郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る 藤 田 秀 樹 はじめに シザーハンズ (Edward Scissorhands, 1990)は,かつてウォルト ディズニー ス

Size: px
Start display at page:

Download "郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る 藤 田 秀 樹 はじめに シザーハンズ (Edward Scissorhands, 1990)は,かつてウォルト ディズニー ス"

Transcription

1 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る 藤 田 秀 樹 富 山 大 学 人 文 学 部 紀 要 第 64 号 抜 刷 2016 年 2 月

2 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る 藤 田 秀 樹 はじめに シザーハンズ (Edward Scissorhands, 1990)は,かつてウォルト ディズニー スタジオの アニメーターだったという 経 歴 を 偲 ばせるような 空 想 的, 夢 幻 的 な 映 像 表 現 で 1980 年 代 以 降 のアメリカ 映 画 界 において 異 彩 を 放 つフィルムメーカーのひとりであるティム バートンの 4 本 目 のフィーチャー フィルムである タイトル キャラクターの 主 人 公 エドワードは,タイ トルに 示 されるように, 手 に 当 たる 部 位 が 左 右 どちらも 大 きな 鋏 になっているという 異 様 な 姿 をしている バートンの 映 画 には, 特 異 な 風 貌 や 性 質 や 能 力 などに 特 徴 づけられ, 怪 物 と か 怪 人 と 形 容 するほかない 人 物 が 繰 り 返 し 登 場 し,ホラーとファンタジーが 混 交 したよう なバートン 的 作 品 世 界 の 主 要 な 構 成 要 素 のひとつとなっているのだが, 中 でもエドワードは, そのいささか 荒 唐 無 稽 とも 見 える 造 型 において 突 出 した 存 在 だと 言 えよう 彼 は,ホラー フィ ルムのマッド サイエンティストを 思 わせる 発 明 家 によって 創 り 上 げられた 人 造 人 間 である バートンが 少 年 時 代 にジェームズ ホエール 監 督 の フランケンシュタイン (Frankenstein, 1931)などの 怪 物 映 画 に 熱 中 していたことはよく 知 られているが(Page 12), シザーハンズ のエドワードも, フランケンシュタインの 怪 物 と 同 じような 出 自 のキャラクターである この 異 形 の 主 人 公 は,バートン 自 身 がかつて 愛 好 した 古 典 的 怪 物 映 画 に 対 するオマージュのよ うな 人 物 像 と 言 えるかもしれない 1) シザーハンズ の 物 語 はその 舞 台 となる 郊 外 住 宅 地 にエドワードが 現 れることによって 動 き 出 すのだが,この 場 所 そのものも 興 味 深 い そもそも 郊 外 住 宅 地 が 舞 台 となること 自 体 バー トンの 作 品 では 珍 しいことであろうが, 何 よりもこの 住 宅 地 の 景 観 が, 具 体 的 にはそこの 家 々 の 不 自 然 なまでの 色 鮮 やかさが, 観 る 者 に 強 烈 な 印 象 を 与 える そのありさまは,エドワード がそれまで 独 りで 隠 れ 棲 んでいたゴシック 小 説 に 登 場 する 古 城 のような 古 い 屋 敷 と 鋭 いコント ラストを 成 すものである その 異 様 なまでの 彩 色 は,アメリカの 郊 外 住 宅 地 という 空 間 の 何 ら かの 特 質 を 浮 かび 上 がらせる 仕 掛 けのようにも 見 える さらに,のちに 詳 述 することになるが, 郊 外 住 宅 地 はしばしば, 同 調 (conformity) という 心 性 が 支 配 的 な 極 めて 同 質 的 な 空 間 と 捉 えられてきた 実 際,この 映 画 の 中 の 郊 外 住 宅 地 も,まさにそのような 様 相 を 帯 びた 場 所 とし て 描 き 出 されている エドワードという 尋 常 ならぬ 姿 形 をした 者 の 出 現 は,この 場 所 にさまざ まな 波 紋 を 投 ずることになる 当 初 エドワードは 珍 奇 な 存 在 として 好 奇 の 眼 差 しで 住 民 たちか

3 山 大 学 人 文 学 部 紀 要 ら 受 け 入 れられ 歓 待 され,また 手 = 鋏 を 使 って 発 揮 する 卓 越 した 能 力 ゆえに 珍 重 されるが,や がて,いわれのない 罪 を 負 わされたり,だまされて 悪 事 に 加 担 させられたりすることにより, 疎 まれ 忌 避 されるようになり,ついには 住 宅 地 から 放 逐 されることになる シザーハンズ は, 同 質 的 な 共 同 体 とそこに 闖 入 した 強 い 異 質 性, 他 者 性 を 帯 びた 異 形 の 者 との 対 峙 相 克 の 物 語 と 言 えそうだ エドワードの 手 = 鋏 にはさまざまな 意 味 が 重 層 的 に 織 り 込 まれているように 思 われるが,その 中 で 最 も 明 確 なのは, 彼 の 異 質 性, 他 者 性 を スティグマ 際 立 たせる 烙 印 というものであろう 彼 はこの 手 = 鋏 で 新 しいものを 次 々と 創 出 し, 住 民 たち に 非 日 常 的, 祝 祭 的 な 刺 激 と 興 奮 をもたらすことで 束 の 間, 住 宅 地 を 活 性 化 させるが,やがて 災 厄 をもたらす 危 険 でおぞましい 存 在 として 排 除 される 彼 を 取 り 巻 く 状 況 のこのような 起 伏 は, 共 同 体 に 対 して 異 質 なものが 否 応 なく 帯 びてしまう 両 義 性 を, 角 度 を 変 えて 見 るなら, 共 同 体 が 異 質 なものに 対 して 抱 くアンビヴァレンスを, 浮 き 彫 りにするものではあるまいか 以 上 のようなことに 焦 点 を 当 てつつ, シザーハンズ という 映 画 テクストを 読 み 解 くことを 試 みる 1.カラフルな 郊 外 住 宅 地 にやって 来 た 異 形 の 者 シザーハンズ を 観 る 人 々は, 物 語 が 始 まる 前 にちょっとした 異 変 に 気 づくことになる まずスクリーンに, 制 作 会 社 である 20 世 紀 フォックスの サーチライト ロゴ(Searchlight Logo) が 映 し 出 されるが,ここで 目 を 引 くのは,ロゴを 覆 い 尽 くすように 雪 がしんしんと 降 っ ていることだ おなじみの 華 々しいファンファーレが 鳴 り 響 くこともなく, 代 わりに 哀 調 を 帯 びたスキャットが 流 れる 映 画 監 督 が 自 らの 作 品 の 内 容 などに 合 わせて 制 作 会 社 のロゴに 部 分 的 に 手 を 加 えることは 時 々あるが ちなみにバートンは バットマン リターンズ (Batman Returns, 1992)と チャーリーとチョコレート 工 場 (Charlie and the Chocolate Factory, 2005) でもロゴと 雪 を 組 み 合 わせている ここでは, 降 りしきる 雪 の 映 像 とそれに 被 さる 音 楽 に よって,どこか 哀 切 な 雰 囲 気 が 醸 し 出 される 実 はこの 物 語 は, 舞 台 となる 郊 外 住 宅 地 に 住 む ひとりの 老 女 によって 語 られるという 形 式 になっており, 最 後 に 明 らかになることだが,その 物 語 は 彼 女 にとって 悲 痛 な 別 離 の 記 憶 でもある 冒 頭 のロゴの 改 変 は, 物 語 のそのようなトー ンを 予 示 するものかもしれない 雪 はまた, 主 人 公 エドワードという 稀 有 な 存 在 の 痕 跡 でもある クレジット シークエンス が 終 わると, 画 面 には, 雪 が 降 りしきる 中, 小 高 い 丘 の 上 に 立 つ 古 い 屋 敷 が 現 れる まもなく カメラは 退 き, 窓 越 しに 部 屋 の 中 からその 屋 敷 を 見 つめる 老 女 を 映 し 出 す かたわらのベッド には 幼 い 孫 娘 がおり, どうして 雪 は 降 るの? 雪 はどこから 来 るの? と 老 女 に 尋 ねる する と 老 女 は, まず 鋏 の 話 をしなきゃね と 言 って, 手 が 鋏 の 男 の 物 語 を 語 り 始 める エドワー ドが 去 ったあと,それまでは 見 られなかった 降 雪 という 現 象 がこの 住 宅 地 で 起 こるようになっ

