奈良教育大学紀要P _竹村景生.indd

Size: px
Start display at page:

Download "奈良教育大学紀要P039-049_竹村景生.indd"

Transcription

1 在 野 の 教 師 田 中 裕 一 の 総 合 学 習 実 践 の 軌 跡 から ESDのエッセンスを 考 える 竹 村 景 生 ( 附 属 中 学 校 ) It thinks about the essence of ESD from tracks of "Integrated study" practice of the teacher Yuichi Tanaka Kageki TAKEMURA (Junior High school attached to Nara University of Education) 要 旨 : ESDとは 何 か? そのエッセンスとは 何 か? その 実 現 のための 基 本 的 な 方 法 論 は 何 なのか? と 問 われ たとき 私 たちはその 返 答 に 窮 してしまうことがある それは 現 場 における 各 実 践 者 のESDへの 思 いとして 語 られ 併 存 しているからではないだろうか それがこれから 推 進 しようとする 教 師 にとってESDのわかりにくさにもなって いる 本 稿 ではそのESD 的 展 開 が 30 年 前 に 田 中 裕 一 という 一 人 の 教 育 実 践 者 の 中 で 総 合 学 習 として 見 事 に 体 現 されていた 事 実 に 着 目 し 多 岐 にわたる 田 中 の 総 合 学 習 の 記 録 ( 水 俣 病 の 授 業 地 域 環 境 カリキュラム )を 手 がかりにESD 的 エッセンスとしての 地 域 を 導 きだす キーワード:ESD, 総 合 学 習 Integrated study, 地 域 Region, 環 境 教 育 Environmental Education, 田 中 裕 一 Yuichi Tanaka 1.はじめに 田 中 裕 一 ( )は 戦 後 初 めて 水 俣 病 事 件 の 授 業 実 践 日 本 の 公 害 水 俣 病 の 授 業 (1968) を 行 った 教 師 として またその 後 の 民 間 教 育 サークル として 公 害 と 教 育 研 究 会 を 立 ち 上 げ 今 日 の 環 境 教 育 ならびに 総 合 学 習 の 草 分 け 的 存 在 として 知 られて いる 本 稿 で 田 中 裕 一 を 取 り 上 げる 理 由 は 彼 の 教 職 初 期 から 熊 本 大 学 に 於 ける 病 床 からのビデオ 撮 影 による 死 の 授 業 までの 生 涯 の 教 育 実 践 の 軌 跡 そのもの が 今 日 展 開 されるESD( 持 続 可 能 な 開 発 のための 教 育 ; 持 続 発 展 教 育 とも 国 内 的 には 呼 称 している)の 理 念 に 合 致 するものであると 考 えるからである 図 1 に 示 すようにESDの 実 践 はそのエッセンスを 核 として 多 岐 にわたる 表 現 形 態 をとる 本 稿 で 紹 介 する 田 中 の 実 践 はまさにオールラウンドといえるもの で ここに 提 起 されている 教 育 活 動 ( 教 育 として 図 示 )が 学 校 の 内 外 を 問 わず 実 践 の 記 録 として 残 さ れている そのすべてをここで 紹 介 することは 本 稿 の 目 的 ではないが その 詳 細 は 和 井 田 清 司 著 戦 後 日 本 の 教 育 実 践 ならびに 和 井 田 によって 編 纂 された 研 究 資 料 集 戦 後 教 育 実 践 の 奇 跡 ~ 田 中 裕 一 リカバリー~ 図 1 ESDのエッセンス ESD-J 作 成 2003 全 3 冊 ( 以 下 実 践 の 奇 跡 と 略 す)で 知 ることがで きる だ が ESDと は 何 か? そ の エ ッ セ ン ス と は 何 か? その 実 現 のための 基 本 的 な 方 法 論 は 何 なの か? と 問 われたとき 私 たちはその 返 答 に 窮 してし まうのも 事 実 である 教 育 現 場 における 各 実 践 者 の 思 いの 文 脈 から 語 られるものがESDのエッセンスとし て 読 み 替 えられ それぞれの 立 場 からのESDが 展 開 さ れているのが 実 情 である たしかに そのエッセンス の 多 少 のゆらぎは 現 場 実 践 においては 保 障 されなけれ ばならないだろうが 逆 にそれがこれから 推 進 しよう 39

2 竹 村 景 生 とする 学 校 現 場 にとってESDのわかりにくさにもな っている しかし その 窮 してしまうESD 的 展 開 が 30 年 前 に 田 中 裕 一 という 一 人 の 教 育 実 践 者 の 中 で 見 事 に 体 現 さ れている 事 実 に そして 教 育 課 程 として 学 校 現 場 で 合 意 形 成 がなされ 展 開 されてきた 事 実 に 驚 かされてしま う 1) 本 稿 では 多 岐 にわたる 田 中 の 総 合 学 習 の 記 録 ( 主 に 実 践 前 期 水 俣 病 の 授 業 実 践 後 期 地 域 環 境 カリキュラム )やその 著 述 インタビューか ら 今 日 的 にも 敷 衍 されるESD 的 エッセンスを その 地 域 概 念 に 求 め 検 討 していく また 田 中 実 践 の 近 代 民 主 主 義 の 主 体 形 成 ( 近 代 的 自 我 の 確 立 )として の 学 びに 地 域 を 位 置 づける 総 合 学 習 とは 対 照 的 に むしろ 気 付 きやつながりといった 自 己 の 深 化 と しての 学 びに 地 域 を 位 置 づける 山 之 内 義 一 郎 の 総 合 学 習 との 比 較 を 行 う 山 之 内 実 践 の 特 徴 は ESDの 3 つの 柱 ( 経 済 環 境 社 会 )の 土 台 にある 文 化 といのちのつながりに 注 目 した 実 践 として その 地 2) 域 へのホリスティックなアプローチ 学 校 の 森 実 践 で 知 られている また 学 校 現 場 でのESD 実 現 のため の 方 法 論 いうならば 田 中 的 手 法 も 併 行 して 探 ってい きたい なお 田 中 実 践 への 論 述 の 引 用 資 料 は 主 として 研 究 資 料 実 践 の 奇 跡 ( 全 3 冊 ) ( 和 井 田 清 司 研 究 室 )に 拠 っている 図 2 田 中 裕 一 略 年 譜 40

