滲 入 或 有 為 下 利 者 也 玉 函 経 作 小 便 不 利 亦 欲 作 下 利 之 兆 在 于 此 也 其 脈 寸 浮 関 上 小 細 沈 緊 者 言 浮 脈 在 寸 未 免 太 陽 経 邪 氣 雖 然 其 三 焦 経 絡 腸 胃 外 之 水 道 血 路 寒 実 極 矣 故 関 脈 比 結

Size: px
Start display at page:

Download "滲 入 或 有 為 下 利 者 也 玉 函 経 作 小 便 不 利 亦 欲 作 下 利 之 兆 在 于 此 也 其 脈 寸 浮 関 上 小 細 沈 緊 者 言 浮 脈 在 寸 未 免 太 陽 経 邪 氣 雖 然 其 三 焦 経 絡 腸 胃 外 之 水 道 血 路 寒 実 極 矣 故 関 脈 比 結"

Transcription

1 辨 太 陽 病 證 并 治 下 第 七 合 三 十 九 法 方 三 十 首 并 見 太 陽 少 陽 合 病 法 一 問 曰 病 有 結 胸 有 臓 結 其 状 何 如 答 曰 按 之 痛 寸 脈 浮 関 脈 沈 名 曰 結 胸 也 玉 函 経 問 曰 病 有 結 胸 有 臓 結 其 状 何 如 答 曰 按 之 痛 寸 口 脈 浮 関 上 自 沈 為 結 胸 三 ノ 一 ヲ 千 金 翼 同 文 玉 函 経 但 答 作 荅 九 ノ 十 三 ウ 外 臺 張 仲 景 傷 寒 論 問 曰 病 有 結 胸 有 臓 結 其 状 何 如 答 曰 按 之 痛 寸 脈 浮 関 脈 沈 名 結 胸 也 三 ノ 六 ヲ 病 源 云 結 胸 者 謂 熱 毒 聚 於 心 胸 也 此 由 病 發 於 陽 而 早 下 之 熱 氣 乗 虚 而 否 結 不 散 也 按 之 痛 其 脈 寸 口 浮 関 上 反 自 沈 是 也 七 ノ 九 ウ 案 趙 本 玉 函 経 共 至 此 為 第 一 條 千 金 翼 外 臺 共 接 後 條 為 第 一 條 成 本 同 案 ずるに 趙 本 明 趙 開 美 本 傷 寒 論 玉 函 経 共 に 此 に 至 るを 第 一 條 と 為 す 千 金 翼 外 臺 共 に 後 條 を 接 あわせ て 第 一 條 と 為 す 成 本 同 千 金 方 云 凡 寸 口 脈 浮 関 上 自 沈 為 結 胸 巣 源 作 沈 細 九 ノ 廿 七 ヲ 何 謂 臓 結 答 曰 如 結 胸 状 飲 食 如 故 時 時 下 利 寸 脈 浮 関 脈 小 細 沈 緊 名 曰 臓 結 舌 上 白 胎 滑 者 難 治 玉 函 経 問 曰 何 謂 臓 結 答 曰 如 結 胸 状 飲 食 如 故 時 小 便 不 利 陽 脈 浮 関 上 細 沈 而 緊 為 臓 結 舌 上 白 胎 滑 者 為 難 治 三 ノ 一 ウ 千 金 翼 何 謂 臓 結 曰 如 結 胸 状 飲 食 如 故 時 下 利 陽 脈 浮 関 上 細 沈 而 緊 名 為 臓 結 九 ノ 十 二 ウ 外 臺 問 曰 何 謂 臓 結 答 曰 如 結 胸 状 飲 食 如 故 時 時 下 利 寸 口 脈 浮 関 上 小 細 而 沈 緊 名 臓 結 舌 上 白 胎 滑 者 為 難 治 二 ノ 六 ウ 病 源 云 若 陽 脈 浮 関 上 細 小 外 沈 緊 而 飲 食 如 故 時 小 便 不 利 者 名 為 蔵 結 蔵 結 病 舌 上 白 胎 滑 者 為 難 治 七 ノ 十 ヲ ( 成 ) 結 胸 者 邪 結 在 胸 蔵 結 者 邪 結 在 蔵 二 者 皆 下 後 邪 氣 乗 虚 入 裏 所 致 下 後 邪 氣 入 裏 與 陽 相 結 者 為 結 胸 結 胸 以 陽 受 氣 於 胸 中 故 爾 與 宜 通 而 塞 故 痛 邪 結 陽 分 則 陰 氣 不 得 上 通 邪 結 陰 分 則 陽 氣 不 得 下 通 是 二 者 皆 心 下 鞕 痛 寸 脈 浮 関 脈 沈 知 邪 結 在 陽 也 寸 脈 浮 関 脈 小 細 沈 緊 知 邪 結 在 陰 也 陰 結 而 陽 不 結 心 下 結 痛 飲 食 亦 自 如 故 陰 氣 乗 腸 虚 而 下 故 時 時 自 下 利 陰 得 陽 則 解 蔵 結 得 熱 證 多 則 易 治 舌 上 白 胎 滑 者 結 胸 中 亦 寒 故 云 難 治 案 結 胸 者 鬲 上 膜 問 之 飮 熱 邪 結 于 此 陥 胸 湯 主 之 蔵 結 者 鬲 下 膜 間 之 飮 寒 邪 結 于 此 蓋 亦 白 散 之 所 宜 結 胸 按 之 痛 者 属 實 熱 其 脈 寸 浮 関 沈 者 亦 鬲 膜 上 飮 結 之 脈 也 蔵 結 如 結 胸 状 者 言 鬲 下 飮 結 如 結 胸 状 但 按 之 不 痛 所 以 属 寒 実 也 其 飮 食 如 故 者 胃 中 無 邪 但 胃 外 三 焦 水 寒 結 邪 此 證 舌 上 紅 赤 滋 潤 或 潔 浄 淡 白 或 中 央 紅 赤 両 畔 白 苔 之 類 也 時 時 下 利 者 言 不 必 下 利 水 飮 1

2 滲 入 或 有 為 下 利 者 也 玉 函 経 作 小 便 不 利 亦 欲 作 下 利 之 兆 在 于 此 也 其 脈 寸 浮 関 上 小 細 沈 緊 者 言 浮 脈 在 寸 未 免 太 陽 経 邪 氣 雖 然 其 三 焦 経 絡 腸 胃 外 之 水 道 血 路 寒 実 極 矣 故 関 脈 比 結 胸 則 添 却 細 緊 二 件 知 是 太 陽 表 邪 随 経 内 入 在 腸 胃 外 焦 膜 間 寒 実 如 此 也 亦 宜 従 白 散 温 下 法 以 散 寒 解 實 也 縦 有 時 時 下 利 亦 是 水 飮 滲 入 之 下 利 非 脱 泄 之 下 利 故 用 巴 豆 而 可 也 猶 如 自 汗 用 桂 枝 湯 中 廿 三 廿 四 微 溏 用 調 胃 承 氣 中 九 八 之 例 舌 上 白 胎 併 蔵 結 結 胸 而 言 之 蓋 邪 未 入 於 胃 故 其 胎 白 但 結 胸 干 燥 蔵 結 滋 潤 滋 潤 與 滑 相 似 而 自 異 滑 澤 光 亮 謂 之 滑 也 如 此 者 結 胸 蔵 結 共 為 難 治 之 候 也 案 ずるに 結 胸 は 鬲 上 膜 問 の 飮 熱 邪 此 に 結 ぶ 陥 胸 湯 之 を 主 る 蔵 結 は 鬲 下 膜 間 の 寒 實 結 胸 無 熱 證 者 與 三 物 小 陥 胸 湯 白 散 亦 可 服 飮 寒 邪 此 に 結 ぶ 蓋 し 亦 白 散 の 宜 しき 所 結 胸 之 を 按 じて 痛 む 者 は 実 熱 に 属 す 其 脈 寸 浮 関 沈 は 亦 鬲 膜 上 飮 結 の 脈 也 蔵 結 如 結 胸 状 は 鬲 下 の 飮 結 如 結 胸 状 を 言 う 但 之 を 按 じて 痛 まず 寒 実 に 属 する 所 以 也 其 飮 食 如 故 は 胃 中 邪 無 く 但 胃 清 潔 外 三 焦 の 水 寒 に 邪 を 結 ぶ 此 の 證 舌 上 紅 赤 滋 潤 或 いは 潔 浄 淡 白 或 いは 中 央 紅 赤 両 畔 白 苔 の 類 也 時 時 下 利 は 必 ず 下 利 するにあらず 水 飮 滲 入 して 或 いは 下 利 を 為 す 者 有 るを 言 う 也 玉 函 経 小 便 不 利 と 作 る 亦 下 利 を 作 な さんと 欲 するの 兆 此 に 在 る 也 其 脈 寸 浮 関 上 小 細 沈 緊 者 浮 脈 寸 に 在 り 未 だ 太 陽 経 邪 氣 免 れずを 言 う 然 りと 雖 も 其 三 焦 経 絡 腸 胃 外 の 水 道 血 路 に 寒 かえ 実 極 まる 矣 故 に 関 脈 結 胸 に 比 すれば 則 ち 却 って 細 緊 の 二 件 を 添 える 是 太 陽 表 邪 が 経 に 随 したが い 内 入 腸 胃 外 焦 膜 間 に 在 るを 知 る 寒 実 此 の 如 き 也 亦 宜 しく 白 散 温 下 法 に 従 い 以 て 散 いえども 寒 解 実 すべき 也 時 時 下 利 有 りと 縦 亦 是 水 飮 滲 入 の 下 利 脱 泄 の 下 利 には 非 ず 故 に 巴 豆 を 用 いて 可 也 猶 自 汗 桂 枝 湯 中 廿 三 廿 四 を 用 い 微 溏 調 胃 承 氣 中 九 八 を 用 いるの 例 の 如 し 舌 上 白 胎 蔵 結 結 胸 を 併 せて 之 を 言 う 蓋 し 邪 未 だ 胃 に 入 らず 故 に 其 胎 白 但 結 胸 は 干 燥 蔵 結 は 滋 潤 りょう 滋 潤 は 滑 と 相 似 て 自 ら 異 なる 滑 澤 光 亮 之 を 滑 と 謂 う 也 此 の 如 き 者 結 胸 蔵 結 共 に 難 治 と 為 すの 候 也 ( 鑑 ) 案 此 條 舌 上 白 胎 滑 難 治 句 前 人 舊 注 皆 単 指 蔵 結 而 言 未 見 明 晰 誤 人 不 少 蓋 舌 胎 白 滑 即 結 胸 證 具 亦 是 假 實 舌 胎 乾 黄 雖 蔵 結 證 具 毎 伏 真 熱 蔵 結 陰 邪 白 滑 為 順 尚 可 温 散 結 胸 陽 邪 見 此 為 逆 不 堪 攻 下 故 為 難 治 由 此 可 知 著 書 立 論 必 須 躬 親 體 験 真 知 灼 見 方 有 済 於 用 若 徒 就 紙 上 陳 言 索 弦 附 會 又 何 異 案 圖 索 驥 耶 案 此 説 以 白 胎 滑 係 結 胸 蔵 結 二 證 則 是 可 従 矣 其 他 論 辨 未 尽 善 今 作 図 如 左 以 摘 要 義 案 ずるに 此 説 白 胎 滑 を 以 て 結 胸 蔵 結 二 證 に 係 われば 則 ち 指 摘 是 従 うべし 矣 其 他 論 辨 未 だ 善 を 尽 くさず 今 図 左 の 如 く 作 る 以 て 要 義 を 摘 す 結 胸 鬲 上 飮 熱 按 之 痛 寸 浮 関 沈 白 胎 干 燥 滑 者 難 治 大 陥 胸 湯 蔵 結 膈 下 飮 寒 按 之 不 痛 汪 説 寸 浮 関 小 細 沈 緊 白 胎 滋 潤 滑 者 難 治 白 散 ( 汪 ) 愚 按 結 胸 證 其 人 本 胃 中 挟 食 下 之 太 早 則 食 不 能 去 外 邪 反 入 結 於 胃 中 以 故 按 之 則 痛 不 能 飲 食 蔵 結 證 其 人 胃 中 本 無 食 下 之 太 過 則 蔵 虚 邪 入 冷 積 於 腸 所 以 状 如 結 胸 按 之 不 痛 能 飲 食 時 下 利 舌 上 胎 滑 此 非 真 寒 證 乃 過 下 之 誤 也 ( 尤 ) 胸 高 而 蔵 下 胸 陽 而 蔵 陰 病 状 雖 同 而 所 處 之 位 則 不 同 病 源 傷 寒 心 腹 脹 満 痛 候 云 此 由 其 人 先 患 冷 癖 因 發 熱 病 服 冷 薬 及 飮 冷 水 結 在 心 下 此 為 蔵 虚 動 於 舊 癖 故 也 或 吐 下 已 後 病 不 解 内 外 有 熱 故 心 腹 脹 満 痛 此 為 有 實 也 2

3 案 山 海 経 曰 結 胸 國 其 人 結 匈 郭 璞 曰 臆 前 叱 出 如 人 結 喉 也 所 云 結 胸 謂 結 於 胸 外 也 此 病 證 所 云 結 胸 者 謂 結 於 胸 内 也 結 胸 二 字 其 義 亦 同 但 有 内 外 之 分 耳 カクハク 胸 テツ はれる 案 ずるに 山 海 経 結 胸 國 其 人 結 匈 と 曰 う 郭 璞 臆 前 叱 出 と 曰 う 人 の 結 喉 のぞぶえの 高 く 出 たところ の 如 き 也 結 胸 と 云 う 所 は 胸 外 に 結 するを 謂 う 也 此 の 病 證 の 結 胸 と 云 う 所 は 胸 内 に 結 するを 謂 う 也 結 胸 二 字 其 義 亦 同 但 内 外 の 分 有 る 耳 二 臓 結 無 陽 證 不 往 来 寒 熱 一 云 寒 而 不 熱 其 人 反 静 舌 上 胎 滑 者 不 可 攻 也 不 可 下 篇 同 无 原 注 玉 函 経 臓 結 者 無 陽 證 不 往 来 寒 熱 一 云 寒 而 不 熱 其 人 反 静 舌 上 胎 滑 者 不 可 攻 也 三 ノ 一 ヲ 千 金 翼 臓 結 者 無 陽 證 不 往 来 寒 熱 其 人 反 静 舌 上 胎 滑 者 不 可 攻 也 九 ノ 十 二 ウ 脈 経 云 臓 結 無 陽 證 寒 而 不 熱 傷 寒 論 云 不 往 来 寒 熱 其 人 反 静 舌 上 胎 滑 者 不 可 攻 也 七 ノ 十 六 ヲ 外 臺 張 仲 景 傷 寒 論 臓 結 無 陽 証 不 往 来 寒 熱 其 人 反 静 舌 上 胎 滑 者 不 可 攻 也 二 ノ 六 ウ 病 源 傷 寒 結 胸 候 云 若 陽 脈 浮 関 上 細 沈 緊 而 飲 食 如 故 時 小 便 利 者 名 為 蔵 結 蔵 結 病 舌 上 白 胎 滑 為 難 治 不 往 来 寒 熱 其 人 反 静 舌 上 不 胎 者 不 可 攻 之 外 臺 細 下 有 小 字 ( 成 ) 蔵 結 於 法 當 下 无 陽 證 為 表 无 熱 不 往 来 寒 熱 為 半 表 半 裏 无 熱 其 人 静 為 裏 无 熱 経 曰 舌 上 如 胎 者 以 丹 田 有 熱 胸 中 有 寒 邪 氣 以 表 裏 皆 寒 故 不 可 攻 案 蔵 結 無 陽 證 不 往 来 寒 熱 是 為 常 候 所 云 無 陽 證 者 謂 無 熱 證 前 條 云 飲 食 如 故 時 時 不 利 是 也 其 人 反 静 者 與 少 陽 黙 黙 少 陰 欲 寐 相 類 似 言 證 候 之 無 足 言 者 也 舌 上 胎 滑 者 謂 淡 白 滑 潤 鏡 面 光 浄 也 病 源 作 不 胎 可 以 徴 矣 湿 篇 云 舌 上 如 胎 者 以 丹 田 有 熱 胸 上 有 寒 如 胎 亦 謂 淡 白 滑 潤 也 乃 與 白 胎 滑 満 地 積 粉 自 不 同 注 家 多 以 為 白 胎 滑 之 義 非 是 蓋 其 人 反 静 而 舌 上 光 潤 者 不 可 攻 否 則 可 攻 也 成 氏 曰 蔵 結 於 法 當 下 可 従 方 當 用 白 散 如 此 條 恐 従 事 于 四 逆 理 中 輩 而 可 爾 案 ずるに 蔵 結 無 陽 證 不 往 来 寒 熱 是 常 候 を 為 す 無 陽 證 と 云 う 所 は 熱 證 無 きを 謂 う 前 條 飲 食 如 故 時 時 不 利 と 云 う 是 也 其 人 反 静 は 少 陽 黙 黙 少 陰 欲 寐 と 相 類 似 證 候 の 言 清 うに 足 らざる 者 を 言 う 也 舌 上 胎 滑 者 淡 白 滑 潤 鏡 面 光 浄 を 謂 う 也 病 源 は 不 胎 と 作 る 以 金 匱 痙 湿 喝 て 徴 とすべし 矣 湿 篇 云 舌 上 如 胎 者 以 丹 田 有 熱 胸 上 有 寒 の 如 き 胎 は 亦 淡 白 滑 潤 白 を 謂 う 也 乃 ち 白 胎 滑 と 満 地 積 粉 自 ら 不 同 注 家 多 く 以 て 白 胎 滑 の 義 と 為 す 非 是 蓋 し 其 人 反 静 而 舌 上 光 潤 者 不 可 攻 は 否 なれば 則 ち 攻 むべき 也 成 氏 曰 蔵 結 は 法 に 於 いては 當 に 下 すべし 可 従 方 當 に 白 散 を 用 うべし 此 の 條 の 如 き 恐 らく 四 逆 理 中 輩 に 従 事 して 可 爾 か ( 呉 ) 凡 下 早 結 胸 及 本 有 可 攻 而 氣 虚 者 宜 用 理 中 法 以 漸 而 開 通 之 若 蔵 結 乃 陽 虚 而 陰 邪 内 凝 之 證 攻 之 必 死 ( 柯 ) 夫 硬 而 不 通 謂 之 結 此 能 食 而 利 亦 謂 之 結 者 是 結 在 無 形 之 氣 分 五 蔵 以 茴 香 呉 茱 等 味 而 痊 者 亦 可 明 蔵 結 之 治 法 矣 案 結 字 説 稍 似 是 而 未 全 是 凡 邪 與 物 相 結 謂 之 結 文 例 自 然 矣 やや 説 詳 見 于 中 篇 案 ずるに 結 字 の 説 稍 是 に 似 たれども 未 だ 全 く 是 にはあらず 凡 そ 邪 が 物 と 相 結 す 之 を 結 と 謂 う 文 例 自 然 矣 説 詳 は 中 篇 を 見 よ 3

4 不 可 下 篇 脈 数 者 久 数 不 止 不 止 則 邪 結 正 氣 不 能 復 正 氣 却 結 於 蔵 故 邪 氣 浮 之 與 皮 毛 相 得 脈 数 者 不 可 下 下 之 必 煩 利 不 止 千 金 翼 忌 下 第 五 云 脈 数 者 忌 下 下 之 必 煩 利 不 止 案 所 云 結 於 蔵 者 即 蔵 結 之 謂 也 其 脈 浮 数 者 是 正 虚 邪 実 之 脈 故 忌 下 若 下 之 則 必 虚 煩 下 利 不 止 殆 至 脱 證 也 本 條 云 其 人 反 静 舌 上 胎 滑 者 不 可 攻 也 此 證 而 有 此 浮 数 脈 者 不 可 下 之 義 也 宜 與 本 條 互 發 案 ずるに 蔵 に 結 ぶと 云 う 所 の 者 は 即 ち 蔵 結 の 謂 也 其 脈 浮 数 は 是 正 虚 邪 実 の 脈 故 に 下 を 忌 む 若 し 之 を 下 せば 則 ち 必 ず 虚 煩 下 利 止 まらず 殆 んと 脱 證 に 至 る 也 本 條 其 人 反 静 舌 上 胎 滑 者 不 可 攻 也 と 云 うは 此 の 證 にして 此 の 浮 数 脈 有 る 者 は 下 すべからざるの 義 也 宜 あきらかにする しく 本 條 と 互 いに 發 すべし 案 蔵 結 之 蔵 非 蔵 府 之 蔵 即 蔵 膜 之 義 上 自 肺 下 至 腎 之 間 水 液 之 所 在 邪 氣 結 于 此 故 名 曰 蔵 結 蔵 者 内 也 裏 也 之 謂 凡 五 蔵 之 外 六 府 亦 謂 之 蔵 子 蔵 亦 謂 之 蔵 此 所 云 蔵 結 者 即 是 府 結 膀 胱 経 中 水 液 所 在 邪 結 于 此 之 謂 也 然 膀 胱 経 脈 只 是 循 膂 絡 腎 属 膀 胱 也 腎 之 経 脈 其 直 者 従 腎 上 貫 肝 膈 入 肺 中 則 雖 太 陽 膀 胱 経 病 已 是 侵 淫 入 于 腎 経 所 以 名 蔵 結 之 義 蓋 在 于 此 耳 案 ずるに 蔵 結 の 蔵 は 蔵 府 の 蔵 に 非 ず 即 ち 蔵 膜 の 義 上 肺 より 下 腎 に 至 るの 間 水 液 の 所 在 邪 氣 此 に 結 ぶ 故 に 名 づけて 蔵 結 と 曰 う 蔵 は 内 也 裏 也 の 謂 凡 そ 五 蔵 の 外 六 府 も 亦 之 を 子 宮 蔵 と 謂 う 子 蔵 亦 之 を 蔵 と 謂 う 此 蔵 結 と 云 う 所 の 者 即 ち 是 府 結 膀 胱 経 中 水 液 所 在 リョ 背 骨 まと 邪 が 此 に 結 ぶの 謂 也 然 り 膀 胱 経 脈 は 只 是 膂 を 循 り 腎 を 絡 い 膀 胱 に 属 する 也 腎 の 経 すで 脈 は 其 直 者 従 腎 上 貫 肝 膈 入 肺 中 霊 枢 脈 経 篇 則 ち 太 陽 膀 胱 経 病 と 雖 も 已 に 是 侵 淫 して 腎 経 に 入 る 蔵 結 と 名 づける 所 以 の 義 蓋 し 此 に 在 る 耳 三 病 發 於 陽 而 反 下 之 熱 入 因 作 結 胸 病 發 於 陰 而 反 下 之 一 作 汗 出 因 作 痞 也 所 以 成 結 胸 者 以 下 之 太 早 故 也 下 可 下 篇 病 發 於 陽 而 反 下 之 熱 入 因 作 結 胸 病 發 於 陰 而 反 下 之 因 作 痞 九 ノ 五 ウ 玉 函 経 三 ノ 一 ウ 夫 病 發 於 陽 而 反 下 之 熱 入 因 作 結 胸 發 於 陰 而 反 下 之 因 作 痞 結 胸 者 下 之 太 早 故 令 結 胸 千 金 翼 九 ノ 十 二 ウ 夫 病 發 於 陽 而 反 下 之 熱 入 因 作 結 胸 發 於 陰 而 反 汗 之 因 作 痞 結 胸 者 下 之 太 早 故 也 令 結 胸 脈 経 云 病 發 於 陽 而 反 下 之 熱 入 因 作 結 胸 發 於 陰 而 反 下 之 因 作 痞 痞 脈 浮 緊 而 下 之 緊 反 入 裏 因 作 痞 七 ノ 十 五 ヲ 外 臺 傷 寒 論 病 發 於 陽 而 反 下 之 熱 入 因 作 結 胸 發 於 陰 而 反 下 之 一 作 汗 之 因 作 痞 也 所 以 成 結 胸 者 以 下 太 早 故 也 二 ノ 六 ウ 病 源 云 此 由 病 發 於 陽 而 早 下 之 熱 氣 乗 虚 而 否 結 不 散 也 結 胸 候 病 發 於 陰 者 不 可 下 下 之 則 心 下 否 按 之 自 耎 但 氣 否 耳 不 可 復 下 也 心 否 候 七 ノ 九 ウ ( 成 ) 發 熱 悪 寒 者 發 於 陽 也 而 反 下 之 則 表 中 陽 邪 入 裏 結 於 胸 中 為 結 胸 无 熱 悪 寒 者 發 於 陰 也 而 反 下 之 表 中 之 陰 入 裏 結 於 心 下 為 痞 ( 龐 ) 發 熱 悪 寒 為 發 于 陽 誤 下 則 為 結 胸 無 熱 悪 寒 為 發 於 陰 誤 下 則 為 痞 氣 結 胸 宜 大 陥 胸 湯 痞 氣 宜 半 夏 瀉 心 湯 4