4 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る たのである この 雪 は,かつて 棲 んでいた 古 い 屋 敷 に 戻 ったエドワードが 氷 の 彫 刻 を 制 作 して いるときに 飛 散 する 氷 片 であり, 異 様 に 色 鮮 やかな 住 宅 地 の 景 観 を 一 変 させるものである 雪 という 住 宅 地 の 住 民 にとって 未 知 のものの 創 出 と,それによって 住 宅 地 を 見 慣 れぬものに 変 容 させること これらも, 自 らの 存 在 の 刻 印 としてエドワードが 残 した 作 品 を 言 えるの ではなかろうか さらに シザーハンズ の 物 語 は,すでに 触 れたようにいわゆる 枠 物 語 の 構 造 になって シ ザ ー ハ ン ズ いる 冒 頭 と 掉 尾 に 語 り 手 の 老 女 と 聴 き 手 の 孫 娘 が 登 場 し,この 外 枠 の 内 側 で 手 が 鋏 の 男 をめ ぐるエピソードが 語 られる このような 形 式 ゆえに, 物 語 は 老 人 から 子 供 へと 語 り 継 がれる 伝 承 のような 佇 まいを 帯 びてくる 不 可 思 議 な 異 形 の 者 の 突 然 の 出 現 とその 後 の 放 逐,そして その 結 果,それまで 存 在 しなかった 現 象 が 出 来 するようになったこと これらは 共 同 体 にとっ て, 語 り 継 がれることによって 長 く 記 憶 に 留 められるべき 出 来 事 であろう 異 形 の 者 と 共 同 体 との 接 触 は, 伝 承 的 な 奇 譚 の 発 生 の 契 機 なのかもしれない 雪 に 覆 われた 郊 外 住 宅 地 と 丘 の 上 の 屋 敷 を 俯 瞰 する 空 撮 ショットのあと,やや 唐 突 に 枠 内 物 語 が 始 まり,エドワードが 出 現 する 直 前 の 住 宅 地 が 映 し 出 されるが,ここで 印 象 的 なのは 色 調 の 急 激 な 変 化 である 夜 の 闇 と 雪 の 白 色 が 混 じり 合 う 青 白 いとばりに 包 まれた 光 景 から 一 変 し て, 快 晴 の 青 空 のもと, 黄 色 やオレンジ 色 などさまざまな 鮮 やかな 色 に 彩 られた 家 並 みが 眼 前 に 広 がる まるで 絵 本 の 中 に 描 かれた 家 々のようだが, 一 方 でそれは, 観 る 者 にどこか 違 和 感 を 与 えるものでもある 安 手 で 平 板 な 作 り 物 の 気 配 が 漂 うのだ 同 時 に, 暗 さや 陰 影 や 汚 損 や 混 濁 を 一 切 許 容 しないかのような 不 自 然 なほどの 色 鮮 やかさは, 明 るさや 小 奇 麗 さや 純 一 さに 対 する 強 迫 観 念 じみた 執 着 すら 感 じさせる セーラ ハーウッドはアメリカの 郊 外 住 宅 地 を, 歴 史 と 政 治 の 汚 濁 が 侵 入 することのできない 地 上 の 楽 園,さらには 中 流 階 級 のアメリカ 人 を 不 快 なものから 守 る 砦 と 形 容 する(68) シザーハンズ の 郊 外 住 宅 地 の 突 出 した 特 徴 で ある 色 鮮 やかさも,そこが 歴 史 や 政 治 的, 社 会 的 現 実 という 汚 濁 や 不 快 なもの の 侵 蝕 や 腐 蝕 を 寄 せつけまいとして 作 り 上 げられた 仮 初 めの 楽 園 であることを 暗 示 しているとは 言 えまいか さらにカラフルさの 一 方 で, 家 々の 造 りはほとんどがバンガロー(bungalow)と 呼 ばれるタ イプのものであり,その 点 できわめて 画 一 的, 単 色 的 である 同 じことは 住 民 たちの 生 活 のスタイルにも 当 てはまる 各 世 帯 は 基 本 的 にブレッドウィナーの 夫 と 専 業 主 婦 の 妻 を 中 心 に 構 成 されており, 夕 方 の 同 一 の 時 刻 に 夫 たちが 一 斉 に 車 で 帰 宅 し, 朝 にも 同 様 に 一 斉 に 出 勤 し ていく この 一 斉 帰 宅 出 勤 の 光 景 はいささか 戯 画 的 に 描 かれており, 住 民 たちの 社 会 階 層 や 生 活 の 同 質 性 を 際 立 たせる そして 普 段 家 にいる 主 婦 たちは, 住 宅 地 の 監 視 装 置 となる 見 慣 れぬ 人 物 を 目 にしたりすると, 彼 女 たちはすぐにそのことを 電 話 で 伝 え 合 い,うわさや 憶 測 に 花 を 咲 かせる 郊 外 住 宅 地 を 形 容 するものとして サバービア(suburbia) という 語 がしばし

5 山 大 学 人 文 学 部 紀 要 ば 用 いられるが,この 語 は 20 世 紀 アメリカにおいては 単 なる 物 理 的 な 空 間 のみならず,ある 文 化 的, 社 会 的 心 性 をも 表 すものとされる(Pendergast and Pendergast 4: 567) そしてこの 空 間 において 特 に 支 配 的 で 顕 著 な 心 性 として 多 くの 研 究 者 や 批 評 家 が 指 摘 するのが 同 調 である 第 二 次 世 界 大 戦 後 のアメリカでは 郊 外 住 宅 地 の 開 発 が 未 曾 有 の 飛 躍 を 遂 げ,それは 1990 年 代 の 終 わりまで 続 くのだが, 同 時 にその 空 間 は, 同 調 の 文 化 と 呼 ばれるものを 助 長 する 場 で もあった 家 々の 造 りだけでなく 住 民 たちもほとんど 相 似 しているような 同 質 的 な 空 間 になっ たのである(Pendergast and Pendergast 4: 568) ルイス マンフォードはこの 空 間 のありさまを 次 のように 表 現 している 同 じテレビ 番 組 を 見 て, 同 じ 冷 凍 庫 から 出 した 無 味 乾 燥 な 同 じインスタント 食 品 を 食 べ, 中 心 的 な 大 都 市 で 作 り 上 げられた 共 通 の 鋳 型 に 外 面 的 にも 内 面 的 にも 従 う, 同 じ 階 級, 同 じ 収 入, 同 じ 年 齢 層 の 人 々が 住 む, 樹 木 のない 荒 野 のようなコミュニティの 中 の, 画 一 的 な 道 路 沿 いに 画 一 的 な 間 隔 で 偏 差 を 拒 むように 並 んだ,たくさんの 画 一 的 で 見 分 けのつか ない 家 々 (486) そこでは, 適 応 性, 集 団 に 溶 け 込 むこと, 風 変 わりなものや 議 論 の 的 になるものを 避 けるこ となどが 重 視 された(Boyer 208) 社 会 学 者 のウィリアム H ホワイトは, 彼 が オーガニゼー ション マン(organization man) と 名 付 けた, 現 代 の 人 間 類 型 のひとつで 組 織 への 帰 属 こそ が 人 間 が 究 極 的 に 求 めるものと 考 える 同 質 性 の 強 い 人 々にとって, 郊 外 住 宅 地 は 彼 らが 組 織 そのものにおいて 以 上 に 自 分 自 身 を 明 確 に 表 現 できる 空 間 であると 述 べている(267) シザー ハンズ の 舞 台 となる 場 所 は,アメリカの 郊 外 住 宅 地 のこのような 特 性 が 戯 画 的 に 織 り 込 まれ ているように 思 える このような 空 間 に 異 形 の 者 がやって 来 る 彼 をそこにいざなう 媒 介 者 となるのが, 住 民 のひとりであるペグ ボッグズである 夫 と 二 人 の 子 供 とともに 暮 らしているペグは 化 粧 品 の セールスウーマンとして 働 いており,その 点 で, 日 常 的 に 家 にいる 専 業 主 婦 たちの 間 では 異 質 な 存 在 と 言 える 異 質 な 存 在 同 士 が 感 応 し 合 うかのように, 彼 女 はふとしたことから, 住 宅 地 のはずれにありエドワードが 隠 れ 棲 む 丘 の 上 の 廃 墟 のような 屋 敷 に 足 を 踏 み 入 れる 住 宅 地 の カラフルな 家 々とは 対 照 的 に 黒 々とした 不 気 味 な 外 観 を 呈 したその 丘 と 屋 敷 は, 住 宅 地 の 一 郭 にあるものの, 他 の 住 民 がめったに 近 づくことのない 場 所 である そこは 内 部 でありなが らも 強 い 外 部 性 を 帯 びた, 言 わば 内 なる 異 界 とでも 形 容 すべき 禁 忌 された 空 間 と 言 え よう 一 方 で,その 屋 敷 はゴシック 小 説 の 中 の 古 城 のように 人 を 寄 せつけない 怪 奇 的 な 雰 囲 気 を 醸 し 出 しているが,その 前 に 広 がる 庭 は, 美 しい 花 々と 精 緻 な 技 巧 を 凝 らし 動 物 の 姿 などを 象 って 人 間 の 手 を 象 ったものもある 刈 り 込 まれた 緑 滴 る 庭 木 に 彩 られている これら

