街路樹の木陰もいろ濃く、構内は黄色のジュータンを敷き詰めたような晩秋の一日、

Size: px
Start display at page:

Download "街路樹の木陰もいろ濃く、構内は黄色のジュータンを敷き詰めたような晩秋の一日、"

Transcription

1 札 幌 学 院 大 学 図 書 館 報 2013 年 10 月 16 日 発 行 第 84 号 マララ デー に 想 う 書 評 ~3 自 著 紹 介 私 の 薦 めるこの1 冊 ~7 私 の 薦 めるこの 作 家 from Library 図 書 館 からのご 案 内 Welcome to SGU Library ~11 編 集 後 記 マララ デー に 想 う 図 書 館 長 山 本 純 学 生 諸 君 7 月 12 日 は 何 の 日 であるかご 存 じだろうか パキスタンの 16 歳 の 少 女 マララ ユス フザイさんの 誕 生 日 を 祝 い 国 連 によって マララ デー と 名 付 け 制 定 された 祝 福 の 日 である なぜ たった 一 人 の 少 女 の 誕 生 日 を 世 界 が 祝 うというのか いろいろ 報 道 されたので 知 っている 諸 君 も 多 いだろう そう マララさんは 母 国 パキスタンで 女 子 が 教 育 を 受 ける 権 利 を 訴 え 続 け 女 子 が 教 育 を 受 ける 必 要 はないと 考 える 思 想 を 持 った 過 激 派 によって 2012 年 10 月 学 校 帰 りに 頭 部 と 首 に 銃 撃 を 受 け 瀕 死 の 重 傷 を 負 った 一 人 の 女 子 学 生 である 奇 跡 的 に 回 復 し 今 年 の 7 月 12 日 国 連 でスピーチを 行 った そこで 彼 女 は 言 った 銃 撃 で 私 たちを 黙 らせようとしたが 私 の 人 生 は 何 一 つ 変 わっていない 死 んだのは 弱 気 恐 怖 絶 望 で あり そして 強 さ 力 勇 気 が 生 まれた と さらに マララさんは 自 分 を 銃 撃 したテロリ ストさえ 憎 まず 彼 ら 過 激 派 の 子 供 達 にも 教 育 を と 主 張 する 世 界 の 全 ての 人 に 教 育 を 教 育 が 第 一 であり 教 育 こそがただ 一 つの 解 決 策 である と 一 少 女 のこの 強 さはどこから 来 るのであろうか 本 を 手 に 取 り ペンを 握 る それが も っとも 強 力 な 武 器 であり 一 人 の 子 供 一 人 の 教 師 一 冊 の 本 1 本 のペンで 世 界 を 変 えるこ とができる と 彼 女 は 世 界 に 訴 えた 今 札 幌 学 院 大 学 で 日 々 学 びを 続 けている 諸 君 にこれ 以 上 述 べる 必 要 はないであろう 本 学 図 書 館 は 61 万 冊 に 及 ぶ 蔵 書 と 道 内 有 数 の 開 館 時 間 を 誇 る 丁 寧 なサービスと 様 々な 図 書 利 用 のサポー トも 行 っている 確 かに 我 が 国 でも 深 刻 な 社 会 不 安 があるが 教 育 を 受 けようとして 命 を 狙 われ ることはない つまり 諸 君 は 実 に 豊 かな 教 育 環 境 に 身 を 置 いているのである マララさんの 国 連 演 説 を 聴 けば 自 分 は 何 を 考 え 今 後 どう 行 動 しなければならないかが 分 かるはずである もちろん マララさ んと 同 じことをする 必 要 はない それぞれの 人 生 でよい それぞれのあり 方 で 社 会 に 貢 献 する 人 間 として 成 長 するために そして 真 の 強 さを 身 につけるために 本 を 読 もう マララさんの 国 連 演 説 は, 国 連 の HP にて 見 ることができます #full-text 山 本 館 長 は 今 年 度 2013( 平 成 25) 年 度 より 新 図 書 館 長 として 就 任 されています ご 挨 拶 を 兼 ねて 巻 頭 言 にお 寄 せいただきました 1

2 書 評 荘 子 邦 雄 著 人 間 と 戦 争 : 一 学 徒 兵 の 思 想 史 ( 朝 日 新 聞 出 版 2013 年 4 月 ) 評 者 佐 々 木 洋 ( 本 学 名 誉 教 授 /NPO 法 人 ロシア 極 東 研 理 事 長 ) 罪 と 罰 の 掟 (おきて)としての 刑 法 この 掟 のあり 方 をめぐる わ が 国 の 代 表 的 な 刑 法 思 想 史 家 の 一 人 である 荘 子 邦 雄 先 生 ( 本 学 初 代 法 学 部 長 のあと 本 学 学 長 )が このほど 多 少 にかかわらず 先 の 大 戦 を 体 験 した 世 代 にとっても そして 在 学 生 の 方 々の 世 代 を 含 め いま や 国 民 の 圧 倒 的 な 多 数 派 になった 戦 争 を 知 らない 世 代 にとっても 決 して 涙 なしには 読 み 進 むことのできない 感 動 的 な 大 著 を 上 梓 (じ ょうし)されました 先 生 は 学 徒 兵 の 一 員 でした 皆 さんもいつか 雨 に 煙 る 明 治 神 宮 外 苑 の 出 陣 学 徒 壮 行 会 (1943 年 10 月 ) の 映 像 をみましたね ミッドウェー 海 戦 敗 北 に 続 く 劣 勢 と 悲 報 が 相 次 ぐ 中 時 の 東 條 英 機 首 相 が 文 系 学 生 の 徴 兵 猶 予 の 特 権 を 撤 廃 することに より 一 億 火 の 玉 の 一 大 行 進 を 演 出 しようと 首 都 圏 の 男 女 学 生 生 徒 5 万 人 を 動 員 したのです 刑 法 思 想 家 としての 荘 子 先 生 の 研 鑽 は 無 念 のうちに 才 気 と 息 吹 を 開 花 する 機 会 を 奪 われ ある いは 輝 ける 青 春 が 無 残 にも 切 断 された 同 じ 学 徒 兵 やひめゆり 学 徒 隊 員 たちに 万 感 の 思 いをはせ 傲 岸 不 遜 な 軍 エリート 高 級 参 謀 の 戦 争 指 導 思 想 とそれを 生 みだしたわが 国 社 会 の 歴 史 構 造 を 炙 り 出 そうとする ほとばしるような 気 概 そこに 熱 源 があります 荘 子 先 生 が 共 にあろうとした 学 徒 兵 とひめゆりなどの 学 徒 隊 員 への 思 いはやがて 広 島 長 崎 原 爆 犠 牲 者 への 思 い 東 京 大 空 襲 など 大 都 市 無 差 別 空 爆 の 犠 牲 者 への 思 いに 広 がっていき さらには 米 軍 による 南 北 ベトナムにおける 大 量 殺 戮 旧 ユーゴやイラクにおける 厚 顔 無 恥 な 劣 化 ウラン 弾 使 用 などによる 未 曽 有 の 犠 牲 者 への 思 いに 連 なっていきました こうして 荘 子 先 生 は 日 米 のエリート 参 謀 の 驕 りと 自 負 に 根 差 す 思 想 の 背 景 に わが 国 では 日 清 日 露 戦 争 期 に 醸 成 された 近 隣 諸 国 民 への 蔑 視 思 想 があることを 浮 き 彫 りにします 米 軍 による 原 爆 投 下 や ビキニの 水 爆 実 験 イラク 等 での 劣 化 ウラン 弾 使 用 の 背 景 に 先 住 民 の 迫 害 の 上 に 建 国 した 米 国 白 人 の 天 命 思 想 があることを 突 きとめていきます 荘 子 先 生 の 刑 法 思 想 研 究 は 軍 と 軍 とが 懲 罰 し 合 う 戦 争 には 人 間 性 の 獣 性 への 転 換 と 併 進 する 面 があることを 実 在 的 に 論 証 する 歴 史 研 究 でもあることが 読 み 取 れてきます さて 上 記 のような 世 界 観 と 歴 史 観 と 切 り 結 ぶ 刑 法 思 想 史 研 究 の 方 法 を 荘 子 邦 雄 先 生 はいった い どのようにして 切 り 拓 いていったのでしょうか 2

