る 代 表 的 な 競 作 の 例 として 名 高 い ラシーヌは, ベレニス の 序 文 で, 次 のように 述 べている 1) しかしそれ 以 上 に 私 の 気 に 入 ったのは,この 題 材 が 極 めて 単 純 だと いうことである すでに 久 しい 以 前 より, 私 は, 古 代 人

Size: px
Start display at page:

Download "る 代 表 的 な 競 作 の 例 として 名 高 い ラシーヌは, ベレニス の 序 文 で, 次 のように 述 べている 1) しかしそれ 以 上 に 私 の 気 に 入 ったのは,この 題 材 が 極 めて 単 純 だと いうことである すでに 久 しい 以 前 より, 私 は, 古 代 人"

Transcription

1 二 つの ティット ル ヴェールとマニョン Deux pièces sur Tite par Le Vert et Magnon 橋 本 能 要 旨 ラシーヌはフランス17 世 紀 演 劇 を 代 表 する 作 家 の 一 人 であり, ベレニス はその 代 表 作 の 一 つである 17 世 紀 を 代 表 するもう 一 人 の 劇 作 家,コルネイユ も 同 時 期 にラシーヌと 同 じ 主 題 を 扱 い, ティットとベレニス で 競 作 して 話 題 となった 一 方,それ 以 前 に 上 演 されたル ヴェールの アリシディ は, ラシーヌとコルネイユの 作 品 と 同 じくローマ 皇 帝 ティトゥスが 登 場 する17 世 紀 最 初 の 劇 作 品 である ル ヴェールの 序 文 には,コルネイユとの 個 人 的 な 親 交 をうかがわせるものがある また,マニョンの ティット も,コルネイユの ティットとベレニス に 類 似 するところが 多 く, 先 行 作 品 といえる コルネ イユの 作 品 には,この 二 作 と 多 かれ 少 なかれ 影 響 関 係 がある 三 作 品 に 共 通 す るのは 波 乱 万 丈 の 複 雑 な 筋 立 てであり, 悲 喜 劇 の 劇 技 法 に 特 有 の 当 時 の 劇 の 技 法 が 見 いだせる 三 人 の 作 品 の 複 雑 さ に 照 らしてみることで,ラシーヌが ベレニス で 主 張 した 単 純 な 筋 はいっそう 際 立 ち,その 独 自 性 がより 明 らかになる キーワード 17 世 紀 フランス 演 劇,ベレニス,ラシーヌ,コルネイユ, マニョン,ル ヴェール 1.はじめに コルネイユの ティットとベレニス とラシーヌの ベレニス の 競 作 は,ラシーヌの フェードル をめぐる 競 作 問 題 とともに,17 世 紀 におけ 1

2 る 代 表 的 な 競 作 の 例 として 名 高 い ラシーヌは, ベレニス の 序 文 で, 次 のように 述 べている 1) しかしそれ 以 上 に 私 の 気 に 入 ったのは,この 題 材 が 極 めて 単 純 だと いうことである すでに 久 しい 以 前 より, 私 は, 古 代 人 が 大 いに 好 ん だあの 筋 の 単 純 さをもって, 一 篇 の 悲 劇 を 作 れないものかどうか, 試 みてみたいと 思 っていた 序 文 に 述 べられているとおり,その 悲 劇 を 一 読 すれば,ラシーヌのいう 単 純 さ は 明 らかであろう また,コルネイユとラシーヌの 作 品 を 並 べ て 読 むと, 二 作 が 全 く 異 なることが 分 かる ラシーヌの 単 純 さ への 試 みとは, 当 時 においてどのような 意 味 があったのか この 二 作 に 先 立 っ て,ローマ 皇 帝 のティトゥスを 主 人 公 とした 劇 作 品 としては,ル ヴェー ルの アリシディイまたはティットの 結 婚 とマニョンの ティット が ある 2) この 二 作 品 と 比 較 することで,コルネイユとラシーヌの 作 品 の 違 いをより 明 らかにすることができるのではないだろうか またそれが,ラ シーヌの 作 品 のオリジナリティをより 鮮 明 にしてくれるのではないだろう か 2.コルネイユの ティットとベレニス ラシーヌの 悲 劇 ベレニス Bérénice は,1670 年 11 月 21 日 にオテル ド ブルゴーニュ 座 で 上 演 された コルネイユの 英 雄 劇 ティットとベレ ニス Tite et Bérénice は, 同 年 11 月 28 日 に,ラシーヌ 作 品 から 7 日 遅 れで モリエール 劇 団 によってパレ=ロワイヤルで 上 演 された ラシーヌの 作 品 がコルネイユに 先 立 って 上 演 されたことは 事 実 だが,コルネイユがこの 題 材 を 選 んだことを 知 ってラシーヌが 同 一 の 題 材 を 選 んだとする 説,またそ 2

3 二 つの ティット の 逆 とする 説, 王 妃 アンリエット ダングルテールが 二 人 に 同 じ 題 材 を 与 えて 競 わせたとする 伝 説 まであった 近 年,ジョルジュ フォレスティエ は,プレイヤード 版 ラシーヌ 全 集 Ⅰ と 著 書 ジャン ラシーヌ で, 状 況 証 拠 から,コルネイユが 先 に 執 筆 を 始 め,これを 知 ったラシーヌがこ れに 対 抗 して 執 筆 した,と 結 論 づけている 3) この 結 論 で, 論 争 は 決 着 を 見 たように 思 われる ラシーヌの ベレニス の 単 純 さ については 論 じられることは 多 い しかし,コルネイユの ティットとベレニス については, 注 目 され ることは 少 ない コルネイユの 作 品 は,どのような 劇 作 法 に 基 づいている のだろうか 両 作 品 はともに, 皇 帝 ティテュスとユダヤの 女 王 ベレニスの 別 離 を 題 材 としている ラシーヌの 悲 劇 ベレニス には 邦 訳 があるか ら, 詳 細 はそれに 譲 る 要 約 すれば,ティテュスはローマ 皇 帝 に 即 位 する ことが 決 まっている 皇 帝 になれば,ティテュスは 異 国 の 女 王 との 結 婚 は 許 されない それを 知 って,ベレニスは 死 を 決 意 する ベレニスの 覚 悟 を 知 り,ティテュスも 死 を 決 意 する ティテュスの 友 人 のアンティオキュス も,ベレニスへのひそかな 想 いを 断 ち 切 れず, 死 を 決 意 する 三 人 は 互 い のために 死 ぬことを 思 いとどまる 三 人 は, 孤 独 のうちに 生 きることを 決 意 して 別 れを 告 げる 三 人 を 突 き 動 かすものは, 愛 と 国 家 の 板 挟 みになっ て 信 と 不 信 の 間 で 苦 悩 する 心 の 動 きである 劇 を 進 行 させるものは, 愛 と 死 のはざまで 揺 れ 動 く 主 人 公 の 内 面 の 葛 藤 であり,それを 表 立 てているも のは 独 白 だけである コルネイユの 作 品 は 邦 訳 がないから,まずその 内 容 を 紹 介 しよう 登 場 人 物 は 四 人,ローマ 皇 帝 のティット(ティテュス)と 恋 人 のベレニス, ティットの 弟 のドミシアンとその 恋 人 のドミシーである ドミシーは 皇 后 の 地 位 を 狙 って,ドミシアンを 捨 てるつもりである 舞 台 は,ローマの 皇 帝 の 宮 殿 である 3

