プロダクションノート バルジャー 密 告 者 は 許 さねえ コノリー 密 告 じゃない 協 定 だ バルジャー 俺 とクソFBIが 協 定 だと? コノリー 違 う あんたと 俺 だよ 互 いに 利 用 し 助 け 合 うんだ ボストン 一 の 犯 罪 王 として 悪 名 をとどろかせたジェームズ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "プロダクションノート バルジャー 密 告 者 は 許 さねえ コノリー 密 告 じゃない 協 定 だ バルジャー 俺 とクソFBIが 協 定 だと? コノリー 違 う あんたと 俺 だよ 互 いに 利 用 し 助 け 合 うんだ ボストン 一 の 犯 罪 王 として 悪 名 をとどろかせたジェームズ"

Transcription

1 ブラック スキャンダル パイレーツ オブ カリビアン/ 呪 われた 海 賊 たち ネバーランド スウィーニー トッド フリート 街 の 悪 魔 の 理 髪 師 で3 度 のオスカーにノミネートされたジョニー デップが 悪 名 高 き 実 在 のギャング ジェームズ バルジャーを 演 じ る 監 督 は クレイジー ハート のスコット クーパー アンサンブルキャストとして FBI 捜 査 官 ジョン コノリー 役 に 華 麗 なるギャツビー ゼロ ダーク サーティ のジョエ ル エドガートン バルジャーの 弟 で 州 議 会 上 院 議 員 として 権 勢 を 振 るうビリー バルジャー 役 に イミテーション ゲ ーム/エニグマと 天 才 数 学 者 の 秘 密 でオスカー 候 補 になったベネディクト カンバーバッチ バルジャーの 腹 心 ス ティーヴン フレミ 役 に アルゴ のロリー コクレイン バルジャーの 手 先 ケヴィン ウィークス 役 にTVシリーズ FARGO /ファーゴ のジェシー プレモンス FBIの 主 任 捜 査 官 チャールズ マグワイア 役 に ラブ アゲイン TVシリーズ ザ フォロイング のケビン ベーコンがそれぞれ 扮 する 1970 年 代 のサウス ボストン FBI 捜 査 官 のジョン コノリー(エドガートン)はアイルランド 系 ギャングのジミー バルジ ャー(デップ)を 口 説 き FBIの 協 力 者 にする その 目 的 は 共 通 の 敵 であるイタリアン マフィアを 壊 滅 させることだっ た しかし この 禁 断 の 密 約 は 収 拾 のつかない 事 態 を 招 く バルジャーは 警 察 当 局 の 追 及 を 逃 れて 権 力 を 拡 大 し ボストンきっての 恐 怖 の 犯 罪 王 に そしてアメリカ 史 上 もっとも 危 険 なギャングにのしあがっていく 監 督 スコット クーパー 脚 本 マーク マルーク ジェズ バターワース 原 作 ディック レイア ジェラード オニール 製 作 ジョン レッシャー ブライアン オリバー スコット クーパー パトリック マコーミック タイラー トンプソン 製 作 総 指 揮 ブレット ラトナー ジェイムズ パッカー ピーター マルーク レイ マルーク クリストファー ウッドロウ ブレッ ト グランスタッフ ゲイリー グランスタッフ フィル ハント コンプトン ロス 脇 を 固 める 共 演 陣 は ジミー バルジャーお 抱 えの 殺 し 屋 マルトラーノ 役 に ドラフト デイ のW アール ブラウン バルジャーとコノリーの 密 約 に 加 わるFBI 捜 査 官 ジョン モリス 役 に エンド オブ ウォッチ のデイビッド ハーバー バ ルジャーの 一 人 息 子 の 母 親 で 恋 人 のリンジー シル 役 に フィフティ シェイズ オブ グレイ のダコタ ジョンソン ジョ ン コノリーの 妻 マリアン 役 に 8 月 の 家 族 たち のジュリアンヌ ニコルソン 連 邦 検 察 官 フレッド ワイシャック 役 に ボ ーン レガシー のコリー ストール ブライアン ハロラン 役 に ブルージャスミン のピーター サースガード FBI 捜 査 官 ロバート フィッツパトリック 役 にTVシリーズ Parks and Recreation のアダム スコット スティーヴン フレミの 義 理 の 娘 にして 愛 人 でもあるデボラ ハッセー 役 に マレフィセント のジュノー テンプル 撮 影 マサノブ タカヤナギ( 世 界 にひとつのプレイブック ファーナス/ 訣 別 の 朝 ) 美 術 ステファニア セッラ ( グレート ビューティー/ 追 憶 のローマ ) 編 集 デイビッド ローゼンブルーム( インサイダー でオスカーにノミネ ート) 衣 装 カシア ワリッカ=メイモン( フォックスキャッチャー ) 音 楽 トム ホルケンボルフ( マッドマックス 怒 り のデス ロード バットマン vs スーパーマン ジャスティスの 誕 生 ) ワーナー ブラザース 映 画 提 供 クロス クリーク ピクチャーズ ラットパック=デューン エンターテイメント 提 携 ク ロス クリーク ピクチャーズ 制 作 ル グリスビ プロダクションズ フリー ステート ピクチャーズ ヘッド ギア フィル ムズ 共 同 制 作 スコット クーパー 作 品 原 題 Black Mass 配 給 ワーナー ブラザース 映 画 (ワーナー ブラザー ス エンターテイメント カンパニー) 公 式 サイト:https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/

2 プロダクションノート バルジャー 密 告 者 は 許 さねえ コノリー 密 告 じゃない 協 定 だ バルジャー 俺 とクソFBIが 協 定 だと? コノリー 違 う あんたと 俺 だよ 互 いに 利 用 し 助 け 合 うんだ ボストン 一 の 犯 罪 王 として 悪 名 をとどろかせたジェームズ バルジャー バルジャーは2011 年 に 逮 捕 されるま で 10 年 あまりFBIに 追 われ ウサマ ビンラディンに 次 ぐ 最 重 要 指 名 手 配 者 だった しかし 皮 肉 なことに バルジャ ーがここまで 勢 力 を 拡 大 できたのはFBIの 教 唆 と 幇 助 があってこそだった 本 作 が 描 くのは 極 悪 非 道 なギャングとしてならしたバルジャーがFBI 捜 査 官 のジョン コノリーと 交 わした 密 約 によ り 何 のとがめも 受 けずに 犯 罪 帝 国 を 築 いていくさまだ コノリーは 野 心 に 駆 り 立 てられ バルジャーに 捜 査 の 手 が 及 ばぬように 計 らい 増 え 続 ける 死 体 の 数 に 目 をつぶる 監 督 と 製 作 を 兼 ねるスコット クーパーが 説 明 する ジョン コノリー バルジャー バルジャーの 弟 のビリーは 幼 な じみなんだ 3 人 ともサウス ボストンの 通 称 サウシー の 一 角 で 育 った 僕 がこのストーリーに 惹 かれたのは その 3 人 の 因 縁 なんだ バルジャーとビリーは 似 ても 似 つかぬ 兄 弟 だし ジョン コノリーは 兄 弟 の 実 力 を 分 かっていて 昔 から2 人 をあがめてきた 最 終 的 にバルジャーが 地 元 で 大 暴 れするのを 許 すことになるのも バルジャーの 歓 心 を 買 いたかったからさ 子 供 のころ 遊 び 場 でいじめられていたのを 助 けてもらったときから ずっとバルジャーに 気 に 入 られたいと 思 ってきたんだ コノリーはニューヨーク マフィアの 逮 捕 をきっかけにFBI 内 で 評 価 を 上 げるが 一 方 のバルジャーは 違 う 方 面 で 名 をとどろかせていた 権 力 闘 争 を 繰 り 返 してきたバルジャーは 地 元 のギャング 集 団 ウィンターヒル ギャングのトップ に 上 り 詰 める バルジャーを 恐 れる 者 もいたが 多 くの 住 民 にとって 彼 はロビン フッドのような 存 在 だった 直 接 的 間 接 的 に 地 元 サウシーに 貢 献 していたからだ ジェームズ バルジャーを 演 じるジョニー デップが 指 摘 する サウシーは 昔 も 今 も 住 民 同 士 の 結 束 が 非 常 に 強 いんだ 地 元 の 人 たちは ジミー に 対 して 大 きな 恩 を 感 じていた バルジャーはファースト ネームの 愛 称 ジミー と 呼 ばれるのを 好 んだという 子 供 のころからジミーに 憧 れ 目 標 にする 人 も 多 かったんだ ジミーは 何 をするにも 自 分 の 流 儀 を 通 し たいてい 勝 利 をおさめる しかも 圧 倒 的 なカリスマ 性 があった 人 を 惹 きつけてやまない 独 特 の 魅 力 があり 誰 もがジミーと 仲 良 くなりたいと 思 う この 人 をもっと 知 りたい 理 解 したいと 思 わせるような 求 心 力 を 備 えていたんだ ジェームズ バルジャーはじつに 興 味 深 い 人 物 だね その 原 動 力 はどこから 来 るのか 知 りたいと 思 っ たよ ジョン コノリー 役 のジョエル エドガートンは 言 う ジョンにとってバルジャーはアウトローであり 地 元 の 星 でもある んじゃないかな 個 人 的 な 縁 も 深 い ジョンは 地 元 の 星 とは 昔 からの 顔 なじみだし その 地 元 の 星 もジョンには 良 くし

3 てきた 昔 はね コノリーもFBIに 入 った 当 初 はまっとうな 志 があり 立 派 な 法 の 番 人 を 目 指 していたんだと 思 う だけど 彼 の 地 元 では 正 義 と 悪 との 境 がじつにあいまいなんだ 憧 れの 星 が 悪 の 側 にいるとなれば 志 も 変 わるんじ ゃないかな 地 元 の 犯 罪 者 が 何 の 制 約 も 受 けずに 伸 び 伸 びと 暴 れまわっているように 見 える ジョンはそんな 光 景 を 目 の 当 たりにして しだいに 悪 に 染 まっていったんだと 思 う バルジャーのような 人 物 に 魅 了 されるのはコノリーだけではないと 製 作 のジョン レッシャーは 言 う 映 画 やテレビ や 本 を 見 ても 分 かるように 人 はみなギャングの 世 界 に 心 惹 かれます ギャングには 一 般 社 会 とは 違 うルールがあ りますからね わけても この 実 話 には 悪 名 高 きギャングと たまたまその 弟 で 州 内 一 の 有 力 政 治 家 と 前 途 洋 々 のFBI 捜 査 官 とが 密 接 に 絡 みます これは 作 ろうと 思 って 作 れる 話 ではありません 事 実 は 小 説 よりも 奇 なり です よ それでも 映 画 化 にあたっては 多 少 のアレンジが 必 要 だったとレッシャーは 明 かす 判 明 した 事 実 を 余 すところなく 1 本 の 映 画 に 収 めるのは どだい 不 可 能 でした 複 数 の 関 係 者 を 一 人 のキャラクターとしてまとめたり 一 部 の 出 来 事 は 時 間 を 短 縮 して 描 いたりしましたが 全 体 としては 史 実 に 沿 うことができました その 結 果 圧 巻 のストーリーが 完 成 しましたよ バルジャー 情 報 提 供 には2 種 類 ある 絶 好 のチャンスだ 俺 たちの 抗 争 をFBIに 戦 わせる 敵 を 潰 すために FBIの 保 護 があればやりたい 放 題 だ バルジャーはFBIの 情 報 提 供 者 だった その 驚 愕 の 見 出 しが ボストン グローブ 紙 の 一 面 を 飾 ったのは1988 年 その 後 10 年 間 で FBIとバルジャーの 癒 着 の 実 態 が 徐 々に 明 らかになった 同 紙 の 記 者 でこれをスクープした ディック レイアとジェラード オニールは のちに 事 件 の 全 容 を 一 冊 の 本 にしたためた その 著 書 密 告 者 のゲーム FBIとマフィア 禁 断 の 密 約 ( 角 川 書 店 刊 )は 本 作 の 原 作 だ しかし レイアとオニールは 当 初 この 事 件 をまっ たく 違 う 切 り 口 で 記 事 にするつもりだった もともとは2 人 の 兄 弟 の バルジャーとビリーの 話 として 紹 介 する 予 定 でした とレイアは 言 う 低 所 得 者 向 けの 公 営 住 宅 で 育 った2 人 がそれぞれの 道 で まったく 違 うルールにのっとり ともに 頂 点 に 立 つまでの 経 緯 を 書 こうと 思 っていたんです ビリー バルジャーが 目 指 したのは 政 界 だった 大 学 出 のビリーは 裏 社 会 に 住 む 兄 とは 対 照 的 な 道 をたどり マサ チューセッツ 州 議 会 の 上 院 議 長 に 上 り 詰 める ビリーを 演 じたベネディクト カンバーバッチもバルジャー 兄 弟 の 対 比 に 注 目 した ビリー バルジャーは 長 年 州 の 上 院 議 会 で 絶 大 な 力 を 持 っていた ビリーに 陳 情 すれば 何 でも 通 ったんだ だけど ビリーはバルジャーの 弟 で もある 血 を 分 けた 兄 が20 世 紀 を 代 表 するであろう 凶 悪 犯 罪 者 そのコントラストはすさまじいね バルジャー 役 のデップも 同 感 だ ビリーは 政 界 に 入 り 派 手 なパフォーマンスが 身 上 の 大 物 政 治 家 になった ビリ ーはビリーの 道 を 究 め 暗 黒 街 に 君 臨 したんだよ それでも2 人 は 揃 って 実 家 の 母 親 を 訪 ねたりして ずっと 兄 弟 仲 は 良 かった 社 会 的 な 立 場 はえらく 違 うけどね バルジャー 兄 弟 のあまりにもかけ 離 れた 足 跡 は 記 事 のハイライトになるはずだった ところが 意 外 な 事 実 が 判 明 する バルジャーはやり 手 のドンとして 知 られていましたが それにしても 法 網 をくぐるのが 巧 みだった まるで 魔 法 でも 使 っているかのようでした とレイアは 振 り 返 る そこでタマネギの 皮 をはぐように 取 材 を 進 めていくと 地 元 の 当 局 内 部 に 不 審 な 動 きのあることが 分 かりました 以 前 から 疑 われていたのですが やはりバルジャーとFBIの 関 係 は

