1

Size: px
Start display at page:

Download "1"

Transcription

1 1.このマニュアルの 使 い 方 1.1 本 マニュアル 制 作 の 意 図 私 たちの 身 近 にある 森 林 が 荒 れている そんなふうに 感 じられるようになったのはいつのころ からでしょうか 生 活 の 場 の 近 くにある 森 林 これを 里 山 と 呼 びましょう 今 から 50 年 ほど 前 までは その 里 山 から 薪 を 切 り 出 したり 炭 を 焼 いたり またあるときには 落 ち 葉 を 掻 き 集 めてきて 堆 肥 をつくったりと 農 村 や 小 都 市 にとって 里 山 の 存 在 は 欠 かせないものでした しかし 生 活 に 必 要 なエネルギーが 石 油 や 電 気 に 変 わり 土 づくりは 化 成 肥 料 にとって 代 わられるようになると ある 里 山 はそのまま 放 置 され 藪 と 化 した 雑 木 林 になり ある 里 山 は 木 材 の 生 産 性 をあげるため 針 葉 樹 林 に 植 え 替 えられました 雑 木 林 の 大 切 さに 気 づき 市 民 でもその 手 入 れができるのだ ということを 初 めて 本 として 出 版 し 世 に 問 うたのは 重 松 敏 則 著 市 民 による 里 山 の 保 全 管 理 (1991) 1 でした イギリスの 環 境 保 全 ボランティアトラスト(BTCV)を 意 識 しながら 市 民 はどのような 里 山 の 管 理 ができるのか を 実 践 の 記 録 とともに 記 しています その 後 も 里 山 の 管 理 をキーワードとした 幾 つかのテキス トが 出 版 されています これらの 出 版 物 などでは 市 民 が 里 山 を 含 めた 森 林 に 係 わることの 意 義 や 係 わる 上 でのスキルな どがわかりやすく 示 され これらに 触 発 され 種 々の 活 動 を 始 めた 人 も 多 いことでしょう ただ 里 山 の 管 理 や 保 全 に 係 わろうとしたときに ひとつ 大 きな 課 題 があります この 森 を 私 たちの 手 で 何 とか 手 入 れできないものだろうか という 思 いを 抱 いたにせよ 所 有 者 の 了 解 も 得 ずに 勝 手 に 手 を 入 れるわけにはいきません その 森 林 の 所 有 者 を 探 しだし 自 分 たちの 思 いを 伝 え そして 了 解 を 得 て 森 林 の 手 入 れに 取 りかからなくてはなりません 残 念 ながらこれまでのテキストは 森 林 の 手 入 れの 方 法 は 書 かれているものの そこに 至 る 道 程 について 書 かれたものはありませんでした 私 たち NPO 法 人 ウヨロ 環 境 トラストは 自 らが 取 得 した 森 林 だけではなく その 周 辺 に 広 がる 手 入 れの 行 き 届 いていない 森 林 も 含 めて 間 伐 などの 手 入 れ 作 業 を 進 めています この 過 程 で 近 隣 には 住 んでいない 森 林 の 所 有 者 とも 交 渉 しながら 手 入 れを 行 う 森 林 を 増 やしてきました 本 マニ ュアルは そうした 森 の 手 入 れに 至 るまでの 道 程 を 形 にして 森 林 ボランティアなどとして 森 に 係 わる 人 たちの 活 動 をより 広 げるための 資 料 にして 欲 しいという 思 いで 制 作 しています 1.2 本 マニュアルの 目 的 このマニュアルは 市 民 グループがある 具 体 的 な 場 所 の 放 置 された 人 工 林 を 手 入 れしたいと 思 っ たときに どのようにして 森 林 所 有 者 を 探 し どのような 交 渉 をして どのような 森 林 整 備 を 行 い そして 互 いに 何 を 得 るのか についてとりまとめたものです このような 方 法 を 身 につけ 実 践 することによって 市 民 の 手 でより 多 くの 森 林 が 活 性 化 されて いくことが 本 書 の 目 的 です 1

2 1.3 本 マニュアルの 対 象 読 者 森 林 ボランティアには 国 有 林 民 有 林 を 問 わず 森 林 所 有 者 と 森 林 整 備 の 方 法 について 契 約 し 契 約 にもとづいて 自 为 的 に 森 林 整 備 を 進 める 市 民 と 市 民 グループ 2 という 定 義 もありますが 本 マ ニュアルの 読 者 はもう 尐 し 広 い 意 味 で 捉 えており 様 々な 形 で 森 林 と 関 わりを 持 とうしている 市 民 グループも 含 めて 考 えています 本 マニュアルは 森 林 ボランティアの 入 門 書 ではありません すでにある 程 度 のスキルを 身 につ け 自 分 たちで 森 林 の 管 理 計 画 も 含 めて 提 案 することができる 人 たちを 対 象 としています また 本 マニュアルは 技 術 習 得 のための 内 容 ではありません 技 術 的 な 内 容 に 若 干 触 れますが それは 本 マニュアルの 为 題 ではありませんのでご 承 知 ください なお このマニュアルは 基 本 的 にボランティアとして 無 償 で 森 林 の 整 備 を 行 っていくというこ とを 前 提 にしてとりまとめています 1.4 本 マニュアルの 構 成 本 マニュアルは これまで NPO 法 人 ウヨロ 環 境 トラストが 実 践 してきた 活 動 内 容 をとりまとめる 形 でつくっています 大 きく 分 けて 次 の 3 つの 内 容 から 構 成 されています 森 林 が 荒 れているとは 何 か それを 感 じることができる 感 性 とは 何 か という 内 容 で す 私 たちが 放 置 人 工 林 の 整 備 に 取 り 組 んできた 気 持 ちの 原 点 は 何 だったのかを 改 めて 形 にしています 荒 れている と 感 じた 森 林 を 見 つけたとき 次 にどのように 行 動 していけばいいの か 森 林 の 位 置 の 把 握 から 所 有 者 の 確 認 所 有 者 との 交 渉 などを 順 を 追 って 説 明 し ています 実 際 の 森 林 整 備 ここでは 間 伐 作 業 になりますが それを 実 施 していくための 注 意 点 をこれまでの 経 験 にもとづいて 整 理 しています BTCV について BTCV とは British Trust for Conservation Volunteers というイギリスの 団 体 です 市 民 ボランティアを 組 織 して 都 市 域 に 残 された 自 然 から 地 方 の 田 園 や 雑 木 林 にいたるまで その 保 全 管 理 を 全 国 的 な 組 織 として 活 動 しています ( 前 掲 1)より) 私 たちのグループのメンバーにも BTCV のプログラムに 参 加 した 人 がいて その 活 動 内 容 に 触 発 され この NPO を 発 足 させる 大 きなきっかけとなっています 技 術 的 な 参 考 図 書 NPO 法 人 森 づくりフォーラム 編,2006, 市 民 参 加 の 森 づくり 活 動 における 森 林 施 業 ガイドライン,249pp, NPO 法 人 森 づくりフォーラム 蔵 治 光 一 郎 + 州 崎 澄 子 + 丹 羽 健 司,2006, 森 の 健 康 診 断 100 円 グッズで 始 める 市 民 と 研 究 者 の 愉 快 な 森 林 調 査,165pp, 築 地 書 館 内 田 健 一,2007, 森 を 育 てる 技 術,421pp, 川 辺 書 林 2

3 2. 放 置 人 工 林 の 森 林 整 備 の 手 順 2.1 放 置 人 工 林 の 整 備 のフロー 放 置 人 工 林 の 整 備 を ボランティアとして 森 林 所 有 者 の 同 意 を 得 て 進 めるための 手 順 は 下 図 の フロー 図 に 示 すとおりです 内 容 については 次 ページで 説 明 します 放 置 人 工 林 の 森 林 整 備 放 置 人 工 林 の 発 見 位 置 の 確 認 所 有 者 調 査 地 番 現 況 重 ね 図 地 籍 図 土 地 台 帳 所 有 者 情 報 の 確 認 交 渉 協 定 森 林 整 備 発 生 材 利 用 報 告 (p07) P 7 (p09) P 9 (p11) P11 (p13) P12 (p15) P14 (p19) P18 (p21) P19 (p25) P23 (p27) P25 森 林 整 備 終 了 図 -2.1 放 置 人 工 林 整 備 のフロー 図 3

4 2.2 進 め 方 の 手 順 前 のページに 掲 げた 放 置 人 工 林 整 備 のフロー 図 の 内 容 は 次 のとおりです 次 のページから 記 載 している 具 体 的 な 説 明 の 概 要 にもなっています 1 放 置 人 工 林 の 発 見 森 林 を 見 て 放 置 人 工 林 ( 荒 れている 人 工 林 )であるかどうかを 判 断 できるようになるこ とが 必 要 ですし 何 よりもそのような 人 工 林 を 見 て 何 か 変 だぞ と 感 じる 感 性 も 重 要 です 何 を どう 感 じながら 私 たちが 活 動 を 続 けてきたのか 体 験 として 説 明 します 2 位 置 の 確 認 放 置 人 工 林 を 認 識 しても どこにいるのかわからなければ その 後 進 展 しません 自 分 の 位 置 を 確 認 するための 簡 易 な 方 法 を 説 明 します 3 所 有 者 調 査 森 林 の 整 備 を 進 めたいと 思 っても 持 ち 为 が 誰 かわからなければ 手 のつけようがありませ ん 現 況 地 番 重 ね 図 や 地 籍 図 土 地 台 帳 などにもとづいて 所 有 者 を 割 り 出 します 私 たち が 具 体 的 にどのようにして 所 有 者 を 捜 し 出 したのか その 方 法 を 説 明 します 4 所 有 者 情 報 の 確 認 所 有 者 が 引 っ 越 してしまったり 所 有 者 が 変 わっても 登 記 が 変 更 にされていなかったり ということにしばしば 出 くわします そこから 先 の 糸 をどうたぐり 寄 せるか 様 々な 方 法 で 所 有 者 までたどり 着 かなければなりません 所 有 者 を 捜 し 出 すまでの 方 法 を 説 明 します 5 所 有 者 との 交 渉 ようやく 所 有 者 に 直 接 連 絡 をとれるところまでこぎ 着 けます そこからは 基 本 的 に 電 話 で の 交 渉 です どのようにしたら 相 手 に 不 信 感 をもたれず さらにどのようにしたら 自 分 たち の 森 林 に 対 する 気 持 ちを 相 手 に 理 解 してもらえるか ここが 大 きなポイントになります 6 所 有 者 との 協 定 電 話 での 交 渉 の 末 放 置 人 工 林 の 整 備 について 同 意 を 得 たとします このときに 口 約 束 だけでは 将 来 お 互 いに 誤 解 が 生 じてさまざまなトラブルが 発 生 する 可 能 性 があります 放 置 人 工 林 の 取 り 扱 いに 関 して 双 方 納 得 の 上 協 定 書 という 形 で 文 書 を 取 り 交 わします 6 森 林 整 備 測 量 毎 木 調 査 から 伐 倒 集 材 玉 切 り 等 の 作 業 に 入 ります 基 本 に 忠 実 に 安 全 第 一 で あることが 求 められます 7 発 生 材 利 用 切 り 捨 て 間 伐 はたいへんもったいないことです 極 力 自 分 たちの 活 動 で 活 用 するなど 有 効 に 利 用 したいものです 9 所 有 者 への 報 告 簡 単 でもよいので 整 備 の 結 果 を 所 有 者 に 伝 えます 口 頭 だけではなく 現 地 の 様 子 を 写 真 とともに 報 告 することがいいでしょう 4