3 在 野 の 教 師 田 中 裕 一 の 総 合 学 習 実 践 の 軌 跡 からESDのエッセンスを 考 える 図 2 は 田 中 裕 一 の 実 践 の 展 開 過 程 を 和 井 田 による 田 中 裕 一 略 年 譜 から 改 編 作 成 したものである 田 中 の 問 題 関 心 や 一 貫 した 姿 勢 はこれだけからも 十 分 う かがい 知 ることが 出 来 る 3) カテゴリー 化 が 難 しい 内 容 がその 多 数 を 占 めている それは 田 中 自 身 の 根 底 で つながりあう ものという 信 念 が 具 体 化 され 展 開 してのことであるのは 言 うまでもない その 総 合 学 習 への 埋 め 込 み 方 の 一 端 については 資 料 に 掲 載 した 龍 南 中 の 年 間 計 画 表 を 参 照 されたい さらに 田 中 の 社 会 科 教 師 としての 教 科 実 践 はここに 示 された 限 りのも のではない また 教 科 でいえば 美 術 音 楽 英 語 な ど 天 草 時 代 も 含 め 他 教 科 に 及 んでいて 彼 のいう マ スターキー 5) による 教 材 選 択 や 授 業 の 構 成 は 決 し て 平 板 な 内 容 や 関 心 に 終 わらない 実 践 であったことは 想 像 に 難 くない 田 中 は 1930 年 に 熊 本 市 に 生 まれ 太 平 洋 戦 争 の 最 中 に 多 感 な 中 学 時 代 を 送 っている 戦 後 熊 本 大 学 哲 学 科 に 進 み 1953 年 に 熊 本 県 の 教 員 に 就 いている 田 中 の 生 涯 を 通 しての 実 践 の 根 底 にはこの 戦 争 体 験 がその 信 念 形 成 や 教 職 倫 理 として 大 きく 影 を 落 としている それは 戦 前 から 戦 後 へ 代 わる 教 育 内 容 の 大 転 換 期 に 見 てしまった 教 師 の 豹 変 した 姿 への 言 及 であり 6) また 田 中 の 生 涯 を 通 した 総 合 学 習 を その 多 岐 にわたる 実 践 記 録 ( 田 中 裕 一 著 作 目 録 4) )から そ のいくつかを 図 1 を 参 考 に 分 類 し 図 3 としてESD 的 な 鳥 瞰 図 を 与 えてみた ただし 田 中 実 践 は 平 和 人 権 環 境 など 相 互 に 関 連 し 熊 本 大 学 の 教 員 養 成 の 現 場 への 失 望 であり 彼 自 身 が 卒 業 論 文 の 研 究 テーマを ハイデガーにおける 自 由 の 問 題 とし その 戦 争 責 任 問 題 に 取 り 組 んだことからも 伺 える この 転 向 という 問 題 は 人 間 は 如 何 に 生 きるべきか という 問 いかけとして 総 合 学 習 の 形 を 取 りながら 最 後 の 熊 本 大 学 の 病 床 からのビデオ 映 像 による 死 の 授 業 (2003)まで 一 貫 して 伏 流 水 として 流 れているよう に 思 う 7) 和 井 田 は 田 中 の 実 践 の 展 開 過 程 を 4 期 に 区 分 し そ の 3 つの 転 機 を 挙 げている 3 つの 転 機 とは(Ⅰ) 水 俣 病 授 業 実 践 (Ⅱ) 第 2 回 ヨーロッパ 環 境 教 育 国 際 会 議 (1980)への 参 加 (Ⅲ) 退 職 期 を 指 している 本 稿 が 捉 える 展 開 過 程 は 大 きく 2 期 に 区 切 って 田 中 実 践 を 捉 えている( 前 期 ; 第 1 期 + 第 2 期 後 期 ; 第 3 期 + 第 4 期 ) つまり ヨーロッパ 環 境 教 育 会 議 に 参 加 して 以 降 の 田 中 実 践 の 地 域 環 境 カリキュラム の 作 成 や 民 藝 の 授 業 郷 土 教 育 への 質 的 な 転 換 に 注 目 する 田 中 には 近 代 の 未 成 熟 という 認 識 がある 近 代 的 自 我 の 確 立 を 目 標 とする 公 害 教 育 から 人 権 総 合 学 習 へと 内 発 的 に 展 開 する 前 期 実 践 を 田 中 総 合 学 習 の 縦 糸 とすると そこに 環 境 権 の 確 立 を 強 く 意 識 した 環 境 正 義 や 環 境 倫 理 の 問 題 をはじめ 環 境 と 文 化 の 領 域 から 人 間 の 生 き 方 にも 言 及 していく 後 期 実 践 へのひろ がりは 田 中 総 合 学 習 の 横 糸 といえる この 縦 糸 と 横 糸 によって 田 中 の 総 合 学 習 はその 生 涯 を 通 して 編 ま れていく 1972 年 のストックホルムでの 人 間 環 境 宣 言 1975 年 のベオグラード 憲 章 ではクオリティー オブ ライフという 生 活 の 質 や 人 間 の 幸 福 が 問 われ 出 し 公 害 教 育 や 人 権 総 合 学 習 に 取 り 組 んできた 教 師 田 中 は 持 続 的 発 展 を 目 指 す 循 環 型 社 会 の 形 成 にこれ までの 総 合 学 習 に 位 置 づけていこうという 確 信 を 1980 年 の 環 境 国 際 会 議 で 得 たのではないだろうか 田 中 の 問 題 意 識 は まさにESDの 歴 史 と 重 なっていると いえる 社 会 科 教 師 として 人 権 平 和 の 問 題 を 扱 うだ けに ややもすると 政 治 的 な 偏 見 で 見 られがちな 前 期 田 中 実 践 が 後 期 の 横 糸 をしてESDの 捉 える 実 践 課 題 として より 地 球 規 模 の 空 間 的 広 がりと 重 厚 感 (いの ちの 多 様 性 の 認 識 )をもったといえる それゆえ 田 中 の 戦 後 教 育 ( 総 合 学 習 )の 軌 跡 は 私 たちがESDの 範 例 として ESDが 捉 える 教 育 の 射 程 を 検 討 し 十 分 認 識 しうる 内 容 をもった 実 践 と 考 える 図 3 田 中 裕 一 総 合 学 習 の 実 践 分 類 表 41

4 竹 村 景 生 田 中 の 実 践 のESD 的 エッセンスや 方 法 論 を 次 章 以 降 で 探 っていきたい 2. 田 中 の 前 期 授 業 実 践 の 軌 跡 ~ 日 本 の 公 害 水 俣 病 の 授 業 ~ まずは 田 中 裕 一 という 一 人 の 教 師 を 理 解 するにあた って 田 中 自 身 が 語 っている 最 高 の 学 問 や 芸 術 の 成 果 をうすめることなく 凝 縮 し 単 純 化 する 姿 勢 は 彼 の 生 涯 を 通 した 実 践 のスタンスとして 特 筆 される また 田 中 実 践 の 授 業 構 成 は 教 えること 学 ぶことの バランスが 配 慮 されている ( 和 井 田 )ことを 特 長 と している 8) そのことは 総 合 的 な 学 習 の 時 間 で 問 題 となりがちな 教 師 の 立 ち 位 置 への 指 針 となるだろう 田 中 の 人 権 教 育 をはじめとした 実 践 のスタンスは 自 らその 現 場 に 足 を 運 び 資 料 を 自 ら 収 集 し ありのま まの 事 実 を 凝 視 することにある それを 和 井 田 は 主 題 設 定 の 鋭 さと 周 到 な 教 材 研 究 の 準 備 と 特 徴 づけて いる 9) さらに 田 中 は 水 俣 病 の 問 題 を 身 近 な 地 域 問 題 として 授 業 を 構 成 したのではない むしろ 地 域 から 出 発 し 日 本 と 世 界 を 貫 く 課 題 を 精 選 する 問 題 と して 扱 おうとしたのである 10) と 知 ったこと だ けにとどまらないで 私 たちに つながる 問 題 ( 対 象 を 社 会 認 識 においても 科 学 的 認 識 においてもみる) として 授 業 の 中 で 学 習 課 題 として 展 開 し 生 徒 と 共 に 学 びを 創 り 上 げていこうという 姿 勢 が 貫 かれている 田 中 が 水 俣 病 の 授 業 実 践 を 組 むにあたり 水 俣 から 問 いかけられたこと そしてその 水 俣 ( 地 域 水 俣 病 患 者 死 者 )からの 問 いに 応 答 すること その 対 話 の 中 で 一 体 何 が 彼 の 中 に 起 こったのであろうか 後 日 田 中 は 水 俣 病 の 授 業 になぜ 取 り 組 んだのですか? と 問 いかけられて それは 知 ってしまったからで す という 返 事 を 返 している おそらく 田 中 の 知 ってしまった 衝 撃 の 背 景 には かつて 教 師 達 が 教 壇 で 軍 国 教 育 を 実 践 し 終 戦 後 にその 実 践 へのためらい や 反 省 もなく 民 主 主 義 を 標 榜 した 教 育 者 として 転 向 し た 姿 を 目 の 当 たりにしてしまった 衝 撃 を 田 中 に 呼 び 戻 したであろう 事 は 想 像 できる そして 知 らされな かったこと 知 らなかったこと による 戦 争 への 道 に 無 力 であった 時 代 の 教 育 への 憤 りと 反 省 がある 田 中 をそのような 社 会 正 義 と 反 省 に 駆 りたてたものは 近 代 化 のネガとして 現 れてきた 公 害 事 件 であり 水 俣 病 であり 土 呂 久 鉱 害 であり それがどうして 今 私 た ちの 目 の 前 に 現 れて なぜそうなるか? が 問 われる こともなく どう 解 決 すればいいのか? という 展 望 が 子 どもたちに 示 されない 普 段 の 学 校 教 育 が 田 中 の 周 りにあったからである 目 の 前 の 事 実 に 無 関 心 を 装 うことは 田 中 にとって 正 義 を 示 せない 加 害 者 としての 教 師 の 姿 を 生 徒 の 前 に 晒 すことに 等 しかった であろう 田 中 の 実 践 を 貫 いている 姿 勢 に 倫 理 観 の 現 れがある それは 取 材 の 場 で 取 材 対 象 である 相 手 ( 被 害 者 )の 顔 (ここには 田 中 が 上 原 専 禄 の 死 者 との 連 帯 への 共 感 を 示 すように 戦 死 者 や 水 俣 病 の 死 者 や 原 爆 犠 牲 者 などの 具 体 的 な 死 者 の 顔 を 含 んでいる)に 自 らの 顔 をさらけ 出 すことであ る ここで 大 切 なのは 相 手 ( 他 者 )の 前 に 立 つ 1 人 の 人 間 としての 田 中 の 顔 と 教 師 田 中 の 顔 との 二 重 性 にある 目 の 前 の 事 実 ( 水 俣 病 や 土 呂 久 鉱 害 等 ) を 人 間 田 中 が 知 ってしまったこと を 教 師 田 中 の 授 業 表 現 として 知 るべきこと へと 昇 華 させ 知 ってしまったこと を 如 何 に 共 有 化 し 生 徒 個 々が 思 想 にまで 高 めていけるかを 念 頭 に 教 材 化 を 試 み 授 業 として 再 構 成 していく これが 生 徒 の 顔 に 自 ら の 顔 を 晒 す 表 現 者 田 中 の 教 師 倫 理 ( 田 中 が 言 う プロの 教 師 )の 責 任 の 取 り 方 として 特 徴 づけられ る 田 中 は 自 らの 顔 の 二 重 性 を 抱 えながら 己 の 顔 と 顔 の 間 に また 田 中 と 生 徒 の 相 向 かい 合 う 顔 と 顔 の 間 に ポール ヴァレリーの 詩 作 の 建 築 学 的 な 構 成 としての 飽 くなき 厳 密 11) の 方 法 を 以 て 立 つのである ややもすると 私 たちは 日 常 の 多 忙 化 の 中 でどちらかの 顔 または 両 方 の 顔 を 曖 昧 にし 見 失 いがちであるだけに 田 中 の 実 践 的 スタ ンスは ESDを 展 開 していくにあたって 私 たち 教 師 は 反 省 的 に 学 ぶべきものがある しかし 田 中 の 水 俣 病 事 件 への 立 ち 方 は 彼 の 実 践 への 配 慮 からもうか がえるように 生 き 方 という 形 で 自 ら 丸 ごと 受 け 止 めてそれに 同 行 するスタンスとはまた 別 のものであ った 12) 公 害 教 育 は70 年 代 初 頭 に まず 四 日 市 の 子 どもたち に 現 れた 喘 息 問 題 から 起 こった そして 水 俣 病 が 問 い かけられたのである しかし 地 元 の 教 師 達 にはあま りにも 身 近 すぎる 重 たい 課 題 であり またその 地 域 性 故 に 当 時 熊 本 教 祖 の 教 文 部 長 をしていた 田 中 が 引 き 受 けたのであった もちろん 社 会 科 教 師 としての 田 中 自 身 の 強 い 関 心 や 責 任 感 も 伏 線 としてあった 他 の 公 害 教 育 の 実 践 もそうであるように その 始 まりは 被 害 者 である 目 の 前 の 子 どもたちが 生 活 する 地 域 の 教 師 の 実 践 から 立 ち 上 がってくる 水 俣 で 教 えていない 田 中 は それだけに 自 らが 全 身 で 患 者 と 向 き 合 い 生 の 資 料 を 得 るべく 現 地 へ 足 繁 く 通 ったのである その 意 味 で 田 中 の 言 う 知 ってしまったから という 言 葉 は その 地 域 に 立 った 教 師 が 問 いかけられ 応 答 してい った 共 通 した 実 践 の 身 体 性 と 意 識 を 持 つものである それでは 田 中 が 行 った 水 俣 病 の 授 業 について その 発 言 から 総 合 学 習 に 位 置 づけられていく 実 践 のプロセスを 以 下 にたどっていくことにする (*は 筆 者 のコメント) 実 践 への 配 慮 一 つは 日 本 の 公 害 - 水 俣 病 としたように 水 俣 病 が 特 定 地 域 の 特 殊 現 象 ではないという 普 遍 的 な 意 42

