筑 波 学 院 大 学 紀 要 文 中 のフレーズの 機 能 は 最 初 の 不 変 化 詞 に よって 示 されるか 文 章 中 の 位 置 によるかあ るいは 両 方 に 示 されるかどちらかであ 文 中 の katahiatekaaingaerupeは 家 が 流 され たことを

Size: px
Start display at page:

Download "筑 波 学 院 大 学 紀 要 5 2010 文 中 のフレーズの 機 能 は 最 初 の 不 変 化 詞 に よって 示 されるか 文 章 中 の 位 置 によるかあ るいは 両 方 に 示 されるかどちらかであ 文 中 の katahiatekaaingaerupeは 家 が 流 され たことを"

Transcription

1 筑 波 学 院 大 学 紀 要 第 5 集 23~34ページ 横 瀬 弘 幸 :ニュージーランド 英 語 におけるマオリ 語 (V) 2010 年 ニュージーランド 英 語 におけるマオリ 語 (V) * 横 瀬 弘 幸 AspectsoftheMaoriLanguageinNewZealandEnglish(V) YOKOSEHiroyuki * Abstract IndailycoversationinNew Zealand,theMaoriLanguagecompriseonlyfivepercent.Infact, howevertheyuseandspeaklotsofmaorilanguage,wordsandphrases,expressions,everywhere. Thispaperexaminesthestructureofthesimpleverbalsentences,noteanditsvariousmeanings,reduplication,thebiposedparticleanoo,numerals,tauaandteetahi,thelocativeskoo,konei, konaa,koraa,reira,agreementofqualifyingbasesandmannerparticleswithpassivesandderived nouns,etc.numeralsandthestructureofthemaoriphrase. 抄 録 ニュージーランドにおけるマオリ 語 の 存 在 は 確 実 に 生 活 の 中 にあ 授 業 に 学 校 でも 取 り 入 れられているところもあ 言 葉 に 限 らず 歴 史 にも 触 れ マオリに 対 する 姿 勢 は 行 きとどいて い 国 としてさすがであ 言 葉 の 使 用 範 囲 は5パーセントといわれているが 前 回 に 続 き マオリ 語 が 生 活 に 中 に 受 け 入 れられ 借 用 されているか 文 法 的 見 地 から 検 証 してみ キーワード: 単 動 詞 主 語 述 語 感 嘆 詞 同 格 多 数 の 構 成 反 復 数 詞 派 生 語 マオリ 句 の 構 文 など 1. 単 動 詞 の 文 マオリ 語 は 文 法 的 構 成 としてフレーズの 重 要 な 上 に 置 かれ 今 まで 見 てきたようにマ オリの 発 話 はそれぞれフレーズの 配 合 であ り それは 語 彙 の 情 報 を 含 む 中 心 の 核 から 成 り 立 ってい 文 法 的 情 報 に 加 えられた 表 現 法 しかり 文 法 的 情 報 は 迂 言 法 に 加 えられ 主 に 二 種 類 あ 一 に 核 を 意 味 する 定 義 と 二 に 文 章 の 中 で 他 のフレーズに 対 して 影 響 を 及 ぼすものとがあ 情 報 のまず 例 として 違 った 品 詞 te,nga,he,a,を 全 て 発 話 で 出 てく るフレーズの 核 の 意 味 についても 考 えてみ * 情 報 コミュニケーション 学 部 情 報 メディア 学 科 TsukubaGakuinUniversity 23

2 筑 波 学 院 大 学 紀 要 文 中 のフレーズの 機 能 は 最 初 の 不 変 化 詞 に よって 示 されるか 文 章 中 の 位 置 によるかあ るいは 両 方 に 示 されるかどちらかであ 文 中 の katahiatekaaingaerupeは 家 が 流 され たことを 意 味 し 代 わりのフレーズの 機 能 は 最 初 の 品 詞 eによって 示 され koteorangaotanaahiiwhiuaeiakitekaikoomakoは 火 の 残 りが kaikoomakotreeに 人 に より 投 げ 入 れられた 意 味 を 表 す (A) 概 論 それぞれのフレーズの 機 能 は 最 初 の 品 詞 で 示 されるが koteorangaは 二 回 文 の 中 心 と して 印 されてい 次 に 文 章 の 最 初 に 置 かれ この 理 由 は koが 全 く 意 味 を 変 えずに 除 かれているからであフレーズは 文 章 内 に おいて 四 つの 機 能 の 役 割 を 果 す 主 語 述 語 注 釈 間 投 詞 句 となり そのフレーズ は 組 み 合 わせによりこれらの 機 能 の 一 つの 役 割 を 果 たしていてその 文 の 構 成 になってい 文 の 構 成 をする4つのタイプは 次 のよう に 分 類 され (B) 述 語 動 詞 句 の 述 語 は 常 に 動 詞 から 派 生 した 句 で あ 必 ずしも 述 語 は 文 の 始 めに 生 じるわけ ではない 次 の 例 は 述 語 が 最 も 一 般 的 な 字 体 で 表 示 されてい KahaereaMaauikitehiika. マウイが 魚 釣 りにいった HeaharaImauekeaiteikakitanamatau. 何 故 その 魚 は 彼 の 釣 り 針 にかかってし まったのか? (C) 主 語 単 文 の 主 語 は 前 置 詞 と 始 めない 名 詞 相 当 語 句 であ 主 語 となる 句 はきわだたないと 言 われ 主 語 が 焦 点 が 合 っている 時 決 定 的 なもの koで 始 め 次 の 文 は 主 語 が 大 胆 に も 印 されてい Kaatahikakarangamaitewhaanau a Taane. その 時 Taaneの 家 族 は 大 声 で 叫 んだ KahokianooaRatakitetaraiitana waka. Rataはカヌーに 乗 って 斧 をとりにも どった KamoeaWahie-roaiaKura. Wahie-roaは Kuraと 結 婚 した KamamingaraatouiteraakauaRata. 彼 らは Rataの 木 でじゃました Kuahaeretetamaitikitekauka. その 子 供 は 入 浴 に 行 った (D) 焦 点 になる 主 語 強 調 は 最 初 移 動 することにより 文 の 主 語 に 取 って 代 わり 品 詞 koを 焦 点 とす 主 語 は 文 の 中 で 焦 点 が 合 わされkoMahuikai ngarotonuihoamahuika.は Mahuikaはすぐに 破 壊 された この 場 合 たいていの 語 順 で は ingarotonuihoamahuikaとな 次 の 例 文 の 主 語 は 目 立 ったタイプであ Kongaraakauanakeituputonu. その 木 だけが 生 長 を 続 けた KameaaRata,kokoutouemaminganei itakuraakau. Rataは 私 の 樹 木 で 邪 魔 しているという のはあなたの 方 よ KoRataanakeiekeatutiuta. Rataは 一 人 海 岸 に 行 った 24