5 3. 放 置 人 工 林 とは 何 か 3.1 放 置 人 工 林 を 定 義 する 本 書 では 手 入 れの 行 き 届 いていない 人 工 林 を 放 置 人 工 林 とよびます そして 次 のように 定 義 しますが 一 目 見 て 感 覚 的 に 荒 れている 人 工 林 とも 言 えます 造 林 後 適 切 な 保 育 管 理 作 業 を 怠 ったために 将 来 価 値 のある 木 材 を 生 産 できないばかりか 自 然 林 として 復 元 していくにも 長 時 間 を 要 するおそれがある 人 工 林 一 般 に 人 工 造 林 地 では 1ha あたり 2,000 本 から 3,000 本 程 度 の 樹 木 が 植 えられます 木 材 の 用 途 によっても 異 なりますが これらの 造 林 木 は 最 終 的 に 1ha あたり 300 本 から 600 本 程 度 になるよう に 除 間 伐 を 行 い 育 ててから 伐 採 されます もし 植 えっぱなしの 状 態 にしてしまうと 次 のような ことが 起 きます Case A: 全 ての 木 で 一 定 の 光 エネルギーを 分 け 合 うことになるので 全 部 細 い 木 ばかりになっ てしまう Case B: 競 争 に 打 ち 勝 った 木 だけが 太 くなり そのほかの 木 は 細 々と 育 つ Case C: 植 えた 木 だけではなく 自 然 に 生 えてきた 木 があると より 競 争 は 激 しくなり 植 え た 木 自 体 が 成 長 を 抑 えられたり 枯 れたりする ここでは 広 葉 樹 の 人 工 林 については 取 り 扱 っていません 基 本 的 には 針 葉 樹 の 人 工 林 を 対 象 とし ました 広 葉 樹 の 人 工 林 は 針 葉 樹 林 以 上 に 長 期 的 な 視 点 が 必 要 になることと 将 来 的 に 価 値 を 見 い だす 樹 種 をどれにするかを 森 林 所 有 者 と 綿 密 に 話 し 合 わなければならないことからです また Case C では 植 栽 した 樹 木 ( 針 葉 樹 )の 成 長 が 不 良 であっても 多 くの 広 葉 樹 が 自 然 に 生 え てきて 将 来 広 葉 樹 林 に 移 り 変 わるだろうと 予 想 される 場 合 もあります 図 -3.1 に 模 式 的 に 示 したよ うな 人 工 林 です このような 人 工 林 は 今 回 の 検 討 から 除 外 しました 針 葉 樹 林 として 手 入 れをして いくよりも 自 然 の 力 を 利 用 する 方 がよいと 考 えるからです 図 -3.1 自 然 侵 入 した 広 葉 樹 が 多 くなった 人 工 林 の 模 式 図 5

6 3.2 放 置 人 工 林 のイメージ 放 置 人 工 林 の 具 体 的 なイメージを 写 真 に 示 します Case A Case A 植 栽 後 20~30 年 程 度 のカラマツ 人 工 林 未 間 伐 で 植 栽 したときの 密 度 に 近 く まだ 優 劣 が はっきりしていない 全 てのカラマツが 細 い 状 態 となっている Case B CaseA の 状 態 で 冠 雪 害 や 風 倒 害 が 発 生 してし まったカラマツ 林 時 間 とともに CaseB のよう になっていく Case C 40 年 生 程 度 まで 放 置 したカラマツの 人 工 林 競 合 関 係 から 脱 したカラマツは 肥 大 成 長 して いくが 劣 勢 となったカラマツは 細 く 立 ち 枯 れや 風 で 傾 いたりしている カラマツの 風 倒 木 も 多 く 見 られ 人 工 林 として は 管 理 が 必 要 と 考 えられる しかし 広 葉 樹 の 稚 樹 が 成 長 してきているので 今 後 自 然 に 広 葉 樹 林 に 推 移 していくと 思 われる 森 林 である 6

7 4. 森 を 見 る 感 性 をみがく 4.1 森 が 荒 れている とは 何 か 森 が 荒 れている ということばが あちらこちらから 聞 こえてきます 前 章 で 放 置 人 工 林 とは 一 目 見 て 感 覚 的 に 荒 れている 人 工 林 とも 書 きました では そもそも 森 が 荒 れている とはどういうことなのでしょうか? 森 林 に 関 わっている 人 たちにとっては 当 たり 前 かもしれません が 所 有 者 に 説 明 するためにも ちょっと おさらい をします 森 林 の 荒 廃 という 言 葉 が 使 われるとき 次 の 4 つの 意 味 があるとされています 3 2 森 林 の 消 失 :ゴルフ 場 造 成 や 他 の 用 途 に 転 用 したために 森 林 がなくなってしまうこと 2 森 林 の 劣 化 : 分 断 された 森 林 で 林 縁 に 先 駆 性 樹 種 が 侵 入 したために 構 成 種 が 変 化 するなどし て 質 的 に 劣 化 すること 3 人 工 林 の 劣 化 : 造 林 されたままの 状 態 で 過 密 による 肥 大 成 長 の 抑 制 ( 細 いもやし 状 の 樹 木 ば かりになってしまう)と 林 床 植 物 の 消 失 がおきていること 4 雑 木 林 の 変 質 : 本 州 の 里 山 は 本 来 放 っておくと 常 緑 広 葉 樹 林 となっていく 人 間 生 活 の 中 で 持 続 的 に 利 用 することで 落 葉 広 葉 樹 林 やその 林 床 植 物 が 維 持 されてきたが 利 用 しなくなることで 竹 林 や 藪 そして 常 緑 広 葉 樹 林 に 変 容 していくこと 1 森 林 の 消 失 2 森 林 の 劣 化 3 人 工 林 の 劣 化 4 雑 木 林 の 変 質 4 これらのうち4は 北 海 道 では 見 られません 1と2は 土 地 利 用 の 問 題 です ここで 取 り 上 げる 森 が 荒 れている ということは 3の 人 工 林 の 劣 化 に 関 することになり ます 7

8 4.2 森 が 荒 れている と 感 じる とは 何 か 次 の 4 枚 の 写 真 を 見 てください 何 を 感 じますか? 写 真 A B では 太 い 木 や 細 い 木 樹 高 が 高 い 木 や 低 い 木 そして 枯 れて 倒 れた 木 があったりと 様 々な 大 きさや 形 状 の 樹 木 から 構 成 されています でも 不 思 議 と 無 秩 序 には 見 えません 写 真 C と 写 真 D を 見 比 べてください 写 真 D は 同 じ 樹 種 だけなのですが 人 の 手 入 れや 間 伐 が 行 われた 整 然 とした という 形 容 詞 で 表 してもよいカラマツ 林 です 一 方 写 真 C はどうでしょう? 同 じカラマツ 林 ですが 樹 高 も 太 さもまちまちで 生 えている 密 度 も 混 んでいるところがあれば 大 きく 空 いているところもあればという 状 態 です 写 真 A と 写 真 B は 人 手 が 加 えられてからそのまま 長 期 間 を 経 ているという 意 味 で 自 然 林 に 近 い 状 態 の 森 林 です 自 然 林 を 見 たとき 荘 厳 さや 森 林 の 生 まれ 変 わる 様 子 に 対 する 驚 き 不 思 議 さ は 感 じても そこに 荒 れた という 感 じをもつことは あまりないでしょう ところが 写 真 C の ように 一 度 人 手 を 加 えながらそのまま 放 置 したような 印 象 を 与 える 森 林 に 対 しては 無 秩 序 な 雑 然 さ を 覚 え 森 が 泣 いている ようにさえ 感 じてしまいます せっかく 資 源 として 利 用 するため 植 えたにもかかわらず その 後 間 伐 などの 管 理 がなされずに いる 森 林 を 見 て もったいない と 思 う 気 持 ち 人 工 林 という 人 がつくった 景 観 であるにもかかわ らず 雑 然 とした 森 林 を 見 て 見 苦 しい と 思 う 気 持 ち これらが 森 が 荒 れている と 感 じる の だと 思 っています なお 生 えている 木 の 密 度 を 判 断 し 間 伐 の 実 行 に 有 効 な 判 断 材 料 の 資 料 として 人 工 林 林 分 密 度 管 理 図 a があります a 林 野 庁 監 修,1999 復 刉, 社 団 法 人 日 本 森 林 技 術 協 会 8

9 5. 地 図 を 読 む 5.1 自 分 の 現 在 位 置 を 知 る さて ある 道 を 通 っていて 荒 れた 森 林 があると 思 ったとしましょう まず そこがどこなの かを 記 録 することが 最 初 の 作 業 となります 現 在 地 を 知 るのにもっとも 手 っ 取 り 早 い 方 法 今 ならば GPS を 利 用 することかもしれません こ こでは その 後 も 各 種 の 地 図 を 利 用 することになるので まずは 2 万 5 千 分 の 1 地 形 図 ( 国 土 地 理 院 発 行 )をベースに 位 置 を 確 認 する 方 法 を 説 明 します 周 辺 に 目 立 つ 建 物 や 山 のピークがある 場 合 には 比 較 的 自 分 の 居 場 所 を 確 認 しやすいものです と ころが なだらかな 丘 陵 が 続 くような 里 山 付 近 では 思 いのほか 目 印 がないことが 多 いのです 私 た ちが 活 動 を 行 っている 白 老 町 の 石 山 地 区 にあるトラストの 森 を 例 に 簡 便 な 位 置 の 確 認 方 法 を 下 の 地 図 を 用 いて 説 明 していきましょう 1 荒 れた 森 林 から 目 印 となる 地 点 まで 戻 ります 道 路 を 走 っていて ふと 気 になる 森 林 (No.7)に 目 を 止 めることがあります あらかじめその 場 所 を 特 定 しようと 思 って 走 ることはないので この 時 点 でその 場 所 を 特 定 することは 難 しいでしょ う 目 印 となる 場 所 (No.1)まで 戻 ることにします 2 分 岐 点 ごとに 立 ち 止 まって 記 録 します 地 図 (2 万 5 千 分 の 1)をあらかじめ 用 意 しておけばベストですが もしない 場 合 にも 見 取 り 図 を 書 きながら 目 印 の 場 所 (No.1)に 戻 るまでの 交 差 点 や 分 岐 点 (No.6 ~No.2)を 記 録 します また 橋 の 名 前 施 設 の 名 前 や 牧 場 農 場 の 名 前 なども 記 録 しておきましょう 3 再 び 現 地 に 戻 って 大 まかな 位 置 を 地 図 にマークします 目 印 の 場 所 (No.1)から 再 確 認 のために 現 地 (No.7)に 引 き 返 します 位 置 が 確 認 できたら 大 まかでよいので 地 図 に 番 号 を 書 込 みます 番 号 は 分 かりやすい 方 からつけていけばいいでしょう 上 図 は 国 土 地 理 院 発 行 2 万 5 千 分 の 1 地 形 図 白 老 5 自 治 体 ごとに 発 行 する 都 市 計 画 図 (2 万 分 の1)を 利 用 することも 可 能 9

10 5.2 地 形 図 に 森 林 の 位 置 を 落 とす 2 万 5 千 分 の 1 地 形 図 または 2 万 分 の1 都 市 計 画 図 に 位 置 を 記 録 しただけでは どの 森 林 を 対 象 にしようとするのか 確 定 できません もっと 大 縮 尺 で 森 林 の 区 分 がわかるような 地 図 が 必 要 です 国 土 調 査 法 に 基 づく 国 土 調 査 の 一 つで 土 地 の 所 有 者 地 番 地 目 を 調 査 し 境 界 の 位 置 と 面 積 を 測 量 する 地 籍 調 査 が 済 んでいる 地 域 では 地 籍 図 ( 公 図 )が 整 備 されていますが 森 の 位 置 を 調 べるためには 現 況 地 番 重 ね 図 が 有 効 です 私 たちが 活 動 している 白 老 町 では 現 況 地 番 重 ね 図 ( 合 成 図 :2,500 分 の 1 図 ほか)を 町 役 場 ( 建 設 課 )で 入 手 可 能 となっています(A0 版 1,000 円 / 枚 :2011 年 8 月 現 在 ) また 地 籍 図 は 法 務 局 で 閲 覧 したり 謄 本 の 交 付 を 受 けることができます 地 籍 図 の 例 は 資 料 編 に 掲 載 しています その 地 図 から 地 形 や 道 路 用 地 河 川 用 地 などの 公 共 用 地 界 を 読 みとりながら 対 象 とする 森 林 を 特 定 していきます 自 治 体 によっては 地 籍 調 査 が 済 んでいない 地 域 もあり 地 番 図 だけというところもあります こ の 場 合 には 道 路 用 地 河 川 用 地 などの 公 共 用 地 界 を 読 みとって 対 象 となる 森 林 を 特 定 すること になります このほかに 赤 道 青 道 と 呼 ばれる 法 定 外 公 共 物 が 記 されている 場 合 もあります これも 位 置 を 特 定 するときの 参 考 になります なお 法 定 外 公 共 物 ( 里 道 水 路 など)とは 道 路 法 や 河 川 法 などの 適 用 や 準 用 を 受 けない 国 の 財 産 ( 土 地 )のことです 多 くの 場 合 は 法 務 局 備 え 付 けの 地 籍 図 ( 公 図 )に 里 道 は 赤 色 水 路 は 青 色 の 線 で 表 示 されていますが 国 土 調 査 が 完 了 した 地 域 の 地 籍 図 ( 公 図 )では 2 本 線 で 囲 まれた 地 番 のない 白 地 で 表 示 されています また 地 番 があり 内 務 省 建 設 省 国 土 交 通 省 などの 名 義 の 登 記 がある 場 合 もあります 6 普 段 使 い 慣 れない 縮 尺 なのでとまどうことがありますが 森 林 の 様 子 ( 林 相 )の 違 いが 所 有 者 の 違 いにつながることが 多 いので 注 意 して 森 林 の 様 子 を 見 てください 地 番 現 況 重 ね 図 (トラストの 森 付 近 ) 図 -5.2 白 老 町 の 現 況 地 番 重 ね 図 の 例 このほか 森 林 地 域 の 大 縮 尺 の 図 面 として 森 林 計 画 図 があります 森 林 計 画 図 とは 空 中 写 真 から 図 化 された 縮 尺 5 千 分 の 1 地 形 図 で 森 林 計 画 の 対 象 とする 森 林 の 区 域 森 林 の 区 画 ( 林 班 小 班 界 ) 林 道 等 を 図 示 しています 7 しかし 森 林 計 画 図 は 基 本 的 に 森 林 計 画 立 案 のために 閲 覧 す ることができるものです 所 有 者 を 特 定 するために 閲 覧 することは 認 められていませんから 注 意 が 必 要 です それぞれの 自 治 体 の 森 林 林 務 担 当 部 署 にご 相 談 ください 10