4 おかしなことになっていた そのときFBIの 窓 口 になっていたのが バルジャーと 同 じサウス ボストン 出 身 のジョン コ ノリーという 捜 査 官 だったんです マグワイア 信 用 できる 情 報 を 流 すと なぜ 分 かる? コノリー 幼 なじみです ジミー 弟 のビリー そして 俺 大 人 になっても 絆 は 変 わらない ジミーは 俺 との 約 束 を 守 り 抜 く 裏 が 取 れた 時 点 で バルジャーがFBIに 通 じていたことを 記 事 にしました とオニールは 話 す FBIにとって 情 報 提 供 者 は 聖 杯 だし その 筋 の 人 たちも 警 察 内 部 に 味 方 が 欲 しい ですからバルジャーとFBIの 馴 れ 合 いはある 意 味 で 象 徴 的 です ただ 相 手 の 捜 査 官 がサウシーの 出 身 じゃなかったら バルジャーも 情 報 提 供 者 にはならなかっ たでしょう サウシー 育 ちのコノリーだからこそ ほかの 捜 査 官 と 違 って バルジャーと 意 気 投 合 できたのだと 思 いま す コノリーは 同 郷 のよしみにつけ 込 んで バルジャーを 情 報 提 供 者 として 抱 き 込 み 局 内 でもてはやされました でも 抱 き 込 んだのはバルジャーのほうだったんです レイアが 話 す 最 初 は あのバルジャーがFBIの 情 報 源 だなんて 信 じられなかった 彼 のイメージにまったく 合 い ませんからね 我 々は 証 拠 を 固 め 事 実 関 係 を 確 認 してから 発 表 に 踏 み 切 ったんですが 我 々が 知 り 得 たことは 氷 山 の 一 角 に 過 ぎませんでした そして ボーン! 爆 弾 の 導 火 線 に 火 がついたんです とオニールが 言 う 記 事 を 発 表 した 時 点 では この 事 件 の 根 がどれほど 深 く 暗 く おぞましいものか 知 る 由 もありませんでした 取 材 には2 年 を 費 やしました とレイアは 言 う ですが あの 記 事 をきっかけに バルジャーとFBIが 絡 む 一 大 ドラマが 露 見 し 歴 史 的 スキャンダルに 発 展 したんです 製 作 のブライアン オリバーはいち 早 く 原 作 の 映 画 化 の 権 利 を 買 い 取 った ギャングの 幹 部 に 協 力 を 要 請 し 自 分 たちもギャングに 手 を 貸 す FBIのその 発 想 に 興 味 を 覚 えました あのFBIでさえ こうして 墓 穴 を 掘 るのなら 誰 がそうなっても 不 思 議 でないと 思 いました コノリーは 正 しいことをしているつもりだったけれど 途 中 で 間 違 いに 気 づいたんでしょう けれども もはや 引 き 返 せなかったのだと 思 います 脚 本 を 担 当 したマーク マルークとジェズ バターワースは コノリーとバルジャーをつなぐ 地 縁 が ほどけぬ 結 び 目 に 変 わったと 言 う コノリーは 己 の 野 心 に 負 けて 新 人 捜 査 官 のころに 挙 げた 実 績 をフイにしてしまうんです とマル ークは 指 摘 する 彼 はイタリアン マフィアの 支 配 からボストンを 救 いたかった だからこそ 小 手 調 べのつもりでバ ルジャーに 便 宜 を 図 った 持 ちつ 持 たれつ の 関 係 を 目 指 したんでしょう だけど バルジャーのような 男 を 小 手 調 べの 相 手 にしてはいけない すぐにからめ 捕 られてしまいますよ 本 末 転 倒 とは このことです とバターワースが 言 葉 を 添 える コノリーはFBIの 代 表 として 暴 れ 馬 を 手 なづけよ うとしたけれど 逆 に 手 なづけられてしまった 手 綱 を 握 っていたのはバルジャーのほうだったんです バルジャーに 縁 もゆかりもない 人 間 だったらその 状 況 は 見 えたはずですが なぜかコノリーには 見 えなかった 監 督 のスコット クーパーによると この 脚 本 の 魅 力 は 登 場 人 物 たちのユニークな 相 関 関 係 を 描 いたところにあると いう 僕 はどういうわけか 人 生 の 悲 劇 や 人 間 の 性 (さが)を 深 く 描 いたストーリーに 惹 かれるんだけど この 作 品 はそ

5 の 両 方 を 兼 ね 備 えていたよ まるでシェークスピア 作 品 のように 興 味 深 いテーマが 含 まれていた 堕 落 背 信 慢 心 そういうテーマがひとつのストーリーに 詰 まっていて ぜひ 掘 り 下 げてみたいと 思 ったんだ さらにこのストーリーには さまざまな 家 族 の 形 が 対 照 的 に(ときに 矛 盾 をはらんで) 描 かれている バルジャーと ビリーに 象 徴 される 血 縁 による 家 族 コノリーとバルジャー そしてバルジャーと ウィンターヒル ギャングに 見 る 地 縁 による 家 族 ジミー バルジャーは 家 長 として 手 下 たちを 仕 切 り ギャングのメンバーを 本 物 の 家 族 だと 思 っていた んじゃないかな とバルジャー 役 のデップは 分 析 する もうひとつの 家 族 の 形 が 自 ら 選 んだパートナーとの 関 係 だ バルジャーと 恋 人 のリンジー シル(ダコタ ジョンソ ン) コノリーと 妻 マリアン(ジュリアンヌ ニコルソン)がそれにあたる この2 人 が 登 場 しなかったら このストーリーに 人 間 らしい 情 を 絡 ませることはできなかったんじゃないかな と 監 督 のクーパーは 言 う バルジャーとジョン コノリー が 人 間 的 な 一 面 をかいま 見 せるのは リンジーとマリアンの 前 だけなんだ 本 作 では 欺 瞞 野 望 いびつな 忠 義 といったテーマが 全 編 を 貫 く 製 作 陣 はそうしたテーマを 任 せられる 監 督 とし てスコット クーパーに 白 羽 の 矢 を 立 てた 製 作 のレッシャーが 振 り 返 る 初 めて 顔 を 合 わせたときのスコットの 言 葉 に 惚 れました 彼 はこんなことを 言 ったんですよ まずは 登 場 人 物 を 人 間 としてとらえたい そのうえで 彼 らの 悪 行 に 視 点 を 移 したい と スコットは 有 言 実 行 してくれましたよ 登 場 人 物 の 行 いをかばうことも 正 当 化 することもせ ずにね 清 潔 な 人 間 が 一 人 も 出 てこない そういう 映 画 を 上 質 に 仕 上 げるには 監 督 の 力 量 と 知 性 が 問 われます 本 作 はまさにそのタイプの 作 品 でした と 製 作 のブライアン オリバーは 話 す 登 場 人 物 はそれぞれに 変 化 を 見 せます が 誰 一 人 としてヒーローにはなりません そんなストーリーを 展 開 させることは 生 易 しいことではありませんが スコ ットは 見 事 にやってのけました スコット クーパーは 奇 才 だよ とデップも 感 心 する クレイジー ハート と ファーナス/ 訣 別 の 朝 を 観 て 恐 れ 入 ったんだ 両 作 品 でスコットが 見 せた 奥 の 深 い 演 出 は とても 新 進 監 督 とは 思 えなかった だから いつか 組 ん でみたいと 思 っていたんだ 現 場 での 仕 事 ぶりを 見 ていても これが3 作 目 とは 信 じられなかった その 手 腕 ビジョ ン 熱 意 に 惚 れ 惚 れしたね スコットはこの 作 品 を 飲 んで 食 って 寝 倒 した まったく すごい 男 だよ スコットが 監 督 するなら 電 話 帳 の 撮 影 にだってつき 合 うね とデップは 笑 う 本 気 だよ! スコットのことは 心 の 底 から 尊 敬 して るんだから 才 気 あふれる 監 督 で これからが 本 当 に 楽 しみだよ コノリーの 直 属 の 上 司 チャールズ マグワイアを 演 じたケビン ベーコンも 同 感 だ 以 前 からスコット 作 品 のファンだ ったんだ 今 回 はセットを 見 事 に 仕 切 ってくれたことに 感 謝 している スコットのおかげで キャストのあいだにオープ ンで 協 調 的 なムードが 生 まれた 今 回 の 現 場 はチームワーク 抜 群 でやりがいもひとしおだったよ ほかのメイン キャストはロリー コクレイン ジェシー プレモンス W アール ブラウン コリー ストール ピーター サースガード アダム スコット ジュノー テンプルだ ストーリーを 紡 ぐうえで 登 場 人 物 と 同 様 に 重 要 だったのが 舞 台 となる 街 だった 本 作 をボストンで 撮 影 したのは ほ かの 場 所 は 考 えられなかったから とクーパーは 言 う この 作 品 の 時 代 背 景 はロケーションや 街 並 みをとおして 観 客 に 伝 わると 思 う ボストンのたたずまいは 非 常 にユニークだからね 製 作 のタイラー トンプソンも 同 じ 考 えだ ボストンは 作 中 で 立 派 な 役 目 を 果 たしています ほかの 都 市 ではこうは いかなかったでしょう ボストンには 特 有 の 土 地 柄 があり そこに 住 まう 人 たちもすばらしかったですよ これはボストンが 生 んだストーリーです と 製 作 のパトリック マコーミックは 断 言 する 当 時 の 余 韻 は 今 も 街 の あちこちに 染 み 付 いています その 余 韻 を 肌 で 感 じ ボストンならではの 景 観 を 捉 え できるだけ 実 際 の 事 件 現 場 で 撮 影 するためにもボストンに 出 向 く 必 要 がありました 映 画 化 するには 多 少 なりとも 史 実 や 人 物 をアレンジする 必 要 があるとは 思 います と 原 作 者 のレイアは 言 う それでも 時 代 考 証 は 欠 かせません キャストもスタッフも なかば 取 り 憑 かれたようになって 当 時 を 正 確 に 再 現 し ようと 努 めていました