3 正 解 は 世 界 の 文 豪 から 学 ぶ 刑 法 思 想 史 研 究 です 文 化 や 社 会 体 制 を 超 え 世 界 で 最 多 の 読 者 をもつ 文 豪 はなぜ かくも 広 く 読 まれるのか おそらく 文 豪 の 思 索 こそが 歴 史 的 かつ 思 想 的 に 最 も 深 いからなのだと 先 生 は 仰 りたいのではないか 私 はそう 思 います 人 間 と 戦 争 : 一 学 徒 兵 の 思 想 史 の 刊 行 を 構 想 し 琴 線 に 触 れる 題 材 を 集 め 筆 を 暖 めてきた 先 生 の 半 生 にも 及 ぶ 営 みを 媒 介 したのがトルストイの 戦 争 と 平 和 でした 本 書 の はしがき は トルストイが 戦 争 と 平 和 で 進 軍 ラッパ が 鳴 り 響 いた 途 端 に 今 までロシア 人 捕 虜 に 人 として 接 してきた ナポレオン 軍 の 将 校 と 兵 士 が 突 如 人 間 性 を 失 い 獣 性 に 豹 変 する 状 況 を 描 く 場 面 から 説 きおこします こうして 第 一 章 原 爆 投 下 の 残 虐 と 戦 勝 国 の 正 義 は 民 主 主 義 を 自 負 する 米 国 軍 人 が かの 獣 性 を 免 れなかった 思 想 的 背 景 に 迫 ります 第 二 章 戦 争 の 悲 哀 とその 虚 実 は 沖 縄 戦 や 特 攻 作 戦 と 大 本 営 の 戦 争 指 揮 の 虚 実 に 迫 ります そして 第 三 章 戦 争 断 章 は 東 條 や 辻 政 信 服 部 卓 四 郎 らの 陸 軍 統 制 派 が 天 皇 の 二 二 六 事 件 への 怒 りに 便 乗 して 権 力 を 独 占 し 軍 人 勅 諭 と 統 帥 権 を 両 輪 に 暴 走 していく 彼 らの 思 想 を 暴 き 出 します 荘 子 先 生 は 最 後 に 日 露 戦 争 時 にトルストイの 非 戦 反 戦 の 呼 びかけに 最 も 真 摯 に 応 えたのが 与 謝 野 晶 子 や 幸 徳 秋 水 だといいます この 指 摘 にも 思 想 史 的 に 重 いものがあります 要 介 護 5の 奥 様 のお 世 話 の 合 間 を 縫 い 綴 られた 元 学 徒 兵 93 歳 の 労 作 をご 覧 ください 図 書 館 所 蔵 1 層 書 架 : 和 書 /SHO 荘 子 邦 雄 (しょうじくにお) 札 幌 学 院 大 学 名 誉 教 授 学 長 就 任 歴 学 部 長 ( 法 学 部 長 ) 就 任 歴 1988 年 4 月 ~1991 年 3 月 1984 年 4 月 ~1988 年 3 月 佐 々 木 洋 (ささきよう) 札 幌 学 院 大 学 名 誉 教 授 学 部 長 ( 経 済 学 部 長 ) 就 任 歴 2003 年 4 月 ~2005 年 3 月 ご 高 齢 にもかかわらず 精 力 的 にご 執 筆 された 荘 子 先 生 に 心 より 敬 意 を 表 します その 荘 子 先 生 と 親 交 の 深 い 佐 々 木 先 生 に 今 回 書 評 をお 願 い 致 しましたところ 快 くお 引 き 受 け いただきました 心 より 感 謝 申 し 上 げます 3

4 自 著 紹 介 玉 山 和 夫 ( 経 営 学 部 教 授 ) 金 融 経 済 と 証 券 投 資 玉 山 和 夫 著 中 西 出 版 2013 年 本 はさまざまな 人 に 読 まれるから 誰 にとっても 分 かり 易 く 丁 寧 に 書 かなければならない これは 私 の 恩 師 故 松 坂 和 夫 先 生 の 言 葉 です 不 覚 にも 先 生 の 葬 儀 で の ある 人 の 弔 辞 で 知 りました 松 坂 先 生 のお 話 や 著 書 が 大 変 分 かり 易 いことは 有 名 でしたが 分 かり 易 く を 言 葉 としてはっきり 残 されてい たのです 私 大 学 で 教 える 以 前 には ポートフォリオ マネージャー( 資 産 運 用 者 )として 色 々なところで 講 演 などもしていましたから 大 学 でも 教 えることは 出 来 るだろうとタカをくくっていました でも 実 際 は 甘 くは ありませんでした 社 会 人 に 話 すときは 目 から 鱗 を 落 として やると 大 いに 受 けましたが 大 学 生 の 目 には 鱗 がまだついていないのです 真 っ 新 な 目 を どんでん 返 し の 手 品 なしで 惹 きつけ そして 分 かってもらうためには 自 身 が 本 当 に 基 本 のところから 理 解 していなければならないという 至 極 当 たりまえのことに 気 づかされ ました また 基 本 を 教 えることが 出 来 るようになって 初 めて 基 本 が 理 解 できた ということも 知 りました 分 かり 易 く 丁 寧 な 授 業 をというのは 大 学 教 員 の 使 命 です そしてそれを 出 来 れば 書 いて 残 して やれないものかと 思 っていました 試 行 錯 誤 を 繰 り 返 しながら 教 室 で 学 生 諸 君 の 反 応 にかなりの 手 応 えを 感 じたころに 松 坂 先 生 の 教 えに 改 めて 出 会 ったのです それまで 教 室 でのパーフォーマンスを 本 にすることは 難 しいと 躊 躇 していました 何 しろ 前 著 で 講 演 会 の 内 容 を 本 にまとめたのですが 必 ずしもうまく 編 集 が 出 来 なかったので でもこの 教 えで 前 著 の 反 省 を 踏 まえた 本 にする 決 心 がつきました この 本 を 読 めば 新 聞 の 経 済 面 金 融 面 株 式 面 はほぼ 読 めるようになるはずです そうすれば 世 の 中 で 起 こっていることがどんな 風 に 自 分 の 生 活 に 影 響 を 与 えるのか より 正 しく 理 解 できるよ うになります 金 融 面 での 不 利 益 を 回 避 し できれば 有 利 な 方 法 を 選 択 できるようになるでしょう 投 資 を 考 えるのであれば より 賢 い 投 資 家 になることができるでしょう この 本 では 授 業 で 説 明 した 時 の はなし 言 葉 をなるべくそのまま 使 っています また 数 式 の 苦 手 な 人 も 多 いでしょうから なるべく 数 式 は 章 末 のコラムに 示 しました 数 式 で 理 解 したい 人 はコラムを 読 んでください もう 少 し 深 くという 展 開 的 な 話 題 もコラムに 収 めました 最 後 に もう 一 言 実 際 の 授 業 はこの 本 よりもっともっと 分 かり 易 く 楽 しいですよ 図 書 館 所 蔵 本 学 教 員 著 作 コーナー: 和 書 338.1/TAM 1 層 書 架 : 和 書 338.1/TAM 4

5 私 の 薦 めるこの1 冊 ウォールデン 森 の 生 活 ヘンリー D ソロー 著 ; 今 泉 吉 晴 訳 小 学 館 2004 年 児 島 恭 子 ( 人 文 学 部 教 授 ) たまに 話 題 になることだが もし 離 れ 島 の 暮 らしに 1 冊 だけ 持 っていくこ とが 許 されるとしたら? ここではそれほど 精 選 しなくてもよいのだろう が...やはり 選 べない というわけで とりあえずの 1 冊 森 の 生 活 これは 近 代 の 人 間 が 自 然 の 中 で 思 索 した 古 典 的 名 作 として 有 名 であり だか らなのか 難 解 で 途 中 で 放 り 出 したとか 日 本 語 訳 のまずさだとかが 語 られるこ とでも 有 名 である 実 は 私 も 前 に 岩 波 文 庫 で 読 んだときは 熟 読 したとはいえ ないのだが 19 世 紀 半 ばの 青 年 ソローの 経 験 に 基 づく 記 述 に 違 和 感 ももち ながら 私 自 身 の 感 覚 や 知 識 に 思 い 当 たる 部 分 もあって いつか 読 もうと 思 っ ていた 本 でもあったので 印 象 深 かった 今 回 評 価 の 高 い 新 しい 訳 本 を 挙 げておく 私 は 人 が 薦 める ことや 物 には 食 指 が 動 かないし とくに 読 書 は 個 人 的 なことだと 思 っている しかし これほどの 本 だ と 誰 でもそれぞれの 楽 しみ 方 ができる アメリカ 文 学 に 分 類 されているが アメリカ 史 経 済 哲 学 人 類 学 生 物 学 環 境 社 会 史... 長 い 時 間 をかけて 付 き 合 う 深 い 教 養 のための 教 科 書 こういう 類 の 本 を 読 んでいるとき 現 実 として 疑 問 や 異 見 を 抱 きながらも その 本 のなかの 世 界 にのめり 込 んで いく 幸 福 感 がある 本 学 図 書 館 での 所 蔵 はありません < 関 連 所 蔵 ( 新 訳 ) 1 層 書 架 : 和 書 934/THO > < 関 連 所 蔵 ( 文 庫 ) 第 4 閲 覧 室 934/THO > 砂 漠 伊 坂 幸 太 郎 著 実 業 之 日 本 社 2005 年 土 居 直 史 ( 経 済 学 部 講 師 ) この 作 者 ( 伊 坂 幸 太 郎 )の 小 説 はどれもお 勧 めで アヒルと 鴨 のコインロ ッカー 重 力 ピエロ ゴールデンスランバー など 多 くが 映 画 化 もさ れています 中 でも 僕 が 好 きなのがこの 砂 漠 です 舞 台 は 仙 台 5 人 の 大 学 生 が 中 心 の 話 です メインの 登 場 人 物 が 大 学 生 な ので 自 分 や 友 達 を 重 ね 合 わせながら 読 むことができるかもしれません 主 人 公 は 集 団 の 中 で 一 歩 引 いて 常 に 冷 静 に 全 体 を 眺 めているような 鳥 瞰 型 の 北 村 君 ですが お 薦 めは 西 嶋 君 です 彼 の 後 先 考 えず とりあえず 自 分 のできることをやるという 行 動 力 がいいです 僕 もそうですが 地 球 環 境 や 政 治 といった 大 きな 問 題 に 対 しては 自 分 が 何 か 行 動 しても 世 の 中 の 大 勢 に 影 響 がないように 思 うことが 多 いかもしれません そして 結 局 何 もしないことを 選 ぶ そんな 風 潮 に 対 する 西 嶋 君 の 意 見 が 論 理 的 に 正 しいかは 分 からないけれど とても 清 々しいのでぜひ 読 んで みてもらいたいです 図 書 館 所 蔵 1 層 書 架 : 和 書 913.6/ISA 5

