ことばの意味とはなんだろう

Size: px
Start display at page:

Download "ことばの意味とはなんだろう"

Transcription

1

2

3

4

5 まえがき v まえがき ことば と 意 味 が 無 関 係 だと 考 える 人 はいない.それどころか, こと ば という 語 を 聞 けば, 意 味 を 連 想 する 人 がほとんどだと 思 われる.それ ほどに 意 味 は ことば の 重 要 な 側 面 を 担 っているのだ. にもかかわらず, 言 語 学,つまりことばを 対 象 とする 学 問 においては, 意 味 の 研 究 が 本 格 化 するのは 遅 かった. 言 語 学 者 より 早 く 意 味 論 を 本 格 的 に 取 り 上 げたのは, 第 2 章 に 見 るとおり, 哲 学 者 であったが,その 研 究 対 象 は 日 本 語 と か 英 語 などの 自 然 言 語 ではなく, 記 号 論 理 学 という 人 工 言 語 だった 年 刊 行 の 平 凡 社 大 百 科 事 典 には 意 味 論 という 独 立 項 目 さえな く,1940 年 発 行 の 硏 究 社 英 語 學 辭 典 (この 著 には 当 時 の 言 語 学 一 般 の 研 究 成 果 がかなりの 程 度 反 映 されている)には Semantics( 意 義 學 意 味 論 )という 項 目 はあるものの,そこには 次 のような 記 述 がある. (1) Semantics は 言 語 の 外 形 を 硏 究 する phonetics( 音 聲 學 )と 並 んで 言 語 硏 究 の 基 礎 をなすべきものであるが,この 方 面 に 於 ける 言 語 學 者 の 業 績 は 芳 しくなく 今 後 の 開 拓 に 俟 つところが 甚 だ 多 い. (p. 916) 1930 年 代 から 60 年 代 の 初 めにかけて 有 力 だった 言 語 理 論 は,ブルームフィ ールド(Leonard Bloomfield, )に 代 表 されるアメリカ 構 造 主 義 言 語 学 (structural linguistics)であった.アメリカ 構 造 主 義 は 行 動 の 観 察 のみが 意 識, 認 知 などの 心 的 過 程 を 研 究 する 唯 一 の 方 法 である とする 行 動 主 義 と, 科 学 とは 観 察 に 基 づく 帰 納 的 一 般 化 の 集 成 にほかならない:すべての 理 論 的 言 明 は, 究 極 的 には, 観 察 可 能 なもののみに 言 及 する 言 明 に 還 元 されなければ ならない という 論 理 実 証 主 義 に 基 づく, 今 日 考 えるとまことに 奇 妙 な,そし てむろん 誤 った 原 理 に 立 脚 した 理 論 であったのだが,どういうわけか 日 本 ( 特 に 終 戦 後 の)を 含 む 各 国 の 言 語 学 界 に 大 きな 影 響 を 与 えた. 構 造 主 義 言 語 学 に 従 うと, 言 語 学 の 主 要 部 分 は 次 の 2 部 からなる.( 用 語 は いくぶん 簡 略 化 してある.) (2) i. 文 法 的 システム: 単 語 の 総 体 とその 配 列

6 vi まえがき ii. 音 韻 的 システム: 音 素 の 総 体 とその 配 列 つまりこの 学 派 では 意 味 に 関 する 研 究 は 言 語 学 プロパーには 含 まれていないと された. 意 味 的 システム とよばれる 部 門 はあることはあったが,これは 文 法 的 システムと, 直 接 観 察 が 可 能 な 物 理 的 社 会 的 世 界 との 関 係 を 扱 う, 言 語 学 プロパーの 内 部 ではなくその 周 辺 に 存 在 する 部 門 とされた 年 代 末 から 60 年 代 初 めにかけて 構 造 主 義 言 語 学 を 駆 逐 し, 少 なくとも ある 期 間, 言 語 研 究 の 主 流 となった 生 成 文 法 の 最 初 の 公 刊 本 である Chomsky (1957)には 意 味 に 関 する 言 及 は 皆 無 であるといって 過 言 でなく,Chomsky (1995)になると, 次 のように, 言 語 における 意 味 論 の 存 在 を 疑 問 視 するような 見 解 さえ 述 べられている. (3) 言 語 使 用 に 関 するわれわれの 理 解 が 正 しい 限 りにおいて, 指 示 を 基 礎 と した 意 味 論 が 成 立 するとの 議 論 は 弱 いように 私 には 思 える. 自 然 言 語 と いうものは, 統 語 論 と 語 用 論 だけからなるのかもしれない. (p. 26) ここで 注 意 すべきはチョムスキーのいう 指 示 を 基 礎 とした 意 味 論 なるも のである.これは 意 味 論 に 対 する 近 年 の 有 力 な 考 え 方 で, 第 1 章 で 述 べる 真 理 条 件 的 意 味 論 にほかならない. 第 1 章 で 詳 述 するように, 本 書 の 著 者 もそのよ うな 真 理 条 件 的 意 味 論 が 成 立 するとは 考 えていない.その 点 でチョムスキーが (3)の 前 半 でいっていることは 正 しいと 思 われる.しかし,だからといって, チョムスキーが(3)の 後 半 でいうように, 自 然 言 語 というものは 統 語 論 と 語 用 論 だけからなるものであり, 意 味 論 なるものは 独 立 に 存 在 しないとまでいえる かどうかについては 慎 重 に 検 討 する 必 要 がある.チョムスキーは 何 も 述 べてい ないが, 実 は, 真 理 条 件 的 意 味 論 とは 別 のタイプの 意 味 論 が 成 立 する 可 能 性 が あるのである.むしろ, 統 語 論 と 語 用 論 がその 本 来 の 機 能 を 適 切 に 果 たすため にも,そのような( 真 理 条 件 的 意 味 論 とは 異 なる) 意 味 論 が 不 可 欠 であることを 本 書 では 多 くの 具 体 例 で 論 証 するつもりである. 一 方 で 意 味 論 の 性 格 づけに 混 乱 をもたらしたのは, 語 用 論 (pragmatics)の 台 頭 であった. 意 味 を 考 究 の 対 象 とする,というところまでは 意 味 論 と 語 用 論 は 同 じである.ではどの 点 が 違 うのか? 当 初 は, 意 味 論 は 形 式 的 論 理 的 な 方 法 で 同 定 しうる 意 味 を 扱 い, 語 用 論 は 言 語 学 的 主 要 部 分 では 説 明 しえない 意 味 を 扱 う,という 語 用 論 =ゴミ 箱 論 をなんとなく 抱 いている 言 語 学 者 も 皆 無

7 まえがき vii ではなかった.やがて 次 のようなもう 少 し 筋 の 通 った 区 分 法 も 現 れた. (4) i. 意 味 論 は 文 の 文 字 通 りの 意 味 を 扱 う. ii. 語 用 論 は, 文 を 用 いる 脈 絡 に 従 う, 文 字 通 りでない 意 味 を 扱 う. だが 文 字 通 りか 否 か,というのは 必 ずしも 明 確 な 区 別 ではない.もちろん 明 確 な 場 合 もある. (5) 雨 が 降 ってきたよ. という 文 が,ほぼ 大 気 中 の 水 蒸 気 が 水 滴 となって 地 上 に 落 ち 始 めた と 言 い 換 えられるような 意 味 で 発 せられたのならそれは 文 字 通 りの 意 味 だが, ( 今, われわれが 散 歩 している) 代 々 木 公 園 で 雨 が 降 ってきたよ や ( 今,せっかく テレビでウィンブルドン 選 手 権 を 観 戦 しているのに)ウィンブルドンのセンタ ーコートで 雨 が 降 ってきたよ ということを 伝 えるために 使 われたのなら,そ れは 特 定 の 脈 絡 に 従 った, 文 字 通 りとはいえない 意 味 である.そればかりでな い.(5)が 今 日 のテニスはやめにしよう ということを 伝 えるために 使 われ たのなら,これまた 脈 絡 に 左 右 される, 文 字 通 りとはいえない 意 味 である. しかし, (6) 私 はあのホールが 嫌 いだ. はどうだろう? ホール は 英 語 の hole, hall という 別 語 に 由 来 するが, 日 本 語 としては 同 音 異 義 語 である.(6)の ホール が ゴルフ 場 の 得 点 孔 を 意 味 するのか,コンサートなどを 開 く 会 場 を 指 すのかは,たしかに 脈 絡 によっ て 変 わってくる.だからといってどちらの 意 味 も ホール の 文 字 通 りの 意 味 であることに 変 わりはない. 脈 絡 に 左 右 されるということと, 文 字 通 りでない 意 味 で 使 われているということとは 等 号 で 結 ばれる 関 係 にはないのである. 意 味 論 語 用 論 の 境 界 の 不 明 確 さを 解 決 する 糸 口 となる 契 機 が 1980 年 代 に 生 じた. 関 連 性 理 論 (Relevance Theory)の 誕 生 である.これは 語 用 論 理 論 であ るのだが,それまでの 語 用 論 と 異 なり, 発 話 解 釈 過 程 をいわば 人 間 の 認 知 活 動 に 内 在 する 原 理 を 見 出 していくことにより 説 明 しようとする 理 論 である.( 文 や, 句, 語 が 伝 達 に 用 いられると,それらを 発 話 とよぶ.) 関 連 性 理 論 が 発 達 を 遂 げるにつれて, 人 間 は 発 話 理 解 に 際 してどのような 手 もと 段 をどのような 制 限 の 許 に 用 いるかがはっきりしてきた. 語 用 論 的 活 動 範 囲 の