6 監 督 のクーパーが 明 かす 映 画 を 撮 るのはいつだって 難 しいけれど わずかでも 史 実 が 絡 むと なおさら 難 儀 だ ね とくに 今 回 のストーリーは 裾 野 が 広 いし 大 勢 の 関 係 者 がそれぞれの 視 点 で 語 っているから 事 件 の 真 相 が 見 えにくかった 当 時 の 出 来 事 を 忠 実 に 沿 って 描 くのは かなり 骨 が 折 れたよ ウィークス サウシーのガキどもは 悪 党 と 警 官 ごっこ で 育 ち 大 人 になっても 同 じだ しかも 悪 党 と 警 官 の 区 別 がつかない キャスティング 当 初 バルジャーを 筆 頭 とする ウィンターヒル ギャングはFBIの 監 視 対 象 にすらなっていなかった 映 画 の 冒 頭 ではノース エンドを 拠 点 とするイタリアン マフィアのコーサ ノストラがボストンを 牛 耳 っている バルジャー 率 いるア イルランド 系 アメリカ 人 の 一 派 ウィンターヒル ギャングは 弱 小 組 織 に 過 ぎず ゆすりや 恐 喝 やヤミ 金 業 で 日 銭 を 稼 ぎ たまに 殺 人 事 件 を 起 こす 程 度 だった と 監 督 のクーパーは 説 明 する 当 時 のボストンの 組 織 犯 罪 は もっぱ らジェンナーロ アンジューロとその 手 下 の 仕 業 だったんだ 故 郷 に 戻 ったコノリーは FBIのボストン 支 局 で 昇 進 する にはコーサ ノストラを 一 網 打 尽 にしなければいけないと 悟 るんだ そこで 必 要 になったのがバルジャー バルジャー なら 貴 重 な 情 報 源 になってくれると 見 込 む けれども バルジャーは 危 険 極 まりない 男 だから FBIとしてはバルジャ ーを 情 報 提 供 者 として 認 めることに 難 色 を 示 すんだ FBIの 懸 念 はもっともだった バルジャーはコノリーに 情 報 の 提 供 を 約 束 し いわゆるFBIの 協 力 者 になる コノリ ーが 続 ける はっきり 言 って その 連 絡 係 は 人 一 倍 ずる 賢 くて 良 心 のかけらもない そんな 男 がFBIからじきじき に 許 可 をもらったんだ 悪 事 の 限 りを 尽 くす 許 可 好 き 勝 手 に 暴 れ 回 るお 許 しをね これは 自 滅 へのレシピだよ 結 果 として この 一 件 がFBI 史 上 最 悪 のスキャンダルに 発 展 したんだ バルジャー 役 のジョニー デップは 盗 人 にも 仁 義 あり と 言 わんばかりに こう 指 摘 する 最 初 に 断 っておくけれど ジミー バルジャーは 誇 り 高 き 男 さ 少 なくとも 自 分 ではそう 思 っている だから コノリーに 話 を 持 ちかけられたと きも たれこみ 屋 になるのはまっぴらごめん と 真 っ 先 に 言 い 切 った いくら 金 を 積 まれようが 誰 の 頼 みであろうが 身 内 を 売 るようなマネは 絶 対 にしないと それでもイタリアン マフィアの 検 挙 に 手 を 貸 すことにしたのは 商 売 上 の 計 算 が 働 いたからさ ジミーにとっては 間 違 いなく 有 利 だからね あれだけおいしい 条 件 を 提 示 されたら 誰 でも 話 に 乗 るんじゃないかな だから ジミーも 乗 った そして FBIにはほとんど 協 力 せず 見 返 りだけはたっぷりせしめた ジミーのほうが 一 枚 うわてだったんだよ 今 回 のデップの 役 どころについて 監 督 のクーパーは ジョニーが 演 じたことのないキャラクターじゃないかな と 言 う バルジャーはチャーミングかもしれないけれど 目 が 合 った 相 手 を 瞬 殺 するような 男 万 人 に 受 ける 人 物 でな いことは ジョニーも 最 初 から 承 知 していたよ バルジャーのような 極 悪 非 道 な 役 はジョニーにとって 初 めてのはず だよ ただし とクーパーは 続 ける ジョニーはバルジャーの 人 物 像 をあらゆる 角 度 から 表 現 しようと 考 えていた 狂 気 や 残 虐 性 といった 欠 陥 だけではなく 人 間 性 も 出 したいと 言 っていたよ でも そこにはリスクがある 悪 魔 の 権 化 のような 人 物 を 美 化 していると 批 判 されかねないからね 作 中 で バルジャーの 外 道 ぶりはこれでもかというほど 描 いた 奴 は 残 忍 な 人 殺 しだし ジョニーもその 残 忍 さを 大 いに 演 じてくれたよ ジョニーは 努 力 の 上 に 努 力 を 重 ね

7 て 役 を 作 り 込 んでくれた 徹 底 的 にリサーチしたうえで 僕 と 膝 を 突 き 合 わせ ほかのスタッフも 交 えてバルジャー 役 についてじっくり 話 し 合 ったんだ その 結 果 声 のトーンをちょっと 変 えるだけで バルジャーという 社 会 病 質 者 になり きっていたよ 実 在 のジミー バルジャーは 謎 多 き 男 なんだ そこがジミーを つかむ うえで 高 いハードルだった とデップは 振 り 返 る だけど ジミーのかつての 友 人 や 仲 間 に 会 うことができて 参 考 になったよ おかげで 人 物 像 の 輪 郭 がつか めたし 演 技 のたたき 台 にすることもできたんだ ジミーは 一 触 即 発 の 爆 弾 だったけど 一 方 では 感 傷 的 でデリケー トな 一 面 もある そんな 人 物 を 演 じるのは 綱 渡 りをするような 感 覚 だったね デップが 追 求 したのは 人 物 像 だけではない 実 在 する あるいは 実 在 した 人 物 を 演 じるときは それが 誰 であろう と 敬 意 を 払 うことがとても 大 切 その 人 の 生 きざまを 演 じさせてもらうわけだから たとえ 犯 罪 者 であっても できるだ け 本 人 に 近 づくように 努 めるのが 礼 儀 じゃないかな だから 特 殊 メイクの 力 を 借 りることにしたんだ 今 回 は 長 年 世 話 になっているジョエル ハーロウにお 願 いしたんだけど それは 見 事 な 出 来 だったね 監 督 のクーパーが 言 葉 を 添 える ジョニーは 外 見 の 特 徴 も 余 すところなく 自 分 のものにしようとしていた バルジ ャーは 薄 毛 で 青 い 瞳 だけれど ジョニー 自 身 は 瞳 も 髪 もダークカラーで しかも 頭 はフサフサ なのに ジョエル ハ ーロウと 組 んでバルジャーの 見 た 目 を 完 璧 なまでに 作 り 上 げたんだ 2 人 は 昔 の 映 像 や 写 真 を 参 考 にしながら 試 行 錯 誤 を 繰 り 返 して バルジャーの 顔 立 ちを 正 確 に 再 現 した 目 と 目 の 間 隔 鼻 の 形 唇 のゆがみ あごのライ ン 生 え 際 に 至 るまでね あまりにもそっくりだから バルジャー 本 人 を 知 る 人 はゾッとしていたよ 実 物 のバルジャーを 知 る 原 作 者 のディック レイアは ジョニーはバルジャーそのもの まさに 生 き 写 しでした と 舌 を 巻 く 身 振 り 手 振 りや 闊 歩 する 様 子 までそっくりだった 不 気 味 でしたが 効 果 は 絶 大 でしたよ コノリー 役 のジョエル エドガートンがデップとの 共 演 について 話 す ジョニーの 役 作 りは 内 面 も 外 見 も 含 めて 本 当 にすばらしかった 僕 が 歓 迎 するのは 現 場 で 別 人 に 化 ける 共 演 者 なんだ もちろん ジョニーはその 一 人 バル ジャーになりきっていたよ ジョエルと 共 演 できて 本 当 に 楽 しかった とデップもエールを 送 る こっちがどんな 球 を 投 げても 投 げ 返 してく れるんだ そういう 心 のキャッチボールができる 相 手 こちらの 球 を 受 け 止 めてくれるタフな 俳 優 と 共 演 するのはい いものだよ ジョエルと 絡 むシーンのなかで ジョエルが 新 しいことや 違 うアプローチを 試 さなかったときは 一 回 もない 毎 回 驚 かせてくれたんだ 本 当 に 大 した 役 者 だよ エドガートンもデップと 同 様 にリサーチを 重 ね ジョン コノリーの 思 惑 と 影 響 を 掘 り 下 げた ジョンはニューヨークで マフィアの 大 幹 部 を 逮 捕 して 一 旗 揚 げ その 足 で 地 元 のボストンに 戻 り 英 雄 として 迎 えられるんだ そして 次 はイ タリアン マフィアをつぶしてやろうと 意 気 込 む ジョンの 取 った 手 法 は 幼 なじみを つまりバルジャーを 巻 き 込 む こと ジョンはバルジャーを 説 得 し FBIの 情 報 提 供 者 として 厚 遇 することを 約 束 するんだ けれども そこから 雲 行 き が 怪 しくなってくる 原 因 はジョンがバルジャーに 提 示 した 条 件 さ ジョンは 言 ったんだ おまえがコーサ ノストラ の 検 挙 に 協 力 してくれたら 何 をしでかしてもFBIは 目 をつぶってやる ただし 人 殺 しはするなと バルジャー これはタレ 込 みでも 密 告 でもない ビジネスだ コノリー もちろんだとも あんたは 連 絡 係 だ あとは 好 きにしろ 大 物 を 逮 捕 できれば