6 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る はエドワードの 手 によるものであり, 不 気 味 で 異 様 であると 同 時 に 創 造 的 で 魅 惑 的 というこの 屋 敷 が 醸 し 出 す 両 義 性 は,のちに 見 ていくことになるが,エドワードという 存 在 自 体 にもあて はまるものだ おそるおそる 屋 敷 の 中 に 足 を 踏 み 入 れたペグの 前 に 現 れるエドワードは, 黒 いレザージャ ケット, 黒 いズボン, 黒 いブーツという 黒 尽 くめの 出 で 立 ちである この 身 なりは 屋 敷 と 同 様 に, 住 宅 地 の 明 とは 対 照 的 な 暗 のイメージを 放 射 する まるで, 住 宅 地 という 内 部 が 自 明 性 の 光 に 照 らし 出 された 空 間 だとすれば,この 内 なる 異 界 とそこに 棲 む 異 形 の 者 = 異 人 は 不 可 知 と 神 秘 の 闇 であるかのようだ 寄 る 辺 ない 身 の 上 を 不 憫 に 思 い,ペグは 彼 を 自 分 の 家 に 連 れて 行 くが,そこで 彼 の 黒 尽 くめの 衣 服 の 上 に 白 いシャツと 茶 色 いズボンを 纏 わ せる 彼 が 住 宅 地 に 馴 染 めるように,あえて 彼 が 放 射 する 暗 の 気 配 を 覆 い 隠 そうとする 配 慮 とも 思 える エドワードの 出 現 はたちまち 主 婦 たちの 知 るところとなる 彼 女 たちはボッグ ズ 家 の 前 に 集 まって 様 子 を 窺 い,ペグから 彼 のことを 聞 き 出 そうとする 前 出 のウィリアム H ホワイトは オーガニゼーション マン という 主 題 のもとイリノイ 州 のパーク フォレ ふう ストという 郊 外 住 宅 地 でフィールドワークを 行 ったが,そこで 浮 かび 上 がってきた 特 徴 的 な 風 のひとつとして プライバシーの 欠 如 を 挙 げている そこの 住 民 によれば, 例 えば 来 訪 者 が あったりすると 他 の 住 民 たちから,あの 来 訪 者 は 誰 なのか,といったことを 根 掘 り 葉 掘 り 聞 か れるという(Whyte 351) エドワードの 出 現 に 対 する 主 婦 たちの 反 応 も, 郊 外 住 宅 地 に 見 られ る, 他 人 の 行 動 に 対 する 過 剰 なまでの 穿 鑿 のひとつの 現 れと 言 えるかもしれない 2. 郊 外 住 宅 地 の 寵 児 となる 異 形 の 者 ボッグズ 家 でのエドワードの 生 活 は, 滑 稽 な 失 敗 や 不 手 際 を 繰 り 返 すどたばた 喜 劇 のような 様 相 を 呈 しながら 始 まる 彼 は 自 らの 手 = 鋏 で 自 分 の 顔 を 含 めて 様 々なものを 傷 つけ 切 断 して しまい, 食 事 の 際 には 食 物 をつまむのにも 一 苦 労 する このように 彼 の 手 = 鋏 は,ひどい 不 器 用 さと 日 常 生 活 への 適 応 の 困 難 さを 際 立 たせるものとなる ある 住 民 がエドワードを cripple と 呼 んでいることから, 人 々は 彼 を 人 造 人 間 ではなく, 義 手 のようなものをつけた 身 障 者 とみ なしているようである 日 常 生 活 における 不 器 用 さと 無 能 力 の 一 方 で,エドワードの 手 = 鋏 は 卓 越 した 技 巧 を 顕 示 す るものでもある ペグの 夫 ビルが 庭 木 を 刈 っているのを 見 て,エドワードも 自 らの 手 = 鋏 を 使 っ て 同 じことを 始 める 彼 は 猛 烈 な 速 さで 刈 り 込 み, 瞬 く 間 に 一 本 の 庭 木 を 精 巧 な 恐 竜 の 形 に 仕 上 げ,ボッグズ 家 の 人 々を 驚 嘆 させる これを 皮 切 りに, 彼 は 住 宅 地 の 家 々の 何 の 変 哲 もない 庭 木 を 次 々と 個 性 的 な 造 形 に 変 えていく こうして 舞 台 となる 郊 外 住 宅 地 は 彼 の 作 品 に 彩 られ,それまでの 画 一 的 で 平 板 な 景 観 が 一 変 する そして 彼 がそれらの 作 品 の 報 酬 として 得 るものは, 各 家 の 主 婦 が 作 ったクッキーのみである ビルは 金 銭 的 な 報 酬 でないことに 不 満

7 山 大 学 人 文 学 部 紀 要 をもらすが 功 利 性 とは 無 縁 なところにも, 日 常 生 活 におけるエドワードの 甲 斐 性 のなさが 表 れている これらの 作 品 創 出 は, 内 部 から 湧 出 する 創 造 的 な 衝 動 にただ 身 を 委 ね, 対 価 や 名 声 を 求 めることのない 純 粋 な 表 現 行 為 なのであろう このようにエドワードは, 非 凡 な 表 現 者 としての 相 貌 を 顕 示 する 彼 の 才 能 は,ペットのトリミングや 主 婦 たちのヘアカッ トにも 応 用 される かくして, 彼 は 住 民 たちの 注 目 と 称 賛 を 集 める 郊 外 住 宅 地 の 寵 児 となる ところで,エドワードの 手 = 鋏 は 不 器 用 さと 技 巧 を 併 せ 持 つ 両 義 的 なものだが, 既 に 述 べた ようにその 不 器 用 さは 多 くの 場 合, 刃 で 何 かを 傷 つけたり, 切 断 すべきでないものを 切 断 して しまうという 形 で 現 れる 言 わば 彼 の 手 = 鋏 は, 破 壊 や 損 傷 をもたらすポテンシャルを 秘 めた ものなのだ ペグや 彼 女 の 娘 キムがエドワードに 初 めて 会 ったときの 最 初 の 反 応 が 怯 えである のも, 彼 の 手 = 鋏 が 放 射 する 破 壊 の 相 ゆえであろう この 手 = 鋏 は, 創 造 と 破 壊 の 両 面 を 備 え たものなのである 後 述 することになるが, 住 民 たちに 疎 まれ 排 除 されるようになると, 彼 が 何 らかの 行 動 を 起 こすたびに, 手 = 鋏 の 破 壊 の 相 ばかりが 際 立 つことになる 興 味 深 いことに,エドワードの 手 = 鋏 はその 卓 越 した 創 造 性 以 外 のところで, 特 に 主 婦 たち の 間 で 好 奇 の 的 となる 新 来 者 のエドワードを 歓 迎 するバーベキューパーティで, 主 婦 たちは 競 うように 手 料 理 を 彼 にふるまって 歓 心 を 買 おうとする 特 に 彼 に 対 して 強 い 関 心 を 示 すジョ イスは 彼 女 は 夫 の 留 守 中 に 何 かと 理 由 をつけて 他 の 男 性 を 家 に 招 き 入 れるような 女 性 であ る 他 の 主 婦 たちに, 彼 は 他 の 人 とは 全 く 違 っている ミステリアスだわ あの 手 は 熱 い のかしら,それとも 冷 たいのかしら と 意 味 深 長 な 調 子 で 語 り,さらに あの 鋏 でチョキンと 切 られたらどうなるのかしら(Just think what a single snip could do) ( 強 調 は 引 用 者 )と 続 け る すると 別 の 主 婦 が, または, 何 を 脱 がす のかしら(Or undo) ( 強 調 は 引 用 者 )と 応 じ,そこで 彼 女 たちは 意 味 ありげに 笑 いさざめく undo という 語 は, 直 前 のジョイスの 言 葉 の 中 の do に 掛 けたものであろうが,この 語 には 服 を 脱 がす(undress),さらには 誘 惑 して 貞 操 を 奪 う(seduce into unchastity) といった 意 味 がある つまり 主 婦 たちには,エドワー ドの 手 = 鋏 がこの 上 なく 官 能 的 なものに 見 えるようなのである 彼 女 たちはその 硬 質 で 鋭 利 な 質 感 の 中 に, 危 険 だが 刺 激 的 で 蠱 惑 的 なものを 感 じ 取 ったのであろう まるでそれは, 一 種 の ファリック シンボルのようだ 実 際,その 手 = 鋏 で 調 髪 されるときには, 彼 女 たちは 一 様 に 恍 惚 の 表 情 を 浮 かべる ジョイスに 至 っては,なまめかしいため 息 をもらし, 足 指 を 反 り 返 ら せるという, 性 的 エクスタシーを 想 起 させるような 反 応 を 示 す 官 能 的 な 手 = 鋏 で 愛 撫 するよ うに 調 髪 され 美 しいものに 変 容 することは, 彼 女 たちにとってこの 上 なくエロティックな 体 験 なのであろう 主 婦 のひとりが 思 わず 口 にした undo という 語 に 話 を 戻 すなら,これは 本 来, 結 ばれたもの, 留 められたもの, 包 まれたものをほどく という 意 味 である 言 わば, 繋 縛 や 固 定 や 封 じ 込 め を 解 く,ということであろうが,これは 創 造 にも 官 能 にもあてはまることではあるまいか つ