8 viii まえがき 広 さと 制 約 が 明 らかになってくれば,それに 応 じて 意 味 論 の 守 備 範 囲 もおのず と 明 らかになってくる. これまで, 意 味 論 を 論 じた 書 は 少 なくないが,そのうちのあるものは, 語 用 論 的 要 素 を 知 らず 知 らずのうちに,あるいは 意 識 的 に 意 味 論 記 述 として 取 り 込 んでいる.また 関 連 性 理 論 を 扱 った 本 も 決 して 数 少 なくはないが, 必 ずしも 意 味 論 との 境 界 線 を 明 瞭 に 吟 味 詳 述 しているとは 限 らない. 本 書 は, 第 1-3 章 ( 今 井 担 当 )で 関 連 性 理 論 の 諸 原 則, 発 話 解 釈 に 用 いられる 各 手 段 とそれがもつ 制 約 を 明 確 に 記 述 し, 語 用 論 のあるべき 守 備 範 囲 を 明 らか にしている. 第 4-6 章 ( 西 山 担 当 )では 第 1-3 章 のほぼ 倍 の 紙 数 を 投 じて, 意 味 論 の 扱 うべき 意 味 を 詳 細 に 論 じている.この 根 底 には,むろん 語 用 論 と 意 味 論 の 境 界 に 関 する 正 しい 認 識 がある. 語 用 論 においては,たとえば(5)が 上 記 のように 今 日 のテニスはやめにし よう の 意 味 に 解 釈 されるだけでなく, 洗 濯 物 を 取 り 込 みなさい 傘 を 持 っ て 行 けと 言 ったのに 強 情 を 張 って 持 って 行 かなかったあいつはいい 気 味 だ 等 々, 状 況 に 応 じてさまざまな 解 釈 を 許 すので,ともすれば 語 用 論 的 意 味 には 限 りがないという 誤 解 を 抱 く 人 もいるかもしれない.しかし,そのような 語 用 論 的 意 味 であっても,(5)という 文 形 式 がもつ 意 味 論 的 意 味 から 完 全 に 切 り 離 されているわけではない.さらに, 上 で 述 べたように,(5)は, 脈 絡 次 第 では, ウィンブルドンのセンターコートで 雨 が 降 ってきたよ という 語 用 論 的 意 味 を 有 するのであるが,このタイプの 語 用 論 的 意 味 は,(5)という 文 形 式 がもつ 意 味 論 的 意 味 からさらに 強 い 制 約 を 受 けているのである( 第 6 章 の 6.3 節 および 6.5 節 を 参 照 のこと). このタイプの 語 用 論 的 意 味 と 文 形 式 がもつ 意 味 論 的 意 味 との 関 係 は 絵 とデ ッサン の 関 係 に 喩 えることができるであろう. 通 常,デッサン 抜 きの 絵 がな いのと 同 様 に,またしっかりしたデッサンが 描 かれた 絵 に 強 い 制 約 を 課 すのと 同 様 に, 文 形 式 がもつ 意 味 論 的 意 味 は, 可 能 な 語 用 論 的 意 味 にしかるべき 制 約 を 課 しているのである.したがって, 語 用 論 的 意 味 を 科 学 的 に 捉 えるためにも, 言 語 形 式 自 体 がもつ 意 味 論 的 意 味 がいかなるものであるかをきちんと 押 さえ, それが 語 用 論 的 意 味 の 構 築 にいかなる 制 約 を 課 しているかを 精 査 しておくこと が 重 要 となる. 第 4,5 章 では 意 味 の 曖 昧 性 を 手 掛 かりにしてこの 点 を 具 体 的 に 論 証 し,そして, 第 6 章 では, 意 味 論 と 語 用 論 の 役 割 がいかなるもので あるかを 述 べ, 意 味 の 科 学 の 可 能 性 はどこにあるかを 論 述 する.

9 まえがき ix 21 世 紀 に 入 り,ことばの 意 味 に 関 する 関 心 は 多 方 面 から 高 まっている. 意 味 論 語 用 論 の 正 しい 領 域 区 分 を 前 提 として, 両 領 域 についての up-to-date な 知 見 を 豊 富 に 披 露 している 点 は 本 書 の 特 徴 であると 自 負 するところであり, この 書 が 一 般 読 者 はもとより,この 方 面 の 研 究 を 志 す 学 徒 にも 大 いに 役 立 つこ とを 心 から 願 っている. 同 時 に,あるいは 強 に 残 っているかもしれない 不 備 について 読 者 諸 賢 の 御 𠮟 正 を 期 待 するのもまた 著 者 の 願 いである. このような 形 で 本 書 の 出 版 が 可 能 になったのはひとえに 岩 波 書 店 自 然 科 学 書 編 集 部 濱 門 麻 美 子 氏 のおかげである. 濱 門 氏 には 本 書 の 企 画 段 階 から 編 集 刊 行 に 至 るまで, 多 大 なお 世 話 になった. 心 からお 礼 を 申 し 上 げる 年 9 月 今 井 邦 彦 西 山 佑 司

10 x まえがき

11 目 次 xi 目 次 まえがき 第 1 章 ことばの 意 味 同 じ 文 のさまざまな 解 釈 意 味 論 と 語 用 論 言 語 表 現 と 伝 達 真 理 条 件 的 意 味 論 3 第 2 章 意 味 はどのように 捉 えられてきたか 近 世 の 哲 学 者 たち 衽 衲 記 号 論 理 学 命 題 論 理 述 語 論 理 自 然 言 語 も 対 象 に オースティンと 発 話 行 為 理 論 グライスの 語 用 論 と 協 調 の 原 理 近 年 の 言 語 研 究 における 意 味 の 扱 い 生 成 文 法 認 知 言 語 学 とメンタル スペース 理 論 認 知 言 語 学 メンタル スペース 理 論 単 語 の 意 味 意 味 素 性 ほか 生 成 語 彙 論 生 成 語 彙 論 の 問 題 点 37

12 xii 目 次 2.4 科 学 の 諸 相 研 究 対 象 の 決 定 科 学 の 方 法 解 釈 論 的 方 法 演 繹 と 帰 納 演 繹 法 則 的 説 明 法 46 アブダクション/ 反 証 可 能 性 / 目 的 と 方 法 論 注 53 第 3 章 コミュニケーションと 意 味 衽 衲 関 連 性 理 論 ( 認 知 語 用 論 ) 関 連 性 理 論 ( 認 知 語 用 論 ) 衽 衲 演 繹 法 則 的 科 学 を 目 指 す 唯 一 の 語 用 論 関 連 性 関 連 性 原 理 I と 関 連 性 原 理 II 何 が 伝 達 されるのか 明 意 64 曖 昧 性 除 去 / 飽 和 /アドホック 概 念 構 築 / 自 由 補 強 暗 意 高 次 明 意 72 アイロニー/ 転 嫁 /メタファーとアイロニー 3.2 発 話 解 釈 の 特 性 解 釈 の 手 順 亜 人 格 性 心 の 理 論 語 彙 語 用 論 84 注 86 第 4 章 語 や 句 の 曖 昧 性 はどこからくるか 曖 昧 性 とは 何 か 語 はどこまで 曖 昧 か 90

13 4.3 語 と 語 の 緊 張 関 係 にいかなるものがあるか 指 示 詞 + 名 詞 副 詞 +の+ 名 詞 名 詞 +の+ 名 詞 形 容 詞 / 形 容 動 詞 / 動 詞 + 名 詞 連 体 修 飾 節 + 名 詞 内 の 関 係 外 の 関 係 数 量 詞 + 名 詞 語 と 語 の 緊 張 関 係 がもたらす 曖 昧 性 [ 名 詞 +の+ 名 詞 ]の 曖 昧 性 ふざけた 男 の 曖 昧 性 良 い 椅 子 の 曖 昧 性 花 子 が 知 らない 理 由 の 曖 昧 性 頭 の 良 くなる 本 の 曖 昧 性 藤 田 が 描 いたアトリエ の 曖 昧 性 注 文 の 多 い 料 理 店 の 曖 昧 性 本 のバナナ の 曖 昧 性 139 注 142 目 次 xiii 第 5 章 文 の 曖 昧 性 はどこからくるか 文 の 曖 昧 性 をもたらす 要 因 文 の 統 語 構 造 が 曖 昧 性 をもたらす 要 素 の 力 の 及 ぶ 範 囲 が 曖 昧 性 をもたらす 個 の 問 題 に 解 答 しなかった の 曖 昧 性 月 29 日 まで 営 業 しなかった の 曖 昧 性 日 だけの 受 講 が 可 能 の 曖 昧 性 161

14 xiv 目 次 5.4 文 中 の 名 詞 句 の 意 味 機 能 が 曖 昧 性 をもたらす 意 味 は 同 じでも 意 味 機 能 は 異 なる 対 象 を 指 示 する 名 詞 句 対 象 を 指 示 しない 名 詞 句 属 性 を 表 す 名 詞 句 : 叙 述 名 詞 句 命 題 関 数 を 表 す 名 詞 句 : 変 項 名 詞 句 A は B だ の 曖 昧 性 措 定 文 と 倒 置 指 定 文 の 曖 昧 性 what 節 +be+xp 構 文 の 曖 昧 性 措 定 文 と 指 定 文 の 曖 昧 性 存 在 文 の 曖 昧 性 潜 伏 疑 問 文 変 化 文 の 曖 昧 性 束 縛 変 項 読 みと 自 由 変 項 読 み because 構 文 の 曖 昧 性 指 示 的 不 透 明 性 と 指 示 的 透 明 性 変 項 名 詞 句 と 潜 伏 疑 問 文 の 組 み 合 わせ 223 注 228 第 6 章 意 味 をどう 科 学 するか 表 現 の 意 味 と 話 し 手 の 意 味 文 の 意 味 はいかにして 捉 えられるか ウナギ 文 の 意 味 ウナギ 文 と 語 用 論 的 解 釈 ウナギ 文 に 対 する 措 定 文 としての 解 釈 曖 昧 性 と 不 明 瞭 性 を 区 別 する 基 準 曖 昧 性 判 別 の 古 典 的 なテスト:do so テスト do so テストに 対 する 反 例 do so テストと 明 意 良 い の 曖 昧 性 と 明 意 262

