「食べる力」をいただきたい

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "「食べる力」をいただきたい"

Transcription

1 この 内 容 は 2012 年 7 月 1 日 に マハラバ 文 庫 から 発 行 された 明 日 へ 帰 る 100 万 人 の 食 づくり 運 動 /6.25 集 会 東 日 本 大 震 災 報 告 記 録 集 を 一 部 編 集 して 掲 載 させていただい たものです 食 べる 力 をいただきたい 東 日 本 大 震 災 で 奪 われた1 万 6000 人 の 尊 い 命 のうち 3000 人 超 という 最 大 の 犠 牲 者 を 出 してしまった 宮 城 県 石 巻 市 パルシステムの 組 合 員 と 一 緒 に 商 品 を 作 り 上 げ また 交 流 を 深 めてきた 水 産 加 工 会 社 水 野 食 品 もまた 石 巻 港 で 甚 大 な 津 波 の 被 害 を 受 けた 震 災 当 日 パルシス テムに 商 談 に 来 ていた 水 野 専 務 が 現 地 に 戻 って 目 にしたも のは 当 社 は 石 巻 市 魚 町 で 味 噌 漬 粕 漬 け みりん 漬 けな どの 味 付 け 魚 を 製 造 しています パルシステム(パルシス テム 生 活 協 同 組 合 連 合 会 )さんには 銀 だら 西 京 漬 をはじめ 本 当 に 多 くの 商 品 をお 取 り 扱 い いただいてまいりました 4ヶ 所 の 工 場 は 石 巻 魚 港 と 隣 接 した 水 産 団 地 の 一 角 に 並 んでありましたが 2011 年 3 月 11 日 の 津 波 で7mくらいの 波 が 押 し 寄 せると 高 い 工 場 の2 階 の 床 まで 浸 水 し 1 階 部 分 はすべて 壊 れました 仕 事 に 携 わっていた 兄 たちや 甥 の 家 も 海 岸 から 近 く 全 損 制 限 区 域 が5ヶ 所 半 損 浸 水 が2ヶ 所 ありまし た また 本 当 に 残 念 なことに グループ 会 社 内 で7 名 の 従 業 員 が 亡 くなってしまいました 地 震 後 家 が 心 配 で 工 場 から 家 に 戻 る 途 中 の 車 のなかで 津 波 に 飲 み 込 まれ 犠 牲 となってしまったのです 石 巻 は 大 丈 夫 だろう 私 はちょうどその 日 茗 荷 谷 のパルシステムさんに 商 談 に 伺 い 帰 りの 電 車 の 中 で 地 震 に 遭 い 2 時 間 閉 じ 込 められました 車 中 では 乗 客 が 携 帯 テレビを 見 ながら 大 変 な 事 態 だ と 大 騒 ぎし ていました ようやく 地 上 に 出 ると パチンコ 店 の 大 画 面 テレビに 凄 い 人 だかりで 各 地 の 被 害 も 映 し 出 していましたが 私 は 石 巻 は 大 丈 夫 だろう と 思 っていました というのも むかしからチリ 沖 地 震 (1960 年 チリ 地 震 )の 話 を 聞 いて 育 ってきて 女 川 に は5mくらいの 波 が 来 たのに 石 巻 は1mくらいだったからです 実 際 当 初 の 報 道 では 岩 手 県 の 方 陸 前 高 田 気 仙 沼 が 大 変 な 被 害 を 受 けていることが 分 かったんですが 石 巻 のことはあ まりニュースにならなかったので 大 丈 夫 だろうと 高 をくくっていた あとで 思 えば なんとか

2 希 望 を 持 ちたい 一 心 だったんでしょう しかし そんなほのかな 期 待 を 裏 切 るように 実 際 には 9mの 波 が 石 巻 漁 港 に 押 し 寄 せ 私 の 工 場 のある 水 産 加 工 団 地 も 含 め 多 くの 命 を 奪 っていたのです 石 巻 市 では 震 度 6 強 の 激 しい 揺 れの 約 35 分 後 巨 大 津 波 ( 牡 鹿 地 区 の 観 測 地 点 で 最 大 8.6m 以 上 を 観 測 )が 防 波 堤 を 破 壊 し 港 湾 部 だけでなく 旧 北 上 川 河 口 部 から 市 街 地 までを 断 続 的 に 襲 い 市 域 の 約 13% 平 野 部 の 約 30%が 浸 水 した 門 脇 町 周 辺 では 次 々と 火 災 が 発 生 延 焼 し 全 住 家 の 約 7 割 が 被 災 うち 約 4 割 が 全 壊 ( 平 成 23 年 10 月 末 )する 大 惨 事 となった 石 巻 には 誰 一 人 として 連 絡 が 取 れないまま 暗 くなり 電 車 が 動 かないので 埼 玉 の 自 宅 まで 帰 るのを 諦 めて ほとんど 歩 いて 帰 宅 したのは 翌 日 の 夕 方 でした 甥 とやっと 連 絡 が 取 れたのは 地 震 の3 日 後 です その 時 分 かったのは 家 族 など 半 分 くらいの 安 否 でした 母 と 長 男 夫 婦 2 番 目 の 兄 は 中 国 研 修 生 と 小 学 校 に 従 業 員 も 甥 たちも 一 緒 にそれぞれ 山 側 の 大 きなスーパーや お 寺 に 行 ったり 避 難 しているとのことでした 甥 に 何 は 欲 しい? と 聴 くと 長 靴 だとか 服 軍 手 シャベルなどだと 一 面 瓦 礫 だら けで 危 なくて 歩 くこともままならいので 皆 を 探 しに 行 けないということでした その 頃 は 道 路 の 破 損 に 加 えて 福 島 第 1 原 発 の 事 故 が 重 大 な 局 面 に 入 っていて 石 巻 への 確 実 なルートは 不 明 でしたが 松 島 の 内 陸 側 はけっこう 通 れていて 一 般 道 をトラックで10 時 間 か けて 帰 ることができました すでに 地 震 から1 週 間 が 過 ぎてのことです 家 族 の 家 はみな 工 場 のある 水 産 加 工 団 地 から 少 し 旧 北 上 川 沿 いに 遡 ったところに 固 まって 立 っていました 津 波 は 川 を 遡 りながら 石 巻 の 内 陸 部 にまで 想 像 を 絶 する 被 害 をもたらしました 家 族 で 住 まいが 津 波 に 遭 わなかったのは 甥 の 家 1 軒 くらいでした 被 災 1 週 間 後 もなお 1 週 間 目 に 帰 った 時 にはまだ 車 のなかにご 遺 体 がありましたし 私 の 自 宅 兼 工 場 の 庭 には 近 所 の 家 の 屋 根 が5つくらい 重 なっていました 隣 家 の 瓦 礫 の 下 の 方 からお2 人 のご 遺 体 が 見 つかっ たのはもう6 月 の 末 くらいのことでした 一 番 上 の 兄 は 母 と 従 業 員 を 近 所 の 小 学 校 に 避 難 させ 私 の 会 社 は 近 くのスーパーに 避 難 しまし た 翌 日 もまだあたりには 水 が2m くらいあって 動 くこともままならなかったそうで 最 初 の 3 日 間 は 避 難 して 外 に 出 られなかったそうです 当 初 は 孤 立 状 態 で 食 糧 も 暖 房 器 具 もなく 誰 かの 持 っていた かっぱえびせん を 避 難 所 に いた100 人 以 上 で2 本 ずつ 分 け 合 った 話 を 聞 きました その2 3 日 の 劣 悪 な 環 境 がもとで 亡 くなった 方 も 多 いのです 叔 母 も 入 院 先 の 女 川 の 町 立 病 院 で 被 災 して 布 団 を 分 け 合 ったりして いるうちに 寒 さで 亡 くなりました 小 学 校 に 避 難 した 当 時 93 歳 の 母 も 4 月 末 に 誤 嚥 性 肺 炎 に なってしまい 3ヵ 月 くらい 意 識 不 明 に 陥 りました