11 6. 所 有 者 を 調 べる 現 況 地 番 重 ね 図 や 地 籍 図 地 番 図 によって 整 備 の 対 象 としたい 森 林 を 特 定 すると 次 にその 所 有 者 を 探 しだして 折 衝 することになります ここでは 所 有 者 にアプローチするための 方 法 を 説 明 し ます 6.1 土 地 の 登 記 簿 図 面 の 閲 覧 等 地 番 がわかると 届 出 上 ( 登 記 上 )の 所 有 者 を 特 定 することができます 登 記 簿 などの 土 地 台 帳 を 閲 覧 したり 謄 本 の 交 付 を 受 けます 登 記 簿 の 例 は 資 料 編 に 掲 載 しています 1 窓 口 での 閲 覧 登 記 簿 は 基 本 的 には 法 務 局 で 申 請 して 閲 覧 したり 謄 本 の 交 付 を 受 けます これまで 自 治 体 の 窓 口 では 固 定 資 産 税 関 係 の 資 料 である 所 有 者 の 氏 名 住 所 が 記 載 された 土 地 台 帳 の 閲 覧 も 可 能 でしたが 近 年 個 人 情 報 保 護 法 の 関 係 から 閲 覧 制 度 を 廃 止 したところも 多 いようなので 地 元 自 治 体 に 確 認 が 必 要 です 閲 覧 や 謄 本 は 有 料 です 2ネットでの 閲 覧 土 地 登 記 簿 はインターネットで 閲 覧 することも 可 能 です 登 記 情 報 提 供 サービス:http://www1.touki.or.jp/ 閲 覧 は 有 料 です 登 録 利 用 をする 必 要 があり クレジットカードで 代 金 の 決 済 をしま す 自 治 体 での 閲 覧 ができない 場 合 でも 法 務 局 および 出 張 所 まで 出 向 く 必 要 がないので 便 利 です 図 -6.1 登 記 情 報 提 供 サービスのトップページ 11

12 6.2 直 接 所 有 者 を 調 べる 土 地 所 有 者 が 判 明 したとき 直 接 交 渉 するために 所 有 者 の 電 話 番 号 を 調 べます( 登 記 簿 などの 土 地 台 帳 では 氏 名 住 所 はわかりますが 電 話 番 号 まではわかりません) 電 話 番 号 の 調 べ 方 は 次 の 方 法 があります 全 国 の 電 話 帳 を 調 べる( 大 きな 図 書 館 には 全 国 の 電 話 帳 が 揃 っています) 電 話 番 号 のデータベースソフト( 電 話 帳 検 索 図 書 館 写 録 宝 夢 巣 などを 活 用 する 電 話 帳 検 索 図 書 館 :http://www.nipponsoft.co.jp/products/bllib9/ 写 録 宝 夢 巣 :http://www.nipponsoft.co.jp/products/bldoko14/ これらの 方 法 で 所 有 者 と 直 接 連 絡 が 取 れるためには 次 の 3 つの 条 件 が 揃 っていなければならな いので 注 意 してください 所 有 者 が 電 話 帳 に 登 録 していること( 最 近 は 登 録 しない 人 も 多 いので 留 意 する 必 要 が あります) 電 話 帳 に 登 録 されている 住 所 に 住 んでいること( 引 っ 越 しをしていないこと) 電 話 の 所 有 者 が 亡 くなって 相 続 されたり あるいは 売 買 されている 場 合 は 所 有 者 の 情 報 が 変 更 されていること 写 真 図 書 館 の 電 話 帳 写 真 電 話 帳 ソフト 12

13 6.3 間 接 的 に 所 有 者 を 調 べる 電 話 帳 などを 使 って 調 べても 直 接 所 有 者 に 連 絡 がとれない 場 合 が 多 くあります このようなとき 次 の 方 法 で 所 有 者 の 連 絡 先 を 知 ることができる 可 能 性 があります 元 の 住 民 票 や 本 人 の 知 り 合 いなどから 本 籍 地 が 分 かれば 戸 籍 簿 についている 附 表 ( 現 住 所 )を 本 籍 のある 自 治 体 から 取 り 寄 せて 現 住 所 を 調 べることができる 可 能 性 があ ります その 土 地 に 固 定 資 産 税 がかかっているのであれば 自 治 体 の 税 務 担 当 部 署 で 税 金 が 課 税 されている 人 の 連 絡 先 を 把 握 しています しかし これは 個 人 の 課 税 情 報 ですから 直 接 は 教 えてもらえません 自 治 体 の 森 林 行 政 担 当 部 署 と 常 日 頃 情 報 交 換 し 放 置 人 工 林 整 備 に 関 する 活 動 を 十 分 理 解 してもらって 信 頼 関 係 ができれば 所 有 者 に 関 する 情 報 を 教 えてもらえる 可 能 性 もあります 所 有 者 が 住 んでいた 町 内 会 等 から 調 べることも 可 能 です たとえば 町 内 会 長 などに 連 絡 をとり 十 分 に 为 旨 を 理 解 してもらった 上 で 転 居 先 の 情 報 を 教 えてもらう などの 方 法 です ただし 現 在 は 個 人 情 報 保 護 の 観 点 から 教 えてもらいにくい 状 況 です 13

14 7. 所 有 者 と 交 渉 する 7.1 交 渉 方 法 森 林 の 所 有 者 が 判 明 したら いよいよ 森 林 を 整 備 させてもらうための 交 渉 をしなければなりませ ん 整 備 したいと 考 える 森 林 の 所 有 者 は 多 くの 場 合 地 元 に 住 んでいません 全 国 各 地 に 散 らばって いると 言 っても 過 言 ではありません ですから 交 渉 は 電 話 が 为 となります 電 話 では 次 のようなことを 伝 え また 確 認 します 1 所 有 している 森 林 の 地 元 で 活 動 している 森 林 ボランティア 団 体 の 折 衝 係 であること 団 体 名 担 当 者 氏 名 電 話 をした 目 的 2どのような 方 法 で 所 有 者 を 探 して 連 絡 しているのか 見 知 らぬ 人 から 突 然 所 有 している 森 林 のことで 連 絡 があれば 誰 でも 不 審 に 思 うでしょ う どのような 方 法 で 所 有 者 を 探 しあてたのかを 丁 寧 に 説 明 する 必 要 があります 法 務 局 で 土 地 の 登 記 簿 などを 閲 覧 して 所 有 者 を 探 したこと 電 話 帳 などで 所 有 者 の 連 絡 先 を 探 しあてたこと 4 所 有 している 森 林 の 確 認 森 林 の 所 在 地 ( 市 町 村 名 から できれば 地 番 まで) 相 手 が 所 有 していることの 確 認 4 所 有 している 森 林 の 現 況 と 放 置 した 場 合 の 将 来 像 すでに 現 地 を 見 ており 実 際 に 確 認 していること 未 間 伐 の 状 態 では 将 来 的 には 全 てが 利 用 できないものになってしまうこと 5 近 くに 住 み その 周 辺 の 森 林 を 整 備 している 団 体 として 心 を 痛 めていること 森 がよくなって 欲 しい という 思 い を 伝 える 森 林 ボランティア 団 体 が 間 伐 を 行 うことによって 森 林 の 価 値 は 上 がりこそすれ 所 有 者 にとってマイナスはないこと 所 有 者 が 望 まない 方 向 の 整 備 は 決 して 行 わないこと 必 ずしも 私 たち(ここではウヨロ 環 境 トラスト)が 整 備 しなくてはならないというこ とではなく 森 林 組 合 に 依 頼 するなど 何 らかの 形 で 整 備 を 進 めて 欲 しい 旨 を 伝 えるこ と 5 無 償 であるのかどうかを 明 らかにすること 新 種 の 詐 欺 商 法 のように 受 け 止 められることもあります 人 によっては 森 林 の 整 備 後 に 請 求 がくるのではないか と 疑 う 人 もいます 現 在 ウヨロ 環 境 トラストは 無 償 で 整 備 を 進 めていて このことは 最 初 の 電 話 でしっ かりと 伝 えています もし 電 話 では 十 分 に 意 を 伝 えられないときには 後 日 資 料 を 送 る 旨 を 伝 え 資 料 を 読 んでもら った 後 で 再 度 連 絡 することを 約 束 して 一 度 電 話 を 置 きます 最 終 的 には 書 面 で 協 定 書 (または 契 約 書 )を 交 わすこととなりますが まずは 口 頭 で 森 林 整 備 と 書 面 づくりに 関 して 了 解 をもらうことになります 14

15 ポイント 1 基 本 的 にはお 金 はいらないからあなたが 持 っている 森 林 を 整 備 させて 欲 しい という 気 持 ちを 伝 えることになりますが 昨 今 の 詐 欺 商 法 と 間 違 われかねないことが 懸 念 されます もし 自 分 が 所 有 者 の 立 場 でそのような 電 話 がかかってきたらどう 思 うか 考 えを 巡 らせてみてください 電 話 をするときにはこのような 誤 解 を 招 かないかけ 方 が 大 事 になります 事 務 的 な 電 話 のかけ 方 ではいけません 特 に 相 手 が 40 才 以 上 の 人 の 場 合 には ゆっくり や さしく 話 す 必 要 があります 用 件 を 急 いだり 一 方 的 に 用 件 を 伝 えたりすることがないよう 十 分 に 気 をつけましょう ポイント 2 これまでの 経 験 から 1~2 回 の 電 話 で 为 旨 を 理 解 してくれる 所 有 者 は 1/3 程 度 です 実 のとこ ろ お 金 はいらないから 森 の 手 入 れをさせてくれ という 内 容 に 所 有 者 は ( 所 有 者 にとって) そんなうまい 話 があるのだろうか あとでお 金 を 請 求 されるのでは? という 思 いを 抱 くようで す もっとなことだと 思 いませんか 自 分 たちの 森 に 対 する 思 い や 活 動 してきた 実 績 を 相 手 にわかりやすく 伝 えることが 大 変 重 要 なことになります 仮 に 電 話 での 応 対 では 十 分 に 伝 えきれないときには 一 度 活 動 の 資 料 を 送 って 再 度 交 渉 することも 必 要 になります あらかじめ 資 料 を 送 ってから と 考 えることもあるでしょうが 突 然 資 料 を 送 られた 方 は 何 の ことか 判 断 がつきかねるでしょうから 電 話 で 話 してから 送 るという 手 順 でなければ こちらの 意 図 が 相 手 には 伝 わりません ポイント 3 登 記 簿 で 確 認 しても 所 有 者 が 亡 くなっている 場 合 電 話 で 確 認 したときに 所 有 者 ではない という 返 事 をもらうことがあります 相 続 していないとか あるいは 相 続 したが 登 記 していないなど 個 別 の 事 情 があります 所 有 者 がどういう 状 況 にあるのかを 聞 いて 理 解 して 交 渉 を 進 めていくことが 大 切 です ポイント 4 森 の 手 入 れ= 間 伐 をする と 所 有 者 に 説 明 しても 必 ずしもうまく 伝 わらないこともありま す 基 本 的 には 将 来 有 用 な 木 材 が 採 れるよう 今 間 引 いて 残 した 木 の 成 長 を 促 すことが 目 的 で あることを 十 分 理 解 できるよう 伝 えましょう また 地 元 に 住 んでいない 人 たちに 説 明 するので どんな 団 体 から 連 絡 が 来 ているのか 疑 わし く 思 うこともあるでしょう 地 元 の 自 治 体 や 森 林 組 合 などに 尋 ねてもらって 確 認 して 欲 しい 旨 を 伝 えることが 必 要 になる 場 合 もでてくると 思 います 日 頃 から 自 分 たちの 活 動 を 地 元 の 人 たちに 理 解 してもらっておくことや ホームページを 充 実 して 遠 く 離 れた 人 たちにも 団 体 の 活 動 を 知 ってもらうことも 大 変 重 要 なことです 15

