<4D F736F F F696E74202D A E591E491E58A A957A8E9197BF2E B93C782DD8EE682E890EA97705D>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031333032313181A931323032323090E591E491E58A778146947A957A8E9197BF2E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>"

Transcription

1 認 知 症 ケアの 知 好 楽 いずみの 杜 診 療 所 山 崎 英 樹 1

2 the happiest people the happiest people, 最 も 幸 福 な 人 々 the fondest of their occupation, 自 分 の 職 業 を 最 も 愛 する 人 々 the most thankful for their lives, 自 分 の 人 生 に 最 も 感 謝 の 念 を 抱 いている 人 々 are, in my opinion, それは those engaged in sick nursing. 病 人 の 看 護 に 携 わっている 人 々である Florence Nightingale 2

3 知 好 楽 子 曰 知 之 者 不 如 好 之 者 好 之 者 不 如 樂 之 者 マザー テレサ 3

4 対 人 関 係 の 知 好 楽 その 人 を 知 り 見 合 い( 知 ) その 人 を 好 きになり 恋 愛 ( 情 ) その 人 と 楽 しむ 夫 婦 愛 ( 意 ) 悲 観 主 義 は 気 分 であるが 楽 観 主 義 は 意 志 である (アラン) 4

5 ケアの 知 好 楽 その 人 を 知 り 知 る その 人 を 好 きになり 思 う その 人 と 楽 しむ つながる 5

6 知 る 思 う つながる ココロとカラダ 人 間 のぜんぶ ココロのことは ココロで 分 かる ( 思 う) カラダのことは アタマで 分 かる ( 知 る) 心 身 二 元 論 (ディルタイ,1883) われわれは 自 然 を 説 明 し 心 的 生 活 を 了 解 する 6

7 知 る 思 う つながる つながりを 求 めるとき 緩 和 ケア Not doing, but being.(cecily Saunders) WHO(2002):Palliative care is an approach that improves the quality of life of patients and their families facing the problem associated with lifethreatening illness, through the prevention and relief of suffering by means of early identification and impeccable assessment and treatment of pain and other problems, physical, psychosocial and spiritual. 7

8 WHOの 健 康 定 義 1948 理 事 会 改 正 案 1998 :イスラム 諸 国 の 提 案 Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 健 康 とは 身 体 的 精 神 的 霊 的 Spiritual 社 会 的 に 完 全 に 良 好 な 動 的 Dynamic 状 態 であり 単 に 病 気 あるいは 虚 弱 でないことではない 総 会 (99)では 採 決 見 送 り 欧 州 ロシア 中 国 日 本 などが 審 議 で 反 対 8

9 ケアの 深 み 知 る( 知 ) 思 う( 好 ) つながる( 楽 ) Body( 知 ) 脳 を 説 明 する Mind( 情 ) 心 を 了 解 する Spirit(への 意 志 ) 魂 を 肯 定 する 9

10 脳 を 知 る - 医 学 の 知 識 - 10

11 脳 を 知 る= 本 人 の 苦 労 を 知 る クリスティーン ブライデン 一 番 重 要 なのは この 病 気 が 私 たちの 機 能 をどう 攻 撃 するのかを 理 解 しようとすること 小 澤 勲 私 が 認 知 症 の 人 がかかえる 不 自 由 として 記 載 してきたことの 多 くが 失 語 失 認 失 行 として 理 解 できる ( 神 経 心 理 学 は)いわ ば 物 語 の 素 材 を 精 緻 にする 作 業 の 一 つ である 11

12 高 次 脳 機 能 障 害 一 般 症 状 局 在 症 状 失 語 失 行 失 認 記 憶 障 害 遂 行 機 能 障 害 みえざる 障 害 (カラダの 不 自 由 ) 12

13 一 般 症 状 (1) 易 疲 労 性 保 続 など 集 中 力 が 落 ち 反 応 は 鈍 く 疲 れやすく 繰 り 返 しが 多 くなり 情 緒 不 安 定 になる 自 動 性 意 図 性 能 力 の 解 離 (Jackson) 意 図 的 にやろうとして かえってできなくなる 自 然 な 雑 踏 家 庭 的 な 雰 囲 気 13

14 一 般 症 状 (2) 抽 象 的 態 度 の 障 害 (Goldstein) 一 般 的 本 質 的 抽 象 的 に 考 えられなくなる 具 体 的 な 日 常 こそが 大 切 破 局 反 応 (Goldstein) 気 が 動 転 して 取 り 乱 してしまう Polepole:スワヒリ 語 で ゆっくり のんびり 14

15 一 般 症 状 (3) 病 態 失 認 的 傾 向 脳 は 脳 自 身 を 認 識 できない 認 知 症 のインフォームドコンセントの 難 しさ 作 話 妄 想 勇 気 とは それにもかかわらず 自 分 自 身 を 肯 定 することである(ティリッヒ) 15

16 局 在 症 状 失 語 発 話 ( ): 左 脳 のやや 前 理 解 ( ): 左 脳 のやや 後 失 行 失 認 脳 の 上 / 後 遂 行 機 能 障 害 計 画 と 実 行 : 脳 の 前 遂 行 失 行 失 認 失 語 16

17 失 語 (しゃべる 聴 くのマヒ) 失 語 言 語 = 発 話 ( 運 動 性 )+ 理 解 ( 感 覚 性 ) 運 動 性 失 語 ブローカ 野 左 脳 のやや 前 発 話 量 が 減 る 非 流 暢 理 解 力 は 保 たれる 感 覚 性 失 語 ウェルニッケ 野 左 脳 のやや 後 ろ 発 話 量 は 保 たれる 流 暢 理 解 力 が 落 ちる 17

18 失 行 失 認 失 行 ( 行 為 の 組 み 立 てのマヒ) 構 成 失 行 ( 構 成 障 害 ) 形 を 構 成 できない 積 み 木 図 形 指 パ ターン パズルなど 左 脳 の 上 / 後 着 衣 失 行 服 が 着 れない 右 脳 の 上 / 後 観 念 失 行 日 常 物 品 が 使 えない くし はさみ 歯 ブラシ リモコン 電 話 など 左 脳 の 上 18

19 失 行 失 認 失 認 ( 見 分 けのマヒ) 地 誌 的 失 見 当 道 順 や 地 図 が 分 からない 右 脳 の 上 / 後 相 貌 失 認 顔 やペットや 建 物 が 見 分 けられない 脳 の 後 方 半 側 空 間 無 視 身 体 失 認 左 片 マヒ+ 左 半 側 無 視 左 身 体 失 認 が 多 い 右 脳 の 上 19

20 記 憶 障 害 時 間 的 に 即 時 記 憶 近 時 記 憶 遠 隔 記 憶 内 容 から エピソード 記 憶 意 味 記 憶 手 続 き 記 憶 アルツハイマー 病 20

