紀要41号.indb

Size: px
Start display at page:

Download "紀要41号.indb"

Transcription

1 広 津 和 郎 の 松 川 裁 判 批 判 に 関 する 一 考 察 現 代 における 責 任 概 念 に 関 連 して 藤 田 明 史 A Consideration on the Criticism of the "Matsukawa Trial" by Kazuo Hirotsu in Relation to the Concept of Responsibility in the Present World Akifumi Fujita 抄 録 本 稿 は 作 家 広 津 和 郎 が 戦 後 その 文 学 的 営 為 から 一 見 かけ 離 れた 松 川 裁 判 批 判 をなぜ 行 なったかについて 彼 の 文 学 作 品 の 内 在 的 検 討 を 通 じて 明 らかにしようとする 広 津 の 松 川 裁 判 批 判 は 不 当 な 死 刑 重 刑 を 正 当 化 する 権 力 の 言 説 に 対 する 批 判 であっ たから まさに 平 和 学 で 言 うところの 文 化 的 暴 力 批 判 の 一 つの 歴 史 的 事 例 である 広 津 は 小 説 家 であり 作 家 としての 彼 がなぜこうした 裁 判 批 判 を 行 なったかは それ 自 体 に 興 味 があるだけではなく 現 代 の 諸 問 題 とりわけ 責 任 概 念 をめぐるそれ に 多 くの 示 唆 を 与 えているであろう キーワード: 作 家 広 津 和 郎 松 川 裁 判 批 判 文 化 的 暴 力 としての 権 力 の 言 説 もう 一 つの 言 説 責 任 (2011 年 9 月 29 日 受 理 ) Abstract In this article, the author tries to make clear why Kazuo Hirotsu, a Japanese novelist, made a continuous effort after the Second World War to criticize the Matsukawa Trial, an effort apparently quite apart from his literary activities, through investigating his literary works. His criticism of the Matsukawa Trial was a historical example of that of discourse of power, a kind of so-called cultural violence in terminology of modern peace studies, justifying unjust death penalty and severe punishment. This problem is not only interesting in itself but gives us many implications to the problems of today, especially to that of responsibility. Key words: Kazuo Hirotsu as a novelist, criticism of the Matsukawa Trial, discourse of power as cultural violence, alternative discourse, responsibility (Received September 29, 2011) 57

2 大 阪 女 学 院 短 期 大 学 紀 要 41 号 (2011) はじめに 本 稿 は 作 家 広 津 和 郎 ( )が 第 二 次 大 戦 後 その 文 学 的 営 為 とは 一 見 かけ 離 れた 松 川 裁 判 批 判 をなぜ 行 なったかについて 主 として 彼 の 文 学 作 品 の 内 在 的 検 討 を 通 じて 明 らかにすることを 目 的 とする (1) 平 和 研 究 に 関 心 をもつ 筆 者 が いま この 問 題 を 取 り 上 げようとするのは 次 のような 問 題 意 識 からである (1) 平 和 学 は 暴 力 批 判 を 基 礎 とする 現 代 においては とりわけ 直 接 的 構 造 的 暴 力 を 正 当 化 する 文 化 的 暴 力 の 批 判 が 焦 眉 の 課 題 である (2) ( 核 抑 止 論 批 判 原 発 の 安 全 神 話 批 判 など) 広 津 和 郎 の 松 川 裁 判 批 判 は 不 当 な 死 刑 重 刑 を 正 当 化 す る 権 力 の 言 説 に 対 する 批 判 であったから まさに 文 化 的 暴 力 批 判 の 一 つの 歴 史 的 事 例 に 他 ならない それはどのようなものであったか また そうした 文 化 的 暴 力 に 対 する 有 効 な 批 判 はいかにして 可 能 となるのか (2) 広 津 和 郎 は 小 説 家 であった 作 家 としての 広 津 がなぜ 松 川 裁 判 批 判 を 行 なったの か 日 常 の 徒 事 的 現 実 からいかにして 生 気 ある 平 和 的 価 値 意 識 が 生 まれるかに 関 心 を もつ 筆 者 にとって これはそれ 自 体 が 興 味 ある 問 題 である そして その 内 面 的 必 然 的 な 理 由 は 彼 の 文 学 的 営 為 そのものの 中 に 見 出 すことができよう (3) しかしそれだけではない 広 津 の 松 川 裁 判 批 判 は われわれが 直 面 する 現 代 の 諸 問 題 に 示 唆 するものを 多 くもっているように 思 える すなわち 広 津 の 松 川 裁 判 批 判 の 現 代 的 意 義 は 何 か 以 下 1 ~ 3 において 上 の(2)の 課 題 について 述 べ 4 で(1) 5 で(3)について 述 べる まず 松 川 事 件 の 概 要 をここに 記 しておこう (3) 日 本 が 米 国 を 中 心 とする 連 合 国 の 占 領 下 にあった 1949( 昭 和 24) 年 吉 田 内 閣 によって 6 月 に 作 られた 定 員 法 による 国 鉄 の 大 量 馘 首 を 背 景 に 国 鉄 をめぐる 三 つの 事 件 が 相 次 いで 発 生 した すなわち 7 月 に 起 った 下 山 事 件 (5 日 国 鉄 労 働 組 合 が 団 体 交 渉 の 相 手 としていた 下 山 国 鉄 総 裁 が 失 踪 翌 朝 に 常 磐 線 の 線 路 上 で 轢 断 死 体 として 発 見 ) 三 鷹 事 件 (13 日 無 人 電 車 が 突 如 として 暴 走 駅 構 外 に 飛 び 出 し 都 民 を 殺 傷 )に 続 き 8 月 に 三 度 目 の 恐 るべき 椿 事 が 起 った すなわち 8 月 17 日 午 前 3 時 09 分 福 島 県 の 金 谷 川 駅 と 松 川 駅 との 中 間 のカーブで 福 島 駅 を 定 時 に 発 車 した 青 森 発 上 り 旅 客 列 車 の 先 頭 機 関 車 が 脱 線 転 覆 し 続 く 数 車 両 も 脱 線 した 乗 客 には 死 傷 がなかったものの 機 関 士 ら 三 名 が 惨 死 した 最 初 の 被 疑 者 ( 赤 間 勝 美 当 時 19 歳 )の 逮 捕 ( 罪 名 傷 害 )が 9 月 10 日 にあり 約 十 日 間 の 捜 査 で 自 白 調 書 が 作 成 され この 赤 間 自 白 によって 約 一 カ 月 の 間 に 次 々と 被 疑 者 が 逮 捕 されていった これが 松 川 事 件 である そして 五 回 の 裁 判 が 行 なわれた (4) 福 島 地 裁 での 第 一 審 判 決 ( ) 全 員 に 有 罪 ( 死 刑 五 名 無 期 五 名 有 期 十 名 ) 被 告 側 が 控 訴 福 島 高 裁 での 第 二 審 判 決 ( ) 三 名 が 無 罪 十 七 名 は 有 罪 ( 死 刑 四 名 無 期 二 名 有 期 十 一 名 ) 十 七 被 告 が 上 告 最 高 裁 大 法 廷 ( ) 原 審 破 棄 高 裁 差 戻 し( 評 決 七 対 五 ) 仙 台 高 裁 ( ) 十 七 名 全 員 の 無 罪 判 決 検 察 側 が 上 告 そして 最 高 裁 小 58

3 藤 田 : 広 津 和 郎 の 松 川 裁 判 批 判 に 関 する 一 考 察 法 廷 ( ) 上 告 破 棄 全 員 の 無 罪 確 定 ( 評 決 三 対 一 ) そのプロセスから これ がきわめて 特 異 な 事 件 の 特 異 な 裁 判 であったことが 判 る 1. 怒 れるトルストイ と 神 経 病 時 代 批 評 文 学 の 原 型 広 津 和 郎 の 場 合 批 評 と 創 作 ( 主 として 小 説 )が 芸 術 活 動 の 両 輪 になっている 彼 の 文 学 が 批 評 文 学 と 言 われる 所 以 である (5) その 批 評 と 文 学 とは どのような 関 係 にあ るのか ある 思 想 や 理 論 に 解 釈 を 付 けるのが 批 評 であろう しかし 小 説 はこれとは 異 なる 広 津 によれば 小 説 においては ある 解 釈 がつくだけではいけない 解 釈 に 具 体 性 の 裏 付 けがなければならない それでないと 解 釈 に 血 や 肉 が 通 って 来 ない というのである (6) まず 同 時 期 (1917)に 発 表 された 初 期 の 代 表 的 作 品 である 評 論 怒 れるトルストイ と 小 説 神 経 病 時 代 についてこのことを 見 てみよう 怒 れるトルストイ は 聖 書 の 山 上 の 垂 訓 からトルストイが 取 り 上 げた 五 戒 す なわち ( 一 ) 怒 るなかれ ( 二 ) 姦 淫 を 犯 すなかれ ( 三 ) 誓 うなかれ ( 四 ) 悪 によって 悪 に 抗 するなかれ ( 五 ) 人 の 敵 となるなかれ に 関 して ( 四 )と( 五 ) とりわけ( 四 ) の 悪 によって 悪 に 抗 するなかれ を 重 視 するトルストイの 解 釈 に 対 して ( 一 )と( 三 ) とりわけ( 一 )の 怒 るなかれ を 重 視 しようとする 自 身 の 解 釈 を 対 置 し その 立 場 から トルストイの 思 想 を 批 評 したものである まず 彼 は 第 四 の 悪 によって 悪 に 抗 するなかれ とは トルストイとともに 真 にこの 世 から 悪 を 根 絶 しようと 思 ったならば 各 人 が 悪 に 対 して 無 抵 抗 にならなければならない そうすれば 自 然 に 悪 は 消 滅 してしまうことにな る という 教 えであることを 認 める しかし こうした 解 釈 の 延 長 線 上 のみで 怒 るなかれ を 位 置 付 け 解 釈 するトルストイに 異 論 を 唱 える なぜなら 怒 るなかれ をトルストイは 総 ての 人 と 平 和 を 保 つべし 如 何 なる 場 合 にも 怒 りを 以 て 正 当 なりとなす 事 勿 れ ともっ ぱら 個 人 と 個 人 との 間 個 人 と 社 会 との 間 の 外 面 的 な 関 係 において 捉 えるのに 対 し これ に 加 え そこにはもっと 内 面 的 なものが 換 言 すれば 個 人 と 神 との 間 の 関 係 が 表 現 されていると 彼 は 考 えるからである すなわち 彼 によれば 怒 る ということほど 我 々 の 霊 魂 の 成 長 力 を 害 するものはない のであり したがって 怒 りは 他 人 を 害 する 前 に まず 個 人 自 身 を 害 する のである ところで こうした 解 釈 の 違 いは 人 間 の 態 度 や 行 動 の 解 釈 に 具 体 的 にどのような 相 違 をもたらすのであろうか まず 軍 隊 裁 判 強 権 と いった 社 会 悪 に 対 してはどうか トルストイは 現 代 文 明 の 悪 しき 制 度 のもとで 働 くより は むしろ 無 為 を 選 べ という ここには 現 代 文 明 への 恐 ろしい 呪 詛 から 来 る 性 急 が 漲 っ ている 多 くの 人 はこのようなトルストイの 憤 りに 非 常 な 同 感 をもつに 違 いない しかし これは 人 々に 強 いることは 出 来 ない と 彼 は 考 える ちょっとの 間 でも 仕 事 の 手 を 休 め たならば この 恐 るべき 時 代 は 多 くの 個 人 を 瞬 く 間 に 餓 死 せしめるであろう からだ そしてトルストイのこの 主 張 に 一 定 の 意 味 があるにしても そこには 非 常 にデリケエト な 手 段 が 必 要 であり 叫 喚 の 代 りに 沈 黙 が 憤 激 の 代 りに 憐 憫 が 必 要 であるとする 次 に 生 と 死 についてはどうか トルストイによれば 生 は 死 の 準 備 である そうし 59

