Taro-23-12完全原稿.jtd

Size: px
Start display at page:

Download "Taro-23-12完全原稿.jtd"

Transcription

1 3713 平 成 23 年 12 月 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 第 359 号 平 成 23 年 12 月 名 誉 教 授 称 号 授 与 式 及 び 名 誉 教 授 会 の 開 催 ( 関 連 ページ5ページ) 加 東 市 職 員 と 兵 庫 教 育 大 学 職 員 の 交 流 研 修 会 の 実 施 附 属 中 学 校 創 立 30 周 年 記 念 式 典 の 開 催 ( 関 連 記 事 4ページ) ( 関 連 記 事 6ページ) 目 次 学 事 2 附 属 中 学 校 創 立 30 周 年 記 念 式 典 の 開 催 寄 附 金 附 属 中 学 校 第 29 回 友 嬉 祭 の 開 催 人 事 2 兵 庫 県 立 北 条 高 等 学 校 生 徒 の 来 学 人 事 異 動 附 属 幼 稚 園 4 歳 児 窯 開 きの 実 施 諸 報 2 附 属 小 学 校 6 年 生 修 学 旅 行 の 実 施 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 役 員 会 ホスピタリティ 研 修 報 告 会 の 開 催 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 経 営 協 議 会 幼 稚 園, 小 学 校 交 流 給 食 の 実 施 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 教 育 研 究 評 議 会 平 成 23 年 度 兵 庫 教 育 大 学 永 年 勤 続 者 表 彰 式 の 兵 庫 教 育 大 学 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 学 校 教 実 施 育 学 部 教 授 会 第 30 回 大 学 祭 嬉 望 祭 の 開 催 連 合 学 校 教 育 学 研 究 科 代 議 委 員 会 大 学 祭 嬉 望 祭 で 本 学 の 東 日 本 大 震 災 復 興 附 小 っ 子 コンサートの 開 催 支 援 活 動 を 紹 介 附 属 幼 稚 園 バス 遠 足 の 実 施 大 学 祭 における 兵 庫 教 育 大 学 と 北 播 磨 地 域 5 小 野 市 との 地 域 連 携 推 進 事 業 ヤング ジェ 市 1 町 の 共 同 ブース 北 播 磨 5 市 1 町 と 兵 教 ネレーション フォーラム の 開 催 大 SHOP の 開 設 附 属 幼 稚 園 5 歳 児 脱 穀 体 験 の 実 施 教 材 文 化 資 料 館 主 催 教 育 実 践 シンポジウム 加 東 市 職 員 と 兵 庫 教 育 大 学 職 員 の 交 流 研 修 会 の 開 催 の 実 施 ブックリサイクルフェスタ2011の 開 催 附 属 幼 稚 園 と 社 高 等 学 校 との 交 流 の 実 施 附 属 幼 稚 園 嬉 望 祭 に 参 加 留 学 生 と 加 東 市 フレンドシップファミリーと 学 生 表 彰 ( 学 部 1~3 年 次 学 生 対 象 )の 実 施 の 対 面 式 の 開 催 小 学 校, 中 学 校 英 語 科 交 流 学 習 の 実 施 名 誉 教 授 称 号 授 与 式 及 び 名 誉 教 授 会 の 開 催 主 要 日 誌 12 附 属 小 学 校 4 年 生 自 然 学 校 の 実 施 - 1 -

2 3714 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 - 学 事 - 寄 附 金 寄 附 申 込 者 研 究 担 当 者 寄 附 の 目 的 金 額 ( 円 ) 兵 庫 教 育 大 学 附 属 幼 稚 園 兵 庫 教 育 大 学 附 属 幼 稚 園 の 教 育 600,000 育 友 会 会 長 藤 原 雅 子 研 究 の 振 興 充 実 等 のため - 人 事 - 人 事 異 動 事 務 職 員 (1) 採 用 平 成 23 年 12 月 1 日 付 職 名 等 氏 名 備 考 企 画 課 企 画 評 価 チーム 事 務 補 佐 員 桑 原 悦 子 (2) 退 職 平 成 23 年 11 月 30 日 付 元 職 氏 名 備 考 企 画 課 企 画 評 価 チーム 事 務 補 佐 員 阿 江 佳 恵 - 諸 報 - 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 役 員 会 第 13 回 平 成 23 年 11 月 1 日 ( 火 ) 1 平 成 23 年 度 予 算 実 施 計 画 第 2 次 補 正 案 につ いて 第 14 回 平 成 23 年 11 月 9 日 ( 水 ) 1 平 成 24 年 度 教 育 研 究 基 盤 経 費 配 分 検 討 ワー キンググループの 設 置 について 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 経 営 協 議 会 第 2 回 平 成 23 年 11 月 1 日 ( 火 ) 1 平 成 23 年 度 予 算 実 施 計 画 第 2 次 補 正 案 につ いて 2 附 属 小 学 校 の1 年 生 の 入 学 定 員 の 見 直 しに ついて 3 役 員 の 期 末 特 別 手 当 について 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 教 育 研 究 評 議 会 第 7 回 平 成 23 年 11 月 9 日 ( 水 ) 1 平 成 24 年 度 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 第 2 次 学 生 募 集 について 2 教 員 の 選 考 について 3 兵 庫 教 育 大 学 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 修 士 課 程 学 位 論 文 等 に 関 する 取 扱 い 内 規 の 一 部 改 正 等 について 4 平 成 24 年 度 授 業 暦 について - 2 -

3 3715 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 5 平 成 24 年 度 教 育 研 究 基 盤 経 費 配 分 検 討 ワー キンググループの 設 置 について 6 受 託 研 修 員 の 受 入 れについて 兵 庫 教 育 大 学 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 学 校 教 育 学 部 教 授 会 第 7 回 平 成 23 年 11 月 9 日 ( 水 ) 1 平 成 24 年 度 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 第 2 次 学 生 募 集 について 2 教 員 候 補 者 についての 意 見 の 取 りまとめに ついて 3 兵 庫 教 育 大 学 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 修 士 課 程 学 位 論 文 等 に 関 する 取 扱 い 内 規 の 一 部 改 正 等 について 4 平 成 24 年 度 授 業 科 目 の 新 設 改 廃 等 について 5 平 成 24 年 度 開 設 授 業 科 目 等 について 6 平 成 23 年 度 授 業 科 目 担 当 教 員 の 変 更 等 につ いて 7 学 生 の 学 籍 異 動 について 附 小 っ 子 コンサートの 開 催 11 月 1 日 ( 火 )は, 児 童 を 対 象 に,また11 月 5 日 ( 土 )は, 保 護 者 を 対 象 に, 附 属 小 学 校 において, かなでよう こころのリズム 伝 え 合 おう 自 分 のキモチを のテーマのもと, 第 14 回 附 小 っ 子 コン サートを 開 催 した どの 学 年 も,これまでの 練 習 を 活 かして, 生 き 生 きと 体 全 体 で 歌 声 や 演 奏 を 響 かせ, 会 場 は 大 きな 拍 手 に 包 まれた また,PTA 音 楽 サークルと 有 志 に よるトーンチャイムの 演 奏 が,コンサートをさらに 盛 り 上 げた 子 どもたちは, 練 習 やコンサート 本 番 を 通 して, 仲 間 と 一 体 となって 自 分 たちの 表 現 をつくりあげ, 人 間 関 係 を 深 めることができた 第 8 回 平 成 23 年 11 月 30 日 ( 水 ) 1 平 成 24 年 度 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 入 学 者 選 抜 試 験 後 期 選 抜 の 合 否 判 定, 理 数 系 教 員 養 成 特 別 プログラム 受 講 許 可 及 び 長 期 履 修 学 生 の 許 可 について 2 平 成 24 年 度 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 第 2 次 募 集 要 項 について 連 合 学 校 教 育 学 研 究 科 代 議 委 員 会 第 6 回 平 成 23 年 11 月 2 日 ( 水 ) 1 論 文 提 出 による 博 士 の 学 位 論 文 受 理 につい て 2 博 士 候 補 認 定 試 験 の 実 施 について 3 平 成 24 年 度 学 生 募 集 要 項 の 訂 正 について 4 平 成 23 年 度 授 業 料 免 除 ( 後 期 分 )について 附 属 幼 稚 園 バス 遠 足 の 実 施 11 月 2 日 ( 水 ), 附 属 幼 稚 園 全 園 児 が, 播 州 清 水 寺 へのバス 遠 足 を 実 施 した 3,4 歳 児 は 頂 上 までバスで 行 き,5 歳 児 は 登 山 口 から 頂 上 を 目 指 して 自 分 の 足 で 登 り 切 った 紅 葉 には 少 し 時 期 が 早 かったが, 境 内 の 中 を 散 策 したり, お 弁 当 を 食 べたりして 楽 しい 時 間 を 過 ごした - 3 -

4 3716 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 小 野 市 との 地 域 連 携 推 進 事 業 ヤング ジェネレー ション フォーラム の 開 催 11 月 5 日 ( 土 ), 小 野 市 うるおい 交 流 館 エクラに おいて, 小 野 市 との 地 域 連 携 推 進 事 業 ヤング ジ ェネレーション フォーラム を 開 催 した このフォーラムは, 蓬 莱 務 小 野 市 長 と 地 元 の 高 校 生 大 学 生 などが 市 政 について 語 り 合 い, 市 の 施 策 について 正 しい 知 識 や 情 報 を 得 ることで 政 治 行 政 に 関 心 を 持 ってもらうこと,また 若 い 人 たちが 日 頃 思 っていること, 考 えていることを 市 政 に 反 映 する ことを 目 的 として, 平 成 20 年 から 実 施 され, 今 年 で 4 回 目 となる 本 学 からは, 小 野 市 在 住 の 学 部 3 年 生 の 杉 松 宇 恵 さんと 濱 田 祐 子 さんの2 人 が 司 会 進 行 役 として,ま た, 教 育 内 容 方 法 開 発 専 攻 の 森 田 啓 之 准 教 授 がコ ーディネーターとして 参 加 した フォーラムでは, 市 長 と 地 元 高 校 生 が 神 戸 電 鉄 粟 生 線 の 存 廃 問 題 を 中 心 として, 小 野 市 政 について 熱 のこもった 討 議 が 行 われた 附 属 幼 稚 園 5 歳 児 脱 穀 体 験 の 実 施 11 月 7 日 ( 月 ), 附 属 幼 稚 園 5 歳 児 が, おやじの 会 やPTA 役 員 の 協 力 のもと, 脱 穀 を 体 験 した 園 児 たちは, 種 から 育 てた 餅 米 の 稲 を, 足 踏 み 式 の 脱 穀 機 を 使 って 脱 穀 し,お 米 が 飛 び 散 る 様 子 に 驚 いていた 脱 穀 後 の 米 は, 一 升 瓶 に 米 を 入 れて 棒 で 突 くという 昔 の 方 法 で, 園 児 たちが 精 米 する 予 定 で ある 加 東 市 職 員 と 兵 庫 教 育 大 学 職 員 の 交 流 研 修 会 の 実 施 11 月 8 日 ( 火 ), 総 合 研 究 棟 において, 加 東 市 職 員 と 兵 庫 教 育 大 学 職 員 の 交 流 研 修 会 を 実 施 した 本 研 修 は, 若 手 職 員 の 知 見 を 深 めることで 人 材 育 成 を 図 り, 加 東 市 と 兵 庫 教 育 大 学 とのネットワーク を 更 に 広 げていくことを 目 的 としたもので, 加 東 市 職 員 31 名, 本 学 職 員 32 名 が 受 講 した 当 日 は, 加 東 市 職 員 を 対 象 とした 本 学 の 施 設 見 学 の 後, 安 田 正 義 加 東 市 長 から 加 東 市 のまちづくり について, 加 治 佐 哲 也 学 長 から 兵 庫 教 育 大 学 の 地 域 貢 献 について,それぞれ 講 演 が 行 われ, 受 講 者 は 熱 心 に 聞 き 入 っていた その 後 の 交 流 懇 親 会 で は, 班 別 にテーマを 決 め 話 し 合 いが 行 われた 受 講 者 からは 交 流 を 通 して 双 方 が 連 携 していく という 意 識 が 高 まった, 今 度 は 加 東 市 役 所 で 研 修 をしてみたい 等 の 意 見 があり, 意 義 のある 研 修 となると 同 時 に, 次 回 へ 向 け, 多 大 なる 期 待 が 感 じられた - 4 -