6 私 の 薦 めるこの1 冊 イニシエーション ラブ 乾 くるみ 著 文 藝 春 秋 2007 年 須 藤 綾 香 ( 経 営 学 部 経 営 学 科 3 年 ) みなさんは 恋 愛 をどのように 考 えているでしょうか この 本 はイニシエーシ ョン つまり 通 過 点 としての 恋 愛 について 考 えさせられる 一 冊 です 永 遠 に 続 くように 思 ったことでも そうではないかもしれない でも 確 実 に 言 えること は 愛 するものと 一 瞬 でも 結 ばれ 気 持 ちが 一 つになったことは 何 物 にも 代 えら れない 奇 跡 だということ 主 人 公 のボクとマユの 学 生 時 代 の 出 会 い~ 卒 業 後 の 恋 の 物 語 である やがて 2 人 は 恋 に 落 ちて さまざまなことに 直 面 しながらも 必 死 に 恋 をし お 互 いの 幸 せを 探 す 幼 すぎ 傷 つけ 合 った 恋 の 過 程 には 目 が 離 せない 私 自 身 恋 はするものではなく 落 ちるものだとこの 本 を 読 み 改 めて 感 じた 気 が 付 いたらもう 恋 に 落 ちていてその 時 にはもう 後 戻 りはできない ただ 真 っ 直 ぐ 素 直 に 進 めばいいだけのことなのに なぜ でしょう 人 は 怖 がり 自 分 から 狭 いほうに 走 り ぶつかりその 場 にうずくまる みたいなのそ ろそろやめたい しかし 人 は 何 かにぶつかったときに 初 めて 自 分 の 失 敗 や 過 ちに 気 付 く むしろぶつ かったときにしか 成 長 できないのではないか いまの 幸 せがイニシエーションだとしたら 怖 くも 感 じる だからこそ この 一 瞬 一 瞬 を 大 切 にするべ きだ 図 書 館 所 蔵 1 層 書 架 : 和 書 913.6/INU 教 授 の 異 常 な 弁 解 土 屋 賢 二 著 文 藝 春 秋 2009 年 佐 藤 光 希 ( 経 済 学 部 経 済 学 科 2 年 ) 私 がお 勧 めしたい 本 の1 冊 は 土 屋 賢 二 著 教 授 の 異 常 な 弁 解 です 著 者 の 土 屋 さんは 哲 学 者 エッセイストであり 東 京 大 学 文 学 部 哲 学 科 卒 業 お 茶 の 水 女 子 大 学 名 誉 教 授 という 経 歴 を 持 っています これだけを 見 ると 哲 学 者 特 有 の 難 解 な 文 章 を 書 く 人 なのではないかと 不 安 に 思 うかもしれませんが 土 屋 さんの 書 くエッセイはスラスラと 読 めて 思 わず 笑 ってしまいます この 教 授 の 異 常 な 弁 解 は 土 屋 さんの 普 段 の 日 常 をとてもユーモア 溢 れる 文 章 で 綴 っ たものです どのような 本 なのかを 一 部 紹 介 します 本 のページを 開 いてすぐにあるまえ がきを 読 むと この 本 をお 勧 めする 人 物 を 読 解 力 のない 人 だとして 文 字 を 読 めなければ 読 めないほど 良 く 本 のページがどちらが 上 か 下 か 分 からない 人 ( 例 として 乳 児 と 外 国 人 )のために 本 書 はある と 驚 くことが 書 いてあります この 文 章 を 読 んだら いったいこの 本 はどんなことが 書 いてあるんだ! と 気 になるし 期 待 してし まうのではないでしょうか この 本 は そんな 期 待 を 裏 切 らない 本 です 憂 鬱 な 気 分 になっているとき 疲 れているときに ぜひ 本 書 のユーモアのある 文 章 を 読 んで たくさん 笑 ってリラックスしてください 6 図 書 館 所 蔵 1 層 書 架 : 和 書 914.6/TUS

7 私 の 薦 めるこの1 冊 つばさものがたり 大 沼 紀 子 著 小 学 館 2010 年 内 海 苑 子 ( 人 文 学 部 人 間 科 学 科 1 年 ) たとえ 先 が 見 えなくても これからだって 一 日 一 日 何 かをやってすごさなけ ればならない 動 けなくなる 自 分 を 待 って 何 もしないで 毎 日 を 生 きるわけには いかないのだ ( 本 文 より) 母 と 一 緒 に 店 を 開 く という 夢 を 叶 えるため 以 前 まで 働 いていた 洋 菓 子 店 を 辞 めた 小 麦 病 気 を 患 いながらも 母 や 兄 兄 嫁 の 助 けを 借 りながら 何 とか 店 をオープンする しかし 兄 の 息 子 叶 夢 は 小 麦 の 店 に 来 るなり ここは はや らないよ という 不 思 議 な 力 を 持 つ 彼 には 天 使 が 見 えており その 天 使 が 教 えてくれているというの だ 滑 り 出 しは 好 調 だったが やがて 叶 夢 の 予 言 が 当 たり 売 り 上 げは 徐 々に 下 がり 小 麦 の 体 調 も 悪 化 店 を 畳 まざるを 得 なくなってしまう しばらく 放 心 状 態 の 小 麦 だったが 周 りの 人 たちに 支 えられ もう 一 度 店 をやり 直 そう と 決 意 する 様 々な 困 難 を 抱 えながらも 懸 命 に 頑 張 る 小 麦 の 姿 には 胸 を 打 たれます 諦 めないで 夢 を 追 いかけ ること 人 々の 温 かさなど 大 切 なことを 教 えてくれる 感 動 の 物 語 です 図 書 館 所 蔵 1 層 書 架 : 和 書 913.6/SHI 私 の 薦 めるこの 作 家 ~ 私 は 作 家 佐 々 木 譲 さんの 作 品 をお 薦 めします ~ 川 口 繁 光 ( 教 務 部 教 務 課 ) 私 がこの 作 家 の 本 を 手 にしたのは 以 前 の 職 場 に 図 書 室 があり 司 書 を 担 当 する 方 からどんな 本 を 読 んでいるのですかと もともと 企 業 小 説 やノンフィクション 系 が 好 きでしたので 勧 められるままに 笑 う 警 官 を その 後 は 北 海 道 警 察 シリーズを 読 み 始 める 作 品 には 私 が 転 勤 で 勤 務 した 地 名 が 時 々 出 て きて 景 色 が 目 に 浮 かぶのも 好 きな 動 機 かもしれません もっと 身 近 に 感 じたのが 出 張 で 中 標 津 に 行 った 時 です 晩 酌 を 兼 ねて 夕 食 をと 居 酒 屋 に 入 り 飲 みも のを 頼 んでチョット 小 上 がりを 覘 くと 壁 に 色 紙 が 佐 々 木 譲 と 読 める 女 将 さんに 聞 いたら 譲 先 生 時 々 来 ますよと 今 私 が 読 んでいる 本 の 作 家 で 直 木 賞 作 家 が え~っ!こんな 身 近 にいるんだと 思 い なお 好 きになってしまいました 皆 さんも 是 非 一 度 読 んでみてはいかがでしょうか 佐 々 木 譲 さん 作 品 の 図 書 館 所 蔵 状 況 計 34 冊 (913.6/SAS) 1 層 書 架 和 書 : 回 廊 封 鎖 集 英 社 (2012 年 ) 地 層 調 査 文 藝 春 秋 (2012 年 ) 他 7 冊 2 層 書 架 文 庫 : 制 服 捜 査 新 潮 社 (2009 年 ) 夜 を 急 ぐ 者 よ (2009 年 ) 他 14 冊 3 層 書 架 和 書 : 警 官 の 血 新 潮 社 (2007 年 ) 警 官 の 紋 章 (2008 年 ) 他 1 冊 第 1 書 庫 和 書 : ユニット 文 藝 春 秋 (2003 年 ) 他 2 冊 C 書 庫 和 書 : 武 揚 伝 (2001 年 ) 他 2 冊 7