3 横 瀬 弘 幸 :ニュージーランド 英 語 におけるマオリ 語 (V) KoWahieroakuamoeiaKura. Wahieroaは Kuraと 結 婚 してい KoAoteaitukuaatukiaRongorongo. Aoteaは Rongorongoに 与 えられた (E) 論 評 論 評 は 常 に 文 章 の 中 では 頭 文 字 は 無 い ki,i,hei,e,,na,no,ma,mo,は 前 置 詞 と 始 め 次 の 例 は 際 立 った 珍 しいタイプであ Kahaereamaauikitehiika. Maauiは 魚 釣 りに 行 った Kaaoreteikaimauitanamatau. その 魚 は 彼 の 針 にかかららなった KamoeaWahieroiaKura. Wahieroaは Kuraと 結 婚 した Hepukapukanaakuteenei. これは 私 の 本 です Kakoorerotiaetewahinerateaahuao tetangatara. その 婦 人 は 男 の 容 姿 を 話 した ピーターは 委 員 の 一 人 に 話 しかけた Koianatemateotekuuware,kaaoree moohioheahateaha. 無 知 であることが 問 題 です あなたは 何 がなんだか 分 かってない Tapahiangapekamengarauoteraakau. その 木 の 葉 枝 を 全 て 切 り 取 りなさい (F) 感 嘆 詞 一 つの 文 を 構 成 する 感 嘆 詞 はaskaatahi anoo(さしあたり) asehoa!( 友 よ)!のよ うに 感 嘆 詞 として 単 なる 基 となるものや inana!( 見 て)!のような 句 から 成 り 立 ってい Kaatahiterangiaataahua! なんて 天 気 のよい 日 だろう! Naa,kahangaaeWhakauehepourewa moona. Whakaueが 自 分 でステージを 作 ったです よ Teenaa,tirohiateaahuaoteeneiwhare! それではこの 家 の 概 観 をご 覧 ください! 接 続 法 の 句 は 前 置 詞 a,o,me,で 始 めそれ は 必 ず 構 成 物 の 役 割 をなし 決 して 全 てでは ない 文 章 の 中 で keiwheatewakamete hoe?(カヌーとパドルはどこにあるの?)そ れは 話 題 の 中 心 から 成 り 立 ち 話 題 構 成 は tewakametehoeであこの 二 つのフレー ズは tewakaと tehoeとの 間 の 可 能 な 区 切 り は 事 実 認 められなく 事 実 によって 普 通 のス ピーチにも 示 されていa,o,of,meでそれ ぞれの 句 の 始 めは 文 構 成 の 一 部 にな KakooreroaPitakingamemaotekomiti (G) 同 格 同 じ 不 変 化 詞 と 始 める 二 つの 構 成 は 同 格 であすなわち それらは 同 じ 機 能 の 役 目 を 果 たす KarapuaMaauiitanawhaea,ia Taranga.(Maauiは 母 の Tarangaをさがした) この 文 は 同 格 として 二 つの 注 釈 ができ 次 の 文 は 同 格 を 三 つ 持 つ 例 であKote poonui,kotepooroa,kotepoowhakaaute moe.( 最 高 の 夜 長 い 夜 深 い 眠 りの 夜 ) Keitemoohioaukitomatua,kiaWhairiri. 私 はあなたのお 父 さんの Whaiririを 知 っ 25

4 筑 波 学 院 大 学 紀 要 てい KoteuungamaioTainui,otewakaiuu tuatahimai. Tainuiに 最 初 カヌーが 上 陸 した KakiteaaMaauikitengaro,kingamanu ekaramuianairungaiaia. (Maauiは 自 分 の 上 を 群 れをなしている 鳥 に 見 つけられた) 在 を 示 す 句 であ 文 中 で karongoteetahi wahinenorungaiterangikitetoaotaawhaki ( ある 一 人 の 女 性 が 空 に 上 り Taawhakiの 勇 敢 さを 耳 にした) 二 つのフレーズから 成 り 立 っていて 又 二 つ のコメントが 言 えそれらは norungai terangiandkitetoaotaawhaki.であ 後 者 は 一 つの 構 成 があというのは oは 形 容 詞 句 を 示 し 決 して 全 体 の 構 成 にはかからな い 前 者 は 唯 一 の 構 成 であ AoakeanooteraakuawhakatikaaTaranga,kuangarowhakarereitewhare. (その 日 Tarangaが 起 きるとすぐ 家 から 出 て 行 ってしまった) Ihaehaerawaihoraatoukirotoitepuku nuiotetaniwha.enoho-a-tinanatonuana tewahine,tetamariki,tetaane.koeetahi anookuamotuitepane,ingaringa,inga waeraanei,notekomengapeaongangutu,notewhakatanukutangaotekorokoro. 彼 らはその 怪 物 の 腹 の 真 ん 中 を 切 り 裂 い た 男 女 そしてこどもたちは 目 撃 し た ある 者 は 頭 を 切 り 裂 き ある 者 は 足 や 腕 半 分 に 切 り 喉 を 鳴 らしながらむ しゃむしゃとむさぼり 食 っていた (H) 多 数 の 構 成 単 文 は 同 格 の 無 い 同 じ 種 類 の 構 成 上 にある と 思 われ 文 中 において katopeate raakauetetangatakitetoki( 木 は 斧 で 男 に よって 切 り 倒 された)この 場 合 この 木 に 二 つのコメントが 言 えetetangataは 代 わり を 成 す 句 kitetokiは 手 段 としての 句 を 成 す Inkaweaatutemeanakitetangataite wharera( 家 の 中 にいるその 男 にそのものを 持 っていきなさい) 又 ここにも 二 つのコメントが 言 えki tetangataは 方 向 の 句 であり itewahareは 所 2.Noteとその 異 なった 意 味 (A)whenの 意 味 を 成 す Note 次 の 参 照 はある 行 動 が 起 きる 過 去 時 点 を 示 すものであ NoteahiahikahaereaWhakatau Whakatauは 夕 方 出 かけた Notetaukotahimano,eiwaraumaawhitu,teeneihaerengaooku. この 私 の 旅 は19007 年 でした NoteetahipookeitepurupuruaMaauii tematapihi,itewhatitokaotooraatou whare. ある 晩 Maauiは 家 の 窓 やドアをふさい だ Kaatahiiakaaatatitiroitetakahanga waewa-notepoonoaatuteeneimahinga, eharaiteatanei. それから 彼 は 歩 幅 を 注 意 深 く 見 た これ は 今 朝 でなく 前 の 晩 に 行 われたことで あった (B) 名 詞 をとる Note 擬 似 の 動 詞 構 造 は 周 囲 の noteで stative か universalかどちらかに 由 来 した 名 詞 に 形 26