5 案 病 發 於 陽 者 中 風 汗 出 證 也 病 發 於 陰 者 傷 寒 無 汗 證 也 蓋 中 風 桂 枝 證 雖 誤 下 之 邪 已 得 自 汗 表 發 故 其 熱 入 半 表 裏 地 與 飮 相 併 因 作 結 胸 也 傷 寒 麻 黄 證 若 誤 下 之 則 邪 氣 内 陥 與 飮 相 併 在 鬲 下 不 作 熱 而 為 寒 因 作 氣 痞 也 知 是 飮 寒 邪 実 経 下 則 不 為 熱 而 為 寒 者 陽 氣 未 與 邪 相 抗 之 前 無 發 熱 只 初 發 悪 寒 之 時 而 下 之 故 陽 氣 暴 虚 水 邪 共 盛 鬲 下 否 塞 但 是 水 寒 虚 否 故 不 作 痛 也 又 案 痞 亦 蔵 結 也 後 文 云 病 脇 下 素 有 痞 連 在 臍 傍 此 名 蔵 結 四 一 又 太 陰 之 為 病 云 云 若 下 之 必 胸 下 結 鞕 玉 函 経 作 胸 下 痞 堅 又 甘 草 写 心 條 云 其 痞 益 甚 此 非 結 熱 但 以 胃 中 虚 客 氣 上 逆 故 令 鞕 也 下 卅 共 可 以 徴 矣 千 金 巻 卅 ( 氣 海 ) 主 少 腹 疝 氣 遊 行 五 蔵 腹 中 切 痛 十 一 ウ 醫 心 方 引 明 堂 同 所 云 五 蔵 亦 斥 五 蔵 経 隧 而 言 耳 案 ずるに 病 發 於 陽 は 中 風 汗 出 證 也 病 發 於 陰 は 傷 寒 無 汗 證 也 蓋 し 中 風 桂 枝 證 は 之 を 誤 下 すると 雖 も 邪 已 に 自 汗 を 得 て 表 發 す 故 に 其 熱 半 表 裏 の 地 に 入 り 飮 と 相 併 因 作 結 胸 也 傷 寒 麻 黄 證 若 し 之 を 誤 下 すれば 則 ち 邪 氣 内 陥 飮 と 相 併 鬲 下 に 在 り 熱 を 作 らずして 寒 を 為 す 因 作 氣 痞 也 是 飮 寒 邪 実 が 下 を 経 れば 則 ち 熱 を 為 さずして 寒 を 為 すを 知 る 陽 氣 たがいにはりあう 未 だ 邪 と 相 抗 する 前 發 熱 無 く 只 初 發 悪 寒 の 時 にして 之 を 下 す 故 に 陽 氣 暴 虚 水 邪 とじふさがる 共 に 盛 鬲 下 否 塞 但 是 水 寒 虚 否 故 に 痛 を 作 らず 又 案 ずるに 痞 亦 蔵 結 也 後 文 云 太 陽 篇 下 卅 九 病 脇 下 素 有 痞 連 在 臍 傍 此 名 蔵 結 又 太 陰 篇 一 太 陰 之 為 病 云 云 若 下 之 必 胸 下 結 鞕 玉 函 経 は 胸 下 痞 堅 と 作 る 又 甘 草 写 心 條 云 其 痞 益 甚 此 非 結 熱 但 以 胃 中 虚 客 氣 上 逆 故 令 鞕 也 下 卅 共 に 以 て 徴 とすべし 矣 千 金 巻 卅 ( 氣 海 ) 主 少 腹 疝 氣 遊 行 五 蔵 腹 中 切 痛 十 一 ウ 醫 心 方 引 明 堂 同 所 云 五 蔵 亦 斥 五 蔵 経 隧 而 言 耳 案 原 注 及 翼 作 病 發 於 陰 反 汗 之 因 作 痞 則 與 生 薑 写 心 條 所 云 傷 寒 汗 出 解 之 後 胃 中 不 和 心 下 痞 鞕 乾 噫 食 臭 脇 下 有 水 氣 相 合 其 義 亦 通 案 ずるに 原 注 及 翼 病 發 於 陰 反 汗 之 因 作 痞 と 作 る 則 ち 生 薑 写 心 條 所 云 傷 寒 汗 出 解 之 後 胃 中 不 和 心 下 痞 鞕 乾 噫 食 臭 脇 下 有 水 氣 と 相 合 其 義 亦 通 ず ( 痞 ) 多 紀 元 簡 傷 寒 論 輯 義 ( 輯 ) 釈 名 曰 璧 否 也 氣 否 結 也 説 文 徐 曰 痞 病 結 也 直 指 方 曰 乾 上 坤 下 其 卦 為 否 陽 隔 陰 而 不 降 陰 無 陽 而 不 升 此 否 之 所 以 痞 而 不 通 也 傷 寒 百 問 経 絡 図 曰 但 満 而 不 痛 者 為 痞 任 人 揉 按 手 不 占 護 按 之 且 快 意 病 源 巻 廿 八 否 候 云 夫 八 否 者 營 衛 不 知 陰 陽 隔 絶 而 風 邪 外 入 與 衛 氣 相 搏 血 氣 壅 塞 不 通 而 成 否 也 案 文 玉 篇 痞 補 被 平 几 二 物 腹 内 結 病 也 醫 心 方 巻 一 篇 末 標 記 云 痞 補 被 平 几 二 反 腹 内 結 病 也 外 臺 巻 二 傷 寒 中 風 方 篇 引 小 品 萎 蕤 湯 下 心 胸 痞 満 注 云 音 被 結 病 也 又 結 胸 方 篇 引 病 源 注 云 音 被 結 也 案 説 文 院 満 也 痞 痛 也 二 字 自 異 今 作 痞 者 即 否 字 俗 体 従 疒 者 與 痞 痛 字 自 別 即 院 満 之 字 也 然 則 院 正 躰 否 古 字 痞 俗 字 也 ヒ 氣 が 満 ちる 案 ずるに 説 文 院 満 也 又 痞 痛 也 二 字 自 ら 異 なる 今 痞 と 作 るは 即 正 しい 書 ち 否 字 の 俗 体 疒 を 従 える 者 痞 と 痛 の 字 自 ら 別 即 ち 院 満 の 字 也 然 れば 則 ち 院 は 正 体 体 否 は 古 字 痞 は 俗 字 也 5

6 五 十 六 難 云 脾 之 積 名 曰 痞 氣 存 胃 脘 覆 大 如 盤 久 不 愈 令 人 四 肢 不 収 發 黄 疸 飲 食 不 為 肌 膚 楊 注 云 痞 否 也 言 否 結 成 積 也 醫 門 方 云 否 者 満 也 言 其 氣 満 痞 結 成 積 也 醫 心 方 巻 十 引 ( 兼 ) 経 曰 脈 浮 而 緊 浮 則 為 風 緊 則 為 寒 風 則 傷 衛 寒 則 傷 營 又 曰 浮 而 緊 傷 下 之 緊 反 入 裏 則 作 痞 因 此 推 之 風 邪 入 裏 則 結 胸 寒 邪 入 裏 則 為 痞 寒 此 亦 皆 太 陽 病 之 所 致 非 陰 證 之 所 為 也 又 云 病 在 陽 應 以 汗 解 陽 指 表 證 而 言 也 明 矣 況 痞 證 諸 條 未 有 因 無 熱 而 悪 寒 下 之 而 成 者 也 案 此 説 未 明 晰 然 以 陰 陽 為 風 寒 營 衛 則 可 従 故 今 抄 出 于 此 備 参 攷 案 ずるに 此 の 説 未 だ 明 晰 ならず 然 れども 陰 陽 を 以 て 風 寒 營 衛 と 為 すは 則 ち 従 うべし 故 に 今 此 に 抄 出 して 参 攷 に 備 う 四 結 胸 者 項 亦 強 如 柔 痙 状 下 之 則 和 宜 大 陥 胸 丸 方 大 黄 半 斤 葶 藶 子 半 升 熬 芒 硝 半 升 杏 仁 半 升 去 皮 尖 熬 黒 右 四 味 擣 篩 二 味 内 杏 仁 芒 硝 合 研 如 脂 和 散 取 如 弾 丸 一 枚 別 擣 甘 遂 末 一 銭 匕 白 蜜 二 合 水 二 升 煮 取 一 升 温 頓 服 之 一 宿 乃 下 如 不 下 更 服 取 下 為 効 禁 如 薬 法 案 趙 本 此 條 接 前 可 下 篇 結 胸 者 項 亦 強 如 柔 痙 状 下 之 則 和 十 八 結 胸 門 用 大 陥 胸 丸 九 ノ 十 七 ヲ 玉 函 経 結 胸 者 項 亦 強 如 柔 痙 状 下 之 則 和 宜 大 陥 胸 圓 三 ノ 一 ウ 大 陥 胸 圓 方 第 五 十 四 大 黄 半 筋 葶 藶 芒 硝 杏 仁 各 半 升 右 四 味 擣 和 取 如 弾 圓 一 枚 甘 遂 末 一 銭 匕 白 蜜 一 両 水 二 升 煮 取 一 升 頓 服 一 宿 乃 下 千 金 翼 結 胸 者 其 項 亦 強 如 柔 痙 状 下 之 即 和 宜 大 陥 胸 丸 大 陥 胸 丸 方 九 ノ 十 二 ウ 案 此 條 接 前 條 大 黄 捌 両 葶 藶 子 杏 仁 去 皮 尖 両 仁 者 熬 黒 芒 硝 各 半 升 右 肆 味 和 擣 取 如 弾 丸 壹 枚 甘 遂 末 壹 銭 匕 白 蜜 壹 両 水 貳 升 合 煮 取 壹 升 温 頓 服 壹 宿 乃 下 脈 経 云 結 胸 者 項 亦 強 如 柔 痙 状 下 之 即 和 七 ノ 十 八 ヲ ( 成 ) 結 胸 病 項 強 者 為 邪 結 胸 中 胸 膈 結 満 心 下 緊 実 但 能 仰 而 不 能 俛 是 項 強 亦 如 柔 痙 之 状 也 與 大 陥 胸 丸 下 結 泄 満 ( 喩 ) 胸 邪 緊 逼 以 大 陥 胸 湯 下 之 恐 過 而 不 留 即 以 大 陥 胸 丸 下 之 又 恐 滞 而 不 行 故 煮 而 連 滓 服 之 然 後 與 邪 相 當 而 可 施 戦 勝 攻 取 之 略 観 方 中 用 大 芒 消 甘 遂 可 謂 峻 矣 乃 更 加 葶 藶 杏 人 以 射 肺 邪 而 上 行 其 急 煮 時 又 倍 加 白 蜜 以 留 変 而 潤 導 之 而 下 行 其 緩 必 識 此 意 始 得 用 方 之 妙 案 結 胸 者 邪 結 于 胸 脇 骨 下 飮 中 者 是 也 蓋 胸 痰 凝 結 尤 甚 者 令 氣 道 閉 塞 故 曰 項 亦 強 如 柔 痙 状 也 是 為 鬲 間 飮 實 下 之 則 鬲 飮 解 散 而 其 證 皆 愈 故 曰 下 之 則 和 宜 大 陥 胸 丸 也 案 ずるに 結 胸 者 は 邪 が 胸 脇 骨 下 の 飮 中 に 結 ぶ 者 是 也 蓋 胸 痰 凝 結 尤 甚 者 氣 道 をして 閉 塞 せしめる 故 に 項 亦 強 如 柔 痙 状 と 曰 う 也 是 鬲 間 の 飮 實 と 為 す 之 を 下 せば 則 ち 鬲 飮 解 散 して 其 證 皆 愈 故 に 下 之 則 和 宜 大 陥 胸 丸 と 曰 う 也 案 陥 胸 治 鬲 上 結 承 氣 治 鬲 下 実 故 承 氣 和 胃 陥 胸 和 肺 自 有 鬲 上 鬲 下 之 別 矣 汪 琥 曰 下 之 則 6

7 和 者 言 邪 実 去 胸 中 和 而 項 自 舒 之 意 似 是 案 ずるに 陥 胸 は 鬲 上 の 結 を 治 し 承 氣 は 鬲 下 の 実 を 治 す 故 に 承 氣 は 胃 を 和 し 陥 胸 は 肺 を 和 す 自 ずから 鬲 上 鬲 下 之 別 有 り 矣 汪 琥 曰 之 を 下 せば 則 ち 和 すとは 邪 実 去 り 胸 中 和 して 項 伸 自 ずから 舒 之 意 を 言 う 似 是 ( 葶 藶 子 ) 下 品 本 草 白 字 亭 歴 味 辛 寒 治 癥 瘕 積 聚 結 氣 飲 食 寒 熱 破 緊 遂 邪 通 利 水 道 黒 字 苦 大 寒 無 毒 下 膀 胱 水 伏 留 熱 氣 皮 間 邪 水 上 出 面 目 浮 腫 利 小 腹 久 服 令 人 虚 立 夏 後 採 實 陰 乾 陶 弘 景 本 草 経 集 注 シ セイ なずな はまびし テン いぬなずな 陶 云 子 細 黄 至 苦 用 之 當 熬 母 則 公 薺 爾 雅 蕇 カイ からしな カク 亭 歴 郭 云 實 葉 皆 似 芥 一 名 狗 薺 廣 雅 云 釈 文 今 江 東 人 呼 為 公 薺 郝 懿 行 イコウ 爾 雅 義 疏 云 公 薺 亦 即 狗 薺 聲 之 轉 也 今 験 葶 藶 実 葉 皆 似 芥 蘇 頌 図 経 謂 似 薺 非 よもぎ 也 形 頗 類 蒿 而 小 多 生 麦 田 故 俗 呼 麦 裏 蒿 三 月 開 黄 花 結 角 子 亦 細 黄 味 苦 案 李 唐 遺 巻 本 草 和 名 醫 心 方 和 名 鈔 皆 作 亭 歴 正 字 今 本 證 類 作 葶 藶 俗 字 與 爾 疋 説 文 合 宜 改 正 也 爾 疋 釈 文 云 亭 歴 或 作 葶 藶 而 引 廣 雅 作 葶 藶 然 則 陸 氏 所 見 廣 疋 已 作 葶 藶 歟 蓋 从 艸 者 皆 是 六 朝 俗 字 廣 疋 亦 是 俗 本 本 作 亭 歴 可 知 也 鄭 注 月 令 高 誘 注 呂 覧 淮 南 並 皆 作 亭 歴 可 以 徴 矣 亭 歴 本 草 和 名 訓 波 末 多 加 奈 又 阿 之 奈 都 奈 又 波 末 廿 利 延 喜 式 訓 波 末 加 良 之 共 是 似 斥 野 生 之 芥 真 本 新 撰 字 鏡 巻 七 草 部 ( 葶 藶 ) 波 万 太 加 奈 又 加 良 志 千 金 巻 廿 六 菜 蔬 第 三 芥 菜 味 辛 温 無 毒 帰 鼻 久 食 温 中 又 云 寒 中 其 子 味 辛 辛 亦 帰 鼻 有 毒 熟 攷 此 文 則 知 芥 菜 辛 温 久 食 温 中 者 謂 食 料 之 芥 菜 葉 也 又 云 寒 中 其 子 味 辛 者 謂 薬 用 食 料 共 入 之 白 芥 子 白 芥 子 即 亭 歴 子 也 凡 本 経 白 字 例 不 載 食 品 如 粳 米 酒 錯 之 類 有 蕇 無 芥 亦 此 例 蓋 是 野 生 芥 名 蕇 家 種 蕇 名 芥 芥 是 紫 芥 蕇 是 白 芥 自 有 二 種 也 紫 芥 即 常 芥 子 褐 紫 色 昉 出 于 別 録 白 芥 即 蕇 亭 歴 子 黄 白 色 出 于 本 経 其 ( 白 芥 ) 條 開 寳 本 草 始 載 之 而 引 陳 臓 器 日 華 子 爾 後 有 ( 甜 葶 藶 ) 即 是 薺 子 衍 義 云 子 之 味 有 甜 苦 両 等 其 形 則 一 也 経 既 言 味 辛 苦 即 甜 者 不 復 更 入 薬 也 大 概 治 体 皆 以 行 水 走 泄 為 用 小 野 蘭 山 本 草 譯 説 云 ( 白 芥 ) 和 名 江 戸 加 良 之 言 江 戸 多 有 此 種 子 故 名 稲 葉 意 仲 腹 證 奇 覧 分 量 考 曰 葶 藶 真 贋 不 明 故 代 以 白 芥 子 可 也 古 方 控 涎 丹 用 白 芥 子 可 證 矣 此 言 先 得 吾 意 唯 不 知 白 芥 即 為 亭 歴 為 恨 耳 丹 渓 心 法 類 集 云 痰 在 脇 下 非 白 芥 子 不 能 達 日 本 最 古 の 本 草 辞 典 平 安 時 代 案 ずるに 李 唐 遺 巻 本 草 和 名 醫 心 方 和 名 鈔 皆 亭 歴 と 作 るは 正 字 今 本 證 類 葶 藶 と 作 るは 俗 字 爾 雅 説 文 ともに 合 う 宜 しく 改 正 すべき 也 爾 雅 釈 文 亭 歴 或 は 葶 藶 と 作 ると 云 うも 廣 雅 を 引 いて 葶 藶 と 作 る 然 れども 則 ち 陸 氏 所 すで 見 廣 雅 已 に 葶 藶 と 作 る 歟 か 従 つ 後 漢 以 後 蓋 し 艸 を 从 ける 者 は 皆 是 六 朝 の 俗 字 廣 雅 亦 是 俗 本 本 亭 歴 と 作 るを 知 るべき 也 鄭 注 月 令 高 誘 注 呂 覧 淮 南 並 皆 亭 歴 と 作 る 以 て 徴 とすべし 矣 亭 歴 本 草 和 名 訓 は 波 末 多 加 奈 又 阿 之 奈 都 奈 又 波 末 廿 利 延 喜 式 訓 波 末 加 良 之 共 に 是 野 生 の カイ 指 日 本 最 古 の 漢 和 辞 典 平 安 時 代 芥 を 斥 に 似 たり 真 本 新 撰 字 鏡 巻 七 草 部 ( 葶 藶 ) 波 万 太 加 奈 又 加 感 じる 長 期 良 志 千 金 巻 廿 六 菜 蔬 第 三 芥 菜 味 辛 温 無 毒 帰 鼻 久 食 温 中 又 云 寒 中 其 子 味 辛 辛 亦 帰 鼻 有 毒 此 文 を 熟 攷 すれば 則 ち 芥 菜 は 辛 温 久 食 温 中 者 食 料 の 芥 菜 葉 を 謂 うを 知 る 也 又 おもうに ビャクガイシ 寒 中 其 子 味 辛 者 と 云 う 謂 薬 用 食 料 共 に 之 を 白 芥 子 に 入 ると 白 芥 子 は 即 ち 亭 歴 7