4 大 阪 女 学 院 短 期 大 学 紀 要 41 号 (2011) てはじめて 死 に 際 して 真 生 活 の 曙 光 があり 救 い がある しかし 果 してそうか 彼 は 考 える 私 は 死 は 見 たくない 見 るを 欲 しない しかし 見 なければならぬ 事 実 ではある だが この 事 実 を 泰 然 として 認 識 し 得 る 強 い 精 神 力 を 持 ちたい その 精 神 力 は 死 の 準 備 をすることによって 得 られるものではない 生 きることによって 得 られるので ある と さらに 自 己 完 成 について 自 己 完 成 への 道 は 苦 痛 である この 意 味 で 苦 痛 こ そは 善 である その 場 合 そこには 苦 痛 とともに 法 悦 がある しかし トルストイの 言 う 苦 痛 には 法 悦 がないと 彼 は 言 う そしてそれは 結 局 のところ 人 間 を 害 す る 怒 り をトルストイの 理 性 が 是 認 してしまうことからの 帰 結 に 他 ならないとする 最 後 に ( 社 会 ) 認 識 についてはどうか トルストイは 農 夫 の 悲 惨 な 境 遇 に 涙 すると 同 時 に 然 るに 我 々はベトオヴェンを 解 剖 している と 自 己 批 判 する しかし 農 夫 の 悲 惨 は 農 夫 の 悲 惨 である ベトオヴェンの 解 剖 はベトオヴェンの 解 剖 である と 彼 は 言 う そして トルストイはその 間 に 橋 桁 をかけることに 苛 立 って まず 足 もとの 川 底 を 掘 って 土 台 を 積 まねばならぬことを 忘 れている 橋 の 杭 である とするのである すなわち ここでは 現 実 に 対 峙 する 社 会 認 識 の 不 足 が 指 摘 されているのである 神 経 病 時 代 は 作 家 の 生 涯 のテーマが 全 てここにあるという 意 味 では 広 津 の 代 表 作 といえよう 若 い 新 聞 記 者 の 鈴 本 定 吉 は 憂 鬱 に 苦 しめられている 周 囲 の 何 もかも がつまらなくて 淋 しくて 味 気 なくて 苦 しいのである 一 体 その 憂 鬱 はどこから 来 るのか 第 一 は 家 庭 からだ 定 吉 はすでに 結 婚 し 子 供 が 一 人 いる ところで 彼 には 以 前 深 く 愛 した 少 女 がいたのだ しかし それを 打 ち 明 ける 勇 気 がなく 躊 躇 し 悶 々 としていた そこに 彼 の 妻 が 現 れた 彼 女 は 積 極 的 で 大 胆 に 行 動 した ああ と 定 吉 は 今 でも 思 うのである 自 分 は 意 気 地 がない 俺 はあの 時 なぜ 拒 絶 しなかったろう と しかし 彼 女 を 捨 てることはできない 女 を 捨 てる 男 が 世 の 中 に 多 くいるのに 対 して 俺 は 責 任 を 知 っている 男 なのだ と 憤 激 とともに 優 越 感 も 感 じるのである 第 二 は 新 聞 社 の 仕 事 からである 社 会 部 の 編 集 の 仕 事 はやたらに 忙 しい しかも その 内 容 は 社 会 悪 にむしろ 加 担 するものであり 心 底 から 打 ち 込 めるものでは 全 くない 何 のために と 問 うとき 生 活 のために という 口 実 しか 彼 には 思 い 浮 かばないのである こういう 精 神 的 に 悲 惨 な 生 活 の 中 にあって 定 吉 の 唯 一 の 楽 しみは 月 に 一 度 神 田 の 小 さなカッフェ での 友 との 語 らいである 相 川 は 小 説 を 書 いている その 自 信 に 満 ちた 語 り 口 からは 確 かに 傑 作 が 出 来 上 がるに 相 違 ないと 定 吉 は 思 う 遠 山 は 酒 に 溺 れ 雑 誌 社 への 新 しい 就 職 も 長 続 きはせず 生 活 は 破 綻 に 瀕 している しかし 彼 は 妻 や 子 供 を 心 の 底 から 愛 し 妻 も 彼 を 愛 している 芸 術 への 一 途 な 愛 にも 支 えられ ともかく 彼 は 必 死 に 生 きている 仲 間 の 中 で 最 年 少 の 河 野 は 一 人 の 少 女 に 恋 をしている そして その 気 持 を 彼 女 に 伝 え ようと 絶 望 的 な 努 力 を 試 みているのだ 彼 らの 生 活 には 目 標 があり 少 なくともそれを 実 現 しようとする 意 志 の 強 さがある しかし 定 吉 にはそうした 目 標 や 理 想 は 全 くない 彼 には 物 事 に 対 する 明 確 な 意 見 というものがない 個 々の 事 物 を 雑 然 と 感 じるのみで そ れらを 統 一 し 総 合 して 一 個 の 纏 まった 自 分 の 意 見 とする 力 が 欠 けている その 結 果 つ ねに 人 生 に 脅 かされているのである ある 晩 定 吉 は 一 人 の 酔 漢 が 乱 暴 を 働 いて 交 番 60

5 藤 田 : 広 津 和 郎 の 松 川 裁 判 批 判 に 関 する 一 考 察 の 前 で 二 人 の 巡 査 に 組 み 伏 せられているのを 群 衆 の 間 から 見 る 酔 漢 の 額 は 小 砂 利 で 擦 り むけ 血 が 地 面 にポタポタ 黒 く 落 ちている 酔 漢 の 有 様 は 他 人 事 ではない あ! と 定 吉 は 思 う 心 臓 がきゅっと 痛 み 胸 が 烈 しく 波 打 つ それは 対 象 への 明 確 な 意 識 から 来 る 感 情 ではなく 反 射 的 な 神 経 の 痙 攣 にすぎない それは 人 格 の 破 綻 から 来 る 神 経 病 な のである そこから 逃 げ 出 すことしか 彼 にはできない こうした 症 状 が 神 経 の 上 に 現 れて 以 来 彼 にとって 人 生 は 絶 え 間 ない 地 獄 の 呵 責 となったのだ そして 終 に 怒 りが 爆 発 する 職 場 では 命 令 を 素 直 に 聞 かない 部 下 に 対 して 家 では 些 細 なことをきっかけに 妻 に 対 して 暴 力 を 振 るってしまうのである 定 吉 は 今 の 生 活 を 根 柢 から 改 革 したいと 思 う そのことを 相 川 に 打 ち 明 ける 僕 はワイフと 別 れたいんだ! と そりゃ 別 れてもいい だろう と 相 川 は 答 える 君 は 今 のままでは 亡 びるんだ だから 君 はまず 亡 びることを 拒 絶 しなければならない 自 分 の 決 心 を 妻 に 言 おうと 定 吉 は 下 腹 にうんと 力 を 入 れて 家 に 帰 る すると 妻 から 意 外 なことを 知 らされる ねえ あなた さっき 遠 山 さんが 光 来 しゃいましたよ と( 光 来 しゃいました を いらっしゃいました と 読 ませている ことに 注 意 引 用 者 ) (7) 家 賃 の 不 払 いで 家 を 追 い 出 された 遠 山 が 二 人 の 子 供 を 連 れ て 一 晩 の 宿 を 求 めて 来 たのだった 妻 は 憐 憫 から 承 知 したが 遠 山 の 年 上 の 六 つになる 娘 がどうしても 帰 りたいと 納 得 しなかったというのだ 突 然 おとずれたこの 事 件 は 二 人 の 心 を 優 しくする 妻 は 二 人 目 の 子 供 ができたようだと 打 ち 明 ける あっ! と 定 吉 は 叫 ぶ 恐 ろしい 絶 望 があった 何 とも 言 われない 苦 しさがあった が それと 同 時 に 彼 は 妻 のた めに 下 女 を 雇 ってやらなければならないことを 考 えた ここに 表 現 された 妻 への 責 任 は 前 述 の 責 任 からは 一 歩 抜 き 出 た より 真 実 のこもった その 意 味 で 質 的 に 異 なったも のであることに 留 意 したい 評 論 怒 れるトルストイ と 小 説 神 経 病 時 代 とはどこに 接 点 があるのだろうか まず 怒 れるトルストイ を 単 に 広 津 のトルストイ 批 判 と 読 むのではなく(もちろん そうし た 体 裁 をとってはいるが) トルストイを 偉 大 な 反 面 教 師 としての 広 津 の 思 想 とトルス トイのそれとの 格 闘 または 対 話 として 読 むべきである 彼 はトルストイと 相 似 の 要 素 を 多 分 にもっていたであろう とりわけ 怒 り である しかし 彼 が 遠 く 及 ばないのはトル ストイの 生 活 力 である だから 彼 がトルストイから 学 ぶためには トルストイにおける 怒 るなかれ と 悪 によって 悪 に 抗 するなかれ の 比 重 を 逆 転 させなければならなかったの だ トルストイの 生 活 力 を 百 とすれば 普 通 人 の 生 活 力 は 一 である 生 活 力 は 与 件 だから 百 の 生 活 力 が 一 の 生 活 力 を 導 いて 十 にすることはできない 十 の 生 活 力 に 十 の 発 達 をさ せた 人 二 十 の 生 活 力 に 二 十 の 発 達 をさせた 人 こそは 我 々が 持 っているかもしれないと ころの 一 か 二 の 生 活 力 を 一 か 二 の 発 達 に 導 いてくれるであろう しかしその 場 合 でも 方 法 の 問 題 として 怒 りの 克 服 はいかにして 可 能 となるのかの 問 題 は 残 る 2. 二 人 の 不 幸 者 と 志 賀 直 哉 論 性 格 破 産 者 とは 何 か 神 経 病 時 代 の 後 作 者 は 一 つの 長 編 を 書 きたいと 思 った なぜなら それを 書 こう 61