15 6.5 語 用 論 はどこまで 意 味 論 から 自 由 であるか 明 意 構 築 に 働 く 四 つの 語 用 論 的 操 作 措 定 コピュラ 文 と 叙 述 名 詞 句 叙 述 名 詞 句 と 自 由 補 強 予 想 される 反 論 と 応 答 対 象 志 向 的 な 概 念 と 自 由 補 強 言 語 的 ( 意 味 ) 決 定 不 十 分 性 のテーゼについて 意 味 の 科 学 へ 向 けて 285 注 287 目 次 xv 用 語 解 説 289 参 考 文 献 297 索 引 ページカット= 川 野 郁 代

16 xvi 目 次

17 1.1 同 じ 文 のさまざまな 解 釈 1 第 1 章 ことばの 意 味 1.1 同 じ 文 のさまざまな 解 釈 次 の(1)という 文 の 意 味 は 何 かと 訊 かれたとする. (1) 寿 美 子 のネックレスは 高 価 だ. 読 者 のなかには, 頭 のなかに(たまたま) 浮 かんだコンテクストに 照 らして,こ れを(2)のように 解 釈 する 人 も,(3)と 解 する 人 もいることと 思 う.( 本 書 では, 意 味 や 解 釈 を 示 すのに を 使 用 する.) (2) 寿 美 子 が 着 けているネックレスは 高 価 だ (3) 寿 美 子 がデザインするネックレスは 高 価 だ さらには(4) (6)のような 解 釈 も 可 能 だ. (4) 寿 美 子 がくれるネックレスは 高 価 だ (5) 寿 美 子 が 所 有 しているネックレスは 高 価 だ (6) 寿 美 子 が 欲 しがっているネックレスは 高 価 だ これはどうしたことなのだろう? (1)が (7) 太 郎 の 好 きな 花 子 が 来 た.( 太 郎 を 好 いている 花 子 が 来 た とも, 太 郎 が 好 いている 花 子 が 来 た とも 解 せる.) のように 曖 昧 な( 専 門 的 な 用 語 では 多 義 的 な ) 文 なのだろうか. 数 行 あとに 述 べるとおり,それは 当 たっていない. (1)は, 文 法 を 用 いて 単 語 を 適 切 に 組 み 合 わせたもので,これを 言 語 表 現 と よぶ. 実 は(2) (6)は(1)という 言 語 表 現 だ け を 解 釈 したものではなくて,

18 2 第 1 章 ことばの 意 味 (8) 言 語 表 現 プラス 特 定 のコンテクスト を 解 釈 したものなのである.コンテクストは,(2)の 場 合 でいえば,パーティ ーか 何 かで 寿 美 子 が 特 定 のネックレスをしていて, 今 まで 一 緒 にいたが, 少 し 離 れたグループと 話 をするために 立 ち 去 った(ので 寿 美 子 のネックレスの 評 価 を 口 にしてもさしつかえない),というようなものであろうし,(3)の 場 合 は 寿 美 子 が 装 飾 品 のデザイナーだということ,(4) (6)の 場 合 はそれぞれ 寿 美 子 はネックレスが 好 きでよく 買 うがじきに 飽 きて 私 たち 友 達 にくれる 寿 美 子 はいろいろなネックレスを 持 っている 寿 美 子 が 欲 しがっているネックレス がある というコンテクストと 考 えられる.こういうコンテクストが 実 際 に 存 在 する 必 要 はない.(2) (6)の 解 釈 をする 人 はそれぞれのコンテクストが 容 易 に 想 像 できたので,それに 基 づいた 解 釈 をしたわけである. これに 対 して(7)は 別 に 特 定 のコンテクストを 想 定 しなくても 2 通 りに 解 釈 できる.これは(7)という 言 語 表 現 が,それ 自 体 で 多 義 的 だからである. 1.2 意 味 論 と 語 用 論 そうすると ことばの 意 味 には 2 種 類 あることになる. 言 語 表 現 (たとえ ば(1))だけを 解 釈 することによって 得 られる 意 味 と, 言 語 表 現 にコンテクスト をプラスしたものを 対 象 とした 解 釈 によって 得 られる 意 味 だ. 前 者 を 考 究 する 学 問 領 域 を 意 味 論 (semantics)といい, 後 者 を 研 究 する 学 問 領 域 を 語 用 論 (pragmatics)とよぶ.これに 応 じて ことばの 意 味 には (9) a. 意 味 論 的 意 味 b. 語 用 論 的 意 味 という 2 種 類 があることになる.(1)の 語 用 論 的 意 味 については(2) (6)に 見 る 例 をあげたが, 意 味 論 的 意 味 は 何 だろう? それは (10) 寿 美 子 は, 寿 美 子 自 身 との 何 らかの 関 係 において,そのネックレスが 高 価 だ という, 一 種 奇 妙 で, 抽 象 的 で,かつ 不 明 瞭 なものなのである.

19 1.4 真 理 条 件 的 意 味 論 言 語 表 現 と 伝 達 意 味 論 的 意 味 と 語 用 論 的 意 味 の 違 いについてもう 少 し 付 け 加 えると, 前 者 は 他 人 に 何 かを 伝 達 しようとする 意 志 とは 無 関 係 に 存 在 するものといえる.それ に 対 して 後 者 は 話 し 手 (あるいは 書 き 手 )が 言 語 表 現 を 使 って 相 手 に 伝 えようと している 内 容 である.ところが 意 味 論 的 意 味 は(10)に 例 を 見 るとおり, 不 明 瞭 なものであることが 多 い.そこで 聞 き 手 (あるいは 読 み 手 )はいろいろ 推 論 をし て 話 し 手 が 伝 えようとしていることを 突 き 止 めようとし,(2) (6)のような 解 釈 を 得 る. 私 たちにはそのような 推 論 をしているという 意 識 が 普 通 ないので, 読 者 も 不 思 議 に 思 われるかもしれないが,(1)のなかに 着 けている デザイ ンする くれる 所 有 している 欲 しがっている などの 語 が 入 っていな いのにもかかわらず(2) (6)のような 解 釈 が 生 まれるのは, 聞 き 手 が 推 論 をし ている 証 拠 である. ものごとを 学 問 的 に 捉 えようとすると, 日 常 的 な 考 え 方 や 用 語 の 用 い 方 から 離 れた 考 え 方 や 用 語 使 用 をしなければならないことがある. 私 たちが 普 通 文 の 意 味 というときは,(9b),つまり 言 語 表 現 プラスコンテクストを 解 釈 し たものを 指 す.(2) (6)がその 例 だ.これは, 人 は ことばの 意 味 といえば, そのことばが 伝 達 に 使 われた 場 合 を 意 識 するものであり, ことばそ の も の の 意 味 などということはあまり 考 えないのが 通 常 だからである. (1)の 意 味 は? と 訊 かれて(10)のような 一 見 不 思 議 な 答 えをイキナリ 素 人 相 手 に 出 す 人 は, 言 語 学 者 のなかでもかなり 変 わった 人 だといえるだろう. だから 言 語 学 者 のなかには, 厳 密 にいえば(9)のような 分 類 法 は 不 正 確 だ, と 考 える 人 がいる.(9a)こそが 本 当 の ことばの 意 味 であって,(9b)は 意 味 ではなくて 解 釈 だというわけだ.それにも 一 理 あるが,(9)のよう な 分 け 方 は 便 利 なので,この 本 でもときどき 使 うことがある. 1.4 真 理 条 件 的 意 味 論 ある 時 期 までの 意 味 論 のなかで 中 心 的 な 地 位 を 占 めていた 考 え 方 は, 文 の 意 味 とは,その 文 の 真 理 条 件 (truth-condition)である というものだった. ( 文 (sentence) は, 犬 のしっぽ のような 句 (phrase)とか 犬 のような

20 4 第 1 章 ことばの 意 味 語 (word)と 並 んで, 言 語 表 現 の 一 種 である.) この 立 場 を 正 しいとする 意 味 論 を 真 理 条 件 的 意 味 論 (truth-conditional semantics)とよぶ.ある 文 の 真 理 条 件 とは,その 文 を 真 とよべるために 世 界 が 満 たさなければならない 条 件 をい う.たとえば(11)の 真 理 条 件 は(11 )である. (11) 山 田 太 郎 は 毎 朝 ジョギングをする. (11 ) 山 田 太 郎 という 特 定 の 個 人 が 存 在 していて,その 人 が 毎 朝 ジョギング をするという 事 実 がある. ただ,そうすると, 次 の(12)のような 文 はどういうことになるのか? (12) 乙 姫 様 は 美 人 だ. (12)の 真 理 条 件 は(12 )ということになる. (12 ) 乙 姫 という 特 定 の 人 物 が 存 在 し,その 人 が 美 人 という 性 質 を 有 する. これについて,ある 人 々は, 乙 姫 などという 人 物 は 現 実 世 界 に 存 在 しないのだ から,この 文 の 真 理 条 件 を 問 うことは 意 味 のないことだと 考 えた.またある 人 々は, 真 理 条 件 を 問 うことは 無 意 味 ではないが,(12)に 代 表 されるような 文, つまり 一 般 的 にいえば 存 在 しない 人 ものを 主 題 とする 文 の 真 理 値 は 常 に 偽 で あると 考 えた.だが, 浦 島 太 郎 を 読 む 子 供 にとっては,(12)は 偽 でもない し,いわんや 無 意 味 ではない.そこで 可 能 世 界 (possible world)というものを 想 定 する 動 きが,ことに 真 理 条 件 的 意 味 論 を 支 持 する 人 々のあいだで 広 まった. たとえば,(12 )が 成 り 立 つような 可 能 世 界 を 想 定 すれば,(12)は 真 となるわ けだ. さて, 単 純 に (13) 文 の 意 味 =その 文 の 真 理 条 件 としてしまうと, 困 ることが 起 こる. 次 の 2 文 を 見 てみよう. (14) 杉 浦 惇 史 は 2001 年, 日 本 の 首 都 で 生 まれた. (15) 杉 浦 惇 史 は 2001 年, 日 本 の 最 大 都 市 で 生 まれた. 現 実 世 界 では 2001 年 には 日 本 の 首 都 は 東 京, 日 本 最 大 の 都 市 も 東 京 だったか ら,どちらの 文 をも 真 とする 条 件 は,