16 伝 えるべきこと( 河 野 さんのことば) 探 し 出 した 所 有 者 が 持 っている 森 林 は 基 本 的 に 私 たちがこれまで 活 動 してきた 森 林 の 近 くにあ ります すぐそばなのに 手 入 れがされていない 森 林 を 見 ると 私 たちの 森 林 は 生 き 生 きと そして きれいになっているのに ああ こちらの 森 は 泣 いているように 見 えます かわいそう と 思 って しまいます この 気 持 ちを 所 有 者 に 伝 えることが 大 変 大 事 なことでしょう 残 念 ながら 無 関 心 であることも 含 めて 森 林 をどのように 取 り 扱 うかは 所 有 者 の 一 存 であると いっても 過 言 ではありません 私 たちが 森 が 泣 いている といってもうまく 伝 わらない 可 能 性 も ありますが 放 っておいたあなた 方 に 責 任 がありますよ という 厳 しい 姿 勢 つまり 所 有 者 を 攻 めるような 口 調 になってしまうと まとまる 話 もまとまらなくなります お 節 介 焼 きですが という 姿 勢 が 所 有 者 の 心 を 解 きほぐしていきます 謙 虚 であることが 必 要 です 相 手 は 理 解 している?( 河 野 さんのことば) 事 務 的 に 話 してはいけないと 前 のページのポイント 1 に 書 きました 一 方 的 にこちらの 伝 えたい ことだけを 話 してもいけません どこまで 相 手 に 理 解 してもらったかを 自 分 自 身 でチェックしな がら 話 していく 必 要 があります ですから ときには 相 手 が 理 解 したところまで 話 を 戻 して と いうことも 当 然 あります 交 渉 相 手 がどの 程 度 時 間 をとってくれるか 相 手 の 都 合 にもよりますが 1 回 の 電 話 が 5 分 や 10 分 で 終 わることはないということをあらかじめ 理 解 してください 電 話 で 初 めての 人 にいろいろと 説 明 したり 間 伐 などの 作 業 を 理 解 してもらうのですから 通 常 30 分 以 上 かかってしまいます 不 信 を 取 り 除 く( 河 野 さんのことば) 電 話 でこちらの 意 図 を 伝 えたと 思 っても 一 度 も 会 ったことがない 森 林 ボランティア 団 体 と 名 乗 る 人 間 から 電 話 が 来 るわけですから 森 林 所 有 者 の ん~ 本 当? という 気 持 ちをぬぐい 去 るこ とは 大 変 なことです 自 治 体 の 森 林 行 政 担 当 部 署 と 常 日 頃 情 報 交 換 して と 先 に 書 きましたが 所 有 者 と 交 渉 するときにも 日 頃 のおつきあいのあり 方 が 重 要 なことになります どうしても 不 信 感 をぬぐえないような 印 象 であれば 役 場 の 担 当 者 か 森 林 組 合 に 私 たちのことをご 確 認 いただけま せんか とお 願 いしてみてもいいでしょう 実 際 に 役 場 へ 問 合 せがあったこともあります 河 野 さんは NPO 法 人 ウヨロ 環 境 トラストの 専 務 理 事 で 不 動 産 業 を 営 んでいます こでは 河 野 さんが 担 当 してきた 放 置 人 工 林 の 整 備 に 結 びつく 森 林 所 有 者 との 交 渉 の 過 程 をまとめていま す 相 手 の 気 持 ちを 推 し 量 りながら 自 分 たちの 思 いを 伝 える これが 大 変 重 要 なことです と 強 く 語 っています 16

17 森 林 を 所 有 するに 至 った 経 緯 を 理 解 する( 河 野 さんのことば) 所 有 者 が 森 林 を 持 つに 至 った 経 緯 はいろいろあります 現 状 有 姿 分 譲 b で 比 較 的 小 さな 面 積 で 所 有 している 場 合 や 相 続 で 分 筆 c している 場 合 また 合 筆 している 場 合 共 有 している 場 合 などがありま す それぞれに 所 有 に 至 るまでに 事 情 があったことが 推 測 されます これらのことも 考 え 合 わせて 所 有 者 がどのように 考 えているかを 推 し 量 りながら 交 渉 することも 大 切 です 土 地 を 複 数 の 人 が 共 有 している 場 合 には 誰 が 代 表 者 なのかを 知 った 上 で 交 渉 しなければなりません 7.2 交 渉 を 記 録 する 交 渉 の 過 程 は 必 ず 記 録 しておく 必 要 があります いつ どのような 会 話 が 交 わされ 何 が 決 まっていったのか という 内 容 を 記 録 しておきます 森 林 所 有 者 との 交 渉 の 中 で 互 いの 思 い 違 いや 記 憶 違 いで 交 渉 がうまくいかなくなることを 避 ける ためです また 交 渉 役 が 団 体 のメンバーに 対 して 内 容 を 説 明 していくための 資 料 にもなります 写 真 -7.2 交 渉 記 録 ノート b 山 林 原 野 等 の 土 地 を 宅 地 造 成 工 事 を 行 わず 現 況 のまま 権 利 上 の 区 画 に 区 分 けして 売 買 するこ と 不 動 産 用 語 説 明 より 2011/07/01 閲 覧 c 土 地 を 数 える 単 位 は 筆 (ひつ) で 土 地 登 記 簿 上 で 一 個 の 土 地 とされたもの 一 筆 の 土 地 ごと に 一 用 紙 を 備 えることになっている また 一 筆 の 土 地 を 分 けることを 分 筆 一 筆 の 土 地 に 合 わせ ることを 合 筆 という 不 動 産 用 語 ガイド 2011/07/01 閲 覧 17

18 8. 所 有 者 と 協 定 を 結 ぶ 電 話 での 交 渉 の 結 果 森 林 整 備 について 了 承 を 得 られたならば 協 定 等 を 結 び 書 面 で 約 束 事 を 交 わします 協 定 書 には 次 の 内 容 を 盛 り 込 みます 場 所 ( 地 番 と 林 小 班 )と 面 積 ( 位 置 図 も 添 付 します) 実 施 する 作 業 の 内 容 役 割 分 担 費 用 負 担 林 産 物 の 処 理 危 険 負 担 転 貸 に 関 する 事 項 協 定 の 有 効 期 間 と 更 新 解 除 事 業 実 施 と 完 了 の 通 知 方 法 疑 義 等 の 協 議 に 関 する 事 項 具 体 的 な 協 定 書 の 例 は 資 料 編 に 掲 載 しましたので そちらを 参 考 にしてください また 森 林 整 備 の 補 助 制 度 を 活 用 するため 必 要 な 書 類 として 森 林 施 業 長 期 受 託 契 約 書 を 森 林 所 有 者 と 結 ぶこともあります その 例 も 資 料 編 に 掲 載 しております 協 定 を 結 ぶ 上 での 心 得 ( 河 野 さんのことば) 協 定 を 結 ぶ 際 は 森 林 所 有 者 と 整 備 を 担 う 森 林 ボランティアは 対 等 の 関 係 であることが 重 要 だと 思 います 森 林 ボランティアは 基 本 的 に お 節 介 焼 き であるわけです 使 わせてもらうかわりに 森 を 手 入 れして 良 くすることになるのですから 当 然 お 互 いに win-win の 関 係 になります 使 わせてやっている 整 備 してやっている ということではないですよね 協 定 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 河 野 さんのことば) 協 定 書 の 内 容 は 基 本 的 には 所 有 者 が 疑 問 に 思 っていることを 文 書 という 形 で 答 えることにもな ります 作 業 内 容 は 常 識 的 な 範 囲 となりますが あくまでボランティアとして 関 わることなので 所 有 者 の 財 産 をほとんど 切 ってしまうような 为 伐 はしない ということは 明 記 する 必 要 がある でしょう 協 定 を 結 んでから 森 林 の 調 査 に 入 らせてもらうわけですから 間 伐 率 などは 協 定 書 には 明 記 しません 18

19 9. 森 林 を 整 備 する 9.1 間 伐 の 準 備 (1) 測 量 森 林 所 有 者 の 同 意 が 得 られたら 作 業 の 準 備 を 始 めます 最 初 に 必 要 なことは どこを 整 備 する のか その 範 囲 を 具 体 的 に 特 定 することです 現 地 測 量 は 地 籍 図 や 森 林 計 画 図 の 情 報 を 具 体 的 に 現 地 に 落 とし 込 む 作 業 であるということもできます 森 林 では 一 般 的 には コンパス 測 量 という 簡 易 測 量 を 行 います 作 業 範 囲 の 周 囲 に 杭 を 打 ち ながら 順 次 杭 の 方 位 と 斜 距 離 等 を 計 測 し 周 囲 を 結 んでいきます 測 量 は 整 備 する 森 林 の 面 積 や 形 を 把 握 するために 大 変 重 要 な 作 業 となります 実 際 の 方 法 については 森 を 育 てる 技 術 ( 内 田 健 一 ):p が 大 変 参 考 になります 写 真 -9.1 測 量 器 具 コンパスと 測 量 作 業 (2) 毎 木 調 査 間 伐 する 場 合 ある 植 え 筋 を 全 部 を 切 っていく 定 量 間 伐 ( 列 状 間 伐 )と 1 本 1 本 樹 木 の 状 態 を 確 認 しながら 有 用 な 木 を 残 し 不 要 な 木 を 切 っていく 定 性 間 伐 と 呼 ばれる 二 つの 方 法 があります 放 置 人 工 林 では 間 伐 の 時 期 が 遅 れてしまったために 機 械 的 に 切 るところを 決 めていく 方 法 では 整 備 したことにはなりません そこで 1 本 ずつ 大 きさや 形 状 を 判 断 して 切 る 木 を 決 めていきま す このために 林 内 の 全 ての 木 を 調 査 することを 毎 木 調 査 と 呼 び ます 毎 木 調 査 では 整 備 範 囲 の 中 の 全 樹 木 ( 枯 損 木 や 倒 木 も 含 む) に 対 して 次 の 項 目 を 測 定 します 樹 種 胸 高 直 径 ( 輪 尺 を 使 用 ) 樹 高 ( 目 測 ) 形 質 ( 曲 がり 等 ) 毎 木 調 査 は 伐 倒 後 に 材 を 適 切 に 利 用 するためには 重 要 な 作 業 です 図 -9.1 毎 木 調 査 野 帳 の 例 19

20 一 般 に 風 倒 害 の 発 生 を 避 けるために 間 伐 率 は 30%を 越 えないことが 原 則 です ただ 放 置 人 工 林 では それまで 手 を 加 えていないので 枯 損 木 を 含 めると 間 伐 率 は 50% 近 くになることもあります 生 きてい る 立 木 だけの 間 伐 率 では 30% 前 後 になるのですが 写 真 -9.2 毎 木 調 査 作 業 9.2 伐 倒 伐 倒 はもっとも 安 全 を 考 えながらやならなければならない 作 業 です 次 のような 順 序 で 進 めます 1 場 の 確 保 木 を 切 るときに 自 分 が 安 全 に 動 き 回 ることができるようにするこ とが 重 要 です つまり 作 業 スペースと 待 避 路 を 確 保 することです 切 り 倒 す 樹 木 の 周 辺 の 障 害 物 ( 潅 木 やササ 類 伐 根 倒 木 等 )を 鉈 やチェーンソーなどで 切 り 払 い 作 業 範 囲 の 外 に 移 動 させます 2 伐 倒 方 向 の 決 定 倒 そうとする 木 が 自 分 の 方 に 倒 れてくる あるいは 近 くの 同 僚 に 向 かって 倒 れる これがもっとも 危 ない 状 態 です また 懸 かり 木 といって 残 す 木 に 倒 れかかったままの 状 態 は その 処 理 に 多 大 な 手 間 がかかります さらに 残 す 木 を 大 きく 傷 つけると 将 来 使 い 物 になりません これらを 避 けるために 慎 重 に 倒 すべき 方 向 を 見 極 めます 樹 幹 の 傾 きや 曲 がり 具 合 枝 の 付 き 方 や 張 り 具 合 立 木 の 重 心 の 偏 り 根 の 張 り 具 合 そして 隣 接 する 木 の 枝 の 張 り 具 合 地 形 風 向 や 風 速 など 様 々な 要 素 によって 木 が 倒 れる 方 向 が 左 右 されま す 3 伐 倒 山 側 の 地 際 を 基 準 にして 切 る 位 置 に 受 け 口 をつくります 受 け 口 の 高 さは 極 力 低 くします 4 伐 倒 方 向 のコントロール 傾 斜 地 では 重 心 が 斜 面 の 下 の 方 に 傾 いていることが 多 く 下 方 に 倒 れやすくなるので 注 意 が 必 要 です 受 口 追 口 を 水 平 に 切 り 込 むことが 重 要 です 伐 倒 木 の 重 心 が 偏 っているときには くさび を 正 しく 使 って ねらった 方 向 に 倒 すようにします 写 真 -9.3 伐 倒 作 業 の 様 子 20