4 第 一 幕 で,ドミシーはティットと 結 婚 して, 皇 后 になる 野 心 に 燃 えてい る しかし,ティットがベレニスに 未 練 があることに 不 満 を 持 っている ドミシーのかつての 恋 人 でティットの 弟 ドミシアンは, 彼 女 の 心 変 わりを なじるが,ドミシーは 相 手 にしない ドミシアンのもとに,ベレニスが ローマにやってきているという 報 告 が 入 る 第 二 幕 で,ティットはドミシーとの 結 婚 に 気 が 進 まないが, 破 談 にした 場 合 の 陰 謀 を 恐 れて, 結 婚 を 取 りやめることができない そこへベレニス が 現 れる 彼 女 は,ティットに 一 目 会 いたくて,ローマに 戻 ってきた 一 方,ドミシーがティットの 本 心 を 尋 ねても,ティットは 答 えようとしな い ドミシーはティットのつれない 態 度 に 怒 り, 復 讐 を 宣 言 する 第 三 幕 では,ティットにドミシーとの 結 婚 を 諦 めさせるために,ドミシ アンはベレニスに, 恋 仲 であるふりをしてティットの 嫉 妬 をあおろうと 持 ちかける ベレニスは 断 るが,ドミシアンがベレニスに 求 婚 したと 誤 解 し て,ドミシーは 驚 き 怒 る ベレニスはティットに, 愛 よりも 帝 位 が 大 事 か となじる ティットは 帝 位 を 捨 てて,ベレニスについていくという しか し,ベレニスは,ティットが 帝 位 を 捨 てて 殺 されることを 恐 れる 第 四 幕 で, 皇 帝 が 異 国 の 女 王 と 結 婚 すれば 反 乱 が 起 こると,ベレニスに 報 告 がはいる ベレニスはドミシアンに, 自 分 が 追 放 されればティットと ドミシーが 結 婚 すると 警 告 する 一 方,ドミシーもベレニスが 皇 后 になる ことを 許 せない ドミシアンはドミシーとひそかに 手 を 結 ぶ ティットは ドミシアンに,ドミシーとの 結 婚 を 諦 めるように 勧 める ドミシアンは, それなら 自 分 とベレニスとの 結 婚 を 認 めろと 逆 に 提 案 する 第 五 幕, 元 老 院 から,ベレニスにローマ 人 の 国 籍 を 与 えるという 報 告 が 入 る 女 王 としての 誇 りを 保 てたことに 満 足 して,ベレニスはティットの 身 に 危 険 が 及 ぶことをおそれて, 甘 んじて 帰 国 するという ティットは, 自 分 は 誰 とも 結 婚 しない, 弟 ドミシアンを 後 継 者 とする,と 宣 言 する ド 4

5 二 つの ティット ミシーはドミシアンとの 結 婚 に 同 意 することになるだろう 登 場 人 物 はそれぞれに 自 分 の 野 心 と 愛 の 板 挟 みになって 身 動 きできな い ベレニスを 愛 するティテュスは,ドミシーとの 結 婚 に 踏 み 切 れない ドミシーはティテュスの 煮 え 切 らない 態 度 に 怒 る ドミシアンはベレニス と 結 婚 するふりをして,ティテュスとドミシーの 結 婚 を 阻 止 しようとする が, 返 ってドミシーの 怒 りを 買 うばかりである ティテュスの 優 柔 不 断 さ に 耐 え 切 れず,ドミシアンは 自 分 とベレニスとの 結 婚 を 認 めろと 提 案 す る この 膠 着 状 態 を 解 き 放 つのは, 元 老 院 からの 黙 認 というデウス エク ス マキーナによる 結 末 である この 筋 書 きだけからでも,ラシーヌとコルネイユの 作 品 の 違 いは 明 らか であろう ラシーヌの 作 品 では, 三 人 の 心 の 動 き 以 外 に 目 立 った 事 件 はな い 劇 は, 登 場 人 物 の 三 者 三 様 の 内 心 の 葛 藤 によって 進 行 する コルネイ ユの 作 品 では, 互 いに 三 すくみの 状 態 で 自 分 で 決 意 できない 劇 を 進 行 さ せているものは, 登 場 人 物 の 互 いの 駆 け 引 きである ラシーヌの 単 純 さ とは 大 きく 異 なる この 違 いはどこからくるのか この 違 いを 考 える 上 で,ル ヴェールとマニョンの 作 品 を 見 てみよう 3.ル ヴェールの アリシディまたはティットの 結 婚 ル ヴェール Le Ver t は 生 没 不 明 で, 劇 作 品 は 3 作, 喜 劇 恋 する 博 士 Le Docteur amoureux(1637 年,オテル ド ブルゴーニュ 座 上 演 )と 悲 劇 アリストティム Aristotime(1641 年, 上 演 劇 団 不 明 ),そして 拙 論 で 取 り 上 げた アリシディまたはティットの 結 婚 Aricidie ou le Mariage de Tite を 書 いている アリシディ は 五 幕 韻 文 悲 喜 劇 で,1645 年 にオテル ド ブルゴーニュ 座 で 上 演 された ランカスターに 拠 れば,17 世 紀 の 劇 作 品 の 中 でティテュスが 登 場 する 最 初 の 作 品 である 4) 主 要 登 場 人 物 は, 愛 し 合 う 皇 帝 の 息 子 ティットと 騎 士 の 娘 アリシディ, 5