8 子 也 凡 そ 本 経 白 字 例 は 食 品 粳 米 酒 錯 の 類 の 如 きを 載 せず 蕇 有 り 芥 無 し 亦 此 の 例 蓋 し 是 野 生 の 芥 名 づけ 蕇 と 家 種 の 蕇 名 づけて 芥 と 芥 是 紫 芥 蕇 是 白 芥 自 ら 二 種 有 る 也 紫 芥 即 常 芥 はじめて 子 褐 紫 色 昉 別 録 に 出 る 白 芥 即 蕇 亭 歴 子 黄 白 色 本 経 に 出 る 其 ( 白 芥 ) 條 は 開 寳 本 即 ち テン 本 草 草 始 めて 之 を 載 せる 而 陳 臓 器 日 華 子 を 引 く 爾 後 ( 甜 葶 藶 ) 有 り 即 是 薺 子 衍 義 云 子 之 味 甜 苦 両 等 有 り 其 形 則 一 也 経 既 に 味 辛 苦 と 言 う 即 ち 甜 者 は 復 更 に 薬 に 入 れざ おさめかた る 也 大 概 治 体 は 皆 行 水 走 泄 を 以 て 用 と 為 す 小 野 蘭 山 本 草 譯 説 云 ( 白 芥 ) 和 名 江 文 礼 戸 加 良 之 江 戸 多 く 此 種 子 有 るが 故 に 名 づくと 言 う 稲 葉 意 仲 腹 證 奇 覧 分 量 考 曰 葶 藶 真 贋 コウゼンタン 甘 遂 大 戟 白 芥 しるし 不 明 故 に 白 芥 子 を 以 て 代 えること 可 也 古 方 控 涎 丹 白 芥 子 を 用 いる 證 残 念 とすべし 矣 此 言 先 ず 吾 意 を 得 たり 唯 白 芥 即 ち 亭 歴 と 為 すを 知 らざるを 恨 と 為 す 耳 丹 渓 心 法 類 集 云 痰 脇 下 に 在 るは 白 芥 子 に 非 ざれば 能 く 達 せず 案 項 亦 強 者 言 胸 結 尤 甚 則 肩 甲 頭 項 相 引 而 急 俗 呼 肩 張 カタハル 者 是 也 如 柔 痙 状 者 言 陰 陰 痙 攣 無 力 之 義 亦 字 如 状 字 宜 細 玩 案 ずるに 項 亦 強 は 胸 結 尤 甚 しければ 則 ち 肩 甲 頭 項 相 引 いて 急 を 言 う 俗 呼 肩 張 カタハル しずかなさま 者 是 也 如 柔 痙 状 は 陰 陰 痙 攣 無 力 の 義 を 言 う 亦 字 は 状 字 の 如 し 宜 細 玩 ( 汪 ) 按 大 陥 胸 湯 芒 硝 黄 甘 遂 三 物 茲 方 中 更 加 葶 藶 杏 人 白 蜜 是 名 雖 為 丸 此 湯 倍 有 力 焉 大 抵 結 胸 證 水 逆 於 肺 喘 脹 胸 満 者 宜 用 之 案 此 説 可 従 蓋 以 丸 為 煮 湯 加 杏 泥 白 蜜 其 方 意 在 于 使 薬 味 停 故 恋 胸 中 而 一 整 写 水 耳 ( 甘 遂 ) 心 水 肝 水 肺 水 脾 水 腎 水 金 匱 水 気 本 草 白 字 味 苦 寒 治 留 飮 宿 食 利 水 穀 道 黒 字 甘 大 寒 有 毒 下 五 水 病 篇 散 膀 胱 留 熱 薬 性 論 云 能 治 心 腹 堅 満 下 水 去 痰 水 案 凡 辛 苦 之 物 乾 之 則 味 変 甘 此 云 白 字 苦 黒 字 甘 亦 此 例 蓋 此 物 味 甘 而 苦 ち 戟 人 咽 喉 故 謂 之 苦 大 戟 澤 漆 虎 掌 白 字 並 云 味 苦 可 以 證 矣 白 字 巴 豆 主 治 大 抵 與 甘 遂 同 但 有 寒 熱 之 分 耳 白 散 治 寒 実 結 胸 大 陥 胸 丸 治 熱 実 結 胸 其 意 正 合 矣 かわ 案 ずるに 凡 そ 辛 苦 の 物 之 を 乾 かせば 則 ち 味 甘 に 変 ず 此 白 字 苦 黒 字 甘 と 云 う 亦 此 の 例 ゲン 鹵 味 蓋 し 此 の 物 味 甘 にして 苦 醶 人 咽 喉 を 戟 さ す 故 に 之 を 苦 と 謂 う 大 戟 澤 漆 虎 掌 白 字 並 味 苦 と 云 う 以 て 證 とすべし 矣 区 別 白 字 巴 豆 の 主 治 大 抵 甘 遂 と 同 但 寒 熱 の 分 有 る 耳 白 散 は 寒 実 結 胸 * を 治 し 大 陥 胸 丸 は 熱 実 結 胸 を 治 す 其 意 正 合 矣 * 太 陽 下 寒 実 結 胸 無 熱 證 者 與 三 物 小 陥 胸 湯 白 散 亦 可 服 白 散 方 ( 桔 梗 巴 豆 辛 温 貝 母 ) 外 臺 救 急 療 水 氣 腹 鼓 脹 硬 頻 試 要 効 方 葶 藶 子 七 両 熬 茯 苓 三 両 呉 茱 萸 二 両 椒 目 三 両 沈 水 者 甘 遂 五 両 絶 上 右 五 味 擣 篩 蜜 和 為 丸 如 梧 子 大 以 飮 服 五 丸 日 三 服 不 知 損 加 丸 以 利 為 度 禁 食 如 薬 法 并 酢 物 廿 ノ 二 三 ウ 又 古 今 録 験 療 大 水 腫 腹 如 鼓 緊 如 石 法 出 胡 洽 葶 藶 一 升 熬 椒 目 一 升 芒 消 六 両 水 銀 十 二 両 右 四 味 以 水 煮 錬 水 銀 三 日 三 夜 數 蓋 水 要 當 令 黄 白 以 合 擣 薬 六 萬 杵 自 令 相 和 如 梧 子 先 8

9 食 服 一 丸 日 三 日 増 一 丸 至 十 丸 不 知 更 従 一 丸 始 病 當 従 小 便 利 當 飮 好 十 羊 羹 晝 夜 五 飮 當 令 補 養 禁 猪 肉 生 魚 菜 勿 忘 飮 漿 水 渇 飮 羹 汁 少 少 善 郤 夫 人 常 服 云 云 文 仲 陶 氏 集 験 范 汪 同 廿 ノ 二 四 ヲ ( 龐 ) 虚 弱 家 不 耐 大 陥 胸 湯 即 以 大 陥 胸 丸 下 之 三 ノ 二 ウ 五 結 胸 證 其 脈 浮 大 者 不 可 下 下 之 則 死 外 臺 二 下 間 有 也 字 不 可 下 篇 結 胸 証 脈 浮 大 者 不 可 下 下 之 即 死 玉 函 経 結 胸 證 其 脈 浮 大 不 可 下 下 之 即 死 三 ノ 一 ウ 千 金 翼 脈 経 云 九 ノ 十 二 ウ 七 ノ 十 四 ウ ( 成 ) 結 胸 為 邪 結 胸 中 属 上 焦 之 分 得 寸 脈 浮 関 脈 沈 者 為 在 裏 則 可 下 若 脈 浮 大 心 下 雖 結 是 在 表 者 猶 多 未 全 結 也 下 之 重 虚 邪 氣 復 結 則 難 可 制 故 云 下 之 則 死 ( 銭 ) 大 凡 邪 氣 在 表 則 脈 必 浮 結 胸 一 證 原 因 太 陽 表 邪 誤 陥 所 致 然 既 結 之 後 邪 已 入 裏 則 関 脈 當 沈 矣 豈 容 浮 大 之 脈 再 見 耶 今 胸 既 結 矣 而 仍 見 浮 大 則 未 盡 陥 入 之 表 邪 尚 盛 且 浮 大 之 脈 原 属 裏 虚 症 象 陽 旦 條 云 浮 則 為 風 大 則 為 虚 正 氣 既 虚 而 更 下 之 使 未 盡 之 表 邪 再 陥 則 外 邪 已 陥 復 陥 胸 邪 已 結 再 結 是 所 謂 虚 其 虚 而 實 其 實 也 邪 氣 重 陥 正 氣 不 支 不 死 何 待 故 曰 不 可 下 不 之 則 死 案 此 條 言 結 胸 有 不 可 下 者 宜 以 脈 断 之 其 脈 不 寸 浮 関 沈 而 浮 虚 芤 大 者 是 也 諸 注 皆 以 浮 大 脈 為 表 邪 未 盡 之 脈 唯 銭 潢 以 為 裏 虚 之 脈 可 従 矣 辨 脈 篇 廿 八 云 寸 口 脈 浮 大 而 醫 反 下 之 此 為 大 逆 浮 則 無 血 大 則 為 寒 寒 氣 相 搏 則 為 腸 鳴 醫 乃 不 知 而 反 飮 冷 水 令 汗 大 出 水 得 寒 氣 冷 必 相 搏 其 人 即 籌 與 此 正 同 此 條 若 是 表 邪 之 浮 大 則 雖 下 不 死 今 日 即 死 當 知 大 非 実 大 而 虚 大 為 陽 氣 浮 泛 無 根 之 大 脈 也 次 條 云 亦 死 亦 字 與 此 條 相 照 宜 玩 矣 太 陽 中 篇 云 太 陽 病 外 證 未 解 不 可 下 也 下 之 為 逆 十 四 與 辨 脈 所 云 為 大 逆 自 不 同 説 具 于 各 條 下 案 ずるに 此 の 條 結 胸 に 下 すべからざる 者 有 るを 言 う 宜 しく 脈 を 以 て 之 を 断 ずべし 其 脈 寸 浮 重 関 沈 にあらずして 浮 虚 芤 大 者 是 也 諸 注 皆 浮 大 脈 を 以 て 表 邪 未 だ 盡 さざるの 脈 と 為 す 唯 銭 潢 篇 張 仲 景 傷 寒 證 治 発 明 溯 源 集 以 て 裏 虚 の 脈 と 為 す 可 従 矣 辨 脈 篇 廿 八 云 寸 口 脈 浮 大 而 醫 反 下 之 此 為 大 逆 浮 則 無 血 大 則 為 寒 寒 氣 相 搏 則 為 腸 鳴 醫 乃 不 知 而 反 飮 冷 水 令 汗 大 出 水 得 寒 氣 冷 必 相 搏 其 人 即 籌 此 と 正 に 同 此 の 條 若 し 是 表 邪 の 浮 大 なれば 則 ち 下 すと 雖 も 不 死 今 日 即 死 當 に 大 は 実 大 に 非 ずして 虚 大 ハン 浮 かぶ なるを 知 るべし 陽 氣 浮 泛 と 為 り 無 根 の 大 脈 也 次 條 云 亦 死 と 亦 字 此 條 と 相 習 照 宜 しく 玩 すべし 太 陽 中 篇 云 太 陽 病 外 證 未 解 不 可 下 也 下 之 為 逆 十 四 は 辨 脈 篇 云 う 所 の 為 大 逆 と 自 ら 不 同 説 は 各 條 下 に 具 わる ( 方 ) 此 示 人 馮 脈 不 馮 證 之 要 旨 戒 人 勿 孟 浪 之 意 夫 結 胸 之 為 陽 邪 内 陥 法 固 當 下 下 必 待 実 浮 為 在 表 大 則 為 虚 浮 虚 相 搏 則 表 猶 有 未 盡 入 而 裏 未 全 實 可 知 下 則 尚 虚 之 裏 氣 必 脱 未 盡 之 表 邪 皆 陥 禍 可 立 至 如 此 而 命 盡 謂 非 醫 咎 何 是 故 致 戒 也 病 源 云 脈 大 不 可 下 下 之 即 死 9

10 六 結 胸 證 悉 具 煩 躁 者 亦 死 外 臺 文 同 二 ノ 六 ウ 玉 函 経 結 胸 證 悉 具 而 煩 躁 者 死 三 ノ 一 ウ 脈 経 同 七 ノ 三 七 ウ 千 金 翼 結 胸 證 悉 具 煩 躁 者 死 九 ノ 十 三 ウ ( 成 ) 結 胸 證 悉 具 邪 結 已 深 也 煩 躁 者 正 氣 散 乱 也 邪 氣 勝 正 氣 者 必 死 ( 方 ) 悉 具 其 候 皆 見 煩 躁 津 液 竭 也 津 液 竭 者 不 可 下 下 證 具 矣 不 下 不 可 下 之 不 可 不 死 而 何 ( 喩 ) 亦 字 承 上 案 大 陥 胸 之 煩 躁 在 未 結 胸 之 前 此 條 煩 躁 在 結 胸 證 悉 具 之 後 故 知 此 煩 躁 為 陽 氣 散 脱 之 候 也 與 少 陰 死 證 之 煩 躁 厥 陰 死 證 之 煩 躁 其 機 略 同 矣 至 于 此 也 其 脈 為 浮 大 無 根 或 微 弱 如 無 可 自 知 耳 案 ずるに 大 陥 胸 の 煩 躁 未 だ 結 胸 せざる 前 に 在 り 此 の 條 煩 躁 は 結 胸 證 悉 具 の 後 に 在 り 故 に 此 の 煩 躁 は 陽 氣 散 脱 の 候 を 為 すを 知 る 也 少 陰 死 證 の 煩 躁 厥 陰 死 證 の 煩 躁 と 其 機 略 同 矣 此 に 至 る 也 其 脈 は 浮 大 無 根 或 いは 微 弱 と 為 すかは 自 ら 知 るべからざる 如 し 耳 七 太 陽 病 脈 浮 而 動 数 浮 則 為 風 数 則 為 熱 動 則 為 痛 数 則 為 虚 頭 痛 發 熱 微 盗 汗 出 而 反 悪 寒 者 表 未 解 也 醫 反 下 之 動 数 変 遅 膈 内 拒 痛 一 云 頭 痛 即 眩 胃 中 空 虚 客 氣 動 膈 短 氣 躁 煩 心 中 懊 憹 陽 氣 内 陥 心 下 因 鞕 則 為 結 胸 大 陥 胸 湯 主 之 若 不 結 胸 但 頭 汗 出 餘 處 無 汗 劑 頚 而 還 小 便 不 利 身 必 發 黄 大 陥 胸 湯 方 二 大 黄 六 両 去 皮 芒 硝 一 升 甘 遂 一 銭 匕 右 三 味 以 水 六 升 先 煮 大 黄 取 二 升 去 滓 内 芒 硝 煮 一 両 沸 内 甘 遂 末 温 服 一 升 得 快 利 止 後 服 玉 函 経 太 陽 病 脈 浮 而 動 数 浮 則 為 風 数 則 為 熱 動 則 為 痛 数 則 為 虚 頭 痛 發 空 虚 客 氣 動 膈 短 氣 躁 煩 心 中 懊 憹 陽 氣 内 陥 心 下 因 堅 則 為 結 胸 大 陥 胸 湯 主 之 若 不 結 胸 但 頭 汗 出 其 餘 無 汗 劑 頚 而 還 小 便 不 利 身 必 發 黄 三 ノ 一 ウ 千 金 翼 太 陽 病 脈 浮 而 動 数 浮 則 為 風 数 則 為 熱 動 則 為 痛 数 則 為 虚 頭 痛 發 熱 微 盗 汗 出 而 反 悪 寒 者 其 表 未 解 醫 反 下 之 動 数 則 遅 頭 痛 即 眩 胃 中 空 虚 客 氣 動 膈 短 氣 躁 煩 心 中 懊 憹 陽 氣 内 陥 心 下 因 堅 則 為 結 胸 大 陥 胸 湯 主 之 若 不 結 胸 但 頭 汗 出 其 餘 無 汗 劑 頚 而 還 小 便 不 利 身 必 發 黄 九 ノ 十 三 ヲ 脈 経 云 太 陽 病 脈 浮 而 動 数 浮 則 為 風 数 則 為 熱 動 則 為 痛 数 則 為 虚 頭 痛 發 熱 微 盗 汗 出 而 反 悪 寒 者 其 表 未 解 醫 反 下 之 動 数 則 遅 頭 痛 即 眩 一 云 膈 内 拒 痛 胃 中 空 虚 客 氣 動 膈 短 氣 躁 煩 心 中 懊 憹 陽 氣 内 陥 心 下 因 堅 則 為 結 胸 属 大 陥 胸 湯 若 不 結 胸 但 頭 汗 出 其 餘 無 有 劑 頚 而 還 小 便 不 利 身 必 發 黄 七 ノ 廿 五 ウ 外 臺 張 仲 景 傷 寒 論 太 陽 病 脈 浮 動 数 浮 則 為 風 数 則 為 熱 動 則 為 痛 数 則 為 虚 頭 痛 發 熱 微 盗 汗 出 而 反 悪 寒 表 未 解 也 醫 反 下 之 動 数 変 遅 膈 内 拒 痛 一 云 頭 痛 即 眩 胃 中 空 虚 客 熱 動 膈 短 氣 躁 煩 心 内 懊 於 告 反 憹 音 農 陽 氣 内 陥 心 下 因 堅 則 為 結 胸 大 陥 胸 湯 主 之 案 捴 病 論 載 本 文 客 氣 作 宿 熱 宿 恐 客 訛 10

11 若 不 結 胸 但 頭 汗 出 餘 處 無 汗 劑 頚 而 還 小 便 不 利 身 必 發 黄 大 陥 胸 湯 方 蜀 大 黄 六 両 破 甘 遂 一 銭 匕 芒 硝 一 升 右 三 味 以 水 六 升 先 煮 大 黄 取 二 升 去 滓 内 芒 硝 煮 一 両 沸 内 甘 遂 末 温 服 一 升 得 快 利 止 後 服 千 金 翼 同 二 ノ 七 ウ ( 成 ) 動 數 皆 陽 脈 也 當 責 邪 在 表 睡 而 汗 出 者 謂 之 盗 汗 為 邪 氣 在 表 半 裏 則 不 悪 寒 此 頭 痛 發 熱 微 盗 汗 出 反 悪 寒 者 表 未 解 也 當 發 其 汗 醫 反 下 之 虚 其 胃 氣 表 邪 乗 虚 則 陥 邪 在 表 則 見 陽 脈 邪 在 裏 則 見 陰 脈 邪 氣 内 陥 動 數 之 脈 所 以 変 遲 而 浮 脈 独 不 変 者 以 邪 結 胸 中 上 焦 陽 結 脈 下 得 而 沈 也 客 氣 者 外 邪 乗 胃 中 空 虚 入 裏 結 於 胸 膈 膈 中 拒 痛 者 客 氣 動 膈 也 金 匱 要 略 曰 短 氣 不 足 以 息 者 実 也 短 氣 躁 煩 心 中 懊 憹 皆 邪 熱 為 実 陽 氣 内 陥 不 得 通 於 膈 壅 於 心 下 為 鞕 滿 而 痛 成 結 胸 也 與 大 陥 胸 湯 以 下 結 熱 若 胃 中 空 虚 陽 氣 内 陥 不 結 於 胸 膈 下 入 於 胃 中 者 遍 身 汗 出 則 為 熱 越 不 能 發 黄 若 但 頭 汗 出 身 無 汗 劑 頸 而 還 小 便 不 利 者 熱 不 得 越 必 發 黄 也 ( 方 ) 太 陽 之 脈 本 浮 動 數 者 欲 傳 也 浮 則 為 風 四 句 承 上 文 以 釈 其 義 頭 痛 至 表 未 解 也 言 前 證 然 太 陽 本 自 汗 而 言 微 盗 汗 本 悪 寒 而 言 反 悪 寒 者 稽 久 而 然 也 醫 反 下 之 至 大 陥 胸 湯 主 之 言 誤 治 之 変 與 救 変 之 治 膈 心 胸 之 間 也 拒 格 拒 也 言 邪 氣 入 膈 膈 氣 與 邪 氣 相 格 拒 而 為 痛 也 空 虚 言 真 氣 與 食 氣 皆 因 下 而 致 虧 損 也 客 氣 邪 氣 也 陽 氣 客 氣 之 別 名 也 以 本 外 邪 故 曰 客 氣 以 邪 本 風 故 曰 陽 氣 裏 虚 而 陥 入 故 曰 内 陥 ( 汪 ) 夫 曰 膈 内 曰 心 中 曰 心 下 皆 胸 之 分 也 名 曰 結 胸 其 邪 實 陥 於 胃 胃 中 真 氣 虚 斯 陽 邪 従 而 陥 入 於 胸 作 結 鞕 之 形 也 ( 浮 則 為 風 ) 辨 脈 第 廿 三 條 第 卅 五 條 平 脈 第 一 條 第 廿 八 條 可 汗 篇 第 十 三 條 ( 數 則 為 熱 ) 平 脈 一 條 云 數 則 熱 煩 太 陽 中 篇 病 人 脈 數 數 為 熱 ( 動 則 為 痛 ) 平 脈 第 一 條 云 動 則 為 痛 辨 脈 云 陰 陽 相 搏 名 曰 動 陽 動 則 汗 出 陰 動 則 發 熱 云 云 若 數 脈 見 於 関 上 上 下 無 頭 尾 如 豆 大 厥 厥 動 揺 者 名 曰 動 也 案 數 者 謂 頻 數 頻 數 中 自 有 虚 實 實 為 浮 緊 虚 為 浮 緩 也 蓋 動 者 有 力 之 謂 數 中 自 有 力 勢 而 應 手 者 名 曰 動 即 脈 名 也 或 以 為 非 脈 名 恐 非 案 ずるに 数 とは 頻 数 を 謂 う 頻 数 中 に 自 ら 虚 実 有 り 実 は 浮 緊 と 為 し 虚 は 浮 緩 と 為 る 也 蓋 或 人 し 動 とは 力 有 るの 謂 数 中 自 ら 力 勢 有 りて 手 に 應 ずる 者 名 づけて 動 と 曰 う 即 ち 脈 名 也 或 は 脈 名 に 非 ずと 為 す 恐 非 ( 數 則 為 虚 ) 辨 脈 第 十 四 云 脈 浮 而 緊 按 之 反 芤 此 為 本 虚 故 當 戦 而 汗 出 也 亦 第 卅 六 云 浮 滑 之 脈 數 疾 發 熱 汗 出 者 此 為 不 治 案 數 與 動 同 義 共 有 虚 實 二 件 猶 有 虚 大 実 大 之 例 也 案 ずるに 動 と 数 は 同 義 共 虚 実 二 件 有 り 猶 虚 大 実 大 の 例 有 るがごとき 也 辨 脈 云 凡 脈 大 浮 數 動 滑 此 名 陽 也 一 又 云 其 脈 浮 而 數 能 食 不 大 便 者 此 為 実 名 曰 陽 結 二 又 云 陰 陽 相 搏 名 曰 動 陽 動 則 汗 出 陰 動 則 發 熱 十 又 云 脈 浮 而 數 按 之 不 芤 此 人 本 不 虚 若 欲 自 解 但 汗 出 耳 十 四 又 云 浮 為 在 表 數 為 在 府 廿 一 11

