 面 接 として 始 めら れたものである. 面 接 が 進 行 するにつれ, 長 男 の 不 登 校 や Cl. と 夫 の 不 登 校 経 験, 原 家 族 との 問 題 が 明 らかにされ,Cl. 夫 長 男 への 各 個 別 面 接 と,これに 並 行 した 月 1 回 の 家 族 面 接 が 設 定 された. 夫 は 機 能 不 全 家 庭 に 育 ち, 妻 もまた 支 配 的 な 母 親 のもとで 永 遠 の 娘 でいるべく,4 人 の 子 どもを 成 しながら 入 籍 を 拒 み, 事 実 婚 を 継 続 している. 面 接 を 通 して 夫 婦 になりきれていない 夫 との 関 係, 母 親 との 心 的 密 着 が 長 男 の 不 登 校 などの 問 題 行 動 に 関 係 することを 自 覚 していく. 次 第 に 親 としての 役 割 の 自 覚 が 芽 生 え, 業 務 として 関 わっていた 子 育 てにも, 親 らしい 養 育 態 度, 感 情 交 流 が 見 られるよ うなった.こうした Cl. の 子 どもとの 関 係 の 変 化 が, 子 どもの 態 度 に 影 響 を 与 え, 長 男 は 登 校 を 始 めるようになった.こ こでは,Cl. の 面 接 の 経 緯,Cl. の 変 容 を 中 心 に 考 察 を 行 う. キーワード 母 娘 関 係, 自 立, 暴 力, 不 登 校 Ⅰ.はじめに クライエント 34 歳 ( 以 下,Cl. と 記 述 )は, 社 会 的 に 承 認 された 夫 婦 となることを 先 延 ばしにし, 事 実 婚 のまま 4 人 の 母 親 となった. 小 学 生 時 代 のフリースクール 仲 間 で あった Cl. とその 夫 は, 共 に 不 登 校 経 験 者 であり, 不 登 校 の 長 男 ( 以 下,IP)に 登 校 刺 激 を 与 えることもない.むしろ, 公 的 教 育 に 批 判 的 感 情 を 持 ち, 積 極 的 に IP をフリースクー ルに 通 学 させている.Cl. は,IP に 年 齢 にそぐわない 行 動 がみられること,また,IP のこうした 行 動 に 対 して 夫 が 暴 力 的 になることを 訴 え, 相 談 に 訪 れた. 本 事 例 は,3 週 間 に 1 回 50 分 の 個 別 面 接 として 開 始 さ れたが, 後 に 不 登 校 問 題 に 象 徴 されるクライエント 自 身 の 実 母 との 葛 藤, 夫 婦 関 係 の 問 題 が 明 らかにされた.このた め,Cl. 夫 identities patient( 以 下 IP と 記 述 注 : 問 題 を 持 つ 子 どもを 意 味 する)3 者 に 対 する 個 別 面 接, 並 行 して 月 1 回 の 精 神 科 医 で 同 相 談 室 顧 問 ( 以 下,SV と 記 述 ) による 家 族 全 員 が 参 加 する 家 族 面 接 が 提 案 され,Cl の 個 別 面 接 開 始 から 約 1 年 後 の 20X1 年 3 月 より 実 施 された. これらの 枠 組 みの 変 更 は Cl. との 面 接 から,1 不 登 校 とい う 症 状 が 示 す 家 族 の 問 題 であること,2 症 状 や 主 訴 を Cl. 個 人 のみの 問 題 としてではなく, 世 代 間 連 鎖 に 由 来 するものであることと 考 え, 家 族 全 体 を 治 療 対 象 とすべ き,と 見 立 てたことが 理 由 である.その 結 果,Cl. は 次 男 ( 第 4 子 )の 出 産 と IP の 登 校 開 始 を 契 機 に, 養 育 態 度 や 公 教 育 についての 認 識 変 容 を 遂 げた. 子 どもをめぐる 心 理 治 療 を 考 えるとき, 渡 辺 (2005).は, 親 子 関 係 の 葛 藤 の 再 燃, 親 自 身 の 生 い 立 ちをめぐる 葛 藤 の パターン, 祖 父 母 の 世 代 からの 未 解 決 の 葛 藤 の 世 代 間 伝 達 などについての 精 神 力 動 的 な 理 解 を 含 む, 幅 広 い 視 点 が 必 19

2 文 京 学 院 大 学 保 健 医 療 技 術 学 部 紀 要 第 4 巻 2011 要 であるとしている.この 指 摘 からも,3 者 への 個 別 面 接 と 家 族 を 対 象 とした 家 族 面 接 は 有 益 であったといえよう. 本 論 文 は, 子 どもの 問 題 行 動 との 関 わり 方 を 中 心 に, Cl. の 変 容 に 焦 点 を 当 て 考 察 するものであり, 主 に Cl. の 個 別 面 接 の 経 緯 を 主 に 検 討 し, 家 族 面 接 の 流 れは 参 考 に 留 め て 言 及 する.なお, 本 事 例 は 本 人 の 同 意, 相 談 室 の 倫 理 審 査 承 認 を 得 ているが, 本 人 特 定 を 避 けるために 一 部 内 容 に 手 を 加 えたことを 付 記 する. Ⅱ.クライエントとその 家 族 1)クライエント,および 主 訴 クライエント(Cl.):34 歳, 女 性, 大 学 教 員.4 人 の 子 どもの 母 親.セラピスト A が( 以 下,Th. と 記 述 )20X0 年 5 月 より 3 週 間 に 1 回 50 分 の 個 別 面 接 を 実 施 した( 家 族 面 接 開 始 後 は 1 ~ 2 週 間 に 1 回 となる). 主 訴 : 長 男 (IP)の 不 登 校 と 年 齢 に 不 釣 り 合 いな 行 動. 夫 から 長 男 を 含 む 子 どもへの 暴 力. 2) 成 育 歴 父 は 大 企 業 に 勤 務 し 不 在 がちな 父 と, 自 立 した 女 性 に 憧 れつつ 専 業 主 婦 となり, 公 教 育 に 否 定 的 な 母 の 元 で,2 歳 年 下 の 妹,5 歳 下 の 弟 と 共 に 育 つ. 妹 弟 も 共 に 小 中 学 校 時 代 に 不 登 校 を 経 験. 幼 少 期 は 父 の 転 勤 に 伴 い 各 地 を 転 々と し, 小 学 校 入 学 以 前 から 首 都 圏 に 暮 らす. 小 4 時, 母 の 入 院 を 機 に 学 校 を 欠 席 しがちになり, 小 5 の 2 学 期 から 完 全 に 不 登 校 となる. 小 6 からフリースクールに 通 い, 現 在 の 夫 と 知 り 合 う. 夫 ( 契 約 社 員,33 歳 )も 中 学 時 から 不 登 校 であり, 父 親 が 愛 人 と 別 宅 で 生 活 する 機 能 不 全 家 庭 に 育 った. 夫 が 中 3 時 に 両 親 は 離 婚. 後, 母 親 の 再 婚 に 伴 い, 夫 は 親 戚 宅 で 生 活 してきた.Cl. によると 夫 は 生 い 立 ちが 複 雑 で 詳 し いことは 聞 いていない. 辛 い 経 験 のせいか 話 したがらない とのこと. Cl. は 高 校 に 入 学 するが, 直 後 に 父 の 仕 事 のため 家 族 で 海 外 転 居. 現 地 のインターナショナルスクールに 通 学.こ の 学 校 に 行 けた 経 験 が Cl. の 後 の 自 信 に 繋 がった. 海 外 転 居 中, 夫 とは 文 通 で 親 交 を 深 め, 大 学 受 験 時 にひとり 帰 国 した 時 から 交 際 が 始 まった. 予 備 校 を 経 て, 看 護 大 学 に 進 学. 大 学 2 年 で 夫 の 子 どもを 中 絶 したことで, 両 親 か ら 交 際 を 禁 じられ,Cl. が 夫 の 部 屋 に 転 がり 込 むかたちで 同 棲 を 始 める. 大 学 卒 業 後 は, 看 護 師 として 1 年 の 病 院 勤 務 を 経 験 し, 出 産 に 伴 い 夫 と 事 実 婚. 数 年 前 まで Cl. の 実 家 の 2 世 帯 住 宅 で 生 活 していたが, 両 親 と 夫 の 関 係 の 悪 化 から 家 を 出 る. 現 在 は,4 人 ( 家 族 面 接 開 始 後 に 出 産 した 1 児 を 含 む)の 子 どもと 夫 との 6 人 で, 実 家 から 徒 歩 数 分 のところにある 借 家 の 一 軒 家 で 生 活. 3) 家 族 構 成 ( 図 1 参 照 ) 夫 :33 歳, 専 門 学 校 を 経 て, 一 時, 父 の 経 営 する 会 社 を 受 け 継 ぐが, 経 営 不 振 で 会 社 を 整 理.その 後, 契 約 社 員 図 1 20