6 ティットの 弟 のドミシアンと 兄 の 結 婚 相 手 でドミシアンが 愛 するパルティ アの 王 女 ザラートである 他 に 父 親 の 皇 帝 ヴェスパジアンが 登 場 する 場 面 の 設 定 はないが, 内 容 からローマの 皇 帝 の 宮 殿 であろう 第 一 幕 は, 夜, 庭 園 でアリシディはティットと 逢 引 しようとしている 彼 女 は 姉 のエミールに 見 咎 められる 彼 女 の 手 にした 手 紙 から, 相 手 が ティットと 知 れる そこに 現 れたティットは, 結 婚 相 手 と 定 められた 異 国 の 王 女 ザラートと 結 婚 する 意 思 はないと,アリシディに 愛 を 誓 う 彼 女 の 父 親 が 現 れて,ティットはその 場 を 去 るが,あわてて 肖 像 画 と 手 紙 を 落 と す 父 親 は, 落 し 物 から 二 人 の 仲 を 知 り, 皇 帝 のヴェスパジアンに 報 告 す ると 言 う 第 二 幕,ティットは 弟 のドミシアンに 事 情 を 打 ち 明 ける ドミシアンは ザラートに 恋 している ドミシアンはヴェスパジアンに,ティットの 代 わ りに 自 分 がザラートと 結 婚 したいと 提 案 する ヴェスパジアンは,ティッ トはザラートと 結 婚 するか,さもなければ 死 ななくてはならないと 宣 言 す る 第 三 幕,ヴェスパジアンはザラートと 会 ったことがない ドミシアン は, 彼 女 とアリシディが 瓜 二 つだと 言 って, 先 入 観 を 持 たせる そこへ ティットとアリシディが 現 れる ドミシアンは,アリシディをザラートと 偽 って 紹 介 する ヴェスパジアンはこの 嘘 を 真 に 受 けて, 彼 女 とティット の 結 婚 を 宣 言 して, 結 婚 のために 二 人 を 神 殿 に 送 り 出 す 第 四 幕,アリシディの 父 親 の 報 告 で,ヴェスパジアンは,ティットが 結 婚 した 相 手 はザラートではなく,アリシディだと 知 る ローマに 到 着 した ザラートは, 侮 辱 されたことを 怒 り, 宣 戦 を 布 告 する ヴェスパジアンは 謝 罪 して,ティットとアリシディを 殺 すと 提 案 し,ザラートに 処 置 を 一 任 する 第 五 幕,ザラートはひそかにドミシアンに 好 意 を 抱 いている ザラート 6

7 二 つの ティット の 前 に 現 れたティットとアリシディは, 互 いに 恋 人 の 命 乞 いをする ザ ラートは 二 人 を 許 し,ドミシアンとの 結 婚 に 同 意 する 家 門 の 名 誉 を 汚 す 娘 を 殺 そうとする 父 親, 二 人 の 謝 罪 と 王 女 の 寛 容 と 仁 慈 という 点 では, 年 代 的 にも,コルネイユの オラース (1640 年 初 演 )や シンナ (1641 年 初 演 )を 思 い 起 こさせるところがないわけではない し かし, 夜 の 闇 にまぎれての 逢 引, 姉 と 妹 の 取 り 違 え, 肖 像 画 と 手 紙 による 事 態 の 発 覚, 父 の 皇 帝 も 策 略 にはまってのアリシディと 異 国 の 王 女 を 取 り 違 えなど, 次 々と 事 態 は 変 転 する(なお, 脇 筋 としてはアリシディの 姉 の 結 婚 が 同 時 進 行 する) 結 末 では, 王 女 は 弟 との 結 婚 に 同 意 して, 二 人 を 許 す 幸 福 な 結 末 は, 取 ってつけたようなデウス エクス マキーナである 全 ては, 誤 解 の 連 鎖 によって 進 行 する 典 型 的 な 悲 喜 劇 の 筋 の 展 開 である 筋 書 きからも 明 らかなように,ル ヴェールの アリシディ は,コルネ イユの 作 品 ともラシーヌの 作 品 ともまったく 異 なった 作 品 であり, 影 響 関 係 のない 作 品 といえよう 4.マニョンの ティット ジャン マニョン Jean Magnon( )はトウルニュスの 出 身 の 弁 護 士 で, 一 時 期 修 史 官 を 務 めた 百 科 事 典 的 な 詩 La Science Universelle を 書 いている 1662 年 にマニョンの 妻 に 横 恋 慕 した 貴 族 によって,ポン=ヌ フの 橋 の 上 で 暗 殺 されたとされている 劇 作 は 8 作 品, 内 5 作 が 悲 劇, 3 作 が 悲 喜 劇 である 1659 年 12 月 には,モリエール 劇 団 で ゼノビー Zénobie が 上 演 されている 同 じく1659 年 に 上 演 されたマニョンの 悲 喜 劇 ティット Tite( 上 演 劇 団 不 明 )は,ティテュス(ティット)とベレニスの 恋 を 扱 ったフランスで 最 初 の 劇 作 品 である 5) 主 要 登 場 人 物 は, 皇 帝 ティット,ティットとの 結 婚 を 求 める 貴 族 の 娘 ミュシ,ミュシを 想 うアントワーヌ, 一 旦 はティットと 別 れて 帰 国 したベ 7

8 レニス, 場 面 はローマの 皇 帝 の 宮 殿 である 第 一 幕,ベレニスはローマに 国 を 奪 われて 追 放 された 現 在, 彼 女 は 男 装 して,イベリアから 追 放 された 王 クレオビュルになりすまして,ティッ トの 家 臣 になっている 元 老 院 は,ティットとミュシとの 結 婚 を 求 めてい る しかし,ティットの 身 内 のアントワーヌはミュシをひそかに 愛 してい る 一 方,ミュシは 皇 后 の 位 を 望 み, 彼 女 の 父 親 もそれを 願 っている ティットは 皇 帝 であるために,ベレニスと 結 婚 できないことを 嘆 く ティットはクレオビュル( 男 装 したベレニス)に,ミュシと 結 婚 すればイベ リアの 王 に 復 位 させようと 提 案 する その 一 方 で,ティットはミュシの 父 親 の 思 惑 を 探 ろうと,ミュシとの 結 婚 の 許 しを 求 めるが, 父 親 は 固 辞 する ふりをする また,ローマの 法 律 を 理 由 にベレニスとの 結 婚 にも 反 対 す る ティットは 途 方 に 暮 れる 第 二 幕,アントワーヌは,ティットとミュシの 結 婚 に 反 対 し 続 ける し かし,ミュシの 父 親 は, 自 分 の 権 力 を 支 えるためにこの 結 婚 に 賛 成 だと 本 心 を 語 る クレオビュル( 男 装 したベレニス)は,ティットとミュシの 結 婚 を 阻 止 しろと,アントワーヌをけしかける しかし,アントワーヌは,こ の 言 葉 を,クレオビュルがミュシとの 結 婚 をたくらんでいると 誤 解 する ミュシもまた,クレオビュルが 自 分 と 結 婚 しようと 画 策 していると 誤 解 し て, 怒 って 出 ていく 一 方,ティットはクレオビュル( 実 はベレニス) に, 母 親 がベレニスとの 結 婚 を 許 さないと 告 げる クレオビュルが 落 胆 し ているのを,ティットは,ミュシと 結 婚 できないことを 嘆 いていると 誤 解 する ティットは, 二 人 の 結 婚 について 自 分 に 任 せておけと 告 げる 第 三 幕,ミュシの 父 親 はティットに,ミュシとクレオビュルの 結 婚 を 認 めず,クレオビュルを 追 放 すると 告 げる クレオビュルは 不 当 な 処 置 だと 抗 議 する ティットは,ローマの 反 対 と 戦 うと 決 意 する ティットはミュ シに,クレオビュルと 結 婚 して, 王 位 を 得 ろと 提 案 する ミュシは 拒 否 8