21 9.3 玉 切 り 玉 切 りは 伐 倒 した 材 を 所 定 の 長 さに 切 りそろえることです 伐 倒 直 後 にその 場 で 行 う 場 合 と 土 場 と 呼 ばれる 集 積 場 所 に 運 んでから 行 う 場 合 に 分 けられます また 運 ぶ 場 合 も 枝 を 付 けたまま 運 ぶ 全 木 集 材 と 枝 を 払 って 幹 だけの 状 態 にして 運 ぶ 全 幹 集 材 があります 全 木 集 材 全 幹 集 材 は 大 きな 機 械 がないと 難 しいため 基 本 的 にはその 場 で 玉 切 りすることが 多 いでしょう 玉 切 りの 時 の 注 意 点 は 次 の 通 りです 1 安 全 面 から 斜 面 で 玉 切 りをするときには 絶 対 に 斜 面 の 下 の 方 から 作 業 をし てはいけません 切 った 丸 太 が 自 分 の 方 に 転 げ 落 ちてきて 下 敷 き になる 可 能 性 が 非 常 に 高 いからです チェーンソーを 高 く 持 ち 上 げるような 作 業 も 大 変 危 険 です 跳 ね 返 ったときに 自 分 に 当 たったりするからです 玉 切 りの 時 に 切 り 口 に 両 側 から 重 力 がかかることがあります チ ェーンを 挟 み 込 むことになってしまうので 気 をつけましょう 2 材 の 品 質 確 保 の 点 から もっとも 市 場 性 の 高 い 長 さに 根 元 から 順 番 に 切 っていくことが 重 要 です 市 場 価 格 を 考 えながら 曲 がりの 有 無 や 末 口 直 径 に 応 じて その ときどきにもっとも 高 価 値 となる 材 の 長 さに 切 っていきます 市 場 に 出 すときには m 以 上 という 基 準 でその 材 の 長 さが 決 められます 尐 しでも 短 いとそれよりも 1 ランク 下 の 長 さの 材 と 見 なされるので 注 意 が 必 要 です その 意 味 からも 切 り 口 は 直 角 になるようにしなければなりませ ん 市 場 動 向 等 は 一 般 の 森 林 ボランティアにはなじみにくいかもしれません しかし せっかく 手 入 れを 行 った 森 林 から 出 る 材 を 有 効 に 使 わないことは 資 源 の 無 駄 遣 いとも 言 えます スキル 向 上 のために このようなことまで 念 頭 に 置 くことが 重 要 だと 考 えています ウヨロ 環 境 トラストでは 間 伐 材 を 自 分 たちの 施 設 の 整 備 に 使 うほか 製 材 用 やチップ 材 として も 活 用 しています 21

22 9.4 集 材 切 った 材 をトラックなどが 入 ってくることができるところまで 運 ぶことを 集 材 といいます 現 在 私 たちは 小 型 のクローラタイプの 集 材 機 ( 写 真 -9.4)を 使 っています 全 木 集 材 や 全 幹 集 材 は 難 しいので 基 本 的 には 玉 切 りしてから 運 びます このタイプの 集 材 機 の 長 所 短 所 を 次 に 述 べておきますが 集 材 機 の 導 入 までは 人 力 でしか 材 を 引 き 出 せなかったことを 考 えると 私 たちにとってはこれらの 長 所 は 短 所 を 十 二 分 に 補 っていると いえます 1 長 所 2 短 所 集 材 機 を 立 木 などに 固 定 すればウィンチで 離 れている 材 を 引 っ 張 り 出 すことが できます 林 内 のササ 刈 りや 伐 根 の 切 り 下 げなどの 作 業 が 必 要 ですが ある 程 度 の 傾 斜 で も 簡 易 な 作 業 道 を 設 置 して 走 行 することができます カーブが 急 な 作 業 道 でも スイッチバックで 通 過 することができます クレーン 自 体 が 小 型 なので 積 み 卸 しには 相 当 人 力 が 必 要 です スリングワイヤーの 付 け 外 しに 手 間 がかかります スピードが 遅 いと 感 じます 写 真 -9.4 集 材 機 による 搬 出 と 集 積 状 況 22

23 10. 発 生 材 の 利 用 発 生 した 間 伐 材 は 様 々な 利 用 が 可 能 です 私 たちは 間 伐 材 を 利 用 して 拠 点 施 設 の ウヨロ 小 屋 を 作 ったり ツリーハウス 東 屋 などを 作 ったりしてきました それらの 施 設 を 写 真 -10.1~ 写 真 に 載 せました また 間 伐 材 は 製 材 の 原 木 や 紙 の 原 料 となるチップ 材 としても 活 用 しています 写 真 ウヨロ 小 屋 写 真 ツリーハウス(テラス) 写 真 東 屋 写 真 ウヨロドーム( 大 型 東 屋 ) 23

24 また 間 伐 材 利 用 に 関 する 技 術 をもっと 向 上 させたいと 考 え 2010 年 から ログハウス 講 習 会 を 実 施 してきました 間 伐 材 をただ 林 内 に 放 置 するだけでは 森 林 整 備 の 目 的 の 半 分 しか 果 たして いないと 考 えています 間 伐 材 を 有 効 に 活 用 して 初 めて 人 と 森 林 の 持 続 的 な 関 係 をつくっていけ るのではないでしょうか そのための 技 術 を 身 につけていくことも 大 変 重 要 なことです 写 真 ログハウス 講 習 会 の 様 子 24

25 11. 所 有 者 に 報 告 する 11.1 電 話 での 報 告 森 林 の 手 入 れが 終 了 した 段 階 で 所 有 者 に 電 話 で 報 告 します 遠 くに 居 住 している 所 有 者 でも 一 度 自 分 の 森 林 を 見 に 行 ってみようかという 気 持 ちを 持 っても らうようお 誘 いすることもひとつかもしれません 11.2 文 書 での 報 告 森 林 所 有 者 とは 十 分 な 信 頼 関 係 を 作 っておき 極 力 簡 易 な 報 告 書 で 済 ますようにしたいものです たとえば 次 のような 書 式 でいいのではないかと 考 えています 間 伐 などの 森 林 の 手 入 れが 終 わると 現 在 私 たちは 基 本 的 には 電 話 で 所 有 者 に 報 告 しています 文 書 での 報 告 も 大 切 なことであると 理 解 していますが できることならばそのようなことをしなく てもよい 関 係 を 築 くことが 大 事 と 考 えているからです 森 林 の 手 入 れをさせてもらうまでの 交 渉 過 程 で 信 頼 関 係 をつくりあげていくことによって 杒 子 定 規 な 文 書 の 交 換 をしなくてもよい 状 態 をつ くってきたといってもよいでしょう ただ こんなに 気 持 ちよい 森 林 になりました ということを 伝 えるために 着 手 前 の 写 真 と 手 入 れ 後 の 写 真 を 並 べて 報 告 するということも これからは 必 要 と 感 じています 25

26 報 告 をすると わざわざ 遠 くから 見 に 来 てくれる 所 有 者 もいます おかげさまで これまで 来 て いただいた 所 有 者 からは こんなにきれいにしてくださって ありがとう という 言 葉 をいただい ています このような 機 会 を 通 じて 新 たな 人 のつながりが 広 がっていくということを 実 感 してい ます 参 考 にした 文 献 武 内 和 彦 鷲 谷 いづみ 恒 川 篤 史 編,2001, 里 山 の 環 境 学,257pp, 東 京 大 学 出 版 会 広 木 詔 三 編,2002, 里 山 の 生 態 学 その 成 り 立 ちと 保 全 のあり 方,333pp, 名 古 屋 大 学 出 版 会 倉 本 宣 内 城 道 興 編 著 1997, 雑 木 林 をつくる 人 の 手 と 自 然 の 対 話 里 山 作 業 入 門,186pp, 百 水 社 中 川 重 年,2004, 森 づくりテキストブック 市 民 による 里 山 林 人 工 林 管 理 マニュアル,223pp, 山 と 渓 谷 社 直 接 引 用 した 文 献 1 重 松 敏 則,1991, 市 民 による 里 山 の 保 全 管 理,74pp, 信 山 社 サイテック 2 山 本 信 二 編 著,2003, 森 林 ボランティア 論,345pp, 日 本 林 業 調 査 会 原 典 は 内 山 節 編,2001, 森 の 列 島 に 暮 らす- 森 林 ボランティアからの 政 策 提 言 -,コモンズ 3 田 中 淳 夫,2002, 日 本 の 森 林 はなぜ 危 機 なのか 環 境 と 経 済 の 新 林 業 レポート,199pp, 平 凡 社 新 書, 平 凡 社 4 ふくしま 薪 ネット ホームページより 2011/06/27 閲 覧 5 国 土 地 理 院 地 図 閲 覧 サービス(ウォッちず)より 2011/06/27 閲 覧 6 岡 山 県 土 木 部 用 地 課 ホームページより 2011/06/27 閲 覧 7 埼 玉 県 森 づくり 課 ホームページ よくわかる 森 林 計 画 2011/06/27 閲 覧 8 内 田 健 一,2007, 森 を 育 てる 技 術,421pp, 川 辺 書 林 26

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度 今 年 の 経 営 リポート は 平 成 23 年 度 の 決 算 今 年 度 の 決 算 結 果 のお 知 らせ 企 業 会 計 のお 財 布 はいくら? 企 業 の 姿 を 見 てみよう 経 営 指 標 で 企 業 を 見 る 今 年 度 の 工 事 のお 知 らせ の6 項 目 についてお 知 らせします どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々

More information

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6 物 件 所 在 地 :[ 地 番 住 居 表 示 ] 区 町 役 所 調 査 ( 新 宿 区 の 戸 建 用 住 宅 地 ) 役 所 調 査 とは 簡 単 に 言 えば その 土 地 に 家 を 建 てられるかどうか どのくらいの 規 模 の 家 が 建 てられるか を 明 らかにするためのものです 事 業 を 考 えての 不 動 産 の 取 得 なの でしたら その 土 地 でこの 商 売 はできるのか

More information

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 1. 個 人 市 県 民 税 編 質 問 一 覧 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? Q1-2 死 亡 した 夫 に 市 県 民 税 の 納 税 通 知 書 が 届 きました? Q1-3 昨 年 退 職 時 に 市 県 民 税 を 一 括 して 納 めたのに 納 税 通 知 書 がきましたが? Q1-4 家 屋 敷 課 税

More information

農業簿記演習資料

農業簿記演習資料 農 業 経 営 講 座 ( 複 式 簿 記 )テキスト 平 成 18 年 1 月 = はじめに============================= この 講 座 では 簿 記 ソフトで 記 帳 を 始 めることを 前 提 として 複 式 簿 記 ( 以 下 簿 記 )を 学 んでいきます 簿 記 に 関 する 予 備 知 識 を 持 っていただくため 簡 単 なクイズを 用 意 しました ので

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

は じ め に 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 に これから 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 にとっては さまざまな 不 安 と 希 望 があることと 思 います 私 たちは 常 に 売 り 手 と 買 い 手 との 間 に 入 り 中 立

は じ め に 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 に これから 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 にとっては さまざまな 不 安 と 希 望 があることと 思 います 私 たちは 常 に 売 り 手 と 買 い 手 との 間 に 入 り 中 立 は じ め に 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 に これから 中 古 住 宅 の 購 入 をご 検 討 されている 皆 様 にとっては さまざまな 不 安 と 希 望 があることと 思 います 私 たちは 常 に 売 り 手 と 買 い 手 との 間 に 入 り 中 立 な 立 場 で 物 事 を 進 めるように 努 力 しています 売 り 手 にとっては 少 しでも