8 誰 も 文 句 は 言 わない 悪 魔 との 取 引 は 成 立 した まもなく 歯 車 が 狂 い 始 めるんです と 製 作 のブライアン オリバーは 説 明 する コノリーは 頻 繁 にバルジャーとつ るむようになり 仕 事 上 のパートナーではなくなる 一 線 を 越 えてしまうんです バルジャーは 一 線 を 越 えたコノリー を 意 のままにできると 考 えるんですよ コノリーの 心 は 未 来 の 成 功 に そして 成 功 が 運 んでくるうまみに 傾 き 目 的 が 手 段 を 正 当 化 すると 信 じていた エド ガートンがコノリーの 心 中 を 分 析 する たぶんジョンはみんなに 祝 福 され 尊 敬 されたかったんだろうね だけど そ れゆえに 墓 穴 を 掘 ってしまう ジミーの 術 中 にすっかりはまって 危 ういところに 足 を 踏 み 入 れ 自 分 が 深 い 穴 に 落 ち 良 心 を 失 っていることに 気 づかない ジョンの 人 生 を 崩 壊 させるのはバルジャーとのいびつな 関 係 であり 一 人 の 犯 罪 者 に 認 められたいという 執 着 なんだ 監 督 のクーパーが 言 う ジョエル エドガートンが 演 じたジョン コノリーは 本 当 に 難 しい 役 どころでね さまざまな 顔 を 使 い 分 けなくてはいけない 妻 といるときの 顔 ビリー バルジャーといるときの 顔 バルジャーと 一 緒 のときの 顔 もちろん FBIの 同 僚 の 前 ではまったく 違 う 顔 になる ジョエルの 演 技 はじつに 繊 細 だ コノリーの 強 気 虚 勢 見 栄 得 意 だけでなく 内 に 秘 めた 不 安 や 気 の 弱 さまでにじませている ( 元 連 邦 検 察 官 の)フレッド ワイシャック 本 人 が セットに 来 たとき 驚 いていたよ ワイシャックはコノリーの 昔 なじみだけど ジョエルの 演 技 を 見 て 何 から 何 までコノリ ーの 特 徴 を 完 全 に 捉 えている と 感 心 していた ジョエルは 大 した 俳 優 だよ エドガートンも 監 督 のクーパーを 絶 賛 する スコットはキャスト 一 人 ひとりに 合 わせた 話 し 方 を 心 得 ている 俳 優 は 監 督 と 一 対 一 の 関 係 を 築 きたいものなんだ それに 役 作 りの 参 考 になる 情 報 を 惜 しげもなく 提 供 してくれるから 演 技 の 方 向 性 を 考 えたり 役 の 心 情 や 心 境 の 変 化 を 理 解 するのに 役 立 ったよ スコットは 大 変 な 情 熱 家 で 撮 影 の 準 備 も 完 璧 だった 素 材 をよく 研 究 していたし ストーリーの 背 景 も 知 り 尽 くしていたからね 素 顔 のスコットは 本 物 の 紳 士 すごいエネルギーを 秘 めた 人 格 者 って 感 じかな おかげで 毎 日 の 撮 影 が 楽 しみだったよ ビリー バルジャー 役 のベネディクト カンバーバッチも このプロジェクトに 惹 かれた 理 由 のひとつにクーパーの 存 在 を 挙 げる スコットは 俳 優 を 惹 きつけてやまない 魅 力 があるんだ 彼 の 過 去 の 監 督 作 を 観 て すぐに 出 演 を 決 め たよ スコットは 俳 優 出 身 だから カメラの 前 に 立 つ 者 の 気 持 ちに 寄 り 添 ってくれるし 最 高 の 演 技 を 引 き 出 すコツを 心 得 ている 監 督 としては 自 然 主 義 を 重 んじるタイプだね それが 彼 の 持 ち 味 じゃないかな スコットのおかげで 俳 優 の 醍 醐 味 でもある 心 のひだを 演 じるときは とくに 楽 しくできたんだ ベネディクトのビリー バルジャーは 秀 逸 ビリーをさまざまな 側 面 から 体 現 してくれた とクーパーは 言 う 実 物 のビリーよりも 背 が 高 いけれど それがまったく 気 にならないのは ベネディクトがビリーの 社 会 的 立 場 や 胸 の 内 をよく 理 解 しているからなんだ ベネディクトは 資 料 映 像 を 何 度 も 見 直 して ビリーの 物 腰 や 話 し 方 を 徹 底 的 に 研 究 してく れた ビリーの 口 調 は 兄 のバルジャーとはまったく 違 うんだ 歯 切 れが 良 くて 教 養 の 高 さをうかがわせる 話 し 方 を するんだよ カンバーバッチにとって 映 像 によるリサーチは 役 作 りの 要 だった 実 在 の 人 物 を 演 じるのは 責 任 の 重 さが 違 う ストーリーの 語 り 手 になるだけではすまないんだ この 人 物 が 世 の 中 に 存 在 したという 事 実 を 肝 に 銘 じたうえで キャ ラクターとして 演 じるにはどこを 犠 牲 にするべきか 考 えないといけない 映 画 は 歴 史 の 一 部 になるだけに 影 響 力 が 大 きいからね 映 画 は 現 代 版 の 口 述 史 と 同 じで 物 語 や 登 場 人 物 が 次 世 代 へと 語 り 継 がれていく だから 慎 重 に 本 当 に 慎 重 にならないといけないと 思 うんだ ビリー ジミーが 何 をしようと 私 に 関 係 ない

9 コノリー 聞 け ビリー お 前 の 兄 貴 はとても 危 険 な 状 態 だ 誰 だって 友 達 が 必 要 なんだ ジミーでもお 前 でも 協 力 あっての 成 功 だろ 上 院 議 員 カンバーバッチはビリー バルジャーの 人 物 像 を 昔 気 質 で 一 徹 アイルランド 系 アメリカ 人 が 政 界 進 出 を 果 たした 時 代 を 象 徴 する 人 物 と 分 析 する ビリーはきわめてインテリで 博 識 なんだ 権 勢 を 振 るっているけれど じつは 公 私 の 板 ばさみに 苦 しんでいる 兄 のバルジャーを 慕 いながら 一 方 で 公 僕 としての 務 めを 大 切 にしているのが 見 て 取 れるんだ そういう 葛 藤 を 表 現 するのはやりがいがあったよ バルジャーとビリーの 関 係 については 兄 と 弟 として 描 くにとどめたんだ 2 人 が 互 いの 立 場 をどう 守 り フォローしあっているかについては あえて 描 いていない そこに は 触 れず 2 人 が 強 い 兄 弟 愛 で 結 ばれていることだけを 示 して あとは 観 客 の 想 像 に 任 せることにしたんだ カメラの 前 を 離 れても デップとカンバーバッチは 兄 弟 のような 仲 だったとデップは 明 かす ベネディクトはとて も 献 身 的 な 役 者 で 今 回 も 期 待 以 上 の 結 果 を 出 しているんじゃないかな ビリーの 心 境 忠 誠 心 兄 への 思 いが 透 けて 見 えるようだよ バルジャーが 弟 のビリー 以 外 に 心 許 す 相 手 は ライフルマン ことスティーヴン フレミである バルジャーはフレミに 全 幅 の 信 頼 を 置 いており FBIとの 密 約 (ビジネス チャンス)をフレミにだけは 打 ち 明 ける フレミはバルジャーに 比 べれば 地 味 だし 口 数 も 少 ないけれど 凶 暴 性 では 負 けていないんだ とフレミ 役 のロリー コクレインは 指 摘 する バルジャーから 密 約 のことを 打 ち 明 けられたときは さすがにビックリするんだ 警 察 やFBIとつながっていることが バレたら 殺 されかねない 世 界 だからね だけど バルジャーの 思 惑 はFBIを 利 用 することにある こちらは 大 した 情 報 を 流 さず もっぱらFBIから 情 報 を 引 き 出 す 算 段 なんだ 警 察 内 部 の 動 きを 知 り 密 告 者 をあぶり 出 すためさ そ れができれば 何 をやっても 捕 まることはないからね ロリー コクレインは 完 全 にスティーヴン フレミに 化 けていた 撮 影 の 合 間 も 殺 気 を 漂 わせていて 怖 かったですよ と 製 作 のタイラー トンプソンは 証 言 する 製 作 のジョン レッシャーによると コクレインは 役 作 りの 段 階 からサウス ボストンにすっかり 溶 け 込 んでいたらしい だから ロリーのことを サウス ボストン 市 長 と 呼 ぶことにしました( 笑 ) 地 元 の 人 みんなと 顔 見 知 りになっていま したから ロリーは 全 身 全 霊 をかけて 役 作 りに 打 ち 込 み 気 迫 のこもった 説 得 力 ある 演 技 を 披 露 しています 作 品 の 出 来 に 大 きく 貢 献 してくれました 現 地 の 人 と 知 り 合 えて 良 かったよ フレミを 知 る 人 も 何 人 か 残 っていたから 話 を 聞 いて 回 ることができたんだ どんなに 小 さな 情 報 でも 参 考 になったよ とコクレインは 振 り 返 る コクレインに 同 行 して サウシー めぐりをしたのは ケヴィン ウィークス 役 のジェシー プレモンスだ 最 初 の 数 週 間 は 僕 もロリーも 刑 事 気 分 役 作 りに 使 えそうな 情 報 にたどりつくために あらゆる 手 がかりを 求 めて 歩 き 回 ったん だ ケヴィン ウィークスは ウィンターヒル ギャングの 新 入 りにして 最 年 少 メンバーだ プレモンスはこの 役 を 演 じるた めに20キロ 近 く 増 量 した スクリーンに 初 登 場 するときのウィークスは18 歳 くらいの 設 定 なんだ とプレモンスは 説 明 する 当 時 奴 は トリプル オー というバーの 用 心 棒 をしていた そのバーはバルジャーたちの 溜 まり 場 だった んだ 店 の 外 で 乱 闘 が 始 まり ボクシングをかじっていたウィークスは 有 利 とは 言 えない 状 況 のなかで 猛 然 と 応 戦

10 する 外 に 出 てきたバルジャーは そんなウィークスの 根 性 を 見 込 んで ギャングの 戦 闘 要 員 としてスカウトするん だ プレモンスが 続 ける ウィークスの 身 になって いろいろ 考 えるのは 楽 しかったよ もし 自 分 があの 土 地 で ああい うふうに 育 っていたら どうしただろう とかね ウィークスなら バルジャーの 横 に 立 っているだけで 箔 がついたよ うに 感 じるはずさ だから バルジャーの 誘 いを 断 るはずはないよね 監 督 のクーパーは 当 初 からウィークス 役 をプレモンスに 依 頼 したいと 考 えていた ジェシー プレモンスに 最 初 に 注 目 したのは ザ マスター での 演 技 を 観 たときだね 僕 は 今 回 の 契 約 書 にサインしたときから ウィークス 役 を 彼 にお 願 いしたいと 思 っていたんだ ストーリーの 進 行 とともにウィークスは 大 きく 成 長 する 世 間 知 らずのタフな 少 年 から 仕 事 熱 心 な 用 心 棒 へ そしてバルジャーがサウシーを 制 するのを 見 届 ける 目 撃 者 へと 変 化 するんだ ジェシー は 表 現 力 が 非 常 に 豊 かで この 役 でも 異 彩 を 放 っている ピーター サースガード 扮 するブライアン ハロランは ウィンターヒル ギャングの 末 端 のメンバーだが バルジャ ーを 密 告 しようとして 間 違 いを 犯 す 密 告 を 受 けたのはFBI すなわち 特 別 捜 査 官 のジョン コノリーだった ピーターはこの 役 にはまっていたよ と 監 督 のクーパーは 言 う ブライアン ハロランはジャンキーで ソワソワし て 落 ち 着 かないんだ まあ 彼 の 置 かれた 状 況 を 思 えば それも 分 からなくはないけどね ピーターは そんな 挙 動 不 審 のジャンキーを 完 全 に 自 分 のものにしていた 出 番 は 短 いけれど 記 憶 に 残 る 演 技 を 披 露 しているよ コノリーの 同 僚 には バルジャーを 情 報 提 供 者 として 厚 遇 することにメリットよりもリスクを 感 じる 者 がいた コノリーの 直 属 の 上 司 である 主 任 捜 査 官 チャールズ マグワイアもその 一 人 だ マグワイアはバルジャーを 抱 き 込 むことに 大 いに 難 色 を 示 すんだ バルジャーのタチの 悪 さを 知 っているから 部 下 の 身 が 危 険 にさらされるのではないかと 懸 念 している と 監 督 のクーパーは 説 明 する マグワイアは 本 作 のために 設 定 されたキャラクターの 一 人 だ クーパーがそのいきさつを 説 明 する マグワイアは 実 在 の 主 任 捜 査 官 を 何 人 かミックスして 作 り 上 げた 架 空 の 人 物 本 物 の 主 任 捜 査 官 は3~4 年 で 異 動 になるけ れど この 作 品 は 数 十 年 のスパンを 描 いているからね FBIの 戦 略 を 最 後 まで 見 届 けるキャラクターが 必 要 だと 思 っ たんだ クーパーが 続 ける このキャラクターをケビン ベーコンが 演 じているんだけど 彼 以 外 の 配 役 は 考 えられなかっ た ボストンなまりから 物 腰 に 至 るまで このストーリーに 自 然 に 溶 け 込 んでいるんだ そのたたずまいは 威 厳 ある 主 任 捜 査 官 にふさわしい ベーコンは 自 身 の 役 どころについて マグワイアは 不 正 に 厳 しく 法 の 番 人 としての 意 識 が 非 常 に 高 い と 評 する 彼 はある 意 味 FBIの 理 性 の 声 だ マグワイアのような 冷 静 な 人 間 も 必 要 じゃないかな バルジャーを 使 ってイタ リアン マフィアを 摘 発 するというアイデアに 諸 手 を 挙 げて 賛 成 しない 人 間 がいる だから バランスが 取 れるので はないかと 思 うんだ マグワイアはジョン コノリーをせっかちな 男 と 見 ているようだね コノリーの 経 歴 捜 査 手 法 強 引 な 性 格 を 快 くは 思 っていない マグワイアと 対 照 的 なのが 同 じくコノリーの 上 司 にあたるジョン モリス 特 別 捜 査 官 だ 強 引 なジョン コノリーと 人 たらしのバルジャーに 惑 わされ 判 断 力 が 鈍 ってしまう モリスを 演 じるデイビッド ハーバーが 言 う コノリーは 自 信 家 で 目 的 を 達 成 する 能 力 が 高 い モリスはそんなコノリーに 憧 れに 近 い 感 情 をもつんだ コノリーはバルジャーを 協 力 者 にする 考 えを 必 死 でアピールし モリスをまんまと 説 得 する ところが 2 人 は 一 線 を 越 え ギャングと 癒 着 する ようになってしまった モリスはバルジャーの 歓 心 を 買 いたい 一 心 で キャリアも 将 来 も 犠 牲 にしかける バルジャー は 今 は 愛 嬌 を 振 りまいていても 次 の 瞬 間 には 手 のひらを 返 すような 男 だ モリスはそれに 気 づき ようやく 目 を 覚 ます そこからカウントダウンが 始 まるんだ さらに 清 廉 潔 白 な 連 邦 検 察 官 フレッド ワイシャックの 登 場 で 事 態 は 大 きく 転 換 する コリー ストール 扮 するワイ シャックはレッドソックス 戦 のチケットを 手 渡 そうとしたコノリーに 対 し 着 任 早 々 不 快 感 を 示 す コノリーが 情 報 提 供 者 のバルジャーについて 耳 障 りのいいことを 言 っても 納 得 しない