9 二 つの ティット し, 反 乱 を 決 意 して,アントワーヌに 武 器 を 取 って 戦 えと 命 じる 第 四 幕,ミュシはクレオビュルに, 彼 との 結 婚 を 改 めて 拒 否 する 反 乱 が 起 こり,クレオビュルを 殺 そうとしていると 報 告 が 入 る クレオビュル は, 反 乱 に 立 ち 向 かおうと 出 ていく アントワーヌは,クレオビュルの 追 放 を 要 求 する ティットは 謀 反 人 を 制 圧 することを 命 じて,アントワーヌ を 逮 捕 させる 第 五 幕,クレオビュルが 元 老 院 に 乗 り 込 んだという 報 告 が 入 る 元 老 院 は,クレオビュルの 勇 気 を 認 めた しかし, 民 衆 が 元 老 院 になだれ 込 み, アントワーヌを 入 れた 牢 獄 が 襲 撃 され,ミュシの 父 親 の 家 も 民 衆 に 襲 われ たと 報 告 が 入 る 牢 獄 から 救 出 されたアントワーヌが 現 れて, 反 乱 に 参 加 すると 告 げる ティットはクレオビュルが 死 んだものと 思 い 込 み,この 事 態 を 嘆 いて 退 位 の 意 志 を 固 める そこへベレニスの 腹 心 が 現 れて,クレオ ビュルはベレニスだった,ベレニスは 死 んだ,と 告 げる アントワーヌが 現 れて,クレオビュルは 生 きていると 告 げて, 次 のように 報 告 する 怒 り 狂 った 民 衆 がクレオビュルに 迫 った 時, 女 の 姿 でベレニスが 現 れた ベレ ニスは 民 衆 に,これまでの 成 行 きを 物 語 った 民 衆 は 感 動 して,ベレニス に 共 感 を 示 した 元 老 院 は,ティットが 異 国 の 女 王 と 結 婚 することを 認 め る ティットは 喜 んで,ベレニスに 求 婚 する ティットは,ミュシとアン トワーヌの 結 婚 を 認 める マニョンの ティット も 悲 喜 劇 である 女 主 人 公 が 男 装 して, 別 の 人 物 として 登 場 するが, 他 の 登 場 人 物 は, 誰 ひとりそのことに 気 づかない 劇 の 山 場 では, 台 詞 で 語 られるのみだが, 女 主 人 公 が 自 ら 元 老 院 に 乗 り 込 んで 説 得 する 民 衆 の 反 乱 は, 女 主 人 公 が 女 の 姿 で 真 相 を 明 かすことで 収 める 最 後 に, 女 主 人 公 が 女 の 姿 で 舞 台 に 登 場 して, 幸 せな 結 末 を 迎 え る この 芝 居 もまた, 典 型 的 な 悲 喜 劇 である コルネイユの ティットとベレニス と 比 較 すると, 登 場 人 物 の 人 物 関 9

10 係 は,マニョンとコルネイユではほぼ 同 じ 構 図 である つまり,ミュシ は,ドミシーと 同 様 に, 皇 后 の 位 への 野 心 に 突 き 動 かされている ミュシ を 愛 するアントワーヌは, 彼 女 とティットとの 結 婚 を 阻 もうとする 大 き な 違 いは,ベレニスが 男 装 で 登 場 し, 結 末 でティットと 結 婚 が 決 まること である 5.ル ヴェールとマニョン,そしてコルネイユ ラシーヌは, ベレニス の 序 文 で 出 典 としてスエトニウスの ローマ 皇 帝 伝 を 挙 げている 一 方,コルネイユは,クシフィリヌスが 要 約 した ディオン カッシオスの ローマ 史 から 題 材 を 得 たとしている 二 人 は 序 文 で 出 典 としてローマ 史 を 挙 げているが,なぜこの 挿 話 を 選 んだのか たまたま 見 つけたにしては,あまりにも 偶 然 ではなかろうか 前 章 まで,ル ヴェールとマニョンの 作 品 について 紹 介 した ル ヴェールの 作 品 は,17 世 紀 演 劇 で 最 初 にティトュス(ティット)を 登 場 さ せた 作 品 である マニョンは,ティトュスとベレニスの 愛 を 劇 で 扱 った 最 初 のフランス 作 家 である この 二 作 はコルネイユとラシーヌの 作 品 とどの ような 関 係 があるのか ル ヴェールの アリシディ に,ティットが 登 場 するといっても, 思 い 違 いに 基 づく 悲 喜 劇 である 筋 書 きからも 明 らかなように,ラシーヌは もちろん,コルネイユの 作 品 ともおよそ 無 関 係 である その 上,ル ヴェールの 作 品 にベレニスは 登 場 しない しかし, 劇 中 でティテュスの 過 去 の 恋 人 としてベレニスに 触 れた 台 詞 がある 6) かつてあなたの 娘 (アリシディ)の 前 にベレニスがいた ティットは,そしてローマさえも,ベレニスに 魅 了 された 10