5 在 野 の 教 師 田 中 裕 一 の 総 合 学 習 実 践 の 軌 跡 からESDのエッセンスを 考 える 図 4 水 俣 病 の 授 業 指 導 案 田 中 による 義 を 強 調 したかったということである もとより そ れはかつて 上 原 専 禄 先 生 が 指 摘 されたように 世 界 ー 日 本 - 地 域 という 課 題 把 握 の 意 識 の 中 で 占 める 地 域 そ のものが いかに 大 きな 課 題 を 凝 縮 しているかという 原 理 を 示 すことであった いま 一 つは 沖 縄 水 俣 病 を 教 える のではなく 沖 縄 水 俣 病 で 教 え る という 強 調 が 必 要 なのだが そのことが 公 式 的 な 性 急 さで 受 け 取 られたのでは 冷 静 で 即 物 的 な 沖 縄 や 水 俣 病 の 確 固 たる 認 識 と そこからつき 上 げてくる 激 しい 民 族 の 人 間 的 怒 りや 変 革 のエネルギーを 観 念 的 な 教 育 の 彼 方 に 弱 めてしまう 恐 れもあった だから 私 は 教 育 におけるレアリズムとは 何 か という 課 題 についても 考 えてみた ( 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p.116. 水 俣 病 授 業 研 究 から 学 ぶもの 1969) * 田 中 の 特 殊 から 普 遍 へ ローカルからグローバルへ の 帰 納 的 なアプローチ 法 は ESDのそれに 通 じる 教 育 のレアリズムは 地 域 を 凝 視 した 先 に 現 れて くるという 主 張 に 注 目 したい 事 前 学 習 資 料 をずっと 集 めて 新 聞 記 事 を 貼 って 集 めてで すね もう 会 社 の 動 き 原 因 究 明 の 動 き 市 民 の 動 き 患 者 の 動 き 行 政 企 業 の 動 き そういうのをグ ループ 別 にまとめて 教 室 に 貼 って 生 徒 たちに 事 前 学 習 をさせたんですね 各 グループごとに 好 みのテー マを 決 めさせて レポートを 書 かせたんです 事 前 学 習 として レディネスの 学 習 をしたんです 大 体 貼 っ てあるから お 互 い 読 むでしょう 自 分 のグループの を 読 み 込 めば 隣 のグループのも 読 み 込 みやすくなり ますから だから それで 全 般 の 動 きを 知 ったんです ね ( 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p.45.) * 田 中 は 自 身 の 感 動 を 生 のままぶつけることはしな い それは 生 のままの 感 動 は 消 えやすいからだと いう 感 動 を 再 構 成 した 教 材 が 子 どもたちの 中 で 思 想 化 され 残 っていく 飽 くなき 厳 密 のための 再 構 成 という 建 築 学 的 な 構 成 のために 田 中 は 資 料 を 徹 底 的 に 揃 えるのだという 授 業 内 容 と 展 開 複 雑 な 水 俣 病 の 本 質 をうすめずに 濃 縮 しつつ 単 純 化 する 教 材 を 精 選 し たどりついたのは 今 日 では 悪 名 高 き1959 年 12 月 30 日 の 見 舞 金 契 約 書 と 同 年 10 月 7 日 発 病 の 猫 400 号 実 験 との 日 付 の 対 比 でした チ ッソが 猫 実 験 でみずからの 責 任 を 知 りながら それを かくして 原 因 がわかっても 新 たな 補 償 を 要 求 しな い と 被 害 者 を 切 り 捨 てたことを 日 付 の 対 比 で 理 解 したとき 生 徒 のいきどおりは 大 きく その 4 年 後 に 熊 本 地 裁 水 俣 病 判 決 (73 年 3 月 )がこの 契 約 を 公 序 良 俗 違 反 と 判 決 した 意 味 をさきどりしていくので す また このチッソの 非 道 が 企 業 利 潤 を 憲 法 25 条 の 生 存 権 や 人 間 の 尊 厳 に 優 先 させた 資 本 の 論 理 から 起 こることを 理 解 したのです ( 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p.153. 総 合 としての 校 外 教 育 1983) * 田 中 の 方 法 論 の 原 型 は 斉 藤 喜 博 の 最 高 水 準 の 単 純 化 ( 和 井 田 )や 上 原 専 禄 の 地 域 論 やピカソ の 決 定 的 単 純 化 ( 和 井 田 )にも 求 められるが 田 中 自 身 の 生 涯 を 通 した 教 育 を 通 した 表 現 活 動 の 根 底 には 以 下 にその 一 端 を 示 したが ヴァレリーか らの 影 響 を 強 く 感 じさせる 今 この 万 遍 万 能 の 人 も また まず 第 一 にただ 観 ることからはじめ そうしていつもその 観 てきた ものを 身 一 杯 に 染 みこませて 帰 ってくるのである ( 方 法 p.27.) 芸 術 の 作 品 は その 今 われわれの 見 ているもの がこれはわれわれの 今 までに 見 たこともなかったも のだということをきっと 教 えてくれるものでありた いものである 深 い 教 育 というものは 初 手 の 教 育 を 解 していくことにある ( 方 法 p.29.のメモ) 一 切 万 物 が 不 規 則 であるか それともすべてが 規 則 的 であるとしたら 思 考 などはいらぬこと な ぜなら 思 考 というものは 無 秩 序 から 秩 序 へ 移 る 企 てにほかならないからであり それにつけても 思 考 には この 無 秩 序 という 誘 因 それにまた 秩 序 の 型 というものが 必 要 なわけである ( 方 法 p.38.) 田 中 自 身 も 感 動 を 叩 きつけるのでなく 知 的 に 再 構 成 して というとき このレオナルドの 飽 くなき 厳 密 とヴァレリーの 詩 作 の 力 学 的 建 築 学 的 な 感 動 の 再 構 成 の 技 法 による 思 想 性 の 高 揚 と 持 続 を 想 定 していると 披 瀝 している 13) ESDの 学 校 現 場 での 実 践 の 中 で 大 切 にされるべき 事 は その 内 容 が 広 範 囲 に 及 ぶことから 生 徒 に 何 を 教 え どのよ うに 学 ばせるのか という 主 題 設 定 とその 教 材 研 究 にある そのために 教 師 は いかなる 意 識 のもと で どのような 方 法 論 で 教 材 を 選 び 授 業 を 組 み 立 てるのか という 授 業 構 造 への 向 き 合 い 方 が 不 断 に 問 われてくる 14) 構 成 理 由 わたしはここで 水 俣 病 を 授 業 したかったのでな く 人 間 の 幸 福 とはなにか 子 どもたちの 未 来 とはなに か 豊 かさとはなにか 住 民 の 自 治 とはなにか 真 の 医 療 や 行 政 とはなにか 人 間 とはなにか という 43