21 1.4 真 理 条 件 的 意 味 論 5 (16) 杉 浦 惇 史 という 名 の 少 年 が 存 在 し,その 子 は 2001 年, 東 京 で 生 まれた. になり,(14)と(15)は 意 味 が 等 しいことになってしまう.だがこれは 直 観 的 に いっておかしい. 日 本 の 首 都 と 日 本 の 最 大 都 市 が 同 一 であるのは 偶 然 のもたらした 同 一 性 であって, 何 らかの 理 由 で 遷 都 がおこなわれ,2001 年 に は 東 京 が 日 本 の 首 都 ではなかったかもしれないし, 第 2 次 関 東 大 震 災 などとい うものが 起 こって, 東 京 の 人 口 が 半 減 し, 日 本 最 大 の 都 市 は 2001 年 には 大 阪 市 であったという 可 能 性 もある.このように 可 能 世 界 (たとえば, 東 京 が 日 本 の 首 都 でなかったり, 日 本 最 大 の 都 市 ではなかったりする 世 界 )では(14)と (15)の 真 理 条 件 が 異 なる 場 合 がある. これに 対 して, (17) 山 田 は 眼 科 医 である. (18) 山 田 は 眼 医 者 である. という 2 文 は 必 然 的 に 意 味 が 等 しい.つまり 一 方 が 正 しくて 他 方 が 偽 であると いうことはない.このことを (19) (17)の 真 理 条 件 と(18)の 真 理 条 件 はあらゆる 可 能 世 界 で 同 一 である. と 表 現 する.もっと 一 般 的 にいえば, (20) 二 つの 文,S1 と S2 が 同 じ 意 味 であるとは,あらゆる 可 能 世 界 で S1 と S2 の 真 理 条 件 が 同 一 であるとき,そしてそのときに 限 る. となる. なお 可 能 世 界 とはいっても,2+3 が 7 であったり,ピタゴラスの 定 理 が 成 立 しないような 世 界 を 考 えることはない.また 眼 科 医 と 眼 医 者 の 意 味 が 異 なってしまうような 可 能 世 界 を 考 えることもナンセンスである. そもそも 可 能 世 界 という 概 念 を 導 入 したのは, 表 現 の 意 味 と 世 界 との 関 係 を 考 えるときに, 世 界 の 側 を 現 実 世 界 に 固 定 しないで 可 能 な 世 界 にまで 広 げ,その 上 で 両 者 の 関 係 を 考 察 するためなのだから, 表 現 の 意 味 の 方 を 変 更 し てしまうのでは 可 能 世 界 という 概 念 導 入 の 目 的 が 失 われてしまう.また 眼 科 医 と 眼 医 者 では 使 用 範 囲 が 違 うのは 事 実 だ. ものもらい ができた 幼 児 に さあ, 眼 科 医 に 行 こうね というのはおかしい.ここは 眼 医 者 を 使

22 6 第 1 章 ことばの 意 味 わなければ 不 自 然 である.しかしこれは, 繰 り 返 しになるが, 使 用 範 囲 の 違 いで, 何 を 指 すか という 意 味 の 違 いではない. このように 可 能 世 界 という 概 念 も 持 ち 込 むと, 真 理 条 件 的 意 味 論 は 成 立 しそうに 見 える.しかし 実 はそうではない. 次 の 2 文 を 見 てほしい. (21) この 図 形 は 二 等 辺 三 角 形 だ. (22) この 図 形 は 二 等 角 三 角 形 だ. この 2 文 の 真 理 条 件 はあらゆる 可 能 世 界 で 同 一 である. (23) 二 等 辺 三 角 形 = 二 等 角 三 角 形 はあらゆる 可 能 世 界 で 成 立 する 数 学 的 事 実 だからだ.しかし(21)と(22)の 意 味 は 明 らかに 異 なる. 可 能 世 界 という 概 念 を 導 入 しても, 真 理 条 件 的 意 味 論 は 成 立 しえないのである. もう 一 つ 例 をあげよう. (24) 偶 数 の 素 数 =2 素 数 (prime number)とは 1 かそれ 自 身 に 依 る 以 外 には 割 り 切 れない 整 数 をいう.13 は 1 か 13 以 外 では 割 り 切 れないから 素 数 である. 奇 数 には 素 数 で あるものもあるが,すべてではなく,たとえば 51 は 3 で 割 り 切 れるから 素 数 ではない.2 以 外 の 偶 数 はみな 2 で 割 り 切 れるから 素 数 ではない.2 は 唯 一 の 偶 数 でかつ 素 数 である 数 だ.(24)はいかなる 可 能 世 界 でも 偽 になることが ない 数 学 的 事 実 である.だから(25),(26)はどちらも 同 じ 真 理 値 をもつ. (25) 山 田 家 の 子 供 の 数 は 2 だ. (26) 山 田 家 の 子 供 の 数 は 偶 数 の 素 数 だ. それにもかかわらず,(25),(26)の 意 味 は 明 らかに 異 なる.そのことは(25), (26)を 5 歳 の 久 美 子 は, であることを 知 っている の 部 分 に 埋 め 込 んだ (25 ),(26 )の 意 味 が 異 なることからわかる. (25 ) 5 歳 の 久 美 子 は, 山 田 家 の 子 供 の 数 は 2 であることを 知 っている. (26 ) 5 歳 の 久 美 子 は, 山 田 家 の 子 供 の 数 は 偶 数 の 素 数 であることを 知 って いる.

23 1.4 真 理 条 件 的 意 味 論 7 5 歳 の 子 は, 健 常 であれば 2 という 数 は 知 っているから(25 )は 真 だが, 偶 数 とか 素 数 という 概 念 は 知 らないだろうから(26 )は 偽 であろう.ここにも, 可 能 世 界 という 概 念 が 真 理 条 件 的 意 味 論 を 救 済 しえない 証 拠 がある. 文 の 意 味 とはその 文 の 真 理 条 件 である,とする 考 えが 正 しく 当 てはまる 場 合 がないわけではない.たとえば (27) 地 球 は 自 転 し,かつ 公 転 している. という 文 について, 小 学 1 年 の 太 郎 が 自 転 公 転 等 のことを 正 しく 説 明 できれ ば, 太 郎 には(27)の 意 味 がわかっていると 言 えるし,3 歳 の 次 郎 にそれができ なかったら, 次 郎 には(27)の 意 味 がわかっていないと 言 えるからだ. また, (28) あの 男 はその 日 その 店 には 現 れなかった. のような 文 には あの 男 のような 代 用 表 現 がいくつも 使 われていて,このま までは 真 理 条 件 もへ っ た く れ もなく, 意 味 論 的 意 味 は 不 明 だが, あの 男 そ の 日 その 店 が 誰 いつ どこを 指 しているかが 聞 き 手 にとってコンテク ストから 明 らかならば, 真 理 条 件 を,つまり 意 味 を 獲 得 する.この 場 合 の 意 味 は 語 用 論 的 意 味 である. とは 言 いながら, 真 理 条 件 的 意 味 論 には 別 の 問 題 点 がある. 文 のなかには, これまで 例 にあげたような 平 叙 文 以 外 にも, 下 の(29),(30)のような 疑 問 文, (31)のような 命 令 文,(32)のような 感 嘆 文 がある. (29) フォアグラはお 好 きですか? (30) 君 は 何 をしているんだ? (31) 冗 談 言 うなよ. (32) これはなんと 美 しい 音 楽 か! 言 うまでもなく 非 平 叙 文 というものは, 真 理 条 件 をもっていない. フォアグ ラはお 好 きですか? という 質 問 は 真 か 偽 か という 設 問 はナンセンスだ.と なると 非 平 叙 文 は 意 味 論 の 対 象 から 外 されることになるのだろうか? 20 世 紀 も 半 ばを 過 ぎてからロス(John Ross, 1938-)という 言 語 学 者 が 遂 行 分 析 という 説 を 提 唱 した.これに 従 うと,(29) (32)は, 話 し 手 は している, つまり 質 問 命 令 等 の 行 為 を 遂 行 している(29 ) (32 )という 平 叙 文 を 基