12 案 以 上 並 與 此 云 脈 浮 而 動 數 同 義 案 ずるに 以 上 並 みな 此 の 脈 浮 而 動 数 と 云 うと 同 義 案 太 陽 病 脈 浮 而 動 數 者 太 陽 浮 少 陽 動 數 之 脈 也 頭 痛 發 熱 微 盗 汗 出 而 反 悪 寒 者 表 未 解 也 言 頭 痛 發 熱 微 盗 汗 出 者 邪 已 入 少 陽 而 反 悪 寒 者 猶 有 太 陽 表 邪 也 是 柴 桂 湯 或 小 柴 胡 去 参 加 桂 湯 宜 酌 用 而 醫 反 下 之 徒 傷 胃 氣 邪 氣 陥 入 故 其 脈 向 之 動 數 今 変 遲 脈 是 其 人 宿 飮 甚 多 故 幸 不 至 陰 虚 脱 症 膈 内 拒 痛 膈 内 者 謂 鬲 募 上 拒 痛 者 謂 格 拒 閉 塞 而 痛 也 一 云 頭 痛 即 眩 者 亦 胸 鬲 飮 閉 之 所 為 與 苓 桂 朮 甘 證 似 而 非 者 也 胃 中 空 虚 客 氣 動 鬲 者 言 下 後 胃 中 空 虚 然 不 至 脱 其 胃 陽 之 宗 氣 與 邪 氣 相 併 故 曰 客 氣 動 鬲 其 證 短 氣 躁 煩 心 中 懊 憹 此 二 句 受 膈 内 拒 痛 句 而 詳 明 其 所 悩 也 陽 氣 内 陥 心 下 因 鞕 者 言 表 邪 陽 熱 之 氣 随 下 内 陥 與 宿 飮 住 心 下 而 堅 結 故 名 為 結 胸 結 胸 二 字 通 斥 鬲 内 拒 痛 已 下 數 句 也 此 証 用 大 陥 胸 湯 者 其 功 在 于 陥 下 胸 鬲 間 飮 邪 結 壅 故 名 為 陥 胸 也 乃 與 鬲 下 閉 結 用 承 氣 同 理 其 分 別 如 左 大 陥 胸 湯 大 黄 芒 消 甘 遂 調 胃 承 氣 大 黄 芒 消 甘 草 陥 下 胸 中 之 水 故 用 甘 遂 調 胃 中 之 氣 故 用 甘 草 一 味 出 入 方 意 可 見 矣 又 案 陽 氣 内 陥 者 頭 痛 發 熱 等 證 皆 去 之 謂 也 案 ずるに 太 陽 病 脈 浮 而 動 數 は 太 陽 浮 少 陽 動 數 の 脈 也 頭 痛 發 熱 微 盗 汗 出 而 反 悪 寒 者 しか 表 未 解 也 頭 痛 發 熱 微 盗 汗 出 とは 邪 已 に 少 陽 に 入 るを 言 う 而 るに 反 って 悪 寒 者 猶 太 陽 表 邪 有 る 也 是 柴 桂 湯 或 いは 小 柴 胡 去 参 加 桂 湯 を 宜 しく 酌 用 すべし しかるに 醫 反 下 之 徒 いたずら に 胃 氣 を 傷 つけ 邪 氣 陥 入 故 に 其 脈 向 かう 動 數 が 今 遲 脈 に 変 ず 是 其 人 宿 飮 甚 多 故 に 幸 い 陰 虚 脱 症 に 至 らず 膈 内 拒 痛 の 膈 内 とは 鬲 募 上 を 謂 う 拒 痛 とは 格 拒 閉 塞 して 痛 むを 謂 う 心 下 有 痰 飲 胸 脇 支 満 目 眩 苓 桂 朮 甘 湯 主 之 也 一 云 頭 痛 即 眩 は 亦 胸 鬲 飮 閉 の 所 為 苓 桂 朮 甘 證 と 似 て 非 な る 者 也 胃 中 空 虚 客 氣 動 鬲 は 下 後 胃 中 空 虚 す 然 れども 脱 には 至 らず 其 胃 陽 の 宗 氣 が 邪 氣 と 相 併 するを 言 う 故 に 客 氣 動 鬲 と 曰 う 其 證 短 氣 躁 煩 心 中 懊 憹 は 此 の 二 句 膈 内 拒 くわしくあきらに 痛 の 句 を 受 けて 其 悩 む 所 を 詳 明 する 也 陽 氣 内 陥 心 下 因 鞕 とは 表 邪 陽 熱 の したが とどま 氣 が 下 に 随 って 内 陥 するを 言 い 宿 飮 と 心 下 に 住 って 堅 結 す 故 に 名 づけて 結 胸 と 以 下 とおして 指 す 為 す 結 胸 の 二 字 は 鬲 内 拒 痛 已 下 數 句 を 通 斥 也 此 の 証 大 陥 胸 湯 を 用 いる 者 其 功 は ふさがる 胸 鬲 間 の 飮 邪 の 結 壅 を 陥 下 するに 在 り 故 に 名 づけて 陥 胸 と 為 す 也 乃 ち 鬲 下 は 閉 結 に 承 氣 を 用 いると 同 理 其 分 別 は 左 の 如 し 大 陥 胸 湯 大 黄 芒 消 甘 遂 調 胃 承 氣 大 黄 芒 消 甘 草 胸 中 の 水 を 陥 下 す 故 に 甘 遂 を 用 いる 胃 中 の 氣 を 調 す 故 に 甘 草 を 用 いる 一 味 の 出 入 も 方 意 見 るべき 矣 又 案 ずるに 陽 氣 内 陥 とは 頭 痛 發 熱 等 證 皆 去 るの 謂 也 案 下 後 若 不 結 胸 但 頭 汗 出 餘 處 無 汗 劑 頸 而 還 小 便 不 利 身 必 發 黄 者 是 誤 下 後 胃 氣 猶 未 虚 邪 氣 陥 入 于 腸 外 血 中 血 液 不 通 故 為 頭 汗 尿 閉 發 黄 證 宜 用 茵 蔯 蒿 湯 也 茵 蔯 蒿 湯 方 見 于 陽 明 篇 第 五 十 七 條 可 参 攷 案 ずるに 下 後 に 若 不 結 胸 但 頭 汗 出 餘 處 無 汗 劑 頸 而 還 小 便 不 利 身 必 發 黄 は 是 12

13 誤 下 後 胃 氣 猶 未 だ 虚 せず 邪 氣 が 腸 外 血 中 に 陥 入 血 液 不 通 故 に 頭 汗 尿 閉 發 黄 證 を 為 す 茵 蔯 蒿 湯 を 用 いるに 宜 し 茵 蔯 蒿 湯 方 は 陽 明 篇 第 五 十 七 條 に 見 える 参 攷 すべし 案 遲 脈 随 症 不 同 有 血 虚 中 廿 之 遲 有 水 停 辨 三 十 四 之 遲 有 不 可 下 陽 十 八 之 遲 有 可 下 陽 三 三 之 遲 此 為 水 停 可 下 之 遲 與 陽 明 病 脈 遲 用 承 氣 同 但 有 鬲 幕 上 下 之 別 耳 案 躁 煩 與 煩 躁 無 二 猶 煩 疼 又 作 疼 煩 之 例 躁 煩 又 見 上 篇 中 篇 少 陽 少 陰 中 したが 案 ずるに 遅 脈 症 に 随 って 同 じからず 血 虚 中 廿 の 遲 有 り 水 停 辨 三 十 四 の 遲 有 り 不 可 下 陽 十 六 の 遲 有 り 可 下 陽 二 九 の 遲 有 り 此 は 水 停 下 すべきの 遲 と 為 す 陽 明 病 脈 遲 に 承 氣 を 用 いると 同 但 鬲 幕 上 下 の 別 有 る 耳 案 躁 煩 與 煩 躁 無 二 猶 煩 疼 又 作 疼 煩 之 例 躁 煩 又 見 上 篇 中 篇 少 陽 少 陰 中 案 ずるに 躁 煩 は 煩 躁 と 無 二 猶 煩 疼 又 疼 煩 と 作 るの 例 のごとし 躁 煩 又 上 篇 中 篇 少 陽 少 陰 中 に 見 える ( 客 氣 ) 外 臺 作 客 熱 総 病 論 作 宿 熱 宿 恐 客 誤 甘 草 写 心 條 云 胃 中 虚 客 氣 上 逆 故 使 鞕 下 卅 二 陽 明 篇 云 若 下 之 則 胃 中 空 虚 客 氣 動 膈 心 中 懊 憹 舌 上 胎 者 梔 子 豉 湯 主 之 四 四 案 客 氣 即 是 客 熱 云 虚 熱 也 蓋 胃 虚 其 氣 上 逆 與 飮 與 邪 相 結 者 是 也 説 詳 見 前 中 九 十 七 條 下 案 ずるに 客 氣 即 ち 是 客 熱 虚 熱 を 云 う 也 蓋 胃 虚 して 其 氣 上 逆 飮 と 邪 と 相 結 者 是 也 説 詳 は 前 中 九 十 七 條 下 を 見 よ 素 問 巻 廿 四 陰 陽 類 論 云 二 陰 一 陽 病 出 於 腎 陰 氣 客 遊 於 心 脘 下 空 竅 堤 閉 塞 不 通 四 支 別 離 案 所 云 陰 氣 客 遊 亦 是 胃 虚 飮 動 之 謂 也 與 此 所 云 客 氣 正 同 案 ずるに 陰 氣 客 遊 と 云 う 所 亦 是 胃 虚 飮 動 之 謂 也 此 と 客 氣 と 云 う 所 は 正 に 同 ( 客 熱 ) 病 源 云 客 熱 者 由 人 府 蔵 不 調 生 於 虚 熱 熱 客 於 上 焦 則 胸 鬲 生 淡 實 口 苦 舌 干 客 於 中 焦 則 煩 心 悶 満 不 能 下 食 客 於 下 焦 則 大 便 難 小 便 赤 渋 醫 心 方 巻 三 治 客 熱 方 第 廿 五 耆 婆 方 治 人 客 熱 方 生 地 黄 根 一 握 洗 浄 搗 絞 取 汁 内 少 許 蜜 少 少 服 之 又 方 以 竹 瀝 待 冷 少 少 飮 之 又 云 治 季 夏 月 客 熱 方 升 麻 一 両 甘 草 一 分 炙 藍 二 分 人 参 一 分 粟 米 一 升 一 方 一 合 以 水 五 升 煮 取 半 升 去 滓 夜 露 之 平 旦 一 服 之 ( 陽 氣 ) 千 金 巻 九 發 汗 湯 第 五 治 傷 寒 三 日 外 與 前 薬 不 差 脈 勢 仍 數 者 陽 氣 猶 在 経 絡 未 入 蔵 腑 方 桂 枝 黄 芩 甘 草 各 二 両 升 麻 葛 根 生 薑 各 三 両 芍 薬 六 両 石 膏 八 両 梔 子 二 七 枚 右 九 味 寐 咀 以 水 九 升 煮 取 二 升 七 合 分 三 服 相 去 十 里 久 若 前 両 服 訖 即 得 汗 後 服 即 停 不 得 汗 更 進 一 服 得 汗 即 止 不 得 汗 者 明 日 去 梔 子 加 麻 黄 二 両 足 水 二 升 更 取 依 方 服 13

14 上 篇 末 條 云 更 服 甘 草 乾 薑 湯 夜 半 陽 氣 還 両 足 當 熱 中 篇 云 衄 乃 解 所 以 然 者 陽 氣 重 故 也 麻 黄 湯 主 之 又 云 設 面 色 縁 縁 正 赤 者 陽 氣 怫 欝 在 表 當 解 之 熏 之 又 云 此 以 發 汗 令 陽 氣 微 膈 氣 虚 脈 乃 數 也 厥 陰 篇 云 寒 多 熱 少 陽 氣 還 故 為 進 也 案 陽 氣 者 謂 自 己 之 元 陽 之 氣 巡 還 全 身 而 逹 出 于 玄 府 者 也 此 氣 閉 塞 則 為 熱 内 陥 則 為 寒 有 餘 為 熱 不 足 為 寒 也 毛 孔 とおる 案 ずるに 陽 氣 とは 自 己 の 元 陽 の 氣 を 謂 う 全 身 を 巡 還 して 玄 府 に 達 出 するもの 也 此 の 氣 閉 塞 すれば 則 ち 熱 を 為 し 内 陥 すれば 則 ち 寒 を 為 す 有 餘 は 熱 と 為 り 不 足 は 寒 と 為 る 也 外 臺 古 今 録 験 消 化 丸 療 人 腹 脹 胃 結 食 不 消 化 嘔 逆 頭 痛 手 足 煩 疼 此 方 出 太 醫 熟 薬 常 用 芫 花 丸 方 芫 花 一 両 熬 大 黄 葶 藶 子 熬 甘 遂 黄 芩 各 二 両 巴 豆 四 十 枚 去 心 皮 熬 別 研 消 石 一 両 右 七 味 擣 合 蜜 和 丸 如 梧 子 先 食 服 三 丸 日 再 服 一 方 無 消 石 忌 野 猪 肉 蘆 笋 等 又 笵 汪 通 命 丸 療 心 腹 積 聚 寒 中 病 痛 又 心 迫 満 脇 下 急 繞 臍 痛 方 大 黄 四 分 遠 志 四 分 去 心 黄 耆 四 分 麻 黄 四 分 去 篩 鹿 茸 四 分 炙 杏 人 六 十 枚 去 皮 尖 両 人 者 熬 鼓 一 合 熬 巴 豆 五 十 枚 去 心 皮 熬 芒 消 三 分 右 十 味 擣 合 下 篩 和 以 蜜 丸 如 小 豆 先 食 服 三 丸 日 再 忌 蘆 笋 野 猪 肉 ( 盗 汗 ) 説 詳 見 于 陽 明 篇 中 胸 鬲 心 中 心 下 胃 中 剤 頸 部 位 図 略 千 金 水 導 散 治 時 氣 病 煩 熱 如 火 狂 言 妄 語 欲 走 方 外 臺 引 作 水 道 散 時 氣 作 天 行 甘 遂 半 両 外 臺 作 二 両 熬 白 芷 一 両 右 二 味 治 下 篩 水 服 方 寸 匕 須 臾 令 病 人 飲 冷 水 腹 満 即 吐 之 小 便 當 赤 一 名 濯 腸 湯 此 治 大 急 者 九 ノ 廿 二 オ 外 臺 為 大 字 作 一 名 濯 腹 湯 此 方 大 急 者 出 第 十 巻 中 文 仲 范 汪 同 廿 一 字 八 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 而 緊 心 下 痛 按 之 石 鞕 者 大 陥 胸 湯 主 之 三 用 前 第 二 方 可 下 篇 末 句 作 属 大 陥 胸 湯 證 玉 函 経 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 其 脈 浮 緊 心 下 痛 按 之 如 石 堅 大 陥 胸 湯 主 之 三 ノ 二 ヲ 千 金 翼 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 緊 心 下 痛 按 之 如 石 堅 大 陥 胸 湯 主 之 九 ノ 十 三 ヲ 脈 経 云 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 其 脈 沈 緊 心 下 痛 按 之 如 石 堅 與 大 陥 胸 湯 七 ノ 十 九 ヲ 外 臺 千 金 翼 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 實 其 脈 沈 緊 心 下 痛 按 之 如 石 堅 大 陥 胸 湯 主 之 方 大 黄 六 両 切 芒 消 一 升 甘 遂 一 銭 匕 右 三 味 以 水 六 升 先 煮 大 黄 取 二 升 去 滓 内 芒 消 煮 一 両 沸 乃 内 甘 遂 末 温 分 再 服 得 快 利 止 後 服 一 ノ 二 六 ウ 案 今 本 翼 方 此 條 下 無 方 外 臺 所 引 恐 是 唐 本 之 面 目 録 以 俟 後 攷 案 ずるに 今 本 翼 方 此 條 下 に 方 無 し 外 臺 引 く 所 恐 らく 是 唐 本 の 面 目 録 して 以 て 後 攷 を 俟 ま つ 14

15 ( 成 ) 病 在 表 而 下 之 熱 入 因 作 結 胸 此 不 云 下 後 而 云 傷 寒 六 七 日 則 是 傳 裏 之 実 熱 也 沈 為 在 裏 緊 為 裏 実 以 心 下 痛 按 之 実 鞕 是 以 為 結 胸 與 大 陥 胸 湯 以 下 結 熱 ( 程 ) 結 胸 一 證 雖 曰 陽 邪 陥 入 然 陰 陽 二 字 従 虚 実 寒 熱 上 區 別 非 従 中 風 傷 寒 上 區 別 表 熱 盛 實 轉 入 胃 府 則 為 陽 明 證 表 熱 盛 実 不 轉 入 胃 府 而 陥 入 膈 則 為 結 胸 證 故 不 必 誤 下 始 成 傷 寒 六 七 日 有 竟 成 結 胸 者 以 熱 已 成 實 而 填 塞 在 胸 也 脈 沈 緊 緊 心 下 痛 按 之 石 鞕 知 邪 熱 聚 此 一 處 矣 不 因 下 而 成 結 胸 者 必 其 人 胸 有 燥 邪 以 失 汗 而 表 邪 合 之 遂 成 裏 実 此 處 之 緊 脈 従 痛 得 之 不 作 寒 断 心 下 痛 按 之 石 鞕 者 乃 水 邪 填 塞 之 明 徴 也 故 亦 以 大 陥 胸 湯 主 之 ( 魏 ) 六 七 日 之 久 表 寒 不 解 而 内 熱 大 盛 於 是 寒 邪 能 変 熱 於 裏 在 胃 則 為 傳 陽 明 在 胸 則 為 結 胸 矣 入 胃 則 為 胃 實 入 胸 則 為 胸 實 實 者 邪 熱 已 盛 而 實 也 ( 兼 ) 下 早 結 胸 事 之 常 熱 實 結 胸 事 之 変 所 入 之 因 不 同 其 證 治 則 一 理 而 已 ( 述 ) 結 胸 其 来 亦 有 不 因 誤 下 者 心 下 痛 按 之 石 鞕 其 證 稍 重 案 此 條 論 未 経 誤 下 而 有 結 胸 者 也 傷 寒 六 七 日 為 邪 已 入 胃 之 期 而 自 有 不 入 胃 中 在 胸 中 邪 與 飲 相 結 熱 実 者 是 其 人 宿 飲 甚 多 故 邪 不 得 入 胃 府 結 胸 間 其 脈 沈 緊 熱 極 似 寒 陽 極 似 陰 之 脈 心 下 痛 按 之 石 鞕 謂 心 下 按 之 痛 如 石 堅 也 是 熱 実 之 極 大 陥 胸 之 所 主 當 也 玉 函 経 作 浮 緊 亦 通 すで 案 ずるに 此 の 條 未 だ 誤 下 を 経 ずして 結 胸 有 るものを 論 ず 傷 寒 六 七 日 は 邪 已 に 胃 に 入 るの 期 と 為 せども 自 ら 胃 中 に 入 らず 胸 中 に 在 りて 邪 飲 と 相 結 び 熱 実 となるもの 是 其 人 宿 飲 甚 だ 多 し 故 に 邪 が 胃 府 に 入 るを 得 ず 結 胸 間 にあり 其 脈 沈 緊 は 熱 極 まって 寒 に 陽 極 まって 陰 の 脈 に 似 たり 心 下 痛 按 之 石 鞕 は 心 下 按 ずるの 痛 石 堅 の 如 きを 謂 う 也 是 熱 実 の 極 大 陥 胸 の 主 に 當 るところ 也 玉 函 経 は 浮 緊 と 作 る 亦 通 ず 外 臺 巻 二 傷 寒 論 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 實 脈 沈 緊 心 下 痛 按 之 石 堅 大 陥 胸 湯 主 之 方 依 前 法 二 ノ 七 ウ 玉 函 経 又 大 陥 胸 湯 方 第 五 十 五 ( 大 陥 胸 湯 方 第 五 十 三 大 黄 芒 硝 甘 遂 ) 桂 枝 四 両 甘 遂 四 両 大 棗 十 二 枚 栝 樓 實 一 枚 去 皮 人 参 四 両 右 五 味 以 水 七 升 煮 取 三 升 去 滓 温 服 一 升 胸 中 無 堅 勿 服 之 八 ノ 一 ウ 案 此 方 未 知 属 何 症 方 後 云 胸 中 無 堅 勿 服 之 今 据 此 文 暫 付 此 條 下 以 俟 後 攷 爾 より しばら 案 ずるに 此 方 未 だ 何 症 に 属 するかを 知 らず 方 後 云 胸 中 無 堅 勿 服 之 今 此 文 に 据 暫 く 此 條 下 に 付 けて 以 て 後 攷 を 俟 ま つ 爾 九 傷 寒 十 餘 日 熱 結 在 裏 復 往 来 寒 熱 者 與 大 柴 胡 湯 但 結 胸 無 大 熱 者 此 為 水 結 在 胸 脇 也 但 頭 微 汗 出 者 大 陥 胸 湯 主 之 四 用 前 第 二 方 大 柴 胡 湯 方 柴 胡 半 斤 黄 芩 三 両 芍 薬 三 両 半 夏 半 升 洗 生 薑 五 両 切 枳 実 四 枚 炙 大 棗 十 二 枚 擘 右 七 味 以 水 一 斗 二 升 煮 取 六 升 去 滓 再 煎 温 服 一 升 日 三 服 一 方 加 大 黄 二 両 若 不 加 恐 不 名 大 柴 胡 湯 可 下 篇 傷 寒 十 餘 日 熱 結 在 裏 復 往 来 寒 熱 者 属 大 柴 胡 湯 證 三 十 四 用 前 第 一 方 15