11 前 任 の 連 邦 検 察 官 は 放 任 主 義 で コノリーとバルジャーの 馴 れ 合 いにメスを 入 れることはなかったんだ とスト ールは 指 摘 する そこに 新 任 のフレッド ワイシャックがやって 来 て 何 かがおかしいと 気 づく バルジャーは 信 頼 で きる 情 報 提 供 者 のはずなのに 何 ひとつ 有 力 な 情 報 をもたらさない むしろ 情 報 はFBIからバルジャーにもっぱら 流 れている これは 話 が 違 うぞと 思 うんだ ワイシャックはコノリーと 初 めて 言 葉 を 交 わしたとき これから 新 体 制 を 導 入 すると 宣 言 する コノリーの 鎧 に 初 めてヒビが 入 る 瞬 間 さ ストールにとって 撮 影 の 初 日 セットにはフレッド ワイシャック 本 人 の 姿 があった ちょっと 緊 張 したね とストール は 明 かす だけど フレッドに 会 うことができて かけがえのない 思 い 出 になったよ 当 時 はFBIもギャングも 男 だけの 世 界 だったが 作 中 に 登 場 する 女 性 はそれぞれストーリーの 展 開 に 大 きな 影 響 を 与 える たとえ 男 たちの 犠 牲 に 過 ぎなくても デボラ ハッセー 役 のジュノー テンプルは 今 回 の 役 どころについて デボラは 育 ての 父 親 といかがわしい 関 係 に あるの と 含 みをもたせる 彼 女 は 知 らぬまにバルジャーの 不 興 を 買 い 深 刻 な 結 末 を 招 くのよ ダコダ ジョンソン 扮 するリンジー シルはバルジャーの 恋 人 で バルジャーの 一 粒 種 の 母 親 でもある ダコタ 自 身 の 愛 らしさや 素 朴 な 人 柄 をそのまま 演 技 に 生 かしてもらいたかった そうすれば 口 数 が 多 いとは 言 えないバルジャ ーといいコントラストになると 思 ったんだ と 監 督 のクーパーは 言 う リンジーは 多 少 なりともバルジャーから 人 間 らしさを 引 き 出 すわ とくに 息 子 を 愛 する 父 親 としての 顔 をね とジョ ンソンは 言 う それでバルジャーの 残 忍 さがやわらぐわけではないけれど 違 う 一 面 がのぞけることは 確 かよ ジョン コノリーの 妻 マリアンはバルジャーに 深 入 りしていく 夫 に 異 変 を 感 じる マリアンはジョンと 顔 を 合 わせる 機 会 を 失 っていくの とマリアン 役 のジュリアンヌ ニコルソンが 話 す そして 家 に 帰 ってきたジョンを 見 て ずいぶん 変 わったことに 気 づく 派 手 な 腕 時 計 におしゃれなスーツを 身 に 着 け 雰 囲 気 も 今 までとは 違 っていた 要 するに ジョンは 大 物 気 取 りで 別 人 のようになっていたのよ マリアンはそんな 夫 に 愛 想 を 尽 かし 2 人 の 夫 婦 仲 は 冷 えてい くわ マリアン 変 わったわね ジミーのせい コノリー 俺 は 貧 しい 街 に 生 まれ 仲 間 同 士 の 忠 誠 心 で 生 き 抜 いた 忠 誠 心 が すべてだ 当 初 ジョンとマリアンは 深 い 愛 情 で 結 ばれていて 希 望 に 満 ちていた と 監 督 のクーパーはコメントする 故 郷 に 帰 ってきた2 人 は 地 元 で 歓 迎 され ジョンはFBIのボストン 支 局 で 活 躍 を 期 待 される ジョンはたしかに 活 躍 するけ れど FBIが 期 待 したとおりではなかったんだ ジョン コノリー 役 のエドガートンはこう 考 える マリアンはこの 作 品 の 良 心 じゃないかな そして 夫 のジョンがいか に 道 を 踏 み 外 しているかを 映 す 鏡 でもある 夫 婦 間 の 亀 裂 は ジョンの 逸 脱 ぶりを 物 語 っているんだ ニコルソンはマサチューセッツ 州 メドフォードの 出 身 だけに 大 半 のキャストよりも 利 があった 特 徴 的 なボストンな まりが 耳 になじんでいたからだ ニコルソンは ボストン 流 のアクセントは すっごく(wicked) やっかいなの とご 当 地 のスラングを 交 えて 言 う だけど キャスト 全 員 が 見 事 にマスターしたのを 見 て 本 当 に 感 心 したわ

12 キャストはハワード サミュエルソンとカーラ メイヤーの 指 導 を 受 けながら ボストンの とりわけサウス ボストン 特 有 の 発 音 を 徹 底 的 に 練 習 した 国 際 色 豊 かなキャストだけにスタート 地 点 もまちまちだ エドガートンは 言 う 僕 はオーストラリア 人 だけど こんなに 手 ごわいアクセントを 相 手 にしたのは 初 めてじゃない かな ボストンのアクセントは 本 当 に 独 特 だから ほかのアクセントと 違 って 出 来 の 良 し 悪 しが 厳 しくチェックされる だけど 最 大 の 試 練 は 最 高 の 結 果 を 生 むことがあるからね 自 分 のカンと 耳 を 信 じて あとは 練 習 あるのみだった バッチリ 決 まったときは 体 で 分 かるものなんだ ビリー バルジャー 役 のイギリス 人 俳 優 ベネディクト カンバーバッチが 心 得 たのは サウシーで 生 まれ 育 ち その 原 点 を 片 時 も 忘 れない 男 が 現 在 は 政 界 の 高 みに 身 を 置 いているという 点 だ ビリーの 映 像 を 延 々と 観 たけれど 弁 舌 さわやかでウィットに 富 んだ 彼 のスピーチには 出 身 地 と 現 在 の 立 場 の 両 方 がはっきりと 出 ていたよ ビリーが 主 催 した あの 聖 パトリック デーの 朝 食 会 でもそうだった とカンバーバッチは 言 う ビリーは 天 性 のエンターテイナ ーで 笑 い 話 もモノマネも 得 意 だから どんな 場 面 でもビリーの 声 色 を 練 習 できたし 実 際 にそうしたんだ バルジャー 役 のジョニー デップの 場 合 は たくさんのサウシーの 人 たちと 接 することにしたよ 彼 らが 話 しているの を 聞 いているだけで 勉 強 になった 地 元 の 人 がしゃべっているのを 聞 き 取 って すべて 吸 収 したんだ どのキャストもヒアリングの 力 が 高 くて ボストンなまりを 習 得 するのに 一 生 懸 命 努 力 してくれた と 監 督 のクーパ ーは 言 う これだけ 大 所 帯 のアンサンブルキャストとなると 一 人 ひとりに 具 体 的 な 要 望 を 出 すことがとても 重 要 な んだ いい 役 者 は 思 い 切 り 胸 襟 を 開 いて 魂 まで 覗 かせてくれるものだけど 今 回 のキャストはまさにそうだったよ ワイシャック バルジャーを 挙 げたい 必 要 なら 街 中 の 犯 罪 者 を しょっ 引 く 高 利 貸 し ノミ 屋 ヤクのディーラー たった1 人 の 証 言 で 十 分 だ 撮 影 の 舞 台 ビーンタウン さらにクーパーはカメラの 背 後 に 控 えるスタッフを 頼 りに 本 作 のトーンとストーリーの 舞 台 を 構 築 した 優 秀 なス タッフのおかげで このうえなくリアルで 精 巧 な 作 品 に 仕 上 がったよ とクーパーは 満 足 そうに 言 う 撮 影 監 督 のマ サノブ タカヤナギは 僕 の 良 きパートナー 前 作 も 担 当 してもらったし 僕 が 好 む 構 図 やライティング どのタイミング でカメラを 動 かすか 動 かさないかまでちゃんと 心 得 ている 美 術 のステファニア セッラは 古 い 友 人 であり ディテー ルにこだわりをもつ 偉 才 でもある 衣 装 のカシア ワリッカ=メイモンは 半 端 ない 審 美 眼 の 持 ち 主 だし 僕 と 同 じで 妥 協 をしない つまり アメリカならではのストーリーを 映 像 化 するために 日 本 人 の 撮 影 監 督 とイタリア 人 の 美 術 デザ イナーとポーランド 人 の 衣 装 デザイナーを 起 用 したんだ( 笑 ) だけど 大 事 なのは 全 員 がすばらしい 仕 事 をしてくれ たってことだよ スタッフの 誰 もがボストン ロケを 敢 行 することに 異 論 はなかった また 可 能 なかぎり 実 際 の 事 件 現 場 を 使 った と 監 督 のクーパーは 明 かす 製 作 のパトリック マコーミックも 史 実 どおりのロケーションを 使 って 迫 真 性 を 打 ち 出 したかった 実 在 の 人 物 が 出 入 りしていた 場 所 を 舞 台 にすることで 観 客 は 当 時 にタイムスリップできると 思 います と 語 る