24 8 第 1 章 ことばの 意 味 礎 にもつことになり,したがってその 真 偽 を 問 うことが 可 能 になる. (29 ) 話 し 手 は 相 手 がフォアグラを 好 きかどうか 訊 いている. (30 ) 話 し 手 は 相 手 が 何 をしているかを 訊 いている. (31 ) 話 し 手 は 相 手 が 冗 談 を 言 わないように 命 じている. (32 ) 話 し 手 はある 音 楽 の 美 しさに 感 動 している. だがこれで 解 決 がつくだろうか? (29 ) (32 )に 訊 いている 命 じてい る 等 の 動 詞 が 意 味 に 加 わっているということは,(29) (32)がたんなる 文 で はなくて, 伝 達 のために 用 いられた 発 話 だということを 示 している( 文 や,そ の 他 の 言 語 表 現 を 伝 達 に 用 いたとき,それは 発 話 (utterance)とよばれる). 発 話 であるとすれば, 話 し 手 の 意 図 を 抜 かして 考 えることはできない.( 別 の 言 い 方 をすれば,ここで 得 られる 意 味 は 語 用 論 的 意 味 だ. 真 理 条 件 的 意 味 論 を 推 奨 する 人 々は 意 味 論 語 用 論 の 区 別 にあまり 注 意 を 払 っていない.) (29)の 話 し 手 は, 相 手 の 食 べ 物 の 好 き 嫌 いを 訊 いているだけでなく, お 好 き なら 注 文 しますが という 提 案 も 兼 ねているのかもしれないし,(30)の 話 し 手 は 質 問 をしているのではなく,イキナリ 町 なかで 服 を 脱 ぎ 始 めた 連 れの 男 の 異 常 行 為 を 咎 めているのかもしれない. 同 じように(31)の 話 し 手 は 会 社 の 部 長 か なにかで, 下 役 である 相 手 にもっとお 世 辞 (たとえば 部 長 は, 将 来 の 社 長 で すよ など)を 言 ってもらいたいのかもしれないし,(32)はとても 音 楽 とはよ べない 演 奏 を 聴 かされた 話 し 手 が 皮 肉 を 言 っているのかもしれない. 英 語 からも 少 し 例 をあげよう. (33) I m not happy: I m ecstatic. などはどうだろう? happy は 満 足 して, 幸 せで, 等 の 意 味 をもつの だから,ecstatic の 意 味 の 一 部 であるといえる.とすれば,(33)の 意 味 論 的 意 味 は 矛 盾 しているといっていいだろう.しかし(33)の happy はその 意 味 を 伝 えるために 使 用 されているのではなく, 言 及 されているだけなのだ. つまり(33)を 意 訳 すれば happy なんて 形 容 詞 は 私 の 気 持 ちを 表 すには 不 十 分 よ. 私 は ecstatic( 有 頂 天 )なんだから となるのだ. (34)はどうか. (34) I m not Bill Clinton s wife: he s my husband.

25 1.4 真 理 条 件 的 意 味 論 9 これを,この 原 稿 の 執 筆 時 点 でアメリカの 国 務 長 官 であるヒラリー クリント ンの 発 話 だとしてみよう.ビルがヒラリーの 夫 であるなら,ヒラリーはビルの 妻 なわけだから,(33)も 矛 盾 であるといえる.けれどもヒラリーの 意 図 は い つまでも 私 を 元 大 統 領 の 夫 人 扱 いにしないでほしい. 今 や 私 が 主 役 でビルは 傍 役 なんだから という 趣 旨 を 伝 えるところにあるわけだ.もっと 甚 だしい 例 と して(35)がある. (35) He was upset, but he wasn t upset. これは 殺 人 罪 に 問 われた 米 国 フットボールの 元 花 形 選 手 O. J. シンプソン 裁 判 の 証 人 の 証 言 中 にある 発 話 で, 二 つの he はどちらもシンプソンを 指 している. これも 一 見 矛 盾 した 文 だが, 証 人 は, 最 初 の upset を 怒 っていた というほど の 意 味 で,2 番 目 の upset を 殺 意 を 抱 くほど 乱 心 していた の 意 味 で 使 ったの である.つまり 証 言 の 趣 旨 は 被 告 は 怒 ってはいたが, 殺 意 を 抱 くほど 乱 心 し てはいなかった であって, 法 廷 でもこの 趣 旨 で 受 け 取 られたという. このように 見 てくると, 真 理 条 件 的 意 味 論 を 成 立 させることは 不 可 能 である といえる.なぜならば, 文 の 真 理 条 件 を 見 ようとすれば,ほとんど 例 外 なしに 話 し 手 の 意 図 を 考 慮 しなければならないからである. 話 し 手 の 意 図 とは 言 語 表 現 プラスコンテクスト のコンテクストの 大 きな 部 分 を 占 める. 言 語 表 現 プ ラスコンテクストから 読 み 取 られる 意 味 は,この 本 でいう 意 味 論 的 意 味 で はない.

26 10 第 1 章 ことばの 意 味

27 2.1 近 世 の 哲 学 者 たち 11 第 2 章 意 味 はどのように 捉 えられてきたか 2.1 近 世 の 哲 学 者 たち 衽 衲 記 号 論 理 学 意 味 論 はことばの 意 味 を 考 究 する 学 問 領 域 なのだから,この 領 域 の 研 究 者 は 当 然 初 期 から 言 語 学 者 であったろうと 思 うかもしれないが, 意 味 論 に 最 初 に 本 格 的 に 取 り 組 み 始 めたのはブール(George Boole, ),フレーゲ(Gottlob Frege, ),ラッセル(Bertrand Russell, ), 少 し 遅 れてウィトゲ ンシュタイン(Ludwig Wittgenstein, )などの 哲 学 者 数 学 者 論 理 学 者 だった. ただし, 彼 らの 研 究 対 象 は 日 本 語, 英 語,ドイツ 語 などの 自 然 言 語 では なく, 人 工 言 語 であった. 人 工 言 語 というと,エスペラントなどの 国 際 補 助 言 語 が 思 い 浮 かぶかもしれないが,これらの 哲 学 数 学 論 理 学 者 が 扱 った のは 記 号 論 理 学 だった.フレーゲたちにとって 自 然 言 語 というものは, 原 始 的 で, 曖 昧 で, 非 論 理 的 で, 混 乱 したもの であり,したがって 彼 らは 人 類 が 科 学 上 の 基 礎 的 な 概 念 主 張 の 意 味 を 明 白 にするためには, 記 号 論 理 学 という 明 晰 な 人 工 言 語 の 考 究 が 必 要 である という 考 え 方 の 持 ち 主 だったので ある.( 思 考 の 内 容 を 捨 象 し, 推 論 の 形 式 や 法 則 を 追 究 する 学 問 は 形 式 論 理 学 とよばれる. 形 式 論 理 学 はアリストテレスから 西 洋 中 世 に 至 る 過 程 で 伝 統 的 論 理 学 として 体 系 化 されたが,19 世 紀 後 半,フレーゲによって 数 学 的 論 理 学 として 新 たな 展 開 を 見,これが 現 代 形 式 論 理 学 の 主 流 をなす. 記 号 論 理 学 とは,この 数 学 的 論 理 学 の 別 名 である.) 命 題 論 理 記 号 論 理 学 の 要 素 となるものは, 命 題 (proposition)である. 命 題 とは 文 (sentence)で 表 現 され,かつ 正 しいか 正 しくないかの 一 方 であるもの, 言 い 換 えれば 真 か 偽 のいずれかの 値 をもつものをいう. 真 か 偽 のいずれかの 値 をも

28 12 第 2 章 意 味 はどのように 捉 えられてきたか つ ことを 真 理 値 をもつ という. 次 の 文 は 命 題 を 表 現 している. (1) 東 京 は 日 本 の 首 都 である. (2) 仙 台 は 日 本 の 首 都 である. (1)は 真 であり,(2)は 偽 であることがはっきりしている.つまりどちらも 真 理 値 をもつ.それゆえどちらも 命 題 である.これに 対 して (3) 大 阪 はかなり 進 歩 的 な 都 市 だ. というのは, 文 で 表 現 されてはいるが, かなり というのはどの 程 度 をいう のか, 進 歩 的 な というのはどういう 状 態 を 指 すのかが 明 確 ではないので, (3)は 真 理 値 をもたない.だから(3)は 命 題 ではない.しいていうなら 不 十 分 な 命 題 ということになろう. 同 様 に, 平 叙 文 以 外 の 文 は, 次 に 見 るとおり, 命 題 を 表 すことができない. (4) 君 は 野 球 が 好 きですか? ( 疑 問 文 ) (5) もっと 勉 強 をしなさい.( 命 令 文 ) (6) なんと 美 しい 音 楽 だろう.( 感 嘆 文 ) (4) (6)のどれをとっても,それが 真 か 偽 かを 問 うのは 不 可 能 だ.そこで 記 号 論 理 学 では 平 叙 文 以 外 の 文 で 表 されたことは 考 究 の 対 象 とならない. 命 題 論 理 では, 命 題 を 要 素 とした 推 論 の 体 系 を 扱 う.ただし 命 題 はその 内 容 を 示 されることなく p,q,r 等 の 命 題 記 号 で 表 され,それらに 論 理 語 とか 論 理 演 算 子 とよばれる,, (それぞれ AND[かつ],OR[また は],NOT[ でない]を 意 味 する)などが 結 びつけられる. 次 が 例 である. (7) p q (p かつ q) (8) p q (p または q) 命 題 を や で 結 んだものを 複 合 命 題 といい, で 結 ばれた 複 合 命 題 を 連 言 (conjunction), で 結 ばれた 複 合 命 題 を 選 言 (disjunction)とよぶ.p をたとえ ば 東 京 は 日 本 の 首 都 である とし,q をたとえば ロンドンはイギリスの 首 都 である とすると,(7)は 東 京 は 日 本 の 首 都 であり,かつロンドンはイギ リスの 首 都 である となり,(8)は 東 京 が 日 本 の 首 都 であるか,またはロン ドンがイギリスの 首 都 である となる.この または の 使 い 方 は 日 常 言 語 か

29 2.1 近 世 の 哲 学 者 たち 13 らすると 妙 に 思 えるかもしれない. 日 常 言 語 では p または q といえば p, q の 一 方 が 正 しく 他 方 は 間 違 っている ことを 表 すことが 多 いからだ.しかし 論 理 学 では 両 方 とも 正 しい 場 合 でも 一 方 だけ 正 しい 場 合 でも または を 使 う のが 普 通 である. 両 方 とも 正 しい 場 合 を 含 む 選 言 を 両 立 的 選 言 とよぶ.しいて 一 方 だけ 正 しい 場 合 のみ p と q の 選 言 が 正 しい,つまり 排 反 的 選 言 を 表 し たいときは,exclusive( 排 反 的 )の ex をつけて p ex q のように 表 す. 命 題 は 真 理 値 をもつものだ,と 上 で 言 った.まず,(7)の 真 理 値 を 見 てみよ う. 真 理 値 をはっきり 示 すには 真 理 値 表 を 用 いるとわかりやすい.(7 )は(7) の 真 理 値 表 であり,T は 真 (true),f は 偽 (false)を 表 す. (7 ) p q p q T T T T F F F T F F F F つまり,p q は p と q の 両 方 が 真 であるときのみ 真 で, 一 方 ないし 両 方 が 偽 なときは 偽 なのである.(8 )は(8)の 真 理 値 表 である. (8 ) p q p q T T T T F T F T T F F F これは 両 立 的 選 言 なので,p,q ともに 正 しいときも, 一 方 だけが 正 しいとき も, 複 合 命 題 は 正 しく,p,q の 両 方 とも 偽 なときだけ 複 合 命 題 が 偽 になる. 上 で は NOT( でない)を 意 味 すると 言 った. を 使 った 例 を 見 てみよう. (9) p p p p T F T F T T p p の 例 として(10),(11)があげられる. (10) 今, 雨 が 降 っているか, 降 っていないかのどちらかだ.