16 但 結 胸 無 大 熱 者 以 水 結 在 胸 脇 也 但 頭 微 汗 出 者 属 大 陥 胸 湯 三 十 五 大 黄 六 両 甘 遂 末 一 銭 匕 芒 硝 一 升 右 三 味 以 水 六 升 先 煮 大 黄 取 二 升 去 滓 内 芒 硝 更 煮 一 二 沸 内 甘 遂 末 温 服 一 升 玉 函 経 傷 寒 十 餘 日 熱 結 在 裏 復 往 来 寒 熱 當 與 大 柴 胡 湯 但 結 胸 無 大 熱 以 為 水 結 在 胸 脇 頭 微 汗 出 大 陥 胸 湯 主 之 三 ノニウ 千 金 翼 傷 寒 十 餘 日 邪 氣 結 在 裏 欲 復 往 来 寒 熱 當 與 大 柴 胡 湯 九 ノ 十 一 ヲ 但 結 胸 無 大 熱 以 為 水 結 在 胸 脇 頭 微 汗 出 大 陥 胸 湯 主 之 九 ノ 十 三 ヲ 脈 経 云 傷 寒 十 餘 日 熱 結 在 裏 復 往 来 寒 熱 属 大 柴 胡 湯 證 但 結 胸 無 大 熱 以 為 水 結 在 胸 脇 頭 微 汗 出 與 大 陥 胸 湯 外 臺 傷 寒 論 傷 寒 十 餘 日 熱 結 在 裏 復 往 来 寒 熱 者 與 大 柴 胡 湯 大 柴 胡 湯 方 柴 胡 半 斤 黄 芩 三 両 芍 薬 三 両 半 夏 半 升 洗 生 薑 五 両 枳 実 四 枚 炙 大 棗 十 二 枚 擘 右 七 味 切 以 水 一 斗 二 升 煮 取 六 升 去 滓 再 煎 取 三 升 温 服 一 升 日 三 服 一 方 加 大 黄 二 両 若 不 加 大 黄 恐 不 名 為 大 柴 胡 湯 忌 羊 肉 糖 千 金 翼 古 今 録 験 同 但 結 胸 無 大 熱 者 以 水 結 在 胸 脇 也 但 頭 微 汗 出 者 大 陥 胸 湯 主 之 方 依 前 法 二 ノ 七 ウ ( 成 ) 傷 寒 十 餘 日 熱 結 在 裏 是 可 下 之 證 復 往 来 寒 熱 為 正 邪 分 争 未 全 歛 結 與 大 柴 胡 湯 下 之 但 結 胸 无 大 熱 者 非 熱 結 也 是 水 飲 結 於 胸 脇 謂 之 水 結 胸 周 身 汗 出 者 是 水 飲 外 散 則 愈 若 但 頭 微 汗 出 餘 處 無 汗 是 水 飲 不 得 外 泄 停 畜 而 不 行 也 與 大 陥 胸 湯 以 逐 其 水 ( 尤 ) 邪 氣 入 裏 必 挟 身 中 所 有 以 為 依 附 之 地 是 以 在 腸 胃 則 結 于 糟 粕 在 胸 鬲 則 結 於 水 飲 各 随 其 所 有 而 為 病 耳 ( 喩 ) 治 結 胸 之 證 取 用 陥 胸 之 法 者 以 外 邪 挟 内 飲 搏 結 胸 間 未 全 入 於 裏 也 若 餘 日 熱 結 在 裏 則 是 無 形 之 邪 熱 蘊 結 必 不 定 在 胸 上 加 以 往 来 寒 熱 仍 兼 半 表 當 用 大 柴 胡 湯 以 両 解 表 裏 之 熱 邪 於 陥 胸 之 義 無 取 矣 無 大 熱 與 上 文 熱 實 互 意 内 陥 之 邪 但 結 胸 間 表 裏 之 熱 反 不 熾 盛 是 為 水 飲 結 在 胸 脇 其 人 頭 有 微 汗 乃 邪 結 在 高 而 陽 氣 不 能 下 達 之 明 徴 此 則 主 用 大 陥 胸 湯 允 為 的 對 也 後 人 反 謂 結 胸 之 外 復 有 水 結 胸 一 證 可 笑 極 矣 ( 程 ) 熱 盡 入 裏 表 無 大 熱 矣 無 大 熱 更 無 往 来 之 寒 可 知 ( 銭 ) 若 是 水 飲 必 不 與 熱 邪 並 結 則 大 陥 胸 方 中 何 必 有 逐 水 利 痰 之 甘 遂 乎 可 謂 一 言 破 惑 案 大 熱 解 已 見 太 陽 中 篇 中 案 ずるに 大 熱 解 已 に 太 陽 中 篇 中 に 見 える 案 前 條 云 六 七 日 結 胸 熱 実 云 脈 沈 緊 云 按 之 石 鞕 蓋 為 飲 邪 共 重 未 経 誤 下 而 發 汗 後 津 液 大 亡 飲 邪 結 胸 脇 之 證 大 陥 胸 所 主 用 也 此 條 云 十 餘 日 結 胸 無 大 熱 云 水 結 云 微 汗 知 是 比 前 條 則 為 飲 邪 共 軽 但 邪 少 而 飲 多 所 以 云 無 大 熱 云 水 結 也 至 于 其 成 結 胸 則 一 故 亦 大 陥 胸 湯 主 之 也 亦 案 頭 汗 出 見 大 陥 胸 湯 條 下 七 茵 蔯 蒿 湯 條 明 五 七 此 特 云 頭 微 汗 出 可 知 發 黄 比 于 結 胸 則 上 蒸 已 甚 故 頭 汗 不 微 結 胸 比 于 發 黄 則 胸 中 飲 閉 尤 甚 所 以 頭 汗 亦 微 也 傷 寒 至 與 大 柴 胡 湯 是 為 客 文 案 ずるに 前 條 の 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 緊 按 之 石 鞕 と 云 うは 蓋 し 飲 邪 が 共 に 重 なり 未 だ 誤 下 を 経 ずして 發 汗 後 津 液 大 亡 飲 邪 胸 脇 に 結 ぶの 證 大 陥 胸 主 用 するところ 也 此 の 條 十 餘 日 結 胸 無 大 熱 水 結 微 汗 と 云 うは 是 前 條 に 比 すれば 則 ち 飲 邪 共 に 軽 なるを 知 る 但 邪 少 にして 飲 多 無 大 熱 水 結 と 云 う 所 以 也 其 結 胸 に 成 るに 至 るは 則 ち 一 故 に 亦 16

17 大 陥 胸 湯 主 之 也 亦 案 ずるに 頭 汗 出 は 大 陥 胸 湯 條 下 七 茵 蔯 蒿 湯 條 明 五 七 に 見 る 此 特 に 頭 くら 微 汗 出 と 云 う 發 黄 は 結 胸 に 比 べれば 則 ち 上 蒸 已 に 甚 だし 故 に 頭 汗 微 ならざるを 知 るべし 結 胸 は 發 黄 に 比 べれば 則 ち 胸 中 の 飲 閉 尤 も 甚 だし 頭 汗 亦 微 の 所 以 也 傷 寒 から 與 大 柴 胡 湯 に 至 るを 是 客 文 と 為 す 案 本 論 無 痰 字 而 此 條 水 結 二 字 宜 作 痰 字 而 看 始 允 當 矣 案 ずるに 本 論 に 痰 の 字 なし 此 の 條 水 結 二 字 宜 しく 痰 字 と 作 な して 看 み るべし イントウ 道 理 にかなう 始 めて 允 當 矣 案 此 云 無 大 熱 云 微 汗 出 則 飲 閉 尤 極 可 知 也 案 ずるに 此 無 大 熱 と 云 い 微 汗 出 と 云 う 則 ち 飲 閉 尤 も 極 まるを 知 るべき 也 十 太 陽 病 重 發 汗 而 復 下 之 不 大 便 五 六 日 舌 上 燥 而 渇 日 晡 所 小 有 潮 熱 一 云 日 晡 所 發 心 胸 大 煩 従 心 下 至 少 腹 鞕 満 而 痛 不 可 近 者 大 陥 胸 湯 主 之 五 用 前 第 二 方 汗 吐 下 後 篇 文 同 属 大 陥 胸 湯 方 十 大 黄 六 両 去 皮 酒 洗 芒 消 一 升 甘 遂 末 一 銭 匕 右 三 味 以 水 六 升 煮 大 黄 取 二 升 去 滓 内 芒 消 煮 両 沸 内 甘 遂 末 温 服 一 升 得 快 利 止 後 服 玉 函 経 太 陽 病 重 發 其 汗 而 復 下 之 不 大 便 五 六 日 舌 上 燥 而 渇 日 晡 小 有 潮 熱 従 心 下 至 少 腹 堅 満 而 痛 不 可 近 大 陥 胸 湯 主 之 三 ノ 二 ウ 千 金 翼 太 陽 病 重 發 其 汗 而 復 下 之 不 大 便 五 六 日 舌 上 燥 而 渇 日 晡 如 小 有 潮 熱 従 心 下 至 少 腹 堅 満 而 痛 不 可 近 大 陥 胸 湯 主 之 九 ノ 十 三 ヲ 脈 経 云 太 陽 病 重 發 其 汗 而 復 下 之 不 大 便 五 六 日 舌 上 燥 而 渇 日 所 小 有 潮 熱 従 心 下 至 少 腹 堅 満 而 痛 不 可 近 属 大 陥 胸 湯 九 ノ 十 三 ヲ ( 成 ) 重 發 汗 而 復 下 之 則 内 外 重 亡 津 液 而 邪 熱 内 結 致 不 大 便 五 六 日 舌 上 燥 而 渇 也 日 潮 熱 者 属 胃 此 日 晡 小 有 潮 熱 非 但 在 胃 従 心 下 至 少 腹 鞕 満 而 痛 不 可 近 者 是 一 腹 之 中 上 下 邪 氣 倶 甚 也 與 大 陥 胸 湯 以 下 其 邪 ( 喩 ) 不 大 便 燥 渇 日 晡 潮 熱 少 腹 鞕 満 證 與 陽 明 頗 同 但 小 有 潮 熱 則 不 似 陽 明 大 熱 従 心 下 至 少 腹 手 不 可 近 則 陽 明 又 不 似 此 大 痛 因 是 辨 其 為 太 陽 結 胸 兼 陽 明 内 實 也 縁 誤 汗 復 誤 下 重 傷 津 液 不 大 便 而 燥 渇 潮 熱 雖 太 陽 陽 明 亦 属 下 證 但 痰 飲 内 結 必 用 陥 胸 湯 由 胸 脇 以 及 胃 腸 蕩 滌 始 無 餘 若 但 下 腸 胃 結 熱 反 遺 胸 上 痰 飲 則 非 法 矣 ( 銭 ) 日 晡 未 申 之 時 也 所 者 即 書 云 多 歴 年 所 之 所 也 邪 従 太 陽 誤 入 陽 明 故 従 心 上 至 少 腹 無 少 空 隙 皆 鞕 満 而 痛 至 手 不 可 近 也 案 尚 書 巻 第 十 君 奭 第 十 八 云 故 般 礼 陟 配 夫 多 歴 年 所 傳 云 故 殷 礼 能 升 配 天 享 國 久 長 多 歴 年 所 ( 所 解 ) 已 見 于 中 篇 第 七 十 八 章 下 ( 尤 ) 不 用 大 承 氣 而 用 大 陥 胸 者 亦 以 水 食 互 結 且 雖 至 少 腹 而 未 離 心 下 故 也 ( 志 ) 全 在 痛 不 可 近 四 字 以 證 太 陽 結 胸 案 此 證 已 経 誤 汗 誤 下 故 外 津 内 液 共 匱 乏 然 邪 氣 亦 随 汗 下 而 大 半 分 解 其 不 大 便 五 六 日 之 後 舌 上 17

18 燥 者 必 是 紅 赤 干 燥 白 胎 干 燥 不 見 中 央 微 黄 可 知 矣 而 渇 者 液 亡 胃 燥 之 所 為 日 晡 小 潮 熱 者 是 亦 飲 中 之 邪 熱 在 半 表 裏 間 者 應 時 而 發 非 陽 明 邪 實 之 潮 熱 也 原 注 一 云 日 晡 所 發 心 胸 大 煩 可 以 徴 矣 従 心 下 至 少 腹 鞕 満 痛 不 可 近 者 心 下 二 字 含 蓄 結 胸 諸 症 在 于 此 至 少 腹 鞕 満 而 痛 不 可 近 者 水 飲 下 流 鬲 上 鬲 下 相 引 作 痛 是 為 水 結 痛 也 乃 飲 盛 邪 微 之 候 故 亦 用 大 陥 胸 湯 主 之 必 竟 是 大 陥 胸 湯 之 変 證 而 非 正 證 也 玉 函 経 巻 八 又 大 陥 胸 湯 方 五 味 者 蓋 主 治 此 證 也 心 中 心 下 少 腹 図 ( 立 之 手 書 図 ) 略 すで 津 液 キボウ とぼしい 案 ずるに 此 の 證 已 に 誤 汗 誤 下 を 経 る 故 に 外 津 内 液 共 に 匱 乏 す 然 れども 邪 氣 したが 亦 汗 下 に 随 いて 大 半 分 解 す 其 不 大 便 五 六 日 之 後 舌 上 燥 は 必 ず 是 紅 赤 干 燥 白 胎 干 燥 しか するも 中 央 微 黄 見 られざるを 知 るべし 矣 而 して 渇 は 液 亡 胃 燥 の 所 為 日 晡 小 潮 熱 ただちに は 是 亦 飲 中 の 邪 熱 半 表 裏 間 に 在 るもの 應 時 にて 發 し 陽 明 邪 実 の 潮 熱 に 非 らざる 也 原 注 一 云 日 晡 所 發 心 胸 大 煩 を 以 て 徴 とすべし 矣 従 心 下 至 少 腹 鞕 満 痛 不 可 近 者 の 心 下 二 字 結 胸 諸 症 此 に 在 るを 含 蓄 す 至 少 腹 鞕 満 而 痛 不 可 近 者 は 水 飲 下 流 鬲 上 鬲 下 相 引 き 痛 を 作 る 是 水 結 の 痛 と 為 す 也 乃 ち 飲 盛 邪 微 の 候 故 に 亦 大 陥 胸 湯 を 用 いて 之 を 主 る 必 竟 是 大 陥 胸 湯 の 変 證 にして 正 證 に 非 ざる 也 玉 函 経 巻 八 又 大 陥 胸 湯 方 五 味 者 蓋 し 主 治 此 證 也 心 中 心 下 少 腹 図 略 千 金 方 太 陽 病 重 發 汗 而 復 下 之 不 大 便 五 六 日 舌 上 乾 而 渇 日 晡 所 小 有 潮 熱 心 胸 大 煩 従 心 下 至 少 腹 堅 満 而 痛 不 可 近 宜 大 陥 胸 湯 方 甘 遂 末 一 匁 匕 大 黄 六 両 切 芒 消 一 升 右 三 味 以 水 六 升 先 煮 大 黄 取 二 升 去 滓 内 芒 消 一 沸 内 甘 遂 分 再 服 一 服 得 快 利 止 後 服 九 ノ 廿 七 ウ 案 原 注 一 本 與 千 金 合 輯 千 金 蓋 原 于 小 品 文 案 ずるに 原 注 一 本 は 千 金 と 合 う 輯 千 金 蓋 小 品 文 を 原 元 にす 病 源 傷 寒 心 腹 張 満 痛 候 云 此 由 其 人 先 患 冷 癖 因 發 熱 病 服 冷 薬 及 飲 冷 水 結 在 心 下 此 為 蔵 虚 動 於 舊 癖 故 也 或 吐 下 已 後 病 不 解 内 外 有 熱 故 心 腹 脹 満 痛 此 為 有 実 也 八 ノ 二 ウ 案 所 云 冷 癖 舊 癖 者 謂 平 素 所 有 宿 飲 也 今 餘 熱 與 宿 飲 結 故 其 証 如 此 是 與 本 條 所 説 正 合 矣 案 ずるに 冷 癖 舊 癖 と 云 われる 者 は 平 素 宿 飲 を 有 する 所 を 謂 う 也 今 餘 熱 が 宿 飲 と 結 ぶ 故 に 其 証 此 の 如 し 是 本 條 所 説 と 正 合 矣 十 一 小 結 胸 病 正 在 心 下 按 之 則 痛 脈 浮 滑 者 小 陥 胸 湯 主 之 方 六 黄 連 一 両 半 夏 半 升 洗 栝 樓 実 大 者 一 枚 右 三 味 以 水 六 升 先 煮 栝 樓 取 三 升 去 滓 内 諸 薬 煮 取 二 升 去 滓 分 温 三 服 玉 函 経 小 結 胸 者 正 在 心 下 按 之 即 痛 其 脈 浮 滑 小 陥 胸 湯 主 之 三 ノ 二 ウ 小 陥 胸 湯 方 第 五 十 二 栝 樓 實 一 枚 黄 連 二 両 半 夏 半 升 右 三 味 以 水 六 升 先 煮 栝 樓 取 三 升 去 渣 内 諸 薬 煮 取 二 升 去 滓 分 温 三 服 千 金 翼 小 結 胸 者 正 在 心 下 按 之 即 痛 其 脈 浮 滑 小 陥 胸 湯 主 之 黄 連 壹 両 半 夏 半 升 洗 栝 樓 實 大 壹 枚 18

19 右 參 味 以 水 陸 升 先 煮 栝 樓 取 參 升 去 滓 内 諸 薬 煮 取 貳 升 去 滓 分 温 參 服 九 ノ 十 三 ウ 外 臺 引 傷 寒 論 小 結 胸 病 正 在 心 下 按 之 則 痛 脈 浮 滑 者 小 陥 胸 湯 主 之 方 黄 連 一 両 上 好 者 栝 樓 實 一 枚 大 者 破 半 夏 半 升 洗 右 三 味 切 以 水 六 升 先 煮 栝 樓 實 取 三 升 去 滓 内 諸 薬 煮 取 二 升 去 滓 分 温 三 服 忌 羊 肉 糖 猪 肉 千 金 翼 同 二 ノ 八 ウ ( 成 ) 心 下 鞕 痛 手 不 可 近 者 結 胸 也 正 在 心 下 按 之 則 痛 是 熱 氣 猶 浅 謂 之 小 結 胸 結 胸 脈 沈 緊 或 寸 浮 関 沈 今 脈 浮 滑 知 熱 未 深 結 與 小 陥 胸 湯 以 除 胸 膈 上 結 熱 ( 喩 ) 其 人 外 邪 陥 入 原 微 但 痰 飲 素 盛 挟 熱 邪 而 内 結 所 以 脈 見 浮 滑 也 ( 王 ) 上 文 云 鞕 満 而 痛 不 可 近 者 是 不 待 按 而 亦 痛 也 此 云 按 之 則 痛 是 手 按 之 然 後 作 痛 爾 上 文 云 至 少 腹 是 通 一 腹 而 言 之 此 云 正 在 心 下 則 少 腹 不 鞕 痛 可 知 矣 熱 微 於 前 故 云 小 結 胸 也 ( 尤 ) 浮 則 浅 於 沈 滑 則 緩 於 緊 迺 名 之 曰 小 結 胸 病 也 案 尤 氏 以 小 結 胸 病 四 字 為 句 非 是 説 在 下 ( 銭 ) 正 在 心 下 者 言 止 在 心 下 一 處 不 若 心 下 満 而 鞕 痛 及 按 之 石 鞕 結 在 胸 脇 之 甚 且 大 也 按 之 則 痛 亦 不 似 膈 内 拒 痛 及 従 心 下 至 少 腹 硬 満 而 痛 不 可 近 者 至 於 心 下 痛 之 不 按 自 痛 也 案 小 結 胸 三 字 句 玉 函 経 千 金 翼 病 作 者 可 以 徴 矣 此 結 胸 軽 證 上 不 及 心 中 下 不 及 少 腹 但 在 心 下 一 小 地 而 結 痛 故 云 病 正 在 心 下 按 之 則 痛 也 脈 浮 滑 者 言 不 沈 緊 而 浮 緊 緊 中 自 帯 滑 疾 故 不 云 浮 緊 而 云 浮 滑 也 陽 明 病 脈 滑 而 疾 者 小 承 氣 湯 主 之 卅 五 宜 與 此 條 互 相 發 矣 此 條 蓋 汗 後 結 胸 未 経 誤 下 者 也 案 ずるに 小 結 胸 の 三 字 句 玉 函 経 千 金 翼 病 を 者 となす 以 て 徴 とすべし 矣 此 の 結 胸 は 軽 證 上 心 中 に 及 ばず 下 少 腹 に 及 ばす 但 心 下 一 小 地 に 在 って 結 痛 す 故 に 病 正 に 心 下 に 在 り 之 を 按 じて 則 ち 痛 むと 云 う 也 脈 浮 滑 者 は 沈 緊 にあらずして 浮 緊 緊 中 自 ら 滑 疾 を 帯 びるを 言 う 故 に 浮 緊 と 云 わずして 浮 滑 と 云 う 也 陽 明 病 脈 滑 而 疾 者 小 承 氣 湯 主 之 卅 あきらかにする 五 宜 しく 此 の 條 と 互 いに 相 發 すべし 矣 此 の 條 蓋 し 汗 後 の 結 胸 未 だ 誤 下 を 経 ざる 者 也 案 此 方 三 物 相 須 而 奏 効 蓋 黄 連 苦 寒 半 夏 辛 温 共 是 偏 性 之 甚 者 故 用 粘 滑 之 萎 実 先 煮 之 取 三 升 令 薬 味 十 分 出 之 而 後 内 二 味 則 三 味 薬 性 混 一 和 合 令 心 下 結 飲 直 陥 下 之 意 也 まっ 案 ずるに 此 方 三 物 相 須 て 奏 効 す 蓋 し 黄 連 苦 寒 半 夏 辛 温 共 に 是 偏 性 の 甚 しき 者 故 に 粘 栝 樓 実 い 滑 の 萎 実 を 用 いて 之 を 先 煮 して 三 升 を 取 り 薬 味 をして 十 分 之 を 出 さしめて 後 に 二 味 を 内 れれば 則 ち 三 味 の 薬 性 混 一 和 合 して 心 下 の 結 飲 を 直 に 陥 下 せしむるの 意 也 ( 欄 外 ) 連 半 同 用 與 麻 石 桂 勺 同 理 後 世 左 金 丸 之 制 亦 出 于 此 訓 読 苦 辛 辛 苦 左 金 丸 料 朱 丹 渓 黄 連 呉 茱 萸 治 肝 蔵 火 實 左 脇 作 痛 勿 誤 薬 室 連 半 同 用 するは 麻 石 桂 勺 と 同 理 後 世 左 金 丸 方 函 つくり の 制 亦 此 に 出 る 本 草 白 字 半 夏 主 傷 寒 寒 熱 心 下 堅 下 氣 黒 字 云 消 心 腹 胸 膈 痰 熱 満 結 心 下 急 痛 堅 痞 案 痰 熱 満 結 四 字 蓋 半 夏 之 効 最 明 了 可 活 看 案 ずれば 痰 熱 満 結 の 四 字 蓋 し 半 夏 の 効 最 明 了 活 看 すべし 十 二 太 陽 病 二 三 日 不 能 臥 但 欲 起 心 下 必 結 脈 微 弱 者 此 本 有 寒 分 也 反 下 之 若 利 止 必 作 結 胸 未 止 者 四 日 復 下 之 此 作 協 熱 利 也 19