3 復 興 への 道 石 巻 市 の 被 災 は 甚 大 です 亡 くなられた 方 は3000 人 を 超 え 行 方 不 明 者 の 方 もまだまだた くさんおられ 浸 水 地 域 も 多 くの 被 災 地 のなかで 群 を 抜 いていました 私 の 三 番 目 の 兄 の 会 社 で は 送 迎 バスが 流 され6 人 亡 くなっています 私 の 会 社 では 兄 たちも 従 業 員 もすぐ 非 難 したんです ところが 自 宅 が 心 配 になって 車 で 町 の 方 に 向 かわれた 方 の 多 く ここで 悲 惨 な 被 害 がでました 川 沿 いの 一 本 の 道 路 に 集 中 してしまい 渋 滞 で 動 けないとことに 津 波 が 襲 いかかったのです 私 の 会 社 でも 古 い 方 がおひとり 車 のなかで 動 けないまま 亡 くなられてしまいました 水 産 加 工 団 地 でも 仕 事 をし たまま あるいは 逃 げる 途 中 で 亡 くなられた 方 逆 に 逃 げられ ず 建 物 の2 階 にいたために 助 かった 方 など 生 死 の 境 は 運 不 運 というほか 言 葉 がありませ ん お 金 の 損 失 も 小 さくありません 生 協 向 けの 製 品 を 多 く 作 らせていただいた 工 場 は 原 料 被 害 がじつに 大 きくて 4 億 5 千 万 円 メロとか 銀 ダラなどの 原 料 が 高 価 なのに 加 えて 輸 入 魚 です から 4~5ヶ 月 前 から 原 料 を 確 保 しておかなければならないからです 他 の 冷 凍 庫 にも 原 料 が 3 億 円 分 ありました まさか 津 波 が 来 るとは 思 っていませんし 保 険 にも 入 っていません 工 場 1 階 にあった 機 械 も リフトも 車 も 全 部 流 されました やっぺっちゃ! 実 は 震 災 後 にはもう 工 場 は 再 開 できないと 思 っていました 被 害 は 想 像 よりも 遙 かに 大 きく 石 巻 市 で4000 人 近 くも 犠 牲 となり 亡 くなっている 上 に 土 地 が 全 体 的 に 低 くなってしまった 所 陥 没 してしまった 所 左 右 にずれてしまった 所 が 多 かったのです また 未 だ 余 震 も 多 く 瓦 礫 の 量 は 石 巻 市 だけで 岩 手 県 と 福 島 県 を 合 計 した 量 とほぼ 同 じくらいあると 言 うし どこを 見 て もとても 復 旧 できるように 思 えませんでした また 一 緒 に 工 場 をしている 社 長 の 二 番 目 の 兄 も67 歳 で 体 の 具 合 がいつも 悪 く 兄 の2 人 の 子 どもも 工 場 にいるのですが 仕 事 の 重 圧 で 大 変 だったのです 私 は 今 までたくさんの 方 々にお 世 話 になってきましたし 製 品 作 りも 案 外 楽 しかったので 工 場 を 続 けたいと 考 えていたので いや ぁ どうすんのこれから 仕 事 すんの? と 聞 いたら 田 舎 の 言 葉 ですが 当 たり 前 やっぺ っちゃ! と 息 子 たちやんなくても2 人 でやっぺっちゃ!! とむしろ 怒 って 言 うのですね 水 産 業 以 外 に 自 分 たちに 何 がやれんの と 2 週 間 目 には 兄 はもう 建 設 会 社 に 工 場 の 撤 去 を 依 頼 しました 水 産 市 場 は1m 近 く 地 盤 沈 下 し ていましたが 幸 いにも 当 社 はほとんど 下 がらなかった 当 時 そんなに 早 く 操 業 再 開 に 動 いた 会 社 はなかったと 思 います でも 何 とかしても 再 起 しようという 気 持 ちがありました 原 料 メーカーやお 取 引 先 からもお 見 舞 いの 電 話 を 一 杯 いただいたのですが 4 月 末 にある 原 料 メーカーさんから まさかこんなに 早 くお 支 払 いいただけるとは 思 ってなかった ありがとう

4 ございます という 電 話 を 頂 いた 兄 がちゃんと 支 払 いをしてくれたんです その 時 も 私 うれ しかったですね また 仕 事 をちゃんとするんだ 動 き 始 めたんだ と 石 巻 市 の 基 幹 産 業 の1つである 紙 パルプ 製 造 業 の 代 表 日 本 製 紙 株 式 会 社 は 石 巻 工 場 が 壊 滅 的 被 害 を 受 けながらも 被 災 直 後 の3 月 24 日 には 既 に 石 巻 からの 撤 退 はない と 考 えを 示 し ている しかし 水 産 加 工 団 地 に200を 超 える 会 社 が 工 場 を 連 ねていた 基 幹 産 業 である 水 産 加 工 業 においては なかなか 復 興 への 足 並 みが 揃 わなかった 最 初 はよしやるぞという 気 持 ちが 強 かったのですが なかなか 状 況 が 変 わらない 石 巻 の 水 産 加 工 業 者 は 14 分 の1の 方 が 水 産 業 をやめる 24 分 の1が すぐにでも 再 起 したい 3 残 り 半 分 が 行 政 の 援 助 の 条 件 次 第 で 存 続 を 決 める とそれぞれの 立 場 が 違 う 状 況 でした です から 水 産 加 工 団 地 の 道 路 の2m 嵩 上 げや 防 波 堤 の 建 設 などをめぐってまとまらない 話 も 多 か ったです 水 産 加 工 団 地 の 地 盤 沈 下 給 排 水 設 備 の 破 損 断 絶 冷 凍 庫 の 喪 失 など 被 害 が 甚 大 す ぎた 上 に 建 築 資 材 の 不 足 も 重 なり 何 回 もくじけそうになりました そんななか 5 月 に 初 めてパルシステムの 皆 さんに 石 巻 まで 来 ていただいて 工 場 が 再 開 した ら 商 品 をできるだけ 取 り 扱 いましょう というお 話 を 頂 いたことがすごく 励 みになりました 本 来 ならば 工 場 の 再 開 と 実 際 の 商 品 を 見 ていただくのが 先 です しかし そう 言 っていただけた おかげで ああ 前 のように 商 品 をつくればなんとかまたお 取 り 引 き 願 える 5 6 月 にはな んとしてもまた という 気 持 ちを 持 ち 直 すことができたんです 心 折 れそうなときもなお 6 月 までは 電 気 さえ 復 旧 していませんでした その 頃 になると 魚 の 臭 い ヘドロの 臭 いがひ どく ハエが 発 生 して 悲 惨 でした 当 社 も20km 沖 合 まで 行 って 傷 んだ 魚 の 在 庫 をぜんぶ 箱 から 出 して 投 棄 しました そういう 作 業 からこつこつ 始 めるしかないんです また 瓦 礫 のなか にはご 遺 体 もあり 水 産 加 工 団 地 全 体 に 消 毒 の 必 要 もありました とにかく 早 く 再 開 したい 一 心 で 石 巻 の 高 台 や 松 島 塩 竉 への 工 場 の 移 転 工 場 レンタル 他 メーカーへの 委 託 加 工 の 可 能 性 も 視 野 に 入 れました しかし 当 社 の 特 徴 である 原 料 仕 入 れ 下 ごしらえから 包 装 工 程 まで 工 場 で 一 貫 した 作 業 をする というコンセプトは 守 り 続 けたい な おかつ 製 品 欠 品 のない 余 裕 のある 生 産 規 模 衛 生 的 で 安 心 安 全 な 製 品 作 りの 大 切 さなどの 問 題 があります そして 兄 にも 強 くいわれましたが いままで 来 てくれた 従 業 員 さんが 来 れなくなる 所 はだめ と 当 社 は 早 い 段 階 で 再 開 を 決 めていたので 従 業 員 はできるだけ 解 雇 していません 従 業 員 の 再 雇 用 やその 家 族 の 生 活 問 題 水 産 加 工 団 地 の 利 便 性 資 金 的 な 問 題 これから 総 合 的 に 判 断 して やはり 元 の 石 巻 でもういちど 頑 張 ってみようと 決 めたのです 他 の 水 産 会 社 では 移 転 したり 委 託 加 工 するところもあり すぐ 事 業 を 始 めているところもあっ たので どんどん 遅 れるようですごく 焦 りはありました そして6 月 までは 何 度 も もうあき らめようか と 気 持 ちがくじけかけていました 本 当 に 大 丈 夫 だな と 思 ったのは7 月 8 月 になってからですね