21 前 頭 葉 症 状 遂 行 機 能 障 害 : 外 側 面 発 動 性 の 低 下 : 内 側 面 脱 抑 制 : 底 面 環 境 依 存 症 候 群 常 同 行 動 脳 血 管 性 障 害 21

22 心 を 思 う ー 支 配 と 孤 立 - 22

23 認 知 症 を 生 きるということ 自 分 の 機 能 がどんどん 衰 えていく 恐 怖 を 抱 えて 生 きるのは 実 に 恐 ろしいことだ それは 必 ず 実 現 する 呪 いのようなものだ 痴 呆 を 抱 える 人 にとって 将 来 は 暗 鬱 としたもの に 見 える そう 見 えるだけではない 事 実 そうな のだ だから この 病 気 を 旅 する 過 程 で 経 験 するありと あらゆる 感 情 をどう 扱 ったらいいのか そこのと ころに 援 助 の 手 をさしのべなければならないだ ろう 23

24 孤 立 人 間 にとってもっともつらく 悲 しいことは 貧 困 でも 不 治 の 病 にかかることでもない それゆえに 見 放 され 誰 からも 愛 してもらえないことである マザー テレサ

25 Death-Making(W.Wolfensberger) 直 接 的 にしろ 間 接 的 にしろ 個 人 や グループの 死 をもたらしたり 早 めた りするすべての 活 動 あるいは 活 動 の 形 態 どの 社 会 にも 障 害 者 という 価 値 を 低 められた 人 々に 対 して このデ スメーキングの 仕 組 みが 普 遍 的 に 用 意 されている

26 心 がこわれそうなとき 見 つめられない 現 実 忘 れる( 抑 圧 ) 認 めない( 否 認 ) 正 当 化 する( 合 理 化 ) すり 替 える( 投 射 ) 子 供 になる( 退 行 ) 病 人 になる( 身 体 化 ) 正 反 対 のことをする( 反 動 形 成 ) 26

27 嗜 癖 (addiction) 依 存 : 悪 しき 習 慣 物 質 への 嗜 癖 アルコール ニコチン ドラッグ 行 動 過 程 への 嗜 癖 ギャンブル 買 い 物 仕 事 宗 教 万 引 痴 漢 暴 力 性 不 倫 過 食 拒 食 リストカッ ト インターネット ケータイ 対 人 関 係 への 嗜 癖 : 共 依 存 親 子 夫 婦 男 女 師 弟 親 分 子 分

28 高 齢 期 の 妄 想 の 特 徴 もの 盗 られ やきもち 妻 / 夫 ( 息 子 ) 盗 られ 毒 もられ 命 盗 られ 28

29 高 齢 期 の 妄 想 の 背 景 失 う 不 安 仕 事 家 庭 命 彼 が 奪 う( 投 影 ) 29

30 太 陽 と 死 は 見 つめることができない (ラ ロシュフコー) 見 つめられないこと 否 認 怒 り 夫 が 妻 を 嫁 が 舅 姑 を 取 引 ( 気 負 い) 娘 が 親 を 抑 うつ 受 容 妻 として 母 として 娘 として Elisabeth Kübler-Ross 愛 を 受 けいれること を 学 んでいる 受 容 するのは 無 力 な 自 分 30

31 被 災 地 域 の 心 理 的 経 過 茫 然 自 失 期 否 認 ハネムーン 期 反 動 形 成 幻 滅 期 抑 圧 身 体 化 再 建 期 昇 華 実 存 ( 生 かされている 意 味 ) 31

32 ストレス 障 害 トラウマ 体 験 九 死 一 生 の 圧 倒 的 体 験 ( 失 恋 程 度 は ) ストレス 障 害 Stress Disorder フラッシュバック: 悪 夢 など 回 避 反 応 性 の 麻 痺 過 覚 醒 : 不 眠 過 敏 経 過 急 性 (Acute SD):1か 月 以 内 外 傷 後 (Post-Traumatic SD):1か 月 以 上 32

33 支 配 私 には なぜ 自 分 が 何 か 他 のことをした いのか その 理 由 を 説 明 するのは 難 しす ぎるので これは 結 局 誰 か 他 の 人 が 私 にさせたいことに 従 う 結 果 になることが 多 い それで 私 は 善 意 の 家 族 や 友 達 によって さえも 圧 迫 されていると 感 じてしまい ストレスの 多 い 状 況 におちいってしまうの だ 33

34 支 配 大 変 な 介 護 者 を 引 き 受 けた 人 は その 時 点 で 私 たちのすべての 機 能 を 肩 代 わり し 愛 と 思 いやりで 私 たちを 窒 息 させ 私 たちの 自 尊 心 をおとしめ 介 護 者 のアイデ ンティティが 関 係 性 の 中 心 に 来 るようにし てしまう 34

35 全 制 的 施 設 a total institution (E.Goffman) 全 制 的 施 設 とは 類 似 した 状 況 におかれ た 多 数 の 個 人 が かなりの 期 間 にわたっ て 施 設 外 の 一 般 社 会 から 隔 離 され 閉 ざ され 画 一 的 で 管 理 された 生 活 をともにお くる 居 住 と 仕 事 の 場 である 精 神 病 院 老 人 ホーム 刑 務 所 修 道 院 収 容 者 は 自 己 の 剥 奪 画 一 化 無 力 化 体 面 や 自 尊 感 情 の 喪 失 を 体 験 する 35

36 専 門 家 支 配 (E.Freidson) 非 人 間 化 がもっとも 顕 著 にみられるのは 患 者 がもっとも 無 力 で サービスを 選 択 し 配 列 する 権 利 が 管 理 者 にのみ 認 められている 場 合 である 36

37 人 が 相 手 だから 正 しいことより 効 率 より 知 識 より 資 格 より 能 力 より 現 実 より 楽 しいこと 効 果 知 恵 資 質 人 格 真 実 37

38 EB/NB Evidence based 根 拠 仮 説 が 正 しいか 正 しくないか その 人 に なにができるか その 人 らしさ Narrative based 物 語 関 わりが 楽 しいか 楽 しくないか その 人 と なにができるか わたしたちらしさ 38

39 孤 立 私 たちにとって 孤 立 感 はとても 大 きな 問 題 だ みんな 私 たちが 痴 呆 症 だということを 知 って いて どうしたらいかわからないので 以 前 と は 違 った 扱 い 方 をするように 感 じられる 私 たちが 妙 なことを 言 ったり おかしなことをし たりするのではないかと 心 配 なのだろうか? おかしなことをしないように 見 張 られている ように 感 じることがよくある 39