5 横 瀬 弘 幸 :ニュージーランド 英 語 におけるマオリ 語 (V) 成 されこの 構 成 は 常 に 文 の 始 で 中 心 と され 次 の 例 は 行 動 や 状 態 が 動 詞 的 名 詞 と なり それにより 言 及 された 時 過 去 の 時 点 で あ NotehorongaoMokoiakarirongawheua otuuhourangiiangaapuhi. Tuuhouragiの 骨 は Mokoiaが 捕 まった 時 Naapuhiにより 持 ち 去 られた 3.Reduplication( 反 復 ) 反 復 には 三 種 類 あaswera,werawera のような 完 全 な 反 復 と pangopapangoのよ うな 部 分 的 反 復 と tangata,taangataのよう な 固 定 されない 反 復 があたいてい 基 を 成 す 完 全 な 反 復 は 動 作 や 状 況 を 示 し 時 々 または 状 態 が 続 いて 発 生 す 例 を 挙 げてみ Notetaengakiteraumati,kamahanate kiriotetangata. 夏 が 来 ると 人 々は 暖 かく 感 じ 始 めた mate 死 ぬため matemate 多 数 死 ぬ paki ポンと 叩 く pakipaki 時 折 叩 く kimo 瞬 き kimokimo 時 折 瞬 きする NotematengaoHawe-pootiki,kapokaia eturitemanawa. Hawe-pootikiが 亡 くなると Turiは 彼 の 心 臓 を 取 り 出 した Notehaerengakapaakiateringaringao Haakawaukitepaepaeotewhare. 彼 は Haakawauを 後 にした 時 家 の 出 口 の ところで 手 を 叩 いた 時 々 stativeの 完 全 な 反 復 はその 強 さを 小 さ くす wera 熱 い werawera 暖 かい mate 病 気 matemate 病 弱 (A) 部 分 的 反 復 ある 場 合 部 分 的 反 復 は 唯 一 最 終 動 作 を 示 す Notemutungaotetangihanga,kakiaatu erehua,tahunaheahi. 挨 拶 が 行 われたときRehuaは 点 火 と 言 った (C)Becauseの 意 味 としての Note kimo ウインク kikimo 目 を 閉 じる pakiポンと 叩 く papaki 平 手 打 ちをし て 手 を 叩 く 他 の 場 合 部 分 的 な 反 復 は 強 烈 に 減 少 された ことを 示 してい NoteKatangaaTiwaiwakaiaMaauii kuutiaaiehine-nui-te-poo,aa,mateana. 彼 が Hine-nui-te-pooにぶつかり 亡 くなっ たのを 見 て Fantailは Maauiを 見 て 笑 った 訳 だった NotetangikamaatauaiaRehuakotoona teinateenei. Rehuaは 彼 の 後 輩 であることを 嘆 いた maaroo 難 しい 厳 しい maarooroo かなり 難 しい 厳 しい pango 黒 い papango かなり 黒 い whero 赤 い whewhero やや 赤 い 2,3の 場 合 核 となる 位 置 を 限 定 する 形 容 詞 は 部 分 的 には 反 復 され 最 初 の 核 となる 基 本 27

6 筑 波 学 院 大 学 紀 要 を 示 すのは 複 数 形 をと heraakaununui 大 きな 木 々 heraakauroroa 高 い 木 々 heraakaupapai よい 木 々 (B) 固 定 された 反 復 次 の 母 音 を 含 む5つの 語 は 大 多 数 を 示 すた め 二 重 にな tetangata その 男 ngataangata その 男 たち tewahine その 婦 人 ngawaahine その 婦 人 たち tetupuna 先 祖 ngatuupuna 先 祖 たち tematua 親 ngamaatua 両 親 tetuahine 姉 妹 ngatuaahine 姉 妹 次 に 例 文 を 挙 げてみ Hoomaitepakipaki. 彼 に 援 助 をしてくれ! ruakimokoiakakiteaahinemoaiwaen- ganuiotoonaiwi. Rotoruaの 部 族 たちが MokoiaHinemoaに 集 まっている 間 は 人 々の 真 ん 中 に 見 られ た KoteamuamutetinorongoaatePaakehaaheipatuingatureekinongiaeraatou. Grumblingは 嫌 われている 法 律 を 阻 止 す るヨーロッパ 人 の 最 良 の 手 当 であ E hikohikoanateuirarungaingapae maunga. 光 は 山 際 に 照 らされてい Kuapautekaiangahoa,katikatitonuana atama-te-kapua. 友 達 は 食 事 を 終 わったが Tama-tekapua は 少 しずつ 食 べ 続 けた Kowaiteenaaemaatakitakimaianakia maatou? 私 たちを 見 ているのはどなた? Ewhiowhiohaereanatetangata. 男 は 口 笛 を 吹 きながら 去 って 行 く Noheatomana?Noookutuupuna. あなたの manaはどこからくるの? 先 祖 からよ Keiheangamaatuaoeeneitamariki? これらの 子 供 たちの 両 親 はどこにいる の? Kotaraauaneimahitaakarohewhakatangitangipuutoorino. 彼 らの 趣 味 はフルートを 吹 くことです IngawaaehuihuianangahapuuoRoto- Iteahiahikatimatatehokihokionga taangatakiooraatouwhare. 夕 方 人 々は 自 宅 に 帰 り 始 めた 4. 二 重 におかれた anooの 不 変 化 前 に 置 かれた 不 変 化 詞 としての anooは 動 詞 として 機 能 する 語 と 名 詞 相 当 語 句 両 方 に 生 ずるようであ 方 向 性 の 不 変 化 詞 と 位 置 を 示 す 不 変 化 詞 の 後 に 前 に 置 かれた 不 変 化 詞 が 生 ずると それらはフレーズの 中 で 起 き Anooは 方 法 の 不 変 化 詞 とは 両 立 できない Anooの 基 本 的 意 味 は 再 び であ 例 え ば inhokimaianooは また 戻 ってきなさい の 意 味 となしかし 強 意 語 としての 単 な る 機 能 であKoiaanooは それが 問 題 だ 28

7 横 瀬 弘 幸 :ニュージーランド 英 語 におけるマオリ 語 (V) kokoeanooはあなた あなた 自 身 etika anaanooはそのとうりの 意 味 であ Kaatahianooaukamai. 私 は 丁 度 着 きました 来 たのははじめて だ Ehiangapaaparakauataoteeneitaaone? Erima. この 町 には 幾 つホテルがあるの?5つで す 5. 数 詞 (Numerals) Kaahoreanooiakiataemai. 彼 はまだ 着 いてない Nokoneikoe?Aae,nokoneianooau. 貴 方 はこちらの 出 身?ええ そうです Katahunatewharekiteahi,mengataangataanooiroto. その 家 は 燃 えた しかも 中 には 人 々がい た Mekoenaanootoonaaahua. 彼 は 正 に 貴 方 そっくりです Hetikanngaanoonotetaane,hetikanga anoonotewahine. 男 には 男 の 道 があり 女 に 女 の 道 があ 動 詞 eは 数 字 10を 意 味 す tekauと 共 に は 用 いられない 通 常 最 初 の 意 味 で tetahi,であり teruは 二 番 目 の 意 味 で 定 冠 詞 をつけて 用 いられ 代 わりに 普 通 の prefix tuanは 数 字 の1から9まで 用 いられ 普 通 の 接 頭 辞 は tekauは 用 いられないし 10 以 上 の 数 は 用 いられない 仮 に 序 数 の 数 が 沢 山 フレーズの 中 に 中 心 としてあれば tuaの 形 は 用 いられteopetuatahiは 最 初 の 大 隊 の 意 味 で hiaは tuaと 共 に 用 いられちなみに tuaは 幾 つ?の 意 味 であ (A) 数 の 予 測 動 詞 の eはいくつそこにあるかを 問 う 時 に 使 用 され Ngawakaewhitu.Ngahauewhaa. 7 隻 のカヌー 4 倍 の 風 Kaahorehewakamooku?Hewakaanoo. 私 のカヌーは 無 いの?カヌーは 用 意 して ます 前 に 置 かれた 不 変 化 詞 としての anooは 常 に 初 めに 句 を 作 そして 文 になそれは aanooと 発 音 する 者 もい 前 に 置 かれる anooの 基 本 的 な 意 味 は 英 語 で 言 う asifや likeであそれは meと 共 同 して 使 われ るか 同 じフレーズの 中 か あるいは 次 のフ レーズの 中 であ Kiatorungaherengi.Kuatoruinaianei. 3シリングにして それしかないから Ewarungaruumaotewharenei. この 家 は8 部 屋 あ 人 数 を2 人 から9 人 まで 言 う 場 合 hia? 何 人 というのを tokoの 接 頭 語 によって 使 う Tokohiangatangata?Tokorima. 何 人 ですか?5 人 です (B) 分 配 される 接 頭 辞 Taki- 数 詞 で 接 頭 辞 takiを 使 うための 例 を 挙 げ Kiatakiruamaingakararehe. 29