5 3717 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 附 属 幼 稚 園 と 社 高 等 学 校 との 交 流 の 実 施 11 月 8 日 ( 火 )から6 日 間 にわたり, 附 属 幼 稚 園 児 と, 兵 庫 県 立 社 高 等 学 校 1 年 生 との 交 流 会 を 実 施 した 社 高 等 学 校 の 家 庭 科 の 授 業 ふれあい 育 児 体 験 の 一 環 として, 一 緒 に 弁 当 を 食 べたり, 活 動 したり した また,11 月 25 日 ( 金 )には, 体 育 科 1 年 生 の 模 範 演 技 を 見 学 した 小 さい 子 どもを 相 手 に 戸 惑 いながら 声 をかける 高 校 生 と, 恥 ずかしそうに 遠 くから 見 ているだけの 幼 稚 園 児 との 間 には, 最 初 は 少 し 距 離 があったが, 一 緒 に 遊 ぶうちに 打 ち 解 けることができた 名 誉 教 授 称 号 授 与 式 及 び 名 誉 教 授 会 の 開 催 留 学 生 と 加 東 市 フレンドシップファミリーとの 対 面 式 の 開 催 11 月 9 日 ( 水 ),10 月 に 入 学 した 外 国 人 留 学 生 と 加 東 市 フレンドシップファミリーとの 対 面 式 を 本 学 の 国 際 交 流 会 館 で 開 催 した 加 東 市 フレンドシップファミリー 事 業 とは, 留 学 生 と 近 隣 地 域 の 家 庭 がペアとなり, 家 族 として 交 流 する 加 東 市 独 自 の 事 業 である この 事 業 は 留 学 生 にとって 日 本 の 文 化 を 学 ぶ 良 い 機 会 であり,また 異 国 での 生 活 を 支 えてくれる 心 の よりどころとなっており, 日 本 での 生 活 に 欠 かせな いものとなっている 対 面 式 では 最 初 双 方 が 緊 張 し た 様 子 だったがすぐに 打 ち 解 けて, 今 後 の 活 動 につ いて 会 話 を 弾 ませいた 11 月 10 日 ( 木 ), 本 学 総 合 研 究 棟 3 階 大 会 議 室 に おいて, 上 寺 久 雄 名 誉 教 授 をはじめ18 名 の 名 誉 教 授 と 加 治 佐 哲 也 学 長 ら 役 職 員 と 有 志 在 職 教 員 の 出 席 の もと, 名 誉 教 授 会 を 開 催 した また, 名 誉 教 授 会 に 先 立 ち, 平 成 23 年 4 月 1 日 付 けで 兵 庫 教 育 大 学 名 誉 教 授 の 称 号 が 授 与 された 渡 辺 金 治 氏 の 称 号 授 与 式 を 行 い, 続 いて, 加 治 佐 哲 也 学 長 の 挨 拶 及 び 上 寺 久 雄 名 誉 教 授 会 長 の 挨 拶 が 行 われ た 次 いで, 懇 親 昼 食 会 が 和 やかな 雰 囲 気 の 中 行 わ れ, 名 誉 教 授 の 先 生 方 の 近 況 報 告 等 が 行 われた 午 後 からは, 本 学 の 施 設 見 学 の 後, 学 長 より 大 学 の 現 状 について 説 明 が 行 われ,これからの 本 学 の 在 り 方 等 について 名 誉 教 授 と 本 学 役 職 員 との 活 発 な 意 見 交 換 が 行 われ, 有 意 義 な 名 誉 教 授 会 となった - 5 -

6 3718 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 附 属 小 学 校 4 年 生 自 然 学 校 の 実 施 11 月 10 日 ( 木 ), 11 日 ( 金 ), 附 属 小 学 校 4 年 生 が, 兵 庫 県 立 嬉 野 台 生 涯 教 育 センターにおいて 自 然 学 校 を 実 施 した この 自 然 学 校 は, 附 属 小 学 校 の 体 験 活 動 の1つで, 5 年 生 の 林 間 学 校,6 年 生 の 臨 海 合 宿 につながる 行 事 である 1 日 目 は,ウォークラリーと 初 めての 野 外 炊 飯 に 挑 戦 した キャンプファイヤーでは,グループ 毎 に スタンツを 行 い, 楽 しいひとときを 過 ごした 2 日 目 は, 学 年 全 体 でレクを 行 い, 大 いに 盛 り 上 がった もともと 自 然 学 校 は9 月 に 実 施 する 予 定 だ ったが, 台 風 接 近 により 延 期 されたため, 子 どもた ちにとっては,なおのこと 心 に 残 る 体 験 活 動 となっ た 仲 間 と 支 え 合 いながら 初 めての 宿 泊 体 験 を 終 え 学 校 へ 戻 ってきた4 年 生 は, 一 回 り 成 長 し 逞 しく 感 じられた 来 賓 紹 介, 生 徒 会 長 による 在 校 生 代 表 の 言 葉 のあと, 附 属 中 学 校 創 立 時 の 教 員 で, 校 歌 の 作 曲 者 でもある 竹 田 勝 先 生 指 揮 により 校 歌 を 斉 唱 し, 式 典 を 締 めく くった また, 式 典 に 引 き 続 いて 体 育 館 で 開 催 されたミニ コンサートでは, 本 校 卒 業 生 である 現 役 アナウンサ ーが 司 会 を 務 め, 音 楽 分 野 で 活 躍 している 卒 業 生 及 び 元 本 校 音 楽 教 員 が 声 楽,ピアノ,マリンバ 及 びビ オラを 披 露 して,30 周 年 に 華 を 添 えた さらに, 北 館 では, 附 属 中 学 校 30 年 のあゆみ パネル 写 真 展 と 卒 業 生 による 美 術 作 品 展 を 同 時 開 催 した 附 属 中 学 校 ならではの ねらい と 手 作 り 感 のあふれる 温 かい 雰 囲 気 の 中 で,すばらしい 式 典, ミニコンサート 及 び 作 品 展 となった 附 属 中 学 校 第 29 回 友 嬉 祭 の 開 催 附 属 中 学 校 創 立 30 周 年 記 念 式 典 の 開 催 11 月 11 日 ( 金 ), 本 学 附 属 中 学 校 において, 創 立 3 0 周 年 記 念 式 典 を 開 催 した 当 日 は, 加 東 市 長 をはじめ, 兵 庫 県 議 会 議 員, 加 東 市 教 育 長, 附 属 中 学 校 歴 代 の 校 長, 副 校 長 及 びP TA 会 長 など 多 数 の 来 賓 の 出 席 があり, 本 学 関 係 者, 生 徒, 保 護 者 及 び 職 員 とともに 附 属 中 学 校 創 立 30 周 年 を 盛 大 にお 祝 いした 式 典 では, 松 本 剛 校 長 の 式 辞, 加 治 佐 哲 也 学 長 の 挨 拶 に 続 き, 安 田 正 義 加 東 市 長, 藤 本 百 男 兵 庫 県 議 会 議 員 及 び 藤 田 和 昌 PTA 会 長 から 祝 辞 をいただいた 11 月 12 日 ( 土 ), 附 属 中 学 校 において, 信 じる 思 いが 生 み 出 す 力!-30th 僕 らが 刻 む 最 高 のh i s t o r y- のテーマのもと, 友 嬉 祭 が 開 催 された 午 前 の 部 では, 人 権 作 文 発 表 会, 合 唱 コンクール 及 び 舞 台 発 表 などが 行 われた 合 唱 コンクールでは, クラス 一 丸 となって 練 習 してきた 合 唱 曲 を 披 露 し, とてもレベルの 高 いコンクールとなった 午 後 の 部 では, 舞 台 でのオリジナル 劇,ヒップホ ップダンス,ファッションショー,サイエンスショ ーなどが 披 露 された そのほか, 文 化 クラブなどの 創 意 工 夫 した 展 示 発 表 も 行 われ, 盛 りだくさんの 内 容 となった 写 生 大 会 の 作 品 も 掲 示 され, 各 クラスの 優 秀 賞 と 最 優 秀 賞, 特 別 優 秀 賞 が 表 彰 された また, 武 道 館 - 6 -