13 ジョニー デップも 同 感 だ サウシー 一 帯 は 本 当 に 大 きな 役 割 を 果 たしてくれたんだ ジミー バルジャーの 生 きざ ま 境 遇 人 となり そしてほかの 登 場 人 物 を 語 るうえでね ( 監 督 の)スコットも その 点 をしっかり 心 得 ていたよ ロケーションのひとつとなったサウス ボストンのランカスター 通 りのガレージは バルジャー スティーヴン フレミら ウィンターヒル ギャングの 事 実 上 のアジトだった また 撮 影 隊 はクインシー 地 区 を 流 れるネポンセット 川 でもロケ を 敢 行 この 高 架 下 の 川 沿 いはバルジャーが 多 数 の 死 体 を 埋 めた 現 場 として 知 られる サウス ボストンの 内 外 で 撮 影 するときは 住 民 感 情 に 配 慮 したと 製 作 のブライアン オリバーは 言 う 地 元 の 人 た ち とくにバルジャーに 苦 しめられたかもしれない 人 たちにとっては 辛 い 記 憶 を 蒸 し 返 すことになるのでないかと 責 任 を 感 じました ボストンの 人 たちは 本 当 に 協 力 的 で 撮 影 隊 を 温 かく 迎 えてくれたんだ と 監 督 のクーパーは 感 謝 する 現 地 の 理 解 と 協 力 がなかったら 今 回 のロケは 成 立 しなかった スタッフにとって 大 きなハードルだったのが バルジャーが 暗 躍 したころに 比 べて 街 の 景 観 がすっかり 様 変 わりした ことだ 美 術 のステファニア セッラが 説 明 する 時 代 物 の 映 画 の 場 合 たとえ30~40 年 前 のストーリーであっても いかに 現 代 らしさを 削 るかにはいつも 頭 を 悩 ませます ボストン 一 帯 でも ここ 数 十 年 の 間 に あちこちで 改 修 が 進 みました ですから まずはリサーチ これは 基 本 中 の 基 本 です 当 時 の 新 聞 記 事 写 真 TVのニュース 映 像 を 徹 底 的 に 研 究 しました FBIの 捜 査 官 やジャーナリストにも 話 を 聞 いたんです 当 時 の 景 観 を 忠 実 に 再 現 するために 美 術 スタッフは 信 号 機 を 付 け 替 え 電 話 ボックスを 設 置 した いまや 電 話 ボ ックスは 携 帯 電 話 やスマートフォンの 普 及 で ほとんど 姿 を 消 してしまったからだ また 路 上 の 白 線 も 手 直 しする 必 要 があった 脱 帽 しました と 原 作 者 のジェラード オニールは 言 う スタッフの 手 によって 当 時 のボストンがそっくり 蘇 った んです 消 えてしまったロケーションもある サウシーの トリプル オー はバルジャー 一 派 が 溜 まり 場 にしていたバーだが 今 はオーナーが 変 わった トリプル オー の 内 外 で 展 開 するシーンがいくつかありました と 美 術 のセッラは 振 り 返 る そこで 似 たような 雰 囲 気 の 店 を 探 し 回 ったんですが ケンブリッジの 外 れにうってつけの 建 造 物 を 見 つけまし た そこはポーランド 系 アメリカ 人 の 会 員 制 クラブですが 外 装 を 手 直 しして トリプル オー に 見 立 て 建 物 の 前 の 路 上 も 手 を 加 えさせてもらいました ボストンの 約 16キロ 北 に 位 置 するマサチューセッツ 州 リンでは 屋 外 シーンが 撮 影 された そのひとつが 聖 パトリッ ク デーのパレードだ パレードではベネディクト カンバーバッチ 扮 するビリー バルジャーが 先 頭 に 立 って 闊 歩 する ミスティック 川 を 挟 んでボストンの 真 向 かいに 位 置 するチェルシーでは 空 き 倉 庫 を 改 造 したサウンドステージが 完 成 した セッラ 率 いる 美 術 チームはここに 数 パターンのメイン セットを 建 設 バルジャーとビリーが 幼 少 時 代 を 過 ごし 彼 らの 母 親 が 生 涯 暮 らした 公 営 住 宅 もそのひとつだ 公 営 住 宅 の 資 料 写 真 を 見 せてもらい ロケハンもした のですが 今 の 公 営 住 宅 は 間 取 りが 狭 くて 撮 影 には 不 向 きですし 70~80 年 代 のものとは 似 ても 似 つきませんでし た とセッラは 言 う そこでサウンドステージにセットとして 作 ったんです 壁 紙 も 床 も 思 いどおりに 再 現 できました あ とは 内 装 を 整 え 時 間 の 経 過 に 合 わせて 手 を 加 えました FBIのボストン 支 局 として 使 われたロケーションは2つある ひとつはボストン 中 心 部 にそびえるオフィス ビルで そ の 高 層 ビルの 空 いた1フロアにコノリーやマクガイヤのオフィス 取 調 室 会 議 室 組 織 犯 罪 対 策 室 を 設 置 もうひと つはボストン 市 役 所 だ 市 役 所 の 廊 下 や 中 庭 が 撮 影 に 使 用 された 既 存 のロケーションをもっとも 大 胆 に 活 用 したのは ボストンにマイアミを 誕 生 させたときです と 製 作 のマコーミック は 話 す これは 美 術 のステファニアのお 手 柄 ですよ あるシーンで1982 年 のマイアミが 登 場 するのですが 今 の マイアミに 当 時 の 面 影 は 存 在 しません ですが(マサチューセッツ 州 東 部 の)リビア ビーチに 平 らな 石 が 続 いている スポットを 発 見 しました ステファニアは 美 しい 風 景 写 真 を 参 考 にしながら マイアミのリトル ハバナにあった 海 辺 の

14 カフェをそこに 再 現 したんです 周 辺 にはヤシの 木 や 白 砂 や 年 代 物 の 乗 用 車 を 置 きました おかげでマイアミまで 出 向 く 手 間 が 省 けました ボストンの 近 郊 ですべて 間 に 合 いましたから 衣 装 のカシア ワリッカ=メイモンも 虚 実 を 交 えて 各 キャラクター 衣 装 をデザインしていった 実 在 の 人 物 がモデ ルの 場 合 は その 人 物 のトレードマークになるスタイルを 見 つけるようにしています とメイモンは 話 す 当 時 のギャ ングたちの 服 装 はとくに 派 手 ではなかったし これといった 特 徴 も 見 受 けられませんでしたが バルジャーだけは 独 自 のスタイルを 貫 いていました 彼 の 写 真 を 見 ていて 気 づいた 点 がいくつかあったので 監 督 のスコットに 相 談 した んです そのとき レザー ジャケットを 主 役 にしたコーディネートと それ 以 外 のアイテムに 時 代 を 反 映 させることを 提 案 しました ですから バルジャーはほぼ 全 編 を 通 して 同 じスタイルのレザー ジャケットを 着 ています 色 だけは 黒 から 茶 系 に 変 化 していくんです メイモンはリサーチの 結 果 に 基 づいてアクセサリーも 用 意 した 写 真 で 見 るバルジャーはオーダーメイドのカウボ ーイ ブーツを 愛 用 していました とメイモンが 続 ける アルカトラズのバックルが 付 いたベルトも 彼 のお 気 に 入 り そのバックルはFBI 捜 査 官 からもらい 受 けた 品 だったので 撮 影 用 にはレプリカを 用 意 しました バルジャーは 何 十 年 もハイウェストのジーンズとタイトなTシャツで 通 していましたから その2つも 定 番 のアイテムに 加 えました ジョニ ー( デップ)は 全 身 で 役 に 入 り 込 むだけに 衣 装 の 着 こなしもさまになっていた こういうコラボレーションが 理 想 な んです キャストとスタッフが 同 じ 方 向 を 向 いているということが 今 回 の 現 場 はまさにそうでした メイモンはまた スティーヴン フレミがオフホワイトの 上 着 をはおっている 写 真 を 複 数 見 つけた そこで フレミ 役 の ロリー コクレインには 淡 色 のジャケットを 数 パターンしつらえ 定 番 のスタイルにした また ジェシー プレモンス 演 じ るケヴィン ウィークスは 若 手 のギャングにして 元 ボクサーである 点 を 考 慮 し 機 能 的 なスポーツウェア タイプの 服 にボクシング シューズを 合 わせることにした 実 在 の 人 物 を 研 究 し その 成 果 を 映 画 の 衣 装 に 翻 案 していくのはお もしろい 作 業 でした とメイモンは 話 す ジョエル エドガートン 扮 するFBI 捜 査 官 のジョン コノリーは ほとんどスーツ 姿 だ それだけにデザインもらくだった のではと 思 いきや メイモンは 否 定 する じつは 難 題 でした コノリーはストーリーの 進 行 とともに 目 に 見 えて 変 わっ ていきますからね 最 初 はいかにも 吊 るしのスーツを 着 ていますが そのうち 派 手 めの 仕 立 てのいいスーツを 身 に 着 けるようになる とはいえ やりすぎてはいけないので 微 妙 な 変 化 をもたせるようにしました FBIという 枠 からは み 出 してはいけませんから ギリギリの 線 を 行 ったつもりです ベネディクト カンバーバッチ 演 じるビリー バルジャーのスーツにも 立 場 の 変 化 が 見 て 取 れる メイモンの 見 立 てで は 当 初 のいでたちは 政 治 家 にしては やや 個 性 的 かもしれません でも ビリーは 政 界 の 水 にすぐになじみます から 選 ぶスーツも 立 場 をわきまえた 完 璧 なものになるんです メイモンは 仮 縫 いの 段 階 で 少 々トリックを 施 した ズボン 幅 と 背 広 の 肩 幅 を 広 めにとり カンバーバッチの 背 丈 を 実 際 よりも 低 く 見 せる 工 夫 をしたのだ カンバーバッチ 自 身 も 体 重 を 増 やして 体 型 を 変 えると 同 時 に メイク チーム が 頬 に 特 殊 メイクを 施 し 顔 の 輪 郭 に 丸 みをもたせた 精 巧 にデザインされた 特 殊 メイク 用 のパーツは ジョニー デップをバルジャーに 変 貌 させる 際 にも 使 用 された メ イク チームを 率 いるジョエル ハーロウが 説 明 する ジョニーにとっては 自 分 の 顔 をできるだけバルジャーの 顔 に 似 せることが 当 初 からの 命 題 でした まずはジョニーの 首 から 上 をスキャンしてデータ 化 し ネット 上 で 見 つけた 画 像 を 参 考 にしながら シリコン 製 のパーツを 制 作 しました 納 得 が 行 くまで 何 度 もテストを 重 ねましたよ 額 と 鼻 に 重 点 を 置 き バルジャーとジョニーのそれぞれの 面 影 が 出 るように 工 夫 したんです シリコンの 厚 み とくに 額 の 厚 みを 加 減 する 作 業 にはかなり 時 間 をかけました 加 減 を 間 違 えると 表 情 が 作 りにくくなるんです バルジャーの 特 徴 的 な 生 え 際 はグロリア キャスニー 率 いるヘア チームがシリコン 製 のパーツを 使 ってみごとに 再 現 した ハーロウが 事 前 に 制 作 したパーツはデップの 骨 格 にぴったりフィットし 額 から 眉 までをカバーする 人 工 毛 /ウィッグを 担 当 するカーン トランスはこのパーツに 数 千 本 もの 人 工 毛 を 植 え 付 け 生 え 際 に 続 いて 眉 毛 を 完 成 さ せた この 長 時 間 に 及 ぶ 作 業 についてキャスニーは できるだけ 自 然 に 見 せるために カーンは1 本 1 本 手 作 業 で

15 植 毛 しなくてはなりませんでした そのあと 私 がジョニーの 後 頭 部 にシルバーグレーのウィッグをつけました これを ヘアラインになじませ ジョニーのダークな 地 毛 をカバーしたんです 想 像 しただけでも 気 の 遠 くなるような 作 業 だが じつは 一 度 使 用 したシリコン 製 のパーツは 二 度 と 使 うことができな かった ですから 連 日 新 品 を 用 意 しなくてはいけませんでした とキャスニーは 振 り 返 る ある 時 期 は24 時 間 フル 稼 働 2 人 のスタッフが12 時 間 ずつ 交 代 でカーンを 手 伝 いました あとはバルジャーの 年 齢 を 頭 髪 に 反 映 させ る 必 要 があったので 徐 々に 白 髪 を 増 やし 髪 のボリュームを 少 なくしていったんです 年 齢 に 合 わせて もみあげ も 変 えました とにもかくにも あっぱれな 変 身 ぶりだった と 監 督 のクーパーは 感 服 した ウィークス 最 初 奴 はケチな 地 元 ギャングだった シマはサウシーだけ だが たちまち 大 物 に 理 由 が 分 かるか? FBIが 好 きにさせたからだ スコア 主 要 な 撮 影 がクランクアップしたあと 監 督 のクーパーは 編 集 のデイビッド ローゼンブルームと 編 集 室 に 入 り 作 曲 家 のトム ホルケンボルフとスコアの 相 談 を 始 めた この 作 品 を 観 終 わったとき 手 のひらは 汗 でぐっしょり 膝 はガクガクになりました それくらい 感 動 したし 衝 撃 を 受 けたんです とホルケンボルフは 本 作 の 感 想 を 述 べる これは 幸 先 がいいぞと 思 ったね とクーパーはにんまりする トムは しばらくこもって 曲 作 りをさせてほしい 一 週 間 後 に 連 絡 するから と 言 ったよ で 一 週 間 後 に48 分 のスコアを 完 成 させてきたんだけど それを 聴 いてぶっ 飛 んだね すばらしい 出 来 だった 僕 が 望 んでいた 情 感 とペーソス そして 全 編 を 貫 く 不 穏 なムードをみごとに 捉 えて いたんだ トムはこちらの 意 向 をすべて 汲 んで みごとなまでに 扇 情 的 なスコアを 完 成 させてくれた おかげで 作 品 全 体 が 引 き 締 まったよ 真 っ 先 に 思 ったのは バルジャーのテーマをどうするかでした とホルケンボルフは 言 う バルジャーは 極 悪 人 で 心 に 深 い 闇 を 抱 えている その 闇 はもちろんのこと 彼 が 見 せるさまざまな 側 面 も 音 で 表 現 したかった そこで 思 いついたのが ピアノとチェロのトレモロを 低 周 波 で 繰 り 返 すという 手 法 でした 何 をしでかすか 分 からないバルジャーの 激 しい 気 性 が このテーマを 通 じて 観 客 に 伝 わるんじゃないかな とク ーパーは 話 す ジョン コノリーのテーマは 音 程 の 落 差 が 印 象 的 だ ホルケンボルフが 解 説 する コノリーのテーマは 低 いキーで 始 まり 徐 々に 高 くなるけれど あるところで 足 踏 みし 低 いキーに 逆 戻 りする そこには 高 みにのぼりたくて 仕 方 が ないのに 足 を 引 っ 張 られるコノリーの 姿 が 象 徴 されています ストーリーが 進 むにつれて キーの 落 差 はさらに 大 きく なりますよ このテーマにもチェロが 使 われている 作 中 の 人 物 のさまざまな 顔 を 表 現 するのに チェロはうってつけでした じ つは このスコアの 主 役 はチェロの 音 色 なんです とホルケンボルフは 明 かす