6 大 阪 女 学 院 短 期 大 学 紀 要 41 号 (2011) とした 私 の 心 の 動 機 に 今 でも 尚 十 分 な 是 認 が 出 来 るので それだけその 出 来 栄 の 不 完 全 さが 私 には 残 念 に 思 われ たからである (8) 確 かにきわめて 稠 密 な 時 間 と 空 間 の 中 に 登 場 人 物 たちは 閉 じ 込 められている 彼 らは 今 にも 窒 息 しそうである しかし 窓 を 開 け 放 てば 彼 らはより 自 由 に 動 き 始 め そこには 何 かしら 未 知 の 世 界 が 現 出 しそうな 予 感 が ある これは 長 編 小 説 によってこそ 可 能 となろう 彼 らの 可 能 性 はそこでこそ 顕 現 する に 相 違 ない しかし 力 量 と 時 間 不 足 のため 計 画 中 の 長 編 に 出 てくる 人 物 から 最 も 性 格 の 弱 い 二 人 の 人 物 を 抜 き 出 し 彼 らの 生 活 の 一 部 をスケッチ 風 に 描 いたのが 中 編 小 説 の 二 人 の 不 幸 者 (1918)であった ゆえにこれは 来 るべき 長 編 への 過 渡 的 な 作 品 と 位 置 付 けられよう むしろここでは 作 者 が 序 で 提 出 している 性 格 の 破 産 なる 概 念 が 重 要 であろう すなわち 人 間 類 型 としての 性 格 破 産 者 とは 此 人 生 に 何 等 の 要 求 をも 目 的 をも 持 っていない 青 年 または 此 人 生 に 要 求 や 目 的 を 持 っていても そ の 要 求 を 実 現 し その 目 的 を 完 成 する 力 が 全 然 自 分 に 欠 けているというその 無 力 の 自 覚 の ために 云 いようのない 悲 しみの 淵 に 沈 んでいる そういった 青 年 のことである (9) 作 品 の 内 容 をここで 説 明 する 必 要 はあるまい 二 人 の 不 幸 者 では ともかく 性 格 破 産 者 の 存 在 とその 悲 惨 を 示 すことが 目 的 であった しかし 次 の 段 階 として 彼 らにとって 果 して 救 いはあるのか あるとしてもそれは 一 体 どこから 来 るのかを 的 確 に 表 現 すること が 作 者 の 責 任 とさえなるに 相 違 ない それはいかにして 可 能 か ここでも 評 論 が 本 来 の 目 標 である 長 編 小 説 の 創 作 のためのスプリング ボードになるで あろう 広 津 は 性 格 の 破 産 を 乗 り 越 え 得 る 人 物 のモデルを 志 賀 直 哉 の 中 に 見 出 す こ の 意 味 で 彼 の 志 賀 直 哉 論 (1919)は 重 要 である なぜ 志 賀 直 哉 がそうしたモデルになり 得 るのか 性 格 破 産 を 克 服 するモデルは その 中 に 少 なくとも 次 の 三 つの 要 素 をもっている 必 要 がある 第 一 は それ 自 身 が 性 格 破 産 の 要 素 をかなりの 程 度 にもっていること 第 二 は 性 格 破 産 を 超 越 できる 強 い 性 格 を 有 する こと 第 三 は そうした 強 い 性 格 を 方 向 付 け 導 くことのできる 方 法 を 有 していることで ある 志 賀 直 哉 はこれらの 要 素 を 全 て 備 えているからである まず たとえば 初 期 の 作 品 に 属 する ある 一 頁 には 彼 の 心 の 底 にある 鋭 い 病 的 神 経 と よりどころない 焦 燥 と が 虚 飾 のないそのままの 形 で 表 現 されている また 濁 った 頭 には 主 人 公 の 青 年 の 正 義 派 的 な 心 持 とデカダン 的 な 神 経 との 闘 争 及 びそこから 生 まれる 苦 悶 の 悲 劇 が 描 か れ ある 時 代 の 青 年 たちが 経 験 した 危 機 の 代 表 的 な 表 現 たりえている すなわち 志 賀 は 不 調 和 不 自 然 不 正 醜 悪 そういうものと 一 歩 も 妥 協 すまいとする 警 戒 の 感 覚 を 張 りつめているのである しかし もし 彼 が あのような 病 的 でさえある 鋭 い 神 経 と 感 覚 とをもつと 同 時 に それに 相 応 する 強 い 性 格 を 欠 いていたならば その 重 圧 に 耐 えきれ ず あの 近 代 病 者 の 一 人 になっていたであろうと 広 津 は 言 う ここで 強 い 性 格 と は 何 か 広 津 は 志 賀 の 和 解 から 感 情 には 予 定 がつけられない との 特 徴 的 な 言 葉 を 引 き これは ひとたび 起 れば 自 身 も 制 御 しえない 感 情 の 爆 発 性 を 自 ら 意 識 し それ に 対 していかに 用 意 周 到 に 警 戒 しているかを 示 している とする そして 彼 の 世 間 の 醜 悪 凡 庸 と 妥 協 すまいとする 警 戒 性 を 第 一 段 の 警 戒 性 と 呼 び 自 己 の 爆 発 性 に 対 する 警 戒 62

7 藤 田 : 広 津 和 郎 の 松 川 裁 判 批 判 に 関 する 一 考 察 性 を 第 二 段 の 警 戒 性 と 名 付 ける すなわち 強 い 性 格 とはこの 第 二 段 の 警 戒 性 のことに 他 ならない それはきわめて 複 雑 である なぜなら その 場 になってみなければ どうなるか 解 らない つまり 予 測 がつかないからである そして 広 津 は 和 解 から 父 子 争 闘 の 悲 劇 についての 次 のような 志 賀 の 創 作 計 画 を 引 用 する ここにはまた 広 津 自 身 における 長 編 小 説 の 創 作 方 法 が 志 賀 の 文 章 表 現 の 中 に 自 らの 意 図 を 籠 める 形 で 暗 々 裏 に 述 べられていると 見 ることができよう そしてその 最 後 に 来 るクライマックスで 祖 母 の 臨 終 の 場 に 起 る 最 も 不 愉 快 な 悲 劇 を 書 こうと 思 った どんな 防 止 もかまわず 入 って 行 く 興 奮 しきったその 青 年 と 父 との 間 に 起 る 争 闘 多 分 腕 力 沙 汰 以 上 の 乱 暴 な 争 闘 自 分 はコンポジションの 上 でその 場 を 想 像 しながら 父 がその 青 年 を 殺 すか その 青 年 が 父 を 殺 すか どっちかを 書 こう と 思 った ところが 不 意 に 自 分 にはその 争 闘 の 絶 頂 に 来 て 急 に 二 人 が 抱 き 合 って 烈 しく 泣 き 出 す 場 面 が 浮 かんで 来 た この 不 意 に 飛 び 出 して 来 た 場 面 は 自 分 で 全 く 思 い がけなかった 自 分 は 涙 ぐんだ しかし 自 分 はその 長 編 のカタストロオフをそう 書 こうとは 決 めなかった それ はどうなるか 解 らないと 思 った しかし 書 いて 行 った 結 果 そうなってくれれば どん なに 愉 快 なことかと 思 った 志 賀 直 哉 論 において 著 者 は 自 己 を 語 るという 言 葉 の 文 字 通 りの 意 味 で 氏 は 常 に 自 己 を 語 っている という 一 点 に 志 賀 文 学 の 独 創 を 見 ている すなわち 自 分 が 見 聞 き 触 れ 感 じたことをそのまま 書 き そしてその 他 のことは 書 かないということ 言 い 換 えれば 抽 象 よりは 具 体 綜 合 よりは 個 々 への 徹 底 的 な 拘 りに 現 実 を 見 る 志 賀 の 眼 の 特 異 性 を 求 めているのである そして このことは 同 時 に 志 賀 文 学 の 非 歴 史 性 な 性 格 を 言 外 に 指 摘 しているであろう なぜなら 志 賀 の 方 法 の 特 異 性 (それは 独 創 性 でもあ る)は その 必 然 の 代 償 として その 作 品 に 非 歴 史 的 な 性 格 を 与 えざるをえないからであ る この 点 に 照 らして 見 るとき 逆 に 広 津 文 学 の 性 格 が 明 らかになる すなわち 広 津 文 学 の 独 創 性 は こうした 徹 底 したリアリストとしての 志 賀 直 哉 の 方 法 に 学 びつつも そ こに 歴 史 的 な 視 点 を 入 れることを 試 みた 点 にあると 言 えよう 広 津 にとって 歴 史 的 な 視 点 とは 何 か 少 し 後 の 小 論 全 と 個 (1938)において 彼 は 次 の ように 述 べている (10) 自 然 主 義 以 来 個 という 事 が 盛 んにいわれた 田 山 花 袋 などはそ の 代 表 的 な 主 張 者 である 彼 らは 個 を 通 して 見 た 全 でなければ 全 は 判 らないという 意 味 の 事 を 主 張 していた しかし 時 代 は 変 転 し 逆 に 全 の 中 の 個 としてしか 個 が 認 められ なくなった 個 を 掘 り 下 げることは 要 するに 個 人 の 問 題 に 過 ぎない と 非 難 されるに 至 っ た すなわち 重 要 なのは 社 会 であって 個 人 ではないとするプロレタリア 文 学 の 時 代 が やってきたのだ ところが この 全 体 主 義 はやがて 一 つの 壁 にぶつかった 政 治 的 には 全 く 対 立 し かつ 強 力 な 支 配 力 を 持 つところの 他 の 全 体 主 義 によってその 行 く 道 を 遮 断 され たのである しかし そこでは 同 じく 全 の 中 の 個 が 求 められているのだ だから この 辺 63