8 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る まり, 創 造 とは 我 々の 日 常 的 現 実 を 構 成 する 意 味, 価 値, 分 節 といった 制 度 の 結 び 目 を 一 旦 ほ どき,それによって 未 知 のものや 見 慣 れぬものを 生 み 出 す 営 みであり,また 官 能 も, 意 識 や 理 性 や 人 間 の 関 係 性 の 制 度 を 含 む 公 序 良 俗 といったものから 一 時 的 に 解 き 放 たれること アンドレア ドウォーキンはいみじくも, 性 とは 当 事 者 二 人 を, 彼 らの 外 部 にあるあらゆる 社 会, 及 び 彼 らがお 互 いを 求 めること 以 外 のあらゆる 要 請 や 義 務 から 切 り 離 すもの,と 述 べてい る(32) から 生 まれるものと 言 えよう エドワードの 手 = 鋏 は, 切 って 解 き 放 つ こと で 創 造 的 でも 官 能 的 でもあるのだ ところで,エドワードの 風 采 や 立 ち 居 振 舞 い, 具 体 的 にはもじゃもじゃの 髪, 白 塗 りの 顔, ぎこちない 動 き, 繰 り 返 される 滑 稽 な 失 敗 や 失 態,さらには 手 = 鋏 という 異 形 性 といった 特 徴 は, 彼 にもうひとつの 相 貌 を 付 与 するものと 思 える 彼 は 道 化 を 連 想 させるのだ バート ンの 作 品 においては 道 化 的 存 在 もお 馴 染 みの 人 物 類 型 であり, バットマン (Batman, 1989) のジョーカー, バットマン リターンズ のペンギン, エド ウッド (Ed Wood, 1994)の タイトル キャラクターと 彼 を 取 り 巻 くバーニーやクリズウェルといった 奇 矯 な 人 物 たち, チャーリーとチョコレート 工 場 のウィリー ウォンカ, アリス イン ワンダーランド (Alice in Wonderland, 2010)のマッド ハッターなどをその 具 体 例 として 挙 げることができよう 彼 らのシニカルかつ 演 劇 的 な 饒 舌 や 公 序 良 俗 を 嘲 笑 うようなトリックスター 的 振 舞 いは,バート ンの 作 品 世 界 の 興 趣 のひとつである ボッグズ 家 で 過 ごすのはわずかな 期 間 であるが,エドワー ドは 郊 外 住 宅 地 の 日 常 の 光 景 をたちまちのうちに 新 奇 で 奇 抜 で 美 しいものに 変 えてしまう こ こに, 高 橋 康 也 が 指 摘 するように, 異 形 の 姿 をもって 出 現 して, 市 民 たちの 日 常 的 感 覚 を 脅 かし, 共 同 体 の 慣 習 と 秩 序 を 攪 乱 し 活 性 化 するという(10), 道 化 のありようを 見 て 取 る ことができるのではないか エドワードは 郊 外 住 宅 地 の 日 常 的 現 実 に 見 慣 れぬもの, 非 日 常 的 なものをもたらしたのである そしてその 期 間 はごく 短 いものであることから, 祝 祭 的 な 時 空 間 の 様 相 を 帯 びてくる ミハイル バフチンが 道 化 はカーニヴァル 精 神 を 常 に,しかも 公 認 された 形 で 体 現 する 存 在 であった と 述 べているように(8), 道 化 はカーニヴァルをはじめと した 祝 祭 の 主 役 なのである さらに, 次 々と 奇 抜 なものを 生 み 出 す 表 現 行 為 も 道 化 と 通 じるものがある 道 化 はある 種 の コートジェスター 表 現 者 としての 側 面 を 持 つ 例 えばシェイクスピアの 作 品 に 見 られるような 宮 廷 道 化 は, 何 を 言 っても 咎 められないという 特 権 に 守 られて, 機 知 でひねった 鋭 い 風 刺 を 放 つ 存 在 であっ た( 高 橋 102) 自 由 奔 放 に 言 葉 を 駆 使 する 才 は 道 化 の 特 徴 のひとつであり, 彼 らは 人 間 を 語 るのに 普 通 の 生 活 では 出 て 来 ないような 語 り 口, 論 理,あるいは 地 口,ダジャレ,それから 身 振 り,そういったものをどんどんコミュニケーションの 世 界 に 持 ち 込 んでくる のである( 山 口, 笑 いと 逸 脱 67) そしてエドワードも, 特 異 な 身 体 を 持 ちつつ 異 形 性 も 道 化 を 特 徴 づけるものである( 高 橋 5, 10; ウィルフォード 42) 言 葉 と 造 形 の 違 いはあれ, 無 尽 蔵 とも

9 山 大 学 人 文 学 部 紀 要 言 うべき 創 造 的 活 力 に 促 されながら, 庭 木 から 女 性 の 髪 に 至 るまで 様 々な 素 材 を 使 って 縦 横 無 尽 に 新 しいものを 生 み 出 す 表 現 者 であるという 点 において, 道 化 との 相 同 性 を 示 していると 言 える 3. 郊 外 住 宅 地 から 放 逐 される 異 形 の 者 道 化 についての 話 を 続 けるなら, 前 出 の 高 橋 康 也 によれば, 秩 序 を 攪 乱 し 活 性 化 した の ノモス ちに, やがて 法 によって 追 放 される ことが, 道 化 がしばしば 辿 る 末 路 なのである(10) それは, シザーハンズ の 物 語 の 後 半 においてエドワードに 降 りかかる 運 命 でもある 状 況 の 暗 転 のひとつの 要 因 は,ジョイスの 誘 惑 を 受 け 入 れなかったことである 連 れ 込 まれた 密 室 でジョイスからヘアカット 以 上 のことを 求 められると, 彼 は 狼 狽 してその 場 から 逃 げ 出 す 彼 女 は 腹 いせにエドワードから 乱 暴 されそうになったという 話 をでっち 上 げ, 主 婦 たちの 間 に 撒 き 散 らす さらにエドワードは,キムのボーイフレンドであるジムの 悪 だくみに 加 担 させられる 車 を 買 うために 自 分 の 父 親 が 所 有 する 高 級 電 化 製 品 を 盗 み 出 して 換 金 することを 思 いついたジム は,エドワードが 手 = 鋏 を 使 って 簡 単 に 鍵 を 開 錠 できることに 目 をつけ, 盗 まれたものを 取 り 返 すのだとうそをついて 彼 を 奸 計 に 引 き 込 む 電 化 製 品 が 置 かれている 部 屋 に 忍 び 込 んだとた んに 防 犯 装 置 が 作 動 し,エドワードはその 部 屋 に 閉 じ 込 められ 警 察 に 逮 捕 される こうして 窃 盗 未 遂 の 汚 名 を 着 せられる この 悪 だくみにはキムも 不 承 不 承 ながら 加 わっていたが ジム に 頼 まれてこの 件 を 実 際 にエドワードに 持 ちかけたのは 彼 女 である エドワードはキムのみ ならずジムの 名 前 も 明 かさず,ひとりで 罪 を 被 ることになる このようにエドワードは, 一 見 平 穏 で 豊 かなミドルクラスの 日 常 の 陰 で 蠢 く 毒 々しい 欲 望 を 転 嫁 された 形 になる 言 わば 姦 淫 と 貪 欲 という 罪 を 負 わされ, 追 放 されるスケープゴートとなるのである 釈 放 されて 家 に 戻 ったあと,エドワードはキムに, 忍 び 込 んだのがジムの 家 だということ はわかっていた と 言 う それならなぜあんなことを,と 問 うキムに, あなたに 頼 まれたか ら と 彼 は 答 える この 言 葉 にキムは 強 く 心 を 動 かされる そのとき, 悪 びれた 様 子 もなくジ ムが 現 れ,キムを 呼 び 出 す それを 見 て,エドワードは 初 めて 怒 りを 露 わにし, 家 の 中 の 壁 紙 などに 手 = 鋏 を 突 き 立 てて 傷 をつける 一 方,このときから 彼 に 対 するキムの 態 度 は 一 変 する それまでは 忌 避 していたこの 異 形 の 人 物 に 対 して 心 を 許 すようになる 同 時 に,ジムからは 心 が 離 れていく こうして,エドワードとキムとジムの 間 に 不 穏 さを 孕 んだ 三 者 関 係 が 形 成 さ れ,それは 物 語 末 尾 のカタストロフィにもつながっていく エドワードはボッグズ 家 にやって 来 たときにキムの 写 真 を 見 て 以 来, 彼 女 に 心 惹 かれている 美 女 に 懸 想 する 異 形 の 者 というモ チーフは,まさに 美 女 と 野 獣 という 構 図 である さらにここにも,エドワードの 道 化 的 側 面 を 見 て 取 ることができるかもしれない 天 使 的 にまで 穢 れを 知 らぬ 女 性 にやるせなく 懸 想