3 家 族 問 題 の 象 徴 としての 不 登 校 として 再 就 職 した. 子 どもが 騒 ぐと 怒 り 出 すなど 暴 力 的 な 側 面 がある. 中 3 時 に 両 親 は 離 婚. 父 はそれ 以 前 から 別 の 女 性 と 同 居 していた. 不 登 校 の 妹 は 高 校 卒 業 資 格 試 験 を 経 て, 海 外 の 大 学 へ 進 学. 海 外 で 結 婚 し 現 地 在 住.Cl. の 個 別 面 接 開 始 から 1 ヶ 月 後 の 20X0 年 6 月 より, 月 1 回 50 分 のセッションとして 個 別 面 接 を 開 始 した. 長 男 (IP):8 歳, 小 学 校 3 年 生. 小 学 校 入 学 以 来 不 登 校 でフリースクールに 通 学 していたが,3 年 生 2 学 期 の 終 業 式 直 前 よりときどき 登 校 するようになる.フリースクール にも, 学 校 にも 行 かない 日 は 近 所 にある Cl. 実 家 で 過 ごす ことが 多 い.20X0 年 7 月 より 週 1 回 の 個 別 面 接 が 実 施 さ れた. 長 女 :5 歳. 保 育 園 児.2011 年 春 より 小 学 校 入 学. 次 女 :2 歳. 保 育 園 児. 次 男 : 出 産 予 定. 4) 見 立 て Cl. は, 母 親 に 反 感 を 持 ち, 母 親 の 言 動 を 否 定 的 にとら えながらも, 入 籍 を 考 えると 母 親 の 顔 が 思 い 出 されて 婚 姻 届 を 提 出 できなかった.このため, 事 実 婚 という 形 を 取 る など, 母 親 から 独 立 できずにいる.IP は 多 くの 場 合, 昼 間 は Cl. 実 家 に 身 を 寄 せているが,このことが Cl. 夫 婦 を いらだたせている.しかしその 一 方 で,IP のこうした 行 動 が,Cl. 夫 婦 と Cl. の 両 親,それぞれの 夫 婦 同 士 の 結 束 を 固 め,お 互 いに 関 係 を 持 たざるを 得 ない 状 態 を 生 じさ せている.つまり, 結 果 として IP の 問 題 行 動 は 不 安 定 な Cl. 夫 婦,Cl. 夫 婦 とその 両 親 ( 主 には Cl. と Cl. の 母 親 )の 関 係 をつなぎ 止 める 役 割 を 果 たしていると 考 えられる. 5) 治 療 方 針 全 てを 先 延 ばしにし, 中 途 半 端 にすることで, 問 題 と の 直 面 化 を 避 け, 精 神 的 な 葛 藤 を 意 図 的 に 自 覚 しないよ うにしている Cl. の 行 動, 思 考 の 修 正 を 図 る.そのことで Cl. が 夫 を 社 会 的 にも 心 理 的 にもパートナーとして 受 け 入 れ, 安 定 した 夫 婦 となれるようにする. 同 時 に IP が 登 校 できるよう 促 す. 具 体 的 には, 以 下 1 ~ 4 を 行 うこととした. 1 Cl. 夫 婦 が 内 縁 関 係 とはいえ, 夫 婦 として 理 想 的 な 関 係 をつくるために 歴 史 を 積 み 上 げてきており,ふたりの 意 志 と 力 で 成 し 遂 げてきたことを 自 覚 できるよう 励 ま し, 称 賛 する. 2 Cl. 夫 婦 が, 問 題 を 抱 えながらも, 自 分 たちは 素 晴 らし い 夫 婦 家 族 をつくってきたと 認 識 できるよう, 夫 婦 家 族 の 出 来 事 を 年 代 史 として 作 成 させる.このことで 家 族 の 歴 史 をより 深 く 意 識 させ, 事 実 婚 という 不 安 定 な 夫 婦 関 係 が IP に 与 えた 影 響 についても 自 覚 を 促 すと 同 時 に, 家 族 という 枠 組 みを 意 識 できるようにする. 3 Cl. 夫 婦 が 安 定 した 家 族 となるまでの 間,IP にとって 頼 れるおとな ( 担 当 セラピスト( 以 下 Th. と 記 述 )) を 用 意 し, 独 立 した 被 治 療 者 として 個 別 面 接 を 行 う. 4 各 Th. の SV である 精 神 科 医 による 月 1 回 の 家 族 面 接 を 実 施 する.これは 家 族 面 接 の 内 容 が 各 個 別 面 接 に 活 用 されること, 家 族 面 接 が 世 代 間 連 鎖 に 由 来 する 家 族 問 題 を 明 らかにすること, 個 別 面 接 の 効 果 を 上 げるこ とを 目 的 とする. ゴール: 安 定 した 夫 婦 関 係 の 構 築.その 結 果 IP の 役 割 が 軽 減 され, 登 校 が 促 されること. Ⅲ.Cl. 面 接 の 経 過 1) Ⅰ 期 : 不 安 定 な 夫 婦 関 係 の 理 解 (#1 ~ 19)20X0 年 3 月 ~ 20X1 年 4 月 注 )なお 面 接 プロセスは,Cl. の 変 容 の 段 階 に 応 じて 期 間 を 分 類 している. 文 中 にある#は, 面 接 回 を 示 す. 数 年 前 まで 2 世 帯 住 宅 で 私 の 両 親 と 生 活 していた. 現 在 は 実 家 から 徒 歩 圏 にある 借 家 で 夫 と 3 人 の 子 ども(8 歳, 5 歳,2 歳 )と 暮 らしている. 長 男 (IP)は 保 育 園 のとき は 嫌 がらずに 通 園 していたが, 小 学 校 入 学 後 まもなく 不 登 校 になった. 今 は 近 県 のフリースクールに 往 復 3 時 間 の 電 車 通 学 させている. 毎 朝, 保 育 園 児 である 長 女, 次 女, 夫 と 家 族 全 員 で 家 を 出 るが,IP はそのまま 実 家 の 母 の 家 に 行 くことが 多 い. 最 近 はフリースクールも 休 みがちなのが 気 になる. 夫 は, IP が 怒 った 直 後 に 同 じことを 繰 り 返 し たり, 場 にそぐわない 行 動 をしたり, 妹 や 飼 い 猫 に 攻 撃 的 などの 問 題 行 動 だけを 叱 っている という.だが,それは 暴 力 であるように 思 える(# 1). 大 学 時 代 に 妊 娠 し, 中 絶 したことを 両 親 に 知 られ, 交 際 を 禁 じられたために 夫 と 同 棲 を 始 めた. 中 絶 の 経 験 から 罪 滅 ぼし に 産 科 の 看 護 師 になることを 決 めた.8 年 の 病 院 勤 務 後, 大 学 教 員 とな り 現 在 に 至 る(# 2 ~ 5). IP 出 産 時, 出 生 届 と 一 緒 に 婚 姻 届 けを 提 出 するつもり だったが, 直 前 に 母 親 の 顔 が 浮 かび, 入 籍 を 見 送 った. 以 後, 現 在 に 至 るまで 事 実 婚 を 続 けている. 専 業 主 婦 の 母 親 (65 歳 )は, 女 性 は 自 立 すべき という 信 念 の 持 ち 主.その 母 親 の 影 響 なのか 私 も 結 婚 して 夫 の 姓 になることに 抵 抗 が あった. 大 企 業 の 会 社 員 だった 父 は 不 在 がちで, 休 日 は 部 屋 にこもって 寝 ているような 人. 感 情 を 表 情 に 出 さず, 内 に 溜 めるタイプで, 急 に 激 昂 し, 口 を 利 かなくなることも 21