8 大 阪 女 学 院 短 期 大 学 紀 要 41 号 (2011) で 政 治 への 追 随 を 止 めにしたらどうかと 広 津 は 言 う そして さらに 次 のように 述 べるの である 日 本 の 文 学 が ひた 走 りに 走 って 未 解 決 のままに 後 に 残 して 来 たいろいろの 問 題 を この 辺 でゆっくり 振 返 り 解 決 して 行 ったら どんなものであろうか 個 という ような 問 題 もその 一 つである 個 の 中 の 全 とか 全 の 中 の 個 とか そうした 抽 象 命 題 に 走 らずに 個 を 掘 り 下 げて 行 く 事 を 途 中 で 中 止 した 廃 鉱 そういうものを 改 め て 掘 り 下 げて 見 たら もっと 何 か 出 て 来 るのではないか ここで 言 われている 個 を 掘 り 下 げて 行 く 事 を 途 中 で 中 止 した 廃 鉱 とは きわめて 印 象 深 い 表 現 であるが 内 容 的 には それは 性 格 破 産 者 と 同 じ 意 味 であろう すなわ ち ここにおいて 性 格 破 産 者 という 人 間 類 型 に 対 し その 歴 史 的 な 位 置 付 けが 行 なわ れているのである そして そうした 廃 鉱 をあらためて 掘 り 下 げることは ある 意 味 で 自 然 主 義 における 個 の 探 求 の 再 現 である しかし それは 二 つの 全 体 主 義 ( 社 会 主 義 とファシズム)を 経 た 上 での 再 現 である( 否 定 の 否 定 ) その 可 能 性 を 探 求 し 文 学 表 現 として 定 着 させることが 広 津 和 郎 にとっての 課 題 となったに 相 違 ない 3. 長 編 小 説 風 雨 強 かるべし と 新 しい 性 格 の 創 造 神 経 病 時 代 と 二 人 の 不 幸 者 以 後 性 格 破 産 の 問 題 を 主 題 とする 一 連 の 作 品 とし て 戯 曲 生 きて 行 く (1927) 長 編 小 説 薄 暮 の 都 会 ( ) 同 風 雨 強 かるべし ( ) 同 青 麦 (1936) 中 編 小 説 真 理 の 朝 ( ) 同 狂 った 季 節 ( ) が 書 かれた ここでは 風 雨 強 かるべし を 取 り 上 げる 生 きて 行 く 薄 暮 の 都 会 は それに 至 る 過 程 での 作 品 であり 青 麦 はその 一 つのバリエーションであり 真 理 の 朝 は 青 麦 の 続 編 と 見 られ 戦 後 に 書 かれた 狂 った 季 節 もこれらの 延 長 上 の 作 品 であ るからだ そして 風 雨 強 かるべし は 広 津 和 郎 の 全 著 作 において おそらく 一 つの 頂 点 をなす 作 品 であろう (11) あらすじを 述 べよう 卒 業 を 来 年 にひかえた 大 学 生 の 佐 貫 駿 一 は 早 世 した 父 の 親 友 で あった 資 産 家 の 飯 島 千 太 から 援 助 を 受 け 経 済 的 には 何 不 自 由 なく 生 活 している 飯 島 家 の 二 人 の 娘 ヒサヨとマユミとも 親 しくつきあっている 駿 一 は 一 時 大 学 の 社 会 問 題 の 研 究 会 に 出 入 りしていた ある 日 昔 の 仲 間 から やはり 仲 間 の 一 人 であった 梅 島 ハル 子 の 病 気 の 看 護 を 依 頼 される 彼 女 は 治 安 維 持 法 違 反 で 豚 箱 に 二 ヶ 月 間 拘 留 され 出 獄 後 も 脚 気 で 心 身 の 衰 弱 が 激 しい しかも 最 近 彼 女 の 夫 も 逮 捕 されたというのだ 彼 女 を 看 護 することが 駿 一 の 日 課 となる 傷 つき 倒 れている 彼 女 が 起 上 る 事 に 手 を 貸 し 得 る というだけで それは 自 分 に 取 って 何 という 幸 福 であろう それはやがて 愛 に 変 わる 二 人 が 結 ばれるためには それぞれが 二 者 択 一 を 迫 られる 彼 にとっては 彼 女 とともに 運 動 に 入 っていくか 今 の 生 活 を 維 持 するか 彼 女 にとっては 運 動 を 捨 てるか 個 人 的 64

9 藤 田 : 広 津 和 郎 の 松 川 裁 判 批 判 に 関 する 一 考 察 な 幸 福 を 追 求 するか である ある 日 の 夕 方 二 人 は 近 郊 にタクシーでドライブする 河 原 の 橋 の 近 くで 降 りる 月 の 光 る 夜 のその 情 景 の 叙 述 はたとえば 次 のようだ 二 人 は 涼 しい 風 に 吹 かれながら 何 丁 かあるその 橋 を 渡 り 切 ると 右 手 の 道 の 方 へ 曲 って 行 った 河 原 に 出 て 見 たいとハル 子 がいったからである その 道 を 行 くと 直 ぐ 人 家 がなくなって 木 立 らしいものが 両 側 から 迫 って 来 た 二 人 は 河 原 に 行 く 道 を 探 しながら 暫 くその 道 を 歩 いて 行 った 何 処 かにその 道 がある 筈 です といいながら 駿 一 は 一 二 歩 先 に 立 って 歩 いて 行 った 強 いて 河 原 に 出 なくたっていいわ このま ま 人 の 通 らない 林 か 森 の 中 に 入 って 行 ったって と 彼 女 は 考 えながら 駿 一 の 後 から ついて 行 った こうした 時 ハル 子 は 夫 が 他 の 女 性 と 同 棲 していた 事 実 をはっきりと 知 る そして 夫 と の 関 係 を 清 算 し 駿 一 の 元 に 行 こうと 決 心 する しかし 駿 一 は 未 だ 逡 巡 し 自 嘲 するの だ これが 俺 の 安 全 第 一 主 義 なのか! と 彼 は 旅 に 出 滞 在 地 の 修 善 寺 から 手 紙 で 彼 女 をよび 寄 せる 彼 女 は 行 こうと 思 う しかし 東 京 駅 で 切 符 を 買 い 汽 車 を 待 つ 間 偶 然 にも 連 絡 のつかなかった 運 動 の 仲 間 に 出 会 う そして 結 局 ハル 子 は 停 車 場 の 外 へ 出 て 行 くのだ 事 業 の 失 敗 から 飯 島 家 は 没 落 する 千 太 も 病 気 で 倒 れる 駿 一 は 千 太 からヒサヨのこ とを 頼 まれる 彼 はヒサヨと 結 婚 する 自 分 も 結 局 はおちつく 処 に 来 たのだ と 彼 は 思 う そして 自 分 のような 男 には やっぱりハル 子 は 烈 し 過 ぎた そして 複 雑 であり 過 ぎた それに 較 べると このヒサヨは 何 という 晴 やかさ 何 という 明 るさだろう と 彼 は 考 える ヒサヨは どんな 事 があっても 自 分 の 手 だけで 生 きられる 人 間 になりたい と の 意 志 から 洋 裁 を 習 い 始 めていた そして 千 太 に 託 されていた 駿 一 の 父 の 遺 産 を 元 手 に 駿 一 と 共 同 で 新 宿 に 洋 裁 店 の 経 営 を 計 画 する いざ 明 後 日 に 開 店 という 時 突 然 妹 のマ ユミが 失 踪 する 彼 女 は 姉 との 競 争 心 から 農 林 省 のエリート 若 手 官 僚 と 結 婚 していた ( 彼 は 当 初 ヒサヨとの 結 婚 を 目 論 んでいた) その 相 手 が 収 賄 容 疑 で 逮 捕 されたのだ 急 遽 駿 一 とヒサヨはマユミが 行 った 先 と 考 えられた 軽 井 沢 に 向 う 東 京 駅 に 向 うタクシー が 途 中 のガソリン スタンドに 立 ち 寄 った 時 青 い 仕 事 着 を 着 た 若 い 女 が 駈 け 出 して 来 る ハル 子 であった 黙 って 黙 って! とその 眼 は 駿 一 に 叫 ぶ この 弾 圧 の 中 を ああし て 身 を 匿 しているのか と 駿 一 は 感 動 する 汽 車 に 乗 ると 折 しも 風 雨 が 強 まる 駅 の 柱 には 彼 らの 運 命 を 暗 示 するかのように 風 雨 強 かるべし との 赤 い 警 戒 板 が 物 々しく ぶら 下 がっている 小 林 秀 雄 は 紋 章 と 風 雨 強 かるべし とを 読 む (1934)において 横 光 利 一 の 紋 章 とともに 広 津 の 風 雨 強 かるべし を 批 評 している (12) その 論 調 は やや 不 透 明 で あるものの 両 著 に 好 意 的 である その 中 で 風 雨 強 かるべし の 欠 点 は 端 的 に 発 明 力 の 不 足 にある としている( 因 みに 紋 章 の 欠 点 は 旺 盛 な 発 明 力 にともなう 空 虚 なる 饒 舌 にある とする) これに 対 し 小 林 秀 雄 君 に (1934)で 広 津 は 小 林 に 答 え 私 65