40 孤 立 アルツハイマー 病 が 行 くことになるのは 一 方 通 行 の 道 だ それは 本 当 に 比 較 的 ゆっくり と 進 むが 曲 がることはできない 小 刻 みの 死 で 友 達 や 親 戚 たちは 毎 日 毎 週 毎 年 少 しずつその 人 を 失 っていくのだ そしてたぶん このゆっくりと 進 展 しながら 違 う 人 になっていくことに 慣 れることで 最 後 に は その 人 が 脳 の 消 失 が 始 まる 前 本 当 は どんな 人 だったかを 忘 れてしまうのだろう 40

41 魂 とつながる - スピリチュアルケア - 41

42 スピリチュアリティ(デニス クラス) 人 間 は 人 生 が 有 限 であるがゆえに 無 限 と つながろうと 努 めるのである スピリチュアリティは 関 係 性 への 気 づきで あり 特 に 五 感 を 超 えたものとの 関 係 性 の 気 づきである 自 我 の 殻 がなくなり 私 たちの 中 にある 真 理 が 外 側 にもあることがわかったときに スピリチュアリティを 感 じる 42

43 つながるのは スピリチュアルなもの( 魂 ) 究 極 的 自 己 ( 魂 )はあるか? 超 越 的 他 者 ( 神 )はあるか? 哲 学 本 体 (デカルト) 宇 宙 (トマス アクィナス) 世 界 (ニュートン) 道 徳 (カント) 宗 教 信 心 には 証 拠 はありません 証 拠 を 求 るな ら 信 じているのではありません( 倉 田 百 三 ) 43

44 神 や 魂 とはなんだろう あまねくおわすもの 神 道 : 八 百 万 の 神 仏 教 : 山 川 草 木 悉 皆 成 仏 自 ずから 与 えられたなにか 正 しく 強 く 生 きるとは 銀 河 系 を 自 らの 中 に 意 識 してこれに 応 じて 行 くことである われらに 要 るものは 銀 河 を 包 む 透 明 な 意 志 巨 きな 力 と 熱 である ( 宮 沢 賢 治 ) 44

45 自 ずから 与 えられたなにか 仁 は 遠 からんや 我 仁 を 欲 すれば 斯 に 仁 至 る( 孔 子 ) 惻 隠 の 心 ( 孟 子 ) 人 皆 な 人 に 忍 びざるの 心 あり 今 人 の 乍 ち 孺 子 の 将 に 井 に 入 らんとする を 見 れば 皆 な 怵 惕 惻 隠 の 心 あり 惻 隠 の 心 なきは 人 にあらざるなり 惻 隠 の 心 は 仁 の 端 なり 45

46 思 わず してしまうこと 無 垢 な 衝 動 は どこからくるか タマシイ ありのまま あたりまえ 真 心 ブレーキをかけるのは カラダ(アタマ): 知 れば 知 るほど ココロ: 思 えば 思 うほど 46

47 認 知 症 のスピリチュアルケア(6) ( 身 体 的 なことを) 考 えるのも ( 心 理 的 なことを) 思 うのも その 主 体 は 私 だ その 人 に なにが できるか と 私 が 考 え 私 が 思 う けれども スピリチュアル ケアの 主 体 は 私 では ない 魂 が その 人 と なにができるか を 私 に 示 すのだ だから 私 は その 人 とともに 魂 に 委 ねられた 客 体 に 過 ぎない それが 思 わず してしまうこと の 本 当 の 意 味 だ だからスピリチュアル ケアと は 私 とその 人 との 関 わりを 魂 に 委 ねてしまう ことだともいえる 47

48 認 知 症 のスピリチュアルケア(7) その 人 に なにができるか と 私 が 考 え 私 が 思 うとき その 結 果 を 私 は 大 いに 期 待 し 多 く 失 望 する 一 方 その 人 と なにができるか を 魂 に 委 ね るとき 私 は 期 待 と 失 望 を 魂 とともに 超 越 する 生 きかえってくれるかどうか 分 からないが 思 わ ず 手 をにぎる ふり 返 ってくれるかどうか 分 から ないが 思 わず 涙 する 魂 に 導 かれながら 思 わず してしまうこと には それ 自 体 として すでに 意 味 があるのだ 48

49 認 知 症 のスピリチュアルケア(8) だから 関 わり を 魂 に 委 ねたとき この 私 はもっと 安 心 してかまわない もっと 自 由 でかまわない スピリチュアル ケアは 私 とその 人 とを 私 の 考 えや 思 いから 解 放 も するのだ 関 わりを 大 切 にする とは 本 来 そういうことではないかと 思 う 49

50 スピリチュアルケア 知 る 思 う 主 体 は 私 私 は その 人 に なにができるか つながる 主 体 は 私 ではない 魂 が その 人 と なにができるか を 私 に 示 す 私 とその 人 との 関 わりを 魂 に 委 ねてしまう 思 わず 手 を 握 る 思 わず 涙 する 50

51 ケアの 深 み 知 る( 知 ) 思 う( 好 ) つながる( 楽 ) Body( 知 ) 脳 を 説 明 する Mind( 情 ) 心 を 了 解 する Spirit(への 意 志 ) 魂 を 肯 定 する 51

52 Florence Nightingale 人 の 命 の 中 にある 強 く 健 全 な 意 志 の 力 は どんな に 個 人 的 な 犠 牲 をはらっても- 日 々の 生 活 の 中 での 犠 牲 をはらっても- 公 共 の 善 きことを 成 し 遂 げようとせずにはいられない その 仕 事 は 自 分 たちの 仕 事 ではなく 神 のみわざ であるという つまり 私 たちは 神 のみむねの 成 就 を 願 っているのであり 自 分 たちの 成 功 を 求 めて いるのではないという 思 い また 私 たちが 神 の みわざを 実 行 できるようにと 神 が 与 え 給 うたあら ゆる 手 段 により 私 たちは 訓 練 を 受 け 力 をそなえ てきたのであるという 思 い この 思 いがなくては 私 たちはこの 仕 事 を 続 けていくことはできない 52

53 only two ways to live your life There are only two ways to live your life. 人 生 には 二 つの 道 しかない One is as though nothing is a miracle. 一 つは 奇 跡 などまったく 存 在 しないかのように 生 きること The other is as though everything is a miracle. もう 一 つは すべてが 奇 跡 であるかのように 生 きることだ Albert Einstein 53

54 only two ways to live your life 消 極 的 で 否 定 的 な 死 生 観 積 極 的 で 肯 定 的 な 死 生 観 悲 観 主 義 は 気 分 であるが 楽 観 主 義 は 意 志 である アラン 生 きようという 意 志 は ひとつの 壮 大 な 善 意 である 谷 川 俊 太 郎 54

55 盗 人 に 取 り 残 されし 窓 の 月 良 寛 55

56 海 水 を 器 に 斟 み 器 水 を 海 に 翻 せば 死 生 は 直 ちに 眼 前 に 在 り 佐 藤 一 斎 56

57 生 きる 意 味 は すくなからず 外 面 的 な 運 命 に 対 してどのような 態 度 をとるか もはや 運 命 を 形 成 することができないとき またははじめから 変 えられないとき どうふるまうかにこそあります Viktor Emil Frankl 57