7 3719 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 で 実 施 されたPTAのバザーにも, 多 数 の 保 護 者 が 訪 れ, 学 校 全 体 が 熱 気 に 包 まれた 一 日 となった この 友 嬉 祭 を 通 して, 生 徒 と 教 員 の 絆 及 びクラス の 仲 間 との 絆 をより 深 めることができた 附 属 小 学 校 6 年 生 修 学 旅 行 の 実 施 兵 庫 県 立 北 条 高 等 学 校 生 徒 の 来 学 11 月 15 日 ( 火 ), 兵 庫 県 立 北 条 高 校 の 生 徒 22 人 が 進 路 指 導 の 一 環 として 本 学 を 訪 問 した 生 徒 達 は, 大 学 概 要 の 説 明 を 受 けた 後, 附 属 図 書 館 等 の 見 学 を 行 った 生 徒 達 は, 本 学 の 環 境 を 肌 で 感 じ, 今 後 の 進 路 を 考 える 上 で 有 意 義 な 時 間 を 持 てたことに 満 足 した 様 子 であった 11 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ), 附 属 小 学 校 6 年 生 が, 奈 良 京 都 方 面 への 修 学 旅 行 を 実 施 した 奈 良 では, 法 隆 寺 や 東 大 寺 大 仏 殿, 奈 良 公 園 など, 京 都 では, 宇 治 平 等 院 や 金 閣 寺 などを 訪 れ, 歴 史 や 文 化 遺 産 に 触 れることで,6 年 生 の 社 会 科 で 学 習 し たことを 広 げ 深 めることができた また, 京 都 では, 自 分 たちで 見 学 コースを 設 定 し, 班 別 行 動 を 行 うな ど, 仲 間 で 協 力 しながら 活 動 することで,さらに 友 情 の 和 を 深 めることができた 附 属 幼 稚 園 4 歳 児 窯 開 きの 実 施 11 月 15 日 ( 火 ), 附 属 幼 稚 園 4 歳 児 が, 路 線 バス を 利 用 して 本 学 に 園 外 保 育 に 出 かけ, 陶 芸 の 窯 開 き を 行 った 園 児 たちが 思 い 思 いの 呪 文 を 唱 える 中, 窯 の 大 き な 扉 が 開 くと, うわー! と 歓 声 が 上 がった 出 来 上 がったばかりの,まだ 温 かさが 残 る 作 品 を 大 事 に 手 に 持 ち, 友 達 と 作 品 を 見 合 う 姿 がみられた そ のあとは, 大 学 の 講 堂 で 歌 を 歌 ったり, 合 奏 をした りして, 嬉 望 祭 に 向 けて 気 持 ちを 高 めることができ た - 7 -

8 3720 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 ホスピタリティ 研 修 報 告 会 の 開 催 11 月 17 日 ( 木 ), 総 合 研 究 棟 において,9 月 28 日 に 実 施 したホスピタリティ 研 修 の 報 告 会 を 開 催 し た 本 研 修 は, 東 京 ディズニーリゾートのビジネスを 支 え 続 ける ホスピタリティ=おもてなしの 心 と はどのようなことかを 学 ぶことで, 今 後 の 業 務 に 生 かし 職 員 の 資 質 向 上 を 図 ることを 目 的 としたもの で, 本 報 告 会 には, 事 務 職 員 等 56 名 が 参 加 し, 本 研 修 への 関 心 の 高 さが 伺 えた 当 日 は, 林 興 一 総 務 課 長 の 挨 拶 の 後, 研 修 受 講 者 11 名 から, 各 班 の 研 修 テーマに 基 づく 班 別 の 発 表 が 行 われ, 加 治 佐 哲 也 学 長 が 総 評 した 各 班 の 発 表 では, ディズニーリゾートでは 目 標 が 明 確 であり, 全 員 がそれを 理 解 している, ホ スピタリティの 精 神 を 大 学 ではどう 生 かしていける か 等 の 報 告 があり, 参 加 者 は 熱 心 に 聞 き 入 って いた 平 成 23 年 度 兵 庫 教 育 大 学 永 年 勤 続 者 表 彰 式 の 実 施 平 成 23 年 度 兵 庫 教 育 大 学 永 年 勤 続 者 表 彰 被 表 彰 者 が 決 定 され,11 月 18 日 ( 金 ), 被 表 彰 者 に 対 し 表 彰 状 の 授 与 及 び 記 念 品 の 贈 呈 が 行 われた なお, 今 年 度 の 被 表 彰 者 は 次 のとおりである 兵 庫 教 育 大 学 永 年 勤 続 者 表 彰 被 表 彰 者 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 教 授 吉 岡 秀 文 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 教 授 小 山 英 樹 総 務 課 主 査 坂 地 正 寿 学 生 支 援 課 主 任 坂 地 亜 紀 幼 稚 園, 小 学 校 交 流 給 食 の 実 施 11 月 17 日 ( 木 ), 附 属 小 学 校 において, 附 属 幼 稚 園 5 歳 児 と 附 属 小 学 校 5 年 生 との 交 流 給 食 を 実 施 し た 園 児 は, 初 めての 小 学 校 での 給 食 に 少 し 緊 張 して いたが,5 年 生 に 優 しく 話 しかけられながら, 一 緒 に 給 食 の 配 膳, 会 食 を 行 ううちに 緊 張 もほぐれ, 和 やかな 雰 囲 気 の 中 で 楽 しく 交 流 を 深 めることができ た 園 児 にとっては, 小 学 校 生 活 への 期 待 が 膨 らむ 楽 しい 交 流 給 食,5 年 生 にとっては 来 年 最 上 級 生 に なる 心 構 えを 培 う 交 流 給 食 となった - 8 -

9 3721 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 第 30 回 大 学 祭 嬉 望 祭 の 開 催 11 月 19 日 ( 土 ),20 日 ( 日 )の2 日 間, BRID GE~ 明 日 に 架 ける 想 い~ をスローガンに, 第 30 回 大 学 祭 嬉 望 祭 を 開 催 した 学 生 と 地 域 の 方 々 との 心 と 心 をつなぐ 大 学 祭 にしようという 思 いや 東 日 本 大 震 災 の 復 興 への 思 いが 込 められている 学 内 各 所 では 模 擬 店,ステージでのバンド 演 奏, フリーマーケット,クラブ 活 動 発 表, 附 属 幼 稚 園 の 園 児 によるミニコンサート 作 品 展 などを 実 施 し た また 今 回 新 たに, 兵 庫 教 育 大 学 と 北 播 磨 地 域 5 市 1 町 の 連 携 による 共 同 ブースも 開 設 した 20 日 ( 日 )には, 大 学 祭 第 30 回 を 記 念 して,アテ ネ 五 輪 銀 メダリスト 山 本 博 氏 による 講 演 会 成 功 を 呼 び 寄 せる 方 法 とは- 教 育 者 として,アスリートと して- が 実 施 され, 雨 天 だったが, 多 くの 来 場 者 でにぎわい, 熱 い2 日 間 となった また,19 日 には, 加 東 市 で 開 催 された 第 23 回 義 士 親 善 友 好 都 市 交 流 会 議 ( 忠 臣 蔵 サミット ) に 参 加 した 自 治 体 の 市 長 等 が 大 学 祭 を 訪 れ, 本 学 の 復 興 支 援 活 動 に 係 る 紹 介 パネルを 見 学 された 大 学 祭 における 兵 庫 教 育 大 学 と 北 播 磨 地 域 5 市 1 町 の 共 同 ブース 北 播 磨 5 市 1 町 と 兵 教 大 SHOP の 開 設 大 学 祭 嬉 望 祭 で 本 学 の 東 日 本 大 震 災 復 興 支 援 活 動 を 紹 介 11 月 19 日 ( 土 ),20 日 ( 日 )に 開 催 された 大 学 祭 嬉 望 祭 で,これまでに 本 学 が 行 った 東 日 本 大 震 災 における 取 り 組 みに 関 するパネルの 展 示 を 行 い, 大 学 祭 参 加 者 に 本 学 の 支 援 活 動 を 紹 介 した 会 場 では, 加 治 佐 哲 也 学 長 のメッセージ, 本 学 の 支 援 活 動 状 況, 活 動 の 取 組 内 容 などを 取 り 上 げた11 枚 のパネルの 他, 加 治 佐 哲 也 学 長 のメッセージ 子 どもたちに 一 日 も 早 い 笑 顔 を と 記 した 長 さ3メー トルの 鯉 のぼりや 復 興 応 援 メッセージが 記 されたミ ニ 鯉 のぼりの 紹 介 も 行 った 11 月 19 日 ( 土 ),20 日 ( 日 ), 大 学 祭 において, 兵 庫 教 育 大 学 と 北 播 磨 地 域 5 市 1 町 の 連 携 による 共 同 ブース 北 播 磨 5 市 1 町 と 兵 教 大 SHOP を 初 め て 開 設 した 本 ブースでは, 本 学 や 北 播 磨 地 域 5 市 1 町 を 紹 介 するパンフレット 等 の 配 布 や 本 学 と 北 播 磨 地 域 5 市 1 町 にちなんだクイズを 行 った また, 出 店 いただいた 加 東 市 と 小 野 市 からは,オ リジナルグッズなどの 販 売 も 行 われ, 大 学 祭 の 来 場 者, 本 学 学 生 及 び 教 職 員 など 多 数 の 方 々に 来 店 いた だき, 学 内 外 に 対 して, 本 学 と 北 播 磨 地 域 5 市 1 町 の 連 携 を 紹 介 する 良 い 機 会 となった - 9 -