6 竹 村 景 生 ひとが 生 きるという 意 味 と 権 利 について 問 いと 答 え を 無 限 に 生 徒 と 学 び 続 けなければならなかったのだ ( 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p.186. 社 会 認 識 と 環 境 教 育 ) *この 問 いは 田 中 自 身 の 戦 中 体 験 からくる 教 育 不 信 に 根 ざしたものといえるが それ 以 上 に 生 徒 の 前 に 立 つ 教 師 として 社 会 的 関 係 性 の 中 にある 人 間 として の 己 の 存 在 を 厳 しく 内 省 することによって 導 き 出 さ れた 問 いとも 言 える それゆえに 田 中 は 子 ど もを 考 える 人 間 を 考 える 基 本 的 人 権 を 考 える 視 点 がはっきり 定 まってきたと 述 べている 総 合 的 な 学 習 の 時 間 でのテーマとして たとえば 環 境 が 取 り 上 げられる そこでは 環 境 学 習 を 通 した 学 び 方 を 学 ぶ といった 方 法 知 の 獲 得 が 言 われたりす るが 田 中 の 構 成 理 由 は 方 法 知 からのESD 的 乗 り 越 えの 展 望 を 与 えてくれる 以 上 の 水 俣 病 の 授 業 の 実 践 のプロセスから 次 の 総 合 学 習 の 方 法 論 が 導 かれてくるのである 教 授 への 方 法 論 (1) 現 象 羅 列 でなく 地 域 から 出 発 し 日 本 や 世 界 に かかわる 構 造 を 持 つ 典 型 を 精 選 する (2) 感 動 的 な 素 材 を 生 のままでなく 冷 静 に 再 構 成 し 入 手 可 能 な 最 高 の 学 問 や 芸 術 の 成 果 を 極 度 に 単 純 化 すること ( 希 釈 より 濃 縮 )(3)つねにトータルな 構 造 を 読 みと り 疎 外 されている 社 会 的 弱 者 の 基 本 的 人 権 を 原 点 と して 配 慮 すること (4)つねに 自 然 と 社 会 の 現 場 で 学 び 民 衆 とともにリアリズムの 視 点 を 失 わぬよう 学 ぶ こと (5) 子 どもたちの 未 来 への 自 立 を 保 障 するため に その 学 習 権 発 達 権 をじゅうぶん 尊 重 すること 慎 重 と 臆 病 科 学 的 配 慮 と 政 治 的 配 慮 を 峻 別 すること 教 師 のことをあとに 子 どものことを 最 優 先 に 考 慮 す ることなど いうまでもない ( 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p.186. 社 会 認 識 と 環 境 教 育 ) 次 に この 前 期 田 中 実 践 から 後 期 実 践 のコアへと 引 き 継 がれていった 地 域 概 念 についてみていきた い 田 中 は 水 俣 に 見 た 地 域 観 について 次 のように 語 っている 15) 1 ) 分 析 された 地 域 をいくら 総 合 しても それは 現 実 に 存 在 し その 中 で 民 衆 が 喜 び 苦 悩 している 地 域 とはどうしても 別 物 なのだ 地 域 の 水 々しさ 苦 々しさ 切 なさ 苦 悩 の 表 明 が 消 える 形 では 地 域 を 把 握 しえないのである 地 域 の 実 体 を 全 体 として 統 一 的 にとらえるということは 決 して 診 断 分 析 総 合 処 方 というような 単 層 のものでないことを とくに 水 俣 病 の 被 害 者 とともに 訴 えたいのである 2 ) 地 域 を 空 間 的 にのみ 理 解 するのでなく 時 間 的 歴 史 的 に 理 解 することが 必 要 なのではないか 3 ) 地 域 の 中 の 私 という 主 体 は 何 をなしうるのか 何 をなしえたのか という 問 いかけに 答 えることなく ( 原 罪 16) としての 水 俣 病 ) 地 域 研 究 を 推 敲 しえな いのではないか このように わが 内 なる 水 俣 病 を 語 る 田 中 には 地 域 とは1 具 体 的 な 内 実 (リアリティ)である 2 死 者 との 共 闘 という 歴 史 性 ( 記 憶 )を 現 在 に 持 つ 場 所 で ある 3 創 造 的 主 体 として 土 着 し 土 語 で 語 られる 場 所 として また 自 身 の 存 在 の 証 明 を 問 い 返 される 場 所 として 捉 えられているのではないだろうか 3. 田 中 の 後 期 教 育 実 践 第 2 回 ヨーロッパ 環 境 教 育 国 際 会 議 (1980)への 参 加 後 の 田 中 実 践 の 問 題 意 識 は 子 ども 達 から 遊 ぶ 時 間 と 場 所 と 仲 間 と 人 間 的 な 共 同 体 と 自 然 を 奪 った 大 人 達 と 述 べているように 子 どもたちによる 生 活 圏 の 創 造 を 意 識 したものへと 移 っていく それは 持 続 可 能 性 をテーマにするなら 校 舎 の 空 間 教 師 と 生 徒 と の 関 係 性 ひいては 我 々 大 人 の 生 き 様 までをも 問 われ るようになる (ティーズディール) 17) という 自 己 の 精 神 的 な 深 化 やつながり 感 といったような 地 域 に 根 ざ したサスティナブルな 暮 らしを 創 造 していくという 文 化 的 な 深 まりへの 問 題 意 識 から 来 るものと 考 えられ る 前 期 田 中 実 践 の 特 徴 でもあった より 具 体 的 に 地 域 の 環 境 権 や 生 存 権 に 個 々 人 がその 責 任 を 負 い 創 造 的 にアクセスしていく 持 続 可 能 な 社 会 に 向 けた 住 民 自 治 力 の 形 成 を 想 定 した 総 合 学 習 から 発 展 継 承 されて いったと 言 える そこには レイチェル カーソンか らの 影 響 や 五 家 荘 訪 問 での 気 づき が その 転 換 の 契 機 になったのではないかと 推 察 する 18) 後 期 田 中 実 践 を 特 色 づけるものに 地 域 環 境 教 育 プログラム がある これは 今 日 的 な 水 俣 の 吉 本 哲 朗 地 元 学 の 方 法 論 である あるもの 探 し や 地 域 再 生 のための 住 民 決 定 それに インタープリテ ーション の 技 法 など 似 通 ったところも 多 く 参 加 と 住 民 自 治 を 目 指 すプログラムである 共 に 地 域 で 住 まうこと 生 きることの 豊 かさ(QOL)がテー マになる このプログラムの 一 貫 として 生 徒 会 の 取 り 組 み ( 丸 刈 り 問 題 ) 校 舎 デザイン 雑 草 調 査 校 内 緑 化 計 画 民 藝 の 授 業 などの 実 践 が 生 まれてくる ここでは 後 期 実 践 を 特 徴 づけている 民 芸 の 授 業 についてふれておきたい 田 中 のこれまでの 人 権 教 育 を 柱 としてきた 実 践 の 文 脈 からは なぜ 民 藝 なのか はある 意 味 で 意 外 な 展 開 に 思 われる この 民 藝 につい て 田 中 は 多 くの 著 述 や 実 践 の 記 録 を 残 している 今 で こそスローライフや 低 炭 素 社 会 が 私 たちの 関 心 とな り 若 者 達 の 間 でもライフスタイルとしての 農 志 向 や 脱 車 化 や 無 印 良 品 がひとつのムーブメント になっているが 田 中 の 良 い 仕 事 は 美 しい 生 活 と 文 化 を 生 む- 民 藝 品 を 考 える (1983)の 授 業 はちょう ど 日 本 がバブル 景 気 のただ 中 にあった 消 費 の 加 熱 ( 経 済 原 理 主 義 )は 生 活 の 豊 かさ のすべてをお 44