58 58

59 道 元 と 弟 子 の 逸 話 人 は 皆 仏 性 をもって 生 まれた なのに なぜ 成 功 する 人 としない 人 がいるのか 成 功 する 人 は 努 力 する なぜ 努 力 する 人 としない 人 がいるのか 努 力 する 人 は 志 がある なぜ 志 のある 人 とない 人 がいるのか 志 のある 人 は 死 というものを 知 っている 59

60 なぜ 働 くのか ヒルティ. 幸 福 論 生 まれつき 働 き 好 きな 人 間 など あり はしない 勤 勉 は 感 覚 的 な 怠 惰 よりも 一 層 強 い 動 機 がなければ 生 まれるもので ない 60

61 仕 事 の 動 機 には 二 種 類 ある お 金 のため 名 誉 のため 欲 望 から アタマとココロが 選 ぶ 仕 事 愛 や 責 任 感 情 から タマシイが 選 ぶ 仕 事 61

62 お 金 のため 名 誉 のため 欲 望 から 成 功 するために 仕 事 をする 力 への 意 志 (アドラー) 劣 等 感 の 反 動 金 銭 快 楽 あるいは 名 誉 を 愛 する 者 は 人 を 愛 しない (エピクテトス) 62

63 後 期 高 齢 + 夫 婦 単 独 世 帯 介 護 現 場 で 認 知 症 高 齢 者 の 看 取 りの 時 代 がはじまる 63

64 愛 や 責 任 感 情 から 惻 隠 の 心 ( 孟 子 ) 人 皆 な 人 に 忍 びざるの 心 あり 今 人 の 乍 (タチマ)ち 孺 子 (ジュシ)の 将 に 井 (セイ)に 入 らんとするを 見 れば 皆 な 怵 惕 (ジュッテキ: 驚 きハラハラし) 惻 隠 (ソクイ ン:いたわしく あわれむ)の 心 あり 惻 隠 の 心 なきは 人 にあらざるなり 惻 隠 の 心 は 仁 の 端 なり 64

65 私 たちは その 人 と なにができるのか まなざし = 文 化 ともに 病 みうる 人 間 として ともに 老 いうる 人 間 として 内 なる まなざし を 問 うことから 欠 けているのは 制 度 としての 福 祉 ではなく 文 化 としての 福 祉 65

66 一 人 ひとりの 想 いに 人 は 一 人 で 生 きられるものではなく ま た 生 きるべきものでもありません とり わけ 心 ならずも 病 める 人 々や 障 がいを もって 生 きる 人 々と ともに 在 ること を 自 覚 するとき 人 は 深 い 気 づきに 導 か れます 66

67 一 人 ひとりの 想 いに それは たとえば 自 分 を 含 むすべての 人 の 人 生 に 対 する 穏 やかな 肯 定 感 であり たとえば 人 と 人 とのつながり 人 と 街 とのつながり 人 と 自 然 とのつながりを 豊 かに 受 けとめる 感 性 であり たとえば そうした 感 覚 を 静 かに 共 有 できる 文 化 その 文 化 にささえられた 病 んでも 障 がいをもっても 安 心 して 暮 らせる 社 会 を 築 きたいという 夢 であったりします 67

68 一 人 ひとりの 想 いに わたくしたちは 心 ならずも 病 める 人 々 や 障 がいをもって 生 きる 人 々と ともに 在 ること を 原 点 としながら 一 人 ひと りの 想 いに 耳 を 傾 け 自 立 と 共 生 をささ える 仕 事 をとおして 病 んでも 障 がい をもっても 安 心 して 暮 らせる 社 会 の 実 現 に 貢 献 したいと 願 っています 68

69 職 業 道 楽 知 る 者 も 好 む 者 も 楽 しむ 者 には 及 ばないという 孔 子 の 言 葉 があります ( 子 曰 知 之 者 不 如 好 之 者 好 之 者 不 如 樂 之 者 ) この 仕 事 そのものを 楽 しみとできるような 感 性 を 大 切 にし その 感 性 を 伸 ばせるような 職 場 をめざします 69

70 私 は 眠 り 夢 見 る 生 きることがよろこびだったらと 私 は 目 覚 め 気 づく 生 きることは 義 務 だと 私 は 働 く - すると ごらん 義 務 はよろこびだった タゴール 70

71 人 在 育 成 人 材 でも 人 財 でもなく 人 が 在 る ことを 大 切 にしながら 互 いに 育 み 成 長 する 職 場 をめざします 71

72 人 在 育 成 組 織 的 な 行 為 というものは 存 在 しない 存 在 するのは 組 織 における 一 人 ひとりの 行 為 のみである 組 織 内 の 一 人 ひとりが 信 頼 に 値 するとき にのみ その 組 織 は 信 頼 に 値 するのであ る =R.コヴィー. 最 優 先 事 項 p398= 72

73 人 在 育 成 最 大 のサービスとは 君 の 人 格 を 上 げる ことだ( 鍵 山 秀 三 郎 ) どんな 人 格 をめざすのか 一 以 貫 之 ( 孔 子 ) 忠 恕 のみ やさしくて 強 い 聞 いて 話 す 73

74 省 事 倹 約 無 駄 を 省 き 倹 約 に 努 めながら 全 員 が 経 営 に 携 わっているという 感 覚 を 共 有 できる 職 場 をめざします 74

75 省 事 倹 約 省 事 耶 律 楚 材 (やりつ そざい)1188~1243 一 利 を 興 すは 一 害 を 除 くにしかず 一 利 を 生 (ふ)やすは 一 事 を 省 くにしかず 倹 約 物 金 :もったいない 人 : 体 + 声 ( 挨 拶 )+ 知 恵 時 間 : 時 間 という 無 駄 経 費 は 使 い 放 題 PSS:Priority-Start-Speed 事 故 と 苦 情 を 活 かす 事 故 の 責 任 は 問 わず 報 告 の 怠 慢 を 問 う 75

76 PSS:Priority-Start-Speed バケツに 石 と 砂 利 と 砂 を 入 れるには? 石 から 入 れる(7Habitsより) 人 生 とは 限 られた 時 間 のこと 急 を 要 することは ただ 単 に 重 要 なことよりも 優 先 される そのため 重 要 なことは それが 急 を 要 する 事 態 になったときにはじめて 手 が 打 たれ ることになる だが それでは 時 すでに 遅 しとい う 場 合 が 多 いのだ (ルイ J ハレ) 76