10 3722 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 教 材 文 化 資 料 館 主 催 教 育 実 践 シンポジウム の 開 催 11 月 19 日 ( 土 ), 附 属 図 書 館 ライブラリーホール において, 教 材 文 化 資 料 館 主 催 教 育 実 践 シンポジ ウム を 開 催 した いま 学 校 現 場 で 求 められる 教 材 の 開 発 ~ 授 業 を 組 み 立 てる 情 報 の 効 果 的 な 収 集 ~ をテーマとし た 本 シンポジウムは, 多 忙 を 極 める 現 場 教 員 が 授 業 の 充 実 を 図 り,また 直 面 する 課 題 を 自 ら 解 決 するた めに 必 要 な 実 践 的 な 情 報 とは 何 か,いかに 収 集 整 理 し 教 材 として 開 発 していくのか, 更 にその 教 材 開 発 に 向 けた 大 学 と 学 校 現 場 との 協 同 作 業 の 方 法 論 等 について, 大 学 と 学 校 現 場 が 双 方 の 立 場 から 議 論 す る 場 として 実 施 された 上 越 教 育 大 学 石 野 正 彦 教 授 による 基 調 講 演 ICT を 利 用 した 授 業 実 践 の 向 上 のための 情 報 と 収 集 と 活 用 の 後, 現 在 教 材 文 化 資 料 館 において 構 築 中 の 教 材 ファクトリー のデモ,それに 引 き 続 き, 本 学 教 育 実 践 高 度 化 専 攻 松 本 伸 示 教 授 の 司 会 のもとパネル ディスカッションが 行 われ, 学 校 現 場 及 び 大 学 双 方 による 様 々な 意 見 が 交 わされた パネル ディスカッションでは, 本 学 卒 業 生 で 現 在 明 石 市 教 育 委 員 会 学 校 教 育 課 指 導 主 事 の 山 野 井 昭 雄 氏 及 び 本 学 大 学 院 生 の 岩 本 剛 氏 から 学 校 現 場 の いま が, 熱 く 切 実 に 語 られた また 教 育 内 容 方 法 開 発 専 攻 今 井 裕 之 准 教 授, 教 育 実 践 高 度 化 専 攻 加 藤 久 恵 准 教 授 からは, 大 学 としての 学 習 指 導 案 指 導 等 の 実 例 経 過 について 説 明 があった 参 加 者 か らもパネリストの 報 告 等 を 踏 まえて, 活 発 な 質 問 及 び 現 場 教 員 としての 実 情 からの 意 見 が 出 され,いず れも 本 学 教 材 文 化 資 料 館 で 構 築 中 の 教 材 ファクト リー に 対 して 熱 い 期 待 が 感 じられるものであった 当 日 は 事 前 予 約 申 込 者, 当 日 参 加 者, 本 学 学 生 等 による 多 数 の 参 加 があり, 終 了 後 もメールで 感 想 や 意 見 が 寄 せられるなど 反 響 が 続 いている 主 催 者 で ある 教 材 文 化 資 料 館 は,これらの 意 見 期 待 に 応 え るべく 現 在 も 教 材 ファクトリー の 構 築 と 充 実 に 臨 んでいる ブックリサイクルフェスタ2011の 開 催 11 月 19 日 ( 土 ),20 日 ( 日 )の 両 日, 附 属 図 書 館 正 面 玄 関 ポーチにおいて, 附 属 図 書 館 としては 初 の 試 みである 古 書 の 無 料 配 付 イベント ブックリサイ クルフェスタ2011 を 開 催 した 資 源 の 有 効 利 用 及 び 読 書 活 動 の 推 進 を 目 的 とした 当 イベントは, 附 属 図 書 館 においては 初 の 試 みであ り, 本 学 教 員 から 提 供 を 受 けた 古 書 や 附 属 図 書 館 の 除 籍 図 書 等 約 2,142 点 を 配 布 した 陳 列 されたコンテナは, 教 育 関 係 の 学 術 書 や 一 般 書, 教 科 書 の 他, 小 説 実 用 書 趣 味 本 等 バラエテ ィに 富 む 古 書 で 満 たされ, 両 日 共 に 開 始 時 刻 前 から 来 場 者 が 殺 到 した 準 備 した 古 書 は 大 半 が 引 き 取 ら れ, 来 場 者 からは ぜひ 来 年 も 開 催 してほしい と の 声 が 相 次 ぐなど, 大 好 評 のうちに 終 了 した

11 3723 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12 月 附 属 幼 稚 園 嬉 望 祭 に 参 加 11 月 19 日 ( 土 ), 附 属 幼 稚 園 園 児 が 本 学 の 嬉 望 祭 に 参 加 し,ミニコンサートを 行 った 3 歳 児 は, 歌 とお 鍋 やフライパンを 使 った 音 遊 び, 4 歳 児 は, 運 動 会 で 体 操 をした 曲 の 合 奏 と 歌 を 披 露 した さらに,5 歳 児 は, 園 外 保 育 に 出 かけた 体 験 をもとに 自 分 たちで 作 った 歌 と,その 歌 に 合 わせて 考 えた 演 奏 を 行 った 広 い 講 堂 で, 緊 張 しながらも, のびのびと 歌 や 演 奏 を 披 露 することができた 共 通 講 義 棟 2 階 ロビーでは, 作 品 展 も 行 い, 園 児 の 家 族 だけでなく, 学 生 や 地 域 の 人 々など 多 くの 来 場 者 に 作 品 を 披 露 するよい 機 会 となった また, 模 擬 店 をまわったり,PTA 主 催 の ふぞ くまつり に 参 加 したりと, 大 学 の 雰 囲 気 を 存 分 に 感 じながら 楽 しく 過 ごした 弓 道 部 錦 亜 友 美 文 化 芸 術 奨 励 賞 よさこい 部 吹 奏 楽 部 小 学 校 中 学 校 英 語 科 交 流 学 習 の 実 施 学 生 表 彰 ( 学 部 1~3 年 次 学 生 対 象 )の 実 施 10 月 26 日,11 月 2 日,4 日,8 日 の4 日 間, 附 属 小 学 校 では,6 年 生 の 英 語 学 習 において,6 年 生 担 任 教 諭 と 附 属 中 学 校 英 語 科 教 諭 が,ティームティー チングによる 授 業 を 行 った これは, 英 語 科 における 小 中 連 携 教 育 の 一 環 であ り, 小 学 校 から 中 学 校 への 円 滑 な 接 続 へ 資 するもの である 子 どもたちは, 専 門 性 の 高 い 中 学 校 英 語 教 諭 の 指 導 を 受 け, 大 きな 刺 激 を 受 けるとともに, 中 学 への 希 望 や 親 近 感 も 感 じることができた 11 月 19 日 ( 土 ), 兵 庫 教 育 大 学 学 生 表 彰 規 程 に 基 づき, 学 部 1~3 年 次 学 生 を 対 象 とした 学 生 表 彰 を 行 った 受 賞 者 は 次 のとおり スポーツ 奨 励 賞 ( 団 体 ) 男 子 バレーボール 部 バドミントン 部 ラグビー フットボール 部 準 硬 式 野 球 部 男 子 ハンドボール 部 ( 個 人 ) 少 林 寺 拳 法 部 古 田 湧 也 バドミントン 部 金 澤 文 彦 中 川 潤 香 西 村 安 沙 子

12 3724 国 立 大 学 法 人 兵 庫 教 育 大 学 学 報 平 成 23 年 12月 -11 月 主 要 日 誌 - 月 日 事 項 11 月 1 日 ( 火 ) 役 員 会 ( 第 13 回 ) 経 営 協 議 会 ( 第 2 回 ) 附 属 小 学 校 附 小 っ 子 コンサート 2 日 ( 水 ) 連 合 学 校 教 育 学 研 究 科 代 議 委 員 会 ( 第 6 回 ) 連 合 学 校 教 育 学 研 究 科 入 学 試 験 委 員 会 ( 第 1 回 ) 学 部 入 学 試 験 委 員 会 ( 第 4 回 ) 附 属 幼 稚 園 バス 遠 足 4 日 ( 金 ) 学 生 委 員 会 ( 第 7 回 ) 5 日 ( 土 ) 小 野 市 との 地 域 連 携 推 進 事 業 ヤン グ ジェネレーション フォーラム 附 属 小 学 校 附 小 っ 子 コンサート 7 日 ( 月 ) 実 践 で 学 ぶ 子 育 て 支 援 (まちの 寺 子 屋 師 範 塾 ) 8 日 ( 火 ) 加 東 市 職 員 と 兵 庫 教 育 大 学 職 員 の 交 流 研 修 会 東 京 都 教 員 採 用 試 験 説 明 会 附 属 学 校 安 全 委 員 会 ( 第 1 回 ) 9 日 ( 水 ) 役 員 会 ( 第 14 回 ) 教 育 研 究 評 議 会 ( 第 7 回 ) 研 究 科 教 授 会 学 部 教 授 会 ( 第 7 回 ) 教 職 講 座 留 学 生 と 加 東 市 フレンドシップファ ミリーとの 対 面 式 10 日 ( 木 ) 名 誉 教 授 称 号 授 与 式 及 び 名 誉 教 授 会 臨 採 登 録 説 明 会 附 属 小 学 校 4 年 生 自 然 学 校 ( ~11 日 ) 11 日 ( 金 ) 附 属 中 学 校 創 立 30 周 年 記 念 式 典 12 日 ( 土 ) 平 成 23 年 度 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 入 学 者 選 抜 試 験 ( 後 期 ) 附 属 中 学 校 友 嬉 祭 14 日 ( 月 ) 教 員 採 用 前 説 明 会 15 日 ( 火 ) 教 職 大 学 院 認 証 評 価 訪 問 調 査 (~16 日 ) 16 日 ( 水 ) 教 職 講 座 実 践 で 学 ぶ 子 育 て 支 援 (まちの 寺 子 屋 師 範 塾 ) 附 属 小 学 校 6 年 生 修 学 旅 行 ( ~18 日 ) 17 日 ( 木 ) 就 職 委 員 会 ( 第 3 回 ) ホスピタリティ 研 修 報 告 会 18 日 ( 木 ) 平 成 23 年 度 兵 庫 教 育 大 学 永 年 勤 続 者 表 彰 式 19 日 ( 土 ) 第 30 回 大 学 祭 嬉 望 祭 (~20 日 ) 学 生 表 彰 ( 学 部 1~3 年 次 学 生 対 象 ) 教 育 実 践 シンポジウム 大 学 院 同 窓 会 役 員 会 22 日 ( 火 ) 社 会 連 携 委 員 会 ( 第 4 回 ) 24 日 ( 木 ) 大 学 院 入 学 試 験 委 員 会 ( 第 8 回 ) 附 属 学 校 就 学 指 導 委 員 会 ( 第 1 回 ) 25 日 ( 金 ) 免 許 状 更 新 講 習 推 進 室 会 議 ( 第 3 回 ) 都 道 府 県 連 携 推 進 本 部 会 議 ( 第 4 回 ) 26 日 ( 土 ) 公 開 講 座 子 育 ての 支 援 とストレス 解 消 27 日 ( 日 ) 免 許 状 更 新 講 習 (11 月 開 催 分 ) 28 日 ( 月 ) 実 践 で 学 ぶ 子 育 て 支 援 (まちの 寺 子 屋 師 範 塾 ) 29 日 ( 火 ) 教 師 教 育 プログラム 推 進 協 議 会 ( 県 内 教 育 委 員 会 等 部 会 )( 第 1 回 ) 図 書 館 業 務 用 電 子 計 算 機 システム 使 仕 様 策 定 委 員 会 ( 第 1 回 ) 教 職 ガイダンスⅠ( 第 3 回 就 職 セミ ナー) 30 日 ( 水 ) 研 究 科 教 授 会 学 部 教 授 会 ( 第 8 回 ) 大 学 院 学 校 教 育 研 究 科 教 務 委 員 会 ( 第 8 回 ) 学 校 教 育 学 部 教 務 委 員 会 ( 第 8 回 ) 企 画 運 営 会 議 ( 第 7 回 ) 京 都 府 教 員 採 用 試 験 説 明 会 臨 時 講 師 登 録 説 明 会 教 職 講 座 兵 庫 教 育 大 学 総 務 部 企 画 課 編 集 発 行 兵 庫 県 加 東 市 下 久 米 電 話 (0795)

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc

Microsoft Word - 03_別添2_推薦要領27'.doc ( 別 添 2) エイジレス ライフ 実 践 事 例 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 推 薦 要 領 平 成 2 7 年 1 月 9 日 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 決 定 1 推 薦 の 対 象 となるエイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践 者 及 び 社 会 参 加 活 動 事 例 (1)エイジレス ライフ 実 践 事 例 の 実 践