More information

1 6 2016 8 歯 科 診 療 所 が 必 ず 直 面 する 事 業 承 継 時 の 留 意 ポイント ❶ 進 むリタイアの 実 態 と 事 業 承 継 時 の 留 意 点 ❷ 譲 渡 側 が 承 継 前 に 診 療 所 価 値 を 高 める 方 法 ❸ 承 継 側 がスムーズな 開 業 を 迎 えるポイント ❹ 歯 科 診 療 所 の 事 業 承 継 事 例 進 むリタイアの 実 態 と 事 業

More information

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 :

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 : 第 2 回 町 田 市 会 計 基 準 委 員 会 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 2014 年 7 月 16 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 12 時 00 分 町 田 市 庁 舎 10 階 10-3 会 議 室 委 員 鵜 川 正 樹 委 員 長 米 田 正 巳 委 員 事 務 局 会 計 課 傍 聴 者 なし 1. 開 会 会 計 管 理 者 から 開 会

More information

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx 平 成 28 年 第 2 回 定 例 会 (スタートアップ 新 宿 ) 代 表 質 問 ( 要 旨 ) 一 問 一 答 最 初 の 質 問 は 公 民 連 携 についてです 新 宿 区 では 平 成 28 年 3 月 に 新 宿 区 施 設 白 書 を 作 成 しました また 5 月 22 日 には 公 共 施 設 フォーラムが 開 催 され 東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 長 の 根 本

More information

小島先生のやさしい法律教室

小島先生のやさしい法律教室 景 気 の 落 ち 込 みを 背 景 に 取 引 先 の 破 綻 が 懸 念 される 場 面 も 見 受 けられます そこで 今 回 は, 取 引 先 の 破 綻 についてよくあるご 相 談 をまとめてみました 1. 破 産 手 続 社 長 ( 以 下, 社 ): 最 近, 大 型 倒 産 が 見 られますね 倒 産 と 破 産 は 違 うのですか 弁 護 士 ( 以 下, 弁 ): 倒 産 というのは

More information

スライド 1

スライド 1 葬 儀 後 の 諸 手 続 相 続 手 続 人 が 亡 くなると どの 様 な 手 続 きが 必 要 となるでしょう? 死 亡 届 から 始 まり 遺 族 年 金 保 険 金 の 請 求 遺 産 分 割 相 続 税 など 多 くの 手 続 が 待 ち 構 えています これらの 手 続 には 多 くの 時 間 と 労 力 を 要 します 必 要 となる 手 続 の 内 容 を 確 認 し 自 分 で

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

新居を購入するまでの チェックポイント

新居を購入するまでの チェックポイント 新 居 を 購 入 するまでの チェックポイント 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 等 ) 購 入 の 際 の 取 引 や 手 続 の 流 れについて 簡 単 に 確 認 しましょう 平 成 22 年 3 月 1. 購 入 方 針 を 決 める まず 不 動 産 の 価 格 について 調 べてみましょう 不 動 産 価 格 の 相 場 を 知 ることは 購 入 計 画 を 立 てたり あるいは 見

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

手 順 1: 管 理 会 社 との 役 割 分 担 の 確 認 マンション 管 理 組 合 の 業 務 を 管 理 会 社 に 委 託 している 場 合 滞 納 者 への 督 促 業 務 について 具 体 的 にどのよう に 委 託 しているかを 管 理 委 託 契 約 書 で 確 認 します 意

手 順 1: 管 理 会 社 との 役 割 分 担 の 確 認 マンション 管 理 組 合 の 業 務 を 管 理 会 社 に 委 託 している 場 合 滞 納 者 への 督 促 業 務 について 具 体 的 にどのよう に 委 託 しているかを 管 理 委 託 契 約 書 で 確 認 します 意 2013 年 8 月 第 19 回 管 理 費 を 払 わない 区 分 所 有 者 への 対 応 公 認 不 動 産 コンサルティングマスター 矢 島 尚 司 概 要 マンション 等 の 区 分 所 有 物 件 の 管 理 組 合 の 役 員 になると 不 慣 れなことをやらなければならなくなることがあ ります その 中 でも 管 理 費 を 滞 納 する 区 分 所 有 者 への 督 促 の 対

More information

国土技術政策総合研究所 研究報告

国土技術政策総合研究所 研究報告 アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) 春 日 部 市 南 3 丁 目 地 区 備 後 東 7 丁 目 地 区 におけるアンケート 調 査 票 Ⅰ. 現 在 のお 住 まいの 状 況 以 前 のお 住 まいの 状 況 についてお 尋 ねします Q1 ご 家 族 は 何 人 家 族 ですか 11 人 22 人 33 人 44 人 55 人

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

資料3   破産申立てに必要な費用と書類など(個人用)

資料3   破産申立てに必要な費用と書類など(個人用) 資 料 3 破 産 申 立 てに 必 要 な 費 用 と 書 類 など( 個 人 用 ) 盛 岡 地 方 裁 判 所 第 2 民 事 部 盛 岡 地 方 裁 判 所 に 破 産 を 申 し 立 てるためには, 次 の 必 要 な 費 用, 必 要 な 書 類 及 び 必 要 な 資 料 が 必 要 です 弁 護 士 を 頼 まないで 申 立 てをする 人 は, 自 分 自 身 の 責 任 できちんと

More information

活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について 今 回 の 会 議 開 催 前 に 準 備 会 議 を 3 回 開 催 した 中 でこの 会 議 が 取 り 組 む 燃 えるご みの 減 量 化 に 向 けた 活 動 を 6 項 目 決 め これについて 実 践 をしていきます ど の 取 組 み

活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について 今 回 の 会 議 開 催 前 に 準 備 会 議 を 3 回 開 催 した 中 でこの 会 議 が 取 り 組 む 燃 えるご みの 減 量 化 に 向 けた 活 動 を 6 項 目 決 め これについて 実 践 をしていきます ど の 取 組 み 生 駒 市 ごみ 減 量 市 民 会 議 ( 第 1 回 ) 会 議 録 1. 開 催 日 時 平 成 28 年 7 月 29 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 2.セイセイビル 404 会 議 室 3. 会 議 次 第 (1) 代 行 の 互 選 について (2) 活 動 内 容 と 今 後 の 取 組 について (3) ごみ 減 量 化 に 向 けて アンケート(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63> マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 の 改 正 ポイント 平 成 22 年 7 月 1 マンションの 管 理 業 務 の 委 託 マンションの 管 理 組 合 の 管 理 業 務 には 管 理 費 等 の 収 支 の 調 定 出 納 建 物 設 備 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 等 標 準 的 にはマンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 )(

More information

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康 運 行 管 理 者 用 トラックドライバーの 健 康 管 理 マニュアル 運 転 者 の 体 調 不 良 による 交 通 事 故 を 撲 滅 しよう はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル

More information

苗木財産区1年間の取組み

苗木財産区1年間の取組み SGEC 森 林 管 理 認 証 審 査 調 書 - 富 士 宮 市 白 糸 財 産 区 - (FERI-003) 審 査 審 査 期 間 審 査 の 種 類 報 告 書 の 種 類 平 成 24 第 二 期 新 規 審 査 / 定 期 審 査 / 更 新 審 査 / 追 加 審 査 現 地 審 査 / 最 終 版 / 概 要 版 ( 財 ) 林 業 経 済 研 究 所 1 1. 事 業 体 名 称

More information

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業 平 成 28 年 度 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 利 用 の 手 引 き ( 市 民 向 け) 熊 本 市 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 強 計 画 設 計 耐 震 改 修 工 事 目 次 耐 震 診 断 から 耐 震 改 修 までの 流 れ p 1 補 強 計 画 設 計 補 助 制 度 利 用 について p 2 耐 震 改 修 工 事 補 助 制 度 利

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 減 価 償 却 の 税 務 Ⅰ はじめに 設 備 投 資 は 企 業 活 動 に 必 要 不 可 欠 なものですが その 設 備 投 資 を 後 押 しする 税 制 の 仕 組 みとし て 減 価 償 却 という 制 度 が 設 けられています 減 価 償 却 は 単 に 会 計 処 理 の 一 環 という 話 ではな く 減 価 償 却 を 通 じて

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 寄 附 金 課 税 の 税 務 はじめに 税 務 調 査 でよくトラブルになる 項 目 の 一 つに 寄 附 金 があります 寄 附 金 と 言 えば 一 般 的 に は 災 害 に 対 する 支 援 などを 意 味 しますので 社 会 にとって 良 いこととされます しかし 会 社 が 支 出 する 寄 附 金 を 無 制 限 に 経 費 として 認

More information

促 進 質 問 意 見 いかがでしょうか リフォーム 等 の 補 助 を 出 すというのは 効 果 があるのか 疑 問 で 発 生 抑 制 については,セカンドハウス 化 を 優 遇 して 推 進 するなど, 一 歩 踏 み 込 んでいかな いとうまくいかないと 思 いま まず 施 策 Ⅳの 良 質

促 進 質 問 意 見 いかがでしょうか リフォーム 等 の 補 助 を 出 すというのは 効 果 があるのか 疑 問 で 発 生 抑 制 については,セカンドハウス 化 を 優 遇 して 推 進 するなど, 一 歩 踏 み 込 んでいかな いとうまくいかないと 思 いま まず 施 策 Ⅳの 良 質 平 成 28 年 6 月 20 日 平 成 28 年 度 第 1 回 空 家 等 対 策 協 議 会 議 事 録 < 建 築 部 長 挨 拶 > < 委 員 紹 介 > < 事 務 局 挨 拶 > < 議 題 の 協 議 > 早 速 ですけど 議 題 の 方 に 入 っていきたいと 思 いままず 一 番 目 ですけど 空 家 等 対 策 計 画 についてということで,(1) 基 本 方 針 について,

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 相 続 税 贈 与 税 セミナー 用 贈 与 税 早 わかり 資 料 贈 与 税 早 わかりセミナー 目 次 第 1 部 第 2 部 第 3 部 第 4 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 贈 与 税 の 改 正 贈 与 税 のよくある 質 問 贈 与 を 上 手 に 使 う6つのポイント 1 第 1 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 1. 贈 与 とは? 自 分 の 財 産 を 無 償 で 相

More information

<< 著 者 紹 介 >> 1978 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 横 浜 市 に 生 まれる 2001 年 3 月 専 修 大 学 経 営 学 部 情 報 管 理 学 科 卒 業 2001 年 4 月 株 式 会 社 ジェミニ( 不 動 産 会 社 ) 入 社 入 社 2 年 目 にトップ

<< 著 者 紹 介 >> 1978 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 横 浜 市 に 生 まれる 2001 年 3 月 専 修 大 学 経 営 学 部 情 報 管 理 学 科 卒 業 2001 年 4 月 株 式 会 社 ジェミニ( 不 動 産 会 社 ) 入 社 入 社 2 年 目 にトップ 事 務 所 を 借 りる その 前 に! 知 って 得 する! 賃 貸 オフィス 節 税 マニュアル このレポートは 税 理 士 が 監 修 しています この 特 別 レポートは メールマガジン 不 動 産 屋 が 教 える! 賃 貸 オフィスの 借 り 方 虎 の 巻 の 購 読 が 条 件 になります つきましては 特 別 レポートをご 請 求 頂 いた 方 は メールマガジンに 代 理 登 録

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

<837D834383698393836F815B90A7937882C98AD682B782E92082708195826020816991718B678E7394C5816A2E786C7378>

<837D834383698393836F815B90A7937882C98AD682B782E92082708195826020816991718B678E7394C5816A2E786C7378> マイナンバー 制 度 に 関 する Q&A ( 倉 吉 市 版 ) 平 成 28 年 2 月 19 日 作 成 マイナンバー 制 度 に 関 して 各 種 説 明 会 及 び 市 役 所 にお 寄 せいただいた 主 な 質 問 と それに 対 する 回 答 をまとめましたのでご 覧 ください 通 知 カード 個 人 番 号 カード 編 質 問 ( 内 容 ) 回 答 ( 内 容 ) 1 通 知 カードは

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66 ADHD を 疑 う 20 歳 代 前 半 性 の WAIS-Ⅲの 結 果 についての 相 談 相 談 内 容 20 歳 代 前 半 の 性 です ADHD を 疑 って 2 年 前 から 精 神 科 に 通 院 しています ADHD をハッキリさせたいので 数 ヶ 月 前 に WAIS-Ⅲを 受 けました 結 果 については 少 し 説 明 をしてもらったのですが いまひとつよく 理 解 できません