5 水 野 食 品 では 津 波 の 被 害 を 免 れた 工 場 2 階 に 作 業 場 を 集 中 し 製 造 を 再 開 そして11 月 4 回 ついに 銀 だら 西 京 漬 が 復 活 する 震 災 からじつに 約 8ヶ 月 ぶりのことであった 10 月 15 日 くらいから 製 品 を 試 験 的 に 作 り 出 して これなら 間 違 いない というものができたのが25 日 くらいです ここまで 困 難 続 きでしたが 一 番 つらいの はやはり 製 品 を 作 れないということです パルシステム のカタログ マイキッチン ( 当 時 )を 見 て 自 分 のと ころの 商 品 がまったくない どこのお 店 にも 当 社 グルー プの 製 品 が 並 んでいない それがこんなに 悲 しいこ とだとは 思 ってもみなかったんです それまで 当 たり 前 のように なに 不 自 由 なく 商 品 作 りがで きていたが いざこのようになってみると 悲 しく 早 くおいしい 商 品 をお 届 けしたいという 気 持 ちが 日 々 強 まっていくのを 感 じました 工 場 の 従 業 員 からも 再 開 の 嬉 しさは 伝 わってきました パルシステムをはじめ 生 協 というの は 特 別 で 何 回 も 組 合 員 さんに 足 を 運 んでいただいて 一 緒 に 製 品 を 作 ってきた 思 いが 強 くありま す 私 もしょっちゅういろんな 会 合 に 出 てきたので みなさん 元 気 かな という 親 しみもあるし いい 加 減 なことはできない 他 の 御 取 り 引 き 先 とは 違 うんですよ 震 災 の 体 験 談 が 水 野 さん 口 から 語 られる 時 多 くの 人 はその 内 容 の 凄 まじさに 圧 倒 されると 同 時 の その 内 容 にそぐわないと 言 ってもいいほど 明 るい 語 り 口 と 笑 顔 にとまどうはずである この 迷 いを 感 じさせない 強 さと 明 るさはどこから 来 るのだろうか? よく 学 習 会 などで 水 野 さん なんでそんなに 明 るいの? と 聞 かれます そういうつもりも ないんですけど 小 さい 会 社 ですから 私 たちがしっかりしないとダメだし 自 分 で 方 向 性 が 決 め られますから そういうモチベーションはなくさないようにしているんです 母 も くよくよしててもしょうがない といつも 口 癖 のように 言 ってきました 地 震 で 一 時 は 危 篤 状 態 にまで 陥 った 母 ですが おかげさまで 持 ちこたえて いま94 歳 です 77 歳 くらいま で 工 場 にいて 生 協 さんの 会 合 や 勉 強 会 にも 良 く 出 ていたので 組 合 員 さんにも 結 構 友 達 が 多 く 病 院 までお 見 舞 いに 来 て 下 さった 方 もいらっしゃいました 石 巻 の 復 興 について うちみたいな 家 族 経 営 の 小 さなところが 頑 張 っても 大 して 変 わらないか もしれませんが 少 しでも 役 に 立 ちたい という 思 いもあります またこの 間 組 合 員 さんからも 心 配 の 声 や 水 野 さんの 味 が 好 きで 今 まで 待 っていました と いうありがたいメッセージをたくさんいただいて 今 でも 見 て 涙 してしまいますし 思 い 出 して は また 頑 張 らなくてはいけない という 力 にもなります 悲 しみのあとにこそ 私 は 高 校 2 年 生 の 時 交 通 事 故 で4ヶ 月 の 療 養 を 余 儀 なくされて 同 級 生 と 一 緒 に 卒 業 式 を 迎

6 えられない 悔 しさを 味 わいました 41 歳 の 時 には 大 腸 がんでS 字 結 腸 を 全 摘 出 する 手 術 と3ヶ 月 の 入 院 という 生 死 に 関 わるような 経 験 もしました でもいつの 間 にか そのような 事 も 忘 れ がちになってしまっていたのですね 今 回 の 地 震 と 津 波 で 辛 い 経 験 をしたせいでしょうか 病 院 のベットで これからはああしよう こうしよう と 考 えていた 自 分 を 思 い 出 してきました 今 回 の 災 害 の 悲 しみ 苦 しみは 遙 かに 深 く 生 涯 忘 れえぬこととなりましょう 多 くの 方 が 亡 くなられ たくさんの 大 切 なものを 失 って 思 い 出 すと 涙 が 出 てくることがあり ますが みなさんの 応 援 もあってチャンスをいただいた 挫 折 した 同 業 者 もいるなかで これだ け 早 く 再 開 できたからには 今 までと 同 じではダメだと 私 は 強 く 思 っています 幸 いなことに 我 社 は 食 べる で 支 え 合 う! というスローガンのもとに 皆 様 からお 金 に もまして 私 たちが 一 番 必 要 としている 食 べる 力 そのものをいただく 事 ができました 組 合 員 さんから 温 かいお 言 葉 をいただいたり たくさんの 方 においでいただいたりするたびに メソ メソなんてしていられない いい 加 減 なことはできないな より 良 い 商 品 を 作 って 御 恩 返 しし ないといけない と 感 じています 工 場 再 開 後 も たくさんのご 支 援 をいただいています 本 当 にたくさんの 応 援 ありがとうござ います あの 大 津 波 被 害 からあっという 間 でもあり 苦 しく 長 い 日 々でもありました 今 後 はこ のようにいつまでも 皆 様 のご 好 意 に 甘 えるのではなく 今 後 は 当 社 が 一 日 も 早 く 社 会 復 帰 し 社 会 貢 献 して たくさんの 方 からいただいた 幸 を 少 しでもお 返 ししなければならないと 考 えます 近 年 は 大 雨 台 風 などの 自 然 災 害 も 多 く 交 通 事 故 や 様 々な 悲 惨 な 事 故 凶 悪 な 犯 罪 も 頻 繁 に 起 こり 私 たち 以 上 にとても 悲 しくご 苦 労 されている 方 も 多 いのです 私 たちには 小 さな 力 しかありませんが それでも 今 までのように 何 事 もなく 過 ごすのではなく また 平 穏 であれば 良 いということでもなく それではむしろ 自 分 たち 自 身 が 頓 挫 してしまいそう で 社 会 貢 献 とか 地 球 のためにも とかそのようなモチベーションを 持 っていかなければな らないと 考 えています パルシステムの 組 合 員 職 員 の 皆 様 にはご 恩 にお 応 えできるよう 今 回 の 苦 難 を 良 い 糧 とし 初 心 に 帰 り 気 持 ちを 引 き 締 めて より 安 全 で 安 心 な よりおいしく 安 価 な 製 品 をお 届 けできるよう 皆 様 といつまでも 歩 み 続 けるよう 頑 張 ります いつの 日 も 水 野 食 品 さん また 製 品 作 りができて 良 かったネ! と 言 っていただけるような 工 場 にしたいと 強 く 思 います ありがとうございました