More information

平 成 27 年 度 教 育 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 の 管 理 及 び 執 行 の 状 況 の 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 事 業 ) 平 成 27 年 8 月 桑 名 市 教 育 委 員 会 1 2 3 4 5 平 成 26 年 度 施 策 評 価 シート 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 35000

More information

   教育委員会定例会(平成23年8月)会議録   

   教育委員会定例会(平成23年8月)会議録    教 育 委 員 会 定 例 会 ( 平 成 24 年 6 月 ) 会 議 録 1. 日 時 平 成 24 年 6 月 7 日 ( 木 )15:00~15:55 2. 場 所 新 居 浜 市 庁 舎 3 階 応 接 会 議 室 3. 出 席 者 委 員 長 三 木 由 紀 子 委 員 伊 藤 嘉 秀 宮 内 文 久 長 野 美 和 子 教 育 長 阿 部 義 澄 事 務 局 長 寺 田 政 則 総 括

More information

平成25年度 事業報告書

平成25年度 事業報告書 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 2 6 年 5 月 2 3 日 理 事 会 評 議 員 会 学 校 法 人 八 戸 工 業 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 の 概 要 P1 ( 教 職 員 の 概 要 含 む) 2. 役 員 評 議 員 の 概 要 P3 3. 設 置 する 学 校 の 教 育 研 究 等 の 概 要 P4

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ 特 別 表 彰 1 名 ( 敬 称 略 ) 金 子 宏 東 京 都 文 京 区 上 田 市 殿 城 出 身 < 学 術 研 究 に 関 する 主 な 功 績 > 長 野 県 上 田 高 等 学 校 を 卒 業 後 東 京 大 学 に 進 学 し 租 税 法 の 研 究 を 重 ねられ 租 税 法 を 独 立 した 法 分 野 に 発 展 させるとともに 地 方 税 法 に おいても 公 正 適 正

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

平成17年度事業計画(平成17年4月1日~平成18年3月31日)

平成17年度事業計画(平成17年4月1日~平成18年3月31日) 第 1 号 議 案 : 平 成 26 年 度 事 業 報 告 について 公 益 目 的 事 業 1( 創 造 する 伝 統 賞 の 主 催 ) ( 定 款 第 4 条 第 1 項 第 2 項 ) 助 成 顕 彰 事 業 ( 第 21 回 ) 平 成 27 年 2 月 5 日 の 理 事 会 の 審 議 を 経 て 3 名 に 授 与 した 第 6 回 創 造 する 伝 統 賞 賞 金 各 100 万

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

きずな第146号PDF.indd

きずな第146号PDF.indd 121 8 18 昭 和 51 12 22 第 種 郵 便 許 可 KSK 増 刊 巻 488 号 毎 12 回 2345 第 146 号 22 8 18 ビ 着 展! 次 世 育 美 氏 着 美 健 局 次 世 育 ビ 容 先 件 含 不 安 情 提 供 教 律 仮 称 閣 府 改 本 改 具 論 改 本 第 次 案 負 原 則 廃 止 負 谷 提 供 ズ づ 整 備 容 常 案 提 直 反 映

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義

平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会 島 田 勝 敏 委 員 松 川 昭 義 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 平 成 28 年 4 月 12 日 中 央 区 教 育 委 員 会 平 成 28 年 第 4 回 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 開 会 日 時 平 成 28 年 4 月 12 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 場 所 中 央 区 役 所 6 階 会 議 室 出 席 委 員 中 央 区 教 育 委 員 会

More information

子 どもの 読 書 週 間 事 業 子 ども 読 書 の 日 スペシャ ルおはなし 会 大 型 絵 本 の 読 み 聞 かせやペープサートなど 4 月 23 日 ( 土 ) 春 の 山 野 草 と 日 本 桜 草 展 山 野 草 と 日 本 桜 草 を 展 示 し 山 野 草 の 苗 な どを 販

子 どもの 読 書 週 間 事 業 子 ども 読 書 の 日 スペシャ ルおはなし 会 大 型 絵 本 の 読 み 聞 かせやペープサートなど 4 月 23 日 ( 土 ) 春 の 山 野 草 と 日 本 桜 草 展 山 野 草 と 日 本 桜 草 を 展 示 し 山 野 草 の 苗 な どを 販 園 庭 解 放 子 育 てサロン 保 育 園 の 園 庭 で 遊 んでみたり 子 育 ての 相 談 にも 応 じます 月 ~ 金 曜 日 午 前 9 時 30 分 ~ 午 後 3 時 各 公 立 保 育 園 各 公 立 保 育 園 あかちゃんからの おはなし 会 ボランティアによるうたあそびや 絵 本 などの 読 み 聞 かせなど 毎 月 第 2 4 水 曜 日 偶 数 月 の 第 1 日 曜 日

More information

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4>

<5461726F2D48323496F088F589EF955C8E8681458B6391E881458B6388C4> 平 成 2 4 年 度 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 役 員 会 議 案 書 日 時 平 成 2 4 年 8 月 1 1 日 ( 土 ) 1 0 時 0 0 分 ~ 場 所 岐 阜 都 ホ テ ル 岐 阜 聖 徳 学 園 大 学 同 窓 会 次 第 1. 会 長 挨 拶 2. 大 学 出 席 者 紹 介 大 学 近 況 報 告 3. 議 事 1 平 成 2 3 年 度 事 業 報 告

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介

第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 ) 午 後 2 時 ~ 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 次 第 1 開 会 2 開 会 あいさつ 横 浜 市 副 市 長 渡 辺 巧 教 3 委 員 紹 介 第 63 回 ( 平 成 26 年 度 ) 横 浜 文 化 賞 選 考 委 員 会 会 議 録 日 時 平 成 26 年 8 月 22 日 ( 金 )14 時 ~15 時 40 分 開 催 場 所 市 庁 舎 2 階 応 接 室 出 席 者 窪 田 吉 信 委 員 長 並 木 裕 之 副 委 員 長 新 井 鷗 子 委 員 稲 田 奈 緒 美 委 員 逢 坂 恵 理 子 委 員 佐 々 木 謙 二

More information

A2 22 教 育 実 践 臨 床 研 究 こどもの 学 びを 支 える 知 恵 と 技 藤 沢 市 教 育 文 化 センター A2 23 2014 研 究 紀 要 第 67 号 主 体 性 の 高 まりをめざす 課 題 学 習 ー 課 題 学 習 におけ る 言 語 活 動 の 明 確 化 と 充

A2 22 教 育 実 践 臨 床 研 究 こどもの 学 びを 支 える 知 恵 と 技 藤 沢 市 教 育 文 化 センター A2 23 2014 研 究 紀 要 第 67 号 主 体 性 の 高 まりをめざす 課 題 学 習 ー 課 題 学 習 におけ る 言 語 活 動 の 明 確 化 と 充 平 成 26 年 度 収 蔵 教 育 資 料 分 類 受 付 順 資 料 名 編 集 発 行 A1 20 平 成 26 年 度 富 山 県 教 育 センター 要 覧 集 富 山 県 教 育 センター 協 議 会 A2 1 平 成 25 年 度 学 校 保 健 関 係 研 究 推 進 実 践 集 録 富 山 県 学 校 保 健 会 A2 5 研 究 紀 要 平 成 25 年 度 学 力 向 上 市 町

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

4 月 29 日 ( 金 ) 第 12 回 グリーンコンサートin 浜 名 湖 れんが 館 9ページ と き 18 時 30 分 ~ 20 時 30 分 と こ ろ 浜 名 湖 れんが 館 問 合 せ 鷲 津 商 店 街 ( 協 ) TEL 575-0039 幼 稚 園 保 育 園 行 事 予 定

4 月 29 日 ( 金 ) 第 12 回 グリーンコンサートin 浜 名 湖 れんが 館 9ページ と き 18 時 30 分 ~ 20 時 30 分 と こ ろ 浜 名 湖 れんが 館 問 合 せ 鷲 津 商 店 街 ( 協 ) TEL 575-0039 幼 稚 園 保 育 園 行 事 予 定 4 月 の 主 な 行 事 予 定 3 月 16 日 ( 水 ) 湖 西 フォトコンテスト2015 入 賞 作 品 展 ~ と き 各 開 館 時 間 による 4 月 27 日 ( 水 ) 3ページ と こ ろ 中 央 図 書 館 ほか 問 合 せ 商 工 観 光 課 TEL 576-1230 4 月 3 日 ( 日 ) 第 27 回 ウォーキングクリーン 作 戦 4ページ と き 9 時 00 分

More information

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう

会 長 の あ い さ つ 長 野 県 松 本 ろう 学 校 長 葦 澤 正 敏 新 緑 の 候 同 窓 会 の 皆 様 にはお 元 気 でお 過 ごしのこととお 慶 び 申 し 上 げます 松 本 ろう 学 校 を 卒 業 された 皆 様 就 職 進 学 おめでとうござい ます また 松 本 ろう 2013 年 (H25 年 )5 月 19 日 ( 日 ) 第 64 号 発 行 長 野 県 松 本 ろう 学 校 同 窓 会 同 窓 会 第 68 回 定 期 総 会 開 催 の 報 告 去 る 3 月 23 日 ( 土 ) 午 前 10 時 より 松 本 市 総 合 社 会 福 祉 センターにて 第 68 回 定 期 総 会 が 開 催 されました 出 席 者 ( 会 員 来 賓 賛 助 会 員

More information

<30308A7795F1955C8E86202E6169>

<30308A7795F1955C8E86202E6169> 弘 前 大 学 学 報 リンゴとチューリップのフェスティバル 第 98 号 平 成 24 年 5 月 号 目 次 学 内 ニュース 医 用 システム 開 発 マイスター 養 成 塾 成 果 発 表 会 を 開 催 1 2012 年 度 留 学 説 明 会 を 開 催 2 リンゴとチューリップのフェスティバル を 開 催 3 世 の 中 講 座 in 弘 前 大 学 を 開 催 4 文 部 科 学 省

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E8179958D91AE8A778D5A817A83748340834E836783758362834E875481698BAD82DD814593C1904695D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E8179958D91AE8A778D5A817A83748340834E836783758362834E875481698BAD82DD814593C1904695D2816A2E646F63> 附 属 学 校 部 ファクトブックⅠ ( 強 み 特 色 編 ) 1. 他 大 学 他 学 部 にない 独 自 性 ( 強 み) P1 2. 最 近 における 特 記 事 項 P1 3. 地 域 貢 献 P2 4. 各 界 メディア 等 で 活 躍 している 教 員 卒 業 生 P3 1. 他 大 学 や 他 学 部 等 にない 独 自 性 ( 強 み) 平 成 21(2009) 年 度 より, 附