11 二 つの ティット 献 辞 の 中 でもベレニスについて 言 及 している 7) ベレニスの 魅 力 は, 勝 利 者 を 服 従 させて, 世 界 の 支 配 者 の 一 人 の 主 と なることを 望 んだ,しかし, 義 務 が 情 念 に 打 ち 勝 った ル ヴェールは, 序 文 の 中 で,コルネイユについて 次 のように 述 べてい る 8) 私 は 幸 運 にもノルマンディーに 生 まれた ( ) 手 本 として, 芸 術 家 として,( 友 として,また 同 郷 人 として, 鼻 が 高 い) 大 巨 匠 をもってい る ル ヴェールはコルネイユの 友 人 であり,コルネイユを 尊 敬 して, 同 郷 人 であることを 誇 りとしている この 序 文 から 見 て, 二 人 には 何 らかの 面 識 があったと 考 えられよう このように 考 えると,コルネイユが,ル ヴェールの アリシディ を 知 っていたと 考 えられる すでに 述 べたよう に,ル ヴェールの アリシディ は,ティトュスが 登 場 する17 世 紀 の 最 初 の 劇 作 品 である コルネイユは,ル ヴェールの アリシディ を 通 し て, 劇 の 登 場 人 物 としてのティット,そして 台 詞 によってベレニスという 人 物 について, ティットとベレニス の 創 作 以 前 から 知 っていた 可 能 性 が 高 い マニョンの 作 品 は,ラシーヌの ベレニス とはまったく 異 なるが,コ ルネイユの ティットとベレニス と 類 似 点 はある マニョンもまた,コ ルネイユを 比 類 ないコルネイユ l inimitable Corneille と 高 く 評 価 して いる 9) コルネイユも, 手 紙 で,マニョンの 死 を 次 のように 悼 んでいる 10) 11

12 私 は, 哀 れなマニョンが 負 傷 して 死 んだと 聞 いた, 彼 に 同 情 する この 手 紙 から,コルネイユとマニョンには 面 識 があった,すくなくとも コルネイユはマニョンを 知 っていたと 考 えられる しかも,コルネイユの ティットとベレニス とマニョンの ティット には, 類 似 する 点 が 多 い その 上,ランカスターは,コルネイユとマニョンの 作 品 から 5 カ 所 の 台 詞 を 類 似 したものとして 挙 げている その 内 の 少 なくとも 4 カ 所 につ いては, 類 似 は 明 らかである その 4 節 は 次 のものである Il est cent mille Amans, il nʼest quʼvn Empereur.(Tite, I, 2) Rome a mille beautés dignes de votre coeur; Mais dans toute la terre il nʼest quʼun empereur. 11) (T. et B., I, 2, vv ) Je suis Maistre du monde, et non pas de mon ame.(tite, I, 3) Maître de lʼunivers sans lʼêtre de moi-même. 12) (T. et B., II, 2, v. 407) Cʼest trop assujettir lʼempire à lʼempereur.(tite, I, 4) Que pour assujettir lʼempereur à lʼempire. 13) (T. et. B., III, 5, v. 992) Mais comment vous toucher? Si pour complaire à Rome En devenant Cesar il faut cesser d'estre homme.(tite, III, 2) De quoi s'enorgueillit un souverain de Rome, Si par respect pour elle il doit cesser d'être homme. 14) (T. et B., V, 1, vv ) 12

13 二 つの ティット これらの 詩 句 の 類 似 は 明 らかである このことから,マニョンの 作 品 は コルネイユの 作 品 の 出 典 の 一 つであり,マニョンの ティット はコルネ イユの ティットとベレニス の 先 行 作 品 と 考 えてよいだろう コルネイ ユはマニョンの ティット を 知 っていて 作 品 を 書 いた,と 考 えてもおか しくない コルネイユは,クシフィリヌスが 要 約 したディオン カッシオスの ローマ 史 から 題 材 を 得 たとしていた しかし,コルネイユは,ル ヴェールとマニョンの 二 人 を 知 っていた 1645 年 のル ヴェールの 作 品 で,コルネイユはベレニスという 人 物 の 存 在 を 知 ったと 考 えられないか また,1659 年 のマニョンの 作 品 は, 出 典 の 一 つという 可 能 性 は 高 い コル ネイユは,これらを 踏 まえて ティットとベレニス を 書 いたと 考 えられ る コルネイユが 出 典 として 挙 げた 古 典 から 主 題 を 見 いだしたというより も, 三 者 の 面 識 から,ル ヴェールからマニョン,さらにコルネイユとい う 流 れが 見 えてくる そうなると,コルネイユがこのテーマを 取 り 上 げる 蓋 然 性 は 高 いといえないか ラシーヌがスエトニウスでベレニスの 存 在 を 知 ったというよりも,ル ヴェールとマニョンの 作 品 を 通 して,コルネイ ユが 先 にベレニスとティトュスについて 知 っていた 蓋 然 性 は 高 いといえな いだろうか 以 上 の 推 論 は,コルネイユがラシーヌよりも 先 に 執 筆 に 取 り かかったと 考 えるための 証 左 とならないだろうか フォレスティエの 見 解 で 結 論 が 出 たといえども, 三 者 の 関 係 と 作 品 の 関 連 ももう 一 つの 傍 証 ( 状 況 設 定 )といえるのではないだろうか 6.おわりに 以 上,ティトュスを 扱 った 三 作 品 を 見 てきた ル ヴェールの アリシ ディ は,コルネイユの 作 品 の 先 行 作 品 とは 言 い 難 い しかし,コルネイ 13

14 ユがこの 作 品 の 存 在 を 知 っていた 可 能 性 は 高 い 次 にマニョンの ティッ ト は,コルネイユの ティットとベレニス との 間 に 明 らかな 影 響 関 係 があり, 先 行 作 品 といってよいだろう 悲 喜 劇 は 思 いがけない 出 来 事 の 連 鎖 によって 筋 が 変 転 し, 劇 が 展 開 する のが 常 套 的 技 法 である ル ヴェールとマニョンの 作 品 は,まさに 悲 喜 劇 の 典 型 といえよう コルネイユの ティットとベレニス は 英 雄 劇 だが, こうした 技 法 を 用 いた 悲 喜 劇 の 流 れを 汲 む 作 品 といえよう コルネイユの 作 品 は,ラシーヌの ベレニス よりもル ヴェールとマニョンの 二 作 品 に 近 い 作 品 である ティット に 取 材 した 悲 喜 劇 として,ル ヴェー ル,マニョン,コルネイユの 作 品 を 通 観 すると,そこに 悲 喜 劇 の 技 法 に 共 通 した 流 れが 見 いだせる 三 作 品 を 検 討 すると,コルネイユの 作 品 は, ティテゥスを 扱 った 一 連 の 悲 喜 劇 の 流 れの 中 で 書 かれた 作 品 であるといえ よう コルネイユの ティットとベレニス は, 悲 喜 劇 の 劇 技 法 に 基 づく 作 品 であることが 分 かる そこに 当 時 の 一 般 的 な 劇 作 品 の 手 法 が 見 えてく る 悲 喜 劇 の 流 れの 中 において 見 ると,コルネイユの 複 雑 さ も 理 解 でき よう ル ヴェールからコルネイユまでの ティット をめぐる 一 連 の 悲 喜 劇 の 複 雑 さと 比 較 することによって,ラシーヌの 作 品 の 独 自 性 が 鮮 明 に 見 えてくる そこから 見 えてくるものは,ラシーヌの ベレニス が,ス エトニウスの 去 りがての 人 を 去 りがたい 思 いで という 一 節 から, 時 場 筋 の 最 小 の 単 位 で 劇 を 構 成 することを 試 みた 実 験 作 ともいうべき 作 品 であるということだ ラシーヌが 序 文 に 掲 げた 単 純 さ が,ラシーヌの 悲 劇 の 独 自 性 としていっそう 明 らかに 現 れてくるといえないだろうか ラ シーヌの ベレニス 序 文 に 戻 ろう 15) そういう 人 々は 思 っても 見 ないのである すべて 創 意 工 夫 とは,そ 14