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

2011紀要論文(大谷)

2011紀要論文(大谷) 災 害 支 援 ボランティアと 地 域 防 災 Disaster support volunteer and regional disaster prevention はじめに 才 田 春 夫 SAIDA Haruo 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 歴 史 上 類 を 見 ない 大 災 害 となった 地 震 規 模 が M9.0 と 日 本 史 上 最

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

間 は 傷 病 手 当 金 を 受 給 しましたが 職 場 の 理 解 とリハビリの 甲 斐 あって 無 事 職 場 復 帰 がで きました しかし 後 遺 症 が 残 ったまま 障 害 認 定 日 を 迎 えました 年 子 さんには 障 害 年 金 の 受 給 資 格 があるのでしょうか? 年 子

間 は 傷 病 手 当 金 を 受 給 しましたが 職 場 の 理 解 とリハビリの 甲 斐 あって 無 事 職 場 復 帰 がで きました しかし 後 遺 症 が 残 ったまま 障 害 認 定 日 を 迎 えました 年 子 さんには 障 害 年 金 の 受 給 資 格 があるのでしょうか? 年 子 平 野 区 自 立 支 援 協 議 会 研 修 部 会 (016.1.) 障 害 年 金 これだけは 知 っておきたい 基 本 のキ( 中 篇 ) 国 民 年 子 さんの 半 生 永 寿 の 里 かけはし 吉 村 明 夫 前 回 勉 強 した 内 容 を 具 体 例 に 沿 いながら 確 認 して 行 きます 特 に 年 金 の 併 給 は 分 か りにくいので 下 表 を 参 照 しながら 読 んでください

More information

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸 西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 14 日 夕 刊 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) 平 成 24 年 7 月 対 馬 海 峡 付 近 に 停 滞 した 梅 雨 前 線 は 11 日 から 14 日 にかけて 九 州 北 部 に 激 しい 雨 をもたらした 柳 川 市 では4 日 間 に 415mmの 降 水 量 を 記 録 特

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

Microsoft Word - 06_仙台塩釜港.docx

Microsoft Word - 06_仙台塩釜港.docx 被 害 状 況 写 真 塩 釜 港 湾 空 港 事 務 所 周 辺 の 被 災 と 復 旧 塩 釜 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 は 3 月 11 日 の 被 災 時 は 1.5m 以 上 泥 水 で 冠 水 し 事 務 所 の 近 くにいた 一 般 市 民 もこの 建 物 に 避 難 し 一 夜 を 過 ごしました 海 水 が 引 いた 後 も 汚 泥 が 堆 積 しています 現 在 は 事

More information

目 次 なぜ 自 動 車 整 備 業 賠 償 共 済 保 険 が 必 要 なの? えっっ! お 客 様 が 加 入 している 自 動 車 保 険 は 使 えないの?? P.3 受 託 自 動 車 保 険 ( 対 人 賠 償 ) 点 検 するためにお 客 様 のお 車 を 自 工 場 へ 運 転 して

目 次 なぜ 自 動 車 整 備 業 賠 償 共 済 保 険 が 必 要 なの? えっっ! お 客 様 が 加 入 している 自 動 車 保 険 は 使 えないの?? P.3 受 託 自 動 車 保 険 ( 対 人 賠 償 ) 点 検 するためにお 客 様 のお 車 を 自 工 場 へ 運 転 して 目 次 なぜ 自 動 車 整 備 業 賠 償 共 済 保 険 が 必 要 なの? えっっ! お 客 様 が 加 入 している 自 動 車 保 険 は 使 えないの?? P.3 受 託 自 動 車 保 険 ( 対 人 賠 償 ) 点 検 するためにお 客 様 のお 車 を 自 工 場 へ 運 転 して 帰 る 途 中 歩 行 者 をはねてケガを させてしまった 高 額 の 賠 償 にビックリ! P.4

More information

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から 基 調 講 演 北 海 道 の 防 災 を 考 える ~ 東 日 本 大 震 災 近 年 豪 雨 災 害 等 の 教 訓 に 学 ぶ~ 京 都 大 学 経 営 管 理 大 学 院 客 員 教 授 関 克 己 主 な 講 演 内 容 (1) 東 日 本 大 震 災 の 発 生 東 日 本 大 震 災 と 激 甚 な 自 然 災 害 の 頻 発 日 本 の 大 災 害 頻 発 の 時 代 ( 平 成 16

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ Heart on Coin 絆 プロジェクト ~はじめに~ この 度 5 月 6 日 から 5 月 12 日 に 渡 り 西 宮 教 育 委 員 会 職 員 の 方 々に 加 え 大 阪 大 学 同 大 学 院 の 学 生 6 名 と 共 に Heart on Coin 絆 プロジェクトのメンバーである 関 西 学 院 大 学 生 4 名 が 宮 城 県 南 三 陸 町 の 歌 津 中 学 校 に

More information

コンテナクレーンの整備について

コンテナクレーンの整備について 釜 石 港 の 沿 革 について 出 典 釜 石 市 誌 ( 通 史 ): 昭 和 52 年 3 月 10 日 発 行 ) 昭 和 52 年 に 発 行 された 釜 石 市 誌 ( 通 史 ) の 中 には 釜 石 を 築 いてきた 先 人 達 の 未 来 予 想 図 とも 受 け 取 れる 以 下 のような 興 味 深 い 記 述 があります いま 釜 石 は 鉄 と 魚 の 二 大 柱 を 市

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

仕事が楽しい人File

仕事が楽しい人File 仕 事 が 楽 しい 人 File.53: 渡 辺 美 紀 さん( 診 療 放 射 線 技 師 ) 疑 いを 確 信 に 変 えるのが 放 射 線 技 師 の 仕 事 今 回 ご 紹 介 する53 人 目 の 仕 事 が 楽 しい 人 は 診 療 放 射 線 技 師 の 渡 辺 美 紀 さんです レントゲン 検 査 で 息 を 吸 って はい 止 めて そのままで チッチッチッチと 数 秒 経 過

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この 基 金 だより 重 要 なお 知 らせ 事 業 主 並 びに 加 入 員 の 皆 さまへ 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 は 方 針 を 議 決 しました 日 頃 より 当 基 金 の 事 業 運 営 にご 理 とご 協 力 をいただき 感 謝 申 し 上 げます さて 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 旨 とする 厚 生 年 金

More information

1リスクへの備え

1リスクへの備え リスクへの 備 え 福 祉 施 設 運 営 は 様 々なリスク 対 応 を 覚 悟 しなければならない 業 務 中 に 負 った 賠 償 責 任 入 所 児 童 が 他 人 に 損 害 を 負 わせた 場 合 施 設 管 理 者 は 損 害 賠 償 金 や 訴 訟 費 用 等 を 法 律 上 負 うべき 事 態 に 見 舞 われる また 財 産 の 損 害 が 生 じる 事 態 もある これらの 事

More information

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等 介 護 保 険 に 関 するQ&A 65 歳 になられる 方 65 歳 になったら 保 険 料 の 通 知 が 来 るのはなぜですか 介 護 保 険 料 は40 歳 から64 歳 までの 方 ( 第 2 号 被 保 険 者 )については 健 康 ( 医 療 ) 保 険 料 の 中 に 含 めて ご 加 入 の 健 康 ( 医 療 ) 保 険 組 合 のルールに 基 づいて 支 払 うことになっています