More information

H27-募集要項(本文).indd

H27-募集要項(本文).indd 平 成 27 年 度 生 徒 募 集 要 項 目 次 1. 募 集 学 科 コースと 募 集 人 員 1 2. 入 学 試 験 の 種 類 と 募 集 人 員 割 合 3 3. 推 薦 制 入 試 一 般 推 薦 4 クラブ 推 薦 6 4. 試 験 制 入 試 専 願 試 験 8 併 願 試 験 10 5.そ の 他 12 福 井 工 業 大 学 附 属 福 井 高 等 学 校 の 奨 学 金 制

More information

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等 基 準 10. 社 会 連 携 ( 教 育 研 究 上 の 資 源 企 業 地 域 社 会 等 ) 10-1. 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているこ と (1)10-1の 事 実 の 説 明 ( 現 状 ) 10-1-1 大 学 施 設 の 開 放 公 開 講 座 リフレッシュ 教 育 など 大 学 が 持 っている 物 的 人 的

More information

○かんなべ議案1号事業計画.xls

○かんなべ議案1号事業計画.xls 2015 年 度 ( 平 成 27 年 度 ) 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 事 業 計 画 について < 運 営 方 針 > 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 は, 地 域 の 芸 術 文 化 の 振 興 と 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とし, 指 定 管 理 者 として, 次 の 重

More information

研 究 の 背 景 : 平 成 21 年 度 より 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 23 年 度 より 小 学 校 学 習 指 導 要 領 が 完 全 実 施 され た 中 で 文 部 科 学 省 では 子 どもの 発 達 段 階 に 応 じた 体 力 向 上 プログラム 体 力 向 上 の 基

研 究 の 背 景 : 平 成 21 年 度 より 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 23 年 度 より 小 学 校 学 習 指 導 要 領 が 完 全 実 施 され た 中 で 文 部 科 学 省 では 子 どもの 発 達 段 階 に 応 じた 体 力 向 上 プログラム 体 力 向 上 の 基 社 団 法 人 日 本 女 子 体 育 連 盟 平 成 23 年 度 臨 時 総 会 議 事 録 日 時 : 平 成 24 年 3 月 11 日 ( 日 )13:00~16:00 会 場 : 国 立 オリンピック 記 念 青 少 年 総 合 センター センター 棟 310 室 1. 開 会 宣 言 高 橋 和 子 副 理 事 長 2.あいさつ 村 田 芳 子 理 事 長 片 岡 康 子 顧 問 3.

More information

平成28年金沢市教育委員会第7回定例会議

平成28年金沢市教育委員会第7回定例会議 第 7 回 金 沢 市 教 育 委 員 会 定 例 会 議 1 日 時 : 平 成 28 年 7 月 20 日 ( 水 ) 13 時 30 分 ~15 時 00 分 ( 予 定 ) 2 場 所 : 金 沢 市 庁 舎 7 階 第 3 委 員 会 室 3 審 議 等 頁 議 案 第 24 号 学 校 運 営 協 議 会 を 置 く 学 校 の 指 定 について ( 学 校 職 員 課 ) 1 議 案

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室 北 海 道 釧 路 根 室 支 部 支 部 長 : 大 道 光 肇 おおみち こうちょう(S44 仏 仏 教 ) 事 務 局 長 : 戸 田 恭 司 とだ きょうじ (S60 文 歴 史 ) 支 部 内 同 窓 生 数 212 人 平 成 28 年 度 釧 路 根 室 支 部 総 会 のお 知 らせ 日 時 平 成 28 年 7 月 2 日 ( 土 ) 会 場 釧 路 プリンスホテル 釧 路 市 幸

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

スライド 1

スライド 1 第 9 回 新 事 業 創 出 全 国 フォーラム in Kochi ニュービジネスを 拓 く 平 成 龍 馬 の 大 仕 事! 同 時 開 催 :JNB 全 国 会 員 大 会 報 告 書 平 成 25 年 10 月 3 日 ( 木 ) 主 催 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 四 国 本 部 公 益 社 団 法 人 日 本 ニュービジネス 協 議 会 連 合 会 主

More information

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動

2 入 学 試 験 について (1) 筆 記 用 具 は 何 を 使 用 しますか 新 1 年 生 入 学 試 験 用 の 筆 記 具 はクーピーを 学 校 で 用 意 いたします 転 編 入 学 試 験 は 2B の 鉛 筆 5 本 と 消 しゴム 1 個 を 持 参 してください (2) 行 動 これまでの 本 校 での 学 校 説 明 会 や 各 所 開 催 の 説 明 会 での 質 疑 応 答 個 別 相 談 会 での 相 談 内 容 を Q&A の 形 式 でまとめました 学 校 理 解 のご 参 考 になれば 幸 いです 平 成 27 年 10 月 平 成 28 年 度 江 戸 川 学 園 取 手 小 学 校 説 明 会 Q&A 1 年 間 の 学 費 アフタースクール 代 (1)

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

学報第133号

学報第133号 学 報 No.133 平 成 27 年 7 月 10 日 発 行 上 越 教 育 大 学 ( 掲 載 期 間 : 平 成 27 年 5 月 1 日 ~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ) 目 学 事 1 平 成 27 年 度 ( 春 期 ) 教 育 実 習 平 成 27 年 度 就 職 試 験 受 験 者 激 励 会 ( 出 陣 式 ) 学 生 宿 舎 火 災 避 難 訓 練 ( 世 帯 用 学

More information

P01.AI

P01.AI グ 紹 介 ブ No. 号 0 0 般 予 算 歳 算 剰 余 繰 越 普 通 交 税 交 増 ほ 経 済 交 復 旧 庫 支 増 歳 職 期 異 職 給 与 道 整 備 交 増 配 分 橋 梁 寿 命 道 舗 追 加 火 水 槽 領 漁 港 増 陸 競 技 レ 整 備 図 書 館 テ 更 ほ 8 豪 雨 農 林 土 木 復 旧 追 加 歳 歳 億 増 予 算 総 9 億 ギ ヨ ァ 管 ぎ 験 農

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

モデル「重要事項説明書」

モデル「重要事項説明書」 堀 江 敬 愛 保 育 園 重 要 事 項 説 明 書 保 育 の 提 供 の 開 始 にあたり 当 園 があなたに 説 明 すべき 内 容 は 次 のとおりで す 1 施 設 運 営 主 体 名 称 社 会 福 祉 法 人 智 恩 福 祉 会 所 在 地 茨 木 市 白 川 2 丁 目 13 番 25 号 電 話 番 号 072-665-8615 代 表 者 氏 名 理 事 長 城 谷 星 2 利

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

まで 減 少 特 に15 歳 以 下 の 年 少 人 口 の 割 合 は 県 下 市 町 で 最 低 の 数 字 となってしまい ました このような 危 機 的 背 景 から 平 成 23 年 4 月 1 日 子 育 て 応 援 都 市 を 宣 言 し 子 育 て 世 代 をターゲットに 定 住 促

まで 減 少 特 に15 歳 以 下 の 年 少 人 口 の 割 合 は 県 下 市 町 で 最 低 の 数 字 となってしまい ました このような 危 機 的 背 景 から 平 成 23 年 4 月 1 日 子 育 て 応 援 都 市 を 宣 言 し 子 育 て 世 代 をターゲットに 定 住 促 文 教 厚 生 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 研 修 報 告 書 文 教 厚 生 常 任 委 員 会 では 平 成 28 年 5 月 17 日 ~19 日 の3 日 間 兵 庫 県 相 生 市 広 島 県 広 島 市 兵 庫 県 神 戸 市 にて 視 察 をしてまいりました 参 加 者 は 石 岡 祐 二 委 員 長 若 見 孝 信 副 委 員 長 大 河 原 千 晶 委 員 岡 村

More information

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北

38 4. 1 5 代 校 長 佐 藤 猶 造 生 徒 数 2,679 名 4.16 秋 田 市 少 年 保 護 育 成 7.28 全 県 優 勝 男 子 体 操 団 体 徒 手 近 山 王 協 議 設 立 女 子 ソフトボール 江 11.14 創 立 10 周 年 記 念 式 典 10. 東 北 学 校 の 沿 革 1 学 校 の 規 模 所 在 地 010-0951 秋 田 市 山 王 三 丁 目 1-24( 秋 田 駅 より 西 方 へ 2.2km) 電 話 018-823-8361 FAX 018-823-8363 校 地 面 積 18 520 m2 ( 運 動 場 面 積 8 910 m2) 校 舎 面 積 7 423 m2 ( 屋 内 運 動 場 面 積 1 959 m2) 学 区

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置 1 報 道 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 平 成 27 年 3 月 25 日 京 丹 後 市 役 所 解 禁 日 3 月 26 日 異 動 に 係 る 主 な 概 要 Ⅰ 組 織 機 構 は 従 来 どおり 297 人 の 人 事 異 動 1 組 織 機 構 は 従 来 どおりとし 行 政 事 務 職 での 係 体 制 と 組 織 横 断 的 な 連 携 体 制

More information

教 育 委 員 会 制 度 改 正 に 伴 う 富 山 県 市 町 村 教 育 委 員 会 連 合 会 会 則 の 改 正 について 報 告 がありました (5) 黒 部 市 学 校 給 食 会 (5 月 18 日 給 食 センター) (6) 黒 部 市 社 会 教 育 委 員 会 (5 月 19

教 育 委 員 会 制 度 改 正 に 伴 う 富 山 県 市 町 村 教 育 委 員 会 連 合 会 会 則 の 改 正 について 報 告 がありました (5) 黒 部 市 学 校 給 食 会 (5 月 18 日 給 食 センター) (6) 黒 部 市 社 会 教 育 委 員 会 (5 月 19 平 成 28 年 黒 部 市 教 育 委 員 会 5 月 定 例 会 議 事 録 日 時 / 会 場 出 席 者 教 育 委 員 職 員 欠 席 者 平 成 28 年 5 月 23 日 ( 月 ) 午 後 3 時 ~4 時 / 黒 部 市 役 所 203 会 議 室 国 香 正 稔 1 番 前 田 潤 2 番 川 崎 正 美 3 番 熊 野 勝 巳 4 番 大 丸 勝 男 ( 職 務 代 理 者 )

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

目 次 目 次 01 普 通 科 特 進 コースⅠ AⅠ 02 普 通 科 特 進 コースⅡ AⅡ 03 普 通 科 進 学 コース U 04 普 通 科 スポーツコース P 05 国 際 科 特 進 コース K 06 国 際 科 進 学 コース E 07 女 子 生 徒 の 一 日 過 去 3 年