8 筑 波 学 院 大 学 紀 要 その 動 物 を2 匹 づつ 中 にいれよう 大 きな 森 が 昔 あった 次 に10 以 上 の 数 を 挙 げ kotahitekaumaatahi 11 kotahitekaumaarua 12 kotahitekaumaatoru 13 kotahitekaumaawhaa 14 kotahitekaumaarima 15 kotahitekaumaaono 16 kotahitekaumaawhitu 17 kotahitekaumaawaru 18 kotahitekaumaaiwa 19 eruatekau 20 eruatekaumaatahi 21 kotahirau 100 kotahimano Tauaと teetahi Karongoteetahiwahinenorungaite rangikitetoaotaawhaki. 空 を 飛 んでるある 女 性 は Taawhakiの 勇 敢 さについて 耳 にした Na,ieetahiraakatuputewhawhaiataua paakingataangataoaawhitu. ある 時 刻 に Aawhituの 人 と 要 塞 との 間 で 戦 争 が 起 きた Kapiraunoaihoteetahitahaotewahine ra,katupuriaetetiotio. その 女 性 の 一 方 の 人 がフジツボにすっか り 染 まった 7.koo,konei,konaa,koraa,reira 位 置 を 示 す 語 回 顧 的 なかつ 決 定 的 な tauaは 限 定 的 な 意 味 を 成 す 従 って tauatangataは 限 定 的 な 男 あるいは 単 にあの 男 の 意 味 を 成 す 又 最 初 の tをとり auatangataはあの 限 られた 男 た ちの 意 味 で 複 数 形 をと teetahiは 限 定 的 に 明 記 する 意 味 で その 決 まった 複 数 形 は teetahi 確 かなの 意 味 であ inteeraateetahirangatira.はあるチーフ がいた 意 味 とな 不 定 冠 詞 heは ki,i,hei, keiに 前 置 詞 を 用 いない このばあい heは teetahiに 取 って 代 わ (A) 方 言 teetahiと eetahiは Waikatomaniapotoで は 方 言 として teetehiとか eetehiにとって 変 わ 例 を 挙 げ Na,teeraaanooteetahipaanuionamata, komaunga-whau. さて MaungaWhauという 名 前 のある kooは there koneiは here konaaは there とか nearyouを 意 味 し koraaは nearspeaker や hearerでもない reiraは 以 前 からの 知 っ ている 場 所 を 意 味 す Kooatuandkoomaiはそれぞれの 場 所 や 目 的 物 の 近 くや 離 れたところを 言 及 す KeikooatuoWanganuitookukaainga;kei koomaitekaaingaotookuteina.わたしの 家 庭 は Wanganuiの 遠 く 離 れた 端 にあります 弟 はこちらの 端 にいます 例 をいくつか 挙 げて み Noheakoe?Nokoneitonu. 出 身 はどちら?ここよ Mewaihoikoneitemeana. その 物 をここに 残 しておきなさい Keiheatakuheru?Keikoraara. 30

9 横 瀬 弘 幸 :ニュージーランド 英 語 におけるマオリ 語 (V) 私 の 櫛 はどこ?そこよ KeikooatuoWhanganuiaWhangaehu. Whangaehuは Whanganuiより 遠 いところ です IhaereaTama-te-kapuakiMoehau,aa, ka,mate,iakireira. Tama-tekapuaは Moehauに 行 った そ して そこで 亡 くなった Ekoreiaehaereatukiautuakatoatiara anooaakoutounama. 貴 方 が 借 金 を 払 われるまで 彼 はどこにも 行 かない 受 身 の 句 における 慣 習 的 不 変 化 詞 は 受 身 の 終 結 -tiaをと Ipatuarawatiatehoariri. 敵 は 完 全 に 殺 された Kahaere atainuikimuri-whenua;ka hokimaiireirakauukitaamaki. Tainuiは 遠 い 北 に 行 った そして 彼 女 は そこから Aucklandに 戻 ってきた Kiaorakoutouirungaingaaahuatangai huimaiaitaatoukikoneiiteeneiraa. 我 々が 今 日 ここで 会 えたことに 関 して 多 幸 を 祈 ります 8. 受 身 の 一 致 受 身 の 句 における 位 置 は 句 の 中 で 最 初 の 同 意 により-tiaの 形 をと Ikaingaotatiangakuumara. kumaraたちは 生 で 食 べられた Ituainakatoatiangaraakau. 全 ての 木 が 切 り 倒 された ItanumiaoratiaaTeHeuheuraatouko toonaiwi. TeHeuheuは 人 々と 共 に 生 き 埋 めにされ た Ikoorerotia pukutia e ia kia Pou te matengaotiki. Tikiの 死 は Pouにひそかに 知 らされた Ikaweakeetiaeiatoonaingoa. 彼 の 名 前 は 彼 に 変 えさせられた 由 来 された 名 詞 が 核 の 頭 として 用 いられる と baseに 限 定 し 慣 習 的 不 変 化 詞 はフレー ズ の 中 で 基 本 的 には 一 致 して 接 尾 辞 - tanga をと Kotanapatungapukutangaiaau. 私 をはっとさせる 彼 のひそかさ Tengatonutangaatukatimatatekoorero. 到 着 後 すぐに 話 が 始 まった Iteaongakautangaoteraakahaereia. 夜 が 明 けると 彼 は 出 て 行 った 9.Derivation 派 生 語 源 とその 使 用 Hoomai,hoatu,hoakeこれらの 基 となるも のは 分 離 独 立 した 語 としてはもはや 見 られ ない ho(o)は 根 から 直 接 的 普 遍 化 により 派 生 され 直 接 的 な 品 詞 が 次 の3つの 場 合 基 となる 品 詞 として 使 われ 古 典 的 な Maori,Hoomai,Hoatu,Hoaksは 受 身 的 に 用 いられしかし 受 身 の 終 結 としてはとらない 最 近 の Maoriにおいて Hoomaingiaと Hoatungaiの 形 が 時 々 聞 かれ Hoomaiは 話 者 に 対 して 与 えることを 意 31