10 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る する 恋 人 というのが, 道 化 がしばしば 身 に 纏 う 役 割 のひとつだからである(ウィルフォード 246) 恋 敵 となったエドワードとジムの 対 比 も 面 白 い 体 格 がよく 自 信 家 で 万 事 にいささか 強 ジ ョ ッ ク 引 なジムは,アメリカのスクール カーストの 頂 点 に 立 つ 体 育 会 系 的 な 若 者 に 見 える 一 方 エドワードは,そのような 体 育 会 系 に 馬 鹿 にされからかわれる 内 気 で 気 弱 な オタク といっ たところであろうか 実 際 ジムは,キムが 示 すつれない 態 度 の 背 後 にエドワードの 存 在 を 感 知 し, 彼 に 対 して 攻 撃 的 な 振 舞 いに 及 ぶようになる かくしてエドワードは, 寵 児 から 一 転 して 疎 まれ 忌 み 嫌 われる 存 在 へと 転 落 する 彼 の みならず,ペグたちボッグズ 家 の 人 々も 周 囲 から 遠 ざけられるようになる 郊 外 住 宅 地 におい てエドワードが 置 かれた 状 況 はこのように 大 きな 振 幅 をしめすが,そもそも 異 質 なものとは, それを 迎 える 側 にとって, 魅 了 すると 同 時 に 不 気 味 なもの, 戦 慄 すべきものでもあるという, 両 義 的 な 性 格 を 孕 んだものであろう つまり 一 方 でそれは 非 日 常, 未 知, 神 秘 といった, 想 像 力 を 掻 き 立 て 新 たな 意 味 や 可 能 性 を 湧 出 させる 属 性 を 帯 びたものであるが, 他 方 で 既 存 の 秩 序 や 慣 れ 親 しんだ 自 明 の 日 常 を 侵 蝕 し 脅 かすものでもある 思 えば,エドワードは 様 々な 形 で 両 義 性 を 纏 った 存 在 である 既 述 のように, 彼 を 彼 たらしめる 特 異 性 である 手 = 鋏 は, 破 壊 と 創 造, 不 器 用 と 卓 越 した 技 巧 という 対 立 的 要 素 を 同 時 に 蔵 するものだ またここまで 見 てきたよ うに, 人 造 人 間 であるがゆえに 人 間 と 人 間 ならぬものの 両 面 を 併 せ 持 ち, 郊 外 住 宅 地 という 共 同 体 においては 内 部 と 同 時 に 外 部 に 属 するような 存 在 なのである さらに 先 にエドワードの 道 化 としての 相 貌 に 言 及 したが, 道 化 も 矛 盾 対 立 した 要 素 を 同 時 に 孕 んだ ものであり( 高 橋 7), 世 界 を 構 成 する 二 つの 相 反 する 範 疇 の 架 け 橋 として 立 ち 現 れてきた ものなのだ( 山 口, 知 の 祝 祭 18) 加 えて, 本 論 の 冒 頭 で 述 べたように,エドワードはバートンの 作 品 に 繰 り 返 し 立 ち 現 れる 怪 物 という 眷 属 に 連 なるキャラクターと 言 えるが, 怪 物 も 安 易 な 範 疇 化 を 拒 み, ヒエラルキーまたは 単 なる 二 項 対 立 に 基 づくいかなる 分 類 にも 抗 う ものである(Cohen 6-7) 歓 待 と 排 斥 という 住 民 たちの 対 応 の 起 伏 は,エドワードのこれらの 両 義 的 な 性 質 と 符 合 しているのではあるまいか 住 民 たちにとって 彼 は, 我 ら の 一 部 でありながら,たちまち のうちに 不 穏 で 不 気 味 な 彼 ら に 転 化 しうるような,また 非 日 常 的 な 興 奮 と 活 性 化 のみなら ず 災 厄 をももたらしうるような 存 在 なのであろう エドワードの 排 除 には, 共 同 体 が 依 拠 するひとつの 社 会 的 メカニズムも 垣 間 見 られるように 思 える 共 同 体 が 共 同 体 として 存 立, 存 続 するためには, 外 部 性 を 帯 びたもの, 異 和 を 孕 んだものを 創 出 し 摘 出 しなくてはならないというメカニズムである このメカニズムこそが, ノモス 道 化 を 追 放 する 共 同 体 の 法 なのであろう エドワードは 今 村 仁 司 が 言 うところの 排 除 さ れる 第 三 項 =ファルマコン (89)と 重 なり 合 う 今 村 は 言 う どんな 組 織 体 も,それ 自 体 で 存 立 し 運 動 しうるためには, 必 ずファルマコン 的 存 在 者 を 産

11 山 大 学 人 文 学 部 紀 要 4 4 出 する 組 織 体 が 組 織 体 自 身 になるためには,ファルマコン= 第 三 項 を 排 除 することを 通 して, 組 織 体 の 自 体 (アウトス)を 産 出 する 組 織 体 の 自 体 の 形 成 とファルマコン= 第 三 項 の 形 成 とは 同 時 的 である (88-89) そして 興 味 深 いことに, 第 三 項 =ファルマコンの 本 性 のうちで 最 も 目 立 つ 特 徴 が 両 義 性 であり, 空 間 的 比 喩 を 借 りていえば, 第 三 項 =ファルマコンは, 境 界 線 上 に 場 所 をもつ がゆ 4 4 えに,それは 内 にあると 同 時 に 外 にもある ( 今 村 88) 相 反 する 二 つのカテゴリーにまたが る 境 界 的 存 在 であるエドワードは,やはり 排 除 されることを 宿 命 づけられていると 言 えよう ところで, 郊 外 住 宅 地 の 住 民 のひとりにエズメラルダという, 極 めて 熱 烈 なキリスト 教 への 信 仰 心 を 持 ち, 他 の 住 民 とはあまり 交 わろうとしない 女 性 がいる エドワードがやって 来 たば かりの 頃, 彼 女 はこの 異 形 の 新 来 者 を 自 然 の 歪 み(perversion of nature) などと 呼 びその 禍 々 しさを 言 い 立 てるが, 彼 を 歓 待 する 住 民 たちからは 全 く 相 手 にされない ところがエドワード がいわれのない 罪 を 負 わされ 排 斥 され 始 めると,エズメラルダは 彼 を 糾 弾 する 住 民 たちの 輪 の 中 に 迎 え 入 れられる 言 わば,エドワードの 排 斥 を 通 して 住 民 たちは 結 束 するのである このように 住 民 たちは 排 他 性 を 剥 き 出 しにするが,この 郊 外 住 宅 地 でボッグズ 家 の 人 々 以 外 にエドワードに 対 して 好 意 的 な 態 度 を 示 す 人 物 がひとりだけいる それは, 彼 が 窃 盗 未 遂 で 逮 捕 された 際 に 取 り 調 べなどに 当 たった 黒 人 の 警 官 である この 黒 人 警 官 は 終 始 エドワードに 対 して 同 情 的 で,エドワードがペグの 息 子 ケヴィンに 手 = 鋏 で 切 りつけたと 住 民 たちから 誤 解 さ れて 窮 地 に 陥 ったときにも, 彼 が 逃 げ 延 びる 手 助 けをする 第 二 次 世 界 大 戦 以 降 に 急 速 に 発 展 するアメリカの 郊 外 住 宅 地 の 顕 著 な 特 徴 のひとつとしてよく 挙 げられるのが, 人 種 隔 離 (racial segregation) である つまりそこは 基 本 的 に 白 人 のための 空 間 であり, 黒 人 は 締 め 出 されて いた(Keating 1284; May 8) シザーハンズ でも, 登 場 する 黒 人 はこの 警 官 と,ケヴィンの 小 学 校 の 同 じクラスにいるひとりの 少 女 彼 女 についてはカメラが 一 瞬 だけその 姿 を 捉 える のみである だけである この 黒 人 警 官 のエドワードに 対 する 態 度 の 背 後 には 郊 外 住 宅 地 に おける 異 分 子 としての 同 朋 意 識 のようなものがある,と 考 えるのは 穿 ち 過 ぎであろうか そしてエドワードは,クリスマスの 夜 に 郊 外 住 宅 地 を 追 われる エドワードが 白 眼 視 されて いるために,ボッグズ 家 は 例 年 とは 違 って 訪 問 客 が 全 くいないという 寂 しいクリスマスを 迎 え ているが,それでもペグとキムはせっせとクリスマスツリーに 装 飾 を 施 している やがて, 見 慣 れぬものを 目 にしたかのような 驚 きの 面 持 ちでキムが 庭 に 出 ると,そこではエドワードが 氷 の 彫 刻 を 制 作 しており, 氷 片 が 雪 のようにあたりに 舞 っている 降 り 注 ぐ 氷 片 を 浴 びながら, キムは 陶 酔 の 表 情 を 浮 かべてゆっくりと 踊 り 始 める 世 俗 の 煩 瑣 を 束 の 間 忘 れさせるような 非 日 常 的 な 愉 楽 の 瞬 間 が 訪 れる しかしこの 至 福 の 時 は,ジムが 発 した 大 声 で 破 られる 驚 いて 振 り 向 いたはずみに,エドワードの 手 = 鋏 がキムの 手 をかすめ 切 り 傷 を 与 えてしまう キムに