目 次 目 次 01 普 通 科 特 進 コースⅠ AⅠ 02 普 通 科 特 進 コースⅡ AⅡ 03 普 通 科 進 学 コース U 04 普 通 科 スポーツコース P 05 国 際 科 特 進 コース K 06 国 際 科 進 学 コース E 07 女 子 生 徒 の 一 日 過 去 3 年 平 成 27 年 度 入 試 資 料 集 ~ 入 試 説 明 会 オープンスクール( 本 校 主 催 )~ 10 月 4 日 ( 土 ) 10 月 25 日 ( 土 ) 26 日 ( 日 ) 11 月 15 日 ( 土 ) 12 月 6 日 ( 土 ) 第 1 回 入 試 説 明 会 オープンスクール 第 2 回 入 試 説 明 会 第 3 回 入 試 説 明 会 学 校 法 人 大 阪 産 業 大

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

1. 入 試 概 要 募 集 人 員 高 松 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 4 年 高 松 短 期 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 2 年 高 松 大 学 入 試 区 分 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 経 営 学 部 経 営 学 科 保 育 学 科 高 松

1. 入 試 概 要 募 集 人 員 高 松 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 4 年 高 松 短 期 大 学 男 女 共 学 : 修 業 年 限 2 年 高 松 大 学 入 試 区 分 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 経 営 学 部 経 営 学 科 保 育 学 科 高 松 社 会 人 入 学 について( 授 業 時 間 9:00~17:50) 高 松 大 学 発 達 科 学 部 子 ども 発 達 学 科 学 校 を 卒 業 して 社 会 人 として 仕 事 をしている 方 で もう 一 度 大 学 生 となって 勉 強 したいという 方 々のために 社 会 人 入 試 を 実 施 しています 近 年 少 子 化 が 進 んでいますが 子 育 て 支 援 の 方 策 も

More information

平12同和対策係01

平12同和対策係01 第 7 節 人 権 推 進 課 総 括 概 要 人 権 推 進 課 の 主 な 分 掌 事 務 は 人 権 問 題 人 権 啓 発 人 権 擁 護 委 員 人 権 関 係 機 関 及 び 人 権 関 係 団 体 に 関 すること 大 平 隣 保 館 厚 生 センターの 管 理 運 営 及 び 隣 保 館 相 談 事 業 等 に 関 することである 主 な 事 務 事 業 の 実 施 状 況 については

More information

教 職 を 終 えて 保 護 者 地 域 の 皆 様 へ ( 前 拠 点 校 指 導 教 員 濱 田 せつ 子 ) 私 が 小 学 校 の 教 員 に 採 用 されたのは 昭 和 55 年 4 月 1 日 何 も 分 からず ただ 子 ども 達 と 過 ごす 毎 日 が 楽 しくてしかたがありません

教 職 を 終 えて 保 護 者 地 域 の 皆 様 へ ( 前 拠 点 校 指 導 教 員 濱 田 せつ 子 ) 私 が 小 学 校 の 教 員 に 採 用 されたのは 昭 和 55 年 4 月 1 日 何 も 分 からず ただ 子 ども 達 と 過 ごす 毎 日 が 楽 しくてしかたがありません 校 訓 友 愛 めあて 平 岡 東 小 だより 日 本 一 気 持 ちのよいあいさつができる 学 校 に 加 古 川 市 立 平 岡 東 小 学 校 675-0104 加 古 川 市 平 岡 町 土 山 109 TEL (078)943-5886 平 成 24 年 4 月 11 日 発 行 平 成 23 年 度 末 の 教 職 員 の 異 動 について 平 成 23 年 度 末 の 教 職 員 の

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

実 施 内 容 中 学 生 へのお 返 し 2/26( 木 ) 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 : メッセージ 色 紙 とサイネリアのプランターの 贈 呈 明 健 中 学 校 では 郡 山 地 区 建 設 業 協 同 組 合 から 除 染 作 業 員 の 二 瓶 重 信 さん 関 雅 人 さん

実 施 内 容 中 学 生 へのお 返 し 2/26( 木 ) 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 : メッセージ 色 紙 とサイネリアのプランターの 贈 呈 明 健 中 学 校 では 郡 山 地 区 建 設 業 協 同 組 合 から 除 染 作 業 員 の 二 瓶 重 信 さん 関 雅 人 さん 2015 年 3 月 5 日 ONEふくしま サンクスヘルメット 除 染 作 業 員 からの お 返 し を 後 押 し ONEふくしま 事 務 局 ~ 郡 山 市 立 明 健 中 学 校 薫 小 学 校 橘 小 学 校 にて 除 染 作 業 員 から 心 のこもった お 返 し ~ 福 島 の 再 生 を 目 指 す ONEふくしま では 昨 年 10 月 に 開 催 した サンクスヘルメット 贈

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 資 料 創 歴 代 氏 名 在 職 期 氏 名 在 職 期 初 代 田 中 敏 夫 昭 和 37 11 1 ~ 昭 和 41 3 31 11 野 博 司 昭 和 63 4 1 ~ 4 3 31 2 熊 沢 源 三 昭 和 41 4 1 ~ 昭 和 43 3 31 12 渡 辺 良 禎 4 4 1 ~ 8 3 31 3 高 野 出 男 昭 和 43 4 1 ~ 昭 和 45 3 31 13 高 桑 利

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

滋 賀 県 邦 楽 邦 舞 専 門 集 団 しゅはり の 構 造 しゅはり 専 科 芸 術 監 督 が 指 名 する 実 演 家 伝 統 と 創 造 シリーズに 出 演 する 客 演 養 成 所 講 師 を 対 象 としています 花 形 滋 賀 県 邦 楽 邦 舞 専 門 実 演 家 養 成 所 研

滋 賀 県 邦 楽 邦 舞 専 門 集 団 しゅはり の 構 造 しゅはり 専 科 芸 術 監 督 が 指 名 する 実 演 家 伝 統 と 創 造 シリーズに 出 演 する 客 演 養 成 所 講 師 を 対 象 としています 花 形 滋 賀 県 邦 楽 邦 舞 専 門 実 演 家 養 成 所 研 平 成 25 年 度 文 化 庁 劇 場 音 楽 堂 等 活 性 化 事 業 滋 賀 県 次 世 代 創 造 発 信 事 業 滋 賀 県 邦 楽 邦 舞 専 門 実 演 家 養 成 所 第 三 期 研 究 生 後 期 ( 滋 賀 県 邦 楽 邦 舞 専 門 集 団 しゅはり 花 形 候 補 生 ) 募 集 要 項 ( 公 財 ) 滋 賀 県 文 化 振 興 事 業 団 では 滋 賀 県 の 特 色

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd)

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd) 学 校 だより 新 潟 市 立 下 山 中 学 校 N O. 5 平 成 21 年 9 月 1 日 発 行 下 山 中 生 大 活 躍! 校 長 宮 崎 繁 夫 甲 子 園 に お け る 日 本 文 理 の 快 進 撃 と 驚 異 的 な 粘 り に 感 動 し た 夏 が 終 わ り ま し た 3 8 日 間 の 夏 休 み 中, 様 々な 場 面 で, 日 本 文 理 に 負 け な い 下

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

守山市

守山市 第 1 回 守 山 市 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 25 年 10 月 17 日 資 料 5-1 守 山 市 保 育 * 幼 児 教 育 * 子 育 て 支 援 の 概 要 1 人 口 世 帯 数 ( 1 ) 人 口 世 帯 数 の 推 移 住 民 登 録 基 本 台 帳 より 区 分 人 口 ( 前 年 度 比 ) 世 帯 数 ( 前 年 度 比 ) 1 世 帯 あたり S45.7.1

More information

学 校 だより 10 月 1 日 ( 金 ) 羽 生 市 立 新 郷 第 二 小 学 校 : 学 校 の 教 育 活 動 をまとめた 新 二 小 だより を 発 行 し 彩 の 国 教 育 の 日 にちなんだ 本 校 の 取 組 を 紹 介 しまし すずかけまつり 10 月

学 校 だより 10 月 1 日 ( 金 ) 羽 生 市 立 新 郷 第 二 小 学 校 : 学 校 の 教 育 活 動 をまとめた 新 二 小 だより を 発 行 し 彩 の 国 教 育 の 日 にちなんだ 本 校 の 取 組 を 紹 介 しまし すずかけまつり 10 月 羽 生 市 立 羽 生 北 小 学 校 : 048-561-0058 校 内 絵 画 展 10 月 21 日 ( 月 )~ 10 月 29 日 ( 火 ) 子 供 たちの 作 品 の 絵 画 展 を 公 開 することにより いろいろ な 表 現 の 仕 方 を 知 っていただいたり 作 品 の 良 さやおもし ろさを 味 わっていただきまし 個 人 面 談 10 月 21 日 ( 月 )~ 10 月

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

平成24年7月3日

平成24年7月3日 平 成 27 年 11 月 4 日 六 ツ 川 中 学 校 PTA 運 営 委 員 会 第 6 回 運 営 委 員 会 議 事 録 日 時 平 成 27 年 11 月 4 日 ( 水 ) 10:00~ 場 所 PTA 会 議 室 司 会 柳 副 会 長 記 録 盛 田 書 記 出 席 者 32 名 ( 副 校 長, 会 長, 副 会 長 2 名, 書 記 2 名, 会 計, 校 外 1 名, 学 年

More information

Microsoft Word - 07fiida

Microsoft Word - 07fiida 富 里 高 校 における 台 湾 の 学 校 との 学 校 交 流 について 千 葉 県 立 富 里 高 等 学 校 教 諭 飯 田 太 (1)はじめに 本 校 は, 成 田 空 港 に 隣 接 した 場 所 に 立 地 しており, 教 育 目 標 の 一 つを 国 際 社 会 の 中 で 広 く 活 躍 できる 積 極 的 な 人 間 の 育 成 をめざす としている 一 昨 年 度 から 海 外

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録 平 成 27 年 第 11 回 香 芝 市 教 育 委 員 会 会 議 (10 月 定 例 ) 会 議 録 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 より 場 所 香 芝 市 役 所 5 階 委 員 会 室 出 席 者 廣 瀬 裕 司 委 員 ( 職 務 代 理 者 ) 日 高 初 美 委 員 中 木 秀 一 委 員 田 中 貴 治 委 員 石 原 田 明

More information

第 11 回 ( 定 例 ) 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 閉 会 の 年 月 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 ) 午 後 4 時 30 分 ~ 午 後 6 時 10 分 兵 庫 県 宍 粟 市 山 崎 町 中 広 瀬 133 番 地 6

第 11 回 ( 定 例 ) 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 閉 会 の 年 月 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 ) 午 後 4 時 30 分 ~ 午 後 6 時 10 分 兵 庫 県 宍 粟 市 山 崎 町 中 広 瀬 133 番 地 6 平 成 26 年 度 第 11 回 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 点 筆 記 ) 日 時 平 成 27 年 3 月 16 日 午 後 4 時 30 分 から 場 所 宍 粟 市 役 所 401 会 議 室 1 第 11 回 ( 定 例 ) 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 閉 会 の 年 月 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 3 月 16 日 (

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

本校の沿革小史

本校の沿革小史 本 校 の 沿 革 小 史 昭 和 50. 2.10 校 舎 第 Ⅰ 期 工 事 及 びグラウンド 第 Ⅰ 期 工 事 完 成 校 地 面 積 24,777m2( 東 西 180.85m 南 北 137m ) 建 物 敷 地 9,167m2 運 動 場 用 地 15,610m2( 含 グラウンド テニスコート 等 ) 校 舎 2,880m2( 普 通 教 室 12 特 別 教 室 6 他 ) 4.