8 from Library 小 さな 本 の 世 界 への 招 待 畑 中 ゆい( 図 書 館 ) 豆 本 というものをご 存 知 ですか? 日 本 大 百 科 全 書 でこの 言 葉 を 引 くと きわめて 小 型 の 本 欧 米 ではミニアチュア ブックまたはビ ジュー ブックとよぶ 厳 格 な 規 定 があるわけではなく 日 本 ではだいたい 10 センチ 以 下 のものをい い 欧 米 ではだいたい 6 センチ 以 下 のものをよんでいる とあります 日 本 における 豆 本 は 江 戸 時 代 に 発 生 し 木 版 印 刷 が 多 く 当 時 は 芥 子 (けし) 本 雛 (ひな) 本 ともよば れていました 戦 後 の 1953 年 ( 昭 和 28)に 札 幌 で 創 刊 された ゑ ぞ まめほん 以 降 これに 触 発 され て 全 国 各 地 でその 地 方 名 などを 冠 した 豆 本 が 続 出 しました 日 本 だけでなく ヨーロッパでも 16 世 紀 ごろから 流 行 し 聖 書 のダイジェストやシェークスピアの 作 品 が 豆 本 となりました ギネス ブックには 現 在 ロシアで 制 作 された 0.9 ミリ 角 の カメレオン が 世 界 で 最 小 の 豆 本 とし て 掲 載 されています しかし 2013 年 3 月 日 本 の 凸 版 印 刷 が 0.75 ミリ 角 の 四 季 の 草 花 の 制 作 に 成 功!この 四 季 の 草 花 は 全 22 頁 で 文 字 や 日 本 の 四 季 の 草 花 12 点 のイラストがはっきりと 印 刷 され ています 現 在 ギネス 社 に 世 界 記 録 として 申 請 を 予 定 しているそうです 四 季 の 草 花 の 値 段 は 29,400 円 (!)だそうですが 豆 本 の 販 売 を 本 業 としている 人 は 殆 どおらず 営 利 出 版 でないところに 豆 本 の 楽 しさがあるといえます また 豆 本 の 制 作 者 は 愛 書 趣 味 の 方 が 多 く 装 丁 に 趣 向 を 凝 らしたものが 多 いので 装 丁 を 見 ているだけでも 楽 しい 気 分 になれます 私 もすっかり 豆 本 の 魅 力 に 引 き 寄 せられ まだまだ 不 慣 れながらも 豆 本 作 りに 日 々 挑 戦 しています 1 冊 から 手 軽 に 作 ることができ しかもどんなに 装 丁 を 凝 っても1 冊 1 冊 がとても 小 さいので 低 コス トで 制 作 を 楽 しむことができます 作 ってみたいけど 難 しいのでは? という 方 大 丈 夫 です 作 り 方 はとても 簡 単 で 最 低 限 必 要 な 材 料 は 下 に 載 せたこれだけです どんな 紙 を 使 ったら 良 いのか 分 か らないけど 作 ってみたい! という 方 は 豆 本 の 材 料 がまるまる 付 いている 豆 本 制 作 本 が 書 店 で 販 売 さ れているので そちらを 参 考 にしてみてはいかがでしょうか 一 度 基 本 の 作 り 方 を 覚 えてしまえば 表 紙 を 紙 ではなく 布 にしてみたり レザーや 洋 風 の 小 物 を 使 いアンティーク 調 の 洋 装 本 にしてみたりと 制 作 の 幅 がどんどん 広 がります はまってしまうこと 間 違 いなしです! ここまで 読 んで 下 さったそこのあなた 是 非 豆 本 作 りにチャレンジしてみませんか? 参 考 資 料 * 日 本 大 百 科 全 書 22 2 版 小 学 館,1994,p116( 請 求 記 号 031/NIH/22) * 凸 版 印 刷 株 式 会 社 Web サイト 参 照 ) 8

9 図 書 館 大 賞 に 応 募 しよう! オススメの1 冊 イチオシの1 冊 そんな 図 書 がありましたら 是 非 皆 さんに 紹 介 して あげてください 本 のジャンルは 問 いません その 内 容 を 図 書 館 が 審 査 して ぐぅっ ときた 作 品 に 図 書 館 大 賞 を 贈 呈 します 図 書 館 大 賞 の 企 画 を 開 始 して 今 年 度 2013( 平 成 25) 年 度 で 第 5 回 目 を 迎 えますが 年 明 け 早 々から 多 くの 皆 さんに オススメ 文 の 受 賞 作 品 を 読 んでいただくことを 目 的 に 今 回 から 応 募 の 時 期 を 早 めました 今 年 度 の 応 募 要 領 は 以 下 のとおりです みなさんの 多 数 のご 応 募 お 待 ちしています!! 応 募 方 法 : 図 書 の 推 薦 文 を 1,500 字 以 内 に(A4 横 書 き)にまとめ 図 書 館 カウンターに 提 出 してください 応 募 期 間 :9 月 24 日 ( 火 )~11 月 12 日 ( 火 ) 50 日 間 対 象 者 : 学 部 生 大 学 院 生 大 賞 発 表 :12 月 初 旬 に 図 書 館 で 選 考 し 発 表 します 発 表 は 学 内 に 掲 示 するとともに 図 書 館 ホームページに 掲 載 します 大 賞 者 景 品 : 図 書 カード 1 席 :5,000 円 2 席 :3,000 円 3 席 :2,000 円 毎 年 恒 例! Jazz CD コンサート 図 書 館 では 毎 年 年 末 に Jazz CD コンサート を 開 催 しています ジャズ 曲 が 中 心 となりますが 時 節 柄 後 半 クリスマスに 因 んだ 曲 もお 届 けしています 来 場 者 全 員 へのちょっとした クリスマスプレゼント や コンサート 終 了 後 にゲーム 小 企 画 も 予 定 しています 飲 み 物 やお 菓 子 なども 用 意 してお 待 ちしています お 気 に 入 りの 曲 だけを 聴 くための 途 中 入 場 途 中 退 場 もOKです 皆 さんお 気 軽 にお 越 しください 今 年 度 2013( 平 成 25) 年 度 : 第 37 回 目 の 開 催 日 時 は 以 下 のとおりです と き:12 月 18 日 ( 水 )17:00 スタート ところ: 図 書 館 1 階 ラウンジ 9

10 Welcome to SGU Library いままえだ まさと 今 前 田 真 都 さん( 法 学 部 法 律 学 科 1 年 ) 大 学 4 年 間 を 大 事 に 何 事 にも 積 極 的 に 取 り 組 みます! 図 書 館 ガイダンスにおいて 質 問 したり 図 書 館 ボランティアにも 加 入 さ れるなど 入 学 当 初 より 積 極 的 に 図 書 館 に 関 わりを 持 とうとする 姿 勢 がと ても 印 象 的 だった 今 前 田 真 都 さん 実 は 高 校 時 代 に 図 書 委 員 をされていたとのことで 納 得 がいきました そんな 今 前 田 さんに 本 学 の 法 学 部 を 希 望 した 理 由 や 将 来 の 目 標 などを 伺 いました 出 身 と 卒 業 された 高 校 を 教 えてください 出 身 は 江 別 市 です 大 学 から 自 転 車 で 40 分 くらいのところに 住 んでいます 出 身 校 は 市 立 札 幌 大 通 高 校 です 札 幌 の 中 心 にある 高 校 です 生 徒 に 個 性 があり さまざまなことに 自 由 のある 学 校 でした また 大 通 高 校 は 社 会 に 近 い 学 校 です 学 校 外 との 交 流 も 盛 んです 例 として 生 徒 が 主 体 で 放 送 するラジ オ 番 組 も 持 っています 本 学 の 法 学 部 法 律 学 科 を 選 んだ 理 由 と 将 来 に 向 けての 目 標 をお 聞 かせください 私 は 小 学 生 のころから 法 律 が 好 きという 変 わった 小 学 生 でした そして 高 校 で 受 けた くらしと 法 律 という 授 業 で 模 擬 裁 判 を 体 験 してから 法 律 の 仕 事 に 就 きたいと 思 い 法 学 部 の 受 験 を 決 めました 将 来 の 目 標 として 在 学 中 に 行 政 書 士 の 資 格 を 取 得 したいと 思 っています 入 学 されて 半 年 を 経 過 しましたが 大 学 生 活 には 慣 れましたか 予 想 どおりの 大 学 生 活 を 送 ってい ますか 私 の 高 校 では1 回 の 授 業 が90 分 だったほか 私 服 校 なので 大 学 に 近 い 環 境 でした そんな 環 境 で の 高 校 生 活 でしたので 大 学 の 生 活 にはすぐ 慣 れたと 思 います 唯 一 まだ 慣 れないのが お 昼 休 みがす ごく 短 いことです お 昼 休 みが 短 いため あまりゆっくりできないのがすごく 残 念 です 大 学 での 授 業 はいかがですか 勉 強 されていて 難 しいと 感 じているところはありますか 法 律 の 授 業 はどれもためになり 勉 強 していて 楽 しく 思 っています また 行 政 書 士 の 資 格 勉 強 を 早 期 からやっていたおかげで まだ 法 律 系 科 目 は 難 しくは 感 じません しかし 法 律 以 外 の 授 業 はどれも 大 変 で 必 死 で 勉 強 をしています 高 校 時 代 に 図 書 委 員 をされていたとのことですが どのような 活 動 をされていましたか 高 校 では 先 輩 方 と 図 書 局 を 開 局 しました おもに 局 誌 を 書 いたり 図 書 室 の 通 常 業 務 として 貸 出 や 本 の 整 理 などを 行 っていました 10