10 筑 波 学 院 大 学 紀 要 味 し Hoatuは 譲 ることを 意 味 し 場 所 に よっては 提 出 する 出 す 意 味 とな Hoakeは 話 者 と 関 係 した 場 所 に 出 向 くことを 意 味 すWhoatuと whoakeは hoatuと hoatu の 方 言 の 変 形 であり 母 音 の 前 の wh-で 始 ま る 現 代 的 な 形 として 記 されてい 中 でも 古 典 的 な maoriは 使 われないものもあ 例 を 挙 げ KameaatuaHotu-rapa,Hoomaihokikia au! Hotu-rapaは 言 った それを 私 にくださ い! Kahoatutetaurekarekaheiutumo te wahine. 奴 隷 に 支 払 いとして 女 性 が 与 えられた Kahoatutanariri! 彼 は 怒 りを 発 散 した Hoatu!Mewaihomaauaikonei! どんどん 行 け! 二 人 をここに 残 して Hoaketaatoukitewhare! 家 に 行 かせてください Koianeitewhakataukimotemeakite, ekakiteatetaongamakere, Kaaoree hoatueahau,tatemeakotepaekurakite amaahina. ここに 今 までにあるものに 関 連 してい る 諺 があ 例 えば ある 無 くなってい たものが 見 つかった 時 私 はもう 諦 めた りしないよ なぜなら Maahinaによって 見 つけられた 宝 物 だから 10.hokiの 使 い 方 位 置 づけ hokiは and,also,too,indeedなどの 意 味 で 常 に 句 の 中 で 最 後 に 置 かれ Kamututepakanga,kamauhokiterongo. 戦 争 が 終 わり 平 和 が 宣 言 された Teenaahokiteetahiwhakatauki. 他 に 言 うことがあ Kawhaiaturahokitekupukangaiimurii araatou. そして 呪 いが 彼 らに 起 きた Kokoeanoohokiteetahiireira. 貴 方 もまた 出 席 者 の 一 人 だった Kanohoiakiraro,kapoourihokiiakiaia ekatainaanaeteiwi. 彼 は 座 り 人 々に 笑 われたので 自 身 憤 り を 感 じた ItewaaipatuaitetaniwhaiaMere, mangu katoa te waio te awa,poouri kerekere.imua,hemaaramatewai.imua hoki,paapakueetahiwaahioteawa.itaua takiwaahehoohonukatoa. 怪 物 が Maryを 川 で 殺 したそのときは 真 っ 暗 闇 だった 以 前 は 川 は 浅 かった が そのときはいたるところが 深 かっ た 11.Maori 句 の 構 造 Maori 句 は 中 心 とする 核 から 成 り 立 ってい そして 常 に 現 在 形 であり 与 えられた 句 の 中 では presentか absentのどちらかであ それぞれの 句 は 動 詞 句 か 名 詞 相 当 語 句 で あどの 句 の 核 も 二 つの 構 造 的 位 置 や 場 所 から 成 り 立 っている 考 えられteraakau roaは 高 い 木 の 意 味 で 修 飾 語 の 位 置 は 高 い 意 味 の roaであteraakauは 句 の 中 で 核 の 32

11 横 瀬 弘 幸 :ニュージーランド 英 語 におけるマオリ 語 (V) 中 心 のみが 満 たされ 句 の 頭 の 核 は 単 一 基 礎 からと 二 重 基 礎 から 成 り 立 ってい 句 の 修 飾 語 は simplebase,reduplicatedbase,expandedbaseなどそれぞれ 一 つ 以 上 含 む ひ そかに 殺 す 意 味 の kapatupuku 頭 と 修 飾 語 は 単 一 基 礎 で 満 たされ 次 の 例 は 句 の 頭 は 括 弧 の 中 にあ kote(mahi)kaamura. 大 工 he(whaea)tuurangawhaanau. 分 類 上 の 母 kote(take)ututaake. 税 金 の 問 題 kote(kamupene)mahipapatihore ベニヤなどをはがす 会 社 he(urutira)taniwhamoananui 海 の 巨 大 怪 物 のひれ 適 切 な 位 置 におく 動 詞 句 の 周 辺 は 二 つの 配 置 を 含 むが その 二 つあるいはどちらかは 特 別 な 句 の 中 で 使 われるか 否 かであ 最 初 は ifとしての 意 味 であるか 誘 因 を 表 す kaの 場 合 や if,whenの 意 味 を 表 す eによる 場 合 で あ 次 の 配 置 はいかなる 動 詞 の 不 変 化 詞 に よって 満 たされスピーチではこの 位 置 が 二 つの 母 音 例 えば haere! 以 上 に 含 んでいる 基 の 命 令 法 の 動 詞 を 除 いて 常 に 満 たされてい あるいはその 句 が inhaereanaraatou 彼 らはどんどん 行 った のようになHaere maikikoneinohoai!も 同 様 であ 前 に 置 か れる 動 詞 句 は 次 のような 文 章 の 中 で 起 き Kaorarapeaahauekatuainakitemoana. 海 に 叩 き 落 されるなら 私 は 逃 げ Koiateeneipepehamotemeakite,eka kiteatetaongamakere. それ 故 見 つけられているものと 捨 てら れてい 他 物 が 見 つかった 時 に 言 ってい (A) 名 詞 相 当 語 句 の 迂 言 名 詞 相 当 語 句 の 迂 言 で 言 えば 三 つの 位 置 を 定 める 点 があその 点 のどれかは 空 になる かもしれないが 最 初 と 二 番 目 の 点 はどこかの 句 の 中 に 満 たされ 最 初 の 点 は 前 置 詞 に よって 満 たされ 語 彙 の 意 味 を 付 け 加 えると 文 の 中 で 全 体 としてフレーズの 機 能 を 示 す 二 つの 点 は 定 冠 詞 a 不 定 冠 詞 heであ 三 つ 目 は 原 級 の neiか naで 満 たされしか し 違 った 方 法 を 示 している 名 詞 相 当 語 句 の 例 を 挙 げてみ Kitetangata その 人 に kopita ピーター otaraatoutaurekareka 彼 らの 奴 隷 の metauaneirangatira しかも 言 われたばかりの 要 因 動 詞 及 びその 他 の 句 は 一 つとして 考 えられ 五 つの 位 置 づけがあり 特 別 な 句 にされ る 三 つ 以 上 を 見 出 すのはまれであ 無 理 や り 満 たされる 位 置 づけはない 多 くの 句 は 少 なくとも 迂 言 はない 例 を 挙 げ natetangatanoaatu 誰 か 知 らない 人 のもの motewhenuaanoo 33

12 筑 波 学 院 大 学 紀 要 土 地 それ 自 体 に 関 して kiariroaihoki それは 又 一 致 してとられた kiaotinoaakera 完 全 に 終 わった 参 考 文 献 BruceBiggsLet learnmaoriaguidetothestudyof themaorilanguage1969 AucklandUniv. Bento,R.ThehistoryanddevelopmentoftheMaori Language1991 WelingtonGovernmentPrinter Wiliams,H.W.A.DictionaryoftheMaoriLanguage 1971 Welington Ngata,H.W.EnglishMaoriDictionary1993 Auckland andreedbooks YosinariSawada.AnIntroductiontoNew Zealand Englishオセアニア 出 版 34

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169>

<5B959588F35D2C5B8389836283705D2C5B94AB5D82CC918A8CDD8AD68C5782C98AD682B782E98D6C8E40817C825283898362837082C694AB82CD93AF8E9E8AFA2E6169> 封 印 ラッパ 鉢 の 記 述 は 伝 統 的 な 解 釈 として 最 後 の 封 印 で 7 つのラッパが 吹 かれ 最 後 でのラッパで 7 つの 鉢 が 注 がれるという 入 れ 子 構 造 になっていると 言 われてい ますが 先 ず 封 印 は 予 告 編 であることを 確 認 しました 封 印 と ラッパ の 関 連 については はっきりと 聖 句 で 述 べられています ( 啓 示 8:1

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

5 4 プグ プ グ 分 部 慢 怒 学 I Q 偏 差 値 低 柄 男 男 理 由 柄 男 づ 果 上 げ 上 司 君 柄 通 働 当 時 傷 笑 ヤ 続 耐 性 身 3 歳 過 ぎ 少 ピ チ 遭 遇 得 幸 恵 繰 返 長 徐 々 再 現 書 法 則 流 乗 夢 バ バ

5 4 プグ プ グ 分 部 慢 怒 学 I Q 偏 差 値 低 柄 男 男 理 由 柄 男 づ 果 上 げ 上 司 君 柄 通 働 当 時 傷 笑 ヤ 続 耐 性 身 3 歳 過 ぎ 少 ピ チ 遭 遇 得 幸 恵 繰 返 長 徐 々 再 現 書 法 則 流 乗 夢 バ バ 3 紹 介 流 乗 法 奇 跡 引 寄 35 歳 同 突 手 外 資 系 企 業 就 職 美 彼 女 3 代 男 性 東 京 都 5 万 海 外 移 住 決 4 代 男 性 愛 県 フ ォ 焦 年 婚 活 婚 活 休 瞬 彼 氏 結 婚 目 前 3 代 女 性 阪 府 婚 活 げ 女 参 加 ぜ 男 性 投 合 翌 年 結 婚 3 代 女 性 広 島 県 万 3 代 男 性 沖 縄 県 欲 金 額