10 大 阪 女 学 院 短 期 大 学 紀 要 41 号 (2011) はモデルのない 処 には 発 明 があるべきだ と 云 ったような 意 図 の 下 に 今 の 時 代 に 一 つの 顕 著 な 性 格 の 創 造 される 事 には 凡 そ 興 味 を 持 っていない と 自 分 の 立 場 を 弁 明 する さ らに 作 物 の 中 に 一 つの 創 造 された 新 性 格 が 現 れる 場 合 は 断 じてそれは 実 践 的 な 具 体 性 をもってこの 時 代 に 何 かを 働 きかける 可 能 性 を 持 つべきだ 作 者 がその 責 任 を 感 じなくし て みだりに 新 人 物 を 創 造 すべきような そんな 時 代 では 今 はない と 創 作 家 の 立 場 から の 時 代 認 識 を 述 べ そして 性 格 を 求 めて 性 格 破 産 を 掴 んでくる 私 の 旅 は 今 後 まだ 長 く 続 くだろう と 自 身 の 創 作 の 意 図 を 表 明 している (13) ここには 広 津 の 最 も 深 い 創 作 の 方 法 が 期 せずして 述 べられていよう すなわち 新 しい 性 格 の 創 造 があるならば それは 人 物 たちの 態 度 や 行 動 が 縦 横 に 織 り 合 わさって そこ に 思 いもよらない 柄 模 様 があらわれてくる そうしたものである 他 ないと 言 っているので あろう そして 長 編 小 説 はそのための 必 須 の 形 式 である ところで 戦 後 (1947)に 出 版 された 風 雨 強 かるべし の 週 報 文 庫 版 には 序 が 付 され この 小 説 の 新 聞 連 載 が 始 まった 時 内 務 省 及 び 警 視 庁 から 新 聞 社 に 一 五 ヶ 条 の 禁 止 事 項 の 通 達 があった 事 実 が 記 されている (14) その 中 には 左 翼 運 動 の 具 体 的 な 方 法 を 書 いてはいけない 留 置 場 の 光 景 を 書 いてはいけない 取 調 べの 模 様 を 書 いてはいけ ない 作 全 体 の 上 に 左 翼 に 対 する 同 情 があってはいけない などの 項 目 があり 作 者 は その 一 五 ヶ 条 と 首 っぴきで その 隙 を 窺 い 窺 い どうやら 書 き 上 げたのがこの 小 説 である と 述 べる これはどう 読 めばいいのか 風 雨 強 かるべし において 作 家 のいうような 新 しい 性 格 の 創 造 が 果 して 現 れている だろうか 確 かに 洋 裁 店 の 共 同 経 営 を 企 てる 駿 一 とひさよという 人 物 の 形 で その 可 能 性 は 示 唆 されている しかし かりに 二 人 がそれに 成 功 しても それによって 治 安 維 持 法 に 代 表 される 社 会 の 抑 圧 機 構 は 何 も 変 わらないであろう 風 雨 強 かるべし では 権 力 機 構 の 内 部 はブラック ボックスである 当 時 の 状 況 から 考 えて その 詳 細 は 知 り 得 な かったし またいくらか 知 り 得 ても 書 き 得 なかったに 相 違 ない しかしこのことが そ の 文 学 作 品 としての 説 得 力 を 不 十 分 ならしめていることもまた 否 めないであろう なぜな ら 権 力 の 暴 力 が 性 格 を 求 めて 性 格 破 産 を 掴 んでくる ことになる 主 たる 元 凶 に 他 ならないからだ 作 家 はそのことを 十 分 に 意 識 していたであろう しかし その 実 行 に は 権 力 の 暴 力 の 実 態 を 深 く 知 り 作 品 に 定 着 させるには 戦 後 を 待 たねばならな かったのである それは 広 津 にとって 意 外 な 形 でやってくる すなわち 松 川 事 件 という 冤 罪 事 件 の 裁 判 への 関 与 である そして 松 川 裁 判 批 判 を 通 じての 権 力 の 言 説 に 対 する 広 津 の 批 判 は 以 上 の 文 脈 においては 風 雨 強 かるべし への 補 注 としての 意 味 を 担 うこ とになるのだ 補 注 によって 本 文 が 生 きる しかしむろんそれだけではありえない 4. 広 津 の 裁 判 批 判 の 方 法 とそれが 達 成 したもの 広 津 の 松 川 裁 判 への 関 心 の 契 機 は 1952( 昭 和 27) 年 の 末 か 53( 昭 和 28) 年 の 初 めに 送 られてきた 第 一 審 で 全 員 有 罪 判 決 を 受 けた 被 告 たちの 無 罪 を 訴 える 文 章 を 集 めた 小 冊 66

11 藤 田 : 広 津 和 郎 の 松 川 裁 判 批 判 に 関 する 一 考 察 子 真 実 は 壁 を 通 して を 偶 然 に 読 み この 人 達 の 文 章 には 嘘 が 感 じられない と 思 っ たことである (15) 文 学 上 の 道 づれ である 宇 野 浩 二 も この 冊 子 を 読 んでいて 被 告 たちのいうことが 真 実 ではないかと 思 う との 意 見 であった 1953 年 5 月 に 二 人 は 仙 台 高 裁 に 傍 聴 に 行 き 広 津 は 真 実 は 訴 える (53. 10)を 書 き 宇 野 は 世 にも 不 思 議 な 物 語 ( 同 )を 書 いた 宇 野 は 仙 台 の 法 廷 で 見 た 被 告 諸 君 の 眼 が 澄 んでいた と 表 現 した ところで 眼 が 澄 んでいる といった 表 現 は 広 津 の 作 品 の 要 所 にしばしば 現 れるこ とに 留 意 しよう 澄 んだ 微 笑 を 含 んだあの 人 のまなざし ( 死 児 を 抱 いて ) 彼 女 の 澄 み 切 った 眼 ( 二 人 の 不 幸 者 ) 彼 女 の 澄 んだ 眼 ( 薄 暮 の 都 会 ) その 澄 んだ 眼 ( 泉 へのみち )のように それは 無 力 のために 悲 しみの 淵 に 沈 んでいるものの 一 方 にお いて 真 実 を 見 通 している 眼 であり 端 的 に 性 格 破 産 の 象 徴 的 表 現 なのである す なわち 真 実 を 訴 える 澄 んだ 眼 が 広 津 和 郎 における 裁 判 批 判 と 文 学 と を 結 び 付 けるところの 結 節 点 なのである 社 会 科 学 者 である 内 田 義 彦 は このような 松 川 裁 判 批 判 に 専 念 した 広 津 の 文 学 者 としての 在 りようを 次 のように 述 べている (16) 被 告 の 眼 が 澄 んでいるという 事 実 を 事 実 として 見 る 自 分 の 眼 作 家 として 鍛 え 上 げてき たはずの 自 分 の 眼 を 一 途 に 信 じて 一 生 のまとめともいうべき 重 大 な 時 期 のすべてを 惜 しみなくそこに 集 中 した そこにこそ それが 文 学 といわれるものであるかどう かはどうでもいい 文 学 がある その 信 念 の 深 さ そこから 発 する 探 索 行 為 のすべてに この 作 家 の 作 家 としての 長 年 の 仕 事 が 結 集 し そこで 開 花 している そういう 賭 でこれ はあった けだし 的 確 な 指 摘 であろう 第 二 審 の 判 決 ( ) 後 広 津 は 裁 判 批 判 の 文 章 を 書 き 始 める 彼 は 中 央 公 論 の 1954 年 4 月 号 から 四 年 半 に 亘 って 同 誌 に 松 川 裁 判 批 判 を 連 載 した( 中 央 公 論 社 版 松 川 裁 判 全 一 巻 が 1958 年 11 月 に 出 版 されている) その 方 法 はどういうものであったか 具 体 的 に 見 て 行 こう 第 一 二 審 とも 死 刑 判 決 の 本 田 昇 被 告 ( 逮 捕 当 時 23 歳 )の 場 合 を 取 り 上 げよう (17) 彼 は 国 鉄 労 組 福 島 支 部 委 員 かつ 共 産 党 員 であり 赤 間 自 白 により 9 月 22 日 に 逮 捕 された 検 察 側 のシナリオでは 被 疑 者 の 或 る 者 たちが 8 月 日 に 国 鉄 労 組 福 島 支 部 事 務 所 に 集 まり 列 車 転 覆 の 共 同 謀 議 を 行 ない 東 芝 工 場 内 でも 何 回 か 謀 議 が 繰 り 返 され その 結 果 国 鉄 側 から 三 名 東 芝 側 から 二 名 が 出 て 線 路 破 壊 を 実 行 した 本 田 被 告 は 国 鉄 側 の 三 人 の 一 人 だから 彼 が 8 月 16 日 の 晩 をどう 過 ごしたかが 決 定 的 に 重 要 である 本 田 被 告 のアリバイがこの 裁 判 において 検 察 側 と 被 告 側 の 最 大 の 争 点 の 一 つとなった 調 書 およ び 証 言 によれば 本 田 被 告 は 16 日 通 常 通 り 国 鉄 労 組 支 部 事 務 所 に 出 勤 し 夜 は 武 田 久 ( 国 鉄 労 組 福 島 支 部 委 員 長 共 産 党 員 ) 宅 に 行 った その 日 は 武 田 の 父 の 命 日 で 酒 宴 が 開 かれ ており 仲 間 と 酒 を 飲 み 自 分 の 恋 愛 問 題 を 話 し 大 いに 騒 いだ 酔 っぱらったので 武 田 の 妹 のヒサ 子 に 途 中 まで 送 ってもらい その 晩 は 事 務 所 に 泊 りこみ 朝 までぐっすり 眠 っ た もしこれが 事 実 なら 本 田 被 告 は 16 日 の 晩 列 車 転 覆 の 実 行 に 出 かけて 行 くことは 不 可 能 である そこで 本 田 の 酩 酊 の 程 度 酔 えば 恋 愛 論 ができないか などが 争 点 となる これに 関 する 判 決 文 とそれに 対 する 広 津 の 検 討 は 次 のようである: 67