20 玉 函 経 太 陽 病 二 三 日 不 能 臥 但 欲 起 者 心 下 必 結 其 脈 微 弱 者 此 本 寒 也 而 反 下 之 利 止 者 必 作 結 胸 未 止 者 四 五 日 復 重 下 之 此 挟 熱 利 也 三 ノ 三 ヲ 千 金 翼 太 陽 病 貳 參 日 不 能 臥 但 欲 起 者 心 下 必 結 其 脈 微 弱 者 此 本 寒 也 而 反 下 之 利 止 者 必 作 結 胸 未 止 者 四 五 日 復 重 下 之 此 為 挟 熱 利 九 ノ 十 二 ウ 脈 経 云 太 陽 病 二 三 日 終 不 能 臥 但 欲 起 者 心 下 必 結 其 脈 微 弱 者 此 本 寒 也 而 反 下 之 利 止 者 必 結 胸 未 止 者 四 五 日 復 重 下 之 此 挟 熱 利 也 七 ノ 廿 一 ウ 外 臺 傷 寒 論 太 陽 病 二 三 日 不 能 臥 但 欲 起 者 心 下 必 結 脈 微 弱 者 此 有 久 寒 也 而 反 下 之 利 止 者 必 作 結 胸 未 止 者 四 日 復 下 之 此 作 協 熱 利 也 ( 成 ) 太 陽 病 二 三 日 邪 在 表 也 不 能 臥 但 欲 起 心 下 必 結 胸 者 以 心 下 結 満 臥 則 氣 壅 而 愈 甚 故 不 能 臥 而 但 欲 起 也 心 下 結 満 有 水 分 有 寒 分 有 氣 分 今 脈 微 弱 知 本 有 寒 分 醫 見 心 下 結 而 反 下 之 則 太 陽 表 邪 乗 虚 入 裏 利 止 則 邪 氣 留 結 為 結 胸 利 不 止 至 次 日 復 如 前 下 利 不 止 者 是 邪 熱 下 攻 腸 胃 ( 銭 ) 二 三 日 表 邪 未 解 将 入 裏 而 未 入 裏 之 時 也 不 能 臥 但 欲 起 者 邪 勢 撹 擾 坐 臥 不 寧 之 状 也 若 此 則 知 邪 已 在 胸 次 之 陽 位 矣 以 尚 未 入 胃 故 知 心 下 必 結 必 者 決 詞 也 本 文 雖 不 言 治 法 以 理 推 之 即 梔 子 豉 湯 之 類 証 也 若 此 症 而 脈 見 微 弱 者 其 中 氣 本 属 虚 寒 尤 為 不 可 下 之 證 而 反 下 之 若 利 随 下 止 則 陥 入 之 邪 不 得 乗 勢 下 走 必 鞕 結 於 胸 中 矣 若 三 日 下 之 而 利 未 止 者 第 四 日 復 下 之 則 已 誤 再 誤 有 不 至 中 氣 不 守 胃 氣 下 陥 以 虚 協 熱 而 下 利 者 乎 此 所 以 重 以 為 戒 也 桂 枝 人 参 症 誤 下 而 利 下 不 止 故 因 虚 寒 而 成 痞 鞕 此 條 誤 下 利 止 亦 因 虚 寒 而 成 結 胸 均 属 太 陽 未 解 之 證 一 痞 一 結 似 有 虚 實 之 殊 然 脈 微 弱 而 本 有 寒 分 者 其 可 竟 以 實 熱 待 之 耶 協 熱 二 字 當 與 桂 枝 人 参 湯 條 不 甚 相 遠 也 ( 輯 ) 案 寒 分 汪 氏 云 痰 飲 也 以 痰 飲 本 寒 故 曰 寒 分 然 分 字 不 成 不 成 義 當 従 外 臺 而 作 久 寒 或 作 玉 函 経 等 刪 之 亦 得 協 熱 之 協 成 本 作 協 並 挟 同 成 注 作 挟 熱 利 程 氏 云 裏 寒 挟 表 熱 而 下 利 是 曰 協 熱 是 也 況 玉 函 経 等 作 挟 可 為 確 證 矣 方 氏 云 協 互 相 和 同 之 謂 後 世 注 家 多 宗 其 説 不 可 従 矣 ( 輯 ) 案 此 條 結 胸 證 乃 属 虚 寒 常 器 之 云 可 増 損 理 中 丸 方 出 外 臺 天 行 病 即 理 中 丸 加 栝 樓 根 枳 實 茯 苓 牡 蛎 云 治 下 後 虚 逆 而 氣 已 不 理 而 毒 復 上 攻 結 於 胸 中 乃 於 此 條 證 為 切 當 矣 ( 協 熱 利 ) 成 氏 而 降 皆 云 邪 熱 下 攻 腸 胃 為 熱 利 常 氏 主 以 白 頭 翁 湯 而 此 條 曰 脈 微 弱 曰 有 寒 分 豈 是 熱 利 耶 銭 氏 注 似 経 旨 不 相 戻 也 案 太 陽 二 三 日 不 能 臥 但 欲 起 望 法 心 下 必 結 切 法 脈 微 弱 蓋 二 三 日 間 不 宜 有 此 脈 證 今 有 此 脈 證 者 知 此 人 本 有 寒 飲 壅 閉 邪 氣 而 在 于 心 胸 故 阻 礙 脈 道 不 令 浮 數 而 令 微 弱 也 暍 病 篇 云 太 陽 中 暍 者 身 熱 疼 重 而 脈 微 弱 此 以 夏 月 傷 冷 水 水 行 皮 中 所 致 也 本 書 第 四 金 上 第 三 與 此 微 弱 相 同 謂 水 寒 閉 塞 之 脈 也 庸 工 見 心 下 結 以 為 心 下 急 大 柴 胡 症 心 下 痞 鞕 満 引 脇 下 痛 十 棗 湯 症 之 例 漫 反 下 之 此 云 心 下 結 即 為 水 寒 水 寒 下 之 得 利 則 邪 亦 與 飲 瀉 下 然 利 止 後 餘 邪 餘 飲 未 盡 有 必 作 結 胸 者 與 後 文 太 少 併 病 反 下 之 結 胸 證 同 至 四 五 日 若 利 未 止 者 復 重 下 之 遂 為 挟 熱 利 也 下 利 未 止 亦 與 後 第 廿 四 章 下 利 不 止 水 漿 不 下 同 理 故 復 重 下 之 也 主 方 窃 新 定 如 左 太 陽 病 云 云 此 本 有 寒 也 桂 枝 去 桂 加 苓 朮 或 小 青 龍 反 下 之 利 止 必 結 胸 小 陥 胸 湯 或 大 陥 胸 20

21 未 止 云 云 作 挟 熱 利 也 桂 枝 人 参 湯 案 ずるに 太 陽 二 三 日 不 能 臥 但 欲 起 望 法 心 下 必 結 切 法 脈 微 弱 蓋 し 二 三 日 間 に 此 の 脈 證 ふさわし 元 即 ち 有 るは 宜 からざるに 今 此 の 脈 證 有 るは 此 の 人 本 寒 飲 壅 閉 邪 氣 而 心 胸 に 在 るを 知 る 故 に 脈 道 を 阻 礙 して 浮 數 ならず 微 弱 ならしめる 也 暍 病 篇 云 太 陽 中 暍 者 身 熱 疼 重 而 脈 微 弱 此 以 夏 月 傷 冷 水 水 行 皮 中 所 致 也 本 書 第 四 金 上 第 三 此 の 微 弱 と 相 同 水 寒 閉 塞 の 脈 を 謂 う 也 庸 工 は 心 下 結 を 見 て 以 て 心 下 急 大 柴 胡 症 となす 心 下 痞 鞕 満 引 脇 下 痛 十 棗 湯 症 の 例 みだり 漫 に 反 して 之 を 下 す 此 心 下 結 と 云 うは 即 ち 水 寒 を 為 す 水 寒 之 を 下 し 利 を 得 れば 則 ち 邪 亦 飲 と 瀉 下 す 然 れども 利 止 後 餘 邪 餘 飲 未 だ 尽 さざれば 必 ず 結 胸 を 作 な すもの 有 り 後 廿 三 条 文 の 太 陽 少 陽 併 病 反 下 之 成 結 胸 と 同 じ 四 五 日 に 至 り 若 し 利 未 だ 止 ざる 者 復 重 下 之 遂 為 挟 熱 利 也 下 利 未 だ 止 らず 亦 後 第 廿 三 章 下 利 不 止 水 漿 不 下 と 同 理 故 に 復 重 ねて 之 を 下 す 也 切 主 方 窃 に 左 の 如 く 新 たに 定 める 太 陽 病 云 云 此 本 有 寒 也 桂 枝 去 桂 加 苓 朮 或 小 青 龍 反 下 之 利 止 必 結 胸 小 陥 胸 湯 或 大 陥 胸 未 止 者 云 云 作 挟 熱 利 也 桂 枝 人 参 湯 児 約 之 曰 寒 分 分 字 寒 字 半 下 仳 裂 誤 衍 者 玉 函 経 及 翼 無 分 字 可 従 正 也 總 病 論 巻 一 叙 論 云 水 冰 也 地 裂 也 字 地 之 誤 衍 在 上 者 與 此 寒 分 同 例 訓 読 立 之 息 子 別 児 約 が 曰 く 寒 分 の 分 字 寒 の 字 半 下 が 仳 裂 誤 衍 する 者 玉 函 経 及 翼 に 分 の 字 無 く 従 って 正 すべき 也 氷 總 病 論 巻 一 叙 論 云 水 冰 也 地 裂 也 の 字 地 の 誤 衍 し 上 に 在 る 者 此 の 寒 分 と 同 例 十 三 太 陽 病 下 之 其 脈 促 一 作 縦 不 結 胸 者 此 為 欲 解 也 脈 浮 者 必 結 胸 脈 緊 者 必 咽 痛 脈 弦 者 必 両 脇 拘 急 脈 細 数 者 頭 痛 未 止 脈 沈 緊 者 必 欲 嘔 脈 沈 滑 者 協 熱 利 脈 浮 滑 者 必 下 血 汗 吐 下 後 篇 文 同 協 作 恊 玉 函 経 太 陽 病 下 之 其 脈 促 不 結 胸 者 此 為 欲 解 其 脈 浮 者 必 結 胸 其 脈 緊 者 必 咽 痛 其 脈 弦 者 必 両 脇 拘 急 其 脈 細 数 者 頭 痛 未 止 其 脈 沈 緊 者 必 欲 嘔 其 脈 沈 滑 者 挟 熱 利 其 脈 浮 滑 者 必 下 血 三 ノ 三 ウ 脈 経 文 與 玉 函 経 同 七 ノ 廿 一 ヲ ( 成 ) 此 太 陽 病 下 之 後 邪 氣 傳 変 其 脈 促 者 為 陽 盛 下 後 脈 促 為 陽 勝 陰 也 故 不 作 結 胸 為 欲 解 下 後 脈 浮 者 為 上 焦 陽 邪 結 而 為 結 胸 也 経 曰 結 胸 者 寸 脈 浮 關 脈 沈 下 後 脈 緊 則 太 陽 之 邪 傳 於 少 陰 経 曰 脈 緊 者 属 少 陰 内 経 曰 邪 客 於 少 陰 之 絡 令 人 痛 不 可 内 食 所 以 脈 緊 者 必 咽 痛 脈 弦 則 太 陽 之 邪 傳 於 少 陽 経 曰 尺 寸 倶 弦 者 少 陽 受 病 也 其 脈 循 脇 絡 於 耳 所 以 脈 弦 者 必 両 脇 拘 急 下 後 邪 氣 傳 裏 則 頭 痛 未 止 脈 細 數 為 邪 未 傳 裏 而 傷 氣 也 細 為 氣 少 數 為 在 表 故 頭 痛 未 止 脈 沈 緊 則 太 陽 之 邪 傳 於 陽 明 為 裏 実 也 沈 為 在 裏 緊 為 裏 實 陽 明 裏 實 故 必 欲 嘔 脈 滑 則 太 陽 之 邪 傳 於 腸 胃 以 滑 為 陰 氣 有 餘 知 邪 氣 入 裏 干 於 下 焦 也 沈 為 血 勝 氣 虚 是 為 協 熱 利 浮 為 氣 勝 血 虚 是 知 必 下 血 経 曰 不 宜 下 而 傳 攻 之 諸 変 不 可 勝 數 此 之 謂 也 案 此 條 従 来 無 明 解 今 攷 究 立 説 如 左 以 俟 後 攷 太 陽 病 下 之 後 其 脈 促 不 結 胸 者 此 為 欲 解 也 21

22 所 云 促 為 胃 氣 盛 而 無 邪 一 脈 是 為 欲 解 之 脈 也 其 胸 満 者 為 下 後 邪 去 飲 存 之 證 宜 桂 枝 去 勺 薬 也 上 二 十 二 脈 浮 者 必 結 胸 者 寸 浮 關 沈 一 脈 浮 緊 玉 函 八 脈 浮 滑 十 一 是 也 総 称 大 小 陥 胸 證 也 脈 緊 者 必 咽 痛 者 少 陰 篇 病 人 脈 陰 陽 倶 緊 云 云 法 當 咽 痛 三 是 也 脈 弦 者 必 両 脇 拘 急 者 即 為 少 陽 小 柴 胡 湯 證 也 脈 細 數 者 頭 痛 未 止 者 少 陽 篇 傷 寒 脈 弦 細 頭 痛 三 是 也 脈 沈 緊 者 必 欲 嘔 者 少 陽 篇 脈 沈 緊 可 與 小 柴 胡 湯 四 及 陽 明 篇 云 食 穀 欲 嘔 六 一 脈 沈 滑 者 協 熱 利 者 陽 明 篇 所 云 病 人 無 表 裏 証 云 云 若 下 不 止 必 協 熱 便 膿 血 也 七 十 五 脈 浮 滑 者 必 下 血 者 辨 脈 篇 所 云 脈 浮 而 滑 浮 為 陽 滑 為 実 陽 実 相 搏 其 脈 數 疾 衛 氣 失 度 三 十 六 是 也 蓋 衛 氣 失 度 之 極 必 至 于 下 血 也 厥 陰 篇 下 利 寸 脈 反 浮 數 尺 中 自 濇 者 必 清 膿 血 三 十 七 又 云 下 利 脈 數 而 渇 者 今 自 愈 設 不 差 必 清 膿 血 以 有 熱 故 也 四 十 一 共 可 以 與 此 文 互 相 發 矣 此 下 血 乃 與 衂 同 理 但 血 上 逆 者 為 衂 血 下 走 者 為 下 血 也 蓋 邪 在 腸 内 者 脈 沈 滑 作 協 熱 利 邪 在 腸 外 者 脈 浮 滑 為 下 血 下 後 自 有 二 件 其 機 不 同 如 此 者 也 案 ずるに 此 の 條 従 来 明 解 無 し 今 攷 究 して 立 説 すると 左 の 如 し 以 て 後 攷 をまつ 太 陽 病 下 之 後 其 脈 促 不 結 胸 者 此 為 欲 解 也 の 促 と 云 われるは 胃 氣 盛 にして 無 邪 の 一 脈 を 為 す 是 解 太 陽 上 篇 二 十 二 太 陽 病 下 後 脈 促 胸 満 者 桂 枝 去 せんと 欲 するの 脈 と 為 す 也 其 胸 満 者 は 下 後 邪 去 って 飲 存 するの 證 芍 薬 湯 主 之 と 為 す 桂 枝 去 勺 薬 湯 に 宜 し 脈 浮 者 必 結 胸 は 寸 浮 関 沈 下 一 脈 浮 緊 玉 函 八 脈 浮 滑 下 十 一 是 也 大 小 陥 胸 證 を 総 称 す 脈 緊 者 必 咽 痛 は 少 陰 篇 三 病 人 脈 陰 陽 倶 緊 云 云 法 當 咽 痛 是 也 脈 弦 者 必 両 脇 拘 急 は 即 ち 少 陽 小 柴 胡 湯 證 を 為 す 也 脈 細 數 者 頭 痛 未 止 は 少 陽 篇 三 傷 寒 脈 弦 細 頭 痛 是 也 脈 沈 緊 者 必 欲 嘔 は 少 陽 篇 四 脈 沈 緊 可 與 小 柴 胡 湯 及 び 陽 明 篇 六 一 云 食 穀 欲 嘔 脈 沈 滑 者 協 熱 利 は 陽 明 篇 七 十 五 所 云 病 人 無 表 裏 証 云 云 若 下 不 止 必 協 熱 便 膿 血 也 脈 浮 滑 者 必 下 血 とは 辨 脈 篇 三 十 六 所 云 脈 浮 而 滑 浮 為 陽 滑 為 実 陽 実 相 搏 其 脈 數 疾 衛 氣 失 度 是 也 蓋 し 衛 氣 失 度 の 極 必 ず 下 血 に 至 る 也 厥 陰 篇 三 十 七 下 利 寸 脈 反 浮 數 尺 中 自 濇 者 必 清 膿 血 又 四 十 一 云 下 利 脈 數 而 渇 者 今 自 愈 設 不 差 必 清 膿 血 以 有 熱 故 也 共 に 以 て 此 文 と 互 いに 相 發 すべし 矣 此 の 下 血 乃 ち 衂 と 同 理 但 血 上 逆 者 は 衂 血 と 為 し 下 走 者 は 下 血 と 為 す 也 蓋 し 邪 が 腸 内 に 在 る 者 は 脈 沈 滑 作 協 熱 利 邪 腸 外 に 在 る 者 は 脈 浮 滑 為 下 血 下 後 自 ら 二 件 有 り 其 機 同 じからざること 此 の 如 き 者 也 ( 協 熱 利 ) 傷 寒 例 若 不 宜 下 而 便 攻 之 内 虚 熱 入 協 熱 遂 利 太 陽 下 篇 太 陽 病 二 三 日 云 云 四 日 復 下 之 此 作 協 熱 利 也 又 太 陽 病 下 之 脈 沈 滑 者 協 熱 利 又 太 陽 病 外 證 未 除 而 數 下 之 遂 協 熱 而 利 利 下 不 止 心 下 痞 鞕 表 裏 不 解 者 桂 枝 人 参 湯 主 之 陽 明 篇 病 人 無 表 裏 證 云 云 若 脈 數 不 解 而 下 不 止 必 協 熱 便 膿 血 也 ( 疏 ) 協 熱 玉 函 経 脈 経 作 挟 熱 按 協 挟 古 字 通 用 見 于 方 氏 通 雅 ( 銭 ) 桂 枝 人 参 湯 證 誤 下 而 利 下 不 止 故 因 虚 寒 而 成 痞 鞕 此 條 協 熱 二 字 當 與 桂 枝 人 参 湯 條 不 甚 相 遠 也 病 源 傷 寒 熱 毒 利 候 云 此 由 表 実 裏 虚 熱 氣 乗 虚 而 入 攻 於 腸 胃 則 下 黄 赤 汁 此 熱 毒 所 為 也 22

23 十 四 病 在 陽 應 以 汗 解 之 反 以 冷 水 潠 之 若 灌 之 其 熱 被 劫 不 得 去 彌 更 益 煩 肉 上 粟 起 意 欲 飲 水 反 不 渇 者 服 文 蛤 散 若 不 差 者 與 五 苓 散 寒 實 結 胸 無 熱 證 者 與 三 物 小 陥 胸 湯 用 前 第 六 方 用 前 第 六 方 白 散 亦 可 服 七 一 云 與 三 物 小 白 散 文 蛤 散 方 文 蛤 五 両 右 一 味 為 散 以 沸 湯 和 一 方 寸 匕 服 湯 用 五 合 五 苓 散 方 猪 苓 十 八 銖 去 黒 皮 白 朮 十 八 銖 澤 瀉 一 両 六 銖 茯 苓 十 八 銖 桂 枝 半 両 去 皮 右 五 味 為 散 更 於 臼 中 杵 之 白 飲 和 方 寸 匕 服 之 日 三 服 多 飲 煖 水 汗 出 愈 白 散 方 桔 梗 三 分 巴 豆 一 分 去 皮 心 熬 黒 研 如 脂 貝 母 三 分 右 三 味 為 散 内 巴 豆 更 於 臼 中 杵 之 以 白 飲 和 服 強 人 半 銭 匕 羸 者 減 之 病 在 膈 上 必 吐 在 膈 下 必 利 不 利 進 熱 粥 一 杯 利 過 不 止 進 冷 粥 一 杯 身 熱 皮 粟 不 解 欲 引 衣 自 覆 若 以 水 潠 之 洗 之 益 令 熱 劫 不 得 出 當 汗 而 不 汗 則 煩 假 令 汗 出 已 腹 中 痛 與 芍 薬 三 両 如 上 法 玉 函 経 病 在 陽 當 以 汗 解 而 反 以 冷 水 潠 之 若 灌 之 其 熱 被 劫 不 得 去 益 煩 皮 上 粟 起 意 欲 飲 水 反 不 渇 服 文 蛤 散 若 不 差 與 五 苓 散 寒 實 結 胸 無 熱 證 與 三 物 小 白 散 三 ノ 三 ウ 文 蛤 散 方 第 五 十 六 文 蛤 五 両 右 一 味 為 散 以 沸 湯 和 一 方 寸 匕 白 散 方 第 五 十 七 桔 梗 貝 母 各 十 八 銖 巴 豆 六 銖 去 皮 心 熬 黒 右 三 味 為 散 白 飲 和 服 強 人 半 銭 羸 人 減 之 病 在 膈 上 必 吐 在 膈 下 必 利 不 利 進 熱 粥 一 杯 利 過 不 止 進 冷 粥 一 盃 八 ノ 二 ヲウ 千 金 翼 病 在 陽 當 以 汗 解 而 反 以 水 噀 之 若 灌 之 其 熱 却 不 得 去 益 煩 皮 粟 起 意 欲 飲 水 反 不 渇 宜 服 文 蛤 散 方 文 蛤 伍 両 右 壹 味 擣 為 散 以 沸 湯 伍 合 和 服 壹 方 寸 匕 若 不 差 與 五 苓 散 五 苓 散 方 猪 苓 拾 捌 銖 去 黒 皮 白 朮 拾 捌 銖 澤 瀉 壹 両 陸 銖 茯 苓 拾 捌 銖 桂 枝 半 両 右 伍 味 各 為 散 更 於 臼 中 杵 之 白 飲 和 服 方 寸 匕 日 參 三 服 多 飲 煖 水 汗 出 愈 寒 實 結 胸 無 熱 證 者 與 三 物 小 白 散 方 桔 梗 拾 捌 銖 巴 豆 陸 銖 去 皮 心 熬 赤 黒 研 如 脂 貝 母 各 拾 捌 銖 右 參 味 擣 為 散 内 巴 豆 更 於 臼 中 治 之 白 飲 和 服 強 人 半 銭 匕 羸 者 減 之 病 在 上 則 吐 在 下 則 利 不 利 進 熱 粥 一 杯 利 不 止 進 冷 粥 一 杯 一 云 冷 水 一 杯 身 熱 皮 粟 不 解 欲 引 衣 自 覆 若 以 水 噀 之 洗 之 更 益 令 熱 却 不 得 出 當 汗 而 不 汗 即 煩 假 令 汗 出 已 腹 中 通 與 芍 薬 參 両 如 上 法 九 ノ 十 四 ヲ 脈 経 云 病 在 陽 當 以 汗 解 而 反 以 水 噀 之 若 灌 之 其 熱 劫 不 得 去 益 煩 皮 上 粟 起 意 欲 飲 水 反 不 23