More information

平成22年度 事業計画

平成22年度 事業計画 平 成 28 年 度 学 校 法 人 創 志 学 園 事 業 計 画 書 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 29 年 3 月 31 日 ) 高 等 教 育 部 門 1. 環 太 平 洋 大 学 < 事 業 計 画 概 要 > 就 職 採 用 試 験 で 役 立 つ 一 般 教 養 及 び 専 門 知 識 を 身 に 付 けさせるため 各 学 部 学 科 における 教 養 教 育 及

More information

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯

Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共 項 域 普 及 谷 域 普 及 分 分 央 公 乳 医 察 身 測 栄 歯 駅 関 連 路 JR 駅 北 ぐ 路 駅 側 駅 宮 線 ぐ 駅 線 老 良 別 府 線 区 式 域 関 見 守 式 典 渡 初 路 駅 区 区 準 組 魅 待 駅. No. Public News 役 央 公 駅 ビ ミュニィ 図 消 活 窓 ホムペジ ホムペジ [ ] 組 分 程 央 公 歳 就 幼 臨 床 言 葉 達 母 帳 [ ] 分 践 回 分 ッ 活 元 塾 分 分 認 知 症 分 共

More information

Microsoft Word - 27入園案内.docx

Microsoft Word - 27入園案内.docx 平 成 27 年 度 (2015 年 度 版 ) 認 定 こども 園 神 立 幼 稚 園 入 園 案 内 315-0054 茨 城 県 かすみがうら 市 稲 吉 二 丁 目 18 番 8 号 TEL 029-831-0328 FAX 029-831-6563 ホームページ http//www.kandatsu.ac.jp メール info@kandatsu.ac.jp 入 園 のご 案 内 お 子

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477>

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477> 資 料 編 1 意 見 提 案 の 内 容 ニーズ 調 査 における 主 な 意 見 ニーズ 調 査 において 子 育 て 支 援 に 関 する 意 見 をうかがったところ 就 学 前 児 童 の 保 護 者 から 1,355 件 小 学 生 の 保 護 者 から 1,300 件 が 得 られました 主 な 意 見 は 次 のとおりです 分 類 意 見 提 案 ( 概 要 ) 保 育 園 親 の 就

More information

3 4 13 番 井 上 昌 彦 1 番 鈴 木 紀 雄 1 度 重 なる 職 員 不 祥 事 について (1) 児 童 手 当 詐 取 の 職 員 不 祥 事 の 原 因 をどのように 捉 えているのか (2) 過 去 の 職 員 不 祥 事 との 共 通 点 があるのではないか (3) 小 田

3 4 13 番 井 上 昌 彦 1 番 鈴 木 紀 雄 1 度 重 なる 職 員 不 祥 事 について (1) 児 童 手 当 詐 取 の 職 員 不 祥 事 の 原 因 をどのように 捉 えているのか (2) 過 去 の 職 員 不 祥 事 との 共 通 点 があるのではないか (3) 小 田 一 般 質 問 の 日 程 等 期 日 質 問 者 6/19 ( 木 ) 6/20 ( 金 ) 6/23 ( 月 ) 6/24 ( 火 ) 大 川 裕 楊 隆 子 井 上 昌 彦 鈴 木 紀 雄 安 藤 孝 雄 鈴 木 敦 子 植 田 理 都 子 武 松 忠 木 村 正 彦 大 村 学 野 坂 稔 加 藤 仁 司 小 澤 峯 雄 神 永 四 郎 今 村 洋 一 原 田 敏 司 田 中 利 恵 子 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825489F18FED9443979D8E9689EF8A54977695F18D9032332E382E32372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825489F18FED9443979D8E9689EF8A54977695F18D9032332E382E32372E646F63> 社 団 法 人 日 本 病 院 会 平 成 23 年 度 第 5 回 定 期 常 任 理 事 会 議 事 抄 録 日 時 会 場 出 席 者 平 成 23 年 8 月 27 日 ( 土 ) 13:00~17:00 社 団 法 人 日 本 病 院 会 5 階 会 議 室 堺 常 雄 会 長 今 泉 暢 登 志 高 橋 正 彦 末 永 裕 之 相 澤 孝 夫 梶 原 優 大 道 道 大 各 副 会 長

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場

第 38 回 定 期 総 会 報 告 20131 年 6 月 15 日 ( 土 )9:00~11:00 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 3 階 N320 教 室 事 務 局 担 当 ( 石 狩 翔 陽 高 校 ) 早 津 茂 行 今 回 は 北 海 道 大 学 総 合 博 物 館 を 会 場 新 任 のご 挨 拶 第 17 号 2013.7.25 北 海 道 生 物 教 育 会 編 集 部 061-3248 北 海 道 石 狩 市 花 川 東 128 番 地 31 北 海 道 石 狩 翔 陽 高 等 学 校 内 Tel 0133-74-5771 Fax 0133-74-8741 北 海 道 生 物 教 育 会 会 長 高 桑 純 ( 北 海 道 室 蘭 栄 高 等 学 校 長 ) このたび6

More information

gakusen 2

gakusen 2 1 gakusen gakusen 2 頑 張 自 覚 誇 胸 自 家 族 家 庭 築 卒 長 女 幼 稚 園 少 長 男 4 明 楽 プ ラ イ ベ 8 前 結 婚 小 校 1 活 躍 所 勤 務 目 指 頑 張 回込み設定用ボックス 平成 14 度卒 コミュニティ政策 古池 友美 張 族 山 谷 切 磋 琢 磨 頑 共 働 親 少 家 自 笑 ば 供 笑 何 気 3 gakusen 増 供 想

More information

第 26 回 みどりの 文 化 賞 森 の 再 生 と 心 の 再 生 - 豊 かな 森 が 持 つ 可 能 性 を 信 じて- 受 賞 者 C.W.ニコル 氏 (75 歳 ) 1.C.W.ニコル 氏 は 昭 和 37 年 に 初 来 日 した 日 本 の 美 しい 自 然 に 魅 せられ それ 以

第 26 回 みどりの 文 化 賞 森 の 再 生 と 心 の 再 生 - 豊 かな 森 が 持 つ 可 能 性 を 信 じて- 受 賞 者 C.W.ニコル 氏 (75 歳 ) 1.C.W.ニコル 氏 は 昭 和 37 年 に 初 来 日 した 日 本 の 美 しい 自 然 に 魅 せられ それ 以 プレスリリース 平 成 28 年 4 月 27 日 公 益 社 団 法 人 国 土 緑 化 推 進 機 構 第 26 回 みどりの 文 化 賞 受 賞 者 の 決 定 について 公 益 社 団 法 人 国 土 緑 化 推 進 機 構 は 第 26 回 みどりの 文 化 賞 受 賞 者 を 下 記 のとおり 決 定 いたしました みどりの 文 化 賞 の 表 彰 は 来 る5 月 14 日 ( 土 )

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ

9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲 載 紙 再 現 任 余 過 振 返 想 下 﨑 私 働 係 携 非 常 億 驚 才 才 過 験 豊 富 反 頑 固 勝 束 変 ハ 忙 考 非 常 屋 潤 滑 油 逆 ぎ 悩 最 責 任 厳 応 誤 誤 然 側 誠 意 示 題 送 躍 ょ 9 号 / 公 益 社 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 元 働 明 社 9 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 下 ォカ 委 教 徒 募 ペジ 照 メ 左 阿 都 築 和 松 古 横 川 列 清 水 ペジ 照 じ 﨑 計 画 キメ 訪 記 教 紹 ゆぞネ! 表 紙 訪 記 楽 脳 常 識 素 直 切 9 号 積 極 的 個 々 常 的 信 PR! ょ 号 掲

More information

須 甫 母 嗣 村 勇 鹿 裕 波 須 磯 崎 則 為 泊 米 佳 功 嶋 崟 彦 史 久 屋 久 十 九 育 村 富 神 津 モ 五 郷 橋 茂 己 滝 爪 清 両 友 北 孝 波 須 調 整 十 八 元 旦 副 北 孝 洋 常 育 男 佐 臣 通 陽 浦 誠 西 隆 也 史 監 森 樹 評 議

須 甫 母 嗣 村 勇 鹿 裕 波 須 磯 崎 則 為 泊 米 佳 功 嶋 崟 彦 史 久 屋 久 十 九 育 村 富 神 津 モ 五 郷 橋 茂 己 滝 爪 清 両 友 北 孝 波 須 調 整 十 八 元 旦 副 北 孝 洋 常 育 男 佐 臣 通 陽 浦 誠 西 隆 也 史 監 森 樹 評 議 議 検 索 CLICK メジキャ ゃ 気 持 ち 次 P 及 P3 P4 ボティア 情 報 誌 P5 第 5 ミニフェ in P5 レエショ in P6 サ 無 料 法 律 購 助 P6 ナバプレ 高 齢 率 6 8 5 発 議 赤 羽 根 共 同 配 分 須 甫 母 嗣 村 勇 鹿 裕 波 須 磯 崎 則 為 泊 米 佳 功 嶋 崟 彦 史 久 屋 久 十 九 育 村 富 神 津 モ 五 郷 橋

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

PTA組織運営

PTA組織運営 PTAのしおり 大 田 区 立 雪 谷 小 学 校 PTA 目 次 はじめに 1 雪 谷 小 学 校 PTAとは 1 雪 谷 小 PTA 組 織 図 2 PTA 組 織 運 営 3 1. 会 3 1.1. 会 費 3 1.2.PTA 総 合 補 償 制 度 3 2. 総 会 3 3. 役 会 3 4. 会 計 監 査 4 5. 運 営 会 4 6. 各 種 会 4 6.1. 文 化 厚 会 4 6.2.

More information