16 チェロは 好 きな 楽 器 のひとつなんだ とクーパーは 言 う チェロの 音 色 はじつに 重 々しいけれど パワフルな 響 き があるからね 今 回 のスコアはフルオーケストラの 演 奏 もあれば 弦 楽 器 をふんだんに 使 うセクションもある だけど シーンによっては 緊 迫 したシーンでは ごく 小 さな 編 成 の 弦 楽 合 奏 かチェロのソロ 演 奏 が 流 れるんだ もうひとつの 主 要 な 楽 器 がパイプオルガンだ ホルケンボルフは パイプオルガンは この 映 画 にふさわしいと 思 い ました タイトルからして Black Mass( 黒 衣 のミサ/ 原 題 ) ですから と 説 明 し この 作 品 のためにパイプオルガンを 一 台 購 入 したと 明 かした パイプオルガンは 優 秀 な 楽 器 で 多 彩 な 音 色 を 奏 でてくれます スコットにその 価 値 を 認 めてもらえてよかった 作 曲 家 の 使 命 は 監 督 のビジョンを 支 えることですから 僕 もスコットも スコアに 抑 えを 効 かすことで 一 致 しました とホルケンボルフは 続 ける しかし そうした 制 約 の なかでも 創 作 の 自 由 を 存 分 に 与 えてもらった 僕 が 投 げようとしたのは 変 化 ストライクゾーンのやや 左 を 狙 う 球 です 登 場 人 物 を 表 現 するうえで 扇 情 的 なサウンドは 不 可 欠 と 考 えたのですが スコットはそのサウンドを 大 いに 歓 迎 してくれました トムはものすごい 異 才 の 持 ち 主 だ バルジャーとジョン コノリーの 数 奇 な 間 柄 そしてバルジャーに 食 い 物 にさ れた 街 に 残 る 永 遠 の 爪 痕 それを 完 璧 に 理 解 していたよ とクーパーは 感 心 する 主 演 のジョニー デップが 総 括 する ジミー バルジャーがコノリーと 組 んで 商 売 を 始 めたのは 同 じサウシーの 出 身 として 通 じ 合 えるものを 感 じたからじゃないかな サウシーの 絆 は 固 い それは 今 の 時 代 も 変 わらないんだ 最 後 に 監 督 のクーパーがくくった この 作 品 で 掘 り 下 げたかったのは 兄 弟 という 絆 忠 義 という 絆 のほかに 登 場 人 物 たちを 暴 走 させた 野 望 私 欲 慢 心 なんだ 僕 にとって 大 事 だったのは 犯 罪 ドラマにとどまらない 人 間 ドラマ を 描 くこと 人 間 でもあった 犯 罪 者 のストーリーではなく 犯 罪 者 でもあった 人 間 のストーリーを 伝 えたかった その 人 物 が 非 難 に 値 するかどうかは 別 としてね 1970~80 年 代 のボストンでは 一 部 の 警 察 関 係 者 と 犯 罪 者 は 区 別 が つかないありさまだった その 事 実 を 片 時 も 忘 れないてはいけないと 思 ったよ

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~

前世リーディングと古典西洋占星術で紐解くあなたのカルマ~より幸せな人生にシフトする~ あなたのカルマ 鑑 定 書 ~ 前 世 の 課 題 を 今 生 で 昇 華 するには? より 幸 せな 人 生 にシフトする 方 法 ~ Ms. Nxxxx.Txxxx N さん こんにちは N さんに 対 する 私 の 印 象 は すごいエネルギッシュな 女 性 だなと 思 いました でもちょっと 疲 れていらっしゃる 感 じで シルバージョーでお 話 を 聞 いていたら そりゃ 疲 れるわと ^^

More information

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや 誰 もが 手 にした 事 がある ある 商 材 だけを 販 売 して 月 商 300 万 円 オーバー!しかも 利 益 率 50% 超 え! こんな 夢 のようなノウハウを 公 開 するのですが この 方 法 に 興 味 がある 方 はいませんか? 今 すぐ 申 し 込 み 方 はこちらをクリック! http://www.infocart.jp/a.php?item=55234 まずはこの 結 果

More information

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 2013 合 格 実 績 出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 報 コミュニケーション 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの

年 の 事 そ し て 1592 年 か ら 始 ま っ た 7 年 間 の 戦 争 で こ う 考 え る と 日 韓 関 係 が 崩 れ た の は わ ず か な 期 間 で す 2300 年 の 間 韓 国 と 日 本 が 敵 対 関 係 だ っ た の は た っ た の 100 年 なの 日 本 と 韓 国 協 力 するためには 金 俊 佑 ( 韓 国 ) 私 は 幼 い こ ろ 日 本 に 住 ん で い ま し た ま だ 小 さ か っ た の で 記 憶 は 断 片 的 に し か あ り ませんが 日 本 に 対 しての 印 象 だけははっきりと 残 っています とても 暖 かくて かつ 穏 やかな 良 いイメージです 周 辺 に 公 園 が 多 く 自 然 が 身 近 に

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解

3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外 旅 勝 利 益 逆 解 低 国 連 内 閣 府 公 機 関 調 査 明 豊 答 簡 単 学 校 入 コ ツ コ ツ 勉 企 業 世 ビ ネ キ 磨 起 3 2 教 解 努 力 空 回 現 在 利 況 づ 携 帯 電 話 受 画 工 夫 錯 覚 起 嫌!! 確 恋 パ ナ 食 回 数 直 定 義 漠 然 知 ビ ネ 儲 知 決 知 簡 単 説 明 拍 子 貧 乏 両 者 違 才 能 環 境 努 力 量 知 年 年 ゅ 海 外

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

目次

目次 目 次 会 長 あい.2P What is TRPG~TRPG あ?~..3~4P TRPG 紹 記...4~12P 現 代 術 RPG 神 4P ョ RPG...5P RPG 6P ワ 2.0 8P SW SW2.0 方 法...10P 永 い 日 談...11P 編 記...13P 1 会 長 あい 文 書 電 気 通 信 大 学 非 電 源 研 究 会 会 長 S 最 物 私 書 3 間 前

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20979D8940899E89BB938C8EC5816997E996D88140974489EE816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20979D8940899E89BB938C8EC5816997E996D88140974489EE816A2E646F6378> 就 職 活 動 を 通 じて 理 工 学 研 究 科 応 用 化 学 専 攻 内 定 先 企 業 東 芝 1 自 己 紹 介 株 式 会 社 東 芝 に 技 術 職 として 内 定 を 頂 きました 配 属 先 が 横 浜 の 磯 子 エンジニアリングセンター 原 子 力 事 業 部 で 働 きます 2 なぜその 進 路 を 選 んだのか 第 一 希 望 の 就 職 先 だったため 環 境 問 題

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82936382B382F195FA8ECB90FC8EF68BC682CC82DC82C682DF2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82936382B382F195FA8ECB90FC8EF68BC682CC82DC82C682DF2E646F6378> 授 業 展 開 (3 年 生 3 クラス 94 名 実 施 日 2013 年 2 月 18 日 ~22 日 ) 科 学 技 術 と 人 間 エネルギー 資 源 ( 全 4 時 間 配 当 ) 1 発 電 の 仕 組 みとその 特 徴 (2 時 間 ) 2 放 射 線 の 性 質 と 利 用 (2 時 間 ) 以 下 はこの2 時 間 の 授 業 展 開 学 習 内 容 放 射 線 の 学 習 をするにあたって

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information

☆6限目 脅威と情報資産!?

☆6限目 脅威と情報資産!? 教 えてやる 情 報 セキュリティスペシャ リスト 試 験 合 格 は 簡 単 だ!!! 智 寅 登 場 人 物 再 生 請 負 人 智 寅 住 菱 商 事 ( 課 長 補 佐 ) 住 菱 商 事 ( 係 長 ) ---------------------------------------- < 喫 茶 店 にて> さん 不 動 産 投 資 で 会 社 の 給 料 以 外 に 家 賃 収 入 が

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 シリーズ 15 こころの 未 来 - 私 たちのこころは 何 を 求 めているのか- 第 2 回 自 分 の 意 思 で 決 めるとはどういうことか? 心 理 学 と 脳 科 学 の 視 点 から 京 都 大 学 が 東 京 品 川 の 京 都 大 学 東 京 オフィス で 開 く 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 のシリーズ

More information

最強の矛と鉄壁の盾

最強の矛と鉄壁の盾 最 強 矛 鉄 壁 楯 渡 科 由 太 テ ニ シ ャ ナ 数 ゴ ル ィ ガ チ 日 残 人 少 毒 牙 起 娘 背 着 衣 裾 引 翻 支 配 戻 振 返 転 強 烈 平 振 咄 嗟 引 平 勢 殺 転 遠 渾 段 追 鳩 尾 受 腹 押 場 苦 痛 苛 伸 凝 視 祈 奥 広 ソ 眼 現 成 果 得 慟 哭 涙 拭 廊 下 床 殴 打 悔 余 拳 痛 返 胸 切 比 べ バ エ 情 ぃ 眼 メ

More information

ここの 雰 囲 気 や 自 然 が 失 われてしまうのは 嫌 です 見 方 を 変 えてみると 私 たちも 含 め 地 元 生 は 気 付 いていませんでしたが 四 万 十 町 の 魅 力 はたくさんあります だから 自 然 や 魅 力 が 失 われてしまうようなショッピングモー ルは 要 りません

ここの 雰 囲 気 や 自 然 が 失 われてしまうのは 嫌 です 見 方 を 変 えてみると 私 たちも 含 め 地 元 生 は 気 付 いていませんでしたが 四 万 十 町 の 魅 力 はたくさんあります だから 自 然 や 魅 力 が 失 われてしまうようなショッピングモー ルは 要 りません 3. 今 回 私 たちは 高 知 県 を 元 気 にすることをテーマにアンケートをとりました その 結 果 をもとに 生 徒 会 で 話 し 合 い まとめたものを 今 から 発 表 します アンケートをとった 結 果 問 題 点 で 一 番 多 かった 意 見 が 仕 事 が 少 ない ということで した このことを 話 し 合 ってまとめると 地 元 に 仕 事 はあるけれど 自 分 たちがやりたい

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

産婦人科 転職ガイド

産婦人科 転職ガイド 転 職 をお 考 えの 先 生 へ 産 婦 人 科 転 職 ガイド 株 式 会 社 プライオネット ( 本 社 ) 愛 知 県 豊 橋 市 藤 沢 町 141 ロワジールホテル 豊 橋 8F 求 人 フリーダイヤル:0120-480-501 求 人 専 用 メール:sdr info@priornet.info 産 婦 人 科 医 師 求 人 サイト 産 婦 人 科 ドクターズバンク http://www.priornet.info/sanfujinkdr/

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

ます 仕 事 をすればするほど 仕 事 が 増 えます 家 に 着 いたら リラックスの 代 わりに 他 に しなければならないことをします 結 果 は やあ 今 日 は 忙 しかったね 疲 れた! と 言 います イギリスと 日 本 はそうだと 思 います しかし マラウイは 違 います 日 本