7 在 野 の 教 師 田 中 裕 一 の 総 合 学 習 実 践 の 軌 跡 からESDのエッセンスを 考 える 金 で 買 えるという 錯 覚 ( 物 神 化 私 有 意 識 )に 陥 って いたと 言 える 近 代 的 な 自 我 の 確 立 以 前 に 私 たちが 住 む 地 域 の 周 りの 自 然 環 境 ( 地 上 げやリゾート 開 発 ) や 共 同 体 が 壊 されてゆき 逆 にエゴに 人 間 は 支 配 され そして 子 どもたちもこの 消 費 社 会 を 当 たり 前 のように 受 け 入 れ 飲 み 込 まれていく( 荒 れる 教 室 ) 田 中 の 方 法 論 はそのような 時 代 の 流 れを 敏 感 に 批 判 的 にかつ 創 造 的 に 斬 り 込 んでいく ここでの 田 中 の 問 いは 私 たちの 豊 かさは 本 当 に 真 の 豊 かさと 言 えるものなの だろうか? というものである では 人 間 が 見 えな い 時 代 に 真 の 人 間 を 見 出 すもの 本 物 の 価 値 とはどの ようなものなのか?そこに 民 藝 を 考 える 意 味 がうまれ てくる レジュメ 美 味 求 真 の 世 界 (2000)の 中 に 真 の 良 きもの 善 きもの (goods)について 田 中 は 以 下 の 点 を 挙 げている 19) (1) 民 衆 の 真 に 健 康 な 生 活 の 役 立 ち (2) 丈 夫 で 安 全 で 使 いやすく (3) 働 くことによって 内 面 から 輝 き 出 す 美 しさと 豊 かさを 私 達 に 与 えてくれるものである それ 故 にそのものは (4) 人 間 と 人 間 の 関 係 を 修 復 し( 共 同 体 の 再 生 ) (5) 人 間 と 自 然 の 関 係 を 修 復 し( 持 続 的 発 展 ) (6) 大 人 と 子 どものとの 関 係 を 修 復 ( 世 代 間 の 平 等 ) その 中 の 1 つに 民 藝 が 教 材 として 選 ばれていく あたりまえ ということは すなわちあたりまえの ことである と 授 業 で 本 物 の 井 戸 茶 碗 を 体 感 した 子 どもたちに あたりまえであることのすばらしさ とは 何 か?を 問 いかけていく 火 と 土 と 釉 薬 という 自 然 に 依 拠 しながら 熟 達 した 職 人 の 業 が 地 位 も 名 誉 も 権 力 も 利 欲 も 一 切 の 作 為 から 解 脱 し ただ ひたすらに 民 衆 の 日 常 生 活 の 茶 碗 を 作 ったという も うそれ 以 上 何 を 付 け 加 えることも 何 を 差 し 引 くこと もできないという そして 当 時 の 身 分 の 低 い 作 者 の 銘 もないという その 上 この 圧 倒 的 な 存 在 感 は 何 だろう 平 凡 のすばらしさの 前 で あらゆるものが 色 褪 せる 平 凡 の 価 値 は 一 隅 を 照 らす 者 これ 国 宝 なり に 尽 きているであろう と 井 戸 茶 碗 との 対 話 の 中 で 自 ずからの 答 が 子 どもたちから 導 かれていく ここか ら 環 境 を 想 うシステムの 再 構 築 を 地 域 に 打 ち 立 てていく 共 生 する 共 同 体 が 後 期 到 達 点 として 語 られていくのである そして 田 中 は 人 はすべて かならず 死 ぬ だから 人 生 は 1 回 限 りで 生 き 直 しがきかない しかし 人 は 自 分 の 生 き 方 を 選 ぶ ことができる と 絶 望 ではなく 人 間 への 信 頼 をレ ジュメ やさしい 哲 学 Ⅱ (1998)の 中 で 語 り 20) 2003 年 に 死 の 授 業 へと 昇 華 されていくのである 4. 田 中 総 合 学 習 におけるESDのエッセンス ESDは 価 値 の 教 育 だといわれる そして それは 世 直 しの 運 動 だとも 同 じ 事 は 田 中 自 身 も 子 育 て と 世 なおし の 統 一 として 総 合 学 習 を 次 のように 語 っている 今 必 要 なことは 総 合 学 習 はかくあるべきだとい う 概 念 を 呈 示 することよりも 各 地 の 総 合 学 習 の 創 意 工 夫 に 富 んだ 努 力 と 実 践 の 成 果 を 地 域 の 人 々の 生 き 死 にを 籠 めた かぎりなくゆたかな 民 衆 の 遺 産 として 集 積 し 破 局 にいたろうとする 未 来 を 教 育 の 力 によっ て 変 えようとする 地 道 でしかも 歴 史 的 運 動 としてと らえることでしょう つまり 総 合 学 習 は 教 科 の 寄 せ 集 めの 合 科 ではなく 子 育 てが 成 功 しなければ 世 なおしができず 世 なおしがなければ 子 が 育 たない という 古 典 的 ではありますが 現 代 というのっぴきな らない 状 況 で 強 く 意 識 されはじめた 人 間 性 回 復 の 科 学 的 な 教 育 運 動 といえるでしょう 21) ( 波 線 筆 者 ) 田 中 総 合 学 習 の 到 達 点 といえる 共 生 する 共 同 体 は ESDの 実 践 の 中 で 語 られる Think globally Act locally という 価 値 形 成 を 以 て 達 成 される 地 域 観 で ある 今 日 学 校 現 場 で 展 開 されている 総 合 的 な 学 習 の 時 間 のねらいは 自 ら 課 題 を 見 つけ 自 ら 学 び 自 ら 考 え 主 体 的 に 判 断 し よりよく 問 題 を 解 決 する 資 質 や 能 力 を 育 てること 学 び 方 やものの 考 え 方 を 身 に 付 け 問 題 の 解 決 や 探 究 活 動 に 主 体 的 創 造 的 に 取 り 組 む 態 度 を 育 て 自 己 の 生 き 方 を 考 えることができ るようにすること との2 点 が 記 されている その 具 体 化 として 1 課 題 発 見 2 情 報 活 用 能 力 3まとめる 力 4 発 表 能 力 5 学 び 方 を 学 ぶ6ものの 考 え 方 を 育 て る がある その 学 習 内 容 として 学 習 活 動 について は 学 校 の 実 態 に 応 じて 例 えば 国 際 理 解 情 報 環 境 福 祉 健 康 などの 横 断 的 総 合 的 な 課 題 についての 学 習 活 動 児 童 の 興 味 関 心 に 基 づく 課 題 についての 学 習 活 動 地 域 の 人 々の 暮 らし 伝 統 と 文 化 など 地 域 や 学 校 の 特 色 に 応 じた 課 題 に 応 じた 学 習 を 行 うこと として 記 され 特 に 今 回 の 改 訂 では 地 域 の 人 々の 暮 らし 伝 統 と 文 化 など 地 域 や 学 校 の 特 色 に 応 じた 課 題 が 加 わり ESDの 文 化 とのつながり たとえば 地 域 の 伝 統 的 な 祭 事 や 生 活 習 慣 産 業 経 済 への 関 心 など 地 域 共 同 体 への 関 わりや 風 土 への 言 及 がみられるように なった ただ そのねらいや 方 法 論 から 伺 えることは 地 域 を 通 して 学 び 方 を 学 ぶ と 言 うことに 主 眼 が 置 かれ 課 題 解 決 に 向 けた 方 法 知 の 獲 得 に 力 点 が 移 され ている また 自 分 の 地 域 のよさに 気 付 き 地 域 へ の 誇 りと 愛 着 を 育 んでいく という 自 分 の 中 の 実 感 レベルにとどまっている そして 田 中 実 践 に 比 較 し ていえば 総 合 的 な 学 習 は 顔 の 見 える 他 者 との 真 の 対 話 と 協 働 や 連 帯 を 組 織 した 自 治 の 道 筋 を 示 すもの には 届 いていないと 言 える われわれが この 地 域 この 自 然 この 現 実 に 生 きている 意 味 をいま 一 度 見 なおし 考 えなおして 水 45