15 二 つの ティット れとは 反 対 に, 無 に 等 しいものから, 何 か 意 味 のあるものを 作 り 出 す ことにあり,ああいう 夥 しい 数 の 事 件 とは,いつでもきまって, 五 幕 の 間 中, 情 念 の 烈 しさと 感 情 の 美 しさと 表 現 の 優 雅 さを 支 える 単 純 な 筋 によって 観 客 を 惹 きつけておくには, 自 分 の 才 能 は 充 分 な 豊 かさも 充 分 な 力 もないと 思 っているような 詩 人 たちの 逃 げ 場 なのだ,という ことを この 言 葉 の 中 にラシーヌの 悲 劇 と 他 の 三 人 の 作 家 の 作 品 との 違 いが 鮮 明 に 表 れている ラシーヌ 以 外 の 三 人 の 作 家 の 筋 の 複 雑 さ こそ 当 時 の 劇 技 法 の 主 流 であって,その 複 雑 さ に 照 らしみることで,ラシーヌの 主 張 する 単 純 な 筋 がいっそう 際 立 ち,その 試 みの 独 自 性 がより 明 らかに なるといえないだろうか 注 1) ラシーヌ ブリタニキュス,ベレニス 渡 辺 守 章 訳, 岩 波 文 庫,164 頁 2) ベレニスという 人 物 を 登 場 人 物 とした 作 品 としては, 他 にもデュ リエ Du Ryer の ベレニス Bérénice とトマ コルネイユ Thomas Corneille の ベレニス Bérénice があるが, 前 者 に 登 場 するベレニスははシリアの 王 族 の 娘 で, 後 者 は グラン シリュス Grand Cyrus に 取 材 した 作 品 で,どち らもローマ 時 代 のベレニスとは 別 人 である 3 ) Racine, Œuvres complètes. I, pléiade, 1999, pp ) Lancaster, A History of French dramatic literature in the seventeenth century, Part II, Gordian Press, New York, 1966, p ) Ibid., Part III, p ) Berenice autrefois preceda vostre Fille : Tite en estoit charmé, Rome mesme approuvoit(le Vert, Aricidie ou le Mariage de Tite, Sommavill, 1646, p. 51.) 7 ) Berenice, qui voulut asservir son vainqueur, & se rendre Maistresse d un des Maistres de l Univers : Mais le devoir l emporta sur la passion.(ibid., Espistre.) 15

16 8 ) Comme je suis assez heureux pour estre né Normand, (...) j ay pour modele & pour Partisan, (comme pour amy & pour compatriote, dont je ne tire pas une petite vanité)le grand Maistre de l art.(ibid., Au lecteur.) 9 ) Tite, tragi-comédie de Jean Magnon (1660), Critical Edition by Herman Bell, Johnson Reprint, New York, 1973, p ) J appris hier que le pauvre Magnon est mort de ses blessures. Je le plains, (Corneille, Oeuvres, Grands Ecrivains Edition, vol X, pp ) 11) 100 万 の 恋 人 がいても, 皇 帝 はただ 一 人 ( ティット, 第 1 幕 第 2 場 ) あなたの 心 にかなう 美 女 がローマに 千 人 いても,この 地 上 に 皇 帝 はただ 一 人 ( ティットとベレニス, 第 1 幕 第 2 場, 行 ) 12) 私 は 世 界 の 主 であっても, 自 分 の 主 ではない ( ティット, 第 1 幕 第 3 場 ) 世 界 の 支 配 者 であっても, 自 分 の 支 配 者 ではない ( ティットとベレニ ス, 第 2 幕 第 2 場,407 行 ) 13) 帝 国 を 皇 帝 に 従 わせるとはあんまりです ( ティット, 第 1 幕 第 4 場 ) 皇 帝 を 帝 国 に 従 わせるには ( ティットとベレニス, 第 3 幕 第 5 場,992 行 ) 14) しかし,どのように 関 わるのですか? ローマに 気 に 入 られるには, 皇 帝 となるには, 人 間 であることをやめねばならない ( ティット, 第 3 幕 第 2 場 ) ローマの 支 配 者 と 自 らを 誇 ることは,ローマに 対 する 敬 意 によって, 人 間 であることをやめねばならない ( ティットとベレニス, 第 5 幕 第 1 場, 行 ) 15) 前 掲 書,166 頁 16

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色 4-5-5 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 番 外 : 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 齊 藤 誠 数 学 や 統 計 学 を 専 門 としない 人 たちの 人 生 にとって 数 学 や 統 計 学 とはどのような 意 味 を 持 つものなのであろうか このような あいまいな 設 問 への 答 えは 人 によってさまざまであろうが 私 であれば 次 のように 答 えるであろう 古

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求

秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 フ ォ ガ プ 期 会 開 み ョ コ 箱 秘 訣 可 能 終 身 雇 用 時 代 幕 閉 ず ぶ 前 資 格 キ 身 転 職 高 収 入 視 野 入 副 業 モ ビ ネ 立 げ 二 束 副 収 入 得 ビ ネ ソ 仕 事 勉 強 明 暮 毎 過 ご 近 当 見 ラ フ ワ 違 切 口 ユ ニ 目 指 個 的 幸 福 追 求 多 ビ ネ ソ ふ ざ ハ グ ぶ 多 簡 単 ふ 書 籍 時 代 多 哲