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7

AB02DA8071BAEEB649256A7700082C7 平 成 一 〇 年 (ワ) 第 八 七 六 一 号 著 作 物 発 行 差 止 等 請 求 事 件 ( 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 一 一 年 六 月 二 八 日 ) 判 決 原 告 A 原 告 B 右 両 名 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 今 野 勝 彦 前 田 惠 三 加 藤 裕 也 岩 田 廣 一 被 告 株 式 会 社 文 藝 春 秋 右 代 表 者 代 表 取 締 役 C 被 告

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

円いひっぴい

円いひっぴい 小 田 実 全 集 小 説 第 13 巻 円 ぴ 巻 三 十 三 作 者 目 次 7 4 4 作 者 寸 虫 五 魂 寸 虫 五 投 機 金 儲 惑 打 算 処 世 術 体 験 説 教 ぐ 想 観 念 五 サ ズ 以 小 マ 体 寸 虫 棚 並 世 界 想 全 集 本 想 愛 好 家 文 学 鑑 賞 家 ぞ 嘆 賞 ド エ フ マ ゾ フ 兄 弟 審 問 官 ご 論 寸 虫 五 想 五 観 念 マ

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

ほ ほ 離 待 ムダ

ほ ほ 離 待 ムダ 知 知 引 寄 ツ ほ ほ 離 待 ムダ 法 紹 介 5 週 費 ニ 消 安 パ 麺 パ 週 月 米 手 米 活 少 月 小 麦 粉 水 練 茹 ゆ 味 付 塩 意 外 ニ ニ 覚 小 麦 粉 毎 仕 5 歳 笑 貧 乏 笑 週 費 水 道 代 ガ 代 払 ょ ゅ 止 7 6 結 果 目 的 目 的 能 力 試 ャ バ ボ ぽ ょ 照 真 面 目 ぶ 儲 儲 版 儲 力 版 面 白 書 軽 暖 房

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

17 1 世 界 訪 チ ャ ヘ ホ 22 2 太 陽 最 高 哀 川 翔 26 3 今 斎 藤 3 4 夕 食 事 ず 褒 食 伊 達 政 宗 34 5 物 知 愛 ね ば ず 物 愛 知 ね ば 西 田 幾 多 郎 37 6 丈 夫 配 休 宗 純 4 7 僕 金 輪 際 二 度 困 葉 吐 高 杉 晋 作 43 8 ワ ワ 宇 宙 息 子 46 9 ピ ク カ バ 持 走 楽 ほ 道 加 藤

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

日本における介護保険の現状と課題

日本における介護保険の現状と課題 日 本 における 介 護 保 険 の 現 状 とアクチュアリー 的 な 課 題 要 旨 近 年 日 本 では 医 療 技 術 の 進 歩 などにより 平 均 寿 命 が 伸 び 続 けており 現 在 世 界 で 最 も 平 均 寿 命 が 長 い 国 となっている しかし 高 齢 者 の 数 が 増 加 する 一 方 ライフスタイルの 変 化 など により 出 生 率 は 減 少 傾 向 にあり 人

More information

1 甲殻類

1 甲殻類 四 日 市 市 磯 津 の 生 物 等 の 地 域 言 葉 ( 伝 承 諺 ) 1 気 象 に 関 するもの 磯 津 ことばを 記 録 す る 会 1 動 物 に 関 す る も の 区 分 種 別 伝 承 諺 ( 磯 津 こ と ば ) 哺 乳 類 猫 ネ コ が 顔 を 掻 く と 雨 ネ コ の 鼻 が 乾 く と 雨 三 毛 猫 の 雄 は 天 気 を 知 る 鳥 類 一 般 鳥 が 低 い

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

彼 らの 祖 国 に 平 和 が 戻 るまで 滞 在 させてもらう 避 難 所 を 求 めるのは 彼 らの 権 利 だ RT:あなたは 今 後 数 か 月 こういった 人 々の 流 れは 止 まらないだろうと 言 いました な ぜ 状 況 がこんなに 厳 しいのですか? この 問 題 の 根 源 は

彼 らの 祖 国 に 平 和 が 戻 るまで 滞 在 させてもらう 避 難 所 を 求 めるのは 彼 らの 権 利 だ RT:あなたは 今 後 数 か 月 こういった 人 々の 流 れは 止 まらないだろうと 言 いました な ぜ 状 況 がこんなに 厳 しいのですか? この 問 題 の 根 源 は 亡 命 者 が EU へやってくるのは 他 にどうすることもでき ないからだ 訳 者 注 このインタビュー 記 事 のポイントとなる 箇 所 を 太 字 で 示 しておいた RT がイ ンタビューした 国 連 弁 務 官 報 道 官 の のらくらした 応 答 には 意 味 がある この 問 題 の 根 源 は 何 ですか? という 問 いを 繰 り 返 しても 彼 女 は 答 えようとしない( 答

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt 11 観 量 性 理 論 競 輪 や 競 馬 自 動 車 レース オリンピック 等 で 各 種 競 争 が 行 われている また 人 間 はその 昔 石 や 棒 切 れなどを 投 げて 逃 げる 獲 物 を 捕 まえた これらは 速 度 ( 相 対 的 な 運 動 や 速 さ)を 比 較 しているのであって 速 度 の 比 較 は 我 々の 生 存 生 活 にお ける 必 然 的 な 事 柄 である

More information

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064

天災、彼の地にて斯く戦えり ID:92064 天 災 彼 地 斯 戦 巻 雲 注 意 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 物 語 英 霊 程 度 篠 之 G A T E 世 界 元 般 話 ア チ ヘ 念 主 公 崩 壊 口 調 コ ロ コ ロ 変 次 第 0 話 プ ロ ロ

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

<94D192CB2E696E6464>

<94D192CB2E696E6464> 総 空 S セ ESSION H OUSE オ 伊 藤 石 畳 毘 沙 門 天 数 多 並 ぶ 料 亭 芸 者 和 強 ゆ 東 西 線 駅 右 曲 赤 城 社 歩 突 グ 建 物 バエ ポ 音 聞 セ 世 界 活 数 多 輩 オオ 伊 藤 伺 文 飯 塚 美 香 ぬ 伊 藤 伺 結 婚 程 政 科 衣 服 研 究 研 究 室 研 究 田 舎 鹿 児 島 食 販 扱 協 同 組 屋 配 務 員 働 最

More information

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き

昭和天皇とポツダム宣言受諾・終戦への動き -1- スマイル 会 平 成 28 年 2 月 25 日 例 会 報 告 青 木 満 男 H27/8 月 に 日 本 の 一 番 ながい 日 のリメーク 版 映 画 を 見 今 まで 漠 然 と 頭 の 中 にあった 当 時 の 状 況 を 時 系 列 で 整 理 してみました 昭 和 天 皇 とポツダム 宣 言 受 諾 終 戦 への 動 き S20/ 2 月 天 皇 が 重 臣 層 ( 元 首 相