30 14 第 2 章 意 味 はどのように 捉 えられてきたか そがのえみし (11) 中 大 兄 皇 子 は 蘇 我 蝦 夷 を 殺 したか,または 殺 さなかったかである. p p というタイプの 命 題 は 常 に 正 しい.よって 恒 真 (tautology)とよばれる. 恒 真 か 否 かは(1),(2)のようにこの 世 の 事 実 関 係 に 照 らして 決 まるわけではな い. 日 本 国 が 東 京 以 外 の 地 に 遷 都 をすれば(1)は 偽 になってしまうし, 遷 都 先 が 仙 台 なら(2)は 真 になる.しかし p p はそうではない. 中 大 兄 皇 子 が 殺 したのは 実 は 蘇 我 入 鹿 であり, 蝦 夷 は 自 殺 である.つまり(11)の 前 半, (11 ) 中 大 兄 皇 子 は 蘇 我 蝦 夷 を 殺 した. は 史 実 に 照 らして 偽 である.にもかかわらず(11)は 常 に 正 しいのだ. ある 命 題 が 成 立 し,かつそれが 成 立 しない つまり p pというのは 矛 盾 (contradiction)であり, 真 理 値 表 (12)に 見 るとおり,これは 常 に 偽 である. (12) p p p p T F F F T F だから 第 1 章 で(35)としてあげた 例 ( 下 に(13)として 再 現 )とか(14)の 下 線 部 など は,まさしくフレーゲたちが 自 然 言 語 の 非 論 理 性, 混 乱 として 捉 えていた ものに 相 当 する. (13) He was upset, but he wasn t upset. (14) 門 松 は 冥 土 の 旅 の 一 里 塚 芽 出 たくもあり 芽 出 たくもなし. 論 理 語 のなかには というものもある.これは もし ならば である という 意 味 をもつ.p q(p ならば q である)の 真 理 値 表 を 見 よう.なおこの 場 合,p を 前 件 (antecedent),q を 後 件 (consequent)とよぶ. (15) p q p q T T T T F F F T T F F T p を 消 費 税 率 引 き 上 げを 政 策 として 掲 げる,q を 総 選 挙 で 負 ける とす れば,p q は 消 費 税 率 引 き 上 げを 政 策 として 掲 げると,その 党 は 総 選 挙 で

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色 4-5-5 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 番 外 : 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 齊 藤 誠 数 学 や 統 計 学 を 専 門 としない 人 たちの 人 生 にとって 数 学 や 統 計 学 とはどのような 意 味 を 持 つものなのであろうか このような あいまいな 設 問 への 答 えは 人 によってさまざまであろうが 私 であれば 次 のように 答 えるであろう 古

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

7 i 7 1 2 3 4 5 6 ii 7 8 9 10 11 1 12 13 14 iii.......................................... iv................................................ 21... 1 v 3 6 7 3 vi vii viii ix x xi xii xiii xiv xv 26 27

More information

i ii iii iv v vi vii viii ix x xi xii xiii xiv xv xvi 2 3 4 5 6 7 $ 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 $ $ $ 18 19 $ 20 21 22 23 24 25 26 27 $$ 28 29 30 31 $ $ $ 32 33 34 $ 35 $ 36 $ 37 38 39 40 $ 41 42 43 44

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

總統選舉選情分析 (一)

總統選舉選情分析 (一) 総 統 選 挙 をめぐる 民 進 党 の 選 挙 情 勢 葉 高 華 ( 一 ) 支 持 基 盤 の 拡 大 こそが 進 む 道 多 くの 有 権 者 の 投 票 傾 向 は 選 挙 戦 が 始 まる 前 から 決 まっている 有 権 者 の 投 票 傾 向 を 変 えるには 少 なくとも 数 年 の 時 間 が 必 要 で たった 数 ヶ 月 の 選 挙 活 動 において 有 権 者 の 意 向

More information

3-2藤井賢治修正

3-2藤井賢治修正 マーシャル 的 研 究 計 画 の 可 能 性 : 技 術 競 争 と 組 織 的 知 識 生 産 青 山 学 院 大 学 藤 井 賢 治 * 報 告 集 レジュメは A4で6 枚 が 上 限 とされており 1 2 5 節 のみを 全 文 掲 載 し 3 節 4 節 については 概 略 を 示 すにとどめた また 引 用 文 の 大 半 と 脚 注 参 考 文 献 も 省 略 し た 本 報 告 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

の 改 正 のための 政 省 令 の 改 正 の 詳 細 は 未 だ 明 らかではないが 法 の 基 本 が 改 正 されたこと から 不 可 避 である 資 本 制 度 等 に 関 する 政 省 令 の 改 正 を 待 たずに 今 日 論 ずる 所 以 であ る 先 にも 述 べたように 今 回

の 改 正 のための 政 省 令 の 改 正 の 詳 細 は 未 だ 明 らかではないが 法 の 基 本 が 改 正 されたこと から 不 可 避 である 資 本 制 度 等 に 関 する 政 省 令 の 改 正 を 待 たずに 今 日 論 ずる 所 以 であ る 先 にも 述 べたように 今 回 資 料 解 説 地 方 公 営 企 業 法 等 の 一 部 改 正 ( 通 知 ) ( 総 財 公 第 103 号 平 成 23 年 8 月 30 日 )について 菅 原 敏 夫 この 通 知 の 背 景 2011 年 8 月 30 日 に 地 方 公 営 企 業 法 政 令 改 正 に 関 する 通 知 が 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図

More information

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院 2011 年 度 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 研 究 成 果 報 告 書 学 籍 番 号 :80926027 政 策 メディア 研 究 科 修 士 課 程 2 年 内 藤 寛 子 0. 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 申 請 時 の 研 究 題 目 中 国 共 産 党 と 司 法 機 関 の 領 導 関 係 -1980 年 代 後 半 の 政 法 委 員 会 の

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際 部 員 各 位 平 成 27 年 6 月 6 日 岩 田 弘 雪 ( 法 2) 日 本 の 奨 学 金 制 度 目 次 一 初 めに 二 奨 学 金 とは 三 奨 学 金 の 歴 史 四 日 本 における 奨 学 金 制 度 の 変 遷 五 現 状 の 奨 学 金 制 度 の 問 題 六 まとめ 七 参 考 文 献 一 初 めに ここにいる 皆 さんは 大 学 生 だ 四 年 目 に 突 入 して

More information

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア 1. 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 アンケート 調 査 に 基 づいた 研 究 1-1 調 査 の 実 施 概 要 について 近 未 来 課 題 解 決 事 業 では 平 成 20 年 度 に 地 震 保 険 に 関 する 消 費 者 意 識 調 査 を 実 施 した その 手 法 としては NRI のインターネットリサーチサービスを 利 用 日 本 全 国 に 在 住 する 一

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通

聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通 2014WS 金 曜 3 時 間 2 学 期 題 目 哲 学 的 意 味 論 の 観 点 から 問 いと 推 論 の 関 係 を 分 析 する 第 四 回 講 義 (20141024) 第 1 章 問 答 の 観 点 からの 言 語 行 為 論 1 発 語 内 行 為 の 分 類 2 質 問 の 発 語 内 行 為 の 特 殊 性 3 言 語 行 為 はなぜ 成 立 するのか? 1 グライスの 意

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて 診 断 テストまでに 記 憶 を 喚 起 しておかねばならない 重 要 知 識 一 覧 表 2014.03.24 中 川 孝 博 テキスト( 赤 池 一 将 = 中 川 孝 博 刑 事 法 入 門 [ 第 2 版 ] )4~6 頁 法 学 の 定 義 は 何 か 法 学 をマスターするために 設 定 した 2 つの 大 目 標 は 何 か 刑 事 訴 訟 法 の 領 域 で 対 立 する 2 つの

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し

セッション 2 / ポスターセッション ると 主 権 免 責 という 歴 史 があり ポスター 3 ます これは King can do no wrong( 王 は 不 法 をなさない) ということです イギリスは 王 様 のいる 国 ですので 王 様 は 悪 いことはしないのだ 王 様 に 対 し 助 成 研 究 演 題 - 平 成 23 年 度 国 内 共 同 研 究 (39 歳 以 下 ) 医 薬 品 の 審 査 承 認 行 為 に 対 する 国 の 賠 償 責 任 に 関 する 国 際 比 較 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 法 学 系 助 教 ( 助 成 時 : 東 京 大 学 政 策 ビジョン 研 究 センター 特 任 研 究 員 ) 畑 中 綾 子 ポスター -1

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な 研 究 ノート 国 語 科 を 中 心 とする 授 業 力 向 上 についての 一 考 察 A Study on the Development of Teacher Competence, Centering on Teaching Japanese Language Arts 吉 田 人 史 YOSHIDA Hitoshi 水 上 義 行 MIZUKAMI Yoshiyuki はじめに 授 業