More information

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が スリランカ トリンコマレー 県 の 眼 科 支 援 事 業 医 師 菊 地 真 紀 子 派 遣 地 域 :スリランカ 派 遣 期 間 :2005 年 11 月 ~2006 年 2 月 2004 年 12 月 26 日 インドネシアスマトラ 沖 で 発 生 した 大 津 波 はインド 洋 に 浮 かぶ 島 ここスリランカにも 甚 大 な 被 害 をもたらしました 東 部 海 岸 地 域 に 位 置 するトリンコマレー

More information

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調 その1 最 近 の 高 速 道 路 でよく 見 る 光 景 です えっ 何 が 間 違 っている の? と 思 われる 方 も 多 いのではないでしょうか?この 中 に 重 大 事 故 や 交 通 違 反 に 繋 がる 問 題 点 が 沢 山 あるのです!1 台 1 台 何 が 問 題 か 運 転 手 になった 気 持 ちで 確 認 してみましょう!! A 車 の 状 況 A 車 は トラックを 追

More information

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用)

山田副士長 予防課保安係(平成22年採用) 桐 生 市 消 防 本 部 先 輩 インタビュー 星 野 消 防 士 ( 平 成 27 年 度 採 用 ) 高 島 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 樽 川 消 防 士 ( 平 成 28 年 度 採 用 ) 清 水 消 防 士 ( 平 成 25 年 度 採 用 ) 石 原 副 士 長 ( 平 成 22 年 度 採 用 ) 消 防 士 としてやりがいを 感 じることは 現 場 で 活

More information

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次 平 成 26 年 度 第 1 回 八 千 代 市 公 立 小 中 学 校 暑 さ 対 策 検 討 委 員 会 会 議 録 期 日 平 成 26 年 7 月 30 日 ( 水 ) 開 会 午 後 2 時 閉 会 午 後 3 時 35 分 場 所 八 千 代 市 市 民 会 館 2 階 第 6 会 議 室 出 席 者 八 千 代 市 長 秋 葉 就 一 委 員 長 小 林 伸 夫 ( 教 育 次 長 )

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

苦 情 件 数 では 自 動 車 共 済 が566 件 で 全 体 の43%を 占 めており 生 命 系 共 済 が473 件 (36%) 火 災 共 済 が219 件 (17%)とつづき 3 共 済 で 苦 情 件 数 全 体 の96%を 占 めています 特 に 火 災 共 済 については 前 年

苦 情 件 数 では 自 動 車 共 済 が566 件 で 全 体 の43%を 占 めており 生 命 系 共 済 が473 件 (36%) 火 災 共 済 が219 件 (17%)とつづき 3 共 済 で 苦 情 件 数 全 体 の96%を 占 めています 特 に 火 災 共 済 については 前 年 平 成 24 年 度 共 済 相 談 所 活 動 状 況 について Ⅰ. 相 談 苦 情 の 状 況 1. 受 付 の 状 況 共 済 相 談 所 における 平 成 24 年 度 の 相 談 苦 情 受 付 件 数 は2,381 件 ( 前 年 度 2,786 件 対 前 年 度 比 85%)と 前 年 度 から 大 幅 に 減 少 しました 要 因 は 東 日 本 大 震 災 に 関 する 相 談

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

3-0

3-0 2012 3 FREE + おきもち あれから 11ケ 月 あれから 11ケ 月 もう 思 い 出 せないくらい 時 間 がたった 様 な 気 がする 私 の 残 りの 人 生 分 くらい 考 えた 何 を 考 えたのだろう もちろん 放 射 能 のことだ 24 時 間 今 まで 一 度 も 頭 から 離 れることはなかった 地 震 の 時 家 族 はバラバラの 場 所 にいた 私 は 自 宅 主

More information

( 再 起 に 向 けて) 被 災 後 直 ぐに 再 建 に 向 けての 作 業 が 始 まりました 3 月 12~13 日 は 職 員 の 安 否 確 認 に 費 やされましたが 14 日 からは 被 害 状 況 の 調 査 事 務 所 の 整 理 港 の 再 開 に 向 けて 東 北 地 方 整

( 再 起 に 向 けて) 被 災 後 直 ぐに 再 建 に 向 けての 作 業 が 始 まりました 3 月 12~13 日 は 職 員 の 安 否 確 認 に 費 やされましたが 14 日 からは 被 害 状 況 の 調 査 事 務 所 の 整 理 港 の 再 開 に 向 けて 東 北 地 方 整 東 日 本 大 震 災 平 成 23 年 4 月 記 仙 台 支 部 調 査 役 亀 井 重 信 (その 時 ) 3 月 11 日 14 時 41 分 緊 急 地 震 速 報 に 続 いて 経 験 したことのない 大 きな 揺 れがあ り 支 部 職 員 は 青 ざめ 動 くことも 出 来 ない 少 し 落 ち 着 いたとき 佐 藤 事 務 員 とタクシー で 帰 宅 しようとしたが 無 理 だった

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19 生 まれ 変 われるとしたら の 理 由 児 童 生 徒 / 保 護 者 小 学 生 男 子 小 学 生 女 子 記 述 より 1 ぜ っ た い 男 2 ど ち ら か と い え ば 男 3 ぜ っ た い 女 4 ど ち ら か と い え ば 女 5 ど ち ら で もいい 今 のままがいい 今 男 だから 運 動 スポーツができる 赤 ちゃんを 産 みたくない 力 が 強 い 今 女 なので

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より

(2) 現 行 の 前 期 日 程 (2 月 20 21 日 )のまま 実 技 試 験 (150 点 )をのぞいた 国 数 英 ( 各 50 点 )の3 科 目 に 小 論 文 (30 点 )を 加 える-の2 案 を 検 討 (1)は 受 験 生 の 負 担 が 大 きいとして 除 外 し より 保 守 主 義 の 哲 学 --- 桜 宮 高 校 事 件 に 観 る 橋 下 徹 の 白 紙 (リセット) 思 想 の 危 険 な 本 質 についての 考 察 --- まず 産 経 新 聞 記 事 からの 抜 粋 市 教 委 入 試 可 否 21 日 に 判 断 妥 協 案 も 浮 上 橋 下 市 長 は 在 校 生 に 直 接 説 明 へ ( 産 経 新 聞 2013.1.20 22:12) 大

More information

地 域 振 興 の 拠 点 に 震 災 後 に 発 足 した 階 上 地 区 まちづくり 協 議 会 は 平 成 26 年 2 月 14 日 まちづくり 計 画 提 言 書 を 完 成 させた 地 域 住 民 が 専 門 家 のア ドバイスを 受 けながら 話 し 合 ってまとめた 地 域 の 将

地 域 振 興 の 拠 点 に 震 災 後 に 発 足 した 階 上 地 区 まちづくり 協 議 会 は 平 成 26 年 2 月 14 日 まちづくり 計 画 提 言 書 を 完 成 させた 地 域 住 民 が 専 門 家 のア ドバイスを 受 けながら 話 し 合 ってまとめた 地 域 の 将 2014 年 3 月 から 毎 月 11 日 発 行 未 来 を 考 える 力 を 気 仙 沼 復 興 レポート10 2014.12.11 今 川 悟 震 災 遺 構 とは 被 災 地 からの 視 点 で 復 興 の 課 題 を 考 える 気 仙 沼 復 興 レポート 第 10 弾 は 津 波 の 猛 威 を 伝 える 震 災 遺 構 について 問 題 提 起 する 気 仙 沼 市 では 復 興 交