12 大 阪 女 学 院 短 期 大 学 紀 要 41 号 (2011) 判 決 文 :( 証 人 や 本 田 被 告 の 言 うように 引 用 者 )もし そんな 程 度 に 酔 っていて 議 論 したりしたならば 議 論 ではなくてくだをまくというような 話 振 りであったと 見 るべきで 水 商 売 の 女 でもない 年 頃 の 娘 である 武 田 ヒサ 子 が 真 面 目 になって 相 手 に なるような 話 振 りであったと 考 えることは 出 来 ない 更 に 又 本 田 がそのように 酔 っ ていたとすれば その 有 様 は 醜 態 を 呈 していたであろうことは 明 らかで 本 田 被 告 と 夫 婦 でも 恋 人 同 士 でもない 年 頃 の 娘 である 武 田 ヒサ 子 が 旧 盆 の 午 後 十 時 過 のいわ ゆる 宵 の 口 で 人 の 通 りも 少 くなかったと 推 察 される 福 島 市 内 の 街 路 を 何 十 分 もの 間 連 れ 立 って 歩 くという 事 は 到 底 耐 えられぬ 程 恥 かしくて 迷 惑 なことだったろうと 見 るべきである ところが 武 田 ヒサ 子 の 証 言 を 通 読 しても 同 人 がいささかでもその ような 感 じを 持 った 気 配 もなく いかにも 遠 回 りをして 本 田 の 帰 宅 の 道 とは 凡 そ 反 対 な 藤 橋 鉄 工 所 の 方 を 廻 って 歩 いたというのである 従 って もし 武 田 ヒサ 子 の 証 言 の 如 く 愛 情 の 問 題 にせよ 武 田 ヒサ 子 と 本 田 と 二 十 分 又 はそれ 以 上 にも 亘 って 議 論 をしたこと 更 にその 後 連 れ 立 って 市 内 を 歩 いた 事 が 事 実 とすれば 本 田 の 酩 酊 の 程 度 はさほど 甚 しくはなく 同 人 は 一 応 しゃんとしていたと 見 るべく 逆 にそれ 程 酩 酊 したことが 本 当 ならば 武 田 ヒサ 子 と 議 論 したり 連 れ 立 って 歩 いたりした 事 はない と 見 るべきで 要 するに 本 田 被 告 の 酩 酊 の 程 度 に 関 する 右 各 証 言 及 び 本 田 被 告 の 主 張 は 矛 盾 があり 到 底 採 用 し 難 い 広 津 の 検 討 : 嘔 吐 するほど 酔 っ 払 えば 口 も 利 けないはずだというが 酔 った 状 態 とい うものは 何 もかも 解 らなくなるのではなく 一 方 では 頭 が 冴 えて 気 になることな どは 酔 わない 前 よりもなおいっそうはっきり 頭 に 来 ることがあるものである 本 田 被 告 はそのとき 恋 愛 に 悩 んでいるのである 武 田 ヒサ 子 の 心 理 を 言 えば 兄 の 友 達 と 自 分 の 友 達 との 恋 愛 問 題 である こういう 問 題 は 若 い 人 たちは 真 剣 に 考 えている し 年 頃 の 娘 であれば 友 達 の 問 題 でも 自 分 に 引 較 べてもいろいろ 考 えられもするし 一 つは 酔 っている 本 田 被 告 の 身 を 案 ずるとともに 本 田 被 告 の 悩 みに 同 情 して 送 り ながらその 話 を 聞 き 自 分 も 意 見 を 言 おうという 気 になるのも 頗 る 自 然 な 話 である こうして 二 人 は 連 れ 立 って 外 に 出 て 行 ったのである( 二 人 がつれ 立 って 出 て 行 ったと いうことは 判 決 文 も 半 ば 認 めているらしい) 恋 愛 のことが 酒 を 飲 む 前 から 頭 に ある 本 田 被 告 が 酔 っ 払 った 後 まで それをしゃべり 続 けるということは 判 決 文 の 言 うように 決 してないことではない それだけ 酔 っていれば 議 論 ではなく くだを 巻 いたはずだ くだを 巻 いたとすれば 水 商 売 の 女 でない 年 頃 の 娘 である 武 田 ヒサ 子 が 真 面 目 に 相 手 には 出 来 ないはずだ というこの 尻 取 り 遊 び のような 論 理 の 飛 躍 いや 余 りにも 通 俗 的 な 仮 定 と 想 像 との 飛 躍 は われわれを 呆 気 に 取 らせ る もっとも 呆 気 に 取 らされるだけならば 人 の 頭 には 面 白 い 連 想 作 用 もあるものだ と 思 って 笑 っていればすむのであるが こういう 仮 定 から 仮 定 に 飛 ぶ 想 像 力 によって 事 の 実 態 が 歪 曲 され 人 間 が 死 刑 にされようとしているとなると これは 黙 ってはい られなくなる 二 人 でゆっくり 歩 いたということにも 判 決 文 はさも 不 自 然 な 68

13 藤 田 : 広 津 和 郎 の 松 川 裁 判 批 判 に 関 する 一 考 察 ありそうでもないことのように 書 いているが どうしてそれが 不 自 然 で ありそうも ないことかと 反 問 してみたい 話 は 尽 きない と 武 田 ヒサ 子 が 証 言 していると おり 歩 いているということは 歩 いていることが 目 的 ではなく 話 をするというこ とが 目 的 で 歩 いているのである 話 が 主 であって 歩 くことが 従 なのである 遠 廻 りし て 歩 くのも 何 も 不 自 然 ではない こんなふうに 何 等 の 証 拠 によらず 理 屈 にもな らない 理 屈 で 判 決 文 は 本 田 被 告 が 大 して 酩 酊 していないということに 無 理 にこじつ けてしまったが こんなこじつけで 酩 酊 している 人 間 が 酩 酊 しないことになると 思 っ ているのであろうか どうしてこんな 無 理 をしてでも 判 決 文 がここで 本 田 被 告 を 大 して 酩 酊 していないことにしてしまわなければならなかったかと 言 えば それは 本 田 被 告 が 国 鉄 労 組 支 部 事 務 所 に 酔 っ 払 ってその 晩 泊 ったという 事 実 を 否 定 しなけれ ばならないからである なぜそれを 否 定 しなければならないかと 言 えば それは 本 田 被 告 がその 晩 十 二 時 から 高 橋 赤 間 両 被 告 と 線 路 破 壊 の 実 行 に 出 かけたことにしな ければならないからである その 線 路 破 壊 の 実 行 に 出 かけたことにするためにも 本 田 被 告 の 酩 酊 を 出 来 るだけ 少 ないものとし 一 応 しゃんとしていたと 見 るべく とい うことにしなければならないのである ここで 採 られている 方 法 は 判 決 文 の 検 討 であり それ 以 外 ではない その 材 料 は 判 決 文 法 廷 記 録 各 種 調 書 である こうした 判 決 文 に 対 する 検 討 が 全 被 告 について 行 なわれる のである これは 一 体 何 を 意 味 するのであろうか その 意 味 は おそらく 検 察 官 の 論 理 最 高 裁 小 法 廷 での 全 員 無 罪 の 判 決 ( )の 後 あらためて 纏 められた 松 川 事 件 と 裁 判 ( )の 副 題 すなわち 裁 判 をめぐる 権 力 の 言 説 に 対 して も う 一 つの 言 説 を 対 置 したところに 求 められよう その もう 一 つの 言 説 は 何 に 基 づい ているのか それを 理 性 とか 良 心 とかいうことは 間 違 いではあるまい しかし それらの 言 葉 は 手 垢 に 汚 れている それらを 取 り 除 いてなお 残 る 何 ものか それを 何 と 名 付 ければいいのか 広 津 の 裁 判 批 判 の 文 章 から 感 じられるものは そうした 何 ものか である 彼 は 最 高 裁 小 法 廷 での 斎 藤 朔 朗 裁 判 長 の 事 実 認 定 に 関 する 著 書 の 感 想 を 次 の ように 述 べている (18) その 考 察 が 真 実 で 論 理 は 明 晰 であり 誇 張 のない 文 章 の 行 間 には 理 解 力 のこまかさが 行 き 亙 っている 快 さが 感 じられた と ここで 表 現 されている 考 察 が 真 実 で 論 理 は 明 晰 であり 誇 張 のない 文 章 の 行 間 には 理 解 力 のこまかさが 行 き 亙 っ ている 快 さ とは まさに ( 小 説 を 含 む) 広 津 のどの 文 章 からも 受 ける 印 象 そのものである ここで 広 津 の 松 川 裁 判 批 判 とは 一 体 何 かを 改 めて 問 うてみると それは 検 察 官 の 論 理 批 判 という 面 では 批 評 であるし それに 一 貫 して 小 説 家 的 想 像 力 を 駆 使 したとい う 面 では 文 学 である すなわち それ 自 体 が 全 く 新 しい 批 評 文 学 の 創 造 であった ということができよう 69