8 竹 村 景 生 俣 の 原 点 からわれわれの 地 域 へ われわれの 地 域 から 水 俣 をはじめ 各 地 の 実 践 へ 相 互 に 交 流 し 学 びあう 必 要 があるのです 歴 史 や 自 然 や 人 間 を 大 切 に する 教 育 はまた 科 学 的 で 永 続 的 な 発 展 やトータルな 構 造 と 未 来 への 見 通 しや 連 帯 をもった 基 本 的 人 権 を 中 核 とする 豊 かな 教 育 なのです しかも 私 たちは 地 域 の 足 もとを 掘 ることによって 無 限 にゆたかに 湧 き 出 る 泉 をこそ 総 合 学 習 の 成 果 と 考 えたいのです 22) し それはそのまま 現 在 や 未 来 にかかわる 市 民 権 の 保 障 や 住 民 自 治 へのオリエンテーションともなる でしょう 23) ( 波 線 筆 者 )につながっていく 地 域 を 基 盤 とした 世 なおし 子 育 て を 通 した 住 民 自 治 を 創 造 していくための オリエンテーションを 未 来 の 地 域 を 担 う 子 どもたちの 教 育 に 据 えたところに 田 中 の 総 合 学 習 は 位 置 づけられている 私 はこの 根 拠 地 としての 地 域 に 持 続 可 能 な 社 会 の 再 構 築 を 目 論 む 田 中 のESDのエッセンスをみるのである ところで ESDの 3 つの 領 域 である 社 会 環 境 経 済 の 基 底 となる 次 元 としての 文 化 に 着 目 すると き 精 神 こころといった 人 間 の 内 面 的 な 側 面 はど のように 位 置 づけられるのか 24) が 問 題 となってくる この 文 化 のいのちにつながっていくホリスティックな ESDの 日 本 的 展 開 として 山 之 内 義 一 郎 の 学 校 の 森 ( 新 潟 県 長 岡 市 川 崎 小 学 校 )の 実 践 がある 山 之 内 は 奇 しくも 田 中 とまったく 同 年 代 (1930 年 生 れ)であ る 学 校 の 中 に 縄 文 の 古 層 にあった 地 域 の 潜 在 植 生 を 再 現 するのだが この 森 のあらわれを 山 之 内 は 地 域 を 支 えている 潜 在 的 な 自 然 力 と 呼 び そこから 地 域 のいのち に 結 びついた 学 習 活 動 を 開 発 ( 共 創 ) し 総 合 学 習 をコアとした 教 育 課 程 は 学 校 の 森 とともに 展 開 されていく 学 校 の 森 は 森 が 持 つ 場 のスピリチュアルな 次 元 と 共 に 地 域 共 同 体 が 解 体 した 後 に 鎮 守 の 森 としての 役 割 を 担 い 小 学 校 区 の 再 生 を 企 図 していく 山 之 内 実 践 は 感 じること を 土 台 として いのち へのつながり 感 覚 を 育 て 子 供 たちの 精 神 性 ( 魂 )の 成 長 を 促 していく この 山 之 内 の 学 校 の 森 の 精 神 こころ にあ たるのが 田 中 の 民 藝 であるが 私 には 何 か 実 践 上 の 隔 たりを 感 じさせる その 違 和 感 はどこから 来 る のだろうか ここでは 時 間 の 認 識 差 を 指 摘 して おきたい 田 中 の 社 会 を 捉 える 時 間 は 歴 史 を 形 成 する 時 間 であり 歴 史 的 な 時 間 は 時 に 過 去 を 想 起 し 死 者 と 連 帯 する 過 去 と 現 在 と 未 来 を 貫 いていく 時 間 である しかし 山 之 内 が 文 化 を 基 調 とする 地 域 の 時 間 は 物 語 的 な 認 識 を 要 求 する 循 環 的 な 時 間 である 内 山 節 は 地 域 とは 生 命 と 生 命 が 結 ばれながら 形 成 されている 世 界 この 部 分 が 見 える 社 会 にどうやって 変 えていくのか あるいは 生 命 の 結 びあいが 社 会 の 基 本 だということがはっきりするような 労 働 の 仕 方 あるいは 流 通 の 仕 方 生 産 のあり 方 とはどういうもの か 25) が 見 えてくる 世 界 だと 述 べている 私 は 地 域 がESDのエッセンスとして 位 置 づけられるには 生 命 の 結 び 合 いが 見 える 世 界 を 回 復 する 場 すなわ ち 人 間 だけではなくて 自 然 も 含 めて 生 命 が 連 帯 しあう 26) 場 でなければならいと 考 える つまり ESDは 総 合 的 な 学 習 が 発 達 段 階 や 公 教 育 という 名 の 中 立 性 の 下 に 裁 断 した 自 治 意 識 という 政 治 的 な 側 面 ( 近 代 的 自 我 の 確 立 )と いのち を 見 つめる 精 神 的 な 側 面 ( 自 己 の 深 化 )を 回 復 する 取 り 組 みであり その 両 方 の 課 題 の 結 実 を 目 指 し 地 域 か ら 対 話 を 起 こしていく 共 創 の 教 育 実 践 であると 考 える 5.さいごに 田 中 実 践 のESDのエッセンスとは 何 かを 考 察 して きたが 私 はそこに 地 域 をあえて 置 きたいと 思 う それは 人 間 は いかに 生 きるべきか? という 近 代 的 自 我 がニヒリズムに 陥 らないために その 根 源 的 な 問 いかけに 具 体 的 に 答 えていこうとする 哲 学 徒 田 中 の 正 義 感 や 倫 理 観 に 根 ざした 誠 実 な 戦 後 を 生 きた 教 師 の 応 答 であるからである 田 中 の 実 践 をその 生 涯 を 通 して 眺 めてみたときに そこには 水 俣 病 の 授 業 がそのすべての 基 調 になっ ていたように 思 う 27) それは 田 中 自 身 が 絶 えずヴァ レリー 理 解 を 超 えていき ヴァレリーつまりはダ ヴ ィンチの 精 神 を 創 造 的 に 生 き 通 したからではないだろ うか レオナルド ダ ヴィンチの 方 法 の 訳 者 あ とがきの 中 で 山 田 がヴァレリーの 精 神 を 次 のように 解 説 しているところに 田 中 その 人 を 見 る 思 いがするの である この 人 はその 建 物 をどれもみな 幾 度 も 立 て 直 してみる という 文 句 が 思 い 出 され さては こう して 生 まれるレオナルドの 発 明 や 創 造 の 方 法 はや はりヴァレリー 自 身 の 中 にもあったのか または 採 り 入 れられたのかと ふと 又 かの 出 直 しによる 推 理 法 ( 数 学 的 帰 納 法 ) 私 の 行 為 を 自 覚 をもって 模 す るということは 私 の 最 初 の 行 為 に 可 能 だった 適 応 の 仕 方 のありたけ を 予 見 させ 個 々において 見 ようと していた 事 象 を 全 一 体 として 観 じ それらの 事 象 の 継 起 の 結 果 を 想 像 できるまでに 導 く 私 のいう 感 能 こそ およそ 全 一 普 遍 なることの 前 提 条 件 との べていることとも 思 い 合 わせてみるのであります 28) 田 中 の 地 域 への 気 付 きとは 彼 が 授 業 実 践 で 取 り 上 げ 教 材 としてきた 水 俣 土 呂 久 長 崎 風 成 荒 尾 という 土 地 に 人 間 の 尊 厳 や 当 たり 前 の 暮 ら しが 近 代 の 暴 力 によって 破 壊 されても 逃 れられずに 地 域 に 縛 りつけられている またはその 地 域 で 生 き 抜 くしかない 人 間 たちの 現 実 に 飛 び 込 み 知 ってしま った ことを 原 点 とする それは 悲 や 共 苦 と 46

9 在 野 の 教 師 田 中 裕 一 の 総 合 学 習 実 践 の 軌 跡 からESDのエッセンスを 考 える いうには 人 間 の 尊 厳 や 人 権 への 暴 力 や 差 別 環 境 破 壊 に 対 する 怒 り に 近 いものである 田 中 の 総 合 学 習 の 学 力 観 とは 現 実 を 凝 視 し 己 のこころの 底 に 生 起 する 怒 り や 違 和 感 の 本 質 をつかみ 取 り 科 学 的 な 態 度 で 明 らかにし その 状 況 からの 解 放 とそこで の 近 代 民 主 主 義 の 完 成 と 自 我 構 築 へと 導 く 知 と 力 を 学 び 取 る 力 である 29) ESDは 先 進 国 のためだけで なく この 地 球 上 で 途 上 国 と 共 に 生 きていくために 必 要 な 教 育 である そこに 田 中 の 総 合 学 習 が 捉 える 地 域 が ESDのエッセンスとして 輝 きを 放 つので ある 註 1 ) 和 井 田 清 司 編 著 戦 後 日 本 の 教 育 実 践 リーディ ングス 田 中 裕 一 学 文 社 2010 通 史 的 には 第 Ⅰ 部 教 師 田 中 裕 一 の 戦 後 史 を 参 照 されたい 2 ) 山 之 内 義 一 郎 森 をつくった 校 長 春 秋 社 )(1)pp )(1)pp ) 田 中 は 環 境 教 育 とは 未 来 に 生 きる 若 者 たちに 基 礎 的 には 人 間 的 に 生 きるマスター キーを 学 び とる 学 習 といった 使 い 方 をしている 田 中 は 病 床 でのインタビューでマスターキーについ て 次 のように 語 っている 説 明 するときにこれ は 便 利 だなって まあ 社 会 科 学 的 方 法 論 といって しまえば それっきりですけれどもね なんかね 部 屋 の 扉 を 開 けるいろんな 専 門 家 の 扉 を 開 けるん だけど その 専 門 の 鍵 では 開 かない 鍵 が 部 屋 が たくさんあるんですよ すべての 部 屋 に 共 通 して 開 く 共 通 概 念 みたいなものが 和 井 田 は 上 原 専 禄 の 地 域 論 もマスターキーの 一 つとして 指 摘 している 6 ) 戦 後 教 育 実 践 の 奇 跡 ~ 田 中 裕 一 リカバリー~ ( 第 1 集 )p.273. 田 中 裕 一 書 簡 より 戦 前 戦 後 の 教 育 体 験 に 深 い 絶 望 感 を 感 じ それらを 反 面 教 師 として 今 日 に 至 りました 戦 時 中 の 帝 国 主 義 下 の 教 育 政 策 に 忠 実 に 対 応 していく 教 師 達 と 戦 後 無 惨 に 転 向 していく 教 師 たちの 群 像 と その 犠 牲 となって 戦 場 に 消 えた 生 徒 たち そして 危 う くそうなりかけた 私 たちとの 亀 裂 は かなり 決 定 的 なものでした 7)( 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p.37. 私 の 取 り 組 んできた ものは 教 育 という 縦 割 りのものではなくて 人 間 というものを 追 究 していったという 人 間 という ものをいかにして 理 解 していくかという 過 程 だっ たんですよね そしてその 過 程 に 例 えば 水 俣 の 授 業 があり 古 代 史 の 授 業 があり 美 術 や 音 楽 の 授 業 がありますね 何 か 一 つのものをとりあげ て 一 つの 項 を 極 めるということはないんですよ 8)9)10) 実 践 の 奇 跡 第 1 集 和 井 田 論 文 p )ポール ヴァレリー レオナルド ダ ヴィンチ の 方 法 ( 本 文 中 も 含 め 以 下 方 法 と 略 す ) pp 私 はこの 人 間 には 森 羅 万 象 が 測 量 標 になっていることを 思 い 浮 かべる この 人 が 常 に 想 うのは 万 有 であり また 厳 密 ということである それは 存 在 するものの 錯 雑 する 中 に 入 りくるもの の 何 一 つ たとえ 一 木 一 草 たりとも 忘 れぬよう に 出 来 ている 人 間 である この 人 は 万 人 のもの たる 物 の 奥 底 へと 降 りてゆき そこに 遠 く 分 け 入 り そして 自 分 を 視 る この 人 は 自 然 の 習 性 自 然 の 構 造 に 手 を 触 れ これをあちらからもこち らからもいじくっているうちに ふとひとりにな って 組 み 立 てたり 拾 いあげたり 人 を 感 動 させ たりという 具 合 である 私 は こういう 人 間 が この 世 界 の 生 なる 全 体 とその 密 度 の 中 をど う 動 いているものか その 足 どりをたどり そこ では 自 然 をいかにも 手 訓 づけて これを 模 しては これに 触 れ やがてはついに 自 然 の 中 にないもの を 考 え 出 してみようという 難 題 にまでも 立 ち 向 か うところを 見 ようというのである ([ 註 ] 厳 密 ; 厳 密 一 徹 レオナルドの 座 右 銘 ) 12) 田 中 はインタビューの 中 で 次 のように 述 べてい る 少 し 水 俣 の 先 生 たちと 私 の 違 うところなん ですよ 水 俣 の 人 たちは 水 俣 病 患 者 を 助 けるって 言 うことを 盛 ん 言 うんですね 当 然 必 要 なことな んですけどね しかし 教 師 であれば 教 師 の 仕 事 が あるだろうと 思 うんですね その 最 大 公 約 数 をやっぱり 原 理 原 則 まで 掘 り 下 げなきゃいけ ない いわゆる 地 下 水 脈 まで 掘 り 下 げた 時 に そ の 地 下 水 脈 を 単 純 化 することが 教 師 の 仕 事 だと 思 うんですね だから そういう 問 題 が 日 本 の 重 化 学 工 業 っていうんですかね 石 油 化 学 工 場 な んかそういうものが 背 後 にあるっていうことをき ちんと 見 定 めないと 水 俣 病 の 解 決 というのは 出 来 ないですね 実 践 の 奇 跡 第 2 集 p ) 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p ) 実 践 の 奇 跡 第 2 集 p )16) 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p ) 永 田 佳 之 吉 田 敦 彦 編 持 続 可 能 な 教 育 と 文 ホ リスティック 教 育 ライブラリー G R ボブ ティーズディール ESDへのホリスティッ ク アプローチ p ) 田 中 も 後 述 する 山 之 内 義 一 郎 もレイチェル カー ソンの センス オブ ワンダー を 引 用 する 田 中 は そこに 詩 人 の 感 性 と 科 学 的 な 認 識 の 融 合 を 説 き 山 之 内 は 同 じく 詩 人 の 感 性 と 物 語 的 構 成 を 説 くのであるが それは 田 中 の 詩 人 の 生 理 の 捉 えの 差 異 と 考 える たとえば 石 牟 礼 さん 良 い んだけど あの 人 詩 人 ですから 詩 人 では 本 質 的 47