24 渇 宜 文 蛤 散 若 不 差 與 五 苓 散 若 寒 實 結 胸 無 熱 證 者 與 三 物 小 陥 胸 湯 白 散 亦 可 身 熱 皮 粟 不 解 欲 引 衣 自 覆 若 以 水 噀 之 洗 之 益 令 熱 却 不 得 出 當 汗 而 不 汗 即 煩 假 令 汗 出 已 腹 中 通 與 芍 薬 三 両 如 上 法 七 ノ 三 二 ヲウ 外 臺 傷 寒 論 病 在 太 陽 應 以 汗 解 之 反 以 冷 水 噀 之 若 灌 之 其 熱 却 不 得 去 彌 更 益 煩 皮 上 粟 起 意 欲 飲 水 而 反 不 渇 者 服 文 蛤 散 若 不 差 者 與 五 苓 散 用 前 篇 方 又 寒 實 結 胸 無 熱 證 者 與 三 物 小 陥 胸 湯 方 如 前 法 白 散 亦 可 服 文 蛤 散 方 文 蛤 五 両 右 一 味 擣 篩 為 散 以 沸 湯 和 一 方 寸 匕 服 之 湯 用 五 合 千 金 翼 同 又 白 散 方 桔 梗 三 分 貝 母 三 分 巴 豆 一 分 去 心 及 皮 熬 令 黒 赤 別 研 如 脂 右 三 味 擣 篩 更 臼 内 擣 之 以 白 飲 和 服 強 人 半 銭 匕 羸 人 減 之 病 在 膈 上 則 吐 在 膈 下 則 利 利 不 止 飲 冷 粥 一 杯 止 並 出 第 四 巻 中 千 金 翼 同 二 ノ 九 ヲ ( 成 ) 病 在 陽 為 邪 在 表 也 法 當 汗 出 而 解 反 以 冷 水 噀 之 若 灌 之 熱 被 寒 水 外 不 得 出 則 反 攻 其 裏 爾 更 益 煩 肉 上 粟 起 者 水 寒 之 氣 客 於 皮 膚 也 意 欲 飲 水 者 裏 有 熱 也 反 不 渇 者 寒 在 表 也 與 文 蛤 散 以 散 表 中 水 寒 之 氣 若 不 差 是 水 熱 相 搏 欲 傳 於 裏 與 五 苓 散 發 汗 以 和 之 始 熱 在 表 因 水 寒 制 之 不 得 外 泄 内 攻 於 裏 結 於 胸 膈 心 下 鞕 痛 本 以 水 寒 伏 熱 為 実 故 謂 之 寒 實 結 胸 無 熱 證 者 外 無 熱 而 熱 悉 収 斂 於 裏 也 與 小 陥 胸 湯 以 下 遂 之 白 散 下 熱 故 亦 可 攻 ( 汪 ) 灌 者 口 含 水 噴 也 若 灌 之 灌 澆 也 灌 則 更 甚 於 灌 矣 表 熱 被 水 止 劫 則 不 得 去 陽 邪 無 出 路 其 煩 熱 必 更 甚 於 未 用 水 之 前 矣 彌 更 益 者 猶 言 甚 之 極 也 水 寒 之 氣 客 於 皮 膚 則 汗 孔 閉 故 肉 上 起 粒 如 粟 也 意 欲 飲 水 不 渇 者 邪 熱 雖 甚 反 為 水 寒 所 制 也 先 與 文 蛤 散 以 解 煩 導 水 若 不 差 者 水 寒 與 熱 相 搏 下 傳 太 陽 之 府 與 五 苓 散 内 以 消 之 外 以 散 之 乃 表 裏 両 解 之 法 也 ( 椿 ) 此 熱 結 在 皮 膚 肌 肉 之 中 不 在 胃 口 故 欲 飲 而 不 渇 ( 文 蛤 ) 取 其 轜 堅 遂 水 ( 方 )( 文 蛤 ) 即 海 蛤 之 有 文 理 者 ( 銭 )( 文 蛤 ) 似 蛤 而 背 有 紫 斑 即 今 呉 中 所 食 花 蛤 俗 誤 呼 為 蒼 羸 或 昌 蛾 者 是 也 夢 渓 筆 談 文 蛤 即 今 呉 人 所 食 花 蛤 也 其 形 一 頭 小 一 頭 大 穀 有 花 斑 的 便 是 案 銭 説 蓋 本 于 此 ( 尤 )( 文 蛤 ) 鹹 寒 而 性 燥 能 去 表 寒 水 熱 互 結 之 氣 ( 海 蛤 ) 白 字 中 品 味 苦 平 生 池 澤 此 三 字 据 御 覧 治 欬 逆 上 氣 喘 息 煩 満 胸 痛 寒 熱 ( 文 蛤 ) 海 蛤 條 下 副 品 白 字 治 悪 蒼 蝕 五 痔 宋 太 平 御 覧 御 覧 九 百 四 十 二 引 本 草 経 云 文 蛤 表 文 味 鹹 無 毒 案 原 味 訛 作 珠 今 正 主 際 此 字 衍 陰 蝕 悪 創 五 痔 大 孔 盡 血 生 東 海 又 文 蛤 主 悪 瘡 蝕 五 痔 生 東 海 九 百 八 十 八 黒 字 味 鹹 平 無 毒 生 東 海 表 有 文 取 無 時 陶 云 文 蛤 小 大 而 有 紫 斑 蘇 云 文 蛤 大 者 圓 三 寸 小 者 圓 五 六 分 若 今 婦 人 以 置 燕 脂 者 殊 非 海 蛤 之 類 也 蜀 本 図 経 云 背 上 有 斑 文 者 今 出 菜 州 掖 縣 南 海 中 三 月 中 旬 採 あざやかな トウロク 水 中 でゆすぶりこす 陳 蔵 器 曰 按 海 蛤 是 海 中 爛 殼 久 在 泥 沙 風 波 陶 漉 自 然 圓 浄 有 大 雁 あや もよう 有 小 以 小 者 久 遠 為 佳 亦 非 一 一 従 鴈 腹 中 出 也 文 蛤 是 未 爛 時 殻 猶 有 文 者 此 乃 新 24

25 舊 為 名 二 物 元 同 一 類 假 如 鴈 食 蛤 殼 豈 擇 文 與 不 文 案 蔵 器 此 説 分 明 可 従 逸 周 書 王 會 篇 亦 云 東 越 海 蛤 孔 晁 注 東 越 則 海 際 蛤 文 蛤 是 亦 以 海 蛤 文 蛤 為 一 物 可 従 矣 蓋 西 土 古 昔 海 物 最 少 故 以 貨 貝 為 寶 如 文 蛤 希 見 全 物 所 以 白 字 本 條 出 海 蛤 副 品 出 文 蛤 也 本 草 和 名 ( 海 蛤 ) 和 名 宇 牟 岐 乃 加 比 又 ( 文 蛤 表 有 文 一 名 蛤 出 兼 名 苑 和 名 以 多 也 加 比 以 多 也 加 比 即 今 俗 阿 佐 利 者 古 以 充 之 非 是 宜 文 蛤 海 蛤 共 訓 宇 牟 岐 乃 加 比 即 今 俗 呼 波 末 久 利 者 是 也 明 らかに 分 かる 案 ずるに 蔵 器 此 の 説 分 明 従 うべし 逸 周 書 王 會 篇 亦 云 東 越 の 海 蛤 孔 晁 注 東 越 則 海 際 蛤 文 蛤 是 亦 海 蛤 文 蛤 もって 一 物 となす 従 うべし 矣 蓋 し 西 土 古 昔 海 物 最 少 故 に 貨 貝 を 以 て 寶 と 為 す 文 蛤 の 如 きは 全 物 を 見 ること 希 れ 白 字 の 本 條 は 海 蛤 を 出 し 副 品 として 文 蛤 を 出 す 所 以 也 深 根 輔 仁 著 平 安 時 代 日 本 最 古 本 草 書 本 草 和 名 ( 海 蛤 ) 和 名 宇 牟 岐 乃 加 比 又 ( 文 蛤 ) 表 有 文 一 名 蛤 出 兼 名 苑 和 名 以 多 也 加 比 以 多 也 加 比 即 今 俗 阿 佐 利 者 古 以 充 之 非 是 宜 しく 文 蛤 海 蛤 共 に 宇 牟 岐 乃 加 比 と 訓 すべし 即 今 俗 に 波 末 久 利 と 呼 ぶ 者 是 也 本 草 図 経 海 蛤 條 下 張 仲 景 傷 寒 論 曰 病 在 陽 應 以 汗 解 反 以 冷 水 潠 之 若 水 灌 之 其 熱 被 劫 不 得 去 爾 更 益 煩 皮 上 粟 起 意 欲 水 反 不 渇 者 文 蛤 散 主 之 文 蛤 五 両 一 味 搗 篩 以 沸 湯 和 一 方 寸 匕 服 湯 用 五 合 此 方 醫 家 多 用 殊 功 案 本 草 図 経 引 傷 寒 論 與 今 本 異 同 不 少 且 引 雑 病 論 文 皆 亦 題 曰 傷 寒 論 乃 與 外 臺 合 据 此 則 當 時 尚 有 合 傷 寒 雑 病 題 曰 傷 寒 論 者 蘇 頌 采 用 之 歟 抑 亦 有 所 受 而 引 用 之 歟 録 以 存 疑 耳 宋 代 蘇 頌 著 案 ずるに 本 草 図 経 傷 寒 論 を 引 く 今 本 と 異 同 少 なからず 且 雑 病 論 の 文 を 引 いて 皆 亦 題 して 傷 寒 論 と 曰 う 乃 ち 外 臺 と 合 う 此 に 据 よ れば 則 ち 當 時 尚 合 して 傷 寒 雑 病 の 題 有 り 傷 寒 論 と 曰 うもの 蘇 頌 が 之 を 採 用 する 歟 か それとも 抑 亦 受 ける 所 有 りて 之 を 引 用 する 歟 録 して 保 以 て 疑 を 存 つ 耳 案 病 在 陽 應 以 汗 解 之 者 言 表 邪 陽 熱 之 證 宜 汗 解 桂 麻 二 湯 所 主 是 也 外 臺 作 在 太 陽 其 義 尤 明 矣 若 以 冷 水 潠 灌 之 法 施 之 則 其 表 熱 被 劫 與 水 飲 結 于 心 胸 為 煩 但 口 燥 而 不 渇 一 味 文 蛤 以 駆 逐 胸 飲 則 當 小 便 通 利 而 表 欝 之 邪 得 汗 而 解 也 心 煩 皮 粟 一 併 而 愈 若 寒 結 甚 者 不 能 全 愈 可 與 五 苓 散 五 苓 散 有 桂 朮 以 温 散 為 主 非 文 蛤 之 単 開 熱 欝 之 比 也 柯 氏 以 文 蛤 散 為 文 蛤 湯 誤 遂 以 金 匱 文 蛤 湯 移 于 此 其 説 不 経 妄 断 不 可 据 也 案 ずるに 病 在 陽 應 以 汗 解 之 とは 表 邪 陽 熱 の 證 宜 しく 汗 解 すべし 桂 麻 二 湯 主 るところ 口 に 含 んで 吹 きかける 水 を 直 接 かけ を 言 う 是 也 外 臺 は 在 太 陽 と 作 る 其 義 尤 も 明 矣 若 以 冷 水 潠 灌 る 之 法 施 之 すれば 則 ち 其 表 熱 被 劫 水 飲 と 心 胸 に 結 んで 煩 を 為 す 但 口 燥 而 不 渇 一 味 文 蛤 以 て 胸 飲 を 駆 逐 すれば 則 ち 當 に 小 便 通 利 すべし 表 欝 の 邪 が 汗 を 得 て 解 すを 以 て 也 心 あわせて 煩 皮 粟 一 併 して 癒 える 若 し 寒 結 甚 しきものは 全 くは 愈 える 能 わす 五 苓 散 を 与 えるべし 五 苓 散 に 桂 朮 有 り 温 を 以 て 散 ずるを 主 ると 為 すは 文 蛤 の 単 なる 熱 欝 を 開 く 比 に 非 ざる 也 柯 すぎ 氏 文 蛤 散 を 以 て 文 蛤 湯 の 誤 と 為 す 遂 に 金 匱 の 文 蛤 湯 を 以 て 此 に 移 す 其 説 妄 断 を 経 ず 据 よる べからず 也 案 寒 實 結 胸 宋 本 接 前 為 一 條 玉 函 経 脈 経 同 寒 実 上 共 有 若 字 成 注 亦 為 一 條 而 為 之 解 並 可 従 25

3_62-95

3_62-95 六 二 疼 痛 沈 遅 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 沈 証 過 多 遅 足 証 残 存 筋 養 疼 痛 枝 調 栄 衛 加 芍 藥 滋 養 栄 枝 加 芍 藥 生 姜 各 加 生 姜 温 補 焦 一 両 人 参 新 加 人 参 三 両 益 生 津 過 多 は 沈 遅 舌 は 正 常 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 の 証 方 意 悪 風 風

More information

スライド 1

スライド 1 青 竜 塾 平 成 27 年 度 第 4 回 漢 方 生 薬 と 方 剤 滋 陰 剤 医 療 法 人 社 団 ひのき 会 証 クリニック 吉 祥 寺 神 田 檜 山 幸 孝 http://www.kampo-future.com 虚 実 寒 熱 の2 次 元 座 標 における 方 剤 の 位 置 http://www.kampo-future.com 陰 陽 虚 実 の2 次 元 座 標 における

More information

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

<タイトル>DES被害の軌跡(1)

<タイトル>DES被害の軌跡(1) 書 評 : 平 成 薬 証 論 を 読 んで 野 口 衛 私 は, 平 成 22 年 12 月 6 日 より 同 20 日 まで, 糖 尿 病 の 検 査 のため 大 阪 市 内 の 西 淀 病 院 に 入 院 することになり,この 間 に 標 記 著 作 に 目 を 通 すことにした そこで, 以 下 に, 簡 単 にその 感 想 を 述 べることにする 1 は じ め に 本 書 の 著 者 渡

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 168 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)3 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (6) 診 察 の 実 際 : 四 診 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 N5 N5 漢 方 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢 とは 中 国 のことを 指 す 漢

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた 皮 膚 病 病 理 外 邪 --- 風 邪 病 気 の 出 方 突 発 速 やかに 消 える あちこちに 出 来 る 移 動 する 全 身 に 広 がる かゆみを 伴 う 湿 性 はあまりない ( 風 湿 は 別 ) 風 寒 --- 冷 風 に 当 ると 出 る 寒 気 を 伴 う 風 熱 --- 熱 赤 み 風 湿 湿 邪 病 気 の 出 方 水 痘 湿 潤 分 泌 物 多 い 糜 爛 し 易 い

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 漢 方 基 本 講 座 八 網 六 病 位 気 血 水 五 臓 論 医 療 法 人 財 団 北 聖 会 北 聖 病 院 漢 方 内 科 後 藤 博 三 = I-1. 証 とは 証 とは 患 者 が 現 時 点 で 現 している 症 状 を 陰 陽 虚 実 寒 熱 表 裏 六 病 位 気 血 水 五 臓 などの 漢 方 医 学 上 の 基 本 概 念 をとおして 認 識 し さらに 病 態 の 特 異

More information

おも する 也 熱 無 くして 惡 寒 する 者 陰 に 發 する 也 と 謂 うに *4 傷 寒 或 いは 已 に 發 熱 或 つづいて いは 未 だ 發 熱 せず 必 ず 惡 寒 者 の 如 き 之 に 繼 發 熱 を 以 てすると 謂 うは 此 則 ち 陽 に 身 体 を 曲 げる 發 する

おも する 也 熱 無 くして 惡 寒 する 者 陰 に 發 する 也 と 謂 うに *4 傷 寒 或 いは 已 に 發 熱 或 つづいて いは 未 だ 發 熱 せず 必 ず 惡 寒 者 の 如 き 之 に 繼 發 熱 を 以 てすると 謂 うは 此 則 ち 陽 に 身 体 を 曲 げる 發 する 傷 寒 廣 要 巻 第 三 辨 證 ( 辨 別 し 証 明 する) 惡 寒 傷 寒 惡 寒 何 以 明 万 之 惡 寒 者 風 寒 客 二 於 營 衛 之 中 一 也 惟 其 風 寒 客 二 於 營 衛 一 則 洒 淅 然 惡 寒 也 惟 其 營 衛 之 受 二 風 寒 一 則 嗇 嗇 然 不 万 欲 万 舒 也 其 惡 寒 者 非 二 寒 熱 之 寒 一 也 又 非 二 惡 風 一 也 且 惡 風

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 165 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)11 月 8 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (4) 少 陽 2) 諸 方 と 運 用 飯 塚 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性 の 態

More information

成 大 病 新 差 血 氣 来 復 餘 熱 未 盡 強 合 陰 陽 得 病 者 名 曰 易 男 子 病 新 差 未 平 復 而 婦 人 與 之 交 得 病 名 曰 陽 易 婦 人 新 病 差 未 平 復 男 子 與 之 交 得 病 名 曰 陰 易 以 陰 陽 相 感 動 其 餘 毒 相 染 著 如

成 大 病 新 差 血 氣 来 復 餘 熱 未 盡 強 合 陰 陽 得 病 者 名 曰 易 男 子 病 新 差 未 平 復 而 婦 人 與 之 交 得 病 名 曰 陽 易 婦 人 新 病 差 未 平 復 男 子 與 之 交 得 病 名 曰 陰 易 以 陰 陽 相 感 動 其 餘 毒 相 染 著 如 辨 陰 陽 易 差 後 労 復 病 脈 證 并 治 第 十 四 合 六 法 方 六 首 一 傷 寒 陰 陽 易 之 為 病 其 人 身 軆 重 少 氣 少 腹 裏 急 或 引 陰 中 拘 攣 熱 上 衝 胸 頭 重 不 欲 擧 眼 中 生 花 花 一 作 眵 膝 脛 拘 急 者 焼 褌 散 主 之 方 一 婦 人 中 褌 近 隠 處 取 焼 作 灰 右 一 味 水 服 方 寸 匕 日 三 服 小 便

More information

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題 腫 瘤 病 人 的 中 西 醫 結 合 治 療 常 見 問 題 一, 腫 瘤 病 人 要 不 要 服 中 藥? 中 醫 藥 在 癌 腫 治 療 方 面 是 整 體 的 看 待 人 體 的 疾 病 兩 個 方 面, 有 它 自 己 固 有 的 特 點 因 為 腫 瘤 雖 只 有 生 長 在 身 體 的 某 一 局 部, 但 實 際 上 不 少 腫 瘤 的 反 應 的 是 一 個 全 身 性 的 疾 病,

More information

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方)

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方) 第 37 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 で 見 える! 聞 こえる!- 目 や 耳 の 病 気 は 漢 方 で 治 せるか?- Ⅰ. 漢 方 治 療 の 適 応 1 西 洋 医 学 と 漢 方 の 病 気 に 対 するアプローチの 違 い 漢 方 : 患 者 側 からのアプローチ 不 快 な 自 覚 症 状 など ホスト 側 ( 生 体 側 )に 着 目 ホストの defense 力

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

熱 眩 悸 身 瞤 動 欲 擗 地 の 證 有 り 膻 中 の 陽 有 り 上 焦 心 氣 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 叉 手 冒 心 耳 聾 及 び 奔 豚 の 證 有 り 胃 中 の 陽 有 り 中 焦 水 穀 化 生 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 腹 脹 滿 胃 中 不

熱 眩 悸 身 瞤 動 欲 擗 地 の 證 有 り 膻 中 の 陽 有 り 上 焦 心 氣 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 叉 手 冒 心 耳 聾 及 び 奔 豚 の 證 有 り 胃 中 の 陽 有 り 中 焦 水 穀 化 生 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 腹 脹 滿 胃 中 不 述 兼 變 諸 證 虚 乏 虚 乏 述 太 陽 病 此 病 大 端 大 体 二 つ 有 り 一 は 則 ち 其 人 腠 理 素 もとから 疎 者 倘 もし 邪 客 を 被 こうむ れば 其 の 表 愈 いよいよ 開 き 邪 が 内 迫 せず 徒 いたずら に 肌 肉 に 泛 汎 漫 一 面 に 広 がる 故 に 衛 特 に 傷 敗 を 受 ける 是 れ 表 虚 に 属 する 虚 間 すきまの 意 味

More information

<5461726F2D8AB496608EA197C382D682CC905682BD82C88E8E82DD2E6A7464>

<5461726F2D8AB496608EA197C382D682CC905682BD82C88E8E82DD2E6A7464> 感 冒 治 療 への 新 たな 試 み ーー 新 型 インフルエンザへの 対 応 を 含 めてーー 中 醫 クリニック コタカ 小 髙 修 司 先 頃 のミャンマーのサイクロン 被 害 そして 四 川 省 を 中 心 とする 大 地 震 被 災 を 見 ても 政 治 が 災 害 時 に 如 何 に 大 きな 役 割 を 果 たすかを 改 めて 認 識 された 方 も 多 かったかと 思 われ る 防

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表 86 至 102 年 戶 政 解 釋 函 令 彙 整 一 覽 表 ( 出 生 地 ) 內 政 部 發 文 函 釋 摘 要 函 釋 內 容 102/08/29 內 授 中 戶 字 第 1025830128 號 有 關 出 生 地 空 白 者 補 辦 出 生 地 登 記, 須 否 同 時 換 領 國 民 身 分 證 收 取 換 證 規 費 及 依 職 權 逕 行 登 記 案 一 依 據 本 部 102

More information

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項 新 竹 市 北 區 載 熙 國 民 小 學 附 設 幼 兒 園 105 學 年 度 招 生 簡 章 一 依 據 : 新 竹 市 幼 兒 就 讀 公 立 幼 兒 園 及 非 營 利 幼 兒 園 優 先 入 園 辦 法 及 新 竹 市 105 學 年 度 公 立 幼 兒 園 新 生 入 園 登 記 實 施 計 畫 二 辦 理 時 間 : ( 一 ) 招 生 簡 章 公 告 日 期 地 點 及 諮 詢 電

More information

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行 新 竹 縣 105 年 全 縣 運 動 會 競 賽 計 畫 壹 主 旨 : 一 提 倡 本 縣 田 徑 運 動, 發 掘 優 秀 運 動 員 二 發 展 全 民 體 育, 提 高 運 動 技 術 水 準 貳 依 據 : 本 競 賽 計 畫 依 據 中 華 民 國 田 徑 協 會 審 定 之 最 新 規 則 訂 定 參 主 辦 單 位 : 新 竹 縣 政 府 肆 承 辦 單 位 : 新 竹 縣 立 新

More information

    <脉診の基本とその手順>

    <脉診の基本とその手順> < 脉 診 の 基 本 とその 手 順 > 名 古 屋 漢 方 鍼 医 会 はじめに 凡 そ 診 脉 は 須 らく 先 ず 時 脉 胃 脉 と 臓 腑 の 平 脉 とを 知 りて 然 る 後 に 病 脉 に 及 ぶこと を 要 す ( 診 家 枢 要. 景 岳 全 書 - 脉 診 章 等 ) 脉 診 を 行 うには 平 脉 ( 健 康 人 の 脉 )を 知 ってから 病 脉 ( 病 人 の 脉 )を

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63> 會 議 錄 最 高 行 政 法 院 98 年 度 7 月 份 第 1 次 庭 長 法 官 聯 席 會 議 會 議 日 期 :98 年 7 月 14 日 相 關 法 條 : 教 師 法 第 11 條 第 1 項 第 14 條 第 14 條 之 1 第 1 項 第 29 條 第 1 項 第 2 項 第 31 條 第 33 條 教 師 法 施 行 細 則 第 16 條 教 育 人 員 任 用 條 例 第

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

平 素 から 服 薬 しないのに 發 汗 して 困 る 場 合 は 栄 の 機 能 は 健 全 であるが 衛 の 機 能 がこれに 調 和 しないからである 栄 は 脈 中 を 行 き 衛 は 脈 外 を 行 く だから 更 に 發 汗 性 治 療 転 機 を 起 こさせて 栄 衛 の 機 能 を