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D82D382E982B382C6945B90C595D682E8766F6C2E322E646F63> ふるさと 納 税 便 り vol.2 H23.5 発 行 佐 賀 市 役 所 ふるさと 応 援 寄 附 金 (ふるさと 納 税 )をいただいた 皆 様 へ 新 緑 の 候 皆 様 におかれましてはますますご 清 祥 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 皆 様 には 寄 附 金 として 本 市 に 対 して 大 変 温 かいご 支 援 をいただき 誠 にありがとうございまし た このたび ふるさと

More information

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件

A5 賃 貸 人 の 責 任 によって 生 じた 費 用 ではないので 支 払 う 必 要 はありません ただ 賃 貸 物 件 が 使 用 で きないので 賃 料 の 請 求 は 出 来 ません 敷 金 の 返 還 が 遅 れた 場 合 の 責 任 は? Q6 今 回 の 地 震 で 賃 貸 物 件 被 災 時 のための Q&A(Q1~Q33) 旧 賃 借 人 と 新 賃 借 人 優 先 するのはどちら? Q1 物 件 について 旧 賃 借 人 との 間 で 賃 貸 借 契 約 の 解 除 が 完 了 し 明 渡 日 も 決 まっており 新 賃 借 人 が 決 まっておりましたが 今 回 の 地 震 で 旧 賃 借 人 が 引 っ 越 すことができません 新 賃 借 人 と 旧 賃 借 人 と

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス

これからの 私 三 雲 中 学 校 柔 道 部 大 西 亜 虹 全 国 大 会 はスポーツをやっている 人 にとって, 憧 れの 舞 台 です 私 が 小 学 5 年 生 の 時 に, 三 重 県 のサンアリーナで 中 学 生 の 全 国 大 会 がありま した 体 の 大 きさももちろんですが,ス 中 体 連 を 通 じて 学 んだこと 四 日 市 市 立 三 滝 中 学 校 柔 道 部 川 村 幸 穂 私 たちは 昨 年 の 中 体 連 県 大 会 の 準 決 勝 では 接 戦 の 末 に 負 けてしまい 目 標 だ った 全 国 大 会 出 場 を 逃 しとても 悔 しい 思 いをしました それから 次 の 夏 の 中 体 連 ではいい 結 果 が 出 せるように 必 死 に 練 習 に

More information

平成14年4月22日

平成14年4月22日 地 盤 品 質 判 定 士 通 信 40 地 盤 品 質 判 定 士, 地 盤 品 質 判 定 士 補,ならびに 判 定 士 協 議 会 関 係 者 の 皆 様 へ 地 盤 品 質 判 定 士 による 熊 本 地 震 地 盤 災 害 現 地 調 査 速 報 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 )と 16 日 ( 本 震 )の 地 震 によって, 熊 本 から 大 分 にかけての 広 い

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 第 2 回 水 中 遺 跡 調 査 検 討 委 員 会 概 要 日 程 : 平 成 25 年 7 月 17 日 ( 水 ) 会 場 : 長 崎 県 松 浦 市 高 島 支 所 9:30~12:00 西 谷 委 員 長 開 会 に 先 立 ち 長 崎 県 オブザーバー 高 野 氏 急 逝 のお 知 らせ 文 化 庁 記 念 物 課 榎 本 課 長 挨 拶 松 浦 市 長 崎 県 のこれまでの 鷹 島

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

出 資 のしくみ 会 員 募 集 分 配 金 銭 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) 愛 馬 会 法 人 キャロットクラブ 競 走 馬 の 購 入 分 配 現 物 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) クラブ 法 人 キャロットファー ム 馬 主 登 録 馬 名 手 続 き 入 厩 手 続 き

出 資 のしくみ 会 員 募 集 分 配 金 銭 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) 愛 馬 会 法 人 キャロットクラブ 競 走 馬 の 購 入 分 配 現 物 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) クラブ 法 人 キャロットファー ム 馬 主 登 録 馬 名 手 続 き 入 厩 手 続 き [ 愛 馬 会 法 人 ] [クラブ 法 人 ] 株 式 会 社 キャロットクラブ 東 京 都 中 央 区 銀 座 4 丁 目 14 番 6 号 代 表 取 締 役 会 長 手 嶋 龍 一 登 録 番 号 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 1583 号 有 限 会 社 キャロットファーム 東 京 都 中 央 区 銀 座 4 丁 目 14 番 6 号 代 表 取 締 役 社 長 髙 橋 二

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 若 は 出 世 願 望 がない? の 謎 を 解 く 東 洋 経 済 オンライン 城 幸 司 出 世 という 葉 を 最 近 に 出 したことはありますか? 出 世 して 親 を 喜 ばせたい いい 家 を 買 って 供 を 学 に かせる 分 だけでなく 家 族 も 望 んでいる 希 望 出 世 には 昔 も 今 も 変 わらず そういう 響 きがあります 本 における 出 世 の 歴 史 体 は

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1

Q1-25 市 県 民 税 と 所 得 税 の 控 除 額 に 差 があるのはどうしてですか? 回 答 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? 質 問 : 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 うのですか? 答 : 個 人 の 市 県 民 税 は 毎 年 1 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 1. 個 人 市 県 民 税 編 質 問 一 覧 Q1-1 転 出 したとき 市 県 民 税 はどこへ 支 払 う? Q1-2 死 亡 した 夫 に 市 県 民 税 の 納 税 通 知 書 が 届 きました? Q1-3 昨 年 退 職 時 に 市 県 民 税 を 一 括 して 納 めたのに 納 税 通 知 書 がきましたが? Q1-4 家 屋 敷 課 税

More information

県 道 桜 峠 平 田 線 の 現 道 が 無 くなるが どうなるのか? 平 田 地 区 は 面 的 に 皆 さんの 土 地 を 区 画 整 理 事 業 の 換 地 で 少 しづつ 動 いていた だき 道 路 用 地 等 を 作 ります 道 路 事 業 の 場 合 直 接 道 路 用 地 を 買 収

県 道 桜 峠 平 田 線 の 現 道 が 無 くなるが どうなるのか? 平 田 地 区 は 面 的 に 皆 さんの 土 地 を 区 画 整 理 事 業 の 換 地 で 少 しづつ 動 いていた だき 道 路 用 地 等 を 作 ります 道 路 事 業 の 場 合 直 接 道 路 用 地 を 買 収 釜 石 市 復 興 推 進 本 部 平 田 地 区 復 興 まちづくり 協 議 会 地 権 者 連 絡 会 議 事 要 旨 記 日 時 平 成 26 年 5 月 30 日 ( 金 )18 時 30 分 ~20 時 00 分 場 所 平 田 集 会 所 次 第 1. 市 長 からの 挨 拶 ( 南 ブロック 工 事 業 者 紹 介 ) 2. これからの 工 事 計 画 等 の 流 れについて 3. 板

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

事 務 所 レポート かなり 早 い 段 階 で 合 格 された のですね 試 験 には 強 い 方 だったのだと 思 います 投 入 時 間 に 対 する 成 果 を 見 ると 割 と 効 率 の 良 い 勉 強 がで きていたのでしょう 独 立 まではどのくらい 勤 務 さ れたのですか? 6

事 務 所 レポート かなり 早 い 段 階 で 合 格 された のですね 試 験 には 強 い 方 だったのだと 思 います 投 入 時 間 に 対 する 成 果 を 見 ると 割 と 効 率 の 良 い 勉 強 がで きていたのでしょう 独 立 まではどのくらい 勤 務 さ れたのですか? 6 スタッフ 約 100 名 関 与 先 数 約 2,000 件 創 業 20 年 で 大 規 模 事 務 所 に 成 長 した SBCパートナーズの 軌 跡 大 阪 府 大 阪 市 税 理 士 法 人 SBC パートナーズ スタッフは 実 に 約 100 名 大 阪 を 中 心 に 東 京 横 浜 名 古 屋 浜 松 など 幅 広 いエリアに 拠 点 を 構 える 税 理 士 法 人 SBC パートナーズ