14 大 阪 女 学 院 短 期 大 学 紀 要 41 号 (2011) 5. 広 津 の 松 川 裁 判 批 判 の 現 代 的 意 義 知 識 人 の 社 会 的 責 任 以 上 広 津 の 松 川 裁 判 批 判 を 彼 の 文 学 的 営 為 との 関 わりにおいて 考 察 して 来 た こ こでは その 現 代 的 意 義 について いくつかの 観 点 から 改 めて 考 えてみよう 広 津 の 熊 谷 判 事 に 答 える から 受 けた 心 の 動 揺 を 医 師 である 松 田 道 雄 は 次 のように 伝 える (19) 熊 谷 氏 の 文 章 にたいする 広 津 氏 の 回 答 ( 熊 谷 判 事 に 答 える )をよんだとき 自 分 が 知 らぬまにもっている 職 業 意 識 に 気 づいて 大 きい 衝 撃 をうけた 裁 判 官 はどん な 理 由 からにしろ 判 決 が 客 観 的 事 実 に 符 合 するや 否 やに 心 を 煩 わすなかれ ということ は 許 されないという 広 津 氏 の 文 章 は 医 者 はどんな 理 由 からにしろ 治 療 によって 病 人 の 生 命 が 失 われるかどうかに 心 を 煩 わすなということは 許 されない と 書 いてあるような 気 がした と 熊 谷 判 事 に 答 える は 第 二 審 の 裁 判 開 始 当 時 仙 台 高 裁 長 官 であった 石 坂 氏 が 第 二 審 判 決 当 時 の 鈴 木 裁 判 長 に 送 った 書 簡 の 内 容 を 広 津 が 批 判 し それに 対 し 熊 谷 判 事 が 出 した 公 開 状 に 広 津 が 答 えたものである (20) 松 田 が 大 きい 衝 撃 をうけた のは 熊 谷 判 事 の 石 坂 書 簡 弁 護 を 彼 は 肯 定 的 に 捉 えていたからだ すなわち 人 の 生 命 をとり あつかう 職 業 にあるものが 職 業 にかんして 十 分 の 注 意 を 怠 らないのに なお 過 誤 があり うるということにたいする 人 間 としての 苦 しみを 同 じ 職 業 にあるものがいくらかでも 軽 くしてやろうとするとき 人 事 をつくしたのだから あとはどうなってもやむを 得 ないと いう 表 現 をとったにしても それを 職 業 上 の 注 意 を 怠 ってもよいといったように 解 釈 しな いでほしい というのが 熊 谷 氏 の 真 意 であると 彼 は 理 解 していたのだ 広 津 の 熊 谷 判 事 批 判 から 彼 は 医 者 の 特 権 的 なあり 方 に 気 付 かされたのに 違 いない このような 反 省 から 松 田 は 医 者 の 医 療 過 誤 を 最 小 限 にする 保 証 として 患 者 自 治 会 を 推 奨 する 医 者 に 直 接 的 に 対 峙 するこうした 組 織 の 存 在 は その 機 能 を 有 効 に 発 揮 するであろう しかし 裁 判 の 場 では 医 療 における 患 者 自 治 会 のようなものが 存 在 しないから 裁 判 官 の 良 心 が つねに 覚 醒 した 状 態 にあるためには 結 局 庶 民 の 目 が 光 っていること が 不 可 欠 であ るとするのである しかし 広 津 の 活 動 を 庶 民 の 目 が 光 っている といった 次 元 で 捉 えることができるで あろうか そのような 理 解 は 間 違 いではないにしても 彼 の 活 動 が 示 唆 する 重 要 な 一 つの 要 素 を 把 握 し 損 ねているのではないか すなわち 裁 判 官 や 医 者 の 専 門 家 としての 在 り 方 をそのもの 自 体 として 問 い それを 変 えて 行 くことの 可 能 性 を 松 田 は 深 く 考 えていな いように 思 えるのだ 患 者 自 治 会 や 庶 民 の 目 が 有 効 に 機 能 するためにも 専 門 家 としての 裁 判 官 や 医 師 の 態 度 や 行 動 それ 自 体 も 変 わる 必 要 があるのではないか この 点 で 広 津 と 物 理 学 者 の 湯 川 秀 樹 との 今 日 のヒューマニズム と 題 する 1954 年 12 月 に 行 なわれた 対 談 は 示 唆 的 だ (21) その 一 部 を 引 用 しよう 湯 川 : 原 子 力 というものが 現 われて 来 て 人 間 のほうが 生 活 態 度 や 考 え 方 を 変 え ていくひまがなくて 今 まで 来 てるわけですね なんとか 人 間 の 側 が 追 い つかなきゃいかんのですね 70

15 藤 田 : 広 津 和 郎 の 松 川 裁 判 批 判 に 関 する 一 考 察 広 津 : ぼくは 今 にも 追 いつくと 思 うんだけどね これ 以 上 バカなことをしてみな ければそれを 悟 らないというならば 今 早 く 悟 ってほしい 湯 川 : だいぶ しかし 悟 りかけて 来 ているんじゃないでしょうか 表 面 はそうでなく ても これは 少 し 甘 過 ぎる 見 方 かも 知 れませんけれども 広 津 : 甘 過 ぎるほうがいいですよ 湯 川 : ここで 希 望 を 失 ったらいかんですね もう いくら 声 を 大 にして 言 ってみても ダメだと 絶 望 したら もうダメですね 広 津 : ダメですね ぼくはそう 思 うな 希 望 を 失 ったら 何 も 言 うことはない なんと かよくなるだろう ということを 考 えないなら 書 く 必 要 も 物 を 言 う 必 要 もない 前 年 12 月 に 福 島 高 裁 での 第 二 審 の 判 決 があり 広 津 は 本 格 的 な 裁 判 批 判 を 迫 られ 同 年 3 月 にビキニ 環 礁 での 米 国 による 水 爆 実 験 が 行 なわれ 湯 川 は 科 学 者 として 根 本 的 な 態 度 の 変 更 を 迫 られたのだ ここで 語 られているのは 知 識 人 の 社 会 的 責 任 ということ であろう そして ここでの 知 識 人 とは 狭 義 の 知 識 人 それは 専 門 家 と 言 っ てよかろう の 範 疇 をすでに 超 えた 存 在 である 両 者 の 間 に 対 話 が 成 立 すること 自 体 が それを 証 している しかし 状 況 がどれほど 変 化 しても( 人 類 の 存 続 が 危 殆 に 瀕 しても) それに 責 任 をと る 自 由 もあれば とらない 自 由 もある すなわち 自 由 と 責 任 とは 密 接 に 関 連 し ている 広 津 の 最 後 の 論 点 もこの 点 に 関 わる 松 川 事 件 と 裁 判 の 末 尾 にある 附 少 数 意 見 の 最 終 節 ( 四 )において 広 津 は 裁 判 官 の 自 由 心 証 について 論 じる (22) そこでは 原 審 破 棄 高 裁 差 戻 しの 判 決 を 下 した 最 高 裁 大 法 廷 ( 評 決 七 対 五 )において 黒 と 判 定 した 田 中 耕 太 郎 最 高 裁 長 官 の 意 見 が 少 数 意 見 の 代 表 として 取 り 上 げられる 田 中 長 官 は 裁 判 官 の 自 由 心 証 に 関 して 裁 判 官 は 同 一 人 の 二 つの 矛 盾 した 供 述 のいずれか 一 つを 真 とすることもできれば その 二 つ の 真 実 性 を 否 定 することもできるのである と 述 べる 形 式 的 にはその 通 りであろう し かし 実 質 的 にはどうか そこに 若 干 とも 自 由 選 択 の 意 味 が 是 認 されることはないの か 裁 判 官 にとって 確 かに 事 実 とは 推 認 の 事 実 に 他 ならない しかし と 広 津 は 言 う 裁 判 官 は 推 認 以 外 に 事 実 を 掴 むことはできなくとも 被 告 にとっては それは 推 認 の 事 実 ではなく 経 験 の 事 実 であるということである そこで 裁 判 官 はいつでも 被 告 には 経 験 であり 体 験 の 事 実 であるということを 念 頭 において 自 分 の 推 認 をそのことによって 何 回 も 何 回 も 吟 味 し 直 して 見 なければならない の である これはおそらく(その 名 に 値 する) 作 家 にして 初 めて 言 いうる 言 葉 であろう そして 国 民 が 裁 判 官 に 自 由 心 証 を 認 めているということは 裁 判 官 がどういう 認 定 をしても それは 裁 判 官 の 自 由 だというような 意 味 ではない 自 由 心 証 を 認 められたと いうことは 裁 判 官 が 自 由 について 最 高 の 責 任 を 持 たされたということである と 広 津 は 結 論 するのである こうした 発 言 によって もちろん 発 話 者 自 身 にも その 内 容 に 関 して 最 高 の 責 任 が 71