平 素 から 服 薬 しないのに 發 汗 して 困 る 場 合 は 栄 の 機 能 は 健 全 であるが 衛 の 機 能 がこれに 調 和 しないからである 栄 は 脈 中 を 行 き 衛 は 脈 外 を 行 く だから 更 に 發 汗 性 治 療 転 機 を 起 こさせて 栄 衛 の 機 能 を 卷 第 二 述 太 陽 病 太 陽 病 者 表 熱 證 是 也 蓋 邪 之 初 感 必 先 犯 万 表 則 正 氣 不 万 暢 併 而 爲 万 熱 ゆきわたら 太 陽 病 とは 表 熱 證 是 也 蓋 し 邪 の 初 感 必 ず 先 ず 表 を 犯 せば 則 ち 正 氣 暢 ず あわ 併 せて 熱 と 爲 す 山 田 正 珍 注 二 提 綱 一 曰 頭 項 強 痛 謂 二 頭 痛 項 強 一 瓜 蒂

More information

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 別 紙 一 連 番 号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 鎮 静 薬 2-1 催 眠 鎮 静 薬 3-1 鎮 暈 薬

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案)

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案) 公 立 各 級 學 校 專 任 教 師 兼 職 處 理 原 則 部 分 規 定 修 正 規 定 二 教 師 在 服 務 學 校 以 外 之 機 關 ( 構 ) 兼 職, 依 本 原 則 規 定 辦 理 但 兼 任 行 政 職 務 之 教 師, 其 兼 職 範 圍 及 許 可 程 序, 依 公 務 員 服 務 法 規 定 辦 理, 並 不 適 用 第 三 點 第 四 點 及 第 十 點 規 定 三 教

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

結 胸 其 來 多 くは 太 陽 病 の 誤 下 に 因 る 亦 誤 下 に 因 らざる 者 有 り 心 下 痛 之 を 按 じて 石 鞕 其 證 稍 重 い 太 陽 病 下 八 條 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 而 緊 心 下 痛 按 之 石 鞕 者 大 陥 胸 湯 主 之 傷 寒

結 胸 其 來 多 くは 太 陽 病 の 誤 下 に 因 る 亦 誤 下 に 因 らざる 者 有 り 心 下 痛 之 を 按 じて 石 鞕 其 證 稍 重 い 太 陽 病 下 八 條 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 而 緊 心 下 痛 按 之 石 鞕 者 大 陥 胸 湯 主 之 傷 寒 傷 寒 廣 要 卷 第 八 兼 變 諸 證 中 結 胸 胸 滿 病 人 以 二 傷 寒 一 爲 二 大 患 一 傷 寒 以 二 結 胸 一 爲 二 惡 證 一 又 結 胸 有 二 陰 陽 一 陽 結 者 陽 盛 下 万 之 太 早 陰 結 者 陰 盛 下 万 之 太 早 拘 結 胸 何 以 辨 明 陽 結 則 實 痛 陰 結 則 暄 痞 其 病 傷 寒 之 又 手 偃 仰 滿 硬 攻 万 心 起 而

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 173 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)11 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (11) 気 の 異 常 とその 治 療 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 21 世 紀 の 医 療 における 知 の 創 造 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_ 考 試 院 第 12 屆 第 4 次 會 議 考 選 部 重 要 業 務 報 告 民 國 103 年 9 月 25 日 壹 考 選 行 政 從 德 國 日 本 司 法 考 試 制 度 看 我 國 司 法 官 及 律 師 考 試 制 度 改 進 方 向 一 前 言 本 部 於 102 年 10 月 辦 理 國 際 暨 兩 岸 學 術 研 討 會, 邀 請 多 國 學 者 針 對 該 國 之 公 務 人

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 154 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 18 年 (2006)7 月 13 日 高 齢 者 のための 漢 方 治 療 ~ 尿 路 不 定 愁 訴 痛 み ほてり 感 不 眠 など~ 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 八 味 地 黄 丸 の 投 与 基 準 P19 ( 厚 生 省 長 寿 科 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CC395FB95D6979789BA8DFB91E693F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CC395FB95D6979789BA8DFB91E693F194C52E646F63> 古 方 便 覧 下 冊 東 洞 吉 益 先 生 校 閲 門 人 河 内 六 角 重 任 毅 夫 筆 記 桃 核 承 気 湯 桃 仁 六 分 桂 枝 甘 草 芒 消 各 五 分 大 黄 一 戔 右 五 味 水 一 盞 七 分 を 煮 て 六 分 を 取 り 消 を 内 れ 消 せ 令 む 少 腹 急 結 上 衝 して 狂 の 如 きものを 治 す 急 結 とは 満 と 少 し 異 にして 少 腹 より

More information

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 經 總 統 公 布, 並 自 公 布 後 一 年 施 行 為 有 效 推 動 本 法 施 行, 實 施 室 內 空 氣 品 質 專 責 人 員 制 度, 建 立 公 告 場 所 自 我 維

More information

欲 二 作 万 汗 而 出 一 者 若 爲 二 外 風 涼 水 仔 一 所 万 薄 則 怫 熱 反 入 二 於 裏 一 而 不 万 能 二 出 泄 一 病 多 危 極 而 死 矣 亦 不 万 可 下 恨 二 其 汗 遲 一 而 厚 衣 壅 覆 欲 中 令 二 大 汗 快 一 而 早 出 上 也 怫

欲 二 作 万 汗 而 出 一 者 若 爲 二 外 風 涼 水 仔 一 所 万 薄 則 怫 熱 反 入 二 於 裏 一 而 不 万 能 二 出 泄 一 病 多 危 極 而 死 矣 亦 不 万 可 下 恨 二 其 汗 遲 一 而 厚 衣 壅 覆 欲 中 令 二 大 汗 快 一 而 早 出 上 也 怫 傷 寒 廣 要 卷 第 四 太 陽 病 桂 枝 湯 證 東 都 丹 波 元 堅 柔 撰 凡 桂 枝 湯 證 病 者 常 自 汗 出 小 便 不 万 數 手 足 皿 和 或 手 足 指 稍 露 万 之 則 砲 冷 覆 万 之 則 皿 渾 身 熱 砲 煩 而 又 增 寒 始 可 万 行 万 之 若 病 者 身 無 万 汗 小 便 數 或 手 足 逆 冷 不 二 惡 寒 一 反 惡 熱 或 飲 万 酒 後

More information

51 胃 腸 薬 3-2 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 胃 腸 薬 4-2 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 胃 腸 薬 5-1 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 胃 腸 薬 6-2 胃 腸 鎮 痛 剤 5 号 A 55 胃 腸 薬 7-1 センブリ 重 曹 散 56 胃 腸 薬 8

51 胃 腸 薬 3-2 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 胃 腸 薬 4-2 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 胃 腸 薬 5-1 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 胃 腸 薬 6-2 胃 腸 鎮 痛 剤 5 号 A 55 胃 腸 薬 7-1 センブリ 重 曹 散 56 胃 腸 薬 8 一 連 番 号 薬 局 製 剤 指 針 による 処 方 番 号 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め 1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

日語漢字由來及演進探討

日語漢字由來及演進探討 投 稿 類 別 : 文 學 類 篇 名 : 日 語 漢 字 的 由 來 及 演 進 探 討 作 者 : 曾 昱 文 台 北 市 立 成 功 高 中 高 二 01 班 指 導 老 師 : 謝 紫 琳 老 師 游 麗 卿 老 師 壹 前 言 一 研 究 動 機 日 本 距 離 台 灣 並 不 遠, 日 本 製 的 商 品 及 日 本 品 牌 並 不 難 見, 近 日 來 哈 日 族 的 增 長 以 及

More information

發 熱 する 也 蘊 要 ( 傷 寒 蘊 要 明 呉 綬 ) 傷 寒 汗 下 後 餘 熱 未 万 除 或 失 二 於 調 攝 一 食 不 万 爲 万 肌 欬 嗽 寒 熱 吐 血 衂 血 纏 綿 日 久 狀 似 二 癆 瘵 一 此 皆 元 氣 既 虚 邪 氣 着 而 不 万 散 例 用 二 黄 連 解

發 熱 する 也 蘊 要 ( 傷 寒 蘊 要 明 呉 綬 ) 傷 寒 汗 下 後 餘 熱 未 万 除 或 失 二 於 調 攝 一 食 不 万 爲 万 肌 欬 嗽 寒 熱 吐 血 衂 血 纏 綿 日 久 狀 似 二 癆 瘵 一 此 皆 元 氣 既 虚 邪 氣 着 而 不 万 散 例 用 二 黄 連 解 傷 寒 廣 要 卷 十 餘 熱 傷 寒 病 後 熱 不 万 除 候 此 謂 下 病 已 間 五 藏 尚 虚 客 邪 未 万 散 眞 氣 不 万 復 故 旦 暮 猶 有 二 餘 熱 一 如 中 瘧 狀 上 此 非 二 眞 實 一 但 客 熱 也 巣 源 傷 寒 病 後 熱 除 かれざるの 候 此 れ 病 已 瘉 間 ころ 五 藏 尚 虚 客 邪 外 からきた 邪 氣 漢 方 用 語 大 辞 典 散 らず

More information

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分 訊 息 摘 要 : 修 正 公 務 人 員 考 試 法 公 ( 發 ) 布 日 期 :103-01-22 內 文 : 中 華 民 國 一 百 零 三 年 一 月 二 十 二 日 總 統 華 總 一 義 字 第 10300008971 號 令 修 正 公 布 全 文 28 條 ; 並 自 公 布 日 施 行 第 1 條 公 務 人 員 之 任 用, 依 本 法 以 考 試 定 其 資 格 第 2 條

More information

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表 新 竹 市 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 辦 法 全 案 修 正 條 文 第 一 條 本 辦 法 依 國 民 教 育 法 第 十 三 條 第 一 項 及 國 民 小 學 及 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 準 則 規 定 訂 定 之 第 二 條 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量, 以 協 助 學 生 德 智 體 群 美 五 育 均 衡 發 展 為 目 的, 並 具 有 下 列

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 164 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)10 月 11 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (3) 少 陽 病 1) 柴 胡 剤 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 病 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

修正條文

修正條文 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 業 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 公 布, 並 明 定 自 公 布 後 一 年 施 行 按 本 法 第 九 條 第 一 項 規 定, 公 告 場 所 所 有 人 管 理 人 或 使 用 人 應 置 室 內 空 氣 品 質 維 護

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

syounin385

syounin385 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号 A 7 解 熱 鎮 痛 薬 4-2 解 熱 鎮 痛 剤 9 号 8

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利 二 大 陸 通 過 慈 善 法 之 觀 察 政 治 大 學 東 亞 研 究 所 教 授 王 信 賢 主 稿 大 陸 透 過 慈 善 法 立 法 鼓 勵 慈 善 活 動 推 展 加 強 相 關 監 督 與 管 理, 並 期 將 慈 善 資 源 挹 注 到 扶 貧 工 作, 以 助 達 成 2020 年 農 村 貧 困 人 口 全 脫 貧 之 目 標 深 究 慈 善 法 內 涵, 大 陸 當 局 主 導

More information

ISSN 1029-6271

ISSN 1029-6271 ISSN 1029-6271 銘 傳 日 本 語 教 育 日 文 目 次 はしがき 第 17 期 銘 傳 日 本 語 教 育 編 集 委 員 会 [ 寄 稿 論 文 ] ワークショップ 日 本 語 アカデミック ライティングの 核 心 をつかむ 実 施 報 告 および 受 講 者 へのアンケート 調 査 の 結 果 と 考 察 村 岡 貴 子 因 京 子 1 [ 研 究 論 文 ] 日 本 語 教

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

防災辦公室報告

防災辦公室報告 第 二 章 地 區 環 境 概 述 第 一 節 地 理 環 境 三 民 區 位 於 高 雄 市 的 中 央 地 帶, 東 接 高 雄 市 的 鳳 山 區 與 鳥 松 仁 武 兩 區 ; 西 至 鼓 山 鹽 埕 二 區, 以 仁 愛 河 為 界 ; 南 連 前 金 新 興 苓 雅 三 區, 以 仁 愛 河 南 支 線 ( 已 改 建 運 河 ) 為 界 ; 北 鄰 鼓 山 左 營 二 區, 以 仁 愛

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

政府服務創新精進方案

政府服務創新精進方案 政 府 服 務 創 新 精 進 方 案 96 年 7 月 23 日 行 政 院 院 授 研 展 字 第 09600152471 號 函 頒 壹 緣 起 本 院 自 民 國 85 年 頒 行 全 面 提 升 服 務 品 質 方 案 以 來, 透 過 行 政 院 服 務 品 質 獎 相 互 競 賽 標 竿 學 習 之 機 制, 已 樹 立 大 量 政 府 機 關 服 務 典 範 方 案 推 動 迄 今,

More information

申請される前に

申請される前に 学 校 法 人 佐 藤 学 園 大 阪 生 物 醫 療 工 學 専 門 学 校 日 本 語 學 科 招 生 簡 介 繁 體 版 本 日 語 本 科 課 程 課 程 介 紹 申 請 報 名 時 間 1. 課 程 和 報 名 時 間 課 程 年 限 入 學 時 間 報 名 期 間 2 年 課 程 毎 年 4 月 10 月 1 日 ~11 月 30 日 1 年 6 個 月 課 程 毎 年 10 月 2 月

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

万 可 三 過 二 用 表 劑 一 若 投 以 二 和 解 養 胃 對 金 之 類 一 不 万 效 者 宜 二 神 朮 散 一 有 三 虚 人 感 冒 發 熱 僅 一 日 熱 不 万 爲 万 久 又 不 万 爲 万 重 便 見 二 讝 語 一 此 乃 虚 不 万 禁 万 熱 不 万 可 三 遽 用

万 可 三 過 二 用 表 劑 一 若 投 以 二 和 解 養 胃 對 金 之 類 一 不 万 效 者 宜 二 神 朮 散 一 有 三 虚 人 感 冒 發 熱 僅 一 日 熱 不 万 爲 万 久 又 不 万 爲 万 重 便 見 二 讝 語 一 此 乃 虚 不 万 禁 万 熱 不 万 可 三 遽 用 傷 寒 廣 要 卷 第 十 一 別 證 * 感 冒 * 風 邪 が 人 体 に 侵 入 しておこるこので 症 状 は 鼻 づまり 鼻 水 頭 痛 惡 風 骨 節 疼 痛 惡 寒 發 熱 あるいは 咳 嗽 喉 痛 な どを 現 す 病 名 彙 解 創 医 会 学 術 部 漢 方 用 語 大 辞 典 燎 原 感 冒 本 與 二 傷 寒 一 治 證 一 同 但 有 二 輕 重 之 分 一 耳 故 重 者

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

製造販売承認を要する薬局製剤指針収載医薬品一覧

製造販売承認を要する薬局製剤指針収載医薬品一覧 販 売 名 :[ ] ( 以 下 [ ] 部 分 に 全 て 共 通 適 用 ) 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 [ ] 催 眠 剤 1 号 A 48 歯 科 口 腔 用 薬 5 [ ]シ フ カイン アネスタミン 液 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 [ ] 鎮 静 剤 1 号 A 49 胃 腸 薬 1-1 [ ] 複 方 ロートエキス シ アスターセ 散 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 [ ] 催

More information

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜

(1) 鼻 腔 と 気 管 の 線 毛 上 皮 ( 線 毛 エスカレーターの 異 物 排 出 作 用 )と 粘 液 細 胞 の 働 き 3. 肺 のしくみ (156) 胸 膜 壁 側 胸 膜 ( 肋 膜 ) 胸 腔 表 面 を 被 う ( 単 層 扁 平 上 皮 の 中 皮 細 胞 からなる 漿 膜 E 呼 吸 器 系 のしくみと 働 き (151) 1 呼 吸 の 種 類 外 呼 吸 ( 肺 呼 吸 ) 内 呼 吸 ( 組 織 呼 吸 ) 肺 でガス 交 換 が 行 われるためには 換 気 血 流 拡 散 の 条 件 が 必 要 である その 後 酸 素 は 末 梢 組 織 に 送 られる ( 空 気 と 血 液 とのガス 交 換 ) 血 液 によって 運 ばれた 酸 素 は 細 胞 が 必

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

腰痛と漢方鍼治療

腰痛と漢方鍼治療 腰 痛 と 漢 方 鍼 治 療 天 野 靖 之 はじめに 腰 痛 は 肩 こりと 供 に 慢 性 急 性 を 問 わず 鍼 灸 治 療 の 最 適 応 症 である ところが 来 院 する 初 診 患 者 の 多 くは 整 形 外 科 接 骨 院 カイロプラクティックなどの 治 療 を 経 験 して 最 後 のよりどころとして 鍼 灸 治 療 に 来 院 する 者 が 多 いのが 現 状 である 鍼

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

. . W 狂 人 日 記 の 原 文 は 新 青 年 ~ 2 竹 内 好 訳 狂 人 日 記 ~ ~VH 一 九 一 八 年 五 四 運 動 6の 前 夜 に 魯 迅 が 新 青 年 ~ W 日 本 醤 事 新 報 ~ r 二 つの 狂 人 日 記 ~ 研 究 ~ いた 服 用 はなるべく 早 くな ~13 兄 貴 はうなずいた そうか 兄 貴 もか とおれは 思 った この 大 発 見

More information

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40)

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 709-788 1 1 64 / 28 426 2008 246 (39) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 759-820 11 5 1974 5 247 1987 244 (41) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 -775 6 780-841 7 8 8 9 6 28 571

More information

57 胃 腸 薬 9-1 塩 酸 リモナ-テ 58 胃 腸 薬 10-2 胃 腸 鎮 痛 剤 7 号 A 59 胃 腸 薬 11-1 胃 腸 鎮 痛 剤 1 号 60 胃 腸 薬 12-2 健 胃 剤 2 号 A 61 胃 腸 薬 13 便 秘 薬 62 胃 腸 薬 14 複 方 タ イオウ センナ

57 胃 腸 薬 9-1 塩 酸 リモナ-テ 58 胃 腸 薬 10-2 胃 腸 鎮 痛 剤 7 号 A 59 胃 腸 薬 11-1 胃 腸 鎮 痛 剤 1 号 60 胃 腸 薬 12-2 健 胃 剤 2 号 A 61 胃 腸 薬 13 便 秘 薬 62 胃 腸 薬 14 複 方 タ イオウ センナ 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号 A 7 解 熱 鎮 痛 薬 4-2 解 熱 鎮 痛 剤 9 号 8

More information

スライド 1

スライド 1 NPO 法 人 健 康 医 療 開 発 機 構 第 7 回 シンポジウム 未 来 志 向 の 漢 方 ポジティブな 多 世 代 共 生 社 会 を 目 指 して 2014 年 3 月 2 日 学 士 会 館 漢 方 への 期 待 ~ 国 民 の 目 線 から NPO 法 人 みんなの 漢 方 理 事 長 女 性 医 療 ジャーナリスト 増 田 美 加 長 年 の 取 材 を 通 して 感 じたこと

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc 採 購 專 業 人 員 資 格 考 試 訓 練 發 證 及 管 理 辦 法 部 分 條 文 修 正 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 第 六 條 採 購 單 位 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 進 階 資 格, 採 購 單 位 非 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 基 本 資 格 前 項 主 管 及 非 主 管 人 員, 宜 於 其 就

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

野村傅四_散歩した事

野村傅四_散歩した事 散 5 明 治 八 九 年 頃 即 ち 千 駄 木 代 よ 散 食 前 食 後 散 多 散 川 芳 太 郎 氏 放 送 よ ば 定 千 駄 木 本 郷 丁 目 字 路 東 曲 湯 島 天 神 脇 切 通 下 池 端 根 津 権 現 社 内 抜 帰 宅 有 種 散 御 供 明 瞭 憶 持 ち 合 せ ぬ 又 別 四 間 亙 6 散 往 々 之 誘 御 自 分 主 唱 者 判 然 せ ぬ 兎 角 よ

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

益 団 法 沖 縄 材 環 境 最 重 件 防 止 再 防 止 検 証 現 巡 点 検 紙 ニ ュ 信 再 受 迎 以 民 サ 憩 提 供 営 設 遊 具 政 環 境 づ 提 供 営 齢 経 験 識 づ 信 頼 為 基 自 自 働 助 基 盤 群 織 献 織 制 責 制 専 門 委 課 題 調 査

益 団 法 沖 縄 材 環 境 最 重 件 防 止 再 防 止 検 証 現 巡 点 検 紙 ニ ュ 信 再 受 迎 以 民 サ 憩 提 供 営 設 遊 具 政 環 境 づ 提 供 営 齢 経 験 識 づ 信 頼 為 基 自 自 働 助 基 盤 群 織 献 織 制 責 制 専 門 委 課 題 調 査 益 団 法 沖 縄 材 所 益 団 法 沖 縄 材 - 沖 縄 丁 番 電 番 - http://www.okinawasisi 末 現 在 女 沖 縄 材 決 策 迎 期 着 見 直 献 ざ 役 丁 寧 献 両 諸 展 紹 モ ョ チ 配 布 多 様 沿 拡 掘 起 規 獲 得 般 家 庭 企 政 拡 創 出 説 相 談 ョ ワ ェ 修 衛 教 駐 ウ 接 遇 マ ナ エ 護 修 オ 他 種 訪

More information

禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔 禁 得 校 致 ょ 差 述 逆 輪 裏 輩 育 砂 降 転 誂 快 晴 迎 刷 込 憶 鮮 幼 憶 頼 縁 任 座 秉 燭 ょ 語 検 索 奥 細 冒 頭 李 白 春 夜 桃 李 宴 序 ヒ

禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔 禁 得 校 致 ょ 差 述 逆 輪 裏 輩 育 砂 降 転 誂 快 晴 迎 刷 込 憶 鮮 幼 憶 頼 縁 任 座 秉 燭 ょ 語 検 索 奥 細 冒 頭 李 白 春 夜 桃 李 宴 序 ヒ 起 起 技 課 追 程 例 ヲ 偲 フ ヘ 漸 著 不 振 陥 追 訂 衰 退 因 着 築 ハ 其 面 ヲ ヘ 強 章 終 稿 伊 喜 郎 私 印 捺 ペ 築 ヲ 聯 繋 挙 ハ 真 宜 適 暁 ハ 与 強 ヘ 強 眼 河 結 ぶ 河 削 壌 廃 埋 街 形 河 沿 帯 形 基 起 乱 ょ 1 禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔

More information

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給 國 立 臺 中 科 技 大 學 語 文 學 院 104 學 年 度 第 2 學 期 第 3 次 院 務 會 議 紀 錄 開 會 時 間 : 年 3 月 28 日 ( 星 期 一 ) 上 午 10 時 10 分 開 會 地 點 : 中 正 大 樓 4 樓 3401 院 辦 公 室 會 議 主 席 : 邱 院 長 出 席 列 席 人 員 : 如 簽 到 單 記 錄 : 林 壹 主 席 致 詞 ( 略 )

More information