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

パーラーの紳士 The Gentleman in the Parlour

パーラーの紳士 The Gentleman in the Parlour The Gentleman in the Parlour *1 * 2 * 3 2013 4 24 *1 *2 c 2009 *3 c 2013 i iii 1 1 3 2 5 3 7 4 9 5 11 6 15 7 19 8 21 9 23 10 25 11 33 12 37 13 39 14 43 15 47 16 51 17 59 18 61 ii 19 63 20 65 21 67 22

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

人生の暗号と運命

人生の暗号と運命 寅 暗 号 運 命 導 聖 愛 ょ 父 子 聖 霊 行 お 永 遠 導 続 ( エ ド ガ ケ イ リ デ グ ) 4 目 次 プ グ 雑 還 暦 過 ぎ 頃 四 家 系 探 五 太 陽 系 今 六 術 残 死 七 犬 八 娘 九 娘 旅 行 〇 墓 姓 父 太 郎 共 通 点 義 兄 金 造 道 悦 5 妻 周 四 悦 子 五 寅 六 新 社 倒 産 七 父 死 十 字 架 八 北 へ 帰 別

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか

2.7~11 節 この 人 たちが 行 ってしまうと イエスは ヨハネについて 群 衆 に 話 しだされた あな たがたは 何 を 見 に 荒 野 に 出 て 行 ったのですか 風 に 揺 れる 葦 ですか でなかったら 何 を 見 に 行 ったのですか 柔 らかい 着 物 を 着 た 人 ですか 057 マタ 11:2~19 ルカ 7:18~35 1.はじめに (1) 文 脈 の 確 認 1イエスのメシア 性 を 示 す 2 つの 奇 跡 * 百 人 隊 長 のしもべの 癒 し( 55) *やもめの 息 子 の 蘇 生 ( 56) 2ヨハネの 弟 子 たちが 2 番 目 の 奇 跡 をヨハネに 知 らせた 3そこでヨハネは 弟 子 たちをイエスのもとに 派 遣 し 質 問 をした (2)A.T.ロバートソンの

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

2007年4月10日

2007年4月10日 関 西 大 学 法 科 大 学 院 法 と 社 会 2 法 とメディア 第 2 回 2009 年 10 月 1 日 メディアと 名 誉 プライバシー(その1) 弁 護 士 弁 理 士 近 藤 剛 史 tsuyoshi@kondolaw.jp Ⅰ. 名 誉 に 関 する 法 的 保 護 1 社 会 的 名 誉 民 法 703 条 にいう 名 誉 とは 人 がその 品 性 徳 行 名 声 信 用 等 の

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に

ミャンマー 会 社 法 第 一 部 前 文 1. * * * 2. (1) 本 法 において 主 題 又 は 文 脈 に 反 するものがない 限 り 下 記 の 文 言 は 以 下 の 意 味 を 有 する (1) 付 属 定 款 とは 会 社 の 原 始 付 属 定 款 又 は 特 別 決 議 に ミャンマー 連 邦 共 和 国 会 社 法 The Burma Companies Act (1914) 本 資 料 は 国 家 計 画 経 済 開 発 省 企 業 投 資 管 理 局 (DICA) 発 表 のミャンマー 会 社 法 をもとに 国 際 機 関 日 本 アセアンセンターが 株 式 会 社 icubeに 委 託 し 日 本 語 に 仮 訳 したものです なお 本 資 料 はあくまで 仮

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアム TIES 職 員 就 業 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアムTI ES( 以 下 本 法 人 という ) 事 務 局 に 勤 務 する 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

社労士合格 弾丸合格セミナー

社労士合格 弾丸合格セミナー 第 37 回 目 国 民 年 金 法 法 改 正 傾 向 と 対 策 それでは 第 37 回 目 の 講 義 国 民 年 金 法 法 改 正 の 解 説 を 進 めていきます 平 成 26 年 度 から 消 費 税 が 5%から 8%に 上 がり その 増 加 分 を 社 会 保 障 関 係 の 維 持 に 充 てる ことが 可 能 になったこともあり 多 くの 箇 所 で 改 正 があります 1

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

02_[019-038]國分(責)岩.indd

02_[019-038]國分(責)岩.indd 86 2012 1 CCCCCCCCC CCCCCCCCC 2 * 0 Transition 1 light verse 1 1 83 2011 1 pp. 19 43. Aoyama Gakuin University, Society of International Politics, Economics and Communication, 2012 1. Paul Eluard 1895

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3.

Taro-B-SLIMの活用_高等学校 3. B-SLIMを 活 用 した 授 業 実 践 例 高 等 学 校 外 国 語 科 本 事 例 では 生 徒 が 教 科 書 本 文 で 学 習 する 言 語 材 料 を 生 かしたピクチャーカードを 基 に 物 語 の 構 成 を 考 え 英 語 で 発 表 する 活 動 を 位 置 付 けていま 本 時 は 2 時 間 を1まとまりで 構 成 し 生 徒 が 物 語 を 英 語 で 考 える 時

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給 全 大 教 資 料 No.12-02 2012 年 11 月 退 職 金 の 大 幅 切 り 下 げをさせないための 第 1 次 討 議 資 料 2012 年 11 月 22 日 全 国 大 学 高 専 教 職 員 組 合 中 央 執 行 委 員 会 政 府 は 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 を 平 均 402.6 万 円 引 き 下 げること および 独 立 行 政 法

More information

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 シリーズ 15 こころの 未 来 - 私 たちのこころは 何 を 求 めているのか- 第 2 回 自 分 の 意 思 で 決 めるとはどういうことか? 心 理 学 と 脳 科 学 の 視 点 から 京 都 大 学 が 東 京 品 川 の 京 都 大 学 東 京 オフィス で 開 く 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 のシリーズ

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違 Title 刑 事 弁 護 人 の 役 割 と 倫 理 村 岡, 啓 一 ; 川 崎, 英 明 ; 指 宿, 信 ; 武 井, 康 年 ; 大 出, 良 知 ; 高 田, 昭 正 ; 上 田, 信 太 郎 ; 上 田, 國 廣 ; 白 取, Author(s) 祐 司 ; 森 下, 弘 ; 水 谷, 規 男 ; 加 藤, 克 佳 ; 田 淵, 浩 二 ; 四 宮, 啓 Citation Issue

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx 刑 法 各 論 の 基 礎 25 個 人 的 法 益 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 (1) 07 行 動 の 自 由 意 思 決 定 の 自 由 法 益 主 体 = 個 人 人 の 生 命 身 体 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 生 活 の 平 穏 に 対 する 罪 (プライバシーに 対 する 罪 ) 名 誉 信 用 に 対 する 罪 財 産 に 対 する