More information

三江線全駅下車の旅

三江線全駅下車の旅 三 江 線 全 駅 下 車 の 旅 島 根 県 を 走 る 超 ローカル 線 三 江 線 の 全 駅 下 車 をした 中 学 生 の 旅 行 記 山 田 宙 輝 全 駅 下 車 をする 際 に 使 用 した 三 江 線 のダイヤグラム 岡 山 駅 に 戻 って 山 陽 本 線 で 福 山 駅 福 塩 線 で 府 中 駅 を 経 由 して 三 次 駅 まで 行 き 今 回 のメインの 三 江 線 に

More information

Microsoft Word - 平成26年度税制改正カンタン解説_白黒両面.doc

Microsoft Word - 平成26年度税制改正カンタン解説_白黒両面.doc 平 成 26 年 度 税 制 改 正 案 カンタン 解 説 今 年 の 税 制 改 正 大 綱 は 9 月 に 秋 の 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されたという 点 が 特 徴 的 です 秋 の 税 制 改 正 大 綱 は 本 年 4 月 に 控 えた 消 費 税 増 税 を 受 けての 景 気 対 策 のための 税 制 改 正 で 法 人 の 設 備 投 資 を 支 援 する 内 容 が

More information

目 次 1. 稚 内 コルサコフ 定 期 航 路 利 用 促 進 合 同 会 議 等 の 出 席 について 1 2.サハリン 南 部 地 震 に 伴 う 災 害 見 舞 及 び 支 援 について 3 3. 稚 内 市 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 供 用 開 始 について 5 4. 食 の 委

目 次 1. 稚 内 コルサコフ 定 期 航 路 利 用 促 進 合 同 会 議 等 の 出 席 について 1 2.サハリン 南 部 地 震 に 伴 う 災 害 見 舞 及 び 支 援 について 3 3. 稚 内 市 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 供 用 開 始 について 5 4. 食 の 委 一 般 行 政 報 告 平 成 19 年 第 6 回 定 例 会 (9 月 ) 目 次 1. 稚 内 コルサコフ 定 期 航 路 利 用 促 進 合 同 会 議 等 の 出 席 について 1 2.サハリン 南 部 地 震 に 伴 う 災 害 見 舞 及 び 支 援 について 3 3. 稚 内 市 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 供 用 開 始 について 5 4. 食 の 委 員 会 及 び 稚

More information

Microsoft Word - 61特別セッション-mod1.doc

Microsoft Word - 61特別セッション-mod1.doc 6/3 被 害 調 査 報 告 会 より 巨 大 津 波 と 広 域 液 状 化 からの 復 興 に 向 けて 6 月 3 日 に 被 害 調 査 報 告 会 を 行 いました そこでは 巨 大 津 波 と 広 域 液 状 化 からの 復 興 に 向 けて と 題 し 専 門 分 野 ごと に 復 旧 復 興 に 向 けた 包 括 的 な 提 案 を 行 なうセクションを 設 けました 当 初 予

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

Taro-国交職組ニュー ス231 

Taro-国交職組ニュー ス231  国 交 職 組 2015. 9. 24 No.231 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 新 規 増 員 1,555 人 要 求 - 国 交 省 - 定 員 合

More information

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見 福 島 県 飯 舘 ( 基 本 方 針 ) インフラ( 道 路 水 道 集 落 排 水 等 )については の 復 興 に 必 要 な 社 会 基 盤 であ り 早 急 に 復 旧 をしなければならない では 避 難 をするまでの 間 に 道 路 水 道 集 落 排 水 等 は 応 急 的 に 復 旧 をし 一 時 帰 宅 等 で 必 要 な 最 低 限 の 生 活 基 盤 は 整 っている 状 況

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092CA8AD68E6D8E8E8CB192CA904D93598DED8CA48F4395BD90AC3230944E937831328C8E8D878A6991CC8CB18B4C8AAA93AA8CBE814591CC8CB18B4C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092CA8AD68E6D8E8E8CB192CA904D93598DED8CA48F4395BD90AC3230944E937831328C8E8D878A6991CC8CB18B4C8AAA93AA8CBE814591CC8CB18B4C2E646F6378> 通 関 士 試 験 通 信 添 削 研 修 平 成 20 年 度 受 講 生 合 格 体 験 記 集 ( 社 ) 日 本 通 関 業 連 合 会 研 修 事 務 局 第 42 回 通 関 士 試 験 が 昨 年 10 月 5 日 ( 日 )に 実 施 されましたが 当 連 合 会 主 催 の 昨 年 度 通 関 士 試 験 通 信 添 削 研 修 の 受 講 生 においては 今 回 も 数 多 くの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただ

はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただ はじめに 年 金 受 給 者 の 皆 様 には 日 頃 より 市 議 会 議 員 共 済 会 の 運 営 に 関 しまして 格 別 のご 理 解 とご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます さて 議 員 年 金 を 受 給 される 皆 様 に 継 続 し て 年 金 を 受 けていただくために 市 議 会 議 員 共 済 会 に 対 しまして 様 々な 手 続 きが 必 要 になり ます

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

document

document 満 足 度 調 査 集 計 表 特 別 養 護 老 人 ホーム 仙 人 の 里 長 期 入 所 家 族 回 答 人 数 30 名 調 査 期 間 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ~6 月 30 日 問 1. 施 設 内 は 清 潔 ですか?( 玄 関 居 室 ホール 廊 下 トイレなど) 清 潔 27 名 普 通 3 名 汚 い0 名 どちらとも 言 えない0 名 未 記 入 0 名 新 しい

More information

先輩たちのとりくみに学ぶ

先輩たちのとりくみに学ぶ 広 島 県 教 職 員 組 合 2016 年 度 版 1. 権 利 獲 得 への 道 ~バトンを 受 け 継 ぐ 私 たち~ 2. 労 働 組 合 とは ~ 働 く 者 にとって 当 たり 前 のしくみ~ 3.どうして 私 たちは 組 合 にこだわるのか 4.さまざまな 活 動 ~ 平 和 人 権 自 主 共 助 ~ 1 広 教 組 結 成 1945 原 爆 投 下 敗 戦 日 本 国 憲 法 国

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

とになると 思 います 場 所 として 相 応 しいのか 疑 問 に 感 じていますので ご 意 見 を 聞 かせてください 行 政 としては 市 内 に 民 間 保 育 園 を 作 っていただきたいというのが 本 音 です 用 地 の 確 保 について 行 政 としては 立 地 上 の 課 題 を

とになると 思 います 場 所 として 相 応 しいのか 疑 問 に 感 じていますので ご 意 見 を 聞 かせてください 行 政 としては 市 内 に 民 間 保 育 園 を 作 っていただきたいというのが 本 音 です 用 地 の 確 保 について 行 政 としては 立 地 上 の 課 題 を タウンミーティング あったかいまち ふじみ 野 を 目 指 して 日 時 平 成 26 年 9 月 21 日 ( 日 ) 午 後 6 時 ~7 時 30 分 会 場 赤 土 原 分 館 ( 亀 久 保 669) 天 気 晴 れ 59 人 主 な 意 見 等 最 近 1 時 間 あたり100ミリという 報 道 が 連 続 して 見 られるように 集 中 豪 雨 に よる 被 害 が 多 発 しているが

More information

掲 将 像 然 笑 寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君 戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 --