12 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る 切 りつけて 怪 我 を 負 わせたと 決 めつけて,ジムはエドワードを 激 しくなじる このあたりから, 物 語 は 大 団 円 に 向 かって 激 しく 動 き 出 す ここから 出 て 行 け,とジムに 言 われ,エドワードは 当 て 所 なく 住 宅 地 の 中 をさまようが, 一 方 で 理 不 尽 な 仕 打 ちに 怒 りを 滲 ませ, 自 分 が 創 り 上 げ た 精 緻 な 庭 木 を 次 々と 破 壊 していく さらには,ペグから 着 せてもらった 白 いシャツをばらば らに 切 り 裂 く この 行 為 は, 郊 外 住 宅 地 の 環 境 に 順 応 することに 対 するあからさまな 拒 否 の 表 明 であろう しばらくして 一 旦 ボッグズ 家 に 戻 ったエドワードは,そこでキムと 二 人 きりになる ここで, 彼 が 背 負 うもうひとつの 宿 命 とでも 言 うべきものが 露 わになる キムから 抱 擁 を 求 められ, 彼 は 応 じようとするしぐさを 見 せるが,やがて それはできない と 言 う 少 し 前 に 手 = 鋏 で 図 らずも 彼 女 の 手 を 傷 つけてしまったことが, 彼 の 脳 裏 をかすめたのかもしれない これと 同 じ ようなことがこの 直 後 に 起 こる 泥 酔 したジムと 彼 の 友 人 が 乗 る 車 がケヴィンに 向 かって 暴 走 するのを 見 て,エドワードは 身 を 挺 してケヴィンに 飛 びつき, 彼 を 道 路 脇 に 押 しやる こうし てケヴィンを 救 うが,その 際 に 手 = 鋏 で 彼 の 顔 にいくつもの 傷 を 負 わせてしまう これらのエ ピソードが 物 語 るように,エドワードの 手 = 鋏 は 巧 みで 美 しい 造 形 を 創 り 出 す 一 方 で, 意 図 せ ずして 他 者 を 傷 つけ,また 他 者 との 身 体 的 な 接 触 を, 言 わば 他 者 との 親 密 な 関 係 性 を 取 り 結 ぶ ことを 阻 むものでもある 彼 を 卓 越 した 表 現 者 にしているものが,このような 負 の 側 面 を 持 つ ことは 興 味 深 い あたかも 表 現 という 営 みそのものが, 対 人 的 疎 外 という 宿 啊 を 抱 え 込 んでい ることを 示 唆 しているかのようだ ケヴィンを 襲 って 傷 を 負 わせたと 住 民 たちから 誤 解 され,さらに, 飛 びかかってきたジムを 払 いのけようとして 彼 にも 傷 を 負 わせてしまい,エドワードは 凶 暴 な 怪 物 に 仕 立 てあげら れる 事 ここに 至 って 彼 は 逃 走 を 余 儀 なくされ,かつて 棲 んでいた 丘 の 上 の 古 い 屋 敷 に 戻 る そこにキムとジムもやって 来 て, 三 者 を 巻 き 込 む 争 闘 が 枠 内 物 語 の 大 団 円 となる ここでは, ジムがエドワードとキムの 間 に 割 って 入 ろうとする 敵 役 となる ジムはエドワードにピストル を 発 砲 し,さらに 鉄 棒 で 彼 を 打 ち 据 える エドワードはほとんどやられるがままになっている が,ジムを 止 めようとしたキムが 乱 暴 に 突 き 飛 ばされるのを 見 て, 相 手 の 体 に 手 = 鋏 を 突 き 立 てる 刺 し 貫 かれたジムは, 二 階 の 窓 から 地 上 に 転 落 する このような 暴 力 の 発 動 は,エドワー ドという 人 物 のそれまでの 描 かれ 方 に 照 らすとやや 意 外 の 感 を 与 えるが, 数 々の 理 不 尽 を 耐 え 忍 んだ 末 の 行 動 であるゆえに, 観 客 にカタルシスをもたらすものでもある エドワードはキム に さようなら と 別 れを 告 げ,キムは あなたを 愛 している という 言 葉 を 残 して 屋 敷 から 立 ち 去 る 二 人 の 恋 は 成 就 することなく 終 わりを 迎 える おわりに 枠 内 物 語 は 終 わり, 場 面 は 老 女 と 孫 娘 が 語 り 合 う 外 側 の 物 語 へと 移 る 老 女 の 言 葉 から,

13 山 大 学 人 文 学 部 紀 要 観 客 は 彼 女 がキムであることを 知 る 今 でも 会 いに 行 けるのに と 言 われ,キムは, 私 はこ んなに 年 を 取 ってしまった 彼 には 昔 の 私 だけを 覚 えていてもらいたい と 語 る 続 いて 画 面 には,クロスカッティングの 形 で 古 い 屋 敷 にいるエドワードの 姿 が 映 し 出 される すっかり 老 いたキムとは 対 照 的 に,エドワードは 全 く 変 わっておらず 昔 のままの 姿 である 彼 が 記 憶 され 語 り 継 がれる 伝 説 として,いつまでも 朽 ちることなく 時 間 を 超 越 した 神 話 的 存 在 になった ことを 暗 示 しているかのようだ そしてエドワードは, 一 心 に 氷 の 彫 刻 を 制 作 している 彼 の 傍 らにあるこれまで 創 り 上 げた 彫 刻 の 中 には, 氷 片 = 雪 を 浴 びて 踊 る 若 い 頃 のキムを 象 ったも のもある 彼 が 氷 を 彫 ることによって 飛 散 する 氷 片 は, 雪 となって 郊 外 住 宅 地 に 降 り 注 ぐ 雪 が 降 るたびに, 住 民 たちはかつて 来 訪 しやがて 去 っていった 異 形 の 者 に 思 いを 致 すのだ 本 論 の 冒 頭 のセクションで 述 べたように, シザーハンズ は, 同 質 的 な 共 同 体 とそこに 闖 入 した 異 質 な 他 者 との 対 峙 相 克 の 物 語 と 言 える それはまた, 内 部 と 外 部, 秩 序 と 混 沌 の 対 峙 相 克 という 様 相 を 呈 するものでもあり, 異 質 な 他 者 の 排 除 からは, 共 同 体 がそれとして 自 己 同 一 化 するための 暗 黙 のメカニズムのようなものが 垣 間 見 える さらにこの 映 画 は, 表 現 と いう 営 みや 表 現 者 の 境 涯 についての 語 りという 自 己 言 及 的 な 側 面 を 持 つものでもある 表 現 と いう 営 為 においては, 創 造 と 対 他 関 係 を 取 り 結 ぶことの 困 難 が 表 裏 一 体 を 成 すのであり,また 表 現 者 とは, 社 会 において 内 部 にいながらも 強 い 外 部 性 を 帯 びた 内 なる 他 者 であって, 愉 楽 を もたらすと 同 時 に 秩 序 を 挑 発 攪 乱 し,それゆえに 秩 序 から 放 逐 されることもあるという 点 で 道 化 と 近 似 する 存 在 なのである ファンタジーのような 雰 囲 気 を 湛 えつつ, 社 会 文 化 批 評 的 な 奥 行 きを 感 じさせるところが 映 画 シザーハンズ の 魅 力 と 言 えよう 注 1)ちなみに 少 年 時 代 のバートンは, 特 にヴィンセント プライス 主 演 の 怪 物 映 画 やホラー 映 画 に 熱 中 し ていたそうだが(Page 12),この 俳 優 がエドワードを 創 る 発 明 家 の 役 で 登 場 していることも 興 味 深 い フィルモグラフィ Edward Scissorhands. Dir. Tim Burton. With Johnny Depp and Winona Ryder. 20th Century-Fox, [ シザーハンズ の DVD は 20 世 紀 フォックスホームエンターテイメントジャパン(2008)を 使 用 ] 引 用 文 献 Bakhtin, Mikhail. Rabelais and His World. Trans. Helene Iswolsky. Bloomington: Indiana UP, Boyer, Paul. The Postwar Period through the 1950s. Encyclopedia of American Social History. 3 vols. Ed. Mary Kupiec Cayton, et al. New York: Scribners,