4 文 京 学 院 大 学 保 健 医 療 技 術 学 部 紀 要 第 4 巻 2011 あった.IP が 母 親 のところにいることが 多 く,そのこと で 夫 とのケンカが 絶 えない. 中 絶 以 来, 夫 は 私 の 両 親 と 折 り 合 いが 悪 く, 同 居 中 も 私 が 板 ばさみになることが 多 かっ た.その 関 係 の 悪 さから 別 居 を 決 めた(# 6 ~ 14). 私 も 小 4 時 から 不 登 校 だった. 母 親 は 登 校 を 促 すどこ ろか, 公 的 教 育 に 否 定 であったため, 不 登 校 をとがめられ た 記 憶 がない.IP も 学 校 に 行 きたくないのなら,フリー スクールで 必 要 なことを 身 に 付 ければいいと 思 う. 夫 も 同 様 の 考 え. 子 どもをうまく 叱 ることが 出 来 ない. 私 はつ い 声 を 荒 げてしまうし, 夫 は 手 を 挙 げたりもする. 子 ども というのは 思 い 通 りにしたくてもならない 存 在. 私 は 子 ど もの 甘 えをなかなか 受 け 入 れられない. 私 の 母 親 もそう だった. 子 どもとの 会 話 は 禁 止 ごとばかりになってしまう (# 15 ~ 19). Th. の 印 象 :Cl. にとって, 子 育 ては 試 練 で, 子 ど もは 思 い 通 りにならない 面 倒 な 存 在 と 捉 えている 様 子. 自 身 も 不 登 校 について 登 校 刺 激 などを 受 けた 経 験 がなく,IP の 不 登 校 に 関 しても 問 題 意 識 を 強 く 抱 いていない. < 家 族 面 接 の 内 容 及 び 個 別 面 接 への SV からの 指 導 > SV より 妻 および 夫 の 原 家 族 の 問 題 や 不 安 定 な 婚 姻 関 係 が 子 どもに 影 響 を 与 えている 可 能 性 が 大 きい として 家 族 面 接 の 導 入 が 指 示 される.1 回 目 の 家 族 面 接 では,IP の 不 登 校,IP が 弟 妹 や 飼 い 猫, 同 世 代 の 友 達 とうまく 関 わ れないこと,Cl. が 入 籍 を 拒 んだ 経 緯 などの 概 要 が,Cl. と 夫 から 語 られた.SV からは,Cl. と 夫 それぞれに 不 登 校 のメリット デメリットを 記 述 せよ という 課 題 が 出 され た. 各 個 別 面 接 では, 不 登 校 に 対 する 考 えや, 気 持 ちを 整 理 し, 親 としての 態 度 の 振 り 返 りができる 機 会 にするよう 助 言 された. 2) Ⅱ 期 : 子 どもとの 関 係 の 洞 察 (#20 ~ 25)20X1 年 5 月 ~ 7 月 不 登 校 のメリットとデメリットを 記 述 する 課 題 は 難 し く,かなり 時 間 がかかった. 私 は, IP は, 不 登 校 によっ てしなければならないことをしなくてすんでいる と 考 え た.しかし, 夫 は 現 実 生 活 に 即 した 不 登 校 のメリット デメリットだけを 話 すのはずるい と 言 った. 夫 は 私 たち 夫 婦 と IP の 問 題 としての 不 登 校 ではなく, 社 会 一 般 的 に 不 登 校 とはどういうものか を 記 述 していた. 同 じ 不 登 校 の 話 をしているのに, 夫 婦 の 認 識 の 違 いに 驚 いた. 不 登 校 について 考 えたことで, 夫 婦 共 に 画 一 化 された 学 校 的 なもの への 嫌 悪 感 があると 再 認 識 した(#20). 子 どもと 意 識 的 に 会 話 するように 心 掛 けてみたが,いつ でも,いつの 間 にか 立 ち 消 えになっていることに 気 づいた. 子 や 飼 い 猫 を 可 愛 さのあまり 思 わず 撫 でることもなかっ た. 子 や 猫 の 世 話 を 業 務 としてこなしてきたのではな いか. 夫 も 家 族 を 誰 がいれば, 何 ができる というマン パワーとしてしか 捉 えていない. 夫 は 遊 園 地 などに 積 極 的 に 子 どもを 連 れて 行 くので, 端 から 見 れば, 積 極 的 に 育 児 に 取 り 組 むお 父 さんに 見 えるだろうが, 特 別 なイベントす るくらいしか 子 どもとの 関 わり 方 が 分 からないのかもしれ ない. 日 常 生 活 の 中 で, 子 どもを 喜 ばせたり, 楽 しませたり, 情 緒 的 な 交 流 を 図 ることはない. 幼 少 期 の 食 事 時 間 が 辛 かった 経 験 から 家 族 全 員 で 食 事 をすることに 夫 はこだわり を 持 っているが, 子 どもたちが 楽 しく 食 事 をする 雰 囲 気 で はない. 夫 の 独 演 会 をみんなが 拝 聴 している 感 じ(# 21). 小 学 校 の 頃, 常 に 他 の 子 と 違 うことをして 目 立 ってい た. 母 親 は 不 在 がちな 父 親 の 権 威 を 利 用 して 子 どもをコン トロールしていた. 不 登 校 の 原 因 は 公 教 育 にある. 家 族 に は 何 も 問 題 はないと 母 親 から 言 われ, 自 分 もそれを 信 じて きた.カウンセリングを 続 けることで,その 信 念 が 崩 れる のが 怖 いのかもしれない(# 22). 中 絶 を 知 った 父 親 が 激 怒 し, 夫 を 罵 倒 したことがあった. 私 はいたたまれなくなり,その 場 を 離 れて 公 園 のベンチで ぼうっと 座 っていた. 今 思 うと, 中 絶 せざるを 得 ない 状 況 をつくった 夫 への 怒 りが, 私 にもあったからこそ, 父 親 と の 間 に 入 って 夫 を 弁 護 できなかった 気 がする. 中 絶 後, 私 が 夫 の 家 に 転 がり 込 むかたちで 同 居 を 始 めたが, 中 絶 した ことで 数 年 間, 夫 を 責 めていた. Cl. が 父 親 に 乗 り 移 り, 夫 を 罵 倒 したのかもしれませんね という 家 族 面 接 での SV の 言 葉 で, IP の 登 校 を 止 めているのは 私 かもしれな い との 思 いがよぎった.かつて 父 親 に 乗 り 移 って 怒 りを 表 現 したように, 今 は IP に 乗 り 移 って,IP を 学 校 に 行 か せないことで 私 自 身 が 学 校 や 公 教 育 と 距 離 を 置 いているの かも 知 れない(# 23).IP は 最 近 一 度 だけ, 登 校 をほのめ かしたが,その 後 は 全 く 話 題 にしない.Cl. と 夫 の 間 でも 話 をしていない. 新 学 期 が 目 前 なので, 夫 と 相 談 すべきと 考 えている(# 24). 夫 は これまでは 自 分 が 暴 力 や 怒 りを 抑 えていたのでな く, 子 どもが 静 かだったから 怒 らなくてすんだだけ と 言 うが, 私 にはそう 見 えない. 夫 は, 思 いを 言 語 化 できない 人 間 は 社 会 で 生 き 残 れないと 考 えているようで, 明 瞭 な 説 明 に 執 着 し, 子 どもにも 強 要 している. 子 どもの 気 持 ちを 察 したり, 親 の 側 が 子 どもの 気 持 ちを 引 き 出 すことに 抵 抗 があるようだ. 子 どもへの 暴 力 を 止 めたときなどに, 夫 が 私 に 暴 力 をふるうこともある. 妊 娠 中 の 最 近 も 暴 力 があっ て,IP が ママは 妊 婦 なのにね と 慰 めてくれた(# 25). Th. の 印 象 : Cl. には 人 間 は 思 い 通 りに 他 者 が 動 か 22