More information

事 務 所 通 信 はじめに 1. 年 末 調 整 と 今 月 の 記 事 今 年 も 残 すところあと 2 か 月 を 切 り 10 月 初 旬 まで の 暑 さが 嘘 のような 冷 え 込 みとなって 体 調 を 崩 した というお 話 をよく 聞 きます 季 節 の 変 わり 目 は 気 を

事 務 所 通 信 はじめに 1. 年 末 調 整 と 今 月 の 記 事 今 年 も 残 すところあと 2 か 月 を 切 り 10 月 初 旬 まで の 暑 さが 嘘 のような 冷 え 込 みとなって 体 調 を 崩 した というお 話 をよく 聞 きます 季 節 の 変 わり 目 は 気 を No.2 2013 年 11 月 号 11 月 5 日 発 刊 事 務 所 通 信 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 措 置 と 税 制 改 正 大 綱 はじめに 1. 年 末 調 整 と 今 月 の 記 事 11 月 の 税 務 処 理 として 代 表 的 な 年 末 調 整 今 回 は 簡 単 に 備 忘 録 として 取 上 げました 今 月 のワンポイント 解 説 は 話 題 の 教 育

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

Microsoft Word - 相伝64号 doc

Microsoft Word - 相伝64号 doc むずかしい 相 続 税 を 簡 単 に わかってもらうためのレポートです このレポートを 読 んでいただきたい 方 souden 2014.6.20 vol.64 過 去 に 相 続 を 経 験 し 次 回 の 相 続 もつつがなく 終 りた いと 思 われている 方 先 祖 代 々の 財 産 を 守 りたいと 思 われる 方 相 続 争 いをしたくない 方 貸 家 経 営 をされている 方 自 営

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C990A88E7394F093EF8F8A8F8993AE837D836A83858341838B8DEC90AC82CC8EE888F882AB2030383033313094C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C990A88E7394F093EF8F8A8F8993AE837D836A83858341838B8DEC90AC82CC8EE888F882AB2030383033313094C52E646F63> 地 域 住 民 と 行 政 が 協 働 で 作 る 避 難 所 初 動 マニュアル 作 成 の 手 引 き 平 成 2 0 年 3 月 いせし 防 災 しみんの 会 伊 勢 市 はじめに 大 規 模 な 災 害 が 発 生 したとき 地 域 の 助 け 合 いの 拠 点 となる のが 避 難 所 です 避 難 所 を 設 置 するのは 行 政 の 仕 事 ですが 災 害 の 規 模 が 大 きく なるほど

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

任意売却体験記

任意売却体験記 任 意 売 却 体 験 記 Chapter 1 任 意 売 却 とは? 任 意 売 却 という 言 葉 がだいぶ 浸 透 してきたようです 実 際 この 言 葉 と 債 務 整 理 などを 組 み 合 わせて ネット 上 で 検 索 すると 任 意 売 却 をビジネスにするところが 大 変 多 いことに 驚 きます 私 は 不 動 産 業 に 従 事 しているわけではありませんので 自 らの 債 務

More information

生 前 相 続 あんしんプラン お 申 し 込 みの 皆 様 へ この 度 は 生 前 相 続 あんしんプランにお 申 し 込 み 頂 きまして 誠 にありがとうございます 私 が 亡 くなった 時 には 誰 が 相 続 人 になるのだろうか? 相 続 税 の 改 正 があるみたいだけど 改 正 さ

生 前 相 続 あんしんプラン お 申 し 込 みの 皆 様 へ この 度 は 生 前 相 続 あんしんプランにお 申 し 込 み 頂 きまして 誠 にありがとうございます 私 が 亡 くなった 時 には 誰 が 相 続 人 になるのだろうか? 相 続 税 の 改 正 があるみたいだけど 改 正 さ 様 生 前 相 続 あんしんプラン お 申 し 込 みの 皆 様 へ この 度 は 生 前 相 続 あんしんプランにお 申 し 込 み 頂 きまして 誠 にありがとうございます 私 が 亡 くなった 時 には 誰 が 相 続 人 になるのだろうか? 相 続 税 の 改 正 があるみたいだけど 改 正 されたら 相 続 税 はかかるのだろうか? 残 された 家 族 は スムーズに 手 続 きをすることができるのだろうか?

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63> 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 090526 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

質 問 1 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? ここでいう 規 模 とは 取 得 物 件 数 や 物 件 評 価 額 CF や 借

質 問 1 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? ここでいう 規 模 とは 取 得 物 件 数 や 物 件 評 価 額 CF や 借 ご 注 意 この 回 答 はライフデザイン 実 践 会 の 会 員 にのみ 提 供 しているものです お 取 扱 いには 十 分 注 意 して 頂 き 事 前 許 可 無 く 本 レポートの 一 部 または 全 部 をあらゆる データ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 ファイルなど)により 複 製 流 用 をしないようにご 協 力 をお 願 いします また 回 答 に 記 載 した 内 容 は

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

先端技術実証・評価設備整備費等補助金 Q&A集

先端技術実証・評価設備整備費等補助金 Q&A集 経 済 産 業 省 イノベーション 拠 点 立 地 推 進 事 業 先 端 技 術 実 証 評 価 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 企 業 等 の 実 証 評 価 設 備 等 の 整 備 事 業 ) ( 企 業 等 の 実 証 評 価 等 設 備 の 開 発 事 業 ) 平 成 23 年 12 月 公 募 Q&A 集 平 成 24 年 1 月 先 端 技 術 実 証 評 価 設 備 整 備

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

今 回 は まず 前 回 の 続 きで 意 思 表 示 2 に 関 して 勘 違 いをして 契 約 を 締 結 した 場 合 の ように 契 約 の 成 立 に 問 題 があった 場 合 の 契 約 の 取 扱 いを 勉 強 します 次 に 未 成 年 者 の ように 保 護 が 必 要 な 人 を

今 回 は まず 前 回 の 続 きで 意 思 表 示 2 に 関 して 勘 違 いをして 契 約 を 締 結 した 場 合 の ように 契 約 の 成 立 に 問 題 があった 場 合 の 契 約 の 取 扱 いを 勉 強 します 次 に 未 成 年 者 の ように 保 護 が 必 要 な 人 を 09 宅 建 スーパー 合 格 講 座 権 利 関 係 目 次 第 1 回 今 回 は 最 初 の 講 義 ですので まず 権 利 関 係 のガイダンスとしてこの 科 目 の 出 題 内 容 傾 向 勉 強 方 法 等 について 説 明 します そして 1 契 約 は どのように 成 立 するのか,2 契 約 の 内 容 が 反 社 会 的 な 場 合 ( 例 えば 殺 人 の 契 約 )はどのように

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 全 国 拡 大 教 材 製 作 協 議 会 主 催 勉 強 会 資 料 拡 大 写 本 の 今 後 を 探 る 著 作 権 の 正 しい 理 解 について 平 成 25 年 1 月 23 日 マコル 代 表 コンサルタント 笹 本 雄 司 郎 講 師 紹 介 笹 本 雄 司 郎 (ささもと ゆうじろう) 株 式 会 社 マコル 取 締 役 代 表 コンサルタント URL http://www.makoru.co.jp

More information

要約筆記者派遣事業

要約筆記者派遣事業 平 成 27 年 度 版 宇 都 宮 市 高 齢 者 等 地 域 活 動 支 援 ポイント 事 業 ~ご 利 用 の 手 引 き~ 平 成 27 年 10 月 宇 都 宮 市 宇 都 宮 市 社 会 福 祉 協 議 会 はじめに 宇 都 宮 市 では 高 齢 者 の 皆 さんが 充 実 した 高 齢 期 を 送 ることが できるよう また まちづくりの 担 い 手 として 活 躍 できるよう 高 齢

More information

なかなか減らない新聞のトラブル-高齢者に10年以上の契約も!解約しようとしたら断られた!-

なかなか減らない新聞のトラブル-高齢者に10年以上の契約も!解約しようとしたら断られた!- 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 8 月 22 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター なかなか 減 らない 新 聞 のトラブル 高 齢 者 に 10 年 以 上 の 契 約 も! 解 約 しようとしたら 断 られた! 新 聞 の 訪 問 販 売 に 関 する 相 談 については PIO-NET 1 にこの 10 年 間 毎 年 1 万 件 前 後 の 消 費 者 苦 情 がよせられている(

More information

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー 新 しい 公 共 支 援 事 業 NPO 新 時 代 を 拓 く 組 織 運 営 の 力 量 アップ 支 援 事 業 1から 学 ぶ NPO 法 人 会 計 基 準 対 応 事 業 報 告 書 & 計 算 書 類 作 成 セミナー( 名 古 屋 会 場 ) 中 尾 さゆり( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 相 談 事 業 部 長 ) 1. NPO 法 改 正 の 概 要

More information

こんな場合はどうなるの? 税務のポイント─事務所開業と事業の承継─

こんな場合はどうなるの?  税務のポイント─事務所開業と事業の承継─ 特 集 事 務 所 経 営 こんな 場 合 はどうなるの? 税 務 のポイント 事 務 所 開 業 と 事 業 の 承 継 下 田 * 絢 子 要 約 勤 務 経 験 も 相 当 積 んだので,そろそろこの 辺 りで 独 立 開 業 を! と 考 えている 先 生 も, サラリーマンな らとっくに 定 年 を 迎 えているのだから,そろそろこの 辺 りで 引 退 を と 考 えている 先 生 も,5

More information

POINT 2 フォーマルな 場 面 で メールで 連 絡 をするとき どう 書 きますか POINT 2 のねらいは 適 切 なメールの 書 き 方 ( 件 名 書 き 出 し 構 成 終 わりの 挨 拶 など) について 学 習 することです 1 メールの 件 名 はどう 書 きますか 1)a

POINT 2 フォーマルな 場 面 で メールで 連 絡 をするとき どう 書 きますか POINT 2 のねらいは 適 切 なメールの 書 き 方 ( 件 名 書 き 出 し 構 成 終 わりの 挨 拶 など) について 学 習 することです 1 メールの 件 名 はどう 書 きますか 1)a 2 メールで 連 絡 をする POINT 1 日 本 では どんなときにどんな 方 法 で 連 絡 をしますか いい 人 間 関 係 をつくるために 適 切 に 連 絡 をすることが 求 められます POINT 1 のねらい は どんなときにどんな 方 法 で 連 絡 をすることが 大 切 かということを 理 解 してもらうこと です 1 次 のとき あなたは 連 絡 をしますか まず p. 29

More information

年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を-

年々増加する投資信託のトラブル-元本割れなどのリスクを再確認し、トラブルの未然・拡大防止を- 報 道 発 表 資 料 平 成 24 年 7 月 26 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 年 々 増 加 する 投 資 信 託 のトラブル - 元 本 割 れなどのリスクを 再 確 認 し トラブルの 未 然 拡 大 防 止 を- 投 資 信 託 全 体 の 純 資 産 総 額 は 2011( 平 成 23) 年 末 で 約 90 兆 円 となっており 市 場 規 模 は 非 常

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

ICレコーダー

ICレコーダー 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 26 年 度 第 3 回 港 区 指 定 管 理 者 選 定 委 員 会 平 成 26 年 7 月 28 日 ( 月 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 から 午 前 11 時 まで 区 役 所 4 階 庁 議 室 ( 出 席 者 ) 委 員 田 中 副 区 長 ( ) 杉 本 企 画 経 営 部 長 ( 副 ) 渡 邊 総 務 部 長 ( 副

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

M&A_cover_1

M&A_cover_1 10 11 1-1 歯 科 医 院 承 継 のメリットとデメリット( 売 手 側 ) 事 業 承 継 と 廃 業 の 長 所 と 短 所 事 業 承 継 廃 業 歯 科 医 院 の 承 継 を 検 討 しています 歯 科 医 院 を 誰 かに 引 継 いだ 場 合 のメリットとデメリットを 教 えてください 長 所 有 形 無 形 資 産 を 現 金 化 できる 長 年 にわたり 地 域 医 療 に

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

い また 従 来 は 身 内 が 死 亡 した 場 合 市 役 所 や 年 金 事 務 所 など 複 数 の 公 的 機 関 に 届 けなければならなかったが 今 後 はひとつの 公 的 機 関 に 届 けるだけでよ くなるなど 行 政 手 続 きが 簡 素 化 され 国 民 の 利 便 性 が 向