11 図 書 館 ボランティアへ 加 入 いただきましたが 活 動 の 状 況 と 実 際 に 活 動 してみての 感 想 をお 願 い します 現 在 の 本 倶 楽 部 (Book Love)の 活 動 は 主 に 今 お 勧 めの 本 をまとめてポップで 紹 介 することを 中 心 に 活 動 し ています 今 後 は より 多 くの 人 が 学 院 大 の 図 書 館 を 利 用 してい ただけるように さまざまな 企 画 をやっていきたいと 思 っています 図 書 館 には 色 々な 種 類 の 本 があり それぞれの 本 が 皆 さんに 読 まれるために 待 っています 一 人 でも 多 くの 利 用 者 が 来 館 されるよう 心 からお 待 ちしています ボランティア 活 動 など 大 学 生 としての 勉 強 以 外 でも 積 極 的 に 活 動 している 今 前 田 さんですが 大 学 時 代 に 他 にやってみたいと 思 っていることはありますか 現 在 私 は 自 転 車 部 副 主 将 をやっています 大 学 在 学 中 に 自 転 車 で 色 々な 場 所 をめぐり 様 々なものを 見 て 回 りたいと 思 っています 夏 休 みではあいにくの 雨 で 自 転 車 旅 行 が 中 止 になってしまったため また 来 年 挑 戦 したいと 思 います また 色 々なボランティア 活 動 もやりたいと 思 っており ボラナビで 自 分 ができるボランティア 活 動 がないか 探 しています 本 学 図 書 館 に 関 連 する 質 問 です 入 学 当 初 より 積 極 的 に 図 書 館 を 利 用 していただいていますが 今 前 田 さんにとっての お 気 に 入 り の 場 所 Best3を 教 えてください 3 位 は 第 1 閲 覧 室 の 勉 強 机 です 一 人 で 勉 強 するとき はここを 利 用 すると 集 中 できます 2 位 は 319.8~321.9 の 本 棚 です ここは 法 律 の 本 があ るところで ここによく 法 律 の 本 を 探 しに 来 ます 法 学 部 の 方 や 法 律 系 講 座 をとられた 方 は 1 度 は 来 たことがあ るのではないでしょうか? そして 1 位 は グループ 学 習 室 です 友 達 と 一 緒 に 勉 強 をするのに 最 適 な 場 所 で よく 利 用 しています 最 後 に 実 際 に 本 学 図 書 館 を 利 用 してみて 感 想 や 要 望 も 含 め その 印 象 をお 聞 かせください 大 学 の 図 書 館 は 想 像 以 上 に 大 きく 立 派 でした 蔵 書 の 数 もとても 多 く 約 61 万 冊 あるそうです また 入 学 後 すぐにあった 図 書 館 ガイダンスでは 大 学 ではこんなに 親 切 に 図 書 館 について 説 明 してくれるの かと すごく 驚 いたのを 覚 えています 大 学 生 活 はこれからです 自 分 の 目 標 に 向 かって 頑 張 ってください ご 協 力 ありがとうございました 11

12 編 集 後 記 今 年 の 夏 も 暑 かったですね ですが 9 月 下 旬 近 くまで 残 暑 が 厳 しかった 昨 年 の 夏 に 比 べ ちょっとテン ションダウンが 早 かったような 8 月 下 旬 頃 から 各 地 で 突 然 の 豪 雨 に 見 舞 われ 雷 や 竜 巻 の 被 害 に 遭 うなど 異 常 気 象 を 特 徴 付 ける 夏 でした 札 幌 では9 月 下 旬 から 朝 夕 の 気 温 を 下 がってきて 9 月 には 絶 対 にストーブは 付 けない! と 着 込 んで 頑 張 ったのですが 鼻 がぐずりだし 9 月 最 終 日 の 30 日 に 電 気 スト ーブのスイッチに 手 を 付 けてしまった 意 思 の 弱 さを 反 省 した 夏 の 終 わりでもありました また 灯 油 の 値 上 が りの 心 配 をしなければならない 季 節 を 迎 えます 厳 しい 冬 が 来 る 前 に 読 書 に 最 適 な 秋 を 当 書 林 掲 載 内 容 を 参 考 に 大 いに 楽 しんでください さて 多 くの 方 々のご 協 力 により 書 林 第 84 号 を 発 行 することができました ご 多 忙 にもかかわらず 快 く 執 筆 やインタビューをお 引 き 受 けいただきました 学 生 の 皆 さん 教 員 ならびに 職 員 の 皆 様 に 心 よりお 礼 申 し 上 げます 今 回 お 届 けした 書 林 第 84 号 の 内 容 は 次 のとおりです ご 感 想 ご 意 見 などがありましたら 図 書 館 ま でお 寄 せください マララ デー に 想 う 図 書 館 長 から 本 学 で 学 んでいる 学 生 の 皆 さんへのメッセージとも 言 える 巻 頭 言 です 書 評 本 学 元 学 長 の 荘 子 邦 雄 先 生 による 自 らも 学 徒 出 陣 兵 として 戦 争 を 生 きた 人 間 としての 畢 生 の 論 考 について 日 頃 から 荘 子 先 生 に 敬 意 を 表 し 親 交 も 深 い 佐 々 木 洋 先 生 に 書 評 をいただきました 自 著 紹 介 経 営 学 部 教 員 にお 願 い 致 しました 分 かり 易 く を 意 識 されて 執 筆 されています 新 聞 の 経 済 面 金 融 面 株 式 面 を 読 めるようになりたい 方 は 是 非 ご 一 読 ください 私 の 薦 めるこの1 冊 本 学 の 学 生 3 名 と 教 員 2 名 にお 願 いしたものです いずれも 読 み 易 く 心 に 響 く 作 品 をご 推 薦 いた だきました 興 味 のある 著 作 については 是 非 読 んでみてください 私 の 薦 めるこの 作 家 図 書 館 をよくご 利 用 される 職 員 の 方 から ご 自 身 のエピソードも 交 えた 作 家 佐 々 木 譲 さんの 作 品 に 対 するお 薦 め 文 です from Library 図 書 館 職 員 から 意 外 と 簡 単 に 作 れちゃう 豆 本 の 魅 力 について 述 べられています 図 書 館 からのご 案 内 図 書 館 大 賞 と Jazz CD コンサート のご 案 内 です Welcome to SGU Library 図 書 館 ボランティアに 加 入 された 1 年 生 へのインタビューです 何 事 にも 積 極 的 に 取 り 組 む 姿 勢 や 大 学 や 図 書 館 についての 感 想 が 述 べられています ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 札 幌 学 院 大 学 図 書 館 報 書 林 第 84 号 について * 掲 載 記 事 の 著 作 権 は 札 幌 学 院 大 学 図 書 館 にあります * 記 事 写 真 の 無 断 転 載 は 禁 止 します * 紹 介 図 書 の 写 真 については 各 出 版 社 から 掲 載 許 諾 を 頂 いております 許 諾 を 下 さいました 各 出 版 社 の 皆 様 には 心 からお 礼 申 し 上 げます ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 12

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年

下 図 は 三 隅 町 広 報 昭 和 28 年 5 月 15 日 号 掲 載 の 招 魂 祭 の 案 内 である 明 治 以 来 の 戦 没 者 397 柱 とある その 後 の 慰 安 会 では 浪 曲 を 披 露 するとあるのが 時 代 を 感 じさせる 三 隅 町 広 報 昭 和 29 年 自 衛 官 募 集 の 変 遷 と 世 相 の 変 化 について( 昭 和 26 年 ~ 昭 和 49 年 ) 長 門 市 の 古 い 広 報 誌 がホームページで 紹 介 されています その 中 に 自 衛 官 募 集 の 案 内 があるのを 見 つけました また 旧 軍 に 関 係 する 事 柄 も 掲 載 されていたので これらを 紹 介 します はじめに 長 門 市 について 平 成 17

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団 平 成 28 年 5 月 選 挙 運 動 に 関 す る ル ー ル 和 歌 山 県 選 挙 管 理 委 員 会 電 話 県 庁 代 表 073-432-4111 直 通 073-441-3785 海 草 分 局 073-441-3477 伊 都 分 局 0736-33-4904 日 高 分 局 0738-24-2904 東 牟 婁 分 局 0735-21-9606 那 賀 分 局 0736-61-0005

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63> 第 26 回 明 石 市 放 置 自 転 車 対 策 審 議 会 議 事 録 開 会 午 後 2:30 それでは さっそく 議 事 に 入 ります 本 日 の 議 題 は お 手 元 の 会 議 次 第 にありますように 報 告 事 項 3 件 です 審 議 事 項 はありません それでは 事 務 局 から 報 告 事 項 1について 説 明 願 います 事 務 局 A 報 告 事 項 の1 駅 別

More information

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため 2016 年 度 入 試 受 験 ガイド 2016 Examination Guidebook Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のために キリス

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

目 次 1 はじめに 1 2 第 1 次 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 2 1 計 画 策 定 の 意 義 と 目 指 す 姿 2 2 計 画 の 名 称 と 期 間 2 3 計 画 3 ステージⅰ 乳 幼 児 の 読 書 環 境 (0 歳 から 5 歳 ) 3 ステージⅱ