5 家 族 問 題 の 象 徴 としての 不 登 校 ないと 怒 りだすもの という 考 えがあり, 夫 が 突 然, 激 昂 したり, 子 どもに 対 して 年 齢 にそぐわない 期 待 ( 合 理 的 に 説 明 するなど)を 爆 発 させることに 疑 問 を 感 じていない. 夫 の 暴 力 が Cl. に 向 けられることもあると 初 めて 語 ったが, 重 要 なこととは 認 識 しておらず, 危 機 感 もない. 暴 力 の 程 度 を 尋 ねても, 結 構 な 痛 さだったが,どこを 叩 かれたの かわからない. 蹴 られてはいないから 身 体 の 上 の 方 だった ように 思 う と 答 えるのみだった. < 家 族 面 接 の 内 容 及 び 個 別 面 接 への SV からの 指 導 > 家 族 面 接 では, 中 絶 から 同 居 ( 事 実 婚 )に 至 るまでの 経 緯 から,SV が お 互 いの 強 い 意 志 を 非 常 に 感 じる 結 婚. この 結 婚,そして 夫 婦 関 係 を 誇 りに 思 っていい と 繰 り 返 し 強 調 した.また,IP は 不 安 定 な 夫 婦 関 係 の かすがい でもあり,そのために 不 登 校 という 問 題 行 動 が 生 じている 可 能 性 が 高 いことも 指 摘 した. さらに,1 中 絶 から 同 居 に 至 る 一 連 の 出 来 事 を 家 族 の 創 生 期 ととらえることを 提 案 し, 妻 が 中 絶 した 日 と, 妻 が 夫 と 同 居 をはじめた 日 を 明 確 にして, 夫 婦 になったことを きちんとふたりの 歴 史 に 刻 む.このことで 戸 籍 という 縛 り のない 夫 婦 関 係 について 自 覚 的 にさせる.2 中 絶 した 日 を 入 り とし,たとえば 家 族 で 卵 を 孕 むものを 必 ず 食 卓 に 乗 せて 出 産 を 連 想 させる 儀 式 を 行 い, 同 居 を 始 めた 日 を 明 け として,その 家 族 イベントを 終 了 させることを 提 案 した.このように 子 どもの 誕 生 日 や 重 要 な 節 目 を 祝 うな ど, 夫 婦 家 族 としての 記 念 行 事 を 行 い, 各 個 別 面 接 では, 記 念 日 を 年 表 化 ( 家 族 誕 生 の 歴 史 物 語 の 記 述 )し, 年 代 史 をつくるよう 助 言 した.これらは, 不 登 校 という 問 題 行 動 で, 不 安 定 な 事 実 婚 状 態 の 夫 婦 関 係 を 安 定 させようとして いる IP の 変 容 を 期 待 すると 共 に,Cl. の 夫 婦 という 人 間 関 係 に 親 としての 自 覚 を 促 す 目 的 を 有 している. 3) Ⅲ 期 : 登 校 にまつわる 葛 藤 (#26 ~ 30)20X1 年 8 月 ~ 10 月 理 由 は 分 からないが, 家 族 の 年 代 史 をつくることに 抵 抗 がある. 次 男 が 甘 えたり, 泣 くことが 増 えた.それによっ て,しばらく 止 んでいた 夫 から 子 どもへの 暴 力 がまた 頻 繁 になった. 夫 は 自 分 の 思 い 通 りに 何 でもしたい 人.それが うまくいかないと 怒 る. 表 面 には 表 さないが, 内 心 では 不 愉 快 に 思 っており,その 怒 りを 急 に 爆 発 させる.そういう ところは 私 の 父 親 と 似 ているかもしれない(# 26). 長 女 に 対 し,とくに 感 情 的 になってしまう.なぜか 長 女 が 泣 いたり, 笑 ったりすると, 涙 や 笑 顔 を 武 器 にして 私 を コントロールしようとしているようで, 戦 いを 挑 まれてい るように 感 じる. 気 を 引 くために 泣 いている 気 がしてし まって, 長 女 が 謝 るまでとことん 追 い 詰 めてしまう. 思 え ば, 私 も 母 親 から あなたは 小 さい 頃 から 私 と 張 り 合 って いる と 言 われたことがある. 私 もそんな 感 じなのだろう か. 母 親 が 否 定 し 続 け, 私 から 取 り 上 げてきた 女 性 らし さ を 前 面 に 出 している 感 じがするから 長 女 の 振 るまいが 嫌 なのか,それとも 同 性 である 娘 くらいには 私 の 気 持 ち を 理 解 して 欲 しい という 期 待 があるからなのか. 私 が 幼 い 頃,ピンクやフリルを 母 親 に 否 定 され, 母 親 の 期 待 に 沿 っ たものを 選 んでいたことが 思 い 出 された.(#27) 早 起 きが 苦 手 な IP が, 私 が 声 をかけると 起 きるように なった( 注 : 登 校 刺 激 の 一 部 ).IP は 今 も 突 然,かんしゃ くを 起 こすことがあるが,その 後, 謝 ったり, 怒 ったりし ながら なんで 自 分 は 怒 っちゃうんだろう と 自 問 自 答 し ている. 夫 は, IP がうまく 起 き 上 がらないときに 怒 りが 出 るので 自 分 は 起 こさない と 言 うので, 私 だけが 声 かけ をしている. 最 近, 夫 は 泥 んこになって 遊 ぶ 次 女 を 見 守 る 私 の 母 親 や,IP のフリースクールのお 祭 りで 子 どもの 遊 びに 付 き 合 っているおとなを 見 て 多 くのおとなは 子 ども が 手 のかかることをしていても 平 気 なんだ 自 分 が 子 ど もの 時 もあんなふうに 遊 んだ などと 呟 くなど,たまに 自 分 の 子 ども 時 代 と 関 連 付 けた 話 をするようになった. 相 変 わらず 子 どもが 泣 いたりすると 怒 るが, 私 が また 怒 って いる と 注 意 すると 止 むことも 増 えた(# 28). 私 も, 長 女 の 話 に 付 き 合 えるようになり, 他 の 子 どもた ちがべたべたすることにも 嫌 な 感 じが 薄 れてきた.そう なってきた 自 分 が 嬉 しい.とくに 私 の 顔 色 をうかがう 雰 囲 気 が 強 かった 長 女 が 猫 は 人 間 より 早 く 死 んじゃうんだよ ね など, 泣 きながら 話 してくれるようになったのが 嬉 し い. 私 は 子 どもを 産 んだ 時 も, 肌 の 色 は? 指 は 何 本? など 看 護 師 目 線 で 観 察 していて, 情 緒 的 に 感 じることが 少 なかった. 感 情 を 口 に 出 すのは 恥 ずかしいと 思 っていたの だと 思 う.しかし, 第 4 子 の 出 産 を 目 前 に 控 え, 出 産 で 家 族 と 離 れるのはさみしい と 口 にした. 夫 からは 以 前 はそんなことを 言 わなかった と 指 摘 された.(# 29 ~ 30) Th. の 印 象 : 子 どもの 子 どもらしい 振 る 舞 い にイラ イラすることが 減 り, 母 親 との 関 わりを 求 める 子 どもに 応 えることができるようになってきた.また, 夫 の 言 動 の 問 題 点 を 問 題 点 として 捉 えはじめるようになり, 今 まで は そういうもの と 棚 上 げにしてきた 夫 の 言 動 への 疑 問 や,そのときにわき 上 がる 感 情 を 感 じ 始 めている. < 家 族 面 接 の 内 容 及 び 個 別 面 接 への SV からの 指 導 > 家 族 面 接 では 入 籍 しない=パートタイム 夫 婦 =いつ 別 れるのか 油 断 できない 関 係 であり,そうした 関 係 では, 23

6 文 京 学 院 大 学 保 健 医 療 技 術 学 部 紀 要 第 4 巻 2011 子 どものかすがい(=つなぎ 役 )としての 負 担 は 大 きいと SV が 説 明. 同 時 に 夫 婦 関 係 の 安 定 が 子 どもを 楽 にする との 方 向 性 を 示 し, 各 個 別 面 接 においては, 夫 婦 がお 互 いに 役 割 分 担 をしながら, 共 に 子 育 てをしている という 感 覚 を 持 ち,お 互 いの 感 情 にも 注 目 をはじめた 夫 婦 関 係 の 変 化 を 定 着 させるよう 指 示 が 出 される. 4) Ⅳ 期 :Cl. の 子 どもへの 関 わりの 変 化 と IP の 行 動 変 化 (#31 ~ 35)20X1 年 11 月 ~ 20X2 年 3 月 1 月 前 に 第 4 子 次 男 ( 出 産 にともない,1 月 半 ほど 面 接 は 中 断 ).IP は 次 男 の 面 倒 を 見 たがり, 何 かと 手 伝 って くれる. 先 日 は 留 守 番 を 頼 むと, 搾 乳 した 母 乳 を 飲 ませて くれていた.こんなことは 初 めて. 困 った 行 動 は, 寝 てい る 次 男 の 耳 元 で 奇 声 を 上 げること.ただ,その 様 子 を 見 て いると 悪 気 はなく, 次 男 が 目 を 覚 ましたら 一 緒 に 遊 びた いと 思 っている 様 子. 先 日, 学 校 に 行 く 用 事 があり, 行 き たくなく 渋 っていたら,IP が 一 緒 に 行 ってやるよ と, 次 男 を 抱 っこひもで 抱 っこし, 一 緒 に 学 校 に 行 った.その 後, 大 掃 除 や 終 業 式 のときは 1 人 で 登 校 した(# 31). 私 の 母 親 は 駄 目 な 部 分 を 受 け 止 められない 人. 褒 めても プレッシャーを 与 えてくる.たとえば, 私 が 本 を 読 んで 泣 いている 時 に, 人 の 気 持 ちがわかるのね と 言 う 母 の 褒 め 言 葉 の 奥 には, そういう 優 しい 人 でなければならない という 雰 囲 気 を 感 じる.こういう 母 親 の 態 度 が 私 の 不 登 校 の 原 因 だったのかもしれない. 学 校 に 行 けば 100%できる ことばかりではなく,できないこともある.でも, 母 親 が ダメな 部 分 を 受 け 止 めてくれないので 失 敗 できない と 思 って,しんどかったのではないか.その 思 いがあって 学 校 に 行 けなかったような 気 がする.もしかしたら, 今,IP も 同 じ 気 持 ちなのかもしれない. 私 が 駄 目 なところがあっ ていい, 失 敗 してもいいんだ と 思 えて,そのメッセージ を IP に 伝 えられれば 登 校 できるようになるのではないか (# 32). 年 が 変 わったが,IP は 引 き 続 き 登 校 している. 授 業 に ついて 行 けず, 不 安 そうでもある(IP 担 当 Th. より, 教 科 によってかなりのつまずきがあり, 全 く 授 業 を 理 解 して いない.このままだと 再 び 不 登 校 になるかもしれない と の 話 を 聞 いた Cl. 担 当 Th. が,どの 程 度, 授 業 について 担 任 に 確 認 することを 助 言. 後 に Cl. は 担 任 と 補 習 について 話 しあった). 補 習 は 可 能 なようだが, 具 体 的 な 話 し 合 い をしていない. 夫 は 自 分 が 勉 強 を 見 る と 言 うが, 実 現 できるのか. SV に 提 案 された, 卵 を 孕 んだものを 食 べるという 家 族 の 儀 式 は 無 事 に 終 了 できそう. 年 代 史 も 少 し 書 き 始 めた. IP が 社 会 科 見 学 で 道 を 間 違 えて, 担 任 が 何 やってるんだ, バカヤロー と 叫 んだらしい.IP は 信 じられる? あん な 先 生 の 態 度 はおかしいよ そのままにしておく 校 長 が 変 だ! と 怒 っている. 私 もいらだち,つい もう 学 校 に 行 かなくていい, 少 なくとも 今 の 学 校 は 行 かなくていい と 言 ってしまったが,IP は 友 達 ができたし.そうは 言 っ ても と, 行 きたそうなそぶりを 見 せた. 今 までの 私 の 子 育 ては, こうすべき にとらわれ 過 ぎ ていた.しかし, 初 めて 次 男 を ただ 無 条 件 に 可 愛 い と 思 えるようになった. 今 までは, 子 どもに 泣 かれると 私 の 時 間 が 奪 われる と 感 じたが, 次 男 に 対 しては,そうい う 気 持 ちにならない.また, 子 どもに 限 らず, 今 までは 相 手 が 不 機 嫌 になると 思 考 停 止 になって,そのままにしてい たが, 最 近 は 怒 る 夫 に ちょっと 待 って と, 考 える 時 間 をくれるよう 伝 えられるようになってきた(# 33 ~ 34). 年 代 史 を 書 いていたら, 夫 から 自 分 ( 夫 )を 好 きになっ たことが 認 められないのか と 責 められた. 夫 は 怒 って 雪 の 中 に 年 代 史 を 捨 てた( 後 に 夫 が 回 収 ). 早 く 面 接 で 振 り 返 りができるように 年 代 史 を 仕 上 げたい. 年 代 史 を 書 くこ との 難 しさを 感 じている.これまで 私 たち 夫 婦 はなにをし てきたのだろう. IP がまた 登 校 しぶりをはじめた.いじめと, 担 任 の 先 生 とのトラブルが 原 因.これまでの 担 任 の 対 応 には IP も 自 分 も 失 望 しているので, 話 合 いに 行 く 気 持 ちにもなれな い.ただ,IP は 担 任 の 勧 めで 学 校 のスクールカウンセラー ( 以 下,SC と 記 述 )と 会 い, 一 緒 に 将 棋 をして 好 感 を 持 っ ている 様 子. 私 には SC は 学 校 側 の 人 という 思 いがあり, 信 用 しきれない 部 分 がある. 不 登 校 だった 自 分 の 受 けた 教 育 相 談 で, 相 談 員 の 対 応 に 傷 ついた 体 験 が 影 響 しているの だと 思 う.しかし,そうした 体 験, 思 いが 私 にあることを きちんと SC に 話 し, だから IP を 傷 つける 関 わりはしな いで 欲 しい と 釘 を 刺 してからであれば, 担 任 でなく SC を 経 由 して 学 校 とつながることを 考 えてもいい(# 35). Th. の 印 象 : 自 身 の 不 登 校 について 新 たな 発 見 をし,さ らに IP の 不 登 校 とも 結 びつけて 考 えられるようになって きた. 面 接 を 通 して 自 分 と IP の 問 題 を 区 別 でき, 自 分 の 気 は 進 まなくとも,IP が 学 校 に 行 きたいのであれば,な んとかしてあげたい と, 親 の 立 場 で 動 く 意 思 も 現 れはじ めた.その 根 底 には, 長 年, 回 避 し 続 けてきた 母 親 との 葛 藤 を 見 つめ 直 そうとし 始 めたことで, 母 親 の 受 け 売 りでは ない 新 たな 公 教 育 への 視 点 を 模 索 しはじめたことがあ ると 考 えられる.また, 卵 を 孕 んだものを 食 べる とい う 家 族 儀 式 を 執 り 行 い, 年 代 史 に 取 り 組 むことで, 夫 婦 が 家 族 という 枠 組 みを 意 識 し 始 めたせいか, 夫 婦 仲 は 良 くな 24