10 竹 村 景 生 な 解 決 は 非 常 に 難 しい だから やはり 政 治 に 対 しては 政 治 で 戦 わないといけないところがあるで しょう そのへんなんですよ どうしても 患 者 さんに 体 験 聞 かなければいけないんだけど 私 的 な 体 験 をいかにその 原 理 原 則 化 するかっていう ですね それがないと 教 育 に 一 般 化 できない というように 田 中 にはレオナルド ダ ヴィン チの 厳 密 一 徹 ( 田 中 の 言 う あくなき 厳 密 ) に 感 銘 を 受 けた 詩 人 ポール ヴァレリーの 豊 かな 感 性 と 表 現 としての 建 築 学 的 詩 作 技 法 を 詩 人 に 見 出 しているのである 五 家 荘 訪 問 について は 実 践 の 奇 跡 第 2 集 pp 参 照 五 家 荘 連 載 最 終 回 に 不 滅 の 五 家 荘 を 大 切 に と 訴 えて 結 んでいる 田 中 にとって 五 家 荘 は 身 も 心 も 疲 れ 果 てたとき 私 達 が 黙 って 森 の 中 に 座 っ ているだけで 見 失 っていた 大 切 な 原 点 に 還 るの だ と 言 うほど 人 生 の 意 味 が 変 わる 程 の 重 大 な 原 体 験 ( 田 中 )となる 実 存 的 深 化 であったと いえる 田 中 の 実 存 主 義 についての 言 及 は 実 践 の 奇 跡 第 2 集 pp J.Pサルトル 氏 のこと 参 照 19) 実 践 の 奇 跡 第 3 集 p ) 実 践 の 奇 跡 第 3 集 p ) 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p ) 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p ) 実 践 の 奇 跡 第 1 集 p )(17) 吉 田 敦 彦 p.5. 25) 内 山 節 未 来 についての 想 像 力 26)(25)p ) 水 俣 病 とは 環 境 汚 染 によって 食 物 連 鎖 を 通 じ て 起 こった 有 機 水 銀 中 毒 事 件 であること 住 民 に よる 水 俣 の 病 名 変 更 運 動 に 見 る 二 重 の 差 別 性 があることを 原 田 正 純 は 水 俣 学 研 究 序 説 ( 藤 原 書 店. 2004)で 指 摘 している 水 俣 病 の 授 業 について 何 度 も 解 釈 を 深 め 直 す 田 中 にとって 水 俣 病 は 彼 の 内 発 的 な 総 合 学 習 実 践 のコ アとなっているといえる 28)(11) 方 法 p ) 学 力 について 田 中 は 次 のように 述 べている イ) 時 代 国 家 によって 変 化 しないもの ロ) 国 際 的 に 交 流 可 能 なもの( 地 域 日 本 国 際 社 会 に 共 通 する 課 題 ) ハ) 民 衆 の 生 活 体 系 に 根 ざすもの ニ) 過 去 の 反 省 によって 未 来 社 会 を 目 指 すもの ホ) 真 の 学 問 体 系 に 根 ざすもの 批 判 精 神 に 根 ざすも の ヘ) 教 科 領 域 の 独 自 性 と それらの 相 関 連 する 総 合 性 を 重 視 するもの ト) 生 徒 の 基 本 的 人 権 認 識 や 成 長 の 発 展 を 重 視 した もの チ) 認 識 の 発 展 が 新 しい 自 立 や 自 己 変 革 が 感 動 を 以 て 体 得 されるもの また 新 しい 行 動 のバネにな るもの リ) 大 人 が 訳 知 り 顔 に 生 徒 を 強 制 的 に 引 きずり 廻 すの ではなく 子 供 自 身 の 発 展 を 経 験 と 知 識 を 積 ん だ 大 人 が 自 立 への 介 助 としてかかわるもの ヌ) 人 間 の 一 生 において 学 校 教 育 や 入 試 対 策 として ではなく 終 生 の 課 題 としてマスターキーとなる もの つまり 以 上 の 学 力 形 成 の 実 現 を 担 う 中 核 として 総 合 学 習 が 教 育 課 程 に 位 置 づけられている また その 実 践 と 実 現 の( 協 働 でつくりあげていく) 場 が 田 中 の 地 域 であるといえる 他 方 山 之 内 の 学 力 は 次 のように 捉 えられている 行 為 と 気 づきの つながり が 連 続 し それによ って 作 り 上 げられてくる 意 味 とその 自 覚 そして 様 々 な 物 事 がつながりの 中 で 配 置 され 自 分 がそこに 主 人 公 として 位 置 づけられるーその 総 体 が 物 語 なの だ その 物 語 づくりこそが 自 己 発 見 であり 学 ぶ 喜 び の 本 質 である そのためにも 本 質 的 な 喜 びの 自 己 発 見 に 導 かれる 問 い を 持 たせることが 学 びの 中 で 大 切 にされる 自 己 = 生 きがいの 発 見 となる 生 きることの 価 値 を 自 ら 実 感 できる 場 とし て 総 合 学 習 が 教 育 課 程 に 位 置 づけられている このとき 山 之 内 の 地 域 は 気 づき= 発 見 に 導 かれ つながり 生 き 通 す 身 体 性 を 持 ったものとして 現 れ 再 構 成 される それが 山 之 内 の 言 う 共 創 といえる 参 考 文 献 1 ) 吉 田 敦 彦 ブーバー 対 話 論 とホリスティック 教 育 勁 草 書 房 ) 吉 田 敦 彦 ホリスティック 教 育 論 日 本 評 論 社 ) 岩 岡 中 正 ロマン 主 義 から 石 牟 礼 道 子 へ 木 鐸 社 ) 今 井 重 孝 佐 川 通 学 校 に 森 をつくろう! ホリ スティック 教 育 ライブラリー ) 佐 藤 義 之 物 語 とレヴィナスの 顔 晃 洋 書 房

11 在野の教師 田中裕一の 総合学習 実践の軌跡からESDのエッセンスを考える 資料 地域教育実践資料 実践の奇跡 第 1 集より p.288. 龍南大学 49

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と 平 成 26 年 度 仙 台 市 確 かな 学 力 研 修 委 員 会 中 学 校 社 会 科 部 会 提 案 授 業 第 2 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 26 年 11 月 1 本 授 業 における 提 案 提 案 1 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 けた 指 導 の 工 夫 領 土 画 定 に 関 わる 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 け,

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

Microsoft Word - 210J4055.docx

Microsoft Word - 210J4055.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2012 年 1 月 学 校 における 子 どもの 居 場 所 づくりの 課 題 と 方 法 の 検 討 不 登 校 児 を 中 心 にー 指 導 茂 木 俊 彦 教 授 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 学 籍 番 号 210J4055 氏 名 窪 田 清 美 目 次 序 第 1 章 居 場 所 をめぐる 問 題 の 所 在 第 2 章 居 場 所

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc 普 遍 主 義 と 多 元 主 義 の 相 互 検 討 ショーペンハウアーとニーチェを 中 心 に 日 本 学 術 振 興 会 学 術 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ( 基 盤 研 究 (C) 課 題 番 号 24520033) 2012 年 度 ~2014 年 度 研 究 代 表 者 竹 内 綱 史 ( 龍 谷 大 学 ) 研 究 分 担 者 伊 藤 貴 雄 ( 創 価 大 学 ) 上 野