目 次 1 はじめに 1 2 第 1 次 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 2 1 計 画 策 定 の 意 義 と 目 指 す 姿 2 2 計 画 の 名 称 と 期 間 2 3 計 画 3 ステージⅰ 乳 幼 児 の 読 書 環 境 (0 歳 から 5 歳 ) 3 ステージⅱ 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 25 年 4 月 夕 張 市 教 育 委 員 会 目 次 1 はじめに 1 2 第 1 次 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 2 1 計 画 策 定 の 意 義 と 目 指 す 姿 2 2 計 画 の 名 称 と 期 間 2 3 計 画 3 ステージⅰ 乳 幼 児 の 読 書 環 境 (0 歳 から 5 歳 ) 3

More information

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律 1000 人 委 員 会 ニュースNo.23 (2015 年 6 月 10 日 号 ) 101-0063 東 京 都 千 代 田 区 神 田 淡 路 町 1-15 塚 崎 ビル3 階 TEL:03-3526-2920 FAX:03-3526-2921 総 がかり 行 動 実 行 委 員 会 国 会 議 員 要 請 行 動 戦 争 をさせない 9 条 壊 すな! 総 が かり 行 動 実 行 委 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

Taro-H26第1回学校評価運営協議

Taro-H26第1回学校評価運営協議 日 時 : 平 成 26 年 6 月 17 日 ( 火 ) 場 所 : 本 校 大 会 議 室 参 長 校 長 加 委 学 校 評 議 員 2 名 者 員 学 校 関 係 者 評 価 5 名 保 護 者 代 表 2 名 ( 学 校 関 係 者 評 価 1 名 を 含 む) 生 徒 代 表 前 期 生 徒 会 執 行 部 員 4 名 学 校 代 表 3 名 幹 事 副 校 長 教 頭 1 校 長 挨

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63> ぶれない 頭 と 眼 を 養 う 哲 学 的 訓 練 指 針 なき 現 代 の 一 歩 先 を 読 み 解 くための 実 践 講 座 佐 藤 優 ( 聞 き 手 小 峯 隆 生 ) 外 交 の 最 前 線 で 培 った 対 人 術 の 要 諦 をまとめた 書 籍 人 たらしの 流 儀 で 佐 藤 優 さんの 聞 き 手 を 務 めた 小 峯 隆 生 こと 私 は 筑 波 大 学 で コミネ 語 り

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

飾 区 子 ども 子 育 て 支 援 ニーズ 調 査 報 告 書 - 学 童 保 育 クラブ 利 用 等 に 関 する 調 査 - 平 成 26 年 3 月 飾 区 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 1 1. 調 査 目 的 1 2. 調 査 対 象 1 3. 調 査 方 法 1 4. 調 査 期 間 1 5. 回 収 状 況 1 6. 集 計 値 や 図 表 の 表 記 について 1 Ⅱ. 調 査

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室 北 海 道 釧 路 根 室 支 部 支 部 長 : 大 道 光 肇 おおみち こうちょう(S44 仏 仏 教 ) 事 務 局 長 : 戸 田 恭 司 とだ きょうじ (S60 文 歴 史 ) 支 部 内 同 窓 生 数 212 人 平 成 28 年 度 釧 路 根 室 支 部 総 会 のお 知 らせ 日 時 平 成 28 年 7 月 2 日 ( 土 ) 会 場 釧 路 プリンスホテル 釧 路 市 幸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837A815B838082D8815B8357814591B28BC690B682A982E782CC83818362835A815B83572E646F6378> 平 成 27 年 度 新 入 職 員 募 集 受 付 中 卒 業 生 からのメッセージ 専 修 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 卒 業 勤 続 32 年 支 店 長 : 大 学 を 卒 業 と 同 時 に 都 内 の 信 用 金 庫 へ 就 職 し 1 年 半 お 世 話 になりました 当 時 も 就 職 難 で やっとの 思 いで 就 職 した 信 用 金 庫 でありましたが 親 が 高

More information

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担 常 葉 大 学 浜 松 キャンパス 教 務 課 杉 浦 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 教 務 課 での 仕 事 教 務 課 の 仕 事 は 学 生 や 教 員 が 授 業 を 円 滑 に 行 えるようにサポートをすることです 私 は 主 に 実 習 関 連 の 業 務 に 携 わっており 学 外 での 長 期 間 の 実 習 の 際 には 宿 泊 施 設 の 手 配 をしたり 実 習 施 設

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

4. 結 果 : 李 美 玲 ( 準 優 勝 ) 何 宗 諭 ( 特 別 賞 ) 5. 出 場 者 のスピーチ タイトル および 順 位 1 中 興 大 学 人 生 に 大 切 なこと 2 台 湾 大 学 時 間 のない 生 活 3 銘 伝 大 学 ( 何 宗 諭 ) 親 しき 仲 にも 特 別 賞

4. 結 果 : 李 美 玲 ( 準 優 勝 ) 何 宗 諭 ( 特 別 賞 ) 5. 出 場 者 のスピーチ タイトル および 順 位 1 中 興 大 学 人 生 に 大 切 なこと 2 台 湾 大 学 時 間 のない 生 活 3 銘 伝 大 学 ( 何 宗 諭 ) 親 しき 仲 にも 特 別 賞 2013/12/12 2013 年 第 30 回 日 本 航 空 盃 日 語 演 講 比 賽 報 告 書 結 果 報 告 荒 井 智 子 12 月 8 日 ( 日 )に 台 北 の 福 華 大 飯 店 において 日 本 航 空 スピーチコンテストの 本 選 が 行 われま し 本 学 から 参 加 した 李 美 玲 さんは 準 優 勝 (2 位 ) 何 宗 諭 さんは 特 別 賞 (4 位 )を 受

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は

たが 今 後 自 分 次 第 で 変 われると 言 うことを 感 じました 今 日 の 話 しも 興 味 深 かったのですが 石 川 教 授 の 個 人 的 な 経 験 など 思 ったことなど そういうの も 聞 きたいです 貴 重 なお 話 を 聞 かしてもらえたと 思 います 学 生 の 時 は 2010 年 度 7 月 22 日 神 戸 夙 川 学 院 大 学 石 川 和 則 客 員 教 授 講 義 アンケート 結 果 2010 年 7 月 22 日 石 川 和 則 の 講 義 を 聴 講 した 学 生 に 対 してアンケートを 配 布 質 問 項 目 は1あなたは 何 回 生 ですか? ( 選 択 制 ) 2 講 義 評 価 (5 段 階 ) 3 次 回 講 義 で 聴 きたい 内 容

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて ベルリンの 壁 第 二 次 世 界 大 戦 後 に ドイツは 米 英 仏 占 領 地 域 を 資 本 主 義 を 名 目 とした 西 ドイツと ソ 連 占 領 地 域 を 共 産 主 義 を 名 目 とした 東 ドイツ に 分 断 された ベルリ ンは 都 市 自 体 が 米 英 仏 ソ 連 によって 分 割 占 領 されたが 米 英 仏 の 占 領 地 域 である 西 ベルリンは 周 囲 を 全

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 )

ギタークラブ 50 周 年 行 事 会 計 報 告 収 入 の 部 支 出 の 部 祝 賀 会 会 費 ( 招 待 者 からの 祝 儀 含 む) 357,000 郵 送 費 46,546 記 念 誌 DVD CD 代 金 3 名 7,300 行 事 費 ( 飲 食 花 手 土 産 事 務 費 他 ) 2014 年 5 月 大 東 文 化 大 学 ギタークラブ&OB 会 ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~ishizaki/ ギタークラブ 創 立 50 周 年 記 念 祝 賀 会 50 周 年 記 念 祝 賀 会 参 加 者 ( 平 成 25 年 6 月 15 日 於 板 橋 キャンパス) 多 数 のOBの 皆 さまとそのご 家 族 にご 出 席 いただきました 太

More information

<4D F736F F D EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC2E646F6378>

<4D F736F F D EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC2E646F6378> 平 成 27 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

きっかけは 一 人 の 患 者 様 私 は 約 6 年 間 で 延 べ7 千 人 以 上 の 方 のお 顔 に 鍼 を 打 たせて いただいてきました その 中 で 筋 膜 美 容 鍼 灸 を 開 発 するに 至 ったキーパーソン 的 な 一 人 の 患 者 様 がいらっしゃいます その 方 を 仮

きっかけは 一 人 の 患 者 様 私 は 約 6 年 間 で 延 べ7 千 人 以 上 の 方 のお 顔 に 鍼 を 打 たせて いただいてきました その 中 で 筋 膜 美 容 鍼 灸 を 開 発 するに 至 ったキーパーソン 的 な 一 人 の 患 者 様 がいらっしゃいます その 方 を 仮 自 費 メニューを 導 入 して 売 上 UPしたい 鍼 灸 整 骨 院 訪 問 鍼 灸 マッサージの 院 長 先 生 へ 鍼 灸 師 が 誇 りを 持 って 鍼 を 打 ち リピート 率 9 割 をたたきだす! その 結 果 自 費 収 入 が 飛 躍 的 に 上 がる 美 容 鍼 灸 の 技 術 を 公 開 します!! 施 術 を 受 けた 患 者 様 がその 場 で 約 15 万 円 の 回