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

                                14千監第    号

                                14千監第    号 千 葉 市 監 査 委 員 告 示 第 17 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 2 4 2 条 第 4 項 の 規 定 に よ り 千 葉 市 職 員 措 置 請 求 (22 千 監 ( 住 ) 第 3 号 ) に 係 る 監 査 の 結 果 を 別 紙 のとおり 公 表 します 平 成 22 年 1 1 月 9 日 千 葉 市 監 査 委 員 古 川

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - 140308fieldnetrounge報告書【提出】.docx

Microsoft Word - 140308fieldnetrounge報告書【提出】.docx 当 報 告 の 内 容 は それぞれの 著 作 の 著 作 物 です Copyrighted materials of the authors 報 告 書 東 京 外 国 語 大 学 アジア アフリカ 言 語 文 化 研 究 所 主 催 フィールドネット ラウンジ 企 画 シンポジウム 自 助 グループのエスノグラフィ 相 対 化 を 通 じてみる 自 助 グループ の 輪 郭 日 時 場 所 参

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実

( 過 剰 な 贈 答 接 待 等 の 禁 止 ) 第 8 条 従 業 員 は 直 接 の 取 引 関 係 がなくとも 常 識 の 範 囲 を 超 えるような 贈 答 や 接 待 を 慎 まなければならない 意 図 せず 問 題 あると 思 われるような 事 態 に 陥 った 場 合 そ の 事 実 グループ 従 業 員 行 動 規 範 ( 総 則 ) 第 1 条 本 行 動 規 範 は 当 社 及 び 当 社 グループの 従 業 員 が 職 務 上 の 義 務 として 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 就 業 規 則 等 服 務 に 係 わる 規 程 と 併 せて 運 用 し 会 社 の 社 会 的 信 頼 の 維 持 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 従 業 員 の 定 義 )

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

正当な理由に係る

正当な理由に係る 期 間 徒 過 後 の 救 済 規 定 に 係 るガイドライン 四 法 共 通 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 3 月 特 許 庁 目 次 1. 期 間 徒 過 後 の 救 済 規 定 について 1 1.1 救 済 規 定 の 概 要 1 1.2 救 済 規 定 に 係 る 手 続 一 覧 ( 対 象 条 文 抜 粋 ) 3 (1) 外 国 語 書 面 出 願

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

第1章

第1章 第 1 章 リスク 回 避 と 期 待 効 用 練 習 問 題 1.1 の 解 答 解 答 は, 図 1.13 で 示 されたスプレッドシート CHAP1 のシート 1 である ジョーはギャ ンブル A を,クレプス 教 授 はギャンブル B を,パテル 教 授 はギャンブル C を 選 ぶだろう 図 1.13 スプレッドシート CHAP1 のシート 1: 練 習 問 題 1.1 の 解 1 練 習

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく

2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく 1 哲 学 概 論 13 7-5-2012 4 知 識 について 知 識 とはどのようなものかを 最 初 に 組 織 的 に 考 えたのはプラトンである 彼 は メノン で 知 識 と 正 しい 意 見 の 間 には 何 の 違 いもないと 述 べている テアエテトス では 知 識 とは 知 覚 と 同 じで あるとする 考 えからスタートする 知 覚 は 何 ら 意 味 論 的 な 構 造 をもっていないゆえに

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度 今 年 の 経 営 リポート は 平 成 23 年 度 の 決 算 今 年 度 の 決 算 結 果 のお 知 らせ 企 業 会 計 のお 財 布 はいくら? 企 業 の 姿 を 見 てみよう 経 営 指 標 で 企 業 を 見 る 今 年 度 の 工 事 のお 知 らせ の6 項 目 についてお 知 らせします どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々

More information

Step2 入門

Step2 入門 ii iii iv v vi NEC Corporation 1999 vii C O N T E N T S PART 1 PART 2 PART 3 viii PART 4 ix C O N T E N T S PART 5 x PART 6 xi C O N T E N T S PART 7 xii PART 8 PART 9 xiii C O N T E N T S xiv xv PART

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2014 年 8 月 7 日 森 本 紀 行 はこう 見 る JR 九 州 の 経 営 計 画 と 経 営 安 定 基 金 JR 九 州 は つくる 2016 JR 九 州 グループ 中 期 経 営 計 画 というものを 策 定 しています そ の 頂 点 にあるのは 株 式 上 場 です 要 は 2016 年 までに 上 場 企 業 としての 諸 条 件 を 完 備 さ せるための 経 営 計 画

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

社労士合格 弾丸合格セミナー

社労士合格 弾丸合格セミナー 第 37 回 目 国 民 年 金 法 法 改 正 傾 向 と 対 策 それでは 第 37 回 目 の 講 義 国 民 年 金 法 法 改 正 の 解 説 を 進 めていきます 平 成 26 年 度 から 消 費 税 が 5%から 8%に 上 がり その 増 加 分 を 社 会 保 障 関 係 の 維 持 に 充 てる ことが 可 能 になったこともあり 多 くの 箇 所 で 改 正 があります 1

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

平 成 23 年 度 千 代 田 区 議 会 政 務 調 査 研 究 費 に 関 する 意 見 書 平 成 24 年 10 月 千 代 田 区 議 会 政 務 調 査 研 究 費 交 付 額 等 審 査 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 対 象 年 度 及 び 会 派... 1 (1) 年 度... 1 (2) 会 派... 1 3. 全 体 的 な 使 途 傾 向 について... 2 (1)

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件 被 災 時 のための Q&A(Q1~Q33) 旧 賃 借 人 と 新 賃 借 人 優 先 するのはどちら? Q1 物 件 について 旧 賃 借 人 との 間 で 賃 貸 借 契 約 の 解 除 が 完 了 し 明 渡 日 も 決 まっており 新 賃 借 人 が 決 まっておりましたが 今 回 の 地 震 で 旧 賃 借 人 が 引 っ 越 すことができません 新 賃 借 人 と 旧 賃 借 人 と

More information

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1 第 18

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

untitled

untitled vii ix xi xii xiii xiv xv 1 2 1 2 3 3 4 5 4 6 5 7 8 6 9 7 10 11 12 13 14 8 15 1 2 16 3 17 4 18 19 20 5 21 22 23 24 6 25 7 8 26 27 28 29 9 30 31 10 32 33 34 11 35 36 37 12 38 39 40 13 41 14 42 43 44

More information

試験日 平成22年7月  日(木)2時限

試験日 平成22年7月  日(木)2時限 試 験 日 平 成 27 年 月 日 ( ) 時 限 科 目 名 労 働 法 A 担 当 者 三 柴 丈 典 法 律 学 科 2 学 年 以 上 次 の 各 問 いに 対 する 解 答 またはカッコ 内 に 入 る 語 句 として 最 も 適 当 な 選 択 肢 を1つ 選 び 該 当 する 番 号 を 解 答 用 紙 にマークせよ なお 解 答 用 紙 (マークシート)に 解 答 以 外 のことを

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら 燕 市 監 委 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 請 求 については 同 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 を 実 施 したので その 結 果 を 別 紙 のとおり 公 表 する 平 成 20 年 10 月 23 日 燕 市 監 査 委 員 齋 藤 稔 同 山 本 一

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

相模原市都市計画審議会 会議録

相模原市都市計画審議会 会議録 様 式 3 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 第 196 回 会 議 録 相 模 原 市 都 市 計 画 審 議 会 事 務 局 ( 担 当 課 ) まちづくり 計 画 部 都 市 計 画 課 電 話 042-769-8247( 直 通 ) 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 14 時 ~15 時 45 分 開 催 場 所 相 模 原 市 役 所 本 庁 舎 第 2

More information

1 第 6 回 和 歌 山 県 景 観 条 例 等 検 討 委 員 会 議 事 録 日 時 : 平 成 20 年 2 月 5 日 ( 火 )14:00~16:00 場 所 :ダイワロイネットホテル 和 歌 山 4 階 ブリエ 区 分 氏 名 所 属 備 考 委 員 長 西 村 幸 夫 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 都 市 デザイン 専 攻 教 授 副 委 員 長 濱 田 學 昭 和

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

<5461726F31332D83708375835283818A6D92E82E6A7464>

<5461726F31332D83708375835283818A6D92E82E6A7464> 商 品 取 引 所 法 及 び 商 品 投 資 に 係 る 事 業 の 規 制 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 省 令 の 整 備 等 に 関 する 省 令 ( 案 ) 等 に 対 する 意 見 2010 年 ( 平 成 22 年 )9 月 10 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 商 品 取 引 所 法 及 び 商 品 投 資 に 係 る

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

< F2D AD96B192B28DB894EF81458C8B89CA2890B3292E6A74>

< F2D AD96B192B28DB894EF81458C8B89CA2890B3292E6A74> 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスヒ ル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 23 年 10 月 20 日 3 請 求 の 内 容 (1) 主 張 事 実 の 要 旨 ア 北 海 道 議 会 ( 以 下 道 議 会 という

More information

™…

™… i 1 1 1 2 3 5 5 6 7 9 10 11 13 13 14 15 15 16 17 18 20 20 20 21 22 ii CONTENTS 23 24 26 27 2 31 31 32 32 33 34 37 37 38 39 39 40 42 42 43 44 45 48 50 51 51 iii 54 57 58 60 60 62 64 64 67 69 70 iv 70 71

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

かという 話 し 方 やふるまいの 選 択 から 生 じる 話 し 手 らしさを 指 すものでもある 敬 語 に 関 してまとめた 菊 池 (1997)では 丁 寧 体 の 使 用 には 個 人 差 があり 親 しい 間 柄 でも その 人 の 品 格 を 保 つためにデス マスを 使 う 人 も