16 大 阪 女 学 院 短 期 大 学 紀 要 41 号 (2011) 生 じることはいうまでもない 広 津 の 場 合 その 最 高 の 責 任 は 定 吉 ( 神 経 病 時 代 の 主 人 公 )がその 妻 に 対 してもつ 責 任 に 通 じているであろう 誰 であれ 自 身 の 経 験 の 事 実 を 深 めることによって 世 界 に 生 起 する 様 々な 人 間 の 悲 惨 に 責 任 をもつこ とができるようになる 広 津 和 郎 の 不 断 の 文 学 的 営 為 すなわち 批 評 文 学 の 創 造 はこの ことをわれわれに 教 えているように 思 われる 注 (1) 木 下 英 夫 松 川 事 件 と 広 津 和 郎 裁 判 批 判 の 論 理 と 思 想 (2003 同 時 代 社 )は 文 学 者 広 津 和 郎 の 文 学 的 営 為 のなかに その 裁 判 批 判 の 動 機 と 論 理 を 成 立 させ 貫 いている 思 想 をとらえて みよう (p. 60)とする 点 で 本 稿 と 問 題 意 識 を 共 有 する しかし 著 者 の 死 去 により 未 完 に 終 わった (2) 現 代 平 和 学 における 直 接 的 構 造 的 文 化 的 暴 力 の 定 義 については 拙 稿 文 化 的 暴 力 ( 加 藤 尚 武 編 応 用 倫 理 学 事 典 丸 善 株 式 会 社 2008 pp )を 参 照 されたい (3) 広 津 和 郎 松 川 裁 判 (1958) 広 津 和 郎 全 集 第 十 巻 (1973) 中 央 公 論 社 pp (4) 伊 部 正 之 序 文 松 川 事 件 について 木 下 英 夫 松 川 裁 判 と 広 津 和 郎 (2003) 所 収 同 時 代 社 pp (5) 日 本 の 文 学 32 広 津 和 郎 菊 池 寛 (1969) 中 央 公 論 社 p. 508 (6) 湯 川 秀 樹 広 津 和 郎 対 談 今 日 のヒューマニズム (1954) 湯 川 秀 樹 編 科 学 と 人 間 のゆくえ 続 半 日 閑 談 集 (1973) 講 談 社 pp. 89 (7) 日 本 文 学 全 集 28 広 津 和 郎 葛 西 善 蔵 (1964) 新 潮 社 p. 64 (8) 広 津 和 郎 全 集 第 四 巻 (1973) 中 央 公 論 社 p. 502 (9) 広 津 和 郎 全 集 第 四 巻 (1973) 中 央 公 論 社 p. 503 (10) 広 津 和 郎 全 と 個 (1938) 広 津 和 郎 全 集 第 九 巻 (1974) 中 央 公 論 社 pp (11) 広 津 和 郎 全 集 第 五 巻 (1974) 中 央 公 論 社 (12) 小 林 秀 雄 小 林 秀 雄 全 文 芸 時 評 集 下 (2011) 講 談 社 p. 20 (13) 広 津 和 郎 小 林 秀 雄 君 に (1934) 広 津 和 郎 全 集 第 九 巻 (1974) p. 230 (14) 広 津 和 郎 全 集 第 五 巻 (1974) p. 522 (15) 広 津 和 郎 松 川 事 件 と 裁 判 (1964) 広 津 和 郎 全 集 第 十 一 巻 (1974) 中 央 公 論 社 pp (16) 内 田 義 彦 読 書 と 社 会 科 学 内 田 義 彦 著 作 集 第 九 巻 (1989) 岩 波 書 店 p. 37 (17) 広 津 和 郎 松 川 裁 判 (1958) 広 津 和 郎 全 集 第 十 巻 (1973) 中 央 公 論 社 pp pp (18) 広 津 和 郎 裁 判 の 公 正 は 守 られた (1963) 広 津 和 郎 全 集 第 十 一 巻 (1974) 中 央 公 論 社 p. 447 (19) 松 田 道 雄 人 命 をあつかうもの 医 者 と 裁 判 官 (1954) 上 山 春 平 川 上 武 筑 波 常 治 編 集 解 説 科 学 の 思 想 Ⅱ 現 代 日 本 思 想 体 系 26 (1964) 筑 摩 書 房 p. 386 (20) 広 津 和 郎 熊 谷 判 事 に 答 える (1955) 広 津 和 郎 全 集 第 十 一 巻 (1974) 中 央 公 論 社 p. 319 (21) 湯 川 秀 樹 広 津 和 郎 対 談 今 日 のヒューマニズム pp (22) 広 津 和 郎 松 川 事 件 と 裁 判 (1964) 広 津 和 郎 全 集 第 十 一 巻 1974 pp 参 考 文 献 広 津 和 郎 全 集 第 一 巻 ~ 第 十 三 巻 中 央 公 論 社

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

時系列表

時系列表 濫 訴 ニ 非 ズ 雌 伏 19 年 臥 薪 嘗 胆 16 年 時 系 列 表 1991 年 紛 争 は 園 田 須 崎 の 陰 謀 から 始 まった これに 抗 議 したところ 警 察 が 介 入 して 鑑 識 が 指 紋 検 出 する 騒 動 となり 八 王 子 合 同 法 律 事 務 所 で 相 談 した 1994 年 突 然 に 偽 装 失 踪 した 須 崎 は 暴 力 団 を 使 い 脅

More information

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc 福 岡 国 税 局 派 遣 国 税 庁 首 席 監 察 官 福 澤 宏 文 殿 国 税 局 職 員 による 犯 罪 行 為 の 申 し 立 て 及 び 犯 罪 捜 査 の 要 請 平 成 27 年 6 月 3 日 島 根 県 松 江 市 東 本 町 5 丁 目 16 番 地 9 山 根 ビル3 階 株 式 会 社 山 根 総 合 事 務 所 内 山 根 治 税 理 士 事 務 所 税 理 士 山 根

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

飲酒運転

飲酒運転 パチンコ 玉 の 現 金 化 は 違 法 ( 賭 博 行 為 )だ パチンコ 玉 を もやがい 所 で 現 金 化 するのは 賭 博 行 為 である しかし 警 察 は 何 故 取 締 まりをしない? パチンコをするときは 店 内 で 玉 を 買 ってパチンコ 台 で 打 つ 例 えば1 個 4 円 のパチンコ 玉 を1000 個 4000 円 で 買 って その 玉 を 使 ってパチンコ 台 で

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に 第 7 章 薬 物 乱 用 犯 罪 被 害 等 1. 薬 物 乱 用 の 実 態 (1) 薬 物 乱 用 とその 影 響 薬 物 乱 用 とは 医 薬 品 を 医 療 以 外 の 目 的 で 使 用 すること 医 療 目 的 ではない 化 学 物 質 を 不 正 に 使 用 することである 乱 用 される 薬 物 には 前 者 の 例 として 睡 眠 薬 や 鎮 痛 剤 のような 向 精 神 薬 があり

More information

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて 診 断 テストまでに 記 憶 を 喚 起 しておかねばならない 重 要 知 識 一 覧 表 2014.03.24 中 川 孝 博 テキスト( 赤 池 一 将 = 中 川 孝 博 刑 事 法 入 門 [ 第 2 版 ] )4~6 頁 法 学 の 定 義 は 何 か 法 学 をマスターするために 設 定 した 2 つの 大 目 標 は 何 か 刑 事 訴 訟 法 の 領 域 で 対 立 する 2 つの

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

H22.12.7 平成22年度セクシュアル・ハラスメント防止講演会

H22.12.7 平成22年度セクシュアル・ハラスメント防止講演会 平 成 22 年 度 セクシュアル ハラスメント 防 止 講 演 会 セクシュアル ハラスメント 等 のない 職 場 を 目 指 して 日 時 : 平 成 22 年 12 月 7 日 ( 火 )13:00~14:30 場 所 :サンポート 高 松 6 階 61 会 議 室 主 催 : 人 事 院 四 国 事 務 局 内 容 : 13:00~13:04 開 会 挨 拶 人 事 院 四 国 事 務 局

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7 平 成 一 〇 年 (ワ) 第 八 七 六 一 号 著 作 物 発 行 差 止 等 請 求 事 件 ( 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 一 一 年 六 月 二 八 日 ) 判 決 原 告 A 原 告 B 右 両 名 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 今 野 勝 彦 前 田 惠 三 加 藤 裕 也 岩 田 廣 一 被 告 株 式 会 社 文 藝 春 秋 右 代 表 者 代 表 取 締 役 C 被 告

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文 集 直 危 機 J I L P T 術 変 動 科 ォ 催 究 機 証 究 基 信 J I L P T 去 普 遍 術 根 変 重 文 科 然 科 至 幅 広 科 集 術 求 術 ミ ョ 背 景 織 ォ 運 営 運 び 第 ォ 開 催 背 景 誰 直 誰 析 歴 途 退 形 道 摘 重 意 識 真 抜 去 背 景 改 半 市 企 訓 練 受 改 背 景 意 識 稼 ぎ 児 外 真 据 開 挨 拶 小

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

情 報 漏 えい 事 件 の 概 要 と 再 発 防 止 策 平 成 27 年 11 月 唐 津 市 目 次 1 はじめに 1 2 事 件 の 概 要 2 3 事 件 発 覚 後 の 経 過 5 4 処 分 8 5 前 回 の 事 件 後 の 取 り 組 み 9 6 再 発 防 止 に 向 けた 検 討 13 7 再 発 防 止 に 向 けた 取 り 組 み 15 8 おわりに 19 1 はじめに

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有

直 接 謝 罪 するなど 異 例 の 事 態 となった 2. 本 件 事 故 の 海 難 審 判 及 び 刑 事 裁 判 (1) 主 な 争 点 漁 船 清 徳 丸 の 航 跡 と 護 衛 艦 あたご の 避 航 義 務 注 意 義 務 が 争 点 となった これは あたごの 避 航 義 務 の 有 海 難 事 故 調 査 について 海 上 自 衛 隊 護 衛 艦 あたご 漁 船 清 徳 丸 衝 突 事 故 を 例 に 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1310 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 首 席 研 究 員 池 田 敏 郎 ポイント 小 型 船 を 巻 き 込 んだ 海 難 事 故 調 査 は 必 ずしも 容 易 ではない 海 難 審 判 と 刑 事 裁

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

大阪大学法学部同窓会 青雲会 懸賞論文

大阪大学法学部同窓会 青雲会 懸賞論文 大 阪 大 学 法 学 部 同 窓 会 青 雲 会 懸 賞 論 文 死 刑 にあたる 罪 についての 公 訴 時 効 廃 止 の 是 非 法 学 部 法 学 科 1 回 生 浅 岡 遼 太 郎 包 末 成 留 美 五 味 洋 平 松 本 真 弥 代 表 : 五 味 洋 平 1 死 刑 にあたる 罪 についての 公 訴 時 効 廃 止 の 是 非 大 阪 大 学 法 学 部 法 学 科 1 回 生 浅

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information