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

2 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 4 月 13 日 の 日 曜 日 に 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 が 東 山 公 園 植 物 会 館 で 行 われました 当 日 はくもり 空 で 少 し 肌 寒 い 気 候 でしたが 会 場 には 10

2 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 4 月 13 日 の 日 曜 日 に 東 山 動 植 物 園 春 まつりよいこの 将 棋 大 会 が 東 山 公 園 植 物 会 館 で 行 われました 当 日 はくもり 空 で 少 し 肌 寒 い 気 候 でしたが 会 場 には 10 日 本 将 棋 連 盟 2014.5 No.231 顧 問 中 田 章 道 七 段 発 行 責 任 者 大 村 欽 一 1 好 天 に 恵 まれた 岡 崎 将 棋 まつり 第 21 回 を 迎 える 岡 崎 将 棋 まつりが 4 月 27 日 ( 日 ) 岡 崎 城 公 園 にて 開 催 されました 例 年 の 昭 和 の 日 の 開 催 ではありませんでしたが 素 晴 らしい 好 天 に 恵 まれ

More information

ソニー幼児教育支援プログラム 2016年度 論文募集要項

ソニー幼児教育支援プログラム 2016年度 論文募集要項 2016 年 度 論 募 集 要 項 求 む 情 熱 のこもった 取 り 組 み 夢 のある 計 画 ソニー 幼 児 教 育 支 援 プログラム 幼 稚 園 保 育 所 認 定 こども 園 への 教 育 助 成 科 学 する 心 を 育 てる 子 どもたちの 豊 かな 感 性 と 創 造 性 の 芽 生 え を 育 んでいくための 保 育 実 践 の 論 を 募 集 します ソニーの 幼 児 教 育

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦 発 行 元 愛 知 地 方 協 力 本 部 募 集 課 454-0003 名 古 屋 市 中 川 区 松 重 町 3-41 TEL 052-331-6266 URL http://www.mod.go.jp/pco/aichi/ Twitter @AICHI_PCO 愛 地 本 something 砕 氷 艦 しらせ 入 港!! ~ 名 古 屋 港 ガーデンふ 頭 ~ 10 月 3 日 ( 金 )

More information

情 報 漏 えい 事 件 の 概 要 と 再 発 防 止 策 平 成 27 年 11 月 唐 津 市 目 次 1 はじめに 1 2 事 件 の 概 要 2 3 事 件 発 覚 後 の 経 過 5 4 処 分 8 5 前 回 の 事 件 後 の 取 り 組 み 9 6 再 発 防 止 に 向 けた 検 討 13 7 再 発 防 止 に 向 けた 取 り 組 み 15 8 おわりに 19 1 はじめに

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事

No. 質 問 回 答 8 給 電 器 を 購 入 します 第 5 の 事 業 で 申 請 をしますが 条 件 はありま す 9 給 電 器 を 購 入 します 第 5の 事 業 で 申 請 をしますが 交 付 決 定 が 下 りるまで 給 電 器 を 使 えないのでし ょう 10 第 1 の 事 目 次 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報 告 締 切... 1 Q2. 申 請 方 法 記 入 方 法 日 付... 4 Q3. 添 付 書 類... 9 Q4. 申 請 後 の 変 更... 12 Q5. 財 産 管 理 財 産 処 分... 13 2015 年 10 月 9 日 一 部 追 記 Q1. 事 業 概 要 補 助 内 容 募 集 期 間 実 績 報

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

任意売却体験記

任意売却体験記 任 意 売 却 体 験 記 Chapter 1 任 意 売 却 とは? 任 意 売 却 という 言 葉 がだいぶ 浸 透 してきたようです 実 際 この 言 葉 と 債 務 整 理 などを 組 み 合 わせて ネット 上 で 検 索 すると 任 意 売 却 をビジネスにするところが 大 変 多 いことに 驚 きます 私 は 不 動 産 業 に 従 事 しているわけではありませんので 自 らの 債 務

More information

問 題 1 個 人 商 人 の 商 号 又 は 営 譲 渡 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 正 しいものの 組 合 せとして 最 も 適 切 な 番 号 を 一 つ 選 びなさい ( 5 点 ) ア. 自 己 の 商 号 を 使 用 して 営 を 行 うことを 他 人 に 許 諾 した 商

問 題 1 個 人 商 人 の 商 号 又 は 営 譲 渡 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 正 しいものの 組 合 せとして 最 も 適 切 な 番 号 を 一 つ 選 びなさい ( 5 点 ) ア. 自 己 の 商 号 を 使 用 して 営 を 行 うことを 他 人 に 許 諾 した 商 試 験 試 験 問 題 1 試 験 開 始 の 合 図 があるまで,この 問 題 冊 子 や 筆 記 用 具 に 触 れないでください 触 れた 場 合 は, 不 正 受 験 とみなすことがあります 注 意 事 項 2 試 験 中 の 使 用 が 認 められたもの 以 外 は, 全 てかばん 等 の 中 にしまい, 足 元 に 置 いてください 衣 服 のポケット 等 にも 入 れないでください 試

More information

Microsoft Word - 27gyousyaQA

Microsoft Word - 27gyousyaQA Q&A 目 次 Ⅰ 宅 建 業 者 免 許 に 関 すること Q1 申 請 書 類 はどこで 手 に 入 れるのですか 3 Q2 どのくらい 資 金 が 必 要 ですか 3 Q3 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 代 表 者 を 兼 ねることができますか 3 Q4 専 任 の 宅 地 建 物 取 引 士 は 他 法 人 の 取 締 役 又 は 監 査 役 又 は 従 事 者

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

Microsoft Word Viewer - あぐり0803原稿.doc

Microsoft Word Viewer - あぐり0803原稿.doc VOL.32 2008/3/1 今 月 号 の 掲 載 内 容 消 費 税 の 申 告 大 丈 夫 ですか? 1P~ 地 震 保 険 料 控 除 5P~ 今 月 のトピック 平 成 20 年 度 税 制 改 正 7P~ お 客 様 からのお 言 葉 欄 今 月 のはてな 君 納 税 スケシ ュール 9P 職 員 紹 介 歩 く 書 庫 10P 2008 年 1 月 1 日 より 清 田 会 計 事

More information

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや 誰 もが 手 にした 事 がある ある 商 材 だけを 販 売 して 月 商 300 万 円 オーバー!しかも 利 益 率 50% 超 え! こんな 夢 のようなノウハウを 公 開 するのですが この 方 法 に 興 味 がある 方 はいませんか? 今 すぐ 申 し 込 み 方 はこちらをクリック! http://www.infocart.jp/a.php?item=55234 まずはこの 結 果

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

Microsoft PowerPoint - 100621 0629慶應大学講義用(70m) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 100621 0629慶應大学講義用(70m) [互換モード] 2010 年 度 ( 財 ) 経 済 広 報 センター 寄 附 講 座 慶 應 義 塾 大 学 商 学 部 リスク 管 理 と 企 業 経 営 事 例 を 踏 まえて 影 響 と 問 題 点 を 探 る 2010 年 6 月 29 日 東 京 証 券 取 引 所 自 主 規 制 法 人 売 買 審 査 部 東 証 COMLEC 本 資 料 は, 作 成 日 現 在 のインサイダー 取 引 規 制 についての

More information

今月の指導

今月の指導 今 月 の 指 導 (9 月 ) 江 戸 東 京 博 物 館 見 学 のポイント 等 教 育 研 究 所 6 年 歴 史 江 戸 の 文 化 の 学 習 と 結 び 付 けて 加 藤 良 子 夏 休 みが 終 わり 2 学 期 が 始 まりました まだまだ 厳 しい 暑 さですが 気 合 を 入 れて 充 実 した 学 習 になるように 指 導 の 計 画 を 立 ててください さて 今 回 は 前

More information

(Microsoft Word - FB\227p\201@070414_\203l\203b\203g\226\263\227\277\203\214\203|\201[\203g.doc)

(Microsoft Word - FB\227p\201@070414_\203l\203b\203g\226\263\227\277\203\214\203|\201[\203g.doc) 期 間 限 定 経 費 0 円!1 日 たった 数 分 のコピペ コピペで 毎 月 3 万 円 らく~に 稼 ぐ 方 法 使 用 許 諾 契 約 の 説 明 1. 本 商 材 の 転 用 複 製 販 売 などの 行 為 を 禁 止 します (これにあたると 私 が 判 断 した 場 合 の 行 為 も 含 む) 2. ただし 本 商 材 をダウンロードされた 本 人 以 外 の 閲 覧 は 自 由

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

第1回「川口賞」受賞者の決定について

第1回「川口賞」受賞者の決定について 平 成 27 年 12 月 17 日 報 道 各 位 新 潟 市 文 化 政 策 課 ( 安 吾 賞 事 務 局 ) 第 10 回 安 吾 賞 受 賞 者 の 決 定 について 新 潟 市 は12 月 17 日 に 第 10 回 安 吾 賞 の 受 賞 者 に 佐 藤 優 氏 ( 作 家 元 外 務 省 主 任 分 析 官 )を 決 定 したことを 発 表 しました 安 吾 賞 は 新 潟 市 出