14 郊 外 住 宅 地 の 異 形 の 者 ティム バートンの シザーハンズ を 観 る Cohen, Jeffrey Jerome. Monster Culture (Seven Theses). Monster Theory: Reading Culture. Ed. Jeffrey Jerome Cohen. Minneapolis: U of Minnesota P, Dworkin, Andrea. Intercourse. New York: The Free Press, Harwood, Sarah. Family Fictions: Representations of the Family in 1980s Hollywood Cinema. London: Macmillan, Keating, Ann Durkin. The Suburbs. Encyclopedia of American Social History. 3 vols. Ed. Mary Kupiec Cayton, et al. New York: Scribners, May, Elaine Tyler. Homeward Bound: American Families in the Cold War Era. New York: Basic Books, Mumford, Lewis. The City in History: Its Origins, Its Transformations, and Its Prospects. San Diego: Harcourt, Page, Edwin. Gothic Fantasy: The Films of Tim Burton. London: Marion Boyars, Pendergast, Tom and Sara, eds. St. James Encyclopedia of Popular Culture. 5 vols. Detroit: St. James Press, Whyte, William H. The Organization Man. New York: Simon & Schuster, 今 村 仁 司 排 除 の 構 造 筑 摩 書 房 1992 ウィルフォード,ウィリアム 道 化 と 笏 杖 高 山 宏 訳 晶 文 社 1983 高 橋 康 也 道 化 の 文 学 中 央 公 論 社 山 口 昌 男 知 の 祝 祭 青 土 社 1977., 笑 いと 逸 脱 筑 摩 書 房

15

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

暗闇の裁き

暗闇の裁き 暗 闇 の 裁 き Ⅰ 橘 龍 悟 生 あ る も の は や が て 死 に 直 面 し 滅 び 消 え 去 っ て し ま う ど ん な に 逃 れ よ う と し て も そ れ は 確 実 に 目 の 前 に や っ て く る そ し て そ れ が つ い に 私 の 目 の 前 に こ の 私 の 目 の 前 に 現 れ た の だ 死 に た く な い よ う と 叫 ん で み

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx

Microsoft Word - str_bt_grundlage2015_07自由に対する罪(1).docx 刑 法 各 論 の 基 礎 25 個 人 的 法 益 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 (1) 07 行 動 の 自 由 意 思 決 定 の 自 由 法 益 主 体 = 個 人 人 の 生 命 身 体 に 対 する 罪 人 の 自 由 に 対 する 罪 生 活 の 平 穏 に 対 する 罪 (プライバシーに 対 する 罪 ) 名 誉 信 用 に 対 する 罪 財 産 に 対 する

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞

え て 紛 糾 す る こ と も め ず ら し く あ り ま せ ん そ れ く ら い レ ベ ル の 高 い 作 品 が 集 ま る 文 学 賞 な の で す な お 最 終 候 補 作 に 残 っ た 応 募 者 は 最 終 選 考 会 当 日 松 山 市 に 招 待 さ れ 授 賞 参 考 資 料 小 説 講 義 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 を 取 る 方 法 講 師 大 島 一 平 第 一 回 は じ め に 坊 っ ち ゃ ん 文 学 賞 と は 夏 目 漱 石 の 坊 っ ち ゃ ん は 漱 石 が 愛 媛 県 松 山 市 の 中 学 へ 教 師 と し て 赴 任 し た 経 験 か ら 書 い た ユ ー モ ア 小 説 で す 狸 赤 シ ャ ツ 野 だ い こ

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

nck_01.indd

nck_01.indd 論 Ⅰ 何 9 ジ ャ ナ ス ト 忠 衛 杏 林 学 名 誉 教 授 江 永 清 華 学 教 授 歩 平 科 学 院 近 代 史 研 究 長 論 Ⅰ 何 10 注 記 座 談 五 六 月 北 実 施 発 今 五 指 物 肩 書 役 職 当 時 論 Ⅰ 何 11 冷 経 熱 関 係 数 間 関 係 冷 経 熱 葉 通 経 済 貿 易 順 調 成 長 四 毎 桁 伸 び 率 示 治 関 係 途 両 脳

More information

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 む 雰 囲 製 作 者 英 語 授 業 習 訳 堅 苦 役 割 メ カ ム ド ク ッ シ ャ 面 白 自 発 想 ぼ 今 度 空 読 今 入 付 会 主 導 権 握 題 換 タ ミ ン グ 全 次 第 天 然 周 来 楽 百 倍 百 倍

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

48 4 第 章 隅 々 楽 む 西 保 志 千 建 築 家 街 ァ 建 築? 百 千 ゃ? 風 刺 珍 系 西 素 晴 プ 誕 彼 氏 欲 諭 界 観 切 教 Q ホ & 黄 期 界 権 盛 代 同 Q 詞 確 6 黒 摩 季 黒 摩 季 期 長 距 離 走 ョ 無 訴 渡 辺 v v 亮 渡 辺

48 4 第 章 隅 々 楽 む 西 保 志 千 建 築 家 街 ァ 建 築? 百 千 ゃ? 風 刺 珍 系 西 素 晴 プ 誕 彼 氏 欲 諭 界 観 切 教 Q ホ & 黄 期 界 権 盛 代 同 Q 詞 確 6 黒 摩 季 黒 摩 季 期 長 距 離 走 ョ 無 訴 渡 辺 v v 亮 渡 辺 46 47 第 章 隅 々 楽 む 架 昔 耳 自 分 青 春 恋 色 鮮 同 心 刻 耳 技 栄 挫 折 脳 裏 浮 ぶ 電 話 号 乗 語 呂 C ゼ ヨ ノ ほ 着 同 技 十 話 物 悪 方 意 識 的 ょ 例 夏 季 主 以 下 8 8 浜 麻 n d 高 音 域 強 魅 的 ハ 部 分 ピ 勇 げ べ 兼 備 史 屈 指 ハ V 界 陸 使 亀 毅 試 寺 恵 寺 = 太 陽 = 刷 込

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

武蔵大学論文

武蔵大学論文 最 優 秀 賞 被 災 企 業 訪 問 から 考 える 被 災 企 業 救 済 の 新 たなスキームの 提 案 ~ 災 害 に 強 い 国 づくりファンド~ 武 蔵 大 学 経 済 学 部 安 蔵 洋 平 竹 田 勝 利 島 真 人 市 村 真 也 ( 提 言 の 要 約 ) 私 たちは 東 日 本 大 震 災 によって 浮 き 彫 りになった 被 災 地 企 業 の 二 重 債 務 問 題 について

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立 両 立 化 啓 蒙 ざ 残 断 好 情 緒 描 降 ぐ 略 凶 復 権 復 活 技 術 選 択 ざ ニ 始

シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立 両 立 化 啓 蒙 ざ 残 断 好 情 緒 描 降 ぐ 略 凶 復 権 復 活 技 術 選 択 ざ ニ 始 公 募 降 哲 四 半 紀 手 法 台 頭 P c 著 作 中 美 最 初 深 石 毛 弓 流 最 後 限 思 係 係 密 接 結 混 乱 陥 摘 哲 致 決 着 結 局 断 態 度 情 表 ほ 情 緒 陥 由 シ 百 元 来 歴 史 使 用 化 即 多 様 無 秩 序 様 相 呈 訴 状 況 啓 蒙 引 起 張 啓 蒙 カ 般 原 則 ケ ゴ 選 択 基 礎 ヒ ュ ム 欲 望 情 基 礎 ぞ 立

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

(2) 狂 言 肩 衣 のデザイン 74 第 2 節 節 談 説 教 と 説 教 師 ( 布 教 使 )の 笑 い (1) 節 談 説 教 の 歴 史 と 現 在 90 (2) 報 恩 講 における 節 談 説 教 の 笑 いの 分 析 95 結 1 び 115 第 4 章 大 阪 江 戸 町 人

(2) 狂 言 肩 衣 のデザイン 74 第 2 節 節 談 説 教 と 説 教 師 ( 布 教 使 )の 笑 い (1) 節 談 説 教 の 歴 史 と 現 在 90 (2) 報 恩 講 における 節 談 説 教 の 笑 いの 分 析 95 結 1 び 115 第 4 章 大 阪 江 戸 町 人 日 本 文 化 における 笑 いの 諸 相 - 文 学 と 芸 能 を 手 がかりに- 指 導 坂 部 恵 教 授 - 東 中 川 かほる お 茶 の 水 外 語 学 院 日 本 語 学 科 主 任 桜 美 林 大 学 大 学 院 国 際 学 研 究 科 博 士 ( 後 期 ) 課 程 環 太 平 洋 地 域 文 化 専 攻 満 期 退 学 論 文 目 次 はじめに 1 序 章 第 1 節 研 究

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

エフエム長崎放送番組基準

エフエム長崎放送番組基準 エフエム 長 崎 放 送 番 組 基 準 株 式 会 社 エフエム 長 崎 は 放 送 事 業 を 通 じて 平 和 な 社 会 の 実 現 と 公 共 の 福 祉 文 化 の 向 上 に 寄 与 し 産 業 と 経 済 の 繁 栄 に 貢 献 する この 自 覚 に 基 づき 民 主 主 義 の 精 神 に 従 い 基 本 的 人 権 と 世 論 を 尊 重 し 言 論 と 表 現 の 自 由 を