77 PSS:Priority-Start-Speed 仕 事 を 終 わらせるコツ 始 めること まず 何 よりも 肝 心 なのは 思 いきってやり 始 める ことである 仕 事 の 机 にすわって 心 を 仕 事 に 向 けるという 決 心 が 結 局 一 番 むずかしいことなの だ 一 度 ペンをとって 最 初 の 一 線 を 引 くか ある いは 鍬 を 握 って 一 打 ちするかすれば それでも う 事 柄 はずっと 容 易 になっているのである (ヒ ルティ) 77

78 PSS:Priority-Start-Speed 拙 速 主 義 ( 森 信 三 ) 一 度 着 手 した 仕 事 は 一 気 呵 成 にやっての けるということです 同 時 にまたそのためには 最 初 から 最 上 の 出 来 栄 えを という 欲 を 出 さないということで す すなわち 仕 上 げはまず 八 十 点 級 というつ もりで とにかく 一 気 に 仕 上 げることが 大 切 です 78

79 一 日 一 生 いつもただ 今 日 のために 働 くという 習 慣 をつくるがよい 明 日 はひとりでにやって 来 る そして それと 共 に 明 日 の 力 も 来 る のである あまり 多 く 望 むのは 通 常 あまり 少 なくし かやり 遂 げない 人 である あすのことを 思 い 煩 うな 一 日 の 苦 労 は その 日 一 日 だけで 十 分 である ( 聖 書 ) 79

80 自 尊 好 縁 出 会 いを 大 切 にすることと 自 分 らしく 生 きることとが 自 然 に 調 和 する 職 場 をめざします 80

81 自 尊 好 縁 自 尊 縁 と 折 り 合 うこと しかし 縁 に 投 棄 された 自 分 縁 と 自 分 が 折 り 合 えないとき

82 変 えられないこと 変 えられること 神 よ われに 与 えたまえ 変 えられないことを 受 けいれる 心 の 平 静 と 変 えられることを 変 えていく 勇 気 と それらを 見 分 ける 知 恵 とを ラインホルト ニーバー

83 見 分 ける 知 恵 変 えられないこと 過 去 と 他 人 変 えられること 未 来 の 自 分

84 過 去 と 未 来 あなたの 過 去 は あなたの 未 来 と 同 じではない 問 題 は 昨 日 どうだったかではなく 今 この 時 に 何 をするかだ それなのに バックミラーを 見 ながら 未 来 へ 向 かって 車 を 走 らせる 人 が 多 すぎる これでは 事 故 が 起 こって 当 然 だ 状 況 を 好 転 させるためには 今 日 することに 焦 点 (フォーカス)を 当 てなければいけないのだ アンソニー ロビンス

85 自 尊 好 縁 縁 を 受 容 し 自 分 を 再 生 する 意 志 好 縁 自 尊 種 の 起 源 (ダーウィン) 最 も 強 いものが 生 き 残 るのではなく 最 も 賢 いものが 生 き 延 びるわけでもない 唯 一 生 き 残 るのは 変 化 できるものだけで ある

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福

187 家 族 249 家 族 がすべて 315 自 分 の 健 康 家 族 の 健 康 188 平 和 安 定 した 生 活 250 自 分 にかかわる 人 達 316 仕 事 お 金 友 人 189 家 族 251 友 人 両 親 317 家 族 190 自 分 と 家 族 の 命 と 幸 福 問 49 あなたにとって 一 番 大 切 と 思 うものは 何 ですか (サンプルNo., 回 答 ) 1 自 分 63 家 族 125 2 家 族 64 命 126 3 両 親 65 家 族 127 身 内 4 家 族 66 命 128 家 族 5 家 族 67 家 族 129 命 6 自 分 の 心 68お 金 130 命 7 家 族 69 健 康 131 環 境 8ペット( 猫 ) 70 健

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

アメリカ国民の肥満率とその理由

アメリカ国民の肥満率とその理由 アメリカ 国 民 の 肥 満 率 とその 理 由 アメリカ 国 民 の 肥 満 率 アメリカ 国 民 全 体 で18 歳 以 上 人 口 のBMI30 以 上 の 比 率 は33%( 日 本 の 約 10 倍 ) 人 種 別 の 肥 満 率 白 人 ( 非 ヒスパニック 系 )の 場 合 男 30.5% 女 32.3% 黒 人 ( 非 ヒスパニック 系 )の 場 合 男 36.0% 女 48.1%

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

スライド 1

スライド 1 1. 認 知 症 総 論 概 念 症 状 ~ 治 療 予 防 のまとめ 2. 高 齢 社 会 と 認 知 症 3. ケアの 変 革 京 都 文 書 厚 生 労 働 省 プロジェクト オレンジプラン 認 知 症 の 定 義 いったん 正 常 に 発 達 した 知 的 機 能 が 後 天 的 な 脳 の 障 害 によって 持 続 的 に 低 下 し 複 数 の 認 知 障 害 があるために 社 会 生

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識

OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 内 視 鏡 達 負 担 精 密 可 能 除 頃 バ 条 件 ぜ 条 件 細 胞 傷 爆 四 八 散 例 胃 肝 へ ぜ 肝 器 血 量 至 ぐ 閉 肝 限 学 界 識 率 語 婦 産 卵 巣 爆 婦 系 引 張 上 げ 破 細 胞 び 散 播 腫 ゅ 識 OD 研 究 会 報 No.74 号 -- 統 計 書 予 測 順 胃 3 ' 比 倍 総 7 万 8 千 ぼ 予 測 精 液 器 代 表 高 齢 社 会 到 来 時 加 然 然 回 排 夜 迫 ( イ 行 我 慢 ) 下 快 結 肥 比 較 類 早 期 過 剰 放 寿 命 係 摘 放 射 線 照 射 消 滅 副 用 失 禁 機 能 障 害 回 高 齢 社 会 到 来 加 丹 羽 話 伺 4 月 行

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO

大学と学生第543号大学メンタルヘルスにおける連携_広島大学(岡本 百合)-JASSO 特 集 2~ 制 働 ~ 10 2009.7 じ イ デ テ ィ テ ィ 立 親 立 春 青 課 直 面 際 実 際 親 離 暮 始 卒 業 後 業 選 択 現 実 迫 中 春 青 統 失 調 疾 患 好 家 族 離 ひ ち 活 気 づ 深 刻 近 複 雑 様 解 鍵 抱 遭 遇 少 友 ち 特 殊 身 周 囲 身 追 二 拡 被 抑 制 ~ 点 ~ 岡 百 広 島 健 准 授 特 集 2~ 制 働

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に 第 7 章 薬 物 乱 用 犯 罪 被 害 等 1. 薬 物 乱 用 の 実 態 (1) 薬 物 乱 用 とその 影 響 薬 物 乱 用 とは 医 薬 品 を 医 療 以 外 の 目 的 で 使 用 すること 医 療 目 的 ではない 化 学 物 質 を 不 正 に 使 用 することである 乱 用 される 薬 物 には 前 者 の 例 として 睡 眠 薬 や 鎮 痛 剤 のような 向 精 神 薬 があり