ます 仕 事 をすればするほど 仕 事 が 増 えます 家 に 着 いたら リラックスの 代 わりに 他 に しなければならないことをします 結 果 は やあ 今 日 は 忙 しかったね 疲 れた! と 言 います イギリスと 日 本 はそうだと 思 います しかし マラウイは 違 います 日 本 私 の 目 から 見 る 日 本 と 外 国 クレア サマーズ 私 の 目 は38 年 の 間 に 様 々な 文 化 を 見 ましたが 私 はまだ 世 界 の 新 人 だと 思 います イギ リスで 生 まれ 育 ちましたが 大 人 になってからはほとんど 外 国 に 住 んでいます 日 本 は 一 番 長 いですが アフリカのマラウイという 国 にも 住 んだことがあります チャンスがあれば 旅

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も

今 後 調 査 担 当 委 員 の 私 の 下 に 九 州 電 力 第 三 者 委 員 会 でも 調 査 チームの 総 括 を 務 めた 赤 松 幸 夫 弁 護 士 梅 林 啓 弁 護 士 を 中 心 とする 弁 護 士 調 査 チームを 組 織 し 委 員 長 や 他 の 委 員 の 意 見 も 激 変 する 環 境 思 考 停 止 する 組 織 ~ 郷 原 信 郎 が 斬 る 2011.12.14 オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 設 置 の 目 的 と 今 後 の 課 題 12 月 12 日 午 前 10 時 から 新 日 本 監 査 法 人 の オリンパス 監 査 検 証 委 員 会 の 初 会 合 が 開 かれ 終 了 後 記 者 会 見 が 行 われた 委

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極 就 実 大 学 大 学 院 修 士 課 程 人 文 科 学 研 究 科 人 文 知 の 宝 庫 2017 年 度 入 学 案 内 知 の 探 究 に 年 齢 制 限 はない 人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2

2014 春 シンシア 博 士 2 <パワフルシャーマンリーディング> 日 時 :2014 年 3 月 8( 土 ) 9( 日 )11( 火 )12( 水 ) 13( 木 ) 16( 日 )23( 日 ) 料 金 : 特 別 価 格 60,000 円 ( 本 来 66,000 円 ) 時 間 :2 2014 春 シンシア 博 士 1 < 天 使 のクラス> 日 時 :2014 年 3 月 15 日 ( 土 )9:30 16:30 料 金 :35,000 円 前 金 :20,000 円 場 所 : 488-0883 愛 知 県 尾 張 旭 市 城 山 (しろやま) 町 長 池 下 4517 番 地 1 電 話 番 号 :0561-52-1850 尾 張 旭 市 スカイワードあさひ くすのきAホール5F

More information

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で

はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡 り 合 ったことはありませんか? 赤 ちゃんのまぶたが 十 分 に 開 かないことは 決 して 珍 しいことではありません 分 娩 時 の 圧 迫 等 の 影 響 で 産 科 のスタッフのみなさんへ 贈 る まぶたの 開 かない 赤 ちゃんに 出 会 ったときの 本 特 定 非 営 利 活 動 法 人 眼 瞼 下 垂 の 会 編 ( 監 修 ) 金 子 博 行 帝 京 大 学 医 療 技 術 学 部 視 能 矯 正 学 科 講 師 はじめに せんてんせいがんけんかすい 先 天 性 眼 瞼 下 垂 という 病 気 について まぶたの 開 かない 新 生 児 に 巡

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で 子 供 だましのテクニックはやめにしましょう 6 月 1 日 19:00 菊 地 哲 夫 引 きこもりニートが 12 週 間 で 月 20 万 円 を 稼 ぐことは 本 当 に 可 能 なのか? はい 可 能 です! ネットビジネスで1 年 後 も 稼 ぎたいのなら 子 供 だましのテクニックは 忘 れてください ネット 環 境 の 爆 発 的 普 及 で 一 瞬 のうちに 情 報 が 世 界 中

More information

実 との 関 連 付 け を 参 考 にした 限 られた 授 業 時 間 に 集 中 して 取 り 組 めるように 連 想 ゲーム には 制 限 時 間 を 設 ける 時 間 制 限 があることで 短 時 間 に 単 語 を 連 想 する 必 要 が 出 てくる 短 時 間 にできるだけ 多 く 連

実 との 関 連 付 け を 参 考 にした 限 られた 授 業 時 間 に 集 中 して 取 り 組 めるように 連 想 ゲーム には 制 限 時 間 を 設 ける 時 間 制 限 があることで 短 時 間 に 単 語 を 連 想 する 必 要 が 出 てくる 短 時 間 にできるだけ 多 く 連 実 践 報 告 英 語 の 瞬 発 力 を 上 げるために キーワード: 英 語 の 瞬 発 力 コミュニケーション 能 力 協 同 学 習 堀 内 ちとせ 1.はじめに 英 語 に 対 して 学 習 意 欲 が 見 られなくても 英 語 でコミュニケーションを 取 る ことには 興 味 がある 学 生 がいる とは 言 え 日 常 生 活 の 中 では 英 語 を 話 す 機 会 は 皆 無 である

More information

スライド 1

スライド 1 2015 年 9 月 7 日 株 式 会 社 Diverse 日 本 最 大 級 の 結 婚 支 援 サービス youbride 会 員 100 万 人 突 破! 突 破 を 記 念 して 婚 活 アンケート 調 査 を 発 表 結 婚 したい 男 性 有 名 人 1 位 は 結 婚 未 経 験 者 竹 野 内 豊 離 婚 経 験 者 は 谷 原 章 介 婚 活 相 手 に 求 める 人 柄 は 思

More information

H22.12.7 平成22年度セクシュアル・ハラスメント防止講演会

H22.12.7 平成22年度セクシュアル・ハラスメント防止講演会 平 成 22 年 度 セクシュアル ハラスメント 防 止 講 演 会 セクシュアル ハラスメント 等 のない 職 場 を 目 指 して 日 時 : 平 成 22 年 12 月 7 日 ( 火 )13:00~14:30 場 所 :サンポート 高 松 6 階 61 会 議 室 主 催 : 人 事 院 四 国 事 務 局 内 容 : 13:00~13:04 開 会 挨 拶 人 事 院 四 国 事 務 局

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 若 は 出 世 願 望 がない? の 謎 を 解 く 東 洋 経 済 オンライン 城 幸 司 出 世 という 葉 を 最 近 に 出 したことはありますか? 出 世 して 親 を 喜 ばせたい いい 家 を 買 って 供 を 学 に かせる 分 だけでなく 家 族 も 望 んでいる 希 望 出 世 には 昔 も 今 も 変 わらず そういう 響 きがあります 本 における 出 世 の 歴 史 体 は

More information

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx

Microsoft PowerPoint - 無料小冊子0902.pptx 開 業 1 2 年 目 の 会 社 が 成 長 していくために 私 たちの 事 務 所 には 開 業 間 もない 会 社 様 などから 毎 年 150 件 以 上 の 無 料 相 談 のご 依 頼 があります また 顧 問 契 約 先 の 会 社 様 の 中 にも 開 業 1 2 年 目 の 会 社 様 が 数 多 く いらっしゃいます こうしたご 相 談 やお 付 き 合 いを 通 じて 分 かってきたことは

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3 平 成 27 年 度 堺 市 障 害 者 自 立 支 援 協 議 会 第 4 回 障 害 当 事 者 部 会 日 時 場 所 出 席 者 欠 席 者 ゲスト 参 加 事 務 局 議 事 概 要 平 成 27 年 7 月 22 日 ( 水 ) 14:30~16:30 堺 市 総 合 福 祉 会 館 5 階 第 2 研 修 室 前 田 白 石 丸 野 茅 原 辻 本 乕 田 野 崎 川 渕 松 本 梅

More information

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳

彼 女 の 一 番 の 弱 点 は 画 像 だ しわやたるみといった 年 齢 を 感 じさせるような 画 像 が 一 番 怖 い ヒラリー 氏 は 自 分 の 弱 点 をごまかすことなく 得 意 な 顔 を 見 せるやり 方 を 取 るだ ろうが 昔 の 彼 女 を 知 っている 有 権 者 に 歳 ヒラリー クリントン 氏 出 馬 表 明 ~2016 米 大 統 領 選 ~ 要 旨 ~ ヒラリー クリントン 氏 が2016 年 の 米 国 大 統 領 選 への 立 候 補 を 表 明 した これほど 早 い 時 期 に 立 候 補 を 表 明 した 理 由 の 第 一 は 候 補 者 を 絞 り 込 むプライマリー( 予 備 選 挙 ) がかなり 前 倒 しになっているからだ プライマリーを

More information

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律 1000 人 委 員 会 ニュースNo.23 (2015 年 6 月 10 日 号 ) 101-0063 東 京 都 千 代 田 区 神 田 淡 路 町 1-15 塚 崎 ビル3 階 TEL:03-3526-2920 FAX:03-3526-2921 総 がかり 行 動 実 行 委 員 会 国 会 議 員 要 請 行 動 戦 争 をさせない 9 条 壊 すな! 総 が かり 行 動 実 行 委 員

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 立 教 大 学 経 済 学 部 2014 年 度 スタディサポートプログラム 実 施 報 告 Ⅰ. 実 施 概 要 キャリア 教 育 運 営 委 員 会 実 施 目 的 : 1. 新 入 生 が 高 校 までの 学 び 方 と 大 学 での 学 び 方 の 違 いを 知 り 大 学 での 学 びに 期 待 と 意 欲 を 持 つ 2. 新 入 生 が 経 済 学 部 の 先 輩 の 姿 を 見 て

More information

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次 平 成 26 年 度 第 1 回 八 千 代 市 公 立 小 中 学 校 暑 さ 対 策 検 討 委 員 会 会 議 録 期 日 平 成 26 年 7 月 30 日 ( 水 ) 開 会 午 後 2 時 閉 会 午 後 3 時 35 分 場 所 八 千 代 市 市 民 会 館 2 階 第 6 会 議 室 出 席 者 八 千 代 市 長 秋 葉 就 一 委 員 長 小 林 伸 夫 ( 教 育 次 長 )

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障 実 技 試 験 総 評 手 書 き 採 点 の 基 準 や 合 格 点 はこれまで 同 様 です 内 容 表 記 や 日 本 語 の 使 い 方 文 章 構 成 も 含 めた 総 合 で 70 点 以 上 です 読 みやすさに 関 しては 地 域 による 指 導 や 認 識 の 差 が 非 常 に 大 きく 出 たように 思 われます 養 成 講 座 の 最 初 に 表 記 の 指 導 を 徹 底

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

『笑顔が未来をつくる』

『笑顔が未来をつくる』 目 次 v 目 次 第 1 章 離 1 役 学 反 省 々 映 ャ 転 努 力 必 報 歩 踏 勇 第 2 章 支 21 倍 必 俺 教 ぞ 伸 信 名 覚 怖 慎 重 理 解 ソ 目 次 vi 1 年 決 意 6 ム ダ 4 年 1 年 1 年 ひ ミ 役 期 限 決! 最 久 保 葛 藤 何 伝 久 保 厳 理 由 第 3 章 歩 57 デ 滑 ほ 普 通 ゃ 小 学 恩 師 初 対 面 跳 べ

More information

仕事が楽しい人File

仕事が楽しい人File 仕 事 が 楽 しい 人 File.53: 渡 辺 美 紀 さん( 診 療 放 射 線 技 師 ) 疑 いを 確 信 に 変 えるのが 放 射 線 技 師 の 仕 事 今 回 ご 紹 介 する53 人 目 の 仕 事 が 楽 しい 人 は 診 療 放 射 線 技 師 の 渡 辺 美 紀 さんです レントゲン 検 査 で 息 を 吸 って はい 止 めて そのままで チッチッチッチと 数 秒 経 過

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

Microsoft Word - 2010th_j.doc

Microsoft Word - 2010th_j.doc 1/12 c 特 訓 予 備 校 養 賢 ゼミナール 〇 〇 東 北 学 期 試 験 国 及 予 想 国 100 満 学 部 学 科 満 異 共 現 代 1 循 環 2 慕 3 支 障 4 懸 念 5 妥 当 性 順 同 葛 藤 我 危 機 抑 圧 恋 愛 転 換 保 十 己 統 在 十 八 何 提 転 換 両 提 六 十 九 予 想 5 両 正 八 葛 藤 我 危 機 原 因 抑 圧 恋 愛 2/12

More information