More information

Sommaire Etude Comparative sur les Deux Romans d' Adultère - Les Bourgeois de Molinchart de Champfleury, Madame Bovary de Flaubert- Hisashi TAKIZAWA Les Bourgeois de Molinchart et Madame Bovary, ces deux

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

2010年度聖学院大学卒業礼拝説教「勇気を出しなさい」

2010年度聖学院大学卒業礼拝説教「勇気を出しなさい」 2011 年 3 月 17 日 ( 木 ) 聖 学 院 大 学 卒 業 礼 拝 勇 気 を 出 しなさい ヨハネによる 福 音 書 16:29-33 大 学 チャプレン 菊 地 順 (この 説 教 は 3 月 17 日 の 卒 業 礼 拝 のために 準 備 したものです しかし 3 月 11 日 に 起 こった 東 北 関 東 大 震 災 のため 卒 業 礼 拝 が 中 止 となり お 話 しすることができませんでした

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

オオイタデジタルブック「豊後の武将と合戦」

オオイタデジタルブック「豊後の武将と合戦」 第 章 1 渡 辺 克 己 著 初 版 発 行 :2008 8 29 第 章 1 2 原 著 案 本 デジタルブック 以 籍 武 将 合 デジタル 化 武 将 合 著 : 渡 辺 克 己 A5 版 314 ページ 発 行 : 合 同 新 聞 社 発 行 :2000 2 15 定 価 :2300 円 税 込 購 問 合 : 他 合 同 新 聞 社 本 合 同 新 聞 文 化 センター 電 097-538-9662

More information

2 実 相 談 堅 侠 訴 承 有 閑 マ ダ ム ゃ 正 鏡 問 げ 創 業 家 嬢 様 乗 色 変 4 0 7 R 好 無 衆 ポ ツ 様 麻 雀 席 聞 無 論 誇 口 挟 興 味 族 暮 悩 多 番 発 散 我 陳 腐 臭 台 詞 葉 準 備 相 ベ 誰 信 重 瞼 底 感 鼻 筋 尻 線

2 実 相 談 堅 侠 訴 承 有 閑 マ ダ ム ゃ 正 鏡 問 げ 創 業 家 嬢 様 乗 色 変 4 0 7 R 好 無 衆 ポ ツ 様 麻 雀 席 聞 無 論 誇 口 挟 興 味 族 暮 悩 多 番 発 散 我 陳 腐 臭 台 詞 葉 準 備 相 ベ 誰 信 重 瞼 底 感 鼻 筋 尻 線 1 香 獣 ( 16 ) 露 津 tsuyutsu mari 麻 雀 踏 尋 ぱ ウ 派 困 三 歳 筋 骨 逞 胸 板 薄 危 瑞 々 感 残 喜 ぶ 顔 覗 む 視 線 過 浅 頷 チ 厄 介 僕 皆 遊 び 呟 懐 具 負 怖 ゃ 黙 乗 勢 直 ム 四 秒 員 様 禁 止 禁 止 馬 鹿 形 骸 化 決 生 決 立 答 表 示 眺 秒 2 実 相 談 堅 侠 訴 承 有 閑 マ ダ ム ゃ

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt 11 観 量 性 理 論 競 輪 や 競 馬 自 動 車 レース オリンピック 等 で 各 種 競 争 が 行 われている また 人 間 はその 昔 石 や 棒 切 れなどを 投 げて 逃 げる 獲 物 を 捕 まえた これらは 速 度 ( 相 対 的 な 運 動 や 速 さ)を 比 較 しているのであって 速 度 の 比 較 は 我 々の 生 存 生 活 にお ける 必 然 的 な 事 柄 である

More information

_09田村.indd

_09田村.indd 84 3 2016 3 1935-2011 1956 4 1986 2 3 4 = 1 Agota Kristof, Le Grand Cahier, in Romans, Nouvelles, Theâtre complet, Edition du Seuil, 2011. 1991. 17 8 1995 p. 104. 2 p. 103. 3 2013. 4 35 1 1994 57 1 2007.

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

不安定感が高まるミャンマーの政治・経済

不安定感が高まるミャンマーの政治・経済 東 南 ジ 経 済 2016 年 3 月 29 日 全 5 頁 不 安 定 感 が 高 まるミャマーの 政 治 経 済 国 軍 との 関 係 悪 化 が 経 済 のダウサイドリスクに 経 済 調 査 部 エコノミスト 新 田 尭 之 [ 要 約 ] 3 月 15 日 ミャマーの 大 統 領 選 挙 で 元 経 済 官 僚 であるティ チョー 氏 が 当 選 した 同 国 で 文 民 が 大 統 領

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

飲酒運転

飲酒運転 パチンコ 玉 の 現 金 化 は 違 法 ( 賭 博 行 為 )だ パチンコ 玉 を もやがい 所 で 現 金 化 するのは 賭 博 行 為 である しかし 警 察 は 何 故 取 締 まりをしない? パチンコをするときは 店 内 で 玉 を 買 ってパチンコ 台 で 打 つ 例 えば1 個 4 円 のパチンコ 玉 を1000 個 4000 円 で 買 って その 玉 を 使 ってパチンコ 台 で

More information

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事 記 載 例 財 産 目 録 ( 平 成 年 月 末 日 現 在 ) 平 成 年 ( 家 ) 第 号 1 不 動 産 仮 に 提 出 期 限 に 遅 れる 場 合 でも, 特 に 指 示 がない 限 り 基 準 日 は 変 わりません 番 号 所 在, 種 類, 面 積 等 備 考 ( 変 動 事 項 等 ) 1 2 区 町 1-12 宅 地 123.24m2 区 町 1-12-34 居 宅 2 階

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

L'amour suxuel dans la pensée russe ( I ) "La sonate à kreuzer" de L. Tolstoï AOUAMA Taro Dans "La sonate à Kreuzer" (1890) Tolstoï prêche l'abstinence complète de l'amour sexuel. L'acte sexuel est un

More information

OFvol15-T

OFvol15-T 客 把 握 デ 来 目 前 前 デ ィ ペ 名 づ 因 巻 朝 代 登 卒 業 バ 写 写 真 点 バ 代 仲 悪 信 程 度 詳 細 報 告 存 在 ざ 連 携 個 抱 込 ゆペ 葉 代 表 増 具 有 効 今 回 9 5 月 足 東 京 組 心 ご 紹 介 複 雑 様 奪 膨 奪 8 香 川 県 左 グ フ 4 割 6 月 4 次 降 続 殊 6 度 勤 務 文 科 省 施 84 8 83 8

More information