7 家 族 問 題 の 象 徴 としての 不 登 校 る 傾 向 にある. < 家 族 面 接 の 内 容 及 び 個 別 面 接 への SV からの 指 導 > この 時 期 から IP も 家 族 面 接 に 参 加.SV が IP に 学 校 に 行 きたいと 思 っているのだろう. 取 り 立 てて 登 校 できな い 理 由 が 無 いのであれば, 不 必 要 な 不 登 校 はしない 方 がい い と 伝 える. 同 時 に,Cl. と 夫 には 子 どもの 自 主 性 を 尊 重 する と 言 われても, 子 どもは 学 校 に 行 く, 行 かない というようなことは 決 められない.こうした 重 要 な 判 断 を 子 どもに 押 しつけるのは, 親 役 割 を 放 棄 していることであ り, 子 どもにとって 残 酷 なことである と 指 摘 した. 各 個 別 面 接 では, 親 が 上 手 に 子 どもの 背 を 押 して 挙 げられるよ うな 援 助 と, 現 在 の 夫 婦 仲 の 良 さをきちんと 定 着 させるよ う 指 示 される. Ⅴ. 考 察 1) 原 家 族 母 娘 問 題 Cl. の 説 明 によれば, 夫 婦 は 各 原 家 族 から 強 い 影 響 を 受 けており,とくに Cl. が 母 から 継 承 した 文 化 ( 価 値 観 / 公 教 育 否 定 )は IP. にまで 影 響 を 及 ぼしている.Cl. が 夫 や 子 どもに 対 して 感 情 をともなう 関 わりができないのは, 長 年 Cl.が, 感 情 や 思 いを 封 印 することで 家 族 間 のもめご とや 葛 藤 を 顕 在 化 させないようにしてきたからである.も し, 今,ここ でわき 起 こってくる 感 情 を 実 感 してしま うと, 今 まで 封 じ 込 めてきた 両 親 (とくに 母 親 )に 対 する 怒 りや, 母 親 の 唱 える 公 教 育 否 定 への 疑 問, 原 家 族 内 での 葛 藤,さらには 日 々の 夫 とのやりとりの 中 で 感 じているは ずの 感 情 も 感 じてしまうようになり,さまざまな 問 題 と 向 き 合 う 必 要 が 生 じてしまう.Cl. は, 無 意 識 にそれを 避 け ようとし, 子 どもに 対 しても, いつか 可 愛 がればいい と, 感 情 が 動 かされるような 交 流 のある 親 子 関 係 の 構 築 を 棚 上 げしている 可 能 性 がある.このように 情 緒 的 な 関 わりを 棚 上 げにし, 感 情 を 封 印 しておけば, 正 式 な 婚 姻 関 係 や,す べてを 先 延 ばしにていることから 生 じる 罪 悪 感 も, 夫 の 暴 力 的 な 部 分 ( 夫 が 原 家 族 から 受 け 継 いだ)への 怒 りや 恐 怖 も 感 じずにすみ, 家 族 の 中 にあるさまざまな 問 題 を 顕 在 化 させずにすむのである. たとえば,Cl. は 面 接 中 に 夫 にどこを 殴 られたか 覚 え ていない と 述 べており,そのときの 恐 怖 や 怒 りを 抑 圧 し ている.しかし,こうした 夫 婦 の 狭 間 にいる IP は, 家 族 内 緊 張 の 緩 衝 剤 の 役 割 を 担 っている. 両 親 のいさかいを 目 にした IP は Cl. に 赤 ちゃんがいるのにお 父 さん 殴 った ね と 声 をかけ,Cl. が 私 が 悪 かったから と 答 え るやりとりが 幾 度 も 繰 り 返 される(Ⅱ 期 ). 本 事 例 は, 社 会 経 済 的 自 立 を 果 たした 娘 (Cl.)が, 娘 を 引 き 留 める 母 によって 実 家 を 離 れて 家 を 出 ることの 困 難 さ( 結 婚 への 戸 惑 い)を 感 じざる 得 ない 昨 今 の 親 子 関 係,とくに 母 娘 関 係 の 問 題 も 含 んでいることだろう( 信 田 2008). 母 は 自 らの 存 在 意 義 を 固 辞 するため, 常 に 娘 をコ ントロールし, 娘 は 母 を 捨 てて 嫁 ぐことができない.しか し, 木 附 青 木 小 川 斎 藤 (2011)は すでに 子 をなし た Cl. は,IP の 不 登 校 などの 問 題 行 動 を 前 に,もはや 永 遠 に 母 の 娘 ではいることはできず, 自 らが 母 親 として 子 ども を 守 る 必 要 がある.Cl. は 面 接 を 通 して,IP の 問 題 が, 実 は 自 分 自 身 の 問 題 であると 自 覚 していかざるを 得 ない と 指 摘 する.この Cl.の 状 態 は 母 親 は 娘 を 近 くに 置 いて おきたい 欲 望 と, 成 人 させたい 欲 望 の 両 方 を 持 ち,この アンビバレンスが 娘 に 不 安 を 感 じさせ, 娘 には 母 親 と 同 一 化 しながらも 逃 げ 出 したいという 強 い 情 緒 的 葛 藤 が 存 在 す る (Chodorow 1978)に 合 致 する.また, 母 親 との 近 い 関 係 は 娘 の 自 立 を 妨 げ, 共 依 存 的 なネガティブな 面 が 存 在 する( 北 村 2008).との 指 摘 にも 当 てはまる. 斎 藤 (1995, 2004,2008)はこれを 母 の 支 配 と 呼 んだが,Cl. はま さに 母 の 支 配 という 呪 縛 のなかにいたのだろう. 母 娘 の 世 代 間 伝 達 の 調 査 を 行 った 水 元 (2010)は, 子 ど もを 思 い 通 りに 育 てたいという 支 配 欲 求, 自 我 境 界 の 曖 昧 さが 母 から 娘 に 伝 えられることを 明 らかにしているが, 本 事 例 でも Cl. は, 子 どもを 思 い 通 りにしたい (# 15 ~ 19)と 語 り, 同 時 に, 長 女 への 感 情 的 な 自 分 を 振 り 返 り, 長 女 が 自 分 をコントロールすべく 泣 く, 笑 うなどの 感 情 を 用 い, 戦 いを 挑 まれているかのように 感 じている.そして, 母 親 の あなたは 小 さい 頃 から 私 と 張 り 合 っている とい う 言 葉 や, 母 親 から 否 定 され 続 けてきた 女 性 らしさを 回 顧 しつつ, 一 方 で, 娘 に 自 分 を 理 解 して 欲 しいとも 望 んでい る(#27). 子 どもを 思 い 通 りにするのは 困 難 である, 自 らの 感 情 に 目 を 向 けると 母 親 と 自 分, 自 分 と 子 (とくに 娘 ) との 自 我 境 界 の 曖 昧 さに 気 付 いてしまう.それを 回 避 する ために, 重 大 な 決 定 や 情 緒 的 な 交 流 は 封 じ 込 められていた のではないだろうか. 2) 親 としての 自 覚 と 事 実 婚 現 在 も 継 続 中 であるこのケースは, 数 々の 秘 められた 思 い 葛 藤 や,なんとなく 通 り 過 ぎてきた 日 常 生 活 の 問 題 点 が 面 接 で 明 らかになり, 意 識 化 され,Cl. が 変 化 し,その 変 化 が IP にも 影 響 を 与 えた. 業 務 としての 子 育 てではな く, 子 どもと 感 情 豊 かなやり 取 りができるようになった Cl. は, 親 としての 心 配 から IP に 朝 起 きるように 声 をかけ, 学 校 の 担 任 教 師 や SC とも 積 極 的 に 関 係 を 持 ち 始 めた. 若 25