掲 将 像 然 笑  寒 寒 埋 容 量 西 託 契 締 港 湾 昭 和 ぶ 独 君  戦 揚 貨 戦 陸 港 貨 圏 舗 舗 -- -- -- -- -- -- 京 宿 西 宿 -- 標 準 減 村 免 許 盆 環 境 算 己 直 滞 納 康 孫 標 常 欠 努 己 診 越 康 振 存 敬 老 祝 敬 老 祝,,,,, 敬 老 祝 歳 昭 和 米 寿 昭 和 歳 白 寿 歳 密 ュ ニ 拠 点 増 注 緊 率 著 影 響 緊 則 頃 維 持 努 況 オ cc 白 乙 cc 黄 色 甲 cc 従 型 希 望 諸 線 告 皆 移 末 屋 般 執 候 候 案 田 井 砂 宮 馬 己 食

More information

Microsoft Word 会議録【最終】

Microsoft Word 会議録【最終】 平 成 27 年 度 第 1 回 岡 崎 市 図 書 館 交 流 プラザ 運 営 協 議 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 8 月 7 日 ( 金 ) 午 前 10 時 ~ 午 前 11 時 35 分 2 会 場 図 書 館 交 流 プラザ 会 議 室 301 3 出 席 委 員 斉 藤 委 員 村 上 委 員 白 井 委 員 渥 美 委 員 浦 部 委 員 森 﨑 委 員 濱 田 委

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

サイバー大学紀要.indd

サイバー大学紀要.indd 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 における 文 化 財 レスキュー -ボランティアからみた 今 後 の 課 題 - 関 博 充 要 旨 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 被 災 文 化 財 等 救 援 委 員 会 による 文 化 財 レスキュー 事 業 にボランティア として 参 加 した 宮 城 県 沿 岸 部 を 中 心 に 個 人 宅 文 化 財 保 管 施 設 において 被 災

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

あかね みどり 学 童 保 育 所 に3 月 までそれぞれ 勤 務 していた 職 員 がいるの で 必 要 に 応 じて 施 設 長 と 打 ち 合 わせをしており 特 段 問 題 はないと 思 う あかね 学 童 保 育 所 については 4 月 当 初 出 欠 カードというものを 取 り 入 れた

あかね みどり 学 童 保 育 所 に3 月 までそれぞれ 勤 務 していた 職 員 がいるの で 必 要 に 応 じて 施 設 長 と 打 ち 合 わせをしており 特 段 問 題 はないと 思 う あかね 学 童 保 育 所 については 4 月 当 初 出 欠 カードというものを 取 り 入 れた 会 議 録 会 議 名 事 務 局 ( 担 当 課 ) 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 平 成 27 年 度 第 1 回 小 金 井 市 学 童 保 育 所 運 営 協 議 会 児 童 青 少 年 課 平 成 27 年 4 月 27 日 ( 月 ) 19 時 00 分 ~21 時 30 分 802 会 議 室 委 員 飯 田 委 員 長 小 澤 副 委 員 長 岩 野 委 員 小 倉 委

More information

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 2013 合 格 実 績 出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 報 コミュニケーション 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

将 来 の 子 供 たちへ 物 語 のある 復 興 を 陸 前 高 田 市 では 市 街 地 を 視 察 した 後 気 仙 町 今 泉 天 満 宮 ( 荒 木 真 幸 宮 司 )を 視 察 した 今 泉 天 満 宮 は 津 波 で 完 全 流 失 し 樹 齢 八 百 年 以 上 といはれる 神 木

将 来 の 子 供 たちへ 物 語 のある 復 興 を 陸 前 高 田 市 では 市 街 地 を 視 察 した 後 気 仙 町 今 泉 天 満 宮 ( 荒 木 真 幸 宮 司 )を 視 察 した 今 泉 天 満 宮 は 津 波 で 完 全 流 失 し 樹 齢 八 百 年 以 上 といはれる 神 木 岩 手 宮 城 福 島 被 災 地 の 声 に 触 れて 神 道 政 治 連 盟 事 務 局 神 道 政 治 連 盟 ( 長 曽 我 部 延 昭 会 長 )では 五 月 十 一 日 から 十 三 日 まで 東 日 本 大 震 災 により 多 大 な 被 害 に 遭 はれた 岩 手 宮 城 福 島 各 県 沿 岸 地 域 を 中 心 に 四 回 目 となる 慰 問 視 察 をおこなった 今 回 は 政

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

目 次 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは?... 1 1 個 人 住 民 税 ( 市 県 民 税 )とは?... 1 2 普 通 徴 収 ( 個 人 払 い)と 特 別 徴 収 ( 給 与 天 引 き)の 違 い... 1 特 別 徴 収 事 務 の 流 れ... 2 1 給 与 支 払

目 次 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは?... 1 1 個 人 住 民 税 ( 市 県 民 税 )とは?... 1 2 普 通 徴 収 ( 個 人 払 い)と 特 別 徴 収 ( 給 与 天 引 き)の 違 い... 1 特 別 徴 収 事 務 の 流 れ... 2 1 給 与 支 払 個 人 住 民 税 ( 市 県 民 税 ) 特 別 徴 収 の 事 務 手 引 き * 手 引 書 について* この 手 引 書 は 初 めて 特 別 徴 収 を 実 施 する 事 業 者 の 皆 さんに 事 務 手 続 きに ついて 知 っていただくために また すでに 特 別 徴 収 を 実 施 している 事 業 者 の 皆 さんにも 事 務 手 続 きを 確 認 していただくために 作 成 したものです

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

富 田 林 市

富 田 林 市 ファミリー サポート センターを 上 手 に 活 用 するために 援 助 活 動 補 償 保 険 Q&A 富 田 林 市 ファミリー サポート センター 平 成 27 年 6 月 -1- 富 田 林 市 ファミリー サポート センター ファミリー サポート センターは 子 育 てを 援 助 したい 会 員 と 援 助 を 受 けたい 会 員 の 相 互 援 助 の 会 です ファミリー サポート センター

More information

在学生を対象とした,新潟県中越地震災害罹災者に係る,授業料減免措置について

在学生を対象とした,新潟県中越地震災害罹災者に係る,授業料減免措置について 2012 年 度 東 日 本 大 震 災 及 び 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 経 済 支 援 について - 東 日 本 大 震 災 及 び 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 で 被 災 された 学 生 の 皆 様 へ- このたびの, 東 日 本 大 震 災 及 び 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 により, 大 きな 不 安 と 混 乱 の

More information

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信 災 害 時 透 析 業 務 支 援 ボランティア 活 動 マニュアル ver.1.10 2014 年 6 月 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 災 害 対 策 委 員 会 < 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援

More information

費 用 現 地 までの 交 通 費, 宿 泊 費 (2 泊 分 ), 現 地 での 船 賃 等 の 諸 費 用 など, 合 わせておよそ 45,000 程 度 の 予 定 ( 例 えば 京 阪 神 まで 夜 行 バスを 使 うなど 安 価 な 方 法 は 各 自 で 考 えてほしい) 説 明 会 2

費 用 現 地 までの 交 通 費, 宿 泊 費 (2 泊 分 ), 現 地 での 船 賃 等 の 諸 費 用 など, 合 わせておよそ 45,000 程 度 の 予 定 ( 例 えば 京 阪 神 まで 夜 行 バスを 使 うなど 安 価 な 方 法 は 各 自 で 考 えてほしい) 説 明 会 2 現 地 研 究 日 生 諸 島 報 告 以 下 に 現 地 研 究 日 生 諸 島 の 実 施 報 告 を 記 す 内 容 は 次 のとおりである 1) 参 加 者 募 集 の 掲 示 用 資 料 2) 参 加 者 のうちの 1 名 一 條 洸 太 君 の 事 後 提 出 レポートの 抜 粋 と そこに 担 当 者 中 俣 の 雑 感 などを 加 えたもの ( 雑 感 は 文 字 ポイントを 落 とし

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information