い また 従 来 は 身 内 が 死 亡 した 場 合 市 役 所 や 年 金 事 務 所 など 複 数 の 公 的 機 関 に 届 けなければならなかったが 今 後 はひとつの 公 的 機 関 に 届 けるだけでよ くなるなど 行 政 手 続 きが 簡 素 化 され 国 民 の 利 便 性 が 向 岩 倉 市 タウンミーティング( 岩 倉 団 地 自 治 会 ) 会 議 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 27 日 ( 土 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 4 時 場 所 : 岩 倉 団 地 集 会 所 出 席 者 岩 倉 団 地 自 治 会 岩 倉 団 地 自 治 会 会 長 はじめ59 人 岩 倉 市 市 長 副 市 長 総 務 部 長 健 康 福 祉 部 長 秘 書 企 画 課 長

More information

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が 飯 島 賢 二 の 恐 縮 ですが 一 言 コラム 第 317 回 ワークシェアリングの 可 能 性 短 時 間 正 社 員 制 度 2009.6.21 昨 今 の 経 済 状 況 と 就 業 意 識 の 多 様 化 を 背 景 に 従 来 の 正 社 員 パート アルバイトという 終 業 型 以 外 に 色 々な 就 業 パターンが 登 場 している まず 小 生 なりに 従 来 の 就 業 パターンの

More information

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00)

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00) 介 護 予 防 サービス 支 援 計 画 表 の 記 入 の 仕 方 1. 基 本 的 な 事 項 に 関 する 項 目 群 < NO. 欄 > 利 用 者 のを 記 載 する < 利 用 者 名 欄 > 利 用 者 の 氏 名 を 記 載 する < 認 定 年 月 日 欄 > 要 介 護 認 定 の 結 果 を 受 けた 日 を 記 載 する < 認 定 の 有 効 期 間 欄 > 認 定 の 有

More information

平 成 26 年 12 月 11 日 中 部 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 について 中 部 経 済 産 業 局 は 床 下 基 礎 補 修 や 床 下 換 気 扇 設 置 などの 床 下 補 修 関 連 工 事

平 成 26 年 12 月 11 日 中 部 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 について 中 部 経 済 産 業 局 は 床 下 基 礎 補 修 や 床 下 換 気 扇 設 置 などの 床 下 補 修 関 連 工 事 News Release 平 成 26 年 12 月 11 日 消 費 者 庁 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 について 本 日 中 部 経 済 産 業 局 が 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 を 実 施 しましたので 公 表 します 本 件 は 特 定 商 取 引 法 第 69 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 消 費 者 庁 長 官 の 権 限

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F498A6D92E8323031363038303581468352837E8385836A8350815B8356838783938145837D836A83858341838B8D8788D38C6090AC83768389835894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F498A6D92E8323031363038303581468352837E8385836A8350815B8356838783938145837D836A83858341838B8D8788D38C6090AC83768389835894C52E646F63> 合 意 をつくるための コミュニケーション マニュアル はじめに 温 暖 化 などの 環 境 問 題 原 などのエネルギー 問 題 遺 伝 治 療 など 医 療 問 題 私 た ちの 近 にはたくさんの 問 題 があふれています このような 問 題 について 分 で 考 える だけでなく 他 の の 意 を 聞 いてみたい 他 の と 話 してみたい そう 考 えて 話 し 合 いの 場 に 参 加

More information

用 途 の 制 限 について 前 回 からの 修 正 につい て 高 さ 制 限 について 準 工 業 地 域 を 地 区 計 画 で 第 一 種 住 居 地 域 なみに 制 限 する というのはどういうこ とか 今 回 は 地 区 計 画 の 修 正 案 ということだ が 前 回 から 何 が 修

用 途 の 制 限 について 前 回 からの 修 正 につい て 高 さ 制 限 について 準 工 業 地 域 を 地 区 計 画 で 第 一 種 住 居 地 域 なみに 制 限 する というのはどういうこ とか 今 回 は 地 区 計 画 の 修 正 案 ということだ が 前 回 から 何 が 修 新 曽 中 央 中 東 地 区 地 区 計 画 等 の 原 案 に 関 する 説 明 会 及 び 意 見 受 付 における 質 疑 応 答 の 概 要 説 明 会 開 催 状 況 第 1 回 平 成 26 年 7 月 18 日 ( 金 ) 午 後 7 時 ~ 沖 内 会 館 出 席 者 57 名 第 2 回 平 成 26 年 7 月 19 日 ( 土 ) 午 前 1 0 時 ~ 新 田 会 館 出

More information

開発行為に関するご案内

開発行為に関するご案内 1 平 成 26 年 4 月 1 日 改 定 1 窓 口 相 談 の 手 引 き 窓 口 相 談 の 流 れ 開 発 行 為 事 前 相 談 カード 2 開 発 許 可 の 手 引 き 1 開 発 行 為 2 開 発 区 域 3 開 発 許 可 の 基 準 等 4 開 発 許 可 の 設 計 ( 技 術 的 基 準 ) 4-(1) 路 の 技 術 的 基 準 ( 抜 粋 ) 4-(2) 公 園 等

More information

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx www.pwc.com/jp/tax 連 結 納 税 のメリット- 連 結 所 得 計 算 連 結 納 税 から 最 大 限 の ベネフィットを 享 受 するた めには 連 結 納 税 の 通 算 効 果 を 十 分 に 活 用 する 必 要 があります 連 結 納 税 の 導 入 を 検 討 す るにあたり そのエッセン スである 連 結 所 得 計 算 のメカニズムをよく 理 解 し ましょう

More information

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73>

<3032834183938350815B836782DC82C682DF2E786C73> 自 動 車 リサイクル 部 品 活 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 一 般 ユーザー 回 答 編 一 般 ユーザー 回 答 者 5,6 名 北 海 道 256 名 青 森 県 4 名 岩 手 県 43 名 宮 城 県 63 名 秋 田 県 32 名 山 形 県 47 名 福 島 県 45 名 茨 城 県 09 名 栃 木 県 79 名 群 馬 県 84 名 埼 玉 県 300 名 千 葉

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

(表紙)

(表紙) リーマンショック 前 後 における 横 浜 市 の 不 動 産 取 引 及 び 不 動 産 競 売 の 動 向 小 林 隆 志 小 林 隆 志 不 動 産 鑑 定 事 務 所 ( 表 紙 ) おはようございます 全 体 会 議 2にご 出 席 いただいた 多 くの 聴 衆 の 前 で 発 表 させてい ただけて 大 変 光 栄 に 存 じます 私 は 日 本 の 不 動 産 鑑 定 士 で 小 林

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情

2016 vol.265 論 考 えていると 考 えられる さらにマイナンバーは 一 企 業 が 発 行 しているお 客 様 番 号 とは 異 なり どの 企 業 行 政 機 関 組 織 に とっても 同 一 人 を 同 一 番 号 で 特 定 することができ る したがって 組 織 をまたぐ 情 マイナンバー 制 度 の 概 要 とリスク 対 応 み ず ま ち 水 ま さ こ 町 雅 子 五 番 町 法 律 事 務 所 弁 護 士 1.はじめに 2016 年 1 月 より マイナンバー 制 度 が 本 格 始 動 した 既 に 勤 務 先 からマイナンバーを 聞 かれた り 地 方 公 共 団 体 窓 口 でマイナンバーの 提 示 を 求 められたりした 方 もいるだろう 一 方 で マスコ

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 災 害 弔 慰 金 の 支 給 内 容 について 教 えて 下 さい Q2 震 災 により 重 い 障 害 を 負 いました 何 か 支 援 制 度 はありませんか Q3 震 災 で 息 子 が 亡 くなりました 息 子 は 結 婚 していましたが 長 年 別 居 していました この 場 合 でも 息 子 の 妻 が 災 害 弔 慰 金 を 受 け 取 ることになるのでしょうか Q4

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

回 答 Q5-1 他 人 にバイクを 譲 ったのに 納 税 通 知 が 来 た どうなっているの? 質 問 : 他 人 にバイクを 譲 ったのに 納 税 通 知 が 来 ました どうなっているの 答 : まず バイクを 譲 ったときに 名 義 変 更 の 手 続 きはお 済 でしょうか? 名 義 変

回 答 Q5-1 他 人 にバイクを 譲 ったのに 納 税 通 知 が 来 た どうなっているの? 質 問 : 他 人 にバイクを 譲 ったのに 納 税 通 知 が 来 ました どうなっているの 答 : まず バイクを 譲 ったときに 名 義 変 更 の 手 続 きはお 済 でしょうか? 名 義 変 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 5. 軽 自 動 車 税 編 質 問 一 覧 Q5-1 他 人 にバイクを 譲 ったのに 納 税 通 知 が 来 た どうなっているの? Q5-2 盗 難 にあい 警 察 に 届 け 出 ているはずなのに 納 税 通 知 がきた Q5-3 軽 自 動 車 を3 月 中 に 廃 車 したのに 税 金 がかかってきました Q5-4 新 しいナンバー( 標 識

More information

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc

Microsoft Word - 新HOT-13-03.doc 2013.3 月 ( 323) UMS 税 理 士 法 人 ユーマス 会 計 株 式 会 社 ユーマス 経 営 新 今 月 の 視 点 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 行 方 自 民 党 税 制 調 査 会 ( 平 成 25 年 1 月 29 日 閣 議 決 定 ) 現 在 の 経 済 情 勢 を 踏 まえて 成 長 と 富 の 好 循 環 の 実 現 に 向 けて 民 間 投 資 喚 起

More information

Z eimu information 平 成 24 年 度 税 制 改 正 案 ~ 給 与 所 得 控 除 の 上 限 設 定 ~ 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 され 各 税 目 の 改 正 案 がそろい ました これらの 項 目 には 平 成 23 年 度 税

Z eimu information 平 成 24 年 度 税 制 改 正 案 ~ 給 与 所 得 控 除 の 上 限 設 定 ~ 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 され 各 税 目 の 改 正 案 がそろい ました これらの 項 目 には 平 成 23 年 度 税 32012 今 年 も 年 度 末 を 迎 えます 会 社 では 異 動 など 動 きの 多 い 時 期 ですが 皆 様 然 るべき 手 続 き はお 済 みでしょうか? 掲 載 内 容 に 関 してご 不 明 点 等 あれば お 気 軽 に 当 事 務 所 までお 問 い 合 わせください 平 成 24 年 度 税 制 改 正 案 ~ 給 与 所 得 控 除 の 上 限 設 定 ~ 申 告 する

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法 4 運 営 1 認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 103 2. 事 業 年 度 終 了 後 3か 月 以 内 の 報 告 103 3. 助 成 金 の 支 給 を 行 った 場 合 の 報 告 109 4. 海 外 への 送 金 または 金 銭 の 持 ち 出 しを 行 う 場 合 の 報 告 110 5. 代 表 者 を 変 更 した 場

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ

序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と 支 援 付 き 意 思 決 定 について 話 し 合 うことを 目 的 としています この 話 し 合 いの 中 身 は 大 小 の 日 常 的 なこ 全 日 本 手 をつなぐ 育 成 会 国 際 育 成 会 連 盟 意 思 決 定 の 権 利 国 際 育 成 会 連 盟 グローバル キャンペーン ディスカッション グループ ファシリテーター ガイド 国 際 育 成 会 連 盟 2013 年 4 月 序 国 際 育 成 会 連 盟 のグローバル キャンペーン 意 思 決 定 の 権 利 は 個 人 家 族 そ して 地 域 が 意 思 決 定 と

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

目 次 ( 頁 ) 1.コンプライアンス 宣 言 1 2.コンプライアンスとは 2 3.コンプライアンスの 規 準 等 4 4.コンプライアンスに 係 る 理 念 体 系 5 5.コンプライアンス 違 反 を 防 止 するためのアクションプラン 7 6.コンプライアンス 体 制

目 次 ( 頁 ) 1.コンプライアンス 宣 言 1 2.コンプライアンスとは 2 3.コンプライアンスの 規 準 等 4 4.コンプライアンスに 係 る 理 念 体 系 5 5.コンプライアンス 違 反 を 防 止 するためのアクションプラン 7 6.コンプライアンス 体 制 ERCA 独 立 行 政 法 人 環 境 再 生 保 全 機 構 (Environmental Restoration and Conservation Agency) Vol.3 目 次 ( 頁 ) 1.コンプライアンス 宣 言 1 2.コンプライアンスとは 2 3.コンプライアンスの 規 準 等 4 4.コンプライアンスに 係 る 理 念 体 系 5 5.コンプライアンス 違 反 を 防 止 するためのアクションプラン

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information