8 文 京 学 院 大 学 保 健 医 療 技 術 学 部 紀 要 第 4 巻 2011 本 山 下 下 舞 (2009)は, 不 登 校 の 児 童 生 徒 に 会 えるか どうかに 関 わらず, 家 族 内 の 関 係 に 焦 点 を 当 てることで, 家 族 それぞれが 具 体 的 な 対 応 を 捉 えやすく, 家 族 全 体 の 変 化 が 感 じられやすいとしているが,Cl. の 面 接 を 通 した 家 族 関 係 の 整 理 は,IP の 不 登 校 に 対 して 有 意 義 であったと 考 えられる. Cl. は 先 日, 第 四 子 ( 次 男 )を 出 産 したが,IP はこの 子 を 可 愛 がり, 積 極 的 に 子 育 ての 手 伝 いをしているという. 小 学 校 の 訪 問 に Cl. が 躊 躇 していると, 次 男 を 抱 きかかえ 誇 らしげに Cl. に 同 行 している.このような 行 動 はかつて IP に 見 られず,むしろ 妹 弟 に 対 して 攻 撃 的 でもあった. Cl. を 中 心 とした 登 校 刺 激 と,この 学 校 訪 問 を 機 に,IP は 少 しずつ 登 校 するようになった. 登 校 だけでなく 家 庭 生 活 の 面 でも 行 動 変 容 が 生 じている. 母 親 の 情 緒 的 な 振 る 舞 い が, 子 どもにも 影 響 を 与 えたのだろう. 家 族 力 動 の 観 点 から 見 れば, 子 どもの 問 題 行 動 は, 家 族 の 問 題 を 象 徴 するものとされる.IP の 不 登 校 は, 世 代 間 伝 承 の 問 題 だけでなく, 事 実 婚 という 不 安 定 な 夫 婦 のかす がいとして 機 能 し,さらには Cl. 家 族 とその 実 家 をつなぎ 止 める 役 割 も 担 っている. 五 十 嵐 荻 原 (2004)は, 在 宅 を 希 望 する 不 登 校 ( 本 事 例 では,IP は 愛 着 対 象 でもあ る 祖 母 の 家 で 過 ごすことが 多 いが)では, 母 への 安 心 依 存 不 信 拒 否, 父 母 への 分 離 不 安 との 高 い 相 関 にあることから 親 を 困 らせることと, 親 への 否 定 的 な 愛 着 表 情 が 結 びついていること,さらにはその 背 景 に 安 心 感 を 伴 う 愛 着 関 係 の 確 立 についての 欲 求 にあることが 推 測 で きる としている. 本 事 例 は,Cl. のみならず, 夫 もまた, 妹 弟 すべてが 不 登 校 であり, 夫 婦 共 に 親 への 愛 着 の 問 題 を 抱 えつつ, 解 決 に 至 らないまま, 自 らが 親 になっている 点 にも 注 目 すべきなのかもしれない. 今 後,さらに Cl. が, 長 年, 封 印 してきた 自 らの 感 情 へ の 洞 察 を 深 めることで, 原 家 族 間 の 問 題,とくに 実 母 との 葛 藤 と 向 き 合 えるようになるだろう. 後 に, 実 母 との 精 神 的 別 離 が 進 み, 実 母 が Cl.に 行 ってきた こうすべき に 縛 られた 子 育 てとは 違 う 情 緒 的 な 関 わりを 持 つことが 増 えれば, 子 どもの 自 主 性 を 重 んじる 名 目 で 逃 れ 続 けて 来 た 親 の 責 任 の 遂 行 も 可 能 になり,それができないことの 裏 返 しとして 何 でも 禁 止 として, 子 どもをコントロー ルしようとする 傾 向 も 弱 まっていく.それはさらに, 子 ど もたちとの 情 緒 的 な 交 流 を 盛 んにしていくはずである.し かし, 一 方 で 棚 上 げしてきた 夫 との 問 題, 夫 自 身 が 抱 える 問 題 が 顕 在 化 し, 夫 婦 は 新 たな 危 機 に 直 面 化 し,その 夫 婦 の 混 乱 ( 安 心 できない 夫 婦 の 関 係 )が 再 び 不 登 校 などの 問 題 行 動 を 子 どもにもたらす 可 能 性 が 懸 念 される. Ⅵ. 結 語 本 事 例 では, 家 族 年 代 史 の 作 成 が Cl. のみならず 家 族 の 変 容 に 大 きな 役 割 を 果 たしている. 未 入 籍 のまま, 夫 婦 がそれぞれ 異 なる 名 字 を 持 つ ことは, 社 会 的 に 容 認 され た 夫 婦 であるとはいいがたく,いわばいつでも 別 れられる 不 安 定 な 関 係 でもある. 家 族 の 年 代 史 作 成 により 夫 婦 の 歴 史 を 振 り 返 り, 様 々なイベントを 妻 夫 がどう 認 識 してい るかを 語 ることは,ナラティブという 視 点 からも 効 果 的 で あった.また,この 作 業 は, 何 をどう 語 るのか,その 考 え はどこからくるのかに 思 いを 巡 らせることになり,ひいて は, 原 家 族 との 問 題 に 直 面 させることになった. 自 分 のストーリーを 語 ることは, 体 験 を 語 りなおすこと であり, 現 在 という 紙 の 上 に 歴 史 を 書 き 上 げることであ る. 語 り 直 しとはセラピストが 知 らなかったことに 反 応 し て, 語 り 手 が 記 述 し 直 し, 説 明 しなおすことである. 両 者 は 影 響 しあいながら 共 に 進 化 するが, 経 験 とその 記 述 もま た 同 時 に 進 化 を 遂 げる, 語 り 直 しと 言 っても,それは 単 に, セラピストがそれまでに 見 聞 きしたことを 語 ることではな い.セラピストは, 以 前 あったのと 同 一 の 業 者 やストーリー を 浮 かび 上 がらせるのではなく, いまだ 語 られていない 鉱 脈 を 探 るのである. 人 の 記 憶 には 想 像 性 が 秘 められてい る. 新 しい 物 語 作 品 と 新 しい 歴 史 がそこから 作 り 出 される (Mcnamee & Gergen 1992). 本 事 例 でも, 年 代 史 の 作 成 が 語 られていない Cl. の 母 娘 の 問 題 を 明 らかにし,それらが 婚 姻 関 係 にまで 影 響 を 与 え ていることが 示 された.Cl. は 年 代 史 作 成 に 困 難 さを 感 じ ていたが,これは 問 題 の 顕 在 化 を 恐 れたためでもあろう. さらには,この 作 業 を 通 して Cl. は 育 児 や 結 婚 についての 自 分 の 姿 を 振 り 返 ることになる.このプロセスを 経 て, 初 めて 情 緒 的 な 交 流 のない 子 どもとの 関 わりを 認 識 するので ある. 不 安 定 な 婚 姻 において,IP はそれを 安 定 化 する 役 割 を 担 っている. 安 定 に 必 要 なのは 不 登 校 という 問 題 行 動 であ り,IP の 問 題 行 動 が 自 身 に 由 来 することを 知 ること, 感 じることで,IP の 問 題 は 消 失 しつつある. 本 事 例 はいま だ 継 続 している 事 例 であり, 後 に Cl. IP がどのような 変 容 を 遂 げるかは, 次 いで 報 告 したいと 考 える. 引 用 文 献 1) Chodorow, N The reproduction of mothering. University of California Press( 大 塚 光 子, 大 内 管 子 訳, 母 親 業 の 再 生 産,1981, 新 曜 社 ) 26