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

083 福崎 H28掲載用一覧表

083 福崎 H28掲載用一覧表 平 成 28 年 度 使 用 教 科 書 一 覧 表 県 立 福 崎 高 等 学 校 ( 全 日 制 課 程 ) No 教 科 名 学 種 目 名 発 行 教 科 書 番 教 科 書 名 使 用 学 年 範 囲 選 定 理 由 1 国 語 1 国 語 総 合 東 書 国 総 302 精 選 国 語 総 合 1 年 全 2 地 理 歴 史 1 地 図 東 書 地 図 301 新 高 等 地 図 1~3

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

第1章 開発許可の立地基準(法第34条) 第 8 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 法 第 34 条 ) 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請

More information

研究紀要.indd

研究紀要.indd 教 育 実 践 研 究 17,2012 25 理 科 教 育 の 読 解 力 育 成 における 研 究 - 概 念 の 形 成 過 程 を 中 心 として- A study on the Improvement of Reading Literacy in Science Education: Focusing on the Concept Formation Process 中 島 雅 子 NAKAJIMA

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

まちづくり 科 に 関 係 する 時 数 の 増 減 ( 平 成 23 年 度 ) 目 標 や 領 域 のねらいから 考 えると, 以 下 のような 教 科 内 容 の 一 部 がまちづくり 科 に 含 まれることになると 考 えた < 国 語 科 > 人 と 人 とのコミュニケーションに 関 係

まちづくり 科 に 関 係 する 時 数 の 増 減 ( 平 成 23 年 度 ) 目 標 や 領 域 のねらいから 考 えると, 以 下 のような 教 科 内 容 の 一 部 がまちづくり 科 に 含 まれることになると 考 えた < 国 語 科 > 人 と 人 とのコミュニケーションに 関 係 こ と ひ ら ぐ う 琴 平 町 には 金 刀 比 羅 宮 にまつわる 歴 史 や 伝 統 文 化, 象 頭 山 や 金 倉 川 などの 豊 か な 自 然,こんぴら 参 りに 由 来 するまちの 賑 わいや 多 様 な 人 々とのふれあい, 金 毘 羅 歌 舞 伎 に 代 表 されるまちおこしなど 豊 かな 教 材 を 有 する しかし,これまで 子 どもたちの 多 くは 自 分 たちが 暮 らすまちのよさにふれたりそれを

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 番 号 2-1 名 現 代 文 B 学 年 コース 単 位 数 2 S A 3 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 説 や 詩 歌 を 交 互 に 学 習 する 鑑 賞 文 や 意 見 文 の 作 成 要 約 課

More information

社会科学習指導略案

社会科学習指導略案 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 )5 校 時 学 級 : 男 子 9 名 女 子 18 名 計 27 名 指 導 者 : 千 葉 邦 彦 1 単 元 名 第 3 章 わたしたちの 暮 らしと 民 主 政 治 第 2 節 司 法 権 の 独 立 と 裁 判 ( 教 育 出 版 P92~101) 2 単

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx 1. 木 育 とは 何 か 木 育 は 幼 児 期 から 原 体 験 としての 木 材 との 関 わりを 深 め 豊 かなく らしづくり 社 会 づくり そして 森 づくりに 貢 献 する 市 民 の 育 成 をめざす 活 動 です 例 えば 以 下 に 示 すような 活 動 は 代 表 的 な 木 育 の 活 動 です 木 育 の 活 動 は 非 常 に 多 様 であり そして 学 習 対 象 の

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義 疑 約 伝 歳 漁 港 使 昨 減 漁 港 係 留 空 ス ペ ス 募 集 不 係 留 充 不 係 留 監 視 充 努 寄 付 ふ 納 税 ふ 納 税 ウ ェ ブ サ 登

那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義 疑 約 伝 歳 漁 港 使 昨 減 漁 港 係 留 空 ス ペ ス 募 集 不 係 留 充 不 係 留 監 視 充 努 寄 付 ふ 納 税 ふ 納 税 ウ ェ ブ サ 登 那 智 第 号 H. : 那 智 / 編 集 : 編 集 / : - 歌 山 東 牟 婁 郡 那 智 字 築 -- TEL -- 例 家 簿 徹 底 チェ P~ P~ P~ 元 気 笑 顔 輝 P 宇 久 井 スポツ 少 団 写 真 : 市 野 々 秋 季 同 心 輝 市 那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

放送大学-表紙

放送大学-表紙 放送大学を利用して 大学評価 学位授与機構で 学士を得ようとする方へ 平成24 2012 年度 イメージキャラクター まなぴー 平成24 2012 年度 放送大学を利用して大学評価 学位授与機構で学士を得ようとする方へ 261-8586 千葉市美浜区若葉2-11 電話番号 043-276-5111 総合受付 月 金 9時 18時 祝日を除く 音声ガイダンスに従って番号を選択してください 学生サポートセンターにつながります

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって いじめ 予 防 と 修 復 的 な 学 級 集 団 の 形 成 子 ども 同 士 のかかわりに 関 する 諸 問 題 への 着 目 と 仲 裁 者 育 成 プログラムの 可 能 性 139517 松 山 康 成 1.はじめに 現 在 学 校 はいじめや 不 登 校 学 級 崩 壊 校 内 暴 力 等 の 生 徒 指 導 上 の 様 々な 問 題 を 抱 えている (1) 文 部 科 学 省 によると

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦!

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦! ここ 数 年 の 全 国 学 力 テストにおいて 大 阪 府 ほど 注 目 を 集 めたところもありません 全 国 平 均 を 下 回 る 結 果 に 橋 下 徹 知 事 は 憤 りをあらわ にし その 後 も 教 育 に 関 する 知 事 の 言 動 が 多 くのマスコミに 取 り 上 げられてきました そのような 中 実 際 の 教 育 現 場 では 喫 緊 の 課 題 である 学 力 向 上

More information

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な 平 成 26 年 (ワ) 第 11499 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 大 野 佳 奈 子 被 告 医 療 法 人 髙 寿 会 外 1 名 原 告 準 備 書 面 (9) 平 成 28 年 4 月 8 日 大 阪 地 方 裁 判 所 第 22 民 事 部 合 議 1 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 髙 橋 典 明 弁 護 士 上 出 恭 子 弁 護 士 和 田 香

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

Microsoft Word - 2001134009梨本竜子(論文要旨).docx

Microsoft Word - 2001134009梨本竜子(論文要旨).docx 提 出 日 : 平 成 27 年 6 月 30 日 聖 徳 大 学 大 学 院 博 士 前 期 課 程 通 信 教 育 課 程 保 育 者 養 成 カリキュラムにおける 折 り 紙 指 導 の 位 置 づけ 養 成 校 の 現 状 調 査 を 基 にして Placement of Origami Instruction in Training Curricula for Child Care Workers

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

青葉酒

青葉酒 ゅ ふ 懐 忘 不 意 過 ぎ 去 間 切 押 寄 居 屋 夜 受 現 実 世 界 へ 引 戻 酔 忘 頭 理 不 尽 司 笑 来 間 解 決 待 抱 夜 街 歩 軒 寄 帰 探 路 地 少 看 板 掲 げ B a r 字 面 涼 身 体 々 茂 初 夏 吹 抜 吹 足 踏 扉 開 途 端 爽 鼻 び 腔 抜 ふ 甘 酸 ぱ 回 ゃ 席 脚 長 拭 ふ 促 飴 色 カ ウ タ 席 腰 決 声 メ ニ

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩 1707 年 宝 永 地 震 と 大 坂 の 被 害 数 矢 田 俊 文 ( 新 潟 大 学 災 害 復 興 科 学 研 究 所 ) はじめに 本 稿 の 目 的 は 宝 永 地 震 による 大 坂 の 被 害 数 を 明 らかにすることである 宝 永 4 年 (1707)10 月 4 日 に 南 海 トラフ 周 辺 で 起 こった 地 震 は 宝 永 地 震 とよばれ 東 海 地 方 か ら 九

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

目 次 はじめに 諮 問 内 容 と 審 議 の 経 過 1 1. 杉 並 区 における 狭 あい 道 路 の 状 況 と 拡 幅 整 備 の 実 態 (1) 狭 あい 道 路 の 種 類 と 分 布 2 (2) 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 の 実 態 と 問 題 点 2 2. 狭 あい 道

目 次 はじめに 諮 問 内 容 と 審 議 の 経 過 1 1. 杉 並 区 における 狭 あい 道 路 の 状 況 と 拡 幅 整 備 の 実 態 (1) 狭 あい 道 路 の 種 類 と 分 布 2 (2) 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 の 実 態 と 問 題 点 2 2. 狭 あい 道 狭 あい 道 路 の 拡 幅 整 備 について 中 間 のまとめ 平 成 26 年 11 月 杉 並 区 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 に 関 する 審 議 会 目 次 はじめに 諮 問 内 容 と 審 議 の 経 過 1 1. 杉 並 区 における 狭 あい 道 路 の 状 況 と 拡 幅 整 備 の 実 態 (1) 狭 あい 道 路 の 種 類 と 分 布 2 (2) 狭 あい 道 路 拡

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護 保 育 相 談 支 援 の 困 難 性 に 関 する 要 因 の 検 討 - 保 育 所 保 育 士 の 感 じる 保 護 者 とのかかわりの 難 しさを 手 が かりに- 亀 﨑 美 沙 子 1 目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information