More information

ユーキャンシニア調査

ユーキャンシニア調査 報 道 各 位 ~ユーキャン 第 回 団 塊 サラリーマンの 意 識 調 査 ~ 団 塊 サラリーマンから 新 入 社 員 へのエールは 一 生 ( 所 ) 懸 命 温 故 知 新 ヶ 月 に 自 由 に 使 えるお 金 定 年 前 47,693 円 定 年 後 30,03 円 ライフスタイルなら 加 山 雄 三 一 番 大 切 にしたい 人 は 妻 株 式 会 社 ユーキャン( 本 社 : 東 京

More information

kaiin-kakunin_sho

kaiin-kakunin_sho ラッピングトラック ラッピングトラック 懸 賞 アンケート 調 査 報 告 書 1. 調 査 目 的 会 津 若 松 商 工 会 議 所 卸 物 流 部 会 では 会 津 ナンバー 支 援 協 議 会 の 関 連 事 業 として 平 成 18 年 10 月 の 会 津 ナンバー 発 給 開 始 時 期 にあわせて 全 国 を 走 行 する 大 型 貨 物 の 荷 台 をキャンパスに 見 立 てて 会

More information

別表(第6条、第8条関係)

別表(第6条、第8条関係) 政 務 活 動 費 の 取 り 扱 いマニュアル 平 成 25 年 4 月 1 日 伊 勢 市 議 会 事 務 局 目 次 1 制 度 の 概 要 1ページ 2 政 務 活 動 費 について 1ページ 3 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 について 1ページ 4 政 務 活 動 費 の 交 付 の 概 要 1ページ 5 政 務 活 動 費 の 申 請 から 交 付

More information

Taro-★平成28年度実施 学校栄養

Taro-★平成28年度実施 学校栄養 平 成 28 年 度 実 施 沖 縄 県 公 立 学 校 学 校 栄 養 職 員 候 補 者 選 考 試 験 実 施 要 項 沖 縄 県 教 育 委 員 会 主 なスケジュール( 予 定 ) 各 種 様 式 配 布 平 成 28 年 4 月 28 日 ( 木 )~(ホームページからのダウンロード 郵 送 ) 電 子 申 請 による 書 類 作 成 は 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 )0:00~5

More information

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争

アは 一 つ というアジア 主 義 は ヨーロッパを 模 倣 した 近 代 日 本 に 対 してで あり 侵 略 主 義 ではなく 抵 抗 の 言 葉 である 岡 倉 の アジア 主 義 を 引 き 受 けて 竹 内 好 は 大 東 亜 戦 争 を 対 英 米 戦 争 を 帝 国 主 義 間 戦 争 第 31 回 高 畠 ゼミOB OG 会 読 書 会 松 本 健 一 著 日 本 のナショナリズム 2011.3.19 報 告 : 櫛 野 幸 孝 島 嶼 国 家 の 日 本 は 海 洋 によって 囲 まれ 守 られてきた そのため 島 国 の 内 部 を 平 和 で 豊 かで 安 定 した 状 態 に 保 つことが 巧 みである 外 の 世 界 が 秩 序 を 変 えたときには それに 応 じて

More information

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 )

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 専 願 入 学 手 続 締 切 併 願 入 学 手 続 締 切 平 成 28 年 1 月 27 日 (

More information

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き -1- スマイル 会 平 成 28 年 2 月 25 日 例 会 報 告 青 木 満 男 H27/8 月 に 日 本 の 一 番 ながい 日 のリメーク 版 映 画 を 見 今 まで 漠 然 と 頭 の 中 にあった 当 時 の 状 況 を 時 系 列 で 整 理 してみました 昭 和 天 皇 とポツダム 宣 言 受 諾 終 戦 への 動 き S20/ 2 月 天 皇 が 重 臣 層 ( 元 首 相

More information

アムネスティ 支 援 者 の 皆 様 へ 世 界 の 人 たちのため 日 頃 よりアムネスティ インターナショナルの 活 動 にあたた かいご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 心 より 感 謝 申 し 上 げます アムネスティ インターナショナルは 1961 年 イギリスで 誕 生 しました 今

アムネスティ 支 援 者 の 皆 様 へ 世 界 の 人 たちのため 日 頃 よりアムネスティ インターナショナルの 活 動 にあたた かいご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 心 より 感 謝 申 し 上 げます アムネスティ インターナショナルは 1961 年 イギリスで 誕 生 しました 今 遺 贈 相 続 財 産 寄 付 の ご 案 内 アムネスティ 支 援 者 の 皆 様 へ 世 界 の 人 たちのため 日 頃 よりアムネスティ インターナショナルの 活 動 にあたた かいご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 心 より 感 謝 申 し 上 げます アムネスティ インターナショナルは 1961 年 イギリスで 誕 生 しました 今 では 世 界 80 カ 国 に 活 動 拠 点 をもち

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

長 できたのではないかと 思 います 2 つ 目 は 自 分 たちでテーマを 設 定 し 考 えることの 大 切 さです 私 たちの 身 の 回 りは 大 小 様 々な 問 題 で 溢 れています しかし その 多 種 多 様 な 問 題 について 考 えることはあまり ありません けれども 今 回

長 できたのではないかと 思 います 2 つ 目 は 自 分 たちでテーマを 設 定 し 考 えることの 大 切 さです 私 たちの 身 の 回 りは 大 小 様 々な 問 題 で 溢 れています しかし その 多 種 多 様 な 問 題 について 考 えることはあまり ありません けれども 今 回 2013.3.4 人 間 環 境 学 部 長 谷 川 ゼミ 2 年 11H0506 新 井 梨 那 2012 年 度 リーディング ユニバーシティ 募 金 による 21 世 紀 社 会 のリーダー 育 成 学 生 報 告 書 1. 活 動 内 容 私 たち 長 谷 川 ゼミでは ゼミを 9 チームに 分 け 日 経 ストックリーグ という 大 会 に 参 加 しました この 大 会 では 株 式 上

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

目 次 1. 新 主 将 挨 拶 2 2. 新 幹 部 紹 介 2 3.パート 長 の 抱 負 3 4. 試 合 結 果 4 5. 近 日 中 の 試 合 8 6.その 他 8 1. 新 主 将 挨 拶 大 阪 大 学 陸 上 競 技 部 主 将 出 口 大 幹 日 中 はなお 厳 しい 暑 さでし

目 次 1. 新 主 将 挨 拶 2 2. 新 幹 部 紹 介 2 3.パート 長 の 抱 負 3 4. 試 合 結 果 4 5. 近 日 中 の 試 合 8 6.その 他 8 1. 新 主 将 挨 拶 大 阪 大 学 陸 上 競 技 部 主 将 出 口 大 幹 日 中 はなお 厳 しい 暑 さでし 写 真 : 七 帝 戦 での 集 合 写 真 と 優 勝 した 選 手 達 1 目 次 1. 新 主 将 挨 拶 2 2. 新 幹 部 紹 介 2 3.パート 長 の 抱 負 3 4. 試 合 結 果 4 5. 近 日 中 の 試 合 8 6.その 他 8 1. 新 主 将 挨 拶 大 阪 大 学 陸 上 競 技 部 主 将 出 口 大 幹 日 中 はなお 厳 しい 暑 さでしのぎがたい 毎 日 ですが

More information

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に

種 目 の 方 法 第 1 次 種 目 基 礎 能 力 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 多 肢 選 択 式 ) 専 門 ( 記 述 式 ) 労 働 基 準 監 督 A 労 働 基 準 監 督 B 比 率 公 務 員 として 必 要 な 基 礎 的 な 能 力 ( 知 能 及 び 知 識 )に 平 成 28 年 度 国 家 公 務 員 労 働 基 準 監 督 官 採 用 大 学 卒 業 程 度 受 験 案 内 人 事 院 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 監 督 官 は 5,200 万 人 の 労 働 者 の 職 業 生 活 や 生 命 と 健 康 を 守 り 人 間 尊 重 の 基 本 理 念 に 立 脚 した 法 定 の 労 働 条 件 を 確 保 することを 任 務 とし 厚 生

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

第 2 節 取 得 時 効 71 第 3 節 消 滅 時 効 75 第 4 節 時 効 の 援 用 放 棄 77 第 5 節 時 効 の 中 断 81 第 7 章 相 続 83 第 1 節 相 続 とは 84 第 2 節 相 続 人 相 続 分 85 第 3 節 共 同 相 続 90 第 4 節 相

第 2 節 取 得 時 効 71 第 3 節 消 滅 時 効 75 第 4 節 時 効 の 援 用 放 棄 77 第 5 節 時 効 の 中 断 81 第 7 章 相 続 83 第 1 節 相 続 とは 84 第 2 節 相 続 人 相 続 分 85 第 3 節 共 同 相 続 90 第 4 節 相 完 全 合 格 講 座 オリジナルテキスト 権 利 関 係 目 次 宅 建 試 験 ガイダンス 1 権 利 関 係 の 特 徴 と 攻 略 法 11 第 1 章 民 法 の 基 礎 知 識 15 第 1 節 民 法 とは 15 第 2 節 契 約 について 16 第 2 章 意 思 表 示 19 第 1 節 詐 欺 20 第 2 節 強 迫 22 第 3 節 虚 偽 表 示 24 第 4 節 心 裡

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information