9 家 族 問 題 の 象 徴 としての 不 登 校 2) 北 村 琴 美,2008, 過 去 および 現 在 の 母 娘 関 係 と 成 人 女 性 の 心 理 的 適 応 性 愛 着 感 情 と 抑 うつ 傾 向, 自 尊 感 情 との 関 連, 心 理 学 研 究 79, ) 木 附 千 晶, 青 木 智 子, 小 川 未 佳, 田 中 淳 一, 斎 藤 学, 2011, 母 の 語 られない 思 いが 子 どもの 行 動 として 表 れ たケース,Family Child Therapy,NO.5, ) 信 田 さよ 子,2008, 母 が 重 くてたまらない 墓 守 娘 の 嘆 き, 春 秋 社 5) Mcnamee. S, & Gergen K.J,1992, Therapy as Social Construction. Sage Publications Ltd( 野 口 裕 二, 野 村 直 樹 訳,ナラティヴ セラピー, 社 会 構 成 主 義 の 実 践, 金 剛 出 版 ) 6) 水 元 深 喜,2010, 青 年 期 から 成 人 期 の 移 行 期 における 母 娘 関 係 の 世 代 間 変 化 と 世 代 間 伝 達, 家 族 心 理 学 研 究, 24-2,p ) 五 十 嵐 哲 也 荻 原 久 子,2004, 中 学 生 の 不 登 校 傾 向 と 幼 少 期 の 父 親 および 母 親 への 愛 着 との 関 連, 教 育 心 理 学 研 究,52, ) 斎 藤 学,1995, 家 族 という 名 の 孤 独, 講 談 社 9) 斎 藤 学,2004,インナーマザー あなたを 責 めつづ ける 心 の 中 の お 母 さん, 講 談 社 10) 若 本 純 子 山 下 みどり 下 舞 久 恵,2009, 国 内 におけ る 不 登 校 研 究 の 概 観 年 の 雑 誌 論 文 記 事 に 見 られる 研 究 動 向 の 検 討 と 不 登 校 児 者 をとりまく 教 師 家 族 に 焦 点 をあてた 概 観, 鹿 児 島 純 心 女 子 大 学 大 学 院 人 間 科 学 研 究 科 紀 要 4, ) 渡 辺 久 子,2005, 母 子 臨 床 と 世 代 間 伝 達, 金 剛 出 版 参 考 文 献 1) クロエ マダネス 著, 竹 前 ルリ 穂 積 由 利 子 訳,1966 変 化 への 戦 略 暴 力 から 愛 へ, 誠 信 書 房 2) ジョナサン H ピンカス, 田 口 俊 樹 訳,2002, 脳 が 殺 す 連 続 殺 人 犯 : 前 頭 葉 の 秘 密 光 文 社 3) J スウィガート, 斎 藤 学 監 訳,1995,バッド マザー の 神 話, 誠 信 書 房 4) マーチン H タイチャー, 友 田 明 美 訳,2006,いや されない 傷 児 童 虐 待 と 傷 ついていく 脳, 診 断 と 治 療 社 5) ロビン カー=モース,メレディス S ワイリー, 朝 野 富 三, 庄 司 修 也 訳,2000, 育 児 質 からの 亡 霊, 毎 日 新 聞 社 6) 斎 藤 学,2008, 家 族 神 話 があなたをしばる~ 元 気 になるための 家 族 療 法, 日 本 放 送 出 版 協 会 27

10 文 京 学 院 大 学 保 健 医 療 技 術 学 部 紀 要 第 4 巻 2011 The Child's School Refusal is a Sign of the Family Problem Chiaki Kizuki 1, Tomoko Aoki 2, Mika Ogawa 3, Satoru Saito 3 1 Department of Occupational Therapy, Faculty of Health Science Technology, Bunkyo Gakuin University 2 Department of Public Health College of Natural Sciences Keimyung University 3 IFF CIAP Counseling Center Abstract This case study concerns a mother unconscious of her problems and the negative behavior of her child, which might be reflecting these problems. Mein problems are the husband being violent against the child's refusal in going to school. The aim of the therapy was to make the parents of their respective families. In order to achieve this goal, the events during their married life together, like the child's birth etc., were examined and revalued. By doing this, she came to understand her roles as a parent and started to realize that problems with the school and relationship are because of her own mother's influence and thought of public education and her own childhood experience. It also becomes clear during the therapy process that the child's behavior was linked to her problems. When she recognizes her own belief, finally the child's school problems are expected to cease to exist. In this paper, we will try to analyze 1)case process, 2) how to change Cl. Key words- Mother-daughter relationship, Independent, Violent, Refusal school Bunkyo Jounal of Health Science Techology vol.4:

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

2016/3/4 2

2016/3/4 2 2016/3/4 久 留 米 大 学 門 田 光 司 1 2016/3/4 2 < > 2000 年 2 月 25 日 8 歳 の 少 女 ビクトリアが 父 方 の 伯 母 カウアオと 同 居 中 の 男 性 マニングに 殺 害 されると いう 事 件 が 起 きる カウアオはビクトリアを 連 れて フランスからイギリ スに 移 り その 後 自 宅 では 木 製 のスプーンやハン ガーで 殴 ることが

More information

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc)

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc) 別 紙 1 パワー ハラスメントの 防 止 のために 職 員 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 パワー ハラスメント( 以 下 パワハラ という )をしないようにするため に 職 員 が 認 識 すべき 事 項 1 意 識 の 重 要 性 パワハラをしないようにするためには 職 員 一 人 一 人 が 次 の 事 項 の 重 要 性 について 十 分 認 識 しなければならない

More information

ハラスメントの防止等のために認識すべき事項についての指針

ハラスメントの防止等のために認識すべき事項についての指針 ハラスメントの 防 止 等 のために 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 平 成 23 年 4 月 1 日 ハラスメント 対 策 委 員 会 この 指 針 は 公 立 大 学 法 人 福 島 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )ハラスメント 防 止 規 程 の 目 的 に 基 づき 本 法 人 におけるハラスメントの 防 止 等 のために 本 法 人 の 役 職 員 等 (

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 刑 法 弁 護 士 内 藤 慎 太 郎 1 1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 罪 の 共 同 正 犯 の 成 立 範 囲 決 定 要 旨

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業 平 成 25 年 度 いじめ 対 策 等 生 徒 指 導 推 進 事 業 自 発 的 主 体 的 な 成 長 発 達 を 促 す 組 織 的 取 組 の 研 究 ~ 不 登 校 児 童 生 徒 不 登 校 経 験 者 を 対 象 に~ お 問 い 合 わ せ は こ ち ら ま で 医 療 法 人 静 光 園 カウンセリングルーム フリースクール サポート 校 ソフィア 836-0862 福 岡 県

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

はじめに 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 では 平 成 6 年 3 月 より 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 を3 年 ごとに 発 行 し 今 回 第 3 回 の 調 査 報 告 書 をまとめることとなりました 初 回 は 平 成 2 年 度 か

はじめに 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 では 平 成 6 年 3 月 より 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 を3 年 ごとに 発 行 し 今 回 第 3 回 の 調 査 報 告 書 をまとめることとなりました 初 回 は 平 成 2 年 度 か 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 ( 第 3 回 ) 平 成 22 年 3 月 神 奈 川 県 中 央 児 童 相 談 所 はじめに 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 では 平 成 6 年 3 月 より 神 奈 川 県 児 童 相 談 所 における 性 的 虐 待 調 査 報 告 書 を3 年 ごとに 発 行 し 今 回 第 3 回 の 調 査 報

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文 集 直 危 機 J I L P T 術 変 動 科 ォ 催 究 機 証 究 基 信 J I L P T 去 普 遍 術 根 変 重 文 科 然 科 至 幅 広 科 集 術 求 術 ミ ョ 背 景 織 ォ 運 営 運 び 第 ォ 開 催 背 景 誰 直 誰 析 歴 途 退 形 道 摘 重 意 識 真 抜 去 背 景 改 半 市 企 訓 練 受 改 背 景 意 識 稼 ぎ 児 外 真 据 開 挨 拶 小

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305)

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305) 演 習 Ⅰ 安 立 先 生 母 子 関 係 が 女 子 大 生 の 友 人 関 係 に 及 ぼす 影 響 C 班 問 題 私 たちには 生 まれた 瞬 間 から 母 親 の 存 在 がある 母 親 は 遺 伝 的 発 達 的 に 最 も 近 く 互 いに 依 存 し 合 う 関 係 であり 共 生 関 係 が 続 きやすい 乳 児 は 生 後 まもなく 第 一 次 養 育 者 に 対 し 特 別 な

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

2009年8月1日

2009年8月1日 子 育 て 環 境 と 子 育 て 世 代 の 父 親 に 関 する 政 党 アンケート 公 明 党 からの ( 課 題 1) 保 育 園 の 待 機 児 童 や 学 童 保 育 問 題 保 育 所 に 入 れない 待 機 児 童 が 4 万 人 (08 年 10 月 現 在 )にものぼり ベビーホテルなどに 預 けられ ている 子 どもなどの 潜 在 的 待 機 児 童 も 含 めると 100 万

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

アセスメントはケアプランを 作 成 するのに 必 要 な 情 報 を 収 集 し ニーズを 導 き 出 すため の 根 拠 を 得 る 作 業 です 注 3 上 記 のアセスメントの 定 義 を 参 考 に 私 たちは アセスメントとは 利 用 者 とその 環 境 に 関 する 情 報 の 収 集

アセスメントはケアプランを 作 成 するのに 必 要 な 情 報 を 収 集 し ニーズを 導 き 出 すため の 根 拠 を 得 る 作 業 です 注 3 上 記 のアセスメントの 定 義 を 参 考 に 私 たちは アセスメントとは 利 用 者 とその 環 境 に 関 する 情 報 の 収 集 アセスメント ~ニーズ 確 定 に 向 けて~ 猪 瀬 詩 歩 助 川 哉 太 山 﨑 拓 郎 横 山 喜 香 1.はじめに 私 たちは 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 Ⅰ( 以 下 実 習 とする)での 体 験 をグループで 振 り 返 った ケースワークの 振 り 返 りを 行 い 私 たちはアセスメントが 不 十 分 であったと 考 えた そこで アセスメントについて 調 べたところ

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

表 紙 裏

表 紙 裏 資 料 1 白 岡 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 アンケート 調 査 結 果 報 告 書 ( 速 報 値 ) 平 成 27 年 7 月 白 岡 市 表 紙 裏 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 2 2 調 査 概 要... 2 3 報 告 書 の 見 方... 2 Ⅱ. 調 査 結 果 将 来 設 計 に 関 するアンケート 調 査... 3 あなた