More information

『沖縄戦後民衆史【岩波現代全書】』

『沖縄戦後民衆史【岩波現代全書】』 目 次 v 目 次 序 章 プ ロ ロ グ ガ マ 還 呪 5 2 5 Ⅰ 没 9 Ⅱ 影 響 9 Ⅰ 焦 旅 章 難 23 プ ロ ロ グ 旅 同 胞 族 啓 示 23 収 容 所 ご 情 愛 然 26 2 女 替 伝 統 興 34 vi 3 衛 団 結 空 手 精 神 43 精 神 原 点 9 47 Ⅲ 友 ャ パ ニ 49 章 野 デ モ ク ラ 青 党 5 プ ロ ロ グ 虎 狼 5 焦 夜

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2015 年 2 月 5 日 森 本 紀 行 はこう 見 る 保 険 の 未 来 とバンドリングの 高 度 化 生 存 を 付 保 対 象 の 事 故 とした 生 存 保 険 が 年 金 保 険 です そこでは 早 死 にする 人 が 長 生 き する 人 を 助 ける 死 亡 を 付 保 対 象 の 事 故 とした 死 亡 保 険 が 普 通 の 生 命 保 険 です そこでは 長 生 きする 人

More information

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加 生 活 を 再 建 する 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 Q1 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 では 住 宅 を 建 設 購 入 した 場 合 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )が 受 けられることになっています しかし 高 齢 のため ローンを 組 むことができません 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )を

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

平成16年度

平成16年度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 2 目 次 1. 調 査 の 概 要 2. 結 果 の 概 要 3. 注 文 住 宅 に 関 する 結 果 4. 分

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031302E30382090A28A4593FA967B8CEA8BB388E791E589EF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031302E30382090A28A4593FA967B8CEA8BB388E791E589EF2E646F63> 複 合 動 詞 - 切 る と - 尽 くす の 意 味 分 析 名 古 屋 大 学 大 学 院 国 際 言 語 文 化 研 究 科 杉 村 泰 sugimura@lang.nagoya-u.ac.jp キーワード: 複 合 動 詞 - 切 る - 尽 くす 動 作 主 対 象 1.はじめに 本 発 表 では 日 本 語 の 複 合 動 詞 V1+ 切 る と V1+ 尽 くす の 前 項 動 詞

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

円 滑 な 税 務 申 告 のアドバイス 目 次 Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 1 1 相 続 税 額 の 計 算 1 <1> 試 算 の 考 え 方 1 <2> 相 続 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 1 相 続 税 の 計 算 の 順 序 4 1) 各 相 続 人 の

円 滑 な 税 務 申 告 のアドバイス 目 次 Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 1 1 相 続 税 額 の 計 算 1 <1> 試 算 の 考 え 方 1 <2> 相 続 税 の 計 算 の 仕 組 み 4 1 相 続 税 の 計 算 の 順 序 4 1) 各 相 続 人 の Ⅲ 相 続 税 額 等 の 試 算 の 考 え 方 発 行 日 平 成 18 年 8 月 10 日 発 行 者 上 田 会 計 事 務 所 発 行 責 任 者 税 理 士 上 田 勝 660-0822 尼 崎 市 杭 瀬 南 新 町 4 丁 目 1 番 28 号 電 話 06-6483-3005 FAX 06-6483-3006 E-Mail info@ama-uedakaikei.jp H P http://www.ama-uedakaikei.jp

More information

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その 福 岡 大 学 就 業 規 則 昭 和 31 年 4 月 1 日 制 定 第 1 章 総 則 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 福 岡 大 学 寄 附 行 為 並 びに 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 及 び 関 係 法 令 の 精 神 に 則 り 職 員 の 就 業 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 定 めたものであって これにより 真 に

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

艦これ そして彼は提督となった ID:85473

艦これ そして彼は提督となった ID:85473 提 古 水 狂 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 隊 ょ ミ タ 擬 人 化 せ 略 ユ ザ 数 誇 栄 枯 盛 衰 遂 サ ビ 終 了 運 命 日 愛 娘 達 迎 サ ビ 終 了 瞬 目 瞑 生 変 指 揮 鎮

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

躍 泉 泉 東 分 報 通 巻 491 号 茶 木 谷 吉 信 先 勇 第 回 プ グ 割 プ グ ラ ム 発 表 泉 東 ジ ャ プ 総 阪 区 コ ク 泉 東 眞 隆 セ ラ マ バ ド 眼 前 鮮 守 護 活 追 風 投 稿 エ ッ セ イ 4 月 平 成 27 立 178 2015 祝 リニ

躍 泉 泉 東 分 報 通 巻 491 号 茶 木 谷 吉 信 先 勇 第 回 プ グ 割 プ グ ラ ム 発 表 泉 東 ジ ャ プ 総 阪 区 コ ク 泉 東 眞 隆 セ ラ マ バ ド 眼 前 鮮 守 護 活 追 風 投 稿 エ ッ セ イ 4 月 平 成 27 立 178 2015 祝 リニ 表 紙 絵 利 晶 杜 堺 市 歴 史 文 化 多 様 角 度 楽 施 設 利 晶 杜 観 光 集 客 3 月 20 誕 美 極 茶 湯 成 者 千 利 休 愛 真 本 近 代 文 切 拓 歌 与 謝 野 晶 子 創 作 原 点 武 田 勲 史 ( 明 惶 分 ) 通 巻 491 号 2015 3 月 21 発 行 発 行 所 : 天 理 泉 東 分 阪 府 堺 市 中 区 陶 器 北 909 躍

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 ) 第 35 条 の 規 定 により 準 用 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 50 条

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

開 会 教 育 長 開 会 挨 拶 会 議 の 成 立 全 委 員 10 人 中 8 人 出 席 につき 茨 木 市 文 化 財 保 護 審 議 会 規 則 第 4 条 第 2 項 の 規 定 により 本 会 議 は 成 立 する 旨 を 説 明 職 員 の 紹 介 平 成 28 年 4 月 1 日

開 会 教 育 長 開 会 挨 拶 会 議 の 成 立 全 委 員 10 人 中 8 人 出 席 につき 茨 木 市 文 化 財 保 護 審 議 会 規 則 第 4 条 第 2 項 の 規 定 により 本 会 議 は 成 立 する 旨 を 説 明 職 員 の 紹 介 平 成 28 年 4 月 1 日 会 議 録 会 議 の 名 称 平 成 28 年 度 第 1 回 茨 木 市 文 化 財 保 護 審 議 会 開 催 日 時 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 ) ( 午 前 午 後 )6 時 00 分 開 会 ( 午 前 午 後 )8 時 0 0 分 閉 会 開 催 場 所 茨 木 市 役 所 南 館 6 階 第 1 会 議 室 会 長 代 理 菱 田 哲 郎 ( 京 都 府 立 大 学

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 27 年 度 保 育 園 入 園 案 内 < 目 次 > 1 保 育 園 とは... 1 2 平 成 27 年 4 月 の 入 園 申 込 みについて... 2 3 年 度 途 中 の 入 園 申 込 みについて... 3 4 申 込 書 類 記 入 上 の 注 意... 3 5 入 園 決 定 について... 3 6 延 長 保 育 について... 4 7 休 日 保 育 について...