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc 福 岡 国 税 局 派 遣 国 税 庁 首 席 監 察 官 福 澤 宏 文 殿 国 税 局 職 員 による 犯 罪 行 為 の 申 し 立 て 及 び 犯 罪 捜 査 の 要 請 平 成 27 年 6 月 3 日 島 根 県 松 江 市 東 本 町 5 丁 目 16 番 地 9 山 根 ビル3 階 株 式 会 社 山 根 総 合 事 務 所 内 山 根 治 税 理 士 事 務 所 税 理 士 山 根

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島

放 送 基 準 株 式 会 社 エフエム 鹿 児 島 民 放 連 放 送 基 準 条 文 対 照 表 現 新 第 10 章 犯 罪 表 現 第 10 章 犯 罪 表 現 (70) 鉄 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注 意 する (70) 銃 砲 刀 剣 類 の 使 用 は 慎 重 にし 殺 傷 の 手 段 については 模 倣 の 動 機 を 与 えないように 注

More information

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版 8 旅 ケ 番 号 頼 着 席 ゴ 裏 ポ 中 * 9 7 年 西 ツ 次 グ 第 3 戦 ポ 対 生 初 め 最 終 年 前 オ ピ ク 優 ゼ ハ 連 高 評 価 受 ポ 予 定 ひ お 苦 労 ケ 入 手 シ ュ ツ ガ 陸 上 競 技 ゴ 裏 前 列 席 ほ ピ 高 ャ 周 囲 ぐ 立 上 ょ 立 前 男 め 瞬 間 ピ 視 野 消 陽 楽 シ ュ ツ ガ ツ 南 部 町 ぐ 南 下 縦 断

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実 2009 第 一 事 件 2006 年 (ワ) 第 6484 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 王 子 雄 ほか39 名 被 告 日 本 国 第 二 事 件 2008 年 (ワ) 第 18382 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 事 件 原 告 呉 及 義 ほか21 名 被 告 日 本 国 意 見 陳 述 書 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 13 部 御 中 原

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

談 国 境 南 太 陽 西 Ⅰ 英 行 圭 Ⅰ 奥 物 村 上 春 樹 国 境 南 太 陽 西 談 奥 物 印 象 台 詞 先 最 初 物 談 辺 頑 張 テ マ 全 体 読 む 入 怖 入 末 部 急 春 樹 登 場 物 急 パ ワ ア ッ プ 羊 冒 険 耳 彼 味 超 越 者 末 辺 パ ワ

談 国 境 南 太 陽 西 Ⅰ 英 行 圭 Ⅰ 奥 物 村 上 春 樹 国 境 南 太 陽 西 談 奥 物 印 象 台 詞 先 最 初 物 談 辺 頑 張 テ マ 全 体 読 む 入 怖 入 末 部 急 春 樹 登 場 物 急 パ ワ ア ッ プ 羊 冒 険 耳 彼 味 超 越 者 末 辺 パ ワ SURE: Shizuoka University REp http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/ Title 談 国 境 南 太 陽 西 I Authors, 英 行 ;, 圭 Citation 文 論 集. 622, p. A1-A33 Issue Date 2012-01-31 URL http://doi.org/10.14945/00006694 Version publisher

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身

No.4 救 機 関 紙 215 11 15 2 2 危 篤 状 態 南 主 要 都 市 族 緒 知 結 婚 式 席 走 音 轟 吹 飛 路 肩 炸 裂 母 親 即 死 重 傷 負 拠 通 過 列 狙 路 肩 頻 繁 12 闘 巻 叔 父 包 む 敷 布 息 飲 筋 肉 組 織 破 エ 消 素 身 1 215 11 15 救 機 関 紙 No.4 寒 ょ? 昨 雨 温 ぐ 下 金 巨 未 駅 迎 確 : 救 : 西 谷 文 564-41 吹 田 市 泉 町 1-22 - 33 TEL 6-617-4757 FAX 6-6378-6625 E-mai l : nishinishi@r3.dion.ne.jp URL : http://www.nowiraq.com/ No.4 November

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95> 平 成 24 年 12 月 12 日 ( 水 ) 性 犯 罪 被 害 者 の 現 状 と 公 的 医 療 支 援 の 問 題 点 - 産 婦 人 科 医 会 の 調 査 より- 日 本 産 婦 人 科 医 会 常 務 理 事 母 子 愛 育 会 愛 育 病 院 安 達 知 子 性 犯 罪 の 分 類 Wikipediaより 暴 力 的 性 犯 罪 強 姦 強 制 わいせつ 強 盗 強 姦 わいせつ

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

艦これ そして彼は提督となった ID:85473

艦これ そして彼は提督となった ID:85473 提 古 水 狂 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 隊 ょ ミ タ 擬 人 化 せ 略 ユ ザ 数 誇 栄 枯 盛 衰 遂 サ ビ 終 了 運 命 日 愛 娘 達 迎 サ ビ 終 了 瞬 目 瞑 生 変 指 揮 鎮

More information

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム(

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム( 予 算 執 行 事 前 審 査 等 調 書 ( 平 成 23 年 度 第 1 2 四 半 期 ) 防 衛 省 予 算 監 視 効 率 化 チーム 目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 現 状 と 課 題 解 析 事 業 部 環 境 解 析 部 石 原 一 史 1. は じ め に 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 ( 以 下 大 店 立 地 法 ) は, 大 規 模 小 売 店 舗 法 ( 以 下 大 店 法 に 変 わ る 法 律 として 平 成 12 年 6 月 1 日 に 施 行 された 大 店 法 は, 近 隣 の 中 小

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63> 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 ( 素 案 ) 資 料 編 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 久 留 米 市 目 次 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 1 犯 罪 の 現 状 P1 2 暴 力 団 の 情 勢 P10 3 少 年 非 行 の 現 状 P12 4 市 民 の 防 犯 意 識 P15 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の

More information

nontravel_0519.indd

nontravel_0519.indd 目 次 序 章 第 章 魅 惑 ネ レ ポ 29 ネ 30 脱 パ 女 世 始 秘 境 惑 星 ぞ 夜 道 故 障 動 ず ソ ロ 踊 伝 統 舞 踊 挑 戦 ョ グ カ 年 越 爆 竹 花 火 死 危 険 ボ ロ ブ ゥ 遺 跡 初 詣 ゃ ぶ 東 南 悲 劇 カ 交 通 事 情 世 渋 滞 ぼ S O S レ & ポ 85 ョ ホ 親 友 訪 ね ポ 建 築 競 争 東 南 建 築 家 腕 試

More information

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ - - 6 陽 ね じ 特 集 関 戦 ヴ 音 触 発 衛 グ 印 刷 機 使 始 岩 波 映 製 所 製 録 映 佐 久 ダ ム ( 第 部 ( 9 揺 ぶ 建 場 社 派 躍 9 末 マ ヤ 衝 撃 古 降 び び 古 唆 社 へ 問 掛 交 流 最 勲 ギ プ 題 材 情 問 涯 学 習 課 7- 陶 板 レ 命 樹 ( 聖 徳 学 附 属 学 校 ふ 場 縦 6m 横 mぶ 屋 修 勝 角

More information

P A L M I S T R Y H A P P Y - L I F E 絵 空 師 典 ん 社 動 発 展 ゆ 刻 々 化 ゆ 環 境 来 知 来 1 アドバイザー 絵 空 師 著 3 目 次 接 4 間 6 付 根 伸 8 秘 十 字 形 1 0 月 丘 1 2 ひ 途 止 1 4 知 止 1 6 障 害 遮 1 8 補 助 2 0 端 十 字 形 止 2 2 端 規 則 雑 2 4 起 点

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

<4D F736F F D208A4A94AD816095F18D908F A815B B A E E AAE2E646F63>

<4D F736F F D208A4A94AD816095F18D908F A815B B A E E AAE2E646F63> 情 報 提 供 委 員 会 ( 業 務 対 策 運 営 担 当 ) 開 発 及 び 売 買 媒 介 等 専 門 小 委 員 会 意 見 交 換 提 言 書 審 議 作 成 H23.8.26( 金 )13:30~ 京 都 府 不 動 産 会 館 研 修 センター(3F) 1. 細 街 路 に 起 因 する 問 題 点 の 所 在 と その 解 決 策 の 道 筋 について ( 仮 題 ) ( 対 策

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者

【太陽の花】 江雪左文字+女審神者 太 陽 + ハ ロ ー ハ ロ ー ご ざ テ ョ 乱 舞 未 プ 民 前 別 別 意 地 根 性 喋 色 々 考 結 果 素 直 悩 過 ぎ 欝 病 発 症 系 苦 解 決 策 与 改 め 直 メ ー ジ 遠 知 ぁ 国 ゴ メ ナ サ 国 育 卉 農 家 皆 ゴ メ ナ サ 咲 ホ 季 節 表 ホ 万 歳 太 陽 + 茎 訊 名 前 輪 草 ゅ 名 知 度 私 漢 判 易 輪 草 草 紛 意 味

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information