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

田中英高氏提出資料1

田中英高氏提出資料1 震 災 や 放 射 線 が 児 童 生 徒 への 心 身 に 与 える 影 響 について 日 本 小 児 心 身 医 学 会 田 中 英 高 ( 大 阪 医 科 大 学 小 児 科 ) 福 島 県 内 で 一 定 の 放 射 線 量 が 計 測 された 学 校 等 に 通 う 児 童 生 徒 等 の 日 常 生 活 等 に 関 する 専 門 家 からのヒアリング( 第 1 回 )について 平 成 23

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止 介 護 職 員 初 任 者 研 修 カリキュラム 事 業 者 名 野 の 花 会 研 修 センター 研 修 事 業 の 名 称 野 の 花 会 研 修 センター 介 護 職 員 初 任 者 研 修 1 職 務 の 理 解 ( 6 時 間 ) 1 多 様 なサービスの 理 解 3 時 間 介 護 保 険 サービス( 居 宅 施 設 ) 介 護 保 険 外 サービス 2 介 護 職 の 仕 事 内 容

More information

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く

2 基 本 的 な 考 え 方 子 どもたちが 夢 と 希 望 をもち いきいきと 心 身 ともに 健 やかに 成 長 していくことは すべての 親 が 願 っていることです 市 では 長 浜 の 未 来 を 切 り 拓 き 次 代 を 担 う 大 切 な 宝 である 子 どもたちを 育 て 導 く 長 浜 子 どものちかい 及 び 長 浜 子 育 て 憲 章 について 1 策 定 の 趣 旨 全 国 的 に いじめや 虐 待 の 問 題 を 始 め 非 行 の 低 年 齢 化 児 童 生 徒 の 社 会 性 や 主 体 性 の 弱 さ さらには 忍 耐 力 や 集 中 力 規 範 意 識 や 公 共 の 意 識 等 の 欠 如 が 指 摘 されて 久 しくなります 社 会 構 造 や 生 活

More information

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc 福 岡 国 税 局 派 遣 国 税 庁 首 席 監 察 官 福 澤 宏 文 殿 国 税 局 職 員 による 犯 罪 行 為 の 申 し 立 て 及 び 犯 罪 捜 査 の 要 請 平 成 27 年 6 月 3 日 島 根 県 松 江 市 東 本 町 5 丁 目 16 番 地 9 山 根 ビル3 階 株 式 会 社 山 根 総 合 事 務 所 内 山 根 治 税 理 士 事 務 所 税 理 士 山 根

More information

Microsoft Word - 配付資料

Microsoft Word - 配付資料 認 知 症 の 人 の 精 神 科 入 院 医 療 と 在 宅 支 援 のあり 方 に 関 する 研 究 会 配 付 資 料 海 上 寮 療 養 所 上 野 秀 樹 (1) 当 院 で 在 宅 生 活 を 送 られている 認 知 症 の 人 に 対 し 実 践 している 精 神 科 医 療 の 具 体 的 な 支 援 内 容 や 実 績 等 当 院 では 平 成 21 年 11 月 から 認 知 症

More information

スタート診断テスト国語.indd

スタート診断テスト国語.indd 漢 漢 含 む 々 ナ 養 宇 宙 ユ 試 隣 国 寺 院 ゾ セ 状 改 善 ベ 格 利 益 配 分 腕 ニ 鍛 宅 ツ 電 車 使 開 話 報 カ 応 起 ニ ュ 例 年 早 庭 草 花 サ 海 外 制 研 究 顕 微 鏡 リ ツ 目 標 タ ツ 遠 足 ス 持 参 好 機 ラ ビ 舞 行 朝 食 フ 食 五 嫌 取 調 ジ ッ 若 育 他 社 製 ゴ 夏 休 コ 帰 リ 解 決 熟 欠 会 五

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

人生の暗号と運命

人生の暗号と運命 寅 暗 号 運 命 導 聖 愛 ょ 父 子 聖 霊 行 お 永 遠 導 続 ( エ ド ガ ケ イ リ デ グ ) 4 目 次 プ グ 雑 還 暦 過 ぎ 頃 四 家 系 探 五 太 陽 系 今 六 術 残 死 七 犬 八 娘 九 娘 旅 行 〇 墓 姓 父 太 郎 共 通 点 義 兄 金 造 道 悦 5 妻 周 四 悦 子 五 寅 六 新 社 倒 産 七 父 死 十 字 架 八 北 へ 帰 別

More information

Microsoft Word - 本文

Microsoft Word - 本文 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 施 行 細 則 昭 和 四 十 一 年 五 月 十 日 規 則 第 二 十 五 号 改 正 昭 和 四 四 年 九 月 一 六 日 規 則 第 七 五 号 昭 和 四 八 年 三 月 九 日 規 則 第 九 号 昭 和 四 九 年 七 月 三 〇 日 規 則 第 五 四 号 昭 和 五 〇 年 九 月 九 日 規 則 第 五

More information

Microsoft PowerPoint - 多重債務問題の個別的生活支援.ppt

Microsoft PowerPoint - 多重債務問題の個別的生活支援.ppt 個 別 的 生 活 支 援 アプローチによる 多 重 債 務 者 の 支 援 事 例 で 学 ぶ 介 入 から 回 復 まで 司 法 書 士 稲 村 厚 1 本 研 修 のねらい 多 重 債 務 者 の 支 援 を 考 える 多 重 債 務 の 原 因 とその 克 服 について 考 える 個 別 支 援 と 地 域 連 携 について 考 える 社 会 福 祉 における 多 重 債 務 相 談 の 役

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂

君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 君 聞 着 捨 周 見 黒 埋 尽 所 華 彩 心 陣 取 げ 楽 見 浮 酷 浮 酷 光 景 君 顔 走 回 私 振 回 彼 ク ム ド メ カ 彼 教 室 寂 む 雰 囲 製 作 者 英 語 授 業 習 訳 堅 苦 役 割 メ カ ム ド ク ッ シ ャ 面 白 自 発 想 ぼ 今 度 空 読 今 入 付 会 主 導 権 握 題 換 タ ミ ン グ 全 次 第 天 然 周 来 楽 百 倍 百 倍

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実 2009 第 一 事 件 2006 年 (ワ) 第 6484 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 王 子 雄 ほか39 名 被 告 日 本 国 第 二 事 件 2008 年 (ワ) 第 18382 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 事 件 原 告 呉 及 義 ほか21 名 被 告 日 本 国 意 見 陳 述 書 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 13 部 御 中 原