More information

目 次. 調 査 の 概 要.... 調 査 の 目 的.... 調 査 対 象 対 象 地 域 調 査 方 法....3 回 収 状 況.... 結 果 の 概 要 住 み 替 え 建 て 替 え リフォームに 関 する 事 項 住 み 替 えに 関 する 意 思 決 定

目 次. 調 査 の 概 要.... 調 査 の 目 的.... 調 査 対 象 対 象 地 域 調 査 方 法....3 回 収 状 況.... 結 果 の 概 要 住 み 替 え 建 て 替 え リフォームに 関 する 事 項 住 み 替 えに 関 する 意 思 決 定 6 住 宅 市 場 動 向 調 査 ~ 調 査 概 要 ~ 国 土 交 通 省 住 宅 局 目 次. 調 査 の 概 要.... 調 査 の 目 的.... 調 査 対 象 対 象 地 域 調 査 方 法....3 回 収 状 況.... 結 果 の 概 要... 3. 住 み 替 え 建 て 替 え リフォームに 関 する 事 項... 3.. 住 み 替 えに 関 する 意 思 決 定... 3..

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて 告 示 埼 玉 県 選 管 告 示 第 六 十 四 号 平 成 二 十 七 年 四 月 二 十 六 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 に お け る 当 選 の 効 力 に 関 す る 審 査 の 申 立 て に つ い て 当 委 員 会 は 次 の と お り 裁 決 し た 平 成 二 十 七 年 九 月 四 日 埼 玉 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 滝

More information

学 校 法 人 産 業 能 率 大 学 ( 東 京 都 世 田 谷 区 )は 新 入 社 員 の 働 く 意 欲 や 新 社 会 人 としての 意 識 将 来 の 目 標 などに 関 するアンケートを 実 施 し 26 新 入 社 員 の 会 社 生 活 調 査 としてまとめました 調 査 は3 月

学 校 法 人 産 業 能 率 大 学 ( 東 京 都 世 田 谷 区 )は 新 入 社 員 の 働 く 意 欲 や 新 社 会 人 としての 意 識 将 来 の 目 標 などに 関 するアンケートを 実 施 し 26 新 入 社 員 の 会 社 生 活 調 査 としてまとめました 調 査 は3 月 学 校 法 人 産 業 能 率 大 学 26 6 月 26 新 入 社 員 の 会 社 生 活 調 査 注 目 データ 働 くうえで 重 要 だと 思 うこと 長 期 間 安 心 して 働 くこと 転 職 から 受 けるイメージ 挫 折 過 去 最 高 4.6% 管 理 職 志 向 男 女 とも 過 去 最 高 目 指 すキャリアプラン( 新 入 社 員 ) 65. 6. 55. 5. 45. 4.

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

Taro13-H 森林・環境フォ

Taro13-H 森林・環境フォ 森 林 環 境 フォーラム 報 告 資 料 奥 入 瀬 渓 流 事 件 判 決 について 弁 護 士 平 成 22 年 11 月 20 日 お ぼ な い 小 保 内 義 和 第 1 事 案 の 概 要 と 原 告 ( 被 害 者 )の 請 求 の 内 容 1 平 成 15 年 8 月 4 日 十 和 田 八 幡 平 国 立 公 園 の 奥 入 瀬 渓 流 の 石 ヶ 戸 地 区 所 在 の 遊 歩

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選 www.a-crafts.co.jp 家 庭 訪 問 住 大 阪 R 不 動 産 業 務 日 誌 / 物 件 連 載 住 輪 街! O S A K A W O W!! 1 6 家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 家 @ 大 阪 市 西 区 住

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正)

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正) 難 易 度 B 平 成 24 年 1 月 実 施 過 去 問 ( 学 科 ) 1.ライフプランニングと 資 金 計 画 問 題 6 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 国 民 年 金 からの 遺 族 給 付 に 関 する 次 の 記 述 のうち 最 も 不 適 切 なものはどれか なお 遺 族 には 国 民 年 金 法 の 障 害 等 級 に 該 当 する

More information

スライド 1

スライド 1 調 査 方 法 :インターネットアンケート 調 査 期 間 :2009 年 1 月 23 日 ~2 月 5 日 調 査 対 象 :ぱど 読 者 モニター ぱどめいと 回 答 人 数 614 人 神 奈 川 県 在 住 の 高 校 生 以 下 のお 子 さまをお 持 ちの 20~50 代 の 女 性 未 入 園 ~ 小 学 生 以 下 の 習 い 事 通 塾 幼 稚 園 小 学 校 受 験 などなど

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相 忘 れられたか 叱 られる 効 用 事 業 成 長 に 欠 かせない 人 材 の 自 己 革 新 従 業 員 の 成 長 なしに 事 業 の 成 長 はあり 得 ない! 本 レポートの 内 容 1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1ヘ ーシ 2 今 だからこそ 思 い 出 したい 叱 られる 効 用 2ヘ ーシ 3 結 局 やはり 叱 れなかった A 社 の 社

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊 日 韓 における 自 尊 心 競 争 心 見 栄 の 度 合 いによる 親 の 子 供 に 対 する 教 育 熱 の 度 合 い 著 者 朝 緑 明 子 井 本 拓 希 宋 熹 允 山 下 裕 一 朗 所 属 先 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 1 要 約 日 本 では 昨 今 熾 烈 な 大 学 受 験 戦 争 が 起 きている しかし その 戦 争 に 勝 利 して 有 名 大 学 に

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

ワンハンドヒットで いろいろな 方 向 に 打 つ 打 ち 方 右 手 をボールの 奧 に 回 して 打 つ 足 の 踏 ん 張 りがとても 重 要 低 いセットで 打 つ 場 合 ボールが 低 く 飛 び すぐに 落 ちるので レシーブしにくい リスク 横 に 打 つことができず 正 面 にしか

ワンハンドヒットで いろいろな 方 向 に 打 つ 打 ち 方 右 手 をボールの 奧 に 回 して 打 つ 足 の 踏 ん 張 りがとても 重 要 低 いセットで 打 つ 場 合 ボールが 低 く 飛 び すぐに 落 ちるので レシーブしにくい リスク 横 に 打 つことができず 正 面 にしか 第 1 回 日 本 代 表 に 学 ぶ キンボール 技 術 戦 術 講 習 会 日 時 2009 年 1 月 11 日 ( 日 ) 10:00 開 講 16:00 閉 講 場 所 東 京 都 品 川 区 品 川 区 立 第 二 延 山 小 学 校 体 育 館 主 催 日 本 キンボール 連 盟 共 催 NPO 法 人 フレンドリー 情 報 センター 主 管 東 京 都 キンボール 連 盟 講 習 担

More information

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終)

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終) 亀 岡 市 公 告 第 60 号 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 ) の 規 定 に 基 づき 平 成 24 年 度 における 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のと おり 公 表 する 平

More information

3 調 査 対 象 光 市 立 第 6 年 児 童 光 市 立 第 3 年 生 徒 抽 出 2 3 希 望 利 用 9 2 ( 抽 出 以 外 の 全 ての ) 4 調 査 内 容 1 教 科 に 関 する 調 査 ( 国 語 算 数 数 ) 問 題 A 主 として 知 識 に 関 する 問 題 問

3 調 査 対 象 光 市 立 第 6 年 児 童 光 市 立 第 3 年 生 徒 抽 出 2 3 希 望 利 用 9 2 ( 抽 出 以 外 の 全 ての ) 4 調 査 内 容 1 教 科 に 関 する 調 査 ( 国 語 算 数 数 ) 問 題 A 主 として 知 識 に 関 する 問 題 問 平 成 22 年 度 全 国 力 習 状 況 調 査 の 結 果 について 調 査 結 果 の 公 表 平 成 19 年 度 から 全 国 全 ての 6 年 生 3 年 生 を 対 象 として 行 われてい るこの 調 査 は 平 成 22 年 度 の 調 査 においては これまでの 調 査 と 一 定 の 継 続 性 を 保 ちながら 調 査 方 式 を 悉 皆 調 査 から 抽 出 調 査 及

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information