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb

153055_FP相続贈与_-N-_[本文].indb も く じ はじめに 相 続 基 礎 6 1 相 続 開 始 6 (1) 相 続 意 味 6 (2) 相 続 開 始 と 場 所 6 (3) 失 踪 宣 告 6 (4) 認 定 死 亡 6 (5) 同 時 死 亡 6 2 相 続 人 範 囲 7 (1) 相 続 人 種 類 7 (2) 子 7 (3) 直 系 尊 属 8 (4) 兄 弟 姉 妹 8 (5) 配 偶 者 8 (6) 推 定 相 続 人

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

< 本 日 の 講 座 のねらい > ハラスメントの 無 い 職 場 をつくるためには セクハラ パワハラとは 何 かを 理 解 する ハラスメントに 法 的 な 定 義 があるのか 法 的 な 罰 則 はあるのか 企 業 としては 何 をしなければいけないのか 会 社 として 取 り 組 まなけれ

< 本 日 の 講 座 のねらい > ハラスメントの 無 い 職 場 をつくるためには セクハラ パワハラとは 何 かを 理 解 する ハラスメントに 法 的 な 定 義 があるのか 法 的 な 罰 則 はあるのか 企 業 としては 何 をしなければいけないのか 会 社 として 取 り 組 まなけれ セクハラ パワハラ 公 開 講 座 ~ 発 生 させないために ~ カウンセリングストリート 株 式 会 社 < 本 日 の 講 座 のねらい > ハラスメントの 無 い 職 場 をつくるためには セクハラ パワハラとは 何 かを 理 解 する ハラスメントに 法 的 な 定 義 があるのか 法 的 な 罰 則 はあるのか 企 業 としては 何 をしなければいけないのか 会 社 として 取 り 組

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その 福 岡 大 学 就 業 規 則 昭 和 31 年 4 月 1 日 制 定 第 1 章 総 則 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 福 岡 大 学 寄 附 行 為 並 びに 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 及 び 関 係 法 令 の 精 神 に 則 り 職 員 の 就 業 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 定 めたものであって これにより 真 に

More information

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で 産 科 のスタッフのみなさんへ 贈 る まぶたの 開 かない 赤 ちゃんに 出 会 ったときの 本 特 定 非 営 利 活 動 法 人 眼 瞼 下 垂 の 会 編 ( 監 修 ) 金 子 博 行 帝 京 大 学 医 療 技 術 学 部 視 能 矯 正 学 科 講 師 はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

テストです

テストです 2011 年 ( 平 成 23 年 )2 月 25 日 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 の 批 准 についての 意 見 書 大 阪 弁 護 士 会 会 長 金 子 武 嗣 第 1 趣 旨 政 府 は,ハーグ 国 際 私 法 会 議 において 制 定 された 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 ( 以 下 ハーグ 条 約 という

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

緊急コメント160418発表後修正あり

緊急コメント160418発表後修正あり 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 (3 月 28 日 )への 緊 急 コメント 未 来 を 担 う 子 どもを 社 会 全 体 で 育 むための 財 源 の 確 保 を 求 めます 2016 年 4 月 6 日 保 育 園 を 考 える 親 の 会 安 心 できる 保 育 園 ふやして!2016 チーム 3つの 安 心 =1 子 どもが 安 心 して 育 つことができる

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 社 会 福 祉 法 人 共 生 会 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることのないよう 必 要 に

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

も 障 がい 者 でもない 状 態 を 生 きていると 言 える ADHDについて 医 学 生 理 学 的 なアプローチから 障 がいの 特 性 を 述 べたものは 多 くみ られる( 村 山 1993, 粟 田 1998, 作 田 勉 作 田 明,1998) ADHDは 脳 の 機 能 障 がいで

も 障 がい 者 でもない 状 態 を 生 きていると 言 える ADHDについて 医 学 生 理 学 的 なアプローチから 障 がいの 特 性 を 述 べたものは 多 くみ られる( 村 山 1993, 粟 田 1998, 作 田 勉 作 田 明,1998) ADHDは 脳 の 機 能 障 がいで ADHDの 子 ども 像 から ADHD 傾 向 の 子 ども 像 への 変 容 2000 年 代 以 降 のADHDと 自 尊 感 情 の 関 連 づける 論 考 を 中 心 に 高 石 市 立 高 陽 小 学 校 堀 元 樹 1.はじめに 本 稿 の 関 心 は 自 尊 感 情 が ADHDの 子 ども や ADHD 傾 向 の 子 ども の 教 育 問 題 としてどのようにして 語 られるかにある

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc 蕨 市 配 偶 者 等 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 支 援 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 2 次 ) 策 定 に 向 けての 提 言 平 成 27 年 10 月 26 日 蕨 市 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 蕨 市 における 配 偶 者 間 の 暴 力 防 止 および 被 害 者 支 援 の 方 向 性 について 趣 旨 配 偶 者 等 からの 暴 力

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

Microsoft Word - 最終FASD予防憲章1309.doc

Microsoft Word - 最終FASD予防憲章1309.doc FASD 予 防 の 国 際 憲 章 (Fetal Alcohol Spectrum Disorder: 胎 児 性 アルコール 多 様 障 害 ) ( 憲 章 委 員 会 メンバー: 久 繁 哲 徳 翻 訳 ) FASD 予 防 の 第 一 回 国 際 会 議 が カナダのエドモントンで 2013 年 9 月 23 日 ~25 日 に 開 催 された この 会 議 の 参 加 者 により つぎの

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

Taro-2回目訂正_Taro-研究紀要(

Taro-2回目訂正_Taro-研究紀要( 青 森 県 総 合 学 校 教 育 センター 研 究 紀 要 [2013.3] F9-01 中 学 校 教 育 相 談 中 学 校 における 不 登 校 生 徒 の 学 校 への 適 応 感 を 高 めるための 研 究 - 不 登 校 対 応 チャートを 用 いたコンサルテーションを 通 して- 教 育 相 談 課 研 究 員 佐 藤 奈 央 子 要 旨 本 研 究 では, 中 学 校 における 不

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378> 平 成 27 年 度 新 入 職 員 募 集 受 付 中 卒 業 生 からのメッセージ 専 修 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 卒 業 勤 続 32 年 支 店 長 : 大 学 を 卒 業 と 同 時 に 都 内 の 信 用 金 庫 へ 就 職 し 1 年 半 お 世 話 になりました 当 時 も 就 職 難 で やっとの 思 いで 就 職 した 信 用 金 庫 でありましたが 親 が 高

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

若者にとっての老後と年金(2) ― 生涯収支シミュレーション ――当研究所第6回「結婚・出産に関する調査」結果より―

若者にとっての老後と年金(2) ― 生涯収支シミュレーション ――当研究所第6回「結婚・出産に関する調査」結果より― 若 者 にとっての 老 後 と 年 金 (2) 生 涯 収 支 シミュレーション 当 研 究 所 は 年 に1 度 2 3 代 の 若 者 を 対 象 に 定 量 調 査 を 実 施 している 本 稿 は 21 年 に 実 施 した 第 6 回 の 調 査 結 果 のうち 若 者 の 老 後 に 対 する 意 識 と 個 人 年 金 保 険 ( 定 額 個 人 年 金 保 険 および 変 額 個 人

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

Microsoft PowerPoint - 20090717ueno

Microsoft PowerPoint - 20090717ueno 児 童 虐 待 は 心 の 問 題 か? 徳 島 大 学 総 合 科 学 部 上 野 加 代 子 ueno@ias.tokushima-u.ac.jp u.ac.jp 1. 日 本 での 児 童 虐 待 問 題 の イメージ 児 童 虐 待 は 増 加 深 刻 化 している 子 育 てのできない 母 親 が 増 えている 現 代 家 族 の 孤 立 化 や 機 能 不 全 にその 原 因 がある 現

More information

Microsoft Word - 博士論文(要約).docx

Microsoft Word - 博士論文(要約).docx 博 士 論 文 幼 稚 園 の 保 育 者 の 動 物 飼 育 に 対 する 知 識 と 態 度 の 向 上 を 図 る 試 み - 幼 児 と 飼 育 動 物 に 配 慮 した 動 物 介 在 教 育 の 実 現 を 目 指 して ( 要 約 ) 平 成 26 年 3 月 広 島 大 学 大 学 院 生 物 圏 科 学 研 究 科 森 元 真 理 第 Ⅰ 章 緒 論 動 物 との 関 わりが 子

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

2015 年 よりはじまった 相 続 税 の 改 正 は 基 礎 控 除 が 40% 引 下 げられ 上 図 の とおり 新 たに 課 税 対 象 が 広 がる 世 帯 が 大 幅 増 になる 見 込 みです 特 に 東 京 で 一 戸 建 をご 所 有 の 方 の 多 くが 相 続 税 の 支 払

2015 年 よりはじまった 相 続 税 の 改 正 は 基 礎 控 除 が 40% 引 下 げられ 上 図 の とおり 新 たに 課 税 対 象 が 広 がる 世 帯 が 大 幅 増 になる 見 込 みです 特 に 東 京 で 一 戸 建 をご 所 有 の 方 の 多 くが 相 続 税 の 支 払 基 礎 控 除 40% 減! 相 続 大 増 税 時 代 突 入 へ あなたの 大 切 な マイホーム このままでは えっ!? 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 適 用 で 大 きく 節 税 できるって? こんにちは! 不 動 産 仲 介 のイエステーション 籾 山 (もみやま) 淳 です 突 然 ビックリさせて 申 し 訳 ありません でも 今 日 は あなたにとても 大 事 なお 知 らせがあって

More information