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文

集 直 危 機 3 講 演 首 都 東 京 院 授 江 原 由 美 究 専 門 究 等 様 領 域 扱 ぜ 漏 疑 焦 告 告 示 成 素 由 山 田 告 告 述 逆 究 明 示 険 検 討 妥 変 程 ぜ 第 述 観 短 ぎ 認 識 焦 ぎ 専 個 選 択 形 評 価 等 与 ぜ 果 初 般 文 集 直 危 機 J I L P T 術 変 動 科 ォ 催 究 機 証 究 基 信 J I L P T 去 普 遍 術 根 変 重 文 科 然 科 至 幅 広 科 集 術 求 術 ミ ョ 背 景 織 ォ 運 営 運 び 第 ォ 開 催 背 景 誰 直 誰 析 歴 途 退 形 道 摘 重 意 識 真 抜 去 背 景 改 半 市 企 訓 練 受 改 背 景 意 識 稼 ぎ 児 外 真 据 開 挨 拶 小

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

アセスメントはケアプランを 作 成 するのに 必 要 な 情 報 を 収 集 し ニーズを 導 き 出 すため の 根 拠 を 得 る 作 業 です 注 3 上 記 のアセスメントの 定 義 を 参 考 に 私 たちは アセスメントとは 利 用 者 とその 環 境 に 関 する 情 報 の 収 集

アセスメントはケアプランを 作 成 するのに 必 要 な 情 報 を 収 集 し ニーズを 導 き 出 すため の 根 拠 を 得 る 作 業 です 注 3 上 記 のアセスメントの 定 義 を 参 考 に 私 たちは アセスメントとは 利 用 者 とその 環 境 に 関 する 情 報 の 収 集 アセスメント ~ニーズ 確 定 に 向 けて~ 猪 瀬 詩 歩 助 川 哉 太 山 﨑 拓 郎 横 山 喜 香 1.はじめに 私 たちは 社 会 福 祉 援 助 技 術 現 場 実 習 Ⅰ( 以 下 実 習 とする)での 体 験 をグループで 振 り 返 った ケースワークの 振 り 返 りを 行 い 私 たちはアセスメントが 不 十 分 であったと 考 えた そこで アセスメントについて 調 べたところ

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 心 と 脳 の 関 係 : 包 括 的 一 元 論 の 構 築 脳 科 学 現 象 学 唯 識 教 義 の 三 者 における 共 通 点 を 見 出 すことにより 脳 ( 物 )と 心 を 隔 てる 歴 史 的 文 化 的 科 学 的 な 障 壁 を 乗 り 越 えることを 目 指 す 内 省 心 理 学 唯 識 科 学 脳 科 学 現 象 学 哲 学 2014 11 22 研 究 会 資 料 1

More information

人生の最終段階における医療に関する意識調査 結果の概要

人生の最終段階における医療に関する意識調査 結果の概要 資 料 1 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 に 関 する 意 識 調 査 集 計 結 果 ( 速 報 )の 概 要 1 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 に 関 する 意 識 調 査 について 調 査 方 法 : 郵 送 調 査 < 一 般 国 民 > 20 歳 以 上 の 男 女 から 層 化 2 段 階 無 作 為 抽 出 < 医 師 看 護 師 施 設 介 護 職 員

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障 実 技 試 験 総 評 手 書 き 採 点 の 基 準 や 合 格 点 はこれまで 同 様 です 内 容 表 記 や 日 本 語 の 使 い 方 文 章 構 成 も 含 めた 総 合 で 70 点 以 上 です 読 みやすさに 関 しては 地 域 による 指 導 や 認 識 の 差 が 非 常 に 大 きく 出 たように 思 われます 養 成 講 座 の 最 初 に 表 記 の 指 導 を 徹 底

More information

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て File.12< 参 考 判 決 1 > 死 亡 生 命 保 険 金 と 特 別 受 益 神 戸 家 庭 裁 判 所 伊 丹 支 部 平 12 年 ( 家 ) 111 号 112 号 平 13 年 ( 家 ) 1405 号 平 成 15 8 8 審 判 大 阪 高 裁 平 15( ラ ) 953 号 平 成 16 5 10 決 定 最 高 裁 平 16( 許 ) 11 号 平 成 16 10 29

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

れ 現 在 まで 続 いている この 方 式 は 政 府 経 済 見 通 しによる 個 人 消 費 の 伸 び( 民 間 最 終 消 費 支 出 )のみによって 改 定 するもので これは 一 般 世 帯 の 約 7 割 の 消 費 水 準 と 言 われている この 貧 困 線 は 相 対 的 貧

れ 現 在 まで 続 いている この 方 式 は 政 府 経 済 見 通 しによる 個 人 消 費 の 伸 び( 民 間 最 終 消 費 支 出 )のみによって 改 定 するもので これは 一 般 世 帯 の 約 7 割 の 消 費 水 準 と 言 われている この 貧 困 線 は 相 対 的 貧 貧 困 概 念 の 展 開 貧 困 へのアプローチのさまざま 5. 貧 困 へのアプローチのさまざま 1 日 本 の 貧 困 線 生 活 保 護 基 準 の 算 定 方 式 日 本 における 貧 困 線 である 生 活 保 護 基 準 は 日 本 における 貧 困 者 の 範 囲 を 確 定 するライン( 線 )であり 一 定 の 所 得 額 を 示 す これ 以 下 の 所 得 の 場 合 が 貧

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

(3) 即 効 性 を 高 めるため 複 数 の 抗 うつ 薬 を 組 み 合 わせて 使 用 することが 推 奨 される (4)うつ 病 では 基 本 症 状 として 抑 うつ 気 分 と 興 味 喜 びの 喪 失 を 有 することが 多 い (5) 希 死 念 慮 のあるうつ 病 患 者 に 対

(3) 即 効 性 を 高 めるため 複 数 の 抗 うつ 薬 を 組 み 合 わせて 使 用 することが 推 奨 される (4)うつ 病 では 基 本 症 状 として 抑 うつ 気 分 と 興 味 喜 びの 喪 失 を 有 することが 多 い (5) 希 死 念 慮 のあるうつ 病 患 者 に 対 2013 年 度 精 神 医 学 試 験 問 題 復 元 ( 実 施 日 :2014 年 1 月 8 日 ) 問 1.. 正 しいものを 選 べ (1) 精 神 医 科 学 的 現 在 症 の 外 観 表 出 面 の 観 察 項 目 としては ⅰ) 身 だしなみ( 服 装 化 粧 頭 髪 爪 の 手 入 れ) 手 首 のどの 傷 痕 刺 青 ⅱ) 表 情 ( 爽 快 上 機 嫌 抑 うつ 悲 哀 不

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表 平 成 22 年 11 月 10 日 各 位 人 間 環 境 大 学 学 長 服 部 良 男 ( 公 印 省 略 ) 平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 ならびに 特 別 講 演 会 開 催 のご 案 内 謹 啓 深 冷 の 候 皆 様 におかれましては 益 々ご 盛 栄 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 平 素 は 本 学 の 教 育 研 究 に