かという 話 し 方 やふるまいの 選 択 から 生 じる 話 し 手 らしさを 指 すものでもある 敬 語 に 関 してまとめた 菊 池 (1997)では 丁 寧 体 の 使 用 には 個 人 差 があり 親 しい 間 柄 でも その 人 の 品 格 を 保 つためにデス マスを 使 う 人 も 従 属 節 における 丁 寧 体 コピュラの 自 然 さ 統 語 環 境 と 役 割 語 の 濃 淡 Naturalness of Polite Style Copula in Subordinate Clause: Syntactic Circumstances and Strength of Speech Character 乙 武 香 里 ( 神 戸 大 学 大 学 院 生 ) 要 旨 本 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C> 静 情 審 第 6 3 号 平 成 26 年 3 月 24 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 25 年 11 月 7 日 付 け 静 空 総 第 141 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

慶弔金品・各種保険への課税

慶弔金品・各種保険への課税 慶 弔 金 品 各 種 保 険 への 課 税 はじめに 慶 弔 に 伴 う 金 品 の 贈 呈 は,わが 国 古 来 の 社 会 的 慣 行 であり, 一 種 の 儀 礼 的 な 行 為 と 認 め られています したがって, 当 該 慶 弔 にふさわしい 金 品 の 受 領 について 課 税 するのは 妥 当 でないとして, 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 は, 非 課 税 扱 いとされています

More information

P007-054 Chapter01_責了-6n.indd

P007-054 Chapter01_責了-6n.indd 1 Chapter 地震保険とは いったいどんなものだろう 01 日 本 は 確 実 に 地 震 が 起 こる 国! それなのになぜ 地 震 保 険 の 加 入 率 がわずか 23%なのか? 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 未 曽 有 の 東 日 本 大 震 災 は これまで 付 け 足 し 程 度 にしか 考 えられていなかった 地 震 保 険 に 人 々の 目 を 向 けさ せました

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

直 前 期 の 国 税 の 確 定 年 税 額 (A) 中 間 申 告 回 数 4,800 万 円 <(A) 11 回 ( 一 月 中 間 申 告 ) 400 万 円 <(A) 4,800 万 円 3 回 ( 三 月 中 間 申 告 ) 48 万 円 <(A) 400 万 円 1 回 ( 六 月 中

直 前 期 の 国 税 の 確 定 年 税 額 (A) 中 間 申 告 回 数 4,800 万 円 <(A) 11 回 ( 一 月 中 間 申 告 ) 400 万 円 <(A) 4,800 万 円 3 回 ( 三 月 中 間 申 告 ) 48 万 円 <(A) 400 万 円 1 回 ( 六 月 中 消 費 税 の 任 意 の 中 間 申 告 制 度 に 関 する 一 考 察 A Study on A System of Optional Intermediate Report concerning Consumption Tax 熊 王 征 秀 Ⅰ はじめに 中 小 零 細 企 業 にとって 源 泉 所 得 税 や 消 費 税 の 納 税 資 金 の 確 保 は 深 刻 な 問 題 である これらの

More information

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と 平 成 26 年 度 仙 台 市 確 かな 学 力 研 修 委 員 会 中 学 校 社 会 科 部 会 提 案 授 業 第 2 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 26 年 11 月 1 本 授 業 における 提 案 提 案 1 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 けた 指 導 の 工 夫 領 土 画 定 に 関 わる 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 け,

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な 平 成 26 年 (ワ) 第 11499 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 大 野 佳 奈 子 被 告 医 療 法 人 髙 寿 会 外 1 名 原 告 準 備 書 面 (9) 平 成 28 年 4 月 8 日 大 阪 地 方 裁 判 所 第 22 民 事 部 合 議 1 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 髙 橋 典 明 弁 護 士 上 出 恭 子 弁 護 士 和 田 香

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

社会主義理論学会・第71回研究会報告

社会主義理論学会・第71回研究会報告 党 総 務 会 とは いかなる 会 議 体 なのか 明 治 学 政 治 経 済 学 部 川 伸 nisikawa1116 gmail.com ( @) http://www.nishikawashin-ichi.net/ はじめに 党 本 部 6 階 にある 総 務 会 室 (2016.2.29 撮 影 ) @ 党 の 意 思 決 定 1 党 会 : 年 に1 回 最 機 関 2 党 会 に 代 わる

More information

01_SWGuide_V8.50.fm

01_SWGuide_V8.50.fm ii iii iv v 2 vi vii viii ix x xi xii xiii xiv xv xvi xvii 1 CHAPTER 1-1 1-2 1-3 2 CHAPTER 2-1 2-2 2-3 2-4 1 2 2-5 3 4 2-6 5 6 2-7 7 8 2-8 9 2-9 10 11 2-10 12 13 2-11 14 15 2-12 16 17 18 2-13 1 2 2-14

More information

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A>

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A> < 第 10 の 目 的 章 > 経 営 比 率 分 析 分 もに 整 析 理 本 といわれることもあり この 章 経 比 では 営 較 管 理 検 討 に することによって 役 比 立 率 つ 分 資 析 料 について を 得 経 ることを 営 企 学 分 業 習 析 の する は 状 目 態 的 企 を として 次 業 知 章 の り その 経 損 営 主 益 活 として 分 動 将 岐 来 や

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

る 解 約 返 戻 金 に 関 して 問 題 意 識 が 持 たれて いる 様 子 が 窺 える そこで 本 稿 では まず 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 の 考 え 方 計 算 方 法 を 説 明 した 後 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 仕 組 みの 特 徴 考 え 方

る 解 約 返 戻 金 に 関 して 問 題 意 識 が 持 たれて いる 様 子 が 窺 える そこで 本 稿 では まず 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 の 考 え 方 計 算 方 法 を 説 明 した 後 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 仕 組 みの 特 徴 考 え 方 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 について 調 査 研 究 部 猪 ノ 口 勝 徳 目 次 1.はじめに 2. 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 3. 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 概 要 4.おわりに 1.はじめに 生 命 保 険 契 約 は 長 期 にわたる 契 約 である このため 加 入 時 に 商 品 内 容 を 十 分 に 検 討 し 自 身 の 保 障 ニーズに

More information

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7 平 成 一 〇 年 (ワ) 第 八 七 六 一 号 著 作 物 発 行 差 止 等 請 求 事 件 ( 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 一 一 年 六 月 二 八 日 ) 判 決 原 告 A 原 告 B 右 両 名 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 今 野 勝 彦 前 田 惠 三 加 藤 裕 也 岩 田 廣 一 被 告 株 式 会 社 文 藝 春 秋 右 代 表 者 代 表 取 締 役 C 被 告

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - 河村豊 灌漑農業と科学・技術の発展 理科教室2002

Microsoft Word - 河村豊 灌漑農業と科学・技術の発展 理科教室2002 理 科 教 室 2002 年 2 月 pp.96-101 連 載 : 科 学 史 から 考 える2 灌 漑 農 業 と 科 学 技 術 の 発 展 河 村 豊 1. 科 学 主 義 の 風 潮 近 年 になって 科 学 研 究 を 経 済 対 策 に 利 用 しようという 動 きに 加 速 がついてきた ようだ.その 事 例 の1つを, 最 近 の 日 本 の 科 学 技 術 政 策 に 見 ることができる.2001

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人 歌 う 行 為 の 再 帰 的 近 代 化 カラオケから 歌 ってみた への 身 体 的 変 容 0. 概 要 本 稿 では 歌 う という 行 為 について その 身 体 性 と 社 会 性 の 両 面 から 考 察 する 具 体 的 には 歌 唱 の 可 能 性 を 生 身 の 人 間 から 引 き 離 したに 見 える VOCALOID の 登 場 が いわゆる 歌 ってみた という 現 象

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

懲戒権.doc

懲戒権.doc 使 用 者 の 懲 戒 権 の 有 効 性 について 社 会 保 険 労 務 士 神 田 眞 弓 1.はじめに 懲 戒 処 分 というのはよく 耳 にすることばですが 一 般 的 には 使 用 者 が 企 業 秩 序 を 維 持 するために 設 けた 服 務 規 律 や 使 用 者 の 指 示 命 令 に 違 反 した 場 合 などに 使 用 者 が 労 働 者 に 制 裁 罰 として 科 する 処

More information

自己の氏名を不正の目的でなく使用(不競法19条1項2号)(大阪地判平21.7.23)について

自己の氏名を不正の目的でなく使用(不競法19条1項2号)(大阪地判平21.7.23)について 東 京 弁 護 士 会 知 的 財 産 権 法 部 判 例 研 究 34 自 己 の 氏 名 を 不 正 の 目 的 でなく 使 用 ( 不 競 法 19 条 1 項 2 号 ) ( 大 阪 地 判 平 21.7.23)について 弁 護 士 秋 山 佳 胤 第 1 はじめに 不 正 競 争 防 止 法 ( 不 競 法 )19 条 1 項 2 号 の 自 己 の 氏 名 を 不 正 の 目 的 でなく

More information

(1) 事 実 の 認 定 について 1 地 方 自 治 法 第 92 条 の2 及 び 公 職 選 挙 法 第 104 条 の 解 釈 について 慎 重 に 審 査 を 行 うため まず 地 方 自 治 法 第 92 条 の2や 公 職 選 挙 法 第 104 条 に 定 める 兼 業 禁 止 規

(1) 事 実 の 認 定 について 1 地 方 自 治 法 第 92 条 の2 及 び 公 職 選 挙 法 第 104 条 の 解 釈 について 慎 重 に 審 査 を 行 うため まず 地 方 自 治 法 第 92 条 の2や 公 職 選 挙 法 第 104 条 に 定 める 兼 業 禁 止 規 平 成 23 年 7 月 22 日 関 係 各 位 大 府 市 議 会 議 員 政 治 倫 理 委 員 会 委 員 長 大 西 勝 彦 政 治 倫 理 委 員 会 ( 平 成 23 年 第 9 回 )の 概 要 について 下 記 のとおり 大 府 市 議 会 議 員 政 治 倫 理 委 員 会 ( 平 成 23 年 第 9 回 )を 開 催 しましたので その 議 事 の 概 要 について 御 報

More information