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る 尚 絅 学 院 ハラスメント 防 止 のためのガイドライン 尚 絅 学 院 ハ ラ ス メ ン ト 防 止 宣 言 学 校 法 人 尚 絅 学 院 尚 絅 学 院 は す べ て の 学 生 生 徒 園 児 お よ び 教 職 員 が 個 人 と し て 尊 重 さ れ 互 い の 信 頼 を も と に 修 学 や 研 究 就 労 に 励 め る よ う 環 境 を 整 え こ れ を 維 持 し

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2

平 成 28 年 度 教 職 員 一 覧 校 長 𥱋 瀬 一 爾 副 校 長 須 賀 一 輝 1 年 2 年 3 年 学 年 主 任 塩 谷 眞 司 ( 数 学 ) 学 年 主 任 對 馬 智 幸 ( 保 体 ) 学 年 主 任 高 見 賢 一 ( 社 会 ) 1-1 西 田 真 ( 社 会 ) 2 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 曜 日 ) 横 浜 市 立 山 内 中 学 校 横 浜 市 青 葉 区 美 しが 丘 五 丁 目 4 番 地 自 分 を 仲 間 を 積 み 重 ねを 大 切 に! ~ 山 内 中 学 校 平 成 28 年 度 スタート~ 桜 木 にも 新 緑 の 若 葉 が 芽 吹 き 山 内 中 学 校 の 校 庭 にも 若 い 力 が 溢 れています 045(901)0030

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1 Title 京 大 東 アジアセンターニュースレター 第 609 号 Author(s) Citation 京 大 東 アジアセンターニュースレター (2016), 609 Issue Date 2016-02-29 URL http://hdl.handle.net/2433/208993 Right Type Others Textversion publisher Kyoto University

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc)

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc) 別 紙 1 パワー ハラスメントの 防 止 のために 職 員 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 パワー ハラスメント( 以 下 パワハラ という )をしないようにするため に 職 員 が 認 識 すべき 事 項 1 意 識 の 重 要 性 パワハラをしないようにするためには 職 員 一 人 一 人 が 次 の 事 項 の 重 要 性 について 十 分 認 識 しなければならない

More information

[ 職 業 上 の 不 正 と 濫 用 不 正 の 体 系 図 ] 出 所 : 公 認 不 正 検 査 士 協 会 職 業 上 の 不 正 と 濫 用 に 関 する 国 民 への 報 告 書 2.タイ 国 における 企 業 不 正 タイにおいて 不 正 のカテゴリーで 圧 倒 的 に 件 数 が 多

[ 職 業 上 の 不 正 と 濫 用 不 正 の 体 系 図 ] 出 所 : 公 認 不 正 検 査 士 協 会 職 業 上 の 不 正 と 濫 用 に 関 する 国 民 への 報 告 書 2.タイ 国 における 企 業 不 正 タイにおいて 不 正 のカテゴリーで 圧 倒 的 に 件 数 が 多 在 タイ 日 系 企 業 の 不 正 防 止 アプローチ 有 我 政 人 1.はじめに 従 業 員 による 在 庫 の 窃 盗 経 費 の 水 増 し 請 求 業 者 からのキックバック 帳 簿 の 改 ざん 不 正 支 出 など 不 正 スキームは 多 岐 にわたるが これら 全 ての 行 為 の 中 核 に 存 在 するのは 信 頼 を 裏 切 る 利 益 相 反 行 為 である 利 益 相 反

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

理 学 療 法 科 小 泉 千 秋 摂 食 嚥 下 障 害 とは 食 べることの 障 害 です 食 べることは 誰 もが 毎 日 行 っている 身 近 な 活 動 であり 栄 養 摂 取 のために 必 ず 必 要 なことになります それだけ 身 近 な 障 害 なので 最 近 は 医 療 の 面 か

理 学 療 法 科 小 泉 千 秋 摂 食 嚥 下 障 害 とは 食 べることの 障 害 です 食 べることは 誰 もが 毎 日 行 っている 身 近 な 活 動 であり 栄 養 摂 取 のために 必 ず 必 要 なことになります それだけ 身 近 な 障 害 なので 最 近 は 医 療 の 面 か 七 沢 リハビリテーション 病 院 脳 血 管 センター 2012 年 1 月 No.31 http://www. n-nokekan -hp.kanagawa -rehab.or.jp/ E-mail nanasomu@kanagawa -rehab.or.jp 243-0121 神 奈 川 県 厚 木 市 七 沢 1304 総 務 局 Tel046-249-2806Fax046-249-2903

More information

P A L M I S T R Y H A P P Y - L I F E 絵 空 師 典 ん 社 動 発 展 ゆ 刻 々 化 ゆ 環 境 来 知 来 1 アドバイザー 絵 空 師 著 3 目 次 接 4 間 6 付 根 伸 8 秘 十 字 形 1 0 月 丘 1 2 ひ 途 止 1 4 知 止 1 6 障 害 遮 1 8 補 助 2 0 端 十 字 形 止 2 2 端 規 則 雑 2 4 起 点

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

かがやけ みらい に おける 関 連 6 年 生 1 グッドガイ-メジャーリーガー 松 井 秀 喜 - 1-(4) 誠 実 明 朗 2 わたし 知 らないところで 1-(1) 思 慮 反 省 節 度 節 制 3 銀 しょく 台 2-(4) 寛 容 謙 虚 p. 38 41 p. 184 187 p.

かがやけ みらい に おける 関 連 6 年 生 1 グッドガイ-メジャーリーガー 松 井 秀 喜 - 1-(4) 誠 実 明 朗 2 わたし 知 らないところで 1-(1) 思 慮 反 省 節 度 節 制 3 銀 しょく 台 2-(4) 寛 容 謙 虚 p. 38 41 p. 184 187 p. 学 校 図 書 版 小 学 校 道 徳 副 読 本 かがやけ みらい へ 関 連 的 活 用 について 第 6 学 年 小 学 校 児 童 向 けに 配 布 されています 私 たち 道 徳 を 道 徳 時 間 で 使 用 す るため 関 連 情 報 を 表 にしてお 示 ししました 副 読 本 掲 載 れぞれ 資 料 について ( 導 入 展 開 終 末 ) を 具 体 的 に 挙 げました 関 連

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

現 代 の 社 会 情 勢

現 代 の 社 会 情 勢 時 代 不 安 と 職 業 観 パートⅦ - 不 況 時 代 のメンタルヘルス- 臨 床 心 理 士 の 立 場 から ティーペック 株 式 会 社 EAPセンター 臨 床 心 理 士 鴨 澤 あかね 現 代 の 社 会 情 勢 若 者 ( 新 入 社 員 )の の 意 識 今 の 会 社 に 一 生 勤 めようと 思 っている とする 回 答 出 典 : 2009 年 度 新 入 社 員 意 識

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information